第24回アジアキリスト教教育金 総会

Size: px
Start display at page:

Download "第24回アジアキリスト教教育金 総会"

Transcription

1 第 26 回 アジアキリスト 教 教 育 基 金 総 会 [ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 ]

2 第 26 回 アジアキリスト 教 教 育 基 金 総 会 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 2015 年 度 社 員 総 会 ) 日 時 2015 年 5 月 10 日 ( 日 ) 15 時 30 分 -17 時 30 分 場 所 新 宿 支 部 印 刷 会 館 ビル 6F 会 議 室 Ⅰ. 議 事 Ⅱ. 選 挙 1. 定 足 数 の 確 認 事 務 局 2. 議 長 の 選 任 3. 議 事 録 署 名 人 の 選 任 議 長 年 度 事 業 報 告 および 承 認 報 告 : 前 田 恭 子 年 度 決 算 報 告 および 承 認 報 告 : 井 上 儀 子 年 度 監 査 報 告 および 承 認 報 告 : 里 子 有 三 郎 年 度 事 業 計 画 審 議 および 承 認 報 告 : 前 田 恭 子 年 度 予 算 案 審 議 および 承 認 報 告 : 河 見 誠 9.その 他 1. 理 事 の 選 出 2. 監 事 の 選 出 3. 評 議 員 の 選 出 Ⅲ. 理 事 長 所 信 Ⅳ. ビデオメッセージ BDP 事 務 局 長 アルバート マラカール 氏 Ⅴ. その 他 Ⅵ. 閉 会 1

3 2014 年 度 事 業 報 告 1. 概 要 現 在 BDP スクールの 数 は 67 校 そこで 学 ぶ 子 どもたちの 数 は 2015 年 1 月 の 段 階 では 10,570 名 これは 小 学 校 卒 業 後 の 進 学 支 援 のための 奨 学 金 プログラム PPAP の 受 給 者 と 職 業 訓 練 プログラム VEP を 合 計 した 総 数 です 2014 年 1 月 と 比 べると 452 名 の 減 となっています これらの 教 育 プログラムを 支 援 するための 事 業 計 画 を ACEF は 2014 年 度 も 行 ってまいりま した レンガ 校 舎 への 建 て 替 え 事 業 は 3 校 の 校 舎 を 建 て 替 えることが 出 来 ました 内 訳 として 名 古 屋 の 大 学 生 ボランティアグループ CHILE からの 寄 付 で ボリシャールのダンドーバ BDP スクールが 入 金 時 期 の 関 係 で 2014 年 度 の 事 業 となり また ボクシガンジ 地 区 のシ ュジュノゴル BDP スクールも 建 築 されました 更 に 積 水 ハウスの 社 会 貢 献 事 業 積 水 ハウスマッチングプログラム より 助 成 金 をいただき ボクシガンジのバタジョル BDP ス クールをレンガに 建 て 替 えることが 出 来 ました 現 在 67 校 の 内 36 校 がレンガ 校 舎 となり ました 年 間 2~3 校 しか 立 替 ることができないのですが ACEFからの 通 常 の 送 金 分 は 運 営 に 当 てられるので 校 舎 建 築 は 指 定 寄 付 に 頼 る 他 なく 当 分 はこのペースでやって いくしかありません 校 舎 建 築 にと 指 定 のご 寄 附 がありますし 助 成 金 等 に 申 請 して より 多 くの 学 校 が 堅 牢 なものになるように 願 っています ACEF の 2014 年 度 の 会 費 収 入 は 770 万 円 ( 前 年 度 比 30 万 円 増 ) 寄 付 金 収 入 は 2,420.5 万 円 ( 緊 急 募 金 万 円 含 む)( 前 年 比 1,198.2 万 円 減 )でした 2013 年 度 は 遺 贈 として 高 額 の 寄 付 をいただいたので 収 支 差 額 がプラスになりましたが それが 無 かった 2014 年 度 は 基 金 を 取 り 崩 しても 1 月 末 の 概 算 で 2014 年 度 として BDP とお 約 束 した 送 金 額 $213,800 に$60,000(700 万 円 ) 足 りないことになり 会 員 寄 付 者 の 皆 様 に 緊 急 募 金 をお 願 いする 次 第 となりました 緊 急 募 金 の 結 果 は 3 月 31 日 時 点 で 延 べ 400 名 から 約 458 万 円 のご 寄 附 をいただきまし た 呼 びかけにお 応 え 下 さった 皆 様 には 感 謝 の 言 葉 もございませんが 目 標 額 にはまだ 届 きませんので 期 間 を 5 月 25 日 まで 延 長 することにいたしました BDP の 活 動 を 支 援 するための 送 金 は ドル 建 てで 行 っています 円 安 が 加 速 し より 良 い レートで 送 金 を 行 うよう 心 掛 けましたが 予 算 策 定 時 に 使 った 為 替 レート(1ドル=105 よ りも 不 利 となり 平 均 為 替 レート( 平 均 レート 1ドル= 円 )で 送 金 を 行 うことにな り ここで 起 こったいわゆる 為 替 差 損 がACEFの 財 政 を 圧 迫 する 大 きな 要 因 となりまし た また 寄 付 収 入 の 減 少 も 深 刻 な 問 題 となっています 2

4 2. 初 等 教 育 支 援 事 業 および 国 内 事 業 1990 年 10 月 に 始 められた ACEF 運 動 は 二 つの 目 標 を 掲 げています 第 一 は バングラデ シュに 寺 子 屋 を 贈 ること 第 二 は アジアに 使 命 を 持 つ 人 材 の 育 成 です 発 足 当 初 から 数 値 目 標 をことさらに 掲 げることをして 来 なかったので 20 年 間 の 活 動 の 成 果 を 評 価 する 際 に 達 成 度 を 測 定 することは 容 易 ではありません しかし 第 一 の 目 標 について 言 えば 1990 年 5 月 に BDP の 前 身 である サンフラワー 教 育 計 画 (SEP) が ダッカ 郊 外 ジュライ ン 地 区 において 163 名 の 幼 稚 園 児 を 集 め 10 名 の 教 師 で 始 めた 寺 子 屋 教 育 の 活 動 が 2015 年 1 月 には 生 徒 数 10,570 名 学 校 数 (センター 含 む)67 校 教 師 数 253 名 へと 生 徒 数 で いうと 65 倍 の 規 模 へと 発 展 したことは ACEF と BDP の 創 設 に 関 わった 方 々の 当 初 の 予 想 を 大 きく 超 えたものであると 言 えます しかし ACEF BDP の 体 力 を 考 えるに 学 校 数 を 増 やす 事 を 考 えるのではなく 質 を 高 めることと 継 続 することを 目 標 にするべきであると 考 え BDPともその 考 えで 一 致 しています 実 際 に BDP の 寺 子 屋 教 育 (Non formal)は 内 容 的 に 見 ても 大 きな 発 展 を 遂 げていることが 生 徒 たちの 学 業 成 績 から 読 み 取 れます 当 初 は 女 子 中 学 生 を 教 師 として 採 用 したりもし ていましたが その 後 原 則 として SSC の 資 格 (10 年 間 の 教 育 課 程 修 了 資 格 )を 持 った 女 性 を 採 用 し 研 修 を 受 けた 上 で 授 業 を 担 当 してもらうようになり 現 在 に 至 っています また 寺 子 屋 学 校 教 師 の 中 には 正 規 の 小 学 校 教 員 資 格 を 持 った 人 たちも 出 始 めています 最 近 では BDP 小 学 校 の 卒 業 生 が 高 校 を 卒 業 して 先 生 として 戻 ってくる 例 も 増 えています さらに BDP は 教 育 プログラムの 面 でも 独 創 的 な 工 夫 をしています 2014 年 度 の 小 学 校 卒 業 試 験 では ダッカのスラムにある BDP のラルクティ BDP スクールは 合 格 率 100%でした 地 域 でも 優 秀 な 学 校 として 注 目 されています 先 生 たちの 意 識 が 高 く 生 徒 たちに グループ 学 習 の 導 入 等 自 分 で 考 えて 答 えを 出 す 教 育 をしてい ます 自 主 的 に 靴 箱 を 作 って 校 舎 を 清 潔 に 保 ち 勉 強 する 環 境 を 整 え 生 徒 の 意 欲 を 引 き 出 しています ネトロコナ 等 の 農 村 の 地 区 でも 地 区 に 一 つモデル 校 としてそのような 学 校 を 作 り 質 の 向 上 を BDP とともに 目 指 しています 他 の 五 つの 地 区 でも 小 学 校 卒 業 試 験 の 合 格 率 は 二 つの 地 区 で99% 後 は 全 て100%でした 公 立 の 小 学 校 は 70%~ 80%と 聞 いています ACEF から BDP への 資 金 協 力 は 創 立 当 初 1990 年 度 の 8,000 ドルから 2013 年 度 以 降 の $213,800 へと 約 30 倍 近 くに 増 加 しましたが 寺 子 屋 教 育 が 65 倍 の 規 模 に 拡 大 したことと 比 べると はるかに 小 さな 伸 びに 留 まっているのが 現 状 です 又 2009 年 度 から 五 年 間 毎 年 3%の 増 加 を 予 定 していましたが 2011 年 度 からは 東 日 本 大 震 災 の 影 響 か 寄 付 が 毎 年 減 少 しており 毎 年 目 標 額 に 足 りず 緊 急 募 金 の 実 施 校 舎 基 金 その 他 からの 借 り 入 れ 等 で 送 金 をしていました 2013 年 度 には も 多 額 の 遺 贈 をいただきましたので 校 舎 基 金 か らの 借 り 入 れを 返 済 し 目 標 額 の 送 金 が 達 成 できましたが 2014 年 度 はそういった 特 別 な ことがなかったので はっきりと 寄 付 金 額 の 減 少 が 顕 著 であることが 見 えてきました 取 りあえず 約 束 の 送 金 額 を 達 成 し BDP スクールの 先 生 たちのお 給 料 をきちんとお 支 払 い 3

5 するために 緊 急 募 金 を 皆 様 にお 願 いいたしました この 緊 急 募 金 で 送 金 額 が 満 たされて も 来 年 度 の 運 営 が 赤 字 となり 身 動 きが 取 れない 状 態 になりますので BDP に 対 して 今 までのようには 送 金 できない 状 態 であることを 説 明 し 今 後 の 対 応 を 検 討 していただいて います もちろん 認 定 NPOが 取 得 でき 寄 付 金 額 が 増 えた 場 合 は それなりの 送 金 が できるものである 旨 は 伝 えました 苦 渋 の 決 断 ですが 学 校 が 無 くなってしまう 事 だけは 避 けたいので いくつかのセンターを 統 合 するなど しばらくは 辛 抱 していただかなけれ ばなりません 第 二 の 目 標 である アジアに 使 命 を 持 つ 人 材 の 育 成 に 係 る ACEF の 活 動 としては スタデ ィツアーとセミナーが 挙 げられます これらについては 以 下 の 報 告 をご 参 照 ください 他 に 事 務 局 から 幼 稚 園 を 訪 問 し 園 児 の 皆 さんにお 話 をし 又 保 護 者 の 会 でも 時 間 をい ただいて 説 明 をしました 家 族 でバングラデシュについて 考 えていただくことを 期 待 し ています 長 年 に 亘 り ACEF の 活 動 を 支 えてくださっている 学 校 では 文 化 祭 で 集 めてくださった 募 金 の 贈 呈 式 があり スタディツアーに 参 加 された 生 徒 さんが 改 めて 皆 さんの 心 からのご 寄 附 がどのような 場 で 生 かされているかの 発 表 をしてくださいました 又 いくつかの 学 校 の 朝 の 礼 拝 にお 招 きいただいたり 授 業 として 話 しをさせていただく 機 会 もあり たく さんの 中 学 校 高 等 学 校 の 生 徒 さんにバングラデシュのこととそこでのACEF/BDPの 働 きについて 知 っていただきました そういった 学 校 の 校 長 先 生 方 との 懇 談 の 席 で スタ ディツアーの 説 明 もさせていただきました 聖 学 院 小 学 校 聖 小 フェア にて ACEF 募 金 をしてくださる 児 童 のみなさん 2014 年 9 月 4

6 3. スタディツアー 2014 年 度 夏 期 ( 第 47 回 )スタディツアーは 8 月 5 日 から 8 月 19 日 まで 催 行 しました 2014 夏 ACEF スタディツアー プーバイルオフィスの 前 で 参 加 者 32 名 2015 年 度 春 季 ( 第 48 回 )ス タディツアーは 3 月 3 日 か ら 13 日 まで 催 行 予 定 でした が 最 少 催 行 人 数 の 7 名 には 足 りず 催 行 できませんでし た 第 二 回 のシニアスタディツア ーも 春 季 ( 第 48 回 )と 同 時 に 催 行 する 計 画 でしたが 申 込 者 が 無 く 残 念 ながら 取 りや めとなりました ダッカ スラム 地 区 ラルクティ BDP 小 学 校 にて 2014 年 8 月 5

