必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが "

Transcription

1 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより 使 用 済 物 品 等 及 び 副 産 物 が 大 量 に 発 生 し その 相 当 部 分 が 廃 棄 されており かつ 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 相 当 部 分 が 利 用 されずに 廃 棄 されている 状 況 にかんがみ 資 源 の 有 効 な 利 用 の 確 保 を 図 るとともに 廃 棄 物 の 発 生 の 抑 制 及 び 環 境 の 保 全 に 資 するため 使 用 済 物 品 等 及 び 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 並 びに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 する 所 要 の 措 置 を 講 ずることとし も って 国 民 経 済 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 使 用 済 物 品 等 とは 一 度 使 用 され 又 は 使 用 さ れずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 物 品 ( 放 射 性 物 質 及 びこれによって 汚 染 された 物 を 除 く )をいう 2 この 法 律 において 副 産 物 とは 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 エ ネルギーの 供 給 又 は 土 木 建 築 に 関 する 工 事 ( 以 下 建 設 工 事 という )に 伴 い 副 次 的 に 得 られた 物 品 ( 放 射 性 物 質 及 びこれによって 汚 染 された 物 を 除 く )を いう 3 この 法 律 において 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 とは 製 品 の 製 造 又 は 加 工 に 使 用 する 原 材 料 部 品 その 他 の 物 品 (エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 五 十 四 年 法 律 第 四 十 九 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 燃 料 を 除 く 以 下 原 材 料 等 という )の 使 用 の 合 理 化 により 当 該 原 材 料 等 の 使 用 に 係 る 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 を 行 うこと 及 び 当 該 原 材 料 等 の 使 用 に 係 る 副 産 物 の 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 促 進 することをいう 4 この 法 律 において 再 生 資 源 とは 使 用 済 物 品 等 又 は 副 産 物 のうち 有 用 な ものであって 原 材 料 として 利 用 することができるもの 又 はその 可 能 性 のあるも のをいう 5 この 法 律 において 再 生 部 品 とは 使 用 済 物 品 等 のうち 有 用 なものであっ て 部 品 その 他 製 品 の 一 部 として 利 用 することができるもの 又 はその 可 能 性 の あるものをいう 6 この 法 律 において 再 資 源 化 とは 使 用 済 物 品 等 のうち 有 用 なものの 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 として 利 用 することができる 状 態 にすること をいう 7 この 法 律 において 特 定 省 資 源 業 種 とは 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 が 技 術 的 及 び 経 済 的 に 可 能 であり かつ 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 を 行 うことが 当 該 原 材 料 等 に 係 る 資 源 及 び 当 該 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に

2 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 技 術 的 及 び 経 済 的 に 可 能 であり かつ これらを 利 用 することが 当 該 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 9 この 法 律 において 指 定 省 資 源 化 製 品 とは 製 品 であって それに 係 る 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 その 長 期 間 の 使 用 の 促 進 その 他 の 当 該 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 促 進 することが 当 該 製 品 に 係 る 原 材 料 等 に 係 る 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 めるものをいう 10 この 法 律 において 指 定 再 利 用 促 進 製 品 とは それが 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 その 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 として 利 用 することを 促 進 することが 当 該 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 製 品 をいう 11 この 法 律 において 指 定 表 示 製 品 とは それが 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 その 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 目 的 として 分 別 回 収 ( 類 似 の 物 品 と 分 別 して 回 収 することをいう 以 下 同 じ )をするための 表 示 をすることが 当 該 再 生 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 製 品 をいう 12 この 法 律 において 指 定 再 資 源 化 製 品 とは 製 品 ( 他 の 製 品 の 部 品 とし て 使 用 される 製 品 を 含 む )であって それが 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 それを 当 該 製 品 ( 他 の 製 品 の 部 品 として 使 用 さ れる 製 品 にあっては 当 該 製 品 又 は 当 該 他 の 製 品 )の 製 造 加 工 修 理 若 しく は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 が 自 主 回 収 ( 自 ら 回 収 し 又 は 他 の 者 に 委 託 して 回 収 す ることをいう 以 下 同 じ )をすることが 経 済 的 に 可 能 であって その 自 主 回 収 が されたものの 全 部 又 は 一 部 の 再 資 源 化 をすることが 技 術 的 及 び 経 済 的 に 可 能 であり かつ その 再 資 源 化 をすることが 当 該 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 めるものをいう 13 この 法 律 において 指 定 副 産 物 とは エネルギーの 供 給 又 は 建 設 工 事 に 係 る 副 産 物 であって その 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 促 進 することが 当 該 再 生 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 業 種 ごとに 政 令 で 定 めるものをいう 第 二 章 基 本 方 針 等 ( 基 本 方 針 ) 第 三 条 主 務 大 臣 は 使 用 済 物 品 等 及 び 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 並 びに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 による 資 源 の 有 効 な 利 用 ( 以 下 この 章 において 資 源 の 有 効 な 利 用 という )を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 するため 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 以 下 基 本 方 針 という )を 定 め これを 公 表 するも のとする 2 基 本 方 針 は 製 品 の 種 類 及 び 副 産 物 の 種 類 ごとの 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 に 関 する 目 標 再 生 資 源 の 種 類 及 び 再 生 部 品 の 種 類 ごとのこれらの 利 用 に 関 する 目 標 製 品 の 種 類 ごとの 長 期 間 の 使 用 の 促 進 に 関 する 事 項 環 境 の 保

