Microsoft PowerPoint 【講義8】 相談支援従事者養成研修(2)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 08-1【講義8】20140522相談支援従事者養成研修(2)"

Transcription

1 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 事 項 の 詳 細 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 本 日 のアウトライン 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 精 神 保 健 福 祉 法 の 改 正 等 精 神 医 療 指 針 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し

2 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 外 来 患 者 数 入 院 患 者 数 H8 年 H11 年 H14 年 H17 年 H20 年 H23 年 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 資 料 : 患 者 調 査

3 精 神 疾 患 外 来 患 者 の 疾 病 別 内 訳 ( 千 人 ) H8 H11 H14 H17 H20 H23 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている てんかん アルツハイマー 病 その 他 の 精 神 及 び 行 動 の 障 害 神 経 症 性 障 害,ストレス 関 連 障 害 及 び 身 体 表 現 性 障 害 気 分 [ 感 情 ] 障 害 ( 躁 うつ 病 を 含 む) 統 合 失 調 症, 統 合 失 調 症 型 障 害 及 び 妄 想 性 障 害 精 神 作 用 物 質 使 用 による 精 神 及 び 行 動 の 障 害 血 管 性 及 び 詳 細 不 明 の 認 知 症 資 料 : 患 者 調 査 精 神 病 床 入 院 患 者 の 疾 病 別 内 訳 ( 千 人 ) てんかん アルツハイマー 病 血 管 性 及 び 詳 細 不 明 の 認 知 症 精 神 作 用 物 質 使 用 による 精 神 及 び 行 動 の 障 害 統 合 失 調 症, 統 合 失 調 症 型 障 害 及 び 妄 想 性 障 害 気 分 [ 感 情 ] 障 害 ( 躁 うつ 病 を 含 む) H8 H11 H14 H17 H20 H23 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 神 経 症 性 障 害,ストレス 関 連 障 害 及 び 身 体 表 現 性 障 害 知 的 障 害 < 精 神 遅 滞 > その 他 の 精 神 及 び 行 動 の 障 害 その 他 資 料 : 患 者 調 査

4 精 神 病 床 入 院 患 者 の 年 齢 分 布 ( 単 位 : 万 人 ) % 33% 38% 43% 48% 50% 75 歳 以 上 65~74 歳 55~64 歳 45~54 歳 35~44 歳 15 25~34 歳 0~24 歳 10 入 院 患 者 の 内 不 詳 のものは 除 いている 5 0 S52 S62 H8 H11 H14 H17 H20 H23 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 資 料 : 患 者 調 査 精 神 病 床 数 および 入 院 患 者 数 の 変 化 ( 万 床 ) ( 万 人 ) H11 H14 H17 H20 H23 一 般 病 院 精 神 科 病 院 入 院 患 者 数 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 資 料 : 病 床 数 - 医 療 施 設 調 査 入 院 患 者 数 - 病 院 報 告

5 精 神 病 床 の 平 均 在 院 日 数 の 推 移 在 院 日 数 ( 単 位 : 日 ) H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 年 間 在 院 患 者 延 数 平 均 在 院 日 数 = ½ ( 年 間 新 入 院 患 者 数 + 年 間 退 院 患 者 数 ) 資 料 : 病 院 報 告 ( 日 ) 精 神 病 床 の 平 均 在 院 日 数 推 移 の 国 際 比 較 日 本 Australia Austria Belgium Canada Czech Republic Denmark Finland France Germany Greece Hungary Iceland Ireland Italy Japan Korea Luxembourg Mexico Netherlands New Zealand Norway Poland Portugal Slovak Republic Slovenia Spain Sweden Switzerland Turkey United Kingdom United States 各 国 により 定 義 が 異 なる 資 料 :OECD Health Data 2012 注 ) 日 本 のデータは 病 院 報 告 より

6 精 神 科 病 院 からの 退 院 者 の 状 況 入 院 期 間 :1 年 未 満 入 院 期 間 :1 年 ~5 年 入 院 期 間 :5 年 以 上 3% 1% 6% 5% 14% 28,004 名 20% 1% 24% 2,751 名 9% 27% 1% 9% 9% 6% 1,350 名 71% 35% 11% 48% 家 庭 復 帰 など GH CH 社 会 復 帰 施 設 等 高 齢 者 福 祉 施 設 転 院 院 内 転 科 死 亡 その 他 平 成 23 年 度 精 神 障 害 保 健 課 調 べ 精 神 保 健 福 祉 法 の 改 正 等

7 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる

8 Ⅰ 精 神 医 療 指 針 に 係 る 主 なポイント 精 神 障 害 者 に 対 する 保 健 医 療 福 祉 に 携 わる 全 ての 関 係 者 が 目 指 す べき 方 向 性 を 定 める 指 針 として 策 定 ( 指 針 は 法 規 的 性 質 を 有 するものではない ) 指 針 で 示 すこととしている 新 規 入 院 者 は1 年 以 内 に 退 院 できるよう にするとの 考 え 方 に 基 づき 定 期 病 状 報 告 等 各 種 様 式 を 見 直 し 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする 第 41 条 厚 生 労 働 大 臣 は 精 神 障 害 者 の 障 害 の 特 性 その 他 の 心 身 の 状 態 に 応 じた 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 以 下 この 条 において 指 針 という )を 定 めなければならない 2 指 針 に 定 める 事 項 は 次 のとおりとする 一 精 神 病 床 ( 病 院 の 病 床 のうち 精 神 疾 患 を 有 する 者 を 入 院 させるためのものをいう )の 機 能 分 化 に 関 する 事 項 二 精 神 障 害 者 の 居 宅 等 ( 居 宅 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 場 所 をいう )における 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービスの 提 供 に 関 する 事 項 三 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 に 当 たっての 医 師 看 護 師 その 他 の 医 療 従 事 者 と 精 神 保 健 福 祉 士 その 他 の 精 神 障 害 者 の 保 健 及 び 福 祉 に 関 する 専 門 的 知 識 を 有 する 者 との 連 携 に 関 する 事 項 四 その 他 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 の 確 保 に 関 する 重 要 事 項 ( 略 )

9 第 一 精 神 病 床 の 機 能 分 化 に 関 する 事 項 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 1. 精 神 病 床 の 機 能 分 化 に 関 する 事 項 機 能 分 化 は 段 階 的 に 行 い 人 材 財 源 を 効 率 的 に 配 分 するとともに 地 域 移 行 を 更 に 進 める その 結 果 として 精 神 病 床 は 減 少 する 地 域 の 受 け 皿 づくりの 在 り 方 や 病 床 を 転 換 することの 可 否 を 含 む 具 体 的 な 方 策 の 在 り 方 について 精 神 障 害 者 の 意 向 を 踏 まえつつ 保 健 医 療 福 祉 に 携 わる 様 々な 関 係 者 で 検 討 する 急 性 期 に 手 厚 い 医 療 を 提 供 するため 医 師 看 護 職 員 の 配 置 について 一 般 病 床 と 同 等 を 目 指 す 入 院 期 間 が1 年 未 満 で 退 院 できるよう 多 職 種 のチームによる 質 の 高 い 医 療 を 提 供 し 退 院 支 援 等 の 取 組 を 推 進 する 1 年 以 上 の 長 期 入 院 者 の 地 域 移 行 を 推 進 するため 多 職 種 による 退 院 促 進 に 向 けた 取 組 を 推 進 する

10 第 二 精 神 障 害 者 の 居 宅 等 における 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービスの 提 供 に 関 する 事 項 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 2. 精 神 障 害 者 の 居 宅 等 における 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービ スの 提 供 に 関 する 事 項 外 来 デイケア 等 で 適 切 な 医 療 を 受 けながら 地 域 で 生 活 できるよう 外 来 医 療 の 提 供 体 制 の 整 備 充 実 及 び 地 域 における 医 療 機 関 間 の 連 携 を 推 進 する アウトリーチ( 多 職 種 のチームによる 訪 問 支 援 )を 行 うことのできる 体 制 を 整 備 し 受 療 中 断 者 等 の 地 域 生 活 に 必 要 な 医 療 へのアクセスを 確 保 する 在 宅 の 精 神 障 害 者 の 急 性 増 悪 等 に 対 応 できるよう 精 神 科 救 急 医 療 体 制 を 整 備 する 精 神 科 外 来 等 で 身 体 疾 患 の 治 療 が 必 要 となった 場 合 精 神 科 と 他 の 診 療 科 の 医 療 機 関 の 連 携 が 円 滑 に 行 われるよう 協 議 会 の 開 催 等 の 取 組 を 推 進 する 医 療 機 関 及 び 障 害 福 祉 サービス 事 業 を 行 う 者 等 との 連 携 を 推 進 するとと もに 居 住 支 援 に 関 する 施 策 を 推 進 する

