腰痛と漢方鍼治療

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "腰痛と漢方鍼治療"

Transcription

1 腰 痛 と 漢 方 鍼 治 療 天 野 靖 之 はじめに 腰 痛 は 肩 こりと 供 に 慢 性 急 性 を 問 わず 鍼 灸 治 療 の 最 適 応 症 である ところが 来 院 する 初 診 患 者 の 多 くは 整 形 外 科 接 骨 院 カイロプラクティックなどの 治 療 を 経 験 して 最 後 のよりどころとして 鍼 灸 治 療 に 来 院 する 者 が 多 いのが 現 状 である 鍼 灸 治 療 で 本 当 に 腰 痛 が 治 るのか 鍼 の 痛 みをこらえ 灸 の 熱 さを 我 慢 しなければ 効 果 ないだろう など 様 々な 疑 問 と 不 安 を 抱 えて 来 院 する 従 って まず 疑 いを 取 り 除 く ところからスタートしなければならない つまり 治 療 以 前 の 問 題 として 現 代 の 医 学 及 び 古 典 医 学 の 長 所 短 所 を 把 握 して 見 立 ての 良 い 漢 方 鍼 医 になることである そのためには 古 典 医 学 における 生 理 病 理 の 把 握 は 必 須 であるが それについてはすでに 何 回 となく 学 習 している 本 日 は まず 最 初 に 臨 床 の 現 場 から 腰 痛 診 断 のポイントを 述 べることにする 1 腰 痛 の 原 因 -- 西 洋 医 学 では-- 1 筋 肉 骨 格 系 ぎっくり 腰 ( 椎 間 関 節 捻 挫 ) 過 労 特 定 作 業 不 良 姿 勢 などによる 靭 帯 損 傷 など 椎 間 板 ヘルニア 変 形 性 腰 椎 症 脊 椎 間 狭 窄 症 脊 椎 分 利 症 骨 粗 鬆 症 仙 腸 関 節 疾 患 など 2 内 臓 系 の 疾 患 結 石 腎 臓 結 石 胆 石 3 消 化 器 系 胃 十 二 指 腸 潰 瘍 膵 炎 糖 尿 病 4 婦 人 科 系 子 宮 筋 腫 子 宮 後 屈 子 宮 内 膜 炎 悪 性 腫 瘍 など 以 上 はなしを 分 かりやすくするために 西 洋 医 学 的 病 名 を 羅 列 した -- 漢 方 医 学 では-- 1 随 証 両 方 腰 痛 の 原 因 を 四 診 法 により 病 因 病 理 病 症 から 求 め 生 体 の 構 成 成 分 である 気 血 津 液 いずれの 過 不 足 によって どこの 臓 腑 経 絡 に 変 動 を 生 じたか また 予 後 はどうかを 診 きわめて 証 立 てし 治 療 するのである 2 正 気 を 補 い 邪 気 を 瀉 す 病 は 五 臓 精 気 の 虚 より 発 生 古 典 医 学 の 治 療 は 正 気 を 補 い 邪 気 を 瀉 す( 下 す 巡 らす 写 す)ことにある 邪 気 が 虚 で 正 気 が 実 の 病 症 はない 正 気 が 充 実 していれば 邪 気 を 瀉 すのみで 病 症 は 改 善 する 3 肝 腎 要 証 決 定 のポイントとしては 肝 腎 脾 ( 風 寒 湿 の 邪 )を 考 える 肝 は 筋 を 主 る 腎 は 骨 を 主 る ( 素 問 宣 明 五 気 篇 第 二 十 三 ) 筋 は 骨 節 に 合 す 故 に 腰 節 は 筋 の 大 海 也 故 に 肝 血 虚 せば 筋 脈 を 栄 養 出 来 ずに 腰 痛 と なる ( 病 因 指 南 ) 厥 陰 の 脈 人 をして 腰 痛 せしむ 腰 中 弓 屈 の 弦 を 張 るがごとし ( 素 問 刺 腰 痛 篇 第 四 十 一 ) 肝 虚 陰 虚 証 腰 は 腎 の 腑 ( 素 問 脈 要 精 微 論 篇 第 十 七 ) 諸 々の 腰 痛 は 腎 に 属 す 腎 液 不 足 して 骨 髄 乾 燥 する 時 は 関 節 利 すること 能 わずして 腰 痛 せしむ ( 病 因 指 南 ) 腎 虚 陰 虚 証 命 門 の 陽 気 が 虚 すと 水 滞 を 起 こし 腰 節 の 痛 みをなす ( 病 因 指 南 ) 腎 虚 陽 虚 証 湿 が 腎 に 入 ると 腰 疼 し 股 ぐらがいたみ 身 は 板 に 挟 まれたようになり 足 は 砂 が 落 ちるが 如 くだらりとする 湿 が 腎 内 に 流 れると 腰 痛 する 関 節 に 入 ると 全 身 がことごとく 痛 む 啓 迪 集 中 湿

