図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合"

Transcription

1 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 と 資 産 運 用 上 の 課 題 1 年 金 研 究 センター 主 任 研 究 員 藤 林 宏 1. キャッシュバランス 型 年 金 とは 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 より 施 行 され ました 同 法 の 施 行 によって 従 来 は 導 入 が 不 可 能 と 見 られていたキャッシュバランス 型 年 金 の 導 入 が 正 式 に 認 められることになりました キャッシュバランス 型 年 金 は ハイブリッド 型 年 金 の 一 種 です ハイブリッド 型 年 金 というのは 確 定 給 付 型 年 金 と 確 定 拠 出 型 年 金 の 双 方 の 特 性 を 有 する 年 金 制 度 で 米 国 ではキャッシュバランス 型 年 金 の 他 ターゲット ベネフィット プランやフロ ア オフセット プラン 等 の 幾 つかの 類 型 がありま す キャッシュバランス 型 年 金 制 度 は その 中 でも 確 定 給 付 的 な 色 彩 の 強 い 制 度 といえ 米 国 の 大 手 企 業 を 中 心 に 近 年 導 入 する 企 業 が 増 加 傾 向 に あるため 注 目 を 集 めています キャッシュバランス 型 年 金 は 各 加 入 者 毎 にそ れぞれの 勤 続 年 数 等 に 応 じて 一 定 の 金 額 ( 拠 出 付 与 額 )を 仮 想 的 に 積 立 てていき その 積 立 残 高 に 対 して 一 定 の 利 率 を 基 準 金 利 ( 利 息 付 与 額 )とし て 付 利 していくことによって 各 加 入 者 の 給 付 額 を 算 定 する 制 度 です その 際 基 準 金 利 については その 時 点 における 金 利 情 勢 等 を 反 映 した 国 債 利 率 等 に 基 づいて 決 定 されます このようなキャッシュバランス 型 年 金 は 既 存 の 確 定 給 付 型 年 金 や 確 定 拠 出 型 年 金 と 比 べて ど のような 点 で 類 似 し どのような 点 で 異 なっている のでしょうか キャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 各 人 毎 の 給 付 額 が 個 別 管 理 されており かつ 基 準 金 利 に 一 定 の 経 済 状 況 を 反 映 させることができ る 点 では 一 見 確 定 拠 出 型 年 金 のような 体 裁 を 有 しています しかし 将 来 の 給 付 額 を 予 め 決 め られた 方 法 で 算 定 し それに 向 けた 掛 金 拠 出 と 運 用 を 行 っていくという 意 味 において 本 質 的 には 確 定 給 付 型 年 金 制 度 といえます ただし 通 常 の 確 定 給 付 型 年 金 制 度 では 将 来 の 給 付 額 は 固 定 されており その 水 準 の 変 更 が 最 初 から 予 定 されていることはないのが 普 通 ですが キャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 は 基 準 金 利 の 変 動 を 通 して いわば 自 動 的 に 給 付 水 準 の 調 整 が 図 られるメカニズムが 組 み 込 まれている 点 が 従 来 の 確 定 給 付 型 年 金 制 度 にない 大 きな 特 徴 という ことができましょう しかしながら 将 来 時 点 に 一 定 の 方 法 に 基 づく 給 付 を 約 束 してその 給 付 債 務 に 対 して 事 前 積 立 を 行 うという 確 定 給 付 型 年 金 の 本 質 は 何 ら 変 わりませんので 事 前 積 立 の 前 提 とな る 目 標 収 益 率 として 年 金 財 政 上 の 予 定 利 率 を 念 頭 に 置 く 必 要 があります (ただし 予 定 利 率 と 基 準 金 利 とは 必 ずしも 一 致 しません ) キャッシュバランス 型 のもう 一 つの 特 徴 は 勤 続 年 数 に 応 じた 給 付 設 計 について 従 来 の 確 定 給 付 型 年 金 のように 勤 続 期 間 に 応 じて 大 きな 格 差 を 付 けにくいという 性 質 を 有 している 点 です たと えば 従 来 の 確 定 給 付 型 年 金 の 典 型 的 な 例 として 1

