国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微"

Transcription

1 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置 づけや 施 策 の 方 向 事 業 内 容 などを 重 視 し 観 光 政 策 の 質 的 な 現 状 を 把 握 分 析 する 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 (2014) を 実 施 しました 調 査 概 要 研 究 者 : 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 協 力 観 光 庁 事 務 局 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 観 光 政 策 研 究 部 ( 担 当 : 吉 澤 清 良 ) 調 査 方 法 : 郵 送 による 調 査 票 の 配 布 回 収 調 査 期 間 :7 月 14 日 ( 月 )~9 月 29 日 ( 月 ) 調 査 対 象 :47 都 道 府 県 20 政 令 指 定 都 市 ( 回 収 率 100%) 主 な 調 査 結 果 観 光 政 策 を 極 めて 重 要 とした 都 道 府 県 は 57.4% 政 令 指 定 都 市 3% 観 光 予 算 が 増 えた 都 道 府 県 は 54.3% 政 令 指 定 都 市 5% 観 光 政 策 を 極 めて 重 要 な 位 置 づけ 重 要 な 位 置 づけ とした 割 合 は 都 道 府 県 10% 政 令 指 定 都 市 9%)であった 交 流 人 口 の 拡 大 による 地 域 経 済 の 活 性 化 地 域 の 活 力 維 持 など 総 合 的 な 地 域 活 性 が 期 待 されている 組 織 人 員 の 強 化 が 都 道 府 県 の 62.9% 政 令 指 定 都 市 の 6%で 行 われている 都 道 府 県 では 観 光 計 画 の 策 定 が 65.7%にのぼる 重 点 施 策 は 国 際 観 光 の 振 興 が 一 位 都 道 府 県 で 91.5% 政 令 指 定 都 市 9% 一 定 の 成 果 のあがった 分 野 は 国 際 観 光 の 振 興 情 報 発 信 宣 伝 PR 一 定 の 成 果 のあった 分 野 は 国 際 観 光 の 振 興 が 都 道 府 県 67.4% 政 令 指 定 都 市 64.7% 情 報 発 信 宣 伝 PR が 都 道 府 県 41.9% 政 令 指 定 都 市 35.3%であった 国 際 観 光 の 重 点 市 場 一 位 は 台 湾 52 自 治 体 が 選 ぶ タイ(44 自 治 体 ) 韓 国 (37 自 治 体 ) 中 国 (32 自 治 体 )と 続 く 降 雪 がありスキー 場 のある 道 県 では オーストラリア(8 自 治 体 ) 日 本 的 な 歴 史 文 化 資 源 を 魅 力 とする 県 では フランス(9 自 治 体 )への 期 待 も 高 い アジア 以 外 の 国 としてフランスが 親 日 的 で 異 文 化 への 理 解 が 高 い ヨーロッパの 旅 行 市 場 への 影 響 力 が 大 きい などを 理 由 として 9 都 道 府 県 から 重 点 市 場 として 挙 げられている MICEの 誘 致 を 重 要 施 策 とするのは 都 道 府 県 で 38.3% 政 令 指 定 都 市 で 8% 1

2 国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 減 (40% 38.3%)となっている 都 道 府 県 の 観 光 施 策 におけるMICEの 重 要 性 が 低 下 したものではなく MICE 誘 致 における 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 との 役 割 分 担 の 明 確 化 によるものと 推 察 できる :2010 年 度 に 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 が 都 道 府 県 を 対 象 に 自 主 事 業 の 一 環 で 実 施 一 部 の 今 回 の 調 査 と 同 じ 内 容 の 設 問 を 含 んでいる 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくりを 重 点 施 策 とする 都 道 府 県 が 大 きく 増 加 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくり を 重 点 施 策 とする 都 道 府 県 は 2010 年 度 調 査 の 43%から 80.9%と 大 きく 上 昇 デスティネーションキャンペーンなどを 契 機 として 各 地 で 地 域 資 源 を 活 かした 魅 力 ある 観 光 地 づくりや 滞 在 型 の 観 光 地 づくりの 取 り 組 みが 進 められている 観 光 振 興 の 課 題 は 外 国 人 の 受 入 体 制 都 道 府 県 で 5% 政 令 指 定 都 市 66.7% 行 政 の 財 源 人 員 経 験 の 不 足 も 大 きな 課 題 に 観 光 行 政 に 対 する 財 源 不 足 ( 都 道 府 県 31.6% 政 令 指 定 都 市 55.6%) 担 当 職 員 の 人 員 不 足 (31.6% 38.9%) 担 当 職 員 の 経 験 不 足 (18.4% 22.2%)が 課 題 として 挙 げられている 観 光 政 策 上 の 具 体 的 な 変 化 では 予 算 の 増 強 組 織 人 員 の 強 化 が 挙 げられてはいたものの 多 方 面 を カバーする 観 光 行 政 においてますます 高 度 化 専 門 化 する 事 業 を 遂 行 していくには 予 算 や 人 材 の 面 で 行 政 特 有 の 構 造 的 な 課 題 を 抱 えている アンケートから 見 えてきた 観 光 立 国 の 実 現 に 向 けた 課 題 今 回 のアンケート 調 査 結 果 から 見 えてきた 観 光 立 国 の 実 現 に 向 けた 課 題 は 以 下 の 通 りである 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくりを 重 点 施 策 とする 都 道 府 県 が 大 きく 増 加 観 光 地 間 競 争 の 高 まりで 改 めて らしさ の 追 求 に 腐 心 都 道 府 県 において 一 定 の 成 果 のあった 分 野 は 国 際 観 光 の 振 興 (67.4%) 情 報 発 信 宣 伝 PR (41.9%) 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくり(37.2%) が 上 位 を 占 めた 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくり を 重 点 施 策 とする 都 道 府 県 は 2010 年 度 調 査 の 43%から 80.9%と 大 きく 上 昇 している 観 光 による 地 域 活 性 化 への 期 待 はますます 高 まり 観 光 地 では 競 争 の 激 化 が 見 込 まれている 一 方 消 費 者 サイドでは ニーズの 多 様 化 進 化 ( 深 化 )に 一 層 拍 車 がかかっている そうしたなか で 地 域 には 他 地 域 と 高 度 に 差 別 化 された オンリーワンの 魅 力 づくり コンテンツづくり 地 域 らしさを 感 じられるモノや 仕 掛 けの 創 出 と 強 力 な 発 信 が 改 めて 課 題 となっているようだ 効 果 的 な 広 域 連 携 により 国 際 競 争 力 の 高 い 魅 力 ある 観 光 地 の 形 成 を 観 光 政 策 上 の 具 体 的 な 変 化 をみると 都 道 府 県 の 市 町 村 との 連 携 強 化 は 37.1% 政 令 指 定 都 市 の 都 道 府 県 との 連 携 強 化 は 1%と 低 い 割 合 であった また 広 域 連 携 を 重 点 施 策 とする 割 合 を みると 都 道 府 県 が 40.4% 政 令 指 定 都 市 が 3%と 重 視 する 自 治 体 は 半 数 以 下 となっている しかし 観 光 地 マーケティングの 視 点 に 立 つと 今 後 ますます 期 待 が 高 まる 国 際 観 光 の 進 展 のため にも 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 のさらなる 連 携 強 化 は 不 可 欠 である 広 域 連 携 によりむしろ 地 域 らしさ 他 地 域 との 差 別 化 が 明 確 にならないだろうか 観 光 地 の 連 携 は それぞれが 特 性 を 活 かして その 機 能 や 魅 力 を 補 完 することで 圏 域 全 体 としての 多 様 性 の 確 保 や ポテンシャルの 拡 大 地 域 ごとの 役 割 分 担 特 化 による 機 能 の 高 度 化 などの 効 果 が 期 待 でき そうだ 広 域 連 携 は 効 果 的 に 行 っていくことで 前 述 した 地 域 らしさの 追 求 発 信 に 関 する 課 題 も 少 なからず 解 決 されるものと 考 える 国 際 競 争 力 の 高 い 魅 力 ある 観 光 地 の 形 成 の 実 現 を 期 待 したい 2

