CISPR 吸収クランプ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "CISPR 16-1-3 吸収クランプ"

Transcription

1 無 線 妨 害 波 およびイミュニティ 測 定 装 置 第 3 編 補 助 装 置 - 妨 害 波 電 力 目 次 はじめに 1 1. 適 用 範 囲 1 2. 引 用 規 格 1 3. 用 語 の 定 義 と 略 語 1 4. 吸 収 クランプ 装 置 2 付 則 A( 情 報 ) 吸 収 クランプの 構 造 (4.2 節 参 照 ) 15 付 則 B( 規 定 ) 吸 収 クランプおよび 補 助 クランプの 較 正 および 適 合 性 確 認 方 法 (4 章 参 照 ) 17 付 則 C( 規 定 ) 吸 収 クランプ 試 験 場 の 適 合 性 確 認 (4 章 参 照 ) 28 図 1 吸 収 クランプ 測 定 法 および 関 連 の 較 正 ならびに 適 合 性 確 認 手 順 の 概 要 11 図 2 吸 収 クランプ 試 験 方 法 の 概 略 図 13 図 3 クランプ 較 正 法 の 概 要 図 14 図 A.1 吸 収 クランプとその 部 品 15 図 A.2 吸 収 クランプの 構 造 例 16 図 B.1 基 本 の 較 正 試 験 場 24 図 B.2 被 試 験 導 線 の 軸 合 わせガイドの 位 置 24 図 B.3 較 正 ジグの 側 面 図 25 図 B.4 ジグの 平 面 図 25 図 B.5 ジグの 垂 直 フランジの 側 面 図 25 図 B.6 参 照 装 置 較 正 法 の 試 験 配 置 26 図 B.7 参 照 装 置 の 仕 様 26 図 B.8 減 結 合 係 数 DFの 測 定 配 置 27 図 B.9 減 結 合 係 数 DRの 測 定 配 置 27 図 C.1 クランプ 試 験 場 の 適 合 性 確 認 のための 基 本 の 較 正 法 を 用 いたクランプ 試 験 場 減 衰 量 測 定 の 試 験 配 置 30 表 1 3 種 類 のクランプ 較 正 法 の 特 性 およびそれらの 関 連 の 概 要 12

2 はじめに 本 編 は CISPR16-1-3( 第 2.0 版 )に 準 拠 し 無 線 妨 害 波 及 びイミュニティの 測 定 装 置 並 び に 測 定 方 法 の 規 格 のうち 第 1 部 : 無 線 妨 害 波 およびイミュニティの 測 定 装 置 第 3 編 : 補 助 装 置 - 妨 害 波 電 力 - の 技 術 的 条 件 および 性 能 評 価 法 について 定 めたものである 本 編 は 4つの 節 および 付 則 から 構 成 される 付 則 Aは 技 術 情 報 であり 付 則 BおよびCは 拘 束 力 を 持 つ 規 格 である 1 適 用 範 囲 本 編 は 周 波 数 30MHzから1GHzまでの 帯 域 における 無 線 妨 害 波 電 力 測 定 のための 吸 収 クランプの 特 性 と 較 正 法 に 関 して 定 めた 基 本 的 な 規 格 である 2 引 用 規 格 以 下 の 引 用 規 格 は 本 編 の 利 用 に 不 可 欠 なものである 発 行 年 が 記 された 規 格 は その 規 格 を 適 用 す る 記 されていない 規 格 は 最 新 の 規 格 (あらゆる 修 正 を 含 む)を 適 用 する [1] CISPR (2003): 無 線 妨 害 波 およびイミュニティ 測 定 装 置 と 測 定 法 に 関 する 規 格 - 第 2 編 : 無 線 妨 害 波 およびイミュニティ 測 定 法 - 妨 害 波 電 力 の 測 定 [2] CISPR : 無 線 妨 害 波 およびイミュニティ 測 定 装 置 と 測 定 法 に 関 する 規 格 第 4 部 - 第 2 編 : 不 確 かさ 統 計 および 許 容 値 モデル - EMC 測 定 の 不 確 かさ [3] JIS C (1997): 国 際 電 気 工 学 用 語 (IEV) 161 章 : 電 磁 両 立 性 3 用 語 の 定 義 と 略 語 3.1 用 語 の 定 義 JIS C の 適 用 すべき 項 目 を 参 照 すること 3.2 略 語 ACA ACMM ACRS ACTS CF CRP DF 吸 収 クランプ 吸 収 クランプ 測 定 法 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 吸 収 クランプ 試 験 場 クランプ 係 数 クランプ 基 準 点 減 結 合 係 数 1

3 DR JTF LUT RTF SAD SAR SRP 測 定 受 信 機 の 不 平 衡 インピーダンスからの 電 流 トランスの 減 結 合 を 規 定 する 減 結 合 係 数 ジグ 変 換 係 数 被 試 験 導 線 参 照 変 換 係 数 補 助 クランプ 電 波 半 無 響 室 移 動 基 準 点 4 吸 収 クランプ 装 置 4.1 まえがき 吸 収 クランプを 使 用 する 妨 害 波 電 力 の 測 定 は 30MHz を 超 える 周 波 数 範 囲 の 放 射 妨 害 波 レベルを 評 価 するための 方 法 である この 測 定 法 は 放 射 妨 害 波 試 験 場 (OATS)における 妨 害 波 電 界 強 度 測 定 の 代 替 手 段 である 吸 収 クランプを 用 いる 妨 害 波 測 定 法 すなわち 吸 収 クランプ 測 定 法 (ACMM)を CISPR ( 第 2 部 - 第 2 編 )の7 章 に 記 載 する ACMM は 次 の 測 定 装 置 を 使 用 する - 吸 収 クランプ - 補 助 クランプ( 第 2 の 吸 収 装 置 ) - 吸 収 クランプ 試 験 場 図 1 は この 方 法 に 要 求 される 装 置 装 置 の 較 正 と 検 証 の 方 法 を 含 めて 吸 収 クランプ 測 定 法 の 全 体 像 を 示 している 本 章 では ACMM に 必 要 な 装 置 の 要 求 事 項 を 規 定 する 吸 収 クランプ 較 正 方 法 および クランプ 装 置 補 助 クランプの 諸 特 性 に 関 する 検 証 法 の 詳 細 については 付 則 Bに 記 載 する 吸 収 クラ ンプ 試 験 場 の 適 合 性 確 認 については 付 則 Cに 記 載 する 吸 収 クランプを 用 いる 妨 害 波 測 定 は 構 造 お よび 寸 法 に 依 存 するが ある 種 の 機 器 に 適 している 正 確 な 測 定 手 順 および 適 用 性 は 機 器 の 種 類 に 応 じて 規 定 すべきである ( 接 続 線 のない) 供 試 装 置 自 身 の 寸 法 が 波 長 の1/4に 近 い 場 合 装 置 筐 体 から の 直 接 放 射 が 起 こりうる 外 部 導 線 として 電 源 線 のみを 有 する 装 置 の 妨 害 能 力 は この 線 が 送 信 アンテ ナとして 動 作 するため 電 源 線 に 供 給 できる 妨 害 波 電 力 によって 評 価 できる この 妨 害 波 電 力 は 電 源 線 に 装 着 した 適 切 な 電 力 吸 収 装 置 によって 吸 収 される 電 力 にほぼ 等 しい 但 し 吸 収 装 置 は 吸 収 電 力 が 最 大 になる 位 置 に 置 く ここで 機 器 からの 直 接 放 射 は 考 慮 していない 電 源 線 以 外 の 外 部 導 線 を 有 す る 機 器 は その 導 線 の 遮 蔽 の 有 無 にかかわらず 電 源 線 からの 放 射 と 同 様 に その 導 線 から 妨 害 波 エネ ルギーを 放 射 しうる したがって 吸 収 クランプを 用 いる 妨 害 波 測 定 は この 種 の 導 線 にも 同 様 に 適 用 することができる ACMM の 適 用 法 については CISPR ( 第 2 部 - 第 2 編 )の7.9 節 に より 詳 細 に 規 定 する 2

4 4.2 吸 収 クランプ 吸 収 クランプの 説 明 付 則 A に 吸 収 クランプの 構 造 とその 典 型 的 な 例 を 示 す 吸 収 クランプは 次 の5つの 部 分 から 構 成 されている - 広 帯 域 高 周 波 電 流 プローブ - 被 試 験 導 線 用 の 広 帯 域 高 周 波 電 力 吸 収 およびインピーダンス 安 定 部 - 電 流 プローブと 測 定 用 受 信 機 間 の 同 軸 ケーブル 表 面 上 の 高 周 波 電 流 を 減 衰 するために 用 いる 吸 収 スリーブおよびフェライトリング - 吸 収 クランプの 出 力 端 子 と 測 定 用 受 信 機 の 同 軸 ケーブルとの 間 に 挿 入 される 6dB 減 衰 器 - 測 定 用 受 信 機 の 同 軸 ケーブル クランプ 内 の 電 流 プローブの 前 面 ( 線 路 の 長 さ 方 向 )の 位 置 をクランプ 基 準 点 (CRP)とする 基 準 点 は 測 定 時 のクランプの 位 置 を 決 定 するために 使 用 する CRP は 吸 収 クランプの 筐 体 の 外 側 に 表 示 し なければならない クランプ 係 数 およびクランプ 試 験 場 減 衰 量 ACMM を 実 際 の 供 試 装 置 に 適 用 する 場 合 の 概 略 を 図 2 に 示 す ACMM の 詳 細 は CISPR ( 第 2 部 - 第 2 編 )の 7 章 に 記 載 する 妨 害 波 電 力 の 測 定 では 吸 収 クランプの 入 力 端 で 供 試 装 置 から 発 生 する 不 平 衡 電 流 を 電 流 プローブ を 用 いて 測 定 する 被 試 験 導 線 を 取 り 囲 むクランプのフェライト 吸 収 体 は 電 流 プローブに 電 源 側 から の 妨 害 波 が 混 入 しないように 防 いでいる 導 線 を 直 線 状 に 伸 ばして 伝 送 線 路 を 形 成 し これに 沿 って 吸 収 クランプを 移 動 して 最 大 電 流 を 求 める 吸 収 クランプの 位 置 を 変 えることにより 供 試 装 置 から 見 た 吸 収 クランプの 入 力 インピーダンスは 変 化 する したがって クランプの 最 適 位 置 で 最 大 妨 害 波 電 流 すなわち 受 信 機 入 力 における 最 大 妨 害 波 電 圧 を 測 定 することができる この 状 態 において 対 象 測 定 量 すなわち 供 試 装 置 の 妨 害 波 電 力 P eut は クランプの 出 力 信 号 V rec と 吸 収 クランプのクランプ 係 数 CF act を 用 いて 次 のように 関 連 付 けられる P eut = CF act + V rec (1) ここで P eut : 供 試 装 置 の 妨 害 波 電 力 (dbpw) V rec : 測 定 された 電 圧 (dbμv) CF act : 実 際 のクランプ 係 数 (dbpw/μv) 理 論 的 には 受 信 機 入 力 での 受 信 電 力 レベルP rec (dbpw)は 次 の 式 を 用 いて 計 算 できる 3

