03_27計画(本文)黒下線無

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "03_27計画(本文)黒下線無"

Transcription

1 平 成 27 年 度 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 千 葉 県 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課

2 目 次 第 1 基 本 指 針 1 第 2 総 括 的 事 項 1 1 監 視 指 導 計 画 の 対 象 地 域 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 者 等 3 実 施 期 間 第 3 監 視 指 導 を 実 施 すべき 事 項 1 1 共 通 監 視 指 導 事 項 (1) 食 品 営 業 施 設 及 びふぐ 営 業 認 証 施 設 に 対 する 監 視 指 導 (2)と 畜 場 及 び 食 鳥 処 理 場 等 の 食 肉 流 通 の 拠 点 施 設 に 対 する 監 視 指 導 2 重 点 監 視 指 導 事 項 (1) 食 中 毒 予 防 対 策 に 係 る 事 項 (2) 表 示 に 係 る 事 項 (3) 食 品 群 ごとの 食 品 供 給 工 程 (フードチェーン)に 係 る 事 項 (4) 広 域 流 通 する 食 品 の 製 造 等 に 係 る 監 視 指 導 事 項 (5) 異 物 混 入 対 策 に 係 る 監 視 指 導 事 項 (6) 輸 入 食 品 に 係 る 監 視 指 導 事 項 第 4 監 視 指 導 等 の 実 施 体 制 等 に 関 する 事 項 7 1 監 視 指 導 等 の 実 施 機 関 と 役 割 (1) 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 (2) 保 健 所 (3) 食 肉 衛 生 検 査 所 2 食 品 収 去 検 査 等 の 実 施 機 関 と 役 割 (1) 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 (2) 保 健 所 (3) 衛 生 研 究 所 (4) 食 肉 衛 生 検 査 所 (5) 登 録 検 査 機 関 3 連 携 体 制 の 確 保 (1) 他 の 都 道 県 等 の 食 品 衛 生 担 当 部 局 との 連 携 (2) 国 との 連 携 (3)その 他 の 部 署 等 との 連 携 4 試 験 検 査 実 施 機 関 の 体 制 の 整 備

3 第 5 施 設 への 立 入 検 査 に 関 する 事 項 9 1 立 入 検 査 の 方 向 性 2 監 視 指 導 対 象 業 種 及 び 標 準 監 視 指 導 の 予 定 回 数 第 6 食 品 等 の 収 去 検 査 等 に 関 する 事 項 12 第 7 夏 期 及 び 年 末 等 の 監 視 指 導 の 強 化 に 関 する 事 項 12 第 8 違 反 を 発 見 した 場 合 の 対 応 に 関 する 事 項 12 1 立 入 検 査 時 に 違 反 を 発 見 した 場 合 2 収 去 検 査 の 結 果 違 反 を 発 見 した 場 合 3 違 反 事 実 の 公 表 第 9 県 民 等 の 情 報 提 供 及 び 意 見 の 交 換 (リスクコミュニケーション)の 実 施 に 関 する 事 項 13 第 10 食 中 毒 等 健 康 危 害 発 生 時 の 対 応 に 関 する 事 項 14 第 11 食 品 等 事 業 者 の 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 推 進 に 関 する 事 項 15 第 12 食 品 衛 生 に 係 る 人 材 の 養 成 及 び 資 質 の 向 上 に 関 する 事 項 16 ( 参 考 ) 資 料 1 平 成 27 年 度 における 監 視 指 導 及 び 検 査 の 実 施 計 画 資 料 2 平 成 27 年 度 立 入 検 査 計 画 及 び 啓 発 事 業 予 定 表 資 料 3 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 に 関 する 用 語 集

4 第 1 基 本 方 針 食 品 衛 生 に 関 する 監 視 指 導 ( 以 下 監 視 指 導 という )は 食 品 添 加 物 器 具 及 び 容 器 包 装 ( 以 下 食 品 等 という )の 生 産 製 造 加 工 輸 入 流 通 販 売 等 の 実 態 食 中 毒 等 の 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 状 況 施 設 の 食 品 衛 生 上 の 管 理 の 状 況 等 を 踏 まえて 実 施 すべきものである 本 県 は 首 都 圏 にありながら 三 方 を 海 に 囲 まれた 温 暖 な 気 候 と 豊 かな 自 然 を 有 し 全 国 有 数 の 農 水 産 物 の 生 産 県 であることから 安 全 安 心 な 千 葉 ブランド づくりを 目 指 しており また 四 季 を 通 じて 観 光 行 楽 に 多 くの 人 が 訪 れることから 観 光 立 県 を 推 進 している 更 に 成 田 国 際 空 港 千 葉 港 等 の 食 品 輸 入 の 拠 点 を 擁 しているなど 多 面 的 な 特 性 を 有 し 関 連 して 多 くの 食 品 が 流 通 しており 食 品 等 の 安 全 性 の 確 保 のためには これらの 特 性 を 勘 案 して 総 合 的 な 見 地 に 立 った 衛 生 対 策 を 実 施 していく 必 要 がある このため 国 の 食 品 衛 生 に 関 する 監 視 指 導 の 実 施 に 関 する 指 針 に 基 づき 本 県 の 地 域 の 実 情 や 過 去 における 食 中 毒 の 発 生 状 況 等 を 踏 まえて 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 ( 以 下 監 視 指 導 計 画 という )を 作 成 し これを 実 施 する ことにより 県 民 の 健 康 の 保 護 を 図 っていくものとする 第 2 総 括 的 事 項 1 監 視 指 導 計 画 の 対 象 地 域 千 葉 市 船 橋 市 及 び 柏 市 を 除 く 県 内 地 域 ( 保 健 所 設 置 市 ( 千 葉 市 船 橋 市 及 び 柏 市 )においては 別 途 監 視 指 導 計 画 を 定 めているため ) 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 者 等 (1) 食 品 衛 生 法 に 基 づく 営 業 施 設 及 び 食 品 等 事 業 者 (2) と 畜 場 法 に 基 づくと 畜 場 及 び 従 事 者 (3) 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 以 下 食 鳥 処 理 法 という )に 基 づく 食 鳥 処 理 場 及 び 従 事 者 (4) ふぐの 取 扱 い 等 に 関 する 条 例 ( 以 下 ふぐ 条 例 という )に 基 づくふぐ 営 業 認 証 施 設 及 びふぐ 処 理 師 (5) 魚 介 類 行 商 販 売 取 締 条 例 に 基 づく 営 業 者 (6) 消 費 者 ( 食 品 等 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 施 策 へ 意 見 を 表 明 する 等 の 役 割 ) 3 実 施 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 第 3 監 視 指 導 を 実 施 すべき 事 項 本 県 における 食 品 流 通 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 状 況 及 び 広 域 流 通 する 食 品 を 考 慮 し 次 の 事 項 について 監 視 指 導 を 実 施 する 1 共 通 監 視 指 導 事 項 食 品 関 連 営 業 施 設 の 監 視 指 導 の 効 果 的 な 実 施 のための 共 通 監 視 指 導 事 項 を 1

5 次 のとおりとする (1) 食 品 営 業 施 設 及 びふぐ 営 業 認 証 施 設 に 対 する 監 視 指 導 ア 食 品 衛 生 法 及 び 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 等 に 基 づく 食 品 等 の 規 格 基 準 及 び 表 示 の 基 準 公 衆 衛 生 上 講 ずべき 措 置 の 基 準 施 設 の 構 造 設 備 に 関 す る 基 準 等 の 遵 守 状 況 特 に 下 記 事 項 について 周 知 を 行 う (ア) すべての 営 業 者 は 販 売 食 品 等 の 安 全 性 に 関 する 情 報 を 消 費 者 に 提 供 するよう 努 めること (イ) 食 品 営 業 者 は 次 に 掲 げる 情 報 を 速 やかに 知 事 に 報 告 すること a 製 造 し 輸 入 し 又 は 加 工 した 食 品 等 に 関 する 消 費 者 の 健 康 被 害 に 関 する 情 報 b 食 品 衛 生 法 に 違 反 する 食 品 等 に 関 する 情 報 c 消 費 者 等 から 製 造 し 輸 入 し 又 は 加 工 した 食 品 等 に 係 る 異 味 又 は 異 臭 の 発 生 異 物 の 混 入 等 に 関 する 苦 情 のうち 消 費 者 の 健 康 被 害 が 発 生 するおそれが 否 定 できないもの イ 食 品 衛 生 管 理 者 及 び 食 品 衛 生 責 任 者 による 施 設 の 衛 生 管 理 や 従 事 者 の 衛 生 教 育 等 の 実 施 状 況 ウ 自 主 的 衛 生 管 理 の 実 施 状 況 エ 記 録 の 作 成 及 び 保 存 の 実 施 状 況 オ 食 品 中 に 残 留 する 農 薬 等 に 関 するポジティブリスト 制 度 の 適 正 な 実 施 のための 周 知 と 指 導 カ HACCP 導 入 型 基 準 の 普 及 のための 指 導 (2) と 畜 場 及 び 食 鳥 処 理 場 等 の 食 肉 流 通 の 拠 点 施 設 に 対 する 監 視 指 導 ア と 畜 場 法 及 び 食 鳥 処 理 法 等 に 基 づく 施 設 基 準 食 肉 に 供 される 獣 畜 等 の 処 理 基 準 等 の 遵 守 の 状 況 イ 枝 肉 及 び 可 食 内 臓 への 微 生 物 汚 染 や 動 物 用 医 薬 品 等 の 残 留 の 防 止 対 策 の 実 施 状 況 ウ 管 理 者 及 び 衛 生 管 理 責 任 者 等 による 施 設 の 衛 生 管 理 や 従 事 者 の 衛 生 教 育 等 の 実 施 状 況 エ 自 主 的 衛 生 管 理 の 実 施 状 況 オ 記 録 の 作 成 及 び 保 存 の 実 施 状 況 カ HACCP 導 入 型 基 準 の 普 及 のための 指 導 2 重 点 監 視 指 導 事 項 共 通 監 視 指 導 事 項 に 加 え 食 品 衛 生 対 策 に 係 る 具 体 的 な 重 点 監 視 指 導 事 項 を 次 のとおりとする (1) 食 中 毒 予 防 対 策 に 係 る 事 項 ア 県 内 で 過 去 5 年 間 に 発 生 した 食 中 毒 の 原 因 物 質 として 多 くを 占 める もの 及 びふぐや 化 学 物 質 による 食 中 毒 の 発 生 防 止 対 策 イ 生 食 用 食 肉 取 扱 い 施 設 の 監 視 指 導 の 実 施 及 び 生 食 用 としての 牛 レバー の 提 供 禁 止 による 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 食 中 毒 の 発 生 防 止 対 策 ウ カンピロバクター 及 びノロウイルスによる 食 中 毒 発 生 防 止 対 策 2

6 食 中 毒 予 防 対 策 腸 炎 ビブリオによる 食 中 毒 の 予 防 対 策 ノロウイルス 等 の ウイルス 性 食 中 毒 の 予 防 対 策 サルモネラによる 食 中 毒 の 予 防 対 策 カンピロバクター による 食 中 毒 の 予 防 対 策 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157 等 による 食 中 毒 の 予 防 対 策 ふぐ 毒 による 食 中 毒 の 予 防 対 策 化 学 物 質 による 食 中 毒 の 予 防 対 策 重 点 監 視 指 導 事 項 魚 介 類 加 工 施 設 等 での 魚 介 類 の 衛 生 的 な 取 扱 い 温 度 管 理 の 徹 底 ア 飲 食 店 及 び 集 団 給 食 施 設 等 での 二 枚 貝 等 食 品 の 衛 生 的 な 取 扱 い 及 び 食 品 の 加 熱 調 理 の 状 況 また 食 品 取 扱 者 の 健 康 管 理 の 状 況 等 イ 調 理 従 事 者 の 徹 底 した 手 洗 いの 励 行 ウ おう 吐 物 等 により 汚 染 された 可 能 性 のある 食 品 の 廃 棄 施 設 においておう 吐 した 場 合 の 消 毒 方 法 等 ア GPセンター 液 卵 製 造 施 設 及 び 食 品 取 扱 施 設 等 に おける 鶏 卵 の 温 度 管 理 破 卵 等 の 選 別 製 造 又 は 加 工 に 係 る 記 録 の 作 成 及 び 保 存 等 の 実 施 状 況 イ 集 団 給 食 施 設 菓 子 製 造 施 設 及 び 飲 食 店 等 における 鶏 卵 や 食 肉 等 の 衛 生 的 な 取 扱 い 及 び 調 理 方 法 等 ア 飲 食 店 等 での 食 肉 ( 特 に 鶏 肉 )の 早 めの 調 理 及 び 十 分 な 加 熱 等 の 衛 生 管 理 の 徹 底 イ 生 食 用 食 肉 以 外 で 非 加 熱 又 は 加 熱 不 十 分 な 食 肉 及 び 内 臓 ( 特 に 豚 レバー)を 提 供 しない ウ 焼 肉 店 においては 利 用 者 に 対 し 肉 を 焼 くときの 取 り 箸 専 用 トングの 提 供 ア 飲 食 店 等 での 食 肉 野 菜 及 び 果 実 等 の 衛 生 管 理 の 徹 底 生 食 用 食 肉 の 規 格 基 準 の 遵 守 及 び 表 示 の 点 検 又 はその 他 の 食 肉 の 加 熱 調 理 の 状 況 等 イ 生 食 用 食 肉 以 外 で 非 加 熱 又 は 加 熱 不 十 分 な 食 肉 等 を 提 供 しない ウ 牛 レバーは 生 食 用 としての 提 供 禁 止 エ 焼 肉 店 においては 利 用 者 に 対 し 肉 を 焼 くときの 取 り 箸 専 用 トングの 提 供 オ 漬 物 や 加 熱 しないで 喫 食 する 食 品 (カット 野 菜 カ ット 果 物 )を 製 造 加 工 する 施 設 において 漬 物 の 衛 生 規 範 又 は 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアルに 基 づく 衛 生 管 理 の 実 施 食 用 不 適 ふぐの 流 通 からの 排 除 及 び 食 用 ふぐの 有 毒 部 位 の 除 去 の 徹 底 食 品 等 の 製 造 施 設 での 化 学 物 質 の 混 入 防 止 対 策 3

