Microsoft Word  回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】"

Transcription

1 薬 食 発 第 1 0 号 平 成 26 年 11 月 21 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について これまで 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 の 回 収 については 回 収 に 着 手 したときは 厚 生 労 働 省 令 に 定 める 事 項 について 厚 生 労 働 大 臣 への 報 告 を 求 めており 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について ( 平 成 12 年 3 月 8 日 付 け 医 薬 発 第 237 号 厚 生 省 医 薬 安 全 局 長 通 知 以 下 旧 回 収 通 知 という )により 回 収 の 考 え 方 等 をお 示 ししてきたところです 今 般 薬 事 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 84 号 以 下 改 正 法 という )が 成 立 し 回 収 に 着 手 する 旨 に 加 え 回 収 の 状 況 についても 報 告 を 求 めるとされたこと 等 に 伴 い 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 医 療 機 器 及 び 再 生 医 療 等 製 品 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 という )の 回 収 については 下 記 のとおり 取 り 扱 うこととしましたので 貴 管 下 関 係 業 者 に 周 知 をお 願 いい たします 本 通 知 は 改 正 法 の 施 行 の 日 ( 平 成 26 年 11 月 25 日 )から 適 用 します また 本 通 知 の 適 用 の 日 をもって 旧 回 収 通 知 は 廃 止 します 記 第 1 制 度 の 趣 旨 改 正 法 による 改 正 後 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 以 下 法 という ) 第 68 条 の 11

2 に 基 づき 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 製 造 販 売 業 者 外 国 特 例 承 認 取 得 者 又 は 法 第 80 条 第 1 項 から 第 3 項 までに 規 定 する 輸 出 用 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 製 造 業 者 ( 以 下 製 造 販 売 業 者 等 という )は その 製 造 販 売 をし 製 造 をし 又 は 承 認 を 受 けた 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 回 収 するとき( 法 第 70 条 第 1 項 の 規 定 による 命 令 を 受 けて 回 収 をするときを 除 く )は 回 収 に 着 手 した 旨 及 び 回 収 の 状 況 を 厚 生 労 働 大 臣 へ 報 告 しなければならないとされている 何 らかの 不 良 又 は 不 具 合 ( 以 下 不 良 という )が 生 じた 医 薬 品 医 療 機 器 等 による 保 健 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 又 は 拡 大 を 防 止 するためには 当 該 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 自 主 的 な 回 収 に 関 する 情 報 を 行 政 が 早 期 に 把 握 し 適 切 な 回 収 措 置 と 関 係 者 への 情 報 提 供 を 行 うよう 製 造 販 売 業 者 等 を 指 導 しなければな らない そのために この 規 定 では 製 造 販 売 業 者 等 から 回 収 着 手 時 に 報 告 を 求 めると 同 時 に 必 要 に 応 じて 回 収 の 状 況 も 報 告 を 求 めるものである なお 当 該 規 定 は 法 第 68 条 の 11 においては 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 属 する 事 務 とされているが 薬 事 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 政 令 の 整 備 等 及 び 経 過 措 置 に 関 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 269 号 )による 改 正 後 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 昭 和 36 年 政 令 第 11 号 以 下 施 行 令 という ) 第 80 条 第 1 項 の 規 定 により 薬 局 製 造 販 売 医 薬 品 の 製 造 販 売 業 者 にあっては 都 道 府 県 知 事 保 健 所 設 置 市 長 特 別 区 長 が 同 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 により 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 の 製 造 販 売 業 者 及 び 製 造 業 者 にあっては 都 道 府 県 知 事 が 同 条 第 4 項 の 規 定 により 再 生 医 療 等 製 品 の 製 造 販 売 業 者 にあっては 都 道 府 県 知 事 が 行 うこととする 第 2 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 仮 に 医 薬 品 医 療 機 器 等 に 何 らかの 不 良 が 生 じた 場 合 発 生 するおそれのあ る 健 康 被 害 の 程 度 不 良 が 生 じている 可 能 性 の 高 い 製 品 範 囲 の 特 定 等 について 科 学 的 見 地 から 十 分 検 討 し 必 要 な 回 収 が 確 実 に 実 施 されることが 重 要 である また 回 収 に 当 たっては 本 来 回 収 する 必 要 がある 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 が 適 切 に 回 収 されず 必 要 な 報 告 がされないことや 必 要 以 上 の 範 囲 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 が 回 収 されること 等 による 保 健 衛 生 上 の 問 題 が 生 じないよう 配 慮 しなければならない 回 収 の 申 し 出 があった 場 合 には 以 下 に 定 める 回 収 の 定 義 等 を 参 考 に 製 造 販 売 業 者 等 の 指 導 を 行 うこと

3 1. 回 収 の 定 義 (1) 回 収 回 収 とは 製 造 販 売 業 者 等 がその 製 造 販 売 をし 製 造 をし 又 は 承 認 を 受 けた 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 引 き 取 ることをいう 改 修 及 び 患 者 モニ タリング を 含 み 在 庫 処 理 及 び 現 品 交 換 を 除 く また 製 造 販 売 業 者 等 が 新 製 品 の 発 売 に 当 たり 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 に 問 題 のない 旧 製 品 を 引 き 上 げる 行 為 を 除 く (2) 改 修 改 修 とは 医 療 機 器 の 製 造 販 売 業 者 等 がその 製 造 販 売 をし 製 造 をし 又 は 承 認 を 受 けた 医 療 機 器 を 物 理 的 に 他 の 場 所 に 移 動 することなく 修 理 改 良 調 整 廃 棄 又 は 監 視 を 行 うことを 言 う また 医 療 機 器 プログラムの 場 合 は 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 に 問 題 のない 新 しいプログラムに 置 き 換 え ること 又 は 修 正 することをいう (3) 患 者 モニタリング 患 者 モニタリング とは 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 の 製 造 販 売 業 者 等 がその 製 造 販 売 をし 製 造 をし 又 は 承 認 を 受 けた 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 を 患 者 から 摘 出 することなく 当 該 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 を 使 用 している 患 者 の 経 過 を 観 察 することをいう (4) 在 庫 処 理 在 庫 処 理 とは 製 造 販 売 業 者 等 がその 製 造 販 売 をし 製 造 をし 又 は 承 認 を 受 けた 医 薬 品 医 療 機 器 等 であって 未 だに 販 売 していないもの 又 は 未 だに 製 造 販 売 業 者 等 の 直 接 の 管 理 下 にあるものについて 製 造 販 売 業 者 等 が これらを 引 き 取 ることをいう 医 療 機 器 にあっては 修 理 改 良 調 整 若 し くは 廃 棄 することをいう ただし 貸 与 等 製 造 販 売 業 者 等 が 所 有 権 を 有 し ながら 製 造 販 売 業 者 等 以 外 の 者 がその 医 療 機 器 を 現 に 使 用 しているもの 又 は 使 用 する 目 的 で 製 造 販 売 業 者 等 以 外 の 場 所 で 貯 蔵 しているものに 対 するこれ らの 行 為 を 除 く (5) 現 品 交 換 現 品 交 換 とは 保 健 衛 生 上 の 問 題 が 生 じないことが 明 らかな 場 合 であ って かつロット 又 はある 一 定 範 囲 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 当 該 製 品 以 外 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 に 同 様 の 瑕 疵 が 生 じないことが 明 らかなときに 製 造 販

