Microsoft PowerPoint - 第8α章.ppt [互換モード]

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 第8α章.ppt [互換モード]"

Transcription

1 第 8α 章 PIC16F88を 用 いたステッピングモータ の 速 度 制 御 本 稿 のWebページ 目 次 8-1. PIC16F88を 用 いたステッピングモータ 制 御 の 実 験 回 路 図 回 路 図 立 体 配 線 図 完 成 写 真 8-2.ステッビングモータの 定 速 駆 動 8-3.タイマ0 割 り 込 みによる 制 御 周 期 管 理 8-4. A/D 変 換 モジュール 8-5. ステッピングモータの 速 度 制 御 1

2 PICアセンブラ 入 門 演 習 の 第 8 章 にPIC16F84Aを 用 い たステッピングモータの 速 度 制 御 回 路 とアセンブラ プログラムを 紹 介 したところ,とても 多 くの 方 から アクセスを 受 けています. 本 章 ではPIC16F88を 用 いたステッピングモータの 速 度 制 御 回 路 とアセンブラプログラムを 紹 介 します. この 速 度 制 御 は,PIC16F88 内 蔵 のA/D 変 換 器 により 回 転 数 指 令 値 を 読 み 込 み,その 値 を 用 いてタイマ0の 割 り 込 み 周 期 を 設 定 してステッピングモータの 速 度 制 御 を 行 っています. PIC16F88は 吉 田 靖 幸 氏 (トランジスタ 技 術 2012 年 6 月 号 p.74)によると,2011 年 に 秋 月 電 子 通 商 で 最 も 売 れたPICマイコンです.ユーザの 根 強 い 支 持 があると 推 測 されます. 2

3 DIP タイプのPIC16F88 と PIC16F84A では, 共 通 モ ジュールのピン 配 置 は 同 じです.このため 第 0 章 の 図 19 の 回 路 図 においてPIC16F88をPIC16F84Aと 置 き 換 えて, 速 度 制 御 用 の 外 部 回 路 を 一 部 変 更 するだけでステッピン グモータの 制 御 ができます. 次 のスライドから 始 まる 図 1~4に 本 章 の 制 御 のために 改 造 した 回 路 図 と 立 体 配 線 図 を 示 します. 図 中 の 一 点 鎖 線 で 囲 った 部 分 が 変 更 箇 所 です. 第 0 章 の 図 19の 可 変 抵 抗 VR 1, 抵 抗 R 1, R 2,トランジスタTr 1,コンデンサC から なる 回 路 を 可 変 抵 抗 VR 1 のみの 回 路 に 変 更 してあります. 3

4 8-1. ステッピングモータ 制 御 の 実 験 回 路 図 +12V +12V VR 1 10k セラミック 発 振 子 4MHz RA1 RA0 OSC1 OSC2 RA2 RA3 RA4 MCLR Vdd RB7 PIC16F88 CY8C Vss RB0 RB6 RB1 RB5 RB2 RB4 RB3 ステッピ ングモー タ 駆 動 回 路 R 6 R 7 R 8 R 5 10k R 9 +6V RR3RR 4 10k 10k MCLR Vdd Vss PGD PGC LVP R 3 SW 2 SW 1 GND PICkit3 用 コネクタ GND 図 1 マイコン 回 路

5 X Vdc X Y Vdc Y +12V D 1 D 2 D 3 D 4 Tr 2 2SC2120 Tr 3 Tr 4 Tr 5 2SC2120 2SC2120 2SC2120 マイコン 回 路 R 6 R 7 R 8 R RB0 RB1 RB2 RB3 GND 図 2 ステッピングモータ 駆 動 回 路

6 +12V +12V VR 1 10k 電 池 ボックス 単 3 4 セラミック 発 振 子 4MHz SW 2 SW 1 PIC16F88 ステッ ピング モータ 駆 動 回 路 2 駆 動 回 電 池 ボックス 単 V R 3 10k PICkit3 用 コネクタ MCLR Vdd Vss PGD PGC LVP R 4 10k R 5 10k R 6 R 7 R 8 R 9 GND 図 3 マイコン 回 路 の 立 体 配 線 図 GND

7 +12V Vdc X X Y Y D 1 D 2 D 3 D 4 Tr 2 2SC2120 Tr 3 2SC2120 Tr 4 2SC2120 Tr 5 2SC2120 マイコン 回 路 R R 7 R 8 R 9 RB0 RB1 RB2 RB3 GND 図 4ステッピングモータ 駆 動 回 路 の 立 体 配 線 図

8 図 5 完 成 写 真 (マイコン 回 路 +ステッピングモータ 駆 動 回 路 ) 8

9 RA RA1 RA2/AN2/VREF- 18 RA3 RA4 MCLR VSS RB0/INT RB1 RB2 RB PIC16F8 84A CY8C RA0 OSC1 OSC2 VDD RB7/PGD RB6/PGC RB5 RB4 RA3/AN3/VREF+ RA4/AN4 RA5/MCLR VSS RB0/INT/CCP1 RB1 RB2 RB3/PGM/CCP1 1 RA1/AN RA0/AN RA7/OSC RA6/OSC VDD 6 13 RB7/AN6/PGD 7 12 RB6/AN5/PGC 8 11 RB RB4 PIC16F8 88 CY8C (a) () PIC16F84Aのピン 配 置 (b) PIC16F88のピン 配 置 図 6 PIC16F88とPIC16F84Aのピン と 配 置 9

10 8-2. ステッビングモータの 定 速 駆 動 本 節 では 第 8 章 8.1 節 のPIC16F84A 用 のステッピング モータの 定 速 駆 動 プログラムをPIC16F88 用 に 書 き 直 す. PIC16F84A 用 プログラムとの 違 いを 朱 書 きで 示 す. 10

11 ;Stepping Motor Control Program (Speed fixed) INCLUDE"p16F88 p16f88.inc" list p=16f88 SW1を 押 すとステッピングモータが 時 計 方 向 に 回 転 SW2を 押 すと 反 時 計 方 向 に 回 転 ステッピングモータの 回 転 速 度 は 一 定 第 8 章 節 のPIC16F84Aのプログラムとの 違 いを 朱 書 きで 示 す. 注 意 CONFIGの 前 のアンダーバーは2つあります. CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC & _WDT_OFF & _PWRTE_OFF & _CP_OFF & _LVP_OFF CONFIG _CONFIG2, _FCMEN_OFF & _IESO_OFF Register EQU 0x20 MEM1 EQU Register +0 ;MEM1 at 20 TIME1 EQU Register +1 ;TIME1 at 21 TIME2 EQU Register +2 ;TIME2 at 22 TIME3 EQU Register +3 ;TIME3 at 23 ORG 0 GOTO START ;Main Program starts at START 詳 細 はp.14, はp.15~19に 15に ORG 4 START ;Setting of Port B BSF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 1 MOVLW B' ' MOVWF TRISB ;RB0-5 -> Output Port, RB6,7 -> Input Port BCF ANSEL, 6 ;RB7/AN6 Digital Input BCF ANSEL, 5 ;RB6/AN5 Digital Input BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 0 MOVLW B' ' ;' ' -> (W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) 11

12 ; Main Program 第 8 章 8.1 節 のPIC16F84Aのプログラムと 全 く 一 緒 STEP1 MOVF PORTB,0 ;(RB)->(W) ANDLW B' ' ;(W) and > (W) MOVWF MEM1 ;(W) -> (MEM1) ;End of Main Program BTFSS MEM1,7 ;If the 7th bit = 1, Then skip CALL RotateR BTFSS MEM1,6 ;If the 6th bit = 1, Then skip CALL RotateL GOTO STEP1 ;Sub Routine1 RotateR MOVLW B' ' ;' ' -> >(W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) CALL MOVLW MOVWF CALL MOVLW MOVWF CALL MOVLW MOVWF CALL RETURN COUNT1 B' ' PORTB COUNT1 B' ' PORTB COUNT1 B' ' PORTB COUNT1 12

13 第 8 章 8.1 節 のPIC16F84Aのプログラムと 全 く 一 緒 ;Sub Program2 RotateL MOVLW MOVWF CALL MOVLW MOVWF CALL MOVLW MOVWF CALL MOVLW MOVWF CALL RETURN B' ' PORTB COUNT1 B' ' PORTB COUNT1 B' ' PORTB COUNT1 B' ' PORTB COUNT1 ;Idling timer COUNT1 MOVLW 0x10 MOVWF STEPM MOVWF TIME2 STEPM1 MOVWF TIME3 STEPM2 DECFSZ TIME3,1 GOTO DECFSZ GOTO DECFSZ GOTO RETURN END TIME1 STEPM2 TIME2,1 STEPM1 TIME1,1 STEPM 13

14 新 しいプロジェクトの 設 定 MPLAB IDE v8.84をダブルクリック Project Project Wizard PIC16F88 を 選 択 第 0 章 p.19と 同 様 に 設 定 する. 14

15 ステッピングモータの 定 速 駆 動 プログラム( 本 章 p.11)の 詳 細 説 明 (1) ;Stepping Motor Control Program (Speed fixed) INCLUDE P16F88.INC" list p=16f88 PIC16F88とする. CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC & _WDT_OFF & _PWRTE_OFF & _CP_OFF & _LVP_OFF CONFIG _CONFIG2, _FCMEN_OFF & _IESO_OFF コンフィギュレーション: PIC16F88 の デ ー タ シートによると, PIC16F88 にはCONFIGURATION WORD REGISTERがCONFIG1とCONFIG2の2つあ る. それぞれを 設 定 する 必 要 がある. 各 用 語 の 説 明 は Microchip MPASM Suiteのフォ ルダ 内 のP16F88.INC 内 に 記 載 されている. 工 場 出 荷 時 にはLVPはONに 設 定 され ている.このとき9 番 ピンはPGMが 有 効 となっていて, 入 出 力 ピンRB3とし ては 使 えない.データシートのBLOCK DIAGRAM OF RB3/PGM/CCP1 PIN 参 照. そこで,LVPをOFFとする.LVP (Low Voltage Programming)は,5[V]レベル でのプログラム 書 き 込 みを 可 能 とす る 機 能 であるが,PICKit3を 利 用 する 場 合 には 必 要 ない. 15

16 ステッピングモータの 定 速 駆 動 プログラム( 本 章 p.11)の 詳 細 説 明 (2) Register EQU 0x20 MEM1 EQU Register +0 ;MEM1 at 20 TIME1 EQU Register +1 ;TIME1 at 21 TIME2 EQU Register +2 ;TIME2 at 22 TIME3 EQU Register +3 ;TIME3 at 23 PIC16F88にはファイルレジスタが4Bankある( 次 ページの 図 7 参 照 ). 汎 用 レジスタ(General Purpose Register)は Bank 1の 20h~7Fh 番 地 Bank 2の A0h~ Efh 番 地 Bank 3の 120h~16Fh 番 地 Bank 4の1A0h~1EFh 番 地 にある. 上 記 の 設 定 ではBank 0の20h~23h 番 地 を 使 う 設 定 である.これらのメモリにアクセス するためには 事 前 にBank 0を 選 定 しておかなけ ればならない. 16

