Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc"

Transcription

1 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会

2 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2) 今 後 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 1 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 多 様 な 保 育 ニーズ 3 幼 保 一 体 化 の 取 組 (3) 就 学 前 教 育 の 構 築 1 就 学 前 教 育 の 構 築 2 統 一 保 育 カリキュラムの 策 定 3. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 適 正 配 置 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 6 (1) 公 立 幼 稚 園 保 育 所 のあり 方 (2) 特 色 づくり (3) 公 立 施 設 の 再 編 整 備 と 幼 保 一 体 化 への 取 組 (4) 適 正 規 模 の 基 本 的 な 考 え 方 について 1クラス 編 制 教 員 配 置 の 基 準 について 2クラス 構 成 数 について (5) 適 正 配 置 の 基 本 的 な 考 え 方 について 1 通 園 区 について 2 通 園 支 援 について 3その 他 の 留 意 事 項 について 4. 公 私 の 協 調 連 携 8 1

3 はじめに 橿 原 市 の 将 来 を 担 う 子 どもたちが 個 性 や 能 力 を 伸 ばし 健 やかに 成 長 することができるようにす るため 家 庭 や 地 域 でゆとりを 持 って 楽 しく 安 心 して 子 育 てができる 環 境 づくりを 支 援 するとともに 子 どもの 成 長 に 応 じた 教 育 を 提 供 していくことが 本 市 のまちづくりの 指 針 のひとつであります 昨 今 の 社 会 の 変 化 は 人 々の 子 育 て 子 育 ちに 関 する 意 識 にも 様 々な 変 化 をもたらしました 例 を 挙 げると 女 性 の 社 会 進 出 や 子 どもを 生 むことに 慎 重 な 人 々の 増 加 子 どもを 生 み 育 てることと 自 己 実 現 とを 両 立 させようとする 人 々の 増 加 などがあります それとともに 急 速 な 少 子 化 の 進 行 核 家 族 化 の 進 展 地 域 コミュニティーの 希 薄 化 は 子 どもが 子 ども 同 士 の 交 わりの 中 で 育 ちあう 環 境 を 減 少 させ 子 育 ての 様 々な 知 恵 の 伝 承 が 途 絶 えて 子 育 て 子 育 ちに 悩 む 保 護 者 も 多 くなって います しかしながら 子 どもを 取 り 巻 く 社 会 がいかに 変 化 しても また 子 どもに 障 がいなどがあっても 無 くても 子 どもの 本 質 に 変 わりはなく どの 子 も 一 個 の 人 格 を 持 ち 等 しく 保 育 を 受 ける 権 利 を 有 しています 一 人 一 人 の 子 どもが 心 身 ともに 健 やかに 成 長 発 達 し 生 き 生 きと 乳 幼 児 期 を 暮 ら すためには 豊 かな 愛 情 の 中 で 育 まれ 安 心 して 過 ごせる 場 所 が 必 要 です その 中 で 多 くの 人 と 関 わり 様 々なことを 学 び 自 己 を 発 揮 して 生 活 できる 能 力 を 引 き 出 しながら 守 り 育 てることは 保 護 者 地 域 と 行 政 の 責 務 であります 本 市 の 幼 稚 園 保 育 所 の 状 況 をみると いくつかの 幼 稚 園 では 各 学 年 単 学 級 で 1 クラス10 人 に 満 たない 園 が 生 じている 一 方 で 保 育 所 では 入 所 希 望 者 の 増 加 により 待 機 児 童 が 増 加 していま す そして 給 食 3 歳 児 保 育 の 実 施 の 希 望 保 育 時 間 のさらなる 延 長 などの 幼 稚 園 におけるニー ズや 一 時 保 育 病 児 病 後 児 保 育 などに 対 するニーズも 多 くなっています このような 状 況 にあって 多 様 化 した 子 育 てニーズに 対 しできる 限 り 対 応 するとともに 子 どもが 安 全 で 安 心 して 過 ごせる 環 境 を 再 構 築 することは 本 市 が 早 急 に 取 り 組 むべき 課 題 であります そのような 中 で 本 年 2 月 に 橿 原 市 幼 稚 園 適 正 配 置 検 討 委 員 会 から 答 申 いただきました (1) 市 立 幼 稚 園 の 適 正 配 置 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 について と (2) 市 立 幼 稚 園 にお ける 幼 児 教 育 のあり 方 について( 幼 保 一 体 化 認 定 こども 園 等 の 検 討 を 含 む) について 市 の 就 学 前 教 育 全 体 の 中 であり 方 を 検 討 されました 社 会 情 勢 の 変 化 による 保 護 者 のニーズの 変 化 にど のように 対 応 していくか 幼 保 一 体 化 認 定 こども 園 についての 検 討 も 視 野 に 入 れ 議 論 されてきま した 橿 原 市 の 公 立 幼 稚 園 保 育 所 のみならず 私 立 幼 稚 園 保 育 園 すべてを 含 んだ 就 学 前 の 子 ども たちの 育 ちと 教 育 を どのように 提 供 することが 橿 原 市 の 将 来 を 担 う 子 どもたちにとってふさわしい のかという 観 点 と 子 育 てをする 家 庭 の 保 護 者 の 期 待 に 応 えるためにはどうあるべきかという 観 点 で 答 申 いただきました 本 市 では この 検 討 委 員 会 の 答 申 を 踏 まえ 市 としての 方 針 である 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 を 策 定 しました 今 後 この 基 本 方 針 に 基 づき 地 域 ごとの 具 体 的 な 実 施 計 画 を 策 定 してまいりたいと 考 えています 2

