必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが "

Transcription

1 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより 使 用 済 物 品 等 及 び 副 産 物 が 大 量 に 発 生 し その 相 当 部 分 が 廃 棄 されており かつ 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 相 当 部 分 が 利 用 されずに 廃 棄 されている 状 況 にかんがみ 資 源 の 有 効 な 利 用 の 確 保 を 図 るとともに 廃 棄 物 の 発 生 の 抑 制 及 び 環 境 の 保 全 に 資 するため 使 用 済 物 品 等 及 び 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 並 びに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 する 所 要 の 措 置 を 講 ずることとし も って 国 民 経 済 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 使 用 済 物 品 等 とは 一 度 使 用 され 又 は 使 用 さ れずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 物 品 ( 放 射 性 物 質 及 びこれによって 汚 染 された 物 を 除 く )をいう 2 この 法 律 において 副 産 物 とは 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 エ ネルギーの 供 給 又 は 土 木 建 築 に 関 する 工 事 ( 以 下 建 設 工 事 という )に 伴 い 副 次 的 に 得 られた 物 品 ( 放 射 性 物 質 及 びこれによって 汚 染 された 物 を 除 く )を いう 3 この 法 律 において 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 とは 製 品 の 製 造 又 は 加 工 に 使 用 する 原 材 料 部 品 その 他 の 物 品 (エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 五 十 四 年 法 律 第 四 十 九 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 燃 料 を 除 く 以 下 原 材 料 等 という )の 使 用 の 合 理 化 により 当 該 原 材 料 等 の 使 用 に 係 る 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 を 行 うこと 及 び 当 該 原 材 料 等 の 使 用 に 係 る 副 産 物 の 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 促 進 することをいう 4 この 法 律 において 再 生 資 源 とは 使 用 済 物 品 等 又 は 副 産 物 のうち 有 用 な ものであって 原 材 料 として 利 用 することができるもの 又 はその 可 能 性 のあるも のをいう 5 この 法 律 において 再 生 部 品 とは 使 用 済 物 品 等 のうち 有 用 なものであっ て 部 品 その 他 製 品 の 一 部 として 利 用 することができるもの 又 はその 可 能 性 の あるものをいう 6 この 法 律 において 再 資 源 化 とは 使 用 済 物 品 等 のうち 有 用 なものの 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 として 利 用 することができる 状 態 にすること をいう 7 この 法 律 において 特 定 省 資 源 業 種 とは 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 が 技 術 的 及 び 経 済 的 に 可 能 であり かつ 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 を 行 うことが 当 該 原 材 料 等 に 係 る 資 源 及 び 当 該 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に

2 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 技 術 的 及 び 経 済 的 に 可 能 であり かつ これらを 利 用 することが 当 該 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 9 この 法 律 において 指 定 省 資 源 化 製 品 とは 製 品 であって それに 係 る 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 その 長 期 間 の 使 用 の 促 進 その 他 の 当 該 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 促 進 することが 当 該 製 品 に 係 る 原 材 料 等 に 係 る 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 めるものをいう 10 この 法 律 において 指 定 再 利 用 促 進 製 品 とは それが 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 その 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 として 利 用 することを 促 進 することが 当 該 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 製 品 をいう 11 この 法 律 において 指 定 表 示 製 品 とは それが 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 その 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 目 的 として 分 別 回 収 ( 類 似 の 物 品 と 分 別 して 回 収 することをいう 以 下 同 じ )をするための 表 示 をすることが 当 該 再 生 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 製 品 をいう 12 この 法 律 において 指 定 再 資 源 化 製 品 とは 製 品 ( 他 の 製 品 の 部 品 とし て 使 用 される 製 品 を 含 む )であって それが 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 それを 当 該 製 品 ( 他 の 製 品 の 部 品 として 使 用 さ れる 製 品 にあっては 当 該 製 品 又 は 当 該 他 の 製 品 )の 製 造 加 工 修 理 若 しく は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 が 自 主 回 収 ( 自 ら 回 収 し 又 は 他 の 者 に 委 託 して 回 収 す ることをいう 以 下 同 じ )をすることが 経 済 的 に 可 能 であって その 自 主 回 収 が されたものの 全 部 又 は 一 部 の 再 資 源 化 をすることが 技 術 的 及 び 経 済 的 に 可 能 であり かつ その 再 資 源 化 をすることが 当 該 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 めるものをいう 13 この 法 律 において 指 定 副 産 物 とは エネルギーの 供 給 又 は 建 設 工 事 に 係 る 副 産 物 であって その 全 部 又 は 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 促 進 することが 当 該 再 生 資 源 の 有 効 な 利 用 を 図 る 上 で 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 業 種 ごとに 政 令 で 定 めるものをいう 第 二 章 基 本 方 針 等 ( 基 本 方 針 ) 第 三 条 主 務 大 臣 は 使 用 済 物 品 等 及 び 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 並 びに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 による 資 源 の 有 効 な 利 用 ( 以 下 この 章 において 資 源 の 有 効 な 利 用 という )を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 するため 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 以 下 基 本 方 針 という )を 定 め これを 公 表 するも のとする 2 基 本 方 針 は 製 品 の 種 類 及 び 副 産 物 の 種 類 ごとの 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 に 関 する 目 標 再 生 資 源 の 種 類 及 び 再 生 部 品 の 種 類 ごとのこれらの 利 用 に 関 する 目 標 製 品 の 種 類 ごとの 長 期 間 の 使 用 の 促 進 に 関 する 事 項 環 境 の 保

