「知る前契約」に関するインサイダー見直し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「知る前契約」に関するインサイダー見直し"

Transcription

1 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 基 づく 売 買 等 について より 包 括 的 な 適 用 除 外 の 規 定 を 設 けることとしている( 内 閣 府 令 改 正 ) 加 えて いわゆる 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)に 係 る 適 用 除 外 規 定 について 解 釈 の 明 確 化 を 図 るものとしている(ガイドライン 改 正 ) 改 正 後 の 内 閣 府 令 は 2015 年 9 月 16 日 から 施 行 ガイドラインは 同 2 日 から 適 用 され ている 本 稿 は 2015 年 8 月 6 日 付 レポート 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 案 を 最 終 的 な 府 令 ガ イドラインに 基 づき 書 き 改 めたものである はじめに 2015 年 9 月 2 日 有 価 証 券 の 取 引 等 の 規 制 に 関 する 内 閣 府 令 の 一 部 を 改 正 する 内 閣 府 令 ( 内 閣 府 令 第 50 号 以 下 改 正 府 令 )が 公 布 された 1 また 同 日 金 融 商 品 取 引 法 等 に 関 する 留 意 事 項 について ( 金 融 商 品 取 引 法 等 ガイドライン)も 改 正 された 2 ( 以 下 改 正 後 の 金 融 商 品 取 引 法 等 ガイドラインを 改 正 ガイドラインと 呼 ぶ) これらは 2012 年 12 月 25 日 に 取 りまとめられた 金 融 審 議 会 インサイダー 取 引 規 制 に 関 す るワーキング グループ 報 告 書 ( 近 年 の 違 反 事 案 及 び 金 融 企 業 実 務 を 踏 まえたインサイダ ー 取 引 規 制 をめぐる 制 度 整 備 について 以 下 WG 報 告 書 ) 3 を 踏 まえて インサイダー 取 引 規 1 平 成 27 年 9 月 2 日 付 官 報 ( 号 外 第 199 号 ) 2 金 融 庁 のウェブサイト(http://www.fsa.go.jp/news/27/syouken/ html)に 改 正 府 令 の 新 旧 対 照 表 など とともに 掲 載 されている 3 金 融 庁 のウェブサイト(http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/ html)に 掲 載 されている 拙 稿 イ 株 式 会 社 大 和 総 研 丸 の 内 オフィス 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 9 番 1 号 グラントウキョウ ノースタワー このレポートは 投 資 勧 誘 を 意 図 して 提 供 するものではありません このレポートの 掲 載 情 報 は 信 頼 できると 考 えられる 情 報 源 から 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 を 保 証 する ものではありません また 記 載 された 意 見 や 予 測 等 は 作 成 時 点 のものであり 今 後 予 告 なく 変 更 されることがあります 大 和 総 研 の 親 会 社 である 大 和 総 研 ホールディングスと 大 和 証 券 は 大 和 証 券 グループ 本 社 を 親 会 社 とする 大 和 証 券 グループの 会 社 です 内 容 に 関 する 一 切 の 権 利 は 大 和 総 研 にあります 無 断 での 複 製 転 載 転 送 等 はご 遠 慮 ください

2 2 / 14 制 の 適 用 除 外 規 定 について 次 のような 見 直 しを 行 うものである いわゆる 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 基 づく 売 買 等 について より 包 括 的 な 適 用 除 外 の 規 定 を 設 ける いわゆる 対 抗 買 い に 係 る 適 用 除 外 規 定 について 解 釈 の 明 確 化 を 図 る 1. 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 (1) 改 正 府 令 の 概 要 改 正 府 令 では 会 社 関 係 者 等 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められる いわ ゆる 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 基 づく 売 買 等 4 として より 包 括 的 な 規 定 を 設 けるとして いる 具 体 的 には 適 用 除 外 の 新 たな 類 型 として 次 の 場 合 が 追 加 される( 改 正 後 の 有 価 証 券 の 取 引 等 の 規 制 に 関 する 内 閣 府 令 ( 以 下 取 引 等 規 制 府 令 )59 条 1 項 14 号 なお 2015 年 6 月 18 日 に 金 融 庁 が 公 表 した 原 案 ( 有 価 証 券 の 取 引 等 の 規 制 に 関 する 内 閣 府 令 の 一 部 を 改 正 する 内 閣 府 令 ( 案 ) 及 び 金 融 商 品 取 引 法 等 に 関 する 留 意 事 項 について ( 金 融 商 品 取 引 法 等 ガイド ライン)の 一 部 改 正 ( 案 )の 公 表 について ) 5 からの 主 な 変 更 点 については 後 述 (4) 参 照 ) 次 に 掲 げる 要 件 の 全 てに 該 当 する 場 合 イ. 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 された 書 面 による 契 約 の 履 行 又 は 重 要 事 実 を 知 る 前 に 決 定 された 書 面 による 計 画 の 実 行 として 売 買 等 を 行 うこと ロ. 重 要 事 実 を 知 る 前 に 次 に 掲 げるいずれかの 措 置 が 講 じられたこと 1 当 該 契 約 又 は 計 画 の 写 しが 金 融 商 品 取 引 業 者 ( 注 1)に 対 して 提 出 され その 提 出 の 日 付 について 当 該 金 融 商 品 取 引 業 者 による 確 認 を 受 けたこと( 注 2) 2 当 該 契 約 又 は 計 画 に 確 定 日 付 が 付 されたこと( 注 3) 3 当 該 契 約 又 は 計 画 が (インサイダー 取 引 規 制 上 の) 公 表 措 置 に 準 じ 公 衆 縦 覧 に 供 され ンサイダー 取 引 規 制 の 見 直 し (2013 年 1 月 18 日 付 レポート)も 参 照 (http://www.dir.co.jp/research/report/law-research/securities/ _ html) なお 同 報 告 書 は 2013 年 2 月 27 日 に 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 に 報 告 され 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 報 告 とし てとりまとめられている 4 売 買 その 他 の 有 償 の 譲 渡 若 しくは 譲 受 け 合 併 若 しくは 分 割 による 承 継 又 はデリバティブ 取 引 をいうと 定 義 さ れている( 金 融 商 品 取 引 法 166 条 1 項 ) 5 金 融 庁 のウェブサイト(http://www.fsa.go.jp/news/26/syouken/ html)に 掲 載 されている

