厚生労働省班会議

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "厚生労働省班会議"

Transcription

1 平 成 23 年 度 肝 疾 患 診 療 連 携 拠 点 病 院 相 談 員 向 け 研 修 会 B 型 肝 炎 に 関 する 最 新 の 話 題 虎 の 門 病 院 肝 疾 患 相 談 センター 鈴 木 義 之

2 Contents B 型 慢 性 肝 疾 患 における 問 題 点 治 療 の 現 状 drug freeにむけての 治 療 とは (1) HBs 抗 原 を 消 失 させるためのアプローチ (2) 核 酸 アナログ 中 止 を 目 指 したSequential 療 法 De novo 型 肝 炎 とその 対 策

3 B 型 慢 性 肝 疾 患 における 問 題 点 B 型 肝 炎 は 減 少 しているのか? B 型 肝 炎 の 治 療 適 応 とは? B 型 肝 炎 治 療 の 最 終 目 標 は?

4 B 型 肝 炎 は 減 少 しているのか? 母 子 感 染 予 防 法 が 施 行 されて25 年 を 経 過 し 新 たな 感 染 拡 大 は 抑 えられたのか 近 年 指 摘 されている 外 来 種 (genotypea)の B 型 肝 炎 は 増 加 しているのか

5 わが 国 における 慢 性 肝 炎 患 者 数 C 型 約 70% 非 B 非 C 型 自 己 免 疫 性 肝 炎 ほか 約 10% 慢 性 肝 炎 約 150 万 人 B 型 約 20%

6 肝 炎 ウイルス 検 診 平 成 14 年 度 ~ 平 成 18 年 度 全 国 東 京 都 C 型 肝 炎 B 型 肝 炎 受 診 者 数 ( 人 ) 8,634,509 1,373,503 陽 性 者 数 ( 人 ) 99,950 15,108 陽 性 率 1.16% 1.10% 受 診 者 数 ( 人 ) 8,704,587 1,375,925 陽 性 者 数 ( 人 ) 100,973 14,313 陽 性 率 1.16% 1.04%

7 患 者 数 ( 人 ) 虎 の 門 病 院 におけるHBs 抗 原 陽 性 5055 人 の 初 診 時 の 年 度 別 推 移 年 08 年 新 規 のB 型 肝 炎 患 者 は2000 年 以 降 再 び 増 加 し 始 めた

8 男 性 1971~1980 n=397 7(2%) 50(13%) 340(86%) 初 診 1981~1990 n= (2%) 170(12%) 1243(86%) 時 ( 1991~2000 n=807 55(7%) 110(14%) 642(80%) 年 ) 2000~2006 n=417 36(9%) 53(13%) 328(79%) 女 性 HBV genotype 別 にみた 性 差 別 の 頻 度 HBV genotype A B C 初 診 時 ( 年 ) 1972~ ~ ~2001 n=113 n=560 n=340 4(4%) 9(2%) 10(3%) 9(8%) 65(12%) 49(14%) 100(88%) 486(87%) 281(83%) 2000~2006 n=163 2(1%) 15(9%) 146(90%)

9 人 HBV ゲノタイプ 別 にみた 年 度 別 の 初 診 患 者 数 の 推 移 A 185 例 D 7 例 F 3 例 H 2 例 年 わが 国 では 外 国 種 のGenotype AのB 型 肝 炎 が 著 しく 増 加 している

10 B 型 肝 炎 の 治 療 適 応 とは? 誰 に どのような 症 例 に いつ 治 療 のタイミングとは 何 を IFNか 核 酸 アナログかそれとも

11 症 例 : 30 歳 男 性 Blood cell count Biochemistry Serology WBC RBC Hb Hct Plt Coaglation tests Urinalysis 5,700/μl 487 万 /μl 15.1g/dl 43.9% /μl PT 82.9% Tumor markar AFP 2μg/l TP Alb %ALB %α1 %α2 %β %γ T-Bil AST ALT γ-gtp LDH ALP T-chol Glu 7.0g/dl 3.8g/dl 67.4% 2.3% 6.5% 8.7% 15.1% 0.6mg/dl 251IU/l 54IU/l 12IU/l 134IU/l 167IU/l 167mg/dl 81mg/dl CRP HBsAg HBeAg HBeAb HBVDNA Genotype ICGR15 0.0mg/dl 2000< C 7%

12 腹 腔 鏡 所 見 診 断 平 滑 肝

13 症 例 : 48 歳 男 性 Blood cell count Biochemistry Serology WBC RBC Hb Hct Plt Coaglation tests Urinalysis 4,500/μl 447 万 /μl 14.7g/dl 42.9% /μl PT 75.0% Tumor markar AFP 19μg/l TP Alb %ALB %α1 %α2 %β %γ T-Bil D-Bil AST ALT γ-gtp LDH ALP T-chol Glu 7.7g/dl 4.1g/dl 61.1% 2.6% 7.0% 6.6% 22.7% 0.6mg/dl 0.5mg/dl 66IU/l 84IU/l 84IU/l 204IU/l 322IU/l 170mg/dl 95mg/dl CRP HBsAg HBeAg HBeAb HBVDNA Genotype ICGR15 0.0mg/dl 2000< C 16%

14 腹 腔 鏡 所 見 診 断 班 紋 結 節 肝

15 B 型 慢 性 肝 疾 患 の 病 期 B 型 慢 性 肝 疾 患 においては 血 液 データから 病 期 を 推 定 することは 経 験 豊 富 な 医 師 においても 難 しいこ とが 多 い 画 像 診 断 も 手 助 けとなるが やはり 腹 腔 鏡 肝 生 検 を 行 って 確 実 な 情 報 を 手 に 入 れるべきと 考 える 診 断 された 病 期 に 従 って 治 療 戦 略 を 立 てていくこと が 重 要 である

16 B 型 慢 性 肝 疾 患 に 対 する 治 療 の 現 状

17 HBV と HCV での 肝 癌 発 癌 率 の 比 較 慢 性 肝 炎 でも 肝 硬 変 でも C 型 の 方 が 2 倍 発 癌 率 が 高 い 腹 腔 鏡 または 肝 生 検 で 診 断 した 肝 硬 変 50 (%) 腹 腔 鏡 または 肝 生 検 で 診 断 した 慢 性 肝 炎 肝 細 胞 癌 発 癌 率 年 5 HCV (N=1500) HBV (N=610) 100 (%) 50 0 肝 細 胞 癌 発 癌 率 HCV (N=704) HBV (N=330) 年

18 肝 臓 がんになる 確 率 ( 年 間 10 万 人 あたり) 正 常 人 B 型 肝 炎 キャリア C 型 肝 炎 キャリア B 型 慢 性 肝 炎 B 型 肝 硬 変 C 型 肝 硬 変 2.4 人 300 人 100~500 人 600 人 4400~8100 人 6500~7900 人

19 B 型 慢 性 肝 疾 患 からの 累 積 10 年 発 癌 率 観 察 開 始 時 の e 抗 原 /HBV-DNA 無 治 療 のB 型 慢 性 肝 炎 297 例 無 治 療 のB 型 肝 硬 変 245 例 e 抗 原 (+) 4% 18% 48% e 抗 原 (-) 3% 8% 27% F1 F2-3 LC 肝 線 維 化

