こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 "

Transcription

1 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学

2 こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 こ の 印 刷 物 は A ラ ン ク の 資 材 の み を 使 用 し て お り 印 刷 用 の 紙 に リ サ イ ク ル で き ま す

3 I.研 究 の 実 施 経 過 1.研 究 計 画 研 究 の 背 景 と 目 的 カ 年 に お け る 研 究 計 画 及 び 実 施 方 法 本 研 究 の 成 果 行 政 ニ ー ズ と の 関 連 位 置 づ け 政 策 的 イ ン プ リ ケ ー シ ョ ン カ 年 に お け る 進 捗 状 況 カ 年 に お け る 実 施 体 制 ( 研 究 参 画 者 と 分 担 項 目 前 年 度 か ら の 改 善 事 項 等 ) カ 年 に お け る 進 捗 状 況 ミ ー テ ィ ン グ 開 催 や 対 外 的 発 表 等 の 実 施 状 況 1 3 Ⅱ. 研 究 の 内 容 序 論 持 続 可 能 な 発 展 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 を め ぐ る 概 念 的 理 論 的 整 理 と 研 究 課 題 主 観 的 幸 福 と 持 続 可 能 な 発 展 の 関 係 成 長 と 幸 福 の 関 係 ~ ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 問 題 提 起 幸 福 度 を め ぐ る 経 済 学 論 議 の 嚆 矢 ~ イ ー ス タ リ ン パラ ド ク ス 資 本 主 義 経 済 シ ス テ ム の 非 物 質 主 義 的 転 回 と 幸 福 度 持 続 可 能 な 発 展 概 念 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 持 続 可 能 な 発 展 概 念 の 定 義 持 続 可 能 な 発 展 論 の 資 本 ア プ ロ ー チ 主 観 的 幸 福 概 念 を 導 入 す る こ と の 重 要 性 自 然 資 本 が 主 観 的 幸 福 に 与 え る 影 響 主 観 的 幸 福 と 社 会 関 係 資 本 主 観 的 幸 福 に 影 響 を 与 え る 観 的 条 件 自 然 資 本 環 境 を 自 然 資 本 と し て と ら え る こ と の 重 要 性 ス ト ッ ク と フ ロ ー の 区 別 社 会 関 係 資 本 社 会 関 係 資 本 と 人 的 資 本 主 観 的 幸 福 と そ れ を 支 え る 観 的 条 件 お よ び 研 究 上 の 課 題 主 観 的 幸 福 の 規 定 要 因 に 関 す る 実 証 研 究 主 観 的 幸 福 研 究 に 関 す る サ ー ベ イ 5 3

4 所 得 性 別 年 齢 健 康 婚 姻 子 供 人 と の つ な が り 関 係 そ の 他 ま と め デ ー タ と 分 析 手 法 本 年 度 研 究 で 使 用 す る デ ー タ の 概 要 相 対 年 収 相 対 幸 福 度 婚 姻 子 持 ち 健 康 状 態 居 住 地 域 へ の 満 足 度 性 格 尺 度 職 業 地 域 ダ ミ ー 分 析 手 法 分 析 結 果 基 本 推 定 結 果 行 動 習 慣 に 関 す る 推 定 結 果 価 値 観 に 関 す る 推 定 結 果 信 頼 ネ ッ ト ワ ー ク に 関 す る 推 定 結 果 結 論 国 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 福 祉 幸 福 指 標 の 類 型 G D P の 調 整 指 標 G D P の 代 替 指 標 S N A を 基 礎 と し た G D P の 補 完 指 標 G D P に 環 境 社 会 の 情 報 を 付 加 し た 指 標 主 観 的 福 祉 幸 福 指 標 国 国 際 機 関 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 の 策 定 と そ の 動 向 A u s t r a l i a A u s t r i a C a n a d a E u r o p e a n U n i o n 8 3

5 F i n l a n d G e r m a n y H u n g a r y I r e l a n d N e t h e r l a n d s N o r w a y O E C D S w i t z e r l a n T h a i l a n d U n i t e d K i n g d o m 小 括 O E C D ( ) が 提 示 し た 福 祉 幸 福 指 標 の 概 要 と 問 題 点 指 標 開 発 の 背 景 概 要 O E C D w e l -b l e i n g i n d i c a に t o 現 r れ た 我 が 国 の 状 況 に つ い て 概 観 各 個 別 指 標 の 特 徴 と 考 察 O E C D W e l -b l e i n g指 標 の 問 題 点 新 指 標 の 提 示 と 試 算 新 指 標 の 提 示 新 指 標 に も と づ く 試 算 新 指 標 の 問 題 点 95 付 記 96 参 考 文 献 9 7 補 遺 4. 1 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 ノ ル ウ ェ ー を 事 例 と し て 99 補 遺 は じ め に 9 9 補 遺 国 家 予 算 で の 環 境 プ ロ フ ァ イ ル と 環 境 政 策 優 先 分 野 9 9 補 遺 環 境 政 策 の 成 果 事 後 点 検 シ ス テ ム 補 遺 持 続 可 能 性 戦 略 と 行 動 計 画 補 遺 持 続 可 能 性 指 標 と そ の 活 用 補 遺 地 域 レ ベ ル で の 指 標 の 活 用 補 遺 福 祉 生 活 満 足 度 指 標 の 活 用 カ ナ ダ を 事 例 と し て 補 遺 は じ め に 補 遺 福 祉 指 標 補 遺 I n d i c a t o r s o f -b W e i l n l g i n C a n a d a 補 遺 C a n a d i a n I n d e x W o f e l l b e i n g 補 遺 生 活 満 足 度 に 関 す る 調 査 研 究 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 EU の Beyond GDP OECD における GGI(Green Growth Indicators : グ リ ー ン グ ロ ー ス 指 標 ) の 研 究 動

6 向 GGI と は G G I の 現 在 と 今 後 G G I の 課 題 欧 州 に お け る S I A(S u s t a i n a b l e I m p a c t A s s e s : s m 持 e 続 n t 可 能 性 影 響 評 価 ) の 研 究 動 向 グ リ ー ン グ ロ ー ス 戦 略 に 向 け た S I A L I A I S E プ ロ ジ ェ ク ト ベ ル ギ ー に お け る S I A 最 近 の 影 響 評 価 手 法 ( I A) の 動 向 フ ラ ン ス ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 と 新 指 標 作 成 の 動 向 背 景 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 概 要 ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 発 表 以 降 の 統 計 改 革 の 概 要 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に つ い て の 評 価 ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 後 の 国 際 協 働 の 事 例 考 察 Point(Policy Influence of Indicators ) プ ロ ジ ェ ク ト の 研 究 動 向 P o i n tプ ロ ジ ェ ク ト の 背 景 と 目 的 P o i n tプ ロ ジ ェ ク ト の 概 要 P o i n tプ ロ ジ ェ ク ト に お け る 今 後 の 指 標 研 究 へ の 勧 告 ま と め ( 今 後 の 課 題 等 ) 補 遺 5. 1 ( 持 続 可 能 性 に 関 す る 政 策 ) 影 響 評 価 に お け る 持 続 可 能 性 O E C D 主 要 国 E U に お け る 影 響 評 価 制 度 レ ビ ュ ー ( 抄 訳 ) 5. 2 フ ラ ン ス の グ リ ー ン エ コ ノ ミ ー ( R i o +20 に 向 け て ) の 動 向 G D Pに 代 わ る 代 替 的 な マ ク ロ 指 標 と 政 策 へ の 適 用 可 能 性 - 環 境 経 済 統 合 勘 定 ( S E E A )と 持 続 可 能 経 済 福 祉 指 標 ( I S E W )を 中 心 と し て 背 景 マ ク ロ 指 標 と し て の 環 境 勘 定 国 連 の 環 境 経 済 統 合 勘 定 ( S E E A ) S E E Aと マ ク ロ 環 境 勘 定 帰 属 環 境 費 用 環 3 境 調 整 済 み 国 内 純 生 産 ( E D P,e a N D P ) S E E A の 9 特 3 徴 と 限 界 点 N A M E A 開 発 の 経 緯 と 特 徴 S E E A と9 3 N A M E A の 違 い S E E A

7 機 能 特 化 型 S E E A S E E Aの 変 遷 と 今 後 S E E A 2 0 へ 0 3 の 移 行 と G D P 代 替 指 標 と し て の 意 義 今 後 の S E E A の 方 向 性 S E E Aに 代 わ る G D P 代 替 の た め の マ ク ロ 指 標 I S E Wの 特 徴 構 造 I S E Wの 改 良 版 : 真 の 進 歩 指 標 ( G P I) 経 済 福 祉 指 標 に 関 す る 既 存 研 究 の 整 理 I S E Wの 既 存 研 究 日 本 の G P I 推 計 研 究 I S E Wの 政 策 立 案 へ の 適 用 可 能 性 I S E Wの 長 所 と 限 界 政 策 利 用 へ の 適 用 可 能 性 マ ク ロ 指 標 に よ る 地 域 に お け る 豊 か さ 評 価 地 域 に お け る 豊 か さ 評 価 の 必 要 性 と マ ク ロ 評 価 の 限 界 既 存 研 究 の 整 理 農 村 と 都 市 に お け る I S E W の 推 計 と 合 成 指 標 の 限 界 I S E W 推 計 の 概 説 結 果 の 考 察 と 合 成 指 標 の 限 界 結 論 補 論 都 市 型 県 と 農 村 型 県 の I S E W の 推 計 農 山 漁 村 と 都 市 の 区 分 所 得 の 不 平 等 度 の 是 正 家 計 の 無 償 労 働 の 評 価 Ⅲ. 結 論 Ⅳ. 添 付 資 料 ( 参 考 文 献 略 語 表 調 査 票 付 録 等 ) 2 2 0

8 I.研 究 の 実 施 経 過 1.研 究 計 画 1. 1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 現 在 世 界 的 に 持 続 可 能 性 や 幸 福 度 に 対 す る 関 心 が 広 が っ て い る そ し て そ れ ら を 観 的 な 指 標 に よ っ て 評 価 で き な い か と い う 問 題 意 識 も 高 ま っ て い る こ れ ら 問 題 意 識 の 背 景 に あ る の は 一 人 当 た り G D P の 増 加 つ ま り 経 済 成 長 が 必 ず し も 真 の 意 味 で の 社 会 の 発 展 や 国 民 の 幸 福 の 増 進 に つ な が っ て い な い と の 実 感 で あ る G D P 指 標 に 基 づ く 経 済 成 長 の 追 求 は 次 の 2 点 で 問 題 が あ る と い え よ う 第 1 に も し そ れ が 自 然 資 本 と い う ス ト ッ ク を 食 い つ ぶ し そ れ を 人 工 資 本 で 代 替 す る 形 で 実 現 さ れ て い る の な ら ば 究 極 的 に は 自 然 資 本 ( 気 候 生 態 系 資 源 )が 再 生 不 可 能 な 水 準 ま で 減 耗 し 経 済 成 長 の 基 盤 も ま た 失 わ れ る こ と に な る し た が っ て 自 然 資 本 の ス ト ッ ク 水 準 を ど の よ う に し て 持 続 可 能 な 水 準 に 長 期 的 に 維 持 し な が ら 発 展 を 遂 げ る か が 課 題 に な る 第 2 に 人 々 の 幸 福 度 は 必 ず し も G D P に 示 さ れ る 生 産 所 得 水 準 の み に 依 拠 し て い る わ け で は な い と の 認 識 が ま す ま す 強 ま っ て い る つ ま り 環 境 (ア メ ニ テ ィ )の よ さ 安 全 安 心 生 活 の 質 人 々 と の つ な が り( 社 会 関 係 資 本 )と い っ た 非 経 済 的 要 素 が 人 々 の 幸 福 度 に か な り 影 響 し て い る 可 能 性 が あ る も し そ う で あ る な ら ば こ れ ら 2 点 の 要 素 を 考 慮 し な い ま ま 単 に G D P の 増 加 率 だ け に 着 目 す る 経 済 政 策 は 長 期 的 な 持 続 可 能 性 と 人 々 の 真 の 幸 福 度 と い う 点 で 問 題 が 多 い と い わ ざ る を え な い 目 的 そ こ で 本 研 究 目 的 は ( 1 ) 持 続 可 能 性 と 主 観 的 幸 福 度 に 関 す る 理 論 的 実 証 的 な 研 究 を 進 め る こ と で 何 が そ れ を 支 え て い る の か を 明 ら か に し そ れ が 環 境 や 自 然 資 本 の ス ト ッ ク 水 準 と ど の よ う な 関 係 に あ る の か を 検 証 す る 点 に あ る ま た ( 2 )こ れ ら 両 者 を 支 え る 環 境 政 策 と 福 祉 政 策 の 統 合 の あ り 方 を 検 討 す る と と も に ( 3 ) 持 続 可 能 性 を 保 持 し つ つ 主 観 的 幸 福 度 を 高 め る よ う な 社 会 経 済 シ ス テ ム の あ り 方 と そ れ を 支 え る 政 策 手 法 を 分 析 す る と は い え そ の よ う な 社 会 経 済 シ ス テ ム 構 築 の 試 み が 現 実 に ど の 程 度 進 展 し て い る の か 政 策 は 成 功 し て い る の か を 知 る た め に は G D P に 代 わ る 観 的 な 指 標 が 必 要 で あ る こ の 点 に つ い て は 過 去 1 0 年 間 国 内 外 で 爆 発 的 に 研 究 が 膨 張 し て い る と い え よ う 直 近 で は 仏 サ ル コ ジ 大 統 領 の 諮 問 で 設 け ら れ た 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 社 会 進 歩 の 計 測 に 関 す る 委 員 会 報 告 書 ( S t i g l i t z, S e n a n d F i t o u が s s i こ の 2 0 点 0 9 で ) の も っ と も 包 括 的 な 研 究 で あ り 我 々 に と っ て の モ デ ル で も あ る こ の 他 に も 国 連 O E C D EU 等 の 国 際 機 関 に お い て 同 様 に 持 続 可 能 性 指 標 の 開 発 研 究 が 行 わ れ て い る し か し こ れ ら で 提 案 さ れ て い る 指 標 群 は 最 終 的 な 解 決 策 で は な く ま だ ま だ 研 究 途 上 で あ っ て い ま ま さ に こ れ ら の 研 究 は ス タ ー ト 地 点 に 立 っ た と い え る 段 階 で あ る 我 々 は こ の 分 野 の 重 要 性 に 鑑 み 持 続 可 能 性 と 主 観 的 幸 福 度 に 関 す る 理 論 的 実 証 的 研 究 を 指 標 開 発 研 究 に 連 動 さ せ つ つ 推 進 し そ の 結 果 を わ が 国 に お け る 望 ま し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の あ り 方 そ し て そ れ を 支 え る 新 し い 政 策 の あ り 方 の 提 言 に つ な げ て い く こ と を 目 的 と 1

9 す る カ 年 に お け る 研 究 計 画 及 び 実 施 方 法 実 施 方 法 本 研 究 の 全 体 は 以 下 3 つ の 主 要 パ ー ト か ら な る つ ま り ( 1 基 ) 礎 的 な 概 念 と し て 持 続 可 能 な 発 展 と 主 観 的 幸 福 概 念 お よ び そ の 既 定 要 因 に 関 す る 理 論 的 実 証 研 究 ( 2 環 ) 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 を 踏 ま え た 持 続 可 能 な 発 展 を 支 え る 経 済 社 会 シ ス テ ム の あ り 方 お よ び そ れ を 可 能 に す る 政 策 手 法 の 研 究 ( 3 ) 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る マ ク ロ 的 ミ ク ロ 的 指 標 の 現 状 の 分 析 と そ の 開 発 の 3 点 で あ る さ ら に こ の 指 標 研 究 に は ( 4-a ) 大 き く 分 け て マ ク ロ 指 標 に 関 す る 研 究 と ( 4-b )ミ ク ロ 指 標 に 関 す る 研 究 が あ る ( 1 ) 持 続 可 能 な 発 展 お よ び 主 観 的 幸 福 概 念 お よ び そ の 規 定 要 因 に 関 す る 理 論 的 実 証 研 究 持 続 可 能 性 概 念 は も と も と 経 済 学 に お い て 強 い 持 続 可 能 性 と 弱 い 持 続 可 能 性 を め ぐ る 議 論 と し て そ の 内 容 を め ぐ っ て 大 い に 論 争 が 行 わ れ て き た 弱 い 持 続 可 能 性 で は 時 間 軸 を 通 じ て 一 人 当 た り の 実 質 消 費 水 準 を 保 つ ( ハ ー ト ウ ィ ッ ク ル ー ル )こ と が 持 続 可 能 性 の 必 要 条 件 と さ れ た こ れ に 対 し て 弱 い 持 続 可 能 性 概 念 は 自 然 資 本 と 人 工 資 本 の 無 制 限 な 代 替 可 能 性 を 前 提 と し て お り ゆ え に そ れ で は エ コ ロ ジ ー 的 な 限 界 に 達 し て し ま う こ と に 歯 止 め が か か ら な い と の 批 判 を 受 け た こ れ に 対 し て 強 い 持 続 可 能 性 概 念 は 時 間 軸 を 通 じ て 自 然 資 本 の ス ト ッ ク が 一 定 と の 条 件 を 置 く こ の よ う に 自 然 資 本 と 人 工 資 本 の 対 立 軸 を 中 心 と し て 資 本 (ス ト ッ ク ) 水 準 の あ り 方 を め ぐ っ て 行 わ れ て き た の が 経 済 学 に お け る 持 続 可 能 性 の 議 論 で あ る こ れ に 対 し て 早 く か ら 欧 州 を 中 心 に 持 続 可 能 性 概 念 を 単 に 狭 い 意 味 の 環 境 だ け で な く 人 間 と 人 間 を 取 り 巻 く 環 境 の 問 題 と し て 幅 広 く 捉 え 環 境 経 済 社 会 の 持 続 可 能 性 と し て 議 論 す る 流 れ も 大 き な 影 響 を 与 え て き た つ ま り 社 会 の 持 続 可 能 性 に と っ て 環 境 は そ の 存 立 を 保 障 す る 重 要 な 要 素 だ が 唯 一 無 二 の 要 素 で は な く 経 済 的 側 面 や 社 会 的 側 面 を 合 わ せ て 総 合 的 に 持 続 可 能 性 概 念 が 彫 琢 さ れ ね ば な ら な い と の 認 識 が 広 ま る よ う に な っ て い っ た そ の 中 で 人 間 そ の も の の 福 祉 / 幸 福 に 焦 点 が 当 て ら れ る よ う に な っ て い っ た こ の 点 で ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 受 賞 者 の ア マ ル テ ィ ア セ ン の 議 論 は き わ め て 重 要 で あ る 彼 は [ 1 財 ] 所 得 に 対 す る 支 配 権 で 福 祉 を 評 価 し よ う と す る 観 評 価 ア プ ロ ー チ と [ 2 効 ] 用 で 福 祉 を 評 価 し よ う と す る 主 観 評 価 ア プ ロ ー チ の 両 者 の 問 題 点 を 鋭 く 批 判 し な が ら そ の 両 者 の 媒 介 項 と し て の 機 能 や 潜 在 能 力 が 福 祉 水 準 に 寄 与 す る 役 割 を 評 価 す る 理 論 的 枠 組 み を 構 築 し た 流 れ を 引 き 継 ぎ 潜 在 能 力 の 豊 か さ を 最 大 限 に 発 揮 し て 善 き 生 を 生 き る こ と が 持 続 可 能 な 発 展 に と っ て 不 可 欠 な 要 素 だ と 捉 え て い る 機 能 と 潜 在 能 力 へ の 注 目 は ハ ー マ ン デ イ リ ー ら が 福 祉 を 量 的 な も の よ り は 質 的 な も の で あ り 物 質 的 な も の よ り は 非 物 質 的 な も の だ と 規 定 し よ う と し て い た 点 と も 共 通 性 を 持 っ て い る こ れ ら の 発 展 概 念 は 一 人 当 た り G D P の 増 加 で 典 型 的 に 示 さ れ る 経 済 発 展 概 念 の 物 質 主 義 的 偏 向 を 脱 却 し そ の 内 容 を 豊 富 化 さ せ る こ と に 貢 献 し た と い え よ う 本 研 究 は 持 続 可 能 性 を 環 境 的 持 続 可 能 性 だ け に 絞 り 込 む の で は な く よ り 広 く 社 会 的 経 済 的 側 面 に 注 目 し さ ら に そ れ ら の ス ト ッ ク 水 準 の 豊 か さ が も た ら す 人 間 の 幸 福 度 に 着 目 2

10 す る つ ま り 具 体 的 に は 持 続 可 能 な 発 展 を 支 え る 要 素 と し て ( 1 個 ) 人 の 主 観 的 幸 福 と は 何 か ( 2 )そ の 主 観 的 幸 福 度 が ど の よ う な 観 的 条 件 の 下 で 増 加 す る の か そ れ を 左 右 す る 要 素 は 何 か ( 3 )そ れ ら の 要 素 は ど の よ う に し て 増 加 さ せ る こ と が で き る の か を 取 り 扱 う ま た ( 4 )こ れ ら の 主 観 的 幸 福 を 支 え る 社 会 が 長 期 的 に 持 続 可 能 か ど う か そ の 条 件 は 何 か を 探 る 必 要 が あ る そ の た め に は 諸 要 素 を ス ト ッ ク 概 念 で 捉 え そ れ が 長 期 的 に 減 耗 せ ず 一 定 水 準 を 保 つ こ と が で き る か ど う か を チ ェ ッ ク し な け れ ば な ら な い そ の た め に 本 研 究 で は 人 的 資 本 社 会 資 本 自 然 資 本 そ し て 社 会 関 係 資 本 と い っ た 諸 概 念 と 持 続 可 能 な 発 展 の 関 係 を 明 ら か に す る こ と そ し て こ れ ら の 資 本 の 蓄 積 の 態 様 そ れ ら の 相 互 作 用 の あ り 方 を 明 ら か に し な け れ ば な ら な い そ れ に 加 え て そ れ ら を 支 え 進 歩 さ せ る 主 体 が 誰 で あ る の か そ の た め の 費 用 負 担 を ど の よ う に し て こ の 社 会 で 分 担 し て い く の か と い っ た 問 題 が き わ め て 重 要 な 課 題 群 と な る 本 研 究 で は こ れ ら の 点 に つ い て 新 境 地 を 拓 く よ う な 研 究 を 展 開 す る ( 2 ) 環 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 を 踏 ま え た 持 続 可 能 な 発 展 を 支 え る 経 済 社 会 シ ス テ ム の あ り 方 お よ び そ れ を 可 能 に す る 政 策 手 法 の 研 究 本 研 究 で は 新 た な 経 済 社 会 の あ り 方 を 提 示 し そ の 移 行 段 階 や 発 展 段 階 を 総 合 的 に 評 価 す る 指 標 群 の 構 築 を 試 み る こ の よ う な 指 標 群 を ど の よ う な 政 策 の 場 面 で 活 用 し て い く べ き か 具 体 的 な 提 示 を 試 み る 新 た な 経 済 社 会 像 の 検 討 に 当 た っ て は 各 国 際 機 関 に よ る 環 境 経 済 社 会 面 で の 長 期 予 測 各 国 政 府 の 長 期 超 長 期 ビ ジ ョ ン を 踏 ま え こ う し た 国 際 的 な 趨 勢 に お け る わ が 国 の 現 状 を 把 握 し た 上 で 社 会 福 祉 の 観 点 も 含 め わ が 国 の 特 質 特 徴 を 踏 ま え た 社 会 像 を 考 察 提 示 す る さ ら に こ の 新 た な 社 会 像 の 実 現 に 向 け た 政 策 の 提 案 及 び そ の 効 率 的 な 実 施 に 欠 か せ な い 円 滑 な 合 意 形 成 を 図 る た め に 考 慮 す べ き 事 項 ま で を 研 究 範 囲 と し て 取 り ま と め を 行 う な お 現 在 の 資 源 エ ネ ル ギ ー 制 約 や 乱 高 下 し う る 市 場 の 現 状 に 鑑 み れ ば 神 の 見 え ざ る 手 に よ る 市 場 の 調 整 を 期 待 し て た だ 待 つ の で は な く む し ろ 積 極 的 に 政 策 と し て 製 品 や サ ー ビ ス の 環 境 面 で の 機 能 効 用 に 係 る 情 報 を 提 供 し た り 提 供 を 促 進 す る こ と で 価 格 面 で の 優 劣 が 消 費 生 産 活 動 に お い て 支 配 的 に 重 要 な 判 断 基 準 と な っ て い る 現 状 の 市 場 形 態 か ら 環 境 面 で の 配 慮 持 続 可 能 性 の 側 面 も 考 慮 さ れ た フ ェ ー ル セ ー フ の 機 能 が 付 加 さ れ た 市 場 へ の 移 行 を 促 進 す る こ と が 考 え ら れ る い わ ば 環 境 の 見 え る 手 に よ っ て 市 場 の 性 質 を 積 極 的 に 変 容 さ せ て い く こ と も 環 境 政 策 に 期 待 さ れ る と こ ろ で あ り こ う し た 点 も 視 野 に 入 れ た 研 究 を 行 う 予 定 で あ る ( 3 ) 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る マ ク ロ 的 ミ ク ロ 的 指 標 の 開 発 a ) G D Pを は じ め と す る 既 存 の マ ク ロ 経 済 指 標 の 問 題 点 の 整 理 そ の 改 善 方 向 の 提 示 と り わ け 地 域 お よ び 農 業 農 村 の 観 点 か ら ア プ ロ ー チ 本 研 究 で は 年 代 に 提 案 さ れ た グ リ ー ン G D P が な ぜ 普 及 し な か っ た の か さ ら に は 地 域 に お い て グ リ ー ン G D P を 計 測 す る こ と の 意 義 と 課 題 を 整 理 す る さ ら に 農 村 特 有 の 価 値 を 経 済 学 的 な 理 論 で は 説 明 で き な い 農 村 住 人 の 行 動 の 一 例 を 紹 介 し そ こ か ら 住 人 が ど の よ う な 要 素 に 価 値 を 見 い だ し て い る か を 明 ら か に し 幸 福 度 指 標 や 環 境 指 標 と し て 計 測 す べ き 要 素 を 列 挙 す る さ ら に は そ れ ら を 実 際 に 計 測 す る た め に は ど の よ う な 手 法 が ふ さ わ し く ま 3

11 た ど の よ う な 問 題 点 が あ る の か を 明 ら か に す る b )持 続 可 能 性 の 環 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 に 関 す る 指 標 群 と そ の 統 合 指 標 ( 観 的 な 持 続 可 能 性 指 標 ) お よ び ( 主 観 的 な ) 幸 福 度 指 標 の 開 発 観 指 標 と 主 観 指 標 の 関 係 に 関 す る 研 究 1 観 的 な 持 続 可 能 性 指 標 の 開 発 主 に 持 続 可 能 性 指 標 に 関 す る 文 献 調 査 と 先 進 地 域 で の 現 地 調 査 を 通 じ て 本 研 究 で 示 さ れ る 新 た な 経 済 社 会 シ ス テ ム に 合 致 し た 指 標 の 抽 出 し こ れ ら 指 標 の 統 合 化 の 方 法 を 検 討 す る そ の 際 国 立 環 境 研 究 所 で 整 備 さ れ た 持 続 可 能 性 指 標 に 関 す る デ ー タ ベ ー ス も 活 用 す る ま た 先 述 し た よ う に 指 標 の 政 策 領 域 で の 利 用 に 関 し て も 検 討 す る こ れ を 受 け て 新 た な 経 済 社 会 シ ス テ ム が 示 さ れ る こ と か ら ま ず は 環 境 経 済 社 会 等 の 分 野 の 重 み づ け 方 法 と と も に 新 た な 持 続 可 能 性 統 合 指 標 を 開 発 す る と と も に こ の 指 標 を 用 い た 評 価 方 法 も 検 討 す る つ い で 指 標 で 用 い る デ ー タ を 既 存 の 統 計 等 か ら 取 得 し 新 た な 経 済 社 会 シ ス テ ム の 構 築 に 向 け た 進 捗 状 況 を 把 握 す る 一 方 で 現 状 と の 乖 離 も 示 す 最 後 に こ の よ う な 乖 離 を 縮 小 す る た め に 重 点 的 に 実 施 す べ き 政 策 領 域 を 提 示 す る 2 観 的 な 持 続 可 能 性 指 標 へ の 主 観 的 要 素 の 融 合 持 続 可 能 性 あ る い は 持 続 可 能 な 発 展 の 概 念 を 構 成 す る 環 境 経 済 社 会 と い っ た 項 目 に つ い て 具 体 的 な 指 標 を 提 示 し た 上 で そ れ ぞ れ の 項 目 の 重 要 度 に つ い て 人 々 が ど の よ う な 意 識 を 持 っ て い る の か を ア ン ケ ー ト 調 査 に よ っ て 明 ら か に す る ア ン ケ ー ト 調 査 に よ っ て 得 ら れ た デ ー タ は, 社 会 人 口 学 的 属 性 や 一 般 的 価 値 観 に よ る ク ロ ス 集 計 を 行 い 要 約 す る と と も に A H P ( A n a l y t i c H i e r a r c h y P r o ( c e s 階 s ) 層 化 意 思 決 定 法 ) に よ り 各 指 標 お よ び 項 目 の 重 要 度 の 算 出 を 試 み る 3 幸 福 度 指 標 の 開 発 上 記 2 の 研 究 成 果 を 参 考 に し つ つ ア ン ケ ー ト 調 査 項 目 の 拡 充 を 行 う 具 体 的 に は 環 境 経 済 社 会 と い っ た 項 目 以 外 に 主 観 的 幸 福 ( S W D, S u b j e c t i -B v e e i n g) W お e l よ l び そ れ に 関 連 す る 自 己 高 揚 自 己 実 現 一 般 的 価 値 観 な ど に つ い て 既 存 の 環 境 心 理 学 に お け る 研 究 成 果 を 参 考 に し つ つ ア ン ケ ー ト 調 査 票 を 構 築 す る そ し て ア ン ケ ー ト に よ り 得 ら れ た デ ー タ を 用 い 離 散 選 択 モ デ ル ( ロ ジ ッ ト, プ ロ ビ ッ ト 分 析 ) に よ っ て 各 測 度 の 関 係 の 把 握 を 試 み る 研 究 計 画 平 成 2 2 年 度 初 年 度 は 主 観 的 幸 福 度 と そ れ を 支 え る 観 的 要 因 に 関 す る 研 究 を 進 め る 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 社 会 進 歩 の 計 測 に 関 す る 委 員 会 報 告 書 (が 明 ら か に し て い る よ う に 主 観 的 幸 福 度 の 研 究 を 進 め る に は 心 理 学 的 な 主 観 的 豊 か さ に 基 づ く ア プ ロ ー チ と 潜 在 能 力 や 個 人 の 選 好 に 基 づ い て 評 価 で き る 観 的 豊 か さ に 基 づ く ア プ ロ ー チ の 両 方 が 必 要 で あ る 後 者 と り わ け 潜 在 能 力 ア プ ロ ー チ に 基 づ く 評 価 で は 健 康 教 育 活 動 の 豊 か さ 政 治 的 な 発 言 権 の 保 証 社 会 関 係 環 境 の 状 況 安 全 な ど が そ れ ら を 支 え る 要 素 と し て 抽 出 さ れ て い る 本 研 究 で は ま ず こ れ ら 先 行 研 究 に 依 拠 し つ つ そ れ ぞ れ の ア プ ロ ー チ の 有 効 性 と 主 観 的 幸 福 の 増 進 4

12 を 支 え る 要 素 の 概 念 的 検 討 を 深 め る さ ら に そ の 豊 か さ が 時 間 軸 を 通 じ て 長 期 的 に 保 障 さ れ た も の で あ る か ど う か を 検 証 す る に は わ れ わ れ の 社 会 を 支 え る ス ト ッ ク 水 準 が 長 期 的 に 持 続 可 能 で あ る か ど う か を 検 証 し な け れ ば な ら な い 上 記 報 告 書 で は 1 指 標 の ダ ッ シ ュ ボ ー ド を 用 い る ア プ ロ ー チ 2 単 一 の 合 成 指 標 を 用 い る ア プ ロ ー チ 3 G D P の 改 善 を 図 る ア プ ロ ー チ 4 過 剰 消 費 や 過 少 投 資 を 測 定 す る ア プ ロ ー チ の 4 つ の ア プ ロ ー チ で 問 題 に 接 近 し よ う と し て い る 本 研 究 で は こ れ ら の 有 効 性 を 検 証 す る こ と を 通 じ て よ り 望 ま し い ア プ ロ ー チ の あ り 方 を 検 討 す る し か し 本 研 究 に オ リ ジ ナ ル な 点 と し て は 資 本 概 念 を 明 確 化 し そ れ を ス ト ッ ク と フ ロ ー の 関 係 に 分 け て 分 析 し な が ら 社 会 の 持 続 可 能 性 を 評 価 し て い く ア プ ロ ー チ の 彫 琢 を 目 指 し た い と 考 え て い る と り わ け 社 会 資 本 自 然 資 本 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 に 着 目 し こ れ ら の 資 本 の 蓄 積 水 準 が 主 観 的 幸 福 に ど の よ う な 影 響 を 与 え る の か を 分 析 す る と と も に こ れ ら 資 本 の 蓄 積 の 相 互 作 用 に つ い て も 検 討 し て い く こ の よ う に 資 本 概 念 に 着 目 す る の は そ れ が 持 続 可 能 性 を 評 価 し や す い と い う こ と と 政 策 的 含 意 を 導 き や す い 概 念 だ か ら で あ る つ ま り こ れ ら 資 本 ス ト ッ ク の 増 進 が 持 続 可 能 な 発 展 と 主 観 的 幸 福 を 高 め る の で あ れ ば そ れ を 高 め る よ う な 投 資 政 策 は 何 か と い う 問 い の 立 て 方 が 可 能 に な る こ こ か ら 政 策 研 究 を 展 開 す る 場 合 の 基 礎 的 な 概 念 を 構 築 す る 新 た な 経 済 社 会 像 の 検 討 に 際 し て O E C D,I E A,W H O, W F O 等 各 国 際 機 関 等 に お け る 経 済 社 会 の 様 々 な 側 面 に 関 す る 長 期 予 測 デ ー タ を 収 集 整 理 す る と と も に 各 国 レ ベ ル で の 超 長 期 ビ ジ ョ ン 策 定 の 事 例 や 政 策 の 合 意 形 成 に 至 る プ ロ セ ス ( 例 : フ ラ ン ス の グ ル ネ ル プ ロ ジ ェ ク ト ス テ ー ク ホ ル ダ ー を 多 数 巻 き 込 み 数 百 の 政 策 提 案 を 行 っ た ) に つ い て 調 査 し そ こ か ら 得 ら れ る 示 唆 を ま と め る ま た 人 間 社 会 に お い て 本 来 的 本 質 的 に 重 要 で あ る と 思 わ れ る い く つ か の 原 則 を 抽 出 し 環 境 保 全 の 観 点 か ら 分 析 を 試 み る こ と で 新 た な 経 済 社 会 に お い て 保 持 確 立 さ れ る こ と が 望 ま し い 原 則 を 明 ら か に す る 具 体 的 に は 二 酸 化 炭 素 の 排 出 や 有 限 な 資 源 の 利 用 に つ い て 世 代 間 の 公 平 性 確 保 の 観 点 か ら 効 果 的 な 政 策 手 法 は 何 か と い っ た 課 題 に 関 す る 考 え 方 の 整 理 や そ れ ぞ れ の 経 済 主 体 が 近 視 眼 的 な 行 動 規 準 に 基 づ い て 行 動 す る こ と で 合 成 の 誤 謬 が 生 じ る 可 能 性 が あ る が 例 え ば 市 場 原 理 に 環 境 面 で の 合 理 性 を 組 み 込 ん で い く 政 策 手 法 に つ い て も 初 期 的 な 検 討 を 行 う 平 成 2 3 年 度 平 成 2 2 年 度 の 基 礎 的 な 研 究 に 基 づ い て そ れ ぞ れ の 研 究 を 深 化 さ せ 概 念 社 会 像 政 策 研 究 に つ い て 具 体 的 な 成 果 を 出 す こ と に 努 め た と り わ け 主 観 的 幸 福 度 と 持 続 可 能 性 を 社 会 資 本 人 的 資 本 自 然 資 本 社 会 関 係 資 本 の ス ト ッ ク 水 準 と 関 連 付 け な が ら そ の 評 価 を 行 っ て 行 く 我 々 の 独 自 の ア プ ロ ー チ に つ い て 理 論 的 フ レ ー ム ワ ー ク と し て 提 示 で き る よ う 完 成 さ せ る こ と を 目 指 し た ま た そ の 際 に は ど の よ う な 要 素 が 主 観 的 幸 福 と 持 続 可 能 性 を 高 め る の か と い う 点 に 関 す る 指 標 研 究 に よ っ て 明 ら か に な っ て き た 結 果 を 踏 ま え 概 念 社 会 像 政 策 の 研 究 に も そ れ ら の 成 果 を 取 り 込 ん で い く ま た 初 年 度 の 研 究 成 果 ( 指 標 群 関 係 の 成 果 も 含 め ) を 踏 ま え 環 境 経 済 社 会 の 各 側 面 か ら 我 が 国 の 特 質 特 徴 を 踏 ま え た 新 た な 社 会 像 を 考 察 提 示 し そ の 実 現 に 向 け た 政 策 の 提 案 及 び そ の 効 率 的 な 実 施 に 欠 か せ な い 円 滑 な 合 意 形 成 を 図 る た め に 考 慮 す べ き 事 項 を ま と め る 例 え ば 新 た な 経 済 社 会 に お い て は そ の す み ず み に ま で 環 境 配 慮 が 行 き 届 く こ と が 重 要 5

13 で あ る と 考 え る が 環 境 面 で の 合 理 性 を 社 会 的 な 行 動 規 範 と し て 確 立 し て い く た め に ど の よ う な 政 策 手 法 が 有 効 で あ る か も 併 せ て 提 示 す る 指 標 研 究 と し て は ( 1 ) 平 成 2 3 年 度 は 農 村 特 有 の 価 値 を 経 済 学 的 な 理 論 で は 説 明 で き な い 農 村 住 人 の 行 動 の 一 例 を 紹 介 し, そ こ か ら 住 人 が ど の よ う な 要 素 に 価 値 を 見 い だ し て い る か を 明 ら か に し, 幸 福 度 指 標 や 環 境 指 標 と し て 計 測 す べ き 要 素 を 列 挙 す る さ ら に は そ れ ら を 実 際 に 計 測 す る た め に は ど の よ う な 手 法 が ふ さ わ し く, ま た ど の よ う な 問 題 点 が あ る の か を 明 ら か に す る ま た ( 2 ) 前 年 度 に 新 た な 経 済 社 会 シ ス テ ム が 示 さ れ る こ と か ら ま ず は 環 境 経 済 社 会 等 の 分 野 の 重 み づ け 方 法 と と も に 新 た な 持 続 可 能 性 統 合 指 標 を 開 発 す る と と も に こ の 指 標 を 用 い た 評 価 方 法 も 検 討 す る つ い で 指 標 で 用 い る デ ー タ を 既 存 の 統 計 等 か ら 取 得 し 新 た な 経 済 社 会 シ ス テ ム の 構 築 に 向 け た 進 捗 状 況 を 把 握 す る 一 方 で 現 状 と の 乖 離 も 示 す 最 後 に こ の よ う な 乖 離 を 縮 小 す る た め に 重 点 的 に 実 施 す べ き 政 策 領 域 を 提 示 す る さ ら に ( 3 ) 平 成 2 2 年 度 に 実 施 し た ア ン ケ ー ト 調 査 項 目 の 拡 充 を 行 う 具 体 的 に は 環 境 経 済 社 会 と い っ た 項 目 以 外 に 主 観 的 幸 福 (S W D, S u b j e c t i v e -B W e i l n l g) お よ び そ れ に 関 連 す る 自 己 高 揚 自 己 実 現 一 般 的 価 値 観 な ど に つ い て 既 存 の 環 境 心 理 学 に お け る 研 究 成 果 を 参 考 に し つ つ ア ン ケ ー ト 調 査 票 を 構 築 す る そ し て ア ン ケ ー ト に よ り 得 ら れ た デ ー タ を 用 い 離 散 選 択 モ デ ル ( ロ ジ ッ ト, プ ロ ビ ッ ト 分 析 ) に よ っ て 各 測 度 の 関 係 の 把 握 を 試 み る 1. 3 本 研 究 の 成 果 本 研 究 の 成 果 の 第 1 は 持 続 可 能 性 と 主 観 的 幸 福 度 概 念 に 関 す る 理 論 的 実 証 的 研 究 に 関 わ る も の で あ る こ れ ら の 中 身 と そ れ を 構 成 し て い る 要 素 の 研 究 を 進 め る が そ の 結 果 と し て 環 境 ア メ ニ テ ィ 歴 史 的 景 観 自 然 資 源 の 豊 か さ な ど 自 然 資 本 ス ト ッ ク の 豊 か さ が 主 観 的 幸 福 度 に 寄 与 し て い る こ と そ し て 主 観 的 幸 福 の 研 究 か ら は 非 経 済 的 あ る い は 非 物 質 的 要 素 の 重 要 性 が 浮 か び 上 が っ て く る こ の こ と は 所 得 や 資 産 な ど の 経 済 的 要 素 そ し て 物 質 的 欲 求 を 満 た す こ と に 主 眼 を 置 く 従 来 型 の 経 済 政 策 の 焦 点 が 必 ず し も 人 々 の 求 め る も の や 現 代 の 社 会 的 重 要 性 に 応 え き れ て い な い 可 能 性 を 示 唆 す る し た が っ て 本 研 究 の 第 2 の 成 果 と し て は 持 続 可 能 性 と 主 観 的 幸 福 度 の 増 進 を 可 能 に す る 社 会 経 済 シ ス テ ム の あ り 方 ( 持 続 可 能 な 福 祉 社 会 ビ ジ ョ ン )を 明 ら か に す る と と も に そ れ を 可 能 に す る 環 境 政 策 と 福 祉 政 策 の 政 策 統 合 や 経 済 政 策 と 環 境 政 策 の 統 合 に 関 す る 具 体 的 な 姿 を 示 す こ と を 挙 げ る こ と が で き る 成 果 の 第 3 は 指 標 研 究 で あ る 地 球 サ ミ ッ ト 以 降 世 界 各 国 や 国 内 で の 諸 地 域 で の 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 進 捗 状 況 を 計 測 す べ く 各 種 の 持 続 可 能 性 指 標 (S D I)が 提 示 さ れ る と と も に (e g. U N C S D ; ) 7 各 国 各 地 域 で の 政 策 策 定 の 基 礎 資 料 と し て 活 用 さ れ て い る (e g. U K g o v e r n m e n t, ; M r i y n i o s t f t h e E n v i r o n m e n t ) i n 一 方 S w 日 e 本 d に e n お, い て 2 も 森 田 川 島 康 子 ( )を 嚆 矢 と し て 当 該 分 野 の 研 究 が 進 め ら れ 年 に は 国 立 環 境 研 究 所 に よ り 国 等 が 策 定 す る S D I が デ ー タ ベ ー ス 化 さ れ 一 般 に 公 開 さ れ て い る し か し 今 日 利 用 さ れ て い る S D I は 主 に 環 境 経 済 社 会 の 各 分 野 で 複 数 の 個 別 指 標 を ま と め 現 状 を 把 握 す る こ と を 目 的 と し た プ ロ フ ァ イ リ ン グ 型 の S D I で あ り 一 般 市 民 に 理 解 で き に く い 内 容 と な っ て い る 一 方 理 解 し や す さ と い う 面 で は E c o l o g i c a l F t p o o r i n tやg r e e n G D P 等 の 指 標 が あ る が 持 続 可 能 性 が 有 す る 環 境 経 済 社 会 等 の 側 面 を 総 合 的 に 網 羅 し て は い な い こ の よ う な 現 状 6

14 に 鑑 み 本 研 究 で は 持 続 可 能 性 の 各 側 面 を 包 括 し つ つ も 一 般 市 民 に も 理 解 し や す く 政 策 立 案 に も 利 用 可 能 な 持 続 可 能 性 統 合 指 標 を 開 発 す る こ と が 本 研 究 の 成 果 と な る だ ろ う 1. 4 行 政 ニ ー ズ と の 関 連 位 置 づ け 本 研 究 で は 持 続 可 能 性 と そ れ を 支 え る 資 本 ス ト ッ ク の 蓄 積 と そ の 相 互 関 係 そ し て そ れ ら が 主 観 的 幸 福 に ど の よ う に ポ ジ テ ィ ブ に 作 用 す る か を 明 ら か に す る ま た こ の 基 礎 研 究 に 基 づ い て 環 境 と 福 祉 政 策 の 統 合 の あ り 方 な ど 持 続 可 能 な 社 会 経 済 シ ス テ ム の デ ザ イ ン と そ の よ う な 社 会 シ ス テ ム に 移 行 す る た め の 環 境 政 策 手 法 の 姿 を 明 ら か に す る つ ま り 環 境 政 策 は 環 境 保 全 だ け で な く そ れ を 通 じ て 社 会 の 長 期 的 な 持 続 可 能 性 を 担 保 し ま た 人 々 の 主 観 的 幸 福 度 を 高 め る こ と に 貢 献 し う る こ と が 本 研 究 を 通 じ て 明 ら か に な る と い え よ う ま た 持 続 可 能 性 指 標 の 研 究 は そ の よ う な 環 境 政 策 が ど の よ う な 成 果 を 収 め て い る の か そ の 進 捗 度 を 図 る う え で 重 要 な 寄 与 を 行 う で あ ろ う 具 体 的 に は 持 続 可 能 性 に 関 す る 環 境 経 済 社 会 等 の 分 野 を 個 別 に 重 み づ け 方 法 も 提 示 す る こ と か ら 本 研 究 で 提 示 さ れ る あ る べ き 経 済 社 会 シ ス テ ム と 現 状 の 乖 離 や こ の よ う な 乖 離 を 縮 小 す る た め に 重 点 的 に 実 施 す べ き 政 策 分 野 を 評 価 す る こ と が で き る だ ろ ま た 農 村 住 人 が ど の よ う な 要 素 に 価 値 観 を 見 い だ し て い る の か そ れ を 計 測 す る た め の 指 標 に は ど の よ う な も の が あ る の か な ど を 明 ら か に す る こ と に よ っ て 地 域 の 実 情 に 応 じ た き め 細 か な 環 境 政 策 立 案 に 対 し て 有 用 な 示 唆 を 与 え る さ ら に は, 既 存 の 環 境 政 策 に つ い て も, 農 村 の 価 値 観 な ど 新 た な 視 点 か ら の 評 価 を 行 う こ と が で き る だ ろ う さ ら に 持 続 可 能 な 発 展 に 関 連 す る 環 境 経 済 社 会 と い っ た 側 面 に 対 す る 人 々 の 意 識 や 政 策 選 好 お よ び そ れ ら を 規 定 す る 社 会 人 口 学 的 要 素 と 一 般 的 な 価 値 観 と の 関 係 を 統 計 学 的 分 析 手 法 を 用 い て 定 量 的 に 明 ら か に す る こ と で 具 体 的 か つ 現 実 的 な 政 策 実 施 に む け た 指 針 を 提 供 す る こ と が 可 能 に な る そ し て こ の よ う な 指 標 群 を ど の よ う な 政 策 の 場 面 で 活 用 し て い く べ き か 具 体 的 な 提 示 を 試 み た い 政 策 的 イ ン プ リ ケ ー シ ョ ン 本 研 究 が 明 ら か に し た の は G D P が 対 象 と し て い る 範 囲 を 超 え て 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 自 然 資 本 そ し て 人 工 資 本 と い っ た 様 々 な ス ト ッ ク 水 準 が 我 々 の 福 祉 水 準 に 影 響 を 与 え て い る と い う こ と で あ る そ し て 経 済 的 に 豊 か さ を 増 す に つ れ て ま す ま す 所 得 や 資 産 以 外 の 要 素 条 件 が 我 々 の 福 祉 水 準 に 与 え る 影 響 は 大 き く な っ て い く 傾 向 が み ら れ る し た が っ て 今 後 わ れ わ れ が 真 の 豊 か さ を 把 握 し そ れ を 向 上 さ せ る た め の 公 共 政 策 を 実 施 し た い と 考 え る な ら ば 既 存 の 社 会 経 済 指 標 に 加 え て 主 観 的 幸 福 度 を 含 め た 幸 福 度 指 標 の 充 実 が 必 要 に な る の は 必 然 で あ る よ う に 思 わ れ る も う 1 点 重 要 な の は 我 々 の 福 祉 水 準 が 時 間 軸 で み て 持 続 可 能 か ど う か を つ ね に 検 証 し な が ら 公 共 政 策 を 実 施 し て い か な け れ ば な ら な い と い う こ と で あ る 現 時 点 で の 福 祉 水 準 が 高 い か ら と い っ て そ れ が 将 来 的 に も 維 持 さ れ る 保 障 は な い 経 済 成 長 が 持 続 可 能 か あ る い は 財 政 的 に 持 続 可 能 か と い っ た 論 点 に つ い て は か な り 多 く の 議 論 が 行 わ れ て い る が わ れ わ れ の 社 会 や 環 境 を 含 め た 非 経 済 的 な 社 会 的 条 件 が 持 続 可 能 か ど う か に つ い て は こ れ ま で 経 済 的 条 件 ほ ど 光 が 当 て ら れ て こ な か っ た し か し 非 経 済 的 条 件 が 我 々 の 幸 福 度 に 対 し て 及 ぼ す 影 響 が 大 き い の で あ れ ば そ れ が 持 続 可 能 か ど う か に つ い て の 情 報 も 作 り 出 さ な け れ ば な ら な い し そ れ に 基 づ い て 我 々 の 社 会 が 持 続 可 能 な 毛 色 に 乗 っ て い る か ど う か つ ね に 検 証 し な が 7

15 ら 前 に 進 ん で い く 必 要 が あ る も ち ろ ん こ れ ら の 社 会 的 条 件 の 持 続 可 能 性 を 定 量 的 に 正 確 に 計 測 す る の は い ま な お 困 難 だ が し か し こ の 点 を め ぐ っ て い ま 世 界 的 に 膨 大 な 研 究 投 資 と 知 的 資 源 の 投 入 が 行 わ れ 始 め て お り 確 実 に 知 識 の 蓄 積 と 方 法 的 な 革 新 は 進 ん で い く で あ ろ う 日 本 と し て も 世 界 各 国 で 行 わ れ て い る こ の 研 究 動 向 に 対 す る 目 配 り を 忘 れ る こ と な く 自 ら も よ り よ い 指 標 の 開 発 と そ れ を ガ イ ド ラ イ ン と し て 公 共 政 策 が 実 施 で き る よ う な 運 用 可 能 性 の 向 上 を 図 る べ き で あ ろ う 以 上 が 総 論 で あ る さ て 我 々 の 研 究 の 各 論 か ら 引 き 出 す こ と の で き る 政 策 的 イ ン プ リ ケ ー シ ョ ン は 次 の よ う に な る ま ず 第 3 章 か ら は 生 活 の 利 便 性 や 居 住 地 の 自 然 環 境 が 人 々 の 幸 福 度 と 生 活 満 足 度 に 影 響 を 与 え て い る こ と か ら 地 域 住 民 の 住 環 境 に 関 す る 主 観 的 評 価 を 改 善 さ せ る 政 策 の 実 施 が 人 々 の 幸 福 度 の 増 進 に 資 す る と 考 え て よ い し た が っ て 街 づ く り や 地 域 の 環 境 整 備 な ど 地 方 政 府 が 担 う 政 策 分 野 に お い て こ の よ う な 政 策 の 実 施 が 重 要 に な る と 考 え ら れ る 次 に 人 々 の 生 活 の 質 の 測 定 精 度 を 高 め る た め に も 幸 福 度 や 生 活 満 足 度 に 関 す る 主 観 的 情 報 の 収 集 と 整 備 が 不 可 欠 で あ る ま た 既 存 研 究 や こ こ で の 分 析 で 明 ら か に な っ た 幸 福 度 へ の 影 響 要 因 た と え ば 準 拠 集 団 の 所 得 や 幸 福 度 健 康 状 態 居 住 地 域 の 生 活 環 境 な ど に 関 す る 主 観 的 評 価 の 情 報 も 同 時 に 整 備 さ れ る べ き で あ る そ れ ら の 情 報 は 主 観 的 幸 福 度 の 決 定 メ カ ニ ズ ム を 理 解 す る と い う 目 的 の み な ら ず 幸 福 度 の 増 進 の た め の 関 連 す る 政 策 の 実 施 に も 不 可 欠 で あ る 第 4 章 で は 持 続 可 能 性 指 標 に 関 す る 新 指 標 の 提 示 を 行 な っ た そ の 過 程 で 分 か っ た こ と は ど う い う 指 標 群 に よ っ て 持 続 可 能 性 を 図 る か に よ っ て 日 本 の 国 際 的 な 位 置 づ け も 当 然 の こ と なが ら 変 化 し て く る と い う 事 実 で あ る 例 え ば 第 4 章 で 実 際 に O E C D 指 標 に 対 し て 8 指 標 を 追 加 し た 結 果 日 本 の ラ ン キ ン グ が 上 昇 し た し か し ス コ ア の 最 大 値 と 最 小 値 の 差 で あ る レ ン ジ を み た 場 合 O E C D 指 標 よ り 2 8 指 標 の レ ン ジ が 縮 ま っ て お り 指 標 を 増 や す こ と で 値 が 平 準 化 さ れ 総 体 的 に 3 4 カ 国 の 差 が 縮 ま っ て い る こ と が 示 唆 さ れ た 指 標 群 の 構 築 に 関 す る 今 後 の 課 題 と し て は ま ず デ ー タ の 利 用 可 能 性 の 問 題 が あ る 試 算 の 際 に は 比 較 的 デ ー タ が 整 備 さ れ て い る 小 項 目 に 対 す る 変 数 を 用 い て 試 算 を 試 み た が 必 ず し も 本 報 告 書 表 で 示 し た 小 項 目 す べ て に 対 し て デ ー タ が 利 用 可 能 で は な い 特 に 主 観 指 標 に 関 し て は 整 備 が 遅 れ て い る も し G D P に 代 わ り 提 案 し た 指 標 群 に よ る 幸 福 度 を 今 後 計 測 す る の で あ れ ば 未 整 備 の デ ー タ を 早 急 に 整 備 す る 必 要 が あ る 提 案 し た 指 標 群 で は 数 多 く の 主 観 的 満 足 度 に 関 す る 小 項 目 が 示 さ れ た が こ れ ら を 政 策 上 ど の よ う に 解 釈 し ど の よ う に 活 用 し て い く か と い う 課 題 が 残 さ れ て い る v a n P r a a g e t a l ( )に よ る 主 観 的 満 足 度 の 相 関 関 係 に 関 す る 研 究 が あ る と は い え こ れ ら の 指 標 の 政 策 上 で の 使 用 活 用 に 関 す る 研 究 は 管 見 の 限 り み あ た ら ず 主 観 指 標 の 政 策 で の 活 用 に 関 す る 研 究 が 今 後 必 要 で あ る と い え る 第 6 章 で は ま ず G D P に 代 わ る マ ク ロ 指 標 と し て 開 発 さ れ た 指 標 を 紹 介 し 国 連 で 提 案 さ れ た S E E A お よ び D a l yと C o b b に よ っ て 提 唱 さ れ た I S E W を 取 り 上 げ そ の 構 造 と 特 徴 そ し て G D P に 代 わ る 指 標 と し て の 有 効 性 を 検 証 し た 続 い て 地 域 に お け る 豊 か さ 評 価 の 重 要 性 を 説 明 し た 上 で 農 村 と 都 市 に 分 け た I S E W 推 計 を 事 例 と し て 政 策 へ の 適 用 に 関 す る 合 成 指 標 の 限 界 を 示 し た S E E A 以 外 の 有 力 な 代 替 的 マ ク ロ 指 標 と し て は, I S E W が 挙 げ ら れ る I S E W は G D P の 構 8

16 成 要 素 で あ る 個 人 消 費 を ベ ー ス と し て, 国 民 の 豊 か さ に 反 映 さ れ な い 支 出 を 控 除 し, G D P に 含 ま れ な い が 国 民 の 豊 か さ に 反 映 す る 支 出 を 計 上 し て G D P を 修 正 し た 代 替 的 マ ク ロ 指 標 で あ る こ れ ま で I S E W,そ し て そ の 改 良 版 で あ る G P I に つ い て は 日 本 を は じ め 各 国 で 推 計 が 行 わ れ て き た G D P の 代 替 的 マ ク ロ 指 標 と し て は I S E W や G P I を 用 い る こ と が 現 時 点 で は 1 つ の 選 択 と 考 え ら れ る そ の 際, 豊 か さ の 価 値 観 評 価 す べ き 評 価 軸 は 地 域 ご と に 大 き く 異 な り た と え マ ク ロ 指 標 と い え ど も 国 全 体 で 1 つ の 指 標 を 算 出 す る だ け で は 不 十 分 で 特 性 が 似 た 地 域 だ け で 評 価 を 行 う こ と が 望 ま し く 評 価 す べ き 空 間 単 位 は よ り 小 さ な ほ う が 望 ま し い が 現 状 の デ ー タ 制 約 を 考 慮 す る と S E E A やI S E Wは 都 道 府 県 レ ベ ル が 現 時 点 で の 最 小 評 価 空 間 単 位 と 考 え ら れ る 一 方 で I S E W で 取 り 上 げ る べ き 各 項 目 の 間 に は, 推 計 方 法 の 確 立 度 及 び デ ー タ の 利 用 可 能 性 に 大 き な 差 が あ り こ れ を 無 視 し て 1 つ の 合 成 指 標 と し て I S E Wを 推 計 す る こ と は 政 策 利 用 へ の 適 用 可 能 性 の 観 点 か ら は 望 ま し い こ と で は な い そ の 意 味 で は 合 成 指 標 で あ る I S E W の 政 策 利 用 は 国 民 へ の ア ピ ー ル の 役 割 に 留 ま り 政 策 実 行 の 根 拠 と し て I S E W が 位 置 づ け ら れ る 段 階 に は な い と 考 え る 最 後 に 第 5 章 で は 各 国 の 持 続 可 能 性 指 標 利 用 の 実 態 分 析 の 結 果 を 明 ら か に し た が 今 後 我 が 国 だ け で な く 人 類 全 体 の 経 済 社 会 活 動 を 持 続 可 能 な も の へ と 変 革 し て い く た め に は 経 済 社 会 活 動 全 体 を 網 羅 す る 制 度 や 組 織 の 構 築 も 含 め た 本 格 的 な 対 応 が 急 務 で あ る こ と が 明 ら か と な っ た 特 に 日 本 に と っ て 問 題 な の は 持 続 可 能 性 に 関 し て こ れ を 統 合 的 に ま と め あ げ た 本 格 的 な 戦 略 や 計 画 が 存 在 し な い と い う 点 に あ る 横 断 的 に は た と え ば 経 済 的 観 点 か ら の 計 画 や 戦 略 環 境 面 か ら の 計 画 等 は 存 在 す る が 環 境 経 済 社 会 の 各 側 面 を 統 合 し た 持 続 可 能 性 の 向 上 ま た は 確 保 の た め の 戦 略 を 早 急 に 策 定 し 政 府 全 体 と し て 我 が 国 以 外 の 国 や 地 域 の 持 続 可 能 性 も 視 野 に 入 れ た 対 策 を 講 じ る こ と が で き る よ う 舵 を 切 っ て い く 必 要 が あ ろ う 目 下 の と こ ろ 政 治 的 に は 経 済 的 な 回 復 が 高 い 優 先 性 を 有 し て い る が 良 好 な 環 境 な し に は 経 済 社 会 活 動 の 持 続 性 も 確 保 さ れ な い 東 日 本 大 震 災 か ら の 復 旧 復 興 は 多 方 面 に 及 ぶ た め こ れ を 奇 貨 と し て 環 境 面 で の 対 策 を 十 分 取 り 入 れ た 環 境 都 市 の 構 築 に よ り 理 念 や 計 画 だ け で な い 具 体 的 実 体 的 な 取 り 組 み を 進 め る こ と も 重 要 で あ る 2.2 カ 年 に お け る 進 捗 状 況 カ 年 に お け る 実 施 体 制 ( 研 究 参 画 者 と 分 担 項 目 前 年 度 か ら の 改 善 事 項 等 ) 分 担 項 目 ( 1 ) 持 続 可 能 な 発 展 お よ び 主 観 的 幸 福 概 念 お よ び そ の 規 定 要 因 に 関 す る 理 論 的 実 証 研 究 ( 2 ) 環 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 を 踏 ま え た 持 続 可 能 な 発 展 を 支 え る 経 済 社 会 シ ス テ ム の あ り 方 お よ び そ れ を 可 能 に す る 政 策 手 法 の 研 究 ( 3 ) 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る マ ク ロ 的 ミ ク ロ 的 指 標 の 開 発 a ) G D P を は じ め と す る 既 存 の マ ク ロ 経 済 指 標 の 問 題 点 の 整 理 そ の 改 善 方 向 の 提 示 と り わ け 地 域 お よ び 農 業 農 村 の 観 点 か ら ア プ ロ ー チ す る 9

17 b ) 持 続 可 能 性 の 環 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 に 関 す る 指 標 群 と そ の 統 合 指 標 ( 観 的 な 持 続 可 能 性 指 標 ) お よ び ( 主 観 的 な ) 幸 福 度 指 標 の 開 発 観 指 標 と 主 観 指 標 の 関 係 に 関 す る 研 究 研 究 参 画 者 担 当 分 担 項 目 諸 富 徹 ( 京 都 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 ) ( 1 ) 柳 下 正 冶 ( 上 智 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 研 究 科 教 授 ) ( 2 ) 山 下 潤 ( 九 州 大 学 大 学 院 比 較 社 会 文 化 研 究 院 准 教 授 ) ( 3 -b ) 林 岳 ( 農 林 水 産 政 策 研 究 所 主 任 研 究 官 ) ( 3 -a ) 佐 々 木 健 吾 ( 名 古 屋 学 院 大 学 経 済 学 部 講 師 ) ( 3 -a ) 鈴 木 政 史 ( 関 西 大 学 経 営 学 部 准 教 授 ) ( 2 ) 本 多 功 一 ( 上 智 大 学 大 学 院 博 士 前 期 課 程 ) ( 2 ) 西 口 由 紀 ( 上 智 大 学 大 学 院 博 士 前 期 課 程 ) ( 2 ) カ 年 に お け る 進 捗 状 況 ( 1 ) 持 続 可 能 な 発 展 お よ び 主 観 的 幸 福 概 念 お よ び そ の 規 定 要 因 に 関 す る 理 論 的 実 証 研 究 持 続 可 能 な 発 展 概 念 と 主 観 的 幸 福 概 念 に つ い て の 概 念 的 理 論 的 整 理 を 行 っ た 持 続 可 能 な 発 展 論 か ら 見 る と 資 本 ア プ ロ ー チ を 採 用 す る こ と は き わ め て 有 用 か つ 有 力 な 手 法 だ が 直 接 的 に 主 観 的 幸 福 に ア プ ロ ー チ し そ れ に 対 し て 自 然 資 本 や 社 会 関 係 資 本 が ど れ ほ ど の イ ン パ ク ト を 与 え る の か を 研 究 す る こ と も 重 要 な イ ン プ リ ケ ー シ ョ ン を 与 え る こ と を 明 ら か に し た 最 後 に 本 研 究 全 体 の 連 関 を 取 り ま と め た H 2 3 年 度 は 富 の 賦 存 量 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 を 人 的 資 本 自 然 資 本 社 会 関 係 資 本 に 焦 点 を 当 て な が ら さ ら に 掘 り 下 げ て 理 論 的 解 明 を 行 な っ た こ れ ま で に こ れ ら の 資 本 が 持 続 可 能 性 と ど の よ う な 関 係 を 持 っ て い る の か と い う 点 に つ い て は 比 較 的 多 く の 研 究 が 行 わ れ て き た し か し こ れ ら の 資 本 が 主 観 的 幸 福 に ど の よ う な 影 響 を 与 え る の か と い う 点 に つ い て の 研 究 は む し ろ 今 後 の 開 拓 の 余 地 が 大 き い テ ー マ で あ る さ ら に 本 研 究 で は 福 祉 ( w e -b l e l i n g ) あ る い は 主 観 的 幸 福 の 概 念 に つ い て さ ら に 深 め て 探 求 を 行 な っ た こ の 概 念 に は お そ ら く 福 祉 に 貢 献 す る 財 や サ ー ビ ス だ け で な く 森 林 の 恵 み や 美 し い 日 没 な ど 自 然 に よ っ て 無 償 で 供 給 さ れ る 財 サ ー ビ ス も が 含 ま れ る べ き だ と い う こ と に な る だ ろ う こ れ は 一 人 当 た り 自 然 資 本 が 直 接 的 に 主 観 的 幸 福 を 高 め る 理 論 的 可 能 性 を 示 唆 し て い る が 本 研 究 で は そ の こ と が 実 証 研 究 に よ っ て も 確 か め ら れ て い る こ と が 明 ら か に な っ た 本 研 究 の 特 徴 の 1 つ は 社 会 関 係 資 本 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 に 焦 点 を 当 て て い る 点 に あ る 既 に 実 証 研 究 で は 主 観 的 幸 福 に 対 し て 直 接 的 間 接 的 に 強 い イ ン パ ク ト を 持 っ て い る こ と が 明 ら か に さ れ て い る 社 会 関 係 資 本 が 持 続 可 能 な 発 展 や 主 観 幸 福 に と っ て 重 要 性 を も つ 理 由 は そ れ が 直 接 的 に 我 々 の 幸 福 度 を 引 き 上 げ る 可 能 性 を も っ て い る と い う 点 に あ る 本 研 究 で は そ の 因 果 関 係 に 関 す る 理 論 的 枠 組 の 提 示 を 試 み た ( 2 ) 環 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 を 踏 ま え た 持 続 可 能 な 発 展 を 支 え る 経 済 社 会 シ ス テ ム 10

18 の あ り 方 お よ び そ れ を 可 能 に す る 政 策 手 法 の 研 究 本 研 究 の 目 的 は 環 境 経 済 社 会 の 総 合 的 な 発 展 に 向 け た 経 済 社 会 シ ス テ ム の 在 り 方 を 検 討 す る と 共 に そ の 進 展 を 評 価 す る た め の 指 標 ( い わ ゆ る イ ン デ ィ ケ ー タ ー ) の 導 入 の 可 能 性 を 探 る こ と で あ る ま た そ の よ う な 指 標 が 持 続 可 能 な 新 た な 社 会 像 の 実 現 に 向 け て 市 民 参 加 と 合 意 形 成 の プ ロ セ ス に 活 用 で き る か と い う 問 い も 本 研 究 は 取 り 扱 う 本 研 究 で は 政 策 手 法 の 検 討 を 行 う 際 に 必 要 と な る 情 報 を 先 行 文 献 調 査 及 び 現 地 調 査 を 通 し て 収 集 し た 具 体 的 に は 以 下 の 4 項 目 に 研 究 課 題 に 絞 っ て 作 業 を 行 っ た 1. OECD における GGI(Green Growth Indicators グ : リ ー ン 成 長 指 標 ) の 最 新 動 向 の 調 査 2. O E C D に お け る S I A(S u s t a i n a b l e I m p a c t A s s e s s m 持 e 続 n t 可 : 能 性 影 響 評 価 ) の 最 新 動 向 の 調 査 及 び 政 策 評 価 ツ ー ル と し て の 有 効 性 に つ い て 予 備 的 な 検 討 3. フ ラ ン ス の ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に お け る 現 在 の 検 討 状 況 の 調 査 4. E U の B e y o n d G D P の 動 向 の 調 査 現 地 調 査 に 関 し て は 平 成 2 3 年 2 月 1 日 か ら 1 0 日 の 間 に O E C D 及 び E C を 中 心 に 本 研 究 テ ー マ に 関 わ る 欧 州 の キ ー パ ー ソ ン に 対 し て ヒ ア リ ン グ 調 査 を 行 っ た ( 調 査 ス ケ ジ ュ ー ル 及 び ヒ ア リ ン グ の 対 象 者 に 関 す る 情 報 は 添 付 資 料 を 参 照 ) ヒ ア リ ン グ 調 査 の 結 果 上 記 4 つ の 項 目 の 研 究 課 題 に 関 し て 得 ら れ た 情 報 及 び 見 地 を 簡 単 に ま と め て お く と 次 の よ う に な る グ リ ー ン 成 長 指 標 ( G G I) グ リ ー ン 成 長 指 標 と は 将 来 の グ リ ー ン 成 長 の 推 進 に 向 け そ の 進 捗 状 況 を モ ニ タ リ ン グ す る 指 標 のことである O E C D は 年 にグリーン 成 長 指 標 に 関 する 報 告 書 を 発 表 し (E N V / E P O C/ S E ( ) ) 4 指 標 の 先 駆 的 な 方 法 論 手 段 の 枠 組 を 示 す と 共 に グ リ ー ン グ ロ ー ス 指 標 の 内 容 を 記 述 し た 現 地 調 査 を 通 し て グ リ ー ン 成 長 指 標 は O E C D の 中 で も 大 き な 注 目 を 集 め て い る 課 題 で あ り 年 の O E C D 閣 僚 理 事 会 に お け る 検 討 に 注 視 す る 必 要 が あ る と い う 見 解 を 得 た 一 方 ど の 指 標 を 導 入 す る か と い う 点 に お い て O E C D メ ン バ ー 国 の 間 で 合 意 が 取 れ て い な い 面 も あ り こ れ か ら の 動 向 が 注 目 さ れ る 持 続 性 可 能 性 影 響 評 価 ( S I A) S I A と は 方 法 論 的 手 段 で あ り 経 済 社 会 環 境 の 三 つ の 側 面 に お け る 政 策 措 置 戦 略 計 画 等 の 総 合 的 な 評 価 プ ロ セ ス で も あ る S I A の 最 大 の 目 的 は 分 野 横 断 的 で 長 期 的 な 視 点 を 組 み 込 ん だ 統 括 的 な 政 策 の 進 展 を 図 る こ と で あ る O E C D は 年 に S I A の ガ イ ダ ン ス を 発 表 ( S G / S D ( ) ) 2 す る と 共 に 年 に S I A を 用 い て O E C D の い わ ゆ る グ リ ー ン 成 長 戦 略 の 試 し の 評 価 を 行 っ た ( S G / S D ( ) ) 8 欧 州 に お い て は ス イ ス 及 び ベ ル ギ ー が 国 内 政 策 の 評 価 に 関 し て 独 自 の S I A 手 法 を 開 発 し て い る 中 で も ベ ル ギ ー は 国 内 政 策 の 実 施 に お い て S I A の 活 用 を 法 律 で 義 務 づけている 実 際 の 運 用 に 関 してはいくつか 問 題 点 が 指 摘 されるが L e a r n i n g b y d o i で n g 臨 ん で お り そ の 進 展 が 注 目 さ れ る ま た 欧 州 の 大 学 の 研 究 機 関 を 中 心 に L I A S E と い う 研 究 コ ー ン ソ ー シ ア ム が 設 立 さ れ て S I A に 関 す る 5 年 間 の 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト が 実 施 さ れ て い る 本 年 は ま だ 本 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト の 2 年 目 で あ る の で こ れ か ら の 進 展 に 注 視 1 1

19 す る 必 要 が あ る フ ラ ン ス の ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 及 び E U の B e y o n d G D P ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 が 提 出 さ れ 一 年 が 経 過 し た 現 在 幸 福 度 及 び 持 続 可 能 性 に 関 す る 理 解 を 深 め る べ く 多 く の 調 査 研 究 が 実 施 さ れ 報 告 書 が 公 刊 さ れ た E U に お い て も B e y o n d G D P の 考 え 方 G D P で は 測 れ な い 幸 福 度 ( w e l l-b e i n g) や 生 活 の 質 を 測 定 し よ う と す る 動 き は 約 5 年 前 か ら 開 始 さ れ 欧 州 議 会 の E n v i r o n m e n t, P u b l i c H e a l t h a n d F o o d S 委 a f 員 e t 会 y が 政 策 立 案 の 過 程 に お い て G D P に 代 わ る 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 新 し い 指 数 の 作 成 提 案 を 行 っ て い た 一 方 幸 福 度 を ど の よ う に 扱 う か と い う 点 に 関 し て は E U の 中 で も ま だ ま だ こ れ か ら 研 究 を 詰 め て い く 段 階 の よ う で あ る こ の 他 に 特 筆 す べ き は 本 研 究 テ ー マ に お け る フ ラ ン ス 持 続 可 能 省 の 動 向 と G D P に か わ る 新 し い 指 数 を 導 入 し よ う と い う そ の 強 い イ ニ シ ア テ ィ ブ で あ る フ ラ ン ス 政 府 は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 を 発 足 さ せ る と 共 に 年 か ら G D P に か わ る 新 し い 指 数 の 導 入 を 国 の 戦 略 と し て 位 置 付 け た そ し て 持 続 可 能 指 数 と 呼 ば れ る 指 数 (1 5 の H i g h l i g h 指 t 数 と 3 6 の 補 足 的 な 指 数 ) を 導 入 し た そ の 導 入 過 程 に は ガ バ ナ ン ス フ ァ イ ブ と 呼 ば れ る ス テ ー ク ホ ル ダ ー を 中 心 と し た 参 加 型 の 政 策 立 案 プ ロ セ ス が し っ か り と 導 入 さ れ て い る よ う で あ る 現 在 そ の 取 り 組 み は サ ル コ ジ メ ル ケ ル 報 告 書 が 出 さ れ て か ら フ ラ ン ス 一 国 か ら 他 の 欧 州 の 地 域 に 広 が る 可 能 性 を 秘 め て い る ( 3 ) 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る マ ク ロ 的 ミ ク ロ 的 指 標 の 開 発 a ) G D P を は じ め と す る 既 存 の マ ク ロ 経 済 指 標 の 問 題 点 の 整 理 そ の 改 善 方 向 の 提 示 本 研 究 で は ま ず G D P に 代 わ る マ ク ロ 指 標 と し て 開 発 さ れ た い く つ か の 指 標 の 検 討 を 行 っ た 次 に, 国 連 で 提 案 さ れ た S E E A を 取 り 上 げ そ の 特 徴 と 限 界 点 を 分 析 し た さ ら に S E E A に お け る 限 界 を 克 服 す る マ ク ロ 指 標 と し て 持 続 可 能 経 済 福 祉 指 標 ( I S E W) を 取 り 上 げ そ の 構 造 と 特 徴 を 解 説 す る と と も に 過 去 に I S E W を 適 用 し た 指 標 の 試 算 事 例 を 紹 介 す る b ) 持 続 可 能 性 の 環 境 的 経 済 的 社 会 的 側 面 に 関 す る 指 標 群 と そ の 統 合 指 標 お よ び 幸 福 度 指 標 の 開 発 観 指 標 と 主 観 指 標 の 関 係 に 関 す る 研 究 本 研 究 は ま ず 年 1 月 に 実 施 し た ウ ェ ブ ア ン ケ ー ト 調 査 で 得 ら れ た デ ー タ に 基 づ い て 主 観 的 幸 福 と そ れ を 説 明 す る 要 因 の 間 の 関 係 に つ い て 順 序 ロ ジ ス テ ィ ッ ク 回 帰 モ デ ル に 基 づ い て 分 析 を 行 っ た そ の 結 果 1) 既 婚 だ と 幸 福 度 が 高 く な る 2) 子 持 ち の 生 活 満 足 度 は 下 が る 3) 年 収 と 幸 福 度 生 活 満 足 度 は 正 の 相 関 を 示 す 4) 教 育 年 数 と 幸 福 度 生 活 満 足 度 は 正 の 相 関 を 示 す 5) 健 康 状 態 と 幸 福 度 生 活 満 足 度 は 正 の 相 関 を 示 す 6) 女 性 の ほ う が 幸 福 度 生 活 満 足 度 が 高 い 7) 年 齢 と 幸 福 度 は U 字 型 の 関 係 に あ る と い っ た 結 果 が 得 ら れ た 次 に 持 続 可 能 性 指 標 (s u s t a i n a b l e d e v e l o p m e n t i n d i c a )と t o r s 福 祉 指 標 (w e l -b l e i n g i n d i c a t o ) r s の 政 策 分 野 に お け る 活 用 に 関 し て ノ ル ウ ェ ー と カ ナ ダ の 事 例 を 現 地 調 査 に 基 づ い て 調 査 研 究 し た ノ ル ウ ェ ー で は 国 家 予 算 内 で 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 か 試 み ら れ る 一 方 で カ ナ ダ で は 福 祉 指 標 等 を 用 い た 福 祉 や 生 活 満 足 度 の 現 状 把 握 が 試 み ら れ て い る こ と が 分 か っ た 12

20 2. 3ミ ー テ ィ ン グ 開 催 や 対 外 的 発 表 等 の 実 施 状 況 平 成 2 2 年 度 第 1 回 研 究 会 日 時 : 年 1 0 月 8 日 ( 金 ), 1 6 時 半 ~ 1 9 時 会 場 : 京 都 テ ル サ 第 4 会 議 室 内 容 : 本 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト の 分 担 項 目 に つ い て の 研 究 推 進 方 針 の 報 告 と 討 論 第 1 回 環 境 省 と の 打 合 せ 日 時 : 年 1 月 日 ( 火 ), 1 7 時 半 ~ 場 所 : 環 境 省 環 境 計 画 課 第 2 回 研 究 会 日 時 : 年 1 月 2 7 日 ( 木 ) 1 3 時 ~ 1 7 時 場 所 : 京 都 テ ル サ 会 議 室 4 内 容 : 中 間 報 告 書 作 成 の た め の 準 備 報 告 お よ び 欧 州 調 査 結 果 報 告 第 2 回 環 境 省 と の 打 合 せ 日 時 : 年 2 月 9 日 ( 水 ) 1 4 : 0 0~ 場 所 : 三 菱 総 合 研 究 所 4 階 会 議 室 C R -D 平 成 2 3 年 度 第 1 回 環 境 省 打 合 せ 日 時 : 4 月 21 日 ( 木 ) 1 6 時 ~ 場 所 : 環 境 省 環 境 計 画 課 ( 中 央 合 同 庁 舎 第 5 号 館 2 5 階 ) 第 1 回 定 例 研 究 会 日 時 : 年 5 月 2 6 日 ( 木 ) < 1 > 1 2 : 0 0~ 新 年 度 の 研 究 方 針 と 成 果 の イ メ ー ジ 共 有 ( ラ ン チ を 兼 ね て 内 部 打 合 せ ) 場 所 : 京 大 内 フ レ ン チ レ ス ト ラ ン ラ ト ゥ ー ル < 2 > 1 3 : 3 0~ 外 部 講 師 を 招 聘 し て の 勉 強 会 場 所 : 京 都 大 学 法 経 済 学 部 東 館 7 階 小 会 議 室 牧 野 松 代 先 生 ( 兵 庫 県 立 大 学 ) 大 橋 照 枝 先 生 ( 東 北 大 学 ) 第 2 回 定 例 研 究 会 日 時 : 年 7 月 2 9 日 ( 金 ) 1 0 ~1 2 時 場 所 : 京 都 大 学 法 経 済 学 部 東 館 8 階 リ フ レ ッ シ ュ ル ー ム 内 容 : 山 下 先 生 林 先 生 よ り そ れ ぞ れ ご 報 告 13

21 第 2 回 環 境 省 打 合 せ 日 時 : 1 月 日 ( 月 ) 午 後 1 時 ~ 3 時 場 所 : 環 境 省 環 境 計 画 課 ( 中 央 合 同 庁 舎 第 5 号 館 2 5 階 ) 第 3 回 定 例 研 究 会 日 時 : 年 1 月 日 ( 月 ) 午 後 3 時 3 0 分 ~ 5 時 3 0 分 場 所 : 京 都 大 学 経 済 研 究 所 東 京 分 室 内 容 : 國 光 先 生 ご 講 演 第 4 回 定 例 研 究 会 日 時 : 年 1 月 1 0 日 ( 火 )1 7 :0 0 ~2 0 :0 0 場 所 : メ ル パ ル ク 京 都 4F 研 修 室 2 藍 1. 研 究 報 告 (2 時 間 ) 1 諸 富 研 究 報 告 2 柳 下 先 生 チ ー ム 欧 州 調 査 報 告 2. 報 告 書 作 成 に 向 け て の 打 合 せ (1 時 間 ) 幸 福 度 お よ び 持 続 可 能 性 指 標 に 関 す る ワ ー ク シ ョ ッ プ 日 時 : 年 3 月 1 3 日 ( 火 )1 3 : 0 0~1 7 : 0 0 場 所 : 上 智 大 学 四 ツ 谷 キ ャ ン パ ス 2 号 館 5 階 教 室 1. 研 究 報 告 (2 時 間 3 0 分 ) 報 告 1 : 持 続 可 能 な 発 展 お よ び 主 観 的 幸 福 概 念 の 理 論 的 研 究 諸 富 徹 京 都 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 報 告 2 : 主 観 的 幸 福 と 政 策 満 足 度 の 規 定 要 因 佐 々 木 健 吾 名 古 屋 学 院 大 学 経 済 学 部 専 任 講 師 報 告 3 : 持 続 可 能 性 指 標 活 用 の 試 案 山 下 潤 九 州 大 学 大 学 院 比 較 社 会 文 化 研 究 院 准 教 授 報 告 4 : 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 ( 北 欧 フ ラ ン ス 等 を 中 心 に ) 柳 下 正 治 上 智 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 研 究 科 教 授 鈴 木 政 史 関 西 大 学 商 学 部 商 学 科 准 教 授 西 口 由 紀 本 多 功 一 上 智 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 2 年 報 告 5 : 環 境 経 済 統 合 勘 定 ( S E E A )と 持 続 可 能 経 済 福 祉 指 標 ( I S E W ) 林 岳 農 林 水 産 政 策 研 究 所 食 料 環 境 領 域 主 任 研 究 官 2. コ メ ン ト ( 3 0 分 ) 1 草 郷 孝 好 関 西 大 学 社 会 学 部 教 授 2 田 崎 智 宏 国 立 環 境 研 究 所 資 源 循 環 廃 棄 物 研 究 セ ン タ ー 主 任 研 究 員 3. 総 合 討 論 ( 5 0 分 ) 14

22 Ⅱ. 研 究 の 内 容 内 容 要 約 本 研 究 の 対 象 と 課 題 本 研 究 で は 主 観 的 幸 福 と そ れ を 支 え る 観 的 条 件 で あ る 自 然 資 本 社 会 関 係 資 本 そ し て 人 的 資 本 に つ い て の 概 念 整 理 を 行 う そ れ を 通 じ て 持 続 可 能 な 発 展 と は 何 か そ し て 望 ま し い 社 会 の あ り 方 と は 何 か を 探 求 し て い く こ と を 目 的 と す る そ の た め に 本 研 究 で は 環 境 の 豊 か さ を 含 め て 何 が 人 間 の 福 祉 ( w e l -b l e i n g )を 引 き 上 げ る こ と に な る の か を 解 明 し そ れ に 貢 献 す る 諸 要 素 を 特 定 す る と と も に そ の 賦 存 量 を 定 量 的 に 評 価 す る に は ど う す れ ば よ い か を 考 え る こ の た め 本 研 究 で は ま ず 主 観 的 幸 福 と は 何 か そ れ は 定 量 的 に ど の よ う に 把 握 可 能 な の か ま た 主 観 的 幸 福 の 増 減 を ど の よ う な 指 標 に よ っ て 把 握 す る の が 望 ま し い の か と い っ た 点 に つ い て 探 求 す る こ の よ う に 本 研 究 が 主 観 的 幸 福 に 注 目 す る の は 世 界 的 な 潮 流 で も あ る 上 図 は 第 4 章 に 掲 げ ら れ て い る も の を 再 掲 し た も の だ が こ れ を み れ ば 分 か る よ う に 我 々 の 思 考 に 支 配 的 な 影 響 を 及 ぼ し て い る G D P と い う 経 済 指 標 は 実 は 人 間 の 幸 福 を 評 価 す る 上 で D e u t s c h e B a n k R e s e a r c h ( ), p. 3. 図 序 -1 G D P, 経 済 的 福 祉, 生 活 状 況, 幸 福 の 概 念 図 は き わ め て 狭 い そ の 1 部 し か 評 価 で き な い 指 標 だ と い う こ と が 分 か る 実 際 に は 図 に 描 か れ て い る よ う に 1 ) 余 暇 富 非 市 場 的 活 動 失 業 不 安 定 さ な ど の 経 済 的 福 祉 に 関 わ る 要 素 2 ) 福 祉 水 準 を 既 定 す る 観 的 な 条 件 を 構 成 す る 環 境 健 康 不 平 等 教 育 と い っ た 要 素 は G D P に ほ と ん ど 反 映 さ れ な い け れ ど も 人 間 の 福 祉 水 準 に と っ て は き わ め て 重 要 な 構 成 要 素 で あ る そ れ に 加 え て 幸 福 に 直 接 的 な 影 響 を 与 え る 家 族 友 人 活 動 仕 事 の 満 足 共 同 体 の 紐 帯 な ど に つ い て は も と も と 指 標 化 数 値 化 す る の が 難 し い 対 象 で 15