3 全 に 資 するものとしての 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 の 意 義 に 関 する 知 識 の 普 及 に 係 る 事 項 その 他 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 事 項 について 資 源 の 有 効 な 利 用 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとする 3 主 務 大 臣 は 前 項 の 事 情 の 変 動 のため 必 要 があるときは 基 本 方 針 を 改 定 するものとする 4 第 一 項 及 び 第 二 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 基 本 方 針 の 改 定 に 準 用 す る ( 事 業 者 等 の 責 務 ) 第 四 条 工 場 若 しくは 事 業 場 ( 建 設 工 事 に 係 るものを 含 む 以 下 同 じ )におい て 事 業 を 行 う 者 及 び 物 品 の 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 事 業 者 という ) 又 は 建 設 工 事 の 発 注 者 は その 事 業 又 はその 建 設 工 事 の 発 注 を 行 うに 際 して 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 を 行 うとともに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 を 利 用 するよう 努 め なければならない 2 事 業 者 又 は 建 設 工 事 の 発 注 者 は その 事 業 に 係 る 製 品 が 長 期 間 使 用 され ることを 促 進 するよう 努 めるとともに その 事 業 に 係 る 製 品 が 一 度 使 用 され 若 し くは 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 その 全 部 若 しくは 一 部 を 再 生 資 源 若 しくは 再 生 部 品 として 利 用 することを 促 進 し 又 はその 事 業 若 しくはそ の 建 設 工 事 に 係 る 副 産 物 の 全 部 若 しくは 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 促 進 するよう 努 めなければならない ( 消 費 者 の 責 務 ) 第 五 条 消 費 者 は 製 品 をなるべく 長 期 間 使 用 し 並 びに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するよう 努 めるとともに 国 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 がこ の 法 律 の 目 的 を 達 成 するために 行 う 措 置 に 協 力 するものとする ( 資 金 の 確 保 等 ) 第 六 条 国 は 資 源 の 有 効 な 利 用 を 促 進 するために 必 要 な 資 金 の 確 保 その 他 の 措 置 を 講 ずるよう 努 めなければならない 2 国 は 物 品 の 調 達 に 当 たっては 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 す るように 必 要 な 考 慮 を 払 うものとする ( 科 学 技 術 の 振 興 ) 第 七 条 国 は 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 資 する 科 学 技 術 の 振 興 を 図 るた め 研 究 開 発 の 推 進 及 びその 成 果 の 普 及 等 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めなけ ればならない ( 国 民 の 理 解 を 深 める 等 のための 措 置 ) 第 八 条 国 は 教 育 活 動 広 報 活 動 等 を 通 じて 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 国 民 の 理 解 を 深 めるとともに その 実 施 に 関 する 国 民 の 協 力 を 求 めるよう 努 めなければならない ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 第 九 条 地 方 公 共 団 体 は その 区 域 の 経 済 的 社 会 的 諸 条 件 に 応 じて 資 源 の 有 効 な 利 用 を 促 進 するよう 努 めなければならない

