Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 タイトル 著 者 航 空 事 故 の 防 止 と 刑 事 法 ( 一 ) : 刑 罰 優 先 主 義 から の 脱 却 藤 原, 琢 也 ; FUJIWARA, Takuya 引 用 北 海 学 園 大 学 法 学 研 究, 49(1): 発 行 日

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

64

65

66

67

68

69

70

71

72

73

74

デフレ脱却後の企業業績

デフレ脱却後の企業業績 14 8 6 調 査 レポート デフレ 脱 却 後 の 企 業 業 績 ~コストが 増 える 中 で 鮮 明 となる 企 業 の 業 績 差 ~ 15-851 5-11- TEL3-6733-17 7 6 5 4 3 1 16 81 83 85 87 89 91 93 95 97 99 1 3 5 7 9 11 13 14 1 1 8 6 4 1/ / ( ) 3/ -15-1 -5 5 1 15

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

No.01 納 税 月 税 金 の 種 類 1 月 4 2 月 4 3 月 4 月 1 5 月 6 月 1 7 月 2 8 月 21 1 9 月 税 金 の 種 類 内 容 所 得 税 315 住 民 税 64 10 月 3 11 月 2 12 月 3 1 1311 2 3 事 業 税 消 費 税

No.01 納 税 月 税 金 の 種 類 1 月 4 2 月 4 3 月 4 月 1 5 月 6 月 1 7 月 2 8 月 21 1 9 月 税 金 の 種 類 内 容 所 得 税 315 住 民 税 64 10 月 3 11 月 2 12 月 3 1 1311 2 3 事 業 税 消 費 税 No.01 納 税 月 税 金 の 種 類 1 月 4 2 月 4 3 月 4 月 1 5 月 6 月 1 7 月 2 8 月 21 1 9 月 税 金 の 種 類 内 容 所 得 税 315 住 民 税 64 10 月 3 11 月 2 12 月 3 1 1311 2 3 事 業 税 消 費 税 811 331 9 固 定 資 産 税 償 却 資 産 税 源 泉 所 得 税 自 動 車 税 11

More information

20151207112446.pdf

20151207112446.pdf 裳 樹 卸 ~r 改 元 伊 始 諸 国 勢 利 導 以 開 民 智 随 時 変 通 以 持 民 困 摺 J 告 之 以 舎 旧 図 新 未 必 吾 聴 也 申 之 以 文 話 既 疑 而 不 遜 イ 言 殴 之 以 刑 罰 或 i~l 以 至 於 乱 故! 新 自 改 正 朔 易 服 色 始 蓋 欲 与 天 下 之 民 為 更 始 申 以 文 詩 疑 而 不 信 駆 以 刑

More information

untitled

untitled 1/24 2/24 3/24 4/24 5/24 6/24 7/24 8/24 9/24 10/24 11/24 12/24 13/24 銀 行 名 近 畿 大 阪 銀 行 タイトル 信 託 を 活 用 した 事 業 承 継 サポート 動 機 ( 経 緯 ) ソフトウェア 開 発 を 行 う 取 引 先 A 社 は 毎 期 100M 以 上 の 利 益 を 計 上 し 今 後 も 増 収 を 見 込

More information

タイトル 著 者 英 語 ライティングクラスのための 観 光 コーパス 構 築 に 関 する 研 究 上 野, 之 江 ; 尾 田, 智 彦 ; 佐 々 木, 勝 志 ; 田 中, 洋 也 ; 森 越, 京 子 ; UENO, Yukie; ODA, Tomoh SASAKI, Masashi; TANAKA, Hiroya; Kyoko 引 用 北 海 学 園 大 学 学 園 論 集 (151):

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63> 第 12 章 税 制 カンボジアの 税 に 関 する 基 本 法 は 1997 年 1 月 に 国 民 議 会 により 採 択 された 1997 年 税 法 (Low on Taxation)である その 後 2000 年 には 経 済 財 務 省 が 法 人 税 に 関 する 大 臣 令 を 発 行 2003 年 には 税 法 改 正 に 関 する 法 律 (Law on Amendment on

More information

Title 庶 民 による 人 生 の 記 録 の 創 出 : 橋 本 義 夫 と 初 期 ふだん 記 運 動 の 場 合 Author(s) 辻, 喜 代 司 Citation 京 都 大 学 生 涯 教 育 学 図 書 館 情 報 学 研 究 (2010), 9: 73-88 Issue Date 2010-03 URL http://hdl.handle.net/2433/109758 Right

