Hyper-V よくある失敗集

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "Hyper-V よくある失敗集"

Transcription

1 第 4.6 版 2016 年 1 月 富 士 通 株 式 会 社 Copyright FUJITSU LIMITED

2 改 版 日 時 版 数 改 版 内 容 改 版 履 歴 新 規 作 成 重 要 な 留 意 事 項 を 追 加 全 面 改 版 Windows Server 2008 R2 SP1 の 留 意 事 項 を 追 加 重 要 情 報 に TIPS を 1 件 追 加 Hyper-V ホスト に 留 意 事 項 を 1 件 追 加 Hyper-V 操 作 に 留 意 事 項 を 1 件 追 加 クイックマイグレーション/ライブマイグレーション に 留 意 事 項 を 1 件 追 加 その 他 の 留 意 事 項 に TIPS を 1 件 追 加 クイックマイグレーション/ライブマイグレーション に 留 意 事 項 (9.1.4)を 追 加 クイックマイグレーション/ライブマイグレーション に TIPS(9.2.1)を 追 加 Dynamic Memory の 留 意 事 項 (10.1.5)を 更 新 Hyper-V 操 作 に 留 意 事 項 (4.1.6)を 追 加 仮 想 マシンの 起 動 停 止 に TIPS(6.2.1)を 追 加 クラスター に 留 意 事 項 (8.1.13)を 追 加 Windows Server 2012 の 留 意 事 項 を 追 加 Hyper-V レプリカ の 留 意 事 項 を 追 加 ゲスト OS に 留 意 事 項 (2.1.12, )を 追 加 重 要 情 報 の TIPS(1.2.1)を 更 新 ゲスト OS の 留 意 事 項 (2.1.10)を 更 新 Linux ゲスト OS 関 連 の 留 意 事 項 を 追 加 Windows Server 2012 R2 情 報 を 追 加 重 要 情 報 の TIPS(1.2.1)を 更 新 ゲスト OS の 留 意 事 項 (2.1.9,2.1.12)を 更 新 (2.1.19)を 追 加 統 合 サービス の TIPS(3.2.1)を 追 加 Hyper-V 操 作 の 留 意 事 項 (4.1.2)を 更 新 (4.1.7)を 追 加 Hyper-V ホスト の 留 意 事 項 (5.1.8)を 追 加 仮 想 マシンの 起 動 停 止 の 留 意 事 項 (6.2.1)を 更 新 インポート/エクスポート バックアップ/リストア の 留 意 事 項 (7.1.3,7.1.8)を 更 新 (7.1.9,7.1.10)を 追 加 Dynamic Memory の 留 意 事 項 (10.1.1)を 更 新 Hyper-V レプリカ の 留 意 事 項 (12.1.3,12.1.4)を 更 新 (12.1.9, )を 追 加 ゲスト OS の 留 意 事 項 (2.1.10)を 更 新 Copyright FUJITSU LIMITED

3 重 要 情 報 の 留 意 事 項 (1.1.3)を 更 新 ゲスト OS の 留 意 事 項 (2.1.7,2.1.8)を 更 新 (2.1.20~2.1.25)を 追 加 統 合 サービス の 留 意 事 項 (3.1.4)を 追 加 Hyper-V 操 作 の 留 意 事 項 (4.1.8,4.1.9)を 追 加 Hyper-V ホスト の 留 意 事 項 (5.1.10)を 追 加 仮 想 マシンの 起 動 停 止 の 留 意 事 項 (6.1.8)を 追 加 インポート/エクスポート バックアップ/リストア の 留 意 事 項 (7.1.12)を 追 加 クイックマイグレーション/ライブマイグレーション の 留 意 事 項 (9.1.5,9.1.6) を 追 加 Dynamic Memory の 留 意 事 項 (10.1.7)を 追 加 Hyper-V レプリカ の 留 意 事 項 ( , )を 追 加 Hyper-V 操 作 の 留 意 事 項 (4.1.10~4.1.12)を 追 加 ゲスト OS の 留 意 事 項 (2.1.9)を 更 新 Dynamic Memory の 留 意 事 項 (10.1.1)を 更 新 Hyper-V ホスト の 留 意 事 項 (5.1.10)を 更 新 ゲスト OS の 留 意 事 項 (2.1.26)を 追 加 統 合 サービス の 留 意 事 項 (3.1.4)を 更 新 Hyper-V 操 作 の 留 意 事 項 (4.1.10)を 更 新 (4.1.13,4.1.14)を 追 加 Hyper-V ホスト の 留 意 事 項 (5.1.4,5.1.8)を 更 新 (5.1.11,5.1.12)を 追 加 インポート/エクスポート バックアップ/リストア の 留 意 事 項 (7.1.13,7.1.14)を 追 加 クラスター の TIPS(8.1.13)を 追 加 クイックマイグレーション/ライブマイグレーション の 留 意 事 項 (9.1.7)を 追 加 Hyper-V レプリカ の 留 意 事 項 (12.1.3)を 更 新 ( )を 追 加 その 他 の 留 意 事 項 (13.1.5,13.1.6)を 追 加 その 他 の TIPS(13.2.2)を 追 加 その 他 表 記 修 正 Copyright FUJITSU LIMITED

4 目 次 はじめに 重 要 情 報 留 意 事 項 ホストOSならびにサーバー 上 で 動 作 中 のすべての 仮 想 マシンがハングアップし 再 起 動 し ます ゲストOS 起 動 時 にホスト 側 でシステムダウンが 発 生 します(STOPエラー:0x A IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL) ウイルス ソフトをホストOSに 入 れている 場 合 仮 想 マシンの 作 成 や 起 動 に 失 敗 する 場 合 があります VSSを 使 用 してバックアップを 実 施 した 場 合 ホストの 起 動 時 間 が 長 くなる 場 合 があります iscsiブート 環 境 では 外 部 ネットワークアダプターを 使 用 することができません TIPS SCVMM を 用 いてHyper-V 環 境 を 管 理 するには 管 理 対 象 のホストOSをサポートする SCVMM が 必 要 です ゲスト OS 留 意 事 項 WS2000 修 正 パッチ<KB891861>を 適 用 するとSTOPエラーが 発 生 します Hyper-V V1 の 統 合 サービス 適 用 済 みのWS2000 仮 想 マシンをHyper-V V2 で 起 動 する とSTOPエラーが 発 生 します 仮 想 マシンのネットワークが 高 負 荷 時 にネットワーク 通 信 が 停 止 し ネットワークアダプ ターが 無 効 となる 場 合 があります ゲストOSが WS2003 でネットワーク 高 負 荷 時 に 外 部 とのネットワーク 通 信 が 停 止 する 場 合 があります ゲストOSの 時 刻 が 本 来 の 時 刻 より 進 み ゲストOSのリブート 時 または 保 存 状 態 や 一 時 停 止 状 態 からの 再 開 時 に 時 刻 が 巻 き 戻 る 場 合 があります ゲストOSの 時 刻 が 遅 れる 場 合 があります 仮 想 外 部 ネットワークをホストと 共 有 しない 設 定 にしているとき 仮 想 マシンのネットワーク アダプターを 構 成 しなおすとネットワークに 繋 がらなくなる 場 合 があります ゲストOSでWS2008R2 WS2012 Win7 Win8 を 使 用 している 場 合 仮 想 SCSI 接 続 のVHD 上 にページファイルを 作 成 することができません リモートマネジメントコントローラ(iRMC)のリモートストレージ 機 能 を 使 用 して ホストで 認 識 したCD/DVDドライブを ゲストOS 上 から 正 しく 認 識 できない 場 合 があります Hyper-V V2 でWS2012 ゲストを 動 作 させるには 修 正 プログラムの 適 用 が 必 要 です Hyper-V V2 のホストで WS2012 ゲストを 動 作 させると この 構 成 はサポートされていま せん という 警 告 イベントが 出 力 されます 特 定 のゲストOSでは 512e 形 式 のVHDXファイルがサポートされません Kバイトネイティブ 形 式 の 物 理 ハードディスク 上 に 512 バイトネイティブ 形 式 の 仮 想 ハー ドディスクファイルを 配 置 することは 非 推 奨 です LinuxゲストOS 起 動 時 にホストでSTOPエラー0x20001 が 発 生 します VHDX 形 式 をext3 システムでフォーマットするとLinuxゲストOSがハングします Linux 仮 想 マシンでパススルーディスクが 認 識 されません Linux 仮 想 マシンに 127GB 以 上 のVHDを 割 り 当 てても 127GBまでしか 認 識 しません Linux 仮 想 マシンの 再 起 動 時 にホストOSのイベントログにトリプルフォルト 発 生 のイベント が 出 力 されます Linux 統 合 サービスを 使 用 するLinux 仮 想 マシンはAPICを 有 効 にする 必 要 があります Linux 仮 想 マシンを 使 用 する 場 合 は 固 定 のMACアドレスを 使 用 してください Linux 仮 想 マシンでは ゲストOS 内 のネットワーク 名 がランダムな 名 前 で 表 示 される Copyright FUJITSU LIMITED

5 仮 想 マシンがクラッシュまたはリセットした 場 合 に 時 刻 が 正 しくなくなることがあります 仮 想 マシンのファイルをルートディレクトリへ 配 置 できません Sysprepを 実 行 すると 仮 想 マシンが 起 動 できなくなる 場 合 がある ホストOSがWS2012R2 Datacenter 上 のゲストOSで 不 明 なデバイスが 作 成 されます Linux 仮 想 マシンで 上 でkdumpまたはkexecが 使 用 できない TIPS 論 理 CPUと 仮 想 CPUの 比 率 制 限 について 統 合 サービス 留 意 事 項 Virtual Serverからの 移 行 後 統 合 サービスが 正 しく 動 作 しない 場 合 があります 最 新 の 統 合 サービス 適 用 時 以 前 のバージョンの 統 合 サービスが 検 出 されます リモートデスクトップでホストに 接 続 後 仮 想 マシンのマウスが 使 用 できません Windows 以 外 のゲストOSを 使 用 している 場 合 に イベントログ(ID: 6, 27, 4010, 23014)が 出 力 される あるいはネットワークが 低 下 と 表 示 される TIPS 統 合 サービスのバージョンミスマッチの 確 認 方 法 Hyper-V 操 作 留 意 事 項 クリップボードからテキストを 入 力 が 正 常 に 機 能 しません 仮 想 マシンセットアップ 時 にハードディスクを 認 識 しません ゲストOSがXPまたはWS2000 の 仮 想 マシンで 仮 想 SCSIコントローラーが 使 用 できません 仮 想 マシン 上 でドメインコントローラーを 構 築 するには 特 別 な 注 意 が 必 要 です Hyper-Vマネージャーから 接 続 した 仮 想 マシンの 画 面 表 示 やマウス 操 作 に 問 題 が 発 生 し ます 仮 想 マシンに 接 続 できません エラーが 表 示 され Hyper-Vマネージャーから 仮 想 マシン に 接 続 できない 場 合 があります 拡 張 セッションモードの 接 続 の 設 定 を 保 存 後 設 定 を 変 更 できなくなります 仮 想 マシンの 作 成 日 が 1601/01/01 になります 仮 想 マシンのメモリ 設 定 でスタートアップRAMに 表 示 されるヒントの 最 大 値 は 実 際 に 使 用 できる 値 ではありません Hyper-Vホストで 物 理 CD/DVDドライブを 突 然 取 り 外 すとゲストOSがハングします 第 2 世 代 仮 想 マシンで 物 理 CD/DVDドライブを 使 用 できません vfc 接 続 にてゲストOSからストレージを 認 識 しません IPv6 アドレスに Teredo のアドレスを 使 用 する 環 境 で 仮 想 マシン 接 続 (vmconnect)が 切 断 されることがあります Hyper-Vマネージャーから 異 なるOSバージョンのHyper-Vをリモートで 管 理 できません Hyper-V ホスト 留 意 事 項 ハイパーバイザーが 実 行 されていない エラーが 表 示 され 仮 想 マシンが 起 動 できない 場 合 があります フルインストールしたWS2008R2 でCLIからHyper-Vの 役 割 を 追 加 してもHyper-Vマネー ジャーが 実 行 できません Hyper-Vマネージャーから 仮 想 マシンを 削 除 してもVHD/VHDXファイルが 削 除 されていま せん Hyper-Vマネージャーからスナップショットを 削 除 しても ディスクの 空 き 容 量 が 増 えていま せん スナップショットを 作 成 した 後 仮 想 マシンのディスクI/O 性 能 が 劣 化 します Hyper-V V1 環 境 でWS2008R2 のゲストOSを 使 用 すると 4 つのイベントログ(ID:23012,2, 5,26)が 出 力 されます Hyper-V V2 環 境 でホストOSを 再 起 動 するたびにイベントログ(ID:12)が 出 力 されます Copyright FUJITSU LIMITED

6 5.1.8 VMQが 有 効 な 仮 想 スイッチを 設 定 した 環 境 で イベントログ (ID: 113) が 出 力 されます Hyper-V V1,V2 環 境 でホストOSの 外 部 ネットワークに 紐 づけられたNICを 変 更 するとVLAN が 使 用 できなくなる WS2012R2 では メモリの 空 き 容 量 があるのに 仮 想 マシンを 起 動 できない 場 合 があります OS 標 準 NICチーミングを 使 用 し 仮 想 スイッチを 設 定 した 環 境 で イベントログ (ID: 16945) が 出 力 される OS 標 準 NICチーミングを 使 用 し 仮 想 スイッチを 設 定 した 環 境 で イベントログ (ID: 106) が 出 力 される 仮 想 マシンの 起 動 停 止 留 意 事 項 仮 想 マシン 上 でsysprep 実 行 時 に シャットダウン を 選 択 しても 再 起 動 します Hyper-Vマネージャーから 仮 想 マシンに 接 続 (vmconnect)するとエラーメッセージが 出 力 さ れ 仮 想 マシンが 使 用 できなくなります 仮 想 マシンを 起 動 しようとした 際 に 別 のプロセスが 使 用 中 です (エラー)と 表 示 され 起 動 できない 場 合 があります ホストOSのメモリ 空 き 容 量 が 不 足 している 場 合 仮 想 マシンが 起 動 しません 仮 想 マシンを 起 動 すると ホストOS 側 のディスク 空 き 容 量 が 減 少 します ホストのディスク 空 き 容 量 が 不 足 している 場 合 仮 想 マシンが 起 動 しません 起 動 中 の 仮 想 マシンが 一 時 停 止 する 場 合 があります 仮 想 マシンの 自 動 停 止 アクションがシャットダウンの 場 合 に Hyper-Vホストを 再 起 動 する と シャットダウンが 失 敗 する TIPS 仮 想 マシンに 紐 付 いたvmwp.exeを 特 定 する 方 法 インポート/エクスポート バックアップ/リストア 留 意 事 項 Hyper-V ホスト 上 からWindows Serverバックアップを 使 用 して 仮 想 マシンをバックアップし ても リストア 時 に アプリケーション 項 目 を 選 択 できません 仮 想 マシンの 動 作 中 に ホストOSのWindows Server バックアップでリストアを 実 行 すると 一 部 ファイルのリストアに 失 敗 します 仮 想 マシンのリストアのために ファイルコピーでVHD/VHDXを 上 書 き 後 仮 想 マシンが 起 動 しません ホストOS 上 でWindows ServerバックアップまたはVSSを 実 行 すると ダイナミックボリュー ムを 使 用 している 仮 想 マシンが 保 存 中 になります Hyper-V V1 で 仮 想 マシンの 構 成 のみをエクスポートする にチェックを 入 れてエクスポー トした 仮 想 マシンをHyper-V V2 にインポートすることができません インポート 時 にイベントログ(ID:12634)が 出 力 される 場 合 があります ホストOSからVSSを 使 用 して 仮 想 マシンパススルー 接 続 したディスクのバックアップが 採 取 できません Windows ServerバックアップまたはASR(Ntbackup)を 使 用 して ゲストOSの 仮 想 SCSIコント ローラーに 接 続 したハードディスクからシステム 回 復 ができません 新 しいバージョンのHyper-Vからエクスポートした 仮 想 マシンを 旧 バージョンのHyper-V にインポートすることはできません Windows Server 2012 より 古 いバージョンのホストで Windows Server 2012 仮 想 マシンを オンラインバックアップしようとすると 失 敗 します 共 有 VHDXを 含 む 仮 想 マシンをエクスポートした 場 合 条 件 によってインポート 時 の 動 作 が 異 なります WS2012R2 ではWS2008 で 作 成 した 仮 想 マシンをインポートできません Windows Server 2012 R2 で 仮 想 マシンのHyper-V レプリカ 設 定 情 報 はバックアップおよ びエクスポートできません 仮 想 マシンのバックアップを 取 得 すると 仮 想 マシンの 稼 働 時 間 が 不 正 な 値 となります Copyright FUJITSU LIMITED

