マンション管理組合の皆様へ 改修 事を管理会社に任せきりにしていませんか? 規模改修 事 額を 幅に削減する 法は 管理会社に頼るのをやめて 分たちで 3 社以上の施 業者から直接 積りを取り 拡 理事会 は修繕委員会で評価して選んだ業者に対し 主的に 分たちで 事管理を実施すれば 幅な 事費 の節

Size: px
Start display at page:

Download "マンション管理組合の皆様へ 改修 事を管理会社に任せきりにしていませんか? 規模改修 事 額を 幅に削減する 法は 管理会社に頼るのをやめて 分たちで 3 社以上の施 業者から直接 積りを取り 拡 理事会 は修繕委員会で評価して選んだ業者に対し 主的に 分たちで 事管理を実施すれば 幅な 事費 の節"

Transcription

1 マンション管理組合の皆様へ 改修 事を管理会社に任せきりにしていませんか? 規模改修 事 額を 幅に削減する 法は 管理会社に頼るのをやめて 分たちで 3 社以上の施 業者から直接 積りを取り 拡 理事会 は修繕委員会で評価して選んだ業者に対し 主的に 分たちで 事管理を実施すれば 幅な 事費 の節減効果 ( 35% 50% ) が得られます 施 業者を選定する権限は法的には全て管理組合にあります 事費節減の責任も全て管理組合 ( 理事会 ) にあります Ⅰ マンション 朽化と住 の 齢化が同時進 Ⅱ 管理組合運営の 字対策について Ⅲ 律的な施 管理の成功例 Ⅳ 規模修繕 事の契約の3 式の 較 Ⅴ 規模修繕 事の契約 式の差とその秘密 Ⅵ 修繕 事費節減のためのご指導の 順 Ⅶ 規模改修 事のマネージメント 法 Ⅷ 会社概要 Ⅸ お問い合わせ

2 Ⅰ マンション 朽化と住 の 齢化が同時進 管理組合の理事等役職に就かれている 々はそれなりの 識と実 を備えておられると存じますが 今や皆様のマンションも 齢化し 寄りの少ない組合員 ( 区分所有者 ) も増えて来ていて 管理費の 払いに苦労している層も厚くなって来ている状況と東京都や横浜市の調査で指摘されております ここ 年続く国内労働所得の停滞 減少による中間層の貧困化に伴い 齢単 所帯の増加と共に 活の基本要素である住居費に回せる収 が減って 結果として管理費の滞納があちらこちらで出始めて来ております またマンション建物の経年変化に伴い 改修費等の増加を 込んだ補修費積 の値上げを許容できない組合員も増加して来ております 管理規約では管理費の滞納者には理事 の から催促し 3 ケ も続けて払わない組合員には 法的 続きを取る準備を始めなければなりません

3 悪意の滞納者には毅然として対処しなければなりませんが 何らかの理由で弱者となってしまった組合員をそのままご近所から放逐するだけで良いのでしょうか 勿論 政の問題として 活保護などの 続きを取る様にご指導されるのを先 されるのでしょうが 結局は管理費が ければ出て かざるを得なくなるでしょう これまでも管理経費の節約のために計画修繕の内容や時期の 直しなどはやっておられることでしょう また管理会社や修繕業者らの経費 較によるコスト低減化に努 を重ねておられることと存じますが しかしそれだけでは 齢年 だけで管理費が払えなくなって 公営住宅や 間アパートヘ転出せざるを得なくなるご近所さんの苦境を防ぐことが出来るでしょうか? もはやこれまでの間接経費等の節減 法だけでは りない緊急な事態なのです

4 Ⅱ 管理組合運営の 字対策について 全ての 間企業や団体の 字対策は まず間接費の縮減策です 国や地 の官業や社会的活動において 間接 員が増えている昨今の情勢を ると 国全体の労働 産性が低下して来ているのが分かります OECD 加盟先進国の中で 本の 当たりの国 所得がかつての 位から今や 20 位以下に下がってきており 国家としての 産性低下がここ 年続いているのです 増税に頼る 向ではなく皆が新しい製造業やサービス業の創出に直接的に参加して 実質的 産能 を向上させるにはどうしたら良いのでしょうか 若い層による間接業務のデジタル化投資と 齢者の労働現場復帰で頑張るしかないと考えられるのではないでしょうか 我々の課題であるマンション管理組合の運営については かなりの部分が皆様の過去の社会的知 や 経験が かせる分野ではないでしょうか 皆様にも 分 の知 と能 の発揮できる課題です マンションの住環境や資産価値は 皆様各ご家族の 常 活の基本部分です 建住宅であれば 々に掃除や消毒 衛 に配慮し 不具合を調整しながら保全を計るのが主婦やご主 の当然の仕事です

5 コンクリート造のマンションだからと っても専 家に頼らなければならないのは 極く限られた技術計算の部分だけと考えられます 最近の 層マンションのエレベーターの保全や 事 場の架設 特殊な防 塗装や給排 管の再 技術等に専 性があるだげです 他は 般家屋の補修を近所の さんや左官屋さん ベンキ屋さんたちに頼ってやって来た従来の保全 事と同じ考え で主体的に物事を決めて差配して けば 常の補修も 規模修繕も出来ると うのが事実です 建築設計 事務所や管理会社に依頼しなくてもご 分達でやる気を出せば何とかなるものです 倒な 常の集 業務や会計事務等は 管理会社に任せても した費 はかかりません 清掃やゴミ処理 さな修理 事等も同様です 番費 が多くかかる 規模修繕 事の再検討 実施計画や業者選定作業こそが皆様の腕の せ所ではないでしょうか 今 国 交通省等が最も 配しているのは 補修費積 の不 により建物の保全が出来なくなり ち枯れてしまう 齢化マンションです これを防ぐ 策は 期修繕計画策定による補修費積 の値上げだけではありまぜん 補修費積 の増額に耐えられなくなった住 は 公営住宅や安い 間アパートの狭い部屋に出て かなくてはならなくなります 先ずは補修経費を安くすることで 管理費全体の増額を抑える 夫こそが必要でず 計画的修繕 事とも いますが 期改修計画作定と共に現在軍 家や 政が推奨している 設計 監理 式 による施エが最も妥当なやり と えるのでしょうか? 皆様の多くは今まで管理会社や 級建築 事務所などが当然の如く説明しているこの 札 式を疑ったことはないのでしょうか?

6 官公庁の 事でもないのに必ずしも必要と えない 札 続きの為のこの間接経費 出の実態を疑った事はないのでしょうか? これらの 規模修繕 事の経費にまつわる各分野の諸々の問題点の解決 法について 般論と具体策及び私共の経験と実績の数値について解説いたします 度お試しにお呼びいただけば無料でお伺います

7 Ⅲ 律的な施 管理の成功例 主的な施 管理の成功事例 / 単棟型 40 築 45 年 私共の住居の平成 27 年に計画の第 4 回 規模修繕 事の検討時 管理会社の出して来た 期修繕計画表上の必要 事費の 積額は当時の修繕積 の 倍以上であり 且つ外壁塗装の 化等で 事の先延ばしが出来ない状況に ち っておりました 前年度理事会の当初計画では管理会社に 20% の値引きを求めたうえ各 当たり 万円程を借り れる案を計画していましたが 組合員の過半数が 齢で年 暮らしになった為 借 を返す 途が たない組合員が多数おられ また管理会社も きな値引きの回答は出来なかったのです 新期の理事会では管理会社に頼らず 独 に近隣の 3 社の施 業者に当たって 各々に下 して 積仕様書と 積計算書を提出して貰い 数回の拡 理事会で評価検討して多数決で中堅の施 業者を選んで 全体説明会後の臨時総会で決定しました 翌年の施 中は アンケート調査や理事会と居住者で 事現場を 守り 悪天候による 程変更などを現場代理 と緊密に話し合いしながら 追加 事分も含め期間内に完 させて 全 事費を積 の範囲内

8 に納めることが出来ました 私共は当初必要とされた計画費 の半分以下で完成させることが出来たので それまでの積 の中から 払う事が出来ました 年 活の単 者や未亡 たちもあと 年以上は住み続けることが出来る 込みになったのです 般の組合員には管理組合の財務内容や過去の 事費の分析し 積合せによる施 業者間の競争のさせ などを理解し実 する能 を持つ は少数でしょうが 積極的な役員が 5 名程度居られれば 管理会社や建築設計コンサル ントに依存しなくても 施 業者と話し合いながら判断して 仕様変更や塗装下地処理の確認 中間 会や完 時検査等も 分実 出来るのです 当初の 計画通りには住み替えが出来なくなってしまった区分所有者も 今まで同様に皆で仲良く過ごし 慣れ親んだ環境に留まらせて上げられて良かったと実感しました 私共の経験した 規模修繕 事の経費削減策の苦 を 古いマンションの管理組合の皆様にご紹介し 共に実 して役 てていただきたいと存じます 私共は過去の 積計算書の 事費 較表や 程表 期修繕計画表などの説明貸料を取り揃えております 施 業者の選定 法の具体策があります 組合員を守る 的達成の為のそのやり をシェアしたいと思います 理事会等のご都合に合わせてご説明にお伺い致します

9 Ⅳ 規模修繕 事の契約の 3 式の 較 1 設計 監理 式 費 削減効果は 15% 25% 級建築 事務所等の設計 コンサルタントを れて建物状況調査をして改修 事費 積 仕様書を作り 6 12 社の施 業者を業界新聞等で募って競争 札で安い施 業者を選定して 設計技師らに 事監理をして貰う 設計 監理 式 を採 する修繕 事契約が 般的に広く実施されています 主管理をされている団地管理組合法 等の多くも設計事務所をコンサルタントにしてこの 式で 規模修繕 事を実施しておられます この 設計 監理 式 は 般的には官公庁や公共事業で 事業者を選定する標準的な契約 式となっておりますが 従来から 札を巡っては公取委で 談合 などの種々の問題点が指摘されていても 期的に試 錯誤を続けていて その実態の解明 改善の兆しは未だ えておりません マンションの 規模修繕 事の場合は 理事会がコンサルタントや施