2 門 ) 以 上 の 古 典 書 が 著 すように 腰 痛 には 肝 腎 要 と 言 われる 肝 と 腎 が 最 も 関 連 している 当 然 の 結 果 として 邪 水 悪 血 (オケツ)により 腰 痛 をきたしているケースが 多 いのである 2 診 断 のポイント 1. 病 症 によるもの 太 陽 の 腰 痛 はうなじから 脊 背 部 より 尻 にかけて 引 きつれて 重 く 痛 む 少 陰 の 腰 痛 は 背 骨 の 内 縁 に 引 きつれる 少 陽 の 腰 痛 は 皮 膚 に 鍼 を 刺 されるようで 俯 仰 することが 出 来 ず また 振 り 向 きにくい 厥 陰 の 腰 痛 は 腰 中 が 張 りつめた 弓 の 弦 のように 強 張 する 陽 明 の 腰 痛 は 振 り 向 くことが 出 来 ず 後 ろに 何 かいるようで 憂 鬱 になる 太 陰 の 腰 痛 は 中 に 一 本 棒 があるようで 甚 だしい 場 合 は 尿 を 漏 らす また 言 う 腰 は 腎 の 府 であり 転 揺 する 事 が 出 来 ない 場 合 は 腎 気 がまさに 尽 きようとしているのである 1 筋 腱 の 異 常 ぎっくり 腰 肝 は 筋 を 主 る 腎 は 骨 を 主 る 肝 腎 系 の 変 動 肉 体 労 働 による 腰 痛 久 しく 行 えば 筋 を 破 る 肝 虚 証 久 しく 立 てば 骨 を 破 る 津 液 不 足 腎 虚 証 運 動 不 足 ( 同 一 姿 勢 )による 痛 み 安 静 時 に 痛 む あるいはくしゃみや 動 いたとた んに 痛 む 陽 虚 寒 証 久 しく 座 せば 肉 を 破 る 脾 虚 証 久 しく 立 てば 骨 を 破 る 腎 虚 証 寝 過 ぎて 痛 む 久 しく 臥 すれば 肺 を 破 る 腎 虚 証 か 肺 虚 肝 実 肺 気 の 虚 が 原 因 で はあるがここまで 進 むと 腎 虚 に 移 行 している さらに 肝 血 の 停 滞 による 肝 実 にもなる 2 交 通 事 故 などによる 腰 痛 脾 虚 寒 実 悪 血 証 3くしゃみもしくは 咳 による 腰 痛 くしゃみ 肝 虚 陽 虚 寒 証 咳 肝 虚 肺 燥 証 他 寒 熱 により 診 断 咳 による 激 痛 膝 蓋 腱 反 射 の 消 失 脊 椎 腫 瘍 など 重 大 な 疾 患 がある 専 門 医 に 紹 介 4 自 発 痛 によるもの 自 発 痛 内 臓 疾 患 の 疑 い 冷 えによる 痛 み( 疼 痛 ) 軽 按 で 気 持 ちよい 肝 虚 陽 虚 寒 証 衛 気 の 補 法 深 刺 は 禁 忌 熱 による 痛 み( 拍 動 痛 ) 軽 按 で 拒 按 脾 虚 陽 経 の 熱 衛 気 の 瀉 法 裏 の 熱 重 按 で 拒 按 肝 実 悪 血 証 営 気 の 補 法 もしくは 瀉 法 5 肥 痩 による 鑑 別 太 い 痛 風 寒 湿 の 邪 肝 腎 脾 虚 いずれもあり 細 い 痛 血 虚 肝 虚 陽 虚 6 痛 む 時 間 による 鑑 別 夜 に 痛 む 悪 血 証 陽 経 の 陽 気 が 少 ない 朝 が 痛 い 血 虚 肝 虚 陽 虚 寒 証 脾 虚 陽 虚 寒 証 夕 方 痛 む 脾 虚 陽 明 経 実 熱 証 7 姿 勢 による 痛 み 前 屈 で 痛 む 腎 虚 証 場 合 によってはSRL 検 査 など 西 洋 医 学 的 検 査 も 患 者 を 説 得 させるために 必 要 である 歩 き 始 めが 痛 い 坐 骨 神 経 痛 歩 くに 従 い 引 きつり 痛 む 間 歇 性 跛 行 症 脊 椎 間 狭 窄 あるいは 動 脈 閉 塞 があ る 脊 椎 間 狭 窄 症 腰 痛 を 伴 う 動 脈 閉 塞 腰 痛 はなく( 少 なく) 患 部 が 冷 たい