5 P rec = V rec - 10 log(z i ) = V rec - 17 (2) ここで Z i : 50Ω 測 定 受 信 機 の 入 力 インピーダンス V rec : 測 定 された 電 圧 レベル(dBμV) 式 (1)および(2)を 用 いて 供 試 装 置 から 放 射 される 妨 害 波 電 力 P eut と 受 信 機 で 受 信 される 電 力 P rec との 関 係 が 導 ける P eut - P rec =CF act + 17 (3) 供 試 装 置 から 放 射 される 妨 害 波 電 力 と 受 信 機 で 受 信 される 電 力 との 理 論 的 な 関 係 は 実 際 のクラン プ 試 験 場 減 衰 量 A act (db)として 定 義 される A act P eut - P rec =CF act + 17 (4) この 実 際 のクランプ 試 験 場 減 衰 量 は 3つの 特 性 に 依 存 する - クランプ 応 答 特 性 - 試 験 場 特 性 - 供 試 装 置 特 性 吸 収 クランプの 減 結 合 機 能 吸 収 クランプの 電 流 プローブは 妨 害 波 電 力 を 測 定 するが 一 方 被 試 験 導 線 を 取 り 囲 むフェライトリ ングは 不 平 衡 インピーダンスを 高 めて 導 線 の 遠 端 から 伝 搬 してくる 妨 害 波 を 低 減 し これによって 遠 端 と 電 流 プローブを 分 離 している この 分 離 によって 接 続 された 電 源 ならびに 遠 方 端 インピーダンス が 電 流 測 定 値 に 及 ぼす 影 響 を 低 減 している この 減 結 合 減 衰 量 を 減 結 合 係 数 (DF)と 呼 ぶ 更 に 別 の 減 結 合 機 能 が 吸 収 クランプに 必 要 である すなわち 測 定 用 受 信 機 の 接 続 ケーブルの 不 平 衡 (すなわちコモンモード)インピーダンスを 高 めることによって 電 流 プローブを 受 信 機 から 分 離 する ことである この 分 離 は 電 流 プローブから 受 信 機 までのケーブルに 装 着 したフェライトリングの 吸 収 特 性 によって 達 成 する この 減 結 合 量 を 測 定 用 受 信 機 に 対 する 減 結 合 係 数 (DR)と 呼 ぶ 吸 収 クランプ(ACA)に 対 する 要 求 事 項 妨 害 波 電 力 測 定 用 吸 収 クランプは 次 の 要 求 事 項 に 適 合 しなければならない: a) 吸 収 クランプの 実 際 のクランプ 係 数 (CF act )は 項 で 定 義 されており 付 則 Bの 測 定 方 法 に 従 って 決 定 すること また クランプ 係 数 の 不 確 かさも 付 則 Bに 従 って 決 定 すること b) 被 試 験 導 線 用 の 広 帯 域 高 周 波 電 力 吸 収 およびインピーダンス 安 定 部 の 減 結 合 係 数 (DF)は 付 則 Bの 測 定 手 順 に 従 って 検 証 すること この 減 結 合 係 数 は 全 ての 周 波 数 範 囲 において 21dB 以 上 であること (なお 補 助 クランプを 追 加 して 21dB を 満 足 してもよい ) 4

6 c) 電 流 プローブと 吸 収 クランプ 出 力 端 子 間 の 減 結 合 係 数 (DR)は 付 則 Bの 測 定 手 順 に 従 って 決 定 すること この 減 結 合 係 数 は 全 ての 周 波 数 範 囲 において 30dB 以 上 であること 30dB には 吸 収 クランプの 減 衰 20.5dB および 結 合 / 減 結 合 ネットワーク(CDN)の 減 衰 9.5dB が 含 まれてい る d) クランプ 筐 体 の 長 さは 600mm±40mm であること e) 少 なくとも 6dB の 50Ω 高 周 波 減 衰 器 を クランプ 出 力 端 子 に 直 接 接 続 すること 4.3 複 数 の 吸 収 クランプの 較 正 法 およびそれらの 関 係 クランプ 較 正 の 目 的 は 供 試 装 置 を 用 いた 実 際 の 測 定 にできる 限 り 似 た 状 況 で クランプ 係 数 CF を 決 定 することである しかし 項 で 述 べたように クランプ 係 数 は 供 試 装 置 クランプ 特 性 試 験 場 特 性 に 依 存 する このため 標 準 化 ( 再 現 性 )のために 較 正 は 規 定 された 再 現 性 のある 性 能 を 備 えた 試 験 場 において 再 現 性 のある 性 能 をもつ 信 号 発 生 器 ならびに 受 信 機 を 用 いて 行 うこと これらの 条 件 のもとでは 較 正 すべき 吸 収 クランプの 特 性 のみが 変 動 要 因 である 吸 収 クランプの 較 正 方 法 として 以 下 の3 方 法 が 開 発 されており それぞれ 独 自 の 利 点 欠 点 および 適 用 性 を 有 している( 表 1 参 照 ) 図 3に 3 種 類 の 方 法 の 概 要 を 示 す それぞれの 較 正 方 法 は 以 下 のように2 段 階 から 構 成 されている 第 1は 基 準 値 を 得 るために (50Ωの 出 力 インピーダンスをもつ) 高 周 波 信 号 発 生 器 の 出 力 端 に 10dB の 減 衰 器 を 接 続 して その 電 力 P gen を 受 信 機 を 用 いて 直 接 測 定 する( 図 3a 参 照 ) 第 2 に 次 の 3 種 類 の 方 法 のうちの 何 れかを 用 いて 第 1 と 同 様 に 高 周 波 信 号 発 生 器 の 出 力 端 に 10dBの 減 衰 器 を 接 続 して その 妨 害 波 電 力 をクランプを 通 して 測 定 する a) 基 本 の 方 法 基 本 の 吸 収 クランプの 較 正 方 法 は 大 型 の 垂 直 基 準 導 体 面 を 備 えた 基 準 試 験 場 を 使 用 する( 図 3b 参 照 ) この 方 法 は 定 義 に 従 ってCFを 直 接 求 めることができる これは 基 本 の 較 正 方 法 であり 許 容 値 の 決 定 に 使 用 されており それゆえに 基 準 の 較 正 方 法 とみなせる 被 試 験 導 線 を 垂 直 面 に 取 付 けた 貫 通 型 コネクタの 中 心 導 体 に 接 続 する この 垂 直 面 の 後 ろで 貫 通 型 コネクタに(10dB 減 衰 器 を 介 して) 信 号 発 生 器 を 接 続 する この 較 正 用 装 置 を 用 いて 付 則 Bの 手 順 にしたがい 被 試 験 導 線 に 沿 ってクランプを 移 動 し 各 周 波 数 に 対 して 最 大 値 P orig を 測 定 する 最 小 試 験 場 減 衰 A orig お よび 吸 収 クランプ 係 数 CF orig を 次 の 式 を 用 いて 決 定 する および A orig = P gen -P orig (5) CF orig = A orig - 17 (6) 試 験 場 減 衰 量 最 小 値 A orig は 約 13dB~22dBの 範 囲 内 である 5

7 b) ジグ 較 正 法 このジグ 較 正 法 は 被 較 正 吸 収 クランプおよび 補 助 クランプ(SAD)を 収 容 できるジグを 使 用 する このジグは 吸 収 クランプの 基 準 構 造 としての 役 割 を 果 たす( 図 3c 参 照 ) この 較 正 装 置 によって クランプをジグ 内 に 固 定 してP jig を 周 波 数 の 関 数 として 測 定 する 試 験 場 減 衰 量 A jig および 吸 収 クラ ンプ 係 数 CF jig は 次 の 式 を 用 いて 決 定 できる および A jig = P gen -P jig (7) CF jig = A jig - 17 (8) c) 参 照 装 置 法 参 照 装 置 法 は ( 垂 直 基 準 面 がない) 基 準 試 験 場 およびこの 目 的 に 沿 った 同 軸 構 造 をもつ 被 試 験 導 線 によって 給 電 される 参 照 装 置 を 使 用 する( 図 3d 参 照 ) この 較 正 装 置 によって 付 則 Aに 記 述 されている 手 順 に 従 い 被 試 験 導 線 に 沿 ってクランプを 移 動 し 各 周 波 数 毎 に 最 大 値 P ref を 測 定 する クランプ 試 験 場 減 衰 量 最 小 値 A ref および 吸 収 クランプ 係 数 CF ref を 次 の 式 を 用 いて 決 定 する および A ref = P gen -P ref (9) CF ref = A ref - 17 (10) 3 種 類 の 吸 収 クランプ 較 正 法 について 付 則 Bで さらに 詳 細 に 記 述 する 3 種 類 の 吸 収 クランプ 較 正 法 の 概 要 を 図 1 に 記 載 する また 同 図 に クランプ 測 定 法 とクランプ 較 正 法 の 関 係 および 基 準 試 験 場 の 役 割 を 記 載 する 注 較 正 はクランプ 減 衰 器 ケーブルに 対 して 実 施 する それらはまとめて 取 り 扱 うこと ジグ 法 および 参 照 装 置 法 を 使 用 して 得 られる 吸 収 クランプ 係 数 (CF jig CF ref )は 基 本 の 吸 収 クランプ 係 数 CF orig と 異 なるものである これらの 異 なるクランプ 係 数 間 の 関 連 を 次 のように 求 めることが 必 要 である ジグ 変 換 係 数 JTF を 次 のように 計 算 する JTF = CF jig - CF orig (11) db 単 位 の JTF は それぞれの 形 式 の 吸 収 クランプ 毎 に クランプの 製 造 業 者 が 決 定 する 製 造 業 者 または 委 託 された 認 定 較 正 試 験 所 は 製 造 シリーズの 5 個 の 装 置 に 対 して 少 なくとも5 回 繰 り 返 した 較 正 の 結 果 を 平 均 することにより JTF を 決 定 すること 同 様 に 参 照 変 換 係 数 RTF を 次 のように 計 算 する RTF = CF ref - CF orig (12) 6

8 db 単 位 の RTF もまた それぞれの 形 式 の 吸 収 クランプに 対 してクランプの 製 造 業 者 が 決 定 する 製 造 業 者 または 委 託 された 認 定 較 正 試 験 所 は 製 造 シリーズの5 個 の 装 置 に 対 して 少 なくとも 5 回 繰 り 返 した 較 正 の 結 果 を 平 均 することにより RTF を 決 定 すること 要 約 すれば 基 本 の 較 正 方 法 では 直 接 的 にCF orig の 値 を 求 められる ジグ 法 および 参 照 装 置 法 では CF jig およびCF ref をそれぞれ 求 め それらから 基 本 の 吸 収 クランプ 係 数 を 式 (11)および(12)を 用 いて 計 算 する 4.4 補 助 クランプ 測 定 の 不 確 かさを 低 減 するために クランプの 吸 収 部 に 加 えて 吸 収 クランプ 直 後 に 補 助 クランプ (SAD)を 使 用 すること この SAD の 機 能 は 吸 収 クランプの 減 結 合 による 減 衰 に 更 なる 減 衰 を 与 えるも のである この SAD は 較 正 および 測 定 の 間 吸 収 クランプと 同 様 に 移 動 させること したがって SAD は 走 行 に 適 応 した 車 輪 を 必 要 とする SAD の 寸 法 は 被 試 験 導 線 が 吸 収 クランプと 同 じ 高 さとな るようにすること SAD の 減 結 合 係 数 は 付 則 Bに 記 述 する 測 定 手 段 に 従 って 検 証 すること SAD の 減 結 合 係 数 は 吸 収 クランプと 一 緒 に 測 定 すること 注 SAD の 機 能 を 吸 収 クランプに 組 み 入 れることが 可 能 になる 新 しい 技 術 が 生 まれるかもしれない その 場 合 吸 収 クランプ 自 体 が 減 結 合 係 数 の 仕 様 を 満 足 するため SAD は 必 要 でない 4.5 吸 収 クランプ 試 験 場 (ACTS) ACTS の 説 明 吸 収 クランプ 試 験 場 (ACTS)は ACMM を 適 用 するのに 使 用 される 試 験 場 である ACTS は 屋 外 ま たは 屋 内 設 備 であって 次 の 要 素 を 含 む( 付 則 C 図 C.1 参 照 ): - 供 試 装 置 を 搭 載 する 供 試 装 置 テーブル - 供 試 装 置 に 接 続 された 導 線 (すなわち 被 試 験 導 線 LUT)および 吸 収 クランプを 搭 載 するクランプ 移 動 台 - 吸 収 クランプの 受 信 ケーブル 用 滑 走 支 持 器 - 吸 収 クランプを 移 動 するためのロープのような 補 助 手 段 上 述 した 全 ての ACTS の 要 素 ( 供 試 装 置 テーブルを 除 く)は ACTS 検 証 手 順 によって 測 定 すること クランプ 移 動 台 の 近 い 側 の 端 ( 供 試 装 置 側 )を 移 動 基 準 点 とする(SRP 図 C.1 参 照 ) この SRP は ク ランプの CRP の 水 平 位 置 を 定 める 際 に 使 用 する 7

