Microsoft PowerPoint 差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集"

Transcription

1 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省

2 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための 所 得 控 除 制 度 の 創 設 3 国 民 の 健 康 の 観 点 からたばこの 消 費 を 抑 制 することを 目 的 とした たばこ 税 の 税 率 の 引 上 げ 等 4 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 貸 与 した 修 学 等 資 金 に 係 る 債 務 免 除 益 の 非 課 税 措 置 の 創 設 5 医 療 に 係 る 消 費 税 の 課 税 のあり 方 の 検 討 6 医 療 機 関 の 設 備 投 資 に 関 する 特 例 措 置 の 創 設 7 子 育 て 支 援 に 要 する 費 用 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 8 ひとり 親 家 庭 への 支 援 の 充 実 等 に 伴 う 税 制 上 の 所 要 の 措 置 9 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 に 係 る 割 増 償 却 の 延 長 10 雇 用 者 の 数 が 増 加 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 延 長 11 職 業 能 力 開 発 に 係 る 特 定 支 出 控 除 の 範 囲 の 拡 大 12 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 場 合 の 機 械 等 の 割 増 償 却 制 度 の 適 用 期 限 の 延 長 13 確 定 給 付 企 業 年 金 の 弾 力 的 な 運 営 等 に 係 る 税 制 上 の 所 要 の 措 置 14 交 際 費 課 税 の 特 例 措 置 の 延 長 15

3 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 背 景 医 療 需 要 の 増 大 をできる 限 り 抑 えつつ 国 民 の 健 康 寿 命 が 延 伸 する 社 会 を 実 現 するためには 国 民 自 らが 自 己 の 健 康 管 理 を 進 めるセルフメディケーションを 推 進 することが 重 要 日 本 再 興 戦 略 ( 平 成 25 年 6 月 14 日 )では 薬 局 薬 剤 師 を 活 用 したセルフメディケーションの 推 進 が 盛 り 込 ま れており いわゆる 社 会 保 障 改 革 プログラム 法 でも 個 人 の 健 康 管 理 等 の 自 助 努 力 が 喚 起 される 仕 組 みの 検 討 を 行 うこととされている さらに 本 年 6 月 に 閣 議 決 定 された 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015では 個 人 の 健 康 管 理 に 係 る 自 発 的 な 取 組 を 促 す 観 点 から セルフメディケーションを 推 進 する とされている 一 方 現 行 の 医 療 費 控 除 制 度 は 自 己 負 担 額 が10 万 円 を 超 えない 場 合 には 対 象 とならないため 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 を 用 いてセルフメディケーションに 取 り 組 んでも 医 療 費 控 除 の 対 象 外 となる 場 合 がある 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) < 検 討 事 項 > 医 療 費 控 除 については 医 療 費 の 増 大 や 医 療 医 薬 品 を 取 り 巻 く 環 境 変 化 当 該 控 除 に 係 る 執 行 面 の 実 情 等 を 踏 まえ 公 正 な 課 税 を 確 保 するとともに セルフメディケーション( 自 己 治 療 )の 推 進 により 医 療 費 を 削 減 する 観 点 から 医 療 保 険 制 度 における 実 効 性 ある 枠 組 みの 構 築 とあわせ そのあり 方 を 総 合 的 に 検 討 する 3. 要 望 内 容 セルフメディケーションの 推 進 のため 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 の 購 入 費 用 を 対 象 とする 所 得 控 除 制 度 を 創 設 する 具 体 的 には 要 指 導 医 薬 品 及 び 一 般 用 医 薬 品 を 年 間 1 万 円 以 上 購 入 した 世 帯 に 対 して その 費 用 から1 万 円 を 差 し 引 いた 金 額 について 最 大 10 万 円 までを 所 得 控 除 の 対 象 とする ( )この 制 度 による 控 除 と 現 行 の 医 療 費 控 除 の 両 方 の 適 用 を 受 けることは 不 可 ( 両 制 度 の 控 除 条 件 に 該 当 する 場 合 には どちらかの 制 度 を 選 択 する ) 1

4 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 ( 不 動 産 取 得 税 ) 1. 背 景 セルフメディケーションの 推 進 を 図 るためには 国 民 が 気 軽 に 健 康 等 に 関 する 相 談 をすることができる 環 境 や 専 門 家 の 適 切 なアドバイスの 下 で 一 般 用 医 薬 品 等 を 安 全 かつ 適 切 に 使 用 できる 環 境 を 整 備 することが 重 要 この 点 薬 局 は 薬 剤 師 が 常 駐 し 健 康 等 に 関 する 相 談 に 応 じられるほか 処 方 薬 の 薬 歴 も 踏 まえて 一 般 用 医 薬 品 等 の 使 用 に 関 する 適 切 な 情 報 提 供 等 を 行 うことが 可 能 であるため セルフメディケーション 推 進 のための 窓 口 となることが 期 待 されていることから 充 実 した 相 談 体 制 や 設 備 などを 有 する 薬 局 の 基 準 を 平 成 27 年 秋 頃 までに 策 定 し 平 成 28 年 度 から 当 該 薬 局 の 公 表 制 度 を 開 始 する 予 定 こうした 薬 局 薬 剤 師 を 活 用 したセルフメディケーション 推 進 を 図 るため 当 該 薬 局 に 対 する 税 制 面 での 支 援 措 置 を 講 じ 薬 局 の 積 極 的 な 取 組 を 促 進 することが 必 要 である 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) < 検 討 事 項 > 今 後 のセルフメディケーションの 推 進 に 資 する 薬 局 の 役 割 や 機 能 に 関 する 制 度 設 計 を 踏 まえ 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 等 について 検 討 する 3. 要 望 内 容 セルフメディケーションの 推 進 に 関 し 充 実 した 相 談 体 制 や 設 備 などを 有 する 薬 局 のうち 中 小 企 業 者 が 開 設 す るものに 係 る 不 動 産 について 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 措 置 を 創 設 する 2

