Microsoft PowerPoint 日本Android協会プレゼン(NTT高橋公開版).ppt

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 100515日本Android協会プレゼン(NTT高橋公開版).ppt"

Transcription

1 音 声 認 識 応 用 アプリ の 現 状 と 未 来 2010 年 3 月 8 日 NTTサイバースペース 研 究 所 高 橋 敏 0 0

2 本 講 演 の 目 的 長 年 の 音 声 認 識 の 研 究 開 発 により, 技 術 レベルは 着 実 に 進 歩 し, 応 用 アプリも 広 がってきた.しかし 現 状, できるようになったこと, まだできないこと の 境 界 線 は, 一 般 に, 正 しく 理 解 されているとは 言 い 難 い. 本 講 演 では, 現 状 技 術 によって 構 築 可 能 な 音 声 認 識 応 用 アプリを 紹 介 することを 通 して, 音 声 認 識 技 術 の 現 状 レベルを 理 解 していただくことを 目 的 とする. また, 高 度 な 技 術 と 使 える 機 能 欲 しい 機 能 と は 必 ずしもリンクしない. 現 状 技 術 でもアイデア 次 第 で Android 端 末 向 けのおもしろい 音 声 応 用 アプリが 考 え られるだろう. 発 想 のヒントを 提 供 できれば 幸 いである

3 振 り 返 れば 約 20 年 前 の 入 社 当 時 は, 数 百 単 語 ~ 数 千 単 語 の 単 語 認 識 ま たは 定 型 文 認 識 が 研 究 テーマであった. 現 在 では, 語 彙 サイズ10 万 語 の 連 続 音 声 認 識 が 市 販 のPCソ フトウェアで 利 用 できるまでになった. 過 去 特 定 話 者 事 前 登 録 あり 防 音 室 録 音 孤 立 単 語 発 声 ハードウェア 現 在 不 特 定 話 者 事 前 登 録 なし 日 常 環 境 録 音 連 続 発 声 ソフトウェア

4 音 声 認 識 研 究 の 変 遷 NTT 音 声 認 識 エンジン VoiceRex VoiceRex VoiceRex 2000 VoiceRex 2003 VoiceRex 2006 VoiceRex 2008 次 世 代 VoiceRex 単 語 音 声 読 み 上 げ 音 声 機 械 対 人 間 の 自 由 発 話 音 声 人 間 対 人 間 の 話 し 言 葉 音 声 アナウンサー 一 般 ユーザ 明 瞭 な 発 声 ゆっくり, 丁 寧 発 話 速 度 が 速 い,ラフな 発 声 文 法 に 則 した 発 話 語 順 の 入 れ 替 え, 不 要 語 の 挿 入 オペレータの 丁 寧 な 話 し 言 葉 一 般 ユーザのラフな 話 し 言 葉 ニュース 話 題 雑 音 がない スタジオ タスク 内 話 題 (レストラン 検 索 ) 雑 音 が 比 較 的 少 ない コンタクトセンタでの 話 題 一 般 オフィス 話 題 雑 音 が 多 い 広 範 囲 な 話 題 コンピュータへの 丁 寧 な 発 声 人 と 人 とのコミュニケーションにおける 自 由 な 発 声

5 音 声 認 識 応 用 アプリの 大 分 類 音 声 インタフェース( 音 声 コマンド)として 使 う スイッチの 代 替,もしくは,キー 入 力 の 代 替 人 に 優 しいインタフェース( 低 リテラシー 層 向 け) 電 話 自 動 音 声 応 答 装 置, 音 声 対 話 エージェントシステム 音 声 カーナビ, ( 腕 時 計 型 PHS) ディクテーション( 口 述 筆 記 )として 使 う キーボードによる 文 書 作 成 の 代 替 テレビ 字 幕 作 成, 議 会 録 作 成, 音 声 ワープロ

6 音 声 インタフェース ( 音 声 コマンド)

7 音 声 自 動 応 答 装 置 お 客 様 の 音 声 を 認 識 し, 内 容 に 合 わせた 着 信 先 に 自 動 的 に 振 り 分 ける( 商 品 名 や 問 い 合 わせ 内 容 など) (http://www.ntt.com/freedialin/index.html) 単 語 音 声 認 識 得 られるメリット 振 り 分 け 先 を 多 数 設 定 可 能 低 コストで 案 内 24 時 間 対 応 デメリットへの 対 応 単 語 発 声 PB 入 力 も 使 える うまくいかない 場 合 にオペレータ 登 場

8 音 声 による 端 末 入 力 小 型 端 末 における 文 字 入 力 の 煩 わしさを 音 声 入 力 により 軽 減. 通 信 を 利 用 して 入 力 音 声 をサーバに 転 送.バックエンドの 豊 富 な 計 算 機 リソース, 知 識 リソースを 活 用 して 認 識 処 理 を 実 施 分 散 型 音 声 認 識 (Distributed Speech Recognition:DSR) 音 声 データ IP-NW 音 声 認 識 用 音 響 モデル 言 語 モデル クライアント 音 声 認 識 結 果 音 声 認 識 サーバ (クラウド 環 境 ) 音 声 入 力 雑 音 抑 圧 音 声 検 出 音 声 分 析 エンコード デコード 探 索 認 識 結 果

9 音 声 カーナビ 自 動 車 運 転 時 でも 音 声 を 使 ってハンズフリー アイズフリーでの カーナビ 操 作 が 可 能 音 声 対 話 によって 目 的 地 をダイレクトに 設 定 可 能 住 所 電 話 番 号 ランドマーク ジャンル 工 場 や 倉 庫 での 種 分 け 作 業, 検 査 作 業 でも ハンズフリー,アイズフリーが 求 められる 雑 音 下 音 声 認 識 が 課 題

10 マルチモーダル 音 声 対 話 エージェント 概 要 日 常 会 話 に 近 い 発 声 で,キャ ラクターエージェントと 対 話 しな がらタスクを 実 行 する 対 話 型 サ ービスを 提 供 します そーねー 夜 8 時 からの えーと 金 曜 時 代 劇 って 予 約 できますか? TV 番 組 予 約 特 長 言 い 回 し 語 順 を 制 限 しない 日 常 会 話 に 近 い 発 声 を 受 け 付 け 自 然 な 発 話 からキーワードを 抽 出 して 用 件 を 理 解 各 種 システムを 容 易 に 作 成 できる ツール 類 を 用 意 えーと 新 横 浜 なんですが イタリアンはないでしょうか? 店 舗 検 索

11 ディクテーション ( 口 述 筆 記 )

12 テレビ 字 幕 作 成 支 援 システム アナウンサーのニュース 音 声 を 認 識.または, 実 況 中 継 の 生 放 送 音 声 をリスピーカーが 音 声 認 識 用 に 再 発 声 してた 音 声 を 認 識. 誤 認 識 箇 所 は 人 手 で 修 正 して 字 幕 送 出 番 組 リスピーク ( 認 識 用 発 声 ) 得 られるメリット 字 幕 作 成 の 負 担 軽 減 特 殊 スキル 者 が 実 施 するよりも 低 コスト 字 幕 付 与 義 務 化 への 準 備 修 正 & 字 幕 送 出 デメリットへの 対 応 アナウンサーは 丁 寧 な 発 声 ニュースの 話 題 は 事 前 に 把 握 可 能 アナウンサー( 話 者 )は 事 前 に 把 握 可 能 字 幕 向 けに 再 発 声 最 後 は 人 が 修 正