11 精 神 障 害 者 アウトリーチ 推 進 事 業 ( 平 成 26 年 度 より 地 域 生 活 支 援 事 業 に 一 括 計 上 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 地 域 生 活 支 援 の 一 環 として 保 健 所 等 において ひきこもり 等 の 精 神 障 害 者 を 医 療 へつなげるための 支 援 及 び 関 係 機 関 との 調 整 を 行 うなど アウトリーチ( 多 職 種 チーム による 訪 問 支 援 )を 円 滑 に 実 施 するための 支 援 体 制 を 確 保 する 実 施 主 体 都 道 府 県 補 助 率 1/2 医 療 にかかるアウトリーチについては 一 部 診 療 報 酬 化 精 神 障 害 者 地 域 生 活 支 援 広 域 調 整 等 事 業 アウトリーチの 実 施 及 び 広 域 連 携 調 整 保 健 所 等 において ひきこもり 等 の 精 神 障 害 者 を 医 療 へつなげるため アウトリーチによる 支 援 を 行 うとともに アウトリーチ 活 動 に 関 して 関 係 機 関 との 広 域 的 な 調 整 等 を 行 う アウトリーチチーム 体 制 の 確 保 等 地 域 の 関 係 者 当 事 者 家 族 行 政 職 員 等 から 構 成 する 評 価 検 討 委 員 会 を 設 置 し アウト リーチチームの 事 業 に 係 る 評 価 検 討 を 定 期 的 に 行 うなど アウトリーチを 円 滑 に 実 施 するため の 体 制 を 確 保 する 精 神 障 害 関 係 従 事 者 養 成 研 修 事 業 アウトリーチ 関 係 者 研 修 アウトリーチについて 関 係 者 の 理 解 を 深 めるとともに 支 援 に 従 事 する 者 の 人 材 養 成 を 図 る 目 的 緊 急 な 医 療 を 必 要 とする 精 神 障 害 者 等 のための 精 神 科 救 急 医 療 体 制 を 確 保 する( 平 成 20 年 度 ~) 実 施 主 体 都 道 府 県 指 定 都 市 補 助 率 1/2 事 業 内 容 精 神 科 救 急 医 療 体 制 連 絡 調 整 委 員 会 医 療 連 携 研 修 会 等 精 神 科 救 急 情 報 センターの 設 置 精 神 科 救 急 医 療 確 保 事 業 精 神 身 体 合 併 症 救 急 医 療 確 保 事 業 ミクロ 救 急 体 制 確 保 事 業 ( 体 制 整 備 イメージ) 医 療 連 携 に 係 る 研 修 会 身 体 合 併 症 対 応 のため 一 般 科 と 精 神 科 の 連 携 を 推 進 精 神 科 救 急 医 療 体 制 整 備 事 業 都 道 府 県 による 精 神 科 救 急 医 療 体 制 の 確 保 について 法 律 上 位 置 付 け 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 改 正 (H24~) 第 4 節 精 神 科 救 急 医 療 の 確 保 第 19 条 の11 都 道 府 県 は 精 神 障 害 の 救 急 医 療 が 適 切 かつ 効 率 的 に 提 供 されるように 夜 間 又 は 休 日 において 精 神 障 害 の 医 療 を 必 要 とする 精 神 障 害 者 又 は 家 族 等 からの 相 談 に 応 じること 精 神 障 害 の 救 急 医 療 を 提 供 する 医 療 施 設 相 互 間 の 連 携 を 確 保 することその 他 の 地 域 の 実 情 に 応 じた 体 制 の 整 備 を 図 るよう 努 めるものとする 2 都 道 府 県 知 事 は 前 項 の 体 制 の 整 備 に 当 たっては 精 神 科 病 院 その 他 の 精 神 障 害 の 医 療 を 提 供 する 施 設 の 管 理 者 当 該 施 設 の 指 定 医 その 他 の 関 係 者 に 対 し 必 要 な 協 力 を 求 めることができる 精 神 科 救 急 医 療 体 制 連 絡 調 整 委 員 会 関 係 機 関 間 の 連 携 調 整 を 図 る 一 般 救 急 の 情 報 センター 連 携 精 神 科 救 急 情 報 センター 緊 急 対 応 が 必 要 な 患 者 を 重 症 度 に 応 じた 受 入 先 調 整 救 急 医 療 機 関 の 情 報 集 約 調 整 かかりつけ 医 の 事 前 登 録 照 会 受 情 報 入 先 24 時 間 精 神 医 療 相 談 窓 口 相 談 対 応 適 宜 医 療 機 関 の 紹 介 受 診 指 導 一 般 救 急 医 療 圏 域 A 精 神 科 救 急 圏 域 ( 常 時 対 応 型 で 対 応 ) 受 入 先 調 整 B 精 神 科 救 急 圏 域 ( 病 院 群 輪 番 型 で 対 応 ) かかりつけ の 医 師 一 般 救 急 医 療 圏 域 常 時 対 応 型 精 神 科 救 急 医 療 施 設 外 来 対 応 施 設 身 体 合 併 症 対 応 施 設 身 体 合 併 症 のある 救 急 患 者 に 対 応 より 広 い 圏 域 をカバー 病 院 群 輪 番 型 精 神 科 救 急 医 療 施 設 各 精 神 科 救 急 医 療 施 設 身 体 合 併 症 対 応 施 設 の 連 携 により24 時 間 365 日 対 応 できる 体 制 を 確 保 ミクロ 救 急 ( 自 院 のかかりつけ 患 者 への 対 応 )

12 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 精 神 疾 患 をもつ 患 者 の 地 域 移 行 と 地 域 定 着 の 推 進 1 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 1 長 期 入 院 後 や 入 退 院 を 繰 り 返 す 病 状 が 不 安 定 な 退 院 患 者 の 地 域 移 行 を 推 進 する 観 点 から 24 時 間 体 制 の 多 職 種 チームによる 在 宅 医 療 に 関 する 評 価 を 新 設 する ( 新 ) 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 ( 月 1 回 6 月 以 内 ) 1 保 険 医 療 機 関 が 単 独 で 実 施 する 場 合 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1800 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 900 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 450 点 2 訪 問 看 護 ステーションと 連 携 する 場 合 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1480 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 740 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 370 点 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 在 宅 精 神 科 医 作 業 療 法 士 保 健 所 精 神 保 健 福 祉 センター 等 看 護 師 精 神 保 健 福 祉 士 多 職 種 チームによる 定 期 的 な 会 議 24 時 間 体 制 での 支 援 月 1 回 以 上 の 訪 問 診 療 週 2 回 以 上 の 精 神 科 訪 問 看 護 (うち 月 2 回 以 上 は 作 業 療 法 士 又 は 精 神 保 健 福 祉 士 による 訪 問 ) 退 院 後 病 状 が 不 安 定 な 患 者 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 2 [ 算 定 要 件 ] 訪 問 診 療 を 月 1 回 以 上 及 び 精 神 科 訪 問 看 護 を 週 2 回 以 上 (うち 月 1 回 以 上 は 精 神 保 健 福 祉 士 又 は 作 業 療 法 士 が 訪 問 ) 実 施 している 患 者 に 対 し 退 院 した 日 から 起 算 して6 月 以 内 の 期 間 に 限 り 算 定 する [ 対 象 患 者 ] 以 下 1~4のすべてを 満 たす 者 11 年 以 上 精 神 病 床 に 入 院 して 退 院 した 者 又 は 入 退 院 を 繰 り 返 す 者 2 統 合 失 調 症 気 分 障 害 又 は 重 度 認 知 症 の 患 者 で 退 院 時 のGAF40 以 下 の 者 3 精 神 科 を 標 榜 する 保 険 医 療 機 関 への 通 院 が 困 難 な 者 4 障 害 福 祉 サービスを 利 用 していない 者 [ 施 設 基 準 ] 1 常 勤 精 神 保 健 指 定 医 常 勤 看 護 師 又 は 常 勤 保 健 師 常 勤 精 神 保 健 福 祉 士 及 び 常 勤 作 業 療 法 士 の4 名 から 構 成 される 専 任 のチームが 設 置 されていること(いずれか1 人 は 専 従 ) 2 上 記 4 人 を 含 む 多 職 種 会 議 を 週 1 回 以 上 開 催 ( 月 1 回 以 上 は 保 健 所 又 は 精 神 保 健 福 祉 センター 等 と 共 同 )すること 324 時 間 往 診 及 び 看 護 師 又 は 保 健 師 による 精 神 科 訪 問 看 護 が 可 能 な 体 制 を 確 保 していること 4 地 域 の 精 神 科 救 急 医 療 体 制 の 確 保 に 協 力 等 を 行 っていること

13 第 三 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 に 当 たっ ての 医 師 看 護 師 その 他 の 医 療 従 事 者 と 精 神 保 健 福 祉 士 その 他 の 精 神 障 害 者 の 保 健 及 び 福 祉 にする 専 門 的 知 識 を 有 する 者 との 連 携 に 関 する 事 項 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 3. 医 療 従 事 者 と 精 神 障 害 者 の 保 健 福 祉 に 関 する 専 門 的 知 識 を 有 する 者 との 連 携 に 関 する 事 項 精 神 科 医 療 の 質 の 向 上 退 院 支 援 地 域 生 活 支 援 のため 多 職 種 と の 適 切 な 連 携 を 確 保 する 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービスを 提 供 するチームを 構 成 する 専 門 職 種 その 他 の 精 神 障 害 者 を 支 援 する 人 材 の 育 成 と 質 の 向 上 を 推 進 する