4 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 (1) 幼 稚 園 の 現 状 と 課 題 幼 稚 園 は 少 子 化 が 進 み 総 園 児 数 がピーク 時 の28.6%( 昭 和 53 年 度 3,092 人 平 成 21 年 度 884 人 )に 減 少 し 現 在 では 市 内 全 15 園 のうち10 園 が30% 以 下 に 4 園 が20% 以 下 となり 園 児 数 の 減 少 傾 向 は 著 しい 状 況 です また クラス 数 も 減 少 し( 昭 和 52 年 度 94クラス 平 成 21 年 度 41クラス) 年 長 年 少 が 各 1クラスの 園 が15 園 中 8 園 に 1クラスの 園 児 数 においても16 人 以 下 の 少 人 数 のクラスが6 園 7クラスあります 園 児 数 が 少 ない 園 では 集 団 生 活 の 中 で 子 ども 同 士 が 切 磋 琢 磨 する 機 会 の 減 少 人 間 関 係 の 固 定 化 また 良 い 意 味 での 競 争 心 の 希 薄 化 という 教 育 の 質 の 低 下 につながる 懸 念 が 生 じて います さらに 市 民 の 幼 稚 園 に 対 するニーズも 多 様 化 してくる 中 で ニーズに 対 応 するため 積 極 的 に 預 かり 保 育 や 子 育 て 相 談 そして 未 就 園 児 の 親 子 登 園 などの 子 育 て 支 援 活 動 に 取 り 組 まれてき ましたが それにも 増 して 近 年 の 少 子 化 現 象 から 推 測 すると 園 児 数 の 減 少 傾 向 は 一 層 進 むも のと 考 えられます また モデルケースとして 白 橿 南 北 幼 稚 園 の 統 廃 合 を 取 り 組 んだ 後 の 検 証 により 適 正 な 規 模 での 運 営 をすることで 集 中 して 子 どもたちのためになる 教 育 環 境 を 整 え 保 護 者 のニーズに 応 える 方 策 を 地 域 の 方 々や 関 係 者 が 協 力 して 取 り 組 んでいくことが 必 要 であ るとの 認 識 に 立 っています (2) 保 育 所 の 現 状 と 課 題 一 方 保 育 所 は 昭 和 51 年 までは 0 歳 児 から3 歳 児 までを 保 育 し 4 歳 になれば 当 然 のよう に 幼 稚 園 に 入 園 していました 社 会 での 就 労 が 母 親 ( 女 性 )にとって 大 きく 影 響 し それに 関 連 して 保 育 所 保 育 の 重 要 性 が 求 められるようになったため 全 保 育 所 において0 歳 児 から5 歳 児 までの 保 育 が 開 始 されました その 後 も 年 々 保 育 所 に 求 められるニーズが 高 まり 入 所 児 童 数 も 定 数 を 超 え ますます 保 育 の 専 門 性 が 問 われるようになってきました 近 年 の 少 子 化 現 象 にもかかわらず 保 育 所 への 入 所 希 望 は 増 加 しているのが 現 状 です 多 様 化 する 時 代 のニーズの 質 量 も 大 きくふくらみ 核 家 族 の 中 で 親 だけに 子 育 ての 負 担 と 責 任 がかかる 現 代 社 会 では その 孤 独 感 不 安 感 などから 派 生 する 子 育 て 問 題 に 対 する 支 援 と 養 育 力 の 低 下 や 児 童 虐 待 などについての 保 護 者 に 対 する 支 援 のあり 方 が 求 められています 地 域 における 子 育 て 支 援 も 今 まで 以 上 に 創 意 工 夫 が 求 められ 保 育 所 をめぐる 環 境 も 様 々に 変 化 しています そのような 中 今 ある 施 設 設 備 など 限 られた 資 源 の 中 でどのように 対 応 していくかが 課 題 とな っています 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 満 4 歳 から 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 幼 児 を 保 育 し 適 切 な 環 境 を 与 え 3

