直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ"

Transcription

1 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19 年 1 月 5 日 庁 訓 第 1 号 平 成 27 年 10 月 1 日 防 衛 省 訓 令 第 39 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は 自 衛 隊 の 使 用 する 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ことを 目 的 とする ( 技 術 基 準 ) 第 2 条 航 空 機 は 航 空 機 の 安 全 性 を 確 保 するために 必 要 な 技 術 上 の 基 準 ( 以 下 技 術 基 準 という )に 適 合 しているものでなければ 航 空 の 用 に 供 してはならない ただ し 次 項 の 試 験 に 当 たって 航 空 の 用 に 供 する 場 合 は この 限 りでない 2 航 空 機 が 技 術 基 準 に 適 合 しているか 否 かの 確 認 は 航 空 機 又 は 航 空 機 の 構 成 品 である 機 器 を 使 用 して 行 う 試 験 により 行 わなければならない 3 技 術 基 準 は 附 属 書 に 定 める 基 準 とする ( 整 備 ) 第 3 条 防 衛 大 学 校 長 陸 上 幕 僚 長 海 上 幕 僚 長 航 空 幕 僚 長 又 は 防 衛 装 備 庁 長 官 ( 第 5 条 及 び 第 6 条 において 幕 僚 長 等 という )は それぞれ 所 属 の 航 空 機 及 び 航 空 機 の 構 成 品 である 機 器 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 において 航 空 機 等 という )が 技 術 基 準 に 適 合 するよう 当 該 航 空 機 等 の 整 備 を 行 わなければならない ( 仕 様 書 の 作 成 等 ) 第 4 条 航 空 機 等 に 係 る 装 備 品 等 の 標 準 化 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 43 年 防 衛 庁 訓 令 第 33 号 ) 第 13 条 第 3 項 の 防 衛 省 仕 様 書 の 原 案 同 訓 令 第 14 条 に 定 めるところにより 作 成 する 仕 様 書 及 び 同 訓 令 第 19 条 第 2 項 の 防 衛 省 規 格 の 原 案 は 技 術 基 準 に 適 合 するよう 作 成 するもの とする ( 技 術 基 準 に 適 合 しない 場 合 の 措 置 等 ) 第 5 条 幕 僚 長 等 は 航 空 機 が 技 術 基 準 に 適 合 していないときは 当 該 航 空 機 又 は 当 該 航 空 機 及 び 当 該 航 空 機 と 同 一 の 型 式 の 航 空 機 の 全 部 又 は 一 部 について 直 ちに 飛 行 停 止 の 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 2 幕 僚 長 等 は 航 空 機 が 技 術 基 準 に 適 合 していないおそれがあると 認 めるときは 当 該 航 空 機 又 は 当 該 航 空 機 及 び 当 該 航 空 機 と 同 一 の 型 式 の 航 空 機 の 全 部 又 は 一 部 について

2 直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに その 旨 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない ( 委 任 規 定 ) 第 6 条 この 訓 令 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 幕 僚 長 等 が 定 める ( 協 力 ) 第 7 条 第 3 条 第 5 条 及 び 前 条 に 掲 げる 事 項 の 実 施 等 に 関 し 陸 上 幕 僚 長 海 上 幕 僚 長 又 は 航 空 幕 僚 長 は 防 衛 装 備 庁 長 官 と 相 互 に 協 力 するものとする 附 則 1 この 訓 令 は 平 成 7 年 4 月 17 日 から 施 行 する 2 附 属 書 中 4の(5)のア 4の(6) 6の(3)のア 6の(5)のア 6の(7)のア 及 び6の (8)のアの 規 定 は 硫 黄 島 基 地 隊 無 人 機 運 用 隊 が 運 航 するUF-104JA 型 航 空 機 につい ては 適 用 しない 附 則 ( 平 成 19 年 1 月 5 日 庁 訓 第 1 号 )( 抄 ) 1 この 訓 令 は 平 成 19 年 1 月 9 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 省 訓 第 39 号 )( 抄 ) ( 施 行 期 日 ) 第 1 条 この 訓 令 は 平 成 27 年 10 月 1 日 から 施 行 する 附 属 書 航 空 機 の 安 全 性 を 確 保 するために 必 要 な 技 術 上 の 基 準 1 総 則 この 基 準 は 航 空 機 の 安 全 性 を 確 保 するために 必 要 な 技 術 上 の 基 準 を 規 定 する 2 飛 行 ア 航 空 機 の 性 能 及 び 飛 行 性 は 飛 行 試 験 その 他 の 試 験 又 はこれらの 試 験 に 基 づく 計 算 によって 証 明 されたものでなければならない ただし 計 算 による 結 果 は 直 接 の 試 験 による 結 果 と 同 程 度 に 正 確 なものであるか 又 はそれよりも 安 全 側 にあること が 確 実 なものでなければならない イ 2の(1)のアの 証 明 は 予 想 される 運 用 状 態 における 重 量 及 び 重 心 位 置 のすべての 可 能 な 組 合 せについて 行 わなければならない ウ 種 々の 飛 行 段 階 における 性 能 の 決 定 及 び 飛 行 性 の 吟 味 は 適 切 な 飛 行 形 態 を 設 定 して 行 わなければならない (2) 性 能 ア 一 般 航 空 機 の 性 能 は 静 穏 標 準 大 気 状 態 において 操 縦 に 特 別 な 技 術 又 は 過 度 の 注 意 力 を 要 することなく 2の(2)の 規 定 に 適 合 するものでなければならない イ 離 陸 (ア) 航 空 機 は 発 動 機 を 離 陸 出 力 又 は 推 力 の 限 界 内 で 運 転 した 状 態 において 安 全