5 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための 所 得 控 除 制 度 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 現 状 及 び 要 望 の 必 要 性 日 本 再 興 戦 略 や 社 会 保 障 制 度 改 革 プログラム 法 等 において 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 取 組 の 重 要 性 が 位 置 付 け られており 各 種 検 診 の 受 診 率 や 予 防 接 種 の 接 種 率 の 向 上 等 は 急 務 である 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 健 康 増 進 予 防 へのインセンティブを 高 めることにより 公 的 負 担 の 低 減 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 112 号 ) 第 4 条 第 2 項 政 府 は 個 人 の 健 康 管 理 等 の 自 助 努 力 が 喚 起 される 仕 組 みの 検 討 等 を 行 い 個 人 の 主 体 的 な 健 康 の 維 持 増 進 への 取 組 を 奨 励 するものとする 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 全 ての 国 民 が 自 らがんを 含 む 生 活 習 慣 病 を 中 心 とした 疾 病 の 予 防 合 併 症 予 防 を 含 む 重 症 化 予 防 介 護 予 防 後 発 医 薬 品 の 使 用 や 適 切 な 受 療 行 動 をとること 等 を 目 指 し 特 定 健 診 やがん 検 診 の 受 診 率 向 上 に 取 り 組 みつつ 個 人 や 保 険 者 の 取 組 を 促 すインセンティブのある 仕 組 みを 構 築 することが 重 要 しかしながら 現 状 では 検 診 受 診 率 や 予 防 接 種 率 等 は 十 分 な 水 準 とは 言 えない 状 況 である < 参 考 1> がん 検 診 受 診 率 (H25) 種 類 受 診 率 ( 男 性 ) (%) 受 診 率 ( 女 性 ) (%) 種 類 実 施 ( 接 種 ) 率 (%) 胃 がん 特 定 健 診 46.2(H25) 肺 がん 予 防 接 種 ( ) 49.6(H24) 大 腸 がん 定 期 接 種 のインフルエンザ 子 宮 頸 がん 乳 がん がんを 含 む 生 活 習 慣 病 等 にり 患 することによる 心 身 への 影 響 や 収 入 ( 担 税 力 )への 影 響 を 勘 案 し 各 健 診 及 び 予 防 接 種 といった 健 康 増 進 疾 病 予 防 に 関 する 個 人 の 取 組 を 推 進 することが 必 要 2. 要 望 内 容 国 民 の 自 発 的 な 健 康 管 理 や 疾 病 予 防 の 取 組 を 促 進 し これによる 医 療 費 の 適 正 化 を 図 る 観 点 から 市 町 村 や 医 療 保 険 者 等 が 行 う 健 康 増 進 疾 病 予 防 事 業 のうち 自 己 負 担 額 を 対 象 とする 所 得 控 除 制 度 を 創 設 する < 具 体 例 > がん 検 診 予 防 接 種 特 定 健 診 人 間 ドック 等 < 参 考 2>その 他 健 診 等 の 受 診 率 3

6 国 民 の 健 康 の 観 点 からたばこの 消 費 を 抑 制 することを 目 的 とした たばこ 税 の 税 率 の 引 上 げ 等 (たばこ 税 たばこ 特 別 税 地 方 たばこ 税 ) 1. 要 望 の 背 景 たばこの 規 制 に 関 する 世 界 保 健 機 関 枠 組 条 約 (FCTC) の 締 約 国 として たばこ 対 策 の 強 力 な 推 進 が 求 められ ていること 2020 東 京 オリンピック パラリンピックに 向 けてタバコフリー 環 境 を 目 指 す 必 要 があること 等 を 踏 まえ 国 民 の 健 康 の 観 点 からたばこの 消 費 を 抑 制 することが 必 要 2. 現 状 日 本 におけるたばこの 税 率 や 販 売 価 格 は 諸 外 国 と 比 較 して 低 い 1,600 1,400 1,200 1, 諸 外 国 のたばこ 税 と 販 売 価 格 (1 箱 あたり) その 他 たばこ 税 米 国 はニューヨーク 州 ニューヨーク 市 日 本 ドイツ フランス 米 国 ( ) 英 国 図 説 日 本 の 税 制 を 一 部 改 変 3. 要 望 内 容 たばこの 消 費 を 抑 制 するため 以 下 を 要 望 する 1 たばこ 税 及 び 地 方 たばこ 税 の 税 率 を 引 き 上 げる 2 かぎ 用 の 製 造 たばこ 等 に 関 して 課 税 の 換 算 方 法 を 見 直 す 具 体 的 には かぎ 用 たばこ 等 の 換 算 に 用 いる 重 量 を1gとする 1 本 第 1 種 ( 紙 巻 たばこ) 重 量 0.6グラム ニコチン 含 有 量 9.9 mg/ 本 現 状 2g かぎ 用 製 造 たばこ 重 量 2グラム ニコチン 含 有 量 20.8 mg/2g 要 望 2のイメージ 1 本 1g 重 量 0.6グラム ニコチン 含 有 量 9.9 mg/ 本 要 望 重 量 1グラム ニコチン 含 有 量 10.4 mg/1g かぎ 用 の 製 造 たばこ 等 の 税 率 は 紙 巻 たば この 実 質 2 分 の1 かぎ 用 の 製 造 たばこ 等 は 重 量 2グラムを 紙 巻 たばこ1 本 に 換 算 他 方 ニコチン 含 有 量 でみると かぎ 用 製 造 たばこの 含 有 量 は 紙 巻 たばこの2 倍 以 上 第 4 種 ( 刻 みたばこ) かみ 用 の 製 造 たばこ かぎ 用 の 製 造 たばこ (スヌース 等 ) 4