9 4.5.2 ACTS の 機 能 ACTS は 次 の 機 能 をもつ a) 物 理 的 機 能 : 定 められた 供 試 装 置 および 被 試 験 導 線 の 配 置 を 備 える b) 電 気 的 機 能 : 供 試 装 置 およびクランプに 対 して( 高 周 波 において) 理 想 的 な 試 験 場 を 提 供 し 吸 収 クランプの 利 用 に 対 して 十 分 に 規 定 された 測 定 環 境 を 提 供 する( 壁 または 供 試 装 置 テーブル クラ ンプ 移 動 台 滑 走 支 持 器 およびロープのような 支 持 具 は 妨 害 波 に 影 響 しない) ACTS に 対 する 要 求 事 項 ACTS に 対 して 次 の 要 求 事 項 を 適 用 する: a)クランプ 移 動 台 は 吸 収 クランプが 確 実 に 5m の 距 離 を 越 えて 移 動 できる 長 さであること これ はクランプ 移 動 台 が6mの 長 さでなければならないことを 意 味 する 注 再 現 性 の 理 由 から クランプ 移 動 台 の 長 さおよびクランプの 走 行 距 離 をそれぞれ 少 なくとも 6m および 5m に 固 定 する クランプ 移 動 台 の 長 さは 走 行 距 離 (5m) SRPとCRPとの 間 のマージン(0.15m)および 吸 収 クランプ の 長 さ(0.64m)に 先 端 での 導 線 固 定 具 を 置 けるマージン(0.1m)を 加 えたものの 合 計 によって 決 定 する この 合 計 が クランプ 移 動 台 の 長 さ 6m となる b)クランプ 移 動 台 の 高 さは 0.8m±0.05m であること これは 吸 収 クランプおよび SAD 内 の 被 試 験 導 線 の 位 置 が 基 準 面 から 数 センチ 高 いことを 意 味 する c) 供 試 装 置 テーブルおよびクランプ 移 動 台 の 材 料 は 無 反 射 形 非 伝 導 性 でなければならず また 誘 電 特 性 は 空 気 の 誘 電 特 性 に 近 い 方 がよい 従 って 供 試 装 置 テーブルは 電 磁 的 に 透 過 性 になる d)クランプ 移 動 台 に 沿 ってクランプを 移 動 するために 使 用 するロープの 材 料 もまた 電 磁 的 に 透 過 性 であること 注 供 試 装 置 テーブルおよびクランプ 移 動 台 の 材 料 の 影 響 は 300MHz を 超 える 周 波 数 において 重 要 となる e) 試 験 場 の 適 合 性 (ACTSの 電 気 的 機 能 参 照 )は 基 本 の 較 正 方 法 ( 付 則 C 参 照 )を 用 いて 現 場 で 測 定 す るACTSのクランプ 係 数 (CF in-situ )と 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 (ACRS)で 測 定 するクランプ 係 数 (CF orig )とを 比 較 して 検 証 する 双 方 のクランプ 係 数 間 の 違 いの 絶 対 値 は 次 の 要 求 事 項 に 適 合 する こと: ΔACTS = CF orig -CF in-situ (13) が 次 の 値 であること 8

10 30MHz~150MHz 150MHz~300MHz 300MHz~1000MHz <2.5dB 2.5dB~2dB に 減 少 <2dB 次 の 項 で この 試 験 場 の 適 合 性 確 認 手 順 を 更 に 詳 細 に 規 定 する ACTS の 適 合 性 確 認 方 法 ACTS の 特 性 は 次 のように 検 証 する - 物 理 的 要 求 事 項 4.5.3a)および 4.5.3b)は 検 査 によって 検 証 できる - ACTSの 電 気 的 機 能 ( 要 求 事 項 e)は 基 本 の 較 正 方 法 にしたがって 較 正 したクランプの クランプ 係 数 CFを 現 場 で 測 定 したクランプ 係 数 CF in-situ と 比 較 することによって 検 証 すること( 付 則 C 参 照 ) 放 射 測 定 のために 検 証 された10mの OATS または SAR は ACMM を 実 施 する 理 想 的 な 試 験 場 であ るということが 調 査 研 究 により 判 明 している したがって 検 証 された 10m の OATS または SAR は ACTS の 電 気 的 適 合 性 確 認 の 基 準 試 験 場 として 適 用 できる 結 論 として 検 証 された 10m の OATS ま たは SAR がクランプの 試 験 場 に 使 用 される 場 合 この 試 験 場 の 電 気 的 機 能 をさらに 検 証 する 必 要 はな い クランプ 試 験 場 の 電 気 的 機 能 に 対 する 適 合 性 確 認 の 手 順 は 付 則 C に 詳 細 が 記 述 されている 4.6 吸 収 クランプ 装 置 の 品 質 保 証 手 順 概 要 吸 収 クランプおよび 補 助 クランプの 性 能 は 使 用 や 経 年 変 化 または 欠 陥 によって 時 間 的 な 変 化 をする 可 能 性 がある 同 様 に ACTS の 性 能 も 構 造 の 変 更 または 経 年 変 化 によって 変 わる 可 能 性 がある ジグクランプ 係 数 および 参 照 装 置 クランプ 係 数 があらかじめ 分 かっているならば ジグ 較 正 法 および 参 照 装 置 較 正 法 を 品 質 保 証 手 順 として 使 用 することができる ACTS の 品 質 保 証 確 認 試 験 場 が 検 証 された 時 点 で 決 定 したACTSの 吸 収 クランプ 試 験 場 減 衰 量 A ref を 基 準 値 として 使 用 でき る ある 時 間 間 隔 あるいは 試 験 場 改 修 後 この 試 験 場 の 減 衰 測 定 を 繰 り 返 し 結 果 を 基 準 データと 比 較 す ることができる この 方 法 の 利 点 は ACMM の 全 ての 要 素 を 同 時 に 評 価 できることである 9

11 4.6.3 吸 収 クランプの 品 質 保 証 確 認 クランプが 検 証 された 時 点 で 決 定 した 減 結 合 機 能 およびクランプ 係 数 の 性 能 を 基 準 性 能 データとし て 使 用 することができる ある 時 間 間 隔 あるいは 試 験 場 改 修 後 これらの 性 能 パラメータを 減 結 合 係 数 の 測 定 およびジグ 法 を 用 いたクランプ 係 数 の 測 定 によって 再 度 検 証 することができる( 付 則 B) 品 質 保 証 の 合 格 / 不 合 格 基 準 品 質 保 証 試 験 の 合 格 / 不 合 格 基 準 は 対 象 とする 測 定 パラメータの 測 定 の 不 確 かさに 関 連 する 対 象 とするパラメータの 変 化 が 測 定 の 不 確 かさ 未 満 であれば この 変 化 を 許 容 できることを 意 味 している 10

12 吸 収 クランプ 測 定 法 (ACMM) (CISPR 第 7 節 ) 必 要 とするもの: 供 試 装 置 較 正 されたクランプ 検 証 されたクランプ 検 証 された 吸 収 クランプ 試 験 場 (ACTS) 較 正 された 受 信 機 規 定 された 試 験 配 置 規 定 された 試 験 手 順 得 られる 結 果 : 供 試 装 置 の 妨 害 波 電 力 クランプ 較 正 法 ( 付 則 Bに 規 定 ) a.クランプの 適 性 確 認 要 求 事 項 : 補 助 クランプを 伴 ったクランプの 減 結 合 係 数 の 適 合 性 確 認 b. 基 本 の 方 法 必 要 とするもの: 較 正 対 象 のクランプと SAD 測 定 機 器 検 証 された 試 験 場 :ACRS( 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 ) 規 定 された 発 生 源 ( 信 号 発 生 器 + 大 型 垂 直 基 準 面 ) 規 定 された 試 験 配 置 規 定 された 試 験 手 順 得 られる 結 果 : 基 本 のクランプ 係 数 (CF orig ) c.ジグ 較 正 法 必 要 とするもの 較 正 対 象 のクランプと SAD 測 定 機 器 較 正 ジグ 規 定 された 発 生 源 規 定 された 試 験 配 置 規 定 された 試 験 手 順 得 られる 結 果 :クランプ 係 数 CF jig およびCF orig を ジグ 変 換 係 数 JTFを 用 いて 計 算 する d. 参 照 装 置 法 必 要 とするもの 較 正 対 象 のクランプと SAD 測 定 機 器 検 証 された 試 験 場 :ACRS( 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 ) 規 定 された 発 生 源 規 定 された 試 験 配 置 規 定 された 試 験 手 順 得 られる 結 果 :クランプ 係 数 CF ref およびCF orig を 参 照 変 換 係 数 RTFを 用 いて 計 算 する 吸 収 クランプ 試 験 場 (ACTS)の 適 合 性 確 認 ( 付 則 C に 規 定 ) 必 要 とするもの: 適 合 性 確 認 対 象 の ACTS( 吸 収 クランプ 試 験 場 ) 基 本 の 方 法 で 較 正 されたクランプと SAD 較 正 された 受 信 機 規 定 された 試 験 配 置 規 定 された 試 験 手 順 得 られる 結 果 : 検 証 された 吸 収 クランプ 試 験 場 SAD を 伴 った 吸 収 クランプの 減 結 合 機 能 の 適 合 性 確 認 ( 付 則 B) 必 要 とするもの: 較 正 対 象 のクランプと SAD ジグ 規 定 された 発 生 源 測 定 機 器 規 定 された 試 験 配 置 規 定 された 試 験 手 順 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 (ACRS) 30MHz~1000MHz の 放 射 測 定 用 に 検 証 された 10m の OATS または SAR は クランプ 測 定 用 の 試 験 場 と しても 検 証 されたと 見 なされる 図 1 吸 収 クランプ 測 定 法 および 関 連 の 較 正 ならびに 適 合 性 確 認 手 順 の 概 要 11