3 に 離 陸 できるものでなければならない (イ) 防 衛 大 臣 の 指 定 する 航 空 機 は 速 度 が 臨 界 点 速 度 以 上 となった 後 に1 個 の 臨 界 発 動 機 が 停 止 した 場 合 においても 安 全 に 離 陸 できなければならない (ウ) 防 衛 大 臣 の 指 定 する 航 空 機 は 離 陸 出 力 又 は 推 力 の 許 容 時 間 を 経 過 した 後 も1 個 の 臨 界 発 動 機 が 不 作 動 であり かつ 残 りの 発 動 機 が 連 続 最 大 出 力 又 は 推 力 の 限 界 内 で 運 転 している 状 態 において 飛 行 場 の 周 囲 を 高 度 を 維 持 しながら1 旋 回 できるような 高 度 まで 上 昇 できなければならない (エ) 防 衛 大 臣 の 指 定 する 航 空 機 は 離 陸 経 路 上 のいずれの 点 においても 安 全 上 必 要 な 最 低 限 度 以 上 のこう 配 で 上 昇 できなければならない ウ 上 昇 航 空 機 は 安 全 上 必 要 な 最 低 限 度 以 上 の 上 昇 性 能 を 有 するものでなければ ならない エ 着 陸 (ア) 航 空 機 は 発 動 機 を 着 陸 に 必 要 な 出 力 又 は 推 力 で 運 転 した 状 態 において 安 全 に 着 陸 できるものでなければならない (イ) 航 空 機 は 臨 界 発 動 機 が 不 作 動 でありかつ 進 入 形 態 にある 状 態 において 進 入 を 誤 った 場 合 においても 進 入 を 開 始 できる 点 まで 飛 行 を 継 続 できるものでなけれ ばならない (ウ) 航 空 機 は 着 陸 復 行 する 場 合 において 全 発 動 機 を 運 転 しかつ 着 陸 形 態 にある 状 態 において 安 全 に 再 上 昇 できるものでなければならない (エ) 回 転 翼 航 空 機 は 全 発 動 機 が 不 作 動 である 状 態 で できる 限 り 自 動 回 転 飛 行 に より 安 全 に 進 入 し 及 び 着 陸 することができるものでなければならない (3) 飛 行 性 ア 操 縦 性 (ア) 航 空 機 は 予 想 されるすべての 運 用 状 態 ( 地 上 又 は 水 上 における 移 動 を 含 む )において 円 滑 確 実 容 易 かつ 迅 速 な 縦 及 び 横 並 びに 方 向 の 操 縦 性 をも つものでなければならない (イ) 防 衛 大 臣 の 指 定 する 航 空 機 は 離 陸 中 臨 界 発 動 機 が 停 止 した 場 合 においても 2の(3)のアの(ア)の 基 準 に 適 合 するものでなければならない (ウ) 航 空 機 は 操 縦 に 特 別 の 技 術 過 度 の 注 意 力 及 び 過 大 な 操 縦 力 を 要 することな く 他 の 運 用 状 態 への 移 行 ( 発 動 機 出 力 又 は 推 力 の 変 化 及 び 飛 行 形 態 の 変 化 を 含 む )が 行 われるものでなければならない (エ) 多 発 の 航 空 機 は 1 個 又 は2 個 の 発 動 機 ( 双 発 の 航 空 機 にあつては 1 個 の 発 動 機 )が 停 止 した 場 合 においても2の(3)のアの(ウ)の 基 準 に 適 合 するものでなけ ればならない イ トリム (ア) 航 空 機 は 予 想 されるすべての 運 用 状 態 において 縦 及 び 横 並 びに 方 向 のトリ ムを 保 つために 要 求 される 操 縦 者 の 注 意 力 及 び 操 縦 力 が 飛 行 段 階 及 び 持 続 時 間 を 考 慮 して 過 大 とならないようなものでなければならない (イ) 多 発 の 航 空 機 は 1 個 又 は2 個 の 発 動 機 ( 双 発 の 航 空 機 にあつては 1 個 の 発 動 機 )が 停 止 した 場 合 においても 2の(3)のイの(ア)の 基 準 に 適 合 するものでな