20 B 型 肝 炎 治 療 の 考 え 方 免 疫 賦 活 療 法 か? 抗 ウイルス 療 法 か? インターフェロンか? 核 酸 アナログか? (Lamivudine Adefovir Entecavir)

21 B 型 慢 性 肝 炎 治 療 法 の 推 移 月 ステロイド 離 脱 療 法 ( 虎 の 門 病 院 ) 3 月 e 抗 原 陽 性 例 に 対 して インターフェロン4 週 投 与 承 認 11 月 慢 性 肝 炎 にラミブジンの 承 認 2 月 インターフェロン6ヶ 月 長 期 投 与 承 認 ラミブジンの 変 異 株 に 対 してアデフォビルの 承 認 12 月 肝 硬 変 に 対 するラミブジンの 承 認 9 月 慢 性 肝 炎 肝 硬 変 に 対 するエンテカビルの 承 認 7 月

22 虎 の 門 病 院 でのB 型 肝 炎 に 対 する 治 療 法 の 実 際 抗 ウイルス 剤 療 法 インターフェロン ( 急 性 肝 炎 重 複 例 を 含 む) 1268 例 Lamivudine Lamivudine 単 独 1189 例 Adefovir dipivoxil Entecavir 免 疫 賦 活 剤 療 法 ステロイド 離 脱 療 法 Lamivudine 耐 性 株 (Adefovir 併 用 ) 451 例 Adefovir 単 独 ( 治 験 ) 22 例 Entecavir(Naïve) Entecavir (Switched ) Entecavir ( 過 去 にLamivudine 投 与 あり) 585 例 281 例 31 例 253 例 2010,9 現 在

23 インターフェロン 治 療

24 (%) 50 Genotype 別 にみたインターフェロン 治 療 の 長 期 成 績 効 果 判 定 ( 著 効 ) 最 終 観 察 時 点 で6ヶ 月 以 上 ALT 値 の 正 常 化 HBeAgの 陰 性 HBV DNA 量 5.0 Log copies/ml 未 満 が 持 続 している 症 例 全 体 31% (192/614) 経 過 観 察 期 間 7.5 年 50 HBeAg (+) 22%(66/344) A B C Genotype 0 A B C Genotype

25 e 抗 原 陽 性 で35 歳 以 下 でIFN 単 独 投 与 した257 例 の 治 療 効 果 IFNの 投 与 期 間 からみた 最 終 観 察 時 のHBeAg 陰 性 化 率 (%) 全 体 の 著 効 率 42% 投 与 期 間 4~8 週 30 9~24 週 20 25~48 週 週 以 上 0 27% (13/51) 35% (33/95) 42% (15/36) 57% (43/75) e 抗 原 陽 性 例 へのIFNは 投 与 期 間 が 長 いほど 著 効 率 が 高 い

26 インターフェロン 治 療 の 長 期 成 績 著 効 に 寄 与 する 因 子 ; 多 変 量 解 析 -HBeAg 陽 性 例 (371 例 )- 因 子 項 目 リスク 比 (95% CI) P 投 与 期 間 Genotype 年 齢 AST 1: 1 年 以 下 2: 1 年 以 上 1: A or B 2: C 1: 35 歳 以 下 2: 36 歳 以 上 1: < 100 2: 100 < ( ) ( ) ( ) ( )

27 核 酸 アナログ 治 療

28 Lamivudine 投 与 例 の 経 過 (1116 例 ) Lamivudine 耐 性 出 現 率 35% BTH 出 現 率 25% 治 療 Adefovir dipivoxil 367 例 Entecavir 67 例 Interferon 53 例

29 YMDD 変 異 発 現 率 (%) 虎 の 門 病 院 におけるラミブジン 長 期 投 与 症 例 のYMDD 変 異 出 現 率 ラミブジン 投 与 3 年 以 上 の 症 例 での HBV DNA 量 別 のYMDD 変 異 出 現 率 (n=234) (n=18) (n=84) (n=132) P = 年 Kobayashi M, et al. Hep Res. 2010; 40:

30 LAM 耐 性 例 に 対 するADV 併 用 療 法 - 患 者 背 景 - 症 例 数 367 例 年 齢 * 49 歳 (26-78) 性 別 男 性 292, 女 性 75 投 与 期 間 * 4.2 年 ( ) 肝 組 織 像 CH 260, LC 107 HBV genotype A 15, B 21, C 313, D 1, F 1 HBeAg (+) 193, (-) 174 HBV DNA (baseline)* 7.0 (< <) (Log copies/ml) ALT (baseline)* 90 ( ) (IU/L) Platelet (baseline)* 15.8 ( ) (x10 4 /μl) scrn (baseline)* 0.8 ( ) (mg/dl) egfr (baseline)* 84.2 ( ) (ml/min/1.73m 2 ) egfr: 日 本 腎 臓 学 会 提 唱 の 推 算 式 により 計 算

31 LAM 耐 性 例 に 対 するLAM+ADV 併 用 療 法 における 投 与 期 間 別 でのHBV DNA 量 の 分 布 100% 90% 80% 70% 60% 50% >5.0 log log 57% 69% 75% 84% 88% 84% 91% 40% 30% 20% <2.6 log 10% 0% 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 ADV 投 与 期 間 6 年 7 年 投 与 期 間 ( 中 央 値 ):4.2 年

32 Entecavir naïve 症 例 - 患 者 背 景 - 症 例 数 540 例 年 齢 * 49 歳 (17-82) 性 別 男 性 363, 女 性 172 投 与 期 間 * 2.6 年 ( ) 肝 組 織 像 CH 398, LC 142 HBV genotype A 12, B 75, C 376, H 2 HBeAg (+) 230, (-) 310 HBV DNA (baseline)* 6.6 (< <) (Log copies/ml) ALT (baseline)* 63 (8-2121) (IU/L) T.Bil (baseline)* 0.7 ( ) (mg/dl) Platelet (baseline)* 16.3 ( ) (x10 4 /μl) * Median (range)

33 ETV 治 療 (NA naïve)の 治 療 成 績 (HBVDNA 陰 性 化 率 ) 100% 90% 80% >5.0 log log 89% 94% 94% 94% 70% 60% 50% 40% <2.6 log 30% 20% 10% 0% 1 年 2 年 3 年 4 年

34 ETV 治 療 (NA naïve)における 反 応 不 良 例 のHBVDNA 量 の 推 移 (n=35) Log copy/ml 反 応 不 良 : 開 始 後 1 年 時 点 でHBVDNA 量 非 陰 性 ETV 耐 性 出 現 例 A181T 変 異 出 現 例 投 与 期 間 ( 年 ) ETV 耐 性 出 現 540 例 中 2 例 (0.4%) 反 応 不 良 例 35 例 2 例 でETV 耐 性 (6%)

