平成28年度

Size: px
Start display at page:

Download "平成28年度"

Transcription

1 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 名 古 屋 大 学 年 度 計 画 ( 注 ) 内 は 中 期 計 画 を 示 す Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K1 一 体 的 に 策 定 した 学 士 課 程 教 育 の3つの 方 針 ( 学 位 授 与 教 育 課 程 編 成 実 施 入 学 者 受 入 の 方 針 )に 基 づき 教 学 マネジメント システムの 確 立 ( 教 育 基 盤 連 携 機 構 ( 仮 称 )の 設 置 ) 学 部 教 育 の 国 際 標 準 化 の 推 進 (コースナンバリングシステムの 整 備 成 績 評 価 (GPA)の 見 直 し 等 ) 教 養 教 育 の 改 革 等 により 学 部 の 教 養 専 門 教 育 をさら に 充 実 させる 新 学 部 ( 情 報 学 部 ) 設 置 に 向 けて 全 学 教 育 科 目 が 円 滑 に 実 施 できるよう 準 備 を 進 める 学 部 教 育 の 国 際 標 準 化 を 推 進 するため 平 成 29 年 度 以 降 に 新 たに 設 置 する 学 部 を 除 き コースナンバリングを 実 施 する 成 績 評 価 の 国 際 標 準 化 厳 格 化 に 向 け 6 段 階 評 価 や GPA 制 度 の 改 善 のための 検 討 を 進 め る 英 語 力 中 間 層 の 学 術 英 語 読 解 能 力 を 向 上 させるために 英 語 ( 中 級 ) 向 け TOEFL リーディ ング 対 策 用 e-learning 教 材 の 開 発 を 始 める リーディングに 必 要 な 語 彙 教 材 もあわせて 開 発 する 能 動 的 主 体 的 な 学 習 を 通 じて 読 み 書 き 話 すのコモンベーシックを 醸 成 する 基 礎 セ ミナーの 内 容 を 充 実 させる NU-OTI(Nagoya University Overseas Take-off Initiative)による 海 外 留 学 プログラム を 拡 大 する K2 一 体 的 に 策 定 した 大 学 院 課 程 教 育 の3つの 方 針 に 基 づき 大 学 院 の 国 際 標 準 化 の 推 進 ( 大 学 院 授 業 シラバスの 日 英 併 記 化 コースナンバリングシステムの 整 備 ) 大 学 院 共 通 科 目 の 拡 充 等 により 大 学 院 の 教 育 内 容 をさらに 充 実 させる 国 際 連 携 専 攻 (ジョイ ント ディグリープログラム)の 拡 充 等 により 大 学 院 教 育 の 国 際 通 用 性 を 高 める 平 成 27 年 1 月 1 日 に 設 置 した 国 際 共 同 教 育 研 究 プログラム 推 進 室 において ジョイン ト ディグリープログラムを 推 進 するため 実 施 を 検 討 している 部 局 の 支 援 を 行 う 理 学 研 究 科 に 英 国 エディンバラ 大 学 とのジョイント ディグリープログラムを 実 施 する 国 際 連 携 理 学 専 攻 ( 仮 称 ) を 設 置 し 外 国 人 教 員 を 採 用 するなど 体 制 を 整 備 する 大 学 院 教 育 の 国 際 標 準 化 を 推 進 するため 平 成 29 年 度 以 降 に 新 たに 設 置 する 研 究 科 を 除 き コースナンバリングを 実 施 する 平 成 29 年 度 設 置 又 はカリキュラム 改 革 を 実 施 する 研 究 科 を 除 き シラバスの 日 英 併 記 化 を 達 成 する 大 学 院 生 に 共 通 な 知 識 能 力 態 度 を 涵 養 するための 大 学 院 共 通 科 目 であるアカデミック ライティング 科 目 研 究 倫 理 関 係 科 目 を 充 実 させる K3 外 国 語 による 授 業 科 目 数 の 増 加 ( 全 体 の 1% 以 上 ) 日 本 語 コースの 拡 充 リメディ アル 教 育 の 充 実 履 修 証 明 プログラム 等 の 推 進 により 留 学 生 や 社 会 人 を 含 めた 多 様 な 学 生 にとって 学 びやすい 環 境 を 整 備 する 多 くの 学 生 が 参 加 しやすいように 平 成 27(215) 年 度 に 開 設 した 短 期 日 本 語 プログラ ム(NUSTEP)を 7 月 と2 月 の 年 2 回 開 催 する NU-OTI による 海 外 留 学 プログラムを 拡 大 する <K1 再 掲 > 国 際 プログラム 群 学 生 を 対 象 とした 数 学 の 補 習 クラス 及 び 日 本 語 の 夏 期 集 中 講 義 を 開 講 - 1 -

2 する 医 学 系 研 究 科 では 所 属 機 関 から 推 薦 された 医 師 を 対 象 に 医 療 界 産 業 界 と 協 力 して 医 療 の 質 向 上 と 患 者 の 安 全 を 担 う 医 師 を 養 成 することを 目 的 に 明 日 の 医 療 の 質 向 上 をリー ドする 医 師 養 成 プログラム (ASUISHI)( 平 成 27 年 1 月 開 講 )を 実 施 する 同 プログラ ム 修 了 者 には 医 療 安 全 管 理 者 研 修 修 了 証 を 交 付 する アジアサテライトキャンパスにおいて 5 名 以 上 の 国 家 中 枢 人 材 の 受 入 を 行 う 新 たなサ テライトキャンパス(インドネシア) 開 設 のための 準 備 作 業 を 進 める (2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K4 アカデミック ライティング 教 育 部 門 の 強 化 FD SD の 継 続 的 実 施 柔 軟 な 学 事 暦 の 導 入 外 国 人 教 員 の 増 員 等 全 学 の 教 育 基 盤 を 整 備 し 教 養 教 育 院 学 部 研 究 科 の 教 育 機 能 を 充 実 させる 教 育 改 革 WG での 検 討 を 踏 まえ クォーター 科 目 での 開 講 も 可 能 となる 柔 軟 な 学 事 暦 の 平 成 29 年 度 導 入 に 向 けた 準 備 を 進 める 入 口 から 出 口 まで 縫 い 目 のない 教 学 マネジメント システムを 構 築 するため 教 育 基 盤 連 携 本 部 を 設 置 する 教 育 改 革 WG での 検 討 を 踏 まえ 新 学 務 情 報 システムの 仕 様 を 策 定 する 教 養 教 育 院 の 組 織 を 見 直 し 機 能 を 強 化 する アカデミック ライティング 教 育 部 門 の 強 化 を 図 るため 外 国 人 教 員 を 増 員 する K5 グローバル 教 育 活 動 を 展 開 するため アジア 地 域 を 中 心 とした 海 外 オフィスを 活 用 し た 派 遣 プログラムの 充 実 や 海 外 協 定 校 との 教 育 的 な 相 互 連 携 を 強 化 し 学 内 の 国 際 教 育 に 関 する 体 制 を 充 実 させる 教 育 改 革 WG での 検 討 を 踏 まえ クォーター 科 目 での 開 講 も 可 能 となる 柔 軟 な 学 事 暦 の 平 成 29 年 度 導 入 に 向 けた 準 備 を 進 める <K4 再 掲 > NU-OTI による 海 外 留 学 プログラム 数 を 拡 充 する <K1 再 掲 > 交 換 留 学 生 受 入 制 度 (NUPACE)による 受 入 学 生 数 を 増 加 させるため オンライン 出 願 システ ムの 導 入 等 受 入 体 制 の 整 備 を 行 う 名 古 屋 大 学 基 金 民 間 からの 寄 付 等 を 原 資 とする 本 学 独 自 の 奨 学 事 業 を 実 施 する 受 入 派 遣 学 生 拡 大 のため 国 際 機 構 において 協 定 校 を 戦 略 的 に 拡 大 する 新 たなサテライトキャンパス(インドネシア) 開 設 のための 準 備 作 業 を 進 める <K3 再 掲 > (3) 学 生 への 支 援 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K6 学 業 進 路 等 の 大 学 の 事 情 に 通 じたメンタルヘルス 相 談 員 の 増 員 学 生 の 海 外 渡 航 の 支 援 就 活 サポーター(ピアサポート 活 動 ) 経 験 者 等 社 会 で 活 躍 している 卒 業 生 のネッ トワークの 強 化 等 による 情 報 収 集 提 供 及 び 相 談 体 制 の 充 実 課 外 活 動 に 係 る 環 境 施 設 設 備 の 改 善 充 実 等 に 取 り 組 む 平 成 27 年 度 に 創 設 した 留 学 積 立 金 制 度 において Web 利 用 による 管 理 システムの 稼 働 を 開 始 し 年 次 進 行 に 伴 う 加 入 者 の 増 加 に 対 応 できる 体 制 を 整 える 派 遣 学 生 の 拡 大 に 伴 うリスクの 増 大 に 備 えて 学 生 の 海 外 派 遣 危 機 管 理 シミュレーション 訓 練 を 実 施 し 大 学 の 危 機 管 理 マニュアルの 周 知 と 有 効 性 の 確 認 を 行 う 学 生 相 談 総 合 センターを 中 核 として 学 習 進 学 就 職 心 身 の 健 康 管 理 に 関 する 学 生 へ の 支 援 を 充 実 させるために メンタルヘルス 相 談 員 を1 名 増 員 する ビジネス 人 材 育 成 センターにおいて ポスドク 及 び 大 学 院 学 生 を 対 象 とした キャリア 支 援 を 実 施 する - 2 -