13 音 声 議 会 録 作 成 支 援 システム 議 場 で 収 録 される 音 声 を 音 声 認 識 してテキスト 化 し, 修 正 編 集 することで, 議 会 録 の 作 成 を 効 率 化 するシステム 音 声 認 識 サーバと 連 携 した 収 録 管 理 認 識 編 集 の 一 連 のシステム 速 記 者 など 特 殊 技 能 者 を 必 要 としない 映 像 収 録 サーバ 映 像 音 声 エンコード コンテンツ 管 理 サーバ 映 像 音 声 管 理 AP 音 声 認 識 サーバ CCSシステム 音 声 認 識 エンジン 形 態 素 解 析 ソフト センタ システム 業 務 AP LAN 本 会 議 場 委 員 会 室 音 声 映 像 視 聴 ツール 議 会 録 作 成 エディタ

14 音 声 認 識 の 利 点 と 欠 点

15 音 声 認 識 の 利 点 人 に 優 しいインタフェースである 高 齢 者 をはじめ, 低 リテラシー 層 でも 分 かりやすい 入 力 手 段 である. 少 ない 労 力 で 文 字 入 力 できる 音 声 入 力 に 慣 れれば,キーボードよりも 高 速 に 文 字 入 力 が 可 能 である. 手 がふさがっていても 利 用 可 能 である 両 手 を 使 った 作 業 中 でも 文 字 (コマンド) 入 力 が 可 能 である. 省 スペース マイクとディスプレイ(またはスピーカ)さえあれば 実 現 可 能 で ある.

16 音 声 認 識 の 欠 点 ( 人 間 がそうであるように,) 機 械 も 聞 き 間 違 いをする 音 声 認 識 率 は100%ではなく, 誤 認 識 が 発 生 する. 機 械 には 知 識 がないので,とんでもない 誤 認 識 をする 入 力 音 声 に 制 約 条 件 がある 騒 音 下 では 認 識 率 が 低 下 する. 人 の 声 の 雑 音 に 弱 い. 滑 舌 よく 丁 寧 に 発 声 される 必 要 がある ( 音 素 と 音 素 の 音 声 特 徴 が 類 似 して 混 同 してしまう) 音 声 認 識 辞 書 にない 単 語 は 認 識 できない 発 声 する 内 容 ( 話 題 )が,ある 程 度, 限 定 される 必 要 がある ( 単 語 の 出 現 頻 度 や 単 語 連 鎖 を 学 習 するため)

17 音 声 認 識 技 術 の 現 状 (2つの 適 用 領 域 を 比 較 ) 議 会 録 作 成 適 用 可 能 vs. ( 会 社 の) 会 議 録 作 成 適 用 困 難 原 稿 がある 思 いつくままにしゃべる プレゼン 形 式 ( 独 話 ) 対 話 または 多 人 数 参 加 滑 舌 よく 発 声 発 声 が 曖 昧 静 かな 議 場 雑 音 がある 会 議 室 専 用 マイクがある 専 用 マイクなし(ICレコーダ) 発 話 に 即 した 過 去 の 議 事 録 はない 議 事 録 がある (あっても 要 約 した 議 事 録 ) 発 話 内 容 をそのまま 書 き 起 こし 残 す 要 点 をまとめて 残 す

18 音 声 認 識 システムの 改 善 点 認 識 性 能 が 低 い. なぜ 誤 認 識 したのかわからない. 同 じ 間 違 いを 何 度 もする. 環 境 の 変 化 に 弱 い(ロバストネスが 低 い) 何 をしゃべったらよいかわからない,どこまで 対 応 でき るのかわからない. 新 しい 単 語 ( 最 近 登 場 した 新 語 )が 認 識 されない 発 声 しながら 文 章 を 考 えるのは 難 しい( 話 し 言 葉 と 書 き 言 葉 は 異 なる) 誤 認 識 箇 所 が 発 見 しにくく, 修 正 がしにくい.

19 音 声 認 識 を 利 用 したアプリ 構 築 の 注 意 点 音 声 認 識 が 適 用 しやすい 領 域 ( 技 術 的 観 点 から) 蓄 積 された 大 量 テキストがある( 新 聞 データ, 議 会 録,クエリーログ) 何 を 発 声 すればよいかすぐわかる( 住 所, 電 話 番 号 ) 誤 認 識 への 対 応 誤 認 識 が 即 アプリの 致 命 的 なエラーにならない 修 正 する 手 段 を 備 える 徹 底 的 に 精 度 を 高 める(タスクチューニング) 認 識 精 度 向 上 のための 対 応 誤 認 識 した 要 因 をフィードバックする 声 の 大 きさ, 発 話 のタイミング 周 囲 雑 音 滑 舌 の 悪 さ 語 彙 外 発 声 システムの 透 明 性 を 高 める 誤 認 識 してもどういう 状 態 にあるか, 次 に 何 をすればよいかわかる

20 おわりに 音 声 認 識 技 術 は 発 展 途 上.しかし 着 実 に 進 展 している. 様 々な 応 用 アプリを 構 築 し, 研 究 開 発 にフィードバックす ることが 重 要. どのような 領 域 でどう 使 われると 真 価 を 発 揮 できるか, 柔 軟 な 発 想 が 求 められる. 端 末 に 向 かってしゃべる 文 化 をいかに 醸 成 するか. あなたなら,ちょっと 癖 のある 音 声 認 識 技 術 を 何 に 応 用 しますか?

1-2 時 間 の 経 過 に 伴 って 変 化 するメディアに 関 するガイドライン 音 声 や 画 像 によって 提 供 されている 情 報 が どの 利 用 者 にも 確 実 に 伝 わるような 配 慮 します 音 声 / 映 像 情 報 はテキストを 用 意 します 1-2-1 1-2-2

1-2 時 間 の 経 過 に 伴 って 変 化 するメディアに 関 するガイドライン 音 声 や 画 像 によって 提 供 されている 情 報 が どの 利 用 者 にも 確 実 に 伝 わるような 配 慮 します 音 声 / 映 像 情 報 はテキストを 用 意 します 1-2-1 1-2-2 高 島 市 ウェブアクセシビリティガイドライン (1) データ 作 成 上 の 技 術 的 な 注 意 事 項 高 島 市 HPから 情 報 を 発 信 しようとする 作 成 者 は ウェブが 全 ての 人 にとって 重 要 な 情 報 源 として 利 用 されていることを 充 分 認 識 し 作 成 されたデー タが 以 下 の 事 項 に 適 合 するよう 努 めなければならない 項 番 内 容

More information

昔 は? UNIX/Linuxやその 他 の 大 学 研 究 系 OSでは 初 めは 文 字 端 末 だった メインフレームのTSSシステムから ワークステーション(DEC VAXなど) 端 末 の 機 械 がタイプライタ( 絵 は 描 けない) GUIの 先 駆 的 なプロジェクトはいくつかあった

昔 は? UNIX/Linuxやその 他 の 大 学 研 究 系 OSでは 初 めは 文 字 端 末 だった メインフレームのTSSシステムから ワークステーション(DEC VAXなど) 端 末 の 機 械 がタイプライタ( 絵 は 描 けない) GUIの 先 駆 的 なプロジェクトはいくつかあった ウィンドウシステムとは? GUIと ウィンドウシステム それを 知 るためには 歴 史 が 少 々 必 要 です Windowsで コマンドプロンプト を 開 けて 下 さい 多 分 プログラミングの 授 業 で 使 っていますね? そこは 1 文 字 だけしか 打 てない 2 画 面 上 の 文 字 の 位 置 が 決 まっている 起 動 はccとか 文 字 コマンドでするのでしたね 6 ウィンドウシステムとは?