4 売 業 者 等 が 当 該 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 引 き 取 り 交 換 すること( 医 療 機 器 にあ っては 修 理 改 良 調 整 廃 棄 又 は 監 視 を 行 うこと)をいう 2. 回 収 の 要 否 及 び 回 収 対 象 に 係 る 基 本 的 考 え 方 回 収 の 要 否 及 び 回 収 対 象 の 判 断 に 当 たっては 以 下 の(1)~(3)の 観 点 から 総 合 的 に 判 断 すること (1) 有 効 性 及 び 安 全 性 への 影 響 1 何 らかの 不 良 により 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 安 全 性 に 問 題 がある 場 合 は 回 収 すること 安 全 性 に 問 題 がない 場 合 であっても 有 効 性 の 問 題 等 により 期 待 される 効 能 効 果 が 得 られない 場 合 又 は 期 待 される 性 能 が 発 揮 されない 場 合 は 回 収 すること 製 造 販 売 業 者 等 が 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 について 有 効 性 及 び 安 全 性 に 問 題 がないことを 明 確 に 説 明 できない 場 合 には 当 該 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 回 収 すること 2 法 又 は 承 認 事 項 に 違 反 する 医 薬 品 医 療 機 器 等 は 回 収 すること (2) 混 入 した 異 物 の 種 類 及 び 製 品 の 性 質 1 異 物 が 混 入 又 は 付 着 している 医 薬 品 医 療 機 器 等 であって 保 健 衛 生 上 問 題 が 生 じないことが 明 確 に 説 明 できない 場 合 は 回 収 すること 2 無 菌 製 剤 は 原 則 的 に 無 菌 性 保 証 が 確 実 か 否 かを 重 要 な 判 断 基 準 とする こと (3) 不 良 範 囲 の 特 定 に 関 する 判 断 1 製 造 販 売 業 者 等 が 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 についてロット 又 は 製 品 全 体 に 及 ぶものではないことを 明 確 に 説 明 できない 場 合 には 当 該 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 回 収 すること ロット 又 は 製 品 全 体 に 不 良 が 及 ばないこ とを 説 明 するためには 原 則 として 以 下 の 全 ての 条 件 を 満 たしている 必 要 がある ア. 不 良 発 生 の 原 因 と 工 程 が 特 定 できること イ. 当 該 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 と 同 ロットの 参 考 品 等 により 品 質 に 問 題 がないことが 確 認 できること ウ. 医 薬 品 及 び 医 薬 部 外 品 の 製 造 管 理 及 び 品 質 管 理 の 基 準 に 関 する 省 令 ( 平 成 16 年 厚 生 労 働 省 令 第 179 号 以 下 GMP 省 令 という ) 医 療 機 器 及 び 体 外 診 断 用 医 薬 品 の 製 造 管 理 及 び 品 質 管 理 の 基 準 に 関 する 省 令 ( 平

5 成 16 年 厚 生 労 働 省 令 第 169 号 以 下 QMS 省 令 という ) 又 は 再 生 医 療 等 製 品 の 製 造 管 理 及 び 品 質 管 理 の 基 準 に 関 する 省 令 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 93 号 )に 基 づき 不 良 発 生 防 止 のための 措 置 が 適 切 に 講 じられ ていたことを 説 明 できること エ. 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 再 生 医 療 等 製 品 の 品 質 管 理 の 基 準 に 関 する 省 令 ( 平 成 16 年 厚 生 労 働 省 令 第 136 号 以 下 GQP 省 令 とい う ) 又 は QMS 省 令 に 基 づき 同 様 の 品 質 に 関 わる 苦 情 が 他 にも 多 数 発 生 していないことが 確 認 できること 2 当 初 はロット 又 は 製 品 全 体 に 不 良 が 及 ばないと 考 えられた 場 合 であって も 実 際 に 複 数 施 設 において 当 該 不 良 が 生 じた 場 合 には 当 該 不 良 の 発 生 率 との 関 係 を 考 慮 した 上 で 原 則 的 に 回 収 すること 3 大 型 医 療 機 器 埋 め 込 み 型 の 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 等 ロットを 構 成 しない 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 の 不 良 について 同 種 他 製 品 に 同 様 な 不 良 がある 場 合 当 該 製 品 群 をロットとみなし 回 収 に 準 じた 扱 いを 行 うこと 同 様 の 不 良 が 同 種 他 製 品 に 及 ばないと 明 確 に 説 明 できる 場 合 は 現 品 交 換 に 準 じた 扱 いとすること 3. 回 収 に 係 るクラス 分 類 の 定 義 及 び 判 断 基 準 (1) 回 収 に 係 るクラス 分 類 の 定 義 回 収 に 当 たっては 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 使 用 によりもたらされる 健 康 への 危 険 性 の 程 度 により 以 下 のとおり 個 別 回 収 ごとにⅠ Ⅱ 又 はⅢの 数 字 を 割 り 当 てること( 以 下 クラス 分 類 という )とする 1 クラスⅠ:クラスⅠとは その 製 品 の 使 用 等 が 重 篤 な 健 康 被 害 又 は 死 亡 の 原 因 となり 得 る 状 況 をいう 2 クラスⅡ:クラスⅡとは その 製 品 の 使 用 等 が 一 時 的 な 若 しくは 医 学 的 に 治 癒 可 能 な 健 康 被 害 の 原 因 となる 可 能 性 がある 状 況 又 は その 製 品 の 使 用 等 による 重 篤 な 健 康 被 害 のおそれはまず 考 え られない 状 況 をいう 3 クラスⅢ:クラスⅢとは その 製 品 の 使 用 等 が 健 康 被 害 の 原 因 となる とはまず 考 えられない 状 況 をいう (2)クラス 分 類 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 1 クラス 分 類 を 行 う 場 合 当 該 不 良 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 使 用 に 起 因 する 直 接 的 な 安 全 性 に 係 る 状 況 ( 手 術 時 間 の 延 長 を 生 じるおそれのある 状 況 等 を 含 む )だけでなく その 使 用 により 期 待 される 効 果 が 得 られない 等 有 効