13 表 1 3 種 類 のクランプ 較 正 法 の 特 性 およびそれらの 関 連 の 概 要 較 正 法 の 名 称 使 用 する 試 験 場 模 擬 供 試 装 置 利 点 (+) 欠 点 (-) 注 ( ) 適 用 基 本 の 方 法 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 (ACRS) 大 型 垂 直 基 準 面 と この 基 準 面 の 背 後 から 信 号 発 生 器 による 給 電 較 正 時 の 設 定 は 大 型 供 試 装 置 の 実 際 の 測 定 に 類 似 している - 大 型 垂 直 基 準 面 の 取 り 扱 いに 労 力 を 必 要 とす る 吸 収 クランプの 直 接 の 較 正 - 基 準 試 験 場 (ACRS)が 必 要 12 ジグ 較 正 法 吸 収 クランプ 較 正 ジグ ジグの 垂 直 フランジの1つの 背 後 から 信 号 発 生 器 による 給 電 + 定 義 に 従 って CF を 直 接 求 めることができ る これは 基 本 の 較 正 方 法 であり 基 準 の 較 正 方 法 とみなせる - 較 正 時 の 設 定 が 実 際 の 試 験 と 類 似 していない + 取 り 扱 いが 便 利 + 基 準 試 験 場 (ACRS)を 必 要 としない 吸 収 クランプの 間 接 的 な 較 正 クランプの 品 質 保 証 確 認 + 再 現 性 がよい 参 照 装 置 法 吸 収 クランプ 基 準 試 験 場 (ACRS) 遠 端 から 信 号 発 生 器 によって 給 電 される 小 型 参 照 装 置 - 直 接 CF が 求 められない CF は JTF を 用 い て 計 算 する 較 正 時 の 設 定 は 大 型 供 試 装 置 の 実 際 の 測 定 に 類 似 している 吸 収 クランプの 間 接 的 な 較 正 + 取 り 扱 いが 容 易 である ACTS の 適 合 性 確 認 注 ACRS を 10m の OATS あるいは SAR 設 備 で 検 証 する - 基 準 試 験 場 (ACRS)が 必 要 - 直 接 CF が 求 められない CF は RTF を 用 い て 計 算 する クランプ 測 定 の 設 定 全 体 の 品 質 保 証 確 認 12

14 図 2 吸 収 クランプ 試 験 方 法 の 概 略 図 13

15 図 3 クランプ 較 正 法 の 概 要 図 14

16 付 則 A ( 情 報 ) 吸 収 クランプの 構 造 (4.2 節 参 照 ) A.1 吸 収 クランプ 構 造 の 例 図 A.1および 図 A.2にクランプの 基 本 的 構 造 を 示 す 第 4.2 項 で 述 べた 吸 収 クランプの3つの 主 要 部 分 は 電 流 トランスC 電 力 吸 収 インピーダンス 安 定 器 D および 吸 収 スリーブEである Dはいく つものフェライトリングで 構 成 され Eは,フェライトリングまたはチューブで 構 成 される 電 流 トラ ンスCのコアには Dに 用 いたフェライトリングが2 個 または3 個 使 用 される 電 流 トランスの2 次 巻 線 は 極 細 同 軸 ケーブルをフェライトリングに1 回 巻 いたもので 図 に 示 したように 接 続 されている ケーブルは,スリーブEの 中 をクランプの 同 軸 端 子 まで 通 過 する( 場 合 によっては 6dB の 減 衰 器 を 経 由 する) C 及 びDは 被 試 験 導 線 Bに 沿 って 動 かすことができるように お 互 いに 近 づけて 配 置 し 同 一 軸 上 になるように 調 整 する スリーブEは 通 常 実 用 上 の 理 由 で 吸 収 体 Dと 並 べて 配 置 する DおよびE の 両 者 は その 中 を 通 る 導 線 上 の 不 平 衡 電 流 を 減 衰 させる 働 きをする 図 A.2に 示 す 例 は 吸 収 クランプの 性 能 を 改 善 するためのいくつかの 特 徴 を 示 している 金 属 円 筒 1 は トランスCのコアの 内 側 に 設 置 され 容 量 性 シールドとして 動 作 する この 円 筒 は,2つの 半 円 部 分 に 別 れている 導 線 がトランスの 中 心 を 通 るように 絶 縁 チューブ2を 使 用 する このチューブは ト ランスの 入 力 端 から 吸 収 体 Dの 最 初 のリングまで 伸 びており クランプの 較 正 および 小 さな 径 の 導 線 の 測 定 に 使 用 する 吸 収 クランプは, 適 切 なフェライトリングを 用 いて,30MHz~1000MHz までの 周 波 数 範 囲 を 扱 える ように 製 作 することも 可 能 である 図 A.1 吸 収 クランプ 装 置 とその 部 品 15

17 図 A.2 吸 収 クランプの 構 造 例 16

18 付 則 B ( 規 定 ) 吸 収 クランプおよび 補 助 クランプの 較 正 および 適 合 性 確 認 方 法 (4 章 参 照 ) B.1 まえがき この 付 則 は 吸 収 クランプおよび 補 助 クランプに 対 する 各 種 の 較 正 および 適 合 性 確 認 方 法 に 関 する 詳 細 を 記 載 する 吸 収 クランプのクランプ 係 数 の 較 正 法 ( 第 4.3 項 も 参 照 )は B.2 項 に 記 載 する 減 結 合 係 数 DF および DR の 適 合 性 確 認 方 法 については B.3 項 に 記 載 する B.2 吸 収 クランプの 較 正 方 法 以 下 の3 種 類 の 方 法 は 測 定 に 用 いる 減 衰 器 および 受 信 機 ケーブルを 含 めて 吸 収 クランプのクランプ 係 数 (CF)を 決 定 する クランプの 減 結 合 は 完 全 ではないため クランプはケーブルと 相 互 作 用 をおこし ケーブルの 種 類 と 長 さが 結 果 的 に 不 確 かさに 影 響 する 可 能 性 がある したがって, 較 正 は 受 信 機 ケーブ ルを 含 めて 実 施 しなければならない B.2.1 基 本 の 較 正 方 法 B 較 正 配 置 および 機 器 図 B.1 は 較 正 の 配 置 を 示 す 較 正 配 置 は 近 い 周 囲 物 の 影 響 を 防 ぐため ACRS に 配 置 しなければなら ない ACRS が 基 準 金 属 面 を 備 えていない 場 合 は 6 2m の 水 平 基 準 金 属 面 が 一 般 的 に 要 求 される この 較 正 手 順 に 対 して 適 正 な ACRS は CISPR の NSA の 要 求 事 項 に 適 合 した 測 定 距 離 10m の OATS または SAR である 較 正 配 置 は, 次 の 要 素 から 構 成 されている: - クランプ 移 動 台 : 被 試 験 導 線 を 確 実 にグランド 上 0.8±0.05m の 高 さに 位 置 させるための 長 さ 約 6m の 非 反 射 材 料 で 作 られる これは 吸 収 クランプ 内 および 補 助 クランプ 内 では, 基 準 面 上 の 被 試 験 導 線 の 高 さが 何 センチか 高 くなるということを 意 味 する - 垂 直 基 準 金 属 面 : 水 平 基 準 金 属 面 に 接 続 され 0.87m の 高 さで 垂 直 な 中 心 紬 に 取 付 けた N 型 ジャッ クを 備 え m よりも 広 いこと この 垂 直 基 準 金 属 面 はクランプ 移 動 台 の 先 端 の 近 くに 配 置 さ 17

19 れており 吸 収 クランプ 試 験 場 基 準 点 (SRP)と 呼 ばれる - 試 験 のための 絶 縁 導 線 :7.0±0.05m の 長 さで 絶 縁 を 含 めずに 直 径 4mm の 導 線 で 作 られ 一 端 が 取 付 け 用 ジャックに 接 続 ( 例 えば はんだ 付 けで)されている 導 線 の 他 端 は ( 水 平 ) 基 準 金 属 面 に 接 続 されたタイプ M の CDN(CISPR 図 C.2 参 照 )のラインおよび 中 性 点 に 接 続 されている CDN の 測 定 出 力 は 50Ωで 終 端 する( 安 全 性 の 理 由 から CDN は 電 源 には 接 続 しない!) この CDN は 40MHz~50MHz までの 周 波 数 範 囲 で 被 試 験 導 線 の 先 端 において 要 求 される 安 定 した 不 平 衡 インピ ーダンスを 提 供 する - 非 金 属 製 引 っ 張 り 器 具 :クランプ 移 動 台 の 他 端 に 設 置 し 被 試 験 導 線 をわずかに 引 き 伸 ばすための もの - 補 助 クランプ(SAD): 被 較 正 クランプから 50mm 離 してクランプ 移 動 台 上 に 設 置 する 補 助 クラン プは 第 4 節 で 規 定 された 値 以 上 の 減 結 合 係 数 DF をもつ( 滑 走 式 )フェライトクランプであってもよい - 緩 衝 器 :CRP が 垂 直 基 準 金 属 面 から 150mm 未 満 にならないようにするためのもので 電 磁 的 に 透 過 性 の 材 料 でできたもの 信 号 発 生 器 出 力 およびクランプ 出 力 を 測 定 するために 受 信 機 またはネットワークアナライザを 使 用 する 測 定 された 信 号 レベルは 信 号 発 生 器 を 停 止 している 場 合 に 吸 収 クランプの 出 力 端 子 で 測 定 した 背 景 信 号 より 40dB 高 くなければならない この 場 合 測 定 システムの 誤 差 は 0.1dB 未 満 となる 基 準 測 定 として 受 信 機 のトラッキング 信 号 発 生 器 の 出 力 またはネットワークアナライザ(NA)の 出 力 を 10dB の 減 衰 器 をとおして 同 軸 ケーブルにより 受 信 機 入 力 または NA 入 力 へ 接 続 する B 較 正 手 順 被 試 験 導 線 の 非 金 属 ガイドは 導 線 が 電 流 プローブの 中 心 を 通 過 するように 被 試 験 吸 収 クランプの 外 側 に 取 付 ける( 図 B.2) 両 方 のクランプ - 被 試 験 クランプおよび 補 助 クランプ(SAD) - を 図 B.1に 示 すようにクラ ンプ 移 動 台 上 に 配 置 する 被 試 験 クランプの 電 流 プローブを 垂 直 基 準 金 属 面 に 向 けて 配 置 する 電 流 プ ローブの 先 端 は クランプ 基 準 点 (CRP)であり 製 造 業 者 によって 表 示 されなければならない CRP と 垂 直 基 準 金 属 面 との 間 に 150mm の 距 離 を 維 持 してクランプを 配 置 する 被 試 験 導 線 を 両 方 のクランプ を 通 過 させ クランプ 移 動 台 の 遠 端 で 適 切 な 非 金 属 製 引 っ 張 り 器 具 を 用 いて わずかに 引 き 伸 ばすこと が 望 ましい 被 試 験 導 線 を CDN に 接 続 する 前 に 基 準 金 属 面 に 接 触 させてはならない NAの 出 力 を 同 軸 ケーブルおよび 10dB の 減 衰 器 を 経 由 して 取 付 け 用 ジャックに 接 続 する 吸 収 クラ ンプの 受 信 機 ケーブルを NA の 入 力 に 接 続 する 18