7 8 クラスター 留 意 事 項 クラスターリソースとして 登 録 されている 仮 想 マシンをシャットダウンすると 自 動 的 に 再 起 動 やフェールオーバーが 発 生 します 自 動 開 始 アクション を 変 更 しても 変 更 した 設 定 が 反 映 されません スナップショットを 作 成 したノードと 異 なるノードでスナップショットを 適 用 すると 仮 想 マシン が 起 動 しません Windows Serverバックアップを 使 用 してCSV 上 の 仮 想 マシンバックアップを 採 取 することが できません CSVがリダイレクトアクセス 状 態 のとき リダイレクトアクセスに 使 用 しているネットワークが 切 り 替 わると 仮 想 マシンでブルースクリーンが 発 生 する 場 合 があります リダイレクトアクセス 時 のディスクアクセス 性 能 が 劣 化 します フェールオーバー 発 生 後 にクラスターで 使 用 している 共 有 ディスクがオンラインにならない 場 合 があります リダイレクトアクセスからの 回 復 後 再 度 ホストとストレージ 間 の 接 続 に 異 常 が 発 生 しても リダイレクトアクセスにならない 場 合 があります フェールオーバークラスターマネージャー 上 から 仮 想 マシンの 設 定 を 変 更 しようとすると エラーが 発 生 し 設 定 変 更 できない 場 合 があります ゲスト 間 クラスターのシステム 起 動 時 仮 想 マシンでイベントID が 出 力 される 場 合 があります クラスター 環 境 で 仮 想 マシンを 別 ノードに 移 動 後 仮 想 マシンのネットワークアダプター 構 成 を 変 更 すると 移 動 前 のノードに 仮 想 スイッチポートの 情 報 が 残 ったままになります フェールオーバークラスターマネージャーからシャットダウンした 仮 想 マシンがダーティ シャットダウンになる 場 合 があります 仮 想 マシン 保 存 先 をSMB 共 有 にしたHyper-Vクラスター 環 境 で SMB 共 有 の 切 断 時 に 仮 想 マシンがフェールオーバーされない TIPS CSVのリダイレクトアクセス 時 に 使 用 されるネットワークの 優 先 順 位 の 確 認 や 設 定 ゲスト 間 クラスターのサポート 対 象 OS クイックマイグレーション/ライブマイグレーション 留 意 事 項 クイックマイグレーション/ライブマイグレーションにより 他 ノードへ 移 動 した 仮 想 マシンの MACアドレスが 競 合 する 場 合 があります ライブマイグレーション 実 行 時 完 了 までに 時 間 がかかる 場 合 があります ライブマイグレーション 実 行 時 仮 想 マシンでSTOPエラーが 発 生 することがあります クラスター 環 境 でプロセッサバージョンの 異 なるノードへのマイグレーションに 失 敗 するこ とがあります クロスバージョンライブマイグレーションが 失 敗 することがあります 仮 想 マシンの 記 憶 域 の 移 動 が 失 敗 することがあります 保 護 されているネットワーク の 切 断 時 自 動 実 行 されるライブマイグレーションが 失 敗 す る 場 合 があります TIPS クイックマイグレーション/ライブマイグレーションに 失 敗 した 場 合 の 確 認 ポイント クイックマイグレーション 実 行 後 外 部 からのネットワークがつながらない 場 合 があります Dynamic Memory 留 意 事 項 DMをサポートするホストOSでHyper-VマネージャーからゲストOSのDMに 関 係 するパラ メーターを 設 定 したにもかかわらず ゲストOSでDMが 使 用 できない 場 合 があります DM 使 用 時 にゲストOSでメモリ 量 を 確 認 しても 正 しい 値 が 表 示 されない 場 合 があります DM 使 用 時 大 量 のメモリを 使 用 するアプリケーションの 性 能 が 静 的 メモリ 使 用 時 と 比 較 Copyright FUJITSU LIMITED

8 して 劣 化 する 場 合 があります DM 使 用 時 ホストの 物 理 メモリに 空 きがあるにもかかわらず 仮 想 マシンにメモリが 割 り 当 てられません DMによるメモリ 回 収 の 発 生 後 に 仮 想 マシンのメモリダンプを 取 得 すると 取 得 時 間 が 長 く なります ホストOSのWS2008R2 からSP1 をアンインストールすると DM 設 定 を 有 効 にした 仮 想 マ シンがHyper-Vマネージャー 上 から 見 えなくなります 仮 想 マシン 管 理 サービスを 再 起 動 すると DMが 機 能 しなくなります TIPS DM 使 用 時 一 時 停 止 状 態 の 仮 想 マシンからメモリが 回 収 されません DMを 設 定 している 仮 想 マシンではライブマイグレーション 中 にメモリの 割 り 当 てがおこな われません DM 使 用 時 Nonpaged Poolの 値 はスタートアップRAMの 値 に 依 存 します DM 使 用 時 に 仮 想 マシンへのメモリ 追 加 が 行 われたとき メモリの 追 加 が 仮 想 マシンやア プリケーションへ 通 知 されません 共 有 ファイル 留 意 事 項 マシン 作 成 時 に 共 有 フォルダー 上 に 構 成 ファイルを 格 納 する 場 合 エラー 外 部 構 成 スト アを 作 成 できませんでした が 発 生 します 共 有 フォルダー 上 に 仮 想 マシンを 作 成 するとエラー アクセス 権 がありません が 表 示 さ れ 仮 想 マシンが 起 動 できません TIPS 共 有 フォルダーへ 仮 想 マシンをエクスポートするためのアクセス 権 の 設 定 手 順 Hyper-V レプリカ 留 意 事 項 iscsi 接 続 や 仮 想 FC 接 続 パススルー 接 続 を 使 用 する 仮 想 マシンでは レプリケーショ ンを 有 効 にできません 差 分 仮 想 ハードディスクファイルを 持 つ 仮 想 マシンでは 親 仮 想 ハードディスクファイルも レプリカサーバーにレプリケーションされます プライマリ 仮 想 マシンでスナップショットの 適 用 ( 戻 す)を 実 施 した 場 合 は 再 同 期 が 必 要 に なります レプリケーションの 通 信 に 対 し Hyper-V QoS を 利 用 して 帯 域 制 限 や 帯 域 保 証 を 設 定 できません レプリカ 仮 想 マシンのフェールオーバー 後 フェールオーバーTCP/IPによって 仮 想 マシ ンのデフォルトゲートウェイやDNSサーバー 設 定 が 削 除 されます プライマリの 障 害 発 生 時 に レプリカ 仮 想 マシンが 自 動 的 にフェールオーバーしません レプリカ 仮 想 マシンのフェールオーバー 後 IPアドレス 競 合 が 発 生 します SCVMM 2012 SP1 やSCVMM2012R2 でHyper-Vレプリカを 管 理 できません ライブマイグレーション 後 に レプリケーションの 再 同 期 が 必 要 になる 場 合 があります レプリカVMが 存 在 するディスク 領 域 のバックアップ 時 に イベント(ID:19050, 32022, 32032, 32056, 32315, 32546, 33680) が 出 力 する 場 合 があります レプリカサーバーを 再 起 動 すると 再 起 動 後 に 標 準 のレプリカの 回 復 ポイントが 作 成 さ れる 場 合 があります プライマリサーバーを 再 起 動 すると 再 起 動 後 にレプリカが 一 時 停 止 になることがあり ます レプリケーション 実 行 時 SQL Serverが 動 作 する 仮 想 マシン 上 でエラーが 記 録 される 場 合 があります その 他 留 意 事 項 マルチプロセッサ 環 境 の 仮 想 マシンでpingを 実 行 後 測 定 結 果 がマイナスになる 場 合 が Copyright FUJITSU LIMITED

9 あります 仮 想 マシン 上 でNLBを 構 築 することができません 仮 想 マシン 上 でVSSを 使 用 していると ホストにイベントログ(ID: )が 記 録 され VHDの 最 適 化 に 失 敗 します ネットワークアダプターの 設 定 でSR-IOV を 有 効 にすると 警 告 イベントが 出 力 されます 仮 想 マシンの 性 能 が 期 待 される 性 能 より 大 幅 に 低 い 容 量 可 変 仮 想 ハードディスクの 最 適 化 を 実 行 しても 意 図 したほどサイズが 縮 小 されない TIPS P2Vの 実 行 後 は 仮 想 マシン 上 のネットワークを 再 設 定 する 必 要 があります VMQを 無 効 にする 方 法 Copyright FUJITSU LIMITED

10 はじめに 本 資 料 は Microsoft Windows Server 環 境 で 動 作 する 仮 想 化 環 境 Hyper-V を 使 用 するにあたって 留 意 すべき 点 を 記 載 しています 本 資 料 は Windows Server や Hyper-V の 基 本 的 な 知 識 があることを 前 提 に 作 成 されています ~ 用 語 の 省 略 ~ 本 資 料 に 記 載 している OS 名 や 役 割 などの 名 称 は 本 文 を 見 易 くするため 以 下 の 用 語 ( 略 語 )を 用 いて います 略 称 意 味 WS2012R2 Windows Server 2012 R2 WS2012 Windows Server 2012 WS2008 Windows Server 2008 WS2008R2 Windows Server 2008 R2 WS2003 Windows Server 2003 SP2 及 び R2 SP2 WS2000 Windows 2000 Server SP4 Win8.1 Windows 8.1 Win8 Windows 8 Win7 Windows 7 Vista Windows Vista XP Windows XP with SP2 及 び SP3 Hyper-V V1 WS2008 に 含 まれる Hyper-V 機 能 Hyper-V V2 WS2008R2 に 含 まれる Hyper-V 機 能 物 理 マシン 実 際 のサーバーコンピューター ホスト Hyper-V の 親 パーティション 仮 想 マシン Hyper-V の 子 パーティション Hyper-V 役 割 が 追 加 されているホストオペレーティングシステム ゲスト OS Hyper-V 上 にある 仮 想 マシンオペレーティングシステム VSS ボリュームシャドーコピーサービス(Volume Shadow Copy Service) CLI コマンドラインインタフェース(Command Line Interface) スナップショット Hyper-V のスナップショット(チェックポイント) 機 能 のことを 指 します CSV クラスター 共 有 ボリューム(Cluster Shared Volume) DM Dynamic Memory VHD/VHDX 仮 想 ハードディスク(Virtual Hard Disk) SCVMM System Center Virtual Machine Manager P2V Physical to Virtual LM 仮 想 マシンの 動 的 移 動 (Live Migration) VMQ Virtual Machine Queue LBFO OS 標 準 の NIC チーミング 機 能 (Load Balancing and Failove) 注 意 事 項 本 ドキュメントを 輸 出 または 第 三 者 へ 提 供 する 場 合 は お 客 様 が 居 住 する 国 および 米 国 輸 出 管 理 関 連 法 規 等 の 規 制 をご 確 認 のうえ 必 要 な 手 続 きをおとりください 本 書 に 記 載 されたデータの 使 用 に 起 因 する 第 三 者 の 特 許 権 およびその 他 の 権 利 の 侵 害 につ いては 当 社 はその 責 を 負 いません Copyright FUJITSU LIMITED

11 1 重 要 情 報 1.1 留 意 事 項 ならびにサーバー 上 で 動 作 中 のすべての 仮 想 マシンがハングアップし 再 起 動 します 対 象 WS2008R2 現 象 以 下 の 発 生 環 境 に 該 当 する 機 種 上 で Hyper-V V2 を 使 用 している 環 境 において STOP 0x101 が 発 生 してホストサーバーがハングアップし 再 起 動 します < 発 生 環 境 > インテル Xeon プロセッサ 5500 番 台 以 降 を 搭 載 した 下 記 の PRIMERGY 機 種 PRIMERGY RX200S5 / RX300S5 / TX200S5 / TX300S5 / BX620S5 / BX920S1 等 本 現 象 はインテル Xeon プロセッサ 5500 番 台 以 降 を 搭 載 した PRIMERGY 機 でネイティブ の WS2008 および Hyper-V V1 環 境 では 確 認 されておりません 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 以 下 のマイクロソフト 社 の 公 開 情 報 から 取 得 した 修 正 プログラムを 適 用 してください Stop error message on a Windows Server 2008 R2-based computer that has the Hyper-V role installed and that uses one or more Intel CPUs that are code-named Nehalem: "0x CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT" ゲスト OS 起 動 時 にホスト 側 でシステムダウンが 発 生 します(STOP エラー:0x A IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL) 対 象 WS2008R2 現 象 以 下 の 条 件 に 該 当 する 場 合 Hyper-V V2 上 のゲスト OS 起 動 時 にシステムダウンが 発 生 し ます (STOP エラー:0x A IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL) 発 生 条 件 1)WS2008R2 に Hyper-V 役 割 がインストールされているホスト 上 でゲスト OS を 起 動 する または 2)Hyper-V ホストのクラスター 環 境 にて 仮 想 マシンをライブマイグレーションで 移 動 する (マイグレーション 先 のホストで 現 象 が 発 生 ) 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 以 下 のマイクロソフト 社 の 公 開 情 報 から 取 得 した 修 正 プログラムをホストに 適 用 してくださ い Stop error message when there is a request to allocate a large amount of contiguous physical memory in Windows Server 2008 R2 or Windows 7: "Stop error code 0x000000A (IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)" Copyright FUJITSU LIMITED

12 1.1.3 ウイルス ソフトを に 入 れている 場 合 仮 想 マシンの 作 成 や 起 動 に 失 敗 する 場 合 があります 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 ウィルス ソフトを に 入 れている 場 合 以 下 の 現 象 が 確 認 され ゲストに 予 期 せ ぬ 不 具 合 が 生 じる 場 合 があります a) ゲストの 作 成 やゲストの 起 動 が 失 敗 する b) Hyper-V マネージャーからゲストが 表 示 されない のウイルススキャンリアルタイム 保 護 の 設 定 から 以 下 のファイル フォルダーを 除 外 してください 仮 想 マシンコンフィグレーション 格 納 ディレクトリ(デフォルト/ユーザー 指 定 ) 仮 想 ハードディスク 格 納 ディレクトリ(デフォルト/ユーザー 指 定 ) スナップショット 格 納 ディレクトリ(デフォルト/ユーザー 指 定 ) Vmms.exe Vmwp.exe CSV を 構 成 している 場 合 以 下 のパスも 追 加 で 指 定 します CSV のパス C:\Clusterstorage とそのすべてのサブディレクトリ Hyper-V レプリカを 使 用 している 場 合 以 下 のパスも 追 加 で 指 定 します レプリケーション 格 納 ディレクトリ 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Virtual machines are missing, or error 0x800704C8, 0x , or 0x800703E3 occurs when you try to start or create a virtual machine 現 象 が 発 生 した 場 合 は Hyper-V マネージャー 上 から 仮 想 マシンを 削 除 し 新 規 で 仮 想 マシ ンを 作 成 することで 復 旧 する 可 能 性 があります この 際 仮 想 マシンが 使 用 していた VHD/VHDX を 削 除 せず 新 規 作 成 した 仮 想 マシンにマウントしてください また ウイルス ソフトの 提 供 元 が Hyper-V 環 境 での 設 定 について 情 報 を 提 供 してい る 場 合 があります ウイルス ソフトの 提 供 元 が 提 供 する 情 報 も 合 わせてご 参 照 くださ い Copyright FUJITSU LIMITED

13 1.1.4 VSS を 使 用 してバックアップを 実 施 した 場 合 ホストの 起 動 時 間 が 長 くなる 場 合 があ ります 対 象 WS2008,WS2008R2 現 象 以 下 の 発 生 条 件 に 該 当 すると の 起 動 時 間 が 長 くなる 場 合 があります 発 生 条 件 Hyper-V V1 または V2 環 境 である 仮 想 マシンのバックアップする 方 法 で ホスト 全 体 をバックアップした 過 去 に 一 度 でも VSS を 使 用 してバックアップを 実 施 した 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 ホストが WS2008R2 の 場 合 は 修 正 プログラムが 提 供 されています 以 下 のマイクロソフト 社 公 開 情 報 から 取 得 した 修 正 プログラムを 適 用 してください The startup time increases or hangs at the logon Welcome screen if you frequently backup Hyper-V virtual machines on a Windows Server 2008 R2 system ホストが WS2008 の 場 合 は 上 記 KB 中 の Workaround に 記 載 されている DevNodeClean tool を ダウンロードし 実 行 します iscsi ブート 環 境 では 外 部 ネットワークアダプターを 使 用 することができません 対 象 WS2012, WS2012R2 現 象 iscsi ブート 環 境 では 外 部 ネットワークアダプターを 使 用 することができません 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください A newly created virtual switch disappears after you restart この 問 題 に 対 する 有 効 な 回 避 策 は 外 部 ネットワークアダプターを 使 用 しない または Hyper-V の 削 除 となります Copyright FUJITSU LIMITED

14 1.2 TIPS SCVMM を 用 いて Hyper-V 環 境 を 管 理 するには 管 理 対 象 の をサポートす る SCVMM が 必 要 です 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 説 明 SCVMM で 管 理 対 象 としてサポートされる Hyper-V のバージョンは SCVMM のバー ジョンによって 異 なります <SCVMM で 管 理 対 象 としてサポートする Hyper-V の 対 応 表 > SCVMM SCVMM SCVMM SCVMM R R SP1 WS2008SP2 Hyper-V WS2008R2 Hyper-V WS2008R2SP1 Hyper-V WS2012 Hyper-V WS2012R2 Hyper-V SCVMM 2012 SP1 SCVMM 2012R2 ( ) SCVMM 2012 では WS2008SP2 Standard Hyper-V はサポートされません Copyright FUJITSU LIMITED

