スライド 1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "スライド 1"

Transcription

1 -FX4クラウド 用 - H 版 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 の 事 前 準 備 事 項 チェックリスト ( 解 説 編 ) TKCシステム 開 発 研 究 所 TKC 2016

2 Ⅰ 当 資 料 の 位 置 づけ 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 では 銀 行 クレジットカード 電 子 マネーからのデータ 受 信 が 可 能 です ただし インターネットバンキングの 契 約 等 システムの 設 定 以 外 にも 事 前 の 準 備 が 必 要 となります 事 前 準 備 をスムーズに 進 めるため チェックリストをご 用 意 しましたので 是 非 ご 利 用 ください 当 資 料 は チェックリストに 記 載 の 各 チェック 項 目 を 解 説 したものです チェックリストと 併 せて ご 利 用 ください なお 囲 み 数 字 ( XX )は 対 応 するチェックリストの 項 番 を 示 します < 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 利 用 開 始 までに 必 要 なステップ> STEP1: STEP2: STEP3: STEP4: STEP5: 当 機 能 利 用 にあ たっての 事 前 確 認 (3 頁 ) データ 受 信 対 象 口 座 の 決 定 (3 頁 ) データ 受 信 のための 環 境 整 備 (8 頁 ) ( 利 用 開 始 時 )シス テムの 利 用 設 定 (18 頁 ) 利 用 開 始 (28 頁 ) TKC

3 Ⅱ STEP1: 当 機 能 利 用 にあたっての 事 前 確 認 当 ステップのポイント 1. 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 のセキュリティ 対 策 として 次 の3 点 を 確 認 します (1) 当 機 能 で 入 出 金 処 理 が 一 切 行 えないこと (2) 法 人 向 けインターネットバンキングの 利 用 のご 推 奨 (3) マネーツリー 株 式 会 社 のセキュリティへの 取 り 組 み 2. 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 で 利 用 するマネーツリー 株 式 会 社 の データ 受 信 サービス は 関 与 先 様 の 責 任 でご 利 用 いただくことを 関 与 先 様 にご 了 承 いただきます マネーツリー 株 式 会 社 について マネーツリー 株 式 会 社 は App Store Japan のBEST OF を2 年 連 続 で 受 賞 した 個 人 資 産 管 理 アプリを 開 発 提 供 する 会 社 です 株 式 会 社 TKCとマネーツリー 株 式 会 社 は 小 規 模 事 業 者 中 小 企 業 の 正 確 かつ 迅 速 な 経 理 業 務 の 支 援 を 目 的 として 業 務 提 携 しており FinTechサービスの 技 術 開 発 に 取 り 組 んでいます TKC

4 Ⅱ STEP1: 当 機 能 利 用 にあたっての 事 前 確 認 1. 当 機 能 のセキュリティ 対 策 の 確 認 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 におけるセキュリティ 対 策 として 次 の3 点 を 確 認 します (1) 当 機 能 で 入 出 金 処 理 は 一 切 行 えないこと 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 は 金 融 機 関 の 入 出 金 データなどを 自 動 受 信 して これをもとに 仕 訳 ルールの 学 習 機 能 等 により 仕 訳 を 効 率 的 に 計 上 する 機 能 です そのため 当 機 能 で 入 出 金 処 理 は 一 切 行 えません 安 心 して 関 与 先 様 に 利 用 いただけます (2) 法 人 向 けのインターネットバンキングの 利 用 のご 推 奨 銀 行 ( 銀 行 信 金 信 組 等 )からデータを 受 信 する 場 合 法 人 向 けのインターネットバンキングの 利 用 を 推 奨 しています 法 人 向 けを 利 用 いただくメリットは 大 きく 次 の2 点 です 関 与 先 様 に 法 人 向 けインターネットバンキングのご 利 用 を 推 奨 ください 1メリット1 電 子 証 明 書 方 式 を 利 用 できます IDとパスワードに 加 え 電 子 証 明 書 をPCに 登 録 すること でインターネットバンキングの 利 用 PCを 限 定 できます 万 が 一 IDとパスワードが 流 出 しても それだけで 不 正 利 用 することはできません 2メリット2 入 出 金 処 理 を 行 えない 閲 覧 専 用 ID を 登 録 設 定 できるので 当 該 IDを 当 機 能 に 設 定 できます 万 が 一 IDとパスワードが 流 出 しても そのIDでは 入 出 金 処 理 を 一 切 行 えません 1(1) 1(2) TKC

5 Ⅱ STEP1: 当 機 能 利 用 にあたっての 事 前 確 認 1. 当 機 能 のセキュリティ 対 策 の 確 認 (3)マネーツリー 株 式 会 社 のセキュリティへの 取 り 組 み マネーツリー 株 式 会 社 では 関 与 先 様 に 安 心 してサービスをご 利 用 いただくために 次 のセキュリティ への 取 り 組 みを 行 っています 1 金 融 情 報 システムセンターの 安 全 対 策 基 準 に 準 じたインフラ 金 融 情 報 システムセンターは 銀 行 証 券 会 社 保 険 会 社 コンピュータメーカー 情 報 処 理 会 社 等 の 出 捐 により 設 立 されています 現 在 は633 会 員 企 業 からの 派 遣 者 を 中 心 に 金 融 情 報 システムに 関 連 する 諸 問 題 の 調 査 や 安 全 対 策 基 準 等 の 各 種 ガイドラインを 作 成 しています マネーツリー 株 式 会 社 は この 安 全 対 策 基 準 に 準 じたインフラでサービスを 運 用 しています 2PCIデータセキュリティスタンダードを 認 定 取 得 したインフラ PCIデータセキュリティスタンダードは カード 会 員 のクレジットカード 情 報 取 引 情 報 を 安 全 に 取 り 扱 う ために 国 際 ペイメントブランド5 社 (VISA MasterCard JCB American Express Discover )が 共 同 で 策 定 した クレジット 業 界 における 国 際 的 なセキュリティ 基 準 です 認 定 を 取 得 するには カード 情 報 を 適 切 に 管 理 するための12の 要 件 を 充 足 する 必 要 があります マネーツリー 株 式 会 社 は この 認 定 を 取 得 したインフラでサービスを 運 用 しています 3 日 本 プライバシー 認 証 機 構 のTRUSTeを 認 証 取 得 TRUSTeは Webサイトを 運 営 する 事 業 者 が 個 人 情 報 保 護 法 よりも 高 い 基 準 で 個 人 情 報 を 利 用 保 護 していることを 審 査 認 証 する 制 度 です 適 合 している 事 業 者 のWebサイトには TRUSTe の 認 証 マークを 掲 載 できます 世 界 ではIBM インテル ディズニーなど6300のWebサイトで 認 証 マークが 掲 載 されており マネーツリー 株 式 会 社 もこのTRUSTeを 認 証 取 得 しています 1(3) TKC

6 Ⅱ STEP1: 当 機 能 利 用 にあたっての 事 前 確 認 2.マネーツリー 社 のデータ 受 信 サービス 利 用 時 のご 了 承 事 項 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 では マネーツリー 株 式 会 社 が 提 供 するデータ 受 信 サービスを 利 用 しています このデータ 受 信 サービスは 関 与 先 様 の 責 任 でご 利 用 いただくサービスであるこ とについて 予 め 関 与 先 様 にご 了 解 いただきます( 具 体 的 には 実 際 に 当 サービスの 利 用 を 開 始 する 際 にマネーツリー 社 との 利 用 規 約 に 同 意 いただきます) 2 ご 参 考 マネーツリー 社 の 利 用 規 約 %94%a8%e8%a6%8f%e7%b4%84 TKC

7 Ⅲ STEP2:データ 受 信 対 象 口 座 の 決 定 当 ステップのポイント 当 機 能 でデータを 受 信 できるのは 銀 行 クレジットカード 電 子 マネーです データ 受 信 を 行 う 口 座 を 決 定 します 1. 次 の 点 に 注 意 した 上 で 利 用 する 口 座 ( 候 補 )を 選 定 します (1) 1 口 座 の 中 に 事 業 用 とプライベート 用 の 取 引 が 混 在 していると 処 理 が 煩 雑 になり ます 事 業 専 用 の 口 座 を 選 定 します (2) 銀 行 については 入 金 明 細 出 金 明 細 のいずれかのみを 受 信 することも 可 能 です 二 重 計 上 を 防 止 するため 現 行 の 経 理 体 制 に 適 した 運 用 の 検 討 が 必 要 です (3) 銀 行 クレジットカード 電 子 マネーそれぞれで 処 理 できる 勘 定 科 目 が 決 まっている ため 会 計 処 理 の 変 更 を 伴 う 可 能 性 があります 2. 上 記 で 選 定 した 銀 行 口 座 クレジットカード 電 子 マネーが 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 に 対 応 しているかどうか 確 認 します TKC