7 4. セミナー 1 春 のセミナー: 2014 年 春 の ACEF セミナーについて 2014 年 4 月 19 日 ( 土 ) テーマ: 教 育 タイトル: あなたが 生 きていてくれて 本 当 に 嬉 しい! 1 人 99 人 として 出 会 う 恵 み 講 師 : 比 企 敦 子 先 生 (NCC 教 育 部 総 主 事 ) 参 加 者 :22 名 (ST 参 加 者 :5 名 理 事 評 議 員 :10 名 委 員 会 :6 名 ゲスト 1 名 ) 春 ACEF セミナーの 様 子 日 本 キリスト 教 会 館 4F にて 2 秋 のセミナーについて 日 程 : 2014 年 9 月 27 日 ( 土 ) 午 後 1 時 半 より テーマ アジア アジアとともに 生 きる: 南 アジア と 日 本 の 子 ども 支 援 に 携 わって 講 演 者 : 小 野 道 子 氏 (1993 年 ST 参 加 者 ) 参 加 者 30 名 ( 夏 のST 参 加 者 13 人 含 む) 6

8 秋 ACEF セミナーの 様 子 3 グループに 分 かれて 懇 談 日 本 キリスト 教 会 館 ビル2F にて 5. 会 員 組 織 2014 年 度 中 の 個 人 新 入 会 員 は 66 名 (2013 年 度 は 88 名 )でしたが 退 会 者 が 23 名 (2013 年 度 は 91 名 )でしたので その 結 果 個 人 会 員 数 は 43 名 の 増 となりました 団 体 会 員 につ いては 2 団 体 増 で 27 団 体 です 2014 年 度 末 の 時 点 での 個 人 会 員 数 は 1,358 名 団 体 会 員 は 27 団 体 でした それぞれの 内 訳 と 2010 年 度 からの 動 向 は 以 下 の 通 りです 団 体 会 員 個 人 会 員 2010 年 度 末 会 員 総 数 27 団 体 1,240 名 ( 社 員 会 員 56 名 + 一 般 会 員 1,184 名 ) 2011 年 度 末 会 員 総 数 22 団 体 1,249 名 ( 社 員 会 員 55 名 + 一 般 会 員 1,194 名 ) 2012 年 度 末 会 員 総 数 22 団 体 1,318 名 ( 社 員 会 員 58 名 + 一 般 会 員 1,260 名 ) 2013 年 度 末 会 員 総 数 25 団 体 1,315 名 ( 社 員 会 員 64 名 + 一 般 会 員 1,251 名 ) 2014 年 度 新 入 会 員 数 +2 団 体 +66 名 2014 年 度 退 会 会 員 数 -0 団 体 -23 名 2014 年 度 末 会 員 総 数 27 団 体 1,358 名 ( 社 員 会 員 64 名 + 一 般 会 員 1,294 名 ) 7

9 6. 事 務 局 事 務 局 が 担 当 している 主 な 業 務 としては 資 金 管 理 ( 献 金 募 金 の 呼 びかけ 会 費 収 納 助 成 金 への 応 募 など)や 収 支 管 理 等 の 一 般 経 理 業 務 会 員 や 支 援 者 向 けサービスの 提 供 ( 会 報 誌 の 編 集 発 行 や 問 い 合 わせへの 対 応 など) 渉 外 活 動 (BDP との 連 絡 調 整 や 国 内 の NGO との 連 携 など) 国 内 事 業 活 動 の 運 営 (スタディツアーやセミナーの 運 営 ) 広 報 活 動 ( 会 員 向 けおよび 一 般 向 け) 物 品 販 売 事 業 等 があります これらのすべてにおいて 委 員 会 のメンバーや 会 員 の 方 々 支 援 してくださる 学 校 の 生 徒 さん 達 を 含 む ボランティアの 方 々 の 助 けを 借 りながら 行 っています 2014 年 度 は 今 まで 事 務 局 を 置 いていた 日 本 キリスト 教 会 館 が 耐 震 補 強 工 事 を 行 う 予 定 なので 一 時 的 な 移 転 先 を 探 していたところ 東 京 メトロ 早 稲 田 駅 近 くに 適 当 な 場 所 を 見 つけ 2014 年 12 月 26 日 に 引 越 しを 行 い 2015 年 1 月 5 日 から 新 事 務 所 で 業 務 を 開 始 いた しました 補 強 工 事 終 了 (2016 年 3 月 予 定?) 後 元 の 場 所 に 戻 る 予 定 です 7. 渉 外 ACEF は JANIC( 国 際 協 力 NGO センター)の 正 会 員 として 活 動 しました 8. BDP 代 表 来 日 例 年 のように ACEF 総 会 開 催 の 時 期 に BDP 事 務 局 長 アルバート マラカールさんが 来 日 さ れました 2013 年 度 に 続 き BDP ヘッドオフィスから ラチンモン アイザック マル イさん( 通 称 ディコさん)が 同 行 され 総 会 で 活 動 報 告 をしていただいたほか ACEF 理 事 監 事 評 議 員 との 懇 談 会 にご 出 席 いただきました また 昭 島 幼 稚 園 青 山 学 院 女 子 短 大 東 洋 英 和 女 学 院 高 校 東 洋 英 和 幼 稚 園 を 訪 問 した 後 福 島 県 を 訪 問 いわき 市 の 日 本 基 督 教 団 磐 城 教 会 で 礼 拝 説 教 や 講 演 をしていただき 教 会 員 の 方 々とも 親 しく 交 わりの 時 を 持 ちました その 後 常 磐 教 会 白 水 のぞみ 保 育 園 南 相 馬 の 原 町 聖 愛 保 育 園 も 訪 問 原 発 事 故 の 影 響 で 厳 しい 生 活 をおくりながらも めげず 明 るく 過 ごす 人 々と 交 流 を 深 めました 福 島 市 では いつもご 支 援 くださっている 福 島 友 の 会 を 訪 問 温 かく 迎 えていただき 福 島 周 辺 の 仮 設 住 宅 等 をどのように 支 援 しているか 等 ご 説 明 いただきました BDP からの 代 表 による 各 地 の 訪 問 は 交 流 した 方 たちの ACEF/BDP に 対 する 理 解 を 深 めてい ただく 上 で 大 変 重 要 で これを 機 会 に ACEF の 会 員 になってくださる 方 もおられます 8

10 ACEF スタディツアーリユニオンの 集 い 日 本 キリスト 教 会 館 にて アジア 宣 教 青 年 の 集 い 日 本 キリスト 教 会 館 にて ACEF 理 事 との 会 食 会 ホテルサンルートにて 9

11 白 水 のぞみ 保 育 園 にて 明 石 義 信 牧 師 ( 常 磐 教 会 ) 上 竹 裕 子 牧 師 ( 磐 城 教 会 )と 共 に 磐 城 教 会 にて 講 演 をするアルバートさん 原 町 聖 愛 保 育 園 にて バングラデシュの 子 どもたちの 紹 介 をするアルバートさん 福 島 伊 達 教 会 にて 白 井 真 牧 師 と 共 に BDP 代 表 来 日 アルバートさん ディコさんの 日 程 (2014 年 ) 5 月 9 日 ( 金 ) 成 田 空 港 着 予 定 悪 天 候 のため 遅 延 10 日 ( 土 ) 到 着 10 日 ( 土 ) ACEFスタディツアーリユニオン 11 日 ( 日 ) 早 稲 田 教 会 主 日 礼 拝 出 席 ACEF 総 会 愛 餐 会 12 日 ( 月 ) 青 山 女 子 短 期 大 学 講 義 ウェスレーファウンデーション 講 演 13 日 ( 火 ) アジア 宣 教 青 年 の 集 い 14 日 ( 水 ) 昭 島 幼 稚 園 15 日 ( 木 ) ACEF 理 事 との 会 食 会 東 洋 英 和 女 学 院 中 学 部 高 等 部 16 日 ( 金 ) 東 洋 英 和 幼 稚 園 母 の 会 JOCS 理 事 職 員 との 会 談 17 日 ( 土 ) 常 磐 教 会 白 水 のぞみ 保 育 園 18 日 ( 日 ) 磐 城 教 会 礼 拝 出 席 午 後 講 演 19 日 ( 月 ) 原 町 聖 愛 保 育 園 福 島 伊 達 教 会 福 島 友 の 会 20 日 ( 火 ) 福 島 にてJOCV 元 BDPホ ランティアとの 再 会 21 日 ( 水 ) ショッピング 等 22 日 ( 木 ) 成 田 空 港 より 帰 国 福 島 の 農 家 で 田 植 え 体 験 を させていただ くアルバート さん 10 福 島 友 の 会 にて 交 わりの 時

12 9. 理 事 会 理 事 評 議 員 合 同 協 議 会 各 委 員 会 報 告 1) 理 事 会 評 議 員 会 第 61 回 ACEF 理 事 会 評 議 員 会 日 時 :2014 年 4 月 12 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~4 時 場 所 : 日 本 キリスト 教 会 館 2F 23 号 室 議 題 : Ⅰ) 2014 年 3 月 8 日 開 催 理 事 会 議 事 録 承 認 の 件 Ⅱ) 理 事 長 挨 拶 ( 所 信 他 ) Ⅲ) 報 告 事 項 1) 事 務 局 報 告 1 キリスト 教 会 館 耐 震 補 強 工 事 の 件 2 BDP 招 聘 の 件 Ⅳ) 協 議 事 項 1) 2014 年 度 年 次 総 会 について A) プログラムー 総 会 愛 餐 会 B) 提 出 議 案 年 度 事 業 報 告 及 び 決 算 報 告 年 度 事 業 計 画 案 及 び 予 算 案 年 度 年 間 スケジュール 4 その 他 第 62 回 ACEF 理 事 会 評 議 員 会 日 時 :2014 年 7 月 5 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~4 時 場 所 : 日 本 キリスト 教 会 館 2F 23 号 室 議 題 : Ⅰ) 前 回 理 事 会 評 議 員 会 会 議 録 承 認 の 件 Ⅱ) 理 事 長 挨 拶 ( 所 信 他 ) Ⅲ) 報 告 事 項 1) 2014 年 6 月 末 期 財 務 報 告 2) プログラム 委 員 会 報 告 2014 年 春 の ACEF セミナー 振 り 返 り グローバルフェスタ 秋 の ACEF セミナーについて 3) 広 報 委 員 会 報 告 4) スタディツアー 委 員 会 報 告 2014 年 夏 のスタディツアーについて 5) 事 務 局 報 告 隅 谷 先 生 召 天 10 周 年 記 念 講 演 会 ( 実 行 委 より 寄 付 あり) 11

13 認 定 NPO 申 請 作 業 の 進 捗 状 況 バングラデシュ 関 連 ( 竜 巻 被 害 への 特 別 支 援 マスッドさん 逝 去 弔 慰 金 ) 学 生 ボランティア 団 体 Seele Ⅳ) 協 議 事 項 1) 財 政 2) 人 事 委 員 会 設 置 の 件 3) 弔 慰 金 について 4) その 他 会 費 値 上 げの 件 第 63 回 ACEF 理 事 会 評 議 員 会 (2014 年 度 ) 日 時 :2014 年 11 月 15 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~4 時 場 所 : 日 本 キリスト 教 会 館 2F23 号 室 議 題 : Ⅰ) 前 回 理 事 会 会 議 録 承 認 の 件 Ⅱ) 理 事 長 挨 拶 ( 所 信 他 ) Ⅲ) 報 告 事 項 1) 2014 年 10 月 期 財 務 報 告 2) プログラム 委 員 会 報 告 グローバルフェスタ 秋 の ACEF セミナーについて 2015 年 春 の ACEF セミナーについて 3) 広 報 委 員 会 報 告 4) スタディツアー 委 員 会 報 告 2015 年 春 のスタディツアーについて 5) 事 務 局 報 告 第 二 回 シニアスタディツアーについて 事 務 所 移 転 の 件 ( 会 館 の 対 策 の 経 過 及 び 移 転 先 の 下 検 分 等 ) 認 定 NPO 取 得 の 件 ( 東 京 都 の 現 地 調 査 ) Ⅳ) 協 議 事 項 1) 事 務 所 移 転 の 件 2) 第 二 回 シニアスタディツアーについて 3) 本 基 金 25 周 年 記 念 事 業 について 第 64 回 ACEF 理 事 会 評 議 員 会 (2014 年 度 ) 日 時 :2015 年 4 月 11 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~4 時 墓 所 : 新 宿 支 部 印 刷 会 館 ビル6F. 会 議 室 12

