Microsoft PowerPoint 【講義8】 相談支援従事者養成研修(2)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 08-1【講義8】20140522相談支援従事者養成研修(2)"

Transcription

1 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 事 項 の 詳 細 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 本 日 のアウトライン 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 精 神 保 健 福 祉 法 の 改 正 等 精 神 医 療 指 針 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し

2 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 外 来 患 者 数 入 院 患 者 数 H8 年 H11 年 H14 年 H17 年 H20 年 H23 年 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 資 料 : 患 者 調 査

3 精 神 疾 患 外 来 患 者 の 疾 病 別 内 訳 ( 千 人 ) H8 H11 H14 H17 H20 H23 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている てんかん アルツハイマー 病 その 他 の 精 神 及 び 行 動 の 障 害 神 経 症 性 障 害,ストレス 関 連 障 害 及 び 身 体 表 現 性 障 害 気 分 [ 感 情 ] 障 害 ( 躁 うつ 病 を 含 む) 統 合 失 調 症, 統 合 失 調 症 型 障 害 及 び 妄 想 性 障 害 精 神 作 用 物 質 使 用 による 精 神 及 び 行 動 の 障 害 血 管 性 及 び 詳 細 不 明 の 認 知 症 資 料 : 患 者 調 査 精 神 病 床 入 院 患 者 の 疾 病 別 内 訳 ( 千 人 ) てんかん アルツハイマー 病 血 管 性 及 び 詳 細 不 明 の 認 知 症 精 神 作 用 物 質 使 用 による 精 神 及 び 行 動 の 障 害 統 合 失 調 症, 統 合 失 調 症 型 障 害 及 び 妄 想 性 障 害 気 分 [ 感 情 ] 障 害 ( 躁 うつ 病 を 含 む) H8 H11 H14 H17 H20 H23 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 神 経 症 性 障 害,ストレス 関 連 障 害 及 び 身 体 表 現 性 障 害 知 的 障 害 < 精 神 遅 滞 > その 他 の 精 神 及 び 行 動 の 障 害 その 他 資 料 : 患 者 調 査

4 精 神 病 床 入 院 患 者 の 年 齢 分 布 ( 単 位 : 万 人 ) % 33% 38% 43% 48% 50% 75 歳 以 上 65~74 歳 55~64 歳 45~54 歳 35~44 歳 15 25~34 歳 0~24 歳 10 入 院 患 者 の 内 不 詳 のものは 除 いている 5 0 S52 S62 H8 H11 H14 H17 H20 H23 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 資 料 : 患 者 調 査 精 神 病 床 数 および 入 院 患 者 数 の 変 化 ( 万 床 ) ( 万 人 ) H11 H14 H17 H20 H23 一 般 病 院 精 神 科 病 院 入 院 患 者 数 H23 年 の 調 査 では 宮 城 県 の 一 部 と 福 島 県 を 除 いている 資 料 : 病 床 数 - 医 療 施 設 調 査 入 院 患 者 数 - 病 院 報 告

5 精 神 病 床 の 平 均 在 院 日 数 の 推 移 在 院 日 数 ( 単 位 : 日 ) H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 年 間 在 院 患 者 延 数 平 均 在 院 日 数 = ½ ( 年 間 新 入 院 患 者 数 + 年 間 退 院 患 者 数 ) 資 料 : 病 院 報 告 ( 日 ) 精 神 病 床 の 平 均 在 院 日 数 推 移 の 国 際 比 較 日 本 Australia Austria Belgium Canada Czech Republic Denmark Finland France Germany Greece Hungary Iceland Ireland Italy Japan Korea Luxembourg Mexico Netherlands New Zealand Norway Poland Portugal Slovak Republic Slovenia Spain Sweden Switzerland Turkey United Kingdom United States 各 国 により 定 義 が 異 なる 資 料 :OECD Health Data 2012 注 ) 日 本 のデータは 病 院 報 告 より

6 精 神 科 病 院 からの 退 院 者 の 状 況 入 院 期 間 :1 年 未 満 入 院 期 間 :1 年 ~5 年 入 院 期 間 :5 年 以 上 3% 1% 6% 5% 14% 28,004 名 20% 1% 24% 2,751 名 9% 27% 1% 9% 9% 6% 1,350 名 71% 35% 11% 48% 家 庭 復 帰 など GH CH 社 会 復 帰 施 設 等 高 齢 者 福 祉 施 設 転 院 院 内 転 科 死 亡 その 他 平 成 23 年 度 精 神 障 害 保 健 課 調 べ 精 神 保 健 福 祉 法 の 改 正 等

7 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる

8 Ⅰ 精 神 医 療 指 針 に 係 る 主 なポイント 精 神 障 害 者 に 対 する 保 健 医 療 福 祉 に 携 わる 全 ての 関 係 者 が 目 指 す べき 方 向 性 を 定 める 指 針 として 策 定 ( 指 針 は 法 規 的 性 質 を 有 するものではない ) 指 針 で 示 すこととしている 新 規 入 院 者 は1 年 以 内 に 退 院 できるよう にするとの 考 え 方 に 基 づき 定 期 病 状 報 告 等 各 種 様 式 を 見 直 し 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする 第 41 条 厚 生 労 働 大 臣 は 精 神 障 害 者 の 障 害 の 特 性 その 他 の 心 身 の 状 態 に 応 じた 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 以 下 この 条 において 指 針 という )を 定 めなければならない 2 指 針 に 定 める 事 項 は 次 のとおりとする 一 精 神 病 床 ( 病 院 の 病 床 のうち 精 神 疾 患 を 有 する 者 を 入 院 させるためのものをいう )の 機 能 分 化 に 関 する 事 項 二 精 神 障 害 者 の 居 宅 等 ( 居 宅 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 場 所 をいう )における 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービスの 提 供 に 関 する 事 項 三 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 に 当 たっての 医 師 看 護 師 その 他 の 医 療 従 事 者 と 精 神 保 健 福 祉 士 その 他 の 精 神 障 害 者 の 保 健 及 び 福 祉 に 関 する 専 門 的 知 識 を 有 する 者 との 連 携 に 関 する 事 項 四 その 他 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 の 確 保 に 関 する 重 要 事 項 ( 略 )

9 第 一 精 神 病 床 の 機 能 分 化 に 関 する 事 項 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 1. 精 神 病 床 の 機 能 分 化 に 関 する 事 項 機 能 分 化 は 段 階 的 に 行 い 人 材 財 源 を 効 率 的 に 配 分 するとともに 地 域 移 行 を 更 に 進 める その 結 果 として 精 神 病 床 は 減 少 する 地 域 の 受 け 皿 づくりの 在 り 方 や 病 床 を 転 換 することの 可 否 を 含 む 具 体 的 な 方 策 の 在 り 方 について 精 神 障 害 者 の 意 向 を 踏 まえつつ 保 健 医 療 福 祉 に 携 わる 様 々な 関 係 者 で 検 討 する 急 性 期 に 手 厚 い 医 療 を 提 供 するため 医 師 看 護 職 員 の 配 置 について 一 般 病 床 と 同 等 を 目 指 す 入 院 期 間 が1 年 未 満 で 退 院 できるよう 多 職 種 のチームによる 質 の 高 い 医 療 を 提 供 し 退 院 支 援 等 の 取 組 を 推 進 する 1 年 以 上 の 長 期 入 院 者 の 地 域 移 行 を 推 進 するため 多 職 種 による 退 院 促 進 に 向 けた 取 組 を 推 進 する

10 第 二 精 神 障 害 者 の 居 宅 等 における 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービスの 提 供 に 関 する 事 項 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 2. 精 神 障 害 者 の 居 宅 等 における 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービ スの 提 供 に 関 する 事 項 外 来 デイケア 等 で 適 切 な 医 療 を 受 けながら 地 域 で 生 活 できるよう 外 来 医 療 の 提 供 体 制 の 整 備 充 実 及 び 地 域 における 医 療 機 関 間 の 連 携 を 推 進 する アウトリーチ( 多 職 種 のチームによる 訪 問 支 援 )を 行 うことのできる 体 制 を 整 備 し 受 療 中 断 者 等 の 地 域 生 活 に 必 要 な 医 療 へのアクセスを 確 保 する 在 宅 の 精 神 障 害 者 の 急 性 増 悪 等 に 対 応 できるよう 精 神 科 救 急 医 療 体 制 を 整 備 する 精 神 科 外 来 等 で 身 体 疾 患 の 治 療 が 必 要 となった 場 合 精 神 科 と 他 の 診 療 科 の 医 療 機 関 の 連 携 が 円 滑 に 行 われるよう 協 議 会 の 開 催 等 の 取 組 を 推 進 する 医 療 機 関 及 び 障 害 福 祉 サービス 事 業 を 行 う 者 等 との 連 携 を 推 進 するとと もに 居 住 支 援 に 関 する 施 策 を 推 進 する