2 図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合 長 期 勤 続 のインセンティブを 付 与 するた めに 給 付 カーブが 図 1のように S 字 型 をとる 場 合 が 少 なくありません これに 対 して キャッシュ バ ランス 型 年 金 の 場 合 は 拠 出 付 与 額 の 設 計 の 仕 方 によって 調 整 できる 余 地 はあるものの 基 本 的 に は 拠 出 付 与 額 と 利 息 付 与 額 ( 基 準 金 利 )の 元 利 合 計 方 式 で 給 付 額 が 算 定 されるため 給 付 カーブは 図 1に 示 されるようによりなだらかなものになります その 結 果 定 年 時 における 最 終 的 な 給 付 水 準 に ついては 同 じ 水 準 でも それ 以 前 の 年 齢 層 につ いては 若 干 の 得 失 が 発 生 します ( 大 手 米 社 に おけるキャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 に 際 し 一 部 の 中 高 年 社 員 が 導 入 に 反 対 した 背 景 もこ の 点 にあります ) しかしながら 一 方 でキャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 が 拡 大 してきた 背 景 には 各 加 入 者 の 持 ち 分 が 明 確 に 把 握 できるという 制 度 の 明 瞭 性 と 後 述 するような 金 利 変 動 に 対 する 年 金 債 務 のリス ク 軽 減 効 果 があるものと 見 られます したがって 今 後 わが 国 の 企 業 年 金 制 度 においても 有 力 な 選 択 肢 の 一 つという 位 置 付 けを 占 めると 見 てよい でしょう 2. キャッシュバランス 型 年 金 の 運 用 (1) 年 金 債 務 の 特 性 キャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 上 述 したよう に 給 付 額 が 将 来 の 金 利 情 勢 によって 変 動 します つまり 将 来 の 金 利 が 上 昇 ( 低 下 )すると 基 準 金 利 の 変 動 を 通 じて 給 付 水 準 が 増 加 ( 減 少 )すること になります 確 定 給 付 型 年 金 の 場 合 は 将 来 の 金 利 水 準 に 関 わりなく 一 定 の 給 付 を 約 束 しているの で キャッシュバランス 型 年 金 の 方 が 将 来 の 給 付 額 の 不 確 実 性 は 高 いといえましょう ところで 年 金 債 務 を 認 識 する 場 合 将 来 の 給 付 額 を 現 在 価 値 に 割 り 引 くというプロセスが 存 在 し ます 一 般 に 確 定 給 付 型 年 金 の 場 合 割 引 率 と して 使 用 される 金 利 の 水 準 によって 年 金 債 務 の 評 価 額 は 大 きく 変 動 します すなわち 図 2に 示 す ように 割 引 率 が 低 下 ( 上 昇 )すると 年 金 債 務 額 が 増 加 ( 減 少 )するという 関 係 が 成 立 します そし て 割 引 率 に 対 する 感 応 度 は 債 務 のデュレーシ ョンが 長 いほど 高 くなる 傾 向 にあります 2 わが 国 の 企 業 年 金 制 度 における 年 金 債 務 のデュレーション は 通 常 10 年 以 上 の 長 期 にわたると 推 定 されるこ とから ( 確 定 給 付 型 年 金 における) 年 金 債 務 の 金 利 変 動 リスクは 非 常 に 高 いものと 考 えられます (2) 金 利 変 動 リスクと 年 金 財 政 ところが キャッシュバランス 型 年 金 を 導 入 した 場 合 金 利 変 動 に 起 因 する 効 果 は 1 基 準 金 利 の 変 動 を 通 じて 将 来 の 給 付 水 準 に 与 える 効 果 と 2 割 引 率 の 変 動 を 通 じて 年 金 債 務 の 評 価 額 に 与 2 この 議 論 については 住 信 年 金 ジャーナル: 年 金 研 究 セ ンターシリーズ 第 1 号 (2001.5) 所 収 の 研 究 ノート バラン スシート 型 ALM モデルによるアセット ミックス 策 定 につい て および 住 信 年 金 ジャーナル: 年 金 研 究 センターシリー ズ 第 2 号 (2002.6) 所 収 の 時 事 トピック 退 職 給 付 会 計 にお ける 割 引 評 価 をご 参 照 ください なお 本 稿 の 議 論 におい ては 割 引 率 として 債 務 評 価 時 点 における 長 期 金 利 ( 国 債 利 回 り 等 )を 想 定 しています 2