4 ければならない ウ 安 定 性 航 空 機 は 予 想 されるすべての 運 用 状 態 において 縦 及 び 横 並 びに 方 向 の 適 切 な 安 定 性 を 保 つために 要 求 される 操 縦 者 の 注 意 力 及 び 操 縦 力 が 飛 行 段 階 及 び 持 続 時 間 を 考 慮 して 過 大 とならないようなものでなければならない エ 失 速 (ア) 固 定 翼 航 空 機 は 失 速 から 安 全 かつ 迅 速 に 回 復 できるものでなければならな い (イ) 固 定 翼 航 空 機 ( 滑 空 機 を 除 く )は 失 速 警 報 装 置 等 により 失 速 又 は 失 速 の 兆 候 を 操 縦 者 が 明 確 に 知 ることができるものでなければならない オ フラッタ 及 び 振 動 航 空 機 のすべての 部 分 は 予 想 される 運 用 状 態 において フ ラッタ 激 しいバフェッティングその 他 過 度 の 振 動 を 生 じないものでなければなら ない 3 強 度 ア 航 空 機 の 強 度 は 荷 重 試 験 又 は 計 算 によって 証 明 されたものでなければならな い ただし 計 算 による 結 果 は 試 験 による 結 果 と 同 程 度 に 正 確 なものであるか 又 はそれよりも 安 全 側 にあることが 確 実 なものでなければならない イ 航 空 機 は 予 想 される 運 用 状 態 における 重 量 及 び 重 心 位 置 のすべての 可 能 な 組 合 せ 並 びに 最 も 不 利 な 重 量 分 布 について 3の 基 準 に 適 合 するものでなければならな い ウ 航 空 機 は 予 想 される 運 用 状 態 における 空 気 力 慣 性 力 その 他 の 力 が 実 際 に 起 こ り 得 る 状 態 とほぼ 同 じか 又 はそれよりも 安 全 側 になるように 分 布 された 荷 重 条 件 に ついて 3の 基 準 に 適 合 するものでなければならない (2) 飛 行 荷 重 航 空 機 は 次 の 荷 重 を 制 限 荷 重 に 至 るまで 受 けた 場 合 において 有 害 な 変 形 を 生 じて はならず かつ その 終 極 荷 重 に 耐 えるものでなければならない ア 運 用 限 界 内 で 許 容 される 運 動 に 対 応 した 運 動 荷 重 倍 数 に 基 づいて 決 定 し かつ 予 想 される 運 用 状 態 において 適 正 であると 認 められる 値 以 上 の 運 動 荷 重 イ 予 想 される 運 用 状 態 において 統 計 その 他 の 資 料 により 妥 当 と 認 められる 垂 直 突 風 速 度 水 平 突 風 速 度 及 び 突 風 速 度 こう 配 に 基 づいて 決 定 された 突 風 荷 重 (3) 地 上 荷 重 航 空 機 は 地 上 荷 重 を 制 限 荷 重 に 至 るまで 受 けた 場 合 において 有 害 な 変 形 を 生 じて はならず かつ その 終 極 荷 重 に 耐 えるものでなければならない この 場 合 におい て 地 上 荷 重 を 決 定 する 着 陸 条 件 には 接 地 の 際 の 姿 勢 対 称 着 陸 状 態 非 対 称 着 陸 状 態 及 び 降 下 率 並 びに 予 想 される 運 用 状 態 において 構 造 に 加 わる 荷 重 が 及 ぼす 因 子 を 含 めるものとする (4) その 他 の 荷 重 航 空 機 は 予 想 される 運 用 状 態 において 起 こり 得 るその 他 の 荷 重 ( 操 縦 による 荷 重 与 圧 荷 重 発 動 機 トルクによる 荷 重 形 態 の 変 化 による 荷 重 ウインチえい 航 荷 重 飛 行 機 えい 航 荷 重 等 )を 制 限 荷 重 に 至 るまで 受 けた 場 合 において 有 害 な 変 形 を 生