35 ETV 開 始 時 のHBVDNA 量 別 の ETV 耐 性 ウイルス 累 積 出 現 率 (LAM 切 り 替 えor 既 往 例 ) (%) log 以 上 log <2.6 log P= ETV 投 与 期 間 ( 年 )

36 HBVDNA 高 値 からの 切 り 替 えの 場 合 LAM 耐 性 が 存 在 している 可 能 性 が 高 く ETV 耐 性 変 異 出 現 率 も 高 くなる

37 ETV 治 療 まとめ 核 酸 アナログ 初 回 投 与 例 におけるETV 耐 性 出 現 は 依 然 として 稀 である LAMからETVへの 切 り 替 えは HBVDNA 陰 性 時 に 行 えば ETV 耐 性 出 現 は 認 めなかった ETV 耐 性 に 対 するLAM(ETV)+ADV 併 用 療 法 は 抗 ウイルス 効 果 はあるものの 不 十 分 である

38 各 核 酸 アナログ 治 療 における 耐 性 化 の 頻 度 核 酸 アナログ 投 与 症 例 耐 性 出 現 例 耐 性 化 率 LMV % LMV+ADV % ETV %

39 核 酸 アナログ 治 療 の 問 題 点 明 確 な 治 療 終 了 のコ ールがない 耐 性 ウイルスの 出 現 を 把 握 しにくい 多 剤 耐 性 の 可 能 性 がある 治 療 の 最 終 目 標 であるHBsAgの 消 失 を 獲 得 する 可 能 性 が 低 い

40 drug freeにむけての 治 療 とは (1) HBs 抗 原 を 消 失 させるためのアプローチ (2) 核 酸 アナログ 中 止 を 目 指 したSequential 療 法

41 (1) HBs 抗 原 を 消 失 ( 治 癒 )させるため のアプローチ HBsAgを 消 失 させるためには 免 疫 賦 活 を 利 用 した 治 療 が 不 可 欠 であり そ のためにはいかなる 工 夫 が 必 要 であ るか

42 免 疫 賦 活 を 利 用 した 肝 炎 治 療

43 IFN 治 療 はどのように 宿 主 の 免 疫 にかかわるか IFNrebound 療 法 とは

44 インターフェロンリバウンド+インターフェロン 療 法 ( 免 疫 賦 活 作 用 ) ( 抗 ウイルス 作 用 ) 1 IFN 間 歇 投 与 2 IFN 連 日 投 与 ALT

45 インターフェロンリバウンド+インターフェロン 療 法 症 例 : M 55y Genotype C Bp:(F3/A1) ALT (IU/L) HBV-DNA (Log copy/ml) HBeAg (+) (-) > <2.6 α -IFN α -IFN (300 万 単 位 / 日 週 3 回 間 歇 投 与 ) α -IFN (600 万 単 位 / 日 連 日 4 週 後 間 歇 投 与 ) ( 年 )

46 インターフェロンリバウンド+ 核 酸 アナログ 療 法 ( 免 疫 賦 活 作 用 ) ( 抗 ウイルス 作 用 ) 1 IFN 間 歇 投 与 2 核 酸 アナログ ALT IFN 連 日 投 与

47 ALT (IU/L) ALT (IU/L) 母 :65y F IFN 治 療 後 のリバウンドに 対 してラミブジンを 投 与 し 約 6 年 後 に HBs 抗 原 が 消 失 した2 症 例 ( 母 子 )(ともにGenotype C) IFNα ALT Lamivudine eag HBsAg HBVDNA (log cp/ml) 子 :39y M IFNα HBVDNA ALT 0 1 年 2 年 5 年 6 年 7 年 Lamivudine eag HBcrAg HBsAg (log IU/ml, log cp/ml) 0-1 年 0 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 -2

48 IFN 治 療 後 のリバウンドに 対 してラミブジンを 投 与 し 約 6 年 後 に HBs 抗 原 が 消 失 した 症 例 の 肝 組 織 Silver stain

49 IFN 治 療 後 のリバウンドに 対 してラミブジンを 投 与 し 約 6 年 後 に HBs 抗 原 が 消 失 した 症 例 の 肝 組 織 HBsAg 免 疫 染 色

50 HBs 抗 原 消 失 率 (%) ラミブジン 開 始 後 の 累 積 HBs 抗 原 消 失 率 年 :2.4% 10 年 :7.8% LAM 開 始 5 年 10 年 15 年 経 過 期 間 ( 年 )

51 IFN 治 療 後 のリバウンドに 対 してLMV+ADVを 投 与 し HBs 抗 原 が 消 失 した 症 例 (Genotype C) IFN IFN CS lamivudine adefovir AST ALT Bx HBV-DNA

52 IFN 治 療 後 のリバウンドに 対 してLMV+ADVを 投 与 し HBs 抗 原 が 消 失 した 症 例 (Genotype C) ヒズメアキラ

53 虎 の 門 病 院 にて 経 過 観 察 例 4497 例 中 各 種 治 療 法 の 年 間 HBs 抗 原 陰 性 化 率 (HBs 抗 原 消 失 例 275 例 ) Interferon Lamivudine Lamivudine+Adefovir Entecavir ステロイド 離 脱 療 法 自 然 経 過 症 例 数 78/560 例 26/813 例 7/345 例 2/185 例 58/253 例 157/2341 例 投 与 期 間 ( 中 央 値 ) 4.3 年 4.2 年 2.5 年 2.3 年 0.1 年 ー HBsAg 陰 性 化 率 (%/ 年 )

54 HBs 抗 原 消 失 後 に 核 酸 アナログ 投 与 を 終 了 した 症 例 からは 1 例 もウイルス 学 的 再 燃 を 起 こしていない B 型 肝 炎 治 療 の 最 終 目 標 はHBsAg 消 失 と 言 え る

55 Drug freeを 目 指 した Sequential 療 法

56 Lamivudine 投 与 中 止 例 の 長 期 予 後 - 投 与 後 6カ 月 以 上 Amplicor 法 でHBV-DNA 陰 性 例 - 終 了 中 止 62 例 Lamivudine 開 始 時 HBeAg 陽 性 36 例 肝 炎 再 燃 28 例 (77%) <2.6 4 例 再 燃 せず 8 例 HBV 2.6<5.0 2 例 -DNA >5.0 2 例 HBsAg 消 失 2 例 HBeAg 陰 性 26 例 肝 炎 再 燃 12 例 (42%) 再 燃 せず 14 例 HBV -DNA 再 燃 率 68% < 例 2.6<5.0 2 例 >5.0 0 例 HBsAg 消 失 2 例

57 Sequential 療 法 とは? 核 酸 アナログ 中 止 時 にインターフェロンを1ヶ 月 間 両 者 を 併 用 投 与 し その 後 インターフェロンを5ヶ 月 間 連 続 投 与 し 治 療 を 終 了 する 方 法 1ヶ 月 核 酸 アナログ 5ヶ 月 インターフェロン

58 Sequential 療 法 施 行 症 例 のALTの 推 移 IU/L NA IFN M

59 Sequential 療 法 施 行 症 例 のHBV-DNAの 推 移 Logcopy / ml IFN NA M

60 No. 性 別 年 齢 IFN sequential 療 法 症 例 の 背 景 現 在 genotype NA 開 始 時 最 終 観 察 時 NA 種 期 間 ALT eag DNA ALT DNA 1 M 60 Bj LMV 55M M 41 C LMV 94M M 60 C ETV M M 43 C LMV 76M M 55 C LMV 100M M 41 C LMV 79M M 37 C ETV 31M < M 36 C LMV 66M F 59 Ba ETV 38M M 35 C LMV 122M M 44 C LMV 98M > 12 M 49 C LMV 76M M 53 C LMV 123M F 34 C ETV 20M