3 図 3 年 金 債 務 の 変 動 リスクの 比 較 水 準 における 実 効 デュレーションを 推 計 すると 約 年 となり 4 確 定 給 付 の 場 合 のデュレーションで ある15 年 を 大 幅 に 下 回 ります 以 上 の 結 果 から 明 らかなように キャッシュバラ % 3% 4% ンス 型 年 金 の 場 合 の 方 が 金 利 の 変 動 に 伴 う 債 務 の 変 動 がかなり 小 さくなるのがわかります すなわ 確 定 給 付 型 年 金 キャッシュバランス 型 年 金 ち 金 利 変 動 による 年 金 債 務 変 動 リスクが 確 定 給 える 効 果 の2 種 類 があることになります そして こ れらの 効 果 は 互 いに 相 殺 する 方 向 に 働 きますの で 結 局 キャッシュバランス 型 年 金 では 金 利 に 伴 う 債 務 変 動 リスクが 小 さくなるものと 推 定 されま す たとえば 金 利 が 上 昇 すると 将 来 の 給 付 水 準 が 上 昇 するので 債 務 増 加 要 因 となりますが 一 方 で 割 引 率 の 上 昇 を 通 じて 債 務 評 価 額 の 減 少 要 因 が 働 くことになります 言 い 換 えるならば キ ャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 年 金 債 務 の 実 効 デュレーションが 確 定 給 付 型 年 金 の 場 合 に 比 べて 短 期 化 されるということです この 関 係 を 簡 単 な 数 値 例 で 示 すことが 可 能 です まず 比 較 のため 15 年 後 に 発 生 する200 単 位 の 確 定 給 付 を それぞれ2% 3% 4%の3 通 りの 割 引 率 で 評 価 した 結 果 が 図 3の 左 側 のグラフです デュレーションが15 年 と 長 いため 割 引 率 の 変 動 に 対 して 年 金 債 務 がかなり 大 きく 変 化 するのがわ かります 次 に キャッシュバランス 型 年 金 の 単 純 な 例 とし て 初 期 残 高 を62として 毎 年 5.5 単 位 ずつ 拠 出 付 与 額 を 積 み 立 てていき 15 年 後 に 給 付 が 発 生 する 場 合 を 想 定 します また 基 準 金 利 と 割 引 率 は 同 一 として それぞれ2% 3% 4%の3 通 りとします 3 付 型 年 金 よりも 小 さくなるという 性 質 を 持 っていると いうことです 3. 運 用 方 針 とアセット アロケーション 策 定 以 上 のようなキャッシュバランス 型 年 金 における 年 金 債 務 の 性 質 を 踏 まえた 場 合 年 金 運 用 政 策 と してはどのような 方 向 性 が 望 ましいのでしょうか ここでは 年 金 債 務 の 変 動 を 考 慮 に 入 れた 資 産 配 分 戦 略 である サープラス フレームワーク を 利 用 して キャッシュバランス 型 年 金 におけるアセッ ト アロケーションを 検 討 してみます 5 まず 金 利 変 動 に 対 する 年 金 債 務 のリスク 特 性 を 把 握 する 必 要 があります ここでは 先 に 示 した 数 値 例 に 基 づいて 当 該 キャッシュバランス 制 度 の 実 効 デュレーションを3.5 年 とします 6 期 待 収 益 率 (サープラスのリターン) 図 4 サープラス フレームワークによる 効 率 的 フロンティアの 比 較 6% 5% 4% 確 定 給 付 型 年 金 キャッシュバランス 型 年 金 では 年 金 債 務 のデュ キャッシュバランス 型 年 金 3% レーションが 短 期 化 するた 短 期 資 産 等 めサープラス リスクが 減 2% 国 内 債 券 1% 国 内 株 式 外 貨 建 債 券 0% 外 貨 建 株 式 0% 2% 4% 6% 8% 10% 12% 14% 16% 18% -1% -2% -3% -4% 標 準 偏 差 (サーフ ラスの 変 動 ) このとき 各 々の 金 利 水 準 について 給 付 の 現 在 価 値 ( 年 金 債 務 )を 計 算 してみると 図 3の 右 側 の グラフが 得 られます この 例 において 金 利 の 変 化 に 対 する 債 務 額 の 変 動 の 度 合 いから3%の 金 利 実 効 デュレーションは 金 利 水 準 や 将 来 の 拠 出 付 与 額 の 相 対 的 な 大 きさによって 変 化 します 5 サープラス フレームワークについても 住 信 年 金 ジャ ーナル: 年 金 研 究 センターシリーズ 第 1 号 (2001.5) 所 収 の 研 究 ノート バランスシート 型 ALM モデルによるアセッ ト ミックス 策 定 について をご 参 照 ください 6 金 利 感 応 度 を 表 す 実 効 デュレーションの 大 きさは 基 準 金 利 の 大 きさや 制 度 の 持 つ 負 債 構 造 ( 将 来 の 退 職 状 況 の 見 込 み) 等 によって 異 なります 3

4 図 5 資 産 構 成 比 の 比 較 100% < 確 定 給 付 型 年 金 > 100% <キャッシュバランス 型 年 金 > 90% 90% 80% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 70% 60% 50% 40% 30% 外 貨 建 株 式 外 貨 建 債 券 国 内 株 式 国 内 債 券 短 期 資 産 等 20% 20% 10% 10% 0% 0% 低 リスク 高 リスク 80 以 上 の 前 提 を 踏 まえて 最 適 化 を 行 った 結 果 を 示 したのが 図 4です キャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 デュレーションが 短 期 化 するために サー プラス リスクが 低 下 し 効 率 的 フロンティアがかな り 左 方 向 にシフトするのが 確 認 できます また 双 方 の 資 産 構 成 比 を 比 べてみますと( 図 5) ともに 低 リスク 水 準 ( 各 グラフの 左 側 の 部 分 ) では 国 内 債 券 が 大 部 分 を 占 め リスクの 増 加 に 伴 って リスク 資 産 である 内 外 株 式 が 増 加 するという 構 造 になっています これは 負 債 に 対 するヘッ ジ 効 果 に 差 はあるものの 年 金 債 務 との 相 関 の 高 い 債 券 を 多 く 組 入 れることでサープラス リスク 低 減 効 果 が 働 いていることに 起 因 するものと 解 釈 で きます いずれにせよ 双 方 の 差 異 はリスク 資 産 である 内 外 株 式 の 構 成 が 幾 分 異 なっている 点 の みであり 基 本 的 なアセット ミックスには 大 きく 影 響 を 与 えないようです 7 ただし サープラス リスク 7 低 リスク 高 リスク そのものは 図 4に 示 されるように 年 金 債 務 との デュレーション ギャップが 大 きい 確 定 給 付 型 年 金 の 場 合 の 方 が 相 当 程 度 大 きくなるものと 推 測 され ます 8 なお 時 間 の 経 過 とともに 金 利 水 準 や 将 来 の 拠 出 付 与 額 の 見 込 みが 変 わってくることに 伴 い 年 金 債 務 の 実 効 デュレーションも 変 化 していきます ので それに 対 応 して 債 務 を 継 続 的 に 認 識 しつつ 資 産 側 の 特 性 も 調 整 していくことが 必 要 となります このような 変 化 は 確 定 給 付 型 年 金 においても 生 じ る 問 題 ですが キャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 には 金 利 水 準 の 変 化 自 体 がデュレーションに 影 響 を 与 える 点 に 留 意 が 必 要 です 4. 制 度 運 営 実 務 上 の 課 題 (1) 基 準 金 利 の 決 定 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 大 きな 特 質 の 一 つに 基 準 金 利 という 制 度 設 計 上 の 要 因 が 運 用 環 境 や 投 資 方 針 に 大 きく 関 わっている 点 があげら 8 4

