最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 2 次 に 組 織 再 編 の 対 価 としての 上 場 株 券 等 の 割 当 てについては これまではインサイダー 取 引 規 制 が 適 用 される ものとされてきた 自 己 株 式 の 交 付 を 行 う

Size: px
Start display at page:

Download "最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 2 次 に 組 織 再 編 の 対 価 としての 上 場 株 券 等 の 割 当 てについては これまではインサイダー 取 引 規 制 が 適 用 される ものとされてきた 自 己 株 式 の 交 付 を 行 う"

Transcription

1 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 1 ブリーフィング ノート 2013 年 4 月 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 に ついて 昨 年 9 月 12 日 に 公 布 された 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 以 下 改 正 法 といい ます )では インサイダー 取 引 規 制 の 見 直 し 及 びこれに 関 する 課 徴 金 制 度 の 見 直 しを 含 む 金 融 商 品 取 引 法 の 改 正 が 行 われました(なお インサイダー 取 引 規 制 に 関 する 改 正 法 の 施 行 時 期 については 改 正 法 公 布 日 から 1 年 以 内 で 政 令 の 定 める 日 とされています ) またその 後 も 金 融 審 議 会 に 設 置 された インサイダー 取 引 規 制 に 関 するワーキング グループ が 同 年 12 月 25 日 付 で 近 年 の 違 反 事 案 及 び 金 融 企 業 実 務 を 踏 まえたインサイダー 取 引 規 制 をめぐる 制 度 整 備 について と 題 する 報 告 書 ( 以 下 平 成 24 年 審 議 報 告 といいます )を 公 表 し これに 関 連 する 金 融 商 品 取 引 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 以 下 平 成 25 年 改 正 案 といいます )が 本 年 4 月 16 日 付 で 国 会 に 提 出 されるなど 近 年 の 各 不 詳 事 件 も 踏 まえて インサイダー 規 制 に 関 連 する 制 度 整 備 への 動 きが 活 発 化 しています 本 クライアント ブリーフィングでは 昨 年 9 月 に 公 布 された 改 正 法 のインサイダー 取 引 関 連 の 規 制 に 焦 点 を 当 てて 概 説 すると 共 に 近 時 の 金 融 審 議 会 の 検 討 状 況 及 び 平 成 25 年 改 正 案 の 関 連 箇 所 の 主 要 な 点 について 取 り 上 げます 昨 年 のインサイダー 規 制 関 係 の 改 正 の 概 要 組 織 再 編 の 場 合 のインサイダー 取 引 規 制 の 一 部 適 用 除 外 改 正 前 の 制 度 においては 事 業 譲 渡 のような 特 定 承 継 に 伴 う 上 場 株 券 等 の 承 継 はインサイダー 取 引 規 制 の 対 象 となる 一 方 で 合 併 会 社 分 割 の ような 包 括 承 継 に 伴 う 場 合 は 規 制 対 象 外 とされていました また 組 織 再 編 の 対 価 として 上 場 株 券 等 を 自 己 株 式 の 交 付 により 割 り 当 てる 場 合 は 規 制 対 象 となる 一 方 で 新 株 発 行 による 場 合 は 規 制 対 象 外 とされていま した このように 従 来 の 制 度 下 では 規 制 対 象 となるか 否 かの 基 準 が 必 ずしも 合 理 的 とは 言 えず また 類 型 的 にインサイダー 取 引 の 危 険 性 が 低 くても 規 制 対 象 とされている 場 合 があったため 改 正 法 では 組 織 再 編 に 関 するインサイダー 取 引 規 制 を 画 一 的 にした 上 で 類 型 的 にイン サイダー 取 引 の 危 険 性 が 低 い 場 合 について 適 用 除 外 としています まず 組 織 再 編 に 伴 う 上 場 株 券 等 の 承 継 については 特 定 承 継 のみならず 合 併 会 社 分 割 のような 包 括 承 継 に 伴 う 場 合 もインサイダー 取 引 規 制 の 対 象 とした 上 で 1 承 継 資 産 の 帳 簿 価 額 に 占 める 上 場 株 券 等 の 帳 簿 価 額 の 割 合 が 一 定 割 合 未 満 ( 内 閣 府 令 において 20%と 定 められる 予 定 です )と 軽 微 な 場 合 2 保 有 する 上 場 株 券 等 の 発 行 会 社 である 上 場 会 社 等 に 係 る 重 要 事 実 を 知 る 前 に 取 締 役 会 決 議 により 当 該 組 織 再 編 の 内 容 が 決 定 された 場 合 又 は3 第 三 者 と の 取 引 の 性 質 を 有 さない 新 設 分 割 の 場 合 ( 各 分 割 会 社 間 の 取 引 の 性 質 を 有 する 共 同 新 設 分 割 は 含 まれま せん )には いずれもインサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 としています 主 要 トピック 昨 年 のインサイダー 規 制 関 係 の 改 正 の 概 要 組 織 再 編 の 場 合 のインサイダー 取 引 規 制 の 一 部 適 用 除 外 金 融 商 品 取 引 業 者 等 以 外 の 者 の 他 人 の 計 算 による 不 公 正 取 引 への 課 徴 金 拡 大 金 融 審 議 会 において 検 討 されている インサイダー 取 引 規 制 の 主 要 な 制 度 整 備 と 平 成 25 年 改 正 案 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 等 他 人 の 計 算 による 違 反 行 為 に 対 する 課 徴 金 の 見 直 し 近 年 の 金 融 企 業 実 務 を 踏 まえた 規 制 の 見 直 し インサイダー 取 引 等 の 未 然 防 止 等 に 向 けた 取 組 み

