<4D F736F F D E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B CC81698FB A2E646F6378>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>"

Transcription

1 経 済 産 業 省 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領 ( 平 成 26 年 3 月 14 日 付 け 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 )を 次 のとおり 制 定 し 平 成 26 年 4 月 1 日 から 施 行 する

2 包 括 承 認 取 扱 要 領 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 平 成 26 年 3 月 14 日 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 228 号 以 下 外 為 法 という ) 第 48 条 第 3 項 の 承 認 であって 輸 出 貿 易 管 理 令 ( 昭 和 24 年 政 令 第 378 号 以 下 輸 出 令 という ) 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 の 輸 出 について 一 括 して 承 認 を 行 うものについて 一 般 包 括 承 認 及 び 特 定 包 括 承 認 の 要 件 承 認 に 付 する 条 件 各 種 手 続 き 及 び 有 効 期 限 等 を 次 のとおり 定 め る なお 継 続 取 引 一 括 輸 出 承 認 取 扱 要 領 ( 平 成 24 年 2 月 10 日 付 け 平 成 貿 局 第 1 号 輸 出 注 意 事 項 24 第 1 号 )は 廃 止 します Ⅰ 一 般 包 括 輸 出 承 認 1 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 者 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 を 行 うことができる 者 は 次 のいずれにも 該 当 する 者 とする (1) 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 14 号 以 下 麻 取 法 という ) 第 50 条 の27の 規 定 に 基 づく 業 務 の 届 出 を 行 った 者 (2) 代 表 者 を 輸 出 の 業 務 を 統 括 管 理 する 責 任 者 ( 以 下 統 括 責 任 者 という )とし 及 び 輸 出 令 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 に 該 当 するかどうかの 確 認 につい ての 責 任 者 ( 以 下 該 非 確 認 責 任 者 という )を 選 任 し 申 請 時 に これらの 者 につ いて 経 済 産 業 大 臣 に 登 録 を 行 う 者 2 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 要 件 申 請 者 が 別 紙 の 地 域 を 仕 向 地 として 輸 出 令 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 (アセトン エチルエーテル エチルメチルケトン 塩 化 水 素 の 水 溶 液 トルエン 及 び 硫 酸 に 限 る ) 及 びこれらを 濃 度 50%( 塩 化 水 素 の 水 溶 液 及 び 硫 酸 については 濃 度 10%)を 超 え て 含 有 するものの 輸 出 を 行 おうとする 場 合 に 一 括 して 承 認 を 行 ってもその 輸 出 が 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 の 誠 実 な 履 行 を 妨 げることにならないと 認 められるときは 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 行 う 3 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 は 次 のいずれにも 該 当 する 輸 出 とする (1) 別 紙 の 地 域 を 仕 向 地 とする 輸 出 (2) 輸 出 令 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 (アセトン エチルエーテル エチルメチルケトン 塩 化 水 素 の 水 溶 液 トルエン 及 び 硫 酸 に 限 る ) 及 びこれらを 濃 度 50%( 塩 化 水 素 の 水 溶 液 及 び 硫 酸 については 濃 度 10%)を 超 えて 含 有 するものの 輸 出 (3) 麻 取 法 第 50 条 の27の 規 定 に 基 づく 業 務 の 届 出 において 麻 薬 向 精 神 薬 原 料 の 輸 出 の 業 務 を 届 け 出 た 取 扱 品 名 の 輸 出 (4) 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 の 製 造 以 外 の 用 途 に 使 用 するものの 輸 出

