血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ"

Transcription

1 No.11 かまぼこには DNA を 守 る 力 がある! 研 究 タイトル; 新 たに 開 発 した 脱 塩 基 DNA 法 で 評 価 する かまぼこ の 癌 予 防 効 果 主 任 研 究 者 ; 原 田 和 樹 (( 独 ) 水 産 大 学 校 食 品 科 学 科 食 品 加 工 利 用 学 講 座 教 授 ) 研 究 目 的 ; かまぼこには 癌 の 予 防 効 果 があるかどうかを 調 べるために 癌 を 起 こす 原 因 の 一 つ と 言 われています 活 性 酸 素 (フリーラジカル)が DNA( 遺 伝 子 )に 与 える 傷 害 から かまぼこがどれだけ DNA を 守 ることができるかどうかを 試 験 管 内 で 調 べました 方 法 は DNA の 中 にある 遺 伝 暗 号 アデニン グアニン シトシン チミンと 呼 ばれ る 塩 基 への 傷 を 見 ることができる 新 しい 方 法 脱 塩 基 DNA 法 を 開 発 して 活 性 酸 素 の 中 で 最 も 生 体 を 傷 付 けるとされていますヒドロキシラジカルに 注 目 しました 研 究 結 果 ; 私 達 の 今 までの 研 究 では 魚 で 作 った 醤 油 ( 魚 醤 油 )には 活 性 酸 素 を 除 去 してく れる 力 が 強 く 高 い 抗 酸 化 能 を 有 していると 評 価 していますが その 時 のヒドロキ シラジカルから DNA が 傷 付 けられること 防 ぐ 割 合 ( 防 御 率 )は 67.~69.8%でし た 今 回 主 に 山 口 県 産 のかまぼこを 調 べたのですが 下 の 表 からわかります 様 に 焼 抜 きかまぼこでは 91.2% 蒸 しかまぼこでは 7.% 焼 ちくわでは 66.7% 揚 げか まぼこでは 82.8%という 高 い 防 御 率 を 示 すかまぼこがありました また 体 の 中 に かまぼこが 入 って 消 化 酵 素 ペプシンで 分 解 されたことを 想 定 した 試 験 管 内 実 験 では もとのかまぼこに 比 べて 防 御 率 が 増 大 することも 判 明 しました 以 上 のことから かまぼこには 活 性 酸 素 から DNA を 守 る 高 い 防 御 能 があることがわかり 更 に 体 に 入 って 消 化 酵 素 の 分 解 を 受 けると 防 御 能 が 約 1.5 倍 に 増 大 することもわかり ました かまぼこの DNA 損 傷 防 御 率 (データの 一 部 ) かまぼこの 種 類 防 御 率 (%) かまぼこの 種 類 防 御 率 (%) 焼 抜 きかまぼこ 焼 抜 きかまぼこ 焼 抜 きかまぼこ 蒸 しかまぼこ 焼 抜 きかまぼこ 蒸 しかまぼこ2 7. 焼 抜 きかまぼこ3+ペプシン 92.3 ゆでかまぼこ 焼 抜 きかまぼこ 焼 ちくわ 焼 抜 きかまぼこ 焼 ちくわ 焼 抜 きかまぼこ7+ペプシン 58.4 揚 げかまぼこ 数 字 が 大 きい 程 防 御 能 が 高 いことを 示 しています かまぼこの 番 号 は 製 品 の 違 いを 表 しています

2 血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフード 科 学 講 座 客 員 教 授 研 究 目 的 ; 昨 年 度 の 助 成 研 究 では かまぼこの 各 種 生 活 習 慣 病 に 対 する 作 用 を 検 討 し マダラ かまぼこに 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 があることを 見 出 した 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 をもつ 食 品 は 糖 尿 病 を 防 ぐために 有 用 であることが 知 られている 糖 尿 病 は 最 も 身 近 な 生 活 習 慣 病 の 一 つであると 共 に その 患 者 数 はますます 増 える 傾 向 にある 22 年 の 厚 生 労 働 省 の 糖 尿 病 実 態 調 査 によれば 糖 尿 病 の 患 者 数 は 予 備 軍 も 含 めて 162 万 人 と 言 われている 糖 尿 病 になって 起 こる 網 膜 症 腎 症 末 梢 神 経 障 害 は 三 大 合 併 症 と 呼 ばれ 糖 尿 病 の 患 者 に 致 命 的 なダメージを 与 える 今 年 度 は 血 糖 値 上 昇 抑 制 の メカニズムや 魚 種 や 加 工 法 の 違 いによる 血 糖 値 の 上 昇 抑 制 効 果 を 調 べた 研 究 結 果 ; マダラのみならずイサキ マダイを 用 いたかまぼこも 顕 著 な 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 を 示 した また マダラにおいて 生 すり 身 ではその 効 果 が 見 られなかった また かまぼこ 状 でない 蒸 したすり 身 には 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 が 見 られたが( 図 1) かま ぼこをタンパク 質 分 解 酵 素 処 理 した 時 には 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 が 診 られなかったこ とから 魚 類 に 普 遍 的 に 含 まれており 加 熱 処 理 を 受 けたタンパク 質 が 血 糖 値 上 昇 の 抑 制 に 関 与 していることが 示 唆 された また かまぼこ 摂 取 後 血 中 インスリン 濃 度 が 上 昇 したことから( 図 2) インスリン 分 泌 促 進 を 介 して 血 糖 値 の 上 昇 を 抑 制 したことが 示 唆 された :コントロール 群 (グルコース 1mg/kg) :かまぼこ 群 (かまぼこ 8mg/kg+グルコース 1mg/kg) Data are expressed as mean ±S.E n=8 ( p<.5 vs control) 15 1 :コントロール 群 (スクロース 2mg/kg) :マダラかまぼこ 群 (かまぼこ 8mg/kg+スクロース 2mg/kg) 5 :マダラかまぼこ 群 (かまぼこ 8mg/kg+スクロース 2mg/kg) : 蒸 したマダラ 群 (かまぼこ 8mg/kg 中 に 含 まれる 魚 肉 +スクロース 2mg/kg) Data are expressed as mean ±S.E n=8 ( p<.5, p<.1 p<.5 vs control) 時 間 ( 分 ) 時 間 ( 分 ) 図 1 蒸 したすり 身 とかまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 図 2 かまぼこのインスリン 分 泌 促 進 作 用