3 留 学 生 受 け 入 れ 拡 大 に 対 応 し 混 住 型 留 学 生 宿 舎 の 整 備 に 着 手 する K7 優 秀 な 学 生 が 学 業 に 専 念 できる 環 境 を 整 えるために 奨 学 金 等 の 経 済 的 支 援 を 行 う ま た 総 長 顕 彰 学 術 奨 励 賞 等 により 優 秀 な 学 生 の 学 業 と 研 究 を 奨 励 する 名 古 屋 大 学 基 金 民 間 からの 寄 付 等 を 原 資 とする 本 学 独 自 の 奨 学 事 業 を 実 施 する <K5 再 掲 > の 優 秀 な 学 生 の 学 業 と 研 究 を 奨 励 する 学 術 奨 励 賞 制 度 について より 幅 広 く 支 援 できるように 人 数 金 額 等 を 再 検 討 する K8 留 学 生 障 がいのある 学 生 には 留 学 生 宿 舎 の 整 備 及 びキャンパスのユニバーサルデ ザインによる 環 境 整 備 を 行 う 経 済 的 困 難 を 抱 えた 学 生 には 授 業 料 減 免 等 によるサポ ートを 行 う 障 がいのある 学 生 の 学 修 支 援 のため 支 援 サポーター( 学 生 )を 継 続 的 に 募 集 養 成 する 経 済 的 困 難 を 抱 えた 学 生 を 対 象 として 授 業 料 減 免 等 による 支 援 を 行 う G3 優 秀 学 生 への 奨 学 金 給 付 と 授 業 料 免 除 を 行 う 留 学 生 受 け 入 れ 拡 大 に 対 応 し 混 住 型 留 学 生 宿 舎 の 整 備 に 着 手 する <K6 再 掲 > (4) 入 学 者 選 抜 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K9 学 士 課 程 教 育 の3つの 方 針 ( 学 位 授 与 教 育 課 程 編 成 実 施 入 学 者 受 入 の 方 針 )に 基 づくシームレスな 教 学 マネジメント システムの 構 築 ( 教 育 基 盤 連 携 機 構 ( 仮 称 )の 設 置 )とともに アドミッションセンターの 設 置 多 面 的 総 合 的 評 価 方 法 の 開 発 実 施 英 語 外 部 試 験 の 活 用 等 の 入 学 者 選 抜 改 革 により 高 大 接 続 改 革 に 取 り 組 む 教 育 の 質 保 証 と 一 体 となったシームレスな 教 学 マネジメント システムの 確 立 を 目 指 し 運 営 支 援 組 織 として 教 育 基 盤 連 携 本 部 を 新 設 して そこに アドミッション 部 門 (アド ミッションセンター) と 高 等 教 育 システム 開 発 部 門 を 置 く 入 学 希 望 者 が 英 語 外 部 試 験 結 果 や 多 様 な 活 動 状 況 等 を 活 用 できるよう 推 薦 入 試 における 多 面 的 総 合 的 評 価 を 推 進 する K1 海 外 拠 点 等 を 活 用 し 海 外 の 中 等 教 育 機 関 との 連 携 を 強 化 し 優 秀 な 留 学 生 の 確 保 が できるよう 推 薦 制 度 の 導 入 など 選 抜 方 法 等 の 改 善 に 取 り 組 む 海 外 の 中 等 教 育 機 関 を 対 象 とした 推 薦 制 度 の 新 設 に 向 けて 検 討 を 開 始 する 優 秀 な 留 学 生 を 獲 得 するために 過 去 5 年 間 の 入 試 データ 入 学 後 の 追 跡 データを 分 析 し より 戦 略 的 効 率 的 なリクルート 計 画 を 立 案 する 毎 年 多 数 の 出 願 者 がある 海 外 高 校 と 連 携 し 入 試 説 明 会 模 擬 講 義 等 を 実 施 する 2 研 究 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 研 究 水 準 成 果 及 び 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K11 世 界 トップレベル 研 究 拠 点 プログラム 革 新 的 イノベーション 創 出 プログラム 及 び 研 究 大 学 強 化 促 進 事 業 等 の 推 進 により 世 界 トップレベルの 基 盤 的 研 究 を 強 化 するとともに 分 野 横 断 型 研 究 国 際 共 同 研 究 総 合 的 研 究 を 担 う 国 際 的 独 創 的 な 研 究 拠 点 を 形 成 する 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 未 来 材 料 システム 研 究 所 を 中 心 とした 省 エネルギー 研 究 開 発 の 拠 点 を 構 築 する 文 部 科 学 省 世 界 トップレベル 研 究 拠 点 プログラム (WPI)による トランスフォーマ ティブ 生 命 分 子 研 究 所 の 活 動 を 推 進 する 文 部 科 学 省 研 究 大 学 強 化 促 進 事 業 を 活 用 し 学 内 に 設 置 した 最 先 端 国 際 研 究 ユニット (WPI-next)の 活 動 を 拡 張 する 未 来 社 会 創 造 機 構 を 名 古 屋 大 学 における 先 端 応 用 研 究 の 中 心 として 位 置 づけ 産 学 協 同 研 - 3 -

4 究 講 座 等 を 充 実 させ 産 業 界 との 連 携 を 推 進 することにより 研 究 を 活 性 化 させる 文 部 科 学 省 革 新 的 イノベーション 創 出 プログラム(COI STREAM) 多 様 化 個 別 化 社 会 イノベーションデザイン 拠 点 ( 名 古 屋 COI 拠 点 )の 活 動 について 社 会 実 装 を 見 据 えてさら に 研 究 開 発 を 推 進 する 社 会 実 装 を 実 現 するためには 企 業 のより 積 極 的 な 関 与 が 不 可 欠 と なるため 産 学 協 同 研 究 部 門 における 円 滑 な 研 究 の 推 進 支 援 新 規 参 画 を 検 討 している 企 業 への 積 極 的 なアプローチ 等 を 行 う 未 来 エレクトロニクス 集 積 研 究 センターを 中 心 とした 未 来 材 料 システム 研 究 所 による 環 境 調 和 型 循 環 再 生 社 会 の 持 続 的 発 展 を 実 現 する 施 設 整 備 事 業 に 着 手 し 企 画 設 計 フェー ズコミッショニング( 性 能 検 証 )を 実 施 する K12 名 古 屋 大 学 若 手 育 成 プログラム(Young Leaders Cultivation Program(YLC)) 名 古 屋 大 学 テニュア トラック 制 度 の 拡 大 等 優 れた 若 手 研 究 者 の 雇 用 及 び 育 成 のための 制 度 環 境 整 備 を 行 う 大 学 独 自 の 若 手 研 究 者 育 成 事 業 として 若 手 育 成 プログラム (YLC)を 継 続 実 施 する 特 に YLC を 対 象 として 国 際 的 な 視 点 学 際 的 な 視 点 を 身 につけるため 異 分 野 間 で 交 流 を 深 めるセミナー 等 を 企 画 実 施 する 文 部 科 学 省 研 究 大 学 強 化 促 進 事 業 科 学 技 術 人 材 育 成 のコンソーシアムの 構 築 事 業 による 若 手 研 究 者 育 成 を 実 施 する 文 部 科 学 省 卓 越 研 究 員 制 度 の 活 用 による 優 秀 な 若 手 研 究 者 のポストを 獲 得 する 科 学 研 究 費 助 成 事 業 ( 国 際 共 同 研 究 加 速 基 金 ( 国 際 共 同 研 究 強 化 )) 及 び 頭 脳 循 環 を 加 速 する 戦 略 的 国 際 研 究 ネットワーク 推 進 プログラム を 活 用 し 若 手 研 究 者 の 海 外 経 験 を 支 援 する テニュア トラック 制 度 を 全 学 的 に 拡 大 する 優 れた 若 手 研 究 者 を 赤 﨑 賞 石 田 賞 水 田 賞 により 顕 彰 する K13 国 内 外 の 先 進 的 研 究 機 関 との 連 携 を 推 進 し 共 同 利 用 共 同 研 究 拠 点 である 宇 宙 地 球 環 境 研 究 所 未 来 材 料 システム 研 究 所 情 報 基 盤 センター を 含 む 研 究 所 センター 等 の 組 織 機 能 と 活 動 を 強 化 するため 優 れた 外 国 人 教 員 を 雇 用 し 研 究 施 設 設 備 を 充 実 させ 全 国 の 研 究 者 のニーズを 反 映 した 共 同 利 用 共 同 研 究 を 促 進 する 特 に 窒 化 ガリウム(GaN)パワー 半 導 体 の 早 期 実 用 化 に 向 けて 未 来 エレクトロ ニクス 集 積 研 究 センター 及 び 同 センターを 拠 点 とするオールジャパン 体 制 GaN 研 究 コンソーシアム を 構 築 活 用 した 研 究 開 発 を 促 進 する 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 平 成 28 年 度 から 共 同 利 用 共 同 研 究 拠 点 として 認 定 された 宇 宙 地 球 環 境 研 究 拠 点 革 新 的 省 エネルギーのための 材 料 とシステム 研 究 拠 点 の 活 発 な 研 究 活 動 を 推 進 する 愛 知 県 公 益 財 団 法 人 科 学 技 術 交 流 財 団 及 び 他 大 学 と 共 同 で 設 立 した あいちシンクロト ロン 光 センター の 運 用 を 支 援 する ( 宇 宙 地 球 環 境 研 究 所 ) 共 同 利 用 共 同 研 究 拠 点 として 研 究 者 コミュニティをまとめ 地 上 から 宇 宙 までシーム レスに 研 究 活 動 を 推 進 する 国 際 的 な 宇 宙 地 球 環 境 研 究 のハブとして 国 際 連 携 大 学 共 同 研 究 国 際 研 究 集 会 外 国 人 招 聘 型 共 同 研 究 等 の 国 際 性 の 高 いプロジェクトを 実 施 する 学 術 研 究 人 材 育 成 社 会 貢 献 において 成 果 を 挙 げ 本 学 の 研 究 力 強 化 と 機 能 強 化 に 貢 献 する ( 未 来 材 料 システム 研 究 所 ) 共 同 利 用 共 同 研 究 拠 点 として 制 度 を 整 備 し 活 発 な 研 究 活 動 を 推 進 する 体 制 を 構 築 す る 高 度 計 測 技 術 実 践 センターの 学 内 外 との 共 同 研 究 を 促 進 する - 4 -

5 未 来 エレクトロニクス 集 積 研 究 センターの 施 設 整 備 と 共 同 研 究 を 実 施 する GaN( 窒 化 ガ リウム)を 用 いた 省 エネルギーイノベーション 創 出 の 全 国 的 な 拠 点 を 形 成 し 外 国 人 教 員 を 雇 用 するなど 活 動 を 促 進 する 環 境 調 和 型 循 環 再 生 社 会 の 持 続 的 発 展 を 実 現 する 施 設 整 備 事 業 に 着 手 し 企 画 設 計 フェ ーズコミッショニング( 性 能 検 証 )を 実 施 する <K11 再 掲 > ( 環 境 医 学 研 究 所 ) 環 境 医 学 研 究 所 附 属 次 世 代 創 薬 研 究 センターを 中 心 として 産 学 協 同 研 究 部 門 との 創 薬 関 連 プロジェクトの 立 上 げを 目 指 して 共 同 セミナー 及 び 技 術 交 流 を 促 進 し また 創 薬 関 連 基 盤 技 術 ストレス 関 連 病 態 に 関 する 創 薬 シーズ 生 体 分 子 解 析 技 術 を 活 かして 創 薬 関 連 企 業 をはじめとする 共 同 研 究 の 実 施 医 学 系 研 究 科 等 の 学 内 他 部 局 や 学 外 との 共 同 研 究 を 推 進 することにより 独 創 的 な 創 薬 医 学 に 関 する 共 同 研 究 拠 点 を 形 成 する ( 情 報 基 盤 センター) 平 成 28 年 度 からネットワーク 型 共 同 利 用 共 同 研 究 拠 点 として 認 定 された 学 際 大 規 模 情 報 基 盤 共 同 利 用 共 同 研 究 拠 点 (JHPCN)の 構 成 機 関 として 活 動 を 推 進 する また 革 新 的 ハイパフォーマンス コンピューティング インフラ(HPCI) 事 業 を 実 施 し 多 様 なユ ーザーニーズに 応 える 共 用 計 算 環 境 を 整 備 する 宇 宙 地 球 環 境 研 究 所 と 情 報 基 盤 センターと 共 同 で 名 古 屋 大 学 HPC 計 算 科 学 連 携 研 究 プ ロジェクト を 推 進 する K14 国 際 的 な 研 究 拠 点 としての 充 実 を 図 るため 先 端 的 学 術 成 果 を 名 古 屋 大 学 ウェブサ イト オープンレクチャー 名 古 屋 大 学 レクチャー 高 等 研 究 院 レクチャー 記 者 会 見 等 を 通 して 積 極 的 効 果 的 に 社 会 へ 発 信 し さらに 国 際 会 議 支 援 等 を 実 施 する 名 古 屋 地 域 での 国 際 会 議 等 の 招 致 数 を 増 加 させるため 国 際 会 議 等 開 催 の 支 援 を 進 める 基 調 講 演 招 待 講 演 を 通 して 質 の 高 い 学 術 成 果 を 発 信 する 英 語 Web サイト NU Research によって 本 学 の 先 端 研 究 等 の 成 果 を 国 際 的 に 発 信 する アジア 産 学 連 携 の 展 開 を 支 援 するため 本 学 の 研 究 情 報 や 連 携 事 例 等 を 掲 載 した 英 語 広 報 物 を 作 成 する 本 学 最 新 研 究 成 果 の 国 際 的 情 報 発 信 のため 英 語 によるプレスリリースの 体 制 を 整 備 する 名 古 屋 大 学 レクチャー 等 を 通 じ 本 学 の 研 究 成 果 を 発 信 する また マスメディアを 活 用 することにより 情 報 発 信 力 を 高 める 3 社 会 との 連 携 や 社 会 貢 献 及 び 地 域 を 志 向 した 教 育 研 究 に 関 する 目 標 を 達 成 するた めの 措 置 K15 世 界 有 数 の 産 業 集 積 地 に 位 置 するという 特 色 を 活 かして 未 来 社 会 創 造 機 構 等 を 基 盤 として 国 内 外 の 産 学 官 連 携 大 学 間 連 携 を 推 進 し オープンイノベーションを 実 践 する ベンチャー 企 業 スタートアップファンド ギャップファンドの 設 立 と 活 用 によ り 大 学 発 ベンチャー 企 業 を 活 性 化 し アントレプレナー 教 育 を 充 実 させる 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 ギャップファンド 委 員 会 を 設 立 し 運 用 を 開 始 する 特 許 収 入 の 増 収 に 向 けた 体 制 を 強 化 し 特 許 以 外 の 知 的 財 産 ( 成 果 有 体 物 ソフトウェア コンサルティング 等 )の 活 用 を 促 進 する インキュベーション 施 設 へのベンチャー 企 業 の 誘 致 を 促 進 する GaN 研 究 コンソーシアムや 産 総 研 との 共 同 研 究 などの 新 たな 形 の 産 学 官 連 携 活 動 に 対 応 できる 知 財 管 理 体 制 を 整 備 する 安 全 保 障 輸 出 管 理 及 び 営 業 秘 密 管 理 のリスクマネジメント 体 制 を 整 備 する 産 学 協 同 研 究 講 座 の 成 果 の 民 間 移 行 実 装 を 連 続 迅 速 に 行 うため 複 数 講 座 を 統 合 運 営 する 産 学 連 携 研 究 センター 制 度 を 実 施 する - 5 -

