東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 19 論 説 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 : ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 はじめに スポーツの 祭 典 といわれているオリンピックは 1896 年 にギリシャで 開 催 さ れて

Size: px
Start display at page:

Download "東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 19 論 説 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 : ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 はじめに スポーツの 祭 典 といわれているオリンピックは 1896 年 にギリシャで 開 催 さ れて"

Transcription

1

2 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 19 論 説 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 : ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 はじめに スポーツの 祭 典 といわれているオリンピックは 1896 年 にギリシャで 開 催 さ れて 以 来 2 回 の 中 止 を 含 め ヨーロッパ 大 陸 で19 回 アジア 大 陸 で 4 回 オ セアニア 大 陸 で 2 回 アメリカ 大 陸 で 6 回 が 実 施 されている 1) 2012 年 に 開 催 されたロンドンオリンピックは 史 上 最 多 を 記 録 し 204の 国 地 域 から 1 万 人 を 超 える 選 手 が 参 加 した 2) 今 や オリンピックブランドは 平 均 で94%の 認 知 度 を 誇 る 世 界 で 最 もよく 知 られたブランドの 1 つとなっている 3) オリンピズムの 根 本 原 則 では このオリンピック 憲 章 の 定 める 権 利 および 自 由 は 人 種 肌 の 色 性 別 性 的 指 向 言 語 宗 教 政 治 的 またはその 他 の 意 見 国 あるいは 社 会 のルーツ 財 産 出 自 やその 他 の 身 分 などの 理 由 による いかなる 種 類 の 差 別 も 受 けることなく 確 実 に 享 受 されなければならない と 謳 っている 4) この 歴 史 と 規 模 から その 目 的 を 十 分 に 達 成 しているように 5) 見 える しかしながら 途 上 国 のオリンピック 参 加 がどのような 状 況 にある かの 考 察 はなされたことがない ロンドンオリンピックで 実 施 された26 競 技 302 種 目 の 中 で 予 選 からの 参 加 競 技 者 数 が 最 多 だったのは 個 人 競 技 では 陸 上 競 技 ( 男 子 :1,160 人 女 子 : 1,071 人 )であった 中 でも 100m は 男 子 61ヵ 国 地 域 から75 名 女 子 64 カ 国 地 域 から81 名 の 参 加 があった また 団 体 競 技 ではサッカー( 男 子 162 (372)

3 20 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 :ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 チーム 女 子 68チーム)であった 6) そこで 本 稿 では オリンピック 競 技 種 目 の 中 から とくに 陸 上 競 技 100m と サッカーに 着 目 し 途 上 国 からの 選 手 の 競 技 参 加 状 況 について 考 察 をすること にした 選 手 の 選 出 方 法 まず 本 稿 で 対 象 とするそれぞれの 種 目 について ロンドンオリンピックで の 選 手 選 出 方 法 を 整 理 する 7) 1 ) 陸 上 競 技 100m の 選 手 選 出 方 法 ロンドン 大 会 ではオリンピックとしては 初 めて 男 女 100m 競 走 で 予 備 予 選 が 実 施 された オリンピックの 陸 上 競 技 100m では 参 加 標 準 記 録 が 設 定 され ている 1 ヵ 国 地 域 につき 参 加 標 準 記 録 A( 男 子 秒 女 子 秒 ) を 突 破 した 選 手 は 最 大 4 名 までエントリー 可 能 で そのうち 3 名 が 出 場 でき る 参 加 標 準 記 録 B( 男 子 秒 女 子 秒 )を 突 破 した 選 手 は 同 2 名 を エントリー 可 能 うち 1 名 が 出 場 できる 例 外 として 国 内 オリンピック 委 員 会 (NOC: National Olympic Committee)が 存 在 し すべての 種 目 に 標 準 記 録 の 突 破 者 がいない 場 合 男 子 10 種 競 技 女 子 7 種 競 技 各 種 リレーを 除 く いず れかの 種 目 へ 男 女 1 名 ずつの 参 加 が 認 められている したがって この 枠 で 参 加 する 選 手 は 多 くが100m にエントリーをする ロンドンオリンピック 以 前 は 1 次 予 選 2 次 予 選 準 決 勝 決 勝 と 4 回 のラウンドが 設 定 されていた が 100m 200m およびリレーに 登 録 をしている 選 手 は 100m で 4 回 200m で 3 回 リレーで 2 回 と 計 9 回 走 ることになるため オリンピックと 世 界 陸 上 でのラウンド 数 は 最 大 3 回 までとすることを 国 際 陸 上 競 技 連 盟 (IAAF: International Association of Athletics Federations)は 決 定 し 2011 年 世 界 陸 上 選 手 権 大 会 から 標 準 記 録 を 突 破 していない 選 手 のみを 対 象 とした 予 備 予 選 を 導 入 して いる ロンドンオリンピックでは 8 レーンのトラックを 使 用 したので 予 備 予 選 では 標 準 記 録 を 突 破 していなかった 男 子 29 名 が10 枠 を 女 子 33 名 が 8 (371)