8 Ⅲ STEP2:データ 受 信 対 象 口 座 の 決 定 1.データ 受 信 を 実 施 する 口 座 ( 候 補 )の 選 定 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 では 銀 行 クレジットカード 電 子 マネーからのデータ 受 信 が 可 能 です 次 の 点 にご 注 意 の 上 データ 受 信 を 実 施 する 口 座 ( 候 補 )を 選 定 します 事 業 専 用 の 口 座 であること 3(1) 当 機 能 を 利 用 する 設 定 にした 口 座 の 取 引 はすべてFX4クラウドで 受 信 します 1 口 座 の 中 に 事 業 用 とプライベート 用 の 取 引 が 混 在 していると 読 込 処 理 が 煩 雑 になるばかりでなく 学 習 機 能 も 有 効 に 機 能 しません 事 業 用 としてお 使 いの 口 座 を 選 定 してください 銀 行 の 場 合 は 入 金 明 細 出 金 明 細 のいずれを 受 信 するかも 決 めておくこと 銀 行 から 入 金 出 金 明 細 を 両 方 受 信 すると 次 のような 場 合 に 二 重 計 上 の 虞 があります 1 自 社 内 の 証 憑 に 基 づき 出 金 仕 訳 を 計 上 している 場 合 に 出 金 明 細 を 受 信 2 売 上 の 入 金 仕 訳 は 販 管 システムから 連 動 しているという 場 合 に 入 金 明 細 を 受 信 そこで 当 機 能 では 銀 行 の 場 合 は 入 金 明 細 のみ また 出 金 明 細 のみを 受 信 することも 可 能 です 経 理 体 制 をご 確 認 の 上 いずれを 受 信 するか 決 めておきます 会 計 処 理 の 変 更 を 伴 う 可 能 性 がある 点 をご 了 解 いただくこと( 次 頁 参 照 ) クレジットカードについては 利 用 できる 勘 定 科 目 が 未 払 金 等 に 限 定 されています 当 機 能 の 利 用 に より 発 生 主 義 会 計 となるため 会 計 処 理 が 変 更 となる 可 能 性 がある 点 をご 了 承 いただいた 上 で 選 定 するようにしてください 最 初 からすべての 種 類 の 金 融 機 関 を 受 信 せずに 段 階 的 に 銀 行 クレ ジットカード 電 子 マネーと 利 用 することもご 検 討 ください 3(2) 3(3) TKC

9 Ⅲ STEP2:データ 受 信 対 象 口 座 の 決 定 1.データ 受 信 を 実 施 する 口 座 ( 候 補 )の 選 定 (1) クレジットカードの 利 用 明 細 を 受 信 する 場 合 の 会 計 処 理 1 利 用 可 能 な 勘 定 科 目 ( 勘 定 科 目 例 ) 経 営 分 析 属 性 未 払 金 未 払 費 用 その 他 ( 流 動 負 債 ) コート 科 目 名 未 払 金 未 払 費 用 その 他 の 流 動 負 債 (その 他 の 流 動 負 債 ) コート 科 目 名 (その 他 の 流 動 負 債 ) 仮 受 金 (その 他 の 流 動 負 債 ) 預 り 金 2 仕 訳 例 行 取 引 内 容 仕 訳 1 接 待 交 際 費 として 24,000 円 利 用 2 接 待 交 際 費 として 10,800 円 利 用 接 待 交 際 費 22,222 / 未 払 金 24,000 仮 払 消 費 税 等 1,778 接 待 交 際 費 10,000 / 未 払 金 10,800 仮 払 消 費 税 等 銀 行 口 座 からの 引 落 ( ) 未 払 金 34,800 / 普 通 預 金 34,800 クレジットカードのデータとしては 受 信 できません 銀 行 のデータから 計 上 します TKC

10 Ⅲ STEP2:データ 受 信 対 象 口 座 の 決 定 1.データ 受 信 を 実 施 する 口 座 ( 候 補 )の 選 定 (2) 電 子 マネーの 利 用 明 細 を 受 信 する 場 合 の 会 計 処 理 1 利 用 可 能 な 勘 定 科 目 ( 勘 定 科 目 例 ) 経 営 分 析 属 性 現 金 流 動 性 預 金 定 期 性 預 金 仮 払 金 その 他 ( 流 動 資 産 ) 2 仕 訳 例 コート 科 目 名 現 金 当 座 預 金 普 通 預 金 定 期 預 金 ( 流 動 固 定 性 預 金 ) ( 流 動 固 定 性 預 金 ) コート 行 取 引 内 容 仕 訳 1 5,000 円 をチャージ 仮 払 金 5,000 / 現 金 5,000 科 目 名 仮 払 金 (その 他 の 流 動 資 産 ) 立 替 金 その 他 の 流 動 資 産 (その 他 の 流 動 資 産 ) 2 2,000 円 を 交 通 費 で 利 用 旅 費 交 通 費 1,852 / 仮 払 金 2,000 仮 払 消 費 税 等 決 算 時 ( ) 貯 蔵 品 3,000 / 仮 払 金 3,000 4 翌 期 首 ( ) 仮 払 金 3,000 / 貯 蔵 品 3,000 電 子 マネーのデータとしては 受 信 できません 手 入 力 します TKC

11 Ⅲ STEP2:データ 受 信 対 象 口 座 の 決 定 2. 選 定 した 口 座 ( 候 補 )の 利 用 可 否 確 認 (1) 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 対 応 金 融 機 関 一 覧 ( )により 選 定 した 口 座 ( 候 補 ) が 当 機 能 で 対 応 済 か 否 かを 確 認 します なお 銀 行 ( 銀 行 信 用 金 庫 信 用 組 合 等 )の 場 合 は 個 人 向 け 法 人 向 けの 違 いにより 利 用 可 否 が 変 わりますので ご 注 意 ください 4 最 新 の 対 応 状 況 は TKCのホームページで ご 確 認 いただけます (2)また 銀 行 の 法 人 向 けIBの 場 合 様 々なログイン 認 証 方 式 が 存 在 しますが 当 機 能 が 対 応 しているログイン 認 証 方 式 は ID パスワード 方 式 電 子 証 明 書 方 式 の2 種 類 で す ICカード 認 証 方 式 ( 事 前 に 専 用 ソフトをインストールしたパソコンにICカードリーダーを 接 続 し ICカードとICカード 用 のパスワードにより 認 証 する 方 式 三 井 住 友 銀 行 などが 採 用 ) 等 には 対 応 していませんのでご 注 意 ください TKC

12 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 当 ステップのポイント 1. 当 機 能 の 利 用 には インターネットバンキング 利 用 契 約 ( 銀 行 の 場 合 )やWeb 明 細 照 会 サービス(クレジットカードの 場 合 )の 登 録 が 必 要 です お 済 みでない 場 合 は 予 め 契 約 いただき システムを 利 用 できる 環 境 を 整 備 します (1) 銀 行 の 場 合 インターネットバンキングの 契 約 状 況 を 確 認 します 残 高 入 出 金 明 細 を 参 照 可 能 なタイプの 契 約 が 必 要 です 電 子 証 明 書 方 式 によるログイン 認 証 の 場 合 は インターネットバンキングに 当 機 能 専 用 ユーザを 登 録 しておく 必 要 があります また ID パスワード 方 式 の 場 合 も 閲 覧 専 用 のユーザの 登 録 をご 推 奨 します (2) クレジットカードの 場 合 Web 明 細 照 会 サービスの 登 録 状 況 を 確 認 します Web 明 細 照 会 サービスに 登 録 すると 紙 の 利 用 明 細 書 が 送 付 されなくなるカード 会 社 もあるためご 注 意 く ださい 2. 予 めFinTechサービスへユーザを 登 録 します また 併 せて 口 座 を 登 録 し 正 常 にデータ 受 信 できることを 確 認 します この 際 に 認 証 情 報 (ID パスワード 等 )の 登 録 も 必 要 になります また 電 子 証 明 書 方 式 の 場 合 電 子 証 明 書 取 得 用 パスワードの 入 力 が 必 要 となる 銀 行 もあります 関 連 する 資 料 をご 用 意 いただくようにしてください 3. 当 機 能 の 利 用 をスムーズに 開 始 するため 予 めFX4クラウドの 運 用 についても 見 直 し を 検 討 します TKC