6 産 学 協 同 研 究 講 座 2 件 を 誘 致 する オープンイノベーションのための 新 しい 産 学 官 連 携 研 究 開 発 体 制 として 以 下 の3つを 実 施 する 1GaN 研 究 コンソーシアムによるオープンイノベーション 体 制 の 構 築 2 産 業 技 術 総 合 研 究 所 (AIST)との 連 携 による 橋 渡 し 機 能 の 強 化 3 物 質 材 料 研 究 機 構 (NIMS)との 連 携 による 基 礎 研 究 力 の 強 化 大 学 シーズと 産 業 界 ニーズのマッチングを 強 化 するために 東 海 地 区 産 学 連 携 大 学 コン ソーシアム( 仮 ) を 設 立 する 地 方 公 共 団 体 商 工 会 議 所 等 と 連 携 して 地 域 の 産 学 官 連 携 活 動 を 推 進 する あいち 男 女 共 同 参 画 社 会 推 進 産 学 官 連 携 フォーラム( 愛 知 県 名 古 屋 市 愛 知 県 経 営 者 協 会 )と 連 携 し 理 系 女 子 進 路 選 択 支 援 シンポジウム を 開 催 する 女 性 研 究 者 研 究 活 動 支 援 事 業 ( 連 携 型 ) の AICHI 女 性 研 究 者 支 援 コンソーシアム において 名 古 屋 市 立 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 と 連 携 し さらに 連 携 企 業 の 協 力 を 得 て 女 性 研 究 者 の 支 援 を 行 う 経 済 産 業 省 革 新 的 新 構 造 材 料 等 研 究 開 発 ( 熱 可 塑 性 CFRP の 開 発 及 び 構 造 設 計 応 用 加 工 技 術 の 開 発 )における 新 構 造 材 料 技 術 研 究 組 合 名 古 屋 大 学 集 中 研 分 室 の 活 動 ( 第 1 期 ) を 推 進 する NCC 次 世 代 複 合 材 研 究 会 及 び NCC と 地 域 公 設 試 験 所 等 外 部 機 関 とが 連 携 し 組 織 化 した 東 海 北 陸 コンポジットハイウェイコンソーシアム の 活 動 を 強 化 促 進 する ビジネス 人 材 育 成 センターにおいて ポスドク 及 び 大 学 院 学 生 を 対 象 とした キャリア 支 援 を 実 施 する <K6 再 掲 > アントレプレナーシップ 教 育 について 教 育 カリキュラムの 検 討 を 行 う ビジネス 人 材 育 成 センターでの 既 設 のキャリア 形 成 カリキュラムを 分 類 体 系 化 する K16 自 治 体 教 育 機 関 と 協 力 し 各 研 究 分 野 の 特 性 強 みを 活 かした 研 究 等 を 通 じた 地 域 社 会 教 育 行 政 への 協 力 を 通 して 教 育 文 化 福 祉 安 全 などの 向 上 に 貢 献 する 減 災 連 携 研 究 センター 等 を 中 心 として 自 治 体 他 大 学 等 と 協 力 し 安 全 安 心 な 持 続 的 社 会 形 成 に 貢 献 する 名 古 屋 大 学 オープンレクチャー 等 の 研 究 成 果 のアウトリーチ 活 動 あいちサイエンス コ ミュニケーション ネットワーク 活 動 地 域 の 科 学 館 図 書 館 等 との 連 携 等 により 生 涯 学 習 の 機 会 を 提 供 し 地 域 社 会 の 教 育 福 祉 活 動 に 貢 献 する 自 治 体 民 間 等 と 連 携 し 地 域 社 会 における 防 災 減 災 に 関 する 教 育 人 材 育 成 等 に 貢 献 する 減 災 館 を 活 用 した 産 学 官 民 の 協 働 により 行 政 機 関 民 間 企 業 市 民 の 防 災 人 材 育 成 を 進 め 地 域 社 会 における 具 体 的 な 減 災 行 動 を 誘 発 し 地 域 防 災 力 の 向 上 に 努 める 地 銀 シンクタンク 商 工 会 議 所 地 方 公 共 団 体 との 連 携 により 産 学 連 携 コーディネータ ー 人 材 の 発 掘 及 び 育 成 を 行 う 東 海 地 区 大 学 連 携 を 活 用 し 三 重 大 学 愛 知 教 育 大 学 岐 阜 大 学 と 国 際 化 事 業 を 推 進 する とともに 中 部 経 済 連 合 会 とも 連 携 する K17 ホームカミングデイや 全 学 同 窓 会 海 外 同 窓 会 支 部 部 局 同 窓 会 の 活 動 等 の 多 様 な 機 会 を 活 用 して 国 内 外 の 卒 業 生 修 了 生 のコミュニティを 通 じた 社 会 との 連 携 を 深 める 第 12 回 ホームカミングデイ を 開 催 する 全 学 同 窓 会 と 学 士 会 主 催 の 講 演 会 懇 談 会 の 開 催 を 支 援 する 関 西 支 部 天 野 教 授 講 演 会 開 催 を 支 援 する 全 学 同 窓 会 の 海 外 支 部 設 立 を 支 援 する 名 古 屋 大 学 カードの 会 員 増 を 支 援 する ホームカミングデイにおいて 名 古 屋 大 学 国 際 交 流 貢 献 顕 彰 を2~3 名 に 授 与 する - 6 -

7 4 その 他 の 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1)グローバル 化 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K18 グローバルな 教 育 を 推 進 するため ジョイント ディグリー 制 度 を 含 む 教 育 プログラ ム 等 の 充 実 により 外 国 人 留 学 生 の 割 合 増 (18% 以 上 ) 単 位 認 定 可 能 なプログラムの 充 実 による 海 外 への 留 学 者 数 増 (65 名 以 上 ) 等 の 取 組 を 進 める また 海 外 拠 点 等 を 活 用 し 東 海 地 域 の 大 学 と 連 携 してグローバル 人 材 の 育 成 に 取 り 組 む 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 スーパーグローバル 大 学 創 成 支 援 事 業 における 当 該 年 度 目 標 値 の 着 実 な 達 成 を 図 る 国 際 機 構 における 短 期 留 学 (NU-OTI)での 取 得 単 位 の 取 扱 について 制 度 整 備 を 行 う 活 動 資 格 を 取 得 した 海 外 拠 点 所 在 国 における 直 接 雇 用 に 係 る 規 程 整 備 を 行 う また 国 立 大 学 改 革 強 化 推 進 事 業 により 東 海 地 区 大 学 連 携 を 強 化 活 用 して 国 際 化 事 業 を 推 進 する 海 外 協 定 校 からの 学 生 受 け 入 れの 増 加 のために 短 期 日 本 語 プログラム(NUSTEP)を 年 2 回 開 催 とする 本 学 に 留 学 を 希 望 する 学 生 に 対 し 応 募 しやすいように 応 募 時 点 での 出 願 手 続 きを 簡 素 化 する K19 世 界 最 高 水 準 の 学 術 活 動 を 国 際 的 に 展 開 し 主 にアジア 諸 国 を 対 象 として 教 育 研 究 を 通 じた 国 際 協 力 を 進 める 特 に アジアサテライトキャンパス 学 院 を 活 用 し 法 制 度 設 計 医 療 行 政 農 林 水 産 行 政 社 会 経 済 開 発 環 境 政 策 等 にかかわる 各 国 の 国 家 中 枢 人 材 ( 年 間 5 名 目 標 )を 対 象 とした 博 士 課 程 教 育 プログラムを 実 施 する 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 アジアサテライトキャンパスにおいて 5 名 以 上 の 国 家 中 枢 人 材 の 受 入 を 行 う <K3 再 掲 > 新 たなサテライトキャンパス(インドネシア) 開 設 のための 準 備 作 業 を 進 める <K3 K 5 再 掲 > K2 国 内 外 での 研 修 を 通 じた 職 員 の 外 国 語 能 力 と 国 際 感 覚 の 向 上 国 外 での 職 務 経 験 のあ る 職 員 の 活 用 等 により 業 務 運 営 における 国 際 化 を 進 める 業 務 運 営 の 国 際 化 を 推 進 できる 事 務 職 員 の 育 成 のため 様 々なレベルに 応 じた 語 学 研 修 を 実 施 するとともに 短 期 海 外 研 修 実 施 のほか 財 務 図 書 等 の 専 門 的 かつ 実 践 的 な 海 外 実 務 研 修 を 実 施 する また 長 期 に 渡 る 事 務 職 員 の 海 外 研 修 ( 勤 務 )を 実 施 する 教 職 員 学 生 に 向 けた 通 知 文 書 の 英 文 化 を 促 進 するために 翻 訳 支 援 ツールを 導 入 する さらに 学 内 規 程 の 翻 訳 を 促 進 し 学 内 外 へ 公 開 する (2) 学 術 の 基 盤 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K21 情 報 セキュリティを 確 保 した 次 期 学 術 ネットワークへの 対 応 等 の 学 術 情 報 基 盤 サー ビスを 充 実 させる NICE(Nagoya university Integrated Communication Environment)の 機 器 更 新 を 実 施 し 整 備 を 進 める 学 内 外 のクラウドを 安 全 で 効 率 的 に 利 用 するためのガイドラインを 作 成 する K22 電 子 ジャーナル 等 の 電 子 情 報 資 源 の 整 備 アクティブラーニングのための 利 用 環 境 充 実 等 により 附 属 図 書 館 の 機 能 と 活 動 を 充 実 させる 展 示 会 講 演 会 等 の 開 催 保 存 学 術 資 料 のデジタルデータ 化 学 外 との 連 携 推 進 等 を 通 して 博 物 館 の 機 能 と 活 動 を 充 実 させる ( 附 属 図 書 館 ) 名 古 屋 大 学 オープンアクセスポリシーを 制 定 し 学 術 研 究 成 果 の 公 開 を 推 進 する - 7 -