4 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 21 枠 を 競 うこととなった 8) 2 )サッカーの 選 手 選 出 方 法 オリンピックの 運 動 には オリンピック 運 動 を 統 制 しつつリードしていく 国 際 オリンピック 委 員 会 (IOC: International Olympic Committee) それぞれのス ポーツを 統 制 する 国 際 競 技 連 盟 (IF: International Federation) そして NOC が ある 9) サッカーの 場 合 は 国 際 サッカー 連 盟 (FIFA:Fédération Internationale de Football Association)に 属 している 各 大 陸 連 盟 が 予 選 形 式 を 決 定 し FIFA の 承 認 を 得 た 上 で 実 施 する ただしオリンピック 出 場 は 国 内 サッカー 協 会 単 位 ではなく 国 内 オリンピック 委 員 会 単 位 となる したがって たとえば 欧 州 サッ カー 連 盟 に 登 録 している イングランド ウエールズ スコットランド 北 ア イルランドの 各 チームは オリンピックでは イギリス 代 表 として 出 場 する また オリンピックが 行 われる 前 年 の12 月 31 日 時 点 で23 歳 未 満 の 選 手 に 出 場 権 を 与 えるといった 年 齢 制 限 を 設 けており この 規 定 によってオーバーエイジと なった 選 手 を 入 れ 替 えることが 認 められている ロンドンオリンピックでは 予 選 を 勝 ち 抜 いてきた 男 子 16チームを A B C D の 4 組 に 分 け 各 組 で 総 当 たり 戦 を 実 施 し 各 組 上 位 2 チームの 8 チームで 決 勝 トーナメントを 行 って 最 終 順 位 を 決 定 している また 女 子 は12チームを E F G の 3 組 に 分 け 各 組 で 総 当 たり 戦 を 実 施 し 各 組 上 位 2 チームと 各 組 3 位 チームのうち 成 績 上 位 の 2 チーム( 勝 ち 点 得 失 点 差 総 得 点 の 順 に 評 価 )の 計 8 チームで 決 勝 トーナメントを 実 施 し 最 終 順 位 を 決 定 している 男 女 と も 開 会 式 前 に 競 技 が 開 始 されており 期 間 中 には 決 勝 戦 しか 行 われなかった 大 陸 連 盟 は 欧 州 サッカー 連 盟 (UEFA:Union of European Football Associations) アジアサッカー 連 盟 (AFC:Asian Football Confederation) アフリカ サッカー 連 盟 (CAF:Confederation of African Football) 北 中 米 カリブ 海 サッ カー 連 盟 (CONCACAF:Confederation of North, Central American and Caribbean Association Football) 南 米 サッカー 連 盟 (CONMEBOL:Confederación Sudamericana de Fútbol) そして オセアニアサッカー 連 盟 (OFC:Oceania Football (370)

5 22 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 :ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 Confederation)の 6 大 陸 にグループ 分 けされていて オリンピック 出 場 枠 は 開 催 国 とチーム 数 により 順 に 男 子 ヵ 国 地 域 であっ たが 結 果 として カ 国 地 域 女 子 ヵ 国 地 域 となった 前 述 したとおり オリンピックのサッカー 競 技 には どの 国 の 場 合 でも 出 場 選 手 の 年 齢 制 限 を23 歳 未 満 にするという 規 定 がある FIFA が 年 齢 制 限 のない オープントーナメントに 同 意 をしない 理 由 は オリンピック 代 表 チームには 一 流 選 手 を 出 場 させない 国 が 多 いことと ヨーロッパ アフリカ 南 米 で それ ぞれの 大 陸 選 手 権 の 予 選 が 行 われる 時 期 と オリンピックの 予 選 が 行 われる 時 期 が 重 なるため その 両 大 会 にベストメンバーをそろえるのが 難 しいことにあ る 10) それゆえに 男 子 の 場 合 UEFA は UEFA U-21 欧 州 選 手 権 2011 AFC は アジア 予 選 CAF は アフリカ U-23 選 手 権 2011 CONCACAF は 北 中 米 カリブ 海 予 選 CONMEBOL は 南 米 ユース 選 手 権 OFC は オセア ニア 予 選 を 女 子 の 場 合 UEFA は UEFA 所 属 のチームを 2011 FIFA 女 子 ワールドカップ の 結 果 で 順 位 付 けした 上 位 チーム AFC は アジア 予 選 CAF は アフリカ 予 選 CONCACAF は 北 中 米 カリブ 海 予 選 CONME- BOL は 2010 スダメリカーノ フェメニーノ OFC は オセアニア 予 選 を それぞれロンドンオリンピックの 予 選 大 会 に 位 置 づけた データ 分 析 の 方 法 途 上 国 の 定 義 には とくに 定 まったものはない そこで 世 界 銀 行 経 済 グルー プ 分 類 (2006) 11) に 基 づき 人 口 が 3 万 人 以 上 の 国 地 域 の 経 済 を 1 人 あたり の 国 民 総 所 得 に 分 類 する グループは 低 所 得 群 中 所 得 の 下 位 中 所 得 群 上 位 中 所 得 群 高 所 得 群 の 経 済 協 力 開 発 機 構 (OECD:Organisation for Economic Co-operation and Development) 加 盟 非 加 盟 の 5 領 域 に 区 分 されるが ここで は OECD 加 盟 と 非 加 盟 の 区 分 をなくし 高 所 得 群 として 一 括 する したがっ て 4 領 域 とする このうち いわゆる 先 進 国 と 呼 ばれる 国 地 域 は 高 所 得 群 を 途 上 国 とよばれる 国 地 域 は 低 所 得 群 と 低 位 中 所 得 群 を 示 す (369)

6 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 23 本 稿 では まずオリンピック 全 体 での 途 上 国 の 位 置 づけについて 概 観 する 次 に 種 目 ごとの 特 徴 につにいて 吟 味 する 陸 上 競 技 については 参 加 選 手 数 が 最 多 の100m 男 女 を 対 象 とする 男 女 別 に 予 備 予 選 予 選 準 決 勝 決 勝 と 参 加 国 の 推 移 を 追 い 経 済 区 分 による 出 場 国 地 域 と 競 技 結 果 について 考 察 する サッカーについては 予 選 大 会 のデータをもとに 経 済 区 分 による 大 陸 別 出 場 チーム 数 を 整 理 分 析 する あわせてオリンピックでの 最 終 競 技 結 果 についても 検 討 する 結 果 所 得 群 ごとのオリンピックへの 参 加 状 況 は 表 1 1 のとおりである 低 所 得 群 と 中 所 得 群 を 合 わせた 途 上 国 は113ヵ 国 地 域 先 進 国 は48ヵ 国 地 域 と 圧 倒 的 に 途 上 国 からの 参 加 が 多 い また 参 加 競 技 者 数 で 見 ても 途 上 国 が 全 体 の55% 先 進 国 が24%と 倍 以 上 の 参 加 となっている ところが 表 1 2 に 示 すよう 金 銀 銅 のメタル 獲 得 率 を 見 ると 途 上 国 が30%であるのに 対 し 表 1 1 経 済 区 分 によるロンドンオリンピックへの 参 加 状 況 OECD 分 類 参 加 不 参 加 人 数 参 加 率 (%) 低 下 中 , 上 中 , 高 , 群 外 計 , 表 1 2 経 済 区 分 によるロンドンオリンピックの 獲 得 メダル 数 参 加 メダル 国 メダル 数 獲 得 率 % 低 下 中 上 中 高 群 外 計 (368)