61 IFN sequential 療 法 によりHBs 抗 原 の 陰 性 化 が 得 られた 症 例 既 往 歴 特 記 すべきことなし 輸 血 歴 なし 家 族 歴 父 : 肝 硬 変 (HB 感 染 については 不 明 ) 現 病 歴 1987 年 初 めてHBsAg 陽 性 を 指 摘 され 1991 年 頃 より 肝 酵 素 200~300と 高 値 が 持 続 した 94 年 の 肝 生 検 ではCH2Aと 診 断 HBe 抗 体 陽 性 であり βifnの 投 与 を12 週 間 行 い 肝 酵 素 は 安 定 化 した その 後 肝 酵 素 が 上 昇 し 97 年 斑 紋 肝 F2/A2 と 診 断 され αifn 3MU 2/Wを2 年 間 施 行 した 終 了 後 肝 酵 素 が229/420と 上 昇 し たため2000 年 3 月 よりlamivudineの 投 与 を 開 始 した 投 与 後 は 肝 酵 素 は 安 定 化 HBV-DNAも 陰 性 化 した 臨 床 経 過 2010 年 6 月 drug freeを 目 的 にIFN sequential 療 法 導 入 を 行 い αifn 6MU 3/Wを24 週 間 投 与 した 投 与 開 始 後 12 週 目 よりHBs 抗 原 は 陰 性 化 16 週 目 に はHBs 抗 体 の 出 現 が 認 められIFN 終 了 時 には 抗 体 価 は798.6まで 上 昇 IFN 終 了 後 もHBs 抗 原 陰 性 HBs 抗 体 陽 性 を 維 持 している

62 IFN sequential 療 法 によりHBs 抗 原 の 陰 性 化 が 得 られた 症 例 IFN IFN lamivudine IFN IU/L HBsAg < 82 (-) (-) AST ALT logcopy/ml HBV-DNA

63 IFN sequential 療 法 中 のHBV-DNA 陰 性 化 率 とALT 正 常 化 率 HBV-DNA ALT

64 核 酸 アナログ 中 止 例 の 経 過 単 純 中 止 例 62 例 Sequential 併 用 例 14 例 再 燃 率 68% 42 例 29% 4 例 再 治 療 率 ( 核 酸 アナログ 再 投 与 のみ) 52% 32 例 21% 3 例

65 B 型 肝 炎 治 療 は 核 酸 アナログの 登 場 により 多 くの 患 者 に 肝 炎 の 鎮 静 化 が 得 られる 時 代 になった しかしながら 長 期 投 与 による 多 剤 耐 性 の 問 題 が 今 後 の 課 題 である この 問 題 を 解 決 するには 宿 主 の 免 疫 賦 活 を 利 用 した 治 療 の 工 夫 が 必 要 であり これからは 個 人 の 状 況 に 合 わせた テーラーメイド 治 療 を 考 えていくべきと 考 える

66 De novo 型 肝 炎 とその 対 策

67 De novo B 型 肝 炎 とは? HBs 抗 原 陰 性 HBc 抗 体 陽 性 もしくはHBs 抗 体 陽 性 者 で 免 疫 抑 制 療 法 抗 腫 瘍 化 学 療 法 を 施 行 中 後 に 発 症 したB 型 肝 炎 である 本 邦 ではHBc 抗 体 陽 性 者 は 人 口 の 約 20%を 占 め る 最 近 では 化 学 療 法 免 疫 抑 制 剤 の 投 与 を 受 け る 機 会 も 多 くなっている さらにde novo B 型 肝 炎 は 劇 症 化 し 死 亡 する 例 もあることから 臨 床 上 重 要 な 病 態 である

68 60 代 女 性 : 非 ホジキンリンパ 腫 治 療 前 検 査 データ アルブミン 4.1 g/dl ビリルビン 0.4 mg/dl TTT 0.4 S-HU ZTT 1.5 KU AST 15 IU/L ALT 16 IU/L γ -GTP 29 IU/L ALP 149 IU/L アミラーゼ 29 IU/L 随 時 血 糖 106 mg/dl 総 コレステロール 243 mg/dl WBC 5900 /mm 3 ヘモク ロヒ ン 13.3 g/dl 血 小 板 31.7 万 /mm 3 HBsAg (CLEIA) ー HBsAg (CLEIA) 0.1 (index) HBsAb (CLEIA) + HBsAb (CLEIA) miu/ml HBcAb (CLEIA) + HBcAb (CLEIA) 7.22 S/CO HBeAg(CLIA) ー HBeAg (CLIA) 0.4 S/CO HBeAb (CLIA) ー HBeAb (CLIA) 35.8 Inhib% HCVAb-III ー

69 60 歳 代 女 性 非 ホジキン リンパ 腫 HBsAg(-) HBVDNA(-) HBcAb(+) HBsAb(+) AST ALT 正 常 de Novo B 型 肝 炎 の 症 例 HBV-DNA ビリルビン PSL 5mgx5, VCR 2mg, ENX 1050mg, Rituxan 600mg PSL 60mg IFNβ 300MU ETV 0.5mg 肝 性 脳 症 AST ALT 0 Aug Sep Oct Nov Dec Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug

70 平 成 19 年 度 厚 生 労 働 省 厚 生 科 学 研 究 費 肝 炎 等 克 服 緊 急 対 策 研 究 事 業 ( 肝 炎 分 野 ) 肝 硬 変 を 含 めたウイルス 性 肝 疾 患 の 治 療 の 標 準 化 に 関 する 研 究 班 共 同 研 究 テーマ De novo B 型 急 性 肝 炎 の 全 国 調 査 成 績

71 平 成 18 年 度 以 前 の 症 例 の 全 国 調 査 De novo B 型 肝 炎 と 急 性 B 型 肝 炎 を 調 査 日 本 肝 臓 学 会 認 定 施 設 のうち63 施 設 より 回 答 登 録 患 者 数 :552 例 De novo B 型 肝 炎 : 23 例 (4%) 急 性 B 型 肝 炎 : 529 例 (96%)

72 De novo B 型 肝 炎 と 急 性 B 型 肝 炎 の 比 較 de novo 急 性 肝 炎 P value (N=23) (N=529) 年 齢 63 歳 33 歳 <0.001 男 性 59% 71% >0.2 肝 機 能 検 査 ALT (IU/L) <0.001 T Bil (mg/dl) Alb (g/dl) <0.001 PT (%) >0.2 HBV DNA (log copies/ml) <0.001 HBV genotype (N=19) (N=232) A 0% 25% B 42% 12% <0.001 C 58% 63% >0.2

73 劇 症 肝 不 全 の 患 者 の 発 症 率 と 死 亡 率 発 症 率 % % 死 亡 率 20 P = P = De novo 肝 炎 (N=23) 急 性 肝 炎 (N=529) 0 De novo 肝 炎 (N=5) 急 性 肝 炎 (N=45)