3 8 脚 の 屈 伸 (SRL)による 判 定 ( 私 見 ) 痛 む 部 位 により 上 から 脾 虚 肝 虚 腎 虚 となる 反 体 側 が 痛 むのは 肝 実 の 事 が 多 い 2. 病 因 によるもの 外 因 内 因 不 内 外 因 1 外 因 太 陽 少 陰 の 多 くは 寒 に 中 たる 少 陽 厥 陰 の 多 くは 風 熱 に 中 たる 太 陰 の 多 くは 湿 に 中 たる 陽 明 の 多 くは 燥 に 中 たる ( 参 考 ) 湿 熱 が 停 滞 することにより 血 が 筋 を 養 うことが 出 来 なくなり 拘 攣 する さらに 筋 は 骨 を 御 することができなくなり 萎 え 弱 るのである ( 啓 迪 集 中 湿 門 ) ( 参 考 ) 脾 は 燥 をよろこび 湿 を 憎 む 胃 は 潤 をよろこび 燥 を 憎 む 2 内 因 によるもの 志 を 失 して 腎 が 破 られる 怒 が 鬱 滞 して 肝 が 破 られる 憂 思 して 脾 が 破 られる 3 不 内 外 因 によるもの 墜 落 や 打 撲 などで 悪 血 が 留 滞 するもの 過 房 疲 労 により 精 気 が 損 耗 するもの 3. 切 診 によるもの 1 局 所 その 他 の 寒 熱 深 浅 ( 皮 毛 血 脈 肌 肉 筋 骨 ) 左 右 上 下 の 寒 熱 診 断 2 脊 椎 の 変 形 による 鑑 別 後 彎 変 形 性 脊 椎 症 脊 椎 間 狭 窄 症 ( 間 歇 性 跛 行 症 )を 伴 う) 前 彎 脊 椎 すべり 症 3 痛 む 部 位 による 診 断 督 脉 経 の 痛 み 腎 虚 症 脊 際 に 刺 鍼 場 合 により 横 臥 位 で 行 う 大 腿 内 側 悪 血 婦 人 科 系 疾 患 脾 虚 肝 実 悪 血 証 側 背 部 の 知 覚 異 常 腰 椎 椎 間 板 ヘルニア 4 按 圧 による 痛 みの 確 認 虚 熱 按 圧 で 痛 みが 楽 になる 虚 寒 按 圧 で 痛 みが 増 加 する 鈍 痛 深 い 部 分 で 水 飴 状 湿 邪 脾 虚 証 4. 脈 診 によるもの 尺 脈 が 沈 は 腰 背 の 痛 みである 腰 が 痛 み 時 々 失 精 があり 食 欲 が 減 退 して 脈 が 沈 滑 遅 の 場 合 は 治 す 事 が 出 来 る 腰 痛 の 脈 は 皆 沈 弦 である 沈 弦 で 緊 は 寒 が 原 因 である 沈 弦 で 浮 は 風 が 原 因 である 沈 弦 で 軟 細 は 湿 が 原 因 である 沈 弦 で 実 は 打 撲 や 捻 挫 などが 原 因 である -- 医 学 正 伝 に 言 う-- 腰 痛 の 脈 は 沈 弦 である 沈 滞 弦 虚 しょく 悪 血 緩 湿 滑 伏 痰 大 腎 虚 -- 脉 法 手 引 き 草 より-- 腰 痛 の 脈 は 必 ず 沈 にして 弦 なり 沈 は 滞 りとす 弦 は 腎 虚 なり 浮 にして 細 は 湿 に 破 らる 実 は 閃 挫 してしかり しょくは 悪 血 とす 滑 は 痰 火 なり 凡 そ 腰 痛 の 脉 沈 滑 にして 連 なる 者 は 癒 え 安 し 腰 痛 む 事 甚 しく 面 上 忽 ち 紅 点 を 見 わし 人 中 黒 き 者 は 死 す 熱 証 弦 脈 営 気 の 補 法 寒 証 緊 脈 ( 痛 みが 強 い) 胃 の 気 の 衰 弱 衛 気 営 気 共 に 補 う