3 イ ン ス リ ン 濃 ng/ml 度 No.13 かまぼこは 血 圧 と 血 糖 値 の 上 昇 を 抑 制 する! 研 究 タイトル; カマボコおよびカマボコ 酵 素 分 解 物 による 耐 糖 能 異 常 の 改 善 主 任 研 究 者 ; 村 上 哲 男 ( 近 畿 大 学 農 学 部 食 品 栄 養 学 科 ) 研 究 目 的 ; 日 本 人 は 欧 米 人 に 比 べ 糖 尿 病 になりやすい その 原 因 としてインスリン 分 泌 量 が 欧 米 人 の 半 分 しかないことがわかってきた さらに, 日 本 人 には 高 血 圧 症 と 糖 尿 病 を 合 併 して 発 症 している 場 合 が 多 い これらの 病 気 をあわせもった SHRSP( 脳 卒 中 易 発 症 性 高 血 圧 自 然 発 症 ラット)というラットは, 日 本 人 的 な 生 活 習 慣 病 のモ デル 動 物 として 汎 用 されている そこで,このラットにカマボコを 食 べさせて, 血 圧 と 血 糖 値 について 調 べた 研 究 結 果 ; SHRSP にかまぼこを 食 べさせると, 血 圧 の 上 昇 が 抑 制 され, 食 後 の 血 糖 値 も 低 くなった その 理 由 として, 食 後 のインスリン 分 泌 量 が 増 加 したためと 考 えられ た これらの 結 果 から,かまぼこは, 高 血 圧 や 糖 尿 病 の 予 防 に 有 益 であると 考 えら れた 25 収 縮 期 血 圧 (mmhg) 血 糖 値 g/dl 対 照 群 n=6) ( 蒲 鉾 群 群 (n=7) ( 対 照 群 (n=6) 対 照 群 (n=6) 蒲 鉾 群 (n=7) 16 対 照 群 (n=6) 蒲 鉾 群 (n=7) 週 齢 糖 負 荷 後 の 時 間 ( 分 )