3 全 に 資 するものとしての 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 の 意 義 に 関 する 知 識 の 普 及 に 係 る 事 項 その 他 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 事 項 について 資 源 の 有 効 な 利 用 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとする 3 主 務 大 臣 は 前 項 の 事 情 の 変 動 のため 必 要 があるときは 基 本 方 針 を 改 定 するものとする 4 第 一 項 及 び 第 二 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 基 本 方 針 の 改 定 に 準 用 す る ( 事 業 者 等 の 責 務 ) 第 四 条 工 場 若 しくは 事 業 場 ( 建 設 工 事 に 係 るものを 含 む 以 下 同 じ )におい て 事 業 を 行 う 者 及 び 物 品 の 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 事 業 者 という ) 又 は 建 設 工 事 の 発 注 者 は その 事 業 又 はその 建 設 工 事 の 発 注 を 行 うに 際 して 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 を 行 うとともに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 を 利 用 するよう 努 め なければならない 2 事 業 者 又 は 建 設 工 事 の 発 注 者 は その 事 業 に 係 る 製 品 が 長 期 間 使 用 され ることを 促 進 するよう 努 めるとともに その 事 業 に 係 る 製 品 が 一 度 使 用 され 若 し くは 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 された 後 その 全 部 若 しくは 一 部 を 再 生 資 源 若 しくは 再 生 部 品 として 利 用 することを 促 進 し 又 はその 事 業 若 しくはそ の 建 設 工 事 に 係 る 副 産 物 の 全 部 若 しくは 一 部 を 再 生 資 源 として 利 用 することを 促 進 するよう 努 めなければならない ( 消 費 者 の 責 務 ) 第 五 条 消 費 者 は 製 品 をなるべく 長 期 間 使 用 し 並 びに 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するよう 努 めるとともに 国 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 がこ の 法 律 の 目 的 を 達 成 するために 行 う 措 置 に 協 力 するものとする ( 資 金 の 確 保 等 ) 第 六 条 国 は 資 源 の 有 効 な 利 用 を 促 進 するために 必 要 な 資 金 の 確 保 その 他 の 措 置 を 講 ずるよう 努 めなければならない 2 国 は 物 品 の 調 達 に 当 たっては 再 生 資 源 及 び 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 す るように 必 要 な 考 慮 を 払 うものとする ( 科 学 技 術 の 振 興 ) 第 七 条 国 は 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 資 する 科 学 技 術 の 振 興 を 図 るた め 研 究 開 発 の 推 進 及 びその 成 果 の 普 及 等 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めなけ ればならない ( 国 民 の 理 解 を 深 める 等 のための 措 置 ) 第 八 条 国 は 教 育 活 動 広 報 活 動 等 を 通 じて 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 国 民 の 理 解 を 深 めるとともに その 実 施 に 関 する 国 民 の 協 力 を 求 めるよう 努 めなければならない ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 第 九 条 地 方 公 共 団 体 は その 区 域 の 経 済 的 社 会 的 諸 条 件 に 応 じて 資 源 の 有 効 な 利 用 を 促 進 するよう 努 めなければならない