More information

NTTクラルティの 概 要 特 例 認 定 会 社 親 会 社 : 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 関 連 会 社 : 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 エヌ ティ ティ 都 市 開 発 株 式 会 社 他 計 32 社 営 業 開 始 日 平 成 17 年 4 月 1 日 社 員

NTTクラルティの 概 要 特 例 認 定 会 社 親 会 社 : 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 関 連 会 社 : 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 エヌ ティ ティ 都 市 開 発 株 式 会 社 他 計 32 社 営 業 開 始 日 平 成 17 年 4 月 1 日 社 員 ウェブアクセシビリティを 必 要 とする 障 害 者 のニーズ 平 成 22 年 9 月 22 日 NTTクラルティ 株 式 会 社 小 高 公 聡 NTTクラルティの 概 要 特 例 認 定 会 社 親 会 社 : 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 関 連 会 社 : 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 エヌ ティ ティ 都 市 開 発 株 式 会 社 他 計 32 社 営 業 開

More information

はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実 践 事 例 でもある この 事 例 から 学 んだことや 今 後 の 課 題 を 報 告 する

はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実 践 事 例 でもある この 事 例 から 学 んだことや 今 後 の 課 題 を 報 告 する 専 門 的 書 籍 の 新 しい 制 作 流 通 のケーススタディとして PDFインフラストラクチャ 解 説 学 びと 課 題 2016 年 2 月 16 日 アンテナハウス 株 式 会 社 小 林 徳 滋 はじめに PDFインフラストラクチャ 解 説 は: プリントオンデマンド( POD) 方 式 とKDPによるセルフ 出 版 の 事 例 であ り ワンソースマルチユース 方 式 制 作 の 実

More information

P13 L13 P13 L27 P14 L5 字 幕 放 送 手 話 放 送 解 説 放 送 に 加 え 新 たなサービスが 提 供 される 可 能 性 があり 障 害 者 や 高 齢 者 にやさしいサー ビスが 充 実 されることが 期 待 される ステレオ 放 送 や 二 ケ 国 語 放 送 の

P13 L13 P13 L27 P14 L5 字 幕 放 送 手 話 放 送 解 説 放 送 に 加 え 新 たなサービスが 提 供 される 可 能 性 があり 障 害 者 や 高 齢 者 にやさしいサー ビスが 充 実 されることが 期 待 される ステレオ 放 送 や 二 ケ 国 語 放 送 の 資 料 4 デジタル 放 送 時 代 の 視 聴 覚 障 害 者 向 け 放 送 に 関 する 研 究 会 報 告 書 内 容 の 現 状 記 載 箇 所 報 告 書 記 述 現 状 (5 年 間 の 変 化 対 応 状 況 背 景 ) P2 L6 P3 L2 P5 L2 P7 L12 厚 生 労 働 省 平 成 13 年 身 体 障 害 児 者 実 態 調 査 による と 聴 覚 言 語 障 害

More information

ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドライン 兵 庫 県 小 野 市 ウェブアクセシビリティガイドライン 第 1 版 平 成 24 年 12 月 情 報 管 理 課 目 次 1 ガイドライン 策 定 の 目 的... 1 2 ガイドラインの 適 用 範 囲... 1 3 ウェブアクセシビリティの 必 要 性... 1 4 根 拠 となる 規 格... 1 5 配 慮 の 対 象 となる 利 用 者... 2 6 達 成 等 級 と 達 成 基

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

学校の業務改善に係る取組について

学校の業務改善に係る取組について 業 務 改 善 協 力 校 における 取 組 別 紙 1 県 内 7 校 の 業 務 改 善 協 力 校 では, 各 協 力 校 の 現 状 及 び 課 題 等 に 応 じた 改 善 策 の 試 験 的 な 実 施 等 が 進 められています 次 に 例 示 している 改 善 策 等 は, 各 協 力 校 が 現 在 改 善 に 向 けて 取 り 組 んでいるもの 等 をピックアップ していますので,

More information

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 仕 様 書 仕 様 書 1. 件 名 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 業 務 委 託 2. 目 的 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 関 する 情 報 について 親 しみやすいスマートフォンアプリケ ーションを 開 発 活 用 し 結 婚 から 子 育 てまでの 情

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

対 する 命 令 に 適 している CUI から GUI に 変 わった 時 英 語 の 語 順 (コマンド 選 択 ファイル 選 択 )から 日 本 語 の 語 順 (ファイル 選 択 コマンド 選 択 )に 変 わった Windows を 初 めとする GUI は この 語 順 に 基 づく 操

対 する 命 令 に 適 している CUI から GUI に 変 わった 時 英 語 の 語 順 (コマンド 選 択 ファイル 選 択 )から 日 本 語 の 語 順 (ファイル 選 択 コマンド 選 択 )に 変 わった Windows を 初 めとする GUI は この 語 順 に 基 づく 操 日 本 語 プログラミング 言 語 言 霊 の 開 発 全 ての 人 がプログラミングする 社 会 を 目 指 して 1. 背 景 現 在 日 本 では プログラミングの 概 念 が 社 会 で 共 有 されていないため 次 のような 問 題 が 存 在 する 欲 しいソフトウェアを 自 分 で 作 れないため 市 販 ソフトウェアを 購 入 するか 開 発 者 に 発 注 せざるをえず コストが

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中 化 学 装 置 2008 年 1 月 号 掲 載 プラントエンジニアリング 産 業 の 技 術 伝 承 (その 1) (はじめに) 環 境 企 画 松 村 眞 昭 和 22 年 から 昭 和 24 年 生 まれの 団 塊 世 代 が 60 歳 で 定 年 退 職 を 迎 える 時 期 になっ た 2007 年 から 3 年 間 は 退 職 者 の 大 量 発 生 により 三 つの 社 会 現 象 が

More information

あなたが あったら 良 いな と 思 うテレビの 機 能 を 教 えてください その 機 能 によって 得 られる 効 果 につ いて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 してください また それを 実 現 するための 技 術 的 な 課 題 を 考 えつく 限 りたく さんあげて 説 明 してくださ

あなたが あったら 良 いな と 思 うテレビの 機 能 を 教 えてください その 機 能 によって 得 られる 効 果 につ いて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 してください また それを 実 現 するための 技 術 的 な 課 題 を 考 えつく 限 りたく さんあげて 説 明 してくださ ソフトバンク A モノづくり の 経 験 があれば どういったモノをつくったのか 自 らが 実 際 に 行 った 役 割 を 交 えて 詳 しく 教 えてください (200 字 以 上 ) システム プログラム 機 械 ロボ 電 子 機 器 サーバー NW 環 境 アプリなど 実 際 に 作 成 したものであれば 何 でも 結 構 です B あなたの 研 究 内 容 もしくは 勉 強 してきた 内

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478> アジャイルとクラウドによる 電 子 書 籍 元 年 へのチャレンジ 株 式 会 社 角 川 コンテンツゲート 様 における BOOK WALKER WALKERプロジェクト 1 Android 端 末 をお 持 ちの 方 マーケットにいき BOOK WALKERを 検 索 して 下 さい これで 貴 方 の 端 末 にBOOK WALKERが インストールされました 2 1 章 プロジェクト 概 要

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

Taro-P86~91 (平成28年度)情

Taro-P86~91  (平成28年度)情 (4) 情 報 教 育 に 関 する 研 修 研 修 会 番 号 102 プレゼンテーションソフト 活 用 基 礎 研 修 会 目 的 プレゼンテーションソフトの 操 作 演 習 により,プレゼンテーション 作 成 の 基 本 的 スキルを 習 得 す る 対 象 者 小 学 校 ( 小 学 部 ), 中 学 校 ( 中 学 部 ), 高 等 学 校 ( 高 等 部 ) 主 幹 教 諭 教 諭 養

More information

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx

Microsoft Word - chapter06_080328-1.docx Chapter 6 箇 条 書 きのポイント~PowerPoint の 基 本 操 作 ~ この Chapter では 箇 条 書 き(アウトライン) 形 式 の 記 述 に 慣 れること 階 層 構 造 について 理 解 すること そして 他 人 に 伝 わりやすいように 話 を 構 成 することを 学 びます この Chapter は Chapter7 から 始 まる レポート 作 成 の 基

