Microsoft PowerPoint 差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集"

Transcription

1 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省

2 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための 所 得 控 除 制 度 の 創 設 3 国 民 の 健 康 の 観 点 からたばこの 消 費 を 抑 制 することを 目 的 とした たばこ 税 の 税 率 の 引 上 げ 等 4 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 貸 与 した 修 学 等 資 金 に 係 る 債 務 免 除 益 の 非 課 税 措 置 の 創 設 5 医 療 に 係 る 消 費 税 の 課 税 のあり 方 の 検 討 6 医 療 機 関 の 設 備 投 資 に 関 する 特 例 措 置 の 創 設 7 子 育 て 支 援 に 要 する 費 用 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 8 ひとり 親 家 庭 への 支 援 の 充 実 等 に 伴 う 税 制 上 の 所 要 の 措 置 9 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 に 係 る 割 増 償 却 の 延 長 10 雇 用 者 の 数 が 増 加 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 延 長 11 職 業 能 力 開 発 に 係 る 特 定 支 出 控 除 の 範 囲 の 拡 大 12 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 場 合 の 機 械 等 の 割 増 償 却 制 度 の 適 用 期 限 の 延 長 13 確 定 給 付 企 業 年 金 の 弾 力 的 な 運 営 等 に 係 る 税 制 上 の 所 要 の 措 置 14 交 際 費 課 税 の 特 例 措 置 の 延 長 15

3 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 背 景 医 療 需 要 の 増 大 をできる 限 り 抑 えつつ 国 民 の 健 康 寿 命 が 延 伸 する 社 会 を 実 現 するためには 国 民 自 らが 自 己 の 健 康 管 理 を 進 めるセルフメディケーションを 推 進 することが 重 要 日 本 再 興 戦 略 ( 平 成 25 年 6 月 14 日 )では 薬 局 薬 剤 師 を 活 用 したセルフメディケーションの 推 進 が 盛 り 込 ま れており いわゆる 社 会 保 障 改 革 プログラム 法 でも 個 人 の 健 康 管 理 等 の 自 助 努 力 が 喚 起 される 仕 組 みの 検 討 を 行 うこととされている さらに 本 年 6 月 に 閣 議 決 定 された 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015では 個 人 の 健 康 管 理 に 係 る 自 発 的 な 取 組 を 促 す 観 点 から セルフメディケーションを 推 進 する とされている 一 方 現 行 の 医 療 費 控 除 制 度 は 自 己 負 担 額 が10 万 円 を 超 えない 場 合 には 対 象 とならないため 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 を 用 いてセルフメディケーションに 取 り 組 んでも 医 療 費 控 除 の 対 象 外 となる 場 合 がある 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) < 検 討 事 項 > 医 療 費 控 除 については 医 療 費 の 増 大 や 医 療 医 薬 品 を 取 り 巻 く 環 境 変 化 当 該 控 除 に 係 る 執 行 面 の 実 情 等 を 踏 まえ 公 正 な 課 税 を 確 保 するとともに セルフメディケーション( 自 己 治 療 )の 推 進 により 医 療 費 を 削 減 する 観 点 から 医 療 保 険 制 度 における 実 効 性 ある 枠 組 みの 構 築 とあわせ そのあり 方 を 総 合 的 に 検 討 する 3. 要 望 内 容 セルフメディケーションの 推 進 のため 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 の 購 入 費 用 を 対 象 とする 所 得 控 除 制 度 を 創 設 する 具 体 的 には 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 を 年 間 1 万 円 以 上 購 入 した 世 帯 に 対 して その 費 用 から1 万 円 を 差 し 引 いた 金 額 について 最 大 10 万 円 までを 所 得 控 除 の 対 象 とする ( )この 制 度 による 控 除 と 現 行 の 医 療 費 控 除 の 両 方 の 適 用 を 受 けることは 不 可 ( 両 制 度 の 控 除 条 件 に 該 当 する 場 合 には どちらかの 制 度 を 選 択 する ) 1

4 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 ( 不 動 産 取 得 税 ) 1. 背 景 セルフメディケーションの 推 進 を 図 るためには 国 民 が 気 軽 に 健 康 等 に 関 する 相 談 をすることができる 環 境 や 専 門 家 の 適 切 なアドバイスの 下 で 一 般 用 医 薬 品 等 を 安 全 かつ 適 切 に 使 用 できる 環 境 を 整 備 することが 重 要 この 点 薬 局 は 薬 剤 師 が 常 駐 し 健 康 等 に 関 する 相 談 に 応 じられるほか 処 方 薬 の 薬 歴 も 踏 まえて 一 般 用 医 薬 品 等 の 使 用 に 関 する 適 切 な 情 報 提 供 等 を 行 うことが 可 能 であるため セルフメディケーション 推 進 のための 窓 口 となることが 期 待 されていることから 充 実 した 相 談 体 制 や 設 備 などを 有 する 薬 局 の 基 準 を 平 成 27 年 秋 頃 までに 策 定 し 平 成 28 年 度 から 当 該 薬 局 の 公 表 制 度 を 開 始 する 予 定 こうした 薬 局 薬 剤 師 を 活 用 したセルフメディケーション 推 進 を 図 るため 当 該 薬 局 に 対 する 税 制 面 での 支 援 措 置 を 講 じ 薬 局 の 積 極 的 な 取 組 を 促 進 することが 必 要 である 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) < 検 討 事 項 > 今 後 のセルフメディケーションの 推 進 に 資 する 薬 局 の 役 割 や 機 能 に 関 する 制 度 設 計 を 踏 まえ 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 等 について 検 討 する 3. 要 望 内 容 セルフメディケーションの 推 進 に 関 し 充 実 した 相 談 体 制 や 設 備 などを 有 する 薬 局 のうち 中 小 企 業 者 が 開 設 す るものに 係 る 不 動 産 について 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 措 置 を 創 設 する 2