14 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 再 掲 精 神 疾 患 をもつ 患 者 の 地 域 移 行 と 地 域 定 着 の 推 進 1 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 1 長 期 入 院 後 や 入 退 院 を 繰 り 返 す 病 状 が 不 安 定 な 退 院 患 者 の 地 域 移 行 を 推 進 する 観 点 から 24 時 間 体 制 の 多 職 種 チームによる 在 宅 医 療 に 関 する 評 価 を 新 設 する ( 新 ) 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 ( 月 1 回 6 月 以 内 ) 1 保 険 医 療 機 関 が 単 独 で 実 施 する 場 合 2 訪 問 看 護 ステーションと 連 携 する 場 合 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1800 点 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1480 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 900 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 450 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 740 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 370 点 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 在 宅 精 神 科 医 看 護 師 24 時 間 体 制 での 支 援 月 1 回 以 上 の 訪 問 診 療 週 2 回 以 上 の 精 神 科 訪 問 看 護 (うち 月 2 回 以 上 は 作 業 療 法 士 又 は 精 神 保 健 福 祉 士 による 訪 問 ) 作 業 療 法 士 保 健 所 精 神 保 健 福 祉 センター 等 精 神 保 健 福 祉 士 多 職 種 チームによる 定 期 的 な 会 議 退 院 後 病 状 が 不 安 定 な 患 者 第 四 その 他 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 の 確 保 に 関 する 重 要 事 項

15 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 4.その 他 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 の 確 保 に 関 する 重 要 事 項 保 健 所 の 有 する 機 能 を 最 大 限 有 効 に 活 用 するための 方 策 を 市 町 村 等 の 他 の 関 係 機 関 の 在 り 方 も 含 めて 様 々な 関 係 者 で 検 討 し 当 該 検 討 に 基 づく 方 策 を 推 進 する 非 自 発 的 入 院 の 場 合 においても 行 動 の 制 限 は 最 小 の 範 囲 とし 併 せ て インフォームドコンセントに 努 める 等 精 神 障 害 者 の 人 権 に 最 大 限 配 慮 して その 心 身 の 状 態 に 応 じた 医 療 を 確 保 する 自 殺 対 策 (うつ 病 等 ) 依 存 症 等 多 様 な 精 神 疾 患 患 者 像 に 対 応 した 医 療 を 提 供 する 精 神 疾 患 の 予 防 を 図 るため 国 民 の 健 康 の 保 持 増 進 等 の 健 康 づくりの 一 環 として 心 の 健 康 づくりのための 取 組 を 推 進 する 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる

16 Ⅱ 保 護 者 制 度 廃 止 に 係 る 主 なポイント 保 護 者 制 度 は 廃 止 ( 保 護 者 制 度 が 家 族 等 制 度 に 変 わったわけ ではない ) Ⅲ 医 療 保 護 入 院 の 要 件 の 見 直 しに 係 る 主 なポイント 法 律 上 は 家 族 等 のうちいずれかの 者 の 同 意 があれば 医 療 保 護 入 院 可 能 ( 優 先 順 位 はない) 法 律 上 は 同 意 者 が 同 意 後 に 特 別 な 義 務 や 権 利 を 持 つことはな い 同 意 者 と 本 人 との 関 係 は 同 意 書 の 記 載 により 確 認 保 護 者 制 度 とは 保 護 者 に 対 する 責 務 規 定 の 削 除 保 護 者 は 精 神 保 健 福 祉 法 において 精 神 障 害 者 につき1 人 決 めることとなっており 以 下 の 責 務 が 課 せられる 1( 任 意 入 院 者 及 び 通 院 患 者 を 除 く) 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせること(22 条 1 項 ) 2 精 神 障 害 者 の 診 断 が 正 しく 行 われるよう 医 師 に 協 力 すること(22 条 2 項 ) 3 任 意 入 院 者 及 び 通 院 患 者 を 除 く 精 神 障 害 者 に 医 療 を 受 けさせるに 当 たって 医 師 の 指 示 に 従 う こと(22 条 3 項 ) 4( 任 意 入 院 者 及 び 通 院 患 者 を 除 く) 精 神 障 害 者 の 財 産 上 の 利 益 を 保 護 すること(22 条 1 項 ) 5 回 復 した 措 置 入 院 者 等 を 引 き 取 ること(41 条 ) 65による 引 き 取 りを 行 うに 際 して 精 神 病 院 の 管 理 者 又 は 当 該 病 院 と 関 連 する 精 神 障 害 者 社 会 復 帰 施 設 の 長 に 相 談 し 及 び 必 要 な 援 助 を 求 めること(22 条 の2) 7 退 院 請 求 等 の 請 求 をすることができること(38 条 の4) 8 医 療 保 護 入 院 の 同 意 をすることができること(33 条 1 項 ) 保 護 者 になり 得 る 人 とその 順 位 1 後 見 人 又 は 保 佐 人 ( 2~4の 者 と 順 位 変 更 はできない ) 2 配 偶 者 3 親 権 を 行 う 者 4 23の 者 以 外 の 扶 養 義 務 者 のうちから 家 庭 裁 判 所 が 選 任 した 者

17 保 護 者 制 度 について 指 摘 されていた 問 題 点 一 人 の 保 護 者 のみが 法 律 上 保 護 者 に 課 せられた 様 々 な 義 務 を 行 うことは 負 担 が 大 きいのではないか 本 人 と 家 族 の 関 係 が 様 々である 中 で 保 護 者 が 必 ずしも 本 人 の 利 益 保 護 を 行 えるとは 限 らないのではないか 保 護 者 制 度 創 設 時 と 比 較 して 社 会 環 境 ( 精 神 科 医 療 体 制 の 充 実 等 )や 家 族 関 係 ( 高 齢 化 の 進 行 等 )が 変 化 してい ることに 対 応 しているか 保 護 者 に 課 せられた 義 務 規 定 は 抽 象 的 であり 法 律 の 規 定 としてどの 程 度 の 具 体 的 な 意 義 を 有 するのか 医 療 保 護 入 院 の 手 続 きについて 改 正 精 神 保 健 福 祉 法 の 規 定 新 たな 地 域 精 神 保 健 医 療 体 制 の 構 築 に 向 けた 検 討 チーム の 報 告 書 ( 平 成 24 年 6 月 28 日 ) 医 療 保 護 入 院 について 保 護 者 の 同 意 によらず 精 神 保 健 指 定 医 1 名 の 判 断 での 入 院 とする 一 方 で 1 早 期 退 院 を 目 指 した 手 続 きとする 2 入 院 した 人 は 自 分 の 気 持 ちを 代 弁 する 人 を 選 べることとする 等 入 院 後 の 手 続 きを 強 化 することにより 権 利 擁 護 を 図 る 改 正 精 神 保 健 福 祉 法 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 ) 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 と 精 神 保 健 指 定 医 1 名 の 判 断 を 要 件 とする また 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 づけた * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 代 弁 者 について 検 討 チーム の 報 告 では 入 院 した 人 は 自 分 の 気 持 ちを 代 弁 し 病 院 などに 伝 える 役 割 をする 代 弁 者 (アド ボケーター) を 選 ぶことができる 仕 組 みを 導 入 するべき とされたが 代 弁 者 の 実 施 主 体 活 動 内 容 等 につ いて 様 々な 意 見 があることから 今 回 の 法 改 正 には 盛 り 込 まず 具 体 化 に 向 けた 調 査 研 究 を 行 っていくこととし た