3 3 / 14 たこと ハ. 当 該 契 約 の 履 行 又 は 当 該 計 画 の 実 行 として 行 う 売 買 等 につき 売 買 等 の 別 銘 柄 期 日 当 該 期 日 における 売 買 等 の 総 額 又 は 数 ( 注 4)が 当 該 契 約 計 画 において 特 定 されているこ と 又 は 当 該 契 約 計 画 においてあらかじめ 定 められた 裁 量 の 余 地 がない 方 式 により 決 定 さ れること ( 注 1) 第 一 種 金 融 商 品 取 引 業 ( 有 価 証 券 関 連 業 に 該 当 するものに 限 り 第 一 種 少 額 電 子 募 集 取 扱 業 務 (いわ ゆる 株 式 型 クラウド ファンディング 業 務 )のみを 行 うものを 除 く)を 行 う 者 に 限 る ( 注 2) 当 該 金 融 商 品 取 引 業 者 が その 契 約 を 締 結 した 相 手 方 又 はその 計 画 を 共 同 して 決 定 した 者 である 場 合 を 除 く ( 注 3) 金 融 商 品 取 引 業 者 が その 契 約 を 締 結 した 者 又 はその 計 画 を 決 定 した 者 である 場 合 に 限 る ( 注 4)デリバティブ 取 引 においては これらに 相 当 する 事 項 イは 売 買 等 が 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 基 づいて 執 行 されること ロは その 契 約 計 画 が 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 決 定 されたことを 担 保 するための 措 置 を 講 じること ハは 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 基 づく 売 買 等 につき 裁 量 性 恣 意 性 が 排 除 されていることを 求 めるものと 考 えられる 同 様 の 見 直 しは 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 についても 設 けられている( 改 正 後 の 取 引 等 規 制 府 令 63 条 1 項 14 号 ) なお ここでいう 知 る 前 計 画 については 法 人 が 決 定 したもののみならず 個 人 が 決 定 したものであっても 計 画 を 当 該 計 画 を 実 行 する 意 思 のもと 書 面 により 作 成 すれば 通 常 計 画 を 決 定 したと 言 える ( 金 融 庁 コメントの 概 要 とそれに 対 する 金 融 庁 の 考 え 方 6 ( 以 下 金 融 庁 の 考 え 方 )No.2)との 見 解 が 示 されている 7 また 特 定 の 書 式 はないものの 書 面 による 契 約 書 面 による 計 画 である 必 要 があり 電 磁 的 記 録 により 作 成 されたものは 含 まれないと 解 されている( 金 融 庁 の 考 え 方 No.6 7) (2)いわゆる 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 とは 会 社 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 を 前 提 にすれば いわゆる 知 る 前 契 約 とは 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 された 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 等 に 関 する 契 約 知 る 前 計 画 とは 業 務 に 関 する 重 要 事 実 を 知 る 前 に 決 定 された 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 等 の 計 画 を 意 味 している( 8 金 融 商 品 取 引 法 166 条 6 項 12 号 ) 6 金 融 庁 のウェブサイト(http://www.fsa.go.jp/news/27/syouken/ /01.pdf)に 掲 載 されている 7 知 る 前 契 約 については 金 融 庁 の 考 え 方 では 特 に 触 れられていない 私 見 だが 契 約 と 計 画 を 分 けて 考 えるべき 理 由 はなく 同 様 に 考 えてもよいのではないかと 思 われる 8 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 の 場 合 知 る 前 契 約 は 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 る 前 に 締 結 された 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 若 しくは 売 付 け 等 に 関 する 契 約 知 る 前 計 画 は 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 る 前 に 決 定 された 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 若 しくは 売 付 け 等 の

4 4 / 14 こうした 知 る 前 契 約 の 履 行 や 知 る 前 計 画 の 実 行 として 行 われる 売 買 等 について イ ンサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められる 理 由 は 重 要 事 実 を 知 ったことと 無 関 係 に 行 われ る 売 買 等 であることが 明 らかな 場 合 には 証 券 市 場 の 公 正 性 健 全 性 に 対 する 投 資 家 の 信 頼 を 損 なうことはない 9 ためと 説 明 されている 改 正 前 の 法 令 の 下 では こうした 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 何 が 該 当 するかについて は 個 別 列 挙 主 義 が 採 用 されていた すなわち 法 令 上 ( 取 引 等 規 制 府 令 上 ) 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 として 上 場 会 社 等 との 書 面 による 契 約 の 履 行 によるその 上 場 会 社 等 の 株 式 等 の 一 定 の 売 買 等 信 用 取 引 の 一 定 の 反 対 売 買 役 員 持 株 会 従 業 員 持 株 会 等 による 一 定 の 買 付 け 累 積 投 資 契 約 に 基 づく 一 定 の 買 付 けなどが 個 別 具 体 的 に 定 められており( 改 正 前 の 取 引 等 規 制 府 令 59 条 63 条 ) これらのいずれかに 該 当 する 場 合 にのみ 適 用 除 外 が 認 められるものと されていた (3) 見 直 しの 背 景 改 正 前 の 法 令 の 個 別 列 挙 主 義 による 規 定 の 在 り 方 は 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 該 当 す る 取 引 の 範 囲 を 明 確 にするメリットがあった しかし 法 令 が 定 める 類 型 に 当 てはまらない 新 たな 取 引 形 態 が 現 れた 場 合 法 令 を 改 正 して 改 めて 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 指 定 し ない 限 り 適 用 除 外 が 認 められないというデメリットもあった WG 報 告 書 は こうした 点 を 踏 まえて 次 のような 提 言 を 行 った 取 引 の 円 滑 を 確 保 する 観 点 から 次 の 視 点 に 基 づいた 基 本 的 考 え 方 を 明 確 化 し より 包 括 的 な 適 用 除 外 の 規 定 を 設 けるとともに 必 要 に 応 じガイドライン 等 により 法 令 の 解 釈 を 事 前 に 示 していくことが 適 当 である 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 決 定 された 契 約 計 画 であること 当 該 契 約 計 画 の 中 で それに 従 った 売 買 等 の 具 体 的 な 内 容 が 定 められているなど 裁 量 的 に 売 買 等 が 行 われるものでないこと 当 該 契 約 計 画 に 従 った 売 買 等 であること 上 述 の 見 直 しを 行 うに 当 たっては 事 後 的 に 契 約 や 計 画 が 捏 造 されるリスクに 配 意 する 必 要 がある この 点 については 反 復 継 続 して 取 引 を 行 うことを 内 容 とする 契 約 や 計 画 で 計 画 を 意 味 している( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 5 項 14 号 ) 9 WG 報 告 書 pp.10-11

