Comparative Study of Teeth from Naganuma Formation of Middle Pleistocene and Recent Specimens of the Great White Shark, Carcharodon carcharias from Japan / 現生および長沼層(中部更新統) のホホジロザメの歯

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Comparative Study of Teeth from Naganuma Formation of Middle Pleistocene and Recent Specimens of the Great White Shark, Carcharodon carcharias from Japan / 現生および長沼層(中部更新統) のホホジロザメの歯"

Transcription

1 未 だサメ XJ; i 化 石 についての 研 究 はな L ここに 報 告 するサメ~;!'(の 歯

2

3

4 ろが 内 {~!IJ にわずか 屈 曲 する 佼 頭 J 負 ~ 幽 鎖 前 端 問 距 離 は 36.6mm で, j ); 店 1 \ki 数 40 何 である I~ 司 冠 長 は 外 側 で 27. J~ 引 畏 厚 は )す ると, 本 標 本 を 保 持 していた 例 休 の 全 長 は 約 3. 5m あ っ たと }~, わ 後 切 縁 の 釘 i r~;d&は 約 25 1~;{ 冠 11 日 は 約 l6mm, I 豆 版 1 の 4A 4B の~~;') ;;j 三 はメジロザメ 類 の 歯 である

5

6 c α r ch α Y' ~ α c

7 ~ ~ ~ ; ~

8 ,~ 釘 は iお 冠 がやや 後 )j に 傾 き,, ~ 言 に 比 べて 湾 入 の 度 合 が 小 であり, I~~ より 後 方 ー l 留 は 後 方 に ]dl く 傾 斜 するが m s, 出 6

9 ~ 30 ~ ~ ;.~ 砂 " /" l i

10 ~ 6 ~~~1~11 1 存 在 する また 後 切 縁 において 切 縁 中 央 省 1 5の :fa~ i 歯 が 粗 大 て ある

11 ' 4 s n. 糸 魚 川 淳 ニ 西 本 博 行 黒 田 正 直 堀 江 弘 保 成 i~~ 篤 渡 辺 康 成 ( 1975) 千 葉 県 銚 子 半 島 名 洗 層 ( 鮮

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21 byb 十 一 I m~ : ~~~ ~ ~ ~ I ~ :: 3 卜 ~ 2 ヨセ 了 三 ク I ~ 三 力 イ - - GI s ト~. ~ g e

-34-

-34- -33- -34- ! -35- ! -36- ! -37- -38- -39- -40- -41- -42- -43- -44- -45- -46- -47- -48- -49- -50- ! -51- -52- !! -53- -54- ! -55- -56- -57- !!!!! "" "!!! " "" " -58- -59- !!! -60- -61- -62- -63- ! -64- !

More information

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 1 14 28 16 00 17 30 P-1 P-2 P-3 P-4 P-5 2 24 29 17 00 18 30 P-6 P-7 P-8 P-9 P-10 P-11 P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 5 24 28 16 00 17 30 P-23

More information

-----------------------------------------------------------------------------------------1 --------------------------------------------------------------------------------------1 -------------------------------------------------------------------------------------1

More information

›¼’à”v“lŠÍ1−ª

›¼’à”v“lŠÍ1−ª 3 1 1 2 3 4 5 6 7 8 8 10 12 14 16 18 20 22 24 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 26 28 30 32 34 36 38 40 42 44 46 48 50 4 3 1 2 3 4 5 52 54 56 58 60 6 62 7 8 9 10 64 66 68 70 72 5 1 1 4 2 5 6 6 7 1 8 1 9 2 10

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 46 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 16 7 8 92 3 46 7 :

More information

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 2-12 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 1 - 2 - 3 6 1 1-4 - 5 - 6 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 130 3 130 5 2 50 1.5 48 59 62 63-9 - 1 - 2 - 3 () - 4 - 5 -

More information

S1460...........\1.E4

S1460...........\1.E4 3 4 3 4 5 3 4 5 3 4 3 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 4 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 3 4 3 4 3 4 5 4 3 5 4 3 3 4 5 3 4 5 4 3 4 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 4 3 3 4! "! " " 0 6 ! " 3 4 3 3 4 3 ! " 3 3 4 5 4 5 6 3 3

