義援金に関する税務上の取扱いFAQ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "義援金に関する税務上の取扱いFAQ"

Transcription

1 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に 対 して 支 払 う 義 援 金 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 ( 特 定 寄 附 金 )として 取 り 扱 われ るための 確 認 手 続 等 につきまして 照 会 の 多 い 事 例 を 取 りまとめましたので 参 考 としてく ださい 目 次 Ⅰ 寄 附 をした 個 人 法 人 の 課 税 関 係 [Q1] 県 の 災 害 対 策 本 部 や 義 援 金 配 分 委 員 会 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 3 [Q2] 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 3 [Q3] 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 ( 以 下 中 央 共 同 募 金 会 といいます )に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 中 央 共 同 募 金 会 においては この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 に 関 して 2つの 義 援 金 口 座 を 設 置 していますが 取 扱 いは 異 なりますか 4 [Q4] 被 災 地 域 の 救 援 活 動 や 被 災 者 への 救 護 活 動 を 行 っているNPO 法 人 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 5 [Q5] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 集 め これを 取 りまとめた 上 で 一 括 し て 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 いたいのですが その 場 合 当 団 体 に 寄 附 した 個 人 法 人 の 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 6 [Q6] 当 連 合 会 は 各 都 道 府 県 に 設 置 した 同 業 団 体 ( 県 団 体 )を 構 成 員 とする 全 国 組 織 の 連 合 会 ( 全 国 団 体 )です( 下 図 参 照 ) この 度 の 震 災 によって 東 北 地 方 などの 県 団 体 (A 団 体 など)に 所 属 する 構 成 員 に 被 害 を 受 けた 者 がいることから 被 害 を 受 けなかった 県 団 体 (B 団 体 など)の 構 成 員 から 分 担 金 を 集 め 災 害 見 舞 金 として 拠 出 したいと 考 えて います 同 業 団 体 の 構 成 員 が 被 災 した 場 合 に その 被 災 した 構 成 員 に 対 する 災 害 見 舞 金 に 充 て るために 当 該 同 業 団 体 の 他 の 構 成 員 が 拠 出 することとなる 分 担 金 については 一 定 の 要 件 の 下 必 要 経 費 又 は 損 金 に 算 入 されるという 取 扱 い( 以 下 災 害 見 舞 分 担 金 に 係 る 必 要 経 費 算 入 の 取 扱 い といいます )があります( 所 基 通 37-9 の 6 法 基 通 の 4) 当 連 合 会 のように 県 ごとに 別 々の 県 団 体 を 有 し 分 担 金 を 拠 出 するB 団 体 などの 構 成 員 と 分 担 金 を 受 けることとなるA 団 体 などの 構 成 員 とが 異 なる 組 織 ( 県 団 体 )の 構 成 員 である 場 合 には 同 様 に 取 り 扱 うことはできないのでしょうか 7-1 -

2 [Q7] この 度 の 地 震 で 被 災 された 得 意 先 に 対 して 法 人 が 災 害 見 舞 金 を 支 払 った 場 合 支 払 先 が 事 業 に 関 係 のある 者 で 不 特 定 又 は 多 数 の 被 災 者 に 対 する 寄 附 に 当 たらないことから 支 払 った 災 害 見 舞 金 は 損 金 に 算 入 されないのでしょうか 8 [Q8] 法 人 が 自 社 製 品 を 被 災 者 に 提 供 する 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 8 Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q9] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 し て 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 することについて 税 務 署 の 確 認 を 受 けた 場 合 当 団 体 に 寄 附 をした 個 人 法 人 に 対 して 発 行 する 預 り 証 には 何 を 記 載 すべきでしょうか 9 [Q10] 募 金 団 体 の 確 認 手 続 を 定 めた 事 務 運 営 指 針 によれば 税 務 署 では 募 集 した 義 援 金 等 の 受 付 の 専 用 口 座 等 を 確 認 することになっていますが 専 用 口 座 は 必 ず 設 置 しなければい けませんか 9 [Q11] 義 援 金 の 募 集 を 行 うに 当 たり 受 付 専 用 口 座 を 開 設 し 寄 附 者 に 対 してはその 口 座 に 振 り 込 んでもらうようにお 願 いしました 受 付 専 用 口 座 への 振 込 の 場 合 寄 附 者 には 振 込 票 の 控 えが 残 ることになりますが 寄 附 者 が 税 制 上 の 優 遇 措 置 を 受 けるに 当 たり 別 途 預 り 証 を 発 行 する 必 要 はありますか 10 [Q12] 当 連 合 会 は 連 合 会 の 下 部 組 織 である 組 合 (A 組 合 など)に 所 属 する 組 合 員 から 義 援 金 を 集 めるに 当 たり 義 援 金 の 募 集 をA 組 合 などにさせることとし その 上 で 当 連 合 会 が 最 終 的 に 取 りまとめ 県 災 害 対 策 本 部 に 拠 出 することとしています 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 されるまでに 複 数 の 募 金 団 体 が 介 在 する 場 合 税 務 署 への 確 認 手 続 はいずれの 募 金 団 体 で 行 えばよいでしょうか 11 [Q13] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 集 め これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 拠 出 する 予 定 です また 被 災 地 のこと を 考 え 少 しでも 早 く 義 援 金 を 拠 出 したいと 考 えています 募 金 団 体 として 募 集 する 義 援 金 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 するかどうかについて 税 務 署 で 確 認 を 受 けようと 思 っていますが この 確 認 は 集 めた 義 援 金 を 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 拠 出 した 後 でもよいでしょうか 12 Ⅲ その 他 [Q14] 確 定 申 告 を 行 うに 当 たり 寄 附 したことを 証 する 書 類 が 必 要 になると 思 いますが どの ような 書 類 を 用 意 しておけばよいですか 12 [Q15] Q1~Q3のように 個 人 が 特 定 寄 附 金 を 支 出 した 場 合 の 寄 附 金 控 除 の 額 は どの ように 計 算 するのでしょうか 13 [Q16] 当 社 は 義 援 金 を 広 く 一 般 から 募 集 するためにホームページで 義 援 金 を 募 り 集 めた 義 援 金 を 取 りまとめた 上 で 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 う 予 定 ですが 当 社 が 義 援 金 を 寄 附 した 者 に 対 して 発 行 する 預 り 証 ( 受 取 書 )には 収 入 印 紙 を 貼 付 する 必 要 はありますか

