Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5 IMOが 目 指 すこれからの 流 星 観 測 研 究 ( 紹 介 ) 2016/2/7 第 142 回 流 星 物 理 セミナー 日 本 流 星 研 究 会 小 関 正 広 IMO の 有 志 が IMC の 機 会 等 を 通 して 議 論 (ブレインストーミング)してきた 内 容 について 文 書 化 された ものが 送 られてきたので 紹 介 する ブレインストーミングとは 固 定 観 念 から 解 き 放 たれ 新 たな 発 想 視 点 を 見 出 すために 単 なる 思 いつきであってもすべて 拾 い 上 げていく 手 法 である そのため それは 無 理 だと 思 われるものも 記 載 されている それを 単 に 否 定 するのではなく ヒントとしてこれからの 流 星 観 測 研 究 に 対 して 新 しい 道 を 見 出 す 一 歩 としたい この 機 会 を 利 用 して 参 加 者 にもブレインストーミングを 求 め そこで 出 された 発 想 を IMO のメンバーに 伝 えてさらにこの 動 きを 進 めていきたい また この 文 書 に 記 載 されている 件 について 既 に 日 本 で 行 われてい る 取 り 組 みについても IMO に 知 らせたいので 誰 がどのような 観 測 研 究 をしているか また IMO のメン バーがそれをどのようにして 見 る( 知 る)ことができるか 示 していただければ 幸 いである << 流 星 観 測 研 究 の 今 後 の 展 望 - 議 論 を 進 めるためのたたき 台 >> A perspective on the future of meteor astronomy A tentative draft note to initiate a discussion 流 星 の 美 しさが 流 星 の 観 測 研 究 者 を 魅 了 していることは 明 らかである 観 測 は 楽 しいものであるし また そうあるべきである しかし 一 方 で 我 々の 観 測 に 科 学 的 な 価 値 があるだろうということが 観 測 意 欲 を 掻 き 立 てている 面 もある 最 近 のデータ 量 特 にビデオ 観 測 によるものの 蓄 積 は 目 覚 ましいものがある また 他 の 天 文 分 野 同 様 アマチュアが 使 用 できる 観 測 技 術 の 発 展 も 劇 的 に 増 加 している それにもかかわらず 以 前 と 変 わらぬ 問 いに 悩 まされている: 数 多 くの 小 流 星 群 を 検 出 し 無 数 とも 言 える 軌 道 を 算 出 することの 意 義 であ る 多 数 の 観 測 者 にとりデータを 収 集 することに 喜 びがあることは 事 実 であるが 我 々が 今 後 どのような 道 に 進 むべきか ミレニアムという 節 目 以 降 進 化 してきた 観 測 研 究 を 最 大 限 に 有 効 なものにするにはどうすれ ばよいか 議 論 すべき 時 に 来 ていると 考 えられる ここで 流 星 群 が 科 学 的 にきちんと 定 義 されたものではなく 流 星 に 関 する 一 種 の 仮 説 であることを 理 解 しておくことが 必 要 である たとえば 同 じ 彗 星 から 異 なる 時 期 に 放 出 されたトレイルがいつまで1つの 流 星 群 として 存 在 するのか また 同 じグループに 属 する 彗 星 からのトレイルが 異 なる 流 星 群 として 認 識 され るのはいつまでなのかということは 自 明 ではない このことは 今 まさに 全 天 を 覆 うかのように 検 出 されている 新 しい 流 星 群 に 絶 対 的 な 信 頼 を 置 く 前 に 考 慮 すべき 事 柄 なのである これから 述 べることは 今 後 の 観 測 研 究 に 役 立 つと 考 えられるが 思 いつき レベルのものである こ れらは 2015 年 7 月 6 日 に AIP(ライプツィヒ 天 体 物 理 研 究 所 )で 行 われた Rainer Arlt Jürgen Rendtel, Marc Gyssens による ブレインストーミング で 提 起 されたものである 将 来 の 組 織 的 な 取 り 組 み アマチュア 流 星 観 測 研 究 者 さらにはプロの 人 達 にも 広 く 支 持 されることを 望 んでいる * 最 近 の 15 年 間 で 最 も 大 きい 理 論 的 進 展 は ダストトレイルの 位 置 つまりアウトバーストが 起 こり 得 る 時 期 が 予 測 可 能 になったことである しかし トレイルの 正 確 な 密 度 の 予 測 には 程 遠 く アウトバーストの 強 さ はあやふやである 彗 星 の 近 傍 においてどのようなことが 起 きているかを 知 ることが 必 要 であろう 彗 星 研 究 家 とのより 緊 密 な 連 携 の 機 会 ともなろう * 現 在 母 天 体 は 統 計 的 な 推 定 に 過 ぎず しばしば 複 数 の 候 補 が 挙 げられることになる 流 星 体 軌 道 の 進 化 の ような 物 理 的 考 察 を 推 定 には 考 慮 すべきであろう *プロの 学 者 にとって 今 でも 流 星 軌 道 の 精 度 は 不 十 分 と 考 えられている より 正 確 な 軌 道 を 得 るために 整 備 さ れた 観 測 網 は 可 能 だろうか? 個 々の 軌 道 は 不 正 確 すぎるとしても さらに 観 測 数 を 増 すことによって 正 確 さを 増 すことは 可 能 だろうか? * 流 星 の 観 測 研 究 はビデオ 観 測 導 入 によって 長 足 の 進 歩 を 遂 げ また 更 なる 進 化 が 起 きている IMO にビ デオ 観 測 部 門 ができた 当 時 だれもビデオ 観 測 が 眼 視 観 測 はもとより 写 真 観 測 を 凌 駕 するとは 予 測 していな かった 従 って 今 後 発 展 するであろう まだ 見 ぬ 観 測 手 段 を 想 像 することは 我 々にとって 有 意 義 であろう そのいくつかの 例 を 思 いつきも 含 めて 以 下 に 示 すこととする * 流 星 のスペクトル 観 測 に 取 り 組 んで 流 星 体 の 組 成 を 探 る 母 天 体 からの 試 料 として これにより 流 星 群 の 起 源 を 推 定 する 別 の 基 準 とできないだろうか? 流 星 のスペクトルから 流 星 体 のより 正 確 な 速 度 (そして 軌 道 )

6 を 得 ることが 前 方 散 乱 による 電 波 観 測 同 様 にできないだろうか? 流 星 スペクトルはイオン 化 された 流 星 経 路 大 気 に 関 するものであり 流 星 体 それ 自 身 のものではなく また スペクトルの 解 像 度 も 低 いので 現 在 のと ころこの 方 法 は 極 めて 困 難 であろう *ミクロンあるいはミリメートル 程 度 の 大 きさの 流 星 体 による 赤 外 発 光 の 観 測 はどうだろう?この 波 長 域 で は 空 はずっと 暗 く 24/7 をカバーできる 大 気 中 でのエネルギー 伝 播 について: 流 星 からの 総 放 射 量 を 捉 える ことができるのではないか? * 前 方 散 乱 による 電 波 観 測 では 現 在 以 上 の 結 果 は 得 られないのではなかろうか? 多 重 散 乱 が 考 えられそう だ 複 数 の 受 信 機 ではなく 複 数 の 発 信 機 を 使 った 前 方 散 乱 干 渉 計 なら 写 真 やビデオの 多 点 観 測 のよう に 速 度 ベクトルを 完 全 に 得 られる 受 信 信 号 の 偏 波 をどのように 解 析 するかが 課 題 である * 大 気 中 の 流 星 現 象 についてもっと 詳 しく 知 ることができるのではないか?たとえば 高 解 像 度 のスペクトル から 回 転 粉 砕 乱 流 プラズマ 等 々を 調 べられるのではないか?このような 研 究 は 当 然 大 きな 流 星 体 を 対 象 とする 火 球 ネットに 適 したものであろう このような 大 質 量 の 流 星 体 から 得 られた 結 果 は 通 常 の 流 星 体 にも 当 てはまるのだろうか? 両 者 では 同 じ 現 象 が 起 きているのだろうか? 大 気 中 の 流 星 現 象 には 現 在 のコン ピューターであれば 電 磁 流 体 力 学 のシミュレーションが 可 能 ではないか? 一 般 的 な 方 法 でもなく 実 行 可 能 かわからなくても さらに 意 味 のある 結 果 が 得 られないかもしれないが これからの 観 測 方 法 に 就 いて 思 いつくままに 記 す * 低 周 波 音 電 磁 波 音 は 大 きな 流 星 体 が 大 気 に 突 入 した 際 に 生 じる 低 周 波 音 についてはいくつかの 地 点 でセ ンサーによって 記 録 されているが 電 磁 波 音 についてはこのような 組 織 だった 観 測 はなされていないようであ る しし 群 の 活 動 期 をスタートしてそのような 観 測 を 試 行 できないだろうか? * 月 面 流 星 ( 衝 突 )はしし 群 等 で 観 測 されている 原 理 的 にはこのような 衝 突 が 十 分 な 数 観 測 されれば 流 星 群 トレイルを 観 測 する 別 の 手 段 となり 得 るのではないか 衝 突 数 と 月 面 上 の 緯 度 の 関 係 から 流 星 体 の 運 動 方 向 が 分 かるであろう どの 程 度 の 等 級 まで 観 測 できれば 意 義 ある 結 果 を 得 られるのだろう? * 流 星 体 が 大 気 に 突 入 する 際 に 発 生 する 高 温 の 放 射 を 紫 外 線 で 観 測 するのはどうだろう? *ISS が 太 陽 面 を 通 過 するのが 見 られるように 流 星 体 が 太 陽 面 を 通 過 するのが 見 られたら 面 白 い 専 門 家 たちはそれぞれの 関 心 (たとえば 宇 宙 船 に 対 する 衝 突 の 危 険 性 上 層 大 気 の 研 究 )に 資 する 観 測 を 求 めている アマチュアは 彼 らの 求 めに 気 付 かないで 目 先 の 結 果 にこだわって 同 じような 観 測 を 続 けるのでは なく 困 難 であっても 専 門 家 の 求 める 観 測 に 向 かうことはできないだろうか? 付 録 :CAMSの 観 測 CAMS(Cameras for Allsky Meteor Surveillance)の 観 測 報 告 が Jenniskens によって ICARUS 誌 に 発 表 されると 予 告 されていたが Paul Roggemans から 来 月 発 行 される 号 に 掲 載 されることが 以 下 のサイトに 掲 示 されている と 教 示 されたので 紹 介 する 期 間 限 定 (2 月 28 日 まで)で 論 文 (pdf 形 式 )を 入 手 できるので 興 味 のある 方 は 取 得 されるとよい サイトに 論 文 の4つのタイトルが 以 下 のように 表 示 されているのでクリックすれば 別 タブが 開 いて 論 文 が 表 示 される 大 部 の 論 文 なので 彼 の Meteor Showers の 一 部 を 読 むくらいの 覚 悟 がいる 2016, January 3 - Happy New Year! The new CAMS-related articles in the journal Icarus (1 March 2016 issue, Vol. 266, pages , , , and , respectively) are now available online (free download until February 28): I. The Established Meteor Showers as observed by CAMS II. CAMS Confirmation of Previously Reported Meteor Showers III. CAMS Verification of Single-Linked High-Threshold D-Criterion Detected Meteor Showers IV. CAMS Newly detected showers and the sporadic background

7 MSS 資 料 集 ホームページ ~2015 年 度 更 新 ~ MSS-140 その 他 重 野 好 彦 MSS 資 料 集 を2015 年 度 版 に 更 新 しましたのでお 知 らせします 第 140 回 流 星 物 理 セミナー のお 知 らせ 渋 谷 区 神 宮 前 隠 田 (おんでん) 区 民 会 館 案 内 図 発 表 するのも 話 を 聞 くのも 予 約 不 要 です どうぞお 気 軽 にご 参 加 下 さい 日 時 2015 年 7 月 5 日 ( 日 ) 13 時 ~17 時 ( 確 定 しました) 場 所 渋 谷 区 神 宮 前 隠 田 (おんでん) 区 民 会 館 2 階 会 議 室 2 号 内 容 ANT, Apex, Toroidal 観 測 方 法 による 捕 捉 率 の 違 いと 見 え 方 の 違 い( 小 関 正 広 ) この1 年 間 の 資 料 集 をHPに 登 録 しました( 重 野 好 彦 ) 募 集 中! 費 用 300 円 幹 事 重 野 好 彦 ( 奇 )/ 寺 田 充 ( 偶 ) 2. 資 料 集 本 資 料 集 は2015 年 7 月 版 です 2013 年 度 資 料.pdf 2014 年 度 資 料.pdf 2015 年 度 資 料.pdf MSS00-1-はじめに.txt MSS00-2-ごあいさつ.txt MSS00-3-インデックス.txt MSS00-3-インデックス.xls MSS00-A-50 回 記 念 誌 上.pdf MSS00-B-50 回 記 念 誌 下.pdf MSS01- 隕 石.pdf MSS02- 隕 石 落 下 シミュレーション.pdf MSS03- 遠 征 観 測 報 告.pdf MSS04- 音.pdf MSS05- 解 析 法.pdf MSS06- 観 測 機 器.pdf MSS07- 観 測 結 果.pdf MSS08- 観 測 理 論.pdf MSS09- 軌 道 計 算 研 究 発 表.pdf MSS10- 軌 道 計 算 精 度.pdf MSS11- 軌 道 計 算 論 文.pdf MSS12- 軌 道 シミュレーション.pdf 3. 流 星 動 画 像 6 等 より 明 るい 流 星 動 画 像 をDVDで 配 付 します MSS13-1- 議 事 録.pdf MSS13-2- 議 事 録.txt MSS14- 空 間 密 度.pdf MSS15- 構 造.pdf MSS16- 痕.pdf MSS17-シューメーカーレビー9.pdf MSS18- 出 現 予 報.pdf MSS19-スペクトル.pdf MSS20- 測 光.pdf MSS21-その 他.pdf MSS22- 電 波.pdf MSS23- 同 時 観 測.pdf MSS24- 同 時 観 測 MSS-WG.pdf MSS25- 同 時 観 測 理 論.pdf MSS26- 発 光.pdf MSS27- 輻 射 点.pdf MSS28- 豆 まき 現 象.pdf 4. 流 星 物 理 セミナー ワーキンググループ(MSS-WG)の 紹 介 観 測 報 告 と 流 星 用 プログラム 至 新 宿 1)JR 原 宿 駅 南 口 から5 分 2) 地 下 鉄 明 治 神 宮 前 駅 4 番 出 口 1 分 ---- 明 JR 治 和 民 (2 次 会 ) 原 宿 通 駅 Laforet り 東 急 プラザ 表 参 道 通 り 北 地 下 4 番 口 ロッテリア 至 渋 谷 西 + 東 南 隠 田 会 館 ( 月 曜, 第 2 日 曜 休 館 ) 旧 会 館 ユニークアクセス 数 PC PC/ 年 換 算 ~ ~ ~ ~ PC PC/ 年 換 算 ~ ~ (サーバ 変 更 ) ~ ~ (ドメイン 変 更 ) ~

