キェルケゴール研究

Size: px
Start display at page:

Download "キェルケゴール研究"

Transcription

1 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21 世 紀 という 現 代 に 差 異 があるのは 当 然 である とはいえ 我 々は キルケゴールに 限 らず いわゆる 古 典 に 接 すると き こうした 視 点 を 忘 れがちである キルケゴールを 読 むものにとって 彼 が 19 世 紀 のデンマークに 生 き 取 り 戻 すべき 真 のキリスト 教 を 追 求 しその 実 現 に 一 生 を 捧 げたことを 絶 えず 思 い 返 す 必 要 があるばかりか この 視 点 を 忘 れて は キルケゴールの 思 想 を 受 け 入 れることなどできないのかもしれない 須 藤 孝 也 氏 の 著 作 キルケゴールと キリスト 教 界 ( 創 文 社 2014 年 )は キル ケゴールの 現 代 を 考 えることなしにキルケゴールの 受 容 などありえない という 氏 の 主 張 さらにはキルケゴールへの 情 熱 さえ 随 所 に 感 じられる 力 作 で ある 本 書 のタイトルには キリスト 教 界 とあるが 須 藤 氏 の 論 述 は デンマー クにおける キリスト 教 界 の 現 状 を 検 証 するにとどまらず 人 間 学 と キリスト 教 という 観 点 からキルケゴール 思 想 全 体 を 俯 瞰 し さらには キ リスト 教 の 世 俗 化 や 形 而 上 学 への 批 判 的 検 討 を 中 心 とした20 世 紀 の 思 想 とキル ケゴールとの 比 較 にまで 及 ぶ 壮 大 な 構 想 によるもので 可 能 な 限 りキルケゴー ルへの 批 判 に 応 えようという 意 欲 に 満 ちている キルケゴール 研 究 者 にとどまらず 近 現 代 の 偉 大 な 思 想 家 たちによる 世 俗 化 されたキルケゴール 解 釈 を 修 正 し キルケゴールの 思 想 がキリスト 教 の 範 * 1 須 藤 氏 の 表 記 に 合 わせ キェルケゴール ではなく キルケゴール とする また 本 書 から 引 用 した 際 には 註 に 頁 番 号 を 記 した

2 110 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 囲 内 で 解 釈 されねば 必 ずや 誤 解 を 招 くことを 氏 の 実 存 にかけて 示 そうとして いるようにさえ 思 われる キルケゴールの 個 人 的 な 体 験 とりわけ 父 の 影 響 やレギーネとの 悲 劇 に よって 彼 の 思 想 を 読 み 解 こうとする 研 究 と 須 藤 氏 の 論 述 とは 一 線 を 画 する 須 藤 氏 の 方 法 は キルケゴールが 生 きた 時 代 のデンマーク 思 想 と 彼 のキリスト 教 概 念 との 関 係 を 丹 念 に 追 うことでキルケゴール 思 想 に 迫 るという ここ 数 十 年 来 の 方 法 を 尊 重 しつつも 以 前 の 諸 研 究 が キルケゴールによる キリスト 教 界 批 判 に 傾 注 するあまり キルケゴールと 同 時 的 であろうとし *2 研 究 家 本 人 の 現 代 とキルケゴールの 現 代 との 差 異 を 見 失 ったために 安 易 にキルケゴールの 議 論 を 普 遍 化 *3 し その 普 遍 化 されたキルケゴールに 自 身 の 思 想 的 立 場 をも 表 明 *4 して 彼 の 思 想 を 解 明 する 作 業 を 徹 底 できな かった *5 ことを 反 省 し キルケゴール 研 究 において 重 視 されているとは 言 い がたいキルケゴール 以 前 のデンマーク 思 想 の 歴 史 を 踏 まえつつ キルケゴール の 思 想 をキルケゴールに 倣 い 間 接 的 に 読 み 解 くというもので こうした 方 法 は キリスト 教 の 真 理 性 を 哲 学 的 に 解 き 明 かすことではなく キリスト 者 に 成 るという 問 題 へと 読 者 を 直 面 させることと 設 定 した *6 キルケゴールの 著 作 活 動 の 目 的 に 忠 実 であろうとする 須 藤 氏 の 明 確 な 態 度 の 表 明 でもあるだろ う さて キリスト 教 界 とは そこに 生 活 する 者 がすべてキリスト 教 徒 であるこ とを 自 認 する 社 会 *7 だが この 社 会 では 神 が 人 間 となってこの 世 に 来 たり 愛 の 業 を 行 った しかしその 愛 があまりにも 高 すぎたために キリストはこの 世 によって 理 解 されず 嫌 悪 され 迫 害 され 十 字 架 に 磔 けられて 死 んだ *8 という 物 語 を 信 じず キリスト 教 が 何 であるかをはっきりと 知 らない *9 にも * 2 7 頁 * 3 * 4 * 5 * 頁 * 頁 * 頁 * 9 28