3 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 とは 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 に 規 定 する 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 並 びに 覚 せい 剤 取 締 法 に 規 定 する 覚 せい 剤 をいう 4 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 手 続 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けようとする 者 は 次 の(1) 又 は(2)のいずれかの 方 法 により 申 請 を 行 うものとする (1) 電 子 情 報 処 理 組 織 による 申 請 の 場 合 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 して 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けようとする 者 は 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 して 行 う 特 定 手 続 等 の 運 用 について ( 平 成 12 年 3 月 31 日 付 け 輸 出 注 意 事 項 12 第 15 号 輸 入 注 意 事 項 12 第 8 号 以 下 特 定 手 続 等 運 用 通 達 という )に 基 づき 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルから 入 手 可 能 な 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 様 式 に 記 載 すべき 事 項 ( 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 して 行 う 特 定 手 続 等 に 係 る 申 請 項 目 について ( 平 成 22 年 2 月 16 日 付 け 輸 出 注 意 事 項 22 第 4 号 輸 入 注 意 事 項 22 第 5 号 以 下 申 請 項 目 通 達 という ) 別 表 第 19)を 入 力 し 次 の(イ)~(ハ)の 書 類 を 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルに 記 録 又 は 当 該 書 類 を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 郵 送 若 しく は 提 出 しなければならない (イ) 麻 薬 等 原 料 輸 出 業 者 業 務 届 受 理 証 明 書 の 写 し 1 通 (ロ) 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 に 関 する 登 録 書 ( 様 式 a) 1 通 (ハ) その 他 経 済 産 業 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 める 書 類 ( 注 ) 承 認 申 請 日 前 1 年 間 に 外 為 法 違 反 によって 行 政 指 導 等 を 受 けた 者 は 行 政 指 導 等 を 踏 まえた 社 内 管 理 が 行 われていることを 確 認 できる 書 類 の 提 出 を 求 めることがある (2) 書 面 による 申 請 の 場 合 次 の(イ)~(ニ)に 定 める 書 類 を 申 請 窓 口 に 郵 送 又 は 提 出 しなければならない (イ) 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 書 ( 様 式 1) 2 通 (ロ) 麻 薬 等 原 料 輸 出 業 者 業 務 届 受 理 証 明 書 の 写 し 1 通 (ハ) 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 に 関 する 登 録 書 ( 様 式 a) 1 通 (ニ) その 他 経 済 産 業 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 める 書 類 ( 注 ) 承 認 申 請 日 前 1 年 間 に 外 為 法 違 反 によって 行 政 指 導 等 を 受 けた 者 は 行 政 指 導 等 を 踏 まえた 社 内 管 理 が 行 われていることを 確 認 できる 書 類 の 提 出 を 求 めることがある 5 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 窓 口 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 は 本 省 貿 易 経 済 協 力 局 貿 易 管 理 部 貿 易 審 査 課 に 行 わなければなら ない 6 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 条 件 一 般 包 括 輸 出 承 認 には 別 表 1に 掲 げる 条 件 その 他 経 済 産 業 大 臣 が 必 要 と 認 める 条 件 を 付 す 7 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 変 更 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 は 申 請 者 名 若 しくは 住 所 又 は 麻 薬 等 原 料 輸 出 業 者 業 務 届 受 理 証 明 書 に 記 載 された 取 扱 品 名 を 変 更 (アセトン エチルエーテル エチルメチルケトン 塩 化 水 素 の 水 溶 液 トルエン 及 び 硫 酸 の 変 更 に 限 る )したときは 次 の(1) 又 は(2)のいず れかの 方 法 により 変 更 を 行 うものとする なお 1の(2)により 登 録 を 行 った 統 括 責 任 者 又 は 該 非 確 認 責 任 者 に 変 更 があった 場 合 は 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 変 更 の 必 要 はないが 統 括 該 非 確 認 責 任 者 変 更 届 ( 様 式 aの2)を 電 子 情 報 処 理 組 織 により 当 該 承 認 を 受 けた 者 は 当 該 電 子