8 アンケート 調 査 の 結 果 に 基 づき ラーニングコモンズの 整 備 計 画 案 を 策 定 する 障 がい 者 による 図 書 館 資 料 の 利 用 におけるバリアフリー 化 を 推 進 するため 主 として 視 覚 障 がい 者 に 提 供 するための 資 料 電 子 化 の 実 施 要 項 を 整 備 する 研 究 基 盤 である 電 子 ジャーナルの 費 用 負 担 方 法 を 見 直 す ( 博 物 館 ) 学 術 資 料 ( 自 然 史 標 本 考 古 標 本 研 究 機 器 等 )の 整 備 と 今 後 の 蓄 積 を 進 める また 資 料 のデジタルデータベースを 作 成 し 完 成 分 から 順 次 公 開 する 年 間 入 館 者 数 25, 名 ~3, 名 程 度 を 維 持 するため 特 別 展 企 画 展 を 併 せて 年 間 3 回 程 度 行 い それに 付 随 する 特 別 講 演 会 等 を 実 施 する 地 元 自 治 体 や 地 域 博 物 館 ( 名 古 屋 市 博 物 館 名 古 屋 市 科 学 館 東 山 動 植 物 園 南 山 大 学 博 物 館 等 )との 連 携 を 推 進 する 地 域 の 大 学 と 博 物 館 実 習 等 の 大 学 院 連 携 教 育 を 実 施 する 年 代 測 定 総 合 研 究 センター 移 転 後 の 空 きスペースを 利 用 し 博 物 館 の 機 能 を 拡 充 する モンゴル 科 学 技 術 大 学 に 設 置 した 名 古 屋 大 学 フィールドリサーチセンター を 活 用 し 概 算 要 求 事 業 自 然 誌 リーダー 育 成 プログラム を 継 続 し 次 世 代 リーダー 育 成 事 業 に 関 す る 実 習 教 育 の 一 層 の 展 開 及 び 博 士 課 程 教 育 リーディングプログラム 等 における 人 材 の 育 成 に 協 力 する 地 域 社 会 に 貢 献 するため 地 球 教 室 友 の 会 ボタニカルサークル コンサート 等 を 通 じ たアウトリーチ 活 動 を 行 う 地 域 の 高 校 の SSH(スーパーサイエンスハイスクール) 等 の 先 進 的 教 育 に 協 力 する (3) 附 属 病 院 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K23 評 価 基 準 の 策 定 改 善 を 含 め 医 療 の 質 と 安 全 性 の 持 続 的 向 上 を 図 る 多 職 種 からなる 医 療 チームに 対 し チームスキルトレーニング(team STEPPS 研 修 )を 実 施 し 4 名 以 上 の 研 修 修 了 者 を 養 成 する 国 際 的 な 医 療 評 価 機 関 である JCI の 基 準 に 沿 った 院 内 マニュアル クオリティインディケ ーター(QI)の 整 備 と JCI 受 審 に 必 要 なマニュアルの 英 文 化 を 進 める クリニカルパスの 標 準 化 を 進 めるとともに 使 用 頻 度 の 高 い 治 療 のクリニカルパスを 作 成 する 明 日 の 医 療 の 質 向 上 をリードする 医 師 養 成 プログラム を 実 施 し 2 名 の 修 了 者 を 養 成 する 国 内 における 第 3 者 評 価 機 関 の 一 つである JHQC のプロフィール 認 証 を 受 審 する 倫 理 審 査 委 員 会 認 定 を 取 得 する 臨 床 研 究 実 施 に 係 る 管 理 の 効 率 化 を 図 るため 電 子 申 請 システム 導 入 以 前 に 実 施 許 可 され た 研 究 データを 電 子 化 し 臨 床 研 究 に 関 する 文 書 の 電 子 化 と 一 元 管 理 をすすめる 全 職 員 を 対 象 とした 研 修 に 個 人 情 報 保 護 に 関 する 研 修 を 組 み 入 れるとともに 職 種 別 の 個 人 情 報 保 護 研 修 を 実 施 する 個 人 情 報 保 護 に 関 する 院 内 監 査 を1 回 以 上 実 施 する 個 人 情 報 の 保 有 状 況 に 関 する 調 査 を2 回 以 上 実 施 する K24 卒 後 研 修 プログラム 整 備 等 により 多 様 な 医 療 専 門 職 の 育 成 自 己 研 鑽 支 援 に 取 り 組 む クリニカルシミュレーションセンターの 地 域 開 放 を 進 め 研 修 医 をはじめとする 多 職 種 に わたる 医 療 専 門 職 の 自 己 研 鑽 支 援 のため 同 センターを 活 用 した 種 々のセミナー ワーク ショップ 等 を 開 催 する 卒 後 臨 床 研 修 キャリア 形 成 支 援 センター 看 護 キャリア 支 援 室 を 運 用 して 保 健 学 科 と 連 携 した 看 護 教 育 を 実 施 する - 8 -

9 K25 ICT 技 術 を 活 用 するなど 次 世 代 を 見 据 えた 地 域 医 療 連 携 を 推 進 する 地 域 包 括 医 療 連 携 モデル 事 業 において 名 大 病 院 から 逓 信 病 院 への 患 者 紹 介 件 数 を 増 加 さ せる 逓 信 病 院 に 設 置 した 地 域 包 括 医 療 連 携 センターにおいて 多 職 種 連 携 のための 教 育 企 画 ( 症 例 検 討 + 教 育 企 画 )を 定 期 的 に( 月 1 回 ) 実 施 する 愛 知 県 から 受 託 した 医 療 人 材 有 効 活 用 促 進 事 業 により ICT 技 術 を 用 いた 医 療 提 供 体 制 等 の 課 題 の 整 理 とそれらに 基 づいた 県 内 医 療 関 係 者 への 研 修 会 を 開 催 する K26 高 度 で 先 端 的 な 医 療 を 実 現 するために 施 設 の 整 備 や 機 能 強 化 を 進 める 機 能 強 化 棟 整 備 病 院 スペースの 再 編 に 向 けた 検 討 組 織 を 設 置 する 第 7 次 病 院 総 合 情 報 システムについて 仕 様 書 を 作 成 し 入 札 を 行 う 小 児 医 療 センター( 仮 称 ) 設 立 に 向 けた 検 討 組 織 を 設 置 する K27 革 新 的 医 療 技 術 創 出 拠 点 として 最 先 端 臨 床 研 究 を 推 進 する 先 端 医 療 臨 床 研 究 支 援 センターを 中 心 に シーズ 探 索 機 能 を 強 化 し 新 規 シーズを5 件 以 上 発 掘 する 先 端 医 療 臨 床 研 究 支 援 センターのデータセンター 機 能 の 独 立 性 と 信 頼 性 を 担 保 するため セキュリティ 基 盤 を 強 化 する 中 部 先 端 医 療 開 発 円 環 コンソーシアムを NPO 化 し 臨 床 研 究 を 支 援 する 体 制 を 整 備 する K28 最 先 端 臨 床 研 究 を 行 える 人 材 を 育 成 する 中 部 先 端 医 療 開 発 円 環 コンソーシアムと 連 携 し 人 材 育 成 のため コンソーシアム 構 成 機 関 に 対 して 臨 床 研 究 セミナーのライブ 配 信 を5 回 以 上 行 う 附 属 病 院 国 際 化 推 進 準 備 委 員 会 を 設 置 する 外 国 人 患 者 の 診 療 依 頼 に 対 応 した 受 け 入 れルールを 整 備 する ベトナム タイにおいて 高 度 な 内 視 鏡 教 育 を 実 施 するとともに 病 理 医 の 育 成 を 行 う アジアにおける 内 視 鏡 教 育 の 拡 大 を 図 る (ミャンマー ラオス カンボジア 等 ) (4) 附 属 学 校 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K29 スーパーグローバルハイスクール(SGH)の 指 定 を 踏 まえて 先 導 的 実 験 的 な 教 育 プログラムや 教 材 の 開 発 を 進 める 名 古 屋 大 学 海 外 拠 点 (モンゴル 北 米 )を 活 用 し SGH 指 定 校 として 次 の 先 導 的 な 教 育 プログラムを 開 発 実 施 する 1) モンゴル 米 国 でのフィールド 研 究 を 高 校 生 が 共 同 で 実 施 する 2) 総 合 的 な 学 習 の 時 間 を 利 用 した 課 題 研 究 のプログラムを 開 発 する TGU との 共 同 プログラムとしてのグローバルディスカッションの 参 加 校 を 増 加 させ ネッ トワークを 拡 大 する K3 附 属 学 校 と 学 部 研 究 科 等 との 連 携 を 強 化 し 高 大 接 続 研 究 や 国 際 化 を 推 進 する 教 育 発 達 科 学 研 究 科 内 の 高 大 接 続 研 究 センターと 附 属 学 校 との 連 携 により モンゴルの 高 校 修 了 生 を 附 属 学 校 に 受 け 入 れる 仕 組 みを 作 る 附 属 高 等 学 校 生 徒 が 受 講 する 全 学 教 育 科 目 の 拡 大 について 検 討 を 進 める 海 外 の 高 校 との 姉 妹 校 協 定 を 米 国 に 拡 大 する Ⅱ 業 務 運 営 の 改 善 及 び 効 率 化 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 組 織 運 営 の 改 善 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 - 9 -