3 Ⅰ 寄 附 をした 個 人 法 人 の 課 税 関 係 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 [Q1] 県 の 災 害 対 策 本 部 や 義 援 金 配 分 委 員 会 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか ( 個 人 の 方 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 個 人 の 方 が 県 の 災 害 対 策 本 部 や 義 援 金 配 分 委 員 会 に 対 して 支 払 った 義 援 金 は 特 定 寄 附 金 に 該 当 し 寄 附 金 控 除 の 対 象 となります 寄 附 金 控 除 額 につきましてはQ15 をご 覧 ください ( 法 人 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 法 人 が 県 の 災 害 対 策 本 部 や 義 援 金 配 分 委 員 会 に 対 して 支 払 った 義 援 金 は 国 等 に 対 す る 寄 附 金 に 該 当 し その 全 額 が 損 金 に 算 入 されます 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 日 本 赤 十 字 社 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 [Q2] 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか ( 個 人 の 方 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 個 人 の 方 が 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 った 義 援 金 は 特 定 寄 附 金 に 該 当 し 寄 附 金 控 除 の 対 象 となります 寄 附 金 控 除 額 につきましてはQ 15 をご 覧 ください ( 法 人 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 法 人 が 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 った 義 援 金 は 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 し その 全 額 が 損 金 に 算 入 されます ( 注 ) 日 本 赤 十 字 社 に 対 して 支 払 った 義 援 金 であっても 例 えば 日 本 赤 十 字 社 の 事 業 資 金 としてのものなど 最 終 的 に 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 されるものでないもの( 財 務 大 臣 が 指 定 する 寄 附 金 に 該 当 しないものに 限 ります )につきましては 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 し 特 別 損 金 算 入 限 度 額 の 範 囲 内 で 損 金 に 算 入 されます - 3 -

4 所 得 税 基 本 通 達 78-5 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 第 4 項 法 人 税 法 施 行 令 第 77 条 第 77 条 の2 法 人 税 基 本 通 達 中 央 共 同 募 金 会 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 [Q3] 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 ( 以 下 中 央 共 同 募 金 会 といいます )に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか 中 央 共 同 募 金 会 においては この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 に 関 して 2つの 義 援 金 口 座 を 設 置 していますが 取 扱 いは 異 なりますか ( 個 人 の 方 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) お 尋 ねのように 中 央 共 同 募 金 会 では 各 県 の 被 災 者 の 生 活 再 建 のための 義 援 金 と 地 震 災 害 におけるボランティア NPO 活 動 支 援 のための 募 金 との2つの 口 座 が 設 置 され ていますが いずれの 口 座 に 対 して 支 払 った 義 援 金 も 特 定 寄 附 金 に 該 当 し 寄 附 金 控 除 の 対 象 となります 寄 附 金 控 除 額 につきましてはQ15 をご 覧 ください ( 法 人 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 上 記 の( 個 人 の 方 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 )に 記 載 したとおり 中 央 共 同 募 金 会 では 各 県 の 被 災 者 の 生 活 再 建 のための 義 援 金 と 地 震 災 害 におけるボランティア NPO 活 動 支 援 のための 募 金 との2つの 口 座 が 設 置 されています まず 各 県 の 被 災 者 の 生 活 再 建 のための 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 った 義 援 金 は 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 します また 地 震 災 害 におけるボランティア NPO 活 動 支 援 のための 募 金 口 座 に 対 して 支 払 った 義 援 金 は 指 定 寄 附 金 に 該 当 します( 平 財 務 省 告 示 第 84 号 ) 法 人 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 や 指 定 寄 附 金 を 支 出 したときは いずれもその 全 額 が 損 金 に 算 入 されます 所 得 税 基 本 通 達 78-5 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 法 人 税 基 本 通 達 平 成 23 年 3 月 15 日 財 務 省 告 示 第 84 号 - 4 -

5 被 災 地 域 の 救 援 活 動 等 を 行 っているNPO 法 人 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 [Q4] 被 災 地 域 の 救 援 活 動 や 被 災 者 への 救 護 活 動 を 行 っているNPO 法 人 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか お 尋 ねのNPO 法 人 が 国 税 庁 から 認 定 を 受 けた 認 定 NPO 法 人 であり 支 払 った 義 援 金 がその 認 定 NPO 法 人 の 行 う 特 定 非 営 利 活 動 に 係 る 事 業 に 関 連 するものであるときには その 義 援 金 は 認 定 NPO 法 人 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 します ( 個 人 の 方 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 個 人 の 方 が 認 定 NPO 法 人 に 対 する 寄 附 金 として 支 払 った 義 援 金 は 特 定 寄 附 金 に 該 当 し 寄 附 金 控 除 の 対 象 となります 寄 附 金 控 除 額 につきましてはQ15 をご 覧 くださ い ( 法 人 が 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ) 法 人 が 認 定 NPO 法 人 に 対 する 寄 附 金 として 支 払 った 義 援 金 は 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 に 含 めて 損 金 算 入 限 度 額 を 計 算 し( 特 別 損 金 算 入 限 度 額 ) その 範 囲 内 で 損 金 に 算 入 されます また 認 定 NPO 法 人 以 外 の 法 人 等 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 ( 注 1)には 次 に 掲 げ るような 支 払 先 の 区 分 に 応 じて 税 務 上 の 取 扱 いが 異 なります 支 払 先 の 区 分 や 支 払 った 義 援 金 の 税 務 上 の 取 扱 いにつきましては 直 接 支 払 先 の 法 人 等 に 確 認 してください 認 定 NPO 法 人 以 外 の 法 人 等 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いの 例 支 払 先 の 区 分 個 人 の 方 の 取 扱 い( 所 得 税 ) 法 人 の 取 扱 い( 法 人 税 ) 公 益 社 団 法 人 公 益 財 団 法 人 の 場 合 (その 法 人 の 主 た る 目 的 である 業 務 に 関 連 す るものに 限 ります ) NPO 法 人 ( 認 定 NPO 法 人 でないもの) 職 場 の 有 志 で 組 織 した 団 体 などの 人 格 のない 社 団 等 の 場 合 特 定 寄 附 金 として 寄 附 金 控 除 の 対 象 となります 寄 附 金 控 除 の 対 象 となりま せん 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 として 特 別 損 金 算 入 限 度 額 の 範 囲 内 で 損 金 に 算 入 できます 一 般 の 寄 附 金 として 損 金 算 入 限 度 額 の 範 囲 内 で 損 金 に 算 入 できます ( 注 1) 国 等 に 対 する 寄 附 金 及 び 指 定 寄 附 金 に 該 当 するものを 支 払 った 場 合 を 除 きま す ( 注 2) 募 金 を 取 りまとめる 団 体 ( 募 金 団 体 )を 通 じて 国 地 方 公 共 団 体 等 へ 義 援 金 を 支 - 5 -