74 劇 症 肝 不 全 症 例 の 特 徴 劇 症 化 非 劇 症 化 P value (N=8) (N=21) 年 齢 >0.2 男 性 50% 62% >0.2 非 ホジキンリンパ 腫 の 割 合 100% 48% リツキサンを 含 むレジメ 88% 29% 核 酸 アナログの 投 与 100% 91% >0.2 肝 不 全 による 死 亡 100% 5% <0.001

75 de novo B 型 肝 炎 HBsAg(-)だが HBcAb(+)またはHBsAb(+) 免 疫 抑 制 状 態 などを 契 機 に 肝 炎 発 症 悪 性 腫 瘍 の 治 療 中 ( 特 にR -CHOP) 劇 症 化 率 高 く 発 症 すれば 致 死 率 高 い 全 国 調 査 :63 施 設 で23 例 この1 年 で 新 規 6 例 R(リツキサン TM :Rituximab ヒトB 細 胞 に 対 する 分 子 標 的 治 療 薬

76 免 疫 抑 制 化 学 療 法 により 発 症 するB 型 肝 炎 に 対 する 診 療 ガイドライン スクリーニング( 全 例 ) HBs 抗 原 HBc 抗 体 HBs 抗 体 注 1) HBs 抗 原 (+) 注 2) HBc 抗 体 (+) and/or HBs 抗 体 (+) HBc 抗 体 (-) and HBs 抗 体 (-) 注 3) HBe 抗 原 HBe 抗 体 HBV-DNA 定 量 HBV-DNA 定 量 (+): 検 出 感 度 以 上 注 4) (-): 検 出 感 度 未 満 通 常 の 対 応 注 5) 注 6) 注 6) モニタリング HBV-DNA 定 量 1/ 月 ( AST/ALT 1/ 月 ) 治 療 終 了 後 少 なくとも12ヶ 月 まで 継 続 核 酸 アナログ 投 与 注 2), 8), 9),10) 注 7) (+): 検 出 感 度 以 上 (-): 検 出 感 度 未 満

77 肝 疾 患 医 療 連 携 拠 点 病 院 に 対 する 皆 様 方 の ご 支 援 とご 協 力 をお 願 い 申 し 上 げます ご 清 聴 を 感 謝 いたします

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン B 型 肝 炎 の 基 本 (110309) 普 通 に 仕 事 をしていたら 避 けて 通 れない 疾 患 基 本 は 押 さえておく 必 要 がある ガイドラインを 中 心 に 復 習 知 識 の 整 理 をしておく 基 本 わが 国 では B 型 肝 炎 ウイルス 保 有 者 (キャリア)は 約 130~150 万 人 いるが その 多 くは 非 活 動 性 の 無 症 候 性 キャリアで 病

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

はじめに 日 本 肝 臓 学 会 では 2013 年 4 月 に B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン( 第 1 版 ) を 公 表 し 2013 年 8 月 にはこれを 改 訂 した 第 1.2 版 を 学 会 ホームページ 上 で 公 表 いたしました このガイドラ インは B 型 肝 炎 治

はじめに 日 本 肝 臓 学 会 では 2013 年 4 月 に B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン( 第 1 版 ) を 公 表 し 2013 年 8 月 にはこれを 改 訂 した 第 1.2 版 を 学 会 ホームページ 上 で 公 表 いたしました このガイドラ インは B 型 肝 炎 治 B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン ( 第 2 版 簡 易 版 ) 2014 年 6 月 日 本 肝 臓 学 会 肝 炎 診 療 ガイドライン 作 成 委 員 会 編 はじめに 日 本 肝 臓 学 会 では 2013 年 4 月 に B 型 肝 炎 治 療 ガイドライン( 第 1 版 ) を 公 表 し 2013 年 8 月 にはこれを 改 訂 した 第 1.2 版 を 学 会 ホームページ 上

More information

「C型肝炎  ーここまで進んだ最新治療」

「C型肝炎  ーここまで進んだ最新治療」 市 民 公 開 講 座 ウイルス 性 慢 性 肝 炎 羽 島 市 民 病 院 消 化 器 科 酒 井 勉 肝 炎 ウイルス A. 肝 炎 ウイルス 1. A 型 肝 炎 ウイルス(HAV) 2. B 型 肝 炎 ウイルス(HBV) 3. C 型 肝 炎 ウイルス(HCV) 4. D 型 肝 炎 ウイルス(HDV) 5. E 型 肝 炎 ウイルス(HEV) 5. F 型 肝 炎 ウイルス? 6. G

More information

B 型 肝 炎 ワクチン; 本 日 の 話 題 1. 水 平 感 染 予 防 のための 定 期 接 種 導 入 2. B 型 肝 炎 の 母 子 感 染 予 防 法 改 訂 について 3. 接 種 の 具 体 的 方 法 と 今 後 の 課 題 小 児 のB 型 肝 炎 ウイルス 感 染 キャリア

B 型 肝 炎 ワクチン; 本 日 の 話 題 1. 水 平 感 染 予 防 のための 定 期 接 種 導 入 2. B 型 肝 炎 の 母 子 感 染 予 防 法 改 訂 について 3. 接 種 の 具 体 的 方 法 と 今 後 の 課 題 小 児 のB 型 肝 炎 ウイルス 感 染 キャリア 2015 年 10 月 14 日 於 国 立 感 染 症 研 究 所 平 成 27 年 度 感 染 症 危 機 管 理 研 修 会 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 導 入 をめぐる 話 題 厚 生 労 働 省 肝 炎 等 克 服 政 策 研 究 事 業 小 児 におけるB 型 肝 炎 の 水 平 感 染 の 実 態 把 握 と ワクチン 戦 略 の 再 構 築 に 関 する 研 究 班

More information

<8C9F8DB85F3338E4508CB495612E786C73>

<8C9F8DB85F3338E4508CB495612E786C73> 尿 検 査 初 回 登 録 前 回 調 査 時 から 変 更 なし 追 加 データあり 随 時 尿 蛋 白 ( 定 性 ) - - - 糖 ( 定 性 ) - - - 潜 血 ( 定 性 ) - - - 項 目 に が 付 与 されている 場 合 : 該 当 の 項 目 は 1/5 尿 検 査 血 球 算 定 初 回 登 録 前 回 調 査 時 から 変 更 なし 追 加 データあり WBC ( )

More information

第3章医療に関する諸制度.indd

第3章医療に関する諸制度.indd 知 らないと 損 を 高 額 養 新 しい 薬 体 への 負 担 が 少 ない 検 査 や 治 など 日 本 の は 進 化 し 続 けていま しかし 新 しい を 受 けため の 自 己 負 担 額 が 高 くなこともあ りま こんな 時 知 っていただきたいのが 高 額 養 という 健 康 保 険 の で ご 加 入 されてい 健 康 保 険 より 違 いはありま が ここでは 基 本 的 なことを

More information

求人面接資料PPT

求人面接資料PPT Hair Salon TV etc. 250" 250" 200" 200" 150" 150" 100" 100" 50" 50" 0" 0" Nov)13" Dec)13" Jan)14" Feb)14" Mar)14" Apr)14" May)14" Jun)14" Jul)14" Dec)12" Jan)13" Feb)13" Mar)13" Apr)13"

More information

輸液のレシピ_01基礎知識.indd

輸液のレシピ_01基礎知識.indd これで これで OK! 静脈栄養 のレシピ O K! 静脈栄養 の レシピ 監修 濵田 康弘 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 疾患治療栄養学分野 教授 編集 川添 和義 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 臨床薬剤学分野 准教授 著 徳島大学病院栄養サポートチーム NST 監修 濵田 康弘 編集 川添 和義 静脈栄養輸液_レシピ_表紙.indd 1 14/12/19 15:56

More information

2 章 +αの 情 報 に 着 目 する! 1 血 球 算 定 検 査 結 果 2 生 化 学 検 査 結 果 手 がかりに 乏 しいのも+α 1 症 例 をみてみよう! 1 60 吉 見 祐 輔 1 2 11percutaneous coronary intervention PCI104 38.