18 医 療 保 護 入 院 における 家 族 等 の 同 意 に 関 する 運 用 の 考 え 方 ( 平 成 26 年 1 月 24 日 精 神 障 害 保 健 課 長 通 知 ) 1. 今 回 の 法 改 正 においては 保 護 者 制 度 の 廃 止 に 伴 い 医 療 保 護 入 院 について 精 神 保 健 指 定 医 1 名 の 判 定 とともに 家 族 等 ( 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 をいう 以 下 同 じ )の うちいずれかの 者 の 同 意 を 必 要 とすることとした ( 法 第 33 条 第 1 項 及 び 第 2 項 ) 2. 当 該 改 正 の 趣 旨 は 適 切 な 入 院 医 療 へのアクセスを 確 保 しつつ 医 療 保 護 入 院 における 精 神 障 害 者 の 家 族 等 に 対 する 十 分 な 説 明 とその 合 意 の 確 保 精 神 障 害 者 の 権 利 擁 護 等 を 図 るものである 3.なお 医 療 保 護 入 院 は 本 人 の 同 意 を 得 ることなく 入 院 させる 制 度 であることから その 運 用 には 格 別 の 慎 重 さが 求 められる 本 人 の 同 意 が 求 められる 状 態 である 場 合 には 可 能 な 限 り 本 人 に 対 し て 入 院 医 療 の 必 要 性 等 について 十 分 な 説 明 を 行 い その 同 意 を 得 て 任 意 入 院 となるように 努 めな ければならない 4. 医 療 保 護 入 院 においては その 診 察 の 際 に 付 き 添 う 家 族 等 が 通 例 当 該 精 神 障 害 者 を 身 近 で 支 える 家 族 等 であると 考 えられることから 精 神 科 病 院 の 管 理 者 ( 以 下 管 理 者 という )は 原 則 とし て 診 察 の 際 に 患 者 に 付 き 添 う 家 族 等 に 対 して 入 院 医 療 の 必 要 性 等 について 十 分 な 説 明 を 行 い 当 該 家 族 等 から 同 意 を 得 ることが 適 当 である 5. 管 理 者 が 家 族 等 の 同 意 を 得 る 際 には 当 該 家 族 等 の 氏 名 続 柄 等 を 書 面 で 申 告 させて 確 認 する その 際 には 可 能 な 範 囲 で 運 転 免 許 証 や 各 種 医 療 保 険 の 被 保 険 者 証 等 の 提 示 による 本 人 確 認 を 行 うことが 望 ましい また 家 族 等 の 同 意 に 関 する 書 面 の 様 式 例 を 参 考 までに 添 付 するので 適 宜 活 用 されたい 6. 管 理 者 が 家 族 等 の 同 意 を 得 る 際 に 後 見 人 又 は 保 佐 人 の 存 在 を 把 握 した 場 合 には これらの 者 の 同 意 に 関 する 判 断 を 確 認 することが 望 ましい 7.また 当 該 医 療 保 護 入 院 者 に 係 る 精 神 障 害 者 が 未 成 年 である 場 合 に 管 理 者 が 親 権 者 から 同 意 を 得 る 際 には 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 818 条 第 3 項 の 規 定 にしたがって 原 則 として 父 母 双 方 の 同 意 を 要 するものとする 8. 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 やその 後 の 社 会 復 帰 には 家 族 等 の 理 解 と 協 力 が 重 要 であることを 踏 ま えると 医 療 保 護 入 院 は より 多 くの 家 族 等 の 同 意 の 下 で 行 われることが 望 ましい このため 管 理 者 が 医 療 保 護 入 院 の 同 意 についての 家 族 等 の 間 の 判 断 の 不 一 致 を 把 握 した 場 合 においては 可 能 な 限 り 家 族 等 の 間 の 意 見 の 調 整 が 図 られることが 望 ましく 管 理 者 は 必 要 に 応 じて 家 族 等 に 対 して 医 療 保 護 入 院 の 必 要 性 等 について 説 明 することが 望 ましい 9. 管 理 者 が 家 族 等 の 間 の 判 断 の 不 一 致 を 把 握 した 場 合 であって 後 見 人 又 は 保 佐 人 の 存 在 を 把 握 し これらの 者 が 同 意 に 反 対 しているときには その 意 見 は 十 分 に 配 慮 されるべきものと 解 する 10.また 管 理 者 が 家 族 等 の 間 の 判 断 の 不 一 致 を 把 握 した 場 合 において 親 権 を 行 う 者 の 同 意 に 関 する 判 断 は 親 権 の 趣 旨 に 鑑 みれば 特 段 の 事 情 があると 認 める 場 合 を 除 き 尊 重 されるべきもの と 解 する 11. 医 療 保 護 入 院 後 に 管 理 者 が 当 該 入 院 に 反 対 の 意 思 を 有 する 家 族 等 ( 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 行 っ た 家 族 等 であって 入 院 後 に 入 院 に 反 対 することとなったものを 含 む )の 存 在 を 把 握 した 場 合 に は 当 該 家 族 等 に 対 して 入 院 医 療 の 必 要 性 や 手 続 の 適 法 性 等 について 説 明 することが 望 まれる その 上 で 当 該 家 族 等 が 依 然 として 反 対 の 意 思 を 有 するときは 管 理 者 は 都 道 府 県 知 事 ( 精 神 医 療 審 査 会 )に 対 する 退 院 請 求 を 行 うことができる 旨 を 教 示 する

19 事 例 検 討 1 医 療 保 護 入 院 者 が 未 成 年 である 場 合 の 親 権 者 や 医 療 保 護 入 院 者 が 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 の 場 合 の 後 見 人 又 は 保 佐 人 は 家 族 等 の 中 でもその 意 見 が 優 先 されるのか (Q&Aより) < 答 > 法 律 上 医 療 保 護 入 院 の 要 件 は 精 神 保 健 指 定 医 の 判 定 と 家 族 等 のうちいずれかの 者 の 同 意 であり 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 行 う 優 先 順 位 はない( 精 神 保 健 指 定 医 の 判 定 があり 家 族 等 の うち 誰 か1 人 の 同 意 があれば 医 療 保 護 入 院 を 行 って 差 し 支 えない ) なお 医 療 保 護 入 院 における 家 族 等 の 同 意 の 運 用 について ( 平 成 26 年 1 月 24 日 障 精 発 0124 第 1 号 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 通 知 )6. 及 び9.は 後 見 人 又 は 保 佐 人 が 存 在 する 場 合 は 何 らかの 事 情 があって 後 見 人 又 は 保 佐 人 が 選 任 され ている 可 能 性 があるため トラブルを 未 然 に 回 避 する 観 点 から 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 得 る 際 には その 存 在 を 把 握 した 場 合 には これらの 者 の 同 意 に 関 する 判 断 を 確 認 することが 望 まし いこととし また これらの 者 が 同 意 に 反 対 しているときには その 意 見 は 十 分 配 慮 されるべきも のとしているものである また 同 通 知 10.は 親 権 者 には 民 法 第 820 条 に 基 づき 身 上 監 護 権 を 有 することから その 意 見 を 尊 重 することとしたものである 事 例 検 討 2 未 成 年 者 が 医 療 保 護 入 院 する 場 合 に 親 権 者 ではなく 他 の 家 族 が 同 意 をすることは 可 能 か 例 えば 以 下 のような 場 合 はどうか 16 歳 女 性 について 家 庭 内 の 暴 力 行 為 や 自 傷 行 為 があったため 母 と 兄 (22 歳 )に 連 れられて 受 診 し 精 神 保 健 指 定 医 は 医 療 保 護 入 院 が 必 要 との 判 定 をしている 暴 力 を 振 るわれている 母 親 は 強 制 的 にも 入 院 させたいと 希 望 しているが 娘 に 甘 い 父 親 は 入 院 には 反 対 している 兄 は 入 院 には 同 意 しそうだ (Q&Aより) < 答 > 御 質 問 の 場 合 において 成 人 の 兄 の 同 意 で 医 療 保 護 入 院 を 行 うことは 差 し 支 えない ただし その 際 親 権 者 の 身 上 監 護 権 に 鑑 み 父 母 の 判 断 を 尊 重 されたい

20 Ⅲ 市 町 村 長 同 意 の 見 直 しに 係 る 主 なポイント 市 町 村 長 同 意 を 行 うことができるのは その( 注 : 精 神 障 害 者 の) 家 族 等 がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができ ない 場 合 家 族 等 が 存 在 しているが 反 対 している 場 合 や 反 対 はしていない が 同 意 をすることを 拒 否 している 場 合 等 は 市 町 村 長 同 意 を 行 うことは できない 市 町 村 長 同 意 市 町 村 長 による 医 療 保 護 入 院 の 同 意 に 係 る 規 定 の 新 設 第 33 条 3 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 第 一 項 第 一 号 に 掲 げる 者 について その 家 族 等 ( 前 項 に 規 定 する 家 族 等 をいう 以 下 同 じ )がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 す ることができない 場 合 において その 者 の 居 住 地 ( 居 住 地 がないか 又 は 明 らかでない ときは その 者 の 現 在 地 第 四 十 五 条 第 一 項 を 除 き 以 下 同 じ )を 管 轄 する 市 町 村 長 ( 特 別 区 の 長 を 含 む 以 下 同 じ )の 同 意 があるときは 本 人 の 同 意 がなくてもその 者 を 入 院 させることができる 第 三 十 四 条 第 二 項 の 規 定 により 移 送 された 者 について そ の 者 の 居 住 地 を 管 轄 する 市 町 村 長 の 同 意 があるときも 同 様 とする

21 市 町 村 長 同 意 事 務 処 理 要 領 の 主 な 改 正 事 項 入 院 時 に 市 町 村 長 の 同 意 の 対 象 となる 者 病 院 側 の 調 査 の 結 果 当 該 精 神 障 害 者 の 家 族 等 のいずれもいないか 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができないこと(これらの 家 族 等 のうちいずれか の 者 がおり その 同 意 が 得 られないときは 医 療 保 護 入 院 はできないこと ) その 意 思 を 表 示 することができない = 心 神 喪 失 の 場 合 等 ( 家 族 等 が 反 対 している 場 合 家 族 等 が 反 対 しないが 同 意 もしない 場 合 ) 市 町 村 長 において 行 われる 手 続 病 院 が 把 握 していない 家 族 等 の 存 在 を 把 握 し 連 絡 がとれる 場 合 には その 同 意 の 意 思 の 有 無 を 確 認 すること 同 意 後 の 事 務 ( 退 院 請 求 権 者 として) 入 院 の 同 意 後 市 町 村 の 担 当 者 は 速 やかに 本 人 に 面 会 し その 状 態 を 把 握 すると ともに 市 町 村 長 が 同 意 者 であること 及 び 市 町 村 の 担 当 者 への 連 絡 先 連 絡 方 法 を 本 人 に 伝 えること 等 事 例 検 討 3 指 定 医 により 医 療 保 護 入 院 が 必 要 と 判 定 された 場 合 で 家 族 等 の 間 で 意 見 が 分 か れており 誰 も 同 意 を 行 わないようなときは 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 できな い 場 合 として 市 町 村 長 同 意 としてよいのか また このような 場 合 に 家 族 等 の 意 見 がまとまるまでの 間 応 急 入 院 を 行 うことは 可 能 か (Q&Aより) < 答 > 市 町 村 長 が 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 行 うことができるのは 精 神 保 健 福 祉 法 第 33 条 第 3 項 に 規 定 するとおり その 家 族 等 がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができ ない 場 合 であり 御 指 摘 の 場 合 は 市 町 村 長 同 意 を 行 うことはできない また 応 急 入 院 については 急 速 を 要 し その 家 族 等 の 同 意 を 得 ることができない 場 合 に 行 うことができることとされており これは 患 者 を 直 ちに 入 院 させる 必 要 があるにもかかわらず そのための 時 間 的 余 裕 がなく 入 院 のために 必 要 となる 本 人 及 び 保 護 者 等 の 同 意 を 得 ることが 難 しいような 場 合 をいうこととしている 具 体 的 には 単 身 者 や 身 元 等 が 判 明 しない 者 などで あって 入 院 のための 本 人 及 び 保 護 者 等 の 同 意 を 直 ちに 得 ることが 難 しいような 場 合 等 に 行 う ことができるものである したがって 家 族 等 が 付 き 添 って 受 診 したが 家 族 等 の 意 見 がまとまっていない 場 合 に 応 急 入 院 を 行 うことはできない この 場 合 は 家 族 等 のうち 医 療 保 護 入 院 の 同 意 に 賛 成 している 者 か ら 同 意 を 得 て 通 常 の 医 療 保 護 入 院 を 行 うこととなる

