Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構

2

3 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する Ⅱ 総 評 基 準 1. 使 命 目 的 等 について 大 学 の 使 命 目 的 が メディアを 利 用 して 行 う 通 信 教 育 を 中 核 としてより 多 様 な 学 習 者 に 学 修 機 会 を 提 供 し 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための 深 い 学 識 及 び 卓 越 した 能 力 を 養 うことにより 国 家 および 社 会 の 形 成 者 として 有 能 な 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする とともに 人 類 文 化 の 発 展 に 貢 献 することを 使 命 とする として 学 則 に 明 確 に 定 められ ている 大 学 の 個 性 特 色 として インターネットを 活 用 した 教 育 システムであること 実 学 ( 経 営 学 )と 並 んで 人 間 学 ( 徳 育 )を 重 視 していること アントレプレナー( 起 業 家 )の 育 成 の 三 つの 個 性 特 色 を 打 出 している 大 学 の 使 命 目 的 は ホームページ 大 学 案 内 メールマガジン 学 生 募 集 要 項 等 を 通 じ 学 内 外 に 広 く 公 表 され それを 実 現 する 教 育 研 究 組 織 の 構 成 との 整 合 性 は 保 たれている 理 念 教 育 研 究 上 の 目 的 の 見 直 しで は 役 員 教 職 員 の 意 見 集 約 を 行 っており 理 解 と 支 持 を 得 ている 基 準 2. 学 修 と 教 授 について アドミッションポリシーを 定 め 大 学 案 内 やホームページに 公 表 されており 入 学 時 期 を 4 月 と 10 月 の 年 2 回 設 け 社 会 人 が 入 学 にしやすいよう 配 慮 をしている また 長 期 履 修 制 度 も 設 け 両 立 を 図 れるよう 工 夫 するなど 入 学 者 の 確 保 に 努 力 している 教 育 課 程 は コア 応 用 発 展 との 3 段 階 で 科 目 を 配 置 し インターネットを 利 用 した 講 義 を 中 心 としながら 事 業 計 画 演 習 など 必 要 に 応 じて 対 面 授 業 を 実 施 している 教 育 課 程 修 了 及 び 成 績 の 判 定 基 準 を 定 めている 学 生 の 経 済 的 支 援 については 授 業 料 減 免 制 度 起 業 の ための 出 資 の 支 援 ができるなどの 仕 組 みを 設 けている 専 任 教 員 数 は 専 門 職 大 学 院 設 置 基 準 を 満 たしている 基 準 3. 経 営 管 理 と 財 務 について 法 人 の 経 営 は 寄 附 行 為 情 報 倫 理 規 則 ( 公 益 通 報 者 保 護 規 程 情 報 公 開 に 関 する 規 程 ) 組 織 の 倫 理 規 律 に 関 する 綱 領 規 定 に 基 づいた 運 営 を 行 っている 理 事 会 には 学 長 副 学 長 事 務 局 長 が 理 事 と 出 席 し 研 究 科 委 員 会 の 決 定 事 項 を 報 告 し ており 意 思 決 定 が 円 滑 である 研 究 科 委 員 会 は 月 1 回 開 催 し 各 種 委 員 会 で 協 議 検 討 された 事 案 を 審 議 し 学 長 の 決 裁 で 結 論 を 導 いている 財 政 状 況 は 開 学 以 来 入 学 者 が 入 学 定 員 を 充 足 しておらず SBI グループからの 多 額 な 寄 附 金 に 依 存 することにより 運 営 している 経 営 改 善 計 画 実 行 計 画 を 作 成 し 諸 施 策 を 実 施 している 基 準 4. 自 己 点 検 評 価 について 研 究 科 委 員 会 のもとに 五 つの 委 員 会 が 設 置 され 自 己 点 検 評 価 を 自 主 的 自 律 的 に 実 1

4 施 している 中 長 期 的 課 題 に 対 しては 5 年 ごとに 行 われる 分 野 別 評 価 において 自 己 点 検 評 価 を 行 っている 17 項 目 における 評 価 データベースを 構 築 し 計 画 的 にデータ 収 集 分 析 を 行 っている 学 生 の 授 業 進 捗 頻 度 やアンケート 等 を 取 りまとめ 提 案 された 課 題 を 毎 月 開 催 される 研 究 科 委 員 会 で 審 議 し その 対 応 と 実 行 についての PDCA サイクルを 実 践 出 来 る 体 制 となっている 総 じて 大 学 は 自 ら 掲 げる 使 命 目 的 に 基 づき 三 つの 個 性 特 色 を 打 出 し 時 代 の 変 化 に 対 応 すべく 積 極 的 に 点 検 調 査 活 動 を 行 うなど 適 切 に 取 組 んでいる 事 業 計 画 演 習 は 企 業 人 を 教 育 補 助 員 としており 実 業 家 の 視 点 から 指 導 を 行 う 特 色 がある なお 使 命 目 的 に 基 づく 大 学 独 自 の 取 組 みとして 設 定 されている 基 準 A. 起 業 や 企 業 内 ベンチャーを 担 える 人 材 の 育 成 については 基 準 の 概 評 を 確 認 されたい Ⅲ 基 準 ごとの 評 価 基 準 1. 使 命 目 的 等 基 準 1 を 概 ね 満 たしている 基 準 項 目 ごとの 評 価 結 果 と 理 由 については 以 下 に 述 べる 1-1 使 命 目 的 及 び 教 育 目 的 の 明 確 性 意 味 内 容 の 具 体 性 と 明 確 性 簡 潔 な 文 章 化 基 準 項 目 1-1 を 満 たしている 大 学 は SBI グループの 全 面 的 なバックアップのもと グループ 代 表 である 理 事 長 が 大 学 院 教 育 に 抱 いていた 志 を 具 現 化 するため 開 学 した 専 門 職 大 学 院 である 使 命 目 的 は メディアを 利 用 して 行 う 通 信 教 育 を 中 核 としてより 多 様 な 学 習 者 に 学 修 機 会 を 提 供 し 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための 深 い 学 識 及 び 卓 越 した 能 力 を 養 うこ とにより 国 家 および 社 会 の 形 成 者 として 有 能 な 人 材 を 育 成 することを 目 的 とするととも に 人 類 文 化 の 発 展 に 貢 献 することを 使 命 とする として 学 則 第 1 条 に 明 確 に 掲 げてい る また 教 育 研 究 上 の 目 的 として 経 営 管 理 に 関 する 理 論 と 実 務 を 融 合 させた 教 育 研 究 を 通 して 高 度 な 専 門 的 知 識 的 確 な 判 断 力 対 人 対 応 力 自 己 管 理 能 力 及 び 倫 理 観 を 備 え グローバル 社 会 で 新 たな 事 業 を 創 出 するためのリーダーシップを 発 揮 できる 高 度 専 門 職 業 人 を 養 成 する とし 簡 潔 に 定 めている 優 れた 点 インターネットを 活 用 した e ラーニングにより いつでも どこでも 何 度 でも が 2