3 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 111 かかわらず 自 らがキリスト 者 であると 錯 覚 しているものたちによって 構 成 されている とキルケゴールは 考 えた だが キルケゴール 自 身 にも 特 別 な 権 限 はなく このキリスト 教 界 の 構 成 員 の 一 員 に 過 ぎない そこで キルケ ゴールは 現 代 の キリスト 教 界 の 真 の キリスト 教 へ 向 けての 改 革 *10 あるいは 修 正 を 目 指 すポレミカルな 宗 教 的 著 作 家 として キリスト 者 になる という 問 題 に 関 わるのみであり 彼 の 議 論 は キリスト 教 信 仰 を 共 有 する 人 に 向 けられた 議 論 *11 だったと 須 藤 氏 は 繰 り 返 し 主 張 するのであ る 19 世 紀 のデンマークでは 国 家 の 弱 体 化 とともにヨーロッパ 情 勢 の 流 動 化 に 翻 弄 される 危 機 的 な 状 況 下 で グルントヴィに 代 表 されるデンマーク ナショ ナリズムが 確 立 されようとし 真 のキリスト 教 を 求 めて 様 々な 運 動 が 存 在 した *12 という キルケゴールも 自 らがデンマーク 人 であることを 忘 れずに 現 代 デンマークの 状 況 を 危 惧 しつつ 自 らの 思 想 を 深 めた 上 に その 議 論 の 対 象 が キリスト 教 に 限 定 されているのであれば キルケゴールと キリス ト 教 界 との 関 係 を 考 えることなしに 彼 の 思 想 を 考 えることはできない キルケゴールの 主 張 する キリスト 教 は 内 面 性 (プロテスタンティズ ム)と 外 面 性 (カトリシズム) あるいは 理 念 と 現 象 という 二 元 論 に 立 脚 する ものであるが こうした キリスト 教 は 合 理 主 義 的 キリスト 教 理 解 が 浸 透 したデンマーク 国 家 教 会 に 理 解 されえぬものであった 本 来 国 家 教 会 もデン マークにおいてあるべきと 思 われる キリスト 教 を 興 すための 組 織 である 真 のキリスト 教 を 目 指 すという 方 向 性 では 国 家 教 会 とキルケゴールとは 一 致 していたが 彼 は 合 理 主 義 的 なデンマーク 国 家 教 会 を 世 俗 化 されたキリ スト 教 と 断 定 し 激 しく 批 判 した ところが キルケゴールは 国 家 教 会 への 就 職 を 希 望 していた キルケゴール は 教 会 制 度 それ 自 体 には 批 判 的 でなかったため ミュンスターの 自 分 で 牧 師 養 成 所 を 創 ったらどうか *13 との 勧 めには 応 じず 世 俗 化 したデンマーク 国 * 頁 * * 頁 * 頁