6 払 う 場 合 には Q5をご 覧 ください 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 の 特 別 損 金 算 入 限 度 額 など 寄 附 金 を 支 払 った ときの 税 務 上 の 取 扱 いについて 詳 しくは 暮 らしの 税 情 報 寄 附 金 を 支 払 ったとき をご 覧 ください 所 得 税 法 施 行 令 第 217 条 法 人 税 法 第 37 条 第 1 項 第 3 項 第 4 項 法 人 税 法 施 行 令 第 77 条 第 77 条 の2 租 税 特 別 措 置 法 第 41 条 の 18 の3 第 66 条 の 11 の2 第 2 項 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 第 46 条 第 1 項 募 金 団 体 を 通 じた 義 援 金 [Q5] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 集 め これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 いたいのですが その 場 合 当 団 体 に 寄 附 した 個 人 法 人 の 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになりますか お 尋 ねのように 募 金 を 取 りまとめる 団 体 ( 以 下 募 金 団 体 といいます )が 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かる 場 合 でも その 義 援 金 が 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 されるもの であれば 募 金 団 体 に 対 して 義 援 金 を 支 払 った 個 人 の 方 にあっては 特 定 寄 附 金 法 人 にあ っては 国 等 に 対 する 寄 附 金 として 取 り 扱 われ 税 制 上 の 優 遇 措 置 の 適 用 を 受 けることが できます( 税 制 上 の 優 遇 措 置 につきましてはQ1をご 覧 ください ) なお 税 務 署 においては 募 金 団 体 に 対 して 支 払 う 義 援 金 が 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 されるものであるかどうかの 確 認 を 行 っています 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 される 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 にあっては 募 金 団 体 を 通 じた 義 援 金 等 に 係 る 税 務 上 の 確 認 手 続 きについて をご 覧 いただき 税 務 署 の 確 認 を 受 けてください 募 金 団 体 の 確 認 手 続 に 関 するFAQを Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 のQ 9~Q13 に 掲 載 していますので 併 せてご 覧 ください 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 - 6 -

7 災 害 見 舞 金 に 充 てるために 同 業 団 体 等 へ 拠 出 する 分 担 金 等 [Q6] 当 連 合 会 は 各 都 道 府 県 に 設 置 した 同 業 団 体 ( 県 団 体 )を 構 成 員 とする 全 国 組 織 の 連 合 会 ( 全 国 団 体 )です( 下 図 参 照 ) この 度 の 震 災 によって 東 北 地 方 などの 県 団 体 (A 団 体 など)に 所 属 する 構 成 員 に 被 害 を 受 けた 者 がいることから 被 害 を 受 けなかった 県 団 体 (B 団 体 など)の 構 成 員 から 分 担 金 を 集 め 災 害 見 舞 金 として 拠 出 したいと 考 えて います 同 業 団 体 の 構 成 員 が 被 災 した 場 合 に その 被 災 した 構 成 員 に 対 する 災 害 見 舞 金 に 充 て るために 当 該 同 業 団 体 の 他 の 構 成 員 が 拠 出 することとなる 分 担 金 については 一 定 の 要 件 の 下 必 要 経 費 又 は 損 金 に 算 入 されるという 取 扱 い( 以 下 災 害 見 舞 分 担 金 に 係 る 必 要 経 費 算 入 の 取 扱 い といいます )があります( 所 基 通 37-9 の 6 法 基 通 の 4) 当 連 合 会 のように 県 ごとに 別 々の 県 団 体 を 有 し 分 担 金 を 拠 出 するB 団 体 などの 構 成 員 と 分 担 金 を 受 けることとなるA 団 体 などの 構 成 員 とが 異 なる 組 織 ( 県 団 体 )の 構 成 員 である 場 合 には 同 様 に 取 り 扱 うことはできないのでしょうか 全 国 団 体 ( 全 国 団 体 ) 災 害 見 舞 分 担 金 に 係 る 必 要 経 費 算 入 の 取 扱 いは 適 用 できるか? B 団 体 A 団 体 ( 県 団 体 ) 分 担 金 災 害 見 舞 金 構 成 員 異 なる 県 団 体 の 構 成 員 他 の 県 団 体 の 構 成 員 被 災 県 団 体 の ( 構 成 員 ) お 尋 ねは 同 一 の 連 合 会 傘 下 の 異 なる 組 織 ( 県 団 体 )の 構 成 員 に 対 する 災 害 見 舞 金 に 充 て るための 分 担 金 ということですが 分 担 金 を 負 担 する 構 成 員 が 属 する 同 業 団 体 等 と 被 災 し た 構 成 員 が 属 する 他 の 団 体 との 事 業 関 連 性 などからみて 構 成 員 相 互 の 扶 助 等 を 目 的 として 実 施 するものであれば 災 害 見 舞 分 担 金 に 係 る 必 要 経 費 算 入 の 取 扱 い( 所 基 通 37-9 の 6 法 基 通 の 4)と 同 様 に 取 り 扱 うことになります 所 得 税 基 本 通 達 37-9の6 法 人 税 基 本 通 達 の4-7 -

8 被 災 された 取 引 先 に 対 する 寄 附 [Q7] この 度 の 地 震 で 被 災 された 得 意 先 に 対 して 法 人 が 災 害 見 舞 金 を 支 払 った 場 合 支 払 先 が 事 業 に 関 係 のある 者 で 不 特 定 又 は 多 数 の 被 災 者 に 対 する 寄 附 に 当 たらないこと から 支 払 った 災 害 見 舞 金 は 損 金 に 算 入 されないのでしょうか 法 人 が 被 災 した 取 引 先 に 対 し 被 災 前 の 取 引 関 係 の 維 持 回 復 を 目 的 として 災 害 を 受 けた 取 引 先 が 通 常 の 営 業 活 動 を 再 開 するための 復 旧 過 程 にある 期 間 において 支 出 する 災 害 見 舞 金 は 交 際 費 等 に 該 当 せず 損 金 に 算 入 されます 租 税 特 別 措 置 法 通 達 ( 法 人 税 編 )61 の4(1)-10 の3 法 人 が 自 社 製 品 を 被 災 者 に 提 供 した 場 合 [Q8] 法 人 が 自 社 製 品 を 被 災 者 に 提 供 する 場 合 税 務 上 の 取 扱 いはどのようになります か 法 人 が 不 特 定 又 は 多 数 の 被 災 者 を 救 援 するために 緊 急 に 行 う 自 社 製 品 等 の 提 供 に 要 する 費 用 は 寄 附 金 又 は 交 際 費 等 には 該 当 せず 広 告 宣 伝 費 に 準 ずるものとして 損 金 に 算 入 され ます 法 人 税 基 本 通 達 9-4-6の4 租 税 特 別 措 置 法 通 達 ( 法 人 税 編 )61 の4(1)-10 の4-8 -