17 TMR0 01h OPTION_REG 81h TMR0 101h OPTION_REG 181h PCL 02h PCL 82h PCL 102h PCL 182h STATUS 03h STATUS 83h STATUS 103h STATUS 183h FSR 04h FSR 84h FSR 104h FSR 184h PORTA 05h TRISA 85h WDTCON 105h 185h PORTB 06h TRISB 86h PORTB 106h TRISB 186h 07h 87h 107h 187h 08h 88h 108h 188h 09h 89h 109h 189h PCLATH 0Ah PCLATH 8Ah PCLATH 10Ah PCLATH 18Ah INTCON 0Bh INTCON 8Bh INTCON 10Bh INTCON 18Bh PIR1 0Ch PIE1 8Ch EEDATA 10Ch EECON1 18Ch PIR2 0Dh PIE2 8Dh EEADR 10Dh EECON2 18Dh TMR1L 0Eh PCON 8Eh EEDATH 10Eh 18Eh TMR1H 0Fh OSCCON 8Fh EEADRH 10Fh 18Fh T1CON 10h OSCTUNE 90h 110h 190h TMR2 11h 91h T2CON 12h PR2 92h SSPBUF 13h SSPADD 93h SSPCON 14h SSPSTAT 94h CCPR1L 15h 95h CCPR1H 16h 96h General General CCP1CON 17h 97h Purpose Purpose RCSTA 18h TXSTA 98h Register Register TXREG 19h SPBRG 99h 16バイト 16バイト RCREG 1Ah 9Ah 1Bh ANSEL 9Bh 1Ch CMCON 9Ch 1Dh CVRCON 9Dh ADRESH 1Eh ADRESL 9Eh ADCON0 1Fh ADCON1 9Fh 11Fh 19Fh 20h General A0h General 120h General 1A0h General Purpose Register 96バイト Purpose Register 80バイト Purpose Register Purpose Register Efh 80バイト 16Fh 80バイト 1EFh F0h 170h 1F0h 図 7 File Register Map 7Fh FFh 17Fh 1FFh Bank 0 Bank 1 Bank 2 Bank 3 17

18 ステッピングモータの 定 速 駆 動 プログラム( 本 章 p.11)の 詳 細 説 明 (3) ORG 0 ; 電 源 が 入 るとこの 番 地 からプログラム 実 行 を 開 始 する. GOTO START ORG 4 START ;Setting of Port B BSF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 1 MOVLW B' ' MOVWF TRISB ;RB0-5 -> Output Port, ;RB6,7 -> Input Port BCF ANSEL, 6 ;RB7/AN6 Digital Input BCF ANSEL, 5 ;RB6/AN5Digital Input 図 7 によるとTRISB が Bank 1にあるので,Bank 1を 選 定 している. Bankの 選 定 は,データ シートのARITHMETIC STATUS REGISTERによ ると, RP1, RP0 = 11 Bank3 = 10 Bank2 = 01 Bank1 = 00 Bank0 である.なお,STATUS レジスタは4バンクに 共 通 している. データシートのTRISB REGISTERによると, TRISB bit = 1 PORTB ピン 入 力 ポート レジスタは4バンクに 共 =0 出 力 ポート ANSEL:ANALOG SELECT REGISTERによると ANSELbit = 1 Analog I/O =0 Digital I/O 18

19 ステッピングモータの 定 速 駆 動 プログラム( 本 章 p.11)の 詳 細 説 明 (4) BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 0 MOVLW B' MOVWF PORTB ;' ' -> (W) ;(W) -> (PORTB) 図 7よりPORTBはBank 0にある.そこで,Bank 0 を 選 定 している. また, MEM1,TIME1,TIME2,TIME3はBank 0の 20h~23h 番 地 を 指 定 した.ここでBank 0を 選 定 したことで, 以 降 Bankの 選 定 を 変 えない 限 り, これらのレジスタにもアクセス 可 能 である. 19

20 8-3. タイマ0 割 り 込 みによる 制 御 周 期 管 理 ;タイマ0による 割 り 込 みプログラム INCLUDE"p16F88.inc" list p=16f88 CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC & _WDT_OFF & _PWRTE_OFF & _CP_OFF & _LVP_OFF CONFIG _CONFIG2, _FCMEN_OFF & _IESO_OFF OFF START ;ポートBの 設 定 ;タイマ0の 設 定 ORG 0 ; 電 源 が 入 るとこの 番 地 からプログラム 実 行 を 開 始 する. GOTO START ORG 4 ; 割 り 込 みがかかるとこの 番 地 から 開 始 する. CALL Timer0_interrupt RETFIE ; 割 り 込 み 処 理 ルーチンからメインプログラムへ 復 帰 BSF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 バンク1の 選 択 MOVLW B' ' MOVWF TRISB ;RB0-7を 出 力 ポートに 設 定 RB0(6 番 ピン)に1と0を 周 期 的 に 出 力 するプログ ラム 新 しいところを 朱 書 きで 示 す. 詳 細 は 本 章 p.22 以 降 BCF OPTION_REG, T0CS ;システムクロック(FOSC)を 選 択. 実 際 には FOSC/4 = 4MHz/4 = 1MHz BCF OPTION_REG, PSA ;プリスケーラをタイマ0 用 に 設 定.(PSA = 1とすると,プリスケーラはWDT 専 用 となる.) BSF OPTION_REG, PS2 ; BSF OPTION_REG, PS1 ; BSF OPTION_REG, PS0 ;PS2 PS1 PS0 = 111 とすることでタイマ0のクロックをFOSC/4/256 と 設 定. ; 割 込 みの 設 定 BSF INTCON, GIE ;マスクされていない 全 ての 割 込 みを 可 とする. BSF INTCON, PEIE ;マスクされていない 全 ての 周 辺 モジュールからの 割 込 みを 可 とする. BSF INTCON, TMR0IE ;タイマ0の 割 込 みを 可 とする. BCF INTCON, TMR0IF ;タイマ0の 割 込 みフラグをクリアする. BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;バンク0の 選 択 20

21 タイマ0による 割 り 込 みプログラム(つづき) ;メインルーチン STEP1 GOTO STEP1 ;STEP1にジャンプすることを ジ 繰 り 返 す 永 久 ループ ;サブルーチン Timer0_interrupt MOVLW B' ' ;' ' -> >(W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) MOVLW B' ' MOVWF PORTB MOVLW B' ' ; >(W) ;タイマ0はこの 値 を 初 期 値 としてカウントアップする. ;( 次 の 割 り 込 みは > となるタイミング) MOVWF TMR0 ;(W) -> TMR0 BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0による 再 割 り 込 みを 可 能 とする. RETURN END 21

22 タイマ0による 割 り 込 みプログラム( 本 章 p.20, 21)の 詳 細 説 明 (1) ORG 0 ; 電 源 が 入 るとこの 番 地 からプログラム 実 行 を 開 始 する. GOTO START ORG 4 ; 割 り 込 みがかかるとこの 番 地 から 開 始 する. CALL Timer0_interrupt ;Timer0_interruptルーチンへの 分 岐 RETFIE ; 割 り 込 み 処 理 ルーチンからメインルーチンへ 復 帰 START ;ポートBの 設 定 BSF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;バンク1の 選 択 MOVLW B' ' MOVWF TRISB ;RB0-7を 出 力 ポートに 設 定 22

23 タイマ0による 割 り 込 みプログラム( 本 章 p.20, 21)の 詳 細 説 明 (2) ;タイマ0の 設 定 BCF OPTION_REG, T0CS ;システムクロック(FOSC)を 選 択. ; 実 際 には FOSC/4 = 4MHz/4 = 1MHz BCF OPTION_REG, PSA ;プリスケーラをタイマ0 用 に 設 定. ;(PSA = 1とすると,プリスケーラはWDT 専 用 となる.) BSF OPTION_REG, PS2 ; PS2 PS1 PS0 = 111 とすることで BSF OPTION_REG, PS1 ;タイマ0のクロックをFOSC/4/256 と 設 定. BSF OPTION_REG, PS0 ; データシートによるとOPTION_REG Register ( 図 7 Bank1, 3に 共 通 )の 各 ビッ トによりタイマ0のクロックの 選 定,タイマ0のプリスケーラの 設 定 ができる. 上 のプログラムの 設 定 によりタイマ0の 入 力 クロックは,セラミック 発 振 子 に4[MHz]のものを 用 いた 場 合,4 [MHz]/4/256 = [khz]となる. このクロックによりタイマ0をカウントアップして,タイマ0がオーバフロー (B B )するタイミングで 割 り 込 みをかけることができ る(ORG 4からのプログラムを 実 行 する). 割 り 込 み 処 理 プログラムの 中 で タイマ0の 値 を 例 えばB と 設 定 すれば, (B B )/3 )/3.906[kHz] = ( )/3.906[kHz] = [ms] 後 に 再 び 割 り 込 みがかけられる. 23

24 3 番 ピン FOSC/4 T0SE MUX1 0 1 T0CS MUX2 1 0 PSA Sync 2 Cycles Data Bus 8 TMR0 reg Set TMR0IF on Overflow 0 MUX3 Prescaler 8-bit Prescaler WDT (Watch Dog Timer) + WDT prescaler 1 PSA 8 8-to-1 MUX PS2:PS0 0 1 MUX4 PSA WDT Timer-out 図 8 タイマ0のプリスケーラ のブロック 図 MUX:マルチプレクサ(Multiplexer), 複 数 の 入 力 のいずれかを 選 んで 出 力 する, 入 力 切 り 替 え 器 例 えばMUX1はT0CS=0のとき 入 力 のFOSC/4を / 出 力 する.T0CS=1のときはXORの 値 を 出 力 する. Prescaler: プリスケーラ,クロックの 分 周 器. 上 図 の 設 定 例 ではタイマ0に 入 る 前 のクロックを(1/2) n 倍 (n = 1~8)する.nはPS2~PS0により 設 定 できる. WDT: ウォッチドッグタイマ(Watch Dog Timer),コンフィギュレーションにて( CONFIG _CONFIG1, _WDT_ON) とすると,WDTが 起 動 する. 設 定 時 間 内 にプログラムがCLRWDT 命 令 を 実 行 して,WDTとそのWDT prescaler をクリア(0を 代 入 )しないとプログラム 実 行 が 強 制 リセットされる.プログラムが 暴 走 した 場 合 などにWDTは 有 効. 番 犬 タイマという 意 味. Sync 2 Cycles: Data BusからTMR0 registerに 値 を 書 き 込 む 際 に,FOSC/4の2クロックの 間,TMR0 registerの 入 力 (MUX2の 出 力 )は 無 視 される. 24

25 タイマ0による 割 り 込 みプログラム( 本 章 p.20, 21)の 詳 細 説 明 (4) ; 割 込 みの 設 定 BSF INTCON, GIE ;マスクされていない 全 ての 割 込 みを 可 とする. BSF INTCON, PEIE ;マスクされていない 全 ての 周 辺 モジュールからの 割 込 みを 可 とする. BSF INTCON, TMR0IE ;タイマ0の 割 込 みを 可 とする. BCF INTCON, TMR0IF ;タイマ0の 割 込 みフラグをクリアする. BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;バンク0の 選 択 図 7よりPORTBはBank 0 データシートによるとINTCON Register ( 図 にある. 割 り 込 み 処 理 7 Bank0~3に 共 通 )の 各 ビットによりタイマ ルーチンにてPORTBを 0の 割 り 込 みを 設 定 できる. 利 用 するので,Bank 0を を 上 記 のGIE, PEIE, TMR0IEのビットを1に 選 択 しておく. セットし, TMR0IFを0にクリアすることで, タイマ0がオーバフローしたときに, 割 り 込 みをかけることができる.なお,タイマ0が オーバフローした 際 にはTMR0IFはセットさ れるので, 割 り 込 み 処 理 プログラムの 中 で, TMR0IFをクリアしておく 必 要 がある.これ によりタイマ0による 割 り 込 みをかけ 続 ける ことができる. 25

26 タイマ0による 割 り 込 みプログラム( 本 章 p.20, 21)の 詳 細 説 明 (5) ;サブルーチン Timer0_interrupt MOVLW B' MOVWF PORTB MOVLW B' ' MOVWF PORTB ;' ' -> (W) ;(W) -> (PORTB) RB0(6 番 ピン)に1を 出 力 する. RB0に0を 出 力 する. MOVLW B' ; >(W) ;タイマ0はこの 値 を 初 期 値 としてカウントアップする. MOVWF TMR0 ;(W) -> TMR0 BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0による 再 割 り 込 みを 可 能 とする. RETURN タイマ0がオーバフローした 際 タイマ0の 初 期 値 をB = 224に 設 定. にはTMR0IFはセットされるの この 値 からカウントアップしてオーバフロー で, 割 り 込 み 処 理 プログラムの (B B )するタイミングで 中 で, TMR0IFをクリアしてお 割 り 込 みをかけることができる. 割 り 込 み 周 期 く 必 要 がある.これにより 再 び は タイマ0による 割 り 込 みをかけ (B B )/3.906[kHz] = (256 ることができる. 224)/3.906[kHz] = [ms] となる. 26