4 112 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 家 教 会 の 修 正 に 固 執 したのである 小 生 には この 闘 争 でキルケゴールが 修 正 に 終 始 した 点 に 小 生 はヘー ゲルよりもよほど 保 守 的 であるキルケゴールの 一 面 が 潜 んでいると 思 われた ヘーゲルの 思 想 を 極 力 国 民 教 会 に 取 り 入 れようとする ミュンスターの 後 任 マーテンセンこそ ( 当 時 としては) 革 新 的 な 思 想 家 であったと 言 えよう 修 正 に 拘 るキルケゴールは 確 かにベンヤミンが 言 うように ドイツ 観 念 論 の 遅 く 生 まれた 子 *14 だった と 思 わずにはいられない また 須 藤 氏 はキルケゴール 後 の 思 想 家 たちによる 多 様 な 解 釈 に 否 定 的 であ る だが こうした 多 様 性 は キリスト 教 の 真 理 性 を 問 わないキルケゴールの 著 作 活 動 に 起 因 するものと 考 えられる その 点 は 須 藤 氏 も 十 二 分 に 承 知 であ るが 小 生 は もし 誤 った 解 釈 がなされてしまう 可 能 性 がキルケゴールの 著 作 自 体 にあり そうした 問 題 が 批 判 されるべきものであるなら キルケゴール 本 人 こそ 批 判 されてしかるべきであると 考 える 間 接 伝 達 でなければ 自 ら の 思 想 は 伝 達 できないと 考 えていた 以 上 正 しさ を 論 証 できないようにす るのがキルケゴールの 意 図 だった と 言 わざるを 得 ない むしろ 正 しさ か ら 批 判 するとキルケゴール 思 想 の 可 能 性 を 狭 めてしまう というのもある 思 想 家 の 思 想 がその 意 図 とは 異 なる 仕 方 で 解 釈 されるのは いかなる 思 想 であれ 歴 史 的 必 然 である 特 に いかなる 宗 教 も 風 土 に 適 した 形 で 取 り 入 れてしまう 日 本 という 特 異 な 地 域 では キルケゴールの 受 容 も 様 々な 形 態 があり 得 る そ れは キルケゴールの 意 図 とは 全 く 異 なるものであろうが そもそも これが キルケゴールの 思 想 だ! と 叙 述 できぬところにキルケゴールの 思 想 の 特 色 が あるからこそ 人 は 私 のキルケゴール にすぎないにも 関 わらす 普 遍 化 さ れたキルケゴール を 語 っているように 錯 覚 するのであるが 世 俗 の 人 間 であ る 小 生 は こうしたキルケゴール 受 容 も 正 しい と 思 わずにはいられない また キリスト 教 の 世 俗 化 が 進 み キリスト 教 それ 自 体 の 危 機 を 思 うのであれ ば キリスト 教 に 限 定 された 理 解 だけが 許 されるキルケゴールを 読 むことが * 14 ヴァルター ベンヤミン キルケゴール 哲 学 的 観 念 論 の 終 焉 ベンヤミン コ レクション5 思 考 のスペクトル 浅 井 健 二 郎 編 訳 (ちくま 学 芸 文 庫 2010 年 ) 283 頁