15 2 ゲスト OS 2.1 留 意 事 項 WS2000 修 正 パッチ<KB891861>を 適 用 すると STOP エラーが 発 生 します 対 象 WS2008, WS2008R2 現 象 統 合 サービス 適 用 済 の WS2000 仮 想 マシンに Windows Update で 修 正 パッチ<KB891861>を 適 用 することで STOP エラー(0x000000CE DRIVER_UNLOADED_WITHOUT_CANCELLING_PENDING_OPERATIONS)が 発 生 します Windows Update は 統 合 サービスの 未 インストール 時 または 統 合 サービスのアンインストール 後 に 実 行 してください 統 合 サービスのアンインストール 手 順 1. 仮 想 マシンの[プログラムの 追 加 と 削 除 ]から Hyper-V Integration Services を 削 除 2. 仮 想 マシンの 再 起 動 Windows Update を 実 行 した 後 統 合 サービスをインストールしてください 統 合 サービス 適 用 済 の 仮 想 マシンで Windows Update を 実 行 し 本 エラーが 発 生 した 場 合 は 仮 想 マシンを 操 作 することができません このためホストからの 操 作 で 以 下 の 復 旧 手 順 を 実 施 し てください 復 旧 手 順 1.WS2008R2 ホスト で cmd.exe を 起 動 します 2.diskpart コマンドを 実 行 します 3.select vdisk file="path_to_file\file_name.vhd" コマンドを 実 行 し WS2000 仮 想 マシンのシステ ム 用 VHD を 指 定 します 4.attach vdisk を 実 行 します(ドライブレターが 割 り 振 られてマウントされる) Copyright FUJITSU LIMITED

16 5.WS2008R2 ホストの regedit.exe を 起 動 します 6.マウントしたドライブの mounted_drive:\winnt\system32\config 以 下 の system ハイブを 読 み 込 みます 7. 読 み 込 んだハイブ 内 の ControlSet00x\Control\ServiceGroupOrder にある List エントリに WdfLoadGroup を 追 加 します 問 題 が 発 生 している ControlSet が 判 らない 場 合 は 同 ハイブ 内 の Select\ 以 下 にある Default エントリの 番 号 を 確 認 します(1 であれば ControlSet001 2 であれば ControlSet002) にて 読 み 込 んだ system ハイブをアンロードします 9. diskpart から detach vdisk を 実 行 します 10.WS2000 仮 想 マシンを 起 動 します( 正 常 に 起 動 することを 確 認 ) 11. 仮 想 マシンへログオン 完 了 後 統 合 サービスを 再 インストールします Copyright FUJITSU LIMITED

17 2.1.2 Hyper-V V1 の 統 合 サービス 適 用 済 みの WS2000 仮 想 マシンを Hyper-V V2 で 起 動 する と STOP エラーが 発 生 します 対 象 WS2008, WS2008R2 現 象 Hyper-V V1 上 で 作 成 した 統 合 サービス 適 用 済 みの WS2000 仮 想 マシンの VHD ファイルを 使 用 して Hyper-V V2 上 で 仮 想 マシンを 起 動 するとデバイスのインストールが 走 り デバイスインス トールエラーがポップアップで 表 示 されます その 後 マシンにログオンすると 再 起 動 を 促 されます OS の 指 示 に 沿 って 再 起 動 をかけると STOP エラー(0xC ) が 発 生 します エラー 発 生 後 は Hyper-V V2 での 起 動 ができません(セーフモードでの 起 動 も 不 可 ) 本 現 象 は 仮 想 SCSI コントローラーと Hyper-V V1 の 統 合 サービスの 組 み 合 わせの 問 題 となりま す Hyper-V V2 にて 仮 想 マシンの 新 規 作 成 を 行 うとデフォルトで 仮 想 SCSI コントローラーが 組 み 込 まれますが Hyper-V V1 の 統 合 サービスが WS2000 上 で 仮 想 SCSI コントローラーを 正 しく 処 理 できないため 本 現 象 が 発 生 します 本 現 象 が 発 生 した 場 合 は Hyper-V マネージャーで 仮 想 マシンの SCSI コントローラーを 削 除 し てください 仮 想 マシンのネットワークが 高 負 荷 時 にネットワーク 通 信 が 停 止 し ネットワークア ダプターが 無 効 となる 場 合 があります 対 象 WS2008R2 現 象 ゲスト OS のネットワークが 高 負 荷 時 に ネットワーク 通 信 が 停 止 する 場 合 や 仮 想 ネットワークア ダプターが 無 効 になる 場 合 があります 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 以 下 のマイクロソフト 社 公 開 情 報 から 取 得 した 修 正 プログラムをホストに 適 用 してください The network connection of a running Hyper-V virtual machine is lost under heavy outgoing network traffic on a Windows Server 2008 R2-based computer Copyright FUJITSU LIMITED

18 2.1.4 ゲスト OS が WS2003 でネットワーク 高 負 荷 時 に 外 部 とのネットワーク 通 信 が 停 止 する 場 合 があります 対 象 WS2008R2 現 象 ゲスト OS が WS2003 でネットワーク 負 荷 が 非 常 に 高 くなった 状 態 や 大 量 のデータを 仮 想 ネット ワークで 送 受 信 された 際 に 外 部 とのネットワーク 通 信 が 停 止 する 場 合 があります 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 以 下 のマイクロソフト 社 公 開 情 報 から 取 得 した 修 正 プログラムをホストに 適 用 し WS2003 の 仮 想 マシンの 統 合 サービスを 更 新 してください Network connection is lost on a Windows Server 2003-based Hyper-V VM ゲスト OS の 時 刻 が 本 来 の 時 刻 より 進 み ゲスト OS のリブート 時 または 保 存 状 態 や 一 時 停 止 状 態 からの 再 開 時 に 時 刻 が 巻 き 戻 る 場 合 があります 対 象 WS2008R2 現 象 Hyper-V 上 のゲスト OS の 時 刻 が 本 来 の 時 刻 より 進 む 場 合 があります これに 伴 い ゲスト OS のリブート 時 や ゲスト OS を 保 存 状 態 または 一 時 停 止 状 態 から 再 開 すると 時 刻 が 巻 き 戻 る 場 合 があります 時 刻 が 巻 き 戻 ることで 予 期 せぬ 異 常 動 作 に 繋 がる 恐 れがあります < 発 生 環 境 > Hyper-V V2 上 の 仮 想 マシンで Windows Time サービスを 停 止 または 無 効 にしているとき 本 現 象 は Hyper-V V1 環 境 では 確 認 されておりません 本 現 象 は 特 定 の CPU のタイマー 割 り 込 みの 実 装 によるものです 仮 想 マシンの 時 刻 をホストと 同 期 させるためには 統 合 サービスによる 時 刻 同 期 に 加 えて 仮 想 マシンの Windows Time サービスを 有 効 にしてください 外 部 の NTP サーバーと 時 刻 同 期 する 場 合 は 統 合 サービスによるホストとの 時 刻 同 期 を 無 効 に し 外 部 NTP サーバーとの 同 期 設 定 をおこなってください この 場 合 にも Windows Time サービ スを 必 ず 有 効 にしてください Win7 と WS2008R2 では Windows Time サービスを 自 動 にすると 正 常 に 起 動 しない 場 合 があるため 自 動 ( 遅 延 開 始 ) を 設 定 してください Copyright FUJITSU LIMITED

19 2.1.6 ゲスト OS の 時 刻 が 遅 れる 場 合 があります 対 象 WS2008, WS2008R2 現 象 Hyper-V V1 及 び Hyper-V V2 上 のゲスト OS においてシステム 時 刻 が 遅 延 し 以 下 のような 現 象 が 発 生 する 場 合 があります 時 計 アプリ 等 でゲスト OS 上 の 時 刻 を 表 示 すると 秒 数 の 進 み 方 が 一 定 ではなく ほとんど 進 まない 突 然 数 秒 進 む 等 の 現 象 が 繰 り 返 される タスクマネージャーの 画 面 の 更 新 が 著 しく 遅 い システム 時 刻 が 遅 延 することで 統 合 サービスによる [ 時 刻 の 同 期 ] が 頻 繁 に 発 生 します こ のため システムイベントログに 時 刻 変 更 ログが 大 量 に 出 力 されます < 発 生 環 境 > インテル Xeon プロセッサ 5500 番 台 以 降 を 搭 載 した 機 種 本 現 象 は CPU (インテル Xeon プロセッサ 5500 番 台 ) と BIOS および Hypervisor の 組 み 合 わせによる 問 題 です Hyper-V やゲスト OS の 時 刻 同 期 設 定 を 正 しく 行 っている 場 合 でも 発 生 する 場 合 があります 以 下 の 富 士 通 ウェブサイトから 対 象 機 種 の 最 新 BIOS をダウンロードし BIOS の 更 新 を 実 施 し てください BIOS の 更 新 による 対 応 が 難 しい 場 合 BIOS の 設 定 で 省 電 力 機 能 の 設 定 変 更 でも 対 応 が 可 能 です ただし 消 費 電 力 に 悪 影 響 があるため BIOS 更 新 による 対 応 を 推 奨 します <BIOS 設 定 変 更 の 手 順 > BIOS セットアップユーティリティにて Advanced メニュー Advanced Processor Options サブメニュー Enhanced Idle Power State "Enabled"( 既 定 ) から "Disabled" に 変 更 仮 想 外 部 ネットワークをホストと 共 有 しない 設 定 にしているとき 仮 想 マシンのネッ トワークアダプターを 構 成 しなおすとネットワークに 繋 がらなくなる 場 合 がありま す 対 象 WS2008R2 現 象 仮 想 外 部 ネットワークをホストと 共 有 しない 設 定 にしているとき 仮 想 マシンのネットワークアダ プターを 削 除 すると 次 に 仮 想 ネットワークアダプターを 作 成 しなおしたときにネットワークに 繋 がらなくなる 場 合 があります 仮 想 ネットワークを 再 作 成 するか レジストリの 変 更 をおこなってください 本 件 に 関 する 情 報 や 回 避 手 順 はマイクロソフト 社 より KB として 公 開 されています 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください "Windows Server 2008 R2 Hyper-V 2.0 環 境 で 仮 想 マシンのネットワーク アダプターを 構 成 し なおすと 正 常 に 通 信 ができなくなる 場 合 がある" Copyright FUJITSU LIMITED

20 2.1.8 ゲスト OS で WS2008R2 WS2012 Win7 Win8 を 使 用 している 場 合 仮 想 SCSI 接 続 の VHD 上 にページファイルを 作 成 することができません 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 ゲスト OS で WS2008R2 WS2012 Win7 Win8 を 使 用 している 場 合 仮 想 SCSI 接 続 している VHD 上 にページングファイルを 作 成 することができません 仮 想 SCSI 接 続 している VHD 上 にページファイルを 設 定 し システムドライブにページファイルを 設 定 していない 場 合 ゲスト OS の 起 動 時 に 以 下 のようなエラーが 表 示 されシステムドライブ 上 にページファイルが 自 動 生 成 されます WS2012R2 で 作 成 した 第 2 世 代 の 仮 想 マシンではこの 問 題 はありません ゲスト OS で WS2008R2 WS2012 Win7 Win8 を 使 用 している 場 合 システムドライブ 以 外 のドラ イブにページングファイルを 作 成 する 場 合 には 対 象 となる VHD を 仮 想 IDE 接 続 にしてください 本 現 象 に 関 する 情 報 はマイクロソフト 社 より KB が 公 開 されています 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください You receive an error message after you put the page file on another drive other than the drive C in a guest operating system Configuring Page file on a SCSI drive fails on Generation 1 Hyper-V virtual machine Copyright FUJITSU LIMITED

21 2.1.9 リモートマネジメントコントローラ(iRMC)のリモートストレージ 機 能 を 使 用 して ホ ストで 認 識 した CD/DVD ドライブを ゲスト OS 上 から 正 しく 認 識 できない 場 合 があ ります 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 リモートマネジメントコントローラ(iRMC)のリモートストレージ 機 能 によってホスト 上 に 認 識 された CD/DVD ドライブを 仮 想 マシンの CD/DVD ドライブとして 使 用 した 場 合 以 下 のような 現 象 が 発 生 する 場 合 があります ゲスト OS 上 から CD/DVD ドライブの 参 照 に 失 敗 する ゲスト OS インストール 途 中 で CD/DVD ドライブが 認 識 されなくなりインストールを 継 続 できな い ご 参 考 ) リモートマネジメントコントローラアップグレード 本 現 象 は 2013/10/25 時 点 の 最 新 機 種 および 最 新 ファームでは 発 生 しません 物 理 CD/DVD メディアを 仮 想 マシンの CD/DVD ドライブで 使 用 する 場 合 は ホストサーバーに 搭 載 した 物 理 CD/DVD ドライブを 使 用 してください ホストサーバーの 物 理 CD/DVD ドライブを 使 用 できない 場 合 は 物 理 CD/DVD メディアの 内 容 を iso ファイル 形 式 に 変 換 し その iso ファイルを 仮 想 マシンにアタッチしてください Hyper-V V2 で WS2012 ゲストを 動 作 させるには 修 正 プログラムの 適 用 が 必 要 です 対 象 WS2008R2 現 象 Hyper-V V2 のホスト 上 で WS2012 ゲストを 動 作 させるには KB を 適 用 する 必 要 があり ます You cannot run a Windows 8-based or Windows Server 2012-based virtual machine in Windows Server 2008 R2 KB をご 覧 いただき ホストに 対 して 修 正 プログラムを 適 用 してください なお Hyper-V V1 上 の WS2012 ゲストは KB を 適 用 した 場 合 でもサポートされません (サポート 技 術 情 報 KB に 対 する Microsoft 社 の 回 答 に 基 づき 記 載 ) Copyright FUJITSU LIMITED

22 Hyper-V V2 のホストで WS2012 ゲストを 動 作 させると この 構 成 はサポートされ ていません という 警 告 イベントが 出 力 されます 対 象 WS2008R2 現 象 Hyper-V V2 ホスト 上 で WS2012 ゲストを 動 作 させると Hyper-V-Worker イベントログや Hyper-V-Integration イベントログに 下 記 のような 警 告 メッセージが 表 示 されます 本 現 象 については KB に 記 載 されています "Unsupported configuration" warning when you run a Windows 8-based or Windows Server 2012-based virtual machine in Windows Server 2008 R2 Hyper-V V2 ホスト 上 で WS2012 ゲストや Win8 ゲストが 動 作 している 場 合 に この 警 告 メッセー ジが 表 示 された 場 合 は 無 視 してください Copyright FUJITSU LIMITED

23 特 定 のゲスト OS では 512e 形 式 の VHDX ファイルがサポートされません 対 象 WS2012, WS2012R2 現 象 Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 の Hyper-V マネージャーから 仮 想 ハードディスクファイル(VHDX)を 作 成 した 場 合 512e 形 式 ( 論 理 セクター 長 :512B/ 物 理 セクター 長 :4KB)で 作 成 されます しかし Windows OS では 512e 形 式 をサポートする OS は 以 下 に 限 定 されます 512e 形 式 をサポートする OS は 以 下 の 通 りです - Windows Server 2012 R2 - Windows Server Windows Server 2008 R2 SP1 - Windows Server 2008 R2 (ただし KB が 適 用 されている 環 境 ) - Windows Server 2008 (ただし KB が 適 用 されている 環 境 ) - Windows Windows 8 - Windows 7 SP1 - Windows 7 (ただし KB が 適 用 されている 環 境 ) - Windows Vista (ただし KB が 適 用 されている 環 境 ) そのため 上 記 以 外 の Windows OS (WS2003 や XP など) をゲスト OS として 使 用 する 場 合 512e 形 式 の VHDX を 利 用 すると サポート 外 の 構 成 になります ご 参 考 ) VHDX 形 式 で 仮 想 マシンを 作 成 し ゲスト OS として Windows Server 2008 R2 をインストール した 場 合 イベント ID がゲスト OS のアプリケーションログに 記 録 されます 512e 形 式 が 未 サポートである OS を Windows Server 2012 Hyper-V もしくは Windows Server 2012 R2 Hyper-V 上 のゲスト OS として 使 用 する 場 合 以 下 のいずれかの 方 法 で 回 避 してくだ さい 方 法 1. VHD ファイルを 使 用 する 仮 想 ハードディスクファイルを 格 納 する 物 理 ハードディスクが 4K バイトネイティブ 形 式 ( 論 理 セクター 長 :4KB/ 物 理 セクター 長 :4KB)の 場 合 (*1)は VHD 形 式 がサポートされないため 方 法 2 に 記 載 した 方 法 で VHDX ファイルを 作 成 して 使 用 してください 4K バイトネイティブ 形 式 に 該 当 するかは 以 下 の 手 順 で 確 認 ができます 1) において コマンドプロンプトを 管 理 者 として 実 行 で 起 動 します 2) 以 下 のコマンドを 実 行 します fsutil fsinfo ntfsinfo <drive letter> <drive letter>には 仮 想 ハードディスクファイルの 格 納 先 のドライブレターを 指 定 します 3) 4K バイトネイティブ 形 式 の 場 合 は 表 示 された 結 果 の 中 に 以 下 の 値 が 表 示 されます セクターあたりのバイト 数 :4096 物 理 セクターあたりのバイト 数 :4096 方 法 バイトネイティブ 形 式 の VHDX ファイルを 使 用 します 1) 新 規 に VHDX ファイルを 作 成 する 場 合 Windows PowerShell の New-VHD コマンドレットを 使 い 512 バイトネイティブ 形 式 の VHDX ファイルを 作 成 します Copyright FUJITSU LIMITED