27 MOVLW MOVWF MOVLW MOVWF B' PORTB B' PORTB 2 [V] FOSC/4 = 1 [MHz] 1[ s]を1 サイクルとして, 各 命 令 の 実 行 に1サイクルを 要 する.1を 出 力 してから0を 出 力 するまで に2サイクル= 2[ s]を 要 してい ることが 分 かる. 図 9 タイマ0による 割 り 込 み プログラム 実 行 時 の6 番 ピンの 出 力 波 形 1 [ s] オシロスコープの 周 波 数 カウンタ 機 能 による 割 り 込 み 周 波 数 の 計 測 結 果. 割 り 込 み 周 波 数 = [Hz] 割 り 込 み 周 期 計 算 値 ( )/3.906[kHz] = [ms] 割 り 込 み 周 波 数 計 算 値 1/8.193[ms] = [Hz] 誤 差 の 主 な 原 因 は セラミック 発 振 子 の 発 信 振 周 波 数 が 4[MHz]よりわずか 少 し 低 に 低 いことによる. 27

28 8-4. A/D 変 換 モジュール A/D 変 換 プログラム ;AD Converter program INCLUDE"p16F88.inc" list p=16f88 AN1(18 番 ピン)からアナログ 電 圧 をA/D 変 換 モ ジュールにより 読 み 込 み,タイマ0による 割 り 込 み 周 期 をアナログ 電 圧 に 応 じて 可 変 とするプロ グラム.8α-3 節 のタイマ0による 割 り 込 みプログ ラムに 対 して 新 しく 追 加 した 箇 所 を 朱 書 きで 示 す. 詳 細 は 本 章 p.31 以 降 CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC & _WDT_OFF & _PWRTE_OFF & _CP_OFF & _LVP_OFF CONFIG _CONFIG2, _FCMEN_OFF & _IESO_OFF START ORG 0 GOTO START ;Main Program starts from START ORG 4 CALL Timer0_interrupt RETFIE ;Setting of Port B BSF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 1 MOVLW B' ' MOVWF TRISB ;RB0-7 -> Output Port MOVLW B' ' MOVWf TRISA ;RA1 -> Input Port ;Setting of Timer0 BCF OPTION_REG, T0CS ;Internal instruction cycle clock (CLKO) BCF OPTION_REG, PSA ;Internal instruction cycle clock (CLKO) BSF OPTION_REG, PS2 ; BSF OPTION_REG, PS1 ; BSF OPTION_REG, PS0 ;Timer0 Rate 1:256 28

29 A/D 変 換 プログラム(つづき) ;Setting of Interrupt BSF INTCON, GIE ;Enables all unmasked interrupts BSF INTCON, PEIE ;Enables all unmasked peripheral interrupts BSF INTCON, TMR0IE ;Enables the TMR0 interrupt BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0 register did not overflow ;Setting of AD Converter MOVLW B' ' MOVWF ANSEL ;AN1:Analog I/O BCF ADCON1, ADFM ;Left Justified BCF ADCON1, ADCS2 ;ADCS2 = 0, ADCS = 01 -> A/D Conversion Clock = FOSC/8 BCF ADCON1, VCFG1 ;Voltage Reference = VSS BCF ADCON1, VCFG0 ;Voltage Reference =VDD BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 0 BCF ADCON0, ADCS1 ; BSF ADCON0, ADCS0 ; ADCS2 = 0, ADCS = 01 -> A/D Conversion Clock = FOSC/8 BCF ADCON0, CHS2 BCF ADCON0, CHS1 BSF ADCON0, CHS0 ;CHS = 001 -> AN1 BSF ADCON0, ADON ;A/D converter module is operating 29

30 A/D 変 換 プログラム(つづき) ; Main Program STEP1 GOTO STEP1 ;End of Main Program ;Sub Routine1 Timer0_interrupt MOVLW B' ;' ' -> (W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) BSF ADCON0, GO ;AD Conversion Start AD_Wait BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait ;Wait until AD conv is done MOVF ADRESH, 0 ;ADRESH -> (W) MOVWF TMR0 ;(W) -> TMR0 MOVLW MOVWF B' ' PORTB BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0 register did not overflow RETURN END 30

31 A/D 変 換 プログラム( 本 章 p.28~30)の 詳 細 説 明 (1) ANSEL:ANALOG SELECT REGISTERによると ANSELbit = 1 Analog I/O ;Setting of AD Converter = 0 Digital I/O MOVLW B' ' MOVWF ANSEL ;AN1:Analog I/O BCF ADCON1, ADFM ;Left Justified BCF ADCON1, ADCS2 ;ADCS2 = 0, ADCS = 01 -> A/D Conversion Clock = FOSC/8 BCF ADCON1, VCFG1 ;Voltage Reference = VSS BCF ADCON1, VCFG0 ;Voltage Reference = VDD データシートのADCON1 Register( 図 10のBank 1にある)によると,A/D 変 換 結 果 は(ADDRESH, ADDRESLの2つの8ビットレジスタからなる)16ビットのレジスタに 格 納 される.A/D 変 換 結 果 は10ビットである, 今,その 値 がB であるとする.16ビットのレジスタへの 入 れ 方 は ADFM = 0 のとき 左 寄 せ * * * * * * ADFM = 1 のとき 右 寄 せ. となる. * * * * * * ADCS2: 次 ページに 解 説 VCFG1 = 0 のとき 参 照 電 圧 は 5 番 ピンのVSS =1 1 番 ピンのVREF- VCFG0 = 0 のとき 参 照 電 圧 は14 番 ピンのVDD =1 2 番 ピンのVREF+ 図 11 参 照 31

32 A/D 変 換 プログラム( 本 章 p.28~30)の 詳 細 説 明 (2) BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 0 BCF ADCON0, ADCS1 ; BSF ADCON0, ADCS0 ; ADCS2 = 0, ADCS = 01 -> A/D Conversion Clock = FOSC/8 BCF ADCON0, CHS2 BCF ADCON0, CHS1 BSF ADCON0, CHS0 ;CHS = 001 -> AN1 BSF ADCON0, ADON ;A/D converter module is operating データシートのADCON0 Register( 図 10のBank 0にある)によると, A/D 変 換 モジュールのクロック 周 波 数 (FAD )は ADCS2 ADCS1 ADCS0 = 000 のとき FAD =FOSC/2 = 001 のとき FAD =FOSC/8 = 010 のとき FAD =FOSC/32 =011のとき FAD =FRC( 内 蔵 のA/Dモジュール 用 RC 発 振 器 の 出 力 ) = 100 のとき FAD =FOSC/4 = 101 のとき FAD =FOSC/16 =110のとき FAD =FOSC/64 = 111 のとき FAD =FRC( 内 蔵 のA/Dモジュール 用 RC 発 振 器 の 出 力 ) となる.ただし,セラミック 発 振 子 が4 [MHz]のときFOSC=4[MHz].A/D 変 換 モジュールのクロッ ク 周 期 (TAD =1/FAD)は,データシートのTAD vs. Maximum Device Operating Frequencyによると,1.6 s < TAD < 6.4 sでないといけない. よって,FOSC = 4 [MHz] のとき,TAD として8/FOSC = 2 s, 16/FOSC = 4 sの 二 通 りの 設 定 が 選 べる. 上 のプログラムではFAD =FOSC/8を 選 定 している. CHS2 CHS1 CHS0 = 000 ~110に 応 じてAN0~AN6を 選 定 ( 図 11 参 照 ) ADON = 1 のときA/D 変 換 モジュールの 電 源 が 入 る. 32

33 TMR0 01h OPTION_REG 81h TMR0 101h OPTION_REG 181h PCL 02h PCL 82h PCL 102h PCL 182h STATUS 03h STATUS 83h STATUS 103h STATUS 183h FSR 04h FSR 84h FSR 104h FSR 184h PORTA 05h TRISA 85h WDTCON 105h 185h PORTB 06h TRISB 86h PORTB 106h TRISB 186h 07h 87h 107h 187h 08h 88h 108h 188h 09h 89h 109h 189h PCLATH 0Ah PCLATH 8Ah PCLATH 10Ah PCLATH 18Ah INTCON 0Bh INTCON 8Bh INTCON 10Bh INTCON 18Bh PIR1 0Ch PIE1 8Ch EEDATA 10Ch EECON1 18Ch PIR2 0Dh PIE2 8Dh EEADR 10Dh EECON2 18Dh TMR1L 0Eh PCON 8Eh EEDATH 10Eh 18Eh TMR1H 0Fh OSCCON 8Fh EEADRH 10Fh 18Fh T1CON 10h OSCTUNE 90h 110h 190h TMR2 11h 91h T2CON 12h PR2 92h SSPBUF 13h SSPADD 93h SSPCON 14h SSPSTAT 94h CCPR1L 15h 95h CCPR1H 16h 96h CCP1CON 17h 97h RCSTA 18h TXSTA 98h TXREG 19h SPBRG 99h RCREG 1Ah 9Ah General Purpose Register 16バイト General Purpose Register 16バイト 1Bh ANSEL 9Bh 1Ch CMCON 9Ch 1Dh CVRCON 9Dh ADRESH 1Eh ADRESL 9Eh ADCON0 1Fh ADCON1 9Fh 11Fh 19Fh 20h A0h 120h 1A0h General Purpose Register 96バイト General General General Purpose Purpose Purpose Register Register Register 80バイト Efh 80バイト 16Fh 80バイト 1EFh F0h 170h 1F0h 図 10 File Register Map 7Fh FFh 17Fh 1FFh Bank 0 Bank 1 Bank 2 Bank 3 33

34 CHS2~CHS0 A/D Converter Positive ref voltage 0 VDD RB7/AN6 RB6/AN5 RA4/AN4 RA3/AN3/REF+ RA2/AN2/REF- RA1/AN1 RA0/AN0 1 Negative ref voltage VCFG0 1 0 VCFG1 VSS 図 11 A/D 変 換 モジュールのブロック 図 34

35 A/D 変 換 プログラム( 本 章 p.28~30)の 詳 細 説 明 (3) ;Sub Routine1 Timer0_interrupt MOVLW B' ;' ' -> (W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) BSF ADCON0, GO ;ADConversion Start AD_Wait BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait ;Wait until AD conv is done MOVF ADRESH, 0 ;ADRESH -> (W) MOVWF TMR0 ;(W) -> TMR0 MOVLW MOVWF B' ' PORTB BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0 register did not overflow RETURN データシートのADCON0 Register( 図 10のBank 0にある)によると, GO = 1 とするとA/D 変 換 モジュールはA/D 変 換 を 開 始 する. 変 換 が 終 了 するとADCON0 Registerの 第 2ビットが0にクリアされる.そこで, AD_Wait BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait により, 変 換 が 終 了 する( 第 2ビットが0にクリアされる)まで 待 つことにする. 変 換 終 了 後, ADRESHには 変 換 結 果 の 上 位 8ビットが 格 納 されているので,これを8ビットのTMR0 Registerに 転 送 し,タイマ0のカウントアップの 初 期 値 とする. 35