5 5 / 14 あれば 事 後 的 に 捏 造 されるおそれは 類 型 的 に 低 く また 単 発 の 取 引 を 行 うことを 内 容 とす る 契 約 や 計 画 であっても 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 決 定 したことが 明 確 で あるような 措 置 ( 例 えば 証 券 会 社 等 による 確 認 を 得 るなど)がとられるならば 契 約 や 計 画 が 捏 造 されるおそれは 低 いところであり これらの 観 点 を 踏 まえ 適 切 な 制 度 整 備 が 図 ら れることが 必 要 である ( 出 所 )WG 報 告 書 p.11 なお 下 線 は 筆 者 による 改 正 府 令 は 基 本 的 に 上 記 のWG 報 告 書 の 提 言 ( 特 に 下 線 部 )を 踏 まえて 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 関 する より 包 括 的 な 適 用 除 外 の 規 定 を 定 めるものといえるだろう (4) 原 案 からの 主 な 変 更 点 改 正 府 令 に 関 して 2015 年 6 月 18 日 に 金 融 庁 が 公 表 した 原 案 からの 主 な 変 更 点 は 次 の 通 り である なお 技 術 的 な 語 句 の 修 正 などは 割 愛 している a. 前 記 (1)ロ2の 措 置 ( 当 該 契 約 又 は 計 画 に 確 定 日 付 が 付 されたこと )について 原 案 では 特 に 制 限 がなかったものが 改 正 府 令 では 金 融 商 品 取 引 業 者 が その 契 約 を 締 結 した 者 又 は その 計 画 を 決 定 した 者 である 場 合 に 限 る との 制 限 が 設 けられた b. 前 記 (1)ロ3の 措 置 ( 契 約 計 画 の 金 融 商 品 取 引 法 166 条 4 項 167 条 4 項 の 公 表 措 置 に 準 じた 公 衆 の 縦 覧 )について 原 案 では 公 開 又 は 公 衆 の 縦 覧 とされていたものが 改 正 府 令 では 公 開 は 不 可 とされ 公 衆 の 縦 覧 のみとされた c. 前 記 (1)ハの 措 置 ( 契 約 計 画 における 売 買 等 に 関 する 事 項 の 特 定 )について 契 約 又 は 計 画 によって 特 定 すべき 売 買 等 に 関 する 事 項 から 価 格 が 除 外 された また 原 案 で 数 とされていたものが 改 正 府 令 では 当 該 期 日 における 売 買 等 の 総 額 又 は 数 と 改 められた (a) 確 定 日 付 a.の 変 更 は 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 について インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 を 単 に 確 定 日 付 が 付 された というだけで 認 めれば 規 制 の 潜 脱 を 招 く 恐 れがあるとの 指 摘 を 受 けたものと 説 明 されている すなわち 包 括 的 な 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 による 適 用 除 外 を 認 めれば あらかじめ 複 数 の 契 約 又 は 計 画 を 準 備 した 上 で ( 筆 者 注 : 入 手 した 未 公 表 の 重 要 事 実 に 基 づいて) 有 利 な 契 約 又 は 計 画 のみを 履 行 又 は 実 行 し 不 利 な 契 約 又 は 計 画 を 履 行 又 は 実 行 しないこと ( 金 融 庁 の 考 え 方 No.19 の コメントの 概 要 )で 実 質 的 にインサ イダー 取 引 と 同 視 されるような 取 引 がなされる 危 険 性 がある 特 に 確 定 日 付 の 付 与 を 受 ける 措 置 については 実 行 しないこととした 契 約 又 は 計 画 を 隠 匿 することが 容 易 であり 事 実 上 規 制 をすり 抜 けることができる ( 同 前 )との 指 摘 が 原 案 に 対 してなされていた

6 6 / 14 金 融 庁 は こうした 指 摘 を 受 けて 改 正 府 令 では 単 に 契 約 又 は 計 画 に 確 定 日 付 が 付 され た だけでは 足 りず 金 融 商 品 取 引 業 者 が 当 該 契 約 を 締 結 した 者 又 は 当 該 計 画 を 決 定 した 者 で ある 場 合 に 限 る こととした これは 指 摘 された 潜 脱 行 為 を 防 止 するために 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 について 金 融 商 品 取 引 業 者 ( 証 券 会 社 )の 関 与 を 求 めることで 一 種 のゲートキ ーパーとしての 機 能 を 果 たさせようというものだと 思 われる (b) 公 表 ( 公 衆 の 縦 覧 ) b.の 変 更 は 報 道 機 関 に 対 して 公 開 する 措 置 及 びホームページ 上 に 公 開 する 措 置 は 知 る 前 契 約 計 画 の 公 表 措 置 として 認 めない という 趣 旨 だと 説 明 されている( 金 融 庁 の 考 え 方 No.21 22) また ここでいう 公 衆 の 縦 覧 手 続 も あくまで( 金 融 商 品 取 引 法 ) 第 166 条 ( 第 167 条 ) 第 4 項 に 定 める 公 表 の 措 置 に 準 じ 公 衆 の 縦 覧 に 供 されたこと ( 金 融 庁 の 考 え 方 No.23) す なわち インサイダー 取 引 規 制 上 の 公 表 ( 適 時 開 示 臨 時 報 告 書 など)に 準 じて 行 われるこ とが 求 められている その 結 果 例 えば 大 量 保 有 報 告 書 の 公 衆 の 縦 覧 は ( 筆 者 注 : 金 融 商 品 取 引 法 第 166 条 ( 第 167 条 ) 第 4 項 の 定 める) 公 表 の 措 置 に 含 まれていないことから これ に 準 ずる 知 る 前 契 約 計 画 の 公 表 措 置 としても 認 められない ( 同 前 )との 見 解 が 示 されて いる (c) 売 買 等 に 関 する 事 項 の 特 定 c.の 変 更 は 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 基 づく 売 買 等 についての 裁 量 性 恣 意 性 を 排 除 するために その 契 約 計 画 の 中 で 特 定 されるべき 事 項 のうち 原 案 では 数 価 格 及 び 期 日 とされていた 箇 所 が 期 日 並 びに 当 該 期 日 における 売 買 等 の 総 額 又 は 数 に 改 められた 具 体 的 には まず 原 案 で 掲 げられていた 価 格 が 改 正 府 令 では 特 定 されるべき 事 項 か ら 除 外 された( 金 融 庁 の 考 え 方 No.32) また 原 案 の 数 については 改 正 府 令 では 当 該 期 日 における 売 買 等 の 総 額 又 は 数 と 改 められた これは 契 約 又 は 計 画 により 売 買 等 の 総 額 又 は 数 が 期 日 単 位 (1 日 単 位 )で 特 定 され 又 は 裁 量 の 余 地 がない 方 式 により 決 定 されている 必 要 ( 金 融 庁 の 考 え 方 No.29)がある ことを 意 味 する 一 定 期 間 における 売 買 等 の 総 額 又 は 数 を 定 めるのみでは 当 該 期 日 におけ る 売 買 等 の 総 額 又 は 数 が 特 定 され 又 は 裁 量 の 余 地 がない 方 法 により 決 定 されているとは 言 え ない ( 同 前 )とされている 同 様 に 数 の 上 限 又 は 下 限 を 定 めるのみでは 特 定 され 又 は 裁 量 の 余 地 がない 方 式 により 決 定 されているとは 言 えない ( 金 融 庁 の 考 え 方 No.31)と 解 さ れている なお 契 約 計 画 において 当 該 期 日 における 売 買 等 の 総 額 又 は 数 を 定 めたにもか