4 第 三 章 特 定 省 資 源 業 種 ( 特 定 省 資 源 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 十 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 による 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 及 び 当 該 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 のために 必 要 な 計 画 的 に 取 り 組 むべき 措 置 その 他 の 措 置 に 関 し 工 場 又 は 事 業 場 において 特 定 省 資 源 業 種 に 属 する 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 特 定 省 資 源 事 業 者 という )の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 による 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 の 状 況 原 材 料 等 の 使 用 の 合 理 化 による 副 産 物 の 発 生 の 抑 制 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 及 び 当 該 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じ て 必 要 な 改 定 をするものとする 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとするときは 資 源 の 再 利 用 の 促 進 に 係 る 環 境 の 保 全 の 観 点 から 環 境 大 臣 に 協 議 しなければならない ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 十 一 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 事 業 者 の 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは 特 定 省 資 源 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 計 画 の 作 成 ) 第 十 二 条 特 定 省 資 源 事 業 者 であって その 事 業 年 度 における 当 該 特 定 省 資 源 事 業 者 の 製 造 に 係 る 政 令 で 定 める 製 品 の 生 産 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものは 主 務 省 令 で 定 めるところにより 第 十 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 において 定 められた 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 のために 必 要 な 計 画 的 に 取 り 組 むべき 措 置 の 実 施 に 関 する 計 画 を 作 成 し 主 務 大 臣 に 提 出 しなければならない ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 十 三 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 事 業 者 であって その 製 造 に 係 る 製 品 の 生 産 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 が 第 十 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 ら して 著 しく 不 十 分 であると 認 めるときは 当 該 特 定 省 資 源 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 に 関 し 必 要 な 措 置 をとるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 省 資 源 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 省 資 源 事 業 者 が 前 項

5 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 係 る 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 ( 国 家 行 政 組 織 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 二 十 号 ) 第 八 条 に 規 定 する 機 関 を いう 以 下 同 じ )で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 特 定 省 資 源 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる ( 環 境 大 臣 との 関 係 ) 第 十 四 条 主 務 大 臣 は 特 定 省 資 源 事 業 者 の 副 産 物 の 発 生 抑 制 等 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するために 必 要 な 施 策 の 実 施 に 当 たり 当 該 施 策 の 実 施 が 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 に 関 する 施 策 に 関 連 する 場 合 には 環 境 大 臣 と 緊 密 に 連 絡 して 行 うものとする 第 四 章 特 定 再 利 用 業 種 ( 特 定 再 利 用 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 十 五 条 主 務 大 臣 は 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 工 場 又 は 事 業 場 において 特 定 再 利 用 業 種 に 属 する 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 特 定 再 利 用 事 業 者 という )の 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 十 六 条 主 務 大 臣 は 特 定 再 利 用 事 業 者 の 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは 特 定 再 利 用 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 十 七 条 主 務 大 臣 は 特 定 再 利 用 事 業 者 であって その 製 造 に 係 る 製 品 の 生 産 量 又 はその 施 工 に 係 る 建 設 工 事 の 施 工 金 額 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 が 第 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であ ると 認 めるときは 当 該 特 定 再 利 用 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 に 関 し 必 要 な 措 置 を とるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 再 利 用 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 特 定 再 利 用 事 業 者 が 前 項

6 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 特 定 再 利 用 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 五 章 指 定 省 資 源 化 製 品 ( 指 定 省 資 源 化 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 十 八 条 主 務 大 臣 は 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 指 定 省 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 省 資 源 化 事 業 者 という )の 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 の 状 況 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 に 関 す る 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 十 九 条 主 務 大 臣 は 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 促 進 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 省 資 源 化 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 二 十 条 主 務 大 臣 は 指 定 省 資 源 化 事 業 者 であって その 製 造 又 は 販 売 に 係 る 指 定 省 資 源 化 製 品 の 生 産 量 又 は 販 売 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 する ものの 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 が 第 十 八 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であると 認 めるときは 当 該 指 定 省 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 に 関 し 必 要 な 措 置 を とるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 省 資 源 化 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 省 資 源 化 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 に 係 る 使 用 済 物 品 等 の 発 生 の 抑 制 を 著 しく 害 すると 認 めるとき は 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 省 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる

7 第 六 章 指 定 再 利 用 促 進 製 品 ( 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 二 十 一 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 指 定 再 利 用 促 進 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 という )の 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 める ものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 二 十 二 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができ る ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 二 十 三 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 であって その 製 造 又 は 販 売 に 係 る 指 定 再 利 用 促 進 製 品 の 生 産 量 又 は 販 売 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 が 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であると 認 めるときは 当 該 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 に 関 し 必 要 な 措 置 をとるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 を 著 しく 害 する と 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができ る 第 七 章 指 定 表 示 製 品 ( 指 定 表 示 事 業 者 の 表 示 の 標 準 となるべき 事 項 ) 第 二 十 四 条 主 務 大 臣 は 指 定 表 示 製 品 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 する