4 第 三 章 特 定 省 資 源 業 種 ( 特 定 省 資 源 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 十 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 による 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 及 び 当 該 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 のために 必 要 な 計 画 的 に 取 り 組 むべき 措 置 その 他 の 措 置 に 関 し 工 場 又 は 事 業 場 において 特 定 省 資 源 業 種 に 属 する 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 特 定 省 資 源 事 業 者 という )の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 による 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 の 状 況 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 による 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 及 び 当 該 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じ て 必 要 な 改 定 をするものとする 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとするときは 資 源 の 再 利 用 の 促 進 に 係 る 環 境 の 保 全 の 観 点 から 環 境 大 臣 に 協 議 しなければならない ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 十 一 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 事 業 者 の 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは 特 定 省 資 源 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 計 画 の 作 成 ) 第 十 二 条 特 定 省 資 源 事 業 者 であって その 事 業 年 度 における 当 該 特 定 省 資 源 事 業 者 の 製 造 に 係 る 政 令 で 定 める 製 品 の 生 産 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものは 主 務 省 令 で 定 めるところにより 第 十 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 において 定 められた 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 のために 必 要 な 計 画 的 に 取 り 組 むべき 措 置 の 実 施 に 関 する 計 画 を 作 成 し 主 務 大 臣 に 提 出 しなければならない ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 十 三 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 事 業 者 であって その 製 造 に 係 る 製 品 の 生 産 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 が 第 十 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 ら して 著 しく 不 十 分 であると 認 めるときは 当 該 特 定 省 資 源 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 に 関 し 必 要 な 措 置 をとるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 省 資 源 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 省 資 源 事 業 者 が 前 項

5 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 ( 国 家 行 政 組 織 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 二 十 号 ) 第 八 条 に 規 定 する 機 関 を いう 以 下 同 じ )で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 特 定 省 資 源 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる ( 環 境 大 臣 との 関 係 ) 第 十 四 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 事 業 者 の 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するために 必 要 な 施 策 の 実 施 に 当 たり 当 該 施 策 の 実 施 が 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 に 関 する 施 策 に 関 連 する 場 合 には 環 境 大 臣 と 緊 密 に 連 絡 して 行 うものとする 第 四 章 特 定 再 利 用 業 種 ( 特 定 再 利 用 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 十 五 条 主 務 大 臣 は 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 工 場 又 は 事 業 場 において 特 定 再 利 用 業 種 に 属 する 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 特 定 再 利 用 事 業 者 という )の 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 十 六 条 主 務 大 臣 は 特 定 再 利 用 事 業 者 の 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは 特 定 再 利 用 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 十 七 条 主 務 大 臣 は 特 定 再 利 用 事 業 者 であって その 製 造 に 係 る 製 品 の 生 産 量 又 はその 施 工 に 係 る 建 設 工 事 の 施 工 金 額 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 が 第 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であ ると 認 めるときは 当 該 特 定 再 利 用 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 に 関 し 必 要 な 措 置 を とるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 再 利 用 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 再 利 用 事 業 者 が 前 項

6 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 特 定 再 利 用 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 五 章 指 定 省 資 源 化 製 品 ( 指 定 省 資 源 化 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 十 八 条 主 務 大 臣 は 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 指 定 省 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 省 資 源 化 事 業 者 という )の 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 の 状 況 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 に 関 す る 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 十 九 条 主 務 大 臣 は 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 促 進 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 省 資 源 化 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 二 十 条 主 務 大 臣 は 指 定 省 資 源 化 事 業 者 であって その 製 造 又 は 販 売 に 係 る 指 定 省 資 源 化 製 品 の 生 産 量 又 は 販 売 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 する ものの 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 が 第 十 八 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であると 認 めるときは 当 該 指 定 省 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 に 関 し 必 要 な 措 置 を とるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 省 資 源 化 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 省 資 源 化 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 著 しく 害 すると 認 めるとき は 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 省 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる

7 第 六 章 指 定 再 利 用 促 進 製 品 ( 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 二 十 一 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 指 定 再 利 用 促 進 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 という )の 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 める ものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 二 十 二 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができ る ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 二 十 三 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 であって その 製 造 又 は 販 売 に 係 る 指 定 再 利 用 促 進 製 品 の 生 産 量 又 は 販 売 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 が 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であると 認 めるときは 当 該 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 し 必 要 な 措 置 をとるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 を 著 しく 害 する と 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができ る 第 七 章 指 定 表 示 製 品 ( 指 定 表 示 事 業 者 の 表 示 の 標 準 となるべき 事 項 ) 第 二 十 四 条 主 務 大 臣 は 指 定 表 示 製 品 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 する