9 Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 募 金 団 体 が 発 行 する 預 り 証 への 記 載 事 項 [Q9] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 することについて 税 務 署 の 確 認 を 受 けた 場 合 当 団 体 に 寄 附 をした 個 人 法 人 に 対 して 発 行 する 預 り 証 には 何 を 記 載 すべきでしょうか 預 り 証 は 個 人 法 人 が 募 金 団 体 に 対 して 支 払 った 義 援 金 が 最 終 的 に 国 又 は 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 されるものであることが 税 務 署 で 確 認 された 場 合 に その 義 援 金 が 個 人 にあっては 特 定 寄 附 金 法 人 にあっては 国 等 に 対 する 寄 附 金 として 取 り 扱 われ 税 制 上 の 優 遇 措 置 の 適 用 を 受 けることができる 旨 を 寄 附 した 個 人 法 人 にお 知 らせするものになります したがって 預 り 証 には 記 載 例 のような 内 容 を 付 記 して 寄 附 をした 方 に 税 務 上 の 取 扱 いを 具 体 的 に 示 すことがよいと 考 えられます ( 預 り 証 の 記 載 例 ) 上 記 金 額 をお 預 かりしました お 預 かりした 義 援 金 は ( 例 えば 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 と 記 載 します )に 拠 出 いたします ( 注 ) この 預 り 証 をもって 所 得 税 法 第 78 条 第 2 項 第 1 号 及 び 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 第 1 号 の 国 又 は 地 方 公 共 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 することの 証 明 としてお 使 いい ただけますので 大 切 に 保 管 してください 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 募 金 団 体 が 募 金 を 受 け 付 ける 専 用 口 座 [Q10] 募 金 団 体 の 確 認 手 続 を 定 めた 事 務 運 営 指 針 によれば 税 務 署 では 募 集 した 義 援 金 等 の 受 付 の 専 用 口 座 等 を 確 認 することになっていますが 専 用 口 座 は 必 ず 設 置 しなけ ればいけませんか 寄 附 者 から 預 かった 義 援 金 が 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 されることが 明 らかであ るかどうかを 判 断 する 一 つの 手 段 として 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 を 確 認 することとしていま す 受 付 専 用 口 座 で 預 かった 義 援 金 の 総 額 をそのまま 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 することとし ている 場 合 には 募 金 団 体 が 保 有 する 固 有 の 現 預 金 と 混 同 することがありませんから 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 されることが 確 認 されることになります - 9 -

10 もっとも 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 を 設 置 しない 場 合 であっても 募 金 団 体 が 保 有 する 固 有 の 現 預 金 と 寄 附 者 から 預 かった 義 援 金 が 経 理 上 明 確 に 区 分 され 寄 附 者 から 預 かった 義 援 金 が 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 されることが 明 らかにされれば 税 務 署 の 確 認 を 受 ける ことができます 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 専 用 口 座 を 設 置 している 場 合 の 預 り 証 の 発 行 の 省 略 [Q11] 義 援 金 の 募 集 を 行 うに 当 たり 受 付 専 用 口 座 を 開 設 し 寄 附 者 に 対 してはその 口 座 に 振 り 込 んでもらうようにお 願 いしました 受 付 専 用 口 座 への 振 込 の 場 合 寄 附 者 には 振 込 票 の 控 えが 残 ることになりますが 寄 附 者 が 税 制 上 の 優 遇 措 置 を 受 けるに 当 たり 別 途 預 り 証 を 発 行 する 必 要 はありますか 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 を 設 けない 場 合 には 寄 附 者 が 義 援 金 を 募 金 団 体 の 口 座 に 振 り 込 ん だというだけでは その 義 援 金 が 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 されることが 明 らかではありませ ん したがって この 場 合 には 寄 附 者 から 預 かった 義 援 金 を 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 する ことを 明 記 した 預 り 証 を 寄 附 者 に 対 して 発 行 することが 必 要 となります 他 方 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 が 設 けられている 場 合 には その 口 座 に 振 り 込 まれたという ことをもって その 義 援 金 が 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 されることが 明 らかです したがって この 場 合 には 預 り 証 を 発 行 しなくても 郵 便 振 替 で 支 払 った 場 合 の 半 券 ( 受 領 証 )や 銀 行 振 込 で 支 払 った 場 合 の 振 込 票 の 控 えをもって 税 制 上 の 優 遇 措 置 の 適 用 を 受 け るための 証 明 書 類 として 差 し 支 えありません なお その 半 券 や 振 込 票 の 控 えに 印 字 された 口 座 番 号 等 が 募 金 団 体 の 受 付 専 用 口 座 であ ることが 確 認 できるよう 募 金 要 綱 募 金 趣 意 書 新 聞 報 道 募 金 団 体 のホームページの 写 しなど 義 援 金 を 振 り 込 んだ 口 座 が 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 であることが 分 かる 資 料 を 用 意 し ていただき 個 人 の 寄 附 者 が 確 定 申 告 をする 際 には その 資 料 を 郵 便 振 替 で 支 払 った 場 合 の 半 券 ( 受 領 証 )や 銀 行 振 込 で 支 払 った 場 合 の 振 込 票 の 控 えと 併 せて 確 定 申 告 書 に 添 付 又 は 確 定 申 告 書 提 出 の 際 に 提 示 してください 法 人 の 寄 附 者 につきましては 書 類 として 保 存 しておいてください 所 得 税 法 施 行 令 第 262 条 第 1 項 所 得 税 法 施 行 規 則 第 47 条 の2 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 第 9 項