14 議 題 : 協 議 事 項 年 度 総 会 について A)プログラム B) 提 出 議 案 1) 2014 年 度 事 業 報 告 及 び 決 算 報 告 承 認 の 件 2) 2015 年 度 事 業 計 画 及 び 予 算 案 承 認 の 件 2015 年 度 年 間 スケジュール 承 認 2. 理 事 監 事 評 議 員 の 改 選 の 件 報 告 事 項 1) 前 回 理 事 会 報 告 2) 財 務 委 員 会 報 告 3)プログラム 委 員 会 報 告 4) 広 報 委 員 会 報 告 5)スタディツアー 委 員 会 報 告 2) 理 事 会 第 47 回 ACEF 定 例 理 事 会 日 時 :2014 年 9 月 6 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~4 時 墓 所 : 日 本 キリスト 教 会 館 2F 23 号 室 議 題 : Ⅰ) 前 回 理 事 会 評 議 員 会 会 議 録 承 認 の 件 Ⅱ) 理 事 長 挨 拶 ( 所 信 他 ) Ⅲ) 報 告 事 項 1) 2014 年 8 月 末 期 財 務 報 告 2) 財 務 委 員 会 報 告 3) スタディツアー 委 員 会 報 告 2014 年 夏 のスタディツアーについて 4) 事 務 局 報 告 認 定 NPO 申 請 作 業 の 進 捗 状 況 バングラデシュ 関 連 ( 竜 巻 被 害 への 特 別 支 援 マスッドさん 弔 慰 金 ) 耐 震 補 強 工 事 の 件 移 転 の 件 Ⅳ) 協 議 事 項 1) 財 務 委 員 会 よりの 提 案 2)25 周 年 記 念 事 業 資 料 6 第 48 回 ACEF 定 例 理 事 会 日 時 :2015 年 2 月 7 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~4 時 13

15 場 所 : 新 宿 支 部 印 刷 会 館 ビル4F.ACEF 事 務 局 議 題 : Ⅰ) 第 63 回 ACEF 理 事 会 評 議 員 会 (2014 年 度 ) 記 録 ( 案 ) 承 認 の 件 Ⅱ) 理 事 長 所 信 Ⅱ) 報 告 事 項 1) 2014 年 1 月 末 現 在 までの 決 算 報 告 2) 財 務 委 員 会 報 告 3) スタディツアー 委 員 会 報 告 4) 広 報 委 員 会 報 告 5) プログラム 委 員 会 報 告 6) 事 務 局 報 告 臨 時 総 会 報 告 事 務 所 移 転 の 件 認 定 NPOの 件 会 費 改 定 の 案 内 について Ⅳ) 協 議 事 項 1) 2015 年 度 予 算 計 画 2) 理 事 評 議 員 改 選 について 3) 社 員 総 会 日 程 について 4)BDP 招 聘 延 期 について 5)その 他 3 月 度 臨 時 理 事 会 日 時 :2015 年 3 月 14 日 ( 土 )14:00~17:45 場 所 : 新 宿 支 部 印 刷 会 館 ビル6F. 会 議 室 議 題 : 協 議 事 項 Ⅰ) 2015 年 度 予 算 の 大 綱 決 定 Ⅱ) 理 事 の 責 任 負 担 について Ⅲ) 理 事 評 議 員 の 改 選 について 4 月 度 臨 時 理 事 会 日 時 :2015 年 4 月 11 日 ( 土 )12:00~14:00 場 所 : 新 宿 支 部 印 刷 会 館 ビル6F. 会 議 室 議 題 : 協 議 事 項 Ⅰ) 財 政 について 2015 年 度 予 算 緊 急 募 金 報 告 14

16 Ⅱ) 役 員 評 議 員 改 選 の 件 就 任 依 頼 に 対 する 回 答 状 況 3) 各 委 員 会 報 告 ⅰ)プログラム 委 員 会 委 員 : 野 村 正 宣 ( 長 ) 高 石 孝 子 徳 田 有 希 子 関 口 弘 美 山 口 旬 前 田 恭 子 村 早 苗 井 上 儀 子 岸 ひかり 正 原 沙 織 佐 々 木 柊 子 開 催 日 :2014 年 6 月 13 日 9 月 12 日 ( 金 ) 10 月 14 日 ( 火 ) 2015 年 1 月 16 日 ( 金 ) 2015 年 3 月 27 日 1. 春 のセミナー 2014 年 4 月 19 日 ( 土 ) 14 時 ~17 時 会 場 : 日 本 キリスト 教 会 館 4F. 会 議 室 テーマ: 教 育 タイトル: あなたが 生 きていてくれて 本 当 に 嬉 しい! 1 人 99 人 として 出 会 う 恵 み 講 師 : 比 企 敦 子 先 生 (NCC 教 育 部 総 主 事 ) 参 加 者 :22 名 (ST 参 加 者 :5 名 理 事 評 議 員 :10 名 委 員 会 :6 名 ゲスト 1 名 ) 2. 秋 のセミナー 2014 年 9 月 27 日 ( 土 ) 午 後 1 時 半 開 始 (1 時 受 付 開 始 ) テーマ アジア アジアとともに 生 きる: 南 アジアと 日 本 の 子 ども 支 援 に 携 わって 講 演 者 : 小 野 道 子 氏 (1993 年 ST 参 加 者 ) 参 加 者 30 名 ( 夏 のST 参 加 者 13 人 含 む) 3.グローバルフェスタ 日 程 :2014 年 10 月 4 日 ( 土 ) 5 日 ( 日 ) 場 所 : 日 比 谷 公 園 調 理 に 適 当 な 場 所 が 確 保 できないため 本 年 もカレーを 止 め チャナチュール ムリ(ス ナック 菓 子 )とベンガルティー の 店 を 出 店 した 残 念 なことに 一 日 目 は 雨 二 日 目 は 台 風 の 為 半 日 で 撤 収 売 り 上 げは 上 がらなかった 次 回 は 要 望 も 多 いカレーで 出 店 することを 考 える ワークショップテントに 於 いて スタディツアー 報 告 を 行 った 今 後 もスタディツアー 参 加 者 や ACEF 会 員 のリユニオンの 場 としても 活 用 し より 多 くの 方 が ACEF に 継 続 的 に 関 わってくださるようにしたい ⅱ) 広 報 委 員 会 委 員 : 山 神 清 和 ( 長 ) 網 中 彰 子 井 上 栞 里 加 藤 講 太 郎 松 本 周 見 供 瞳 原 田 真 喜 子 深 澤 睦 美 森 和 博 遠 藤 槇 子 井 上 儀 子 前 田 恭 子 開 催 日 :2014 年 7 月 4 日 10 月 14 日 2015 年 1 月 29 日 15

17 広 報 委 員 会 は 機 関 誌 の 企 画 と 編 集 を 検 討 47 号 48 号 を 発 行 した 紙 面 には BDP スタ ッフの 紹 介 やインタビュー 等 を 掲 載 彼 らの 志 や 働 きを 多 くの 方 に 理 解 していただくよう にした 理 事 評 議 員 からの 意 見 を 聞 くことは 前 年 度 から 継 続 している また 新 し い 委 員 の 参 加 や 連 絡 網 にグループウェアのサイボウズ Live を 取 り 入 れ 迅 速 に 連 絡 がと れるようにして 委 員 会 の 充 実 を 図 った Facebook(フェイスブック)などの SNS を 効 果 的 に 使 い ACEF の 活 動 を 多 くの 方 に 知 っていただく 努 力 を 続 けると 同 時 に ファンドレイジ ングにも 貢 献 していきたい ⅲ)スタディツアー 委 員 会 委 員 : 荒 谷 出 ( 長 ) 田 坂 興 亜 山 口 旬 高 崎 和 子 徳 田 有 紀 子 中 島 有 紗 松 本 周 前 田 恭 子 井 上 儀 子 開 催 日 :6 月 22 日 9 月 21 日 1 月 17 日 1. 夏 のスタディツアー( 第 47 回 )2014 年 8 月 6 日 ( 水 )~19 日 ( 火 ) 今 回 は 参 加 希 望 者 が 殺 到 し 定 員 22 のところ 29 名 となり リーダー 事 務 局 を 入 れる と 32 名 の 大 所 帯 になった その 件 で 委 員 会 では 議 論 を 重 ねたが - 申 込 受 付 のプロセスが 完 了 していない 申 込 者 があり 定 員 で 切 ることがむずかしかった 新 しい ACEFST の 広 がりの 可 能 性 を 感 じさせる 参 加 者 などがあり 今 回 は 受 け 入 れると 決 定 した 健 康 面 での 心 配 ( 狭 い 車 )は 車 を 一 台 増 やし 配 慮 して 実 施 - 最 近 の ST は 高 校 生 の 割 合 が 多 かったが 今 年 は 多 様 な 組 み 合 わせで 高 校 生 にとって も 刺 激 になった いろいろな 交 流 が 出 来 た 一 方 連 絡 がスムーズにいかない レンタカ ーの 使 用 を 避 ける 等 リーダーからの 提 言 があった - 環 境 を 整 えること 衛 生 面 等 の 改 善 がされており 飲 み 水 が 安 心 できた 人 数 が 多 か ったのでBDPスタッフと 食 事 を 一 緒 にすることが 出 来 なかったが 交 流 は 活 発 にでき マイナス 面 はなかった - 博 物 館 に 行 き バングラデシュの 独 立 へ 至 る 過 程 での 苦 しみを 知 り メンバーのバング ラデシュへの 思 いをより 深 くすることができた - CHILE は 通 常 Kathila へ 行 き 自 分 たちの 寄 付 で 建 てられた BDP のレンガ 校 舎 を 訪 問 す るツアーを 実 施 しており ACEF の ST とは 別 に BDP と ACEF で 協 力 をしているが 多 人 数 を 複 数 回 受 け 入 れるのは 無 理 なので 今 回 から CHILE のツアーも 10 名 までとした 結 果 CHILE メンバーで ACEF の ST への 参 加 希 望 者 が 出 た 今 後 は 人 数 を 3 名 までとする 2. 春 のスタディツアー( 第 48 回 )2015 年 3 月 3 日 ( 月 )~13 日 ( 水 ) 最 低 催 行 人 数 7 名 に 達 せず 今 回 のスタディツアー 実 施 は 見 送 りとなった ツアーは 決 行 されなかったが 16

18 準 備 会 予 定 日 に 事 務 局 での 夕 食 会 に 招 待 し お 弁 当 を 食 べながら ACEF 活 動 につい てお 話 しし つながりを 深 めた 第 二 回 のシニアスタディツアーを 春 季 ( 第 48 回 )と 同 時 に 催 行 する 計 画 でしたが 申 込 者 が 無 く 取 りやめとなりました ⅳ) 財 務 委 員 会 委 員 : 天 野 海 走 河 見 誠 ( 長 ) 古 賀 博 正 井 進 勝 木 澄 子 前 田 恭 子 井 上 儀 子 開 催 日 :2014 年 9 月 27 日 2015 年 1 月 24 日 財 務 委 員 会 は 恒 常 的 な 赤 字 が 円 安 の 為 に 更 に 進 み 寄 付 金 の 減 少 も 伴 い 逼 迫 した 財 政 をどうするか 検 討 した また 2013 年 度 は 大 口 の 遺 贈 があったため 切 り 抜 け たものの 2014 年 度 はそういった 特 別 なこともなかったため 遂 には 年 度 末 に BDP と 約 束 をしていた 送 金 額 が 送 れない 事 態 となり 下 記 のことが 決 定 され 実 施 された 2014 年 度 決 算 見 込 みに 関 連 して 緊 急 募 金 : 目 標 額 700 万 円 目 標 は 700 万 だが ACEFの 財 政 も 破 綻 状 態 であることを 呼 びかけの 中 で 説 明 した 2015 年 度 予 算 案 に 関 して 収 支 バランスをとることを 前 提 と 考 え - 収 入 の 500 万 以 上 増 加 を 目 指 す 経 費 を 可 能 な 限 り 減 らす BDPへの 送 金 を 減 額 の 方 向 でアルバート マラカール 氏 に 舩 戸 前 理 事 長 より 説 明 信 頼 関 係 を 崩 さずに 理 解 をいただく 10. BASIC DEVELOPMENT PARTNERS (BDP) 活 動 報 告 BDP 教 育 プログラム 受 益 者 数 (2015 年 1 月 現 在 ) ミルプール プーバイル ボリシャール ジャマルプール ボクシガンジ ネトロコナ 合 計 幼 稚 科 ,957 小 学 1 年 生 ,930 2 年 生 ,678 3 年 生 ,436 4 年 生 ,316 5 年 生 ,131 奨 学 生 職 業 訓 練 生 合 計 1,216 1,784 1,655 3,225 1,276 1,414 10,570 注 ) 2014 年 1 月 の 小 学 校 の 在 籍 数 (11,022 名 )に 比 べると 452 名 の 減 です 通 学 生 村 落 数 247 村 職 業 訓 練 学 校 数 2 校 学 校 数 67 校 職 業 訓 練 学 生 数 89 名 教 師 数 253 名 職 業 訓 練 教 師 数 5 名 生 徒 数 10,570 名 奨 学 生 33 名 事 務 局 スタッフ 40 名 以 上 17