7 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 貸 与 した 修 学 等 資 金 に 係 る 債 務 免 除 益 の 非 課 税 措 置 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 現 状 各 地 方 公 共 団 体 では 地 域 の 医 師 確 保 対 策 として 医 学 生 等 に 対 して 修 学 等 資 金 を 貸 与 し 当 該 医 学 生 が 卒 業 後 一 定 期 間 当 該 地 方 公 共 団 体 が 指 定 する 医 療 機 関 に 勤 務 したことを 要 件 に 当 該 修 学 等 資 金 の 返 還 債 務 を 免 除 する 制 度 を 設 けている この 債 務 免 除 益 については 当 該 地 方 公 共 団 体 が 指 定 する 医 療 機 関 が 当 該 地 方 公 共 団 体 以 外 が 設 置 運 用 するものも 含 め 複 数 選 択 肢 提 示 されている 場 合 には 学 資 金 として 非 課 税 当 該 地 方 公 共 団 体 が 設 置 主 体 である 医 療 機 関 に 限 定 されている 場 合 には 給 与 所 得 として 課 税 する 取 扱 いとなっている 2. 要 望 の 必 要 性 地 域 で 必 要 な 医 療 を 確 保 する 上 で 医 師 の 地 域 偏 在 の 是 正 が 重 要 な 課 題 となる 中 各 地 方 公 共 団 体 が 貸 与 する 医 学 生 等 修 学 金 については 自 由 開 業 制 の 我 が 国 において 数 少 ない 有 効 な 医 師 確 保 対 策 の 一 つとなっており 国 としても 地 方 公 共 団 体 の 取 組 を 財 政 制 度 面 から 支 援 する 必 要 がある 医 学 生 等 修 学 等 資 金 貸 与 事 業 を 独 自 に 実 施 している 地 方 公 共 団 体 には 医 療 資 源 が 乏 しく 勤 務 先 の 選 択 肢 を 確 保 できないような 地 域 があり 医 師 確 保 医 師 の 地 域 偏 在 の 是 正 の 観 点 からは むしろ そうした 地 方 公 共 団 体 の 取 組 に 対 してこそ 積 極 的 な 支 援 を 行 う 必 要 がある モデルケース 医 学 生 等 修 学 等 資 金 については 貸 与 額 が 多 額 である が 入 学 金 授 業 料 等 医 学 生 等 が 修 学 する 上 で 必 要 な 費 用 について 貸 与 されているものであり 債 務 免 除 となる 時 点 では すでに 当 該 資 金 を 使 用 した 後 であるため 債 務 免 除 益 を 含 めた 上 で 所 得 税 が 課 税 された 場 合 医 師 の 負 担 能 力 に 比 して 過 度 な 課 税 がなされるおそれがある 大 学 6 年 間 修 学 等 資 金 の 貸 与 を 受 けていた 医 師 ( 配 偶 者 1 名 被 扶 養 者 1 名 )が9 年 間 指 定 の 医 療 機 関 で 働 き 一 括 して 債 務 免 除 される 場 合 の 課 税 額 ( 所 得 税 ) 給 与 : 約 1,506( 万 円 ) 修 学 等 資 金 貸 与 額 (6 年 間 合 計 ): 約 1,421( 万 円 ) 課 税 額 ( 所 得 税 ): 約 702( 万 円 )( ) ( ) {2,927( 給 与 収 入 )- 245( 給 与 所 得 控 除 ) - 228( 所 得 控 除 )} 0.4( 税 率 )- 280 ( 注 1) 一 定 の 社 会 保 険 料 が 控 除 されるものとして 計 算 している ( 注 2)この 他 平 成 25 年 1 月 から 平 成 49 年 12 月 までの 時 限 措 置 として 所 得 税 に 対 して2.1%の 復 興 特 別 所 得 税 が 課 される 3. 要 望 内 容 地 方 公 共 団 体 が 医 学 生 等 に 貸 与 した 修 学 等 資 金 に 係 る 債 務 免 除 益 について 非 課 税 とする 措 置 を 講 ずる 5