4 血 虚 のために 沈 細 遅 もしくは 数 であれば 虚 老 病 丁 寧 な 補 法 が 必 要 5.その 他 の 所 見 腰 痛 に 絡 んだ 発 熱 悪 心 嘔 吐 便 秘 下 痢 などの 確 認 1 来 院 するまでの 治 療 経 過 ( 薬 整 形 外 科 接 骨 院 整 体 など) 薬 脉 状 に 影 響 する 整 体 電 気 治 療 など 治 療 ドーゼの 判 断 となる 腰 痛 が 初 めてか 再 発 かの 確 認 再 発 の 者 には 体 質 証 として 治 療 未 病 治 療 を 指 示 する 2 内 臓 疾 患 の 有 無 糖 尿 病 肝 炎 胃 潰 瘍 婦 人 科 疾 患 ( 子 宮 筋 腫 子 宮 後 屈 )など 寝 ているときに 痛 み 起 きると 楽 になるのが 特 徴 内 臓 疾 患 ヘルニア 変 形 性 脊 椎 症 など 不 適 応 と 思 われる 病 症 は 病 院 に 紹 介 する 6. 治 療 寒 は 之 を 温 めよ 風 は 之 を 散 ぜよ 湿 は 之 を 燥 せ 挫 閃 ( 打 僕 や 捻 挫 など)は 之 を 通 ぜよ およそ 腰 痛 には 腎 兪 腰 兪 に 施 灸 する 太 陽 経 の 腰 痛 には 委 中 を 刺 して 出 血 させると 速 効 がある 足 の 三 陽 経 は 頭 より 足 に 三 陰 経 は 足 より 腹 に 走 行 しその 流 注 に 従 って 痛 むものであ るから 何 の 経 が 痛 むものかをつまびらかにして 刺 鍼 する 初 診 は 控 えめに 治 療 する 陽 虚 寒 証 で 激 痛 を 訴 える 患 者 は 要 注 意 深 刺 は 禁 忌 である 膀 胱 経 胆 経 胃 経 督 脉 経 の 反 応 を 用 いて 治 療 する 脊 際 の 硬 結 に 対 しては 留 置 鍼 もしくは 横 臥 位 で 治 療 する 局 所 は 最 後 に 治 療 する 透 熱 灸 陽 虚 寒 証 の 硬 結 知 覚 異 常 痩 せている 部 位 などに 対 して 行 う 知 熱 灸 熱 証 に 対 して 行 う 水 を 裁 く 作 用 があるので 湿 熱 に 有 効 灸 頭 針 肝 虚 陰 虚 腎 虚 陰 虚 悪 血 など 慢 性 腰 痛 で 外 寒 内 熱 に 対 して 行 う 刺 絡 ( 点 状 刺 絡 手 持 ち 三 稜 鍼 ) 細 絡 井 穴 に 対 して 行 う 刺 絡 ( 吸 角 三 稜 鍼 ) 硬 く 自 発 痛 があり 表 面 は 一 見 ぶよぶよして 虚 している 感 じに 対 して 行 う 置 鍼 骨 粗 鬆 症 側 弯 症 などの 挾 脊 穴 に 行 う 3 各 証 による 腰 痛 腰 痛 は 肝 腎 要 と 言 われる 肝 腎 経 の 変 動 によるものが 多 いことを 先 に 述 べた 当 然 津 液 の 枯 渇 による 血 行 障 害 から 悪 血 をきたし 腰 痛 を 引 き 起 こしているケースが 多 い 事 は 論 をま たない そこで まず 悪 血 による 腰 痛 から 説 明 する 1. 肝 実 悪 血 証 邪 気 としての 悪 血 の 認 識 基 本 的 には 肺 虚 肝 実 証 と 脾 虚 肝 実 証 があるが これは 悪 血 を 引 き 起 こす 病 理 に 付 けられ た 称 号 である 本 日 取 り 上 げる 悪 血 は 腰 痛 を 起 こす 原 因 となりうる 悪 血 である 従 って 陰 虚 証 陽 虚 証 いずれにも 悪 血 による 腰 痛 が 発 症 しうるのである 悪 血 による 腰 痛 は 血 熱 血 悪 (ケツオ)と 血 寒 血 悪 に 大 別 できる 血 寒 血 悪 患 部 の 冷 痛 喜 温 拒 按 肺 虚 肝 実 悪 血 証 血 熱 血 悪 患 部 の 熱 痛 喜 冷 拒 按 脾 虚 肝 実 悪 血 証 1 血 寒 血 悪 ( 肺 虚 肝 実 証 ) 肺 虚 腎 の 津 液 虚 肝 血 の 停 滞 悪 血 冷 えによる 腰 痛 肺 虚 肝 実 とは 言 うが 腎 虚 で 肝 実 である 肺 虚 とはその 原 因 を 述 べたものである 寒 邪 によるものであり 経 脈 に 客 し 血 滞 により 陽 気 を 損 傷 し 四 肢 に 悪 血 が 凝 滞 し 痛 を

5 なす 女 性 では 月 経 や 産 後 に 寒 邪 を 感 受 して 悪 血 となり 下 腹 の 冷 痛 や 固 定 性 の 疼 痛 をお こす 生 理 は 遅 れがちとなり 経 色 は 紫 色 の 血 塊 をともなう 舌 質 暗 淡 脉 状 沈 遅 しょく 血 寒 悪 血 が 長 期 に 渡 ると 陽 虚 にも 移 行 する 素 問 論 篇 ( 風 寒 湿 邪 ) 脈 にあれば 則 ち 血 しこりて 流 れずとある つまり 悪 血 により 痛 みしびれを 起 こすことが 述 べられて いる 2 血 熱 血 悪 ( 脾 虚 肝 実 証 ) 脾 虚 熱 証 肝 経 に 波 及 肝 実 熱 証 胆 経 に 波 及 熱 による 腰 痛 月 経 時 の 発 熱 脾 虚 肝 実 悪 血 証 月 経 時 の 腰 痛 小 腹 部 の 疼 痛 喜 冷 悪 熱 肌 膚 の 灼 熱 煩 躁 血 尿 血 便 崩 漏 舌 質 暗 紅 紫 暗 お 斑 がある 脉 状 沈 数 細 2. 肝 虚 陰 虚 熱 証 腎 の 津 液 不 足 肝 経 の 血 中 の 津 液 不 足 虚 熱 発 生 肝 経 下 腹 睾 丸 の 引 きつり( 疝 ) 腰 に 回 り 腰 痛 を 起 こす 虚 熱 ( 血 分 の 熱 ) 表 に 向 かう ソウ 理 を 開 き 発 汗 風 寒 湿 外 邪 にあたる 表 の 冷 え 外 熱 できない 熱 寒 熱 錯 綜 腰 痛 を 起 こす 寒 の 虚 熱 胆 経 に 出 る 発 散 できない 熱 急 性 の 痙 攣 様 の 腰 痛 偏 頭 痛 肩 こり 不 眠 ノイローゼを 伴 う 発 散 後 冷 えて 寒 熱 往 来 ( 更 年 期 障 害 )を 引 き 起 こす つまり 虚 熱 が 波 及 した 経 絡 は 気 血 の 循 環 障 害 を 起 こし 腰 痛 神 経 痛 関 節 炎 麻 痺 などをおこす 肝 は 筋 をつかさどる 筋 は 骨 節 に 介 す 故 に 腰 節 は 筋 の 大 海 なり これをもって 肝 血 虚 して 緊 脈 を 栄 養 すること 能 わずして すなわち 筋 疲 れて 機 関 を 利 すること 能 わずして また 腰 痛 の 思 いを 生 ず ( 病 因 指 南 ) 厥 陰 の 脈 人 をして 腰 痛 せしむ 腰 中 弓 屈 の 弦 を 張 るがごとし ( 素 問 刺 腰 痛 篇 第 四 十 一 )とある これらは 熱 のために 痛 むことを 述 べている 肝 虚 熱 証 の 熱 は 陰 虚 ( 津 液 や 血 の 虚 )から 発 生 している そのために 少 し 古 い 腰 痛 になると 表 面 は 冷 えて 熱 は 内 側 に 潜 む この 表 面 の 冷 えと 内 側 の 熱 によってまた 痛 む 腰 痛 中 熱 する( 素 問 刺 腰 痛 篇 第 四 十 一 ) --その 他 の 病 症 -- 胆 経 の 虚 熱 偏 頭 痛 肩 こり( 胆 経 ) イライラ 不 眠 目 眩 寒 熱 往 来 更 年 期 障 害 など 心 の 虚 熱 心 臓 病 高 血 圧 動 脈 硬 化 動 気 胸 痛 上 焦 の 汗 のぼせ 脾 胃 の 虚 熱 便 秘 食 欲 旺 盛 膀 胱 の 虚 熱 小 便 自 利 または 不 利 膀 胱 結 石 膀 胱 炎 -- 脉 診 -- 浮 大 虚 -- 腹 診 -- 胸 の 熱 肝 積 左 臍 傍 の 動 気 鼠 径 上 部 の 抵 抗 圧 痛 腰 に 及 ぶ 曲 泉 陰 谷 に 営 気 の 補 硬 結 灸 頭 針 熱 の 部 位 知 熱 灸 足 三 焦 経 に 気 血 の 循 環 を 促 進 し 分 肉 の 寒 の 邪 気 を 取 り 除 く 置 針 後 員 鍼 で 擦 過 する 3. 肝 虚 陽 虚 寒 証 肝 虚 陰 虚 の 慢 性 化 肝 血 そのものの 不 足 命 門 の 陽 気 も 不 足 気 血 両 虚 筋 に 潤 いが なくなり 引 きつり 痛 む 虚 寒 腰 痛 腰 痛 上 寒 する ( 素 問 刺 腰 痛 篇 第 四 十 一 ) 肝 虚 陽 虚 風 寒 湿 外 邪 にあたる 冷 えて 激 痛 を 発 する 素 問 論 第 四 十 三 に 痛 まずして 痺 れ 麻 痺 を 起 こしているものは 病 久 しく 営 衛 渋