7 24 表 2 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 :ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 経 済 区 分 による 陸 上 競 技 (100m)のロンドンオリンピック 出 場 国 と 結 果 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 分 類 対 象 外 国 数 男 子 未 出 場 予 備 予 選 アフガニスタン ボリビア( ) 米 領 サモア マルタ クック 諸 島 バングラデシュ ミクロネシア ガボン シンガポール( ) イギリス 領 ヴァージ ブルキナファソ( ) インドネシア( ) モーリシャス( ) ン 諸 島 中 央 アフリカ( ) コンゴ( ) ギニアビサウ( ) ラオス ネパール パキスタン ソロモン 諸 島 サントメ プリンシ ペ キリバス モルディブ( ) マーシャル 諸 島 スリナム( ) トンガ パラオ セントビンセント グレナディーン ツバル 予 選 計 カメルーン イラン ガンビア インドネシア( ) ギニアビサウ( ) エジプト コートジボワール ガイアナ コンゴ( ) コロンビア ザンビア ジャマイカ[ 3 ] ナイジェリア[ 3 ] スリナム( ) ブルキナファソ( ) ブラジル 中 央 アフリカ( ) ボリビア( ) モルディブ( ) 中 国 アンティグア バー ブーダ エストニア オマーン グレナダ セントクリスト フ ァ ー ネ ー ビ ス[ 3 ] トリニダード トバ ゴ[ 3 ] バルバドス ポーランド モーリシャス( ) リトアニア オランダ カナダ ケイマン 諸 島 シンガポール( ) スペイン ノルウェー バハマ[ 2 ] プエルトリコ フランス 英 国 [ 3 ] 日 本 [ 2 ] 米 国 [ 3 ] 計 準 決 勝 ガンビア コートジボワール ザンビア ジャマイカ[ 3 ] 中 国 アンティグア バー ブーダ セントクリスト ファー ネービス トリニダード トバ ゴ[ 3 ] オランダ カナダ ケイマン 諸 島 バハマ フランス 英 国 [ 3 ] 日 本 米 国 [ 3 ] 決 勝 ジャマイカ[3 ] ( 1 2 ) トリニダード トバ ゴ オランダ 米 国 [ 3 ]( 3 ) 計 先 進 国 は67%と 途 上 国 の 倍 以 上 になっている 次 に 種 目 別 についてである 陸 上 競 技 男 子 100m( 表 2 )では 標 準 記 録 を 突 破 していない 選 手 のみを 対 象 とした 予 備 予 選 に29ヵ 国 から 参 加 している その 中 で 途 上 国 からは19ヵ 国 で あった 出 場 国 は61ヵ 国 で 参 加 国 の48%が 予 備 予 選 の 対 象 となった 予 選 に (367)

8 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 25 女 子 未 出 場 予 備 予 選 アフガニスタン イエメン カメルーン( ) ガンビア( ) ギニア コモロ( ) コンゴ( ) ザンビア ソロモン 諸 島 トーゴ( ) ニジェール ネパール パプアニューギニア ( ) ラオス イラク( ) カーボベルデ キリバス トルクメニスタン バヌアツ ミクロネシア モルディブ ヨルダン オマーン パラオ ベリーズ( ) リビア アンドラ カタール サンマリノ マルタ( ) 香 港 ( ) クック 諸 島 ツバル 予 選 準 決 勝 決 勝 計 ウズベキスタン カメルーン( ) ガンビア( ) コートジボワール コモロ( ) コンゴ( ) トーゴ( ) ナイジェリア[ 3 ] パプアニューギニア ( ) リベリア イラク( ) ウクライナ[ 2 ] カザフスタン コロンビア ジャマイカ[ 3 ] ブラジル ブルガリア ベラルーシ ルーマニア 中 国 ガボン チェコ トリニダード トバ ゴ[ 3 ] トルコ ベリーズ( ) ポーランド リトアニア ロシア オーストラリア カナダ ドイツ[ 3 ] ノルウェー バハマ[ 2 ] フランス[ 2 ] マルタ( ) 英 国 [ 2 ] 香 港 ( ) 日 本 米 国 [ 3 ] 米 領 バージン 諸 島 [ 2 ] イギリス 領 ヴァージ ン 諸 島 計 コートジボワール ナイジェリア[ 2 ] コートジボワール ナイジェリア ウクライナ カザフスタン ジャマイカ[ 3 ] ブラジル ブルガリア ガボン トリニダード トバ ゴ[ 3 ] リトアニア ドイツ ノルウェー バハマ フランス 英 国 米 国 [ 3 ] 米 領 バージン 諸 島 ジャマイカ[2 ] ( 1 3 ) トリニダード トバ ゴ 米 国 [ 3 ]( 2 ) 計 は 予 備 予 選 通 過 選 手 の 国 [ ]は 1 カ 国 における 出 場 選 手 数 決 勝 での( ) 内 の 数 字 は 最 終 順 位 を 表 す 出 場 した10 名 は いずれも 予 選 敗 退 をしている 準 決 勝 への 出 場 者 24 名 のう ち 12 名 は 先 進 国 の 選 手 であった 決 勝 には ジャマイカとアメリカから 各 3 名 が 進 出 し 金 銀 をジャマイカが 銅 をアメリカが 制 した 陸 上 競 技 女 子 100m( 表 2 )でも 標 準 記 録 を 突 破 していない 選 手 のみを 対 象 とした 予 備 予 選 に33か 国 地 域 が 参 加 をし 参 加 国 の52%を 占 めている 予 (366)