2 章 +αの 情 報 に 着 目 する! 1 血 球 算 定 検 査 結 果 2 生 化 学 検 査 結 果 手 がかりに 乏 しいのも+α 1 症 例 をみてみよう! 1 60 吉 見 祐 輔 1 2 11percutaneous coronary intervention PCI104 38. 2 章 +αの 情 報 に 着 目 する! 1 血 球 算 定 検 査 結 果 2 生 化 学 検 査 結 果 手 がかりに 乏 しいのも+α 1 症 例 をみてみよう! 1 60 吉 見 祐 輔 1 2 11percutaneous coronary intervention PCI104 38.1 130 75mmHg 83 16 SpO 297 1 3 WBCL RBC10 4 L Hb g

More information

日本呼吸器学会雑誌第47巻第6号

日本呼吸器学会雑誌第47巻第6号 Fig.1 A,ChestX-rayfilm demonstratingatumorshadow intherightlowerlungfield.b,chestct scan demonstratingtherightmiddlelobemass,measuring9.0 7.3cm.C,AbdominalCT scanshowingfree airintheabdominalcavityanddirtyfatsignaroundthesigmoidcolontumor.

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc C 型 慢 性 肝 炎 インターフェロン 治 療 患 者 手 帳 & 連 携 パスシート 1 この 患 者 手 帳 を 使 用 するにあたって 病 院 およびかかりつけ 医 受 診 の 際 に 必 ず 携 帯 して 下 さい 治 療 中 の 血 液 項 目 などはできるだけ 患 者 様 本 人 でご 記 入 願 います 治 療 および 副 作 用 について 重 要 な 説 明 がありますのでご 確

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

1 C 型 肝 炎 ウイルスは どのように 感 染 しますか? わが 国 では 150 ~ 200 万 人 の 人 が C 型 肝 炎 ウイルスに 感 染 している キャリア で,このうち 感 染 していることを 知 らずに 過 ごしている 人 が 80 万 人 といわれていま す 感 染 の 主

1 C 型 肝 炎 ウイルスは どのように 感 染 しますか? わが 国 では 150 ~ 200 万 人 の 人 が C 型 肝 炎 ウイルスに 感 染 している キャリア で,このうち 感 染 していることを 知 らずに 過 ごしている 人 が 80 万 人 といわれていま す 感 染 の 主 肝 臓 病 の 理 解 のために 3 C 型 肝 炎 一 般 社 団 法 人 日 本 肝 臓 学 会 1 C 型 肝 炎 ウイルスは どのように 感 染 しますか? わが 国 では 150 ~ 200 万 人 の 人 が C 型 肝 炎 ウイルスに 感 染 している キャリア で,このうち 感 染 していることを 知 らずに 過 ごしている 人 が 80 万 人 といわれていま す 感 染 の 主

More information

「B型肝炎治療ガイドラインに関して」 及び「B型肝炎訴訟について」

「B型肝炎治療ガイドラインに関して」 及び「B型肝炎訴訟について」 平 成 26 年 2 月 13 日 ( 木 ) 旭 川 薬 剤 師 会 館 平 成 25 年 度 旭 川 医 科 大 学 薬 剤 部 冠 講 座 薬 物 治 療 と 肝 病 態 大 竹 孝 明 旭 川 医 科 大 学 臨 床 消 化 器 肝 臓 学 診 療 連 携 講 座 特 任 教 授 消 化 器 血 液 腫 瘍 制 御 内 科 講 師 旭 川 医 科 大 学 病 院 肝 疾 患 相 談 支 援

More information

肝疾患のみかた

肝疾患のみかた 肝疾患の診断 肝臓 胆のう 膵臓内科 眞柴寿枝 症例 1 症例 50 歳代男性 主訴 なし ( 肝障害精査目的 ) 既往歴 特記事項なし 家族歴 父 : 糖尿病 現病歴 生来健康 感冒様症状が出現したため近医を受診した このとき施行された血液検査にて肝胆道系酵素の上昇があり 精査 加療目的に当科紹介となった WBC RBC Hb Ht PLT Seg Eo Lymph At-ly 6950 385

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

消 化 器 内 科 教 授 菅 野 健 太 郎 内 分 泌 代 謝 科 よりレジデントの 声 が 届 いています 私 は 今 初 期 研 修 1 年 目 の 第 3 クールで 内 分 泌 代 謝 科 を 回 っています 当 科 では 多 くの 糖 尿 病 患 者 さんを 診 ていますが 糖 尿 病

消 化 器 内 科 教 授 菅 野 健 太 郎 内 分 泌 代 謝 科 よりレジデントの 声 が 届 いています 私 は 今 初 期 研 修 1 年 目 の 第 3 クールで 内 分 泌 代 謝 科 を 回 っています 当 科 では 多 くの 糖 尿 病 患 者 さんを 診 ていますが 糖 尿 病 いそがしく 時 計 の 動 く 師 走 哉 病 人 と 静 に 語 る 師 走 哉 梅 さげた 我 に 師 走 の 人 通 り 師 走 は 昔 から 忙 しいことがよくわかります ここ 数 十 年 はクリスマス 行 事 も 加 わり さらに 賑 や かな 季 節 となりました また 病 人 を 抱 えている 家 族 には 何 とかこの 一 年 を 一 緒

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A082AB82BD814082AA82F1814082B382B382A688A482CC93FA32303131>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A082AB82BD814082AA82F1814082B382B382A688A482CC93FA32303131> あきた がん ささえ 愛 の 日 (2011.6.18 ALVE) がん 何 でも 説 明 会 臓 がん くらみつ 内 科 クリニック 倉 光 智 之 http ://www.kuramitsu-clinic.com/ 臓 は 右 の 上 腹 部 にあり 肋 骨 で 守 られています 重 さが1.0kgから 1.5Kgあり 体 重 の 約 50 分 の1をしめる 大 きな 臓 器 です 病 気 になっても

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

インフルエンザウイルスの構造

インフルエンザウイルスの構造 HIV HCV 重 複 感 染 ー 最 近 の 動 向 ー 東 京 大 学 医 学 部 附 属 病 院 感 染 症 内 科 四 柳 宏 本 邦 のHIV 感 染 症 の 疫 学 2013 年 3 月 までにHIV 感 染 者 (AIDS 非 発 症 )14932 人 AIDS 6824 人 が 報 告 されている C 型 肝 炎 の 疫 学 全 世 界 1 億 人 前 後 のウイルスキャリアが 存

More information

Letter to Granger 5/20

Letter to Granger 5/20 第 14 回 日 本 高 齢 消 化 器 病 学 会 学 術 集 会 開 催 演 題 募 集 のご 案 内 会 長 : 三 浦 総 一 郎 ( 防 衛 医 科 大 学 校 内 科 ) 会 期 :2011 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 : 都 市 センターホテル 102-0093 東 京 都 千 代 田 区 平 河 町 2-4-1 メインテーマ 高 齢 者 消 化 器 疾 患 のガイドライン

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 糖 尿 病 の 検 査 次 の 質 問 に 答 えてみてください 1. 血 糖 の 基 準 値 を 知 っていますか? (1 はい 2 いいえ) 2.ヘモグロビンA1cはどの 程 度 の 期 間 の 血 糖 値 の 平 均 を あらわす 指 標 ですか? (1 2~3 日 前 2 1~2 週 間 前 3 1~2カ 月 前 ) 3. 糖 尿 病 の 診 断 に 用 いるヘモグロビンA1cの 値 は?