10 業者の選定に際し 管理組合としての 公正性 を担保する為に 設計 監理 式 を採 して居られるところが 変多い実状です しかしここ 2 年前から公表されてきた 不適正なコンサルタント問題 などで指摘されるように この 札で安いコンサルタントや施 業者を選定しても バッグマージンの上積みや利益相反取引等の間題は実態解明すら難しい現状です 設計コンサルタントや建築家の業界でこの対策を検討しておられますが 今のところ関係省庁の出先やマンション管理センターなどに相談して 業者の 事費 積単価を過去の実績標準と 較をするくらいしか対処 法は有りません 幸い本当にクリーンな設計コンサルタントを採 できたとしても安くして貰える 事費は 期修繕計画表の記載の 積 額から 15% から 20% くらいが実績ではないでしょうか 建築家協会辺りでは さな (29 以下の ) マンションは 責任施 式 を採 しても良いと い出していますが 法律上は修繕 事の契約 施 の 式を選んで実 する権限と責任は全てマンション管理組合にあります 2 管理会社への 括おまかせ 式 費 削減効果は 0% 10% 管理会社が社内の営繕部 や関連請負業者を直接使って施 する場合も 責任施 式 と えるでしょうが ここに依存すれば結果的には 期修繕計画表の 積 額から 10% の値引きをも受けられる可能性すら低いと わざるを得ないのが 多数の現今の実態 実績です 補修費積 の残 等全てを知っている管理会社が表 上 札をしても いつも 番札の事業者は事前に決まっていると推定されるからです

11 1 設計 監理 式 の 積 額の上に管理会社の間接費が上乗せされ 実際の 事費はかえって まりするのです 3 責任施 式 費 削減効果は 35% 50% 規模修繕 事費節減の必要性 に述べましたように 私共が約半値で 的を達成できた修繕 事の契約 式は 公式には 責任施 式 と呼ばれます 古来より 間の 建て住宅において近隣や縁故の棟梁 ( ) を中 とする 務店が 家主との信頼関係で補修 事等を請け負ってきた伝統的な契約 施 式の総称です この 式の特徴は 家主と棟梁との話し合いで全ての 事仕様や 法 / 期が決まります インターネットでこの 式を検索してご覧になれば この 式の請負業者の紹介サイトなどたいへんご参考になることでしょう この在来の契約 施 法の が 事コスト削減には有効であることがお分かりになると思います 私共はこの 式の採 を前提に 信頼できそうな施 業者で普段は ゼネコンや管理会社の下請施 を実働している近隣の業者やご紹介する 次下請業者数社から直接に 積り計算書を取り 積合わせで選定するやり です 管理会社や建築設計コンサルタントに依存しなくても 皆様がやる気になって直接修繕施 業者と話し合いながら 各業者の能カと 柄を判断し 現場作業者の誠実さを 抜ければ 安さだけでない良い仕上がりと 期保証期間を獲得出来るのです 分達に技術的な不安が有れば 設計コンサルタントに詳細設計と現場 会や検査時だけ ち会ってもらい 参考意 を出していただければ良いのです

12 皆様が 分たちで勇気をもって新しい契約 式に乗り出し 改修 事を完成させるまでのコンサルテイングと実務のコーチングを 最終的に節減できた費 に 例した安い成果報酬でお 伝いしたいと思っております 貴理事会等のご都合に合わせて 無償で説明にお伺い致します ご連絡下さい

13 Ⅴ 規模修繕 事の契約 式の差とその秘密 規模修繕 事のやり 3 式の 較 で述べた 責任施 式 の が安く施 出来る理由は 管理組合側と施 業者との直接の話し合いで全ての 事仕様 事 法 事期間等が決められ ほかの間接経費が掛からないからです 施 業者は下 の際 建物や設備の状態 住 の使 状況を把握した上で 不具合箇所を確認します その上で 年の の 事実績に基づく材料費 件費 その他経費を計算し 他の施 業者と 較しても遜 のない 積計算書を彼らのリスクで提出してくれます 余程予想外の隠れた暇疵がなければ その 積もりに責任を持ってくれます 主管理をしておられる団地の管理組合法 等の多くは 設計事務所をコンサルタントにして計画的に 規模修繕 事を実施しておられますが きな部分を占める外壁塗装やタイル補修 事の下地処理作業の必要量は 圧洗浄などで表 を剥がしたり タイルを叩いて検査してみな

14 いと決められません 事前に調査するには 場仮設 事が必要になるため 彼らの 積 標準仕様書に仮定の数量を置いた上で 概算 積 額を れることになります 屋上やべランダ 廊下などの耐 床 等の補修 事等でも必要 積の想定は同様です 給排 管の取り換え 事も事前に部分的に取り換えてみた上で 要否の判断をして必要 事量を 積もることになります 電線や通信線については専 業者に現場を てもらわないと 積もれません ポンプやバルブ等機器の不具合は実際に本体の蓋を開けてみないと修理 法は決まりません 設計 監理 式 では 般的に官庁や関連団体の作った標準的な 事仕様書を個々のマンションの様式に当てはめて選定し 標準仕様書として施 業者選定の 札 の資料に使 しているそうです 札に当たっては 応札各社は諸条件を付けて 積もりますので 全体の最終 事 額は 事が終わってみなければ分からないのです 当然の事として 実際の 事の途中や完 後に追加 事費が要求される次第です 札時に 事量を少なめに 積っているからですが 最低価格で 札した施 業者からの要求ですから 追加仕様分の費 の 出は断れません また その契約 式では追加請求以外の 事途中で気づいた追加仕様への対応余地はあまりなく より良い品質への仕様変更なども聞き れて貰えない硬直した仕様内容のまま 事期間が終わることとなるでしょう なぜなら全体 事期間が延びると間接経費が増えるので 下請け業者が途中からの追加 事を嫌う傾向が強いためです 管理会社への 括お任せ 式 の場合は これに更に管理会社の 般的間接費の取分が上乗せされるだけです

15 札 式 は本当に必要か? 般的にマンションの 規模修繕 事の場合管理組合としての 公正性 を担保する為に 理事会が設計コンサルタントや施 業者の選定に 札 式 を採 して居られるところが多い現状であると思われます しかし 間のマンションで建築設計コンサルタントを れて建物調査等をした上で 札 積仕様書を作って貰う必要のある 事は 実務的には耐震補強 事や団地再 計画等だけと えるのではないでしょうか 般修繕では原形に戻す仕事だけですので 学的計算は必要ありません 復旧材料の選定は施 業者で 分できます 責任施 式 を採 する場合は 施 業者の選定になるべく 近な地域内の中堅規模の塗装 タイル業者や専 施 業者を 3 社程度探して 積もり合わせに参加して貰うことの が 事費の節減に有効です この場合は 札のように必ずしも合計 額の安い業者を選定すると約束する訳ではないので その 積計算書等を拡 理事会や修繕委員会でじっくり検討して 値段だけではなく評判や信頼性等を基準にして選べば良いのです 施 業者と実務的な条件などを選定前に 分話し合い お互いに納得することが 事です 施 業者の現場代理 の 柄も重要な要素ですから その条件を付けた が良い結果を得られるでしょう 塗料等の 事材料もより良いものを使ってくれるよう要求しておいた がよいでしょう 材料費の値上がり分は労務費に べれば全く したことはありません それで もし品質保証期間を延ばしてもらえるならば御の字です また 分達だけでは技術的に不安が有れば 設計コンサルタントに詳細設計打ち合わせと現場 会や各回の検査時にだけに参加いただきご意 をいただけば良いのです

16 皆様が勇気をもって新しい 式に乗り出して完成させるまでのコーチングを 実際に節減できた費 に 例した成果報酬でお 伝いしたいと思っております 貴理事会等のご都合に会わせてご説明にお伺い致します 当社にご連絡下さい

17 Ⅵ 修繕 事費節減のためのご指導の 順 私共が提案し提供するマンション管理組合の運営に関するコンサルタント業務のおおよその 順 程は下記の通りです 貴理事会や修繕委員会にお伺いして無償の事前相談を います 私共の説明にご納得いただければ 事前契約をして必要交通費程度の着 をいただき コンサルタント業務に着 します 貴管理組合の過去の修繕 事履歴および計画中の 規模修繕 事を書類上で調査し 貴理事会や修繕委員会と共に現場調査の上で実施する 事内容を再確認します ご近隣の はご紹介する直 できる修繕施 業者 3 社程度と折衝して招請の上 各社に別々に現場下 と 事 積りの明細書の提出を依頼します ( 札ではありません ) 理事会等での各社の 積り仕様とその価格の 較検討の仕 と信頼できそうな施 業者の選定の仕 をご指導します

18 管理組合の事前説明会と臨時総会開催をご指導し 諸条件の補 説明等で円満な総会運営に協 します 承認された施 業者との正式な注 請負仕様書 契約書の交換や着 準備の広報活動をご指導します 修繕 事施 中は 組合役員等による 程管理 品質管理をご指導し 業者との 程等の連絡業務の徹底に努め 追加 事 積り調整を含め 予定期 内に完 させるべくご指導します 追加 事項 を含む全 事 額をお互いの納得のいく 額で最終協定するようご指導します 10. 完 後の品質保証契約を管理組合有利な期間に誘導するなどアフターサービスのご指導もします 11. 私共の求めるコンサルタント料 は 着 以外は最終確定 事 額と事前に 込まれた 期修繕計画の予定合計 額との差額 ( 実質節減額 ) を主な基礎として ( 事総額規模に反 例してほぼその 割以下の 額で ) 管理組合理事会のご納得を得て決めて ご送 をいただきます その他のご相談もお受けいたします 私共と経験するこの 法を実際管理組合の 々が実 して引き継いでご努 いただければ そのまま後年の 規模修繕 事等に応 して より 層組合管理費を節減できるものと確信しております

19 Ⅶ 規模改修 事のマネージメント 法 管理組合の業務の中で最も出費額の きな 規模計画改修 事を如何に安く実施するかは 管理者や理事 の実 能 を期待される 番の課題です ここで問われる経営感覚は 通常の詳細な業務管理 とは別な要素です 企画全体を統括し指揮することはあまりご経験されたことがないかも知れませんが 公共 事や 場プラント設置などを統括したご経験があれば 分です その仕事内容を理解し 必要な技法や 期と費 を含めて全体を俯瞰しつつ 関係者全員が安全にその空間と時間を共有して 最終的に良い結果を み出すように 夫する幅広い配慮と臨機応変の気づきの経営能 が求められます 実際の改修 事の技能や 程等は請負施 業者の現場代 が統括してくれますから 管理組合としては住 の意 や期待を適切に施 業者へ伝え 相互間のコミュニケーションに努めて 是 とも善意の信頼関係を構築することが必要です 注 者と請負業者としての 場の論理で形式的な 圧的態度を せたりしては決して良質で短納期のお得な結果は得られません 改修 事の成果は両者で協働して作り上げるものです 信頼関係を むコミュニケーションです 関係者全員が満 する 法は正にこれです