36 MOVLW B' MOVWF PORTB BSF ADCON0, GO AD_Wait BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait MOVF ADRESH, 0 MOVWF TMR0 2 [V] MOVLW B' ' MOVWF PORTB 10 [ s] 図 12 タイマ0による 割 り 込 みプログラム(A/D 変 換 モジュール) 実 行 時 の 6 番 ピンの 出 力 波 形 オシロスコープの 周 波 数 カウ ンタ 機 能 による 割 り 込 み 周 波 数 の 計 測 結 果. 図 3のVR 1 のつまみを 廻 すことで, 割 り 込 み 周 波 数 を15[Hz]~3.4 [khz] の 範 囲 で 可 変 とする. FOSC/4 = 1 [MHz] 1[ s]を1 サイクルとして, 各 命 令 の 実 行 に1サイクル,ジャンプ 実 行 時 に2サイクルを 要 する.A/D 変 換 にはMax 12TAD = 12 2 [ s] = 24 [ s]を 要 する. RB0(6 番 ピン)に1を 出 力 してか ら0を 出 力 するまでに BSF 1 BTFSC MOVF 1 MOVWF 1 MOVLW 1 MOVWF 1 計 31[ s]を 要 している. A/D 変 換 の 所 要 時 間 はA/D Conversion TAD Cyclesによる. 36

37 8-5. ステッピングモー タの 速 度 制 御 ;AD Converter program INCLUDE"p16F88.inc" list p=16f88 AN1(18 番 ピン)からアナログ 電 圧 をA/D 変 換 モジュールによ り 読 み 込 み,タイマ0による 割 り 込 み 周 期 をアナログ 電 圧 に 応 じて 可 変 とする. 割 り 込 み 処 理 プログラムの 中 にステッピン グモータの 駆 動 信 号 生 成 プログラムを 書 くことで.ステッピ ングモータの 速 度 制 御 を 実 現 している.8α-4 節 のA/D 変 換 モ ジュールに 対 して 新 しく 追 加 した 箇 所 を 朱 書 きで 示 す. 詳 細 は 本 章 p.41 以 降 CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC & _WDT_OFF & _PWRTE_OFF & _CP_OFF & _LVP_OFF CONFIG _CONFIG2, _FCMEN_OFF & _IESO_OFF OutMode EQU 0x20 0 ;OutMode ORG 0 GOTO START ;Main Program starts from START ORG 4 CALL Timer0_interrupt RETFIE START ;Setting of Port A and B BSF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 1 MOVLW B' ' MOVWF TRISB ;RB0-7 -> Output Port MOVLW B' ' MOVWf TRISA ;RA1 -> Input Port ;Setting of Timer0 BCF OPTION_REG, T0CS ;Internal instruction cycle clock (CLKO) BCF OPTION_REG, PSA ;Internal instruction cycle clock (CLKO) BSF OPTION_REG, PS2 ; BSF OPTION_REG, PS1 ; BSF OPTION_REG, PS0 ;Timer0 Rate 1:256 37

38 ;Setting of Interrupt BSF INTCON, GIE ;Enables all unmasked interrupts BSF INTCON, PEIE ;Enables all unmasked peripheral interrupts BSF INTCON, TMR0IE ;Enables the TMR0 interrupt BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0 register did not overflow ;Setting of AD Converter MOVLW B' ' MOVWF ANSEL ;AN1:Analog I/O BCF ADCON1, ADFM ;Left Justified BCF ADCON1, ADCS2 ;ADCS2 = 0, ADCS = 01 -> A/D Conversion Clock = FOSC/8 BCF ADCON1, VCFG1 ;Voltage Reference = VSS BCF ADCON1, VCFG0 ;Voltage Reference = VDD BCF STATUS,RP0 BCF STATUS,RP1 ;Selection of Bank 0 BCF ADCON0, ADCS1 ; BSF ADCON0, ADCS0 ;ADCS2 = 0, ADCS = 01 -> A/D Conversion Clock = FOSC/8 BCF ADCON0, CHS2 BCF ADCON0, CHS1 BSF ADCON0, CHS0 ;CHS = 001 -> AN1 BSF ADCON0, ADON ;A/D converter module is operating ;Setting of Initial Value of PORTB & the Register OutMode MOVLW B' ' ;' ' -> (W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) MOVLW MOVWF B' ' OutMode 38

39 ; Main Program STEP1 GOTO STEP1 ;End of Main Program ;Sub Routine1 Timer0_interrupt MOVLW B' ;' ' -> (W) MOVWF PORTA ;(W) -> (PORTA) AD_Wait BSF ADCON0, GO ;AD Conversion Start BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait ;Wait untiladconv isdone MOVF ADRESH, 0 ;ADRESH -> (W) MOVWF TMR0 ;(W) -> TMR0 CALL Rotate MOVLW B' ;' ' -> (W) MOVWF PORTA ;(W) -> (PORTA) BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0 register did not overflow RETURN 39

40 第 8 章 のPIC16F84Aの8.2 節 のサブルーチンと 全 く 一 緒 ;Rotating Step Motor routine Rotate BTFSS OutMode,0 ;If the 0-th bit = 1, then skip the next command line GOTO CaseX0 GOTO CaseX1 CaseX0 BTFSS OutMode,1 ;If the 1-th bit = 1, then skip the next command line GOTO Case00 GOTO Case10 CaseX1 BTFSS OutMode,1 ;If the 1-th bit = 1, then skip the next command line GOTO Case01 GOTO Case11 Case00 MOVLW B' ' ; ' ' -> ' ' GOTO Fin Case01 MOVLW B' ' ; ' ' -> ' ' GOTO Fin Case10 MOVLW B' ' ; ' ' -> ' ' GOTO Fin Case11 MOVLW B' ' ;' ' -> ' ' Fin MOVWF PORTB ;(W) ->(PORTB) INCF OutMode,1 ;(OutMode) + 1 -> (OutMode) RETURN END 40

41 ステッピングモータの 速 度 制 御 プログラム( 本 章 p.37~40)の 詳 細 説 明 (1) ;AD Converter program INCLUDE"p16F88.inc" list p=16f88 CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC & _WDT_OFF & _PWRTE_OFF & _CP_OFF & _LVP_OFF CONFIG _CONFIG2, _FCMEN_OFF & _IESO_OFF OutMode EQU 0x20 ;OutMode 汎 用 レジスタ(General Purpose Register)のBank 1 の 20h 番 地 のレジスタをOutModeと 命 名 ;Setting of Initial Value of PORTB & the Register OutMode MOVLW B' ' ;' ' -> (W) MOVWF PORTB ;(W) -> (PORTB) MOVLW B' ' MOVWF OutMode レジスタOutModeの 初 期 値 を0 に 設 定 RB3~RB0の 初 期 値 を 設 定. RB3に 0,RB2に1,RB1に0,RB0に1 を 出 力. 41

42 ステッピングモータの 速 度 制 御 プログラム( 本 章 p.37~40)の 詳 細 説 明 (2) ;Sub Routine1 Timer0_interrupt AD_Wait MOVLW B' ;' ' -> (W) MOVWF PORTA ;(W) -> (PORTA) BSF ADCON0, GO ;AD Conversion Start BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait ;Wait until AD conv is done RA2 (1 番 ピン)に 1を 出 力. MOVF ADRESH, 0 ;ADRESH -> (W) MOVWF TMR0 ;(W) -> >TMR0 CALL Rotate MOVLW B' ;' ' -> (W) MOVWF PORTA ;(W) -> (PORTA) BCF INTCON, TMR0IF ;TMR0 register did not overflow RETURN P.40 のサブルーチン をコール. RA2 に 0を 出 力. 42

43 MOVWF PORTA BSF ADCON0, GO AD_Wait BTFSC ADCON0, 2 GOTO AD_Wait MOVF ADRESH, 0 MOVWF TMR0 CALL Rotate 5 [V] MOVLW B' MOVWF PORTA 10 [ s] BSF 1 BTFSC MOVF 1 MOVWF 1 CALL 15 or 16 MOVLW 1 MOVWF 1 計 46 or 47[ s] を 要 している. 図 13 タイマ0による 割 り 込 みプログラム(A/D 変 換 モジュール+ステッピ ングモータの 速 度 制 御 ) 実 行 時 のRA2(1 番 ピン)の 出 力 波 形 ( 黄 )と RB0(6 番 ピン) の 出 力 波 形 ( 青 ) 図 3のVR 1 のつまみを 廻 すことで, 割 り 込 み 周 波 数 を15[Hz]~3.4 [khz]の 範 囲 で 可 変 とする. 図 1の ようにステッピングモータの 電 源 電 圧 12 [V]の 場 合,タイマ0による 割 り 込 み 周 波 数 が760[Hz]を 超 えると,モータはトランジスタのオン/オフの 切 換 の 速 さ(760/4 = 190 [Hz])について 行 けなくなっ て 止 まってしまう.これを 脱 調 という. 43

44 トランジスタTr 2 ~Tr 4 の 駆 動 波 形 RB0 RB1 5 [V] RB2 RB3 図 14 タイマ0による 割 り 込 みプログ ラム(A/D 変 換 モジュール+ス テッピングモータの 速 度 制 御 ) 実 行 時 のRB0~RB3(6~9 RB3(6 9 番 ピン)の 出 力 波 形 ( 順 に 黄, 青, 紫, 緑 ) 1 [ms] タイマ0による 割 り 込 み 周 波 数 が760[Hz]のとき, 各 トランジ スタのオン/オフの 切 換 周 波 数 は760/4 = 190 [Hz]である. 44

45 2012 年 11 月 45

スライド 1

スライド 1 8. ステッピングモータの制御を学ぼう 秋月電子通商 PIC ステッピングモータドライバキット ( 小型モータ付き ) を参照しました. 回路製作の詳細は第 0 章を参照してください. 1 2 第 0 章図 28 より完成写真 ( マイコン回路 + ステッピングモータ駆動回路 ) PIC マイコンによるステッピングモータの制御 PIC16F84 R 1 R 2 RB6 RB0 ステッピングモータ S

More information

スライド 1

スライド 1 6.LED( 発光ダイオード ) の制御を学ぼう 本稿の Web ページ http://www.cmplx.cse.nagoya-u.ac.jp/~furuhashi/education/pic/index.html 1 5V R 4 SW 1 R 3 R 2 SW 2 SW 3 PIC16F84A 1 RA2 RA1 18 2 RA3 RA0 17 3 RA4 OSC1 16 4 MCLR OSC2

More information

スライド 1

スライド 1 9. 割り込みを学ぼう 9.1 外部からの割り込み (SW1 を押すことにより割り込みをかける方法 ) 9.2 タイマ 0 による割り込み ( 処理タイミングの管理方法 : 一定時間毎に LED1, 2, 3 を点滅させる方法 ) 回路製作の詳細は第 0 章を参照してください. 1 9.1 外部からの割り込み (SW1 を押すことにより割り込みをかける方法 ) ;Interrupt test program

More information

untitled

untitled PIC Pic MPLAB HEX Pic PIC 18CXXX 14000 17CXXX 16C92X 16F8XX 16C7XX 16C6XX 16C62X 16F8X 12C5XX 16C5X 16C55X 12C6XX d f b f k k PIC 4 2 1 2 1 SPI SPI,SSART SPI 4 5 8 1 2 SPI,USART 1 64 128 256 8 (10bit)

More information

3 1EEPROMElectrically Erasable PROM PROMProgrammable ROM 2 EEPROM 3

3 1EEPROMElectrically Erasable PROM PROMProgrammable ROM 2 EEPROM 3 1 ROM 3 1EEPROMElectrically Erasable PROM PROMProgrammable ROM 2 EEPROM 3 000 001 EEPROM 3FF 14bit1024 A B 00 INDIRECT ADDR 80 INDIRECT ADDR 01 TMR0 81 OPTION 02 PCL 82 PCL 03 STATUS 83 STATUS 04 FSR 84

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マイコンプログラミング演習 I 第 02-03 回回路構築 /LEDを用いた出力制御担当 : 植村 導入 講義内容 本講義では携帯電話や携帯オーディオプレイヤー 各種ロボットなどの電子機器 情報機器に用いられるマイコン制御技術を 実習を通して理解する PIC: Peripheral Interface Controller 直訳 : 周辺装置インタフェースコントローラー マイクロコンピュータ CPUやメモリをワンチップ化した小型のコンピュータパソコンのような汎用性はないが低コスト