More information

シラバスの作成と管理用Webシステムの開発

シラバスの作成と管理用Webシステムの開発 シラバスの 作 成 と 管 理 用 Web システムの 開 発 徳 永 秀 和 現 在,シラバスの 作 成 方 法 は,マイクロソフトの WORD の 罫 線 の 記 入 された 雛 形 を 用 い るか,EXCEL で 独 自 に 作 成 するかを 選 択 している.このため 複 数 ページとなる 場 合 には, 罫 線 の 処 理 に 苦 労 している.また,フォントなどの 書 式 までの 統

More information

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用] お お 客 様 と 向 き 合 って をコンセプトにした 自 信 満 々のパッケージシステム システム 概 要 通 信 販 売 が 多 様 化 する 中 販 売 する 事 業 者 へのお 客 様 からの 要 望 もどんどん 高 度 化 しています それに 比 例 するかのように 事 務 処 理 が 多 様 化 し 様 々な 業 務 効 率 化 を 考 えて 営 業 していかなくてこの 先 勝 ち 残

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D F736F F D208EE892CB91BE FDA8DD7816A2E646F63>

<4D F736F F D208EE892CB91BE FDA8DD7816A2E646F63> 人 生 検 索 エンジン ライフリサイクル - 音 声 ライフログの 柔 軟 な 検 索 システム- 1. 背 景 日 常 生 活 のデータを 蓄 積 し 検 索 やデータマイニングに 利 用 する ライフログ は 近 年 大 きな 注 目 を 集 めている しかし 一 般 に 利 用 されているライフログシステムの 多 くは 位 置 情 報 や 画 像 動 画 を 利 用 したものであり 会 話

More information

使 用 アプリについて アプリ 名 safari 美 術 の 時 間 に 画 像 の 検 索 に 使 用 ( 中 学 部 ) 世 界 史 の 調 べ 学 習 に 使 用 生 徒 は 数 回 で 操 作 に 慣 れ 喜 んで 使 用 不 随 意 な 指 の 動 きでパネルに 数 回 タッチしてしまい

使 用 アプリについて アプリ 名 safari 美 術 の 時 間 に 画 像 の 検 索 に 使 用 ( 中 学 部 ) 世 界 史 の 調 べ 学 習 に 使 用 生 徒 は 数 回 で 操 作 に 慣 れ 喜 んで 使 用 不 随 意 な 指 の 動 きでパネルに 数 回 タッチしてしまい 使 用 頻 度 の 高 い 機 能 備 品 アプリとその 活 用 状 況 操 作 について A; 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 に 準 じた 教 育 課 程 の 児 童 生 徒 C; 知 的 障 害 特 別 支 援 学 校 に 準 じた 教 育 課 程 の 児 童 生 徒 D; 自 立 活 動 を 主 とする 教 育 課 程 の 児 童 生 徒 施 設 内 ; 自 立 活 動 を 主 とする

More information

全く新しいテレビ会議端末とマイクロソフトで会議を変える働き?を変える会社が変わる

全く新しいテレビ会議端末とマイクロソフトで会議を変える働き?を変える会社が変わる 全 く 新 しいテレビ 会 議 端 末 とマイクロソフトで 会 議 を 変 える 働 き を 変 える 会 社 が 変 わる 2016 年 2 3 共 通 基 盤 総 合 NWプロモーション 部 内 村 公 本 セミナーのアジェンダ 1 会 議 システムの 利 メリットと 事 例 紹 介 2テレビ 会 議 の 普 及 率 と 会 議 システムの 変 化 3 各 会 議 システムの 所 と 短 所 4テレビ

More information

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適 第 71 回 数 学 教 育 実 践 研 究 会 平 成 21 年 11 月 28 日 データの 分 析 の 指 導 について( 数 学 Ⅰ) 北 海 道 小 樽 桜 陽 高 等 学 校 若 林 理 一 郎 1 企 業 から 見 た 数 学 教 育 の 需 要 度 ( 1) ( 表 ) 新 入 社 員 が 大 学 で 学 んできてほしい 数 学 の 分 野 分 野 選 択 比 率 ( 文 系 ) 選

More information

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ

本 来 ここまでのツールを 僕 が 開 発 できていれば 5ステップのコンテンツとして 配 布 したかったのですが とてもじゃないけどこれ 以 上 のクオリティのものは 作 れない という 事 で 今 回 は パンドラ2と 言 うツール そしてパンドラ2に 特 化 した 5ステップ PPC アフィリ 上 田 です 今 回 は 某 ツール と そのツールを 使 ったアフィリエイト 戦 略 について 少 し 紹 介 したいと 思 います 某 ツール というのは ご 存 知 の 方 も 居 るかもしれませんが こちらのツール パンドラ2 http://www.info-trend.net/tyny/20150622231422.html 実 は このパンドラ2というのは 月 額 版 と 言 うものが

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

高知大学 学生用

高知大学 学生用 高 知 大 学 学 生 用 moodle2 moodle(ムードル)は Web を 通 じて 利 用 する 授 業 サポートのシステムです 学 生 ユーザは 参 加 している 科 目 (コース)の 授 業 コンテンツを 使 って 受 講 ( 活 動 ) することができます ご 利 用 の 推 奨 ブラウザ Internet Explorer 8 以 上 Firefox 4 以 上 Google Chrome

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4896B19358899E898791E0838A815B83742E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4896B19358899E898791E0838A815B83742E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 築 建 設 業 の 利 益 確 保 をソフトウェアで 応 援 する 工 務 店 応 援 隊 は 見 積 作 成 をはじめ 発 注 支 払 い データ 共 有 施 主 コミュニケーション な ど 建 築 建 設 業 の 利 益 確 保 を 応 援 する 一 連 のソフト ウェアツール 群 です 2013/1/28 版 建 設 業 向 け 見 積 ソフト みつもり 主 任 みつもり 主 任 は 利

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー はじめに 本 稿 は Web2.0 と 呼 ばれる Web 技 術 の 新 しい 概 念 が 企 業 にどのような 影 響 を 与 えているかを 概 観 し 企 業 のインターネット 活 用 の 未 来 について 考 える 電 子 メールや 社 内 コミュニティの 利 用 現 状 から 概 観 するに 企 業 は インターネットが 起 こし た 変 革 の 波 に もっと 乗 って 行 くべきであり

More information

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理 2015 情 総 第 176 号 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等 第1回資料 これまでの検討経緯

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等  第1回資料 これまでの検討経緯 実 証 実 験 結 果 資 料 2-1 目 次 1. 実 証 実 験 概 要 2. 実 証 実 験 結 果 2 実 証 実 験 概 要 日 時 場 所 1 平 成 28 年 1 月 19 日 ( 火 )@ 豊 洲 ( 東 京 ) 2 平 成 28 年 1 月 21 日 ( 木 )@ 所 沢 ( 埼 玉 ) 被 験 者 < 通 報 者 > 聴 覚 障 がい 者 :8 名 ( 内 訳 ) スマートフォンの

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公

はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公 相 模 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公 民 館 を 整 備 する 中 で それぞれの 館 では 体 育 部

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

ディジタルドキュメント

ディジタルドキュメント 統 計 -1 (3) 高 久 雅 生 masao@slis.tsukuba.ac.jp 2013 年 11 月 27 日 ( 水 ) 1 2 時 限 授 業 サイト(Moodle): https://moodle.tsukuba.ac.jp/course/view.php?id=64727 1 前 回 の 振 り 返 り 代 表 値 平 均 メディアン モード 散 布 度 分 散 標 準 偏 差 2

More information

整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直 し 等 の 検 討 第 1 章 1(1) 地 理 空 間 情 報 の 活 用 に 関 する 関 係 府