20 約 20 年前に経験した排 竪管の 括取り換え 事の際 管理会社からの 2,000 万円の 積もりを交渉しても 10% も値引き出来なかったのに 途中から 積もりに参加してもらった専 業者が約 1,200 万円で請負って 要領よく完 した後に 全住 が業者の 程に合わせて在宅してくれたので短納期で完 できた と謝礼に 90 万円程を更に値引きしてくれたことも有りました 私は 50 年前から約 10 年の間 造船会社の 場で 修繕船の営業担当者として海外からの貨物船のドック改修 事を船体 機関 電機の各担当技師と伴に各船毎の改修 期と追加売上 額決定の交渉役を任されていました 早く 事を終えて 船期間に戻したい船主側代表の監督と 残業時間規制の厳しい当時の 場現業課 の間に居て 如何に全体 期を縮められるかがその 隻の 事売り上げ利益率を決める状況でした 程の 番 い作業現場に何とか協 して貰うため 船主側と交渉して残業代の上乗せを認めさせ 現業課 らを説得して夜遅くまで当該現場に ち会う等 い 々だったように思います 間接経費の節減には 期短縮が 番成果を上げられる 法です 天候などにも影響を受けますので 関係者間の調整を図ってタイミング良くコミュニケーションを取ることがプロジェクト マネイジメントの基本であると思います 管理会社に頼らない 律的管理を主体に勿論 規模改修の企画段階から修繕委員会の準備やコストの安い 次下請け施 業者に直接接触することなど つい管理会社に頼りたくなる側 は有りますが その誘惑に負けては改修 事費を節減する 的は達成できません 積もり合わせに参加してもらう施 業者の選定や現場代 の 柄の 分けには 営業や 事のご経験が役 つことでしょう

21 理事会や修繕委員会の皆さんの 経験を かした話し合いの上で 多数決により納得して貰うことも管理組合運営に必要だと思います さな 額を値切ったりして施 業者の善意を裏切らないことも 事です 相互に決めたことは実 することです 全員参加型でお互いの気づきを好意的に表明し合う雰囲気が 番 切です マンション改修 事を取り巻く社会環境今 マンション改修業界では 現在の業務形式の仕組みが出来上がっており 管理会社以外にも専 知識を持つ 々を活 しようとの呼びかけが有りますが 常識的な ( 官庁的な ) やり では 過去の 事費実績の ( い ) 単価 準から脱却できず 改修 事価格の節減には 産性の低い ( あまり有効でない ) 政によるマンション管理組合 援体制の下に置かれています 易しい 活環境にあるとは えないこの業界全体の客観情勢です そこら中に利益相反取引 為や不誠実が蔓延しているように思えます 今のテレビや新聞などの情報も決して信頼できない 不信だらけの世の中になりました 政界も経済界も医薬業界も教育や各学会ですら 勝 な 先の利益や役得だけを宣伝し 追求しているように えます 各マンション管理組合が 実質的に 事を遂 する関係者を糾合ししっかり体制を組んで 分たちの利益共同体 で情報を集めながら着実に対処して くしか 分たちを守る解決策はないと うのが現在 本社会の置かれた状況ではないでしょうか 三 寄れば 殊の知恵 で同じ 場の 間同 が協 して今を乗りきって参りましょう 僅かですが私共の経験とノウハウをシェアしたいと考えています

22 会社概要 商号設 資本 所在地 三和 持物構造株式会社 2003 年 ,000 万円 横浜市中区太 町 新関内ビル 402 号 電話等 (FAX 兼 ) 事業内容 塔状鋼構造物設計業務太陽光発電システム架台設計業務マンション管理アドバイス業務 会社沿 役員 取引銀 2003 年 三和 持物構造株式会社を設 2007 年 3 横浜市中区太 町に移転 2017 年 マンション管理アドバイス業務を開始 代表取締役堀 嶺 取締役 和寿 監査役 井公 りそな銀 横浜 店

23 お問い合わせ 下記お問合せフォームからは 24 時間受け付けております お急ぎの場合は お電話 ( ) にてお気軽にご連絡くださいませ お名前 例 ) 三和太郎 郵便番号 住所 例 ) 横浜市中区太 町 新関内ビル 402 号 メールアドレス 電話番号 ご 件 話が聞きたい訪問してほしいその他 事の検討箇所 全体外壁屋上排 管その他 お問い合わせ内容

<837D F355F837D F365F D E717870>

<837D F355F837D F365F D E717870> マンションの建替えは 区分所有者全員の合意に基づいて実施する方法以外に区分所有者及びその議決権の各 5 分の4 以上の多数の賛成によって成立する建替え決議に基づいて実施する方法があります 建替え決議が成立すると その決定内容を円滑に実現できるようにするために制定された マンション建替え円滑化法 に基づいてマンション建替え事業を円滑に実現することが可能です ポイントマンション建替え事業は大きく4つの段階に分かれています

More information

p81-96_マンション管理ガイド_1703.indd

p81-96_マンション管理ガイド_1703.indd 第 4 章 マンション管理業者編 管理業者の役割 第 29 マンション管理業者は 受託業務を適切に実施するとともに 管理組合のパートナーとして 管理組合の運営等に対し 専門的見地から提案や助言を行い 管理組合が適正かつ円滑に管理を行える環境を整え 管理組合の活動が活性化するよう努める ガイドライン第 29 の解説 マンションの管理は 管理組合が主体となって行うものである マンションを管理するに当たっては

More information

< 賃貸住宅管理業者登録制度 > 国土交通省では 賃貸住宅管理業の適正化を図るため 平成 23 年から任意の登録制度として賃貸住宅管理業者登録制度を実施しています 賃貸住宅管理業者登録制度では サブリースを含む賃貸住宅管理業の遵守すべきルールを設けており 登録業者は このルールを守らなければなりませ

< 賃貸住宅管理業者登録制度 > 国土交通省では 賃貸住宅管理業の適正化を図るため 平成 23 年から任意の登録制度として賃貸住宅管理業者登録制度を実施しています 賃貸住宅管理業者登録制度では サブリースを含む賃貸住宅管理業の遵守すべきルールを設けており 登録業者は このルールを守らなければなりませ サブリース契約を検討されている方は契約後のトラブルにご注意ください! 平成 30 年 3 月 27 日国土交通省消費者庁 サブリース契約は サブリース業者がアパート等の賃貸住宅をオーナーから一括して借り上げるため 一定の賃料収入が見込めることや 管理の手間がかからないことなど オーナーにとってのメリットがある一方で 近年 賃料減額をめぐるトラブルなどが発生しています サブリース契約をする場合は 契約の相手方から説明を受け

More information

枚方市マンション管理組合運営に関するアンケート平成 22 年 9 月実施発送管理組合数 261 組合 ( うち戻り 7 組合 ) 回答数 46 組合 18 % 管理形態について 管理会社を使わない自力管理 10% 基幹業務と設備点検のほか修繕も管理会社に委託 43% 一部の基幹業務だけ管理会社に委託

枚方市マンション管理組合運営に関するアンケート平成 22 年 9 月実施発送管理組合数 261 組合 ( うち戻り 7 組合 ) 回答数 46 組合 18 % 管理形態について 管理会社を使わない自力管理 10% 基幹業務と設備点検のほか修繕も管理会社に委託 43% 一部の基幹業務だけ管理会社に委託 枚方市マンション管理組合運営に関するアンケート平成 22 年 9 月実施発送管理組合数 261 組合 ( うち戻り 7 組合 ) 回答数 46 組合 18 % 管理形態について 管理会社を使わない自力管理 10% 基幹業務と設備点検のほか修繕も管理会社に委託 43% 一部の基幹業務だけ管理会社に委託 4% ほぼ基幹業務とされている業務を管理会社に 基幹業務のほか設備点検も管理会社に委託 31% 委託

More information

( 資料 3) 比較検討した住宅 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資料 4) 住宅の選択理由 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資

( 資料 3) 比較検討した住宅 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資料 4) 住宅の選択理由 (%) 注文住宅取得世帯分譲戸建住宅取得世帯分譲マンション取得世帯 中古戸建住宅取得世帯 中古マンション取得世帯 ( 資 リサーチ メモ 住宅市場動向調査 からみた既存住宅取得の現状 2017 年 4 月 28 日 去る 4 月 19 日 国土交通省から 平成 28 年度住宅市場動向調査報告書 が発表された 本調査は 住み替え 建て替え前後の住宅やその住宅に居住する世帯の状況及び住宅取得に係る資金調達の状況等について把握するため 国土交通省が平成 13 年度から毎年度実施している調査である 調査対象は 前年度中に住み替え等を行った者であり

More information

JCM1211特集01.indd

JCM1211特集01.indd 工事の品質確保に向けた新たな管理体制について 国土交通省大臣官房技術調査課工事監視官石川雄一 1. はじめに国土交通省直轄工事における品質確保及び生産性向上に関する諸課題への対応については 入札 契約段階 施工段階 工事の精算段階の各段階において種々の取り組みがなされているところである このうち 施工段階における取り組みについては 施工効率の向上 品質確保 キャッシュフローの改善 情報化施工技術の推進

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

0720_最終_耐震性能検証法チラシ案3種サンプル

0720_最終_耐震性能検証法チラシ案3種サンプル 青タイプ表面 ら か 省 た 通 し ま 交 土 され 国 表 公 さあ 始めましょう 当社は国土交通大臣登録団体の組合員です 耐震性能検証法 1 2 3 自分 でできる 新耐震住宅の 対象住宅 3つの条件が当てはまる 住宅が対象になります 昭 和56 年 6月以 降 平成12年5月までに 建築された木造住宅 在来軸組構法の 住 宅 基 礎 はコン クリート造 平屋建て または 2階建て 木造住宅の耐震性能チェック

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088B089AE95F18D908F9120955C8E86814596DA8E9F283131323929> 芦 屋 町 町 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 月 芦 屋 町 目 次 1. 計 画 の 目 的 と 方 針 (1) 計 画 の 目 的 と 背 景 1 (2) 計 画 策 定 の 流 れ 1 (3) 計 画 の 位 置 づけ 2 (4) 計 画 期 間 2 2. 芦 屋 町 の 住 宅 事 情 (1) 人 口 世 帯 数 等 3 (2) 住 宅 事 情 5 3.