5 じてはならず かつ これらの 終 極 荷 重 に 耐 えるものでなければならない (5) フラッタ ダイバージェンス 及 び 振 動 ア 航 空 機 は 予 想 される 運 用 状 態 におけるすべての 速 度 において フラッタ 構 造 上 のダイバージェンス 及 び 操 縦 性 を 低 下 させる 構 造 上 の 変 形 に 対 して 安 全 なもので なければならない イ 航 空 機 は 予 想 される 運 用 状 態 において 起 こり 得 る 振 動 及 びバフェッティングに 対 して 十 分 な 強 度 を 有 するものでなければならない (6) 疲 労 強 度 航 空 機 は 予 想 される 運 用 状 態 において 起 こり 得 る 繰 返 荷 重 及 び 振 動 荷 重 による 致 命 的 な 疲 労 破 壊 を 生 じないように 十 分 な 安 全 性 を 有 するものでなければならない 4 構 造 ア 航 空 機 の 構 造 は 航 空 機 のすべての 部 分 が 予 想 される 運 用 状 態 において 有 効 かつ 確 実 に 機 能 を 果 たすことを 合 理 的 に 保 証 するように 設 計 し 製 作 したものでな ければならない イ 4の(1)のアの 保 証 は 試 験 若 しくは 適 正 な 調 査 研 究 に 基 づくものであるか 又 は 経 験 上 妥 当 であると 認 められるものでなければならない ただし 航 空 機 の 安 全 な 運 用 上 重 要 な 可 動 部 分 については 試 験 によらなければならない ウ 航 空 機 の 安 全 な 運 用 上 重 要 な 部 分 に 用 いるすべての 材 料 は 日 本 工 業 規 格 アメ リカ 合 衆 国 政 府 の 制 定 する 仕 様 書 アメリカ 合 衆 国 軍 隊 が 制 定 する 仕 様 書 その 他 航 空 機 の 安 全 性 の 観 点 から 妥 当 な 規 格 ( 以 下 日 本 工 業 規 格 等 という )に 適 合 するか 又 は 試 験 によって 安 全 性 が 証 明 されたものでなければならない エ 工 作 法 及 び 組 立 法 は 信 頼 性 のあるものでなければならない この 場 合 におい て 接 着 溶 接 熱 処 理 等 の 厳 密 な 管 理 を 要 する 工 作 過 程 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 するか 又 は 試 験 によって 安 全 性 が 証 明 されたものでなければならない オ 航 空 機 の 構 造 は 風 化 腐 食 摩 耗 その 他 の 原 因 による 劣 化 又 は 強 度 低 下 に 対 し 保 護 されていなければならない カ 航 空 機 の 構 造 は 定 期 的 及 び 予 想 される 過 酷 な 運 用 の 後 に 必 要 とされる 点 検 交 換 及 び 調 整 並 びに 可 動 部 分 の 潤 滑 が 容 易 にできるようなものでなければならない (2) 操 縦 席 等 ア 操 縦 装 置 及 び 操 作 装 置 は 混 同 及 び 操 作 の 誤 りのおそれが できる 限 り 少 ないよ うにしたものでなければならない イ 操 縦 席 等 は 操 縦 者 が 疲 労 し 若 しくは 混 乱 し 又 は 他 の 操 縦 者 等 が 障 害 となること によって 不 正 確 又 は 不 自 由 な 操 縦 操 作 を 行 うおそれが できる 限 り 少 ないように したものでなければならない この 場 合 においては 操 縦 装 置 操 作 装 置 及 び 計 器 の 配 置 これらの 識 別 非 常 装 置 の 識 別 操 縦 感 覚 通 風 暖 房 騒 音 等 につい て 考 慮 しなければならない ウ 操 縦 席 等 は 航 空 機 を 安 全 に 運 用 できるように 十 分 広 く 明 瞭 で かつ でき る 限 りひずみのない 視 界 を 有 しなければならない エ 操 縦 席 等 は 普 通 の 飛 行 並 びに 進 入 及 び 着 陸 を 行 う 場 合 に 降 水 状 態 においても