6 性 に 係 る 状 況 ( 正 確 な 診 断 への 影 響 を 及 ぼすおそれのある 状 況 等 を 含 む ) についても 勘 案 し これらを 総 合 的 な 健 康 被 害 としてクラス 分 類 を 行 うこと 2 回 収 に 当 たっては 基 本 的 にクラスⅡに 該 当 するものと 考 え 健 康 被 害 発 生 の 原 因 になるとはまず 考 えられないとする 積 極 的 な 理 由 があればクラス Ⅲに クラスⅡよりも 更 に 重 篤 な 健 康 被 害 発 生 のおそれがある 場 合 にはク ラスⅠと 判 断 すること 3 クラスⅠ 若 しくはクラスⅢと 判 断 することが 妥 当 と 思 われる 場 合 又 は その 後 の 状 況 により 当 初 のクラス 分 類 を 変 更 することが 妥 当 と 思 われる 場 合 には その 理 由 を 明 確 にした 上 で 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 より 事 前 に 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 ( 以 下 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 という )へ 相 談 すること 第 3 回 収 着 手 報 告 及 び 回 収 に 着 手 した 旨 の 情 報 提 供 について 1. 回 収 着 手 報 告 書 法 第 68 条 の 11 に 基 づく 回 収 に 着 手 した 旨 の 報 告 ( 以 下 回 収 着 手 報 告 と いう )は 原 則 として 文 書 で 行 うこと ただし 保 健 衛 生 上 の 被 害 発 生 又 は 拡 大 の 防 止 のために 危 急 の 事 情 がある 場 合 には その 概 要 をファックス 等 によ り 報 告 し 後 日 文 書 を 提 出 することで 差 し 支 えない (1) 回 収 着 手 報 告 の 記 載 について 回 収 着 手 報 告 には 薬 事 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 薬 事 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 政 令 の 整 備 等 及 び 経 過 措 置 に 関 する 政 令 の 施 行 に 伴 う 関 係 省 令 の 整 備 等 に 関 する 省 令 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 87 号 ) による 改 正 後 の 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 以 下 施 行 規 則 という ) 第 228 条 の 22 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 以 下 の 事 項 に 留 意 するよう 製 造 販 売 業 者 等 を 指 導 すること 1 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 回 収 を 行 う 者 の 氏 名 及 び 住 所 は 法 人 にあっては 以 下 のとおりとする ア. 法 人 の 名 称 イ. 代 表 者 の 氏 名 ウ. 総 括 製 造 販 売 責 任 者 がその 業 務 を 行 う 事 務 所 の 所 在 地 エ. 担 当 者 の 氏 名 及 びその 連 絡 先 2 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 事 項 は それぞれ 以 下 の とおりとする

7 ア. 回 収 の 対 象 となる 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 名 称 ( 一 般 的 名 称 及 び 販 売 名 を 記 載 すること ) イ. 当 該 品 目 の 製 造 販 売 又 は 製 造 に 係 る 許 可 番 号 及 び 許 可 年 月 日 又 は 登 録 番 号 及 び 登 録 年 月 日 (ア) 医 薬 品 ( 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 再 生 医 療 等 製 品 の 場 合 当 該 品 目 の 製 造 販 売 業 者 の 許 可 番 号 及 び 許 可 年 月 日 回 収 の 原 因 となった 製 造 所 の 当 該 製 造 所 の 許 可 番 号 及 び 許 可 年 月 日 (イ) 医 療 機 器 及 び 体 外 診 断 用 医 薬 品 の 場 合 当 該 品 目 の 製 造 販 売 業 者 の 許 可 番 号 及 び 許 可 年 月 日 法 第 23 条 の2の3の 登 録 を 受 けた 製 造 所 ( 以 下 登 録 製 造 所 とい う )のうち 回 収 の 原 因 となった 工 程 に 責 任 を 有 する 登 録 製 造 所 の 登 録 番 号 及 び 登 録 年 月 日 ウ. 当 該 品 目 の 承 認 番 号 及 び 承 認 年 月 日 認 証 番 号 及 び 認 証 年 月 日 又 は 届 出 番 号 及 び 届 出 年 月 日 3 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 事 項 は 以 下 のとおりと する ア. 回 収 の 原 因 となった 製 造 所 の 名 称 及 び 所 在 地 ( 医 療 機 器 又 は 体 外 診 断 用 医 薬 品 の 場 合 は 回 収 の 原 因 となった 工 程 に 責 任 を 有 する 登 録 製 造 所 の 名 称 及 び 所 在 地 ) イ. 製 造 販 売 業 者 の 主 たる 機 能 を 有 する 事 務 所 の 名 称 及 び 所 在 地 4 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 1 項 第 7 号 に 規 定 する 事 項 は 以 下 のとおりと する ア. 当 該 品 目 の 出 荷 時 期 イ. 回 収 対 象 医 療 機 関 患 者 等 の 範 囲 ウ. 回 収 情 報 の 周 知 方 法 エ. 回 収 先 において 回 収 の 対 象 となる 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 受 領 したこ とを 文 書 により 確 認 する 旨 5 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 1 項 第 9 号 に 規 定 する 事 項 は 以 下 のとおりと する ア. 回 収 の 理 由 イ. 予 想 される 健 康 被 害 の 程 度 ウ. 回 収 を 決 定 した 時 点 での 健 康 被 害 の 発 生 状 況 (2) 都 道 府 県 知 事 等 から 厚 生 労 働 省 への 連 絡 製 造 販 売 業 者 等 から 回 収 着 手 報 告 があった 場 合 報 告 を 受 けた 都 道 府 県 薬

8 務 主 管 課 等 は 速 やかに 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 宛 てにその 旨 連 絡 し 製 造 販 売 業 者 等 から 提 出 された 回 収 着 手 報 告 の 写 しを 送 付 すること ただし 保 健 衛 生 上 の 被 害 発 生 又 は 拡 大 の 防 止 のために 危 急 の 事 情 があり 速 やかに 文 書 を 送 付 することが 困 難 な 場 合 には 口 頭 報 告 の 後 後 日 回 収 着 手 報 告 書 の 写 し を 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 宛 に 送 付 することで 差 し 支 えない また 当 該 回 収 の 原 因 となった 製 造 所 が 他 の 都 道 府 県 にある 場 合 は 必 要 に 応 じて 当 該 製 造 所 を 所 管 する 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 へも 回 収 着 手 報 告 書 の 写 しを 送 付 すること (3) 製 造 販 売 業 者 等 への 指 示 回 収 を 決 定 した 時 点 で 必 要 に 応 じて 製 造 販 売 業 者 等 に 対 して 以 下 の 事 項 を 指 示 確 認 すること 1 納 入 先 の 医 療 機 関 等 以 外 にも 回 収 の 対 象 となる 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 存 在 が 考 えられる 場 合 には 納 入 先 以 外 に 対 しても 広 く 情 報 の 周 知 及 び 回 収 を 行 うこと 2 特 にクラスⅠの 回 収 の 場 合 は 医 薬 品 安 全 管 理 責 任 者 医 療 機 器 安 全 管 理 責 任 者 又 は 営 業 所 管 理 者 等 に 情 報 の 周 知 が 行 われていることを 確 認 した 上 で 文 書 により 回 収 品 の 有 無 の 確 認 を 行 うこと 3 GQP 省 令 第 11 条 ( 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く 医 薬 品 ) 同 令 第 18 条 2 項 3 号 ( 医 薬 部 外 品 及 び 化 粧 品 ) 又 は 同 令 21 条 ( 再 生 医 療 等 製 品 )の 規 定 に 基 づき 回 収 対 象 製 品 の 製 造 所 に 対 して 連 絡 をし 同 様 の 製 造 工 程 による 不 良 が 生 じないよう 対 策 をとること 体 外 診 断 用 医 薬 品 又 は 医 療 機 器 の 場 合 は QMS 省 令 第 60 条 同 令 第 63 条 及 び 同 令 第 72 条 第 2 項 第 5 号 等 の 規 定 に 基 づき 品 質 不 良 等 に 対 する 必 要 な 措 置 等 を 検 討 し 実 施 するとともに 工 程 を 外 部 委 託 する 登 録 製 造 所 等 に 対 しては 同 令 第 72 条 第 2 項 第 8 号 等 の 規 定 に 基 づき 文 書 による 連 絡 又 は 指 示 を 行 い 同 様 の 製 造 工 程 による 品 質 不 良 が 生 じないよう 対 策 を 講 じること 4 回 収 の 進 捗 状 況 につき 定 期 的 に 報 告 を 求 めること ア. 特 にクラスⅠ 回 収 の 場 合 は 回 収 率 健 康 被 害 の 発 生 状 況 等 について 定 期 的 な 報 告 を 求 めること 回 収 着 手 当 初 は おおむね1ヶ 月 ごとに 報 告 するのが 望 ましい ただし 回 収 着 手 と 同 時 に 回 収 が 終 了 した 場 合 は この 限 りではない イ.クラスⅡ 回 収 及 びクラスⅢ 回 収 の 場 合 であっても 複 数 回 にわたって 医 療 機 関 等 への 情 報 提 供 が 必 要 な 場 合 や 社 会 的 関 心 が 高 い 場 合 等 保 健 衛 生 上 の 危 害 の 防 止 のためには 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 において 定 期 的 に