More information

1. 休日 適正工期の確保について 働き方改革関連法がいよいよ今年 4 月に施行します そんな中で建設業界でも 大手ゼネコンで組織する日本建設業連合会 ( 日建連 ) が 2019 年度末までに 4 週 6 閉所以上を実現することを中間目標とし 2021 年度末までにすべての事業所で週休二日 ( 土

1. 休日 適正工期の確保について 働き方改革関連法がいよいよ今年 4 月に施行します そんな中で建設業界でも 大手ゼネコンで組織する日本建設業連合会 ( 日建連 ) が 2019 年度末までに 4 週 6 閉所以上を実現することを中間目標とし 2021 年度末までにすべての事業所で週休二日 ( 土 建設現場における 働き方改革 関連施策の浸透状況調査 (2019 年 1 月 ) 該当箇所にチェック してください 回答欄の は単一回答 は複数回答可 印の付いた質問項目は必須項目 Q1 所属団体名 ( 貴社の所属する団体にチェックしてください ) 関東圧接業協同組合 東京都管工事業協同組合連 東日本基礎工業協同組合 全国クレーン建設業協会 合会 ( 関東地域 ) 全国建設室内工事業協会 全国コンクリート圧送事業団

More information

資料6 標準見積書の活用グラフ道塗連全体

資料6 標準見積書の活用グラフ道塗連全体 資料 6 標準見積書の活用及び社会保険等加入に関するアンケート調査結果 ( 道塗連 ) 道塗連全体 31 組合 522 社中 回答は 358 社 ( 回答率 68.5%) H27.6.22 道塗連事務局 1 法定福利費を内訳明示した見積書の活用について 設問 1 注文者に対して標準見積書を提出していますか 1 全ての工事で提出している 59 社 2 一部の工事で提出している 109 社 3 提出していない

More information

8. 内部監査部門を設置し 当社グループのコンプライアンスの状況 業務の適正性に関する内部監査を実施する 内部監査部門はその結果を 適宜 監査等委員会及び代表取締役社長に報告するものとする 9. 当社グループの財務報告の適正性の確保に向けた内部統制体制を整備 構築する 10. 取締役及び執行役員は

8. 内部監査部門を設置し 当社グループのコンプライアンスの状況 業務の適正性に関する内部監査を実施する 内部監査部門はその結果を 適宜 監査等委員会及び代表取締役社長に報告するものとする 9. 当社グループの財務報告の適正性の確保に向けた内部統制体制を整備 構築する 10. 取締役及び執行役員は 内部統制システム構築の基本方針 サントリー食品インターナショナル株式会社 ( 以下 当社 という ) は 下記のとおり 内部統制システム構築の基本方針を策定する Ⅰ. 当社の取締役 執行役員及び使用人並びに当社子会社の取締役 執行役員その他これ らの者に相当する者 ( 以下 取締役等 という ) 及び使用人の職務の執行が法令及び定款 に適合することを確保するための体制 1. 当社及び当社子会社 (

More information

2 採用する受注者選定方式の検討について廃棄物処理施設整備事業で一般的に採用されている受注者選定方式は表 -2のとおりです 受注者選定方式の検討に際しての論点を下記に整理しましたので 採用する受注者選定方式について審議をお願いいたします 本施設に求められる5つの整備基本方針に合致した施設の整備運営に

2 採用する受注者選定方式の検討について廃棄物処理施設整備事業で一般的に採用されている受注者選定方式は表 -2のとおりです 受注者選定方式の検討に際しての論点を下記に整理しましたので 採用する受注者選定方式について審議をお願いいたします 本施設に求められる5つの整備基本方針に合致した施設の整備運営に 資料 -2-2 受注者選定方式と発注方式について可燃物処理施設 ( 以下 本施設 という ) の整備事業に関する業者選定方式と発注方式については 本組合にとって有利な調達が可能な方式であり 且つ事業スケジュールに合致したものである必要があります 本日の委員会では 本施設に採用する受注者選定方式について審議 決定して頂きますよう 宜しくお願い致します 1. 廃棄物処理施設整備事業の受注者選定方式と発注方式について従来の受注者選定方式では

More information

doc4

doc4 Planning Production Preparation Shooting Editing Preview Delivery - Why What Who When Where Which What s like What means How How many How much Why What Who When Where Which What s like What means How How

More information

(1)調査の目的

(1)調査の目的 Ⅱ. 平成 25 年度マンション総合調査結果 概要編 Ⅱ 平成 25 年度マンション総合調査結果 概要編 1. 調査目的マンション管理に関し これまでに講じられてきた施策の効果の検証 必要となる施策の提示を行うための基礎的な資料を得ることを目的として マンションの管理状況 マンション居住者の管理に対する意識等を調査した 2. 調査方法等アンケート調査による (1) 調査地域 : 全国 (2) 調査時点

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E58B4B96CD8F43915589FC8F438169837D83938AC7835A8393835E815B8145899C90BC959492B7816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E58B4B96CD8F43915589FC8F438169837D83938AC7835A8393835E815B8145899C90BC959492B7816A> 大 規 模 修 繕 を 成 功 させる 5つのポイント 平 成 21 年 10 月 ( 財 ) マンション 管 理 センター 1 分 譲 マンションのストック 数 ( 平 成 20 年 末 推 計 ) 2 分 譲 マンションへの 永 住 意 識 ( 平 成 20 年 度 マンション 総 合 調 査 結 果 ) 3 管 理 組 合 が 行 う 維 持 管 理 に 関 する 業 務 1 長 期 修 繕

More information

平成29年 住宅リフォーム税制の手引き 本編_概要

平成29年 住宅リフォーム税制の手引き 本編_概要 目次 住宅リフォームを対象とした税の優遇措置の概要 P.004 Ⅰ. 耐震リフォーム編 P.009 Ⅱ. バリアフリーリフォーム編 P.037 Ⅲ. 省エネリフォーム編 P.081 Ⅳ. 同居対応リフォーム編 P.139 Ⅴ. 長期優良住宅化リフォーム編 P.179 Ⅵ. 住宅ローン減税編 P.225 Ⅶ. 贈与税の非課税措置編 P.247 Ⅷ. 登録免許税の特例措置編 P.265 Ⅸ. 不動産取得税の特例措置編

More information

二重床下地 という 参考図参照) として施工する方法がある 二重床下地は 支持脚の高さを一定程度容易に調整することができること また コンクリートスラブと床パネルとの間には給排水管等を配置できる空間があることから 施工が比較的容易なものとなっている 2 本院の検査結果 ( 検査の観点 着眼点 対象及

二重床下地 という 参考図参照) として施工する方法がある 二重床下地は 支持脚の高さを一定程度容易に調整することができること また コンクリートスラブと床パネルとの間には給排水管等を配置できる空間があることから 施工が比較的容易なものとなっている 2 本院の検査結果 ( 検査の観点 着眼点 対象及 是正改善の処置を求めたものの全文 公営住宅等整備事業等における二重床下地に係る工事費の積算について ( 平成 29 年 9 月 28 日付け国土交通大臣宛て ) 標記について 会計検査院法第 34 条の規定により 下記のとおり是正改善の処置を求める 記 1 工事の概要 (1) 公営住宅等の整備の概要地方公共団体は 公営住宅法 ( 昭和 26 年法律第 193 号 ) 住宅地区改良法 ( 昭和 35

More information

<4D F736F F D B A815B836782CC8A C98C5782E9834B C4>

<4D F736F F D B A815B836782CC8A C98C5782E9834B C4> ヘルスケアリートの活用に係る ガイドライン素案 014 年 月国土交通省土地 建設産業局不動産市場整備課 1. 目的高齢化の進展に伴い ヘルスケア施設の供給の拡大等が求められる中 ヘルスケアリート創設の環境整備として 日本再興戦略 ( 平成 5 年 6 月 14 日閣議決定 ) において 民間資金の活用を図るため ヘルスケアリートの活用に向け 高齢者向け住宅等の取得 運用に関するガイドラインの整備

More information

売買 売買仲介アンケート調査結果とりまとめ Ⅰ 各社の企業概要 (1) 本社所在都道府県 2

売買 売買仲介アンケート調査結果とりまとめ Ⅰ 各社の企業概要 (1) 本社所在都道府県 2 平成 25 年 11 月 11 日 不動産取引 管理に関する実務実態調査 売買 売買仲介 ( 代理を含む ) アンケート 1. 調査目的 売買 売買仲介業務の適正化のための基礎資料とするため 売買 売買仲介 ( 代理を含む ) の課題や トラブルを少なくするための工夫などの実務の実態について調査を行う 2. 調査概要 (1) 調査方法一般社団法人不動産協会 一般社団法人不動産流通経営協会 公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

More information

(Microsoft Word - 20_\216s\211c\217Z\221\356.doc)

(Microsoft Word - 20_\216s\211c\217Z\221\356.doc) 市 本 営 市 住 では 12 宅 を 設 置 しています 施 設 延 床 面 積 約 1 万 7,861m2 集 合 住 宅 9 棟 と 木 造 戸 建 て 住 宅 122 戸 の 設 置 目 的 : 低 所 得 の 住 宅 困 窮 者 に 安 い 家 賃 で 入 居 させることを 目 的 とする 図 表 施 設 一 覧 21 郷 幸 住 部 町 宅 名 幸 郷 町 部 1040-3 66-3 所

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

法人を活用してガッポリ貯めるシリーズ c 給与でガッポリ貯める 給与でガッポリ貯める 銭儲け節税の大平経営会計事務所 と組んで 徹底的な節税と蓄財を図りましょう!!