23 あ る こ う し て G D P の 外 に あ る 要 素 が 人 々 の 幸 福 度 に 影 響 を 現 実 に 与 え て い る し か し G D P だ け 見 て い て は 人 々 の 幸 福 に 何 が 影 響 を 与 え て い る の か を 把 握 で き な い し ま た そ も そ も 幸 福 が 増 え つ つ あ る の か 減 り つ つ あ る の か さ え 分 か ら な い そ こ で 図 に 示 さ れ て い る よ う に G D P で 把 握 で き る 情 報 だ け で な く 経 済 的 意 味 で の 幸 福 生 活 条 件 そ し て 幸 福 に 直 接 影 響 す る 要 素 も 含 め て 一 挙 に 評 価 で き る 指 標 と し て 主 観 的 幸 福 度 を 立 ち 上 げ そ れ が 図 に 描 か れ て い る G D P 以 外 の 経 済 的 / 非 経 済 的 要 素 が 変 化 す れ ば ど の よ う に 変 化 す る か を 計 測 す る こ と で 人 々 の 幸 福 度 は ど の よ う に す れ ば 上 昇 す る の か そ れ を 上 昇 さ せ る 要 因 は 何 か を 特 定 化 で き る と い う 研 究 プ ラ ン が 生 ま れ る わ け で あ る 本 研 究 も ま さ に そ の よ う な ビ ジ ョ ン の 下 に 研 究 計 画 を 描 い て 進 め て き た 次 第 で あ る 興 味 深 い 論 点 は 果 た し て 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ が 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ に と っ て 代 わ る 有 力 で 堅 牢 な 科 学 的 方 法 論 に な り う る か 否 か と い う 点 で あ る 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ が 必 要 と さ れ る 社 会 的 な 条 件 は す で に 十 分 す ぎ る ほ ど 整 っ て き て い る と い え よ う 上 述 し た よ う に 人 々 の 幸 福 は も は や 所 得 や 資 産 の み で は 決 定 さ れ な い よ う に な っ て き て い る た め 金 銭 的 物 質 的 要 素 以 外 の 要 素 を 取 り 込 ま な い 指 標 は 人 々 の 真 の 意 味 で の ニ ー ズ 幸 福 度 を 説 明 し う る 情 報 を 提 供 す る こ と が で き な い と い う 欠 陥 を も つ こ と に な る 第 2 章 で 詳 述 す る よ う に こ の 社 会 は ま す ま す 産 業 構 造 の 観 点 か ら も 人 々 の 欲 求 や 嗜 好 性 の 観 点 か ら も 非 物 質 化 し つ つ あ る た め モ ノ や 金 銭 で 説 明 し う る 領 域 は ま す ま す 小 さ く な り つ つ あ る と 考 え て よ い そ こ で そ の よ う な 非 物 質 的 要 素 を 的 確 に 捉 え 数 値 化 し て 見 せ る 指 標 は 何 か と い う 点 が 次 の 課 題 に な っ て く る こ こ に 必 要 性 と 現 実 の 間 に 大 き な ギ ャ ッ プ が 存 在 す る そ の よ う な 指 標 を 求 め る 社 会 的 条 件 は 揃 っ て き て い る に も か か わ ら ず 指 標 を 基 礎 づ け る た め の 理 論 的 フ レ ー ム ワ ー ク が ま だ 不 十 分 に し か 開 発 さ れ て お ら ず ま た 対 象 が 非 物 質 的 で あ る が ゆ え に 外 か ら 見 え に く く 何 ら か の 観 的 な 尺 度 で 計 測 す る こ と が で き な い で い る し た が っ て こ こ に 困 難 だ が し か し 非 常 に チ ャ レ ン ジ ン グ な 課 題 が 横 た わ っ て い る そ の た め 世 界 中 で い ま 多 く の 人 々 が こ の 学 術 的 な フ ロ ン テ ィ ア を 開 拓 す べ く 様 々 な ア プ ロ ー チ を 使 っ て 説 明 理 論 を 構 築 し よ う と し た り そ の 理 論 に 沿 っ て 指 標 作 成 を 試 み 直 面 す る 技 術 的 課 題 を 克 服 し よ う と 取 り 組 ん で い る 残 念 な が ら 現 在 の と こ ろ は 経 済 学 的 な 観 点 か ら は 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ を 支 え る 堅 牢 な 理 論 が あ る わ け で は な い の で そ の 科 学 的 根 拠 は? と 問 わ れ る と 観 主 義 に 比 べ て 薄 弱 に 見 え る の は 当 然 で あ る 特 に こ れ ま で は 外 部 か ら 観 的 に 観 察 可 能 な 行 動 の み に 基 づ い て 分 析 で き る こ と に 科 学 の 対 象 を 絞 っ て き た つ ま り 厳 格 に 分 析 を 行 な う 者 と 分 析 さ れ る 者 と を 分 離 し た 状 態 で 分 析 を 進 め な け れ ば な ら な い と い う わ け で あ る し た が っ て 分 析 し て い る 対 象 の 主 観 性 に 依 拠 す る 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ は 非 科 学 的 の 烙 印 を 押 さ れ て き た 嫌 い が あ る 現 在 は 少 な く と も 本 研 究 の 領 域 で は そ の よ う な 烙 印 は 外 さ れ む し ろ 研 究 の エ ネ ル ギ ー が 解 放 さ れ て 様 々 な 成 果 が 現 れ つ つ あ る 段 階 だ と い え よ う し か し 依 然 と し て 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ に と も な う 困 難 は 今 後 も 引 き 続 き 付 き ま と っ て い く こ と に な る だ ろ う ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の ア プ ロ ー チ ~ 主 観 と 観 / 現 在 と 将 来 / 物 質 16

24 的 な も の と 非 物 質 的 な も の と の 区 別 我 々 の 研 究 の 1 つ の モ デ ル と な っ て き た の は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 報 告 書 で あ る (そ の 内 容 の 詳 細 は 第 2 章 お よ び 第 5 章 を 参 照 ) 彼 ら は こ の 問 題 を 考 え る に 当 た っ て 単 に G D P 以 外 に 重 要 な 要 素 が た く さ ん あ る と 指 摘 す る だ け で な く そ れ 以 外 の 要 素 を 計 測 す る た め の 前 段 階 と し て 前 ペ ー ジ の 図 の よ う な 形 で 概 念 整 理 を 行 っ て い る こ れ は 我 々 の 考 え 方 に と っ て も 非 常 に 参 考 に な る も の で あ る こ の 図 で 特 徴 的 な の は や は り G D P と い う 指 標 が カ バ ー し う る 範 囲 の 狭 さ で あ る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 は 人 間 の 福 祉 水 準 は 物 質 的 な 条 件 と 生 活 の 質 か ら な っ て お り G D P は こ の う ち 物 質 的 な 条 件 の 中 の 経 済 資 源 フ ロ ー だ け を 捉 え た 指 標 だ と い う こ と が こ の 図 か ら よ く 分 か る そ れ は そ れ で 重 要 な の だ が 同 じ 物 質 的 な 条 件 で あ っ て も 住 宅 の よ う な ス ト ッ ク で あ れ ば 直 接 的 に は G D P に は 反 映 さ れ な い し か し 人 々 の 居 住 条 件 が ど の よ う な も の で あ る の か と い う 点 は 人 間 の 幸 福 度 を 左 右 す る き わ め て 大 き な 要 因 で あ る ま た 失 業 や 仕 事 の 内 容 質 な ど も 経 済 的 条 件 で は あ る が G D P に は 必 ず し も 反 映 さ れ な い 要 素 で あ る 図 序 -2 人 間 の 福 祉 に 影 響 を 与 え る 構 成 要 素 O E C D ( ), How s Life,? p. 1 9, F i g u r e こ の 経 済 的 条 件 と は 別 に 人 々 の 福 祉 水 準 を 左 右 す る も う 1 つ の 重 要 な 要 因 が 生 活 の 質 で あ る こ の 生 活 の 質 を 決 定 す る 構 成 要 素 を み て み る と 主 観 的 幸 福 個 人 の 安 全 環 境 の 質 市 民 参 加 と ガ バ ナ ン ス 社 会 的 な 紐 帯 な ど 非 物 質 的 要 素 が き わ め て 多 い こ と が 17

25 分 か る こ う し て ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 も ま た 物 質 的 要 素 だ け で な く 非 物 質 的 要 素 が 人 々 の 福 祉 水 準 に 決 定 的 に 重 要 な 要 素 と な っ て い る こ と を 認 識 し て い る の で あ る そ の 上 で 彼 ら は 時 間 軸 を 導 入 す る つ ま り 物 質 か 非 物 質 か だ け で な く 現 在 と 将 来 の 区 別 に つ い て も 彼 ら は 明 確 に 分 け て 考 え る べ き こ と を 自 覚 し て い る こ こ に 持 続 可 能 性 の 問 題 が 入 っ て く る 実 際 図 の 下 部 に は 福 祉 の 時 間 軸 を 通 じ た 持 続 可 能 性 と い う タ イ ト ル の 下 に そ の 構 成 要 素 と な る 自 然 資 本 人 工 資 本 人 的 資 本 そ し て 社 会 関 係 資 本 が 挙 げ ら れ て い る 各 カ テ ゴ リ ー に 分 類 記 載 さ れ て い る 個 別 の 要 素 は す べ て 観 的 条 件 で あ る こ れ ら に つ い て は 計 測 が 容 易 あ る い は 困 難 と い う 違 い は あ る が 人 々 の 幸 福 を 規 定 し て い る 要 素 で あ っ て な お か つ 外 部 か ら 何 ら か の 方 法 で 観 察 可 能 な 観 的 指 標 と な り う る 第 2 章 で 詳 細 に 議 論 す る よ う に も ち ろ ん 人 々 の 福 祉 水 準 を 図 る た め に 直 接 的 に 人 々 に あ な た は い ま 幸 せ で す か? と 尋 ね そ の 主 観 的 な 幸 福 度 を 測 る 方 法 も あ る し か し こ れ ら の 観 的 条 件 が 向 上 し て い る の で あ れ ば お そ ら く そ れ が 規 定 す る 福 祉 水 準 に つ い て も 上 昇 し て い る と 考 え る の が 妥 当 で あ ろ う と い う 結 論 に 至 る の は 自 然 な こ と で あ ろ う こ う し て 研 究 の ア プ ロ ー チ と し て は 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ だ け で な く 持 続 可 能 性 に 関 す る 資 本 ア プ ロ ー チ の よ う に 外 部 か ら 観 察 可 能 な 観 的 な 対 象 を 検 証 し て い く と い う 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ も 取 り う る と い う こ と に な る 本 研 究 の ア プ ロ ー チ 本 研 究 の ア プ ロ ー チ は 次 ペ ー ジ の 図 に よ っ て 示 す こ と が で き る 究 極 的 な 目 標 は 何 が 人 間 の 福 祉 水 準 を 決 定 す る の か そ の 決 定 要 因 を 探 求 す る こ と そ し て ど の よ う に し て 人 々 の 福 祉 水 準 の 高 低 を 計 測 す べ き な の か そ の 指 標 の あ り 方 を 探 求 す る こ と で あ る 前 者 の 決 定 要 因 に つ い て は G D P / 資 産 だ け で な く 我 々 は 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 そ し て 自 然 資 本 と い っ た 資 本 の ス ト ッ ク 水 準 が 人 々 の 福 祉 水 準 を 大 き く 左 右 す る と 考 え て い る ま た こ れ ら は 観 指 標 で あ る た め に 外 部 か ら 観 察 可 能 で あ る し た が っ て こ れ ら が 時 間 軸 を 通 じ て 持 続 可 能 か 否 か に つ い て も 原 則 と し て 計 測 可 能 だ と い う こ と に な る だ ろ う し た が っ て 人 間 の 福 祉 水 準 を 決 定 す る 経 済 的 非 経 済 的 要 因 の ス ト ッ ク お よ び フ ロ ー を 捉 え る 指 標 を 見 出 す こ と あ る い は 開 発 す る こ と が 大 き な 研 究 課 題 と な る こ れ が 図 の 指 標 研 究 2 に あ た り 本 報 告 書 の 第 4 章 お よ び 第 5 章 の 課 題 と な る 第 5 章 で は 単 に 指 標 の 研 究 だ け で な く そ れ が ど う 政 策 決 定 過 程 に お い て 用 い ら れ る べ き か と い う 点 に つ い て も 取 り 扱 う 上 述 し た よ う な 社 会 の 変 化 を 前 提 と す る な ら ば 狭 い 意 味 で の 経 済 成 長 を 前 提 と し た 政 策 を 実 行 す る だ け で は 人 々 が 求 め る 社 会 か ら ま す ま す 乖 離 し て い く 恐 れ が 強 い そ う な ら な い た め に は せ っ か く 開 発 さ れ た 指 標 を う ま く 政 策 決 定 過 程 の 中 に 取 り 組 み 公 共 政 策 形 成 の 指 針 と し て 活 用 し て い く 必 要 が あ る 本 研 究 で は 海 外 調 査 を 通 じ て 欧 州 諸 国 を 中 心 に 実 際 に こ の 点 で の 実 践 が ど う な っ て い る か と い う 点 に つ い て の 知 見 も 蓄 積 し て き た 他 方 で 人 々 の 福 祉 水 準 を 観 指 標 で は な く 主 観 的 幸 福 度 に よ っ て 図 る ア プ ロ ー チ も あ り う る し 近 年 ま す ま す 有 力 に な り つ つ あ る し た が っ て 本 研 究 で は 指 標 研 究 2 に 加 え て 主 観 的 幸 福 が ど の よ う な 要 因 に よ っ て 左 右 さ れ る の か を 実 証 的 に 探 求 す る 指 標 研 究 1 に つ い て も 研 究 を 進 め る こ と が 不 可 欠 だ と 判 断 し た こ の 点 に つ い て は 本 書 第 3 章 18

26 が 取 り 組 ん で い る 図 序 -3 本 研 究 の 全 体 像 産 業 化 知 識 / 知 恵 / 環 境 エ ネルギー/アメニテ ィ 景 観 / デ ザ イ ン / 特 許 知 的 財 産 / イ ノ ベ ー シ ョ ン G D P / 資 産 指 標 研 究 2 物 質 的 要 素 指 標 研 究 3 非 物 質 的 要 素 スティグリッツ G D P 代 替 指 標 の 委 開 員 発 会 ( 1 ) 政 策 の 示 す 観 的 条 件 ( 人 投 資 政 策 (フロー) 的 資 本 社 会 関 係 資 本 に よ っ て ス ト ッ ク 自 然 資 本 な ど ) 賦 存 量 を 増 大 ( 2 ) 財 源 費 用 負 担 の あ り 方 間 接 効 果 直 接 効 果 指 標 研 究 1 主 観 的 幸 福 研 究 目 的 w e l l-b e i n g ( 福 祉 )と は 何 か? 最 後 に 以 上 の 2 つ の 指 標 研 究 と は 別 に G D P へ の 批 判 と し て グ リ ー ン G D P 作 成 の 試 み な ど そ れ に 取 っ て 代 わ り う る 代 替 的 な マ ク ロ 指 標 に 関 す る 研 究 が 長 年 行 わ れ て い る の で 本 研 究 と し て も そ の 最 新 動 向 を 探 る と と も に そ れ で は 日 本 に と っ て い か な る マ ク ロ 指 標 を 構 築 す る こ と が G D P に 投 げ か け ら れ て い る 様 々 な 批 判 を 克 服 す る 途 な の か と い う 点 に つ い て も 研 究 を 進 め る 必 要 が あ る と 判 断 し た 以 上 の こ と か ら 本 研 究 は 3 つ の 異 な る 観 点 か ら そ れ ぞ れ 異 な る ミ ッ シ ョ ン を 持 っ て 指 標 研 究 を 展 開 し て い る 本 研 究 の 特 徴 は 以 上 の 指 標 研 究 に 尽 き な い 本 研 究 の 標 題 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 が 示 す よ う に 本 研 究 は 望 ま し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の あ り 方 を 探 求 し そ れ を 可 能 に す る 政 策 手 段 や 合 意 形 成 の あ り 方 を 探 求 す る こ と を も 課 題 に し て い る と り わ け 図 に も 示 し て い る よ う に 福 祉 水 準 を 支 え る 資 本 群 は 同 時 に 様 々 な 意 味 で 経 済 活 動 の 苗 床 と な る 本 研 究 が 関 心 を も つ グ リ ー ン イ ン ダ ス ト リ ー グ リ ー ン イ ノ ベ ー シ ョ ン と い っ た テ ー マ も 本 研 究 の 対 象 に 入 っ て く る し か し 社 会 的 必 要 性 の 優 先 順 位 そ し て 本 研 究 に 与 え ら れ た 時 間 的 制 約 か ら 我 々 は ま ず 指 標 研 究 に 集 中 す る こ と に し こ れ ら の 点 に つ い て は 十 分 19

27 展 開 で き な か っ た 点 を 認 め ざ る を え な い し か し 今 後 も し チ ャ ン ス が 与 え ら れ る な ら ば こ の 課 題 に 挑 戦 し た い と 考 え て い る 参 考 文 献 D e u t s c h e B a n k R e s e a r c h ( ) M e a s u r i n g o f -b W e i e l n l g T h e s e i s m o r e t o i t t h a n C u r r e n t I s s u e, S e p t e m b e r, O E C D ( ), How s Life,? 20

28 1. 序 論 本 年 度 の 研 究 計 画 の 内 容 を 項 目 だ て て 抽 出 す る と 以 下 の よ う に な る こ れ ら の 項 目 が ど の 章 に よ っ て 担 わ れ て い る こ と で 報 告 書 の 概 要 を 示 す こ と に し た い 1 主 観 的 幸 福 度 と そ れ を 支 え る 観 的 要 因 に 関 す る 研 究 2 心 理 学 的 な 主 観 的 豊 か さ に 基 づ く ア プ ロ ー チ と 潜 在 能 力 や 個 人 の 選 好 に 基 づ い て 評 価 で き る 観 的 豊 か さ に 基 づ く ア プ ロ ー チ に 関 す る 先 行 研 究 の サ ー ベ イ 3 資 本 概 念 の 明 確 化 ス ト ッ ク と フ ロ ー の 区 別 に 基 づ い て 社 会 の 持 続 可 能 性 を 評 価 4 社 会 資 本 自 然 資 本 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 に 着 目 し こ れ ら の 資 本 の 蓄 積 水 準 が 主 観 的 幸 福 に ど の よ う な 影 響 を 与 え る の か を 分 析 5 O E C D,I E A,W H O, W F O 等 各 国 際 機 関 等 に お け る 経 済 社 会 の 様 々 な 側 面 に 関 す る 長 期 予 測 デ ー タ を 収 集 整 理 年 代 に 提 案 さ れ た グ リ ー ン G D P が な ぜ 普 及 し な か っ た の か, さ ら に は 地 域 に お い て グ リ ー ン G D P を 計 測 す る こ と の 意 義 と 課 題 を 整 理 7 ノ ル ウ ェ ー と カ ナ ダ を 素 材 に 持 続 可 能 性 指 標 に 関 す る 文 献 調 査 と 先 進 地 域 で の 現 地 調 査 を 通 じ て 本 研 究 で 示 さ れ る 新 た な 経 済 社 会 シ ス テ ム に 合 致 し た 指 標 を 抽 出 し そ の 統 合 化 の 方 法 を 検 討 8 持 続 可 能 性 あ る い は 持 続 可 能 な 発 展 の 概 念 を 構 成 す る 環 境 経 済 社 会 と い っ た 項 目 に つ い て, 人 々 が ど の よ う な 意 識 を 持 っ て い る の か を ア ン ケ ー ト 調 査 に よ っ て 明 ら か に す る 本 報 告 書 の 章 構 成 は 以 下 の よ う に な っ て い る 第 2 章 持 続 可 能 な 発 展 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 を め ぐ る 概 念 的 理 論 的 整 理 と 研 究 課 題 第 3 章 主 観 的 幸 福 の 規 定 要 因 に 関 す る 実 証 研 究 第 4 章 国 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 第 5 章 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 第 6 章 G D P に 代 わ る 代 替 的 な マ ク ロ 指 標 と 政 策 へ の 適 用 可 能 性 - 環 境 経 済 統 合 勘 定 ( S E E A )と 持 続 可 能 経 済 福 祉 指 標 ( I S E W )- 第 2 章 で は 上 記 項 目 の 1 ~ 4 が 取 り 扱 わ れ 第 3 章 で は 上 記 項 目 の 8 そ し て 第 4 章 お よ び 第 5 章 で は 5 と 7 が そ し て 第 6 章 で は 6 が 取 り 扱 わ れ て い る 21

29 2. 持 続 可 能 な 発 展 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 を め ぐ る 概 念 的 理 論 的 整 理 と 研 究 課 題 主 観 的 幸 福 と 持 続 可 能 な 発 展 の 関 係 成 長 と 幸 福 の 関 係 ~ ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 問 題 提 起 い ま 世 界 的 に 持 続 可 能 性 そ し て 幸 福 度 に 対 す る 関 心 が 広 が っ て い る そ し て そ れ ら を 観 的 な 指 標 に よ っ て 評 価 で き な い か と い う 問 題 意 識 も 高 ま っ て い る こ れ ら 問 題 意 識 の 背 景 に あ る の は 1 人 当 た り G D P の 増 加 つ ま り 経 済 成 長 が 必 ず し も 真 の 意 味 で の 社 会 の 発 展 や 国 民 の 幸 福 の 増 進 に つ な が っ て い な い と の 実 感 で あ る 例 え ば 内 閣 府 は 平 成 2 0 年 版 国 民 経 済 生 活 白 書 ( 頁 )の 中 で 年 か ら 年 ま で の 間 に 1 人 あ た り 実 質 G D P は 上 昇 傾 向 に あ る に も か か わ ら ず 生 活 満 足 度 指 標 は 同 じ 期 間 に 減 少 傾 向 に あ り こ の 両 指 標 の 乖 離 を 強 調 し て い る つ ま り 所 得 上 昇 は 国 民 の 幸 福 度 の 上 昇 に つ な が っ て い な い の で あ る ま た 同 書 は 他 の 先 進 国 に お い て も 同 様 の 現 象 が み ら れ る こ と そ し て 人 々 の 幸 福 度 に は 所 得 や 資 産 だ け で な く 対 人 関 係 や 失 業 ス ト レ ス な ど 非 経 済 的 な 要 因 が 作 用 し て い る こ と を 示 唆 し て い る こ れ と 同 じ 問 題 意 識 か ら 我 々 の 生 活 の 質 を 反 映 で き る G D P と は 異 な る 新 し い 指 標 を 作 成 し よ う と い う 動 き も 勢 い を 増 し て き て い る 最 近 で も 年 に フ ラ ン ス の サ ル コ ジ 大 統 領 の 諮 問 に よ り 設 置 さ れ た 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 社 会 進 歩 の 測 定 に 関 す る 委 員 会 (ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 ) が 検 討 結 果 を 報 告 書 の 形 で 年 9 月 に 公 表 し て い る ( C M E P S P ) こ の 委 員 会 が 立 ち 上 が っ た の は こ れ ま で も 長 年 に わ た っ て 指 摘 さ れ て き た G D P 指 標 の 問 題 が 改 め て 顕 著 に な っ て き た と い う 問 題 意 識 を 背 景 と し て い る 彼 ら の 問 題 提 起 の 第 1 点 目 は 不 平 等 あ る い は 格 差 の 存 在 を 明 示 的 に 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス に 関 す る 評 価 指 標 の 中 に 取 り 込 ま な け れ ば な ら な い と い う 点 で あ る つ ま り 人 々 の 幸 福 度 に こ れ ら の 要 因 が 影 響 を 与 え て い る に も か か わ ら ず そ れ ら は 現 行 の 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス に 関 す る 評 価 指 標 に は 必 ず し も 反 映 さ れ な い そ う す る と 仮 に 1 人 当 た り G D P が 上 昇 し 国 全 体 の 集 計 的 な 評 価 と し て は 豊 か に な っ て い る と し て も そ の 下 で 不 平 等 の 拡 大 が 進 行 し て い れ ば 過 半 の 人 々 の 状 況 は む し ろ 悪 化 し て い く と い う 状 況 さ え 起 こ り う る 彼 ら の 問 題 提 起 の 第 2 点 目 は 経 済 活 動 の 環 境 へ の 影 響 を 指 標 に 十 分 に 反 映 さ せ る こ と で あ る 例 え ば 交 通 渋 滞 は ガ ソ リ ン 消 費 を 引 き 上 げ る こ と で G D P を 増 や す が 生 活 の 質 を 引 き 下 げ る 大 気 の 質 に 関 心 を も つ 市 民 に と っ て 大 気 汚 染 の 増 加 は 同 様 に 生 活 の 質 を 引 き 下 げ る が そ の よ う な 変 化 は 統 計 的 に は う ま く 捉 え ら れ て いな い 彼 ら の 問 題 提 起 の 第 3 点 目 は 現 在 の 福 祉 に 関 す る 評 価 と は 別 に 別 途 持 続 可 能 性 に 関 す る 評 価 を 設 け な け れ ば な ら な い と い う 点 で あ る 現 在 の 福 祉 人 々 が 獲 得 し て い る は 現 時 点 で の 経 済 的 非 経 済 的 資 源 と 密 接 に 結 び 付 い て い る こ れ に 対 し て そ の よ う な 福 祉 水 準 が 今 後 も 時 間 軸 を 通 じ て 維 持 可 能 か ど う か は 我 々 の 生 活 を 支 え る 資 本 ス ト ッ ク ( 自 然 資 本 物 的 [ 人 工 ] 資 本 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 )を 将 来 世 代 に 引 き 継 ぐ こ と が で き る か ど う か に 依 拠 し て い る し た が っ て こ れ ら の 資 本 ス ト ッ ク が 時 間 軸 を 通 じ て 減 少 せ ず 将 来 世 代 に 引 き 継 ぐ こ と が で き る か ど う か を 評 価 す る 必 要 が 発 生 す る こ れ も 現 行 の 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス 指 標 に は な い 視 点 で あ る 彼 ら が 指 摘 し て い る も っ と も 興 味 深 い 点 は 彼 ら が 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス 指 標 を 見 直 す 必 要 22

30 性 が 我 々 の 経 済 構 造 の 大 き な 変 化 か ら 生 じ て い る 点 で あ る そ し て 彼 ら は 現 代 経 済 の 深 化 を 特 徴 づ け て い る 構 造 変 化 を よ り よ く 反 映 さ せ る た め に は 経 済 活 動 指 標 の 体 系 的 な 見 直 し を 本 格 的 に 行 う べ き 時 期 が 到 来 し た と 指 摘 す る 実 際 サ ー ビ ス 産 業 の 比 率 が 顕 著 に 高 ま る と と も に 製 造 業 に お い て も 求 め ら れ る 製 品 の 質 が 変 化 し よ り 快 適 で 安 全 で ま た ア メ ニ テ ィ ー や デ ザ イ ン 性 の 高 い 製 品 が 求 め ら れ る よ う に な っ て き て い る そ の 背 景 に は 消 費 者 の 欲 求 変 化 が あ る が い ず れ に せ よ 生 産 構 造 は そ の 求 め に 応 じ て 大 き く 変 わ り つ つ あ る と い う そ の よ う な 動 向 は 車 コ ン ピ ュ ー タ ー 家 電 な ど の 製 品 に つ い て だ け で な く 医 療 サ ー ビ ス 教 育 サ ー ビ ス 知 識 情 報 技 術 研 究 活 動 金 融 サ ー ビ ス な ど の サ ー ビ ス 産 業 に つ い て も 顕 著 に 見 ら れ る と い う 以 上 の 潮 流 を 捉 え て 本 報 告 書 は 我 々 の 計 測 体 系 は 経 済 の 生 産 局 面 を 捉 え る 指 標 か ら 人 々 の 幸 福 を 捉 え る 指 標 へ と 転 換 し な け れ ば な ら な い と い う メ ッ セ ー ジ を 発 し て い る た し か に こ れ ま で の 指 標 が 生 産 局 面 に 偏 っ て い た の は 経 済 に と っ て 市 場 に お け る 生 産 と 雇 用 の 動 向 が 人 々 の 生 活 に と っ て 圧 倒 的 な 重 要 性 を 持 っ て い た か ら で あ る し か し い ま や 幸 福 度 を 強 調 す る こ と が 重 要 だ と 彼 ら は 主 張 す る な ぜ な ら G D P 指 標 の 動 き が 必 ず し も 人 々 の 幸 福 度 と 連 動 し な く な り 前 者 に 含 ま れ る 情 報 と 人 々 の 幸 福 度 を 把 握 す る た め に 求 め ら れ る 情 報 と の 間 に ま す ま す ギ ャ ッ プ が 広 が り つ つ あ る か ら で あ る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に よ る こ の よ う な 問 題 提 起 は 世 界 的 に も 様 々 な 人 々 に よ っ て 共 有 さ れ 代 替 的 な 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス 評 価 指 標 を 開 発 し よ う と い う 機 運 が 高 ま っ て い る 経 済 学 内 部 で も 理 論 的 反 省 が 行 わ れ る と と も に 新 し い 指 標 の 経 済 学 的 妥 当 性 の 検 討 が 行 わ れ て い る (F l e u r b a e y ) ま た 実 践 面 で は 国 連 O E C D E U 等 の 国 際 機 関 に お い て 幸 福 度 指 標 や 持 続 可 能 性 指 標 に 関 す る 研 究 が 進 め ら れ い く つ も の 成 果 が 公 表 さ れ て い る 1 そ れ だ け で な く 国 レ ベ ル で も 国 民 総 幸 福 ( G r o s s N a t i o n H a l p p i n e s s: G N H ) に 基 づ い て 国 づ く り を 進 め て い る ブ ー タ ン 王 国 や( 大 橋 ) 地 域 レ ベ ル で も 荒 川 区 民 総 幸 福 度 と い う 幸 福 度 指 標 作 成 を 試 み て い る 東 京 都 荒 川 区 の 試 み が 注 目 さ れ る ( 長 田 ) 幸 福 度 を め ぐ る 経 済 学 論 議 の 嚆 矢 ~ イ ー ス タ リ ン パ ラ ド ク ス 幸 福 度 を め ぐ る 経 済 学 的 研 究 の 嚆 矢 と な っ た の は 年 に 発 表 さ れ た イ ー ス タ リ ン の 大 変 興 味 深 い 論 文 で あ る (E a s t e r l i n ) こ の 論 文 は な ぜ 所 得 が 上 昇 し て い く と あ る 時 点 ま で は そ れ と 比 例 的 に 人 々 の 幸 福 が 上 昇 す る が あ る 時 点 以 降 は 両 者 は 必 ず し も 相 関 関 係 を 持 た な く な り や が て 乖 離 し て い く の か と い う パ ラ ド ク ス に 対 し て 体 系 的 で 首 尾 一 貫 し た 説 明 を 与 え よ う と し た 最 初 の 経 済 学 研 究 だ と い え よ う 結 果 と し て 彼 は 社 会 的 規 範 と さ れ る 所 得 水 準 と 自 分 の 所 得 水 準 と の 比 較 を 通 じ て 人 々 は 自 分 の 幸 福 度 を 判 断 し て い る こ と し た が っ て 自 分 の 所 得 が 絶 対 的 な 意 味 で 上 昇 し て も 相 対 的 な 意 味 で 自 分 の 所 得 の 社 会 に お け る 位 置 づ け が 必 ず し も 上 昇 し て い な け れ ば 幸 福 度 が 上 昇 す る わ け で は な い と い う 結 論 を 引 き 出 し て い る 彼 の 論 理 を 若 干 詳 細 に 検 討 す る こ と に し よ う ま ず 彼 は よ り 大 き な 幸 福 は よ り 高 い 所 得 に よ っ て 獲 得 さ れ る か ど う か を 検 証 す る 彼 は 1 例 え ばO E C D は 最 近 幸 福 度 に 影 響 を 与 え る 重 要 な 政 策 領 域 に お い て 加 盟 国 の パ フ ォ ー マ ン ス を 相 互 比 較 で き る 指 標 を 開 し 発 公 表 して い る( O E C D ま ) た 内 閣 府 は 幸 福 度 に 関 す る 研 究 会 を 設 置 し そ の 成 果 と し て 幸 福 度 を 定 量 的 に 把 握 す る た め の 指 標 郡 の 提 案 を ( 行 幸 な 福 っ 度 て に い 関 る す る 研 究 2 会 ) 23

31 ま ず あ る 時 点 に お け る 一 国 内 の 所 得 と 幸 福 度 の 関 係 に 着 目 す る 結 果 と し て 彼 は 予 想 さ れ る よ う に 世 界 各 国 の 2 9 の 調 査 結 果 に 基 づ い て 所 得 が 多 け れ ば そ れ だ け 幸 福 度 も 上 昇 す る と い う 意 味 で 両 者 に は 相 関 関 係 が あ る こ と を 見 出 す し か し 彼 は 同 時 に 興 味 深 い こ と に 国 際 比 較 を し て み る と 必 ず し も 所 得 が 高 い 国 の 人 々 は 所 得 が 低 い 国 の 人 々 よ り も 幸 福 だ と は 限 ら な い と い う 事 実 を 見 出 す も う 1 点 彼 は 国 の 発 展 と と も に 時 間 軸 に 沿 っ て そ の 国 の 人 々 の 幸 福 度 は 上 昇 す る の か 否 か と い う 点 も 検 証 し て い る そ の 結 果 所 得 と 幸 福 度 は 国 の 発 展 と と も に 同 一 の 方 向 に 動 く が 一 国 内 に お け る 一 時 点 に お け る 所 得 と 幸 福 度 の 関 係 ほ ど 明 瞭 な 関 係 が 観 察 さ れ な い と い う 事 実 を 見 出 す イ ー ス タ リ ン は デ ュ ー セ ン ベ リ ー が そ う し た よ う に 人 々 が 消 費 支 出 か ら 得 る 効 用 は そ の 人 の 支 出 の 絶 対 額 の 関 数 で は な く 下 記 に 定 義 す る よ う に 他 の 人 々 の 支 出 額 に 対 す る 自 分 の 現 在 支 出 の 比 率 の 関 数 と し て 定 義 で き る と 仮 定 す る Ui= f ( Ci/ ai Cj) j こ こ で は Uiは 個 人 i の 効 用 を 示 し Ciは そ の 消 費 支 出 を 示 し て い る Cjは 個 人 j の 消 費 で あ り ai jは 個 人 j の 支 出 に 対 し て 個 人 i に よ っ て 適 用 さ れ る 重 み で あ る も っ と も シ ン プ ル な ケ ー ス で は ど の 他 人 の 消 費 支 出 も 同 じ 重 み が 適 用 さ れ そ の 人 の 効 用 は 一 国 の 一 人 当 た り 消 費 に 対 す る そ の 個 人 の 消 費 支 出 水 準 の 比 率 に よ っ て 決 ま っ て く る そ の 人 が 平 均 か ら 上 方 に 離 れ れ ば 離 れ る ほ ど そ れ だ け 彼 の 幸 福 度 は 上 昇 す る 逆 は そ の 逆 で あ る さ ら に 参 照 基 準 が 常 に 現 在 の 国 内 状 況 で あ る な ら ば あ ら ゆ る 人 々 に 比 例 的 に 所 得 水 準 の 上 昇 を も た ら す よ う な 所 得 水 準 の 上 昇 は そ の 国 の 幸 福 度 を 引 き 上 げ る こ と が な い と い う こ と に な る こ の 点 を も う 少 し 具 体 的 に 説 明 す る と 次 の よ う に な る つ ま り あ る 時 点 のあ る 社 会 で は 一 種 の 消 費 規 範 が 存 在 し そ れ が そ の 社 会 の ほ と ん ど す べ て の 人 々 に と っ て 自 ら の 幸 福 度 を 評 価 す る 際 の 共 通 の 参 照 基 準 を 提 供 す る こ と に な る 結 果 そ の 規 範 よ り も 低 い 消 費 水 準 の 場 合 は 不 幸 せ と 感 じ そ れ よ り も 高 い 消 費 水 準 の 場 合 は 幸 せ と 感 じ る こ と に な る の だ 時 間 が た て ば こ の 消 費 規 範 と な る 水 準 は 全 般 的 な 消 費 水 準 の 上 昇 と と も に 上 昇 す る こ と に な る こ う 考 え れ ば な ぜ 経 済 発 展 ( 時 間 軸 を 通 じ た 所 得 上 昇 )と と も に 必 ず し も 幸 福 度 が 比 例 的 に 上 昇 し て い か な い の か を 説 明 す る こ と が 可 能 に な る つ ま り 経 済 発 展 と と も に 人 々 の 物 質 的 な 好 み ( m a t e r i a l a s p i r a や t 嗜 i o 好 n ) は 変 化 し て い く と い う こ と で あ る 所 得 上 昇 の 結 果 と し て そ れ ぞ れ の 世 代 は 上 昇 し た 生 活 水 準 に 慣 れ そ れ を 社 会 化 し た 経 験 を 通 じ て 今 度 は さ ら に 高 い 生 活 水 準 と よ り 高 い 消 費 水 準 を 獲 得 し よ う と す る そ れ が 実 現 さ れ れ ば 社 会 化 に よ っ て 今 度 は そ の 高 ま っ た 水 準 が 規 範 と な る こ う し て 一 つ の 世 代 の 生 涯 の 間 に お い て す ら 消 費 規 範 の 継 続 的 な 上 昇 圧 力 が 継 続 的 に 引 き 起 こ さ れ る こ う し た 水 準 の 上 方 シ フ ト が 所 得 上 昇 が 人 々 の 幸 福 に 与 え る プ ラ ス の 影 響 を 相 殺 し て し ま う の だ イ ー ス タ リ ン が 提 示 し て い る 分 か り や す い 例 で 言 え ば 自 分 の 背 の 高 さ を ど う 評 価 す る の か と い う 問 題 に な る 観 的 な 事 実 と し て は 現 代 の ア メ リ カ 人 は 昔 の ア メ リ カ 人 よ り も 明 ら か に 背 が 高 い し か し 背 の 高 さ に 関 し て 現 代 の ア メ リ カ 人 が 抱 い て い る 感 覚 に 関 心 を 移 す な ら ば 真 実 は お そ ら く 全 く 異 な っ た も の に な る 今 日 の ア メ リ カ 人 は 自 分 の こ と を そ れ ほ ど 背 が 高 い と 感 じ て い な い か も し れ な い な ぜ 観 的 な 事 実 と 主 観 的 な 認 識 の 間 に 24

32 ズ レ が 生 じ る の か そ れ は 現 代 の ア メ リ カ 人 全 体 が 平 均 的 に 背 が 高 く な っ て い る た め 背 の 高 さ に 関 す る 社 会 的 規 範 が 上 昇 し そ れ が 人 々 の 頭 の 中 で の 判 断 基 準 と し て 内 在 化 さ れ そ の 基 準 に 基 づ い て 自 分 の 背 の 高 さ を 評 価 す る た め で あ る し た が っ て あ く ま で も 自 分 が 生 き る 現 代 の 社 会 規 範 に 照 ら し て 相 対 評 価 で 自 分 の 位 置 づ け を 評 価 し そ れ に 基 づ い て 自 分 は 背 が 高 い か 否 か を 判 断 し て い る こ と に な る こ の 規 範 は そ の 社 会 が 置 か れ る 時 代 や 空 間 に よ っ て 異 な り し た が っ て 絶 対 的 な 水 準 が 同 じ で も 社 会 規 範 が 変 わ れ ば 背 が 高 い か 否 か に 関 す る 判 断 基 準 も 変 わ っ て く る の で あ る 幸 福 度 を め ぐ る 状 況 も 上 述 の 背 の 高 さ と 同 様 に 考 え る こ と が で き る つ ま り 幸 福 度 の 場 合 幸 福 に 関 す る 評 価 は 社 会 的 規 範 の 関 数 と し て 形 成 さ れ る こ と に な る 社 会 的 条 件 が 改 善 さ れ れ ば 規 範 も ま た 進 化 す る イ ー ス タ リ ン は こ こ か ら 経 済 学 が 長 ら く の 間 嗜 好 選 好 と い う も の は 所 与 だと 仮 定 す る こ と で こ の よ う に 時 代 や 空 間 が 異 な れ ば 人 々 の 嗜 好 や 選 好 も 変 化 し う る と い う 問 題 を 捉 え る こ と が で き な か っ た と 批 判 し て い る 以 上 の イ ー ス タ リ ン の 結 論 は 大 変 興 味 深 く か つ 経 済 学 に 対 し て 与 え た イ ン パ ク ト も 大 き な も の で あ っ た J o u r n a l o f E c o n o m i c L i t e r a t 誌 u r 上 e に は こ の イ ー ス タ リ ン パ ラ ド ク ス をめぐるその 後 の 経 済 学 論 議 をめぐって 展 望 論 文 が 掲 載 されているほどである(C l a r k, F r i jt e r sa n d S h i e l d s ) こ の よ う に 彼 が 絶 対 所 得 で は な く 相 対 所 得 に 注 目 し 所 得 と 幸 福 度 の 関 係 に 関 す る パ ラ ド ク ス を 経 済 理 論 で 説 明 し よ う と し た 点 は 大 き な 功 績 で あ る し か し イ ー ス タ リ ン の 問 題 意 識 は に も か か わ ら ず か な り 限 定 さ れ た も の だ と い え よ う 結 局 は 幸 福 度 は 所 得 に よ っ て 規 定 さ れ る と 考 え て い る 点 で は そ れ ま で の 経 済 学 と 同 じ だ か ら で あ る こ の 点 で 日 本 で 注 目 す べ き 研 究 は 大 竹 白 石 筒 ( 2 井 )で あ ろ う こ の 業 績 は 労 働 経 済 学 的 な 問 題 関 心 に 基 づ い て 幸 福 度 を 所 得 (あ る い は 相 対 所 得 )だ け で な く 失 業 格 差 結 婚 子 育 て と い っ た 要 因 に よ っ て も 規 定 さ れ る と 要 因 を 拡 張 し て 捉 え イ ー ス タ リ ン の 視 野 の 狭 さ を 克 服 し よ う と し た 大 変 興 味 深 い 研 究 で あ る 2 し か し イ ー ス タ リ ン パ ラ ド ク ス が 起 き て い る 原 因 は も っ と 深 い 社 会 構 造 の 変 動 に 根 ざ し て い る と 考 え る 我 々 の 観 点 か ら み れ ば 本 研 究 の 取 り 扱 っ て い る 範 囲 も ま だ ま だ 限 定 的 で あ る よ う に 見 え る 所 得 と 幸 福 が 連 動 し な く な っ た 原 因 は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 報 告 書 が 指 摘 し て い る よ う に 先 進 国 の 経 済 構 造 や そ の 産 業 構 造 が 構 造 変 化 を 被 り つ つ あ る と い う 要 因 だ け で な く 人 々 の 価 値 観 や 嗜 好 の 変 化 が イ ー ス タ リ ン の よ う に 量 的 な 意 味 に お い て だ け で な く 質 的 な 意 味 で も 生 じ て い る 点 に 起 因 し て い る と 考 え ら れ る そ の 結 果 ま す ま す 人 々 は 物 的 な 意 味 で の 財 の 消 費 か ら 満 足 を 引 き 出 す 度 合 い が 低 下 し か わ り に 環 境 や 社 会 関 係 な ど 非 物 質 的 な 消 費 か ら 満 足 を 引 き 出 す 度 合 い が 高 ま っ て い る 我 々 が 所 得 失 業 格 差 と い っ た 経 済 指 標 だ け で な く 環 境 や 社 会 関 係 な ど の 非 経 済 的 な 指 標 と 幸 福 度 の 関 係 に 注 目 す る の は こ の よ う な 社 会 の 構 造 変 化 を 反 映 し て い る か ら で あ り ま た 指 標 研 究 に お い て も こ の 点 を 正 面 か ら 捉 え る こ と は 不 可 避 だ と 考 え る か ら で あ る こ の 点 に お い て は 次 節 で よ り 詳 し く 展 開 す る こ と に し た い イ ー ス タ リ ン や 大 竹 白 石 筒 井 ら の 研 究 で は 取 り 上 げ ら れ て い な い が 本 研 究 が 正 面 か ら 取 り 組 む 課 題 と し て こ の よ う な 幸 福 度 が 果 た し て 時 間 軸 を 通 じ て 持 続 可 能 な の か と い う 問 題 が あ る 現 時 点 に お け る 幸 福 度 の 規 定 要 因 を 探 求 す る こ と は 重 要 だ が し か し そ れ が 過 大 な 2 同 様 の 問 題 意 識 に 基 づ く と 論 し 考 て 大 ( 竹 ) 浦 川 ( ) 小 塩 ( )が あ る 25

33 経 済 的 資 源 を 浪 費 し て 実 現 さ れ て お り 将 来 に 備 え る た め の 貯 蓄 を 食 い つ ぶ し て 維 持 さ れ て い る 場 合 や あ る い は 我 々 の 経 済 活 動 の 基 盤 で あ る 自 然 環 境 を 破 壊 し て 維 持 さ れ て い る 場 合 は 現 時 点 で そ の 幸 福 度 が 維 持 可 能 で あ っ て も 将 来 的 に ず っ と そ れ を 維 持 し 続 け る こ と は 困 難 で あ る も し こ の よ う な こ と が 起 き て い る の で あ れ ば 我 々 は 持 続 可 能 な 経 済 発 展 の 経 路 か ら 外 れ て い る こ と を 意 味 し 何 ら か の 修 正 を 要 す る こ と に な る こ の よ う に 現 時 点 に お け る 幸 福 度 の 規 定 要 因 だ け で な く 将 来 に 向 け て そ れ が 持 続 可 能 か 否 か を 検 証 す る こ と そ し て そ れ を 判 断 す る た め の 指 標 を 開 発 す る こ と そ れ が 本 研 究 に お け る 主 要 課 題 と な る 資 本 主 義 経 済 シ ス テ ム の 非 物 質 主 義 的 転 回 と 幸 福 度 前 節 で 論 じ た よ う に イ ー ス タ リ ン パ ラ ド ク ス が 起 き て い る 背 後 に は 人 々 の 選 好 嗜 好 そ し て 価 値 観 の 変 化 と そ れ に 対 応 す る 経 済 構 造 の 変 化 ( 資 本 主 義 経 済 シ ス テ ム の 非 物 質 主 義 的 転 回 )が 背 景 に あ る と 考 え ら れ る つ ま り 人 々 は も は や 単 な る 所 得 上 昇 を 超 え て 生 活 の 質 環 境 安 全 デ ザ イ ン の 良 さ 景 観 歴 史 的 遺 産 な ど の 非 物 質 的 価 値 を よ り 尊 重 す る よ う に な っ て い る の だ こ れ ら は 人 々 の 幸 福 度 と も 密 接 に 関 連 し て い る こ の よ う な 人 々 の 意 識 の 変 化 は 経 済 構 造 の 生 産 側 に も 影 響 を 与 え ず に は お か な い そ の よ う な 変 化 は 経 済 が 発 展 す れ ば す る ほ ど 産 業 の 重 心 が 第 1 次 産 業 か ら 第 2 次 産 業 さ ら に は 第 3 次 産 業 に 移 っ て い く と い う ぺ テ ィ = ク ラ ー ク 法 則 だ け で 説 明 が つ く も の で は な い そ も そ も 人 々 の 求 め て い る も の が 単 純 な 機 能 だ け で な く 非 物 質 的 価 値 や 非 物 質 的 メ ッ セ ー ジ を 組 み 込 ん だ 製 品 や サ ー ビ ス を 求 め る よ う に な る に つ れ て 企 業 も そ れ に 対 応 で き る よ う な 創 造 的 価 値 を 生 み 出 す 生 産 シ ス テ ム に 切 替 え て い か な け れ ば 生 き 残 れ な い こ う し て 需 要 側 の 変 化 に 対 応 す る 形 で 生 産 の あ り 方 や 産 業 の あ り 方 そ の も の も 変 化 し て い く こ と に な る さ ら に 人 々 の 福 祉 に 影 響 を 与 え る 要 素 は ま す ま す 経 済 的 要 素 か ら 非 経 済 的 要 素 へ 物 質 的 要 素 か ら 非 物 質 的 要 素 へ そ し て フ ロ ー か ら ス ト ッ ク へ と 移 行 し つ つ あ る 点 に も 注 目 し な け れ ば な ら な い ス ト ッ ク と い う 点 で は 社 会 資 本 自 然 資 本 人 的 資 本 そ し て 社 会 関 係 資 本 と い っ た 複 数 の 資 本 の あ り 方 が 持 続 可 能 な 発 展 や 人 々 の 幸 福 度 に と っ て き わ め て 重 要 な 役 割 を 果 た す こ と し た が っ て 経 済 政 策 の 視 点 を こ れ ま で の フ ロ ー の 視 点 か ら ス ト ッ ク の 視 点 に 切 替 え て い く こ と が 重 要 に な る 例 え ば G D P は 年 々 の 国 民 総 生 産 を 示 す 典 型 的 な フ ロ ー 指 標 で あ り こ れ が い く ら 成 長 し て も 自 然 資 本 が 破 壊 さ れ そ の ス ト ッ ク 水 準 が ど ん ど ん 減 少 し て い け ば 結 局 は そ れ に 立 脚 し て い る 我 々 の 経 済 シ ス テ ム そ の も の が 根 本 か ら 崩 れ て し ま う し た が っ て こ れ か ら の 経 済 政 策 は こ れ ら の ス ト ッ ク 水 準 が 時 間 軸 を 通 じ て 長 期 的 に 保 持 可 能 か ど う か を チ ェ ッ ク し な が ら 進 め ら れ る こ と が 重 要 だ と い う 公 準 が こ こ か ら 引 き 出 さ れ る そ の た め に は こ の 社 会 の 存 立 を 可 能 に し て い る 観 的 条 件 を 考 察 し そ れ ら の ス ト ッ ク 水 準 が 通 時 的 に 持 続 可 能 か ど う か を 検 討 す る こ と が 必 要 に な る こ の こ と を 詳 細 に 議 論 す る た め に は ま ず そ も そ も 持 続 可 能 な 発 展 と は 何 か を 論 じ な け れ ば な ら な い 持 続 可 能 な 発 展 概 念 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 持 続 可 能 な 発 展 概 念 の 定 義 26

34 先 進 国 に お け る 経 済 政 策 の 目 標 は 1 人 あ た り G D P の 増 加 か ら 持 続 可 能 な 発 展 の 追 求 に 転 換 し つ つ あ り 個 人 の 幸 福 ( 福 祉 水 準 )の 向 上 こ そ が 持 続 可 能 な 発 展 の 究 極 目 的 だ と い え る と こ ろ で 持 続 可 能 で あ る と い う こ と は い っ た い 何 を 意 味 す る の だ ろ う か 経 済 学 で は そ の 意 味 内 容 を め ぐ っ て 強 い 持 続 可 能 性 の 立 場 と 弱 い 持 続 可 能 性 の 立 場 に よ る 論 争 が 行 わ れ て き た 弱 い 持 続 可 能 性 の 下 で は 時 間 軸 を 通 じ て 一 人 当 た り の 実 質 消 費 水 準 を 保 つ こ と が 持 続 可 能 性 の 必 要 条 件 と さ れ て き た つ ま り こ の 概 念 で は 人 工 資 本 が 増 加 し て 自 然 資 本 が 食 い つ ぶ さ れ て も 一 人 当 た り 消 費 水 準 が 一 定 に 保 た れ る 限 り 持 続 可 能 性 が 失 わ れ て は い な い と 判 定 さ れ る つ ま り 人 工 資 本 と 自 然 資 本 は 完 全 に 代 替 可 能 だ と 想 定 さ れ て い る の で あ る ゆ え に 弱 い 持 続 可 能 性 の 下 で は 成 長 が 進 め ば エ コ ロ ジ ー 的 な 限 界 に 達 す る こ と に 歯 止 め が か か ら な い と い う 批 判 が 強 い 持 続 可 能 性 の 立 場 か ら な さ れ た 対 照 的 に 強 い 持 続 可 能 性 概 念 は 時 間 軸 を 通 じ て 自 然 資 本 の ス ト ッ ク が 一 定 と の 条 件 が 持 続 可 能 性 の 必 要 条 件 と し て 前 提 さ れ る も っ と も 経 済 学 に お け る 持 続 可 能 性 の 議 論 は 資 本 そ の も の に 焦 点 が 当 て ら れ そ れ を 活 用 し て 人 間 が ど の よ う な 生 活 を 送 る の か そ れ に よ っ て 幸 福 度 が ど の よ う に 高 ま る の か と い う 点 に つ い て は 視 野 の 外 に 置 か れ 議 論 が 深 め ら れ る こ と は な か っ た こ れ に 対 し て 早 く か ら 欧 州 を 中 心 に 持 続 可 能 性 概 念 を 単 に 狭 い 意 味 の 環 境 だ け で な く 人 間 と 人 間 を 取 り 巻 く 環 境 の 問 題 と し て 幅 広 く 捉 え 環 境 経 済 社 会 の 持 続 可 能 性 と し て 議 論 す る 流 れ も 大 き な 影 響 を 与 え て き た つ ま り 社 会 の 持 続 可 能 性 に と っ て 環 境 は そ の 存 立 を 保 障 す る 重 要 な 要 素 だ が 唯 一 無 二 の 要 素 で は な く 経 済 的 側 面 や 社 会 的 側 面 を 合 わ せ て 総 合 的 に 持 続 可 能 性 概 念 が 彫 琢 さ れ ね ば な ら な い と の 認 識 が 広 ま る よ う に な っ て い っ た そ の 中 で 人 間 そ の も の の 福 祉 / 幸 福 に も 焦 点 が 当 て ら れ る よ う に な っ た こ の 点 で ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 受 賞 者 の ア マ ル テ ィ ア セ ン の 議 論 の 影 響 は き わ め て 重 要 で あ る 彼 は [ 1 財 ] 所 得 に 対 す る 支 配 権 で 福 祉 を 評 価 し よ う と す る 観 評 価 ア プ ロ ー チ と [ 2 ] 効 用 で 福 祉 を 評 価 し よ う と す る 主 観 評 価 ア プ ロ ー チ の 両 者 の 問 題 点 を 鋭 く 批 判 し な が ら そ の 両 者 の 媒 介 項 と し て の 機 能 や 潜 在 能 力 が 福 祉 水 準 に 寄 与 す る 役 割 を 積 極 的 に 評 価 す る 理 論 的 枠 組 み を 構 築 し た そ し て 潜 在 能 力 の 豊 か さ を 最 大 限 に 発 揮 し て 善 き 生 を 生 き る こ と が 持 続 可 能 な 発 展 に と っ て 不 可 欠 な 要 素 だ と 捉 え て い る セ ン に よ る こ の 潜 在 能 力 ア プ ロ ー チ は 一 人 当 た り G D P の 増 加 で 典 型 的 に 示 さ れ る 経 済 発 展 概 念 の 物 質 主 義 的 偏 向 を 脱 却 し そ の 内 容 を 豊 富 化 さ せ る こ と に 貢 献 し た と い え よ う こ の セ ン に よ る 貢 献 の 延 長 線 上 に 立 っ て 著 者 は 持 続 可 能 な 発 展 の 定 義 を 自 然 資 本 の 賦 存 量 が 最 小 安 全 基 準 に 基 づ く 決 定 的 な 水 準 の 自 然 資 本 量 を 下 回 っ て は な ら な い と い う 制 約 条 件 の 下 に 世 代 内 公 平 性 に 配 慮 し な が ら 福 祉 水 準 ( -B W e i e n g )を 世 l 代 間 l で 少 な く と も 一 定 に 保 つ こ と と い う 形 で 行 っ た ( 諸 富 ) こ こ で は 自 然 資 本 が 不 可 逆 的 な 損 失 を 被 ら な い 水 準 で 維 持 さ れ る こ と を 前 提 と し て 人 々 の 福 祉 ( 幸 福 )を 世 代 間 で 少 な く と も 一 定 に 保 つ (あ る い は 引 き 上 げ て い く )こ と こ そ が 持 続 可 能 な 発 展 の 意 味 内 容 だ と い う こ と に な る 持 続 可 能 な 発 展 論 の 資 本 ア プ ロ ー チ 27

35 以 上 の よ う に 持 続 可 能 な 発 展 を と ら え る な ら ば そ れ を 支 え る 資 本 の 賦 存 量 と の 関 係 か ら 持 続 可 能 な 発 展 を ど う 定 義 す べ き か が 問 題 と な っ て く る 実 際 持 続 可 能 な 発 展 へ の 資 本 ア プ ロ ー チ は 少 な く と も 現 在 世 代 と 同 じ 水 準 の 一 人 当 た り の 富 の 総 量 を 維 持 す る た め に 国 富 を 包 括 的 に 計 測 す る こ と を 目 的 と し て き た ( W o r l d B a n k ; R u t a a n d H a m i l t o n ; S t r a n g e a n d B a y l e y ; U N ) 資 本 ア プ ロ ー チ の 観 点 か ら は 持 続 可 能 な 発 展 は 1 人 あ た り の 富 が 時 間 軸 を 通 じ て 減 少 し な い こ と と 定 義 で き る こ の こ と は 人 口 が 増 え れ ば ど れ に 比 例 し て 富 も 増 加 し な け れ ば な ら な い と い う こ と を 意 味 し て い る 富 と は こ こ で は 金 融 資 本 人 工 資 本 自 然 資 本 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 か ら な っ て い る こ の こ と を 定 式 化 す る と 以 下 の よ う に な る T N W = p FF * + p RR + p NN + p HH + p SS こ こ で T N W は 総 国 富 を 意 味 し F * R N H S は ぞ れ ぞ れ 金 融 資 本 人 工 資 本 自 然 資 本 人 的 資 本 そ し て 社 会 関 係 資 本 を 示 し て い る こ れ ら に 対 し て そ れ ぞ れ の 理 論 的 な 会 計 上 の 計 算 価 格 が 掛 け 合 わ さ れ て そ の 貨 幣 価 値 が 計 算 さ れ て い る 金 融 資 本 が F * で 表 わ さ れ て い る の は す べ て の 金 融 資 本 が 国 富 に カ ウ ン ト さ れ る わ け で は な い と い う こ と を 示 し て い る な ぜ な ら 経 済 全 体 で み る と ほ と ん ど の 金 融 資 産 は 相 互 に 打 ち 消 し あ っ て 会 計 上 の 富 か ら 消 去 さ れ て し ま う か ら で あ る し た が っ て 一 国 に お け る 純 金 融 資 産 の み が こ こ に 計 上 さ れ る こ と に な る し か し 範 囲 を さ ら に 世 界 全 体 に 広 げ て み る と す べ て の 金 融 資 産 は 相 互 に 打 ち 消 し 合 っ て ゼ ロ に な る い ず れ に せ よ 金 融 資 産 は 国 富 の 中 で そ れ ほ ど 大 き な 位 置 を 占 め な い の で 本 報 告 書 で は こ れ 以 上 金 融 資 産 に つ い て は 立 ち 入 ら な い こ と に す る と こ ろ で も し 資 本 間 の 代 替 可 能 性 が 高 く 個 別 資 本 が 貨 幣 価 値 で 評 価 可 能 な ら ば 1 人 あ た り の 総 国 富 の 変 化 と い う 形 で 持 続 可 能 性 指 標 を 構 成 す る こ と が で き る こ れ は た び た び 真 正 投 資 (g e n u i n e i n v e s t m e n t ) も し く は 真 正 貯 蓄 (g e n u i n e s a v i n g ) と 呼 ば れ る け れ ど も 一 定 の 条 件 の 下 で は 人 間 の 幸 福 度 に 関 す る 1 つ の 理 想 的 な 持 続 可 能 性 指 標 と み ら れ て い る 3 そ れ が 正 だ と い う こ と は 社 会 的 厚 生 が 増 加 し て い る と い う こ と を 示 し て い る の に 対 し そ れ が 負 だ と い う こ と は 社 会 的 厚 生 が 低 下 し て お り 現 在 の 発 展 経 路 が 持 続 可 能 で な い こ と を 示 し て い る し か し こ の よ う に 資 本 の ス ト ッ ク 水 準 を 貨 幣 価 値 換 算 し て 持 続 可 能 性 を 評 価 す る こ と の 妥 当 性 が 必 ず し も 保 障 さ れ な い 場 合 が あ る 第 1 は 資 本 ス ト ッ ク の 価 値 を 貨 幣 評 価 す る こ と が 往 々 に し て 困 難 な 場 合 で あ る 第 2 は 仮 に 貨 幣 価 値 評 価 が 可 能 だ と し て も 倫 理 的 理 由 か ら 貨 幣 価 値 に よ る 統 合 指 標 を 適 用 す る こ と が 望 ま し く な い 場 合 で あ る 具 体 的 に は 一 定 水 準 ま で 3 W o r l d B a n k ( に 1 9 よ 9 9 っ ) て 提 案 さ れ た 真 正 (g 貯 e n 蓄 u i n e s a v i n g ) は こ れ ま で の 経 済 的 資 本 に 加 え て 自 然 資 本 と 人 的 資 本 を 取 り 込 ん で 新 の 富 を 定 量 的 に 把 握 し よ う と し て い る 具 下 体 記 的 の な 通 定 り 義 と は な る G E N S AV = ( G D S-DP+E D U - R n, i-c O 2D a m a g /G e ) D P こ こ で G E は 真 正 貯 N 蓄 率 を 示 し G D S は A 粗 国 内 貯 V 蓄 DPは 人 工 資 本 の 減 耗 E D U は 教 育 投 資 支 出 R n, iは 自 然 資 本 i の 減 耗 (エ ネ ル ギ ー 資 源 鉱 物 資 源 そ し て 森 林 資 )の 源 を 総 含 計 む そ し て C O 2D a m a g e は 二 酸 化 炭 素 排 出 に よ る 損 害 は 国 内 総 生 産 で あ る 28

36 は 他 の 資 本 と 代 替 可 能 で あ っ て も 一 定 水 準 を 超 え る と 不 可 逆 的 に そ の 資 本 の ス ト ッ ク 水 準 が 失 わ れ た り 機 能 や そ の 価 値 を 失 っ た り す る 場 合 そ の 資 本 に は 閾 値 が 存 在 す る と い う こ と に な る こ の 閾 値 の 水 準 の 資 本 ス ト ッ ク の こ と を 臨 界 資 本 ( c r i t i c a l c a p i と t a い l ) う 臨 界 資 本 は 通 常 は 自 然 資 本 の 考 え 方 に 適 用 さ れ る が そ れ は 社 会 関 係 資 本 に も 同 様 に 当 て は ま る こ う し て も し 臨 界 点 が そ れ ぞ れ の 資 本 に つ い て 確 定 で き る な ら 臨 界 性 を 持 つ 資 本 が そ の ス ト ッ ク が 臨 界 点 以 上 に あ る こ と を 制 約 条 件 と し て 社 会 的 厚 生 の 最 大 化 を 図 る と い う 視 点 か ら ジ ェ ニ ュ イ ン セ イ ビ ン グ の 考 え 方 を 適 用 し て い け る か も し れ な い し か し 臨 界 資 本 に 関 し て e c o l o g i c a l e c o n o m i c 誌 s 上 で 企 画 さ れ た 特 集 号 の 諸 論 稿 を 読 む 限 り 4 現 時 点 で は 自 然 科 学 的 に も そ し て そ れ を 判 断 す る 社 会 科 学 的 な 基 準 の 明 確 性 と い う 意 味 で も そ の よ う な 臨 界 性 を 定 義 し 定 量 的 に 確 定 さ せ る の は 現 実 的 に か な り 難 し く 時 期 尚 早 だ と い え る か も し れ な い い ず れ に せ よ 以 上 の こ と は 資 本 ア プ ロ ー チ に 基 づ く 持 続 可 能 性 指 標 は 国 富 や ジ ェ ニ ュ イ ン セ イ ビ ン グ の よ う な 貨 幣 評 価 の み に 依 拠 す る こ と は で き な い と い う こ と を 示 し て い る た し か に 貨 幣 価 値 に よ る 統 合 指 標 は 便 利 だ が 上 述 の 問 題 か ら 臨 界 資 本 に つ い て は 切 り 離 し て 別 途 物 量 単 位 で 評 価 す る 必 要 性 が あ る だ ろ う 以 上 の 文 脈 で は 一 人 当 た り の 富 の 総 量 が 物 的 資 本 人 的 資 本 そ し て 自 然 資 本 で 構 成 さ れ そ の ス ト ッ ク 水 準 の 変 化 で 社 会 的 厚 生 を 測 る こ と が で き る と 解 釈 さ れ る も っ と も こ れ ら の 資 本 ス ト ッ ク 水 準 で 社 会 厚 生 を 測 る ア プ ロ ー チ はひ と つ の 有 力 な 方 法 で あ る も の の そ れ が 増 加 す る こ と が 主 観 的 幸 福 の 増 減 と ど の よ う な 関 係 に あ る か を 問 う こ と も 重 要 で あ る つ ま り 持 続 可 能 な 発 展 に つ い て の 主 観 的 幸 福 の 計 測 の 議 論 と の 連 携 を 強 化 す る こ と が 重 要 で あ る E n g e l b r e c h t ( 2 0 は 0 8 ) 複 数 国 間 比 較 で 複 数 の マ ク ロ レ ベ ル の 富 の 賦 存 量 と 主 観 的 幸 福 関 係 を 富 の 賦 存 量 を 3 つ の サ ブ カ テ ゴ リ ー ( 自 然 資 本 人 工 資 本 非 物 的 資 本 )に 焦 点 を 当 て る こ と で 明 ら か に し よ う と し た そ の 結 果 一 人 当 た り の 富 の 総 量 は 強 く 一 人 当 た り 国 民 総 所 得 ( G r o s s N a t i o n a l I n c o m e : G と N 強 I ) く 相 関 を 持 ち 一 人 当 た り 自 然 資 本 と は 連 関 を 持 っ て い な い こ と が 明 ら か に な っ た 対 照 的 に 一 人 当 た り 自 然 資 本 は 自 然 資 本 集 約 的 な 国 々 を 統 計 的 に 外 れ 値 と し て 除 外 す る と 特 に 相 対 的 に 所 得 の 高 い 国 々 に お い て 主 観 的 幸 福 と 高 い 相 関 が あ る こ と が 判 明 し て い る 自 然 資 本 概 念 は 持 続 可 能 な 発 展 をめぐる 研 究 文 献 の 中 では 重 要 な 役 割 を 果 たしてきた ( E k i n s e t a l ; B a r b i e r a n d H e a l こ 6 ; れ B r ま a で n d に 2 0 それ 0 9 ) 自 体 の 計 測 や 経 済 発 展 プ ロ セ ス に お い て 自 然 資 本 の 果 た す 役 割 さ ら に そ れ が 社 会 的 厚 生 に ど の よ う に 寄 与 す る の か と い っ た 論 点 を め ぐ っ て 多 く の 論 文 が 書 か れ て き た エ コ ロ ジ ー 経 済 学 者 の 中 に は 持 続 可 能 性 を め ぐ る 議 論 は パ レ ー ト 効 率 性 に 依 拠 す る 既 存 の 厚 生 経 済 学 の 枠 組 み を 超 え て 持 続 可 能 な 消 費 を そ の ベ ー ス と す べ き だ と い う 主 張 も み ら れ る ( G o w d y ; A z q u e t a a n d S o t e l s e k ) 資 本 ア プ ロ ー チ の 限 界 は 真 正 貯 蓄 (= 国 民 純 貯 蓄 + 教 育 支 出 - エ ネ ル ギ ー 資 源 減 耗 - 鉱 物 資 源 減 耗 - 森 林 純 減 耗 - 二 酸 化 炭 素 排 出 に よ る 損 害 - 浮 遊 粒 子 状 物 質 に よ る 損 害 ) を め ぐ る 最 近 の 議 論 に お い て よ り 明 確 に な っ て き た と の 指 摘 も あ る た し か に W o r l d B a n k ( 2 0 は 0 6 ) 一 国 の 発 展 経 路 の 持 続 可 能 性 指 標 と し て そ れ に 重 要 な 意 味 づ け を 持 た せ て い る 実 際 資 本 4 E k i n s, F o a l n k d e D, e G r o o t( )ほ か 同 特 集 号 関 の 連 諸 論 稿 を 参 照 29

37 ア プ ロ ー チ を と る 場 合 に は 真 正 貯 蓄 や 一 人 当 た り の 富 の 賦 存 量 の 変 化 は 一 定 の 条 件 の 下 で 将 来 の 潜 在 的 福 祉 水 準 を 計 測 す る た め の 理 想 的 指 標 だ と 認 識 さ れ て い る ( UN ) し か し な が ら P i l l a r i s e t t i が ( 2 真 0 正 0 5 貯 ) 蓄 に 対 し て 批 判 的 な 評 価 を 行 っ て い る よ う に 自 然 資 本 を 他 の 資 本 の 形 態 と 集 計 し た 形 で 富 の 総 計 に 焦 点 を 合 わ せ る こ と に 問 題 が な い わ け で は な い む し ろ こ の ア プ ロ ー チ の 批 判 者 た ち は 自 然 資 本 の み に 焦 点 を 当 て る こ と を 好 ん で い る G n e g n e ( )は 真 正 貯 蓄 が 福 祉 水 準 ( 乳 児 死 亡 率 人 間 開 発 指 標 )の 変 化 を 説 明 で き る か ど う か を テ ス ト し て い る が 確 か に そ の よ う な リ ン ク は あ る が そ れ は 弱 い も の だ と い う の が 引 き 出 さ れ た 結 論 で あ る ま た こ の ア プ ロ ー チ で は 弱 い 持 続 可 能 性 つ ま り 資 本 間 の 代 替 可 能 性 が 高 い こ と が 仮 定 さ れ な お か つ 資 本 ス ト ッ ク は 貨 幣 タ ー ム で 評 価 で き る と の 想 定 が 置 か れ て い る こ の 点 も そ の 想 定 の 妥 当 性 を め ぐ っ て 論 争 の あ る ポ イ ン ト で あ る い ず れ に せ よ れ ら こ の 議 論 は 自 然 資 本 (も ち ろ ん 社 会 関 係 資 本 な ど そ の 他 の 資 本 に つ い て も )の 代 替 可 能 性 に は 限 界 が あ り こ れ 以 上 代 替 は で き な い 資 本 水 準 が 存 在 す る と い う 臨 界 自 然 資 本 ( C r i t i c a l C a p の i t 考 a え l ) 方 と は 異 な っ て い る ま た W o r l d B a n k ( 2 0 も 0 6 報 ) 告 し て い る よ う に 比 較 的 所 得 水 準 の 高 い 国 々 で は 真 正 貯 蓄 と 主 観 的 な 幸 福 と の 間 に 実 証 的 な 関 係 が 見 出 せ な い つ ま り 持 続 可 能 性 へ の 資 本 ア プ ロ ー チ は 持 続 可 能 な 発 展 論 に 対 し て き わ め て 有 用 な ア プ ロ ー チ で あ る も の の 富 の 賦 存 量 の 変 化 は あ く ま で も 福 祉 水 準 の 潜 在 的 可 能 性 の 変 化 を 表 し て い る だ け で そ れ が 本 当 に 人 々 の 主 観 的 幸 福 を 示 し て い る か ど う か と は 区 別 さ れ な け れ ば な ら な い と い う こ と で あ る 主 観 的 幸 福 概 念 を 導 入 す る こ と の 重 要 性 ま た U N ( )も 論 じ て い る よ う に 福 祉 ( w e -b l e l i n g )の 概 念 は も し そ れ が 経 済 学 の 伝 統 的 な 範 囲 を 超 え て 広 が り を 持 つ よ う に な る な ら ば 持 続 可 能 な 発 展 を 計 測 す る 上 で 多 く の 潜 在 的 可 能 性 を 持 つ だ ろ う そ れ に よ れ ば 消 費 は 福 祉 に 貢 献 す る い か な る 財 や サ ー ビ ス を も 含 む も の で な け れ ば な ら ず そ れ は 森 林 の 恵 み や 美 し い 日 没 な ど 自 然 に よ っ て 無 償 で 供 給 さ れ る 財 サ ー ビ ス も が 含 ま れ る べ き だ と い う こ と に な る こ れ は 一 人 当 た り 自 然 資 本 が 直 接 的 に 主 観 的 幸 福 を 高 め る 可 能 性 を 評 価 す る と い う 研 究 ア プ ロ ー チ だ と い う こ と が で き る つ ま り 社 会 的 厚 生 水 準 を 1 人 当 た り 富 の 賦 存 量 の 変 化 で 測 る の で は な く 主 観 的 幸 福 概 念 を 導 入 し 直 接 的 に 自 然 資 本 が 主 観 的 幸 福 に 与 え る 影 響 を 評 価 す る と い う ア プ ロ ー チ で あ る し か し な に を も っ て 主 観 的 幸 福 と 定 義 す る の か そ し て そ れ は ど の よ う に し て 計 測 さ れ る の か と い う 点 を め ぐ っ て は 様 々 な 課 題 が 存 在 す る 幸 福 に 関 す る も っ と も よ く 知 ら れ た ア プ ロ ー チ は ベ ン サ ム に よ っ て 切 り 開 か れ た 古 典 的 功 利 主 義 の 立 場 で あ り そ こ で は 幸 福 は 精 神 の 好 ま し い 状 態 に よ っ て 構 成 さ れ る と 考 え ら れ て い る こ の 観 点 か ら よ き 状 態 ( w e -b l e l i n g ) と 幸 福 ( h a p p i n e s s ) は 本 質 的 に は 同 義 と み な さ れ そ れ ら は 以 下 の 2 つ の 要 素 を も つ と 考 え ら れ て い る 1 つ は 快 ( p l e a s u r e ) と 呼 ば れ て い る 要 素 で 感 覚 感 情 雰 囲 気 が 好 ま し い 状 態 を 指 す が 短 期 的 に し か 持 続 し な い 場 合 状 況 を 意 味 し て い る こ れ に 対 し て 2 番 目 の 要 素 は そ の 人 の 人 生 一 般 に 対 す る 満 足 あ る い は 望 ん で い た こ と を 達 成 す る こ と か ら 生 じ る 個 人 的 な 幸 福 を 意 味 し 自 己 反 省 や 自 己 査 定 を 伴 い 感 情 よ り は 判 断 と よ り 深 い 関 係 を も っ て い る と 考 え ら れ て い る こ の 点 で 個 人 が ど の 程 度 幸 福 に な れ る か は 彼 ら の 選 考 や 嗜 好 が ど の 程 度 満 た さ れ た と 彼 ら が 認 識 す る か に 依 存 す る と 心 理 学 で は 考 え る よ う で あ る M i c h a l o s ( ; 1 は 心 ) 理 学 30

38 的 な 幸 福 は 以 下 の 7 つ の 要 素 に 関 す る ギ ャ ッ プ に 依 存 す る と 主 張 し た そ の 第 1 は そ の 個 人 が 持 っ て い る も の と そ の 個 人 が 望 ん で い る も の と の 差 ( a s p i r a t i o n ) 2 は 他 人 が 持 第 っ て い る も の と の 差 ( s o c i a l c o m p a r i s 第 o n ) 3 に そ の 個 人 が 過 去 に 持 っ て い た も の と の 差 ( h i s t o r y ) 第 4 に 3 年 前 に 実 現 達 成 す る と 期 待 し て い た も の と の 差 ( d i s a p p o i n t m e n 第 t ) 5 に 5 年 後 に 達 成 実 現 す る だ ろ う と 期 待 す る も の と の 差 ( h o p e ) 6 に 第 そ の 個 人 が (そ う 取 り 扱 わ れ て し か る べ き と 考 え る ) 価 値 と の 差 そ し て 第 7 に そ の 個 人 の ニ ー ズ と の 差 と な る 以 上 の 心 理 学 の 流 れ と は 別 に 経 済 学 で は 幸 福 の 問 題 は ど の よ う に 取 り 扱 わ れ て き た の だ ろ う か こ れ ま で 標 準 的 な 経 済 学 では 個 人 に よ っ て な さ れ た 観 察 可 能 な 選 択 に 基 づ い て の み 理 論 構 成 す る 観 主 義 的 な 立 場 が と ら れ て き た そ し て そ こ で は 個 人 の 効 用 は 有 形 の 財 サ ー ビ ス の み に 依 存 す る と さ れ る 効 用 は 人 間 の 行 動 (あ る い は 顕 示 選 好 )か ら 引 き 出 さ れ 逆 に 顕 示 選 好 理 論 は な さ れ た 選 択 の 合 理 性 を 説 明 す る た め に 用 い ら れ る こ と に な る こ の 文 脈 で は 主 観 主 義 的 な 立 場 は 逆 に そ れ が 観 的 に は 観 察 可 能 で は な い と い う 理 由 で 非 科 学 的 と さ れ 拒 絶 さ れ て き た こ の よ う な 観 的 に 観 察 可 能 で な い 要 素 を 排 除 す る と い う 経 済 学 の 潮 流 は 効 用 の 基 数 性 や 個 人 間 効 用 比 較 の よ う な 主 観 的 判 断 を と も な う 要 因 に 立 脚 し て 社 会 的 厚 生 を 論 じ て い た 旧 厚 生 経 済 学 が 解 体 さ れ 主 観 的 要 素 を 一 切 必 要 と し な い 消 費 者 理 論 に 立 脚 す る 現 代 厚 生 経 済 学 に と っ て 代 わ ら れ た 点 に も 現 れ て い る 功 利 主 義 的 な 顕 示 選 好 の 理 論 は 消 費 者 に よ っ て な さ れ た 選 択 の 結 果 が 結 果 的 に 得 ら れ た 効 用 を 特 定 す る た め の す べ て の 情 報 を 提 供 し て く れ る と の 立 場 を と る し か し 実 際 に は ア マ ル テ ィ ア セ ン や 鈴 村 興 太 郎 が 批 判 し て い る よ う に そ れ が 立 脚 す る 情 報 的 基 盤 は 主 観 的 要 素 を そ ぎ 落 と し て い っ た 結 果 き わ め て 狭 い も の に な っ て し ま っ て い る と い え よ う 環 境 経 済 学 の 領 域 で は 実 際 こ の よ う な 観 察 可 能 な 観 主 義 の 立 場 に 立 っ て こ れ ま で 環 境 評 価 のための 様 々な 手 法 が 開 発 されてきた それらは 通 常 顕 示 選 好 ( r e v e a l e d p r e f e r e n c e )ア プ ロ ー チ あ る い は 表 明 選 好 ( s t a t e d p r e f e r e n c ア e ) プ ロ ー チ に 分 類 さ れ る 前 者 は 市 場 財 と の 関 連 で 観 察 さ れ る 消 費 者 行 動 か ら 環 境 要 因 に 帰 す こ と の で き る 価 値 を 引 き 出 す と い う 方 法 を と る ヘ ド ニ ッ ク 価 格 法 や ト ラ ベ ル コ ス ト 法 回 避 あ る い は 相 殺 行 動 法 が 顕 示 選 好 ア プ ロ ー チ に 立 脚 す る 評 価 法 で あ る こ れ に 対 し て 選 好 表 明 ア プ ロ ー チ に 立 脚 す る 評 価 法 は 仮 想 的 市 場 法 ( co n t i g e n t v a l u a t i o n m e t h o d : C が V M ) そ の も っ と も 典 型 的 な 手 法 で 環 境 条 件 や 環 境 質 の 仮 想 的 な 変 化 に 対 し て 消 費 者 自 身 の 評 価 を 直 接 質 問 の 方 法 に よ っ て 引 き 出 す の で あ る も っ と も 顕 示 選 好 法 も 表 明 選 好 法 も 弱 点 を も っ て い る 顕 示 選 好 法 は 主 体 の 合 理 性 と 市 場 の 機 能 に つ い て 厳 格 な 仮 定 を 置 い て い る 仮 想 的 市 場 法 は 他 方 で 仮 説 的 な シ ナ リ オ を 用 い て い る た め に そ の 回 答 の 信 頼 性 や バ イ ア ス あ る い は 戦 略 的 回 答 と い っ た 問 題 を 必 ず と も な っ て し ま う 結 果 と し て こ の 両 方 の ア プ ロ ー チ で は 環 境 条 件 が 市 場 価 格 に う ま く 反 映 し て い る ケ ー ス か あ る い は 消 費 者 が 環 境 価 値 を 認 識 し て 自 覚 的 に 行 動 す る ケ ー ス し か 把 握 で き な い こ と に な る し た が っ て 個 人 が こ れ ら の 条 件 に 帰 す こ と が で き な い 環 境 上 の 効 果 に つ い て は そ れ が あ る と し て も 調 査 に は 反 映 で き な い こ と に な る こ れ に 対 し て 主 観 主 義 的 な ア プ ロ ー チ は こ れ ら の 困 難 の い く つ か を 回 避 す る こ と が で き る こ の 技 術 は 彼 ら が 環 境 条 件 を ど の よ う に 価 値 づ け る か を 人 々 に 尋 ね る と い う 手 法 に は 依 存 し な い 代 わ り に 個 人 は サ ー ベ イ で 生 活 に ど の よ う に 満 足 し て い る の か を 尋 ね ら れ 計 量 31