10 K31 的 確 かつ 迅 速 な 意 思 決 定 システムの 構 築 に 向 けて 企 画 機 能 を 強 化 し 継 続 的 組 織 的 な 情 報 の 収 集 分 析 に 基 づく 施 策 の 企 画 立 案 予 算 ポスト 等 の 学 内 資 源 の 戦 略 的 再 配 分 等 を 行 う エビデンスベースの 大 学 運 営 を 推 進 し IR 活 動 に 取 り 組 むため 大 学 全 体 を 俯 瞰 する 立 場 としての IR 本 部 を 設 置 し その 活 動 を 開 始 する 全 学 技 術 センター 機 能 強 化 のため 組 織 の 見 直 しを 行 う K32 年 俸 制 クロスアポイントメント 制 度 の 活 用 等 の 人 事 給 与 制 度 の 弾 力 化 名 古 屋 大 学 若 手 育 成 (YLC)プログラム テニュア トラック 制 度 女 性 の 研 究 リーダー(プリ ンシパル インベスティゲイター) 採 用 育 成 等 により 多 様 な 人 材 を 確 保 する 特 に 外 国 人 教 員 数 の 増 加 ( 対 25 年 度 比 倍 増 ) 及 び 若 手 教 員 の 確 保 並 びに 女 性 教 員 の 割 合 増 加 ( 教 員 全 体 の 2% 目 標 ) 女 性 管 理 職 の 登 用 推 進 及 び 男 女 共 同 参 画 推 進 拠 点 設 立 等 男 女 共 同 参 画 を 推 進 する 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 クロス アポイントメントの 対 象 機 関 を 民 間 企 業 海 外 研 究 機 関 に 拡 大 する 年 俸 制 適 用 教 員 を 85 名 とする テニュア トラック 制 度 の 導 入 部 局 を 拡 大 する 外 国 人 教 員 等 の 雇 用 受 入 を 積 極 的 に 行 い 平 成 25 年 度 比 の2 倍 以 上 (2 名 )とする 女 性 管 理 職 を 増 加 させる 国 際 公 募 による 女 性 PI の 採 用 (4 枠 5 年 間 ) 及 びポジティブアクションプログラムによ る 若 手 女 性 研 究 者 の 採 用 を 継 続 実 施 するとともに 各 部 局 での 女 性 教 員 採 用 を 促 進 し 22 年 度 までに 女 性 教 員 比 率 2% 達 成 をめざす 文 部 科 学 省 女 性 研 究 者 研 究 活 動 支 援 事 業 ( 連 携 型 ) により 名 古 屋 市 立 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 と 連 携 し 愛 知 県 名 古 屋 市 トヨタ 愛 知 経 営 者 協 会 愛 知 県 中 小 企 業 家 同 友 会 の 協 力 を 得 て AICHI 女 性 研 究 者 支 援 コンソーシアム の 充 実 に 努 め 男 女 共 同 参 画 の 推 進 及 び 女 性 研 究 者 リーダーの 育 成 をめざす 国 連 機 関 UN Women HeForShe キャンペーンのパイロット 事 業 IMPACT1 1 1 選 出 時 の 達 成 項 目 である 男 女 共 同 参 画 推 進 のための 拠 点 (センター)を 設 立 世 界 アジア との 連 携 による 男 女 共 同 参 画 の 推 進 を 実 施 し 大 学 における 男 女 共 同 参 画 推 進 事 業 のモデル 化 により 男 女 共 同 参 画 に 関 する 国 際 的 なハブ 大 学 化 をめざす 文 部 科 学 省 博 士 課 程 教 育 リーディングプログラム ウェルビーイング in アジア 実 現 のための 女 性 リーダー 育 成 プログラム を 軸 に 学 内 外 の 関 連 する 組 織 と 連 携 を 図 りつ つ 文 理 融 合 による 女 子 学 生 院 生 の 育 成 を 行 う 理 系 若 手 女 性 研 究 者 理 系 女 子 学 生 院 生 を 対 象 とした 若 手 女 性 研 究 者 サイエンスフォ ーラム 愛 知 県 内 および 東 海 地 区 の 女 子 中 高 生 を 対 象 とした 女 子 中 高 生 理 系 進 学 推 進 セ ミナー の 充 実 に 努 め 引 き 続 き 開 催 する 大 学 独 自 の 若 手 研 究 者 育 成 事 業 として 若 手 育 成 プログラム (YLC)を 継 続 実 施 する <K12 再 掲 > K33 ガバナンス 等 について 検 証 評 価 を 行 い 学 外 との 連 携 の 強 化 国 際 的 視 点 からの 評 価 及 び 監 査 機 能 の 充 実 によって 必 要 な 運 営 改 善 に 取 り 組 む 名 古 屋 大 学 にふさわしい 内 部 統 制 システムとリスク 管 理 体 制 について 調 査 検 討 し 結 果 を 取 りまとめる 大 学 執 行 部 と 部 局 執 行 部 との 連 絡 協 議 会 を 各 部 局 について 年 2 回 実 施 し 全 学 横 断 的 及 び 部 局 運 営 における 課 題 について 協 議 する 経 営 協 議 会 ( 年 4 回 開 催 予 定 )で 学 外 委 員 から 意 見 を 聴 取 し 大 学 の 管 理 運 営 に 活 かす 監 事 会 計 監 査 人 及 び 監 査 室 が 連 携 し 三 様 監 査 情 報 交 換 会 を 定 期 的 に 開 催 することによ り 効 率 的 な 管 理 運 営 に 努 める さらに 総 長 を 含 めた 四 者 による 会 議 を 開 催 する - 1 -

11 2 教 育 研 究 組 織 の 見 直 しに 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K34 総 長 のリーダーシップの 下 部 局 や 各 組 織 の 果 たすべき 役 割 や 機 能 の 必 要 性 を 戦 略 的 に 判 断 し 教 育 研 究 組 織 の 再 編 成 に 取 り 組 む 産 業 集 積 地 に 位 置 する 基 幹 総 合 大 学 として グローバリゼーション 知 識 基 盤 社 会 に 対 応 した 人 材 育 成 を 図 るなど 本 学 の 強 み 特 色 を 活 かして 教 育 研 究 機 能 を 強 化 し 学 内 資 源 の 再 配 分 により 工 学 系 情 報 系 人 文 社 会 系 の 教 育 研 究 組 織 の 設 置 再 編 を 行 う 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 平 成 29 年 度 の 工 学 部 工 学 研 究 科 の 改 編 に 向 け 設 置 計 画 書 を 提 出 し 改 編 の 準 備 を 行 う 平 成 29 年 度 の 情 報 学 部 情 報 学 研 究 科 設 置 に 向 け 準 備 を 行 う 平 成 29 年 度 の 人 文 学 研 究 科 の 改 編 設 置 に 向 け 設 置 計 画 書 を 提 出 し 改 編 の 準 備 を 行 う K35 優 秀 な 学 生 の 計 画 的 受 入 れ 派 遣 を 通 じて 国 際 的 視 野 をもった 人 材 を 育 成 するため ジョイント ディグリーをはじめとする 国 外 の 研 究 大 学 との 共 同 教 育 プログラムを 実 施 する 国 際 連 携 専 攻 の 設 置 を 進 める 戦 略 性 が 高 く 意 欲 的 な 計 画 国 際 的 視 野 をもった 人 材 を 育 成 するため 理 学 研 究 科 に 英 国 エディンバラ 大 学 とのジョ イント ディグリープログラムを 実 施 する 国 際 連 携 理 学 専 攻 ( 仮 称 ) を 設 置 する <K 2 再 掲 > 3 事 務 等 の 効 率 化 合 理 化 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K36 職 員 人 材 育 成 プラン( 仮 称 ) 等 に 基 づく 職 員 の 育 成 や 能 力 開 発 向 上 に 取 り 組 む ま た 特 定 分 野 の 専 門 職 やグローバル 人 材 を 採 用 育 成 する 教 職 協 働 を 通 じた 職 員 の 組 織 運 営 への 参 画 や 横 断 的 課 題 への 取 組 を 強 化 する 事 務 系 職 員 キャリアパスプランに 基 づき キャリアアップに 向 けた 主 体 的 能 力 向 上 を 支 援 する 研 修 を 整 備 する 専 門 職 として 相 応 しい 職 務 分 野 内 容 と 需 要 を 考 慮 して 高 度 な 業 務 知 識 や 経 験 を 備 えた 職 員 を 専 門 職 として 配 置 することを 推 進 する 職 員 の 能 力 向 上 及 びキャリアアップに 資 するため 他 の 機 関 との 人 事 交 流 の 機 会 を 拡 大 す る 業 務 運 営 の 国 際 化 を 推 進 できる 事 務 職 員 の 育 成 のため 様 々なレベルに 応 じた 語 学 研 修 を 実 施 するとともに 短 期 海 外 研 修 実 施 のほか 財 務 図 書 等 の 専 門 的 かつ 実 践 的 な 海 外 実 務 研 修 を 実 施 する また 長 期 に 渡 る 事 務 職 員 の 海 外 研 修 ( 勤 務 )を 実 施 する 教 職 員 学 生 に 向 けた 通 知 文 書 の 英 文 化 を 促 進 するために 翻 訳 支 援 ツールを 導 入 する <K2 再 掲 > 名 古 屋 大 学 の 教 育 研 究 に 必 要 な 技 術 支 援 を 担 う 技 術 職 員 の 資 質 の 向 上 を 目 指 して キャリ アパスプランの 作 成 に 着 手 し 研 修 を 充 実 させる 施 設 担 当 職 員 の 能 力 開 発 向 上 を 図 るため 教 職 協 働 による 研 修 会 及 び 技 術 系 セミナーを 実 施 する 学 内 安 全 向 上 のため 化 学 物 質 高 圧 ガス 局 所 排 気 装 置 等 に 関 する 職 員 のスキルアップ を 目 指 した 講 習 会 を 実 施 する K37 教 育 研 究 及 び 業 務 運 営 の 円 滑 な 遂 行 のため 業 務 のシステム 化 他 大 学 との 事 務 連 携 事 務 共 同 実 施 エビデンスに 基 づく 全 学 的 又 は 部 署 別 に 抽 出 された 課 題 についての CAP Do ( 業 務 改 善 計 画 の 策 定 と 実 施 ) 等 業 務 の 点 検 見 直 し 改 善 を 行 う 業 務 システムから 見 た 全 学 的 又 は 部 署 別 の 業 務 プロセス 上 の 課 題 について CAP Do ( 業 務 改 善 計 画 の 策 定 と 実 施 )を 推 進 し 業 務 の 点 検 見 直 し 改 善 を 行 う