法人を活用してガッポリ貯めるシリーズ c 給与でガッポリ貯める 給与でガッポリ貯める 銭儲け節税の大平経営会計事務所 と組んで 徹底的な節税と蓄財を図りましょう!! 法人を活用してガッポリ貯めるシリーズ c- 125 1 給与でガッポリ貯める 給与でガッポリ貯める 銭儲け節税の大平経営会計事務所 と組んで 徹底的な節税と蓄財を図りましょう!! 法人を活用してガッポリ貯めるシリーズ 1 c- 125 1 給与でガッポリ貯める 1. 目的 1 法人企業は より多くの蓄財を実現する 2 個人企業は 法人企業になることを積極的に検討する 2. 実践の要点 同族関係者が全員給与を取る

More information

資料 5 公共施設更新コスト試算 1 試算ケース ケース1: 旧耐震基準のうち 築 60 年以上は建替え それ以外は大規模改修 新耐震基準は老朽箇所修繕 耐用年数を 60 年と想定した場合 旧耐震基準の施設のうち 築 60 年以上の施設は 築 60 年が経過した施設から建替える 建替え対象以外の旧耐

資料 5 公共施設更新コスト試算 1 試算ケース ケース1: 旧耐震基準のうち 築 60 年以上は建替え それ以外は大規模改修 新耐震基準は老朽箇所修繕 耐用年数を 60 年と想定した場合 旧耐震基準の施設のうち 築 60 年以上の施設は 築 60 年が経過した施設から建替える 建替え対象以外の旧耐 資料 5 公共施設更新コスト試算 1 試算ケース ケース1: 旧耐震基準のうち 築 年以上は建替え それ以外は大規模改修 新耐震基準は老朽箇所修繕 耐用年数を 年と想定した場合 旧耐震基準の施設のうち 築 年以上の施設は 築 年が経過した施設から建替える 建替え対象以外の旧耐震基準の施設は 大規模改修を実施する 新耐震基準の施設は 老朽箇所修繕を実施する ケース2: 旧耐震基準は全て建替え 築 35

More information

Microsoft Word - ますだ総合スポーツクラブ規約.docx

Microsoft Word - ますだ総合スポーツクラブ規約.docx ますだ総合スポーツクラブ規約 第 1 章 総則 ( 名称及び所在地 ) 第 1 条名称をますだ総合スポーツクラブ ( 以下 クラブ という ) と称し 事務所を理事 宅に置く ( 的 ) 第 2 条クラブは 涯スポーツの確 を 援することにより地域スポーツの発展と 々の健康維持に寄与することを 的とする ( 事業 ) 第 3 条クラブは 前条の 的を達成するために 次の事業を う (1) スポーツチーム

More information

監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書

監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書 監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書 監査に関する品質管理基準の設定について 平成 17 年 10 月 28 日企業会計審議会 一経緯 当審議会は 平成 17 年 1 月の総会において 監査の品質管理の具体化 厳格化に関する審議を開始することを決定し 平成 17 年 3 月から監査部会において審議を進めてきた これは 監査法人の審査体制や内部管理体制等の監査の品質管理に関連する非違事例が発生したことに対応し

More information

工事費構成内訳書の提出について ~ 法定福利費の明示が必要になります ~ 平成 29 年 12 月 6 日 中日本高速道路株式会社

工事費構成内訳書の提出について ~ 法定福利費の明示が必要になります ~ 平成 29 年 12 月 6 日 中日本高速道路株式会社 工事費構成内訳書の提出について ~ 法定福利費の明示が必要になります ~ 平成 29 年 12 月 6 日 中日本高速道路株式会社 法定福利費の明示 1 法定福利費を明示する趣旨 建設業者の社会保険等未加入対策として 当社の発注する工事では 平成 29 年 4 月 1 日より全ての下請負人に対し 社会保険等への加入を義務化 ( 法令により適用除外となる場合を除く ) 社会保険等への加入を一層推進していくためには

More information

管理業務主任者 平成 28 年度管理業務主任者全国公開模試総合成績表 VU16118

管理業務主任者 平成 28 年度管理業務主任者全国公開模試総合成績表 VU16118 管理業務主任者 平成 28 年度管理業務主任者全国公開模試総合成績表 2221 161188 VU16118 216 年度 LEC 管理業務主任者全国公開模擬試験講評 1. 合格推定点について受験生の皆さま 模擬試験の受験 お疲れさまでした 今回の模擬試験の合格推定点は 36 点といたします 正解率についてみると 正解率が 7% 以上の問題が 32 問 正解率が 7% 未満 5% 以上の問題が 9

More information

( 評定の修正 ) 第 6 条評定者は 前条の規定により評定の結果を通知した後においてかしが判明したこと等により 当該評定を修正する必要が生じたときは 速やかにこれを修正し 知事等に提出するものとする 2 前条第 2 項の規程は前項の場合において準用する ( 説明の請求 ) 第 7 条前 2 条の規

( 評定の修正 ) 第 6 条評定者は 前条の規定により評定の結果を通知した後においてかしが判明したこと等により 当該評定を修正する必要が生じたときは 速やかにこれを修正し 知事等に提出するものとする 2 前条第 2 項の規程は前項の場合において準用する ( 説明の請求 ) 第 7 条前 2 条の規 岡山県建設工事成績評定及び通知要領 ( 目的 ) 第 1 条この要領は 岡山県農林水産部 土木部及びその他知事が特に認める機関が発注する建設工事 ( 以下 工事 という ) の技術水準の向上 品質の確保及び請負業者の指導育成を図ることを目的として 工事の成績評定 ( 以下 評定 という ) 及び評定の結果の通知 ( 以下 通知 という ) に関して必要な事項を定める ( 評定の対象 ) 第 2 条評定及び通知は

More information

Microsoft Word - PPPPFI手法導入における優先的検討に係る指針

Microsoft Word - PPPPFI手法導入における優先的検討に係る指針 PPP/PFI 手法導入における 優先的検討に係る指針 平成 29 年 3 月 高槻市 1 策定の趣旨新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図るとともに効率的かつ効果的な公共施設等の整備等を進めることを目的として 公共施設等の整備等に多様な PPP/PFI 手法を導入するための優先的検討に係る指針を定める 2 定義本指針において 次に掲げる用語の意義は それぞれ次に定めるところによる 用語定義 (1)

More information

Page 1 Page 1 of 2 東京都は所有者不明マンションの増加防 へ対策を検討する (7 に都庁で開かれた検討会 ) Page 1 of 2 Page 1 of 1 印刷画面 Page 1 of 3 記事利 について 所有者不明の部屋重荷にに課題管理費滞納 / 議決が困難に マンション管理区分所有法 東京都 条例を検討 2018/8/6 付 本経済新聞朝刊 政府が対策に乗り出した所有者不明の不動産問題は

More information

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ 住 宅 性 能 証 明 及 び 業 務 のご 案 内 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 の 概 要 < 制 度 について> 父 母 や 祖 父 母 などの 直 系 尊 属 から 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 もしくは 取 得 増 改 築 等 のための 金 銭 を 贈 与 する 場 において 一 定 金 額 までの 贈 与 につき

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

215 参考資料

215 参考資料 215 参考資料 < 参考資料 > マンション再生に関連する専門家等 主な専門分野 資格等 関連団体 ( 各地に関連団体がある場合は全国組織を記載 ) ホームページアドレス 連絡先 マンション管理士 ( 財 ) マンション管理センター http://www.mankan.or.jp TEL:03(3222)1516( 代表 ) 管理全般 区分所有管理士マンション維持修繕技術者 ( 社 ) 高層住宅管理業協会

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

Microsoft Word 何森 広樹 卒業論文.docx

Microsoft Word 何森 広樹 卒業論文.docx フリマアプリメルカリにおいての価格設定に どのようなものが影響を与えているのか 1190408 何森広樹 1. 本研究の課題 知 科 学経済 マネジメント学群 本論 ではフリマアプリメルカリにおいての価格設定にどのようなものが影響を与えているのかを明らかにしていく 現在フリマアプリの登場により消費者は新品にこだわらずに中古品を購 し 不要になったら捨てるのではなく売ることを前提に考えることは 活者の買い物

More information

IFRS基礎講座 IAS第11号/18号 収益

IFRS基礎講座 IAS第11号/18号 収益 IFRS 基礎講座 収益 のモジュールを始めます このモジュールには IAS 第 18 号 収益 および IAS 第 11 号 工事契約 に関する解説が含まれます これらの基準書は IFRS 第 15 号 顧客との契約による収益 の適用開始により 廃止されます パート 1 では 収益に関連する取引の識別を中心に解説します パート 2 では 収益の認識規準を中心に解説します パート 3 では 工事契約について解説します

More information

Microsoft PowerPoint - DL_saiyo_2017

Microsoft PowerPoint - DL_saiyo_2017 社員寮 福利厚生 採用などに関するアンケート集計結果 株式会社共立メンテナンス アンケート概要 本調査結果は下記の概要にて実施したアンケート集計結果からの抜粋データです 貴社人事 労務の各種ご検討 お打ち合せなどに是非ご活用ください ( 各種 Webサイト 印刷物 映像などへの無断での転載 引用につきましてはお控えください ご要望の際は 本資料に記載の問い合わせ先まで お気軽にご相談ください ) 調査期間:2017

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 国有林野事業における木材の販売に係る提案募集 ( マーケットサウンディング ) 提案の取りまとめと課題の整理 平成 29 年 12 月 26 日 ( 火 ) 民間提案募集における取組状況について 未来投資戦略 2017 林業の成長産業化に向けた先駆的な取組として 国有林野において 民間が長期 大ロットで伐採から販売までを一括して行うことにより現行より有利な立木資産の売却となる手法の可能性を検証するため

More information

平成 29 年度 過去 20 年 24 年 熊本市分譲マンション実態調査報告書 平成 29 年 11 月熊本市建築政策課 2

平成 29 年度 過去 20 年 24 年 熊本市分譲マンション実態調査報告書 平成 29 年 11 月熊本市建築政策課 2 マンション管理基礎セミナー 熊本市分譲マンション実態調査報告書 平成 29 年 11 月熊本市建築政策課 2018.2.10 特定非営利活動法人熊本県マンション管理組合連合会萩原悟 (V3.0 ) 平成 29 年度 過去 20 年 24 年 熊本市分譲マンション実態調査報告書 平成 29 年 11 月熊本市建築政策課 2 第 1 章調査の概要 目 1-1 調査の目的 1 ページ 1-2 調査の対象

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

福井県建設リサイクルガイドライン 第 1. 目的資源の有効な利用の確保および建設副産物の適正な処理を図るためには 建設資材の開発 製造から土木構造物や建築物等の設計 建設資材の選択 分別解体等を含む建設工事の施工 建設廃棄物の廃棄等に至る各段階において 建設副産物の排出の抑制 建設資材の再使用および

福井県建設リサイクルガイドライン 第 1. 目的資源の有効な利用の確保および建設副産物の適正な処理を図るためには 建設資材の開発 製造から土木構造物や建築物等の設計 建設資材の選択 分別解体等を含む建設工事の施工 建設廃棄物の廃棄等に至る各段階において 建設副産物の排出の抑制 建設資材の再使用および 福井県建設リサイクルガイドライン 平成 16 年 3 月 福井県 福井県建設リサイクルガイドライン 第 1. 目的資源の有効な利用の確保および建設副産物の適正な処理を図るためには 建設資材の開発 製造から土木構造物や建築物等の設計 建設資材の選択 分別解体等を含む建設工事の施工 建設廃棄物の廃棄等に至る各段階において 建設副産物の排出の抑制 建設資材の再使用および建設副産物の再資源化等の促進という観点を持ち

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

マンションの管理費が適正価格で運 出来ている管理組合は 3 割が現状!! 実は無駄なコストをかけてマンション管理は運 されています 適正化することで年間約 300 万円も削減出来ます あなたの本当にご の所有しているマンションの管理費 積 は本当に適正だと い切れますか? 管理費 直しドットコムはあ