5 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための 所 得 控 除 制 度 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 現 状 及 び 要 望 の 必 要 性 日 本 再 興 戦 略 や 社 会 保 障 制 度 改 革 プログラム 法 等 において 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 取 組 の 重 要 性 が 位 置 付 け られており 各 種 検 診 の 受 診 率 や 予 防 接 種 の 接 種 率 の 向 上 等 は 急 務 である 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 健 康 増 進 予 防 へのインセンティブを 高 めることにより 公 的 負 担 の 低 減 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 112 号 ) 第 4 条 第 2 項 政 府 は 個 人 の 健 康 管 理 等 の 自 助 努 力 が 喚 起 される 仕 組 みの 検 討 等 を 行 い 個 人 の 主 体 的 な 健 康 の 維 持 増 進 への 取 組 を 奨 励 するものとする 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 全 ての 国 民 が 自 らがんを 含 む 生 活 習 慣 病 を 中 心 とした 疾 病 の 予 防 合 併 症 予 防 を 含 む 重 症 化 予 防 介 護 予 防 後 発 医 薬 品 の 使 用 や 適 切 な 受 療 行 動 をとること 等 を 目 指 し 特 定 健 診 やがん 検 診 の 受 診 率 向 上 に 取 り 組 みつつ 個 人 や 保 険 者 の 取 組 を 促 すインセンティブのある 仕 組 みを 構 築 することが 重 要 しかしながら 現 状 では 検 診 受 診 率 や 予 防 接 種 率 等 は 十 分 な 水 準 とは 言 えない 状 況 である < 参 考 1> がん 検 診 受 診 率 (H25) 種 類 受 診 率 ( 男 性 ) (%) 受 診 率 ( 女 性 ) (%) 種 類 実 施 ( 接 種 ) 率 (%) 胃 がん 特 定 健 診 46.2(H25) 肺 がん 予 防 接 種 ( ) 49.6(H24) 大 腸 がん 定 期 接 種 のインフルエンザ 子 宮 頸 がん 乳 がん がんを 含 む 生 活 習 慣 病 等 にり 患 することによる 心 身 への 影 響 や 収 入 ( 担 税 力 )への 影 響 を 勘 案 し 各 健 診 及 び 予 防 接 種 といった 健 康 増 進 疾 病 予 防 に 関 する 個 人 の 取 組 を 推 進 することが 必 要 2. 要 望 内 容 国 民 の 自 発 的 な 健 康 管 理 や 疾 病 予 防 の 取 組 を 促 進 し これによる 医 療 費 の 適 正 化 を 図 る 観 点 から 市 町 村 や 医 療 保 険 者 等 が 行 う 健 康 増 進 疾 病 予 防 事 業 のうち 自 己 負 担 額 を 対 象 とする 所 得 控 除 制 度 を 創 設 する < 具 体 例 > がん 検 診 予 防 接 種 特 定 健 診 人 間 ドック 等 < 参 考 2>その 他 健 診 等 の 受 診 率 3

6 国 民 の 健 康 の 観 点 からたばこの 消 費 を 抑 制 することを 目 的 とした たばこ 税 の 税 率 の 引 上 げ 等 (たばこ 税 たばこ 特 別 税 地 方 たばこ 税 ) 1. 要 望 の 背 景 たばこの 規 制 に 関 する 世 界 保 健 機 関 枠 組 条 約 (FCTC) の 締 約 国 として たばこ 対 策 の 強 力 な 推 進 が 求 められ ていること 2020 東 京 オリンピック パラリンピックに 向 けてタバコフリー 環 境 を 目 指 す 必 要 があること 等 を 踏 まえ 国 民 の 健 康 の 観 点 からたばこの 消 費 を 抑 制 することが 必 要 2. 現 状 日 本 におけるたばこの 税 率 や 販 売 価 格 は 諸 外 国 と 比 較 して 低 い 1,600 1,400 1,200 1, 諸 外 国 のたばこ 税 と 販 売 価 格 (1 箱 あたり) その 他 たばこ 税 米 国 はニューヨーク 州 ニューヨーク 市 日 本 ドイツ フランス 米 国 ( ) 英 国 図 説 日 本 の 税 制 を 一 部 改 変 3. 要 望 内 容 たばこの 消 費 を 抑 制 するため 以 下 を 要 望 する 1 たばこ 税 及 び 地 方 たばこ 税 の 税 率 を 引 き 上 げる 2 かぎ 用 の 製 造 たばこ 等 に 関 して 課 税 の 換 算 方 法 を 見 直 す 具 体 的 には かぎ 用 たばこ 等 の 換 算 に 用 いる 重 量 を1gとする 1 本 第 1 種 ( 紙 巻 たばこ) 重 量 0.6グラム ニコチン 含 有 量 9.9 mg/ 本 現 状 2g かぎ 用 製 造 たばこ 重 量 2グラム ニコチン 含 有 量 20.8 mg/2g 要 望 2のイメージ 1 本 1g 重 量 0.6グラム ニコチン 含 有 量 9.9 mg/ 本 要 望 重 量 1グラム ニコチン 含 有 量 10.4 mg/1g かぎ 用 の 製 造 たばこ 等 の 税 率 は 紙 巻 たば この 実 質 2 分 の1 かぎ 用 の 製 造 たばこ 等 は 重 量 2グラムを 紙 巻 たばこ1 本 に 換 算 他 方 ニコチン 含 有 量 でみると かぎ 用 製 造 たばこの 含 有 量 は 紙 巻 たばこの2 倍 以 上 第 4 種 ( 刻 みたばこ) かみ 用 の 製 造 たばこ かぎ 用 の 製 造 たばこ (スヌース 等 ) 4