5 れます 確 定 給 付 型 年 金 の 場 合 は 給 付 水 準 の 決 定 に 運 用 環 境 に 関 する 要 素 は 入 ってきません そのため 一 義 的 には 年 金 財 政 上 の 予 定 利 率 を 上 回 る 運 用 成 果 を 目 標 に 運 用 方 針 を 組 み 立 てれ ば 給 付 水 準 の 維 持 には 問 題 が 生 じないはずで す しかし キャッシュバランス 型 年 金 の 場 合 は 基 準 金 利 の 決 定 方 法 によって 制 度 の 給 付 水 準 に 大 きな 影 響 が 及 ぶ 点 に 留 意 が 必 要 です 例 えば 基 準 金 利 を( 長 期 国 債 の 利 回 り 等 の) 長 期 金 利 に 基 づいて 決 定 する 場 合 確 かに 金 利 変 動 に 伴 う 年 金 債 務 の 変 動 リスクは 先 に 述 べたように 抑 制 される 傾 向 にあります ところが 長 期 金 利 の 推 移 次 第 で は たとえ 年 金 財 政 上 に 大 きな 問 題 は 生 じなくても 制 度 設 計 時 に 想 定 していた 目 標 給 付 水 準 が 確 保 できないという 可 能 性 も 出 てきます このことは 年 金 給 付 の 水 準 が 予 め 約 束 されて いないというキャッシュバランス 型 年 金 の 特 性 の 裏 返 しともいえます その 結 果 年 金 財 政 の 維 持 と 年 金 給 付 水 準 の 確 保 が 必 ずしも 両 立 しない 可 能 性 が 残 されるわけです また キャッシュバランス 年 金 制 度 では 先 に 述 べたように 確 定 給 付 型 年 金 に 比 べて 金 利 変 動 に 対 するリスクが 小 さいという 性 質 を 持 っています が このことは 裏 返 していえば 金 利 上 昇 時 に 得 られる 潜 在 的 な 年 金 債 務 圧 縮 効 果 が 小 さいという ことを 意 味 しています すなわち 将 来 仮 に 金 利 が 上 昇 した 場 合 に 確 定 給 付 型 年 金 ほど 年 金 債 務 が 減 少 しないことになります したがって 現 在 のように 金 利 水 準 が 極 めて 低 い 状 況 でキャッシュバランス 型 年 金 の 制 度 設 計 を 行 う 場 合 には こうした 点 を 考 慮 しつつ 基 準 金 利 の 決 定 方 法 について 慎 重 に 検 討 することが 必 要 と なりましょう (2) 財 政 運 営 上 の 留 意 点 一 方 年 金 財 政 運 営 の 観 点 から 見 た 場 合 従 来 の 確 定 給 付 型 年 金 と 同 様 予 定 利 率 の 達 成 が 重 要 になります 年 金 財 政 上 の 標 準 掛 金 は 予 定 利 率 に 見 合 ったリターンが 確 保 されるという 前 提 で 見 積 もられているわけですから 予 定 利 率 を 下 回 るリ ターンしか 確 保 できないと 年 金 財 政 上 の 積 立 不 足 が 発 生 することになります したがって リスクフリー レート 以 上 の 水 準 に 予 定 利 率 が 設 定 されている 場 合 その 水 準 に 見 合 っ たリスクを 負 担 することが 不 可 避 となります キャッ シュバランス 型 年 金 においても 債 務 変 動 リスクが 抑 制 されるからといって 年 金 運 用 にかかる 一 切 のリスク 負 担 が 不 要 になるとは 限 らないわけで 従 来 の 確 定 給 付 型 年 金 と 同 様 予 定 利 率 の 水 準 に 応 じて 何 らかのリスク 負 担 の 可 能 性 が 伴 うことに 留 意 が 必 要 です 一 方 で 財 政 運 営 上 は 基 準 金 利 の 改 定 に 伴 う 給 付 水 準 の 変 更 の 影 響 を 考 慮 しておく 必 要 があり ます 年 金 財 政 上 予 定 利 率 の 見 直 しは 数 年 毎 の 財 政 再 計 算 時 に 行 われますが 将 来 の 基 準 金 利 の 変 動 を 予 め 織 り 込 まないという 前 提 で 数 理 債 務 が 算 出 されている 場 合 各 年 毎 の 基 準 金 利 が 改 定 される 都 度 追 加 的 な 不 足 額 もしくは 剰 余 金 が 発 生 することになります 例 えば 基 準 金 利 が 引 き 上 げ( 引 き 下 げ)られると 将 来 の 給 付 水 準 が 増 加 ( 減 少 )するので 年 金 債 務 が 増 加 ( 減 少 )しますが 資 産 の 積 立 は 引 上 げ 前 ( 引 下 げ 前 )の 給 付 水 準 に 基 づいた 掛 金 によって 実 施 されているので その 分 が 不 足 ( 剰 余 )となります 無 論 先 に 検 討 したように 金 利 の 変 動 に 伴 っ て 割 引 率 も 変 化 しているわけですから 実 質 的 に は 退 職 給 付 債 務 の 変 動 はさほど 大 きくないと 推 定 されますが 年 金 財 政 上 の 標 準 掛 金 はこのような 後 発 的 な 過 不 足 を 織 り 込 まれずに 拠 出 されていま すので 過 去 の 積 立 分 に 生 ずる 過 不 足 の 発 生 は 回 避 できません これらの 過 不 足 は 基 準 金 利 の 意 図 せざる( 当 初 の 年 金 財 政 上 織 り 込 まれていない) 変 動 に 起 因 したものといえるわけで これをヘッジ するような 運 用 を 行 うことは 困 難 です したがって 5