8 ため 主 務 省 令 で 指 定 表 示 製 品 ごとに 次 に 掲 げる 事 項 につき 表 示 の 標 準 と なるべき 事 項 を 定 めるものとする 一 材 質 又 は 成 分 その 他 の 分 別 回 収 に 関 し 表 示 すべき 事 項 二 表 示 の 方 法 その 他 前 号 に 掲 げる 事 項 の 表 示 に 際 して 指 定 表 示 製 品 の 製 造 加 工 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 (その 事 業 の 用 に 供 するために 指 定 表 示 製 品 の 製 造 を 発 注 する 事 業 者 を 含 む 以 下 指 定 表 示 事 業 者 という )が 遵 守 す べき 事 項 2 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 前 項 に 規 定 する 表 示 の 標 準 となるべき 事 項 を 定 めようとする 場 合 に 準 用 する ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 二 十 五 条 主 務 大 臣 は 前 条 第 一 項 の 主 務 省 令 で 定 める 同 項 第 一 号 に 掲 げる 事 項 ( 以 下 表 示 事 項 という )を 表 示 せず 又 は 同 項 の 主 務 省 令 で 定 め る 同 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 ( 以 下 遵 守 事 項 という )を 遵 守 しない 指 定 表 示 事 業 者 ( 中 小 企 業 基 本 法 ( 昭 和 三 十 八 年 法 律 第 百 五 十 四 号 ) 第 二 条 第 五 項 に 規 定 する 小 規 模 企 業 者 その 他 の 政 令 で 定 める 者 であって その 政 令 で 定 める 収 入 金 額 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものを 除 く )があるときは 当 該 指 定 表 示 事 業 者 に 対 し 表 示 事 項 を 表 示 し 又 は 遵 守 事 項 を 遵 守 すべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 表 示 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 表 示 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 表 示 製 品 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 表 示 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 八 章 指 定 再 資 源 化 製 品 ( 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 二 十 六 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 資 源 化 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 次 に 掲 げる 事 項 に 関 し 指 定 再 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 指 定 再 資 源 化 製 品 を 部 品 と して 使 用 する 政 令 で 定 める 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 を 含 む 以 下 指 定 再 資 源 化 事 業 者 という )の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 一 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 ( 指 定 再 資 源 化 製 品 が 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 されたものをいう 以 下 同 じ )の 自 主 回 収 の 実 効 の 確 保 その 他 実 施 方 法 に 関 する 事 項 二 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 再 資 源 化 の 目 標 に 関 する 事 項 及 び 実 施 方 法 に 関 する 事 項 三 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 について 市 町 村 から 引 取 りを 求 められた 場 合 に おける 引 取 りの 実 施 引 取 りの 方 法 その 他 市 町 村 との 連 携 に 関 する 事 項

9 四 その 他 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 状 況 再 資 源 化 に 関 する 技 術 水 準 市 町 村 が 行 う 収 集 及 び 処 分 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これら の 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする ( 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 認 定 ) 第 二 十 七 条 指 定 再 資 源 化 事 業 者 は 単 独 に 又 は 共 同 して 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 を 実 施 しようとするときは 主 務 省 令 で 定 めるところにより 次 の 各 号 のいずれにも 適 合 していることについて 主 務 大 臣 の 認 定 を 受 けることができる 一 当 該 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となる べき 事 項 に 適 合 するものであること 二 当 該 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 に 必 要 な 行 為 を 実 施 する 者 が 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 するものであること 三 前 号 に 規 定 する 者 が 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 施 設 を 有 するもの であること 四 同 一 の 業 種 に 属 する 事 業 を 営 む 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 にあっては 次 のイ 及 びロに 適 合 するものであるこ と イ 当 該 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 と 当 該 業 種 に 属 する 他 の 事 業 者 との 間 の 適 正 な 競 争 が 確 保 されるものであること ロ 一 般 消 費 者 及 び 関 連 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 するおそれがあるものでな いこと 2 前 項 の 認 定 を 受 けようとする 者 は 主 務 省 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 申 請 書 その 他 主 務 省 令 で 定 める 書 類 を 主 務 大 臣 に 提 出 し なければならない 一 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 並 びに 法 人 にあっては その 代 表 者 の 氏 名 二 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 対 象 とする 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 種 類 三 前 号 に 規 定 する 者 が 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 施 設 を 有 するもの であること 四 同 一 の 業 種 に 属 する 事 業 を 営 む 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 にあっては 次 のイ 及 びロに 適 合 するものであるこ と イ 当 該 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 と 当 該 業 種 に 属 する 他 の 事 業 者 との 間 の 適 正 な 競 争 が 確 保 されるものであること ロ 一 般 消 費 者 及 び 関 連 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 するおそれがあるものでな いこと 五 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 方 法 その 他 の 内 容 に 関 する 事 項 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 の 認 定 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 同 項 各 号 のいずれにも 適 合 していると 認 めるときは 同 項 の 認 定 をするものとする ( 変 更 の 認 定 ) 第 二 十 八 条 前 条 第 一 項 の 認 定 を 受 けた 指 定 再 資 源 化 事 業 者 ( 以 下 認 定 指