5 て その 心 身 の 発 達 を 助 長 することを 目 的 としています 幼 児 期 は 大 人 への 依 存 を 基 盤 として 自 立 に 向 かう 時 期 であり その 過 程 で 幼 児 は 生 活 や 遊 びの 中 で 具 体 的 な 体 験 を 通 して 生 涯 にわたる 人 間 としての 健 全 な 発 達 や 社 会 の 変 化 に 主 体 的 に 対 応 しうる 能 力 など 世 の 中 で 生 きるための 最 も 基 本 となることを 獲 得 していきます このため 幼 稚 園 では 幼 児 の 主 体 的 な 遊 びを 十 分 確 保 し 小 学 校 段 階 以 降 の 生 活 や 学 習 の 基 盤 の 育 成 につながることにも 配 慮 しながら 基 本 的 生 活 習 慣 の 形 成 定 着 人 とかかわる 力 や 道 徳 性 規 範 意 識 の 芽 生 え 創 造 的 な 思 考 や 主 体 的 な 生 活 態 度 の 基 礎 などを 育 てることが 大 切 です 幼 児 は 家 庭 地 域 社 会 幼 稚 園 という 一 連 の 流 れの 中 で 生 活 しており 幼 児 が 望 ましい 発 達 を 遂 げていくためには それぞれにおける 幼 児 の 生 活 が 充 実 し 全 体 として 豊 かなものになって いかなければなりません そのため 幼 稚 園 は 家 庭 や 地 域 社 会 との 連 携 を 深 め 保 護 者 の 要 請 や 地 域 の 実 態 などを 踏 まえ 地 域 の 幼 児 教 育 のセンターとしてその 施 設 や 機 能 を 開 放 し 積 極 的 に 子 育 てを 支 援 して いくことが 求 められています 2 保 育 所 の 役 割 保 育 所 は 児 童 福 祉 法 に 基 づき 保 育 に 欠 ける 乳 幼 児 を 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です したがって 保 育 所 における 保 育 は 入 所 する 乳 幼 児 の 最 善 の 利 益 を 考 慮 し その 福 祉 を 積 極 的 に 増 進 することに 最 もふさわしいものでなければなりません 保 育 所 は 乳 幼 児 が 生 涯 にわたる 人 間 形 成 の 基 礎 を 培 う 極 めて 重 要 な 時 期 に その 生 活 時 間 の 大 半 を 過 ごすところです 保 育 所 における 保 育 の 基 本 は 家 庭 や 地 域 社 会 と 連 携 を 図 り 保 護 者 の 協 力 のもとに 家 庭 養 育 の 補 完 を 行 い 子 どもが 健 康 かつ 安 全 で 情 緒 の 安 定 した 生 活 ができる 環 境 を 用 意 し 自 己 を 十 分 に 発 揮 しながら 活 動 できるようにすることにより 健 全 な 心 身 の 発 達 を 図 るところにあります そのために 養 護 と 教 育 が 一 体 となって 豊 かな 人 間 性 を 持 った 子 どもを 育 成 するところに 保 育 所 における 保 育 の 特 性 があります また 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 対 応 して 保 育 所 には 地 域 における 子 育 て 支 援 のために 乳 幼 児 などの 保 育 に 関 する 相 談 に 応 じ 助 言 するなどの 社 会 的 役 割 もますます 必 要 となってき ています (2) 今 後 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 1 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 幼 児 教 育 は これまで 幼 稚 園 保 育 所 という 別 々の 制 度 の 中 で 教 育 保 育 の 環 境 を 提 供 して きました しかし 近 年 の 少 子 化 や 核 家 族 化 傾 向 女 性 の 社 会 進 出 など 子 育 て 環 境 も 変 化 し 幼 児 教 育 に 求 められることがらにも 変 化 が 見 られます これまでの 幼 稚 園 は 教 育 保 育 所 は 保 育 という 概 念 は 双 方 の 施 設 ともその 基 本 は 根 底 に 置 くものの 同 じような 教 育 保 育 が 受 けられる ように 変 化 しつつあり 教 育 活 動 保 育 活 動 を 併 せて 保 育 と 呼 ばれています また 一 般 的 に は 地 域 の 人 とのかかわりや 他 の 家 庭 との 結 びつきが 弱 い 親 が 子 育 ての 不 安 を 周 囲 に 相 談 4