More information

また 近 年 被 害 者 加 害 者 に 苅 する 関 I~\が 高 まり 犯 罪 と 刑 罰 厳 罰 化 の 論 議 ち 活 発 になっている そ れ I~ 聞 は 経 てよい 1 **I:::~~~tif --:J ~t 1 ~~I::: 3Z: jt -c tg?~t ~.~ 141~"IIω 日 I 耳 目 宵 たちで 抱 取 を 閥 抗 固 刀 刊 人 宮 っか 翫

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

タイトル 著 者 ネット 社 会 の 光 と 影 : その 知 のあり 方 と 行 方 太 田, 敏 澄 ; 佐 々 木, 良 一 ; 吉 田, 広 志 引 用 発 行 日 2014-03-14 URL http://hdl.handle.net/10742/1982 札 幌 学 院 大 学 総 合 研 究 所 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 番 地 電 話 :011-386-8111

More information

参 考 2 国 内 実 施 主 体 について 国 内 実 施 主 体 である 神 戸 市 は 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 以 降 従 来 の 重 厚 長 大 型 の 産 業 だけではなく IT 関 連 や 医 療 関 連 といった 新 たな 産 業 の 育 成 にも

参 考 2 国 内 実 施 主 体 について 国 内 実 施 主 体 である 神 戸 市 は 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 以 降 従 来 の 重 厚 長 大 型 の 産 業 だけではなく IT 関 連 や 医 療 関 連 といった 新 たな 産 業 の 育 成 にも 地 域 間 交 流 支 援 (RIT) 事 業 事 前 調 査 神 戸 を 中 心 とする 兵 庫 県 -アフリカ ルワンダ 案 件 IT 関 連 産 業 海 外 出 張 調 査 にかかる 専 門 家 の 公 募 2016 年 6 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 副 理 事 長 赤 星 康 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 ジェトロ という )では 2007

More information

表紙オモテ・ウラ

表紙オモテ・ウラ 1 刑 法 犯 と は (1) 凶 悪 犯 と は (2) 粗 暴 犯 と は (3) 窃 盗 犯 と は (4) 知 能 犯 と は 2 少 年 犯 罪 とは (1) 犯 罪 少 年 とは (2) 触 法 少 年 とは (3) 刑 法 犯 少 年 とは (4)ぐ 犯 少 年 とは (5) 非 行 少 年 とは (6) 不 良 行 為 少 年 とは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

東 日 本 大 震 災 の 被 害 にあわれた みなさまの 支 援 や ご 負 担 軽 減 のための 税 制 の 優 遇 措 置 を まとめました ぜひご 活 用 ください 平 成 23 年 6 月 16 日 発 行 の 申 告 納 付 などの 期 限 が 延 長 されます の 納 付 が 一 時 的 に 猶 予 されます 地 方 税 の 申 告 などの 期 限 が 延 長 されます 地 方 税

More information

*** 全 試 合 ( 公 式 戦 +オープン 戦 ) *** 打 点 長 打 率 : 獲 得 できる 打 数 あたり 塁 打 数 期 待 値 盗 塁 順 位 氏 名 期 年 度 打 点 順 位 氏 名 期 年 度 長 打 率 順 位 氏 名 期 年 度 盗 塁 0 川 端 泉 樹 H 0.00 平

*** 全 試 合 ( 公 式 戦 +オープン 戦 ) *** 打 点 長 打 率 : 獲 得 できる 打 数 あたり 塁 打 数 期 待 値 盗 塁 順 位 氏 名 期 年 度 打 点 順 位 氏 名 期 年 度 長 打 率 順 位 氏 名 期 年 度 盗 塁 0 川 端 泉 樹 H 0.00 平 *** 全 試 合 ( 公 式 戦 +オープン 戦 ) *** 0// 集 計 打 率 規 定 打 席 = 試 合.( 小 数 点 以 下 四 捨 五 入 ) 安 打 数 本 塁 打 順 位 氏 名 期 年 度 試 合 出 場 打 席 打 数 安 打 打 率 順 位 氏 名 期 年 度 安 打 順 位 氏 名 期 年 度 本 塁 打 0 0. 岡 戸 貴 史 H 0.0 竹 葉 章 人 橋 口 博