5 可 能 な 教 育 システムを 利 用 することで 起 業 家 や 新 規 事 業 の 創 出 を 目 指 す 有 為 な 人 材 の 育 成 を 行 っていることは 使 命 目 的 の 実 践 として 評 価 できる 1-2 使 命 目 的 及 び 教 育 目 的 の 適 切 性 個 性 特 色 の 明 示 法 令 への 適 合 変 化 への 対 応 基 準 項 目 1-2 を 満 たしている インターネットを 活 用 した 教 育 システムであること 実 学 ( 経 営 学 )と 並 んで 人 間 学 ( 徳 育 )を 重 視 していること アントレプレナー( 起 業 家 )の 育 成 の 三 つの 個 性 特 色 としており 諸 規 則 等 に 明 示 している 大 学 院 設 置 基 準 1 条 の 2 の 教 育 研 究 上 の 目 的 について 学 則 に 定 めはないもののホームペ ージ 等 において 明 示 している また 学 校 教 育 法 第 99 条 の 2 の 専 門 職 大 学 院 の 目 的 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための 深 い 学 識 及 び 卓 越 した 能 力 を 培 うこと と 整 合 している 経 営 分 野 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けることとなったことを 契 機 に 使 命 目 的 等 と 合 わせてカリキュラムの 見 直 しを 行 い さらに 理 念 教 育 研 究 上 の 目 的 の 見 直 しを 行 ったこ とにより 時 代 の 変 化 に 対 応 したものとなるよう 積 極 的 に 点 検 調 査 活 動 を 行 っている 改 善 を 要 する 点 教 育 研 究 上 の 目 的 が 学 則 に 定 められていないので 改 善 が 必 要 である 1-3 使 命 目 的 及 び 教 育 目 的 の 有 効 性 役 員 教 職 員 の 理 解 と 支 持 学 内 外 への 周 知 中 長 期 的 な 計 画 及 び 3 つの 方 針 等 への 使 命 目 的 及 び 教 育 目 的 の 反 映 使 命 目 的 及 び 教 育 目 的 と 教 育 研 究 組 織 の 構 成 との 整 合 性 基 準 項 目 1-3 を 満 たしている 理 念 教 育 研 究 上 の 目 的 の 見 直 しを 行 った 過 程 では 学 長 以 下 役 員 や 教 職 員 を 交 えた 合 同 会 議 を 開 催 して 意 見 集 約 を 行 っており 役 員 教 職 員 の 理 解 と 支 持 が 得 られている 学 内 外 の 周 知 については ホームページ 大 学 案 内 メールマガジン 学 生 募 集 要 項 シラバス 入 学 者 用 オリエンテーション 資 料 などの 伝 達 媒 体 を 通 じて 図 られている 3

6 中 長 期 計 画 として 経 営 改 善 5 カ 年 計 画 3 カ 年 実 行 計 画 を 策 定 している また ディプロマポリシー カリキュラムポリシー アドミッションポリシーに 関 する 各 方 針 に 対 し 大 学 の 使 命 目 的 及 び 教 育 目 的 が 十 分 に 反 映 されている 教 育 研 究 組 織 は 研 究 科 委 員 会 を 中 心 に 各 種 委 員 会 がそれを 補 佐 する 構 成 となってい る さらに 教 務 課 学 生 課 研 究 支 援 室 など 教 学 を 支 援 する 職 員 組 織 も 整 備 されている 基 準 2. 学 修 と 教 授 基 準 2 を 概 ね 満 たしている 基 準 項 目 ごとの 評 価 結 果 と 理 由 については 以 下 に 述 べる 2-1 学 生 の 受 入 れ 入 学 者 受 入 れの 方 針 の 明 確 化 と 周 知 入 学 者 受 入 れの 方 針 に 沿 った 学 生 受 入 れ 方 法 の 工 夫 入 学 定 員 に 沿 った 適 切 な 学 生 受 入 れ 数 の 維 持 基 準 項 目 2-1 を 満 たしている 入 学 者 受 入 れの 方 針 を 定 め 大 学 案 内 やホームページに 明 示 している 入 学 試 験 は 入 試 教 務 委 員 会 を 中 心 とした 体 制 のもとで 書 類 審 査 記 述 式 試 験 面 接 試 験 を 組 合 わせ 入 学 者 受 入 れ 方 針 に 沿 った 入 学 者 を 選 抜 する 方 法 で 実 施 している また 入 学 時 期 を 4 月 と 10 月 の 年 2 回 設 け 事 業 創 出 を 考 えている 社 会 人 が 必 要 な 専 門 知 識 や 行 動 特 性 を 修 得 したいと 考 えたときに 入 学 できるよう 配 慮 している 学 生 受 入 れ 数 は 収 容 定 員 には 満 たないものの 入 学 定 員 及 び 収 容 定 員 の 充 足 に 向 けて 種 々の 改 善 策 を 策 定 し 入 学 志 望 者 を 増 加 させるよう 努 めている 改 善 を 要 する 点 収 容 定 員 充 足 率 が 0.7 倍 を 下 回 っているため マーケティング 計 画 の 策 定 実 行 等 によ り 入 学 志 望 者 の 増 加 を 図 っているものの 今 後 一 層 の 工 夫 と 改 善 を 要 する 2-2 教 育 課 程 及 び 教 授 方 法 教 育 目 的 を 踏 まえた 教 育 課 程 編 成 方 針 の 明 確 化 教 育 課 程 編 成 方 針 に 沿 った 教 育 課 程 の 体 系 的 編 成 及 び 教 授 方 法 の 工 夫 開 発 基 準 項 目 2-2 を 満 たしている 4