9 26 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 :ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 表 3 1 経 済 区 分 によるの 大 陸 連 盟 別 出 場 チーム 数 (ロンドンオ リンピック サッカー 競 技 予 選 ) 欧 州 サッカー 連 盟 アジアサッカー 連 盟 アフリカサッカー 連 盟 男 子 出 場 枠 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 分 類 対 象 外 計 女 子 出 場 枠 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 分 類 対 象 外 計 北 中 米 カリブ 海 サッカー 連 盟 南 米 サッカー 連 盟 オセアニアサッカー 連 盟 男 子 出 場 枠 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 分 類 対 象 外 計 女 子 出 場 枠 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 参 加 チーム 加 盟 チーム 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 分 類 対 象 外 計 選 に 出 場 した 8 名 は 男 子 同 様 いずれも 予 選 敗 退 をしている 女 子 の 場 合 は 準 決 勝 への 出 場 者 24 名 のうち 9 名 が 先 進 国 10 名 が 途 上 国 と 大 差 は 見 ら れなかった また 決 勝 でも 経 済 区 分 による 偏 りは 見 られなかったが 実 際 には ジャマイカが 金 銅 アメリカが 銀 と 男 子 同 様 ジャマイカとアメリカとの 競 争 となった (365)

10 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 27 表 3 2 経 済 分 類 によるサッカー 競 技 のロンドンオリンピック 出 場 国 と 結 果 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 男 子 ブラジル( 2 ) ガボン イギリス ベラルーシ メキシコ( 1 ) スイス ホンジュラス スペイン モロッコ ニュージーランド 韓 国 ( 3 ) 日 本 女 子 低 所 得 下 位 中 所 得 上 位 中 所 得 高 所 得 カメルーン コロンビア 南 アフリカ 共 和 国 アメリカ 合 衆 国 ( 1 ) 北 朝 鮮 イギリス カナダ( 3 ) スウェーデン 日 本 ( 2 ) ニュージーランド フランス - ( ) 内 は 最 終 順 位 サッカー 競 技 男 子 ( 表 3 1 )では 162チームが 予 選 の 対 象 となっている 大 陸 により 傾 向 が 大 きく 異 なっている 前 述 したよう オリンピック 参 加 を 全 体 でみると 途 上 国 からの 参 加 が 先 進 国 からの 参 加 の 倍 以 上 であるが 欧 州 サッカー 連 盟 では 先 進 国 が24チーム 途 上 国 が14チームと 先 進 国 からの 参 加 が 多 い さらに 各 連 盟 からの 出 場 枠 があらかじめ 決 められているため 南 米 サッカー 連 盟 のように 先 進 国 が 存 在 しない 地 域 でも オリンピックへの 出 場 が 可 能 となっている しかしながら オリンピック 大 会 での 参 加 は 16チー ム 中 6 チームが 開 発 国 4 チームが 途 上 国 からの 参 加 だったが 低 所 得 国 か らの 出 場 は 見 られなかった 結 果 は 金 銀 銅 の 順 に メキシコ ブラジ ル 韓 国 となっている( 表 3 2 ) サッカー 競 技 女 子 ( 表 3 1 )では 68チームが 予 選 の 対 象 となっている 男 子 に 比 べ 女 子 の 場 合 は 欧 州 サッカー 連 盟 からの 参 加 チームが 5 チーム と 圧 倒 的 に 少 ない さらに 男 子 同 様 各 連 盟 からの 出 場 枠 があらかじめ 決 められているため 南 米 やオセアニアからの 参 加 も 見 られる オリンピック 大 (364)

11 28 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 :ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 会 での 参 加 は 12チーム 中 半 分 の 7 チームが 先 進 国 からの 参 加 で 結 果 も 金 銀 銅 の 順 に アメリカ 合 衆 国 日 本 カナダと 先 進 国 の 間 での 競 技 と なった( 表 3 2 ) 考 察 陸 上 競 技 では 標 準 記 録 を 突 破 していない 途 上 国 からの 参 加 が 約 半 数 を 占 め ていた 予 備 予 選 を 導 入 したことによって 確 かにトップレベル 選 手 の 負 担 は 軽 減 されたので 適 切 な 判 断 と 言 える 短 距 離 の 場 合 は 競 技 の 特 性 上 黒 人 選 手 とりわけ 西 アフリカ 側 の 選 手 に 有 力 な 説 があるので 12) アフリカをはじめ とする 途 上 国 のからの 選 手 の 競 技 力 が 向 上 すると 今 後 も 興 味 深 い 競 争 になる ことが 期 待 できる 2008 年 北 京 オリンピックでは 完 全 なデジタル 化 が 初 めて 実 施 され 世 界 中 で インターネットや 携 帯 電 話 からの 視 聴 が 可 能 となった 13) それゆえに たとえ 予 備 予 選 敗 退 であったとしても 国 をアピールするためにはオリンピックに 出 場 するのが 一 番 手 近 な 手 段 と 言 える サッカーの 連 盟 加 盟 に 対 しては 欧 州 アフリカ 北 中 米 カリブ 海 南 米 オセアニアと 男 女 の 区 分 がなされていないが アジアでは 男 子 のみの 加 盟 があ り その 多 くはイスラム 教 を 国 教 としている 14) またアジア 2 次 予 選 のヨルダ ン 戦 では イラン 女 子 代 表 チームが 接 触 プレーの 際 に 首 が 絞 まる 危 険 がある ヒジャブを 着 用 しているとの 理 由 で 競 技 参 加 を 剥 奪 されるなど 15) 宗 教 的 な 制 約 を 受 けている オリンピック 憲 章 では オリンピズムの 根 本 原 則 の 中 で スポーツをすることは 人 権 の 1 つである すべての 個 人 はいかなる 種 類 の 差 別 もなく オリンピック 精 神 によりスポーツを 行 う 機 会 を 与 えられなければな らず ( 以 下 略 ) とある 16) ロンドンオリンピックが 残 した 今 後 解 決 されるべき 課 題 の 1 つと 言 える しかしそのいっぽうで 初 めてカタールか ら 競 泳 女 子 50メートル 自 由 形 ( 準 決 勝 )に 17) サウジアラビアから 柔 道 78キロ 超 級 ( 1 回 戦 敗 退 )に そしてブルネイから 陸 上 女 子 400メートル( 予 選 落 ち) が イスラム 圏 から 出 場 するなど 新 たな 展 開 も 見 られた 18) (363)