More information

5 (1) ( ) 3 4 1 3 ( ) 1998 6 ( ) ( 2002 ) 1980 9 (351 354 ) 4 4 ( 1999 207 ) ( ) - 2 -

5 (1) ( ) 3 4 1 3 ( ) 1998 6 ( ) ( 2002 ) 1980 9 (351 354 ) 4 4 ( 1999 207 ) ( ) - 2 - ( ) 1 ( ) 2 1. 2. 3. 4. ( ) 5. 6. 1 2006 ( ) 2 ( ) ( )2005 10 (http://www.dic.go.jp/kenkyu/2005/5-2.pdf) ( ) - 1 - 5 (1) ( ) 3 4 1 3 ( ) 1998 6 ( ) ( 2002 ) 1980 9 (351 354 ) 4 4 ( 1999 207 ) ( ) - 2 -

More information

1 県 本 部 各 部 課 長 県 下 各 警 察 署 長 殿 原 議 永 年 保 存 共 00 00 10 31 5 年 宮 本 総 第 1 1 7 7 号 平 成 24 年 12 月 28 日 宮 城 県 警 察 本 部 長 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 の 専 決 に 関 する 規 程 の 一 部 改 正 について ( 通 達 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

タイトル 著 者 情 報 の 保 護 と 活 用 佐 々 木, 俊 尚 引 用 社 会 情 報 = Social Information, 20(2): 発 行 日 2011-03 URL http://hdl.handle.net/10742/1410 札 幌 学 院 大 学 総 合 研 究 所 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 番 地 電 話 :011-386-8111

More information

●不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案

●不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 三 七 号 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 二 十 八 号 )の 一 部 を 次 の ように 改 正 する 第 二 条 第 三 項 中 次 条 第 二 項 第 一 号 を 次 項 第 一 号 に

More information

駒沢女子大学・駒沢女子短期大学科学研究費補助金取扱要領

駒沢女子大学・駒沢女子短期大学科学研究費補助金取扱要領 学 校 法 人 駒 澤 学 園 駒 沢 女 子 大 学 駒 沢 女 子 短 期 大 学 科 学 研 究 費 補 助 金 取 扱 要 領 1. 駒 沢 女 子 大 学 駒 沢 女 子 短 期 大 学 における 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)の 取 扱 いについては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

盟 塘 櫨 ~が65 鵡 Iこ /~ i 邑 : 詰 ニーズ!こ 応 じた 在 宅 三 将 来 の 言 言 語 ~{じゃ 利 用 者 室 長 ~ 霊 祭 計 E 言 J 由 ; 妥 包 活 支 援 センターの ~ 霊 祭 主 著 係 団 体 苓 とのi 霊 祭 では 総 合 穏 談 ち 笑 ~' J 也 市 町 線 との 比 較 後 ~~ る 言 ~t1 主 ~ 健 ~ 察 福 祉 地 ~ l 案

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

~ 士 年 をめぐって ~3 月 にかけて 実 態 調 査 を 行 い 学 級 崩 壊 からの 脱 出 女 子 15~19 歳 20~24 歳 在 学 者 有 職 者 高 校 生 の 土 教 ~ ~ 間 で~ ~ 連 載 4 - Vo l. l71 NO.4

More information

GSS1311_P014-024.indd

GSS1311_P014-024.indd 論 文 平 成 25 年 金 商 法 改 正 による 情 報 伝 達 取 引 推 奨 規 制 の 導 入 北 海 道 大 学 大 学 院 教 授 荻 野 昭 一 1.はじめに フィナンシャル タイムズ 東 京 支 局 副 支 局 長 が 平 成 22 年 秋 頃 ある 外 資 系 バンカーから 聞 いた 話 によると わが 国 の 資 本 市 場 は It s a no brainer とみられていたという

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

平 成 年 度 中 国 四 国 学 生 テニス 王 座 ランキング 表 男 子 シングルス 男 子 ダブルス 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 雄

平 成 年 度 中 国 四 国 学 生 テニス 王 座 ランキング 表 男 子 シングルス 男 子 ダブルス 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 岡 林 航 介 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 琢 也 ( 松 山 大 学 ) 位 山 本 雄 平 成 年 度 全 日 本 大 学 対 抗 テニス 王 座 決 定 試 合 中 国 四 国 地 区 大 会 出 場 順 位 解 釈 表 ー 中 国 四 国 学 生 テニス 連 盟 ー 注 意 H 年 度 学 年 別 チャレンジトーナメント 大 会 は 全 試 合 8ゲームで 行 われたため H 年 度 王 座 の 解 釈 表 には 記 載 しないことに 致 しましたのでご 了 承 ください 疑 問