9 回 収 の 状 況 を 把 握 しておく 必 要 があると 考 えられる 場 合 は 定 期 的 な 報 告 を 求 めること 2.インターネットを 活 用 した 情 報 提 供 製 造 販 売 業 者 等 は 個 別 医 療 機 関 等 に 対 する 迅 速 な 回 収 情 報 の 提 供 を 行 うほ か 迅 速 かつ 広 範 な 情 報 提 供 のために すべての 回 収 情 報 をインターネット 上 ( 医 薬 品 医 療 機 器 情 報 提 供 ホームページ)を 活 用 して 情 報 提 供 を 行 うこと ただし 輸 出 用 医 薬 品 医 療 機 器 等 であって 日 本 国 内 では 流 通 しないもの であるときは この 限 りではない (1) 製 造 販 売 業 者 等 によるインターネット 掲 載 用 資 料 の 作 成 及 び 提 出 につい て 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 製 造 販 売 業 者 等 が その 製 造 販 売 をし 製 造 をし 又 は 承 認 を 受 けた 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 に 着 手 した 場 合 法 第 68 条 の 11 の 規 定 に 基 づく 回 収 着 手 報 告 にあわせて 速 やかにインターネット 掲 載 用 資 料 ( 以 下 資 料 という )を 提 出 するよう 求 めること 1 提 出 すべき 資 料 資 料 には 以 下 の 事 項 を 記 載 することとし 簡 潔 かつわかりやすい 内 容 と なるよう 十 分 な 配 慮 を 求 めること なお 参 考 までに 資 料 例 を 別 紙 1に 示 す ア. 資 料 作 成 年 月 日 イ. 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 の 別 ウ.クラス 分 類 の 別 エ. 一 般 的 名 称 及 び 販 売 名 オ. 対 象 ロット 数 量 及 び 出 荷 時 期 カ. 製 造 販 売 業 者 等 名 称 キ. 回 収 理 由 ク. 危 惧 される 具 体 的 な 健 康 被 害 ケ. 回 収 開 始 年 月 日 コ. 効 能 効 果 又 は 用 途 等 サ.その 他 シ. 担 当 者 及 び 連 絡 先 2 その 他 ア. 資 料 は 原 則 一 品 目 につき 一 資 料 とすること イ. 製 造 販 売 業 者 等 に 対 し 資 料 は 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 のホームページに 掲 載 されているテンプレートを 使 用 してテキス ト 形 式 で 作 成 するよう 求 めること

10 ウ. 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 への 資 料 提 出 に 当 たっては 電 子 メール 等 適 切 な 手 段 によるよう 求 めること (2) 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 より 厚 生 労 働 省 への 資 料 の 転 送 について 製 造 販 売 業 者 等 より 提 出 のあった 資 料 については 速 やかに 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 へ 転 送 すること 転 送 に 当 たっては 電 子 メールによることが 望 まし い 3. 海 外 への 回 収 情 報 の 発 信 (1) 対 象 国 及 び 対 象 品 目 1 対 象 国 : 医 薬 品 査 察 協 定 医 薬 品 査 察 協 同 スキーム(PIC/S) 加 盟 国 及 び 欧 州 連 合 参 考 として 平 成 26 年 7 月 現 在 の 対 象 国 を 別 紙 2に 示 す 最 新 の 対 象 国 については PIC/S 及 び 欧 州 連 合 のウェブサイト 等 に より 情 報 を 入 手 すること 2 対 象 品 目 : 製 造 所 の 製 造 管 理 及 び 品 質 管 理 の 方 法 を GMP 省 令 に 適 合 させ なければならないとされている 医 薬 品 (2) 対 象 品 目 について 回 収 が 発 生 した 場 合 の 対 応 回 収 のクラス 分 類 に 応 じて 以 下 の 対 応 とする 1 クラスⅠ: 回 収 対 象 製 品 を 輸 出 しているかどうかに 関 わらず 緊 急 回 収 通 報 の 発 信 が 必 要 となるため 製 造 販 売 業 者 等 に 対 して 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 提 出 を 求 めること 2 クラスⅡ: 回 収 対 象 製 品 を 対 象 国 のいずれかに 対 して 輸 出 している 場 合 は 緊 急 回 収 通 報 の 発 信 が 必 要 となるため その 場 合 は 製 造 販 売 業 者 等 に 対 して 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 提 出 を 求 めること ( 回 収 対 象 製 品 を 対 象 国 に 輸 出 していない 場 合 は 緊 急 回 収 通 報 の 発 信 は 原 則 として 不 要 である ) なお 回 収 対 象 ロットや 輸 出 先 が 特 定 できていなくとも 対 象 国 のいずれかに 対 して 回 収 対 象 製 品 を 輸 出 している 可 能 性 がある 場 合 は 日 本 国 内 での 回 収 を 決 定 した 時 点 で 製 造 販 売 業 者 等 に 対 して 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 提 出 を 求 めること 3 クラスⅢ: 緊 急 回 収 通 報 の 発 信 は 原 則 として 不 要 である