2 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 2 次 に 組 織 再 編 の 対 価 としての 上 場 株 券 等 の 割 当 てについては これまではインサイダー 取 引 規 制 が 適 用 される ものとされてきた 自 己 株 式 の 交 付 を 行 う 会 社 による 未 公 表 の 重 要 事 実 の 網 羅 的 な 精 査 に 多 大 なコストを 要 する 一 方 で 自 己 株 式 の 交 付 を 受 ける 相 手 方 はデュー ディリジェンス 等 により 交 付 会 社 の 内 部 情 報 を 相 当 程 度 把 握 しているためにインサイダー 取 引 に 利 用 される 危 険 性 が 類 型 的 に 低 いといえます そこで 改 正 法 では このような 組 織 再 編 の 対 価 として 上 場 株 券 等 を 交 付 する 場 合 には インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 として います 金 融 商 品 取 引 業 者 等 以 外 の 者 の 他 人 の 計 算 による 不 公 正 取 引 への 課 徴 金 拡 大 改 正 前 の 制 度 においては 金 融 商 品 取 引 業 者 等 ( 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 登 録 金 融 機 関 )に 該 当 しない 者 が 他 人 の 計 算 で インサイダー 取 引 を 含 む 不 公 正 取 引 を 行 ったとしても 課 徴 金 の 対 象 にはならないとされて いました そのため 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 該 当 しない 預 かり 資 産 の 運 用 を 行 う 業 者 等 が その 顧 客 のため に(すなわち 他 人 の 計 算 で) 不 公 正 な 取 引 を 行 っている 場 合 が 散 見 されていたにもかかわらず 規 制 の 対 象 とされていませんでした そこで 改 正 法 では 金 融 商 品 取 引 業 者 等 以 外 の 者 が 自 己 以 外 の 者 の 計 算 で 行 ったインサイダー 取 引 を 含 む 不 公 正 取 引 についても 課 徴 金 の 対 象 としています 金 融 審 議 会 において 検 討 されているインサイダー 取 引 規 制 の 主 要 な 制 度 整 備 と 平 成 25 年 改 正 案 平 成 24 年 審 議 報 告 では 最 近 のインサイダー 取 引 事 案 の 傾 向 として 会 社 関 係 者 等 からの 情 報 受 領 者 が 違 反 行 為 を 行 っているものが 多 く また 上 場 会 社 の 公 募 増 資 に 際 して 引 受 け 主 幹 事 証 券 会 社 からの 情 報 漏 洩 に 基 づくインサイダー 取 引 事 案 が 生 じているという 状 況 を 踏 まえて 大 きく 分 けて 1 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 等 2 他 人 の 計 算 による 違 反 行 為 に 対 する 課 徴 金 の 見 直 し 3 近 年 の 金 融 企 業 実 務 を 踏 ま えた 規 制 の 見 直 し 4インサイダー 取 引 等 の 未 然 防 止 等 に 向 けた 取 組 みについて 検 討 結 果 を 報 告 しています これらの 論 点 のうち 一 部 については 平 成 25 年 改 正 案 にも 盛 り 込 まれていますので 以 下 報 告 書 のそれぞれ の 論 点 について 概 略 を 説 明 するとともに その 中 で 平 成 25 年 改 正 案 に 盛 り 込 まれている 箇 所 について 指 摘 しま す 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 等 現 行 法 におけるインサイダー 取 引 規 制 の 対 象 は 会 社 関 係 者 又 は 第 一 次 情 報 受 領 者 が 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 って 行 った 譲 渡 等 ですが 平 成 24 年 審 議 報 告 では 会 社 関 係 者 が 情 報 伝 達 する 行 為 や 特 定 の 情 報 を 伝 達 しないが 知 りうる 立 場 であることを 示 しつつ 取 引 を 推 奨 する 行 為 についても 原 則 として 規 制 対 象 とすることが 提 言 されています 但 し IR 活 動 など 上 場 会 社 の 通 常 の 業 務 活 動 に 支 障 を 生 じないようにするために 取 引 を 行 わせる 目 的 等 の 主 観 的 要 件 と 不 正 な 情 報 伝 達 取 引 推 奨 が 投 資 判 断 の 要 素 となって 実 際 に 取 引 が 行 われ たことを 要 件 とすることが 適 当 であるとしています かかる 審 議 内 容 を 踏 まえて 平 成 25 年 改 正 案 では (ⅰ) 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 っている 会 社 関 係 者 ( 上 場 会 社 や 主 幹 事 証 券 会 社 の 役 職 員 など)が 他 人 に 対 し (ⅱ) 公 表 前 に 取 引 させることにより 利 益 を 得 させる 目 的 をもって (ⅲ) 情 報 伝 達 取 引 推 奨 を 行 うことを 禁 止 し (ⅳ) 当 該 行 為 により 公 表 前 の 取 引 が 行 われた 場 合 には 刑 事 罰 課 徴 金 の 対 象 としています また 顧 客 の 売 買 審 査 を 行 うなど 証 券 市 場 のゲートキーパーとして 公 共 性 の 高 い 役 割 を 担 っている 上 場 株 券 等 の 仲 介 業 者 によるインサイダー 取 引 の 影 響 力 の 重 大 さに 鑑 みて かかる 仲 介 業 者 による 違 反 行 為 については より 違 法 行 為 に 対 する 抑 止 効 果 の 高 い 計 算 方 法 ( 例 えば 機 関 投 資 家 からの 定 期 的 なブローカー 評 価 に 基 づき