39 経 済 学 的 手 法 に 基 づ い て 彼 ら の 回 答 が 環 境 条 件 の 変 化 と と も に 動 く か 否 か 動 く と す れ ば ど の よ う に 動 く の か を 分 析 す る の で あ る こ う し て こ の ア プ ロ ー チ に し た が え ば 個 人 の 側 で 因 果 関 係 を 知 る 必 要 が な い さ ら に こ の ア プ ロ ー チ で は 人 々 が 彼 ら の さ ら さ れ て い る 汚 染 の 程 度 す ら 知 っ て い る 必 要 は な い の で あ る こ の 理 由 の た め に 生 活 満 足 度 ア プ ロ ー チ は 仮 想 的 市 場 法 に 比 べ て 求 め ら れ る 情 報 量 や 前 提 条 件 が 厳 し く な い と い う 利 点 が 第 1 点 目 で あ る (W e 2 0 l 0 6 ) s 2 に c 回 h 答 者 の 第 戦 略 的 行 動 を 誘 発 し な い と い う 点 で も こ の ア プ ロ ー チ は 利 点 が あ る と い う の は 幸 福 度 に 関 す る サ ー ベ イ は 環 境 条 件 と は 結 び 付 け ら れ て い な い か ら で あ る 第 3 に 顕 示 選 好 法 と は 異 な っ て こ の ア プ ロ ー チ は 合 理 的 な 主 体 や 完 全 市 場 と い っ た 非 現 実 的 な 状 態 を 前 提 と は し て い な い 点 に ま さ に 利 点 が あ る 第 4 に こ の ア プ ロ ー チ は 効 用 よ り も か な り 広 い 概 念 で あ る た め に 効 用 そ の も の だ け で な く 効 用 の 獲 得 に 至 る ま で の 過 程 か ら 得 ら れ る 効 用 ( 満 足 )を も 含 ん で い る と い う 点 で 特 徴 的 で あ る 例 え ば 職 の 安 定 性 地 位 権 力 金 ( 所 得 )な ど は そ れ 自 体 が 目 的 では な く そ れ ら は あ く ま で も 我 々 を よ り 幸 せ に す る た め の 可 能 性 を 与 え て く れ る 手 段 と し て み な さ れ る こ と に な る (F r e y a n d S t u t z e r ) 最 後 に 第 5 の そ し て 最 大 の メ リ ッ ト は 市 場 デ ー タ を 通 じ て 間 接 的 に で は な く 直 接 的 に 人 間 の 幸 福 度 を 測 る こ と が で き る と い う 点 に あ る と こ ろ で 主 観 的 幸 福 度 は ど の よ う に 計 測 さ れ る の だ ろ う か 経 済 学 で は 幸 福 に 関 す る 自 己 報 告 デ ー タ を 用 い た 研 究 論 文 が ま す ま す 増 大 し つ つ あ る こ れ は 具 体 的 に は 人 々 が 自 ら の 生 活 に ど の 程 度 満 足 し て い る か を 尋 ね る と い う 方 法 で あ る そ の 行 動 の 結 果 に つ い て 行 動 し た 本 人 の 判 断 に 依 存 し て 分 析 す る と い う 手 法 は 伝 統 的 な 経 済 学 の 観 点 か ら す れ ば 取 り 扱 い に く い 問 題 を 含 ん で い る し か し 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ で は 当 人 こ そ が 自 ら の 生 活 の 質 全 般 に と っ て も っ と も よ く 判 断 で き る 主 体 で あ る と 考 え そ う で あ る な ら ば 彼 ら に 幸 福 か 否 か を 直 接 的 に 尋 ね て み る の が 最 も 適 切 な 戦 略 だ と い う 判 断 か ら 直 接 質 問 の 方 法 が 採 用 さ れ て い る の で あ る ま さ に 上 述 の 心 理 学 の 考 え 方 が 示 唆 し て い る よ う に グ ロ ー バ ル な レ ベ ル で 行 わ れ て い る ア ン ケ ー ト 結 果 の 助 け を か り な が ら 個 人 が 自 ら の 幸 福 や 生 活 満 足 度 に つ い て ど の よ う な 評 価 を 下 し て い る の か と い う 点 に つ い て の 示 唆 が 得 ら れ る そ こ で は 人 々 は 1 ) 自 ら が お か れ た 環 境 2 ) 他 者 と の 比 較 3 ) 過 去 と の 経 験 と の 比 較 そ し て 4 ) 将 来 へ 向 け て の 期 待 と い っ た 観 点 か ら 自 ら の 現 時 点 で の 主 観 的 幸 福 度 を 自 己 評 価 す る の で あ る 結 果 と し て 主 観 的 幸 福 の 計 測 は 効 用 の 代 理 指 標 と し て 役 立 ち う る 例 え ば G e n e r a l S o c i a l S u に r v e お y い て 行 わ れ て い る 3 段 階 評 価 に よ る 調 査 で は 次 の よ う な 問 い が 設 定 さ れ て い る 総 じ て 最 近 あ な た は と て も 幸 せ で す か あ る 程 度 幸 せ で す か そ れ と も そ れ ほ ど 幸 せ で は あ り ま せ ん か W o l d Va r l u e S u r v e y で は 総 じ て 最 近 あ な た は 自 分 の 生 活 に ど の 程 度 満 足 し て い ま す か と 尋 ねる こ と で 生 活 満 足 度 が 1 ( 不 満 )か ら 1 0 ( 満 足 )ま で の 1 0 段 階 で 評 価 さ れ る こ と に な る 以 上 み て き た よ う に た し か に 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ に は 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ に は な い 多 く の 利 点 が 存 在 す る し か し 主 観 主 義 的 ア プ ロ ー チ が ま だ ま だ 論 争 的 な 方 法 で あ る こ と に 変 わ り は な い 特 に た し か に 人 々 の 自 己 評 価 に 関 す る デ ー タ を 大 量 に 集 め 分 析 す る こ と は 可 能 だ が そ れ ら の 自 己 評 価 そ の も の は 科 学 的 に み て 有 効 な 情 報 と み な し う る の か と い う 点 や 被 質 問 者 の 回 答 は 内 的 に 一 貫 性 の と れ た も の と 言 え る の か ど う か と い っ た 点 に つ い て は 慎 重 に 検 討 し な け れ ば な ら な い だ ろ う さ ら に 主 観 的 ア プ ロ ー チ に 関 し て は そ れ が 個 人 の 精 神 的 な 状 態 を 分 析 す る の に は 有 効 で は あ っ て も そ れ を 社 会 全 体 の 集 合 的 な 幸 福 の 評 価 に 用 い 32

40 て よ い の か と い う 批 判 が あ る と い う ま た 方 法 論 的 に も 人 々 が 自 ら の こ と を 表 現 す る 能 力 や 意 欲 に 個 人 間 で 相 違 が あ る こ と や と り わ け ネ ガ テ ィ ブ な 見 解 や 評 価 を 尋 ね ら れ る 場 合 に そ れ が 表 面 化 す る と 考 え ら れ る こ と か ら 結 果 に は ど う し て も バ イ ア ス が か か っ て し ま う こ と は こ の 種 の 調 査 の バ イ ア ス を 避 け る 技 術 的 な 発 達 に も か か わ ら ず 避 け ら れ な い 問 題 点 だ との 指 摘 も あ る (D o d d s ) に も か か わ ら ず 心 理 学 の 観 点 か ら の 主 観 的 幸 福 研 究 の 第 一 人 者 で あ る デ ィ ー ナ ー は 現 在 が 主 観 的 幸 福 指 標 の 本 格 活 用 の 初 歩 的 段 階 で あ る と し て も 今 後 ま す ま す そ の デ ー タ 整 備 を 図 り そ し て 作 成 さ れ た 指 標 を 公 共 政 策 立 案 の 指 針 と す る こ と が 必 要 な 時 期 に 入 っ た と 訴 え て い る (D i e n e r a n d R y a n ; D i e n e r e 9 t ) a 興 l. 味 深 い の は 彼 が 主 観 的 幸 福 は 単 に 人 々 の 生 活 満 足 度 に 関 す る よ り 豊 富 な 情 報 を も た ら す こ と で 公 共 政 策 に 資 す る と い う だ け で な く ポ ス ト 物 質 主 義 社 会 に 生 き る 市 民 に と っ て 生 活 の 質 を 反 映 す る 指 標 が ま す ま す 求 め ら れ る よ う に な っ て い る 事 情 を 反 映 し て い る の だ と 指 摘 し て い る 点 で あ る 実 際 G D P を は じ め と す る 既 存 の 社 会 経 済 指 標 は 人 々 の 欲 求 を 満 た す 基 礎 的 な 財 サ ー ビ ス が 不 足 気 味 で あ っ た 時 代 に は 決 定 的 に 重 要 な 意 味 を 持 っ て い た が 人 々 が 単 に 生 存 す る と い う 以 上 に 人 生 を 充 実 さ せ る こ と を 求 め る よ う に な っ て い る 現 代 に お い て は 社 会 経 済 指 標 と し て 必 ず し も 適 合 的 でな く な っ て き た と い う わ け で あ る こ の よ う な シ フ ト は ま さ に か つ て イ ン グ ル ハ ー ト が 物 質 主 義 的 価 値 か ら ポ ス ト 物 質 主 義 的 価 値 へ の 転 換 と 呼 ん だ 変 化 に 他 な ら な い が (I n g l e h a r t ) 後 者 は ま さ に 現 代 の 市 民 が 求 め る 新 し い 欲 求 に 根 ざ し た 価 値 を 示 し て い る と い え る そ し て そ れ は 既 存 の 社 会 経 済 指 標 で は 直 接 的 に 計 測 で き ず し た が っ て そ こ に 主 観 的 幸 福 と そ れ に 関 す る 指 標 が 求 め ら れ る 条 件 が 整 い つ つ あ る と い う の が デ ィ ー ナ ー の 主 張 で あ る 自 然 資 本 が 主 観 的 幸 福 に 与 え る 影 響 自 然 資 本 が 主 観 的 幸 福 に 与 え る 影 響 評 価 と い う 点 で は ま だ そ の 方 法 論 は 未 確 立 で あ る も の の す で に 様 々 な 研 究 が 行 わ れ て い る W e l s c h ( 2 0 は 0 2 ) お そ ら く 主 観 的 幸 福 が 物 質 的 豊 か さ と 環 境 的 条 件 と と も に 国 ご と に ど の よ う に 変 化 を し て い く の か を 分 析 し た 最 初 の 試 み で あ っ た 彼 は マ ク ロ レ ベ ル の デ ー タ を 用 い 汚 染 物 質 の 量 の 変 化 に 応 じ て 主 観 的 幸 福 の 貨 幣 的 価 値 が ど の よ う に 変 化 し て い く か を 検 証 し た そ の 結 果 は 前 者 が 増 加 す れ ば 後 者 が 低 下 す る と い う 関 係 が 存 在 す る こ と を 見 出 し た 彼 は W e l s h ( )に お い て も 引 き 続 い て 欧 州 1 0 カ 国 に お け る 主 観 的 幸 福 度 に 関 す る パ ネ ル デ ー タ を 大 気 汚 染 お よ び 一 人 当 た り 所 得 の デ ー タ と と も に 用 い ど の よ う に 主 観 的 幸 福 度 が 大 気 の 質 や 個 々 人 の 経 済 的 豊 か さ の 変 化 に と も な っ て 変 化 し て い く の か を 分 析 し た 結 果 と し て 大 気 汚 染 は 各 国 間 あ る い は 時 間 軸 で の 比 較 し た 場 合 に お け る 主 観 的 幸 福 の 差 違 を 説 明 す る 統 計 学 的 に 顕 著 な 役 割 を 果 た し て い る こ と が 明 ら か と な っ て い る こ の よ う に ウ ェ ル シ ュ の 先 駆 的 研 究 に 引 き 続 い て 自 然 資 本 を 劣 化 損 傷 さ せ る 要 因 と し て の 環 境 汚 染 が 主 観 的 幸 福 に ど の よ う な 影 響 を 与 え て い る の か と い う 点 に つ い て は 近 年 研 究 が 増 加 す る 傾 向 が あ る 例 え ば R e h d a n z a n d M a d d i s o n( )は ド イ ツ の 社 会 経 済 パ ネ ル デ ー タ を 用 い て 主 観 的 幸 福 と 環 境 質 の 関 係 を 検 証 し て い る そ れ に よ れ ば 地 域 で 大 気 汚 染 と 騒 音 の 水 準 が 高 ま れ ば そ れ は 主 観 的 幸 福 を か な り の 程 度 引 き 下 げ る こ と が 分 か っ た と い う M a c K e r r o n a n d M o u r a t o( )は 約 名 の ロ ン ド ン 市 民 に 対 し て ア ン ケ ー ト 調 査 を 行 い 33

41 同 時 に 地 理 情 報 シ ス テ ム ( G I S を ) 用 い て 大 気 汚 染 物 質 の 集 積 度 に 関 す る 情 報 を も ち い て 大 気 汚 染 が ロ ン ド ン 市 民 の 生 活 の 質 に も た ら す 影 響 を 調 べ て い る そ れ に よ れ ば や は り 大 気 汚 染 の 水 準 が 上 が れ ば 顕 著 に 主 観 的 幸 福 度 は 低 下 す る と い う 結 論 が 引 き 出 さ れ て い る 同 様 の 結 論 は 地 域 ア メ ニ テ ィ に 関 し て も 適 用 可 能 な よ う で あ る 日 本 に お い て も 倉 増 他 ( )が 東 京 都 お よ び 神 奈 川 県 で 行 な っ た サ ー ベ イ デ ー タ お よ び 各 サ ン プ ル の 居 住 地 に お け る 局 所 的 な 環 境 汚 染 の モ ニ タ リ ン グ デ ー タ を 用 い て 主 観 的 幸 福 と 大 気 汚 染 の 関 係 を 検 証 し て い る そ れ に よ れ ば 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 排 出 量 の 最 大 値 に お い て 頑 健 に 幸 福 度 を 低 下 さ せ る 傾 向 を 見 出 さ れ て い る 大 気 汚 染 物 質 の 場 合 と 異 な っ て ア メ ニ テ ィ の よ う に 本 来 的 に は 望 ま し い も の で あ れ ば そ の 賦 存 量 の 増 加 は そ れ を 享 受 で き る 人 々 の 主 観 的 幸 福 を 引 き 上 げ る と 考 え ら れ る 実 際 M o r o e t a 2 l )は ( ア イ ル ラ ン ド の 3 4 カ ウ ン テ ィ を 対 象 と し て カ ウ ン テ ィ ご と の 主 観 的 幸 福 と そ の カ ウ ン テ ィ の ア メ ニ テ ィ 賦 存 量 と の 関 係 を 検 証 し て い る そ れ に よ れ ば 主 観 的 幸 福 と そ の 地 域 に お け る ア メ ニ テ ィ の 存 在 と の 間 に は 後 者 が 大 き く な れ ば そ れ だ け 主 観 的 幸 福 も 幸 福 と い う 点 で か な り 強 力 な 相 関 関 係 が み ら れ る と い う ま た A m b r e ya n d F l e m i n (2 g ) は 景 観 ア メ ニ テ ィ が 主 観 的 幸 福 に 及 ぼ す 影 響 を 検 証 し て い る そ れ に よ れ ば 1 0 ポ イ ン ト ス ケ ー ル で 評 価 さ れ た 景 観 に た い し て 人 々 は 1 単 位 景 観 が 改 善 さ れ る た び ご と に 平 均 で 1 4, 0 0 0オ ー ス ト ラ リ ア ド ル を 支 払 う 用 意 が あ る と 回 答 し て い る と い う こ れ は す な わ ち 景 観 の 改 善 と 主 観 的 幸 福 と の 間 に 正 の 相 関 関 係 が あ る こ と を 示 す と 同 時 に よ い 景 観 が 人 々 の 主 観 的 幸 福 を 高 め る 効 果 を 持 っ て い る こ と を 示 し た お そ ら く 初 め て の 研 究 だ と 思 わ れ る 同 様 に 自 然 資 本 が 主 観 的 幸 福 に お よ ぼ す プ ラ ス の 影 響 に 関 す る 研 究 も 盛 ん に 行 な わ れ て い る V e a n d C o s t m a n z a(2 u )は マ r ク ロ デ ー i タ を 用 い て そ れ が 人 間 の ス ト レ ス か ら の 快 復 や 健 康 の 確 立 に 対 し て プ ラ ス に 働 く こ と を 確 か め て い る E n g e l b r e c h t( )は 同 様 に マ ク ロ デ ー タ を 用 い て 自 然 資 本 の 賦 存 量 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 を 検 証 し 後 者 の 説 明 変 数 と し て 前 者 を 含 ん だ 結 果 が 頑 健 で あ る こ と そ の 説 明 力 が 高 い こ と を 示 し て い る さ ら に N i s b e ta n d Z e l e n s k i( )は 都 市 近 郊 の 自 然 と 住 民 が 接 触 す る こ と で 彼 ら の 幸 福 度 が 高 ま る こ と を 示 す と 同 時 に 現 状 で は 彼 ら は そ の 恵 み を 十 分 に 生 か し き れ て お ら ず し た が っ て 幸 福 度 の 最 大 化 に 失 敗 し て い る こ と が 指 摘 さ れ て い る B r o w n a n d K a s s e r ( 2 は ) ア メ リ カ に お け る ミ ク ロ レ ベ ル の 証 拠 を 用 い て 主 観 的 幸 福 と エ コ ロ ジ ー 的 に 責 任 あ る 行 動 が 正 の 相 関 関 係 を 持 っ て い る こ と を 見 出 し た こ れ は 持 続 可 能 な 生 活 様 式 が 幸 福 を 犠 牲 に す る こ と な く 可 能 で あ る こ と を 示 し て い る 最 後 に F e r r e r-i-c a r b o n e l l a n d G o w d y ( は イ ) ギ リ ス の 家 計 の パ ネ ル サ ー ベ イ か ら 取 ら れ た ミ ク ロ レ ベ ル デ ー タ を 用 い 個 人 の 主 観 的 幸 福 と オ ゾ ン 層 破 壊 や 生 物 多 様 性 の 喪 失 の よ う な 環 境 へ の 関 心 や 知 識 の 高 ま り と の 間 に 頑 健 な 相 関 関 係 が あ る こ と を 見 出 し た 彼 ら は オ ゾ ン 層 破 壊 に 対 す る 関 心 が 高 い 人 ほ ど そ の 人 の 主 観 的 幸 福 は 低 く 逆 に 生 物 多 様 性 の 喪 失 に 関 す る 関 心 が 高 い 人 ほ ど 主 観 的 幸 福 が 高 い と い う 相 関 関 係 を 析 出 し た 一 見 す れ ば 生 物 多 様 性 の 喪 失 に 関 す る 関 心 や 知 識 が 深 ま れ ば 主 観 的 幸 福 は 低 下 し そ う で あ る こ の 点 に つ い て の 著 者 た ち の 興 味 深 い 解 釈 に よ れ ば 生 物 多 様 性 の 喪 失 に 対 す る 関 心 が 高 い と い う こ と は そ れ だ け 自 然 の 恵 み に 対 す る 関 心 が 高 く そ れ だ け 自 然 環 境 と の 一 体 性 や 連 帯 性 を 持 つ 人 々 だ と い う 解 釈 が な り た つ と い う し た が っ て 彼 ら は 自 然 環 境 や 生 物 と の 一 体 性 や 連 帯 的 感 情 を 持 ち 自 然 に つ い て の 知 識 を 深 め れ ば 深 め る ほ ど そ の 恩 恵 に 対 す る 認 識 も 深 ま り 結 果 と し 34

42 て 主 観 的 幸 福 も 高 ま る と い う 関 係 が 現 れ て い る と い う 以 上 み ら れ る よ う に 近 年 急 速 に 主 観 的 幸 福 と 自 然 資 本 (あ る い は 環 境 汚 染 )の 関 係 を め ぐ る 研 究 が 盛 ん に な っ て お り 多 く の 業 績 が 発 表 さ れ る よ う に な っ て き て い る そ し て そ れ ら は 自 然 資 本 と 主 観 的 幸 福 が 相 関 を 持 っ て い る こ と を 示 唆 し て い る 主 観 的 幸 福 と 社 会 関 係 資 本 さ て こ こ ま で 主 観 的 幸 福 と 自 然 資 本 の 関 係 に 焦 点 を 当 て て き た が 実 は 本 研 究 で も 想 定 し て い る よ う に 社 会 関 係 資 本 も ま た 主 観 的 幸 福 と 強 い 連 関 を 持 っ た 資 本 だ と い う こ と が で き る こ れ は 色 々 な 方 法 に よ っ て 計 測 さ れ る が 主 観 的 幸 福 に 対 し て 直 接 的 間 接 的 に 強 い イ ン パクトを 持 っていることが 明 らかにされている( D i e n e r a n Su d h ; H e l l i w e l l ; H e l l i w e l l a n d P u t n a m ; K r o v l l a n 2 d 0 0 D 8 ; i e n T e r こ 8 ) れ ら の 研 究 に よ れ ば 社 会 関 係 資 本 の 賦 存 量 は 豊 か な 国 で は 生 活 満 足 度 の 決 定 要 素 と し て 一 般 的 な 生 活 水 準 や そ の 他 の 経 済 指 標 よ り も 重 要 な 要 素 と な っ て い る こ と が 分 か っ て い る こ こ で い う 社 会 関 係 資 本 と は 人 々 の 間 で の 信 頼 に 基 づ く ネ ッ ト ワ ー ク の 厚 み を 指 す こ の 概 念 は 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 し て い く た め の 我 々 の 制 度 の あ り 方 や 社 会 的 な 意 思 決 定 のあり 方 つまり ガバナンス のあり 方 を 問 題 にするうえで 重 要 である ( P u t n a m ) 持 続 可 能 な 発 展 を 可 能 に す る た め に は そ の 下 で 人 々 の 幸 福 度 を 高 め る よ う な 制 度 を ど う 構 築 し う ま く 機 能 さ せ る か そ し て 誰 が そ れ を 担 う の か と い う 主 体 の 問 題 を 問 う こ と が き わ め て 重 要 に な る こ れ ま で 成 長 を 担 っ て き た の は 企 業 と 政 府 と い う 主 体 で あ っ た し か し 持 続 可 能 な 発 展 を 担 う 主 体 は N G O や N P O も 含 め て も っ と 多 様 化 し て い く で あ ろ う 持 続 可 能 な 発 展 の 実 現 に は 政 府 以 外 に こ れ ら 多 様 な ネ ッ ト ワ ー ク が 厚 み を 増 し 市 民 社 会 が 成 熟 し て い く こ と が 鍵 に な る 社 会 関 係 資 本 が 持 続 可 能 な 発 展 や 主 観 幸 福 に と っ て 重 要 性 を も つ も う 一 つ の 理 由 は 上 述 の よ う に そ れ が 直 接 的 に 我 々 の 幸 福 度 を 引 き 上 げ る 可 能 性 を も っ て い る と い う 点 に あ る つ ま り 人 々 の 幸 福 度 に と っ て 強 い 連 関 を も つ と 思 わ れ る 自 己 実 現 調 和 共 同 体 ア イ デ ン テ ィ テ ィ 卓 越 性 充 足 啓 蒙 自 己 に 対 す る 敬 意 と い っ た 諸 要 素 は 信 頼 や 互 恵 性 に 支 え ら れ た ネ ッ ト ワ ー ク が 緊 密 に 張 り め ぐ ら さ れ た 社 会 つ ま り 社 会 関 係 資 本 の 厚 み の あ る 社 会 に お け る 方 が そ う で な い 社 会 に お い て よ り も 順 調 に 育 ま れ る と 考 え て 差 し 支 え な い で あ ろ う 主 観 的 幸 福 に 影 響 を 与 え る 観 的 条 件 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 す る た め に は わ れ わ れ の 社 会 が 福 祉 を 測 る 上 で G D P の よ う な 経 済 指 標 に よ っ て 示 さ れ る 経 済 的 物 質 的 要 素 の 増 減 だ け で な く も っ と 非 経 済 的 な そ し て 非 物 質 的 な 要 素 に 着 目 す る 必 要 が あ る そ し て 視 点 を 短 期 か ら 長 期 に 移 し わ れ わ れ の 社 会 を 支 え て い る さ ま ざ ま な 物 的 非 物 的 資 本 ス ト ッ ク が 時 間 軸 を 通 じ て 持 続 可 能 か ど う か に 注 意 を 払 う べ き で あ ろ う そ し て 経 済 政 策 の 焦 点 を 非 経 済 的 非 物 質 的 要 素 長 期 的 視 点 そ し て ス ト ッ ク 重 視 へ と 切 替 え て い く 必 要 が あ る そ の た め に 持 続 可 能 な 発 展 や 人 々 の 主 観 的 幸 福 に 寄 与 す る 要 素 を 特 定 し そ れ を 増 進 さ せ る よ う な 新 し い 経 済 政 策 目 標 を 作 る と と も に そ れ を 達 成 す る た め の 政 策 手 段 を 開 発 す る 必 要 が あ る だ ろ う 35

43 ま た 持 続 可 能 社 会 へ 移 行 す る に は 一 定 の 時 間 を 要 す る と 考 え ら れ る が そ の 移 行 を 容 易 に す る ガ バ ナ ン ス の 仕 組 み を 構 築 し て い く こ と も 必 要 に な る そ し て 我 々 が 目 的 に 向 か っ て 正 し く 航 行 し て い る の か ど れ だ け 航 行 し た の か を 測 る 指 標 と し て 持 続 可 能 性 指 標 を 開 発 す る こ と は 最 優 先 課 題 の 1 つ に な る だ ろ う 本 研 究 が 持 続 可 能 な 社 会 に 向 か っ て わ れ わ れ が ど の よ う に 進 ん で い る の か を 把 握 す る 持 続 可 能 性 指 標 の 研 究 に 力 を 注 ぐ の は こ の 理 由 か ら で あ る こ の 点 で 本 研 究 が 参 照 す る 上 述 の ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 報 告 書 が 到 達 し た 知 見 を 確 認 し て お き た い 彼 ら は 以 下 3 つ の 課 題 を 挙 げ て い る 1 つ は 人 々 の 主 観 的 幸 福 を 直 接 的 に 測 る 指 標 を 開 発 す る こ と で あ る 彼 ら に よ れ ば こ の 点 に 関 す る 意 味 を も ち 信 頼 で き る デ ー タ を 集 め る こ と は 現 時 点 で 既 に 可 能 だ と い う 主 観 的 幸 福 度 は そ の 人 の 人 生 と 生 活 に つ い て の 自 己 評 価 に 他 な ら な い つ ま り 満 足 や 楽 し み 誇 り と い っ た 肯 定 的 な 感 情 や 痛 み や 不 安 と い っ た ネ ガ テ ィ ブ な 感 情 を 評 価 し そ の 人 の 幸 福 度 を 総 合 的 に 評 価 で き る 定 量 的 な 評 価 指 標 が 開 発 さ れ る べ き だ と し て い る 幸 福 度 を 図 る う え で 次 に 重 要 に な る の は 主 観 的 評 価 だ け で な く 人 々 の 幸 福 を 左 右 す る 観 的 な 環 境 条 件 を 定 量 的 に 評 価 す る こ と で あ る 委 員 会 は 下 記 の 要 素 が 幸 福 度 を 左 右 す る 観 的 環 境 条 件 と し て 抽 出 で き る と し て い る ⅰ) 物 的 な 生 活 水 準 ( 所 得 消 費 そ し て 富 ) ⅱ) 健 康 ⅲ) 教 育 ⅳ) 仕 事 を 含 め た 個 人 的 な 活 動 ⅴ) 政 治 的 発 言 権 と ガ バ ナ ン ス ⅵ) 社 会 的 つ な が り と 社 会 関 係 ⅶ) 環 境 ( 現 在 お よ び 将 来 の 状 態 ) ⅷ) 不 安 ( 経 済 だ け で な く 物 理 的 自 然 に 関 す る も の を 含 む ) 重 要 な こ と は ま ず こ れ ら の 条 件 に つ い て の 定 量 的 な 指 標 を 開 発 す る こ と で あ る そ の た め に 委 員 会 は 新 し い 挑 戦 と し て こ れ ら に 条 件 に つ い て の 情 報 を 作 り 出 す 元 デ ー タ の 開 発 と 整 備 に 投 資 を す る よ う 各 国 政 府 の 統 計 当 局 に 求 め て い る こ う し て 仮 に 現 時 点 で の 幸 福 度 が 主 観 的 な 側 面 と 観 的 側 面 の 両 方 か ら 計 測 で き た と し よ う し か し そ れ だ け で は そ の 幸 福 が 長 期 的 に 持 続 可 能 か ど う か は 保 障 の 限 り で は な い し た が っ て 幸 福 が 現 時 点 で の 資 源 を 浪 費 し て 達 成 し て い る の か そ れ と も 我 々 の 幸 福 社 会 が 長 期 的 に も 持 続 可 能 な 経 路 に 乗 っ て い る の か を チ ェ ッ ク す る 必 要 が あ る そ の た め に 必 要 に な る の が 資 本 ス ト ッ ク 情 報 で あ る こ う し て 将 来 の 幸 福 度 を 支 え る 複 数 の 資 本 ス ト ッ ク が 時 間 の 推 移 と と も に ど の よ う に 変 化 す る の か を 定 量 的 に 評 価 で き る 指 標 が 必 要 と な る 委 員 会 は 人 的 資 本 自 然 資 本 社 会 的 お よ び ( 私 的 な ) 物 的 資 本 に つ い て そ れ ら の ス ト ッ ク 水 準 を 把 握 で き る デ ー タ を 整 備 し そ れ ら が 年 々 増 加 し て い る の か 減 少 し て い る の か を チ ェ ッ ク す る こ と で 我 々 が 持 続 可 能 な 発 展 を 遂 げ つ つ あ る の か 否 か を 評 価 す べ き だ と し て い る と は い え 委 員 会 は 指 標 開 発 の 方 向 性 と 課 題 を 指 摘 し た だ け で 現 行 の G D P に 代 わ り 36

44 う る 新 し い 指 標 を 具 体 的 な 形 で 提 案 し た わ け で は な い し か も デ ー タ の 未 整 備 や 貨 幣 評 価 の 難 し さ な ど 指 標 作 り に は さ ま ざ ま な 困 難 が 予 想 さ れ る に も か か わ ら ず 持 続 可 能 性 指 標 開 発 へ の 関 心 の 高 ま り が 上 述 の よ う な 資 本 主 義 経 済 シ ス テ ム の 非 物 質 主 義 的 転 回 と も 呼 ぶ べ き 大 き な 構 造 変 化 に 根 ざ し て い る の だ と す れ ば こ の よ う な 変 化 の 基 本 的 方 向 性 そ の も の は 不 可 逆 的 な 潮 流 と な っ て い る と 見 て よ い だ ろ う わ れ わ れ と し て は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 が 幸 福 度 を 左 右 す る 観 的 環 境 条 件 と し て あ げ た い く つ か の 要 素 と し て 特 に 3 つ の タ イ プ の 資 本 を 重 視 し て 研 究 に 取 り 組 む こ と に し た い つ ま り 自 然 資 本 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 で あ る 以 下 こ れ ら 3 つ の タ イ プ の 資 本 に つ い て 概 念 上 の 規 定 を し て お く こ と に し た い 自 然 資 本 環 境 を 自 然 資 本 と し て と ら え る こ と の 重 要 性 環 境 を 資 本 と し て と ら え る こ と の 重 要 性 が 認 識 さ れ る よ う に な っ た の は 高 度 成 長 が 資 源 を 浪 費 し 環 境 破 壊 を 引 き 起 こ す こ と が 明 ら か に な っ た た め で あ る 仮 に 高 度 成 長 の 過 程 で 私 的 資 本 や 社 会 資 本 が 急 速 に 蓄 積 さ れ て も 自 然 資 本 が そ れ 以 上 の ス ピ ー ド で 破 壊 さ れ 減 耗 し て い け ば 結 局 社 会 全 体 と し て の ス ト ッ ク 水 準 は 低 下 し て し ま う さ ら に 人 々 が 環 境 保 全 や 自 然 保 護 そ し て 景 観 と 町 並 み の 保 全 に よ り 深 い 関 心 を 持 ち 所 得 上 昇 以 外 の 何 か 無 形 の 価 値 を 重 要 だ と 思 う よ う に な っ て き た こ と も 無 視 で き な い 発 展 と い う 言 葉 に 所 得 上 昇 だ け で な く 環 境 の 価 値 ま で も が 含 ま れ る よ う に な り 発 展 概 念 が 単 な る 経 済 成 長 を 超 え て 持 続 可 能 な 発 展 を 意 味 す る よ う に な っ て き た こ と と 資 本 概 念 が 自 然 資 本 に ま で 拡 張 さ れ た こ と と は 表 裏 一 体 の 関 係 に あ る 資 本 と は 経 済 学 で は 生 産 関 数 ƒ に お い て Y = ƒ ( K, と L 定 ) 式 化 さ れ る よ う に 労 働 L と 結 合 し て 生 産 Y を 行 う た め の 生 産 要 素 K と し て 定 義 さ れ る 資 本 は 工 場 や 設 備 機 械 の よ う に 長 期 の 償 却 期 間 を 持 つ 固 定 資 本 と 原 材 料 の よ う に 一 回 限 り で 利 用 し 尽 く さ れ て し ま う 流 動 資 本 か ら な る こ れ ら の 定 義 は 1 9 世 紀 か ら 2 0 世 紀 前 半 に か け て 私 的 資 本 の 蓄 積 が 至 上 命 題 で あ っ た 時 代 に 形 成 さ れ た 定 義 で あ り そ の 意 義 は 現 在 な お 低 下 す る こ と は な い し か し 発 展 概 念 の 深 化 に 伴 っ て 資 本 概 念 の 拡 張 が 必 要 に な っ て く る と こ れ ら の 定 義 で は 対 応 で き な く な っ て く る な ぜ な ら 社 会 資 本 社 会 的 共 通 資 本 社 会 関 係 資 本 は い ず れ も 社 会 と 名 づ け ら れ て い る よ う に 私 的 に 所 有 さ れ ず 共 同 利 用 さ れ る と い う 性 質 を 持 っ て い る か ら で あ る ま た 私 的 資 本 の 場 合 資 本 を 利 用 す る こ と の 目 的 は 利 潤 の 創 出 に あ る が そ の 他 の 形 態 の 資 本 は そ れ だ け で は な く 生 活 基 盤 と も な り 市 民 生 活 と 密 接 に 関 わ り を 持 ち な が ら 極 め て 高 い 公 共 性 を 帯 び て い る そ こ で 資 本 概 念 の 拡 張 に 対 応 し 物 的 資 本 と 非 物 的 資 本 の 共 通 性 を も 掬 い 上 げ る よ う な 資 本 概 念 を 抽 出 す る 必 要 が 出 て く る こ の 目 的 に も っ と も 適 し た 資 本 概 念 は ア ー ヴ ィ ン グ フ ィ ッ シ ャ ー が 彼 の 主 著 資 本 と 所 得 の 本 質 で 展 開 し た 資 本 概 念 だ と 思 わ れ る ( F i s h 1 e 9 r 0 6 ) フ ィ ッ シ ャ ー は 当 時 様 々 な 資 本 概 念 が 提 案 さ れ こ の 項 目 は 資 本 概 念 に 入 れ る べ き だ い や そ の 項 目 は 資 本 概 念 か ら は ず す べ き だ と 延 々 と 続 け ら れ る 論 争 に 終 止 符 を 打 つ べ く 独 自 の 資 本 概 念 を 提 案 し た 彼 は 時 間 概 念 に 着 目 す る こ と に よ っ て 統 一 的 な 資 本 概 念 の 定 義 が 行 え る と 主 張 し そ の た め に は ま ず 概 念 上 ス ト ッ ク を フ ロ ー と 区 別 し な け れ ば な 37

45 ら な い と 強 調 し た 彼 は 富 の 量 的 概 念 を 扱 う 場 合 に あ る 一 時 点 に お け る 総 量 を 指 す な ら ば そ れ は ス ト ッ ク で あ り 一 定 期 間 内 に 生 産 さ れ 消 費 さ れ 交 換 さ れ 移 転 さ れ た 量 を 指 す な ら ば そ れ は フ ロ ー に 他 な ら な い と 明 快 に 指 摘 し た そ の 上 で 彼 は 資 本 の 定 義 を 以 下 の よ う に 行 っ て い る 蓄 積 さ れ た も の ( F u n d ) と フ ロ ー の 区 別 は 経 済 学 に お い て 多 く の 適 用 事 例 を 持 つ 最 も 重 要 な 適 用 は 資 本 と 所 得 を 区 別 す る こ と で あ る 資 本 は 蓄 積 さ れ た も の で あ り 所 得 は フ ロ ー で あ る し か し な が ら 資 本 と 所 得 の 違 い は そ れ だ け で は な い つ ま り も う 一 つ の 重 要 な 相 違 は 資 本 と は 富 そ の も の で あ り 所 得 と は 富 か ら 引 き 出 さ れ る サ ー ビ ス だ と い う 点 に あ る 我 々 は 従 っ て 以 下 の 定 義 を 得 る つ ま り あ る 一 時 点 に お い て 存 在 し て い る 富 の ス ト ッ ク は 資 本 と 呼 ば れ る 一 定 の 期 間 に 富 か ら 引 き 出 さ れ る サ ー ビ ス と し て の フ ロ ー は 所 得 と 呼 ば れ る (F i s h e r 1 9 0,p ) こ の よ う に フ ィ ッ シ ャ ー の 資 本 概 念 は 時 間 概 念 に 注 目 し て ス ト ッ ク と フ ロ ー を 区 別 し 資 本 を ス ト ッ ク 概 念 に よ っ て 把 握 し た そ の た め そ れ が 私 的 に 所 有 さ れ て い る の か そ れ と も 公 的 に 所 有 さ れ て い る の か あ る い は 物 質 的 な も の な の か そ れ と も 非 物 質 的 な も の な の か に 関 わ り な く 機 能 的 に 資 本 を 規 定 で き る と い う 利 点 を 持 っ て い る 本 書 で も 以 下 で 資 本 概 念 を 用 い る と き は フ ィ ッ シ ャ ー の 意 味 で 定 義 さ れ た 資 本 概 念 を 採 用 す る こ と に し た い ス ト ッ ク と フ ロ ー の 区 別 環 境 は 自 然 資 本 と し て ス ト ッ ク 概 念 で と ら え れ る 環 境 を 一 種 の ス ト ッ ク と し て と ら え る 発 想 は 元 来 は 資 源 経 済 学 に 由 来 す る そ こ で は 森 林 漁 業 資 源 石 油 等 の 非 再 生 可 能 資 源 を ス ト ッ ク と し て と ら え そ の ス ト ッ ク を ど う 時 間 軸 を 通 じ て 維 持 管 理 し て い く か が 問 題 の 核 心 と な っ て き た こ の う ち 森 林 と 漁 業 資 源 は 年 々 一 定 の 率 で 成 長 増 殖 す る か ら ス ト ッ ク を 減 ら さ な い よ う に す る た め に は 伐 採 や 採 取 活 動 を 資 源 の 成 長 率 あ る い は 増 殖 率 の 範 囲 内 に と ど め る よ う に 制 御 す れ ば よ い こ の よ う な 制 約 条 件 下 で 厚 生 水 準 を 最 大 化 す る よ う な 年 々 の 最 適 伐 採 採 取 率 を 決 定 す る の が 資 源 経 済 学 の 課 題 と な る こ こ で い う 自 然 資 本 は こ の よ う な 意 味 で 時 間 軸 を 通 じ て 維 持 さ れ る べ き ス ト ッ ク と し て と ら え ら れ て い る 点 に 留 意 し な け れ ば な ら な い と こ ろ で 自 然 資 本 と し て 環 境 を 規 定 す る こ と に は 様 々 な 利 点 が 存 在 す る 第 1 の 利 点 は 新 古 典 派 経 済 学 と は 異 な っ て 環 境 そ の も の を 対 象 と し て 規 定 で き る 点 で あ る 経 済 学 で は 環 境 は 市 場 の 外 部 に 存 在 す る も の と し て 間 接 的 に 知 覚 さ れ て い た に 過 ぎ ず 環 境 そ の も の を 対 象 と し て 概 念 化 で き て い な か っ た と こ ろ が 自 然 資 本 と し て 環 境 を 規 定 す れ ば 環 境 を 対 象 と し て は っ き り と 概 念 化 で き る 上 何 を 保 全 す べ き な の か が 明 確 に な る 第 2 の 利 点 は フ ィ ッ シ ャ ー の 資 本 概 念 に し た が っ て 環 境 を 一 種 の ス ト ッ ク と し て 把 握 し ス ト ッ ク と フ ロ ー を 区 別 し て 分 析 で き る 点 で あ る 高 度 成 長 期 に は 激 し い 公 害 問 題 の た め に と に か く フ ロ ー と し て の 大 気 汚 染 物 質 や 水 質 汚 濁 物 質 の 排 出 を 抑 制 す る こ と が 緊 急 の 課 題 で あ っ た し か し 現 在 で は ス ト ッ ク と し て の 環 境 の 維 持 管 理 に 政 策 目 標 の 重 点 を 移 し ス ト ッ ク 水 準 の 維 持 管 理 と の 関 係 で フ ロ ー 制 御 の あ り 方 を 決 定 す る こ と が よ り 重 要 な 課 題 に な っ て い る し か 38

46 も 自 然 資 本 概 念 に 依 拠 す れ ば ス ト ッ ク 水 準 の 時 間 軸 を 通 じ た 維 持 管 理 と い う 形 で 明 瞭 に 政 策 公 準 を 設 定 す る こ と も 可 能 に な る も ち ろ ん 森 林 漁 業 資 源 石 油 等 の 非 再 生 可 能 資 源 な ど 資 源 管 理 や 自 然 保 護 の 問 題 に 対 し て は ス ト ッ ク 概 念 の 適 用 が 有 効 で あ っ て も 大 気 汚 染 水 質 汚 濁 土 壌 汚 染 な ど の 汚 染 問 題 や 景 観 町 並 み 保 全 な ど の ア メ ニ テ ィ 問 題 に は ス ト ッ ク 概 念 が 適 用 で き な い の で は な い か と の 反 論 も 予 想 さ れ る し か し 汚 染 問 題 や ア メ ニ テ ィ 問 題 に お い て も ス ト ッ ク 概 念 は 有 効 で あ る 汚 染 問 題 の 場 合 は 大 気 水 資 源 土 壌 の 同 化 吸 収 能 力 が ス ト ッ ク と し て と ら え ら れ る 汚 染 物 質 の 排 出 に よ っ て 大 気 汚 染 が 生 じ る 場 合 そ れ は 大 気 の 同 化 吸 収 能 力 と い う ス ト ッ ク が 劣 化 損 傷 し た と し て と ら え ら れ る こ の 場 合 一 定 期 間 に お け る ス ト ッ ク の 減 少 分 つ ま り 同 化 吸 収 能 力 の 低 下 に 相 当 す る 変 化 分 が フ ロ ー と し て と ら え ら る れ 景 観 町 並 み 保 全 の 場 合 も 歴 史 的 に 形 成 さ れ て き た 景 観 や 町 並 み を 集 合 的 に ス ト ッ ク と し て と ら え る こ と が で き る つ ま り 景 観 や 町 並 み を 構 成 し て い る 個 々 の 建 築 物 で は な く そ れ ら が 集 合 的 に 作 り 出 し て い る 景 観 や 町 並 み 全 体 を ス ト ッ ク と し て と ら え る の で あ る 大 気 汚 染 の 場 合 と 同 様 に 景 観 を 破 壊 す る よ う な 新 規 建 築 物 は ス ト ッ ク と し て の 景 観 を 減 少 さ せ る が そ の 減 少 分 は フ ロ ー と し て と ら え る こ と が で き る こ の よ う に と ら え る と 今 度 は 逆 に 景 観 や 町 並 み を 向 上 さ せ る よ う な 規 制 や 公 共 支 出 は ス ト ッ ク に た い す る 投 資 と し て と ら え る こ と が で き る こ と が 分 か る こ の 場 合 投 資 は フ ロ ー と し て と ら え ら れ 景 観 を 向 上 さ せ る よ う な 投 資 は ス ト ッ ク の 賦 存 量 を 増 大 さ せ る も ち ろ ん 汚 染 問 題 に 対 し て も 全 く 同 様 の 論 理 が 適 用 可 能 で あ ろ う こ の よ う に 自 然 資 本 概 念 は あ ら ゆ る 環 境 問 題 に 適 用 可 能 で あ り ス ト ッ ク と フ ロ ー を 区 別 し な が ら 問 題 の 分 析 が で き る と い う 点 で 大 変 有 用 な 概 念 で あ る そ し て ス ト ッ ク 水 準 を 維 持 す る た め に ス ト ッ ク の 劣 化 損 傷 と い う 負 の フ ロ ー を 抑 制 し 逆 に ス ト ッ ク 賦 存 量 を 増 加 さ せ る よ う な 正 の フ ロ ー ( 投 資 ) を 増 や す こ と が 望 ま し い 政 策 公 準 と な る 対 象 と し て の 環 境 を 明 確 に 規 定 し つ つ そ こ か ら 明 確 な 政 策 公 準 を 引 き 出 す こ と が で き る 点 は 他 の 経 済 学 的 ア プ ロ ー チ に は 見 ら れ な い 資 本 ア プ ロ ー チ の 長 所 と い え よ う 社 会 関 係 資 本 社 会 関 係 資 本 は 比 較 的 新 し い 概 念 だ が 年 代 ご ろ か ら 急 速 に 人 々 の 関 心 を 集 め る よ う に な っ て い る 年 に は た っ た 2 件 し か な か っ た 社 会 関 係 資 本 関 連 論 文 の 引 用 件 数 が 年 に は 件 を 超 え 1 0 年 後 の 年 に は 件 に 達 し て い る こ と か ら 年 代 後 半 よ り 逓 増 的 に 社 会 関 係 資 本 の 研 究 が 隆 盛 を 迎 え て い る こ と が 分 か る こ の 概 念 の 興 味 深 い と こ ろ は ど れ か 一 つ の 学 問 領 域 に 収 ま ら な い 性 質 を 持 っ て い る こ と で あ る も と も と は 社 会 学 に そ の 起 源 を 持 つ が そ の 適 用 領 域 は 政 治 学 行 政 学 経 済 学 (と り わ け 開 発 経 済 学 ) 経 営 学 教 育 学 ネ ッ ト ワ ー ク 論 や 市 民 社 会 論 と 広 範 に 拡 が っ て い る 人 文 科 学 社 会 科 学 を 問 わ ず こ れ ほ ど 超 領 域 的 な 関 心 を 集 め る 概 念 も 最 近 で は 珍 し い と い え よ う こ の よ う な 関 心 を 呼 び 起 こ し た 最 大 の 立 役 者 は ハ ー バ ー ド 大 学 の ロ バ ー ト パ ッ ト ナ ム で あ る そ の き っ か け と な っ た 彼 の 著 作 民 主 主 義 を 機 能 さ せ る 近 代 イ タ リ ア に お け る 市 民 的 伝 統 ( P u t n a m )が 出 版 さ れ て 以 来 社 会 関 係 資 本 を め ぐ る 論 争 は 一 貫 し て 彼 の 一 連 の 業 績 を 中 心 に 回 っ て き た と 言 っ て い い く ら い で あ る 本 書 に お い て パ ッ ト ナ ム は 社 会 関 係 資 本 を 以 下 の よ う に 39

47 定 義 し て い る ( 邦 訳 頁 ) こ こ で 使 用 す る 社 会 関 係 資 本 は 調 整 さ れ た 諸 活 動 を 活 発 に す る こ と に よ っ て 社 会 の 効 率 性 を 改 善 で き る 信 頼 規 範 ネ ッ ト ワ ー ク と い っ た 社 会 組 織 の 特 徴 を い う パ ッ ト ナ ム の 民 主 主 義 を 機 能 さ せ る は そ の 印 象 的 な メ ッ セ ー ジ 膨 大 な 調 査 と デ ー タ に 基 づ い た 手 堅 い 実 証 的 論 証 そ し て 何 よ り も 社 会 関 係 資 本 概 念 を 普 及 さ せ る そ の 説 得 力 に お い て 極 め て 大 き な 成 功 を 収 め パ ッ ト ナ ム の 名 を 一 躍 世 界 的 に 有 名 に し た こ の 著 作 の 問 題 意 識 は 制 度 を う ま く 機 能 さ せ る 要 因 と は 一 体 何 か? と い う も の で あ る 民 主 主 義 を う ま く 機 能 さ せ る た め に は そ れ を 支 え る 最 適 な 制 度 を 設 計 す る 必 要 が あ る 点 に 疑 問 を さ し は さ む 者 は い な い で あ ろ う し か し 制 度 を 完 璧 に 作 り 上 げ さ え す れ ば あ と は 自 動 的 に 民 主 主 義 が う ま く 機 能 す る の で あ ろ う か も し 同 じ 制 度 の 下 で う ま く 機 能 す る 民 主 主 義 と そ う で な い 民 主 主 義 が 観 察 さ れ る な ら ば そ の よ う な 相 違 が 生 じ る 要 因 は 制 度 以 外 の 何 か に 求 め ざ る を え な い の で は な い か そ う だ と す れ ば そ の 要 因 と は 何 か と い う の が パ ッ ト ナ ム の 問 題 意 識 で あ る こ の 問 題 を 解 明 す る た め に パ ッ ト ナ ム が 研 究 対 象 と し て 選 ん だ の が イ タ リ ア で あ る イ タ リ ア で は 年 に 地 方 制 度 改 革 が 行 わ れ 1 5 の 州 政 府 が 創 設 さ れ る と と も に 中 央 政 府 か ら 州 政 府 へ の 権 限 と 財 源 の 移 譲 が 行 わ れ た ま た 1 5 の 州 政 府 に は 同 一 の 制 度 構 造 と 権 限 が 付 与 さ れ た イ タ リ ア 全 土 で 同 じ 制 度 が 一 斉 に 導 入 さ れ た の で そ れ ら を 相 互 比 較 し 各 州 政 府 の パ フ ォ ー マ ン ス の 良 し 悪 し を 調 べ れ ば ど の よ う な 制 度 が 成 功 し ど の よ う な 制 度 が 失 敗 し て い る の か を 理 解 で き る と い う 設 定 で あ る パ フ ォ ー マ ン ス の 良 し 悪 し が 分 か れ ば 今 度 は パ フ ォ ー マ ン ス を 左 右 し て い る 社 会 的 経 済 的 政 治 的 文 化 的 要 因 を 追 究 す る イ タ リ ア 各 地 で 州 政 府 と い う 制 度 変 数 が 一 定 に 保 た れ て い る の で そ れ 以 外 の 様 々 な 要 因 を 地 域 間 で 比 較 す る こ と に よ っ て 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス を 左 右 し た 要 因 を 抽 出 す る こ と が で き る パ ッ ト ナ ム は イ タ リ ア で 協 力 者 を 得 て 2 0 年 間 に わ た っ て 各 地 を 訪 問 し て 面 接 や ア ン ケ ー ト を 施 す と と も に デ ー タ を 集 め そ れ を 重 回 帰 分 析 や 因 子 分 析 に か け る こ と に よ っ て 様 々 な 要 因 同 士 の 因 果 関 係 を 明 ら か に し よ う と し て い る 彼 が こ れ ら の 研 究 に よ っ て 見 出 し た の は た と え 政 府 が 同 じ 構 造 同 等 の 法 的 財 政 的 資 源 を 有 し て い て も う ま く 機 能 す る 政 府 も あ れ ば そ う で な い 政 府 も あ る と い う 点 で あ る し か も 成 功 す る 政 府 は 改 革 立 法 立 法 で の イ ノ ベ ー シ ョ ン 官 僚 の 応 答 性 住 宅 都 市 開 発 産 業 政 策 の 手 段 と い っ た 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス を 評 価 す る あ ら ゆ る 指 標 に お い て 一 貫 し て 他 の 政 府 よ り も 優 れ た 成 績 を 収 め て い る そ し て こ の 結 果 を 地 図 の 上 に 落 と し て み る と 明 ら か な 南 北 間 格 差 が 浮 か び 上 が っ て く る つ ま り 北 部 諸 州 は 南 部 諸 州 よ り も 総 じ て 良 好 な 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス を 示 す こ と が 明 ら か に な っ た こ の 南 北 間 格 差 を 説 明 す る 要 因 と し て パ ッ ト ナ ム が 注 目 す る の が 市 民 共 同 体 で あ る 彼 は 市 民 共 同 体 の 規 範 と 価 値 は 市 民 の 自 発 的 結 社 へ の 参 加 を 通 じ て 育 ま れ る と い う ア レ ク シ ド ト ク ヴ ィ ル の 理 論 に 賛 意 を 示 す ト ク ヴ ィ ル は ア メ リ カ の 民 主 政 治 (T o c q u e v i l l e ) の 中 の ア メ リ カ 人 が 市 民 生 活 で 行 っ て い る 団 体 の 使 用 に つ い て と 題 す る 章 に お い て 市 民 が 自 発 的 結 社 へ の 参 加 を 通 じ て 協 力 や 連 帯 公 共 心 が 何 で あ る か を 学 び 取 り 共 通 の 目 標 に 協 力 し て い く 態 度 を 養 う こ と に な る こ と を 強 調 し て い る ( 邦 訳 書 下 巻, 頁 ) こ の 論 に 従 え ば 自 発 的 結 社 の 数 が 多 け れ ば 多 い ほ ど そ し て そ れ ら へ の 市 民 参 加 度 が 高 け れ ば 高 い ほ ど 40

48 市 民 は よ り 共 通 の 目 標 に 対 し て 協 力 的 に な り 市 民 共 同 体 の 結 束 力 も 高 ま る こ と に な る こ の よ う な 土 壌 が 備 わ っ て い る 地 域 と そ う で な い 地 域 で は 同 じ 制 度 の 下 で も そ の パ フ ォ ー マ ン ス は 異 な る は ず だ と い う の が パ ッ ト ナ ム の 仮 説 で あ る 彼 は 新 聞 購 読 比 率 国 民 投 票 へ の 参 加 度 一 結 社 あ た り の 人 口 数 な ど の 指 標 を も と に 市 民 共 同 体 指 数 を 構 成 し そ れ を 地 図 上 に 落 と し て み る と 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス に お け る 南 北 格 差 と 驚 く ほ ど 似 た 構 図 が 現 れ て き た つ ま り 市 民 共 同 体 指 数 の 高 い 地 域 は 同 様 に 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス も 良 い の で あ る 次 に 彼 は 制 度 の 経 路 依 存 性 つ ま り 制 度 は 歴 史 的 に 形 成 さ れ そ の 伝 統 は 頑 強 に 持 続 す る こ と を 示 そ う と す る パ ッ ト ナ ム は 大 衆 政 党 の 強 さ 協 同 組 合 の 叢 生 率 相 互 扶 助 協 会 へ の 参 加 等 の 指 標 で 測 っ た 市 民 的 関 与 の 伝 統 ( 年 )が 現 代 を ど れ だ け 説 明 で き る か を 確 定 し よ う と す る そ の 結 果 明 ら か に な っ た こ と は 市 民 的 関 与 の 伝 統 は き わ め て 根 強 いと い う こ と で あ る 1 9 世 紀 の 市 民 的 関 与 の 強 さ は 2 0 世 紀 に お け る 市 民 的 関 与 の 強 さ と か な り 相 関 性 が 強 い し か も 市 民 的 関 与 の 強 さ は 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス だ け で な く 経 済 発 展 に 対 し て も 寄 与 し て い る そ の 説 明 力 は 1 9 世 紀 の 経 済 発 展 が 2 0 世 紀 の 経 済 発 展 を 説 明 す る 力 よ り も 強 い の で あ る そ こ で な ぜ 市 民 的 関 与 に 関 し て 南 北 間 格 差 が 存 在 し そ れ が か く も 長 く 持 続 す る の か を 説 明 す る 理 論 が 必 要 と な る そ れ を 説 明 す る 理 論 的 枠 組 み と し て パ ッ ト ナ ム が 用 い た の が 社 会 関 係 資 本 概 念 で あ っ た 社 会 関 係 資 本 は 社 会 の 成 員 間 で の 信 頼 や 互 恵 性 に 基 づ い て 形 成 さ れ る ネ ッ ト ワ ー ク に よ っ て 特 徴 づ け ら れ る 互 恵 性 や 信 頼 は 短 時 日 で 形 成 さ れ る の で は な く 長 期 に わ た っ て 歴 史 的 に 形 成 さ れ て き た 社 会 的 な 資 源 だ と い え る 社 会 の 成 員 間 で 信 頼 が 醸 成 さ れ て い る か ら こ そ 現 在 相 手 の 利 益 の た め に 何 ら か の 施 し を 行 う こ と が で き る そ れ は 直 ち に で は な く て も 将 来 的 に 相 手 か ら 自 分 に 施 し が 帰 っ て く る と 期 待 で き る か ら で あ る こ の よ う な 形 で 信 頼 感 に 裏 付 け ら れ た 施 し の 交 換 が 積 み 重 ね ら れ て い く 中 で 社 会 の 成 員 の 間 に 互 恵 性 が 育 ま れ て い く そ し て 互 恵 性 が 時 間 軸 を 通 じ て 一 層 強 め ら れ 一 種 の 社 会 的 規 範 に ま で 高 め ら れ る こ と に よ っ て 社 会 の 成 員 間 に 互 恵 性 の 規 範 に 基 づ く ネ ッ ト ワ ー ク が 形 成 さ れ る こ の ネ ッ ト ワ ー ク が 社 会 に 埋 め 込 ま れ る こ と に よ っ て 今 度 は ネ ッ ト ワ ー ク が 規 範 と し て 社 会 の 成 員 を 常 に 相 互 に 協 力 す る よ う 差 し 向 け る の で あ る ネ ッ ト ワ ー ク に は 成 員 間 の 上 下 関 係 に よ っ て 特 徴 づ け ら れ る 垂 直 的 ネ ッ ト ワ ー ク と 対 等 な 成 員 に よ っ て 構 成 さ れ る 水 平 的 ネ ッ ト ワ ー ク が あ る が 社 会 の 成 員 の 間 に 協 力 的 な 関 係 を 醸 成 で き る の は 後 者 で あ る 社 会 関 係 資 本 は 社 会 的 な 効 率 性 を 高 め る こ と で 様 々 な 経 済 的 利 益 を も た ら す 例 え ば 経 済 的 取 引 を 行 う 場 合 に も 必 要 以 上 に 相 手 を 警 戒 す る 必 要 が な く な り 取 引 に 伴 う 危 険 負 担 を 減 ら す こ と で 取 引 コ ス ト を 低 下 さ せ る こ と が で き る 回 転 信 用 組 合 ( 日 本 で は 頼 母 子 講 無 尽 な ど)や 相 互 扶 助 組 織 が 成 立 し 円 滑 に 機 能 す る に は 社 会 関 係 資 本 の 厚 み が 存 在 し て い る か 否 か に 大 き く 依 存 す る で あ ろ う た だ 社 会 関 係 資 本 に は 公 共 財 的 な 性 質 も あ る 互 恵 性 に 基 づ く 綿 密 な ネ ッ ト ワ ー ク の 張 り め ぐ ら さ れ た 社 会 に や っ て き た 外 部 の 人 間 は 当 面 は 何 も 貢 献 し な く て も そ の 恩 恵 を 享 受 す る こ と が で き る し か し ネ ッ ト ワ ー ク に 投 資 つ ま り 互 恵 性 を 発 揮 す る こ と な く た だ 乗 り を 続 け る 人 間 が 増 え て い く と 社 会 関 係 資 本 に 対 す る 投 資 は 徐 々 に 減 っ て い き 資 本 ス ト ッ ク も 減 耗 し て い く 社 会 的 な 信 頼 が 低 下 し て い く の を 見 た 社 会 の 他 の 成 員 も 社 会 関 係 資 本 に ま じ め に 投 資 す る こ と が 馬 鹿 ら し く な り 社 会 関 係 資 本 は 一 層 減 退 す る こ う し て 一 旦 信 頼 が 失 わ れ る と 相 手 に 協 力 し な い こ と が 得 だ と い う 規 範 が 成 立 し 相 41

49 手 に 対 す る 不 信 感 と 非 協 力 的 な 態 度 は 相 互 に 増 幅 さ れ て い く こ の 悪 循 環 の 行 き 着 く 先 が 一 つ の 社 会 的 均 衡 で あ る こ れ と は 逆 の 方 向 つ ま り 互 恵 性 に 基 づ く ネ ッ ト ワ ー ク と 協 力 関 係 が 累 積 的 に 相 互 強 化 す る 関 係 に 入 り 高 水 準 の 協 力 と 信 頼 に 基 づ い て 極 め て 効 率 的 な 社 会 関 係 が 形 成 さ れ た 状 態 が も う 一 つ の 社 会 的 均 衡 で あ る イ タ リ ア 南 部 が 悪 循 環 に 陥 っ て 前 者 の 均 衡 に 入 っ て し ま っ た の に 対 し 北 部 は 社 会 関 係 資 本 を 蓄 積 し 後 者 の 社 会 的 均 衡 を 達 成 し た 結 果 高 い 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス と 経 済 発 展 を 示 す こ と が で き た こ れ が パ ッ ト ナ ム の 引 き 出 し た 結 論 で あ る 以 上 が パ ッ ト ナ ム に よ る 社 会 関 係 資 本 概 念 で あ る パ ッ ト ナ ム の 鮮 や か な 論 証 と 説 得 力 あ る 文 体 に よ っ て 社 会 関 係 資 本 は イ タ リ ア の 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス と 経 済 発 展 に 関 す る 南 北 間 格 差 を 説 明 す る き わ め て 魅 力 的 な 理 論 的 枠 組 み と し て 登 場 し た パ ッ ト ナ ム の こ の 著 作 が な け れ ば 社 会 関 係 資 本 概 念 が こ れ ほ ど ま で に メ ジ ャ ー な 地 位 に 引 き 上 げ ら れ る こ と は な か っ た で あ ろ う さ て 我 々 が 追 究 し て い る 発 展 の 問 題 を 考 え る に あ た っ て 社 会 関 係 資 本 論 は 2 つ の 点 で 示 唆 を 与 え て く れ る 一 つ は も し そ れ が 高 い 制 度 パ フ ォ ー マ ン ス を 支 え そ の こ と を 通 じ て 経 済 発 展 を 促 し て い く 力 が あ る な ら 同 様 に そ れ は 持 続 可 能 な 発 展 を 促 し て い く こ と も 可 能 で あ ろ う 前 章 で も 見 た よ う に 社 会 的 共 通 資 本 を 管 理 す る 制 度 の パ フ ォ ー マ ン ス は 社 会 関 係 資 本 の ス ト ッ ク が 社 会 に 十 分 蓄 積 さ れ て い る か ど う か で 大 き く 左 右 さ れ る 可 能 性 が あ る も う 一 つ は 社 会 関 係 資 本 が 直 接 的 に 我 々 の 福 祉 水 準 ( -B W e i n e g )を 引 l き 上 げ l る 可 能 性 に つ い て で あ る パ ッ ト ナ ム は 社 会 関 係 資 本 が 取 引 費 用 の 低 減 な ど 社 会 効 率 性 の 向 上 を 通 じ て 経 済 発 展 に 直 接 影 響 を 与 え る こ と が で き る と 考 え て い る し か し 社 会 関 係 資 本 に 含 ま れ る 信 頼 や 互 恵 性 は 単 に 狭 い 意 味 で の 経 済 発 展 だ け で な く よ り 広 範 な 非 物 質 主 義 的 価 値 を 含 ん だ 意 味 で の 発 展 に 対 し て も 直 接 的 に 寄 与 で き る 可 能 性 が あ る デ イ リ ー が 福 祉 を 構 成 す る 要 素 と し て 挙 げ た 幸 福 自 己 実 現 調 和 共 同 体 ア イ デ ン テ ィ テ ィ 卓 越 性 充 足 啓 蒙 自 己 に 対 す る 敬 意 と い っ た 諸 要 素 は 信 頼 や 互 恵 性 に 支 え ら れ た ネ ッ ト ワ ー ク が 緊 密 に 張 り め ぐ ら さ れ た 社 会 つ ま り 社 会 関 係 資 本 の 厚 み の あ る 社 会 に お け る 方 が そ う で な い 社 会 に お い て よ り も 順 調 に 育 ま れ る と 考 え て 差 し 支 え な い で あ ろ う と こ ろ で 我 々 は 社 会 関 係 資 本 を 本 当 に 資 本 と 呼 ん で よ い の だ ろ う か 信 頼 と 互 恵 性 に 裏 づ け ら れ た 規 範 や ネ ッ ト ワ ー ク を そ の ま ま 規 範 ネ ッ ト ワ ー ク と し て お け ば よ い も の を 改 め て 資 本 と 命 名 す る こ と に ど の よ う な 意 味 が あ る の だ ろ う か 当 然 こ れ ら を 資 本 概 念 で と ら え る こ と に 対 し て は 批 判 が 予 想 さ れ る 既 に 社 会 的 共 通 資 本 に ま で 拡 張 し た 資 本 概 念 を さ ら に 社 会 関 係 資 本 に ま で 拡 張 す る に は 大 き な 飛 躍 が 必 要 で あ る 資 本 概 念 を 私 的 資 本 か ら 社 会 資 本 や 自 然 資 本 に 拡 張 し た 時 点 ま で は い ず れ も 資 本 は 有 形 性 を 持 っ て い た し か し 社 会 関 係 資 本 は 目 で 見 る こ と が で き な い と い う 無 形 性 に よ っ て 特 徴 づ け ら れ る 資 本 概 念 を 果 た し て 従 来 の 有 形 性 を も つ も の か ら 無 形 性 を も つ も の に ま で 拡 張 し て し ま っ て よ い の で あ ろ う か こ の 点 は 従 来 か ら の 経 済 学 に お け る 資 本 概 念 を 大 き く 踏 み 外 す も の で あ り よ っ て ケ ネ ス ア ロ ー や ロ バ ー ト ソ ロ ー と い っ た ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 受 賞 者 に よ る 厳 し い 批 判 を 受 け て い る 2 人 の 批 判 は 社 会 関 係 資 本 に つ い て 何 を ス ト ッ ク と し 何 を フ ロ ー ( 投 資 )と と ら え る の か と い う 点 に 集 中 し て い る ア ロ ー は 資 本 概 念 に は 以 下 3 つ の 要 素 が 必 要 だ と し て い る 第 一 は 時 間 の 拡 張 第 二 は 将 来 の 便 益 の た め に 現 時 点 で 意 図 的 な 犠 牲 を 行 う こ と 第 三 は そ れ が 譲 渡 可 能 で あ る こ と で あ る ( A r r o w ) ア ロ ー は こ れ ら の う ち 42

50 第 一 と 第 三 の 要 件 に つ い て は 通 常 の 意 味 で の 資 本 で も 部 分 的 に 満 た さ れ な か っ た り あ る い は 社 会 関 係 資 本 で も 部 分 的 に 満 た さ れ る 部 分 が あ っ た り す る の で あ ま り 問 題 と し て い な い 問 題 と な る の は 第 二 の 用 件 で あ る 通 常 の 資 本 の 場 合 所 得 の 中 か ら す べ て を 消 費 に 回 さ ず 一 部 を 貯 蓄 し そ れ を 投 資 の 原 資 と す る 現 在 消 費 せ ず に 投 資 を 行 う の は そ れ が 将 来 さ ら に 収 益 を 生 み 出 す こ と を 期 待 し て い る か ら で あ る ア ロ ー が 現 時 点 で 行 わ れ る 意 図 的 な 犠 牲 と 呼 ぶ も の は 将 来 時 点 で の 収 益 を 期 待 し て 現 時 点 で 行 わ れ る 貯 蓄 (= 投 資 )の こ と で あ る 社 会 関 係 資 本 の 場 合 は 将 来 収 益 を 期 待 し て 現 在 何 ら か の 形 の 犠 牲 (= 投 資 )を 行 う と い う 行 為 が 行 わ れ て い る と は 必 ず し も い え な い の で は な い か と い う の が ア ロ ー の 批 判 で あ る こ の 批 判 に 答 え る に は フ ィ ッ シ ャ ー の 資 本 概 念 に 基 づ い て 社 会 関 係 資 本 に お い て 何 を ス ト ッ ク と 呼 び 何 を フ ロ ー と 呼 ぶ の か を は っ き り さ せ な け れ ば な ら な い ま ず 社 会 関 係 資 本 に お け る ス ト ッ ク と は ネ ッ ト ワ ー ク の 重 層 的 な 厚 み を 指 す 様 々 な 自 発 的 結 社 が 叢 生 し 市 民 が そ れ ら へ 参 加 す る こ と を 通 じ て 相 互 に 協 力 す る こ と を 学 習 し そ れ が 社 会 の 規 範 と な っ て 今 度 は 個 人 の 行 動 を 律 す る よ う に な っ て い く こ の よ う な 効 果 を 持 ち 公 式 非 公 式 の 形 で 行 わ れ る 市 民 間 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン や ネ ッ ト ワ ー ク の 網 の 目 そ の も の を ス ト ッ ク と し て と ら え て よ い で あ ろ う こ れ に 対 し て 信 頼 や 信 頼 に 基 づ く 関 係 を 長 期 に わ た っ て 継 続 す る こ と で 形 成 さ れ て く る 互 恵 性 は ネ ッ ト ワ ー ク を 形 成 し 維 持 し て い く た め の 資 源 だ と み な す こ と が で き る ネ ッ ト ワ ー ク は 資 源 と し て の 信 頼 や 互 恵 性 が 存 在 し な け れ ば う ま く 機 能 し な い で あ ろ う そ し て フ ロ ー つ ま り 投 資 と は こ の 互 恵 性 の 形 成 に 寄 与 す る 行 為 を 指 す 人 々 が 現 時 点 で 相 手 に 対 し て 施 し を し て も そ れ に 対 す る 返 礼 が す ぐ に 帰 っ て く る わ け で は な い だ か ら と い っ て 施 し を や め て し ま え ば 互 恵 性 は 形 成 さ れ な い そ う で は な く て 将 来 時 点 で の 返 礼 を 期 待 し つ つ 現 時 点 で の 施 し を 行 う と い う 行 為 を 相 互 に 積 み 重 ね る こ と で 徐 々 に 互 恵 性 は 形 成 さ れ て く る こ の 行 為 は 明 ら か に 投 資 で あ る つ ま り 他 者 に 対 す る 施 し は 将 来 時 点 に お け る 不 確 実 な 返 礼 を 期 待 し な が ら 現 時 点 で 行 わ れ る 犠 牲 に 他 な ら な い こ の 行 為 が 犠 牲 だ と い え る の は そ れ が 将 来 時 点 に 返 礼 と し て 相 手 か ら 帰 っ て く る か ど う か 不 確 実 で あ る に も か か わ ら ず 行 わ れ る こ と そ し て 本 来 は そ の 施 し を 自 分 に 対 し て 振 り 向 け れ ば 得 ら れ た で あ ろ う 利 益 を 現 時 点 で 放 棄 し て い る こ と に よ る 通 常 の 資 本 と の 相 違 が あ る と す れ ば そ れ は 第 一 に 社 会 関 係 資 本 の 場 合 は 本 質 的 に 関 係 性 に 対 し て 投 資 を し て い か な け れ ば な ら な い と い う 点 で あ る 第 二 に し た が っ て 投 資 も ま た 無 形 性 を 持 つ と い う 点 で あ る こ の 関 係 性 に 対 す る 投 資 を や め て し ま え ば 互 恵 性 は 衰 退 し て い き そ れ を 資 源 と し て 維 持 さ れ て い る ス ト ッ ク と し て の ネ ッ ト ワ ー ク の 厚 み も 失 わ れ る こ の よ う に フ ィ ッ シ ャ ー の 資 本 概 念 に し た が っ て 社 会 関 係 資 本 を ス ト ッ ク と フ ロ ー に 区 別 し て と ら え る こ と は 可 能 で あ り ア ロ ー や ソ ロ ー の 批 判 は 社 会 関 係 資 本 概 念 に 対 す る 致 命 的 な 批 判 と は な ら な い よ う に 思 わ れ る た だ し 社 会 関 係 資 本 概 念 に な お 問 題 が 残 る と す れ ば そ れ は ス ト ッ ク お よ び フ ロ ー の 計 測 性 の 問 題 だ と 思 わ れ る 社 会 関 係 資 本 の 無 形 性 か ら い っ て ス ト ッ ク や フ ロ ー を 量 的 概 念 で 計 測 す る こ と は 社 会 資 本 や 自 然 資 本 の 場 合 よ り も 一 層 難 し い し か し 計 測 に 伴 う 困 難 は 実 は 程 度 の 差 は あ れ ア ロ ー が 資 本 と し て 認 め て い る 自 然 資 本 や 人 的 資 本 に も 付 き ま と っ て い る に も か か わ ら ず 計 測 が 困 難 だ か ら と い っ て こ れ ら の 概 念 が 資 本 と し て 不 適 格 だ と い う こ と に は な っ て い な い 社 会 関 係 資 本 と 人 的 資 本 43

51 以 上 で 社 会 関 係 資 本 を 資 本 と し て ど う と ら え る べ き か に つ い て 概 念 上 の 整 理 を 行 っ た そ こ で 次 に 社 会 関 係 資 本 と は 何 か を さ ら に 考 察 す る た め に パ ッ ト ナ ム に 先 駆 け て 社 会 関 係 資 本 概 念 を 独 自 に 開 発 し そ れ 自 ら の 著 作 の 中 で 使 用 し た ジ ェ ー ム ズ コ ー ル マ ン の 業 績 を 検 討 す る こ と に し よ う 彼 は 社 会 関 係 資 本 の 文 献 の 中 で 必 ず こ の 概 念 の 先 駆 者 と し て 言 及 さ れ る が 彼 が そ れ を 使 用 し よ う と し た 文 脈 目 的 は ず い ぶ ん と 異 な っ て い る コ ー ル マ ン は そ れ を 人 的 資 本 と の 関 係 に お い て 用 い よ う と し た か ら で あ る そ こ で コ ー ル マ ン を 取 り 上 げ る こ と に よ っ て 社 会 関 係 資 本 と 人 的 資 本 の 関 係 を 明 ら か に す る こ と に し た い コ ー ル マ ン が も と も と 社 会 関 係 資 本 を 取 り 上 げ た の は 人 的 資 本 の 蓄 積 を 図 る に は 何 が 必 要 か と い う 問 題 意 識 か ら で あ っ た 人 的 資 本 概 念 は 年 代 に セ オ ド ア シ ュ ル ツ や ゲ イ リ ー ベ ッ カ ー ら 経 済 学 者 に よ っ て 開 発 さ れ た 人 的 資 本 は 直 感 的 に も 理 解 し や す い 概 念 で あ る そ れ は 個 人 に 体 化 さ れ た 技 能 や 知 識 だ と 定 義 す る こ と が で き 教 育 や 職 業 訓 練 に よ っ て 増 や す こ と が で き る 体 化 さ れ た 技 能 や 知 識 は ス ト ッ ク と し て 把 握 さ れ 教 育 や 職 業 訓 練 に 対 す る 支 出 は フ ロ ー つ ま り 投 資 と と ら え ら れ る 投 資 に よ っ て そ の 人 の 技 能 や 知 識 が 高 ま れ ば そ の 人 の 能 力 は 高 ま り 賃 金 を 含 め て よ り 高 い 収 益 を 得 る こ と が 可 能 に な る で あ ろ う こ れ が 投 資 に 対 す る 収 益 で あ る た だ し 人 的 資 本 の 場 合 教 育 や 職 業 訓 練 に 対 す る 支 出 が 果 た し て 投 資 な の か 消 費 な の か と い う 区 別 が つ き に く い 点 が 計 測 上 の 難 点 で あ る 教 育 の 成 果 を こ の よ う に 投 資 に 対 す る 収 益 と し て の み と ら え る 視 点 に 限 界 が あ る の は 当 然 だ が 教 育 を 資 本 概 念 の 枠 組 み で と ら え る こ と で そ の 効 果 を 費 用 と の 関 係 で 分 析 で き る よ う に な っ た 点 に 人 的 資 本 論 の 功 績 が あ る コ ー ル マ ン は 経 済 学 者 に よ る こ の よ う な 人 的 資 本 概 念 の 開 発 を 高 く 評 価 す る 一 方 教 育 社 会 学 者 と し て 人 的 資 本 の 蓄 積 を 決 定 す る 要 因 は 親 の 子 供 に 対 す る 教 育 投 資 や 親 に 体 化 さ れ た 人 的 資 本 だ け で は な い こ と を 強 調 す る 彼 が 着 目 し た の は 子 供 の 教 育 を め ぐ る 家 庭 内 外 の 環 境 で あ る い く ら 親 に 体 化 さ れ た 人 的 資 本 が 素 晴 ら し い も の で あ っ て も 家 庭 内 の 社 会 関 係 資 本 ( 子 供 と 親 の 関 係 あ る い は 親 同 士 の 関 係 )が 悪 け れ ば 親 の 人 的 資 本 を 教 育 を 通 じ て 子 供 に 伝 え る こ と は で き な い 同 様 の こ と は 家 庭 外 で も 当 て は ま る 子 供 が 家 庭 外 の 様 々 な グ ル ー プ や 自 発 的 結 社 に 親 に 連 れ ら れ て 参 加 す る こ と で 他 の 子 供 や 大 人 と い い 意 味 で の 社 会 関 係 資 本 を 築 く こ と が で き る そ れ を 通 じ て 子 供 は 人 格 的 な 成 長 を 遂 げ 様 々 な こ と を 学 習 す る こ と に よ っ て 人 的 資 本 に 対 す る 蓄 積 も 行 わ れ て い く コ ー ル マ ン は こ の こ と を 実 証 す る 意 味 で カ ト リ ッ ク ス ク ー ル と 非 カ ト リ ッ ク ス ク ー ル に お け る 落 第 率 を 示 し て い る そ う す る と 落 第 率 は 公 立 学 校 が % カ ト リ ッ ク ス ク ー ル が 5. 2% そ れ 以 外 の 私 立 学 校 が 1 % 1. 6 と 顕 著 な 差 を 示 し て い る コ ー ル マ ン は こ の 相 違 は カ ト リ ッ ク ス ク ー ル の 子 供 た ち が 教 会 に お け る 宗 教 行 事 に た び た び 参 加 す る こ と で 同 じ 教 区 に 属 す る 近 隣 の 人 々 と 接 す る 機 会 が 多 く な る こ と が 寄 与 し て い る か ら だ と み て い る つ ま り カ ト リ ッ ク ス ク ー ル の 子 供 た ち は 学 校 外 に 形 成 さ れ て い る 社 会 関 係 資 本 を 通 じ て 信 頼 や 公 共 心 互 恵 性 を 学 習 し そ の 成 果 が こ の よ う な 落 第 率 の 相 違 と な っ て 現 れ て い る の だ と 彼 は 解 釈 し て い る ( C o l e m a n ) こ の よ う に コ ー ル マ ン に と っ て 社 会 関 係 資 本 は 人 的 資 本 を 蓄 積 し て い く 上 で そ れ を 促 し 補 完 し て い く 資 源 と し て 位 置 づ け ら れ て い る こ れ に 対 し て コ ー ル マ ン と は 逆 の 経 路 つ ま り 教 育 が 社 会 関 係 資 本 形 成 に 対 し て 与 え る 影 響 の 大 き さ を 強 調 し て い る の が パ ッ ト ナ ム で あ る 彼 は 自 発 的 結 社 を 含 め た 広 い 意 味 で の 市 44

52 民 の 社 会 参 加 を 促 す 要 因 の う ち 教 育 は 最 強 の 説 明 要 因 だ と 述 べ て い る つ ま り 教 育 水 準 が 高 け れ ば 高 い ほ ど 人 々 は 社 会 に 参 加 す る 傾 向 が あ り 社 会 関 係 資 本 に 投 資 す る と 同 時 に そ の 恩 恵 も 受 け よ う と す る と い う 4 年 間 の 追 加 的 な 教 育 期 間 ( 例 え ば 大 学 進 学 )を 過 ご す こ と で 政 治 に 対 す る 関 心 は そ う で な い 場 合 よ り も 3 0 % 高 ま り ク ラ ブ に 対 す る 参 加 率 は 4 0 % 高 ま り ボ ラ ン テ ィ ア に 対 す る 参 加 率 も 4 5 % 上 昇 す る と い う ( P u t n a m, R. B D o. w, l i n g A l, o n e S i m o n a n d S c h u s t e r, , p. し 1 8 た 6. が ) っ て 社 会 の 教 育 水 準 が 全 体 と し て 高 ま れ ば そ れ は 人 々 の 社 会 参 加 を 促 す こ と に つ な が る 自 発 的 結 社 の 叢 生 を 含 め て 様 々 な ネ ッ ト ワ ー ク の 網 の 目 が 形 成 さ れ そ れ を 通 じ て 人 々 は 信 頼 や 互 恵 性 に 基 づ い て 相 互 に 協 力 的 に 行 動 す る こ と を 学 習 し て い く と 期 待 で き る こ れ は 教 育 の 投 資 効 果 に 対 す る 人 的 資 本 論 と は 異 な っ た 見 方 を 示 唆 し て い る つ ま り 人 的 資 本 論 の 場 合 教 育 投 資 の 成 果 は 個 人 に 体 化 さ れ そ の 収 益 は 多 少 の 外 部 効 果 は あ っ て も 本 人 が 占 有 的 に 獲 得 で き る こ れ に 対 し て パ ッ ト ナ ム の 議 論 で は 教 育 の 効 果 は そ れ を 受 け た 人 々 自 身 の 利 益 に な る と い う こ と で は な く 社 会 参 加 を 促 す こ と に よ っ て 相 互 に い い 影 響 を 与 え 合 う 外 部 効 果 を 発 揮 す る こ と が で き る 点 に 見 出 せ る こ う し て パ ッ ト ナ ム の 論 に 従 え ば コ ー ル マ ン と は 逆 の 経 路 つ ま り 人 的 資 本 に 対 す る 投 資 が 今 度 は 社 会 関 係 資 本 を 豊 か に す る よ う 作 用 す る こ と に な る し た が っ て 人 的 資 本 と 社 会 関 係 資 本 は 相 互 補 完 的 な 関 係 に あ る と い え よ う 人 的 資 本 に 対 す る 投 資 は 人 的 資 本 の 蓄 積 を 進 め る だ け で な く 社 会 関 係 資 本 も 強 化 す る 逆 に 社 会 関 係 資 本 へ の 投 資 は 社 会 関 係 資 本 だ け で な く 人 的 資 本 の 蓄 積 に も 寄 与 す る 資 源 と し て の 信 頼 や 互 恵 性 が 豊 か で あ れ ば あ る ほ ど 人 的 な つ な が り で あ る ネ ッ ト ワ ー ク は よ り 強 固 に な る し か し こ れ ら の 資 源 は 自 然 に 与 え ら れ る も の で は な く 人 的 資 本 を 持 っ た 市 民 に よ っ て 常 に 投 資 さ れ 醸 成 さ れ な け れ ば な ら な い パ ッ ト ナ ム が 強 調 し た よ う に 教 育 は 人 的 資 本 に 対 す る 投 資 で あ る が そ れ は 社 会 参 加 を 進 め る こ と を 通 じ て 信 頼 や 互 恵 性 を 育 成 し ネ ッ ト ワ ー ク 形 成 を 促 進 す る と い う 効 果 を も た ら す つ ま り 人 的 資 本 へ の 投 資 は 社 会 関 係 資 本 を 強 化 す る こ れ と は 逆 に 十 分 に 蓄 積 さ れ た 社 会 関 係 資 本 の 厚 み は 子 供 だ け で な く 多 様 な 市 民 に 対 し て 自 発 的 結 社 で の 相 互 交 流 を 通 じ た 学 習 の 機 会 を 提 供 す る コ ー ル マ ン が 論 じ た よ う に お そ ら く そ の よ う な 機 会 が 提 供 さ れ れ ば さ れ る ほ ど 人 的 資 本 の 蓄 積 は よ り 促 さ れ る こ と に な る で あ ろ う こ の よ う に 人 的 資 本 と 社 会 関 係 資 本 は 相 互 に 影 響 し 合 い な が ら 一 方 の 蓄 積 が 他 方 の 蓄 積 を 促 進 す る と い う 補 完 的 関 係 に あ る と 考 え て よ い だ ろ う 主 観 的 幸 福 と そ れ を 支 え る 観 的 条 件 お よ び 研 究 上 の 課 題 以 上 が 主 観 的 幸 福 を 支 え る 観 的 条 件 で あ る 自 然 資 本 社 会 関 係 資 本 そ し て 人 的 資 本 に つ い て の 概 念 整 理 を 行 っ て き た 以 下 で は 本 研 究 が こ れ ら の 資 本 と 主 観 的 幸 福 の 関 係 を ど の よ う に 概 念 的 理 論 的 に と ら え そ れ を 指 標 研 究 と ど の よ う に し て 結 び 付 け よ う と し て い る の か 本 研 究 の 全 体 像 を 示 し て お く こ と に し た い ま ず 本 研 究 の 目 的 は 環 境 の 豊 か さ を 含 め て 何 が 人 間 の 福 祉 ( w e l l-b e i n g )を 引 き 上 げ る こ と に な る の か を 解 明 し そ れ に 貢 献 す る 諸 要 素 を 特 定 す る と と も に そ の 賦 存 量 を 定 量 的 に 評 価 し よ う と す る 点 に あ る 人 間 の 福 祉 に 寄 与 す る 要 素 と し て は そ の 人 の 主 観 的 幸 福 と と も に ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 報 告 書 も 指 摘 し て い る よ う な 観 的 条 件 ( 人 的 資 本 社 会 関 係 資 本 自 然 資 本 な ど )を 挙 げ る こ と が で き る 45

53 図 本 研 究 の 全 体 像 産 業 化 知 識 / 知 恵 / 環 境 エ ネルギー/アメニテ ィ 景 観 / デ ザ イ ン / 特 許 知 的 財 産 / イ ノ ベ ー シ ョ ン G D P / 資 産 指 標 研 究 2 物 質 的 要 素 指 標 研 究 3 非 物 質 的 要 素 スティグリッツ G D P 代 替 指 標 の 委 開 員 発 会 ( 1 ) 政 策 の 示 す 観 的 条 件 ( 人 投 資 政 策 (フロー) 的 資 本 社 会 関 係 資 本 に よ っ て ス ト ッ ク 自 然 資 本 な ど ) 賦 存 量 を 増 大 ( 2 ) 財 源 費 用 負 担 の あ り 方 間 接 効 果 直 接 効 果 指 標 研 究 1 主 観 的 幸 福 研 究 目 的 w e l l-b e i n g ( 福 祉 )と は 何 か? 本 研 究 で は ま ず 主 観 的 幸 福 と は 何 か そ れ は 定 量 的 に ど の よ う に 把 握 可 能 な の か ま た 主 観 的 幸 福 の 増 減 を ど の よ う な 指 標 に よ っ て 把 握 す る の が 望 ま し い の か と い っ た 点 に つ い て 探 求 す る ( 指 標 研 究 1 : 第 3 章 ) 次 に 本 研 究 は 観 的 条 件 に つ い て も そ の 内 容 の 具 体 化 と 人 間 の 福 祉 の 増 減 と の 連 関 を 解 明 す る と と も に そ れ ら の 定 量 的 把 握 と 指 標 化 を 追 求 す る( 指 標 研 究 2 : 第 4 章 お よ び 第 5 章 ) 観 的 条 件 に は 自 然 資 本 の よ う に 物 質 的 な 側 面 と 非 物 質 的 な 側 面 が 存 在 す る 点 に 留 意 し て 定 量 評 価 を 進 め る ま た フ ロ ー と ス ト ッ ク 賦 存 量 を 区 別 し て 定 量 的 把 握 を 行 う 必 要 も あ る 政 策 論 的 に は こ れ ら 観 的 条 件 の ス ト ッ ク 賦 存 量 を 増 大 さ せ る 投 資 政 策 が 究 極 的 に は 人 間 の 福 祉 水 準 を 向 上 さ せ る こ と が で き る と い え る ま た そ の よ う な 投 資 政 策 の た め に 必 要 と な る 財 源 や 公 平 な 費 用 負 担 の あ り 方 を 解 明 す る こ と も 政 策 論 的 課 題 と し て 重 要 で あ る ( 政 策 研 究 政 策 手 段 研 究 ) さ ら に 別 の ル ー ト と し て 人 的 資 本 や 社 会 関 係 資 本 が 人 々 の 創 造 性 の 発 揮 を 促 し 集 合 的 学 習 を 通 じ て 知 識 知 恵 デ ザ イ ン 等 の 向 上 を 促 し そ れ を 通 じ て イ ノ ベ ー シ ョ ン が お き 新 し い 産 業 の 創 出 が 図 ら れ る と い う 側 面 に も 注 目 し な け れ ば な ら な い そ れ は ひ い て は G D P を 増 大 さ せ 人 々 の 福 祉 水 準 の 向 上 に 間 接 的 に つ な が る こ の 点 に つ い て は 本 研 究 期 間 内 で は 実 質 1 年 間 と 半 年 と い う 時 間 的 制 約 の た め に 検 討 に 入 る こ と が で き な か っ た 今 後 の 課 題 46