12 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 29 本 稿 は 単 に 経 済 区 分 とオリンピック 参 加 国 との 関 連 について 検 討 をしたも ので オリンピックに 参 加 をした 選 手 のバックグラウンドについては 言 及 して いない 今 日 のオリンピックでは 途 上 国 の 選 手 参 加 パターンとして 参 加 選 手 が 自 分 の 国 で 練 習 し 出 場 する 場 合 海 外 で 長 年 生 活 をし 母 国 を 知 らずして オリンピックのときのみ 国 籍 を 利 用 して 参 加 する 場 合 そして 国 籍 そのものを 他 国 にかえて 出 場 するといった 3 パターンが 考 えられる 今 後 ますます 国 籍 を 利 用 あるいは 変 更 して 出 場 する 選 手 が 増 えてくると 途 上 国 からのオリン ピック 参 加 状 況 もロンドンオリンピックとは 異 なり メダルを 獲 得 する 選 手 が 続 出 する 可 能 性 が 出 てくる まとめにかえて 本 稿 では 個 人 種 目 からは 陸 上 競 技 100m 集 団 種 目 からはサッカーに 着 目 し そのオリンピック 参 加 状 況 を 分 析 検 討 した その 結 果 途 上 国 からのオ リンピック 参 加 国 地 域 は 多 いが 実 際 には 決 勝 に 進 出 したり メダルを 獲 得 するのは 難 しい 状 況 にあることが 明 らかとなった オリンピックの 長 い 歴 史 か らすると 途 上 国 も 競 技 に 参 加 することができる 状 況 にまで 時 代 が 変 化 したこ とは 評 価 に 値 する 今 後 は 途 上 国 であっても 先 進 国 とメダル 獲 得 を 競 う 選 手 が 増 えてくることが 予 測 される 注 記 および 参 考 文 献 1 ) ロンドンオリンピックは 第 30 回 にあたる 第 12 回 (1940 年 )は 東 京 ( 日 本 )が 返 上 代 替 え 地 となったヘルシンキ(フィンランド)も 第 一 次 世 界 大 戦 のため 中 止 となってい る なお アフリカ 大 陸 での 開 催 は まだない 2 ) 聖 火 の 最 終 点 火 者 は 若 手 選 手 7 人 ロンドン 五 輪 開 会 式 朝 日 新 聞 デジタル 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 3 ) アラン フェラン ジャン=ルー シャペレ ベノワ スガン( 著 ) 原 田 宗 彦 ( 監 訳 ) オリンピックマーケティング スタジオタッククリエイティブ 2013 p22 (362)

13 30 途 上 国 のオリンピック 参 加 とその 特 徴 :ロンドンオリンピックを 事 例 として 金 田 英 子 4 ) 日 本 オリンピック 委 員 会 オリンピック 憲 章 日 本 オリンピック 委 員 会 2015 p11 5 ) 経 済 学 の 領 域 では 開 発 国 および 開 発 途 上 国 という 呼 称 が 一 般 的 であるが 本 稿 では 先 進 国 と 途 上 国 に 統 一 する 6 ) London 2012 Olimpic.org Official website of the Olympic Movement london-2012-summer-olympics 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 から 算 出 した 7 ) 第 30 回 オリンピック 競 技 大 会 日 本 代 表 選 手 選 考 要 項 jch/96/2012london.pdf 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 8 ) ロンドンオリンピック(2012 年 )におけるサッカー 競 技 https://ja.wikipedia.org/wiki/% E 3 %83%AD%E 3 %83%B 3 %E 3 %83%89%E 3 %83%B 3 %E 3 %82%AA%E 3 %83%AA% E 3 %83%B 3 %E 3 %83%94%E 3 %83%83%E 3 %82%AF_(2012%E 5 %B 9 %B 4 )_%E 3 %81%AB%E 3 %81% 8 A%E 3 %81%91%E 3 %82% 8 B%E 3 %82%B 5 %E 3 %83%83%E 3 %82%AB%E 3 %83%BC%E 7 %AB%B 6 %E 6 % 8 A%80 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 のデータを 利 用 した 9 ) 前 掲 4 ) p12 10) デビット ミラー( 著 ) 橋 本 明 ( 訳 ) オリンピック 革 命 ベースボール マガジン 社 1992 p103 11) JICA 研 究 所 国 際 協 力 便 覧 国 際 協 力 銀 行 2007 pp ) 中 日 スポーツ 超 人 ボルトを 生 んだジャマイカ 強 さの 理 由 は 1.tokyo-np. co.jp/entertainment/community/2008/08/post_19.html 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 13) 前 掲 3 ) p22 14) Robert J. Barro, Rachel M. McCleary (2005)ʼWhich Countries Have State Religions?ʼ The Quarterly Journal of Economics, 120( 4 ); ) ヒジャブとは 頭 から 首 を 覆 うスカーフでイスラム 教 の 伝 統 に 従 った 保 守 的 な 服 装 で ある 服 装 の 悲 劇 に 泣 いたイランのなでしこ Newsweek 2011 年 9 月 7 日 jp/stories/world/2011/09/post-2254.php 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 16) 前 掲 4 ) p10 17) カタールは 2016 年 2020 年 と 夏 季 五 輪 招 致 に 立 候 補 しながら 1 次 選 考 で 落 選 し (361)

14 東 洋 法 学 第 59 巻 第 3 号 (2016 年 3 月 ) 31 この 時 点 では2024 年 の 招 致 を 目 指 していたが 結 局 はロサンゼルス ハンブルク パリ ローマ ブダペストとなり 落 選 した 18) イスラム 3 カ 国 から 女 子 代 表 登 場 新 時 代 の 幕 開 けに 朝 日 新 聞 デジタル 最 終 アクセス2016 年 1 月 3 日 かねだ えいこ 法 学 部 准 教 授 (360)

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5 NO.1 2 食 料 不 足 と 食 料 問 題 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 (2) 世 界 の 食 料 問 題 (3) 人 口 爆 発 (4) 食 料 生 産 の 増 大 (5) 不 平 等 な 食 料 分 配 (6) 食 料 自 給 率 NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 (

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

news release

news release 2011 年 8 月 24 日 PR11-S002 第 24 回 FIBA ASIA 女 子 バスケットボール 選 手 権 長 崎 / 大 村 大 会 兼 2012 年 ロンドンオリンピックアジア 地 区 予 選 唯 一 の 公 式 試 合 球 を 提 供 今 大 会 オリジナルデザインのボールを 使 用 します 裏 面 競 技 用 ボールとスポーツエキップメントメーカーの 株