24 <コマンド 実 行 例 > ( 容 量 100GB の 固 定 長 VHDX ファイルを 物 理 セクター 長 512 バイトで 作 成 ) New-VHD -path D:\VHD\vhdx512.vhdx -sizebytes 100GB -PhysicalsectorSize 512 -Fixed 2) 既 存 の VHDX ファイルを 利 用 する 場 合 Windows PowerShell の Set-VHD コマンドレットを 使 い 作 成 済 みの VHDX ファイルを 512 バイトネイティブ 形 式 に 変 更 します <コマンド 実 行 例 > (VHD ファイルの 物 理 セクター 長 を 512 バイトに 修 正 ) Set-VHD -Path D:\VHD\vhdx512.vhdx -PhysicalSectorSizeBytes K バイトネイティブ 形 式 の 物 理 ハードディスク 上 に 512 バイトネイティブ 形 式 の 仮 想 ハードディスクファイルを 配 置 することは 非 推 奨 です 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 4K バイトネイティブ 形 式 の 物 理 ハードディスク 上 に VHD ファイルを 配 置 することはサポートされ ていません また 4K バイトネイティブ 形 式 の 物 理 ハードディスク 上 に 512 バイトネイティブ 形 式 の VHDX ファイルを 配 置 することも Read-Modify-Write の 影 響 により パフォーマンスが 低 下 するため 推 奨 しません Read-Modify-Write の 影 響 については 以 下 をご 参 照 ください Hyper-V の 大 容 量 セクター ディスク サポートに 関 するテクニカル プレビュー 4K バイトネイティブ 形 式 の 物 理 ハードディスクを 使 用 する 場 合 は 512e 形 式 の VHDX ファイル もしくは 4K バイトネイティブ 形 式 の VHDX ファイルを 使 用 してください Linux ゲスト OS 起 動 時 にホストで STOP エラー0x20001 が 発 生 します 対 象 WS2008R2 現 象 Intel Xeon プロセッサを 使 用 している 環 境 で Linux 仮 想 マシンに 対 して プロセッサバージョンが 異 なるコンピューターへ 移 行 する のチェックボックスをオンにした 後 に Linux 仮 想 マシンを 起 動 すると にて STOP エラー0x20001 が 発 生 します 以 下 修 正 プログラムを 適 用 してください "0x20001" Stop error when you start a Linux VM in Windows Server 2008 R2 SP VHDX 形 式 を ext3 システムでフォーマットすると Linux ゲスト OS がハングします 対 象 WS2012, WS2012R2 現 象 ゲスト OS のインストール 時 に VHDX 形 式 の 仮 想 ハードディスクファイルを ext3 システムで フォーマットすると Linux ゲスト OS がハングします VHD 形 式 の 仮 想 ハードディスクファイルを 使 用 してください Copyright FUJITSU LIMITED

25 Linux 仮 想 マシンでパススルーディスクが 認 識 されません 対 象 WS2008R2, WS2012 現 象 仮 想 マシンにパススルーディスクとして 物 理 ハードディスクを 接 続 する 際 に 仮 想 マシンのプロ パティで SCSI コントローラーの 場 所 が"0" 以 外 の 場 所 を 指 定 し 接 続 すると ゲスト OS から ディスクが 認 識 されません 初 めて SCSI コントローラーに 物 理 ハードディスクを 追 加 する 場 合 は 場 所 "0"で 指 定 してくださ い なお すでに 場 所 "0"のディスクが 存 在 する 場 合 は 場 所 "0" 以 外 で 追 加 したディスクも 認 識 されます Linux 仮 想 マシンに 127GB 以 上 の VHD を 割 り 当 てても 127GB までしか 認 識 しません 対 象 WS2008R2 現 象 Linux 仮 想 マシンに 127GB 以 上 の VHD を 割 り 当 てても 127GB までしか 認 識 しません 以 下 修 正 プログラムを 適 用 してください Incorrect available space is displayed in a Linux Hyper-V virtual machine on a Windows Server 2008 R2-based computer Copyright FUJITSU LIMITED

26 Linux 仮 想 マシンの 再 起 動 時 に のイベントログにトリプルフォルト 発 生 の イベントが 出 力 されます 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 Linux 仮 想 マシンの 再 起 動 時 のイベントログに 以 下 エラーログが 表 示 されます ログの 名 前 :Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker/Admin ソース :Hyper-V-Worker イベント ID :18560 レベル : 重 大 仮 想 プロセッサでの 修 復 不 可 能 なエラーによりトリプル フォールトが 発 生 したため ' 仮 想 マシン 名 'はリセットされました 問 題 が 解 決 しない 場 合 は 製 品 サポートにお 問 い 合 わせください 本 イベントログは Linux の 仕 様 です イベントログは 無 視 して 構 いません 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Triple fault in event log shows reset of Linux virtual machines Copyright FUJITSU LIMITED

27 Linux 統 合 サービスを 使 用 する Linux 仮 想 マシンは APIC を 有 効 にする 必 要 があります 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 Linux 仮 想 マシンで noapic ブートオプションを 有 効 した 場 合 起 動 に 失 敗 する 場 合 がありま す noapic ブートオプションは 利 用 しないでください 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Linux Integration Services and APIC support Linux 仮 想 マシンを 使 用 する 場 合 は 固 定 の MAC アドレスを 使 用 してください 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 仮 想 マシンに 動 的 に MAC アドレスが 割 り 当 てられている 場 合 仮 想 マシンを 別 のホストへ 移 動 する 動 作 (ライブマイグレーション Hyper-V レプリカのフェールオーバー 等 )で MAC アドレスが 後 で 変 更 されてしまう 可 能 性 があります Linux 仮 想 マシンでは udev が 動 作 している 場 合 MAC アドレスに 変 更 があると 別 のネットワークアダプターとして 認 識 されます 詳 細 は 以 下 を 参 照 してください Best Practices for running Linux on Hyper-V 固 定 MAC アドレスを 使 用 することによりこの 問 題 を 回 避 できます Linux 仮 想 マシンでは ゲスト OS 内 のネットワーク 名 がランダムな 名 前 で 表 示 され る 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 仮 想 ネットワークアダプターとレガシーネットワークアダプターを 混 在 させると ifconfig コマンドで 表 示 されるネットワーク 名 がランダムな 名 前 で 表 示 されることがあります 詳 細 は 以 下 を 参 照 してください Best Practices for running Linux on Hyper-V 仮 想 ネットワークアダプターを 使 用 する 場 合 は レガシーネットワークアダプターを 使 用 しないで ください Copyright FUJITSU LIMITED

28 仮 想 マシンがクラッシュまたはリセットした 場 合 に 時 刻 が 正 しくなくなることがあ ります 対 象 WS2012 現 象 仮 想 マシンがクラッシュまたはリセットした 場 合 に ゲスト OS の 時 刻 が 正 しくなくなることがあり ます 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 マイクロソフト 社 公 開 情 報 から 取 得 した 以 下 の 修 正 プログラムを 適 用 してください System time of a virtual machine becomes incorrect after it crashes or resets in a 64-bit Windows 8-based or Windows Server 2012-based Hyper-V host 仮 想 マシンのファイルをルートディレクトリへ 配 置 できません 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 仮 想 マシンのファイルを E:\などのルートディレクトリへは 配 置 できません また CSV でマウントされている C:\ClusterStorage\VolumeX へファイルを 配 置 することはでき ません 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Hyper-V virtual machine supported file locations フォルダを 作 成 して フォルダ 内 へファイルを 配 置 してください Copyright FUJITSU LIMITED

29 Sysprep を 実 行 すると 仮 想 マシンが 起 動 できなくなる 場 合 がある 対 象 WS2012R2 現 象 ゲスト OS に WS2012 または Win8 を 使 用 している 場 合 Sysprep 後 に 再 起 動 すると 起 動 できな いか デバイスエラーが 発 生 する 場 合 があります 症 状 1 Sysprep 実 行 後 の 初 回 起 動 時 に 以 下 のエラーが 発 生 します 要 求 されたファイルが 見 つからないか エラーがあるため オペレーティング システム をロードできませんでした storvsc.sys もしくは vmbus.sys エラー コード: 0xc 症 状 2 仮 想 デバイスのプロパティで 以 下 のエラーが 表 示 されます 問 題 が 発 生 したのでこのデバイスは 停 止 しました (コード 43) このデバイスを 開 始 できません (コード 10) 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Windows 8 または Windows Server 2012 の 仮 想 マシンで Sysprep 後 に OS が 起 動 しない Sysprep のオプションに/mode:vm を 付 けることにより 回 避 できます 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 マイクロソフト 社 公 開 情 報 から 取 得 した 以 下 のいずれかの 修 正 プログラムを 適 用 してください Windows 8 および Windows Server 2012 の 更 新 プログラムのロールアップ (2012 年 12 月 ) または Windows 8 および Windows Server 2012 の 更 新 プログラムのロールアップ (2013 年 4 月 ) Copyright FUJITSU LIMITED

30 が WS2012R2 Datacenter 上 のゲスト OS で 不 明 なデバイスが 作 成 されます 対 象 WS2012R2 現 象 が WS2012R2 Datacenter の 場 合 には WS2008R2,Win7 以 前 のゲスト OS では 不 明 な デバイスが 作 成 されます これは 仮 想 マシンの 自 動 ライセンス 認 証 (AVMA) 機 能 により 作 成 さ れたため 不 明 なデバイスとして 認 識 されます 認 識 されるハードウェア ID は 以 下 の 通 りです Microsoft Hyper-V アクティベーション コンポーネント vmbus\{4487b255-b88c-403f-bb51-d1f69cf17f87} vmbus\{3375baf4-9e15-4b30-b765-67acb10d607b} Microsoft Hyper-V リモート デスクトップ コントロール チャネル vmbus\{99221fa0-24ad-11e2-be98-001aa01bbf6e} vmbus\{f8e cb3-4a06-9a c5cccab5} 詳 細 は 以 下 KB をご 確 認 ください Unknown Device (VMBUS) in Device manager in Virtual Machine for AVMA 動 作 には 問 題 がないので 無 視 してください Linux 仮 想 マシンで 上 で kdump または kexec が 使 用 できない 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 Hyper-V 上 の Linux 仮 想 マシンで kdump を 構 成 した 場 合 ゲスト OS がクラッシュしても Linux カーネルからコアダンプが 正 常 に 作 成 されません Hyper-V 上 の Linux 仮 想 マシンで kdump を 使 用 する 場 合 は kdump 機 能 有 効 化 後 に kexec カー ネルを 構 成 する 必 要 があります Linux ディストリビューションによってパラメーターの 設 定 方 法 が 異 なるため 詳 細 手 順 は 以 下 の KB を 参 照 してください Can't use kdump or kexec for Linux virtual machines on Hyper-V TIPS 論 理 CPU と 仮 想 CPU の 比 率 制 限 について 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 説 明 <WS2008, WS2008R2 の 場 合 > ゲスト OS 種 別 にかかわらず 論 理 CPU : 仮 想 CPU の 比 率 は 1 : 8 までサポートされます <WS2008R2SP1 の 場 合 > 次 の 条 件 にすべて 該 当 する 場 合 のみ 1 : 12 までサポートされます 条 件 1 が WS2008R2SP1 以 降 条 件 2 使 用 しているゲスト OS がすべて Win7 <WS2012, WS2012R2 の 場 合 > 論 理 CPU と 仮 想 CPU の 比 率 の 制 限 はありません Copyright FUJITSU LIMITED

31 3 統 合 サービス 3.1 留 意 事 項 Virtual Server からの 移 行 後 統 合 サービスが 正 しく 動 作 しない 場 合 があります 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 Virtual Server で 使 用 していた 仮 想 マシンの VHD ファイルを Hyper-V で 使 用 すると 統 合 サービ スが 正 しく 動 作 しない 場 合 があります Virtual Server から 移 行 する 場 合 は 移 行 前 に 以 下 の 作 業 が 必 要 になります Virtual Server の[バーチャルマシンの 追 加 機 能 ]のアンインストール HAL の 検 出 アップグレード 詳 細 はリンク 先 のドキュメント Windows Server 2008 の Hyper-V RTM 版 インストール 手 順 書 V1.0 内 の P6~P8 Virtual Server 2005 R2 からのゲスト OS 移 行 手 順 を 参 照 してください Hyper-V%20RTM%20Installation%20Manual.doc 最 新 の 統 合 サービス 適 用 時 以 前 のバージョンの 統 合 サービスが 検 出 されます 対 象 WS2008, WS2008R2 現 象 統 合 サービス 適 用 時 同 版 の 統 合 サービスをすでに 適 用 済 みであるにも 関 わらず 以 下 のダイ アログ 画 面 が 表 示 されます 最 新 の 統 合 サービスがインストールされていても 上 記 のダイアログ 画 面 は 表 示 されます 現 在 インストールされている 統 合 サービスのバージョンは 以 下 の 方 法 で 確 認 できます 1. ファイル 名 を 指 定 して 実 行 をクリックして devmgmt.msc を 入 力 し OK をクリックします 2. システム デバイス の 仮 想 マシン パス をダブルクリックします 3. ドライバ のタブをクリックして バージョン の 項 目 を 確 認 します ゲスト OS が Win7/WS2008R2 では 統 合 サービスセットアップディスク 挿 入 時 に 同 版 の 有 無 が 検 出 されます 最 新 の 統 合 サービスがインストールされていない 場 合 は OK をクリックし インストールしてくだ さい Copyright FUJITSU LIMITED

32 3.1.3 リモートデスクトップでホストに 接 続 後 仮 想 マシンのマウスが 使 用 できません 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 リモートデスクトップでホストに 接 続 し vmconnectで 仮 想 マシンに 接 続 した 場 合 に 以 下 のダイア ログ 画 面 が 表 示 され マウスを 使 用 することができません vmconnect とは Hyper-V マネージャーで 仮 想 マシン 名 をダブルクリック またはメニュー 項 目 から[ 接 続 ]を 選 択 した 際 仮 想 マシンのウィンドウを 表 示 するプログラムのことです 統 合 サービスをインストールしてください ゲスト OS が Win7/WS2008R2 以 降 の 場 合 OS セットアップ 時 からマウスキャプチャが 可 能 で す Windows 以 外 のゲスト OS を 使 用 している 場 合 に イベントログ(ID: 6, 27, 4010, 23014) が 出 力 される あるいはネットワークが 低 下 と 表 示 される 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 Linux 等 の Windows 以 外 のゲスト OS を 使 用 している 場 合 に Hyper-V マネージャーのネット ワーク 状 態 表 示 に 低 下 ( 統 合 サービスのアップグレードが 必 要 です) と 表 示 される 場 合 が 有 り ます また 以 下 イベントログが 出 力 されます (ゲスト OS の 版 数 により 出 力 されない 場 合 もありま す ) ソース : Hyper-V-Worker イベント ID : レベル : 警 告 < 仮 想 マシン> のデバイス Microsoft Synthetic Display Controller は 読 み 込 まれましたが サーバーからの 別 のバージョンが 含 まれています サーバー バージョン 3.3 クライアント バージョン 3.2 ( 仮 想 マシン ID XXXXXX) デバイスは 動 作 しますが この 構 成 はサポートされて いません したがって この 問 題 が 解 決 されるまではテクニカル サポートが 提 供 されません こ の 問 題 を 解 決 するには 統 合 サービスをアップグレードしてください アップグレードするには 仮 想 マシンに 接 続 し [ 操 作 ]メニューから[ 統 合 サービス セットアップディスクの 挿 入 ]を 選 択 しま す Copyright FUJITSU LIMITED