8 ファイル 名 Page MB MSS00-1-はじめに.txt 6 0 MSS00-2-ごあいさつ.txt 4 0 MSS00-3-インデックス.txt - - MSS00-3-インデックス.xls - - MSS00-A-50 回 記 念 誌 上.pdf MSS00-B-50 回 記 念 誌 下.pdf MSS01- 隕 石.pdf MSS02- 隕 石 落 下 シミュレーション.pdf MSS03- 遠 征 観 測 報 告.pdf MSS04- 音.pdf 19 6 MSS05- 解 析 法.pdf MSS06- 観 測 機 器.pdf MSS07- 観 測 結 果.pdf MSS08- 観 測 理 論.pdf MSS09- 軌 道 計 算 研 究 発 表.pdf MSS10- 軌 道 計 算 精 度.pdf MSS11- 軌 道 計 算 論 文.pdf MSS12- 軌 道 シミュレーション.pdf MSS13-1- 議 事 録.pdf 53 9 MSS13-2- 議 事 録.txt - 0 MSS14- 空 間 密 度.pdf MSS15- 構 造.pdf 5 1 MSS16- 痕.pdf MSS17-シューメーカーレビー9.pdf 35 8 MSS18- 出 現 予 報.pdf MSS19-スペクトル.pdf MSS20- 測 光.pdf 19 7 MSS21-その 他.pdf MSS22- 電 波.pdf MSS23- 同 時 観 測.pdf MSS24- 同 時 観 測 MSS-WG.pdf MSS25- 同 時 観 測 理 論.pdf MSS26- 発 光.pdf 11 2 MSS27- 輻 射 点.pdf MSS28- 豆 まき 現 象.pdf 24 5 MSS ~2015.pdf - 75 合 計 3, MB [MSS-001 回 から139 回 までを 集 計 ] 回 年. 月. 日 発 表 参 加 ? ? ? ? ? ? ? ?

9 ANT, Apex, Toroidal 観 測 方 法 による 捕 捉 率 の 違 いと 見 え 方 の 違 い 2015 July 5 流 星 物 理 セミナー 日 本 流 星 研 究 会 小 関 正 広 要 旨 : 筆 者 は 繰 り 返 し 観 測 方 法 によって 流 星 流 星 群 の 見 え 方 が 異 なることを 示 してきた 観 測 方 法 によっ て 流 星 の 速 度 による 捕 捉 率 に 大 きな 差 があり 写 真 観 測 は ANT CCD 観 測 は Apex 電 波 観 測 は Toroidal を 得 意 分 野 とすることを 示 した 1. 観 測 における 捕 捉 率 と 流 星 の 速 度 第 1 図 に 写 真 CCD 電 波 II により 得 られ た 流 星 の 速 度 分 布 を 示 す 第 2 図 はハリコ フにおける 電 波 観 測 につい て 理 論 的 に 求 められた 捕 捉 Figure 2: 電 波 観 測 の 捕 捉 率 率 で あ る (Kasheev, 1967) これを 第 1 図 の 電 波 観 測 と 比 べると Figure 1: 観 測 方 法 による 速 度 分 布 の 違 い 非 常 に 似 通 っていることが 分 かる Taylor と Elford(1998)もハーバードの 電 波 観 測 から 得 られた 流 星 体 の 空 間 分 布 には 大 きな 偏 りがあることを 示 している 基 本 的 には 電 波 観 測 では 高 速 の 流 星 の 捕 捉 率 が 極 めて 低 いのである 第 1 図 から 光 学 観 測 の 捕 捉 率 にも 違 いがあると 推 定 される 第 3 図 は 第 1 図 の 写 真 と CCD による 流 星 数 の 比 (N CCD /N photo )をグラフ 化 したものである( 図 中 の ) 明 らかに 速 度 との 相 関 がみられるので 二 次 回 帰 を 求 め 実 線 で 示 した McKinley(1961)によると 写 真 観 測 の 効 率 は 次 式 で 示 される 2 a As E k (1 x) f n k はレンズの 質 によって 決 まる 定 数 a はレンズの 口 径 A s は 写 野 面 積 x は 回 転 シャッターの 開 閉 比 f はレンズの 焦 点 距 離 n はほぼ 1 として 良 いだろう が 2 に 近 い 場 合 もあり 得 るとしている この 式 を 第 Figure 3: 速 度 と 写 真 CCD の 流 星 数 比 3 図 に 合 わせて 変 形 すると 次 式 が 求 められる E A k' S S CCD k 2 photo 2 2 ( 1 x) ff (1 x) Vg ff E CCD について f=6mm, F(=f/a)=0.8, A s =56 43 度 写 真 について f=50mm, F=1.4, A s =24 36 度 として E CCD /E photo の 比 を 第 3 図 に+で 示 した なお k =28.4 とすれば V g =50 で E photo =0.1 k= で E CCD =1 となる このように 電 波 光 学 観 測 を 問 わず 捕 捉 率 は 流 星 の 速 度 に 大 きく 依 存 していると 考 えられる そこで 第 1 図 の 速 度 分 布 が 捕 捉 率 によって 生 じた 見 かけの 違 いであると 近 似 して 捕 捉 率 を 求 めると 第 1 表 が 得 られる 第 1 表 : 第 1 図 の 速 度 分 布 で 最 大 値 によって 各 速 度 の 流 星 数 を 除 した 数 値 捕 捉 率 を 示 す A Vg photo HAR SonotaCo II 第 4 図 aは 地 球 向 点 からの 離 角 A による 輻 射 点 密 度 を 示 したものであるが 観 測 方 法 によって 分 布 に 大 きな 違 いが 見 られる 観 測 法 によって 捉 えられる< 流 星 >が 異 なることは 当 然 であるが その 違 いを 補 正 して 本 来 の 分 布 を 考 察 するには 補 正 が 不 可 欠 である 第 4 図 bはこれを 速 度 による 捕 捉 率 で 補 正 したものである 補 正 によって Apex が 分 布 の 中 心 であることが 明 確 になり さらに A =60~70 度 に 共 通 して 副 次 的 な 極 大 が 見 られ る これは Toroidal と ANT が 合 成 されたものと 考 えられる 全 体 として 輻 射 点 密 度 の 変 化 が 共 通 して 表 され この 補 正 が 近 似 的 には 十 分 有 効 であることが 分 かる

10 Figure 4a: 地 球 向 点 からの 離 角 による 輻 射 点 分 布 Figure 4b: 輻 射 点 分 布 を 捕 捉 率 によって 補 正 したもの 2.ANT, Apex, Toroidal の 見 え 方 2.1 Apex 第 4 図 a bで 示 したように 地 球 向 点 方 向 に 輻 射 点 が 集 中 していることは 明 確 であり 眼 視 観 測 でも 明 け 方 に 流 星 数 が 増 大 する 現 象 として 知 られていた 第 4 図 a bでは 最 大 値 が 10 になるよう 規 格 化 して 示 しているが 第 5 図 a~cは Apex;( - s, )=(270,0), Toroidal;( - s, )=(270,65), ANT; ( - s, )=(200,0)から の 距 離 に 応 じて 輻 射 点 の 分 布 密 度 がそれぞれの 観 測 における 輻 射 点 の 平 均 分 布 密 度 の 何 倍 であるかを 示 したものである これらの 図 では 前 節 で 提 唱 した< 速 度 による 捕 捉 率 >を 適 用 した 推 算 輻 射 点 密 度 を 用 いている 第 4 図 bでは 各 観 測 方 法 で 輻 射 点 の 分 Figure 5a: 輻 射 点 分 布 密 度 ( 平 均 値 との 比 Apex) 布 密 度 は Apex からの 離 角 A によって 似 た 変 化 を 見 せ ているように 見 えるが 第 5 図 aから 観 測 方 法 に よって 見 え 方 にかなりの 違 いがあることが 分 かる Apex 方 向 からの 流 星 を 一 番 多 くとらえているのが 電 波 観 測 であり 輻 射 点 の 平 均 分 布 密 度 の 約 6 倍 程 度 であるのに 対 して 写 真 観 測 ではそのおよそ 半 分 の 3 倍 に 過 ぎないことが 示 される Apex 方 向 からの 流 星 は 暗 い( 小 さい)ものが 主 体 であることが 示 唆 され る 2.2 Toroidal まず Toroidal の 原 義 について 述 べておく 必 要 が ある NMS 同 報 で 指 摘 したように(nms 31882) 最 初 Figure 5b: 輻 射 点 分 布 密 度 ( 平 均 値 との 比 Toroidal) にこの 単 語 を 用 いたのは Hawkins(1963)で 本 稿 で 用 いている Harvard-Smithsonian の 電 波 観 測 から 離 心 率 が 小 さく 軌 道 傾 斜 角 の 大 きな 流 星 体 が 検 出 され 流 星 体 があたかも 太 陽 を 中 心 としたドーナツ 状 に 分 布 し 軌 道 が 空 間 で 環 状 体 ( 円 環 体 )=トロイドを 形 成 している ことから 命 名 された 第 6 図 に 示 す トロイダル コアを 参 照 されたい つまり Toroidal source とは 流 星 体 の 軌 道 分 布 を 指 し 原 義 からする と 輻 射 点 の 領 域 のことではない 第 7 図 aは Figure 6:トロイダル コア Figure 5c: 輻 射 点 分 布 密 度 ( 平 均 値 との 比 ANT) 年 の Harvard-Smithsonian の 電 波 観 測 で( - s, )=(270,65) から 30 度 以 内 に 輻 射 点 を 持 つ 流 星 の 軌 道 半 長 径 の 分 布 を 移 動 平 均 で 示 したものである 1au 付 近 に 明 瞭 な 極 大 を 持 つことが 分 かる このような 流 星 体 の 軌 道 分 布 が Toroidal の 意 味 するものである 第 7 図 aは 速 度 によ る 補 正 を 施 していないので 実 際 の 流 星 体 分 布 はこれと

11 かなり 異 なるものになり 軌 道 半 長 径 の 大 きいもの が 多 くなる このことから 現 在 では Toroidal source が 輻 射 点 の 領 域 を 指 すように 転 用 して 用 いられるこ とが 多 い ただし Campbell-Brown(2008)が CMOR のデータに 対 して 補 正 した 軌 道 半 長 径 分 布 を 示 して いるが 1au 付 近 に 極 大 があることに 変 化 はない な お 補 正 した 観 測 速 度 分 布 も 示 されているが 本 稿 で 用 いている 速 度 による 捕 捉 率 で 補 正 した 速 度 分 布 と 極 めて 類 似 している( 煩 雑 になるので 速 度 による 補 正 をした 分 布 は 省 略 する) しかし 第 7 図 bに 示 すように 写 真 観 測 でも ( - s, )=(270,65)から 30 度 以 内 に 輻 射 点 を 持 つ 流 星 の 軌 道 半 長 径 の 分 布 で 1au 付 近 に 極 大 が 現 れる 写 真 観 測 では Southworth と Hawkins(1963) によっ て Cyclids という 存 在 が 指 摘 されている Cyclids は もともと 軌 道 傾 斜 角 の 小 さいグループであるが 写 真 流 星 で e<0.15 のものの 輻 射 点 分 布 を 調 べると 第 8 図 aのように Toroidal 領 域 に 輻 射 点 を 持 つもの が 目 立 つ Cyclids は Toroid の 一 部 を 捕 えたものと も 言 えるだろう 第 5 図 bからも 写 真 観 測 で 電 波 観 測 と 同 程 度 の 強 度 で Toroidal が 捉 えられていること が 分 かる 第 5 図 bから II と CCD の 観 測 では それ ほど Toroidal 領 域 の 輻 射 点 密 度 が 高 いようには 見 え ない しかし 第 7 図 cと 第 7 図 dを 比 較 すると II では 1au 付 近 で 流 星 数 の 増 加 が 見 られるが CCD で は 全 く 認 められない ここで 改 めて 電 波 観 測 と CCD 観 測 がもつ 捕 捉 率 の 速 度 依 存 性 を 考 えてみよう 次 の 表 は s=270 度 の 経 線 に 沿 って Toroidal 領 域 を =35 から 10 度 毎 に 軌 道 半 長 径 a によって 対 地 速 度 V g がどのように 変 化 するの かを 示 したものである なお =95 は( s, )=(90,85) を 意 味 し 電 波 観 測 に 合 わせて a=1.5 と a=2.0 また CCD 観 測 に 合 わせて a=2.5 と a=3.5 を 選 んでいる Figure 7a:Toroidal 軌 道 半 長 径 の 分 布 ( 電 波 観 測 ) Figure 7b:Toroidal 軌 道 半 長 径 の 分 布 ( 写 真 観 測 ) Figure 7c:Toroidal 軌 道 半 長 径 の 分 布 (CCD 観 測 ) 第 2 表 : 軌 道 半 長 径 輻 射 点 の 黄 緯 と 推 定 される 流 星 の 対 地 速 度 Vg:a= Vg:a= Vg:a= Vg:a= 第 8 図 b cに 電 波 観 測 と CCD 観 測 による 輻 射 点 分 布 を 示 す 電 波 観 測 では Toroidal 領 域 の 中 心 は ( s, )=(270,65)であるが CCD 観 測 では 分 布 の 中 心 が Apex 領 域 に 接 した( が 小 さい) 側 に 偏 っている この 違 いは 捕 捉 率 の 速 度 依 存 性 によって 説 明 される それぞれの 観 測 における 分 布 の 中 心 は 上 の 表 から それぞれの 得 意 とする 速 度 範 囲 に 当 たっていること が 分 かる Figure 7d:Toroidal 軌 道 半 長 径 の 分 布 (II 観 測 ) この CCD 観 測 では 分 布 の 中 心 が Apex 領 域 に 接 した( が 小 さい) 側 に 偏 っている ことは 捕 捉 率 Figure 7d:Toroidal 軌 道 半 長 径 の 分 布 (II 観 測 ) の 速 度 依 存 性 を 示 すと 同 時 に Toroidal の 起 源 を 考 え るうえで 示 唆 的 である このことは 次 節 で 扱 うことにする 2.3 ANT 第 5 図 cに 第 5 図 a b 同 様 ANT を 中 心 とした 輻 射 点 の 分 布 密 度 が 輻 射 点 の 平 均 分 布 密 度 の 何 倍 である かを 示 した 電 波 観 測 を 除 き 光 学 観 測 では3つの 輻 射 領 域 のうち ANT が 最 も 活 発 であることが 分 かる Apex