11 (3) 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 作 成 から 緊 急 回 収 通 報 発 信 までの 手 順 1 製 造 販 売 業 者 等 は 別 紙 3により 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 を 英 語 で 作 成 する こと 2 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 は 製 造 販 売 業 者 等 から 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 の 提 出 を 受 けた 後 速 やかに 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 まで 電 子 メールにより 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 を 提 出 すること 原 則 として インターネット 掲 載 用 資 料 を 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 に 提 出 した 日 に 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 も 提 出 すること 3 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 は 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 から 緊 急 回 収 通 報 の 原 稿 提 出 を 受 けた 後 速 やかに 電 子 メールにより 対 象 国 へ 緊 急 回 収 通 報 を 発 信 する (4)フォローアップ 情 報 日 本 国 内 での 回 収 を 決 定 した 時 点 では 回 収 対 象 範 囲 が 特 定 できていなかっ たが その 後 回 収 対 象 範 囲 (ロット 輸 出 先 国 等 )が 特 定 できた 場 合 には 別 紙 4によりフォローアップ 情 報 を 対 象 国 へ 発 信 する 必 要 があるので 製 造 販 売 業 者 等 に 対 してフォローアップ 情 報 の 提 出 を 求 めること フォローアッ プ 情 報 の 原 稿 作 成 から 発 信 までの 手 順 は 上 記 (3)と 同 様 である 4. 報 道 機 関 に 対 する 協 力 の 要 請 (1) 報 道 機 関 向 けの 広 報 について インターネットを 利 用 して 情 報 を 入 手 している 者 以 外 の 者 に 対 しても 保 健 衛 生 上 の 観 点 から 回 収 情 報 を 迅 速 かつ 広 範 に 提 供 する 必 要 がある 場 合 には 報 道 機 関 の 協 力 を 得 るために 製 造 販 売 業 者 等 に 対 して 報 道 機 関 向 けの 広 報 ( 以 下 プレスリリース という )を 行 うよう 求 めること 具 体 的 には 以 下 の 場 合 にプレスリリースが 必 要 と 考 えられるが 必 要 に 応 じその 他 の 場 合 においてプレスリリースを 行 うことは 差 し 支 えない 1 クラスⅠに 該 当 する 回 収 (ただし ロットを 構 成 しない 医 薬 品 医 療 機 器 等 であって 同 種 他 製 品 に 不 良 が 及 ばず かつ 当 該 医 薬 品 医 療 機 器 等 が 使 用 されないことが 確 実 な 場 合 を 除 く ) 2 クラスⅡに 該 当 する 回 収 (ただし 製 造 販 売 業 者 等 が 既 に 対 象 となる 医 療 機 関 等 を 全 て 把 握 している 場 合 等 報 道 機 関 を 利 用 した 情 報 提 供 の 必 要 性 に 乏 しい 場 合 を 除 く ) (2)プレスリリース 用 資 料 について 製 造 販 売 業 者 等 によるプレスリリース 用 資 料 の 作 成 に 当 たっては 第 3の

12 2.(1)1に 示 す 各 事 項 について 記 載 すること その 場 合 専 門 用 語 を 極 力 避 け 図 表 を 用 いる 等 の 配 慮 を 求 めること 第 4 回 収 の 状 況 報 告 (1) 回 収 の 状 況 報 告 について 回 収 を 行 っている 製 造 販 売 業 者 等 は 以 下 の 場 合 は 速 やかに 都 道 府 県 知 事 等 に 回 収 の 状 況 を 報 告 すること 文 書 による 報 告 を 求 めるかどうかは 変 更 内 容 の 軽 重 により 各 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 で 判 断 すること 1 回 収 着 手 報 告 書 において 報 告 した 事 項 に 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )が 生 じた 場 合 軽 微 な 変 更 に 該 当 する 場 合 としては 例 えば 以 下 の 事 項 の 変 更 が 想 定 される ア. 回 収 対 象 医 療 機 関 患 者 等 の 範 囲 (ただし 対 象 が 大 幅 に 増 え 改 め て 周 知 が 必 要 な 場 合 は この 限 りではない ) イ. 回 収 情 報 の 周 知 方 法 ウ. 回 収 先 において 回 収 対 象 医 薬 品 医 療 機 器 等 を 受 領 したことを 確 認 する 文 書 エ. 回 収 終 了 予 定 日 (ただし 回 収 終 了 予 定 日 が 大 幅 に 遅 れる 事 態 が 生 じ た 場 合 は この 限 りではない おおむね 一 ヶ 月 以 上 遅 れる 場 合 を 報 告 の 目 安 とする ) 2 回 収 に 着 手 した 時 点 では 想 定 していなかった 健 康 被 害 の 発 生 のおそれを 知 ったとき 3 その 他 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 が 必 要 と 認 め 回 収 の 状 況 の 報 告 を 求 めた とき ア. 第 3の1.(3)4に 規 定 する 回 収 の 進 捗 状 況 の 定 期 的 な 報 告 を 求 め ている 場 合 イ. 回 収 が 進 まないなど 状 況 把 握 が 必 要 な 場 合 は 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 が 個 別 事 情 を 勘 案 して 指 示 するものとする 例 えば 回 収 方 法 ごと( 販 売 店 受 付 消 費 者 から 製 造 販 売 業 者 等 の 回 収 受 付 窓 口 への 受 付 )の 回 収 数 量 について 報 告 を 求 めることで 回 収 が 進 まない 理 由 を 把 握 し 回 収 を 進 めるためにはどのような 回 収 方 法 に 注 力 すればよいかを 指 示 すると いった 場 合 が 考 えられる (2) 都 道 府 県 知 事 等 から 厚 生 労 働 省 への 連 絡 回 収 の 状 況 報 告 については 逐 一 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 宛 の 報 告 は 不 要 であるが インターネット 掲 載 用 資 料 の 内 容 に 訂 正 が 発 生 した 場 合 は 監 視

13 指 導 麻 薬 対 策 課 へ 電 子 メールにより 連 絡 すること (3)その 他 留 意 事 項 回 収 着 手 報 告 書 において 報 告 した 事 項 に 変 更 が 生 じた 場 合 回 収 の 範 囲 回 収 情 報 の 周 知 方 法 等 を 見 直 す 必 要 がないか 製 造 販 売 業 者 等 に 確 認 させる こと 第 5 回 収 終 了 報 告 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 3 項 に 規 定 する 回 収 を 終 了 した 旨 の 報 告 ( 以 下 回 収 終 了 報 告 という )は 原 則 として 文 書 により 行 うこと (1) 回 収 終 了 報 告 には 以 下 の 事 項 を 記 載 するよう 製 造 販 売 業 者 等 を 指 導 す ること 1 既 に 講 じた 又 は 今 後 講 じる 改 善 策 の 内 容 2 回 収 した 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 処 分 方 法 3 回 収 した 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 数 量 (2) 回 収 終 了 に 係 る 都 道 府 県 知 事 等 から 厚 生 労 働 省 への 連 絡 製 造 販 売 業 者 等 から 回 収 終 了 報 告 があった 場 合 報 告 を 受 けた 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 は 速 やかに 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 あてその 旨 連 絡 すること その 際 製 造 販 売 業 者 等 より 提 出 のあった 回 収 終 了 報 告 書 の 写 しを 送 付 すること また 当 該 回 収 の 原 因 となった 製 造 所 が 他 の 都 道 府 県 にある 場 合 は 必 要 に 応 じて 当 該 製 造 所 を 所 管 する 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 へも 回 収 終 了 報 告 書 の 写 しを 送 付 すること (3) 回 収 終 了 の 判 断 について 原 則 として 市 場 から 回 収 対 象 製 品 が 全 て 回 収 された 時 点 をもって 回 収 終 了 と 判 断 する ただし 最 終 消 費 者 への 情 報 提 供 が 必 要 な 場 合 等 製 品 の 特 性 回 収 理 由 等 を 勘 案 して 判 断 することとする 埋 め 込 み 型 の 医 療 機 器 又 は 再 生 医 療 等 製 品 の 使 用 者 に 対 して 患 者 モニタリ ングを 行 う 場 合 は 以 下 の 3 点 を 全 て 満 たした 時 点 で 回 収 終 了 と 判 断 して 差 し 支 えない 1 医 療 機 関 への 情 報 提 供 が 終 了 していること 2 患 者 モニタリングの 方 法 及 び 計 画 を 策 定 していること 3 検 診 点 検 が 実 施 できないやむを 得 ない 事 情 がある 場 合 を 除 き 対 象 患 者 全 員 について 検 診 点 検 を 行 っていること