6 り 経 絡 ふさがる 血 虚 の 痛 みは 朝 目 覚 めると 腰 が 痛 く 動 くに 従 い 治 るのが 特 徴 である 自 発 痛 が 強 く 姿 勢 を 変 えても 痛 む 患 部 を 重 按 すると 痛 みが 増 す これは 虚 痛 だから 気 持 ち 良 いはずだが 按 圧 により 陽 気 がなくなり 痛 むのである 朝 の 痛 み 患 部 が 痩 せている --その 他 の 病 証 -- 月 経 過 多 もしくは 過 少 月 経 痛 不 妊 症 不 感 症 夏 に 無 汗 手 足 厥 冷 しもやけ 低 血 圧 貧 血 下 腹 痛 疲 労 感 胆 経 の 病 症 決 断 力 の 不 足 肩 こり 偏 頭 痛 ( 胆 経 ) イライラ 不 眠 目 眩 -- 脉 診 -- 沈 遅 しょく 細 弱 -- 腹 診 -- 右 回 盲 部 に 抵 抗 と 圧 痛 久 寒 心 下 胸 下 に 緊 張 感 心 下 巨 闕 が 痞 硬 側 腹 部 より 鼠 径 部 が 緊 張 圧 痛 恥 骨 上 部 に 圧 痛 抵 抗 下 腹 部 が 軟 弱 で 冷 えている 太 衝 太 谿 中 封 復 溜 補 法 下 腹 部 の 虚 寒 知 熱 大 灸 4. 腎 虚 陰 虚 津 液 不 足 膀 胱 経 の 熱 腰 痛 腰 は 腎 の 府 ( 素 問 脈 要 精 微 論 第 十 七 ) 諸 々の 腰 痛 は 腎 に 属 す 腎 衛 気 不 足 して 骨 髄 乾 燥 する 時 は 関 節 利 すること 能 わずして 腰 痛 せしむ( 病 因 指 南 ) つまり 肝 虚 陰 虚 証 で 述 べた 寒 熱 錯 綜 による 痛 みもあるが 津 液 の 虚 により 骨 髄 が 枯 れて 骨 の 変 形 骨 粗 鬆 症 などによる 痛 みや 脚 弱 麻 痺 などをおこすの である 要 するに 熱 が 発 生 すると 足 が 煩 熱 し 熱 が 表 に 出 ているために 汗 が 出 やすくなる 汗 が 出 るとますます 津 液 は 不 足 して 痩 せてくる ところが その 虚 熱 も 病 症 の 慢 性 化 や 加 齢 または 肺 虚 などにより 少 なくなると 表 に 衰 退 が 起 こり 肥 満 し 腎 虚 陽 虚 寒 証 や 水 の 多 い 悪 血 ( 肺 虚 肝 実 悪 血 証 )にも 移 行 する そして 腰 痛 が 起 こると 下 焦 全 体 が 弱 くなるため に 虚 弱 となる 但 し 腎 を 補 わない 限 り 津 液 不 足 はそのままである そのために 腰 椎 の 変 形 が 起 こるようになり 骨 粗 鬆 症 による 腰 痛 などが 起 こる --その 他 の 病 症 -- 虚 熱 が 多 い 病 症 足 の 煩 熱 多 汗 るい 痩 顔 面 黒 脂 精 力 旺 盛 口 渇 食 欲 旺 盛 小 便 自 利 または 不 利 動 悸 精 気 が 虚 した 病 症 奔 豚 気 病 腹 痛 のない 下 痢 食 欲 有 り 虚 熱 が 少 ない 病 症 足 の 煩 熱 または 厥 冷 小 便 自 利 または 不 利 腹 痛 のない 下 痢 下 焦 虚 動 悸 表 に 水 が 停 滞 した 病 症 下 肢 厥 冷 腰 の 冷 え 下 肢 の 浮 腫 水 気 病 肥 満 -- 脉 状 -- 浮 大 虚 沈 硬 ( 津 液 不 足 ) 弾 石 ( 死 脈 となる) -- 腹 証 -- 小 腹 不 仁 臍 下 任 脈 が 虚 し 外 側 胃 経 が 引 きつる 小 腹 急 結 恥 骨 上 部 に 抵 抗 心 下 巨 闕 に 抵 抗 脇 部 ( 上 焦 )に 熱 汗 有 り 復 溜 尺 沢 に 営 気 の 補 虚 熱 が 多 い 陰 谷 尺 沢 または 然 谷 ( 火 穴 )に 営 気 の 補 虚 熱 が 多 い 灸 頭 針 もしくは 知 熱 灸 5. 腎 虚 陽 虚 寒 証