7 (2) 表 示 に 係 る 事 項 表 示 は 消 費 者 が 食 品 を 選 択 する 際 の 重 要 な 情 報 源 であることから 食 品 製 造 加 工 施 設 においては 次 の 事 項 を 重 点 に 監 視 指 導 を 行 うとともに 製 造 者 及 び 加 工 者 による 使 用 原 材 料 について アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 の 使 用 の 有 無 等 の 点 検 及 び 確 認 の 徹 底 について 併 せて 指 導 を 行 う ア 科 学 的 合 理 的 根 拠 に 基 づいた 適 正 な 期 限 表 示 イ アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 の 使 用 原 材 料 等 の 適 正 表 示 ウ 遺 伝 子 組 換 え 食 品 の 使 用 原 材 料 等 の 適 正 表 示 エ 生 食 用 かき の 採 捕 海 域 等 及 び ふぐ 加 工 品 等 の 適 正 表 示 オ 食 品 添 加 物 の 適 正 表 示 (3) 食 品 群 ごとの 食 品 供 給 行 程 (フードチェーン)に 係 る 事 項 食 品 はその 生 産 から 販 売 に 至 る 全 ての 行 程 において 消 費 者 の 健 康 被 害 を 発 生 させるリスクを 有 していることから それらのリスクの 内 容 を 検 討 しながら 日 常 からあらゆる 危 害 の 発 生 を 想 定 してその 防 止 を 図 るための 対 策 が 講 じられていなければならない このため 食 品 群 ごとの 食 品 供 給 行 程 の 各 段 階 において 次 の 事 項 を 重 点 とし 必 要 に 応 じて 関 連 部 局 と 連 携 して 監 視 指 導 を 実 施 する ア 食 肉 食 鳥 肉 及 び 食 肉 製 品 供 給 行 程 とさつ 解 体 又 は 食 鳥 処 理 等 製 造 及 び 加 工 貯 蔵 運 搬 調 理 及 び 販 売 イ 乳 及 び 乳 製 品 重 点 監 視 指 導 事 項 (ア) 健 康 な 獣 畜 又 は 家 きんのと 畜 場 又 は 食 鳥 処 理 場 への 搬 入 の 確 認 (イ) 牛 の 個 体 識 別 番 号 の 確 認 (ウ) 獣 畜 家 きんの 病 歴 を 踏 まえたと 畜 検 査 食 鳥 検 査 の 実 施 (エ) 枝 肉 中 抜 と 体 等 の 微 生 物 検 査 による 衛 生 的 な 処 理 の 検 証 (オ) と 畜 場 及 び 食 鳥 処 理 場 における 動 物 用 医 薬 品 等 の 残 留 物 質 検 査 の 実 施 (カ) 認 定 小 規 模 食 鳥 処 理 業 者 における 年 間 の 処 理 羽 数 の 上 限 の 遵 守 の 確 認 (ア) 食 肉 処 理 施 設 における 微 生 物 汚 染 の 防 止 対 策 の 実 施 状 況 (イ) 原 材 料 受 入 れ 時 の 残 留 抗 生 物 質 等 の 検 査 による 安 全 性 確 保 の 実 施 状 況 (ウ) 製 造 又 は 加 工 に 係 る 記 録 の 作 成 及 び 保 存 の 実 施 状 況 (ア) 枝 肉 カット 肉 の 衛 生 管 理 ( 保 存 温 度 衛 生 的 な 取 扱 い 等 ) (イ) 加 熱 調 理 の 実 施 状 況 供 給 行 程 原 料 乳 の 搾 取 及 び 荷 受 重 点 監 視 指 導 事 項 (ア) 健 康 な 獣 畜 からの 搾 乳 及 び 搾 乳 時 における 衛 生 確 保 ( 微 生 物 汚 染 防 止 等 )の 徹 底 (イ) 搾 乳 後 の 生 乳 の 腐 敗 や 微 生 物 増 殖 を 防 止 するための 温 度 管 理 の 徹 底 4

8 製 造 及 び 加 工 貯 蔵 運 搬 調 理 及 び 販 売 ウ 食 鳥 卵 供 給 行 程 原 料 卵 の 採 取 及 び 荷 受 製 造 及 び 加 工 貯 蔵 運 搬 調 理 及 び 販 売 エ 水 産 食 品 (ウ) 生 乳 の 残 留 抗 生 物 質 等 の 検 査 の 実 施 状 況 (ア) 製 造 又 は 加 工 過 程 における 微 生 物 汚 染 防 止 対 策 の 実 施 状 況 (イ) 製 造 又 は 加 工 に 係 る 記 録 の 作 成 及 び 保 存 の 実 施 状 況 (ウ) 飲 用 乳 の 出 荷 前 の 微 生 物 検 査 等 の 徹 底 衛 生 的 な 流 通 管 理 ( 保 存 温 度 取 扱 い 等 )の 徹 底 重 点 監 視 指 導 事 項 (ア) 食 用 不 適 卵 の 排 除 の 徹 底 (イ) 採 卵 後 の 低 温 管 理 (ア) 新 鮮 な 正 常 卵 の 受 入 状 況 (イ) 洗 卵 時 及 び 割 卵 時 の 微 生 物 汚 染 の 防 止 対 策 の 実 施 状 況 (ウ) 製 造 又 は 加 工 に 係 る 記 録 の 作 成 及 び 保 存 の 実 施 状 況 (エ) 汚 卵 軟 卵 及 び 破 卵 の 選 別 等 の 実 施 状 況 (ア) 低 温 保 管 等 の 温 度 管 理 の 状 況 (イ) 破 卵 等 の 検 査 の 実 施 状 況 供 給 行 程 重 点 監 視 指 導 事 項 原 料 の 荷 受 (ア) 有 毒 魚 介 類 の 排 除 の 徹 底 (イ) 漁 港 等 の 水 揚 げ 場 における 衛 生 管 理 の 状 況 (ウ) 養 殖 魚 介 類 への 動 物 用 医 薬 品 などの 使 用 状 況 製 造 及 び 加 工 (ア) 生 食 用 かきの 採 捕 海 域 等 の 表 示 (イ) ふぐの 衛 生 的 な 処 理 の 徹 底 貯 蔵 運 搬 (ア) 有 毒 魚 介 類 等 の 市 場 からの 排 除 の 徹 底 調 理 及 び 販 売 (イ) 病 原 微 生 物 等 の 検 査 の 実 施 状 況 (ウ) 水 産 加 工 品 の 衛 生 的 な 流 通 管 理 ( 保 存 温 度 取 扱 い 等 )の 状 況 (エ) 食 品 の 加 熱 調 理 の 実 施 状 況 (オ) 目 視 除 去 や 冷 凍 処 理 等 による 寄 生 虫 対 策 の 徹 底 オ 野 菜 果 実 穀 類 豆 類 種 実 類 茶 等 及 びこれらの 加 工 品 供 給 行 程 原 料 の 採 取 及 び 荷 受 製 造 及 び 加 工 貯 蔵 運 搬 調 理 及 び 販 売 重 点 監 視 指 導 事 項 (ア) 生 食 用 の 野 菜 果 実 等 の 微 生 物 汚 染 の 防 止 対 策 (イ) 残 留 農 薬 検 査 の 実 施 状 況 (ウ) 出 荷 時 検 査 の 実 施 状 況 (エ) 穀 類 豆 類 等 のかび 毒 対 策 の 実 施 状 況 (オ) 有 毒 植 物 等 の 排 除 の 徹 底 生 食 用 野 菜 及 び 果 実 等 の 衛 生 管 理 の 徹 底 (ア) 残 留 農 薬 及 び 汚 染 物 質 等 の 検 査 の 実 施 状 況 (イ) 穀 類 豆 類 等 のかび 毒 対 策 の 実 施 状 況 (ウ) 有 毒 植 物 等 の 排 除 の 徹 底 5

9 カ 食 品 一 般 及 び 添 加 物 等 供 給 行 程 製 造 加 工 及 び 販 売 重 点 監 視 指 導 事 項 (ア) 添 加 物 (その 製 剤 を 含 む 以 下 同 じ )の 製 造 加 工 におけ る 規 格 基 準 の 遵 守 の 確 認 (イ) 食 品 の 製 造 加 工 における 添 加 物 の 使 用 状 況 (ウ) 製 造 又 は 加 工 された 食 品 の 添 加 物 検 査 の 実 施 (4) 広 域 流 通 する 食 品 の 製 造 等 に 係 る 監 視 指 導 事 項 広 域 流 通 食 品 の 製 造 販 売 等 を 行 う 食 品 等 事 業 者 ( 以 下 広 域 流 通 食 品 等 事 業 者 という )に 対 しては 次 の 事 項 を 重 点 とし 監 視 指 導 を 実 施 す る ア 食 品 製 造 時 における 衛 生 管 理 の 確 認 期 限 切 れの 原 材 料 の 使 用 等 不 適 切 な 原 材 料 の 使 用 の 有 無 原 材 料 の 在 庫 管 理 等 を 含 めた 製 造 管 理 全 般 に 関 して 広 域 流 通 食 品 等 事 業 者 に 対 して 管 理 運 営 要 領 等 について 提 示 を 求 め その 内 容 を 確 認 する イ 記 録 の 作 成 保 存 の 確 認 食 品 の 製 造 加 工 保 存 に 係 る 記 録 が 記 録 の 作 成 保 存 に 係 る ガイドラインに 基 づき 使 用 する 原 材 料 の 期 限 表 示 に 係 る 記 録 等 適 正 に 作 成 保 存 されているか 広 域 流 通 食 品 等 事 業 者 に 対 し 提 示 を 求 め その 内 容 を 確 認 する ウ 期 限 表 示 の 確 認 表 示 について 点 検 し 期 限 表 示 の 科 学 的 合 理 的 根 拠 の 妥 当 性 を 確 認 するとともに 製 品 の 期 限 設 定 の 一 覧 とその 根 拠 の 備 付 けの 状 況 及 び 製 品 に 対 する 製 造 及 び 表 示 等 の 記 録 を 確 認 すること (5) 異 物 混 入 対 策 に 係 る 監 視 指 導 事 項 食 品 への 異 物 混 入 事 案 が 相 次 いでいることを 踏 まえ 食 品 等 事 業 者 に 対 し 異 物 混 入 防 止 のための 取 組 が 徹 底 され 食 品 の 安 全 性 が 確 保 されるよう 次 の 事 項 を 重 点 とし 監 視 指 導 を 実 施 する ア 異 物 混 入 防 止 のための 取 組 の 徹 底 食 品 等 事 業 者 における 異 物 混 入 防 止 の 取 組 が 徹 底 されるよう 以 下 につ いて 指 導 を 行 う (ア) 食 品 取 扱 設 備 等 の 適 正 な 維 持 管 理 (イ) 施 設 及 びその 周 囲 の 維 持 管 理 及 びそ 族 昆 虫 対 策 (ウ) 食 品 取 扱 者 の 衛 生 的 な 服 装 及 び 施 設 内 への 不 要 物 の 持 込 禁 止 (エ) 洗 浄 剤 消 毒 剤 その 他 化 学 物 質 の 適 正 な 保 管 管 理 イ 食 品 取 扱 者 及 び 関 係 者 における 衛 生 教 育 の 実 施 食 品 等 事 業 者 において 食 品 等 の 製 造 加 工 及 び 調 理 等 が 衛 生 的 に 行 わ れるよう 食 品 取 扱 者 及 び 関 係 者 に 対 し 衛 生 教 育 を 適 切 に 実 施 するよう 指 導 を 行 う ウ 異 物 混 入 防 止 のための 必 要 な 措 置 食 品 等 事 業 者 において 異 物 混 入 の 可 能 性 について 点 検 を 行 い 混 入 防 止 のために 必 要 な 措 置 を 講 じるよう 指 導 を 行 う 6