8 医 療 に 係 る 消 費 税 の 課 税 のあり 方 の 検 討 ( 消 費 税 地 方 消 費 税 ) 1. 背 景 社 会 保 険 診 療 については 消 費 税 は 非 課 税 扱 い 消 費 税 導 入 時 ( 平 成 元 年 ) 引 上 げ 時 ( 平 成 9 年 )に 診 療 報 酬 改 定 を 行 い 消 費 税 による 医 薬 品 などの 仕 入 れ 費 用 の 増 加 分 が 医 療 機 関 等 にとって 実 質 的 な 負 担 とならないよう 対 応 税 制 抜 本 改 革 法 ( 平 成 24 年 8 月 ) 三 党 実 務 者 合 意 ( 平 成 24 年 6 月 )により 8% 引 上 げ 時 には 高 額 投 資 に 係 る 消 費 税 の 負 担 について 診 療 報 酬 等 の 医 療 保 険 制 度 における 手 当 のあり 方 を 検 討 することとされた 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 設 置 された 医 療 機 関 等 における 消 費 税 負 担 に 関 する 分 科 会 の 議 論 を 踏 まえ 平 成 26 年 4 月 の8% 引 上 げ 時 に 診 療 報 酬 と 別 建 ての 高 額 投 資 対 応 は 行 わず 診 療 報 酬 の 中 で 基 本 診 療 料 等 に 上 乗 せ することで 対 応 10% 引 上 げ 時 の 対 応 として 診 療 側 は 診 療 報 酬 による 対 応 では 限 界 があるとして 税 制 による 抜 本 的 な 解 決 を 強 く 要 望 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) < 検 討 事 項 > 医 療 に 係 る 消 費 税 等 の 税 制 のあり 方 については 消 費 税 率 が10%に 引 き 上 げられることが 予 定 される 中 医 療 機 関 の 仕 入 れ 税 額 の 負 担 及 び 患 者 等 の 負 担 に 十 分 に 配 慮 し 関 係 者 の 負 担 の 公 平 性 透 明 性 を 確 保 しつつ 抜 本 的 な 解 決 に 向 けて 適 切 な 措 置 を 講 ずることができるよう 個 々の 診 療 報 酬 項 目 に 含 まれる 仕 入 れ 税 額 相 当 額 分 を 見 える 化 することなどにより 実 態 の 正 確 な 把 握 を 行 う 税 制 上 の 措 置 については こうした 取 組 みを 行 いつつ 医 療 保 険 制 度 における 手 当 のあり 方 の 検 討 等 とあわせて 医 療 関 係 者 保 険 者 等 の 意 見 も 踏 まえ 総 合 的 に 検 討 し 結 論 を 得 る 3. 要 望 内 容 医 療 に 係 る 消 費 税 等 の 税 制 のあり 方 については 消 費 税 率 が10%に 引 き 上 げられることが 予 定 される 中 抜 本 的 な 解 決 に 向 けて 適 切 な 措 置 を 講 ずることができるよう 個 々の 診 療 報 酬 項 目 に 含 まれる 仕 入 れ 税 額 相 当 分 を 見 え る 化 することなどにより 実 態 の 正 確 な 把 握 を 行 いつつ 医 療 保 険 制 度 における 手 当 のあり 方 の 検 討 等 とあわせ て 医 療 関 係 者 保 険 者 等 の 意 見 も 踏 まえ 総 合 的 に 検 討 し 結 論 を 得 る 6

9 医 療 機 関 の 設 備 投 資 に 関 する 特 例 措 置 の 創 設 ( 所 得 税 法 人 税 等 ) 1. 現 状 及 び 要 望 の 必 要 性 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 といった 人 口 構 造 の 変 化 等 により 質 の 高 い 医 療 サービスへの 需 要 は 急 速 に 拡 大 しており 社 会 保 障 の 持 続 可 能 性 を 確 保 するためにも 地 域 の 実 情 に 応 じた 医 療 を 効 率 的 に 提 供 する 体 制 を 構 築 することが 重 要 日 本 再 興 戦 略 等 においても 医 療 提 供 体 制 の 適 正 化 のために 病 床 の 機 能 分 化 連 携 や 医 療 のIT 化 の 推 進 の 重 要 性 が 位 置 付 けられており その 取 組 の 推 進 は 急 務 である 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 医 療 資 源 を 効 果 的 効 率 的 に 活 用 するための 遠 隔 医 療 の 推 進 医 療 等 分 野 でのデータのデジタル 化 標 準 化 の 推 進 や 地 域 医 療 情 報 連 携 等 の 推 進 に 取 り 組 むとともに 医 療 介 護 の 質 の 向 上 研 究 開 発 促 進 医 療 介 護 費 用 の 適 正 化 などの 医 療 介 護 政 策 へのデータの 一 層 の 活 用 や 民 間 ヘルスケアビジネス 等 による 医 療 等 分 野 のデータ 利 活 用 の 環 境 整 備 を 進 めるなど 医 療 等 分 野 のICT 化 を 強 力 に 推 進 する 都 道 府 県 ごとの 地 域 医 療 構 想 を 策 定 し データ 分 析 による 都 道 府 県 別 の 医 療 提 供 体 制 の 差 や 将 来 必 要 となる 医 療 の 見 える 化 を 行 い それを 踏 まえた 病 床 の 機 能 分 化 連 携 を 進 める 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) 国 民 が 安 心 して 医 療 介 護 サービスを 受 けられるよう 地 域 包 括 ケアシステムの 充 実 強 化 を 図 り 患 者 の 利 便 性 を 高 めるとともに 医 療 の 質 の 向 上 や 創 薬 等 医 療 分 野 の 研 究 開 発 環 境 整 備 ヘルスケア 産 業 の 活 性 化 などに 資 するように 十 分 な 情 報 セキュリティ 対 策 を 講 じた 上 でICT 化 を 強 力 に 推 進 する 本 特 例 措 置 の 創 設 により 医 療 機 関 における 一 定 の 固 定 資 産 の 取 得 を 支 援 することで 質 が 高 く 効 率 的 な 医 療 の 提 供 への 取 組 を 推 進 する 2. 要 望 内 容 人 口 構 造 の 変 化 に 応 じ 質 が 高 く 効 率 的 な 医 療 を 提 供 するため 地 域 医 療 構 想 に 沿 った 病 床 の 機 能 分 化 連 携 医 療 分 野 におけるICT 化 の 推 進 医 療 従 事 者 の 勤 務 環 境 の 改 善 環 境 問 題 や 非 常 時 への 対 応 などに 資 する 固 定 資 産 を 医 療 機 関 が 取 得 した 場 合 に 特 別 償 却 又 は 税 額 控 除 を 認 める 措 置 を 創 設 する 7