12 全 学 技 術 センターの 技 術 支 援 等 について 実 施 方 法 及 び 業 務 内 容 を 点 検 し 改 善 を 行 う Ⅲ 財 務 内 容 の 改 善 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 安 定 した 財 務 基 盤 の 維 持 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K38 研 究 マネジメント 人 材 (ユニバーシティ リサーチ アドミニストレーター)の 配 置 研 究 資 金 申 請 アドバイス 制 度 等 の 研 究 支 援 を 強 化 し 科 研 費 受 託 研 究 費 等 外 部 研 究 資 金 の 獲 得 に 積 極 的 に 取 り 組 む 新 たな 制 度 による 学 術 研 究 産 学 官 連 携 推 進 本 部 の URA(ユニバーシティ リサーチ ア ドミニストレーター)を 活 用 し 基 礎 研 究 から 産 学 連 携 まで 一 貫 した 外 部 資 金 獲 得 を 支 援 す る 外 部 資 金 の 獲 得 のため 競 争 的 資 金 獲 得 のインセンティブシステムの 検 証 結 果 を 反 映 させ る また 外 部 資 金 獲 得 状 況 を 分 析 し 受 託 研 究 共 同 研 究 の 獲 得 を 進 める K39 知 財 収 入 寄 附 金 収 入 等 多 様 な 収 入 源 を 確 保 する 産 学 連 携 を 通 じ 共 同 研 究 や 企 業 研 修 により 外 部 資 金 を 獲 得 する 他 多 様 な 財 源 を 確 保 す る 名 古 屋 大 学 基 金 への 寄 附 を 促 進 するために 特 定 寄 附 の 制 度 を 充 実 させる ファンドレイザーの 外 部 委 託 を 充 実 させる 特 許 収 入 の 増 収 に 向 けた 体 制 を 強 化 し 特 許 以 外 の 知 的 財 産 ( 成 果 有 体 物 ソフトウェア コンサルティング 等 )の 活 用 を 促 進 する <K15 再 掲 > K4 病 床 再 編 集 中 治 療 室 の 増 床 手 術 室 の 増 室 等 の 病 院 機 能 強 化 による 収 入 確 保 に 取 り 組 む 手 術 室 の 運 用 をより 効 率 化 し 手 術 件 数 を 増 加 させる K41 一 般 管 理 費 等 の 経 費 を 抑 制 するために 新 財 務 会 計 システムの 導 入 入 学 料 入 学 検 定 料 等 のウェブ 決 裁 システムの 導 入 検 収 センター 集 約 化 の 検 討 等 の 業 務 見 直 しと 運 営 効 率 化 を 行 う 管 理 業 務 研 究 教 育 について 経 費 を 合 理 的 に 管 理 抑 制 するため 新 財 務 会 計 システム を 活 用 する 総 合 的 な 中 長 期 施 設 マネジメント 計 画 により 計 画 的 に 施 設 整 備 を 実 施 しコストを 削 減 する 光 熱 水 道 料 のインセンティブシステムの 検 討 を 開 始 する K42 共 同 設 備 機 器 のデータベース 及 び 予 約 システム 構 築 施 設 スペースの 有 効 活 用 寄 附 金 等 の 長 期 運 用 可 能 な 資 金 の 安 全 かつ 有 利 な 運 用 大 学 間 事 務 連 携 による 共 同 資 金 運 用 等 により 資 産 の 効 率 的 な 運 用 を 進 める 全 学 技 術 センター 設 備 機 器 共 用 推 進 室 が 構 築 した 名 古 屋 大 学 設 備 機 器 共 用 システム を 運 用 し 学 内 の 研 究 設 備 機 器 の 共 同 利 用 を 促 進 する 外 部 有 識 者 を 入 れた 財 務 戦 略 会 議 において 寄 附 金 等 長 期 運 用 可 能 な 余 裕 資 金 について 金 利 状 況 や 経 済 動 向 を 注 視 し 安 全 かつ 有 利 な 金 融 商 品 の 検 討 を 開 始 する 総 合 的 な 中 長 期 施 設 マネジメント 計 画 により 計 画 的 にスペースの 有 効 活 用 を 推 進 す る Ⅳ 自 己 点 検 評 価 及 び 当 該 状 況 に 係 る 情 報 の 提 供 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとる べき 措 置

13 1 評 価 の 充 実 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K43 国 立 大 学 法 人 評 価 大 学 機 関 別 法 科 大 学 院 認 証 評 価 スーパーグローバル 大 学 創 成 支 援 事 業 の 中 間 評 価 等 の 機 会 も 活 用 し 全 学 及 び 部 局 単 位 の 自 己 点 検 評 価 を 継 続 的 定 期 的 に 実 施 し 的 確 な 改 善 を 行 う 第 2 期 中 期 目 標 期 間 の 自 己 点 検 を 行 い 活 動 結 果 を 総 括 する 総 括 した 結 果 を 業 務 実 績 報 告 書 ( 文 部 科 学 省 ) 達 成 状 況 報 告 書 及 び 現 況 調 査 表 ( 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 )として 取 りまとめ 法 人 評 価 に 活 用 する K44 全 学 及 び 部 局 単 位 の 自 己 点 検 評 価 を 基 に 外 部 評 価 等 を 実 施 し 的 確 な 改 善 を 行 う 国 立 大 学 法 人 評 価 委 員 会 による 第 2 期 中 期 目 標 期 間 の 業 務 実 績 評 価 を 受 ける 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 による 第 2 期 中 期 目 標 期 間 の 教 育 研 究 評 価 を 受 ける 両 評 価 でのヒアリング 等 を 通 して 得 た 学 外 者 の 意 見 をもとに 大 学 運 営 教 育 研 究 活 動 等 の 課 題 を 整 理 する 2 情 報 公 開 や 情 報 発 信 等 の 推 進 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K45 中 期 目 標 期 間 中 の 自 己 点 検 大 学 機 関 別 法 科 大 学 院 認 証 評 価 に 向 けた 自 己 点 検 ス ーパーグローバル 大 学 創 成 支 援 事 業 の 中 間 自 己 点 検 等 の 結 果 財 務 レポート 環 境 報 告 書 等 大 学 運 営 に 関 する 情 報 発 信 を 進 める 第 2 期 中 期 目 標 期 間 の 自 己 点 検 結 果 を 多 様 なメディアを 通 じて 公 表 する( 冊 子 Web サ イト) 財 務 レポート 環 境 報 告 書 等 大 学 運 営 に 関 する 情 報 を 発 信 する( 冊 子 Web サイト) K46 多 様 なメディア 大 学 ポートレート 等 を 活 用 し 教 育 研 究 活 動 に 関 わる 情 報 を 国 内 外 へ 積 極 的 に 発 信 する 地 下 鉄 名 古 屋 大 学 駅 に 設 置 したデジタルサイネージ( 情 報 パネル)の 当 日 開 催 イベント 情 報 を Web サイトのトップページにわかりやすく 表 示 する Web サイト 上 での 研 究 成 果 のプレスリリース 等 の 掲 載 手 順 を 分 かりやすくする 等 により 情 報 発 信 件 数 を 増 やす Ⅴ その 他 業 務 運 営 に 関 する 重 要 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 施 設 設 備 の 整 備 活 動 安 全 管 理 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K47 キャンパスマスタープラン 216 の 点 検 評 価 キャンパスマスタープラン 222 への 改 訂 を 進 め プランに 基 づき スペースマネージメントを 含 む 総 合 的 な 中 長 期 施 設 マネジメント 計 画 の 策 定 や 二 酸 化 炭 素 排 出 量 の 25% 削 減 (221 年 25 年 比 ) 既 存 施 設 の 弾 力 的 な 運 用 再 配 分 等 を 推 進 し 国 の 財 政 状 況 等 を 踏 まえて 教 育 研 究 環 境 の 整 備 を 進 める 総 合 的 な 中 長 期 施 設 マネジメント 計 画 により 計 画 的 に 未 来 材 料 システム 研 究 所 等 の 施 設 整 備 を 推 進 する キャンパスの 防 災 安 全 対 策 として 建 物 室 内 屋 外 避 難 場 所 非 常 放 送 設 備 等 の 確 認 と 整 備 を 行 う 災 害 時 の 全 学 の 機 能 継 続 に 関 する 施 設 整 備 方 針 の 検 討 に 着 手 する K48 安 全 安 心 に 配 慮 した 教 育 研 究 環 境 を 整 備 し リスクマネジメントを 推 進 する キャンパスの 環 境 保 全 安 全 安 心 を 向 上 させるために 以 下 を 実 施 する 全 構 成 員 の 環 境 保 全 持 続 性 安 全 衛 生 に 関 係 する 意 識 知 識 の 向 上 を 見 据 えた 教 育 の 実 施 と そのための 教 材 開 発

14 安 全 管 理 の 共 通 基 盤 としてのリスクアセスメントの 各 研 究 室 への 展 開 化 学 物 質 高 圧 ガス 管 理 システム(MaCS-NU MaCS-G)の 活 用 改 良 を 実 施 また 同 デ ータベースを 作 業 環 境 測 定 や 巡 視 等 の 場 所 選 定 や 情 報 抽 出 に 活 用 国 内 外 における 大 学 間 や 産 官 学 との 情 報 共 有 を 始 めとした 連 携 を 推 進 防 災 体 制 のために 以 下 を 実 施 する 自 衛 消 防 組 織 災 害 対 策 本 部 の 体 制 の 確 認 と 点 検 居 室 実 験 室 の 室 内 安 全 対 応 の 確 認 と 点 検 災 害 後 の 機 能 継 続 に 向 けた 対 応 内 容 の 検 討 に 着 手 全 学 防 災 訓 練 (2 回 )を 計 画 実 施 防 災 災 害 対 応 に 関 する 研 修 講 習 講 演 会 等 の 開 催 総 合 的 な 中 長 期 施 設 マネジメント 計 画 により 教 育 研 究 施 設 の 維 持 管 理 に 係 るリスク マネジメント 体 制 強 化 する 2 法 令 遵 守 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 K49 公 的 研 究 費 の 使 用 情 報 セキュリティに 係 る e-learning 研 修 研 究 倫 理 等 に 係 る 大 学 院 共 通 科 目 等 の 開 講 論 文 剽 窃 防 止 策 ソフトウェア 資 産 管 理 (SAM) 実 験 等 の 適 切 な 実 施 にかかる 年 次 講 習 等 を 含 めて 法 令 遵 守 等 に 関 する 啓 発 活 動 と 学 生 を 含 めた 情 報 セキュリティ( 個 人 情 報 漏 えい 防 止 等 )の 確 保 研 究 不 正 の 防 止 研 究 費 不 正 使 用 の 防 止 に 関 する 対 策 を 行 う( 日 英 2ヶ 国 語 対 応 を 含 む) <ハラスメント> 教 職 員 学 生 生 徒 向 けのハラスメント 防 止 講 習 会 を 実 施 するとともに 新 たな 取 組 として 研 究 室 訪 問 型 研 修 を 実 施 する < 個 人 情 報 > 個 人 情 報 漏 えいを 防 止 するため 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 研 修 啓 発 活 動 を 実 施 する < 倫 理 規 程 > 全 学 利 益 相 反 マネジメント 委 員 会 と 臨 床 研 究 利 益 相 反 委 員 会 の 適 切 な 協 働 関 係 を 構 築 し 運 用 する 倫 理 規 程 について 採 用 時 等 の 研 修 機 会 に 啓 発 を 行 う < 技 術 流 出 防 止 > 産 学 官 連 携 リスクマネジメントモデル 事 業 を 実 施 し 営 業 秘 密 管 理 体 制 の 構 築 技 術 流 出 防 止 のための 類 型 とリスクに 応 じた 濃 淡 管 理 モデルの 検 討 新 電 子 申 請 システムの 他 大 学 と の 共 同 制 作 e-learning( 日 英 ) 及 び 学 内 説 明 会 による 普 及 啓 発 活 動 東 海 地 区 を 中 心 と した 他 大 学 との 事 例 共 有 等 を 行 う < 学 生 の 行 動 > 入 学 後 の 学 生 生 活 ガイダンス 等 において ハラスメント 防 止 飲 酒 の 注 意 など 大 学 生 活 における 安 全 教 育 を 行 い 法 令 遵 守 の 徹 底 を 行 う レポート 論 文 等 における 剽 窃 防 止 等 研 究 倫 理 を 涵 養 するための 教 育 を 行 う < 研 究 不 正 研 究 費 不 正 使 用 防 止 > 研 究 不 正 研 究 費 不 正 使 用 の 防 止 のため 研 究 者 及 び 研 究 支 援 者 に 対 する 研 修 を 実 施 する e-learning を 活 用 し 研 究 倫 理 教 育 に 取 り 組 む <ソフトウェア 資 産 管 理 > ソフトウェア 資 産 管 理 モデル 大 学 契 約 開 始 後 5 年 経 過 時 の 状 況 を 総 括 する < 情 報 セキュリティ> 情 報 セキュリティに 関 連 した 自 己 点 検 と 啓 発 活 動 を 行 う < 安 全 講 習 安 全 教 育 の 充 実 > 遺 伝 子 組 換 え 実 験 等 の 適 切 な 実 施 に 係 る 年 次 講 習 など 学 生 教 職 員 に 向 けた 安 全 講 習