7 命 門 陽 虚 脾 胃 の 寒 腰 痛 命 門 の 虚 は 太 陽 経 の 虚 から 起 こる 太 陽 経 の 虚 は 肺 虚 から 起 こるので 肺 虚 陽 虚 で 治 療 する 腎 虚 熱 証 の 熱 がきわめて 少 なくなるか 最 初 から 腎 の 津 液 と 命 門 の 陽 気 がなくなって 冷 え ていることがある これを 腎 虚 寒 証 という 腎 は 膵 臓 たりと 水 も 水 中 に 自 ら 火 ありて 蓄 える これを 命 門 の 陽 下 焦 の 元 気 とす この 陽 気 虚 するときは 膵 液 こりて 流 れず 腰 節 これが 為 に 痛 むことをいたすものあり( 病 因 指 南 )と 述 べている これは 命 門 の 陽 気 が 虚 すと 相 対 的 に 余 分 な 水 が 多 くなり 冷 えて 腰 痛 を 起 こすと 言 うこ とを 述 べたものである 腎 虚 寒 証 が 慢 性 になると 命 門 の 陽 気 が 足 りないために 脾 胃 にも 寒 が 波 及 することがある 腎 気 虚 冷 して 中 焦 湿 土 の 気 好 んでここに 乗 ずるを 持 って 腎 気 ますます 現 して 巡 ら ず ついに 体 重 く 腰 下 冷 痛 せしむる 事 をいたす 名 付 けて 腎 虚 という( 病 因 指 南 )と 述 べている この 様 な 状 態 になった 腰 痛 は 老 人 に 多 い 骨 粗 鬆 症 腰 痛 は 長 時 間 の 立 位 で 痛 くなる 目 が 覚 めたときに 腰 に 板 を 張 り 付 けられたような 痛 みがある 腰 が 重 くて 下 に 引 っ 張 ら れるような 感 じがする --その 他 の 病 症 -- 肺 虚 陽 虚 証 足 の 厥 冷 小 便 頻 数 または 不 利 夜 間 多 尿 夕 方 に 下 肢 の 浮 腫 冷 え 肺 虚 がさらに 進 行 - 無 汗 悪 寒 元 気 不 足 咽 喉 痛 脾 虚 腎 虚 証 腹 痛 のない 下 痢 手 足 厥 冷 精 力 減 退 元 気 不 足 目 眩 食 欲 はある が 食 べれず 急 性 手 足 厥 冷 し 悪 寒 清 穀 下 痢 真 寒 仮 熱 口 渇 -- 腹 証 -- 下 腹 軟 弱 太 谿 太 淵 復 溜 経 渠 足 三 里 に 衛 気 営 気 の 補 臍 に 知 熱 下 焦 虚 に 対 して 先 天 後 天 の 元 気 を 付 ける 参 考 引 用 文 献 臨 床 に 生 かす 古 典 の 学 び 方 池 田 政 一 著 医 道 の 日 本 社 臓 腑 経 絡 からみた 薬 方 と 鍼 灸 池 田 政 一 編 著 監 修 漢 方 陰 陽 会 現 代 語 訳 黄 帝 内 経 素 問 南 京 中 医 学 院 医 経 教 研 組 編 東 洋 学 術 出 版 社 現 代 語 訳 黄 帝 内 経 霊 枢 南 京 中 医 学 院 中 医 系 東 洋 学 術 出 版 社 漢 方 用 語 大 辞 典 創 医 会 学 術 部 編 燎 原 啓 迪 集 矢 数 同 盟 著 脉 法 手 引 草 山 延 年 著 医 道 の 日 本 社