13 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 1.インターネットバンキング 等 の 契 約 状 況 の 確 認 (1) 銀 行 のデータ 受 信 を 実 施 する 場 合 1 当 機 能 の 利 用 にはインターネットバンキングの 契 約 が 必 要 です 契 約 状 況 を 確 認 し お 済 み でない 場 合 は 契 約 していただきます 残 高 照 会 入 出 金 明 細 照 会 が 可 能 なタイプの 契 約 が 必 要 です なお 金 融 機 関 によっては 総 合 振 込 給 与 賞 与 振 込 預 金 口 座 振 替 等 のサービスがオプ ションとして 用 意 されている 場 合 (データ 伝 送 サービス ファイル 伝 送 サービス 等 )があります が 当 機 能 の 利 用 にあたっては この 契 約 は 不 要 です 5(1) TKC

14 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 1.インターネットバンキング 等 の 契 約 状 況 の 確 認 (1) 銀 行 のデータ 受 信 を 実 施 する 場 合 2インターネットバンキングが 法 人 契 約 で かつ 電 子 証 明 書 方 式 の 場 合 は 当 機 能 を 利 用 す るための 専 用 の ユーザ( 利 用 者 ) をインターネットバンキングに 登 録 する 必 要 があります また ID パスワード 方 式 の 場 合 でも 前 述 の 通 り 当 機 能 をより 安 全 に 利 用 いただくた め 閲 覧 専 用 の ユーザ( 利 用 者 ) の 登 録 をお 勧 めしてください ユーザ( 利 用 者 ) を 登 録 する 場 合 は 口 座 登 録 手 順 書 (P17の FinTechサービス 接 続 ツール からダウンロードできます)に 基 づき 登 録 していただきます ただし ユーザ( 利 用 者 ) を 一 定 数 以 上 登 録 すると 課 金 される 銀 行 があります 予 め 確 認 し 該 当 する 場 合 は 関 与 先 様 のご 了 解 を 得 てください 5(2)1~4 3なお インターネットバンキングが 法 人 契 約 で かつログイン 認 証 方 式 が 電 子 証 明 書 方 式 の 場 合 は インターネットバンキングに ユーザ( 利 用 者 ) の 登 録 後 FinTechサービスへの ユーザ 登 録 口 座 登 録 (P17)の 前 に 登 録 した ユーザ( 利 用 者 ) で 絶 対 にインターネッ トバンキングにログインしないようにしてください( 次 頁 参 照 ) 5(2)5 TKC

15 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 1.インターネットバンキング 等 の 契 約 状 況 の 確 認 重 要 電 子 証 明 書 方 式 の 場 合 FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 の 前 に 新 たに 登 録 した ユーザ( 利 用 者 ) でインターネットバンキングにログインしないでください 1) ログイン 認 証 に 電 子 証 明 書 方 式 を 採 用 している 銀 行 の 場 合 インターネットバンキングに 登 録 した ユーザ ( 利 用 者 ) に 対 し 発 行 された 電 子 証 明 書 を1 台 のPCに 登 録 します 当 該 PCからのみアクセスが 可 能 となります 悪 意 を 持 つ 第 三 者 が 他 のPCからログインすることを 防 止 しています( 図 1 ) 当 機 能 では 図 2 のように FinTechサービスの 専 用 サーバに 電 子 証 明 書 を 登 録 することによりデータ 受 信 を 可 能 と するため 専 用 の ユーザ ( 利 用 者 ) の 登 録 が 必 須 となります 図 1 電 子 証 明 書 方 式 によるIBへのログイン 図 2 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 の 仕 組 み FinTechサービス 電 子 証 明 書 電 子 証 明 書 2) 電 子 証 明 書 は1ユーザに 対 して1 回 のみ 発 行 されます FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 の 前 に 新 たに 登 録 した ユーザ( 利 用 者 ) でインターネットバンキングにログインしてしまうと そのタイミングで 電 子 証 明 書 が 取 得 され PCに 登 録 されてしまいます その 結 果 当 機 能 で 必 要 な 電 子 証 明 書 を 取 得 (TISCの 専 用 サーバに 登 録 )できなくなります この 場 合 電 子 証 明 書 の 失 効 再 発 行 が 別 途 必 要 となってしまうため FinTechサービスへ のユーザ 登 録 口 座 登 録 の 前 に 絶 対 にインターネットバンキングにログインしないようにしてください 3) なお 口 座 登 録 手 順 書 には 上 記 2)の 注 意 点 も 含 め IBへの ユーザ( 利 用 者 ) 登 録 の 手 順 を 記 載 して います IBへの ユーザ( 利 用 者 ) の 登 録 にあたっては ぜひ 当 手 順 書 をご 活 用 ください TKC

16 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 1.インターネットバンキング 等 の 契 約 状 況 の 確 認 (2) クレジットカードのデータ 受 信 を 実 施 する 場 合 1 当 機 能 の 利 用 にはWeb 明 細 照 会 サービスの 登 録 が 必 要 です お 済 みでない 場 合 は 登 録 していただきます 6(1) ただし Web 明 細 照 会 サービスに 登 録 すると 紙 の 利 用 明 細 書 が 送 付 されなくなるカード 会 社 もあるため 予 めご 確 認 ください 6(2) 2なお Web 明 細 照 会 サービスはカード 発 行 会 社 ( 毎 月 の 利 用 明 細 書 の 送 付 元 )の 提 供 するサービスとなります Web 明 細 照 会 サービスの 登 録 方 法 がご 不 明 な 場 合 は 利 用 明 細 書 またはカードの 裏 面 に 記 載 のお 問 合 せ 先 にご 確 認 ください TKC

17 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 2.FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 FinTechサービス 接 続 ツール( )を 利 用 しFinTechサービスを 起 動 します ログイン 画 面 が 表 示 されますので 最 初 にユーザ 登 録 をします メールアドレスとパスワードを 入 力 し[ 新 規 登 録 ]ボタンをクリックします 7 パスワードは6 文 字 以 上 でかつ 英 数 字 を 含 むものとします FinTechサービス 接 続 ツールは TKC 戦 略 経 営 者 システム の 追 加 システム から 起 動 できます TKC

18 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 2.FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 ユーザ 登 録 すると 登 録 したメールアドレスにMoneytreeからメールが 届 きます [メールアドレスを 認 証 ] ボタンをクリックします TKC

19 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 2.FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 FinTechサービスに 口 座 を 登 録 します 銀 行 の 法 人 口 座 を 登 録 する 場 合 は 法 人 口 座 を 銀 行 の 個 人 口 座 クレジットカードまたは 電 子 マネーを 登 録 する 場 合 は 個 人 口 座 を 選 択 し [ 新 規 登 録 ]をクリックします TKC

20 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 2.FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 契 約 している 口 座 を 選 択 します TKC

21 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 2.FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 認 証 情 報 (ID パスワード 等 )を 入 力 後 [ 登 録 ]ボタンをクリックし 口 座 を 登 録 します [ 登 録 ]ボタンのクリック 後 データの 受 信 が 始 まります 正 常 に 取 得 できたことを 確 認 します 8 9 口 座 を 追 加 する 場 合 は 再 度 [ 新 規 登 録 ]ボタンを クリックします TKC

22 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 2.FinTechサービスへのユーザ 登 録 口 座 登 録 登 録 直 後 口 座 の 名 称 は 既 定 値 ( 銀 行 の 場 合 当 座 普 通 等 )となっています この 名 称 がFXクラ ウドにも 表 示 されるため 1 銀 行 に 複 数 口 座 がある 場 合 FX4クラウドで 識 別 できなくなります このため 識 別 しやすい 名 称 に 変 更 しておきます 10 歯 車 のアイコンをクリックします ニックネーム 欄 に 識 別 しやすい 名 称 ( 口 座 番 号 等 )を 入 力 します TKC