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031312D30392D303741534941926A8E71836F8358835083628367837B815B838B91498EE88CA081418CF68EAE8E8E8D878B8582C98AD68163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031312D30392D303741534941926A8E71836F8358835083628367837B815B838B91498EE88CA081418CF68EAE8E8E8D878B8582C98AD68163> 2011 年 9 月 7 日 PR11-S004 第 26 回 FIBA ASIA 男 子 バスケットボール 選 手 権 大 会 兼 2012 年 ロンドンオリンピックアジア 地 区 予 選 唯 一 の 公 式 試 合 球 を 提 供 競 技 用 ボールとスポーツエキップメントメーカーの 株 式 会 社 モルテン( 本 社 : 広 島 市 西 区 代 表 取 締 役 社 長 :

More information

リオオリンピック選考基準

リオオリンピック選考基準 2016 年 リオオリンピック 競 技 大 会 の 参 加 枠 決 定 について 1. IWFによる 参 加 枠 決 定 方 法 1 最 大 参 加 者 数 男 子 :156 名 ( 世 界 選 手 権 大 会 で108 名 大 陸 大 会 で31 名 開 催 国 3 名 ) ( 個 人 出 場 権 8 名 + 招 待 枠 6 名 ) 女 子 :104 名 ( 世 界 選 手 権 大 会 で 67

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】 グローバルな 環 境 の 整 備 のあり 方 に 関 する 意 見 わが 国 海 外 の 法 的 基 盤 の 整 備 等 に 向 けて 参 考 資 料 わが 国 の 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 2 (2) 自 由 化 を 含 む 3 (3) 交 渉 中 の 4 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 5 の 構 成

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

1953 年 ( 昭 和 28 年 )11 月 第 1 回 関 東 ろう 学 校 陸 上 競 技 大 会 を 開 催 1955 年 ( 昭 和 30 年 )9 月 24 日 第 1 回 全 国 聾 唖 優 勝 野 球 大 会 を 京 都 で 開 催 同 大 会 は 1968 年 ( 昭 和 42 年

1953 年 ( 昭 和 28 年 )11 月 第 1 回 関 東 ろう 学 校 陸 上 競 技 大 会 を 開 催 1955 年 ( 昭 和 30 年 )9 月 24 日 第 1 回 全 国 聾 唖 優 勝 野 球 大 会 を 京 都 で 開 催 同 大 会 は 1968 年 ( 昭 和 42 年 第 1 部 日 本 のろうあ 者 スポーツの 歴 史 ( 概 説 ) 1918 年 ( 大 正 7 年 )7 月 7 日 日 本 聾 唖 協 会 東 京 部 会 の 東 京 野 球 大 会 が 開 かれる ( 小 石 川 官 立 東 京 聾 唖 学 校 ) 1926 年 ( 大 正 15 年 )11 月 社 団 法 人 日 本 ろうあ 協 会 が 第 1 回 ろうあ 者 体 育 競 技 大 会 の

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

2 頁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 際 段 階 - 附 属 書 K 標 準 ST.3 国 家,その 他 の 組 織 及 び 政 府 間 機 関 を 表 示 するための2 文 字 コードの 標 準 に 関 する 勧 告 2015 年 2 月 21 日 の 通 信 による WIPO 標 準

2 頁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 際 段 階 - 附 属 書 K 標 準 ST.3 国 家,その 他 の 組 織 及 び 政 府 間 機 関 を 表 示 するための2 文 字 コードの 標 準 に 関 する 勧 告 2015 年 2 月 21 日 の 通 信 による WIPO 標 準 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 際 段 階 - 附 属 書 K 1 頁 K K 附 属 書 Kは,PCTに 基 づく 国 際 出 願 に 関 する 書 類 中 において, 国 家,その 他 の 組 織 及 び 政 府 間 機 関 ( 及 びその 官 庁 )を 表 示 するため 使 用 が 認 められている 略 称 及 び2 文 字 コー ドのリストを 含 む このリストはWIPO 標 準 ST.3で

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

4 2015ジャパンパラゴールボー ル 競 技 大 会 会 場 : 足 立 区 総 合 スポーツセンター 2015ジャパンパラゴールボール 競 技 大 会 実 施 内 容 : 韓 国 代 表 トルコ 代 表 ロシア 代 表 チーム 付 通 訳

4 2015ジャパンパラゴールボー ル 競 技 大 会 会 場 : 足 立 区 総 合 スポーツセンター 2015ジャパンパラゴールボール 競 技 大 会  実 施 内 容 : 韓 国 代 表 トルコ 代 表 ロシア 代 表 チーム 付 通 訳 HSBCセブンズワールドシリー ズ 東 京 セブンズ2015 会 場 : 東 京 秩 父 宮 ラグビー 場 出 演 者 : 山 田 章 仁 選 手 他 1 HSBCセブンズワールドシリーズ 東 京 セブンズ2015 開 催 概 要 https://www.rugby-japan.jp/2015/01/22/id30421/ 実 施 内 容 :アメリカ 代 表 ポルトガル 代 表 チーム 付 通 訳

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 ビザ 要 否 覧 ( 本 籍 ) ア ジ ア 査 旗 名 証 要 備 考 旅 券 の 残 存 期 間 旅 券 の 未 使 査 証 欄 否 アフガニ スタン イ スラム 時 6 ヶ 未 使 査 証 欄 連 続 3 インド 観 光 のみ 条 件 付 きで 現 地 取 得 可 能 申 請 時 6 ヵ 未 使 査 証 欄 2 インドネ シア 和 30 以 内 の 滞 在 は 現 地 主 要 海 空 港 にて

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部

平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部 No. 平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部 鉱 調 計 J R 03-077 平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