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378> ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 の 承 認 のもとに 国 務 院 弁 公 庁 ( 事 務 局 )が1998 年 6 月 10 日 に 施 行 科 学 技 術 部 および 衛 生 部 中 華 人 民 共 和 国 第 1 章 総 則 第 1 条 ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 ( 以 後 経

More information

正 副 一 級 二 級 木 造 建 築 士 事 務 所 登 録 事 項 変 更 届 建 築 士 事 務 所 の 登 録 事 項 に 次 のとおり 変 更 があったので 平 成 7 年 6 5 届 出 者 ( 開 設 者 の ( 開 設 者 が である 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 の ))

正 副 一 級 二 級 木 造 建 築 士 事 務 所 登 録 事 項 変 更 届 建 築 士 事 務 所 の 登 録 事 項 に 次 のとおり 変 更 があったので 平 成 7 年 6 5 届 出 者 ( 開 設 者 の ( 開 設 者 が である 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 の )) 建 築 士 事 務 所 登 録 事 項 変 更 届 ( 建 築 士 法 第 条 の5) 建 築 士 事 務 所 の 登 録 を 受 けている 開 設 者 は 下 記 に 掲 げる 登 録 事 項 の 内 容 に 変 更 があった 場 合 建 築 士 事 務 所 登 録 事 項 変 更 届 を 提 出 して 下 さい. 建 築 士 法 第 条 の5 第 項 に 基 づく 変 更 ( 変 更 後 週 間

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

目 次 1. 特 別 徴 収 について 3 2. 特 別 徴 収 の 根 拠 法 令 等 3 3. 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 について 4 4. 特 別 徴 収 のしくみ 4 5. 特 別 徴 収 義 務 者 に 指 定 した 際 に 送 付 する 書 類 等 4 6. 特 別 徴 収

目 次 1. 特 別 徴 収 について 3 2. 特 別 徴 収 の 根 拠 法 令 等 3 3. 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 について 4 4. 特 別 徴 収 のしくみ 4 5. 特 別 徴 収 義 務 者 に 指 定 した 際 に 送 付 する 書 類 等 4 6. 特 別 徴 収 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 事 務 の 手 引 き 山 形 県 飽 海 郡 遊 佐 町 町 民 課 1 目 次 1. 特 別 徴 収 について 3 2. 特 別 徴 収 の 根 拠 法 令 等 3 3. 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 について 4 4. 特 別 徴 収 のしくみ 4 5. 特 別 徴 収 義 務 者 に 指 定 した 際 に 送 付 する 書 類 等 4 6.

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

「江戸っ子」の「見解書」としての『阪神見聞録』 : 谷崎潤一郎『阪神見聞録』全文分析による仮説提議「大阪」の混同とその理由

「江戸っ子」の「見解書」としての『阪神見聞録』 : 谷崎潤一郎『阪神見聞録』全文分析による仮説提議「大阪」の混同とその理由 Kwansei Gakuin University Rep Title Author(s) 江 戸 っ 子 の 見 解 書 としての 阪 神 見 聞 録 : 谷 崎 潤 一 郎 阪 神 見 聞 録 全 文 分 析 による 仮 説 提 議 大 阪 の 混 同 とその 理 由 Fujiwara, Tomoko, 藤 原, 智 子 Citation 日 本 文 藝 研 究, 54(2): 41-66 Issue

More information

卒 業 ( 見 込 ) 証 明 書 1 通 成 績 証 明 書 1 通 編 入 入 している 方 は 編 入 入 前 の 成 績 証 明 書 1 通 も 提 出 してください 証 明 書 氏 名 が 現 在 の 氏 名 と 異 なる 方 は 氏 名 変 更 を 証 明 するもの( 戸 籍 抄 本 等

卒 業 ( 見 込 ) 証 明 書 1 通 成 績 証 明 書 1 通 編 入 入 している 方 は 編 入 入 前 の 成 績 証 明 書 1 通 も 提 出 してください 証 明 書 氏 名 が 現 在 の 氏 名 と 異 なる 方 は 氏 名 変 更 を 証 明 するもの( 戸 籍 抄 本 等 研 究 科 1. 一 般 入 試 受 験 資 格 7 8ページを 参 照 して 必 ずご 自 身 の 受 験 資 格 をご 確 認 ください 入 試 日 < 秋 季 > 研 生 との 併 願 制 度 :なし 出 願 期 間 2015 年 9 月 2 日 ( 水 )~9 月 9 日 ( 水 ) 2015 年 9 月 27 日 ( 日 ) 一 次 合 格 発 表 2015 年 9 月 27 日 ( 日