7 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 貸 与 した 修 学 等 資 金 に 係 る 債 務 免 除 益 の 非 課 税 措 置 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 現 状 各 地 方 公 共 団 体 では 地 域 の 医 師 確 保 対 策 として 医 学 生 等 に 対 して 修 学 等 資 金 を 貸 与 し 当 該 医 学 生 が 卒 業 後 一 定 期 間 当 該 地 方 公 共 団 体 が 指 定 する 医 療 機 関 に 勤 務 したことを 要 件 に 当 該 修 学 等 資 金 の 返 還 債 務 を 免 除 する 制 度 を 設 けている この 債 務 免 除 益 については 当 該 地 方 公 共 団 体 が 指 定 する 医 療 機 関 が 当 該 地 方 公 共 団 体 以 外 が 設 置 運 用 するものも 含 め 複 数 選 択 肢 提 示 されている 場 合 には 学 資 金 として 非 課 税 当 該 地 方 公 共 団 体 が 設 置 主 体 である 医 療 機 関 に 限 定 されている 場 合 には 給 与 所 得 として 課 税 する 取 扱 いとなっている 2. 要 望 の 必 要 性 地 域 で 必 要 な 医 療 を 確 保 する 上 で 医 師 の 地 域 偏 在 の 是 正 が 重 要 な 課 題 となる 中 各 地 方 公 共 団 体 が 貸 与 する 医 学 生 等 修 学 金 については 自 由 開 業 制 の 我 が 国 において 数 少 ない 有 効 な 医 師 確 保 対 策 の 一 つとなっており 国 としても 地 方 公 共 団 体 の 取 組 を 財 政 制 度 面 から 支 援 する 必 要 がある 医 学 生 等 修 学 等 資 金 貸 与 事 業 を 独 自 に 実 施 している 地 方 公 共 団 体 には 医 療 資 源 が 乏 しく 勤 務 先 の 選 択 肢 を 確 保 できないような 地 域 があり 医 師 確 保 医 師 の 地 域 偏 在 の 是 正 の 観 点 からは むしろ そうした 地 方 公 共 団 体 の 取 組 に 対 してこそ 積 極 的 な 支 援 を 行 う 必 要 がある モデルケース 医 学 生 等 修 学 等 資 金 については 貸 与 額 が 多 額 である が 入 学 金 授 業 料 等 医 学 生 等 が 修 学 する 上 で 必 要 な 費 用 について 貸 与 されているものであり 債 務 免 除 となる 時 点 では すでに 当 該 資 金 を 使 用 した 後 であるため 債 務 免 除 益 を 含 めた 上 で 所 得 税 が 課 税 された 場 合 医 師 の 負 担 能 力 に 比 して 過 度 な 課 税 がなされるおそれがある 大 学 6 年 間 修 学 等 資 金 の 貸 与 を 受 けていた 医 師 ( 配 偶 者 1 名 被 扶 養 者 1 名 )が9 年 間 指 定 の 医 療 機 関 で 働 き 一 括 して 債 務 免 除 される 場 合 の 課 税 額 ( 所 得 税 ) 給 与 : 約 1,506( 万 円 ) 修 学 等 資 金 貸 与 額 (6 年 間 合 計 ): 約 1,421( 万 円 ) 課 税 額 ( 所 得 税 ): 約 702( 万 円 )( ) ( ) {2,927( 給 与 収 入 )- 245( 給 与 所 得 控 除 ) - 228( 所 得 控 除 )} 0.4( 税 率 )- 280 ( 注 1) 一 定 の 社 会 保 険 料 が 控 除 されるものとして 計 算 している ( 注 2)この 他 平 成 25 年 1 月 から 平 成 49 年 12 月 までの 時 限 措 置 として 所 得 税 に 対 して2.1%の 復 興 特 別 所 得 税 が 課 される 3. 要 望 内 容 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 貸 与 した 修 学 等 資 金 に 係 る 債 務 免 除 益 について 非 課 税 とする 措 置 を 講 ずる 5