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

処方鑑査における検査値の利用3(血液)

処方鑑査における検査値の利用3(血液) 処 方 鑑 査 における 検 査 値 利 用 に 関 する 勉 強 会 第 3 回 ( 血 液 ) 2014.9.18 千 葉 大 学 病 院 薬 剤 部 松 本 和 彦 1 処 方 せんに 表 示 される 血 液 検 査 項 目 項 目 略 語 単 位 正 常 範 囲 白 血 球 数 WBC x10 3 /μ L 4.0~9.0 * 好 中 球 数 SEG 割 合 表 示 (%) - ヘモグロビン

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

一太郎 11/10/9/8 文書

一太郎 11/10/9/8 文書 受 付 番 号 008 香 煎 茶 の 肥 満 改 善 効 果 の 検 討 ( 二 重 盲 検 比 較 試 験 ) 研 究 実 施 計 画 書 研 究 責 任 者 : 静 岡 県 立 大 学 薬 学 部 分 子 病 態 学 講 座 静 岡 県 立 大 学 大 学 院 薬 学 研 究 院 薬 食 研 究 推 進 センター 静 岡 県 立 総 合 病 院 臨 床 研 究 センター 心 血 管 臨 床 薬

More information

非 心 臓 手 術 の 術 前 心 精 査 1) 非 心 臓 手 術 死 亡 の30-60%は 心 合 併 症 2) 高 齢 化 社 会 に 伴 い 心 疾 患 をもつ 患 者 の 非 心 臓 手 術 を 受 ける 機 会 が 増 加 術 前 心 精 査 を 担 当 する 循 環 器 内 科 の 役

非 心 臓 手 術 の 術 前 心 精 査 1) 非 心 臓 手 術 死 亡 の30-60%は 心 合 併 症 2) 高 齢 化 社 会 に 伴 い 心 疾 患 をもつ 患 者 の 非 心 臓 手 術 を 受 ける 機 会 が 増 加 術 前 心 精 査 を 担 当 する 循 環 器 内 科 の 役 第 1 回 桜 ヶ 丘 循 環 器 カンファレンス 非 心 臓 手 術 前 に 重 症 大 動 脈 弁 狭 窄 症 が 判 明 した1 例 ~ 高 齢 重 症 AS 患 者 の 現 状 ~ 鹿 児 島 大 学 病 院 心 臓 血 管 内 科 湯 浅 敏 典 非 心 臓 手 術 の 術 前 心 精 査 1) 非 心 臓 手 術 死 亡 の30-60%は 心 合 併 症 2) 高 齢 化 社 会 に 伴

More information

低Na血症の治療

低Na血症の治療 Clinical question 2015 年 5 月 10 日 JHOSPITALIST Network 低 Na 血 症 における 急 性 期 のマネジメント 亀 田 総 合 病 院 総 合 内 科 後 期 研 修 医 小 林 知 志 監 修 佐 田 竜 一 分 野 : 電 解 質 テーマ: 疾 患 の 臨 床 徴 候 治 療 症 例 :85 歳 女 性 主 訴 : 転 倒 現 病 歴 認 知

More information

冥診+検診;ㆮã†fl桋僖 SAMPLE.xls

冥診+検診;ㆮã†fl桋僖 SAMPLE.xls 平 成 28 年 度 契 約 医 療 機 関 健 診 ( 検 診 )のご 案 内 当 健 保 では 契 約 医 療 機 関 にて36 歳 以 上 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 配 偶 者 を 対 象 に 生 活 習 慣 病 健 診 36 歳 以 上 の 被 扶 養 配 偶 者 を 対 象 に 全 国 巡 回 健 診 ( 別 途 同 封 案 内 ) 40 歳 以 上 の 被 保 険 者 と 被

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

<5461726F2D817995DB94AD303330358D8691E6328D86817A96BE8DD78F91>

<5461726F2D817995DB94AD303330358D8691E6328D86817A96BE8DD78F91> 診 療 明 細 書 患 者 番 号 受 診 科 入 院 / 入 院 外 保 険 氏 名 受 診 日 部 項 目 名 点 数 回 数 診 療 明 細 書 ( 記 載 例 ) 入 院 保 険 患 者 番 号 氏 名 様 受 診 科 受 診 日 YYYY/MM/DD 部 項 目 名 点 数 回 数 医 学 管 理 * 薬 剤 管 理 指 導 料 ( 救 命 救 急 入 院 料 等 算 定 患 者 ) 430

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

初めに:

初めに: 2 Copyrightc2008 JETRO. All rights reserved. FAX 03-5572-7044 ...5...6 (1)...7... 11... 11...12...14...15...15...16...17...18 (4)...21 (5)...21 (6)...23 4 Copyrightc2008 JETRO. All rights reserved. 5 Copyrightc2008

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

Taro13-160510HBVワクチンパブコ

Taro13-160510HBVワクチンパブコ B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 等 に 関 する 意 見 書 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 薬 害 オンブズパースン 会 議 代 表 鈴 木 利 廣 160-0022 東 京 都 新 宿 区 新 宿 1-14-4 AM ビル4 階 電 話 03(3350)0607 FAX 03(5363)7080 e-mail yakugai@t3.rim.or.jp URL://www.yakugai.gr.jp

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

一般外来で見逃してはいけない 甲状腺疾患の頻度と見方、鑑別診断 コストエフェクテイブな検査の選び方

一般外来で見逃してはいけない 甲状腺疾患の頻度と見方、鑑別診断  コストエフェクテイブな検査の選び方 第 43 回 中 国 四 国 医 学 検 査 学 会 松 江 平 成 22 年 11 月 甲 状 腺 疾 患 と 抗 TSHレセプター 抗 体 診 療 前 検 査 の 意 義 すみれ 病 院 院 長 浜 田 昇 本 日 のセミナーでお 話 したいこと TSHレセプター 抗 体 (TRAb)は 甲 状 腺 疾 患 の 診 療 特 にバセドウ 病 の 診 療 において 大 変 重 要 な 検 査 です