7 教 育 研 究 上 の 目 的 と 学 習 目 標 にのっとった 教 育 課 程 編 成 方 針 を 定 めている 教 育 課 程 は 経 営 管 理 に 必 要 な 知 識 を 体 系 的 に 学 修 できるように 六 つの 科 目 群 を 設 け 各 群 には コア 応 用 発 展 の 3 段 階 で 科 目 を 配 置 している コア 科 目 は 各 科 目 群 の 基 礎 として 位 置 付 け 応 用 科 目 は 実 際 の 職 場 での 実 践 を 前 提 としたもの 発 展 科 目 は 特 定 の 職 能 分 野 での 高 度 な 実 践 を 念 頭 においたものになっている 教 授 方 法 は インターネットを 利 用 した 講 義 を 中 心 としながらも 課 題 の 提 出 や 受 講 生 同 士 の 議 論 ができるようにしている また 必 要 に 応 じて 対 面 授 業 を 実 施 している 優 れた 点 教 授 方 法 については インターネットを 利 用 したグループ ワークやディスカッション の 仕 組 みを 取 入 れたり 対 面 授 業 により 教 員 や 他 の 学 生 と 議 論 できる 場 を 設 定 したりす るなど 学 生 の 授 業 への 自 発 的 参 加 を 促 す 工 夫 を 行 っている 点 は 評 価 できる 2-3 学 修 及 び 授 業 の 支 援 教 員 と 職 員 の 協 働 並 びに TA(Teaching Assistant) 等 の 活 用 による 学 修 支 援 及 び 授 業 支 援 の 充 実 基 準 項 目 2-3 を 満 たしている 学 生 が 科 目 担 当 者 や 事 務 局 に 対 して 学 習 管 理 システム によりいつでも 質 問 できる 体 制 になっている 教 員 と 職 員 で 構 成 するラーニングスタッフ 会 議 において 学 生 の 学 修 進 捗 状 況 を 組 織 的 に 把 握 する 体 制 を 整 えている また 担 任 教 員 制 度 を 設 けており 学 修 進 捗 状 況 が 一 定 ラインを 下 回 った 学 生 には 担 任 となった 教 員 が 学 修 のほか 学 生 生 活 に 関 する 相 談 助 言 を 行 うなど 支 援 体 制 を 整 えている さらに 仕 事 介 護 あるいは 育 児 などにより 多 忙 な 学 生 であっても 修 業 できるよう 長 期 履 修 制 度 を 設 けている 優 れた 点 事 業 計 画 演 習 において 担 当 教 員 を 補 佐 し 学 生 が 作 成 する 事 業 計 画 に 対 して 実 業 家 の 視 点 から 意 見 指 導 を 行 うための 人 員 を 配 置 したり 中 間 及 び 最 終 の 発 表 会 におい て 投 資 会 社 の 役 職 員 などの 外 部 の 評 価 員 を 活 用 したりしている 点 は 高 く 評 価 できる 2-4 単 位 認 定 卒 業 修 了 認 定 等 単 位 認 定 進 級 及 び 卒 業 修 了 認 定 等 の 基 準 の 明 確 化 とその 厳 正 な 適 用 基 準 項 目 2-4 を 満 たしている 5

8 学 則 及 び 履 修 規 程 に 教 育 課 程 修 了 の 判 定 基 準 及 び 成 績 の 評 価 基 準 を 定 めている シラバスに 到 達 目 標 授 業 の 概 要 授 業 計 画 成 績 評 価 の 方 法 などを 明 記 し 在 学 生 新 入 生 及 び 教 員 全 員 に 周 知 徹 底 を 図 っている 授 業 の 出 席 は 学 習 管 理 システム において 各 学 生 が 授 業 教 材 にアクセスした 記 録 を 確 認 することにより 行 っている また 授 業 ビデオを 一 定 時 間 再 生 しないと 視 聴 済 み にならないようにしたり クイズがあるものは それに 回 答 しないと 先 の 再 生 に 進 めない ようにしたりするなど 出 席 管 理 の 工 夫 を 行 っている 成 績 の 評 価 は 担 当 教 員 がシラバスに 示 した 到 達 目 標 及 び 評 価 方 法 に 基 づいて 客 観 的 かつ 厳 正 に 行 っており 課 程 修 了 の 判 定 は 研 究 科 委 員 会 の 議 を 経 て 行 っている 2-5 キャリアガイダンス 教 育 課 程 内 外 を 通 じての 社 会 的 職 業 的 自 立 に 関 する 指 導 のための 体 制 の 整 備 基 準 項 目 2-5 を 満 たしている 授 業 科 目 である 組 織 行 動 学 ヒューマン リソース マネジメント の 中 でキャリア 形 成 に 関 する 指 導 がなされている さらに 事 業 計 画 演 習 において 起 業 や 企 業 内 ベンチャー 向 けのビジネスプランを 協 議 する 過 程 で キャリア 形 成 に 関 する 指 導 がなされている また 起 業 や 企 業 内 ベンチャーに 向 けてさまざまな 支 援 活 動 が 行 われている 優 れた 点 事 業 計 画 演 習 の 成 績 優 秀 者 への SBI グループによる 出 資 等 の 経 済 的 支 援 など 起 業 家 育 成 のために 種 々の 支 援 活 動 が 行 われている 点 は 評 価 できる 2-6 教 育 目 的 の 達 成 状 況 の 評 価 とフィードバック 教 育 目 的 の 達 成 状 況 の 点 検 評 価 方 法 の 工 夫 開 発 教 育 内 容 方 法 及 び 学 修 指 導 等 の 改 善 へ 向 けての 評 価 結 果 のフィードバック 基 準 項 目 2-6 を 満 たしている 授 業 評 価 アンケートの 集 計 結 果 学 習 管 理 システム の 各 種 データ 卒 業 生 外 部 有 識 者 等 から 聴 取 した 意 見 などを FD(Faculty Development) 委 員 会 や 研 究 科 委 員 会 が 中 心 と なって 教 育 課 程 の 編 成 や 授 業 内 容 の 改 善 などに 活 用 している 6