20 クランプ 試 験 場 減 衰 量 を 少 なくとも 60MHz まで 1MHz ステップで 120MHz まで 2MHz ステップ で 300MHz まで 5MHz ステップで また 300MHz より 上 は 10MHz ステップで 測 定 する 2 個 のクランプ( 吸 収 クランプおよび SAD)が 一 緒 にクランプ 移 動 台 に 沿 って 適 度 な 速 度 で 移 動 してい る 間 に クランプ 試 験 場 減 衰 量 最 小 値 を 測 定 する クランプは 非 金 属 のロープによって 引 いてもよい クランプが 移 動 する 速 度 は 各 周 波 数 のクランプ 試 験 場 減 衰 量 を 10mm 未 満 の 間 隔 で 測 定 できるように 調 節 しなければならない 吸 収 クランプのクランプ 係 数 CF orig を クランプ 試 験 場 減 衰 量 から 第 4.3 項 の 式 (5)を 用 いて 計 算 する B.2.2 ジグ 較 正 法 B 吸 収 クランプ 較 正 用 ジグの 仕 様 第 4 節 に 記 述 されているように 吸 収 クランプ 較 正 用 ジグは 吸 収 クランプの 較 正 に 使 用 することが できる ジグは 50Ω 測 定 システムで SAD を 含 めた 吸 収 クランプの 挿 入 損 失 を 測 定 するために 使 用 される 空 のジグの 特 性 インピーダンスが 50Ωではないことに 注 意 が 必 要 である ジグを 用 いた 測 定 は 周 囲 の 影 響 を 含 まない 挿 入 損 失 を 与 える ジグの 寸 法 およびクランプの 配 置 を 図 B.3からB.5に 示 す B 較 正 手 順 被 試 験 導 線 の 非 金 属 ガイドを 導 線 が 電 流 プロープの 中 心 を 通 過 するように 被 試 験 吸 収 クランプの 前 面 側 に 取 り 付 ける( 図 B.2) その 後 図 B.3およびB.4に 示 すように 吸 収 クランプのクランプ 基 準 点 (CRP) が 垂 直 フランジから 30mm になるように 吸 収 クランプをジグ 内 に 配 置 する 他 の 垂 直 フ ランジに 対 して 同 じ 30mm の 距 離 を SAD の 遠 端 に 適 用 する バナナプラグによって 被 試 験 導 線 を 垂 直 フランジのソケットに 接 続 する NA を 用 いて 挿 入 損 失 を 測 定 する 測 定 した 信 号 レベルは 吸 収 クランプの 出 力 で 測 定 した 背 景 信 号 より 40dB 高 くなければならない この 場 合 背 景 雑 音 による 測 定 システムの 誤 差 は 0.1dB 以 下 である こと 測 定 用 配 置 を 較 正 するため NA の 出 力 を 同 軸 ケーブルおよび 10dB の 減 衰 器 を 経 由 して NA の 入 力 に 接 続 する 測 定 用 配 置 を 較 正 した 後 NA の 出 力 を 同 軸 ケーブルおよび 10dB の 減 衰 器 を 経 由 して ジグのクラ ンプの CRP が 配 置 されている 側 にある 取 付 け 用 ジャックに 接 続 する CRP の 反 対 側 にある 取 付 け 用 ジ ャックを 50Ωで 終 端 する 吸 収 クランプの 出 力 を 6dB の 減 衰 器 及 び 受 信 機 ケーブルを 経 由 して NA の 入 力 に 接 続 する 19

21 挿 入 損 失 を 少 なくとも 60MHz まで 1MHz ステップで 120 MHz まで 2MHz ステップで 300MHz まで 5MHz ステップで また 300MHz より 上 は 10 MHz ステップで 測 定 する クランプ 係 数 CF jig は 挿 入 損 失 から 式 (7)を 用 いて 計 算 する 製 造 業 者 は 少 なくとも 第 4.3 項 の 式 (11)で 定 義 されたジグ 変 換 係 数 JTFを 決 定 しなければならない これは この 形 式 の 吸 収 クランプ におけるCF org の 算 出 を 可 能 にする B.2.3 参 照 装 置 較 正 法 B 参 照 装 置 及 び 試 験 場 の 仕 様 および 使 用 法 参 照 装 置 は いかなる 環 境 供 給 電 圧 および 測 定 機 器 にも 影 響 されずに, 規 定 された 電 流 を 容 量 結 合 によって 被 試 験 導 線 上 に 誘 起 できなければならない これは RF 電 圧 を 10dB の 減 衰 器 経 由 で 同 軸 ケ ーブルをとおして 参 照 装 置 に 加 えて 確 認 する 参 照 装 置 は 片 面 プリント 基 板 と 同 じ 材 料 で 構 成 されてい る 基 板 の 中 央 部 には 中 心 ピンだけが 銅 はくに 接 続 された 同 軸 コネクタがある 同 軸 コネクタは 10dB の 減 衰 器 に 接 続 されている( 図 B.7 参 照 ) 被 試 験 導 線 上 に 誘 起 される 不 平 衡 電 流 が 参 照 装 置 によって 生 じたもので ケーブルからの 直 接 的 な 漏 洩 によるものではなくするため この 参 照 装 置 を 接 続 するの に 二 重 遮 へいケーブルを 使 用 しなければならない 参 照 装 置 は ACRS での 基 本 の 較 正 手 順 における 大 型 垂 直 基 準 金 属 面 に 置 き 代 わるものである 較 正 配 置 を 図 B.6に 示 す この 較 正 方 法 に 適 切 な 試 験 場 は ACRS である この 較 正 手 順 に 対 して 適 正 な ACRS の1つが CISPR 規 格 の NSA の 要 求 事 項 に 適 合 する 測 定 距 離 10mの OATS または SAR である B 較 正 手 順 被 試 験 導 線 のための 非 金 属 ガイドは 被 試 験 吸 収 クランプの 外 側 に 取 付 け 導 線 が 電 流 プローブの 中 心 を 通 過 できるようにする( 図 B.2) 両 方 のクランプ - 被 試 験 クランプおよび 補 助 クランプ(SAD) - を 図 B.6に 示 すようにクラ ンプ 移 動 台 上 に 置 く 被 試 験 クランプの 電 流 プローブを クランプ 移 動 台 の SRP に 置 いた 参 照 装 置 に 向 けて 置 く 電 流 プローブの 先 端 はクランプ 基 準 点 (CRP)であり 製 造 業 者 によってクランプ 筐 体 上 に 表 示 されなければならない CRP と 参 照 装 置 との 間 に 150mm の 距 離 を 維 持 してクランプを 置 く 被 試 験 導 線 (ネットワークアナライザからの 同 軸 ケーブル)を 両 方 のクランプを 通 過 させ クランプ 移 動 台 の 両 端 で 適 切 な 非 金 属 製 引 張 り 器 具 を 用 いて 僅 かに 引 き 伸 ばすことが 望 ましい 10dB の 減 衰 器 を 備 えた 同 軸 ケーブル( 被 試 験 導 線 )を NA の 出 力 に 接 続 する 吸 収 クランプの 受 信 機 用 ケーブルを NA の 入 力 に 接 続 する クランプ 試 験 場 減 衰 量 を 少 なくとも 60MHz まで 1MHz ステップで 120MHz まで 2MHz ステップ で 300MHz まで 5MHz ステップで また 300MHz より 上 は 10 MHz ステップで 測 定 する 20

22 2 個 のクランプが 参 照 装 置 の 150mm から 約 4.5mまで 適 度 な 速 度 で 移 動 している 間 に クランプ 試 験 場 減 衰 量 最 小 値 を 測 定 する クランプは 非 金 属 のロープによって 引 いてもよい クランプが 移 動 する 速 度 は 各 周 波 数 の 挿 入 損 失 を 10mm 未 満 の 間 隔 で 測 定 できるようにしなければならない 吸 収 クランプのクランプ 係 数 CF を クランプ 試 験 場 減 衰 量 最 小 値 から 第 4.3 項 の 式 (9)を 用 いて 計 算 する 製 造 業 者 は 少 なくとも 第 4.3 項 の 式 (12)を 用 いて 参 照 装 置 変 換 係 数 RTFを 決 定 しなければな らない これは,この 形 式 の 吸 収 クランプに 対 してCF orig の 算 出 を 可 能 にする B.2.4 吸 収 クランプ 較 正 の 測 定 不 確 かさ 較 正 の 不 確 かさは それぞれの 較 正 報 告 書 に 記 述 しなければならない 較 正 報 告 書 は 次 の 不 確 かさ 要 因 を 考 慮 しなければならない - 基 本 の 較 正 法 : 測 定 機 器 の 不 確 かさ (6dB の 減 衰 器 および 受 信 機 ケーブルを 備 えた) 吸 収 クランプの 出 力 と 測 定 機 器 との 間 の 不 整 合 較 正 の 再 現 性 これには 被 試 験 導 線 の 電 流 プローブ 中 心 からのずれ およびネットワークアナラ イザへの 受 信 機 ケーブルの 引 き 回 し のような 要 因 を 含 む 吸 収 クランプは 減 結 合 係 数 DF および DR に 関 する 最 小 限 の 要 求 事 項 を 満 たさなければならない - ジグ 較 正 法 : クランプ 係 数 CF の 不 確 かさ 測 定 機 器 の 不 確 かさ (6dB の 減 衰 器 及 び 受 信 機 ケーブルを 備 えた) 吸 収 クランプの 出 力 と 測 定 機 器 との 間 の 不 整 合 較 正 の 再 現 性 これには 被 試 験 導 線 の 電 流 プローブ 中 心 からのずれ のような 要 因 を 含 む 吸 収 クランプは 減 結 合 係 数 DF および DR に 関 する 最 小 限 の 要 求 事 項 を 満 たさなければならない - 参 照 装 置 較 正 法 : クランプ 係 数 CF の 不 確 かさ 測 定 機 器 の 不 確 かさ (6dB の 減 衰 器 及 び 受 信 機 ケーブルを 備 えた) 吸 収 クランプの 出 力 と 測 定 機 器 との 間 の 不 整 合 較 正 の 再 現 性 これには 被 試 験 導 線 の 電 流 プローブ 中 心 からのずれ およびネットワークアナ 21

23 ライザへの 受 信 機 ケーブルの 誘 導 のような 要 因 を 含 む 吸 収 クランプは 減 結 合 係 数 DF および DR に 関 する 最 小 限 の 要 求 事 項 を 満 たさなければならない クランプ 較 正 法 の 不 確 かさ 量 の 決 定 に 関 する 詳 細 なガイドは CISPR に 記 載 されている B.3 減 結 合 機 能 の 適 合 性 確 認 方 法 B.3.1 補 助 クランプを 付 加 した 吸 収 クランプの 減 結 合 係 数 DF 減 結 合 係 数 の 測 定 方 法 を クランプ 製 造 業 者 に 対 する 要 求 事 項 および 品 質 管 理 のオプションとして 補 助 クランプを 備 えた 吸 収 クランプに 適 用 する 減 結 合 係 数 DFはクランプ 較 正 ジグを 用 いて 測 定 する( 図 B.3 B.4およびB.5 参 照 ) 減 結 合 係 数 DF の 測 定 は 基 準 測 定 および 被 試 験 装 置 の 測 定 の 両 方 について 50Ωの 測 定 システムを 使 用 する 基 準 として 空 のジグを 用 いると クランプをジグに 挿 入 しているときにはジグのインピーダンスが 変 化 す ることから 非 現 実 的 な 測 定 値 を 与 えることがある 空 のジグは 50Ωシステムではないことに 注 意 しな ければならない したがって 減 結 合 係 数 DF の 測 定 手 順 は 次 のとおりである 図 B.8はスペクトラムアナライザを 使 用 する 場 合 に 必 要 な2つの 測 定 ステップを 示 す 初 めに 基 準 測 定 を 実 施 する 信 号 発 生 器 の 出 力 を2 個 の 10dBの 減 衰 器 をとおして 出 力 P ref を 測 定 する 次 に SAD を 備 えた 吸 収 クランプをB.2.2.2に 述 べたように 置 く ジグの 両 方 のコネクタに 10dBの 減 衰 器 を 使 用 する ジグの 垂 直 フランジと 被 試 験 装 置 (クランプの 場 合 はCRP)との 間 の 距 離 およびクランプ 先 端 の 距 離 は 30mmとしなければならない そして 出 力 P fil を 測 定 する 減 結 合 係 数 DFを 次 のように 決 定 する DF = P ref - P fil (B.1) SAD を 付 加 した 吸 収 クランプの 減 結 合 係 数 は 対 象 の 周 波 数 範 囲 にわたって 少 なくとも 21dB でなけ ればならない 備 考 参 考 までに 単 独 で 測 定 した SAD の DF は 約 15dB である 測 定 は NA を 用 いて 実 施 してもよい この 場 合 NA の 較 正 をジグに 接 続 されているインタフェース で 実 施 するときには 減 衰 器 の 使 用 を 省 略 してもよい B.3.2 吸 収 クランプの 減 結 合 孫 数 DR クランプ 製 造 業 者 に 対 する 要 求 事 項 及 び 品 質 管 理 のオプションとして 減 結 合 係 数 DR をクランプ 較 正 用 ジグを 使 用 して 測 定 する( 図 B.3 B.4およびB.5 参 照 ) 減 結 合 係 数 DR の 測 定 手 順 は 次 のとおりである( 図 B.8およびB.9 参 照 ) 電 流 プローブからの 同 軸 ケ 22