10 エ 健 康 被 害 のおそれがある 情 報 の 保 健 所 等 への 報 告 食 品 等 事 業 者 が 消 費 者 等 から 異 物 の 混 入 等 に 関 する 苦 情 のうち 健 康 被 害 が 発 生 するおそれが 否 定 できないものを 受 けた 場 合 は 保 健 所 等 に 速 やかに 報 告 するよう 指 導 を 行 う (6) 輸 入 食 品 に 係 る 監 視 指 導 事 項 国 内 で 消 費 される 食 料 の 多 くを 海 外 からの 輸 入 に 依 存 しており また 本 県 は 成 田 国 際 空 港 等 の 食 品 輸 入 の 拠 点 を 擁 していることから 次 のこ とを 重 点 とし 輸 入 食 品 の 安 全 を 確 保 する ア 輸 入 食 品 の 検 査 輸 入 農 産 物 や 輸 入 畜 産 物 等 の 残 留 農 薬 検 査 輸 入 畜 水 産 物 の 動 物 用 医 薬 品 検 査 加 工 食 品 等 の 組 換 え 遺 伝 子 検 査 等 を 計 画 的 に 実 施 する また 輸 出 国 の 流 通 実 態 や 輸 入 食 品 の 違 反 事 例 等 を 参 考 にして 必 要 な 検 査 を 行 うことにより 違 反 食 品 の 排 除 に 努 める イ 違 反 発 見 時 の 対 応 違 反 食 品 を 発 見 した 場 合 には 国 及 び 関 係 自 治 体 に 迅 速 に 通 報 すると ともに 連 携 して 違 反 食 品 の 販 売 禁 止 や 回 収 などの 措 置 を 講 じる 第 4 監 視 指 導 等 の 実 施 体 制 等 に 関 する 事 項 食 品 に 関 連 する 監 視 指 導 に 当 たっては 監 視 指 導 や 検 査 を 行 う 機 関 がそれ ぞれの 役 割 分 担 を 明 確 にするとともに 国 他 の 都 道 府 県 等 とも 連 携 し 綿 密 な 計 画 をたて 効 率 的 に 実 施 する 必 要 がある このための 各 機 関 の 役 割 は 次 のとおりとする 1 監 視 指 導 等 の 実 施 機 関 と 役 割 (1) 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 ア 監 視 指 導 計 画 及 び 食 品 衛 生 等 に 関 する 施 策 の 策 定 及 び 公 表 イ 違 反 の 事 実 に 基 づく 行 政 処 分 等 の 公 表 ウ 食 品 等 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 県 民 への 情 報 提 供 エ 県 庁 内 関 係 部 局 他 都 道 府 県 等 国 との 連 絡 調 整 (2) 保 健 所 ア 食 品 営 業 施 設 及 びふぐ 営 業 認 証 施 設 等 の 監 視 指 導 イ 違 反 食 品 苦 情 食 品 ( 異 味 異 臭 異 物 混 入 等 )に 係 る 調 査 及 び 指 導 ウ 食 中 毒 に 係 る 調 査 及 び 指 導 エ 違 反 の 事 実 に 基 づく 行 政 処 分 等 の 実 施 オ 食 品 等 事 業 者 並 びに 消 費 者 への 衛 生 講 習 会 の 実 施 及 び 食 品 衛 生 に 関 する 情 報 提 供 カ 食 品 営 業 施 設 における 自 主 衛 生 管 理 推 進 のための 研 修 会 等 への 支 援 (3) 食 肉 衛 生 検 査 所 ア と 畜 検 査 及 び 食 鳥 検 査 の 実 施 イ と 畜 場 及 び 食 鳥 処 理 場 の 監 視 指 導 ウ と 畜 場 及 び 食 鳥 処 理 場 に 付 帯 する 食 肉 処 理 施 設 等 の 監 視 指 導 エ 違 反 の 事 実 に 基 づく 行 政 処 分 等 の 実 施 オ と 畜 場 食 鳥 処 理 場 等 への 衛 生 講 習 会 の 実 施 及 び 食 肉 衛 生 に 関 する 7

11 情 報 提 供 カ と 畜 場 食 鳥 処 理 場 等 における 自 主 衛 生 管 理 推 進 のための 研 修 会 等 へ の 支 援 2 食 品 収 去 検 査 等 の 実 施 機 関 と 役 割 (1) 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 ア 食 品 収 去 検 査 等 に 関 する 計 画 の 策 定 及 び 公 表 イ 食 品 収 去 検 査 等 に 係 る 県 庁 内 関 係 部 局 他 都 道 府 県 等 国 との 連 絡 調 整 ウ 検 査 の 業 務 管 理 等 に 係 る 点 検 (2) 保 健 所 ア 食 品 収 去 検 査 等 の 検 体 の 採 取 及 び 検 査 イ 違 反 食 品 苦 情 食 品 及 び 食 中 毒 に 係 る 検 体 の 採 取 及 び 検 査 (3) 衛 生 研 究 所 ア 食 品 収 去 検 査 等 の 検 体 の 検 査 イ 違 反 食 品 苦 情 食 品 及 び 食 中 毒 に 係 る 検 体 の 検 査 (4) 食 肉 衛 生 検 査 所 食 品 収 去 検 査 等 の 検 体 の 採 取 及 び 検 査 (5) 登 録 検 査 機 関 食 品 収 去 検 査 等 の 検 体 の 検 査 3 連 携 体 制 の 確 保 (1) 他 の 都 道 府 県 等 の 食 品 衛 生 担 当 部 局 との 連 携 広 域 流 通 食 品 等 に 係 る 違 反 や 食 中 毒 の 発 生 時 には 必 要 に 応 じ 他 の 都 道 府 県 等 の 食 品 衛 生 担 当 部 局 と 連 携 して 対 策 を 講 じる (2) 国 との 連 携 ア 厚 生 労 働 省 大 規 模 又 は 広 域 的 な 食 中 毒 や 輸 入 食 品 に 係 る 問 題 等 が 発 生 した 場 合 は 厚 生 労 働 省 へ 迅 速 に 通 報 するとともに 連 携 して 必 要 な 対 策 を 講 じる また 総 合 衛 生 管 理 製 造 過 程 の 承 認 を 受 けた 施 設 への 監 視 指 導 に 当 た っては 必 要 に 応 じ 関 東 信 越 厚 生 局 と 連 携 して 監 視 指 導 を 実 施 する イ 消 費 者 庁 食 品 等 に 係 る 重 大 事 故 の 発 生 時 や 広 域 流 通 食 品 の 食 品 表 示 違 反 発 見 時 など 広 域 的 な 対 応 が 必 要 な 事 例 が 発 生 した 場 合 は 消 費 者 庁 へ 迅 速 に 通 報 するとともに 連 携 して 必 要 な 対 策 を 講 じる (3) その 他 の 部 署 等 との 連 携 ア 千 葉 県 食 の 安 全 安 心 対 策 会 議 に 係 る 事 項 千 葉 県 食 の 安 全 安 心 対 策 会 議 において 食 品 の 生 産 から 消 費 に 至 る 基 本 的 総 合 的 な 事 項 を 検 討 するとともに 緊 急 事 案 には 迅 速 に 対 応 していく イ 農 林 水 産 物 の 生 産 段 階 に 係 る 事 項 農 林 水 産 物 の 生 産 段 階 に 係 る 監 視 指 導 については 生 産 担 当 部 局 と 8

12 連 携 し また 保 健 所 は 地 域 の 農 林 水 産 業 の 振 興 指 導 等 を 担 当 する 機 関 と 連 携 して 監 視 指 導 を 実 施 する ウ 食 品 等 の 表 示 及 び 広 告 に 係 る 事 項 食 品 等 の 表 示 及 び 広 告 等 の 適 正 化 を 図 るため 監 視 指 導 の 際 食 品 衛 生 法 以 外 の 法 に 基 づく 表 示 についても 留 意 し 違 反 等 が 認 められた 場 合 は 関 係 部 署 等 に 情 報 提 供 をするとともに 状 況 に 応 じ 連 携 して 立 入 検 査 を 実 施 し 適 正 化 を 図 る 4 試 験 検 査 実 施 機 関 の 体 制 の 整 備 (1) 信 頼 性 の 確 保 保 健 所 衛 生 研 究 所 及 び 食 肉 衛 生 検 査 所 の 各 試 験 検 査 実 施 機 関 の 役 割 分 担 を 踏 まえ 信 頼 性 確 保 部 門 による 内 部 点 検 の 定 期 的 な 実 施 外 部 精 度 管 理 調 査 の 定 期 的 な 受 検 等 これらの 機 関 の 技 術 向 上 及 び 信 頼 性 確 保 の ための 取 り 組 みを 行 う 試 験 検 査 等 を 委 託 する 登 録 検 査 機 関 に 対 しては 適 正 な 業 務 管 理 を 求 め るとともに 必 要 に 応 じて 関 係 資 料 の 確 認 や 立 入 検 査 により 業 務 管 理 状 況 を 確 認 する (2) 技 術 研 修 等 の 実 施 必 要 な 検 査 機 器 の 整 備 及 びこれら 導 入 に 伴 う 関 係 職 員 の 技 術 研 修 等 の 実 施 に 努 める (3) 薬 物 混 入 事 案 などへの 対 応 農 薬 や 化 学 物 質 の 食 品 への 混 入 などに 対 応 する 検 査 体 制 の 整 備 に 努 める 第 5 施 設 への 立 入 検 査 に 関 する 事 項 食 品 関 連 施 設 への 立 入 検 査 は 中 長 期 の 計 画 のもと 継 続 性 を 持 ち かつ 一 定 の 実 施 基 準 に 基 づいて 行 うことが 必 要 である このため 次 の 事 項 を 立 入 検 査 計 画 を 立 案 する 際 の 指 針 とする 1 立 入 検 査 の 方 向 性 食 生 活 の 多 様 化 食 品 等 の 製 造 加 工 技 術 等 の 高 度 化 食 品 流 通 の 広 域 化 及 び 国 際 化 等 に 適 切 に 対 応 するため 計 画 的 効 果 的 な 監 視 指 導 及 びHA CCPの 概 念 を 取 り 入 れた 科 学 的 知 見 に 基 づく 衛 生 管 理 の 推 進 が 必 要 である このため 自 主 衛 生 管 理 の 強 化 促 進 を 基 本 とし 重 点 監 視 指 導 対 象 業 種 を 定 めて 監 視 指 導 の 実 施 に 努 め 衛 生 管 理 の 向 上 を 図 る 2 監 視 指 導 対 象 業 種 及 び 標 準 監 視 指 導 の 予 定 回 数 業 種 ( 施 設 ) 毎 に 過 去 の 食 中 毒 の 発 生 状 況 食 品 衛 生 法 に 基 づく 成 分 規 格 基 準 等 の 違 反 状 況 製 造 販 売 される 食 品 の 流 通 の 広 域 性 及 び 営 業 の 特 殊 性 などを 考 慮 して 監 視 指 導 の 重 要 度 の 高 い 業 種 ( 施 設 )の 順 にAからEの5 ランクに 分 類 する また 分 類 した 業 種 ごとの 監 視 指 導 の 重 要 度 と 今 までの 監 視 指 導 の 実 績 等 を 踏 まえて 本 県 の 年 間 における 標 準 監 視 指 導 予 定 回 数 を 次 のように 定 める 9