10 定 再 資 源 化 事 業 者 という )は 同 条 第 二 項 第 二 号 から 第 五 号 までに 掲 げる 事 項 の 変 更 ( 主 務 省 令 で 定 める 軽 微 な 変 更 を 除 く )をしようとするときは 主 務 大 臣 の 認 定 を 受 けなければならない 2 前 条 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 前 項 の 変 更 の 認 定 に 準 用 する ( 認 定 の 取 消 し) 第 二 十 九 条 主 務 大 臣 は 第 二 十 七 条 第 一 項 の 認 定 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 同 項 各 号 のいずれかに 適 合 しなくなったと 認 めるときは 当 該 認 定 を 取 り 消 すことができる ( 公 正 取 引 委 員 会 との 関 係 ) 第 三 十 条 主 務 大 臣 は 同 一 の 業 種 に 属 する 事 業 を 営 む 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 について 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 認 定 ( 第 二 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 変 更 の 認 定 を 含 む 次 項 及 び 次 条 において 同 じ )をしようとする 場 合 において 必 要 があると 認 めるとき は 当 該 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 のための 措 置 について 公 正 取 引 委 員 会 に 意 見 を 求 めることができる 2 公 正 取 引 委 員 会 は 必 要 があると 認 めるときは 主 務 大 臣 に 対 し 前 項 の 規 定 により 意 見 を 求 められた 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 のための 措 置 であって 主 務 大 臣 が 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 により 認 定 をしたものについて 意 見 を 述 べるこ とができる ( 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 における 配 慮 ) 第 三 十 一 条 環 境 大 臣 は 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 四 十 五 年 法 律 第 百 三 十 七 号 )の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 認 定 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 円 滑 な 実 施 が 図 られるよう 適 切 な 配 慮 をするものとする ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 三 十 二 条 主 務 大 臣 は 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 を 促 進 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し 第 二 十 六 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をす ることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 三 十 三 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 資 源 化 事 業 者 であって その 製 造 若 しくは 販 売 に 係 る 指 定 再 資 源 化 製 品 又 は 指 定 再 資 源 化 製 品 を 部 品 として 使 用 する 第 二 十 六 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 製 品 の 生 産 量 若 しくは 販 売 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 同 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 である と 認 めるときは 当 該 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 に 関 し 必 要 な 措 置 を とるべき 旨 の 勧 告 をすることができる

11 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 資 源 化 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 資 源 化 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 九 章 指 定 副 産 物 ( 指 定 副 産 物 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 三 十 四 条 主 務 大 臣 は 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 するた め 主 務 省 令 で 事 業 場 において 指 定 副 産 物 に 係 る 業 種 に 属 する 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 副 産 物 事 業 者 という )の 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするも のとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 三 十 五 条 主 務 大 臣 は 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 するた め 必 要 があると 認 めるときは 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 す る 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 三 十 六 条 主 務 大 臣 は 指 定 副 産 物 事 業 者 であって その 供 給 に 係 るエネ ルギーの 供 給 量 又 はその 施 工 に 係 る 建 設 工 事 の 施 工 金 額 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 が 第 三 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であ ると 認 めるときは 当 該 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 し 必 要 な 措 置 をとるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 副 産 物 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 副 産 物 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し その 勧 告