22 事 例 検 討 4 家 族 等 ではなく 保 健 所 職 員 等 に 付 き 添 われて 受 診 し 精 神 保 健 指 定 医 は 医 療 保 護 入 院 が 必 要 と 判 定 した 家 族 等 の 存 在 を 住 民 票 等 で 把 握 できるが 当 該 家 族 等 に 連 絡 が 取 れない 場 合 市 町 村 長 同 意 とし てよいのか また 家 族 等 がいるが 旅 行 等 により 一 時 的 に 連 絡 をとることができ ない 場 合 に 市 町 村 長 同 意 としてよいか (Q&Aより) < 答 > 家 族 等 の 存 在 を 把 握 しているが 連 絡 先 を 把 握 できず 連 絡 をとる 手 段 がない 等 によりその 同 意 を 得 ることができない 場 合 は 当 該 家 族 等 は 法 第 33 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 行 方 の 知 れない 者 として 扱 い 市 町 村 長 同 意 により 医 療 保 護 入 院 を 行 って 差 し 支 えない また 家 族 等 がいるが 旅 行 等 により 一 時 的 に 連 絡 がとることができない 場 合 は 当 該 家 族 等 は 行 方 の 知 れない 者 には 当 たらないため この 場 合 は 応 急 入 院 を 行 い その 間 に 家 族 等 と 連 絡 をとって 医 療 保 護 入 院 の 同 意 をえることが 必 要 である 事 例 検 討 5 直 系 血 族 及 び 兄 弟 姉 妹 がいないが 3 親 等 以 内 の 親 族 がいる 場 合 に は 当 該 3 親 等 以 内 の 親 族 が 扶 養 義 務 者 の 審 判 を 家 庭 裁 判 所 で 受 け ない 限 り 医 療 保 護 入 院 を 行 うことはできないのか (Q&Aより) < 答 > 御 指 摘 の 場 合 で 医 療 保 護 入 院 が 必 要 な 者 については 法 第 33 条 第 3 項 に 基 づく 市 町 村 長 同 意 による 医 療 保 護 入 院 を 行 うことができる ( 当 該 3 親 等 以 内 の 親 族 は 扶 養 義 務 者 の 審 判 を 受 けない 限 り 法 第 33 条 第 2 項 に 規 定 する 家 族 等 に 該 当 しない )

23 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 に 関 する 措 置 は 医 療 保 護 入 院 が 本 人 の 同 意 を 得 る 2. 施 行 期 日 ことなく 行 われる 入 院 であることを 踏 まえ 本 人 の 人 権 擁 護 の 観 点 から 可 能 な 限 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) り 早 期 1については 治 療 早 期 退 平 院 成 ができるよう 28 年 4 月 1 日 講 ) じるもの 3. 検 討 規 定 本 措 置 は 法 令 上 は 医 療 保 護 入 院 者 のみを 対 象 として 講 じる 義 務 が 課 されてい るものであるが その 他 の 入 院 形 態 の 入 院 患 者 の 早 期 退 院 のためにも 有 効 な 措 置 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 であることから 行 の 状 況 並 びに 精 任 神 意 保 入 健 院 及 者 び 等 精 の 神 医 障 療 害 保 者 護 の 入 福 院 祉 者 を 以 取 外 り の 巻 入 く 院 環 形 境 態 の による 変 化 を 入 勘 院 案 者 し に 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の も 手 同 続 様 の 在 措 り 置 方 を 講 医 じることにより 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 を 進 促 に 進 努 するための めていただきたい 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる Ⅳ 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 措 置 に 係 る 主 なポイント 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 選 任 は 義 務 であり 平 成 26 年 4 月 1 日 時 点 の 医 療 保 護 入 院 者 全 員 に 選 任 されていることが 必 要 相 談 員 1 人 当 たりの 担 当 者 数 は 目 安 地 域 援 助 事 業 者 として 相 談 支 援 専 門 員 がいる 事 業 所 介 護 支 援 専 門 員 がいる 事 業 所 を 規 定 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 は 努 力 義 務 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 入 院 した 在 院 期 間 1 年 未 満 の 医 療 保 護 入 院 者 については 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 開 催 は 義 務 ただし 平 成 26 年 3 月 31 日 以 前 の 入 院 者 及 び 在 院 期 間 1 年 以 上 の 入 院 者 については 任 意 の 開 催 で 可

24 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 責 務 (1) 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 第 33 条 の4 医 療 保 護 入 院 者 を 入 院 させている 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 精 神 保 健 福 祉 士 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 資 格 を 有 する 者 のうちから 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところ により 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 選 任 し その 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 し 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 からの 相 談 に 応 じさせ 及 びこれらの 者 を 指 導 させなければならない 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 選 任 1. 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 責 務 役 割 (1) 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 は 医 療 保 護 入 院 者 が 可 能 な 限 り 早 期 に 退 院 できるよう 個 々の 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 支 援 のための 取 組 において 中 心 的 役 割 を 果 たすことが 求 められること (2) 退 院 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 医 師 の 指 導 を 受 けつつ 多 職 種 連 携 のための 調 整 を 図 ることに 努 めると ともに 行 政 機 関 を 含 む 院 外 の 機 関 との 調 整 に 努 めること (3) 医 療 保 護 入 院 者 の 支 援 に 当 たっては 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 意 向 に 十 分 配 慮 するとともに 個 人 情 報 保 護 について 遺 漏 なきよう 十 分 留 意 すること (4) 以 上 の 責 務 役 割 を 果 たすため 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 は その 業 務 に 必 要 な 技 術 及 び 知 識 を 得 て その 資 質 の 向 上 を 図 ること 2. 選 任 及 び 配 置 (1) 退 院 に 向 けた 相 談 を 行 うに 当 たっては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 と 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 との 間 の 信 頼 関 係 が 構 築 されることが 重 要 であることから その 選 任 に 当 たっては 医 療 保 護 入 院 者 及 び 家 族 等 の 意 向 に 配 慮 すること (2) 配 置 の 目 安 としては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 1 人 につき 概 ね50 人 以 下 の 医 療 保 護 入 院 者 を 担 当 するこ と( 常 勤 換 算 としての 目 安 )とし 医 療 保 護 入 院 者 1 人 につき1 人 の 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 入 院 後 7 日 以 内 に 選 任 すること 兼 務 の 場 合 等 については この 目 安 を 踏 まえ 担 当 する 医 療 保 護 入 院 者 の 人 数 を 決 めるこ と