6 十 分 な 視 界 を 確 保 できるようにしたものでなければならない オ 操 縦 席 等 の 装 置 及 び 計 器 の 配 置 は 飛 行 中 における 非 常 時 の 脱 出 に 支 障 のないも のでなければならない また 脱 出 のための 射 出 装 置 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 し たものでなければならない (3) 非 常 装 置 ア 航 空 機 は 装 備 品 又 はその 系 統 の 予 想 される 重 大 な 故 障 に 際 して これから 生 ず る 非 常 事 態 を 防 止 する 装 置 を 有 するものでなければならない イ 航 空 機 は 臨 界 発 動 機 が 故 障 した 場 合 に 故 障 後 の 飛 行 又 は 操 作 を 続 行 するため の 必 要 な 装 置 を 有 するものでなければならない (4) 防 火 ア 航 空 機 は 飛 行 中 又 は 地 上 における 火 災 の 発 生 を できる 限 り 少 なくするように 設 計 しなければならない イ 航 空 機 は できる 限 り 火 災 発 生 場 所 を 密 閉 し 又 は 火 災 を 探 知 してこれを 消 火 する ことができるようにしたものでなければならない (5) 航 空 機 内 にある 者 の 保 護 ア 航 空 機 は 与 圧 が 低 下 し 又 は 煙 若 しくは 毒 性 ガスが 発 生 した 場 合 に 航 空 機 内 に ある 者 をこれから 保 護 することができるようにしたものでなければならない イ 気 圧 低 下 警 報 装 置 気 圧 低 下 警 報 装 置 は 航 空 機 内 の 気 圧 が 安 全 限 界 を 超 えて 低 下 した 場 合 に 確 実 に 作 動 するものでなければならない (6) 非 常 着 陸 設 備 ア 航 空 機 は 非 常 着 陸 の 際 の 衝 撃 及 び 火 災 に 対 して 航 空 機 内 にある 者 を 保 護 する ことができるようにしたものでなければならない イ 航 空 機 は 非 常 着 陸 の 際 に 航 空 機 内 にある 者 が 速 やかに 脱 出 できるような 設 備 を 有 するものでなければならない (7) 地 上 作 業 に 対 する 考 慮 航 空 機 は けん 引 整 備 給 油 等 の 地 上 作 業 により 航 空 機 の 安 全 な 運 用 上 重 要 な 部 分 が 損 傷 を 受 けるおそれがないようにしたものでなければならない 5 動 力 装 備 ア 動 力 装 備 は 予 想 される 運 用 状 態 において 航 空 機 を 安 全 に 運 用 することができ るものでなければならない イ 発 動 機 又 はプロペラが 故 障 した 後 これらが 回 転 を 継 続 することによって 火 災 の 発 生 又 は 重 大 な 構 造 上 の 破 壊 の 危 険 が 増 大 するおそれのある 航 空 機 にあっては 動 力 装 備 は 飛 行 中 に 当 該 発 動 機 の 回 転 を 停 止 し 又 は 回 転 を 安 全 な 速 度 まで 減 少 するこ とができるものでなければならない ウ 動 力 装 置 は 予 想 される 運 用 状 態 内 のできる 限 り 広 い 飛 行 領 域 において 発 動 機 を 再 起 動 することができるものでなければならない (2) 動 力 部 の 独 立 等 ア 動 力 装 置 は 各 動 力 部 を 互 いに 独 立 に 運 転 し 及 び 制 御 することができるように 配 列 し 及 び 装 備 しなければならない

7 イ 動 力 装 置 及 びこれと 関 連 する 諸 系 統 は 通 常 予 想 できるいかなる 故 障 が 起 きて も その 故 障 による 発 動 機 の 出 力 又 は 推 力 の 低 下 が 臨 界 発 動 機 の 完 全 な 故 障 による 出 力 又 は 推 力 の 低 下 よりも 大 きくならないように 装 備 しなければならない (3) プロペラの 振 動 動 力 装 備 は プロペラの 振 動 応 力 が 当 該 飛 行 機 の 予 想 される 運 用 状 態 において 運 用 上 安 全 とみられる 値 を 超 えないように 装 備 しなければならない (4) 冷 却 系 統 冷 却 系 統 は 運 用 中 予 想 される 最 高 大 気 温 度 までの 各 温 度 において 5の(1)の アの 基 準 に 適 合 するように 動 力 装 置 の 温 度 を 維 持 することができるものでなければな らない (5) その 他 の 系 統 燃 料 系 統 滑 油 系 統 吸 気 系 統 その 他 の 動 力 装 置 の 系 統 は 運 用 中 予 想 されるすべ ての 状 態 ( 発 動 機 出 力 又 は 推 力 高 度 加 速 度 大 気 状 態 燃 料 温 度 滑 油 温 度 等 ) において 適 正 に 発 動 機 を 作 動 させることができるものでなければならない この 場 合 において 使 用 する 燃 料 ( 水 及 びアルコールを 含 む ) 及 び 滑 油 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 したものでなければならない (6) 防 火 設 備 ア 防 火 壁 動 力 装 置 のうち 発 火 源 が 可 燃 性 物 質 と 接 近 しているために 火 災 の 発 生 の おそれが 特 に 大 きい 部 分 を 収 める 区 域 ( 以 下 防 火 区 域 という )は 発 火 源 及 び 火 災 伝 ぱ 経 路 を 考 慮 して 火 災 によって 飛 行 の 継 続 が 危 険 となるような 他 の 区 域 から 防 火 壁 によって 隔 離 しなければならない イ 可 燃 性 流 体 系 統 の 防 火 (ア) 防 火 区 域 内 の 可 燃 性 流 体 系 統 の 構 造 は 炎 にさらされた 場 合 に 可 燃 性 流 体 が 流 出 しないものでなければならない (イ) 可 燃 性 流 体 系 統 には 防 火 区 域 内 で 火 災 が 発 生 した 場 合 に 当 該 区 域 への 可 燃 性 流 体 の 流 入 を 閉 止 できる 装 置 を 備 えなければならない ウ 火 災 探 知 器 防 火 区 域 には 火 災 の 発 生 を 迅 速 かつ 確 実 に 探 知 するのに 十 分 な 火 災 探 知 器 をできる 限 り 備 えなければならない エ 消 火 系 統 防 火 区 域 には 当 該 区 域 内 の 火 災 を 確 実 に 消 火 できる 消 火 系 統 をでき る 限 り 備 えなければならない 6 装 備 ア 航 空 機 は 予 想 される 運 用 を 安 全 に 行 うために 必 要 な 装 備 品 を 装 備 したものでな ければならない イ 6の(1)のアの 装 備 品 は 有 効 かつ 確 実 にその 機 能 を 発 揮 することができるもので なければならない ウ 6の(1)のアの 装 備 品 には 名 称 又 は 型 式 について 適 当 な 標 識 を 施 さなければなら ない エ 航 空 機 の 装 備 品 及 びその 系 統 は 航 空 機 の 安 全 な 運 用 を 損 なわないように 装 備 し なければならない