15 安 全 教 育 を 充 実 させる K5 中 期 内 部 監 査 計 画 ( 前 後 期 ) 年 次 内 部 監 査 計 画 等 に 基 づき 法 令 遵 守 等 の 状 況 を 定 期 的 に 点 検 する 会 計 検 査 院 等 の 外 部 監 査 結 果 に 基 づく 指 摘 等 の 対 応 状 況 を 点 検 す る 中 期 内 部 監 査 計 画 ( 前 期 )に 基 づく 年 次 内 部 監 査 計 画 を 策 定 し 業 務 監 査 及 び 会 計 監 査 か らなる 内 部 監 査 を 実 施 することにより 違 法 又 は 不 当 な 業 務 執 行 を 防 止 するとともに 効 率 的 な 管 理 運 営 に 努 める 公 共 工 事 に 関 する 透 明 性 確 保 のため 入 札 監 視 委 員 会 を 開 催 する 東 海 地 区 国 立 大 学 法 人 事 務 連 携 ネットワークによる 連 携 を 推 進 するため 入 札 監 視 委 員 会 において 参 加 国 立 大 学 法 人 の 案 件 を 審 議 する Ⅵ 予 算 ( 人 件 費 の 見 積 りを 含 む ) 収 支 計 画 及 び 資 金 計 画 別 紙 参 照 Ⅶ 短 期 借 入 金 の 限 度 額 1 短 期 借 入 金 の 限 度 額 7,95,549 千 円 2 想 定 される 理 由 運 営 費 交 付 金 の 受 け 入 れ 遅 延 及 び 事 故 の 発 生 等 により 緊 急 に 必 要 となる 対 策 費 として 借 り 入 れることが 想 定 されるため Ⅷ 重 要 な 財 産 を 譲 渡 し 又 は 担 保 に 供 する 計 画 1 重 要 な 財 産 を 譲 渡 する 計 画 蓼 科 宿 泊 施 設 ( 高 原 気 候 医 学 研 究 所 )の 跡 地 の 全 部 ( 長 野 県 茅 野 市 北 山 435 番 31 外 1 4, m2)を 譲 渡 する 佐 久 島 観 測 所 ( 全 学 共 用 教 育 研 究 施 設 )の 跡 地 の 全 部 ( 愛 知 県 西 尾 市 一 色 町 佐 久 島 掛 梨 m2)を 譲 渡 する 豊 川 団 地 ( 宇 宙 地 球 環 境 研 究 所 豊 川 分 室 )の 土 地 の 一 部 ( 愛 知 県 豊 川 市 穂 ノ 原 3 丁 目 13 番 地 約 95,. m2)を 譲 渡 する 2 重 要 な 財 産 を 担 保 に 供 する 計 画 附 属 病 院 の 施 設 設 備 に 必 要 となる 経 費 の 長 期 借 入 れに 伴 い 本 学 の 土 地 及 び 建 物 を 担 保 に 供 する Ⅸ 剰 余 金 の 使 途 決 算 において 剰 余 金 が 発 生 した 場 合 は 教 育 研 究 診 療 の 質 の 向 上 及 び 組 織 運 営 の 改 善 に 充 てる Ⅹ その 他 1 施 設 設 備 に 関 する 計 画 ( 単 位 百 万 円 ) 施 設 設 備 の 内 容 予 定 額 財 源

16 最 先 端 医 療 機 能 強 化 拠 点 病 院 RI 実 験 施 設 実 験 研 究 棟 ( 工 学 系 ) 小 規 模 改 修 総 額 5,774 施 設 整 備 費 補 助 金 (1,953) 長 期 借 入 金 (3,74) ( 独 ) 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 施 設 費 交 付 金 (81) ( 注 1) 金 額 については 見 込 みであり 上 記 のほか 業 務 の 実 施 状 況 等 を 勘 案 した 施 設 設 備 の 整 備 や 老 朽 度 合 等 を 勘 案 した 施 設 設 備 の 改 修 等 が 追 加 されることもあり 得 る 2 人 事 に 関 する 計 画 1. 人 事 給 与 制 度 の 弾 力 化 を 図 り 多 様 な 人 材 を 確 保 する 2. 女 性 教 員 の 割 合 増 加 女 性 管 理 職 の 登 用 を 推 進 する 3. 職 員 育 成 能 力 向 上 に 取 り 組 む ( 参 考 1) 平 成 28 年 度 の 常 勤 職 員 数 3,75 人 また 任 期 付 職 員 数 の 見 込 みを 1,227 人 とする ( 参 考 2) 平 成 28 年 度 の 人 件 費 総 額 見 込 45,37 百 万 円 ( 退 職 手 当 を 除 く ) ( 別 紙 ) 予 算 ( 人 件 費 の 見 積 りを 含 む ) 収 支 計 画 及 び 資 金 計 画 ( 別 表 ) 学 部 の 学 科 研 究 科 の 専 攻 等 の 名 称 と 学 生 収 容 定 員 附 属 学 校 の 収 容 定 員 学 級 数

17 ( 別 紙 ) 予 算 収 支 計 画 及 び 資 金 計 画 1. 予 算 平 成 28 年 度 予 算 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 金 額 収 入 運 営 費 交 付 金 施 設 整 備 費 補 助 金 船 舶 建 造 費 補 助 金 補 助 金 等 収 入 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 施 設 費 交 付 金 自 己 収 入 授 業 料 入 学 金 及 び 検 定 料 収 入 附 属 病 院 収 入 財 産 処 分 収 入 雑 収 入 産 学 連 携 等 研 究 収 入 及 び 寄 附 金 収 入 等 引 当 金 取 崩 長 期 借 入 金 収 入 貸 付 回 収 金 目 的 積 立 金 取 崩 出 資 金 15,2 31,622 1,953 6, ,22 8,955 35, , ,74 計 支 出 業 務 費 教 育 研 究 経 費 診 療 経 費 施 設 整 備 費 船 舶 建 造 費 補 助 金 等 産 学 連 携 等 研 究 経 費 及 び 寄 附 金 事 業 費 等 貸 付 金 長 期 借 入 金 償 還 金 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 施 設 費 納 付 金 出 資 金 計 15,2 15,2 73,2 38,818 34,382 5,774 6,884 15,246 3,916 15,2 [ 人 件 費 の 見 積 り] 期 間 中 総 額 45,37 百 万 円 を 支 出 する ( 退 職 手 当 を 除 く )

18 2. 収 支 計 画 費 用 の 部 経 常 費 用 業 務 費 教 育 研 究 経 費 診 療 経 費 受 託 研 究 費 等 役 員 人 件 費 教 員 人 件 費 職 員 人 件 費 一 般 管 理 費 財 務 費 用 雑 損 減 価 償 却 費 臨 時 損 失 平 成 28 年 度 収 支 計 画 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 金 額 98,767 98,767 86,448 9,282 17,827 12, ,25 2,616 2, ,58 収 入 の 部 経 常 収 益 運 営 費 交 付 金 収 益 授 業 料 収 益 入 学 金 収 益 検 定 料 収 益 附 属 病 院 収 益 受 託 研 究 等 収 益 補 助 金 等 収 益 寄 附 金 収 益 施 設 費 収 益 財 務 収 益 雑 益 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 等 戻 入 資 産 見 返 補 助 金 等 戻 入 資 産 見 返 寄 附 金 戻 入 資 産 見 返 物 品 受 贈 額 戻 入 臨 時 利 益 純 利 益 目 的 積 立 金 取 崩 益 総 利 益 1,413 1,413 29,86 7,86 1, ,258 12,364 3,992 2, ,145 2,42 1,63 2 1,646 1,

19 3. 資 金 計 画 資 金 支 出 業 務 活 動 による 支 出 投 資 活 動 による 支 出 財 務 活 動 による 支 出 翌 年 度 への 繰 越 金 平 成 28 年 度 資 金 計 画 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 金 額 123,494 85,78 13,34 5,698 18,748 資 金 収 入 業 務 活 動 による 収 入 運 営 費 交 付 金 による 収 入 授 業 料 入 学 金 及 び 検 定 料 による 収 入 附 属 病 院 収 入 受 託 研 究 等 収 入 補 助 金 等 収 入 寄 附 金 収 入 その 他 の 収 入 投 資 活 動 による 収 入 施 設 費 による 収 入 その 他 による 収 入 財 務 活 動 による 収 入 前 年 度 よりの 繰 越 金 123,494 98,959 31,622 8,955 35,258 12,364 6,884 2, ,786 5, ,

20 別 表 ( 学 部 の 学 科 研 究 科 の 専 攻 等 ) 文 学 部 教 育 学 部 法 学 部 人 文 学 科 52 人 人 間 発 達 科 学 科 28 人 法 律 政 治 学 科 62 人 経 済 学 部 経 済 学 科 経 営 学 科 84 人 情 報 文 化 学 部 自 然 情 報 学 科 社 会 システム 情 報 学 科 32 人 理 学 部 数 理 学 科 22 人 物 理 学 科 36 人 化 学 科 2 人 生 命 理 学 科 2 人 地 球 惑 星 科 学 科 1 人 医 学 部 工 学 部 農 学 部 医 学 科 662 人 (うち 医 師 養 成 に 係 る 分 野 662 人 ) 保 健 学 科 858 人 化 学 生 物 工 学 科 6 人 物 理 工 学 科 76 人 電 気 電 子 情 報 工 学 科 68 人 機 械 航 空 工 学 科 64 人 環 境 土 木 建 築 学 科 28 人 生 物 環 境 科 学 科 14 人 資 源 生 物 科 学 科 22 人 応 用 生 命 科 学 科 32 人 文 学 研 究 科 人 文 学 専 攻 21 人 12 人 9 人 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 育 科 学 専 攻 112 人 心 理 発 達 科 学 専 攻 89 人 64 人 48 人 44 人 45 人 - 2 -

21 法 学 研 究 科 総 合 法 政 専 攻 121 人 7 人 51 人 実 務 法 曹 養 成 専 攻 19 人 (うち 専 門 職 学 位 課 程 19 人 ) 経 済 学 研 究 科 社 会 経 済 システム 専 攻 15 人 産 業 経 営 システム 専 攻 49 人 6 人 45 人 28 人 21 人 理 学 研 究 科 素 粒 子 宇 宙 物 理 学 専 攻 222 人 物 質 理 学 専 攻 195 人 生 命 理 学 専 攻 141 人 132 人 9 人 126 人 69 人 84 人 57 人 医 学 系 研 究 科 医 科 学 専 攻 5 人 (うち 修 士 課 程 5 人 ) 総 合 医 学 専 攻 636 人 (うち 博 士 一 貫 課 程 636 人 ) 名 古 屋 大 学 アデレード 大 学 国 際 連 携 総 合 医 学 専 攻 8 人 (うち 博 士 一 貫 課 程 8 人 ) 看 護 学 専 攻 54 人 36 人 18 人 医 療 技 術 学 専 攻 61 人 4 人 21 人 リハビリテーション 療 法 学 専 攻 32 人 2 人 12 人 工 学 研 究 科 化 学 生 物 工 学 専 攻 188 マテリアル 理 工 学 専 攻 249 人 122 人 66 人 168 人 81 人