4 申 請 の 受 付 窓 口 に 速 やかに 郵 送 又 は 提 出 しなければならない 書 面 により 当 該 承 認 を 受 けた 者 は 当 該 書 類 を 申 請 窓 口 に 速 やかに 郵 送 又 は 提 出 しなければならない (1) 電 子 情 報 処 理 組 織 により 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 特 定 手 続 等 運 用 通 達 に 基 づき 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルから 包 括 原 承 認 情 報 に 対 応 する 申 請 情 報 を 入 手 し 記 載 すべき 事 項 ( 申 請 項 目 通 達 別 表 第 19)を 再 入 力 し 変 更 を 要 することを 証 する 書 類 の 写 しを 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルに 記 録 又 は 当 該 書 類 を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 郵 送 若 しくは 提 出 しなければならない (2) 書 面 により 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 次 の(イ)~(ニ)の 書 類 を 申 請 窓 口 に 提 出 しなければならない その 際 既 に 発 行 さ れた 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 承 認 証 ( 以 下 原 承 認 証 という )を 返 還 しなければならない (イ) 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 書 ( 様 式 1) 2 通 (ロ) 変 更 を 要 することを 証 する 書 類 の 写 し 1 通 (ハ) 麻 薬 等 原 料 輸 出 業 者 業 務 届 受 理 証 明 書 の 写 し 1 通 (ニ)その 他 経 済 産 業 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 める 書 類 8 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 有 効 期 限 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 有 効 期 限 は その 承 認 が 有 効 となる 日 から 起 算 して3 年 を 超 えない 範 囲 内 において 経 済 産 業 大 臣 が 定 める 日 とする ただし 7に 基 づく 変 更 の 申 請 である 場 合 には 変 更 前 の 承 認 の 有 効 期 限 までの 範 囲 において 経 済 産 業 大 臣 の 定 める 日 とする 9 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 更 新 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 は 当 該 承 認 の 有 効 期 限 満 了 日 の3か 月 前 から 次 の(1) 又 は (2)のいずれかの 方 法 により 更 新 の 申 請 を 行 うことができる この 場 合 において 経 済 産 業 大 臣 は 当 該 申 請 の 内 容 が 適 当 と 認 められるときは 当 該 承 認 の 有 効 期 限 の 末 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 超 えない 範 囲 内 において 更 新 を 行 う (1) 電 子 情 報 処 理 組 織 により 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 特 定 手 続 等 運 用 通 達 に 基 づき 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルから 包 括 原 承 認 情 報 に 対 応 する 申 請 情 報 を 入 手 し 記 載 すべき 事 項 ( 申 請 項 目 通 達 別 表 第 19)を 再 入 力 し 4の(1)の(イ)~(ハ)の 書 類 を 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルに 記 録 又 は 当 該 書 類 を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 郵 送 若 しくは 提 出 しなければならない (2) 書 面 により 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 4の(2)の(イ)~(ニ)の 書 類 を 申 請 窓 口 に 提 出 しなければならない その 際 既 に 発 行 された 原 承 認 証 を 返 還 することを 必 要 としない 10 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 取 消 経 済 産 業 大 臣 は 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 が 法 令 若 しくは 承 認 の 条 件 に 違 反 したとき 1 若 しくは2の 要 件 を 満 たさなくなったとき 又 は 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 を 誠 実 に 履 行 することを 妨 げるおそれから 必 要 があると 認 めるときは 当 該 承 認 を 取 り 消 す ことがある 承 認 を 取 り 消 された 場 合 書 面 により 一 般 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 については 直 ちに 原 承 認 証 を 返 還 しなければならない また 承 認 の 条 件 で 規 定 されている 場 合 の 他 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 を 誠 実 に 履 行 する 観 点 から 必 要 があると 認 められるときは 経 済 産 業 大 臣 が 定 める 期 日 から 当 該 承 認 の 全 部 又 は 一 部 の 効 力 を 失 う 旨 の 通 知 を 行 うことがある Ⅱ 特 定 包 括 輸 出 承 認