8 (2) 計 器 の 装 置 ア 計 器 の 配 置 (ア) 飛 行 計 器 航 法 計 器 及 び 動 力 装 置 計 器 は 容 易 に 見 えるように 配 置 しなければ ならない (イ) 多 発 の 航 空 機 にあっては 動 力 装 置 計 器 は それに 対 応 する 発 動 機 を 誤 認 する ことのないように 配 置 しなければならない イ 計 器 板 の 振 動 特 性 計 器 板 は 計 器 の 精 度 を 害 し 又 は 計 器 を 破 壊 するような 振 動 特 性 を 有 するものであつてはならない ウ 計 器 の 誤 差 計 器 は 航 空 機 の 安 全 な 運 用 を 妨 げない 範 囲 の 誤 差 で 作 動 するもの でなければならない (3) 電 気 系 統 及 び 電 気 装 備 ア 電 気 系 統 の 装 備 電 気 系 統 は 航 空 機 内 にある 者 に 危 険 を 及 ぼさないように 装 備 したものでなければならない イ 蓄 電 池 蓄 電 池 は これに 接 続 する 装 備 品 が 航 空 機 の 予 想 される 運 用 中 適 正 に 作 動 するため 必 要 な 電 力 を 供 給 できるものでなければならない ウ 発 電 機 系 統 発 電 機 系 統 は これに 接 続 する 装 備 品 が 航 空 機 の 予 想 される 運 用 中 適 正 に 作 動 するため 必 要 な 電 力 を 供 給 できるものでなければならない エ 電 源 遮 断 装 置 (ア) 電 気 系 統 には 各 電 源 に 近 い 点 で 電 源 を 配 電 系 統 から 切 り 離 せるように 電 源 遮 断 装 置 を 備 えなければならない (イ) 電 源 遮 断 装 置 は 飛 行 中 容 易 に 操 作 できるものでなければならない オ 安 全 装 置 すべての 装 備 品 への 電 気 回 路 には 再 接 続 のできる 安 全 装 置 を 備 えな ければならない カ 電 線 電 線 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 したものでなければならない (4) 灯 火 ア 計 器 灯 (ア) 計 器 灯 は すべての 計 器 スイツチ 等 を 容 易 に 識 別 し 及 び 判 読 できるように 照 明 するものでなければならない (イ) 計 器 灯 は その 直 射 光 又 は 反 射 光 が 操 縦 者 等 に 悪 影 響 を 及 ぼさないように 装 備 しなければならない イ 着 陸 灯 (ア) 着 陸 灯 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 したものでなければならない (イ) 着 陸 灯 は 夜 間 の 着 陸 に 必 要 な 照 明 をすることができる 位 置 に 装 備 し かつ その 直 射 光 又 は 反 射 光 が 操 縦 者 等 に 悪 影 響 を 及 ぼさないように 装 備 しなければな らない ウ 航 空 灯 ( 衝 突 防 止 灯 右 舷 灯 左 舷 灯 尾 灯 及 び 編 隊 灯 ) (ア) 航 空 灯 は 予 想 される 運 用 状 態 及 び 点 灯 時 の 周 囲 の 条 件 を 考 慮 して 航 空 機 の 位 置 及 び 進 行 方 向 を 他 の 航 空 機 及 び 地 上 の 人 に 迅 速 かつ 正 確 に 視 認 させることが できるものでなければならない (イ) 航 空 灯 は その 直 射 光 又 は 反 射 光 が 操 縦 者 等 に 悪 影 響 を 及 ぼさないように 装 備