24 ーブル 上 の 不 平 衡 電 圧 の 測 定 については SAD なしの 吸 収 クランプをB.2.2.2に 記 述 したようにジグ の 中 に 置 く 短 い 同 紬 ケーブルを 経 由 して 測 定 出 力 をタイプAの CDN (CISPR 図 C.1 参 照 ) に 接 続 する CDN は 基 準 金 属 面 に 置 く クランプ CRP の 反 対 側 でジグの 接 続 を 終 端 させるために 50 Ωの 負 荷 を 使 用 しなければならない 図 B.8のステップ1は スペクトラムアナライザを 使 用 するときに 必 要 な 基 準 測 定 を 示 す 信 号 発 生 器 の 出 力 P ref を 2 個 の 10dB 減 衰 器 をとおして 測 定 する 次 に 吸 収 クランプを 図 B.9に 示 すようにセットする 信 号 発 生 器 は 10dB 減 衰 器 をとおしてジグ(ク ランプのCRPに 近 い 側 )に 接 続 し ジグの 他 端 は 50Ω 負 荷 で 終 端 する クランプの 出 力 をCDNに 接 続 す る CDNの 測 定 出 力 は 10dB 減 衰 器 をとおして 受 信 機 に 接 続 する CDNの 出 力 を 50Ωで 終 端 し 出 力 P fil を 測 定 する 減 結 合 係 数 DRを 次 のように 決 定 する DR = P ref - P fil (B.2) 吸 収 クランプの 減 結 合 係 数 は 対 象 の 周 波 数 範 囲 にわたって 少 なくとも 30dB でなければならない 30dB には 吸 収 クランプの 減 衰 20.5dB および CDN の 減 衰 9.5dB を 含 んでいる 測 定 は NA を 用 いて 実 施 してもよい この 場 合 NA の 較 正 をジグおよび CDN に 接 続 されているイン タフェースで 実 施 するときには, 減 衰 器 の 使 用 を 省 略 してもよい 23

25 図 B.1 基 本 の 較 正 試 験 場 導 線 の 軸 合 わせガイド 図 B.2 被 試 験 導 線 の 軸 合 わせガイドの 位 置 24

26 図 B.3 較 正 ジグの 側 面 図 図 B.4 ジグの 平 面 図 図 B.5 ジグの 垂 直 フランジの側 面 図 25

27 図 B.6 参 照 装 置 較 正 法 の 試 験 配 置 図 B.7 参 照 装 置 の 仕 様 26

28 図 B.8 減 結 合 係 数 DF の 測 定 配 置 図 B.9 減 結 合 係 数 DR の 測 定 配 置 27

29 付 則 C ( 規 定 ) 吸 収 クランプ 試 験 場 の 適 合 性 確 認 (4 章 参 照 ) C.1 まえがき この 付 則 は 吸 収 クランプ 試 験 場 の 適 合 性 確 認 方 法 に 関 する 詳 細 を 記 載 している 吸 収 クランプ 試 験 場 (ACTS)の 適 合 性 は 較 正 したクランプのクランプ 係 数 CFと 基 本 の 較 正 法 ( 第 4. 3 項 および 付 則 B 参 照 )を 用 いてACTSの 現 場 で 測 定 したクランプ 係 数 CF in-situ と 比 較 して 検 証 すること C.2 適 合 性 確 認 に 対 する 機 器 への 要 求 事 項 垂 直 金 属 基 準 面 および 被 試 験 導 線 を 用 いた 基 本 の 較 正 方 法 ( 付 則 B.2.1 参 照 )によって この 導 線 に 規 定 の 不 平 衡 電 流 を 発 生 させること この 不 平 衡 電 流 が ACTS の 環 境 によって 影 響 され それにより ACRS の 値 からはずれる 可 能 性 がある C.3 適 合 性 確 認 の 手 順 次 の 較 正 手 順 を, 検 証 する ACTS で 実 施 する クランプ 試 験 場 減 衰 量 測 定 手 順 ステップ1 - 信 号 発 生 器 電 力 の 基 準 測 定 最 初 に 基 準 として 信 号 発 生 器 の 出 力 電 力 P gen を 使 用 されるケーブルおよび 10dB 減 衰 器 をとおし て 受 信 機 を 用 いて 直 接 測 定 する( 図 C.1a) ステップ2 - ACTS でのクランプ 係 数 の 測 定 第 2に 同 じ 設 定 の 信 号 発 生 器 と 10dB 減 衰 器 および 図 C.1bに 示 すセットアップを 用 いて 被 試 験 導 線 上 の 最 大 妨 害 電 力 P ref を 測 定 する 2 個 のクランプ - 吸 収 クランプおよび 補 助 クランプ(SAD) - を 図 C.1bに 示 すようにクラ ンプ 移 動 台 上 に 置 く 被 試 験 クランプのクランプ 基 準 点 を 垂 直 金 属 基 準 面 の 方 向 にする 垂 直 金 属 基 準 面 をクランプ 移 動 台 の SRP に 配 置 する 被 試 験 導 線 のための 非 金 属 ガイドを 導 線 が 電 流 プローブの 中 心 を 通 過 するように 被 試 験 吸 収 クランプの 外 側 に 取 付 ける( 図 B.2) CRP と 垂 直 金 属 基 準 面 との 間 が 150mm の 距 離 になるようにクランプを 置 く 被 試 験 導 線 が 両 方 のクランプを 通 るようにし クランプ 28

30 移 動 台 の 両 端 で 適 切 な 非 金 属 製 引 っ 張 り 器 具 を用 いて わずかに 引 き 伸 ばすことが 望 ましい 被 試 験 導 線 を 垂 直 金 属 基 準 面 上 で 取 付 け 用 ジャックに 接 続 する NA の 出 力 端 子 を 10dB 減 衰 器 を 経 由 して 垂 直 金 属 基 準 面 で 取 付 け 用 ジャックに 接 続 する 吸 収 クラ ンプの 受 信 機 ケーブルを NA の 入 力 端 子 に 接 続 する この 信 号 を 少 なくとも 60MHz まで 1MHz ステップで 120MHz まで 2MHz ステップで 300MHz まで 5MHz ステップで また 300MHz より 上 は 10MHz ステップで 測 定 する クランプが 垂 直 グランド 面 の 150mm から 約 4.5m までを 適 切 な 速 度 で 移 動 している 間 に 最 大 妨 害 電 力 を 測 定 する クランプは 非 金 属 のロープによって 引 いてもよい クランプが 移 動 する 速 度 は 各 周 波 数 の 挿 入 損 失 を 10mm 未 満 の 間 隔 で 測 定 できるようにすること ステップ3 - クランプ 係 数 の 計 算 検 討 対 象 の 試 験 場 (ACTS)のクランプ 係 数 (db)は 次 の 式 を 使 用 して 求 めることができる CF in-situ =(P gen - P ref )- 17 (C.1) このCF orig およびCF in-situ の 決 定 は, 試 験 所 または 第 3 者 ( 較 正 試 験 所 )によって 実 施 することができる C.4 ACTS の 適 合 性 確 認 基 本 のクランプ 係 数 CF orig を,ACTSにおけるクランプ 係 数 CF in-situ と 比 較 しなければならない 適 合 性 確 認 測 定 および 較 正 手 順 (C.3 節 およびB.2.1 項 )が 試 験 所 自 体 によって 実 施 され C.5 節 に 記 載 さ れた 不 確 かさの 要 求 事 項 が 満 たされるならば ACTSの 適 合 性 確 認 の 認 証 基 準 は 式 (13)( 第 項 参 照 )で 与 えられる クランプ 係 数 が 第 3 者 によって 決 定 される 場 合 適 合 性 確 認 の 認 証 基 準 を 次 のように 変 更 する: 30MHz~150MHz 150MHz~300MHz 300MHz~1000MHz <3dB 3dB~2.5dB に 減 少 <2dB C.5 ACTS の 適 合 性 確 認 方 法 の 不 確 かさ ACTS の 適 合 性 確 認 測 定 の 不 確 かさは 次 に 依 存 する - 測 定 機 器 の 測 定 不 確 かさ - (6dB の 減 衰 器 を 備 えた) 吸 収 クランプの 出 力 と 測 定 機 器 との 間 の 不 整 合 29

31 - 測 定 の 再 現 性 これには, 電 流 プローブと 被 試 験 導 線 の 中 心 軸 のずれ およびネットワークアナラ イザへの 受 信 機 ケーブルの 引 き 回 し のような 不 確 かさが 含 まれる クランプ 試 験 場 の 適 合 性 確 認 手 順 については 上 に 述 べた 不 確 かさの 要 求 事 項 を 考 慮 しなければなら ない 図 C.1 クラ ンプ 試 験 場 の適 合 性 確 認 のための 基 本 の 較 正 法 を 用 いた クランプ 試 験 場 減 衰 量 測 定 の 試 験 配 置 30

920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備標準規格

920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備標準規格 920MHz 帯 テレメータ 用 テレコントロール 用 及 びデータ 伝 送 用 無 線 設 備 920MHz-BAND TELEMETER, TELECONTROL AND DATA TRANSMISSION RADIO EQUIPMENT 標 準 規 格 ARIB STANDARD ARIB STD-T108 1.0 版 平 成 24 年 2 月 14 日 策 定 一 般 社 団 法 人 電 波

More information

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc 零 相 変 流 器 JIS 4601 高 圧 地 絡 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 JIS 8374 漏 電 継 電 器 規 格 準 拠 品 JIS 4609 地 絡 方 向 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 シリーズ 60-14 2011/06/28 1/12 光 商 工 株 式 会 社 1 特 長 (1) 低 圧 高 圧 用 と 機 種 を 豊 富 に 揃 えましたので 用 途 に 応

More information

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 に 対 する 答 申 1 技 術 的 条 件 の 適 用 範 囲 送 受 信 装 置 及 び 制 御 装

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

pos_meas_iKAGRA_BS

pos_meas_iKAGRA_BS ikagra BS 鏡 及 び 真 空 槽 位 置 測 定 2016 年 6 月 文 責 : 大 石 奈 緒 子 測 定 : 荒 木 栄 (KEK) 寺 田 聡 一 ikagra で 使 用 した BS 鏡 の 位 置 を 測 定 するため 6 月 7 8 日 に FARO 社 製 3 次 元 測 定 器 を 用 いて 測 定 を 行 った 結 果 真 空 槽 の 横 フランジを 参 照 基 準 とした

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4 CEアプリケーション 向 け スマートな4 kvシステム Teseqの 新 しいNSG3040は 国 際 国 内 および 社 内 規 格 また 最 新 のIEC/EN 規 格 に 適 合 した 電 磁 妨 害 をシミュレー トする 使 いやすく 便 利 な 多 機 能 試 験 機 です NSG 3040 が 製 品 ラインアップに 追 加 されることによってTeseqの 新 デザイン 理 念 に 基

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

総合設計実施細則(案)

総合設計実施細則(案) 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 実 務 マニュアル 平 成 26 年 12 月 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 実 務 マニュアル 制 定 平 成 20 年 7 月 23 日 改 正 平 成 21 年 5 月 8 日 改 正 平 成 26 年 12 月 9 日 第 1. 趣 旨 この 実 務 マニュアルは 敷 地 面 積 の 規 模 が 一 定 以 上 である