4 神 経 成 長 因 子 産 生 量 [pg/ml] No.14 かまぼこは 認 知 症 の 予 防 に 効 果 的 である! 研 究 タイトル; かまぼこ 製 品 の 認 知 症 予 防 の 効 果 主 任 研 究 者 ; 小 嶋 文 博 研 究 目 的 ; 高 齢 化 社 会 となり アルツハイマー 病 をはじめとする 認 知 症 患 者 の 数 も 急 上 昇 する と 予 想 されている 認 知 症 患 者 と 健 常 者 の 食 生 活 に 関 する 疫 学 調 査 から アルツハ イマー 型 認 知 症 患 者 は 健 常 者 に 比 べて 魚 の 摂 取 が 非 常 に 少 ないということが 分 って きた このことから 認 知 症 を 予 防 するには 魚 を 多 く 摂 取 することが 有 効 だろうと 予 想 される 魚 を 摂 取 することのよい 点 は DHA などの n-3 系 多 価 不 飽 和 脂 肪 酸 を 摂 取 できる 点 であると 考 えられている かまぼこは 平 安 時 代 より 食 されている 魚 蛋 白 質 の 変 性 を 利 用 した 日 本 伝 統 の 加 工 食 品 である そこで ここでは 既 知 の DHA ではなく かまぼこに 含 まれる 魚 蛋 白 質 に 注 目 し 認 知 症 予 防 の 観 点 からその 機 能 性 を 評 価 してみることにした 研 究 結 果 ; DHA 等 の 影 響 を 取 り 除 くためにかまぼこを 十 分 脱 脂 し 洗 浄 した 後 残 ったかまぼ こ 蛋 白 質 を 消 化 酵 素 ( 蛋 白 質 分 解 酵 素 )であるトリプシンで 分 解 を 行 った これに より 私 達 がかまぼこを 食 べた 場 合 と 同 じようなペプチドの 混 合 物 が 得 られたものと 考 えられる このペプチド 混 合 物 を ラット 胎 児 脳 から 得 て 培 養 したアストログリ ア 細 胞 ( 神 経 細 胞 の 一 種 )の 培 養 液 中 に 添 加 し アストログリア 細 胞 が 作 り 出 す 神 経 細 胞 の 栄 養 剤 である 神 経 成 長 因 子 の 量 にどのような 影 響 があるかを 調 べてみた その 結 果 かまぼこペプチドを 添 加 しない 対 照 と 比 べて かまぼこペプチドを 添 加 した 各 群 (3 種 のかまぼこを 使 用 )では 神 経 成 長 因 子 の 産 生 量 が 有 意 に 増 加 し その 活 性 の 強 さはエピネフリンと 同 等 あるいはそれを 上 回 る 強 さであった このこ とから かまぼこを 摂 取 することは 神 経 細 胞 の 健 康 維 持 に 必 要 な 神 経 成 長 因 子 産 生 量 の 増 加 に 役 立 ち かまぼこは 認 知 症 の 予 防 に 効 果 的 であることが 期 待 できる エヒ ネフリン イトヨリタ イ スケトウタ ラ 笹 かま(タラ) 対 照 図 各 種 かまぼこ 製 品 のNGF 産 生 誘 導 作 用 のエピネフリンとの 比 較 (:p<.5( 対 照 に 対 するt- 検 定 )

5 癌 増 殖 抑 制 率 (%) No.15 かまぼこは 癌 の 増 殖 を 抑 制 する! 研 究 タイトル; 進 行 性 癌 のかまぼこ 製 品 摂 食 による 増 殖 抑 制 効 果 主 任 研 究 者 ; 関 西 大 学 工 学 部 生 物 工 学 科 食 品 工 学 研 究 室 助 教 授 福 永 健 治 研 究 目 的 ; わが 国 の 死 亡 原 因 の 一 位 は 癌 であり その 比 率 は 増 加 の 一 途 をたどっている 癌 による 死 亡 を 効 果 的 に 抑 制 するには, 予 防, 早 期 発 見, 早 期 治 療 は 大 前 提 である しか し, 進 行 性 癌 については, 増 殖 および 転 移 を 抑 制 することによって, 効 果 的 に 予 後 の 改 善, QOL の 向 上 をはかることが 可 能 で, 死 亡 の 減 少 も 期 待 できる そこで 本 研 究 で は, 進 行 性 癌 に 対 するかまぼこ 製 品 摂 取 による 増 殖 抑 制 効 果 について 評 価 すること を 目 的 に,マウスに 癌 ( 骨 髄 細 胞 腫 瘍 ;SP2)を 移 植 したモデル 系 を 用 いて 検 討 した 研 究 結 果 ; SP2 を 移 植 したマウスにかまぼこを 含 む 餌 料 を 給 餌 して, 増 殖 抑 制 効 果 を 検 討 し た その 結 果, 餌 料 中 かまぼこ 配 合 量 依 存 的 に 癌 の 増 殖 を 抑 制 することがわかった 餌 料 中 タンパク 質 の 2 および 5%をかまぼこ 由 来 タンパク 質 に 置 換 した 場 合, 癌 細 胞 の 増 殖 は 効 果 的 に 抑 制 され( 下 図 ), 延 命 効 果 も 認 められた 癌 の 増 殖, 転 移 にとも なう 血 管 新 生 に 関 与 する 酵 素 であるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP) 活 性 についても, MMP-9 で 配 合 割 合 依 存 的 にかまぼこ 給 餌 で 低 下 がみられ,MMP-2 は 5% 群 で 低 下 傾 向 がみられた また, 抑 制 効 果 は,タンパク 質 のアミノ 酸 組 成 に 依 存 するのではなく,かまぼこ 由 来 タンパク 質 の 消 化 過 程 で 産 生 するペプチドあるいは タンパク 質 加 水 分 解 物 が 血 管 の 新 生 を 抑 制 し 栄 養 状 態 を 改 善 した 結 果 である かまぼこ5% かまぼこ2% かまぼこ5% かまぼこ 給 餌 による 進 行 性 移 植 癌 抑 制 効 果 n=1, 平 均 値 ± 標 準 偏 差, 対 照 群 に 対 する 相 対 値