23 Ⅳ STEP3:データ 受 信 のための 環 境 整 備 3.FX4クラウドの 運 用 方 法 の 変 更 当 機 能 のスムーズな 利 用 開 始 のため FX4クラウドの 設 定 についても 見 直 しを 検 討 します 受 信 対 象 口 座 をFX4クラウドで 処 理 する 際 の 勘 定 科 目 コード 補 助 コードの 設 定 受 信 対 象 口 座 をFX4クラウドで 処 理 する 際 の 勘 定 科 目 コード 補 助 コードを 設 定 しておきます なお 当 機 能 では 異 なる 口 座 に 対 して 同 一 の 勘 定 科 目 コード 補 助 コードを 設 定 できません 複 数 の 口 座 を 利 用 する 場 合 は 勘 定 科 目 を 第 三 表 示 方 式 ( 口 座 別 )に 設 定 します 11 TKC

24 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 当 ステップのポイント FX4クラウドで 当 機 能 を 利 用 するための 事 前 設 定 をします 1. 会 社 情 報 タブ (1) 当 機 能 を 利 用 する 設 定 にします (2) 業 務 範 囲 の 設 計 で 当 機 能 の 利 用 権 限 を 設 定 します (3) FinTechサービスを 起 動 し FX4クラウドと 連 携 設 定 をします (4) FXクラウドで 受 信 を 開 始 する 年 月 日 等 を 設 定 します インターネットバンキングの1 契 約 に 複 数 の 口 座 が 存 在 する 場 合 口 座 ごとに 受 信 の 有 無 を 設 定 できます 事 業 用 プライベート 用 とで 口 座 を 分 けている 場 合 は 事 業 用 のみを 受 信 対 象 にしていただきます 銀 行 については 予 め 決 定 した 内 容 に 基 づき 入 金 明 細 出 金 明 細 のいずれを 受 信 対 象 と するかを 設 定 していただきます TKC

25 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 1. システム 情 報 で 利 用 設 定 会 社 情 報 タブの システム 情 報 メニューで 当 機 能 を 利 用 する 設 定 にします また 事 前 に 決 定 した 内 容 に 基 づき 受 信 を 許 可 する 金 融 機 関 を 選 択 します 12 利 用 の 流 れ ➊ システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

26 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 2. 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 設 定 旧 版 数 からのレベルアップ 直 後 は すべての 業 務 範 囲 名 で 銀 行 信 販 データ 受 信 と 銀 行 信 販 データ 受 信 準 備 メニューの 利 用 権 限 が 設 定 されていません 必 要 な 業 務 範 囲 名 に 対 し 利 用 権 限 を 設 定 します 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 13 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

27 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 3.FinTechサービスとの 連 携 設 定 フルメニューを 起 動 し 会 社 情 報 タブの 銀 行 信 販 データ 受 信 準 備 メニューを 選 択 します 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

28 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 3.FinTechサービスとの 連 携 設 定 FinTechサービスが 起 動 します 予 めFinTechサービス 接 続 ツールで 登 録 したメールアドレスとパスワードを 入 力 し [ログイン]ボタンをクリックします 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

29 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 3.FinTechサービスとの 連 携 設 定 FX4クラウドとの 連 携 設 定 を 行 います 画 面 右 上 のクリップアイコンをクリックします 14 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

30 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 3.FinTechサービスとの 連 携 設 定 [ 許 可 する]ボタンをクリックします 連 携 設 定 が 正 常 終 了 したら 画 面 右 上 の ボタンでブラウザを 閉 じます 14 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

31 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 4. 受 信 対 象 口 座 の 選 択 FinTechサービスに 登 録 した 口 座 のうち 受 信 対 象 とする 口 座 を 選 択 します フルメニューを 起 動 し 会 社 情 報 タブの 銀 行 信 販 データ 受 信 準 備 メニューを 再 度 選 択 します 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

32 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 4. 受 信 対 象 口 座 の 選 択 FinTechサービスに 登 録 した 口 座 が 一 覧 表 示 されます FX4クラウドでの 受 信 対 象 とする 口 座 を 選 択 し [ 修 正 ]ボタンをクリックします 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 インターネットバンキングの1 契 約 に 複 数 の 口 座 が 存 在 する 場 合 口 座 ごとに 受 信 の 有 無 を 設 定 できます 事 業 用 プライベート 用 で 口 座 を 分 けている 場 合 は 事 業 用 の 口 座 の み 受 信 対 象 としてください 15(1) 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 TKC

33 Ⅴ STEP4:( 利 用 開 始 時 )システムの 利 用 設 定 4. 受 信 対 象 口 座 の 選 択 受 信 開 始 年 月 日 FX4クラウドで 当 口 座 を 処 理 する 勘 定 科 目 コード 及 び 補 助 コード さらに 銀 行 の 場 合 は 受 信 する 明 細 の 種 類 ( 入 金 明 細 出 金 明 細 )を 設 定 します 利 用 の 流 れ 1 システム 情 報 で 利 用 設 定 2 業 務 範 囲 の 設 計 で 利 用 権 限 を 設 定 3 FinTechサービスとの 連 携 設 定 受 信 開 始 年 月 日 には 二 重 計 上 が 発 生 しない 日 付 を 設 定 してください 15(2) 1 既 に 取 引 を 入 力 済 の 日 付 を 受 信 開 始 年 月 日 として 設 定 しない 2 受 信 開 始 年 月 日 の 前 日 までの 取 引 は 受 信 開 始 までに 確 実 に 入 力 してお く 4 受 信 対 象 口 座 の 選 択 事 前 に 決 定 した 内 容 に 基 づき 入 金 明 細 出 金 明 細 のいずれを 受 信 するか 選 択 します 15(3) TKC

34 Ⅵ STEP5:システムの 利 用 開 始 当 ステップのポイント クレジットカードからの 受 信 を 実 施 する 場 合 は カード 会 社 からの 利 用 明 細 書 到 着 後 に カード 利 用 明 細 書 と 仕 訳 とのチェック 機 能 を 利 用 して 開 始 時 点 の 未 払 金 等 の 残 高 を 一 致 させます TKC

35 Ⅵ STEP5:システムの 利 用 開 始 1. 日 々の 読 込 処 理 銀 行 信 販 データ 受 信 メニューを 選 択 すると 自 動 的 に 最 新 のデータを 受 信 します データ 受 信 完 了 後 勘 定 科 目 等 の 情 報 を 補 正 入 力 し 仕 訳 を 計 上 します TKC

36 Ⅵ STEP5:システムの 利 用 開 始 2. 未 払 金 等 の 勘 定 科 目 の 残 高 チェック(カードの 受 信 時 ) 利 用 明 細 書 の 到 着 後 カード 利 用 明 細 書 と 仕 訳 とのチェック 機 能 を 利 用 して 利 用 明 細 書 に 記 載 の 取 引 がすべて 仕 訳 計 上 されているか 否 かをチェックします 特 に 機 能 の 利 用 開 始 直 後 は 利 用 明 細 書 に 当 機 能 を 利 用 して 読 み 込 んだ 取 引 と 仕 訳 を 手 入 力 した 取 引 が 混 在 し ます 入 力 漏 れを 発 見 した 場 合 は 該 当 仕 訳 を 入 力 して 残 高 を 一 致 させます 16 ( 例 )27 年 12 月 1 日 から 利 用 を 開 始 した 場 合 カード 利 用 明 細 書 今 回 支 払 日 今 回 請 求 額 28 年 1 月 10 日 73,929 円 今 回 利 用 明 細 利 用 日 利 用 先 利 用 金 額 \1, \25, \ \11, \4, \1, \ \21, \5,400 利 用 開 始 前 のため 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 で 受 信 できない 取 引 手 入 力 が 必 要 銀 行 信 販 データ 受 信 機 能 で 受 信 できる 取 引 手 入 力 不 要 これらの 仕 訳 の 漏 れ ダブりをチェック TKC