33 ソース : Hyper-V-Integration-Data-Exchange イベント ID : 4010 レベル : 警 告 Hyper-V データ 交 換 サービスは < 仮 想 マシン> に 接 続 しましたが 接 続 先 のバージョンが Hyper-V ( 仮 想 マシン ID XXXXXX) が 要 求 しているバージョンと 一 致 していません フレーム ワーク バージョン: Negotiated (3.0) Expected (3.0); メッセージ バージョン: Negotiated (4.0) Expected (5.0) この 構 成 はサポートされていません したがって この 問 題 が 解 決 されるまでは テクニカル サポートが 提 供 されません この 問 題 を 解 決 するには 統 合 サービスをアップグ レードしてください アップグレードするには 仮 想 マシンに 接 続 し [ 操 作 ]メニューから[ 統 合 サービス セットアップディスクの 挿 入 ]を 選 択 します ソース : Hyper-V-VmSwitch イベント ID : 27 レベル : 警 告 Networking device in < 仮 想 マシン> loaded but has a different version from the server. Server version 5.0 Client version 3.2 (Virtual machine ID XXXXXX). The device will work, but this is an unsupported configuration. This means that technical support will not be provided until this problem is resolved. To fix this problem, upgrade the integration service. To upgrade, connect to the virtual machine and select Insert Integration Services Setup Disk from the Action menu. ソース : storvsp イベント ID : 6 レベル : 警 告 A storage device in < 仮 想 マシン> loaded but has a different version from the server. Server version 6.0 Client version 5.1 (Virtual machine ID XXXXXX). The device will work, but this is an unsupported configuration. This means that technical support will not be provided until this problem is resolved. To fix this problem, upgrade the integration service. To upgrade, connect to the virtual machine and select Insert Integration Services Setup Disk from the Action menu. 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Degraded integration services message for non-windows guests イベントログ 内 容 に この 構 成 はサポートされていません と 記 載 がありますが サポート 対 象 Linux ゲスト OS の 場 合 は イベントログが 出 力 されていてもサポートされる 構 成 となります 動 作 には 特 に 影 響 しないため 表 示 は 無 視 してください Copyright FUJITSU LIMITED

34 3.2 TIPS 統 合 サービスのバージョンミスマッチの 確 認 方 法 対 象 WS2012, WS2012R2 説 明 Hyper-V では とゲスト OS の 統 合 サービスのバージョンが 一 致 していることが 推 奨 さ れますが バージョンが 異 なる 場 合 でも 問 題 が 発 生 しないケースがあります 統 合 サービスのバージョン 確 認 方 法 バージョンミスマッチの 種 類 その 対 処 に 関 して 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Hyper-V における 統 合 サービスのバージョンミスマッチ 確 認 方 法 Copyright FUJITSU LIMITED

35 4 Hyper-V 操 作 4.1 留 意 事 項 クリップボードからテキストを 入 力 が 正 常 に 機 能 しません 対 象 WS2008, WS2008R2 現 象 vmconnect 使 用 時 の クリップボードからテキストを 入 力 が 正 常 に 機 能 しません 英 数 字 入 力 のみ 正 常 な 動 作 が 確 認 できています 日 本 語 入 力 でこの 機 能 を 使 用 しないでくださ い 仮 想 マシンセットアップ 時 にハードディスクを 認 識 しません 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 仮 想 マシンのインストール 時 にハードディスクを 認 識 しません WS2012 以 前 の Hyper-V の 仮 想 マシンや WS2012R2 Hyper-V で 第 1 世 代 の 仮 想 マシンでは ブートディスクは IDE コントローラーを 使 用 している 必 要 があります 仮 想 マシンの 設 定 画 面 か ら ブートディスクが SCSI コントローラーになっていないか 確 認 してください なお WS2012R2 Hyper-V で 第 2 世 代 の 仮 想 マシンでは SCSI コントローラーがブートディスク となります ゲスト OS が XP または WS2000 の 仮 想 マシンで 仮 想 SCSI コントローラーが 使 用 でき ません 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 ゲスト OS が XP または WS2000 の 仮 想 マシンで 仮 想 SCSI コントローラーを 使 用 することができ ません 仕 様 によりゲスト OS が XP または WS2000 の 仮 想 マシンでは 仮 想 SCSI コントローラーを 使 用 することができません 仮 想 IDE コントローラーを 使 用 してください Copyright FUJITSU LIMITED

36 4.1.4 仮 想 マシン 上 でドメインコントローラーを 構 築 するには 特 別 な 注 意 が 必 要 です 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 仮 想 マシン 上 でドメインコントローラーを 構 築 すると 誤 動 作 や 安 全 性 が 低 下 する 場 合 がありま す 物 理 マシン 上 にドメインコントローラーを 構 築 する 場 合 とは 異 なる 観 点 で 誤 動 作 発 生 防 止 や 安 全 性 向 上 を 図 る 必 要 があります 仮 想 マシン 上 でドメインコントローラーを 構 築 する 場 合 下 記 を 参 照 してください <WS2012> Active Directory Domain Services (AD DS) Virtualization Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の 仮 想 化 (レベル 100) の 概 要 <WS2008R2> Hyper-V でのドメイン コントローラーの 実 行 ion_hyperv(ws.10).aspx 仮 想 化 ドメイン コントローラーの 計 画 に 関 する 考 慮 事 項 仮 想 化 ドメイン コントローラーの 展 開 に 関 する 考 慮 事 項 仮 想 化 ドメイン コントローラーの 運 用 に 関 する 考 慮 事 項 仮 想 化 ドメイン コントローラーのバックアップと 復 元 に 関 する 考 慮 事 項 付 録 A: 仮 想 化 ドメイン コントローラーとレプリケーションに 関 する 問 題 Copyright FUJITSU LIMITED

37 4.1.5 Hyper-V マネージャーから 接 続 した 仮 想 マシンの 画 面 表 示 やマウス 操 作 に 問 題 が 発 生 します 対 象 WS2008, WS2008R2 現 象 Hyper-V マネージャーから 仮 想 マシンに vmconnect を 使 用 して 接 続 すると 仮 想 マシン 上 で 以 下 の 現 象 が 発 生 することがあります 画 面 が 表 示 されない または 解 像 度 が 既 定 のサイズに 変 更 される マウスカーソルが 動 かなくなる または 表 示 されなくなる 本 現 象 に 関 連 して ホスト 上 に 次 の 警 告 イベントが 記 録 されます 現 象 発 生 の 30 日 前 イベント ID:12510 ソース:Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS サーバー 認 証 に 使 用 される 証 明 書 の 有 効 期 限 は 30 日 間 です 証 明 書 の 有 効 期 限 が 切 れる と 仮 想 マシンへのリモート アクセスはできなくなります 証 明 書 を 更 新 するか 再 作 成 してくだ さい [ 注 意 ] イベントログ 中 では リモートアクセス と 記 載 されていますが 本 現 象 は Hyper-V マネージャー からの vmconnect による 接 続 で 発 生 します 現 象 発 生 時 イベント ID:12520 ソース:Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS サーバー 認 証 用 の 自 己 署 名 証 明 書 を 自 動 生 成 しています 問 題 発 生 後 の 対 応 として 以 下 の 2 つのうち どちらかの 操 作 を 実 行 してください 仮 想 マシンを 保 存 状 態 にし 再 開 します 仮 想 マシンを 再 起 動 します 本 現 象 は Hyper-V VMMS 証 明 書 の 有 効 期 限 ( 既 定 では 1 年 間 )が 更 新 されるタイミングで 発 生 することがあります 本 件 に 関 する 情 報 はマイクロソフト 社 より KB として 公 開 されています Hyper-V マネージャー コンソールを 使 用 して 仮 想 マシンを 管 理 するときにマウスと 画 面 解 像 度 の 問 題 が 発 生 する Copyright FUJITSU LIMITED

38 4.1.6 仮 想 マシンに 接 続 できません エラーが 表 示 され Hyper-V マネージャーから 仮 想 マシンに 接 続 できない 場 合 があります 対 象 WS2008R2 現 象 Hyper-V マネージャーから 仮 想 マシンに vmconnect を 使 用 して 接 続 すると 次 のエラーが 表 示 さ れ 仮 想 マシンに 接 続 できない 場 合 があります 仮 想 マシンに 接 続 できません 接 続 を 再 試 行 してください 問 題 が 解 決 しない 場 合 には システム 管 理 者 に 問 い 合 わせてください 接 続 を 再 試 行 しますか? また 本 現 象 の 発 生 時 ホスト 上 で 次 のイベントログが 出 力 されます イベント ID:12480 ソース:Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker ' 仮 想 マシン 名 ': コンピューター リモート 処 理 システムでエラーが 発 生 しました 修 正 プログラムの 適 用 による 回 避 復 旧 方 法 以 下 のマイクロソフト 社 公 開 情 報 から 取 得 した 修 正 プログラムをホストに 適 用 してください You cannot connect to a virtual machine by using the Hyper-V Manager MMC snap-in in Windows Server 2008 R2 修 正 プログラムを 適 用 しない 場 合 の 一 時 的 な 復 旧 方 法 以 下 のいずれかの 操 作 をホストから 実 行 することで 一 時 的 な 復 旧 が 可 能 です 接 続 のできない 仮 想 マシンをシャットダウンしてから 当 該 仮 想 マシンを 再 起 動 する 接 続 のできない 仮 想 マシンを 保 存 してから 当 該 仮 想 マシンを 再 開 する ホストを 再 起 動 する Copyright FUJITSU LIMITED

39 4.1.7 拡 張 セッションモードの 接 続 の 設 定 を 保 存 後 設 定 を 変 更 できなくなります 対 象 WS2012R2 現 象 拡 張 セッションモード 利 用 時 に 今 後 この 仮 想 マシンに 接 続 するときのために 設 定 を 保 存 す る をチェックし 接 続 の 設 定 を 保 存 すると 設 定 の 変 更 ができなくなります 拡 張 セッションモードを 利 用 するユーザーの %appdata%\microsoft\windows\hyper-v\client\1.0 に 作 成 される vmconnect.rdp.<guid>.config を 削 除 し 再 度 拡 張 セッションモードでの 接 続 を 実 施 すると 再 設 定 ができるようになります 仮 想 マシンの 作 成 日 が 1601/01/01 になります 対 象 WS2012R2 現 象 Hyper-V マネージャーで 仮 想 マシンの 要 約 に 表 示 されている 作 成 日 が 1601/01/01 9:00:00 と 表 示 されることがあります 動 作 には 影 響 がないので 無 視 してください 正 しい 作 成 日 を 表 示 したい 場 合 は 仮 想 マシンが 起 動 している 時 に 仮 想 マシン 管 理 サービス(vmms.exe)を 再 起 動 してください Copyright FUJITSU LIMITED

40 4.1.9 仮 想 マシンのメモリ 設 定 でスタートアップ RAM に 表 示 されるヒントの 最 大 値 は 実 際 に 使 用 できる 値 ではありません 対 象 WS2012, WS2012R2 現 象 以 下 のケースで スタートアップ RAM に 表 示 されるヒントの 最 大 値 は 実 際 に 使 用 できる 値 では ありません 動 的 メモリを 使 用 していない 場 合 動 的 メモリを 使 用 している 場 合 最 大 RAM の 値 が 実 際 に 確 保 できない 値 を 設 定 している 場 合 ここに 表 示 されている 値 は 固 定 されていて 別 のプロセスでメモリを 消 費 していても 変 動 しませ ん この 値 をメモリのサイジングに 使 用 しないでください 実 際 に 使 用 できる 値 は パフォーマンスカウンタの Dynamic Memory Balancer\Available Memory で 確 認 してください Hyper-V ホストで 物 理 CD/DVD ドライブを 突 然 取 り 外 すとゲスト OS がハングします 対 象 WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 USB などにより Hyper-V ホストに 接 続 した CD/DVD ドライブを 仮 想 マシンから 使 用 している 場 合 その CD/DVD ドライブを 正 規 の 方 法 以 外 でホストから 取 り 外 すと 仮 想 マシンが 次 回 シャット ダウン 中 にハング( 応 答 停 止 )になります でタスクバー 内 のシステムアイコントレイより 安 全 な 取 り 外 し をクリックしてから 物 理 的 に CD/DVD ドライブを 取 り 外 してください もしくは ISO 形 式 ファイルを 使 用 してください 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください Hyper-V ホストで 外 付 け CD/DVD 装 置 を 突 然 取 り 外 すと 仮 想 マシンが 応 答 停 止 となる 第 2 世 代 仮 想 マシンで 物 理 CD/DVD ドライブを 使 用 できません 対 象 WS2012R2 現 象 第 2 世 代 仮 想 マシンでは 仮 想 マシン 設 定 で 物 理 CD/DVD ドライブを 仮 想 マシンに 接 続 するこ とができません 第 2 世 代 仮 想 マシンの 仕 様 です ゲスト OS のインストールなどを 行 う 場 合 は CD/DVD のメディアを ISO 形 式 ファイルに 変 換 して 使 用 してください Copyright FUJITSU LIMITED

41 vfc 接 続 にてゲスト OS からストレージを 認 識 しません 対 象 WS2012, WS2012R2 現 象 vfc( 仮 想 ファイバーチャネル) 接 続 を 行 う 構 成 にて ゲスト OS からストレージを 認 識 しない 場 合 があります Hyper-V 環 境 において vfc 接 続 を 行 う 場 合 は NPIV(N_Port ID Virtualization) 対 応 の 装 置 で FC-SAN を 構 成 する 必 要 があります FC スイッチを 使 用 せずストレージと 直 接 接 続 すると NPIV 対 応 の FC-SAN を 構 成 できない 場 合 があります その 場 合 は NPIV に 対 応 した FC スイッチを 使 用 してください IPv6 アドレスに Teredo のアドレスを 使 用 する 環 境 で 仮 想 マシン 接 続 (vmconnect)が 切 断 されることがあります 対 象 WS2008 WS2008R2 WS2012 WS2012R2 現 象 IPv6 アドレスに Teredo のアドレスを 使 用 する 環 境 において Hyper-V マネージャーから 仮 想 マ シンへの 接 続 (vmconnect)が 以 下 のエラーメッセージが 表 示 され 切 断 されることがあります 仮 想 マシンへの 接 続 が 失 われました ただし 再 度 仮 想 マシンへ 接 続 すると 正 常 に 接 続 できます Teredo もしくは IPv6 を 無 効 化 します これにより 仮 想 マシン 接 続 は IPv4 アドレスを 使 用 し て 接 続 するようになるため 現 象 が 回 避 されます 詳 細 は 以 下 の KB を 参 照 してください ゲスト OS への 仮 想 マシン 接 続 (vmconnect)が 突 然 切 断 される Hyper-V マネージャーから 異 なる OS バージョンの Hyper-V をリモートで 管 理 できま せん 対 象 WS2008, WS2008R2, WS2012, WS2012R2 現 象 Hyper-V マネージャーから 異 なる OS バージョンの Hyper-V をリモートで 管 理 できません Hyper-V マネージャーと 管 理 対 象 の Hyper-V のバージョンの 組 み 合 わせによって 管 理 できな い 場 合 があります 対 応 可 能 な 組 み 合 わせについては 以 下 を 参 照 してください Remotely manage Hyper-V Copyright FUJITSU LIMITED

CSV_Backup_Guide

CSV_Backup_Guide ActiveImage Protector による クラスター 共 有 ボリュームのバックアップ 運 用 ガイド 第 5 版 - 2015 年 4 月 20 日 Copyright NetJapan, Inc. All Rights Reserved. 無 断 複 写 転 載 を 禁 止 します 本 ソフトウェアと 付 属 ドキュメントは 株 式 会 社 ネットジャパンに 所 有 権 および 著 作

More information

現象 2 仮想マシン起動時に イベントログ ( システムログ ) に次のエラーイベントが記録される イベントログ内容種類 : エラーソース :storvsp イベント ID:5 Cannot load storage device in ' 任意の仮想マシン名 ' because the versi

現象 2 仮想マシン起動時に イベントログ ( システムログ ) に次のエラーイベントが記録される イベントログ内容種類 : エラーソース :storvsp イベント ID:5 Cannot load storage device in ' 任意の仮想マシン名 ' because the versi 警告 エラーイベントが記録される現象について ホスト OS に記録されるイベントログ 現象 1 仮想マシン起動時に イベントログ ( システムログ ) に次のエラーイベントが記録される イベントログ内容種類 : エラーソース :Microsoft-Windows-Hyper-V-VmSwitch イベント ID:26 Cannot load networking driver in 任意の仮想マシン名

More information

医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情

医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情 報 入 力 項 目 2 1.2.2 子 ども 医 療 費 明 細 入 力 項 目 3 1.2.3 ひとり

More information

変 更 履 歴 日 付 Document ver. 変 更 箇 所 変 更 内 容 2015/3/27 1.0.0 新 規 追 加 2015/9/24 誤 字 修 正 2016/2/19 1.01 動 作 環 境 最 新 のものへ 変 更 全 体 オペレーター の 表 記 を 削 除 2016/5/

変 更 履 歴 日 付 Document ver. 変 更 箇 所 変 更 内 容 2015/3/27 1.0.0 新 規 追 加 2015/9/24 誤 字 修 正 2016/2/19 1.01 動 作 環 境 最 新 のものへ 変 更 全 体 オペレーター の 表 記 を 削 除 2016/5/ KDDI Smart Mobile Safety Manager Mac ユーザーマニュアル 最 終 更 新 日 2016 年 5 月 26 日 Document ver.1.0.2 1 変 更 履 歴 日 付 Document ver. 変 更 箇 所 変 更 内 容 2015/3/27 1.0.0 新 規 追 加 2015/9/24 誤 字 修 正 2016/2/19 1.01 動 作 環 境