5 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 113 我 々にいかなる 意 味 があるのか と 世 俗 の 人 間 として 問 わずにはいられない わが 国 の 首 相 である 安 倍 晋 三 氏 は 日 本 を 取 り 戻 す ためにたたかっておら れるそうである だが その 取 り 戻 すべき 日 本 の 内 実 は 今 もって 不 明 確 で ある 一 方 安 倍 氏 が 拒 絶 する 現 在 の 日 本 すなわち 戦 後 レジーム の 内 実 もまた 不 明 確 である *15 現 代 の 日 本 で 日 本 を 取 り 戻 す 必 要 性 を 主 張 するも のは 多 く 安 倍 氏 は この 道 しかない と 言 って 理 想 の 日 本 を 取 り 戻 そう としているのだが 日 本 が 世 界 の 中 心 となった 姿 が 果 たして 真 の 取 り 戻 す べき 日 本 なのか? 他 の 選 択 肢 はないのか? こうした 疑 問 をどうしてもぬ ぐうことができない キルケゴール 思 想 における 重 要 な 概 念 の 一 つに 反 復 がある 当 然 安 倍 氏 の 取 り 戻 し とは 異 なる 概 念 である だが 小 生 は 本 書 を 読 み キルケ ゴールのキリスト 教 概 念 とデンマーク ナショナリズムとの 密 接 な 関 係 を 知 る ことで デンマーク 国 家 教 会 が 示 す キリスト 教 と それとは 異 なるキリス ト 教 を 主 張 して 孤 高 の 戦 いを 強 いられたキルケゴールに 現 代 の 日 本 の 状 況 を 重 ね 合 わせずにはいられない 何 を 反 復 するのか そのことは 個 々 人 の 実 存 に 問 われるべきであろうが こうした 場 面 でキルケゴールを 読 むことは 決 して 無 意 味 ではないと 思 いたい * 年 の 年 頭 所 感 で 首 相 は 先 人 たちは 高 度 経 済 成 長 を 成 し 遂 げ 日 本 は 世 界 に 冠 たる 国 となりました 当 時 の 日 本 人 に 出 来 て 今 の 日 本 人 に 出 来 ない 訳 は ありません とおっしゃっている 取 り 戻 すべき 日 本 とは 高 度 経 済 成 長 期 の 日 本 であるようだが それは 首 相 のもう 一 つのスローガン 戦 後 レジームか らの 脱 却 と 矛 盾 する なぜなら 高 度 経 済 成 長 は 戦 後 レジーム 期 の 現 象 であるからである

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

3-2藤井賢治修正

3-2藤井賢治修正 マーシャル 的 研 究 計 画 の 可 能 性 : 技 術 競 争 と 組 織 的 知 識 生 産 青 山 学 院 大 学 藤 井 賢 治 * 報 告 集 レジュメは A4で6 枚 が 上 限 とされており 1 2 5 節 のみを 全 文 掲 載 し 3 節 4 節 については 概 略 を 示 すにとどめた また 引 用 文 の 大 半 と 脚 注 参 考 文 献 も 省 略 し た 本 報 告 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

3

3 科 学 と 人 間 講 義 (14 年 夏 学 期 ) 第 9 回 : 人 種 主 義 の 興 隆 と 急 進 化 [ 続 ] (2014 年 6 月 13 日 ( 金 )) 4. 人 種 主 義 の 擬 似 科 学 性 と 恣 意 性 (1) 疑 似 科 学 性 * 人 種 間 優 劣 を 前 提 にした 生 物 学 者 人 類 学 者 医 師 たち 人 種 主 義 の 証 明 のために 科 学

More information

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない (

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない ( イロニー 的 な 主 体 としてのウィトゲンシュタインについて -WS ウィトゲンシュタイン:その 生 と 思 想 から 受 け 取 りうるもの 提 題 要 旨 - 鬼 界 彰 夫 1.ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるものとしての 哲 学 の 仕 方 ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるもの とは 彼 以 外 からは 受 け 取 ること のできないもの あるいはできそうにないものでなければならないだろう

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な 平 成 26 年 (ワ) 第 11499 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 大 野 佳 奈 子 被 告 医 療 法 人 髙 寿 会 外 1 名 原 告 準 備 書 面 (9) 平 成 28 年 4 月 8 日 大 阪 地 方 裁 判 所 第 22 民 事 部 合 議 1 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 髙 橋 典 明 弁 護 士 上 出 恭 子 弁 護 士 和 田 香

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

正当な理由に係る

正当な理由に係る 期 間 徒 過 後 の 救 済 規 定 に 係 るガイドライン 四 法 共 通 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 3 月 特 許 庁 目 次 1. 期 間 徒 過 後 の 救 済 規 定 について 1 1.1 救 済 規 定 の 概 要 1 1.2 救 済 規 定 に 係 る 手 続 一 覧 ( 対 象 条 文 抜 粋 ) 3 (1) 外 国 語 書 面 出 願