5 1 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 者 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 を 行 うことができる 者 は 次 のいずれにも 該 当 する 者 とする (1) 麻 取 法 第 50 条 の27の 規 定 に 基 づく 業 務 の 届 出 を 行 った 者 (2) 特 定 包 括 輸 出 承 認 申 請 日 前 1 年 間 に 輸 出 令 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 (アセトン エチルエーテル エチルメチルケトン 塩 化 水 素 の 水 溶 液 トルエン 及 び 硫 酸 に 限 る ) 及 びこれらを 濃 度 50%( 塩 化 水 素 の 水 溶 液 及 び 硫 酸 については 濃 度 10%)を 超 えて 含 有 するものを 同 一 の 輸 入 者 ( 買 主 及 び 荷 受 人 をいう 以 下 同 じ ) 向 け 同 一 の 貨 物 の 輸 出 承 認 証 取 得 件 数 が6 件 以 上 又 は 承 認 申 請 日 前 の3 年 間 におけるそれぞれの1 年 間 に 同 一 の 輸 入 者 向 け 同 一 の 貨 物 の 輸 出 承 認 証 取 得 件 数 が2 件 以 上 であって 取 得 した 当 該 輸 出 承 認 証 において 輸 出 の 実 績 が 確 認 できる 継 続 的 な 取 引 関 係 を 有 する 者 (3) 代 表 者 を 統 括 責 任 者 とし 及 び 該 非 確 認 責 任 者 を 選 任 し 申 請 時 に これらの 者 について 経 済 産 業 大 臣 に 登 録 を 行 う 者 (4) 輸 出 貿 易 管 理 規 則 ( 昭 和 24 年 通 商 産 業 省 令 第 64 号 ) 第 1 条 の2で 定 めるところによ り 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 して 申 請 できる 者 2 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 要 件 申 請 者 が 継 続 的 な 取 引 関 係 を 有 する 同 一 の 輸 入 者 に 対 して 輸 出 令 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 (アセトン エチルエーテル エチルメチルケトン 塩 化 水 素 の 水 溶 液 トルエン 及 び 硫 酸 に 限 る ) 及 びこれらを 濃 度 50%( 塩 化 水 素 の 水 溶 液 及 び 硫 酸 については 濃 度 10%)を 超 えて 含 有 するものの 輸 出 を 行 おうとする 場 合 に 一 括 して 承 認 を 行 ってもそ の 輸 出 が 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 の 誠 実 な 履 行 を 妨 げることにならないと 認 められるときは 特 定 包 括 輸 出 承 認 を 行 う 3 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 は 次 のいずれにも 該 当 する 輸 出 とする (1) 輸 出 令 別 表 第 二 の21の3の 項 の 中 欄 に 掲 げる 貨 物 (アセトン エチルエーテル エチルメチルケトン 塩 化 水 素 の 水 溶 液 トルエン 及 び 硫 酸 に 限 る ) 及 びこれらを 濃 度 50%( 塩 化 水 素 の 水 溶 液 及 び 硫 酸 については 濃 度 10%)を 超 えて 含 有 するものの 輸 出 (2) 麻 取 法 第 50 条 の27の 規 定 に 基 づく 業 務 の 届 出 において 麻 薬 向 精 神 薬 原 料 の 輸 出 の 業 務 を 届 け 出 た 取 扱 品 名 の 輸 出 (3) 継 続 的 な 取 引 関 係 を 有 する 者 への 輸 出 4 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 手 続 特 定 包 括 輸 出 承 認 を 受 けようとする 者 は 特 定 手 続 等 運 用 通 達 に 基 づき 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルから 入 手 可 能 な 特 定 包 括 輸 出 承 認 申 請 様 式 に 記 載 すべき 事 項 ( 申 請 項 目 通 達 別 表 第 19)を 入 力 し 次 の(1)~(4)の 書 類 を 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイル に 記 録 又 は 当 該 書 類 を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 郵 送 若 しくは 提 出 しなければならない (1) 1の(2)の 要 件 を 確 認 できる 輸 出 承 認 証 両 面 の 写 し( 書 面 により 輸 出 承 認 証 の 発 行 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 1 通 (2) 麻 薬 等 原 料 輸 出 業 者 業 務 届 受 理 証 明 書 の 写 し 1 通 (3) 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 に 関 する 登 録 書 ( 様 式 a) 1 通 (4)その 他 経 済 産 業 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 める 書 類 ( 注 ) 承 認 申 請 日 前 1 年 間 に 外 為 法 違 反 によって 行 政 指 導 等 を 受 けた 者 は 行 政 指 導 等 を 踏 まえた 社 内 管 理 が 行 われていることを 確 認 できる 書 類 の 提 出 を 求 めることがある