3 1. 観 光 政 策 の 位 置 づけ ~ 観 光 は 基 幹 産 業 のひとつであり 観 光 政 策 の 位 置 づけは 非 常 に 高 い ~ 交 流 人 口 の 拡 大 による 地 域 経 済 の 活 性 化 地 域 の 活 力 維 持 など 総 合 的 な 地 域 活 性 化 を 期 待 観 光 政 策 の 位 置 づけは 都 道 府 県 では 極 めて 重 要 57.4% 重 要 4% 政 令 指 定 都 市 では 極 めて 重 要 3% 重 要 5%となった 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 ともに 観 光 政 策 の 位 置 づけは 非 常 に 高 い 多 くの 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 から 観 光 は 基 幹 産 業 のひとつ 人 口 減 少 社 会 への 対 策 として 交 流 人 口 の 拡 大 による 地 域 経 済 の 活 性 化 雇 用 の 維 持 創 出 をはじめ 総 合 的 な 地 域 の 活 性 化 を 期 待 との 趣 旨 の 回 答 が 寄 せられている 都 道 府 県 について 2010 年 度 に 実 施 された 同 種 の 調 査 都 道 府 県 の 観 光 振 興 に 関 する 調 査 ( 1) ( 以 下 2010 年 度 調 査 )をみると 極 めて 重 要 51% 重 要 47%となっており 観 光 政 策 の 位 置 づけが 高 まっ ているのが 分 かる 1:2010 年 度 に 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 が 都 道 府 県 を 対 象 に 自 主 事 業 の 一 環 で 実 施 一 部 の 今 回 の 調 査 と 同 じ 内 容 の 設 問 を 含 んでいる 観 光 政 策 の 位 置 づけ 観 光 政 策 の 位 置 づけ ( 単 数 回 答,n=20) H23 年 度 2.1% H26 年 度 2% 4% 47% 51% 57.4% 極 めて 重 要 な 位 置 づけにある 重 要 な 位 置 づけにある 行 政 政 策 の 一 つである a. 極 めて 重 要 な 位 置 づけにある b. 重 要 な 位 置 づけにある c. 行 政 政 策 の 一 つである d.その 他 e. 不 明 無 回 答 未 選 択 観 光 政 策 の 位 置 づけの 変 化 ~ 高 まる 観 光 政 策 の 位 置 づけ 組 織 人 員 を 強 化 予 算 を 増 強 ~ 今 後 国 際 観 光 の 進 展 のためにも 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 のさらなる 連 携 強 化 を 期 待 観 光 政 策 の 位 置 づけの 変 化 をみると 重 要 性 が 高 くなった と 都 道 府 県 では 74.5% 政 令 指 定 都 市 で は 8%が 回 答 している 重 要 性 が 高 くなった との 回 答 者 に 対 して その 具 体 的 な 内 容 の 変 化 を 聞 いたところ 都 道 府 県 では 観 光 計 画 の 策 定 65.7% 組 織 人 員 の 強 化 62.9% 予 算 の 増 強 54.3% 政 令 指 定 都 市 では 組 織 人 員 の 強 化 6% 予 算 の 増 強 5% 民 間 事 業 者 との 連 携 強 化 4%の 割 合 が 高 い 組 織 人 員 の 強 化 予 算 の 増 強 は 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 に 共 通 した 回 答 となっている 興 味 深 い 回 答 が 得 られた 項 目 としては 都 道 府 県 では 市 町 村 との 連 携 強 化 37.1%に 対 して 政 令 指 定 都 市 では 都 道 府 県 との 連 携 強 化 1%と 低 く 地 方 自 治 における 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 の 位 置 づけ や 役 割 を 反 映 したものと 推 察 される しかし 今 後 ますます 期 待 が 高 まる 国 際 観 光 の 進 展 のためにも 観 光 地 マーケティング( 2)の 視 点 からも 今 後 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 のさらなる 連 携 強 化 は 欠 かせな い 要 件 であると 言 える 2: 観 る 旅 行 するレクリエーション 旅 行 体 験 学 習 型 旅 行 等 の 違 いに 留 意 しながら 何 を( 商 品 - 効 用 経 験 価 値 ) どこの( 市 場 ) 誰 に( 客 層 ) 売 るかを 考 えていくこと 3