37 Ⅵ STEP5:システムの 利 用 開 始 2. 未 払 金 等 の 勘 定 科 目 の 残 高 チェック(カードの 受 信 時 ) 16 銀 行 信 販 データ 受 信 メニューを 選 択 します 口 座 の 一 覧 画 面 が 開 いたら 画 面 上 部 の[カート 明 細 チェック] ボタンをクリックします TKC

38 Ⅵ STEP5:システムの 利 用 開 始 2. 未 払 金 等 の 勘 定 科 目 の 残 高 チェック(カードの 受 信 時 ) クレジットカードの 請 求 額 が 確 定 した 時 点 で FinTechサービスから 今 回 支 払 日 と 今 回 請 求 額 計 が 自 動 的 に 受 信 されます 画 面 中 央 には クレジットカードを 処 理 する 科 目 を 貸 方 に 計 上 した 仕 訳 が 自 動 表 示 されます 今 回 支 払 日 と 請 求 額 16 クレジットカードを 処 理 す る 科 目 を 貸 方 に 計 上 した 仕 訳 ( 手 入 力 したものも 含 むすべての 仕 訳 ) TKC

39 Ⅵ STEP5:システムの 利 用 開 始 2. 未 払 金 等 の 勘 定 科 目 の 残 高 チェック(カードの 受 信 時 ) 利 用 明 細 書 の 中 に 該 当 する 取 引 がある 場 合 はチェックを 付 けます 今 回 請 求 額 計 とチェック 合 計 額 との 差 額 がある 場 合 は 仕 訳 の 入 力 が 漏 れている 可 能 性 があります 計 上 漏 れを 発 見 し た 場 合 は 該 当 仕 訳 を 入 力 します 16 カード 利 用 明 細 書 今 回 支 払 額 今 回 請 求 額 平 成 28 年 1 月 10 日 97,393 円 今 回 利 用 明 細 利 用 日 利 用 先 利 用 金 額 , , , , , , ,009 今 回 請 求 額 計 とチェック 合 計 額 との 差 額 が 自 動 計 算 されます 以 上 TKC

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして 百 五 でんさいサービス 操 作 マニュアル 承 認 編 第 3.1 版 平 成 27 年 4 月 株 式 会 社 百 五 銀 行 百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850> J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 株 式 会 社 ジェイコム 東 京 ( 以 下 当 社 といいます )は この J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 第 3 条 に 定 める J:COM 料 金 ならび に 当 社 が KDDI 株 式 会 社 および 沖 縄 セルラー 電 話 株 式 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204D46834E8389834583688A6D92E8905C8D905F93B193FC819593FA8E9F95D2283194C5292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204D46834E8389834583688A6D92E8905C8D905F93B193FC819593FA8E9F95D2283194C5292E646F63> 目 次 第 1 章 本 書 の 概 要 1 1-1 本 書 で 学 べる 内 容... 1 1-2 MFクラウド 確 定 申 告 とは... 2 1-3 MFクラウド 確 定 申 告 の 長 所... 3 1-4 MFクラウド 確 定 申 告 の 利 用 料 金... 4 1-5 本 書 を 学 ぶにあたって 必 要 な 知 識... 5 1-6 本 書 で 学 ぶ 具 体 的 な 内 容... 6

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

< 目 次 > 8. 雇 用 保 険 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 27 ( 育 児 休 業 給 付 介 護 休 業 給 付 ) 8.1 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 画 面 のマイナンバー 設 定 27 8.2 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 の 電 子 申 請 28 8.3 高

< 目 次 > 8. 雇 用 保 険 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 27 ( 育 児 休 業 給 付 介 護 休 業 給 付 ) 8.1 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 画 面 のマイナンバー 設 定 27 8.2 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 の 電 子 申 請 28 8.3 高 雇 用 保 険 マイナンバー 改 定 向 け 操 作 説 明 書 < 目 次 > 1.マイナンバー 等 の 法 令 改 定 対 応 について 3 1.1 法 令 改 定 の 変 更 点 3 1.2 その 他 主 要 な 変 更 点 4 2.マイナンバー 管 理 システムとの 連 携 設 定 5 2.1 マイナ de 社 労 夢 の 運 用 設 定 5 2.2 マイナ de 社 労 夢 CL の 運

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63>

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63> 商 品 名 < 愛 称 > 全 国 保 証 保 証 付 住 宅 ローン 200% 借 換 住 宅 ローン 保 証 次 の 各 号 すべてに 該 当 する 方 1 団 体 信 用 生 命 保 険 に 加 入 が 認 められる 方 2 借 入 申 込 時 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 の 方 で かつ 最 終 返 済 時 の 年 齢 が 満 80 歳 を 超 えない 方 ただし

More information

借 入 先 一 覧 ( 別 紙 1) 私 が 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン( 以 下 本 ガイ ドライン という )に 基 づく 債 務 整 理 の 対 象 としたい 借 入 先 等 は 下 表 のとおり です 下 表 の 内 容 に 漏 れや 誤

借 入 先 一 覧 ( 別 紙 1) 私 が 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン( 以 下 本 ガイ ドライン という )に 基 づく 債 務 整 理 の 対 象 としたい 借 入 先 等 は 下 表 のとおり です 下 表 の 内 容 に 漏 れや 誤 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 平 成 年 月 日 依 頼 人 氏 名 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5 項 (2)に 基 づき 債 務 整 理 の 手 続 の 支 援 を 受 けるために 主 たる 債 権 者

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 160,714,729 流 動 負 債 141,541,788 現 金 及 び 預 金 2,059,886 買 掛 金 78,123,590 割 賦 売 掛 金 138,651,962 短 期 借 入 金 27,000,000 営 業 貸 付 金 16,098

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso

本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動 作 致 します OS 日 本 語 Microso 兵 庫 県 物 品 電 子 調 達 システム 物 品 関 係 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 ~ ~ 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 本 操 作 説 明 書 について 本 操 作 説 明 書 は 物 品 電 子 調 達 システム 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 についての 操 作 を 説 明 したものです 動 作 環 境 本 アプリケーションは 以 下 の 環 境 にて 動

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

学 力 家 計 とも 基 準 内 です 申 込 みをすれば 必 ず 採 用 されますか? 奨 学 生 の 採 用 は 日 本 学 生 支 援 機 構 が 定 める 採 用 枠 の 範 囲 内 で 行 いますので 基 準 内 なら 必 ず 採 用 されるとのお 約 束 はできません 下 宿 しています

学 力 家 計 とも 基 準 内 です 申 込 みをすれば 必 ず 採 用 されますか? 奨 学 生 の 採 用 は 日 本 学 生 支 援 機 構 が 定 める 採 用 枠 の 範 囲 内 で 行 いますので 基 準 内 なら 必 ず 採 用 されるとのお 約 束 はできません 下 宿 しています 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 に 関 する & 集 2016 年 4 月 学 生 支 援 課 これから 申 請 される 方 へ 奨 学 金 を 受 けたいのですが 手 続 きはどうしたらよいのでしょうか? 毎 年 4 月 初 旬 に 行 われる 奨 学 金 の 募 集 説 明 会 に 参 加 してください 家 計 の 急 変 により 早 急 に 奨 学 金 を 必 要 とする 場 合

More information

みずほWEB帳票サービス 操作マニュアル マスタユーザが行う管理業務

みずほWEB帳票サービス 操作マニュアル マスタユーザが行う管理業務 Ⅲ マスタユーザが 行 う 管 理 業 務 1 ユーザ 情 報 メンテナンス...2 1 ユーザ 情 報 の 登 録...2 2 ユーザ 情 報 の 変 更... 10 3 ユーザ 情 報 の 削 除... 18 4 ユーザ 情 報 の 照 会... 22 2 3 4 5 一 括 権 限 設 定...24 契 約 情 報 照 会...28 パスワード 再 発 行 (ロック 解 除 )...29 操

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A> 第 1 編 共 通 業 務 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 7 月 第 1 章 一 般 1.1 目 的 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 技 研 仕 様 書 という )は 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )が 発 注 する 調 査 検 討 資 料 作 成 設 計 補 助 測 量 作 業 その 他 こ れらに 類 する 業 務 に 係 る 業 務 請 負

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 依 頼 人 氏 名 平 成 年 月 日 印 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5