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

Sungil Support Units EK, EF Type Support Units BK, BF Type Support Units AK, AF Type Support Units FK, FF Type Support Units SUNGIL MACHINERY 57 Suppo

Sungil Support Units EK, EF Type Support Units BK, BF Type Support Units AK, AF Type Support Units FK, FF Type Support Units SUNGIL MACHINERY 57 Suppo Support Units Sungil Support Units EK, EF Type Support Units BK, BF Type Support Units AK, AF Type Support Units FK, FF Type Support Units SUNGIL MACHINERY 57 Support Units EK, EF Type BK, BF Type AK,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529> 24JEITA- 知 基 安 第 190 号 平 成 25 年 3 月 1 日 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 EMC 委 員 会 委 員 長 柳 沢 孝 雄 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 1. はじめに JEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 する 製 品 ( 電 圧 300 V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続

More information

< 目 次 > 1. はじめに... 1 1.1 本 評 価 マニュアルの 目 的... 1 1.2 本 マニュアルで 用 いる 用 語 の 意 味... 2 (1) 騒 音 一 般 に 関 する 用 語 の 意 味... 2 (2) 測 定 法 測 定 機 器 に 関 連 する 用 語 の 意 味

< 目 次 > 1. はじめに... 1 1.1 本 評 価 マニュアルの 目 的... 1 1.2 本 マニュアルで 用 いる 用 語 の 意 味... 2 (1) 騒 音 一 般 に 関 する 用 語 の 意 味... 2 (2) 測 定 法 測 定 機 器 に 関 連 する 用 語 の 意 味 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 評 価 マニュアル 一 般 地 域 編 平 成 27 年 10 月 環 境 省 < 目 次 > 1. はじめに... 1 1.1 本 評 価 マニュアルの 目 的... 1 1.2 本 マニュアルで 用 いる 用 語 の 意 味... 2 (1) 騒 音 一 般 に 関 する 用 語 の 意 味... 2 (2) 測 定 法 測 定 機 器 に 関 連 する

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

炉内中継装置等検討委員会 審議概要及び検討の整理(案)

炉内中継装置等検討委員会 審議概要及び検討の整理(案) 第 5 回 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 資 料 5-1-2 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 第 1~5 回 までの 審 議 内 容 のまとめ 平 成 24 年 1 月 26 日 平 成 24 年 2 月 6 日 改 1 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 事 務 局 本 委 員 会 は もんじゅの 安 全 性 向 上 に 資 する 観 点 から 炉 内

More information

スライド 1

スライド 1 物 理 学 序 論 2 ( 電 磁 気 学 入 門 ) 第 6 講 151106 静 電 場 のまとめ 1 電 磁 気 で 使 う 基 本 用 語 電 荷 : 電 気 力 の 源. 正 負 の 区 別 があり, 同 符 号 間 では 反 発 力, 異 符 号 間 では 引 力 が 働 く. 電 場 : 空 間 に 広 がる 力 のベクトル 場 で E(r) と 表 し, 地 点 r に 電 荷 q

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347838C8378815B835E815B95DB8EE78E64976C8F918169826F826E82668C5F96F1816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347838C8378815B835E815B95DB8EE78E64976C8F918169826F826E82668C5F96F1816A> 広 陵 町 管 理 施 設 エレベーター 保 守 点 検 業 務 共 通 仕 様 書 以 下 に 掲 げる 広 陵 町 管 理 施 設 エレベーター 保 守 点 検 業 務 については 本 仕 様 書 の 内 容 に 基 づき 業 務 を 行 うものとする 1 事 業 ( 委 託 ) 名 広 陵 町 管 理 施 設 エレベーター 保 守 点 検 業 務 2 対 象 昇 降 機 の 所 在 台 数 及

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

ボール 金 属 としてアルミ 板 を 使 用 し それぞれ の 材 料 について 電 磁 波 の 透 過 および 吸 収 実 験 を 行 い 電 磁 波 が 透 過 する 材 料 と 反 射 する 材 料 そ して 電 磁 波 を 吸 収 し 軽 減 させる 材 料 があること を 学 ばせ 電 磁

ボール 金 属 としてアルミ 板 を 使 用 し それぞれ の 材 料 について 電 磁 波 の 透 過 および 吸 収 実 験 を 行 い 電 磁 波 が 透 過 する 材 料 と 反 射 する 材 料 そ して 電 磁 波 を 吸 収 し 軽 減 させる 材 料 があること を 学 ばせ 電 磁 科 教 研 報 Vol.24 No.2 電 磁 環 境 教 育 のための 教 材 研 究 と 短 期 大 学 における 実 践 A study of teaching materials for electromagnetic environmental education and a practice in a junior college * 笠 置 映 寛 ** 蔦 岡 孝 則 *** 畠 山

More information

パイプの溶接(その3)

パイプの溶接(その3) パイプの 溶 接 (その3) JFE エンジニアリング 株 式 会 社 勝 木 誠 7. 配 管 導 管 溶 接 特 有 の 周 辺 技 術 配 管 導 管 溶 接 の 現 場 では パイプ 特 有 の 周 辺 技 術 が 多 々 使 用 されている その 中 のいくつかの 技 術 を 以 下 に 紹 介 する 7-1. 開 先 加 工 パイプは 通 常 メーカーからベベル 角 度 30 程 度 に

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 2. 法 律 と 基 準 道 路 交 通 騒 音 に 係 る 法 体 系 の 概 要 環 境 基 準 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.6~9) 要 請 限 度 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.10~13)の 順 に 示 す 法 体 系 の 概 要 をまとめると 図 -2.1 となる 環 境 基 本 法 において 環 境 の 保 全 についての 基 本 理 念 および 施 策 の 基

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

Microsoft Word - S-98006G_WPD-40-300mm取扱説明(OTK)

Microsoft Word - S-98006G_WPD-40-300mm取扱説明(OTK) S-98006G 流 量 計 器 種 口 径 :WPD- 40~ 300 ( 水 道 用 ) WPD-40H~300H( 温 水 用 ) 取 扱 説 明 書 大 豊 機 工 株 式 会 社 目 次 1. 概 要... 3 2. 使 用 条 件... 3 3. 各 部 の 名 称... 4 4. 標 準 配 管 要 領... 4,5 5. 設 置 環 境... 5 6. 保 管 上 の 注 意...

More information

堺東観光案内所改装業務仕様書

堺東観光案内所改装業務仕様書 公 益 財 団 法 人 堺 市 産 業 振 興 センター 常 設 展 示 場 1 階 改 装 業 務 仕 様 書 この 仕 様 書 は 委 託 者 公 益 財 団 法 人 堺 市 産 業 振 興 センター( 以 下 甲 と 呼 ぶ)と 受 託 者 ( 以 下 乙 と 呼 ぶ)で 契 約 を 締 結 する 公 益 財 団 法 人 堺 市 産 業 振 興 センター 常 設 展 示 場 1 階 改 装 業

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

原子炉の動特性

原子炉の動特性 原 子 炉 の 動 特 性 核 分 裂 連 鎖 反 応 のサイクル 世 代 と 増 倍 率 核 分 裂 で 生 まれた 中 性 子 が 再 び 核 分 裂 を 起 こして 次 の 中 性 子 を 生 み 出 すまでの 過 程 の 一 回 り を 世 代 (Geerao)と 言 う 世 代 間 の 中 性 子 の 数 の 比 を 増 倍 率 (mulplcao facor)kと 定 義 する k ある

More information

Taro-00 H25表紙

Taro-00 H25表紙 局 部 磁 場 による 裏 波 ビード 形 状 の 改 善 効 果 - 溶 融 池 磁 気 制 御 アーク 溶 接 法 の 適 用 拡 大 に 関 する 研 究 - 棚 原 靖 羽 地 龍 志 松 本 幸 礼 これまで 溶 融 金 属 の 垂 れ 下 がり 等 を 防 止 するために 溶 融 池 磁 気 制 御 アーク 溶 接 法 をステンレス 鋼 のTIG 溶 接 に 適 用 し 実 験 を 行

More information

a a b a b c d e R c d e A a b e a b a b c d a b c d e f a M a b f d a M b a b a M b a M b M M M R M a M b M c a M a R b A a b b a CF a b c a b a M b a b M a M b c a A b a b M b a A b a M b C a M C a M

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

特定ラジオマイクの陸上移動局の無線設備(TVホワイトスペース帯、特定ラジオマイク専用帯、1.2GHz帯)標準規格

特定ラジオマイクの陸上移動局の無線設備(TVホワイトスペース帯、特定ラジオマイク専用帯、1.2GHz帯)標準規格 特 定 ラジオマイクの 陸 上 移 動 局 の 無 線 設 備 (TVホワイトスペース 帯 特 定 ラジオマイク 専 用 帯 1.2GHz 帯 ) SPECIFIED RADIO MICROPHONE FOR LAND MOBILE RADIO STATION TV WHITE SPACE BAND, EXCLUSIVE BAND, 1.2GHz BAND 標 準 規 格 ARIB STANDARD

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

核攻撃等(N攻撃)

核攻撃等(N攻撃) 核 兵 器 攻 撃 ( 放 射 性 物 質 を 用 いた 攻 撃 を 含 む ) 資 料 2-1 国 民 の 保 護 に 関 する 基 本 指 針 ( 基 本 指 針 )における 核 兵 器 攻 撃 の 際 の 避 難 のポイント( 国 民 保 護 室 で 整 理 ) 特 徴 核 爆 発 による 熱 線 爆 風 及 び 初 期 核 放 射 線 によって 被 害 を 受 ける 熱 線 爆 風 などで

More information

shindou.docx

shindou.docx 自 動 車 騒 音 振 動 の 現 況 対 策 (1) 自 動 車 騒 音 振 動 の 発 生 自 動 車 の 走 行 に 伴 って 発 生 する 自 動 車 騒 音 は 走 行 条 件 によって 変 化 するが 騒 音 の 発 生 源 は 図 1に 示 すように 一 般 にエンジン 騒 音 冷 却 系 騒 音 吸 気 系 騒 音 排 気 系 騒 音 駆 動 系 騒 音 タイヤ 騒 音 に 大 別

More information

連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 図 2 放 射 状 に 線 を 照 射 し 対 面 に 検 出 器 の 列 を 置 い ておき 一 度 に 1 つの 角 度 データを 取 得 する 後 は 全 体 を 1 回 転 しながら 次 々と 角 度 デー

連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 図 2 放 射 状 に 線 を 照 射 し 対 面 に 検 出 器 の 列 を 置 い ておき 一 度 に 1 つの 角 度 データを 取 得 する 後 は 全 体 を 1 回 転 しながら 次 々と 角 度 デー 連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 篠 原 広 行 桑 山 潤 小 川 亙 中 世 古 和 真 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 スパイラルスキャン CT 1) 軽 部 修 平 2) 橋 本 雄 幸 1) 小 島 慎 也 1) 藤 堂 幸 宏 1) 3) 首 都 大 学 東 京 人 間 健 康 科 学 研 究 科 放 射 線 科 学 域

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

第 4 章 調 査 予 測 保 全 対 策 評 価 4-4 低 周 波 音 4-4 低 周 波 音 4-4-1 調 査 1) 調 査 項 目 低 周 波 音 の 調 査 項 目 等 を 表 4-4-1 に 示 す 表 4-4-1 低 周 波 音 の 現 地 調 査 方 法 調 査 項 目 調 査 頻 度 調 査 方 法 低 周 波 音 2 回 / 年 ( 施 設 稼 動 時 施 設 停 止 時 )

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈 オートオークション 規 約 2008 年 8 月 2008 年 9 月 2010 年 12 月 2012 年 4 月 一 部 改 定 実 施 一 部 改 定 一 部 改 定 P1 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下