整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直 し 等 の 検 討 第 1 章 1(1) 地 理 空 間 情 報 の 活 用 に 関 する 関 係 府 地 理 空 間 情 報 の 活 用 推 進 に 関 する 行 動 計 画 (G 空 間 行 動 プラン) 施 策 別 概 要 集 平 成 22 年 6 月 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 会 議 整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直

More information

Microsoft Word - 20151008_ebooks2.0ビジネスモデル研究会

Microsoft Word - 20151008_ebooks2.0ビジネスモデル研究会 様 式 ( 配 布 先 ) 会 議 名 : ebooks2.0 時 代 のビジネスモデル 研 究 会 第 五 回 会 議 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 文 書 番 号 : 頁 :4 発 行 年 月 日 2015 年 10 月 13 日 発 行 元 承 認 作 成 作 成 共 同 印 刷 TSO 場 所 : 共 同 印 刷 会 議 室 日 時 : ( 本 館 1 階 101) 2015 年 10 月

More information

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院 2011 年 度 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 研 究 成 果 報 告 書 学 籍 番 号 :80926027 政 策 メディア 研 究 科 修 士 課 程 2 年 内 藤 寛 子 0. 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 申 請 時 の 研 究 題 目 中 国 共 産 党 と 司 法 機 関 の 領 導 関 係 -1980 年 代 後 半 の 政 法 委 員 会 の

More information

WebコアCMSご紹介資料

WebコアCMSご紹介資料 FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS:Webコンテンツ 管 理 システム 株 式 会 社 富 士 通 ソーシアルサイエンスラボラトリ WebコアCMSとは WebコアCMSの 概 要 WebコアCMSの 優 位 性 1 WebコアCMSの 概 要 WebコアCMS( 1) は 散 在 するWebコンテンツを 一 元 管 理 し 簡 単 編 集 承 認 フロー

More information

SEARCH サーチ 変 化 する 環 境 に 対 応 するために 1200000 250000 1000000 200000 800000 600000 400000 150000 100000 200000 50000 0 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2

SEARCH サーチ 変 化 する 環 境 に 対 応 するために 1200000 250000 1000000 200000 800000 600000 400000 150000 100000 200000 50000 0 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2 中 韓 文 献 の 検 索 環 境 整 備 について 調 整 課 審 査 システム 企 画 班 長 後 藤 昌 夫 抄 録 近 年 世 界 の 特 許 文 献 において 中 韓 文 献 をはじめとする 外 国 特 許 文 献 の 割 合 が 急 増 しています こ の 状 況 に 対 応 するため 中 韓 文 献 の 検 索 環 境 整 備 を 最 優 先 で 進 めています 本 稿 では 審 査

More information

083 福崎 H28掲載用一覧表

083 福崎 H28掲載用一覧表 平 成 28 年 度 使 用 教 科 書 一 覧 表 県 立 福 崎 高 等 学 校 ( 全 日 制 課 程 ) No 教 科 名 学 種 目 名 発 行 教 科 書 番 教 科 書 名 使 用 学 年 範 囲 選 定 理 由 1 国 語 1 国 語 総 合 東 書 国 総 302 精 選 国 語 総 合 1 年 全 2 地 理 歴 史 1 地 図 東 書 地 図 301 新 高 等 地 図 1~3

More information

わいわい文庫2_061~065

わいわい文庫2_061~065 活 用 の 幅 を 広 げよう 盲 学 校 での 試 み 視 覚 支 援 学 校 における 実 践 事 例 東 京 都 立 久 我 山 青 光 学 園 視 覚 障 害 教 育 部 門 名 取 恵 津 子 障 害 の 実 態 に 応 じたさまざまな 活 用 の 可 能 性 を 探 る 今 年 度 の 本 校 の 視 覚 障 害 教 育 部 門 の 在 籍 数 は 幼 稚 部 13 名 小 学 部 17

More information

れたテキストデータとスキャン 時 の 画 像 データは 名 刺 データベースに 格 納 される ユーザーは 企 業 ごとの アカウントを 使 ってリンクナレッジのWebアプリにログインし クラウドに 登 録 された 自 社 の 名 刺 データ をパソコンやスマートフォン タブレット 端 末 携 帯

れたテキストデータとスキャン 時 の 画 像 データは 名 刺 データベースに 格 納 される ユーザーは 企 業 ごとの アカウントを 使 ってリンクナレッジのWebアプリにログインし クラウドに 登 録 された 自 社 の 名 刺 データ をパソコンやスマートフォン タブレット 端 末 携 帯 (123) 名 刺 管 理 ソリューションと iphone/ipad の 活 用 で 商 談 機 会 を 創 出 商 談 が 予 定 よりも 早 く 終 わったときに 同 じ 会 社 の 別 部 署 の 方 に 電 話 を 入 れ あいさつだけでもしてお くのは 営 業 担 当 者 の 常 とう 手 段 だ とりわけ 遠 方 の 顧 客 を 訪 問 する 際 は 一 回 の 訪 問 で 可 能 な

More information

Microsoft Word - 地籍支援 管理システム,仕様書(案)101012

Microsoft Word - 地籍支援 管理システム,仕様書(案)101012 地 籍 調 査 支 援 管 理 システム 業 務 仕 様 書 日 南 町 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 業 務 の 目 的 ) 本 仕 様 書 は 日 南 町 が 実 施 する 地 籍 調 査 の 推 進 及 び 地 籍 調 査 成 果 の 維 持 管 理 およ び 利 活 用 の 向 上 を 図 ると 共 に 管 理 業 務 上 必 要 充 分 な 機 能 を 有 するシステムを 導 入 することを

More information

Word 003 スキルブック 06 - オブジェクトの 利 用 0.Word で 作 る 表 : 行 幅 を 最 小 値 より 小 さく 設 定 する 3 表 の 左 右 のサイズを 適 宜 調 整 します Word で 表 を 作 成 するとき, 列 幅, 行 幅 ともに 基 本 的 に 自 由

Word 003 スキルブック 06 - オブジェクトの 利 用 0.Word で 作 る 表 : 行 幅 を 最 小 値 より 小 さく 設 定 する 3 表 の 左 右 のサイズを 適 宜 調 整 します Word で 表 を 作 成 するとき, 列 幅, 行 幅 ともに 基 本 的 に 自 由 Word 003 スキルブック 06 - オブジェクトの 利 用 Word 003 スキルブック 06 - オブジェクトの 利 用 ツールバーに 表 ( 罫 線 )の 作 成 機 能 を 追 加 する( 罫 線 ツールバーを 追 加 する) ツールバー 上 の,アイコンのない 空 白 箇 所 を 右 してメニューを 開 きます 0. 準 備 :ツールバーのカスタマイズ メニュー 内 の 罫 線 の

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

Contents 1. 作 業 手 順 ナビゲーションとは 2. 作 業 手 順 ナビゲーションのクラウドサービス ご 紹 介 Hitachi, Ltd All rights reserved.

Contents 1. 作 業 手 順 ナビゲーションとは 2. 作 業 手 順 ナビゲーションのクラウドサービス ご 紹 介 Hitachi, Ltd All rights reserved. 作 業 手 順 ナビゲーション (ucosminexus Navigation Platform) クラウドサービスのご 紹 介 2011/11/17 株 式 会 社 日 立 製 作 所 情 報 通 信 システム 社 ソフトウエア 事 業 部 AP 基 盤 ソリューションセンタ 桐 越 信 一 Hitachi, Ltd. 2011. All rights reserved. Contents 1.