8 医 療 に 係 る 消 費 税 の 課 税 のあり 方 の 検 討 ( 消 費 税 地 方 消 費 税 ) 1. 背 景 社 会 保 険 診 療 については 消 費 税 は 非 課 税 扱 い 消 費 税 導 入 時 ( 平 成 元 年 ) 引 上 げ 時 ( 平 成 9 年 )に 診 療 報 酬 改 定 を 行 い 消 費 税 による 医 薬 品 などの 仕 入 れ 費 用 の 増 加 分 が 医 療 機 関 等 にとって 実 質 的 な 負 担 とならないよう 対 応 税 制 抜 本 改 革 法 ( 平 成 24 年 8 月 ) 三 党 実 務 者 合 意 ( 平 成 24 年 6 月 )により 8% 引 上 げ 時 には 高 額 投 資 に 係 る 消 費 税 の 負 担 について 診 療 報 酬 等 の 医 療 保 険 制 度 における 手 当 のあり 方 を 検 討 することとされた 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 設 置 された 医 療 機 関 等 における 消 費 税 負 担 に 関 する 分 科 会 の 議 論 を 踏 まえ 平 成 26 年 4 月 の8% 引 上 げ 時 に 診 療 報 酬 と 別 建 ての 高 額 投 資 対 応 は 行 わず 診 療 報 酬 の 中 で 基 本 診 療 料 等 に 上 乗 せ することで 対 応 10% 引 上 げ 時 の 対 応 として 診 療 側 は 診 療 報 酬 による 対 応 では 限 界 があるとして 税 制 による 抜 本 的 な 解 決 を 強 く 要 望 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) < 検 討 事 項 > 医 療 に 係 る 消 費 税 等 の 税 制 のあり 方 については 消 費 税 率 が10%に 引 き 上 げられることが 予 定 される 中 医 療 機 関 の 仕 入 れ 税 額 の 負 担 及 び 患 者 等 の 負 担 に 十 分 に 配 慮 し 関 係 者 の 負 担 の 公 平 性 透 明 性 を 確 保 しつつ 抜 本 的 な 解 決 に 向 けて 適 切 な 措 置 を 講 ずることができるよう 個 々の 診 療 報 酬 項 目 に 含 まれる 仕 入 れ 税 額 相 当 額 分 を 見 える 化 することなどにより 実 態 の 正 確 な 把 握 を 行 う 税 制 上 の 措 置 については こうした 取 組 みを 行 いつつ 医 療 保 険 制 度 における 手 当 のあり 方 の 検 討 等 とあわせて 医 療 関 係 者 保 険 者 等 の 意 見 も 踏 まえ 総 合 的 に 検 討 し 結 論 を 得 る 3. 要 望 内 容 医 療 に 係 る 消 費 税 等 の 税 制 のあり 方 については 消 費 税 率 が10%に 引 き 上 げられることが 予 定 される 中 抜 本 的 な 解 決 に 向 けて 適 切 な 措 置 を 講 ずることができるよう 個 々の 診 療 報 酬 項 目 に 含 まれる 仕 入 れ 税 額 相 当 分 を 見 え る 化 することなどにより 実 態 の 正 確 な 把 握 を 行 いつつ 医 療 保 険 制 度 における 手 当 のあり 方 の 検 討 等 とあわせ て 医 療 関 係 者 保 険 者 等 の 意 見 も 踏 まえ 総 合 的 に 検 討 し 結 論 を 得 る 6

9 医 療 機 関 の 設 備 投 資 に 関 する 特 例 措 置 の 創 設 ( 所 得 税 法 人 税 等 ) 1. 現 状 及 び 要 望 の 必 要 性 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 といった 人 口 構 造 の 変 化 等 により 質 の 高 い 医 療 サービスへの 需 要 は 急 速 に 拡 大 しており 社 会 保 障 の 持 続 可 能 性 を 確 保 するためにも 地 域 の 実 情 に 応 じた 医 療 を 効 率 的 に 提 供 する 体 制 を 構 築 することが 重 要 日 本 再 興 戦 略 等 においても 医 療 提 供 体 制 の 適 正 化 のために 病 床 の 機 能 分 化 連 携 や 医 療 のIT 化 の 推 進 の 重 要 性 が 位 置 付 けられており その 取 組 の 推 進 は 急 務 である 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 医 療 資 源 を 効 果 的 効 率 的 に 活 用 するための 遠 隔 医 療 の 推 進 医 療 等 分 野 でのデータのデジタル 化 標 準 化 の 推 進 や 地 域 医 療 情 報 連 携 等 の 推 進 に 取 り 組 むとともに 医 療 介 護 の 質 の 向 上 研 究 開 発 促 進 医 療 介 護 費 用 の 適 正 化 などの 医 療 介 護 政 策 へのデータの 一 層 の 活 用 や 民 間 ヘルスケアビジネス 等 による 医 療 等 分 野 のデータ 利 活 用 の 環 境 整 備 を 進 めるなど 医 療 等 分 野 のICT 化 を 強 力 に 推 進 する 都 道 府 県 ごとの 地 域 医 療 構 想 を 策 定 し データ 分 析 による 都 道 府 県 別 の 医 療 提 供 体 制 の 差 や 将 来 必 要 となる 医 療 の 見 える 化 を 行 い それを 踏 まえた 病 床 の 機 能 分 化 連 携 を 進 める 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 国 民 が 安 心 して 医 療 介 護 サービスを 受 けられるよう 地 域 包 括 ケアシステムの 充 実 強 化 を 図 り 患 者 の 利 便 性 を 高 めるとともに 医 療 の 質 の 向 上 や 創 薬 等 医 療 分 野 の 研 究 開 発 環 境 整 備 ヘルスケア 産 業 の 活 性 化 などに 資 するように 十 分 な 情 報 セキュリティ 対 策 を 講 じた 上 でICT 化 を 強 力 に 推 進 する 本 特 例 措 置 の 創 設 により 医 療 機 関 における 一 定 の 固 定 資 産 の 取 得 を 支 援 することで 質 が 高 く 効 率 的 な 医 療 の 提 供 への 取 組 を 推 進 する 2. 要 望 内 容 人 口 構 造 の 変 化 に 応 じ 質 が 高 く 効 率 的 な 医 療 を 提 供 するため 地 域 医 療 構 想 に 沿 った 病 床 の 機 能 分 化 連 携 医 療 分 野 におけるICT 化 の 推 進 医 療 従 事 者 の 勤 務 環 境 の 改 善 環 境 問 題 や 非 常 時 への 対 応 などに 資 する 固 定 資 産 を 医 療 機 関 が 取 得 した 場 合 に 特 別 償 却 又 は 税 額 控 除 を 認 める 措 置 を 創 設 する 7