8 ため 主 務 省 令 で 指 定 表 示 製 品 ごとに 次 に 掲 げる 事 項 につき 表 示 の 標 準 と なるべき 事 項 を 定 めるものとする 一 材 質 又 は 成 分 その 他 の 分 別 回 収 に 関 し 表 示 すべき 事 項 二 表 示 の 方 法 その 他 前 号 に 掲 げる 事 項 の 表 示 に 際 して 指 定 表 示 製 品 の 製 造 加 工 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 (その 事 業 の 用 に 供 するために 指 定 表 示 製 品 の 製 造 を 発 注 する 事 業 者 を 含 む 以 下 指 定 表 示 事 業 者 という )が 遵 守 す べき 事 項 2 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 前 項 に 規 定 する 表 示 の 標 準 となるべき 事 項 を 定 めようとする 場 合 に 準 用 する ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 二 十 五 条 主 務 大 臣 は 前 条 第 一 項 の 主 務 省 令 で 定 める 同 項 第 一 号 に 掲 げる 事 項 ( 以 下 表 示 事 項 という )を 表 示 せず 又 は 同 項 の 主 務 省 令 で 定 め る 同 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 ( 以 下 遵 守 事 項 という )を 遵 守 しない 指 定 表 示 事 業 者 ( 中 小 企 業 基 本 法 ( 昭 和 三 十 八 年 法 律 第 百 五 十 四 号 ) 第 二 条 第 五 項 に 規 定 する 小 規 模 企 業 者 その 他 の 政 令 で 定 める 者 であって その 政 令 で 定 める 収 入 金 額 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものを 除 く )があるときは 当 該 指 定 表 示 事 業 者 に 対 し 表 示 事 項 を 表 示 し 又 は 遵 守 事 項 を 遵 守 すべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 表 示 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 表 示 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 表 示 製 品 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 表 示 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 八 章 指 定 再 資 源 化 製 品 ( 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 二 十 六 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 資 源 化 製 品 に 係 る 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 を 促 進 するため 主 務 省 令 で 次 に 掲 げる 事 項 に 関 し 指 定 再 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 ( 指 定 再 資 源 化 製 品 を 部 品 と して 使 用 する 政 令 で 定 める 製 品 の 製 造 加 工 修 理 又 は 販 売 の 事 業 を 行 う 者 を 含 む 以 下 指 定 再 資 源 化 事 業 者 という )の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 一 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 ( 指 定 再 資 源 化 製 品 が 一 度 使 用 され 又 は 使 用 されずに 収 集 され 若 しくは 廃 棄 されたものをいう 以 下 同 じ )の 自 主 回 収 の 実 効 の 確 保 その 他 実 施 方 法 に 関 する 事 項 二 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 再 資 源 化 の 目 標 に 関 する 事 項 及 び 実 施 方 法 に 関 する 事 項 三 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 について 市 町 村 から 引 取 りを 求 められた 場 合 に おける 引 取 りの 実 施 引 取 りの 方 法 その 他 市 町 村 との 連 携 に 関 する 事 項