11 精 神 障 害 者 アウトリーチ 推 進 事 業 ( 平 成 26 年 度 より 地 域 生 活 支 援 事 業 に 一 括 計 上 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 地 域 生 活 支 援 の 一 環 として 保 健 所 等 において ひきこもり 等 の 精 神 障 害 者 を 医 療 へつなげるための 支 援 及 び 関 係 機 関 との 調 整 を 行 うなど アウトリーチ( 多 職 種 チーム による 訪 問 支 援 )を 円 滑 に 実 施 するための 支 援 体 制 を 確 保 する 実 施 主 体 都 道 府 県 補 助 率 1/2 医 療 にかかるアウトリーチについては 一 部 診 療 報 酬 化 精 神 障 害 者 地 域 生 活 支 援 広 域 調 整 等 事 業 アウトリーチの 実 施 及 び 広 域 連 携 調 整 保 健 所 等 において ひきこもり 等 の 精 神 障 害 者 を 医 療 へつなげるため アウトリーチによる 支 援 を 行 うとともに アウトリーチ 活 動 に 関 して 関 係 機 関 との 広 域 的 な 調 整 等 を 行 う アウトリーチチーム 体 制 の 確 保 等 地 域 の 関 係 者 当 事 者 家 族 行 政 職 員 等 から 構 成 する 評 価 検 討 委 員 会 を 設 置 し アウト リーチチームの 事 業 に 係 る 評 価 検 討 を 定 期 的 に 行 うなど アウトリーチを 円 滑 に 実 施 するため の 体 制 を 確 保 する 精 神 障 害 関 係 従 事 者 養 成 研 修 事 業 アウトリーチ 関 係 者 研 修 アウトリーチについて 関 係 者 の 理 解 を 深 めるとともに 支 援 に 従 事 する 者 の 人 材 養 成 を 図 る 目 的 緊 急 な 医 療 を 必 要 とする 精 神 障 害 者 等 のための 精 神 科 救 急 医 療 体 制 を 確 保 する( 平 成 20 年 度 ~) 実 施 主 体 都 道 府 県 指 定 都 市 補 助 率 1/2 事 業 内 容 精 神 科 救 急 医 療 体 制 連 絡 調 整 委 員 会 医 療 連 携 研 修 会 等 精 神 科 救 急 情 報 センターの 設 置 精 神 科 救 急 医 療 確 保 事 業 精 神 身 体 合 併 症 救 急 医 療 確 保 事 業 ミクロ 救 急 体 制 確 保 事 業 ( 体 制 整 備 イメージ) 医 療 連 携 に 係 る 研 修 会 身 体 合 併 症 対 応 のため 一 般 科 と 精 神 科 の 連 携 を 推 進 精 神 科 救 急 医 療 体 制 整 備 事 業 都 道 府 県 による 精 神 科 救 急 医 療 体 制 の 確 保 について 法 律 上 位 置 付 け 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 改 正 (H24~) 第 4 節 精 神 科 救 急 医 療 の 確 保 第 19 条 の11 都 道 府 県 は 精 神 障 害 の 救 急 医 療 が 適 切 かつ 効 率 的 に 提 供 されるように 夜 間 又 は 休 日 において 精 神 障 害 の 医 療 を 必 要 とする 精 神 障 害 者 又 は 家 族 等 からの 相 談 に 応 じること 精 神 障 害 の 救 急 医 療 を 提 供 する 医 療 施 設 相 互 間 の 連 携 を 確 保 することその 他 の 地 域 の 実 情 に 応 じた 体 制 の 整 備 を 図 るよう 努 めるものとする 2 都 道 府 県 知 事 は 前 項 の 体 制 の 整 備 に 当 たっては 精 神 科 病 院 その 他 の 精 神 障 害 の 医 療 を 提 供 する 施 設 の 管 理 者 当 該 施 設 の 指 定 医 その 他 の 関 係 者 に 対 し 必 要 な 協 力 を 求 めることができる 精 神 科 救 急 医 療 体 制 連 絡 調 整 委 員 会 関 係 機 関 間 の 連 携 調 整 を 図 る 一 般 救 急 の 情 報 センター 連 携 精 神 科 救 急 情 報 センター 緊 急 対 応 が 必 要 な 患 者 を 重 症 度 に 応 じた 受 入 先 調 整 救 急 医 療 機 関 の 情 報 集 約 調 整 かかりつけ 医 の 事 前 登 録 照 会 受 情 報 入 先 24 時 間 精 神 医 療 相 談 窓 口 相 談 対 応 適 宜 医 療 機 関 の 紹 介 受 診 指 導 一 般 救 急 医 療 圏 域 A 精 神 科 救 急 圏 域 ( 常 時 対 応 型 で 対 応 ) 受 入 先 調 整 B 精 神 科 救 急 圏 域 ( 病 院 群 輪 番 型 で 対 応 ) かかりつけ の 医 師 一 般 救 急 医 療 圏 域 常 時 対 応 型 精 神 科 救 急 医 療 施 設 外 来 対 応 施 設 身 体 合 併 症 対 応 施 設 身 体 合 併 症 のある 救 急 患 者 に 対 応 より 広 い 圏 域 をカバー 病 院 群 輪 番 型 精 神 科 救 急 医 療 施 設 各 精 神 科 救 急 医 療 施 設 身 体 合 併 症 対 応 施 設 の 連 携 により24 時 間 365 日 対 応 できる 体 制 を 確 保 ミクロ 救 急 ( 自 院 のかかりつけ 患 者 への 対 応 )

12 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 精 神 疾 患 をもつ 患 者 の 地 域 移 行 と 地 域 定 着 の 推 進 1 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 1 長 期 入 院 後 や 入 退 院 を 繰 り 返 す 病 状 が 不 安 定 な 退 院 患 者 の 地 域 移 行 を 推 進 する 観 点 から 24 時 間 体 制 の 多 職 種 チームによる 在 宅 医 療 に 関 する 評 価 を 新 設 する ( 新 ) 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 ( 月 1 回 6 月 以 内 ) 1 保 険 医 療 機 関 が 単 独 で 実 施 する 場 合 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1800 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 900 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 450 点 2 訪 問 看 護 ステーションと 連 携 する 場 合 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1480 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 740 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 370 点 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 在 宅 精 神 科 医 作 業 療 法 士 保 健 所 精 神 保 健 福 祉 センター 等 看 護 師 精 神 保 健 福 祉 士 多 職 種 チームによる 定 期 的 な 会 議 24 時 間 体 制 での 支 援 月 1 回 以 上 の 訪 問 診 療 週 2 回 以 上 の 精 神 科 訪 問 看 護 (うち 月 2 回 以 上 は 作 業 療 法 士 又 は 精 神 保 健 福 祉 士 による 訪 問 ) 退 院 後 病 状 が 不 安 定 な 患 者 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 2 [ 算 定 要 件 ] 訪 問 診 療 を 月 1 回 以 上 及 び 精 神 科 訪 問 看 護 を 週 2 回 以 上 (うち 月 1 回 以 上 は 精 神 保 健 福 祉 士 又 は 作 業 療 法 士 が 訪 問 ) 実 施 している 患 者 に 対 し 退 院 した 日 から 起 算 して6 月 以 内 の 期 間 に 限 り 算 定 する [ 対 象 患 者 ] 以 下 1~4のすべてを 満 たす 者 11 年 以 上 精 神 病 床 に 入 院 して 退 院 した 者 又 は 入 退 院 を 繰 り 返 す 者 2 統 合 失 調 症 気 分 障 害 又 は 重 度 認 知 症 の 患 者 で 退 院 時 のGAF40 以 下 の 者 3 精 神 科 を 標 榜 する 保 険 医 療 機 関 への 通 院 が 困 難 な 者 4 障 害 福 祉 サービスを 利 用 していない 者 [ 施 設 基 準 ] 1 常 勤 精 神 保 健 指 定 医 常 勤 看 護 師 又 は 常 勤 保 健 師 常 勤 精 神 保 健 福 祉 士 及 び 常 勤 作 業 療 法 士 の4 名 から 構 成 される 専 任 のチームが 設 置 されていること(いずれか1 人 は 専 従 ) 2 上 記 4 人 を 含 む 多 職 種 会 議 を 週 1 回 以 上 開 催 ( 月 1 回 以 上 は 保 健 所 又 は 精 神 保 健 福 祉 センター 等 と 共 同 )すること 324 時 間 往 診 及 び 看 護 師 又 は 保 健 師 による 精 神 科 訪 問 看 護 が 可 能 な 体 制 を 確 保 していること 4 地 域 の 精 神 科 救 急 医 療 体 制 の 確 保 に 協 力 等 を 行 っていること

13 第 三 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 に 当 たっ ての 医 師 看 護 師 その 他 の 医 療 従 事 者 と 精 神 保 健 福 祉 士 その 他 の 精 神 障 害 者 の 保 健 及 び 福 祉 にする 専 門 的 知 識 を 有 する 者 との 連 携 に 関 する 事 項 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 3. 医 療 従 事 者 と 精 神 障 害 者 の 保 健 福 祉 に 関 する 専 門 的 知 識 を 有 する 者 との 連 携 に 関 する 事 項 精 神 科 医 療 の 質 の 向 上 退 院 支 援 地 域 生 活 支 援 のため 多 職 種 と の 適 切 な 連 携 を 確 保 する 保 健 医 療 サービス 及 び 福 祉 サービスを 提 供 するチームを 構 成 する 専 門 職 種 その 他 の 精 神 障 害 者 を 支 援 する 人 材 の 育 成 と 質 の 向 上 を 推 進 する