More information

P005.ec6

P005.ec6 JournaloftheFacultyofManagementandInformationSystems, PrefecturalUniversityofHiroshima 2012No.4pp.5-11 論 文 GoogleAppEngineと YouTubeAPIを 用 いた 動 画 コンテンツ 配 信 管 理 システムの 開 発 と 教 育 への 応 用 宇 野 健 石 崎 徹 DevelopmentoftheAnimationContentsDistributionandtheManagerialSystems

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 規 程 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 及

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期 日 5 第 4 章 議 員 定 数 等 調 査

目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期 日 5 第 4 章 議 員 定 数 等 調 査 議 員 定 数 等 調 査 報 告 書 平 成 27 年 6 月 2 日 廿 日 市 市 議 会 議 員 定 数 等 調 査 特 別 委 員 会 0 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション スモールスタートによる テストツール 導 入 の 提 案 - 広 く 浅 く を 前 提 とした キャプチャ/リプレイツールの 簡 易 的 な 導 入 - 第 5 分 科 会 Aグループ(テストツールグループ) 主 査 奥 村 有 紀 子 ( 有 限 会 社 デバッグ 工 学 研 究 所 ) 副 主 査 秋 山 浩 一 ( 富 士 ゼロックス 株 式 会 社 ) 堀 田 文 明 ( 有 限 会 社

More information

オーダーメードパン屋の ブログ活用戦略

オーダーメードパン屋の ブログ活用戦略 生 産 者 のための ネット 販 売 戦 略 構 築 ( 基 礎 編 ) くまもと 農 業 アカデミー 講 座 2014 第 1 日 目 有 限 会 社 Biz Assist 代 表 取 締 役 森 田 欣 典 HPの 集 客 問 題 点 たとえば ホームページは 作 成 したが 問 い 合 わせが 来 ない 注 文 が 無 い そこには 大 きな 誤 解 があります! HPを 作 りさえすれば 集

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20495482C982E682E98BC696B18CF897A689BB82F08D6C82A682E9566572312E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20495482C982E682E98BC696B18CF897A689BB82F08D6C82A682E9566572312E707074> 弁 護 士 システム 護 (まもる) ITによる 業 務 効 率 化 を 考 える 事 務 所 の 業 務 機 能 面 から 検 証 株 式 会 社 リーガル H23 年 11 月 Ⅰ ITを 活 用 した 業 務 効 率 化 の 目 的 弁 護 士 の 業 務 集 中 に 最 適 な 業 務 環 境 の 構 築 1 弁 護 士 自 身 のルーティン 作 業 の 効 率 化 正 確 化 2 事 務

More information

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー

2.ページ 作 成 機 能 2-13 Wordデータを 取 り 込 める(もしくはコピー&ペーストできる)こその 際 アプリケーション 特 有 のHTML(CSS) 表 現 を 自 動 的 に 削 除 できるこ 他 データの 流 用 表 2-14 Excelデータを 取 り 込 める(もしくはコピー 1. 基 本 情 報 1-1 CMS 利 用 にあたって 各 職 員 のPC 端 末 に 特 別 なアプリケーションなどをインストールす る 必 要 が 無 いこと(ウェブブラウザから 利 用 できること) 1-2 各 職 員 PC 端 末 から InternetExplorerを 通 じ ID PASSWORD 認 証 にてログインできるこ 1-3 閲 覧 者 のパソコン 機 種 OS ブラウザ

More information

Taro-28要01 センターにおける障

Taro-28要01 センターにおける障 別 紙 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センターにおける 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 に 係 る 留 意 事 項 第 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会

More information

教員用

教員用 高 知 大 学 教 員 用 moodle2 1.1.moodle を 利 用 するためには 1.2.コースの 保 全 1.3.moodle へのログイン 1.4.ログアウト 2.1.コースの 説 明 2.2.ブロック 一 覧 2.3.HTML テキストエディタを 利 用 する 2.4.アイコン 編 集 アイコンの 説 明 3.1.ユーザを 登 録 する 3.2.ユーザを 削 除 する 4.1.ファイルのアップロード

More information

不 要 な で の の 混 入 を 避 ける 1 不 要 な で の 混 入 を 削 除 する 仕 事 を 通 じて 広 い 範 囲 での 友 達 を 得 た 仕 事 を 通 じて 広 い 範 囲 の 友 達 を 得 た 海 外 での 調 査 結 果 を 聞 いた 昨 年 では 年 間 1000 店

不 要 な で の の 混 入 を 避 ける 1 不 要 な で の 混 入 を 削 除 する 仕 事 を 通 じて 広 い 範 囲 での 友 達 を 得 た 仕 事 を 通 じて 広 い 範 囲 の 友 達 を 得 た 海 外 での 調 査 結 果 を 聞 いた 昨 年 では 年 間 1000 店 てにをは を 的 確 に 使 う ~ 誰 も 教 えてくれないテクニック~ ( 編 纂 09.12.22 渡 邊 ) 概 況 : 日 本 語 の てにをは 助 詞 )は 人 = 人 人 =もの もの=もの の 関 係 を 示 す 大 事 な 役 割 を 担 っている 最 近 その 使 い 方 が 混 乱 している 残 念 ながら 直 す 即 効 薬 はない 日 頃 の 言 語 生 活 ( 聞 く 読

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

--------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------- 21JEITA-CP 第 42 号 パソコンの 廃 棄 譲 渡 時 におけるハードディスク 上 のデータ 消 去 に 関 するガイドライン を パソコンの 廃 棄 譲 渡 時 におけるハードディスク 上 のデータ 消 去 に 関 する 留 意 事 項 に 名 称 変 更 したものである パソコンの 廃 棄 譲 渡 時 における ハードディスク 上 のデータ 消 去 に 関 する 留 意 事 項 2010

More information

挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 Contents 1. 日 立 ソリューションズのRubyへの 取 組 み 2. 大 規 模 システム 開 発 事 例 紹 介

挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 Contents 1. 日 立 ソリューションズのRubyへの 取 組 み 2. 大 規 模 システム 開 発 事 例 紹 介 挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 2013/1/23 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ 技 術 開 発 本 部 Rubyセンタ 堀 江 謙 一 挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 Contents 1. 日 立 ソリューションズのRubyへの 取 組 み 2. 大 規 模 システム 開 発 事 例 紹 介 挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838C837C815B8367835483938376838B81698267826F9770816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838C837C815B8367835483938376838B81698267826F9770816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 資 産 の 現 状 把 握 と 今 後 の 不 動 産 対 策 提 案 レポート 164-0012 東 京 都 中 野 区 本 町 三 丁 目 30 番 4 号 KDX 中 野 坂 上 ビル5 階 プロサーチ 株 式 会 社 TEL 03-5365-3951 FAX 03-5365-3954 Page 1 今 回 の 対 策 におけるテーマ 1 現 状 よりも 収 益 性 を 上 げる ( 資 産

More information

歌 山 フリーWi-Fi 設 置 事 業 者 の 情 報 を 組 み 込 むこと また 上 記 現 在 の 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトにある Attraction of Wakayama の 各 カテゴリー 別 情 報 ページ とリンクした 仕 組 みを 構 築 すること 項 目 1

歌 山 フリーWi-Fi 設 置 事 業 者 の 情 報 を 組 み 込 むこと また 上 記 現 在 の 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトにある Attraction of Wakayama の 各 カテゴリー 別 情 報 ページ とリンクした 仕 組 みを 構 築 すること 項 目 1 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトリニューアルの 制 作 保 守 管 理 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトリニューアルの 制 作 保 守 管 理 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 本 業 務 の 委 託 契 約 期 間 は 契 約 締 結 の 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までとし 本 業 務 に よる 和 歌

More information

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた 会 議 録 会 議 名 事 務 局 ( 担 当 課 ) 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 学 童 保 育 所 運 営 協 議 会 児 童 青 少 年 課 平 成 27 年 4 月 27 日 ( 月 ) 19 時 00 分 ~21 時 30 分 802 会 議 室 委 員 飯 田 委 員 長 小 澤 副 委 員 長 岩 野 委 員 小 倉 委

More information

報 道 関 係 各 位 2011 年 4 月 28 日 株 式 会 社 エヌアイデイ Android OS 搭 載 端 末 を 企 業 独 自 の 顧 客 満 足 度 向 上 ショップ 内 マーケティング ツールにする Android サービスプラットフォーム Nstylist サービス 開 始 費