54 と し た い も っ と も 社 会 関 係 資 本 は 人 々 の 主 観 的 幸 福 に 直 接 寄 与 し そ れ を 通 じ て 福 祉 水 準 の 向 上 に つ な が る 側 面 も あ る こ と に 留 意 す る 必 要 が あ る と は い え 我 々 の 研 究 は G D P の 増 大 が 必 ず し も 人 間 の 福 祉 水 準 に 向 上 に つ な が っ て い な い と い う 問 題 意 識 か ら 出 発 し て お り 単 純 に G D P の 増 大 が 福 祉 向 上 に つ な が る と 考 え て い る わ け で は な い し た が っ て 本 研 究 に お け る 定 量 評 価 の も う 1 つ の 大 き な 柱 は G D P に 変 わ る 代 替 指 標 の 開 発 と い う こ と に な る ( 指 標 研 究 3 : 第 6 章 ) 以 上 の 研 究 と 連 動 し て 持 続 可 能 な 発 展 を 支 え る 望 ま し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の あ り 方 に つ い て も 具 体 像 の 展 開 を 図 っ て い く 以 下 次 章 以 降 で は 具 体 的 に 持 続 可 能 な 発 展 を 定 量 的 に と ら え る た め の 指 標 の あ り 方 に つ い て 上 掲 の 1 ~ 3 に わ た っ て 順 次 検 討 し て い く こ と に し た い 47

55 参 考 文 献 浅 野 耕 太 渡 邉 正 英 ( ), 環 境 評 価 研 究 の 現 状 と 新 た な 可 能 性 - 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け て 農 業 經 濟 研 究 第 8 0 巻 第 1 号, 頁. 阿 部 望 ( ), 北 欧 諸 国 の 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 国 際 学 研 究 第 合 併 号, 頁. 稲 葉 陽 二 編 ( ), ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル の 潜 在 力 日 本 評 論 社. 稲 葉 陽 二 他 編 ( ), ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル の フ ロ ン テ ィ ア - そ の 到 達 点 と 可 能 性 ミ ネ ル ヴ ァ 書 房. 植 田 和 弘 ( ), 福 祉 ( w e l -b l e i n g )と 経 済 成 長 : 持 続 可 能 な 発 展 へ 計 画 行 政 第 3 3 巻 第 2 号, 3-9 頁. 植 田 和 弘 ( ), 環 境 と 福 祉 の 統 合 と 持 続 可 能 な 発 展 彦 根 論 叢 第 号, 頁. 植 松 和 彦 ( ), 持 続 可 能 性 原 則 と 指 標 の 開 発 -M i n i n g & S u s t a i n a b i l i t y ( 5 ) 金 属 資 源 レ ポ ー ト 第 3 5 巻 第 4 号, 頁. 氏 川 恵 次 ( ), 持 続 可 能 性 指 標 に お け る 集 約 的 な 経 済 指 標 で の 環 境 評 価 の 比 較 分 析 横 浜 国 際 社 会 科 学 研 究 第 1 6 巻 第 3 号, 頁. 浦 川 邦 夫 ( ), 幸 福 度 研 究 の 現 状 - 将 来 不 安 へ の 処 方 箋 日 本 労 働 研 究 雑 誌 5 3 巻 第 7 号, 頁. 大 竹 文 雄 ( ), 失 業 と 幸 福 度 日 本 労 働 研 究 雑 誌 第 4 6 巻 第 7 号, 頁. 大 竹 文 雄 白 石 小 百 合 筒 井 義 郎 編 ( ), 日 本 の 幸 福 度 - 格 差 労 働 家 族 日 本 評 論 社. 大 橋 照 枝 ( ), 持 続 可 能 な 社 会 厚 生 指 標 H S M = H u m a n S a t i s f a c t i o n M e a 人 s 間 u r 満 e : 足 度 尺 度 の 展 開 麗 澤 経 済 研 究 第 1 5 巻 第 2 号, 頁. 大 橋 照 枝 ( ), 幸 福 立 国 ブ ー タ ン - 小 さ な 国 際 国 家 の 大 き な 挑 戦 白 水 社. 大 橋 照 枝 ( ), 幸 せ の 尺 度 - サ ス テ ナ ブ ル 日 本 3. 0 を め ざ し て 麗 澤 大 学 出 版 会. 大 橋 照 枝 ( ), 持 続 可 能 な 社 会 厚 生 指 標 を 求 め て -G D P の 問 題 点 と G D P を 補 完 修 正 す る 指 標 を レ ビ ュ ー す る 麗 澤 経 済 研 究 第 1 9 巻 第 1 号, 頁. 小 塩 隆 士 ( ), 所 得 格 差 と 幸 福 度 経 済 セ ミ ナ ー 第 巻, 頁. 小 野 伸 一 ( ), 幸 福 度 の 測 定 を め ぐ る 国 際 的 な 動 向 に つ い て - 新 た な 指 標 策 定 の 試 み 立 法 と 調 査 第 号, 頁. 金 光 淳 ( ), 社 会 ネ ッ ト ワ ー ク 分 析 の 基 礎 - 社 会 的 関 係 資 本 論 に む け て 勁 草 書 房. 倉 増 啓 他 ( ), 主 観 的 幸 福 度 指 標 と 環 境 汚 染 - 国 内 で の サ ー ベ イ デ ー タ を 用 い た 計 量 分 析 環 境 科 学 会 誌 第 2 3 巻 第 5 号, 頁. 幸 福 度 に 関 す る 研 究 会 ( ), 幸 福 度 に 関 す る 研 究 会 報 告 - 幸 福 度 指 標 試 案 国 立 環 境 研 究 所 ( ), 国 立 環 境 研 究 所 特 別 研 究 報 告 : 中 長 期 を 対 象 と し た 持 続 可 能 な 社 会 シ ナ リ オ の 構 築 に 関 す る 研 究 坂 本 治 也 ( ), ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル と 活 動 す る 市 民 - 新 時 代 日 本 の 市 民 政 治 有 斐 閣. 佐 々 木 健 吾 ( ), 経 済 社 会 環 境 指 標 間 の 相 互 関 係 把 握 に 関 す る 分 析 - 持 続 可 能 な 発 展 へ の 政 策 実 施 に 向 け て 財 政 と 公 共 政 策 第 2 9 巻 第 1 号, 頁. 佐 々 木 健 吾 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る 合 成 指 数 の 構 築 環 境 情 報 科 学 第 3 6 巻 第 4 号, 頁. 佐 々 木 健 吾 ( ), サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は ど の よ う に 評 価 さ れ う る の か - 弱 い 持 続 可 能 性 と 強 48

56 い 持 続 可 能 性 か ら の 検 討 名 古 屋 学 院 大 学 論 集,社 会 科 学 篇 第 4 6 巻 第 1 号, 頁. 高 崎 経 済 大 学 附 属 産 業 研 究 所 編 ( ) ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル 論 の 探 究 日 本 経 済 評 論 社. 田 崎 智 宏 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 指 標 と 社 会 関 係 資 本 環 境 情 報 科 学 第 3 9 巻 第 1 号, 頁. 多 田 博 之 ( ), 持 続 可 能 な 日 本 の ビ ジ ョ ン と 指 標 に つ い て の 研 究 公 共 研 究 第 2 巻 第 3 号, 頁. 時 松 宏 治 他 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 指 標 の 将 来 推 計 方 法 に 関 す る シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 研 究 - G e n u i n e S a v i n gと W e を a 対 象 と l し て t 環 境 h 科 学 会 誌 第 2 0 巻 第 5 号, 頁. 中 村 光 毅 ( ), 持 続 可 能 性 お よ び 環 境 指 標 の あ り 方 と 環 境 政 策 -C S D I n d i c a t の o r 改 s 良 と 多 国 間 分 析 へ の 応 用 地 域 学 研 究 第 3 7 巻 第 1 号, 頁. 中 村 光 毅 ( ), 持 続 可 能 性 指 標 の 展 開 -C S D I n d i c a t o r sの 改 良 と そ の 適 用 事 例 埼 玉 工 業 大 学 人 間 社 会 学 部 紀 要 第 6 巻, 頁. 長 田 七 美 ( ), 荒 川 区 民 総 幸 福 度 ( G A H )に 関 す る 研 究 都 市 と ガ バ ナ ン ス 1 5 巻, 第 頁. 広 井 良 典 ( ), 幸 福 と 人 間 社 会 - 創 造 的 定 常 経 済 シ ス テ ム の 可 能 性 科 学 8 0 巻 第 3 号, 頁. フ ラ イ, S A.ス タ ッ ツ ァ ー ( ), 幸 福 の 政 治 経 済 学 - 人 々 の 幸 せ を 促 進 す る も の は 何 か ( 沢 崎 冬 日 訳 )ダ イ ヤ モ ン ド 社. 牧 野 松 代 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 の 概 念 と 指 標 開 発 の 国 際 的 動 向 商 大 論 集 第 5 4 巻 第 5 号, 頁. 宮 川 公 男 大 守 隆 編 ( ), ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル - 現 代 経 済 社 会 の ガ バ ナ ン ス の 基 礎 東 洋 経 済 新 報 社. 宮 田 加 久 子 ( ), イ ン タ ー ネ ッ ト の 社 会 心 理 学 - 社 会 関 係 資 本 の 視 点 か ら 見 た イ ン タ ー ネ ッ ト の 機 能 風 間 書 房. 森 田 恒 幸 川 島 康 子 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 論 の 現 状 と 課 題 三 田 学 会 雑 誌 第 8 5 巻 第 4 号, 頁. 諸 富 徹 ( ), 環 境 思 考 の フ ロ ン テ ィ ア 岩 波 書 店. 諸 富 徹 ( ), ヒ ュ ー マ ニ テ ィ ー ズ 経 済 学 岩 波 書 店. 諸 富 徹 ( ), ヒ ュ ー マ ニ テ ィ ー ズ 経 済 学 岩 波 書 店. 矢 口 克 也 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 理 念 の 論 点 と 持 続 可 能 性 指 標 レ フ ァ レ ン ス 第 6 0 巻 第 4 号, 頁. 矢 口 克 也 ( ), 持 続 可 能 な 発 展 理 念 の 実 践 過 程 と 到 達 点 総 合 調 査 報 告 書 持 続 可 能 な 社 会 の 構 築 国 立 国 会 図 書 館 調 査 及 び 立 法 考 査 局. A m b r e y, C. L a C n.m. d F l e m ng i (2011 ), Valuing scenic amenity using life satisfaction, data E c o l o g i c a l E c o n o m, 7 i 2 c,p s p A r r o w, K. J ( ), O b s e r v a t i o n s o n S o c i a l C, a Dasguputa, p i t a l P. and I. Serageldin eds., S o c i a l C a p i t a l : A M u l t i f a c e t e d, P e T r h s e p W c t o i r v l e d B a,p n k p A z q u e t a, D a. n d D.S o t e l s e k ( ), Va l u i n gn a t u r e: f r E o n m v i r o n m e n t a li m p a c t st o 49

57 Na t u r a lca p i t a l, E c o l o g i c a l E c o n o m, i 6 c 3 s,p p B a r b i e r, and E. G. Heal (2006 ), ValuingEcosystem Services,E c o n o m i s t s ' Vo, i c 3( e 3 ) Ar t i c l e p 2 p,.. 6 B r a n d,f ( )., C r i t i c N a l a t u r a lc a p i t a lr e v i s i t e d:e c o l o g i c a lr e s i l i e n c a e n d S u s t a i n a b l e De v e l o p m e n t, E c o l o g i c a l E c o n o m, i 6 c 8 s,p p B r o w n, K. W. a n d T K a s s. e r ( ),A r e P s y c h o l o g i c a la n d Ec o l o g i c We a l l-be i n g C o m p a t i b l?:the e RoleofValues,M i n d f u ln e s s, a n L d i f e s t y l e S, o c i a l I n d i c a t o r s R e s e a, r c h 7 4, p p C l a r k, A. E., F, r i P. j t a e n r M d s. A.S h i e l d s( ), R e l a t i v e i n c o m e, h a p p i n e s s, a n d u t i l i t y : A n e x p l a n a t i o n f o r t h e E a s t e r l i n p a r a d o x a n d o t h e r,j p o u z r n z a e l s o f E c o n o m i c L i t e r a t u, r 4 e 6 ( 1), p p C o l e m a n, J. S. ( 1 S 9 8 o 8 c ) i, a l C a p i t a l i n t h e C r e a t i o n o f H u,a m a m n e r C i c p a i n t J a o l u r n a l o f S o c i o l o,9 g y 4, S u p p l e m e n t, p -S p. 1 2 S C o s t a n z a, e R t. a (2 l ), Q u a l i t y o f l i f e : A n a p p r o a c h i n t e g r a t i n g o p p o r t u n i t i e s, h u m a n n e e d s, a n d s u b j e v c e t i w e -b l e l i n g,e c o l o g i c a l E c o n o m, i 6 c 1 s ( 2-3 ), p p D i E. a e n d E n. M.S e u h (1 9 r 9 9 ),, N a t i o n a l Differencesin SubjectiveWell -Be i n g, K a h n e m a n, D D. i, e n e r, a E n. d, N. S c h w a r z ed s.,w -Be i n l g : T l h e F o u n d a t i o n o f H e d o n i c P s y c h o l o g y. R u s s e l l S a g e F o u a n t d i o n, p p D i E.a n e d K. R y a (20 n e 0 9 ), r S u b j e, c t i v e w e -b l e l i n g : A g e n e r a l o v e r v i e,s w o u t h A f r i c a n J o u r n a l o f P s y c h o l, o 3 g 9 y ( 4 ), p p D i e n e r, E. e t a l. ( W b 9 ) e, i n l g f o l r p u b l i c,o p o x l f i o r c d y U n i v e r s i t y P r. e s s D o d d s, S ( ), Towards a 'science of sustainability': Improving the way ecological e c o n o m i c s u n d e r s t a n d s h u m a n w -b e l i l n g,e c o l o g i c a l E c o n o m, i 2 c 3 s ( 2 ), p p E a s t e r l i, n R. A. ( "Does ) Economic, Growth Improve the Human Lot? Some Empirical E v i d e n c e ",N a t i o n s a n dh o u s e h o l d s i n E c o n o m i c G r o w t h : E s s a y s i n H o n o r o f M o s e s A b r a m o v i t z, p p E k i n s, P. F o l k e, a n C d. R. D e G r o o t ( ), I d e n t i f y i n C g r i t i c a ln a t u r a lca p i t a l, E c o l o g i c a le c o n o m i c s,4 4 ( 2-3 ),p p E n g e l b r e c h t, J H. ( ), A v e r a g es u b j e c t i We v e l l-b e i n ga n d t h ew e o f N a t l i o n s S t : o m e h I n s i g h t sd e r i v e dfrom the World Bank s M i l l e n i u mc a p i t a l A s s e s s m e n,d t i s c u s s i o n P a p e r N o D e p a r t m e n t o f E c o n o m i c s a n d F i n a n c e, M a s s P e a y l m U e n r i s v t e o r n s i t y, N o r t h, N e w Z e a l a, n 3 5 d p p. E n g e l b r e c h t, H ( 2. 0 J 09. ), N a t u r a l c a p i t a l, s u b j e c t -b i v e i n g w, e l a l n d t h e n e w w e l f a r e e c o n o m i c s o f s u s t a i n a b i l i t y : S o m e e v i d e n c e f r o -c m o u c n r t o r s y s r e g r e s s i o n s,e c o l o g i c a l E c o n o m i c s, 6 9 (2),p p F e r r e r-i-c a r b o n e l l, a n A d. J. M.G o w d y ( ),E n v i r o n m e n t a D l e g r a d a t i o nan d H a p p i n e s s, E c o l o g i c a l E c o n o m, 6 i 0 c (3 s ),p p F i s h e r, I. ( 1,T 9 0 h 6 e ) N a t u r e o f C a p i t a l a n d, I T n h c e o m M e a c m i l l a n C o m p a n y. F l e u r b a e y, M ( ), B e y o n d G D P : T h e q u e s t f o r a m e a s u r e o f s o c i a l w,j e o l u f r a n e a l o f E c o n o m i c L i t e r a t u, r 4 e 7 ( 4 ), p p

58 F r a n d A.S t u t z e r(2 y ), W, h a t c a n e c o n o m i B s t s l e a. r n f r o m S h a p r p e i s n e. a e r s c s h?, J o u r n a l o f E c o n o m i c L i t e, r 4 a 0 t u ( r 2 e ), p p F r e y, B.S., i n c o l l a b o r a t i o n S w t u i t z h e r, A.e t a (2 l ),H a p p i n e s s : a r e v o l u t i o n i n e c o n o m i c s,m I T P r e. s s G n è g n è, Y. ( ), A d j u s t e N d e t S a v i n ga n d We l f a C r h e a n g e,e c o l o g i c a l E c o n o m, i 6 c s 8, p p G o w d y, J.( ), T o w a r d an e w W e E l c o n o f m i c sf a o r S u r s t a i e n a b i y l, i t E c o l o g i c a l E c o n o m i c s, 5 3,p p H e l l i w e l l, (2 J F. ), H o w ' L s i f e? C o m bi n i n g I n d i v i d u a l n d N a t i o n a lv a r i a b l e st oe x p l a i n S u b j e c t i W v e -B e i n l g, E c l o n o m i c M o d e l l i, n 2 g 0,p p H e l l i w e l l, a n J. d F. R. D.P u t n a m ( ), T h e s o c i a l c o n t e x t o f -b w e i l l n g,p h i l o s o p h i c a l Tr a n s a c t i o n s o f t h e R o y a l S o c i e t y B : B i o l o g i c a s,359 l S c i ( e n 1449 c e ), pp H i r a t a, J. ( H ), a p p i n e s s, e t h i c s a n d e c o n o,r m i o c u s t l e d g e. I n g l e h a r t, ( R ), M o d e r n i z a t i o n a n d P o s t m o d e r n i z a t i o n : C u l t u r a l, E c o n o m i c, a n d P o l i t i c a l C h a n g e S i o n c i e 4 t 3 i e s, P r i n c e t o n U n i v e r s i t y. P r e s s K r o l l, (2 C ), S o cial Capital and the Happiness of Nations: The Importance of Trust and N e t w o r k s f o r L i f e S a t i s f a c t i o n i n -n a a C t i r o s n s a l P e r s p e c,p t i e v t e r L a n g, p p. M a c K e r r o n, G.a n d S. M o u r a t o( ), L i f e s a t i s f a c t i o n a n d a i r q u a l i t y, i n L o n d o n E c o l o g i c a l E c o n o m c s,6 i 8 (5),p p M o r o, M.e t a l ( ), R a n k i n g q u a l i t y o f l i f e u s i n g s u b -b j e i c t n i g v e d a w t, a e l E l c o l o g i c a l Economics, 65 (3 ), pp N a m b i a r, S. ( S 0 e ) n, ' s c a p a b i l i t y a p p r o a c h a n d i,n n s t o v i a t u S t c i e o n c s e. N i s b e te.k. and J. M. Z e l en s k i ( ), U n d e r e s t i m a t i n Ne g a r b y Na t u r e : Af f e c t i v e Fo r e c a s t i n ger r o r sob s c u r e t Ha h e p p y Pa t h t Su o s t a i n a b i l i, t P y s y c h o lo g i c a S l c ie n c e,2 2 ( 9 ), p p O E C D ( ), H o w s L i f e? P i l l a r i s e t t i, (2 0 J 0. 5 R )., The World Bank's G e n u i n es a v i n g s M e a s u r ea n d Su s t a i n a b i l i, t y E c o l o g i c a l E c o n o m, 5 i 5 c,p s p P u t n a m, R. D. ( 1 Making ), Democracy Work: Civic Tradition in Modern Italy, P r i n c e t o n U n i v e r s i t y P r e s 河 s, 田 潤 一 訳 哲 学 す る 民 主 主 義 伝 統 と 改 革 の 市 民 的 構 造 N T T 出 版, 年. R a u s c h m a y e r, F. O, m a n n, I a. n d J.F r ü h m a n n e d s. ( ), S u s t a i n a b l e d e v e l o p m e n t : c a p a b i l i t i e s, n e e d s, a -b n d e i w n g,r e l o l u t l e d g. e Rehdanz, K.and D.Maddison( 2008 ), Local environment a l q u a l i t y a n d -s a l t i f s e f a c t i o n i n G e r m a n y,e c o l o g i c a l E c o n o m, i 6 c 4 s ( 4 ), p p R u t a, G. a n d K. H a m i l t o T n h ( e 2 0 c 0 a 7 p ) i, t a approach l to sustainability,h a n d b o o k o f S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e, n t p p R u t a, G.a n d K.H a m i l t o n( ), TheCapitalApproach tosustainability,a t k i n s o G n,., D i e t z,s. a n d E. N e u m a y ed e r s., H a n d b o o k o f S u s t a i n a b l e D e v e l,e o p d m w e a n r t d E l g a p r p,

59 S t i g l i t z, J. E., S e n -P,. A F. i t a o n u d s s i J ( 2 R 0 0 e p 9 ) o r, t b y t h e C o m m i s s i o n o n t h e M e a s u r e m e n t o f E c o n o m i c P e r f o r m a n c e n d a S o c i a l P r o g r. e s s S t r a n g e, a T n. d A.B a y l e y ( ),S u s t a i n a b l D e e v e l o p m e n t L : i n k i n g Ec o n o m y,s o c i e t y, E n v i r o n m e n t.o E C D I n s i g h t s. To c q u e v i l l,a. e, ( ), D e l a d é m o c r a t i e e n A m,g é o r s i s q e u l e i n( 井 伊 玄 太 郎 訳 ア メ リ カ の 民 主 政 治 ( 上 ) ( 下 ), 講 談 社, 年 ). Tov, W. ande.diener, (2008 ), The Well -Be i n g o f N a t i o n s:l i n k i n gt o g e t h e T r u s t, Co o p e r a t i o n,a n d D e m o c r a c y,s u l l i v a n, B. A., S n y d e a r n, d M J. L.S u l l i v a ed n s., C o o p e r a t i o n : T h ep o l i t i c a l P s y c h o l o g y o f E f f e c t i v e H u m a n, B I l n a t c e r k a w c e t P l i u o l b n l i s h i n g, p p U n i t ed N a t i o n s ( U N (2 ) ),M e a s u r i n g S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t : R e p o r t o f t h e J o i n t U N E C E / O E C D / E u r o s t a t W o r k i n g G r o u p o n S t a t i s t i c s f o r S u s t a i n a b l e D. e v e l o p m e n t V e m u r i, A a. n W d. R.C o s t a n z (2 a ), T h e r o l e o f h u m a n, s o c i a l, b u i l t, a n d n a t u r a l c a p i t a l i n e x p l n a i n g l i f e s a t i s f a c t i o n a t t h e c o u n t r y l e v e l : To w a r d -B e a i n N g a t I i n o d n e a x l W e l l ( N W I ),E c o l o g i c a l E c o n o m,58 i c s ( 1 ), pp W e l (2 0 s 0 2 ), c P r e f h e r e n c, e s o v e r p H r o s p. e r i t y a n d p o l l u t i o n : E n v i r o n m e n t a l v a l u a t i o n b a s e d o n h a p p i n e s s s u r v e y,k s y k l o, 5 s 5 ( 4 ), p p W e l (2 0 s 0 6 ), c E n v h i r o n, m e n t a n d H h a. p p i n e s s : Va l u a t i o n o f a i r p o l l u t i o n u s i n g l i f s a t i s f a c t i o n d,e a t c a o l o g i c a l E c o n o m, i 5 c 8 s ( 4 ), p p W e l (2 0 s 0 9 ), c I m p h l i c a, t i o n s o f h H a p p. i n e s s r e s e a r c h f o r e n v i r o n m e n t a l e c o, n o m i c s E c o l og i c a l E c o n o m, i 6 8 c s (1 ),p 1 p W o r l d B a n k( ),W h e r e i s t h e W e a l t h o f N a t i o n s? M e a s u r i n g C a p i t a l f o r t h e 2 1 s t C e n t u r y.w o r l d B a n k, p p. 52

60 3. 主 観 的 幸 福 の 規 定 要 因 に 関 す る 実 証 研 究 本 章 で は 主 観 的 幸 福 の 規 定 要 因 に 関 す る 実 証 研 究 を 行 う 主 観 的 幸 福 度 ( S u b j e c t i v e W -b e i l n g, l S W ) B と は 生 活 の 質 あ る い は 豊 か さ 充 実 満 足 に 関 す る 人 々 の 主 観 的 評 価 を 意 味 す る 一 般 的 に は 全 体 と し て み て あ な た は 幸 せ で す か と い っ た 大 雑 把 な 感 想 を た ず ね そ れ を 数 値 と し て あ ら わ す も の で あ る あ る 国 や 人 の 豊 か さ を 測 る 際 に 経 済 学 で は G D P や 所 得 消 費 と い っ た 観 的 情 報 を 用 い て き た こ れ と は 対 照 的 に S W B は 人 々 の 主 観 的 情 報 を 用 い よ う と す る も の で あ る S t i g l i t z e t a l. ( で 2 0 は 0 9 ) こ の よ う な 主 観 的 な 情 報 は 個 人 の 生 活 の 質 を 測 定 す る う え で 有 用 な 情 報 を 与 え る と 指 摘 し て お り 統 計 局 に よ る デ ー タ 整 備 を 提 言 し て い る 3. 1 主 観 的 幸 福 研 究 に 関 す る サ ー ベ イ 従 来 の 経 済 学 は 効 用 ( U t i l i t y) あ る い は 厚 生 ( W e ) l を 測 f 定 す る a こ と r に よ e り 人 々 の 満 足 や 福 祉 水 準 を 評 価 し よ う と し て き た す な わ ち 観 的 に 把 握 し う る 情 報 に 基 づ い た 厚 生 評 価 を 行 う ア プ ロ ー チ が と ら れ て い る 適 切 な 仮 定 の 下 で 効 用 は 消 費 あ る い は 所 得 の 増 加 関 数 と し て 考 え る こ と が で き る し た が っ て 人 々 の 効 用 を 増 加 さ せ る た め に は 所 得 水 準 と 財 サ ー ビ ス の 消 費 量 を 増 加 さ せ れ ば 良 い こ と に な る し か し な が ら 所 得 水 準 の 増 加 と 人 々 の 満 足 度 と が 相 伴 わ な い こ と を 示 す い く つ か の 証 拠 が 示 さ れ て き た た と え ば B r i c k m a n a n d C a m p b e l l ( 1 9 は 7 1 所 ) 得 や 資 産 な ど の 観 的 条 件 の 改 善 は 人 々 の 幸 福 度 に 影 響 を 与 え な い と し て い る ま た E a s t e r l i n ( )は 先 進 国 間 の 国 際 比 較 に お い て 所 得 水 準 と 幸 福 度 と の 間 に 相 関 が な い こ と を 指 摘 し て い る ( イ ー ス タ リ ン パ ラ ド ク ス ) 日 本 国 内 に お い て は 年 率 で 約 9 % 程 度 の 経 済 成 長 を 実 現 し た 高 度 経 済 成 長 期 に 顕 在 化 し た 公 害 等 を き っ か け に く た ば れ G N P ( 朝 日 新 聞 社 ( )) に み ら れ る よ う な G N P 批 判 が 起 こ る よ う に な っ た こ れ ら の 指 摘 に 対 し て 心 理 学 や 社 会 学 の 分 野 で は 幸 福 ( H a p p i n e s s) 研 究 が 盛 ん に 行 わ れ て お り 人 々 の 福 祉 ( W -b e i l n g) 水 l 準 に 関 す る 主 観 的 な 評 価 に 注 目 す る ア プ ロ ー チ が と ら れ て い る 日 本 に お け る 経 済 学 の 分 野 に お い て こ の 主 観 的 幸 福 に つ い て の 研 究 が な さ れ る よ う に な っ た の は ご く 最 近 の こ と で あ る と さ れ て い る 5 本 節 で は 個 票 デ ー タ を 用 い た 主 観 的 幸 福 度 に 関 す る 既 存 の 実 証 研 究 を 基 礎 に 人 々 の 主 観 的 幸 福 度 の 影 響 要 因 を 要 約 的 に 概 観 す る こ こ で の サ ー ベ イ は D i e n e r a n d S e l ig m a n ( ) D o l a n e t a l. ( 2 B o ) k ( ) 白 2 0 石 1 0 ) を 参 照 し て い 白 る 石 ( 所 得 先 に 出 た E a s t e r l i n ( )の 研 究 は 国 単 位 に 集 計 さ れ た 幸 福 度 指 標 と 所 得 の 関 係 に 関 す る も の で あ る し か し 一 国 内 に お け る 個 人 間 比 較 に 関 し て い う と 一 般 的 に 所 得 が 上 が れ ば 幸 福 度 も 上 が り そ の 上 昇 幅 は 逓 減 的 で あ る た と え ば D i e n e r e t a l. ( 2 G r ) a h a m e t a l. ( 2 0 は 0 4 ) 所 得 と 幸 福 度 と の 正 の 相 関 を 指 摘 し て い る し か し な が ら D i e n e r a n d B i s w a s-d i e n e r ( )は 両 者 が 相 関 し な い こ と を 示 し て い る ま た F e r r e r-i-c a r b o n e l l ( ) 浦 河 松 浦 ( 7 ) ら の 研 究 は 相 対 所 得 仮 説 を 支 持 し て い る す な わ ち こ れ ら の 研 究 に よ れ ば 自 ら の 所 得 の 絶 対 水 準 が 幸 福 度 に 影 響 を 与 え る と い う よ り は 自 分 の 5 大 竹 ほ か ( ) 53

61 準 拠 集 団 ( R e f e r e n c e G r o u p) に お け る 相 対 所 得 が 幸 福 度 に 影 響 を 与 え る 昨 年 度 研 究 で は 幸 福 度 と 所 得 水 準 は 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る 性 別 男 性 よ り も 女 性 の 方 が 幸 福 度 は 高 い と い う こ と を 示 す 研 究 は 多 数 存 在 す る 6 一 方 で I n g l e h a r t ( W 0 ) h i t e ( な ) ど は 性 差 が 幸 福 度 に 与 え る 影 響 は な い と し て い る ま た 筒 井 ( 0 ) は 喫 煙 習 慣 を コ ン ト ロ ー ル す る と 性 差 の 効 果 は 消 え る と し て い る 昨 年 度 研 究 に お い て は 性 別 年 齢 の ダ ミ ー 変 数 を 分 析 し た 3 0 代 男 性 を 参 照 し た 場 合 女 性 は す べ て の 年 代 に つ い て 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し た が 男 性 に つ い て は 4 0 代 5 0 代 で 負 の 相 関 が み ら れ て い る す な わ ち 男 性 よ り も 女 性 の 方 が 幸 福 度 は 高 い こ と が 示 さ れ て い る 年 齢 G r a h a m e t a l ( ) な ど に み ら れ る よ う に 多 く の 研 究 で 幸 福 度 と 年 齢 と の 間 に は U 字 型 の 関 係 が あ る と い う 結 果 が 示 さ れ て い る す な わ ち 一 定 の 水 準 に ま で 年 齢 が 増 加 す る う ち は 幸 福 度 が 下 が る 一 方 で そ の 閾 値 を 超 え る と 加 齢 と と も に 幸 福 度 は 上 が る こ の 点 に つ い て B l a n c h f l o w e r a n d O s w a l d ( 2 は 0 0, 7 ) O E C D 諸 国 で 4 0 代 に 変 曲 点 が 存 在 す る と し て い る 一 方 で 筒 井 ( ) は 加 齢 に 伴 い 幸 福 度 は 低 下 す る と し て い る 昨 年 度 研 究 に お い て は 性 別 年 齢 の ダ ミ ー 変 数 を 分 析 し た 3 0 代 男 性 を 参 照 し た 場 合 女 性 は す べ て の 年 代 に つ い て 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し か つ 年 代 が 進 む に つ れ 係 数 値 が 増 加 す る 一 方 男 性 に つ い て は 4 0 代 5 0 代 で 負 の 相 関 が み ら れ 6 0 代 で 正 の 相 関 が み ら れ る す な わ ち 幸 福 度 と 年 齢 と の 間 に U 字 型 の 関 係 が み ら れ て い る 健 康 た と え ば L y u b o m i r s k y a n d L e p p e r ( ) M a r m o t ( )は 健 康 状 態 の 自 己 評 価 と 幸 福 度 と の 間 に 正 の 相 関 が あ る こ と を 示 し て い る 昨 年 度 研 究 の 結 果 も こ れ ら と 整 合 的 で あ っ た 一 方 で D i e n er a n d S e l i g m a n ( 2 0 の 0 4 ま ) と め で は 従 来 の 研 究 は 五 体 満 足 な ど の 身 体 的 ( 物 理 的 ) 健 康 に 関 す る も の が 中 心 で あ り, う つ 状 態 な ど の 精 神 的 健 康 を も 含 め る べ き と 指 摘 し て い る 婚 姻 T s a n g e ( 2 t ) a l F r. e y ( )な ど は 婚 姻 関 係 と 幸 福 度 と の 間 に 正 の 相 関 が あ る こ と を 示 し て い る ま た S t u t z e r a n d F r 6)は e y 幸 ( せ 2 0 だ 0 か ら 結 婚 す る と い う 因 果 関 係 を 指 摘 し て い る し か し な が ら 結 婚 が 幸 福 度 に 与 え る 正 の 影 響 は 限 定 的 で あ る こ と を 指 摘 す る も の も あ る た と え ば 色 川 ( ) L u c a s a n d C l a r k ( な 6 ど ) の 研 究 は 結 婚 が 幸 福 度 に 与 え る 影 響 は 持 続 的 な も の で は な く 数 年 か ら 3-4 年 と い っ た 限 り が あ る こ と を 示 し て い る 昨 年 度 研 究 に お い て は 婚 姻 関 係 と 幸 福 度 と の 間 に 正 の 相 関 が あ る と い う 結 果 が 示 さ れ て い る 6 白 石 白 石 ( ) p 2 3,

62 子 供 子 供 の 有 無 が 幸 福 度 に 与 え る 影 響 に つ い て は さ ま ざ ま な 結 果 が 存 在 し て い る た と え ば T s a n g e t a l. ( 2 0 は 0 3 ) 中 国 の デ ー タ で 子 持 ち の S W B が 下 が る と い う 結 果 を 得 て い る ま た K o h l e r e t al. ( は 5 ) デ ン マ ー ク の デ ー タ で 第 一 子 誕 生 以 降 は 子 供 が 増 え て も S W B は 上 が ら な い と い う 結 果 を 得 て い る さ ら に S o m e r s ( )は 意 図 的 に 子 供 を 作 ら な い 夫 婦 が 逆 の 選 択 を す る 夫 婦 と 同 様 に 幸 せ と 報 告 し て お り S i m o n ( )は 子 持 ち 夫 婦 の ほ う が そ う で な い 場 合 よ り も 不 安 や 憂 鬱 感 情 的 落 ち 込 み を 感 じ る と し て い る 昨 年 度 研 究 で は 子 持 ち と 幸 福 度 と の 間 に は 有 意 な 相 関 が 得 ら れ な か っ た が 子 持 ち と 生 活 満 足 度 と の 間 に は 有 意 に 負 の 相 関 が あ る こ と が 示 さ れ た 人 と の つ な が り 関 係 こ の 分 野 は ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル の 研 究 と 関 連 し て い る P u t n u m ( ), H e l l i w e l l ( )は 仕 事 以 外 の 組 織 へ の 参 加 が C h a m a n d L e e ( は 6 ) 社 会 的 な サ ポ ー ト が 幸 福 度 を 引 き 上 げ え る と 指 摘 し て い る T h o i t s a n d H wi e t t ( H 1 ) e l l i w e l l a n d P u t n u m ( )は ボ ラ ン テ ィ ア へ 活 動 へ の 参 加 S c h i l l i n g a n d Wa h l ( 2 は 大 ) 家 族 と 幅 広 い ネ ッ ト ワ ー ク を 持 つ 田 舎 の 高 齢 者 で 幸 福 度 が 上 が る と い う 結 果 を 得 て い る ま た T k a c k a n d L y u b o m i r sky ( ) D i e n e r a n d B i s w -D a i s e n e r ( )は 人 と の ポ ジ テ ィ ブ な 関 係 が 幸 福 度 に 影 響 す る こ と を 示 し て い る 特 に D e m i r a n d W e i t ) e k a 友 m は 人 p ( 関 係 に つ い て 友 人 の 数 よ り も 関 係 の 質 が よ り 重 要 と し て い る 昨 年 度 研 究 で は 隣 近 所 趣 味 サ ー ク ル ボ ラ ン テ ィ ア 仲 間 親 戚 と の 接 触 頻 度 と 幸 福 度 と の 正 の 相 関 困 っ た 時 の 相 談 相 手 が い る 一 般 的 に 人 を 信 頼 し て い る と い う こ と と 幸 福 度 と の 正 の 相 関 が 得 ら れ て い る そ の 他 幸 福 度 へ の 影 響 因 は こ れ ら に も さ ま ざ ま あ る と 考 え ら れ る が た と え ば F r e y a n d S t u z e r ( )は 民 主 主 義 に よ る 政 治 プ ロ セ ス の 参 加 が 幸 福 度 に 正 の 影 響 を 与 え る こ と を 示 し て い る ま た 利 他 性 ( P h e l p s, ) 競 争 心 倹 約 信 仰 と い っ た 価 値 観 や 喫 煙 ギ ャ ン ブ ル な ど の 行 動 ( 筒 井 ) に つ い て 分 析 が な さ れ て い る 利 他 性 や 物 質 志 向 リ ス ク 選 好 礼 儀 作 法 と い っ た 価 値 観 や 投 票 寄 付 募 金 な ど の 行 動 と 幸 福 度 と の 関 係 に つ い て は 前 年 度 研 究 で 分 析 を 行 っ て い る ま と め 昨 年 度 研 究 で は 主 観 的 幸 福 度 の 説 明 要 因 と し て 行 動 ネ ッ ト ワ ー ク 信 頼 価 値 観 帰 属 意 識 政 策 満 足 を 取 り 上 げ た ま た コ ン ト ロ ー ル 変 数 と し て 既 婚 子 持 ち 年 収 教 育 年 数 健 康 状 態 性 別 年 代 を 取 り 上 げ た 実 証 結 果 は 既 存 研 究 と 整 合 的 な も の も あ れ ば そ う で な い も の も あ る こ の こ と の 1 つ の 原 因 は そ れ ぞ れ の 分 析 が 行 わ れ て い る 国 の 文 化 や 慣 習 価 値 観 な ど の 違 い に 起 因 し て い る と 考 え ら れ る た と え ば 健 康 状 態 と い う よ う な 変 数 が 主 観 的 幸 福 に 与 え る 影 響 は 文 化 的 相 違 を 抜 き に し て 国 際 的 に 比 較 し て も 普 遍 的 な 関 係 が 見 ら れ る も の か も し れ な い が 実 証 結 果 の 国 際 比 較 に 際 し て は 各 国 間 の 文 化 的 差 異 に 注 目 す べ き で あ ろ う 55

63 3. 2 デ ー タ と 分 析 手 法 本 年 度 研 究 で 使 用 す る デ ー タ の 概 要 昨 年 度 と 同 様 に ウ ェ ブ ア ン ケ ー ト で 収 集 し た デ ー タ を 用 い て 主 観 的 幸 福 度 の 規 定 要 因 を 実 証 的 に 明 ら か に す る 昨 年 度 の 研 究 に お け る 実 証 結 果 は 表 1 の よ う に ま と め ら れ る 被 説 明 変 数 と な っ て い る の は 全 体 と し て み て あ な た は 現 在 幸 せ で す か と い う 質 問 へ の 回 答 ( 主 観 的 幸 福 度 ) と 全 体 と し て 見 て あ な た は 現 在 の 生 活 に 満 足 し て い ま す か と い う 質 問 へ の 回 答 ( 生 活 満 足 度 )で あ る こ れ ら の 2 つ の 変 数 の 相 関 は 約 で あ り 相 関 は 高 い が 幸 せ で あ っ て も 満 足 は し て い な い あ る い は 不 幸 せ で あ っ て も あ き ら め て 満 足 す る な ど の ケ ー ス も 考 え ら れ る た め 主 観 的 幸 福 と 生 活 満 足 は 分 け て 考 え ら れ 分 析 結 果 に つ い て も 異 な る 結 果 が 示 さ れ る も の が あ っ た 表 の 1 つ め の く く り は 人 々 の 行 動 を 2 つ め の く く り は ネ ッ ト ワ ー ク 3 つ め の く く り は 信 頼 4 つ め の く く り は 価 値 観 を 規 定 要 因 と し て 想 定 し た 場 合 の 結 果 を 示 し て い る 本 年 度 研 究 で も こ の 枠 組 み を 基 本 的 に 踏 襲 す る が 今 年 度 研 究 に お け る 大 き な 相 違 点 は コ ン ト ロ ー ル 変 数 を 充 実 さ せ て い る こ と で あ る 昨 年 度 研 究 で は 既 婚 子 持 ち 世 帯 年 収 教 育 年 数 健 康 状 態 性 別 年 代 を コ ン ト ロ ー ル し た 上 で 分 析 を 行 っ た 今 年 度 は 昨 年 度 研 究 の 成 果 報 告 や サ ー ベ イ の 結 果 を 踏 ま え こ れ を さ ら に 充 実 さ せ た 今 年 度 の 分 析 に お け る コ ン ト ロ ー ル 変 数 は 世 帯 年 収 相 対 年 収 相 対 幸 福 度 教 育 年 数 婚 姻 子 持 ち 健 康 状 態 居 住 地 域 へ の 満 足 度 性 格 尺 度 性 別 年 代 職 業 居 住 地 方 で あ る 以 下 で 昨 年 度 と 変 更 が あ る も の に つ い て 説 明 を 加 え る 相 対 年 収 所 得 が 幸 福 度 に 与 え る 影 響 に 関 す る 実 証 研 究 で は 所 得 の 絶 対 水 準 と い う よ り も 自 分 が 準 拠 す る グ ル ー プ の 所 得 水 準 と 比 べ た 際 の 相 対 所 得 が 幸 福 度 に よ り 強 い 影 響 を 与 え る と す る も の が み ら れ る ( 相 対 所 得 仮 説 ) こ の 点 を 参 考 に し て ま わ り と 比 べ た 際 の 自 ら の 年 収 の 水 準 に つ い て の 主 観 評 価 を コ ン ト ロ ー ル 変 数 と し て 取 り 上 げ た こ の 変 数 は あ な た が 最 終 的 に 通 っ た 学 校 の 同 級 生 と 比 べ て 現 在 の ご 自 分 の 所 得 は ど の 程 度 だ と 思 い ま す か と い う 質 問 へ の 回 答 で あ る 表 1 平 成 2 2 年 度 研 究 の 実 証 結 果 主 観 的 幸 福 度 生 活 満 足 度 説 明 因 符 号 有 意 性 符 号 有 意 性 投 票 + * * * + * * * ボ ラ ン テ ィ ア + * * * + * * * 募 金 寄 付 + * * * + * * * 席 を 譲 る + * * - 主 義 主 張 を 持 つ + * * * + * * * 56

64 人 生 の 意 味 を 考 え る - * * * - * * * 困 っ た 時 の 相 談 相 手 + * * * + * * * 隣 近 所 と の 接 触 頻 度 + * * + * * * 職 場 関 係 の 人 と の 接 触 頻 度 + - 趣 味 学 習 ス ポ ー ツ 仲 間 と の 接 触 頻 度 + + * * ボ ラ ン テ ィ ア 仲 間 と の 接 触 頻 度 + * * + * * * 学 生 時 代 の 友 人 幼 馴 染 と の 接 触 頻 度 - - * 親 戚 と の 接 触 頻 度 + * * * + * * * 普 遍 化 信 頼 + * * * + * * * 報 道 へ の 信 頼 - - 家 族 が 大 事 + * * * + * * * 知 人 友 人 が 大 事 + * * * + * * 政 治 が 大 事 + * * * + * * 仕 事 が 大 事 - * * - * * * 自 己 決 定 高 揚 + * * * + 非 自 己 主 導 - * * * - * * * 物 質 志 向 - * * * - * * * 安 全 安 定 志 向 + + * * 周 り の 幸 せ が 大 事 + * * + 礼 儀 作 法 が 大 事 + * * * + * * * 自 然 環 境 が 大 事 + + 伝 統 習 慣 が 大 事 + * * * + * * * 注 : * * * p < , * * p < , * p < 相 対 幸 福 度 相 対 所 得 仮 説 が 成 立 す る の で あ れ ば 幸 福 度 に 関 し て も 同 様 の こ と が 言 え る か も し れ な い こ の 点 を 考 慮 す る た め 準 拠 集 団 の 幸 福 度 と 自 ら の 幸 福 度 と の 比 較 の 観 点 を 取 り 入 れ 次 の よ う な 2 つ の 質 問 あ な た が 普 段 接 す る 周 り の 人 は 幸 せ だ と 思 い ま す か お よ び あ な た が 普 段 接 す る 周 り の 人 と 比 べ て ご 自 分 は 幸 せ だ と 思 い ま す か を 用 意 し た 婚 姻 昨 年 度 は 既 婚 者 を 1 未 婚 者 を 0 と す る ダ ミ ー 変 数 を 使 用 し た 今 年 度 は よ り 細 か く 分 析 す る た め に 既 婚 者 離 婚 者 お よ び 死 別 者 の 3 つ の ダ ミ ー 変 数 を 用 意 し た ダ ミ ー を 割 り 振 っ て い な い 未 婚 者 が 参 照 グ ル ー プ で あ り 各 ダ ミ ー 変 数 の 係 数 は 未 婚 者 と 比 べ た 差 異 を 表 す 子 持 ち 昨 年 度 は 子 持 ち を 1 子 持 ち を 0 と す る ダ ミ ー 変 数 を 使 用 し た 昨 年 度 調 査 で は 生 活 満 足 度 を 被 説 明 変 数 と し た 場 合 に 子 持 ち ダ ミ ー が 有 意 に マ イ ナ ス を 示 し た 子 供 が い 57

65 る こ と に よ り 生 活 満 足 が 下 が る こ と の 1 つ の 要 因 と し て は 育 児 に 関 す る 時 間 肉 体 金 銭 的 費 用 や 進 学 の 際 の 経 済 的 負 担 な ど い く つ か の 点 を 考 え る こ と が で き る こ の 点 を 分 析 す る た め に 子 供 の 年 齢 を 考 慮 す る 形 で ダ ミ ー 処 理 を 行 っ た 具 体 的 に は 未 就 学 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生 1 8 歳 以 上 の 5 つ の ダ ミ ー 変 数 を 用 意 し た ダ ミ ー を 割 り 振 っ て い な い 子 供 を 持 た な い 人 が 参 照 グ ル ー プ で あ り 各 ダ ミ ー 変 数 の 係 数 は 子 供 を 持 た な い 人 と 比 べ た 差 異 を 表 す 健 康 状 態 昨 年 度 は 全 体 と し て み て あ な た の 現 在 の 健 康 状 態 は い か が で す か と い う 質 問 に 対 す る 自 己 申 告 を 変 数 と し て 扱 っ た こ れ に 睡 眠 時 間 と 精 神 状 態 の 2 つ の 変 数 を 追 加 し た 睡 眠 時 間 は 毎 日 の 平 均 的 な 睡 眠 時 間 を た ず ね た も の で あ り 精 神 状 態 は 精 神 的 な 落 ち 込 み や 不 安 憂 鬱 を 感 じ る こ と が あ り ま す か と い う 質 問 へ の 自 己 申 告 で あ る 居 住 地 域 へ の 満 足 度 居 住 地 域 へ の 満 足 度 が 主 観 的 幸 福 度 に 影 響 を 与 え る と い う 研 究 ( 國 光 )を 参 考 に 4 つ の 変 数 を 準 備 し た 具 体 的 に は 現 在 の 居 住 地 の 街 並 み 治 安 生 活 の 利 便 性 自 然 環 境 に 関 す る 主 観 的 評 価 を 変 数 と し て 取 り 上 げ た 性 格 尺 度 性 格 心 理 学 の 分 野 で は い わ ゆ る ビ ッ グ フ ァ イ ブ と よ ば れ る 5 つ の 性 格 尺 度 が 利 用 さ れ る こ の 5 つ の 尺 度 は た と え ば 包 括 的 な 記 述 モ デ ル を つ く っ た と さ れ る Tu p e s a n d C h r i s t a l ( に 1 ) よ れ ば 高 潮 性 協 調 性 信 頼 性 情 緒 安 定 性 教 養 ( 文 化 ) に 分 類 さ れ る こ の 個 人 の 性 格 は 主 観 的 幸 福 度 に 影 響 を 与 え る と い う 研 究 が 存 在 する(S t e e l e t a l., ) こ こ で は 正 確 に 関 す る 4 4 項 目 の 質 問 を 行 い そ れ ら を 因 子 分 析 に か け て 抽 出 さ れ た 5 つ の 因 子 を 得 点 化 し 性 格 尺 度 と し て 用 い て い る た だ し や や 不 注 意 だ 緊 張 し や す い 情 緒 が 不 安 定 に な り や す い あ れ こ れ 心 配 す る 恥 ず か し が り 屋 だ 気 が 散 り や す い か ら 構 成 さ れ る 性 格 因 子 ( 情 緒 不 安 定 ) は 健 康 状 態 で あ つ か っ て い る う つ 傾 向 と か な り 相 関 が 高 い た め こ の 因 子 は 除 外 し 信 頼 性 教 養 ( 文 化 ) 外 向 性 7 非 協 調 性 の 4 因 子 を 変 数 と し て 扱 う 職 業 こ こ で は 会 社 員 ( 管 理 職 以 外 の 正 社 員 ) 会 社 員 ( 管 理 職 ) 会 社 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員 公 務 員 非 営 利 団 体 職 員 教 員 講 師 医 療 専 門 職 ( 医 師 看 護 師 療 法 士 な ど ) そ の 他 専 門 職 ( 弁 護 士 会 計 士 税 理 士 な ど ) 農 林 漁 業 自 営 業 ( 農 林 漁 業 を 除 く ) パ ー ト ア ル バ イ ト フ リ ー タ ー 内 職 専 業 主 婦 主 夫 7 こ こ で い う 外 向 性 と は 高 潮 性 と 同 義 で あ り 話 好 き で 元 気 社 交 的 と い っ た 性 格 を 表 す が 高 潮 性 で は 意 味 が 取 り づ ら い の で 良 く 使 用 さ れ る 外 向 性 に 置 き 換 え て い る 因 子 分 析 の 結 果 は 補 足 資 料 を 参 照 58

66 大 学 生 大 学 院 生 専 門 学 校 生 短 大 生 予 備 校 無 職 定 年 退 職 の 1 4 の 職 種 に つ い て の ダ ミ ー 変 数 を 割 り 振 っ た こ こ に 登 場 し な い そ の 他 の 職 業 の 人 が 参 照 グ ル ー プ で あ り 各 ダ ミ ー 変 数 の 係 数 は そ の 他 の 職 業 の 人 と の 差 異 を 表 す 地 域 ダ ミ ー こ こ で は 北 海 道 東 北 ( 青 森 岩 手 宮 城 秋 田 山 形 福 島 ) 関 東 ( 茨 城 栃 木 群 馬 山 梨 ) 京 浜 ( 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 ) 北 陸 ( 新 潟 富 山 石 川 福 井 ) 東 海 ( 長 野 岐 阜 静 岡 愛 知 三 重 ) 京 阪 神 ( 滋 賀 京 都 大 阪 兵 庫 奈 良 和 歌 山 ) 中 国 ( 鳥 取 島 根 岡 山 広 島 山 口 ) 四 国 ( 徳 島 香 川 愛 媛 高 知 ) 九 州 沖 縄 ( 福 岡 佐 賀 長 崎 熊 本 大 分 宮 崎 鹿 児 島 沖 縄 ) の 1 0 の 地 域 に つ い て ダ ミ ー を 割 り 振 っ た 東 海 を 参 照 グ ル ー プ と し 各 ダ ミ ー 変 数 の 係 数 は 東 海 地 方 と の 差 異 を 表 す 分 析 手 法 被 説 明 変 数 ( 主 観 的 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 ) が 離 散 変 数 で あ る こ と を 考 慮 し 以 下 の 確 率 モ デ ル ( 順 序 ロ ジ ス テ ィ ッ ク 回 帰 分 析 ) に よ っ て 分 析 を 行 う こ こ で は 主 観 的 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 は 主 観 的 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 の 高 低 を 表 す ス コ ア ー 変 数 は 係 数 ベ ク ト ル は 説 明 変 数 ベ ク ト ル は 誤 差 項 は 被 説 明 変 数 で あ る が を と る 確 率 は ロ ジ ス テ ィ ッ ク 関 数 の 累 積 確 率 密 度 は ス コ ア ー 変 数 の 番 目 の 閾 値 で あ る 3. 3 分 析 結 果 基 本 推 定 結 果 ま ず こ こ で は 世 帯 年 収 相 対 年 収 相 対 幸 福 度 教 育 年 数 婚 姻 子 持 ち 健 康 状 態 居 住 地 域 へ の 満 足 度 性 格 尺 度 性 別 年 代 職 業 居 住 地 方 の コ ン ト ロ ー ル 変 数 の 結 果 を 報 告 す る 推 定 モ デ ル は 相 対 所 得 仮 説 を 検 討 す る た め 59

67 相 対 年 収 お よ び 相 対 幸 福 度 を 含 む か 含 ま な い か に よ っ て 3 つ あ る 表 2 主 観 的 幸 福 度 基 本 推 定 モ デ ル ( 絶 対 所 得 ) 係 数 z p 世 帯 年 収 * * * 教 育 年 数 * * * 既 婚 * * * 離 婚 死 別 未 就 学 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生 歳 以 上 健 康 状 態 * * * 睡 眠 時 間 * * * 精 神 的 落 ち 込 み * * * 街 並 み 治 安 生 活 利 便 性 * * * 自 然 環 境 * * * 信 頼 性 * * * 教 養 ( 文 化 ) * 外 向 性 * * * 非 協 調 性 * * * 代 男 性 * * 代 男 性 R e f. 4 0 代 男 性 代 男 性 代 男 性 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * 正 社 員 管 理 職 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員

68 公 務 員 非 営 利 団 体 教 員 講 師 医 療 専 門 職 そ の 他 専 門 職 農 林 漁 業 自 営 業 パ ー ト フ リ ー タ ー 専 業 主 婦 主 夫 学 生 * * 無 職 定 年 退 職 北 海 道 東 北 * * 関 東 * * 京 浜 / 一 都 3 県 北 陸 東 海 R e f. 京 阪 神 中 国 四 国 * * 九 州 沖 縄 疑 似 決 定 係 数 観 察 数 注 :* * * p< , * * p < ,. * 1 p 0 <.不 0 均 一 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 R e f.は 参 照 属 性 で あ る 表 3 生 活 満 足 度 基 本 推 定 モ デ ル ( 絶 対 所 得 ) 係 数 z p 世 帯 年 収 * * * 教 育 年 数 * * * 既 婚 * * * 離 婚 死 別 未 就 学 児 * 小 学 生 中 学 生 高 校 生 歳 以 上

69 健 康 状 態 * * * 睡 眠 時 間 * * * 精 神 的 落 ち 込 み * * * 街 並 み * * 治 安 生 活 利 便 性 * * * 自 然 環 境 * * 信 頼 性 * * * 教 養 ( 文 化 ) 外 向 性 * * * 非 協 調 性 代 男 性 * 代 男 性 R e f. 4 0 代 男 性 * * 代 男 性 代 男 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 正 社 員 管 理 職 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員 公 務 員 非 営 利 団 体 教 員 講 師 医 療 専 門 職 そ の 他 専 門 職 * 農 林 漁 業 自 営 業 パ ー ト フ リ ー タ ー 専 業 主 婦 主 夫 学 生 * * * 無 職 定 年 退 職 北 海 道 東 北 * * * 関 東 * * * 京 浜 / 一 都 3 県 * 北 陸

70 東 海 R e f. 京 阪 神 中 国 四 国 * * * 九 州 沖 縄 疑 似 決 定 係 数 観 察 数 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 R e f.は 参 照 属 性 で あ る 表 4 主 観 的 幸 福 度 基 本 推 定 モ デ ル ( 絶 対 所 得 + 相 対 所 得 ) 係 数 z p 世 帯 年 収 * 相 対 年 収 * * * 教 育 年 数 * * * 既 婚 * * * 離 婚 死 別 未 就 学 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生 歳 以 上 健 康 状 態 * * * 睡 眠 時 間 * * * 精 神 的 落 ち 込 み * * * 街 並 み 治 安 生 活 利 便 性 * * * 自 然 環 境 * * 信 頼 性 * * * 教 養 ( 文 化 ) * 外 向 性 * * * 非 協 調 性 * * * 代 男 性 代 男 性 R e f. 4 0 代 男 性

71 5 0 代 男 性 代 男 性 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * 正 社 員 管 理 職 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員 公 務 員 非 営 利 団 体 教 員 講 師 医 療 専 門 職 そ の 他 専 門 職 * 農 林 漁 業 自 営 業 パ ー ト フ リ ー タ ー 専 業 主 婦 主 夫 学 生 無 職 定 年 退 職 北 海 道 東 北 * * 関 東 * 京 浜 / 一 都 3 県 北 陸 東 海 R e f. 京 阪 神 中 国 四 国 * * 九 州 沖 縄 疑 似 決 定 係 数 観 察 数 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 R e f.は 参 照 属 性 で あ る 64

72 表 5 生 活 満 足 度 基 本 推 定 モ デ ル ( 絶 対 所 得 + 相 対 所 得 ) 係 数 z p 世 帯 年 収 * * * 相 対 年 収 * * * 教 育 年 数 * * * 既 婚 * * * 離 婚 死 別 未 就 学 児 * 小 学 生 中 学 生 高 校 生 歳 以 上 健 康 状 態 * * * 睡 眠 時 間 * * * 精 神 的 落 ち 込 み * * * 街 並 み 治 安 生 活 利 便 性 * * * 自 然 環 境 * * 信 頼 性 * * 教 養 ( 文 化 ) 外 向 性 * * * 非 協 調 性 代 男 性 代 男 性 R e f. 4 0 代 男 性 * * 代 男 性 * 代 男 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 正 社 員 管 理 職 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員 公 務 員 非 営 利 団 体

73 教 員 講 師 医 療 専 門 職 そ の 他 専 門 職 * 農 林 漁 業 自 営 業 パ ー ト フ リ ー タ ー 専 業 主 婦 主 夫 学 生 * * 無 職 定 年 退 職 北 海 道 東 北 * * 関 東 * * * 京 浜 / 一 都 3 県 * * 北 陸 東 海 R e f. 京 阪 神 中 国 四 国 * * * 九 州 沖 縄 疑 似 決 定 係 数 観 察 数 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 R e f.は 参 照 属 性 で あ る 表 6 主 観 的 幸 福 度 基 本 推 定 モ デ ル ( 絶 対 所 得 + 相 対 所 得 + 相 対 幸 福 度 ) 係 数 z p 世 帯 年 収 相 対 年 収 周 囲 の 幸 福 度 * * * 相 対 幸 福 度 * * * 教 育 年 数 * * 既 婚 * * * 離 婚 死 別 未 就 学 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生

74 1 8 歳 以 上 健 康 状 態 * * * 睡 眠 時 間 精 神 的 落 ち 込 み * * * 街 並 み 治 安 * * * 生 活 利 便 性 * * * 自 然 環 境 信 頼 性 教 養 ( 文 化 ) 外 向 性 非 協 調 性 代 男 性 代 男 性 R e f. 4 0 代 男 性 代 男 性 代 男 性 代 女 性 * * * 代 女 性 代 女 性 代 女 性 代 女 性 正 社 員 管 理 職 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員 公 務 員 非 営 利 団 体 教 員 講 師 医 療 専 門 職 そ の 他 専 門 職 農 林 漁 業 自 営 業 パ ー ト フ リ ー タ ー 専 業 主 婦 主 夫 学 生 無 職 定 年 退 職 北 海 道 東 北 関 東 京 浜 / 一 都 3 県

75 北 陸 東 海 R e f. 京 阪 神 中 国 四 国 九 州 沖 縄 疑 似 決 定 係 数 観 察 数 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 R e f.は 参 照 属 性 で あ る 表 7 生 活 満 足 度 基 本 推 定 モ デ ル ( 絶 対 所 得 + 相 対 所 得 + 相 対 幸 福 度 ) 係 数 z p 世 帯 年 収 * * * 相 対 年 収 * * * 周 囲 の 幸 福 度 * * * 相 対 幸 福 度 * * * 教 育 年 数 * * * 既 婚 * * * 離 婚 死 別 未 就 学 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生 歳 以 上 * * 健 康 状 態 * * * 睡 眠 時 間 * * * 精 神 的 落 ち 込 み * * * 街 並 み * 治 安 生 活 利 便 性 * * * 自 然 環 境 信 頼 性 教 養 ( 文 化 ) * * * 外 向 性 非 協 調 性 代 男 性

76 3 0 代 男 性 R e f. 4 0 代 男 性 * * 代 男 性 * 代 男 性 * * * 代 女 性 * * * 代 女 性 * 代 女 性 * 代 女 性 * * * 代 女 性 * * * 正 社 員 管 理 職 役 員 経 営 者 派 遣 契 約 社 員 公 務 員 非 営 利 団 体 教 員 講 師 医 療 専 門 職 そ の 他 専 門 職 * * 農 林 漁 業 自 営 業 パ ー ト フ リ ー タ ー 専 業 主 婦 主 夫 学 生 * 無 職 定 年 退 職 北 海 道 東 北 関 東 * * 京 浜 / 一 都 3 県 * 北 陸 東 海 R e f. 京 阪 神 中 国 四 国 九 州 沖 縄 疑 似 決 定 係 数 観 察 数 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 R e f.は 参 照 属 性 で あ る 69

77 こ こ で 有 意 で あ る 変 数 の 符 号 は 主 観 的 幸 福 度 生 活 満 足 度 と も に ほ ぼ 同 じ で あ る こ こ で の 結 果 は 以 下 の よ う に ま と め る こ と が で き る 収 入 の 絶 対 水 準 の み を 考 慮 す る 場 合 世 帯 収 入 は 有 意 に 正 の 相 関 を 示 す ( 表 2 3) しか し あ な た が 最 終 的 に 通 っ た 学 校 の 同 級 生 と 比 べ て 現 在 の ご 自 分 の 所 得 は ど の 程 度 だ と 思 い ま す か と い う 質 問 に 対 す る 回 答 ( 相 対 収 入 ) を 併 せ て 推 定 す る と 収 入 の 絶 対 水 準 は 有 意 に 正 の 相 関 を 示 す も の の そ の 説 明 力 は 下 が る こ と が わ か る ( 表 4 5) す な わ ち 相 対 所 得 仮 説 を 支 持 す る 結 果 が 得 ら れ て い る さ ら に あ な た が 普 段 接 す る 周 り の 人 は 幸 せ だ と 思 い ま す か お よ び あ な た が 普 段 接 す る 人 と 比 べ て ご 自 分 は 幸 せ だ と 思 い ま す か と い う 回 答 ( 幸 福 度 に 関 す る 主 観 的 な 相 対 評 価 ) を も 併 せ て 推 定 す る と 主 観 的 幸 福 度 の 場 合 収 入 の 絶 対 水 準 も 収 入 に 関 す る 主 観 的 な 相 対 評 価 も い ず れ も 説 明 力 を 失 う ( 表 6) た だ し 生 活 満 足 度 の 場 合 に は 収 入 は い ぜ ん と 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る ( 表 7) 教 育 年 数 は こ こ で 推 定 し た 全 て の モ デ ル に お い て 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る す な わ ち 教 育 水 準 が 高 い 人 ほ ど 幸 福 度 生 活 満 足 度 は 高 い 既 婚 ダ ミ ー は こ こ で 推 定 し た 全 て の モ デ ル に お い て 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る す な わ ち 既 婚 者 の 幸 福 度 生 活 満 足 度 は そ う で な い 人 よ り も 高 い ま た 離 婚 死 別 の ダ ミ ー は い ず れ も 有 意 で な い 子 供 が 主 観 的 幸 福 に 与 え る 影 響 に つ い て は い ず れ も 有 意 な 結 果 が 示 さ れ な か っ た こ れ は 昨 年 度 の 結 果 と 整 合 的 で あ る 一 方 で 生 活 満 足 度 へ の 影 響 に つ い て は 未 就 学 児 ダ ミ ー が 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て い る ( 表 3 5) ほ か 相 対 所 得 と 相 対 幸 福 度 を 考 慮 し た モ デ ル で 1 8 歳 以 上 ダ ミ ー が 同 様 に 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て い る ( 表 7) 昨 年 度 研 究 に お い て も 子 持 ち ダ ミ ー は 生 活 満 足 度 と 有 意 に 負 の 相 関 が 得 ら れ て い る が こ こ で の 分 析 か ら 手 の か か る 乳 幼 児 が い る 場 合 や 進 学 等 で 経 済 的 負 担 の か か る 高 卒 以 上 の 子 供 が い る 場 合 に 生 活 満 足 度 が 下 が る 得 る こ と が 示 さ れ た 健 康 状 態 に 関 す る 自 己 申 告 は こ こ で 推 定 し た 全 て の モ デ ル に お い て 有 意 に 正 の 相 関 を し て い る す な わ ち 自 ら の 健 康 状 態 が 良 い と 評 価 し て い る 人 の 幸 福 度 生 活 満 足 度 は そ う で な い 人 よ り も 高 い ま た 睡 眠 時 間 も 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て お り 睡 眠 時 間 が 長 い 人 の 幸 福 度 生 活 満 足 度 は 高 い こ と が 示 さ れ た ( 平 均 は 約 6. 5 時 間 ) さ ら に 精 神 的 な 落 ち 込 み を 感 じ る か ど う か に 関 す る 自 己 申 告 は 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て お り 不 安 や 憂 鬱 を 感 じ る 頻 度 の 高 い 人 の 幸 福 度 は 下 が る 傾 向 に あ る こ と が 示 さ れ た 居 住 地 域 へ の 満 足 度 に つ い て は 結 果 の ば ら つ き が み ら れ る が 生 活 利 便 性 は こ こ で 推 定 し た 全 て の モ デ ル に お い て 有 意 に 正 の 相 関 を し て い る す な わ ち 居 住 地 域 の 利 便 性 を 高 く 評 価 し て い る 人 ほ ど 幸 福 度 生 活 満 足 度 が 高 い ま た 自 然 環 境 に つ い て は 一 部 を 70

78 除 く モ デ ル で 有 意 に 正 の 相 関 が 得 ら れ て お り 居 住 地 域 の 自 然 環 境 を 高 く 評 価 し て い る 人 ほ ど 幸 福 度 満 足 度 が 高 い と い う 結 果 を 得 た ( 表 2 ~ 5) 性 格 尺 度 に つ い て は 念 入 り で 責 任 感 が 強 い 最 後 ま で 成 し 遂 げ る と い っ た 要 素 で 構 成 さ れ る 信 頼 性 が 一 部 の モ デ ル を 除 い て 主 観 的 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 と 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る ( 表 2 ~ 5) ま た 話 好 き で 元 気 社 交 的 と い っ た 要 素 で 構 成 さ れ る 外 向 性 に つ い て も 有 意 な 正 の 相 関 が 得 ら れ て い る ( 表 2 ~ 5 ) 年 齢 と 性 別 に 関 し て は 3 0 代 男 性 を 参 照 グ ル ー プ と す る と 女 性 は 全 て の 年 代 で 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る ま た 男 性 に 関 し て も 5 0 代 6 0 代 で 有 意 に 正 の 相 関 が み ら れ て い る こ の 結 果 は 昨 年 度 研 究 の 結 果 と 整 合 的 で あ る 職 業 に 関 し て は ダ ミ ー と し て 挙 げ ら れ て い な い 職 業 の 人 と 比 べ て 一 貫 し て 有 意 な 正 の 相 関 を 示 し て い る の は 学 生 の み で あ る こ こ で い う 学 生 は 大 学 生 大 学 院 生 専 門 学 校 生 短 大 生 予 備 校 生 を 指 す( 高 校 生 以 下 は 分 析 対 象 に 含 ま れ て い な い ) 高 校 ま で と 異 な り 教 育 の 場 で も 自 由 な 選 択 権 が 増 し 一 般 的 な 社 会 人 と 比 べ て 自 由 に 使 え る 時 間 が 多 い こ と を 反 映 し て い る た め で あ ろ う か 地 域 ダ ミ ー に つ い て は 東 北 ダ ミ ー と 関 東 ダ ミ ー が 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て い る( 表 2 ~ 5 ) こ こ で の 結 果 は お そ ら く 昨 年 の 東 日 本 大 震 災 が 影 響 し て い る と 考 え ら れ る 8 当 該 地 域 は 地 震 と 津 波 に よ り 甚 大 な 被 害 が 発 生 す る と と も に 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 で の 事 故 の 影 響 を 受 け て い る 地 域 で あ る こ の 分 析 だ け で は 断 定 で き な い が 震 災 が 当 該 地 域 の 人 々 の 幸 福 度 や 生 活 満 足 度 に 影 響 を 及 ぼ し た で あ ろ う こ と は 想 像 に 易 い 行 動 習 慣 に 関 す る 推 定 結 果 本 節 で は 人 々 の 行 動 と 生 活 習 慣 と 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 と の 関 係 に つ い て の 分 析 結 果 を 報 告 す る 扱 っ た 変 数 は 喫 煙 習 慣 飲 酒 習 慣 月 あ た り の 飲 酒 量 パ チ ン コ 競 馬 競 輪 な ど の ギ ャ ン ブ ル 宝 く じ ロ ト ト ト な ど の 購 入 頻 度 運 動 習 慣 外 食 習 慣 で あ る 表 8 お よ び 9 に 推 定 結 果 を 示 し て い る 表 8 行 動 習 慣 と 主 観 的 幸 福 度 係 数 z p 喫 煙 習 慣 * * * 飲 酒 習 慣 * * 飲 酒 量 * ギ ャ ン ブ ル 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に つ い て は 後 の 価 値 観 ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル に 関 す る モ デ ル で も 言 及 す る 71

79 宝 く じ * * 運 動 外 食 習 慣 投 票 ボ ラ ン テ ィ ア 募 金 寄 付 * * * 席 を 譲 る * * * 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 表 9 行 動 習 慣 と 生 活 満 足 度 係 数 z p 喫 煙 習 慣 * * * 飲 酒 習 慣 飲 酒 量 ギ ャ ン ブ ル 宝 く じ * * 運 動 * * 外 食 習 慣 投 票 ボ ラ ン テ ィ ア * 募 金 寄 付 * * 席 を 譲 る 注 :* * * p< , * *. p 0 < 5 0, * p < 0. 不 1 0 均. 一 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 コ ン ト ロ ー ル 変 数 に つ い て は 前 節 ま で に 報 告 し た 内 容 に そ っ て 制 御 し て い る が 重 複 す る た め こ こ で は 報 告 を 省 略 す る ま ず 喫 煙 習 慣 は 幸 福 度 と 生 活 満 足 度 と の い ず れ と も 有 意 に 負 の 相 関 を し て い る こ の 結 果 は 筒 井 ( ) で 示 さ れ て い る も の と 同 様 で あ る し か し そ こ で 指 摘 さ れ て い る よ う に 煙 草 を 吸 っ て い る か ら 幸 福 度 が 下 が る の か 幸 福 度 が 低 い か ら 煙 草 を 吸 っ て い る の か は 自 明 で は な い 飲 酒 習 慣 は 月 に ど の 程 度 の 回 数 飲 酒 を す る か を た ず ね て い る ま た 飲 酒 量 は 月 の 飲 酒 回 数 と 一 度 に 飲 む ア ル コ ー ル 量 か ら 1 月 の 総 ア ル コ ー ル 摂 取 量 を 計 算 し た も の で あ る こ こ で の 結 果 で は 飲 酒 回 数 は 幸 福 度 と 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る 一 方 で ア ル コ ー ル 摂 取 量 は 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て い る す な わ ち 飲 酒 機 会 の 多 さ は 幸 福 度 を 増 加 さ せ る が 摂 取 量 が 多 け れ ば そ の 効 果 は 下 が る と い え る ギ ャ ン ブ ル に つ い て は 幸 福 度 と 生 活 満 足 度 の い ず れ の ケ ー ス で も 有 意 な 相 関 が 得 ら れ な か っ た 一 方 で 宝 く じ な ど の 購 入 頻 度 は い ず れ の ケ ー ス で も 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て 72

80 い る ギ ャ ン ブ ル の 習 慣 と 宝 く じ の 購 入 頻 度 は 相 関 係 数 を 示 し て い る ま た 宝 く じ を 購 入 す る 人 は サ ン プ ル の 過 半 数 を 超 え て い る が ギ ャ ン ブ ル に つ い て は 8 割 以 上 の 回 答 者 が 一 切 し な い と 答 え て い る 運 動 習 慣 は 週 2 回 以 上 か つ 1 日 3 0 分 以 上 で 1 年 以 上 継 続 し て 運 動 を し て い る か を た ず ね て い る こ の 運 動 習 慣 は 生 活 満 足 度 と 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て お り 継 続 的 に 運 動 を し て い る 人 の 生 活 満 足 度 は 高 い こ と が わ か る 外 食 習 慣 は 1 週 間 の 食 事 回 数 の う ち 調 理 済 み の 弁 当 や 総 菜 を 含 む 外 食 が 占 め る 割 合 を 尋 ね て い る こ こ で の 結 果 で は 外 食 習 慣 は 有 意 な 相 関 を 示 さ な か っ た 投 票 ボ ラ ン テ ィ ア 寄 付 募 金 公 共 交 通 機 関 で 席 を 譲 る と い っ た 項 目 に つ い て は 昨 年 度 も 分 析 を 行 っ た 昨 年 度 と 整 合 的 な 結 果 が 得 ら れ た の は 寄 付 募 金 と 席 を 譲 る と い う 行 動 で あ る し か し な が ら ま ず 投 票 に つ い て は 昨 年 度 は 幸 福 度 と 生 活 満 足 度 の い ず れ に お い て も 有 意 な 正 の 相 関 を 示 し て い た が こ こ で は 符 号 は 正 で あ る が 統 計 学 的 有 意 性 を 満 た し て い な い さ ら に は ボ ラ ン テ ィ ア へ の 参 加 は 統 計 学 的 に 有 意 で は な い も の の 主 観 的 幸 福 度 と 負 の 相 関 を 示 し た こ の よ う な 結 果 が 得 ら れ た 原 因 は 自 明 で は な い 価 値 観 に 関 す る 推 定 結 果 価 値 観 と 主 観 的 幸 福 お よ び 生 活 満 足 度 と の 関 係 に つ い て は 昨 年 度 研 究 に お い て 表 1 に 示 さ れ て い る よ う に 1 2 の 項 目 に つ い て 分 析 を 行 っ た 今 年 度 は コ ン ト ロ ー ル 変 数 に 心 理 学 な ど の 分 野 で 用 い ら れ て い る 性 格 尺 度 を 導 入 し て お り こ の 尺 度 が 前 年 度 に 扱 っ た 変 数 と 共 線 関 係 を 示 す ケ ー ス が 存 在 し た そ こ で モ デ ル に 組 み 込 む 変 数 を 若 干 調 整 し て 分 析 を 行 っ た 表 1 0 価 値 観 と 主 観 的 幸 福 度 係 数 z p ポ ジ テ ィ ブ * * * 物 質 志 向 * * * 自 然 環 境 * * * 伝 統 習 慣 信 仰 心 * * * 家 族 * * * 友 人 政 治 誇 り * 名 誉 仕 事 注 :* * * p< , * * p < p, < 0. * 1 0.不 均 一 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 73

81 表 1 1 価 値 観 と 生 活 満 足 度 係 数 z p ポ ジ テ ィ ブ * * * 物 質 志 向 * * * 自 然 環 境 伝 統 習 慣 信 仰 心 * 家 族 * * * 友 人 政 治 誇 り 名 誉 仕 事 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 ポ ジ テ ィ ブ は 自 分 の 人 生 は 自 分 の 思 う 通 り に 動 か す こ と が で き る と い う 質 問 へ の 回 答 で あ り 昨 年 度 研 究 に お け る 自 己 決 定 高 揚 と 同 様 の 変 数 で あ る こ の 変 数 は 幸 福 度 と 生 活 満 足 度 と と も に 有 意 に 正 の 相 関 を し て い る 物 質 志 向 は 裕 福 で お 金 と 高 価 な 品 物 を た く さ ん 持 つ こ と が ど れ だ け 大 事 か を た ず ね た も の で あ る こ の 変 数 も 昨 年 度 研 究 と 同 様 に い ず れ の ケ ー ス で も 有 意 に 負 の 相 関 を 示 し て い る 自 然 環 境 が 大 事 と い う 質 問 に つ い て は 昨 年 度 研 究 で は 幸 福 度 と も 生 活 満 足 度 と も 有 意 な 相 関 が 見 ら れ な か っ た が こ こ で は 主 観 的 幸 福 度 と 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い る 信 仰 心 に つ い て は 昨 年 度 の 質 問 項 目 の 中 に は 含 ま れ て い な か っ た が い ず れ の ケ ー ス で も 有 意 に 正 の 相 関 が 得 ら れ て い る こ の 結 果 は 既 存 研 究 と も 整 合 的 で 信 仰 は 心 の よ り ど こ ろ と し て 幸 福 度 に 正 の 影 響 を 与 え る こ と が 明 ら か に な っ た 家 族 友 人 政 治 誇 り 名 誉 仕 事 と い っ た 項 目 を ど れ だ け 重 要 と 考 え て い る か に つ い て の 質 問 と 幸 福 度 生 活 満 足 度 と の 関 係 に つ い て は 昨 年 度 と は 異 な っ た 結 果 が 示 さ れ て い る た と え ば 表 1 に ま と め ら れ て い る よ う に 友 人 知 人 や 政 治 に つ い て は 昨 年 度 は 有 意 に 正 の 相 関 を 示 し て い た が 本 年 度 研 究 で は 有 意 な 相 関 が 得 ら れ な か っ た そ の 原 因 と し て た と え ば 昨 年 度 と 今 年 度 で コ ン ト ロ ー ル し た 変 数 が 異 な る 点 や 震 災 の 影 響 に よ る デ ー タ 構 造 の 変 化 な ど を 考 え る こ と が で き る 信 頼 ネ ッ ト ワ ー ク に 関 す る 推 定 結 果 こ こ で は 人 と の つ な が り に 関 す る 変 数 と し て 普 遍 的 信 頼 困 っ た 時 の 相 談 相 手 隣 近 所 と の 行 き 来 親 戚 と の 行 き 来 幼 馴 染 と の 行 き 来 友 人 知 人 と の 行 き 来 74

82 サ ー ク ル 仲 間 と の 行 き 来 仕 事 職 場 関 係 の 人 と の 行 き 来 を 検 討 す る 表 1 2 信 頼 ネ ッ ト ワ ー ク と 主 観 的 幸 福 度 係 数 z p 普 遍 化 信 頼 * * * 相 談 相 手 * * * 隣 近 所 親 戚 幼 馴 染 友 人 知 人 サ ー ク ル * * 仕 事 職 場 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 表 1 3 信 頼 ネ ッ ト ワ ー ク と 生 活 満 足 度 係 数 z p 普 遍 化 信 頼 * * * 相 談 相 手 * * 隣 近 所 * * * 親 戚 幼 馴 染 * * 友 人 知 人 サ ー ク ル * * * 仕 事 職 場 注 :* * * p< , * * p < , * p < 不 0. 均 1 0 一. 分 散 一 致 標 準 誤 差 を 採 用 こ こ で の 結 果 は 一 部 を 除 き お お む ね 昨 年 度 研 究 と 同 様 で あ る す な わ ち 普 遍 化 信 頼 と 困 っ た 時 の 相 談 相 手 趣 味 や ス ポ ー ツ な ど の サ ー ク ル ク ラ ブ ボ ラ ン テ ィ ア 仲 間 と の 行 き 来 は 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 と 有 意 に 正 の 相 関 を し て お り 表 1 と の 比 較 か ら 明 ら か な よ う に こ の 結 果 は 昨 年 度 と 整 合 的 で あ る ま た 幼 馴 染 と の 行 き 来 が 生 活 満 足 度 と 有 意 に 負 の 相 関 を し て い る 点 も 昨 年 度 の 結 果 と 整 合 的 で あ る 一 方 で 親 戚 と 友 人 知 人 と の 行 き 来 に つ い て は 符 号 は 正 で あ る が 統 計 学 的 に 有 意 な 結 果 は 得 ら れ な か っ た こ れ ら の 原 因 と し て は 前 節 で 述 べ た と お り た と え ば 昨 年 度 と 今 年 度 で コ ン ト ロ ー ル し た 変 数 が 異 な る 点 や 震 災 の 影 響 に よ る デ ー タ 構 造 の 変 化 な ど を 考 え る こ と が で き る 75

83 3. 4 結 論 こ こ で の 分 析 結 果 か ら え ら れ る 結 論 は 以 下 の よ う で あ る 第 一 に 健 康 状 態 や 精 神 衛 生 状 態 を 改 善 さ せ る プ ロ グ ラ ム の 実 施 は 人 々 の 幸 福 度 お よ び 生 活 満 足 度 を 高 め る だ ろ う 社 会 資 本 へ の 公 共 投 資 は 当 該 地 域 の 所 得 や 雇 用 状 態 の 改 善 を 通 じ て 人 々 の 幸 福 度 や 生 活 満 足 度 に 影 響 を 与 え る か も し れ な い し か し 健 康 状 態 や 精 神 に 関 す る 主 観 的 評 価 を 改 善 す る プ ロ ジ ェ ク ト の ほ う が よ り 直 接 的 に 影 響 を 与 え う る 既 存 の 政 策 か ら 転 換 し 人 々 の 幸 福 度 に 直 接 的 な 影 響 を 与 え そ れ を 改 善 さ せ る 政 策 の 実 施 の た め に も 幸 福 度 の 規 定 要 因 に 関 す る 研 究 が 不 可 欠 で あ る 第 二 に 生 活 の 利 便 性 や 居 住 地 の 自 然 環 境 が 人 々 の 幸 福 度 と 生 活 満 足 度 に 影 響 を 与 え て い る こ と か ら も 地 域 住 民 の 住 環 境 に 関 す る 主 観 的 評 価 を 改 善 さ せ る 政 策 の 実 施 が 人 々 の 幸 福 度 の 増 進 に 資 す る と 考 え ら れ る こ の こ と は 特 に 街 づ く り や 地 域 の 環 境 整 備 な ど 地 方 政 府 が 担 う 政 策 分 野 に お い て 重 要 で あ る と 考 え ら れ る 第 三 に 人 々 の 生 活 の 質 の 測 定 精 度 を 高 め る た め に も 幸 福 度 や 生 活 満 足 度 に 関 す る 主 観 的 情 報 の 収 集 と 整 備 が 不 可 欠 で あ る ま た 既 存 研 究 や こ こ で の 分 析 で 明 ら か に な っ た 幸 福 度 へ の 影 響 要 因 た と え ば 準 拠 集 団 の 所 得 や 幸 福 度 健 康 状 態 居 住 地 域 の 生 活 環 境 な ど に 関 す る 主 観 的 評 価 の 情 報 も 同 時 に 整 備 さ れ る べ き で あ る そ れ ら の 情 報 は 主 観 的 幸 福 度 の 決 定 メ カ ニ ズ ム を 理 解 す る と い う 目 的 の み な ら ず 幸 福 度 の 増 進 の た め の 関 連 す る 政 策 の 実 施 に も 不 可 欠 で あ る 補 足 性 格 尺 度 の 導 出 調 査 で は 性 格 に 関 す る 4 4 の 質 問 を 行 っ た そ の 回 答 を 主 因 子 法 に よ る 因 子 分 析 に か け 単 純 構 造 が 得 ら れ る よ う に 変 数 の 数 を 3 4 ま で 落 と し た バ リ マ ッ ク ス 法 に よ っ て 因 子 軸 を 直 交 回 転 さ せ た の ち そ れ ぞ れ の 因 子 得 点 を 計 算 し コ ン ト ロ ー ル 変 数 と し て 分 析 に 用 い た こ こ で 因 子 1 を 信 頼 性 因 子 2 を 教 養 ( 文 化 ) 因 子 3 を 外 向 性 因 子 4 を 情 緒 不 安 因 子 5 を 非 協 調 性 と し た 変 数 因 子 1 因 子 2 因 子 3 因 子 4 因 子 5 完 璧 に 仕 事 を す る 他 人 に 親 切 だ 信 頼 で き る 労 働 者 だ 頭 が よ い 熱 意 に あ ふ れ て い る 信 用 で き る 怠 け が ち だ 最 後 ま で や り 遂 げ る 思 慮 深 く 親 切 だ 効 率 的 に 物 事 に 対 処 計 画 を と お り 実 行 す る 新 し い ア イ デ ア を 出 す 想 像 力 が 豊 か