More information

第18回海岸シンポジウム報告書

第18回海岸シンポジウム報告書 2011.6.25 2011.6.26 L1 2011.6.27 L2 2011.7.6 2011.12.7 2011.10-12 2011.9-10 2012.3.9 23 2012.4, 2013.8.30 2012.6.13 2013.9 2011.7-2011.12-2012.4 2011.12.27 2013.9 1m30 1 2 3 4 5 6 m 5.0m 2.0m -5.0m 1.0m

More information

1 2 http://www.japan-shop.jp/ 3 4 http://www.japan-shop.jp/ 5 6 http://www.japan-shop.jp/ 7 2,930mm 2,700 mm 2,950mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 8 http://www.japan-shop.jp/ 9 10 http://www.japan-shop.jp/

More information

1 911 34/ 22 1012 2/ 20 69 3/ 22 69 1/ 22 69 3/ 22 69 1/ 22 68 3/ 22 68 1/ 3 8 D 0.0900.129mm 0.1300.179mm 0.1800.199mm 0.1000.139mm 0.1400.409mm 0.4101.199mm 0.0900.139mm 0.1400.269mm 0.2700.289mm

More information

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 2 2 2 1 1 2 9 10 11 12 13 14 15 16 17 1 8 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 9 11 12 13 13 14 15 16 17 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

More information

000-.\..

000-.\.. 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 e e 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 10mm 150mm 60mm 25mm 40mm 30mm 25 26 27 1 28 29 30 31 32 e e e e e e 33 e 34 35 35 e e e e 36 37 38 38 e e 39 e 1 40 e 41 e 42 43

More information

1 1 36 223 42 14 92 4 3 2 1 4 3 4 3429 13536 5 6 7 8 9 2.4m/ (M) (M) (M) (M) (M) 6.67.3 6.57.2 6.97.6 7.27.8 8.4 5 6 5 6 5 5 74 1,239 0 30 21 ( ) 1,639 3,898 0 1,084 887 2 5 0 2 2 4 22 1 3 1 ( :) 426 1500

More information

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 1 e N >. C 40 41 2 >. C 3 >.. C 26 >.. C .mm 4 C 106 e A 107 1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

More information

Pliocene Shark Remains of Carcharodon, Carcharhinus and Dalatias, from Kanagawa Prefecture, Japan / 神奈川県北部の中津累層(鮮新統上部〉産出ホホジロザメ・ヨロイザメなどの化石について

Pliocene Shark Remains of Carcharodon, Carcharhinus and Dalatias, from Kanagawa Prefecture, Japan / 神奈川県北部の中津累層(鮮新統上部〉産出ホホジロザメ・ヨロイザメなどの化石について ~,.~ F~ ~ ~ ~ ~ 土 吉 一 一 ~ 一 一 一 ご 一 二 :- s~ ~ー -,~て 一 一, t ~- ニー ~ ー 九 一 一 一 一 一 - ~ ~ 一 一 ~ 5 本 標 本 は 歯 根 の 大 部 分 と 前 切 縁 の 歯 頚 付 近 をわずかに 欠 く 切 縁 の}~; 歯 の 大 きさが 切 縁 本 標 本 は 右 上 顎 第 31~ であ っ て, 歯 冠 は 完

More information

30~ 14 20~15 ~ 五 十 一 期 会 ( 昭 和 20 年 9 月 ~21 年 10 月 卒 ) 中 心 とした 2 泊 3 日 (1 1 月 10 日 ~12 日 )の 総 会 と 台 買 区 上 野 2 了 目 H,,~ 守 "08513 .. ~ 働 E 弓 へ'/7 文 ミ 二 :1? v~ 1 :1 9:13ヨセ JL~コト 椋 式 合

More information

防衛関係費/防衛関係費

防衛関係費/防衛関係費 29 6 24 5,063,717,069 4,826,454,531! 4,713,781,797 " 212,416,621 $$ # % & "!# $ 10,759,902 123,445,947 8,593,004 52,891,392! 8,593,004 59,925,253 " # $ % 7,033,861 & # $ % 2,070,900 71,136,937 & 99,743,887

More information

" " " " "!!