6 5 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 窓 口 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 申 請 は 本 省 貿 易 経 済 協 力 局 貿 易 管 理 部 貿 易 審 査 課 に 行 わなければなら ない 6 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 条 件 特 定 包 括 輸 出 承 認 には 別 表 2に 掲 げる 条 件 その 他 経 済 産 業 大 臣 が 必 要 と 認 める 条 件 を 付 す 7 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 変 更 特 定 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 は 申 請 者 買 主 又 は 荷 受 人 の 名 称 若 しくは 住 所 又 は 仕 向 地 に 変 更 が 生 じたときは 特 定 手 続 等 運 用 通 達 に 基 づき 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルか ら 包 括 原 承 認 情 報 に 対 応 する 申 請 情 報 を 入 手 し 記 載 すべき 事 項 ( 申 請 項 目 通 達 別 表 第 19)を 再 入 力 し 変 更 を 要 することを 証 する 書 類 の 写 しを 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルに 記 録 又 は 当 該 書 類 を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 郵 送 若 しくは 提 出 しなければならない なお 1 の(3)により 登 録 を 行 った 統 括 責 任 者 又 は 該 非 確 認 責 任 者 に 変 更 があった 場 合 は 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 変 更 の 必 要 はないが 統 括 該 非 確 認 責 任 者 変 更 届 ( 様 式 aの2)を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 速 やかに 郵 送 又 は 提 出 しなければならない 8 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 有 効 期 限 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 有 効 期 限 は その 承 認 が 有 効 となる 日 から 起 算 して3 年 を 超 えない 範 囲 内 において 経 済 産 業 大 臣 が 定 める 日 とする ただし 7に 基 づく 変 更 の 申 請 である 場 合 には 変 更 前 の 承 認 の 有 効 期 限 までの 範 囲 において 経 済 産 業 大 臣 の 定 める 日 とする 9 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 更 新 (1) 特 定 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 は 当 該 承 認 の 有 効 期 限 満 了 日 の3か 月 前 から 更 新 の 申 請 を 行 うことができる この 場 合 において 経 済 産 業 大 臣 は 輸 出 契 約 に 基 づく 輸 出 の 実 績 が 特 定 包 括 承 認 証 を 使 用 して 輸 出 したことが 確 認 でき 当 該 申 請 の 内 容 が 適 当 と 認 められると きは 当 該 承 認 の 有 効 期 限 の 末 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 超 えない 範 囲 内 において 承 認 を 行 う (2) 更 新 のための 手 続 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 更 新 を 行 う 場 合 は 特 定 手 続 等 運 用 通 達 に 基 づき 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられたファイルから 包 括 原 承 認 情 報 に 対 応 する 申 請 情 報 を 入 手 し 記 載 すべき 事 項 ( 申 請 項 目 通 達 別 表 第 19)を 再 入 力 し 次 の(イ)~(ホ)の 書 類 を 専 用 電 子 計 算 機 に 備 えられ たファイルに 記 録 又 は 当 該 書 類 を 当 該 電 子 申 請 の 受 付 窓 口 に 郵 送 若 しくは 提 出 しなければ ならない (イ) 継 続 的 取 引 実 績 表 ( 様 式 2) (ロ)(イ)に 記 載 した 輸 出 の 実 績 を 証 する 書 類 (ハ) 麻 薬 等 原 料 輸 出 業 者 業 務 届 受 理 証 明 書 の 写 し (ニ) 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 に 関 する 登 録 書 ( 様 式 a) (ホ)その 他 経 済 産 業 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 める 書 類 ( 注 ) 承 認 申 請 日 前 1 年 間 に 外 為 法 違 反 によって 行 政 指 導 等 を 受 けた 者 は 行 政 指 導 等 を 踏 まえた 社 内 管 理 が 行 われていることを 確 認 できる 書 類 の 提 出 を 求 めることがある 10 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 取 消 経 済 産 業 大 臣 は 特 定 包 括 輸 出 承 認 を 受 けた 者 が 法 令 若 しくは 承 認 の 条 件 に 違 反 したとき

7 1 若 しくは2の 要 件 を 満 たさなくなったとき 又 は 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 を 誠 実 に 履 行 することを 妨 げるおそれから 必 要 があると 認 めるときは 当 該 承 認 を 取 り 消 す ことがある また 承 認 の 条 件 で 規 定 されている 場 合 の 他 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 を 誠 実 に 履 行 する 観 点 から 必 要 があると 認 められるときは 経 済 産 業 大 臣 が 定 める 期 日 から 当 該 承 認 の 全 部 又 は 一 部 の 効 力 を 失 う 旨 の 通 知 を 行 うことがある Ⅲ 申 請 書 類 の 記 載 方 法 1 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 書 ( 様 式 1) (1) 申 請 者 記 名 押 印 又 は 署 名 の 欄 申 請 者 が 法 人 であるときは 記 名 押 印 又 は 署 名 の 欄 には 組 織 の 代 表 者 の 記 載 も 必 要 です (2) 住 所 の 欄 申 請 者 が 法 人 であるときは 登 記 簿 上 の 本 店 の 住 所 を 記 載 してください (3) 申 請 年 月 日 の 欄 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 を 行 う 日 付 を 記 載 してください (4) 電 話 番 号 の 欄 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 を 行 う 担 当 部 署 の 電 話 番 号 を 記 載 してください 2 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 に 関 する 登 録 書 ( 様 式 a) (1) 申 請 者 名 及 び 記 名 押 印 又 は 署 名 の 欄 上 記 1(1)に 準 ずる (2) 住 所 の 欄 上 記 1(2)に 準 ずる (3) 電 話 番 号 ( 担 当 ) の 欄 上 記 1(4)に 準 ずる (4)1. 統 括 責 任 者 氏 名 の 欄 代 表 者 の 氏 名 を 記 載 してください (5)1. 統 括 責 任 者 役 職 名 の 欄 代 表 者 の 役 職 名 を 記 載 してください (6)1. 統 括 責 任 者 就 任 日 の 欄 代 表 者 の 就 任 日 を 記 載 してください (7)2. 該 非 確 認 責 任 者 氏 名 の 欄 該 非 確 認 責 任 者 の 氏 名 を 記 載 してください (8)2. 該 非 確 認 責 任 者 役 職 名 の 欄 該 非 確 認 責 任 者 の 役 職 名 を 記 載 してください (9)2. 該 非 確 認 責 任 者 就 任 日 の 欄 該 非 確 認 責 任 者 の 就 任 日 を 記 載 してください (10)2. 該 非 確 認 責 任 者 選 任 理 由 の 欄 該 非 確 認 責 任 者 の 選 任 理 由 を 記 載 してください 例 ) 部 門 課 において ( 申 請 を 行 う 物 質 名 )を 担 当 しているため 当 該 部 門 課 の 担 当 部 長 課 長 を 選 任 することとした 3 統 括 該 非 確 認 責 任 者 変 更 届 ( 様 式 a の2) (1) 申 請 者 名 及 び 記 名 押 印 又 は 署 名 の 欄 上 記 1(1)に 準 ずる (2) 住 所 の 欄 上 記 1(2)に 準 ずる (3) 電 話 番 号 ( 担 当 ) の 欄