3 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 3 付 与 された 継 続 的 な 売 買 手 数 料 を 含 めることなど)に 基 づく 課 徴 金 を 課 すことや 将 来 の 取 引 相 手 となり 得 る 証 券 会 社 投 資 家 等 に 対 する 注 意 喚 起 のために 当 該 仲 介 業 者 の 役 職 員 の 氏 名 を 公 表 することなどが 検 討 され ています 加 えて 公 募 増 資 に 関 連 するインサイダー 取 引 事 案 において ヘッジファンドの 運 用 担 当 者 が 証 券 会 社 に 対 し ていわゆる 耳 寄 り 情 報 の 提 供 を 継 続 して 求 めていたことが インサイダー 取 引 につながる 情 報 伝 達 等 を 助 長 していた 事 実 が 認 められています かかる 事 実 関 係 を 踏 まえて 機 関 投 資 家 等 の 運 用 担 当 者 等 が 取 引 上 の 立 場 を 利 用 して 未 公 表 の 重 要 事 実 を 要 求 するなどにより インサイダー 取 引 を 行 ったような 事 案 については 違 反 抑 止 の 観 点 から このような 要 求 行 為 を 行 った 個 人 名 を 公 表 して 証 券 会 社 や 投 資 家 等 に 注 意 喚 起 すること も 指 摘 されています これらの 審 議 内 容 を 踏 まえて 平 成 25 年 改 正 案 では 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のために 必 要 かつ 適 当 であると 認 め るときは 金 融 商 品 取 引 法 令 に 違 反 する 行 為 を 行 った 者 の 氏 名 等 を 公 表 することができるものとされています 他 人 の 計 算 による 違 反 行 為 に 対 する 課 徴 金 の 見 直 し 例 えば 運 用 委 託 契 約 等 に 基 づき 顧 客 のために 資 産 運 用 業 務 を 行 う 者 がインサイダー 取 引 を 行 うような 場 合 が 他 人 の 計 算 によるインサイダー 取 引 の 典 型 例 といえますが このような 資 産 運 用 業 者 は 顧 客 のために 違 反 行 為 を 行 うことにより その 見 返 りとして 将 来 にわたり 継 続 的 に 当 該 顧 客 から 運 用 報 酬 を 得 ることが 可 能 であり その 利 得 は 違 反 行 為 に 係 る 対 象 銘 柄 に 対 応 する 部 分 だけでなく 顧 客 からの 運 用 報 酬 全 体 に 及 ん でいると 考 えられます そこで このような 場 合 にも 課 徴 金 に 抑 止 効 果 を 持 たせるためには 違 反 行 為 が 行 わ れたことに 直 接 関 係 する 単 発 の 運 用 報 酬 だけでは 十 分 とはいえず 例 えば 一 定 期 間 の 運 用 報 酬 額 を 基 準 として 課 徴 金 を 計 算 するよう 見 直 すべきとの 提 言 がなされています かかる 審 議 内 容 を 踏 まえて 平 成 25 年 改 正 案 では 運 用 対 象 財 産 の 運 用 として 他 人 の 計 算 において 不 公 正 行 為 をした 者 について 当 該 取 引 をした 日 の 属 する 月 における 運 用 対 象 財 産 の 運 用 の 対 価 に 相 当 する 額 に 3 を 乗 じて 得 た 額 の 課 徴 金 を 課 すこととして います 近 年 の 金 融 企 業 実 務 を 踏 まえた 規 制 の 見 直 し まず 公 開 買 付 における 被 買 付 企 業 及 びその 役 職 員 は 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 関 する 現 状 のインサイダー 取 引 規 制 においては 規 制 対 象 である 公 開 買 付 者 等 関 係 者 に 直 ちに 該 当 するものとされておらず 公 開 買 付 者 との 守 秘 義 務 契 約 等 に 基 づき 認 定 するにとどめています しかし 我 が 国 における 公 開 買 付 けの 大 半 が あら かじめ 公 開 買 付 者 と 被 買 収 企 業 が 未 公 表 の 公 開 買 付 の 事 実 を 前 提 に 合 意 の 上 で 行 う 友 好 的 買 収 であることから 被 買 付 企 業 及 びその 役 職 員 は 公 開 買 付 者 等 から 未 公 表 の 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 りうる 立 場 にあります この ような 背 景 から 違 反 事 案 の 行 為 者 となるケースが 増 加 している 被 買 付 企 業 及 びその 役 職 員 は 公 開 買 付 者 等 関 係 者 の 範 囲 に 加 えて 直 接 的 に 規 制 対 象 とすることが 適 当 であるとされています かかる 審 議 内 容 を 踏 まえて 平 成 25 年 改 正 案 では 公 開 買 付 け 等 の 対 象 株 券 等 の 発 行 者 及 びその 役 職 員 について 公 開 買 付 者 等 関 係 者 の 対 象 となるとしています また 実 務 上 上 場 会 社 の 買 収 の 実 施 を 決 定 した 者 が 他 の 潜 在 的 な 買 収 者 に 対 して 未 公 表 の 公 開 買 付 け 等 事 実 を 伝 達 した 場 合 には 当 該 他 の 買 収 者 による 買 付 けを 妨 げることができるなどの 支 障 が 生 じていることが 指 摘 されています そこで 証 券 市 場 の 公 正 性 健 全 性 に 対 する 投 資 家 の 信 頼 を 損 なうことのない 場 合 例 えば かかる 情 報 受 領 者 が 伝 達 を 受 けた 情 報 を 記 載 した 公 開 買 付 届 出 書 の 提 出 公 衆 縦 覧 を 行 った 場 合 には これにより 一 般 投 資 家 に 対 する 取 引 の 有 利 性 が 相 当 程 度 解 消 されていることなどから かかる 情 報 受 領 者 に よる 取 引 を 可 能 とすることが 適 当 とされています また 情 報 受 領 者 が 最 後 に 情 報 の 伝 達 を 受 けてから 相 当 の