84 独 創 的 だ 美 的 経 験 に 価 値 を お く 好 ん で ア イ デ ア を 出 す 美 術 セ ン ス が あ る 話 好 き だ 元 気 が な い 控 え 目 だ 元 気 い っ ぱ い だ 静 か だ 社 交 的 だ や や 不 注 意 だ 緊 張 し や す い 情 緒 が 不 安 定 あ れ こ れ 心 配 す る 恥 ず か し が り 屋 だ 気 が 散 り や す い 他 人 の あ ら 探 し を す る 他 人 と 口 論 す る 攻 撃 的 だ お 高 く と ま っ て い る 他 人 に 失 礼 だ 参 考 文 献 B l a n c h f l o w e r, D. G. a n d A. J. O s w a l H d a ( p 2 p 0 i 0 n 5 e ) s sa n d H u m a nd e v e l o p m e n t Index : The Paradox of Australia N B, E R W o r k i n g P a p, N e r o B o k, D ( )T h e P o l i t i c s o f H a p p i n e s s : W h a t G o v e r n m e n t C a n L e a r n f r o m t h e N e w Research on Well -B e i n g, P r i n c e t o n U n i v e r s i t y P r e s s. B r i c k m a n, P. a n d D. T. C a m p b e l l H ( e 1 d 9 o 7 n 1 ic ) R e l a t i v i s m a n d P l a n n i n g t h e G o o d S o c i e t y, i n M. H. A p p l e y ( A e d. a ) p, t a t i o n-l e v e l T h e o r y : A S y m p o s i, u m N e w Yo r k : A c a d e m i c P r e s s : D e m i r, M. a n d L. A. W e i t e k a m p I( am so ) happy cause today I found my friend: F r i e n d s h i p a n d p e r s o n a l i t y e a d s i c p t o r r s o f h a p p i n e s s J, o u r n a l o f H a p p i n e s s S t u d i e s 8 : D i e n e r, E. a n d M. E. P. S e l i g m a n B e ( y 2 o 0 n 0 d 4 ) M o n e y : To w a r d a n E c o n o m y o f W -b e i l n g, Psychological l Science in the Public Interest 5 : Diener, E. and R. Biswas-D i e n e r ( Will ) MoneyIncrease Subjective Well -b e i n g? l i t e r a t u r e r e v i e w a n d g u i d e t o o n e e d e d r e s e a r c S h o, c i a l I n d i c a t o r s R e s e 5 a 7 r : c h Diener, E. and R. Biswas-D i e n e r ( )H a p p i n e s s : U n l o c k i n g t h e M y s t e r i e s o f 77

85 P s y c h o l o g i c a l W e a. l t h W i l -B e y l a c k w e l l. D i e n e r, E., N e r i c s k o n, C., L u c a s, R. E., a n d E. D S i s a p n o d s i t v i o k n a l ( 2 a 0 f 0 f 2 a e ) c n t d job outcomes, S o c i a l I n d i c a t o r s R e s e 5 a 9 r : c h D o l a n,p T. Peasgood,. and M. White (2008) Do we really know what makes us happy? A r e v i e w o f t h e e c o n o m i c l i t e r a t u r e o n t c h t o e r s f a s s o c i a t e d w i t h s u b j e c t i v e w e l l-b e i n g, Journal of Economic Psychology 2 9 : E a s t e r l i n, R. ( 1 9 D 7 4 o ) e s E c o n o m i c G r o w t h I m p r o v e t h e H u m a n L o t? S o m e E m p i r i c a l E v i d e n c e, in P. A. David and M. W. Reder (eds.), N a t i o n s a n d H o u s e h o l d s i n E c o n o m i c G o r w t h : E s s a y s i n H o n o r o f M o s e s A b r a m, o v N i t e z w Yo r k a n d L o n d o n : A c a d e m i c P r e s s : F e r r e r-i-c a r b o n e l l, (2005 A. ) Income and Well -b e i n g : A n E m p i r i c a l A n a l y s i s o f t h e C o m p a r i s o n I n c o m e E f f e, c t J o u r n a l o f P u b l i c E c o n o m 8 9 i : c s F r e y, B. S. ( 2 0 H 0 8 a ) p p i n e s s : A R e v o l u t i o n i n E c o n. o m T i h c e s M I T P r e s s, C a m b r i d g e, M a s s a c h u s e t t s, L o n d o n Frey, B. S. and A. Stutzer (2000) H a p p i n e s s P r o s p e r s i n D e m o c r a c J y, o u r n a l o f H a p p i n e s s S t u d i 1 e : s G r a h a m, S., E g g e r s, A., a n d S. S u k h t a n k a r D ( o 2 e 0 s 0 4 H ) a p p i ne s s P a y? A n E x p l o r a t i o n B a s e d o n P a n e l D a t a f r o m R u s J s o i u a r, n a l o f E c o n o m i c B e h a v i o r a n d O r g a n i z a t i o n5 5 : H e l l i w e l l, J (2. 0 F. 0 3 ) W -B e i n l g a n l d S o c i a l C a p i t a l : D o e s S u i c i d e P o s e a P u z z l e? U n p u b l i s h e d M a n u s c r i p t H e l l i w e l l, J a. n d F. R. D. P u m t n u ( ) The Social Context of Well -B e i n g, i n H u p p e r t, F. A., B a y l i s, N. a n d B. K e v e r n e (e d s. ), T h e S -b c e i e n c g e, o O f x W f o e r l d l U n i v e r s i t y P r e s s : I n g l e h a r t, R. ( Culture 0 ) Shift in Advanced Industrial. Society P r i n c e t o n U n i v e r s i t y P r e s s K o h l e r,h a n s-p e t e r, B e h r m a n, J. R., a n d A. S k y t t h P e a ( r 2 t 0 n 0 e 5 r + ) C h i l d r e n= H a p p i n e s s? T h e E f f e c t s o f P a r t n e r s h i p a n d F e r t i l i t y -B o e n i n W g, e l P l o p u l a t i o n a n d D e v e l o p m e n t R e v i e w3 1 : L u c a s, R. E. a n d A. E. C l a r k D ( o 2 0 p 0 e o 6 p ) l e r e a l l y a d o p t t o m a e r? r i a J g o u r n a l o f H a p p i n e s s S t u d i 7 e : s L y u b o m i r s k y, S a. n, d H. S L. e p p e r ( ) What are the differences between h a p p i n e s s a n d s e l -e f s t e e m? M a n u s c r i p t s u b m i t t e d f o r p u b l i c a t i o n. M a r m o t, M. ( 2 0 ) 0 T 3 h e s o c i a l g r a d i e n t i n h e a l t h a n -b d e i w n e g, l l P a p e r p r e s e n t e d a t t h e Brookings Warwick Conference Why inequality matters L e s s o n : s f o r p o l i c y f r o m t h e e c o n o m i c s o f h a p p i n e s s, W a s h i n g t o n, D C. P h e l p s, C. D. ( ) A C l u e t o t h e P a r a d o x o f H J o a u p r p n i a n l e s o s f, E c o n o m i c B e h a v i o r a n d O r g a n i z a t i o n4 5 : P u t n a m, R.( ) Bowling alone : The Collapse and Revival of American Community, New York :Simon & Schuster 78

86 S c h i l l i n g, O. a n d H. W. Wa h F l a ( m 2 i 0 l 0 y 2 ) N e t w o r k a n d L -s i a f t e i s f a c t i o n o f O l d e r A d u l t s i n R u r a l a n d U r b a n R e g i o K n o s l, n e r Z e i t s c h r i f t f z i u o r l o S g o i e u n d S o z i a l p h s y c h o l o g, i e 5 4 : S i m o n, R. ( 2 0 The 0 8 ) Joys of Parenthood Reconsidered C, o n t e x t s7 : S o m e r s, M. D. ( 1 9 A 9 3 ) C o m p a r i s o n o f V o l u n t a r i l y -F C r e h e i l A d u l t s a n d P a r e n t s, J o u r n a l o f M a r r i a g e a n d t h e F a 5 m 5 : i l 6 y S t e. e, l, S c an P h ds m h i u d l t, z R, J e. f J i. n i ( n 2 g 0 b 0 t e 8 h t ) e w e e r n e l p a e t r i s o n s a h l s u b j e -b c e t, i P n s v g e y c h w B e o u l o l 1 g e 3 : 1 i t i c 8 6 n a 1 l. S t i g l i t z, E., S e n, A., -P a n a d u l J e F a i n t o u s s i ( 2 0 0Report 9 ) by the Commission on the Measurement of Economi c Performance and Social Progress. ( h t t p : / / w w w. s t -s i g e n l -f i t i z t o u s s i. f r ). S t u z e r, A. a n d B. S. F r e y D ( 2 o 0 e 0 s 6 ) M a r r i a g e M a k e P e o p l e H a p p y, O r D o H a p p y People Get Married, J o u r n a l o f S o -E c i c o n o m i c s3 5 : T h o i t s, P. A. a n d L. N. H e w i Volunteer t t ( ) Work and Well -b e i n g, J o u r n a l o f H e a l t h a n d S o c i a l B e h a v 4 i 2 o : r T s a n g, L., H a r v e y, C., D u n c a n, K., a n d R. S o m T m h e r E ( f 2 f 0 e 0 c 3 t s ) o f C h i l d r e n, D u a l E a r n e r S t a t u s, S e x R o l e T r a d i t i o n a l i s m, a n d M a r r i t a l S t r u c t u r e o n M r i t a l H a p p i n e s s O v e r T im e, J o u r n a l o f F a m i l y a n d E c o n o m i c 2 I s 4 s : u e 5-2 s 6 T u p e s, E. a C n d. R. E C. h r i s t ( a 1 l ) R e c u r r e n t P e r s o n a l i t y F a c t o r s B a s e d o n T r a i t R, a t i n g s Technical Report ASD -T R , L a c k l a n d A i r F o r c e B a s e, T X : P e r s o n n e l L a b o r a t o r y, A i r S y s t e m s C o m m a n d W h i t e, L. ( 1 9 M 9 2 ) a r i t a l S t a t u s a n d -b W e e i l n l g i n C a n a d a, J o u r n a l o f F a m i l y I s s u e s 1 3 : 朝 日 新 聞 社 経 済 部 ( ) く た ば れ G N P - 高 度 経 済 成 長 の 内 幕 朝 日 新 聞 社 色 川 卓 男 ( ) 結 婚 出 産 離 婚 で の 女 性 の < 生 活 満 足 度 > は ど う 変 わ る か 樋 口 美 雄 岩 田 正 美 編 パ ネ ル デ ー タ か ら み た 現 代 女 性 東 洋 経 済 新 報 社 浦 川 邦 夫 松 浦 司 ( ) 相 対 的 格 差 が 生 活 満 足 度 に 与 え る 影 響 - 消 費 生 活 に 関 す る パ ネ ル 調 査 に よ る 分 析 季 刊 家 計 経 済 研 究 第 7 3 号 筒 井 義 郎 ( ) な ぜ あ な た は 不 幸 な の か 大 竹 ほ か 編 著 日 本 の 幸 福 度 格 差 労 働 家 族 日 本 評 論 社 白 石 賢 白 石 小 百 合 ( ) 幸 福 の 経 済 学 の 現 状 と 課 題 大 竹 ほ か 編 著 日 本 の 幸 福 度 格 差 労 働 家 族 日 本 評 論 社

87 4. 国 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 本 章 で は, ま ず 福 祉 幸 福 指 標 を 類 型 化 し た 後, 国 国 際 機 関 等 の 福 祉 幸 福 指 標 の う ち 主 要 な も の を と り あ げ, そ の 概 要 を 示 し, こ れ ら の 指 標 に 共 通 す る 特 徴 を 抽 出 す る. つ い で, こ れ ら の 共 通 の 特 徴 が 多 く み ら れ る O E C D w e l -being l indicatorsを と り あ げ, こ の 指 標 群 に つ い て 詳 述 す る と と も に, そ の 問 題 点 を 指 摘 す る. 最 後 に, 国 国 際 機 関 等 の 福 祉 幸 福 指 標 に 共 通 す る 特 徴 と O E C D w e l -b l e i n g i n d i c a t o r sの 課 題, な ら び に 福 祉 幸 福 指 標 に 関 す る 従 来 の 研 究 を 踏 ま え た 上 で, 新 た な 福 祉 幸 福 指 標 群 が 網 羅 す べ き 領 域, さ ら に 領 域 を 細 分 化 し た 項 目 や 小 項 目 を 提 案 す る. こ の 提 案 に も と づ き, O E C D w e l -b l e i n g i n d i c a t o r sに, こ の 提 案 で 示 さ れ た が, O E C D w e l -b l e i n g i n d i c a t o に r s 含 ま れ な い 一 部 の 指 標 を 加 え た, O E C D 加 盟 3 4 カ 国 に 対 す る 福 祉 度 幸 福 度 の 試 算 結 果 を 示 す. 最 後 に 提 示 し た 指 標 の 領 域 項 目 小 項 目 に 関 す る 今 後 の 課 題 を 若 干 示 す 福 祉 幸 福 指 標 の 類 型 G o o s s e n s e t a l ( 2 0 は 0 7 福 ) 祉 指 標 を 4 つ に 類 型 化 し て い る が, こ れ ら に 近 年, 学 術 的 政 策 的 に 議 論 さ れ る こ と が 多 い 主 観 的 福 祉 指 標 ( も し く は 幸 福 指 標 ) を 加 え, 以 下 で は, こ の 5 類 型 ご と に そ の 特 徴 と 主 要 な 指 標 に つ い て 概 説 す る G D P の 調 整 指 標 こ の 類 型 に は, G D P や 国 民 総 貯 蓄 ( G D S ) の よ う な 旧 来 か ら あ る 経 済 指 標 を, 貨 幣 換 算 さ れ た 環 境 指 標 や 社 会 指 標 で 調 整 す る 指 標 が 含 ま れ る( G o o s s e n se ta l, ,p. 2 0 ). Nordaus と Tobin によるMEW ( Measure of Economic Welfare ) や, ISEW, GPI, G S が こ の 類 型 に 含 ま れ る 指 標 の 具 体 例 で あ る. こ れ ら の 指 標 で は, 環 境 負 荷 や 非 市 場 労 働 等 を 貨 幣 換 算 し, G D P や G D S を 加 減 す る こ と で こ れ ら の 指 標 の 値 を 求 め る こ と が で き る. い ず れ も 自 然 資 本 と 物 的 資 本 金 融 資 本 等 と の 代 替 可 能 性 を 前 提 と し て い る こ と か ら ( 牧 野, ), 弱 い 持 続 可 能 性 指 標 の 範 疇 に 入 る と い え る ( 佐 々 木 植 田, ) G D P の 代 替 指 標 こ の 類 型 に は, G D P で は な く, 満 足 度 や 基 本 的 な 人 間 活 動 の 達 成 度 に 着 目 し, 福 祉 を よ り 直 接 的 に 評 価 す る 指 標 を 含 む. 具 体 的 に は, エ コ ロ ジ カ ル フ ッ ト プ リ ン ト ( E F ) や こ れ を 基 礎 と し た H a p p y P l a n e t I n d 等 e x が 含 ま れ る. E F は, 人 間 に よ る 経 済 活 動 に よ る 環 境 へ の 需 要 量 の 自 然 資 本 の 供 給 量 に 対 す る 比 率 で 表 さ れ る. こ の こ と は, 自 然 資 本 と 物 的 資 本 等 と の 代 替 の 不 可 能 性 を 前 提 と し て い る こ と か ら ( 牧 野, ), 当 該 類 型 に 含 ま れ る 指 標 は, 強 い 持 続 可 能 性 指 標 の 範 疇 に 入 る と い え る ( 佐 々 木 植 田, ) S N A を 基 礎 と し たG D P の 補 完 指 標 80

88 こ の 類 型 に は, G D P を 含 む, 一 国 の 経 済 規 模 や そ の 活 動 状 況 の 算 出 方 法 の 体 系 で あ る 国 民 経 済 計 算 ( 体 系 )( T h esy s t e m o fna t i o n a lac c o u n t s,s N A ) を 基 礎 と し, こ れ に 環 境 負 荷 や 社 会 的 な 要 素 等 を 加 味 し た 指 標 が 含 ま れ る. 具 体 的 に は 環 境 経 済 統 合 勘 定 ( S E E A, T h e S y s t e m o f E n v i r o n m e n t -E a l c o n o m i c A c c o u n t s),n A M E A (N a t i o n a l A c c o u n t i n g M a t r i xi n c l u d i n ge n v i r o n m e n t a l A o c c u n t s),sesam(t h e S y s t e m o f E c o n o m i c a n d S o c i a l A c c o u n t i n g m a t r i c e s a n d E x t ) e n 等 s i が o 含 n s ま れ る. G D P は S N A の 一 指 標 で あ る こ と か ら, 上 述 し た G D P の 調 整 指 標 は, 当 該 範 疇 に 含 ま れ る と も 考 え ら れ る G D P に 環 境 社 会 の 情 報 を 付 加 し た 指 標 前 三 者 で は, 福 祉 の 度 合 を 測 定 す る た め, 指 標 の 構 造 を 再 構 築 し, 新 た に 定 式 化 さ れ た 指 標 が 構 築 さ れ て い た が, こ れ と は 異 な り, 本 類 型 は, G P D に 環 境 や 社 会 等 の 情 報 を 付 加 し た 指 標 を 含 む. こ の た め 当 該 指 標 は 複 数 の 指 標 か ら な る 指 標 群 を 形 成 し, そ の 内 部 は 主 要 指 標 ( k e y i n d i c a t o r) や 副 次 的 指 標 ( s u p p l e m e n t a r y i n d i c a t ) o r に s 分 け ら れ る と と も に, 構 造 化 さ れ て い る. 当 該 類 型 は, 福 祉 指 標 群 ( a s e t -b o e i f n g i w n e d i l c a l t ) o r や s 福 祉 指 標 ダ ッ シ ュ ボ ー ド (a d a s h b o a r d o f w -being e l l indicators ) と 称 さ れ, そ の 具 体 例 は, 各 国 で 作 成 さ れ て い る 持 続 可 能 性 指 標 ( S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t I c n a d t i o r s) や, 国 連 を 代 表 と す る 国 際 機 関 に よ っ て 作 成 さ れ た 指 標 群 ( 例 え ば, ミ レ ニ ア ム 指 標 ) で あ る 主 観 的 福 祉 幸 福 指 標 上 述 し た 4 類 型 に 含 ま れ る 指 標 が 主 に 観 的 な デ ー タ を も と に 算 定 さ れ て い る の に 対 し て, 当 該 類 型 で は, 福 祉 の 度 合 い が 主 観 的 に 評 価 さ れ て お り, こ の 点 が 前 4 者 と 異 な る. 具 体 的 に は, 現 在 の 生 活 に 対 し て ど の 程 度 満 足 し て い る か を 問 う こ と で 測 ら れ る 生 活 満 足 度 や, 現 在 の 幸 せ の 程 度 を 被 験 者 に 問 う 幸 福 度 等 が あ る 年 に 刊 行 さ れ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 報 告 書 以 降, 主 観 的 福 祉 指 標 を 用 い た 福 祉 度 の 測 定 に 関 す る 政 策 研 究 が 活 発 化 し て い る 国 国 際 機 関 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 の 策 定 と そ の 動 向 主 要 な 国 国 際 機 関 等 に よ っ て 策 定 さ れ た 福 祉 幸 福 指 標 を 章 末 の 資 料 4. 2で 示 し た. こ の う ち 項 目 ( 中 分 類 ) を 表 で 整 理 し た. こ れ 以 外 に も ア メ リ カ 合 衆 国, メ キ シ コ, ブ ー タ ン, 韓 国 等 で も 福 祉 幸 福 指 標 が 策 定 済 み か 策 定 検 討 過 程 に あ る. な お G j o k s i ( ) は, 欧 州 諸 国 機 関 に お け る 近 年 の 福 祉 幸 福 指 標 の 策 定 状 況 を 整 理 し て い る. 以 下 で は, 国 国 際 機 関 等 に よ っ て 策 定 さ れ た 福 祉 幸 福 指 標 を 整 理 す る が, 合 成 指 標 (c o m p o s i t e i n d i c a t ) o r で あ る 旨 の 記 載 が な い 場 合 は, 福 祉 指 標 群 ( も し く は 福 祉 指 標 ダ ッ シ ュ ボ ー ド ) を 用 い た 福 祉 幸 福 指 標 で あ る A u s t r a l i a 81

89 オ ー ス ト ラ リ ア 統 計 局 に よ っ て 策 定 さ れ た M e a s u r e s o f A u s t r a l s i a P r o g r e s s ( M A P ) は 年 に M A P 2 へ. と 0 改 変 さ れ, 社 会, 経 済, 環 境 の 3 つ の 領 域 ( 大 分 類 ) と 1 9 の 項 目 ( 中 分 類 ) な ら び に 副 次 的 な 6 つ の 項 目 ( 中 分 類 ) か ら な る. 経 済 的 福 祉 を 示 す 指 標 を 含 む が, 主 観 的 福 祉 や 幸 福 度 を 示 す 変 数 を 含 ま な い の が 特 徴 と い え る A u s t r i a F e d e r a l M i n i s t r y o f A g r i c u l t u r e, F o r e s t r y, E n v i r o n m e n t a n d Wa t e r M a n a にg e m e n t より 作 成 されている I n d i c a t o r s f o r t h e m o n i t o r i n g o f s u s t a i n a b l e d e v e l o p m e n t i n A u s t r i a は, 人 間 社 会 の 領 域 と 環 境 領 域 と い う 2 つ の 領 域 ( 大 分 類 ) 下 に, 各 々 1 4 と 1 1 の 項 目 ( 中 分 類 ) を 含 む. 主 観 的 な 評 価 に も と づ く 指 標 も 一 部 含 む C a n a d a 主 要 な 福 祉 指 標 と し て, カ ナ ダ 政 府 に よ る I n d i c a t o r s o f W -b e l i l n g i n C a n a (I d a W C) と A t k i n s o n C h a r i t a b l F e o u n d a t i o nが 開 発 し た C a n a d i a n I n d e x o f W e l l b e (C i n g I W) が Countries, international organisations and others Indicator Australia Austria Canada EU Finland Hungary Ireland Netherlands Norway OECD Switzerland Thailand UK Measures of Australia's Progress (MAP) Indicators for the monitoring of sustainable development in Austria Canadian Index of Well-being (CIW) Democracy, Governance governance Democratic 1 and and Engagement participation citizenship Education & Education Training and research Education Culture & Culture and 2 leisure art Healthy Leisure Healthy Populations Leisure and Culture Time Use Feasibility Study for Well-Being Indicators Findicator Participation Education and research Culture Energy Environment and natural resources Indicators of Social Progress Measuring Ireland's Progress Education Innovation and technology Environment Environment 82 SCP Life Situation Index social participation Indicators of sustainable development Compendium of OECD well-being indicators Civic Engagement and Governance Education and Skills Monet system Education and culture Research and Technology Climate, ozone and Environment Energy and long-rangetransported al Quality Climate air pollution Natural resources Biodiversity and cultural heritage Natural resources Green and Happiness Index Democratic Society with Good Governance Surroundings and Ecological System Physiological Health needs Health health Health status Health Health Population Population holidays sociocultural leisure sports Hazardous substances National Accounts of Well-being Engagement, governance, particiaption 6 Housing Housing housing Housing Housing National income and Living standards Income, expenditure Income and Wealth Living conditions Economic Strength and Household Sustainable Economic Income and 7 Welfare Economy Economy Economy economic economic system wealth Competitiven ess and 8 Work Work Family, community and social cohesion Peace and security Community Vitality Safety- Security Relatedness Labour market 表 国 国 際 機 関 等 による 福 祉 幸 福 指 標 の 項 目 ( 中 分 類 ) Security Society Employment and unemployme nt Crime Social cohesion Jobs and Earnings Work and Personal Security Work Social Social Connections cohesion International cooperation to promote sustainable development and combat poverty Subjective Well-being Warm and Loving Family Empowermen t of Personal well-being Social wellbeing 共 通 項 Education, research, skill, culture, Environment (Physical and mental) Health Leasure, time-use, (culture) Job, work, employment Security Social cohesion (subjective) Well-being

90 あ る. 後 者 は, 観 指 標 を 主 と し つ つ も, 主 観 的 指 標 も 含 み, こ れ ら は 最 終 的 に 合 成 指 標 と し て 1 つ の 数 値 で 表 さ れ て い る こ と が 特 徴 的 で あ る. 詳 細 に 関 し て は, 補 遺 4. 2を 参 照 さ れ た い E u r o p e a n U n i o n 当 時 の E C は 年 代 か ら E u r o b a r o m e t e r の な か で 生 活 満 足 度 を 示 し て い た が, 欧 州 統 計 局 は, E u r o b a r o m e t e r の 延 長 上 に あ る E U -S I L C(E U S u r v e y o n I n c o m e a n d L i C o n d i t i o n s)と 称 す る 統 計 を 活 用 し, 福 祉 指 標 の 妥 当 性 に 関 す る 報 告 書 ( F e a s i b i l i t y S t u d y for Well -B e i n g I n d i c a t o r s) を 0 年 に 刊 行 し た. そ の な か で 指 標 案 を 提 示 し て い る. こ の 指 標 案 は 1 5 の 項 目 ( 中 分 類 ) か ら な り, 主 観 的 福 祉 を 測 定 す る 指 標 も 含 む. こ の 報 告 書 と 指 標 案 を 踏 ま え て, E U は 福 祉 指 標 に 関 す る 最 終 報 告 書 を 年 に 刊 行 し て い る F i n l a n d フィンランド 統 計 局 と 首 相 府 の 共 管 で, 社 会 的 な 発 展 を 測 るための 指 標 として F i n d i c a t o r が 作 成 さ れ た. こ れ は 1 2 の 項 目 ( 中 分 類 )と 9 0 の 指 標 小 項 目 ( 小 分 類 ) か ら な る が, 主 観 的 福 祉 を 測 る 指 標 は 含 ま れ て い な い G e r m a n y 連 邦 環 境 庁 と 連 邦 環 境 自 然 保 護 原 子 力 安 全 省 の 経 済 的 支 援 の も と, ベ ル リ ン 自 由 大 学 の D i e f e n b a c h e r教 授 を 中 心 と し て N a t i o n a l W e l f a r e I n d e x が 作 成 さ れ て い る. 当 該 指 標 は, I S E W や G P I を 基 礎 と し た 経 済 的 福 祉 に 関 す る 指 標 で あ り, 観 的 に 測 定 さ れ た 2 5 の 指 標 か ら な る 合 成 指 標 で あ る H u n g a r y 社 会 的 な 発 展 を 測 定 するためにハンガリー 中 央 統 計 局 により I n d i c a t o r s o f S o c i a l P r o g r e s s が 策 定 さ れ た. 経 済, 社 会, 環 境 の 3 つ の 領 域 ( 大 分 類 ) と 1 6 の 項 目 ( 中 分 類 ) と 2 3 の 指 標 か ら な り, 主 観 的 福 祉 指 標 は 含 ま な い I r e l a n d ア イ ル ラ ン ド 統 計 局 に よ っ て N a t i o n a l P r o g r e s s I n d i c a が t o 作 r s 成 さ れ, 指 標 を 用 い て 測 定 し た 結 果 が M e a s u r i n g I r e l a s n d P r o g r e s s と 称 さ れ る 報 告 書 で 毎 年 刊 行 さ れ て い る. 当 該 指 標 は, 1 0 の 項 目 ( 中 分 類 ) と の 指 標 か ら な り, す べ て 観 的 に 測 ら れ 9 E u r o p e a n S t a t i s t i c a l S y s t e m C o m m i t t F e i e n a ( l 2 0 R 1 1 e p ) o r t o f t h e S p o n s o r s h i p o n M e a s u r i n g P r o g r e s s, W -b e l e l i n g a n d S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t T h, e m E e u r 6 o. p 1 e 2 a n S t a t i s t i c a l S y s t e m C o m m i t t e e. 83

91 た 指 標 で あ る こ と か ら, 主 観 的 指 標 は 含 ま れ な い. し か し, こ れ ら の 指 標 は, 経 済 的 福 祉 に イ ノ ベ ー シ ョ ン や 技 術 を 含 ん だ り, 経 済 的 福 祉 の 側 面 ば か り で な く, 貨 幣 換 算 で き な い 社 会 的 な 進 展 に 関 す る 安 全, 社 会 的 な 結 束, 健 康 等 の 側 面 も 網 羅 し て い る 点 が 特 徴 的 で あ る N e t h e r l a n d s オ ラ ン ダ 社 会 研 究 所 ( S C P ) は 年 以 降, 1 9 の 質 問 に も と づ い て, オ ラ ン ダ に お け る 生 活 の 状 況 を 把 握 し て い る. こ の 調 査 は, 8 つ の 項 目 ( 中 分 類 ) と 1 9 の 小 項 目 ( 小 分 類 ) か ら な る. 日 常 生 活 や 余 暇 活 動 で の 困 難 の 度 合 い を 主 観 的 に 判 断 し て 評 価 さ れ る 指 標 も 含 ま れ る N o r w a y ノ ル ウ ェ ー 統 計 局 に よ っ て 1 8 の 指 標 で 校 正 さ れ る 持 続 可 能 性 指 標 が 作 成 さ れ て い る. 国 富 ( ス ト ッ ク ) を 基 礎 と し て, 経 済 的 福 祉 を 測 定 す る ア プ ロ ー チ が と ら れ て い る. し た が っ て, こ れ ら の 指 標 は, 金 融 資 本, 固 定 資 本, 人 的 資 本, 自 然 資 本, 環 境 資 本 の い ず れ か と 関 連 し て い る. 詳 細 に 関 し て は, 補 遺 4.1 を 参 照 さ れ た い O E C D O E C D ( )は, 1 1 の 項 目 ( 中 分 類 )と 2 1 の 指 標 か ら な る 福 祉 指 標 群 を 提 案 し, O E C D 3 4 か 国 を 対 象 と し て, 各 指 標 の 値 を 公 表 し て い る.こ れ ら は, 経 済 的 福 祉 ば か り で な く, 健 康, 教 育, 安 全, 社 会 的 な 結 束 と い っ た 貨 幣 価 値 で 評 価 で き な い 社 会 的 な 福 祉 指 標 に 加 え て, 生 活 満 足 度 を 表 す 主 観 的 福 祉 指 標 も 含 む. 詳 細 に 関 し て は, 4. 3で 詳 述 す る S w i t z e r l a n d 連 邦 統 計 局, 連 邦 空 間 開 発 局, 連 邦 環 境 局 に よ っ て, 持 続 性 を 測 る 指 標 群 が 作 成 さ れ, M O N E T ( シ ス テ ム ) と 称 さ れ て い る. 1 2 の 項 目 ( 中 分 類 ) と 7 1 の 指 標 群 か ら な り, こ れ ら に は 生 活 満 足 度 で 表 さ れ た 主 観 的 福 祉 指 標 も 含 ま れ る T h a i l a n d 社 会 経 済 開 発 局 に よ っ て 作 成 さ れ た 合 成 指 標 が G r e e n a n d H a p p i n e s s I n d ( e G x H I ) で あ る. 6 つ の 項 目 ( 中 分 類 ) と 1 8 の 指 標 か ら な り, 6 つ の 項 目 内 の 指 標 群 が 合 成 さ れ, そ れ ぞ れ 1 つ の 数 値 が 計 算 さ れ る だ け で な く, 6 つ の 項 目 の 値 も 合 成 さ れ, G H I の 値 と し て 表 示 さ れ て い る. 1 8 指 標 に は, 生 活 満 足 度 や 人 間 関 係 等 で 多 く の 主 観 的 指 標 が 活 用 さ れ て い る. 84

92 図 G D P, 経 済 的 福 祉, 生 活 状 況, 幸 福 の 概 念 図 U n i t e d K i n g d o m ( 出 展 :D e u t s c h e B a n k R e s e a r c ) h ( ) イ ギ リ ス に お い て 各 種 の 団 体 に お い て 多 く の 福 祉 指 標 が 提 示 さ れ て い る. こ れ ら に は, D E F R A に よ る 主 に 観 指 標 に も と づ く 持 続 可 能 性 指 標 や, N E F に よ る 主 観 的 な 福 祉 指 標 を 含 ん だ N a t i o n a l A c c o u n t s o f We -b l e l i n gが あ る ( 資 料 4. 2 参 照 ). 近 年, 首 相 の 依 頼 に よ り, 英 国 統 計 局 ( O N S,O f f i c e f N o r a t i o n a l S t a t i s ) t i が c 幸 s 福 指 標 の 開 発 に も 取 り 組 ん で い る 小 括 主 要 な 国 国 際 機 関 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 を 概 説 し た が, こ れ ら の 指 標 の 特 徴 を 以 下 の よ う に ま と め ら れ る. 第 1 に, 国 国 際 機 関 等 に よ っ て 策 定 さ れ た 福 祉 幸 福 指 標 の 多 く で, 第 1 節 で 論 じ た 指 標 群 が 理 論 枠 と し て 用 い ら れ て い る 点 で あ る. 第 2 に 合 成 指 標 の 利 用 が 少 な い 点 で あ る. 上 述 し た 国 国 際 機 関 等 の 指 標 の う ち, 合 成 指 標 を 活 用 し て い る の は カ ナ ダ ( C I W), ド イ ツ, タ イ で あ り, 他 の 国 国 際 機 関 は 指 標 群 を 活 用 し て い る. ド イ ツ の 指 標 は, 上 述 し た よ う に I S E W や G P I を 基 礎 と し て い る こ と か ら, 最 終 的 に 1 つ の 数 値 で 表 さ れ て い る が, カ ナ ダ と タ イ の 例 で は, 領 域 を 構 成 す る 指 標 群 の 数 値 が 合 成 さ れ, 結 果 と し て, 領 域 ご と に 1 つ の 数 値 が 示 さ れ て い る. 第 3 に, 指 標 の 領 域 に 着 目 す る と, D e u t s c h e B a n k R e s e a r c h ( ) で 示 さ れ た G D P を 含 む 4 つ の 側 面 を, 上 述 し た 国 国 際 機 関 等 の 指 標 が 網 羅 し て い る 点 が 上 げ ら れ る ( 図 ). 第 1 に G D P, 第 2 に, 余 暇 活 動, 非 市 場 労 働, 国 富 等 を 含 む 経 済 的 福 祉 ( E c o n o m i c w e l l-b e i n g), 第 3 に, 環 境, 健 康, 教 育 等 の 貨 幣 換 算 で き な い 生 活 状 況 ( l i v i n g c o n d i t i o n s), 第 4 に, 家 族 友 人 と の 対 人 関 係 や 地 域 的 な 紐 帯 と い っ た 社 会 的 な 結 束 ( S o c i a l c o h e s i o n) や 労 働 生 活 等 に 対 す る 主 観 的 な 満 足 度 を 含 む 幸 福 ( H a p p i n e s s) の 4 側 面 で あ る. こ れ ま で の 持 続 可 能 性 指 標 で は, 経 済, 社 会, 環 境 を 三 本 柱 と し て, こ れ ら 三 領 域 ご と に 指 標 が 選 択 さ れ, 指 標 群 を 形 成 す る こ と が 多 か っ た が, 多 く の 国 国 際 機 関 等 が 福 祉 幸 福 指 85

93 標 を ま と め る 段 階 で, 上 述 し た 4 つ の 側 面 を 網 羅 し て い る か, 今 後 網 羅 し よ う と 検 討 中 で あ る こ と が わ か っ た. 特 に 近 年 で は 第 4 側 面 に 対 す る 取 り 組 み が 活 発 化 し て い る と い え る. 最 後 に, こ れ ら 4 つ の 側 面 / 領 域 が 各 々 細 分 化 さ れ て, 中 分 類 や そ の よ り も 下 位 の 小 分 類 が 形 成 さ れ て い る, そ の な か で 共 通 す る 中 分 類 や 小 分 類 が 見 だ さ れ る こ と も 特 徴 の 一 つ と い え る ( 表 , 4. 資 2 参 照 ). 料 ま ず G D P を 含 む 経 済 的 福 祉 ( 第 1 2 側 面 ) で は, 数 量 化 で き る 所 得 や 国 富, 市 場 非 市 場 を 含 む 労 働 と 雇 用 関 係 ( 失 業 率 ), 労 働 と 対 置 さ れ る 余 暇 や こ れ ら を 含 む 全 体 的 な 時 間 利 用 が こ の 範 疇 に 含 ま れ る 項 目 ( 中 分 類 ) と い え る. つ い で 貨 幣 換 算 で き な い 生 活 状 況 ( 第 3 側 面 ) に 関 し て は, 健 康, 環 境, 教 育, 住 宅, 安 全 性, 市 民 参 加 と ガ バ ナ ン ス と い う 項 目 ( 中 分 類 ) が 共 通 し て み ら れ る. ま た D e u t s c h e B a n k R e s e a r c h ( で ) は 幸 福 の 領 域 に 含 ま れ て い る が, 幸 福 や 満 足 度 に 影 響 を 与 え て い る 要 因 と 考 え ら れ る 社 会 的 な 結 束 ( S o c i a l c o h e s i o n)も こ の 範 疇 に 含 ま れ る と 考 え ら れ る. こ れ ら の 項 目 ( 中 分 類 ) の 中 身 ( 小 分 類 ) を 詳 細 に み る と, 健 康 は 平 均 余 命 で 測 ら れ る こ と が 多 い が, B M I( オ ー ス ト ラ リ ア ) や 肥 満 度 ( ス イ ス ) に 代 表 さ れ る 身 体 的 な 健 康 に 加 え て, 精 神 的 な 健 康 に 関 す る 指 標 を 加 え る 国 ( オ ー ス ト ラ リ ア, ス イ ス ) も み ら れ る. つ ぎ に 環 境 に 関 し て は, 地 球 温 暖 化, 生 物 多 様 性, 廃 棄 物 等 に か か わ る 各 種 の 指 標 ( 小 分 類 ) が 各 国 国 際 機 関 等 で 見 出 さ れ る が, 主 に 観 的 な 指 標 に よ る も の で あ り, 環 境 に 対 す る 主 観 的 な と ら え 方 を 示 し た 指 標 と し て は E U (E u r o s t a t) に よ る 指 標 だ け で あ り, 今 後 こ の よ う な 指 標 の 導 入 が 望 ま れ る. ま た 教 育 に 関 し て は, 学 歴 や 技 能 を 指 標 ( 小 分 類 ) と し て 設 定 す る 国 国 際 機 関 が 多 い が, 教 育 と 関 連 し て 研 究 や 技 術 ( ス イ ス ) や イ ノ ベ ー ショ ン と 技 術 ( ア イ ル ラ ン ド ) を 項 目 ( 中 分 類 ) に 加 え る 国 が 見 ら れ る 一 方 で, こ れ ら の 研 究, 技 術, イ ノ ベ ー シ ョ ン か ら さ ら に 踏 み 込 ん で, 競 争 力 を 指 標 ( 小 分 類 ) と す る 国 ( オ ー ス ト ラ リ ア, カ ナ ダ ) も あ る. 最 後 に 社 会 的 な 結 束 に 関 し て は, 家 族 友 人 と の 対 人 関 係 と い う 個 人 的 な 紐 帯 が 指 標 ( 小 分 類 ) と し て 選 定 さ れ る 一 方 で, コ ミ ュ ニ テ ィ に 焦 点 を あ て, 地 域 的 な 紐 帯 を 指 標 と す る 国 ( カ ナ ダ, タ イ ) も み ら れ る. 最 後 に 幸 福 ( 主 観 的 ) 福 祉 ( 第 4 側 面 ) に 関 し て は, 指 標 ( 小 分 類 ) と し て の 生 活 満 足 度 に 力 点 を お か れ る こ と が 多 い が, 生 活 だ け で な く, 労 働 に 対 す る 満 足 度 を 含 む 指 標 ( オ ー ス ト リ ア ) も み ら れ る O E C D ( ) が 提 示 し た 福 祉 幸 福 指 標 の 概 要 と 問 題 点 前 項 で は, 主 要 な 国 国 際 機 関 等 が 作 成 し た 福 祉 幸 福 指 標 の 特 徴 を 示 し た が, 指 標 群 か ら な り, 合 成 変 数 を 使 用 せ ず, 上 述 し た G D P を 含 む 経 済 的 福 祉, 貨 幣 換 算 で き な い 生 活 状 況, 幸 福 の 各 側 面 を す べ て 含 ん で い る O E C D の W -b e i l n g I l n d i c a t o を r s と り あ げ, そ の 特 徴 を 詳 論 す る と と も に, そ の 問 題 点 を 指 摘 す る 指 標 開 発 の 背 景 O E C D の w e l l -b e i n g i n d i c a t o r s のような 新 たな 指 標 の 策 定 については, 欧 州 統 計 局 (E u r o s t a t ) や U N E C E な ど が 相 互 に 協 力 体 制 を と り な が ら 積 極 的 に 調 査 研 究 が 進 め ら れ て い る が,O E C D で は, 欧 州 統 計 局 と も 連 携 し な が ら O E C D B e t t e r L i f e I n i t i a t i v e を 進 め 86

94 て い る.こ の イ ニ シ ア テ ィ ブ は, 年 パ レ ル モ ( イ タ リ ア ), 年 イ ス タ ン ブ ー ル ( ト ル コ ), 年 釜 山 ( 韓 国 ) に お い て 開 催 さ れ た O E C D 統 計 関 係 国 際 フ ォ ー ラ ム の 流 れ を く み, 最 終 的 に H o w s l i f e? と い う 報 告 書 と し て, 年 1 0 月 に と り ま と め ら れ た. こ の イ ニ シ ア テ ィ ブ の 目 的 は, 単 に 様 々 な 事 象 の 計 測 可 能 性 を 向 上 さ せ る だ け で な く,デ ー タ に 基 づ き, 人 々 の よ り 良 い 暮 ら し を 実 現 す る た め の 政 策 決 定 力 を 強 化 し て い く こ と に あ る. 具 体 的 に は, 先 進 国 及 び 新 興 経 済 国 に つ い て, 健 康, 教 育, 能 力, 労 働 の 質 的 側 面, 地 域 の 環 境 状 況, 個 人 レ ベ ル で の 安 全 安 心, 地 域 コ ミ ュ ニ テ ィ の つ な が り の 豊 か さ, 個 人 の 生 活 満 足 度 に つ い て, 調 査 分 析 す る こ と と し て い る.ま た, 先 進 国 間 で 比 較 可 能 な, 人 々 の 暮 ら し ぶ り に 関 す る 情 報 が 求 め ら れ て い る こ と へ の 答 え と し て, 初 の 試 み と な る も の で あ る と し て い る 概 要 H o w s L i f e で は, 主 と し て O E C D 加 盟 3 4 カ 国 を 対 象 に, 一 部 関 係 強 化 国 な ど も 含 め, 物 質 的 側 面 ( M a t e r i a l C o n d i t i o n s ) か ら 6 指 標, 生 活 の 質 的 側 面 ( Q u a l i t y o f L i f e ) か ら 1 5 指 標 の 計 2 1 指 標 を 取 り 上 げ て い る. 1 同 報 告 書 の 冒 頭 に は, 各 個 別 指 標 を ま と め た 一 覧 表 が 0 あ る.こ の 一 覧 表 は, 各 加 盟 国 が,そ れ ぞ れ の 項 目 で 上 位 2 0 %, 中 位 6 0 %, 下 位 2 0 % の ど こ に 位 置 付 け ら れ る か を 表 示 し て い る.ま た 全 体 の 概 説 の 中 で, 多 く の 指 標 に わ た っ て 比 較 的 良 好 な 結 果 を 示 し た 国 と し て,オ ー ス ト ラ リ ア,カ ナ ダ,デ ン マ ー ク,ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド, ノ ル ウ ェ ー,ス ウ ェ ー デ ン が, 比 較 的 良 く な い 結 果 を 示 し た 国 と し て,チ リ,エ ス ト ニ ア,ハ ン ガ リ ー,ポ ー ラ ン ド,ス ロ ヴ ァ キ ア 共 和 国,ト ル コ が 言 及 さ れ て い る.こ の よ う に, 全 般 に わ た る 加 盟 国 間 の 相 対 的 な 評 価 を 行 う こ と は, 従 来, 例 え ば ピ ア レ ビ ュ ー ( 加 盟 国 間 相 互 審 査 ) な ど で 加 盟 国 間 の 順 位 付 け を 行 わ な い 慣 習 が 見 ら れ た O E C D に お い て は 珍 し く, 今 後 そ う し た 傾 向 が 強 ま る の か, 引 き 続 き 注 視 し た い. 物 質 的 側 面 を, 収 入 と 富 : 1, 一 人 あ た り 調 整 後 純 可 処 分 所 得,2, 一 人 当 た り 財 産 ( 不 動 産 含 ま ず ) 職 業 と 賃 金 : 3, 雇 用 率,4, 長 期 失 業 率 各 世 帯 : 5, 一 人 当 た り 部 屋 数,6, 住 居 に お け る 基 本 設 備 ( 風 呂, 水 洗 ト イ レ ) の 有 無 の 6 つ の 指 標 で 見 て い る. 生 活 の 質 の 側 面 を, 健 康 状 態 : 7, 平 均 余 命,8, 健 康 状 態 ( 自 己 申 告 ) ワ ー ク ラ イ フ バ ラ ン ス : 9, 超 過 勤 務,1 0, 趣 味 の 時 間,1 1, 子 を 有 す る 女 性 の 雇 用 率 教 育 と 技 能 : 1 2, 教 育 達 成 率 ( 中 卒 以 上 の 割 合 ),1 3, 生 徒 の 能 力 ( P I S A ( 読 解 力 )) 社 会 と の つ な が り : 1 4, 他 者 と の つ な が り,1 5, 社 会 的 ネ ッ ト ワ ー ク ( 信 頼 で き る 知 人 の 有 無 ) 1 0 H o w s l i f e? M e a s u r i n -b g e i w n e g l l ( O E C D, 2 0, 1 1 T ) a b l e 1. 1, p

95 市 民 の 関 わ り と 統 治 : 1 6, 投 票 率,1 7, 制 度 創 設 に 際 し て の 市 民 参 加 環 境 の 質 : 1 8, 大 気 汚 染 ( S P M ) 個 人 の 安 心 ( 保 護 ): 1 9, 意 図 的 殺 人,2 0, 被 害 届 け ( 申 告 ベ ー ス, 過 去 1 2 ヶ 月 ) 主 観 的 幸 福 度 : 2 1, 生 活 満 足 度 の 1 5 の 指 標 で 見 て い る O E C D w e l l -b e i n g i n d i c a t o r に 現 れ た 我 が 国 の 状 況 に つ い て 概 観 ま ず, 我 が 国 の 状 況 に つ い て, 概 観 し て お き た い. 日 本 が 高 位 置 を 示 し た の は, 平 均 余 命 ( 第 1 位 ), 被 害 届 け ( 下 か ら 2 位 ), 殺 人 率 ( 下 か ら 3 位 ), 生 徒 の 能 力 ( 第 5 位 ), 一 人 当 た り の 財 産 ( 第 5 位 ), 教 育 達 成 率 ( 第 7 位 ) で あ り, 低 い 結 果 と な っ た の は, 健 康 状 態 ( 自 己 申 告 )( 下 か ら 2 位 ), 趣 味 の 時 間 ( 下 か ら 2 位 ) で あ っ た. す な わ ち,わ が 国 は, 社 会 の 安 全 を 見 る 指 標, 教 育 関 係, 経 済 関 係 の 指 標 に 強 み を 見 出 す こ と が で き る. 他 方, 健 康 に つ い て は, 平 均 余 命 が 世 界 第 一 位 で あ る に も 関 わ ら ず, 同 一 カ テ ゴ リ ー 中 の も う 一 つ の 項 目, 健 康 状 態 ( 自 己 申 告 ),が 低 い た め, 全 体 の 強 み と は な っ て い な い.ま た, 趣 味 の 時 間 も 比 較 し て 少 な く 現 れ た. 健 康 状 態 は 自 身 の 幸 せ の 前 提 と な り, 趣 味 は 生 き る 喜 び な ど 幸 せ の 目 的 た る う る も の と 考 え る と, 主 観 的 幸 福 度 の 低 さ を d i s a g g r e g a t e し た 際 に こ う し た 要 因 が 効 い て く る も の と 考 え ら れ る. 主 観 的 な 幸 福 度 は, 総 合 的 な 指 標 と し て 最 後 に 掲 げ ら れ て い る.こ の 指 標 は, 非 O E C D 加 盟 国 を 含 む 計 4 0 カ 国 間 で 比 較 し て お り, 上 位 と な っ た の は,デ ン マ ー ク,カ ナ ダ,ノ ル ウ ェ ー,ス イ ス,ス ウ ェ ー デ ン,オ ラ ン ダ,オ ー ス ト ラ リ ア な ど と な っ た. 日 本 は,O E C D 諸 国 内 で は, 下 か ら 7 番 目 で あ っ た 各 個 別 指 標 の 特 徴 と 考 察 各 個 別 指 標 毎 の 主 な 特 徴 を 表 2 に 示 す. 環 境 の 観 点 か ら 選 定 さ れ た 項 目 に 基 づ い て こ の w e l l -b e i n g 指 標 が 間 接 的 に 示 す と こ ろ の 望 ま し い 社 会 像 を 考 察 し て い こ う と す る と, 今 回 の 指 標 は,そ の 策 定 過 程 で グ リ ー ン 成 長 指 標 ( O E C D の 別 部 局 が 担 当 ) に 環 境 の 枢 要 な 部 分 を 委 ね て い る た め,こ れ か ら 多 く の 示 唆 を 得 る こ と は 困 難 で あ る.む し ろ 環 境 の 観 点 か ら 取 り 入 れ ら れ た の は, 大 気 の 項 目 で,そ れ も た だ 一 つ の S P M と い う 指 標 に 代 表 さ せ て お り, あ ま り に も 不 十 分 で あ る.し た が っ て, 今 回 の 指 標 か ら は,む し ろ 社 会 的 な 観 点 を 重 視 し, 社 会, 経 済 の 側 面 か ら 持 続 可 能 な 社 会 像 を 考 察 し て い く こ と が よ り 意 味 の あ る こ と に な る と 考 え ら れ る. ま ず, 物 質 的 な 生 活 条 件 ( M a t e r i a l L i v i n g C o n d i t i o n s ) と 分 類 さ れ た 指 標 群 に つ い て 見 る と, 我 が 国 は, 可 処 分 所 得 に つ い て は O E C D 諸 国 の ほ ぼ 平 均 値, 資 産 に つ い て は 第 5 位 で あ り, 一 見,そ れ ほ ど 大 き な 課 題 は 浮 か び 上 が っ て こ な い よ う に 見 え る.し か し, 可 処 分 所 得 の グ ラ フ は, 大 多 数 の 国 で そ れ が 年 か ら 年 に か け て 伸 張 し て い る の に 対 し, 我 が 国 に は,そ れ が 見 ら れ な い こ と を 示 し て い る.つ ま り,い わ ゆ る 失 わ れ た 1 0 年 が 視 覚 的 に も 現 れ る 結 果 と な っ て い る.し た が っ て こ の 個 別 指 標 か ら は,こ の 背 景 88

96 要 因 分 析 と, 今 後 の 経 済 政 策 全 般 の 戦 略 的 推 進 の 必 要 性 を メ ッ セ ー ジ と し て 受 け 取 る べ き, と い う こ と に な ろ う か と 思 わ れ る. 次 に 雇 用 面 で は,こ こ で 採 用 さ れ た 二 つ の 指 標 共 に,O E C D 諸 国 の 平 均 値 に 比 べ る と 良 好 で あ り, 国 際 的 な 相 対 比 較 の 観 点 か ら は 大 き な 課 題 で あ る よ う な 印 象 は 受 け な い.た だ し, ト レ ン ド と し て み る と, 特 に 長 期 的 な 失 業 率 に つ い て は, 日 本 と 米 国 が, O E C D 諸 国 の 一 般 的 な 改 善 傾 向 の 例 外 と し て 例 示 さ れ て い る よ う に 数 値 が 悪 化 し て い る.な お,こ の デ ー タ 集 計 以 降 の 出 来 事 で は あ る が, 東 日 本 大 震 災 に よ り, 我 が 国 の 社 会 各 面 に 及 ぶ 影 響 被 害 は も と よ り, 被 害 地 域 を 中 心 に 雇 用 問 題 が 生 じ て い る こ と は 周 知 の 通 り で あ る. 住 居 の 関 係 で は, 一 人 当 た り の 部 屋 数 が 指 標 に 挙 げ ら れ て お り,O E C D 諸 国 ほ ぼ 全 般 に, 一 人 一 部 屋 以 上 が 確 保 さ れ て い る と と も に, 我 が 国 は O E C D の 平 均 値 以 上 の 数 値 と な っ て い る.こ こ で は, 各 個 人 の 快 適 さ を プ ラ イ バ シ ー 保 護 の 観 点 も 含 め, 部 屋 数 に 代 表 さ せ よ う と し た も の と 推 測 す る が, 住 居 全 体 の 広 さ や 一 部 屋 の 広 さ な ど も 幸 福 や 満 足 の 程 度 を 図 る 上 で 重 要 な 指 標 に な る も の と 考 え ら れ る.ま た 水 洗 ト イ レ や 風 呂 シ ャ ワ ー の 普 及 率 も 指 標 に 挙 げ ら れ た. 前 者 に つ い て, 我 が 国 は, 下 か ら 7 番 目 と な っ て い る.い わ ゆ る ポ ッ ト ン 便 所 と 言 わ れ る く み 取 り 式 ト イ レ に つ い て は,こ こ で 言 う 水 洗 ト イ レ の 定 義 か ら 外 れ る こ と と な る.し か し 例 え ば, 環 境 省 に お い て も, 中 小 都 市 や 山 岳 地, 限 界 集 落 な ど 下 水 道 が 効 率 的 で 無 い と こ ろ に は, 浄 化 槽 の 普 及 を 促 進 し て い る と こ ろ で あ り,こ の 点 は 改 善 し つ つ あ る. 以 上 が,い わ ゆ る マ テ リ ア ル の 観 点 か ら の 指 標 群 で あ る. 次 に, 生 活 の 質 の 観 点 ( Q u a l i t yo fl i f e ) か ら の 指 標 群 に つ い て 考 察 し て み る と,ま ず 平 均 余 命 が 挙 げ ら れ て い る.こ の 指 標 は, 日 本 が 世 界 一 を 誇 る 指 標 で あ り,す べ て の 指 標 群 の 中 で も, 経 済 や 社 会, 環 境 の 諸 状 況 を 総 合 的 な 結 果 と し て 端 的 に 表 し た 重 要 な 指 標 で あ る と 考 え ら れ る の で, 単 純 な 例 え が 許 さ れ る な ら, 総 合 優 勝 と 考 え ら れ る.な お, O E C D i n F i g u r e s で は, 健 康 の 項 目 と し て, 乳 児 死 亡 率, 喫 煙 率, 肥 満 度 ( B M I が 3 0 を 越 え る 人 の 割 合 )に つ い て 比 較 を 行 っ て い る が,こ の 中 で は, 日 本 の 肥 満 度 が 3.4 % と 韓 国 (3. 5 % )と と も に 群 を 抜 い て 低 い 値 を 示 し て い る.ち な み に 米 国 の こ の 数 値 は, O E C D 諸 国 平 均 の 倍 以 上, 我 が 国 の 約 1 0 倍, % で あ っ た. 他 方 で, 同 じ 健 康 の 観 点 か ら の 指 標, 自 己 申 告 に よ る 健 康 状 態 に 関 し て は, 我 が 国 は, ス ロ ヴ ァ キ ア に 次 い で 下 か ら 2 番 目 と 振 る わ な い. 平 均 余 命 で 日 本 に 次 ぐ ス イ ス で は, 8 5 % の 人 が, 良 好 又 は 大 変 良 好 ( g o o d o r v e r y g o o d ) と 回 答 し て い る の と 好 対 照 で あ る. こ の 点 に つ い て は, 今 後, 詳 細 な 分 析 と そ れ を 踏 ま え た 対 応 が 必 要 に な る と 考 え ら れ, 今 回 の 指 標 群 の 中 で, 最 も 重 視 し, 改 善 に 向 け た 努 力 が 必 要 に な る も の の 一 つ と 考 え ら れ る. 次 に, 市 民 の 関 わ り と 統 治 の 観 点 か ら, 投 票 率, 制 度 創 設 に 際 し て の 市 民 参 加 を 見 て い る. 投 票 率 は, 選 挙 権 を 有 す る 者 に 対 す る 投 票 者 の 割 合 と 登 録 人 口 に 対 す る 割 合 で 比 較 し て い る. 両 者 と も 日 本 は,O E C D 加 盟 国 の 平 均 値 と ほ ぼ 同 じ で あ る.ま た 市 民 参 加 に つ い て も,ほ ぼ O E C D 加 盟 国 の 平 均 的 な 位 置 と な っ て い る. 市 民 参 加 に つ い て は,フ 1 ラ ン ス の グ ル ネ ル 会 議 の 1 よ う な 例 も 存 在 す る. 我 が 国 も 市 民 レ ベ ル の 声 が よ り 適 切 に 政 1 1 な お グ ル ネ ル の 意 義 や 評 価 に つ い て は こ こ で 詳 細 に 触 れ る こ と は し な い が フ ラ ン ス の あ る 行 政 官 の 例 え を 借 り る な ら ボ ト ム ア ッ プ で 議 論 し て 必 ず 結 論 を だ せ と ウ い ン う の ト ア ッ プ ロ ダ ー チ で あ っ た と い う こ と で あ る 89

97 策 に 反 映 さ れ る よ う に さ ら な る 努 力 が 必 要 で あ る と 考 え ら れ る.そ の た め に は, 市 民 の 側 も 一 部 の 欧 米 の N G O に 見 ら れ る よ う な 感 情 論 的 な 運 動 の 展 開 よ り は, 総 体 と し て 環 境 リ テ ラ シ ー の 向 上 を,ま た 行 政 の 側 も, 経 済 社 会 の 仕 組 み や 制 度 を 今 の 内 に 少 し で も 持 続 可 能 な も の に 改 善 し て い く と い う 切 迫 し た 課 題 認 識 を も っ て,こ う し た 声 に 真 摯 に 耳 を 傾 け る 必 要 が あ る も の と 考 え る. 資 源 エ ネ ル ギ ー 制 約 が 逼 迫 の 度 を 高 め る と, 講 ず べ き 対 策 も よ り 効 果 の 高 い も の が 求 め ら れ る.そ れ が 環 境 と 経 済 を 統 合 し た w i n -w i n の 対 策 で な い 場 合 に は, 実 現 に 向 け た ハ ー ド ル も よ り 高 く な っ て い く と も の と 思 量 さ れ る た め, 市 民 参 加 を ど れ だ け 政 策 立 案 に 取 り 込 め る か が 重 要 に な っ て く る. 個 人 の 安 心 の 観 点 か ら は, 殺 人 の 割 合 と 被 害 届 に よ り,こ れ を 見 て い る. 我 が 国 は, 全 体 に O E C D 諸 国 の 中 で 中 程 度 の 数 値 を 示 す 項 目 が 多 い 中 で,こ の 2 項 目 は,と て も 良 好 な 結 果 を 示 し て い る. 殺 人 の 割 合 は 下 か ら 3 番 目 で あ り, 被 害 届 ( の 多 さ ) は 下 か ら 2 番 目 で あ る. 日 本 の 治 安 の 良 さ は, 日 本 社 会 が 持 つ 極 め て 優 れ た 資 質 と し て, 後 々 の 世 ま で 継 承 さ れ る こ と を 期 待 し た い.た だ し,こ こ で 被 害 届 を 指 標 と し て 採 用 す る こ と の 是 非 に つ い て 問 題 提 起 を 行 い た い 1.こ 2 の 指 標 を 採 用 し た こ と に よ っ て,わ が 国 の 次 に 安 全 と さ れ る 国 が, 米 国 と な っ て い る. 感 覚 的 な 受 け 入 れ に く さ だ け で な く, 本 指 標 全 体 に 対 す る 信 頼 性 が 大 き く 揺 ら ぐ こ と に な り か ね な い. 届 け 出 で は な く, 観 的 な デ ー タ 1 と 3 し て 1 0 万 人 当 た り の 受 刑 者 数 を 見 る と,わ が 国 の 6 3 名 に 対 し て, 米 国 は 名 で あ る. 米 国 は 人 口 当 た り の 受 刑 者 の 割 合 が 世 界 で 一 番 高 く,ロ シ ア が 名, 南 ア フ リ カ が 名 と 続 く. 被 害 届 の 指 標 で 全 体 を 見 よ う と す る と 誤 っ た メ ッ セ ー ジ を 送 る 懸 念 も あ り,こ の 点 に つ い て は, 然 る べ き 改 善 を 期 待 し た い. 最 後 に, 主 観 的 幸 福 度 を 見 て い る.こ れ は ゼ ロ か ら 1 0 ま で の 1 1 段 階 で, 幸 せ の 程 度 を 聞 く も の で あ る. 先 述 し た よ う に, 日 本 は, 下 か ら 1 2 番 目 ( O E C D 諸 国 内 で は 下 か ら 7 番 目 で あ る.) と い う 結 果 と な っ た.O E C D 事 務 局 は, 日 本 ( 及 び 韓 国 ) は, 良 好 な 経 済 状 態 に も 関 わ ら ず, 主 観 的 満 足 度 が O E C D 平 均 よ り 0. 5 ポ イ ン ト 少 な い こ と を 特 記 し て い る. 我 が 国 で 幸 福 度 が O E C D 平 均 よ り 低 く 現 れ た こ と の 解 釈 に は, 大 き く 以 下 の 二 通 り が 有 ろ う と 思 わ れ る.す な わ ち, 実 際 の と こ ろ 満 足 し て い な い,か, 実 は も っ と 満 足 し て い る が 回 答 は 控 え め に 行 っ た,で あ る. 前 者 で あ れ ば, 近 年, 金 銭 や 物 質 面 で の 豊 か さ よ り も, 心 の う る お い や や す ら ぎ な ど 精 神 面 で の 満 足 を よ り 希 求 す る 世 論 調 査 の 結 果 と も 合 致 す る. 他 方 で, 謙 虚 さ や 自 分 だ け 幸 福 と な る こ と が 憚 ら れ る と い っ た 国 民 性 も 要 因 と し て 考 慮 す べ き と 考 え ら れ る.こ の こ と の 背 景 を 詳 ら か に し て い く こ と で, 政 策 の 進 む べ き 方 向 や 取 る べ き 道 へ の 示 唆 が 得 ら れ る で あ ろ う し,そ の 実 現 の た め に 課 題 は 山 積 し て い る の が, 我 が 国 の 社 会 を 取 り 巻 く 実 態 か も 知 れ な い.い ず れ に し て も, 社 会 制 度 や 慣 習 に よ る 国 毎 の 国 民 性 の 差 異 を 正 確 に 把 握 し た 上 で な い と,こ の 単 一 の 指 標 に よ り,あ る 国 の 国 民 が ど の 程 度 幸 せ と 感 じ て い る か を 相 対 的 に 評 価 す る の は 不 十 分 で は な い か,と 思 量 す る. 以 下, 私 見 で あ る が, 腹 八 分 目 で あ る と か, 福 受 け 尽 く す べ か ら ず,と い う 禅 の 心 が 生 き, 自 分 だ け が 幸 せ に な る の を 多 少 と も 憚 る よ う な 国 民 性 を 有 す る 国 で は, 本 当 は と て も 幸 せ と 感 1 2 あ る 国 際 会 議 でO E C D 担 当 課 長 に こ の 問 題 提 起 を 行 っ た と こ ろ 国 際 比 較 可 能 な 良 い デ ー タ が 回 な い と い う 答 で あ っ た 1 3 O E C D F a c t b o o k に よ る 単 位 当 た り の 受 刑 者 数 2 0 は 0 9 年 の デ ー タ 90

98 じ ら れ る 状 態 で あ っ て も そ れ を 何 か の 形 で 否 定 し た り, 条 件 付 け し よ う と す る 潜 在 的 な 心 理 が 働 く 余 地 が あ る の で は な い か.そ う し た 価 値 観 の 下 で は,あ る 程 度 の 慎 ま し さ の 中 で 感 じ ら れ る 中 程 度 の 幸 せ が,も っ と も 価 値 の あ る 幸 せ と 言 え る の か も 知 れ な い O E C D W e l l -b e i n g 指 標 の 問 題 点 前 項 で は, O E C D 加 盟 国 の 国 別 の 状 況 か ら O E C DW e l l -b e i n g 指 標 が 内 包 す る 課 題 が 指 摘 さ れ た が, 本 項 で は, 先 述 し た 国 国 際 機 関 が 作 成 し た 指 標 で 見 出 さ れ た 特 徴 と, 福 祉 幸 福 指 標 に 関 す る 従 来 の 研 究 を 踏 ま え て,O E C DW e l l -b e i n g 指 標 の 問 題 点 を 指 摘 す る.そ の 際, 上 述 し た D e u t s c h e B a n k R e s e a r c h ( ) で 示 さ れ た 福 祉 幸 福 指 標 の 4 側 面 を 中 心 と し て, O E C D W e l l -b e i n g 指 標 で 不 足 し て い る と 考 え ら れ る 項 目 ( 中 分 類 )や 指 標 ( 小 分 類 ) に つ い て 検 討 す る. O E C D W e l l -b e i n g 指 標 の 項 目 や 指 標 の 選 定 に お い て 問 題 が 多 い の は, 貨 幣 換 算 で き な い 生 活 状 況 ( 第 3 側 面 ) と 幸 福 ( 第 4 側 面 ) と い え る. ま ず 生 活 状 況 に 関 し て は, 健 康 の 項 目 ( 中 分 類 ) が 平 均 余 命 と 自 己 申 告 に よ る 健 康 状 態 が 指 標 と し て あ げ ら れ て い る が, 国 国 際 機 関 等 の 指 標 で 示 さ れ た 身 体 的 な 健 康 や 精 神 的 な 健 康 に 関 す る 指 標 が 入 っ て い な い. S h i e l d s a n W d h e a t l e y P r i ( c 2 e )は, 身 体 的 な 健 康 度 が 低 い ほ ど 福 祉 幸 福 度 が 低 い こ と を 示 す 一 方 で, S h a r p e e t a l ( ) は, 精 神 的 な 健 康 度 が 低 く け れ ば, 幸 福 度 も 低 い こ と を 明 ら か に し て い る. つ い で O E C DW e l l -b e i n g 指 標 の 環 境 の 項 目 に 関 し て は, 健 康 の 項 目 で み ら れ た よ う な 主 観 的 な 指 標 が 含 ま れ な い こ と が 問 題 と い え る. こ の 点 は, 環 境 の 項 目 に 限 ら ず, 他 の 項 目 に つ い て も い え る. 上 述 し た よ う に 各 国 国 際 機 関 等 が 作 成 し た 指 標 で も, 環 境 に 対 す る 主 観 的 な 捕 ら え 方 を 示 し た 指 標 が 含 ま れ て い る. W e l s c h ( )は, 窒 素 酸 化 物 の 濃 度 と い う 観 指 標 を 用 い て, 大 気 汚 染 が 幸 福 度 に 負 の 影 響 を 与 え て い る こ と を 明 ら か に し て い る. こ の 点 か ら 勘 案 す る に, 主 観 的 に 環 境 に 対 し て 負 の 印 象 を 抱 く 個 人 の 幸 福 度 は 低 い と も 推 測 さ え る. こ の 点 か ら も, 環 境 に 対 す る 主 観 的 な 指 標 の 導 入 が 望 ま れ る. ま た 教 育 に 関 し て は,O E C DW e l l -b e i n g 指 標 に 含 ま れ て い な い が, 教 育 と 関 連 す る 研 究, 技 術, イ ノ ベ ー シ ョ ン と い っ た 項 目 や, 競 争 力 を 指 標 と す る 国 も あ っ た こ と か ら, こ れ ら の 項 目 や 指 標 も 考 慮 す る こ と が 望 ま し い. E l l i o t a n d S h e l d (1 o n )は 競 争 力 の あ る 個 人 は 高 い 生 活 満 足 度 を 有 す る こ と を 明 ら か に し て い る. こ の 点 は, 個 人 レ ベ ル だ け で な く, 地 域, 国 家 レ ベ ル へ も 展 開 可 能 で あ る と 考 え ら れ る. 加 え て, 環 境 と 同 様 に 教 育 に お い て も, 主 観 的 指 標 の 導 入 も 期 待 さ れ る. 一 方 幸 福 ( 第 4 側 面 ) に 関 し て O E C DW e l l -b e i n g 指 標 では, 個 人 的 な 紐 帯 の 指 標 ( 頼 る こ と が で き る 友 人 親 族 を 有 す る 人 の 割 合 ) が 含 ま れ て い る が, 地 域 的 な 紐 帯 を 指 標 が 含 ま れ て い な い. H e l l i w e l l ( 2 0 は 0 3 ( ) 地 域 的 な ) 教 会 以 外 の 組 織 へ の 加 入 度 が 高 い ほ ど 生 活 満 足 度 が 高 い こ と を 示 し て お り,H e l l i w e l l a n d P u t n a m ( 2 は 0 こ 0 4 の ) 見 解 を 指 示 し て い る よ う に, 個 人 的 な 紐 帯 に 加 え て, 地 域 的 な 組 織 へ の 帰 属 や 組 織 内 で の 紐 帯 も 考 慮 す る 必 要 が あ る. 最 後 に 幸 福 ( 第 4 側 面 ) の 満 足 度 に 関 し て O E C DW e l l -b e i n g 指 標 は, 生 活 満 足 度 を 表 す 指 標 を 含 む が, 労 働 に 対 す る 満 足 度 を 表 す 指 標 が 含 ん で い な い こ と は 問 題 で あ る. v a n 91

99 Praag et al ( 2003 は ), 全 体 的 な 満 足 度 が, 労 働, 家 計, 住 宅, 健 康, 余 暇, 環 境 と い う 6 つ の 要 素 に 対 す る 満 足 度 の 影 響 を 受 け て い る と す る 仮 説 の も と,ド イ ツ で の パ ネ ル デ ー タ を 用 い た 定 量 的 分 析 の 結 果, 家 計, 健 康 に 対 す る 満 足 度 に つ い で, 労 働 に 対 す る 満 足 度 が, 全 体 的 な 満 足 度 に 対 し て 正 の 影 響 を 及 ぼ し て い る こ と を 明 ら か に し て い る.こ の こ と か ら, 上 述 し た 環 境 に 対 す る 満 足 度 に 加 え て, 労 働 や 家 計, 住 宅, 健 康, 余 暇 に 対 す る 満 足 度 も 指 標 と し て 取 り 込 む こ と が 必 要 で あ る と い え る 新 指 標 の 提 示 と 試 算 上 述 し た 国 国 際 機 関 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 に 関 す る 議 論 を 踏 ま え て, 以 下 で は, 望 ま し い 指 標 の 領 域 と 各 領 域 内 の 指 標 群 を 提 案 す る と と も に, こ の 枠 組 み の な か で, 利 用 可 能 な デ ー タ な か か ら O E C D 3 4 か 国 で の 福 祉 度 幸 福 度 の 算 定 を 試 み る. 本 章 の 最 後 に, 試 算 結 果 を 踏 ま え て, 指 標 群 の 構 築 に 関 す る 今 後 の 課 題 に つ い て も 若 干 言 及 す る 新 指 標 の 提 示 国 国 際 機 関 等 に よ る 福 祉 幸 福 指 標 に 関 す る 議 論 を 踏 ま え て, こ こ で 提 案 す る 指 標 の 領 域 項 目 小 項 目 を 以 下 の よ う に ま と め ら れ る ( 表 ). ま ず 領 域 ( 大 分 類 ) は, 経 済 的 福 祉, 生 活 の 質, 主 観 的 福 祉 ( も し く は 幸 福 ) の 3 つ で 構 成 さ れ る と 考 え ら れ る. つ い で, こ れ ら の 3 領 域 ( 大 分 類 ) は そ れ ぞ れ 詳 細 な 項 目 ( 中 分 類 ) に 分 け ら れ る. 経 済 的 福 祉 は, 所 得 と 国 富, 市 場 非 市 場 を 含 む 労 働 と 雇 用 状 態, 労 働 と 対 置 さ れ る 余 暇 等 を 含 む 余 暇 時 間 利 用 と い う 3 つ の 項 目 ( 中 分 類 ) か ら な る と い え る. つ ぎ に 生 活 の 質 は, 健 康, 環 境, 教 育 と 研 究, 住 宅, 安 全 性, 市 民 参 加 と ガ バ ナ ン ス, 社 会 的 な 結 束 と い う 7 つ の 項 目 ( 中 分 類 ) か ら な る. ま た 主 観 的 福 祉 ( も し く は 幸 福 ) は 満 足 度 ( も し く は 幸 福 度 ) の み で 構 成 さ れ る. 最 後 に 各 々 の 項 目 ( 中 分 類 ) は 次 の よ う に 細 分 化 さ れ, こ れ ら 細 分 化 さ れ た 小 項 目 ( 小 分 類 ) に ふ さ わ し い 指 標 が 選 択 さ れ る こ と に な る. ま た 各 々 の 小 項 目 は 観 的 か つ 主 観 的 に 評 価 さ れ る た め, さ ら に 二 分 さ れ る こ と に な る. す な わ ち 所 得 と 国 富 は 所 得 と 国 富 に, 労 働 と 雇 用 状 態 は 市 場 労 働, 非 市 場 労 働, 雇 用 状 態 に, 余 暇 時 間 利 用 は 時 間 利 用 に, 健 康 は 身 体 的 な 健 康 と 精 神 的 な 健 康 に, 環 境 は 地 球 温 暖 化, 生 物 多 様 性, 廃 棄 物 等 に, 教 育 と 研 究 は 教 育, 研 究, 競 争 力 に, 住 宅 と 安 全 性 は そ れ ぞ れ 住 宅 と 安 全 性 の み に, 市 民 参 加 と ガ バ ナ ン ス は 市 民 参 加 と ガ バ ナ ン ス に, 社 会 的 な 結 束 は 個 人 的 な 紐 帯 と 地 域 的 な 紐 帯 に, そ し て 満 足 度 は, 上 述 し た 1 0 の 項 目 ( 中 分 類 ) に 対 す る 満 足 度 と, こ れ ら を 総 体 的 に と ら え る 幸 福 度 ( も し く は 生 活 満 足 度 ) か ら な る と 考 え ら れ る. 92

100 領 域 ( 大 分 類 ) 経 済 的 福 祉 生 活 の 質 項 目 ( 中 分 類 ) 小 項 目 ( 小 分 類 ) 主 観 指 標 観 指 標 主 観 指 標 観 指 標 所 得 と 国 富 所 得 国 富 労 働 と 雇 用 状 態 市 場 労 働 非 市 場 労 働 雇 用 状 態 余 暇 時 間 利 用 余 暇 時 間 利 用 身 体 的 な 健 康 健 康 表 想 定 される 指 標 群 の 領 域 項 目 小 項 目 と 試 算 に 用 いた 小 項 目 分 類 項 目 OECD Well-being 指 標 試 算 に 用 いた 指 標 精 神 的 な 健 康 地 球 温 暖 化 環 境 生 物 多 様 性 大 気 汚 染 教 育 教 育 と 研 究 研 究 競 争 力 住 宅 住 宅 安 全 性 安 全 性 市 民 参 加 市 民 参 加 とガバナンス ガバナンス 社 会 的 な 結 束 個 人 的 な 紐 帯 地 域 的 な 紐 帯 所 得 と 国 富 所 得 と 国 富 に 対 する 満 足 度 労 働 と 雇 用 状 態 労 働 と 雇 用 状 態 に 対 する 満 足 度 余 暇 時 間 利 用 余 暇 時 間 利 用 に 対 する 満 足 度 健 康 健 康 に 対 する 満 足 度 環 境 環 境 に 対 する 満 足 度 主 観 的 福 祉 教 育 と 研 究 教 育 と 研 究 に 対 する 満 足 度 住 宅 住 宅 に 対 する 満 足 度 安 全 性 安 全 性 に 対 する 満 足 度 市 民 参 加 とガバナンス 市 民 参 加 とガバナンスに 対 する 満 足 度 社 会 的 な 結 束 社 会 的 な 結 束 に 対 する 満 足 度 幸 福 度 ( 総 体 的 な) 幸 福 度 満 足 度 新 指 標 に も と づ く 試 算 O E C D w e l -b l e i n g 指 標 が, 先 に 提 案 し た 領 域 項 目 小 項 目 の 多 く を 網 羅 し て い る こ と か ら, こ の 指 標 を 算 出 す る 際 に 用 い ら れ た デ ー タ 1 4 を 活 用 し, 試 算 を 行 っ た. 表 で, こ の デ ー タ が 網 羅 す る 領 域 項 目 小 項 目 を 示 し た. 主 観 指 標 に 関 し て 網 羅 さ れ て い な い 小 項 目 が 多 い こ と が こ の 表 か ら わ か る. 表 で 網 羅 さ れ て い な い 小 項 目 の 中 か ら, O E C D 3 4 か 国 を 通 じ て, 比 較 的 デ ー タ が 整 備 さ れ て い る 8 指 標 を 加 え て 試 算 を 試 み た ( 表 の 網 が け 部 分 と 表 ). 1 4 デ ー タ は 次 のU R L か ら ダ ウ ン ロ ー ド し た 2 0 ( 1 2 年 1 月 2 5 日 確 認 ). h t t p : / / o e c d b e t t e r l i f e i n d e x. o -l r g i / -i f a b e n o i u t i / a b t e i t v e r / 93

101 表 OECD well-being 指 標 と 追 加 した8つの 指 標 No. 大 分 類 中 分 類 小 分 類 OECD( 指 標 1)21 指 標 出 展 1 Material Conditions Income and 可 処 分 所 得 ( 世 帯 語 と 一 人 あたり) OECD(2011) Wealth 2 Material Conditions Income and 購 買 力 平 価 ( 米 ドル) OECD(2011) Wealth 3 Material Conditions Income and 世 界 経 済 フォーラムの 資 料 ( 国 際 競 争 力 Wealth 年 )による 4 Material Conditions Jobs and Earnings 才 の 就 業 率 OECD(2011) 5 Material Conditions Jobs and Earnings 長 期 失 業 率 OECD(2011) 6 Material Conditions Jobs and Earnings ストレスの 多 い 仕 事 かどうか OECD (2009) Society at a Glance Material Conditions Jobs and Earnings くたくたになって 帰 宅 するか OECD (2009) Society at a Glance Material Conditions Housing 一 人 あたりの 室 数 OECD(2011) 9 Material Conditions Housing 専 用 の 風 呂 シャワー/トイレがない 住 宅 の 割 合 (/ 人 ) OECD(2011) 10 Quality of Life Health status 0 歳 での 平 均 余 命 OECD(2011) 11 Quality of Life Health status 自 己 申 告 による 健 康 状 態 OECD(2011) 12 Quality of Life Health status BMI30 以 上 の 人 口 の 比 率 OECD (2009) Health at glance Quality of Life Health status メンタルヘルス 障 害 の 年 間 有 病 率 OECD Factbook Work and life Quality of Life balance 週 50 時 間 以 上 働 く 労 働 者 の 割 合 OECD(2011) 15 Work and life 余 暇 や 個 人 の 世 話 に 費 やす 一 日 あたり Quality of Life balance の 時 間 OECD(2011) 16 Work and life 義 務 教 育 期 間 の 児 童 生 徒 を 有 する 女 Quality of Life OECD(2011) balance 性 の 就 業 率 17 Education and 高 等 学 校 以 上 の 学 歴 を 有 する 成 人 の 割 Quality of Life OECD(2011) skills 合 18 Education and Quality of Life 読 解 力 に 関 するPISA 得 点 OECD(2011) skills 19 Education and OECD (2008) Compendium of Patent Quality of Life 特 許 数 ( 再 生 可 能 エネルギー) skills Statistics 2008 週 1 回 以 上 友 達 や 親 類 と 接 触 する 人 の 20 Quality of Life Social connections OECD(2011) 割 合 21 Quality of Life Social connections 頼 ることのできる 友 人 親 族 を 有 する 人 の 割 合 OECD(2011) 22 Civic Engagement Quality of Life 投 票 率 and Governance OECD(2011) 23 Civic Engagement 議 会 での 決 定 過 程 への 関 与 への 公 的 Quality of Life 公 開 の 過 程 ( 合 成 指 標 ) OECD(2011) and Governance 24 Quality of Life Civic Engagement 町 内 会 自 治 会 に 所 属 しているという 人 and Governance の 割 合 25 Environmental Quality of Life Quality 大 気 汚 染 (PM10 濃 度,μg/m3) OECD(2011) 26 Environmental 環 境 に 気 をつかうこと 自 然 へ 配 慮 する Quality of Life Quality ことが 大 切 だという 人 の 割 合 27 Quality of Life Personal Security 殺 人 率 OECD(2011) 28 Quality of Life Personal Security 過 去 12か 月 の 間 で 暴 行 を 加 えられたと 報 告 した 人 の 割 合 OECD(2011) 29 Quality of Life Subjective wellbeing 生 活 満 足 度 OECD(2011) ISSP 2001 (International Social Survey Programme 2001) Four-wave aggregated the Values Survey 1981, 1990, 1995/1998, 1999/2000 試 算 は 以 下 の 方 法 で 用 い た. ま ず 2 8 指 標 の 最 大 値 と 最 小 値 を 求 め, 以 下 の 式 に も と づ い て, 各 国 の 値 を 標 準 化 し た. 標 準 化 さ れ た 値 = ( 各 指 標 の 実 測 値 - 最 小 値 ) / ( 最 大 値 - 最 小 値 ) 1 0 こ の 式 か ら, 標 準 化 さ れ た 値 の 範 囲 は 0 か ら 1 0 で あ る.し か し, 表 の 第 2 5 指 標 大 気 汚 染 ( P M 1 0, μ g / m 3 ) を 例 に と れ ば,こ の 指 標 の 測 定 値 が 高 い 場 合, 大 気 汚 染 の 度 合 い が 高 い こ と を 意 味 し, 福 祉 度 幸 福 度 は 逆 に 低 い と 考 え ら れ ま す. し た が っ て, 上 式 を あ て は め る こ と が で き な い.し た が っ て, こ の よ う な 状 況 を 解 消 す る た め, 以 下 の 式 を 用 い た. 下 式 を 適 用 し た 指 標 は, 5 ) 長 期 失 業 率, 6 ) ス ト レ ス の 多 い 仕 事 か ど う か, 7 ) く た く た に な っ て 帰 宅 す る か, 9 ) 専 用 の 風 呂 シ ャ ワ ー /ト イ レ が な い 住 宅 の 割 合 ( / 人 ), 1 2 ) B M I 3 0 以 上 の 人 口 の 比 率, 1 3 ) メ ン タ ル ヘ ル ス 障 害 の 年 間 有 病 率, 1 4 ) 週 5 0 時 間 以 上 働 く 労 働 者 の 割 合, 2 5 ) 大 気 汚 染 ( P M 1 0 濃 度, μ g / m 3), 2 7 ) 殺 人 率, 2 8 ) 過 去 1 2 か 月 の 間 で 暴 行 を 加 え ら れ た と 報 告 し た 人 の 割 合, の 1 0 指 標 で あ る. 残 り の 1 8 指 標 に 対 し て は 上 式 を 適 用 し た. な お 下 式 を 適 用 し た 場 合 も, 標 準 化 さ れ た 値 の 範 囲 は 0 か ら 1 0 で あ る. 94