11 複 数 の 募 金 団 体 を 経 由 して 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 される 場 合 の 確 認 [Q12] 当 連 合 会 は 連 合 会 の 下 部 組 織 である 組 合 (A 組 合 など)に 所 属 する 組 合 員 から 義 援 金 を 集 めるに 当 たり 義 援 金 の 募 集 をA 組 合 などにさせることとし その 上 で 当 連 合 会 が 最 終 的 に 取 りまとめ 県 災 害 対 策 本 部 に 拠 出 することとしています 最 終 的 に 国 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 されるまでに 複 数 の 募 金 団 体 が 介 在 する 場 合 税 務 署 への 確 認 手 続 はいずれの 募 金 団 体 で 行 えばよいでしょうか 組 合 員 ( 寄 附 者 ) A 組 合 連 合 会 県 災 害 対 策 本 部 ( 募 金 団 体 ) ( 募 金 団 体 ) お 尋 ねの 場 合 税 務 署 への 確 認 は 最 終 的 な 義 援 金 の 拠 出 先 を 把 握 している 連 合 会 で 行 っ ていただくことになります その 際 基 本 的 には 連 合 会 に 関 する 事 項 として 1 募 集 した 義 援 金 の 拠 出 先 等 (お 尋 ね の 場 合 は 県 災 害 対 策 本 部 ) 2 募 金 要 綱 募 金 趣 意 書 の 有 無 等 を 確 認 し 連 合 会 の 下 部 組 織 である 組 合 に 関 する 事 項 として 3 募 金 団 体 の 名 称 代 表 者 名 所 在 地 4 募 集 した 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 等 5 預 り 証 の 発 行 の 有 無 を 確 認 することになります この 点 をまとめたのが 下 表 になりますので 参 考 にしてください 複 数 の 募 金 団 体 を 経 由 して 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 される 場 合 の 確 認 事 項 ( 一 般 的 なケース) 地 方 公 共 団 体 へ 拠 出 する 募 金 団 体 に 関 す る 事 項 (お 尋 ねの 場 合 は 連 合 会 ) 1 募 集 した 義 援 金 の 拠 出 先 等 2 募 金 要 綱 募 金 趣 意 書 の 有 無 等 寄 附 者 から 募 金 を 取 りまとめる 募 金 団 体 に 関 する 事 項 (お 尋 ねの 場 合 は A 組 合 など) 3 募 金 団 体 の 名 称 代 表 者 名 所 在 地 4 募 集 した 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 等 5 預 り 証 の 発 行 の 有 無 等 ( 注 ) 2の 募 金 要 綱 募 金 趣 意 書 は 寄 附 者 から 募 金 を 取 りまとめる 募 金 団 体 においても 作 成 している 場 合 には 併 せて 確 認 を 受 けてください 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項

12 税 務 署 への 確 認 前 の 寄 附 [Q13] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 集 め これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 拠 出 する 予 定 です また 被 災 地 のことを 考 え 少 しでも 早 く 義 援 金 を 拠 出 したいと 考 えています 募 金 団 体 として 募 集 する 義 援 金 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 するかどうかについ て 税 務 署 で 確 認 を 受 けようと 思 っていますが この 確 認 は 集 めた 義 援 金 を 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 拠 出 した 後 でもよいでしょうか お 尋 ねのように 先 に 義 援 金 を 集 めて 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 拠 出 し その 後 に 税 務 署 への 確 認 を 行 ったとしても 問 題 はありませんが その 場 合 には 実 際 に 義 援 金 を 拠 出 した 先 (お 尋 ねの 場 合 は 日 本 赤 十 字 社 )が 発 行 した 受 領 証 についても 持 参 し 最 終 的 な 拠 出 先 が 国 地 方 公 共 団 体 であることの 確 認 を 受 けるようにしてください また 税 務 署 の 確 認 を 受 ける 前 に 募 金 団 体 に 義 援 金 を 支 払 った 寄 附 者 に 対 しては 税 務 署 の 確 認 が 得 られ 次 第 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 する 寄 附 金 に 該 当 して 税 制 上 の 優 遇 措 置 の 適 用 を 受 けられる 旨 連 絡 するとともに 必 要 に 応 じて 預 り 証 を 発 行 することになります のでご 注 意 ください ( 注 ) 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 中 央 共 同 募 金 会 の 各 県 の 被 災 者 の 生 活 再 建 のための 義 援 金 口 座 への 寄 附 は 国 地 方 公 共 団 体 に 拠 出 されるものに 該 当 します (Q2 及 びQ3 参 照 ) 所 得 税 基 本 通 達 78-5 法 人 税 法 第 37 条 第 3 項 法 人 税 基 本 通 達 Ⅲ その 他 寄 附 したことを 証 する 書 類 [Q14] 確 定 申 告 を 行 うに 当 たり 寄 附 したことを 証 する 書 類 が 必 要 になると 思 いますが どのような 書 類 を 用 意 しておけばよいですか 例 えば 次 の 書 類 が 寄 附 したことを 証 する 書 類 に 該 当 します 1 県 災 害 対 策 本 部 や 義 援 金 配 分 委 員 会 等 が 発 行 する 受 領 証 2 日 本 赤 十 字 社 等 が 発 行 する 受 領 証 又 は 募 金 団 体 の 預 り 証 3 郵 便 振 替 で 支 払 った 場 合 の 半 券 ( 受 領 証 )(その 振 込 口 座 が 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 であ

13 る 場 合 に 限 ります ) 4 銀 行 振 込 みで 支 払 った 場 合 の 振 込 票 の 控 え(その 振 込 口 座 が 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 で ある 場 合 に 限 ります ) 3 4の 場 合 個 人 の 寄 附 者 が 確 定 申 告 をする 際 には 募 金 要 綱 募 金 趣 意 書 新 聞 報 道 募 金 団 体 のホームページの 写 しなど 義 援 金 を 振 り 込 んだ 口 座 が 義 援 金 の 受 付 専 用 口 座 であることが 分 かる 資 料 を 郵 便 振 替 で 支 払 った 場 合 の 半 券 ( 受 領 証 )や 銀 行 振 込 で 支 払 った 場 合 の 振 込 票 の 控 えと 併 せて 確 定 申 告 書 に 添 付 又 は 確 定 申 告 書 提 出 の 際 に 提 示 してください 法 人 の 寄 附 者 につきましては 書 類 として 保 存 しておいてくださ い なお 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 中 央 共 同 募 金 会 の 各 県 の 被 災 者 の 生 活 再 建 のための 義 援 金 及 び 地 震 災 害 におけるボランティア NPO 活 動 支 援 のための 募 金 口 座 への 寄 附 金 については 不 要 です 所 得 税 法 施 行 令 第 262 条 第 1 項 所 得 税 法 施 行 規 則 第 47 条 の2 第 3 項 法 人 税 法 第 37 条 第 9 項 寄 附 金 控 除 の 額 について [Q15] Q1~Q3のように 個 人 が 特 定 寄 附 金 を 支 出 した 場 合 の 寄 附 金 控 除 の 額 は どのように 計 算 するのでしょうか 個 人 の 方 が 義 援 金 を 寄 附 した 場 合 には その 義 援 金 が 特 定 寄 附 金 に 該 当 するものであ れば 寄 附 金 控 除 の 対 象 となります 寄 附 金 控 除 の 額 は 次 の 算 式 によって 計 算 します その 年 中 に 支 出 した 特 定 寄 附 金 の 額 の 合 計 額 - 2 千 円 = 寄 附 金 控 除 額 ( 注 ) 特 定 寄 附 金 の 額 の 合 計 額 は 所 得 金 額 の 40% 相 当 額 が 限 度 です 詳 しくは 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 に 係 る 義 援 金 等 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについて をご 覧 ください