10 子 育 て 支 援 に 要 する 費 用 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 現 状 現 役 世 代 が 子 育 てと 仕 事 を 両 立 できる 子 育 て 支 援 施 策 を 図 っていくことは 少 子 化 対 策 の 観 点 の 他 女 性 の 活 躍 促 進 の 観 点 労 働 力 確 保 を 通 じた 経 済 成 長 促 進 の 観 点 から 重 要 である 労 働 者 の 働 き 方 や 子 育 てをとりまく 環 境 が 多 様 化 する 中 また 地 域 によって 利 用 できる 子 育 てに 係 るサービスに 差 異 がある 中 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 による 保 育 等 の 公 的 サービスによる 対 応 に 加 え 柔 軟 な 子 どもの 預 かりサービス 利 用 を 必 要 とする 子 育 て 家 庭 が 存 在 する このようなベビーシッター 等 の 子 どもの 預 かりサービスを 利 用 した 際 の 費 用 については 子 育 て 家 庭 が 就 労 す ることに 伴 い 必 要 となる 経 費 であり 税 制 での 支 援 の 必 要 性 が 高 い 2. 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 26 年 12 月 30 日 )( 抄 ) (3) 少 子 化 への 対 応 働 き 方 の 選 択 に 対 する 中 立 性 の 確 保 等 の 観 点 からの 個 人 所 得 課 税 の 見 直 し わが 国 においては 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 働 き 方 の 多 様 化 や 所 得 格 差 の 拡 大 等 の 社 会 経 済 の 構 造 変 化 が 著 しい 若 い 世 代 が 結 婚 し 子 どもを 産 み 育 てやすい 環 境 や 女 性 が 働 きやすい 環 境 を 整 備 することが 極 めて 重 要 な 課 題 となっており 税 制 のみならず 関 連 する 諸 制 度 を 総 合 的 に 検 討 すべきである その 際 社 会 の 基 本 は 自 助 にあることを 踏 まえ 家 族 の 助 け 合 いの 役 割 も 正 しく 評 価 する 必 要 がある これらを 踏 まえ 個 人 所 得 課 税 について 効 果 的 効 率 的 に 子 育 てを 支 援 する 観 点 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 を 構 築 する 観 点 を 含 め 社 会 経 済 の 構 造 変 化 に 対 応 するための 各 種 控 除 や 税 率 構 造 の 一 体 的 な 見 直 しを 丁 寧 に 検 討 する 3. 要 望 内 容 仕 事 と 家 庭 を 両 立 し 女 性 の 活 躍 を 促 進 する 等 の 観 点 から ベビーシッター 等 の 子 育 て 支 援 に 要 す る 費 用 の 一 部 について 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 8

11 ひとり 親 家 庭 への 支 援 の 充 実 等 に 伴 う 税 制 上 の 所 要 の 措 置 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 等 ) 1. 背 景 経 済 的 に 厳 しいひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 の 自 立 を 応 援 していく 必 要 があり 子 育 て 生 活 就 業 経 済 面 な どについて 一 層 の 充 実 を 図 っていくとともに 支 援 を 必 要 とする 家 庭 に 対 し 行 政 の 支 援 が 確 実 につながる 仕 組 みを 整 えていく 必 要 がある また 児 童 虐 待 に 関 する 相 談 対 応 件 数 が 年 々 増 加 するなど 依 然 として 深 刻 な 状 況 にある 児 童 虐 待 の 問 題 に ついて 発 生 予 防 から 自 立 支 援 までの 一 連 の 対 策 の 更 なる 強 化 を 早 急 に 図 る 必 要 がある 以 上 を 踏 まえ 社 会 の 変 容 等 に 伴 う 子 どもと 家 庭 を 取 り 巻 く 今 日 的 な 課 題 に 対 応 するため 新 たな 子 ども 家 庭 福 祉 システムを 構 築 し ひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 への 支 援 の 充 実 社 会 的 養 護 の 推 進 児 童 虐 待 防 止 対 策 の 強 化 等 を 図 ることとしており それに 伴 い 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 必 要 がある 2. 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) ひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 への 支 援 の 充 実 と 併 せて 社 会 的 養 護 の 推 進 児 童 虐 待 防 止 対 策 の 強 化 等 につい て 年 末 をめどに 政 策 パッケージを 策 定 し その 取 組 を 推 進 する 3. 要 望 内 容 ひとり 親 家 庭 や 多 子 世 帯 への 支 援 の 充 実 社 会 的 養 護 の 推 進 児 童 虐 待 防 止 対 策 の 強 化 等 のた め 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 9