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

試験日 平成22年7月  日(木)2時限

試験日 平成22年7月  日(木)2時限 試 験 日 平 成 27 年 月 日 ( ) 時 限 科 目 名 労 働 法 A 担 当 者 三 柴 丈 典 法 律 学 科 2 学 年 以 上 次 の 各 問 いに 対 する 解 答 またはカッコ 内 に 入 る 語 句 として 最 も 適 当 な 選 択 肢 を1つ 選 び 該 当 する 番 号 を 解 答 用 紙 にマークせよ なお 解 答 用 紙 (マークシート)に 解 答 以 外 のことを

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前 09082 3TOKY O 法 律 入 門 講 座 あなたの 身 近 な 憲 法 問 題 ~ 衆 議 院 解 散 選 挙 を 憲 法 から 考 える 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 二 宮 麻 里 子 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA 法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人 歌 う 行 為 の 再 帰 的 近 代 化 カラオケから 歌 ってみた への 身 体 的 変 容 0. 概 要 本 稿 では 歌 う という 行 為 について その 身 体 性 と 社 会 性 の 両 面 から 考 察 する 具 体 的 には 歌 唱 の 可 能 性 を 生 身 の 人 間 から 引 き 離 したに 見 える VOCALOID の 登 場 が いわゆる 歌 ってみた という 現 象

More information

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc 普 遍 主 義 と 多 元 主 義 の 相 互 検 討 ショーペンハウアーとニーチェを 中 心 に 日 本 学 術 振 興 会 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 基 盤 研 究 (C) 課 題 番 号 24520033) 2012 年 度 ~2014 年 度 研 究 代 表 者 竹 内 綱 史 ( 龍 谷 大 学 ) 研 究 分 担 者 伊 藤 貴 雄 ( 創 価 大 学 ) 上 野

More information

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表 仲 裁 判 断 の 骨 子 公 益 財 団 法 人 日 本 スポーツ 仲 裁 機 構 JSAA-AP-2015-003 申 立 人 X1 X2 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 五 十 嵐 潤 同 鳩 貝 滋 被 申 立 人 公 益 社 団 法 人 日 本 ボート 協 会 被 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 鈴 木 仁 主 文 本 件 スポーツ 仲 裁 パネルは 次 のとおり 判 断 する 1

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

1) 戦 争 と 英 語 教 育 - 江 利 川 新 著 に 思 うこと 加 藤 富 夫 東 郷 元 帥 など 戦 争 を 推 進 する 側 の 例 文 や 戦 争 を 遂 行 するための 教 育 勅 語 の 英 訳 が 新 クラウン 英 和 辞 典 河 村 重 治 郎 三 省 堂 や 新 スクール

1) 戦 争 と 英 語 教 育 - 江 利 川 新 著 に 思 うこと 加 藤 富 夫 東 郷 元 帥 など 戦 争 を 推 進 する 側 の 例 文 や 戦 争 を 遂 行 するための 教 育 勅 語 の 英 訳 が 新 クラウン 英 和 辞 典 河 村 重 治 郎 三 省 堂 や 新 スクール 外 国 語 教 育 政 府 の 動 向 に 翻 弄 される 英 語 教 育 とそれに 対 抗 する 諸 実 践 の 報 告 犬 上 達 也 1 今 教 研 の 特 色 (1) 参 加 者 1 日 目 の 参 加 者 一 般 教 員 14 名 学 生 4 名 2 日 目 の 参 加 者 一 般 教 員 6 名 学 生 4 名 ここ 数 年 の 傾 向 であるが 一 般 教 員 の 参 加 率 およびレポート

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続 平 成 27 年 6 月 18 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10266 号 商 標 登 録 取 消 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 4 月 23 日 判 決 原 告 株 式 会 社 太 鼓 亭 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 清 原 直 己 弁 理 士 清 原 義 博 北 本 友 彦 西 村 直 也 今 岡 大 明 被 告 特