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

Taro-表紙.jtd

Taro-表紙.jtd 資 料 7 品 質 表 示 基 準 の 見 直 しについて 特 殊 包 装 かまぼこ 類 平 成 21 年 8 月 28 日 農 林 物 資 規 格 調 査 会 総 会 特 殊 包 装 かまぼこ 類 品 質 表 示 基 準 の 見 直 しについて( 案 ) 平 成 21 年 8 月 28 日 農 林 水 産 省 1 趣 旨 JAS 規 格 及 び 品 質 表 示 基 準 の 制 定 見 直 しの

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉 脂 質 栄 養 に 関 する 日 中 比 較 とオメガ 3 系 列 脂 肪 酸 の 生 理 機 能 に 関 する 研 究 家 政 教 育 専 修 59 黄 鐘 倩.はじめに 日 本 では 過 去 年 間 に 食 生 活 の 欧 米 化 により 脂 質 摂 取 量 が 3 倍 以 上 に 増 大 し メタボリ ック 症 候 群 や 生 活 習 慣 病 が 増 加 した こうした 量 的 変 化 の 弊

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

Unknown

Unknown 蛋 白 窒 素 合 物 22 蛋 白 窒 素 合 物 糖 および 糖 質 関 連 物 質 糖 および 糖 質 関 連 物 質 23 アミノ 酸 24 アミノ 酸 酵 素 関 連 物 質 酵 素 関 連 物 質 25 酵 素 関 連 物 質 26 酵 素 関 連 物 質 酵 素 アイソザイム 体 色 素 膠 質 反 応 酵 素 アイソザイム 体 色 素 膠 質 反 応 27 理 機 能 28 理 機

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

1章A_責了.indd

1章A_責了.indd Ⅰ 章 赤 血 球 系 骨 髄 増 殖 性 疾 患 A 鉄 欠 乏 性 貧 血 Q 1 病 態, 診 断, 治 療 指 針 は? l 血 鉄 図 1 鉄 の 体 内 動 態 2 A. 鉄 欠 乏 性 貧 血 表 1 鉄 摂 取 量 の 年 次 推 移 ( 一 人 一 日 あたり) 年 鉄 摂 取 量 (mg) 1975 1980 10.8 10.4 1985 10.8 1990 11.1 1995

More information

Untitled

Untitled 目 的 : 角 膜 移 植 手 術 において 拒 絶 反 応 は 予 後 に 影 響 する 最 も 大 きな 因 子 の 一 つであるが 現 在 のところ 拒 絶 反 応 の 出 現 を 予 測 することは 困 難 である 角 膜 の 免 疫 学 的 体 系 の 研 究 が 進 められているが 拒 絶 反 応 におけるメカニズムはいまだに 明 らかにされていない 角 膜 に 拒 絶 反 応 がおこったときの

More information

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc 研 究 成 果 報 告 書 事 業 名 ( 補 助 金 名 ) : 基 盤 的 研 究 開 発 育 成 事 業 ( 研 究 開 発 シーズ 育 成 補 助 金 ) 研 究 開 発 テーマ 名 : エノキ 水 溶 性 画 分 からのβ グルカンを 中 心 とした 医 薬 品 素 材 の 生 産 開 発 研 究 代 表 者 名 : 櫛 泰 典 帯 広 畜 産 大 学 / 教 授 共 同 研 究 者 名

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植 エイコサペンタエン 酸 ()は 青 魚 の 脂 肪 に 多 く 含 まれている 必 須 脂 肪 酸 です これまでに 心 血 管 系 疾 患 の 予 防 炎 症 を 抑 える 作 用 などが 知 られていま したが 新 たに 運 動 持 久 力 を 高 め ドライアイの 症 状 を 和 らげる 効 果 もあるこ とが 分 かってきました の 新 しい 機 能 について 小 林 悟 先 生 守 口 徹

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

寺さんのもっと健康セミナー (その3) 脳血管疾患

寺さんのもっと健康セミナー (その3) 脳血管疾患 脳 血 管 疾 患 はガン 心 疾 患 についで 死 亡 率 が 高 い 右 図 参 照 親 鴨 会 会 員 には 脳 血 管 疾 患 を 患 っている 方 がおられるため 発 病 後 の 改 善 を 中 心 に 書 きます 疾 患 の 予 防 に 関 しても 第 6 章 に 書 きました 近 年 話 題 となっている 認 知 症 に 関 しては 死 亡 率 よりも 介 護 の 観 点 が 高 いた

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム 60 秒 でわかるプレスリリース 2007 年 12 月 3 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 アレルギー 反 応 を 制 御 する 重 要 分 子 STIM1 を 発 見 - 細 胞 外 からのカルシウム 流 入 が アレルギー 反 応 を 引 き 起 こす - 鼻 がむずむずして くしゃみが 止 まらない 体 中 がかゆくて ついつい 引 っかいて しまう 花 粉 症 やアレルギー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378> Press Release 2014 年 7 30 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 共 同 医 師 200 名 に 聞 く 医 薬 品 に 関 する 意 識 調 査 を 発 表 医 師 の 約 8 割 が 副 作 が 少 なく 安 全 性 の い バイオ 医 薬 品 に 期 待 薬 で 治 ると 考 える