10 子 育 て 支 援 に 要 する 費 用 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 現 状 現 役 世 代 が 子 育 てと 仕 事 を 両 立 できる 子 育 て 支 援 施 策 を 図 っていくことは 少 子 化 対 策 の 観 点 の 他 女 性 の 活 躍 促 進 の 観 点 労 働 力 確 保 を 通 じた 経 済 成 長 促 進 の 観 点 から 重 要 である 労 働 者 の 働 き 方 や 子 育 てをとりまく 環 境 が 多 様 化 する 中 また 地 域 によって 利 用 できる 子 育 てに 係 るサービスに 差 異 がある 中 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 による 保 育 等 の 公 的 サービスによる 対 応 に 加 え 柔 軟 な 子 どもの 預 かりサービス 利 用 を 必 要 とする 子 育 て 家 庭 が 存 在 する このようなベビーシッター 等 の 子 どもの 預 かりサービスを 利 用 した 際 の 費 用 については 子 育 て 家 庭 が 就 労 す ることに 伴 い 必 要 となる 経 費 であり 税 制 での 支 援 の 必 要 性 が 高 い 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) (3) 少 子 化 への 対 応 働 き 方 の 選 択 に 対 する 中 立 性 の 確 保 等 の 観 点 からの 個 人 所 得 課 税 の 見 直 し わが 国 においては 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 働 き 方 の 多 様 化 や 所 得 格 差 の 拡 大 等 の 社 会 経 済 の 構 造 変 化 が 著 しい 若 い 世 代 が 結 婚 し 子 どもを 産 み 育 てやすい 環 境 や 女 性 が 働 きやすい 環 境 を 整 備 することが 極 めて 重 要 な 課 題 となっており 税 制 のみならず 関 連 する 諸 制 度 を 総 合 的 に 検 討 すべきである その 際 社 会 の 基 本 は 自 助 にあることを 踏 まえ 家 族 の 助 け 合 いの 役 割 も 正 しく 評 価 する 必 要 がある これらを 踏 まえ 個 人 所 得 課 税 について 効 果 的 効 率 的 に 子 育 てを 支 援 する 観 点 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 を 構 築 する 観 点 を 含 め 社 会 経 済 の 構 造 変 化 に 対 応 するための 各 種 控 除 や 税 率 構 造 の 一 体 的 な 見 直 しを 丁 寧 に 検 討 する 3. 要 望 内 容 仕 事 と 家 庭 を 両 立 し 女 性 の 活 躍 を 促 進 する 等 の 観 点 から ベビーシッター 等 の 子 育 て 支 援 に 要 す る 費 用 の 一 部 について 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 8

11 ひとり 親 家 庭 への 支 援 の 充 実 等 に 伴 う 税 制 上 の 所 要 の 措 置 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 等 ) 1. 背 景 経 済 的 に 厳 しいひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 の 自 立 を 応 援 していく 必 要 があり 子 育 て 生 活 就 業 経 済 面 な どについて 一 層 の 充 実 を 図 っていくとともに 支 援 を 必 要 とする 家 庭 に 対 し 行 政 の 支 援 が 確 実 につながる 仕 組 みを 整 えていく 必 要 がある また 児 童 虐 待 に 関 する 相 談 対 応 件 数 が 年 々 増 加 するなど 依 然 として 深 刻 な 状 況 にある 児 童 虐 待 の 問 題 に ついて 発 生 予 防 から 自 立 支 援 までの 一 連 の 対 策 の 更 なる 強 化 を 早 急 に 図 る 必 要 がある 以 上 を 踏 まえ 社 会 の 変 容 等 に 伴 う 子 どもと 家 庭 を 取 り 巻 く 今 日 的 な 課 題 に 対 応 するため 新 たな 子 ども 家 庭 福 祉 システムを 構 築 し ひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 への 支 援 の 充 実 社 会 的 養 護 の 推 進 児 童 虐 待 防 止 対 策 の 強 化 等 を 図 ることとしており それに 伴 い 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 必 要 がある 2. 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) ひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 への 支 援 の 充 実 と 併 せて 社 会 的 養 護 の 推 進 児 童 虐 待 防 止 対 策 の 強 化 等 につい て 年 末 をめどに 政 策 パッケージを 策 定 し その 取 組 を 推 進 する 3. 要 望 内 容 ひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 への 支 援 の 充 実 社 会 的 養 護 の 推 進 児 童 虐 待 防 止 対 策 の 強 化 等 のた め 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 9