22 工 学 研 究 科 電 子 情 報 システム 専 攻 168 人 18 人 6 人 機 械 理 工 学 専 攻 136 人 88 人 48 人 航 空 宇 宙 工 学 専 攻 46 人 28 人 18 人 社 会 基 盤 工 学 専 攻 91 人 64 人 27 人 結 晶 材 料 工 学 専 攻 14 人 8 人 24 人 エネルギー 理 工 学 専 攻 99 人 72 人 27 人 量 子 工 学 専 攻 91 人 7 人 21 人 マイクロ ナノシステム 工 学 専 攻 78 人 6 人 18 人 物 質 制 御 工 学 専 攻 91 人 7 人 21 人 計 算 理 工 学 専 攻 78 人 6 人 18 人 生 命 農 学 研 究 科 国 際 開 発 研 究 科 生 物 圏 資 源 学 専 攻 1 人 生 物 機 構 機 能 科 学 専 攻 17 人 応 用 分 子 生 命 科 学 専 攻 114 人 生 命 技 術 科 学 専 攻 83 人 国 際 開 発 専 攻 77 人 7 人 3 人 74 人 33 人 78 人 36 人 56 人 27 人 44 人 33 人

23 国 際 開 発 研 究 科 国 際 協 力 専 攻 77 人 国 際 コミュニケーション 専 攻 7 人 44 人 33 人 4 人 3 人 多 元 数 理 科 学 研 究 科 多 元 数 理 科 学 専 攻 184 人 94 人 9 人 国 際 言 語 文 化 研 究 科 日 本 言 語 文 化 専 攻 7 人 国 際 多 元 文 化 専 攻 98 人 4 人 3 人 56 人 42 人 環 境 学 研 究 科 地 球 環 境 科 学 専 攻 183 人 都 市 環 境 学 専 攻 157 人 社 会 環 境 学 専 攻 126 人 18 人 75 人 94 人 63 人 72 人 54 人 情 報 科 学 研 究 科 計 算 機 数 理 科 学 専 攻 53 人 情 報 システム 学 専 攻 73 人 メディア 科 学 専 攻 72 人 複 雑 系 科 学 専 攻 96 人 38 人 15 人 52 人 21 人 48 人 24 人 72 人 24 人 社 会 システム 情 報 学 専 攻 63 人 42 人 21 人

24 創 薬 科 学 研 究 科 基 盤 創 薬 学 専 攻 84 人 54 人 3 人 附 属 高 等 学 校 36 人 学 級 数 9 附 属 中 学 校 24 人 学 級 数

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

Microsoft Word - H20年度計画(提出版).doc

Microsoft Word - H20年度計画(提出版).doc 平 成 20 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 成 果 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 各 学 部 等 の 学 生 収 容 定 員 各 学

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Microsoft Word - nenndo21.doc

Microsoft Word - nenndo21.doc 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 平 成 21 年 度 年 度 計 画 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 第 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1 教 育 の 内 容 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

3 世 界 標 準 のカリキュラムを 目 指 し 留 学 時 修 得 単 位 の 柔 軟 な 認 定 制 度 を 保 持 しながら 科 目 の 体 系 化 によって 専 門 分 野 の 深 い 知 見 を 修 得 させるよう 科 目 構 成 を 見 直 す 4 国 際 教 養 教 育 として バラン

3 世 界 標 準 のカリキュラムを 目 指 し 留 学 時 修 得 単 位 の 柔 軟 な 認 定 制 度 を 保 持 しながら 科 目 の 体 系 化 によって 専 門 分 野 の 深 い 知 見 を 修 得 させるよう 科 目 構 成 を 見 直 す 4 国 際 教 養 教 育 として バラン 公 立 大 学 法 人 国 際 教 養 大 学 (12 月 8 日 現 在 ) 当 日 配 付 資 料 ( 参 考 資 料 ) 中 期 目 標 案 大 学 の 基 本 的 な 目 標 国 際 教 養 大 学 は 外 国 語 の 卓 越 した 運 用 能 力 豊 かな 教 養 及 びグローバルな 知 識 を 身 に 付 けた 実 践 力 のある 人 材 を 養 成 することを 目 的 に 設 立 され

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる 豊 富 なポテンシ

ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる 豊 富 なポテンシ 財 務 レポート 215 平 成 26 事 業 年 度 弘 前 大 学 HIROSAKI UNIVERSITY - 1 - ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

中 期 目 標 の 達 成 状 況 報 告 書 平 成 20 年 6 月 大 分 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 特 徴 1 Ⅱ. 中 期 目 標 ごとの 自 己 評 価 2 1 教 育 に 関 する 目 標 2 2 研 究 に 関 する 目 標 37 3 社 会 との 連 携, 国 際 交 流 等 に 関 する 目 標 52 Ⅰ 法 人 の 特 徴 大 分 大 学 本 学 は, 平 成 15

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518254944E9378944E93788C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518254944E9378944E93788C7689E6> 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 学 生 支 援 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 学 士 課 程 における 教 育 内 容 の 改 善 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 入

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

国保匝瑳市民病院改革プラン

国保匝瑳市民病院改革プラン 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プラン 平 成 23 年 度 進 捗 状 況 等 の 評 価 書 平 成 25 年 3 月 1 評 価 にあたって 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プランは 平 成 21 年 度 から 平 成 23 年 度 までの3か 年 を 計 画 期 間 として 経 営 効 率 化 経 営 形 態 の 見 直 し 及 び 再 編 ネットワーク 化 の3つの 視 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302E955C8E86814396DA8E9F81438CBB8BB5814396DA93492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302E955C8E86814396DA8E9F81438CBB8BB5814396DA93492E646F63> 大 学 機 関 別 認 証 評 価 自 己 評 価 書 平 成 19 年 6 月 名 古 屋 大 学 目 次 Ⅰ 大 学 の 現 況 及 び 特 徴 ⅰ Ⅱ 目 的 ⅱ Ⅲ 基 準 ごとの 自 己 評 価 基 準 1 大 学 の 目 的 1 基 準 2 教 育 研 究 組 織 ( 実 施 体 制 ) 8 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援 者 19 基 準 4 学 生 の 受 入 30 基

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A> 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

群馬大学

群馬大学 国 立 大 学 法 人 群 馬 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 番 号 中 期 目 標 中 期 計 画 ( 様 式 1-1) ( 法 人 番 号 19) ( 大 学 名 ) 群 馬 大 学 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 本 学 は 北 関 東 を 代 表 する 総 合 大 学 として 知 の 探 求 伝 承 実 証 の 拠 点 として 次 世 代 を 担 う

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

平成27年版 科学技術白書目次

平成27年版 科学技術白書目次 特 集 1 2014 年 ノーベル 賞 受 賞 の 青 色 発 光 ダイオードの 発 明 LED 照 明 の 普 及 と これからの 展 開... 1 1 2014 年 ノーベル 物 理 学 賞 受 賞... 1 2 照 明 の 歴 史 と 青 色 LED... 2 3 関 連 する 業 界 の 動 向 応 用 分 野... 4 (1) LED 照 明 産 業 の 動 向... 4 (2) LEDの

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度)

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 平 成 26 事 業 年 度 目 次 1.ごあいさつ 1 2. 熊 本 大 学 の 財 政 状 態 2 3. 熊 本 大 学 の 運 営 状 況 4 4. 附 属 病 院 の 運 営 状 況 7 5. 熊 本 大 学 の 財 務 諸 表 9 6. 国 立 大 学 法 人 の 会 計 処 理 16 7. 用 語 解 説 19 熊 本 大 学 を 支 えてくださる

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

参考資料2 産学官連携関連資料_2

参考資料2 産学官連携関連資料_2 (3)リサーチ アドミニストレーターを 育 成 確 保 する システムの 整 備 リサーチ アドミニストレーター(URA) 大 学 等 において 研 究 資 金 の 調 達 管 理 知 財 の 管 理 活 用 等 を 総 合 的 にマネジメント できる 研 究 開 発 に 知 見 のある 人 材 を 育 成 確 保 する 全 国 的 なシステムを 整 備 する とともに 専 門 性 の 高 い 職

More information

教 養 教 育 の 改 善 語 学 教 育 の 充 実 東 アジア 言 語 教 育 の 充 実 実 践 的 教 育 の 強 化 学 部 学 科 等 大 学 院 学 生 の 自 主 的 活 動 支 援 アジアの 学 術 研 究 拠 点 と 人 材 育 成 大 学 連 携 留 学 制 度 の 充 実 と 留 学 生 支 援 理 事 長 学 長 学 部 長 等 のリーダーシップ 教 員 評 価 人 事 外

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt 資 料 2 東 京 大 学 の 施 設 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 平 成 21 年 3 月 2 日 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 総 長 特 任 補 佐 磯 部 雅 彦 目 次 Ⅰ. 東 京 大 学 における 第 2 次 緊 急 整 備 計 画 5か 年 計 画 の 達 成 状 況 1. 整 備 実 績 及 び 成 果 1 2.システム 改 革 の 実 績 及 び 成 果 施

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

学 歌

学 歌 学 歌 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 工 学 部 ) 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 情 報 工 学 部 ) 目 次 九 州 工 業 大 学 のあゆみ 学 科 の 変 遷 3 組 織 6 九 州 工 業 大 学 学 則 7 工 学 部 Ⅰ 九 州 工 業 大 学 工 学 部 学 修 細 則 4 人 間 科 学 科 目 履 修 課 程 表 ⑴ 人 間 科 学 基 礎 科 目 8 ⑵ 副 専

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている 昨 今 教 育 にお いても 例 外 ではなく

Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている 昨 今 教 育 にお いても 例 外 ではなく 2014( 平 成 26) 年 度 事 業 計 画 学 校 法 人 千 葉 学 園 千 葉 商 科 大 学 千 葉 商 科 大 学 付 属 高 等 学 校 Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている

More information

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

1

1 2010 年 度 事 業 報 告 書 (2010 年 4 月 1 日 から2011 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 修 道 学 園 1 法 人 の 概 要 1 建 学 の 精 神 修 道 の 歴 史 は 1725( 享 保 10) 年 に 広 島 浅 野 藩 の 藩 校 講 学 所 が5 代 藩 主 浅 野 吉 長 公 によって 創 始 されたことが 淵 源 です 修 道 とは 四 書

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に 新 エネルギーベンチャー 技 術 革 新 事 業 基 本 計 画 P10020 イノベーション 推 進 部 1. 制 度 の 目 的 目 標 内 容 (1) 制 度 の 目 的 1 政 策 的 な 重 要 性 本 事 業 は 2001 年 3 月 に 閣 議 決 定 した 科 学 技 術 基 本 計 画 における 国 家 的 社 会 的 課 題 に 対 応 した 研 究 開 発 の 重 点 分 野

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

東 北 厚 生 局 の 業 務 概 要 ( 平 成 23 年 度 ) 厚 生 労 働 省 東 北 厚 生 局 平 成 23 年 度 の 業 務 報 告 に 当 たって ~ 東 北 の 復 興 を 全 国 の 福 幸 に~ 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 により 人 々の 生 活 や 人 生 は 一 瞬 のうちに 激 変 しました 食 事 も 寝 る 所

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2 資 料 2-2-2 科 学 技 術 学 術 審 議 会 総 会 ( 第 52 回 ) H27.9.9 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 国 際 的 視 点 からの シナリオプランニング 科 学 技 術 学 術 審 議 会 資 料 2015 年 9 月 9 日 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 概 要

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information