12 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 十 章 雑 則 ( 報 告 及 び 立 入 検 査 ) 第 三 十 七 条 主 務 大 臣 は 第 十 三 条 及 び 第 十 七 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 特 定 事 業 に 対 し その 業 務 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 特 定 省 資 源 事 業 者 又 は 特 定 再 利 用 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 設 備 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 2 主 務 大 臣 は 第 二 十 条 第 二 十 三 条 及 び 第 二 十 五 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 指 定 省 資 源 化 事 業 者 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 又 は 指 定 表 示 事 業 者 に 対 し 指 定 省 資 源 化 製 品 指 定 再 利 用 促 進 製 品 又 は 指 定 表 示 製 品 に 係 る 業 務 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 指 定 省 資 源 化 事 業 者 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 又 は 指 定 表 示 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 指 定 省 資 源 化 製 品 指 定 再 利 用 促 進 製 品 又 は 指 定 表 示 製 品 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができ る 4 主 務 大 臣 は 第 三 十 三 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 又 は 再 資 源 化 の 実 施 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 3 主 務 大 臣 は 第 二 十 八 条 及 び 第 二 十 九 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 に おいて 認 定 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 認 定 に 係 る 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 又 は 再 資 源 化 の 実 施 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 認 定 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 5 主 務 大 臣 は 前 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるとこ ろにより 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し 指 定 副 産 物 に 係 る 業 務 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 指 定 副 産 物 事 業 者 の 事 務 所 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 指 定 副 産 物 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 6 前 各 項 の 規 定 により 立 入 検 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 人 に 提 示 しなければならない 7 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のため に 認 められたものと 解 釈 してはならない ( 不 服 申 立 ての 手 続 における 意 見 の 聴 取 ) 第 三 十 八 条 第 十 三 条 第 三 項 第 十 七 条 第 三 項 第 二 十 条 第 三 項 第 二 十 三 条 第 三 項 第 二 十 五 条 第 三 項 第 三 十 三 条 第 三 項 又 は 第 三 十 六 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 についての 審 査 請 求 又 は 異 議 申 立 てに 対 する 裁 決 又 は 決 定 ( 却 下 の 裁 決 又 は 決 定 を 除 く )は 審 査 請 求 人 又 は 異 議 申 立 人 に 対 し 相 当 な 期 間 をおいて 予 告 をした 上 公 開 による 意 見 の 聴 取 を 行 った 後 にしなけれ ばならない

13 2 前 項 の 予 告 においては 期 日 場 所 及 び 事 案 の 内 容 を 示 さなければならな い 3 第 一 項 の 意 見 の 聴 取 に 際 しては 審 査 請 求 人 又 は 異 議 申 立 人 及 び 利 害 関 係 人 に 対 し 当 該 事 案 について 証 拠 を 提 示 し 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなけれ ばならない ( 主 務 大 臣 等 ) 第 三 十 九 条 この 法 律 における 主 務 大 臣 は 次 のとおりとする 一 第 三 条 第 一 項 の 規 定 による 基 本 方 針 の 策 定 及 び 公 表 並 びに 同 条 第 三 項 の 規 定 による 基 本 方 針 の 改 定 に 関 する 事 項 については 経 済 産 業 大 臣 国 土 交 通 大 臣 農 林 水 産 大 臣 財 務 大 臣 厚 生 労 働 大 臣 及 び 環 境 大 臣 二 第 十 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 十 一 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 十 二 条 に 規 定 する 計 画 第 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 属 する 事 業 を 所 管 する 大 臣 三 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 第 十 五 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 十 六 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 十 七 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 第 十 七 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 第 十 七 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 属 する 事 業 を 所 管 する 大 臣 四 第 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 十 九 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 第 二 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 二 十 二 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 二 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 第 二 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 表 示 の 標 準 とな るべき 事 項 の 策 定 第 二 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 に よる 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 二 項 の 規 定 によ る 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 政 令 で 定 めるところによ り 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 又 は 当 該 指 定 表 示 製 品 の 製 造 加 工 若 しくは 販 売 の 事 業 (その 事 業 の 用 に 供 するために 指 定 表 示 製 品 の 製 造 を 発 注 する 事 業 者 にあっては 当 該 事 業 者 の 事 業 )を 所 管 する 大 臣 五 第 二 十 六 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 第 二 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 認 定 第 二 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 変 更 の 認 定 第 二 十 九 条 の 規 定 による 認 定 の 取 消 し 第 三 十 条 の 規 定 による 意 見 第 三 十 二 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 三 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 第 三 十 三 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 第 三 十 三 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 三 項 及 び 第 四