More information

BPO 食 物 発 酵 エキス ポリフェノールとは? ポリフェノール= 抗 酸 化 作 用 酸 化 を 防 ぐこと ポリフェノールとは? 光 合 成 によってつくられる 植 物 の 色 素 や 苦 味 成 分 で からだに 弊 害 を 起 こす 活 性 酸 素 を 除 去 する 抗 酸 化 作 用

BPO 食 物 発 酵 エキス ポリフェノールとは? ポリフェノール= 抗 酸 化 作 用 酸 化 を 防 ぐこと ポリフェノールとは? 光 合 成 によってつくられる 植 物 の 色 素 や 苦 味 成 分 で からだに 弊 害 を 起 こす 活 性 酸 素 を 除 去 する 抗 酸 化 作 用 BPO 食 物 発 酵 エキス 複 合 発 酵 ポリフェノール 抗 酸 化 発 酵 機 能 性 原 料 BPO 販 売 技 術 支 援 株 式 会 社 TNBコーポレーション 1 BPO 食 物 発 酵 エキス ポリフェノールとは? ポリフェノール= 抗 酸 化 作 用 酸 化 を 防 ぐこと ポリフェノールとは? 光 合 成 によってつくられる 植 物 の 色 素 や 苦 味 成 分 で からだに

More information

対 象 と 方 法 EGFR T790M 変 異 配 列 における MHC class I 結 合 ペプチドを 複 数 のサーバーにて 予 測 し HLA-A2 拘 束 性 のペプチド(T790M-5:MQLMPFGCLL, T790M-:LIMQLMPFGCL)を 用 意 した HLA-A2 陽

対 象 と 方 法 EGFR T790M 変 異 配 列 における MHC class I 結 合 ペプチドを 複 数 のサーバーにて 予 測 し HLA-A2 拘 束 性 のペプチド(T790M-5:MQLMPFGCLL, T790M-:LIMQLMPFGCL)を 用 意 した HLA-A2 陽 氏 名 ( 本 籍 ) 学 位 の 種 類 報 告 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 論 文 題 目 論 文 審 査 委 員 やま 山 だ 田 てっ 哲 ぺい 平 ( 福 岡 県 ) 博 士 ( 医 学 ) 甲 第 1553 号 平 成 27 年 3 月 24 日 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 ( 課 程 博 士 ) EGFR T790M Mutation

More information

(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ

(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ 糖 質 とは 炭 水 化 物 のうち, 消 化 管 内 で 消 化 酵 素 によって 加 水 分 解 を 受 けて 吸 収 される 物 質,あるいはそのま ま 吸 収 を 受 ける 物 質 を 糖 質 という また, 消 化 吸 収 を 受 けない 炭 水 化 物 を 食 物 繊 維 という 糖 質 には,そのまま 小 腸 で 吸 収 を 受 けるグルコース(ブドウ 糖 ),フルクトース( 果 糖

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \223\234\224A\225a.ppt) 小 林 クリニック 外 来 看 護 部 糖 尿 病 糖 尿 病 とは 食 事 で 摂 った 糖 質 をうまくエネルギーとして 活 用 できず 血 液 中 のブドウ 糖 の 濃 度 ( 血 糖 値 )が 慢 性 的 に 高 くなる 状 態 を 言 います ブドウ 糖 を 細 胞 内 に 取 り 込 んでエネルギーに 変 えるには 膵 臓 から 分 泌 されるインスリンが 必 要 ですが その 分 泌

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

はじめに 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 は 全 ての 疾 患 の 治 療 の 基 本 であり 特 に 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 高 血 圧 など 生 活 習 慣 関 連 疾 患 の 投 薬 を 含 む 治 療 においては その 効 果 的 実 践 が 望 まれる インスリン 以 外

はじめに 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 は 全 ての 疾 患 の 治 療 の 基 本 であり 特 に 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 高 血 圧 など 生 活 習 慣 関 連 疾 患 の 投 薬 を 含 む 治 療 においては その 効 果 的 実 践 が 望 まれる インスリン 以 外 報 告 要 旨 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 指 導 における 問 題 点 と 実 践 による 有 効 性 児 成 会 生 習 センター 済 生 会 千 里 病 院 内 科 kkニチダン 栄 養 究 所 国 立 循 環 器 病 研 究 センター 客 員 研 究 員 原 納 優 はじめに 食 事 運 動 生 活 習 慣 改 善 は 全 ての 疾 患 の 治 療 の 基 本 であり 特 に 糖

More information

薬物とは

薬物とは 薬 理 学 とは 薬 と 生 体 との 相 互 作 用 の 結 果 起 こる 現 象 を 研 究 する 科 学 である 1) 病 気 病 態 についての 知 識 が 必 要 2) 薬 物 そのものや 薬 物 とその 薬 物 を 与 えられるヒト( 患 者 )との 関 係 についての 十 分 な 知 識 が 必 要 この 知 識 を 重 点 的 に 与 えるのが 薬 理 学 である 病 気 の 治 療