14 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 再 掲 精 神 疾 患 をもつ 患 者 の 地 域 移 行 と 地 域 定 着 の 推 進 1 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 1 長 期 入 院 後 や 入 退 院 を 繰 り 返 す 病 状 が 不 安 定 な 退 院 患 者 の 地 域 移 行 を 推 進 する 観 点 から 24 時 間 体 制 の 多 職 種 チームによる 在 宅 医 療 に 関 する 評 価 を 新 設 する ( 新 ) 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 ( 月 1 回 6 月 以 内 ) 1 保 険 医 療 機 関 が 単 独 で 実 施 する 場 合 2 訪 問 看 護 ステーションと 連 携 する 場 合 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1800 点 イ 同 一 建 物 居 住 者 以 外 の 場 合 1480 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 900 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 450 点 ロ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 (1) 特 定 施 設 等 に 入 院 する 者 の 場 合 740 点 (2) (1) 以 外 の 場 合 370 点 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 在 宅 精 神 科 医 看 護 師 24 時 間 体 制 での 支 援 月 1 回 以 上 の 訪 問 診 療 週 2 回 以 上 の 精 神 科 訪 問 看 護 (うち 月 2 回 以 上 は 作 業 療 法 士 又 は 精 神 保 健 福 祉 士 による 訪 問 ) 作 業 療 法 士 保 健 所 精 神 保 健 福 祉 センター 等 精 神 保 健 福 祉 士 多 職 種 チームによる 定 期 的 な 会 議 退 院 後 病 状 が 不 安 定 な 患 者 第 四 その 他 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 の 確 保 に 関 する 重 要 事 項

15 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 ( 概 要 ) 4.その 他 良 質 かつ 適 切 な 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 の 提 供 の 確 保 に 関 する 重 要 事 項 保 健 所 の 有 する 機 能 を 最 大 限 有 効 に 活 用 するための 方 策 を 市 町 村 等 の 他 の 関 係 機 関 の 在 り 方 も 含 めて 様 々な 関 係 者 で 検 討 し 当 該 検 討 に 基 づく 方 策 を 推 進 する 非 自 発 的 入 院 の 場 合 においても 行 動 の 制 限 は 最 小 の 範 囲 とし 併 せ て インフォームドコンセントに 努 める 等 精 神 障 害 者 の 人 権 に 最 大 限 配 慮 して その 心 身 の 状 態 に 応 じた 医 療 を 確 保 する 自 殺 対 策 (うつ 病 等 ) 依 存 症 等 多 様 な 精 神 疾 患 患 者 像 に 対 応 した 医 療 を 提 供 する 精 神 疾 患 の 予 防 を 図 るため 国 民 の 健 康 の 保 持 増 進 等 の 健 康 づくりの 一 環 として 心 の 健 康 づくりのための 取 組 を 推 進 する 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる

16 Ⅱ 保 護 者 制 度 廃 止 に 係 る 主 なポイント 保 護 者 制 度 は 廃 止 ( 保 護 者 制 度 が 家 族 等 制 度 に 変 わったわけ ではない ) Ⅲ 医 療 保 護 入 院 の 要 件 の 見 直 しに 係 る 主 なポイント 法 律 上 は 家 族 等 のうちいずれかの 者 の 同 意 があれば 医 療 保 護 入 院 可 能 ( 優 先 順 位 はない) 法 律 上 は 同 意 者 が 同 意 後 に 特 別 な 義 務 や 権 利 を 持 つことはな い 同 意 者 と 本 人 との 関 係 は 同 意 書 の 記 載 により 確 認 保 護 者 制 度 とは 保 護 者 に 対 する 責 務 規 定 の 削 除 保 護 者 は 精 神 保 健 福 祉 法 において 精 神 障 害 者 につき1 人 決 めることとなっており 以 下 の 責 務 が 課 せられる 1( 任 意 入 院 者 及 び 通 院 患 者 を 除 く) 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせること(22 条 1 項 ) 2 精 神 障 害 者 の 診 断 が 正 しく 行 われるよう 医 師 に 協 力 すること(22 条 2 項 ) 3 任 意 入 院 者 及 び 通 院 患 者 を 除 く 精 神 障 害 者 に 医 療 を 受 けさせるに 当 たって 医 師 の 指 示 に 従 う こと(22 条 3 項 ) 4( 任 意 入 院 者 及 び 通 院 患 者 を 除 く) 精 神 障 害 者 の 財 産 上 の 利 益 を 保 護 すること(22 条 1 項 ) 5 回 復 した 措 置 入 院 者 等 を 引 き 取 ること(41 条 ) 65による 引 き 取 りを 行 うに 際 して 精 神 病 院 の 管 理 者 又 は 当 該 病 院 と 関 連 する 精 神 障 害 者 社 会 復 帰 施 設 の 長 に 相 談 し 及 び 必 要 な 援 助 を 求 めること(22 条 の2) 7 退 院 請 求 等 の 請 求 をすることができること(38 条 の4) 8 医 療 保 護 入 院 の 同 意 をすることができること(33 条 1 項 ) 保 護 者 になり 得 る 人 とその 順 位 1 後 見 人 又 は 保 佐 人 ( 2~4の 者 と 順 位 変 更 はできない ) 2 配 偶 者 3 親 権 を 行 う 者 4 23の 者 以 外 の 扶 養 義 務 者 のうちから 家 庭 裁 判 所 が 選 任 した 者

17 保 護 者 制 度 について 指 摘 されていた 問 題 点 一 人 の 保 護 者 のみが 法 律 上 保 護 者 に 課 せられた 様 々 な 義 務 を 行 うことは 負 担 が 大 きいのではないか 本 人 と 家 族 の 関 係 が 様 々である 中 で 保 護 者 が 必 ずしも 本 人 の 利 益 保 護 を 行 えるとは 限 らないのではないか 保 護 者 制 度 創 設 時 と 比 較 して 社 会 環 境 ( 精 神 科 医 療 体 制 の 充 実 等 )や 家 族 関 係 ( 高 齢 化 の 進 行 等 )が 変 化 してい ることに 対 応 しているか 保 護 者 に 課 せられた 義 務 規 定 は 抽 象 的 であり 法 律 の 規 定 としてどの 程 度 の 具 体 的 な 意 義 を 有 するのか 医 療 保 護 入 院 の 手 続 きについて 改 正 精 神 保 健 福 祉 法 の 規 定 新 たな 地 域 精 神 保 健 医 療 体 制 の 構 築 に 向 けた 検 討 チーム の 報 告 書 ( 平 成 24 年 6 月 28 日 ) 医 療 保 護 入 院 について 保 護 者 の 同 意 によらず 精 神 保 健 指 定 医 1 名 の 判 断 での 入 院 とする 一 方 で 1 早 期 退 院 を 目 指 した 手 続 きとする 2 入 院 した 人 は 自 分 の 気 持 ちを 代 弁 する 人 を 選 べることとする 等 入 院 後 の 手 続 きを 強 化 することにより 権 利 擁 護 を 図 る 改 正 精 神 保 健 福 祉 法 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 ) 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 と 精 神 保 健 指 定 医 1 名 の 判 断 を 要 件 とする また 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 づけた * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 代 弁 者 について 検 討 チーム の 報 告 では 入 院 した 人 は 自 分 の 気 持 ちを 代 弁 し 病 院 などに 伝 える 役 割 をする 代 弁 者 (アド ボケーター) を 選 ぶことができる 仕 組 みを 導 入 するべき とされたが 代 弁 者 の 実 施 主 体 活 動 内 容 等 につ いて 様 々な 意 見 があることから 今 回 の 法 改 正 には 盛 り 込 まず 具 体 化 に 向 けた 調 査 研 究 を 行 っていくこととし た