102 順 位 表 試 算 結 果 OECD(2011)の20 変 数 OECD(2011)の20 変 数 +8 変 数 国 名 スコア 国 名 スコア 1 Canada 8.08 Iceland Iceland 8.04 Switzerland Sweden 8.02 Japan New Zealand 8.01 Netherlands Australia 7.99 Denmark Switzerland 7.88 Sweden United States 7.84 New Zealand Norway 7.80 Finland Netherlands 7.72 Belgium Denmark 7.69 Norway Finland 7.51 Canada United Kingdom 7.32 Australia Austria 7.19 Luxembourg Belgium 7.18 Ireland Germany 7.10 Austria Luxembourg 7.01 United States France 6.92 United Kingdom Ireland 6.86 Germany Japan 6.47 Israel Slovenia 6.17 France Israel 6.16 Slovenia Italy 6.00 Italy Spain 5.99 Spain Czech Republic 5.97 Czech Republic Korea 5.72 Korea Greece 5.50 Greece Poland 5.49 Poland Portugal 4.94 Portugal Slovak Republic 4.86 Slovak Republic Hungary 4.86 Hungary Estonia 4.31 Estonia Chile 3.91 Mexico Mexico 3.45 Chile Turkey 3.05 Turkey 3.07 標 準 化 さ れ た 値 = {( 各 指 標 の 実 測 値 - 最 小 値 ) / ( 最 大 値 - 最 小 値 ) 1 0 } つ ぎ に 2 8 指 標 ご と に 標 準 化 さ れ た 値 か ら 各 国 の 平 均 値 を 求 め, こ れ に も と づ き 各 国 を 順 位 付 け し た. 順 位 付 け し た 結 果 を 表 に 示 す. 8 指 標 を 追 加 し た 結 果, 日 本, オ ラ ン ダ, デ ン マ ー ク, ベ ル ギ ー と い っ た 国 の 順 位 が 上 昇 す る 一 方 で, カ ナ ダ, オ ー ス ト ラ リ ア, ア メ リ カ, イ ギ リ ス の 順 位 が 下 が っ て い る こ と がわかる.しかしスコアの 最 大 値 と 最 小 値 の 差 であるレンジをみた 場 合,O E C D w e l l-b e i n g 指 標 よ り 2 8 指 標 の レ ン ジ が 縮 ま っ て お り, 指 標 を 増 や す こ と で 値 が 平 準 化 さ れ, 総 体 的 に 3 4 カ 国 の 差 が 縮 ま っ て い る こ と を 示 唆 し て い る 新 指 標 の 問 題 点 試 算 結 果 を 踏 ま え て, 指 標 群 の 構 築 に 関 す る 今 後 の 課 題 に つ い て も 若 干 言 及 す る. ま ず デ ー タ の 利 用 可 能 性 の 問 題 が あ る. 試 算 の 際 に は 比 較 的 デ ー タ が 整 備 さ れ て い る 小 項 目 に 対 す る 変 数 を 用 い て 試 算 を 試 み た が, 表 で 示 し た 小 項 目 す べ て に 対 し て デ ー タ が 利 用 可 能 で は な い. 特 に 主 観 指 標 に 関 し て は 整 備 が 遅 れ て い る と い え,も し G D P に 代 わ り, 提 案 し た 指 標 群 に よ る 幸 福 度 を 今 後 計 測 す る の で あ れ ば, 未 整 備 の デ ー タ を 早 急 に 整 備 す る 必 要 が あ る. 提 案 し た 指 標 群 で は, 数 多 く の 主 観 的 満 足 度 に 関 す る 小 項 目 が 示 さ れ た が, こ れ ら を 政 策 上 ど の よ う に 解 釈 し,ど の よ う に 活 用 し て い く か と い う 課 題 が 残 さ れ て い る.v a n P r a a g e t a l ( に 3 ) よ る 主 観 的 満 足 度 の 相 関 関 係 に 関 す る 研 究 が あ る と は い え, こ れ ら の 指 標 の 政 策 上 で の 使 用 活 用 に 関 す る 研 究 は 管 見 の 限 り み あ た ら ず, 主 観 指 標 の 政 策 で の 活 用 に 関 す る 研 究 が 今 後 必 要 で あ る と い え る. 95

103 提 案 し た 指 標 群 は, 国 国 家 機 関 等 の 福 祉 幸 福 指 標 な ら び, 主 観 的 福 祉 幸 福 に 関 す る 従 来 の 研 究 に も と づ き 示 さ れ た も の で あ る が, こ れ ら の 指 標 群 を 構 成 す る 指 標 の う ち, 主 観 的 福 祉 幸 福 を 直 接 扱 う 指 標 以 外 の 指 標 の 多 くは,アメリカの 心 理 学 者 である L y u b o m i r s k y e t a l ( 2 0 が 0 5 指 ) 摘 し た 環 境 に 含 ま れ, こ れ ら は, 持 続 的 な 幸 福 度 の わ ず か 一 割 程 度 を 構 成 す る に す ぎ な い と い う 点 が 問 題 で あ る.L y u b o m i r s k y e t a l ( 2 0 は 0 5, ) 従 来 の 研 究 を 踏 ま え て, 持 続 的 な 幸 福 の 約 半 分 が 遺 伝 学 的 な 特 徴 か ら も た ら さ れ, 残 る 四 割 が 意 識 的 な 活 動 ( i n t e n t i o n a l a c t i v i t ) i に e s よ っ て も た ら さ れ る と し て い る. こ の う ち, 他 者 に 対 す る 感 謝 ( g r a t i t u d e) や 寛 容 さ ( f o r g i v e n e s s) と い っ た 心 理 的 な 美 徳 を 含 む 意 識 的 な 活 動 のみが 持 続 的 な 幸 福 度 の 上 昇 に 寄 与 するとしている.したがって 今 後 は, L y u b o m i r s k y e t a l ( 2 0 が 0 5 指 ) 摘 し た 環 境 の 要 素 だ け で な く, 経 済 的 な 発 展 よ り も, 心 理 的 な 美 徳 に 重 き を お き, そ の よ う な 個 人 的 な 美 徳 を 醸 成 す る 文 化 的 社 会 的 な 背 景 も 考 慮 し た 福 祉 幸 福 指 標 群 の 構 築 が 望 ま れ る と い え る. も う 何 千 年 も, 人 類 の 世 界 を 繁 栄 と い う 名 の 亡 霊 が 跋 扈 し て い る. 常 に 資 源 を 費 消 し, 次 の 土 地 を 求 め て さ ま よ い 歩 く. 繁 栄 せ ず と も,よ い で は な い か. 吾 唯 足 る を 知 る, と 言 い 放 ち な が ら, 幾 久 し く 生 き る 営 み を 続 け て い く と い う あ り よ う も 必 要 で は な い か, と 考 え て は み る も の の,こ う し た 考 え は, 繁 栄 の 亡 霊 の 前 に 無 力 で あ る. 地 球 の フ ロ ン テ ィ ア が 無 く な っ た 今,そ れ で も, 資 源, 資 源, 金, 金,と 人 類 は 憑 か れ た よ う に さ ま よ い 続 け る の だ ろ う か. 西 田 幾 多 郎 は 善 の 研 究 に お い て, 近 代 に 於 て 知 識 の 方 が 特 に 長 足 の 進 歩 を な す と と も に, 知 識 と 情 意 と の 統 一 が 困 難 に な り, 此 の 両 方 面 が 相 分 れ る 様 な 傾 向 が で き た. 併 し こ れ は 人 心 本 来 の 要 求 に 合 う た 者 で は な い. と し た 1 5.つ ま り 知 恵 の 発 達 に 比 べ て, 心 の 方 は あ ま り 変 わ ら な い,そ こ の 乖 離 が 問 題 だ,と し た.こ の 見 方 に 共 感 す る.か つ て G D Pに 代 わ る 指 標 の 作 成 が 様 々 に 試 み ら れ て き た が, 技 術 的 な 課 題 が 横 た わ っ て い た.こ こ に 来 て,ス テ ィ グ リ ッ ツ セ ン フ ィ ト ー シ レ ポ ー ト が 指 摘 す る よ う に 1 6,よ う や く 機 が 熟 し,こ れ ま で 生 産 に 重 き を 置 い た 指 標 か ら, 人 の 幸 福 へ と 指 標 の 軸 足 を 移 す こ と に 一 定 の 見 通 し が 立 っ て き た.こ の 動 き 自 体 は 評 価 し う る し, G D P を 越 え た 尺 度 で, 人 類 の 進 歩 を 見 て い こ う と い う 考 え 方 に は 賛 同 で き る.た だ,そ の 尺 度 が, 日 本 を 元 気 付 け, 勇 気 付 け, 誇 り を 持 た せ る も の と な っ て ほ し い と 切 に 望 む. 付 記 カ ナ ダ 生 活 水 準 研 究 所 A n の d r e w S h a r 所 p e 長,H R S D CのM e l a n i e R a y m o 女 n d 史,バ ン ク ー バ ー 島 保 健 M 局 i c の h a e l P e n n o c k 氏, ノ ル ウ ェ ー 地 方 自 治 体 協 議 O l 会 e の J ø r g r e n G r a 氏 n n と F r o d e L i n d t v e 氏 d t, ノ ル ウ ェ ーS I N T E F の A u d u n R u u 氏 d と W i l l i a m L a f f e r 前 t y オ ス ロ 大 学 教 授, オ ス ロ 大 学 気 候 変 動 研 K n 究 u t 所 H の. A l f s 所 e n 長, ウ ィ ー ン 経 済 経 営 大 学 欧 州 持 続 可 能 な 発 展 ネ ッ ト N ワ i s ー i d ク a の G j o k s 女 i 史, 欧 州 統 計 局 V の i n c e n t T r o n e t 1 5 第 二 編 實 在 1 6 T h e t i m e i s r o i r p e o u r f m e a s u r e m e n t s y s t e m t o s h i f t e m p h a s i s f r o m m e a s u r i n g e c o n o m i c p r o d u c t i o n t o m e a s u r i n g p e o p l e -b s e w i n e l g l. A n d m e a s u r e s o f -b w e i l l n g s h o u l d b e p u t i n a c o n t e x t o f s u s t a i A n a m b a i r l t i y t a y. S e n, J o s e p h S t i g l i t z a -P n a d u l J e a F n i t o u s s i ( ) 96

104 氏 と J e a n-l o u i s M e r c y 氏 に は 関 係 資 料 をご 提 供 い た だ く と と も に, 指 標 に 関 し て 有 益 な ご 助 言 を 賜 っ た. 記 し て お 礼 申 し 上 げ ま す. 参 考 文 献 ( 含 む, 補 遺 の 参 考 文 献 ) (1 ) 佐 々 木 健 吾 植 田 和 弘 ( ) 持 続 可 能 な 発 展 指 標 の 課 題 と 展 望,( 京 都 大 学 ) K S I C o m m u n i c a t io n s,4, (2 ) 牧 野 松 代 ( ) 持 続 可 能 な 発 展 の 概 念 と 指 標 開 発 の 国 際 的 動 向,( 神 戸 商 科 大 学 ) 商 大 論 集, 5 4 (5), (3 ) A a l l, C., e G n, r o v K. a n d L i n d s e t h, G. T ( 2 h 0 e 0 7 s c ) o p e o f a c t i o n f o r l o c a l c l i m a t e p o l i c y : T h e c a s e o f N o r,g w a l y o b a l E n v i r o n m e n t a l P o l i, 7,8 t i c s (4 ) A l f s e n, K. H. e,, T. B and y Lor e n t s e n, L. ( N 7 a ) t u r a l r e s o u r c e a c c o u n t i n g a n d a n a l y s i s. The Norwegian experience , Sosiale og Økonomiske Studier, 6 5, S t a t i s t i c s N o r w a y. (5 ) C i v i t a s ( N ) a t i o n a l f u n d f o r l o c a l C G l o v i e m r n a m t e e n t p m r e u c a h s a u s e r e s o f e m i s s i o n s r e d u c t i o n s se b d a o n l o c a l c l i m a t e p r o g r a m, m e C s i v i t a s p r o j e c t n o ,r e p o r t,2 B, C i v i t a s. (6 ) DeutscheBank Research ( 2006 )Measuring of Well -b e i n g T h e s e i s m o r e t o i t t h a n G D P, C u r r e n t I s s,s u e p t e m b e r, (7 ) E l l i o t, A. J. a n d S h, e K l d. o n M ( )Av o i d a n c e a c h i e v e me n t m o t i v a t i o n : A personal goals analysis,j o u r n a l o f P e r s o n a l i t y a n d S o c i a l P s y,7 c h o 3 l, o g y (8 ) E u r o s t a t ( ) F e a s i b i l i St t y u d y f o r We -B l l e i n g I n d i c a t o r s T a s k 4 : C r i t i c a l r e v i e w, E u r o s t a t. (9 ) F i n a n s d e p a r t e m e n t e t ( S ) t a t s b u d s j e t t e t 2, 0 0 F 7 i n a n s d e p r t a e m e n t e t. (10 ) Finansdepartementet (2008 )Statsbudsjettet 2008, F i n a n s d e p a r t e m e n t e t. (1 1 ) F i n a n s d e p a r t e m e n t e t ( S ) t a t s b u d s j e t t e t 2, 0 0 F 9 i n a n s d e p a r t e m e n t e t. (1 2 ) F i n a n s d e p a r t e m e n t e t ( S ) t a t s b u d s j e t t e t 2, 0 1 F 0 i n a n s d e p a r t e m e n t e t. (1 3 ) G j o k s i, N. ( ) N a t i o n a l a p e p s r o t a o c h m e a s u r e w e a l t h a n d w -b e l i l n g i n t h e c o n t e x t o f s u s t a i n a b l e d e v e l o p m e n E t S, D N C a s e S t u, d y 4, (1 4 ) G o o s s e n s, Y., äk M i pä ä, A., S c h e p e l m a n n, P., v a n d e S a n d, I., K u h n d t, M. an d H e r r n d o r f, M. ( ) A l t e r n a t i v e p r o g r e s s i n d i c a t o r s t o G r o s s D o m e s t i c P r o d u c t ( G D P ) a s a m e a n s t o w a r d s s u s t a i n a b l e d e v e l o p m e n t, ( I P / A / E N V I / S T / ), B r u x e l l e s : E u r o p e a n P a r l i a m e n t, 9 5 p. (1 5 ) H e l l i w e l l, J. F. ( ). H o w s l i f e? C o m b i n i n g i n d i v i d u a l a n d n a t i o n a l v a r i a b l e s to explain subjective well -b e i n g,economic Modelling, 2 0, (1 6 ) H e l l i w e l l, J. a F. n d, Putnam, R. (2004). The social context of well-b e i n g. P h i l o s o p h i c a l T r a n s a c t i o n s o f t h e Society R o y a l London, 3 5 9, (1 7 ) Hu m a n R e s o u r c e s a nd S k i l l s D e v e l o p m e n t C a n a, d a 2 ( ) W h a tdi f f e r e n c e doeslearningmake tofinancialsecurity,? S p e c i a l R e p o r t s , H R S D C. (1 8 ) L a f f e r t y, W. M., K n, u d s J e. a n d L a r s e n, O. M. P ( u 2 r 0 s 0 u 7 i ) n g S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t i n N o r w a y : t h e C h a l l e n g e iving o f L Up To Brundtland at Home, E u r o p e a n E n v i r o n m e n t1 7 : (1 9 ) L a f f e r t y, W. M., s e n L, a r O. M. d a R n u u d, A. ( 2 0 I 0 n 4 s ) t i t u t i o n a l p r o v i s i o n s f o r e n v i r o n m e n t a l p o l i c y i n t e g r a t i o n : A n a n a l y s i s o f t h e E n v i r o n m e n t a l P r o f i l e o f t h e S t a t e B u d g e t a n d t h e N a E t i n o v n i a r o l n m e n t a l M o n i t o r i n g S y s t. e m i n N o Wo r k i n g P a p e r, w 2 / 0 4, P r o g r a m y f o r R e, s e a r c h a n m d e n D t a o t c i u o n f o r a Sustainable Society ( ProSus ), University of Oslo. (2 0 ) L e a, R. ( K ) L O K T k l i m a t i l t a k l o k a l t g j e n n o m k o m m u n a l e t i l t a k : Beskrivelse av første v e r s j o n a v b e r e g n i n g s v e r k t, ø y R e a t p p o r t ( 1 1 o k t o b e r ), 97

105 C i v i t a s. (2 1 ) L y u b o m i r s k y, S., S h e l d o n, K an. d M S. c h k a d e, D ( ) P u r s u i n g h a p p i n e s s : T h e a r c h i t e c t u r e o f s u s t a i n a b l e c h a n R g e v, i e w o f G e n e r a l P s y c h o l, o g y 9, (2 2 ) M i c h a l o s, A. C., S h a r p e, A., A r s -F. e n a, u l M t, u h J a. j a r i n e, N., L a b o n t é, R., S c o t t, K., S h o o k n e r, M., M o o r e, k., S w y H s t o u l d n e, n, L. B,., B e r n a r d i n, H., D u n n i n g, B., G r a h a m, P. a n d R o t t i e, L. ( A 2 n A ) p p r o a c h t o t h e C a n a d i a n I n d e x o f W e l l b e i n,r g e p o r t,1, A t k i n s o n C h a r i t a b l e F o u n d a t i o n. (2 3 ) M i l j ø v e r n d e p a r t e m e n t e t ( ) M i l j ø o g u t v i k l i n g. N o r g e s o p p f ø l g i n g a v Ve r d e n s k o m m i s j o n e n s r a p p o r t, M e l d i n g e r t i l S t o r t i n, g e t 4 6 ( ), M i l j ø v e r n d e p a r t e m e n t e t. (2 4 ) M i l j ø v e r n d e p a r t e m e n t e t ( ) R e g j e r i n g e n s mi l j ø v e r n p o l i t i k k o g r i k e t s m i l j ø t i l s t a n d M, e l d i n g e r t i l S t o r t i, n g 8 e t ( ), M i l j ø v e r n d e p a r t e m e n t e t. (2 5 ) M i n i s t e r o f F i n a n c e ( I 5 n ) d i c a t r s o f o r P o l i c i e s t o E n h a n c e S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t, M i n i s t e r o f F i n a n c e. (2 6 ) M i n i s t e r o f F i n a n c e ( A 7 ) P e e r R e v i e w o f N o r w a y s P o l i c y f o r S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t, M i n i s t e r o f F i n a n c e. (2 7 ) O E C D ( a ) O E C D E c o n o m i c S u r v e y s : N o r w a y, 2 O 0 1 E 0 C D. (2 8 ) O E C D ( b )W o n g P a r k t y o i n E n v i r o n m e n t a l P e r f o r m a n c e : E n v i r o n m e n t a l Performance Review of Norway Main Report, O E C D. (2 9 ) O E C D ( ) Compendium of OECD well -being indicators, O E C D. (3 0 ) R i k s r e v i s j o n e n ( R ) i k s r e v i s j o n e n s u n d e r s ø k e l s e v e d r ø r e n d e r e g j e r i n g e n s m i l j ø r a p p o r t e r i n l g S t t i o r t i n, g e R t i k s r e v i s j o n e n. (3 1 ) S h a r p e, A., G h a n g h r o, A. n, s o n J, o h E. a n d K i d w a i, A. ( D 2 o 0 e 1 s 0 ) m o n e y m a t t e r? D e t e r m i n i n g t h e h a p p i n e s s o f C a n a d C i a S n L, S R e s e a r c h R e p o, r t , C e n t r e f o r t h e S t u d i e s o f L i v i n g S t a n d a r d s. (3 2 ) S h i e l d s, M and. Wheatley Price., ( S ) E x p l o r i n g t h e e c o n o m i c a n d s o c i a l determinants of psychological wellbeing a n d p e r c e i v e d s o c i a l s u p p o r t i n E n g l a n d. J o u r n a l R o y a l S t a t i s t i c a l S o, ( c P i a e r y t 3 ), (3 3 ) S t a t e n s f o r v a l t n i n g s t j e n I e n s f t o e r m a s j o n s f o r v a l t n i n g ( 2 0 E 0 5 n ) k l e s i g n a l e r i e n k o m p l e k s v e r d e n- F o r s l a g t i l e t n a s j o n a l t i n d r i s k e t a t o f o r b æ r e k r a f t i g u t v i k l i n, g NOU (Norges offentlige utredninger,2 0 0 ) 5 : 5. (3 4 ) S t a t i s t i s k s e n t r a l b y r å ( 2 0 P 1 å 0 ) r e t t v e i? I n d i k a t o r f e o r r b æ r e k r a f t i g u t v i k l i n g ,S t a t i s t i s k e a n a l y,1 s e 1 r 4, S t a t i s t s i e s n k t r a l b y r å. (3 5 ) S t a t s k o n s u l t ( S ) e k t o r v i s e m i l j ø h a n d l s i p n l g a n e r E t e g n e t v i r k e m i d d e, l? R a p p o r t, : 0 6, S t a t s k o n s u l t. (3 6 ) v a n P r a a g,b.m.s,f. r i j t e,p r s a n d F e r. r e r-i-c a r b o n e l l, ( ) T h e a n a t o m y o f s u b j e c t i v e w e -b l l e in g,j o u r n a l o f E c o n o m i c B e h a v i a o r n d O r g a n i z a t i o n,5 1, (3 7 ) W e l s c h, H. ( ). E n v i r o n m e n t a n d h a p p i n e s s : Va l u a t i o n o f n a u i s r i n p g o l l u t i l i f e s a t i s f a c t i o n, E d c a o t l a o g i c a le c o n o m i c s, 5 8,

106 補 遺 4. 1 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 ノ ル ウ ェ ー を 事 例 と し て 補 遺 は じ め に ノ ル ウ ェ ー の グ ロ ブ ル ン ト ラ ン ト 元 首 相 が 国 連 の 環 境 と 開 発 に 関 す る 世 界 委 員 会 の 委 員 長 を 務 め, 年 の 同 委 員 会 の 報 告 書 O u r C o m m o n F u t u r e で 示 さ れ た 持 続 可 能 な 開 発 に 関 す る 概 念 が 示 さ れ た こ と を あ げ る ま で も な く, 他 の 北 欧 諸 国 と 同 様 に ノ ル ウ ェ ー は 環 境 問 題 に 対 す る 意 識 が 高 く, こ の た め 先 進 的 な 環 境 政 策 が 示 さ れ て き た. し か し 持 続 可 能 な 発 展 へ 向 け た 国 家 戦 略 が 示 さ れ た の は 遅 く, 年 代 初 頭 で あ っ た. そ れ ま で は, 経 済 開 発 分 野 で 環 境 側 面 を 配 慮 す る と い う か た ち で 政 策 が 進 め ら れ て い っ た. 本 節 で は, ブ ル ン ト ラ ン ト 報 告 書 刊 行 以 降 の 環 境 配 慮 型 の 政 策 か ら, 持 続 可 能 な 国 家 戦 略 を 経 て, 持 続 可 能 性 指 標 の 創 設 と そ の 活 用 へ と 至 る ノ ル ウ ェ ー に お け る 環 境 政 策 の 足 跡 を た ど っ た 上 で, 同 指 標 の 活 用 に つ い て 論 じ る 年 代 か ら 持 続 可 能 性 を 加 味 し た 環 境 勘 定 が 議 論 さ れ た こ と と も 関 連 し ( A l f s e n e t a l, ), 持 続 可 能 性 を 測 る 指 標 に 関 し て も, ス ト ッ ク ベ ー ス の ア プ ロ ー チ が 採 用 さ れ て い る. こ の 点 は, 産 油 国 で あ る ノ ル ウ ェ ー は G D P の %, 輸 出 額 の % が 石 油 ガ ス で あ り,ま た 輸 出 額 の 9. 6% が 石 油 ガ ス に つ ぎ 魚 介 類 が し め て い る こ と か ら( O E C D, a ), こ れ ら 再 生 可 能 再 生 不 可 能 資 源 を 枯 渇 せ ず に, 持 続 的 に 利 用 す る こ と と, 年 で の 余 命 が そ れ ぞ れ 8 年 と 2 6 年 と 推 計 さ れ て い る 原 油 と ガ ス が 枯 渇 し た 場 合, 何 が こ れ ら に 代 わ る 資 本 で あ る か を 明 ら か に す る こ と が ノ ル ウ ェ ー の 国 家 的 な 関 心 事 で あ る こ と と も 関 連 し て い る. 補 遺 国 家 予 算 で の 環 境 プ ロ フ ァ イ ル と 環 境 政 策 優 先 分 野 ノルウェーの 環 境 政 策 は 財 務 省 (F i n a n s d e p a r t em e n t e t )と 環 境 省 (M i l j ø v e r n- d e p a r t e m e n t e t) が 中 心 と し て 推 進 さ れ て い る. 前 者 は 後 述 す る 各 省 庁 に よ る 環 境 優 先 分 野 へ の 配 慮 と 関 連 し た 予 算 配 分 な ら び に こ れ ら を 記 し た 予 算 書 の 刊 行 を 通 じ て, 一 方 後 者 は 2 年 ご と に 作 成 す る 白 書 で 示 さ れ る 環 境 政 策 優 勢 分 野 や 各 種 の 環 境 関 連 の 制 度 を 通 じ て, 環 境 政 策 の 推 進 と 深 く か か わ っ て い る. 省 庁 の 各 種 政 策 へ の 環 境 へ の 配 慮 は, 環 境 省 に よ り 環 境 と 開 発 : ノ ル ウ ェ ー に お け る 国 連 の 環 境 と 開 発 に 関 す る 世 界 委 員 会 の 事 後 点 検 と 題 さ れ る 年 白 書 で 示 さ れ た 国 家 予 算 で の 環 境 プ ロ フ ァ イ ル (M i l j ø p r o f i l e n i s t a t s b u,m d s j e P t S t B e t )か ら 始 ま る (L a f f e r t y e t a l, ).M P S B の 目 的 は, 各 省 庁 で 示 さ れ た 環 境 政 策 と こ れ ら に 用 い ら れ た 予 算 の 概 要 を 示 す と 同 時 に, 環 境 政 策 の 目 的 や 手 法 を 毎 年 示 す こ と で あ っ た. さ ら に 可 能 な ら ば, 前 2 年 間 の 環 境 政 策 へ の 支 出 の 影 響 を 評 価 す る こ と も 求 め ら れ た( L a f f e r t y e t a l, ,p. 2 3). こ れ 以 降 年 ま で に, 国 連 の 環 境 と 開 発 に 関 す る 世 界 委 員 会 の 事 後 点 検 と い う 名 称 で 各 省 庁 の 環 境 政 策 の 概 要 が 各 年 の 予 算 書 で 示 さ れ る だ け で あ っ た が, 年 予 算 案 に お い て 環 境 省 は, 環 境 と の 関 連 で, 各 省 庁 の 政 策 を 以 下 の 3 つ に 分 類 し, 政 策 の 目 的 と 各 政 策 の 予 算 額 の 提 示 を 要 求 し た. す な わ ち, 類 型 1 :( 2 / 3 以 上 環 境 に 配 慮 し た ) 純 粋 な 環 境 政 策 ; 類 型 2 :( 最 低 1 / 3 程 度 環 境 に 配 慮 し た ) 比 較 的 環 境 に 配 慮 し た 環 境 政 策 ; 類 型 3 : 99

107 表 年 に 示 された 各 省 の 環 境 政 策 関 連 予 算 案 省 庁 等 a) 実 数 ( 百 万 クローネ) b) 百 分 率 (%) 類 型 1 類 型 2 類 型 3 類 型 1 類 型 2 類 型 3 国 会 子 供 家 族 省 財 務 省 水 産 省 防 衛 省 法 務 省 研 究 省 運 輸 労 働 省 文 化 省 農 林 省 , 環 境 省 2, 産 業 エネルギー 省 運 輸 省 , 社 会 省 外 務 省 1, 合 計 5, , , ( 出 展 :Riksrevisjonen (1999)をもとに 作 成 ) ( 環 境 へ の 配 慮 が 1 / 1 0 以 下 の ) 部 分 的 に 環 境 に 配 慮 し た 環 境 政 策 で あ る. 表 は 年 予 算 案 で 示 さ れ た 各 省 庁 の 予 算 案 を 三 類 型 ご と に 示 し た も の で あ る. 一 部 の 例 外 も あ る が, 多 く の 省 で 環 境 を 重 視 し た 政 策 が 立 案 さ れ, 全 体 と し て 約 1 / 3が 類 型 1 に 分 類 さ れ て い る. こ の 表 か ら, 国 会, 子 供 家 族 省, 財 務 省, 環 境 省, 防 衛 省, 文 化 省 で は, そ の 割 合 が 7 5 % を 超 え, 環 境 へ の 意 識 が 高 い 政 策 が 策 定 さ れ た こ と が 読 み と れ る. し か し 各 省 庁 か ら の 批 判 も あ り, 環 境 政 策 の 3 類 型 に よ る 予 算 要 求 の 際 に は, 以 下 の 持 続 可 能 性 指 標 と 関 連 し た 環 境 政 策 優 先 分 野 (Te m a o m r å d e n e ) ご と に 関 連 す る 環 境 政 策 を 示 す こ と へ と 置 き 換 え ら れ た ( L a f f e r t y e t a l, 2,p 0 0 p ).1 9 の 優 先 分 野 は 年 の 予 算 案 で 初 め て 示 さ れ た ( 表 ). こ の 表 か ら わ か る よ う に, 持 続 可 能 性 の 三 本 柱 と 考 え ら れ 経 済 や 社 会 と い っ た 側 面 を 含 ま ず, 人 文 自 然 環 境 の 側 面 に 特 化 し て い る. こ 表 年 白 書 で 示 された 政 策 優 先 分 野 1 地 域 管 理 2 文 化 財 保 護 3 文 化 遺 産 4 建 造 物 や 船 舶 の 保 存 5 文 化 環 境 と 文 化 景 観 6 気 候 変 動 とオゾン 層 破 壊 7 長 距 離 の 大 気 汚 染 8 富 栄 養 化 と 有 機 化 合 物 の 排 出 9 健 康 環 境 被 害 をもたらす 化 合 物 10 突 発 的 な 原 油 化 学 物 質 の 流 失 11 廃 棄 物 とリサイクル 12 環 境 にやさしい 集 落 や 都 市 13 農 村 環 境 14 北 極 圏 と 南 極 の 管 理 15 地 域 計 画 16 環 境 保 全 での 国 際 協 力 17 地 図 と 空 間 データ 18 研 究 と 情 報 提 供 19 行 政 ( 出 展 :Riksrevisjonen (1999)をもとに 作 成 ) 表 政 策 優 先 分 野 (2010 年 ) 1 持 続 可 能 な 発 展 の 促 進 と 貧 困 の 解 消 のための 国 際 協 力 2 気 候 変 動 オゾン 層 長 距 離 の 大 気 汚 染 3 生 物 多 様 性 と 文 化 遺 産 4 自 然 資 源 5 危 険 物 質 6 持 続 的 な 経 済 的 社 会 的 発 展 7 環 境 自 然 資 本 の 管 理 に 対 するサーミ 人 の 視 点 ( 出 展 :Finansdepartementet (2008)をもとに 作 成 ) 表 年 予 算 案 で 示 された 政 策 優 先 分 野 1 生 物 多 様 性 の 保 全 と 持 続 的 な 利 用 2 戸 外 での 余 暇 活 動 3 文 化 遺 産 4 富 栄 養 化 と 汚 染 5 危 険 物 質 6 廃 棄 物 とリサイクル 7 気 候 変 動 大 気 汚 染 騒 音 8 北 極 圏 での 国 際 的 な 環 境 保 全 と 協 力 9 地 域 計 画 10 地 図 と 空 間 データ 11 省 庁 横 断 型 の 政 策 手 法 と 地 方 自 治 体 の 責 務 ( 出 展 :Riksrevisjonen (1999)をもとに 作 成 ) 100

108 れ 以 降 各 省 庁 は, こ の 1 9 優 先 分 野 に そ っ て 環 境 配 慮 型 の 政 策 を 考 案 し, M P S B で 表 す こ と が 要 求 さ れ る よ う に な っ た. そ の 後 の 年 の 予 算 案 で, 優 先 分 野 は 1 分 1 野 へ 縮 小 さ れ た ( 表 ). さ ら に 年 の 予 算 書 で 示 さ れ た, 後 述 す る 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 行 動 計 画 で, 7 つ の 優 先 分 野 が 示 さ れ, 今 日 に 至 っ て い る ( 表 ). こ の こ と は, 表 か ら も わ か る よ う に,ブ ル ン ト ラ ン ト 報 告 書 が 刊 行 さ れ て か ら 1 7 年 を 要 し て や っ と, 経 済 社 会 面 も 含 む 持 続 可 能 性 の す べ て の 側 面 が 優 先 分 野 で 考 慮 さ れ る こ と に な っ た こ と を 意 味 す る 年 ま で 使 用 さ れ た M P S B で あ る が, 政 策 優 先 分 野 の み 今 日 に 至 る ま で 活 用 さ れ る 一 方 で,M P S B 制 度 そのものは 後 述 する 環 境 政 策 の 成 果 事 後 点 検 システム (Re s u l t a op t p f ø l g i n g - s systemet i miljøvernpolitikken,r O S M P )へ と 年 に 置 き 換 え ら れ た. M P S B が 機 能 し な か っ た 理 由 と し て は, M P S B が, 各 省 庁 に よ る 環 境 に 配 慮 し た 政 策 に 対 し て, い か に 予 算 を 配 分 す る か と い う 入 口 で の 議 論 は な さ れ た も の の, こ れ ら の 環 境 政 策 か ら ど の 程 度 の 効 果 が え ら れ た か と い う 出 口 で の 議 論 が 十 分 に な さ れ て い な か っ た 点 や, M P S B 作 成 の 際 の ガ イ ド ラ イ ン や, M P S B を 利 用 す る た め の 各 省 庁 で の 訓 練 等 を 明 示 し な か っ た こ と に よ り, 環 境 省 が 各 省 庁 の 調 整 役 と し て 十 分 機 能 し え な か っ た 点 な ど が 指 摘 さ れ て い る ( R i k s r e v i s j o n e n, ). し か し M P S B と 代 替 し た R O S M P が 十 分 に 機 能 し な か っ た こ と と も 関 連 し て, 年, 年 の 政 府 予 算 書 で は M P S B が 復 活 し て い る ( F i n a n s d e p a r t e m e n t e t, ; 2 ) 両 年 の 予 算 書 で は, 省 庁 で の 温 暖 化 防 止 政 策 を 中 心 と し た 各 種 環 境 政 策 の 概 要 と, こ れ ら 政 策 の 支 出 額 の み が M P S B で 示 さ れ て い る. 補 遺 環 境 政 策 の 成 果 事 後 点 検 シ ス テ ム M P S B に 代 わ り 年 白 書 で 提 示 さ れ た の が R O S M P で あ る(L a f f e r t y e t a l, 2 ) そ の 目 的 は, 各 省 庁 の 環 境 政 策 を 総 合 し, 各 省 庁 の 各 種 政 策 へ の 環 境 政 策 の 統 合 を 意 図 し た シ ス テ ム で あ っ た. こ の た め 同 白 書 で R O S M P は, 上 述 し た 優 先 分 野 と 関 連 し た 政 府 の 環 境 政 策 を 包 括 的 に 報 告 す る シ ス テ ム で あ り, 各 省 庁 の 環 境 政 策 で 示 さ れ た 目 的 や 責 務 が 満 た さ れ て い る か, ま た こ れ ら の 各 省 庁 の 政 策 に 対 し て 配 分 さ れ た 予 算 が 費 用 対 効 果 の 面 で 効 果 的 で あ っ た か を 評 価 し, こ の よ う な 評 価 を も と に, 次 年 度 以 降 の 環 境 政 策 の 目 的 や 手 法 を 調 整 す る た め の 省 庁 横 断 的 な 報 告 事 後 点 検 シ ス テ ム で あ る と さ れ て い る. 4. 成 果 報 告 1. 政 府 の 環 境 政 策 と 環 境 の 状 態 5. 横 断 分 析 3. 省 庁 別 環 境 報 告 2. 省 庁 別 環 境 計 画 図 環 境 政 策 の 成 果 事 後 点 検 シ ス テ ム ( 出 展 :M i l j ø v e r n d e p a r t e m e n ( t 1 e 9 t 9 9 )を も と に 作 成 ) 101

109 こ の よ う な 目 的 か ら R O S M P が 環 境 省 か ら 提 示 さ れ た が, 当 該 シ ス テ ム の 具 体 的 な 内 容 は 政 府 の 環 境 保 全 政 策 と 国 家 の 環 境 の 状 態 と 題 さ れ る 年 白 書 の 刊 行 を 待 た な く て は な ら な か っ た ( M i l j ø v e r n d e p a r t e m e n t e t, ). 当 該 シ ス テ ム は 5 つ の 段 階 か ら な る 循 環 型 の シ ス テ ム で あ る ( 図 ). 第 1 段 階 は, 政 府 の 環 境 政 策 の 指 針 と, 温 暖 化, 大 気 水 質, 文 化 遺 産 等 の 環 境 指 標 の デ ー タ を 示 し た 環 境 の 状 態 ( M i l s j t ø a t u s) で 構 成 さ れ る (L a f f e r t y e t a l, 2, 0 0 p ). 政 府 の 環 境 政 策 は 基 本 的 に 環 境 省 の 刊 行 す る 白 書 の 影 響 を 受 け る こ と か ら, 環 境 白 書 で 示 さ れ た 内 容 の 多 く が こ こ で 反 映 さ れ る こ と に な っ た. 環 境 の 状 態 は 現 状 を 把 握 す る た め の ツ ー ル で あ る と と も に, 状 態 を 測 定 す る 以 前 に 実 施 さ れ た 各 種 の 環 境 政 策 の 成 果 を フ ォ ロ ー ア ッ プ す る た め の モ ニ タ リ ン グ ツ ー ル と し て も 機 能 す る. 環 境 の 状 態 で は, 表 で 示 し た 1 重 1 点 領 域 の う ち 第 1 ~ 8 領 域 と 関 連 す る 各 種 の 環 境 関 係 デ ー タ を 提 供 す る と と も に, こ れ ら の 分 野 で の 政 策 目 標 や 目 的, 目 標 の 達 成 度, 使 用 さ れ る 政 策 手 段 な ど も 記 載 さ れ る こ と に な っ て い た. 後 述 す る よ う に 年 に 予 算 書 の 一 部 と し て 持 続 可 能 性 戦 略 が 出 さ れ る こ と で, 主 に 環 境 分 野 に 特 化 し た R O S M P は 用 い ら れ な く な る が, 年 以 降 も 環 境 の 状 態 と い う 題 目 の 出 版 物 が, ノ ル ウ ェ ー 統 計 局 が 中 心 と な り, 現 在 ま で 刊 行 さ れ る と と も に, 同 書 の 内 容 を 反 映 す る ホ ー ム ペ ー ジ ( h t t p : / / w w w. m i l j o s t a t u ) s. n o / も 作 成 さ れ て い る. こ の 点 は O E C D ( b,p. ) で 7 3 も 情 報 提 供 ツ ー ル と し て 高 く 評 価 さ れ る と と も に, 後 述 す る 地 方 自 治 体 に お け る 地 球 温 暖 防 止 対 策 策 定 時 の 支 援 ツ ー ル の 一 部 と し て も 活 用 さ れ て い る ( 図 , ). し か し 各 種 の 環 境 対 策 の 成 果 を 事 後 点 検 す る た め の 費 用 便 益 分 析 の よ う な ツ ー ル は 含 ま れ て い な い. 第 2 段 階 は 省 庁 別 環 境 計 画 で あ り, 政 府 が 示 し た 環 境 政 策 の 指 針 に も と づ き, 各 省 庁 で 実 施 す る 環 境 政 策 の 目 標 や 目 的 が こ の 計 画 に 記 さ れ る (L a f f e r t y e t a l, 2, 0 p ). こ の 計 画 は 各 省 庁 で 4 年 ご と に 更 新 さ れ, 更 新 時 に 4 年 間 に 実 施 さ れ た 環 境 政 策 が 評 価 さ れ る べ き で あ る と さ れ て い る が, 官 庁 別 環 境 計 画 は 1 回 の み 策 定 さ れ た だ け で, 今 日 で は 策 定 さ れ て い な い. R O S M P のうち 唯 一 省 庁 別 環 境 計 画 だけは 行 政 管 理 庁 によって 事 後 点 検 を 受 けた (S t a t s k o n s u l t, ).こ の 評 価 書 で R O S M P は, 環 境 政 策 を 概 観 す る の に 有 用 だ っ た が, 各 省 庁 内 で の 各 種 政 策 に お い て 省 庁 別 環 境 計 画 の 優 先 順 位 が 低 か っ た こ と と 関 連 し, 同 計 図 環 境 の 状 態 図 環 境 の 状 態 の 使 用 C 例 O 2 ( 排 出 量 ) ( 出 展 :h t tp : / / w w w. m i l j o s t a t u s ). n o / ( 出 展 :h t t p : / / w w w. m i l j o s t a t u s ). n o / 102

110 画 で 示 さ れ た 目 標 は 具 体 的 で な い ば か り か 意 欲 的 で も な か っ た と さ れ る. さ ら に 省 庁 間 の 横 断 的 な 政 策 や 協 力 も 意 図 さ れ な か っ た. 結 果 と し て, こ れ ら の 要 因 が, 省 庁 別 報 告 書 の 策 定 を 困 難 な も の と す る と と も に, 環 境 政 策 に お け る 省 庁 間 の 連 携 は 改 善 さ れ る こ と は な く, 結 果 と し て 省 庁 別 環 境 計 画 は 将 来 的 な 環 境 政 策 の 展 開 や 予 算 の 配 分 に 寄 与 す る こ と は な か っ た. こ の こ と を 踏 ま え て, 省 庁 別 環 境 計 画 は 環 境 政 策 統 合 を 促 進 す る た め に 適 当 な 手 法 で は な か っ た と 結 論 づ け ら れ た ( L a f f e r t y e t a l, , p. 3 2). 第 3 段 階 は R O S M P の 中 核 を な す 省 庁 別 環 境 報 告 で あ る (L a f f e r t y e t a l, , p p ). こ の 報 告 書 で は, 省 庁 別 環 境 計 画 で 示 さ れ た 目 標 の 達 成 度 が 記 さ れ る. こ の こ と を 通 じ て, 各 省 庁 の 環 境 政 策 の 事 後 点 検 が 可 能 と な る ば か り か, 他 の 4 つ の 要 素 と 連 携 し て 循 環 型 モ デ ル の R O S M P を 機 能 さ せ る と と も に, 環 境 の 状 態 報 告 書 の モ ニ タ リ ン グ の 章 を 構 成 す る は ず で あ っ た. し か し ど の 省 庁 も 環 境 報 告 を 策 定 し な か っ た. こ の こ と が R O S M P が 破 綻 し た 理 由 の 一 つ で も あ り, こ れ に よ り, 省 庁 を 横 断 す る 環 境 政 策 統 合 を 図 る た め, 後 述 す る 持 続 可 能 性 戦 略 と 同 行 動 計 画 が 策 定 さ れ る こ と に な る. こ の よ う に 環 境 政 策 統 合 に 関 し て R O S M P は 意 欲 的 な 試 み で あ り,そ の 1 要 素 で あ る 省 庁 別 環 境 計 画 の 策 定 に お い て 費 用 対 効 果 分 析 で 代 表 さ れ る 経 済 学 的 手 法 が 使 わ れ, こ の 点 で は 高 く 評 価 さ れ る こ と の 多 い ノ ル ウ ェ ー の 環 境 政 策 で あ る が, 政 策 の 実 施 段 階, 特 に 実 施 さ れ た 各 種 政 策 の 評 価 過 程 で の 対 費 用 効 果 分 析 の 利 用 度 は 低 い と い う 問 題 を 抱 え て い る こ と か ら, こ の 問 題 の 要 因 を 究 明 す る た め の プ ロ ジ ェ ク ト が 中 央 統 計 局 や オ ス ロ 大 学 等 を 中 心 と し て 現 在 進 め ら れ て い る ( O E C D, b, p. 2 9). 第 4 段 階 は 成 果 報 告 ( シ ス テ ム ) で あ る ( L a f f e r t y e t a l, 2 0 ). 0 4 成, 果 p 報. 告 2 シ 6 ス テ ムの 運 用 は 環 境 省 の 関 連 機 関 である 気 候 変 動 大 気 汚 染 庁 (K l i m - a o g f o r u r e i n i n - g s d i r e k t o r a t e t) が 担 当 す る 予 定 で あ り, 当 該 シ ス テ ム で は, 中 央 統 計 局 か ら 提 供 さ れ る 全 国 の 統 計 資 料 や 経 年 デ ー タ と, 第 3 段 階 で 策 定 さ れ る 省 庁 別 環 境 報 告 で 構 成 さ れ, こ れ ら の 内 容 は 環 境 の 状 態 報 告 書 へ 盛 り 込 ま れ る こ と で, R O S M P の 第 1 段 階 へ と フ ィ ー ド バ ッ ク さ れ る こ と が 意 図 さ れ て い た. し か し 省 庁 別 環 境 報 告 が 示 さ れ な か っ た こ と か ら, 同 シ ス テ ム は 一 度 も 機 能 し な か っ た. 第 5 段 階 は, 各 省 庁 で 実 施 さ れ た 種 々 の 環 境 政 策 を 横 断 す る 費 用 対 効 果 分 析 か ら な る (L a f f e r t y e t a l, , ). p. そ 2 の 6 成 果 は, 政 策 目 標 の 修 正 や 他 の 政 策 手 法 の 活 用 の 基 礎 と し て 活 用 さ れ る こ と が 目 論 ま れ て お り, 費 用 対 効 果 の 分 析 結 果 は 環 境 の 状 態 報 告 書 に 盛 り 込 ま れ る こ と が 期 待 さ れ て い た. 補 遺 持 続 可 能 性 戦 略 と 行 動 計 画 ノ ル ウ ェ ー に お け る 持 続 可 能 性 戦 略 の 萌 芽 は, 上 述 し た 年 白 書 で み ら れ, 年 に 政 府 は 持 続 可 能 性 委 員 会 を 発 足 さ せ て い る. 同 委 員 会 は 首 相, 閣 僚, 産 業 界 労 働 組 合 N G O 等 で 構 成 さ 環 れ た が, 持 続 境 可 能 性 戦 略 行 動 計 画 を 策 定 す る に は 至 ら ず, 年 に ノ ル ウ ェ ー で 最 初 の 持 続 可 能 性 戦 略 (N o r g e sst r a t e g i f Bæ o r r e k r a f t i Ut g v i k l i n g)が 策 定 さ れ た. こ の 戦 略 に も と づ き, 国 家 ア ジ ェ ン ダ 2 1 (N a s jo n a l A g e n d a 2 1) と 称 さ れ る 行 動 計 画 (N a s j o n a lha n d l i n g s p l a n f o rbæ r e k r a f t i Ut g v i k l i n g)が 年 に 策 定 さ れ, 上 述 し た M P S B や R O S M P と 同 様 に, 翌 年 の 予 算 書 の 一 部 と し て 表 さ れ て い る 年 103

111 に 財 務 省 は, 持 続 可 能 性 戦 略 に 関 する 外 部 の 監 査 委 員 会 を 発 足 させ, 同 委 員 会 の 勧 告 (M i n i s t e r o f F i n a n, c e ) な ら び に 国 内 の 各 種 団 体 市 民 か ら の 意 見 も 取 り 入 れ た 上 で, 年 に 持 続 可 能 性 戦 略 を 改 定 し, 初 版 と 同 様 に 同 年 の 予 算 書 の 一 部 と し て 表 さ れ て いる(F i n a n s d e p a r t e m e n t e t, 2 0 ).こ 0 8 れ と 並 行 し て 行 動 計 画 も 事 後 点 検 も な さ れ て お り, そ の 成 果 は 年 と 年 の 予 算 書 の な か に 記 さ れ て い る. ノ ル ウ ェ ー で の 持 続 可 能 性 の 概 念 は 後 述 す る 国 富 ( N a t i o n a l w e a l ) t h の 維 持 と し て 捕 ら え ら れ て お り, 国 富 を 維 持 す る た め に, 5 つ の 原 則 ( 公 正 か つ 衡 平 な 分 配, 国 際 協 力, 予 防 原 則, 汚 染 者 負 担 原 則, 様 々 な 主 体 の 連 携 ) に も と づ き, 年 の 行 動 計 画 で 示 さ れ た 7 つ の 優 先 分 野 ( 表 , 上 述 ) と 関 連 す る 各 種 の 環 境 政 策 が 展 開 さ れ る 一 方 で, 持 続 可 能 戦 略 下 で 各 省 庁 で 推 進 さ れ る 省 庁 を 横 断 す る 環 境 政 策 対 策 の 調 整 役 は 財 務 省 に あ る と さ れ た. ま た 持 続 可 能 性 の 進 展 状 況 を 把 握 す る た め, す な わ ち 国 富 の 増 減 状 況 を 把 握 す る た め, 持 続 可 能 性 指 標 ( I n d i k a t o r s e t t e t f o r b æ r e k r a f t i g u ) t v が i k 用 l い i n ら g れ て い る. 補 遺 持 続 可 能 性 指 標 と そ の 活 用 持 続 可 能 性 指 標 の 作 成 は, 行 動 計 画 策 定 後, 財 務 省 が K n u t H. A l f s を e n 長 と す る 調 査 委 員 会 に 同 指 標 の 試 案 作 成 を 依 頼 し た こ と か ら 始 ま る. 同 委 員 会 は 年 に 1 6 の 指 標 を 提 示 す る と と も に ( S t a t e n s f o r v a l t n i n g s t j e n I e n s f t o e r m a s j o n s f o r v a l t n i, n g ), 同 年 に 刊 行 された 別 の 報 告 書 で 指 標 と 優 先 分 野 と 国 富 の 関 係 を 示 した(M i n i s t r y o f F i n a n c e, 指 標 指 標 が 網 羅 すべき 政 策 の 重 点 領 域 持 続 可 能 な 発 展 の 促 進 と 貧 困 の 解 消 のた めの 国 際 協 力 104 気 候 オゾン 層 長 距 離 の 大 気 汚 染 生 物 多 様 性 と 文 化 遺 産 自 然 資 源 1 温 室 効 果 ガス 排 出 量 ( 対 京 都 議 定 書 目 標 値 ) 気 候 変 動 2 基 準 値 以 上 に 酸 性 化 した 土 壌 を 有 する 土 地 の 割 合 酸 性 化 3 野 鳥 の 営 巣 数 陸 上 生 態 系 4 良 好 な 生 態 環 境 を 有 する 河 川 湖 沼 の 割 合 淡 水 域 の 生 態 系 5 良 好 な 生 態 環 境 を 有 する 水 域 を 有 する 沿 岸 地 域 の 沿 岸 生 態 系 6 指 定 建 造 物 の 保 護 文 化 遺 産 7 GDPあたりのエネルギー 消 資 源 有 効 利 用 費 量 8 ( 北 東 北 極 海 のタラで 代 表 再 生 可 能 な 資 源 の 管 される)の 実 際 の 漁 獲 高 と 理 予 防 的 措 置 9 繁 殖 地 域 での 不 可 逆 的 な 再 生 可 能 な 資 源 の 管 損 失 理 10 危 険 物 質 の 世 帯 あたり 消 危 険 物 質 11 一 人 あたりの 国 民 純 所 得 収 入 源 12 石 油 消 費 額 を 除 した 可 処 分 所 得 持 続 可 能 な 消 費 13 高 学 歴 率 教 育 水 準 14 世 代 会 計 (GDPにしめる 公 持 続 可 能 な 財 政 共 支 出 の 割 合 ) 15 国 民 総 所 得 にしめる 政 府 開 発 援 助 の 割 合 世 界 的 な 貧 困 の 軽 減 16 発 展 途 上 国 ならびにアフリ 世 界 的 な 貧 困 の 軽 減 カ 諸 国 からの 輸 入 額 全 人 口 にしめる 長 期 失 業 17 者 と 身 体 の 不 自 由 な 年 金 生 活 者 の 割 合 労 働 市 場 からの 疎 外 18 平 均 寿 命 健 康 と 福 祉 ( 出 展 :Ministry of Finance (2005)をもとに 作 成 ) 表 持 続 可 能 性 指 標 と 優 先 分 野 国 富 の 関 係 政 策 優 先 分 野

112 ). こ の こ と で R O S M P で は 示 さ れ な か っ た 省 庁 を 横 断 す る 環 境 政 策 の 目 標 設 定 が 容 易 に な り, 環 境 政 策 の 統 合 が 行 い や す く な っ た と い え る. 加 え て, 持 続 可 能 性 指 標 を 通 じ て 省 庁 横 断 的 な 環 境 政 策 の 評 価 も 可 能 に な っ た と い え る 年 の 予 算 書 ( F i n a n sd e p a r t e m e n t e t, ) で は, こ れ ら 1 6 指 標 に 加 え て, 第 3 の 優 先 分 野 で あ る 生 物 多 様 性 と 文 化 遺 産 の う ち, こ れ ら 1 6 指 標 で 網 羅 し え な か っ た 文 化 遺 産 に 関 す る 第 6 指 標 指 定 建 造 物 の 保 護 と, 同 じ 優 先 分 野 で 比 較 手 薄 で あ っ た 生 物 多 様 性 に 関 す る 第 9 指 標 繁 殖 地 域 で の 不 可 逆 的 な 損 失 を 加 え, 現 在 で は 1 8 指 標 で 持 続 可 能 性 を 測 定 し て い る ( 表 ). こ の 表 か ら も わ か る よ う に, 第 1 2 指 標 が 第 1 優 先 分 野 持 続 可 能 な 発 展 の 促 進 と 貧 困 の 解 消 の た め の 国 際 協 力 と, 第 3 4 指 標 が 第 2 優 先 分 野 気 候 変 動 オ ゾ ン 層 長 距 離 の 大 気 汚 染 と, 第 5 ~ 8 指 標 が 第 3 優 先 分 野 生 物 多 様 性 と 文 化 遺 産 と, 第 9 ~ 1 指 1 標 が 第 4 優 先 分 野 自 然 資 源 と, 第 1 2 指 標 が 第 5 優 先 分 野 危 険 物 質 と, 第 1 3 ~1 8 指 標 が 第 6 優 先 分 野 持 続 的 な 経 済 的 社 会 的 発 展 と 主 に 関 係 し て い る こ と が 読 み と れ る. こ れ ら 1 8 指 標 を 用 い た 持 続 可 能 性 へ 向 け た 進 捗 状 況 が 各 年 の 予 算 書 で 示 さ れ て い る. S t a t e n s f o r v a l t n i n g s t j e n I e n s f t o e r m a s j o n s f o r v a l t n i (2 n g )は 指 標 の 試 案 に 加 え て, 三 段 階 か ら な る 国 富 の 算 定 方 法 も 示 し て い る. 第 一 段 階 で は, 漁 業, 林 業, 農 業, 水 力 発 電, 原 油 天 然 ガ ス 採 掘, 鉱 業 の 6 業 種 で, 国 民 経 済 計 算 体 系 ( S N A ) を 基 礎 と し て 自 然 資 本 か ら の 収 入 が そ れ ぞ れ 計 算 さ れ る.こ れ を も と に 第 二 段 階 で は S N A と G D P を も と に 国 民 純 所 得 ( N N I) が 下 式 に 従 っ て 計 算 さ れ る. 危 険 物 質 持 続 的 な 経 済 的 社 会 的 発 展 国 富 の 構 成 要 素 金 融 資 本 固 定 資 本 人 的 資 本 自 然 資 本 環 境 資 本 105

113 図 国 民 純 所 得 ( ) 図 国 民 純 所 得 ( ) ( 注 : 各 期 ご と に 左 か ら 右 へ, 再 生 可 能 な ( 注 : 各 期 ご と に 左 か ら 右 へ, 再 生 可 能 な 自 然 資 本, 再 生 不 可 能 な 自 然 資 本, 固 定 自 然 自 然 資 本, 再 生 不 可 能 な 自 然 資 本, 資 本, 自 然 資 本, 金 融 資 本 を 表 し て い る.) 固 定 資 本, 自 然 資 本, 金 融 資 本, 国 富 を 表 し て い る.) ( 出 展 :S t a t i s t i s k s e n t r a l b,2 y r 0 å 1 0) ( 出 展 :S t a t i s t i s k s e n t r a l b,2 y r 0 å 1 0) N N I = ( 漁 業, 林 業, 農 業, 水 力 発 電 か ら な る ) 再 生 可 能 自 然 資 本 か ら の 収 入 + ( 原 油 天 然 ガ ス 採 掘, 鉱 業 と い う ) 再 生 不 可 能 資 本 か ら の 収 入 + 製 造 物 資 本 ( も し く は 固 定 資 本 ) の ス ト ッ ク 部 分 か ら の 収 入 + 人 的 資 本 か ら の 利 益 + 金 融 資 本 か ら の 収 入 最 後 に 第 三 段 階 で 国 富 ( NW) が 下 式 に そ っ て 計 算 さ れ る. NW = 再 生 可 能 自 然 資 本 + 再 生 不 可 能 資 本 + 製 造 物 資 本 ( も し く は 固 定 資 本 ) + 人 的 資 本 + 金 融 資 本 上 記 の 数 式 を 用 い て ノ ル ウ ェ ー 統 計 局 は, 年 間 の 国 民 純 所 得 ( 図 ) と 国 富 4 (. 1. 5) 図 を 計 算 し て い る ( S t a t i s t i s k s e n t r a l,2 b y r 0 å 1 0 ). 国 民 純 所 得 国 富 と も 年 々 増 加 傾 向 に あ る が, そ の 多 く は 人 的 資 本 に 起 因 し, 年 の 国 富 の 7 3 % を し め る 年 で 国 富 の 1 8 % は 原 油 天 然 ガ ス に 起 因 し て い た が, 年 で は 1 2 % へ と 減 少 し て い る. ま た 金 融 資 本 の 一 部 で あ り, 原 油 天 然 ガ ス を も と に 海 外 で 運 用 さ れ て い る 国 の 年 金 基 金 は 国 富 の 4 % を し め る. 以 上 か ら, ノ ル ウ ェ ー に お け る 国 家 レ ベ ル で の 持 続 可 能 性 指 標 の 特 徴 を 以 下 3 点 に 要 約 で き る. 1 国 富 を 測 る 直 接 的 な 指 標 で あ り, 主 に 持 続 可 能 性 の 現 状 分 析 に 使 わ れ て い る. 2 過 去 の 歴 史 か ら, そ の 内 容 が 予 算 書 で 示 さ れ て い る こ と か ら も わ か る よ う に, 予 算 と の 図 K L O K Tの 概 念 図 ( 出 展 :C i v i t a s, 2 0 )

114 図 メ タ ン 酸 化 対 の 策 結 果 ( 出 展 :L e a, ) 図 各 種 対 策 のメ ニ ュ ー 図 チ ェ ッ ク リ ス ト の 入 力 画 面 ( 出 展 :L e a, ) ( 出 展 :L e a, ) 関 係 が 緊 密 で あ り, 予 算 書 に 毎 年 持 続 可 能 性 の 進 捗 状 況 が 示 さ れ て い る. し か し 7 つ の 優 先 分 野 や 各 種 資 本 形 成 と の 関 係 か ら 省 庁 横 断 的 な 環 境 政 策 統 合 の ツ ー ル と し て の 模 索 が な さ れ る べ き で あ る が, そ の よ う な ツ ー ル と し て の 活 用 は ま だ な さ れ て い な い. 3 政 策 評 価 の た め の ツ ー ル と し て の 活 用 は 十 分 に な さ れ て お ら ず, こ の た め R O S M P で 意 図 さ れ た, 現 状 分 析 を 踏 ま え た 次 年 度 以 降 の 目 標 設 定 や 予 算 配 分 ま で 踏 み 込 ん で い な い. 補 遺 地 域 レ ベ ル で の 指 標 の 活 用 本 節 で は, 第 1 持 続 可 能 性 指 標 ( 温 室 効 果 ガ ス 排 出 量 ) と, 持 続 可 能 性 指 標 の デ ー タ ベ ー ス で あ る 環 境 の 状 態 の 一 部 の 地 域 的 な 地 球 温 暖 化 防 止 対 策 へ の 利 用 例 を 紹 介 す る. 地 域 的 な 地 球 温 暖 化 対 策 は 年 の 環 境 白 書 で 初 め て 論 及 さ れ た ( A a l le t a, l ) 年 に 政 府 は, 地 域 的 な 温 暖 化 防 止 活 動 を 促 進 さ せ る た め, 3 7 の 基 礎 自 治 体 と 8 の 広 域 自 治 体 へ 約 万 U S D を 助 成 し た.そ の 際, 気 候 変 動 大 気 汚 染 庁 が k l i m a k a l k u l a t o r と 称 さ れ る 地 方 自 治 体 ご と の 分 野 別 温 室 効 果 ガ ス 排 出 量 を 表 示 す る ブ ラ ウ ザ ベ ー ス の シ ス テ ム を 提 供 し た. こ こ で 紹 介 す る の は, 地 方 自 治 体 協 議 会 が こ の シ ス テ ム を 改 良 し, 地 域 的 な 地 球 温 暖 化 対 策 策 定 を 支 援 す る こ と を 目 的 と し て 新 設 し た シ ス テ ム で あ る. 新 シ ス テ ム は, K L O K T (k l im a k u t t l o k a g l j t e n n o m k o m m u n a l e t i l ) t a の k 名 称 で 知 ら れ る 温 室 効 果 ガ ス 排 出 削 減 に 対 す る 地 域 的 な 対 策 を 支 援 す る た め, 各 対 策 で 削 減 さ れ る 二 酸 化 炭 素 の 量 の 計 算 シ ス テ ム で あ り, 利 用 者 は イ ン タ ー ネ ッ ト を 通 じ て 当 該 シ ス テ ム を 使 用 で き る ( L e a, ). 金 融 シ ス テ ム と も い え る K L O K T は, 地 方 自 治 体 の 温 暖 化 防 止 対 策 に よ っ て 生 じ た 温 室 効 果 ガ ス 削 減 量 の 市 場 を 創 設 す る こ と に あ る. 各 地 方 自 治 体 が 当 計 算 シ ス テ ム を 活 用 し, 温 室 効 果 ガ ス 削 減 量 に 関 す る 適 切 な 目 論 書 を 作 成 し た 上 で, 温 暖 化 対 策 を 実 施 し, 実 施 後 に 削 減 さ れ た 削 減 量 を 最 終 報 告 書 に ま と め た 後, 協 議 の 上 で ノ ル ウ ェ ー 政 府 に 温 室 効 果 ガ ス の 削 減 分 を 買 い 取 ら せ る こ と が K L O K T の 最 終 目 的 で あ る ( 図 ). 地 方 自 治 体 が 作 成 し た 目 論 書 と 最 終 報 告 書 は 独 立 し た 第 三 者 機 関 の 査 定 を 受 け る こ と が 前 提 と さ れ て い る. 107

115 当 該 シ ス テ ム は, 以 下 の よ う に 運 用 さ れ る. ま ず 個 々 の 温 暖 化 対 策 を チ ェ ッ ク リ ス ト に 列 挙 す る こ と か ら 当 該 計 算 シ ス テ ム の 利 用 を 始 め る. 本 シ ス テ ム で は, 土 地 利 用 交 通, 廃 棄 物 等 の 政 策 分 野 ご と に 各 々 コ ン パ ク ト テ ィ 型 対 策, 公 共 交 通 を 活 用 し た 対 策, 自 転 車 徒 歩 促 進 対 策, バ イ オ ガ ス 回 収 に よ る 対 策, メ タ ン 酸 化 に よ る 対 策 な ど の メ ニ ュ ー を す で に 準 備 し て い る ( 図 ). つ ぎ に 利 用 者 は こ れ ら の メ ニ ュ ー か ら 一 つ, も し く は 複 数 の 対 策 の 選 択 肢 を 選 択 し, 当 該 自 治 体 と 関 連 し た 事 項 を 記 載 し, 人 口 数 や 土 地 面 積 な ど の 必 要 デ ー タ を 入 力 す る ( 図 ). 最 後 に, チ ェ ッ ク リ ス ト 上 で, こ れ ら の 対 策 の 詳 細 を テ キ ス ト 形 式 で 記 載 し た 後, 各 々 の 対 策 に 対 し て, ベ ー ス ラ イ ン と の 比 較 で, 各 年 度 の 温 室 効 果 ガ ス 削 減 量 が 推 計 さ れ る ( 図 ). こ の 図 で は, 廃 棄 物 分 野 で メ タ ン 酸 化 対 策 を 選 択 し た 場 合 の 各 年 の 温 室 効 果 ガ ス 削 減 量 が 示 さ れ て い る. 上 述 し た 過 程 で 利 用 者 は, 温 室 効 果 ガ ス の 削 減 量 は 多 い が, 多 額 の 経 費 を 要 す る 対 策 や 技 術 的 に 困 難 な 対 策 な ど を 除 外 す る こ と が で き る. 最 終 的 に 当 該 シ ス テ ム を 活 用 す る こ と で, 削 減 効 果 が 高 い 対 策 に 高 い 優 先 順 位 を 与 え, そ の 順 位 に し た が っ て 地 球 温 暖 化 対 策 を 実 施 し, 実 施 後 は 対 策 結 果 と し て え ら れ る 温 室 効 果 ガ ス の 削 減 量 を 確 定 し, そ れ を 第 三 者 機 関 に 認 定 さ れ, 承 認 さ れ た 温 室 OECD Framework Economic Well-being Health Millennium Development Goals Income/ poverty Health Knowledge and Education understandin Work Freedom and selfdeterminatio n Interpersonal relations Ecosystem condition Employment and work Environment al sustainability 表 各 国 政 府 国 際 機 関 等 による 福 祉 幸 福 指 標 等 Life Situation Human Measures of Index. Wellbeing in the being Index Gallup Well- Development Australia s Index Progress Netherlands Standard of living Life expectancy at birth Knowledge and education Health Social participation / social isolation National income, national wealth, household economic well-being, productivity 108 Health Education and training Work Democracy, governance and citizenship Family, community and social cohesion Biodiversity, land, inland waters, oceans and estuaries, atmosphere, Emotional health, Physical health Work environment Canadian Index of Wellbeing Living standards Healthy populations Education Basic access Democratic engagement Community vitality Indicators of Well-being in Canada Financial security Health Learning Work Social particiaption Environment Environment Housing Housing Housing Mobility Holidays Ownership of durable consumer goods Sociocultural leisure activities, ( 出 展 :Office for National Statistices (2010)をもとに 作 成 ) Time use, Leisure and culture Leisure, Family life Crime Security Life Healthy behaviours

116 効 果 ガ ス 削 減 量 ( の 一 部 ) を, 交 渉 の 上, 政 府 に 買 い 取 ら せ る こ と を 目 論 ん で い る. 第 1 持 続 可 能 性 指 標 を 中 心 と し た 当 該 シ ス テ ム の 活 用 に よ っ て, 以 下 の よ う な 政 策 効 果 が 期 待 さ れ る. 1 地 域 レ ベ ル で 温 室 効 果 ガ ス の 削 減 に 関 し て, 対 費 用 効 果 を 重 視 し た 政 策 が 優 先 的 に 実 施 さ れ る. 2 部 署 間 で 重 複 し た 対 策 を 明 示 で き る こ と か ら, 経 費 削 減 が も た ら さ れ る. 3 さ ら に 部 署 間 の 政 策 連 携 が 可 能 と な る. 補 遺 福 祉 生 活 満 足 度 指 標 の 活 用 カ ナ ダ を 事 例 と し て 補 遺 は じ め に 欧 州 連 合, 欧 州 議 会,ロ ー マ ク ラ ブ,O E C D,W W F が 共 催 し た 年 の B e y o n d G D P 会 議 や, そ の 後 の ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 刊 行 な ど に よ り, G D P に か わ る 福 祉, 幸 福, 生 活 満 足 度 と い っ た 指 標 に よ っ て 社 会 の 発 展 状 況 を 測 ろ う と す る 試 み が 世 界 各 地 で 現 在 展 開 さ れ て い る. こ の よ う な 世 界 的 な 動 向 と 前 後 し て, 各 国 政 府 や 国 際 機 関, 民 間 の 研 究 所 等 で 全 国 レ ベ ル 地 域 レ ベ ル で 福 祉, 幸 福, 生 活 満 足 度 を 測 定 す る た め の 主 観 的 観 的 指 標 の 開 発 と, 開 発 さ れ た 指 標 に よ る 社 会 の 発 展 度 の 測 定 や, 測 定 さ れ た 福 祉, 幸 福, 生 活 満 足 度 と そ れ を 関 連 す る 事 項 に 関 す る 研 究 が 深 化 さ れ つ つ あ る ( E u r o s t a t, ). こ の よ う な 研 究 状 況 に 鑑 み, 主 に 欧 米 諸 国 や 国 際 機 関 で 考 案 さ れ た 主 要 な 福 祉, 幸 福, 生 活 満 足 度 指 標 を ま と め た も の が 表 で あ る. こ の 表 か ら, こ れ ら の 指 標 が 網 羅 す る 範 囲 は 多 種 多 様 で あ る こ と が 読 み と れ る.そ の 原 因 は,こ れ ら 指 標 で 測 定 す る 福 祉, 幸 福, 生 活 満 足 度 の 定 義 が 様 々 で あ り, そ の た め, こ の よ う な 異 な る 定 義 か ら 創 造 さ れ た 福 祉, 幸 福, 生 活 満 足 度 指 標 も 多 種 多 様 で あ る 一 方 で, こ れ ら の 指 標 が 依 拠 す る デ ー タ も 広 範 囲 に わ た る か ら で あ る. こ の よ う な 指 標 に 関 す る 動 向 を 踏 ま え て, 以 下 で は, 国 家 指 標 の う ち 福 祉 に 関 す る 観 指 標 と 観 的 デ ー タ を 主 と す る 福 祉 指 標 と, 主 観 的 デ ー タ も 含 む 指 標 で あ り 単 一 の 指 数 と し て 統 合 さ れ た 合 成 指 標 を 用 い た 福 祉 指 標 の 例 を 紹 介 す る 一 方 で, 主 観 的 な デ ー タ で あ る 生 活 満 足 度 と, こ れ と 関 連 し た 変 数 の 抽 出 を 試 み た 指 標 研 究 に も 論 及 す る. 補 遺 福 祉 指 標 国 家 指 標 の う ち 福 祉 に 関 す る 観 指 標 の 例 と し て, カ ナ ダ 政 府 の 機 関 で あ る H u m a n Resources and Skills Development Canada (H R S D C ) に よ っ て 開 発 さ れ た I n d i c a t o r s o f W -b e i l n g i l n C a n a (I d a W C) と, 観 的 デ ー タ を 主 と し, 主 観 的 デ ー タ も 含 む 指 標 で あ り, 合 成 指 標 を 用 い た A t k i n s o nc h a r i t a b l ef o u n d a t i o nが 開 発 し た C a n a d i a n I n d e x o f W e l l b e i (C n g I W) を 紹 介 す る. 補 遺 I n d i c a t o r s o f W e l l -b e i n g i n C a n a d a カ ナ ダ 政 府 は, 労 働, 教 育, 経 済 的 安 定 性, 環 境, 社 会 的 安 全 性, 健 康, 余 暇, 社 会 参 109

117 表 Indicators of Well-being in Canadaの 上 位 下 位 指 標 No key indicator sub-indicator No key indicator sub-indicator Employment Rate Crime Rates 1 Work Weekly Earnings 5 Security Victims of Property Crime Weekly Hours Worked Victims of Violent Crime Educational Attainment Life Expectancy at Birth Job-related Training Self-rated Health Adult Literacy 6 Health Self-rated Mental Health 2 Learning Adult Numeracy Infant Mortality Student Literacy Low Birth Weight Student Numeracy Total Leisure Time College and Trade Participation 7 Leisure Active Leisure Time University Participation Passive Leisure Time Standard of Living Participation in Political Activities 3 Financial Security Family Income 8 Social Participation Participation in Social Activities Retirement Income Charitable Donations Low Income Incidence Volunteering Low Income Persistence Marriage 9 Family Life at Childbirth Air Quality Divorce Net Worth (Wealth) Age of Mother 4 Environment Greenhouse Gases Young Adults Living with their Parent(s) Freshwater Quality and Use 10 Housing Housing Need ( 出 展 :Human Resource and Skills Development Canadaの 資 料 をもとに 作 成 ) 加, 家 族 生 活, 住 宅 と い う 1 0 の 上 位 指 標 と, こ れ ら の 上 位 指 標 を 各 々 構 成 す る 4 0 の 下 位 指 標 用 い て, カ ナ ダ 国 民 の 福 祉 の 度 合 を 測 定 し て い る ( 表 ). 上 位 指 標 は, 状 態 を 表 す 指 標 で あ り, 経 年 的 に 当 該 指 標 を 観 察 す る こ と で, 各 指 標 で 表 さ れ る 状 態 の 進 展 度 を 把 握 す る こ と が で き る. こ れ に 対 し て 下 位 指 標 は, 福 祉 に 対 し て 転 機 や 変 化 を も た ら す 事 件 や 事 象 を 表 す 指 標 で あ る. 上 位 下 位 指 標 で 用 い ら れ る デ ー タ の ほ と ん ど は カ ナ ダ 統 計 局 か ら 提 供 さ れ る 統 計 デ ー タ ( 観 的 デ ー タ ) で あ る. し か し, こ れ ら 1 0 上 位 指 標 と 福 祉 の 関 係 は 明 示 さ れ て お ら ず, 教 育 水 準 が 高 け れ ば 経 済 的 安 定 性 も 増 し ( H u m a nr e s o u r c e sa n d S k i l l s D e v e l o p m e n t C a n a d a, ), 結 果 的 に 福 祉 も 向 上 す る で あ ろ う と い う よ う に, 指 標 と 福 祉 の 関 係 が 漠 然 と 設 定 さ れ て い る と い え る. し た が っ て 福 祉 と 各 上 位 下 位 指 標 と の 関 係 が 明 示 さ れ な い 限 り, 当 該 指 標 の 他 国 へ の 移 転 は 困 で あ る と 考 え ら れ る. 補 遺 C a n a d i a n I n d e x o f W e l l b e i n g C I W は, 生 活 水 準, 健 康, コ ミ ュ ニ テ ィ 力, 政 治 参 加, 時 間 利 用, 余 暇 文 化 活 動, 教 表 Canadian Index of Well-beingを 構 成 する7 領 域 とそれぞれの 指 標 No. Domain Indicators No. Domain Indicators After-tax median income Voter turnout Incidence of low income (LICO) Interest in politics CSLS Economic Security Index Volunteer rate for political activities Long-term unemployment Policy impact perception 1 Living standards Employment rate 4 Democratic Engagement Satisfaction with democracy CIBC Employment Quality Index Ratio of registered to eligible voters Housing affordability Representation of women in parliament Wealth distribution percent of Gross National Income Net Official Development Assistance as Persistence of low income Adults working non-standard hours Self-rated health Adults working long hours pressure Smoking rate Adults reporting high levels of time Life expectancy at birth Adults providing unpaied care to seniors Infant mortality rate Time spent in active leisure Probable risk of depression 5 Time Use Time spent in formal volunteering 2 Healthy Populations Diabetes prevalence Adolescents exceeding screen time guidelines Patient satisfaction with overall health services Adolescents participating in organized activities Proportion of population with a regular family doctor Frequency of parent-child reading activities among preschoolers Health adjusted life expectancy Frequency of meals with parents at home among Influenza immunization rate (65 years andover) Social leisure activities Participation in group activities Arts and culture activities Volunteering Volunteering for culture and recreation organizations Number of close relatives 6 Leisure and Culture Physical activity lasting over 15 minutes Providing assistance to others Attending performing arts Property crime Visits to National Parks and National Historic Sites 3 Community Vitality Violent crime Nights on vacation Walking alone after dark Expenditures on culture and recreation Trust Early childhood education and care Experience of discrimination Developmental health in kindergarten Caring for others Student-educator ratio in public schools Belonging to community 7 Education Social and emotional competences in middle ( 出 展 : Atkinson Charitable Foundationの 資 料 により 作 成 ) Basic educational knowledge and skills of youth Equality in education: the socioeconomic gradient High school completion Postsecondary education 1 1 0

118 表 Indicators of Well-being in Canadaの 上 位 下 位 指 標 No key indicator sub-indicator No key indicator sub-indicator Employment Rate Crime Rates 1 Work Weekly Earnings 5 Security Victims of Property Crime Weekly Hours Worked Victims of Violent Crime Educational Attainment Life Expectancy at Birth Job-related Training Self-rated Health Adult Literacy 6 Health Self-rated Mental Health 2 Learning Adult Numeracy Infant Mortality Student Literacy Low Birth Weight Student Numeracy Total Leisure Time College and Trade Participation 7 Leisure Active Leisure Time University Participation Passive Leisure Time Standard of Living Participation in Political Activities 3 Financial Security Family Income 8 Social Participation Participation in Social Activities Retirement Income Charitable Donations Low Income Incidence Volunteering Low Income Persistence Marriage 9 Family Life at Childbirth Air Quality Divorce Net Worth (Wealth) Age of Mother 4 Environment Greenhouse Gases Young Adults Living with their Parent(s) Freshwater Quality and Use 10 Housing Housing Need ( 出 展 :Human Resource and Skills Development Canadaの 資 料 をもとに 作 成 ) 育 の 7 つ 領 域 と,こ れ ら の 領 域 を 表 す 6 4 の 指 標 で 構 成 さ れ る 合 成 指 標 で あ る( 表 ). こ の 7 領 域 ご と の 複 合 指 標, さ ら に 7 領 域 を 統 合 し た 複 合 指 標 で, 各 領 域, も し く は 全 領 域 の 福 祉 の 度 合 を 測 定 し て い る. 複 数 の 指 標 を 一 つ の 合 成 指 標 へ 変 換 す る た め の 計 算 手 法 が 確 立 し て い る た め, 合 成 変 数 の 挙 動 に ど の 個 々 の 指 標 が 影 響 を 与 え て い る か を 把 握 し や す い と い う 利 点 が あ る ~ 年 で G D P と C I W を 比 較 す る と, G D P に 比 べ て C I W の 伸 び が 鈍 い こ と が わ か る ( 図 ). 両 者 の 乖 離 は ~ 年 に お け る 政 治 参 加 に お け る 大 き な 落 ち 込 み と, 余 暇 文 化 活 動 と 時 間 利 用 の 伸 び の 鈍 さ と 関 連 し て い る こ と が こ の 図 か ら 読 み と れ る. こ れ ら 3 領 域 で の C I W の 低 下 を も た ら し た 要 因 を, 当 該 領 域 の 指 標 の 動 向 を 見 る こ と に よ り 明 確 に で き る. そ の た め, こ の 要 因 を 解 消 す る た め の 対 策 も 検 討 で き る こ と か ら, C I W は 政 策 ツ ー ル と し て の 価 値 も 高 い と 考 え ら れ る. 図 領 域 と 全 体 のC I W と G D P( 年 ) ( 出 展 :M i c h a l o s e t a l ( 2 0 ) 1 0 ) 1 1 1

119 補 遺 生 活 満 足 度 に 関 す る 調 査 研 究 カ ナ ダ で は, 政 府 に よ り 2 種 の 生 活 満 足 度 に 関 す る 調 査 が 実 施 さ れ て い る( S h a r p ee ta l, ). 一 つ は, ,8 6,8 9,9 1,9 6,9 8,0 2,0 3,0 5 年 以 降 毎 年 調 査 を 実 施 し て い る G e n e r a ls o c i a ls u r v e y(g S S ) で あ り, も う 一 方 は, ,0 5,0 7,0 8 年 以 降 毎 年 C a n a d i a n C o m m u n i t y H e a l t h S u r v e y (C C H S )で あ る. い ず れ も サ ン プ ル 調 査 で あ り, 生 活 に 満 足 し て い ま す か と い う 問 い に 対 し て, ~ 年 調 査 で は 4 段 階 評 価 ( 非 常 に 満 足, ま あ 満 足, ど ち ら か と い う と 不 満, と て も 不 満 ) で, 年 調 査 の み 5 段 階 評 価 ( 極 め て 良 い, と て も 良 い, 良 い, そ こ そ こ, 不 満 ) で, 年 以 降 は 1 を 非 常 に 不 満 と し, 1 0 を 極 め て 満 足 と す る 0~1 0 ま で の 評 価 に 無 回 答 も 含 む 評 点 で, 調 査 者 の 満 足 度 を 調 査 し て い る. S h a r p ee ta l ( ) は G S S に 比 べ て サ ン プ ル 数 の 多 い C C H S の う ち 年 調 査 結 果 を 主 に 用 い て, カ ナ ダ 国 内 で 満 足 度 に 地 域 的 な 差 異 が あ る か を, 全 国, 州, 大 都 市 の 国 勢 調 査 区 ( C M A ) ご と に 調 査 す る 一 方 で, サ ン プ ル デ ー タ か ら 満 足 度 と 関 連 す る 変 数 を 抽 出 し て い る. ま ず 地 域 的 な 特 徴 と し て は, 州 間 の 差 異 は 0. 1 と 極 め て 小 さ い が, プ リ ン ス エ ド ワ ー ド 島, ケ ベ ッ ク 州, ア ル バ ー タ 州 で 満 足 度 が 高 い 一 方 で, ブ リ テ ィ ッ シ ュ コ ロ ン ビ ア 州 や オ ン タ リ オ 州 で 低 い こ と が 示 さ れ て い る( 図 ). 一 方 C M A 単 位 で み た 場 合, ト ロ ン ト 市, オ タ ワ 市, バ ン ク ー バ ー 市 と い っ た 人 口 密 度 が 高 い 地 域 で 満 足 度 が 低 い こ と が 示 さ れ て い る ( 図 ). 他 方, 満 足 度 と 関 連 す る 変 数 に 関 し て は, 肉 体 的 精 神 的 に 健 康 な 人 や, コ ミ ュ ニ テ ィ へ の 帰 属 意 識 が 高 い 人 や, 結 婚 し て い る 人 や, 教 育 水 準 の 高 い 人 ほ ど 満 足 度 は 高 い こ と が 明 ら か に し て い る. 逆 に 少 数 民 族 出 身 者 や 5 0 歳 代 の 人 は 満 足 度 が 低 い こ と も 指 摘 さ れ て い る. さ ら に 所 得 に 関 し て は, 低 所 得 層 の 満 足 度 に 対 す る 限 界 効 果 は 他 の 階 層 に 比 べ て 高 い こ と も 明 ら か に さ れ た. 以 上 か ら, カ ナ ダ に お け る 福 祉 生 活 満 足 度 の 利 用 に 関 し て は, 福 祉 指 標 の 開 発 段 階 に 図 州 別 の 生 活 満 足 ( 度 年 ) 図 C M A 別 の 生 活 満 足 ( 度 年 ) ( 出 展 :S h a r p e e t a l ( 2 0 ) 1 0 ) ( 出 展 :S h a r p e e t a l ( 2 0 ) 1 0 ) 1 1 2

120 あ る こ と と も 関 連 し, 開 発 さ れ た ば か り の 指 標 を 用 い た, 福 祉 水 準 や 生 活 満 足 度 の 現 状 把 握 の た め の 指 標 の 利 用 に と ど ま っ て い る と い え る