14 ただし 回 収 終 了 とする 場 合 でも 製 造 販 売 業 者 等 は 別 途 患 者 の 状 況 について 情 報 収 集 等 することが 必 要 であり 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 は その 実 施 状 況 等 を 適 宜 確 認 するものとする (4) 回 収 した 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 廃 棄 について 1 GQP 省 令 第 12 条 第 1 号 ( 第 21 条 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は QMS 省 令 第 72 条 第 2 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づき 回 収 した 製 品 は それ 以 外 の 製 品 と 区 別 して 保 管 すること 医 薬 部 外 品 ( 施 行 令 第 20 条 第 2 項 の 規 定 によ り 製 造 管 理 又 は 品 質 管 理 に 注 意 を 要 するものとして 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 す る 医 薬 部 外 品 を 除 く ) 及 び 化 粧 品 についても この 規 定 に 準 じて 回 収 し た 製 品 は それ 以 外 の 製 品 と 区 別 して 保 管 すること 2 回 収 が 終 了 したことを 確 認 するために 回 収 した 製 品 は 回 収 終 了 時 まで 保 管 し 回 収 が 終 了 後 に 廃 棄 することを 原 則 とするが 回 収 製 品 が 膨 大 であ る 場 合 は 都 道 府 県 薬 務 主 管 課 等 の 確 認 を 受 けた 上 で 適 宜 廃 棄 することで 差 し 支 えない 第 6 その 他 の 留 意 事 項 1. 回 収 終 了 とした 後 でも 未 回 収 製 品 が 医 療 機 関 等 に 存 在 していることが 判 明 した 場 合 は 未 回 収 製 品 の 使 用 等 が 健 康 被 害 の 原 因 となる 可 能 性 があるこ とから 医 療 機 関 等 の 関 係 者 及 び 一 般 使 用 者 に 対 する 迅 速 な 注 意 喚 起 並 びに 回 収 の 徹 底 を 図 るよう 指 示 すること 2. 必 要 に 応 じ 製 造 販 売 業 者 等 が 行 う 改 善 策 の 実 施 状 況 及 び 回 収 した 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 処 分 状 況 について 確 認 を 行 うこと 3. 前 記 のほか 法 第 69 条 に 基 づく 製 造 販 売 業 者 等 又 は 製 造 業 者 等 に 対 する 立 入 りに 当 たっては GQP 省 令 GMP 省 令 及 び QMS 省 令 に 基 づき 回 収 が 適 切 に 行 われているかについても 確 認 を 行 うこと 第 7 平 成 26 年 11 月 25 日 時 点 で 現 に 行 われている 回 収 の 取 扱 いについて 1. 平 成 26 年 11 月 25 日 時 点 で 現 にその 製 造 販 売 した 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 に 着 手 している 製 造 販 売 業 者 は 平 成 26 年 11 月 25 日 以 降 に 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 2 項 各 号 に 定 める 場 合 に 該 当 したときは 都 道 府 県 知 事 等 にそ の 旨 及 びその 内 容 を 報 告 しなければならない また 当 該 回 収 が 終 了 した 場

15 合 は 同 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 回 収 を 終 了 した 旨 を 都 道 府 県 知 事 等 に 報 告 しなければならない 2. 平 成 26 年 11 月 25 日 時 点 で 現 に 改 正 法 による 改 正 以 前 の 薬 事 法 第 19 条 の 2の 承 認 を 受 けている 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 又 は 改 正 法 附 則 第 37 条 の 規 定 により 医 薬 品 医 療 機 器 等 法 第 23 条 の 37の 承 認 を 受 けたも のと 見 なされた 再 生 医 療 等 製 品 の 回 収 に 着 手 している 外 国 特 例 承 認 取 得 者 は 平 成 26 年 11 月 25 日 以 降 に 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 2 項 各 号 に 定 める 場 合 に 該 当 したときは 都 道 府 県 知 事 等 にその 旨 及 びその 内 容 を 報 告 しなければ ならない また 当 該 回 収 が 終 了 した 場 合 は 同 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 回 収 を 終 了 した 旨 を 都 道 府 県 知 事 等 に 報 告 しなければならない 3. 平 成 26 年 11 月 25 日 時 点 で 現 にその 製 造 した 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 に 着 手 している 輸 出 用 医 薬 品 製 造 業 者 は 平 成 26 年 11 月 25 日 以 降 に 施 行 規 則 第 228 条 の 22 第 2 項 各 号 に 定 める 場 合 に 該 当 したときは 都 道 府 県 知 事 等 に その 旨 及 びその 内 容 を 報 告 しなければならない また 当 該 回 収 が 終 了 した 場 合 は 同 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 回 収 を 終 了 した 旨 を 都 道 府 県 知 事 等 に 報 告 しなければならない

16 ( 別 紙 1) ( 資 料 作 成 年 月 日 ) ( 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 医 療 機 器 再 生 医 療 等 製 品 の 別 ) 回 収 の 概 要 (クラスⅠ クラスⅡ クラスⅢの 別 ) 1. 一 般 的 名 称 及 び 販 売 名 2. 対 象 ロット 数 量 及 び 出 荷 時 期 3. 製 造 販 売 業 者 等 名 称 4. 回 収 理 由 5. 危 惧 される 具 体 的 な 健 康 被 害 6. 回 収 開 始 年 月 日 7. 効 能 効 果 又 は 用 途 等 8.その 他 9. 担 当 者 及 び 連 絡 先