8 上 記 1(4)に 準 ずる (4)1. 統 括 責 任 者 氏 名 の 欄 上 記 2(4)に 準 ずる (5)1. 統 括 責 任 者 役 職 名 の 欄 上 記 2(5)に 準 ずる (6)1. 統 括 責 任 者 就 任 日 の 欄 上 記 2(6)に 準 ずる (7)1. 統 括 責 任 者 ( 変 更 理 由 ) の 欄 統 括 責 任 者 の 変 更 に 伴 う 理 由 を 記 載 してください 例 ) 平 成 年 4 月 1 日 付 けで 新 たな 代 表 者 が 就 任 したため (8)2. 該 非 確 認 責 任 者 氏 名 の 欄 上 記 2(7)に 準 ずる (9)2. 該 非 確 認 責 任 者 役 職 名 の 欄 上 記 2(8)に 準 ずる (10)2. 該 非 確 認 責 任 者 就 任 日 の 欄 上 記 2(9)に 準 ずる (11)2. 該 非 確 認 責 任 者 ( 変 更 理 由 ) の 欄 該 非 確 認 責 任 者 の 変 更 に 伴 う 理 由 を 記 載 してください 例 ) 平 成 年 4 月 1 日 付 けで 新 たな 担 当 部 長 課 長 が 就 任 したため

9 別 紙 アルゼンチン オーストラリア オーストリア バングラデシュ ベルギー ボツワナ ブラジ ル カナダ チリ 中 華 人 民 共 和 国 キプロス チェコ デンマーク エジプト フランス ドイ ツ 香 港 ハンガリー インド インドネシア アイルランド イスラエル イタリア 大 韓 民 国 レソト マカオ マラウイ マレーシア メキシコ モナコ モザンビーク ナミビア オランダ ノルウェー パキスタン ペルー フィリピン ポーランド ポルトガル ルーマニア ロシア サウジアラビア シンガポール スロバキア 南 アフリカ 共 和 国 スペイン スリランカ スワジ ランド スイス 台 湾 タイ トルコ アラブ 首 長 国 連 邦 英 国 アメリカ 合 衆 国 ベトナム ザ ンビア ジンバブエ