7 7 / 14 かわらず 結 果 的 に 定 めた 総 額 又 は 数 に 満 たない 取 引 しかできなかった 場 合 に どのよ うに 取 り 扱 われるか という 問 題 が 考 えられる この 点 について 金 融 庁 は 計 画 のとおりに 売 買 等 を 行 わなかったことは 数 が 特 定 され 又 は 裁 量 の 余 地 がない 方 法 により 決 定 されてい るか 否 かの 問 題 ではなく 売 買 等 が 計 画 の 実 行 として 行 われたと 言 えるか 否 かの 問 題 で あって 外 部 的 な 事 情 により やむを 得 ず 計 画 に 満 たない 数 の 取 引 しか 行 えなかったことは 基 本 的 に 売 買 等 が 計 画 の 実 行 として 行 われたことを 否 定 するものではない との 見 解 を 示 している( 金 融 庁 の 考 え 方 No.30) (5) インサイダー 取 引 規 制 に 関 するQ&A 2015 年 9 月 2 日 改 正 府 令 に 合 わせて 金 融 庁 は インサイダー 取 引 規 制 に 関 するQ&A の 改 訂 を 行 った( 以 下 改 訂 Q&A ) 10 この 中 で 新 たに 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 と 重 要 事 実 の 入 手 公 表 との 関 係 の 整 理 を 行 っている 具 体 的 には 知 る 前 に 締 結 された 又 は 知 る 前 に 決 定 された とは 売 買 等 を 行 う 時 点 において 知 っている 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 又 は 決 定 されたことを 意 味 する 11 とい う 原 則 を 示 した 上 で 次 のような 事 例 を 挙 げて 説 明 している 具 体 例 として 契 約 の 締 結 又 は 計 画 の 決 定 の 時 点 において 知 っている 重 要 事 実 Aが 売 買 等 を 行 う 前 に 全 て 公 表 又 は 中 止 され また 当 該 契 約 の 締 結 又 は 当 該 計 画 の 決 定 の 後 に 知 った 重 要 事 実 Bが 当 該 売 買 等 を 行 う 時 点 において 未 公 表 となっている 場 合 を 想 定 します(なお 当 該 契 約 の 締 結 又 は 当 該 計 画 の 決 定 の 時 点 から 当 該 売 買 等 を 行 う 時 点 までの 間 において 重 要 事 実 A 及 びBのほかに 知 っている 重 要 事 実 はないものとします ) ここで 売 買 等 を 行 う 時 点 において 重 要 事 実 Bは 未 公 表 の 重 要 事 実 ではありますが 契 約 の 締 結 又 は 計 画 の 決 定 は 重 要 事 実 Bを 知 る 前 に 行 われていることから 当 該 売 買 等 が 適 用 除 外 の 要 件 を 全 て 満 たせば 知 る 前 契 約 計 画 に 係 る 適 用 除 外 の 対 象 となると 考 えられます 一 方 重 要 事 実 Aとの 関 係 では その 公 表 又 は 中 止 の 後 に 売 買 等 が 行 われているため そもそもイン サイダー 取 引 規 制 上 問 題 は 生 じません このように 例 えば 契 約 の 締 結 又 は 計 画 の 決 定 の 時 点 において 何 らかの 重 要 事 実 ( 上 記 例 では 重 要 事 実 A)を 知 っていたとしても 当 該 重 要 事 実 が 全 て 公 表 された 後 に 売 買 等 を 行 うこ とを 内 容 とする 契 約 又 は 計 画 を 締 結 又 は 決 定 することにより 売 買 等 を 行 う 時 点 において 知 っ ている 他 の 重 要 事 実 ( 上 記 例 では 重 要 事 実 B)との 関 係 で 知 る 前 契 約 計 画 として 活 用 す ることができると 考 えられます ( 出 所 ) 金 融 庁 インサイダー 取 引 規 制 に 関 するQ&A ( 平 成 27 年 9 月 2 日 改 訂 ) 問 5 10 金 融 庁 のウェブサイト(http://www.fsa.go.jp/common/law/insider_qa/01.pdf)に 掲 載 されている 11 改 訂 Q&A 問 5

8 8 / 14 すなわち 契 約 の 締 結 計 画 の 決 定 時 点 で 未 公 表 の 重 要 事 実 ( 上 記 事 例 の A )を 知 っている 場 合 そのままでは 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 による 適 用 除 外 は 認 められない しかし その 重 要 事 実 ( A )が 全 て 公 表 されてしまえば 事 後 的 に 新 たな 未 公 表 の 重 要 事 実 ( 上 記 事 例 の B )を 知 ることになったとしても 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 による 適 用 除 外 が 認 められるということであろう 2. 対 抗 買 い (1) 改 正 ガイドラインの 概 要 いわゆる 敵 対 的 買 収 などにおいて 公 開 買 付 け 等 の 対 象 となった 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 が 決 定 した 要 請 に 基 づいて その 要 請 を 受 けた 者 が いわゆる 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)を 行 うこと は 会 社 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 とされている( 金 融 商 品 取 引 法 166 条 6 項 4 号 ) 改 正 ガイドラインでは 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 による 対 抗 買 い 要 請 の 決 定 について 次 のような 解 釈 の 明 確 化 が 図 られている( 改 正 ガイドライン 166-1~2) なお 2015 年 6 月 18 日 に 公 表 された 原 案 から 大 きな 変 更 点 はない 1 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 ( 注 1)が 決 定 した 要 請 ( 注 2)が 公 開 買 付 け 等 があることについての 合 理 的 な 根 拠 に 基 づくものであり かつ 当 該 公 開 買 付 け 等 に 対 抗 する 目 的 をもって 行 われ たものである 場 合 には (インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められる 要 件 である) 対 抗 買 い の 要 請 に 該 当 する 2 上 記 の 要 請 を 受 けた 者 が 公 開 買 付 け 等 がないことを 知 りながら 行 う 買 付 け 等 は インサイ ダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められる 買 付 け 等 に 該 当 しない ( 注 1) 上 場 投 資 法 人 等 については 役 員 会 ( 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 31 条 の2)も 含 む ( 注 2) 監 査 等 委 員 会 設 置 会 社 においては 取 締 役 会 の 決 議 による 委 任 に 基 づく 業 務 執 行 取 締 役 の 決 定 した 要 請 指 名 委 員 会 等 設 置 会 社 においては 取 締 役 会 の 決 議 による 委 任 に 基 づいて 執 行 役 の 決 定 した 要 請 を 含 む つまり 敵 対 的 買 収 などの 脅 威 にさらされている 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 が 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいて( 後 述 (4)(b) 参 照 ) 自 社 に 対 する 公 開 買 付 け 等 があると 判 断 して それに 対 応 する 目 的 で 要 請 を 行 ったのであれば インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 要 件 を 満 たす 言 い 換 えれ ば 対 抗 買 い の 要 請 に 当 たり 真 に 公 開 買 付 け 等 が 存 在 進 行 している 事 実 を 確 認 すること までは 求 められないという 趣 旨 であろう ただし 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 は 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいて 自 社 に 対 する 公 開 買 付 け 等 があると 信 じて 対 抗 買 い 要 請 を 行 ったが その 要 請 を 受 けた 者 の 方 では 実 は 公 開 買 付 け