    !! ""!!!!! "! "! " " " " " " " "!! !!!!!!!!! ! !!!!! "β!"β"! " " "!! "! "!!! "!! !!! "! "!!!! "! !!!!! !!! " "!! "!!! " " "!!! ! "!! !!!!!!! " " " " "!! α!!!!! ! "! " " !!!!!!! "! ! ""!!!! !!!!!! " "! "!

More information

AHPを用いた大相撲の新しい番付編成

AHPを用いた大相撲の新しい番付編成 5304050 2008/2/15 1 2008/2/15 2 42 2008/2/15 3 2008/2/15 4 195 2008/2/15 5 2008/2/15 6 i j ij >1 ij ij1/>1 i j i 1 ji 1/ j ij 2008/2/15 7 1 =2.01/=0.5 =1.51/=0.67 2008/2/15 8 1 2008/2/15 9 () u ) i i i

More information

†ı25”Y„o-PDF.ren

†ı25”Y„o-PDF.ren 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 1,200 1,000 800 600 400 200 0 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 $ "! ''" '' ''$ ''% ''& '''! " ' & % $ "! ''" ' '$ '% '& ''!

More information

76

76 ! # % & % & %& %& " $ 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 % & &! & $ & " & $ & # & ' 91 92 $ % $'%! %(% " %(% # &)% & 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 !$!$ "% "%

More information

●70974_100_AC009160_KAPヘ<3099>ーシス自動車約款(11.10).indb

●70974_100_AC009160_KAPヘ<3099>ーシス自動車約款(11.10).indb " # $ % & ' ( ) * +, -. / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = >? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y " # $ % & ' ( ) * + , -. / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ? @ A B

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

~こまで 築 き 上

~こまで 築 き 上 Title 松 島 彜 (つね)の 音 楽 : その 生 涯 と 作 品 ( 徳 丸 吉 彦 教 授 退 官 記 念 号 ) Author(s) 辻, 浩 美 Citation お 茶 の 水 音 楽 論 集 Issue Date 2003-04 URL http://hdl.handle.net/10083/4588 Rights Resource Type Departmental Bulletin

More information

untitled

untitled 1 ( 14 1517 18 20 24 2 3 4 5 1947H18536H23 5,2332,155 12H22-H25.3 209144H22-H25.3 H23.4 KI 24,090H25.5 H24.3 5,233H25.5 2,155H22-H23 1,068H22-H23 1.2%H224.1%H24 1947H18536H23 1.34H171.55H22 1H23 553,059

More information

日 本 地 震 学 会 の 転 機 中 堅 どころの 教 員 =30~40 歳 代 とすると 学 生 卒 業 後,10~20 年 以 上 を 経 過 プレートテクトニクス の 導 入 ~ 定 着 期 学 生 時 代 を1980 年 代 に 過 ごす 一 般 教 養 科 目 で 地 学 を 学 んだと

日 本 地 震 学 会 の 転 機 中 堅 どころの 教 員 =30~40 歳 代 とすると 学 生 卒 業 後,10~20 年 以 上 を 経 過 プレートテクトニクス の 導 入 ~ 定 着 期 学 生 時 代 を1980 年 代 に 過 ごす 一 般 教 養 科 目 で 地 学 を 学 んだと 日 本 地 震 学 会 の 転 機 n 1995 年 兵 庫 県 南 部 地 震 の 発 生 なぜ 阪 神 淡 路 大 震 災 となったか? 学 会 の( 専 門 家 の) 責 任 は 反 省 実 は, 学 会 メンバーには 研 究 者 学 生 だけでなく, 初 等 中 等 教 育 関 係 者 (100 名 余 )もいた! 何 をしていたか( 何 千 円 / 年 も 払 って) 日 本 地 震 学

More information