13 (1) Aランク 業 種 ( 施 設 ):3 回 以 上 / 年 (2) Bランク 業 種 ( 施 設 ):2 回 以 上 / 年 (3) Cランク 業 種 ( 施 設 ):1 回 以 上 / 年 (4) Dランク 業 種 ( 施 設 ):1 回 以 上 /2 年 (5) Eランク 業 種 ( 施 設 ): 営 業 許 可 の 更 新 年 度 なお 監 視 指 導 を 実 施 する 各 機 関 は この 標 準 監 視 指 導 回 数 を 基 礎 とした 上 で 管 内 の 食 品 衛 生 に 関 する 状 況 と 今 までの 監 視 指 導 の 実 績 を 分 析 検 討 し 必 要 な 回 数 を 加 えるなどし 実 効 的 な 監 視 指 導 の 推 進 に 努 めるものとする ランク A ランク B ランク C ランク 監 視 回 数 年 に 3 回 以 上 年 に 2 回 以 上 年 に 1 回 以 上 対 象 業 種 ( 施 設 ) ア 平 成 26 年 度 に 食 品 衛 生 法 違 反 による 行 政 処 分 を 受 けた 施 設 イ 地 方 公 設 市 場 ウ 以 下 の 業 種 のうち 食 品 を 大 規 模 に 製 造 し 又 は 広 域 流 通 する 食 品 を 製 造 する 施 設 菓 子 製 造 業 あん 類 製 造 業 アイスクリーム 類 製 造 業 乳 処 理 業 特 別 牛 乳 さく 取 処 理 業 乳 製 品 製 造 業 集 乳 業 食 肉 処 理 業 食 肉 製 品 製 造 業 魚 肉 ねり 製 品 製 造 業 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 食 品 の 放 射 線 照 射 業 清 涼 飲 料 水 製 造 業 乳 酸 菌 飲 料 製 造 業 氷 雪 製 造 業 食 用 油 脂 製 造 業 マーガリン 又 はショートニング 製 造 業 みそ 製 造 業 醤 油 製 造 業 ソース 類 製 造 業 酒 類 製 造 業 豆 腐 製 造 業 納 豆 製 造 業 めん 類 製 造 業 そうざい 製 造 業 かん 詰 又 はびん 詰 食 品 製 造 業 添 加 物 製 造 業 許 可 を 要 しない 食 品 製 造 業 エ と 畜 場 食 鳥 処 理 場 及 び 付 帯 する 食 肉 処 理 業 等 の 食 品 関 連 施 設 オ 生 食 用 食 肉 取 扱 い 施 設 ア 飲 食 店 営 業 集 団 給 食 施 設 のうち 同 一 メニューを1 回 300 食 又 は1 日 750 食 以 上 調 理 し 提 供 する 以 下 の 施 設 (ア) 飲 食 店 営 業 旅 館 仕 出 し 屋 弁 当 屋 一 般 食 堂 料 亭 レストラン すし 屋 (イ) 集 団 給 食 施 設 学 校 給 食 センター 病 院 社 会 福 祉 施 設 イ スーパーであって 施 設 面 積 が1,000m2 以 上 の 施 設 大 型 スーパー 大 規 模 小 売 店 舗 ウ 総 合 衛 生 管 理 製 造 過 程 承 認 施 設 エ 地 方 公 設 市 場 以 外 の 市 場 ア 飲 食 店 営 業 集 団 給 食 施 設 のうちBランクに 該 当 しない 以 下 の 施 設 10

14 D ランク E ランク 2 年 に 1 回 以 上 営 業 許 可 の 更 新 年 度 (ア) 飲 食 店 営 業 旅 館 仕 出 し 屋 弁 当 屋 一 般 食 堂 料 亭 レストラン すし 屋 (イ) 集 団 給 食 施 設 学 校 給 食 病 院 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 イ 以 下 の 業 種 のうち A B D 及 びEランクに 該 当 しない 施 設 菓 子 製 造 業 あん 類 製 造 業 アイスクリーム 類 製 造 業 乳 処 理 業 特 別 牛 乳 さく 取 処 理 業 乳 製 品 製 造 業 集 乳 業 食 肉 処 理 業 食 肉 製 品 製 造 業 魚 肉 ねり 製 品 製 造 業 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 食 品 の 放 射 線 照 射 業 清 涼 飲 料 水 製 造 業 乳 酸 菌 飲 料 製 造 業 氷 雪 製 造 業 食 用 油 脂 製 造 業 マーガリン 又 はショートニング 製 造 業 みそ 製 造 業 醤 油 製 造 業 ソース 類 製 造 業 酒 類 製 造 業 豆 腐 製 造 業 納 豆 製 造 業 めん 類 製 造 業 添 加 物 製 造 業 そうざい 製 造 業 かん 詰 又 はびん 詰 食 品 製 造 業 許 可 を 要 しない 食 品 製 造 業 ( 特 に 漬 物 製 造 業 及 び 加 熱 しないで 喫 食 する 食 品 の 製 造 業 ) ウ スーパーであって 施 設 面 積 が1,000m2 未 満 の 施 設 エ ふぐ 営 業 認 証 施 設 食 中 毒 や 違 反 食 品 の 発 生 頻 度 が 低 く A B C 及 びEランクに 該 当 しない 以 下 の 業 種 ( 施 設 ) 飲 食 店 営 業 (スナック 及 びバー 等 の 営 業 ) 集 団 給 食 施 設 ( 事 業 所 ) 菓 子 製 造 業 ( 今 川 焼 き 及 びクレープ 等 の 営 業 ) 喫 茶 店 営 業 魚 介 類 販 売 業 乳 類 販 売 業 食 肉 販 売 業 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 ( 保 管 業 に 限 る) 氷 雪 販 売 業 魚 介 類 行 商 販 売 取 締 条 例 に 規 定 する 営 業 許 可 を 要 しない 販 売 業 食 中 毒 や 違 反 食 品 の 発 生 頻 度 が 非 常 に 低 い 次 の 業 種 自 動 販 売 機 を 利 用 して 行 う 営 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 簡 易 な 飲 食 店 営 業 等 取 扱 要 綱 に 定 められる 営 業 11

15 第 6 食 品 等 の 収 去 検 査 等 に 関 する 事 項 科 学 的 な 根 拠 に 基 づいた 監 視 指 導 を 推 進 するため 食 品 等 の 検 査 の 要 点 を 次 のとおりとし 計 画 的 に 実 施 する 1 共 通 事 項 保 健 所 衛 生 研 究 所 及 び 食 肉 衛 生 検 査 所 登 録 検 査 機 関 において 県 内 で 生 産 製 造 又 は 販 売 される 食 品 等 ( 輸 入 食 品 を 含 む )について 食 品 衛 生 法 に 基 づく 検 査 等 を 実 施 する 2 重 点 的 な 検 査 を 実 施 する 事 項 (1) 残 留 農 薬 残 留 動 物 用 医 薬 品 及 び 食 品 添 加 物 等 の 理 化 学 検 査 (2) 黄 色 ブドウ 球 菌 サルモネラ 及 び 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157 等 の 食 中 毒 起 因 菌 等 の 微 生 物 検 査 (3) 放 射 性 物 質 の 検 査 (4) 過 去 に 違 反 事 例 の 多 い 食 品 の 規 格 基 準 に 関 する 検 査 (5) その 他 重 点 監 視 指 導 の 実 施 に 必 要 な 検 査 第 7 夏 期 及 び 年 末 等 の 監 視 指 導 の 強 化 に 関 する 事 項 食 中 毒 等 の 健 康 被 害 が 発 生 しやすい 時 期 においては 対 象 業 種 ( 施 設 )を 定 めて 監 視 指 導 を 行 い 食 品 による 健 康 被 害 発 生 の 未 然 防 止 に 努 める 1 食 中 毒 が 多 発 する 夏 期 及 び 食 品 流 通 量 が 増 加 する 年 末 においては 国 が 例 年 定 める 方 針 も 踏 まえ 次 のとおり 監 視 指 導 を 実 施 する 夏 期 における 対 策 年 末 における 対 策 夏 期 に 発 生 しやすい 食 品 に 起 因 する 事 故 を 防 止 し 県 民 観 光 客 等 の 健 康 保 持 を 図 るため 千 葉 県 食 品 衛 生 夏 期 対 策 を6 月 1 日 から9 月 30 日 にか けて 実 施 するとともに この 対 策 期 間 中 に 目 的 等 を 細 やかに 定 め 食 品 の 適 正 表 示 の 徹 底 並 びに 腸 炎 ビブリオ カンピロバクター 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 等 による 食 中 毒 防 止 対 策 等 を 重 点 的 に 実 施 する 夏 の 食 品 安 全 推 進 月 間 (7 月 16 日 から8 月 15 日 まで) 海 の 家 等 海 浜 の 食 品 営 業 施 設 一 斉 監 視 (7 月 16 日 から8 月 6 日 まで) 食 中 毒 予 防 強 調 月 間 (8 月 1 日 から8 月 31 日 まで) 11 月 1 日 から12 月 31 日 までを 千 葉 県 年 末 の 食 品 安 全 推 進 月 間 と 定 め 広 域 流 通 食 品 等 事 業 者 の 監 視 指 導 及 びアレルギー 物 質 を 含 む 食 品 の 適 正 表 示 の 徹 底 並 びにノロウイルスやふぐ 毒 の 食 中 毒 防 止 対 策 や 市 場 衛 生 対 策 等 の 監 視 指 導 を 重 点 的 に 実 施 する 2 特 定 の 違 反 事 例 が 頻 発 するなど 食 品 衛 生 に 係 る 問 題 が 発 生 し かつ 全 国 的 な 調 査 や 監 視 指 導 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 は 国 が 示 す 方 針 も 踏 まえ また 必 要 に 応 じて 他 の 都 道 府 県 等 と 連 携 しながら 監 視 指 導 を 行 う 第 8 違 反 を 発 見 した 場 合 の 対 応 に 関 する 事 項 法 令 等 に 違 反 する 施 設 や 食 品 等 を 発 見 した 場 合 は 遅 滞 なく 営 業 者 等 に 改 善 回 収 等 の 自 主 的 な 対 策 を 行 わせるとともに 行 政 が 的 確 な 対 応 を 行 うこと 12

16 で 消 費 者 の 被 害 を 未 然 に 防 止 する 必 要 がある このための 基 本 的 な 対 応 は 違 反 が 軽 微 であって 直 ちに 改 善 が 図 られたものを 除 き 法 令 違 反 については 書 面 での 行 政 指 導 を 行 うなど 次 のとおりとする 1 立 入 検 査 時 に 違 反 を 発 見 した 場 合 区 分 措 置 内 容 法 令 に 基 づく 公 衆 衛 生 上 講 ずべき 基 準 や 施 設 の 構 造 設 備 に 関 する 基 準 に 違 反 した 施 設 を 発 見 した 場 合 食 品 衛 生 法 に 違 反 する 食 品 等 を 発 見 し た 場 合 営 業 者 等 に 対 し 速 やかに 改 善 の 指 導 又 は 命 令 等 を 行 う 当 該 食 品 等 が 販 売 または 営 業 上 使 用 され ないように 回 収 廃 棄 等 を 行 わせるととも に 必 要 に 応 じ 営 業 の 禁 止 若 しくは 停 止 等 の 行 政 処 分 を 行 う 悪 質 な 違 反 の 場 合 告 発 を 行 う 2 収 去 検 査 の 結 果 違 反 を 発 見 した 場 合 区 分 措 置 内 容 県 内 で 生 産 製 造 又 は 加 工 された 食 品 の 場 合 当 該 食 品 等 が 販 売 または 営 業 上 使 用 され ないように 回 収 廃 棄 等 を 行 わせるととも に 必 要 に 応 じ 営 業 の 禁 止 若 しくは 停 止 等 の 行 政 処 分 を 行 う 広 域 流 通 食 品 等 及 び 輸 入 食 品 等 の 場 合 関 係 する 都 道 府 県 等 の 食 品 衛 生 担 当 部 局 悪 質 な 違 反 の 場 合 告 発 を 行 う 又 は 国 へ 迅 速 に 情 報 提 供 を 行 い 連 携 して 違 反 に 係 る 食 品 等 の 流 通 防 止 措 置 再 発 防 止 措 置 等 の 必 要 な 対 策 を 講 ずる 3 違 反 事 実 の 公 表 重 大 な 違 反 事 例 や 行 政 処 分 事 例 については 危 害 の 拡 大 及 び 再 発 の 防 止 を 図 るために 事 業 者 名 対 象 食 品 名 措 置 内 容 等 を 適 宜 公 表 する 第 9 県 民 等 への 情 報 提 供 及 び 意 見 の 交 換 (リスクコミュニケーション)の 実 施 に 関 する 事 項 県 民 等 に 対 し 食 品 等 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 情 報 提 供 や 監 視 指 導 の 実 施 状 況 の 公 表 を 積 極 的 に 実 施 し 意 見 を 聴 取 するとともに これらを 踏 まえて 監 視 指 導 に 反 映 させる また 次 年 度 の 監 視 指 導 計 画 策 定 段 階 において 県 民 等 から 意 見 を 聴 取 する 機 会 を 設 ける これらの 県 民 等 への 情 報 提 供 や 意 見 の 交 換 の 機 会 を 通 じて 社 会 の 要 請 に あった 監 視 指 導 計 画 を 策 定 していくこととする 1 平 成 27 年 度 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 の 実 施 結 果 については 平 成 28 年 6 月 末 までに 公 表 を 行 う 13