19 18 ACEF 総 会 2015

20 19 ACEF 総 会 2015

21 2014 年 度 ACEF 事 務 局 学 校 教 会 団 体 等 における 集 会 報 告 ( 委 員 会 を 除 く) 4 月 4 日 横 浜 ロータリー 例 会 にて ST 参 加 者 ( 久 松 幸 さん) 報 告 ACEF 活 動 報 告 19 日 ACEF セミナー あなたが 生 きてくれていて 本 当 に 嬉 しい ( 比 企 敦 子 氏 ) 23 日 女 子 聖 学 院 高 校 礼 拝 ( 前 田 ) 24 日 女 子 聖 学 院 中 学 礼 拝 ( 前 田 ) 29 日 東 京 女 子 大 園 遊 会 出 展 ( 前 田 井 上 ) 5 月 2 日 東 洋 英 和 幼 稚 園 母 の 会 来 訪 3 日 隅 谷 三 喜 男 先 生 召 天 10 周 年 記 念 講 演 会 わたしたちは 何 をなすべきか ( 姜 尚 中 氏 ) 9 日 BDP スタッフ 来 日 10 日 ST リユニオン(Albert&Dicko) 11 日 第 25 回 ACEF 総 会 愛 餐 会 12 日 青 山 女 子 短 期 大 学 ST 説 明 会 ( 井 上 )および 講 義 (Albert&Dicko) Wesley Foundation 集 会 (Albert&Dicko) 13 日 アジア 宣 教 の 集 い(Albert&Dicko) 15 日 ACEF 理 事 との 会 食 会 (Albert&Dicko) 16 日 東 洋 英 和 女 学 院 中 学 部 高 等 部 礼 拝 (Albert) 東 洋 英 和 幼 稚 園 訪 問 (Albert&Dicko) 17 日 常 磐 教 会 白 水 のぞみ 保 育 園 訪 問 (Albert&Dicko) 18 日 磐 城 教 会 CS 礼 拝 (Dicko) 一 般 礼 拝 ( 小 倉 理 事 長 ) 午 後 講 演 (Albert) 19 日 原 町 聖 愛 保 育 園 伊 達 教 会 福 島 友 の 会 訪 問 (Albert&Dicko) 22 日 BDP スタッフ 帰 国 青 山 学 院 女 子 短 大 シオン 寮 夕 拝 お 話 ( 前 田 ) 26 日 隅 谷 三 喜 男 記 念 講 演 会 実 行 委 員 会 反 省 会 ( 井 上 ) 27 日 女 子 学 院 礼 拝 ( 前 田 ) 30 日 東 京 女 子 大 学 宗 教 センター 訪 問 スタディツアー 説 明 会 ( 前 田 ) 6 月 3 日 都 庁 認 定 申 請 相 談 ( 前 田 山 神 祥 子 ) 12 日 算 定 基 礎 届 説 明 会 ( 井 上 ) 18 日 JANIC 総 会 ( 前 田 ) 7 月 日 スタディツアー 準 備 会 15 日 認 定 申 請 書 都 に 提 出 ( 前 田 山 神 祥 子 ) 31 日 リサーチインタビュー( 前 田 ) 8 月 2-26 日 バングラデシュ 出 張 ( 井 上 ) 6-19 日 日 第 47 回 スタディツアー 実 施 (32 名 ) 女 子 聖 学 院 高 校 生 ボランティア 23 名 来 訪 日 学 生 ボランティア 団 体 CHILE バングラデシュ 訪 問 ( 井 上 ) 9 月 4 日 東 洋 英 和 小 学 部 母 の 会 来 訪 5 日 玉 川 聖 学 院 生 徒 会 来 訪 20

22 11 日 あけぼの 幼 稚 園 父 母 会 来 訪 22 日 渋 谷 同 胞 幼 稚 園 教 師 来 訪 23 日 聖 学 院 小 フェア 出 展 ( 前 田 井 上 ) 25 日 東 洋 英 和 中 高 生 来 訪 27 日 ACEF セミナー アジアとともに 生 きる ( 小 野 道 子 氏 ) 10 月 4-5 日 グローバルフェスタ 出 展 12 日 雑 司 ヶ 谷 教 会 礼 拝 お 話 ( 前 田 ) 22 日 清 教 学 園 高 校 講 演 ( 前 田 ) 23 日 31 日 清 教 学 園 中 学 高 校 講 演 ( 前 田 ) カトリック 助 祭 研 修 会 にて ACEF 活 動 紹 介 ( 前 田 ) 11 月 1 日 女 子 聖 学 院 記 念 祭 ( 前 田 井 上 ) 3 日 代 田 教 会 バザー 出 展 ( 井 上 ) 19 日 東 洋 英 和 幼 稚 園 母 の 会 お 話 ( 前 田 ) 20 日 聖 学 院 小 学 校 礼 拝 募 金 贈 呈 式 ( 前 田 ) 27 日 東 京 都 認 定 現 地 調 査 12 月 1 日 玉 川 聖 学 院 高 校 生 来 訪 8 日 田 園 調 布 教 会 幼 稚 園 お 話 ( 前 田 ) 12 日 東 洋 英 和 幼 稚 園 母 の 会 来 訪 26 日 ACEF 事 務 局 引 っ 越 し 27 日 ACEF 臨 時 社 員 総 会 1 月 16 日 パルシステム 3 名 来 訪 25 日 田 園 調 布 合 同 祈 祷 会 にて ACEF 活 動 紹 介 ( 前 田 ) 28 日 ウェスレーセンター インターン 説 明 会 出 席 ( 井 上 ) 2 月 3 日 公 認 会 計 士 財 務 相 談 ( 井 上 ) 7 日 第 46 回 春 スタディツアーキャンセルのため 応 募 者 との 懇 親 会 日 ファンドレイジング 日 本 2015 大 会 参 加 ( 前 田 ) 25 日 RISO フェスタ チラシ 活 用 セミナー 参 加 ( 井 上 ) 3 月 4 日 NGO 認 知 度 シンポジウム 参 加 ( 前 田 ) 5 日 大 阪 学 生 ボランティア 団 体 SEELE 来 訪 11 日 エキュメニズム 研 修 会 にて ACEF 活 動 紹 介 ( 前 田 ) 16 日 学 生 ボランティア 団 体 CHILE 来 訪 20 日 YMCA オラトリオソサエティ 演 奏 会 メサイア 23 日 JICA 官 民 連 携 勉 強 会 参 加 ( 井 上 ) 21

23 2014 年 度 活 動 計 算 書 22 ( 単 位 : 円 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 自 2014 年 4 月 1 日 至 2015 年 3 月 31 日 2013 年 度 決 算 2014 年 度 予 算 2014 年 度 決 算 2014 予 算 比 経 常 収 益 受 取 会 費 社 員 会 員 受 取 会 費 450, , , % 一 般 会 員 受 取 会 費 6,946,000 7,500,000 7,159,000 95% 受 取 寄 付 金 受 取 寄 付 金 34,417,399 25,000,000 15,706,818 63% 校 舎 建 設 寄 付 1,572, ,919,020 緊 急 募 金 195,534 4,577,441 事 業 収 益 理 解 参 加 促 進 事 業 1,391,630 1,500,000 1,997, % 普 及 啓 発 事 業 2,075,872 2,000,000 1,904,002 95% その 他 収 益 受 取 利 息 3,652 2,000 5, % 為 替 差 益 25,781 19,054 雑 収 益 26,833 20, , % 経 常 収 益 計 47,105,554 36,522,000 35,973,342 98% 経 常 費 用 事 業 費 ( 人 件 費 ) 給 料 手 当 ( 事 業 ) 6,441,850 6,470,000 6,412,500 99% アルバイト 給 料 ( 事 業 ) 639, , ,776 92% 退 職 給 付 費 用 ( 事 業 ) 507, , , % 通 勤 費 ( 事 業 ) 284, , ,660 99% 法 定 福 利 費 ( 事 業 ) 1,345,483 1,300,000 1,369, % 人 件 費 計 9,218,918 9,277,000 9,232, % (その 他 経 費 ) 売 上 原 価 368, , ,623 84% 資 金 協 力 (BDP 送 金 ) 23,160,929 22,450,000 26,185, % 研 修 費 (BDP 招 聘 ) 598, , ,880 73% バザー 経 費 172, , ,537 69% 印 刷 製 本 費 ( 事 業 ) 584, , ,279 81% 会 議 費 ( 事 業 ) 41,816 60,000 75, % スタディツアー 費 1,224,020 1,300,000 1,575, % 旅 費 交 通 費 ( 事 業 ) 25,195 30,000 10,722 36% 通 信 運 搬 費 ( 事 業 ) 787, , , % 消 耗 品 費 ( 事 業 ) 36,616 50,000 29,955 60% 事 務 所 家 賃 ( 事 業 ) 1,050,000 1,050,000 1,367, % 諸 会 費 ( 事 業 ) 50,000 50,000 50, % 支 払 手 数 料 ( 事 業 ) 208, , , % 為 替 差 損 24,254 1,980 雑 費 ( 事 業 ) 30,000 30,000 30, % その 他 経 費 計 28,363,013 28,120,000 32,046, % 事 業 費 計 37,581,931 37,397,000 41,278, % 管 理 費 ( 人 件 費 ) 給 料 手 当 2,111,950 2,130,000 2,028,280 95% 退 職 給 付 費 用 161, , , % 通 勤 費 69,550 90,000 88,010 98% 法 定 福 利 費 11,730 福 利 厚 生 費 17,816 20,000 18,076 90% 人 件 費 計 2,360,316 2,403,000 2,285,636 95% (その 他 経 費 ) 印 刷 製 本 費 52,080 50,000 32,400 65% 会 議 費 24,504 40,000 20,798 52% 旅 費 交 通 費 1,300 2,000 7, % 通 信 運 搬 費 31,500 31,500 37, % 消 耗 品 費 8,100 10,000 27, % 水 道 光 熱 費 57,675 事 務 所 家 賃 575, , ,415 67% 新 聞 図 書 費 2, % 諸 会 費 31,624 25,000 34, % 慶 弔 費 3,391 5, % リース 料 475, , , % 租 税 公 課 600 1,200 2, % 支 払 手 数 料 ,290 管 理 諸 費 10,000 雑 費 4,830 10,000 11, % その 他 経 費 計 1,210,047 1,186,700 1,246, % 管 理 費 計 3,570,363 3,589,700 3,531,850 98% 経 常 費 用 計 41,152,294 40,986,700 44,810, % 当 期 経 常 増 減 額 5,953,260 4,464,700 8,837, % 経 常 外 収 益 経 常 外 収 益 計 経 常 外 費 用 引 越 費 402,460 経 常 外 費 用 計 402,460 税 引 前 当 期 正 味 財 産 増 減 額 5,953,260 4,464,700 9,239, % 経 理 区 分 振 替 額 当 期 正 味 財 産 増 減 額 5,953,260 4,464,700 9,239, % 前 期 繰 越 正 味 財 産 額 20,351,883 20,351,883 20,351, % 次 期 繰 越 正 味 財 産 額 26,305,143 15,887,183 11,112,206 70%