6 年 金 財 政 上 の 他 の 基 礎 率 と 同 様 再 計 算 時 にお ける 見 直 しを 行 い 年 金 財 政 上 の 剰 余 不 足 と 認 識 してこれを 償 却 する 必 要 があります 長 期 的 な 年 金 財 政 を 検 討 する 際 は こうした 要 因 も 考 慮 に 入 れて 資 金 負 担 の 予 測 等 を 検 討 しておくことも 必 要 と 思 われます 5. まとめ キャッシュバランス 型 年 金 という 新 たな 年 金 制 度 を 導 入 した 場 合 まず 制 度 設 計 上 の 特 徴 として は 確 定 拠 出 型 年 金 と 同 様 に 加 入 者 個 人 の 給 付 残 高 が 拠 出 付 与 額 と 基 準 金 利 の 累 計 という 形 で 明 確 に 区 分 して 把 握 することが 可 能 となるため 年 金 受 給 権 が 明 確 に 把 握 しやすいという 点 があげられ ます さらに 給 付 額 が 累 計 計 算 に 基 づいて 算 定 されるため 勤 続 年 数 に 応 じて 給 付 水 準 に 大 きな 差 をつけることが 一 般 に 困 難 になる 傾 向 が 見 られ ます このことは 若 年 層 等 の 短 期 勤 続 者 に 有 利 に 働 くことになりますので 雇 用 流 動 化 に 即 した 制 度 設 計 が 可 能 になるという 面 もあります 一 方 運 用 面 については 年 金 債 務 の 変 動 リス ク 回 避 を 念 頭 に 置 くと 負 債 を 考 慮 したサープラ ス フレームワークの 観 点 を 踏 まえた 管 理 が 求 めら れますが その 際 退 職 給 付 会 計 の 債 務 認 識 に ついては 割 引 率 が 毎 年 変 更 されるので 基 準 金 利 による 給 付 水 準 の 変 更 と 割 引 率 の 変 化 が 相 殺 さ れ 年 金 債 務 自 体 の 金 利 変 動 リスクは 確 定 給 付 型 年 金 の 場 合 に 比 べてかなり 小 さくなると 考 えられま す その 結 果 年 金 債 務 との 連 動 性 が 高 い 債 券 投 資 を 軸 としたアセット ミックスによってサープラス リスクをある 程 度 ヘッジすることが 可 能 になると 考 えられます ただし ( 現 在 多 くの 基 金 がそうであ るように ) 年 金 財 政 上 の 予 定 利 率 が 割 引 率 の 水 準 (=リスクフリー レート) 以 上 に 設 定 されている 場 合 には 一 定 のリスク 負 担 を 伴 う 可 能 性 がなくな るわけではありません 先 に 示 した 簡 単 なシミュレ ーション 結 果 を 見 る 限 り アセット ミックスの 構 成 は 国 内 債 券 を 軸 としつつ 内 外 株 式 を 加 えたも のとなっていますが サープラス リスクの 水 準 が 大 きく 低 下 するため リスク 許 容 度 に 応 じて 選 択 さ れる 資 産 配 分 は 従 来 の 確 定 給 付 型 年 金 とは 異 な ってくる 可 能 性 があります したがって 確 定 給 付 型 年 金 からキャッシュバランス 年 金 に 移 行 する 場 合 年 金 債 務 構 造 の 変 化 に 伴 うサープラス リスク の 低 下 を 踏 まえて 意 図 したリスク 水 準 に 見 合 った 資 産 配 分 が 実 現 できているのかを 従 来 以 上 に 木 目 細 かく 検 証 していくことが 望 まれます また 年 金 財 政 上 の 数 理 債 務 については 予 定 利 率 が 再 計 算 の 間 は 固 定 されるため その 間 に 生 じた 基 準 金 利 の 改 定 に 伴 って 年 金 財 政 上 の 剰 余 不 足 金 が 発 生 することが 予 想 されます したがっ て 金 利 変 動 シミュレーション 等 によって 財 政 上 のリスクが 許 容 範 囲 内 に 維 持 できるか 等 を 検 討 し つつ 財 政 運 営 を 行 うことが 肝 要 です 一 方 で 制 度 設 計 時 における 基 準 金 利 の 決 定 方 法 によって 将 来 の 給 付 水 準 に 大 きな 影 響 が 及 ぶ 可 能 性 があり また キャッシュバランス 型 年 金 への 移 行 によって 金 利 上 昇 時 における 債 務 低 減 効 果 の 縮 小 が 生 じるため 現 在 のような 歴 史 的 な 低 金 利 時 に 制 度 設 計 を 行 う 際 には 金 利 変 動 に 伴 う 将 来 の 年 金 財 政 状 況 の 検 討 に 加 え 年 金 給 付 水 準 の 動 向 にも 十 分 に 留 意 しつつ 基 準 金 利 の 決 定 を 行 う 必 要 があるといえましょう 6