9 9 / 14 等 の 事 実 は 存 在 しないことを 知 っていた 場 合 には インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 は 認 めら れないこととされている(2) なお 1と 同 様 の 見 直 しは 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 ( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 )の 適 用 除 外 についても 設 けられている 12 ( 改 正 ガイドライン 167-1) (2)いわゆる 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)とは いわゆる 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)とは 上 場 会 社 等 の 株 券 等 に 係 る 公 開 買 付 け 又 はこれに 準 ずる 行 為 ( 公 開 買 付 け 等 )に 対 抗 するため 当 該 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 が 決 定 した 要 請 に 基 づ いて 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 の 買 付 け 等 をすることであり 会 社 関 係 者 に 対 するイ ンサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められている( 金 融 商 品 取 引 法 166 条 6 項 4 号 ) こうした 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)の 実 行 として 行 われる 売 買 について インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められる 理 由 は (いわゆる 敵 対 的 買 収 において) 発 行 会 社 側 に 武 器 対 等 の 観 点 から 最 低 限 の 防 戦 買 いの 機 会 を 与 える 13 ためと 説 明 されている これは 例 えば 次 のよ うな 事 情 により 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)の 要 請 先 が 被 買 収 者 の 会 社 関 係 者 に 該 当 する 可 能 性 が 高 いことが 背 景 にあるものと 思 われる 1 被 買 収 者 が 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)を 要 請 する 相 手 は 通 常 その 会 社 の 親 密 先 例 えば 取 引 先 などであることが 想 定 される 2ところが 被 買 収 者 の 取 引 先 などは 会 社 関 係 者 に 該 当 する 可 能 性 が 高 く( 金 融 商 品 取 引 法 166 条 1 項 4 号 ) 取 引 関 係 などを 通 じて 被 買 収 者 の 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 っていれば イ ンサイダー 取 引 規 制 の 対 象 者 となってしまう 可 能 性 も 高 い その 結 果 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められないと 上 記 のような 場 合 そもそ も 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)ができなくなり 買 収 者 に 対 して 被 買 収 者 が 著 しく 不 利 な 立 場 に 立 12 2に 相 当 するガイドラインの 見 直 しは 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 ( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 )については 行 われていない その 理 由 は 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 が 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいて 存 在 すると 信 じた 自 社 に 対 する 公 開 買 付 け 等 が 本 当 は 実 在 しなかったというような 場 合 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 の 前 提 となるべき 公 開 買 付 け 等 事 実 そのものが 存 在 しないこととなる その 結 果 そもそも 公 開 買 付 け 等 事 実 が 存 在 しない 以 上 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 ( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 )の 適 用 の 前 提 を 欠 くという 考 えに 基 づくものだと 説 明 されている( 改 訂 Q&A 問 4(4)) 岩 原 紳 作 神 作 裕 之 神 田 秀 樹 武 井 一 浩 永 井 智 亮 藤 田 友 敬 藤 本 拓 資 松 尾 直 彦 三 井 秀 範 山 下 友 信 金 融 商 品 取 引 法 セミナー 開 示 制 度 不 公 正 取 引 業 規 制 編 ( 有 斐 閣 2011 年 )p.342 も 参 照 13 木 目 田 裕 上 島 正 道 監 修 西 村 あさひ 法 律 事 務 所 危 機 管 理 グループ 編 インサイダー 取 引 規 制 の 実 務 [ 第 2 版 ] ( 商 事 法 務 2014 年 )p.350

10 10 / 14 たされてしまうというわけである 14 また 同 様 の( 対 抗 買 い に 関 する) 適 用 除 外 規 定 は 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサ イダー 取 引 規 制 についても 設 けられている( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 5 項 5 号 ) こちらも 基 本 的 には 買 収 者 と 被 買 収 者 の 武 器 対 等 のための 措 置 と 考 えられるが 会 社 関 係 者 に 対 する インサイダー 取 引 規 制 とは 異 なり 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)の 要 請 先 が 公 開 買 付 け 等 事 実 の 第 一 次 情 報 受 領 者 に 該 当 してしまうという 次 の1~3のような 事 情 が 背 景 にあるもの と 思 われる 1 被 買 収 者 は 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)の 要 請 を 行 うに 当 たって 通 常 買 収 者 から 公 開 買 付 け 等 事 実 の 伝 達 を 受 けたことを 説 明 するものと 考 えられる 2ところが 被 買 収 者 は 法 令 上 買 収 者 の 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 該 当 するため( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 1 項 ) 被 買 収 者 から 要 請 と 共 に 公 開 買 付 け 等 事 実 の 伝 達 を 受 けた 者 は 第 一 次 情 報 受 領 者 となり インサイダー 取 引 規 制 の 対 象 者 となってしまう 3さらに 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 対 するインサイダー 取 引 規 制 の 場 合 規 制 が 解 除 されるため の 公 表 措 置 は 原 則 として ( 被 買 収 者 などではなく) 買 収 者 ( 公 開 買 付 者 等 )が 主 体 と なって 行 わなければならない( 注 )( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 4 項 ) ( 注 ) 例 外 としては 例 えば 買 収 者 (X)が 上 場 会 社 である 被 買 収 者 (Y)に 要 請 して Y が 取 引 所 における 適 時 開 示 を 行 って 公 表 するというケースがある( 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 30 条 1 項 4 号 ) また 公 表 措 置 ではないが Y から 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)の 要 請 を 受 けた 者 (Z)が 自 ら Y に 対 する 公 開 買 付 けを 実 施 し た 上 で X による Y に 対 する 公 開 買 付 け 等 事 実 を 公 開 買 付 開 始 公 告 などを 通 じて 開 示 することでも イン サイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められる( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 5 項 8 号 ) もっとも いずれもいわゆる 敵 対 的 買 収 とそれに 対 する 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)の 局 面 では 想 定 しにくいものだと 考 えられる その 結 果 買 収 者 が 主 体 となって 公 表 を 行 わない 限 り 買 収 者 側 は 自 由 に 買 集 め 等 を 行 える が 被 買 収 者 側 は 緊 急 の 防 戦 買 いができない 15 こととなり 買 収 者 に 対 して 被 買 収 者 が 著 しく 不 利 な 立 場 に 立 たされてしまうというわけである 14 木 目 田 裕 上 島 正 道 監 修 西 村 あさひ 法 律 事 務 所 危 機 管 理 グループ 編 インサイダー 取 引 規 制 の 実 務 [ 第 2 版 ] ( 商 事 法 務 2014 年 )p.350 岩 原 紳 作 神 作 裕 之 神 田 秀 樹 武 井 一 浩 永 井 智 亮 藤 田 友 敬 藤 本 拓 資 松 尾 直 彦 三 井 秀 範 山 下 友 信 金 融 商 品 取 引 法 セミナー 開 示 制 度 不 公 正 取 引 業 規 制 編 ( 有 斐 閣 2011 年 )pp 木 目 田 裕 上 島 正 道 監 修 西 村 あさひ 法 律 事 務 所 危 機 管 理 グループ 編 インサイダー 取 引 規 制 の 実 務 [ 第 2 版 ] ( 商 事 法 務 2014 年 )p.469 なお 岩 原 紳 作 神 作 裕 之 神 田 秀 樹 武 井 一 浩 永 井 智 亮 藤 田 友 敬 藤 本 拓 資 松 尾 直 彦 三 井 秀 範 山 下 友 信 金 融 商 品 取 引 法 セミナー 開 示 制 度 不 公 正 取 引 業 規 制 編 ( 有 斐 閣 2011 年 )p.340 なども 参 照