4 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 4 期 間 ( 例 えば 6 ヶ 月 程 度 )が 経 過 した 場 合 には 伝 達 を 受 けた 情 報 価 値 は 劣 化 しており これに 基 づいて 情 報 受 領 者 が 投 資 判 断 をすることは 想 定 されにくいため そのような 場 合 には 情 報 受 領 者 による 取 引 を 可 能 にする ことが 適 当 であるとされています かかる 審 議 内 容 を 踏 まえて 平 成 25 年 改 正 案 では 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 の 伝 達 を 受 けた 者 等 について (ⅰ) 自 ら 公 開 買 付 けを 行 う 際 に 公 開 買 付 届 出 書 等 に 当 該 伝 達 を 受 けた 事 実 の 記 載 等 をした 場 合 又 は(ⅱ) 当 該 伝 達 を 受 けた 日 等 から 6 月 が 経 過 している 場 合 には イン サイダー 取 引 規 制 を 適 用 しないものとしています 次 に インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 とされている 上 場 会 社 に 係 る 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 っている 一 定 の 者 の 間 で 行 われる 相 対 取 引 (いわゆる クロクロ 取 引 )の 範 囲 は 現 行 法 においては 会 社 関 係 者 及 び 第 一 次 情 報 受 領 者 との 間 の 取 引 のみが 適 用 除 外 の 対 象 とされています しかし 例 えば 大 株 主 が 持 株 比 率 を 下 げる 等 のために 市 場 外 でブロックトレードを 行 う 際 に 迂 遠 な 手 続 きが 必 要 となっている 現 状 を 踏 まえると クロクロ 取 引 の 範 囲 は 第 一 次 情 報 受 領 者 と 第 二 次 情 報 受 領 者 との 間 の 取 引 まで 拡 大 することが 適 当 であると 提 言 しています かかる 審 議 内 容 を 踏 まえて 平 成 25 年 改 正 案 では 会 社 関 係 者 及 び 第 一 次 情 報 受 領 者 との 間 の 取 引 のみならず 第 一 次 情 報 受 領 者 と 第 二 次 情 報 受 領 者 との 間 の 取 引 についても インサイダー 取 引 規 制 を 適 用 しないものとしています また 現 行 法 においては 上 場 会 社 の 未 公 表 の 重 要 事 実 を 知 ったことと 無 関 係 に 行 われる 売 買 等 については 内 閣 府 令 に 個 別 に 列 挙 されているいわゆる 知 る 前 契 約 知 る 前 計 画 に 該 当 すれば インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 としています しかし 内 閣 府 令 に 個 別 に 列 挙 されている 事 項 に 直 接 的 に 該 当 しないとしても 例 えば 上 場 会 社 以 外 の 者 の 間 での 知 る 前 契 約 に 基 づく 売 買 等 のように 内 閣 府 令 に 列 挙 されているものと 同 様 に 証 券 市 場 の 公 正 性 健 全 性 に 対 する 投 資 家 の 信 頼 を 損 なうことのない 場 合 があることが 指 摘 されて います そこで このような 場 合 についてもインサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 とするために 基 本 的 な 考 え 方 を 明 確 にした 上 で より 包 括 的 な 適 用 除 外 規 定 を 設 けると 共 に 事 後 的 に 契 約 や 計 画 が 捏 造 されるリスクに 配 慮 した 適 切 な 制 度 整 備 が 必 要 であるとの 提 言 がなされています インサイダー 取 引 等 の 未 然 防 止 等 に 向 けた 取 組 み インサイダー 取 引 等 を 未 然 に 防 止 するためには 法 令 による 規 制 のみではなく 各 関 係 者 ( 金 融 庁 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 金 融 業 界 金 融 商 品 取 引 所 など)がそれぞれの 立 場 において 求 められる 役 割 を 適 切 に 果 たし 不 公 正 な 取 引 等 を 未 然 に 防 止 するような 市 場 環 境 を 醸 成 していくことが 必 要 であると 結 ばれています これらの 各 提 言 を 踏 まえて 国 会 に 提 出 された 平 成 25 年 改 正 案 の 審 議 の 行 方 が 注 目 されています