一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 依 頼 人 氏 名 平 成 年 月 日 印 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン の 利 用 を 考 えら れている 皆 様 へ 大 分 県 弁 護 士 会 平 成 28 年 4 月 14 日 に 発 生 し,その 後 も 断 続 的 に 発 生 している 熊 本, 大 分 の 地 震 により 被 災 された 方 に 対 して, 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 大 分 県 においては,

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

untitled

untitled 24 4 1 25 3 31 33の21 国 税 太 郎 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 - - 電 話 (03)1234-5678 国 税 太 郎 関 東 信 越 精 機 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 - - 電 話 (03)1234-5678 東 京 123456 法 人 税 所 得 税 埼 玉 県 さいたま 市 大 宮 区 赤 城 電 話 (048)123-4567 貸 借

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63> 株 券 電 子 化 制 度 よくあるQ&A( 改 訂 版 ) 平 成 21 年 5 月 11 日 日 本 証 券 業 協 会 (タンス 株 ) 問 1 上 場 会 社 の 株 券 が 手 元 にあります 株 券 はどうなりますか( 株 券 電 子 化 で 何 か 手 続 は 必 要 ですか) 株 券 電 子 化 までに 証 券 会 社 を 通 じて 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり)に 預

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 163,840,934 流 動 負 債 153,126,123 現 金 及 び 預 金 2,624,413 買 掛 金 76,611,319 割 賦 売 掛 金 140,771,196 短 期 借 入 金 28,000,000 営 業 貸 付 金 36,353

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

Ⅰ. 利 用 申 請 手 続 き 1. 事 業 者 金 融 機 関 の 意 思 確 認 経 営 改 善 計 画 策 定 支 援 事 業 を 利 用 するには 事 業 者 ( 社 長 )の 意 思 確 認 が 必 要 です また 融 資 を 受 けているメイン( 準 メイン)の 金 融 機 関 にも

Ⅰ. 利 用 申 請 手 続 き 1. 事 業 者 金 融 機 関 の 意 思 確 認 経 営 改 善 計 画 策 定 支 援 事 業 を 利 用 するには 事 業 者 ( 社 長 )の 意 思 確 認 が 必 要 です また 融 資 を 受 けているメイン( 準 メイン)の 金 融 機 関 にも 2015.1 経 営 改 善 計 画 策 定 支 援 事 業 利 用 申 請 手 続 きの 流 れ 本 手 続 きは の 申 請 に 対 応 した 内 容 です 他 県 の 各 支 援 センターでは 対 応 が 異 なる 場 合 があります Ⅰ. 利 用 申 請 手 続 き 1 頁 Ⅱ. 計 画 に 係 る 費 用 支 払 申 請 手 続 き 4 頁 Ⅲ.モニタリング 費 用 支 払 申 請 手 続

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 24 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 事 業 完 了 後 の 各 種 報 告 書 作 成 に 関 する 手 順 書 事 業 化 等 状 況 報 告 書 事 業 化 状 況 報 告 書 補 助 ツール の 記 入 ポイント 取 得 財 産 等 処 分 承 認 申 請 書 登 録 変 更 届 など 当 資 料 は 福 岡 事 務 局 採 択 者 の 方 向 けに 作 成 しております

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

Q1-7 決 済 手 数 料 とは 何 ですか A1-7 決 済 手 数 料 は クレジットカードによる 納 付 を 行 う 際 に 納 税 者 の 皆 様 に 御 負 担 いた だく 手 数 料 で 1 件 ごとにかかります 御 負 担 いただく 手 数 料 は 納 付 額 1 万 円 までは 5

Q1-7 決 済 手 数 料 とは 何 ですか A1-7 決 済 手 数 料 は クレジットカードによる 納 付 を 行 う 際 に 納 税 者 の 皆 様 に 御 負 担 いた だく 手 数 料 で 1 件 ごとにかかります 御 負 担 いただく 手 数 料 は 納 付 額 1 万 円 までは 5 クレジットカードによる 市 税 等 の 納 付 に 関 するQ&A 1 クレジットカードの 利 用 について Q1-1 クレジットカードによる 納 付 とは どのような 納 付 方 法 ですか A1-1 パソコンやスマートフォンからインターネットを 利 用 し クレジットカードを 用 いて 市 税 等 を 納 付 する 方 法 で 地 方 自 治 法 第 231 条 の2 第 6 項 及 び 地 方

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

1. 団 体 フィードバック (インターネット 申 請 ) とりまとめご 担 当 者 団 体 登 録 から 試 験 結 果 フィードバックまでの 流 れ (1) 団 体 フィードバック(FB) インターネット 受 検 申 請 について 受 検 申 請 者 (ご 本 人 )の 申 請 状 況 や 結

1. 団 体 フィードバック (インターネット 申 請 ) とりまとめご 担 当 者 団 体 登 録 から 試 験 結 果 フィードバックまでの 流 れ (1) 団 体 フィードバック(FB) インターネット 受 検 申 請 について 受 検 申 請 者 (ご 本 人 )の 申 請 状 況 や 結 FP 技 能 検 定 団 体 フィードバック とりまとめご 担 当 者 インターネット 受 検 申 請 マニュアル 1. 団 体 登 録 から 試 験 結 果 フィードバックまでの 流 れ 2. 利 用 手 順 マニュアル ( 画 面 遷 移 と 注 意 事 項 など) 団 体 登 録 の 手 続 き (とりまとめご 担 当 者 ) 団 体 フィードバック(FB) インターネット 受 検 申 請 (

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

事前チェック提出用現況報告書作成ツール入力マニュアル(法人用)

事前チェック提出用現況報告書作成ツール入力マニュアル(法人用) 事 前 チェック 提 出 用 現 況 報 告 書 作 成 ツール 入 力 マニュアル ( 法 人 用 ) 平 成 26 年 7 月 一 般 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 目 次 1. ツールの 概 要 1 2. 動 作 環 境 1 3. マクロの 設 定 (1) Excel のバージョンの 確 認 2 (2) マクロの 設 定 3 4. 現 況 報 告 書 の 作 成 (1)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 創 薬 基 盤 推 進 研 究 事 業 (4 次 公 募 ) H27 年 度 公 募 に 係 る 府 省 共 通 研 究 開 発 管 理 システム (e-rad)への 入 力 方 法 について 1 目 次 1.はじめに 2. 実 際 の 応 募 手 続 き 3. 応 募 手 続 き 完 了 の 確 認 2 1-a. はじめに1 注 意 事 項 1. 平 成 27 年 度 の 創 薬 基 盤 推 進

More information

下水道工事標準仕様書

下水道工事標準仕様書 () 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

従業員の個人住民税の特別徴収を実施していない事業者の方へ

従業員の個人住民税の特別徴収を実施していない事業者の方へ 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 本 書 をご 一 読 いただき 特 別 徴 収 事 務 を 進 めていただきますようお 願 いいたします 市 県 民 税 特 別 徴 収 による 納 税 のしくみ 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 のしくみの 概 要 は 下 図 のとおりです 1 月 31 日 までにご 提 出 いただいた 給 与 支 払 報 告 書 をもとに 5 月 31 日 までに

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な 3-2. 申 請 の 新 規 作 成 3 内 容 確 認 A-4. 申 請 手 数 料 画 面 (もしくは A-6. 申 請 手 数 料 の 前 納 の 申 出 事 項 その2 画 面 ) において 入 力 完 了 ボタンをクリックすると 送 信 画 面 が 表 示 されます ここで 内 容 確 認 ボタンをクリックし 入 力 内 容 を 確 認 します 上 書 き 保 存 しておくことをお 勧 め

More information

様 式 6-1 業 者 登 録 カ ー ド 1 契 約 等 を 支 店 等 に 委 任 する 場 合 に 記 入 してください( 様 式 3の 委 任 状 が 必 要 ) 商 号 又 は 名 称 株 式 会 社 等 の 組 織 名 は 略 号 ( 株 ) ( 有 ) 等 で 記 入 してください 商