EUの東方拡大とその行方

EUの東方拡大とその行方 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 24 25 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208389834F8372815B57947494678B798CF889CA838C837C815B8367288DC58F4994C581478D4C95F19770292E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208389834F8372815B57947494678B798CF889CA838C837C815B8367288DC58F4994C581478D4C95F19770292E70707478> ラグビーワールドカップ2019 日 本 大 会 の 九 州 における 経 済 効 果 試 算 2015 年 3 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 九 州 支 店 1.はじめに ~ラグビーW 杯 を 九 州 で 盛 り 上 げよう~ ラグビーワールドカップ(W 杯 )2019 日 本 大 会 の 開 催 都 市 が 決 まった 日 本 全 体 では12 都 市 そのうち 九 州 からは

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

金属表紙2012年05月pdf用

金属表紙2012年05月pdf用 1) JOGMEC 特 別 顧 問 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 サスティナブル 材 料 国 際 センター 客 員 教 授 澤 田 賢 治 BRICsVISTAGDPGDP 1. 世 界 主 要 国 におけるマクロ GDP Gross Domestic Product NIEsNewly Industrializing Economies IT PPPPurchasing Power

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

Microsoft Word - 第087回常設展示.doc

Microsoft Word - 第087回常設展示.doc 第 87 回 常 設 展 示 日 本 サッカー W 杯 への 道 平 成 10 年 2 月 24 日 ~3 月 20 日 1998 年 6 月 日 本 も 念 願 の 初 出 場 を 決 めた W 杯 サッカー フランス 大 会 が いよいよ 開 幕 します そこで 今 回 は 明 治 時 代 に 日 本 にサッカーが 伝 来 してから W 杯 出 場 を 決 める までの 日 本 のサッカーの 歩

More information

平成14年度定時評議員会(議題)

平成14年度定時評議員会(議題) 平 成 19 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ. 事 業 の 状 況 平 成 19 年 度 の 事 業 は 以 下 のとおり 実 施 した 1. 野 球 競 技 の 普 及 振 興 及 び 調 査 研 究 野 球 競 技 の 普 及 振 興 を 図 るため 次 の 措 置 を 講 じた (1) 野 球 競 技 の 普 及 振 興 を 図 るため 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 の 行 う 事

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038> 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 類 ( 物 品 製 造 等 )の 作 成 の 手 引 き 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の 物 品 製 造 等 ( 物 品 の 製 造 物 品 の 販 売 役 務 の 提 供 等 物 品 の 買 受 け)の 契 約 に 係 る 競 争 入 札 参 加 者 に 必 要 な 資 格 の 取

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 )5,6 校 時 2 学 年 技 術 科 公 開 授 業 2 学 年 マナー 教 室 講 師 江 上 いずみ 様 元 日 本 航 空 株 式 会 社 客 室 乗 務 員 筑 波 大 学 客 員 教 授 目 的 国 際 人 としての 礼 儀 やマナーを 身

平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 )5,6 校 時 2 学 年 技 術 科 公 開 授 業 2 学 年 マナー 教 室 講 師 江 上 いずみ 様 元 日 本 航 空 株 式 会 社 客 室 乗 務 員 筑 波 大 学 客 員 教 授 目 的 国 際 人 としての 礼 儀 やマナーを 身 オリンピック パラリンピック 教 育 実 践 報 告 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 金 )2~4 校 時 走 り 方 教 室 全 学 年 対 象 講 師 実 井 謙 二 郎 様 元 アトランタオリンピック 男 子 マラソン 代 表 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 )5 6 校 時 正 しい 歩 き 方 教 室 1 学 年 対 象 講 師 河 野 涼 一 様 河 野 接 骨 院

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg リサーチ Press Release 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 1 月 14 日 ウンコンサルティング 株 式 会 社 世 界 40 カ 国 のフェイスブック(facebook) 人 口 推 移 2015 年 1 月 ~フェイスブック 人 口 世 界 で 減 少 傾 向 フェイスブック 離 れが 進 む~ 東 京 沖 縄 台 湾 香 港 タイ シンガポール 韓 国 のジ 7 拠 点

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 外 旅 行 調 査 2014 Market Survey Of Overseas Travel ~2013 年 海 外 旅 行 者 の 選 択 プロセス 評 価 と 今 後 の 意 向 ~ 目 次 序 章 本 報 告 書 の 概 要 5 1. 調 査 概 要 6 2. 回 答 者 プロフィール 7 参 考 2013 年 の 海 外 渡 航 状 況 11 1. 調 査 概 要 12 2.2013

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

IBLCE 使 用 欄 : 2. 専 門 情 報 専 門 家 としての 教 育 :1 つ 以 上 してください 活 動 場 所 該 当 先 を 全 て してください: 最 終 学 歴 : 歯 科 医 地 域 のクリニック 中 等 教 育 栄 養 士 教 育 機 関 / 組 織 高 等 学 校 助 産

IBLCE 使 用 欄 : 2. 専 門 情 報 専 門 家 としての 教 育 :1 つ 以 上 してください 活 動 場 所 該 当 先 を 全 て してください: 最 終 学 歴 : 歯 科 医 地 域 のクリニック 中 等 教 育 栄 養 士 教 育 機 関 / 組 織 高 等 学 校 助 産 試 験 もしくは CERPs による IBLCE 再 認 定 申 請 2016 出 願 期 限 や 受 験 料 については 再 認 定 申 請 補 足 説 明 をお 読 みください 1. 出 願 者 の 情 報 重 要 : 英 語 で 記 入 してください 名 ミドルネーム 姓 メールアドレス( 自 宅 ) メールアドレス( 職 場 ) 敬 称 ( 例 : Ms., Mr., Dr, Mrs.):

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

外 国 パケット 2 パケットをご 注 文 の 前 に お 読 みください *パケットとは 発 行 国 地 域 切 手 図 案 な どをもとに 分 類 され 袋 詰 めされた 商 品 です 重 複 なく 効 率 よく 多 くの 切 手 を 手 に 入 れる ことができます *パケットは 若 干 数

外 国 パケット 2 パケットをご 注 文 の 前 に お 読 みください *パケットとは 発 行 国 地 域 切 手 図 案 な どをもとに 分 類 され 袋 詰 めされた 商 品 です 重 複 なく 効 率 よく 多 くの 切 手 を 手 に 入 れる ことができます *パケットは 若 干 数 外 国 パケット 販 売 価 格 表 P-377 2015.11.4. 発 行 お 申 込 先 マルメイト 221-0822 横 浜 市 神 奈 川 区 西 神 奈 川 1-7-8 ことぶきビル 1F TEL 045-323-3869FAX 045-323-4142 stamp@marumate.com http://www.marumate.com/ お 申 し 込 み 方 法 1) ご 注 文