25 3. 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 として 有 するべき 資 格 1 精 神 保 健 福 祉 士 2 看 護 職 員 ( 保 健 師 を 含 む ) 作 業 療 法 士 社 会 福 祉 士 として 精 神 障 害 者 に 関 する 業 務 に 従 事 した 経 験 を 有 する 者 33 年 以 上 精 神 障 害 者 及 びその 家 族 等 との 退 院 後 の 生 活 環 境 についての 相 談 及 び 指 導 に 関 する 業 務 に 従 事 した 経 験 を 有 する 者 であって かつ 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 研 修 を 修 了 した 者 (ただし 平 成 29 年 3 月 31 日 までの 間 に ついては 研 修 を 修 了 していなくても 前 段 の 要 件 を 満 たしていれば 資 格 を 有 することとしてよいこととする ) 4. 業 務 内 容 (1) 入 院 時 の 業 務 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 に 対 して 以 下 についての 説 明 を 行 うこと 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 として 選 任 されたこと 及 びその 役 割 本 人 及 び 家 族 等 の 退 院 促 進 の 措 置 への 関 わり( 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 を 受 けることができること また 本 人 においては 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 への 出 席 及 び 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 わる 者 に 委 員 会 への 出 席 の 要 請 を 行 うことができること 等 ) (2) 退 院 に 向 けた 相 談 支 援 業 務 ア 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 からの 相 談 に 応 じるほか 退 院 に 向 けた 意 欲 の 喚 起 や 具 体 的 な 取 組 の 工 程 の 相 談 等 を 積 極 的 に 行 い 退 院 促 進 に 努 めること イ 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 と 相 談 を 行 った 場 合 には 当 該 相 談 内 容 について 相 談 記 録 又 は 看 護 記 録 等 に 記 録 をすること ウ 退 院 に 向 けた 相 談 支 援 を 行 うに 当 たっては 主 治 医 の 指 導 を 受 けるとともに その 他 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 治 療 に 関 わる 者 との 連 携 を 図 ること (3) 地 域 援 助 事 業 者 等 の 紹 介 に 関 する 業 務 ア 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 から 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 の 希 望 があった 場 合 や 当 該 医 療 保 護 入 院 者 との 相 談 の 内 容 から 地 域 援 助 事 業 者 を 紹 介 すべき 場 合 等 に 必 要 に 応 じて 地 域 援 助 事 業 者 を 紹 介 するよう 努 めること イ 地 域 援 助 事 業 者 等 の 地 域 資 源 の 情 報 を 把 握 し 収 集 した 情 報 を 整 理 するよう 努 めること ウ 地 域 援 助 事 業 者 に 限 らず 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 又 は 療 養 環 境 に 関 わる 者 の 紹 介 や これらの 者 との 連 絡 調 整 を 行 い 退 院 後 の 環 境 調 整 に 努 めること (4) 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 に 関 する 業 務 ア 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 開 催 に 当 たって 開 催 に 向 けた 調 整 や 運 営 の 中 心 的 役 割 を 果 たす こととし 充 実 した 審 議 が 行 われるよう 努 めること イ 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 記 録 の 作 成 にも 積 極 的 に 関 わることが 望 ましいこと (5) 退 院 調 整 に 関 する 業 務 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 に 向 け 居 住 の 場 の 確 保 等 の 退 院 後 の 環 境 に 係 る 調 整 を 行 うとともに 適 宜 地 域 援 助 事 業 者 等 と 連 携 する 等 円 滑 な 地 域 生 活 への 移 行 を 図 ること (6)その 他 定 期 病 状 報 告 の 退 院 に 向 けた 取 組 欄 については その 相 談 状 況 等 を 踏 まえて 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 が 記 載 することが 望 ましいこと 5.その 他 (1) 医 療 保 護 入 院 者 が 退 院 する 場 合 において 引 き 続 き 任 意 入 院 により 当 該 病 院 に 入 院 するときには 当 該 医 療 保 護 入 院 者 が 地 域 生 活 へ 移 行 するまでは 継 続 して 退 院 促 進 のための 取 組 を 行 うことが 望 ましいこと (2) 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 に 当 たっての 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 役 割 の 重 要 性 に 鑑 み 施 行 後 の 選 任 状 況 等 を 踏 まえて 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 として 有 するべき 資 格 等 の 見 直 しを 図 ることも 考 えられるため 留 意 されたいこと

26 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 責 務 (2) 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 第 33 条 の5 医 療 保 護 入 院 者 を 入 院 させている 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 による 地 域 における 生 活 への 移 行 を 促 進 するために 必 要 があると 認 められる 場 合 には これらの 者 に 対 して 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 一 般 相 談 事 業 者 若 し くは 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 第 5 条 第 16 項 に 規 定 する 特 定 相 談 支 援 事 業 ( 第 49 条 第 1 項 において 特 定 相 談 支 援 事 業 という )を 行 う 者 介 護 保 険 法 第 8 条 第 23 項 に 規 定 する 居 宅 介 護 支 援 事 業 を 行 う 者 その 他 の 地 域 の 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 する 各 般 の 問 題 につき 精 神 障 害 者 又 はその 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 の 提 供 助 言 その 他 の 援 助 を 行 う 事 業 を 行 うことができると 認 め られる 者 として 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるもの( 次 条 において 地 域 援 助 事 業 者 とい う )を 紹 介 するよう 努 めなければならない 地 域 援 助 事 業 者 ( 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 厚 生 省 令 第 31 号 ) 第 15 条 の5 地 域 援 助 事 業 者 として 相 談 支 援 専 門 員 介 護 支 援 専 門 員 のいる 事 業 所 を 網 羅 的 に 規 定 第 15 条 の5 法 第 三 十 三 条 の 五 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 者 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする 一 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 第 五 条 第 十 六 項 に 規 定 する 一 般 相 談 支 援 事 業 又 は 特 定 相 談 支 援 事 業 を 行 う 者 二 介 護 保 険 法 ( 平 成 九 年 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 第 八 条 第 十 一 項 に 規 定 する 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 を 行 う 者 三 介 護 保 険 法 第 八 条 第 十 八 項 に 規 定 する 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 ( 同 法 第 七 条 第 五 項 に 規 定 する 介 護 支 援 専 門 員 をいう 以 下 同 じ )を 有 するものに 限 る ) 四 介 護 保 険 法 第 八 条 第 十 九 項 に 規 定 する 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 を 有 す るものに 限 る ) 五 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 項 に 規 定 する 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 を 行 う 者 六 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 一 項 に 規 定 する 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 を 行 う 者 七 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 二 項 に 規 定 する 複 合 型 サービスを 行 う 者 八 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 三 項 に 規 定 する 居 宅 介 護 支 援 事 業 を 行 う 者 九 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 六 項 に 規 定 する 介 護 福 祉 施 設 サービスを 行 う 者 十 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 七 項 に 規 定 する 介 護 保 健 施 設 サービスを 行 う 者 十 一 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 一 項 に 規 定 する 介 護 予 防 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 を 行 う 者 十 二 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 六 項 に 規 定 する 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 を 行 う 者 十 三 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 七 項 に 規 定 する 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 を 有 するものに 限 る ) 十 四 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 八 項 に 規 定 する 介 護 予 防 支 援 事 業 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 を 有 する ものに 限 る ) 十 五 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 八 十 三 号 ) 附 則 第 百 三 十 条 の 二 第 一 項 の 規 定 によりなおその 効 力 を 有 するものとされた 同 法 第 二 十 六 条 の 規 定 による 改 正 前 の 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 六 項 に 規 定 する 介 護 療 養 施 設 サービスを 行 う 者

27 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 1. 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 の 趣 旨 目 的 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 は 医 療 保 護 入 院 者 が 退 院 後 に 利 用 する 障 害 福 祉 サービス 及 び 介 護 サービスにつ いて 退 院 前 から 相 談 し 医 療 保 護 入 院 者 が 円 滑 に 地 域 生 活 に 移 行 することができるよう 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 努 力 義 務 とされているものであり 必 要 に 応 じて 紹 介 を 行 うよう 努 めること 2. 紹 介 の 方 法 (1) 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 の 方 法 については 書 面 の 交 付 による 紹 介 に 限 らず 例 えば 面 会 による 紹 介 ( 紹 介 する 地 域 援 助 事 業 者 の 協 力 が 得 られる 場 合 に 限 る )やインターネット 情 報 を 活 用 しながらの 紹 介 等 によ り 医 療 保 護 入 院 者 が 地 域 援 助 事 業 者 と 積 極 的 に 相 談 し 退 院 に 向 けて 前 向 きに 取 り 組 むことができるよう 工 夫 されたいこと (2) 紹 介 を 行 う 事 業 者 については 必 要 に 応 じて 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 先 又 はその 候 補 となる 市 町 村 へ の 照 会 を 行 うほか 精 神 保 健 福 祉 センター 及 び 保 健 所 等 の 知 見 も 活 用 すること 3. 紹 介 後 の 対 応 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 を 行 った 場 合 においては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 中 心 として 医 療 保 護 入 院 者 と 当 該 地 域 援 助 事 業 者 の 相 談 状 況 を 把 握 し 連 絡 調 整 に 努 めること 4. 地 域 援 助 事 業 者 による 相 談 援 助 (1) 地 域 援 助 事 業 者 は 医 療 保 護 入 院 者 が 障 害 福 祉 サービスや 介 護 サービスを 退 院 後 円 滑 に 利 用 できるよう 当 該 地 域 援 助 事 業 者 の 行 う 特 定 相 談 支 援 事 業 等 の 事 業 やこれらの 事 業 の 利 用 に 向 けた 相 談 援 助 を 行 うこ と (2) 医 療 保 護 入 院 者 との 相 談 に 当 たっては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 との 連 携 に 努 め 連 絡 調 整 を 図 ること (3) 相 談 援 助 を 行 っている 医 療 保 護 入 院 者 に 係 る 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 への 出 席 の 要 請 があった 場 合 には できる 限 り 出 席 し 退 院 に 向 けた 情 報 共 有 に 努 めること