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

    <脉診の基本とその手順>

    <脉診の基本とその手順> < 脉 診 の 基 本 とその 手 順 > 名 古 屋 漢 方 鍼 医 会 はじめに 凡 そ 診 脉 は 須 らく 先 ず 時 脉 胃 脉 と 臓 腑 の 平 脉 とを 知 りて 然 る 後 に 病 脉 に 及 ぶこと を 要 す ( 診 家 枢 要. 景 岳 全 書 - 脉 診 章 等 ) 脉 診 を 行 うには 平 脉 ( 健 康 人 の 脉 )を 知 ってから 病 脉 ( 病 人 の 脉 )を

More information

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 23 年 第 13 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 3 回 23 年 5 月 22 日 テーマ 更 年 期 障 害 講 師 長 野 康 司 1 更 年 期 障 害 更 年 期 とは 卵 巣 機 能 衰 退 消 失 の 時 期 である 生 殖 期 ( 性 成 熟 期 )と 非 生 殖 期 ( 老 年 期 )の 移 行 期 をいう 一 般 的 に

More information

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

Microsoft Word マスターQ&A.doc

Microsoft Word マスターQ&A.doc 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 20 年 第 10 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 6 回 20 年 11 月 23 日 テーマ 動 悸 眩 暈 講 師 長 野 康 司 動 悸 治 療 上 の 注 意 点 まとめ * 動 悸 治 療 のポイント 1 腹 部 瘀 血 処 置 ( 動 悸 治 療 のためには 必 須 ) 2 肝 門 脈 うっ 血 処 置 ( 腹 部 瘀 血 に 連

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増

2) 効 果 の 高 い 治 療 薬 が 限 定 されているので 病 診 間 で 意 思 統 一 した 薬 物 治 療 を 行 いやすい 3) 薬 物 治 療 などの 効 果 が 緩 徐 であるので 長 期 の 通 院 が 必 要 である 4) 手 術 が 必 要 になる 場 合 でも 徐 々に 増 地 域 医 療 連 携 のシステムを 利 用 した 腰 部 脊 柱 管 狭 窄 症 の 治 療 循 環 型 地 域 医 療 連 携 システムは 長 期 の 通 院 や 治 療 を 要 する 疾 患 の 患 者 を 維 持 期 には 診 療 所 で 診 療 し 精 密 検 査 や 入 院 手 術 が 必 要 になった 場 合 には 病 院 で 診 療 する さらに 症 状 が 安 定 化 したらまた

More information

2 診 聞 診 問 診 脈 診 腹 診 舌 診 背 候 診 切 経 ( 撮 診 )を 丁 寧 にするべきである 名 家 灸 選 聚 録 の 中 より 引 用 すれば 名 人 には 禁 穴 なし 禁 穴 に 奇 効 を 奏 することもある と 述 べてあり これか ら 特 効 穴 は あらゆる 方 面

2 診 聞 診 問 診 脈 診 腹 診 舌 診 背 候 診 切 経 ( 撮 診 )を 丁 寧 にするべきである 名 家 灸 選 聚 録 の 中 より 引 用 すれば 名 人 には 禁 穴 なし 禁 穴 に 奇 効 を 奏 することもある と 述 べてあり これか ら 特 効 穴 は あらゆる 方 面 1 平 成 28 年 1 月 17 日 臨 床 50 年 のAKB48 1 まえおき 経 穴 とは 灸 を 点 じ 鍼 を 打 つべき 身 体 の 箇 所 全 身 に 数 百 ヶ 所 あ り 経 絡 の 要 所 に 当 たり 病 気 の 診 断 と 治 療 の 対 象 点 とされる と 広 辞 苑 ( 新 村 出 編 岩 波 書 店 1974 年 9 月 )に 出 ております それ では 特 効 穴

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

Microsoft Word - Q&A

Microsoft Word - Q&A Q & A よくあるお 問 い 合 わせ なぜ 中 国 足 心 道 で 病 気 を 治 療 できるのですか? 中 国 足 心 道 の 最 大 の 原 理 である 神 経 反 射 原 理 とは その 病 気 を 治 すための 反 射 区 という 足 の 部 分 に 正 しい 位 置 と 深 さと 強 さによる 刺 激 を 与 え 刺 激 が 脳 に 伝 わることに よって 病 気 を 治 すというものです

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ の 注 意 事 項 2015 年 6 月 作 成 主 にインタビューフォームと 添 付 文 書 を 参 照 している 重 大 な 副 作 用 と 頻 度 の 高 い 副 作 用 の 一 部 を 抜 粋 しているため すべての 副 作 用 を 網 羅 していない 最 新 の 添 付 文 書 情 報 を 反 映 しているとは 限 らないので 注 意 してください

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ 腰 痛 症 腰 痛 を 訴 える 患 者 のうち 最 も 多 い 症 例 病 院 で 検 査 をしてもなんら 原 因 らしきものが 見 当 たらない 場 合 につけられる 診 断 名 がこ の 腰 痛 症 である 医 師 の 間 でも 病 名 のくずかご と 呼 ばれ あま り 重 要 視 されてい ない 腰 痛 症 だと 診 断 されなくとも 椎 骨 が 椎 間 板 を 圧 迫 しているとか 椎