5 最 新 インサイダー 取 引 規 制 と 今 後 の 法 改 正 の 動 向 について 5 お 問 い 合 わせ 先 掲 載 記 事 に 関 する 詳 細 またはその 他 の 分 野 のお 問 い 合 わせは 下 記 のものに ご 連 絡 ください 神 山 達 彦 (かみやまたつひこ) パートナー T: +(81 3) E: 茂 木 諭 (もぎさとし) シニアアソシエイト T: +(81 3) E: 本 稿 はテーマとなる 題 材 に 関 して 一 般 的 な 解 説 を 行 うことを 目 的 として おり 全 ての 側 面 を 網 羅 するものではありません 又 本 稿 は 法 律 その 他 のアドバイスを 行 うものではありません クリフォードチャンス 法 律 事 務 所 外 国 法 共 同 事 業 東 京 都 港 区 赤 坂 2 丁 目 17 番 7 号 赤 坂 溜 池 タワー7 階 Clifford Chance 2013 Clifford Chance Law Office (Gaikokuho Kyodo Jigyo) Abu Dhabi Amsterdam Bangkok Barcelona Beijing Brussels Bucharest Casablanca Doha Dubai Düsseldorf Frankfurt Hong Kong Istanbul Kyiv London Luxembourg Madrid Milan Moscow Munich New York Paris Perth Prague Riyadh* Rome São Paulo Shanghai Singapore Sydney Tokyo Warsaw Washington, D.C *Clifford Chance has a co-operation agreement with Al-Jadaan & Partners Law Firm in Riyadh. TOKYO

Clifford Chance

Clifford Chance 2010 年 10 月 March 2007 はじめに 平 成 22 年 1 月 19 日 株 式 会 社 日 本 航 空 及 びその 子 会 社 2 社 ( 以 下 総 称 して JAL といいます )は 会 社 更 生 手 続 の 申 立 を 行 い 同 年 8 月 31 日 に 会 社 更 生 計 画 案 ( 以 下 更 生 計 画 案 といいます )が 東 京 地 方 裁 判 所 に 提 出