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

07西洋文化史概説(1)-51

07西洋文化史概説(1)-51 第 十 三 講 聖 書 外 典 と 女 性 聖 人 テクラ 主 旨 : 古 代 末 期 における 古 代 的 規 範 の 崩 壊 男 性 からの 女 性 の 自 立 女 性 自 身 が 自 らの 語 りと 聖 人 聖 地 を 持 つ 女 性 の 世 界 の 広 いネットワークの 存 在 :エゲリアの 例 物 語 パターンの 規 則 性 (1) 男 性 原 理 ( 結 婚 性 交 )の 拒 否 男 性

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

れば 男 性 が 女 性 専 用 車 を 使 ってはならないという 制 度 は 間 違 っている ならばわれわれが 行 っている 女 性 専 用 車 制 度 はお 互 いの 利 益 を 守 るための 区 別 であろう では 女 性 が 女 性 専 用 車 に 乗 るのはもはや 義 務 ではない か

れば 男 性 が 女 性 専 用 車 を 使 ってはならないという 制 度 は 間 違 っている ならばわれわれが 行 っている 女 性 専 用 車 制 度 はお 互 いの 利 益 を 守 るための 区 別 であろう では 女 性 が 女 性 専 用 車 に 乗 るのはもはや 義 務 ではない か 女 性 専 用 車 からみる 平 等 の 感 覚 はじめに 近 年 女 尊 男 卑 という 言 葉 をしばしば 見 聞 きする 機 会 が 増 えはじめたように 思 われる かつて 日 本 は 男 尊 女 卑 という 言 葉 のもと 女 性 の 権 利 拡 大 や 公 平 な 社 会 の 形 成 を 目 標 に 掲 げてきた しかし 女 尊 男 卑 という 言 葉 が 台 頭 しはじめた 今 日 では

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

がミソ 2 土 肥 隆 一 ( 民 主 ) Q 宗 教 教 育 問 題 に 集 中 現 行 法 と 宗 教 教 育 の 限 界 知 識 としての 宗 教 養 育 の 無 意 味 さ 生 命 と 宗 教 をリンクさせる 民 主 党 案 の 意 味 と 中 立 性 の 要 求 による 萎 縮 への 批

がミソ 2 土 肥 隆 一 ( 民 主 ) Q 宗 教 教 育 問 題 に 集 中 現 行 法 と 宗 教 教 育 の 限 界 知 識 としての 宗 教 養 育 の 無 意 味 さ 生 命 と 宗 教 をリンクさせる 民 主 党 案 の 意 味 と 中 立 性 の 要 求 による 萎 縮 への 批 教 育 基 本 法 案 衆 院 教 育 基 本 法 特 別 委 員 会 審 議 第 1 概 要 日 時 2006 年 ( 平 成 18 年 )6 月 2 日 ( 金 )am9:01~pm4:36 特 別 委 の 法 案 審 議 ( 質 疑 )としては6 回 目 7 時 間 コース 質 問 者 ( 敬 称 略 以 下 同 じ) 大 畠 章 寛 土 肥 隆 一 高 井 美 穂 (いずれも 民 主 ) 戸

More information

(課博用)

(課博用) Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation 歌 舞 伎 俳 諧 の 地 域 性 時 代 性 の 研 究 : 書 物 文 化 との 関 わりを 軸 に 内 容 の 要 旨 及 び 審 査 の 結 果 の 要 旨 早 川, 由 美 奈 良 女 子 大 学 博 士 論 文, 博 士 ( 文 学 ), 博 課 甲 第 545 号, 平

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 心 と 脳 の 関 係 : 包 括 的 一 元 論 の 構 築 脳 科 学 現 象 学 唯 識 教 義 の 三 者 における 共 通 点 を 見 出 すことにより 脳 ( 物 )と 心 を 隔 てる 歴 史 的 文 化 的 科 学 的 な 障 壁 を 乗 り 越 えることを 目 指 す 内 省 心 理 学 唯 識 科 学 脳 科 学 現 象 学 哲 学 2014 11 22 研 究 会 資 料 1