More information

Microsoft Word - 工学ゼミ3_テキスト

Microsoft Word - 工学ゼミ3_テキスト 2017 年 工学ゼミ Ⅲ 安全 環境活動に役立つ LEDイルミネーションの製作 1. 概要 3~5 名の学生グループで安全 環境活動に役立つ LED イルミネーションを作製する 作品のデザイン画や部品リスト 回路図 動作フロー図等は事前に作成し 計画的に作業を行うことが求められる 2. 達成すべき目標 作品に係る資料を事前にまとめ それに基づいて製作が行える 集団の中で 自身の知識 技術を積 極的に応用しながら

More information

Microsoft Word - 4章.doc

Microsoft Word - 4章.doc Ⅳ 赤外線 LED 活用例 ( 赤外線通信 ) 3 実験 (1) 赤外線通信の様子を調べる回路の製作ア使用部品実験に使用する部品を表 Ⅳ-3に示す 表 Ⅳ-3 赤外線通信実験ボード部品表 No 部品名 個数 1 家庭用電化製品のリモコン 1 2 ブレットボード 1 3 赤外線受信モジュール 1 4 抵抗 430Ω 1 5 信号確認用赤色発光ダイオード 1 6 測定用オシロスコープ 1 7 電池 BOX

More information

スライド 1

スライド 1 2. 転送命令を学ぼう 2004 年 8 月に本講義ノートを Web にアップして以来, とても多くの方の訪問を受けてきました. 内容が一部古くなっていたので,2012 年 5 月時点の情報に書き改めました. 主な変更点は以下の通りです. 第 0 章に本講座の準備のための章を設け, 以下の更新をしました. 1. プログラム開発環境 (MPLAB IDE) を v8.84 に更新しました. 2012

More information

Microsoft Word - 工学ゼミ3_テキスト

Microsoft Word - 工学ゼミ3_テキスト 2016 年 工学ゼミ Ⅲ 安全 環境活動に役立つ LEDイルミネーションの製作 1. 概要 3~5 名の学生グループで安全 環境活動に役立つ LED イルミネーションを作製する 作品のデザイン画や部品リスト 回路図 動作フロー図等は事前に作成し 計画的に作業を行うことが求められる 2. 達成すべき目標 作品に係る資料を事前にまとめ それに基づいて製作が行える 集団の中で 自身の知識 技術を積 極的に応用しながら

More information

2. アーキテクチャ 概 要 PIC16F8x ファミリは 命 令 語 長 14bit の RISC[1]で 命 令 は35 種 類 である 1 命 令 は4クロックで 実 行 されるが 実 際 にはパイプライン 処 理 [2]されている ノイマン 型 コンピュータ[3]と 違 いプログラムとデータ

2. アーキテクチャ 概 要 PIC16F8x ファミリは 命 令 語 長 14bit の RISC[1]で 命 令 は35 種 類 である 1 命 令 は4クロックで 実 行 されるが 実 際 にはパイプライン 処 理 [2]されている ノイマン 型 コンピュータ[3]と 違 いプログラムとデータ 1. PIC とは PIC とはその 挙 動 をプログラムできる IC のことである Peripheral Interface Controller の 略 でコン ピュータの 周 辺 機 器 の 接 続 部 分 をコントロールするために 開 発 されたマイクロコントローラである 開 発 元 は Microchip Tecnology Inc. 社 で PIC とは 同 社 の PICmicro(R)マイクロコントローラを

More information

BANK1 MOVLW b' ' PIC16F648A独自 MOVWF CMCON コンパレータ OFF BCF INTCON,PEIE 周辺割り込み OFF PIC16F648A独自 MOVLW B' ' RB2/TX, RB1/RX PIC16F648A独自 MOVW

BANK1 MOVLW b' ' PIC16F648A独自 MOVWF CMCON コンパレータ OFF BCF INTCON,PEIE 周辺割り込み OFF PIC16F648A独自 MOVLW B' ' RB2/TX, RB1/RX PIC16F648A独自 MOVW Function: PIC16F648A Tiny Monitor Processor: PIC16F648A at 20 MHz using external HS oscillator Hardware: http://www.geocities.jp/jk1brk/misc/pic/pic16f648a.pdf Filename: PicMonV6.asm Author: jk1brk Website:

More information

余白 : 上下 25.4mm, 左右 19mm (Word2012 での やや狭い 設定 ) マイコンプログラミング演習 I レポート 1 実験日 提出日 回路構築 /LED を用いた I/O 制御 [16pt] 班員と担当責任者第 0 班レポート作成

余白 : 上下 25.4mm, 左右 19mm (Word2012 での やや狭い 設定 ) マイコンプログラミング演習 I レポート 1 実験日 提出日 回路構築 /LED を用いた I/O 制御 [16pt] 班員と担当責任者第 0 班レポート作成 レポートを書く上での心得 実験レポートは, この実験を何も知らない人がこのレポート通りに実験を行って, ほぼ同じ結果が出せる程度の完成度 ( 実験の再現性 ) が求められる. そのためには教科書やスライドを丸写しするのではなく, 自分で内容を理解し, 自分の言葉で書く必要がある. また, 学術分野などで多少の違いはあるが, 一般的なレポートおよびレジュメ等の書き方としての大まかなルールを以下に示す.

More information

1.1 ラベル ラベルはカラム 1 から始まらなければならない ラベルの後にはコロン スペース タブ 改行が続いてよい ラベルはアルファベットかアンダーバーで始まり 英数字 アンダーバー クエスチョンマークを含んでよい ラベルは 32 文字までである デフォルトではこれらは大文字と小文字を区別するが

1.1 ラベル ラベルはカラム 1 から始まらなければならない ラベルの後にはコロン スペース タブ 改行が続いてよい ラベルはアルファベットかアンダーバーで始まり 英数字 アンダーバー クエスチョンマークを含んでよい ラベルは 32 文字までである デフォルトではこれらは大文字と小文字を区別するが MPASM MPASM は Microchip Tecnology Inc. 社の開発した PIC のためのアセンブリ言語である ここでは MPASM の文法と使用法などについて記述する 1. 文法 ソースコードファイルは ASCII テキストファイルエディターを使って作成する そのように作られたソースコードは以下に示す基本的ガイドラインに従うべきである ソースファイルの各行は次の 4 つのタイプの情報を含んでよい

More information

PICkit 3 Starter Kit User’s Guide

PICkit 3 Starter Kit User’s Guide 注意 : この日本語版文書は参考資料としてご利用ください 最新情報は必ずオリジナルの英語版をご参照願います 2015 Microchip Technology Inc. DS41628B_JP Microchip 社製デバイスのコード保護機能に関して以下の点にご注意ください Microchip 社製品は 該当する Microchip 社データシートに記載の仕様を満たしています Microchip 社では

More information

1. 購入物品リスト 電子部品名 用途 規格 単価 数量 合計 購入先 PIC16F84A-20/P PIC16F 秋月電子通商 カーボン抵抗 1/4W R0,R1 10kΩ 秋月電子通商 カーボン抵抗 1/4W R2,R2 追加分 300Ω 秋月

1. 購入物品リスト 電子部品名 用途 規格 単価 数量 合計 購入先 PIC16F84A-20/P PIC16F 秋月電子通商 カーボン抵抗 1/4W R0,R1 10kΩ 秋月電子通商 カーボン抵抗 1/4W R2,R2 追加分 300Ω 秋月 電子回路設計演習レポート 目次 : 1. 購入物品リスト 2. 課題 3: 7 セグメント LED の表示 2.1 課題 3 のプログラムリスト 3. 自由課題 : プレイステーションパッドによるデジ Q のリモコン操作 3.1 パッドの改造 3.2 リモコンの機能 3.3 プログラムリスト参考文献付録 : DigiQ 通信仕様付録 : プレイステーション PAD 通信仕様 提出年月日 2005 年

More information

Timers_JP.fm

Timers_JP.fm 14 14.1 14-2 14.2 14-3 14.3 14-6 14.4 14-9 14.5 14-14 14.6 14-14 14.7 16 14-15 14.8 2 32 khz 14-15 14.9 32 14-16 14.10 32 14-18 14.11 32 14-21 14.12 14-21 14.13 14-22 14.14 14-23 14.15 14-24 14.16 14-25

More information

プロセッサ・アーキテクチャ

プロセッサ・アーキテクチャ 2. NII51002-8.0.0 Nios II Nios II Nios II 2-3 2-4 2-4 2-6 2-7 2-9 I/O 2-18 JTAG Nios II ISA ISA Nios II Nios II Nios II 2 1 Nios II Altera Corporation 2 1 2 1. Nios II Nios II Processor Core JTAG interface

More information

スライド 1

スライド 1 RX62N 周辺機能紹介 TMR 8 ビットタイマ ルネサスエレクトロニクス株式会社ルネサス半導体トレーニングセンター 2013/08/02 Rev. 1.00 00000-A コンテンツ TMR の概要 プログラムサンプル (1) パルス出力機能 (8 ビットモード ) プログラムサンプル (2) インターバルタイマ機能 (16 ビット コンペアマッチカウントモード ) プログラムサンプルのカスタマイズ

More information

Microsoft PowerPoint - NxLec-2010-11-01.ppt

Microsoft PowerPoint - NxLec-2010-11-01.ppt 2010 年 後 学 期 レポート 問 題 計 算 機 アーキテクチャ 第 二 (O) 4. シングルサイクルプロセッサの 実 装 とパイプライン 処 理 大 学 院 情 報 理 工 学 研 究 科 計 算 工 学 専 攻 吉 瀬 謙 二 kise _at_ cs.titech.ac.jp S321 講 義 室 月 曜 日 5,6 時 限 13:20-14:50 1 1. 1から100までの 加 算

More information

Microsoft Word - PIC-P14マニュアル.doc

Microsoft Word - PIC-P14マニュアル.doc イントロダクション : OLIMEX 社のPIC-P14は 低価格の開発ボードで 14ピンのマイクロチップ社製 PICマイクロコントローラの開発試作品の製作やプログラムの開発にお使いいただけます このPIC-P14ボードでできることは以下の通りです ボードに搭載されている機能 :OLIMEX 社のPIC-P14には RS232 用コネクタとそのドライバが搭載されていますので RS232を通してPCなどに接続できます

More information

DS41239C_JP

DS41239C_JP データシート 6 ピン 8 ビットフラッシュマイクロ コントローラ 2006 Microchip Technology Inc. Preliminary DS4239C マイクロチップ 社 デバイスのコードプロテクション 機 能 に 関 して 以 下 の 点 にご 注 意 ください マイクロチップ 社 製 品 は 該 当 する マイクロチップ 社 データシート に 記 載 されている 仕 様 を 満

More information

5 11 3 1....1 2. 5...4 (1)...5...6...7...17...22 (2)...70...71...72...77...82 (3)...85...86...87...92...97 (4)...101...102...103...112...117 (5)...121...122...123...125...128 1. 10 Web Web WG 5 4 5 ²

More information

Microsoft PowerPoint - dsp12_2006.ppt

Microsoft PowerPoint - dsp12_2006.ppt 第 12 回 信 号 処 理 演 習 割 り 込 み 処 理 プログラミング 教 官 : 小 澤 助 教 授 渡 邉 ( 非 常 勤 講 師 ) 2007/01/25 本 日 の 予 定 ポーリングと 割 り 込 み 割 り 込 み 処 理 の 仕 組 み 割 り 込 み 処 理 による アナログループバックの 作 成 ボイスチェンジャーの 作 成 2 ポーリング (Polling) 目 的 ある