More information

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達 CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2014 年 4 月 C ONTENTS 1 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 の 導 入 2 上 場 投 資 証 券 等 に 関 するインサイダー 取 引 規 制 の 導 入 3 その 他 の 主 要 な 改 正 インサイダー 規 制 に 関 する 平 成 25 年 金 商 法 の 改 正 弁 護 士 多 賀 大

More information

untitled

untitled Loyalty Insights ネット プロモーター経営 ロブ マーキー フレッド ライクヘルド 森光威文 Copyright 2014 Bain & Company, Inc. All rights reserved. 1 NPS blog report fin NPS blog report fin 2 3 NPS blog report fin 4 NPS blog report fin NPS

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

Q 平 成 25 年 金 商 法 改 正 ( 平 成 26 年 4 月 施 行 )で どうして 情 報 伝 達 者 に 対 するインサイ ダー 取 引 規 制 が 設 けられたのでしょうか? A 情 報 伝 達 行 為 まで 処 罰 することは 一 般 人 を 秘 密 漏 えい 罪 で 処 罰 する

Q 平 成 25 年 金 商 法 改 正 ( 平 成 26 年 4 月 施 行 )で どうして 情 報 伝 達 者 に 対 するインサイ ダー 取 引 規 制 が 設 けられたのでしょうか? A 情 報 伝 達 行 為 まで 処 罰 することは 一 般 人 を 秘 密 漏 えい 罪 で 処 罰 する 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 Miyake & Partners Miyake newsletter No.11 改 正 インサイダー 取 引 規 制 Q&A 本 ニュースレターに 関 するご 質 問 ご 相 談 などありましたら 下 記 にご 連 絡 くださ い 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 弁 護 士 渡 邉 雅 之 TEL 03-5288-1021 FAX

More information

法人関係情報

法人関係情報 はじめに 法 人 関 係 情 報 ( 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 )(2013.07.17) 同 志 社 大 学 川 口 恭 弘 Ⅰ 法 人 関 係 情 報 の 意 義 ( 範 囲 ) 法 163 条 1 項 に 規 定 する 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 または 財 産 に 関 する 公 表 されていない 重 要 な 情 報 であって 顧 客 の 投 資 判 断 に 影 響

More information

証 券 業 報 8 月 号 証 券 会 社 の 売 買 管 理 当 局 への 報 告 について 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 事 務 局 市 場 分 析 審 査 課 市 場 分 析 専 門 官 吉 村 満 1.はじめに 証 券 会 社 では 不 公 正 取 引 の 防 止 のために 売 買

証 券 業 報 8 月 号 証 券 会 社 の 売 買 管 理 当 局 への 報 告 について 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 事 務 局 市 場 分 析 審 査 課 市 場 分 析 専 門 官 吉 村 満 1.はじめに 証 券 会 社 では 不 公 正 取 引 の 防 止 のために 売 買 証 券 会 社 の 売 買 管 理 当 局 への 報 告 について ( 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 からの 寄 稿 ) 平 成 22.8 平 成 22 年 1 月 より 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 から 個 別 の 調 査 検 査 事 案 から 得 られる 問 題 意 識 を 中 心 とした 最 新 のトピックについて 定 期 的 に 御 寄 稿 いただいております 第 8

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

A-FR

A-FR 11 12 > 17 13 14 http://store.uniqlo.com/jp/ http://www.uniqlo.com/jp/corp/customer 15 16 LONDON PARIS SHANGHAI 18 100 80 94 60 54 40 39 30 20 9 11 9 14 0 02 03 04 05 06 07 08 09 HONG KONG SEOUL NEW YORK

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

GSS1311_P014-024.indd

GSS1311_P014-024.indd 論 文 平 成 25 年 金 商 法 改 正 による 情 報 伝 達 取 引 推 奨 規 制 の 導 入 北 海 道 大 学 大 学 院 教 授 荻 野 昭 一 1.はじめに フィナンシャル タイムズ 東 京 支 局 副 支 局 長 が 平 成 22 年 秋 頃 ある 外 資 系 バンカーから 聞 いた 話 によると わが 国 の 資 本 市 場 は It s a no brainer とみられていたという

More information

インサイダー取引規制と自己株式

インサイダー取引規制と自己株式 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 (2015 年 5 月 20 日 ) インサイダー 取 引 規 制 と 自 己 株 式 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 前 田 雅 弘 Ⅰ はじめに 自 己 株 式 の 取 得 インサイダー 取 引 の 危 険 平 成 13 年 改 正 前 商 法 が 自 己 株 式 取 得 を 原 則 禁 止 した 理 由 の1つ 平 成 13 年 商 法