12 Figure 8a:Cyclids(e<0.15)の 輻 射 点 分 布 ( 写 真 観 測 ) Figure 8b: 電 波 観 測 による 輻 射 点 分 布 (Harvard-Smithsonian ) Figure 8c:CCD 観 測 による 散 在 流 星 の 輻 射 点 分 布 (SonotaCo2013) Toroidal がほぼ 同 程 度 の 密 度 であるのに 対 して 2 倍 程 度 という 歴 然 とした 差 を 示 している

13 Figure 9a: 彗 星 小 惑 星 からの 予 想 輻 射 点 分 布 Figure 9b: 輻 射 点 の 分 布 領 域 第 5 図 は 速 度 による 捕 捉 率 の 補 正 をしたものであり 電 波 観 測 は 質 量 の 小 さい 流 星 体 を 捉 えていると 考 えら れるので この 違 いは ANT の 光 度 比 が Apex や Toroidal に 比 べて 小 さいことを 示 唆 していると 推 定 される 3. 流 星 の 起 源 に 対 する 小 考 察 MSSでは 非 周 期 彗 星 小 惑 星 周 期 彗 星 の 輻 射 点 分 布 について 触 れたが 第 9 図 aに 地 球 向 点 から の 離 角 A と V g の 関 係 を3つのグループに 分 けて 示 す 同 図 bは3つのグループの 存 在 する 領 域 を 模 式 的 に 表 している 3つのグループがきちんとすみ 分 けて いる 様 子 が 確 認 できる ここで 注 目 されるのは( A, V g )=(54, 52)と 原 点 を 結 ぶ 線 に 小 惑 星 からの 輻 射 点 分 布 の 限 界 があることである 第 10 図 は 同 様 に II の 観 測 について A と V g の 関 係 を 示 したものであるが 第 9 図 a bと 極 めて 似 た Figure 10:II 観 測 における 速 度 分 布 分 布 であることが 分 かる 先 ほど 注 目 した( A, V g )=(54, 52)と 原 点 を 結 ぶ 線 に 分 布 の 境 界 線 が 明 瞭 にみられる ここでは 省 略 するが この 境 界 線 は 電 波 写 真 CCD のいずれでも 明 ら かである 第 8 図 b cにおいて Apex 領 域 を 取 り 巻 くように 分 布 している 輻 射 点 が 希 薄 な 領 域 に 該 当 する 境 界 線 で 区 切 られた2つの 領 域 について CCD による 観 測 を 元 に 物 理 的 性 質 に 違 いがあるのか 検 討 する 以 下 では 破 線 より 左 側 を 領 域 c(cometary) 右 側 を 領 域 a(asteroidal)と 呼 ぶことに する CCD 観 測 で 得 られた 流 星 を 破 線 で2 分 してそれぞれの 光 度 分 布 を 図 示 したものが 第 11 図 である 光 度 が 大 きくなるに つれて 捕 捉 率 は 低 下 するので グラフの 直 線 部 分 ( 領 域 cでは m=-6~-2 領 域 aでは m=-4.5~-1.5)を 用 いて 最 小 二 乗 法 で 直 線 の 傾 きを 求 めると 領 域 cについて r=4.09 領 域 aで r=2.95 が Figure 11: 領 域 cと 領 域 aの 光 度 分 布 (CCD) 得 られる 直 線 部 分 を 用 いるという 限 定 的 な 結 果 ではあるが 領 域 cの 流 星 は 暗 い 流 星 に 富 み 領 域 aの 流 星 は 明 るい 流 星 に 富 んでいると 考 えられる 領 域 cの 流 星 が 彗 星 に 起 源 をもち 領 域 aの 流 星 が 小 惑 星 と 共 通 の 起 源 をもつという 仮 説 と 矛 盾 しない 次 に 領 域 aと 領 域 cの 発 光 消 滅 点 を 比 較 する 対 地 速 度 に よって 発 光 消 滅 点 は 変 化 するので ともに 50 V g <60 の 流 星 のみを 対 象 として 発 光 消 滅 点 の 高 度 を 流 星 の 光 度 の 分 布 図 か ら 最 小 二 乗 法 によって 得 られた 結 果 をグラフ 化 したものが 第 12 図 である 発 光 点 消 滅 点 ともに 領 域 cの 流 星 の 方 が 高 い ことが 分 かる これは 領 域 cの 流 星 体 が 領 域 aの 流 星 体 に 比 べて 脆 いことを 示 唆 していると 考 えられ これも 領 域 cの 流 星 Figure 11: 発 光 点 消 滅 点 の 高 度 (CCD) が 彗 星 に 起 源 をもち 領 域 aの 流 星 が 小 惑 星 と 共 通 の 起 源 をも つことを 示 唆 している 第 13 図 a bに2つの 領 域 に 分 けた 輻 射 点 分 布 を 示 すが 地 球 向 点 からの 離 角 A で 区 切 っているから 当 然 ながら 先 に 述 べた 第 8 図 b cにおいて Apex 領 域 を 取 り 巻 くように 分 布 している 輻 射 点 が 希 薄 な 領 域

14 Figure 13a: 領 域 cの 流 星 の 輻 射 点 分 布 (CCD) Figure 13b: 領 域 aの 流 星 の 輻 射 点 分 布 (CCD) が 起 源 的 なものによることが 推 察 される これに 対 し Campbell-Brown(2008)は Apex 領 域 の 逆 行 軌 道 をもつ 流 星 体 と 希 薄 領 域 の 外 側 の 惑 星 間 塵 との 衝 突 破 砕 によって 失 われるためとしている また 領 域 aとbの 流 星 が Toroidal 領 域 において 接 触 している 点 は 興 味 深 い Pokorný 他 (2014)はハレー 彗 星 タイプ( 長 周 期 彗 星 )を 起 源 と 考 えているが Campbell-Brown と Wiegert(2009)は Toroidal 領 域 において 12 の 活 動 を 区 別 している まず いわゆるトロイダルを 構 成 する 要 素 として Toroidal, Toroidal A, Toroidal B, Toroidal C さらにそれに 付 随 するものとして, Helion Arc, Antihelion Arc を 挙 げている 後 の 二 者 はトロイダル から Helion ANT に 伸 びる 輻 射 点 領 域 である また トロイダル 領 域 で 活 動 する 流 星 群 として Quadrantids, Psi Cassiopeids, Alpha Lacertids, Theta Coronae Borealids, lambda Bootids, xi Coronae Borealids の6 群 を 示 している さらには 近 傍 に こと 群 こぐま 群 も 見 られている このように トロイダルと 言 っても 単 純 に 一 つの 起 源 を 想 定 することは 無 理 があろう Campbell- Brown (2008)は 希 薄 領 域 が Apex から 55 度 に 位 置 する としているが これはトロイダル 領 域 に 重 なる 彼 のように 希 薄 領 域 が 惑 星 間 塵 との 衝 突 により 生 じる のであれば トロイダル 領 域 の 流 星 体 の 一 部 は 長 周 期 彗 星 ( 逆 行 軌 道 )から 他 は 惑 星 間 塵 ( 小 惑 星 帯 ) から 来 たものと 考 えるのが 自 然 であろう 先 に CCD 観 測 では Toroidal 領 域 の 下 側 に 輻 射 点 が 多 く 軌 道 半 長 径 も 3au 程 度 のものが 多 いことを 指 摘 した これは CCD 観 測 ではハレー 彗 星 型 からの 移 行 期 にある 流 星 Figure 14: 軌 道 傾 斜 角 を5 度 ずつ 変 化 させた 輻 射 点 体 を 捕 えていると 考 えられるであろう 蛇 足 になるが 前 回 の MSS で 示 した 輻 射 点 変 化 を5 度 の 刻 みで 第 14 図 に 示 す 見 かけ 上 Apex や Toroidal 領 域 では 輻 射 点 の 分 布 密 度 が 高 くなることが 明 らかである 4.まとめ 流 星 観 測 は 方 法 によって 非 常 に 大 きな 特 性 の 違 いがある 第 1 図 に 示 した 速 度 分 布 が 捕 捉 率 そのものを 表 し ているという 極 めて 単 純 な 補 正 法 がかなり 有 効 であることが 分 かった また 観 測 結 果 そのものからみると ANT は 写 真 観 測 Toroidal は 電 波 観 測 Apex は CCD 観 測 で 顕 著 であ るが 速 度 分 布 による 補 正 を 施 すと その 差 はかなり 縮 小 する ANT と Apex が 目 立 ち Toroidal は 一 歩 退 く というのは 眼 視 観 測 以 来 の 知 見 によく 一 致 していると 思 われる( 第 3 表 参 照 ) 第 3 表 : 輻 射 点 の 平 均 分 布 密 度 に 対 する 比 それぞれの 領 域 の 最 大 値 を 示 す 右 側 は 速 度 補 正 を 施 した Apex;( - s, )=(270,0), Toroidal;( - s, )=(270,65), ANT; ( - s, )=(200,0) Observed Corrected Photo Radar CCD II Average Photo Radar CCD II Average Apex Toroidal ANT 参 考 文 献 McKinley, D.W.R., 1961, Meteor Science and Engineering, p.56, McGraw-Hill. B.L.Kasheev, V.N.Lebedinets, M.F.Lagutin, 1967, Meteoric phenomena in the Earth s atmosphere, <Investigations meteor No.2>, «Nauka», p.84. A. D. Taylor, and W. G. Elford, 1998, Meteoroid orbital element distributions at 1 AU deduced from the Harvard Radio Meteor Project observations, Earth Planets Space, 50, G.S.Hawkins, "The Harvard Radio Meteor Project", Smithsonian Contr. Astrophys, 7(1963),

15 Southworth R.B. and Hawkins G.S. (1963). Statistics of Meteor Streams, Smithsonian Contributions to Astrophysics, 7, M.D. Campbell-Brown, 2008, High resolution radiant distribution and orbits of sporadic radar meteoroids, Icarus 196, M. Campbell-Brown and P. Wiegert, 2009, Seasonal variations in the north toroidal sporadic meteor source, Meteoritics & Planetary Science 44, Nr 12, Petr Pokorný, David Vokrouhlický, David Nesvorný, Margaret Campbell-Brown, and Peter Brown, 2014, Dynamical Model for the Toroidal Sporadic Meteors, The Astrophysical Journal, 789:25 (20pp).

16 ペルセウス 群 輻 射 点 拡 大 撮 影 MSS-141 輻 射 点 重 野 好 彦 撮 影 日 時 過 去 の 観 測 結 果 : 2006 年 8 月 13/14 日 00:00 ~ 04:10(JST) 2008 年 8 月 11/12 日 00:00 ~ 03:32(JST) 2008 年 8 月 12/13 日 00:30 ~ 04:00(JST) 観 測 地 撮 影 機 材 撮 影 方 向 新 潟 八 海 山 IIによる 動 画 像 (DV-AVI) 撮 影 高 橋 P 型 +ビクセンモードラ 自 動 ガイド レンズ170mmF2.4( 写 野 :06.0 度 04.5 度 ) 050mmF1.4( 写 野 :20.0 度 15.0 度 ) ペルセウス 座 流 星 群 輻 射 点 /12 50mm F /14 170mm F2.4 [+] 印 /13 の 同 時 TV 観 測 による 補 正 輻 射 点 /13 50mm F1.4 [47 ] 印 :47,+58 [48 ] 印 :48,+58

17 (JST) ( 現 地 標 準 時 ) 光 度 分 布 ( 等 ) 撮 影 日 時 2015 年 8 月 11/12 日 17:48~20:58 00:48~03: ( 個 ) 12/13 日 14:40~21:00 21:40~04: ( 個 ) 観 測 地 Yosemite 付 近 CA 撮 影 機 材 Nikon D4 ISO:10 万 fps 動 画 1/125secシャッター 恒 星 最 微 等 級 8.6 等 高 橋 P 型 +ビクセンモードラ 自 動 ガイド レンズ135mmF2 クロッフ (トリミンク 2.7 倍 ) ( 写 野 :5.9 度 3.2 度 ) /12 17:52:52(JST) 135mm F2 クロッフ 2.7 倍 (さらに 流 星 を 部 分 拡 大 ) /13 135mm F2 クロッフ 2.7 倍