More information

Taro-PBP日本語説明書3.00

Taro-PBP日本語説明書3.00 PBP 日 本 語 マニュアル 目 次 第 1 章 PicBasic Pro Compilerのインストール 1 1-1 PicBasic Pro Compilerとは 1 1-2 PicBasic Pro Compilerインストールしましょう 1 第 2 章 PicBasic Pro Compilerのアクティベートと 設 定 5 2-1 PBPのアクティベート 5 2-2 PBPのデアクティベート

More information

Triple 2:1 High-Speed Video Multiplexer (Rev. C

Triple 2:1 High-Speed Video Multiplexer (Rev. C www.tij.co.jp OPA3875 µ ± +5V µ RGB Channel OPA3875 OPA3875 (Patented) RGB Out SELECT ENABLE RED OUT GREEN OUT BLUE OUT 1 R G B RGB Channel 1 R1 G1 B1 X 1 Off Off Off 5V Channel Select EN OPA875 OPA4872

More information

Microsoft PowerPoint - arch5kai.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - arch5kai.ppt [互換モード] コンピュータアーキテクチャ 第 5 回 割 り 込 み その2 天 野 hunga@am.ics.keio.ac.jp ac 割 り 込 み(Interrupt) I/O 側 からCPUに 対 して 割 り 込 みを 要 求 CPUはこれを 受 け 付 けると 自 動 的 にPCを 割 り 込 み 処 理 ルーチンの 先 頭 に 変 更 戻 り 番 地 はどこかに 保 存 割 り 込 み 処 理 ルーチンを

More information

Section 16. Output Compare

Section 16. Output Compare 注 意 : この 日 本 語 版 文 書 は 参 考 資 料 としてご 利 用 ください 最 新 情 報 は 必 ずオリジ ナルの 英 語 版 をご 参 照 願 います セクション. 出 力 コンペア 出 力 コンペア ハイライト 本 セクションには 以 下 の 主 要 項 目 を 記 載 しています.1 はじめに...-2.2 出 力 コンペアレジスタ...-3.3 動 作...-6.4 割 り

More information

untitled

untitled 1 OrCAD PSpice OrCAD PSpice OrCAD PSpice OrCAD Capture OrCAD Capture OrCAD 15.7 Demo OrCAD Capture CIS Demo 1.1 Capture 1 OrCAD Capture 1.2 1.2 OrCAD Capture [File] [New] [Project] 1.3 Project 2 New Project

More information

1

1 PalmGauss SC PGSC-5G Instruction Manual PalmGauss SC PGSC-5G Version 1.01 PalmGauss SC PGSC5G 1.... 3 2.... 3 3.... 3 3.1... 3 3.2... 3 3.3 PalmGauss... 4 3.4... 4 3.4.1 (Fig. 4)... 4 3.4.2 (Fig. 5)...

More information

LM9822 3 Channel 42-Bit Color Scanner Analog Front End (jp)

LM9822 3 Channel 42-Bit Color Scanner Analog Front End (jp) LM9822 LM9822 3 Channel 42-Bit Color Scanner Analog Front End Literature Number: JAJS680 LM9822 3 42 LM9822 AFE CIS CCD CDS / LM9822 14 6MHz ADC 600 / CCD CDS CCD CIS TTL/CMOS 14 6MHz 5V 5% I/O 3.3V 10%

More information

mbed祭りMar2016_プルアップ.key

mbed祭りMar2016_プルアップ.key 1 2 4 5 Table 16. Static characteristics (LPC1100, LPC1100L series) continued T amb = 40 C to +85 C, unless otherwise specified. Symbol Parameter Conditions Min Typ [1] Max Unit Standard port pins, RESET

More information

RTC 時計誤差補正回路シミュレータ V1.1 マニュアル

RTC 時計誤差補正回路シミュレータ V1.1 マニュアル リコー 電 子 デバイス 株 式 会 社 RTC 時 計 誤 差 補 正 回 路 シミュレータ V1.1 マニュアル このマニュアルは RTC 時 計 誤 差 補 正 回 路 シミュレータの 目 的 と 使 い 方 について 説 明 したもの です 本 シミュレータの 主 な 使 用 目 的 は 発 振 回 路 の 周 波 数 ズレを 補 正 するために RTC の 時 計 誤 差 補

More information

DS04-21361-4

DS04-21361-4 Cypress () FUJITSU SEMICONDUCTOR DATA SHEET DS4 236 4 ASSPDTS Bi-CMOS PLL (. GHz PLL) MB5F7SL MB5F7SL,, MHz 2 PLL (Phase Locked Loop) LSI Bi CMOS, 5 ma (VCC 2.7 V), VCC 2.4 V,.5 ma, 6 ma 2, MB5F7SL,, MHz

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090D493B98B569770837D8343834E838D83588365836283768382815B835E815B836883898343836F8EE682E888B582A290E096BE8F915F46538163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090D493B98B569770837D8343834E838D83588365836283768382815B835E815B836883898343836F8EE682E888B582A290E096BE8F915F46538163> 赤 道 儀 用 マイクロステップモータードライバ FS-MT03 取 扱 説 明 書 2006 年 6 月 北 軽 井 沢 観 測 所 1 目 次 1. はじめに 3 2. 製 品 仕 様 3 3. 各 部 の 名 称 4 4. モーターとの 接 続 5 5. 調 整 方 法 5 6. ハンドコントローラーと 動 作 7 7. トラブルシューティング 7 8. テクニカルデータ 8 9. サポート

More information

ANDIAMO Manual

ANDIAMO Manual DirectOut Technologies D.O.TEC ANDIAMO Version 1.0 Copyright Note page 2 / 28 Table of contents Table of contents About This Manual 4 How to Use This Manual 4 Conventions 4 CHAPTER 1: Overview 5 Introduction

More information

1 1 2 2 2-1 2 2-2 4 2-3 11 2-4 12 2-5 14 3 16 3-1 16 3-2 18 3-3 22 4 35 4-1 VHDL 35 4-2 VHDL 37 4-3 VHDL 37 4-3-1 37 4-3-2 42 i

1 1 2 2 2-1 2 2-2 4 2-3 11 2-4 12 2-5 14 3 16 3-1 16 3-2 18 3-3 22 4 35 4-1 VHDL 35 4-2 VHDL 37 4-3 VHDL 37 4-3-1 37 4-3-2 42 i 1030195 15 2 10 1 1 2 2 2-1 2 2-2 4 2-3 11 2-4 12 2-5 14 3 16 3-1 16 3-2 18 3-3 22 4 35 4-1 VHDL 35 4-2 VHDL 37 4-3 VHDL 37 4-3-1 37 4-3-2 42 i 4-3-3 47 5 52 53 54 55 ii 1 VHDL IC VHDL 5 2 3 IC 4 5 1 2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20836F835883588343836283602083418376838A8350815B835683878393836D815B836720323031312D31323235205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20836F835883588343836283602083418376838A8350815B835683878393836D815B836720323031312D31323235205B8CDD8AB78382815B83685D> 東 芝 半 導 体 アプリケーションノート バススイッチの 使 用 上 の 注 意 点 2011/12/25 株 式 会 社 東 芝 セミコンダクター&ストレージ 社 ディスクリート 半 導 体 事 業 部 Copyright 2010, Toshiba Corporation. バススイッチとは 機 械 スイッチ バススイッチ スイッチを 押 すと 信 号 伝 達 (オン) 入 出 力 スイッチ

More information

TMSx70 MCU の RTI(リアルタイム割り込み)を使用してオペレーティングシステムの Tick を発生させる方法

TMSx70 MCU の RTI(リアルタイム割り込み)を使用してオペレーティングシステムの Tick を発生させる方法 参考資料 Application Report JAJA237 TMSx70 MCU の RTI( リアルタイム割り込み ) を使用してオペレーティングシステムの Tick を発生させる方法 Hari Udayakumar 要約 このアプリケーションノートの目的は T M S x70 シリーズ MCU の RTI モジュールの設定方法の一助となることである TI の TMSx70 ファミリーの MCU

More information

10ビットPWM機能によるデューティパルス出力

10ビットPWM機能によるデューティパルス出力 お 客 様 各 位 カタログ 等 資 料 中 の 旧 社 名 の 扱 いについて 2010 年 4 月 1 日 を 以 ってNECエレクトロニクス 株 式 会 社 及 び 株 式 会 社 ルネサステクノロジ が 合 併 し 両 社 の 全 ての 事 業 が 当 社 に 承 継 されております 従 いまして 本 資 料 中 には 旧 社 名 での 表 記 が 残 っておりますが 当 社 の 資 料 として

More information

1 138

1 138 5 1 2 3 4 5 6 7 8 1 138 BIOS Setup Utility MainAdvancedSecurityPowerExit Setup Warning Item Specific Help Setting items on this menu to incorrect values may cause your system to malfunction. Select 'Yes'

More information

自動シャットタ<3099>ウンクイックインストールカ<3099>イト<3099>.indb

自動シャットタ<3099>ウンクイックインストールカ<3099>イト<3099>.indb OMRON Corporation. 2011 All Rights Reserved. 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-8.el5xen serial) root (hd0,1) kernel /xen.gz-2.6.18-8.el5 console=vga xencons=ttys16

More information

XCM-107.MAN1.xdw

XCM-107.MAN1.xdw Virtex-5 ブレッドボード (ハーフカードサイズ ハーフカードサイズ) XCM-107 シリーズ ユーザーズマニュアル 初 版 ヒューマンデータ 目 次 はじめに... 1 ご 注 意... 1 1. 製 品 の 内 容 について... 2 2. 仕 様... 2 3. 製 品 説 明... 3 3.1. 各 部 の 名 称... 3 3.2. ブロック 図... 4 3.3. 開 発 環

More information

A Responsive Processor for Parallel/Distributed Real-time Processing

A Responsive Processor for Parallel/Distributed Real-time Processing E-mail: yamasaki@{ics.keio.ac.jp, etl.go.jp} http://www.ny.ics.keio.ac.jp etc. CPU) I/O I/O or Home Automation, Factory Automation, (SPARC) (SDRAM I/F, DMAC, PCI, USB, Timers/Counters, SIO, PIO, )

More information

RMWV3216A Series Datasheet

RMWV3216A Series Datasheet 32Mbit 低 消 費 電 力 SRAM (2M word 16bit) R10DS0259JJ0100 Rev.1.00 概 要 RMWV3216A シリーズは 2,097,152 ワード 16 ビット 構 成 の 32M ビットスタティック RAM です Advanced LPSRAM 技 術 を 採 用 し 高 密 度 高 性 能 低 消 費 電 力 を 実 現 しております したがって RMWV3216A

More information

i /..12 / / /...22 /

i /..12 / / /...22 / (Design and Fabrication of the electronic circuits for miniature mobiles with sensors) 1055091 17 20 i.........3...3...4...8...8...8...10...12 /..12 /.17...18...18...19...20 /...21...21...21...22...22

More information

タイマ ウォッチドッグタイマ (WDT) NMI, またはウォッチドッグタイマリセットを 生 成 リアルタイムクロック (RTCA) 128~1 Hz カウンタ 秒 / 分 / 時 / 日 / 曜 日 / 月 / 年 カウンタ 1 秒 補 正 のための 論 理 緩 急 機 能 アラーム 機 能 スト

タイマ ウォッチドッグタイマ (WDT) NMI, またはウォッチドッグタイマリセットを 生 成 リアルタイムクロック (RTCA) 128~1 Hz カウンタ 秒 / 分 / 時 / 日 / 曜 日 / 月 / 年 カウンタ 1 秒 補 正 のための 論 理 緩 急 機 能 アラーム 機 能 スト (rev 1.00) 16-bit Single Chip Microcontroller 1.2 V からの 低 電 圧 動 作 に 対 応 し アルカリ 酸 化 銀 ボタン 電 池 1 個 での 動 作 を 実 現 HALT 0.5μA の 超 低 消 費 電 力 のスタンバイ 動 作 を 実 現 最 大 30SEG 8COM の LCD ドライバ 内 蔵 R/F 変 換 器 4ch 内 蔵 で