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) (

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) ( 第 1 期 資 産 運 用 報 告 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 Ⅱ. 貸 借 対 照 表 Ⅲ. 損 益 計 算 書 Ⅳ. 投 資 主 資 本 等 変 動 計 算 書 Ⅴ. 注 記 表 Ⅵ. 金 銭 の 分 配 に 係 る 計 算 書 Ⅶ. 監 査 報 告 書 Ⅷ.キャッシュ フロー 計 算 書 ( 参 考 情 報 ) タカラレーベン

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

<4D F736F F D C A838A815B C8B89CA81458E7189EF8ED088D993AE816A F4E4F B315D2E646F6378>

<4D F736F F D C A838A815B C8B89CA81458E7189EF8ED088D993AE816A F4E4F B315D2E646F6378> 平 成 25 年 3 月 9 日 各 位 会 社 名 ニ プ ロ 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 佐 野 嘉 彦 (コード 番 号 8086 東 証 大 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 企 画 管 理 部 長 箕 浦 公 人 (TEL 06-6375-6700) 株 式 会 社 グッドマン 株 券 等 に 対 する 公 開 買 付 けの 結 果 及 び 子

More information

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード] 2010 年 度 ( 財 ) 経 済 広 報 センター 寄 附 講 座 慶 應 義 塾 大 学 商 学 部 リスク 管 理 と 企 業 経 営 事 例 を 踏 まえて 影 響 と 問 題 点 を 探 る 2010 年 6 月 29 日 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 売 買 審 査 部 東 証 COMLEC 本 資 料 は, 作 成 日 現 在 のインサイダー 取 引 規 制 についての

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品 マニュライフ インベストメンツ ジャパン 株 式 会 社 第 7 期 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ.

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 44 号 )に 係 る 説 明 資 料 平 成 2 6 年 5 月 金 融 庁 目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き-

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き- KPMG Insight Vol. 13 / Jul. 2015 1 海 外 に 関 連 した 資 産 税 課 税 制 度 の 変 遷 課 税 強 化 の 動 き - 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 義 務 の 範 囲 拡 大 の 経 緯 と 出 国 税 導 入 に 至 るまでの 動 き- KPMG 税 理 士 法 人 AMSグループ パートナー 正 路 晃 シニアマネジャー 出 口 勝 2015

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

附 属 資 料 附 属 資 料 1 証 券 監 視 委 の 組 織 事 務 概 要 133 1-1 組 織 及 び 事 務 概 要 133 1-2 証 券 取 引 等 の 監 視 体 制 の 概 念 図 136 1-3 証 券 監 視 委 の 機 能 強 化 137 1-4 証 券 監 視 委 と 内 閣 総 理 大 臣 金 融 庁 長 官 及 び 財 務 局 長 等 の 関 係 の 概 念 図

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft PowerPoint - 080509葉玉弁護士資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 080509葉玉弁護士資料.ppt インサイダー 取 引 の 問 題 点 TMI 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 葉 玉 匡 美 会 社 関 係 者 等 のインサイダー 取 引 (166 条 ) 要 件 = 1 会 社 関 係 者 等 が 2 重 要 事 実 の 発 生 後 3 公 表 前 に 4 重 要 事 実 を 知 りながら 5 特 定 有 価 証 券 等 の 6 売 買 等 をすること 重 要 事 実 の 発 生 1

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

公認会計士協会HP用原稿

公認会計士協会HP用原稿 課 徴 金 事 例 集 の 公 表 とインサイダー 取 引 事 案 の 傾 向 について ( 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 からの 寄 稿 ) 平 成 22.7 平 成 22 年 1 月 より 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 から 個 別 の 調 査 検 査 事 案 から 得 られる 問 題 意 識 を 中 心 とした 最 新 のトピックについて 定 期 的 に 御 寄 稿 いただいております

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

ではありません 資 金 決 済 法 では 為 替 取 引 を 金 額 によって 区 分 し 一 定 金 額 以 下 の 為 替 取 引 は 軽 い 資 金 移 動 業 の 登 録 を 得 れ ば 営 むことができるとして 規 制 緩 和 が 図 られる 一 方 それより 大 きな 金 額 の 為 替

ではありません 資 金 決 済 法 では 為 替 取 引 を 金 額 によって 区 分 し 一 定 金 額 以 下 の 為 替 取 引 は 軽 い 資 金 移 動 業 の 登 録 を 得 れ ば 営 むことができるとして 規 制 緩 和 が 図 られる 一 方 それより 大 きな 金 額 の 為 替 金 融 ニューズレター 2009 年 12 月 資 金 決 済 法 及 び 関 連 政 令 内 閣 府 令 案 の 概 要 1. はじめに 本 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 以 下 資 金 決 済 法 又 は 単 に 法 といいます )が 公 布 され これによって 一 定 金 額 以 下 の 送 金 業 務 が 銀 行 及 びそれに 準 じる 金 融 機 関 (