マンションの管理費が適正価格で運 出来ている管理組合は 3 割が現状!! 実は無駄なコストをかけてマンション管理は運 されています 適正化することで年間約 300 万円も削減出来ます あなたの本当にご の所有しているマンションの管理費 積 は本当に適正だと い切れますか? 管理費 直しドットコムはあ マンション所有者様 ビルオーナー様対象商品 マンションの管理費は必ず削減できます!! 軽で簡単 無料の管理会社 相 積もりサービス 分譲マンション管理費 直しサービス 管理費 直しドットコム ご提案書 マンションの管理費が適正価格で運 出来ている管理組合は 3 割が現状!! 実は無駄なコストをかけてマンション管理は運 されています 適正化することで年間約 300 万円も削減出来ます あなたの本当にご

More information

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) ( 事業評価の目的 ) 1. JICA は 主に 1PDCA(Plan; 事前 Do; 実施 Check; 事後 Action; フィードバック ) サイクルを通じた事業のさらなる改善 及び 2 日本国民及び相手国を含むその他ステークホルダーへの説明責任

More information

Ⅲ 診断判定モデル住宅事例 建物概要 2 階建て木造住宅延べ床面積 53 m2 1 昭和 56 年 6 月以降 2 地盤は普通か良い 3 鉄筋コンクリート基礎 4 屋根は軽い 5 健全である 6 壁量多い 7 筋かいあり 8 壁のバランスが良い 9 建物形状はほぼ整形 10 金物あり 老朽度 診断結

Ⅲ 診断判定モデル住宅事例 建物概要 2 階建て木造住宅延べ床面積 53 m2 1 昭和 56 年 6 月以降 2 地盤は普通か良い 3 鉄筋コンクリート基礎 4 屋根は軽い 5 健全である 6 壁量多い 7 筋かいあり 8 壁のバランスが良い 9 建物形状はほぼ整形 10 金物あり 老朽度 診断結 Ⅲ 診断判定モデル住宅事例 2 階建て木造住宅延べ床面積 53 m2 1 昭和 56 年 6 月以降 3 鉄筋コンクリート基礎 4 屋根は軽い 5 健全である 6 壁量多い 7 筋かいあり 8 壁のバランスが良い 9 建物形状はほぼ整形 10 金物あり 1.24 総合評点 A 木造住宅の耐震診断は 建物の形 壁の配置 の各項目についてそれぞれの状況により評点をつけたうえで各評点を掛け合わせて総合評点を求めます

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

前 年 度 に 比 べて 税 額 が 増 加 する 主 なケース < 土 地 > ア. 課 税 地 目 が 変 わった 前 年 中 に 農 地 から 雑 種 地 ( 駐 車 場 等 )や 宅 地 ( 住 宅 や 店 舗 )へ 変 わると 税 額 が 増 加 します イ. 家 屋 ( 住 宅 や 併

前 年 度 に 比 べて 税 額 が 増 加 する 主 なケース < 土 地 > ア. 課 税 地 目 が 変 わった 前 年 中 に 農 地 から 雑 種 地 ( 駐 車 場 等 )や 宅 地 ( 住 宅 や 店 舗 )へ 変 わると 税 額 が 増 加 します イ. 家 屋 ( 住 宅 や 併 固 定 資 産 ( 土 地 家 屋 ) 課 税 明 細 書 の 見 方 固 定 資 産 ( 土 地 家 屋 ) 課 税 明 細 書 は あなたが 賦 課 期 日 ( 本 年 の1 月 1 日 ) 現 在 所 有 し 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 の 課 税 対 象 となっている 固 定 資 産 ( 土 地 家 屋 )の 状 況 について 記 載 している 大 切 な 書 類 で す 必 ず

More information

<4D F736F F D BC696B195F18F568AEE8F808CA992BC82B582C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D BC696B195F18F568AEE8F808CA992BC82B582C982C282A282C42E646F63> 業務報酬基準の見直しについて 1. 業務報酬基準とは 建築士法第 25 条において 国土交通大臣は 中央建築士審査会の同意を得て 建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することのできる報酬の基準を定め これを勧告することができることとされています 業務報酬基準は この規定に基づき 建築主と建築士事務所が設計 工事監理等の業務の契約を行う際の業務報酬の算定方法等を示したものです 2. 業務報酬基準の見直しの経緯

More information

国 家 税 務 総 局 による 輸 出 貨 物 還 付 ( 免 ) 税 に 関 する 若 干 問 題 の 通 知 国 税 発 [2006]102 号 2006 年 7 月 12 日 国 家 税 務 総 局 各 省 自 治 区 直 轄 市 及 び 計 画 単 列 市 国 家 税 務 局 : 一 部 の

国 家 税 務 総 局 による 輸 出 貨 物 還 付 ( 免 ) 税 に 関 する 若 干 問 題 の 通 知 国 税 発 [2006]102 号 2006 年 7 月 12 日 国 家 税 務 総 局 各 省 自 治 区 直 轄 市 及 び 計 画 単 列 市 国 家 税 務 局 : 一 部 の 輸 出 貨 物 還 付 ( 免 ) 税 に 関 する 若 干 問 題 の 通 知 2006 年 7 月 12 日 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 上 海 センター 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 等 をできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりま すが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 等 の 正 確 性

More information

2 マンション管理業界の課題マンション管理業界の課題理事会理事会理事会理事会とのとのとのとのコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーション管理員管理員管理員管理員とのとのとのとのコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーション学習学習学習学習 研磨研

2 マンション管理業界の課題マンション管理業界の課題理事会理事会理事会理事会とのとのとのとのコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーション管理員管理員管理員管理員とのとのとのとのコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーション学習学習学習学習 研磨研 1 区分所有者としてマンションに住み あるいは所有される方にとって そのマンションが 家 として住みやすいか 資産 として人気があるかは大切な問題であり その実現のために支援を期待されるのがマンション管理会社です 社会からの期待はとても大きく 専門性も求められ 難易度の高いものです 区分所有者としてマンションに住み あるいは所有される方にとって そのマンションが 家 として住みやすいか 資産 として人気があるかは大切な問題であり

More information

公共建築改善プロジェクト(仮)

公共建築改善プロジェクト(仮) 資料 4 公共建築事業の発注フローにおける課題 事例等について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 公共建築事業の発注までのフロー 段階 企画 基本設計 実施設計 積算 概算工事費算出 1 概略工期算出 1 概算工事費算出 2 概略工期算出 2 概算工事費算出 3 概略工期算出 3 工期設定 実施内容 企画立案予算措置 諸条件把握発注条件とりまとめ

More information

Microsoft Word - 三浦1.doc

Microsoft Word - 三浦1.doc マンション修繕積立金について考える 経営情報学科三浦正俊 1. 修繕積立金の意義と役割最近の都市住宅では 公営団地や民間の分譲マンション等の集合住宅に居住することが当たり前になってきています また 都市の住民のうちマンション等に居住する住民の割合をいわゆる マンション化率 として算出し表現しています マンション等に居住してまず気になるのが マンション購入者 ( 区分所有者 ) に課される 修繕積立金

More information

定量的な成果目標の設定が困難な場合 定量的な目標が設定できない理由及び定性的な成果目標 事業の妥当性を検証するための代替的な達成目標及び実績 活動指標及び活動実績 ( アウトプット ) 単位当たりコスト 代替目標 各国賓客の招待外交の表舞台に相応しい施設としての機能を維持するため また 安定して一般

定量的な成果目標の設定が困難な場合 定量的な目標が設定できない理由及び定性的な成果目標 事業の妥当性を検証するための代替的な達成目標及び実績 活動指標及び活動実績 ( アウトプット ) 単位当たりコスト 代替目標 各国賓客の招待外交の表舞台に相応しい施設としての機能を維持するため また 安定して一般 事業名 事業番号 06 平成 30 年度行政事業レビューシート ( 内閣府 ) 迎賓館施設整備に必要な経費担当部局庁迎賓館作成責任者 事業開始年度 昭和 54 年度 事業終了 ( 予定 ) 年度 終了予定なし 担当課室 赤坂迎賓館総務課京都迎賓館庶務課 総務課長 船坂 和夫 庶務課長 押切 哲夫 会計区分 一般会計 根拠法令 ( 具体的な条項も記載 ) 官公庁施設の建設等に関する法律 関係する計画

More information

< 目的 > 専ら被保険者の利益 にはそぐわない目的で運用が行われるとの懸念を払拭し 運用に対する国民の信頼を高める 運用の多様化 高度化が進む中で 適切にリスクを管理しつつ 機動的な対応を可能に GPIF ガバナンス強化のイメージ ( 案 ) < 方向性 > 1 独任制から合議制への転換基本ポート

< 目的 > 専ら被保険者の利益 にはそぐわない目的で運用が行われるとの懸念を払拭し 運用に対する国民の信頼を高める 運用の多様化 高度化が進む中で 適切にリスクを管理しつつ 機動的な対応を可能に GPIF ガバナンス強化のイメージ ( 案 ) < 方向性 > 1 独任制から合議制への転換基本ポート 第 32 回社会保障審議会年金部会平成 27 年 12 月 25 日 資料 GPIF ガバナンス強化のイメージ ( 案 ) 厚生労働省年金局 平成 27 年 12 月 25 日 < 目的 > 専ら被保険者の利益 にはそぐわない目的で運用が行われるとの懸念を払拭し 運用に対する国民の信頼を高める 運用の多様化 高度化が進む中で 適切にリスクを管理しつつ 機動的な対応を可能に GPIF ガバナンス強化のイメージ

More information

1. 調査の目的 物価モニター調査の概要 原油価格や為替レートなどの動向が生活関連物資等の価格に及ぼす影響 物価動向についての意識等を正確 迅速に把握し 消費者等へタイムリーな情報提供を行う ( 参考 )URL:

1. 調査の目的 物価モニター調査の概要 原油価格や為替レートなどの動向が生活関連物資等の価格に及ぼす影響 物価動向についての意識等を正確 迅速に把握し 消費者等へタイムリーな情報提供を行う ( 参考 )URL: 電力小売自由化に関する物価モニター調査の結果 平成 30 年 11 月 9 日 ( 金 ) 1. 調査の目的 物価モニター調査の概要 原油価格や為替レートなどの動向が生活関連物資等の価格に及ぼす影響 物価動向についての意識等を正確 迅速に把握し 消費者等へタイムリーな情報提供を行う ( 参考 )URL:http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/price_measures/index.html#price_monitor