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

024-093_新_臨床研修-1_cs5.indd

024-093_新_臨床研修-1_cs5.indd 血 液 リウマチ 膠 原 病 科 科 長 のメッセージ 血 液 疾 患 の 多 くは 正 に 適 切 な 治 療 により 救 命 しうるかどうかの 内 科 的 緊 急 疾 患 です 自 己 免 疫 疾 患 膠 原 病 は 全 身 に 多 岐 の 症 状 が 出 現 し 難 病 として 苦 しむ 患 者 が 多 数 います いずれも 専 門 医 は 少 なく 当 科 の 研 修 によって 専 門 的

More information

血清アルブミン濃度と      6分間歩行距離の関係について

血清アルブミン濃度と      6分間歩行距離の関係について 低 栄 養 状 態 時 における 運 動 療 法 の 進 め 方 研 究 発 表 報 告 血 清 アルブミン 濃 度 と6 分 間 歩 行 距 離 の 関 係 について 血 清 アルブミン 濃 度 と 握 力 体 重 の 関 係 について 理 学 療 法 実 施 患 者 の 栄 養 状 態 に 関 する 調 査 研 究 低 栄 養 状 態 時 における 運 動 療 法 の 進 め 方 公 立 長 生

More information

Microsoft Word - 212J4054.docx

Microsoft Word - 212J4054.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2014 年 1 月 糖 分 摂 取 が 気 分 に 及 ぼす 影 響 指 導 山 口 創 先 生 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 212J4054 原 野 有 紗 目 次 1. 序 論... 1 2. 方 法... 1 対 象 者... 1 調 査 内 容... 1 実 験 の 手 続 き... 2 分 析 方 法... 2 3. 結 果 と 考

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

News Letter 2014.08.JP

News Letter 2014.08.JP 台 湾 に 於 けるサプリメント 輸 入 管 理 規 範 前 書 き 台 湾 が 高 齢 化 社 会 へ 進 むに 伴 い 人 々は 益 々 健 康 志 向 が 高 まり 日 々の 食 事 か らの 栄 養 摂 取 するほか サプリメントを 通 じて 不 足 しがちな 栄 養 を 補 足 しよ うと 望 むようになった サプリメントの 形 態 も 従 来 のビタミン 剤 から 現 在 の 人 体 特

More information

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性 2016 年 6 月 23 日 放 送 新 しい 糖 尿 病 治 療 薬 の 使 い 方 虎 の 門 病 院 内 分 泌 代 謝 科 部 長 森 保 道 糖 尿 病 の 90% 以 上 を 占 める 2 型 糖 尿 病 は インスリン 作 用 の 障 害 とインスリン 分 泌 不 全 の 2 つの 病 態 によって 血 糖 調 節 機 構 が 破 たんし 慢 性 の 高 血 糖 を 呈 する 疾 患

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

Microsoft Word - 2.武藤(修正版

Microsoft Word - 2.武藤(修正版 カリウムの 有 効 性 と 安 全 性 武 藤 重 明 自 治 医 科 大 学 透 析 部 / 腎 臓 内 科 教 授 1. 体 液 とは? 私 たちの 身 体 の 約 60% は 水 (これを 体 液 と 呼 びます) で 構 成 されています( 図 1) すなわち 体 重 60 kg の 人 で はその 60% 36 l が 水 で これを 総 体 液 量 (または 全 体 液 量 )といいます

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 糖 尿 病 の 検 査 次 の 質 問 に 答 えてみてください 1. 血 糖 の 基 準 値 を 知 っていますか? (1 はい 2 いいえ) 2.ヘモグロビンA1cはどの 程 度 の 期 間 の 血 糖 値 の 平 均 を あらわす 指 標 ですか? (1 2~3 日 前 2 1~2 週 間 前 3 1~2カ 月 前 ) 3. 糖 尿 病 の 診 断 に 用 いるヘモグロビンA1cの 値 は?

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

Microsoft Word - Japan4

Microsoft Word - Japan4 ソフィーβグルカン β グルカン 培 養 液 ベーター1.3-1.6 β-グルカン 1.3-1.6 培 養 液 について グルカンとは? ブドウ 糖 のみが 多 数 つながった 多 糖 類 の 総 称 です 代 表 例 デンプン セルロース 多 糖 ( 類 )とは? ブドウ 糖 果 糖 などの 糖 質 の 最 小 単 位 を 単 糖 と 呼 び つながった 単 糖 の 数 で 二 糖 類 三 糖 類

More information

樫本、芝野

樫本、芝野 論 文 審 査 の 要 旨 お よ び 担 当 者 学 位 申 請 者 大 野 秀 樹 ( 大 野 犬 猫 病 院 ) 学 位 論 文 題 目 イ ヌ の 前 十 字 靭 帯 断 裂 に お け る A n d r o g e n の 関 与 に 関 す る 研 究 担 当 者 主 査 北 里 大 学 教 授 副 査 北 里 大 学 教 授 副 査 北 里 大 学 准 教 授 岡 野 昇 三 渡 辺