9 四 その 他 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 状 況 再 資 源 化 に 関 する 技 術 水 準 市 町 村 が 行 う 収 集 及 び 処 分 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これら の 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするものとする ( 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 認 定 ) 第 二 十 七 条 指 定 再 資 源 化 事 業 者 は 単 独 に 又 は 共 同 して 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 を 実 施 しようとするときは 主 務 省 令 で 定 めるところにより 次 の 各 号 のいずれにも 適 合 していることについて 主 務 大 臣 の 認 定 を 受 けることができる 一 当 該 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 前 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となる べき 事 項 に 適 合 するものであること 二 当 該 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 に 必 要 な 行 為 を 実 施 する 者 が 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 するものであること 三 前 号 に 規 定 する 者 が 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 施 設 を 有 するもの であること 四 同 一 の 業 種 に 属 する 事 業 を 営 む 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 にあっては 次 のイ 及 びロに 適 合 するものであるこ と イ 当 該 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 と 当 該 業 種 に 属 する 他 の 事 業 者 との 間 の 適 正 な 競 争 が 確 保 されるものであること ロ 一 般 消 費 者 及 び 関 連 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 するおそれがあるものでな いこと 2 前 項 の 認 定 を 受 けようとする 者 は 主 務 省 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 申 請 書 その 他 主 務 省 令 で 定 める 書 類 を 主 務 大 臣 に 提 出 し なければならない 一 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 並 びに 法 人 にあっては その 代 表 者 の 氏 名 二 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 対 象 とする 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 種 類 三 前 号 に 規 定 する 者 が 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 施 設 を 有 するもの であること 四 同 一 の 業 種 に 属 する 事 業 を 営 む 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 にあっては 次 のイ 及 びロに 適 合 するものであるこ と イ 当 該 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 と 当 該 業 種 に 属 する 他 の 事 業 者 との 間 の 適 正 な 競 争 が 確 保 されるものであること ロ 一 般 消 費 者 及 び 関 連 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 するおそれがあるものでな いこと 五 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 方 法 その 他 の 内 容 に 関 する 事 項 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 の 認 定 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 同 項 各 号 のいずれにも 適 合 していると 認 めるときは 同 項 の 認 定 をするものとする ( 変 更 の 認 定 ) 第 二 十 八 条 前 条 第 一 項 の 認 定 を 受 けた 指 定 再 資 源 化 事 業 者 ( 以 下 認 定 指

10 定 再 資 源 化 事 業 者 という )は 同 条 第 二 項 第 二 号 から 第 五 号 までに 掲 げる 事 項 の 変 更 ( 主 務 省 令 で 定 める 軽 微 な 変 更 を 除 く )をしようとするときは 主 務 大 臣 の 認 定 を 受 けなければならない 2 前 条 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 前 項 の 変 更 の 認 定 に 準 用 する ( 認 定 の 取 消 し) 第 二 十 九 条 主 務 大 臣 は 第 二 十 七 条 第 一 項 の 認 定 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 同 項 各 号 のいずれかに 適 合 しなくなったと 認 めるときは 当 該 認 定 を 取 り 消 すことができる ( 公 正 取 引 委 員 会 との 関 係 ) 第 三 十 条 主 務 大 臣 は 同 一 の 業 種 に 属 する 事 業 を 営 む 二 以 上 の 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 について 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 認 定 ( 第 二 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 変 更 の 認 定 を 含 む 次 項 及 び 次 条 において 同 じ )をしようとする 場 合 において 必 要 があると 認 めるとき は 当 該 申 請 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 のための 措 置 について 公 正 取 引 委 員 会 に 意 見 を 求 めることができる 2 公 正 取 引 委 員 会 は 必 要 があると 認 めるときは 主 務 大 臣 に 対 し 前 項 の 規 定 により 意 見 を 求 められた 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 のための 措 置 であって 主 務 大 臣 が 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 により 認 定 をしたものについて 意 見 を 述 べるこ とができる ( 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 における 配 慮 ) 第 三 十 一 条 環 境 大 臣 は 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 四 十 五 年 法 律 第 百 三 十 七 号 )の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 認 定 に 係 る 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 の 円 滑 な 実 施 が 図 られるよう 適 切 な 配 慮 をするものとする ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 三 十 二 条 主 務 大 臣 は 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 を 促 進 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し 第 二 十 六 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をす ることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 三 十 三 条 主 務 大 臣 は 指 定 再 資 源 化 事 業 者 であって その 製 造 若 しくは 販 売 に 係 る 指 定 再 資 源 化 製 品 又 は 指 定 再 資 源 化 製 品 を 部 品 として 使 用 する 第 二 十 六 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 製 品 の 生 産 量 若 しくは 販 売 量 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 が 同 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 である と 認 めるときは 当 該 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 に 関 し 必 要 な 措 置 を とるべき 旨 の 勧 告 をすることができる