6 することができない 近 隣 同 士 のかかわりで 子 育 てを 支 えていく 地 域 の 教 育 力 が 弱 くなった な どと 言 われていますが 本 市 においてもその 傾 向 が 見 受 けられます 2 多 様 な 保 育 ニーズ 社 会 情 勢 の 変 化 もあって 長 時 間 保 育 や 質 の 高 い 教 育 の 提 供 を 求 める 保 護 者 3 歳 児 保 育 給 食 の 実 施 などの 願 いを 持 つ 保 護 者 が 多 くなっています また 保 育 所 の 入 所 条 件 である 保 育 に 欠 ける という 解 釈 が 今 幅 広 く 捉 えられてきており 子 どもの 数 は 減 少 するものの 保 育 に 対 する 需 要 はこれからますます 増 えることが 見 込 まれます 3 幼 保 一 体 化 の 取 組 先 に 述 べたような 幼 児 を 取 り 巻 く 状 況 の 中 で 幼 稚 園 保 育 所 の 果 たす 役 割 は ますます 大 き くなってきています 上 記 の 幼 稚 園 保 育 所 のそれぞれの 役 割 を 踏 まえた 上 で 就 学 前 の 幼 稚 園 児 保 育 所 児 (4 5 歳 児 )を 共 に 生 涯 にわたる 人 間 形 成 の 基 礎 を 培 う 極 めて 重 要 な 時 期 であるという 認 識 のもと 就 学 前 教 育 として 一 体 的 に 行 えないだろうかと その 方 向 性 を 探 っています 幼 稚 園 保 育 所 は それぞれ 異 なる 目 的 機 能 を 持 った 施 設 ではありますが 他 方 において 両 施 設 とも 就 学 前 の 年 齢 の 者 を 対 象 としていること 等 から 実 態 としてはかなり 類 似 した 機 能 が 求 められています 子 どもたちが 心 身 ともに 健 やかに 成 長 発 達 し 生 き 生 きと 乳 幼 児 期 を 暮 らし 心 豊 かな 生 活 を 営 む 基 礎 となる 力 を 身 につけていくためには 本 市 の 幼 稚 園 と 保 育 所 がこれまでの 長 い 歴 史 の 中 で 培 ってきた 実 績 を 生 かし 今 日 的 なニーズに 即 してそれぞれの 特 徴 を 発 揮 していき 幼 稚 園 保 育 所 の 連 携 を 強 化 し 総 合 的 な 子 育 て 施 策 の 展 開 と 体 制 の 構 築 を 図 っていくことが 必 要 だと 考 えます 幼 保 一 体 化 の 実 施 によって 幼 稚 園 児 保 育 所 児 の 活 動 内 容 がより 豊 かになる 上 幼 稚 園 児 にとっては0 歳 児 から3 歳 児 の 生 活 を 身 近 に 感 じたりふれあったりすることで 体 験 の 幅 が 拡 大 し 集 団 社 会 での 人 格 形 成 の 基 礎 をより 深 く 学 ぶことができます さらに 発 達 段 階 をおさえた 指 導 ができ 職 員 の 研 修 も 深 まり 保 育 内 容 の 指 導 の 多 様 化 質 的 向 上 が 期 待 できます 幼 保 一 体 化 の 取 組 は 将 来 的 には 保 育 所 のニーズの 高 まりや 幼 稚 園 の 状 況 に 柔 軟 に 対 応 できるものと 考 えています (3) 就 学 前 教 育 の 構 築 1 就 学 前 教 育 の 構 築 0 歳 児 から5 歳 児 までの 就 学 前 の 子 どもたちにとって 何 が 最 も 大 切 であるのかという 視 点 で 就 学 前 教 育 のあり 方 について 考 えていく 必 要 があると 考 えます 子 育 ては 幼 稚 園 保 育 所 の 中 で の 教 育 保 育 という 視 点 のみならず 地 域 全 体 で 子 育 て 世 帯 を 捉 え 子 育 ての 見 通 しが 見 える 支 援 を 広 げていくことを 考 えていかなくてはなりません 子 育 て 子 育 ちに 関 する 多 様 な 課 題 に 応 えるためには 次 代 を 担 うすべての 子 どもたちが 安 心 して 暮 らし 健 やかに 育 つ 環 境 づくりと 施 策 の 展 開 が 求 められます 子 どもの 豊 かな 育 ちを 保 障 するため 共 に 学 び 共 に 育 ち 合 う 関 係 づくりをめざして とりわけ 公 5