17 2 監 視 指 導 計 画 の 策 定 の 際 及 び 年 度 途 中 に 監 視 指 導 計 画 を 変 更 する 場 合 は その 内 容 を 公 表 し 県 民 等 の 意 見 を 聴 取 する 3 食 品 等 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 施 策 の 実 施 に 当 たり 必 要 な 場 合 は これを 公 表 し 県 民 等 の 意 見 を 聴 取 する 4 公 表 は 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 千 葉 県 庁 県 政 情 報 コーナー 千 葉 県 文 書 館 各 地 域 振 興 事 務 所 及 び 各 健 康 福 祉 センター( 保 健 所 )における 閲 覧 ホームペ ージ 広 報 紙 などの 方 法 により 行 い これに 関 する 意 見 の 聴 取 は 郵 送 電 子 メール ファックス 等 の 方 法 により 行 う 5 千 葉 県 食 中 毒 警 報 等 発 令 要 領 に 基 づき 夏 期 における 食 中 毒 の 多 発 が 予 想 される 時 期 に 食 中 毒 注 意 報 又 は 食 中 毒 警 報 を 発 令 し 県 民 及 び 食 品 等 事 業 者 へ 食 品 の 取 扱 い 及 びその 他 食 品 衛 生 に 関 する 注 意 を 喚 起 し 危 害 発 生 の 未 然 防 止 を 図 る 6 家 庭 における 食 中 毒 発 生 を 未 然 に 防 止 するため 食 品 の 購 入 から 喫 食 までの 取 扱 いに 関 する 消 費 者 への 啓 発 を 行 う 7 ふぐ 野 生 植 物 等 の 衛 生 上 の 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 食 材 については 自 家 調 理 の 自 粛 の 周 知 を 図 る 特 に 野 生 のキノコについては 知 らないキノコや 食 用 が 確 認 できない キノコを 喫 食 しないよう 関 係 部 署 等 と 連 携 を 図 りながら 注 意 喚 起 を 行 う 8 非 加 熱 又 は 加 熱 不 十 分 な 食 肉 や 鶏 豚 の 生 レバーを 喫 食 することは 食 中 毒 の 原 因 となるリスクが 高 いことを 啓 発 する 第 10 食 中 毒 等 健 康 危 害 発 生 時 の 対 応 に 関 する 事 項 食 中 毒 が 発 生 した 場 合 の 対 応 は 千 葉 県 健 康 危 機 管 理 基 本 指 針 ( 以 下 基 本 指 針 という ) 千 葉 県 食 中 毒 疫 学 調 査 要 領 ( 以 下 調 査 要 領 と いう ) 等 に 基 づき 発 生 の 内 容 程 度 等 に 応 じて 次 のことを 迅 速 かつ 適 切 に 実 施 し 原 因 の 究 明 と 危 害 の 拡 大 防 止 に 努 める 1 食 中 毒 等 発 生 時 の 対 応 (1) 調 査 要 領 に 基 づき 平 時 から 体 制 を 整 備 するとともに 食 中 毒 等 健 康 危 害 の 発 生 時 には 基 本 指 針 に 基 づき 関 係 部 局 と 連 携 をとりながら 迅 速 かつ 的 確 な 対 策 を 行 う (2) 初 動 調 査 においては 病 原 微 生 物 のみならず 化 学 物 質 等 が 原 因 である 可 能 性 も 考 慮 する (3) 毒 物 劇 物 等 の 物 質 を 原 因 と 疑 う 食 中 毒 の 発 生 に 際 しては 調 査 初 期 段 階 において 毒 劇 物 迅 速 検 査 キット を 活 用 するなどして 毒 物 等 の 混 入 の 有 無 を 速 やかに 判 定 する (4) 汚 染 源 の 遡 り 調 査 を 積 極 的 に 行 い 原 因 の 究 明 に 努 める 14

18 2 食 中 毒 発 生 状 況 等 の 情 報 を 速 やかに 公 表 し 消 費 者 及 び 食 品 等 事 業 者 へ 注 意 を 促 す 3 いわゆる 健 康 食 品 に 関 連 する 件 に 関 しては 被 害 が 全 国 に 及 ぶ 恐 れがある ため 調 査 の 状 況 等 を 国 へ 速 やかに 報 告 する 第 11 食 品 等 事 業 者 の 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 推 進 に 関 する 事 項 食 品 衛 生 管 理 の 主 体 は 食 品 等 事 業 者 自 らが 担 っており 原 材 料 等 の 安 全 性 の 確 認 等 の 自 主 的 な 衛 生 管 理 が 必 要 不 可 欠 である このため 県 は 次 の 対 策 を 講 じ 食 品 等 事 業 者 の 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 一 層 の 強 化 を 推 進 する 1 食 品 衛 生 管 理 者 等 の 設 置 (1) 特 に 衛 生 上 の 考 慮 を 必 要 とする 食 品 又 は 添 加 物 に 係 る 営 業 施 設 には 食 品 衛 生 法 に 基 づく 食 品 衛 生 管 理 者 或 いは 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 に 基 づく 食 品 衛 生 責 任 者 を 設 置 させ 施 設 における 衛 生 管 理 並 びに 従 事 者 に 対 する 衛 生 指 導 の 徹 底 を 図 る (2) 食 品 衛 生 管 理 者 又 は 食 品 衛 生 責 任 者 が 法 令 等 に 規 定 される 責 務 を 適 確 に 果 たせるよう 営 業 者 に 対 し 必 要 な 指 導 を 行 う 2 食 品 等 事 業 者 による 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 推 進 (1) 法 令 等 に 規 定 される 食 品 等 事 業 者 の 責 務 を 遵 守 するよう 積 極 的 に 推 進 する (2) 自 主 検 査 原 材 料 の 安 全 性 確 認 等 の 実 施 を 推 進 する (3) 食 中 毒 等 発 生 時 の 原 因 究 明 及 び 危 害 の 拡 大 防 止 を 図 るため 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 に 基 づき 食 品 の 製 造 販 売 等 に 係 る 記 録 の 作 成 保 存 を 推 進 する (4) 食 品 等 事 業 者 による 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 推 進 に 必 要 な 講 習 会 等 を 開 催 し 情 報 提 供 を 行 う (5) 仕 出 し 屋 弁 当 屋 旅 館 及 びホテル 等 の 大 量 調 理 施 設 については 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル に 基 づき 自 主 的 な 衛 生 管 理 を 推 進 する (6) 食 品 等 事 業 者 に 対 して 自 主 衛 生 管 理 マニュアル を 周 知 し マニュア ルに 基 づく 記 録 の 作 成 保 存 等 の 実 施 により 食 品 等 事 業 者 による 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 推 進 強 化 を 図 る 3 HACCPによる 衛 生 管 理 の 推 進 食 品 の 安 全 性 確 保 には HACCPによる 衛 生 管 理 が 有 効 なことから 次 に より 食 品 営 業 施 設 特 に 食 品 の 製 造 加 工 施 設 におけるHACCPによる 工 程 管 理 の 普 及 を 推 進 する (1) 研 修 会 の 開 催 衛 生 指 導 課 各 保 健 所 及 び 各 食 肉 衛 生 検 査 所 において 食 品 等 事 業 者 に 対 し HACCP 導 入 の 意 義 や 具 体 的 な 導 入 方 法 等 についての 研 修 会 を 開 催 する (2) 運 用 に 係 る 技 術 的 支 援 食 品 等 事 業 者 に 対 し HACCP 導 入 時 の 技 術 的 助 言 や また 導 入 後 の 15

19 監 視 指 導 を 行 う (3) HACCP 導 入 の 手 引 きの 作 成 食 品 等 事 業 者 が 適 切 かつ 円 滑 にHACCPを 導 入 できるよう 手 引 きを 作 成 し 配 布 する (4) 消 費 者 向 けパンフレットの 作 成 消 費 者 に 対 し HACCPを 分 かりやすく 解 説 したパンフレットを 作 成 し 配 布 する (5) リスクコミュニケーションの 実 施 消 費 者 を 対 象 に HACCPに 基 づく 衛 生 管 理 に 関 するリスクコミュニケ ーションを 実 施 する 4 食 品 衛 生 功 労 者 及 び 食 品 衛 生 優 良 施 設 に 対 し 知 事 表 彰 保 健 所 長 表 彰 等 を 実 施 し 食 品 営 業 者 による 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 意 識 の 向 上 を 図 る 5 食 品 衛 生 推 進 員 及 び 食 品 衛 生 指 導 員 に 対 して 助 言 指 導 等 を 行 い 食 品 等 事 業 者 による 衛 生 管 理 の 向 上 に 係 る 自 主 的 な 活 動 を 促 進 する 第 12 食 品 衛 生 に 係 る 人 材 の 養 成 及 び 資 質 の 向 上 に 関 する 事 項 食 品 衛 生 に 関 する 状 況 は 食 品 自 体 の 多 様 化 や 流 通 の 変 化 また 科 学 的 知 見 の 進 展 等 からめまぐるしく 変 化 しており 食 品 衛 生 に 携 わる 者 には 最 新 かつ 高 度 な 見 識 が 求 められることから 人 材 の 育 成 及 びその 資 質 の 向 上 は 食 品 衛 生 対 策 上 重 要 な 事 項 である このため 行 政 機 関 食 品 等 事 業 者 の 双 方 が 積 極 的 に 対 策 を 講 じていく 必 要 があることから 次 の 事 項 の 実 施 に 努 めることとする 1 食 品 衛 生 監 視 員 と 畜 検 査 員 食 鳥 検 査 員 及 び 食 品 衛 生 検 査 担 当 者 等 関 係 職 員 に 関 する 事 項 監 視 指 導 等 が 迅 速 かつ 的 確 に 実 施 できるように 技 術 研 修 や 法 令 内 容 等 に 係 る 研 修 を 実 施 するとともに 厚 生 労 働 省 等 が 開 催 する 研 修 会 講 習 会 への 参 加 を 推 進 する 2 食 品 関 連 施 設 の 自 主 的 衛 生 管 理 を 担 う 者 に 関 する 事 項 (1) 食 品 等 事 業 者 従 事 者 及 び 集 団 給 食 施 設 の 調 理 従 事 者 等 に 対 し 食 中 毒 予 防 等 の 衛 生 講 習 会 を 実 施 する (2) 食 品 衛 生 管 理 者 食 品 衛 生 責 任 者 食 品 衛 生 推 進 員 と 畜 場 の 衛 生 管 理 責 任 者 及 び 作 業 衛 生 責 任 者 食 鳥 処 理 衛 生 管 理 者 に 対 し その 責 務 が 適 切 に 果 たされるよう 講 習 会 や 情 報 提 供 を 実 施 する (3) 食 品 衛 生 指 導 員 の 育 成 指 導 については 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 食 品 衛 生 協 会 が 実 施 する 自 主 的 な 研 修 に 対 し 県 から 講 師 を 派 遣 するなどして 食 品 衛 生 指 導 員 として 必 要 な 最 新 の 知 識 技 術 について 教 育 を 行 う 16