9 しなければならない (5) 保 安 装 備 ア 救 急 用 具 は 操 縦 者 等 が 非 常 の 場 合 に 容 易 に 操 作 できるように 装 備 しなければな らない イ 安 全 バンド 等 V 安 全 バンド 肩 バンド 及 び 縛 帯 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 した ものでなければならない ウ 酸 素 供 給 装 置 酸 素 供 給 装 置 は 航 空 機 の 予 想 される 運 用 状 態 において 航 空 機 内 にある 者 を 保 護 するために 必 要 な 流 量 及 び 容 量 を 供 給 できるものでなければなら ない エ 凍 結 防 止 装 置 凍 結 防 止 装 置 は 予 想 される 気 象 状 態 において 確 実 に 作 動 する ものでなければならない (6) 油 圧 系 統 油 圧 系 統 は 予 想 される 運 用 状 態 において 十 分 な 安 全 性 を 有 するものでなければ ならない この 場 合 において 使 用 する 作 動 油 は 日 本 工 業 規 格 等 に 適 合 したもので なければならない (7) 電 子 装 備 ア 電 子 機 器 及 びその 附 属 装 置 は 航 空 機 の 予 想 される 運 用 状 態 において 航 空 機 内 にある 者 に 危 険 を 及 ぼさないように 装 備 したものでなければならない イ 電 子 機 器 は 使 用 中 他 の 機 器 に 悪 影 響 を 与 える 電 気 的 雑 音 を 発 生 するものであっ てはならない (8) 無 線 通 信 機 器 ア 無 線 通 信 機 器 は 航 空 機 の 予 想 される 運 用 状 態 において 航 空 機 内 にある 者 に 危 険 を 及 ぼさないように 装 備 したものでなければならない イ 無 線 通 信 機 器 は 使 用 中 他 の 機 器 に 悪 影 響 を 与 える 電 気 的 雑 音 を 発 生 するもので あつてはならない ウ 無 線 通 信 機 器 は 航 空 機 の 予 想 される 運 用 状 態 において 航 空 機 の 安 全 な 運 用 を 行 うための 精 度 を 維 持 し 確 実 にその 機 能 を 発 揮 するものでなければならない 7 発 動 機 推 進 動 力 源 として 航 空 機 に 装 備 する 発 動 機 は 予 想 される 運 用 状 態 において 有 効 かつ 確 実 に 機 能 を 果 たすことを 合 理 的 に 保 証 するように 設 計 し 製 作 したものでなけ ればならない (2) 試 験 7の(1)の 保 証 は 次 の 試 験 によって 証 明 されたものでなければならない ア 性 能 試 験 発 動 機 の 出 力 特 性 又 は 推 力 特 性 を 決 定 するための 試 験 イ 運 転 試 験 起 動 緩 速 加 速 振 動 超 過 回 転 その 他 についての 運 転 特 性 が 適 正 であり かつ 異 物 混 入 その 他 有 害 な 事 態 の 際 に 当 該 発 動 機 が 十 分 な 余 裕 を 有 する ことを 証 明 するための 試 験 ウ 耐 久 試 験 発 動 機 の 耐 久 性 及 び 信 頼 性 を 証 明 するための 試 験 エ その 他 必 要 な 試 験

10 8 プロペラ 航 空 機 に 装 備 するプロペラは 予 想 される 運 用 状 態 において 有 効 かつ 確 実 に 機 能 を 果 たすことを 合 理 的 に 保 証 するように 設 計 し 製 作 したものでなければならない (2) 試 験 8の(1)の 保 証 は 次 の 試 験 によって 証 明 されたものでなければならない ア 運 転 試 験 強 度 振 動 及 び 超 過 回 転 についての 特 性 が 適 正 であり かつ ピッチ 変 更 機 構 及 び 操 作 機 構 が 適 正 に 機 能 を 果 たすことを 証 明 するための 試 験 イ 耐 久 試 験 プロペラの 耐 久 性 及 び 信 頼 性 を 証 明 するための 試 験 ウ その 他 必 要 な 試 験

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

航空自衛隊物品管理補給規則

航空自衛隊物品管理補給規則 航 空 自 衛 隊 物 品 管 理 補 給 規 則 昭 和 43 年 12 月 25 日 航 空 幕 僚 長 空 将 大 室 孟 航 空 自 衛 隊 達 第 35 号 改 正 昭 和 44 年 9 月 29 日 航 空 自 衛 隊 達 第 41 号 昭 和 60 年 9 月 20 日 航 空 自 衛 隊 達 第 22 号 昭 和 45 年 6 月 23 日 航 空 自 衛 隊 達 第 17 号 昭

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

Microsoft Word - 060804基本計画.doc

Microsoft Word - 060804基本計画.doc イラク 人 道 復 興 支 援 特 措 法 に 基 づく 対 応 措 置 に 関 する 基 本 計 画 1 基 本 方 針 平 成 15 年 3 月 20 日 米 国 を 始 めとする 国 々は イラクが 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 与 えている 脅 威 を 取 り 除 くための 最 後 の 手 段 として イラクに 対 する 武 力 行 使 を 開 始 した その 後 イラクにおける

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

司 令  副 長  運用班長

司 令  副 長  運用班長 平 成 25 年 8 月 1 日 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 における 携 帯 電 話 サービスのための 携 帯 電 話 基 地 局 の 設 置 事 前 調 査 及 び 設 置 工 事 に 関 する 業 者 の 募 集 について 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 司 令 富 田 清 浩 東 京 都 小 笠 原 村 硫 黄 島 における 在 島 隊 員 の 福 利