4 図 -3 具 体 的 な 変 化 の 内 容 ( 複 数 回 答,n=35) 具 体 的 な 変 化 の 内 容 ( 複 数 回 答,n=16) a. 予 算 が 増 強 された b. 組 織 人 員 が 強 化 された c. 他 部 局 との 連 携 が 強 化 された d. 観 光 振 興 条 例 を 策 定 した e. 観 光 計 画 を 策 定 した f. 市 町 村 との 連 携 が 強 化 された g 観 光 協 会 との 連 携 が 強 化 された h. 民 間 事 業 者 との 連 携 が 強 化 された i.その 他 a. 予 算 が 増 強 された b. 組 織 人 員 が 強 化 された c. 他 部 局 との 連 携 が 強 化 された d. 観 光 振 興 条 例 を 策 定 した e. 観 光 計 画 を 策 定 した f. 都 道 府 県 との 連 携 が 強 化 された g. 観 光 協 会 との 連 携 が 強 化 された h. 民 間 事 業 者 との 連 携 が 強 化 された i.その 他 観 光 の 重 点 施 策 の 分 野 ~ 国 際 観 光 の 振 興 が 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 ともに 一 位 都 道 府 県 では 商 品 づくり 魅 力 づ くり 政 令 指 定 都 市 では 国 際 観 光 の 振 興 にも 直 結 するMICEの 誘 致 が 上 位 に ~ 都 道 府 県 には 広 域 連 携 における 総 合 調 整 機 能 のさらなる 発 揮 を 期 待 観 光 の 重 点 施 策 の 分 野 をみると 都 道 府 県 では 国 際 観 光 の 振 興 91.5% 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づく り 80.9% 情 報 発 信 宣 伝 PR 80.9% 政 令 指 定 都 市 では 国 際 観 光 の 振 興 9% コンベンシ ョン 等 MICEの 誘 致 8% 情 報 発 信 宣 伝 PR 7%の 割 合 が 高 い 政 令 指 定 都 市 では 国 際 観 光 の 振 興 にも 直 結 する コンベンション 等 MICEの 誘 致 が 重 点 分 野 として 挙 げられているのが 特 徴 的 である MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 減 (40% 38.3%)となっている 都 道 府 県 の 観 光 施 策 におけるMICEの 重 要 性 が 低 下 したものではなく MICE 誘 致 における 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 との 役 割 分 担 の 明 確 化 によるものと 推 察 できる 国 も 支 援 している 広 域 連 携 は 都 道 府 県 が 40.4% 政 令 指 定 都 市 が 3%と その 割 合 は 高 くない 広 域 連 携 では 複 数 の 自 治 体 をはじめ 多 くの 関 係 者 が 関 与 するため 意 志 決 定 の 難 しさなどが 指 摘 されるとこ ろであるが だからこそ 行 政 にあっては 特 に 都 道 府 県 のより 積 極 的 な 関 与 総 合 調 整 機 能 の 発 揮 が 期 待 される 観 光 統 計 マーケティング については 都 道 府 県 14.9% 政 令 指 定 都 市 が 10%と 低 かった 新 幹 線 や 高 速 道 路 の 整 備 LCCの 台 頭 もあって 旅 行 者 の 交 通 手 段 などの 選 択 範 囲 が 広 がり 国 内 外 の 観 光 地 との 競 争 の 激 化 が 見 込 まれるなか 来 訪 者 の 実 態 把 握 等 観 光 統 計 の 充 実 や 観 光 地 マーケティングの 視 点 に 立 った 観 光 戦 略 の 企 画 策 定 が 必 要 である 2010 年 度 調 査 との 比 較 では 都 道 府 県 で 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくり を 重 点 施 策 とするが が 大 き くポイントを 上 げている(43% 80.9% 37.9 ポイント 増 ) デスティネーションキャンペーンなどを 契 機 として 各 地 で 地 域 資 源 を 活 かした 魅 力 ある 観 光 地 づくりや 滞 在 型 の 観 光 地 づくりの 取 り 組 みが 進 めら れた 例 えば 青 森 県 では 青 森 ならでは を 強 く 印 象 づける 観 光 コンテンツの 開 発 と 地 域 ブランドの 確 立 に 長 年 取 り 組 んできているが 東 北 新 幹 線 全 線 開 業 (2010 年 12 月 )や 青 森 デスティネーションキャンペーン (2010 年 )などにより 観 光 コンテンツの 開 発 はさらに 一 層 進 展 をみせている 福 島 県 でも 2015 年 春 のデ スティネーションキャンペーンに 合 わせて 地 域 の 観 光 素 材 の 発 掘 磨 き 上 げ おもてなしレベル 向 上 の ための 人 材 育 成 などが 行 われている 三 重 県 では 伊 勢 神 宮 式 年 遷 宮 (2013 年 ) 熊 野 古 道 世 界 遺 産 登 録 10 周 年 (2014 年 )を 契 機 に 三 重 県 観 光 キャンペーン~ 実 はそれ ぜんぶ 三 重 なんです!~ を 官 民 一 体 と 4

5 なって 展 開 中 であり みえ 旅 案 内 所 の 設 置 みえ 旅 パスポートの 発 給 などが 行 われている また 沖 縄 県 では 観 光 ブランド 力 の 強 化 に 向 けて 今 後 の 成 長 分 野 と 位 置 づけている 教 育 旅 行 や 医 療 ツーリズム リゾ ートダイビング リゾートウェディング 等 について 新 たな 価 値 を 加 えた 商 品 造 成 を 促 進 している 国 際 競 争 力 の 高 い 魅 力 ある 観 光 地 の 形 成 に 向 けた 取 り 組 みが 各 地 でますます 強 化 されている 観 光 の 重 点 施 策 の 分 野 ( 複 数 回 答,n=47) k. 市 町 村 支 援 ( 補 助 ) n. 観 光 統 計 マーケティンク 年 2014 年 観 光 の 重 点 施 策 の 分 野 ( 複 数 回 答,n=20) k. 区 自 治 会 の 支 援 ( 補 助 ) 一 定 の 成 果 の 得 られた 分 野 と 2014 年 度 に 予 算 が 増 加 した 分 野 ~ 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 とも 成 果 のあった 分 野 予 算 の 増 加 した 分 野 は 国 際 観 光 の 振 興 情 報 発 信 宣 伝 PR ~ 北 陸 新 幹 線 北 海 道 新 幹 線 の 開 業 をにらんだ 取 り 組 みが 進 む ここ 数 年 で 一 定 の 成 果 の 得 られた 分 野 をみると 都 道 府 県 では 国 際 観 光 の 振 興 67.4% 情 報 発 信 宣 伝 PR 41.9% 新 しい 商 品 づくり 魅 力 づくり 37.2% 政 令 指 定 都 市 では 国 際 観 光 の 振 興 64.7% 情 報 発 信 宣 伝 PR 35.3% コンベンション 等 MICEの 誘 致 29.4%の 割 合 が 高 い 2010 年 度 調 査 との 比 較 では 都 道 府 県 で 国 際 観 光 の 振 興 が 大 きくポイントを 上 げている(47% 67.4% 20.4 ポイント 増 ) この 間 訪 日 外 国 人 客 数 は 堅 調 に 推 移 し 2013 年 には 過 去 最 高 (10,363,904 人 )を 記 録 した 2014 年 も 10 月 までの 累 計 で 1,100 万 9 千 人 と 過 去 最 高 を 突 破 引 き 続 き 好 調 に 推 移 し ている 2014 年 度 に 予 算 が 増 加 した 分 野 は 前 述 の 重 点 施 策 の 分 野 一 定 の 成 果 の 得 られた 分 野 と 大 きく 関 係 しており 都 道 府 県 では 国 際 観 光 の 振 興 47.4% 情 報 発 信 宣 伝 PR 34.2% 新 しい 商 品 づく り 魅 力 づくり 28.9% 政 令 指 定 都 市 では 国 際 観 光 の 振 興 30.8% 情 報 発 信 宣 伝 PR 23.1% 観 光 関 連 施 設 の 建 設 整 備 ( 3) 23.1%の 割 合 が 高 い 3: 観 光 案 内 サインの 整 備 などの 回 答 を 含 む 2014 年 度 2015 年 度 には 地 域 の 観 光 にも 大 きな 影 響 を 与 える 北 陸 新 幹 線 (2015 年 3 月 開 業 )や 北 海 道 新 幹 線 (2015 年 度 末 開 業 )の 開 業 が 予 定 されている 北 陸 三 県 ( 富 山 県 石 川 県 福 井 県 )や 新 潟 県 青 函 圏 ( 北 海 道 青 森 県 )などでは 新 幹 線 の 開 業 による 観 光 客 の 誘 致 に 向 けた 取 り 組 みが 活 発 化 してい る 2014 年 度 に 予 算 が 増 加 した 分 野 で 回 答 のあった 具 体 的 な 事 業 や 2014 年 度 の 新 規 事 業 目 玉 事 5