14 募 金 団 体 が 発 行 する 預 り 証 への 収 入 印 紙 の 貼 付 の 要 否 [Q16] 当 社 は 義 援 金 を 広 く 一 般 から 募 集 するためにホームページで 義 援 金 を 募 り 集 め た 義 援 金 を 取 りまとめた 上 で 日 本 赤 十 字 社 の 東 北 関 東 大 震 災 義 援 金 口 座 に 対 して 支 払 う 予 定 ですが 当 社 が 義 援 金 を 寄 附 した 者 に 対 して 発 行 する 預 り 証 ( 受 取 書 )に は 収 入 印 紙 を 貼 付 する 必 要 はありますか 新 聞 社 放 送 局 等 が 災 害 援 助 を 目 的 として 一 般 から 広 く 義 援 金 を 募 集 する 場 合 義 援 金 の 受 領 事 実 を 証 明 するために 作 成 する 受 取 書 は 印 紙 税 を 課 税 しないことに 取 り 扱 われます また 新 聞 社 放 送 局 に 該 当 しない 者 であっても 災 害 援 助 を 目 的 として 一 般 から 広 く 義 援 金 を 募 集 する 場 合 には 同 様 に 取 り 扱 われます なお 金 融 機 関 が 義 援 金 の 振 込 依 頼 を 窓 口 等 で 受 け 付 けた 際 に 作 成 する 受 取 書 で 次 のいず れにも 該 当 するものにつきましても 同 様 に 取 り 扱 われます 1 振 込 手 数 料 が 無 料 であること 2 振 込 先 が 広 く 一 般 に 義 援 金 を 募 っている 団 体 等 であること 3 義 援 金 の 振 込 金 受 取 書 であることがその 文 書 上 明 らかにされていること 印 紙 税 法 別 表 第 1 第 17 号 文 書 印 紙 税 法 基 本 通 達 別 表 第 1 第 17 号 文 書 33 ( 注 ) 上 記 の 内 容 は 平 成 23 年 3 月 18 日 現 在 の 法 令 等 に 基 づいて 作 成 しています 問 合 せ 先 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQについて お 知 りになりたいことがありましたら 電 話 相 談 センタ ーをご 利 用 ください 電 話 相 談 センターのご 利 用 は 所 轄 の 税 務 署 にお 電 話 いただき 自 動 音 声 にしたがっ て 番 号 1 を 選 択 してください なお 個 別 的 なご 相 談 については 番 号 2 を 選 択 して 所 轄 の 税 務 署 へご 相 談 ください

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

目 次 1 ふるさと 納 税 制 度 とは 1 2 寄 附 の 対 象 となる 地 方 公 共 団 体 1 3 ふるさと 納 税 制 度 の 仕 組 み 2 4 寄 附 の 申 込 み 方 法 について 3 5 寄 附 の 納 付 方 法 について 4 6 税 の 軽 減 について 5 7 ふるさと

目 次 1 ふるさと 納 税 制 度 とは 1 2 寄 附 の 対 象 となる 地 方 公 共 団 体 1 3 ふるさと 納 税 制 度 の 仕 組 み 2 4 寄 附 の 申 込 み 方 法 について 3 5 寄 附 の 納 付 方 法 について 4 6 税 の 軽 減 について 5 7 ふるさと ふるさと 納 税 制 度 の 手 引 き 平 成 26 年 4 月 目 次 1 ふるさと 納 税 制 度 とは 1 2 寄 附 の 対 象 となる 地 方 公 共 団 体 1 3 ふるさと 納 税 制 度 の 仕 組 み 2 4 寄 附 の 申 込 み 方 法 について 3 5 寄 附 の 納 付 方 法 について 4 6 税 の 軽 減 について 5 7 ふるさと 納 税 Q&A 6 8 寄 附

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

寄 附 申 込 書 平 成 年 月 日 一 般 社 団 法 人 滋 賀 県 発 明 協 会 会 長 清 水 貴 之 様 ご 住 所 ご 芳 名 ( 会 社 名 ) 印 下 記 により 貴 協 会 に 寄 附 を 申 し 込 みます 記 1. 寄 附 金 額 金 円 也 1. 寄 付 金 の 種 類

寄 附 申 込 書 平 成 年 月 日 一 般 社 団 法 人 滋 賀 県 発 明 協 会 会 長 清 水 貴 之 様 ご 住 所 ご 芳 名 ( 会 社 名 ) 印 下 記 により 貴 協 会 に 寄 附 を 申 し 込 みます 記 1. 寄 附 金 額 金 円 也 1. 寄 付 金 の 種 類 寄 附 金 受 付 滋 賀 県 発 明 協 会 は 発 明 奨 励 事 業 等 を 推 進 することにより 科 学 技 術 の 発 展 と 地 域 経 済 の 活 性 化 に 寄 与 してい ます 中 でも 青 少 年 が 創 造 性 豊 かな 人 間 形 成 を 図 ることにより 明 るい 未 来 豊 かな 社 会 を 将 来 世 代 にも 継 続 しようとしています 皆 様 のご 支 援 をお

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

Q4-2 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 は 利 子 割 の 課 税 対 象 は 個 人 とされていま すが 金 融 機 関 には 様 々な 口 座 がある 中 で 該 当 の 有 無 をどのように 判 断 すればよいですか? ( 平 成 28 年 2 月 修 正 ) A4-2 平 成 2

Q4-2 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 は 利 子 割 の 課 税 対 象 は 個 人 とされていま すが 金 融 機 関 には 様 々な 口 座 がある 中 で 該 当 の 有 無 をどのように 判 断 すればよいですか? ( 平 成 28 年 2 月 修 正 ) A4-2 平 成 2 平 成 28 年 1 月 1 日 施 行 県 民 税 利 子 割 の 改 正 Q&A 平 成 27 年 11 月 作 成 ( 平 成 28 年 2 月 一 部 修 正 ) 埼 玉 県 自 動 車 税 事 務 所 Q1 改 正 後 の 特 別 徴 収 しなければならない 納 税 義 務 者 はどう 変 わりますか? A1 法 人 からの 徴 収 がなくなり 利 子 の 支 払 いを 受 ける 個 人

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

第1章 外国為替証拠金取引の税金

第1章 外国為替証拠金取引の税金 税 金 について 2013 年 2 月 16 日 から 3 月 15 日 までの 確 定 申 告 用 (2012 年 1 月 から 12 月 までのお 取 引 が 対 象 ) 2012 年 2 月 27 日 セントラル 短 資 FX 株 式 会 社 目 次 個 人 の 確 定 申 告 第 一 章 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 の 税 金 第 二 章 申 告 分 離 課 税 における 所 得 税

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

2 前 項 の 規 定 による 書 類 の 提 出 後 に 補 助 金 の 交 付 決 定 の 変 更 を 受 ける 必 要 が 生 じたとき は 当 該 設 置 者 は 同 項 の 規 定 を 準 用 して 変 更 後 の 書 類 を 作 成 し 別 途 指 定 する 日 までに 市 長 に 提