More information

目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 ) 13

目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 ) 13 積 算 内 訳 書 の 作 成 マニュアル 平 成 26 年 1 形 県 県 整 備 部 建 設 企 画 課 目 次 1. 積 算 内 訳 書 に 関 する 留 意 事 項 1 ページ 2. 積 算 内 訳 書 のダウンロード 3 ページ 3. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2003の 場 合 ) 6 ページ 4. 積 算 内 訳 書 の 作 成 (Excel 2007の 場 合 )

More information

同 期 を 開 始 する( 初 期 設 定 ) 2 1 Remote Link PC Sync を 起 動 する 2 1 接 続 機 器 の [PIN コード ] [ ユーザー 名 ] [ パスワード ] を 入 力 する [PIN コード ] などの 情 報 は 接 続 機 器 の 設 定 画 面

同 期 を 開 始 する( 初 期 設 定 ) 2 1 Remote Link PC Sync を 起 動 する 2 1 接 続 機 器 の [PIN コード ] [ ユーザー 名 ] [ パスワード ] を 入 力 する [PIN コード ] などの 情 報 は 接 続 機 器 の 設 定 画 面 画 面 で 見 る マ ニ ュ ア ル Remote Link 3 対 応 自 動 同 期 アプリ Remote Link PC Sync Remote Link PC Sync は 接 続 機 器 とパソコンとの 間 でファイルの 自 動 同 期 をするアプリです 本 アプリサイトの 対 応 製 品 型 番 に 記 載 された 機 器 動 作 環 境 機 種 OS Windows 8.1(32/64

More information

iStorage ソフトウェア VMware vSphere Web Client Plug-in インストールガイド

iStorage ソフトウェア VMware vSphere Web Client Plug-in インストールガイド istorage ソフトウェア VMware vsphere Web Client Plug-in インストールガイド はじめに このインストールガイドでは WebSAM Storage VMware vsphere Web Client Plug-in のインストールに 関 して 説 明 しています 本 製 品 は VMware vcenter Server VMware vsphere Web

More information

Microsoft Word - 操作マニュアル(石油コンビナート_オフラインソフト編)_v0.2.doc

Microsoft Word - 操作マニュアル(石油コンビナート_オフラインソフト編)_v0.2.doc 総 務 省 消 防 庁 統 計 調 査 系 システム 操 作 マニュアル 石 油 コンビナート 等 実 態 調 査 業 務 (オフライン オフラインソフト 編 ) 第 0.2 版 平 成 25 年 3 月 総 務 省 消 防 庁 改 訂 履 歴 版 改 訂 日 改 訂 内 容 第 0.1 版 平 成 24 年 1 月 24 日 新 規 作 成 第 0.2 版 平 成 24 年 3 月 2 日 第 4

More information

工事記録写真チェックシステム 操作説明書

工事記録写真チェックシステム 操作説明書 工 事 記 録 写 真 チェックシステム - 操 作 説 明 書 - 平 成 24 年 11 月 東 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 - 目 次 - 1. 概 要 1-1. 対 象 要 領 1-2. 動 作 環 境 1-3. チェック 内 容 2. 操 作 方 法 2-1. システムの 起 動 2-2.

More information

目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool の 使 い 方 10 4-1 HDD Password Tool を 起 動 する

目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool の 使 い 方 10 4-1 HDD Password Tool を 起 動 する HDD Password Tool USB3.0/2.0 東 芝 製 外 付 けハードディスク CANVIO 用 パスワードツールソフトウェア 取 扱 説 明 書 1.10 版 - 1 - 目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool

More information

あいち電子調達共同システム

あいち電子調達共同システム (2) 提 出 依 頼 書 の 確 認 提 出 依 頼 書 が 発 行 されると 利 用 者 登 録 で 指 定 したメールアドレスへお 知 らせが 送 信 されま すので 提 出 依 頼 書 を 確 認 します 調 達 案 件 一 覧 画 面 で 案 件 情 報 を 確 認 し 提 出 依 頼 書 を 表 示 します 操 作 1 調 達 案 件 検 索 画 面 で 検 索 条 件 を 入 力 し

More information

PC 移 行 は 以 下 の 流 れで 行 います 次 ページ 以 降 に 各 手 順 を 記 載 しますのでご 確 認 ください ( をクリックすると 該 当 の 説 明 にジャンプします ) 移 行 元 のPCでの 作 業 Step1 移 行 するデータをバックアップする (3ページ) [データ

PC 移 行 は 以 下 の 流 れで 行 います 次 ページ 以 降 に 各 手 順 を 記 載 しますのでご 確 認 ください ( をクリックすると 該 当 の 説 明 にジャンプします ) 移 行 元 のPCでの 作 業 Step1 移 行 するデータをバックアップする (3ページ) [データ 奉 行 i8/i シリーズ(スタンドアロン 版 ) PC 移 行 の 手 順 書 新 しいPCを 購 入 したので このPCで 奉 行 製 品 を 利 用 したい など 現 在 ご 利 用 のPCから 別 PCで 奉 行 製 品 をご 利 用 になる 場 合 の 移 行 手 順 を 説 明 します 次 ページに 各 作 業 の 流 れを 記 載 しますのでご 確 認 ください 移 行 元 のPC 1

More information

インストール インストール ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると 下 記 のファイルが 展 開 されます JigenApp.exe JigenRestart.exe JIGENctrl.dll PC 内 の 任 意 の 同 一 フォルダに 上 記 ファイル 全 てコピーします インストール

インストール インストール ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると 下 記 のファイルが 展 開 されます JigenApp.exe JigenRestart.exe JIGENctrl.dll PC 内 の 任 意 の 同 一 フォルダに 上 記 ファイル 全 てコピーします インストール 時 限 消 去 & 暗 号 化 HDD ケース JIGEN マニュアル WINDOWS 版 対 応 OS:Windows XP Vista 7 8 型 番 CT-25-ERP 組 み 立 て 注 意 すでに 使 用 中 の HDD を 暗 号 化 することはできません 本 機 にて 使 用 する HDD の 内 容 は 消 去 されます 誤 って 本 機 を 使 用 してデータ データが 消 失 しても

More information

文科省様式3-2集計オプションマニュアル

文科省様式3-2集計オプションマニュアル 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプション 利 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 8 日 日 本 加 除 出 版 株 式 会 社 1 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプション とは 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプションは 日 本 加 除 出 版 株 式 会 社 発 行 の 小 学 校 理 科 教 育 等 設 備 台 帳 ( 平 成 23 年 度 ~ 平 成 34 年 度

More information

04-03-02_禑暥ã†�ã…“ã……ã…‹ç«¯æœ«ã‡»ã……ã…‹ã‡¢ã……ã…Šæ›‰é€ƒæł¸ã•’10ã•‚V1.3.xls

04-03-02_禑暥ã†�ã…“ã……ã…‹ç«¯æœ«ã‡»ã……ã…‹ã‡¢ã……ã…Šæ›‰é€ƒæł¸ã•’10ã•‚V1.3.xls HumanBridge EHRソリューション 01. 福 来 たネット 端 末 セットアップツール 利 用 手 順 書 (Windows 10 端 末 用 ) V 1.0 1セットアップ 前 に インターネットに 接 続 出 来 るパソコンへ 福 来 たネット 接 続 (VPN)の 設 定 を 施 し 福 来 たネットをご 利 用 するための 設 定 手 順 書 となります ただし 地 域 連 携

More information

Untitled

Untitled VMware vsphere ESX のインストール この 章 の 内 容 は 次 のとおりです 内 部 ドライブへの VMware vsphere ESX のインストール, 1 ページ ブート 可 能 SAN LUN への VMware vsphere ESX のインストール, 4 ページ 内 部 ドライブへの VMware vsphere ESX のインストール この 手 順 では Cisco

More information

事前チェック提出用現況報告書作成ツール入力マニュアル(法人用)

事前チェック提出用現況報告書作成ツール入力マニュアル(法人用) 事 前 チェック 提 出 用 現 況 報 告 書 作 成 ツール 入 力 マニュアル ( 法 人 用 ) 平 成 26 年 7 月 一 般 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 目 次 1. ツールの 概 要 1 2. 動 作 環 境 1 3. マクロの 設 定 (1) Excel のバージョンの 確 認 2 (2) マクロの 設 定 3 4. 現 況 報 告 書 の 作 成 (1)

More information

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10 2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が 表 示 されます [ 研 究 者 ログイン]をクリック します 掲 載 している 画 面 は 例 示 です 随 時 変 更 されます 3 科 研 費 電 子 申 請 システムの 応 募 者 ログイン 画 面 が 表 示 されます e-rad の ID パ ス ワード を 入 力 し [ログイン]をクリックします 9 4 応 募 者

More information

入 札 参 加 資 格 申 請 システム 操 作 マニュアル 入 札 参 加 資 格 の 資 格 有 効 ( 変 更 ) 日 を 迎 えると 追 加 届 の 登 録 ができるようになります ( 入 札 参 加 資 格 申 請 の 定 時 受 付 では いずれかの 申 請 先 団 体 から 入 札 参

入 札 参 加 資 格 申 請 システム 操 作 マニュアル 入 札 参 加 資 格 の 資 格 有 効 ( 変 更 ) 日 を 迎 えると 追 加 届 の 登 録 ができるようになります ( 入 札 参 加 資 格 申 請 の 定 時 受 付 では いずれかの 申 請 先 団 体 から 入 札 参 あいち 電 子 調 達 共 同 システム( 物 品 等 ) 入 札 参 加 資 格 申 請 システム 操 作 マニュアル - 業 者 - 目 次... 8-1 8-1 本 店 ID( 業 者 用 ID)の 確 認 ~ 初 期 パスワード 変 更... 8-3 8-1-1 入 札 参 加 資 格 申 請 システム メニュー... 8-3 8-1-2 契 約 営 業 所 等 ID 確 認 (パスワード

More information

01_07_01 データのインポート_エクスポート_1

01_07_01 データのインポート_エクスポート_1 データのインポート/エクスポートについて 概 要 スタッフエクスプレスでは 他 のソフトウェアで 作 成 されたスタッフデータ 得 意 先 データなどを 取 り 込 む(インポートする)ことができます また スタッフエクスプレスに 登 録 済 みのデータを Excel 形 式 CSV 形 式 で 出 力 (エクスポート)す ることができます 注 意 インポートできるデータは 次 の 条 件 を 満

More information

ファイルサーバー(NFS) 構築ガイド

ファイルサーバー(NFS) 構築ガイド CLUSTERPRO D for Linux ファイルサーバー(NFS) 構 築 ガイド 改 版 履 歴 版 数 改 版 日 付 内 容 1 2016/04/20 新 規 作 成 i 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1.1 対 象 読 者 と 目 的...2 1.2 適 用 範 囲...2 1.3 表 記 規 則...2 1.4 免 責 事 項...2 1.5 商 標 情 報...3 1.6

More information

改 版 履 歴 版 数 日 付 履 歴 1 2015/11/30 新 規 作 成 目 次 1 はじめに...3 1-1. 対 象 Windows OS...3 1-2. 本 書 で 使 う 表 記...3 2 Hyper-V を 使 用 するための 準 備...4 2-1. Hyper-V セットア

改 版 履 歴 版 数 日 付 履 歴 1 2015/11/30 新 規 作 成 目 次 1 はじめに...3 1-1. 対 象 Windows OS...3 1-2. 本 書 で 使 う 表 記...3 2 Hyper-V を 使 用 するための 準 備...4 2-1. Hyper-V セットア Express5800 シリーズ Windows 10 Pro Hyper-V インストール 手 順 書 第 1 版 2015/11/30 Microsoft Windows Windows Server Active Directory および Hyper-V は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です

More information

AKiTiO Thunderboltシリーズ 設定ガイド -ソフトウェアRAIDの構成(Mac OS X)

AKiTiO Thunderboltシリーズ 設定ガイド -ソフトウェアRAIDの構成(Mac OS X) 本 書 は Mac OS X の 機 能 として 提 供 される ソフトウェア RAID の 設 定 について 解 説 したものです AKiTiO Thunderbolt シリーズに 付 属 の 取 扱 説 明 書 ( 別 紙 )と 合 わせてご 参 照 ください アミュレット 株 式 会 社 店 頭 営 業 部 101-0021 東 京 都 千 代 田 区 外 神 田 3-5-12 TEL 03-5295-8418

More information

データコピーとは データコピーは 古 い NAS のデータを 新 しい HDL-Z シリーズに 簡 単 にコピーできます 環 境 例 本 製 品 は 以 下 の 用 途 の 際 に 最 適 です 古 い HDL-Z シリーズから 新 しい HDL-Z シリーズへのコピー 古 い HDL-Z シリーズ

データコピーとは データコピーは 古 い NAS のデータを 新 しい HDL-Z シリーズに 簡 単 にコピーできます 環 境 例 本 製 品 は 以 下 の 用 途 の 際 に 最 適 です 古 い HDL-Z シリーズから 新 しい HDL-Z シリーズへのコピー 古 い HDL-Z シリーズ HDL-Z シリーズへデータコピーする データコピー for Windows 画 面 で 見 るマニュアル データコピー for Windows( 以 下 データコピー)は 古 い NAS のデータを 新 しい 弊 社 製 HDL-Z シリーズにコピーするためのアプリです データコピーは インストール 不 要 です そのまま 実 行 できます 対 応 OS Windows Storage Server

More information

Microsoft Word - TS1060353_J Edited3.doc

Microsoft Word - TS1060353_J Edited3.doc オートデスク 株 式 会 社 プロダクトサポート 本 部 3GB スイッチと Revit について 問 題 3GB スイッチを 使 用 して Revit のパフォーマンスを 向 上 させる 方 法 解 決 策 オペレーティング システム 上 では 多 くの 異 なるルールと 設 定 を 使 用 してシステム リソースを 最 大 限 利 用 できるよう 管 理 し すべてのアプリケーションやプロセスでそのリソースを

More information

1

1 2.1 XenServer インストール (1) XenServer システム 要 件 表 2.1.1 XenServer システム 要 件 CPU メモリサイズ ディスクスペース NIC 最 大 32 個 CPU コア 1 つ 以 上 の 64 ビット x86 CPU 1.5GHz 以 上 推 奨 2GHz Windows 仮 想 マシンを 作 成 する 場 合 には ハードウェアに 仮 想 化

More information

2. 製 品 のインストール 時 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 製 品 のインストール 途 中 で [ 製 品 のライセンスと 登 録 ] が 表 示 されます (1) 25 文 字 キーにチェックを 入 れ [ 次 へ]をクリックします (2) [ライセンスキーの 入 力 ] 画

2. 製 品 のインストール 時 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 製 品 のインストール 途 中 で [ 製 品 のライセンスと 登 録 ] が 表 示 されます (1) 25 文 字 キーにチェックを 入 れ [ 次 へ]をクリックします (2) [ライセンスキーの 入 力 ] 画 Arcserve Backup 製 品 のライセンスキー 登 録 システムご 使 用 方 法 もくじ 1. ライセンスキー 登 録 について 2. 製 品 のインストール 時 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 3. 製 品 インストール 後 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 3-1 製 品 を 立 ち 上 げてライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 3-2 CA_LIC

More information

ESET Smart Security 8 リリースノート

ESET Smart Security 8 リリースノート ================================================================== ESET Smart Security 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ 株 式 会 社 ================================================================== はじめに キヤノンITソリューションズ

More information

Visio-XPSP2_Mpro.vsd

Visio-XPSP2_Mpro.vsd 日 本 情 報 クリエイト 株 式 会 社 Magazine-Proで Microsoft Windows XP Service Pack 2 を 適 用 するにあたって Microsoft Windows XP Service Pack 2 セキュリティ 強 化 機 能 搭 載 は 2004 年 9 月 2 日 にMicrosoft 社 より 公 開 され た Windows XP Home Edition

More information

購買ポータルサイトyOASIS簡易説明書 b

購買ポータルサイトyOASIS簡易説明書 b 購 買 ポータルサイト yoasis 簡 易 説 明 書 横 河 電 機 株 式 会 社 本 書 は 購 買 ポータルサイト yoasis の 簡 易 的 な 基 本 操 作 について 記 載 してあります 詳 細 な 操 作 方 法 については 別 冊 の 購 買 ポータルサイト yoasis 操 作 説 明 書 をご 覧 下 さい 本 書 の 内 容 は 性 能 / 機 能 の 向 上 などにより

More information

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照 経 理 上 手 くんdbNL(Vers 6.001) バージョンアップ 変 更 点 概 要 財 務 処 理 db 導 入 更 新 Version 8.001 当 プログラムは マイクロソフト 社 のサポート 対 応 終 了 に 伴 い Windows XP 搭 載 機 へのインストールは 不 可 と なっています 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 特 定 課 税 仕 入

More information

3. [ 送 信 ]をクリックすると パスワード 作 成 画 面 が 表 示 されます 4. [パスワードを 作 成 ]フィールドにパスワードを 入 力 します パスワードを 入 力 すると プライベートなファイルが 保 護 されます パスワードの 強 度 は 選 択 した 基 準 によ って 決