18 IAUの 確 定 群 ( 流 星 会 議 発 表 の 詳 細 拡 大 版 ) 第 141 回 流 星 物 理 セミナー 2015/10/4 日 本 流 星 研 究 会 小 関 正 広 1.はじめに 3 年 ごとに 開 催 される IAU 総 会 に 合 わせて 確 定 群 が 拡 張 されてきたが IAU-MDC から 8 月 15 日 に 新 しい 版 が 公 表 された 概 要 は 8 月 日 の 流 星 会 議 で 紹 介 したが 公 表 からの 時 間 がなかったので 一 部 に ついてしか 触 れることができなかった 今 回 の 発 表 は 流 星 会 議 での 発 表 を 発 展 させ 確 定 群 で 問 題 がある もの 個 々について 検 討 したものである なお その 後 Aug.25 版 が 出 ているので 一 部 それを 利 用 した 2.データ 間 の D SH 確 定 群 の 多 くでは 複 数 の 観 測 データが 登 録 されている まず それらのデータ 間 の Southworth-Hawkins によるD 判 定 (D SH )を 求 めることにより 同 一 群 の 観 測 でどの 程 度 の 違 いが 見 られるか また どの 程 度 がD 判 定 での 目 安 になるのか 見 ていくことにしよう 表 1:やぎ 群 で 登 録 されているデータ 間 の D SH 1CAP0 1CAP1 1CAP2 1CAP3 1CAP4 1CAP5 1CAP6 1CAP CAP CAP CAP CAP CAP CAP やぎ 群 (IAU-No.1 略 号 CAP)に は 合 計 8 つの 観 測 データが 0~7 の 番 号 が 付 加 されて 登 録 されており 表 1はそれらの 間 の D SH を 示 した ものである 注 目 されるのは 1CAP4-1CAP6 の 間 で D SH =0 となっていることで ある これは 両 者 の 軌 道 が 完 全 に 一 致 していることを 意 味 している 1CAP-6 の SonotaCo ネットによる データは wgn 誌 上 で 発 表 されておらず 本 来 は 空 欄 ( 以 下 では 指 摘 しない 限 り SonotaCo ネットのように 軌 道 が 掲 載 されていないものについては 筆 者 が 輻 射 点 と 地 心 速 度 から 計 算 した 軌 道 を 用 いている)であるべき であるが 1CAP-4(Jopek et al., 2003)のデータによって( 誤 って) 埋 められたために 生 じた 現 象 である D SH が 最 大 となっているのは 1CAP1-1CAP2 の 組 み 合 わせで D SH =0.072 である これは 同 一 群 と 判 定 す る 値 としては 妥 当 な 値 と 考 えられる ただし やぎ 群 に 登 録 されている 軌 道 がよく 集 中 していることは 黄 道 型 群 の 中 で 例 外 的 なことなのである 表 2:ふたご 群 の D SH 表 2: 四 分 儀 群 の D SH 4GEM0 4GEM1 4GEM2 4GEM3 4GEM GEM GEM GEM QUA0 10QUA1 10QUA2 10QUA3 10QUA QUA QUA QUA 他 の 群 をいくつか 見 ていくことにしよう 表 2にふたご 群 の 場 合 を 示 す 最 大 でも D SH <0.021 と 極 めてよく 一 致 している しかし これほど 一 致 している 群 は 例 外 と 言 ってよい 四 分 儀 群 ( 表 3)も 豊 富 な 出 現 でよく 観 測 されているが 最 大 で D SH =0.124 となっている 表 4にみずがめδ 南 群 の D SH を 示 すが D SH =0.15 を 越 え 表 4:みずがめδ 南 群 の D SH 5SDA0 5SDA1 5SDA2 5SDA3 5SDA4 5SDA5 5SDA6 5SDA SDA SDA SDA SDA SDA SDA るものは 一 部 である 出 現 が 豊 富 で 周 囲 の 群 や 散 在 流 星 との 分 離 が 容 易 なものについては D SH <0.15 がほぼ 妥 当 な 判 別 基 準 になる こ こでは 表 1~4のような 対 照 表 を 省 略 するが こと 群 やオリオン 群 もこの 基 準 を 満 たしている IAU の 流 星 群 番 号 で 31 以 下 の ものは Harvard の 写 真 観 測 で 使 わ れたもので 写 真 観 測 だけでなく 眼 視 観 測 でもよく 知 られたものである 確 定 群 はこの 中 に 24 群 あり これらについての 最 小 値 最 大 値 を 比 べてみよう 表 5で 最 大 値 が 空 欄 (---)となっている 11EVI 18AND 23EGE 27KSE は 掲 載 されているデータが2つしか ないため その2つのデータによる D SH の 組 を 最 小 値 の 欄 に 示 している 表 5に D SH >0.2 となるものがいくつ かあるが 出 現 が 豊 富 で 周 囲 の 群 や 散 在 流 星 との 分 離 が 容 易 なものについては D SH <0.15 がほぼ 妥 当 な 判 別 基 準 であるとするならば D SH >0.2 となるものには 何 らかの 原 因 があると 考 えられる 様 々な 原 因 が 絡 み 合 っ

19 ていると 考 えられるが 以 下 のように 分 類 しておく A. 高 速 の 流 星 なので 精 度 が 不 十 分 :7PER 13LEO B.ANT に 近 く 散 在 他 群 との 分 離 が 不 十 分 :2STA 11EVI 17NTA 21AVB C. 構 造 が 複 雑 で 研 究 が 不 十 分 :2STA 12KCG 17NTA 20COM D. 出 現 が 少 なく 観 測 が 不 十 分 :11EVI 12KCG 15URS 16HYD 21AVB 表 3: 確 定 群 中 で No.31 までの 群 についての D SH の 最 小 最 大 値 1CAP 2STA 4GEM 5SDA 6LYR 7PER 8ORI 9DRA min max QUA 11EVI 12KCG 13LEO 15URS 16HYD 17NTA 18AND min max MON 20COM 21AVB 22LMI 23EGE 26NDA 27KSE 31ETA min max D SH >0.2 となる 流 星 群 A. 高 速 な 流 星 群 表 4:ペルセウス 群 の D SH 7PER0 7PER1 7PER2 7PER3 7PER4 7PER PER PER PER PER 逆 に 別 群 とされていて も D SH <0.15 となる 場 合 には それらが 同 一 群 で ある 可 能 性 を 示 唆 するこ と に な る ( D SH が 0.15~0.20 の 間 について は 個 別 に 検 討 する 必 要 があるだろう) 次 項 では No.31 までのものを 中 心 として D SH >0.2 となる 流 星 群 について 検 討 する A.1 ペルセウス 群 表 6で 7PER0 は Kresak and Porubcan 7PER2 は Jopek et al.が 既 知 の 写 真 観 測 データを 分 析 して 得 た もので 元 データの 大 部 分 が 共 通 するから 極 めてよ く 似 た 軌 道 になっている(D SH =0.012) 7PER1 は DMS による 独 自 の 写 真 観 測 7PER4 は SonotaCo ネットに よるビデオ 観 測 である この2つも 写 真 観 測 7Per0 とよく 似 た 軌 道 を 得 ている 他 と 大 きく 異 なる 軌 道 になっているのが 7PER3 と 7PER5 であるが これはともに Brown et al.による CMOR の 電 波 観 測 である 7PER3 と 7PER5 の 間 で D SH が 小 さくなっているのは 当 然 と 思 われる 7PER2 7PER3 と 7PER4 の 軌 道 を 比 較 してみ よう D SH の 欄 はいずれも 7PER4 に 対 する 値 である 表 7:D SH が 大 きくなっているペルセウス 群 軌 道 の 比 較 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs D SH 7PER PER PER PER3 は 輻 射 点 地 心 速 度 にやや 違 いが 見 られるものの いずれもそれほど 大 きなものではない しかし このわずかな 差 が Apex に 近 い 流 星 群 では 軌 道 にかなり 大 きな 差 を 生 じる 電 波 観 測 である CMOR の2つの データはいずれも 地 心 速 度 が 放 物 線 限 界 を 越 えている 一 般 に 電 波 観 測 では 観 測 速 度 に 何 らかの 補 正 を 加 え るが 過 修 正 になっている 可 能 性 がある 表 8:しし 群 の D SH 13LEO0 13LEO1 13LEO2 13LEO3 13LEO4 13LEO5 13LEO6 13LEO LEO LEO LEO LEO LEO LEO A.2 しし 群 しし 群 ( 表 8)では 13LEO7 が 異 質 である 13LEO5 と 13LEO7 は Brown et al.の CMOR による 電 波 観 測 である 13LEO0~4 までは 典 拠 が 不 明 のものもあるが 基 本 的 には 20 世 紀 中 の 写 真 観 測 ( 特 に 1970 年 以 前 )を 用 いたもので 処 理 の 仕 方 に 研 究 者 の 考 えが 入 るだけなので 互 いによく 似 てい ることは 当 然 である 13LEO6 は SonotaCo によるもので 21 世 紀 に 入 ってからのデータであるが これも 13LEO0~4 とよく 似 ている 表 9:D SH が 大 きくなっているしし 群 軌 道 の 比 較 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs D SH 13LEO LEO

20 表 9から 13LEO6 と 13LEO7 の 地 心 速 度 の 差 が D SH の 違 いに 直 接 結 びついていることがわかる ちなみに 13LEO5 の 地 心 速 度 は Vg=69.0(km/s)であり 表 8で 見 られるように 13LEO5 は 13LEO7 ほど 他 の 軌 道 との D SH は 大 きくない 13LEO5 と 13LEO7 の 速 度 差 が 何 によるのかは 不 明 であるが 3D wavelet という 輻 射 点 の 位 置 と 地 心 速 度 を 元 にした 流 星 群 検 出 法 では Apex に 近 い 高 速 の 流 星 群 の 場 合 には 速 度 決 定 の 誤 差 と 相 まって 散 在 流 星 からの 分 離 が 不 十 分 になっていると 推 定 される なお しし 群 の 活 動 期 間 の 終 わりを 13LEO5 は λs=238 13LEO7 はλs=237 としており 後 期 の 出 現 が 捉 えられていないことは 注 目 される 13LEO0 と 20COM2 との 間 で D SH =0.228 になることから D SH =0.348 という 値 がいかに 大 きいかが 分 かる このように Apex に 近 い 高 速 の 流 星 群 では わずかの 地 心 速 度 の 差 が 大 きな 軌 道 要 素 の 違 い さらには D SH の 開 きに 結 びつくことに 十 分 注 意 が 必 要 である 20COM については C. 構 造 が 複 雑 な 流 星 群 で 触 れる B.ANT に 近 い 流 星 群 表 10:おうし 南 群 の D SH 2STA0 2STA1 2STA2 2STA3 2STA STA STA STA B.1 おうし 群 最 初 におうし 南 群 を 見 てみよう 表 10におうし 南 群 の D SH を 示 す 一 見 すると まとまっているように 見 えるが Apex に 近 い 高 速 の 流 星 群 とは 逆 に ANT 付 近 の 流 星 ( 群 )の 場 合 には D SH >0.2 というのはかなり 違 いがあることを 意 味 している 注 意 してみると 2STA0 2STA1 2STA3 の 間 また 2STA2 と 2STA4 の 間 ではそれぞれ D SH <0.15 に 収 まって いる ペルセウス 群 しし 群 の 場 合 同 様 2STA2 と 2STA4 が CMOR で 他 は 光 学 観 測 である 電 波 観 測 (CMOR) と 光 学 観 測 の 性 質 の 違 いがここでも 現 れている 2STA0 は Porubcan and Kornos 2STA1 は Jopek et all.が 写 真 観 測 をまとめたもの 2STA3 は SonotaCo によるビデオ 観 測 である CMOR の 特 徴 は おうし 南 群 の 活 動 期 間 を 長 く 見 ていることで 2STA2 がλs=172~218 2STA4 がλs=173~217 としている 表 11a:おうし 南 群 の 軌 道 比 較 D SH は 2STA1 と 2STA3 は 2STA0 2STA4 は 2STA2 に 対 する 値 である No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs D SH 2STA STA STA STA STA 表 11b:2STA4 に 対 して D SH <0.15 となる 流 星 群 D SH は 2STA4 に 対 する 値 である No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs D SH 28SOA SPI DCS ZPE ZPE XSA SPI ICE ZPE STA2 と 2STA4 では 出 現 期 間 を 長 くとらえているこ ともあり D SH <0.15 となる 流 星 群 が IAUMDC の 表 に 多 数 存 在 する ここでは 2STA4 を 取 り 上 げるが 2STA2 では 216SPI1 が 圏 外 になるだけでほぼ 同 一 の 内 容 であ る 表 11b で 172ZPE と 100XSA は 確 定 群 である が 他 は working list のものである (λ-λs, β)の 値 から 115DCS 172ZPE 100XSA は 昼 間 群 その 他 は 夜 間 群 であることが 分 かる ここでは 相 同 流 星 群 twin shower である 昼 間 群 は 除 いて 考 察 する 図 1に 写 真 とビデオ 観 測 によるおうし 群 の 出 現 状 況 を 示 す これは 筆 者 のおうし 群 が3つの 群 に 分 離 され るという 考 えに 基 づいている 南 群 を 活 動 時 期 の 異 な る S_E と S_F に 分 離 し 輻 射 点 の 位 置 から 北 群 を 区 別 したものである 実 線 の 折 れ 線 が 写 真 破 線 がビデ オ 観 測 による3つのグループを 合 わせた おうし 群 図 1: 写 真 とビデオ 観 測 によるおうし 群 の 出 現 状 況

21 の 総 数 ( 最 大 値 が 10 になるよう 規 格 化 している)である 光 学 観 測 からは CMOR で 捉 えられているλs=196 前 後 の 活 動 は おうし 群 本 体 ではなく S_E とそれ 以 前 の ANT の 混 在 したものと 考 えられる また CMOR は 活 動 終 了 をλs=217~218 としていることから おうし 群 の 定 義 は 一 般 に 用 いられているものと 異 なること が 分 かる 従 来 の おうし 群 ではなく おひつじ 群 あるいは うお 群 を 指 しているとみられる 光 学 観 測 で STA0 はほぼ S_F に 相 当 する おうし 群 の 主 流 を 表 しているが STA1 は S_E と S_F の 中 間 表 12: 光 学 観 測 の 南 群 に 対 して D SH <0.15 となる 群 2STA0 2STA1 2STA3 17NTA SOA NTA BTA ZPE BTA NTA 表 13:おうし 北 群 の D SH 17NTA0 17NTA1 17NTA2 17NTA3 17NTA4 17NTA NTA NTA NTA NTA STA3 は S_E と S_F の 加 重 平 均 に 相 当 すると 考 えられ る 従 って STA1 は 光 学 観 測 の 中 でも CMOR の 結 果 に 近 く D SH <0.15 の 条 件 に 入 る 流 星 群 が CMOR と 共 通 して 28SOA0 と 172ZPE0 である 眼 視 観 測 によ る おうし 群 にもっとも 近 いのが STA0 と 考 えられ D SH <0.15 には 17NTA5 と 173BTA0 がある 次 におうし 北 群 を 見 てみよう 図 1のグラフで もわかるように 北 群 は 単 一 であり 観 測 間 の 差 は 小 さい( 表 13) 17NTA0 が Porubcan and Kornos 17NAT1 が Kresak and Porubcan NTA2 が Jopek et al. 17NTA3 と 17NTA5 が Brown et al. 17NTA4 が SonotaCo である 南 群 とは 異 なり CMOR よりも SonotaCo と 他 のデータの 差 が 比 較 的 大 きい これ は SonotaCo が おうし 北 群 の 出 現 期 間 特 に 後 半 を 長 くとり λs=202.9~258.0 としている 影 響 が 大 きいと 考 えられる 図 1にも 見 られるようにλs>240 にも う 一 つの 群 活 動 が 想 定 され 眼 視 ではχオリオン 群 と 呼 ばれていたものに 相 当 する しかし 現 在 の IAUMDC ではχオリオン 群 として ORN( 確 定 群 ではない) ORS( 確 定 群 )を 掲 げているが 活 動 期 をふたご 群 の 極 大 期 としている 図 2a と b は 昨 年 の 天 文 回 報 の 観 測 指 針 から 年 のビデオ 観 測 を 転 載 する 図 2a の ORN の 円 内 をおうし 群 とみなすのか それともχオリオン 群 とみなすのか 検 討 が 必 要 であろう なお IAUMDC の ORN ORS の 活 動 期 は 図 2b に 相 当 する 一 方 CMOR の 方 は 17NTA3 がλs=207~235 17NTA5 がλs=217~241 としており CMOR 内 でも 不 一 致 であ る さらに 17NTA5 では 輻 射 点 の 黄 緯 βが 負 になっていて 南 群 の 混 入 がかなりあると 推 定 される 表 14:おうし 北 群 の 軌 道 比 較 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs 17NTA NTA NTA NTA NTA NTA 図 2a:240 λs<255 における ANT の 輻 射 点 分 布 図 2b:255 λs<270 における ANT の 輻 射 点 分 布 B.2 みずがめ4 群 流 星 会 議 ではみずがめι 北 群 だけを 取 り 上 げたが 今 回 はみずがめδ 南 北 群 ι 南 北 群 をまとめて 取 り 上 げる みずがめδ 南 群 は 古 くから 知 られていたが 残 りの3 群 については Wright et al.が Harvard の 写 真 観 測 を 元 に 論 じてから 注 目 されるようになったものである 彼 女 らの 研 究 を 軸 に4つの 群 を 検 討 することが 妥 当 と 考 えられる