11 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 資 源 化 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 再 資 源 化 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 及 び 再 資 源 化 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 勧 告 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 九 章 指 定 副 産 物 ( 指 定 副 産 物 事 業 者 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 ) 第 三 十 四 条 主 務 大 臣 は 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 するた め 主 務 省 令 で 事 業 場 において 指 定 副 産 物 に 係 る 業 種 に 属 する 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 副 産 物 事 業 者 という )の 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 めるものとする 2 前 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 は 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 状 況 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 技 術 水 準 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとし これらの 事 情 の 変 動 に 応 じて 必 要 な 改 定 をするも のとする 3 第 十 条 第 三 項 の 規 定 は 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 定 め 又 は 前 項 に 規 定 する 改 定 をしようとする 場 合 に 準 用 する ( 指 導 及 び 助 言 ) 第 三 十 五 条 主 務 大 臣 は 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 を 促 進 するた め 必 要 があると 認 めるときは 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し 前 条 第 一 項 に 規 定 す る 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる ( 勧 告 及 び 命 令 ) 第 三 十 六 条 主 務 大 臣 は 指 定 副 産 物 事 業 者 であって その 供 給 に 係 るエネ ルギーの 供 給 量 又 はその 施 工 に 係 る 建 設 工 事 の 施 工 金 額 が 政 令 で 定 める 要 件 に 該 当 するものの 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 が 第 三 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 に 照 らして 著 しく 不 十 分 であ ると 認 めるときは 当 該 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し その 判 断 の 根 拠 を 示 して 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 し 必 要 な 措 置 をとるべき 旨 の 勧 告 をすることができる 2 主 務 大 臣 は 前 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 副 産 物 事 業 者 がその 勧 告 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 主 務 大 臣 は 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 を 受 けた 指 定 副 産 物 事 業 者 が 前 項 の 規 定 によりその 勧 告 に 従 わなかった 旨 を 公 表 された 後 において なお 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 を 著 しく 害 すると 認 めるときは 審 議 会 等 で 政 令 で 定 めるものの 意 見 を 聴 いて 当 該 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し その 勧 告

12 に 係 る 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる 第 十 章 雑 則 ( 報 告 及 び 立 入 検 査 ) 第 三 十 七 条 主 務 大 臣 は 第 十 三 条 及 び 第 十 七 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 特 定 事 業 に 対 し その 業 務 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 特 定 省 資 源 事 業 者 又 は 特 定 再 利 用 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 設 備 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 2 主 務 大 臣 は 第 二 十 条 第 二 十 三 条 及 び 第 二 十 五 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 指 定 省 資 源 化 事 業 者 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 又 は 指 定 表 示 事 業 者 に 対 し 指 定 省 資 源 化 製 品 指 定 再 利 用 促 進 製 品 又 は 指 定 表 示 製 品 に 係 る 業 務 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 指 定 省 資 源 化 事 業 者 指 定 再 利 用 促 進 事 業 者 又 は 指 定 表 示 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 指 定 省 資 源 化 製 品 指 定 再 利 用 促 進 製 品 又 は 指 定 表 示 製 品 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができ る 4 主 務 大 臣 は 第 三 十 三 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 又 は 再 資 源 化 の 実 施 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 3 主 務 大 臣 は 第 二 十 八 条 及 び 第 二 十 九 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 に おいて 認 定 指 定 再 資 源 化 事 業 者 に 対 し その 認 定 に 係 る 使 用 済 指 定 再 資 源 化 製 品 の 自 主 回 収 又 は 再 資 源 化 の 実 施 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 認 定 指 定 再 資 源 化 事 業 者 の 事 務 所 工 場 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 5 主 務 大 臣 は 前 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるとこ ろにより 指 定 副 産 物 事 業 者 に 対 し 指 定 副 産 物 に 係 る 業 務 の 状 況 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 指 定 副 産 物 事 業 者 の 事 務 所 事 業 場 又 は 倉 庫 に 立 ち 入 り 指 定 副 産 物 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 6 前 各 項 の 規 定 により 立 入 検 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 人 に 提 示 しなければならない 7 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のため に 認 められたものと 解 釈 してはならない ( 不 服 申 立 ての 手 続 における 意 見 の 聴 取 ) 第 三 十 八 条 第 十 三 条 第 三 項 第 十 七 条 第 三 項 第 二 十 条 第 三 項 第 二 十 三 条 第 三 項 第 二 十 五 条 第 三 項 第 三 十 三 条 第 三 項 又 は 第 三 十 六 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 についての 審 査 請 求 又 は 異 議 申 立 てに 対 する 裁 決 又 は 決 定 ( 却 下 の 裁 決 又 は 決 定 を 除 く )は 審 査 請 求 人 又 は 異 議 申 立 人 に 対 し 相 当 な 期 間 をおいて 予 告 をした 上 公 開 による 意 見 の 聴 取 を 行 った 後 にしなけれ ばならない