12 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 に 係 る 割 増 償 却 の 延 長 ( 所 得 税 法 人 税 ) 1. 現 状 高 齢 者 が 安 心 して 暮 らせる 住 宅 ストックは 諸 外 国 と 比 較 すると 不 足 しており 在 宅 介 護 の 場 となるサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 を 引 き 続 き 支 援 して いくことが 必 要 その 上 で 市 街 化 区 域 外 医 療 機 関 等 へのアクセスが 悪 い 地 域 への 立 地 も 見 られることから まちづくりや 医 療 介 護 の 福 祉 サービスとの 連 携 が 図 られたサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 へ 誘 導 していくことが 必 要 全 高 齢 者 に 対 する 介 護 施 設 高 齢 者 住 宅 等 の 割 合 は 諸 外 国 より 低 い 市 街 化 区 域 外 医 療 機 関 等 へのアクセスが 悪 い 地 域 に 立 地 する 傾 向 地 価 と 高 齢 者 人 口 に 対 するサ 高 住 の 供 給 割 合 (%) 地 価 価 格 帯 ( 円 /m2) 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 100.0% 施 設 系 住 宅 系 計 N= % 16.8% 16.8% 14.1% 10.4% 7.7% 5.2% 21.2% 日 本 (2005) 3.5% 0.9% 4.4 % 2,5000 未 満 N= % 10.6% 9.3% 8.2% 8.0% 6.2% 43.9% 3.8% デンマーク(2006) 2.5% 8.1% 10.7 % 2,5000~50,000 未 満 N= % 14.7% 14.1% 10.8% 10.2% 8.0% 6.5% 29.1% 英 国 (2001) 3.7% 8.0% 11.7 % 50,000~75,000 未 満 N= % 16.1% 17.7% 14.2% 11.2% 9.1% 3.5% 19.1% 米 国 (2000) 4.0% 2.2% 6.2 % 75,000~100,000 未 満 N= % 19.2% 15.2% 16.8% 9.1% 9.7% 5.7% 15.1% 100,000~200,000 未 満 N= % 18.2% 23.4% 19.5% 11.8% 6.5% 4.6% 8.3% 資 料 : 社 会 保 障 国 民 会 議 サービス 保 障 ( 医 療 介 護 福 祉 ) 分 科 会 ( 第 8 回 ) 200,000 以 上 N= % 25.3% 19.0% 16.3% 11.1% 5.9% 4.5% 6.7% 1% 未 満 1~2% 未 満 2~3% 未 満 3~4% 未 満 4~5% 未 満 5~6% 未 満 6~7% 未 満 7% 以 上 ( 参 考 ) 政 府 計 画 における 位 置 づけ 住 生 活 基 本 計 画 (H 閣 議 決 定 ) 医 療 介 護 住 宅 が 連 携 し 高 齢 者 が 安 心 できる 住 まいを 確 保 す るため サービス 付 きの 高 齢 者 向 け 住 宅 の 供 給 を 促 進 する サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 登 録 基 準 ハード 床 面 積 は 原 則 25m2 以 上 構 造 設 備 が 一 定 の 基 準 を 満 たすこと バリアフリー( 廊 下 幅 段 差 解 消 手 すり 設 置 ) 日 本 再 興 戦 略 (H 閣 議 決 定 ) 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 等 に 取 り 組 み 高 齢 者 障 害 者 等 が 地 域 で 安 心 して 暮 らせるようにする サービス サービスの 提 供 をすること( 少 なくとも 安 否 確 認 生 活 相 談 サービスを 提 供 ) 契 約 内 容 敷 金 家 賃 サービス 対 価 以 外 の 金 銭 を 徴 収 しないこと 等 資 料 :サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 等 のあり 方 検 討 会 中 間 とりまとめ 参 考 資 料 健 康 医 療 戦 略 (H 閣 議 決 定 ) サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 等 の 整 備 を 行 い 多 世 代 循 環 型 の 住 宅 コミュニティづくりを 推 進 する 有 料 老 人 ホームも 登 録 可 他 2. 要 望 内 容 現 平 成 27 年 3 月 31 日 までに 取 得 等 5 年 間 割 増 償 却 28%( 耐 用 年 数 35 年 以 上 40%) 行 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 取 得 等 5 年 間 割 増 償 却 14%( 耐 用 年 数 35 年 以 上 20%) 要 件 床 面 積 :25m2 以 上 / 戸 ( 専 用 部 分 のみ) 戸 数 :10 戸 以 上 等 要 望 案 適 用 期 限 の2 年 延 長 ( 平 成 30 年 3 月 31 日 まで) 5 年 間 割 増 償 却 14% ( 耐 用 年 数 35 年 以 上 20%) 医 療 介 護 施 設 の 併 設 要 件 を 追 加 10