2 前 項 の 規 定 による 書 類 の 提 出 後 に 補 助 金 の 交 付 決 定 の 変 更 を 受 ける 必 要 が 生 じたとき は 当 該 設 置 者 は 同 項 の 規 定 を 準 用 して 変 更 後 の 書 類 を 作 成 し 別 途 指 定 する 日 までに 市 長 に 提 資 料 3 久 喜 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 3 月 23 日 教 育 委 員 会 告 示 第 20 号 改 正 平 成 22 年 8 月 17 日 教 委 告 示 第 56 号 平 成 23 年 7 月 25 日 教 委 告 示 第 16 号 平 成 24 年 3 月 23 日 教 委 告 示 第 8 号 平 成 25 年 7 月 19

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

H27府民税申告書の書き方_表-1

H27府民税申告書の書き方_表-1 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 の 書 き 方 日 ごろから 税 務 行 政 にご 協 力 いただきありがとうございます さて 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 を 送 付 いたしましたので この 説 明 書 をご 参 照 のうえ ご 提 出 いただきますようお 願 いします 申 告 が 必 要 な 人 税

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63> よくある 質 問 (FAQ FAQ) このページ ページは みなさんからよく 問 い 合 わせのある 質 問 と です 参 考 にしてくださ い 市 県 民 税 ( 住 民 税 ) Q1 宝 塚 市 の 住 民 税 は 高 いのでは? Q2 去 年 退 職 して 今 は 働 いていないのですが 住 民 税 は 納 めるのですか? Q3 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 の 両 方 で 課 税 されたが?

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4 別 添 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 4 月 国 税 庁 目 次 1 制 度 全 体 に 関 するQ&A [Q1-1] 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 ( 以 下 教 育 資 金 の 非

More information

12月12日 医療保険部会 想定問答

12月12日 医療保険部会 想定問答 出 産 育 児 一 時 金 の 直 接 支 払 制 度 に 関 してよくあるお 問 い 合 わせ (Q&A) 出 産 育 児 一 時 金 の 直 接 支 払 制 度 に 関 して よくあるお 問 い 合 わせをまとめましたので ご 活 用 ください ( 目 次 ) 1. 全 般 について 問 1 今 般 の 制 度 見 直 しの 趣 旨 について 説 明 してください 2. 直 接 支 払 制 度

More information

特別徴収の事務手引き

特別徴収の事務手引き 個 人 住 民 税 ( 区 市 町 村 民 税 都 民 税 ) 特 別 徴 収 の 事 務 手 引 き 個 人 住 民 税 PRキャラクター ぜいきりん 東 京 都 と 都 内 全 62 区 市 町 村 は 平 成 29 年 度 から 個 人 住 民 税 の 給 与 からの 特 別 徴 収 を 徹 底 します 東 京 都 都 内 区 市 町 村 目 次 1 個 人 住 民 税 とは 1 2 特 別

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63> 株 券 電 子 化 制 度 よくあるQ&A( 改 訂 版 ) 平 成 21 年 5 月 11 日 日 本 証 券 業 協 会 (タンス 株 ) 問 1 上 場 会 社 の 株 券 が 手 元 にあります 株 券 はどうなりますか( 株 券 電 子 化 で 何 か 手 続 は 必 要 ですか) 株 券 電 子 化 までに 証 券 会 社 を 通 じて 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり)に 預

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

1. 特 別 徴 収 に 関 するQ&A -よくあるお 問 い 合 わせについて Q 個 人 市 民 税 県 民 税 の 特 別 徴 収 とはどのような 制 度 ですか? A 事 業 主 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 等 ( 納 税 者 )に 対 して 毎 月 支 払 う 給 与

1. 特 別 徴 収 に 関 するQ&A -よくあるお 問 い 合 わせについて Q 個 人 市 民 税 県 民 税 の 特 別 徴 収 とはどのような 制 度 ですか? A 事 業 主 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 等 ( 納 税 者 )に 対 して 毎 月 支 払 う 給 与 大 分 県 中 津 市 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 事 務 の 手 引 き も く じ 1 特 別 徴 収 に 関 する Q&A-よくあるお 問 い 合 わせについて- 2 2 個 人 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 制 度 のしくみ 4 3 特 別 徴 収 税 額 の 通 知 5 4 特 別 徴 収 税 額 に 変 更 があった 場 合 6 5 特 別 徴 収 税 額 の 徴 収

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の

事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 事 務 手 引 き 個 人 市 県 民 税 について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 特 別 徴 収 のメリット 2 特 別 徴 収 の 対 象 になる 人 2 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 3 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 5 納 期 と 納 入 方 法 6 税 額 の 変 更 通 知 7 退 職 休 職 者 の

More information

給与支払報告書の書き方

給与支払報告書の書き方 給 与 支 払 報 告 書 の 記 入 と 住 民 税 特 別 徴 収 のご 案 内 Ⅰ 給 与 支 払 報 告 書 の 概 要 P1 Ⅱ 給 与 支 払 報 告 書 による 特 別 徴 収 への 流 れ P2 Ⅲ 総 括 表 及 び 普 通 徴 収 申 請 書 記 入 の 際 の 注 意 点 P3~5 Ⅳ 給 与 支 払 報 告 書 の 記 入 の 際 の 注 意 点 P6~10 Ⅴ 間 違 えやすい

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx ss 震 災 と 生 活 保 護 制 度 Q&A 作 成 : 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 Q1( 避 難 所 での 生 活 保 護 受 給 ) 私 は 今 避 難 所 で 生 活 しています 生 活 保 護 の 申 請 に 行 ったら 炊 き 出 し 配 給 等 に よって 最 低 生 活 が 確 保 されているし 居 住 地 ( 被 災 地 )と 離 れているからダメと 言 われま

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378>

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378> ~ 平 成 26 年 度 版 ~ 北 海 道 美 唄 市 個 人 住 民 税 ( 市 民 税 道 民 税 )について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 1 対 象 になる 人 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 1 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 1 納 期 と 納 入 方 法 税 額 の 変 更 通 知 2 2 退 職 休

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 について 平 成 27 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 概 要 3ページ 2. 対 象 設 備 4ページ 3. 対 象 者 7ページ 4.A 類 型 ( 先 端 設 備 ) 8ページ 5.B 類 型 ( 生 産 ラインやオペレーションの 改 善 に 資 する 設 備 ) 11ページ 6. 中 小 企 業 者 等 の 上 乗 せ 措 置

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県 平 成 27 年 2 月 16 日 ( 月 )から 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 )まで 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 )の 確 定 申 告 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 相 談 を 行 います 申 告 が 必 要 な 方 は 申 告 相 談 期 間 内 に 申 告 ください なお 申 告 が 必 要 かどうかは1~3ページにあります かんたん!