17 緊 急 回 収 通 報 発 信 の 対 象 となる 国 ( 平 成 26 年 7 月 時 点 ) ( 別 紙 2) ベルギー ブルガリア チェコ デンマーク ドイツ エストニア アイルランド ギリ シャ スペイン フランス クロアチア イタリア キプロス ラトビア リトアニア ルクセンブルク ハンガリー マルタ オランダ オーストリア ポーランド ポルトガ ル ルーマニア スロベニア スロバキア フィンランド スウェーデン イギリス ア イスランド イスラエル リヒテンシュタイン ノルウェー スイス ウクライナ カナ ダ アメリカ 合 衆 国 アルゼンチン マレーシア シンガポール インドネシア 台 湾 韓 国 オーストラリア ニュージーランド 南 アフリカ ( ) 下 線 :MRA 協 定 に 基 づき 医 薬 品 に 係 る 優 良 製 造 所 基 準 (GMP)に 関 する 分 野 別 付 属 書 により 適 用 される 医 薬 品 については 平 成 26 年 7 月 以 前 から 緊 急 回 収 通 報 を 発 信 していた 国 PIC/S 加 盟 国 ( 平 成 26 年 7 月 時 点 ) 地 域 PIC/S 加 盟 国 欧 州 オーストリア ベルギー キプロス チェコ デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イスラエル イタリア ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア マルタ オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル ルーマニア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス ウクライナ イギリス 北 米 カナダ アメリカ 合 衆 国 中 南 米 アルゼンチン アジア マレーシア シンガポール インドネシア 台 湾 韓 国 日 本 オセアニア オーストラリア ニュージーランド アフリカ 南 アフリカ ( )PIC/S 加 盟 国 は 以 下 のホームページで 確 認 できる 欧 州 連 合 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) ベルギー ブルガリア チェコ デンマーク ドイツ エストニア アイルランド ギリシ ャ スペイン フランス クロアチア イタリア キプロス ラトビア リトアニア ルク センブルク ハンガリー マルタ オランダ オーストリア ポーランド ポルトガル ル ーマニア スロベニア フィンランド スウェーデン イギリス

18 MINISTRY OF HEALTH, LABOUR AND WELFARE GOVERNMENT OF JAPAN 2-2, KASUMIGASEKI 1-CHOME, CHIYODA-KU, TOKYO ( 別 紙 3) IMPORTANT - DELIVER IMMEDIATELY This is intended only for the use of the party to whom it is addressed and may contain information that is privileged, confidential and protected from disclosure under the Mutual Recognition Agreement and PIC/S and other applicable domestic laws and regulations. If you are not the addressee, or a person authorized to deliver the document to the addressee, you are hereby notified that any review, disclosure, dissemination, copying, or other action based on the content of this communication is not authorized. If you have received this document in error, please notify us by telephone immediately and return it to us at the above address by mail. Thank you. 緊 急 回 収 通 報 Rapid Alert Notification of a Quality Defect/Recall 1.* 宛 先 To: 2.* 回 収 クラス Product Recall Class of Defect: I II ( 該 当 クラスを で 囲 む) 3.* 偽 造 品 か 否 か Counterfeit /Fraud: Yes No 4. 製 品 Product: 5. 承 認 番 号 Marketing Authorization Number: 6. 販 売 名 Brand/Trade Name: 7. 一 般 名 INN or Generic Name: 8. 剤 型 Dosage Form: 9. 分 量 Strength: 10.ロット 番 号 Batch/Lot Number: 11. 有 効 期 限 Expiry Date: 12. 包 装 サイズ 等 Pack size and Present ation: 13. 製 造 年 月 日 Date Manufactured: 14. 承 認 保 持 者 Marketing Authorization Holder: 15. 製 造 業 者 Manufacturer: 連 絡 先 Contact Person: 電 話 Telephone: 16. 回 収 実 施 業 者 Recalling Firm (if different) ( 製 造 業 者 と 異 なる 場 合 記 載 すること) 連 絡 先 Contact Person: 電 話 Telephone: 17.* 回 収 番 号 Recall Number Assigned: 18. 品 質 欠 陥 の 詳 細 / 回 収 理 由 Details of Defects/Reason for Recall: 19. 流 通 情 報 Information on distribution including exports (type of customer, e.g. hospitals):

19 20.* 通 報 元 当 局 による 措 置 Action taken by Issuing Authority: 21.* 提 案 される 措 置 Proposed Action: 22. 通 報 元 当 局 From (Issuing Authority): Compliance and Narcotics Division 23. 連 絡 先 Contact Person: GMP Section Pharmaceutical and Food Safety Bureau FAX: Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan 24.* 署 名 Signed: 25.* 年 月 日 Date: 26.* 時 Time: ( 注 意 ) 用 紙 の 大 きさは 日 本 工 業 規 格 A4とすること * をつけた 項 目 は 空 欄 にしておくこと 4. 製 品 Product 欄 には 販 売 名 のうち 代 表 的 なものを 記 載 するととも に 製 品 の 外 形 的 な 特 徴 ( 例 : white tablets( 白 い 錠 剤 ) )を 簡 単 に 記 載 すること 6. 販 売 名 Brand/Trade Name 欄 には 販 売 名 を 記 載 すること 日 本 と は 別 の 販 売 名 で 販 売 している 国 がある 場 合 は 国 名 と 当 該 国 での 販 売 名 を 列 挙 すること 7. 一 般 名 INN or Generic Name 欄 には 有 効 成 分 の 一 般 名 を 記 載 する こと 複 数 の 有 効 成 分 を 含 有 する 場 合 は 列 挙 すること 19. 流 通 情 報 Information on distribution including exports 欄 に 輸 出 先 の 国 名 を 記 入 すること 4. 製 品 Product: 6. 販 売 名 Brand/Trade Name 10.ロット 番 号 Batch/Lot Number 11. 有 効 期 限 Expiry Date 13. 製 造 年 月 日 Date Manufactured 等 の 関 連 する 項 目 を 一 覧 表 とし 別 紙 として 示 すことでも 差 し 支 えない その 場 合 別 紙 に 記 載 した 項 目 の 欄 には see the attached file と 記 載 する こと 不 明 な 場 合 は N/A と 記 載 すること

20 MINISTRY OF HEALTH, LABOUR AND WELFARE GOVERNMENT OF JAPAN 2-2, KASUMIGASEKI 1-CHOME, CHIYODA-KU, TOKYO ( 別 紙 4). FOLLOW-UP AND NON-URGENT INFORMATION FOR QUALITY DEFECTS 1.* 宛 先 To: 2.* 回 収 番 号 Recall Number Assigned: 2a.* 国 内 における 回 収 番 号 National reference number (When applicable) 4. 製 品 Product: 5. 承 認 番 号 Marketing Authorization number: 6. 販 売 名 Brand/Trade name: 7. 一 般 名 INN or Generic Name: 8. 剤 形 Dosage form: 9. 分 量 Strength: 10.ロット 番 号 Batch number (and bulk, if different) 14. 承 認 保 持 者 Marketing Authorization Holder: 15. 製 造 業 者 Manufacturer: 16. 連 絡 先 Contact Person: 17. 詳 細 Subject title: 22. 通 報 元 当 局 From (issuing Authority): Compliance and Narcotics Division Pharmaceutical and Food Safety Bureau Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan 23. 連 絡 先 Contact Person: GMP Section FAX: * 署 名 Signed: 25.* 年 月 日 Date: 26.* 時 Time: ( 注 意 ) 用 紙 の 大 きさは 日 本 工 業 規 格 A4とすること * をつけた 項 目 は 空 欄 にしておくこと 17. 詳 細 Subject title 欄 には 新 たに 判 明 した 回 収 対 象 範 囲 (ロット 輸 出 先 国 等 )の 情 報 を 記 載 すること