18 医 療 保 護 入 院 における 家 族 等 の 同 意 に 関 する 運 用 の 考 え 方 ( 平 成 26 年 1 月 24 日 精 神 障 害 保 健 課 長 通 知 ) 1. 今 回 の 法 改 正 においては 保 護 者 制 度 の 廃 止 に 伴 い 医 療 保 護 入 院 について 精 神 保 健 指 定 医 1 名 の 判 定 とともに 家 族 等 ( 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 をいう 以 下 同 じ )の うちいずれかの 者 の 同 意 を 必 要 とすることとした ( 法 第 33 条 第 1 項 及 び 第 2 項 ) 2. 当 該 改 正 の 趣 旨 は 適 切 な 入 院 医 療 へのアクセスを 確 保 しつつ 医 療 保 護 入 院 における 精 神 障 害 者 の 家 族 等 に 対 する 十 分 な 説 明 とその 合 意 の 確 保 精 神 障 害 者 の 権 利 擁 護 等 を 図 るものである 3.なお 医 療 保 護 入 院 は 本 人 の 同 意 を 得 ることなく 入 院 させる 制 度 であることから その 運 用 には 格 別 の 慎 重 さが 求 められる 本 人 の 同 意 が 求 められる 状 態 である 場 合 には 可 能 な 限 り 本 人 に 対 し て 入 院 医 療 の 必 要 性 等 について 十 分 な 説 明 を 行 い その 同 意 を 得 て 任 意 入 院 となるように 努 めな ければならない 4. 医 療 保 護 入 院 においては その 診 察 の 際 に 付 き 添 う 家 族 等 が 通 例 当 該 精 神 障 害 者 を 身 近 で 支 える 家 族 等 であると 考 えられることから 精 神 科 病 院 の 管 理 者 ( 以 下 管 理 者 という )は 原 則 とし て 診 察 の 際 に 患 者 に 付 き 添 う 家 族 等 に 対 して 入 院 医 療 の 必 要 性 等 について 十 分 な 説 明 を 行 い 当 該 家 族 等 から 同 意 を 得 ることが 適 当 である 5. 管 理 者 が 家 族 等 の 同 意 を 得 る 際 には 当 該 家 族 等 の 氏 名 続 柄 等 を 書 面 で 申 告 させて 確 認 する その 際 には 可 能 な 範 囲 で 運 転 免 許 証 や 各 種 医 療 保 険 の 被 保 険 者 証 等 の 提 示 による 本 人 確 認 を 行 うことが 望 ましい また 家 族 等 の 同 意 に 関 する 書 面 の 様 式 例 を 参 考 までに 添 付 するので 適 宜 活 用 されたい 6. 管 理 者 が 家 族 等 の 同 意 を 得 る 際 に 後 見 人 又 は 保 佐 人 の 存 在 を 把 握 した 場 合 には これらの 者 の 同 意 に 関 する 判 断 を 確 認 することが 望 ましい 7.また 当 該 医 療 保 護 入 院 者 に 係 る 精 神 障 害 者 が 未 成 年 である 場 合 に 管 理 者 が 親 権 者 から 同 意 を 得 る 際 には 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 第 818 条 第 3 項 の 規 定 にしたがって 原 則 として 父 母 双 方 の 同 意 を 要 するものとする 8. 精 神 障 害 者 に 対 する 医 療 やその 後 の 社 会 復 帰 には 家 族 等 の 理 解 と 協 力 が 重 要 であることを 踏 ま えると 医 療 保 護 入 院 は より 多 くの 家 族 等 の 同 意 の 下 で 行 われることが 望 ましい このため 管 理 者 が 医 療 保 護 入 院 の 同 意 についての 家 族 等 の 間 の 判 断 の 不 一 致 を 把 握 した 場 合 においては 可 能 な 限 り 家 族 等 の 間 の 意 見 の 調 整 が 図 られることが 望 ましく 管 理 者 は 必 要 に 応 じて 家 族 等 に 対 して 医 療 保 護 入 院 の 必 要 性 等 について 説 明 することが 望 ましい 9. 管 理 者 が 家 族 等 の 間 の 判 断 の 不 一 致 を 把 握 した 場 合 であって 後 見 人 又 は 保 佐 人 の 存 在 を 把 握 し これらの 者 が 同 意 に 反 対 しているときには その 意 見 は 十 分 に 配 慮 されるべきものと 解 する 10.また 管 理 者 が 家 族 等 の 間 の 判 断 の 不 一 致 を 把 握 した 場 合 において 親 権 を 行 う 者 の 同 意 に 関 する 判 断 は 親 権 の 趣 旨 に 鑑 みれば 特 段 の 事 情 があると 認 める 場 合 を 除 き 尊 重 されるべきもの と 解 する 11. 医 療 保 護 入 院 後 に 管 理 者 が 当 該 入 院 に 反 対 の 意 思 を 有 する 家 族 等 ( 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 行 っ た 家 族 等 であって 入 院 後 に 入 院 に 反 対 することとなったものを 含 む )の 存 在 を 把 握 した 場 合 に は 当 該 家 族 等 に 対 して 入 院 医 療 の 必 要 性 や 手 続 の 適 法 性 等 について 説 明 することが 望 まれる その 上 で 当 該 家 族 等 が 依 然 として 反 対 の 意 思 を 有 するときは 管 理 者 は 都 道 府 県 知 事 ( 精 神 医 療 審 査 会 )に 対 する 退 院 請 求 を 行 うことができる 旨 を 教 示 する

19 事 例 検 討 1 医 療 保 護 入 院 者 が 未 成 年 である 場 合 の 親 権 者 や 医 療 保 護 入 院 者 が 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 の 場 合 の 後 見 人 又 は 保 佐 人 は 家 族 等 の 中 でもその 意 見 が 優 先 されるのか (Q&Aより) < 答 > 法 律 上 医 療 保 護 入 院 の 要 件 は 精 神 保 健 指 定 医 の 判 定 と 家 族 等 のうちいずれかの 者 の 同 意 であり 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 行 う 優 先 順 位 はない( 精 神 保 健 指 定 医 の 判 定 があり 家 族 等 の うち 誰 か1 人 の 同 意 があれば 医 療 保 護 入 院 を 行 って 差 し 支 えない ) なお 医 療 保 護 入 院 における 家 族 等 の 同 意 の 運 用 について ( 平 成 26 年 1 月 24 日 障 精 発 0124 第 1 号 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 通 知 )6. 及 び9.は 後 見 人 又 は 保 佐 人 が 存 在 する 場 合 は 何 らかの 事 情 があって 後 見 人 又 は 保 佐 人 が 選 任 され ている 可 能 性 があるため トラブルを 未 然 に 回 避 する 観 点 から 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 得 る 際 には その 存 在 を 把 握 した 場 合 には これらの 者 の 同 意 に 関 する 判 断 を 確 認 することが 望 まし いこととし また これらの 者 が 同 意 に 反 対 しているときには その 意 見 は 十 分 配 慮 されるべきも のとしているものである また 同 通 知 10.は 親 権 者 には 民 法 第 820 条 に 基 づき 身 上 監 護 権 を 有 することから その 意 見 を 尊 重 することとしたものである 事 例 検 討 2 未 成 年 者 が 医 療 保 護 入 院 する 場 合 に 親 権 者 ではなく 他 の 家 族 が 同 意 をすることは 可 能 か 例 えば 以 下 のような 場 合 はどうか 16 歳 女 性 について 家 庭 内 の 暴 力 行 為 や 自 傷 行 為 があったため 母 と 兄 (22 歳 )に 連 れられて 受 診 し 精 神 保 健 指 定 医 は 医 療 保 護 入 院 が 必 要 との 判 定 をしている 暴 力 を 振 るわれている 母 親 は 強 制 的 にも 入 院 させたいと 希 望 しているが 娘 に 甘 い 父 親 は 入 院 には 反 対 している 兄 は 入 院 には 同 意 しそうだ (Q&Aより) < 答 > 御 質 問 の 場 合 において 成 人 の 兄 の 同 意 で 医 療 保 護 入 院 を 行 うことは 差 し 支 えない ただし その 際 親 権 者 の 身 上 監 護 権 に 鑑 み 父 母 の 判 断 を 尊 重 されたい

20 Ⅲ 市 町 村 長 同 意 の 見 直 しに 係 る 主 なポイント 市 町 村 長 同 意 を 行 うことができるのは その( 注 : 精 神 障 害 者 の) 家 族 等 がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができ ない 場 合 家 族 等 が 存 在 しているが 反 対 している 場 合 や 反 対 はしていない が 同 意 をすることを 拒 否 している 場 合 等 は 市 町 村 長 同 意 を 行 うことは できない 市 町 村 長 同 意 市 町 村 長 による 医 療 保 護 入 院 の 同 意 に 係 る 規 定 の 新 設 第 33 条 3 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 第 一 項 第 一 号 に 掲 げる 者 について その 家 族 等 ( 前 項 に 規 定 する 家 族 等 をいう 以 下 同 じ )がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 す ることができない 場 合 において その 者 の 居 住 地 ( 居 住 地 がないか 又 は 明 らかでない ときは その 者 の 現 在 地 第 四 十 五 条 第 一 項 を 除 き 以 下 同 じ )を 管 轄 する 市 町 村 長 ( 特 別 区 の 長 を 含 む 以 下 同 じ )の 同 意 があるときは 本 人 の 同 意 がなくてもその 者 を 入 院 させることができる 第 三 十 四 条 第 二 項 の 規 定 により 移 送 された 者 について そ の 者 の 居 住 地 を 管 轄 する 市 町 村 長 の 同 意 があるときも 同 様 とする

21 市 町 村 長 同 意 事 務 処 理 要 領 の 主 な 改 正 事 項 入 院 時 に 市 町 村 長 の 同 意 の 対 象 となる 者 病 院 側 の 調 査 の 結 果 当 該 精 神 障 害 者 の 家 族 等 のいずれもいないか 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができないこと(これらの 家 族 等 のうちいずれか の 者 がおり その 同 意 が 得 られないときは 医 療 保 護 入 院 はできないこと ) その 意 思 を 表 示 することができない = 心 神 喪 失 の 場 合 等 ( 家 族 等 が 反 対 している 場 合 家 族 等 が 反 対 しないが 同 意 もしない 場 合 ) 市 町 村 長 において 行 われる 手 続 病 院 が 把 握 していない 家 族 等 の 存 在 を 把 握 し 連 絡 がとれる 場 合 には その 同 意 の 意 思 の 有 無 を 確 認 すること 同 意 後 の 事 務 ( 退 院 請 求 権 者 として) 入 院 の 同 意 後 市 町 村 の 担 当 者 は 速 やかに 本 人 に 面 会 し その 状 態 を 把 握 すると ともに 市 町 村 長 が 同 意 者 であること 及 び 市 町 村 の 担 当 者 への 連 絡 先 連 絡 方 法 を 本 人 に 伝 えること 等 事 例 検 討 3 指 定 医 により 医 療 保 護 入 院 が 必 要 と 判 定 された 場 合 で 家 族 等 の 間 で 意 見 が 分 か れており 誰 も 同 意 を 行 わないようなときは 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 できな い 場 合 として 市 町 村 長 同 意 としてよいのか また このような 場 合 に 家 族 等 の 意 見 がまとまるまでの 間 応 急 入 院 を 行 うことは 可 能 か (Q&Aより) < 答 > 市 町 村 長 が 医 療 保 護 入 院 の 同 意 を 行 うことができるのは 精 神 保 健 福 祉 法 第 33 条 第 3 項 に 規 定 するとおり その 家 族 等 がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができ ない 場 合 であり 御 指 摘 の 場 合 は 市 町 村 長 同 意 を 行 うことはできない また 応 急 入 院 については 急 速 を 要 し その 家 族 等 の 同 意 を 得 ることができない 場 合 に 行 うことができることとされており これは 患 者 を 直 ちに 入 院 させる 必 要 があるにもかかわらず そのための 時 間 的 余 裕 がなく 入 院 のために 必 要 となる 本 人 及 び 保 護 者 等 の 同 意 を 得 ることが 難 しいような 場 合 をいうこととしている 具 体 的 には 単 身 者 や 身 元 等 が 判 明 しない 者 などで あって 入 院 のための 本 人 及 び 保 護 者 等 の 同 意 を 直 ちに 得 ることが 難 しいような 場 合 等 に 行 う ことができるものである したがって 家 族 等 が 付 き 添 って 受 診 したが 家 族 等 の 意 見 がまとまっていない 場 合 に 応 急 入 院 を 行 うことはできない この 場 合 は 家 族 等 のうち 医 療 保 護 入 院 の 同 意 に 賛 成 している 者 か ら 同 意 を 得 て 通 常 の 医 療 保 護 入 院 を 行 うこととなる