様 式 6-1 業 者 登 録 カ ー ド 1 契 約 等 を 支 店 等 に 委 任 する 場 合 に 記 入 してください( 様 式 3の 委 任 状 が 必 要 ) 商 号 又 は 名 称 株 式 会 社 等 の 組 織 名 は 略 号 ( 株 ) ( 有 ) 等 で 記 入 してください 商 No. 郵 送 書 類 チェックリスト 様 式 1 0 太 枠 内 を 記 入 してください 過 今 去 回 に が 登 新 録 規 の 登 あ 録 っ の た 場 方 合 で は 業 空 者 白 番 号 が わ か る 場 合 は 枠 内 に 業 者 の 記 載 を お 願 い 致 し ま す 申 込 者 の 商 号 又 は 名 称 ( 行 政 書 士 名 は 不 可 ) 申 込 書 類 の 担

More information

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 2 月 23 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事

More information

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) (

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) ( < 任 意 継 続 保 険 加 入 時 注 意 事 項 > 下 記 内 容 をご 確 認 のうえ お 申 込 みください 任 意 継 続 保 険 とは 退 職 者 が 次 に 就 職 するまでの 間 のつなぎ 的 な 保 険 制 度 で 例 外 的 に 任 意 加 入 が 認 められている 制 度 です 従 って 資 格 喪 失 事 由 ( 脱 会 )も 限 定 されております 1 就 職 して 他

More information

( 注 1) 事 業 を 開 始 とは 事 業 に 必 要 な 許 認 可 等 を 受 け 事 業 を 開 始 することです ( 注 2) 開 業 資 金 及 び 地 域 支 援 ネットワーク 型 の 限 度 額 は 合 算 されます 他 の 保 証 制 度 をご 利 用 の 場 合 利 用 可 能

( 注 1) 事 業 を 開 始 とは 事 業 に 必 要 な 許 認 可 等 を 受 け 事 業 を 開 始 することです ( 注 2) 開 業 資 金 及 び 地 域 支 援 ネットワーク 型 の 限 度 額 は 合 算 されます 他 の 保 証 制 度 をご 利 用 の 場 合 利 用 可 能 利 用 資 格 限 度 額 自 己 資 金 要 件 開 業 資 金 A( 創 業 ) 地 域 支 援 ネットワーク 型 A( 創 業 )/ 開 業 資 金 B( 創 業 等 ) 地 域 支 援 ネットワーク 型 B( 創 業 等 )をご 利 用 されるお 客 様 へ 大 阪 信 用 保 証 協 会 本 保 証 は 大 阪 府 内 における 適 正 かつ 健 全 な 事 業 を 営 もうとする 創 業

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 5 月 24 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

決 算 時 の 流 れ-1 1 年 間 の 仕 訳 入 力 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 決 算 書 を 作 成 します Step1 精 算 表 を 印 刷 する 1.[F2 入 力 ]タブより 合 計 表 を 選 択 し 月 度 の 指 定 で 期 首 ~12ヶ 月 目 を 指 定

決 算 時 の 流 れ-1 1 年 間 の 仕 訳 入 力 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 決 算 書 を 作 成 します Step1 精 算 表 を 印 刷 する 1.[F2 入 力 ]タブより 合 計 表 を 選 択 し 月 度 の 指 定 で 期 首 ~12ヶ 月 目 を 指 定 財 務 応 援 決 算 時 の 処 理 財 務 応 援 の 決 算 時 の 処 理 について 説 明 します (C) EPSON SALES JAPAN CORPORATION, All rights reserved.2012 1 決 算 時 の 流 れ-1 1 年 間 の 仕 訳 入 力 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 決 算 書 を 作 成 します Step1 精 算 表 を 印

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

富士山チェックリスト

富士山チェックリスト 富 士 山 決 算 マニュアル 富 士 山 賃 貸 管 理 財 務 会 計 を 使 用 して 決 算 を 行 う 場 合 の 一 般 的 な 手 順 をご 説 明 します 個 人 不 動 産 の 決 算 を 行 う 場 合 P1~P8 個 人 一 般 の 決 算 を 行 う 場 合 P4~P8 P11 青 色 申 告 特 別 控 除 額 の 入 力 個 人 農 業 の 決 算 を 行 う 場 合 P4~P11

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834E838C835783628367834A815B8368945B95748EE891B182AB51819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834E838C835783628367834A815B8368945B95748EE891B182AB51819582602E646F63> インターネットによるクレジットカード 収 納 Q&A クレジットカードによる 納 付 手 続 きについて Q1 クレジットカード 納 付 とはどのようなものですか Q2 コンビニ 店 頭 金 融 機 関 窓 口 各 財 務 事 務 所 窓 口 においてクレジットカードでの 支 払 いができますか Q3 クレジットカードによる 納 付 は 事 前 に 何 か 手 続 きをする 必 要 はありますか Q4

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

郵 便 為 替 により 公 売 保 証 金 を 納 付 する 場 合 郵 便 為 替 証 書 は 発 効 日 から 起 算 して 175 日 を 経 過 していないものに 限 ります 4) 現 金 及 び 銀 行 振 出 の 小 切 手 で 平 川 市 に 直 接 納 付 銀 行 振 出 の 小 切

郵 便 為 替 により 公 売 保 証 金 を 納 付 する 場 合 郵 便 為 替 証 書 は 発 効 日 から 起 算 して 175 日 を 経 過 していないものに 限 ります 4) 現 金 及 び 銀 行 振 出 の 小 切 手 で 平 川 市 に 直 接 納 付 銀 行 振 出 の 小 切 1. 手 続 きに 入 る 前 に (1) 手 続 きに 入 る 前 にYahoo! オークションガイドライン 平 川 市 インターネット 公 売 ガイドラインなどを 必 ずお 読 みください (2)Yahoo!JAPAN の 取 得 などを ID行 い Yahoo! オークション 内 の 平 川 市 インターネット 公 売 の 公 売 物 件 詳 細 画 面 より 公 売 参 加 申 し 込 みを

More information

(3) 語 学 能 力 証 明 書 1TOEIC 等 の 直 近 ( 過 去 2 年 以 内 )のスコアの 写 し 8 日 以 上 2ヶ 月 未 満 TOEIC400 点 以 上 ( 英 検 準 2 級 以 上,TOEFLITP435 点 以 上,TOEFLIBT40 点 以 上 等 ) 2ヶ 月

(3) 語 学 能 力 証 明 書 1TOEIC 等 の 直 近 ( 過 去 2 年 以 内 )のスコアの 写 し 8 日 以 上 2ヶ 月 未 満 TOEIC400 点 以 上 ( 英 検 準 2 級 以 上,TOEFLITP435 点 以 上,TOEFLIBT40 点 以 上 等 ) 2ヶ 月 平 成 27 年 度 徳 島 大 学 海 外 留 学 支 援 制 度 アスパイア 奨 学 金 募 集 要 項 1. 趣 旨 目 的 本 学 学 生 の 海 外 留 学 を 促 進 し,グローバル 社 会 において 活 躍 できる 人 材 の 育 成 を 図 るため, 外 国 の 協 定 校 等 へ 留 学 する 本 学 学 生 に 対 し 経 済 的 支 援 (アスパイア 奨 学 金 の 支 給 )を

More information

10【交付要綱】様式第5-1~13

10【交付要綱】様式第5-1~13 様 式 第 5-1( 日 本 工 業 規 格 A 列 4 番 ) 平 成 年 月 日 国 土 交 通 大 臣 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 印 ( 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 ( 計 画 策 定 事 業 )) 交 付 申 請 書 ( 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 ( 計 画 策 定 事 業 )) 金 円 を 交 付 されるよう 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

一般競争入札について

一般競争入札について ( 一 般 競 争 入 札 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 ガイドライン 平 成 21 年 4 月 ( 独 ) 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 1.はじめに 現 在 公 共 調 達 の 透 明 性 公 正 性 をより 一 層 めることが 喫 緊 の 課 題 とな っており 独 立 行 政 法 人 も 含 めた 政 府 全 体 で 随 意 契 約 の 見 直 しに 取 り 組 んで おります

More information

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10 2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が 表 示 されます [ 研 究 者 ログイン]をクリック します 掲 載 している 画 面 は 例 示 です 随 時 変 更 されます 3 科 研 費 電 子 申 請 システムの 応 募 者 ログイン 画 面 が 表 示 されます e-rad の ID パ ス ワード を 入 力 し [ログイン]をクリックします 9 4 応 募 者