6 業 をみても 各 県 で 観 光 地 の 魅 力 づくり 事 業 や 旅 行 商 品 化 事 業 プロモーション 事 業 などが 数 多 く 挙 げ られている 最 大 の 旅 行 市 場 である 首 都 圏 より 発 着 する 両 新 幹 線 の 開 業 は 特 に 国 内 観 光 に 大 きなインパ クトをもたらすものと 思 われる 2015 年 度 以 降 も 観 光 地 消 費 者 双 方 の 動 きが 注 目 される これまでに 一 定 の 成 果 の 得 られた 分 野 ( 複 数 回 答,n=43 ) k. 市 町 村 支 援 ( 補 助 ) 年 2014 年 これまでに 一 定 の 成 果 の 得 られた 分 野 ( 複 数 回 答,n=17) k. 区 自 治 会 の 支 援 ( 補 助 ) 図 年 度 に 予 算 が 増 加 した 分 野 ( 複 数 回 答,n=38) k. 市 町 村 支 援 ( 補 助 ) k. 区 自 治 会 の 支 援 ( 補 助 ) 14 年 度 に 予 算 が 増 加 した 分 野 ( 複 数 回 答,n=13) 国 際 観 光 の 位 置 づけと 重 点 市 場 ~ 国 際 観 光 の 位 置 づけは 高 く 縮 小 する 国 内 需 要 を 補 完 する 市 場 として 期 待 が 大 きい ~ 重 点 市 場 は 東 アジア 東 南 アジア 5 大 市 場 は 台 湾 タイ 韓 国 中 国 香 港 国 際 観 光 の 位 置 づけは 都 道 府 県 では 極 めて 重 要 46.8% 重 要 53.2% 政 令 指 定 都 市 では 極 めて 重 要 3% 重 要 6%となった 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 ともに 国 際 観 光 の 位 置 づけは 高 い その 理 由 としては 多 くの 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 から 少 子 化 の 影 響 により 人 口 減 少 が 込 みまれるな か 地 域 経 済 を 維 持 し 地 域 活 性 化 を 図 るためには 将 来 的 な 人 口 の 増 加 経 済 成 長 が 見 込 まれる 海 外 特 にアジアからの 交 流 人 口 を 増 やす 必 要 があるため との 趣 旨 の 回 答 が 寄 せられている 重 点 市 場 としている 国 地 域 では 特 に 東 アジア 東 南 アジアを 挙 げられている 具 体 的 には 台 湾 (39 都 道 府 県 13 政 令 指 定 都 市 ) タイ(33 ) 韓 国 (30 7) 中 国 (27 5) 香 港 (23 2)の 順 と なっている 東 アジア 東 南 アジアを 重 点 市 場 する 理 由 としては 現 在 同 地 域 から 多 くの 観 光 客 が 来 訪 していること に 加 えて 前 述 の 通 り アジア 圏 の 人 口 増 加 経 済 的 な 発 展 への 期 待 が 大 きく 影 響 して いる 同 じ 国 地 域 を 重 点 市 場 とする 自 治 体 同 士 が 連 携 して 広 域 で 外 国 人 観 光 客 を 誘 致 するという 視 点 も 大 切 で あるが 一 方 では 重 点 市 場 が 特 定 の 国 地 域 に 集 中 することは 国 内 観 光 地 同 士 での 競 合 の 激 化 を 招 く 6

7 ことにもつながりかねない そうしたなかで 降 雪 がありスキー 場 のある 8 道 県 ではオーストラリアへの 期 待 がまた 日 本 的 な 歴 史 文 化 資 源 を 魅 力 とする 9 県 ではフランスへの 期 待 が 高 い フランスを 重 点 市 場 とする 理 由 としては 親 日 的 で 異 文 化 への 理 解 が 高 い ヨーロッパの 旅 行 市 場 への 影 響 力 が 大 きい などが 挙 げられている 図 -9 国 際 観 光 の 位 置 づけ ( 単 数 回 答,n=47) 国 際 観 光 の 位 置 づけ ( 単 数 回 答,n=20) a. 極 めて 重 要 な 位 置 づけにある b. 重 要 な 位 置 づけにある c.どちらでもない d.あまり 重 要 な 位 置 づけではない e. 重 要 な 位 置 づけではない 無 回 答 未 選 択 a. 極 めて 重 要 な 位 置 づけにある b. 重 要 な 位 置 づけにある c.どちらでもない d.あまり 重 要 な 位 置 づけではない e. 重 要 な 位 置 づけではない 無 回 答 未 選 択 国 際 的 なスポーツイベントへの 対 応 ~ 国 際 的 スポーツイベントへの 対 応 は 組 織 の 立 ち 上 げ 情 報 収 集 事 前 合 宿 の 誘 致 など 選 手 関 係 者 応 援 団 を 含 めて 多 くの 外 国 人 の 来 訪 する 東 京 オリンピック パラリンピック などスポ ーツイベントへの 対 応 としては 開 催 地 やその 周 辺 地 域 ばかりではなく 他 地 域 からも 庁 内 関 係 部 局 によ る 組 織 の 立 ち 上 げ 関 連 情 報 の 収 集 と 共 有 ( 北 海 道 秋 田 県 山 形 県 栃 木 県 埼 玉 県 愛 知 県 広 島 県 等 )や 各 国 地 域 からの 選 手 団 の 事 前 合 宿 の 誘 致 ( 岐 阜 県 奈 良 県 鳥 取 県 香 川 県 高 知 県 佐 賀 県 熊 本 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 等 )などの 回 答 が 挙 がっている 7. 国 際 観 光 推 進 上 の 課 題 ~ 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 とも 観 光 地 施 設 への 無 線 LAN の 整 備 多 言 語 による 案 内 看 板 等 の 整 備 など 観 光 地 での 外 国 語 対 応 が 課 題 に 国 際 観 光 推 進 上 の 課 題 では 都 道 府 県 では 観 光 地 施 設 への 無 線 LAN の 整 備 74.5% 多 言 語 による 案 内 看 板 等 の 整 備 53.2%の 割 合 が 高 い 政 令 指 定 都 市 でも 同 様 に 観 光 地 施 設 への 無 線 LAN の 整 備 (6%) 多 言 語 による 案 内 看 板 等 の 整 備 ( 5%)が 課 題 の 上 位 に 挙 げられている この 他 政 令 指 定 都 市 では インターネットによる 情 報 発 信 (5%) 外 国 語 対 応 可 能 なスタッフ 等 の 育 成 (5%)の 割 合 も 高 い 観 光 地 での 外 国 語 対 応 は 大 きな 課 題 となっている 一 方 で 政 令 指 定 都 市 では 外 国 人 向 けの 観 光 メニュー( 商 品 等 )の 設 定 (5%)も 課 題 として 認 識 さ られている 観 光 コンテンツの 充 実 は 日 本 をより 深 く 楽 しむ 機 会 を 与 え 来 訪 者 の 満 足 度 向 上 にもつな がるものとして 重 要 である 7