14 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 政 令 で 定 めるところにより 当 該 指 定 再 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 又 は 当 該 指 定 再 資 源 化 製 品 を 部 品 として 使 用 する 第 二 十 六 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 を 所 管 する 大 臣 及 び 環 境 大 臣 六 第 三 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 三 十 五 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 三 十 六 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 五 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 政 令 で 定 めるところにより 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 業 種 に 属 する 事 業 を 所 管 する 大 臣 2 この 法 律 における 主 務 省 令 は 前 項 第 二 号 又 は 第 三 号 に 定 める 事 項 に 関 しては それぞれ 同 項 第 二 号 又 は 第 三 号 に 定 める 主 務 大 臣 の 発 する 命 令 とし 同 項 第 四 号 から 第 六 号 までに 定 める 事 項 に 関 しては 政 令 で 定 めるところによ り それぞれ 同 項 第 四 号 から 第 六 号 までに 定 める 主 務 大 臣 の 発 する 命 令 とす る 3 この 法 律 による 権 限 は 政 令 で 定 めるところにより 地 方 支 分 部 局 の 長 に 委 任 することができる 第 四 十 条 主 務 大 臣 は この 法 律 の 目 的 を 達 成 するため 必 要 があると 認 めると きは 環 境 大 臣 に 対 し 廃 棄 物 の 処 理 に 関 し 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 について 必 要 な 協 力 を 求 めることができる ( 経 過 措 置 ) 第 四 十 一 条 この 法 律 の 規 定 に 基 づき 命 令 を 制 定 し 又 は 改 廃 する 場 合 にお いては その 命 令 で その 制 定 又 は 改 廃 に 伴 い 合 理 的 に 必 要 と 判 断 される 範 囲 内 において 所 要 の 経 過 措 置 ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 を 含 む )を 定 めること ができる 第 十 一 章 罰 則 第 四 十 二 条 第 十 三 条 第 三 項 第 十 七 条 第 三 項 第 二 十 条 第 三 項 第 二 十 三 条 第 三 項 第 二 十 五 条 第 三 項 第 三 十 三 条 第 三 項 又 は 第 三 十 六 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 四 十 三 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 二 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 一 第 十 二 条 の 規 定 による 提 出 をしなかった 者 二 第 三 十 七 条 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 報 告 をせず 若 しくは 虚 偽 の 報 告 をし 又 はこれらの 規 定 による 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 した 者 第 四 十 四 条 法 人 の 代 表 者 又 は 法 人 若 しくは 人 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 が その 法 人 又 は 人 の 業 務 に 関 し 前 二 条 の 違 反 行 為 をしたときは 行 為 者 を 罰 するほか その 法 人 又 は 人 に 対 して 各 本 条 の 刑 を 科 する

15 附 則 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 六 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 五 年 十 一 月 十 二 日 法 律 第 八 十 九 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 行 政 手 続 法 ( 平 成 五 年 法 律 第 八 十 八 号 )の 施 行 の 日 か ら 施 行 する ( 諮 問 等 がされた 不 利 益 処 分 に 関 する 経 過 措 置 ) 第 二 条 この 法 律 の 施 行 前 に 法 令 に 基 づき 審 議 会 その 他 の 合 議 制 の 機 関 に 対 し 行 政 手 続 法 第 十 三 条 に 規 定 する 聴 聞 又 は 弁 明 の 機 会 の 付 与 の 手 続 その 他 の 意 見 陳 述 のための 手 続 に 相 当 する 手 続 を 執 るべきことの 諮 問 その 他 の 求 めがされた 場 合 においては 当 該 諮 問 その 他 の 求 めに 係 る 不 利 益 処 分 の 手 続 に 関 しては この 法 律 による 改 正 後 の 関 係 法 律 の 規 定 にかかわらず なお 従 前 の 例 による ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 ) 第 十 三 条 この 法 律 の 施 行 前 にした 行 為 に 対 する 罰 則 の 適 用 については な お 従 前 の 例 による ( 聴 聞 に 関 する 規 定 の 整 理 に 伴 う 経 過 措 置 ) 第 十 四 条 この 法 律 の 施 行 前 に 法 律 の 規 定 により 行 われた 聴 聞 聴 問 若 しくは 聴 聞 会 ( 不 利 益 処 分 に 係 るものを 除 く ) 又 はこれらのための 手 続 は この 法 律 による 改 正 後 の 関 係 法 律 の 相 当 規 定 により 行 われたものとみなす ( 政 令 への 委 任 ) 第 十 五 条 附 則 第 二 条 から 前 条 までに 定 めるもののほか この 法 律 の 施 行 に 関 して 必 要 な 経 過 措 置 は 政 令 で 定 める 附 則 ( 平 成 十 一 年 十 二 月 二 十 二 日 法 律 第 百 六 十 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 ( 第 二 条 及 び 第 三 条 を 除 く )は 平 成 十 三 年 一 月 六 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 十 二 年 六 月 七 日 法 律 第 百 十 三 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 十 三 年 四 月 一 日 から 施 行 する ( 処 分 等 の 効 力 ) 第 二 条 この 法 律 による 改 正 前 の 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 規 定 によってした 処 分 手 続 その 他 の 行 為 は この 法 律 による 改 正 後 の 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 相 当 規 定 によってしたものとみなす