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

26表紙1.2.3.indd

26表紙1.2.3.indd 平 成 26 年 度 ( 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 ) 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり 給 与 支 払 報 告 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (13 14 ページ) 特 別 徴 収 への 切 替 申 請 書 (15 ページ) 特 別 徴 収 義 務 の 所 在 地 名 称 変 更 通 知 書 (16 ページ) 市 県 民

More information

国民健康保険税に関するQ&A

国民健康保険税に関するQ&A 市 税 よくある 質 問 Q&A ( 平 成 26 年 4 月 ) 栗 原 市 目 次 Ⅰ 個 人 市 民 税 に 関 するQ&A Q1 昨 年 は 収 入 がなかったのですが 市 民 税 の 申 告 は 必 要 ですか Q2 市 民 税 の 申 告 をしないとどうなりますか Q3 市 民 税 が 課 税 される 所 得 はいくらからですか Q4 市 民 税 の 均 等 割 が 高 くなったのはなぜ

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63> 基 金 型 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 年 金 受 給 権 者 のしおり 大 日 本 印 刷 企 業 年 金 基 金 ( 平 成 18 年 4 月 改 定 ) < 目 次 > はじめに 1ページ 1. 年 金 証 書 について 2ページ 2. 年 金 の 支 払 われ 方 3ページ 3. 給 付 金 の 税 務 4ページ 4. 年 金 受 給 中 に 必 要 な 手 続 き 5ページ (1)

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

②130401雇用促進計画パンフレット

②130401雇用促進計画パンフレット ( 事 業 主 の 方 へ) 雇 用 促 進 計 画 の 提 出 手 続 き ~ 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けるために~ 適 用 期 限 が2 年 間 延 長 になりました! 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 期 間 内 に 始 まる 事 業 年 度 分 まで 適 用 されます 雇 用 促 進 税 制 とは 適 用 年 度 中 に 雇 用 者 数 を5 人 以 上 ( 中

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税 平 成 27 年 度 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 飯 山 市 389-2292 長 野 県 飯 山 市 大 字 飯 山 1110 番 地 1 号 電 話 026962-3111 内 線 161 162 飯 山 市 役 所 総 務 部 税 務 課 市 民 税 係 市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

1. 制 度 の 概 要 子 育 て 世 代 の 定 住 を 促 進 し 活 力 あり 安 心 に 暮 らせる 環 境 づくりに 寄 与 するこ とを 目 的 に 市 内 で 住 宅 を 新 築 または 購 入 し 居 住 する 子 育 て 世 帯 に 対 して そ の 住 宅 にかかる 固 定 資

1. 制 度 の 概 要 子 育 て 世 代 の 定 住 を 促 進 し 活 力 あり 安 心 に 暮 らせる 環 境 づくりに 寄 与 するこ とを 目 的 に 市 内 で 住 宅 を 新 築 または 購 入 し 居 住 する 子 育 て 世 帯 に 対 して そ の 住 宅 にかかる 固 定 資 室 蘭 市 子 育 て 世 代 持 家 住 宅 促 進 助 成 金 ここが ~ 申 請 の 手 引 き~ 変 わった! 平 成 28 年 4 月 1 日 改 定 取 得 期 間 が1 年 延 長 になりました! 平 成 29 年 1 月 1 日 までに 取 得 した 方 も 対 象 です 目 次 1. 制 度 の 概 要 2. 住 宅 取 得 から 助 成 金 交 付 までの 流 れ 3. 申 請

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

なお 日 本 機 構 にお 届 けされている 住 所 と 住 民 票 上 の 住 所 の 表 記 が 下 記 の 例 のように 一 部 異 なっている 場 合 は 本 9 月 末 までに 1 事 務 所 又 は 街 角 の 相 談 センターに 住 所 変 更 届 省 略 申 出 書 ( 参 考 3

なお 日 本 機 構 にお 届 けされている 住 所 と 住 民 票 上 の 住 所 の 表 記 が 下 記 の 例 のように 一 部 異 なっている 場 合 は 本 9 月 末 までに 1 事 務 所 又 は 街 角 の 相 談 センターに 住 所 変 更 届 省 略 申 出 書 ( 参 考 3 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 23 6 月 2 日 ( 照 会 先 ) 事 業 企 画 部 事 業 企 画 グループ 長 小 原 正 ( 電 話 直 通 03-6892-0743) 給 付 部 給 付 企 画 グループ 長 渡 部 浩 ( 電 話 直 通 03-6892-0769) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 額

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 くださ 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

平成22年度 年末調整書類発送のお知らせ(2010年11月9日)

平成22年度 年末調整書類発送のお知らせ(2010年11月9日) 平 成 22 年 度 年 末 調 整 Q&A 例 年 スタッフの 皆 様 から 多 くいただくご 質 問 と 回 答 をご 紹 介 いたします 源 泉 徴 収 票 は 年 末 調 整 対 象 者 : 12 月 中 旬 ~ 下 旬 対 象 外 の 方 : 2011 年 1 月 中 旬 ~ 下 旬 に 発 送 いたします 年 末 調 整 Q&A 年 末 調 整 対 象 者 について >> 健 康 保 険

More information

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達)

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達) 福 岡 県 警 察 職 員 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 通 達 ) 平 成 12 年 6 月 5 日 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 24 号 本 部 長 この 度 福 岡 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 実 施 について ( 昭 和 59 年 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 2 号 )の

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

教 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 1 教 職 員 財 形 貯 蓄 の 制 度 について 1~3 頁 1 目 的 要 件 2 積 立 金 額 3 積 立 方 法 4 契 約 口 数 5 募 集 期 間 6 貯 蓄 開 始 7 積 立 額 非 課 税 限 度 額 の 変 更 等 8 その 他 の 変

教 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 1 教 職 員 財 形 貯 蓄 の 制 度 について 1~3 頁 1 目 的 要 件 2 積 立 金 額 3 積 立 方 法 4 契 約 口 数 5 募 集 期 間 6 貯 蓄 開 始 7 積 立 額 非 課 税 限 度 額 の 変 更 等 8 その 他 の 変 教 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 の 事 務 手 引 き 県 教 育 委 員 会 事 務 局 福 利 課 平 成 27 年 8 月 - 4 - 教 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 1 教 職 員 財 形 貯 蓄 の 制 度 について 1~3 頁 1 目 的 要 件 2 積 立 金 額 3 積 立 方 法 4 契 約 口 数 5 募 集 期 間 6 貯 蓄 開 始 7 積 立 額 非 課 税 限 度

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information