8 図 -10 国 際 観 光 推 進 上 の 課 題 ( 複 数 回 答,n=47) a.トップセールス b.インターネットによる 情 報 発 信 c. 海 外 TV 雑 誌 等 による 情 報 発 信 d. 海 外 での 見 本 市 商 談 会 等 への 参 加 e. 海 外 メディア 旅 行 関 係 者 等 の 招 聘 f. 多 言 語 によるHP 開 設 リニューアル g. 多 言 語 による 案 内 看 板 等 の 整 備 h. 多 言 語 の 観 光 パンフレットの 作 成 i. 観 光 地 施 設 への 無 線 LANの 整 備 j. 観 光 施 設 の 外 国 語 対 応 スタッフの 配 置 k. 外 国 人 向 け 観 光 メニューの 設 定 l. 公 共 交 通 の 利 便 性 向 上 に 向 けた 整 備 m.インバウンド 研 修 会 の 開 催 n. 外 国 語 対 応 可 能 なスタッフ 等 の 育 成 o. 電 話 通 訳 サービス 等 の 実 施 p.その 他 国 際 観 光 推 進 上 の 課 題 ( 複 数 回 答,n=20) a.トップセールス b.インターネットによる 情 報 発 信 c. 海 外 TV 雑 誌 等 による 情 報 発 信 d. 海 外 での 見 本 市 商 談 会 等 への 参 加 e. 海 外 メディア 旅 行 関 係 者 等 の 招 聘 f. 多 言 語 によるHP 開 設 リニューアル g. 多 言 語 による 案 内 看 板 等 の 整 備 h. 多 言 語 の 観 光 パンフレットの 作 成 i. 観 光 地 施 設 への 無 線 LANの 整 備 j. 観 光 施 設 の 外 国 語 対 応 スタッフの 配 置 k. 外 国 人 向 けの 観 光 メニューの 設 定 l. 公 共 交 通 の 利 便 性 向 上 に 向 けた 整 備 m.インバウンド 研 修 会 の 開 催 n. 外 国 語 対 応 可 能 なスタッフ 等 の 育 成 o. 電 話 通 訳 サービス 等 の 実 施 p.その 他 ( 具 体 的 に) 観 光 振 興 上 の 課 題 ~ 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 ともに 外 国 人 観 光 客 の 受 入 体 制 の 整 備 不 足 が 課 題 のトップ ~ 観 光 政 策 の 立 案 遂 行 にも 関 わる 観 光 行 政 に 対 する 財 源 不 足 担 当 職 員 の 人 員 不 足 担 当 職 員 の 経 験 不 足 も 大 きな 課 題 に 観 光 振 興 上 の 課 題 では 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 ともに 外 国 人 観 光 客 の 受 入 体 制 の 整 備 不 足 が 突 出 して 高 い 割 合 を 示 している( 都 道 府 県 5% 政 令 指 定 都 市 66.7%) 観 光 庁 の 発 足 から 数 年 の 間 に 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 における 観 光 政 策 の 位 置 づけは 極 めて 高 くなり 重 要 施 策 の 分 野 とし て 国 際 観 光 の 振 興 が 掲 げられたが 外 国 人 観 光 客 の 受 入 体 制 の 整 備 には 多 くの 課 題 を 抱 えてい る 次 いで 観 光 政 策 の 立 案 遂 行 にも 関 わる 観 光 行 政 に 対 する 財 源 不 足 ( 都 道 府 県 31.6% 政 令 指 定 都 市 55.6%) 担 当 職 員 の 人 員 不 足 ( 31.6% 38.9%) 担 当 職 員 の 経 験 不 足 (18.4% 22.2%)が 課 題 として 挙 げられている 観 光 政 策 の 位 置 づけの 具 体 的 な 変 化 では 予 算 の 増 強 組 織 人 員 の 強 化 が 挙 げられてはいたものの 多 方 面 をカバーする 観 光 行 政 においてますます 高 度 化 専 門 化 する 事 業 を 遂 行 していくには 予 算 や 人 材 の 面 で 行 政 特 有 の 構 造 的 な 課 題 を 抱 えている その 一 方 で 他 部 局 との 連 携 不 足 や 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 相 互 の 連 携 不 足 役 割 分 担 が 不 明 瞭 また 観 光 連 盟 等 との 連 携 不 足 役 割 分 担 が 不 明 瞭 民 間 事 業 者 との 連 携 不 足 を 課 題 として 挙 げていた 都 道 府 県 や 政 令 指 定 都 市 は 多 くはない しかし 予 算 や 人 材 の 面 での 課 題 があるからこ そ 解 決 の 一 方 策 として 自 治 体 内 部 での あるいは 他 団 体 ( 他 の 自 治 体 観 光 推 進 団 体 民 間 企 業 等 ) 間 での 明 確 な 役 割 分 担 と 強 力 な 連 携 が 求 められると 考 える 図 -8 観 光 振 興 上 の 課 題 ( 複 数 回 答,n=38) a. 観 光 行 政 に 対 する 財 源 不 足 b. 担 当 職 員 の 人 員 不 足 c. 担 当 職 員 の 経 験 不 足 18.4 d. 他 部 局 との 観 光 についての 連 携 不 足 e. 観 光 に 対 する 住 民 の 理 解 不 足 f. 市 町 村 との 連 携 不 足 g. 市 町 村 との 役 割 分 担 が 不 明 瞭 h. 都 道 府 県 観 光 協 会 連 盟 との 連 携 不 足 i. 都 道 府 県 観 光 協 会 連 盟 との 役 割 分 担 が 不 明 瞭 j. 民 間 事 業 者 との 連 携 不 足 k. 外 国 人 観 光 客 の 受 入 体 制 の 整 備 不 足 5 l. 観 光 資 源 の 不 足 m.その 他 44.7 観 光 振 興 上 の 課 題 ( 複 数 回 答,n=18) a. 観 光 行 政 に 対 する 財 源 不 足 55.6 b. 担 当 職 員 の 人 員 不 足 38.9 c. 担 当 職 員 の 経 験 不 足 22.2 d. 他 部 局 との 観 光 についての 連 携 不 足 16.7 e. 観 光 に 対 する 住 民 の 理 解 不 足 f. 都 道 府 県 との 連 携 不 足 g. 都 道 府 県 との 役 割 分 担 が 不 明 瞭 h. 市 観 光 協 会 連 盟 との 連 携 不 足 i. 市 観 光 協 会 連 盟 との 役 割 分 担 が 不 明 瞭.1.1 j. 民 間 事 業 者 との 連 携 不 足 22.2 k. 外 国 人 観 光 客 の 受 入 体 制 の 整 備 不 足 66.7 l. 観 光 資 源 の 不 足.1 m.その 他