More information

マイクロチップ 社 製 デバイスのコード 保 護 機 能 に 関 して 次 の 点 にご 注 意 ください マイクロチップ 社 製 品 は 該 当 するマイクロチップ 社 データシートに 記 載 の 仕 様 を 満 たしています マイクロチップ 社 では 通 常 の 条 件 ならびに 仕 様 に 従

マイクロチップ 社 製 デバイスのコード 保 護 機 能 に 関 して 次 の 点 にご 注 意 ください マイクロチップ 社 製 品 は 該 当 するマイクロチップ 社 データシートに 記 載 の 仕 様 を 満 たしています マイクロチップ 社 では 通 常 の 条 件 ならびに 仕 様 に 従 MPLAB X IDE ユーザガイド 注 意 : この 日 本 語 版 文 書 は 参 考 資 料 としてご 利 用 ください 最 新 情 報 は 必 ずオリジ ナルの 英 語 版 をご 参 照 願 います 2012 Microchip Technology Inc. DS52027A_JP マイクロチップ 社 製 デバイスのコード 保 護 機 能 に 関 して 次 の 点 にご 注 意 ください

More information

1 142

1 142 7 1 2 3 4 5 6 7 8 1 142 PhoenixBIOS Setup Utility MainSystem DevicesSecurityPowerOthersBootExit System Time: [XX:XX:XX] Item Specific Help System Date: [XX/XX/XXXX] Floppy Drive: 1.44MB, 3 1 / 2" Hard

More information

DS90CP04 1.5 Gbps 4x4 LVDS Crosspoint Switch (jp)

DS90CP04 1.5 Gbps 4x4 LVDS Crosspoint Switch (jp) 1.5 Gbps 4x4 LVDS Crosspoint Switch Literature Number: JAJS984 1.5Gbps 4 4 LVDS 4 4 (LVDS) ( ) 4 4:1 4 1 MODE 4 42.5Gb/s LVDS 20010301 33020 23900 11800 ds200287 2007 12 Removed preliminary. Removed old

More information

DRAM SRAM SDRAM (Synchronous DRAM) DDR SDRAM (Double Data Rate SDRAM) DRAM 4 C Wikipedia 1.8 SRAM DRAM DRAM SRAM DRAM SRAM (256M 1G bit) (32 64M bit)

DRAM SRAM SDRAM (Synchronous DRAM) DDR SDRAM (Double Data Rate SDRAM) DRAM 4 C Wikipedia 1.8 SRAM DRAM DRAM SRAM DRAM SRAM (256M 1G bit) (32 64M bit) 2016.4.1 II ( ) 1 1.1 DRAM RAM DRAM DRAM SRAM RAM SRAM SRAM SRAM SRAM DRAM SRAM SRAM DRAM SRAM 1.2 (DRAM, Dynamic RAM) (SRAM, Static RAM) (RAM Random Access Memory ) DRAM 1 1 1 1 SRAM 4 1 2 DRAM 4 DRAM

More information

高速データ変換

高速データ変換 Application Report JAJA206 V+ R 5 V BIAS Q 6 Q R R 2 Q 2 Q 4 R 4 R 3 Q 3 V BIAS2 Q 5 R 6 V Ω Q V GS + R Q 4 V+ Q 2 Q 3 + V BE V R 2 Q 5 R Op Amp + Q 6 V BE R 3 Q 7 R 4 R 2 A A 2 Buffer 2 ± Ω Ω R G V+ Q.4.2

More information

Audiophile USB

Audiophile USB Audiophile USB User's Guide Version 4.0 Avid Technology K.K. M-Audio Macintosh Support : mac-support@m-audio.co.jp Windows Support : win-support@m-audio.co.jp www.m-audio.co.jp Audiophile USB Audiophile

More information

DB0

DB0 IRQ CS# A0 RD# WR# DB0- CPU I/F FIFO/RAM 88 Timing Control Key In Control Scan Counter SHIFT CNTl/STB RL0-# SL0- BD# RESET CLK Display RAM 8 Display Drive OUTB0- OUTA0- RL# RL# RL# RL# RESET RD# WR# GND

More information

Unidirectional Measurement Current-Shunt Monitor with Dual Comparators (Rev. B

Unidirectional Measurement Current-Shunt Monitor with Dual Comparators (Rev. B www.tij.co.jp INA206 INA207 INA208 INA206-INA208 INA206-INA208 V S 1 14 V IN+ V S 1 10 V IN+ OUT CMP1 IN /0.6V REF 2 3 1.2V REF 13 12 V IN 1.2V REF OUT OUT CMP1 IN+ 2 3 9 8 V IN CMP1 OUT CMP1 IN+ 4 11

More information

TN-12-15: N25QとSpansion S25FL フラッシュ デバイスの比較

TN-12-15: N25QとSpansion S25FL フラッシュ デバイスの比較 テクニカルノート TN-12-15: と Spansion フラッシュ デバイスの 比 較 はじめに Comparing Micron and Spansion Flash Devices はじめに 本 テクニカルノートは Micron (32Mb または 64Mb) と Spansion フラッ シュ メモリ デバイスの 機 能 を 比 較 することを 目 的 としています 比 較 した 機 能

More information

if clear = 1 then Q <= " "; elsif we = 1 then Q <= D; end rtl; regs.vhdl clk 0 1 rst clear we Write Enable we 1 we 0 if clk 1 Q if rst =

if clear = 1 then Q <=  ; elsif we = 1 then Q <= D; end rtl; regs.vhdl clk 0 1 rst clear we Write Enable we 1 we 0 if clk 1 Q if rst = VHDL 2 1 VHDL 1 VHDL FPGA VHDL 2 HDL VHDL 2.1 D 1 library ieee; use ieee.std_logic_1164.all; use ieee.std_logic_unsigned.all; regs.vhdl entity regs is clk, rst : in std_logic; clear : in std_logic; we

More information

卒業論文.PDF

卒業論文.PDF 234 1 1 1.1 1 1.2 4 1.3 4 2 5 2.1 5 2.2 6 2.3 7 2.3.1 7 2.3.2 8 2.3.3 9 2.3.4 9 2.3.5 9 2.3.6 9 3 1 3.1 3.2 3.3 11 3.4 14 3.4.1 14 3.4.2 15 3.5 16 3.6 17 i 4 2 18 4.1 18 4.2 19 4.2.1 2m/sec 2 4.2.2 3m/sec

More information

cover1.indd

cover1.indd OMRON Corporation. 2010 All Rights Reserved. Power Credit UPS PowerAct Pro Ver.4.x PA PowerAct Pro PA UPS Power Credit 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-8.el5xen

More information

PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 $PBASIC directive PIN type New DEBUG control characters DEBUGIN Line continuation for comma-delimited lists IF THEN ELSE * SELEC

PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 $PBASIC directive PIN type New DEBUG control characters DEBUGIN Line continuation for comma-delimited lists IF THEN ELSE * SELEC PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 BASIC Stamp Editor / Development System Version 2.0 Beta Release 2 2.0 PBASIC BASIC StampR PBASIC PBASIC PBASIC 2.5 Parallax, Inc. PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 support@microbot-ed.com 1

More information

ディジタルシステム設計

ディジタルシステム設計 Z80 Z80 Z80 Z80 ROM RAM I/O 8255 8251 Z80PIO Z80CTC Z80SIO R C L Tr OP TTL MCB Z MC Z Z80 Z80 TMPZ84015BF KL5C8012 64180 H8 H8 PIC Microchip Technology PIC Z80 F A A' ALU B D H C E L IX IY SP PC C E L

More information

Microsoft Word - AVRマイコンを用いた交通信号機制御.docx

Microsoft Word - AVRマイコンを用いた交通信号機制御.docx AVR マイコンを 用 いた 交 通 信 号 機 制 御 佐 藤 哲 也 麓 裕 太 妹 尾 淳 暉 1. 研 究 概 要 近 年, 様 々なワンチップマイコンが 登 場 し ており, 電 子 工 作 を 行 う 上 で 身 近 な 存 在 とな っている 私 たちはその 中 の1つである,AVR マイコンの 活 用 について 研 究 し, 道 路 にある 交 通 信 号 機 模 型 の 製 作 を

More information

3-D Unitary ESPRIT 2 BS(Rx) 120 MS(Tx) A/D ( ) ( ) 2 2 λ/ 3 λ 5.85[GHz] 20 500[kHz] 9.5[MHz] 12bit 20Ms/s 60[deg] 100[ns] Rb atomic osc. 10MHz IF Local 880MHz RF Local 4970MHz 2 way Power Splitter RF

More information

EtherSound CAT5 EtherSound Ethernet 2 100mEthernet 2km EtherSound EtherSound EtherSound EtherSound EtherSound 1 EtherSound 2 : DSP ** / ES8mic ES16161

EtherSound CAT5 EtherSound Ethernet 2 100mEthernet 2km EtherSound EtherSound EtherSound EtherSound EtherSound 1 EtherSound 2 : DSP ** / ES8mic ES16161 Ethernet EtherSound Ethernet IEEE802.3x Digigram EtherSound 64 24 48kHz Ethernet 1 125 EtherSound BGM EtherSound AES/EBU EtherSound IT Ethernet EtherSound VLAN Ethernet Ethernet CAT5 EtherSound Ethernet

More information

SED1353 Technical Manual

SED1353 Technical Manual SED1353 Series Dot Matrix Graphics LCD Controller MF119-1b 1. 2. 3. 4. 5. 6. MS-DOS Windows Microsoft PC/AT VGA IBM International Business Machines SEIKO EPSON CORPORATION 1997 SED1353 Series Dot Matrix

More information

DL1720/DL1740ディジタルオシロスコープユーザーズマニュアル

DL1720/DL1740ディジタルオシロスコープユーザーズマニュアル DL1720/DL1740 IM 701710-01 http://www.yokogawa.co.jp/measurement/ 0120-137046 tmi-cs@csv.yokogawa.co.jp FAX 0422-52-6624 Disk No. DL30 2nd Edition : July 2001 (YK) All Rights Reserved, Copyright 2001 Yokogawa

More information

R1LV0816ASB データシート

R1LV0816ASB データシート R1LV0816ASB 5SI, 7SI 8Mb Advanced LPSRAM (512k word x 16bit) RJJ03C0292-0100 Rev.1.00 2009.11.30 概 要 R1LV0816ASB は シリコンゲート 0.15µm CMOS プロセス 技 術 を 用 いた 524,288 語 16 ビット 構 成 を 持 ち 単 一 電 源 で 動 作 する 非 同 期

More information

Technische Beschreibung P82R SMD

Technische Beschreibung P82R SMD P26 halstrup-walcher GmbH http://www.krone.co.jp/ Stegener Straße 10 D-79199 Kirchzarten, Germany 124-0023 2-22-1 TEL:03-3695-5431 FAX:03-3695-5698 E-MAIL:sales-tokyo@krone.co.jp 530-0054 2-2-9F TEL:06-6361-4831

More information

2 1,384,000 2,000,000 1,296,211 1,793,925 38,000 54,500 27,804 43,187 41,000 60,000 31,776 49,017 8,781 18,663 25,000 35,300 3 4 5 6 1,296,211 1,793,925 27,804 43,187 1,275,648 1,753,306 29,387 43,025

More information

DS51766A_JP

DS51766A_JP MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガ ユーザーズ ガイド ご 注 意 :この 日 本 語 版 ドキュメントは 参 考 資 料 としてご 使 用 の 上 最 新 情 報 に つきましては 必 ず 英 語 版 オリジナルをご 参 照 いただきますようお 願 い します 2009 Microchip Technology Inc. DS51766A_JP マイクロチップ テクノロジー 社 (