10 別 表 1 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 条 件 承 認 条 件 の 適 用 (1) 本 承 認 は 包 括 承 認 取 扱 要 領 Ⅰの3の 範 囲 において 貨 物 の 輸 出 を 行 う 場 合 に 限 り これを 適 用 することができる (2) 一 般 包 括 輸 出 承 認 に 基 づき 輸 出 を 行 う 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 とは 麻 薬 及 び 向 精 神 際 は 当 該 輸 出 される 貨 物 の 用 途 について 薬 取 締 法 に 規 定 する 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 並 びに 当 該 輸 出 される 貨 物 が 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 覚 せい 剤 取 締 法 に 規 定 する 覚 せい 剤 をいう の 製 造 の 原 料 に 用 いられないことを あら かじめ 経 済 産 業 大 臣 に 登 録 した 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 の 指 示 に 従 い 確 認 す ること (3) 統 括 責 任 者 又 は 該 非 確 認 責 任 者 に 変 更 届 出 は 様 式 aの2によるものとする が 生 じたときは 速 やかに 経 済 産 業 大 臣 に 届 け 出 ること (4) 一 般 包 括 輸 出 承 認 に 基 づき 輸 出 を 行 っ た 際 の 資 料 を 輸 出 時 から 少 なくとも 5 年 間 保 存 し その 内 容 について 報 告 を 求 め られたときは 報 告 書 を 提 出 すること (5) 輸 出 される 貨 物 が 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 用 いられる 場 合 とは 輸 出 される 貨 物 が の 製 造 の 原 料 に 用 いられる 場 合 は 当 該 輸 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 の 製 造 の 原 料 に 使 用 され 出 について 一 般 包 括 輸 出 承 認 は 効 力 を 失 ることとなる 旨 その 取 引 に 関 する 契 約 書 又 う は 取 引 を 行 おうとする 者 が 入 手 した 文 書 にお いて 記 載 されている 場 合 や 輸 入 者 その 他 取 引 に 関 係 する 者 から 連 絡 を 受 けた 場 合 を 指 す (6) 輸 出 される 貨 物 が 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 等 の 製 造 の 原 料 に 用 いられるおそれがある 場 合 として 経 済 産 業 大 臣 から 通 知 を 受 けた 場 合 は 当 該 輸 出 について 一 般 包 括 輸 出 承 認 は 効 力 を 失 う (7) 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 は 承 認 後 に おいても 法 令 及 び 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 改 正 に 伴 い 変 更 されることがある (8) 法 令 若 しくは 承 認 の 条 件 に 違 反 したと き 包 括 承 認 取 扱 要 領 Ⅰの1 若 しくは2の 要 件 を 満 たさなくなったとき 又 は 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 を 誠 実 に 履 行 することを 妨 げるおそれがあると 認 め られるときは 本 承 認 が 取 り 消 されること がある

11 別 表 2 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 条 件 (1) 本 承 認 は 包 括 承 認 取 扱 要 領 Ⅱの3の 範 囲 において 貨 物 の 輸 出 を 行 う 場 合 に 限 り これを 適 用 することができる (2) 統 括 責 任 者 又 は 該 非 確 認 責 任 者 に 変 更 が 生 じたときは 速 やかに 経 済 産 業 大 臣 に 届 け 出 ること (3) 特 定 包 括 輸 出 承 認 に 基 づき 輸 出 を 行 っ た 際 の 資 料 を 輸 出 時 から 少 なくとも 5 年 間 保 存 し その 内 容 について 報 告 を 求 め られたときは 報 告 書 を 提 出 すること (4) 特 定 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 は 承 認 後 に おいても 法 令 及 び 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 改 正 に 伴 い 変 更 されることがある (5) 法 令 若 しくは 承 認 の 条 件 に 違 反 したと き 包 括 承 認 取 扱 要 領 Ⅱの1 若 しくは2の 要 件 を 満 たさなくなったとき 又 は 我 が 国 が 締 結 した 条 約 その 他 の 国 際 約 束 を 誠 実 に 履 行 することを 妨 げるおそれがあると 認 め られるときは 本 承 認 が 取 り 消 されること がある 承 認 条 件 の 適 用 届 出 は 様 式 aの2によるものとする

12 様 式 1(Ⅰの4の(2)の(イ) 関 係 ) 根 拠 法 規 輸 出 貿 易 管 理 規 則 第 2 条 の 2 主 務 官 庁 経 済 産 業 省 一 般 包 括 輸 出 承 認 申 請 書 承 認 番 号 有 効 となる 日 有 効 期 限 経 済 産 業 大 臣 殿 申 請 者 記 名 押 印 又 は 署 名 申 請 年 月 日 住 所 電 話 番 号 次 のとおり 申 請 をします 申 請 する 一 般 包 括 輸 出 承 認 の 範 囲 包 括 承 認 取 扱 要 領 ( 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 )のⅠの3に 掲 げるもの 承 認 又 は 不 承 認 この 申 請 を 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 第 67 条 第 1 項 輸 出 貿 易 管 理 令 第 2 条 第 1 項 第 一 号 輸 出 貿 易 管 理 令 第 8 条 第 2 項 の 規 定 により 次 の 条 件 を 付 して 承 認 する 承 認 し な い 条 件 包 括 承 認 取 扱 要 領 ( 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 )の Ⅰの6に 掲 げる 条 件 に 従 うこと 経 済 産 業 大 臣 の 記 名 押 印 日 資 付 格 記 名 押 印 注 (1) 印 の 欄 は 記 入 しないでください (2) 用 紙 の 大 きさは A 列 4 番 とします