121 5. 持 続 可 能 性 指 標 の 活 用 近 年 一 人 当 た り の G D P の 増 加 す な わ ち 経 済 成 長 が 必 ず し も 持 続 可 能 性 や 幸 福 度 の 実 現 と い っ た 目 標 に 結 び つ い て い な い の で は な い か と の 認 識 が あ り G D P に 代 わ る 新 し い 指 標 の 開 発 普 及 あ る い は G D P を 補 う た め の 補 助 的 な 指 標 の 開 発 に 対 し 社 会 的 要 請 が 増 し て い る 本 章 は 主 に フ ラ ン ス ベ ル ギ ー デ ン マ ー ク 等 の 欧 州 諸 国 や OE C D 欧 州 評 議 会 ( E C ) 等 の 国 際 機 関 に お け る 新 指 標 の 開 発 の 動 向 を 把 握 分 析 す る こ と に 力 点 を 置 い て い る 特 に そ の 中 で も フ ラ ン ス 政 府 主 導 の 下 に 設 け ら れ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 新 指 標 の 開 発 普 及 の 挑 戦 に 着 目 し た 研 究 目 的 と し て は こ の よ う な 欧 州 諸 国 に お い て 行 わ れ て い る 指 標 研 究 の 先 駆 的 な 動 向 に 目 を 向 け つ つ 我 が 国 に お け る 新 し い 持 続 可 能 性 指 標 あ る い は 幸 福 度 指 標 の 開 発 普 及 を 今 後 推 進 し て い く に 際 し て 参 照 す べ き 情 報 の 系 統 的 な 把 握 分 析 を 行 う こ と で あ る ま た 今 後 経 済 社 会 環 境 の ト リ プ ル ボ ト ム ラ イ ン に 基 づ き 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 す る た め の 政 策 実 施 が 求 め ら れ る よ う に 各 種 政 策 策 定 プ ロ セ ス に お い て そ れ ぞ れ の 指 標 が 適 切 か つ 効 果 的 な 役 割 を 果 た す た め に ど の よ う な 分 析 評 価 が 求 め ら れ る の か を 検 討 す る 本 章 で は 主 に 文 献 調 査 と 現 地 調 査 に よ っ て 得 ら れ た 成 果 内 容 を 報 告 す る 現 地 調 査 は 年 2 月 と 1 1 月 に フ ラ ン ス ベ ル ギ ー デ ン マ ー ク イ ギ リ ス に 訪 れ 様 々 な 政 府 機 関 研 究 機 関 に お い て 指 標 研 究 に 携 わ っ て い る 人 物 に イ ン タ ビ ュ ー 調 査 を 実 施 し た 本 章 5. 1 の B e y o n dg D P に つ い て は E C に お い て に お け る グ リ ー ン グ ロ ー ス 指 標 ( G G I ) や 持 続 可 能 性 影 響 評 価 手 法 ( S I A ) に 関 し て は 主 に O E C D や ベ ル ギ ー 連 邦 政 府 で の イ ン タ ビ ュ ー 調 査 や 文 献 調 査 に も と づ い て い る ま た 5. 4 の 幸 福 度 指 標 の 動 き に つ い て は フ ラ ン ス の 持 続 可 能 な 発 展 省 や 国 立 統 計 局 ( I N S E E ) ま た ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の さ ら な る 動 向 を 探 る べ く 政 府 機 関 以 外 に も リ ー ル 大 学 な ど の 学 術 機 関 へ の イ ン タ ビ ュ ー 調 査 を 行 っ た 最 後 に 新 指 標 の 開 発 普 及 に あ わ せ て そ れ ら が 実 際 に 適 切 か つ 効 果 的 な 役 割 や 影 響 が 果 た さ れ る た め に ど の よ う な 分 析 評 価 が 行 わ れ る べ き な ど に つ い て 昨 年 年 4 月 まで 実 施 されていた E U の P O I N T プロジェクト(E U F P 7 P o l i c y I n f l u e n c e o f I n d i c a t o r s P r o j e c t ) に 注 目 し た こ の プ ロ ジ ェ ク ト に 関 し て は イ ギ リ ス と デ ン マ ー ク に お い て プ ロ ジ ェ ク ト に 関 与 す る 研 究 者 へ の イ ン タ ビ ュ ー を 実 施 し た 研 究 は 上 智 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 研 究 科 の 柳 下 研 究 室 に プ ロ ジ ェ ク ト チ ー ム を 設 け 以 下 の 者 が 分 担 実 施 し た 柳 下 正 治 川 上 毅 上 智 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 研 究 科 教 授 鈴 木 政 史 関 西 大 学 商 学 部 商 学 科 准 教 授 西 口 由 紀 本 多 功 一 上 智 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 2 年 5. 1 ~5. 3 及 び 5. 4 は 主 に 本 多 が 5. 5 は 西 口 が 執 筆 し 鈴 木 川 上 柳 下 が 監 修 指 導 し た 5. 1 E U の B e y o n d G D P こ れ ま で 人 々 の 求 め る 豊 か さ に は 物 質 的 な 豊 か さ が 欠 か せ な い と い う 考 え 方 が あ り 高 度 産 業 化 に 伴 う 経 済 成 長 主 義 の も と で G D P や G N P を 用 い て そ の よ う な 成 長 が 測 ら れ て き 1 1 4

122 た し か し な が ら 人 々 の 生 活 の 質 ( w e l l -b e i n g ) や 幸 福 度 ( h a p p i n e s s ) は G D P や G N P と と も に 上 昇 し て き た わ け で は な か っ た そ こ で そ の よ う に 幸 福 度 を 政 策 評 価 に 活 用 し よ う と す る 動 き が 各 国 政 府 に 広 が り つ つ あ る 幸 福 と い え ば ブ ー タ ン に お け る 国 民 総 幸 福 量 ( G r o s sn a t i o n a lh a p p i n e s s ) の 取 組 み が 有 名 で あ ろ う こ の よ う な ブ ー タ ン で の 取 組 み を 一 例 と し て 近 年 で は 欧 州 諸 国 に お い て G D P に 代 わ る 新 指 標 の 開 発 や 普 及 が 進 ん で お り 本 研 究 で も こ の よ う な 欧 州 諸 国 の 取 組 み に 注 目 し た 中 で も G D P で は 測 れ な い 幸 福 度 ( w e l l -b e i n g ) や 生 活 の 質 の 見 直 し を 進 め る B e y o n dg D P (G D P を 超 え て ) と い う 考 え は 重 要 な 示 唆 を も た ら す も の で あ る 欧 州 諸 国 に お け る G D P に 代 わ る 指 標 に 関 す る 研 究 は 年 代 か ら 既 に 始 ま っ て い た が そ の よ う な 取 組 み は だ い た い 年 度 か ら 本 格 的 に 開 始 さ れ 特 に 欧 州 議 会 の 環 境 公 衆 衛 生 食 品 安 全 委 員 会 ( E n v i r o n m e n t, P u b l i c H e a l t h a n d F o o d S a f e t y C o m m i t t e e ) は 政 策 立 案 の プ ロ セ ス に お い て G D P に 代 わ る 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 新 し い 指 標 の 作 成 提 案 を 推 し 進 め て い る 年 1 1 月 に は E C ロ ー マ ク ラ ブ O E C D W W F に よ っ て B e y o n dg D P 協 議 会 がベルギーのブリュッセルで 開 催 され その 議 事 録 B e y o n d G D P M e a s u r i n g p r o g r e s s, t r u e w e a l t h, a n d t h e w e l l -b e i n g o f n a t i o n s N o v, に お い て 新 指 標 の 可 能 性 や G D P を 補 足 す る た め の 検 討 課 題 な ど に つ い て 議 論 が な さ れ た イ ン タ ビ ュ ー を 行 っ た E C の オ リ バ ー ズ ワ イ ナ ー ( O l i v e rz w i r n e r ) 氏 に よ れ ば そ こ で は 環 境 問 題 や 生 活 の 質 ま た 幸 福 度 に 対 す る 5 つ の ア ク シ ョ ン プ ラ ン が 立 て ら れ そ れ ら は E C 内 で 既 に 実 行 さ れ て き て い る そ れ ら は 次 の 5 つ で あ り 年 ま で の 3 年 間 の 期 間 に お い て 実 施 さ れ る ( E C ) 1 環 境 的 側 面 と 社 会 的 側 面 を 含 む 指 標 に よ っ て G D P を 補 完 す る こ と (c o m p l e m e n t i n g G D P w i t h e n v i r o n m e n t a l a n d s o c i a l i n d i c a t o r s ) 2 意 思 決 定 に 対 し て ほ ぼ リ ア ル タ イ ム な 情 報 提 供 を 行 う こ と (N e a r r e a l -t i m e i n f o r m a t i o n f o r d e c i s i o n -m a k i n g ) 3 分 配 と 不 平 等 に 関 す る よ り 適 切 な 報 告 を 行 う こ と (m o r e a c c u r a t e r e p o r t i n g o n d i s t r i b u t i o n a n d i n e q u a l i t i e s ) 4 欧 州 諸 国 に お け る 持 続 可 能 性 指 標 に も と づ く ス コ ア ボ ー ド を 開 発 す る こ と (D e v e l o p i n g a E u r o p e a n S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t S c o r e b o a r d ) 5 環 境 問 題 や 社 会 問 題 を 含 め た 国 民 勘 定 の 拡 大 を 行 う こ と (E x t e n d i n g N a t i o n a l A c c o u n t s t o e n v i r o n m e n t a l a n d s o c i a l i s s u e s ) ま た O E C D の 動 き は 活 発 で あ り 上 記 年 の Be y o n d G D P 協 議 会 に 先 駆 け て 年 1 1 月 に イ タ リ ア の パ レ ル モ に お い て 最 初 の 国 際 会 議 が 開 か れ 年 6 月 に は ト ル コ の イ ス タ ン ブ ー ル に お い て 開 催 さ れ た さ ら に 年 1 0 月 に は 韓 国 釜 山 に お い て 統 計 知 識 政 策 と い う タ イ ト ル で ワ ー ル ド フ ォ ー ラ ム が 開 催 さ れ G D P で は 測 定 す る こ と の で き な い 事 象 と し て と り わ け 人 口 問 題 や 気 候 変 動 問 題 な ど の 環 境 問 題 か ら 交 通 事 故 や 離 婚 率 な ど の 社 会 問 題 に つ い て も 取 り 上 げ ら れ る こ と と な っ た こ の よ う に 社 会 の 経 済 的 進 展 や 技 術 的 発 展 と と も に G D P を 高 め て い く こ と の 重 要 性 は 変 わ ら ず と し て も G D P だ け で は な く 人 間 と 地 球 全 体 の 最 大 限 の 幸 福 度 を 測 定 す る た め の 新 指 標 の 必 要 性 に つ い て 1 1 5

123 議 論 さ れ た B e y o n dg D P 協 議 会 以 降 世 界 各 国 各 国 際 機 関 な ど で は 実 際 に 指 標 お よ び 指 標 群 の 開 発 と 普 及 は 進 め ら れ て き て い る O E C D は 年 1 0 月 の O E C D 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る 年 次 会 合 ( A M S D E ) に お い て G D P に 対 す る 新 指 標 の 開 発 に 当 た り 二 つ の 課 題 を 設 定 し て い る 第 一 に 各 国 の 持 続 可 的 発 展 の 進 捗 を 測 定 で き る よ う な 指 標 お よ び 指 標 群 を 明 確 化 す る こ と 第 二 に 各 国 の 総 合 的 な 幸 福 度 を 測 定 す る た め よ り 適 切 な 経 済 的 指 標 を 提 示 す る こ と で あ る こ の よ う な 課 題 に 対 し て 年 の A M S D E の 報 告 書 に お い て は 主 な 指 標 一 覧 が 示 さ れ て お り ( 表 ) こ れ ら の 指 標 お よ び 指 標 群 を 適 切 に 用 い て い く こ と に よ って B e y o n d G D P の よ う な 理 念 の 実 現 に 結 び つ く こ と が 考 え ら れ る 報 告 書 で 取 り 上 げ ら れ て い る 指 標 お よ び 指 標 群 の 中 で も と り わ け I S E W G P I I E W B G S の 4 つ は 国 の 経 済 的 幸 福 度 を 測 定 す る た め に 欠 か せ な い も の と し て 認 識 さ れ て い る た だ し I S E W G P I I E W B に 関 し て は 経 済 成 長 が 進 め ら れ る こ と に よ り そ の こ と に よ っ て 全 体 的 な 幸 福 度 に 対 す る 寄 与 度 が 測 ら れ る こ と と な る 一 方 で G S だ け は 幸 福 度 の 持 続 可 能 性 を 測 定 す る こ と が 意 図 さ れ て い る 点 で 異 な っ て い る A M S D E の 報 告 書 で は 各 国 の 経 済 成 長 と 幸 福 度 を 測 る た め に は G S に 加 え て I S W E G P I I E W B の 中 の 一 つ の 指 標 群 を 用 い て 測 定 を 行 う こ と を O E C D 統 計 局 ( O E C D S t a t i s t i c a l O f f i c e ) に 勧 告 し て お り 同 時 に 経 済 開 発 検 討 委 員 会 (E c o n o m i c a n d D e v e l o p m e n t R e v i e w C o m m i t t e e s ) に 対 し て も こ れ ら 指 標 の 活 用 を 検 討 す る よ う 推 し 勧 め て い る た だ し こ れ ら の 指 標 が よ り 適 切 か つ 効 果 的 に 活 用 さ れ る た め に は そ れ ぞ れ の 国 に お け る 様 々 な 社 会 的 経 済 的 要 因 な ど を 考 慮 し な け れ ば な ら ず そ の よ う な 各 状 況 に 応 じ て 指 標 リ ス ト を 設 け る こ と の 重 要 性 が 指 摘 さ れ る ま た O E C D 諸 国 に お い て 指 標 研 究 の 比 較 分 析 等 を 行 っ て い く 場 合 に は そ れ ら 全 て の 国 々 に 一 貫 し た 評 価 リ ス ト が 作 成 さ れ な け れ ば な ら な い A M S D E で は 表 の う ち 1 1 の 指 標 群 を 取 り 上 げ の 指 標 に 限 定 す る こ と に よ っ て 環 境 や 経 済 と い っ た 要 素 を 含 め た 広 義 の 幸 福 度 を 測 定 す る こ と が で き る し か し こ の よ う に A M S D E で 選 定 さ れ た 指 標 お よ び 指 標 群 が 完 璧 で あ る こ と を 意 味 す る も の で は な く そ れ ぞ れ の 国 に お い て も 適 応 し き れ て い る わ け で は な い そ の た め O E C D 統 計 局 で は そ れ ぞ れ の 国 の 具 体 的 な 幸 福 度 の 測 定 の た め に は さ ら に 限 定 さ れ た 適 切 な 指 標 が 用 い ら れ な け れ ば な ら な い と し た し か し い ず れ に し て も こ れ ら の 指 標 が 実 際 に 用 い ら れ る こ と に よ っ て 経 験 的 に そ れ ら の 効 果 や 改 善 点 が 明 確 に 示 さ れ る 必 要 が あ る 1 7 そ れ ら はW o S S N I F S P の 3 つ に 加 え て O E C D E U C S D に よ る 指 標 群 と フ ィ ン ラ ン ド ド イ ツ オ ラ ン ダ ス イ ス イ ギ リ ス に お い て 用 い ら れ る 指 標 群 1 の の あ 1 指 わ 標 せ 群 て で あ る 1 1 6

124 指 標 群 人 間 開 発 指 標 (H u m a n D e v e l o p m e n t :H D I I) n d e x 表 関 連 指 標 / 指 標 群 の 一 覧 指 標 数 統 計 デ ー タ 改 定 更 新 (s t a t ). / d ( 世 a t a 論 ) 調 ( 査 s u r v e ( y u p ) d a t e s ) 4 S t a t. 1 開 発 貢 献 度 指 標 (C o m m i t m e n t t o D e v e l o p :C m e D n I) t I n d e x 7 S t a t. 1 ミ レ ニ ア ム 開 発 指 数 (M i l l e n n i u m D e v e l o p m e :M n t D I) I n d i c a t o r s 6 0 S t a t. I r 国 家 の 幸 福 (W e l l b e i n g o f :W o N N a ) t i o n s 5 4 S T / ( S u ) N 持 続 可 能 な 社 会 指 標 (S u s t a i n a b l e S o c e :S i S e I) t y I n d e x 2 4 S t a t. 2 社 会 進 歩 の 枠 組 み (F r a m e w o r k o f S o c i e t :F a S l P ) P r o g r e s s 2 1 S t a t. n / a カ ル バ ー ト ヘ ン ダ ー ソ ン 生 活 の 質 指 標 1 2 (C a l v -H e r e t n d e r s o n Q u a l i t y o f :C L i H f Q e ) I n d i c a t o r s S t a t.? カ ナ ダ 幸 福 度 指 標 (C a n a d i a n I n d e x o f :C W I e W) l l b e i n g 8 0 S T / ( S u ) 1 オ ー ス ト ラ リ ア 幸 福 度 指 標 (A u s t r a l i a n b U e n i n t g y I :A W n d U e l W x l ) 1 4 S T / ( S u ) 1 / 2 地 球 幸 福 度 指 標 (H a p p y P l a n e t :H I P n I) d e x 3 S T / ( S u )? 生 き て い る 地 球 指 標 (L i v i n g P l a :L n e P t I) I n d e x 3 S t a t. 2 環 境 的 持 続 可 能 性 指 標 (E n v i r o n m e n t a l S u s t a i :E n a S b I) i l i t y I n d e x 7 6 S t a t. N 環 境 的 パ フ ォ ー マ ン ス 指 標 (E n v i r o n m e n t a l P e r f o r :E m a P n I) c e I n d e x 2 5 S t a t. 2? エ コ ロ ジ カ ル フ ッ ト プ リ ン ト (E c o l o g i c a l F :E o o F t ) p r i n t 6 S t a t. 2 持 続 可 能 な 経 済 福 祉 指 標 (I n d e x f o r S u s t a i n a b l e E :I c o n SE W o m ) i c W e l f a r e S t a t. I r 真 正 進 歩 指 標 (G e n u i n e P r o g r e s s :G I P n I) d i c a t o r S t a t. I r 経 済 的 幸 福 度 指 標 (I n d e x o f E c o n o m -B i e c i :I n W g e E l W l B) 1 8 S t at. 1 真 正 貯 蓄 量 (G e n u i n e S a :G v i S ) n g 1 0 S t a t. 1 O E C D に よ る 指 標 群 (O E C D s e t o f i ) n d i c a t o r s S t a t. 1 E U に よ る 指 標 群 (E U s e t o f i ) n d i c a t o r s S t a t. 2? 国 連 持 続 可 能 な 発 展 委 員 会 に よ る 指 標 群 (C o m m i s s i o n o n 9 6 S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e :C n t S D i n s d e i t c a o t f o r i s ) n d i c a t o r s S t a t. n / a 2 2 フ ィ ン ラ ン ド に お け る 指 標 3 4 S T / ( S u ) ド イ ツ に お け る 指 標 3 5 S t a t オ ラ ン ダ に お け る 指 標 4 0 S t a t. I r 2 5 ス イ ス に お け る 指 標 7 5 S t a t. I r 2 6 イ ギ リ ス に お け る 指 標 6 8 S t a t

125 改 定 更 新 1~2 定 期 的 に 改 定 1~2 年 更 に 新 ( 一 度 ) I r 不 定 期 的 に 改 定 更 新 出 典 :Va n d e K e r, k G e u r t a n d A r t h u r M a n u e l ( ) N n / a 改 定 更 新 は 見 ら れ な い 適 用 不 可 5. 2 O E C D に お け る G G I (G r e e n G r o w t h I n d i c a t o r s : グ リ ー ン グ ロ ー ス 指 標 ) の 研 究 動 向 G G I と は グ リ ー ン 成 長 指 標 ( G G I ) と は 将 来 の グ リ ー ン 成 長 の 推 進 に 向 け そ の 進 捗 状 況 を モ ニ タ リ ン グ す る 指 標 の こ と で あ る G G I は そ も そ も 成 長 と は 何 か 成 長 を ど の よ う に 測 定 す る べ き か と い う 考 え に 端 を 発 し て お り グ リ ー ン グ ロ ー ス ( 緑 の 成 長 ) へ の 移 行 に と も な っ て 成 長 の 質 や 構 成 を 見 直 す こ と が 目 指 さ れ る 元 来 G r e e n E c o n o m y と い う 名 称 で 示 さ れ て い た 新 た な 経 済 の あ り 方 が 加 盟 国 の 経 済 大 臣 ら の 意 向 で G r e e ng r o w t h E c o n o m y に 変 更 さ れ る こ と と に な り 経 済 的 側 面 だ け で は な く 社 会 的 側 面 や 環 境 的 側 面 を 含 め た 指 標 を 用 い て 新 し い 成 長 を 指 向 す る よ う に な っ た ま た G G I は G D P が 人 間 の 健 康 安 全 保 障 等 の 生 活 の 質 を 形 付 け る 領 域 に 対 し て 完 全 な 指 標 で は な い こ と を 強 調 し つ つ G G I が 今 日 議 論 さ れ て い る 生 活 の 質 ( Q o L ) を 図 る た め の 一 つ の 概 念 的 経 験 的 な 研 究 に 反 映 さ れ る こ と が 期 待 さ れ る こ こ で は 初 め に O E C D に よ る グ リ ー ン 成 長 指 標 の 理 解 を 深 め る た め O E C D 環 境 指 標 ( E n v i r o n m e n t a li n d i c a t o r s ) の 概 要 と 経 緯 に つ い て O E C D ( ) の 報 告 書 の 抄 訳 を 基 に 以 下 簡 単 に 触 れ る ア プ ロ ー チ と 結 果 : 環 境 指 標 に 関 す る O E C D の プ ロ グ ラ ム は 年 に 開 始 さ れ O E C D 諸 国 と の 連 携 に よ っ て 実 施 さ れ て き た こ の 作 業 に つ い て は O E C D で は 環 境 局 環 境 成 果 情 報 課 ( 当 時 ) が 担 当 し て き た な お そ の ワ ー キ ン グ グ ル ー プ の 議 長 と し て 同 課 を 長 年 に わ た っ て 支 え て き た の が 森 口 祐 一 氏 ( 東 京 大 学 環 境 学 研 究 系 員 教 授 経 済 協 力 開 発 機 構 (O E C D ) 環 境 情 報 ア ウ ト ル ッ ク 作 業 部 会 議 長 )で あ る こ の よ う な O E C D の 取 組 み は 調 和 的 な 概 念 や 定 義 付 け に 結 び つ く よ う な 指 標 群 の 開 発 の 先 駆 的 な 取 組 み と な っ て お り 指 標 開 発 に つ い て は 次 の 二 つ の 前 提 が 設 け ら れ て い る 1 唯 一 の 指 標 群 と い う も の は 存 在 し な い 指 標 の 適 切 性 は そ れ ら が 用 い ら れ る 場 合 や 状 況 に よ っ て 異 な る 2 指 標 は ツ ー ル の 一 つ で あ る そ の た め あ ら ゆ る 文 脈 に お い て 解 釈 判 断 さ れ る 必 要 が あ る ま た O E C D の 取 組 み は 次 の よ う な O E C D 諸 国 と の 同 意 の も と に 行 わ れ て い る 1 1 8

126 1 T h e p r e s s u r e-s t a t e-r e s p o n s e ( P S R )モ デ ル を 共 通 の 参 考 フ レ ー ム ワ ー ク と し て 用 い る 2 指 標 は そ れ ぞ れ の 政 策 関 連 性 分 析 的 な 安 定 性 測 定 可 能 性 な ど に 基 づ い て 判 断 さ れ る 3 各 国 の 状 況 に 適 合 さ せ る こ と に よ り 国 家 レ ベ ル で の O E C D に よ る ア プ ロ ー チ を 図 る 目 的 : 三 つ の 主 な 目 的 が 存 在 す る 1 環 境 的 な 進 捗 や パ フ ォ ー マ ン ス を 測 定 す る 2 政 策 統 合 を モ ニ タ リ ン グ し 促 進 す る ま た 交 通 や エ ネ ル ギ ー 農 業 な ど の 様 々 な 分 野 に お い て 政 策 が 施 さ れ る と き に は 特 に 環 境 負 荷 を 考 慮 し 同 時 に そ の よ う な 環 境 負 荷 を 統 合 し て 経 済 政 策 に 組 み 込 む こ と が 求 め ら れ る 3 経 済 成 長 か ら 考 え ら れ る 環 境 負 荷 デ カ ッ プ リ ン グ な ど を 測 定 す る こ と に よ っ て 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た モ ニ タ リ ン グ を 行 う 政 策 分 析 に お け る 使 用 :O E C D の 環 境 指 標 は 定 期 的 に O E C D の 活 動 の 中 で 公 表 さ れ 用 い ら れ て い る そ れ ら は 各 諸 国 の 環 境 パ フ ォ ー マ ン ス の 評 価 や O E C D の 環 境 戦 略 を モ ニ タ リ ン グ す る 上 で 用 い ら れ る こ の よ う な 評 価 や モ ニ タ リ ン グ は 量 的 目 的 ( 目 標 基 準 義 務 ) と の 関 連 に よ っ て あ る い は 人 間 活 動 の 効 率 性 や 自 然 資 源 の 持 続 可 能 性 な ど の 質 的 目 的 と 結 び つ け て 行 わ れ る 更 に は 指 標 内 容 の 解 釈 を 簡 易 に す る た め に 具 体 的 な 国 家 レ ベ ル の 指 標 や デ ー タ と 結 び つ け る こ と に よ り 政 策 分 析 に お け る 指 標 が 用 い ら れ る こ の よ う に シ ス テ マ テ ィ ッ ク な 分 析 作 業 を 行 う こ と に よ っ て 指 標 の 実 際 的 な 政 策 関 連 性 や 分 析 的 な 安 定 性 に 関 す る 有 益 な フ ィ ー ド バ ッ ク が 可 能 と な る 国 家 的 国 際 的 な イ ニ チ ア テ ィ ブ と の 連 関 :O E C D の 環 境 指 標 の 開 発 は こ れ ま で の O E C D に よ る 環 境 情 報 や 報 告 ま た 加 盟 諸 国 か ら の 強 力 な 支 持 や 環 境 情 報 と ア ウ ト ル ッ ク に 関 す る O E C D ワ ー キ ン グ グ ル ー プ の 代 表 者 に よ っ て 果 た さ れ て き て い る O E C D に よ る 取 組 み の 結 果 特 に 概 念 的 枠 組 み に 関 し て は 国 際 機 関 や 各 国 に お け る 同 様 の 活 動 に 対 し て 影 響 を 与 え て き て いる 国 連 統 計 局 (U N S t a t i s t i c a l Di v i s i o n ) 国 連 持 続 可 能 な 発 展 委 員 会 (U N C S D ) や 国 連 の 各 関 連 機 関 国 連 環 境 計 画 ( U N E P ) 世 界 銀 行 欧 州 連 合 ( 欧 1 1 9

127 州 評 議 会 欧 州 連 合 統 計 局 欧 州 経 済 領 域 ) そ し て 数 多 く の 国 際 機 関 や O E C D 加 盟 国 で は な く と も 中 国 チ リ ロ シ ア な ど と の 継 続 的 な 協 力 関 係 が 続 け ら れ て い る O E C D に よ る 取 組 み は い く つ か の 指 標 の カ テ ゴ リ ー を 含 ん で お り そ れ ぞ れ は 具 体 的 な 目 的 や フ レ ー ム ワ ー ク に 相 当 し て い る 環 境 的 な 進 捗 状 況 や パ フ ォ ー マ ン ス の 追 跡 : 環 境 的 な 進 捗 や そ こ に 含 ま れ る 要 因 の 追 跡 ま た 同 時 に 環 境 政 策 を 分 析 す る に 当 た っ て コ ア 環 境 指 標 ( C E I )が 用 い ら れ る そ れ ら は O E C D の コ ア 環 境 指 標 群 に 含 ま れ O E C D の 利 用 法 に 関 す る 加 盟 諸 国 の 合 意 の も と で 定 期 的 に 公 表 さ れ る こ と と な る 約 5 0 の 指 標 を 含 む コ ア 環 境 指 標 群 は 主 に O E C D 諸 国 に お け る 環 境 問 題 に 対 応 し て い る こ れ は 環 境 勘 定 や 分 野 ご と の コ ア 指 標 を 組 み 込 ん だ も の で あ り 指 標 は 次 の よ う な P S R モ デ ル に 基 づ い て 分 類 さ れ る そ れ ら は 1) 直 接 間 接 的 的 な 環 境 負 荷 に 関 す る 指 標 2) 環 境 状 態 に 関 す る 指 標 3) 社 会 的 反 応 を 表 す 指 標 で あ る 国 民 へ の 情 報 発 信 :O E C D の 環 境 大 臣 に よ り 是 認 さ れ た キ ー 環 境 指 標 ( K E I )は コ ア 指 標 群 か ら 選 ば れ た 指 標 で あ り コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 目 的 と し て い る K E I は 一 般 国 民 へ の 情 報 発 信 や 政 策 決 定 者 に 対 す る 重 要 な 示 唆 を 与 え る 政 策 統 合 の モ ニ タ リ ン グ と 促 進 : 分 野 別 環 境 指 標 ( S E I )は 分 野 ご と に 政 策 が 形 成 さ れ 実 施 さ れ る に 当 た っ て 環 境 負 荷 が 懸 念 さ れ る よ う に 環 境 負 荷 の 統 合 を 推 し 進 め る こ と を 図 る も の で あ る そ れ ぞ れ の 指 標 群 は 具 体 的 な 分 野 ( 交 通 エ ネ ル ギ ー 家 庭 の 消 費 観 光 農 業 ) に 対 し て 焦 点 が 当 て ら れ て い る 指 標 は 分 野 ご と の 環 境 上 の 重 要 性 や 環 境 に 対 す る プ ラ ス ( マ イ ナ ス ) 効 果 を 含 ん だ 相 互 性 ま た 経 済 的 や 政 策 的 な 検 討 事 項 と の 関 連 性 な ど に 対 応 し た P S R モ デ ル に 沿 っ て 分 類 さ れ る 環 境 勘 定 に 基 づ く 指 標 : こ の 指 標 は 環 境 負 荷 を 経 済 や 資 源 マ ネ ジ メ ン ト 政 策 に 統 合 す る こ と を 図 る も の で あ る 主 に 環 境 支 出 勘 定 自 然 資 源 の 持 続 可 能 な 管 理 に 関 す る 自 然 資 源 勘 定 物 質 資 源 利 用 の 効 率 性 や 生 産 性 と 関 連 し た 物 質 的 フ ロ ー 勘 定 に 焦 点 が 当 て ら れ て い る 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 進 捗 の モ ニ タ リ ン グ :デ カ ッ プ リ ン グ 環 境 指 標 ( D E I )は 経 済 活 動 か ら の 環 境 負 荷 と い う デ カ ッ プ リ ン グ の 水 準 を 測 定 す る こ と が 目 的 で あ る O E C D 諸 国 に お い て 評 価 さ れ る 指 標 と 併 せ て D E I は そ れ ら の 国 々 が 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け て 軌 道 に 乗 っ て い る か を 確 か め る た め に は 有 益 な ツ ー ル と し て 用 い ら れ る ほ と ん ど の D E I は 他 の 指 標 群 に よ っ て 算 出 さ れ 構 造 的 変 化 や 下 部 の 推 進 要 因 な ど に 対 応 す る た め に 更 に 分 類 さ れ る 以 下 図 は O E C D に よ っ て 用 い ら れ る 環 境 指 標 の 全 体 的 な 構 図 で あ る 120

128 図 O E C D 環 境 指 標 の 構 図 出 典 :O E C D ( , ) こ の よ う な 環 境 指 標 の 研 究 が 継 続 的 に 続 け ら れ O E C D は 年 6 月 に O E C D グ リ ー ン 成 長 宣 言 を 発 表 し 年 5 月 と 1 1 月 に は そ れ ぞ れ グ リ ー ン 成 長 指 標 に 関 す る 中 間 統 合 報 告 書 を 発 表 し た O E C D は こ の 頃 か ら グ リ ー ン 成 長 指 標 と い う 形 で 環 境 問 題 に 対 す る 指 標 の 先 駆 的 な 方 法 論 手 段 の 枠 組 み を 示 す と と も に G G I の 具 体 的 な 内 容 を 進 め て き て い る ( O E C D ) グ リ ー ン 成 長 指 標 の 測 定 枠 組 と し て は 以 下 図 が 示 す 通 り そ の 活 用 は 大 き く 4 つ の パ ー ト に 分 類 さ れ る 第 一 に 環 境 と 資 源 生 産 性 で あ り 生 産 過 程 に お け る エ ネ ル ギ ー や 炭 素 の 把 握 で あ る 第 二 に 自 然 資 本 ベ ー ス で 再 生 可 能 な 資 源 の ス ト ッ ク や 生 物 多 様 性 お よ び 生 態 系 シ ス テ ム に 関 す る 測 定 モ ニ タ リ ン グ を 行 う 第 三 に 生 活 の 質 と し て 生 産 過 程 や 自 然 資 源 か ら 得 ら れ る 財 サ ー ビ ス を 消 費 す る 過 程 に お い て 健 康 や ア メ ニ テ ィ な ど の 指 標 分 析 が 行 わ れ 第 四 に 経 済 的 機 会 と 政 策 対 応 と し て イ ノ ヴ ェ ー シ ョ ン や 技 術 移 転 ま た 能 力 開 発 等 研 究 関 連 開 発 費 や 環 境 事 業 を 推 進 す る 企 業 へ の 投 資 額 な ど に よ っ て 算 定 さ れ る 121

129 図 グ リ ー ン 成 長 指 標 の 測 定 枠 組 出 典 :O E C D( c) G G I の 現 在 と 今 後 O E C D は 年 2 月 1 0 日 に 半 日 程 度 の ワ ー ク シ ョ ッ プ を 開 催 し 日 本 か ら も 環 境 省 経 済 産 業 省 な ど が 出 席 し た そ こ で は 第 2 版 の 報 告 書 草 案 を 作 成 す る に 当 た っ て R i o を 見 越 し て 現 在 取 り 上 げ ら れ て い る 指 標 が 各 国 で ど の よ う に 用 い ら れ る か が 議 論 さ れ た そ の 後 O E C D は 年 5 月 2 5 日 の O E C D 閣 僚 理 事 会 に お い て G G I を 重 要 な 議 題 の 一 つ と し て 取 り 上 げ て い る た だ し ヘ ッ ド ラ イ ン に 載 せ る 指 標 に 関 し て 加 盟 国 で 様 々 な 意 見 が あ り わ が 国 も 世 界 的 に 先 進 的 な 研 究 水 準 に あ る 資 源 生 産 性 等 を 前 面 に 押 し 出 し な が ら 存 在 感 を 示 し て い く 必 要 が あ る グ リ ー ン エ コ ノ ミ ー は 国 際 的 な 環 境 ガ バ ナ ン ス ( U N E P の 格 上 げ 又 は 新 た な 組 織 ) と 共 に 年 の R i o に お け る 主 要 議 論 で あ り こ の 文 脈 に お い て 指 標 の 行 方 は 極 め て 重 要 で あ る 年 2 月 に O E C D のミ リ ア ム リ ン ス タ ー ( M y r i a m L i n s t e r ) 氏 へ イ ン タ ビ ュ ー を 行 っ た 時 点 で は O E C D に お け る G G I の 検 討 は 欧 州 諸 国 を ベ ー ス と し て お り 欧 州 内 の 事 例 に 留 ま っ て い る と さ れ た O E C D で は E U 諸 国 に 限 定 し た 形 で 約 3 0 の G G I の 実 例 を グ リ ー ン 指 標 に 関 す る 中 間 報 告 書 に 記 載 し て い る が リ ン ス タ ー 氏 に よ れ ば こ の 内 約 2 0 程 が 測 定 可 能 ( m e a s u r a b l e ) で あ る と い う さ ら に 5 つ の ヘ ッ ド ラ イ ン 指 標 (h e a d l i n e i n d i c a t o r s ) が 設 け ら れ そ れ ら は 1 二 酸 化 炭 素 排 出 強 度 に 関 連 す る 生 産 ベ ー ス エ ネ ル ギ ー ( G D P 単 位 当 た り ) 2 需 要 ベ ー ス の 二 酸 化 炭 素 排 出 強 度 ( C e m b )( 実 可 処 分 所 得 当 た り ) 3 淡 水 資 源 の 使 用 強 度 4 環 境 問 題 に 関 す る 世 論 5 グ リ ー ン 成 長 へ の 研 究 開 発 費 用 に 基 づ く も の 122

130 で あ る (O E C D b) た だ し こ れ ら ヘ ッ ド ラ イ ン 指 標 は 特 に 注 意 を 払 う べ き も の と し て 認 識 さ れ る が そ の 他 の 指 標 の 重 要 性 が 変 わ る こ と は な い イ ン タ ビ ュ ー を 行 っ た 時 点 で は 同 年 5 月 の 閣 僚 理 事 会 に 提 出 さ れ る 報 告 書 の 最 終 版 に お い て 2 1 の 指 標 に 絞 り 込 ま れ る こ と が 予 定 さ れ て い た が そ の 後 の グ リ ー ン 成 長 指 標 の 最 終 報 告 書 で あ る T o w a r d s G r e e n G r o w t h : M o n i t o r i n g P r o g r e s s - O E C D I n d i c a t o r s に お い て は 次 頁 表 の よ う に ヘ ッ ド ラ イ ン 指 標 と し て 取 り 扱 わ れ る 指 標 は な く な っ て お り 主 流 指 標 ( m a i ni n d i c a t o r :M) と 代 理 指 標 ( p r o x yi n d i c a t o r :P) の 二 種 類 で 以 下 の よ う に 2 3 の 指 標 が 提 示 さ れ た ま た そ れ ぞ れ の 指 標 は グ リ ー ン グ ロ ー ス 検 討 課 題 と し て の 関 連 性 ( R) 指 標 の 分 析 的 信 頼 性 ( S) そ し て 基 礎 デ ー タ と し て の 測 定 可 能 性 (M) に 従 っ て 次 の よ う に 評 価 さ れ る 表 O E C Dの G G I の 種 類 と 評 価 基 準 テ ー マ 指 標 案 類 型 R S M 環 境 と 資 源 の 生 産 性 炭 素 と エ ネ ル ギ ー の 生 産 性 資 源 生 産 性 1. C O 2 の 生 産 性 生 産 ベ ー ス の C O 2 生 産 性 M 1 S 需 要 ベ ー ス の C O 2 生 産 性 M 1 2 S / M 2. エ ネ ル ギ ー 生 産 性 エ ネ ル ギ ー 生 産 性 M 2 1 S 2. 2 各. 部 門 ご と の エ ネ ル ギ ー 強 度 ( 家 庭 サ ー ビ ス M 1 1 S / M 貨 物 輸 送 旅 輸 送 ) 2. 3 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー の シ ェ ア M 1 1 S 3. 物 質 生 産 性 3. 1 需 要 ベ ー ス の 物 質 生 産 性 国 内 物 質 生 産 G D 性 P / ( D M C ) M P M / L S / M 3. 2廃 棄 物 発 生 強 度 と 回 収 率 M 1 1 M / L 3. 3 栄 養 素 フ ロ ー と バ ラ ン N. ス P) ( 農 業 に お け る 栄 養 素 フ ロ ー 4. 水 生 産 性 M 1 1 M 多 要 素 生 産 性 M ( F P ) 5. 多 要 素 生 産 に よ る 環 境 改 善 事 業 へ の 反 映 M 1 2 M / L 自 然 資 産 ベ ー ス 再 生 可 能 な ス ト ッ 7 ク. 森 林 資 源 M 1 1 S / M M P L S / M 6. 淡 水 資 源 M 1 1 S / M 8. 漁 業 資 源 M 1 1 S 再 生 不 可 能 な ス ト ッ ク 9. 鉱 物 資 源 M 1 2 M / L 生 物 多 様 性 や エ コ シ ス テ ム 1 0. 土 地 資 源 土 地 利 用 : 状 態 と 変 化 1 1. 土 壌 資 源 水 食 に よ る 農 業 用 地 の 影 響 M P M P M / L S / M M / L S / M 123

131 1 2. 野 生 生 物 資 源 森 林 の 繁 殖 鳥 の 数 な ど P 1 2 S / M 絶 滅 の 危 機 が あ る 生 物 種 の 数 P 2 2 S 豊 富 な 生 物 種 の 状 況 P 1 2 S / M 生 活 の 質 1 3. 環 境 的 に も た ら さ れ る 健 康 問 題 と 関 連 す る コ M ス ト 1 3 L 大 気 汚 に 染 さ ら さ れ る 人 数 P 2 2 S / M 1 4. 自 然 的 産 業 的 な リ ス ク へ の 環 境 的 健 康 と リ ス ク 曝 露 状 況 と 関 連 す る 経 済 的 損 失 1 5. 下 水 処 理 と 飲 料 水 へ の ア ク セ ス 1 5. 下 1 水 処 理 へ の ア ク セ ス 人 数 安 全 な 飲 料 水 へ の ア ク セ ス 人 数 経 済 的 機 会 と 政 策 対 応 M 1 2 L M 2 2 S / M S / M グ リ ー ン グ ロ ー ス へ の 研 究 R&D) 開 発 費 用 ( 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー M S / M S 技 術 と イ ノ ー ベ シ ョ ン 環 境 技 術 多 目 的 事 業 の 開 発 費 S S 環 境 財 と サ ー ビ ス 1 7. グ リ ー ン グ ロ ー ス に 関 す る 特 許 M 1 1 S / M 1 8 環 境 関 連 の ー イ シ ノ ョ ベ ン 部 門 M 1 9. 環 境 財 と サ ー ビ ス の E 生 G 産 S ) 性 ( E G S 部 門 の 粗 付 加 価 値 E G S 部 門 の 雇 用 率 M 1 2 S / M 国 際 金 融 フ ロ ー 2 0. グ リ ー ン グ ロ ー ス に 向 け た 国 際 金 融 フ ロ M ー 2 1 L 価 格 決 定 と 移 転 価 格 規 制 と 管 理 能 力 技 術 開 発 2 1. 環 境 関 連 の 税 M 2 2 S / M 2 2. エ ネ ル ギ ー の 価 格 決 定 M 1 2 L 2 3. 水 価 格 お 原 よ 価 び の 回 収 M 1 2 S / M 開 発 段 階 開 発 段 階 関 連 性 (R): 1 = 関 連 性 が 高 い 2 = 普 通 3 = 関 連 性 が 低 い ( ま た は 再 検 討 が 必 要 ) 分 析 的 信 頼 性 (S): 1 = 良 い 2 = 標 準 3 = 悪 い ( ま た は 再 検 討 が 必 要 ) 測 定 可 能 性 (M): S 短 期 的 主 要 の O E C D 諸 国 に 対 し て 基 礎 デ ー タ と し て 有 効 M 中 期 的 基 礎 デ ー タ と し て 有 効 で あ る が 指 標 の 質 ( 一 貫 性 比 較 可 能 性 適 時 性 ) や 地 理 的 範 囲 ( 対 象 国 の 拡 大 ) の 改 善 の た め に 更 な る 取 組 み が 必 要 L 長 期 的 主 要 の O E C D 諸 国 に 対 し て 基 礎 デ ー タ と し て 有 効 で は な く 継 続 的 な デ ー タ 収 集 や 概 念 的 評 価 が 必 要 出 典 :O E C D( c) 124

132 G G I の 課 題 G G I の 使 用 に 際 し て は 各 国 で 社 会 構 造 や 価 値 観 が 大 き く 異 な る た め 全 て の 場 面 で 共 通 の 指 標 を 利 用 す る こ と が で き な い 点 は 留 意 し な け れ ば な ら な い す な わ ち そ れ ぞ れ の 国 で ど の 分 野 が ど の よ う に 経 済 的 側 面 と の 関 係 性 を 持 っ て い る か と い う こ と に 関 し て 理 解 す る こ と が 必 要 と な る ま た G G I の 策 定 が 進 め ら れ る な か で ヘ ッ ド ラ イ ン 指 標 に は Gr o w t h サ イ ド よ り も Gr e e n サ イ ド の 政 策 戦 略 が 推 し 進 め ら れ る 傾 向 が あ る つ ま り 指 標 策 定 プ ロ セ ス で は 環 境 に 関 す る 新 指 標 の 重 要 性 が 高 ま り つ つ あ る 一 方 G D P を 形 づ け て い る 根 本 的 な 経 済 要 素 と な る 産 業 構 造 や 失 業 率 な ど の 議 論 が 軽 視 さ れ て は な ら な い す な わ ち Gr o w t h と Gr e e n の 両 側 面 が バ ラ ン ス の 取 れ た 形 で G G I の 策 定 に 結 び つ け る こ と が 重 要 と な る さ ら に リ ン ス タ ー 氏 へ の イ ン タ ビ ュ ー で は G G I の 使 用 に 関 し て 次 の 二 つ の 点 が 指 摘 さ れた 第 一 に 現 段 階 で は 加 盟 国 間 の 比 較 をす る た め の 評 価 手 段 ( t o o l ) と し て 用 い る べ き で は な い と さ れ た こ れ は ど の よ う な 指 標 を G G I と し て 導 入 す る か と い う 点 に お い て O E C D メ ン バ ー 国 の 間 で 合 意 が 取 れ て い な い 面 も あ り 各 国 そ れ ぞ れ の 社 会 的 経 済 的 状 況 に 合 わ せ て 柔 軟 に 活 用 す る こ と が 求 め ら れ る た め で あ る 第 二 に 各 国 で そ れ ぞ れ の 評 価 基 b e n c h m a 準 r k ) に 則 っ て ( G G I が 位 置 付 け ら れ る べ き と い う こ と で あ る リ ン ス タ ー 氏 か ら の 指 摘 と し て は ど の よ う に し て 各 国 リ ー ダ ー の 興 味 を 引 け る か こ の こ と が グリ ー ン グ ロ ー ス を 実 現 し て い く う え で 重 要 な 鍵 と な る と い う ま た 同 時 に ヒ ア リ ン グ で は E C の 指 標 の ア プ ロ ー チ と O E C D の 指 標 の ア プ ロ ー チ との 異 な る 点 が 示 さ れ た す な わ ち E C は ど ち ら か と い う と 集 合 的 評 価 法 ( Ag g r e g a t e d Me a s u r e ) を 用 い て 包 括 的 に 測 定 を 行 う 形 式 で あ る 一 方 O E C D はヘ ッ ド ラ イ ン 指 標 を 抽 出 し て 少 数 精 鋭 的 に 取 る ア プ ロ ー チ と い う 相 違 点 で あ る G G I を 用 い る に 当 た っ て は こ れ ら の 各 国 間 の 相 違 点 や 研 究 開 発 ア プ ロ ー チ の 差 異 な ど を 理 解 す る 必 要 が あ る 5. 3 欧 州 に お け る S I A (S u s t a i n a b l e I m p a c t A s s e s s m e n t ) の 研 究 動 向 グ リ ー ン グ ロ ー ス 戦 略 に 向 け た S I A 持 続 可 能 性 評 価 ( S u s t a i n a b l e I m p a c t A s s e s s m e n t : 以 下 S I A )と は 実 施 さ れ る 様 々 な 政 策 に 対 し て そ の 持 続 可 能 性 を 経 済 社 会 環 境 の 三 つ の 側 面 か ら 測 定 す る 総 合 的 な 評 価 手 段 の 一 つ で あ る S I A の 最 大 の 目 的 と し て は 分 野 横 断 的 で 長 期 的 な 視 点 組 み 込 ん だ 総 括 的 な 政 策 の 進 行 を 図 る こ と で あ る ( 諸 富 ) S I A の 取 組 み に 関 し て も O E C D に お い て は G G I と 同 様 に 早 期 段 階 か ら 先 駆 的 な 取 組 み が 注 目 さ れ て き た O E C D は S I A を グ リ ー ン グ ロ ー ス 戦 略 ( 以 下 G G S ) に 向 け た 重 要 な 評 価 手 法 の 一 つ と し て 捉 え て い る 以 下 O E C D に よ る G G S と 関 連 し た S I A 実 施 の 主 な 目 的 で あ る (O E C D b) 1 G G S は 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 課 題 に 適 応 し て い る か ま た は 全 て の 持 続 可 能 性 領 域 ( 経 済 社 会 環 境 ) が 考 慮 さ れ た も の で あ り そ れ ら の 改 善 に 結 び つ く も の で あ る か の 評 価 を 行 う 125

133 2 G G S に よ っ て も た ら さ れ る 経 済 的 社 会 的 環 境 的 な 分 野 横 断 的 な 影 響 を 短 期 的 長 期 的 な 観 点 か ら 特 定 す る 3 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る 主 要 問 題 や G G S に よ っ て も た ら さ れ る 持 続 可 能 性 領 域 に 関 連 し た シ ナ ジ ー 効 果 利 害 対 立 ト レ ー ド オ フ の 関 係 性 を 明 確 化 す る 4 G G S の 盲 点 や 重 大 課 題 の 特 定 を 進 め る と と も に グ リ ー ン グ ロ ー ス の 実 現 の た め のマ ネ ジ メ ン ト や 緩 和 策 を 提 示 す る こ と に よ っ て G G S の さ ら な る 詳 細 の 提 言 を 行 う O E C D に よ る G G S に 関 す る 中 間 報 告 で は S I A の 評 価 手 法 例 と し て 次 の 三 つ を 取 り 上 げ て い る そ れ ら は 1) ス イ ス の 持 続 可 能 性 評 価 に 関 す る ガ イ ダ ン ス 2) ベ ル ギ ー の ク イ ッ ク ス キ ャ ン( Q u i c k -S c a n ) そして3)E C に よ る 影 響 評 価 ガ イ ド ラ イ ン で あ る( O E C D ) い ず れ の 評 価 手 法 も 経 済 社 会 環 境 の 3 つ の 持 続 可 能 性 領 域 が 考 慮 さ れ た も の で あ り そ れ ぞ れ の 領 域 で 考 え ら れ る 影 響 項 目 目 がリ ス ト ア ッ プ さ れ て い る た だ し そ れ ぞ れ の 評 価 手 法 は 対 象 と な る 政 策 に よ っ て 持 続 可 能 性 基 準 や 指 標 の 設 定 は 異 な る O E C D は G G S を 推 し 進 め る こ と に よ っ て 考 え ら れ る 影 響 ( p o s i t i v e / n e g a t i v e i m p a c t s ) を こ れ ら の S I A を 用 い る こ と に よ っ て 経 済 環 境 社 会 の そ れ ぞ れ の 側 面 か ら 次 の よ う に 総 合 的 評 価 を 行 っ て い る (O E C D b ) 経 済 的 側 面 ( プ ラ ス の 影 響 ) 1 G D P の 安 定 的 な 成 長 が 予 想 さ れ る た だ し こ れ は 長 期 的 な 視 点 で 見 た 場 合 で あ る 2 G G S の も と で 行 わ れ る ポ リ シ ー ミ ッ ク ス や イ ン セ ン テ ィ ブ シ ス テ ム の 構 築 に よ っ て は 環 境 に 配 慮 し た 技 術 や サ ー ビ ス 等 に 関 し て 競 争 力 革 新 的 な 能 力 開 発 貿 易 と 投 資 の 流 動 化 な ど の 向 上 が 見 込 ま れ る 3 イ ノ ベ ー シ ョ ン 環 境 配 慮 型 テ ク ノ ロ ジ ー の 研 究 開 発 ( R&D) が 促 進 さ れ る 4 G G S に 向 け た 研 究 開 発 で は 環 境 財 サ ー ビ ス の 真 の コ ス ト ( t r u e c o s t ) の 増 加 が 予 想 さ れ る が 政 府 や 社 会 の 理 解 の も と に 適 切 な 政 策 や 税 シ ス テ ム が 実 施 さ れ る こ と に よ っ て 市 場 の 外 在 的 要 因 の 内 部 化 が 期 待 さ れ る 5 長 期 債 入 金 の 獲 得 に つ い て は 炭 素 税 や オ ー ク シ ョ ン に よ っ て 得 ら れ る 収 益 に よ っ て 財 政 再 建 が 図 ら れ る 経 済 的 側 面 ( マ イ ナ ス の 影 響 ) 1 短 期 的 に は G D P の 低 減 や 消 費 者 な ど に 対 し て 割 高 な コ ス ト が か か る こ と と な る 2 環 境 配 慮 型 の 技 術 製 品 へ の 移 行 に よ っ て 生 じ る 管 理 費 用 取 引 費 用 適 用 費 用 等 の コ ス ト の 上 昇 が 懸 念 さ れ る 3 G G S を 基 盤 と す る 経 済 の 再 構 築 は あ る ビ ジ ネ ス に よ っ て は 成 功 す る か も し れ な い が 他 の ビ ジ ネ ス に よ っ て は 破 綻 に 追 い 込 ま れ る こ と と な る 可 能 性 が あ る ま た 独 占 企 業 の 出 現 や 市 場 セ グ メ ン テ ー シ ョ ン の 可 能 性 も 考 え ら れ る 4 環 境 破 壊 型 の 技 術 製 品 あ る い は ビ ジ ネ ス 等 に 対 し て 必 要 以 上 に 厳 格 な 規 制 が か け ら れ 持 続 可 能 性 領 域 の バ ラ ン ス が 保 た れ る こ と が 困 難 と な る こ と が 考 え ら 126

134 れ る 環 境 的 側 面 環 境 的 側 面 に お い て は 主 に 1) 生 物 多 様 性 2) 自 然 資 源 ( 水 資 源 や 森 林 等 ) の 持 続 可 能 な 利 用 3) 持 続 可 能 な 資 源 の 管 理 4) 気 候 変 動 の 四 つ が 本 戦 略 の 主 要 な 課 題 と さ れ る G G S が 推 し 進 め ら れ る こ と に よ っ て 生 物 多 様 性 の 損 失 に 関 し て 生 態 系 サ ー ビ ス へ の 支 払 い ( P a y m e n t f o r E c o s y s t e m S e r v i c e : P E S ) を 含 む 生 物 多 様 性 や 生 態 系 サ ー ビ ス に 対 す る イ ン セ ン テ ィ ブ の 適 用 や 既 存 の 計 画 等 に 関 す る 財 源 の 効 率 的 な 利 用 が 考 え ら れ る 農 業 分 野 に 関 し て は 自 然 環 境 破 壊 の コ ス ト が 評 価 さ れ る 水 資 源 の 確 保 が 期 待 さ れ る そ の 他 1) 健 全 な 自 然 資 源 の 管 理 や ガ バ ナ ン ス の 促 進 2) 気 候 変 動 に 関 し て 弾 力 性 回 復 性 の あ る 成 長 構 想 ( c l i m a t e r e s i l i e n t g r o w t h ) の 実 現 3) 低 炭 素 型 の 成 長 ( l o w -c a r b o n g r o w t h ) を 推 し 進 め る こ と を 通 じ て 世 界 規 模 で の 貧 困 撲 滅 に つ な が る 社 会 的 側 面 1 よ り ク リ ー ン な 生 活 環 境 の 実 現 に よ っ て 公 衆 衛 生 の 向 上 に つ な が る 2 C O 2 な ど の 排 出 の 減 少 と 大 気 質 の 向 上 が 期 待 さ れ る 3 G G S で は 教 育 や 能 力 開 発 の 必 要 性 や 世 代 間 の 堅 実 性 信 頼 性 の 構 築 に つ な が る 4 短 期 的 に は マ イ ナ ス だ が 長 期 的 に は プ ラ ス の 影 響 が 予 想 さ れ る 5 経 済 の 再 構 築 に よ っ て 仕 事 の 質 職 業 訓 練 へ の ア ク セ ス 従 業 員 の 健 康 安 全 品 格 へ 影 響 が 及 び 変 化 へ の 適 用 技 術 的 イ ノ ベ ー シ ョ ン の 活 用 が 促 進 さ れ る L I A I S E プ ロ ジ ェ ク ト 本 研 究 で 持 続 可 能 性 評 価 の 動 向 の 調 査 を 進 め る に あ た っ て S I A の 取 組 み の 一 つ と し て E C の LIAISE ( Linking Impact Assessment Instruments to Sustainable Expertise プ ロ ジ ) ェ ク ト も 注 目 さ れ る L I A I S E は E C に よ っ て 年 か ら 実 施 さ れ て い る 5 年 間 の プ ロ ジ ェ ク ト で あ り 欧 州 諸 国 の 研 究 機 関 や 大 学 が 協 力 し 合 い あ ら ゆ る 政 策 に 対 し 持 続 可 能 性 評 価 が 行 わ れ る イ ン タ ビ ュ ー 調 査 を 行 っ た O E C D の 久 保 な お こ 氏 に よ る と 年 2 月 に は プ ロ ジ ェ ク ト は 開 始 か ら 約 1 年 を 経 ち こ の 時 点 で す で に 相 当 程 度 の 進 捗 が み ら れ て お り 良 い 評 価 が な さ れ て き て い る と い う 今 後 L I A I S E プ ロ ジ ェ ク ト に お い て は さ ま ざ ま な 評 価 手 法 ( t o o l)が 集 約 さ れ そ れ ぞ れ の 政 策 事 例 に 適 合 し た 形 で S I A の プ ロ セ ス が 実 施 さ れ て い く 約 の 評 価 手 法 を も と に ガ イ ダ ン ス が 作 成 さ れ 先 行 事 例 な ど を 含 め て W e b 上 で の 情 報 提 供 も 行 わ れ る 久 保 氏 に よ れ ば E U 諸 国 以 外 に お け る L I A I S E プ ロ ジ ェ ク ト の 展 開 に 関 し て す で に E U 内 部 に お い て 各 国 の 社 会 情 勢 や 文 化 あ る い は 持 続 可 能 性 に 対 す る 考 え 方 な ど が 多 様 で あ り 現 段 階 で は E U 外 部 へ の 展 開 は 考 え ら れ て は い な い し た が っ て E U 諸 国 の 中 で ど の よ う な 評 価 手 法 が 考 え ら れ そ れ ら が ど の よ う な 場 面 や 状 況 に お い て 適 用 で き る か と い う 実 験 段 階 で あ る ま た 久 保 氏 は S I A など の 新 た な 政 策 評 価 手 法 の 普 及 を 図 る た め に は 例 え ば エ コ イ ノ ベ ー 127

135 シ ョ ン の よ う な 企 業 が ビ ジ ネ ス と し て 注 目 す る よ う な 評 価 手 法 を 組 み 入 れ る こ と に よ っ て 国 で は な く 企 業 を 媒 介 と し て S I A を 推 し 進 め て い く こ と の 有 効 性 に つ い て 指 摘 し て い る イ ン タ ビ ュ ー を 通 し て そ の 他 の 欧 州 諸 国 に お い て と り わ け S I A に 積 極 的 な 国 と し て は フ ラ ン ス ベ ル ギ ー ス イ ス オ ー ス ト リ ア オ ー ス ト ラ リ ア な ど が 挙 げ ら れ た こ れ ら の 国 々 は S I A に 関 す る 小 委 員 会 を 設 け 各 種 そ れ ぞ れ の 政 策 に 対 し て 持 続 可 能 性 評 価 を 行 う こ と に 熱 心 で あ る と い う 例 え ば オ ー ス ト リ ア は S I A に 熱 心 に 取 り 組 ん で い る 国 の 一 つ で あ り P a c e m a k e r と い う 評 価 手 法 を 用 い て 国 内 政 策 に 対 す る 持 続 可 能 性 評 価 を 行 っ て い る ま た 先 に 触 れ た よ う に ス イ ス や ベ ル ギ ー な ど に お い て は 国 内 政 策 に 対 す る 影 響 評 価 手 段 と し て 独 自 の S I A プ ロ セ ス を 行 っ て き て い る 以 下 本 研 究 で は イ ン タ ビ ュ ー 調 査 を 行 っ た ベ ル ギ ー に お け る S I A の 取 組 み を 紹 介 す る ベ ル ギ ー に お け る S I A ベ ル ギ ー で は 年 頃 か ら S I A が 本 格 的 に 注 目 さ れ る こ と と な り 経 済 的 な 側 面 だ け で は な く 社 会 環 境 の 側 面 を 重 視 し 長 期 的 な 持 続 可 能 性 に 向 け た 動 き が み ら れ た 本 研 究 で は 年 2 月 に ベ ル ギ ー に お い て S I A の 取 組 み を 担 当 し て い る ジ ョ エ ル ピ ッ シ ュ (J o ël l e P i c h e l ) 氏 ( P P S S u s t a i n a b l e D e v e l o p m e n t ) に イ ン タ ビ ュ ー 調 査 を 行 っ た ベ ル ギ ー に お け る S I A に 関 し て は 科 学 的 知 見 を も と と し て ワ ー キ ン グ グ ル ー プ を 設 け そ れ ら 専 門 家 グ ル ー プ の 意 見 を 踏 ま え て 国 内 政 策 の 実 施 に 対 す る 持 続 可 能 性 が 測 定 さ れ る ベ ル ギ ー で は こ の よ う に 国 内 で 提 言 さ れ る 全 て の 政 策 ( 法 的 文 書 や 国 王 令 を 含 む ) を 最 終 決 定 の 前 段 階 で S I A の 対 象 と な る か ど う か の 検 討 が 法 律 上 で 義 務 化 さ れ て い る し か し 全 て の 政 策 が ク イ ッ ク ス キ ャ ン や S I A ス コ ー ピ ン グ の 対 象 に な る わ け で は な く 対 象 と な る 政 策 の 中 に は 免 除 ( e x e m p t i o n ) と し て 評 価 対 象 と な ら な い 場 合 も あ る そ の 場 合 は 義 務 と し て で は な く 単 に S I A を 実 施 す る こ と の 勧 告 (r e c o m m e n d a t i o n )に 留 ま る 図 は ベ ル ギ ー に お い て 実 施 さ れ る 政 策 に 対 す る S I A の プ ロ セ ス を 表 し た も の で あ る ベル ギ ー の S I A プ ロ セ ス は 大 き く 四 つ の 段 階 に 分 か れ て お り 二 つ は は じ め の 段 階 か ら 経 済 社 会 環 境 の そ れ ぞ れ の 側 面 に お い て 影 響 が な い と 判 断 さ れ て 免 除 と な る 場 合 と ス ク リ ー ニ ン グ に か け て 免 除 カ テ ゴ リ ー に 分 類 さ れ る 場 合 が あ る そ の 他 の 二 つ は ク イ ッ ク ス キ ャ ン の 対 象 で 留 ま る か い わ ゆ る 徹 底 調 査 ( i n -d e p t ha n a l y s i s )の 対 象 と し て S I A ス コ ー ピ ン グ に か け ら れ る か に 分 か れ る ピ ッ シ ュ 氏 に よ れ ば 大 体 7 割 の 国 内 政 策 が 免 除 の 対 象 と し て 扱 わ れ 残 り 3 割 が ク イ ッ ク ス キ ャ ン の 対 象 に な る こ の よ う に ク イ ッ ク ス キ ャ ン に か け ら れ な け れ ば な ら な い ケ ー ス は 存 在 す る が こ れ ま で 徹 底 調 査 に 至 っ た ケ ー ス は な い と い う ク イ ッ ク ス キ ャ ン の 実 施 に は 主 に 3 3 の 指 標 が 用 い ら れ そ れ ら は 政 策 内 容 が 政 治 決 定 の 場 で 取 り 上 げ る か ど う か の 判 断 基 準 と な る こ こ で 用 い ら れ る S I A の 指 標 の 選 定 に は カ フ カ テ ス ト ( K A F K A -t e s t ) と 呼 ば れ る も の か ら ジ ェ ン ダ ー テ ス ト や 小 規 模 企 業 へ の 影 響 さ ら に は 貧 困 な ど の あ ら ゆ る 側 面 が 考 慮 さ れ て 決 め ら れ る し か し こ の よ う な 分 析 評 価 は 政 策 立 案 プ ロ セ ス の 最 後 に 行 わ れ る と い う こ と に 問 題 点 が 残 る 128

136 SIAプロセス SIAの 正 式 な 実 施 義 務 政 策 文 書 は 閣 僚 会 議 の 場 に 提 出 されなければならない スクリーニング YES 実 施 される 政 策 措 置 は 免 除 カテゴリーに 含 まれるか NO NO YES SIAプロセスにかける ことは 義 務 ではなく 推 奨 にとどまる SIAは 実 施 されない 免 除 カテゴリーの 形 式 が 完 成 する と それらは 閣 僚 会 議 に 提 出 され る 政 策 文 書 に 加 えられなければ ならない クイック スキャンの 実 施 : 持 続 可 能 な 発 展 に 関 して 重 大 な 影 響 をもたらすか YES NO クイック スキャンの 結 果 は 内 閣 府 に 報 告 されなければならない クイック スキャンの 形 式 が 完 成 すると それらは 閣 僚 会 議 に 提 出 される 政 策 文 書 に 加 えられなけ ればならない クイック スキャンの 結 果 は 内 閣 府 に 提 出 されなければならない SIAスコーピング 持 続 可 能 な 発 展 に 関 して 関 連 する 影 響 評 価 の 実 施 SIA 報 告 書 の 作 成 要 約 形 式 が 完 成 すると それらは 閣 僚 会 議 に 提 出 される 政 策 文 書 に 加 えられなければならない 図 ベ ル ギ ー に お け るS I Aの プ ロ セ ス 出 典 : ベ ル ギ ー 連 邦 政 府 (h t t p : / / w w w. y m p a r i s t o. f i / d o w n l o a d. a s p? c o n t e n t i d = 9 8 ) & l a n = e n こ の よ う に ベ ル ギ ー の 取 組 み の 先 駆 性 が 指 摘 さ れ て い る が ピ ッ シ ュ 氏 に よ れ ば S I A の よ う な 新 し い 政 策 決 定 制 度 の 実 施 は こ れ ま で の 伝 統 的 な も の と 異 な り ベ ル ギ ー に お い て も 試 行 錯 誤 の 段 階 に あ る と い う ま た ピ ッ シ ュ 氏 は S I A に 実 施 に 際 し 想 定 さ れ る 問 題 点 と し て 次 の 三 つ を 指 摘 す る 第 一 に 政 策 決 定 プ ロ セ ス の 品 質 管 理 ( q u a l i t y c o n t r o l ) で あ る 現 段 階 で は 量 的 な 判 断 に 大 き く 依 存 し て お り 質 的 な 判 断 が 迫 ら れ た 場 合 に そ れ に 対 応 す る 研 究 が 進 ん で い な い 第 二 に 透 明 性 ( t r a n s p a r e n c y ) の 問 題 で あ る 現 段 階 で は ど の よ う に 評 価 判 断 が な さ れ て 政 策 の 適 用 に 至 っ て い る か が 明 確 で な い と い う つ ま り 特 に ク イ ッ ク ス キ ャ ン を 受 け た 政 策 文 書 が 閣 僚 会 議 の 場 に 提 出 さ れ る ま で の プ ロ セ ス に お い て 透 明 性 が 十 分 に 確 保 さ れ て い な い 最 後 に 透 明 性 確 保 の 課 題 と 関 連 し て こ の よ う な プ ロ セ ス に お け る 参 加 ( p a r t i c i p a t i o n ) の 問 題 であ る イ ン タ ビ ュ ー を 通 し て こ れ ら の 三 つ の 課 題 が 指 摘 さ れ 今 後 S I A を 進 め て い く に 当 た っ て 改 善 さ れ る べ き 重 要 課 題 で あ る と さ れ る さ ら に ピ ッ シ ュ 氏 に よ れ ば ベ ル ギ ー 国 内 で は 南 北 で 経 済 格 差 や 教 育 格 差 な ど の 諸 問 題 が 多 く 存 在 し て お り 国 内 で 一 括 し て S I A を 活 用 す る こ と に は 困 難 が 伴 う 一 方 で イ ギ リ ス と オ ー ス ト ラ リ ア な ど の よ う に も と も と 歴 史 的 な 連 邦 諸 国 間 の 関 係 が あ る 場 合 は 文 化 や 社 会 の 価 値 観 が 類 似 す る た め S I A の よ う な 持 続 可 能 性 の 影 響 評 価 手 法 を 統 合 す る こ と に 関 し て は 比 較 的 に 容 易 か つ 有 効 で あ る 可 能 性 が 指 摘 さ れ た 129

137 最 近 の 影 響 評 価 手 法 ( I A ) の 動 向 以 上 こ れ ま で の 調 査 結 果 に よ れ ば 特 に ス イ ス や ベ ル ギ ー な ど の 国 々 に お い て S I A の よ う な 持 続 可 能 性 影 響 評 価 が 進 め ら れ て き て い る こ と が 分 か っ た こ こ で こ の S I A と い う 政 策 に 対 す る 影 響 評 価 手 法 は O E C D に よ れ ば R I A や I A と は 異 な る 評 価 手 法 と し て 認 識 さ れ て い る ( O E C D a ) 当 初 は 実 施 さ れ る 規 制 な ど が 最 大 限 に 効 果 的 か つ 適 切 に 施 さ れ る た め 過 剰 規 制 の 軽 減 や ビ ジ ネ ス に 対 す る 不 必 要 な コ ス ト 削 減 を 行 う よ う な 影 響 評 価 手 法 (I A ) い わ ゆ る 規 制 的 影 響 評 価 ( R I A )と し て 年 に は E C に よ る 影 響 評 価 ガ イ ド ラ イ ン 年 に は O E C D が R I A 競 争 評 価 ツ ー ル キ ッ ト を 公 表 す る こ と と な っ た し か し 本 研 究 に お け る 持 続 可 能 性 影 響 評 価 ( S I A ) に つ い て は と り わ け 年 1 月 に O E C D と E C と の 連 携 で 行 わ れ た 持 続 可 能 性 評 価 手 法 ( S I A M ) ワ ー ク シ ョ ッ プ ま た 年 の O E C D R I A 競 争 評 価 ツ ー ル キ ッ ト の 改 訂 が 断 続 的 に 続 け ら れ て お り 更 に は 年 1 月 に E C も 影 響 分 析 ( I A ) ガ イ ド ラ イ ン ( 年 版 ) を 改 訂 す る な ど O E C D お よ び E U の 加 盟 国 に お い て も 韓 国 や オ ー ス ト ラ リ ア な ど S I A と 称 さ ず と も 統 合 的 影 響 評 価 手 法 と し て 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け て I A あ る い は R I A の 更 な る 研 究 開 発 が 進 め ら れ て き て い る こ の よ う な I A お よ び R I A の 活 用 は 複 雑 か つ 複 合 的 な 要 素 が 含 ま れ る 持 続 可 能 性 概 念 に 対 し て は ど の よ う な 政 策 オ プ シ ョ ン が 考 え ら れ る か い か な る 影 響 が 及 ぶ こ と と な る か そ れ ぞ れ の 政 策 に 関 連 す る ス テ ー ク ホ ル ダ ー と は 誰 な の か な ど と い っ た こ と が 考 え ら れ な け れ ば な ら な い そ の た め I A の 実 施 に つ い て は そ の こ と を 通 じ て 次 の 4 つ が 果 た さ れ る こ と に よ り 最 終 的 に よ り 一 層 適 切 に 規 制 が 施 さ れ る と 期 待 さ れ る (O E C D a ) そ れ ら は 第 一 に I A に よ っ て 推 定 さ れ る 影 響 な ど 最 終 的 な 意 思 決 定 者 に 対 し て 情 報 提 供 を 行 うことによって より 根 拠 づけられた 政 策 決 定 に 結 びつくことが 予 想 される (e v i d e n c e d -b a s e d ) 第 二 に I A の 実 施 は 意 思 決 定 プ ロ セ ス の 透 明 化 ( 見 え る 化 ) の 向 上 に つ な が る こ と が 考 え ら れ る ( t r a n s p a r e n c y ) 第 三 に 同 じ く 意 思 決 定 プ ロ セ ス に お い て 多 く の ア ク タ ー が 参 加 す る こ と に よ っ て 持 続 可 能 な 発 展 を 考 慮 す る に 当 た り よ り 多 種 多 様 な 意 見 や 観 点 を 組 み 込 む こ と が で き る ( p a r t i c i p a t i o n ) 最 後 に I A が 行 わ れ る こ と に よ っ て 様 々 な 優 先 課 題 や 目 的 が 明 確 と な り 持 続 可 能 性 に 向 け た よ り 効 果 的 な 戦 略 に つ な が る こ と が 予 想 さ れ る ( a c h i e v e m e n t o f g o a l s ) し か し 実 際 に I A を 実 施 す る に 当 た っ て 多 く の 課 題 も 残 さ れ て い る 例 え ば 方 法 論 的 課 題 (m e t h o d o l o g i c a lc h a l l e n g e s )と し て は 政 策 の 長 期 的 な 影 響 評 価 を 行 う 場 合 環 境 社 会 経 済 の そ れ ぞ れ の 側 面 に お け る 要 素 が 複 雑 に 絡 み 合 っ て お り 単 に デ ー タ や モ デ ル 分 析 で は 解 明 す る こ と が で き な い 不 確 実 性 が 含 ま れ る ま た タ イ ム ス ケ ー ル が 異 な る こ と な ど か ら そ れ ら の 様 々 な 諸 要 素 は 統 合 す る こ と や 比 較 す る こ と は 容 易 で は な い そ の 他 参 加 型 の 政 策 決 定 プロセスの 導 入 実 施 には 多 くの 課 題 が 存 在 するだけではなく ( p a r t i c i p a t i o n ) 費 用 時 間 労 力 な ど の 資 源 不 足 ( l a c ko fr e s o u r c e s ) も I A を 実 施 す る た め に 不 可 欠 な 要 素 で あ る こ と は 理 解 に 難 し く な い さ ら に 言 え ば 最 終 的 な 政 治 的 決 定 は 基 本 的 に は 既 存 の ヒ エ ラ ル キ ー 構 造 や 利 害 関 係 に お け る 交 渉 と 妥 協 に よ っ て 行 わ れ る と さ れ る が I A の 実 施 は そ の よ う な 伝 統 的 な 制 度 的 枠 組 み と 大 き く 異 な る も の と し て 政 界 の 理 解 が 求 め ら れ る ( c o m p e t i n g i n t e r e s t s ) 130

138 I A に 関 す る O E C D の 結 論 と し て は 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 す る た め の 不 可 欠 な 取 組 み と な る こ と は 間 違 い な い と し つ つ こ の よ う な I A の 実 施 に あ た っ て 世 代 間 を 超 え た 正 義 の 問 題 や 国 際 的 公 平 性 の 問 題 ま た そ れ ぞ れ の 持 続 可 能 性 領 域 で あ る 経 済 的 社 会 的 環 境 的 側 面 に お い て ト レ ー ド オ フ が 生 じ る こ と な ど を 考 慮 し つ つ よ り 適 切 な 規 制 や 政 策 を デ ザ イ ン し て い く こ と が 求 め ら れ て い る 最 後 に S I A お よ び I A に お け る 共 通 の 課 題 と し て O E C D はと り わ け 以 下 4 つの 重 要 性 を 指 摘 し て い る 1 更 な る 部 門 間 の 協 力 や 学 際 的 な 取 組 み の 増 進 ( i n c r e a s e di n t e r d e p a r t m e n t a la n d i n t e r d i s c i p l i n a r y w o r k ) 2 透 明 性 と 協 議 の 改 善 ( i m p r o v i n g t r a n s p a r e n c y a n d c o n s u l t a t i o n ) 3 政 府 に よ る 優 先 課 題 と 政 策 の 一 貫 性 の 確 保 ( t h e c o h e r e n c e o f p o l i c i e s w i t h t h e p r i o r i t i e s o f g o v e r n m e n t s) 4 長 期 的 な 費 用 対 効 果 に も と づ く 意 思 決 定 の 実 現 ( t h e f u l l c o n s i d e r a t i o n o f l o n g -c o s t s a n d b e n e f i t s i n d e c i s i o n -m a k i n g ) 以 上 こ の よ う な I A の 取 組 み は す で に い く つ か の O E C D 加 盟 国 で 実 際 的 に 進 め ら れ て お り O E C D の 報 告 書 に よ れ ば E C に 加 え て オ ー ス ト ラ リ ア 韓 国 オ ラ ン ダ ポ ー ラ ン ド ス イ ス イ ギ リ ス ア メ リ カ の I A の 動 向 が 報 告 さ れ て い る 1 (O 8 E C D a ) 表 は こ れ ら の 国 々 で 実 施 さ れ て い る I A の 経 緯 や そ れ ぞ れ の 制 度 的 な 位 置 付 け ま た 持 続 可 能 性 や グ リ ー ン グ ロ ー ス ( G G ) と の 関 係 性 に つ い て 記 述 し た も の で あ る ま た い く つ か の 国 で は 独 自 の 持 続 可 能 性 要 素 を I A に 組 み 込 ん で 評 価 を 行 う こ と を 進 め て い る ケ ー ス も 確 認 さ れ て い る 1 8 こ こ で 留 意 す る べ き 点 と し て は イ ギ リ ス や ア メ リ カ な ど の 欧 米 諸 国 と と も に 最 近 で は 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け て 韓 国 な どの 動 き が 活 発 化 し て き て お り こ の こ と は 指 標 開 発 な ど に 限 ら ず 我 が 国 に お け る 政 策 研 究 を さ ら に 推 し 進 め て い く た め の 動 機 付 け と そ な の る た め 特 に 示 唆 に 富 む 韓 国 オ ラ ン ダ オ ー ス E ト C ラ の リ ア 持 続 可 能 性 指 標 の 実 施 動 向 な ど に 関 し 本 て 稿 は 補 遺 に お い て O E C D ( a) の 一 部 を 抄 訳 す る 131

139 オ ー ス ト ラ リ ア 韓 国 I Aの 実 施 と シ ス テ ム の 種 類 表 様 々 なS I A の 取 組 み と 位 置 づ け I Aの 位 置 づ け 持 続 可 能 な 発 展 経 済 社 会 環 境 の そ れ に 向 け た 戦 略 や グ リ ー ぞ ン れ の 側 面 に お け る 統 グ ロ ー ス (G G ) と の 関 連 合 の 程 度 (D e g r e e o f 性 i n t e g r a ) t i o n 効 果 的 で 効 率 的 な 直 接 的 な 関 連 性 は 規 制 に 向 け て I Aは 強 力 な い が 年 に オ ー ス な 位 置 づ け と な っ て お ト ラ リ ア 政 府 審 持 議 会 が り 最 近 の 改 正 で は 続 新 可 し 能 な 発 展 に 向 け た い 規 制 か ら ビ ジ ネ ス を 保 国 家 戦 略 (N a t i o n a l 年 か ら 規 制 的 影 響 護 す る こ と と な っ た S t r a t e g y f o r E c o l o 経 g 済 i c 的 a 問 l 題 l y が 主 流 で あ 評 価 (R I A) が 行 わ れ て I い Aに 持 続 可 能 性 要 素 は S u s t a i n a b l e り 統 合 レ ベ ル は 比 較 的 る 直 接 的 に は 提 示 さ れ て D e v e l o p m e n t) に 合 意 す 低 い い な い が 政 策 担 当 者 る こ は と と な り そ の と き に 経 済 社 会 環 境 の そ れ 環 境 的 社 会 的 側 面 が 経 ぞ れ の 側 面 で 影 響 評 価 済 的 側 面 に 焦 点 を あ て て 分 析 を 行 わ な け れ ば な ら い る R I Aに 組 み 込 ま れ る な い こ と と な っ た ビ ジ ネ ス 環 境 の 向 上 と 市 場 の 公 開 性 に つ な が R I Aに お い て 社 会 的 環 年 か ら 規 制 的 影 響 る 境 的 問 題 が 明 確 に 示 さ 評 価 (R I A) が 行 わ れ て R い I Aで は 持 続 可 能 性 や 直 接 的 な 関 係 性 は な い れ て お ら ず 統 合 レ ベ ル る 社 会 的 環 境 的 問 題 は 明 は 低 い と 考 え ら れ る 確 な 要 素 と し て 取 り 上 げ ら れ て い な い オ ラ ン ダ 年 か ら 1 競 争 力 の I Aの 主 な 目 的 は 政 あ る ビ ジ ネ ス 環 境 の 策 強 決 化 定 者 に 対 し て 適 切 な テ ス ト 2 法 的 拘 束 情 力 報 テ 提 供 を 行 う こ と で あ ス ト 3 実 現 可 能 性 り テ そ ス の ト こ と に よ っ て ビ ジ 直 接 的 な 関 係 性 は な い が 行 わ れ て い る ネ ス や 環 境 に 対 し て 過 剰 年 か ら 上 記 三 つ の 負 荷 を 避 け ま た 管 理 上 テ ス ト を 統 合 し た テ ス ト が の 負 担 を 減 ら す こ と が 重 行 わ れ て い る 要 と さ れ る 立 法 案 に 対 し て 行 わ れ る 影 響 評 価 は そ れ ぞ れ の 側 面 に お い て 異 な る 評 価 テ ス ト が 実 施 さ れ て き た し か し 年 か ら は 新 し い オ ン ラ イ ン ツ ー ル が 導 入 さ れ そ れ ぞ れ の 影 響 評 価 テ ス ト が 統 合 さ れ る こ と と な っ た ポ ー ラ ン ド 主 な 目 的 と し て は 1 行 政 的 政 治 的 な 意 思 決 定 の 質 の 向 上 2 選 択 さ れ た 政 策 措 置 に よ る 効 果 の 年 か ら 規 制 的 影 響 最 大 化 3 社 会 的 環 境 評 価 (R I A) が 行 わ れ て い 直 接 的 な 関 係 性 は な い 的 側 面 に お け る 問 題 の る 考 慮 4 持 続 可 能 性 に 向 け た す べ て の 側 面 に お け る 平 等 な 対 処 の 促 進 な ど が 挙 げ ら れ る R I Aは あ る 程 度 そ れ ぞ れ の 側 面 に 対 し て 統 合 的 な 評 価 手 法 とし て 捉 え ら れ る 132

140 ス イ ス S A は 持 続 可 能 性 の す べ 年 か ら 規 制 的 影 響 スイスの SAは スイスに て の 側 面 を 統 合 し て 取 り 評 価 (R I A) が 行 わ れ て お ス イ ス の R I Aは 主 に 経 済 お け る 持 続 可 能 な 発 展 扱 っ て い る 一 方 R I Aは り こ れ は 新 し い 規 制 に 的 影 響 や 新 し い 規 制 に よ に 向 け た 国 家 戦 S 略 D S) ( そ れ ぞ れ 分 け て 影 響 評 対 し て 実 施 が 義 務 付 け ら る コ ス ト に 焦 点 が あ て ら れ で 設 け ら れ て 1 い 5 の る 評 価 を 行 っ て お り と り わ け れ て い る て い る し か し そ れ に よ 価 基 準 を も と に 影 響 評 価 経 済 的 側 面 に 焦 点 が あ 年 か ら 全 て の 新 し っ て 得 ら れ る 環 境 的 利 益 す る た め の 手 段 と し て 取 て ら れ て い る 社 会 的 環 い 規 制 に 対 し て 持 続 可 も 考 慮 さ れ る べ き と さ れ り 入 れ ら れ た そ の た め 境 的 問 題 が 検 討 さ れ る の 能 性 評 価 (S A ) が 行 わ れ る R I Aと S A の 間 に 直 接 的 は 経 済 的 側 面 に お い て る こ と が 義 務 付 け れ ら て な 関 連 性 は な い 測 定 さ れ る と き に 限 ら れ い る る イ ギ リ ス 年 か ら 規 制 的 影 響 評 価 (R I A) が 行 わ れ て い る 年 に は そ れ ぞ れ 個 々 の 評 価 テ ス R ト I A と 経 済 的 側 面 に 焦 点 が あ を モ ジ ュ ー ル 化 し て 統 合 て ら れ て い る す る 動 き が あ る も し 特 定 の 影 響 が 生 じ る こ の よ う に モ ジ ュ ー ル 化 場 合 に は そ れ に 対 す る 直 接 的 な 関 係 性 は な い さ れ た も の は 1 S p e c i f i c 具 体 的 な 影 響 テ ス ト I mp a c t T e s 2t s, (S I T) が 施 さ れ る こ と と な S u s t a i n b l e D e v e l o p m e n t り 社 会 的 環 境 的 問 題 も I m p a c t T e s t ( S D 3 I T ) 考 慮 さ れ る こ と と な る W i d e r E n v i r o n m e n t a l T e s t 4 G r e e n h o u s e G a s I m p a c t T ま e た s は t H e a l t h と I 呼 A ば れ る 持 続 可 能 性 評 価 テ ス ト (S D i ) は S m I Tの p a c t 一 つ で あ り 持 続 可 能 性 の そ れ ぞ れ の 側 面 の 問 題 と そ の 他 S の I Tの 結 果 を 統 合 す る こ と を 目 的 と し て い る ま た S D I Tは 最 終 的 評 価 を サ ポ ー ト す る 役 割 と し て 考 え ら れ る ア メ リ カ R I Aは 提 言 さ れ る 規 制 や ビ ジ ネ ス 環 境 に 対 す る 経 年 か ら 規 制 的 影 響 済 的 影 響 に 焦 点 が あ て ら 評 価 (R I A) が 行 わ れ て い 直 接 的 な 関 係 性 は な い れ て い る た だ し 環 境 る 的 社 会 的 な 側 面 も 考 慮 さ れ る べ き と さ れ る 持 続 可 能 性 の そ れ ぞ れ の 側 面 は 分 析 の な か で 考 慮 さ れ る べ き と さ れ る E C す べ て の 持 続 可 能 性 に 向 け た 側 面 が バ ラ ン ス よ く 対 処 さ れ な け れ ば な ら I AはE U の 持 続 可 能 な 発 持 続 可 能 性 の す べ て の 年 か ら 統 合 的 影 響 な い 展 に 向 け た 戦 略 側 面 と 評 価 要 求 評 価 (I n t e g r a d t e I m p a c t I Aは 欧 州 経 済 戦 略 (S t r a t e g y f o r ) S D の 実 施 (a s s e s s m e n t A s s e s s m e n t) が 行 わ れ て (E u r o p e a n E c o n o m i c 手 段 と し て 導 入 さ れ た も r e q u i r e m ) e n t は 単 一 の プ い る S t r a t e g y) や 持 続 可 能 な の で あ る ロ セ ス に 統 さ れ 合 る 発 展 に 向 け た 戦 略 (S t r a t e g y f o r ) S D の 実 施 手 段 と し て 導 入 さ れ た 出 典 :O E C D( a) 133