More information

要求仕様策定支援業務仕様書

要求仕様策定支援業務仕様書 ( 資 料 1) 第 8 期 病 院 情 報 システム 構 築 における 要 求 仕 様 策 定 支 援 業 務 募 集 要 項 1. 基 本 的 な 考 え 方 本 委 託 業 務 は 平 成 28 年 1 月 に 本 番 稼 動 する 電 子 カルテシステムを 中 心 とした 第 8 期 病 院 情 報 システム 構 築 についての 提 案 を 得 るため 実 施 するものである 前 回 第 7

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

A最終報告書表紙・目次

A最終報告書表紙・目次 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 高 槻 市 目 次 1 はじめに 1 2 施 工 不 良 の 判 明 と 施 工 中 の 耐 震 改 修 工 事 への 対 応 1 3 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 委 員 会 の 設 置 (1) 設 置 目 的 と 検 討 事 項 2 (2) 施 工 中 の 工 事 契 約 について 3 4 資 料 調

More information

電波防護WGの活動報告

電波防護WGの活動報告 UHF 帯 電 波 防 護 の 運 用 ガイドライン Rev. B 平 成 27 年 9 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 認 識 システム 協 会 RFID 技 術 グループ RFID 人 体 防 護 ガイドライン 作 成 WG 目 次 1. はじめに... 1 2. 目 的... 1 3. 対 象 者... 1 4. 対 象 機 器... 1 5. 電 波 出 力 と 基 準 値 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

港区東京都市計画高度地区の絶対高さ制限の特例に係る区長の認定及び許可に関する基準の解説

港区東京都市計画高度地区の絶対高さ制限の特例に係る区長の認定及び許可に関する基準の解説 港 区 東 京 都 市 計 画 高 度 地 区 の 絶 対 高 さ 制 限 の 特 例 に 係 る 区 長 の 認 定 及 び 許 可 に 関 する 基 準 の 解 説 1 用 語 の 定 義 (1) 空 地 面 積 及 び 空 地 率 第 2 条 第 1 項 第 3 号 第 4 号 図 空 地 面 積 とは 原 則 として 敷 地 面 積 から 建 築 基 準 法 施 行 令 第 2 条 第 1

More information

3.2. 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 について 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 は 画 面 を 視 認 しているときに 視 野 内 に 前 方 の 交 通 状 況 を 捕 捉 できる 位 置 でなければならない 詳 細 は 附 則 1 による また 画 像 表 示 部 の

3.2. 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 について 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 は 画 面 を 視 認 しているときに 視 野 内 に 前 方 の 交 通 状 況 を 捕 捉 できる 位 置 でなければならない 詳 細 は 附 則 1 による また 画 像 表 示 部 の 平 成 16 年 8 月 18 日 ( 社 ) 日 本 自 動 車 工 業 会 画 像 表 示 装 置 の 取 り 扱 いについて 改 訂 第 3.0 版 1. 基 本 的 考 え 方 車 載 画 像 表 示 装 置 が 有 する 渋 滞 情 報 表 示 機 能 やナビゲーション 機 能 は 道 路 交 通 の 安 全 円 滑 化 並 びに 環 境 保 全 等 に 役 立 つ 機 能 であるが 一

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

3M(TM) 電力製品総合カタログ-03

3M(TM) 電力製品総合カタログ-03 49 P.5255 P.5657 P.6869 P.7073 50 P.5859 P.6063 P.6467 P.7475 P.7679 P.8081 51 1 2 3 4 5 6 6 7 8 8 7 52 53 54 55 1 2 3 4 5 6 56 57 1 2 3 4 5 6 58 59 1 2 3 60 61 1 2 3 62 63 1 2 3 1 2 3 64 65 1 2 3 66 67

More information

電子回路基板のドリル・ルーター加工入門

電子回路基板のドリル・ルーター加工入門 電 子 回 路 基 板 のドリル ルータ 加 工 入 門 ( 第 6 回 ) ユニオンツール 株 式 会 社 津 坂 英 夫 7. 各 種 基 板 材 料 の 穴 加 工 と 加 工 事 例 7.1 極 小 径 穴 加 工 A 微 細 径 (0.1mm 未 満 径 )の 穴 加 工 基 板 の0.1mm 以 上 の 穴 加 工 は 現 在 では 量 産 化 され 一 般 的 な 加 工 となっているが

More information

2 確率論

2  確率論 . 確 率 の 応 用.. 独 立 試 行 事 象 A と B が 独 立 のとき P(A) = P(A B) と P(B) = P(B A) が 同 時 に 成 立 し このことは A と B の 間 に 関 連 性 (associatio)がないことを 意 味 する 事 象 の 独 立 性 は 一 般 に 次 のように 拡 張 される 定 義. 事 象 列 {B }に 対 して その 任 意 の

More information

Microsoft Word - 設計概要.docx

Microsoft Word - 設計概要.docx 第 22 回 衛 星 設 計 コンテスト アイデア 概 要 説 明 書 事 務 局 使 用 欄 受 付 番 号 年 月 日 応 募 区 分 ジュニアの 部 1. 作 品 情 報 応 募 者 情 報 作 品 名 (20 文 字 以 内 ) 次 世 代 の 新 構 想 膨 張 性 流 体 防 御 シールド 作 品 名 副 題 (これは 公 式 文 書 では 省 略 する 場 合 があります) 固 いのに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

2 心 円 状 の 電 流 (1 を 流 す ( 以 下 この 論 文 では 円 電 流 と 呼 ぶことにする)この 電 流 の 大 きさは 交 流 電 流 の 周 波 数 に 比 例 する 起 電 力 は(1) により 決 められるので 抵 抗 が 小 さい 程 大 きな 電 流 が 流 れる 従

2 心 円 状 の 電 流 (1 を 流 す ( 以 下 この 論 文 では 円 電 流 と 呼 ぶことにする)この 電 流 の 大 きさは 交 流 電 流 の 周 波 数 に 比 例 する 起 電 力 は(1) により 決 められるので 抵 抗 が 小 さい 程 大 きな 電 流 が 流 れる 従 滋 賀 大 学 教 育 学 部 紀 要 自 然 科 学 No. 59, pp. 1-6, 2009 IHヒーターの 加 熱 機 構 Heating mechanism of induction heater Fumiaki AKOU, Tamotsu KOHYAMA and Takao MURAMOTO 要 約 いわゆる IH ヒーターの 加 熱 機 構 についてウエブ 上 や 高 等 学 校 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

053_10非破壊検査

053_10非破壊検査 製 品 紹 介 非 破 壊 検 査 用 高 エネルギー X 線 発 生 装 置 高 橋 光 幸 *1 鎌 上 則 夫 *2 菅 井 孝 郎 *3 三 宅 朝 成 Takahashi Mitsuyuki Kamagami Norio Sugai Takao Miyake Tomonari *4 1. はじめに 非 破 壊 検 査 用 の X 線 源 として 直 線 加 速 器 (リ ニアック)を 用

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43> 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 460-8508 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項 別 紙 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 について 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 56 号 ) 第 13 条 第 1 項 及 び 同 法 第 15 条 第 1 項 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 については 同 法 第 17 条 第 1 項 の

More information

平成20年3月○日

平成20年3月○日 2 補 装 具 費 支 給 に 関 するQ&A 133 補 装 具 費 支 給 に 関 するQ&A Ⅰ 共 通 事 項 Q1 補 装 具 に 係 る 告 示 については これまで 各 年 度 末 に 改 正 され 新 年 度 から 適 用 することとさ れているが 完 成 用 部 品 の 通 知 が 年 度 途 中 で 発 出 された 場 合 当 該 通 知 の 適 用 日 については ど のように

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 孔 内 局 部 載 荷 試 験 によるコンクリート 強 度 推 定 に 関 する 一 考 察 皿 井 剛 典 *1 田 中 徹 *2 北 山 穂 高 *3 *4 金 子 勝 比 古 要 旨 : 本 稿 は, 構 造 物 の 任 意 の 深 度 におけるコンクリート 強 度 を 推 定 するために 開 発 した 孔 内 局 部 載 荷 試 験 装 置 を 用 いた,コンクリートへの 局 部 載

More information

シーリングセンサ 天井用CO2 濃度・温度センサ 形CY7102

シーリングセンサ 天井用CO2 濃度・温度センサ 形CY7102 AI7287 仕 様 取 扱 説 明 書 シーリングセンサ 天 井 用 CO 2 濃 度 温 度 センサ 概 要 シーリングセンサ ( ) は 室 内 の CO 2 濃 度 と 温 度 を 検 出 するセンサです 室 内 の CO 2 濃 度 と 温 度 の 監 視 や VAV ユニットの 風 量 制 御 などに 利 用 できます 無 柱 構 造 の 増 加 やインテリアに 対 する 関 心 の 高

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード] 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 / 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 技 術 交 流 会 JEM 1425 ( 金 属 閉 鎖 形 スイッチギヤ 及 びコントロールギヤ ) 第 4 回 (2011 年 版 ) 改 正 のポイント 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 スイッチギヤ 技 術 専 門 委 員 会 東 京 ( 蜂 須 賀 清 )

More information

2005研究報告様式

2005研究報告様式 岐 阜 県 機 械 材 料 研 究 所 研 究 報 告 No.4 ( ) 精 密 切 削 加 工 の 高 効 率 化 に 関 する 研 究 ( 第 報 ) 振 動 型 3 次 元 接 触 センサの 開 発 西 嶋 隆 Study on a technology to enlarge the efficiency of precision machining processes ( nd report)

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

1. 完 全 認 証 移 行 第 1 弾 基 準 策 定 の 基 本 的 考 え 方 3 基 本 方 針 1 原 則 的 考 え 方 医 療 機 器 の 名 称 基 準 1 2 日 本 工 業 規 格 T 0000 使 用 目 的 効 能 又 は 効 果 に 用 いること 安 全 性 性 能 基 本

1. 完 全 認 証 移 行 第 1 弾 基 準 策 定 の 基 本 的 考 え 方 3 基 本 方 針 1 原 則 的 考 え 方 医 療 機 器 の 名 称 基 準 1 2 日 本 工 業 規 格 T 0000 使 用 目 的 効 能 又 は 効 果 に 用 いること 安 全 性 性 能 基 本 完 全 認 証 移 行 第 1 弾 基 準 の 概 要 ~ 全 ての 管 理 医 療 機 器 の 第 三 者 認 証 制 度 への 移 行 に 向 けて ~ 全 ての 管 理 医 療 機 器 について 認 証 基 準 を 策 定 認 証 基 準 不 適 合 への 迅 速 な 対 応 手 段 の 構 築 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 品 質 管 理 部 基 準 課

More information

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477>

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477> 第 3 編 第 3 編 交 差 点 の 設 計 交 差 点 の 設 計 63 64 第 3 編 交 差 点 の 設 計 目 次 1. 適 用... 3-1 2. 交 差 点 の 計 画 基 準... 3-2 2.1 計 画 基 準... 3-2 3. 平 面 交 差 点 の 計 画 と 設 計 手 順... 3-3 3.1 計 画 と 設 計 の 手 順... 3-3 3.2 計 画 交 差 点 の

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

アスファルトルーフィングフェルト

アスファルトルーフィングフェルト RK 改 質 アスファルトルーフィング 下 葺 き 材 RK 04 s -03 :2006 平 成 17 年 3 月 18 日 制 定 平 成 18 年 3 月 17 日 改 定 平 成 18 年 12 月 22 日 改 定 アスファルトルーフィング 工 業 会 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) (1) 目 次 ページ 1. 適 用 範 囲 3 2. 引 用 規 格 3 3. 種 類 3 4.

More information