13 様 式 2 継 続 的 取 引 実 績 表 ( 更 新 申 請 ) 年 月 日 規 制 貨 物 名 申 請 者 住 所 担 当 者 名 連 絡 先 承 認 年 月 日 承 認 番 号 買 主 荷 受 人 インボイス 番 号 契 約 年 月 日 輸 出 年 月 日 備 考

14 様 式 a 年 月 日 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 に 関 する 登 録 書 経 済 産 業 大 臣 殿 申 請 者 名 記 名 押 印 又 は 署 名 住 所 電 話 番 号 ( 担 当 ) 当 社 の 統 括 責 任 者 及 び 該 非 確 認 責 任 者 を 下 記 のとおり 登 録 します 1. 統 括 責 任 者 氏 名 : 役 職 名 : 就 任 日 : 2. 該 非 確 認 責 任 者 氏 名 : 役 職 名 : 就 任 日 : 選 任 理 由 : 記

15 様 式 a の2 統 括 該 非 確 認 責 任 者 変 更 届 年 月 日 経 済 産 業 大 臣 殿 申 請 者 名 記 名 押 印 又 は 署 名 住 所 電 話 番 号 ( 担 当 ) 下 記 のとおり 当 社 の 統 括 責 任 者 該 非 確 認 責 任 者 が 変 更 となりましたので 届 け 出 ます 1. 統 括 責 任 者 ( 変 更 前 ) 氏 名 : 役 職 名 : 就 任 日 : ( 変 更 後 ) 氏 名 : 役 職 名 : 就 任 日 : ( 変 更 理 由 ) 2. 該 非 確 認 責 任 者 ( 変 更 前 ) 氏 名 : 役 職 名 : 就 任 日 : ( 変 更 後 ) 氏 名 : 役 職 名 : 就 任 日 : ( 変 更 理 由 ) 記

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場 輸 出 される 食 品 等 に 関 する 証 明 書 の 発 行 事 務 処 理 要 領 制 定 平 成 27 年 1 月 30 日 付 け26 食 産 第 3838 号 一 部 改 正 平 成 27 年 2 月 25 日 付 け26 食 産 第 4161 号 一 部 改 正 平 成 27 年 5 月 1 日 付 け27 食 産 第 626 号 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 28 日 付

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 旅 費 取 扱 要 項 平 成 19 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 旅 行 日 数 及 び 発 着 地 ) 第 1 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による ただし, 公 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 要 した 日 数 を 除

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制 資 料 2-1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 平 成 27 年 12 月 3 日 関 税 外 国 為 替 等 審 議 会 関 税 分 科 会 財 務 省 関 税 局 1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

輸入食品監視指導計画

輸入食品監視指導計画 厚 生 労 働 省 Ministry of Health, Labour and Welfare 輸 入 食 品 等 の 安 全 性 確 保 について 平 成 255 年 7 月 23 日 新 潟 検 疫 所 金 沢 七 尾 出 張 所 / 小 松 空 港 出 張 所 新 潟 検 疫 所 食 品 監 視 課 小 松 空 港 分 室 黒 飛 敏 1 内 容 輸 入 食 品 の 現 状 について 輸 出

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

岩手県立大学学則

岩手県立大学学則 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 の 授 業 料 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 12 月 19 日 規 程 第 97 号 改 正 平 成 19 年 1 月 17 日 規 則 第 1 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 則 第 5 号 平 成 23 年 2 月 16 日 規 則 第 2 号 平 成 23 年 5 月 9 日 規 則 第 4 号 平 成 24 年 3

More information

法改正情報

法改正情報 うかる! 社 労 士 2014 年 度 版 追 加 の 法 改 正 情 報 等 です (6 月 17 日 版 ) このPDFファイルは 下 記 の2 部 構 成 になっています 第 1 部 法 改 正 情 報 P2~P27 平 成 26 年 度 試 験 に 係 る 直 近 1 年 間 の 法 改 正 情 報 のうち 総 合 テキストに 反 映 されていないものを 少 し 細 かい 点 を 含 めて

More information