13 2 前 項 の 予 告 においては 期 日 場 所 及 び 事 案 の 内 容 を 示 さなければならな い 3 第 一 項 の 意 見 の 聴 取 に 際 しては 審 査 請 求 人 又 は 異 議 申 立 人 及 び 利 害 関 係 人 に 対 し 当 該 事 案 について 証 拠 を 提 示 し 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなけれ ばならない ( 主 務 大 臣 等 ) 第 三 十 九 条 この 法 律 における 主 務 大 臣 は 次 のとおりとする 一 第 三 条 第 一 項 の 規 定 による 基 本 方 針 の 策 定 及 び 公 表 並 びに 同 条 第 三 項 の 規 定 による 基 本 方 針 の 改 定 に 関 する 事 項 については 経 済 産 業 大 臣 国 土 交 通 大 臣 農 林 水 産 大 臣 財 務 大 臣 厚 生 労 働 大 臣 及 び 環 境 大 臣 二 第 十 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 十 一 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 十 二 条 に 規 定 する 計 画 第 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 当 該 特 定 省 資 源 業 種 に 属 する 事 業 を 所 管 する 大 臣 三 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 第 十 五 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 十 六 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 十 七 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 第 十 七 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 第 十 七 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 当 該 特 定 再 利 用 業 種 に 属 する 事 業 を 所 管 する 大 臣 四 第 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 十 九 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 第 二 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 二 十 二 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 二 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 第 二 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 表 示 の 標 準 とな るべき 事 項 の 策 定 第 二 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 に よる 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 二 項 の 規 定 によ る 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 政 令 で 定 めるところによ り 当 該 指 定 省 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 当 該 指 定 再 利 用 促 進 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 又 は 当 該 指 定 表 示 製 品 の 製 造 加 工 若 しくは 販 売 の 事 業 (その 事 業 の 用 に 供 するために 指 定 表 示 製 品 の 製 造 を 発 注 する 事 業 者 にあっては 当 該 事 業 者 の 事 業 )を 所 管 する 大 臣 五 第 二 十 六 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 第 二 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 二 十 七 条 第 一 項 の 規 定 による 認 定 第 二 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 変 更 の 認 定 第 二 十 九 条 の 規 定 による 認 定 の 取 消 し 第 三 十 条 の 規 定 による 意 見 第 三 十 二 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 三 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 第 三 十 三 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 第 三 十 三 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 三 項 及 び 第 四

14 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 政 令 で 定 めるところにより 当 該 指 定 再 資 源 化 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 又 は 当 該 指 定 再 資 源 化 製 品 を 部 品 として 使 用 する 第 二 十 六 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 製 品 の 製 造 加 工 修 理 若 しくは 販 売 の 事 業 を 所 管 する 大 臣 及 び 環 境 大 臣 六 第 三 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 の 策 定 同 条 第 二 項 に 規 定 する 当 該 事 項 の 改 定 第 三 十 五 条 に 規 定 する 指 導 及 び 助 言 第 三 十 六 条 第 一 項 に 規 定 する 勧 告 同 条 第 二 項 の 規 定 による 公 表 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 並 びに 第 三 十 七 条 第 五 項 の 規 定 による 報 告 の 徴 収 及 び 立 入 検 査 に 関 する 事 項 については 政 令 で 定 めるところにより 当 該 指 定 副 産 物 に 係 る 業 種 に 属 する 事 業 を 所 管 する 大 臣 2 この 法 律 における 主 務 省 令 は 前 項 第 二 号 又 は 第 三 号 に 定 める 事 項 に 関 しては それぞれ 同 項 第 二 号 又 は 第 三 号 に 定 める 主 務 大 臣 の 発 する 命 令 とし 同 項 第 四 号 から 第 六 号 までに 定 める 事 項 に 関 しては 政 令 で 定 めるところによ り それぞれ 同 項 第 四 号 から 第 六 号 までに 定 める 主 務 大 臣 の 発 する 命 令 とす る 3 この 法 律 による 権 限 は 政 令 で 定 めるところにより 地 方 支 分 部 局 の 長 に 委 任 することができる 第 四 十 条 主 務 大 臣 は この 法 律 の 目 的 を 達 成 するため 必 要 があると 認 めると きは 環 境 大 臣 に 対 し 廃 棄 物 の 処 理 に 関 し 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 の 利 用 の 促 進 について 必 要 な 協 力 を 求 めることができる ( 経 過 措 置 ) 第 四 十 一 条 この 法 律 の 規 定 に 基 づき 命 令 を 制 定 し 又 は 改 廃 する 場 合 にお いては その 命 令 で その 制 定 又 は 改 廃 に 伴 い 合 理 的 に 必 要 と 判 断 される 範 囲 内 において 所 要 の 経 過 措 置 ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 を 含 む )を 定 めること ができる 第 十 一 章 罰 則 第 四 十 二 条 第 十 三 条 第 三 項 第 十 七 条 第 三 項 第 二 十 条 第 三 項 第 二 十 三 条 第 三 項 第 二 十 五 条 第 三 項 第 三 十 三 条 第 三 項 又 は 第 三 十 六 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 四 十 三 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 二 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 一 第 十 二 条 の 規 定 による 提 出 をしなかった 者 二 第 三 十 七 条 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 報 告 をせず 若 しくは 虚 偽 の 報 告 をし 又 はこれらの 規 定 による 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 した 者 第 四 十 四 条 法 人 の 代 表 者 又 は 法 人 若 しくは 人 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 が その 法 人 又 は 人 の 業 務 に 関 し 前 二 条 の 違 反 行 為 をしたときは 行 為 者 を 罰 するほか その 法 人 又 は 人 に 対 して 各 本 条 の 刑 を 科 する