24 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 財 務 諸 表 の 注 記 2015 年 3 月 31 日 現 在 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています (1). 棚 卸 資 産 の 評 価 基 準 及 び 評 価 方 法 総 平 均 法 による 原 価 法 (2). 引 当 金 の 計 上 基 準 退 職 給 付 引 当 金 : 従 業 員 の 退 職 給 付 に 備 えるため 当 期 末 における 退 職 給 付 債 務 に 基 づき 当 期 末 に 発 生 していると 認 められる 金 額 を 計 上 しています なお 退 職 給 付 債 務 は 期 末 自 己 都 合 要 支 給 額 に 基 づいています (3). 消 費 税 等 の 会 計 処 理 消 費 税 等 の 会 計 処 理 は 税 込 方 式 によっています 事 業 費 の 内 訳 事 業 費 の 区 分 は 以 下 の 通 りです [ 税 込 ]( 単 位 : 円 ) 科 目 全 事 業 所 合 計 ( 人 件 費 ) 給 料 手 当 ( 事 業 ) 6,412,500 6,412,500 アルバイト 給 料 ( 事 業 ) 646, ,776 退 職 給 付 費 用 ( 事 業 ) 514, ,000 通 勤 費 ( 事 業 ) 289, ,660 法 定 福 利 費 ( 事 業 ) 1,369,482 1,369,482 人 件 費 計 9,232,418 9,232,418 (その 他 経 費 ) 期 首 棚 卸 高 543, ,837 仕 入 高 298, ,976 期 末 棚 卸 高 423, ,190 資 金 協 力 (BDP 送 金 ) 26,185,654 26,185,654 研 修 費 (BDP 招 聘 ) 584, ,880 バザー 経 費 137, ,537 印 刷 製 本 費 ( 事 業 ) 486, ,279 会 議 費 ( 事 業 ) 75,621 75,621 スタディツアー 費 1,575,807 1,575,807 旅 費 交 通 費 ( 事 業 ) 10,722 10,722 通 信 運 搬 費 ( 事 業 ) 860, ,823 消 耗 品 費 ( 事 業 ) 29,955 29,955 事 務 所 家 賃 ( 事 業 ) 1,367,500 1,367,500 諸 会 費 ( 事 業 ) 50,000 50,000 支 払 手 数 料 ( 事 業 ) 229, ,910 為 替 差 損 1,980 1,980 雑 費 ( 事 業 ) 30,000 30,000 その 他 経 費 計 32,046,291 32,046,291 合 計 41,278,709 41,278,709 使 途 等 が 制 約 された 寄 付 等 の 内 訳 活 動 計 算 書 には 売 上 原 価 合 計 額 のみが 出 ますが これは 期 首 棚 卸 高 + 仕 入 高 - 期 末 棚 卸 高 = 売 上 原 価 となっています [ 税 込 ]( 単 位 : 円 ) 内 容 金 額 適 用 備 考 校 舎 建 設 指 定 寄 付 1,000,000 積 水 ハウス 2014/11/7 BDPに 送 金 職 業 訓 練 校 指 定 寄 付 1,200,000 東 洋 英 和 幼 稚 園 母 の 会 2015/2/2 BDPに 送 金 校 舎 建 設 積 立 寄 付 67,560 東 洋 英 和 中 学 部 高 等 部 生 徒 会 積 立 校 舎 建 設 指 定 寄 付 1,651,460 学 生 ボランティア 団 体 CHILE 2015/2/2 BDPに 送 金 緊 急 募 金 (BDP 送 金 未 達 分 ) 4,577, ~ 件 $60,000 不 足 のうち$40,000 送 合 計 8,496,461 その 他 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 資 産 負 債 及 び 正 味 財 産 の 状 態 並 びに 正 味 財 産 の 増 減 の 状 況 を 明 らか にするために 必 要 な 事 項 事 業 費 と 管 理 費 の 按 分 方 法 各 事 業 の 経 費 及 び 事 業 費 と 管 理 費 に 共 通 する 経 費 のうち 給 料 手 当 退 職 給 付 費 用 通 勤 費 会 議 費 旅 費 交 通 費 等 については 従 事 割 合 に 基 づき 按 分 しています 23

25 24 ACEF 総 会 2015

26 緊 急 募 金 報 告 事 業 報 告 でも 再 三 申 し 上 げましたが 2015 年 1 月 末 の 段 階 で 資 金 が 枯 渇 して バングラデシ ュに 2014 年 度 分 としてお 約 束 していた 送 金 額 の 内 6 万 ドル 余 が 実 行 できておらず BDP スクー ルの 先 生 たちの 給 与 を 滞 らせないために 緊 急 募 金 の 呼 びかけをさせていただきました 2 月 10 日 付 で 第 一 回 の 呼 びかけをし さっそく 約 160 名 の 会 員 及 び 寄 付 者 の 皆 様 から 約 200 万 円 ご 寄 附 をいただきましたが 必 要 金 額 として 掲 げさせていただきました 700 万 円 にはまだ 届 きませ んでしたので 再 度 3 月 12 日 付 で 寄 付 期 間 を 5 月 25 日 まで 延 長 する 旨 ご 案 内 しましたところ 多 くの 皆 様 にお 応 えいただきました 誠 にありがとうございました グラフにありますように 第 二 回 のご 案 内 の 後 寄 付 者 の 延 べ 人 数 と 金 額 が 急 速 に 増 え 4 月 末 で 500 万 円 に 達 しております 複 数 回 ご 送 金 くださる 方 もおられて 本 当 に 有 難 く 励 まされます 700 万 円 と 言 う 大 きな 金 額 を 目 標 とした 当 初 は 本 当 に 達 成 できるかと 不 安 がありましたが こ のままで 行 けば 夢 ではないと 期 待 が 膨 らみます ACEF と BDP の 働 きを 応 援 してくださる 皆 様 お 一 人 お 一 人 の 温 かなお 心 に 心 より 感 謝 申 し 上 げます ACEF といたしまして 財 政 を 立 て 直 す 努 力 をいたしますと 同 時 に 皆 様 のお 志 にお 応 えするべく 志 を 揺 るがすことなくバングラデシュの 貧 しい 子 どもたちや 婦 人 たちのために BDP と 共 に 働 いてまいります ACEF 事 務 局 7,000,000 6,000, 年 度 末 緊 急 募 金 ( 目 標 額 700 万 円 ) 5,000,000 4,000,000 3,000,000 2,000,000 1,000, 件 48 件 71 件 93 件 117 件 141 件 149 件 169 件 184 件 190 件 211 件 278 件 327 件 392 件 19 件 30 件 49 件 77 件 2/17 2/18 2/19 2/20 2/21 2/23 2/25 2/26 2/273/23/43/53/63/93/11 3/13 3/16 3/17 3/18 3/19 3/20 3/23 3/24 3/25 3/26 3/304/14/24/64/84/10 4/13 4/15 4/16 4/27 25

27 貸 借 対 照 表 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 [ 税 込 ]( 単 位 : 円 ) 2015 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 正 味 財 産 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 流 動 負 債 ( 現 金 預 金 ) 前 受 金 1,175,000 現 金 通 常 34,609 預 り 金 154,285 現 金 バザー 120,393 社 会 保 険 (84,575) 現 金 円 (17,029) 雇 用 保 険 (33,110) 現 金 タカ (103,364) 所 得 税 (36,600) 現 金 ST 48,961 流 動 負 債 計 1,329,285 現 金 ドル (48,211) 固 定 負 債 現 金 タカ (750) 退 職 給 付 引 当 金 7,749,000 普 通 預 金 バザー 254,393 固 定 負 債 計 7,749,000 普 通 預 金 ST 341,812 負 債 合 計 9,078,285 普 通 預 金 通 常 預 金 2,534,878 正 味 財 産 の 部 普 通 預 金 隅 谷 / 和 田 基 金 3,545,313 正 味 財 産 普 通 預 金 校 舎 積 立 1 4,717,942 前 期 繰 越 正 味 財 産 額 20,351,883 定 期 預 金 退 職 積 立 7,749,000 当 期 正 味 財 産 増 減 額 9,239,677 現 金 預 金 計 19,347,301 正 味 財 産 計 11,112,206 ( 棚 卸 資 産 ) 正 味 財 産 合 計 11,112,206 棚 卸 資 産 423,190 棚 卸 資 産 計 423,190 流 動 資 産 合 計 19,770,491 固 定 資 産 ( 投 資 その 他 の 資 産 ) 敷 金 420,000 投 資 その 他 の 資 産 計 420,000 固 定 資 産 合 計 420,000 資 産 合 計 20,190,491 負 債 及 び 正 味 財 産 合 計 20,190,491 アジアキリスト 教 教 育 基 金 隅 谷 基 金 出 入 り 年 度 明 細 繰 入 れ 繰 出 し 残 高 2003 年 度 ( 第 15 回 総 会 2004 年 5 月 ) 隅 谷 基 金 発 足 (124 名 &9 団 体 ) 12,291,115 12,291, 年 度 ( 第 16 回 総 会 2005 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 11,291, 年 度 ( 第 17 回 総 会 2006 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 10,291, 年 度 ( 第 18 回 総 会 2007 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 9,291, 年 度 ( 第 19 回 総 会 2008 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 8,291, 年 度 ( 第 20 回 総 会 2009 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 7,291, 年 度 ( 第 21 回 総 会 2010 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 6,291, 年 度 ( 第 22 回 総 会 2011 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 5,291, 年 度 ( 第 23 回 総 会 2012 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 4,291, 年 度 ( 第 24 回 総 会 2013 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 3,291, 年 度 ( 第 25 回 総 会 2014 年 5 月 ) BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 2,291, 年 度 BDP 教 育 支 援 事 業 費 ( 職 業 訓 練 校 ) 1,000,000 1,291,115 隅 谷 記 念 講 演 会 実 行 委 員 会 より 297,294 1,588,409 アジアキリスト 教 教 育 基 金 和 田 眞 理 子 氏 遺 贈 基 金 出 入 り 2013 年 度 遺 贈 16,420,439 16,420, 校 舎 積 立 に 返 却 4,000,000 12,420, 年 度 本 会 計 に 4,000,000 8,420, 年 度 年 度 本 会 計 に 4,000,000 4,420, 年 度 本 会 計 に 2,500,000 1,920,439 校 舎 積 立 金 のうち 山 梨 英 和 中 学 高 校 校 舎 積 立 金 550,000 円 東 洋 英 和 女 学 院 中 学 部 高 等 部 校 舎 積 立 金 225,829 円 26

28 財 産 目 録 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 [ 税 込 ]( 単 位 : 円 ) 2015 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 流 動 資 産 ( 現 金 預 金 ) 現 金 通 常 34,609 現 金 バザー 120,393 現 金 円 (17,029) 現 金 タカ (103,364) 現 金 ST 48,961 現 金 ドル (48,211) 現 金 タカ (750) 普 通 預 金 バザー 254,393 普 通 預 金 ST 341,812 普 通 預 金 通 常 預 金 2,534,878 普 通 預 金 隅 谷 / 和 田 基 金 3,545,313 普 通 預 金 校 舎 積 立 1 4,717,942 定 期 預 金 退 職 積 立 7,749,000 現 金 預 金 計 19,347,301 ( 棚 卸 資 産 ) 棚 卸 資 産 423,190 棚 卸 資 産 計 423,190 流 動 資 産 合 計 19,770,491 固 定 資 産 ( 投 資 その 他 の 資 産 ) 敷 金 420,000 投 資 その 他 の 資 産 計 420,000 固 定 資 産 合 計 420,000 資 産 の 部 合 計 20,190,491 負 債 の 部 流 動 負 債 前 受 金 1,175,000 預 り 金 154,285 社 会 保 険 (84,575) 雇 用 保 険 (33,110) 所 得 税 (36,600) 流 動 負 債 計 1,329,285 固 定 負 債 退 職 給 付 引 当 金 7,749,000 固 定 負 債 計 7,749,000 負 債 の 部 合 計 9,078,285 正 味 財 産 11,112,206 財 産 目 録 の 注 記 為 替 レート 計 算 (OANDA.com) 現 在 1US$=119.63JPY 1BDT=1.50JPY 27

29 28 ACEF 総 会 2015

30 2015 年 度 事 業 計 画 ( 案 ) 1. 概 要 2011 年 度 以 降 毎 年 寄 付 の 減 少 による 苦 しい 財 政 についてご 報 告 しておりましたが 2014 年 度 は 遂 にBDPへの 送 金 が 予 定 通 りできなくなり 会 員 寄 付 者 の 皆 様 へ 緊 急 募 金 を 実 施 することになりました 昨 年 までは 皆 様 のご 配 慮 により 大 変 苦 しい 状 態 の 中 でも バングラデシュへの 送 金 は 予 定 額 を 送 金 しておりました そのために 基 金 の 取 り 崩 し 他 の 項 目 からの 借 り 入 れをしながらではありましたが 2013 年 度 は 大 口 の 遺 贈 があり 最 終 的 には 黒 字 で 締 めることができました もしこれが 無 ければ 約 8 00 万 円 の 赤 字 となるところでした しかし このような 特 別 なことは 毎 年 予 定 に 入 れることできません したがって 年 度 も 約 500 万 円 の 赤 字 決 算 を 見 越 した 予 算 組 でした そして その 予 想 を 上 回 る 収 入 減 為 替 差 損 による 支 出 増 などで 大 きく 赤 字 となり 約 900 万 の 赤 字 になって います このままで 行 きますと ACEF は 存 続 することが 出 来 ません この 現 状 を 会 員 の 皆 様 にはご 理 解 いただき 今 後 の 取 り 組 みをご 支 援 いただきたいと 思 います もちろん ACEF といたしましても 収 入 増 支 出 減 への 取 り 組 みを 始 めております 創 設 依 頼 変 わらなかった 会 費 を 今 年 度 から 値 上 げさせていただきます 支 出 を 抑 えるた めに 事 務 局 の 給 与 もカットいたします 2015 年 度 は 財 政 逼 迫 の 現 状 を 少 しでも 改 善 する 方 向 へと 向 けるために ACEF の 活 動 の 認 知 を 上 げ 支 援 者 を 増 やす 努 力 を 具 体 的 に 進 めます 全 国 の 友 の 会 教 会 ミッ ションスクール 等 を 訪 問 し ACEF 運 動 について 話 をすることにも 引 き 続 き 取 り 組 みたいと 思 います また 今 年 こそは 認 定 NPO として 承 認 されます 認 定 NPO と なって ACEFへの 寄 付 が 控 除 の 対 象 となれば 企 業 団 体 等 からの 寄 付 がお 願 いしや すくなりますし 個 人 会 員 の 皆 様 にもご 寄 付 していただきやすくなると 思 います 又 2015 年 度 もACEFは 創 立 当 初 から 掲 げている 二 つの 目 標 を 変 わることなく 進 めて いきます 第 一 は バングラデシュに 寺 子 屋 を 贈 ること 第 二 は アジアに 使 命 を 持 つ 人 材 の 育 成 です 具 体 的 には 下 記 の 活 動 を 行 います 1 BDP との 共 働 により バングラデシュで 寺 子 屋 小 学 校 の 維 持 運 営 に 必 要 な 資 金 協 力 * 寺 子 屋 小 学 校 数 :67 全 生 徒 数 :10,570 名 * レンガ 校 舎 数 :36 - 今 年 度 も 校 舎 建 設 のための 指 定 献 金 をお 約 束 いただいていますし 民 間 の 助 成 金 に 申 請 も 行 います 2 スタディツアーの 実 施 : 2015 年 夏 と 2016 年 春 に 実 施 予 定 です 3 セミナーの 開 催 : アジア 教 育 キリスト 教 と 云 う 大 きな 三 つのテーマで 春 と 秋 に 行 い 広 くから 参 加 者 を 募 ります 2015 年 春 のテーマは キリスト 教 で 行 いまし 29