141 5. 4 フ ラ ン ス ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 と 新 指 標 作 成 の 動 向 背 景 一 国 の 豊 か さ を 判 断 す る 指 標 と し て 従 来 の よ う に G D P の み に 依 拠 す る の で は な く こ れ に 代 替 あ る い は 補 完 す る よ う な 指 標 を 併 せ 持 つ 必 要 性 は 以 前 よ り 指 摘 さ れ て き た 数 年 前 よ り こ の よ う な 新 し い 豊 か さ の 物 差 し を 求 め る 機 運 は 高 ま り を 見 せ て い る が そ の 背 景 に は 国 が 豊 か に な れ ば 国 民 の 福 祉 も 向 上 す る と い う 経 済 成 長 の モ デ ル が も は や 通 用 せ ず 環 境 破 壊 や 格 差 な ど の 問 題 が 顕 在 化 し て い る 現 状 が あ る と い え る だ ろ う 日 本 に お い て は か つ て 年 代 に も 社 会 指 標 を 作 成 す る 動 き が あ っ た が 社 会 指 標 ム ー ヴ メ ン ト が あ っ た だ け で 社 会 指 標 は な か っ た ( 伊 藤 ) と い わ れ て い る フ ラ ン ス に お い て も 指 標 作 成 に 関 し て は 類 似 し た 状 況 が み ら れ る 社 会 指 標 を 作 成 す る 動 き が 年 代 初 頭 よ り 研 究 者 を 中 心 に 一 時 活 発 化 す る が フ ラ ン ス 国 内 の 失 業 率 の 上 昇 を 受 け 経 済 成 長 の 必 要 性 が 説 か れ た こ と も あ り 指 標 研 究 は 下 火 と な っ た 年 代 の 終 盤 に な る と 先 行 研 究 者 た ち に よ り 再 び 豊 か さ と は 何 か を 問 う 著 作 が 発 表 さ れ る な ど し 新 し い 指 標 へ の 希 求 が 徐 々 に 国 民 の 間 に も 広 ま っ て い っ た 年 に 実 施 さ れ た 民 間 調 査 機 関 の 国 民 へ の ア ン ケ ー ト に よ れ ば フ ラ ン ス 人 の 8 5 % が G D P 以 外 の 何 ら か の 指 標 の 必 要 性 を 認 め る と 回 答 し て い る こ の よ う な 文 脈 の も と に 年 フ ラ ン ス 大 統 領 ニ コ ラ サ ル コ ジ は 国 民 の 実 感 と 公 会 計 と の 乖 離 を 問 題 と し よ り 適 切 に 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 社 会 の 進 歩 を 計 測 す る 方 法 に つ い て 討 議 す る こ と を 目 的 と し た 委 員 会 の 設 置 を 命 じ た 通 称 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 ( 正 式 名 称 は L a C o m m i s s i o n s u r l a m e s u r e d e s p e r f o r m a n c e s éc o n o m i q u e s e t d u p r o g r ès s o c i a l. ) に よ る 報 告 書 は 年 9 月 に 発 表 さ れ る と フ ラ ン ス の み な ら ず 諸 外 国 に お い て も 大 き な 関 心 を 持 っ て 迎 え ら れ た と り わ け フ ラ ン ス 及 び 欧 州 に お い て は 統 計 当 局 に 大 き な 影 響 を 与 え ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 事 項 を 反 映 し た 国 民 経 済 計 算 体 系 の 改 革 が 現 在 も 進 行 中 で あ る 本 研 究 に お い て は 研 究 目 的 の た め に ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 を 中 心 と し た 一 連 の 新 指 標 策 定 の 動 向 に 注 目 す る そ の 理 由 は 第 一 に ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の テ ー マ が 国 民 の 福 祉 環 境 持 続 可 能 性 に つ い て の 包 括 的 な 問 題 を 扱 っ た か ら で あ る 先 行 研 究 の 網 羅 的 な レ ビ ュ ー に 始 ま り G D P の 不 備 を 確 認 し さ ら に 現 在 の 福 祉 と そ の 持 続 可 能 性 を 議 論 し た と い う 点 に お い て ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 は 先 行 研 究 に 類 を み な い 文 献 で あ る 第 二 の 理 由 は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 を 反 映 し た 新 指 標 が フ ラ ン ス に お い て は 政 策 評 価 ツ ー ル と し て 既 に 実 用 化 さ れ る な ど の 成 果 を 挙 げ て お り 成 功 事 例 と 捉 え ら れ る か ら で あ る 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 取 組 に お い て 最 も 困 難 を 伴 う の が 規 範 的 概 念 を 実 効 性 を 伴 う 施 策 に 移 行 す る 段 階 で あ る と さ れ る こ の 意 味 に お い て ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 を 中 心 と し た 一 連 の 動 態 そ の も の が 理 念 の 構 築 指 標 化 実 用 化 さ ら に 国 際 的 な 普 及 と い う 段 階 を 既 に 経 て い る 事 例 と し て 示 唆 を 得 ら れ る も の と 考 え る 本 節 の 構 成 は ま ず ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 概 要 を ま と め 次 に ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 発 表 後 の 新 指 標 作 成 の 動 向 を 担 当 す る 2 機 関 ( 持 続 可 能 な 発 展 省 と 国 立 統 計 経 済 研 究 所 )の 過 去 2 年 間 に お け る 取 組 を も と に 概 観 す る さ ら に ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 提 案 を 134

142 反 映 し た 新 指 標 を 含 む 持 続 可 能 性 指 標 に つ い て フ ラ ン ス の 国 家 と 地 方 双 方 の 指 標 リ ス ト を 事 例 と し て 紹 介 す る 続 い て 現 地 で の ヒ ア リ ン グ に 基 づ き ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に 当 事 者 と し て 参 画 し た 関 係 者 に よ る 評 価 を 要 約 す る 小 括 で は 今 後 の 新 指 標 作 成 の 展 望 に つ い て も 触 れ る こ と と す る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 概 要 年 2 月 フ ラ ン ス 大 統 領 ニ コ ラ サ ル コ ジ は 当 時 の 国 家 統 計 の シ ス テ ム を 不 服 と し て ジ ョ ゼ フ ス テ ィ グ リ ッ ツ コ ロ ン ビ ア 大 教 授 ( 年 ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 ) を 座 長 と し ア マ ル テ ィ ア セ ン ハ ー バ ー ド 大 教 授 ( 年 ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 ) を 相 談 役 と し た 委 員 会 の 設 立 を 命 じ た 委 員 会 の 正 式 名 称 は 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 社 会 の 進 歩 の 計 測 に 関 す る 委 員 会 と い い フ ラ ン ス で は 3 人 の 代 表 者 の 名 前 を 冠 し て ス テ ィ グ リ ッ ツ セ ン フ ィ ト ゥ シ 委 員 会 ( L a C o m m i s s i o n S t i g l i t z -S e n -F i t o u s s i ) と も 呼 ば れ る コ ー デ ィ ネ ー タ ー と し て 任 じ ら れ た ジ ャ ン ポ ー ル フ ト ゥ ッ シ パ リ 政 治 行 政 学 院 教 授 は ス テ ィ グ リ ッ ツ セ ン と 協 力 し て 世 界 の 社 会 経 済 学 者 の 中 よ り メ ン バ ー の 選 定 に あ た っ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 執 筆 メ ン バ ー に 加 わ っ た フ ラ ン ス 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E ) のジ ャ ン エ テ ィ エ ン ヌ シ ャ プ ロ ン は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 特 筆 す べ き 特 徴 と し て 以 下 の 2 点 を 挙 げ て い る 第 一 に そ の 国 際 的 な メ ン バ ー 構 成 で あ る 8 名 の ア メ リ カ 人 8 名 の フ ラ ン ス 人 4 名 の イ ギ リ ス 人 2 名 の イ ン ド 人 イ ス ラ エ ル ト ル コ ド イ ツ イ タ リ ア そ し て 中 国 か ら も 各 1 名 ず つ の 学 者 が 加 わ っ た 第 二 に メ ン バ ー の 社 会 的 責 任 の 大 き さ で あ る 5 名 の ノ ー ベ ル 賞 学 者 国 連 環 境 基 金 の 局 長 世 界 銀 行 の チ ー フ エ コ ノ ミ ス ト O E C D の 統 計 局 長 ら が 含 ま れ て い た か ら で あ る 委 員 会 に は 経 済 学 者 の 他 に 9 名 の 執 筆 者 が フ ラ ン ス 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E 以 下 I N S E E )とO E C D よ り 加 わ っ た 第 一 回 会 合 は 年 4 月 に 開 催 さ れ そ の 際 に 今 後 討 議 す べ き テ ー マ と し て 次 の 3 つ が 選 択 さ れ た 1 G D P に 関 す る 古 典 的 な 問 題 に つ い て 2 持 続 可 能 な 発 展 と 環 境 に つ い て 3 生 活 の 質 の 計 測 に つ い て 各 委 員 は 3 つ の テ ー マ よ り 1 つ を 選 択 し こ の 後 は グ ル ー プ 毎 に 討 議 す る 方 針 が 決 定 し 各 グ ル ー プ に 責 任 者 と 執 筆 者 が 割 り 振 ら れ た 3 人 の 代 表 者 は 委 員 会 が 設 置 さ れ て い た 期 間 ( 年 2 月 ~ 年 9 月 ) パ リ で 頻 繁 に 会 合 を 持 ち 他 の メ ン バ ー 達 と は メ ン バ ー 専 用 の W e b 上 の 会 議 場 メ ー ル ビ デ オ 会 議 全 体 会 議 を 通 じ て 討 議 と 作 業 が 進 め ら れ た 作 業 は ま ず 年 代 初 頭 か ら の 社 会 経 済 の 計 測 に 関 す る 先 行 研 究 レ ビ ュ ー か ら 始 め ら れ た そ の 後 段 階 的 に 進 め ら れ た 討 議 の 内 容 は 中 間 報 告 と し て 書 面 に ま と め ら れ 大 統 領 に 提 出 さ れ る と と も に イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の 委 員 会 専 用 の サ イ ト で も 公 開 さ れ て い る ( 年 7 月 ) 委 員 会 の 扱 う 3 つ の テ ー マ の 順 序 に つ き 年 1 月 の 段 階 で 変 更 が 行 わ れ た 第 一 章 は 当 初 か ら の 予 定 通 り G D P に 関 す る 古 典 的 問 題 に 割 か れ る が 第 二 章 は 生 活 の 質 に つ い て そ し て 第 三 章 で は 持 続 可 能 な 発 展 と 環 境 を 扱 う こ と に な っ た こ の 変 更 の 意 図 は 最 初 の 2 章 で 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 現 在 の 福 祉 を 論 じ そ の 後 に 環 境 と 持 続 可 135

143 能 な 発 展 を 通 し て 未 来 の 福 祉 を 扱 う と い う 構 成 に す る こ と に よ り 論 旨 の 流 れ を 明 解 に す る こ と で あ っ た 年 4 月 の 時 点 で 当 初 の 予 定 よ り も 委 員 会 の 最 終 報 告 書 を ま と め る の に 時 間 が 必 要 な こ と が わ か っ た が メ ン バ ー 全 員 が 数 百 ペ ー ジ に 及 ぶ 途 中 報 告 に 目 を 通 し 意 見 を メ ー ル で 交 換 し 合 い な が ら 最 終 報 告 が 準 備 さ れ て い っ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 最 終 報 告 書 は 以 上 の よ う な 経 過 を 経 て 年 9 月 1 4 日 に サ ル コ ジ 大 統 領 に よ り 発 表 さ れ た ソ ル ボ ン ヌ 大 学 の 大 教 室 に 政 財 界 よ り 招 待 さ れ た 名 が 集 う 中 で 大 統 領 は 本 報 告 書 の 以 前 と 以 後 が 明 確 に 区 別 さ れ る よ う な 統 計 シ ス テ ム の 改 革 が 進 む こ と を 望 む と ス ピ ー チ を し て い る 報 告 書 に 関 し て は 別 途 マ ス コ ミ 向 け の コ ミ ュ ニ ケ も 発 表 さ れ 国 内 外 の 経 済 界 学 術 界 に お い て も 多 大 な 関 心 を も っ て 迎 え ら れ た 後 述 す る よ う に 新 指 数 の 開 発 に 関 し て 協 働 を す べ く O E C D は じ め 国 連 日 本 を 含 む 各 国 が 連 携 を 求 め 或 い は 情 報 の 共 有 を 申 し 出 た こ と を フ ィ ト ゥ ッ シ は 明 ら か に し て い る 一 例 と し て 中 国 は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 翻 訳 を 行 い 独 自 の 指 標 開 発 に 着 手 し て い る 年 1 0 月 ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 発 刊 後 2 年 と な る の を 期 し て パ リ で ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 2 年 目 の 提 案 福 祉 と 持 続 可 能 性 の 計 測 に つ い て と 題 す る 会 議 が 開 催 さ れ た 1 9 そ の 際 に は フ ラ ン ス と 協 働 し て 新 指 標 開 発 に 取 り 組 む 諸 外 国 の 統 計 関 係 者 に よ る 事 例 報 告 も 行 わ れ た が 参 加 国 の 顔 ぶ れ は イ ギ リ ス ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド チ ュ ニ ジ ア 中 国 韓 国 そ し て 日 本 な ど で あ っ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 発 表 以 降 の 統 計 改 革 の 概 要 ( 1 ) フ ラ ン ス 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E ) に よ る 取 組 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 は 年 9 月 に 報 告 書 を 発 表 し た 時 点 以 降 実 質 的 に 解 散 し て お り 委 員 会 に よ る 提 案 事 項 を 具 体 的 に 実 現 す る 任 務 は サ ル コ ジ 大 統 領 の 命 に よ り 持 続 可 能 な 発 展 省 と 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E ) に 委 ね ら れ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 は 今 後 の 統 計 改 革 に 向 け た 大 枠 の 方 針 を 示 し た も の で あ り 具 体 的 な 新 指 標 案 な ど は 提 示 さ れ て い な い 従 っ て ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 を 取 り 入 れ た 指 標 が ど の よ う な も の な の か そ の 具 体 例 を 知 る に は 上 記 2 機 関 よ り 発 刊 さ れ て い る 資 料 の 精 読 が 必 要 と な る 以 下 I N S E E が 年 の 時 点 ま で に 行 っ て き た 統 計 改 革 と 今 後 の 予 定 を 以 下 に 概 観 す る I N S E E は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 3 部 構 成 の 内 容 ( 第 一 章 G D P に ま つ わ る 古 典 的 問 題 第 二 章 生 活 の 質 第 三 章 環 境 と 持 続 可 能 性 ) に 準 拠 し た 3 分 野 ご と に 調 査 す べ き 内 容 を 定 め た ロ ー ド マ ッ プ を 年 1 2 月 に 作 成 し て お り 年 1 月 現 在 も 研 究 お よ び 統 計 改 革 を 推 進 中 で あ る そ の 内 容 の 概 要 は 次 の 通 り で あ る A. フ ラ ン ス 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E ) の 統 計 改 革 の ア ジ ェ ン ダ 1G D P の 補 完 改 善 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 提 案 事 項 1) 生 産 よ り も 収 入 と 消 費 に つ い て 注 視 す る こ と 1 9 会 議 は フ ラ ン ス 持 の 続 可 能 な 発 省 展 I N S E E, O E C Dの 共 催 で 開 か れ た 136

144 2) 収 入 と 消 費 と 同 時 に 富 の ス ト ッ ク を 考 慮 す る こ と 3) 家 計 の 視 点 を 強 調 す る こ と 4) 収 入 消 費 富 の 分 配 に つ い て こ れ ま で 以 上 に 重 視 す る こ と 5) 収 入 に つ い て の 指 標 を 市 場 外 で の 活 動 に ま で 適 用 す る こ と ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 提 案 事 項 年 年 に は 世 帯 間 の 収 入 格 差 に 関 す る 報 告 書 が 刊 行 さ れ た 年 に は さ ら に 都 市 地 方 間 の 格 差 に つ い て 調 査 す る 予 定 で あ る 年 上 半 期 予 定 家 計 の 資 産 内 容 に 関 す る 5 つ の カ テ ゴ リ ー 別 の 分 析 を 行 う ( 生 活 水 準 年 齢 職 業 都 市 地 方 別 の 分 析 ) 年 上 半 期 予 定 家 計 に お け る 収 入 消 費 資 産 の 1 0 年 間 の 変 化 に つ い て カ テ ゴ リ ー 別 の 分 析 を 実 施 す る 年 以 降 職 業 的 資 産 と 非 物 質 的 資 本 に 関 し て 把 握 す る た め の ア ン ケ ー ト を 年 に 実 施 し た 画 期 的 な 調 査 と し て 家 庭 内 に お け る 活 動 ( 家 事 子 供 の 教 育 ) の G D P に 対 す る 貢 献 に つ い て の 研 究 を 時 間 の 使 い 方 の ア ン ケ ー ト 調 査 結 果 よ り 行 う 年 の ア ン ケ ー ト 結 果 よ り 年 3 月 報 告 書 公 刊 済 年 の ア ン ケ ー ト 結 果 よ り 年 初 頭 予 定 年 に 公 刊 し た 高 額 所 得 者 に つ い て の 報 告 書 の 結 果 を 受 け て 生 活 格 差 の 指 標 を 地 方 レ ベ ル に も 適 用 す る 目 的 で 高 額 所 得 者 を 引 き 続 き 注 視 す る 年 以 降 予 定 2 生 活 の 質 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 提 案 事 項 1) 統 計 当 局 は ア ン ケ ー ト 調 査 に お い て 各 自 の 人 生 や 経 験 に つ い て の 自 己 評 価 及 び 優 先 順 位 を 調 査 す る た め の 質 問 を 取 り 入 れ る こ と 2) 健 康 状 態 教 育 水 準 個 人 的 活 動 政 治 生 活 へ の 参 加 社 会 的 関 係 環 境 条 件 安 全 へ の リ ス ク に 関 す る 定 量 評 価 の 計 測 方 法 を 改 善 す べ き で あ る 3) 生 活 の 質 に 関 す る 指 標 は あ ら ゆ る 範 囲 に お け る グ ロ ー バ ル で 包 括 的 な 不 平 等 に つ い て の 情 報 を も た ら す も の で な け れ ば な ら な い 4)ア ン ケ ー ト 調 査 は 生 活 の 質 の 種 々 の 側 面 の 相 互 関 連 性 を 評 価 し う る べ き で あ り そ の 際 得 ら れ た 情 報 は 公 共 政 策 の 場 に お い て 活 用 実 施 計 画 さ れ る べ き で あ る 5) 統 計 当 局 は 種 々 の 指 数 開 発 を 可 能 と す べ く 生 活 の 質 の 異 な る 分 野 に お け る 重 み づ け に つ い て の 必 要 な 情 報 を 供 給 す べ き で あ る 劣 悪 な 住 環 境 に つ い て の 把 握 - 住 居 の 周 辺 的 環 境 に つ い て の 報 告 書 年 秋 公 刊 済 - 住 居 費 の 世 帯 間 不 平 等 に つ い て フ ラ ン ス の ソ ー シ ャ ル ポ ー ト レ ー ト 公 刊 済 - 住 居 問 題 の 改 善 に 貢 献 し う る デ ー タ の 一 覧 年 秋 公 刊 済 物 質 的 条 件 ( 住 居 消 費 ) か ら 計 測 し た 生 活 の 質 経 済 的 困 難 健 康 教 育 勤 労 条 件 政 治 生 活 と 社 会 生 活 へ の 参 加 経 済 的 物 理 的 に 安 全 で な い こ と 137

145 - 上 記 の 諸 分 野 に お け る 概 観 年 フ ラ ン ス の ソ ー シ ャ ル ポ ー ト レ ー ト 公 刊 済 - 社 会 的 参 加 年 1 1 月 公 刊 済 - 社 会 活 動 へ の 参 加 年 末 公 刊 済 主 観 的 幸 福 度 の 評 価 - 家 庭 内 に お け る 活 動 の 選 好 調 査 年 末 - 家 庭 内 に お け る 活 動 と 自 己 評 価 年 の ア ン ケ ー ト 調 査 に 基 づ い た 調 査 年 3 月 公 刊 済 年 の ア ン ケ ー ト 調 査 に 基 づ い た 調 査 年 末 3 持 続 可 能 な 発 展 と 環 境 ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 事 項 1) 持 続 可 能 性 の 評 価 は 厳 選 さ れ た 指 標 群 に 基 づ く も の で な け れ ば な ら な い こ の 指 標 群 は 人 間 の 福 祉 を 規 定 す る ス ト ッ ク の 変 動 を 読 み 取 る こ と が で き る も の で な け れ ば な ら な い 2) 持 続 可 能 性 の 金 融 指 数 は 指 標 群 に 含 ま れ 得 る と し て も 現 段 階 の 知 見 に お い て は 経 済 的 持 続 可 能 性 に 限 る こ と が 望 ま し い 3) 環 境 の 持 続 可 能 性 に つ い て は 注 意 深 く 選 択 さ れ た 物 理 的 指 標 群 に よ り 別 途 調 査 を 続 け る べ き で あ る 年 7 月 に 国 家 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 に 対 応 し た 1 5 の ハ イ ラ イ ト 指 標 と 4 つ の コ ン テ キ ス ト 指 標 の 一 覧 が 持 続 可 能 な 発 展 省 よ り 刊 行 さ れ た 年 以 降 毎 年 指 標 の 結 果 が 国 会 で 報 告 さ れ る 家 庭 内 に お け る C O 2 排 出 の 内 訳 の 評 価 が 実 施 さ れ る 年 末 フ ラ ン ス 初 の 水 の 債 務 の 計 測 が 実 施 さ れ た 年 3 月 公 刊 済 調 整 済 み 純 貯 蓄 と 他 の 持 続 可 能 性 指 標 に つ い て の 報 告 書 が 年 1 1 月 に 公 刊 済 ソ ー シ ャ ル キ ャ ピ タ ル の 計 測 が 家 庭 内 の 生 活 水 準 に つ い て の ア ン ケ ー ト 調 査 よ り 実 施 さ れ た 年 1 1 月 公 刊 済 人 的 資 本 の 計 測 に つ い て は O E C D の グ ル ー プ ワ ー ク に I N S E E が 参 加 し て い る B. フ ラ ン ス 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E ) の 国 際 的 取 組 み 1 欧 州 レ ベ ル に お い て 欧 州 に お け る ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 内 容 の 具 現 化 に お い て I N S E E は E U R O S T A T の 協 力 の も と で 主 導 的 役 割 を 果 し て い る I N S E E と E U R O S T A T は 協 働 で E U 加 盟 国 2 7 か 国 中 1 5 か 国 の 参 加 を 得 て 欧 州 ス ポ ン サ ー シ ッ プ ( s p o n s o r s h i pe u r o p ée n ) と 呼 ば れ る ネ ッ ト ワ ー ク を 形 成 し て お り 年 5 月 に は O E C D と U N E C E が 新 た に 参 加 し た こ の 協 働 作 業 の 目 的 は 欧 州 に 存 在 す る 他 の 政 治 的 イ ニ シ ア テ ィ ヴ ( E u r o p e 欧 州 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 ) に ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 内 容 を 適 用 さ せ る こ と で 年 1 1 月 に 各 国 統 計 当 局 の 責 任 者 の 会 合 が 開 催 さ れ 最 終 報 告 書 が 刊 行 さ れ た 138

146 2O E C D レ ベ ル に お い て O E C D は フ ラ ン ス と 加 盟 国 に お け る ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 内 容 の 具 現 化 を 推 進 し て い る I N S E E は O E C D の 人 的 資 本 の 計 測 グ ル ー プ に 参 加 し て い る 年 3 月 :O E C D 加 盟 国 数 か 国 に お け る 家 計 調 査 を I N S E E の 過 去 の ア ン ケ ー ト 調 査 の 結 果 を 参 照 し て 実 施 す る た め の 国 際 タ ス ク フ ォ ー ス が 結 成 さ れ た I N S E E は 年 か ら O E C D が 実 施 し て い る 社 会 の 進 歩 の 計 測 国 際 プ ロ ジ ェ ク ト の 一 部 に 参 加 し て い る 4 連 レ ベ ル に お い て 年 2 月 に 国 連 本 部 で ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 に つ い て の 発 表 が 実 施 さ れ た 年 に は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 実 施 に 関 す る 会 議 が 国 連 に お い て 参 集 さ れ た 年 6 月 に 開 催 予 定 の リ オ ( 国 連 持 続 可 能 な 発 展 会 議 )に お い て フ ラ ン ス は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 の 内 容 を 反 映 さ せ た 新 指 標 の 普 及 を 議 題 と し て 提 出 す る 予 定 で あ る ( 2 ) フ ラ ン ス 持 続 可 能 な 発 展 省 の 取 組 み ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 内 容 の 実 現 に 向 け た 取 組 を I N S E E と 共 に 担 当 す る も う 一 つ の 機 関 が 持 続 可 能 な 発 展 省 で あ る フ ラ ン ス で は E U の 持 続 可 能 な 発 展 計 画 と 協 調 す る 形 で 年 以 降 国 家 レ ベ ル で 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 を 段 階 的 に 改 定 し つ つ 進 め て き た フ ラ ン ス の 環 境 政 策 は E U 諸 国 の 中 で は 今 世 紀 初 頭 に は 比 較 的 遅 れ て い た と さ れ る し か し 年 の 大 統 領 選 に お い て 積 極 的 な 環 境 政 策 を 掲 げ る 対 抗 勢 力 で あ っ た 左 派 陣 営 に 対 し 有 利 な 選 挙 戦 を 展 開 す る 必 要 性 の あ っ た サ ル コ ジ は 大 統 領 選 挙 公 約 と し て 環 境 に 特 化 し た 法 案 を 創 設 す る こ と を 謳 っ て い た そ の 公 約 が 実 現 さ れ 環 境 グ ル ネ ル 法 が 民 意 参 加 型 の 公 開 討 論 の 過 程 を 経 て 年 に 制 定 さ れ た ま た 細 則 を 定 め る 第 二 グ ル ネ ル 法 が 年 に 追 加 的 に 制 定 さ れ た こ れ ら の 法 律 は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 設 立 と さ ら に は そ の 後 の 新 指 標 策 定 の 過 程 に お け る 法 的 根 拠 と し て の 役 割 を 果 す こ と に も な っ た フ ラ ン ス 政 府 は 持 続 可 能 な 発 展 省 を 中 心 と し て 年 秋 に 年 ~ 年 持 続 可 能 な 発 展 9 つ の 戦 略 を 立 案 し た 持 続 可 能 な 発 展 省 で は こ の 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 の 進 捗 状 況 を 評 価 す る た め の ツ ー ル と し て 政 策 項 目 毎 に 対 応 す る 指 標 を 選 定 す る 方 針 を 決 定 し た 前 述 の I N S E E が 新 た に 作 成 し た 新 指 標 群 と ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 以 前 か ら 既 に 開 発 さ れ て い た 指 標 群 を 合 わ せ た 候 補 の 中 か ら 実 用 化 す る 指 標 を 選 定 す る 作 業 は ガ バ ナ ン ス 5 と 呼 ば れ る ス テ ー ク ホ ル ダ ー 参 加 型 に よ る 合 議 の 場 に 委 ね ら れ た 5 つ の ス テ ー ク ホ ル ダ ー と は 1 企 業 2 労 働 組 合 3 地 方 公 共 団 体 の リ ー ダ ー 4 政 府 5 N G O や 消 費 者 団 体 で あ る 彼 ら に 加 え て 6 オ ブ ザ ー バ ー と し て 専 門 家 が 参 加 す る 参 加 型 の 政 策 立 案 プ ロ セ ス と し て 年 1 月 2 0 日 に フ ラ ン ス で は 初 と な る 国 民 議 会 が 開 催 さ れ た こ の よ う な 民 意 を 聴 取 す る プ ロ セ ス を 経 た 効 果 と し て 環 境 政 策 が 国 際 競 争 力 の 低 下 に つ な が る の で は な い か と 懸 念 し て い た 経 済 界 も 今 で は 積 極 的 な 姿 勢 を 見 せ る よ う に な っ て い る と い う 環 境 に 配 慮 し た 経 済 は も は や ハ ン デ ィ キ ャ ッ プ で は な く 持 続 可 能 な 社 会 発 展 に 向 け た 新 た な 過 程 の 一 つ で あ る と 捉 え る べ き で あ る と 持 続 可 能 な 発 展 省 で は 主 張 し て い る 139

147 年 7 月 に は 前 述 の 9 つ の 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 が 5 4 の 指 標 と 共 に 正 式 に 発 表 さ れ た 各 戦 略 と そ の 進 捗 状 況 を モ ニ タ リ ン グ す る 指 数 の 割 り 当 て が 一 覧 表 の 形 式 で 発 刊 さ れ た ( 表 参 照 ) 後 述 す る よ う に ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 を 中 心 と す る 新 指 標 作 成 の 一 連 の プ ロ ジ ェ ク ト に お い て フ ラ ン ス 政 府 が 最 も 成 功 し た 点 と 評 価 し て い る の が こ の 国 民 議 会 の 開 催 で あ る 実 用 化 さ れ た 新 指 標 群 に よ る 政 策 評 価 は 環 境 グ ル ネ ル 法 に よ り 年 一 回 の 国 会 で の 報 告 が 義 務 付 け ら れ て お り 年 1 0 月 に は そ の 第 一 回 評 価 報 告 が 国 会 で な さ れ 同 時 に 報 告 書 が 公 刊 さ れ て い る 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 の 政 策 評 価 に 用 い ら れ て い る 指 標 は 全 部 で 5 4 あ り そ の 内 訳 は 1 5 の H i g h l i g h t 指 数 と 3 5 の 第 二 レ ベ ル 指 標 に 加 え 4 つ の 最 重 要 な コ ン テ キ ス ト 指 数 で あ る そ れ は 1 国 内 総 収 入 と 国 民 一 人 当 た り の G D P 2 失 業 率 3 収 入 の 分 配 4 人 口 変 動 ( 出 生 率 ) で あ る 指 標 の リ ス ト は 表 の 通 り で あ る 社 会 的 経 済 的 コ ン テ キ ス ト 戦 略 1: 持 続 可 能 な 消 費 と 生 産 戦 略 2: 知 識 社 会 戦 略 3:ガ バ ナ ン ス 表 フ ラ ン ス 持 続 可 能 な 発 展 9 つ の 戦 略 と 新 指 数 ハ イ ラ イ ト 指 数 ( 第 一 レ ベ ル ) 補 助 指 数 ( 第 二 レ ベ ル ) 1 人 当 り の 国 内 総 G D 所 P / 得 国 と 民 (EU) 失 業 率 と 不 完 全 雇 用 所 得 の 分 配 出 生 率 原 材 料 の 生 産 性 ゴ ミ の 排 出 量 排 の 出 変 元 化 の 種 別 ご と 隔 年 測 定 140 ゴ ミ の リ サ イ ク ル 率 有 機 農 業 に お S A け U の る 割 合 ( 2 目 0 2 標 0 年 値 2 0% ) エ コ ア ク テ ィ ビ テ ィ に お け る 雇 用 率 歳 に お け る 卒 業 免 除 読 取 書 得 に 困 難 を 覚 え る 若 者 の 割 合 前 の 退 学 歳 と 歳 に お け る 高 等 教 得 育 者 免 数 状 の 取 比 較 G D P に お け る 研 究 開 発 費 年 代 別 社 会 職 業 別 の 継 続 教 育 の 割 合 ガ バ ナ ン ス の 上 層 部 に お け る 女 性 の 参 画 比 率 : 上 院 で の 議 員 数 世 帯 毎 の 持 続 可 能 な 発 展 と い う 概 念 に 関 す る 知 識 の バ ロ メ ー タ ー 前 回 の 同 種 類 選 挙 に お け る 参 加 率 団 体 活 動 へ の 2 0 参 0 6 年 加 以 ( 降 2 年 置 き ) 割 合 地 方 と ア ジ ェ ン ダ 2 1 の ロ ー カ ル 版 に お け る 気 候 変 戦 略 4: 気 候 変 動 と ク リ ー 温 室 効 果 ガ ス の U E 排 ) 出 量 ( 住 民 当 り の エ ネ ル ギ ー 消 費 と エ ネ ル ギ ー 消 費 の G D ン エ ネ ル ギ ー 炭 素 債 務 : 国 内 最 終 需 セ 要 ク に タ ー お 毎 け の る G E S 排 出 戦 略 5: 交 通 と 持 続 可 能 住 民 当 り の 交 通 に お け る 交 通 エ 手 ネ 段 ル の ギ 様 式 の 分 布 ( 車 バ ス 鉄 道 飛 行 機 ) な 移 動 手 段 ー 消 費 公 共 交 通 の 利 用 : 地 の 上 割 旅 合 総 数 に 対 す る 割 合 商 用 に お け る 交 通 様 式 の 分 布 交 通 に よ る 排 気 汚 染 物 質 の 排 出 量 ( N O x 及 び エ ア 戦 略 6: 生 物 多 様 性 と 自 野 鳥 の 数 指 数 ( U E ) 漁 獲 高 の 漁 業 資 源 に お け る 割 合 ( U E ) 然 資 源 の 持 続 可 能 な 保 全 と 管 理 大 地 の 人 工 化 の 割 合 変 化 表 層 水 の 水 質 分 析 指 数 植 物 衛 生 製 品 の 消 費 戦 略 7: 公 共 衛 生 リ ス ク 管 職 業 別 の 平 均 余 命 と 出 生 時 に お 職 場 で の 事 故 理 と 予 防 ける 健 康 な 状 態 での 平 均 余 命 職 業 病 ( U E ) 戦 略 8: 移 民 の 社 会 的 同 化 社 会 移 動 後 の 経 済 的 貧 困 率 (E U ) 希 望 する 医 療 ケアを 享 受 できなかった 人 の 割 合 ( 経 済 的 事 情 由 来 ) 自 殺 率 原 子 力 廃 棄 3 年 物 ご ( と ) 債 務 超 過 の 世 帯 数 貧 困 な 生 活 環 境 ( 支 払 遅 延 住 宅 取 得 困 難 消 費 の 制 高 齢 者 の 雇 用 率 の 比 較 住 宅 環 境 に お け る 人 口 過 密

148 歳 と 歳 に お い て 若 者 の 社 会 への 同 化 : 歳 の ニ ー ト の 割 合 給 与 の 男 女 間 格 差 長 期 間 失 業 割 者 合 の 国 家 債 務 ( 対 G D P ) と 企 業 世 帯 の 債 務 年 齢 別 人 口 構 成 戦 略 9: 国 際 社 会 に お け 公 る 共 機 関 に よ る 開 発 援 助 国 内 資 源 消 費 に お け る 輸 入 品 の 割 合 持 続 可 能 な 発 展 と 貧 困 と の 戦 い 出 典 : 持 続 可 能 な 発 省 展 資 料 :C o m m i s s a r i a t énér g a l a u dév e l o p p e m e n t d u r a b l e L e s i n d i c a t e u r s d év u e d l o p p e m e n t d u r a b l e ( 3 ) フ ラ ン ス の 地 方 に お け る 新 指 標 作 成 の 動 向 フ ラ ン ス の 地 方 に お い て も G D P を 補 完 す る よ う な 新 指 標 の 作 成 の 動 き は こ こ 数 年 で 活 発 に な っ て き て い る フ ラ ン ス で 最 初 に 地 方 指 標 を 作 成 し た の は ミ デ ィ ピ レ ネ ー 地 方 で あ り す で に 年 に は 独 自 の 4 5 の 指 標 を 作 成 し て い る フ ラ ン ス の 地 方 に お け る 持 続 可 能 性 指 標 の 特 徴 と し て 国 家 と 一 定 の 連 動 を 保 っ て い る こ と が 挙 げ ら れ る そ の 理 由 は 国 家 の 持 続 可 能 な 発 展 戦 略 と 地 方 行 政 の 動 き に 一 貫 性 を 持 た せ 地 方 間 で 指 標 デ ー タ の 比 較 を 可 能 と す る た め で あ る 地 方 に お け る 持 続 可 能 性 指 標 作 成 を 推 進 す る 任 務 に 携 わ っ て い る 機 関 は 3 つ あ り 持 続 可 能 な 発 展 省 I N S E E, そ し て D A T A R ( 国 土 整 備 地 方 振 興 局 ) と 呼 ばれる 内 閣 府 に 属 する 超 省 庁 機 関 である 地 方 版 の 持 続 可 能 性 指 標 のモデルとして D A T A R よ り 発 表 さ れ て い る 指 標 リ ス ト が 表 で あ る 年 の 地 球 サ ミ ッ ト に お い て 定 め ら れ た ア ジ ェ ン ダ 2 1 の 地 方 版 で あ る ロ ー カ ル ア ジ ェ ン ダ の 実 施 を 推 進 す る こ と も 考 慮 さ れ て い る 表 持 続 可 能 性 指 標 フ ラ ン ス 地 方 版 テ ー マ 指 数 地 理 的 範 囲 開 発 の 潜 在 的 可 能 性 ( ポ テ ン シ ャ ル ) 職 業 地 域 住 民 毎 のG D P の 変 化 レ ジ オ ン G D P に 寄 与 し た 研 究 開 発 費 職 業 地 域 1 社 会 的 経 済 的 発 展 及 企 業 や 事 業 所 の 持 ち 株 の う ち 外 国 資 本 の 持 ち 職 分 業 地 域 び 社 会 の 啓 蒙 企 業 の 創 業 と 5 年 後 の 存 続 率 職 業 地 域 若 者 の 資 質 の レ ベ ル の 変 化 ( 歳 職 ) 業 地 域 雇 用 率 職 業 地 域 利 用 者 に よ る 水 の 使 用 量 県 住 民 当 り の 骨 材 ( 砂 状 ) 生 産 県 2 持 続 可 能 な 消 費 と 農 生 業 産 利 用 面 積 に お け る 有 機 農 業 の 割 合 県 住 民 当 り の 回 収 ゴ ミ の 量 の 変 化 県 家 庭 ゴ ミ の 再 生 利 用 率 県 地 方 に お け るG D P に 寄 与 し た エ ネ ル ギ ー の 最 終 利 用 量 の レ ジ オ ン ( 地 方 ) 変 化 3 気 候 変 動 と エ ネ ル ギ ー の 制 御 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー 由 来 の 発 電 量 レ ジ オ ン 温 室 効 果 ガ ス の 排 出 量 の 変 化 県 季 節 ご と の 気 温 指 数 県 141

149 商 品 の 輸 送 の う ち で 鉄 道 ( 河 と 川 水 ) 路 を 経 由 す る 割 合 レ ジ オ ン 自 宅 職 場 間 の 移 動 手 段 の 変 化 4 持 続 可 能 な 交 通 道 路 上 の 重 大 事 故 の 件 数 の 変 化 騒 音 被 害 を 受 け て い る 住 民 割 合 交 通 に よ る 大 気 中 へ の ガ ス 排 出 河 川 に お け る 養 殖 魚 業 を 営 む 状 人 況 口 の 5 自 然 資 源 の 保 全 と 管 理 大 地 人 工 化 の 割 合 の 変 化 都 市 圏 R 5. 1 : 面 積 に お け るN a t u r a 2 0 に 0 0 登 録 さ れ た 保 護 区 の 割 県 合 自 然 環 境 に お け る 分 断 化 大 気 の 質 指 数 河 川 の 水 質 ( 硝 酸 塩 と 殺 虫 剤 成 分 の 濃 度 ) 下 水 設 備 が 未 整 備 の 住 居 官 報 に 記 載 さ れ た 自 然 災 害 に 関 す る 会 計 報 告 の 県 数 6 公 共 衛 生 と リ ス ク の 予 防 夭 折 の 割 合 群 県 県 県 定 点 観 測 県 人 口 1 0 万 以 上 重 大 な 自 然 の リ ス ク に 瀕 し て い る 地 域 の 居 住 県 人 口 の 変 化 洪 水 の 危 機 に 面 し た 人 口 近 隣 の 医 療 サ ー ビ ス へ の ア ク セ ス の 容 易 さ 誕 生 時 に お け る 平 均 寿 命 貧 困 率 長 期 間 に 及 ぶ 失 業 の 割 合 主 た る 住 居 に お け る 過 密 な 占 有 率 卒 業 資 格 取 得 前 の 退 学 の 割 合 7 社 会 的 及 び 地 域 的 な 結 消 費 単 位 に お け る 生 活 レ ベ ル の 不 平 等 束 計 画 的 な 経 済 的 依 存 の 割 合 県 県 県 生 活 圏 県 県 職 業 地 域 都 市 圏 生 活 圏 若 者 の ニ ー ト の 割 合 ( 無 職 で 学 校 に も 行 っ て 生 い 活 な 圏 い 状 態 ) サ ー ビ ス へ の ア ク セ ス の 容 易 さ 自 宅 か ら 職 場 へ の 移 動 時 間 の 中 央 値 ア ジ ェ ン ダ 2 1 に よ る 住 民 の カ バ ー 率 県 県 生 活 圏 都 市 圏 レ ジ オ ン 選 挙 へ の 初 回 に お け る 参 加 県 8 良 好 な ガ バ ナ ン ス 地 方 公 共 団 体 に お け る 予 算 ( 地 域 の 共 同 体 の 合 レ 算 ジ オ ) ン 市 町 村 ご と 用 の の 費 割 合 市 町 村 間 の 協 力 E P C I * 職 業 地 域 Z ( O N E d ' e m p と l は o i I ) n s の e e 定 義 に よ る と 現 役 世 代 の 大 半 が 居 住 す る 地 域 と さ れ る 出 典 :L e M i n i s èr t e d e Écologie l, du év D e l o p p e m e n t d u r a b l e, d e s T r a n s p o r t s e t d u l o g e m e n t. L e s i n i d c a t e u r s t e r r i t o r i a u x. ま た フ ラ ン ス に お い て は 地 方 で も 持 続 可 能 性 指 標 の 作 成 が 進 展 し つ つ あ る 作 成 さ れ て い る 指 標 の 種 類 は 統 合 指 数 の み 指 標 群 あ る い は 統 合 指 数 と 指 標 群 の 双 方 の 組 み 合 わ せ に よ る も の な ど 地 方 に よ る 違 い が 見 ら れ る も の の 持 続 可 能 性 を 計 測 す る 何 ら か 142

150 の 指 標 の 作 成 を 行 っ て い る の は 1 4 地 方 に 及 ん で い る な お フ ラ ン ス の 地 方 に お い て は 民 主 的 に 指 標 を 作 成 す る プ ロ ジ ェ ク ト も 活 発 に な っ て い る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 以 前 よ り 地 域 版 の 社 会 指 標 を 作 成 し て い た リ ー ル 地 方 ( そ の プ ロ ジ ェ ク ト に 携 わ っ て い た の が ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の メ ン バ ー で も あ る リ ー ル 大 学 の ギ ャ ド レ ー 教 授 ら で あ る ) を は じ め 現 在 で は I N S E E も 持 続 可 能 性 指 標 の 地 方 版 を 普 及 さ せ る べ く 年 6 月 年 1 1 月 に パ リ で 地 方 行 政 担 当 者 住 民 統 計 関 係 者 を 対 象 と し た 会 議 を 開 催 し 啓 蒙 に 努 め て い る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に つ い て の 評 価 (1)フ ラ ン ス に お け る 担 当 機 関 に よ る 評 価 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 と そ の 報 告 書 に つ い て 実 際 に 担 当 し た 部 署 が ど の よ う に 評 価 し て い る の か を イ ン タ ビ ュ ー 内 容 を 基 に 以 下 に 要 約 す る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 が 社 会 的 に 与 え た イ ン パ ク ト に つ い て は ス テ ィ グ リ ッ ツ 氏 自 身 が 我 々 の 期 待 を 大 き く 上 回 る 反 響 を 世 界 中 で 得 た 2 0 と 評 し て い る フ ラ ン ス の I N S E E と 欧 州 統 計 局 で 進 め ら れ て い る の は 国 民 と 公 会 計 と の 間 の 乖 離 を 埋 め 国 民 の 実 態 を よ り 正 確 に 捉 え る た め の 国 民 経 済 計 算 体 系 の 見 直 し で あ る そ の 契 機 と な っ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に つ い て メ ン バ ー と 担 当 機 関 の 見 解 を 知 る こ と は G D P を 補 完 す る 指 標 が 求 め ら れ た 一 連 の 動 態 の 本 質 を 掴 む の に 資 す る と 考 え ら れ る 1 持 続 可 能 な 発 展 省 持 続 可 能 な 発 展 省 に お け る ヒ ア リ ン グ で ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 と そ の 後 の 指 標 開 発 に つ い て 彼 ら 自 身 に よ る 評 価 に つ い て 尋 ね た そ の 結 果 持 続 可 能 な 発 展 省 で は 新 指 標 を 選 ぶ 際 に 国 民 議 会 を 開 催 し た 点 を 最 も 成 功 し た 点 と し て 捉 え て い る こ と が わ か っ た 円 卓 方 式 の 開 か れ た 会 議 を 開 催 す る こ と は そ も そ も ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 中 で も 推 奨 さ れ て い た こ と で あ る 現 在 で は 地 方 に お け る 持 続 可 能 性 指 標 の 作 成 に あ た り よ り 民 主 的 に 指 標 を 選 ぼ う と い う 動 き も 活 発 に な っ て い る と い う ま た ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 を 受 け て 作 成 さ れ た 新 指 標 の 中 で は 炭 素 債 務 が 画 期 的 な 指 標 で あ る と い う 見 解 で あ っ た そ の 理 由 は 二 酸 化 炭 素 の 排 出 を 算 出 す る 際 に 貿 易 に よ る 排 出 分 も 勘 案 す る こ と で フ ラ ン ス の 責 任 を 国 民 に 喚 起 す る こ と が で き る か ら だ と い う こ と で あ っ た ま た 家 計 に 注 目 を す る と い う こ と に 関 し て も マ ク ロ 経 済 の 視 点 に ミ ク ロ 経 済 の 視 点 を 合 わ せ る と い う 点 が 非 常 に 画 期 的 で あ る と い う 見 解 も 聞 く こ と が で き た 2 フ ラ ン ス 国 立 統 計 経 済 研 究 所 ( I N S E E) に よ る 評 価 I N S E E に お い て は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 が 発 表 に な っ た 年 9 月 以 降 国 民 経 済 計 算 体 系 の 改 革 が 進 行 し て い る I N S E E の 局 長 ジ ャ ン フ ィ リ ッ プ コ テ ィ ス 氏 は 次 の よ う に 述 べ て い る ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 は 海 外 も 含 め 多 方 面 に お い て 大 き な 関 心 を 持 っ て 迎 え ら れ た 年 1 0 月 1 2 日 パ リ O E C D で 開 催 さ れ た ス テ ィ グ リ ッ ツ 2 報 年 告 後 の 提 案 福 祉 と 持 続 可 能 性 の 計 測 に 関 し て (D e u x a n s a p r è s l e r a p p o r t -S S e t n-f i g i l t i o t u z s s i, c o m m e n t m e s u -ê r e t r e l e t b i l e a n s o u t e n a b i? l i )と t é 題 す る 会 議 の ス ピ ー チ で の 発 言 143

151 が と り わ け 熱 心 な 反 響 を 得 た の が フ ラ ン ス 国 内 と 欧 州 に お け る 統 計 当 局 に お い て で あ る ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 が 提 案 し た の は こ れ ま で 公 会 計 と 国 民 と の 間 に あ っ た 乖 離 を 埋 め る こ と で あ る 指 標 の 質 が 政 策 の 質 に つ な が る の だ か ら 従 来 の 統 計 シ ス テ ム に 不 備 が あ る の で あ れ ば そ の 改 革 は 急 務 で あ る 以 上 の よ う な 認 識 の も と に I N S E E に お い て は 年 に 策 定 さ れ た ロ ー ド マ ッ プ に 基 づ い た 統 計 改 革 が 進 行 中 で あ る イ ン タ ビ ュ ー を し た I N S E E の 統 計 局 副 局 長 の ク レ ア プ ラ ト ー 氏 に よ る と ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 が 提 案 し た こ と は 戦 後 初 の 公 会 計 の 見 直 し と 位 置 付 け ら れ ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 メ ン バ ー 各 位 も ま た そ の 後 の 統 計 改 革 に 携 わ っ た 人 々 も そ の 任 を 名 誉 と し て 受 け 止 め 非 常 に 意 欲 的 な 取 組 み が 行 わ れ た と い う I N S E E に よ る 統 計 改 革 の 特 徴 は そ の 範 囲 を フ ラ ン ス 国 内 に 留 め る こ と な く 積 極 的 に 欧 州 統 計 局 E U R O S T A T O E C D, 国 連 な ど に も 協 働 を 呼 び か け て い る こ と で あ る そ の 理 由 は I N S E E に よ れ ば 将 来 的 に 国 際 比 較 が 可 能 と な る よ う に 共 通 の 基 準 に 基 づ い た 指 標 の デ ー タ の 蓄 積 を 進 め る た め で あ る と い う 一 国 の み の 統 計 改 革 は 失 敗 で あ る ( I N S E E, ) と い う 認 識 の も と に I N S E E は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 提 案 内 容 に つ い て 海 外 へ も 説 明 に 出 向 い て お り こ れ ま で に ロ シ ア メ キ シ コ チ ュ ニ ジ ア 等 の 他 年 4 月 に は ニ ュ ー ヨ ー ク 国 連 本 部 に お い て も 報 告 が 行 わ れ た ま た 来 る 年 6 月 に 開 催 予 定 の R i o ( 国 連 持 続 可 能 な 発 展 に 関 す る 会 議 )に お い て は フ ラ ン ス は 参 加 国 に ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 の 内 容 を 反 映 さ せ た 新 指 標 の 採 用 を 議 題 と し て 提 案 す る 予 定 で あ る ( 2 ) O E C D に よ る 評 価 イ ン タ ビ ュ ー を 行 っ た O E C D の ミ リ ア ム リ ン ス タ ー 氏 に よ れ ば ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 意 義 は 統 計 改 革 の 始 動 装 置 の 役 割 を 果 し た こ と で あ る と い う こ れ ま で も G D P で は 計 測 で き な い 社 会 の さ ま ざ ま な 事 象 が 存 在 す る こ と は 長 年 指 摘 さ れ て き て は い た が 指 標 改 革 を 行 う ま で の 機 運 の 高 ま り に は 至 ら な か っ た そ の よ う な 状 況 下 に お い て 著 名 な ノ ー ベ ル 賞 学 者 を 含 む 委 員 会 が 経 済 パ フ ォ ー マ ン ス と 社 会 の 進 歩 の 計 測 方 法 に つ き 議 論 を し た こ と に よ り 傾 聴 に 値 す る 意 見 と し て 多 方 面 の 注 目 を 集 め る こ と に 成 功 し た O E C D で は 以 前 よ り 研 究 を 進 め て い た B e y o n d G D P の 動 き に ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 内 容 も 取 り 入 れ た 研 究 が 今 後 も 続 行 さ れ る 予 定 で あ る リ ン ス タ ー 氏 に よ れ ば 欧 州 O E C D フ ラ ン ス に 並 存 し て い た 異 な る 指 標 プ ロ ジ ェ ク ト 間 に シ ナ ジ ー 効 果 が 生 ま れ て い る と い う そ し て そ の 具 現 化 の 最 初 の 成 果 と 位 置 付 け ら れ る の が 年 5 月 O E C D よ り 発 表 さ れ た ベ タ ー ラ イ フ イ ン デ ッ ク ス ( B e t t e r L i f e I n d e x ) で あ る ( 3 ) ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の メ ン バ ー の 見 解 フ ラ ン ス 調 査 班 で は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の メ ン バ ー で あ り フ ラ ン ス の G D P 代 替 指 標 研 究 の パ イ オ ニ ア 研 究 者 の 一 人 で も あ る リ ー ル 大 学 名 誉 教 授 ジ ャ ン ギ ャ ド レ ー J e a n G a d r a y 氏 と 協 働 研 究 者 で あ る 同 大 学 教 授 フ ロ ー ラ ン ス ジ ャ ニ ー キ ャ ト リ ス F l o r e n c e J a n y -C a t r i c e 氏 に イ ン タ ビ ュ ー を 行 っ た 主 な 内 容 は 次 の 通 り で あ る 〇 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 全 般 を ど う 評 価 し て い る か 144

152 フ ラ ン ス で は 年 代 よ り G D P の 指 標 と し て の 不 備 を 問 う 議 論 が 存 在 し た 長 年 に 渡 る こ の 議 論 に 終 止 符 を 打 ち よ り 建 設 的 な 議 論 へ と 歩 を 進 め る 意 味 で 歴 史 的 転 換 点 と な っ た こ と は 評 価 で き る し か し 問 題 点 も あ る 第 一 に メ ン バ ー が 異 な る 学 派 に 属 す る こ と か ら 議 論 に 一 貫 性 を 欠 く 点 が 見 ら れ る こ と 第 二 に ア ン グ ロ サ ク ソ ン 型 の 新 自 由 主 義 の 影 響 が 強 い こ と で あ る 第 三 に は 経 済 学 者 を 主 と す る 専 門 家 集 団 の み に よ る 閉 鎖 的 な 議 論 で あ っ た こ と だ 我 々 が 今 後 ど の よ う な 社 会 を 望 む の か を 決 め る た め に は 国 民 に 広 く 開 か れ た 討 議 を す る 必 要 が あ る と 考 え る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の メ ン バ ー に 招 聘 さ れ た 際 私 は 国 民 の 意 見 を 広 く 聞 く た め の 会 議 の 開 催 を 要 請 し そ れ を 条 件 に メ ン バ ー と な っ た に も か か わ ら ず そ の 約 束 は 反 古 に さ れ た そ れ ゆ え 民 主 的 に 指 標 を 選 ぶ た め の フ ォ ー ラ ム を 現 在 も 協 働 研 究 者 と 続 行 す る 必 要 が あ る と 考 え て い る 〇 今 後 ど の よ う な 新 指 標 を 作 成 す べ き と 考 え る か 主 観 的 幸 福 度 指 標 は 環 境 の 持 続 可 能 性 を 測 る に は 適 し て い な い 気 候 変 動 が 起 こ ろ う と 環 境 破 壊 が 進 も う と 主 観 的 に 幸 福 で あ る こ と は 可 能 で あ る 環 境 の 持 続 可 能 性 を 測 る た め に は よ り 観 的 な 指 標 が 必 要 だ と 考 え る 具 体 的 に は 生 物 多 様 性 指 標 希 少 物 質 の 残 存 量 を 測 る 指 標 大 地 の 人 工 化 を モ ニ タ リ ン グ す る 指 標 な ど で あ る 〇 日 本 の 指 標 作 成 に つ い て 意 見 や 助 言 な ど が あ れ ば お 願 い し た い 日 本 に は 国 際 比 較 が 可 能 な 普 遍 的 指 標 と 同 時 に 日 本 の 特 質 を 生 か し た 独 自 の 指 標 の 双 方 を 作 成 し て ほ し い こ れ ま で 日 本 に は 2 回 行 っ た こ と が あ る が 島 国 で あ る と い う 特 徴 を 活 か し た 指 標 例 え ば 人 口 密 度 地 震 な ど の 災 害 リ ス ク へ の 対 策 な ど の 項 目 を 指 標 作 成 に 活 か す こ と は で き な い だ ろ う か ま た 指 標 作 成 に あ た っ て は 技 術 的 に 正 し い と い う こ と も 重 要 だ が 人 々 が 指 標 を き っ か け に コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 図 れ る と い う 側 面 も 無 視 し て は な ら な い と 考 え る な お ギ ャ ド レ ー 氏 は G D P を 代 替 あ る い は 補 完 す る 指 標 研 究 を ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 の 発 足 以 前 か ら 行 っ て い た ベ ル ギ ー イ ギ リ ス 南 米 な ど の 研 究 者 達 と 協 働 で 新 し い 指 標 を 考 え る フ ォ ー ラ ム ( F o r u m p o u r l e s n o u v a u x i n d i c a t e u r s ) と 呼 ば れ る ネ ッ ト ワ ー ク を 主 宰 し 年 現 在 も 共 著 を 出 版 し 地 方 指 標 作 成 の 会 議 に パ ネ リ ス ト と し て 参 加 す る な ど し て 積 極 的 な 啓 蒙 活 動 を 続 け て い る ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 後 の 国 際 協 働 の 事 例 我 が 国 に お い て は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 は 主 観 的 幸 福 度 指 標 に つ い て 検 討 し た と い う 面 が 強 調 さ れ て 報 道 さ れ た こ と も あ り 環 境 や 持 続 可 能 性 を 計 測 す る 新 指 標 の 事 例 紹 介 が あ ま り な さ れ て い な い の が 現 状 で あ る そ こ で フ ラ ン ス 及 び 欧 州 O E C D に お い て ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 内 容 を 反 映 し た 新 指 標 の 具 体 的 な 形 式 を 紹 介 す る こ と は 我 が 国 に お け る 新 指 標 開 発 に も 資 す る こ と と 思 わ れ る の で フ ラ ン ス が ド イ ツ お よ び O E C D と 協 働 で 行 っ た 新 指 標 に つ い て の 取 組 の 事 例 を 取 り 上 げ る 145

153 ( 1 ) サ ル コ ジ メ ル ケ ル 報 告 に お け る ダ ッ シ ュ ボ ー ド の 例 示 ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 内 容 は 概 念 的 な 大 枠 の 方 針 の 提 示 に 留 ま っ た も の で あ っ た た め 実 効 性 を 持 っ た 政 策 に そ の 内 容 を ど の よ う に 反 映 さ せ る か に つ い て は 次 の 段 階 に 残 さ れ た 課 題 と さ れ て い た そ こ で フ ラ ン ス の サ ル コ ジ 大 統 領 と ド イ ツ の メ ル ケ ル 首 相 は 協 働 で ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 具 現 化 に 向 け て の 提 案 を 報 告 書 に ま と め る よ う 命 じ そ の 結 果 が 年 1 2 月 1 0 日 に サ ル コ ジ メ ル ケ ル レ ポ ー ト ( 通 称 ) 2 と 1 し て 発 表 さ れ た そ の 報 告 書 に は 経 済 環 境 社 会 の 3 分 野 に お け る 持 続 可 能 性 に 関 す る 研 究 結 果 の 報 告 が 記 述 さ れ て お り そ の 中 に は 過 去 持 続 可 能 で な か っ た 経 済 の パ タ ー ン の 一 例 と し て 日 本 の 戦 後 か ら バ ブ ル 期 に 至 る ま で の 経 済 分 析 な ど も 含 ま れ て い る サ ル コ ジ メ ル ケ ル レ ポ ー ト に は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に よ る 持 続 可 能 性 の 計 測 は 厳 選 さ れ た 少 数 の 指 標 群 で 行 う こ と と す る 提 案 の 具 体 例 が 記 載 さ れ て い る そ れ が 表 で あ る 経 済 的 福 祉 生 活 の 質 持 続 可 能 性 表 サ ル コ ジ メ ル ケ ル 報 告 に お け る ダ ッ シ ュ ボ ー ド の 例 1 人 当 り G D P 労 働 時 間 当 り のG D P 就 職 率 ( 歳 ) 1 人 当 り 国 内 純 収 入 1 人 当 り 最 終 消 費 ( 公 共 消 費 を 含 む ) 消 費 分 野 ご と の 収 入 の 不 平 等 指 標 S 8 0 / S 2 0内 部 調 整 定 量 レ シ オ 健 康 : 損 失 機 会 年 数 教 育 : 歳 の 学 生 数 役 職 付 ポ ス ト へ の 就 業 率 政 治 活 動 と ガ バ ナ ン ス へ の 参 加 : 意 見 聴 取 と 理 解 社 会 的 絆 ( 文 化 ス ポ ー ツ コ ミ ュ ニ テ ィ 活 動 ) 環 境 の 質 : 浮 遊 物 質 汚 染 の 影 響 を 受 け る 都 市 人 口 物 理 的 経 済 的 不 安 : リ ス ク と 貧 困 が 存 在 し な い 割 合 民 間 セ ク タ ー の 投 ( 対 資 G D P ) 研 究 開 発 費 へ の 投 ( 対 資 G D P ) サ イ ク ル 変 数 の 破 綻 修 正 会 計 の 持 続 可 能 性 指 標 対 G DP 民 間 ク レ ジ ッ ト レ シ オ 財 の 実 態 価 格 と の 乖 離 温 室 効 果 ガ ス の 排 出 水 準 1 人 当 り のG D P 排 出 量 自 然 資 源 生 産 率 ( 再 生 不 可 D M 能 I に お け る G D P レ シ オ ) 2 1 正 式 名 称 :R a p o r t d u C o n s e i l d a n a l y s e é c o n o m i q u e e t d u C o n s e i l a l l e m a n d d e s e x p e r t s e n é c o n o m 作 i 成 e. 担 当 はC o n s e i l d e s m i n i s -a t l r l e s e m a f n で r d a あ n c り o フ ラ ン ス 側 の 執 筆 メ ン バ ー に は 今 回 イ ン タ ビ ュ ー し I N た S E Eの ク レ ア プ ラ ト ー 氏 も 含 ま れ る 146

154 自 然 資 源 消 費 ( 1 人 当 り 再 生 不 可 能 D M C ) 生 物 多 様 性 : 野 鳥 の 多 さ 指 標 出 典 :Év a l u e r l a p e r f o r m a n éc c o e n o m i q u e, l e b -êt i e n r e e t l a s o u t e n a b i él よ i t り 筆 者 翻 訳 ( 2 ) O E C D ベ タ ー ラ イ フ イ ン デ ッ ク ス 年 5 月 に O E C D よ り 発 表 さ れ た ベ タ ー ラ イ フ イ ン デ ッ ク ス B e t te r L i f e I n d e xは ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 提 案 を 初 め て 具 体 化 し た 指 標 で あ る ( O E C D, b) ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 第 二 章 で は 生 活 の 質 に つ い て 討 議 さ れ 個 人 の 福 祉 を 規 定 す る 要 素 と し て 1 収 入 と 仕 事 2 主 観 的 幸 福 3 住 居 4 健 康 状 態 5 仕 事 と プ ラ イ ベ ー ト の 生 活 の バ ラ ン ス 6 教 育 7 社 会 的 関 係 8 政 治 活 動 ( 市 民 と し て ) へ の 参 加 と ガ バ ナ ン ス 9 環 境 の 質 10 安 全 で あ る こ と が 列 挙 さ れ た ベ タ ー ラ イ フ イ ン デ ッ ク ス は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 が 取 り 上 げ た こ れ ら の 福 祉 の 要 素 に つ い て 指 標 を 作 成 し O E C D 加 盟 国 の デ ー タ を ホ ー ム ペ ー ジ 上 で 公 表 し て い る 尚 ベ タ ー ラ イ フ イ ン デ ッ ク ス で は W e b 上 で 閲 覧 者 が 指 標 項 目 を 自 由 に 選 択 し て 独 自 の 指 標 を 作 成 で き る 機 能 も あ る が そ の 結 果 は 記 録 さ れ 後 の 研 究 に 反 映 さ れ る 可 能 性 が あ る O E C D で は ベ タ ー ラ イ フ イ ン デ ッ ク ス の 基 盤 と な る フ レ ー ム ワ ー ク を 作 成 し て い る 図 は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 に お け る 持 続 可 能 性 に つ い て の 理 論 的 枠 組 み を 図 式 化 し た も の で あ る ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 に お い て は 持 続 可 能 性 の 定 義 を 現 世 代 が 享 受 し て い る 福 祉 ( W e l l -b e i n g )の レ ベ ル と 少 な く と も 同 レ ベ ル の 福 祉 を 将 来 世 代 が 実 現 し う る だ け の ス ト ッ ク を 譲 り 渡 す こ と と し て い る こ れ は 年 に ブ ル ン ト ラ ン ト 委 員 会 に お い て な さ れ た 次 世 代 の ニ ー ズ を 損 な う こ と な く 現 世 代 の ニ ー ズ も 満 た す よ う な 発 展 と い う 定 義 よ り も 具 体 性 の あ る も の と な っ て い る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 は 次 世 代 に 継 承 す べ き も の を ス ト ッ ク の 概 念 で 捉 え る こ と は 世 界 中 の あ ら ゆ る 思 想 的 政 治 的 背 景 を 異 に す る 人 々 と の 建 設 的 な 議 論 を 進 め る た め に 有 益 で あ る と 論 じ て い る そ し て 現 世 代 の 福 祉 (W e l l -b e i n g ) を 構 成 す る 4 つ の 資 本 ( 人 的 資 本 経 済 資 本 自 然 資 本 社 会 資 本 ) の そ れ ぞ れ が 持 続 可 能 で あ る こ と が 重 要 で あ る こ と も 強 調 さ れ て い る 4 つ の 各 資 本 が 保 全 さ れ 持 続 可 能 性 を 保 つ た め の 道 筋 及 び 各 資 本 間 の 相 互 関 連 性 に つ い て の 研 究 は 今 後 に 残 さ れ た 課 題 で あ る 図 ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 の 福 祉 と 持 続 可 能 性 に 関 す る 理 O 論 E C の Dに よ る 図 式 化 出 典 : M e a s u r i n g W e -b l l e i n g a n d progress of societies. OECD B e t t e r L i f e I n i t i a t i v e. 147

155 フ ラ ン ス の 持 続 可 能 な 発 展 省 で は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 の 具 体 化 に 関 す る 追 加 的 な 研 究 を 続 行 し て い る 年 に 刊 行 さ れ た 報 告 書 に よ れ ば 持 続 可 能 な 発 展 の た め に は 環 境 経 済 社 会 の 3 領 域 が 共 に 持 続 可 能 で あ る こ と の 重 要 性 が 確 認 さ れ て お り 特 に 経 済 の 持 続 可 能 性 の 重 要 性 が 強 調 さ れ て い る そ の 理 由 と し て 国 民 の 福 祉 を 実 現 す る た め の 財 源 と し て 経 済 の 持 続 可 能 性 が 必 要 不 可 欠 で あ る と し さ ら に 経 済 に 環 境 を 融 合 す る 必 要 性 が 論 じ ら れ て い る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 で コ ー デ ィ ネ ー タ ー を 務 め た パ リ 政 治 行 政 学 院 の ジ ャ ン ポ ー ル フ ィ ト ゥ ッ シ 氏 は そ の た め の 具 体 策 と し て 今 後 エ コ シ テ ィ な ど の イ ノ ベ ー シ ョ ン の 研 究 を 一 層 推 進 す る こ と が 肝 要 だ と 述 べ て い る 考 察 ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 と そ の 後 の 新 指 標 作 成 の 動 向 か ら 我 が 国 が 得 る べ き 示 唆 は ど の よ う な も の で あ ろ う か 数 年 前 よ り い わ ゆ る 幸 福 度 指 標 の 研 究 が 盛 ん に な っ て お り ブ ー タ ン の 国 民 総 幸 福 指 数 へ の 関 心 も 高 い 上 智 大 学 の 国 際 政 治 学 の 中 村 ( )は フ ラ ン ス を 事 例 研 究 の 対 象 と す る 意 義 に つ い て 次 の よ う に 指 摘 す る 比 較 の 対 象 と し て 日 本 と は 全 く 異 な る 国 家 や 地 域 を 持 っ て く る 方 法 も あ る が 理 念 の レ ベ ル ば か り で な く 実 際 の 政 策 や 行 動 の レ ベ ル で の 実 効 性 ま で 考 え る と む し ろ 同 じ 先 進 工 業 社 会 の 中 級 国 家 で あ る フ ラ ン ス の よ う な 国 を 引 照 基 準 と す る ほ う が 実 際 的 で あ ろ う こ の 意 味 で フ ラ ン ス の 環 境 政 策 と 指 標 作 成 の 動 向 は 実 効 性 を 伴 っ た 新 指 標 作 成 の 取 組 の 事 例 と し て 我 が 国 に も 示 唆 を 与 え う る も の と 考 え る し か し 我 が 国 が フ ラ ン ス の 事 例 に 学 ぶ の み で は な く フ ラ ン ス も 日 本 の 事 例 に 注 目 し て い る こ と に も 言 及 し た い フ ラ ン ス は 2 年 月 に 国 1 会 で 行 わ れ た 持 続 可 能 性 指 標 第 一 回 報 告 書 の 序 文 に お い て 東 日 本 大 震 災 の こ と に 触 れ 日 本 が 国 民 の 高 い モ ラ ル と 社 会 的 包 摂 に よ り 非 常 に 速 や か に 災 害 か ら 復 興 し つ つ あ る 姿 か ら 学 ぶ べ き で あ る と 述 べ て い る 国 連 環 境 計 画 ( )に よ れ ば 一 国 の 人 間 開 発 の 進 展 状 況 に よ り 自 然 災 害 に よ る 被 害 状 況 と 復 興 の 度 合 い も 異 な る こ と が 指 摘 さ れ て い る 日 本 が 諸 外 国 か ら 賞 賛 さ れ た よ う な 国 民 の 道 徳 観 の 高 さ 社 会 的 包 摂 の 進 ん だ 社 会 高 い 耐 震 技 術 な ど も 指 標 項 目 と す る こ と で 世 界 の 減 災 対 策 に 貢 献 す る 可 能 性 は な い だ ろ う か 小 括 フ ラ ン ス に お け る ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に よ る 報 告 書 は 年 9 月 の 発 表 以 降 そ の 影 響 を 国 内 外 に 与 え て い る フ ラ ン ス に お い て は ス テ ィ グ リ ッ ツ 報 告 書 を 契 機 と し て 戦 後 初 と な る 国 民 経 済 計 算 体 系 の 改 革 が 現 在 も 進 行 中 で あ る 主 観 的 幸 福 度 に 関 し て は ア ン ケ ー ト 調 査 を 通 し て 国 民 の 時 間 の 使 い 方 や 家 事 労 働 の G D P へ の 貢 献 に つ い て の 研 究 が 行 わ れ て い る ま た 環 境 に 関 す る 指 標 の 開 発 も 進 ん で お り 今 後 大 気 中 の C O 2 の ス ト ッ ク 指 標 原 材 料 の ス ト ッ ク の 指 標 が 作 成 さ れ る 予 定 で あ る こ れ ら 二 つ の 指 標 は 持 続 可 能 性 を 保 つ た め 環 境 の 破 壊 と 将 来 世 代 へ 残 す べ き 資 本 を 計 測 す べ き と い う 観 点 か ら 開 発 さ れ る 年 1 月 2 9 日 L e F i g a 記 r o 事 148

156 5. 5 P o i n t (P o l i c y I n f l u e n c e o f I n d i c a t o r s ) プ ロ ジ ェ ク ト の 研 究 動 向 P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト の 背 景 と 目 的 O E C D に よ る G G I や S I A(I A ) あ る い は ス テ ィ グ リ ッ ツ 委 員 会 に よ る 新 指 標 の 開 発 や 普 及 が 進 め ら れ て い る よ う に と り わ け 環 境 政 策 や 持 続 可 能 性 に 向 け た 政 策 の 領 域 にお け る 指 標 開 発 の 要 請 が 近 年 急 速 に 高 ま っ て き て い る こ の よ う に 適 切 な 環 境 政 策 の 策 定 や 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け た 社 会 と の 応 答 を 行 っ て い く た め に 指 標 は 欠 か せ な い 役 割 を 果 た す も の と 考 え ら れ る が そ れ ら 指 標 そ の も の の 影 響 評 価 を 行 っ て き て い る 取 組 み は 比 較 的 稀 有 で あ る 指 標 の 役 割 と し て は 政 策 パ フ ォ ー マ ン ス の モ ニ タ リ ン グ や 説 明 責 任 ( ア カ ウ ン タ ビ リ テ ィ ) の 向 上 な ど の 直 接 的 影 響 を 与 え る も の か ら 政 策 学 習 ( p o l i c yl e a r n i n g ) と い っ た 間 接 的 影 響 ま で 様 々 な も の が 考 え ら れ る こ れ ま で 特 に 公 共 政 策 分 野 の 研 究 者 や 政 策 実 施 者 に と っ て は 指 標 策 定 の 技 術 的 側 面 に 目 が 向 け ら れ が ち で あ っ た そ の た め 実 際 に 指 標 が 政 策 策 定 プ ロ セ ス に お い て 果 た す 役 割 や 影 響 に つ い て は あ ま り 注 目 さ れ て こ な か っ た ( P O I N T ) 実 際 政 策 策 定 者 に よ っ て 直 接 的 か つ 手 続 き 的 な 役 割 と し て 指 標 が 用 い ら れ る こ と は む し ろ 例 外 的 で あ り よ り 一 般 的 に は 政 策 策 定 に 対 し て 裏 付 け と な る 専 門 的 知 見 の 一 つ と し て 認 識 さ れ る あ る い は こ れ ま で に 用 い ら れ て き た 指 標 は ス テ ー ク ホ ル ダ ー な ど に 対 す る 戦 略 的 知 識 ( a m m u n i t i o n ) と し て い わ ゆ る 日 常 の 政 治 的 論 争 お い て 用 い ら れ る こ と に 限 ら れ て き た こ の よ う に 指 標 の 役 割 と は 多 種 多 様 で あ る が 政 策 策 定 に お け る 指 標 の 役 割 に 対 し て 認 識 の ギ ャ ッ プ が 生 じ て い る こ と を 把 握 し つ つ そ の 改 善 が 求 め ら れ る こ の 点 に お い て 本 研 究 に お い て は 欧 州 各 国 の 研 究 者 が 連 携 し て 進 め て い る P O I N T (P o l i c y I n f l u e n c e o f I n d i c a t o r s ) プ ロ ジ ェ ク ト に 着 目 し 文 献 調 査 及 び 関 連 研 究 機 関 研 究 者 に 対 す る 現 地 イ ン タ ビ ュ ー 調 査 に よ り 同 プ ロ ジ ェ ク ト の 最 新 の 動 向 等 の 把 握 を 行 っ た イ ン タ ビ ュ ー 調 査 で は 本 プ ロ ジ ェ ク ト の 中 心 メ ン バ ー で あ る 以 下 三 人 の 研 究 者 に 対 し て 主 に プ ロ ジ ェ ク ト の 全 体 的 な 概 要 や 指 標 研 究 の 現 状 そ し て 本 プ ロ ジ ェ ク ト が 目 指 す べ き 点 お よ び 今 後 の 指 標 研 究 に 向 け た 示 唆 に つ い て 質 問 を 行 っ た ピ ア フ レ デ リ ク セ ン ( P i a F r e d e r i k s e n ) 教 授 オ ー フ ス 大 学 国 立 環 境 研 究 所 ヘ ン リ ク グ ム ン ソ ン ( H e n r i k G u d m u n d s s o n ) 博 士 デ ン マ ー ク 工 科 大 学 マ ル ク レ ト ネ ン ( M a r k k u L e h t o n e n ) 博 士 サ セ ッ ク ス 大 学 科 学 技 術 政 策 研 究 所 P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト で は 例 え ば 誰 に よ っ て ど の よ う な 指 標 が ど の よ う な 状 況 に お い て い か に 政 策 に 影 響 を 及 ぼ す こ と と な る か を 分 析 す る こ と に よ り 持 続 可 能 な 発 展 に 向 け て よ り 適 切 か つ 効 果 的 な 政 策 策 定 へ と 結 び つ け る こ と を 主 な 目 的 と し て い る そ の た め P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト で は 指 標 の 役 割 と 影 響 の 分 析 枠 組 み が 設 け ら れ 各 部 門 ( 農 業 政 策 交 通 政 策 エ ネ ル ギ ー 政 策 ) に お け る 政 策 指 標 政 策 手 段 に 対 す る 指 標 ( 持 続 可 能 な 発 展 指 標 ) 複 合 的 指 標 ( C I S ) の 三 つ の 指 標 群 に 大 き く 分 け て 事 例 検 証 が 行 わ れ て い る ま た P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト の 特 徴 と し て は 指 標 の 役 割 や 影 響 の 分 析 評 価 を 専 門 家 に 限 定 し て 行 う の で は な く 様 々 な ス テ ー ク ホ ル ダ ー を 含 め た ワ ー ク シ ョ ッ プ を 開 催 し て い る 149

157 こ の こ と を 通 じ て 様 々 な 観 点 か ら 指 標 に 対 す る 意 見 を 集 約 す る だ け で は な く 実 際 の 指 標 の 生 産 者 と 使 用 者 が 参 加 す る こ と の 重 要 性 が 主 張 さ れ て い る さ ら に P O N I T プ ロ ジ ェ ク ト で は プ ロ ジ ェ ク ト の ウ ェ ブ サ イ ト や 定 期 的 な 政 策 概 要 報 告 ( p o l i c y b r i e f r e p o r t ) を 通 じ て 専 門 家 や ス テ ー ク ホ ル ダ ー 最 終 的 な 指 標 の 使 用 者 な ど に よ る 相 互 的 な コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 実 現 を 目 指 し て い る P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト の 概 要 E U の 7 次 フ レ ー ム ワ 第 ー ク プ ロ グ ラ ム の 一 環 と し て 行 わ れ た P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト は 約 万 ユ ー ロ の 研 究 費 が E U か ら 出 資 さ れ 年 よ り 3 年 間 に わ た っ て 実 施 さ れ た E U の プ ロ ジ ェ ク ト で あ り プ ロ ジ ェ ク ト 自 体 は 年 4 月 に 終 了 し て い る P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト で は 6 か 国 9 つ の コ ン ソ ー シ ア ム に よ り 実 際 に 用 い ら れ る 1 2 の 指 標 研 究 に 対 し て 主 に 文 献 調 査 イ ン タ ビ ュ ー 調 査 コ ン サ ル テ ー シ ョ ン ス テ ー ク ホ ル ダ ー ワ ー ク シ ョ ップなどを 通 して それらが 政 策 策 定 プロセスにおいて 考 えられる 役 割 (u s e )と 影 響 (i n f l u e n c e )が 検 討 さ れ た す な わ ち 指 標 を 通 じ た 政 策 効 果 の 把 握 や 分 析 今 後 の 展 開 を 考 え る 上 で の 論 点 が 明 ら か に な っ て お り こ う し た 観 点 は 指 標 策 定 時 及 び 策 定 後 に お い て 極 め て 重 要 な 意 味 を も っ て く る た め こ こ で P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト に つ い て レ ビ ュ ー を 行 う こ と と す る P O I N T プ ロ ジ ェ ク ト の 全 体 的 な 構 造 は 以 下 の 図 の よ う に 示 さ れ る 全 体 の 流 れ と し て は プ ロ ジ ェ ク ト の コ ー デ ィ ネ ー ト や マ ネ ジ メ ン ト か ら 指 標 を 用 い る こ と に よ る 政 策 決 定 と の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ま で の ワ ー キ ン グ パ ッ ケ ー ジ ( 以 下 W P ) に 分 け ら れ て お り 一 貫 し た 分 析 枠 組 み が 設 け ら れ て い る 図 P O I N Tプ ロ ジ ェ ク ト の 構 造 出 典 :h t t p : / / w w w. p o i -e n u t f p 7. i n f o / s t o r a g e / P o i n t _ F l y e r 1. p d f 150

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ 2012 年 同 志 社 大 学 スポーツ 健 康 科 学 部 二 宮 ゼミ 3 期 生 スポーツ マネジメント 関 連 図 書 書 評 目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ ア イ う え ェ ぃ う え ア イ ぃ ぃ ぅ ェ か う て ぱ 5 6 5 1 1 1 11 9 1 1 9 11 9 7 づ っ 川 田 武 幸 藤 懸 松 田 藤 田 田 中 勝 横 山 和 高 倉 稜 リポ 池 添 大 野 北 村 宏 中 舘 吉 田 豊 武 幸 浜 中 2 8 2 8 8 72 8 2 78 16 5 2 98 78 ば 注 中 ク メ パ ロ ア グ ピ ア ア ル

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15 グ エ カ ナ カ レ ビ コ ピ ヤ キ ヴ ミ ク リ 歳 レ ミ リ シ ッ ュ マ ィ カ リ ネ 未 ラ テ ビ ノ ド ク ニ シ ジ ノ カ ィ ア エ キ テ リ ド ョ オ ベ ハ フ 勝 ナ チ レ モ ッ ャ ィ ラ ネ ウ ク 利 カ ャ ロ プ ガ ラ ゴ レ サ ウ ヤ ズ マ シ レ テ ッ ッ フ ザ バ マ ョ デ ィ キ シ ナ ィ ュ ミ 10 10 オ ぇ 9

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ デ コ サ エ サ イ デ ゴ オ ウ ウ レ ニ シ 歳 ル ウ ビ ウ ロ ラ ッ ソ イ モ ゲ 未 マ ザ ス ス リ ン ド バ ブ ン ン チ ル ア ン ナ ワ セ テ マ キ ネ テ ェ オ 勝 ク バ ク ン レ ザ ア オ ィ ワ 利 ビ ニ レ ク ロ ゥ リ ル リ チ ス ル ク ャ タ ラ ン プ 9 ぅ え ウ ヌ 1 7 2 6 馬 北 村 宏 江 田 照 柴 田 大

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下 注 小 パ ブ ヤ タ メ フ シ ヤ キ ロ セ ウ マ オ サ 歳 ラ マ マ ジ ャ マ ネ ゴ テ ィ ウ 未 デ ホ モ シ ニ オ マ キ ク シ ザ ィ ダ ト リ ョ マ パ ト テ ナ ャ 勝 ト ウ ザ ジ ピ ク テ パ リ ッ 利 ア ギ ラ ウ ゼ ヨ キ ア テ ブ オ モ バ カ カ マ フ グ ク ナ 9 い え ぃ え ぅ 7 9 11 馬 内 田 博 幸 武 幸

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

じ 日 厳 状 況 立 ち 対 象 8 歳 口 9 9 第 二 次 ベ ビ ブ マ ピ ク 万 々 減 少 続 万 ピ ク 時 4パ セ 減 少 子 化 行 間 率 5パ セ 5パ セ 急 上 昇 4 8 7 7 へ 48パ セ 増 結 果 間 奪 合 競 争 熾 烈 長 引 不 況 意 識 択 傾 向 強 企 社 集 中 首 都 圏 お よ び 関 西 圏 以 外 地 方 集 ず 経 営 困 難

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ 三 次 市 立 三 和 小 学 校 平 成 22 年 2 月 Web 版 1 は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 7 2 校 内

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1)

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1) 多 言 語 による 観 光 情 報 発 信 事 業 八 代 市 観 光 ポータルサイト 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 別 紙 1 1 概 要 本 市 に お け る 観 光 ポ ー タ ル サ イ ト を 構 築 し 外 国 語 ( 英 語 中 国 語 ( 簡 体 字 繁 体 字 ) 韓 国 語 ) 観 光 情 報 ペ ー ジ の 機 能 を 構 築 す る と と も に 市 内 観 光

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 井 神 議 長 通 告 1 番 7 番 山 本 重 信 議 員 発 言 席 か ら 一 問 一 答 方 式 で 質 問 を お 願 い し ま す 山 本 重 信 議 員 山 本 議 員 7 番 議 席 の 山 本 で す 議 長 の お 許 し を 得 ま し た の で た だ い ま か ら 一 般 質 問 を 2 点 に わ た っ て さ せ て い た だ き ま す 1 点 目 が 岩

More information

Microsoft Word - newhouseowner.mht

Microsoft Word - newhouseowner.mht 住 宅 購 入 者 のための 生 命 保 険 見 直 し ハンドブック 発 行 者 : 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ エ イ ツ 文 責 : 代 表 取 締 役 藤 井 泰 輔 著 作 権 に つ い て 住 宅 購 入 者 の た め の 生 命 保 険 見 直 し ハ ン ド ブ ッ ク の 著 作 権 は 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information