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資

わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資 日 銀 レビュー -J- わが 国 生 命 会 社 のバランスシート 構 造 と 国 債 投 資 Bank of Japan Review 金 融 機 構 局 菅 和 聖 倉 知 善 行 福 田 善 之 * 西 岡 慎 一 年 月 生 命 会 社 ( 生 )では 長 期 有 を 目 的 とした 国 債 投 資 が 多 い とりわけ 最 近 では 生 の 超 長 期 国 債 有 が 大 きく 増 加

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

A.504 円 B.503 円 C.502 円 D.501 円 問 5. 上 の 問 で 板 寄 せ 方 式 によって 取 引 される 株 数 はいくらか A. 60 千 株 B.1 千 株 C.130 千 株 D.140 千 株 問 6. 日 本 の 金 融 証 券 市 場 に 関 する 次 の

A.504 円 B.503 円 C.502 円 D.501 円 問 5. 上 の 問 で 板 寄 せ 方 式 によって 取 引 される 株 数 はいくらか A. 60 千 株 B.1 千 株 C.130 千 株 D.140 千 株 問 6. 日 本 の 金 融 証 券 市 場 に 関 する 次 の 証 券 アナリスト 基 礎 講 座 サンプル 問 題 以 下 の 問 に 対 する 答 えとして 最 も 適 切 なものを A~D の 中 から1つ 選 びなさい 問 1. 日 本 経 済 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しくないものはどれか A. 実 質 GDP( 実 質 国 内 総 生 産 )とは 物 価 変 動 の 影 響 を 除 いた 生 産 活 動 の 水 準 のことである B.インフレーションは

More information

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論 平 成 26 年 公 認 会 計 士 試 験 第 Ⅱ 回 短 答 式 試 験 財 務 会 計 論 講 評 ~ 計 算 の 講 評 ~ 財 務 会 計 論 計 算 問 題 に 関 しては, 個 別 問 題 (10 問 )に 加 えて, 問 題 19 以 降, 総 合 問 題 形 式 の 出 題 が 個 別 論 点 の 総 合 問 題 (7 問 )と 連 結 会 計 の 総 合 問 題 (7 問 )の2

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク 販 売 用 資 料 2016.08 ニッセイ 国 内 債 券 アルファ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 ( 愛 称 )Jアルファ はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 北 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 91 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 かわでん 英 訳 名 KAWADEN

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

<4832372E313190E096BE89EF8E9197BF28B6D7B029322E786477>

<4832372E313190E096BE89EF8E9197BF28B6D7B029322E786477> 説 明 会 資 料 新 制 度 移 行 について 新 制 度 では 不 足 金 の 発 生 で 連 帯 債 務 等 の 負 担 がない ようなしくみにしています 掛 金 が 現 行 の1.7%から 1.5%に 引 き 下 げられます 事 務 費 掛 金 は 別 途 0.2% 沖 縄 県 建 設 業 厚 生 年 金 基 金 は 国 の 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 )と 独 自 の3 階 建 ての

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 4 章 水 位 放 流 方 式 適 用 性 の 検 証 と 改 良 4.1 水 位 放 流 方 式 と VR 方 式 の 必 要 性 第 3 章 で 述 べた WRF による 降 雨 予 測 を 利 用 したダム 洪 水 調 節 手 法 は WRF による 降 雨 予 測 誤 差 のリスク 管 理 が 極 めて 重 要 であり 一 定 の 数 の 洪 水 を 対 象 とした 解 析 を 試 み