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63> 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 ニュアル 健 診 医 用 成 月 鳥 取 県 母 子 保 健 対 策 協 議 会 鳥 取 県 健 康 対 策 協 議 会 母 子 保 健 対 策 専 門 委 員 会 目 次 10 11 乳 幼 児 健 診 について に 所 見 取 方 一 般 身 体 所 見 取 方 発 達 所 見 取 方 か 月 児 健 診 イント ~ か 月 児 健 診 イント ~ か 月

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

Microsoft Word - 骨粗鬆症③.doc

Microsoft Word - 骨粗鬆症③.doc B. 医 療 関 係 者 の 皆 様 へ 医 薬 品 によって 起 こる 骨 粗 鬆 症 の 原 因 として 最 も 頻 度 が 高 いのは 副 腎 皮 質 ステロイド 薬 ( 以 下 経 口 ステロイド 薬 )である 他 の 医 薬 品 として は 抗 てんかん 薬 メトトレキサート ヘパリン 製 剤 ワルファリン 性 腺 刺 激 ホルモン(GnRH) 作 動 薬 タモキシフェン アロマターゼ 阻

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

現 代 痛 み 医 療 の 問 題 点 高 い 発 症 率 再 発 率 慢 性 化 率 人 生 の 質 の 低 下 と 経 済 的 負 担 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 の 概 念 が 知 られていない 栄 養 素 の 過 不 足 の 影 響 が 軽 視 されている 新 陳 代 謝 及 び 内

現 代 痛 み 医 療 の 問 題 点 高 い 発 症 率 再 発 率 慢 性 化 率 人 生 の 質 の 低 下 と 経 済 的 負 担 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 の 概 念 が 知 られていない 栄 養 素 の 過 不 足 の 影 響 が 軽 視 されている 新 陳 代 謝 及 び 内 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 と 分 子 整 合 栄 養 学 のセミナー ( 第 Ⅰ 部 ) 筋 筋 膜 性 疼 痛 症 候 群 と 分 子 整 合 栄 養 学 の 重 要 性 トリガーポイント 研 究 所 佐 藤 恒 士 2013.01.14 サンピアン 川 崎 現 代 痛 み 医 療 の 問 題 点 高 い 発 症 率 再 発 率 慢 性 化 率 人 生 の 質 の 低 下 と 経 済 的

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方)

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方) 第 32 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 でがんと 向 き 合 う- 心 と 体 の 免 疫 力 をアップ- Ⅰ. 日 本 における 漢 方 治 療 の 現 状 西 洋 医 学 を 学 んだ 医 師 と 薬 剤 師 だけが 漢 方 治 療 を 実 践 できる( 免 許 の 一 本 化 ) 保 険 医 療 制 度 の 中 で 西 洋 医 学 治 療 と 同 時 に 漢 方 治 療 を 行

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

2003年  月  日

2003年  月  日 骨 髄 バンク 団 体 傷 害 保 険 で 後 遺 障 害 適 用 となった 事 例 について (2014.3 末 現 在 ) 2013.3 末 以 降 6 例 追 加 され 32 例 となっています 1 左 手 尺 骨 神 経 障 害 骨 髄 採 取 中 の 尺 骨 神 経 圧 迫 が 原 因 と 推 定 される 尺 骨 神 経 障 害 を 発 症 し 左 手 尺 側 ( 第 4 5 指 )に 知

More information

線維筋痛症ガイドライン2009の解説

線維筋痛症ガイドライン2009の解説 線 維 筋 痛 症 とは?????????????????????????????????????????????????? 中 高 年 の 女 性 を 中 心 に 好 発 する 全 身 の 筋 骨 格 系 を 中 心 とする 結 合 性 組 織 の 疼 痛 を 主 症 状 としてうつ 状 態 や 不 眠 疲 労 感 などに 加 え 過 敏 性 大 腸 症 候 群 や 膀 胱 炎 様 などの 多 彩

More information

患者向医薬品ガイド(案)

患者向医薬品ガイド(案) プレタール 散 20% 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 5 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 プレタール 散 20% Pletaal powder 20% シロスタゾール Cilostazol 200mg (1g 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様 や 家 族 の 方 などに 医 療 用 医

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2 (5) 副 作 用 の 相 談 のあった 一 般 薬 の 薬 効 分 類 と 主 な 症 状 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 風 邪 薬 (216) 解 熱 鎮 痛

More information

第43回 月経トラブルは漢方におまかせ(漢方)

第43回 月経トラブルは漢方におまかせ(漢方) 第 43 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 月 経 トラブルは 漢 方 におまかせ- 月 経 痛 や 月 経 不 順 で 悩 まない- Ⅰ. 月 経 トラブルの 頻 度 1 女 性 特 有 のイベント 初 潮 月 経 妊 娠 出 産 授 乳 更 年 期 閉 経 2 月 経 痛 の 頻 度 1) 月 経 痛 の 程 度 ( 学 生 アンケート 調 査 ) (++)15% (+)34% 女 子 学 生

More information

病気関係情報の検索

病気関係情報の検索 病 気 関 係 情 報 の 検 索 事 例 : 腰 椎 脊 柱 管 狭 窄 症 2014.8.1 インターネットクラブ 加 島 清 美 1/25 目 次 1. 症 状 治 療 経 過 2. 薬 の 調 査 3. 病 院 医 師 変 更 調 査 4. 脊 椎 関 係 の 病 気 治 療 方 法 手 術 方 法 の 検 索 5. 腰 痛 関 係 名 医 & 有 名 病 院 検 索 6. 脊 椎 低 侵

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information