7 立 の 施 設 については 親 の 願 いとして 保 育 所 機 能 を 充 実 させ 子 育 て 支 援 機 能 をさらに 充 実 する ことで 子 どもたちが 生 まれる 前 から 家 庭 生 活 就 学 前 教 育 の 一 貫 した 子 育 て 理 念 環 境 づくり を 構 築 します 2 統 一 保 育 カリキュラムの 策 定 幼 稚 園 と 保 育 所 での 教 育 保 育 の 違 いにより 小 学 校 就 学 時 に 影 響 が 出 ないよう 幼 稚 園 と 保 育 所 双 方 の 子 ども 観 保 育 観 の 共 通 認 識 が 必 要 です 幼 稚 園 教 育 要 領 や 保 育 所 保 育 指 針 はそ れぞれの 保 育 内 容 の 上 限 を 示 すものではなく 基 準 を 示 したものであることから 各 施 設 が 積 極 的 に 特 色 を 出 し 切 磋 琢 磨 していくことが 求 められます そのためには 幼 稚 園 教 育 要 領 と 保 育 所 保 育 指 針 を 基 本 として 橿 原 市 の 子 どもたちにとっ て 真 に 必 要 とされる 幼 児 教 育 の 理 念 幼 保 の 共 通 した 教 育 保 育 の 指 針 の 策 定 をします 3. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 適 正 配 置 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 (1) 公 立 幼 稚 園 保 育 所 のあり 方 子 どもたちの 豊 かな 育 ちの 保 障 と 保 護 者 のニーズに 応 えるため 幼 稚 園 保 育 所 では 双 方 固 有 の 保 育 機 能 を 可 能 な 限 り 融 合 させ 保 育 サービスの 充 実 を 図 る 取 組 をします 幼 稚 園 は 教 育 保 育 所 は 保 育 という 従 前 の 殻 を 破 り 市 民 サービス 精 神 の 更 なる 高 揚 を 図 り 保 育 サービスに 当 たるよう 努 めます そのため 各 園 所 では 保 育 課 題 勤 務 のあり 方 などについて 自 己 点 検 評 価 による 改 革 改 善 に 努 めるとともに 園 所 の 教 育 交 流 などにより 更 なる 進 展 を 図 ります また 保 育 機 能 の 融 合 のために 市 の 就 学 前 教 育 の 指 針 の 策 定 をします (2) 特 色 づくり 行 政 サービスの 任 を 負 う 公 立 の 幼 稚 園 保 育 所 は 所 在 する 地 域 住 民 のニーズに 応 えるため 地 域 に 根 ざした 特 色 づくりを 目 指 します これまでは 同 一 保 育 機 関 は 同 一 形 態 であるのが 原 則 でしたが 現 在 は 地 域 のニーズに 即 した 園 所 の 経 営 が 望 まれています 各 園 所 は 地 域 の 文 化 就 労 状 況 家 庭 状 況 保 護 者 のニー ズなどを 踏 まえ 地 域 の 実 情 にあった 特 色 ある 保 育 活 動 を 展 開 し 魅 力 ある 地 域 の 保 育 施 設 とし て 努 力 します 今 民 間 保 育 施 設 では 財 政 保 障 が 限 定 された 中 で 常 に 危 機 感 をもって 点 検 し 民 意 に 応 える 施 策 を 図 るなど 経 営 努 力 が 重 ねられています 公 立 においても 各 園 所 ごとに 市 民 の 負 託 に 応 えるべくさらに 改 善 に 努 める 必 要 があり 市 民 ニーズに 応 えられず 入 園 入 所 者 が 少 ない 園 所 については 統 廃 合 を 進 めます (3) 公 立 施 設 の 再 編 整 備 と 幼 保 一 体 化 への 取 組 幼 稚 園 保 育 所 の 施 設 及 び 人 材 の 有 効 活 用 を 図 るとともに 各 々の 特 徴 ある 機 能 を 生 かしな がら 教 育 保 育 サービスの 拡 充 を 図 った 幼 保 一 体 化 施 設 の 設 置 による 特 色 づくりなどにより 幼 保 施 設 を 含 めた 再 編 整 備 をします 再 編 整 備 については 5 保 育 所 と15 幼 稚 園 の20 施 設 について 考 えます 再 編 整 備 後 に 空 い 6

8 た 施 設 については 市 としての 有 効 活 用 を 図 っていきます ただし この 子 育 ての 施 策 を 進 めるに 当 たっては 限 りあるお 金 を 使 うときバラバラに 使 う よりも 集 中 して 子 どもたちのためになる 教 育 環 境 を 整 え 保 護 者 のニーズに 応 えるよ うに かつ 資 産 を 有 効 活 用 して 市 民 とともに 着 実 に 実 現 化 する 必 要 があります また 今 後 は 幼 稚 園 小 学 校 の 一 貫 校 認 定 こども 園 指 定 管 理 者 制 度 などの 民 間 活 力 の 導 入 についても 検 討 します 特 に 認 定 こども 園 については 現 在 法 制 上 抱 える 諸 課 題 の 改 善 状 況 をみながら モデルケースとして 取 り 組 むなど 段 階 的 に 進 めます なお これらの 実 施 に 当 たっては 0 歳 児 から3 歳 児 の 保 育 について 充 分 な 配 慮 検 討 をしま す (4) 適 正 規 模 の 基 本 的 な 考 え 方 について 次 の2つの 適 正 規 模 についての 基 本 的 な 考 え 方 に 基 づき 適 正 配 置 を 図 ります 1 クラス 編 制 教 員 配 置 の 基 準 について 幼 稚 園 については 1クラス34 名 を 維 持 し それに 伴 った 教 員 を 配 置 し 特 別 な 支 援 を 要 す る 幼 児 の 入 園 に 際 しては 教 職 員 の 加 配 に 配 慮 します 幼 保 一 体 化 施 設 (こども 園 )については 長 時 間 部 ( 保 育 所 部 分 )と 短 時 間 部 ( 幼 稚 園 部 分 ) は 保 育 所 の4 歳 5 歳 児 の 基 準 幼 稚 園 の 基 準 とします 2 クラス 構 成 数 について 幼 稚 園 については 各 学 年 複 数 クラスの 編 制 とし また これに 加 えて 多 目 的 室 が2 室 程 度 必 要 なことから 現 有 施 設 を 考 慮 すると 最 大 で7クラスを 上 限 とした 構 成 とします 各 学 年 が 複 数 クラスであることで クラスごとの 良 さを 認 め 合 い 競 い 合 い そしてクラス 替 え の 効 果 などもあって 集 団 生 活 の 中 で 園 児 同 士 が 刺 激 し 合 う 教 育 環 境 が 確 保 できることから 各 学 年 複 数 クラスを 設 けることが 必 要 と 考 えます クラスの 上 限 は その 施 設 における 保 育 可 能 な 保 育 室 の 許 容 量 が 上 限 となりますが 未 就 園 児 の 登 園 子 育 て 相 談 預 かり 保 育 など 子 育 て 支 援 の 充 実 のための 部 屋 や 絵 本 が 自 由 に 読 めるような 教 育 活 動 のために 必 要 な 部 屋 などの 多 目 的 室 を2 部 屋 程 度 確 保 します 幼 保 一 体 化 施 設 (こども 園 )については 施 設 の 収 容 数 に 応 じて 長 時 間 部 ( 保 育 所 部 分 )と 短 時 間 部 ( 幼 稚 園 部 分 )の 定 員 を 設 け かつ 幼 稚 園 同 様 教 育 活 動 のために 必 要 な 部 屋 など の 多 目 的 室 を2 部 屋 程 度 確 保 します (5) 適 正 配 置 の 基 本 的 な 考 え 方 について 上 記 1 2の 条 件 を 確 保 することにより 教 育 効 果 をより 高 めます そのためには この 基 準 に 合 わない 施 設 は 統 廃 合 や 幼 保 一 体 化 による 再 編 を 進 めます 教 育 的 効 果 を 考 えるとき 適 正 規 模 が 満 たされない 幼 稚 園 は 一 定 規 模 の 園 児 数 を 満 たす クラス 編 制 ができるよう 適 正 化 を 図 ることが 必 要 です 一 定 規 模 の 園 児 数 を 確 保 するためには 本 市 の 現 状 では 統 廃 合 を 進 めることは 止 むを 得 ないと 考 えます ただし 統 廃 合 を 進 めるに 際 しては 地 理 的 条 件 や 通 園 の 安 全 などを 考 慮 した 上 で 検 討 を 進 めることが 必 要 と 考 えます 7