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料 資 料 3 第 5 回 ESRI- 経 済 政 策 フォーラム オリンピック パラリンピックを 契 機 とした 地 域 活 性 化 メガスポーツイベントとツーリズム オリンピック パラリンピックを 活 かした 地 域 活 性 化 近 畿 日 本 ツーリスト 株 式 会 社 地 域 誘 客 事 業 部 長 ( 兼 )スポーツ 事 業 部 部 長 青 木 淑 浩 オリンピック パラリンピック 東 京 大

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 21 年 12 月 2 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 債 務 整 理 をするとうたった 電 話 勧 誘 に 注 意! 多 重 債 務 に 関 する 相 談 は 年 々 増 え 続 け 2008 年 度 には 9 万 件 を 超 える 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられている そのような 中 ここ 数 年 弁 護 士

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082D382E982B382C6945B90C582CC8CBB8FF32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082D382E982B382C6945B90C582CC8CBB8FF32E70707478> ふるさと納税制度の現状 富大学 経済学部 経済学科 田 潤 ゼミ② 塩谷 嶋田 定司 2 目 次 1.イントロダクション 2. 先 行 研 究 3. 調 査 概 要 調 査 の 基 礎 統 計 4. 分 析 方 法 5. 都 道 府 の 分 析 6. 自 治 体 の 分 析 7. 分 析 結 果 8.まとめ 9. 参 考 3 1-1 動 機 目 的 1-2 ふるさと 納 税 制 度 とは 1-3 控

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

外国人観光客の受け入れに関するアンケート

外国人観光客の受け入れに関するアンケート 2014 年 1 月 24 日 日 本 政 策 金 融 公 庫 総 合 研 究 所 観 光 客 受 け 入 れに 関 するアンケト ~ 結 果 概 要 ~ Ⅰ Ⅱ Ⅲ 調 査 目 的 実 施 要 領 調 査 結 果 1 観 光 客 受 け 入 れ 現 状 2 観 光 客 る 企 業 企 業 違 3 観 光 客 受 け 入 れに 関 する 今 後 方 針 取 り 組 み Ⅳ まめ < 問 合 わせ 先

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

Microsoft Word - 150327NO0098

Microsoft Word - 150327NO0098 2015.3.27 No.0098 発 行 / 毎 週 金 曜 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 102-0083 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 5-3 TEL03-3511-0611 FAX03-3511-0616 全 住 協 HP http://www.zenjukyo.jp/ 発 売 戸 数 は 首 都 圏 2% 減 近 畿 圏 15% 増 ~ 不 動 産 経

More information

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074> 資 料 5 今 後 の 日 本 ブランド 戦 略 について 第 2 回 コンテンツ 日 本 ブランド 専 門 調 査 会 平 成 20 年 3 月 6 日 1 1. 主 な 日 本 ブランド 振 興 策 の 例 日 本 ブランド 戦 略 の 推 進 魅 力 ある 日 本 を 世 界 に 発 信 - (コンテンツ 専 門 調 査 会 日 本 ブランド ワーキンググループ 2005 年 2 月 25 日

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208389834F8372815B57947494678B798CF889CA838C837C815B8367288DC58F4994C581478D4C95F19770292E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208389834F8372815B57947494678B798CF889CA838C837C815B8367288DC58F4994C581478D4C95F19770292E70707478> ラグビーワールドカップ2019 日 本 大 会 の 九 州 における 経 済 効 果 試 算 2015 年 3 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 九 州 支 店 1.はじめに ~ラグビーW 杯 を 九 州 で 盛 り 上 げよう~ ラグビーワールドカップ(W 杯 )2019 日 本 大 会 の 開 催 都 市 が 決 まった 日 本 全 体 では12 都 市 そのうち 九 州 からは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095788E528D918DDB91E58A778B4997763038944E94C520985F95B681698D828BB48CF58D4B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095788E528D918DDB91E58A778B4997763038944E94C520985F95B681698D828BB48CF58D4B816A2E646F63> 富 山 県 における 国 際 観 光 の 現 状 と 課 題 に 関 する 考 察 A Study on the Present Conditions and Problems of International Tourism in Toyama Prefecture 高 橋 光 幸 TAKAHASHI Mitsuyuki 1.はじめに わが 国 において 観 光 政 策 は 国 際 観 光 政 策

More information

観光地ホテル・旅館について

観光地ホテル・旅館について 1-1 49 1-2 50 1-3 1) 2) 3) 4) 51 52 1-4 2-1 53 順 位 項 目 % 1 国 内 観 光 旅 行 70.0 2 外 食 ( 日 常 的 なものを 除 く) 58.4 3 ドライブ 56.9 4 海 外 旅 行 44.0 5 カラオケ 40.2 6 映 画 (テレビは 除 く) 38.5 図 2ー4 国 内 旅 行 の 支 出 の 力 点 宿 泊 施 設 37.0

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の 松 山 の 観 光 コンベンション 誘 客 事 業 の 取 組 公 益 財 団 法 人 松 山 観 光 コンベンション 協 会 松 山 観 光 コンベンション 協 会 は 平 成 17 年 4 月 1 日 に 財 団 法 人 松 山 コンベンション ビューローと 松 山 市 観 光 協 会 が 統 合 してでき た 組 織 です 平 成 24 年 4 月 1 日 には 公 益 財 団 法 人 として

More information

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査 5. 入 港 者 (アクセス)アンケート 調 査 調 査 票 の 配 布 場 所 は 出 発 旅 客 が 入 港 する 際 に 通 過 する 第 1 ゲート 第 2 ゲート 第 6 ゲー ト 成 田 空 港 駅 ゲート 空 港 第 2 ビル 駅 ゲート 第 1 ターミナルビルバス 降 車 場 第 2 ターミ ナルビルバス 降 車 場 の 7 地 点 において 空 港 従 業 員 を 除 く 全 ての

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

第2章マレーシア人海外旅行市場の現状

第2章マレーシア人海外旅行市場の現状 Ⅱ. 実 証 実 験 調 査 報 告 書 3. 国 内 成 功 事 例 調 査 < 支 えるスポーツ> (8) 大 阪 市 合 宿 受 け 入 れ 調 査 1. 調 査 概 要 調 査 手 法 調 査 対 象 者 訪 問 ヒアリング 調 査 過 去 事 例 報 告 文 書 収 集 大 阪 市 ゆとりとみどり 振 興 局 国 際 スポーツ 振 興 担 当 調 査 実 施 日 平 成 22 年 10