9 また 授 業 評 価 アンケートの 集 計 結 果 は 教 員 と 教 務 課 によって 整 理 分 析 され 問 題 点 や 改 善 点 が 抽 出 されている そして それらのデータは FD 委 員 会 や 研 究 科 委 員 会 に 上 げられ それらの 委 員 会 で 検 討 の 上 その 結 果 を 学 生 など 関 係 者 にフィードバックして いる 2-7 学 生 サービス 学 生 生 活 の 安 定 のための 支 援 学 生 生 活 全 般 に 関 する 学 生 の 意 見 要 望 の 把 握 と 分 析 検 討 結 果 の 活 用 基 準 項 目 2-7 を 満 たしている 成 績 優 秀 者 に 対 し 授 業 料 の 一 部 を 減 免 する 制 度 を 設 けている また 育 児 休 業 中 の 女 性 や 出 産 等 のため 退 職 した 女 性 に 対 し 入 学 金 及 び 授 業 料 の 一 部 を 減 免 する 制 度 や 外 国 人 減 免 制 度 などを 設 けている さらに 演 習 担 当 教 員 との 個 別 面 談 学 生 と 教 職 員 との 懇 親 会 などを 通 じて 学 生 の 意 見 や 要 望 をくみ 上 げる 努 力 がなされている 2-8 教 員 の 配 置 職 能 開 発 等 教 育 目 的 及 び 教 育 課 程 に 即 した 教 員 の 確 保 と 配 置 教 員 の 採 用 昇 任 等 教 員 評 価 研 修 FD(Faculty Development)をはじめとす る 教 員 の 資 質 能 力 向 上 への 取 組 み 教 養 教 育 実 施 のための 体 制 の 整 備 基 準 項 目 2-8 を 満 たしている 専 任 教 員 数 は 専 門 職 大 学 院 設 置 基 準 を 満 たしている また 教 員 の 採 用 昇 任 及 び 教 員 評 価 については 教 員 選 考 規 程 客 員 教 授 等 選 考 規 程 教 員 評 価 実 施 規 程 などに 基 づいて 研 究 科 委 員 会 において 適 切 に 行 われている FD については FD 委 員 会 主 導 のもとに 定 期 的 に 授 業 内 容 についての 教 員 同 士 のレ ビュー 研 修 会 議 など FD のための 意 見 交 換 が 積 極 的 に 行 われている なお 専 門 職 大 学 院 ということもあって 教 養 教 育 のための 教 育 課 程 編 成 は 行 われてい ないが 人 間 学 をベースに 各 授 業 において 教 養 を 深 めるための 教 育 的 配 慮 はなされてい る 2-9 教 育 環 境 の 整 備 校 地 校 舎 設 備 実 習 施 設 図 書 館 等 の 教 育 環 境 の 整 備 と 適 切 な 運 営 管 理 7

10 2-9-2 授 業 を 行 う 学 生 数 の 適 切 な 管 理 基 準 項 目 2-9 を 満 たしている 校 舎 設 備 実 習 施 設 図 書 館 等 の 教 育 環 境 については 概 ね 整 備 されており その 運 営 と 管 理 は 適 切 に 行 われている 校 舎 は 横 浜 市 内 にある さらに 東 京 都 内 の SBI グループ 本 社 ビルのセミナールーム や 会 議 室 を 校 舎 の 代 用 施 設 として 補 助 的 に 利 用 している 対 面 授 業 の 多 くは 立 地 上 の 利 便 性 から 東 京 都 内 にあるこの 施 設 で 行 われている 横 浜 校 舎 では 授 業 のほかに 財 務 などの 法 人 業 務 や 学 習 管 理 システム の 管 理 運 用 などの 業 務 も 行 われている なお 受 講 学 生 数 の 管 理 は コンピュータを 利 用 して 適 切 に 行 われている 基 準 3. 経 営 管 理 と 財 務 基 準 3 を 概 ね 満 たしている 基 準 項 目 ごとの 評 価 結 果 と 理 由 については 以 下 に 述 べる 3-1 経 営 の 規 律 と 誠 実 性 経 営 の 規 律 と 誠 実 性 の 維 持 の 表 明 使 命 目 的 の 実 現 への 継 続 的 努 力 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 大 学 設 置 基 準 をはじめとする 大 学 の 設 置 運 営 に 関 連 する 法 令 の 遵 守 環 境 保 全 人 権 安 全 への 配 慮 教 育 情 報 財 務 情 報 の 公 表 基 準 項 目 3-1 を 満 たしている 寄 附 行 為 の 目 的 にのっとり 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 の 趣 旨 に 従 って 堅 実 に 運 営 して いる 経 営 の 規 律 と 誠 実 性 の 維 持 を 表 明 する 情 報 倫 理 規 則 組 織 の 倫 理 規 律 に 関 する 綱 領 規 定 を 整 備 し それに 基 づいた 運 営 を 行 っている 最 高 意 思 決 定 機 関 として 理 事 会 を そして 諮 問 機 関 として 評 議 員 会 を 開 催 して 経 営 に 関 する 事 項 を 中 心 に 審 議 している また 理 事 会 のもとに 管 理 運 営 に 関 する 組 織 として 法 人 事 務 局 を 置 いて 目 的 達 成 のための 運 営 体 制 を 整 えている 寄 附 行 為 学 則 や 諸 規 定 については 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 大 学 設 置 基 準 専 門 職 大 学 院 設 置 基 準 に 従 って 作 成 しており 組 織 運 営 や 教 職 員 はこれらの 規 定 や 法 令 を 遵 守 し 8