9 更 に 限 りある 資 金 資 産 を 有 効 活 用 するという 主 旨 から 原 則 的 には 施 設 の 増 築 はせず 現 在 の 幼 稚 園 施 設 を 利 用 していくことが 必 要 です ただし 幼 保 一 体 化 施 設 については 給 食 の 提 供 を 含 め 増 築 の 必 要 がある 場 合 も 考 えられます 1 通 園 区 について 幼 稚 園 としては 適 正 規 模 適 正 配 置 の 観 点 から 幼 稚 園 区 は 中 学 校 区 内 を 原 則 とし クラス 数 の 適 正 規 模 が 確 保 できない 場 合 に 限 り 隣 接 園 区 も 対 象 とすることが 必 要 です しかし 適 正 配 置 計 画 を 実 行 する 際 には 卒 園 後 進 学 する 小 学 校 中 学 校 は 同 じであるこ とが 望 ましいですが 私 立 幼 稚 園 保 育 園 への 通 園 希 望 者 もあり 少 子 化 社 会 が 進 行 する 中 にあっては 園 の 適 正 規 模 の 確 保 が 難 しいことも 想 定 され 通 園 区 を 外 すことも 必 要 かと 考 え ます 2 通 園 支 援 について 通 園 区 の 変 更 により 通 園 が 著 しく 困 難 となるケースには 支 援 の 方 策 その 要 支 援 距 離 の 目 安 についても 検 討 します 3その 他 の 留 意 事 項 について 公 立 施 設 の 再 編 については 教 育 的 にも 財 政 的 にも 早 急 に 取 り 組 まなければならない 課 題 ではありますが 段 階 的 に 実 施 することが 望 ましいと 考 えます また 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 については 一 時 的 な 検 討 に 終 わることなく 継 続 的 に 各 園 の 状 況 をみながら 取 り 組 む 必 要 があります 特 に クラス 編 制 基 準 については 社 会 情 勢 の 変 化 に 応 じて 必 要 とされる 場 合 には 再 検 討 します 4. 公 私 の 協 調 連 携 公 立 私 立 の 幼 稚 園 保 育 所 はそれぞれの 役 割 を 分 担 しながら お 互 いに 切 磋 琢 磨 して 全 体 として 市 民 のニーズに 応 えるものでなければなりません その 際 市 の 就 学 前 教 育 を 支 えること を 共 通 の 理 念 とし 公 私 の 枠 を 超 えて お 互 いに 補 い 合 い 協 調 し 合 って 取 り 組 むことが 求 めら れます したがって そのためのコーディネート 機 能 としての 協 議 会 の 設 置 を 進 めます 公 私 幼 保 の 枠 を 超 えた 協 議 会 や 研 究 会 などを 設 けることにより お 互 いのノウハウを 提 供 することや 学 び 合 う 姿 勢 で 研 修 するなどして 市 の 就 学 前 教 育 の 向 上 推 進 を 図 ることに 努 めま す とりわけ 公 私 とも 欠 けている 部 分 は 補 い 合 い 理 解 し 合 って 将 来 を 担 う 橿 原 市 民 の 育 成 に 尽 力 していきたいと 考 えます 市 内 の 各 保 育 機 関 はそれぞれに 課 題 を 克 服 し 単 独 で 又 は 連 携 して 経 営 努 力 し 互 いにそ の 良 さを 認 め 合 い 補 い 合 って 総 体 として 市 民 の 期 待 に 応 えることが 公 私 協 調 であると 考 えま す 8