3. [ 送 信 ]をクリックすると パスワード 作 成 画 面 が 表 示 されます 4. [パスワードを 作 成 ]フィールドにパスワードを 入 力 します パスワードを 入 力 すると プライベートなファイルが 保 護 されます パスワードの 強 度 は 選 択 した 基 準 によ って 決 EncryptStick Lite セキュリティソフトウェア 用 Lexar クイックスタートガイド EncryptStick Lite スタートアップガイド 1. Lexar フラッシュドライブを PC または Mac コンピューターに 挿 入 します [EncryptStick Lite 登 録 ]ページが 表 示 されます EncryptStick が 自 動 的 に 起 動 します 自 動

More information

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3 Solar Link ZERO WEB アプリケーション 取 扱 説 明 書 Ver1.2 株 式 会 社 ラプラス システム 2010 年 10 月 4 日 目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3

More information

贈与税 faq

贈与税 faq 電 子 申 告 に 関 するよくあるお 問 い 合 わせ 贈 与 税 の 電 子 申 告 に 関 する 概 要 と よくあるお 問 い 合 わせについて 説 明 します 26 年 分 の 贈 与 税 の 電 子 申 告 について 2015 年 1 月 21 日 1 目 次 確 認 したい 項 目 の 場 所 でクリックしてください 例 ) 対 応 プログラム 対 応 帳 票 他 の 税 目 と 異

More information

富士山チェックリスト

富士山チェックリスト 富 士 山 決 算 マニュアル 富 士 山 賃 貸 管 理 財 務 会 計 を 使 用 して 決 算 を 行 う 場 合 の 一 般 的 な 手 順 をご 説 明 します 個 人 不 動 産 の 決 算 を 行 う 場 合 P1~P8 個 人 一 般 の 決 算 を 行 う 場 合 P4~P8 P11 青 色 申 告 特 別 控 除 額 の 入 力 個 人 農 業 の 決 算 を 行 う 場 合 P4~P11

More information

Office 10 パッケージ版「リンク集」

Office 10 パッケージ版「リンク集」 Office 10 パッケージ 版 リンク 集 バージョン 10.3 Copyright (C) 2013-2015 Cybozu リンク 集 リンク 集 は よく 利 用 するWebサイトのURLを 登 録 するアプリケーションです リンク 集 には 次 の2 種 類 のリンクを 管 理 できます 共 有 リンク: すべてのユーザーが 共 有 して 使 用 できるリンクです システム 管 理 者

More information

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定 PoINT Storage Manager の Windows Failover Cluster での 動 作 設 定 (2016/5/6) 有 限 会 社 オプティカルエキスパート PoINT Storage Manager には Windows Failover Cluster での 稼 動 を 前 提 とした Cluster Option のライセンスがあり ます これは ハードウェアとソフトウェアをクラスター

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

WEBメールシステム 操作手順書

WEBメールシステム 操作手順書 ひ む か ネ ッ ト WEB メールシステム 操 作 手 順 書 目 次 認 証 画 面 を 表 示 する 認 証 画 面 を 表 示 する 3 ID パスワードの 入 力 3 パスワードを 忘 れてしまった 場 合 の 認 証 方 法 4 メール 送 受 信 メールを 受 信 する 5 メールを 送 信 する 5 メールを 確 認 する メールを 全 選 択 する 7 メールを 削 除 する 7

More information

電子証明書の更新

電子証明書の更新 < 電 子 証 明 書 更 新 マニュアル > 電 子 証 明 書 の 更 新 は 有 効 期 限 の 前 後 で 手 順 が 異 なります 下 図 をご 確 認 いただき 更 新 をお 願 いします 30 日 前 有 効 期 限 終 了 日 90 日 ログイン 後 電 子 証 明 書 更 新 ボタン から 更 新 します 電 子 証 明 書 取 得 ボタン から 更 新 します 再 発 行 の 申

More information

AGT10 ( Android(TM) 4.1) ファームウェア更新方法

AGT10 ( Android(TM) 4.1) ファームウェア更新方法 AGT10( Android 4.1 )ファームウェア 更 新 方 法 2014 年 2 月 25 日 日 本 電 気 株 式 会 社 1 対 象 製 品 型 番 無 線 LAN モデル N8730-41104W (AGT10-W1), N8730-41104B (AGT10-B1) N8730-41105W (AGT10-W1), N8730-41105B (AGT10-B1) 3G モデル N8730-41106S1

More information

電子納品チェックシステム利用マニュアル

電子納品チェックシステム利用マニュアル 高 知 県 版 電 子 納 品 チェックシステム 利 用 マニュアル Ver.11 高 知 県 目 次 1. 概 要... 1 1-1 システムの 基 本 機 能... 1 1-2 システムの 機 能 概 要... 1 1-2-1 対 応 する 要 領 基 準... 1 1-2-2 動 作 環 境... 1 1-2-3 電 子 納 品 データのチェック 手 順... 2 2. インストール... 3

More information

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定)

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定) HTG-35U ブルーバック 表 示 の 手 順 書 概 要 本 書 は HTG-35U にてブルーバックの 画 面 を 出 力 するための 手 順 書 です HTG-35U のビットマップ 出 力 機 能 及 び 固 定 文 字 表 示 機 能 を 使 用 してブルーバックの 表 示 を 設 定 します また ブルーバックの 表 示 / 非 表 示 をタイマーで 自 動 に 切 り 替 えを 行

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 楽 天 市 場 Yahooショッピング! 商 品 複 製 マニュアル 1 在 庫 連 携 を 行 うためには 事 前 に 各 モールのコード 合 わせの 作 業 が 必 要 です 詳 しくは 各 モールとの 在 庫 連 携 に 必 要 なコード 連 携 マニュアルをご 覧 ください 2 楽 天 Yahooショッピング!の 仕 様 は 変 更 になっている 場 合 があります 各 モールの 仕 様 も

More information

スライド 1

スライド 1 Android 版 目 視 録 運 用 操 作 マニュアル 作 成 2012/03/22 更 新 2014/09/26 目 視 録 とは 携 帯 またはパソコンで 施 工 写 真 を 登 録 確 認 できるシステムです ご 利 用 の 為 にはIDとパスワードが 必 要 です TEG ログインID ( ) パスワード ( ) https://teg.mokusiroku.com/

More information

> 回 復 性 の 種 類 > 記 憶 域 (Storage Spaces) を 構 築 するには 記 憶 域 プール を 形 成 したのちに 記 憶 域 の 作 成 にお いて 回 復 性 の 種 類 を 指 定 する 必 要 があります 回 復 性 の 種 類 には 耐 障 害 性 がない シン

> 回 復 性 の 種 類 > 記 憶 域 (Storage Spaces) を 構 築 するには 記 憶 域 プール を 形 成 したのちに 記 憶 域 の 作 成 にお いて 回 復 性 の 種 類 を 指 定 する 必 要 があります 回 復 性 の 種 類 には 耐 障 害 性 がない シン Windows ファイル section 記 憶 域 (Storage Spaces)による 仮 想 Keyword 仮 想 シン プロビジョニング 記 憶 域 プール 記 憶 域 (Storage Spaces)は 複 数 のを 利 用 することにより 耐 障 害 性 やパフォーマンスを 高 めることができる 高 度 な 仮 想 です なお 記 憶 域 (Storage Spaces)の 環 境

More information

R4財務対応障害一覧

R4財務対応障害一覧 1 仕 訳 入 力 仕 訳 入 力 時 摘 要 欄 で. + Enter を 押 すと アプリケーションでエラーが 発 生 しまインデックスが 配 列 の 境 界 外 です が 出 る 場 合 がある 問 題 に 対 応 しま 2 仕 訳 入 力 仕 訳 入 力 主 科 目 と 補 助 科 目 を 固 定 にすると2 行 目 以 降 の 補 助 科 目 コピーが 動 作 しない 問 題 に 対 応

More information

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 バックアップおよび 復 元 ユーザー ガイド Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 証 は 当 該 製 品 およびサービスに 付 属 の 保

More information

Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標

Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 バックアップおよび 復 元 ユーザ ガイド Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です 製 品 についての 注 意 事 項 このユーザ ガイドでは

More information

Microsoft Word - i_navi.txt

Microsoft Word - i_navi.txt Internet Explorer 7 留 意 事 項 ======================================================================= Internet Navigware 製 品 を Internet Explorer 7.0 で 使 用 する 場 合 の 留 意 事 項 を 以 下 現 象 ごとに 記 述 しますので ご 利 用 の

More information

< 目 次 > 8. 雇 用 保 険 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 27 ( 育 児 休 業 給 付 介 護 休 業 給 付 ) 8.1 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 画 面 のマイナンバー 設 定 27 8.2 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 の 電 子 申 請 28 8.3 高

< 目 次 > 8. 雇 用 保 険 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 27 ( 育 児 休 業 給 付 介 護 休 業 給 付 ) 8.1 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 画 面 のマイナンバー 設 定 27 8.2 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 の 電 子 申 請 28 8.3 高 雇 用 保 険 マイナンバー 改 定 向 け 操 作 説 明 書 < 目 次 > 1.マイナンバー 等 の 法 令 改 定 対 応 について 3 1.1 法 令 改 定 の 変 更 点 3 1.2 その 他 主 要 な 変 更 点 4 2.マイナンバー 管 理 システムとの 連 携 設 定 5 2.1 マイナ de 社 労 夢 の 運 用 設 定 5 2.2 マイナ de 社 労 夢 CL の 運

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連 携 マニュアル ブイキューブ 2016/06/03 この 文 書 は V-CUBE One の Office 365 連 携 用 ご 利 用 マニュアルです 更 新 履 歴 更 新 日 内 容 2016/02/09 新 規 作 成 2016/03/11 Office 365 ID を 既 存 の One 利 用 者 と 紐 付 ける 機 能 に 関 する

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

file:///L|/kajo/_RESOURCE/index.html

file:///L|/kajo/_RESOURCE/index.html はじめに 設 備 基 準 金 額 と 設 備 台 帳 作 成 要 領 設 備 基 準 金 額 設 備 台 帳 作 成 要 領 使 い 方 基 本 設 定 をする 学 校 情 報 を 登 録 する 現 有 状 況 を 登 録 する 整 備 状 況 を 入 力 する FAQ(よくある 質 問 ) インストールができない バックアップファイルが 読 み 込 めない 新 しいパソコンにデータが 移 行 できない

More information

WebMail ユーザーズガイド

WebMail ユーザーズガイド ニフティクラウド ビジネスメール メール 共 有 サービス ユーザーズガイド 第 1.1 版 平 成 26 年 5 月 19 日 ニフティ 株 式 会 社 目 次 はじめに... 3 1. 共 有 メールボックスとは... 4 2. 共 有 メールボックスを 表 示 する... 5 3. 閲 覧 履 歴 操 作 履 歴 を 表 示 する... 8 4. 共 有 メールボックスからメールを 送 信 する...

More information

Mac OS インストールマニュアル

Mac OS インストールマニュアル F-Secure PCプロテクションプラス (Mac OS) インストールマニュアル 株 式 会 社 キャッチネットワーク 第 2 版 2014/9/17 1 PC プロテクションプラス はじめに このたびは PC プロテクションプラス Mac 版 をご 利 用 いただきありがとうございます 本 ガイドでは 製 品 のインストールおよびアンインストール 基 本 的 な 操 作 サポートサービスなどについて

More information

ご 注 意 (1) 本 書 の 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 載 することは 禁 止 されています (2) 本 書 の 内 容 は 将 来 予 告 無 しに 変 更 することがあります (3) 本 書 の 内 容 は 万 全 を 期 して 作 成 しておりますが ご 不 審

ご 注 意 (1) 本 書 の 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 載 することは 禁 止 されています (2) 本 書 の 内 容 は 将 来 予 告 無 しに 変 更 することがあります (3) 本 書 の 内 容 は 万 全 を 期 して 作 成 しておりますが ご 不 審 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 ) 申 告 に 関 する 操 作 ガイド 1.8 版 ご 注 意 (1) 本 書 の 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 載 することは 禁 止 されています (2) 本 書 の 内 容 は 将 来 予 告 無 しに 変 更 することがあります (3) 本 書 の 内 容 は 万 全 を 期 して 作 成 しておりますが ご 不 審 な 点

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

参加表明書・企画提案書様式

参加表明書・企画提案書様式 秋 田 市 道 路 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 参 加 表 明 書 企 画 提 案 書 様 式 平 成 25 年 7 月 秋 田 市 建 設 部 道 路 維 持 課 ( 様 式 1) 参 加 表 明 書 業 務 の 名 称 秋 田 市 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託

More information

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win8__リモート設定手順書_20140502

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win8__リモート設定手順書_20140502 セキュアカメラクラウドサービス リモート 接 続 設 定 順 書 Windows 8 版 Ver1.0 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ Copyright 2014 NTT PC Communications Incorporated, All Rights Reserved. 次 1. はじめに... 2 2. 実 施 前 ご 確 認 事 項... 2 3. VPN 接 続 設

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 系 統 情 報 公 表 ( 一 般 用 ) 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

More information

別冊資料-11

別冊資料-11 一 般 競 争 入 札 方 式 工 事 希 望 型 競 争 入 札 方 式 における 技 術 資 料 入 力 システムの 利 用 方 法 について Rev 8.0( 平 成 28 年 3 月 ) 国 土 交 通 省 中 国 地 方 整 備 局 - 目 次 - 1. はじめに... 1 2. 利 用 環 境 及 び 注 意 事 項... 1 3. 入 力 手 順 について... 2 3.1. 技 術

More information

2. 製 品 のインストール 時 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 製 品 のインストール 途 中 で [ 製 品 のライセンスと 登 録 ] が 表 示 されます (1) 25 文 字 キーにチェックを 入 れ [ 次 へ]をクリックします (2) [ライセンスキーの 入 力 ] 画

2. 製 品 のインストール 時 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 製 品 のインストール 途 中 で [ 製 品 のライセンスと 登 録 ] が 表 示 されます (1) 25 文 字 キーにチェックを 入 れ [ 次 へ]をクリックします (2) [ライセンスキーの 入 力 ] 画 Workgroup 製 品 のライセンスキー 登 録 システムご 使 用 方 法 もくじ 1. ライセンスキー 登 録 について 2. 製 品 のインストール 時 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 3. 製 品 インストール 後 にライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 3-1 製 品 を 立 ち 上 げてライセンスキー 登 録 を 行 う 方 法 3-2 CA_LIC ディレクトリからライセンスキー

More information

(表紙)

(表紙) 2. 操 作 説 明 2.1 ログイン (A)ログインする 本 システムにログインして 研 究 者 向 けメニュー 画 面 を 表 示 するまでの 操 作 について 説 明 しま す (1)Webブラウザで http://www.e-rad.go.jp/ ( 府 省 共 通 研 究 開 発 管 理 システム ポータ ルサイト)にアクセスし トップページ 上 部 にある 研 究 者 ログイン ボタンをクリッ

More information

6 システムを 入 れているパソコンを 入 れ 替 えたいが どうしたらいいのか 元 のパソコンから 新 しいパソコンに 昨 年 度 入 力 データを 移 行 します 手 順 は 次 のとおりです 1 元 のパソコンでシステムを 起 動 して メニュー 画 面 から バックアップ リカバリ を 選

6 システムを 入 れているパソコンを 入 れ 替 えたいが どうしたらいいのか 元 のパソコンから 新 しいパソコンに 昨 年 度 入 力 データを 移 行 します 手 順 は 次 のとおりです 1 元 のパソコンでシステムを 起 動 して メニュー 画 面 から バックアップ リカバリ を 選 システムについて 1 どのバージョンのシステムを 使 えばいいのか Ver3(Windows7 版 )をご 使 用 ください Ver2(WindowsXP 版 )の 場 合 データ 収 集 ができません Ver3(Windows7 版 )をご 使 用 ください WindowsXP 以 前 の 場 合 で システムを 入 れなおすことができない 場 合 は Ver2(WindowsXP 版 )のままで

More information

GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの 方 のみ 操 作 可

GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの 方 のみ 操 作 可 GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 2016 年 1 月 20 日 ナレッジスイート 株 式 会 社 1 GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの

More information

入退室インストールマニュアル.pdf

入退室インストールマニュアル.pdf TimeCharger AirTouch 入 退 室 インストールマニュアル 目 次 1.はじめに.......................... 1 2. 注 意............................ 1 3. 前 準 備 3-1.Windows 10 にインストールする 場 合 3-1-1.スクリーンセーバ-の 設 定................ 2 3-1-2. 自

More information

MetaMoJi ClassRoom/ゼミナール 授業実施ガイド

MetaMoJi ClassRoom/ゼミナール 授業実施ガイド 本 書 では 管 理 者 向 けに MetaMoJi ClassRoom/ゼミナールで 年 度 更 新 を 実 施 する 手 順 について 説 明 して います 管 理 者 ガイドと 合 わせてご 覧 ください Excelは 米 国 Microsoft Corporationの 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です Apache OpenOffice Apache

More information

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合 TIPS 目 次 TIPS 項 目 棚 割 りを 開 始 するまで 商 品 画 像 の 追 加 方 法 商 品 情 報 の 一 括 更 新 登 録 方 法 棚 割 情 報 の 連 携 方 法 小 売 様 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 他 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 棚 割 情 報 のExcel 取 込 について 棚 板 設 定 の 詳 細 商 品 設