11 ている 環 境 保 全 の 一 環 として クールビズの 実 行 などを 行 い 日 頃 から 節 電 に 努 力 し シ ュレッダー 廃 棄 物 の 再 利 用 などを 行 い 環 境 保 全 に 配 慮 している また 人 権 への 配 慮 として 労 働 雇 用 に 関 する 教 職 員 等 就 業 規 則 を 定 めて 教 職 員 の 理 解 に 努 めている 改 善 を 要 する 点 教 育 情 報 について 学 校 教 育 法 施 行 規 則 第 172 条 の 2 に 指 定 している 大 学 が 行 う 学 生 の 修 学 進 路 選 択 及 び 心 身 の 健 康 等 に 係 る 支 援 に 関 すること がホームページ 上 に 公 開 されていないので 改 善 を 要 する 参 考 意 見 危 機 管 理 に 関 わるマニュアルなどを 整 備 されることが 望 まれる 3-2 理 事 会 の 機 能 使 命 目 的 の 達 成 に 向 けて 戦 略 的 意 思 決 定 ができる 体 制 の 整 備 とその 機 能 性 基 準 項 目 3-2 を 満 たしている 寄 附 行 為 において 理 事 会 を 法 人 の 最 高 意 思 決 定 機 関 と 位 置 付 け 定 期 的 に 開 催 されて いる 理 事 会 では 事 業 計 画 予 算 決 算 財 産 管 理 寄 附 行 為 や 重 要 な 規 定 の 改 廃 設 置 している 大 学 院 の 企 画 運 営 等 の 重 要 事 項 について 審 議 決 定 している また 理 事 監 事 評 議 員 についても 寄 附 行 為 にのっとり 選 出 され 適 切 な 運 営 が 行 わ れている 3-3 大 学 の 意 思 決 定 の 仕 組 み 及 び 学 長 のリーダーシップ 大 学 の 意 思 決 定 組 織 の 整 備 権 限 と 責 任 の 明 確 性 及 びその 機 能 性 大 学 の 意 思 決 定 と 業 務 執 行 における 学 長 の 適 切 なリーダーシップの 発 揮 基 準 項 目 3-3 を 満 たしている 学 則 に 基 づき 教 育 研 究 に 関 する 意 思 決 定 の 機 関 として 研 究 科 委 員 会 を 組 織 し 月 1 回 開 催 して 審 議 報 告 等 を 行 っている また 学 長 は 大 学 を 代 表 し 校 務 をつかさどると ともに 教 育 研 究 学 内 運 営 を 統 括 する 権 限 を 有 している 各 種 委 員 会 にて 協 議 検 討 された 事 案 を 研 究 科 委 員 会 にて 審 議 し その 結 果 をもとに 学 長 の 決 裁 で 最 終 的 な 結 論 を 導 いている 学 長 は 大 学 の 意 思 決 定 と 業 務 執 行 について リー ダーシップを 適 切 に 発 揮 している 9

12 改 善 を 要 する 点 研 究 科 委 員 会 が 教 学 に 関 する 重 要 事 項 として 学 則 に 定 める 学 生 の 入 学 に 関 することに ついて 審 議 していない 点 は 改 善 を 要 する 3-4 コミュニケーションとガバナンス 法 人 及 び 大 学 の 各 管 理 運 営 機 関 並 びに 各 部 門 の 間 のコミュニケーションによる 意 思 決 定 の 円 滑 化 法 人 及 び 大 学 の 各 管 理 運 営 機 関 の 相 互 チェックによるガバナンスの 機 能 性 リーダーシップとボトムアップのバランスのとれた 運 営 基 準 項 目 3-4 を 満 たしている 理 事 会 には 大 学 の 学 長 が 理 事 長 として また 副 学 長 が 理 事 事 務 局 長 が 法 人 事 務 局 長 と 理 事 を 兼 務 しているため 意 思 決 定 が 円 滑 である 理 事 会 では 研 究 科 委 員 会 で 決 定 し た 事 項 を 報 告 しており 理 事 会 と 大 学 との 情 報 の 交 流 が 図 られている 寄 附 行 為 に 基 づき 評 議 員 会 を 設 置 しており 寄 附 行 為 第 21 条 に 記 す 事 項 について あらかじめ 評 議 員 会 に 対 して 諮 問 している 法 人 と 大 学 の 相 互 チェックによるガバナンス は 機 能 している 理 事 長 は 方 針 説 明 のほか 建 学 の 精 神 に 基 づき 経 営 理 念 や 行 動 哲 学 行 動 指 針 について も 説 明 を 行 い それを 理 事 会 の 議 事 録 にまとめて 全 教 職 員 に 通 知 している 大 学 におい ては 各 種 委 員 会 研 究 科 委 員 会 等 において ボトムアップで 諸 施 策 を 検 討 し 上 申 し 決 定 している 3-5 業 務 執 行 体 制 の 機 能 性 権 限 の 適 切 な 分 散 と 責 任 の 明 確 化 に 配 慮 した 組 織 編 制 及 び 職 員 の 配 置 による 業 務 の 効 果 的 な 執 行 体 制 の 確 保 業 務 執 行 の 管 理 体 制 の 構 築 とその 機 能 性 職 員 の 資 質 能 力 向 上 の 機 会 の 用 意 基 準 項 目 3-5 を 満 たしている 組 織 編 制 については 適 切 な 人 員 配 置 のもとで 運 営 している 法 人 の 管 理 部 門 は 法 人 事 務 局 が 担 い 法 人 全 体 の 管 理 機 能 を 擁 し 大 学 院 事 務 局 と 兼 務 しており 法 人 と 大 学 に おいての 意 思 の 疎 通 が 図 れる 管 理 体 制 になっている 大 学 院 事 務 局 は 授 業 サポートを 行 う 教 務 課 学 生 課 及 び 研 究 支 援 室 に 分 かれ 学 校 運 10

13 営 を 行 っている また 研 究 科 委 員 会 のもとに FD 入 試 教 務 企 画 運 営 自 己 点 検 認 証 評 価 研 究 推 進 の 各 委 員 会 を 組 織 している 能 力 評 価 実 績 評 価 をする 人 事 考 課 制 度 を 年 2 回 取 入 れていることにより 職 員 一 人 ひとりが 明 確 な 目 標 をもって 仕 事 に 取 組 めており その 評 価 を 数 値 的 定 量 的 に 表 し 能 力 向 上 の 仕 組 みになっている 3-6 財 務 基 盤 と 収 支 中 長 期 的 な 計 画 に 基 づく 適 切 な 財 務 運 営 の 確 立 安 定 した 財 務 基 盤 の 確 立 と 収 支 バランスの 確 保 基 準 項 目 3-6 を 満 たしている SBI グループの 社 会 貢 献 事 業 の 一 環 として 大 学 が 設 立 されたものの 開 学 以 来 入 学 定 員 を 充 足 しておらず 必 要 資 金 については SBI ホールディングスからの 多 額 の 寄 附 金 に より 運 営 されている なお 財 政 状 況 の 改 善 は 経 営 改 善 5 カ 年 計 画 3 カ 年 実 行 計 画 を 策 定 し カリキ ュラムの 再 編 成 学 費 の 減 額 学 生 募 集 施 策 の 強 化 学 修 システムの 変 更 企 業 研 修 の 活 動 強 化 等 を 平 成 26(2014) 年 度 から 実 施 している また 募 集 活 動 に 対 するコンサルティング 会 社 との 定 例 会 議 や 毎 週 開 催 されているスタ ッフ 会 議 において 情 報 共 有 が 図 られている 改 善 を 要 する 点 大 学 の 財 政 基 盤 の 確 立 を 目 指 して 入 学 定 員 確 保 に 向 けた 計 画 的 な 中 期 計 画 を 着 実 に 実 行 するよう 改 善 を 要 する 3-7 会 計 会 計 処 理 の 適 正 な 実 施 会 計 監 査 の 体 制 整 備 と 厳 正 な 実 施 基 準 項 目 3-7 を 満 たしている 会 計 処 理 は 会 計 規 程 寄 附 金 取 扱 規 則 及 び 予 算 規 程 等 に 基 づき 実 施 してい る 会 計 監 査 は 私 立 学 校 法 に 定 められた 監 事 2 人 と 私 立 学 校 振 興 助 成 法 に 基 づく 独 立 監 査 法 人 により 厳 正 に 監 査 が 実 施 され 監 査 報 告 書 を 作 成 理 事 会 評 議 員 会 へ 報 告 している また 内 部 監 査 規 程 に 基 づき 内 部 監 査 室 長 1 人 と 担 当 者 1 人 による 監 査 体 制 の 整 備 11