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

日EC相互承認協定 実施に向けた準備

日EC相互承認協定 実施に向けた準備 薬 生 監 麻 発 0 4 2 6 第 3 号 平 成 28 年 4 月 26 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) 相 互 承 認 に 関 する 日 本 国 と 欧 州 共 同 体 との 間 の 協 定 の 運 用 について 相 互 承 認 に 関 する 日 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

本 日 の 内 容 薬 事 法 改 正 の 概 要 医 療 機 器 QMSに 関 する 条 文 抜 粋 と 解 説 新 法 対 応 に 向 けて

本 日 の 内 容 薬 事 法 改 正 の 概 要 医 療 機 器 QMSに 関 する 条 文 抜 粋 と 解 説 新 法 対 応 に 向 けて 薬 事 法 改 正 における QMSについて 平 成 26 年 9 月 5 日 埼 玉 県 保 健 医 療 部 薬 務 課 医 療 機 器 審 査 監 視 担 当 本 日 の 内 容 薬 事 法 改 正 の 概 要 医 療 機 器 QMSに 関 する 条 文 抜 粋 と 解 説 新 法 対 応 に 向 けて 平 成 25 年 11 月 27 日 公 布 薬 事 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

2. 流 れのポイント < 企 業 としての 責 任 体 制 の 審 査 > 1 製 造 販 売 業 許 可 申 請 説 明 医 療 機 器 を 製 造 販 売 するにあたって 製 品 の 市 場 に 対 する 最 終 責 任 品 質 保 証 業 務 責 任 安 全 管 理 業 務 責 任 を 担

2. 流 れのポイント < 企 業 としての 責 任 体 制 の 審 査 > 1 製 造 販 売 業 許 可 申 請 説 明 医 療 機 器 を 製 造 販 売 するにあたって 製 品 の 市 場 に 対 する 最 終 責 任 品 質 保 証 業 務 責 任 安 全 管 理 業 務 責 任 を 担 < 医 療 機 器 の 製 造 販 売 手 順 について> わが 国 で 医 療 機 器 を 市 場 へ 業 として 出 荷 ( 製 造 販 売 )することは 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 法 )で 規 制 されており 規 制 当 局 ( 厚 生 労 働 省 及 び 各 都 道 府

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478> 医 療 機 器 の 製 造 販 売 後 調 査 の 現 状 と 留 意 点 について 1 本 日 の 内 容 1. 関 連 法 規 2. 信 頼 性 適 合 性 書 面 調 査 の 業 務 の 流 れ 3. 適 合 性 書 面 調 査 において 確 認 された 事 例 4. 相 談 制 度 の 導 入 2 1. 関 連 法 規 3 再 審 査 に 係 る 規 定 < 旧 法 > 薬 事 法 第 14

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

【発出】(本文_承認添付資料通知)

【発出】(本文_承認添付資料通知) 薬 食 機 参 発 0120 第 9 号 平 成 27 年 1 月 20 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 参 事 官 ( 医 療 機 器 再 生 医 療 等 製 品 審 査 管 理 担 当 ) ( 公 印 省 略 ) 医 療 機 器 の 製 造 販 売 承 認 申 請 書 添 付 資 料 の 作 成 に 際 し 留 意 すべき 事

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん 化 粧 品 の 製 造 販 売 業 製 造 業 について 化 粧 品 の 定 義 について ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 ) 化 粧 品 とは 人 の 身 体 を 清 潔 にし 美 化 し 魅 力 を 増 し 容 貌 を 変 え 又 は 皮 膚 若 しくは 毛 髪 を 健 やかに 保 つために

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

Microsoft Word - 説明資料

Microsoft Word - 説明資料 資 料 1 1 障 害 福 祉 サービス 等 の 指 定 基 準 及 び 加 算 制 度 について 1 運 営 上 の 留 意 事 項 について 1 共 通 部 分 従 業 員 の 勤 務 体 制 を 月 ごとに 作 成 しているか 基 準 上 の 職 員 数 を 満 たしているか 毎 月 確 認 すること 複 数 サービスを 行 なっている 場 合 は,サービスごとに 作 成 すること ( 訪 問

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12)

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12) 人 厚 第 1198 号 15. 2.21 改 正 人 厚 第 6 0 6 号 1 7. 2. 1 改 正 人 厚 第 16 号 1 9. 1. 4 改 正 人 計 第 8444 号 19. 8.31 改 正 人 計 第 3785 号 20. 3.26 改 正 人 厚 第 5387 号 20. 4.28 改 正 人 厚 第 3962 号 施 設 等 機 関 の 長 21. 3.27 各 幕 僚 長

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

サポートされている国番号

サポートされている国番号 APPENDIX B この付録には Cisco Wireless LAN Solution がサポートされているの一覧を記載します この付録の内容は 次のとおりです (P. B-1) Cisco Wireless LAN Solution は 表 B-1 に示す々での運用を承認されている または承認される予定であり 現在のの要件を完全に満たしています ここに記載された最大規制送信電力レベル限度は 番号設定によって定義され

More information

原料等の供給者管理(GMP省令第11条(品質管理))

原料等の供給者管理(GMP省令第11条(品質管理)) 海 外 製 造 所 から 原 薬 を 包 装 / 表 示 / 保 管 製 造 業 で 輸 入 販 売 時 のPIC/SのGMP 対 応 本 日 の 内 容 1 PIC/Sとの 関 係 背 景 2 具 体 的 な 内 容 対 応 について 3 原 薬 ビジネスへの 影 響 ( 中 国 製 造 業 者 等 からの 原 薬 輸 入 ) 4 包 装 / 表 示 / 保 管 製 造 所 のPIC/SのGMP

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

航空自衛隊物品管理補給規則

航空自衛隊物品管理補給規則 航 空 自 衛 隊 物 品 管 理 補 給 規 則 昭 和 43 年 12 月 25 日 航 空 幕 僚 長 空 将 大 室 孟 航 空 自 衛 隊 達 第 35 号 改 正 昭 和 44 年 9 月 29 日 航 空 自 衛 隊 達 第 41 号 昭 和 60 年 9 月 20 日 航 空 自 衛 隊 達 第 22 号 昭 和 45 年 6 月 23 日 航 空 自 衛 隊 達 第 17 号 昭

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A>

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A> 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について( 平 成 十 年 十 月 十 四 日 企 国 発 第 三 〇 号 厚 生 省 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 長 から 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 通 知 ) - 新 旧 対 照 表 - 新 旧 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 基 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information