12 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 に 係 る 割 増 償 却 の 延 長 ( 所 得 税 法 人 税 ) 1. 現 状 高 齢 者 が 安 心 して 暮 らせる 住 宅 ストックは 諸 外 国 と 比 較 すると 不 足 しており 在 宅 介 護 の 場 となるサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 を 引 き 続 き 支 援 して いくことが 必 要 その 上 で 市 街 化 区 域 外 医 療 機 関 等 へのアクセスが 悪 い 地 域 への 立 地 も 見 られることから まちづくりや 医 療 介 護 の 福 祉 サービスとの 連 携 が 図 られたサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 へ 誘 導 していくことが 必 要 全 高 齢 者 に 対 する 介 護 施 設 高 齢 者 住 宅 等 の 割 合 は 諸 外 国 より 低 い 市 街 化 区 域 外 医 療 機 関 等 へのアクセスが 悪 い 地 域 に 立 地 する 傾 向 地 価 と 高 齢 者 人 口 に 対 するサ 高 住 の 供 給 割 合 (%) 地 価 価 格 帯 ( 円 /m2) 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 100.0% 施 設 系 住 宅 系 計 N= % 16.8% 16.8% 14.1% 10.4% 7.7% 5.2% 21.2% 日 本 (2005) 3.5% 0.9% 4.4 % 2,5000 未 満 N= % 10.6% 9.3% 8.2% 8.0% 6.2% 43.9% 3.8% デンマーク(2006) 2.5% 8.1% 10.7 % 2,5000~50,000 未 満 N= % 14.7% 14.1% 10.8% 10.2% 8.0% 6.5% 29.1% 英 国 (2001) 3.7% 8.0% 11.7 % 50,000~75,000 未 満 N= % 16.1% 17.7% 14.2% 11.2% 9.1% 3.5% 19.1% 米 国 (2000) 4.0% 2.2% 6.2 % 75,000~100,000 未 満 N= % 19.2% 15.2% 16.8% 9.1% 9.7% 5.7% 15.1% 100,000~200,000 未 満 N= % 18.2% 23.4% 19.5% 11.8% 6.5% 4.6% 8.3% 資 料 : 社 会 保 障 国 民 会 議 サービス 保 障 ( 医 療 介 護 福 祉 ) 分 科 会 ( 第 8 回 ) 200,000 以 上 N= % 25.3% 19.0% 16.3% 11.1% 5.9% 4.5% 6.7% 1% 未 満 1~2% 未 満 2~3% 未 満 3~4% 未 満 4~5% 未 満 5~6% 未 満 6~7% 未 満 7% 以 上 ( 参 考 ) 政 府 計 画 における 位 置 づけ 住 生 活 基 本 計 画 (H 閣 議 決 定 ) 医 療 介 護 住 宅 が 連 携 し 高 齢 者 が 安 心 できる 住 まいを 確 保 す るため サービス 付 きの 高 齢 者 向 け 住 宅 の 供 給 を 促 進 する サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 登 録 基 準 ハード 床 面 積 は 原 則 25m2 以 上 構 造 設 備 が 一 定 の 基 準 を 満 たすこと バリアフリー( 廊 下 幅 段 差 解 消 手 すり 設 置 ) 日 本 再 興 戦 略 (H 閣 議 決 定 ) 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 等 に 取 り 組 み 高 齢 者 障 害 者 等 が 地 域 で 安 心 して 暮 らせるようにする サービス サービスの 提 供 をすること( 少 なくとも 安 否 確 認 生 活 相 談 サービスを 提 供 ) 契 約 内 容 敷 金 家 賃 サービス 対 価 以 外 の 金 銭 を 徴 収 しないこと 等 資 料 :サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 の 整 備 等 のあり 方 検 討 会 中 間 とりまとめ 参 考 資 料 健 康 医 療 戦 略 (H 閣 議 決 定 ) サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 等 の 整 備 を 行 い 多 世 代 循 環 型 の 住 宅 コミュニティづくりを 推 進 する 有 料 老 人 ホームも 登 録 可 他 2. 要 望 内 容 現 平 成 27 年 3 月 31 日 までに 取 得 等 5 年 間 割 増 償 却 28%( 耐 用 年 数 35 年 以 上 40%) 行 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 取 得 等 5 年 間 割 増 償 却 14%( 耐 用 年 数 35 年 以 上 20%) 要 件 床 面 積 :25m2 以 上 / 戸 ( 専 用 部 分 のみ) 戸 数 :10 戸 以 上 等 要 望 案 適 用 期 限 の2 年 延 長 ( 平 成 30 年 3 月 31 日 まで) 5 年 間 割 増 償 却 14% ( 耐 用 年 数 35 年 以 上 20%) 医 療 介 護 施 設 の 併 設 要 件 を 追 加 10