14 を 図 っている 基 準 4. 自 己 点 検 評 価 基 準 4 を 満 たしている 基 準 項 目 ごとの 評 価 結 果 と 理 由 については 以 下 に 述 べる 4-1 自 己 点 検 評 価 の 適 切 性 大 学 の 使 命 目 的 に 即 した 自 主 的 自 律 的 な 自 己 点 検 評 価 自 己 点 検 評 価 体 制 の 適 切 性 自 己 点 検 評 価 の 周 期 等 の 適 切 性 基 準 項 目 4-1 を 満 たしている 研 究 科 委 員 会 において 自 己 点 検 評 価 を 自 主 的 自 律 的 に 実 施 している その 活 動 の 基 礎 となる 情 報 収 集 や 分 析 は 研 究 科 委 員 会 のもとに 設 置 された 五 つの 委 員 会 にて 分 担 し て 行 われている その 研 究 科 委 員 会 には 専 任 教 員 及 び 事 務 局 幹 部 が 出 席 することによっ て 教 学 事 務 の 両 面 から 自 己 点 検 評 価 の 適 切 性 を 確 認 できる 体 制 とし 研 究 科 委 員 会 が 中 心 になって 時 には 有 識 者 や 産 業 界 の 意 見 を 聴 きながら 自 己 点 検 評 価 が 行 われて いる また 毎 月 開 催 される 研 究 科 委 員 会 において 課 題 の 発 見 解 決 案 の 決 定 がされ 6 か 月 ごとの 学 期 アンケートの 集 計 結 果 により 学 生 の 要 望 を 踏 まえて 自 己 点 検 評 価 改 善 を 行 っている 中 長 期 的 課 題 に 対 しては 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 の 定 める 基 準 に 加 え 5 年 ごとに 行 われる 経 営 分 野 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 の 際 に 自 己 点 検 評 価 を 行 っている 4-2 自 己 点 検 評 価 の 誠 実 性 エビデンスに 基 づいた 透 明 性 の 高 い 自 己 点 検 評 価 現 状 把 握 のための 十 分 な 調 査 データの 収 集 と 分 析 自 己 点 検 評 価 の 結 果 の 学 内 共 有 と 社 会 への 公 表 基 準 項 目 4-2 を 満 たしている 17 項 目 に 及 ぶ 評 価 データベースを 構 築 し 計 画 的 にデータ 収 集 分 析 を 行 っている 学 生 のアンケートや 意 見 は インターネットを 通 じて 行 われることが 多 く 教 職 員 の 作 業 負 担 をかけずに 分 析 するシステムを 構 築 しており 分 析 に 必 要 なデータの 選 択 分 析 方 法 分 析 結 果 の 活 用 は 研 究 科 委 員 会 で 審 議 決 定 されている 12

15 また 自 己 点 検 評 価 の 結 果 は 教 員 と 職 員 がアクセス 可 能 な 共 有 システムにある 評 価 データベースに 置 かれ 共 有 している なお 経 営 分 野 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 のための 自 己 点 検 評 価 報 告 書 を 大 学 ホームペ ージで 社 会 に 公 表 している 4-3 自 己 点 検 評 価 の 有 効 性 自 己 点 検 評 価 の 結 果 の 活 用 のための PDCA サイクルの 仕 組 みの 確 立 と 機 能 性 基 準 項 目 4-3 を 満 たしている 学 生 の 授 業 進 捗 度 や 学 生 アンケート 等 を 毎 週 開 催 されるスタッフ 会 議 で 取 りまとめ 提 案 された 課 題 を 毎 月 開 催 される 研 究 科 委 員 会 で 審 議 している 研 究 科 委 員 会 では 対 応 が 必 要 な 課 題 を 抽 出 し 担 当 と 期 日 を 決 めて 実 行 するという PDCA サイクルを 実 践 できる 体 制 が 出 来 ており これまでにグループワークの 導 入 やタブレット 型 パソコンでのアクセス が 可 能 な e ラーニングシステムの 変 更 を 行 っている また 経 営 分 野 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 実 施 時 に 指 摘 された 事 項 を 踏 まえ 3 カ 年 実 行 計 画 を 策 定 し カリキュラムの 再 編 成 学 費 改 定 をすでに 実 行 している 大 学 独 自 の 基 準 に 対 する 概 評 基 準 A. 起 業 や 企 業 内 ベンチャーを 担 える 人 材 の 育 成 A-1 本 学 における 起 業 企 業 内 ベンチャーを 担 える 人 材 の 育 成 A-1-1 起 業 企 業 内 ベンチャーを 実 現 するために 必 要 な 能 力 を 開 発 するカリキュラム の 編 成 A-1-2 起 業 した 学 生 への 卒 業 後 の 支 援 A-2 本 学 外 における 起 業 企 業 内 ベンチャーを 担 える 人 材 の 育 成 A-2-1 本 学 外 における 起 業 企 業 内 ベンチャーの 支 援 A-2-2 本 学 外 への 情 報 提 供 概 評 修 了 要 件 として 修 士 論 文 に 代 えて 事 業 計 画 書 を 作 成 させ 学 生 自 身 の 志 を 事 業 として 具 現 化 させている 必 修 科 目 である 事 業 計 画 演 習 では 高 度 専 門 職 業 人 としての 事 業 観 洞 察 力 実 行 力 を 学 生 自 らが 主 体 的 に 学 ぶことができるように 指 導 している そのほ か 職 業 倫 理 や 国 際 的 知 識 実 践 力 を 身 につけるための 多 様 な 科 目 群 を 配 置 していて 起 業 や 企 業 内 ベンチャーを 実 現 化 するための 教 育 課 程 編 成 となっている 入 学 式 修 了 式 には 過 去 の 修 了 生 も 招 き 交 流 することによって 修 了 生 同 士 修 了 生 と 13