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

2013_06不動産105_03_4K.mcd

2013_06不動産105_03_4K.mcd 第 Ⅲ 部 投 資 法 人 資 産 運 用 業 における 利 益 相 反 取 引 の 諸 規 制 について ケネディクス( 株 ) 小 松 浩 樹 著 者 紹 介 小 松 浩 樹 (こまつ こうじゅ) 1996 年 早 稲 田 大 学 法 学 部 卒 業 同 年 三 井 信 託 銀 行 株 式 会 社 ( 現 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 ) 入 社 同 社 不 動 産 営 業 部

More information

     

      平 成 19 年 5 月 18 日 各 位 会 社 名 日 東 富 士 製 粉 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 近 藤 和 威 (コード 番 号 2003 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 総 務 部 長 松 本 正 (TEL 03-3553-8781) 当 社 株 式 に 対 する 公 開 買 付 けに 関 する 意 見 表 明 のお 知 らせ 当 社 は 平 成 19

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

従 って 新 株 予 約 権 を 分 配 することが 可 能 となります これにより 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランにおける 企 業 価 値 向 上 へのインセンティブ 効 果 に 加 え 限 られた 個 数 の 新 株 予 約 権 を 当 社 役 職 員 で 分

従 って 新 株 予 約 権 を 分 配 することが 可 能 となります これにより 既 存 の 新 株 予 約 権 を 用 いたインセンティブプランにおける 企 業 価 値 向 上 へのインセンティブ 効 果 に 加 え 限 られた 個 数 の 新 株 予 約 権 を 当 社 役 職 員 で 分 各 位 平 成 28 年 3 月 7 日 信 託 活 用 型 新 株 予 約 権 インセンティブプラン 導 入 に 伴 う 第 三 者 割 当 てによる 第 15 回 ~ 第 17 回 新 株 予 約 権 の 発 行 に 関 するお 知 らせ 当 社 は 平 成 28 年 3 月 7 日 開 催 の 取 締 役 会 において 以 下 のとおり 第 三 者 割 当 てによる 第 15 回 ~ 第 17

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928 2012 年 9 月 28 日 各 位 みずほインベスターズ 証 券 株 式 会 社 当 社 の 法 人 関 係 情 報 の 管 理 態 勢 およびその 強 化 に 向 けた 今 後 の 対 応 策 について 今 般 当 社 は 2012 年 8 月 24 日 付 で 日 本 証 券 業 協 会 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 お よび 大 阪 証 券 取 引 所 より 法 人

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

04 Global Power City Index 04 Tokyo New York Paris London 4 Singapore 04 Global Power City Index, GPCI 008 Global Power City Index GPCI GPCI-04 GPCI GPCI YEARBOOK 04 04 GPCI... 6 4 4.. Global Power City

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131303331358ED093E091CE8DF488CF88F589EF92868AD495F18D905F8F4390B394C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131303331358ED093E091CE8DF488CF88F589EF92868AD495F18D905F8F4390B394C55F2E646F63> 各 位 平 成 23 年 3 月 15 日 会 社 名 ス リ ー プ ロ グ ル ー プ 株 式 会 社 本 社 所 在 地 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 七 丁 目 21 番 3 号 代 表 者 代 表 取 締 役 水 口 雄 (コード 番 号 2375 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 取 締 役 常 務 執 行 役 員 山 崎 晋 一 ( T E L 0 3-6 8 3 2-3 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63> 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 取 りまとめ ( 案 ) 平 成 22 年 月 目 次 1. 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 の 背 景 2 (1) 我 が 国 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 取 りまく 環 境 の 変 化 (2) 国 内 に 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 保 持 する 意 義 (3) 防 衛 省 開 発

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の 金 融 ニューズレター 2009 年 11 月 保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 はどのような 行 為 か( 保 険 募 集 の 定 義 ) 録 又 は 届 出 ( 以 下 これらの 資 格 を 総 称 して 保 険 募 集 人 資 格 といいます )が 必 要 ということになります 平 成 21 年 6 月 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 第 二 部 会 保 険 の

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

改 訂 履 歴

改 訂 履 歴 プライバシーポリシー ( 個 人 情 報 保 護 方 針 ) 制 定 : 平 成 17 年 04 月 01 日 最 終 改 訂 : 平 成 27 年 12 月 25 日 ひまわり 証 券 株 式 会 社 当 社 は 金 融 商 品 取 引 業 務 及 びその 関 連 業 務 等 において 取 り 扱 う 全 ての 個 人 情 報 及 び 個 人 番 号 ( 以 下 個 人 情 報 等 という )の

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information