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており カントリーノート 図 表 でみる 教 育 :OECDインディケータ 2012 報 道 解 禁 :9 月 11 日 午 前 11 時 (パリ 時 間 ) 日 本 お 問 い 合 わせ 先 : Andreas Schleicher, Advisor to the Secretary-General on Education Policy, Deputy Director for Education Email:

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品 (ドバイ 発 ) UAE 食 品 流 通 概 観 (2010 年 3 月 ) ジェトロ 食 品 農 林 水 産 輸 出 促 進 海 外 コーディネーター スポット 調 査 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 及 び 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえジェトロがかかる

More information

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件 Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 L814-0010-00 8/2014 第 1 章 共 通 条 項 本 保 証 の 内 容 と 制 限 ( 以 下 本 書 といいます) は 第 1 章 - 共 通 条 項 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 および 第 3 章 - 保 証 情 報 により 構 成 されています 第 2 章 には 第 1 章 記 載 の 条 項 を 置 き 換 えた

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア ブルガリア クロアチア ルーマニアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 船 長 第 132 号 201503 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 野 村 摂 雄 1.はじめに ブルガリア クロアチア 及 びルーマニアは バルカン 1 船 員 マーケット の 一 部 として EU/EEA 域 内 ではポーランドとともに 船 員 供 給 国 として

More information

「世界のサラブレッド登録と競馬について」 JLTAセミナー2016

「世界のサラブレッド登録と競馬について」 JLTAセミナー2016 世 界 のサラブレッド 登 録 と 競 馬 について 公 益 財 団 法 人 ジャパン スタッドブック インターナショナル 登 録 部 調 査 役 アジア 血 統 書 会 議 事 務 局 長 清 水 恭 2016 年 3 月 16 日 本 日 の 内 容 サラブレッドとは? 日 本 でのサラブレッド 登 録 サラブレッド 競 馬 に 関 する 国 際 組 織 世 界 のサラブレッド 競 馬 公 益

More information

33-37-A-現地駐在員だより_2022年FIFAワールド~_今井.indd

33-37-A-現地駐在員だより_2022年FIFAワールド~_今井.indd 現 地 駐 在 員 だより 2022 年 FIFA ワールドカップ 開 催 に 向 け インフラ 整 備 が 進 むカタール 住 友 商 事 ドーハ 事 務 所 長 今 井 一 雅 1. ドーハの 悲 劇 1993 年 10 月 28 日,1994 年 アメリカで 開 催 されるワールドカップ 出 場 を 賭 けてサッカー 日 本 代 表 チームはアジア 地 区 最 終 予 選 の 最 終 節,カタールの

More information

情 報 ワイド 小 学 校 時 代 の 恩 師 からエール! S S の と コ ー チ 森 昌 彦 さん( 長 岡 京 市 第 四 小 学 校 サッカースポーツ 少 年 団 代 表 ) 今 までで 一 番 厳 しい 状 況 だと 思 いますが チーム 一 丸 となって 克 服 できるようにがんばっ

情 報 ワイド 小 学 校 時 代 の 恩 師 からエール! S S の と コ ー チ 森 昌 彦 さん( 長 岡 京 市 第 四 小 学 校 サッカースポーツ 少 年 団 代 表 ) 今 までで 一 番 厳 しい 状 況 だと 思 いますが チーム 一 丸 となって 克 服 できるようにがんばっ 2012 7/15 NAGAOKAKYO No.1068 海 堀 あ ゆ み 女 子 サ ッ カ ー 宇 佐 美 貴 史 男 子 サ ッ カ ー 高 競 橋 泳 美 帆 長 岡 京 市 からロンドン 五 輪 へ from Nagaokakyo to London 池 端 花 奈 恵 フ ェ ン シ ン グ 松 本 整 総 監 督 自 転 車 長 岡 京 市 から 夢 の 舞 台 へ 7 月 27 日

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

ホストタウン( 第 一 次 )の 分 布 について 中 国 四 国 鳥 取 県 鳥 取 県 /ジャマイカ 岡 山 県 倉 敷 市 /NZ 徳 島 県 徳 島 県 /ドイツ 九 州 福 岡 県 福 岡 県 /スウェーデン 北 九 州 市 /タイ 飯 塚 市 / 南 アフリカ 佐 賀 県 佐 賀 県 /

ホストタウン( 第 一 次 )の 分 布 について 中 国 四 国 鳥 取 県 鳥 取 県 /ジャマイカ 岡 山 県 倉 敷 市 /NZ 徳 島 県 徳 島 県 /ドイツ 九 州 福 岡 県 福 岡 県 /スウェーデン 北 九 州 市 /タイ 飯 塚 市 / 南 アフリカ 佐 賀 県 佐 賀 県 / 第 一 次 申 請 の 受 付 期 間 第 一 次 申 請 と 審 査 の 結 果 平 成 27 年 11 月 2 日 ~12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 26 日 公 表 ) 第 一 次 申 請 の 審 査 の 結 果 申 請 件 数 :69 件 件 数 :44 件 継 続 審 査 :25 件 複 数 の 国 との 交 流 計 画 を 出 している 場 合 も1 件 とカウント との

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

2050年までにサッカー日本代表が W杯で優勝するために ~大学サッカー改造計画~

2050年までにサッカー日本代表が W杯で優勝するために ~大学サッカー改造計画~ 2050 年 までにサッカー 日 本 代 表 が W 杯 で 優 勝 するために ~ 大 学 サッカー 改 造 計 画 ~ 尚 美 学 園 大 学 江 頭 ゼミ JFA 2005 年 宣 言 JFAの 約 束 2050 1 サッカーを 愛 する 仲 間 =サッカーファミリーが 1000 万 人 になる 2 FIFA W 杯 を 日 本 で 開 催 し その 大 会 で 日 本 代 表 は 優 勝 する

More information