16 在 校 生 修 了 生 と 大 学 院 のネットワークを 構 築 している 今 後 在 校 生 や 教 職 員 に 加 えて 修 了 生 も 専 用 アドレスによる 情 報 交 換 意 見 交 換 ができるようにし 限 定 的 な 個 人 情 報 を 共 有 しながら 各 自 の 事 業 におけるネットワーク 構 築 を 促 すことができるように 計 画 して いる 起 業 を 志 す 社 会 人 を 対 象 に アイデアの 事 業 計 画 化 を 支 援 する ビジネスプラン 実 践 道 場 は ビジネスプランに 関 する 講 義 と 事 業 プランのブラッシュアップを 行 う 参 加 型 ワー クショプであり 参 加 者 から 一 定 の 評 価 を 得 ており 社 会 貢 献 として 機 能 している また 商 工 会 議 所 青 年 部 のビジネスプラン 研 修 への 協 賛 や 金 融 会 社 の 社 員 研 修 で 事 業 計 画 演 習 を 行 っている さらに 教 員 の 共 同 執 筆 による 起 業 の 教 科 書 の 出 版 毎 月 のメールマガジン 発 行 紀 要 の 出 版 などを 行 っており 人 材 育 成 に 資 するよう 学 外 への 情 報 発 信 が 行 われている SBI グループとの 連 携 強 化 により 大 学 院 のビジネス 教 育 が 向 上 することを 期 待 する 14

17

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

??P019?098

??P019?098 英 語 教 育 分 野 第 1 節 英 語 教 育 における 学 士 力 の 考 察 今 日 の 国 際 社 会 は 国 境 や 言 語 の 枠 組 みを 越 えてあらゆる 活 動 が 進 展 し 地 球 規 模 での 情 報 交 流 が 日 常 化 しており 世 界 共 通 言 語 としての 英 語 の 活 用 力 なくしては 文 化 的 経 済 的 に 豊 かな 生 活 を 送 る ことが 困

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定 公 益 社 団 法 人 京 都 府 不 動 産 鑑 定 士 協 会 平 成 27 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 不 動 産 鑑 定 評 価 に 関 する 普 及 啓 発 不 動 産 及 び 不 動 産 の 鑑 定 評 価 に 関 する 社 会 一 般 の 理 解 と 信 頼 を 高 めるため 次 の 事 業 を 行 う (1) 講 演 会 の 開 催 時 期 : 年 1 回

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

教 養 教 育 の 改 善 語 学 教 育 の 充 実 東 アジア 言 語 教 育 の 充 実 実 践 的 教 育 の 強 化 学 部 学 科 等 大 学 院 学 生 の 自 主 的 活 動 支 援 アジアの 学 術 研 究 拠 点 と 人 材 育 成 大 学 連 携 留 学 制 度 の 充 実 と 留 学 生 支 援 理 事 長 学 長 学 部 長 等 のリーダーシップ 教 員 評 価 人 事 外

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

自己評価書作成に当たっての留意点について

自己評価書作成に当たっての留意点について 10 自 己 評 価 書 作 成 に 当 たっての 留 意 点 について 平 成 28 年 5 月 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 担 当 者 研 修 会 1 一 般 的 留 意 事 項 ( 認 証 / 選 択 評 価 共 通 ) ( 資 料 1) 大 学 機 関 別 認 証 評 価 : 自 己 評 価 実 施 要 項 ( 資 料 2) 大 学 機 関 別 選 択 評

More information

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学)

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学) 平 成 25 年 度 実 施 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 奈 良 県 立 医 科 大 学 平 成 26 年 3 月 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 目 次 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 が 実 施 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 について 1 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 5 Ⅱ 基 準 ごとの

More information

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子 NTTドコモ コーポレート ガバナンス 基 本 方 針 平 成 27 年 10 月 30 日 制 定 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 社 は 株 主 やお 客 さまをはじめとするステークホルダーから 高 い 信 頼 と 評 価 を 得 られるよう 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の 向 上 を 目 的 として 本 基 本 方 針

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336,

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336, 2015 年 9 月 18 日 株 式 会 社 パートナーエージェント 代 表 取 締 役 社 長 佐 藤 茂 問 合 せ 先 : 03-5759-2700 URL : http://www.p-a.jp/ 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 は 自 然 生 命 人 間 という 建 学 の 精 神 に 基 づいて 4つの 学 部 3つ の 研 究 科 を 擁 し 高 等 教 育 機 関 にふさわしい 教 育 研 究 組 織 を 有 している また 競 争 的 研 究 資 金 の 獲 得 や 外 部

2 教 育 研 究 組 織 貴 大 学 は 自 然 生 命 人 間 という 建 学 の 精 神 に 基 づいて 4つの 学 部 3つ の 研 究 科 を 擁 し 高 等 教 育 機 関 にふさわしい 教 育 研 究 組 織 を 有 している また 競 争 的 研 究 資 金 の 獲 得 や 外 部 東 邦 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2020( 平 成 32) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 日 本 の 女 子 医 学 教 育 の 実 現 を 目 的 として 1925( 大 正

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下

仕 様 書. 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づくシステム 評 価 に 係 る 業 務. 委 託 業 務 の 目 的 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 以 下 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 公 告. 競 争 入 札 に 付 する 事 項 () 委 託 業 務 題 目 博 士 人 材 データベースの 利 用 者 に 対 する 支 援 及 びシステムの 運 用 データ 管 理 に 基 づ くシステム 評 価 に 係 る 業 務 () 委 託 業 務 の 目 的 等 入 札 説 明 書 による (3) 委 託 業 務 実 施 期