13 雇 用 者 の 数 が 増 加 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 延 長 ( 所 得 税 法 人 税 法 人 住 民 税 ) 1. 現 状 適 用 要 件 適 用 年 度 中 に 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 の 数 を5 人 ( 中 小 企 業 は2 人 ) 以 上 かつ10% 以 上 増 加 させること 適 用 年 度 及 びその 前 事 業 年 度 中 に 事 業 主 都 合 による 離 職 者 がいないこと 適 用 年 度 における 支 払 給 与 額 が その 前 事 業 年 度 における 支 払 給 与 額 よりも 一 定 以 上 増 加 すること 風 俗 営 業 等 を 営 む 事 業 主 ではないこと 企 業 雇 用 増 加 企 業 に 対 するインセンティブ 付 与 要 件 確 認 1 企 業 は 目 標 の 雇 用 増 加 数 等 を 記 載 した 雇 用 促 進 計 画 を 作 成 し 適 用 年 度 開 始 後 速 やかにハローワークに 提 出 ハローワークは 当 該 企 業 の 新 規 採 用 を 支 援 2 適 用 年 度 終 了 後 雇 用 促 進 計 画 の 達 成 状 況 を 記 載 し ハローワーク に 提 出 3 企 業 は 確 認 を 受 けた 雇 用 促 進 計 画 等 を 添 付 し 税 務 署 へ 申 告 支 払 給 与 額 の 増 加 等 を 確 認 雇 入 れ 適 用 年 度 末 - 前 事 業 年 度 末 1 人 当 たり 40 万 円 の 税 額 控 除 ( 限 度 額 あり) 措 置 内 容 雇 用 増 加 人 数 1 人 当 たり40 万 円 の 税 額 控 除 当 期 の 法 人 税 額 等 の10%( 中 小 企 業 は20%)を 限 度 新 たな 雇 用 機 会 の 確 保 2. 要 望 内 容 積 極 的 に 雇 用 を 創 出 し 安 定 的 かつ 継 続 的 な 雇 用 を 促 進 するため 雇 用 者 の 数 が 増 加 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 措 置 について 雇 用 の 質 を 高 める 観 点 から 見 直 しを 行 った 上 で その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 11

14 職 業 能 力 開 発 に 係 る 特 定 支 出 控 除 の 範 囲 の 拡 大 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 ) 1. 背 景 産 業 構 造 の 変 化 が 加 速 する 中 労 働 者 の 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 を 進 めることが 重 要 になってきており 適 切 な 職 業 訓 練 の 選 択 や 本 人 の 経 験 や 能 力 の 棚 卸 しを 行 うためのキャリアコンサルティングの 必 要 性 が 高 まって いる また 労 働 者 の 価 値 観 や 働 き 方 の 多 様 化 等 により 労 働 者 の 職 場 定 着 等 を 図 る 観 点 から 企 業 において も キャリアコンサルティングの 必 要 性 も 高 まっている こうした 中 キャリアコンサルティングを 法 律 上 位 置 づける 勤 労 青 少 年 福 祉 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 を 国 会 に 提 出 しているところ ( 平 成 28 年 4 月 1 日 施 行 予 定 ) このように キャリアコンサルティングを 受 けることは 職 務 に 直 接 必 要 なものとなっていることから 特 定 支 出 控 除 の 対 象 とし 給 与 所 得 の 必 要 経 費 として 控 除 することが 必 要 である <キャリアコンサルティングとは> 労 働 者 の 職 業 の 選 択 職 業 生 活 設 計 又 は 職 業 能 力 の 開 発 及 び 向 上 に 関 する 相 談 に 応 じ 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと < 活 動 内 容 の 例 > 被 用 者 の 目 指 すべき 職 業 生 活 職 業 生 活 設 計 の 明 確 化 上 記 を 通 じた 就 労 意 欲 能 力 開 発 の 意 欲 の 向 上 や 気 づき の 機 会 の 提 供 2. 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )( 抄 ) さらに 働 き 手 個 人 が セルフ キャリアドック( 仮 称 ) を 受 けた 際 の 経 費 の 一 部 について 一 般 教 育 訓 練 給 付 の 対 象 とすること 等 個 人 への 支 援 策 について 検 討 をし 本 年 度 中 に 結 論 を 得 る 3. 要 望 内 容 職 業 生 活 設 計 に 基 づく 職 業 能 力 開 発 を 推 進 し 能 力 を 有 効 に 発 揮 できるようにするため セルフ キャリア ドック( 仮 称 ) 等 のキャリアコンサルティングに 要 する 費 用 を 特 定 支 出 控 除 の 対 象 とする 12