22 事 例 検 討 4 家 族 等 ではなく 保 健 所 職 員 等 に 付 き 添 われて 受 診 し 精 神 保 健 指 定 医 は 医 療 保 護 入 院 が 必 要 と 判 定 した 家 族 等 の 存 在 を 住 民 票 等 で 把 握 できるが 当 該 家 族 等 に 連 絡 が 取 れない 場 合 市 町 村 長 同 意 とし てよいのか また 家 族 等 がいるが 旅 行 等 により 一 時 的 に 連 絡 をとることができ ない 場 合 に 市 町 村 長 同 意 としてよいか (Q&Aより) < 答 > 家 族 等 の 存 在 を 把 握 しているが 連 絡 先 を 把 握 できず 連 絡 をとる 手 段 がない 等 によりその 同 意 を 得 ることができない 場 合 は 当 該 家 族 等 は 法 第 33 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 行 方 の 知 れない 者 として 扱 い 市 町 村 長 同 意 により 医 療 保 護 入 院 を 行 って 差 し 支 えない また 家 族 等 がいるが 旅 行 等 により 一 時 的 に 連 絡 がとることができない 場 合 は 当 該 家 族 等 は 行 方 の 知 れない 者 には 当 たらないため この 場 合 は 応 急 入 院 を 行 い その 間 に 家 族 等 と 連 絡 をとって 医 療 保 護 入 院 の 同 意 をえることが 必 要 である 事 例 検 討 5 直 系 血 族 及 び 兄 弟 姉 妹 がいないが 3 親 等 以 内 の 親 族 がいる 場 合 に は 当 該 3 親 等 以 内 の 親 族 が 扶 養 義 務 者 の 審 判 を 家 庭 裁 判 所 で 受 け ない 限 り 医 療 保 護 入 院 を 行 うことはできないのか (Q&Aより) < 答 > 御 指 摘 の 場 合 で 医 療 保 護 入 院 が 必 要 な 者 については 法 第 33 条 第 3 項 に 基 づく 市 町 村 長 同 意 による 医 療 保 護 入 院 を 行 うことができる ( 当 該 3 親 等 以 内 の 親 族 は 扶 養 義 務 者 の 審 判 を 受 けない 限 り 法 第 33 条 第 2 項 に 規 定 する 家 族 等 に 該 当 しない )

23 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 に 関 する 措 置 は 医 療 保 護 入 院 が 本 人 の 同 意 を 得 る 2. 施 行 期 日 ことなく 行 われる 入 院 であることを 踏 まえ 本 人 の 人 権 擁 護 の 観 点 から 可 能 な 限 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) り 早 期 1については 治 療 早 期 退 平 院 成 ができるよう 28 年 4 月 1 日 講 ) じるもの 3. 検 討 規 定 本 措 置 は 法 令 上 は 医 療 保 護 入 院 者 のみを 対 象 として 講 じる 義 務 が 課 されてい るものであるが その 他 の 入 院 形 態 の 入 院 患 者 の 早 期 退 院 のためにも 有 効 な 措 置 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 であることから 行 の 状 況 並 びに 精 任 神 意 保 入 健 院 及 者 び 等 精 の 神 医 障 療 害 保 者 護 の 入 福 院 祉 者 を 以 取 外 り の 巻 入 く 院 環 形 境 態 の による 変 化 を 入 勘 院 案 者 し に 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の も 手 同 続 様 の 在 措 り 置 方 を 講 医 じることにより 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 を 進 促 に 進 努 するための めていただきたい 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる Ⅳ 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 措 置 に 係 る 主 なポイント 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 選 任 は 義 務 であり 平 成 26 年 4 月 1 日 時 点 の 医 療 保 護 入 院 者 全 員 に 選 任 されていることが 必 要 相 談 員 1 人 当 たりの 担 当 者 数 は 目 安 地 域 援 助 事 業 者 として 相 談 支 援 専 門 員 がいる 事 業 所 介 護 支 援 専 門 員 がいる 事 業 所 を 規 定 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 は 努 力 義 務 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 入 院 した 在 院 期 間 1 年 未 満 の 医 療 保 護 入 院 者 については 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 開 催 は 義 務 ただし 平 成 26 年 3 月 31 日 以 前 の 入 院 者 及 び 在 院 期 間 1 年 以 上 の 入 院 者 については 任 意 の 開 催 で 可

24 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 責 務 (1) 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 第 33 条 の4 医 療 保 護 入 院 者 を 入 院 させている 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 精 神 保 健 福 祉 士 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 資 格 を 有 する 者 のうちから 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところ により 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 選 任 し その 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 し 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 からの 相 談 に 応 じさせ 及 びこれらの 者 を 指 導 させなければならない 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 選 任 1. 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 責 務 役 割 (1) 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 は 医 療 保 護 入 院 者 が 可 能 な 限 り 早 期 に 退 院 できるよう 個 々の 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 支 援 のための 取 組 において 中 心 的 役 割 を 果 たすことが 求 められること (2) 退 院 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 医 師 の 指 導 を 受 けつつ 多 職 種 連 携 のための 調 整 を 図 ることに 努 めると ともに 行 政 機 関 を 含 む 院 外 の 機 関 との 調 整 に 努 めること (3) 医 療 保 護 入 院 者 の 支 援 に 当 たっては 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 意 向 に 十 分 配 慮 するとともに 個 人 情 報 保 護 について 遺 漏 なきよう 十 分 留 意 すること (4) 以 上 の 責 務 役 割 を 果 たすため 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 は その 業 務 に 必 要 な 技 術 及 び 知 識 を 得 て その 資 質 の 向 上 を 図 ること 2. 選 任 及 び 配 置 (1) 退 院 に 向 けた 相 談 を 行 うに 当 たっては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 と 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 との 間 の 信 頼 関 係 が 構 築 されることが 重 要 であることから その 選 任 に 当 たっては 医 療 保 護 入 院 者 及 び 家 族 等 の 意 向 に 配 慮 すること (2) 配 置 の 目 安 としては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 1 人 につき 概 ね50 人 以 下 の 医 療 保 護 入 院 者 を 担 当 するこ と( 常 勤 換 算 としての 目 安 )とし 医 療 保 護 入 院 者 1 人 につき1 人 の 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 入 院 後 7 日 以 内 に 選 任 すること 兼 務 の 場 合 等 については この 目 安 を 踏 まえ 担 当 する 医 療 保 護 入 院 者 の 人 数 を 決 めるこ と

25 3. 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 として 有 するべき 資 格 1 精 神 保 健 福 祉 士 2 看 護 職 員 ( 保 健 師 を 含 む ) 作 業 療 法 士 社 会 福 祉 士 として 精 神 障 害 者 に 関 する 業 務 に 従 事 した 経 験 を 有 する 者 33 年 以 上 精 神 障 害 者 及 びその 家 族 等 との 退 院 後 の 生 活 環 境 についての 相 談 及 び 指 導 に 関 する 業 務 に 従 事 した 経 験 を 有 する 者 であって かつ 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 研 修 を 修 了 した 者 (ただし 平 成 29 年 3 月 31 日 までの 間 に ついては 研 修 を 修 了 していなくても 前 段 の 要 件 を 満 たしていれば 資 格 を 有 することとしてよいこととする ) 4. 業 務 内 容 (1) 入 院 時 の 業 務 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 に 対 して 以 下 についての 説 明 を 行 うこと 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 として 選 任 されたこと 及 びその 役 割 本 人 及 び 家 族 等 の 退 院 促 進 の 措 置 への 関 わり( 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 を 受 けることができること また 本 人 においては 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 への 出 席 及 び 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 わる 者 に 委 員 会 への 出 席 の 要 請 を 行 うことができること 等 ) (2) 退 院 に 向 けた 相 談 支 援 業 務 ア 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 からの 相 談 に 応 じるほか 退 院 に 向 けた 意 欲 の 喚 起 や 具 体 的 な 取 組 の 工 程 の 相 談 等 を 積 極 的 に 行 い 退 院 促 進 に 努 めること イ 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 と 相 談 を 行 った 場 合 には 当 該 相 談 内 容 について 相 談 記 録 又 は 看 護 記 録 等 に 記 録 をすること ウ 退 院 に 向 けた 相 談 支 援 を 行 うに 当 たっては 主 治 医 の 指 導 を 受 けるとともに その 他 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 治 療 に 関 わる 者 との 連 携 を 図 ること (3) 地 域 援 助 事 業 者 等 の 紹 介 に 関 する 業 務 ア 医 療 保 護 入 院 者 及 びその 家 族 等 から 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 の 希 望 があった 場 合 や 当 該 医 療 保 護 入 院 者 との 相 談 の 内 容 から 地 域 援 助 事 業 者 を 紹 介 すべき 場 合 等 に 必 要 に 応 じて 地 域 援 助 事 業 者 を 紹 介 するよう 努 めること イ 地 域 援 助 事 業 者 等 の 地 域 資 源 の 情 報 を 把 握 し 収 集 した 情 報 を 整 理 するよう 努 めること ウ 地 域 援 助 事 業 者 に 限 らず 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 又 は 療 養 環 境 に 関 わる 者 の 紹 介 や これらの 者 との 連 絡 調 整 を 行 い 退 院 後 の 環 境 調 整 に 努 めること (4) 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 に 関 する 業 務 ア 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 開 催 に 当 たって 開 催 に 向 けた 調 整 や 運 営 の 中 心 的 役 割 を 果 たす こととし 充 実 した 審 議 が 行 われるよう 努 めること イ 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 記 録 の 作 成 にも 積 極 的 に 関 わることが 望 ましいこと (5) 退 院 調 整 に 関 する 業 務 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 に 向 け 居 住 の 場 の 確 保 等 の 退 院 後 の 環 境 に 係 る 調 整 を 行 うとともに 適 宜 地 域 援 助 事 業 者 等 と 連 携 する 等 円 滑 な 地 域 生 活 への 移 行 を 図 ること (6)その 他 定 期 病 状 報 告 の 退 院 に 向 けた 取 組 欄 については その 相 談 状 況 等 を 踏 まえて 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 が 記 載 することが 望 ましいこと 5.その 他 (1) 医 療 保 護 入 院 者 が 退 院 する 場 合 において 引 き 続 き 任 意 入 院 により 当 該 病 院 に 入 院 するときには 当 該 医 療 保 護 入 院 者 が 地 域 生 活 へ 移 行 するまでは 継 続 して 退 院 促 進 のための 取 組 を 行 うことが 望 ましいこと (2) 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 に 当 たっての 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 の 役 割 の 重 要 性 に 鑑 み 施 行 後 の 選 任 状 況 等 を 踏 まえて 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 として 有 するべき 資 格 等 の 見 直 しを 図 ることも 考 えられるため 留 意 されたいこと