22 図 3a~f:ANT 領 域 における 110 λs<170 での 輻 射 点 分 布 の 変 化 は 実 線 がδ 南 群 点 線 が 北 群 は 実 線 がι 南 群 点 線 が 北 群 いずれも Wright et al.の 推 算 輻 射 点 で 2つあるものは 期 間 中 の 輻 射 点 移 動 を 示 す は IAUMDC の 流 星 群 で 本 文 を 参 照 のこと 図 3a~f にみずがめ4 群 の 輻 射 点 領 域 における 110 λs<170 の 期 間 の 輻 射 点 分 布 を 太 陽 黄 経 で 10 度 ごとに 写 真 SonotaCo ネットによるビデオ ( )で 示 した Wright et al.による 推 算 輻 射 点 は 論 文 に 掲 載 され ている 範 囲 で 示 しているが (λ-λs, β)の 座 標 系 上 でわずかに 移 動 している みずがめδ 南 群 は 図 上 で 右 下 に 移 動 しているが その 他 の3 群 は 黄 経 がほぼ 一 定 で 黄 緯 は 変 化 している 様 子 が 覗 える IAUMDC の 輻 射 点 位 置 は 報 告 によりかなり 変 動 があるので みずがめ4 群 においても 必 要 に 応 じて 記 している 具 体 的 には 表 15を 参 照 されたい また この 領 域 には IAUMDC に 登 録 された 流 星 群 がかなり 存 在 するので それらについては 個 々 の 略 号 を 示 している これらのほとんどはなじみがないものなので 表 16で 紹 介 する

23 表 15:みずがめ4 群 の 軌 道 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs Shower 3SIA Southern iota Aquariids 3SIA Southern iota Aquariids 3SIA Southern iota Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 5SDA Southern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 26NDA Northern delta Aquariids 33NIA Northern iota Aquariids 33NIA Northern iota Aquariids 33NIA Northern iota Aquariids 33NIA Northern iota Aquariids 33NIA Northern iota Aquariids 表 16: 図 3a~f に 登 場 する 流 星 群 (やぎ 群 を 除 く) No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs Shower 179SCA sigma Capricornids 199ADC August delta Capricornids 215NPI Northern delta Piscids 379ACT August Cetids 467ANA August nu Aquariids 467ANA August nu Aquariids 473LAQ lambda Aquariids 473LAQ lambda Aquariids 505AIC August iota Cetids 548FAQ Aquariids 623XCA xi2 Capricornids 640AOA August omicron Aquariids 642PCE phi Cetids 689TAC tau Capricornids [ 註 ]623XCA0 640AOA0 642PCE0 は Aug.25 版 に 再 登 場 した(2013Dec.13 版 で 一 時 的 に 記 載 され そ の 後 削 除 とも 示 されずに 不 掲 載 となっていた)Jenniskens et al., Icarus (sub.)によるものである B.2.1 みずがめδ 南 群 みずがめ4 群 の 中 でもっとも 活 発 な 活 動 を 見 せるので IAUMDC の 輻 射 点 写 真 ビデオの 観 測 は Wright et al.の 推 算 値 とよく 一 致 していることが 分 かる なお 5SDA3 の 輻 射 点 の 赤 経 は ではなく の 誤 り であろう また IAUMDC に 掲 載 されている 5SDA3 の 昇 降 点 黄 経 は と 近 日 点 引 数 と 同 じ 数 値 が 入 って いるが 正 しくは のはずであり ここでは 訂 正 しておいた なお 130 λs<140( 図 3c)で 本 群 の 輻 射 点 分 布 の 中 心 に 640AOA0 が 存 在 する これは IAUMDC に 登 録 する 際 の 検 討 不 足 であろう また 140 λs<150( 図 3d)に 本 群 の 末 期 出 現 とも 思 える 輻 射 点 分 布 が 見 られ 分 布 が 右 下 と 左 上 側 に 分 かれる それぞれが Wright et al.の 推 算 位 置 と 505AIC0 に 相 当 するように 見 えること は 興 味 深 い その 後 379ACT0 より 右 側 に 輻 射 点 の 分 布 域 が 残 り 642PCE0 に 連 なっているようでもある みずがめδ 南 群 も 末 期 出 現 になるとこれらの 弱 い 流 星 活 動 と 区 別 することは 困 難 になる CMOR 流 の 流 星 群 判 定 では 異 常 に 出 現 期 間 が 長 く 観 測 される 原 因 でもある B.2.2 みずがめδ 北 群 Wright et al.の 研 究 でみずがめδ 北 群 とされている 軌 道 はわずか2 個 であり 2 点 観 測 されたものの 輻 射 点 の 位 置 のみ 求 められていた9 個 の 流 星 1 個 の 単 点 観 測 1 個 の 帰 属 が 不 確 実 な 流 星 も 利 用 されている 太 陽 黄

24 経 で 115 度 前 後 と 140 度 前 後 に 分 布 は2 分 されているように 見 える この 115 度 付 近 の 流 星 は 110 λs<120 ( 図 3a)に 見 られる 548FAQ1 に 相 当 すると 見 られる 120 λs<130( 図 3b)で は Wright et al.による 推 算 位 置 に 輻 射 点 の 集 中 は 見 られず 130 λs<150( 図 3c d)では 推 算 位 置 とビデオ 観 測 による 輻 射 点 の 集 中 域 が 合 致 している 彼 女 等 はこれら2つの 流 星 活 動 を 合 わ せてみずがめ 北 群 と 称 したものであろう 輻 射 点 の 推 算 位 置 は 両 者 を 結 ぶように 移 動 している なお 26NDA2 は Wright et al.によるみずがめι 北 群 の 推 算 位 置 に 近 い これは 1963 年 の Jacchia によるもの で 資 料 が 不 十 分 であった 時 代 にはこのような 混 同 はやむを 得 ないであろう みずがめδ 南 群 程 度 の 活 動 度 が なければ 資 料 が 豊 富 になった 現 在 でも 確 定 的 なことは 言 えないのである B.2.3 みずがめι 南 群 Wright et al.は 6 月 29 日 ~8 月 22 日 に2 点 観 測 され 軌 道 も 決 定 された6 個 の 流 星 を 本 群 としており みずが めδ 南 群 に 次 いで 活 動 的 ということになる しかし 図 3からは Wright et al.の 推 算 輻 射 点 ( )で 輻 射 点 分 布 の 集 中 が 見 られるのは 130 λs<140( 図 3c)だけである 黄 道 型 群 の 基 本 形 である おうし 群 の 活 動 が 長 期 にわたることに 引 きずられて 比 較 的 活 動 の 消 長 が 明 確 なみずがめδ 南 群 を 除 いて 他 の3 群 は 活 動 期 間 を 長 期 に 想 定 したものと 思 われる 3SIA0~2 もλs=130 前 後 に 集 中 し 軌 道 もよく 似 ている(D SH <0.1)ことから 実 在 のみずがめι 南 群 は Wright et al.の 後 半 部 と 考 えてよいであろう B.2.4 みずがめι 北 群 150 λs<160( 図 3e)で 33NIA2 3 の 周 囲 にビデオ 輻 射 点 のやや 集 中 している 領 域 があるが Wright et al. の 指 摘 したみずがめι 北 群 ( 点 線 の )とは 別 物 と 考 える 方 が 良 いであろう この 輻 射 点 の 領 域 は 160 λs< 170( 図 3f)の 215NPI0 にも 近 く うお 群 と 呼 ばれるべきものかもしれない McIntosh の 観 測 を 引 用 して 名 づけられた 群 ではあるが 元 の 活 動 時 期 とも 輻 射 点 とも 離 れており 南 北 両 群 ともに 旧 来 の 名 前 で 呼 ぶこと はふさわしくないであろう みずがめι 南 北 群 ともに Harvard のレーダー 観 測 ではそれらしい 輻 射 点 の 集 中 は 見 られない C. 構 造 が 複 雑 な 流 星 群 C.1 かみのけ 群 の 周 囲 表 17: かみのけ 群 の D SH 20COM0 20COM1 20COM2 20COM3 20COM4 20COM5 20COM6 20COM COM COM COM COM COM COM COM3~4 は 499DDL0~1 20COM5~7 は 32DLM0~2 として 記 載 されているものと 同 一 であ り 32DLM と 499DDL は 20COM の 一 部 とされて 削 除 されている 20COM0 は Jenniskens の 大 著 によっているが 昇 降 点 黄 経 が であるのに 対 して 極 大 時 の 太 陽 黄 経 は 274 としていてい かにも 奇 妙 である( 表 18) これは 輻 射 点 及 び 軌 道 要 素 は Jenniskens 自 身 が 求 めた 値 であり 極 大 は 論 文 作 成 時 の IMO のデータを 採 用 しているからである 表 18: かみのけ 群 と 図 5に 登 場 する 流 星 群 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs Shower 20COM Comae Berenicids 20COM Comae Berenicids 20COM Comae Berenicids 20COM =499DDL0 20COM =499DDL1 20COM =32DLM0 20COM =32DLM1 20COM =32DLM2 90JCO January Comae Berenicids 90JCO January Comae Berenicids 722SCR sigma Cancrids 20COM1 は 20COM0 と 同 じ 軌 道 要 素 となっているが 輻 射 点 等 の 数 値 は 異 なっている 以 下 に 示 す 表 では 輻 射 点 と 地 心 速 度 から 筆 者 が 独 自 に 計 算 した 軌 道 要 素 を 示 している この 値 を 元 に D SH を 新 たに 計 算 すると 20COM0= COM2= COM3= COM4= COM5= COM6= COM7=0.089 となり 旧 DLM である 20COM5~7 に 近 いことが 分 かる 既 に 表 5で 見 たように 本 群 の D SH の 最 大 値 は 極 端 に 大 きい 表 17により 詳 しく 見 ると 20COM2 が 一 般 的 には 同 一 群 と 見 做 せないものであることが 分 かる このように このグループの 名 前 のもととなる かみのけ 群 20COM0~2 は 強 引 な 寄 せ 集 めに 過 ぎないことが 分 かる

25 なぜ このような 混 乱 が 起 きているかを 説 明 する には 歴 史 的 な 経 過 をたどる 必 要 がある 図 4に 写 真 観 測 で 200 λs<310 の 期 間 に 230 λs< β <30 の 領 域 から 出 現 した 流 星 の 速 度 分 布 を 示 す 明 らかに3つのグループに 分 かれている DLM の 存 在 は small camera による 144 個 の 流 星 軌 道 から Whipple によって 存 在 が 指 摘 された その 後 Lindblad 等 によって Super Schmidt の 観 測 でも 活 動 が 確 認 され DLM(December Leo Minorids)の 名 称 が 与 え られた 次 に McCrosky & Posen は graphical reduction によ る Super Scmidt の 観 測 輻 射 点 から JCO( 当 時 はこれ を Coma Berenicids と 称 した)を 見 出 した この 両 者 の 類 似 性 は 当 初 から 指 摘 されていたが 図 4: 写 真 観 測 による かみのけ 群 Lindblad によって 両 者 の 間 を 結 ぶ 流 星 の 存 在 ( 図 4の COM)が 指 摘 され これが Comae Berenicids と 呼 ば れるようになり 当 初 の Coma Berenicids には January が 冠 せられることになったのである しかし 図 4からは3つのグループが 別 群 として 存 在 しているように 見 える 単 に 観 測 の 中 断 期 間 が あることでは 説 明 できない 現 在 IAUMDC では DLM は COM の 一 部 としているが JCO は 独 立 した 群 として 扱 われている 一 方 Kronk は3つをまとめ て Comae Berenicids としている 仮 に(λ-λs, β)=(243,21)を 中 心 としてビデオ 観 測 に よる 輻 射 点 分 布 を 見 ることにする( 図 5) ここでは 流 星 群 名 を IAUMDC の 旧 名 で 示 しているが 20COM0 20COM2 32DLM1(=20COM6)は 範 囲 外 と なっている 20COM0 の 場 合 には 極 大 時 の 太 陽 黄 経 を 昇 降 点 黄 経 とすれば 範 囲 内 に 入 ってくる ビデオ 観 測 からは DLM COM JCO が 一 連 の 活 動 の ように 見 える ここで 240 λs<310 で(λ-λs, β)=(243,21)から 5 度 以 内 になる SonotaCo ネットの 年 の 流 星 数 を グラフ 化 したものを 図 6に 示 す なお 縦 軸 は 流 星 数 を 最 大 値 が 10 になるよう 規 格 化 したものである 図 5: かみのけ 群 周 囲 の 輻 射 点 分 布 SonotaCo ネッ また 点 線 は MSS で 報 告 した 事 のある 流 星 群 のプ トによる 2007 年 (+) 2013 年 ( )と 写 真 観 測 ( 塗 りつ ロファイルの 計 算 法 による 出 現 の 推 定 値 である 流 ぶし) 楕 円 は 推 定 される 輻 射 点 の 広 がり 破 線 は Apex 星 数 の 変 化 は 見 かけ 上 一 連 の 変 化 のように 見 える の 方 向 を 示 す が 推 定 値 と 比 べると 極 大 後 の 出 現 数 が 推 定 値 を かなり 越 えていることが 分 かる DLM が 活 動 の 中 心 で COM や JCO の 活 動 がそれに 重 なっているとも 考 えられる 表 18に 示 すように これらの 軌 道 は 黄 道 面 に 対 してかなりの 傾 斜 角 をもっており 長 期 間 の 活 動 を 想 定 するのは 無 理 があろう IAUMDC が 示 しているように DLM+COM JCO の2グループなの か それとも3つは1つの 群 なのか あるいは 写 真 観 測 が 示 唆 するように3つの 独 立 した 群 なのか まだ 検 討 が 必 要 である 図 6: 年 のビデオ 観 測 と 推 算 値 C.2 κはくちょう 群 の 周 囲 D SH の 最 大 値 が であるのに かみのけ 群 と 並 べて< 構 造 が 複 雑 な 流 星 群 >としている 理 由 は 平 年 の 出 現 と 再 帰 的 な 出 現 と 二 面 性 を 持 つからであり また 周 囲 の 流 星 活 動 との 区 別 が 不 十 分 で 様 々な 誤 解 があ るからである まず 図 7a b を 比 べてみよう 図 7a は SonotaCo ネットによる 2007 年 図 7b は 年 のビデオ 観