31 た 秋 のテーマは 教 育 で 行 う 予 定 です 4 広 報 活 動 * 機 関 紙 ACEF コミュニケーションと ACEF ミニレターの 発 行 * ウェブサイトの 運 営 : ウェブサイト 更 新 の 効 率 化 を 図 り より 多 くの 情 報 をタイム リーに 出 せるようにする 作 業 がほぼ 終 了 しました 今 後 は より 多 くの 方 がアクセス してくださるように 内 容 も 改 善 していきます また 団 体 としての Facebook ペー ジを 開 設 して より 広 く 広 報 活 動 に 利 用 していきます 会 員 や 過 去 のスタディツアー 参 加 者 等 と 情 報 を 共 有 し 広 めていただくことで ACEF のサイトへのアクセスを 増 やした いと 思 います 5 物 品 紹 介 販 売 (バングラデシュの 手 工 芸 品 ) 6 支 援 学 校 教 会 友 の 会 等 の 訪 問 アピール 7 新 規 会 員 の 開 拓 8 その 他 - 募 金 活 動 * アマゾンの 紹 介 プログラムを 口 コミで 広 めてくださるよう 会 員 のみなさまにお 願 い する * インターネット 募 金 サイトへ 参 加 する * NGO 活 動 市 民 活 動 助 成 金 などの 獲 得 を 検 討 する こうした 活 動 を 通 じ ACEF 運 動 の 認 知 を 上 げることによって 活 動 の 拡 大 と 財 政 問 題 の 解 決 への 第 一 歩 としたい 寄 付 収 入 の 減 少 を 活 動 を 広 げ 会 員 支 援 者 を 増 やすことで 改 善 していかなければならないと 思 います また 寄 付 するという 行 動 へのハードルを 下 げることで より 多 くの 方 が 思 いついたらいつでも 寄 付 が 出 来 るような 仕 組 みを 作 りた いと 思 います その 他 具 体 的 な 収 入 増 の 施 策 も 打 ち 出 すように 取 り 組 みます 2. チャレンジ 概 要 でも 述 べたように ACEF 活 動 の 認 知 を 上 げ 会 員 支 援 者 数 を 増 やすことで 財 政 を 安 定 させなければなりません 昨 今 は 寄 付 やボランティアと 言 う 行 為 が 特 別 なもの ではなくなっており 困 っている 人 に 手 を 差 し 伸 べることや 苦 しみの 中 にいる 人 に 心 を 寄 せることは 日 本 人 の 心 に 元 々 持 っている 優 しさに 加 え 美 徳 として 根 付 きつつあると 思 います 東 日 本 大 震 災 直 後 に 世 界 中 の 人 々から 善 意 が 寄 せられたように 困 難 な 状 態 の 中 にいる 人 々には 人 種 国 境 を 越 えて 支 えあう 精 神 が 生 きています この 精 神 は そ もそもACEFが 発 足 した 際 によって 立 った キリスト 教 精 神 そのものと 言 えます 明 治 初 期 に 海 外 からの 宣 教 師 たちによってもたらされた 教 育 が 現 在 の 日 本 の 発 展 に 果 た した 役 割 を 考 えると アジアの 中 で 先 進 国 となっている 日 本 が 今 何 をなすべきか 受 けた 恵 みを 分 かち 合 うことの 意 味 を より 多 くの 人 々と 共 有 していくことに 努 めたいと 思 います 30

32 教 育 に 対 する 支 援 は 一 度 始 めたら 止 めることは 出 来 ません 現 在 いるBDPスクールの 子 どもたち また これから 就 学 する 子 どもたちの 希 望 の 灯 を 消 さないことが とりあえ ずはACEFの 最 重 要 課 題 と 思 います バングラデシュに 寺 子 屋 を 贈 る は 言 い 換 えれば 教 育 を 提 供 する ことと 考 えます 教 育 とは 教 科 書 に 書 いてあることだけでなく 自 分 で 考 え 発 信 することが 出 来 るように なることを 学 ぶこと 生 きていくための 大 切 な 知 恵 を 学 ぶことでもあります バングラ デシュの 子 どもたちが 学 校 に 行 き 将 来 は 国 を 発 展 させる 市 民 として 成 長 するように 又 女 性 や 子 どもが 無 知 なために 不 幸 な 目 に 遭 わないように と 言 う 学 校 の 建 物 が 最 終 目 的 ではないACEFの 活 動 には 現 段 階 での 後 退 は 許 されないと 思 います ACEF/ BDPの 向 こうに 常 にいる 10,570 名 の 子 どもたち 一 人 一 人 のことを 覚 え 祈 りながら 活 動 したいと 思 いますし その 気 持 ちを 会 員 の 皆 様 にも 共 有 していただきたいと 思 います 又 バングラデシュは 安 い 人 件 費 に 目 を 付 けた 海 外 ブランドの 下 請 けとして 国 内 の 経 済 活 動 が 活 発 化 しており インフレ 率 が 年 に7~10%にもなっています 物 価 の 上 昇 に より BDPスクールの 運 営 も 大 変 厳 しい 状 況 下 にあります 貧 富 の 差 も 広 がり 貧 しい 子 どもたちの 家 庭 は 貧 しいままで 苦 しい 生 活 の 中 学 校 を 辞 めて 縫 製 工 場 で 働 き 始 める 子 どももいます そんな 中 BDP 寺 子 屋 小 学 校 の 先 生 たちは 少 ない 給 料 でも 子 どもた ちのためにと 頑 張 ってくれています その 思 いに 応 えるためにも 活 動 の 拡 大 及 び 新 し い 方 向 性 を 模 索 し どこにチャンスがあるかを 考 えたいと 思 います 今 年 度 の 活 動 目 標 も 昨 年 同 様 より 多 くの 日 本 の 人 企 業 教 会 学 校 にACEFの 活 動 を 認 知 していただき 支 援 者 となっていただく 事 です 特 に 一 昨 年 より 始 めている キ リスト 教 学 校 との 繋 がりをより 強 めることを 積 極 的 に 続 けたいと 思 います すでに いく つかの 学 校 は 学 校 を 挙 げて 支 援 に 取 り 組 んでくださっていますが もっと 浸 透 する 余 地 が あると 思 われます 前 述 のように 日 本 の 教 育 向 上 については 明 治 時 代 より 海 外 からの 援 助 が 大 きく 働 き 特 に 現 在 もあるキリスト 教 学 校 の 多 くが その 支 援 により 創 設 されま した 同 じことを 今 度 はわたしたち 日 本 から 発 信 することができるなら 素 晴 らしい ことと 思 います 会 員 寄 付 者 の 増 加 を 図 ると 同 時 に 寄 付 をすることのハードルを 下 げる 努 力 もいたしま す 寄 付 を 思 い 立 ったらすぐにできるように インターネットの 利 用 について 検 討 してい ます 又 ACEFの 会 員 の 皆 様 とも もう 一 度 全 ての 活 動 ( 国 内 国 外 を 含 み)の 最 終 目 標 を 共 有 し 活 動 に 参 加 支 援 をしていただくようにお 願 いしたいと 思 います 事 務 局 では 新 しい 会 員 獲 得 のために 必 要 とあればどこへでも 出 かけて 行 き ACEF と BDP の 活 動 につ いてお 話 をさせていただきます 会 員 の 皆 様 お 一 人 お 一 人 が 子 どもたちを 支 えてくださ っている 事 を 自 覚 し ACEF の 代 表 者 として 活 動 を 周 囲 へ 広 めていただければ 幸 いです そうした 活 動 を 通 じて 子 どもたちの 希 望 の 灯 を 灯 し 続 けたいと 思 います 31

33 BDPとは 過 去 24 年 間 に 亘 り 築 き 上 げた 強 い 信 頼 関 係 で 結 ばれています 今 後 も 共 に 学 びあい 知 恵 を 出 し 合 っての 共 働 関 係 を 大 切 にし お 互 いを 尊 重 しあう 関 係 であるべきと 考 えます 今 年 度 は 特 に 予 算 削 減 をしなければならず BDP としても 学 校 運 営 上 大 変 厳 しいものになることが 予 想 されます 予 算 の 都 合 上 また マラカール 氏 の 健 康 上 の 理 由 もあって 今 回 に 来 日 は 叶 いませんでしたが 8 月 のスタディツアー 時 には じっく りと 今 後 の 為 に 厳 しい 話 し 合 いをしなければなりません しかし 強 い 信 頼 関 係 を 持 ち お 互 いをパートナーと 認 め 合 えばこそ 厳 しい 話 も 出 来 るので 互 いに 知 恵 を 出 し 合 い この 苦 境 を 乗 り 越 えていきたいと 思 います 今 財 政 上 の 苦 境 に 立 つ ACEF の 2015 年 度 の 活 動 を 多 くの 方 が 覚 え 祈 ってくださいます ようにと 願 います ACEF の 会 員 支 援 者 が 心 を 一 つとして ACEF が 何 のためにここにあ るのか 今 まで 覚 え 祈 ってきたことを 止 めることなく 進 んで 行 く 事 ができる 一 年 とした いと 思 います バングラデシュで 子 供 たちのために 自 分 たちを 捧 げて 下 さる BDPの 方 々の 尊 い 働 きを 常 に 覚 え 自 分 たちのなすべきことを 考 えて 働 きたいと 思 います 3. Basic Development Partners (BDP) BDP は 2015 年 度 は 以 下 の 7 分 野 において 活 動 する 計 画 です 1 幼 児 教 育 ( 就 学 前 の 児 童 を 対 象 に 学 校 に 来 ることの 重 要 性 を 体 得 させる) 2 ノンフォーマル 初 等 教 育 ( 寺 子 屋 小 学 校 ) 3 奨 学 金 制 度 ( 中 等 教 育 (ハイスクール) 進 学 希 望 者 で 家 庭 が 貧 困 なものが 対 象 ) 4 保 健 教 育 5 職 業 訓 練 教 育 ( 裁 縫 電 気 自 動 車 エンジン コンピューター) 6 ヒ 素 対 策 の 深 井 戸 設 置 7 災 害 時 等 支 援 (サイクロン 等 ) 4. スタディツアー 2015 年 度 は 夏 期 (8 月 )スタディツアーを 催 行 することが 決 まっています 又 最 少 催 行 人 数 が 集 まらず 実 施 できなかった 春 のスタディツアーを 是 非 実 施 したいと 思 ってい ます 夏 の 2 週 間 では 参 加 が 難 しい 社 会 人 の 方 々に 是 非 参 加 いただきたいと 思 います スタディツアーのリーダーは 教 育 関 係 者 か 牧 会 関 係 者 とする と 言 う 2011 年 度 からの 方 針 の 下 夏 のスタディツアーは 共 愛 学 園 女 子 高 等 学 校 荒 谷 出 先 生 がツアーリーダー をお 引 き 受 けくださいます 5. セミナー 2015 年 度 も 例 年 同 様 二 つのセミナーを 実 施 します ACEF セミナーは アジア キリ スト 教 教 育 を 順 番 にテーマとしています 2015 年 春 のセミナーのテーマは キリス 32