報 道 関 係 各 位 2011 年 4 月 28 日 株 式 会 社 エヌアイデイ Android OS 搭 載 端 末 を 企 業 独 自 の 顧 客 満 足 度 向 上 ショップ 内 マーケティング ツールにする Android サービスプラットフォーム Nstylist サービス 開 始 費 各 位 平 成 23 年 4 月 28 日 会 社 名 株 式 会 社 エ ヌ ア イ デ イ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 鈴 木 清 司 (コード 番 号 : 2349) 問 い 合 わせ 先 常 務 取 締 役 管 理 本 部 長 馬 場 常 雄 電 話 番 号 03(3365)2621 Android サービスプラットフォーム Nstylist サービス 開 始 のお 知 らせ

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

第 1 部 ファンクションポイントとは

第 1 部 ファンクションポイントとは 測 ることからすべてが 始 まる ~ファンクションポイント 法 による ソフトウェア 定 量 化 のススメ~ 日 本 ファンクションポイントユーザ 会 (JFPUG) 第 1 部 ファンクションポイントとは 1.ファンクションポイントとは あらゆるものには 規 模 の 尺 度 がある あらゆるもの( 製 品 や 資 源 )にはその 規 模 を 把 握 するための なんらかの 尺 度 がある ものの

More information

『法務局電子データの課税システム連携(A-TAXソリューション)』 開発の経過と期待される効果

『法務局電子データの課税システム連携(A-TAXソリューション)』 開発の経過と期待される効果 固 定 資 産 税 課 税 システムと 法 務 局 電 子 データとの 連 携 ~システム 化 により 期 待 される 効 果 ~ 平 成 27 年 8 月 28 日 京 都 府 八 幡 市 市 民 部 課 税 課 山 本 篤 志 京 都 府 八 幡 市 の 紹 介 木 津 川 宇 治 川 桂 川 の 三 川 合 流 松 花 堂 弁 当 石 清 水 八 幡 宮 通 称 流 れ 橋 八 幡 市 は 京

More information

2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する 右 クリックして 箇 条 書 と 番 号 付 け を 選 択 する. あとは 少 し 遊 べば, このようなことをやりたい 人 は 理 解 できると 思 います 3 いろいろな 入 力 ワープロを 使 う 上 で 肝 心 な 点 は, 空 白 調 整

2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する 右 クリックして 箇 条 書 と 番 号 付 け を 選 択 する. あとは 少 し 遊 べば, このようなことをやりたい 人 は 理 解 できると 思 います 3 いろいろな 入 力 ワープロを 使 う 上 で 肝 心 な 点 は, 空 白 調 整 目 次 1 標 準 の 行 間 隔...1 2 箇 条 書 き...1 2.1 箇 条 書 を 開 始 する...1 2.2 箇 条 書 を 終 了 する...1 2.3 箇 条 書 のレベルを 変 更 する...1 2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する...2 3 いろいろな 入 力...2 3.1 段 落 を 指 定 する...2 3.2 強 制 的 に 改 ページをする...2 3.3

More information

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 2 業 務 の 目 的 本 業 務 は 主 に 市 内 外 の 創 業 希 望 者 をターゲットに 必 要 な 情 報 を 網 羅 的 に 取 得 可 能 なホームページを 開 設 し かつ 元 々 本 市 へ 関 心

More information

Microsoft Word - No9_word3_lit_r.doc

Microsoft Word - No9_word3_lit_r.doc コンピュータ リテラシー (R クラス) 2011 年 度 第 9 回 : Word の 基 本 (3) 担 当 : 千 葉 庄 寿 (schiba@reitaku-u.ac.jp) http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~schiba/lit_r/ 1. 表 (テーブル table) 表 は 次 の 手 順 で 作 成 する 挿 入 タブの 表 ボタンを 押 してマウスで 表

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

必 要 に 応 じて,システムのチューニング,リソースの 追 加 等 の 提 案 及 び 対 策 の 実 施 を 行 う テレビ 等 の 影 響 によりアクセスが 急 激 に 集 中 した 場 合 でも,サーバがダウンすることのな いよう 留 意 する 6バグフィクス,セキュリティパッチ 等 の 適

必 要 に 応 じて,システムのチューニング,リソースの 追 加 等 の 提 案 及 び 対 策 の 実 施 を 行 う テレビ 等 の 影 響 によりアクセスが 急 激 に 集 中 した 場 合 でも,サーバがダウンすることのな いよう 留 意 する 6バグフィクス,セキュリティパッチ 等 の 適 平 成 28 年 度 観 光 いばらき ホームページ 保 守 等 に 関 する 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 平 成 28 年 度 観 光 いばらき ホームページ 保 守 等 に 関 する 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 インターネットによる 情 報 発 信 の 重 要 性 に 鑑 み, 本 県 の 豊 かな 観 光 資 源 や 県 産 品 を 広 く 県 内 外 に

More information

Leeds collection of Internet corpora http://corpus.leeds.ac.uk/internet.html 英 国 のリーズ 大 学 (University of Leeds) が 作 成 した 大 規 模 コーパス 英 語 中 国 語 フランス 語 日

Leeds collection of Internet corpora http://corpus.leeds.ac.uk/internet.html 英 国 のリーズ 大 学 (University of Leeds) が 作 成 した 大 規 模 コーパス 英 語 中 国 語 フランス 語 日 IT Competence 翻 訳 生 産 性 向 上 のための プロフィール 小 室 誠 一 バベル 翻 訳 大 学 院 (USA) 講 師 ( 英 日 翻 訳 ソフト 基 礎 演 習 担 当 )etrans Technology School 講 師 広 義 の 翻 訳 支 援 ツール 広 い 意 味 で 翻 訳 に 役 立 つツールを 考 えると 文 を 分 析 するソフト コーパスや 対 訳

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095CA8E86825082678251824F93F18E9F95E290B38DCC91F093E097652E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095CA8E86825082678251824F93F18E9F95E290B38DCC91F093E097652E70707478> 別 紙 1 第 一 次 募 集 結 果 概 要 一 覧 1 案 件 名 称 新 たな 北 海 道 定 番 の 創 出 と 地 域 コンテンツの 地 産 地 消 モデルの 開 発 実 証 提 案 者 北 海 道 総 合 通 信 網 株 式 会 社 ( 北 海 道 札 幌 市 ) 2 東 北 の CATV コンテンツ 流 通 基 盤 整 備 による 地 域 コンテンツ エクスチェンジ(CX) の 実 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370838F815B837C8343839383678E6782A282B182C882B52D2330328AEE91622E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370838F815B837C8343839383678E6782A282B182C882B52D2330328AEE91622E646F63> 1 PowerPointによるプレゼンテーションの 基 礎 基 本 からスライド 作 りのABCまで 1. パワーポイントの 基 本 概 念 複 数 のスライドを 講 演 者 が 意 図 した 順 番 に 提 示 することによってプレゼンテーションをおこな うソフト ふつう1 枚 のスライドには 1つ 以 上 のオブジェクトが 貼 り 付 けられている オブジェクトとは スライドに 貼 り 付 けられたテキストもしくは

More information

音 声 認 識 の 種 類 方 式 特 定 話 者 方 式 ( 特 定 話 者 での 学 習 が 必 要 ) 不 特 定 話 者 方 式 ( 学 習 不 要 ) 種 類 連 続 認 識 単 語 認 識 ( 限 定 語 認 識 ) 連 続 認 識 単 語 認 識 ( 限 定 語 認 識 ) 例 ) W