More information

3-(2)-イ

3-(2)-イ 施 策 展 開 3-(2)-イ 主 な 取 組 検 証 票 市 場 特 性 に 対 応 した 誘 客 活 動 の 展 開 施 策 1きめ 細 かな 国 内 誘 客 活 動 の 展 開 ( 施 策 の 小 項 目 ) 国 内 誘 客 の 推 進 主 な 取 組 対 応 する 主 な 課 題 観 光 誘 致 対 策 事 業 1 取 組 の 概 要 (Plan) 取 組 内 容 年 度 別 計 画 担 当

More information

スライド 1

スライド 1 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 に 伴 う 我 が 国 への 経 済 波 及 効 果 2014 年 1 月 森 記 念 財 団 都 市 戦 略 研 究 所 試 算 結 果 の 要 旨 1. 我 が 国 全 体 で 約 20 兆 円 の 経 済 波 及 効 果 東 京 オリンピック パラリンピック( 以 下 東 京 オリンピック )の 開 催 に 伴 う 経 済 波 及 効

More information

観光物産課

観光物産課 7. 平 成 28 年 度 産 業 経 済 部 基 本 方 針 に 基 づき では 以 下 の 取 組 を 実 施 します (1) 魅 力 ある 観 光 地 づくり 千 客 万 来 支 援 事 業 などにより 地 域 の 受 入 環 境 整 備 を 支 援 します 観 光 地 域 づくりの 中 心 となる 組 織 ( 日 本 版 DMO)づくりや その 活 動 を 支 援 します 地 域 資 源 を

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に―

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に― 資 料 3-1 獣 医 学 教 育 の 改 善 充 実 に 関 する 調 査 研 究 協 力 者 会 議 ( 第 8 回 )H25.1.16 教 育 実 施 状 況 調 査 の 分 析 結 果 について 臨 床 教 育 の 事 例 を 中 心 に 1. 臨 床 系 の 教 育 内 容 について A.カリキュラムについて 臨 床 系 科 目 全 般 の 傾 向 1) 現 行 カリキュラムについて 単

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

北陸地域における住宅投資動向

北陸地域における住宅投資動向 213 年 3 月 25 日 日 本 銀 行 金 沢 支 店 北 陸 地 域 における 住 宅 投 資 動 向 [ 要 旨 ] 1. 北 陸 地 域 の 住 宅 投 資 動 向 をみると 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 211 年 度 下 期 以 降 弱 い 動 きが 続 いてきたものの 足 もとでは 214 年 4 月 および 215 年 1 月 の 消 費 引 き 上 げを 見 据 え た

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社

第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社 第 1 章 目 指 す 姿 5 第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社 会 実 現 に 不 可 欠 なもです さらに とそれを 支 える 活

More information

構 想 会 議 を 立 ち 上 げ 今 年 3 月 までに 次 の 時 代 の 新 たな 目 標 設 定 とそのた めに 必 要 な 対 応 方 針 について ビジョンを 取 りまとめることとしております このような 中 で 県 内 の 観 光 動 向 は 観 光 庁 の 宿 泊 旅 行 統 計 調

構 想 会 議 を 立 ち 上 げ 今 年 3 月 までに 次 の 時 代 の 新 たな 目 標 設 定 とそのた めに 必 要 な 対 応 方 針 について ビジョンを 取 りまとめることとしております このような 中 で 県 内 の 観 光 動 向 は 観 光 庁 の 宿 泊 旅 行 統 計 調 平 成 2 8 年 2 月 県 議 会 定 例 会 に お け る 観 光 部 長 議 案 説 明 要 旨 今 回 提 出 いたしました 議 案 のうち 観 光 部 関 係 につきまして その 概 要 を 御 説 明 申 し 上 げます 観 光 部 関 係 の 平 成 28 年 度 予 算 案 の 総 額 は 一 般 会 計 で11 億 7,532 万 4 千 円 で あります また 国 の 補 正

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

新潟県観光の現状と今後の施策に関する一考察

新潟県観光の現状と今後の施策に関する一考察 新 潟 観 光 の 現 状 と 今 後 の 施 策 に 関 する 一 考 察 2 12 年 11 月 2 日 日 本 銀 行 新 潟 支 店 要 旨 新 潟 は 食 および 温 泉 という 人 々が 観 光 の 目 的 として 特 に 重 視 すると されている2つの 観 光 資 源 において 恵 まれ 地 域 である これに 対 し 観 光 客 の 取 り 込 みに 関 するいくつかの 指 標 を

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

平成20年3月24日

平成20年3月24日 平 成 28 年 3 月 24 日 本 件 は 次 のとおり 取 り 扱 ってください 解 禁 日 新 聞 3 月 31 日 ( 木 ) 朝 刊 テレビ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 ラジオ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 インターネット 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 平 成 28 年 3 月 24 日 総 務 部 県 職 員 の 人 事 異 動 について( 全 体 概

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整 平 成 27 年 度 事 業 報 告 1 宣 伝 紹 介 事 業 山 口 県 観 光 の 紹 介 宣 伝 観 光 客 誘 致 のため 次 の 事 業 を 行 った (1)Webサイト 強 化 及 び 情 報 更 新 業 務 の 実 施 約 1,514 万 ページビュー( 平 成 27 年 4 月 ~ 平 成 28 年 3 月 ) 山 口 県 観 光 情 報 データベースの 更 新 地 域 情 報 書

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 平 成 2 7 年 2 月 20 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 重 い 教 育 費 負 担 ~ 年 収 400 万 円 未 満 の 世 帯 では 負 担 割 合 が 4 割 に~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 26 年 度 )- < 調 査 結 果 のポイント> 1 自 宅 外 通 学 の 場 合 高 校 ~ 大 学 卒 業 までに 必 要 な

More information

Microsoft Word - 海洋散骨に関するアンケート集計レポート.docx

Microsoft Word - 海洋散骨に関するアンケート集計レポート.docx 海 洋 散 骨 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 平 成 27 年 9 月 調 査 の 趣 旨 海 洋 散 骨 という 葬 法 が 全 国 的 にどれくらい 認 知 されているか 地 域 や 年 代 世 帯 構 成 によって 認 知 度 や 意 識 に 差 があるかを 調 査 するためにおこなった 調 査 時 期 2015 年 8 月 中 旬 9 月 上 旬 調 査 方 法 一 般 社 団