26 測 のうち 120 λs<160 の 輻 射 点 を(λ-λs, β)=(160, 75)を 中 心 に 描 いたものである 2007 年 に 見 られる 輻 射 点 の 集 中 が 他 の 年 には 見 られない そして 2014 年 のビデオ 観 測 では 再 び 2007 年 と 同 じ 場 所 で 活 発 な 出 現 が 図 7a:2007 年 のビデオ 観 測 図 7b: 年 のビデオ 観 測 起 きた 平 年 では 再 帰 的 活 動 よりも 5~10 度 右 側 ( 西 側 )に 輻 射 点 が 集 まっている 図 7b をよく 見 ると 中 心 よりやや 左 下 に 輻 射 点 の 集 中 した 箇 所 が 存 在 し 2007 年 の 活 動 と 一 致 するように 見 えるが これは 活 動 期 間 が 異 なっている これが 誤 解 されて 7 月 下 旬 にκはくちょう 群 の 活 動 が 見 られた と 報 告 される 場 合 を 散 見 する 表 19 図 8の GDR がこれに 相 当 する 表 19: κはくちょう 群 と 図 7 に 登 場 する 流 星 群 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs Shower 12KCG kappa Cygnids 12KCG kappa Cygnids 12KCG kappa Cygnids 12KCG kappa Cygnids 12KCG kappa Cygnids 12KCG kappa Cygnids 12KCG kappa Cygnids 73ZDR zeta Draconids 184GDR July Gamma Draconids 184GDR July Gamma Draconids 184GDR July Gamma Draconids 197AUD August Draconids 413MUL mu Lyrids 463JRH July rho Herculids 463JRH July rho Herculids 464KLY kappa Lyrids 464KLY kappa Lyrids 470AMD August mu Draconids 470AMD August mu Draconids 699GCY gamma Cygnids 701BCE beta Cepheids また 図 7b の 第 一 象 限 に 見 られる 輻 射 点 領 域 が 平 年 では κはくちょう 群 と 見 做 されていると 推 測 され る 表 19の 12KCG6 はこの 状 況 を 反 映 しているものであろう 図 8に 示 す 領 域 G の AUD や ZDR は IAUMDC の 版 によってどの 観 測 ( 輻 射 点 時 期 )が 一 定 しないことは 2013 年 の 流 星 会 議 で 指 摘 したとおりである さらに 話 を 複 雑 にしているのが 写 真 観 測 とビデオ 観 測 の 時 間 差 である 写 真 観 測 は 1950 年 代 が 中 心 で あるのに 対 して ビデオ 観 測 はほぼ 50~60 年 後 のものである 表 19で KCG0~3 は 実 質 的 に 写 真 観 測 による ものであるのに 対 して KCG4~6 はビデオ 観 測 である 極 大 時 の 太 陽 黄 経 を 見 ると 写 真 観 測 はλs=145 前 後 に

27 なっており 特 に KCG1 は 昇 降 点 黄 経 がΩ=139.4 であるにもかかわらずλs=145.2 としているのは 実 際 の 観 測 結 果 は 前 者 であるにもかかわらず 過 去 の 記 録 (KCG0)に 引 きずられていると 考 えられる 具 体 的 に 筆 者 が 求 めた 数 値 を 表 20に 示 す 写 真 観 測 の 数 値 が KCG0~3 とかなり 異 なっているのは 1950 年 の 観 測 を 含 めて 図 8の D の 領 域 を 合 わせているためである 表 20: 写 真 観 測 とビデオ 観 測 によるκはくちょう 群 の 比 較 Month Day α δ λ-λs β Vg e q i ω Ω λs N Photo Video D. 観 測 が 不 十 分 な 流 星 群 その 他 かなり 出 現 がある また かなり 観 測 されている 流 星 群 でも どの 活 動 をもって 特 定 の 流 星 群 と 見 做 すかという 判 定 には 違 いが 大 きい 活 動 の 弱 いもの になると 同 一 群 との 判 定 に 疑 問 を 生 じたり また 逆 に 独 立 した 群 とされているものの 中 に 同 定 が 可 能 であったりするものが 存 在 している しかし それ らを 一 々 取 り 上 げるには 紙 数 がかなり 必 要 になるの で 最 後 に 掲 載 の 仕 方 自 体 に 問 題 があると 考 えられ る 例 を1つだけ 取 り 上 げることにする 表 21:NCC の D SH 96NCC0 96NCC1 96NCC2 96NCC3 96NCC4 96NCC NCC NCC NCC NCC 本 年 新 たに 確 定 群 とされたもので 正 式 な 和 名 はないが 慣 例 に 従 えば<かに 座 δ 北 流 星 群 >という ことになる 表 21には 異 常 に 大 きな D SH の 値 が 並 んでいる これは 軌 道 要 素 に 不 合 理 な 値 が 掲 載 され ているためである 図 8:ビデオ 観 測 による 輻 射 点 領 域 と IAUMDC の 群 表 22:IAUMDC に 掲 載 されている NCC の 軌 道 要 素 No. α δ Vg λ-λs β e q i ω Ω λs Shower 96NCC Northern delta Cancrids 96NCC Northern delta Cancrids 96NCC Northern delta Cancrids 96NCC Northern delta Cancrids 96NCC Northern delta Cancrids 96NCC Northern delta Cancrids 表 21から 96NCC1 と 96NCC4 に 問 題 があることが 分 かる 表 22を 見 ると NCC1 の 黄 緯 が 負 であるのだ から 昇 降 点 黄 経 Ωは 極 大 時 の 太 陽 黄 経 λs とは 180 度 逆 にならなければならず NCC4 の 黄 緯 は 正 なので 昇 降 点 黄 経 Ωは 極 大 時 の 太 陽 黄 経 λs と 一 致 しなければならないのに 奇 妙 な 数 字 が 入 れられている 奇 妙 というのは それぞれの 原 著 では 正 しい 値 が 与 えられているのに IAUMDC では 変 更 ( 誤 入 力?)されているからである 最 初 に 写 真 観 測 から δ-cancrids を 検 出 したのは Lindblad と 思 われるが 南 北 群 に 分 けておらず Sekanina の 電 波 観 測 でも 同 様 である これに 対 して Terentjeva はγ-Cncds( 北 ) θ-cncds( 南 )というδ-Cancrids と 異 な る 名 称 を 用 い 南 北 群 であるという 指 摘 もしていないが この 両 者 は NCC と SCC に 対 応 すると 言 える さら に この 研 究 は Lindblad のものに 先 行 している しかし IAUMDC ではこれについて 何 も 触 れず SCC には それと 異 なる Terentjeva の 研 究 を 引 用 掲 載 している( 原 著 と 数 字 が 合 わない 部 分 がある) 4.まとめ IAUMDC を 権 威 あるものとしてではなく 資 料 倉 庫 と 考 えて 利 用 すべきである 本 稿 では 確 定 群 の 中 でも Harvard の 写 真 観 測 時 代 から 知 られ 比 較 的 よく 観 測 されている Nos.1~31 までの 流 星 群 を 中 心 に 検 討 し てきたが 見 てきた 通 り 多 くの 問 題 が 存 在 している 観 測 方 法 によって 流 星 群 の 見 え 方 が 異 なること 流 星 群 の 定 義 が 異 なることにより 研 究 者 の 発 表 するデー タには 大 きな 差 異 が 生 じる 可 能 性 がある そのことを 十 分 理 解 した 上 で 利 用 するならば IAUMDC の 流 星 群 表 は 資 料 が 蓄 積 された 倉 庫 となる

28 2 月 のりゅう 群 の 考 察 MSS 142 回 資 料 関 口 孝 志 今 年 は 2 月 5 日 前 後 に7 個 の 同 時 流 星 が 判 定 され トレイル 予 報 と 一 致 していた また SonotaCo Network の2006 年 から2016 年 の1 月 と2 月 のデータか ら 軌 道 計 算 してみたら 10 年 間 で46 個 のFED 群 が 判 定 された さらに 近 くに1 月 20 日 頃 に 極 大 を 迎 えるGUM 群 があることに 気 づいた この2つの 群 は 同 一 群 の 可 能 性 があると 考 えられる また 10 度 離 れてJZD 群 もこの 群 と 関 係 がありそうです 2つの 群 の 軌 道 平 均 は 下 の 表 に 示 した 2 月 5 日 に 極 大 になっているFED 群 1 月 20 日 頃 に 極 大 になっているGUM 群 1 月 20 日 頃 に 極 大 になっているGUM 群 とFED 群 を 合 わせたもの GUMとFEDとJZDのl-ls JZD GUM FED _sol _amag _ra_t _dc_t _vg _a _q _e _p _peri _node _incl _mag _Qo _dur _H1 _H2 平 均 軌 道 FED 平 均 軌 道 GUM

第 1 章 書 類 の 作 成 倍 角 文 字 SGML 系 書 類 のみ 使 用 できます 文 字 修 飾 改 行 XML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 / 下 線 / 上 付 / 下 付 )と 改 行 が 使 用 できます SGML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角

第 1 章 書 類 の 作 成 倍 角 文 字 SGML 系 書 類 のみ 使 用 できます 文 字 修 飾 改 行 XML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 / 下 線 / 上 付 / 下 付 )と 改 行 が 使 用 できます SGML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 1.2 HTML 文 書 の 作 成 基 準 1.2.2 手 続 書 類 で 使 用 できる 文 字 全 角 文 字 手 続 書 類 で 使 用 できる 文 字 種 類 文 字 修 飾 について 説 明 します 参 考 JIS コードについては 付 録 J JIS-X0208-1997 コード 表 をご 覧 ください XML 系 SGML 系 共 通 JIS-X0208-1997 情 報 交 換 用

More information

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II) χ μ μ μ μ β β μ μ μ μ β μ μ μ β β β α β β β λ Ι β μ μ β Δ Δ Δ Δ Δ μ μ α φ φ φ α γ φ φ γ φ φ γ γδ φ γδ γ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ α γ γ γ α α α α α γ γ γ γ γ γ γ α γ α γ γ μ μ κ κ α α α β α

More information

7 考 察 (まとめ) 人 々のうち どの 程 度 が 店 舗 を 利 用 しているかを 知 るため に 用 いるものである( 来 店 者 数 / 通 行 者 数 で 表 し 通 常 は 0.5 4-1 論 文 調 査 と 課 題 の 発 見 (1,2) ~3% 程 度 ) 目 的 来 店 とは 本

7 考 察 (まとめ) 人 々のうち どの 程 度 が 店 舗 を 利 用 しているかを 知 るため に 用 いるものである( 来 店 者 数 / 通 行 者 数 で 表 し 通 常 は 0.5 4-1 論 文 調 査 と 課 題 の 発 見 (1,2) ~3% 程 度 ) 目 的 来 店 とは 本 衝 動 来 店 の 概 念 による 新 たな 立 地 モデル 1160405 勝 本 茜 高 知 工 科 大 学 マネジメント 学 部 1. 概 要 店 舗 を 持 つ 商 売 のマネジメントにおいて 立 地 とい う 概 念 は 最 も 大 切 な 要 素 と 言 っても 過 言 ではない また 単 に 立 地 と 言 っても ただ 人 の 多 い 場 所 に 店 舗 を 建 設 すれば 良 いというわけではない

More information

いは 親 の 離 婚 等 によって 生 じたものであり 逆 に 言 うと 子 供 と 同 居 していない 母 親 も 存 在 するということになる しかし 表 1を 見 て 分 るとおり 非 同 居 児 は 同 居 児 に 比 して 圧 倒 的 に 少 ないことから 非 同 居 児 の 存 在 は

いは 親 の 離 婚 等 によって 生 じたものであり 逆 に 言 うと 子 供 と 同 居 していない 母 親 も 存 在 するということになる しかし 表 1を 見 て 分 るとおり 非 同 居 児 は 同 居 児 に 比 して 圧 倒 的 に 少 ないことから 非 同 居 児 の 存 在 は 国 勢 調 査 による 最 近 の 有 配 偶 無 子 女 性 の 動 向 総 務 省 統 計 研 修 所 松 村 迪 雄 はじめに 我 が 国 の 合 計 特 殊 出 生 率 (TFR)は 近 年 人 口 の 置 換 水 準 を 下 回 って 大 きく 低 下 して おり 25 年 には 1.26 にまで 低 下 した その 後 は 若 干 上 昇 しているが それでも 29 年 のTFRは 1.37

More information

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 について 調 査 研 究 部 猪 ノ 口 勝 徳 目 次 1.はじめに 2. 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 3. 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 概 要 4.おわりに 1.はじめに 生 命 保 険 契 約 は 長 期 にわたる 契 約 である このため 加 入 時 に 商 品 内 容 を 十 分 に 検 討 し 自 身 の 保 障 ニーズに

More information

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5 機 械 システム 応 用 実 験 ~データの 統 計 的 処 理 とデータの 考 察 について~ I. データの 統 計 的 処 理 まず データの 統 計 的 処 理 について 学 ぶ ある 物 理 量 を 測 定 する 場 合 測 定 値 の 誤 差 を 考 慮 する 必 要 がある 測 定 値 の 誤 差 には 間 違 い(mistake)や 系 統 的 誤 差 (systematic error)などがあるが

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010 実 践 研 究 論 文 4 軸 X 線 回 折 測 定 による 超 伝 導 薄 膜 配 向 性 の 3D 表 示 プログラムの 作 成 1 大 竹 佑 樹 1, 内 山 哲 治 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 教 科 教 育 専 攻 理 科 教 育 専 修 2 宮 城 教 育 大 学 教 育 学 部 理 科 教 育 講 座 2 本 研 究 室 では 超 伝 導 薄 膜 の 作 製 を 行 っている

More information

ando20160201

ando20160201 平 成 27 年 度 研 究 所 奨 学 論 文 応 募 研 究 所 政 治 経 済 研 究 所 Facebook と 投 票 論 文 作 品 テーマ 都 会 と 田 舎 における 影 響 の 差 フリガナ アンドウ ユウスケ 氏 名 安 藤 雄 祐 ( 代 表 者 ) ( 共 同 執 筆 の 場 合 は 上 記 者 が 代 表 者 となる 代 表 者 他 名 ) 所 属 研 究 科 専 攻 または