20 ( 資 料 1) 平 成 27 年 度 における 監 視 指 導 及 び 検 査 の 実 施 計 画 1 監 視 指 導 実 施 計 画 区 分 主 な 対 象 施 設 対 象 件 数 平 成 27 年 度 監 視 予 定 数 Aランク ( 年 3 回 以 上 ) Bランク ( 年 2 回 以 上 ) 集 団 給 食 等 大 規 模 調 理 施 設 大 規 模 小 売 店 舗 民 営 市 場 等 Cランク ( 年 1 回 以 上 ) Dランク (2 年 に1 回 以 上 ) その 他 販 売 業 等 Eランク ( 許 可 更 新 時 ) 2 食 品 等 検 査 実 施 計 画 (1) 国 内 産 食 品 等 農 産 物 小 計 品 目 予 定 検 体 数 対 象 検 体 83 水 産 物 12 畜 産 物 238 加 工 食 品 等 2,027 健 康 福 祉 センター ( 保 健 所 ) 衛 生 研 究 所 食 肉 衛 生 検 査 所 登 録 検 査 機 関 健 康 福 祉 センター ( 保 健 所 ) 食 肉 衛 生 検 査 所 野 菜 残 留 農 薬 果 実 細 菌 落 花 生 カビ 毒 養 殖 魚 あさり 岩 かき 鶏 卵 動 物 用 医 薬 品 水 銀 有 機 スズ 化 合 物 等 重 金 属 PCB 等 ノロウイルス 貝 毒 細 菌 動 物 用 医 薬 品 細 菌 はちみつ 動 物 用 医 薬 品 牛 肉 動 物 用 医 薬 品 豚 肉 残 留 農 薬 鶏 肉 農 産 物 加 工 品 残 留 農 薬 ふぐ( 身 欠 ) ふぐ 毒 大 豆 加 工 品 等 組 換 え 遺 伝 子 惣 菜 菓 子 等 アレルギー 物 質 弁 当 惣 菜 牛 乳 等 成 分 規 格 食 品 添 加 物 細 菌 等 放 射 性 物 質 660 市 場 流 通 食 品 放 射 性 セシウム 容 器 包 装 等 規 格 基 準 食 品 添 加 物 成 分 規 格 その 他 134 食 品 の 食 中 毒 菌 汚 染 実 態 調 査 ( 生 食 用 等 野 菜 細 菌 肉 類 浅 漬 ) 合 計 3,154 地 方 公 設 市 場 広 域 流 通 食 品 製 造 施 設 と 畜 場 等 一 般 飲 食 店 広 域 流 通 をしない 食 品 製 造 業 等 自 動 販 売 機 等 8,200 1,640 清 涼 飲 料 水 食 肉 製 品 等 食 品 添 加 物 細 菌 等 検 査 項 目 500 3,700 22,900 45,100 80,400 検 査 機 関 1,500 7,400 22,900 22,550 55,990 検 体 採 取 機 関 (2) 輸 入 食 品 品 目 予 定 検 体 数 対 象 検 体 検 査 項 目 農 産 物 加 工 品 等 水 産 物 畜 産 物 加 工 食 品 等 ナッツ 類 等 合 計 171 野 菜 果 実 ワイン 菓 子 等 サーモン エビ マグロ 等 牛 肉 豚 肉 鶏 肉 コメ 加 工 品 トウモロコシ 加 工 品 パパイヤ プルーン レーズン くるみ 等 残 留 農 薬 残 留 農 薬 動 物 用 医 薬 品 動 物 用 医 薬 品 組 換 え 遺 伝 子 カビ 毒 健 康 福 祉 センター ( 保 健 所 ) 衛 生 研 究 所 食 肉 衛 生 検 査 所 登 録 検 査 機 関 検 査 機 関 健 康 福 祉 センター ( 保 健 所 ) 食 肉 衛 生 検 査 所 検 体 採 取 機 関

21 ( 資 料 2) 平 成 27 年 度 立 入 検 査 計 画 及 び 啓 発 事 業 予 定 表 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 学 校 給 食 等 集 団 給 食 施 設 監 視 食 品 衛 生 夏 期 対 策 一 夏 の 食 品 安 全 推 進 月 間 斉 監 海 の 家 等 海 浜 における 食 視 品 営 業 施 設 一 斉 監 視 指 導 食 中 毒 予 防 強 調 月 間 等 の 食 中 毒 警 報 発 令 期 間 事 業 食 中 毒 予 防 パレード 衛 生 教 育 啓 発 事 業 試 験 関 係 違 反 等 の 対 応 人 材 育 成 年 末 の 食 品 安 全 推 進 月 間 フグ 営 業 認 証 施 設 監 視 食 品 事 業 者 等 食 品 衛 生 講 習 会 学 校 等 給 食 従 事 者 講 習 会 消 費 者 食 品 事 業 者 等 と の 意 見 交 換 他 ふぐ 処 理 師 試 験 製 菓 衛 生 師 試 験 食 中 毒 等 に 関 する 対 応 ( 随 時 ) 違 反 食 品 等 に 関 する 対 応 ( 随 時 ) 食 品 衛 生 監 視 員 等 研 修 会 と 畜 検 査 員 等 研 修 会 食 品 衛 生 監 視 員 等 会 議 地 区 一 斉 監 視 : 地 区 毎 に 飲 食 店 営 業 食 肉 魚 介 類 等 の 販 売 業 等 の 食 品 管 理 状 況 等 について 監 視 指 導 を 行 う 夏 期 における 食 中 毒 の 発 生 を 防 止 するために 各 種 の 製 造 業 飲 食 店 営 業 等 の 監 視 指 導 並 び に 啓 発 事 業 として 食 中 毒 警 報 発 令 事 業 等 を 行 う 年 末 年 始 に 関 係 する 食 品 の 製 造 業 販 売 業 ふぐ 営 業 認 証 施 設 生 かき 等 を 取 扱 う 施 設 に 対 公 設 食 品 卸 売 り 市 場 及 びと 畜 場 食 鳥 処 理 場 等 し 重 点 的 に 監 視 指 導 を 行 う を 重 点 的 に 監 視 指 導 行 う

22 資 料 3 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 に 関 する 用 語 集 あ 行 アレルギー 物 質 食 物 の 摂 取 により 生 体 に 障 害 を 引 き 起 こす 反 応 のうち 食 物 抗 原 に 対 する 疫 学 的 防 御 反 応 によるものを 食 物 アレルギーと 呼 び その 原 因 となる 物 質 のことを アレルギー 物 質 という 免 疫 学 的 な 防 御 反 応 とは 体 の 中 に 異 物 ( 抗 原 )が 入 ってくるとこれに 対 して 防 衛 しようとする 働 きにより 抗 体 がつくられ 異 物 ( 抗 原 )に 対 する 抵 抗 性 を 獲 得 する 反 応 をいう アレルギー 体 質 の 人 では ある 物 質 に 過 敏 に 反 応 して じんま 疹 湿 疹 血 圧 低 下 呼 吸 困 難 又 は 意 識 障 害 など 様 々な 症 状 が 引 き 起 こされる 食 品 衛 生 法 では アレルギー 物 質 として 表 示 を 義 務 づけているものが7 品 目 (えび かに 小 麦 そば 卵 乳 及 び 落 花 生 ) 指 導 により 表 示 を 推 奨 されて いるものが20 品 目 (あわび いか いくら オレンジ カシューナッツ キウ イフルーツ 牛 肉 くるみ ごま さけ さば 大 豆 鶏 肉 バナナ 豚 肉 まつたけ もも やまいも りんご ゼラチン)ある 遺 伝 子 組 換 え 食 品 遺 伝 子 組 換 え 技 術 ( 組 換 えDNA 技 術 )を 応 用 した 食 品 のこと 遺 伝 子 組 換 え 技 術 ( 組 換 えDNA 技 術 )とは ある 生 物 から 有 用 な 遺 伝 子 を 取 り 出 して 他 の 植 物 等 に 導 入 する 技 術 のことで この 技 術 により 食 品 生 産 を 量 的 質 的 に 向 上 させるだけでなく 害 虫 や 病 気 に 強 い 農 作 物 の 改 良 や 日 持 ち 加 工 特 性 などの 品 質 向 上 に 利 用 されている 一 方 遺 伝 子 組 換 え 食 品 は 国 際 的 にも 広 がってきており 今 後 さらに 新 しい 食 品 の 開 発 が 進 むことも 予 想 され( 未 審 査 のものは 安 全 とはいえないことから) 安 全 性 未 審 査 のものが 国 内 で 流 通 しないよう 安 全 性 審 査 ( 食 品 健 康 影 響 評 価 ) を 法 的 に 義 務 化 している 現 在 わが 国 において 安 全 性 が 確 認 され 販 売 流 通 が 認 められている 作 物 は 大 豆 とうもろこし ばれいしょ なたね 綿 実 アルファルファ てん 菜 パ パイヤの8 種 類 遺 伝 子 組 換 え 農 産 物 およびこれを 原 料 とした 加 工 食 品 については 表 示 制 度 が 定 められている 表 示 義 務 の 対 象 となるのは 遺 伝 子 組 換 え 食 品 である 大 豆 ( 枝 豆 及 び 大 豆 もや しを 含 む ) とうもろこし ばれいしょ なたね 綿 実 アルファルファ てん 菜 パパイヤの8 種 類 の 農 産 物 とこれらを 原 材 料 とした 加 工 食 品 33 品 目 群 ( 豆 腐 納 豆 など)である 1

23 また 高 オレイン 酸 遺 伝 子 組 換 え 大 豆 およびこれを 使 用 した 加 工 食 品 について 大 豆 ( 高 オレイン 酸 遺 伝 子 組 換 え) などの 表 示 が 義 務 付 けられている 黄 色 ブドウ 球 菌 人 間 の 手 指 からも 検 出 されることがある 増 殖 の 際 に 生 成 された 毒 素 によって 食 中 毒 を 引 き 起 こす < 特 徴 > 人 や 動 物 に 常 在 する 毒 素 エンテロトキシンを 生 成 する 毒 素 は 分 の 加 熱 でも 無 毒 化 されない < 食 中 毒 症 状 > 潜 伏 期 は1~3 時 間 主 症 状 は 吐 き 気 嘔 吐 腹 痛 下 痢 < 過 去 の 食 中 毒 原 因 食 品 > 乳 乳 製 品 ( 牛 乳 クリームなど) 卵 製 品 畜 産 製 品 ( 肉 ハムなど) 穀 類 とその 加 工 品 握 り 飯 弁 当 魚 肉 ねり 製 品 (ちくわ かまぼこなど) 和 洋 生 菓 子 など < 対 策 > 手 指 の 洗 浄 消 毒 や 調 理 器 具 の 洗 浄 殺 菌 手 荒 れや 化 膿 巣 のある 人 は 食 品 に 直 接 触 れない 動 物 (ペット 等 )を 調 理 場 に 入 れない 低 温 保 存 は 有 効 生 成 された 毒 素 は 加 熱 調 理 により 分 解 されにくいので 注 意 が 必 要 か 行 カンピロバクター 主 に 食 肉 を 介 した 食 中 毒 が 問 題 となっている < 特 徴 > 家 畜 や 家 禽 類 の 腸 管 内 に 生 息 し 食 肉 ( 特 に 鶏 肉 )や 飲 料 水 を 汚 染 する 乾 燥 にきわめて 弱 く また 通 常 の 加 熱 調 理 で 死 滅 する < 食 中 毒 症 状 > 潜 伏 期 は1~7 日 と 長 い 主 症 状 は 発 熱 倦 怠 感 頭 痛 吐 き 気 腹 痛 下 痢 血 便 など 少 ない 菌 量 でも 発 症 < 過 去 の 食 中 毒 原 因 食 品 > 食 肉 ( 特 に 鶏 肉 ) 飲 料 水 生 野 菜 牛 乳 など 潜 伏 期 間 が 長 いので 判 明 しないことも 多 い 2

24 < 対 策 > 調 理 器 具 を 熱 湯 消 毒 し よく 乾 燥 させる 肉 と 他 の 食 品 との 接 触 を 防 ぐ 食 肉 食 鳥 肉 処 理 場 での 衛 生 管 理 二 次 汚 染 防 止 を 徹 底 する 食 肉 は 十 分 な 加 熱 (65 以 上 数 分 )を 行 う さ 行 サルモネラ 属 菌 わが 国 で 食 中 毒 の 発 生 件 数 が 多 いものの 一 つで 鶏 卵 などを 介 した 食 中 毒 が 発 生 している < 特 徴 > 動 物 の 腸 管 や 自 然 界 ( 川 下 水 湖 など)に 広 く 分 布 生 肉 特 に 鶏 肉 と 卵 を 汚 染 することが 多 い 乾 燥 に 強 い < 食 中 毒 症 状 > 潜 伏 期 は6~72 時 間 主 症 状 は 激 しい 腹 痛 下 痢 発 熱 嘔 吐 長 期 にわたり 保 菌 者 となることもある < 過 去 の 食 中 毒 原 因 食 品 > 卵 またはその 加 工 品 食 肉 ( 牛 レバー 刺 し 鶏 肉 ) うなぎ すっぽんなど 二 次 汚 染 による 各 種 食 品 < 対 策 > 肉 卵 は 十 分 に 加 熱 (75 以 上 1 分 以 上 )する 卵 の 生 食 は 新 鮮 なものに 限 る 低 温 保 存 は 有 効 しかし 過 信 は 禁 物 二 次 汚 染 にも 注 意 残 留 動 物 用 医 薬 品 動 物 用 医 薬 品 とは 薬 事 法 において 専 ら 動 物 のために 使 用 されることが 目 的 とされている 医 薬 品 とされている 牛 豚 鶏 などの 畜 産 動 物 や 養 殖 魚 などの 病 気 の 診 断 治 療 または 予 防 などに 使 われるもので その 製 造 販 売 使 用 について 薬 事 法 で 規 制 されている 例 え ば 診 断 用 のツベルクリン 治 療 用 の 抗 生 物 質 や 予 防 用 のワクチンなどがある 必 要 に 応 じて 薬 事 法 に 基 づき その 使 用 できる 動 物 種 使 用 方 法 および 使 用 量 使 用 禁 止 期 間 ( 出 荷 するまで その 薬 が 使 用 できない 期 間 のことをいう)を 定 め た 使 用 基 準 が 設 定 されている また 食 品 衛 生 法 に 基 づき 残 留 基 準 が 設 定 された 場 合 これを 超 えるよう な 動 物 用 医 薬 品 が 残 留 している 食 品 は 販 売 禁 止 などの 措 置 がとられることになる 3