音 声 認 識 の 種 類 方 式 特 定 話 者 方 式 ( 特 定 話 者 での 学 習 が 必 要 ) 不 特 定 話 者 方 式 ( 学 習 不 要 ) 種 類 連 続 認 識 単 語 認 識 ( 限 定 語 認 識 ) 連 続 認 識 単 語 認 識 ( 限 定 語 認 識 ) 例 ) W 日 本 音 響 学 会 北 陸 支 部 ジョイント 研 究 会 資 料 PCに 於 けるGoogle 音 声 認 識 の 利 用 山 崎 信 久 (ウィンドクラフト) 船 田 哲 男 ( 元 金 沢 大 ) 音 声 認 識 の 種 類 方 式 特 定 話 者 方 式 ( 特 定 話 者 での 学 習 が 必 要 ) 不 特 定 話 者 方 式 ( 学 習 不 要 ) 種 類 連 続 認 識 単 語

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

_表紙.indd

_表紙.indd リスク 管 理 の 体 制 リスク 管 理 体 制 リスク 管 理 基 本 方 針 利 用 者 の 皆 さまに 安 心 してご 利 用 いただくためには より 健 全 性 の 高 い 経 営 を 確 保 し 信 頼 性 を 高 めていくことが 重 要 であると 感 じております このため 有 効 な 内 部 管 理 態 勢 を 構 築 し 直 面 する 様 々なリスクに 適 切 に 対 応 すべく

More information

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 広 島 県 教 育 関 係 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は, 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき,また, 障 害 を 理 由

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

社 会 福 祉 協 議 会 様 の 運 営 する 以 下 の 相 談 業 務 をサポートします 1. 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 2. 成 年 後 見 制 度 事 業 3. 高 齢 者 ふれあい 相 談 センター 事 業 ( 高 齢 者 の 何 でも 相 談 支 援 ) 4. 資 金 貸

社 会 福 祉 協 議 会 様 の 運 営 する 以 下 の 相 談 業 務 をサポートします 1. 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 2. 成 年 後 見 制 度 事 業 3. 高 齢 者 ふれあい 相 談 センター 事 業 ( 高 齢 者 の 何 でも 相 談 支 援 ) 4. 資 金 貸 Welfare365 Microlink ~ 総 合 相 談 支 援 ~ 社 会 福 祉 協 議 会 様 の 運 営 する 以 下 の 相 談 業 務 をサポートします 1. 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 2. 成 年 後 見 制 度 事 業 3. 高 齢 者 ふれあい 相 談 センター 事 業 ( 高 齢 者 の 何 でも 相 談 支 援 ) 4. 資 金 貸 付 金 事 業 5. ボランティアセンター

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

ひらがなを 入 力 する 濁 点 などを 入 力 する 漢 字 を 入 力 する 漢 字 に 変 換 する 一 度 入 力 した 文 字 の 再 変 換 は 全 角 半 角 文 字 を 切 り 替 える 文 章 を 入 力 し 漢 字 変 換 する 数 字 を 入 力 する 英 文 字 を 入 力

ひらがなを 入 力 する 濁 点 などを 入 力 する 漢 字 を 入 力 する 漢 字 に 変 換 する 一 度 入 力 した 文 字 の 再 変 換 は 全 角 半 角 文 字 を 切 り 替 える 文 章 を 入 力 し 漢 字 変 換 する 数 字 を 入 力 する 英 文 字 を 入 力 目 次 及 びページ 内 容 見 本 目 次 起 動 する 新 規 文 書 作 成 する 既 存 の 文 書 を 開 く 編 集 する 作 成 文 書 を 保 存 する 終 了 する パソコンのキーと 操 作 方 法 ソフトがフリーズした 場 合 の 操 作 法 キー 操 作 Word 2013 Word 2010 Word 2007 Word 2000/2003 Writer 日 本 語 入 力

More information

市 の 説 明 移 住 者 の 体 験 談 (こんな 豊 かな 生 活 できる 家 計 簿 ) 移 住 するために( 家 探 し 仕 事 探 し 子 育 て) 支 援 制 度 ( 家 仕 事 子 育 て その 他 ) 実 際 に 訪 れて 体 験 する( 体 験 ハウス イベントツアー) (6) 特

市 の 説 明 移 住 者 の 体 験 談 (こんな 豊 かな 生 活 できる 家 計 簿 ) 移 住 するために( 家 探 し 仕 事 探 し 子 育 て) 支 援 制 度 ( 家 仕 事 子 育 て その 他 ) 実 際 に 訪 れて 体 験 する( 体 験 ハウス イベントツアー) (6) 特 砺 波 市 移 住 定 住 ガイドブック 及 び 移 住 定 住 支 援 ウェブサイト 等 作 成 業 務 委 託 仕 様 書 Ⅰ 基 本 仕 様 1 目 的 近 年 急 速 に 進 行 する 人 口 減 少 を 食 い 止 めるため とりわけ 若 者 の 地 元 定 住 促 進 を 図 る ことが 求 められています 本 事 業 は 砺 波 市 シティプロモーションの 一 環 として 全 国 住

More information

ネットワンシステムズとは? NetOneSystems Co., Ltd. All rights reserved. 1

ネットワンシステムズとは? NetOneSystems Co., Ltd. All rights reserved. 1 テレワーク 推 進 フォーラム2014 売 り 上 げを 高 める 働 き 方 革 命 2014 年 2 月 17 日 ネットワンシステムズ 株 式 会 社 業 務 管 理 グループ 人 事 部 下 田 英 樹 0000-0000-0000 ネットワンシステムズとは? NetOneSystems Co., Ltd. All rights reserved. 1 ICTでコミュニケーションの 変 革

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

資料5県条例について

資料5県条例について 資 料 5 障 害 のある 人 の 人 権 を 尊 重 し 県 民 皆 が 共 にいきいきと 輝 く 富 山 県 づくり 条 例 について ( 平 成 28 年 4 月 1 日 施 行 ) 1 条 例 の 概 要 ( 別 紙 1) 2 条 例 施 行 に 向 けた 主 な 取 組 み (1) 相 談 体 制 の 整 備 地 域 相 談 員 : 身 体 障 害 者 相 談 員 知 的 障 害 者 相

More information

用 いてパソコン 画 面 の 内 容 を 点 字 で 確 認 する 方 法 がとられる 一 部 の 盲 ろう 者 は1990 年 代 の 前 半 MS-DOS 環 境 でパソコンを 使 っていた MS-D OSはCUI(キャラクター ユーザー インターフェース)という 文 字 中 心 の 情 報 で

用 いてパソコン 画 面 の 内 容 を 点 字 で 確 認 する 方 法 がとられる 一 部 の 盲 ろう 者 は1990 年 代 の 前 半 MS-DOS 環 境 でパソコンを 使 っていた MS-D OSはCUI(キャラクター ユーザー インターフェース)という 文 字 中 心 の 情 報 で 盲 ろう 者 へのパソコン 支 援 杉 田 正 幸 ( 中 央 図 書 館 ) 1.はじめに 2001( 平 成 13) 年 に 厚 生 労 働 省 が 行 った 身 体 障 害 者 実 態 調 査 結 果 では 全 国 に 推 計 盲 ろう 者 数 は13,000 人 いると 言 われている その 内 大 阪 府 ( 大 阪 市 を 含 む)の 数 は 全 国 盲 ろう 者 協 会 の 推 計 で900

More information

コンテンツ制作ガイド

コンテンツ制作ガイド ( 別 冊 4) 文 化 デジタルライブラリー コンテンツ 制 作 ガイド( 平 成 24 年 版 ) 平 成 24 年 5 月 独 立 行 政 法 人 日 本 芸 術 文 化 振 興 会 Ⅰ. 技 術 的 要 件 (1)ハードウェア 要 件 1. 搭 載 CPU:Pentium4 相 当 以 上 /メインメモリ:1GB 程 度 の Windows PC で 閲 覧 が 可 能 なこと ディスプレイは

More information