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾 ピロリ 菌 と 胃 がん 荒 木 産 婦 人 科 肛 門 科 荒 木 常 男 2014 年 12 月 31 日 作 成 目 次 1. 日 本 人 の 男 女 別 胃 がん 罹 患 数 死 亡 数 と 年 齢 階 級 別 罹 患 率 死 亡 率 推 移 2. 胃 がんの 主 たる 原 因 はピロリ 菌 感 染 による 慢 性 胃 炎 です 3.ピロリ 菌 感 染 が 小 児 期 からずっとない 成 人

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

<計画策定にあたって>

<計画策定にあたって> 南 足 柄 市 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 実 施 計 画 ( 第 2 期 ) 南 足 柄 市 平 成 25 年 3 月 もくじ Ⅰ 計 画 の 概 要 1 計 画 を 策 定 するにあたって 1 (1) 背 景 と 趣 旨 (2) メタボリックシンドロームに 着 目 する 意 義 2 南 足 柄 市 の 概 要 3 (1) 人 口 (2) 老 年 人 口 率 (3) 死 亡

More information

原 因 菌 とリスク 因 子 内 因 性 真 菌 性 眼 病 変 の 原 因 となる 真 菌 で 最 も 多 いものはカンジダ 属 で 90%を 占 める とされています カンジダ 属 の 他 にはアスペルギルス 属 クリプトコックス 属 などが 続 きます カンジダ 属 のなかでは Candida

原 因 菌 とリスク 因 子 内 因 性 真 菌 性 眼 病 変 の 原 因 となる 真 菌 で 最 も 多 いものはカンジダ 属 で 90%を 占 める とされています カンジダ 属 の 他 にはアスペルギルス 属 クリプトコックス 属 などが 続 きます カンジダ 属 のなかでは Candida 2014 年 9 月 17 日 放 送 真 菌 性 眼 内 炎 の 予 防 と 治 療 兵 庫 医 科 大 学 感 染 制 御 部 講 師 中 嶋 一 彦 はじめに カンジダ 血 症 真 菌 による 眼 内 感 染 症 は 眼 科 手 術 や 外 傷 コンタクトレンズなどが 原 因 でフサリウム 属 やアスペルギルス 属 などの 糸 状 菌 による 感 染 症 を 生 じる 外 因 性 のもの と

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 2015 年 4 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 処 方 箋 医 薬 品 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution

More information

に 効 果 的 な 秘 密 ココナッツオイルが 便 秘 解 消 に 効 果 的 なのは 優 れた 整 腸 作 用 があるからです 体 内 に 溜 まってしまった 便 を 除 去 し 弱 っている 腸 の 働 きを 活 発 にしてくれま す オイルを 摂 取 すると 太 るのではないかと 不 安 にな

に 効 果 的 な 秘 密 ココナッツオイルが 便 秘 解 消 に 効 果 的 なのは 優 れた 整 腸 作 用 があるからです 体 内 に 溜 まってしまった 便 を 除 去 し 弱 っている 腸 の 働 きを 活 発 にしてくれま す オイルを 摂 取 すると 太 るのではないかと 不 安 にな 別 添 消 表 対 第 472 号 平 成 28 年 3 月 31 日 ココナッツジャパン 株 式 会 社 代 表 取 締 役 竹 中 靖 典 殿 消 費 者 庁 長 官 板 東 久 美 子 ( 公 印 省 略 ) 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づく 措 置 命 令 貴 社 は 貴 社 が 供 給 する エクストラバージンココナッツオイル と

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

本 日 の 内 容 糖 尿 病 とは? ( 前 回 の 復 習 ) 糖 尿 病 の 合 併 症 糖 尿 病 とメタボリックシンドローム 糖 尿 病 のコントロール 目 標 食 事 療 法 のポイント 生 活 習 慣 の 改 善 実 際 の 指 導 に 当 たって 肥 満 の 原 因 行 動 変 容

本 日 の 内 容 糖 尿 病 とは? ( 前 回 の 復 習 ) 糖 尿 病 の 合 併 症 糖 尿 病 とメタボリックシンドローム 糖 尿 病 のコントロール 目 標 食 事 療 法 のポイント 生 活 習 慣 の 改 善 実 際 の 指 導 に 当 たって 肥 満 の 原 因 行 動 変 容 血 糖 値 を 下 げるための 食 事 アドバイスの 方 法 糖 尿 病 療 養 指 導 士 管 理 栄 養 士 伊 藤 教 子 本 日 の 内 容 糖 尿 病 とは? ( 前 回 の 復 習 ) 糖 尿 病 の 合 併 症 糖 尿 病 とメタボリックシンドローム 糖 尿 病 のコントロール 目 標 食 事 療 法 のポイント 生 活 習 慣 の 改 善 実 際 の 指 導 に 当 たって 肥 満