34 ト 教 でした 講 師 は 青 山 学 院 女 子 短 期 大 学 宗 教 主 任 日 本 基 督 教 団 吉 祥 寺 教 会 牧 師 の 吉 岡 康 子 先 生 でした ともに 働 く と 題 して 4 月 18 日 ( 土 )に 実 施 されました 秋 のセミナーは 教 育 がテーマです プログラム 委 員 会 で 企 画 し 実 施 します 国 際 基 督 教 大 学 の 西 村 幹 子 先 生 に 講 師 をお 願 いしています 6. 手 工 芸 品 販 売 バングラデシュ 手 工 芸 品 販 売 は ACEF 会 員 の 皆 さまのご 協 力 を 得 て 全 国 の 学 校 教 会 友 の 会 幼 稚 園 などを 中 心 に 展 開 されています バザーなどでの 委 託 販 売 の 場 合 には 売 上 高 の 10%を 手 数 料 として 受 託 者 にお 支 払 いすることとしています 2015 年 度 も 大 変 厳 しい 財 政 状 況 の 中 活 動 しなければなりません 手 工 芸 品 の 販 路 拡 大 は 大 変 重 要 な 事 なので 購 入 者 にとって 魅 力 的 な 商 品 を 開 発 したいと 思 いますが そういった 商 品 の 一 つ 一 つが 子 どもたちの 教 育 や 貧 しい 婦 人 たちを 助 けることを 覚 え 会 員 のみなさまのご 協 力 をいただ きたいと 思 います * 最 後 に 現 在 の 最 優 先 課 題 は 昨 年 事 情 により 延 期 しました 認 定 NPO の 取 得 です 昨 年 度 今 一 歩 のところまで 準 備 ができましたので 総 会 終 了 後 直 ちに 次 のステップに 入 ります その 間 他 の 仕 事 をおろそかにすることはできませんので 昨 年 ACEFコミュニケーシ ョンの 発 行 発 送 などに ボランティアとしてお 手 伝 いいただきましたように 年 度 も 引 き 続 きご 協 力 いただければと 思 います いつでも 事 務 局 に 気 軽 にお 立 ち 寄 りいただき お 手 伝 いいただけるなら 大 歓 迎 です 又 今 後 のために 改 善 するべき 点 などのご 提 案 もいただきながら 活 動 したいと 思 います ACEF/BDPの 活 動 は 即 ちバングラデシュの 恵 まれない 子 どもたちの 将 来 の 希 望 を 生 み 出 すことであるということを 会 員 の 皆 様 と 再 度 共 有 し ACEF/BDPの 向 こう にいる 子 どもたち 一 人 ひとりを 覚 え 祈 りながら 今 後 も 運 動 を 続 けて 行 きます 33

35 ACEF 手 工 芸 品 販 売 2014 年 度 売 上 トップ 10 1 ベンガルティーセット\300 1.ベンガルティーセット 446 袋 2. 象 マスコット(BDP) 280 個 3. 羊 マスコット 246 個 4. 刺 繍 しおり 象 (BDP) 218 枚 5.クリスマス 刺 繍 オーナメント(BDP) 201 個 6.クリスマス 麦 わらカード 198 枚 7. 象 型 ポシェット(BDP) 191 個 8.クリスマス 刺 繍 コースター(BDP) 153 枚 2 象 マスコット\250 9.クリスマス 刺 繍 カード ツリー(BDP) 131 枚 10.ジュートほうき 125 本 5 クリスマス 刺 繍 オーナメント\350 6 クリスマス 麦 わらカード\250 3 羊 マスコット\300 4 刺 繍 しおり 象 \250 7 象 型 ポシェット\500 8 クリスマス 刺 繍 コースター\300 9 クリスマス 刺 繍 カード ツリー\250 8 ジュートほうき\500 34

36 2015 年 度 年 間 スケジュール( 案 ) 4 月 11 日 ( 土 ) 14:00~16:00 定 例 理 事 会 評 議 員 会 (2015 年 度 第 1 回 ) 4 月 18 日 ( 土 ) 13:30~ 第 47 回 ACEFセミナー (キリスト 教 ) 共 に 働 く 講 師 吉 岡 康 子 牧 師 ( 日 本 基 督 教 団 吉 祥 寺 教 会 牧 師 青 山 学 院 女 子 短 期 大 学 宗 教 主 任 ) 5 月 10 日 ( 日 ) ACEF 年 次 総 会 (15:30~17:30) 愛 餐 会 (18:00~19:30) 5 月 25 日 ( 月 ) NPO 法 人 の 毎 年 の 書 類 提 出 完 了 ( 所 轄 官 庁 へ) 資 産 総 額 変 更 登 記 完 了 6 月 4 日 ( 木 ) 第 49 回 (2015 年 夏 )スタディツアー 申 し 込 み 締 め 切 り 6 月 10 日 ( 水 ) ACEF Communication 第 49 号 発 行 ( 予 定 ) 6 月 15 日 ( 月 ) 認 定 NPO 申 請 完 了 予 定 7 月 4 日 ( 土 ) 14:00 定 例 理 事 会 評 議 員 会 (2015 年 度 第 2 回 ) 7 月 11 日 ( 土 )~ 12 日 ( 日 ) 第 49 回 スタディツアー 準 備 会 8 月 5 日 ( 水 )~ 19 日 ( 水 ) 第 49 回 スタディツアー 9 月 5 日 ( 土 ) 14:00 定 例 理 事 会 (2015 年 度 第 1 回 ) 10 月 3 日 ( 土 )~ 4 日 ( 日 ) グローバルフェスタ 出 展 10 月 10 日 ( 土 ) 14:00 第 48 回 ACEFセミナー (テーマ: 教 育 ) 講 師 西 村 幹 子 氏 ( 国 際 基 督 教 大 学 准 教 授 ) 11 月 10 日 ( 火 ) ACEF Communication 第 50 号 発 行 ( 予 定 ) クリスマス 献 金 お 願 い 発 送 11 月 14 日 ( 土 ) 14:00 定 例 理 事 会 評 議 員 会 (2015 度 第 3 回 ) 1 月 中 旬? 第 50 回 (2016 年 春 )スタディツアー 申 し 込 み 締 切 ( 予 定 ) 2 月 6 日 ( 土 ) 14:00 定 例 理 事 会 (2015 度 第 2 回 ) 2 月 日 ( )~ 日 ( ) 第 50 回 スタディツアー 準 備 会 ( 予 定 ) 3 月 第 50 回 スタディツアー 実 施 ( 予 定 ) =============== 4 月 9 日 ( 土 ) 14:00 定 例 理 事 会 評 議 員 会 (2016 年 度 1 回 ) 35

37 2015 年 度 活 動 予 算 書 案 ( 単 位 : 円 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 自 2015 年 4 月 1 日 至 2016 年 3 月 31 日 2014 年 度 予 算 2014 年 度 決 算 2014 予 算 比 2015 年 度 予 算 案 2014 予 算 比 経 常 収 益 受 取 会 費 社 員 会 員 受 取 会 費 500, , % 750, % 社 員 会 員 64 名 一 般 会 員 受 取 会 費 7,500,000 7,159,000 95% 10,000, % 2015 年 3 月 末 現 在 1,358 名 団 体 会 員 27 団 体 受 取 寄 付 金 受 取 寄 付 金 25,000,000 15,706,818 63% 18,500,000 74% 校 舎 建 設 寄 付 0 3,919,020 0 緊 急 募 金 4,577,441 2,500,000 事 業 収 益 理 解 参 加 促 進 事 業 1,500,000 1,997, % 2,000, % スタディツアー セミナー 普 及 啓 発 事 業 2,000,000 1,904,002 95% 2,000, % バザー 売 上 その 他 収 益 受 取 利 息 2,000 5, % 3, % 為 替 差 益 19,054 雑 収 益 20, , % 200, % ST 報 告 書 印 刷 機 使 用 料 アマゾン 紹 介 料 経 常 収 益 計 36,522,000 35,973,342 98% 35,953,000 98% 経 常 費 用 事 業 費 ( 人 件 費 ) 給 料 手 当 ( 事 業 ) 6,470,000 6,412,500 99% 3,210,000 50% アルバイト 給 料 ( 事 業 ) 700, ,776 92% 670,000 96% 週 2 日 退 職 給 付 費 用 ( 事 業 ) 514, , % 321,000 62% 通 勤 費 ( 事 業 ) 293, ,660 99% 310, % 法 定 福 利 費 ( 事 業 ) 1,300,000 1,369, % 1,400, % 社 会 保 険 料 人 件 費 計 9,277,000 9,232, % 5,911,640 64% (その 他 経 費 ) 売 上 原 価 500, ,623 84% 400,000 80% 仕 入 れ 代 資 金 協 力 (BDP 送 金 ) 22,450,000 21,608,213 96% 24,456, % 14 年 度 と 同 じ 予 算 $213,800-$10,000 緊 急 募 金 によるBDP 送 金 4,577,441 2,500,000 研 修 費 (BDP 招 聘 ) 800, ,880 73% 0 0% $=120で 計 算 (2014 年 度 は$=105) バザー 経 費 200, ,537 69% 150,000 75% ク ローハ ルフェスタ 含 む 印 刷 製 本 費 ( 事 業 ) 600, ,279 81% 500,000 83% 会 議 費 ( 事 業 ) 60,000 75, % 70, % セミナー リユニオン スタディツアー 費 1,300,000 1,575, % 1,600, % 準 備 会 滞 在 費 経 費 旅 費 交 通 費 ( 事 業 ) 30,000 10,722 36% 30, % 出 張 交 通 費 通 信 運 搬 費 ( 事 業 ) 800, , % 800, % 電 話 郵 便 宅 急 便 消 耗 品 費 ( 事 業 ) 50,000 29,955 60% 25,000 50% 事 業 事 務 用 品 事 務 所 家 賃 ( 事 業 ) 1,050,000 1,367, % 1,680, % \140,000/ 月 諸 会 費 ( 事 業 ) 50,000 50, % 50, % JANIC 会 費 支 払 手 数 料 ( 事 業 ) 200, , % 200, % 為 替 差 損 1,980 雑 費 ( 事 業 ) 30,000 30, % 30, % その 他 経 費 計 28,120,000 32,046, % 32,491, % 事 業 費 計 37,397,000 41,278, % 38,402, % 管 理 費 ( 人 件 費 ) 給 料 手 当 2,130,000 2,028,280 95% 1,020,000 48% 退 職 給 付 費 用 163, , % 102,000 63% 通 勤 費 90,000 88,010 98% 90, % 法 定 福 利 費 11,730 福 利 厚 生 費 20,000 18,076 90% 20, % 社 会 保 険 協 会 会 費 健 診 費 人 件 費 計 2,403,000 2,285,636 95% 1,232,000 51% (その 他 経 費 ) 印 刷 製 本 費 50,000 32,400 65% 40,000 80% 印 刷 機 保 守 料 会 議 費 40,000 20,798 52% 20,000 50% 総 会 理 事 会 評 議 員 会 旅 費 交 通 費 2,000 7, % 7, % 法 務 局 税 務 署 年 金 事 務 所 通 信 運 搬 費 31,500 37, % 38, % PCサポート 代 消 耗 品 費 10,000 27, % 25, % 管 理 事 務 用 品 水 道 光 熱 費 57, ,000 水 道 代 電 気 代 ガス 代 事 務 所 家 賃 580, ,415 67% 240,000 41% 管 理 費 \20,000/ 月 新 聞 図 書 費 2, % 2, % 諸 会 費 25,000 34, % 30,000 日 本 ファント レイシ ンク 会 費 120% クレシ ット 会 費 慶 弔 費 5, % 5, % リース 料 430, , % 590,000 複 合 機 \36,720/ 月 137% ファイアウォール\12,600/ 月 租 税 公 課 1,200 2, % 3, % 収 入 印 紙 等 支 払 手 数 料 0 2,290 6,000 家 賃 振 込 手 数 料 管 理 諸 費 10,000 10,000 税 理 士 相 談 費 雑 費 10,000 11, % 10, % その 他 経 費 計 1,186,700 1,246, % 1,286, % 管 理 費 計 3,589,700 3,531,850 98% 2,518,000 70% 経 常 費 用 計 40,986,700 44,810, % 40,920, % 当 期 経 常 増 減 額 4,464,700 8,837, % 4,967, % 経 常 外 収 益 経 常 外 収 益 計 経 常 外 費 用 引 越 費 402,460 経 常 外 費 用 計 402,460 税 引 前 当 期 正 味 財 産 増 減 額 4,464,700 9,239, % 4,967, % 経 理 区 分 振 替 額 当 期 正 味 財 産 増 減 額 4,464,700 9,239, % 4,967, % 前 期 繰 越 正 味 財 産 額 20,351,883 20,351, % 11,112,206 55% 次 期 繰 越 正 味 財 産 額 15,887,183 11,112,206 70% 6,144,566 39% 36

38 みなさま ご 協 力 ください もし アマゾンでお 買 い 物 をすることがあれば ぜひ ACEF のウェブサイト のトップページにある amazon のバナーをクリックしてください ひと 手 間 かもしれませんが ACEF のサイトを お 気 に 入 り に 入 れていただ き いつも ACEF のサイトからアマゾンに 入 るようにすればそれだけで OK です いつものようにお 買 い 物 をしていただければ アマゾンより ACEF に 紹 介 料 が 支 払 われます お 買 い 物 をされた 方 にご 負 担 はかかりません 現 在 ACEF を 通 してお 買 い 物 をされた 実 績 は ひと 月 平 均 150 点 くらいで 約 1 万 円 前 後 の 紹 介 料 をいただいています 感 謝 して 報 告 いたします 特 定 非 営 利 活 動 法 人 アジアキリスト 教 教 育 基 金 (ACEF) 東 京 都 新 宿 区 喜 久 井 町 4-1 新 宿 支 部 印 刷 会 館 ビル4F TEL&FAX:

39

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E937892CA8FED918D89EF>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E937892CA8FED918D89EF> 平 成 25 年 度 通 常 総 会 議 案 日 時 : 平 成 25 年 4 月 26 日 ( 金 ) 15 時 00 分 場 所 : 宮 崎 建 友 会 館 大 会 議 室 宮 崎 地 区 建 設 業 協 会 総 会 次 第 1. 開 会 のことば 2. 会 長 あいさつ 3. 議 案 審 議 第 1 号 議 案 平 成 24 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 決 算 承 認 の 件 第

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

2008年度 事業活動報告

2008年度 事業活動報告 2008 2008 年 度 事 業 活 動 報 告 2008 年 度 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 ハビタット 協 会 は 9 人 の 新 理 事 と 会 長 副 会 長 専 務 理 事 事 務 局 長 が 選 任 され 新 体 制 が 発 足 しました 新 体 制 のもと 力 を 注 いだのは 国 連 ハビタットとの 協 力 の 活 性 化 と 募 金 事 業 です 海 外 協 力

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

6 月 15 日 第 6 回 評 議 員 会 開 催 14:30~15:30 於 : 学 士 会 館 評 議 員 現 在 数 15 名 定 足 数 8 名 出 席 者 13 名 で 成 立 出 席 者 生 田 正 治 井 口 洋 夫 上 島 重 二 江 河 利 幸 大 國 昌 彦 大 坪 孝 雄 金

6 月 15 日 第 6 回 評 議 員 会 開 催 14:30~15:30 於 : 学 士 会 館 評 議 員 現 在 数 15 名 定 足 数 8 名 出 席 者 13 名 で 成 立 出 席 者 生 田 正 治 井 口 洋 夫 上 島 重 二 江 河 利 幸 大 國 昌 彦 大 坪 孝 雄 金 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 事 業 状 況 報 告 書 平 成 24 年 (2012 年 )4 月 1 日 から 平 成 25 年 (2013 年 )3 月 31 日 まで 平 成 24 年 (2012 年 ) 4 月 2 日 平 成 25 年 (2013 年 )1 月 ~ 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 の 間 に 開 催 の セミナー 募 集 応 募 要 項 書

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

5 月 27 日 第 58 回 藤 原 セミナー 開 催 ~30 日 セミナー 名 世 界 ネットワークによる 重 力 波 の 観 測 組 織 責 任 者 東 京 大 学 宇 宙 線 研 究 所 黒 田 和 明 教 授 開 催 期 間 5 月 27 日 ~5 月 30 日 (4 日 間 ) 開 催

5 月 27 日 第 58 回 藤 原 セミナー 開 催 ~30 日 セミナー 名 世 界 ネットワークによる 重 力 波 の 観 測 組 織 責 任 者 東 京 大 学 宇 宙 線 研 究 所 黒 田 和 明 教 授 開 催 期 間 5 月 27 日 ~5 月 30 日 (4 日 間 ) 開 催 平 成 21 年 度 (2009 年 度 ) 事 業 状 況 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )4 月 1 日 から 平 成 22 年 (2010 年 )1 月 3 日 まで 平 成 21 年 (2009 年 ) 4 月 1 日 平 成 22 年 (2010 年 )1 月 から 平 成 23 年 (2011 年 )12 月 の 間 に 開 催 の 藤 原 セミナー の 募 集 開 始

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

公益財団法人ひょうご産業活性化センター

公益財団法人ひょうご産業活性化センター 法 人 県 民 超 過 課 税 を 活 用 した 補 助 金 交 付 事 業 今 女 性 がイノベーションを 起 こし 経 済 を 活 性 化 させる 力 となることが 期 待 されて います 自 分 のアイデアや 経 験 を 活 かすため 女 性 が 日 々 暮 らしている 生 活 環 境 と 両 立 するビジネスライフを 実 現 するため 起 業 という 選 択 肢 にチャレンジしませんか 女

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86> E nding No te エンディングノート 目 次 - 私 のこと 生 年 月 日 血 液 型 本 籍 地 電 話 携 帯 電 話 メールアト レス 好 きな 食 べ 物 趣 味 好 きなこと 好 きな 場 所 等 ------------------------------- 4 これからしたいこと 行 きたいところ アレルキ ー 病 歴 等 通 院 先 常 用 薬 等 ---------------------------------------

More information

1 個人研究費計画

1 個人研究費計画 公 的 研 究 費 の 使 用 について 2015 年 4 月 公 立 大 学 法 人 青 森 公 立 大 学 は じ め に 公 的 研 究 費 ( 個 人 研 究 費 を 含 む)とは 国 又 は 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 などの 公 的 機 関 から 特 定 の 研 究 を 遂 行 するために 配 分 される 研 究 活 動 を 進 める 上 で 欠 くことので

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して 4 就 小 校 1 入 までの 主 な 流 れ 入 する 前 年 の10 月 中 旬 から11 月 下 旬 に 就 時 健 康 診 断 を 受 けます ( 住 民 票 の 住 所 に 案 内 が 送 付 されます ) 入 する 年 の1 月 下 旬 に 入 通 知 書 が 住 民 票 の 住 所 に 送 られます ま た 2 月 に 各 小 校 で 入 説 明 会 が 行 われます 案 内 は 住

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 平 成 28 年 4 月 12 日 中 央 区 教 育 委 員 会 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会

More information

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度)

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 平 成 26 事 業 年 度 目 次 1.ごあいさつ 1 2. 熊 本 大 学 の 財 政 状 態 2 3. 熊 本 大 学 の 運 営 状 況 4 4. 附 属 病 院 の 運 営 状 況 7 5. 熊 本 大 学 の 財 務 諸 表 9 6. 国 立 大 学 法 人 の 会 計 処 理 16 7. 用 語 解 説 19 熊 本 大 学 を 支 えてくださる

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日

More information

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議 平 成 26 年 度 第 2 回 日 本 臨 床 工 学 技 士 連 盟 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 1 月 25 日 ( 日 ) 13:00 ~ 15:00 場 所 : 新 宿 農 協 会 館 8F 中 会 議 室 理 事 出 席 者 : 上 野 関 川 小 林 ( 剛 ) 山 下 高 橋 長 尾 山 崎 肥 田 門 田 髙 山 山 田 小 峠 事 理 欠 席 者 : 高 橋 三 井

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」 **************************** * * * 定 * * * * * * * **************************** 款 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

高校・大学

高校・大学 平 成 29 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 予 約 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 高 等 課 程 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒 に 対

More information

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群 平 成 26 年 度 版 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )( 厳 守 ) 第 2 期 分 掲 示 及 び 本 学 ホームページにてお 知 らせします (8 月 上 旬 頃 ) 申 請 場 所 : 対 応 支 援 室 学 生 支 援 教 務 へ 持 参 してください 1 平 成 26 年

More information

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交 補 助 金 事 務 の 手 引 き ( 補 助 金 を 申 請 する 団 体 等 の 皆 さんへ) 平 成 27 年 4 月 藤 岡 市 目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~ 

レデンプトリスチン修道会・第三会『贖い主信徒の会』会報 ~夏~  聖 母 マリアの 栄 光 * 注 レデンプトール 会 の 創 立 者 聖 アルフォンソが 残 した 数 多 くの 書 物 の 中 で 聖 母 マリアの 栄 光 は 代 表 的 な 書 物 の 一 つです 聖 アルフォンソほど 聖 母 マリアを 告 げ 知 らせ すべての 人 にその 栄 光 を 伝 えた 聖 人 は いないのではないでしょうか それは 彼 が 聖 母 マリアを 通 して 自 らの 罪

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

五 十 嵐 治 孝 ( 五 十 嵐 段 ボー ル 若 い 人 材 の 確 保 が 必 要 3 岡 沢 議 員 美 浦 村 で 企 業 活 動 を 展 開 していく ある いは 新 しい 企 業 の 進 出 といった 観 点 で 本 村 のメリット ディメリットは? 末 岡 英 二 ( 東 洋 建 設

五 十 嵐 治 孝 ( 五 十 嵐 段 ボー ル 若 い 人 材 の 確 保 が 必 要 3 岡 沢 議 員 美 浦 村 で 企 業 活 動 を 展 開 していく ある いは 新 しい 企 業 の 進 出 といった 観 点 で 本 村 のメリット ディメリットは? 末 岡 英 二 ( 東 洋 建 設 1 下 村 議 長 消 費 税 増 税 円 安 の 進 行 を 受 けての 各 社 の 影 響 は? 議 会 に 対 しての 要 望 は? ( 円 安 で) 原 材 料 と 資 材 の 一 部 が 値 上 がりしてい るが 従 来 の 製 品 については 販 売 価 格 を 一 切 上 げら れない どのように 対 処 するかというと 新 製 品 あ るいは 既 存 の 製 品 のリニューアルやモデルチェンジ

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206)

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206) 政 務 活 動 費 の 事 務 処 理 マニュアル 平 成 25 年 3 月 岩 手 県 議 会 ~ は じ め に ~ 岩 手 県 議 会 では 地 方 議 員 の 調 査 活 動 基 盤 を 充 実 させ その 審 議 能 力 を 強 化 させるとともに 併 せて その 使 途 の 透 明 性 を 確 保 する という 地 方 自 治 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 平 成 13 年 3 月 に

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3238944E9378208E968BC68C7689E68F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3238944E9378208E968BC68C7689E68F91> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 平 成 28 年 3 月 1 日 平 成 28 年 度 事 業 計 画 概 要 [Ⅰ] 公 益 目 的 事 業 1. 青 少 年 交 流 教 育 交 流 事 業 : 総 合 交 流 部 日 本 政 府 は 平 成 27 年 度 補 正 予 算 により 日 中 植 林 植 樹 国 際 連 帯 事 業 を 実 施

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

平成23年度

平成23年度 平 成 24 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 ( 二 次 募 集 ) 公 募 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 9 日 ( 火 ) 相 談 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 3 日 ( 水 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 24 年 10 月 4 日 ( 木

More information

日 程 平 成 26 年 4 月 20 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,500 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 前 庭 園 東 屋 開 催 の 趣 旨 毎 年 好 評 を 得 ている 茶 会 清 明 茶 会 も 8

日 程 平 成 26 年 4 月 20 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,500 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 前 庭 園 東 屋 開 催 の 趣 旨 毎 年 好 評 を 得 ている 茶 会 清 明 茶 会 も 8 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1.26 年 度 事 業 実 施 の 方 針 昨 年 は 当 館 の 社 会 に 対 する 真 摯 な 貢 献 度 が 評 価 され 公 益 財 団 法 人 の 認 可 をいただきました そしてまた 一 つ 夢 でもあった 勝 山 市 との 連 携 を 結 ぶ 大 きな 坂 も 乗 り 越 え 今 年 4 月 1 日 より 発 足 の 運 びとなります 今

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

日本育英会

日本育英会 2016 年 度 奨 学 金 ガイドブック 目 次 学 内 奨 学 金 P. 1 ( 上 野 奨 学 金 富 士 通 育 英 基 金 奨 学 金 立 石 信 雄 外 国 人 留 学 生 奨 学 金 奨 学 留 学 制 度 後 援 会 奨 学 金 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 P. 4 地 方 公 共 団 体 民 間 団 体 等 の 奨 学 金 P. 7 掲 示 連 絡 について 学

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 日 本 口 腔 ケア 学 会 会 員 の 皆 さまへ 医 療 従 事 者 看 護 職 向 け 保 険 制 度 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 を 行 うにあたり 事 故 が 発 生 した 場 合 に その 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 法 律 上 の を 負 担 することによって 被 る 損 害 を 補 償

More information

市長挨拶

市長挨拶 第 63 回 北 見 市 行 政 評 価 委 員 会 会 議 録 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 27 年 2 月 25 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 2 時 45 分 北 見 市 役 所 北 2 条 仮 庁 舎 3 階 庁 議 室 行 政 評 価 委 員 : 矢 萩 委 員 長 上 野 副 委 員 長 松 浦 委 員 渡 邊 委 員 事 務 局 : 我 妻 企

More information

第 6 条 この 法 人 の 資 産 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 会 長 がこれを 管 理 する ( 事 業 年 度 ) 第 7 条 この 法 人 の 事 業 年 度 は 毎 年 4 月 1 日 に 始 まり 翌 年 3 月 31 日 に 終 わる ( 事 業 計 画 及 び 収 支 予

第 6 条 この 法 人 の 資 産 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 会 長 がこれを 管 理 する ( 事 業 年 度 ) 第 7 条 この 法 人 の 事 業 年 度 は 毎 年 4 月 1 日 に 始 まり 翌 年 3 月 31 日 に 終 わる ( 事 業 計 画 及 び 収 支 予 一 般 財 団 法 人 公 会 計 研 究 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 公 会 計 研 究 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 公 会 計

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 ( 質 問 と 答 弁 を 並 べ 替 えて 分 かりやすくした 今 回 は 時 間 がたりず 実 質 再 質 問 は 無 し) 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information