26 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 責 務 (2) 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 第 33 条 の5 医 療 保 護 入 院 者 を 入 院 させている 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 による 地 域 における 生 活 への 移 行 を 促 進 するために 必 要 があると 認 められる 場 合 には これらの 者 に 対 して 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 一 般 相 談 事 業 者 若 し くは 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 第 5 条 第 16 項 に 規 定 する 特 定 相 談 支 援 事 業 ( 第 49 条 第 1 項 において 特 定 相 談 支 援 事 業 という )を 行 う 者 介 護 保 険 法 第 8 条 第 23 項 に 規 定 する 居 宅 介 護 支 援 事 業 を 行 う 者 その 他 の 地 域 の 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 する 各 般 の 問 題 につき 精 神 障 害 者 又 はその 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 の 提 供 助 言 その 他 の 援 助 を 行 う 事 業 を 行 うことができると 認 め られる 者 として 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるもの( 次 条 において 地 域 援 助 事 業 者 とい う )を 紹 介 するよう 努 めなければならない 地 域 援 助 事 業 者 ( 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 厚 生 省 令 第 31 号 ) 第 15 条 の5 地 域 援 助 事 業 者 として 相 談 支 援 専 門 員 介 護 支 援 専 門 員 のいる 事 業 所 を 網 羅 的 に 規 定 第 15 条 の5 法 第 三 十 三 条 の 五 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 者 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする 一 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 第 五 条 第 十 六 項 に 規 定 する 一 般 相 談 支 援 事 業 又 は 特 定 相 談 支 援 事 業 を 行 う 者 二 介 護 保 険 法 ( 平 成 九 年 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 第 八 条 第 十 一 項 に 規 定 する 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 を 行 う 者 三 介 護 保 険 法 第 八 条 第 十 八 項 に 規 定 する 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 ( 同 法 第 七 条 第 五 項 に 規 定 する 介 護 支 援 専 門 員 をいう 以 下 同 じ )を 有 するものに 限 る ) 四 介 護 保 険 法 第 八 条 第 十 九 項 に 規 定 する 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 を 有 す るものに 限 る ) 五 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 項 に 規 定 する 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 を 行 う 者 六 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 一 項 に 規 定 する 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 を 行 う 者 七 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 二 項 に 規 定 する 複 合 型 サービスを 行 う 者 八 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 三 項 に 規 定 する 居 宅 介 護 支 援 事 業 を 行 う 者 九 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 六 項 に 規 定 する 介 護 福 祉 施 設 サービスを 行 う 者 十 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 七 項 に 規 定 する 介 護 保 健 施 設 サービスを 行 う 者 十 一 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 一 項 に 規 定 する 介 護 予 防 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 を 行 う 者 十 二 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 六 項 に 規 定 する 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 を 行 う 者 十 三 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 七 項 に 規 定 する 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 を 有 するものに 限 る ) 十 四 介 護 保 険 法 第 八 条 の 二 第 十 八 項 に 規 定 する 介 護 予 防 支 援 事 業 を 行 う 者 ( 介 護 支 援 専 門 員 を 有 する ものに 限 る ) 十 五 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 八 十 三 号 ) 附 則 第 百 三 十 条 の 二 第 一 項 の 規 定 によりなおその 効 力 を 有 するものとされた 同 法 第 二 十 六 条 の 規 定 による 改 正 前 の 介 護 保 険 法 第 八 条 第 二 十 六 項 に 規 定 する 介 護 療 養 施 設 サービスを 行 う 者

27 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 1. 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 の 趣 旨 目 的 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 は 医 療 保 護 入 院 者 が 退 院 後 に 利 用 する 障 害 福 祉 サービス 及 び 介 護 サービスにつ いて 退 院 前 から 相 談 し 医 療 保 護 入 院 者 が 円 滑 に 地 域 生 活 に 移 行 することができるよう 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 努 力 義 務 とされているものであり 必 要 に 応 じて 紹 介 を 行 うよう 努 めること 2. 紹 介 の 方 法 (1) 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 の 方 法 については 書 面 の 交 付 による 紹 介 に 限 らず 例 えば 面 会 による 紹 介 ( 紹 介 する 地 域 援 助 事 業 者 の 協 力 が 得 られる 場 合 に 限 る )やインターネット 情 報 を 活 用 しながらの 紹 介 等 によ り 医 療 保 護 入 院 者 が 地 域 援 助 事 業 者 と 積 極 的 に 相 談 し 退 院 に 向 けて 前 向 きに 取 り 組 むことができるよう 工 夫 されたいこと (2) 紹 介 を 行 う 事 業 者 については 必 要 に 応 じて 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 先 又 はその 候 補 となる 市 町 村 へ の 照 会 を 行 うほか 精 神 保 健 福 祉 センター 及 び 保 健 所 等 の 知 見 も 活 用 すること 3. 紹 介 後 の 対 応 地 域 援 助 事 業 者 の 紹 介 を 行 った 場 合 においては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 中 心 として 医 療 保 護 入 院 者 と 当 該 地 域 援 助 事 業 者 の 相 談 状 況 を 把 握 し 連 絡 調 整 に 努 めること 4. 地 域 援 助 事 業 者 による 相 談 援 助 (1) 地 域 援 助 事 業 者 は 医 療 保 護 入 院 者 が 障 害 福 祉 サービスや 介 護 サービスを 退 院 後 円 滑 に 利 用 できるよう 当 該 地 域 援 助 事 業 者 の 行 う 特 定 相 談 支 援 事 業 等 の 事 業 やこれらの 事 業 の 利 用 に 向 けた 相 談 援 助 を 行 うこ と (2) 医 療 保 護 入 院 者 との 相 談 に 当 たっては 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 との 連 携 に 努 め 連 絡 調 整 を 図 ること (3) 相 談 援 助 を 行 っている 医 療 保 護 入 院 者 に 係 る 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 への 出 席 の 要 請 があった 場 合 には できる 限 り 出 席 し 退 院 に 向 けた 情 報 共 有 に 努 めること

28 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 責 務 (3) 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 第 33 条 の6 精 神 科 病 院 の 管 理 者 は 前 2 条 に 規 定 する 措 置 のほか 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 必 要 に 応 じて 地 域 援 助 事 業 者 と 連 携 を 図 りながら 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 による 地 域 における 生 活 への 移 行 を 促 進 するために 必 要 な 体 制 の 整 備 その 他 の 当 該 精 神 科 病 院 における 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 による 地 域 における 生 活 への 移 行 を 促 進 す るための 措 置 を 講 じなければならない 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 1. 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 趣 旨 目 的 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )は 病 院 において 医 療 保 護 入 院 者 の 入 院 の 必 要 性 について 審 議 する 体 制 を 整 備 するとともに 入 院 が 必 要 とされる 場 合 の 推 定 される 入 院 期 間 を 明 確 化 し 退 院 に 向 けた 取 組 について 審 議 を 行 う 体 制 を 整 備 することで 病 院 関 係 者 の 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 促 進 に 向 けた 取 組 を 推 進 するために 設 置 2. 対 象 者 1 在 院 期 間 が1 年 未 満 の 医 療 保 護 入 院 者 であって 入 院 時 に 入 院 届 に 添 付 する 入 院 診 療 計 画 書 に 記 載 した 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 するもの 2 在 院 期 間 が1 年 未 満 の 医 療 保 護 入 院 者 であって 委 員 会 の 審 議 で 設 定 された 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 す るもの 3 在 院 期 間 が1 年 以 上 の 医 療 保 護 入 院 者 であって 病 院 の 管 理 者 が 委 員 会 での 審 議 が 必 要 と 認 めるもの 当 該 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 する 時 期 の 前 後 概 ね2 週 間 以 内 に 委 員 会 での 審 議 を 行 うこと 入 院 時 に 入 院 届 に 添 付 する 入 院 診 療 計 画 書 に 記 載 する 推 定 される 入 院 期 間 については 既 に 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 病 状 を 把 握 しており かつ 1 年 以 上 の 入 院 期 間 が 見 込 まれる 場 合 ( 例 えば 措 置 入 院 の 解 除 後 すぐに 医 療 保 護 入 院 する 場 合 等 )を 除 き 原 則 として1 年 未 満 の 期 間 を 設 定 すること 入 院 から1 年 以 上 の 医 療 保 護 入 院 者 を 委 員 会 での 審 議 の 対 象 者 としない 場 合 は 具 体 的 な 理 由 ( 例 えば 精 神 症 状 が 重 症 であっ て かつ 慢 性 的 な 症 状 を 呈 することにより 入 院 の 継 続 が 明 らかに 必 要 な 病 状 であること 等 )を 定 期 病 状 報 告 に 記 載 すること 具 体 的 な 理 由 がない 場 合 は 原 則 として 委 員 会 での 審 議 を 行 うことが 望 ましいこと 既 に 推 定 される 入 院 期 間 経 過 時 点 から 概 ね1ヶ 月 以 内 の 退 院 が 決 まっている 場 合 ( 入 院 形 態 を 変 更 し 継 続 して 任 意 入 院 す る 場 合 を 除 く )については 委 員 会 での 審 議 を 行 う 必 要 はないこと 平 成 26 年 3 月 31 日 以 前 に 医 療 保 護 入 院 した 者 に 対 しては 病 院 の 管 理 者 が 必 要 と 認 める 場 合 に 限 り 委 員 会 を 開 催 するこ とが 可 能 ( 経 過 措 置 )