28 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 責 務 (3) 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 第 33 条 の6 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 前 2 条 に 規 定 する 措 置 のほか 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 必 要 に 応 じて 地 域 援 助 事 業 者 と 連 携 を 図 りながら 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 による 地 域 における 生 活 への 移 行 を 促 進 するために 必 要 な 体 制 の 整 備 その 他 の 当 該 精 神 科 病 院 における 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 による 地 域 における 生 活 への 移 行 を 促 進 す るための 措 置 を 講 じなければならない 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 1. 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 趣 旨 目 的 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )は 病 院 において 医 療 保 護 入 院 者 の 入 院 の 必 要 性 について 審 議 する 体 制 を 整 備 するとともに 入 院 が 必 要 とされる 場 合 の 推 定 される 入 院 期 間 を 明 確 化 し 退 院 に 向 けた 取 組 について 審 議 を 行 う 体 制 を 整 備 することで 病 院 関 係 者 の 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 に 向 けた 取 組 を 推 進 するために 設 置 2. 対 象 者 1 在 院 期 間 が1 年 未 満 の 医 療 保 護 入 院 者 であって 入 院 時 に 入 院 届 に 添 付 する 入 院 診 療 計 画 書 に 記 載 した 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 するもの 2 在 院 期 間 が1 年 未 満 の 医 療 保 護 入 院 者 であって 委 員 会 の 審 議 で 設 定 された 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 す るもの 3 在 院 期 間 が1 年 以 上 の 医 療 保 護 入 院 者 であって 病 院 の 管 理 者 が 委 員 会 での 審 議 が 必 要 と 認 めるもの 当 該 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 する 時 期 の 前 後 概 ね2 週 間 以 内 に 委 員 会 での 審 議 を 行 うこと 入 院 時 に 入 院 届 に 添 付 する 入 院 診 療 計 画 書 に 記 載 する 推 定 される 入 院 期 間 については 既 に 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 病 状 を 把 握 しており かつ 1 年 以 上 の 入 院 期 間 が 見 込 まれる 場 合 ( 例 えば 措 置 入 院 の 解 除 後 すぐに 医 療 保 護 入 院 する 場 合 等 )を 除 き 原 則 として1 年 未 満 の 期 間 を 設 定 すること 入 院 から1 年 以 上 の 医 療 保 護 入 院 者 を 委 員 会 での 審 議 の 対 象 者 としない 場 合 は 具 体 的 な 理 由 ( 例 えば 精 神 症 状 が 重 症 であっ て かつ 慢 性 的 な 症 状 を 呈 することにより 入 院 の 継 続 が 明 らかに 必 要 な 病 状 であること 等 )を 定 期 病 状 報 告 に 記 載 すること 具 体 的 な 理 由 がない 場 合 は 原 則 として 委 員 会 での 審 議 を 行 うことが 望 ましいこと 既 に 推 定 される 入 院 期 間 経 過 時 点 から 概 ね1ヶ 月 以 内 の 退 院 が 決 まっている 場 合 ( 入 院 形 態 を 変 更 し 継 続 して 任 意 入 院 す る 場 合 を 除 く )については 委 員 会 での 審 議 を 行 う 必 要 はないこと 平 成 26 年 3 月 31 日 以 前 に 医 療 保 護 入 院 した 者 に 対 しては 病 院 の 管 理 者 が 必 要 と 認 める 場 合 に 限 り 委 員 会 を 開 催 するこ とが 可 能 ( 経 過 措 置 )

29 3. 出 席 者 1 主 治 医 ( 主 治 医 が 精 神 保 健 指 定 医 でない 場 合 は 主 治 医 以 外 の 精 神 保 健 指 定 医 も 出 席 ) 2 看 護 職 員 ( 当 該 医 療 保 護 入 院 者 を 担 当 する 看 護 職 員 が 出 席 することが 望 ましい) 3 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 41~3 以 外 の 病 院 の 管 理 者 が 出 席 を 求 める 当 該 病 院 職 員 5 医 療 保 護 入 院 者 本 人 ( 本 人 が 出 席 を 希 望 する 場 合 ) 6 医 療 保 護 入 院 者 の 家 族 等 ( 本 人 が 出 席 を 求 めた 場 合 であって 出 席 を 求 められた 者 が 出 席 要 請 に 応 じると き) 7 地 域 援 助 事 業 者 その 他 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 わる 者 (6と 同 様 ) 3が2にも 該 当 する 場 合 は その 双 方 を 兼 ねることも 可 能 であるが その 場 合 には 4の 者 であって 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 診 療 に 関 わるものを 出 席 させることが 望 ましい 7としては 入 院 前 に 当 該 医 療 保 護 入 院 者 が 通 院 していた 診 療 所 や 退 院 後 に 当 該 医 療 保 護 入 院 者 が 診 療 を 受 けることを 予 定 する 医 療 機 関 等 も 想 定 当 該 医 療 保 護 入 院 者 に 対 し 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 がこれらの 者 に 対 し 出 席 を 要 請 しなくてよい か 確 認 する 等 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 を 見 据 えた 有 意 義 な 審 議 ができる 出 席 者 となるよう 努 めること 4. 開 催 方 法 (1) 当 該 病 院 における 医 療 保 護 入 院 者 数 等 の 実 情 に 応 じた 開 催 方 法 で 差 支 えない 例 月 に1 回 委 員 会 を 開 催 することとし 当 該 開 催 日 から 前 後 2 週 間 に 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 する 医 療 保 護 入 院 者 を 対 象 として 出 席 者 を 審 議 対 象 者 ごとに 入 れ 替 えて 開 催 推 定 される 入 院 期 間 の 経 過 する 医 療 保 護 入 院 者 がいる 日 に 委 員 会 で 審 議 (2) 開 催 に 当 たっては 十 分 な 日 時 の 余 裕 を 持 って 審 議 対 象 となる 医 療 保 護 入 院 者 に 委 員 会 の 開 催 について 通 知 し( 通 知 例 : 別 添 様 式 1) 通 知 を 行 った 旨 を 診 療 録 に 記 載 すること 当 該 通 知 に 基 づき3 中 6 及 び7に 掲 げる 者 に 対 する 出 席 要 請 の 希 望 があった 場 合 には 当 該 希 望 があっ た 者 に 対 し ア 委 員 会 の 開 催 日 時 および 開 催 場 所 イ 医 療 保 護 入 院 者 本 人 から 出 席 要 請 の 希 望 があったこ と ウ 出 席 が 可 能 であれば 委 員 会 に 出 席 されたいこと エ 文 書 による 意 見 提 出 も 可 能 であること を 通 知 する こと 5. 審 議 内 容 委 員 会 においては 以 下 の3 点 その 他 必 要 な 事 項 を 審 議 1 医 療 保 護 入 院 者 の 入 院 継 続 の 必 要 性 の 有 無 とその 理 由 2 入 院 継 続 が 必 要 な 場 合 の 委 員 会 開 催 時 点 からの 推 定 される 入 院 期 間 32の 推 定 される 入 院 期 間 における 退 院 に 向 けた 取 組 6. 審 議 結 果 (1) 委 員 会 における 審 議 の 結 果 については 別 添 様 式 2( 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 審 議 記 録 )に 記 載 し て 記 録 するとともに 診 療 録 には 委 員 会 の 開 催 日 の 日 付 を 記 録 することとすること (2) 病 院 の 管 理 者 ( 大 学 病 院 等 においては 精 神 科 診 療 部 門 の 責 任 者 )は 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 審 議 状 況 を 確 認 し 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 審 議 記 録 に 署 名 すること また 審 議 状 況 に 不 十 分 な 点 がみられる 場 合 には 適 切 な 指 導 を 行 うこと (3) 審 議 終 了 後 できる 限 り 速 やかに 審 議 の 結 果 を 本 人 並 びに 当 該 委 員 会 への 出 席 要 請 を 行 った36 及 び7 に 掲 げる 者 に 対 して 別 添 様 式 3により 通 知 すること (4) 委 員 会 における 審 議 の 結 果 入 院 の 必 要 性 が 認 められない 場 合 には 速 やかに 退 院 に 向 けた 手 続 をとる こと (5) 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 審 議 記 録 については 定 期 病 状 報 告 の 際 に 当 該 報 告 から 直 近 の 審 議 時 のものを 定 期 病 状 報 告 書 に 添 付 すること

30 医 療 保 護 入 院 手 続 きの 見 直 し( 新 旧 の 模 式 図 ) イメージ 現 在 の 医 療 保 護 入 院 の 手 続 き 入 院 時 10 日 以 内 保 護 者 に 大 きな 負 担 入 院 長 期 化 しやすい 状 況 12か 月 ( 以 後 12か 月 ごと) 病 院 指 定 医 診 察 保 護 者 同 意 入 院 届 提 出 定 期 病 状 報 告 県 病 院 での 各 種 手 続 き の 実 施 状 況 は 年 1 回 全 病 院 に 対 して 行 う 実 地 指 導 で 確 認 受 理 精 神 医 療 審 査 会 受 理 精 神 医 療 審 査 会 見 直 し 後 の 手 続 き 入 院 時 入 院 後 早 期 10 日 以 内 入 院 当 初 から 早 期 の 退 院 を 目 指 した 手 続 きを 導 入 入 院 予 定 期 間 ( 入 院 期 限 ) 退 院 準 備 12か 月 ( 以 後 12か 月 ごと) 特 に 慎 重 な 審 査 が 必 要 な 場 合 病 院 地 域 指 定 医 診 察 家 族 等 の 同 意 相 談 支 援 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 選 任 入 院 届 提 出 入 院 予 定 期 間 を 記 載 した 入 院 診 療 計 画 を 提 出 参 画 可 院 内 の 委 員 会 で 入 院 期 間 の 更 新 につ いて 審 査 地 域 援 助 事 業 者 紹 介 地 域 の 相 談 支 援 事 業 者 定 期 病 状 報 告 退 院 に 向 けた 取 組 の 状 況 等 を 報 告 退 院 に 向 けた 具 体 的 指 示 精 神 医 療 審 査 会 が 病 院 に 出 向 いて 審 査 県 病 院 での 各 種 手 続 きの 実 施 状 況 は 年 1 回 全 病 院 に 対 して 行 う 実 地 指 導 で 確 認 受 理 精 神 医 療 審 査 会 受 理 精 神 医 療 審 査 会 精 神 医 療 審 査 会 59 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる

31 Ⅴ 精 神 医 療 審 査 会 の 見 直 しに 係 る 主 なポイント 平 成 28 年 4 月 1 日 の 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 の 見 直 し 部 分 の 施 行 に 向 け 次 期 改 選 時 に 施 行 後 を 見 越 した 改 選 が 必 要 退 院 請 求 等 の 増 加 が 見 込 まれることから 審 査 の 効 率 化 合 議 体 数 の 見 直 しが 必 要 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアルの 見 直 しを 踏 まえた 各 審 査 会 の 運 営 要 綱 等 の 見 直 しが 必 要 精 神 医 療 審 査 会 の 機 能 強 化 のための 支 援 精 神 医 療 審 査 会 の 機 能 強 化 のため 審 査 会 委 員 及 び 精 神 保 健 指 定 医 等 に 対 する 研 修 ( 法 改 正 内 容 及 び 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアル 改 正 内 容 の 周 知 等 )を 実 施 するとともに 審 査 会 が 必 要 に 応 じて 実 施 する 病 院 に 出 向 いての 意 見 聴 取 に 係 る 経 費 に 対 する 支 援 を 行 う 精 神 医 療 審 査 会 ( 精 神 保 健 福 祉 法 第 条 ) ( 事 務 : 精 神 保 健 福 祉 センター) 審 査 会 委 員 (その 学 識 経 験 に 基 づき 独 立 して 職 務 を 遂 行 ) 都 道 府 県 知 事 が 下 記 の 者 から 任 命 ( 任 期 2 年 ) 精 神 保 健 指 定 医 法 律 に 関 する 学 識 経 験 者 ( 弁 護 士 検 事 等 ) に 加 え 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 する 学 識 経 験 者 (PSW 保 健 師 等 を 想 定 )を 規 定 ( 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 平 成 28 年 4 月 施 行 ) 精 神 科 病 院 の 管 理 者 からの 医 療 保 護 入 院 の 届 出 措 置 入 院 医 療 保 護 入 院 患 者 の 定 期 病 状 報 告 < 知 事 による 審 査 の 求 め> 入 院 の 要 否 の 審 査 < 速 やかに 審 査 結 果 通 知 > 必 要 な 措 置 入 院 中 の 者 家 族 等 から 退 院 請 求 処 遇 改 善 請 求 < 知 事 による 審 査 の 求 め> 入 院 の 要 否 処 遇 の 適 不 適 の 審 査 < 速 やかに 審 査 結 果 通 知 > 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 の 長 審 査 会 の 審 査 結 果 に 基 づいて 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 の 長 は 退 院 命 令 等 の 措 置 を 採 らなければならない ( 審 査 会 決 定 の 知 事 への 拘 束 性 ) 法 第 38 条 の3 第 4 項 法 第 38 条 の5 第 5 項 当 事 者 関 係 者 に 通 知 審 査 充 実 のための 委 員 及 び 指 定 医 等 に 対 する 法 改 正 内 容 等 についての 研 修 の 実 施 ( 新 規 )26 年 度 予 算 額 1,216 千 円 病 院 に 出 向 いての 意 見 聴 取 に 係 る 経 費 に 対 する 支 援 ( 新 規 )26 年 度 予 算 額 5,506 千 円

32 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し(1) 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 第 14 条 精 神 医 療 審 査 会 は その 指 名 する 委 員 5 人 をもって 構 成 する 合 議 体 で 審 査 の 案 件 を 取 り 扱 う 2 合 議 体 を 構 成 する 委 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とし その 員 数 は 当 該 各 号 に 定 める 員 数 以 上 とする 一 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 2 二 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 1 三 法 律 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 1 本 条 の 改 正 の 施 行 は 平 成 28 年 4 月 1 日 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し(2) 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する ( 退 院 等 の 請 求 ) 第 38 条 の4 精 神 科 病 院 に 入 院 中 の 者 又 はその 家 族 等 (その 家 族 等 がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができない 場 合 にあっては その 者 の 居 住 地 を 所 管 する 市 町 村 長 )は 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 都 道 府 県 知 事 に 対 し 当 該 入 院 中 の 者 を 退 院 させ 又 は 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 対 し その 者 を 退 院 させることを 命 じ 若 しくはその 者 の 処 遇 の 改 善 のために 必 要 な 措 置 を 採 ることを 命 じることを 求 め ることができる

33 審 査 会 について 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアルの 主 な 改 正 点 平 成 25 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 障 害 者 対 策 総 合 研 究 事 業 ) 研 究 班 の 研 究 結 果 を 受 け 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアルを 改 正 意 見 聴 取 等 への 予 備 委 員 の 活 用 審 査 会 は 各 合 議 体 の 状 況 に 応 じて 合 議 体 を 構 成 しない 委 員 を 合 議 体 での 審 査 の 前 提 となる 意 見 聴 取 や 診 察 を 行 うための 予 備 委 員 として 置 くことができるものとする 退 院 等 の 請 求 について 書 面 による 意 見 聴 取 の 活 用 原 則 として 面 接 の 上 当 該 請 求 に 関 しての 意 見 聴 取 を 行 うことが 望 ましいが 審 査 会 の 判 断 で 書 面 を 提 出 させることにより 意 見 聴 取 を 行 うことができる 意 見 聴 取 の 必 要 性 の 整 理 審 査 会 は 審 査 をするに 当 たって 請 求 の 内 容 を 適 切 に 把 握 するため 法 第 38 条 の5 第 3 項 に 基 づき 退 院 等 の 請 求 をした 者 及 び 当 該 審 査 に 係 る 入 院 中 の 者 が 入 院 している 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 意 見 を 聴 かなければならないこととする ただし 当 該 請 求 受 理 以 前 6ヶ 月 以 内 に 意 見 聴 取 を 行 っている 場 合 及 び 同 一 案 件 について 複 数 の 者 から 請 求 があった 場 合 等 において 重 ね て 意 見 聴 取 を 行 う 必 要 が 乏 しいと 認 められるときは この 限 りではない 定 期 の 報 告 等 の 審 査 について 事 前 の 書 類 審 査 による 疑 義 事 項 の 明 確 化 審 査 会 は 当 該 審 査 を 行 う 合 議 体 の 委 員 に 対 して 事 前 に 当 該 審 査 資 料 を 送 付 する 等 により 検 討 を 依 頼 することができる また 必 要 事 項 の 記 載 漏 れ 等 を 事 前 に 点 検 しておくことが 望 ましい ( 参 考 ) 厚 生 労 働 省 ホームページ 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について 改 正 精 神 保 健 福 祉 法 に 係 る 省 令 通 知 Q&A 様 式 等 については 以 下 の 厚 生 労 働 省 ホームページに 掲 載 して います kaigo/shougaishahukushi/kaisei_seisin/index.html 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 について 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 に 係 る 省 令 告 示 通 知 疑 義 解 釈 等 については 以 下 の 厚 生 労 働 省 ホームページに 掲 載 しています html

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長)

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長) 事 務 連 絡 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 児 童 相 談 所 設 置 市 障 害 福 祉 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 に 係 る 利 用 者 負 担 の 多 子 軽 減 措 置 について

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

目 次 1 閣 議 決 定 を 踏 まえた 検 討 状 況 について 1 ( 参 考 資 料 1) 閣 議 決 定 を 踏 まえた 検 討 状 況 について 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 の 実 現 に 向 けて ( 第 23 回 新 たな 地 域 精 神 保 健 医 療 体 制 の 構

目 次 1 閣 議 決 定 を 踏 まえた 検 討 状 況 について 1 ( 参 考 資 料 1) 閣 議 決 定 を 踏 まえた 検 討 状 況 について 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 の 実 現 に 向 けて ( 第 23 回 新 たな 地 域 精 神 保 健 医 療 体 制 の 構 参 考 3 障 害 保 健 福 祉 関 係 主 管 課 長 会 議 資 料 平 成 23 年 10 月 31 日 ( 月 ) 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 目 次 1 閣 議 決 定 を 踏 まえた 検 討 状 況 について 1 ( 参 考 資 料 1) 閣 議 決 定 を 踏 まえた 検 討 状 況 について 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 の

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

Microsoft Word - 本文

Microsoft Word - 本文 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 施 行 細 則 昭 和 四 十 一 年 五 月 十 日 規 則 第 二 十 五 号 改 正 昭 和 四 四 年 九 月 一 六 日 規 則 第 七 五 号 昭 和 四 八 年 三 月 九 日 規 則 第 九 号 昭 和 四 九 年 七 月 三 〇 日 規 則 第 五 四 号 昭 和 五 〇 年 九 月 九 日 規 則 第 五

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

第 96 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 議 事 次 第 平 成 28 年 7 月 14 日 ( 木 ) 16 時 00 分 ~18 時 00 分 場 所 :ベ ル サ ー ル 半 蔵 門 ( 議 題 ) 1. 骨 太 2016 規 制 改 革 実 施 計 画 等 の 報 告 について 2. 骨 太 2016 経 済 財 政 再 生 計 画 改 革 工 程 表 の 指 摘 事

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については 総 行 住 第 1 7 号 平 成 24 年 2 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 長 住 民 基 本 台 帳 事 務 処 理 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 77 号 ) 住 民 基 本 台 帳 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正

More information