More information

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先 各 位 2015 年 6 月 2 日 オプジーボ( 一 般 名 :ニボルマブ)の 第 Ⅰ/Ⅱ 相 臨 床 試 験 で 肝 細 胞 がん 患 者 における 抗 腫 瘍 活 性 を PD-1 免 疫 チェックポイント 阻 害 薬 として 初 めて 示 す (ニュージャージー 州 プリンストン 2015 年 5 月 29 日 )-ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 (NYSE:BMY)は 治 療 歴 を

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

Microsoft PowerPoint - 3月7日研修会資料

Microsoft PowerPoint - 3月7日研修会資料 肝 疾 患 に 関 する 障 害 年 金 の 認 定 基 準 について 平 成 26 年 3 月 7 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 給 付 事 業 室 障 害 年 金 制 度 の 概 要 1 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 の 納 付 又 は 免 除 猶 予 を 行 う 義 務 ( 国 民 皆

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料 資 料 2 アレルギー 性 鼻 炎 / 花 粉 症 /アレルギー 性 結 膜 炎 1. 現 状 と 問 題 点 2. 診 療 / 治 療 の 課 題 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 腫 瘍 学 岡 本 美 孝 1 アレルギ 性 鼻 炎 (/アレルギー 性 結 膜 炎 ) 全 体 として 国 民 の 約 4 割 : 罹 患 数 第 1 位 の 疾 患 女

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

最 新 問 題 と 受 験 対 策 平 成 25 年 4 月 版 / 追 補 第 38 学 科 試 験 解 答 解 説 ( 制 作 : 社 会 保 険 研 究 所 ) 当 する 医 師 でなければ 算 定 できない ( 画 像 診 断 管 理 加 算 の 施 設 基 準 等 の 通 知 ) (3)

最 新 問 題 と 受 験 対 策 平 成 25 年 4 月 版 / 追 補 第 38 学 科 試 験 解 答 解 説 ( 制 作 : 社 会 保 険 研 究 所 ) 当 する 医 師 でなければ 算 定 できない ( 画 像 診 断 管 理 加 算 の 施 設 基 準 等 の 通 知 ) (3) 最 新 問 題 と 受 験 対 策 平 成 25 年 4 月 版 / 追 補 第 38 学 科 試 験 解 答 解 説 ( 制 作 : 社 会 保 険 研 究 所 ) 問 1 解 答 c (1) :( 療 養 担 当 規 則 第 2 条 の4) (2) : 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 75 歳 以 上 の 被 保 険 者 であ って 現 役 並 み 所 得 者 の 給 付 割 合 は 7

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い.

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い. 専 攻 医 教 育 プログラム 2. 前 置 胎 盤 の 管 理 北 海 道 大 学 産 婦 人 科 山 田 崇 弘 2013/05/9 第 65 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 1 前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000

More information

contents

contents 3 3 4 5 6 7 7 8 8 9 9 10 10 10 11 11 12 13 13 14 14 14 14 14 14 contents 3 3 4 5 6 7 7 8 8 9 9 10 10 10 11 11 12 13 13 14 14 14 14 14 14 01 1 22 3 3 44 studies 1 2 Hiroshima Univ. ACTIVITIES campus

More information

Untitled

Untitled 目 的 : 角 膜 移 植 手 術 において 拒 絶 反 応 は 予 後 に 影 響 する 最 も 大 きな 因 子 の 一 つであるが 現 在 のところ 拒 絶 反 応 の 出 現 を 予 測 することは 困 難 である 角 膜 の 免 疫 学 的 体 系 の 研 究 が 進 められているが 拒 絶 反 応 におけるメカニズムはいまだに 明 らかにされていない 角 膜 に 拒 絶 反 応 がおこったときの

More information

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない 公 害 報 酬 のご 請 求 について( 病 院 所 の 皆 さまへ) 1 公 害 医 手 帳 公 害 医 手 帳 は 被 認 定 者 の 資 格 を 判 断 するものであり 被 認 定 者 がその 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるための 証 明 書 としての 役 割 を 果 たしています 被 認 定 者 は そ の 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるために

More information

_2009MAR.ren

_2009MAR.ren ISSN 0389-5254 2009 No.2 MAR JAPAN AIRCRAFT PILOT ASSOCIATION C O N T E N T S No.313 2009 No.2 MAR é 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR 2009 MAR

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

2015壺溪塾表1表4_0105

2015壺溪塾表1表4_0105 KOKEI JUKU GUIDANCE FOR SUCCESS ? ? ! ?! Courses Guide 前 年 度 合 格 校 : 東 京 大 学 / 京 都 大 学 / 一 橋 大 学 / 東 京 工 業 大 学 / 大 阪 大 学 など 卒 塾 生 の 声 卒 塾 生 の 声 Courses Guide 前 年 度 合 格 校 : 九 州 大 学 / 東 京 工 業 大 学 / 大

More information

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター) 6 5 13 : 00 14 : 00 A μ 13 : 00 14 : 00 A β β β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

極地研 no174.indd

極地研 no174.indd C O N T E N T S 02 10 13 no.174 June.2005 TOPICS06 1 45 46 3 12 4546 47 14 10 15 15 16 NEWS no.174 june.2005 0 100 200 300 400 500 600 700 100 100 Diameter,nm 10 10 45 20042 Feb Mar Apr May Jun Jul Aug

More information

安全性情報302.indd

安全性情報302.indd 3 重 要 な 副 作 用 等 に 関 する 情 報 平 成 25 年 4 月 23 日 及 び 同 年 5 月 17 日 に 改 訂 を 指 導 した 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 のうち 重 要 な 副 作 用 等 について, 改 訂 内 容 等 とともに 改 訂 の 根 拠 となった 症 例 の 概 要 等 に 関 する 情 報 を 紹 介 いたします 1 アンブリセンタン 販 売

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス ( 様 式 甲 5) 氏 名 加 藤 壮 介 ( ふ り が な ) (かとう そうすけ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 26 年 1 月 29 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Local injection of vasopressin reduces

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

に 正 当 な 理 由 がない 限 り 無 償 で 交 付 しなければならないものであるとともに 交 付 が 義 務 付 けられている 領 収 証 は 指 定 訪 問 看 護 の 費 用 額 算 定 表 における 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 訪 問 看 護

に 正 当 な 理 由 がない 限 り 無 償 で 交 付 しなければならないものであるとともに 交 付 が 義 務 付 けられている 領 収 証 は 指 定 訪 問 看 護 の 費 用 額 算 定 表 における 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 訪 問 看 護 保 発 0 3 0 4 第 1 1 号 平 成 2 8 年 3 月 4 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 及 び 個 別 の 診 療 報 酬 の 算 定 項 目 の 分 かる 明 細 書 の 交 付 について 標 記 については 電 子 情 報 処 理 組 織 の

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

Microsoft Word - conference

Microsoft Word - conference 当 科 では 診 断 IVR 放 射 線 治 療 の 三 部 門 を 軸 に 臨 床 研 究 に 日 夜 励 んでいま 院 内 の 医 学 生, 研 修 医, 他 科 医 師 はご 連 絡 いただかなくても いつでも 参 加 可 能 でただし 突 然 のスケジュール 変 更 もあり 得 るので 事 前 にお 問 い 合 わせいただいた 方 が 無 難 で 院 外 の 方 でもご 興 味 がありましたら

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

untitled

untitled - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - - 30 -

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information