16 ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 ) 第 三 条 この 法 律 の 施 行 前 にした 行 為 に 対 する 罰 則 の 適 用 については なお 従 前 の 例 による ( 検 討 ) 第 四 条 政 府 は この 法 律 の 施 行 の 日 から 七 年 以 内 に この 法 律 による 改 正 後 の 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 施 行 の 状 況 について 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

●不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案

●不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 三 七 号 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 二 十 八 号 )の 一 部 を 次 の ように 改 正 する 第 二 条 第 三 項 中 次 条 第 二 項 第 一 号 を 次 項 第 一 号 に

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Taro-条文.jtd

Taro-条文.jtd - 1 - 部 正 昭 和 部 正 目 ん 養 涵 養 ロ ん ロ 護 在 面 積 並 削 共 化 委 託 共 化 病 害 虫 駆 除 予 防 他 護 削 3 域 各 掲 げ ほ 全 努 - 2 - む ね 道 開 設 良 安 設 削 他 護 削 委 託 促 進 削 病 害 虫 駆 除 予 防 火 災 予 防 他 護 削 - 3 - 応 じ 6 案 作 学 識 験 意 聴 3 各 掲 げ ほ 掲 げ

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

年 総 務 省 令 第 42 号 ) 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 対 象 施 設 ( 以 下 この 条 において 対 象 施 設 という )を 新 設 し 又 は 増 設 した 者 について 当 該 対 象 施 設 である 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 又

年 総 務 省 令 第 42 号 ) 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 対 象 施 設 ( 以 下 この 条 において 対 象 施 設 という )を 新 設 し 又 は 増 設 した 者 について 当 該 対 象 施 設 である 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 又 浦 添 市 固 定 資 産 税 の 課 税 免 除 に 関 する 条 例 平 成 12 年 3 月 31 日 条 例 第 12 号 改 正 平 成 14 年 3 月 31 日 条 例 第 19 号 平 成 15 年 3 月 31 日 条 例 第 3 号 平 成 17 年 3 月 28 日 条 例 第 5 号 平 成 19 年 3 月 31 日 条 例 第 19 号 平 成 24 年 9 月 28 日

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受 資 料 5-1 平 成 28 年 6 月 16 日 専 門 協 議 等 の 実 施 に 関 する 各 専 門 委 員 における 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 承 認 審 査 及 び 安 全 対 策 に 係 る 専 門 協 議 等 を 依 頼 した 専 門 委 員 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 については 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 における 専

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1 松 山 市 条 制 定 時 の 市 民 意 見 聴 取 経 過 表 ( 3 月 市 議 会 提 出 分 ) 総 務 部 文 書 法 制 作 成 条 名 条 の 概 要 提 出 日 番 号 手 続 の 種 別 実 施 日 ( 期 間 ) 実 施 した 聴 取 手 続 の 内 容 を 実 施 しない 場 合 はその 理 由 担 当 1 松 山 市 職 員 の 分 限 に 関 する 条 等 の 一 部 を

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

募集要項

募集要項 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における 単 価 契 約 の 入 札 参 加 者 募 集 要 領 1 趣 旨 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )において コピー 用 紙 の 納 入 を 行 う 業 者 を 募 集 する 2 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 件 名 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information