11 11 / 14 (3) 見 直 しの 背 景 WG 報 告 書 は 対 抗 買 い ( 防 戦 買 い)に 関 する 適 用 除 外 規 定 について 実 務 面 で 利 用 し 難 いとの 指 摘 があることを 踏 まえ 解 釈 の 明 確 化 等 を 図 っていくことが 適 当 である 16 と 提 言 して いた もっとも 使 い 勝 手 が 悪 い 理 由 については いくつかの 指 摘 がある 17 改 正 ガイドラインによ る 見 直 しは そのうち 公 開 買 付 け 等 に 該 当 する 事 実 が 存 在 するか 否 かは 被 買 付 企 業 に とって 他 者 情 報 であるため 当 該 被 買 付 企 業 がその 存 否 を 確 実 に 把 握 することは 難 しく どの ような 場 合 に 要 件 を 満 たすのか 分 かりにくい 18 という 問 題 に 対 処 するものだと 考 えられる 19 すなわち 対 抗 買 い を 根 拠 とするインサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 が 認 められるためには 公 開 買 付 け 等 に 対 抗 するため 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 が 行 った 要 請 に 基 づいて 行 われなけれ ばならない ところが 対 抗 するべき 公 開 買 付 け 等 の 事 実 が 真 に 存 在 しているか 否 かに ついて 確 認 することは 被 買 収 企 業 の 取 締 役 会 にとって 極 めて 困 難 である 例 えば あるファ ンドから 御 社 の 株 式 を 買 い 付 けたい との 意 向 を 伝 達 されたとしても そのファンドが 本 気 で 買 収 を 仕 掛 けてくるつもりなのか(あるいは 実 行 に 着 手 しているのか) それとも 単 なる 脅 かし に 過 ぎないのかは 対 象 となった 会 社 としては 容 易 に 判 断 がつかない 改 正 ガイドラインでは 対 抗 買 い の 要 請 が 公 開 買 付 け 等 があることについての 合 理 的 な 根 拠 に 基 づくものであればよく 真 に 公 開 買 付 け 等 の 事 実 が 実 在 していることま では 問 わないとの 解 釈 を 明 確 化 している 20 これにより ( 潜 在 的 な) 被 買 収 企 業 にとって 対 抗 買 い の 要 請 がやりやすくなることが 期 待 されているようだ もっとも 現 実 に 対 抗 買 い の 要 請 を 行 おうとする 上 場 会 社 等 にとって どの 程 度 使 い 勝 手 がよくなるのかなどについては 今 後 の 運 用 を 見 る 必 要 があるだろう WG 報 告 書 p 岩 原 紳 作 神 作 裕 之 神 田 秀 樹 武 井 一 浩 永 井 智 亮 藤 田 友 敬 藤 本 拓 資 松 尾 直 彦 三 井 秀 範 山 下 友 信 金 融 商 品 取 引 法 セミナー 開 示 制 度 不 公 正 取 引 業 規 制 編 ( 有 斐 閣 2011 年 )pp など 参 照 18 平 成 24 年 11 月 27 日 開 催 金 融 審 議 会 インサイダー 取 引 規 制 に 関 するワーキング グループ ( 第 5 回 ) 配 布 資 料 論 点 メモ(3) (http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/insider_h24/siryou/ /01.pdf)pp 金 融 審 議 会 インサイダー 取 引 規 制 に 関 するワーキング グループ では そのほかにも 対 抗 買 付 け の 要 請 の 決 定 が 適 時 開 示 事 項 となっていること( 東 京 証 券 取 引 所 有 価 証 券 上 場 規 程 402 条 1 号 y)も 議 論 に 取 り 上 げられたようである 平 成 24 年 11 月 27 日 開 催 金 融 審 議 会 インサイダー 取 引 規 制 に 関 するワーキング グ ループ ( 第 5 回 ) 議 事 録 (http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/insider_h24/gijiroku/ html) 参 照 20 もちろん 同 様 の 解 釈 は 元 来 可 能 であったとの 指 摘 もある 岩 原 紳 作 神 作 裕 之 神 田 秀 樹 武 井 一 浩 永 井 智 亮 藤 田 友 敬 藤 本 拓 資 松 尾 直 彦 三 井 秀 範 山 下 友 信 金 融 商 品 取 引 法 セミナー 開 示 制 度 不 公 正 取 引 業 規 制 編 ( 有 斐 閣 2011 年 )p 岩 原 紳 作 神 作 裕 之 神 田 秀 樹 武 井 一 浩 永 井 智 亮 藤 田 友 敬 藤 本 拓 資 松 尾 直 彦 三 井 秀 範 山 下 友 信 金 融 商 品 取 引 法 セミナー 開 示 制 度 不 公 正 取 引 業 規 制 編 ( 有 斐 閣 2011 年 )pp