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

Microsoft PowerPoint - 所長挨拶用.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 所長挨拶用.ppt [互換モード] 訪 日 アジア 観 光 客 の 目 的 地 分 布 からみた 九 州 の 課 題 戴 二 彪 (dai@icsead.or.jp) ( 国 際 東 アジア 研 究 センター 主 席 研 究 員 ) 1 Ⅰ.はじめに 研 究 の 背 景 近 年 の 日 本 では, 産 業 構 造 の 転 換 への 模 索 が 続 く 中, 成 長 ポテンシャルの 高 いインバウンド 国 際 観 光 が 重 視 さ れつつある

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

国 内 外 からの 観 光 集 客 人 口 の 増 加 による 地 域 経 済 活 性 化 の 可 能 性 調 査 事 例 集 平 成 21 年 3 月 九 州 経 済 産 業 局 20 9 目 次 事 例 集 について 事 例 1 さらなるアジア 人 観 光 客 の 集 客 拡 大 に 向 けた 取 組 ( 福 岡 県 福 岡 市 )...1 事 例 2 異 国 情 緒 あふれる 街 並 みを

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース 212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 長 野 県 際 観 光 戦 略 ( 案 ) 達 成 目 標 外 人 宿 泊 者 数 & 訪 日 教 育 旅 行 受 入 団 体 数 1 戦 略 1 戦 略 2 戦 略 3 戦 略 4 戦 略 5 戦 略 6 戦 略 7 戦 略 8 ターゲットを 絞 った 効 果 的 な 宣 伝 招 聘 戦 略 2 旅 行 会 社 とのパートナーシップ 戦 略 2 長

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

3 着 地 側 動 向 表 -3-2 着 地 別 に 見 る 延 べ 宿 泊 者 数 ( 暦 年 ) ( 単 位 : 万 泊 ) 2011 年 2012 年 2013 年 実 数 実 数 前 年 比 実 数 前 年 比 本 全 1,702 2, % 3, % 北 海 道

3 着 地 側 動 向 表 -3-2 着 地 別 に 見 る 延 べ 宿 泊 者 数 ( 暦 年 ) ( 単 位 : 万 泊 ) 2011 年 2012 年 2013 年 実 数 実 数 前 年 比 実 数 前 年 比 本 全 1,702 2, % 3, % 北 海 道 3 着 地 側 動 向 全 的 に 延 べ 宿 泊 者 数 が 大 幅 増 北 海 道 ではタイから 客 数 が 急 増 (1) 着 地 別 に 見 る 入 空 港 海 港 法 務 省 出 入 管 理 統 計 によると 13 年 に 我 が に 入 した 数 は1,126 万 ( 前 年 比 22.7% 増 )であった( 表 -3-1) 港 別 に 見 ると 中 を 除 く 主 な 籍 地 域 から

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

スライド 1

スライド 1 産 業 構 造 審 議 会 地 域 経 済 産 業 分 科 会 報 告 書 ( 案 ) 参 考 資 料 地 域 経 済 の 現 状 について 参 考 資 料 1 現 在 の 景 況 地 域 の 景 況 は ばらつきがみられるものの 改 善 している 平 成 18 年 10 月 に 行 った 地 域 経 済 産 業 調 査 の 結 果 によると 5 地 域 ( 北 陸 関 東 東 海 近 畿 沖 縄

More information

5. 産 学 官 連 携 コンソーシアム 又 は 職 域 プロジェクトの 構 成 員 構 成 機 関 等 (1) 構 成 機 関 ( 機 関 として 本 事 業 に 参 画 する 学 校 企 業 団 体 等 ) 構 成 機 関 ( 学 校 団 体 機 関 等 )の 名 称 役 割 等 都 道 府 県

5. 産 学 官 連 携 コンソーシアム 又 は 職 域 プロジェクトの 構 成 員 構 成 機 関 等 (1) 構 成 機 関 ( 機 関 として 本 事 業 に 参 画 する 学 校 企 業 団 体 等 ) 構 成 機 関 ( 学 校 団 体 機 関 等 )の 名 称 役 割 等 都 道 府 県 H25 中 核 16-2 平 成 25 年 度 成 長 分 野 等 における 中 核 的 専 門 人 材 養 成 の 戦 略 的 推 進 事 業 実 績 報 告 書 1. 分 野 名 13 観 光 その 他 分 野 名 2. 事 業 名 称 世 界 と 群 馬 をつなぐプロデュース 能 力 をもった 観 光 人 材 (= 観 光 プロデューサー)を 養 成 する 学 習 システ ムの 開 発 3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031816995CA8E868250816A8BC696B188CF91F58E64976C8F91202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031816995CA8E868250816A8BC696B188CF91F58E64976C8F91202E646F63> ( 別 紙 1) 1. 業 務 名 外 国 人 観 光 客 おもてなしイベント 開 催 事 業 2. 委 外 託 国 上 人 限 観 額 光 客 おもてなしイベント 開 催 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 3. 目 金 的 15,233,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む ) き 館 本 県 外 を 国 訪 人 問 観 する 光 客 外 同 国 士 人 の 観 交

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

スライド 1

スライド 1 参 考 資 料 3 ( 第 1 回 小 委 員 会 資 料 ) 競 輪 事 業 の 現 状 と 将 来 見 通 しについて 平 成 22 年 9 月 製 造 産 業 局 1. 競 輪 事 業 の 目 的 競 輪 事 業 は 自 転 車 競 技 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 29 号 )に 基 づき 1 自 転 車 その 他 機 械 工 業 の 振 興 2 体 育 社 会 福 祉 など 公 益

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 議 題 資 料 1 Company Logo 若 者 の 流 出 防 止 策 平 成 26 年 度 第 1 回 三 重 県 経 営 戦 略 会 議 平 成 26 年 5 月 20 日 目 次 ( 頁 ) 1.はじめに 1 2. 人 口 の 社 会 移 動 について 2 3. 学 ぶ 5 4. 働 く 12 5. 暮 らす 16 6. 若 者 の 意 識 について 19 1.はじめに 平 成 25 年

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

需給とも好調なホテルマーケットの見通し

需給とも好調なホテルマーケットの見通し 需 給 とも 好 調 なホテルマーケットの 見 通 し 投 資 調 査 第 1 部 客 員 研 究 員 岡 村 七 月 今 ホテルマーケットが 熱 い 日 本 人 の 国 内 旅 行 需 要 が 消 費 税 率 の 引 き 上 げの 影 響 による 落 ち 込 みから 回 復 する 中 外 国 人 観 光 客 が 過 去 に 例 を 見 ない 勢 いで 増 加 し 東 京 や 大 阪 では 曜 日

More information

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観 地 域 が いきいき する 創 意 工 夫 とは? キーワードを 探 る 地 域 資 源 素 朴 な 農 村 景 観 と 農 業 海 の 豊 かさと かさと 漁 業 森 の 静 けさと けさと 山 間 地 の 生 活 そぞろ そぞろ 歩 きできる 温 泉 地 産 業 遺 構 と 地 場 産 業 きちんと 保 全 された された 大 自 然 の 生 態 系 伝 統 ある ある 芸 能 工 芸 貴 重

More information