More information

Ⅱ. 企 業 会 計 における 退 職 給 付 の 状 況 退 職 給 付 会 計 では 債 務 ( 退 職 給 付 債 務 以 下 PBO という)と 資 産 ( 年 金 資 産 )とで 費 用 を 算 出 する 具 体 的 には 勤 務 によって 将 来 の 退 職 金 年 金 の 給 付 義

Ⅱ. 企 業 会 計 における 退 職 給 付 の 状 況 退 職 給 付 会 計 では 債 務 ( 退 職 給 付 債 務 以 下 PBO という)と 資 産 ( 年 金 資 産 )とで 費 用 を 算 出 する 具 体 的 には 勤 務 によって 将 来 の 退 職 金 年 金 の 給 付 義 企 業 年 金 のリスクと 企 業 評 価 目 次 Ⅰ.はじめに Ⅱ. 企 業 会 計 における 退 職 給 付 の 状 況 Ⅲ. 金 融 資 産 の 価 格 変 動 が 企 業 価 値 に 与 える 影 響 Ⅳ. 会 計 上 の 取 扱 いの 差 異 による 影 響 Ⅴ. 債 務 の 変 動 リスクについて Ⅵ. 数 理 計 算 上 の 差 異 の 即 時 認 識 Ⅶ.おわりに 年 金 コンサルティング

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

Microsoft PowerPoint - 講義⑧New

Microsoft PowerPoint - 講義⑧New 国 民 所 得 1 エンゲル 係 数 : 生 活 費 に 占 める 食 事 の 割 合 所 得 の 増 加 と 逆 に 動 く 指 数 なぜなら 食 費 : 所 得 が 増 加 してもそれほど 増 えない 娯 楽 費 : 所 得 が 増 加 すると 増 加 する このエンゲル 係 数 を 国 際 比 較 すれば 各 国 の 生 活 水 準 を 比 べることができる しかし ある 国 の 衣 服 費

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 株 価 指 数 先 物 取 引 の 買 建 て 額 SBI 日 本 株 3.7ブル この 投 資 信 託 は わが 国 の 公 社 債 に 投 資 するとともに 株 価 指 数 先 物 取 引 を 積 極 的 に 活 用 し 日 々の 基 準 価 額

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 株 価 指 数 先 物 取 引 の 買 建 て 額 SBI 日 本 株 3.7ブル この 投 資 信 託 は わが 国 の 公 社 債 に 投 資 するとともに 株 価 指 数 先 物 取 引 を 積 極 的 に 活 用 し 日 々の 基 準 価 額 使 用 開 始 日 2016.5.3 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) SBI 日 本 株 3.7ブル SBI 日 本 株 3.7ベア 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 / 特 殊 型 (ブル ベア 型 ) ファンド 名 SBI 日 本 株 3.7ブル SBI 日 本 株 3.7ベア 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 商 品 分 類 投 資 対 象

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 2 2 年 度 新 地 方 公 会 計 制 度 基 準 モデル による 佐 呂 間 町 の 財 務 書 類 北 海 道 佐 呂 間 町 ( 企 画 財 政 課 ) 目 次 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 Ⅱ 平 成 22 年 度 佐 呂 間 町 財 務 書 類 Ⅰ 新 しい 地 方 公 会 計 制 度 の 概 要 市 町 村 など 地 方 公 共 団 体 の 財 務 情

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D815B8350836283678AD6984195D78BAD89EF816993FA967B8CEA816A6261636B7570205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D815B8350836283678AD6984195D78BAD89EF816993FA967B8CEA816A6261636B7570205B8CDD8AB78382815B83685D> The Sumitomo Trust and Banking Co., Ltd. 住 友 信 託 銀 行 の マーケット 資 金 事 業 について 2010 年 7 月 本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc ~HBA~ 公 認 会 計 士 / 論 文 式 本 試 験 過 去 問 解 説 2006 第 三 問 財 務 諸 表 論 解 答 を 参 照 する 場 合 の 注 意! 論 文 試 験 に 巷 でよく 言 われるような 部 分 点 などと 行 った 採 点 は 基 本 的 に 存 在 しません 一 つの 論 文 ( 例 え 5 行 でも 10 行 でも 論 文 です)の 中 で 部 分 部 分 は

More information

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3 運 用 実 績 マンスリーレポート 運 用 実 績 の 推 移 11,000 10,500 10,000 9,500 基 準 価 額 ( 分 配 金 再 投 資 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 純 資 産 ( 右 軸 ) ( 設 定 日 前 日 =10,000 として 指 数 化 : 日 次 ) 9,000 16/05 16/06 16/07 16/08 ( 億 円 ) 上 記 の 指 数 化

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

3 圏 域 では 県 北 沿 岸 で2の 傾 向 を 強 く 見 てとることができます 4 近 年 は 分 配 及 び 人 口 が 減 少 している 市 町 村 が 多 くなっているため 所 得 の 増 加 要 因 を 考 える 場 合 は 人 口 減 少 による 影 響 についても 考 慮 する