More information

西洋教育史演習                               2008/1/17

西洋教育史演習                               2008/1/17 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 平 成 19 年 度 修 士 論 文 講 評 会 資 料 2007 年 2 月 18 日 ( 月 ) < 論 文 題 目 > シュプランガー 教 育 学 における 文 化 伝 達 の 哲 学 的 再 考 指 導 教 授 森 川 直 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 学 校 教 育 専 攻 18-007 滝 本 大 輔 Ⅰ. 研 究

More information

すべ すべ では 苦 を 免 れる 術 があるのだろうか 人 類 の 歴 史 は その 術 を 求 め 続 けた 歴 史 でもあ る 文 明 の 発 達 は 相 対 的 に 苦 を 免 れるということには 寄 与 してきた それは 生 活 を 快 適 にし 利 便 性 を 増 大 させ 病 気 を

すべ すべ では 苦 を 免 れる 術 があるのだろうか 人 類 の 歴 史 は その 術 を 求 め 続 けた 歴 史 でもあ る 文 明 の 発 達 は 相 対 的 に 苦 を 免 れるということには 寄 与 してきた それは 生 活 を 快 適 にし 利 便 性 を 増 大 させ 病 気 を 苦 とともに 生 きる - 人 生 の New vision をもとめて- 関 西 学 院 大 学 大 学 院 総 合 政 策 研 究 科 大 学 院 研 究 員 山 本 龍 彦 はじめに 喜 びは 常 にはかなく 消 え 去 る だが 苦 はいつも 新 しい 日 々 新 たな 苦 が 待 ち 受 けてい るのが 我 々の 一 生 である 人 生 の 本 質 を 苦 であると 見 た 仏 陀 の 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

1. はじめに 本 指 針 では 第 3 章 2.(3)2(イ) 就 業 規 則 契 約 等 による 従 業 者 退 職 者 等 への 秘 密 保 持 の 要 請 において 有 効 性 が 認 められやすい 競 業 避 止 義 務 契 約 のポイントについ て 記 載 している これは 平 成 24

1. はじめに 本 指 針 では 第 3 章 2.(3)2(イ) 就 業 規 則 契 約 等 による 従 業 者 退 職 者 等 への 秘 密 保 持 の 要 請 において 有 効 性 が 認 められやすい 競 業 避 止 義 務 契 約 のポイントについ て 記 載 している これは 平 成 24 参 考 資 料 6 競 業 避 止 義 務 契 約 の 有 効 性 について 1. はじめに 本 指 針 では 第 3 章 2.(3)2(イ) 就 業 規 則 契 約 等 による 従 業 者 退 職 者 等 への 秘 密 保 持 の 要 請 において 有 効 性 が 認 められやすい 競 業 避 止 義 務 契 約 のポイントについ て 記 載 している これは 平 成 24 年 度 経 済 産 業

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918D817C8256817C825081798CF6955C88C4817A81798F578C768CE3817A837C83438393836783708375835283818C8B89CA95F18D902E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918D817C8256817C825081798CF6955C88C4817A81798F578C768CE3817A837C83438393836783708375835283818C8B89CA95F18D902E646F6378> 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 医 療 養 担 当 規 則 及 び 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 並 びに 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 の 規 定 による 療 養 の 給 付 等 の 取 扱 い 及 び 担 当 に 関 する 基 準 の 一 部 改 正 に 関 するご 意 見 の 募 集 の 結 果 に ついて 1. 意 見

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標 G-221 (1) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 大 勝 軒 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10065 平 成 28 年 8 月 10 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > (2) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10066 平 成 28 年 8 月 10 日 (4

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

平成22年 月 日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成22年 月 日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 9 月 11 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10077 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 7 月 10 日 判 決 原 告 株 式 会 社 ア ク セ ル 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 濱 田 百 合 子 同 北 島 健 次 同 小 栗 昌 平 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 小 林 裕 和