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

輸液のレシピ_01基礎知識.indd

輸液のレシピ_01基礎知識.indd これで これで OK! 静脈栄養 のレシピ O K! 静脈栄養 の レシピ 監修 濵田 康弘 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 疾患治療栄養学分野 教授 編集 川添 和義 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 臨床薬剤学分野 准教授 著 徳島大学病院栄養サポートチーム NST 監修 濵田 康弘 編集 川添 和義 静脈栄養輸液_レシピ_表紙.indd 1 14/12/19 15:56

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 われています したがって 大 腸 がんの 治 療 成 績 向 上 には 検 診 等 で 早 期 発

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

2

2 日 本 ローカーボ 食 研 究 会 第 三 回 学 術 集 会 抄 録 目 次 総 合 司 会 : 医 師 - 安 井 廣 迪 ( 開 式, 閉 会 の 辞 含 む) パネルディスカッション 司 会 : 医 師 - 安 井 廣 迪, 医 師 - 灰 本 元 < 演 題 > (1) 特 別 講 義 1: 生 命 の 進 化 における 炭 水 化 物 の 意 義 その1 炭 水 化 物 の 再 発 見

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209048956988C0915388CF88F589EF8358838983438368817590489569935989C195A882CC838A8358834E8176816993DE97C7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209048956988C0915388CF88F589EF8358838983438368817590489569935989C195A882CC838A8358834E8176816993DE97C7816A2E70707478> 食 品 安 全 委 員 会 事 務 局 から 食 品 添 加 物 の 安 全 性 の 考 え 方 やリスク 評 価 の 進 め 方 に ついて 話 題 提 供 させていただきます 1 食 品 添 加 物 は 食 品 の 保 存 性 を 向 上 させたり 栄 養 を 保 持 したり 品 質 を 高 めたり おいしさに 彩 りを 添 えるため 食 品 に 添 加 されるものです 食 品 添 加 物 には

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 博 士 学 位 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 文 審 査 結 果 の 要 旨 第 11 号 2015 年 3 月 武 蔵 野 大 学 大 学 院 は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

Microsoft Word - 眼科学2008試験問題.doc

Microsoft Word - 眼科学2008試験問題.doc 眼 科 試 験 問 題 2008.12.10 答 えは 1 つとは 限 らない 1 加 齢 により 色 素 上 皮 に 集 積 する 物 質 は 以 下 のどれか 1 キサントフィル 2 リポフスチン 3 ルテイン 4 A2e 2 色 素 上 皮 症 はどれか 1 中 心 性 網 膜 症 2 MPPE 3 網 膜 剥 離 4 色 素 上 皮 裂 孔 3 眼 科 手 術 を 過 去 に 受 けたことがない

More information

小 野 啓, 他 スリン 抵 抗 性 が, 視 床 下 部 のS6キナーゼの 活 性 化 に よって 起 きていることが 分 かったところで, 次 なる 疑 問 として,より 長 期 間 の 過 食 の 場 合,あるいは 糖 尿 病 にすでになっている 場 合, 肝 臓 のインスリン 抵 抗 性 が

小 野 啓, 他 スリン 抵 抗 性 が, 視 床 下 部 のS6キナーゼの 活 性 化 に よって 起 きていることが 分 かったところで, 次 なる 疑 問 として,より 長 期 間 の 過 食 の 場 合,あるいは 糖 尿 病 にすでになっている 場 合, 肝 臓 のインスリン 抵 抗 性 が 埼 玉 医 科 大 学 雑 誌 第 38 巻 第 1 号 平 成 23 年 8 月 学 内 グラント 報 告 書 平 成 21 22 年 度 学 内 グラント 終 了 時 報 告 書 視 床 下 部 インスリン/レプチン 抵 抗 性 の 分 子 機 構 と 摂 食 糖 代 謝 調 節 研 究 代 表 者 小 野 啓 ( 大 学 病 院 内 分 泌 糖 尿 病 内 科 ) 研 究 分 担 者 住 田

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

P R 新 製 品 エコーのご 案 内 ロコモ 計 測 観 察 装 置 編 集 後 記 最 後 までお 読 み 頂 きありがとうございました ニ ュ ー ス 新 製 品 紹 介 高 性 能 低 価 格 エコー 装 置 をお 望 みの 方 に デジタル 白 黒 ロコモ 計 測 観 察 装 置 JA6

P R 新 製 品 エコーのご 案 内 ロコモ 計 測 観 察 装 置 編 集 後 記 最 後 までお 読 み 頂 きありがとうございました ニ ュ ー ス 新 製 品 紹 介 高 性 能 低 価 格 エコー 装 置 をお 望 みの 方 に デジタル 白 黒 ロコモ 計 測 観 察 装 置 JA6 ヘルスチェック メディカルチェック 血 液 成 分 分 析 機 器 などの 販 売 卸 売 ------------------------------------------------------ メディケアー24め~るまがじん'14 年 1 月 新 年 号 ------------------------------------------------------ 謹 賀 新 年 今 年 が

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information