25 残 留 農 薬 農 作 物 等 の 栽 培 または 保 存 時 に 農 薬 が 使 用 された 場 合 に 農 作 物 等 や 環 境 中 に 残 る 農 薬 またはその 代 謝 物 をいう 農 薬 が 残 留 した 食 品 を 摂 取 することにより 人 の 健 康 を 損 なうことがないよう 食 品 衛 生 法 に 基 づく 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 において 食 品 に 残 留 する 農 薬 などの 量 の 限 度 ( 残 留 農 薬 基 準 )が 定 められている 残 留 農 薬 基 準 が 設 定 された 場 合 これを 超 えるような 農 薬 が 残 留 する 食 品 は 食 品 衛 生 上 の 危 害 を 除 去 するために 必 要 な 範 囲 で 販 売 禁 止 などの 措 置 がとられる GPセンター Grading&Packingの 頭 文 字 をとった 略 称 で 集 められた 鶏 卵 を 洗 浄 し 重 量 ごとに 格 付 け(Grading)して パックやダンボール 等 に 鶏 卵 を 包 装 (Packing) する 施 設 のこと 鶏 舎 に 併 設 しているものや 独 立 して 設 置 しているものがある 鶏 卵 の 格 付 : 規 格 取 引 上 の 卵 重 区 分 (SS S MS M L LL)に 分 別 すること 収 去 検 査 食 品 衛 生 法 の 規 定 により 都 道 府 県 知 事 等 が 必 要 があると 認 めるとき 食 品 衛 生 監 視 員 を 営 業 の 施 設 に 立 ち 入 らせ 試 験 の 用 に 供 するのに 必 要 な 限 度 に おいて 販 売 の 用 に 供 し 若 しくは 営 業 上 使 用 する 食 品 添 加 物 器 具 及 び 容 器 包 装 おもちゃなどを 無 償 で 抜 き 取 り 検 査 することである これらの 収 去 にあたっては 食 品 衛 生 監 視 員 である 身 分 を 示 す 証 票 の 携 帯 と 法 で 定 められた 収 去 証 を 被 収 去 者 に 交 付 することが 義 務 付 けられている 食 中 毒 注 意 報 6 月 1 日 から 9 月 30 日 までの 間 で 夏 日 ( 最 高 気 温 が 25 以 上 )が 3 日 以 上 継 続 し かつ 館 山 ~ 銚 子 間 の 8 地 点 の 海 水 温 が 3 日 間 以 上 継 続 し 20 以 上 を 超 え た 場 合 に 発 令 される 食 中 毒 警 報 注 意 報 発 令 中 で 梅 雨 明 け 後 真 夏 日 ( 最 高 気 温 が30 以 上 )が3 日 以 上 継 続 した 場 合 に 発 令 される 食 鳥 検 査 食 鳥 肉 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 し 食 鳥 肉 の 安 全 を 確 保 するため の 検 査 で 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 6 月 制 定 ) に 基 づいて 知 事 が 獣 医 師 である 職 員 の 中 から 指 定 した 食 鳥 検 査 員 によって 行 われる 食 鳥 検 査 は 食 用 に 供 する 目 的 でとさつする 鶏 あひる 七 面 鳥 が 対 象 で 1 羽 ごとに 生 体 時 から 解 体 後 まで 一 貫 して 行 われる 4

26 食 鳥 処 理 場 食 用 に 供 する 目 的 で 事 業 として 食 鳥 ( 鶏 あひる 七 面 鳥 )をとさつし 又 は その 内 臓 の 摘 出 等 を 行 うために 設 置 された 施 設 ( 食 鳥 をとさつし その 内 臓 を 摘 出 したものを 中 抜 きと 体 という ) 食 品 衛 生 監 視 員 食 品 衛 生 法 に 基 づき 営 業 の 場 所 に 臨 検 し 食 品 や 帳 簿 書 類 を 検 査 し 試 験 に 必 要 な 食 品 などを 収 去 するため また 食 品 衛 生 に 関 する 指 導 を 行 うため 知 事 が その 職 員 の 中 から 任 命 した 者 のことをいう 食 品 衛 生 監 視 員 になるためには 専 門 的 な 経 験 知 識 を 有 する 必 要 がある( 厚 生 労 働 大 臣 の 登 録 を 受 けた 養 成 施 設 において 所 定 の 課 程 を 修 了 した 者 医 師 薬 剤 師 獣 医 師 などの 者 大 学 などで 獣 医 学 や 農 芸 化 学 などの 課 程 を 修 了 した 者 栄 養 士 として2 年 以 上 食 品 衛 生 行 政 に 従 事 した 者 が 該 当 する) 食 品 衛 生 管 理 者 食 品 の 製 造 又 は 加 工 の 過 程 で 特 に 衛 生 上 考 慮 が 払 われなければならない ような 全 粉 乳 食 肉 製 品 放 射 線 照 射 食 品 など11 種 目 の 食 品 添 加 物 など 製 造 加 工 を 行 う 営 業 者 について 食 品 衛 生 法 で 一 定 の 資 格 を 有 する 食 品 衛 生 管 理 者 を 置 くことが 義 務 付 けられている 食 品 衛 生 指 導 員 食 品 営 業 者 の 自 主 管 理 を 推 進 するため 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 食 品 衛 生 協 会 長 が 一 定 の 教 育 の 課 程 を 経 た 者 の 中 から 保 健 所 長 と 協 議 のうえ 食 品 衛 生 指 導 員 とし て 委 嘱 し 営 業 施 設 の 巡 回 指 導 をはじめとする 食 品 衛 生 思 想 の 普 及 啓 発 のための 自 主 活 動 にあたっている 食 品 衛 生 推 進 員 千 葉 県 では 食 品 等 事 業 者 の 食 品 衛 生 の 向 上 に 関 する 自 主 的 な 活 動 を 推 進 し もって 県 民 の 食 生 活 の 安 全 を 確 保 するため 食 品 衛 生 法 第 61 条 に 基 づき 食 品 衛 生 推 進 員 を 設 置 している 食 品 衛 生 推 進 員 は 資 格 要 件 を 満 たす 者 で 社 会 的 信 望 があり かつ 食 品 衛 生 の 向 上 に 熱 意 と 識 見 を 有 する 者 のうちから 知 事 が 委 嘱 し 食 品 衛 生 の 向 上 を 図 るため 次 の 業 務 を 行 う 食 品 等 事 業 者 の 自 主 管 理 の 推 進 及 び 支 援 等 を 行 う 消 費 者 からの 食 品 衛 生 に 関 する 相 談 に 応 じるとともに 助 言 等 を 行 う 食 品 衛 生 指 導 員 への 指 導 及 び 助 言 等 を 行 う 保 健 所 事 業 への 協 力 を 行 う 5

27 食 品 衛 生 責 任 者 食 品 衛 生 法 に 基 づく 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 に 定 められた 営 業 者 責 任 の 強 化 を 図 る ための 資 格 制 度 で 許 可 営 業 など 定 められた 業 種 の 営 業 者 は 一 定 の 資 格 を 有 する 食 品 衛 生 責 任 者 を 置 いて 食 品 衛 生 上 の 管 理 運 営 にあたることとされている 食 品 添 加 物 食 品 衛 生 法 において 食 品 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 において 使 用 されるもの または 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 などの 目 的 で 添 加 混 和 などの 方 法 により 使 用 されるものと 定 義 されている 食 品 添 加 物 は 食 品 とともに 人 が 摂 取 するものであり 安 全 性 が 十 分 確 認 され たものであることが 必 要 である このため 食 品 添 加 物 は 食 品 衛 生 法 に 基 づき 人 の 健 康 を 損 なうおそれのない 場 合 として 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める( 指 定 する)もの 以 外 は 原 則 として 使 用 が 認 められない このような 規 制 はポジティブリスト 方 式 と 呼 ばれ 欧 米 諸 国 においても 同 様 の 規 制 が 行 われている また 食 品 添 加 物 の 品 質 の 確 保 や 不 適 切 な 使 用 を 防 ぐため 必 要 に 応 じ 個 別 に 一 定 の 品 質 を 確 保 するための 成 分 規 格 や 使 用 目 的 対 象 食 品 や 使 用 量 といった 使 用 基 準 などが 規 定 されている 表 示 については 食 品 衛 生 法 に 基 づき 原 則 として 使 用 したすべての 食 品 添 加 物 を 物 質 名 で 表 示 することとされている 着 色 料 や 保 存 料 など の 定 められた 用 途 で 使 用 されるものについては 物 質 名 のみでなく 用 途 名 を 併 記 することとされ 消 費 者 が 食 品 を 購 入 するに 当 たり 確 認 することができるよう な 規 制 が 行 われている 食 品 添 加 物 を 用 途 別 にみると 1 食 品 の 品 質 を 保 つもの ( 保 存 料 殺 菌 料 酸 化 防 止 剤 防 かび 剤 など) 2 食 品 の 嗜 好 性 の 向 上 を 目 的 としたもの ( 甘 味 料 酸 味 料 調 味 料 香 料 ゲル 化 剤 着 色 料 漂 白 剤 など) 3 食 品 の 製 造 または 加 工 するときに 使 用 されるもの ( 豆 腐 用 凝 固 剤 膨 張 剤 ゲル 化 剤 乳 化 剤 ろ 過 助 剤 抽 出 溶 剤 など) 4 栄 養 強 化 を 目 的 とするもの (ビタミン ミネラル アミノ 酸 類 ) がある 総 合 衛 生 管 理 製 造 過 程 製 造 又 は 加 工 の 方 法 及 びその 衛 生 管 理 の 方 法 について 食 品 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するための 措 置 が 総 合 的 に 講 じられた 製 造 又 は 加 工 の 工 程 をいい HACCPシステム 6

28 による 衛 生 管 理 その 前 提 となる 一 般 的 衛 生 管 理 ( 例 えば 施 設 設 備 の 構 造 や 保 守 管 理 排 水 廃 棄 物 処 理 そ 族 昆 虫 の 排 除 衛 生 的 な 作 業 をするための 手 順 書 等 )を 行 うことにより 総 合 的 に 衛 生 が 管 理 された 食 品 の 製 造 加 工 の 工 程 を 意 味 する 千 葉 県 食 の 安 全 安 心 対 策 会 議 生 産 から 流 通 消 費 に 至 る 総 合 的 な 食 の 安 全 安 心 確 保 対 策 を 講 じ もって 誰 もが 安 心 できるちばの 食 を 提 供 し 県 民 の 健 康 の 保 護 を 図 るため 平 成 15 年 11 月 に 設 置 された 庁 内 関 係 部 局 で 構 成 され 食 の 安 全 安 心 対 策 に 関 し 全 庁 的 な 連 携 調 整 を 行 う た 行 腸 炎 ビブリオ 主 に 魚 介 類 を 介 して 食 中 毒 を 引 き 起 こす 食 中 毒 の 発 生 原 因 の 上 位 を 占 め 6~9 月 の 夏 期 に 多 発 する < 特 徴 > 海 ( 河 口 部 沿 岸 部 など)に 生 息 真 水 や 酸 に 弱 い 室 温 でも 速 やかに 増 殖 する < 食 中 毒 症 状 > 潜 伏 期 は8~24 時 間 主 症 状 は 腹 痛 水 様 下 痢 発 熱 嘔 吐 < 過 去 の 食 中 毒 原 因 食 品 > 魚 介 類 ( 刺 身 寿 司 魚 介 加 工 品 ) 二 次 汚 染 による 各 種 食 品 ( 漬 物 など) < 対 策 > 魚 介 類 は 新 鮮 なものでも 真 水 でよく 洗 う 短 時 間 でも 冷 蔵 庫 に 保 存 し 増 殖 を 抑 える 分 間 の 加 熱 で 死 滅 二 次 汚 染 にも 注 意 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157 患 者 の 年 齢 や 健 康 状 態 によっては 重 篤 化 の 危 険 性 があり 国 内 で 散 発 している < 特 徴 > 動 物 の 腸 管 内 に 生 息 し 糞 尿 を 介 して 食 品 飲 料 水 を 汚 染 する 少 量 でも 発 病 することがある 加 熱 や 消 毒 処 理 には 弱 い 7