More information

審 査 報 告 Ⅰ 論 文 の 構 成 川 崎 航 史 郎 氏 が 提 出 した 論 文 の 構 成 は 下 記 目 次 ( 主 要 項 目 のみ)の 通 りである 第 1 編 制 限 的 適 用 基 準 による 被 用 者 保 険 からの 排 除 第 1 章 パートタイマーに 対 する 健 康 保

審 査 報 告 Ⅰ 論 文 の 構 成 川 崎 航 史 郎 氏 が 提 出 した 論 文 の 構 成 は 下 記 目 次 ( 主 要 項 目 のみ)の 通 りである 第 1 編 制 限 的 適 用 基 準 による 被 用 者 保 険 からの 排 除 第 1 章 パートタイマーに 対 する 健 康 保 法 学 研 究 科 長 脇 田 滋 様 2014 年 2 月 7 日 審 査 委 員 会 主 査 脇 田 滋 副 査 矢 野 昌 浩 副 査 鈴 木 眞 澄 副 査 木 下 秀 雄 審 査 報 告 書 下 記 の 通 り 審 査 を 終 了 いたしましたのでご 報 告 いたします 1. 件 名 記 川 崎 航 史 郎 (かわさき こうしろう) 氏 の 申 請 にかかる 学 位 博 士 ( 法 学 )

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

3.29 文 科 省 通 知 と 関 連 し 朝 鮮 学 校 と 民 族 教 育 の 発 展 をめざす 会 京 滋 (こっぽんお り) と 京 都 府 京 都 市 に 有 効 なヘイトスピーチ 対 策 の 推 進 を 求 める 会 ( 以 下 求 める 会 ) 朝 鮮 人 団 体 が 日 本 におい

3.29 文 科 省 通 知 と 関 連 し 朝 鮮 学 校 と 民 族 教 育 の 発 展 をめざす 会 京 滋 (こっぽんお り) と 京 都 府 京 都 市 に 有 効 なヘイトスピーチ 対 策 の 推 進 を 求 める 会 ( 以 下 求 める 会 ) 朝 鮮 人 団 体 が 日 本 におい 政 府 に 抗 議 書 京 都 府 知 事 に 要 望 書 / 朝 鮮 学 校 補 助 金 問 題 日 本 人 士 が 記 者 会 見 2016.04.27 (14:55) 主 要 ニュース, 民 族 教 育 3.29 文 科 省 通 知 と 関 連 し 朝 鮮 学 校 と 民 族 教 育 の 発 展 をめざす 会 京 滋 (こっぽんお り) と 京 都 府 京 都 市 に 有 効 なヘイトスピーチ

More information

Microsoft Word - 131106WS議事録【修正後】.docx

Microsoft Word - 131106WS議事録【修正後】.docx 都 市 公 共 政 策 ワークショップⅡ 議 事 録 開 講 日 : 平 成 25 年 10 月 18 日 ( 金 ) 講 師 : 横 田 明 美 先 生 千 葉 大 学 法 経 学 部 総 合 政 策 学 科 政 策 実 現 における 訴 訟 の 機 能 はじめに 横 田 先 生 が 執 筆 中 の 論 文 義 務 付 け 訴 訟 の 機 能 - 時 間 の 観 点 からみた 行 政 と 司 法

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

東アジアとキリスト教研究

東アジアとキリスト教研究 東 アジアとキリスト 教 研 究 平 和 ナショナリズム 文 学 研 究 科 芦 名 定 道 概 要 はじめに 平 和 形 成 への 貢 献? ( 前 回 ) キリスト 教 とナショナリズム ( 今 回 ) むすび はじめに(1) アジアのキリスト 教 1.アジアの 諸 地 域 とキリスト 教 の 多 様 性 西 アジア/ 中 央 アジア/ 南 アジア/ 東 南 アジア/ 東 アジア 2.アジア キリスト

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information