12 12 / 14 (4) インサイダー 取 引 規 制 に 関 するQ&A 2015 年 9 月 2 日 に 改 訂 された インサイダー 取 引 規 制 に 関 するQ&A ( 改 訂 Q&A )の 中 でも 改 正 ガイドラインを 踏 まえた 対 抗 買 い に 関 する 金 融 庁 及 び 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 の 解 釈 が 示 されている (a) 公 開 買 付 け 等 がある 前 述 (1)のように 改 正 ガイドラインでは 公 開 買 付 け 等 中 略 があることについての 合 理 的 な 根 拠 に 基 づくものであり かつ 当 該 公 開 買 付 け 等 に 対 抗 する 目 的 をもって 行 われたも の である 場 合 であれば 適 用 除 外 が 認 められる 対 抗 買 い の 要 請 に 該 当 するとされている ここでの 公 開 買 付 け 等 中 略 がある について 原 則 として 公 開 買 付 者 等 が 公 開 買 付 け 等 を 行 うことについての 決 定 をした 事 実 があれば 公 開 買 付 け 等 があることとなる 22 と 考 え られている ただし 決 定 されたのが( 金 融 商 品 取 引 法 上 の) 公 開 買 付 け そのものではなく 公 開 買 付 けに 準 ずる 行 為 23 であり かつ 公 開 買 付 者 等 が 被 買 付 企 業 の 株 券 等 の 買 集 め 行 為 を 開 始 す る 直 前 における(その 公 開 買 付 者 等 の) 株 券 等 所 有 割 合 が5% 未 満 であるときは 次 の1に 加 えて 2の 事 実 があれば 公 開 買 付 け 等 がある こととなると 解 されている 24 1 公 開 買 付 者 等 が 公 開 買 付 けに 準 ずる 行 為 を 行 うことについての 決 定 をした 事 実 2 買 集 め 行 為 により( 公 開 買 付 者 等 の) 株 券 等 所 有 割 合 が5%を 超 えている 事 実 以 上 を 踏 まえて 被 買 収 側 の 取 締 役 会 が 対 抗 買 い の 要 請 を 決 定 する 際 には 上 記 の 各 事 実 があることについて 合 理 的 な 根 拠 に 基 づき 判 断 する 必 要 がある 25 とされている (b) 合 理 的 な 根 拠 次 に 公 開 買 付 け 等 中 略 がある と 判 断 するに 当 たって どのような 場 合 に 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいているといえるか が 問 題 となる 22 改 訂 Q&A 問 4(1) 23 具 体 的 には 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されている 株 券 等 を 買 い 集 める 者 (その 者 と 共 同 して 買 い 集 める 者 がい る 場 合 には 当 該 共 同 して 買 い 集 める 者 を 含 む )が 自 己 又 は 他 人 ( 仮 設 人 を 含 む )の 名 義 をもつて 買 い 集 め る 当 該 株 券 等 に 係 る 議 決 権 の 数 の 合 計 が 当 該 株 券 等 の 発 行 者 の 総 株 主 等 の 議 決 権 の 数 の5% 以 上 である 場 合 に おける 当 該 株 券 等 を 買 い 集 める 行 為 ( 株 式 等 売 渡 請 求 により 当 該 株 券 等 を 買 い 集 める 行 為 を 除 く )と 定 められ ている( 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 31 条 ) 24 改 訂 Q&A 問 4(1) 25 改 訂 Q&A 問 4(1)

13 13 / 14 改 訂 Q&A は 公 開 買 付 者 等 が 公 開 買 付 け 等 を 行 うことについての 決 定 をした 事 実 が あることには 例 えば 次 のような 場 合 に 合 理 的 な 根 拠 に 基 づくと 考 えられるとしている 26 被 買 付 企 業 が 当 該 企 業 以 外 の 者 から 公 開 買 付 け 等 を 行 うことについての 具 体 的 な 提 案 を 受 け た 場 合 当 該 企 業 以 外 の 者 が 公 開 買 付 け 等 を 行 うことについての 決 定 をした 事 実 を 裏 付 ける 具 体 的 な 報 道 が 行 われた 場 合 ( 注 ) 公 開 買 付 け 等 には 定 義 上 公 開 買 付 けに 準 ずる 行 為 も 含 まれるため( 金 融 商 品 取 引 法 167 条 1 項 ) 公 開 買 付 者 等 が 公 開 買 付 けに 準 ずる 行 為 を 行 うことについての 決 定 をした 事 実 ( 前 記 (a)1)について も 同 様 に 解 するものと 思 われる また 買 集 め 行 為 により( 公 開 買 付 者 等 の) 株 券 等 所 有 割 合 が5%を 超 えている 事 実 ( 前 記 (a)2)については 例 えば 次 の 場 合 が 考 えられるとしている 27 被 買 付 企 業 が 当 該 企 業 以 外 の 者 から 大 量 保 有 報 告 書 が 提 出 されたことを 確 認 した 場 合 当 該 企 業 以 外 の 者 から 株 券 等 所 有 割 合 が5%を 超 えたことについての 具 体 的 な 通 知 を 受 けた 場 合 当 該 企 業 以 外 の 者 の 株 券 等 所 有 割 合 が5%を 超 えた 事 実 を 裏 付 ける 具 体 的 な 報 道 が 行 われた 場 合 (c) 要 請 を 受 けた 者 の 留 意 事 項 対 抗 買 い の 要 請 は インサイダー 取 引 規 制 上 の 重 要 事 実 であり( 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 28 条 10 号 ) 金 融 商 品 取 引 所 における 適 時 開 示 事 項 でもある( 東 京 証 券 取 引 所 有 価 証 券 上 場 規 程 402 条 1 号 yなど) これを 踏 まえて 改 訂 Q&A は 要 請 を 受 けた 者 に 対 し 被 買 収 側 の 取 締 役 会 からの 要 請 を 受 けて 対 抗 買 い を 行 う 際 次 の 点 につき 適 切 に 判 断 することを 求 めている 28 前 略 要 請 元 である 被 買 付 企 業 が 行 う 当 該 重 要 事 実 の 公 表 等 に 基 づき 当 該 要 請 が 公 開 買 付 け 等 があることについての 合 理 的 な 根 拠 に 基 づくものであり かつ 当 該 公 開 買 付 け 等 に 対 抗 する 目 的 をもって 行 われるものであるかにつき 適 切 に 判 断 する 必 要 があります 26 改 訂 Q&A 問 4(2) 27 改 訂 Q&A 問 4(2) 28 改 訂 Q&A 問 4(4)

14 14 / 施 行 日 改 正 府 令 は 2015 年 9 月 16 日 から 施 行 されている( 改 正 府 令 附 則 1 項 ) 改 正 ガイドラインは 2015 年 9 月 2 日 から 適 用 されている

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

インサイダー取引規制と自己株式

インサイダー取引規制と自己株式 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 (2015 年 5 月 20 日 ) インサイダー 取 引 規 制 と 自 己 株 式 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 前 田 雅 弘 Ⅰ はじめに 自 己 株 式 の 取 得 インサイダー 取 引 の 危 険 平 成 13 年 改 正 前 商 法 が 自 己 株 式 取 得 を 原 則 禁 止 した 理 由 の1つ 平 成 13 年 商 法

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達 CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2014 年 4 月 C ONTENTS 1 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 の 導 入 2 上 場 投 資 証 券 等 に 関 するインサイダー 取 引 規 制 の 導 入 3 その 他 の 主 要 な 改 正 インサイダー 規 制 に 関 する 平 成 25 年 金 商 法 の 改 正 弁 護 士 多 賀 大

More information

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要 金 融 システムの 諸 問 題 FinTech 仮 想 通 貨 などを 巡 る 銀 行 法 等 改 正 法 案 の 概 要 2016 年 3 月 25 日 全 6 頁 5%ルール グループ 経 営 管 理 仮 想 通 貨 交 換 業 者 など 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2016 年 3 月 4 日 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