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Taro-コピー ~ 入所申込案内.jtd

Taro-コピー ~ 入所申込案内.jtd 平 成 25 年 度 保 育 所 ( 園 ) 入 所 申 込 案 内 1. 保 育 所 ( 園 )とは 藍 住 町 福 祉 課 電 話 637-3114 保 育 所 は 保 護 者 が 働 いている 保 護 者 が 病 気 の 状 態 にある などの 理 由 から 家 庭 での 保 育 が 十 分 できないときに 保 護 者 にかわって 児 童 を 保 育 することを 目 的 とした 施 設 です

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

水 戸 市 幼 児 教 育 振 興 基 本 計 画 水 戸 市 目 次 頁 第 1 編 総 論 1 第 1 章 計 画 策 定 に 当 たって 1 第 1 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 1 第 2 計 画 の 役 割 1 第 3 計 画 の 構 成 期 間 進 行 管 理 2 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 3 第 1 幼 児 教 育 の 意 義 役 割 3 第 2 国

More information

野 田 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 1 8 年 3 月 野 田 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 基 本 方 針 2 1 計 画 策 定 の 目 的 2 2 計 画 の 基 本 方 針 2 (1) どもが 子 読 書 に 親 しむ 機 会 の 提 供 と 充 実 2 (2) 家 庭 地 域 学 校 を 通 社 じた 会 全 体 での

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 2016 年 4 月 13 日 イ オ ン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 制 定 について イオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )は 当 社 の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 並 びに 企 業 統 治 システムに 関 する 方 針 を 示 した コーポレートガバナンス 基 本 方 針 ( 以 下 当 方 針 )を 制 定 しました

More information

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育 豊 中 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 市 民 説 明 会 主 な 質 問 と 回 答 について 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 1 日 現 在 Ver.1 現 時 点 の 国 及 び 豊 中 市 の 検 討 状 況 等 を 基 に 市 民 説 明 会 にていただいた 主 な 質 問 と 回 答 をまとめたものです 今 後 変 更 などが 生 じる 可 能 性 もあります

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464>

<5461726F2D8E968BC68C7689E68F9195BD90AC3238944E6A74642E6A7464> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 野 里 福 祉 会 は え ば る 保 育 園 -1- 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 1. 野 里 福 祉 会 本 部 運 営 法 人 理 念 一 人 ひとりの 生 命 を 守 り 一 人 ひとりの 生 命 を 育 みます 福 祉 施 設 としての 役 割 を 果 たし 地 域 に 根 ざし 地 域 との 信 頼 関 係

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 施 策 体 系 ~ 現 状 における 関 連 事 業 の 取 りまとめ~ 平 成 25 年 4 月 札 幌 市 保 健 福 祉 局 障 がい 保 健 福 祉 部 はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計...

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 島 本 町 公 共 施 設 適 正 化 基 本 方 針 ( 案 ) 平 成 2 月 島 本 町 目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 9

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4 滝 川 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 滝 川 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について)

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について) 平 成 2 7 年 4 月 2 8 日 教 育 課 程 企 画 特 別 部 会 資 料 3-1 幼 児 教 育 幼 小 接 続 に 関 する 現 状 について 1. 幼 児 教 育 の 現 状 1 2. 子 供 の 発 達 の 現 状 12 3. 幼 小 接 続 14 1. 幼 児 教 育 の 現 状 乳 幼 児 期 における 教 育 保 育 の 制 度 発 小 学 校 達 や 学 び の 連 続

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc

Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 57 57 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 塘 利 枝 子 同 志 社 女 子 大 学 はじめに 日 本 における 幼 児 期 の 家 庭 外 保 育 は 主 として3 種 類 の 機 関 が 担 っている 1つ 目 は 文 部 科 学 省 の 管 轄 下 にある 幼 稚 園 2つ 目 は 厚 生 労

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc)

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc) 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 中 間 報 告 平 成 1 3 年 3 月 1 中 間 報 告 の 提 出 にあたって 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 は, 平 成 12 年 7 月 18 日 に 発 足 以 来, 今 日 に 至 るまで 官 と 民 の 役 割 分 担, 官 から 民 への 委 託 の 観 点 から16 項 目 について 議 論 を 重 ねてきた この 間,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

目 次 第 1 章 総 論 1. 人 権 施 策 推 進 指 針 の 策 定 にあたって 1 2. 基 本 方 針 の 目 標 1 第 2 章 人 権 施 策 の 推 進 方 針 2 1. 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 (1)あらゆる 場 を 通 じた 人 権 教 育 啓 発 の 推 進

目 次 第 1 章 総 論 1. 人 権 施 策 推 進 指 針 の 策 定 にあたって 1 2. 基 本 方 針 の 目 標 1 第 2 章 人 権 施 策 の 推 進 方 針 2 1. 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 (1)あらゆる 場 を 通 じた 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 飛 驒 市 人 権 施 策 推 進 指 針 岐 阜 県 飛 驒 市 目 次 第 1 章 総 論 1. 人 権 施 策 推 進 指 針 の 策 定 にあたって 1 2. 基 本 方 針 の 目 標 1 第 2 章 人 権 施 策 の 推 進 方 針 2 1. 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 (1)あらゆる 場 を 通 じた 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 1 学 校 における 人 権