More information

ト ン ネ ル ご 施 工 計 画 施 工 設 備 及 び 積 算 建 設 環 境 上 水 道 及 び 工 業 用 水 道 技 術 部 門 上 下 水 道 部 門 に 該 当 する 下 水 道 資 農 業 土 木 技 術 部 門 農 業 部 門 に 該 当 する 資 と の RCCM の 資 森 林

ト ン ネ ル ご 施 工 計 画 施 工 設 備 及 び 積 算 建 設 環 境 上 水 道 及 び 工 業 用 水 道 技 術 部 門 上 下 水 道 部 門 に 該 当 する 下 水 道 資 農 業 土 木 技 術 部 門 農 業 部 門 に 該 当 する 資 と の RCCM の 資 森 林 管 理 技 術 者 及 び 照 査 技 術 者 の 選 任 及 び 資 要 件 等 の 運 用 について 平 成 12 年 4 月 1 日 制 定 平 成 17 年 4 月 26 日 改 正 平 成 19 年 12 月 14 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 1 管 理 技 術 者 及 び 照 査

More information

マンション管理士 平成 28 年度マンション管理士全国公開模試総合成績表 VU16122

マンション管理士 平成 28 年度マンション管理士全国公開模試総合成績表 VU16122 マンション管理士 平成 28 年度マンション管理士全国公開模試総合成績表 2221 161225 VU16122 216 年度 LEC マンション管理士全国公開模擬試験講評 1. 合格推定点について受験生の皆さま 模試受験お疲れさまでした 今回の模試の合格推定点は 38 点とします 全体として 正解率が 8% を超える問題は 23 問ありました 合格するためには まず 多数の受験生が正解できる問題を確実に得点することが重要です

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

7 ( 略 ) 5 ( 略 ) 別 表 第 1 別 表 第 1 一 般 区 域 建 築 物 新 築 増 築 改 築 すべての 建 築 物 ただし 高 さが10m 以 下 の 又 は 移 転 建 築 物 は 別 に 定 める 様 式 により 色 彩 のみ 届 出 を 行 う 外 観 を 変 更 する

7 ( 略 ) 5 ( 略 ) 別 表 第 1 別 表 第 1 一 般 区 域 建 築 物 新 築 増 築 改 築 すべての 建 築 物 ただし 高 さが10m 以 下 の 又 は 移 転 建 築 物 は 別 に 定 める 様 式 により 色 彩 のみ 届 出 を 行 う 外 観 を 変 更 する 山 中 湖 村 景 観 条 例 ( 平 成 22 年 条 例 第 8 号 ) 新 旧 対 照 表 新 旧 ( 大 規 模 行 為 事 業 者 の 事 前 協 議 ) ( 大 規 模 行 為 事 業 者 の 事 前 協 議 ) 第 32 条 景 観 計 画 区 域 において 次 の 各 号 のいずれかの 行 為 を 行 おう とする 者 ( 以 下 大 規 模 行 為 事 業 者 という )は あらかじめ

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

( 業務計画の策定 ) 第 3 条受注者は 本業務を実施するに当たり 管理技術者が行う担当技術者に対する指揮命令等を明示した業務計画書を作成するものとする 2 受注者は 前項により作成した業務計画書を発注者に提出するものとする ( 施行上の義務及び心得 ) 第 4 条受注者は 本業務の実施に当たって

( 業務計画の策定 ) 第 3 条受注者は 本業務を実施するに当たり 管理技術者が行う担当技術者に対する指揮命令等を明示した業務計画書を作成するものとする 2 受注者は 前項により作成した業務計画書を発注者に提出するものとする ( 施行上の義務及び心得 ) 第 4 条受注者は 本業務の実施に当たって 用地補償技術支援業務委託特記仕様書 ( 適用範囲 ) 第 1 条この仕様書は 那覇市市民文化部文化振興課所管事業に必要な土地等の取得等及びこれに伴う損失の補償に関する業務 ( 以下 用地補償業務 という ) の一部を委託に付する場合の仕様を示すものである 本業務の履行にあたっては 沖縄県土木建築部制定 用地補償技術支援業務委託要領 ( 平成 24 年 4 月 1 日改正 ) 用地補償技術支援業務共通仕様書

More information

2

2 1 2 3 4 5 Ⅰ 復 興 支 援 住 宅 エコポイント 231121 241031 1 A 窓 の 断 熱 改 修 発 行 されるポイントは 戸 あたり 万 ポイントが 上 限 となります ( 耐 震 改 修 を 伴 う 場 合 は45 万 ポイントが 上 限 となります ) 改 修 後 の 窓 が 省 エネ 基 準 ( 平 成 11 年 基 準 )に 規 定 する 断 熱 性 能 に 適 合

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 年 月株式会社リクルートジョブズジョブズリサーチセンター 求職者の動向と意識の変化 < 求職者の動向 意識調査 3- より > 株式会社リクルートジョブズの調査研究機関 ジョブズリサーチセンター では 求職者の動向や意識を調査するために隔年で 求職者の動向 意識調査 を実施しています 本レポートでは 最新の 年調査結果と 3 年調査結果の比較を行いました 主な結果は以下の通りです < 新たな仕事の決定状況

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

1 A 所有の土地について A が B に B が C に売り渡し A から B へ B から C へそれぞれ所有権移転登記がなされた C が移転登記を受ける際に AB 間の売買契約が B の詐欺に基づくものであることを知らなかった場合で 当該登記の後に A により AB 間の売買契約が取り消された

1 A 所有の土地について A が B に B が C に売り渡し A から B へ B から C へそれぞれ所有権移転登記がなされた C が移転登記を受ける際に AB 間の売買契約が B の詐欺に基づくものであることを知らなかった場合で 当該登記の後に A により AB 間の売買契約が取り消された 1 A 所有の土地について A が B に B が C に売り渡し A から B へ B から C へそれぞれ所有権移転登記がなされた C が移転登記を受ける際に AB 間の売買契約が B の詐欺に基づくものであることを知らなかった場合で 当該登記の後に A により AB 間の売買契約が取り消されたとき C は A に対して土地の所有権の取得を対抗できる (96-51) 2 A が B の欺罔行為によって

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

公共工事等における新技術活用システムについて 別添 公共工事等に関する優れた技術は 公共工事等の品質の確保に貢献し 良質な社会資本の整備を通じて 豊かな国民生活の実現及びその安全の確保 環境の保全 良好な環境の創出 自立的で個性豊かな地域社会の形成等に寄与するものであり 優れた技術を持続的に創出して

公共工事等における新技術活用システムについて 別添 公共工事等に関する優れた技術は 公共工事等の品質の確保に貢献し 良質な社会資本の整備を通じて 豊かな国民生活の実現及びその安全の確保 環境の保全 良好な環境の創出 自立的で個性豊かな地域社会の形成等に寄与するものであり 優れた技術を持続的に創出して 公共工事等における新技術活用システムについて 別添 公共工事等に関する優れた技術は 公共工事等の品質の確保に貢献し 良質な社会資本の整備を通じて 豊かな国民生活の実現及びその安全の確保 環境の保全 良好な環境の創出 自立的で個性豊かな地域社会の形成等に寄与するものであり 優れた技術を持続的に創出していくためには 民間事業者等により開発された有用な新技術を公共工事等において積極的に活用していくことが重要である

More information

自分で登記をする場合必要な書類の作成方法

自分で登記をする場合必要な書類の作成方法 登記書類の作成 法 分で登記をして 20 万円節約しよう 中川優也 分で登記をする場合必要な書類の作成 法 この書類では 分で 建物表題登記 と 建物所有権保存登記 をする際に必要な書類の作成 法について説明します 建物表題登記編 新築の家を買うなり建てるなりした場合 建物の引き渡しを受けた後まずは建物の表題登記が 必要になります 表題登記が完了後 建物の所有権保存登記という流れになります 建物表題登記をする際に作成が必要な書類は以下の通りです

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 首都圏の新築マンション購入者が選んだ マンションデベロッパー 管理会社の顧客満足度ランキング SUUMO AWARD 初めて発表 ~ デベロッパーの部総合評価の最は 三井不動産レジデンシャル ~ 株式会社リクルート住まいカンパニー ( 本社 : 東京都港区代表取締役社長 : 淺野健 ) は 首都圏の新築マンション購入者が選んだデベロッパーと管理会社の顧客満足度ランキングを SUUMO AWARD として

More information

ウ環境負荷低減型フォーム工事公共下水道 農業集落排水施設及び合併浄化槽に 生活排水設備を接続する工事です なお 合併浄化槽の設置については市の補助制度があります 詳しくは上下水道課へご相談ください Q 8 住宅リフォーム工事とはどのような工事ですか? A 8 住宅の機能の維持 回復又は向上のために行

ウ環境負荷低減型フォーム工事公共下水道 農業集落排水施設及び合併浄化槽に 生活排水設備を接続する工事です なお 合併浄化槽の設置については市の補助制度があります 詳しくは上下水道課へご相談ください Q 8 住宅リフォーム工事とはどのような工事ですか? A 8 住宅の機能の維持 回復又は向上のために行 大町市住宅性能向上リフォーム支援事業 Q&A 1 補助金交付の対象者 対象住宅に関すること Q 1 現在 市外に居住しており市内の中古住宅を購入して居住する予定です 対象者となりますか? A 1 補助金交付申請時に住宅の所有者で市内に住所を有する場合は対象となります Q 2 平成 23 年度から平成 26 年度に実施した大町市住宅リフォーム促進事業で補助金交 付を受けていますが 本事業の対象住宅となりますか?