13 雇 用 者 の 数 が 増 加 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 延 長 ( 所 得 税 法 人 税 法 人 住 民 税 ) 1. 現 状 適 用 要 件 適 用 年 度 中 に 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 の 数 を5 人 ( 中 小 企 業 は2 人 ) 以 上 かつ10% 以 上 増 加 させること 適 用 年 度 及 びその 前 事 業 年 度 中 に 事 業 主 都 合 による 離 職 者 がいないこと 適 用 年 度 における 支 払 給 与 額 が その 前 事 業 年 度 における 支 払 給 与 額 よりも 一 定 以 上 増 加 すること 風 俗 営 業 等 を 営 む 事 業 主 ではないこと 企 業 雇 用 増 加 企 業 に 対 するインセンティブ 付 与 要 件 確 認 1 企 業 は 目 標 の 雇 用 増 加 数 等 を 記 載 した 雇 用 促 進 計 画 を 作 成 し 適 用 年 度 開 始 後 速 やかにハローワークに 提 出 ハローワークは 当 該 企 業 の 新 規 採 用 を 支 援 2 適 用 年 度 終 了 後 雇 用 促 進 計 画 の 達 成 状 況 を 記 載 し ハローワーク に 提 出 3 企 業 は 確 認 を 受 けた 雇 用 促 進 計 画 等 を 添 付 し 税 務 署 へ 申 告 支 払 給 与 額 の 増 加 等 を 確 認 雇 入 れ 適 用 年 度 末 - 前 事 業 年 度 末 1 人 当 たり 40 万 円 の 税 額 控 除 ( 限 度 額 あり) 措 置 内 容 雇 用 増 加 人 数 1 人 当 たり40 万 円 の 税 額 控 除 当 期 の 法 人 税 額 等 の10%( 中 小 企 業 は20%)を 限 度 新 たな 雇 用 機 会 の 確 保 2. 要 望 内 容 積 極 的 に 雇 用 を 創 出 し 安 定 的 かつ 継 続 的 な 雇 用 を 促 進 するため 雇 用 者 の 数 が 増 加 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 措 置 について 雇 用 の 質 を 高 める 観 点 から 見 直 しを 行 った 上 で その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 11

14 職 業 能 力 開 発 に 係 る 特 定 支 出 控 除 の 範 囲 の 拡 大 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 背 景 産 業 構 造 の 変 化 が 加 速 する 中 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 進 めることが 重 要 になってきており 適 切 な 職 業 訓 練 の 選 択 や 本 人 の 経 験 や 能 力 の 棚 卸 しを 行 うためのキャリアコンサルティングの 必 要 性 が 高 まって いる また 労 働 者 の 価 値 観 や 働 き 方 の 多 様 化 等 により 労 働 者 の 職 場 定 着 等 を 図 る 観 点 から 企 業 において も キャリアコンサルティングの 必 要 性 も 高 まっている こうした 中 キャリアコンサルティングを 法 律 上 位 置 づける 勤 労 青 少 年 福 祉 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 を 国 会 に 提 出 しているところ ( 平 成 28 年 4 月 1 日 施 行 予 定 ) このように キャリアコンサルティングを 受 けることは 職 務 に 直 接 必 要 なものとなっていることから 特 定 支 出 控 除 の 対 象 とし 給 与 所 得 の 必 要 経 費 として 控 除 することが 必 要 である <キャリアコンサルティングとは> 労 働 者 の 職 業 の 選 択 職 業 生 活 設 計 又 は 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 に 関 する 相 談 に 応 じ 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと < 活 動 内 容 の 例 > 被 用 者 の 目 指 すべき 職 業 生 活 職 業 生 活 設 計 の 明 確 化 上 記 を 通 じた 就 労 意 欲 能 力 開 発 の 意 欲 の 向 上 や 気 づき の 機 会 の 提 供 2. 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) さらに 働 き 手 個 人 が セルフ キャリアドック( 仮 称 ) を 受 けた 際 の 経 費 の 一 部 について 一 般 教 育 訓 練 給 付 の 対 象 とすること 等 個 人 への 支 援 策 について 検 討 をし 本 年 度 中 に 結 論 を 得 る 3. 要 望 内 容 職 業 生 活 設 計 に 基 づく 職 業 能 力 開 発 を 推 進 し 能 力 を 有 効 に 発 揮 できるようにするため セルフ キャリア ドック( 仮 称 ) 等 のキャリアコンサルティングに 要 する 費 用 を 特 定 支 出 控 除 の 対 象 とする 12

15 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 場 合 の 機 械 等 の 割 増 償 却 制 度 の 適 用 期 限 の 延 長 ( 所 得 税 法 人 税 ) 1. 現 状 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 要 件 1 従 業 員 に 占 める 障 害 者 の 割 合 が 50% 以 上 ( 1) 2 雇 用 している 障 害 者 数 が20 人 以 上 ( 1)であり かつ 従 業 員 に 占 め る 障 害 者 の 割 合 が25% 以 上 ( 1) 3 法 定 雇 用 率 を 達 成 している 事 業 主 で 雇 用 している 障 害 者 数 が20 人 以 上 ( 2)であり かつ 雇 用 障 害 者 に 占 める 重 度 障 害 者 ( 3)の 割 合 が50% 以 上 ( 2) ( 公 共 職 業 安 定 所 長 が 発 行 する 証 明 が 必 要 ) 割 増 償 却 普 通 償 却 費 + 普 通 償 却 限 度 額 の24% ( 工 場 用 建 物 及 び 施 設 は32%) 1 短 時 間 労 働 者 を 除 く 重 度 障 害 者 は1 人 を2 人 としてカウント(ダブ ルカウント) 重 度 以 外 の 障 害 者 である 短 時 間 労 働 者 は1 人 を0.5 人 としてカウント 2 ダブルカウントなし 短 時 間 労 働 者 は1 人 を0.5 人 としてカウント 3 重 度 身 体 障 害 者 重 度 知 的 障 害 者 及 び 精 神 障 害 者 減 価 償 却 資 産 減 価 償 却 を 行 う 年 又 はそ の 前 5 年 以 内 の 各 年 にお いて 取 得 製 作 建 設 し た 機 械 設 備 等 2. 要 望 内 容 障 害 者 の 雇 用 の 機 会 を 拡 大 し その 雇 用 を 維 持 する 観 点 から 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 主 が 取 得 した 機 械 設 備 等 に 係 る 割 増 償 却 制 度 について その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 13