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

幼 児 教 保 全 般 に 関 する 調 査 研 究 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 現 状 課 題 整 理 幼 児 教 や に 関 する 研 究 結 果 等 情 報 収 集 や 必 要 に 応 じ 調 査 る も を 環 み 充 実 地 施 策 ね

幼 児 教 保 全 般 に 関 する 調 査 研 究 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 現 状 課 題 整 理 幼 児 教 や に 関 する 研 究 結 果 等 情 報 収 集 や 必 要 に 応 じ 調 査 る も を 環 み 充 実 地 施 策 ね ワーク ライフ バランス 推 進 幼 児 教 保 質 現 状 課 題 整 理 ども を 社 会 全 体 で えいくいう 機 運 を 高 めいくために 企 業 保 護 者 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 市 民 等 を 対 象 し 重 要 性 や 役 割 などに 関 する 講 演 会 や 講 座 を 開 催 しいます る も を 環 み 充 実 しかし

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 第 4 章 重 点 的 な 取 組 - 57 - 本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のために 市 町 村 が 重 点 的 に 取 り

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

【金城大学短期大学部】h25年度第三者評価 自己点検・評価報告書

【金城大学短期大学部】h25年度第三者評価 自己点検・評価報告書 選 択 的 評 価 基 準 3. 地 域 貢 献 の 取 り 組 みについて 従 来 から 学 科 別 にいくつかの 地 域 貢 献 事 業 の 取 組 はなされていたが 本 格 的 に 組 織 化 されたのは 平 成 19(2007) 年 度 に 地 域 貢 献 室 が 設 置 され 平 成 20(2008) 年 度 に 地 域 連 携 貢 献 センター が 発 足 してからである 同 セン ターの

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 堀 江 敬 愛 保 育 園 重 要 事 項 説 明 書 保 育 の 提 供 の 開 始 にあたり 当 園 があなたに 説 明 すべき 内 容 は 次 のとおりで す 1 施 設 運 営 主 体 名 称 社 会 福 祉 法 人 智 恩 福 祉 会 所 在 地 茨 木 市 白 川 2 丁 目 13 番 25 号 電 話 番 号 072-665-8615 代 表 者 氏 名 理 事 長 城 谷 星 2 利

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

協 働 の 必 要 性 及 び 効 果 と 目 標 ( 協 働 の 役 割 分 担 を 含 む) 1. 協 働 の 必 要 性 と 相 乗 効 果 今 後 地 域 課 題 は 益 々 複 雑 化 し 解 決 が 難 しくなっていくと 言 われています そ のような 時 代 において 課 題 を 解

協 働 の 必 要 性 及 び 効 果 と 目 標 ( 協 働 の 役 割 分 担 を 含 む) 1. 協 働 の 必 要 性 と 相 乗 効 果 今 後 地 域 課 題 は 益 々 複 雑 化 し 解 決 が 難 しくなっていくと 言 われています そ のような 時 代 において 課 題 を 解 ( 様 式 第 4 号 ) 協 働 推 進 モデル 事 業 計 画 書 ( 本 提 案 用 ) ( 記 載 が 複 数 ページにわたっても 良 いので できるだけわかりやすく 具 体 的 に 記 載 してください ただし この 企 画 書 は A4 サイズ4ページ 以 内 で 作 成 してください ) 名 提 団 体 名 NPO 法 人 だっぴ ( 担 当 者 柏 原 拓 史 ) 案 団 体 合 同

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204093C78F918A8893AE908490698C7689E681698C888DD9816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204093C78F918A8893AE908490698C7689E681698C888DD9816A2E646F63> 福 津 市 まちづくり 計 画 福 津 市 子 ど も 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 19 年 3 月 福 津 市 福 津 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 はじめに 1p 第 Ⅰ 章. 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 の 背 景 1. 読 書 活 動 の 意 義 2p 2. 読 書 活 動 の 現 状 3p 3. 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間

More information

Microsoft Word - 0512松原市子ども計画.doc

Microsoft Word - 0512松原市子ども計画.doc はじめに 我 が 国 では 女 性 の 社 会 進 出 や 価 値 観 の 変 化 などを 背 景 とした 晩 婚 化 や 未 婚 率 の 上 昇 により 出 生 率 が 低 下 す るなど 少 子 化 は 着 実 に 進 んでいます また 共 働 き 家 庭 の 増 加 就 労 環 境 の 多 様 化 などにより 子 どもや 子 育 て をめぐる 環 境 は 大 きく 変 化 しています それは

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

Microsoft Word 会議録【最終】

Microsoft Word 会議録【最終】 平 成 27 年 度 第 1 回 岡 崎 市 図 書 館 交 流 プラザ 運 営 協 議 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 午 前 10 時 ~ 午 前 11 時 35 分 2 会 場 図 書 館 交 流 プラザ 会 議 室 301 3 出 席 委 員 斉 藤 委 員 村 上 委 員 白 井 委 員 渥 美 委 員 浦 部 委 員 森 﨑 委 員 濱 田 委

More information