29 < 食 中 毒 症 状 > 感 染 後 1~10 日 間 の 潜 伏 期 間 初 期 の 感 冒 様 症 状 のあと 激 しい 腹 痛 と 大 量 の 新 鮮 血 を 伴 う 血 便 がみられる 発 熱 は 少 ない 乳 幼 児 や 高 齢 者 などは 重 症 になりやすく 溶 血 性 尿 毒 症 症 候 群 を 併 発 し 意 識 障 害 に 至 ることもある と 畜 検 査 食 肉 に 起 因 する 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 し 食 肉 の 安 全 を 確 保 するための 検 査 で と 畜 場 法 に 定 められており 知 事 が 獣 医 師 である 職 員 の 中 から 任 命 した と 畜 検 査 員 が 行 う と 畜 検 査 は 食 用 に 供 する 目 的 でと 畜 する 牛 馬 豚 めん 羊 山 羊 が 対 象 で 1 頭 ごとの 生 体 時 から 解 体 後 まで 一 貫 して 行 われ 検 査 に 合 格 した 枝 肉 及 び 内 臓 には 検 印 が 押 される と 畜 検 査 員 と 畜 場 法 に 基 づき 知 事 が 任 命 する 職 員 ( 獣 医 師 )のことで 千 葉 県 では 中 央 食 肉 衛 生 検 査 所 東 総 食 肉 衛 生 検 査 所 及 び 南 総 食 肉 衛 生 検 査 所 において と 畜 検 査 に 従 事 している な 行 生 食 用 食 肉 生 食 用 食 肉 として 販 売 される 牛 の 食 肉 ( 内 臓 を 除 く) いわゆるユッケ タルタルステーキ 牛 刺 し 牛 タタキが 含 まれる 生 食 用 食 肉 の 規 格 基 準 本 年 4 月 に 飲 食 チェーン 店 での 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 による 食 中 毒 事 件 が 発 生 し それまで 生 食 用 食 肉 に 関 しては 衛 生 基 準 に 強 制 力 がなく 事 業 者 において 十 分 に 遵 守 されていなかったことを 受 け 厚 生 労 働 省 は 生 食 用 食 肉 の 規 格 基 準 を 設 定 し 平 成 23 年 10 月 1 日 から 施 行 になった 規 格 基 準 の 内 容 1 成 分 規 格 について (1) 成 分 規 格 の 指 標 として 腸 内 細 菌 科 菌 群 とした (2) 成 分 規 格 に 係 る 検 査 の 記 録 を1 年 間 保 存 することとしたこと 2 加 工 基 準 について (1) 専 用 の 設 備 を 備 えた 衛 生 的 な 場 所 で 専 用 の 器 具 を 用 いること (2) 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 のリスク 等 の 知 識 を 有 する 者 が 行 うこと (3) 加 工 する 肉 塊 は 枝 肉 から 切 り 出 した 後 速 やかに 加 熱 殺 菌 を 行 うこと 8

30 (4) 加 熱 殺 菌 に 係 る 記 録 を1 年 間 保 存 すること 3 保 存 基 準 について 冷 蔵 は4 以 下 凍 結 したものは 15 以 下 で 保 存 すること 4 調 理 基 準 について (1) 専 用 の 設 備 を 備 えた 衛 生 的 な 場 所 で 専 用 の 器 具 を 用 いること (2) 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 のリスク 等 の 知 識 を 有 する 者 が 行 うこと (3) 調 理 を 行 った 生 食 用 食 肉 は 速 やかに 提 供 することとしたこと 農 薬 等 残 留 農 薬 等 に 関 する 新 しい 制 度 (ポジティブリスト 制 度 )での 取 締 り 対 象 物 質 で 農 薬 飼 料 添 加 物 及 び 動 物 用 医 薬 品 のことをいう ノロウイルス このウイルスは 冬 期 を 中 心 に 年 間 を 通 じて 胃 腸 炎 症 状 を 起 こす < 特 徴 > このウイルスによる 食 中 毒 は 二 枚 貝 の 生 食 により 発 症 することが 多 い 人 から 人 への 二 次 感 染 もある 逆 性 石 けんやアルコールに 抵 抗 性 がある 少 量 のウイルスでも 発 症 する < 食 中 毒 症 状 > 潜 伏 期 は24 ~ 48 時 間 主 症 状 は 下 痢 嘔 吐 吐 き 気 腹 痛 38 以 下 の 発 熱 < 過 去 の 食 中 毒 原 因 食 品 > 二 枚 貝 調 理 従 業 者 からの 二 次 汚 染 によるサンドイッチ パンなど < 対 策 > 二 枚 貝 等 ノロウイルス 汚 染 のおそれのある 食 品 は 中 心 部 まで 充 分 に 加 熱 する (85~90 90 秒 以 上 ) 野 菜 などの 生 鮮 食 品 は 充 分 に 洗 浄 する 手 指 をよく 洗 浄 する 感 染 者 の 便 嘔 吐 物 に 接 触 しない は 行 HACCP 食 品 の 衛 生 管 理 手 法 の 一 つ 危 害 分 析 重 要 管 理 点 方 式 ともいう 1960 年 代 にアメリカの 宇 宙 計 画 の 中 で 宇 宙 食 の 安 全 性 を 高 度 に 保 証 するため に 考 案 された 製 造 管 理 のシステムで Hazard Analysis and Critical Control 9

31 Point といい 頭 文 字 の 略 語 としてHACCP(ハサップ ハセップ ハシップとも いう)と 呼 ばれている HACCP は 製 造 における 重 要 な 工 程 を 連 続 的 に 監 視 することによって ひとつ ひとつの 製 品 の 安 全 性 を 保 証 しようとする 衛 生 管 理 法 であり 危 害 分 析 CCP ( 重 要 管 理 点 ) CL( 管 理 基 準 ) モニタリング 改 善 措 置 検 証 記 録 の7 原 則 から 成 り 立 っている HACCPシステムによる 衛 生 管 理 の 基 礎 として 衛 生 標 準 作 業 手 順 (SSOP: Sanitation Standard Operating Procedures)の 導 入 など 一 般 的 衛 生 管 理 が 適 切 に 実 施 される 必 要 がある わが 国 では 食 肉 製 品 乳 乳 製 品 いわゆるレトルト 食 品 などに 対 して HACCP システムによる 衛 生 管 理 の 方 法 について 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 に 適 合 することを 個 別 に 承 認 する 制 度 が 設 けられている HACCP 導 入 型 基 準 千 葉 県 の 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 公 衆 衛 生 上 講 ずべき 措 置 の 基 準 ( 管 理 運 営 基 準 )で 規 定 される 危 害 分 析 重 要 管 理 点 方 式 を 用 いて 衛 生 管 理 を 行 う 場 合 の 基 準 のこと これまでの 管 理 運 営 基 準 ( 従 来 型 基 準 )に 加 えて 平 成 27 年 4 月 1 日 に 新 設 さ れた ふぐ 営 業 認 証 施 設 飲 食 店 等 でふぐを 調 理 加 工 してお 客 に 提 供 販 売 するなど ふぐの 取 扱 い 又 はふぐの 販 売 を 業 として 行 うことができる 施 設 で ふぐの 取 扱 い 等 に 関 する 条 例 第 13 条 に 規 定 する 知 事 の 認 証 を 受 けた 施 設 のこと ふぐ 処 理 師 ふぐの 取 扱 い 等 に 関 する 条 例 第 5 条 に 規 定 するふぐの 取 扱 いに 関 し 知 事 の 免 許 を 受 けた 者 をいい 条 例 第 3 条 により ふぐ 処 理 師 でない 者 は ふぐの 取 扱 いに 従 事 してはならないと 規 定 されている フードチェーン 食 品 の 一 次 生 産 から 販 売 に 至 るまでの 食 品 供 給 の 行 程 のこと 一 般 に 食 品 供 給 の 行 程 と 訳 されている 食 品 安 全 基 本 法 では 食 品 供 給 行 程 の 各 段 階 であらゆる 要 素 が 食 品 の 安 全 性 に 影 響 を 及 ぼす 恐 れがあると 考 え 各 段 階 で 必 要 な 処 置 が 適 切 に 講 じられるべき としている 10

32 放 射 性 物 質 放 射 線 を 出 す 能 力 を 持 つ 物 質 のこと これまでに 農 産 物 等 から 放 射 性 ヨウ 素 (ヨウ 素 131) 及 び 放 射 性 セシウム(セ シウム )が 検 出 されている ヨウ 素 131 : 物 理 学 的 半 減 期 8 日 体 内 に 吸 収 されたヨウ 素 は 30%が 甲 状 腺 20%はす ぐに 排 出 される 残 りは 短 期 間 に 体 内 から 排 出 される 甲 状 腺 からの 消 失 で 生 物 学 的 半 減 期 は 乳 児 で11 日 5 歳 児 で23 日 成 人 で80 日 である セシウム137: 物 理 学 的 半 減 期 30 年 (134は2.1 年 ) 人 体 内 からの 排 泄 による 半 減 期 は 1 歳 までが9 日 9 歳 までが 38 日 30 歳 までが70 日 50 歳 までは90 日 放 射 線 に 関 する 単 位 には 以 下 のものがある ベクレル(Bq): 放 射 能 ( 放 射 性 物 質 が 放 射 線 を 出 す 能 力 )の 強 さ グレイ(Gy): 質 量 1kgの 物 質 に 放 射 線 が 与 える 平 均 エネルギー 量 シーベルト(Sv): 放 射 線 の 人 体 組 織 への 影 響 を 表 す 量 放 射 性 セシウムの 規 制 値 ( 単 位 :ベクレル/kg): 平 成 24 年 4 月 1 日 施 行 食 品 群 一 般 食 品 乳 児 用 食 品 牛 乳 飲 料 水 基 準 値 放 射 性 ストロンチウム プルトニウムなどを 含 めて 基 準 値 を 設 定 ポジティブリスト 制 度 農 薬 飼 料 添 加 物 及 び 動 物 用 医 薬 品 ( 以 下 農 薬 等 という )の 使 用 を 原 則 禁 止 とし 基 準 があるものに 限 って 使 用 を 認 める 制 度 で 食 品 衛 生 法 に 基 づき 平 成 18 年 5 月 29 日 から 施 行 された 食 品 の 成 分 に 係 る 規 格 が 定 められている 場 合 には 残 留 基 準 を 超 えて 食 品 の 成 分 に 係 る 規 格 が 定 められていない 場 合 は 一 律 基 準 (0.01ppm)を 超 えて 農 薬 等 が 残 留 する 食 品 の 製 造 輸 入 加 工 及 び 販 売 等 を 禁 じるもの なお 人 の 健 康 を 損 なうおそれがないことが 明 らかであるとして 国 が 示 した ものは 対 象 外 となる 11

33 ら 行 理 化 学 検 査 食 品 添 加 物 が 適 正 に 使 用 されているか 青 果 物 の 栽 培 に 使 われた 農 薬 の 残 留 値 が 基 準 内 かなどを 調 べるために 化 学 分 析 を 行 う そのほか 水 銀 PCB など 環 境 汚 染 物 質 の 残 留 検 査 も 実 施 している リスクコミュニケーション リスク 分 析 の 全 過 程 において リスク 評 価 者 リスク 管 理 者 消 費 者 事 業 者 研 究 者 その 他 の 関 係 者 の 間 で 情 報 および 意 見 を 相 互 に 交 換 すること リスク 評 価 の 結 果 およびリスク 管 理 の 決 定 事 項 の 説 明 を 含 む なお 千 葉 県 食 品 等 の 安 全 安 心 の 確 保 に 関 する 条 例 では 食 品 等 の 安 全 安 心 の 確 保 に 関 する 関 係 者 相 互 間 の 情 報 及 び 意 見 の 交 換 並 びに 食 品 等 の 安 全 安 心 の 確 保 に 関 する 情 報 の 提 供 食 品 等 の 安 全 安 心 の 確 保 について 意 見 を 述 べる 機 会 の 確 保 その 他 の 食 品 等 の 安 全 安 心 の 確 保 に 関 する 関 係 者 相 互 間 の 情 報 及 び 意 見 の 交 換 の 促 進 を 図 るために 必 要 な 取 組 みを リスクコミュニケー ション と 定 義 づけている 12

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73>

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73> 別 紙 常 総 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 人 件 費 率 人 % 年 度,,71,79 97,8,,81 1. 11.1 % () 給 与 費 の 状 況

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼 第 2 回 医 学 研 究 等 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 等 に 関 する 合 同 会 議 平 成 28 年 5 月 20 日 資 料 5 臨 床 研 究 法 案 について 臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

…−…t…„…b…V…–‰x›É

…−…t…„…b…V…–‰x›É の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 5 職 員 の 手 当 の 状 況 6 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 職 員 数 の 状 況 8 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1/12 の 給 与

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

<819981994832388D589056814696BC8AF18E738B8B975E814592E888F58AC7979D93992E786C7378>

<819981994832388D589056814696BC8AF18E738B8B975E814592E888F58AC7979D93992E786C7378> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 (26 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 度 末 ) A B B/A 25 年 度 の 件 費 率 26 年 度 千 千 千 28,726 22,061,345 410,259 3,324,436 15.1

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information