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 物流倉庫 5S 実践プログラム ( 荷主企業 物流企業共通 ) 物流倉庫における 5S を定着させるための支援プログラムです 荷主企業の自社物流現場 物流企業の現場 いずれにも有効な 5S 実践プログラムです 船井総研ロジのコンサルタントが貴社の物流現場担当者と一緒になって倉庫内の 5S 実践を支援します 物流現場の 生産性を上げたい や 品質を良くしたい という数多くの企業様からご相談をいただいています

More information

マンション管理の現状と課題

マンション管理の現状と課題 資料 -2 マンション管理の現状と課題 1 分譲会社と管理組合 ( 購入者 組合員 ) との関係 2 管理組合と管理会社との関係 3 管理組合内部 平成 22 年 10 月 15 日篠原みち子 1 分譲会社と管理組合 ( 購入者 組合員 ) との関係 (1) 分譲会社側の事由が管理組合運営に与える影響 1 開発条件 特に等価交換マンションでは 元地権者に有利な原始管理規約案が作成される 費用負担の割合

More information

はじめに 個人情報保護法への対策を支援いたします!! 2005 年 4 月 個人情報保護法 全面施行致しました 個人情報が漏洩した場合の管理 責任について民事での損害賠償請求や行政処分などのリスクを追う可能性がござい ます 個人情報を取り扱う企業は いち早く法律への対応が必要になります コラボレーシ

はじめに 個人情報保護法への対策を支援いたします!! 2005 年 4 月 個人情報保護法 全面施行致しました 個人情報が漏洩した場合の管理 責任について民事での損害賠償請求や行政処分などのリスクを追う可能性がござい ます 個人情報を取り扱う企業は いち早く法律への対応が必要になります コラボレーシ 人材業界会社様向け プライバシーマーク取得支援サービスについてのご提案 コラボレーションプラス有限会社 104-0053 東京都中央区晴海 4-1-1 晴海 4 丁目ビル 3F TEL:03-5548-0886 E-Mail:info@collaboration-plus.co.jp URL:www.colllaboration-plus.co.jp はじめに 個人情報保護法への対策を支援いたします!!

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

一般競争入札について

一般競争入札について ( 一 般 競 争 入 札 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 ガイドライン 平 成 21 年 4 月 ( 独 ) 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 1.はじめに 現 在 公 共 調 達 の 透 明 性 公 正 性 をより 一 層 めることが 喫 緊 の 課 題 とな っており 独 立 行 政 法 人 も 含 めた 政 府 全 体 で 随 意 契 約 の 見 直 しに 取 り 組 んで おります

More information

198 第 3 章 減価償却資産の取得価額 キーワード ソフトウエアに係る取得価額購入したソフトウエアの取得価額は 1 当該資産の購入の代価と 2 当該資産を事業の用に供するために直接要した費用との合計額とされています 引取運賃 荷役費 運送保険料 購入手数料 関税 その他の当該資産の購入のために要

198 第 3 章 減価償却資産の取得価額 キーワード ソフトウエアに係る取得価額購入したソフトウエアの取得価額は 1 当該資産の購入の代価と 2 当該資産を事業の用に供するために直接要した費用との合計額とされています 引取運賃 荷役費 運送保険料 購入手数料 関税 その他の当該資産の購入のために要 第3章 減価償却資産の取得価額 197 46 ソフトウエア開発の作業支援のために支出した業 務外注費 ケース 当社は 製造から販売まで一連の製品管理業務に係 るソフトウエアについて 当社の指導の下でその指示 に従うことを条件に 複数のソフトウエア開発会社に開発を委託して 製作しました さらに 当該開発委託とは別に 当該ソフトウエアの製作のための 一連の作業支援を業者に委託しました その委託業務の具体的内容

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

はじめに 会社の経営には 様々な判断が必要です そのなかには 税金に関連することも多いでしょう 間違った判断をしてしまった結果 受けられるはずの特例が受けられなかった 本来より多額の税金を支払うことになってしまった という事態になり 場合によっては 会社の経営に大きな影響を及ぼすこともあります また

はじめに 会社の経営には 様々な判断が必要です そのなかには 税金に関連することも多いでしょう 間違った判断をしてしまった結果 受けられるはずの特例が受けられなかった 本来より多額の税金を支払うことになってしまった という事態になり 場合によっては 会社の経営に大きな影響を及ぼすこともあります また はじめに 会社の経営には 様々な判断が必要です そのなかには 税金に関連することも多いでしょう 間違った判断をしてしまった結果 受けられるはずの特例が受けられなかった 本来より多額の税金を支払うことになってしまった という事態になり 場合によっては 会社の経営に大きな影響を及ぼすこともあります また 会社の税金に関する判断は 会社だけにとどまらず 経営者の個人の税金にも関係します 税金の問題は複雑で

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

< F2D A982E CA817A975C8E5A8C888E5A>

< F2D A982E CA817A975C8E5A8C888E5A> 110401 土木工事積算基準 ( 電気通信編 ) による電気設備工事 受変電設備工事 通信設備工事にかかる取扱い 予算決算及び会計令第 86 条の調査について 1. 予決令第 85 条に基づく基準価格を下回る価格で入札を行った者に対し 予決令第 86 条の調査 ( 低入札価格調査 ) を実施する ここで 基準価格は 予定価格算出の基礎となった次に掲げる額に 100 分の105を乗じて得た額の合計額とする

More information

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律

中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律 第 7 条第 1 項に規定する説明書類 第 1 府令 6 条第 1 項第 1 号に規定する法第 4 条及び第 5 条の規定に基づく措置の実施に 関する方針の概要 1. 取組方針目的 中小業者等金融円滑化基本方針 当組合は 地域の中小企業事業者並びに住宅資金借入者の最も身近な頼れる相談相手として お客様の悩みを一緒に考え 問題の解決に努めていくため

More information

定量的な成果目標の設定が困難な場合 定量的な目標が設定できない理由及び定性的な成果目標 事業の妥当性を検証するための代替的な達成目標及び実績 定量的な目標が設定できない理由 迎賓施設としての機能を維持するため また 安定して一般公開等を行うために必要となる経年劣化等の不具合による改修工事等であるため

定量的な成果目標の設定が困難な場合 定量的な目標が設定できない理由及び定性的な成果目標 事業の妥当性を検証するための代替的な達成目標及び実績 定量的な目標が設定できない理由 迎賓施設としての機能を維持するため また 安定して一般公開等を行うために必要となる経年劣化等の不具合による改修工事等であるため 事業名 事業番号 054 平成 29 年度行政事業レビューシート ( 内閣府 ) 迎賓館施設整備に必要な経費担当部局庁迎賓館作成責任者 事業開始年度 昭和 54 年度 事業終了 ( 予定 ) 年度 終了予定なし 担当課室 赤坂迎賓館総務課京都迎賓館庶務課 総務課長 船坂 和夫 庶務課長 高橋 祐司 会計区分 一般会計 根拠法令 ( 具体的な条項も記載 ) 官公庁施設の建設等に関する法律 関係する計画

More information

Microsoft Word - ★HP版平成28年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成28年度検査の結果 平成 28 年度検査結果について () 検査体制等農政部農地整備課の検査員 3 名以上により 土地改良区等あたり 日間から3 日間実施しました 農業振興事務所の土地改良区指導担当職員及び関係市町職員が立会いました (2) 検査件数 定期検査 38( 土地改良区 :37 土地改良区連合 :) 特別検査 0 2 検査結果について () 指摘事項の傾向検査を実施した土地改良区等の数 :38 指摘件数 :83

More information

3 地域コミュニティ活動について 地域コミュニティ活動 への参加について よく参加している 時々参加している とい う回答は 55.4% となりました また 参加したことはない と回答された方以外を対象に 地域コミュニティ団体の課題と 思うもの を尋ねたところ 回答が多かったものは 以下のとおりです

3 地域コミュニティ活動について 地域コミュニティ活動 への参加について よく参加している 時々参加している とい う回答は 55.4% となりました また 参加したことはない と回答された方以外を対象に 地域コミュニティ団体の課題と 思うもの を尋ねたところ 回答が多かったものは 以下のとおりです 地域のつながりに関するアンケート調査結果 環境生活政策課 県では 地域における人と人との絆 つながりが希薄化しつつある中で 家族や地域社会とのつながりを失い 地域の中で孤立し 生活上の不安や困難を抱えるといった問題が生じてきている状況に対応するため 地域のつながりの再生や支え合いの仕組みづくりなどを通して 誰もが安心して暮らせる地域づくりを推進しています そこで 県民の皆さんの地域のつながりや地域コミュニティに対する意識等について把握し

More information

2. その他 (1) 現場事務所や工事現場の出入口等の 建退共対象労働者の見やすい場所に 建設業退職金共済制度適用事業主工事現場標識 を貼り付けてください (2) 元請業者においては 下請業者に建退共制度への加入指導に努めるとともに 下請業者の建退共制度の事務処理能力が十分でない場合には 下請業者に

2. その他 (1) 現場事務所や工事現場の出入口等の 建退共対象労働者の見やすい場所に 建設業退職金共済制度適用事業主工事現場標識 を貼り付けてください (2) 元請業者においては 下請業者に建退共制度への加入指導に努めるとともに 下請業者の建退共制度の事務処理能力が十分でない場合には 下請業者に 建設業退職金共済関係の提出書類について 建設業退職金共済制度は 建設現場で働く労働者の福祉の向上を図るために設けられたもので 建 設労働者が建設業の仕事に従事できなくなったときの退職金制度であり その掛金相当額は工事費の 中に含まれています この制度の普及については 国 県などにおいて加入促進を図っているところであり 春日部市におい ても この趣旨をご理解の上 広くこの制度への加入をお願いするものです

More information

平成13年度分譲マンションアンケート調査(簡易集計結果)

平成13年度分譲マンションアンケート調査(簡易集計結果) 平成 年度分譲マンション管理組合アンケート調査結果 1. 調査の概要 (1) 調査目的 千葉市内における分譲マンション管理組合の運営状況や御意見等を把握し 今後のマンション管理関連施策に役立てていくために実施するものです () 調査方法 1) 調査時期 平成 年 月 ~1 月 ) 調査対象 市内の分譲マンション管理組合 6 管理組合 ( うち旧耐震基準のマンション 1 管理組合 ) ) 調査方法 アンケート調査票を各団地へ郵送し

More information

規制改革会議公開ディスカッション 資料2-1

規制改革会議公開ディスカッション 資料2-1 老朽化マンションの建替え等の促進現状 : 老朽化マンションの建替えは進んでいない 1 全国のマンション戸数 2 旧耐震基準に基づくマンション戸数 3マンション建替え事業実施件数 内閣府規制改革推進室資料 2-1 約 5,900,000 戸約 1,060,000 戸 183 件 1 は平成 24 年末現在 3 は平成 25 年 4 月時点 < 老朽化 > 耐震性への不安 既存不適格 等 建替え検討 建替え等を希望

More information

■認知症高齢者の状況

■認知症高齢者の状況 族 介 護 者 状 況 について 参 考 資 料 4 厚 生 労 働 省 が 実 施 した 平 成 22 年 国 民 生 活 基 礎 調 査 からわかる 全 国 的 な 族 介 護 者 状 況 は 以 下 通 りです < 全 国 的 に 要 介 護 者 約 5 割 が 高 齢 者 世 帯 老 老 介 護 も 年 々 増 加 > 介 護 者 いる 世 帯 約 5 割 が 高 齢 者 世 帯 となっており,

More information