More information

インテル デスクトップ ボード DG33TL はじめに 対 象 このマニュアルは インテル デスクトップ ボード DG33TL の Windows* XP / Windows* Vista イン ストールに 関 する 情 報 を 提 供 するものです このマニュアルは 専 門 的 な 知 識 を 持

インテル デスクトップ ボード DG33TL はじめに 対 象 このマニュアルは インテル デスクトップ ボード DG33TL の Windows* XP / Windows* Vista イン ストールに 関 する 情 報 を 提 供 するものです このマニュアルは 専 門 的 な 知 識 を 持 インテル デスクトップ ボード DG33TL Windows* XP / Windows* Vista の インストールについて Order Number:D90031-002-J5001 インテル デスクトップ ボード DG33TL はじめに 対 象 このマニュアルは インテル デスクトップ ボード DG33TL の Windows* XP / Windows* Vista イン ストールに 関

More information

変 更 履 歴 日 付 版 数 変 更 内 容 2012/07/13 Rev 1.0.0 初 版 発 行 2013/07/03 Rev 1.3.3 1.2. 対 応 機 器 一 覧 機 器 一 覧 を 更 新 3.2.1.[Settings] 画 面 の 表 示 時 刻 を 挿 入 する 機 能 を

変 更 履 歴 日 付 版 数 変 更 内 容 2012/07/13 Rev 1.0.0 初 版 発 行 2013/07/03 Rev 1.3.3 1.2. 対 応 機 器 一 覧 機 器 一 覧 を 更 新 3.2.1.[Settings] 画 面 の 表 示 時 刻 を 挿 入 する 機 能 を キーボードエミュレーションツール RFID2KBD 取 扱 説 明 書 2015 年 5 月 29 日 第 2.0.0 版 株 式 会 社 アートファイネックス 変 更 履 歴 日 付 版 数 変 更 内 容 2012/07/13 Rev 1.0.0 初 版 発 行 2013/07/03 Rev 1.3.3 1.2. 対 応 機 器 一 覧 機 器 一 覧 を 更 新 3.2.1.[Settings]

More information

はじめに この 資 料 は データ デデュプリケーション 機 能 を 検 討 いただくにあたり ディス ク 使 用 率 とバックアップ パフォーマンスについて データ デデュプリケーション デバイス( 以 降 DDD と 記 述 )とファイル システム デバイス ( 以 降 FSD と 記 述 )

はじめに この 資 料 は データ デデュプリケーション 機 能 を 検 討 いただくにあたり ディス ク 使 用 率 とバックアップ パフォーマンスについて データ デデュプリケーション デバイス( 以 降 DDD と 記 述 )とファイル システム デバイス ( 以 降 FSD と 記 述 ) CA ARCserve Backup データ デデュプリケーション 効 果 測 定 CA Technologies データマネジメント 事 業 部 プロダクトソリューション 部 はじめに この 資 料 は データ デデュプリケーション 機 能 を 検 討 いただくにあたり ディス ク 使 用 率 とバックアップ パフォーマンスについて データ デデュプリケーション デバイス( 以 降 DDD と 記

More information

インテル(R)Viiv(TM)ユーザーガイド

インテル(R)Viiv(TM)ユーザーガイド PY00-32093-10-01 1-01 C10-012 インテル Viiv ユーザーガイド このガイドを 使 用 するには 以 下 のインテル Viiv ロゴの 付 いたインテル Viiv テクノロジー 搭 載 の PC が 必 要 です 本 製 品 は インテル Viiv テクノロジー 搭 載 の PC とともに 稼 動 するように 設 計 されています 本 製 品 をネットワークに 追 加

More information

電子申告直前研修会(所得税編)

電子申告直前研修会(所得税編) 電 子 申 告 直 前 研 修 会 ( 所 得 税 編 ) 2011 年 1 月 17 日 : 名 古 屋 2011 年 1 月 18 日 : 東 京 2011 年 1 月 19 日 : 大 阪 2011 年 1 月 20 日 : 福 岡 本 日 の 研 修 内 容 項 目 細 目 1. 所 得 税 電 子 申 告 の 事 前 準 備 1) 顧 問 先 管 理 でのデータ 整 備 2)e-Tax 暗

More information

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 データリンク 2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する 市 場 に 対 応

More information

HOME-BOX と 連 携 するには 本 製 品 の 共 有 フォルダーと キヤノンマーケティングジャパン 株 式 会 社 が 運 営 するイン ターネット 用 の 有 償 ストレージサービス HOME-BOX ストレージサービス の 共 有 フォ ルダーを 同 期 することができます 本 機 能

HOME-BOX と 連 携 するには 本 製 品 の 共 有 フォルダーと キヤノンマーケティングジャパン 株 式 会 社 が 運 営 するイン ターネット 用 の 有 償 ストレージサービス HOME-BOX ストレージサービス の 共 有 フォ ルダーを 同 期 することができます 本 機 能 HOME-BOX 連 携 機 能 を 使 う ネットワーク 接 続 ハードディスク HDL-H シリーズ ご 注 意 事 前 に 本 パッケージの 追 加 をおこなってください パッケージの 追 加 方 法 は 画 面 で 見 るマニュアル をご 覧 くだ さい INDEX HOME-BOX と 連 携 するには...2 HOME-BOX との 同 期 を 有 効 にする...3 更 新 状 態 を

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設 Windows7での WebDAV 接 続 Windows7 などでは ネットワークドライブの 割 り 当 て や ネットワークドライブの 割 り 当 て という 従 来 の 方 法 では 認 証 がうまく 通 らず WebDAV の 利 用 が 簡 単 に 利 用 できなくなってきました そこで ここでは 次 の フリーソフト CarotDAV の 利 用 についてご 紹 介 します ご 参 考

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information

年末調整

年末調整 かんたん! 給 与 9 平 成 26 年 分 年 末 調 整 作 業 の 手 順 について かんたん! 給 与 9 で 行 う 平 成 26 年 度 分 年 末 調 整 作 業 手 順 についてご 案 内 いたします [ 改 正 対 応 ] 通 勤 手 当 の 非 課 税 限 度 額 の 引 き 上 げ 平 成 26 年 10 月 20 日 施 行 のマイカー 等 による 通 勤 手 当 の 非 課

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Android OS 向 け 新 規 インストールガイド 安 心 ネットセキュリティ このインストールガイド( 以 下 本 ガイド )に 従 い アプリケーションをインストールして ください ご 注 意 : 安 心 ネットセキュリティ( 以 下 本 製 品 )は インターネットからアプリケーションを ダウンロードしてインストールします 本 ガイド 中 に 記 載 されている ホームキー メニューキー

More information

( 注 変 更 申 請 で 対 象 となる 項 目 と 郵 送 書 類 についての 詳 細 は 下 表 を 参 照 してください 東 京 電 子 自 治 体 共 同 運 営 電 子 調 達 サービス 6. 変 更 申 請 物 品 買 入 れ 等 変 更 申 請 項 目 及 び 郵 送 書 類 等 一

( 注 変 更 申 請 で 対 象 となる 項 目 と 郵 送 書 類 についての 詳 細 は 下 表 を 参 照 してください 東 京 電 子 自 治 体 共 同 運 営 電 子 調 達 サービス 6. 変 更 申 請 物 品 買 入 れ 等 変 更 申 請 項 目 及 び 郵 送 書 類 等 一 6. 変 更 申 請 5. 変 更 申 請 5. 変 更 申 請 をおこなう () 既 に 申 請 している 内 容 に 変 更 があった 場 合 変 更 申 請 をおこないます 資 格 審 査 受 付 にログインし 4.() 申 請 プログラムを 取 得 する で 表 示 した 物 品 トップページ 画 面 より 変 更 申 請 について をクリックします 物 品 トップページ 画 面 変 更 申

More information

QNAP TurboNAS スナップショット設定手順書

QNAP TurboNAS スナップショット設定手順書 QNAP TurboNAS スナップショット 設 定 手 順 書 2015 年 10 月 1 目 次 1. はじめに... 3 2. スナップショット 機 能 概 要... 3 3. スナップショット 初 期 設 定... 4 3.1. ストレージプール 作 成 時 のスナップショット 領 域 設 定 手 順... 4 3.2. ストレージプール 作 成 後 のスナップショット 領 域 設 定 手

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63> 商 品 管 理 商 品 管 理 を 行 うためのメニューです 4.1 商 品 管 理 のサイドメニュー 商 品 管 理 には 以 下 のサイドメニューがあります 商 品 一 覧 登 録 済 みの 商 品 の 一 覧 を 表 示 します 既 に 登 録 済 みの 商 品 の 検 索 検 索 した 商 品 を 編 集 する 際 に 使 用 します 新 規 作 成 商 品 を 新 規 登 録 する 画 面

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8140928692B78AFA95DB91538C7689E68DEC90AC289

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8140928692B78AFA95DB91538C7689E68DEC90AC289 官 庁 施 設 情 報 管 理 システム (BIMMS-N) 操 作 説 明 書 9 施 設 維 持 管 理 9.4 中 長 期 保 全 計 画 作 成 ( 東 北 版 ) 平 成 26 年 10 月 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 営 繕 部 目 次 9 施 設 維 持 管 理 9.4 中 長 期 保 全 計 画 作 成 ( 東 北 版 ) 9.4.0 中 長 期 保 全 計 画

More information

目 次 1 インストール 手 順... 3 1-1 プログラム データファイルのインストール... 3 1-2 Microsoft Access2013Runtime SP1(32bit) 版 のインストール... 5 2 基 本 操 作... 7 2-1 ログイン... 7 2-2 メニュー...

目 次 1 インストール 手 順... 3 1-1 プログラム データファイルのインストール... 3 1-2 Microsoft Access2013Runtime SP1(32bit) 版 のインストール... 5 2 基 本 操 作... 7 2-1 ログイン... 7 2-2 メニュー... 顧 客 営 業 管 理 システム マニュアル 目 次 1 インストール 手 順... 3 1-1 プログラム データファイルのインストール... 3 1-2 Microsoft Access2013Runtime SP1(32bit) 版 のインストール... 5 2 基 本 操 作... 7 2-1 ログイン... 7 2-2 メニュー... 7 2-3 パスワード 変 更... 8 2-4 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817982B382F182AC82F18A4F88D75765628354815B83728358817A82B297989770837D836A83858341838B5F8F898AFA90DD92E85F2057696E646F7773389770566572312E302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817982B382F182AC82F18A4F88D75765628354815B83728358817A82B297989770837D836A83858341838B5F8F898AFA90DD92E85F2057696E646F7773389770566572312E302E646F6378> さんぎん 外 為 Web サービス ご 利 用 マニュアル 初 期 設 定 編 Ver.1.0 ( ) 2015 年 5 月 21 日 - 1 - 目 次 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容... 4 1.2 システム 要 件... 4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件... 4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件... 6 1.2.3 ディスプレイ

More information

目 次. WEB メールへのログイン.... メール 送 信 手 順.... メール 受 信 手 順... 6. アドレス 帳 の 操 作 手 順... 8 5. フォルダーの 操 作 手 順... 8 6. メール 発 信 者 登 録 署 名 登 録 手 順... 0 7. 基 本 的 な 設 定

目 次. WEB メールへのログイン.... メール 送 信 手 順.... メール 受 信 手 順... 6. アドレス 帳 の 操 作 手 順... 8 5. フォルダーの 操 作 手 順... 8 6. メール 発 信 者 登 録 署 名 登 録 手 順... 0 7. 基 本 的 な 設 定 Web メール 手 順 書 目 次. WEB メールへのログイン.... メール 送 信 手 順.... メール 受 信 手 順... 6. アドレス 帳 の 操 作 手 順... 8 5. フォルダーの 操 作 手 順... 8 6. メール 発 信 者 登 録 署 名 登 録 手 順... 0 7. 基 本 的 な 設 定... 8. 参 考 情 報... 9 . WEB メールへのログイン 概

More information

2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が 表 示 されます [ 研 究 者 ログイン]をクリック します 掲 載 している 画 面 は 例 示 です 随 時 変 更 されます 3 科 研 費 電 子 申 請 システムの 応 募 者 ログイン 画 面 が 表 示 されます e

2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が 表 示 されます [ 研 究 者 ログイン]をクリック します 掲 載 している 画 面 は 例 示 です 随 時 変 更 されます 3 科 研 費 電 子 申 請 システムの 応 募 者 ログイン 画 面 が 表 示 されます e 2.2.1 科 研 費 電 子 申 請 システム( 交 付 申 請 手 続 き)へログイン 1 Web ブラウザを 起 動 し 日 本 学 術 振 興 会 の 電 子 申 請 のご 案 内 サイト (http://www-shinsei.jsps.go.jp/)を 表 示 し 科 学 研 究 費 助 成 事 業 をクリックします 8 2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が

More information

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC)

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC) はFileZilla のFileZilla 年 月 日 東 洋 電 機 製 造 株 式 会 社 を ためにFTPサーバを FileZilla 本 μturtle-monitorを 推 奨 しますが 簡 易 必 的 要 にFTPサーバ とします 使 用 するにあたり 実 機 運 能 用 を を 用 東 行 意 洋 う し ワイヤレス 際 運 はデータの 用 する 場 計 合 測 信 も システムからの

More information

<5461726F2D8ED089EF95DB8CAF939996A289C193FC91CE8DF42E6A7464>

<5461726F2D8ED089EF95DB8CAF939996A289C193FC91CE8DF42E6A7464> 工 事 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 についてよくある 質 問 (FAQ) Q1 社 会 保 険 等 とは 何 ですか A1 社 会 保 険 等 とは 健 康 保 険 ( 協 会 けんぽ 健 康 保 険 組 合 等 ) 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 をいいます Q2 国 民 健 康 保 険 組 合 に 加 入 しているが 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 となるのか

More information

Sea-NACCS 利用者研修 【通関編】

Sea-NACCS 利用者研修 【通関編】 第 1 回 更 改 専 門 部 会 資 料 2 更 改 専 門 部 会 における 主 な 検 討 事 項 2012 年 5 月 28 日 輸 出 入 港 湾 関 連 情 報 処 理 センター 1. 次 期 システムのあり 方 における 開 発 コンセプト 官 民 共 同 利 用 の 基 幹 システムとして 安 定 性 信 頼 性 の 高 いシステムの 実 現 システムの 安 定 性 信 頼 性 を

More information

Thunderbird のメール/設定を別PCへ移行する方法(「MozBackup」を使って)

Thunderbird のメール/設定を別PCへ移行する方法(「MozBackup」を使って) Thunderbird 15 のメールをバックアップする 方 法 2012.8.31 計 算 機 室 メールホスティングでは サーバ 上 に 保 存 できるメールの 容 量 に 400MB の 制 限 がありま す 容 量 制 限 を 越 えると 新 しいメールを 受 信 できなくなるため サーバ 上 の 不 要 なメール を 削 除 するか メールを 自 分 の PC へ 移 動 する 必 要 があります

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

研究者情報データベース

研究者情報データベース 研 究 者 情 報 管 理 システム 研 究 者 向 けデータ 一 括 登 録 機 能 操 作 マニュアル 2013 年 6 月 4 日 目 次 1. はじめに... 1 1.1 本 マニュアルの 注 意 事 項... 1 2. 操 作 手 順... 2 2.1 データ 登 録 手 順... 2 2.2 データ 読 み 込 みエラー 時 の 対 応 手 順... 13 3. 登 録 データ 一 覧...

More information

5-2.操作説明書(支店連携)_xlsx

5-2.操作説明書(支店連携)_xlsx お 客 さま 向 け 送 り 状 発 行 システム 5-2. 操 作 説 明 書 ( 支 店 連 携 ) ゆうパックプリントR は 日 本 郵 便 株 式 会 社 がお 客 さまに 無 料 で 提 供 する ゆうパックや 郵 便 商 品 の 送 り 状 をパソコンで 印 刷 するためのソフトウェアです ゆうパックプリントRを 以 降 ゆうプリR と 表 記 します 本 マニュアルは 支 店 連 携

More information

WEB版「新・相続対策マスター」(ご利用の手引き)

WEB版「新・相続対策マスター」(ご利用の手引き) WEB 版 新 相 続 対 策 マスター ご 利 用 の 手 引 き 株 式 会 社 シャフト MG-16-0412 はじめに WEB 版 新 相 続 対 策 マスター( 以 下 本 シミュレーション)をご 利 用 にあたり 下 記 についてあらかじめ 承 諾 をいただいた 上 で 本 シミュレーションを 利 用 いただくものとします 本 シミュレーションの 計 算 結 果 はあくまでも 概 算 です

More information

SoftBank 202F 取扱説明書

SoftBank 202F 取扱説明書 NX!メールでメールやSMSを 管 理 する フォルダ 一 覧 画 面 について メールSMSを 確 認 する フォルダ 一 覧 画 面 の 見 かたは 次 のとおりです ホーム 画 面 で (NX!メール) フォルダ 一 覧 画 面 が 表 示 されます フォルダ 一 覧 画 面 が 表 示 されない 場 合 は または を 数 回 タップしてフォルダ 一 覧 画 面 に 戻 します フォルダ 一

More information