More information

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で 舞 監 公 示 第 50 号 27.10.1 自 衛 艦 及 び 支 援 船 の 改 造 改 修 工 事 及 び 搭 載 機 器 等 の 装 備 工 事 並 びに 調 査 工 事 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

図書等の管理に関する達

図書等の管理に関する達 防 衛 研 修 所 達 第 16 号 防 衛 庁 の 図 書 管 理 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 34 年 防 衛 庁 訓 令 第 60 号 ) 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 図 書 等 の 管 理 及 び 図 書 館 の 業 務 に 関 する 達 を 次 のように 定 める 昭 和 55 年 7 月 1 日 防 衛 研 修 所 長 水 間 明 図 書 等 の 管 理 に 関 する

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

Taro-入札公告等: 相浦(28)隊庁

Taro-入札公告等: 相浦(28)隊庁 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く )) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 5 月 24 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 防 衛 局 長 川 嶋 貴 樹 1 業 務 概 要 (1) 業 務 の 名 称 相 浦 (28) 隊 庁 舎 改 修 等 建 築 設 計 (2) 業 務

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

消 防 計 画

消 防 計 画 サンプラザ 熊 野 店 消 防 計 画 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 消 防 計 画 は 消 防 法 第 8 条 第 1 項 及 び 消 防 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 基 づき サンプラ ザ 熊 野 店 の 防 火 管 理 についての 必 要 事 項 を 定 め 火 災 地 震 その 他 の 災 害 の 予 防 と 人 命 の 安 全 被 害 のならびに 災 害

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

請 書 収 入 印 紙 貼 付 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 契 約 担 当 役 校 長 古 川 勇 二 殿 平 成 5 年 月 日 住 所 氏 名 印 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者

請 書 収 入 印 紙 貼 付 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 契 約 担 当 役 校 長 古 川 勇 二 殿 平 成 5 年 月 日 住 所 氏 名 印 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 オープンカウンタ 公 告 平 成 5 年 6 月 0 日 1 オープンカウンタ 番 号 オ5060- 件 名 三 菱 製 昇 降 機 保 守 業 務 案 件 の 提 示 場 所 ホームページにて 提 示 及 び 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 1 号 館 1 階 経 理 課 前 掲 示 板 ( 東 京 都 小 平

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

自衛隊の礼式に関する訓令

自衛隊の礼式に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 11 条 第 12 条 第 2 項 及 び 第 13 条 から 第 15 条 まで の 規 定 に 基 づき 自 衛 隊 の 礼 式 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 39 年 5 月 8 日 防 衛 庁 長 官 福 田 篤 泰 自 衛 隊 の 礼 式

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 防 災 業 務 計 画 平 成 26 年 3 月 作 成 修 正 昭 和 3 8 年 6 月 昭 和 4 2 年 8 月 昭 和 4 5 年 3 月 昭 和 5 2 年 9 月 昭 和 5 5 年 2 月 平 成 7 年 9 月 平 成 9 年 1 1 月 平 成 1 2 年 7 月 平 成 1 5 年 2 月 平 成 1 6 年 3 月 平 成 1 9 年

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達)

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達) 装 技 振 第 31 号 27.10.1 防 衛 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 医 科 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 研 究 所 企 画 部 長 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 長 陸 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 海 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 航 空 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 情 報 本 部 総 務 部 長 防 衛 装 備 庁 長 官

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De 資 料 5 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 の 安 全 上 重 要 な 施 設 に 関 する 再 評 価 の 状 況 について ( 中 間 報 告 ) 1. 経 緯 平 成 28 年 1 月 27 日 原 子 力 規 制 庁 ⑴ 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 については 原 子 炉 等 規 制 法 においてバックフィット 規 定 が 設 けられていないが 安 全 性 の 更 なる 向 上

More information

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画 資 料 10-1-2 H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 平 成 26 年 8 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 計 画 室 室 長 加 納 康 臣 まえがき 本 計 画 は 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 第 4 条 に 基 づき 打 上 げに

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

Microsoft Word - ●大規模小売店舗立地法の手引(新)完成版下線なし 250401

Microsoft Word - ●大規模小売店舗立地法の手引(新)完成版下線なし 250401 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 手 引 平 成 25 年 4 月 広 島 市 経 済 観 光 局 産 業 振 興 部 商 業 振 興 課 この 手 引 は 広 島 市 内 において 大 規 模 小 売 店 舗 を 設 置 する 場 合 又 は 大 規 模 小 売 店 舗 の 施 設 の 配 置 や 運 営 方 法 などを 変 更 する 場 合 に 必 要 となる 大 規 模 小 売 店

More information