29 3. 出 席 者 1 主 治 医 ( 主 治 医 が 精 神 保 健 指 定 医 でない 場 合 は 主 治 医 以 外 の 精 神 保 健 指 定 医 も 出 席 ) 2 看 護 職 員 ( 当 該 医 療 保 護 入 院 者 を 担 当 する 看 護 職 員 が 出 席 することが 望 ましい) 3 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 41~3 以 外 の 病 院 の 管 理 者 が 出 席 を 求 める 当 該 病 院 職 員 5 医 療 保 護 入 院 者 本 人 ( 本 人 が 出 席 を 希 望 する 場 合 ) 6 医 療 保 護 入 院 者 の 家 族 等 ( 本 人 が 出 席 を 求 めた 場 合 であって 出 席 を 求 められた 者 が 出 席 要 請 に 応 じると き) 7 地 域 援 助 事 業 者 その 他 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 わる 者 (6と 同 様 ) 3が2にも 該 当 する 場 合 は その 双 方 を 兼 ねることも 可 能 であるが その 場 合 には 4の 者 であって 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 診 療 に 関 わるものを 出 席 させることが 望 ましい 7としては 入 院 前 に 当 該 医 療 保 護 入 院 者 が 通 院 していた 診 療 所 や 退 院 後 に 当 該 医 療 保 護 入 院 者 が 診 療 を 受 けることを 予 定 する 医 療 機 関 等 も 想 定 当 該 医 療 保 護 入 院 者 に 対 し 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 がこれらの 者 に 対 し 出 席 を 要 請 しなくてよい か 確 認 する 等 当 該 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 を 見 据 えた 有 意 義 な 審 議 ができる 出 席 者 となるよう 努 めること 4. 開 催 方 法 (1) 当 該 病 院 における 医 療 保 護 入 院 者 数 等 の 実 情 に 応 じた 開 催 方 法 で 差 支 えない 例 月 に1 回 委 員 会 を 開 催 することとし 当 該 開 催 日 から 前 後 2 週 間 に 推 定 される 入 院 期 間 を 経 過 する 医 療 保 護 入 院 者 を 対 象 として 出 席 者 を 審 議 対 象 者 ごとに 入 れ 替 えて 開 催 推 定 される 入 院 期 間 の 経 過 する 医 療 保 護 入 院 者 がいる 日 に 委 員 会 で 審 議 (2) 開 催 に 当 たっては 十 分 な 日 時 の 余 裕 を 持 って 審 議 対 象 となる 医 療 保 護 入 院 者 に 委 員 会 の 開 催 について 通 知 し( 通 知 例 : 別 添 様 式 1) 通 知 を 行 った 旨 を 診 療 録 に 記 載 すること 当 該 通 知 に 基 づき3 中 6 及 び7に 掲 げる 者 に 対 する 出 席 要 請 の 希 望 があった 場 合 には 当 該 希 望 があっ た 者 に 対 し ア 委 員 会 の 開 催 日 時 および 開 催 場 所 イ 医 療 保 護 入 院 者 本 人 から 出 席 要 請 の 希 望 があったこ と ウ 出 席 が 可 能 であれば 委 員 会 に 出 席 されたいこと エ 文 書 による 意 見 提 出 も 可 能 であること を 通 知 する こと 5. 審 議 内 容 委 員 会 においては 以 下 の3 点 その 他 必 要 な 事 項 を 審 議 1 医 療 保 護 入 院 者 の 入 院 継 続 の 必 要 性 の 有 無 とその 理 由 2 入 院 継 続 が 必 要 な 場 合 の 委 員 会 開 催 時 点 からの 推 定 される 入 院 期 間 32の 推 定 される 入 院 期 間 における 退 院 に 向 けた 取 組 6. 審 議 結 果 (1) 委 員 会 における 審 議 の 結 果 については 別 添 様 式 2( 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 審 議 記 録 )に 記 載 し て 記 録 するとともに 診 療 録 には 委 員 会 の 開 催 日 の 日 付 を 記 録 することとすること (2) 病 院 の 管 理 者 ( 大 学 病 院 等 においては 精 神 科 診 療 部 門 の 責 任 者 )は 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 の 審 議 状 況 を 確 認 し 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 審 議 記 録 に 署 名 すること また 審 議 状 況 に 不 十 分 な 点 がみられる 場 合 には 適 切 な 指 導 を 行 うこと (3) 審 議 終 了 後 できる 限 り 速 やかに 審 議 の 結 果 を 本 人 並 びに 当 該 委 員 会 への 出 席 要 請 を 行 った36 及 び7 に 掲 げる 者 に 対 して 別 添 様 式 3により 通 知 すること (4) 委 員 会 における 審 議 の 結 果 入 院 の 必 要 性 が 認 められない 場 合 には 速 やかに 退 院 に 向 けた 手 続 をとる こと (5) 医 療 保 護 入 院 者 退 院 支 援 委 員 会 審 議 記 録 については 定 期 病 状 報 告 の 際 に 当 該 報 告 から 直 近 の 審 議 時 のものを 定 期 病 状 報 告 書 に 添 付 すること

30 医 療 保 護 入 院 手 続 きの 見 直 し( 新 旧 の 模 式 図 ) イメージ 現 在 の 医 療 保 護 入 院 の 手 続 き 入 院 時 10 日 以 内 保 護 者 に 大 きな 負 担 入 院 長 期 化 しやすい 状 況 12か 月 ( 以 後 12か 月 ごと) 病 院 指 定 医 診 察 保 護 者 同 意 入 院 届 提 出 定 期 病 状 報 告 県 病 院 での 各 種 手 続 き の 実 施 状 況 は 年 1 回 全 病 院 に 対 して 行 う 実 地 指 導 で 確 認 受 理 精 神 医 療 審 査 会 受 理 精 神 医 療 審 査 会 見 直 し 後 の 手 続 き 入 院 時 入 院 後 早 期 10 日 以 内 入 院 当 初 から 早 期 の 退 院 を 目 指 した 手 続 きを 導 入 入 院 予 定 期 間 ( 入 院 期 限 ) 退 院 準 備 12か 月 ( 以 後 12か 月 ごと) 特 に 慎 重 な 審 査 が 必 要 な 場 合 病 院 地 域 指 定 医 診 察 家 族 等 の 同 意 相 談 支 援 退 院 後 生 活 環 境 相 談 員 を 選 任 入 院 届 提 出 入 院 予 定 期 間 を 記 載 した 入 院 診 療 計 画 を 提 出 参 画 可 院 内 の 委 員 会 で 入 院 期 間 の 更 新 につ いて 審 査 地 域 援 助 事 業 者 紹 介 地 域 の 相 談 支 援 事 業 者 定 期 病 状 報 告 退 院 に 向 けた 取 組 の 状 況 等 を 報 告 退 院 に 向 けた 具 体 的 指 示 精 神 医 療 審 査 会 が 病 院 に 出 向 いて 審 査 県 病 院 での 各 種 手 続 きの 実 施 状 況 は 年 1 回 全 病 院 に 対 して 行 う 実 地 指 導 で 確 認 受 理 精 神 医 療 審 査 会 受 理 精 神 医 療 審 査 会 精 神 医 療 審 査 会 59 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ( 平 成 25 年 6 月 13 日 成 立 同 6 月 19 日 公 布 ) 精 神 障 害 者 の 地 域 生 活 への 移 行 を 促 進 するため 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 する 指 針 ( 大 臣 告 示 )の 策 定 保 護 者 制 度 の 廃 止 医 療 保 護 入 院 における 入 院 手 続 等 の 見 直 し 等 を 行 う 1. 概 要 (1) 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 の 策 定 厚 生 労 働 大 臣 が 精 神 障 害 者 の 医 療 の 提 供 を 確 保 するための 指 針 を 定 めることとする (2) 保 護 者 制 度 の 廃 止 主 に 家 族 がなる 保 護 者 には 精 神 障 害 者 に 治 療 を 受 けさせる 義 務 等 が 課 されているが 家 族 の 高 齢 化 等 に 伴 い 負 担 が 大 きくなっている 等 の 理 由 から 保 護 者 に 関 する 規 定 を 削 除 する (3) 医 療 保 護 入 院 の 見 直 し 1 医 療 保 護 入 院 における 保 護 者 の 同 意 要 件 を 外 し 家 族 等 (*)のうちのいずれかの 者 の 同 意 を 要 件 とする * 配 偶 者 親 権 者 扶 養 義 務 者 後 見 人 又 は 保 佐 人 該 当 者 がいない 場 合 等 は 市 町 村 長 が 同 意 の 判 断 を 行 う 2 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 後 の 生 活 環 境 に 関 する 相 談 及 び 指 導 を 行 う 者 ( 精 神 保 健 福 祉 士 等 )の 設 置 地 域 援 助 事 業 者 ( 入 院 者 本 人 や 家 族 からの 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 う 相 談 支 援 事 業 者 等 )との 連 携 退 院 促 進 のための 体 制 整 備 を 義 務 付 ける (4) 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する 2. 施 行 期 日 平 成 26 年 4 月 1 日 (ただし 1.(4) 1については 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 3. 検 討 規 定 政 府 は 施 行 後 3 年 を 目 途 として 施 行 の 状 況 並 びに 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 の 福 祉 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 勘 案 し 医 療 保 護 入 院 における 移 送 及 び 入 院 の 手 続 の 在 り 方 医 療 保 護 入 院 者 の 退 院 を 促 進 するための 措 置 の 在 り 方 入 院 中 の 処 遇 退 院 等 に 関 する 精 神 障 害 者 の 意 思 決 定 及 び 意 思 の 表 明 の 支 援 の 在 り 方 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 める ときは その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずる

31 Ⅴ 精 神 医 療 審 査 会 の 見 直 しに 係 る 主 なポイント 平 成 28 年 4 月 1 日 の 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 の 見 直 し 部 分 の 施 行 に 向 け 次 期 改 選 時 に 施 行 後 を 見 越 した 改 選 が 必 要 退 院 請 求 等 の 増 加 が 見 込 まれることから 審 査 の 効 率 化 合 議 体 数 の 見 直 しが 必 要 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアルの 見 直 しを 踏 まえた 各 審 査 会 の 運 営 要 綱 等 の 見 直 しが 必 要 精 神 医 療 審 査 会 の 機 能 強 化 のための 支 援 精 神 医 療 審 査 会 の 機 能 強 化 のため 審 査 会 委 員 及 び 精 神 保 健 指 定 医 等 に 対 する 研 修 ( 法 改 正 内 容 及 び 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアル 改 正 内 容 の 周 知 等 )を 実 施 するとともに 審 査 会 が 必 要 に 応 じて 実 施 する 病 院 に 出 向 いての 意 見 聴 取 に 係 る 経 費 に 対 する 支 援 を 行 う 精 神 医 療 審 査 会 ( 精 神 保 健 福 祉 法 第 条 ) ( 事 務 : 精 神 保 健 福 祉 センター) 審 査 会 委 員 (その 学 識 経 験 に 基 づき 独 立 して 職 務 を 遂 行 ) 都 道 府 県 知 事 が 下 記 の 者 から 任 命 ( 任 期 2 年 ) 精 神 保 健 指 定 医 法 律 に 関 する 学 識 経 験 者 ( 弁 護 士 検 事 等 ) に 加 え 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 する 学 識 経 験 者 (PSW 保 健 師 等 を 想 定 )を 規 定 ( 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 平 成 28 年 4 月 施 行 ) 精 神 科 病 院 の 管 理 者 からの 医 療 保 護 入 院 の 届 出 措 置 入 院 医 療 保 護 入 院 患 者 の 定 期 病 状 報 告 < 知 事 による 審 査 の 求 め> 入 院 の 要 否 の 審 査 < 速 やかに 審 査 結 果 通 知 > 必 要 な 措 置 入 院 中 の 者 家 族 等 から 退 院 請 求 処 遇 改 善 請 求 < 知 事 による 審 査 の 求 め> 入 院 の 要 否 処 遇 の 適 不 適 の 審 査 < 速 やかに 審 査 結 果 通 知 > 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 の 長 審 査 会 の 審 査 結 果 に 基 づいて 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 の 長 は 退 院 命 令 等 の 措 置 を 採 らなければならない ( 審 査 会 決 定 の 知 事 への 拘 束 性 ) 法 第 38 条 の3 第 4 項 法 第 38 条 の5 第 5 項 当 事 者 関 係 者 に 通 知 審 査 充 実 のための 委 員 及 び 指 定 医 等 に 対 する 法 改 正 内 容 等 についての 研 修 の 実 施 ( 新 規 )26 年 度 予 算 額 1,216 千 円 病 院 に 出 向 いての 意 見 聴 取 に 係 る 経 費 に 対 する 支 援 ( 新 規 )26 年 度 予 算 額 5,506 千 円

32 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し(1) 1 精 神 医 療 審 査 会 の 委 員 として 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 を 規 定 する 第 14 条 精 神 医 療 審 査 会 は その 指 名 する 委 員 5 人 をもって 構 成 する 合 議 体 で 審 査 の 案 件 を 取 り 扱 う 2 合 議 体 を 構 成 する 委 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とし その 員 数 は 当 該 各 号 に 定 める 員 数 以 上 とする 一 精 神 障 害 者 の 医 療 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 2 二 精 神 障 害 者 の 保 健 又 は 福 祉 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 1 三 法 律 に 関 し 学 識 経 験 を 有 する 者 1 本 条 の 改 正 の 施 行 は 平 成 28 年 4 月 1 日 精 神 医 療 審 査 会 に 関 する 見 直 し(2) 2 精 神 医 療 審 査 会 に 対 し 退 院 等 の 請 求 をできる 者 として 入 院 者 本 人 とともに 家 族 等 を 規 定 する ( 退 院 等 の 請 求 ) 第 38 条 の4 精 神 科 病 院 に 入 院 中 の 者 又 はその 家 族 等 (その 家 族 等 がない 場 合 又 はその 家 族 等 の 全 員 がその 意 思 を 表 示 することができない 場 合 にあっては その 者 の 居 住 地 を 所 管 する 市 町 村 長 )は 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 都 道 府 県 知 事 に 対 し 当 該 入 院 中 の 者 を 退 院 させ 又 は 精 神 科 病 院 の 管 理 者 に 対 し その 者 を 退 院 させることを 命 じ 若 しくはその 者 の 処 遇 の 改 善 のために 必 要 な 措 置 を 採 ることを 命 じることを 求 め ることができる

33 審 査 会 について 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアルの 主 な 改 正 点 平 成 25 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 障 害 者 対 策 総 合 研 究 事 業 ) 研 究 班 の 研 究 結 果 を 受 け 精 神 医 療 審 査 会 運 営 マニュアルを 改 正 意 見 聴 取 等 への 予 備 委 員 の 活 用 審 査 会 は 各 合 議 体 の 状 況 に 応 じて 合 議 体 を 構 成 しない 委 員 を 合 議 体 での 審 査 の 前 提 となる 意 見 聴 取 や 診 察 を 行 うための 予 備 委 員 として 置 くことができるものとする 退 院 等 の 請 求 について 書 面 による 意 見 聴 取 の 活 用 原 則 として 面 接 の 上 当 該 請 求 に 関 しての 意 見 聴 取 を 行 うことが 望 ましいが 審 査 会 の 判 断 で 書 面 を 提 出 させることにより 意 見 聴 取 を 行 うことができる 意 見 聴 取 の 必 要 性 の 整 理 審 査 会 は 審 査 をするに 当 たって 請 求 の 内 容 を 適 切 に 把 握 するため 法 第 38 条 の5 第 3 項 に 基 づき 退 院 等 の 請 求 をした 者 及 び 当 該 審 査 に 係 る 入 院 中 の 者 が 入 院 している 精 神 科 病 院 の 管 理 者 の 意 見 を 聴 かなければならないこととする ただし 当 該 請 求 受 理 以 前 6ヶ 月 以 内 に 意 見 聴 取 を 行 っている 場 合 及 び 同 一 案 件 について 複 数 の 者 から 請 求 があった 場 合 等 において 重 ね て 意 見 聴 取 を 行 う 必 要 が 乏 しいと 認 められるときは この 限 りではない 定 期 の 報 告 等 の 審 査 について 事 前 の 書 類 審 査 による 疑 義 事 項 の 明 確 化 審 査 会 は 当 該 審 査 を 行 う 合 議 体 の 委 員 に 対 して 事 前 に 当 該 審 査 資 料 を 送 付 する 等 により 検 討 を 依 頼 することができる また 必 要 事 項 の 記 載 漏 れ 等 を 事 前 に 点 検 しておくことが 望 ましい ( 参 考 ) 厚 生 労 働 省 ホームページ 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について 改 正 精 神 保 健 福 祉 法 に 係 る 省 令 通 知 Q&A 様 式 等 については 以 下 の 厚 生 労 働 省 ホームページに 掲 載 して います kaigo/shougaishahukushi/kaisei_seisin/index.html 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 について 平 成 26 年 度 診 療 報 酬 改 定 に 係 る 省 令 告 示 通 知 疑 義 解 釈 等 については 以 下 の 厚 生 労 働 省 ホームページに 掲 載 しています html

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者 H5.9.8 子 ども 子 育 て 会 議 企 画 会 認 可 保 育 施 設 における 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 )の 一 部 見 直 しについて 見 直 しの 理 由 平 成 8 年 用 保 育 施 設 利 用 申 込 みにあたり 平 成 年 の 申 込 状 況 を 踏 まえ 認 可 保 育 施 設 の 利 用 調 整 等 を 検 討 する 中 で 基 準 を 一 部 見 直

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information