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

FAX:022-374-5019 メール:nyushi@sendai-shirayuri.ac.jp FAXまたは メールにてお 申 し 込 みください メールの 場 合 は 申 込 書 の 項 目 のご 記 入 をお 願 いします 仙 台 白 百 合 女 子 大 学 出 張 公 開 講 座 申 込 書 学 校 名 担 当 者 連 絡 先 住 所 電 話 FAX E-mail @ 第 一 希 望 日

More information

189-1-1 国会概観

189-1-1 国会概観 1 第 189 回 国 会 概 観 1 会 期 及 び 活 動 等 の 概 要 ( 召 集 会 期 ) 第 189 回 国 会 ( 常 会 )は 1 月 26 日 に 召 集 され 同 日 参 議 院 議 場 において 開 会 式 が 行 われた 国 会 の 会 期 は 当 初 6 月 24 日 まで の150 日 間 であったが 6 月 22 日 衆 議 院 本 会 議 において 9 月 27 日

More information

外23

外23 包 括 外 部 監 査 平 成 23 年 度 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 報 告 ) 歳 入 ( 一 般 会 計 の 市 税 負 担 金 使 用 料 手 数 料 並 びに 特 別 会 計 の 国 民 健 康 保 険 税 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 について)の 賦 課 徴 収 収 納 並 びにこれら 債 権 の 管 理 について 監 査 の 結 果 個 人 市 民 税 未 申

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

住 者 の 在 留 資 格 を 有 する 者 は 在 留 期 限 欄 の 記 入 は 要 しない (5) 高 等 学 校 欄 1 年 月 欄 は 卒 業 ( 見 込 みを 含 む ) 又 は 退 学 年 月 を 記 入 する 2 学 校 等 名 称 欄 は, 学 校 名 及 び 学 科 名 を 記

住 者 の 在 留 資 格 を 有 する 者 は 在 留 期 限 欄 の 記 入 は 要 しない (5) 高 等 学 校 欄 1 年 月 欄 は 卒 業 ( 見 込 みを 含 む ) 又 は 退 学 年 月 を 記 入 する 2 学 校 等 名 称 欄 は, 学 校 名 及 び 学 科 名 を 記 履 歴 書 記 入 要 領 注 意 事 項 本 履 歴 書 の 記 載 内 容 については 必 ず 証 書 等 により 又 は 在 籍 機 関 等 に 直 接 確 認 のうえ 相 違 脱 漏 のないよう 記 入 してください 虚 偽 経 歴 の 詐 称 又 は 記 載 すべき 重 要 事 項 に 漏 れが あるときは 採 用 を 取 り 消 すことがあります また 採 用 後 重 大 な 経 歴 詐

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

平成20年7月10日

平成20年7月10日 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 事 務 の 手 引 き 酒 田 市 財 務 部 税 務 課 ~ 1 ~ 目 次 一. 特 別 徴 収 について 3 二. 特 別 徴 収 の 根 拠 法 令 等 3 三. 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 について 3 四. 特 別 徴 収 のしくみ 4 五. 特 別 徴 収 義 務 者 に 指 定 した 際 に 送 付 する 書 類 等 4 六. 特

More information

Title 地 方 公 務 員 法 違 反 の 争 議 行 為 の 可 罰 性 ( 中 ) - 埼 玉 県 教 組 同 盟 罷 業 事 件 最 高 裁 判 決 を 契 機 に- Author(s) 鋤 本, 豊 博 Citation 北 大 法 学 論 集, 42(3): 216-172 Issue Date 1992-03-13 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16833

More information

~

~ ~ ~ あり 問 題 を 引 き 起 こさない 子 ども 達 とは 一 線 を ~ I し て 区 別 できる 要 因 があ ~( : ~, ~~ ~ なども 離 脱 ~ 間 として 機 能 している これらの 窄. 間 は 担 任 からは 不 可 視 性 I)~ b~hl ~ð れ j を 備 えた 空 間 であり 自 己 実 射 を ~J るという 意 味 でもプライベート スペー

More information