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

Microsoft Word - 結果・異動プレス_ _clean.doc

Microsoft Word - 結果・異動プレス_ _clean.doc 各 位 平 成 21 年 12 月 17 日 会 社 名 古 河 機 械 金 属 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 相 馬 信 義 (コード 番 号 5715 東 証 大 証 第 1 部 ) お 問 合 せ 先 取 締 役 上 級 執 行 役 員 企 画 推 進 室 長 松 本 敏 雄 (TEL.03-3212-6570) 株 式 会 社 トウペ 株 式 に 対 する 公

More information

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業 について 別 紙 1-1. の 基 本 的 な 考 え 方 人 件 費 は 原 則 として 研 究 員 が 委 託 業 務 に 直 接 従 事 する 時 間 数 に 健 康 保 険 等 級 ( 健 保 等 級 ) 1 に 基 づく 表 の 単 価 を 乗 じて 算 出 します 研 究 員 の 区 分 に 基 づき 以 下 の2 種 類 の 一 覧 表 から を 決 定 してください 健 保 等 級

More information

T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法 とは 1 金 融 商 品 取 引 所 ( 以 下 取 引 所 )に

T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法 とは 1 金 融 商 品 取 引 所 ( 以 下 取 引 所 )に 出 来 高 加 重 平 均 価 格 を 基 準 とした 売 買 方 法 T T VWAP ギャランティ 取 引 ティ ティ ブイワップギャランティ お 取 扱 説 明 書 T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法

More information

『<みずほ>でんさいネットサービス』操作マニュアル

『<みずほ>でんさいネットサービス』操作マニュアル Ⅵ お 困 りの 時 にご 覧 ください 1 2 Q&A... 2 入 出 力 ファイルフォーマット... 5 1 取 引 先 ファイルフォーマット( 集 信 1 形 式 )...5 2 取 引 先 ファイルフォーマット( 総 合 振 込 形 式 )...8 3 取 引 先 ファイルフォーマット(CSV 形 式 )...10 4 取 引 先 ファイル 登 録 結 果 ダウンロード ファイルフォーマット(CSV

More information

1 光 回 線 工 事 1 2 光 回 線 工 事 光 提 供 機 器 02 02 04 05 05 05 光 回 線 工 事 内 容 説 明 本 参 考 回 線 工 事 間 機 器 設 置 場 所 検 討 3 4 5 宅 内 配 線 端 末 機 器 等 準 備 提 携 申 込 06 07 11 1

1 光 回 線 工 事 1 2 光 回 線 工 事 光 提 供 機 器 02 02 04 05 05 05 光 回 線 工 事 内 容 説 明 本 参 考 回 線 工 事 間 機 器 設 置 場 所 検 討 3 4 5 宅 内 配 線 端 末 機 器 等 準 備 提 携 申 込 06 07 11 1 1 光 回 線 工 事 1 2 光 回 線 工 事 光 提 供 機 器 02 02 04 05 05 05 光 回 線 工 事 内 容 説 明 本 参 考 回 線 工 事 間 機 器 設 置 場 所 検 討 3 4 5 宅 内 配 線 端 末 機 器 等 準 備 提 携 申 込 06 07 11 11 12 13 1 2 3 6 7 8 9 13 安 心 15 契 約 内 容 確 認 変 更 光 重

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc 第 1 章 手 続 きの 概 要 1 手 続 きの 概 要 (1) 手 続 きの 種 類 NPO 法 人 を 運 営 する 上 では,さまざまな 手 続 きが 発 生 します 所 轄 庁 ( 福 岡 市 )への 手 続 き, 法 務 局 への 登 記 手 続 き, 県 税 事 務 所 あるいは 市 役 所 への 税 金 関 係 の 手 続 きのほか, 収 益 事 業 を 行 う 場 合 の 税 務

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

Microsoft Word - 短大奨学金

Microsoft Word - 短大奨学金 東 筑 紫 短 期 大 学 奨 学 金 について 本 学 に 募 集 がある 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 山 口 県 ひとづくり 財 団 宮 崎 県 育 英 資 金 交 通 遺 児 育 英 会 あしなが 育 英 会 ( 病 気 災 害 遺 児 )です 多 数 の 学 生 が 採 用 されている 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 の 奨 学 制 度 ですが 大

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

<82C582F182B382A2322E3594C5837D836A83858341838B2E786C73>

<82C582F182B382A2322E3594C5837D836A83858341838B2E786C73> 機 能 追 加 一 覧 項 番 機 能 名 機 能 概 要 1 複 数 発 生 記 録 請 求 ( 画 面 入 力 ) 機 能 企 業 ユーザによる 発 生 記 録 について 発 生 記 録 メニュー 画 面 や 取 引 先 グ ループ 選 択 画 面 過 去 請 求 データからの 再 利 用 等 から 複 数 債 権 の 仮 登 録 情 報 を 入 力 し 一 度 に 大 量 の 発 生 記 録

More information

1-2 新 規 CPD 会 員 登 録 の 申 請 から 登 録 までの 手 順 当 協 会 CPDシステムを 利 用 するためには 当 協 会 ホームページトップ 画 面 より CPD 事 務 局 へ のCPD 会 員 登 録 が 必 要 です CPD 会 員 登 録 が 完 了 すると 登 録

1-2 新 規 CPD 会 員 登 録 の 申 請 から 登 録 までの 手 順 当 協 会 CPDシステムを 利 用 するためには 当 協 会 ホームページトップ 画 面 より CPD 事 務 局 へ のCPD 会 員 登 録 が 必 要 です CPD 会 員 登 録 が 完 了 すると 登 録 1. 新 規 CPD 会 員 登 録 について 1-1 新 規 CPD 会 員 登 録 の 申 請 から 登 録 までの 流 れ 1. 当 協 会 JCCAホームページを 開 く http://www.jcca.or.jp/ 2.[ 関 連 資 格 と 試 験 案 内 ]メニュー 内 [CPD 情 報 ]をクリック 3.[CPDシステム ログイン]をクリック 4.[ 新 規 CPD 会 員 登 録

More information

2. プログラム( 予 定 ) 日 程 午 前 昼 午 後 夕 方 9 月 7 日 ( 水 ) 一 般 研 究 発 表 ( 口 頭 ) 技 術 セミナー 一 般 及 び 若 手 研 究 者 学 生 セッション(ポス ター) 学 生 会 員 セッション( 口 頭 ) 分 科 会 9 月 8 日 ( 木

2. プログラム( 予 定 ) 日 程 午 前 昼 午 後 夕 方 9 月 7 日 ( 水 ) 一 般 研 究 発 表 ( 口 頭 ) 技 術 セミナー 一 般 及 び 若 手 研 究 者 学 生 セッション(ポス ター) 学 生 会 員 セッション( 口 頭 ) 分 科 会 9 月 8 日 ( 木 第 57 回 大 気 環 境 学 会 年 会 のお 知 らせ( 第 3 報 ) 第 57 回 大 気 環 境 学 会 年 会 を 下 記 のとおり 開 催 します 会 期 : 平 成 28 年 9 月 7 日 ( 水 ) ~9 日 ( 金 ) 会 場 : 北 海 道 大 学 工 学 部 ( 060-8628 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 13 条 西 8 丁 目 ) 年 会 ホームページ:http://www.knt.co.jp/ec/2016/jsae57/

More information

目 次 利 用 者 登 録 1 1) 利 用 者 登 録 メニューの 表 示 2 2) 利 用 者 登 録 6 3) 利 用 者 情 報 の 変 更 14 4)IC カード 更 新 20

目 次 利 用 者 登 録 1 1) 利 用 者 登 録 メニューの 表 示 2 2) 利 用 者 登 録 6 3) 利 用 者 情 報 の 変 更 14 4)IC カード 更 新 20 利 用 者 登 録 操 作 マニュアル 広 島 県 電 子 自 治 体 推 進 協 議 会 電 子 入 札 運 営 部 会 目 次 利 用 者 登 録 1 1) 利 用 者 登 録 メニューの 表 示 2 2) 利 用 者 登 録 6 3) 利 用 者 情 報 の 変 更 14 4)IC カード 更 新 20 利 用 者 登 録 > 処 理 の 流 れ 利 用 者 登 録 電 子 入 札 システムを

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information