More information

6 6. 構 造 を 持 つ 合 祖 過 程 6. 地 理 的 構 造 を 持 つ 集 団 における 遺 伝 子 系 図 生 物 集 団 は 全 集 団 が 一 つの 任 意 交 配 集 団 と 見 なされることは 稀 であり 地 理 的 な 隔 た りが 交 配 のチャンスについて 制 限 を 与 え その 生 物 種 の 遺 伝 的 多 様 性 や 進 化 に 大 きな 影 響 を 与 える 遺 伝

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

4. 指 導 計 画 ( 計 2 ) 単 元 名 宇 宙 広 が り 地 球 運 動 と 天 体 動 き 小 単 元 本 時 ねらい 評 価 銀 河 系 と 太 陽 系 太 陽 太 陽 系 天 体 太 陽 系 広 がり 天 球 と 方 位, 時 刻 地 球 自 転 と 天 体 動 き 星 座 1 年

4. 指 導 計 画 ( 計 2 ) 単 元 名 宇 宙 広 が り 地 球 運 動 と 天 体 動 き 小 単 元 本 時 ねらい 評 価 銀 河 系 と 太 陽 系 太 陽 太 陽 系 天 体 太 陽 系 広 がり 天 球 と 方 位, 時 刻 地 球 自 転 と 天 体 動 き 星 座 1 年 第 3 学 年 理 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 地 球 と 宇 宙 第 2 章 地 球 運 動 と 天 体 動 き 平 成 24 年 12 月 3 日 ( 月 )5 校 時 沖 縄 市 立 コザ 中 学 校 3 年 1 組 男 子 21 名 女 子 18 名 計 39 名 授 業 者 木 下 剛 志 2. 単 元 目 標 身 近 な 天 体 観 察 を 通 して, 地 球 運 動 について

More information

目 次 1. 概 要 2. 理 論 2-1. 撮 影 の 原 理 2-2. 明 るさを 決 める 設 定 2-3. 撮 像 素 子 3. 実 験 方 法 3-1. 使 用 機 材 3-2. 実 験 手 順 3-2-1. 撮 影 時 の 設 定 3-2-2. 画 像 処 理 3-2-3. 測 光 3-

目 次 1. 概 要 2. 理 論 2-1. 撮 影 の 原 理 2-2. 明 るさを 決 める 設 定 2-3. 撮 像 素 子 3. 実 験 方 法 3-1. 使 用 機 材 3-2. 実 験 手 順 3-2-1. 撮 影 時 の 設 定 3-2-2. 画 像 処 理 3-2-3. 測 光 3- CMOS イメージセンサー のISO 感 度 特 性 11s1-072 鷲 尾 圭 介 1 目 次 1. 概 要 2. 理 論 2-1. 撮 影 の 原 理 2-2. 明 るさを 決 める 設 定 2-3. 撮 像 素 子 3. 実 験 方 法 3-1. 使 用 機 材 3-2. 実 験 手 順 3-2-1. 撮 影 時 の 設 定 3-2-2. 画 像 処 理 3-2-3. 測 光 3-3. 目

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究 平 成 25 年 度 卒 業 論 文 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 作 成 法 の 提 案 文 教 大 学 情 報 学 部 経 営 情 報 学 科 B0P21056 山 田 僚 介 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050616F46697493FA904882C982E682E98C8E82CC8B9797A391AA92E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050616F46697493FA904882C982E682E98C8E82CC8B9797A391AA92E82E646F63> 日 食 による 月 と 太 陽 の 距 離 測 定 大 西 浩 次 ( 長 野 工 業 高 等 専 門 学 校 ) 2009 年 7 月 22 日 日 本 で 46 年 ぶりの 皆 既 日 食 が 起 きた この 現 象 は 月 の 公 転 を 実 感 する 好 機 会 であると 共 に 地 球 の 自 転 現 象 を 体 感 する 機 会 でもあった 月 は 地 球 のまわり を 約 30 日 で

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通 2014WS 金 曜 3 時 間 2 学 期 題 目 哲 学 的 意 味 論 の 観 点 から 問 いと 推 論 の 関 係 を 分 析 する 第 四 回 講 義 (20141024) 第 1 章 問 答 の 観 点 からの 言 語 行 為 論 1 発 語 内 行 為 の 分 類 2 質 問 の 発 語 内 行 為 の 特 殊 性 3 言 語 行 為 はなぜ 成 立 するのか? 1 グライスの 意

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

Lecture1

Lecture1 Digital Image Processing 2013 2/1 1. 可 視 光 波 長 :380nm~780nm の 電 磁 波 Digital Image Processing 2013 2/4 標 準 比 視 感 度 (spectral luminous efficiency) 相 対 感 度 1.0-12 -11 - -9-8 -7-6 -5-4 -3-2 -1 1 0.8 γ 線 X

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

Microsoft PowerPoint - 科研費セミナー.pptx

Microsoft PowerPoint - 科研費セミナー.pptx 若 手 研 究 者 向 け 科 研 費 セミナー ー 採 択 されやすい 計 画 調 書 の 書 き 方 ー 文 部 科 学 省 科 学 研 究 費 を 獲 得 することは, 教 育 研 究 の 推 進 に 欠 かせませんが, 若 手 研 究 者 にとっては 昇 進 のためにも 重 要 なことです 文 部 科 学 省 科 学 研 究 費 の 採 択 には 提 案 する 研 究 内 容 が 最 も 重

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 4 章 水 位 放 流 方 式 適 用 性 の 検 証 と 改 良 4.1 水 位 放 流 方 式 と VR 方 式 の 必 要 性 第 3 章 で 述 べた WRF による 降 雨 予 測 を 利 用 したダム 洪 水 調 節 手 法 は WRF による 降 雨 予 測 誤 差 のリスク 管 理 が 極 めて 重 要 であり 一 定 の 数 の 洪 水 を 対 象 とした 解 析 を 試 み

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

内 容 1.はじめに... 3 2. 先 行 研 究... 3 3. 分 析 手 法... 4 3.1 モデルについて... 4 3.1.1 パネルデータ 分 析 について... 4 3.1.2 重 回 帰 分 析 について... 6 3.2 データについて... 6 4. 分 析 結 果... 7

内 容 1.はじめに... 3 2. 先 行 研 究... 3 3. 分 析 手 法... 4 3.1 モデルについて... 4 3.1.1 パネルデータ 分 析 について... 4 3.1.2 重 回 帰 分 析 について... 6 3.2 データについて... 6 4. 分 析 結 果... 7 長 倉 大 輔 研 究 会 第 4 期 気 象 データを 用 いた 野 菜 の 市 場 価 格 の 決 定 要 因 分 析 野 村 周 平 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 2016 年 1 月 要 旨 本 稿 では 気 象 データが 国 内 野 菜 の 市 場 価 格 に 与 える 影 響 について 分 析 を 行 った 国 内 野 菜 の 価 格 を 決 めうる 要 因 には 需 給 メカニズムの

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

Microsoft PowerPoint - komaba2010-3.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - komaba2010-3.ppt [互換モード] 宇 宙 科 学 II ( 電 波 天 文 学 ) 第 3 回 電 波 望 遠 鏡 と 観 測 量 前 回 の 復 習 1 電 磁 波 の 特 徴 電 磁 波 は 波 と 粒 子 ( 光 子 )の 性 質 をもつ (electro-magnetic wave / photon) 電 場 磁 場 の 振 動 としての 波 あるエネルギーをもった 粒 子 ( 光 子 ) 周 波 数 νと 波 長 λの 関

More information

スライド 1

スライド 1 物 理 学 序 論 2 ( 電 磁 気 学 入 門 ) 第 6 講 151106 静 電 場 のまとめ 1 電 磁 気 で 使 う 基 本 用 語 電 荷 : 電 気 力 の 源. 正 負 の 区 別 があり, 同 符 号 間 では 反 発 力, 異 符 号 間 では 引 力 が 働 く. 電 場 : 空 間 に 広 がる 力 のベクトル 場 で E(r) と 表 し, 地 点 r に 電 荷 q

More information

Microsoft Word - 09弾性03塑性力学.doc

Microsoft Word - 09弾性03塑性力学.doc 第 章 金 属 の 塑 性 力 学. 塑 性 変 形 とひずみ 増 分 弾 性 範 囲 内 では 外 力 に 伴 う 変 形 は 外 力 値 だけに 依 存 し 載 荷 の 履 歴 には 無 関 係 であるが 降 伏 応 力 と 呼 ば れる 応 力 を 越 えて 載 荷 すると 非 可 逆 的 な 永 久 変 形 と して 塑 性 変 形 が 残 る 材 料 の 塑 性 挙 動 を 調 べるに は

More information

Microsoft Word - 2012年度卒業論文

Microsoft Word - 2012年度卒業論文 2012 年 度 卒 業 論 文 近 傍 銀 河 群 の 3D 地 図 明 星 大 学 理 工 学 部 物 理 学 科 天 文 学 研 究 室 09S-051 若 佐 菜 摘 2012 年 2 月 8 日 1 目 次 1. 序... 3 1.1 要 旨... 3 1.2 はじめに... 4 1.3 目 的... 5 2. 準 備... 6 2.1 対 象 となる 銀 河... 6 2.1.1 局 部

More information

原子炉の動特性

原子炉の動特性 原 子 炉 の 動 特 性 核 分 裂 連 鎖 反 応 のサイクル 世 代 と 増 倍 率 核 分 裂 で 生 まれた 中 性 子 が 再 び 核 分 裂 を 起 こして 次 の 中 性 子 を 生 み 出 すまでの 過 程 の 一 回 り を 世 代 (Geerao)と 言 う 世 代 間 の 中 性 子 の 数 の 比 を 増 倍 率 (mulplcao facor)kと 定 義 する k ある

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう 第 7 話 力 のモーメントと 曲 げモーメントを 混 同 していませんか 2008 年 4 月 0 日 作 成 萩 原 芳 彦 はりの 曲 げや 軸 のねじりにおいて 登 場 する 曲 げモーメントやねじりモーメントについて なかなか 正 しく 理 解 できない 学 生 がおり 教 える 側 としても 苦 労 するところである これ もニュートンの 第 法 則 や 第 3 法 則 の 本 質 をおろそかにして

More information

Microsoft Word - 会報44号 最終原稿

Microsoft Word - 会報44号 最終原稿 2013-7 第 44 号 全 国 拡 大 教 材 製 作 協 議 会 代 表 世 話 人 佐 藤 邦 隆 108-0073 港 区 三 田 3-7-26-405 Tel Fax 03-3453-3052 http//www.kakudai.org/ 標 準 拡 大 教 科 書 の 浸 透 とボランティアの 新 しい 役 割 代 表 世 話 人 佐 藤 邦 隆 デジタルデータ 管 理 機 関 によると

More information

情 報 のモデル 化 物 理 モデル : 実 物 を 元 にして 作 製 された 実 体 モデル 例 )プラモデル 博 物 館 の 展 示 用 モデル 歴 史 資 料 館 の 再 現 モデル など 必 要 に 応 じてディフォルメされるケースが 多 い 例 ) 有 限 要 素 法 によるシミュレーシ

情 報 のモデル 化 物 理 モデル : 実 物 を 元 にして 作 製 された 実 体 モデル 例 )プラモデル 博 物 館 の 展 示 用 モデル 歴 史 資 料 館 の 再 現 モデル など 必 要 に 応 じてディフォルメされるケースが 多 い 例 ) 有 限 要 素 法 によるシミュレーシ 最 初 に 21 年 度 春 学 期 ( 月 V/ 火 II ) 情 報 情 報 視 覚 化 2. 情 報 のグラフ 化 2. 情 報 の 図 解 化 講 義 資 料 は http://astro.u-gakugei.ac.jp/~nishiura 西 浦 クンの 講 義 室 に 縮 小 版 (PDFファイル)を 置 く 予 定 東 京 学 芸 大 学 自 然 科 学 系 宇 宙 地 球 科 学 分

More information

平成11年度共同利用実施報告書(研究実績報告書)

平成11年度共同利用実施報告書(研究実績報告書) 様 式 T-5B 共 同 利 用 実 施 報 告 書 ( 研 究 実 績 報 告 書 ) ( 特 定 共 同 研 究 (B)) 1. 課 題 番 号 2014-B-15 2. 研 究 課 題 名 ( 和 文 英 文 の 両 方 をご 記 入 ください) 和 文 : 地 震 波 微 気 圧 波 計 測 を 融 合 した 地 殻 大 気 中 現 象 の 波 源 規 模 推 定 英 文 :Position/energy

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

Microsoft Word - dp55

Microsoft Word - dp55 DISCUSSION PAPER April 2012 No.55 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌 都 市 圏 を 中 心 に-- 加 藤 要 一 Faculty of Economics, Kyushu-Sangyo University 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

論文タイトル(MS明朝12pt太字)

論文タイトル(MS明朝12pt太字) 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 近 藤 めぐみ 1. はじめに 初 級 授 業 を 受 け 持 つ 中 で 社 会 人 の 学 習 者 から 時 折 ニュースを 読 みたい という 声 を 受 けて きた しかし 初 級 でニュース 読 解 を 行 おうにも

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

連 星 に 向 かって 落 下 することができません 実 際 の 双 子 の 赤 ちゃん 星 のまわりで 回 転 の 勢 い がどのような 仕 組 みで 減 衰 しているのか さまざまな 理 論 が 提 案 されていますが これまではそのどれが 正 しいのかはっきりわかっていませんでした それは こ

連 星 に 向 かって 落 下 することができません 実 際 の 双 子 の 赤 ちゃん 星 のまわりで 回 転 の 勢 い がどのような 仕 組 みで 減 衰 しているのか さまざまな 理 論 が 提 案 されていますが これまではそのどれが 正 しいのかはっきりわかっていませんでした それは こ プレスリリース 双 子 の 赤 ちゃん 星 を 育 むガスの 渦 巻 き 概 要 アルマ 望 遠 鏡 を 使 った 観 測 で 双 子 の 赤 ちゃん 星 のまわりにガスと 塵 の 渦 巻 きが 発 見 され ました またこの 渦 巻 きのあいだを 通 って ガスが 赤 ちゃん 星 に 向 かって 落 下 していく 様 子 も 初 めて 観 測 されました 宇 宙 に 数 多 く 存 在 する 双

More information

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株 Report Ⅰ 買 ってはいけない!? 外 国 人 が 大 量 に 買 った 株 金 融 研 究 部 主 任 研 究 員 井 出 真 吾 side@nli-research.co.jp 1 はじめに 日 本 の 株 式 市 場 で 外 国 人 の 存 在 感 が 増 している そのせいもあるのか 2013 年 3 月 期 の 決 算 発 表 が 本 格 化 した 頃 から 外 国 人 が 大 量