3 圏 域 では 県 北 沿 岸 で2の 傾 向 を 強 く 見 てとることができます 4 近 年 は 分 配 及 び 人 口 が 減 少 している 市 町 村 が 多 くなっているため 所 得 の 増 加 要 因 を 考 える 場 合 は 人 口 減 少 による 影 響 についても 考 慮 する 調 査 分 析 レポート 21-9 平 成 21 年 12 月 16 日 調 査 統 計 課 調 査 分 析 担 当 一 人 当 たり 市 町 村 民 所 得 の 増 加 要 因 について 平 成 19 市 町 村 民 所 得 推 計 において 市 町 村 民 所 得 の 分 配 ( 以 下 分 配 という ) 及 び 一 人 当 たり 市 町 村 民 所 得 ( 以 下 所 得 という

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

ことにより 所 得 分 散 を 図 る 行 為 であって IRS はこれを 指 定 取 引 として 指 定 する 通 牒 を 発 し 種 々の 規 制 を 行 っている 筆 者 は 我 が 国 においても 従 業 員 等 に 対 する 私 募 形 態 による 有 償 の 新 株 予 約 権 いわゆる

ことにより 所 得 分 散 を 図 る 行 為 であって IRS はこれを 指 定 取 引 として 指 定 する 通 牒 を 発 し 種 々の 規 制 を 行 っている 筆 者 は 我 が 国 においても 従 業 員 等 に 対 する 私 募 形 態 による 有 償 の 新 株 予 約 権 いわゆる 氏 名 ( 本 籍 ) 関 本 大 樹 ( 東 京 都 ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 法 学 ) 学 位 記 番 号 乙 第 24 号 学 位 授 与 年 月 日 平 成 28 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 久 留 米 大 学 大 学 院 学 則 第 15 条 による 学 位 論 文 題 目 租 税 法 と 数 理 論 文 審 査 委 員 会 主 査 久 留 米 大 学 教

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

用 語 解 説 込 額 を 予 め 準 備 する 目 的 で 引 当 計 上 しま 表 示 上 は 資 産 控 除 項 目 として 資 産 部 に 計 上 しま 生 命 保 険 会 社 では 資 産 自 己 査 定 にもと づき 貸 倒 実 績 率 等 合 理 的 な 方 法 により 算 出 し た

用 語 解 説 込 額 を 予 め 準 備 する 目 的 で 引 当 計 上 しま 表 示 上 は 資 産 控 除 項 目 として 資 産 部 に 計 上 しま 生 命 保 険 会 社 では 資 産 自 己 査 定 にもと づき 貸 倒 実 績 率 等 合 理 的 な 方 法 により 算 出 し た 用 語 解 説 貸 借 対 照 表 用 語 資 産 部 1. 現 金 及 び 預 貯 金 生 命 保 険 会 社 は 保 険 料 として 集 めた 資 金 を 有 価 証 券 や 貸 金 などで 運 用 していますが 保 険 金 年 金 給 金 など 支 払 いにあてる 資 金 も 必 要 なため 資 産 一 部 を 現 金 ( 外 国 通 貨 を 含 む 通 貨 当 座 小 切 手 送 金 小 切

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門

外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門 第 83 回 春 季 全 国 大 会 学 会 報 告 論 文 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増

More information

解説シリーズ:収益認識「「顧客との契約から生じる収益に関する論点の整理」及び「我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)」について」

解説シリーズ:収益認識「「顧客との契約から生じる収益に関する論点の整理」及び「我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)」について」 顧 客 との 契 約 から 生 じる 収 益 に 関 する 論 点 の 整 理 及 び 我 が 国 の 収 益 認 識 に 関 する 研 究 報 告 ( 中 間 報 告 ) について 第 1 回 : 収 益 認 識 に 関 する 検 討 状 況 の 背 景 2011.06.24 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 ナレッジセンター 公 認 会 計 士 井 澤 依 子 I.はじめに 平 成 20

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要 第 153 期 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 してのインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 連 結 注 記 表 および 個 別 注 記 表 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 14 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ウェブサイト (http://www.dynic.co.jp)に

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 第 177 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 1 頁 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 14 頁 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 及 び 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インター ネット 上 の 当 社 ホームページ(http://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/)に

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

新退職給付会計基準 実務の観点からの最終チェック

新退職給付会計基準 実務の観点からの最終チェック 退 職 給 付 会 計 セミナー 第 1 部 資 料 新 退 職 給 付 会 計 基 準 実 務 の 観 点 からの 最 終 チェック 2013 年 8 月 目 次 session 1 新 退 職 給 付 会 計 基 準 の 概 要 2 session 2 割 引 率 の 設 定 方 法 の 変 更 について 4 session 3 給 付 の 期 間 帰 属 について 17 1 Session1

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2016 年 6 月 30 日 現 在 ダイワファンドラップ 専 用 投 資 信 託 ダイワファンドラップ 外 国 債 券 セレクト Monthly Fund Report 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 信 託 期 間 : 平 成 19 年 11 月 1 日 から 無 期 限 基 準 日 : 2016 年

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲 法 令 及 び 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 第 5 回 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 1 2 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 法 令 及 び 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://tokaiholdings.co.jp/ir/library/meeting.html)に

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information