16 確 定 給 付 企 業 年 金 の 弾 力 的 な 運 営 等 に 係 る 税 制 上 の 所 要 の 措 置 ( 所 得 税 法 人 税 等 ) 1. 現 状 現 行 の 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 (DB)では 掛 金 の 拠 出 について 負 債 を 超 える 拠 出 が 認 められていない このため 結 果 として 景 気 が 悪 化 し 企 業 業 績 が 悪 いときに 掛 金 の 追 加 拠 出 が 求 められることになり 企 業 活 動 に 影 響 が 出 るほか 加 入 者 の 給 付 減 額 などの 対 応 を 要 する 可 能 性 がある 拠 出 DBの 仕 組 み(イメージ) 企 業 が 企 業 全 体 で 運 用 給 付 現 行 のDBの 拠 出 の 仕 組 み(イメージ) 現 在 負 債 を 超 える 積 立 の ための 拠 出 ができない 運 用 悪 化 時 運 用 環 境 が 悪 化 すると 積 立 不 足 が 発 生 し 企 業 の 負 担 が 増 加 する 積 立 不 足 給 付 を 賄 うための 掛 金 を 計 算 し 事 業 主 が 掛 金 額 を 拠 出 する あらかじめ 給 付 の 算 定 方 法 が 決 まっている 資 産 負 債 資 産 負 債 2. 要 望 内 容 DBについて 安 定 的 な 財 政 運 営 ができる 環 境 の 整 備 や 運 用 リスクを 事 業 主 と 加 入 者 で 柔 軟 に 分 け 合 う 仕 組 み (いわゆるハイブリッド 型 制 度 )を 実 施 可 能 とするため 将 来 の 財 政 悪 化 を 想 定 した 計 画 的 な 掛 金 拠 出 の 仕 組 みを 導 入 すること 等 に 伴 い 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )において ハイブリッド 型 の 企 業 年 金 制 度 の 導 入 や 将 来 の 景 気 変 動 を 見 越 したより 弾 力 的 な 運 営 を 可 能 とする 措 置 について 検 討 することとされている 将 来 の 財 政 悪 化 を 想 定 し あらかじめ 負 債 を 超 える 積 立 を 行 う 将 来 のリスク 発 生 時 の 負 担 資 産 DBの 弾 力 的 な 拠 出 の 仕 組 み(イメージ) 財 政 悪 化 時 に 想 定 される 積 立 不 足 積 立 金 の 減 少 により 資 産 が 減 少 するが ただちに 企 業 の 負 担 が 増 加 することはない 将 来 のリスク 発 生 時 の 負 担 財 政 悪 化 時 に 想 定 され る 積 立 不 足 負 債 資 産 負 債 14

17 交 際 費 課 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 法 人 税 法 人 住 民 税 事 業 税 ) 1. 現 状 交 際 費 課 税 については 消 費 の 拡 大 を 図 る 観 点 から 以 下 の 特 例 措 置 が 設 けられている 1 飲 食 のために 支 出 する 費 用 の 額 ( 社 内 接 待 費 を 除 く )の50%を 損 金 算 入 2 中 小 法 人 に 係 る 交 際 費 については800 万 円 まで 全 額 損 金 算 入 中 小 法 人 については1 又 は➁のいずれかを 選 択 2. 要 望 内 容 以 上 の 措 置 について 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 15

目 次 セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 ) の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に

目 次 セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 ) の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 参 考 資 料 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション( 自 主 服 薬 ) 推 進 のためのスイッチOTC 薬 控 除 ( 医 療 費 控 除 の 特 例 ) の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 地 方

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

第 96 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 議 事 次 第 平 成 28 年 7 月 14 日 ( 木 ) 16 時 00 分 ~18 時 00 分 場 所 :ベ ル サ ー ル 半 蔵 門 ( 議 題 ) 1. 骨 太 2016 規 制 改 革 実 施 計 画 等 の 報 告 について 2. 骨 太 2016 経 済 財 政 再 生 計 画 改 革 工 程 表 の 指 摘 事

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

【資料2】生業扶助及び一時扶助について

【資料2】生業扶助及び一時扶助について 第 15 回 社 会 保 障 審 議 会 生 活 保 護 基 準 部 会 平 成 25 年 11 月 22 日 資 料 2 生 業 扶 助 及 び 一 時 扶 助 について 平 成 25 年 11 月 22 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 保 護 課 目 次 生 業 扶 助 生 業 扶 助 の 概 要 3p 就 労 支 援 の 概 要 4p 生 業 費 6p 技 能 修 得 費 9p 就

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2

1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2 目 次 1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2 2. マイナンバーの 利 用 範 囲 の 拡 大 9 3. マイナポータルの 利 用 14 1 1. 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 2 地 方 税 分 野 における 番 号 制 度 の 利 用 場 面 1 番 号 を 用 いた 地 方 税 情 報 の 管 理 納 税 義 務 者 等

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

第24回税制調査会 総24-3

第24回税制調査会 総24-3 平 27.10.23 総 2 4-3 説 明 資 料 個 人 住 民 税 3 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 1. 個 人 住 民 税 の 課 税 標 準 の 計 算 1 2. 個 人 住 民 税 における 各 種 人 的 控 除 のあり 方 2 3. 個 人 住 民 税 における 超 過 課 税 独 自 減 税 の 実 施 状 況 9 4. 個 人 住 民 税

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information