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63> 平 成 24 年 職 員 組 合 春 闘 要 求 および 回 答 要 求 事 項 回 答 1.2012 年 度 重 点 要 求 について (1) 賃 金 と 労 働 条 件 に 関 する 事 項 は 必 ず 組 合 と 協 議 し 合 意 を 図 るこ (2) 退 職 者 を 正 規 職 員 で 完 全 に 補 充 するこ (3) 職 場 毎 の 定 員 を 根 拠 を 示 して 明 らかにするこ

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立 宗 像 市 税 関 係 システム 検 証 等 業 務 委 託 仕 様 書 宗 像 市 平 成 28 年 7 月 目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度 平 成 27 年 7 月 29 日 ベステラ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 佳 秀 問 合 せ 先 : 03-3630-5555 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の 基 本 情 報 1. 基 本 的 な 考 え 方 当

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです MARUJUN CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2015 年 12 月 4 日 株 式 会 社 丸 順 代 表 取 締 役 社 長 今 川 喜 章 問 合 せ 先 : 管 理 本 部 経 営 企 画 部 証 券 コード:3422 http://www.marujun.co.jp/

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= -1- コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです IWABUCHI CORPORATION 最 終 更 新 日 :2011 年 6 月 30 日 イワブチ 株 式 会 社 取 締 役 社 長 加 藤 克 明 問 合 せ 先 :047-368-2222 証 券 コード:5983 http://www.iwabuchi.co.jp/index.htm

More information

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 コーポレートガバナンスガイドライン 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 1 第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 的 に 発 展 できるよう

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

2/9 ページ 5.その 他 コーポレート ガバナンスに 重 要 な 影 響 を 与 えうる 特 別 な 事 情

2/9 ページ 5.その 他 コーポレート ガバナンスに 重 要 な 影 響 を 与 えうる 特 別 な 事 情 1/9 ページ コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Electric Power Development Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2014 年 6 月 30 日 電 源 開 発 株 式 会 社 取 締 役 社 長 北 村 雅 良 問 合 せ 先 : 経 営 企 画 部 経 営 管

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 JVCケンウッド 代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 河 原 春 郎 (コード 番 号 6632 東 証 第 一 部 ) コーポレート コミュニケーション 部 長 西 下 進 一 朗 (TEL 045-444-5232) JVCケンウッド コーポレートガバナンス 方 針 制 定 に 関 するお

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

平成25年度の業務実績の評価結果

平成25年度の業務実績の評価結果 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 の 平 成 25 年 度 の 業 務 実 績 の 評 価 結 果 平 成 26 年 8 月 19 日 独 立 行 政 法 人 評 価 委 員 会 1 1 平 成 25 年 度 業 務 実 績 評 価 について (1) 評 価 の 視 点 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )は 特

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管 官 民 ファンドの 運 営 に 係 るガイドライン 平 成 2 5 年 9 月 2 7 日 官 民 ファンドの 活 用 推 進 に 関 する 関 係 閣 僚 会 議 決 定 平 成 2 6 年 6 月 2 7 日 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 平 成 2 7 年 7 月 3 1 日 平 成 2 7 年 1 2 月 1 8 日 日 本 経 済 を 停 滞 から 再 生 へ そして 成 長

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する 基 礎 専 門 科 目 の 学 習 と 八 王 子 キャンパスの 学 内 圃 場 や 拓 殖 大 学 北 海 道 短 期 大 学 敷 地 内 の 農 地 などを 活 用 した

はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する 基 礎 専 門 科 目 の 学 習 と 八 王 子 キャンパスの 学 内 圃 場 や 拓 殖 大 学 北 海 道 短 期 大 学 敷 地 内 の 農 地 などを 活 用 した 拓 殖 大 学 国 際 学 部 大 学 教 育 学 生 支 援 推 進 事 業 大 学 教 育 推 進 プログラム テーマA 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 外 部 評 価 報 告 書 平 成 24 年 3 月 日 本 インフォメーション 株 式 会 社 はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する

More information

が 改 善 への 取 り 組 みに 全 力 を 尽 くし 発 展 されることを 期 待 したい なお 経 営 学 研 究 科 経 営 管 理 専 攻 は 2009( 平 成 21) 年 度 に 本 協 会 の 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けており それ 以 降 の 改 善 状 況

が 改 善 への 取 り 組 みに 全 力 を 尽 くし 発 展 されることを 期 待 したい なお 経 営 学 研 究 科 経 営 管 理 専 攻 は 2009( 平 成 21) 年 度 に 本 協 会 の 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けており それ 以 降 の 改 善 状 況 ビジネス ブレークスルー 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する ただし 貴 大 学 は 理 念 目 的 教 員 教 員 組 織 管 理 運 営 財 務 および 内 部 質 保 証 に 関 して 問 題 が 認 められるため 認 定 の 期 間

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 適 正 実 施 推 進 プラン 平 成 24 年 11 月 ( 大 分 県 内 全 市 町 村 大 分 県 ) [ 目 次 ] はじめに 1 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 について (1) 特 別 徴 収 制 度 (2) 大 分 県 内 の 現 状 1 給 与 所 得 者 のうち 特 別 徴 収 されている 者 の 割 合 2 給 与 支 払 報 告 者 のうち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302E955C8E86814396DA8E9F81438CBB8BB5814396DA93492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302E955C8E86814396DA8E9F81438CBB8BB5814396DA93492E646F63> 大 学 機 関 別 認 証 評 価 自 己 評 価 書 平 成 19 年 6 月 名 古 屋 大 学 目 次 Ⅰ 大 学 の 現 況 及 び 特 徴 ⅰ Ⅱ 目 的 ⅱ Ⅲ 基 準 ごとの 自 己 評 価 基 準 1 大 学 の 目 的 1 基 準 2 教 育 研 究 組 織 ( 実 施 体 制 ) 8 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援 者 19 基 準 4 学 生 の 受 入 30 基

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです GMO CLICK Holdings,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 1 日 GMOクリックホールディングス 株 式 会 社 代 表 執 行 役 社 長 鬼 頭 弘 泰 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 03 6221 0206 証 券

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

program_0160.docx

program_0160.docx 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修

More information