15 附 則 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 六 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 五 年 十 一 月 十 二 日 法 律 第 八 十 九 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 行 政 手 続 法 ( 平 成 五 年 法 律 第 八 十 八 号 )の 施 行 の 日 か ら 施 行 する ( 諮 問 等 がされた 不 利 益 処 分 に 関 する 経 過 措 置 ) 第 二 条 この 法 律 の 施 行 前 に 法 令 に 基 づき 審 議 会 その 他 の 合 議 制 の 機 関 に 対 し 行 政 手 続 法 第 十 三 条 に 規 定 する 聴 聞 又 は 弁 明 の 機 会 の 付 与 の 手 続 その 他 の 意 見 陳 述 のための 手 続 に 相 当 する 手 続 を 執 るべきことの 諮 問 その 他 の 求 めがされた 場 合 においては 当 該 諮 問 その 他 の 求 めに 係 る 不 利 益 処 分 の 手 続 に 関 しては この 法 律 による 改 正 後 の 関 係 法 律 の 規 定 にかかわらず なお 従 前 の 例 による ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 ) 第 十 三 条 この 法 律 の 施 行 前 にした 行 為 に 対 する 罰 則 の 適 用 については な お 従 前 の 例 による ( 聴 聞 に 関 する 規 定 の 整 理 に 伴 う 経 過 措 置 ) 第 十 四 条 この 法 律 の 施 行 前 に 法 律 の 規 定 により 行 われた 聴 聞 聴 問 若 しくは 聴 聞 会 ( 不 利 益 処 分 に 係 るものを 除 く ) 又 はこれらのための 手 続 は この 法 律 による 改 正 後 の 関 係 法 律 の 相 当 規 定 により 行 われたものとみなす ( 政 令 への 委 任 ) 第 十 五 条 附 則 第 二 条 から 前 条 までに 定 めるもののほか この 法 律 の 施 行 に 関 して 必 要 な 経 過 措 置 は 政 令 で 定 める 附 則 ( 平 成 十 一 年 十 二 月 二 十 二 日 法 律 第 百 六 十 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 ( 第 二 条 及 び 第 三 条 を 除 く )は 平 成 十 三 年 一 月 六 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 十 二 年 六 月 七 日 法 律 第 百 十 三 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 十 三 年 四 月 一 日 から 施 行 する ( 処 分 等 の 効 力 ) 第 二 条 この 法 律 による 改 正 前 の 再 生 資 源 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 規 定 によってした 処 分 手 続 その 他 の 行 為 は この 法 律 による 改 正 後 の 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 相 当 規 定 によってしたものとみなす

16 ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 ) 第 三 条 この 法 律 の 施 行 前 にした 行 為 に 対 する 罰 則 の 適 用 については なお 従 前 の 例 による ( 検 討 ) 第 四 条 政 府 は この 法 律 の 施 行 の 日 から 七 年 以 内 に この 法 律 による 改 正 後 の 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 施 行 の 状 況 について 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

ninki-kyuyo

ninki-kyuyo 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

○○○○技術研究組合定款

○○○○技術研究組合定款 ミニマルファブ 技 術 研 究 組 合 定 款 MFAD2-3-1-Rev120426-1300 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 協 同 によるミニマルファブ(ハーフインチウェハを 製 造 単 位 とする 局 所 クリ ーン 化 超 小 規 模 半 導 体 生 産 システム)に 関 する 試 験 研 究 その 他 組 合 員 の 技 術 水 準 の 向

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information