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

Microsoft Word - 設計概要.docx

Microsoft Word - 設計概要.docx 第 22 回 衛 星 設 計 コンテスト アイデア 概 要 説 明 書 事 務 局 使 用 欄 受 付 番 号 年 月 日 応 募 区 分 ジュニアの 部 1. 作 品 情 報 応 募 者 情 報 作 品 名 (20 文 字 以 内 ) 次 世 代 の 新 構 想 膨 張 性 流 体 防 御 シールド 作 品 名 副 題 (これは 公 式 文 書 では 省 略 する 場 合 があります) 固 いのに

More information

まず 働 く 女 性 の 現 状 からお 話 しします 現 在 正 規 社 員 を 男 女 別 に 人 口 数 で 比 較 すれば 女 性 の 人 口 数 が 多 いにもかかわらず 女 性 の 正 規 は 1046 万 人 で 男 性 正 規 の2309 万 人 と 比 べれば 約 半 分 の 雇

まず 働 く 女 性 の 現 状 からお 話 しします 現 在 正 規 社 員 を 男 女 別 に 人 口 数 で 比 較 すれば 女 性 の 人 口 数 が 多 いにもかかわらず 女 性 の 正 規 は 1046 万 人 で 男 性 正 規 の2309 万 人 と 比 べれば 約 半 分 の 雇 子 育 てと 仕 事 を 両 立 しながら 正 社 員 として 働 き 続 けることを 選 択 した 女 性 は どんな 人 たちかをテーマに 卒 業 研 究 を 行 った なぜ これに 焦 点 を 絞 ったかの 背 景 は 世 の 中 には 正 社 員 として 働 き 続 けている 女 性 と 非 正 規 に 働 き 方 を 変 えている 女 性 そして 働 くことを 辞 めた 専 業 主 婦 が

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回)

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回) 図 11:< 最 適 なリスクファイナンスの 水 準 > よって 費 用 対 効 果 の 観 点 からして 費 用 の 掛 け 方 には 100%でない どこか 別 の 適 正 な 水 準 がある 例 えば 免 責 金 額 を 設 けることでコストをセーブする あるいは 全 体 に 保 険 をかけるのではなく 一 部 分 をピックアップして 保 険 をかける さらには 保 険 をかけるタ イミングを

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

Microsoft PowerPoint - Fukazawa1111217配布用.pptx

Microsoft PowerPoint - Fukazawa1111217配布用.pptx スーパーコンピュータ による 宇 宙 天 気 予 報 深 沢 圭 一 郎 1, 2, 3 1. 九 州 大 学 情 報 基 盤 研 究 開 発 センター 2. 九 州 大 学 宙 空 環 境 研 究 センター 3. CREST, JST 2011 年 12 月 17 日 本 日 の 話 の 内 容 1. 宇 宙 天 気 とは? 宇 宙 天 気 の 影 響 宇 宙 天 気 が 変 わる 原 因 2.

More information

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適 第 71 回 数 学 教 育 実 践 研 究 会 平 成 21 年 11 月 28 日 データの 分 析 の 指 導 について( 数 学 Ⅰ) 北 海 道 小 樽 桜 陽 高 等 学 校 若 林 理 一 郎 1 企 業 から 見 た 数 学 教 育 の 需 要 度 ( 1) ( 表 ) 新 入 社 員 が 大 学 で 学 んできてほしい 数 学 の 分 野 分 野 選 択 比 率 ( 文 系 ) 選

More information

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~ 地 方 自 治 関 連 立 法 動 向 研 究 1 税 源 の 偏 在 と 地 域 間 格 差 地 方 法 人 税 法 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 法 律 第 11 号 ) 森 稔 樹 1. はじめに 平 成 5 年 6 月 に 衆 参 両 院 において 地 方 分 権 の 推 進 に 関 する 決 議 がなされ 翌 年 2 月 15 日 に 政 府 の 行 政 改 革 大 綱 において

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

相関関係と因果関係

相関関係と因果関係 相 関 関 係 と 因 果 関 係 (Correlation and Causality) 相 関 係 数 の 二 つの 落 とし 穴 2002 年 7 月 27 日 明 治 大 学 阪 井 和 男 sakai@isc.meiji.ac.jp 相 関 関 係 の 有 無 と 因 果 関 係 の 有 無 とはどのような 関 係 があるのだろうか 相 関 関 係 と 因 果 関 係 の 混 同 は 現

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985F95B6937996D88C7689E68F4889A19363378C8E32825393FA8CBB8DDD>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985F95B6937996D88C7689E68F4889A19363378C8E32825393FA8CBB8DDD> 道 路 の 大 型 車 交 通 のランプ 間 ODの 空 間 時 間 的 性 質 に 関 する 研 究 * The spatio-temporal characteristics of large vehicle OD traffic volumes on Hanshin Expressway* 横 田 孝 義 ** 玉 川 大 *** 谷 口 栄 一 **** 河 本 一 郎 ***** By Takayoshi

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

24. 情 報 の 整 理 とモデル 化 評 価 は 最 終 的 な 成 績 が9 点 以 上 の 場 合 S 9 点 未 満 8 点 以 上 の 場 合 A 8 点 未 満 7 点 以 上 の 場 合 B 7 点 未 満 6 点 以 上 の 場 合 C 6 点 未 満 の 場 合 F なお 出 席

24. 情 報 の 整 理 とモデル 化 評 価 は 最 終 的 な 成 績 が9 点 以 上 の 場 合 S 9 点 未 満 8 点 以 上 の 場 合 A 8 点 未 満 7 点 以 上 の 場 合 B 7 点 未 満 6 点 以 上 の 場 合 C 6 点 未 満 の 場 合 F なお 出 席 216 年 度 春 学 期 ( 月 V/ 火 II ) 情 報 情 報 視 覚 化 24. 情 報 の 整 理 とモデル 化 2. 情 報 のグラフ 化 26. 情 報 の 図 解 化 最 初 に 東 京 学 芸 大 学 自 然 科 学 系 宇 宙 地 球 科 学 分 野 講 師 西 浦 慎 悟 講 義 資 料 は http://astro.u-gakugei.ac.jp/~nishiura 西 浦

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

Fig.II-5-1 計 算 結 果 ファイルの 散 布 量 シート (Sheet Applied volume of calculation result file) Index シートに 並 ぶ [ モデル 計 算 結 果 ] の 各 シートの 形 式 は Fig.II-5-1 とほぼ 共 通

Fig.II-5-1 計 算 結 果 ファイルの 散 布 量 シート (Sheet Applied volume of calculation result file) Index シートに 並 ぶ [ モデル 計 算 結 果 ] の 各 シートの 形 式 は Fig.II-5-1 とほぼ 共 通 5. 計 算 結 果 及 び 利 用 例 (Calculation result and example of utilization) (1) 計 算 結 果 ファイルの 概 要 モデルの 計 算 結 果 は MS-Excel ファイルとして 保 存 できる 保 存 後 は MS-Excel で 読 み 込 んで MS-Excel の 機 能 で 必 要 な 編 集 加 工 できる 計 算 結 果

More information

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 資 料 -7 平 成 26 年 12 月 10 日 静 岡 県 河 川 砂 防 局 目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 全 体 必 要 最 小 限 の

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Microsoft Word - 秋大会

Microsoft Word - 秋大会 の 地 域 愛 着 醸 成 と 交 通 行 動 ~ 自 動 車 非 利 用 への 積 極 性 の 影 響 について~ 鈴 木 春 菜 1 万 本 怜 司 2 榊 原 弘 之 3 1 正 会 員 山 口 大 学 大 学 院 助 教 理 工 学 研 究 科 ( 755-8611 山 口 県 宇 部 市 常 盤 台 2-16-1) E-mail:suzuki-h@yamaguchi-u.ac.jp 2 会

More information

本 文 で 述 べたように アレン 誘 導 体 の 軸 性 キラリテイーは 直 交 したπ 分 子 平 面 が 回 転 で きず その 面 内 にそれぞれ 二 つの 置 換 基 が 固 定 されているために 起 こる よって 立 体 障 害 などによって 単 結 合 が 回 転 できなくなっても 同

本 文 で 述 べたように アレン 誘 導 体 の 軸 性 キラリテイーは 直 交 したπ 分 子 平 面 が 回 転 で きず その 面 内 にそれぞれ 二 つの 置 換 基 が 固 定 されているために 起 こる よって 立 体 障 害 などによって 単 結 合 が 回 転 できなくなっても 同 6 章 工 学 ナビ Web に link アレンやビフェニル 誘 導 体 のキラリテイーは 軸 性 キラリテイーという ここで アレン 誘 導 体 の 四 つの 置 換 基 が 頂 点 を 占 める 四 面 体 を 考 える 例 として 本 文 にある 1,3-ジメチルアレ ンを 考 えよう まず 1) 分 子 の 中 心 を 通 る 軸 つまり メチル 基 と 水 素 を 結 ぶ 二 本 の 線

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日)

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日) 独 禁 法 事 例 研 究 第 7 回 ( 平 成 25 年 10 月 21 日 ) 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 論 点 等 の 発 表 が 行 われた 大 建 工 業 によるC&Hの 株 式 取 得 1. 当 事 者 の 概 要 大 建 : 中 密 度 繊 維 板 (MDF) 等 の 木 質 材 料 の 製 造 販 売 業 及 び 木 質 材 料 等 を 部 材 とす る 内 装

More information

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc 黄 金 比 は 本 当 に 美 しいものなのか 1. 研 究 の 動 機 なぜ 黄 金 比 は 美 しいと 言 われているのか 知 りたかったから 黄 金 比 を 美 しいと 思 う 人 はどのくらいいるのか 知 りたかったから 身 の 回 りにどのくらいの 黄 金 比 が 存 在 しているのか 興 味 があったから. 黄 金 比 とは 研 究 者 氏 名 角 間 洋 平 島 雅 彦 長 谷 川 瞳

More information

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx Word への 貼 り 付 け (2010) 図 写 真 の 貼 り 付 け ディジタルカメラなどで 撮 った 写 真 自 分 で 作 成 した 図 などを Word の 文 書 中 に 貼 り 付 けること ができる それがファイルの 形 で 存 在 する 場 合 には 挿 入 図 にある 図 ( 右 図 ) をクリックし 開 いたダイアログボックスで 文 書 ファイルと 同 じように 読 み 込

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx 茨 城 水 試 研 報 41,7~17(2010) 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 7 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 の 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 小 日 向 寿 夫 Position and change of the Kuroshio,and their relationship

More information

理 科 学 習 指 導 案

理 科 学 習 指 導 案 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 3 学 年 理 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 職 氏 名 新 居 浜 市 立 東 中 学 校 教 諭 近 藤 栄 一 1 日 時 場 所 平 成 年 1 月 7 日 ( 火 ) 第 5 校 時 (13:5~14:15) 理 科 室 単 元 名 地 球 と 宇 宙 3 単 元 目 標 天 体 の 動 きと 地 球 の 自 転 公 転 太 陽

More information

例 : 中 央 値 全 データの 中 央 の 値 を 表 すため 分 布 の 両 端 のデータは 反 映 しない 結 果 の 精 度 が 低 い 結 果 の 普 遍 化 は 困 難 母 集 団 について 特 定 の 仮 定 をせず 標 本 集 団 のデータに 基 づいて 計 算 するため 結 果 の

例 : 中 央 値 全 データの 中 央 の 値 を 表 すため 分 布 の 両 端 のデータは 反 映 しない 結 果 の 精 度 が 低 い 結 果 の 普 遍 化 は 困 難 母 集 団 について 特 定 の 仮 定 をせず 標 本 集 団 のデータに 基 づいて 計 算 するため 結 果 の 3.. 統 計 学 の 落 とし 穴 3.1 パラメトリック 手 法 とノンパラメトリック 手 法 データが 正 規 分 布 しない 時 はノンパラメトリック 手 法 を 適 用 せよ を 鵜 呑 みにしてはいけない 統 計 手 法 パラメトリック 手 法 ( 母 数 に 依 存 した 手 法 ) ノンパラメトリック 手 法 ( 母 数 に 依 存 しない 手 法 ) 要 約 値 : 平 均 値 標

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

スライド 1

スライド 1 基 礎 無 機 化 学 第 7 回 原 子 パラメーター(I) 原 子 とイオンの 半 径,イオン 化 エネルギー 本 日 のポイント 原 子 とイオンの 半 径 右 に 行 くと 小 さく スレーターの 規 則 で 説 明 可 下 に 行 くと 大 きい 主 量 子 数 の 増 加 d fブロックの 後 の 原 子 は 少 し 小 さくなる イオン 化 エネルギー 右 に 行 くと 大 きく, 下

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

探 る 上 でのカギとなる 宇 宙 背 景 放 射 ( 注 2)を 精 密 に 測 定 するためにも 大 変 重 要 です 星 間 物 質 の 出 す 電 磁 波 の 強 さを 正 確 に 把 握 することで その 背 後 に 埋 もれた 宇 宙 背 景 放 射 の 強 さの 分 布 を 正 確 に

探 る 上 でのカギとなる 宇 宙 背 景 放 射 ( 注 2)を 精 密 に 測 定 するためにも 大 変 重 要 です 星 間 物 質 の 出 す 電 磁 波 の 強 さを 正 確 に 把 握 することで その 背 後 に 埋 もれた 宇 宙 背 景 放 射 の 強 さの 分 布 を 正 確 に 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 1 月 15 日 高 詳 細 な 遠 赤 外 線 全 天 画 像 データを 公 開 赤 外 線 天 文 衛 星 あかり の 新 しい 観 測 データを 研 究 者 が 利 用 可 能 に 1. 発 表 者 : 土 井 靖 生 ( 東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 広 域 科 学 専 攻 助 教 ) 田 中 昌 宏 ( 筑 波 大 学

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

研究報告20年度(ai配置).indd

研究報告20年度(ai配置).indd 経 常 研 究 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 研 究 開 発 科 山 口 典 男 高 松 宏 行 九 州 大 学 栃 原 裕 要 約 遠 赤 外 線 放 射 率 が 高 い 材 料 の 開 発 および 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 解 明 を 目 的 に セメント と 釉 薬 の 遠 赤 外 線

More information

         光学 2006年度 図の説明  八木隆志

         光学 2006年度 図の説明  八木隆志 第 章 波 動 方 程 式 と 平 面 波 解 光 は 電 磁 波 として 記 述 されるという 考 えは 電 磁 場 のマックスウエル 理 論 の 完 成 により 確 立 された 光 を 電 磁 波 として 表 現 することで 光 の 様 々な 性 質 例 えば 干 渉 や 回 折 など の 波 動 性 偏 光 を 記 述 するベクトル 波 の 性 質 光 の 吸 収 や 増 幅 などが 合 理

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information