More information

DS90LV011A 3V LVDS 1 回路入り高速差動出力ドライバ

DS90LV011A 3V LVDS 1 回路入り高速差動出力ドライバ 3V LVDS Single High Speed Differential Driver Literature Number: JAJS962 Single High Speed Differential Driver 19961015 23685 ds200149 Input Voltage changed to 3.6V from 5V Updated DC and AC typs basic

More information

XL42 width.3 1.1 +/- 2 line/pad phase 2 4 lo-cut freq bell eq bell 1 2k freq 4 8k freq 1k 2k freq 2 4 1 2k 4 8k 1k 2k level pan line/pad phase lo-cut freq bell freq eq freq freq bell level pan PAD +48

More information

電源監視回路

電源監視回路 TPS3820-xx,TPS3823-xx TPS3824-xx,TPS3825-xx TPS3828-xx www.tij.co.jp µ TYPICAL APPLICATION TPS3820, TPS3823, TPS3828: DBV PACKAGE (TOP VIEW) GND MR 1 2 3 5 4 VDD WDI TPS3824: DBV PACKAGE (TOP VIEW) 1 5

More information

MN5B02UC

MN5B02UC DATA SHEET 品 種 名 パッケージコード MN5B2UC TQFP48-P-77B 発 行 年 月 :25 年 5 月 1 目 次 概 要. 3 特 長. 3 用 途. 3 外 形. 3 ブロック 図 4 端 子 配 置 図 5 端 子 説 明.... 6 絶 対 最 大 定 格. 8 推 奨 動 作 範 囲. 8 入 出 力 容 量. 8 電 気 的 特 性.... 9 クロックジェネレータ(PLL)

More information

D-MS3_205

D-MS3_205 LP 4 PHONES LOADING MECHANISM PROG ST FM / AM TONE / SDB SDB ALL TRACK / PROG TRACK CLOCK TONE /SDB RANDOM MUTE CALL 2 3 ALL TRACK RC-98 B B Rewritable Playback z x c v b C m m m m 5 2 TOC m m m

More information

目 次 1. 適 用... 2 2. 製 品 仕 様... 2 2-1.タッチパネルボード 仕 様... 2 2-3. 電 気 仕 様... 3 2-3-1. 最 大 絶 対 定 格... 3 2-3-2.DC 特 性... 3 2-4.コネクタピンアサイン... 5 2-4-1.コネクタ 情 報.

目 次 1. 適 用... 2 2. 製 品 仕 様... 2 2-1.タッチパネルボード 仕 様... 2 2-3. 電 気 仕 様... 3 2-3-1. 最 大 絶 対 定 格... 3 2-3-2.DC 特 性... 3 2-4.コネクタピンアサイン... 5 2-4-1.コネクタ 情 報. 投 影 型 静 電 容 量 タッチパネルコントローラボード DUS4000 製 品 仕 様 書 目 次 1. 適 用... 2 2. 製 品 仕 様... 2 2-1.タッチパネルボード 仕 様... 2 2-3. 電 気 仕 様... 3 2-3-1. 最 大 絶 対 定 格... 3 2-3-2.DC 特 性... 3 2-4.コネクタピンアサイン... 5 2-4-1.コネクタ 情 報...

More information

技術報告集_005_2000_001_102.indd

技術報告集_005_2000_001_102.indd 専 門 研 修 ディジタル 回 路 の 応 用 技 術 修 得 専 門 研 修 受 講 者 酒 井 孝 則, 本 堂 義 記, 岡 井 善 四 郎 ( 第 三 技 術 室 ), 小 川 勇 治 ( 第 一 技 術 室 ), 田 畑 功 ( 第 二 技 術 室 ).はじめに 昨 年 度 はディジタル 回 路 の 基 礎 技 術 に 重 点 を 置 き 基 本 的 論 理 回 路 素 子 を 用 いた

More information

AVRsup.PDF

AVRsup.PDF AVR 補 助 情 報 Rev. 1.0C-04/14 HERO ad heavy frieds HERO ad heavy frieds 目 次 はじめに 3 割 り 込 み 4 内 部 同 期 (システム クロックへの 同 期 化 ) 5 認 識 ( 割 り 込 み 制 御 部 ) 5 命 令 同 期 ( 命 令 実 行 待 機 ) 6 応 答 処 理 ( 割 り 込 み 応 答 実 処 理 )

More information

HT-CT260

HT-CT260 4-431-775-04(1) Bluetooth HT-CT260 m 3 5 6 7 1 1, 1 2 3 2 ,, 100V, 3 4, AV SA-CT260 ,,,,, 5 6 2.4 GHz 1. 2. 3. 2.4 GHz DS-SS 40 m 2.4 GHz FH-SS 10 m 15 30 *1 MPEG-2 AAC LC DTS* 2 *1 Dolby Pro LogicAAC

More information

コンピュータ概論

コンピュータ概論 5.1 VBA VBA Check Point 1. 2. 5.1.1 ( bug : ) (debug) On Error On Error On Error GoTo line < line > 5.1.1 < line > Cells(i, j) i, j 5.1.1 MsgBox Err.Description Err1: GoTo 0 74 Visual Basic VBA VBA Project

More information

MO 2 E 2 POM -248/16 ev. 1.3_2 L D WP V GND 2* D IN LOD / W D OU OMP LOD 3 Min. yp. Max. V IN Y V IH V = V V = V V IL V = V 2 V =

MO 2 E 2 POM -248/16 ev. 1.3_2 L D WP V GND 2* D IN LOD / W D OU OMP LOD 3 Min. yp. Max. V IN Y V IH V = V V = V V IL V = V 2 V = ev. 1.3_2 MO 2 E 2 POM -248/16 8-Pin DIP ( DP8-DP8-E) 8-Pin OP ( FJ8-DFJ8-E) :µ Max. (V =5.5 V) :.8 m Max. (V =5.5 V, f=4khz).4 m Max. (V =4.5 V, f=1khz) :2.5 5.5 V :1.8 5.5 V 16 (-248, -2416) GN 1 2 8-Pin

More information

2 3 12 13 6 7

2 3 12 13 6 7 2 8 17 42ZH700046ZH700052ZH7000 28 43 54 63 74 89 2 3 12 13 6 7 3 4 11 21 34 63 65 8 17 4 11 4 55 12 12 10 77 56 12 43 43 13 30 43 43 43 43 10 45 14 25 9 23 74 23 19 24 43 8 26 8 9 9 4 8 30 42 82 18 43

More information

() 1 1 2 2 3 2 3 308,000 308,000 308,000 199,200 253,000 308,000 77,100 115,200 211,000 308,000 211,200 62,200 185,000 308,000 154,000 308,000 2 () 308,000 308,000 253,000 308,000 77,100 211,000 308,000

More information

1 122

1 122 6 1 2 3 4 5 6 1 122 PhoenixBIOS Setup Utility MainAdvancedSecurityPowerExit MainSystem DevicesSecurityBootExit System Time: [XX:XX:XX] [XX:XX:XX] System Date: [XX/XX/XX] [XX/XX/XXXX] Item Specific Help

More information

untitled

untitled FutureNet Microsoft Corporation Microsoft Windows Windows 95 Windows 98 Windows NT4.0 Windows 2000, Windows XP, Microsoft Internet Exproler (1) (2) (3) COM. (4) (5) ii ... 1 1.1... 1 1.2... 3 1.3... 6...

More information

Цифровой спутниковый ресивер Lumax DV 2400 IRD

Цифровой спутниковый ресивер Lumax DV 2400 IRD 13... 3 1.... 5 1.1 1.2... 5... 6 2.... 7 2.1 2.2 2.3... 7... 8... 9 3.... 10 3.1... 10 3.1.1 RF...10 3.1.2 SCART...11 3.2... 12 3.2.1 DISH IN...12 3.2.2 DiSEqC...13 4..... 14 4.1 0003.... 15 4.1.1...15

More information

LC-24_22_19K30.indb

LC-24_22_19K30.indb L C -24K 30 L C -22K 30 L C -19K 30 http://www.sharp.co.jp/support/aquos/ 2 3 4 5 6 7 8 LC-24K30 9 10 11 12 LC-24K30 8 10 PM 11 12 9 PM 13 10 PM 14 11 15 PM 16 0 17 AM 1 3 101 103 00 00 30 50 00 00 00

More information

はじめにお読みください

はじめにお読みください START 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 @ 33 34 35 36 37 38 39 40 41 & @ 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 & 60 61 62 63 64 65 66 67 68

More information

Taro-7SEG-DISP2マニュアル

Taro-7SEG-DISP2マニュアル 型 番 :7SEG-DISP2 REV.1.00 7SEG-DISP2ユーザーズガイド SPI 通 信 式 4 桁 2 行 7セグメントLEDユニット 1~3はMOSI 線 の 設 定 4~6はSCK 線 の 設 定 7~8はCS 線 の 設 定 取 扱 説 明 書 お 使 いになる 前 にこの 説 明 書 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください (C)2014 マイクロテクニカ ディップスイッチの

More information

25

25 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 NEXT 37 38 39 40 1 2 3 4 5 6 1 1 1 42 2 1 43 1 DIGITAL 44 1 2 3 45 2 1 2 46 3 DIGITAL 4 47 2 1 1 DIGITAL 48 1 2 3 49 2 1 2 50 1 2 3 51 4 5 52 6 7 8 53 1 2 54 3 1

More information

CY8CKIT-049使い方

CY8CKIT-049使い方 PSoC 4 CY8CKIT-049 4xxx Prototyping Kit 使 い 方 日 本 サイプレス 株 式 会 社 2014/04/07 この 資 料 の 目 的 この 資 料 はPSoC 4 Prototyping Kit Guide (001-90711) (http://www.cypress.com/?docid=48142) の 抜 粋 です 詳 細 は 原 文 を 参 照 してください

More information

D-MS5DV

D-MS5DV PHONES POWER LOADING MECHANISM DIGITAL DTS LINE FM / AM TONE / SDB SDB MULTI REC ALL TRACK 8 + 9 / PROG TITLE/CHARA SRS TRACK TUNING LINE ALL - SRS - TRACK B B B PERSONAL AUDIO SYSTEM D-MS5DV z x

More information

EPOS Application Note

EPOS Application Note Data Recording Positioning Controller Application Note "データ レコーディング" Edition December 2011 EPOS 24/1, EPOS2 Module 36/2, EPOS2 24/5, EPOS2 50/5, EPOS2 70/10 全 ての Firmware version EPOS2 24/2 Firmware version

More information

Z7000操作編_本文.indb

Z7000操作編_本文.indb 2 8 17 37Z700042Z7000 46Z7000 28 42 52 61 72 87 2 3 12 13 6 7 3 4 11 21 34 61 8 17 4 11 4 53 12 12 10 75 18 12 42 42 13 30 42 42 42 42 10 62 66 44 55 14 25 9 62 65 23 72 23 19 24 42 8 26 8 9 9 4 11 18

More information

1 2

1 2 1 1 2 3 1 2 3 4 5 2 3 4 4 1 2 3 4 5 5 5 6 1 1 2 3 1 8 1 3 1 9 2 10 2 3 1 11 2 12 13 3 1 2 2 14 2 3 1 15 2 16 2 3 1 17 2 18 2 3 1 19 3 20 3 3 1 21 3 22 3 3 1 23 3 24 3 3 1 25 3 26 3 3 1 27 3 28 3 3 1 29

More information

untitled

untitled Smart-UPS 1500RM SUA1500RMJ2UB - 1 - 1. Ver. 2005.6.29 1 HK - 2 - 2. APC APC UPS () 18 32 kg (40-70lb.) 10 (3. ) - 3 - 2 3 UPS UPS UPS AC UPS 1 OFF AC ON - 4 - APC ( APC ) 14 URL : http://www.apc.com/jp/

More information

1 2 3 4 10 5 30 87 50 20 3 7 2 2 6 3 70 7 5 10 20 20 30 14 5 1,000 24 112 2 3 1 8 110 9 JR 10 110 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 25 30 31 32 25 A 33 B C D E F G PR PR or 34 35

More information