適時開示などに関する東証規則改正

適時開示などに関する東証規則改正 Legal and Tax Report 適 時 開 示 などに 関 する 東 証 上 場 制 度 総 合 整 備 プログラム 東 証 規 則 改 正 2010 年 1 月 8 日 全 5 頁 制 度 調 査 部 横 山 淳 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 東 証 は 上 場 制 度 整 備 の 実 行 計 画 2009( 速 やかに 実 施 する 事 項 ) に 基 づ く 業

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

法人関係情報

法人関係情報 はじめに 法 人 関 係 情 報 ( 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 )(2013.07.17) 同 志 社 大 学 川 口 恭 弘 Ⅰ 法 人 関 係 情 報 の 意 義 ( 範 囲 ) 法 163 条 1 項 に 規 定 する 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 または 財 産 に 関 する 公 表 されていない 重 要 な 情 報 であって 顧 客 の 投 資 判 断 に 影 響

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

Q 平 成 25 年 金 商 法 改 正 ( 平 成 26 年 4 月 施 行 )で どうして 情 報 伝 達 者 に 対 するインサイ ダー 取 引 規 制 が 設 けられたのでしょうか? A 情 報 伝 達 行 為 まで 処 罰 することは 一 般 人 を 秘 密 漏 えい 罪 で 処 罰 する

Q 平 成 25 年 金 商 法 改 正 ( 平 成 26 年 4 月 施 行 )で どうして 情 報 伝 達 者 に 対 するインサイ ダー 取 引 規 制 が 設 けられたのでしょうか? A 情 報 伝 達 行 為 まで 処 罰 することは 一 般 人 を 秘 密 漏 えい 罪 で 処 罰 する 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 Miyake & Partners Miyake newsletter No.11 改 正 インサイダー 取 引 規 制 Q&A 本 ニュースレターに 関 するご 質 問 ご 相 談 などありましたら 下 記 にご 連 絡 くださ い 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 弁 護 士 渡 邉 雅 之 TEL 03-5288-1021 FAX

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135313132355F817995CA8E86817A8BC68A458270819582608169918D985F8F4390B3817B8A65985F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135313132355F817995CA8E86817A8BC68A458270819582608169918D985F8F4390B3817B8A65985F816A2E646F6378> 平 成 27 年 12 月 平 成 26 年 改 正 保 険 業 法 (2 年 以 内 施 行 )に 関 するQ&A 本 Q&Aは 保 険 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 45 号 )に 基 づく 改 正 政 令 内 閣 府 令 および 保 険 会 社 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 ( 以 下 監 督 指 針 )が 平 成 28 年 5

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の 金 融 ニューズレター 2009 年 11 月 保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 はどのような 行 為 か( 保 険 募 集 の 定 義 ) 録 又 は 届 出 ( 以 下 これらの 資 格 を 総 称 して 保 険 募 集 人 資 格 といいます )が 必 要 ということになります 平 成 21 年 6 月 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 第 二 部 会 保 険 の

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

教育資金の一括贈与非課税措置の解説3

教育資金の一括贈与非課税措置の解説3 税 制 A to Z 2013 年 9 月 24 日 全 14 頁 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 非 課 税 措 置 の 解 説 3 政 省 令 通 達 等 の 改 正 を 踏 まえた 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 子 や 孫 など 1 人 あたり 最 大 1,500 万 円 の 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 について 非 課 税 とされる 教

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

定 額 の 範 囲 内 の 寄 附 金 であれば 2 千 円 を 自 己 負 担 額 とするだけで 残 る 税 額 は 全 て 控 除 されることになるのである 2 ふるさと 納 税 制 度 の 問 題 点 とその 検 討 このふるさと 納 税 制 度 に 問 題 点 はないのか 具 体 的 な 設

定 額 の 範 囲 内 の 寄 附 金 であれば 2 千 円 を 自 己 負 担 額 とするだけで 残 る 税 額 は 全 て 控 除 されることになるのである 2 ふるさと 納 税 制 度 の 問 題 点 とその 検 討 このふるさと 納 税 制 度 に 問 題 点 はないのか 具 体 的 な 設 民 間 税 制 調 査 会 寄 稿 平 成 27 年 8 月 29 日 個 人 住 民 税 のふるさと 納 税 制 度 の 疑 問 点 川 村 栄 一 はじめに 最 近 個 人 住 民 税 の ふるさと 納 税 制 度 に 関 する 記 事 や 報 道 等 が 目 立 っている ように 思 える 書 店 では ふるさと 納 税 の 活 用 を 勧 める 書 籍 が 並 べられており 車 内 吊 りの

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ.

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 44 号 )に 係 る 説 明 資 料 平 成 2 6 年 5 月 金 融 庁 目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

附 属 資 料 附 属 資 料 1 証 券 監 視 委 の 組 織 事 務 概 要 133 1-1 組 織 及 び 事 務 概 要 133 1-2 証 券 取 引 等 の 監 視 体 制 の 概 念 図 136 1-3 証 券 監 視 委 の 機 能 強 化 137 1-4 証 券 監 視 委 と 内 閣 総 理 大 臣 金 融 庁 長 官 及 び 財 務 局 長 等 の 関 係 の 概 念 図

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

29条の2

29条の2 電 磁 的 方 法 による 交 付 に 係 るQ&A( 平 成 26 年 11 月 版 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 日 本 証 券 業 協 会 法 律 施 行 令 関 係 1 書 面 を 電 磁 的 に 交 付 することについての 顧 客 の 承 諾 ( 目 論 見 書 にあっては 同 意 以 下 承 諾 等 という )は 書 面 の 交 付 毎 ではなく 包 括 的 に 得 る ことも

More information

論叢本文

論叢本文 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 向 けての 論 点 と 在 り 方 原 武 彦 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 120 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 ( 本 要 約 において 以 下 一 体 化 という )は 更 に 推 進 することとされていることから 今 後 一 体 化 を 進 めるに 当 たっての 論 点

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 2 次 に 組 織 再 編 の 対 価 としての 上 場 株 券 等 の 割 当 てについては これまではインサイダー 取 引 規 制 が 適 用 される ものとされてきた 自 己 株 式 の 交 付 を 行 う

最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 2 次 に 組 織 再 編 の 対 価 としての 上 場 株 券 等 の 割 当 てについては これまではインサイダー 取 引 規 制 が 適 用 される ものとされてきた 自 己 株 式 の 交 付 を 行 う 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 1 ブリーフィング ノート 2013 年 4 月 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 に ついて 昨 年 9 月 12 日 に 公 布 された 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 以 下 改 正 法 といい ます )では インサイダー

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

行 政 文 書 の 管 理 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 1 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 平 成 24 年 6 月 29 日 一 部 改 正 平 成 26 年 5 月 30 日 一 部 改 正 平 成 26 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 1 月 23 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 行 政 文 書 の 管

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information