15 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 場 合 の 機 械 等 の 割 増 償 却 制 度 の 適 用 期 限 の 延 長 ( 所 得 税 法 人 税 ) 1. 現 状 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 要 件 1 従 業 員 に 占 める 障 害 者 の 割 合 が 50% 以 上 ( 1) 2 雇 用 している 障 害 者 数 が20 人 以 上 ( 1)であり かつ 従 業 員 に 占 め る 障 害 者 の 割 合 が25% 以 上 ( 1) 3 法 定 雇 用 率 を 達 成 している 事 業 主 で 雇 用 している 障 害 者 数 が20 人 以 上 ( 2)であり かつ 雇 用 障 害 者 に 占 める 重 度 障 害 者 ( 3)の 割 合 が50% 以 上 ( 2) ( 公 共 職 業 安 定 所 長 が 発 行 する 証 明 が 必 要 ) 割 増 償 却 普 通 償 却 費 + 普 通 償 却 限 度 額 の24% ( 工 場 用 建 物 及 び 施 設 は32%) 1 短 時 間 労 働 者 を 除 く 重 度 障 害 者 は1 人 を2 人 としてカウント(ダブ ルカウント) 重 度 以 外 の 障 害 者 である 短 時 間 労 働 者 は1 人 を0.5 人 としてカウント 2 ダブルカウントなし 短 時 間 労 働 者 は1 人 を0.5 人 としてカウント 3 重 度 身 体 障 害 者 重 度 知 的 障 害 者 及 び 精 神 障 害 者 減 価 償 却 資 産 減 価 償 却 を 行 う 年 又 はそ の 前 5 年 以 内 の 各 年 にお いて 取 得 製 作 建 設 し た 機 械 設 備 等 2. 要 望 内 容 障 害 者 の 雇 用 の 機 会 を 拡 大 し その 雇 用 を 維 持 する 観 点 から 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 主 が 取 得 した 機 械 設 備 等 に 係 る 割 増 償 却 制 度 について その 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 13

16 確 定 給 付 企 業 年 金 の 弾 力 的 な 運 営 等 に 係 る 税 制 上 の 所 要 の 措 置 ( 所 得 税 法 人 税 等 ) 1. 現 状 現 行 の 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 (DB)では 掛 金 の 拠 出 について 負 債 を 超 える 拠 出 が 認 められていない このため 結 果 として 景 気 が 悪 化 し 企 業 業 績 が 悪 いときに 掛 金 の 追 加 拠 出 が 求 められることになり 企 業 活 動 に 影 響 が 出 るほか 加 入 者 の 給 付 減 額 などの 対 応 を 要 する 可 能 性 がある 拠 出 DBの 仕 組 み(イメージ) 企 業 が 企 業 全 体 で 運 用 給 付 現 行 のDBの 拠 出 の 仕 組 み(イメージ) 現 在 負 債 を 超 える 積 立 の ための 拠 出 ができない 運 用 悪 化 時 運 用 環 境 が 悪 化 すると 積 立 不 足 が 発 生 し 企 業 の 負 担 が 増 加 する 積 立 不 足 給 付 を 賄 うための 掛 金 を 計 算 し 事 業 主 が 掛 金 額 を 拠 出 する あらかじめ 給 付 の 算 定 方 法 が 決 まっている 資 産 負 債 資 産 負 債 2. 要 望 内 容 DBについて 安 定 的 な 財 政 運 営 ができる 環 境 の 整 備 や 運 用 リスクを 事 業 主 と 加 入 者 で 柔 軟 に 分 け 合 う 仕 組 み (いわゆるハイブリッド 型 制 度 )を 実 施 可 能 とするため 将 来 の 財 政 悪 化 を 想 定 した 計 画 的 な 掛 金 拠 出 の 仕 組 みを 導 入 すること 等 に 伴 い 税 制 上 の 所 要 の 措 置 を 講 ずる 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2015( 平 成 27 年 6 月 30 日 閣 議 決 定 )において ハイブリッド 型 の 企 業 年 金 制 度 の 導 入 や 将 来 の 景 気 変 動 を 見 越 したより 弾 力 的 な 運 営 を 可 能 とする 措 置 について 検 討 することとされている 将 来 の 財 政 悪 化 を 想 定 し あらかじめ 負 債 を 超 える 積 立 を 行 う 将 来 のリスク 発 生 時 の 負 担 資 産 DBの 弾 力 的 な 拠 出 の 仕 組 み(イメージ) 財 政 悪 化 時 に 想 定 される 積 立 不 足 積 立 金 の 減 少 により 資 産 が 減 少 するが ただちに 企 業 の 負 担 が 増 加 することはない 将 来 のリスク 発 生 時 の 負 担 財 政 悪 化 時 に 想 定 され る 積 立 不 足 負 債 資 産 負 債 14

17 交 際 費 課 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 法 人 税 法 人 住 民 税 事 業 税 ) 1. 現 状 交 際 費 課 税 については 消 費 の 拡 大 を 図 る 観 点 から 以 下 の 特 例 措 置 が 設 けられている 1 飲 食 のために 支 出 する 費 用 の 額 ( 社 内 接 待 費 を 除 く )の50%を 損 金 算 入 2 中 小 法 人 に 係 る 交 際 費 については800 万 円 まで 全 額 損 金 算 入 中 小 法 人 については1 又 は➁のいずれかを 選 択 2. 要 望 内 容 以 上 の 措 置 について 適 用 期 限 を2 年 延 長 する 15

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大 Article 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 要 課 題 を 見 る ( 1 ) 拓 殖 大 学 准 教 授 稲 葉 知 恵 子 平 成 27 年 12 月 24 日 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 が 閣 議 決 定 さ れた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 は 経 済 の 好 循 環 を 確 実 な も の とする 観 点 から 成 長 志 向

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information