2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 "

Transcription

1 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である こうした 中 代 執 行 による 除 却 に 関 して これまでは 行 政 代 執 行 法 第 2 条 の 要 件 ( 著 しく 公 益 に 反 すること)を 充 足 する 必 要 があり また 所 有 者 が 不 明 である 場 合 条 例 に 基 づく 対 応 ができなか ったが 平 成 27 年 5 月 26 日 に 完 全 施 行 された 空 家 等 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 により 今 後 は 除 却 の 命 令 に 従 わない 場 合 代 執 行 が 可 能 となり 要 件 が 法 で 明 確 化 された ( 法 第 14 条 9 項 ) また 所 有 者 が 不 明 である 場 合 についても 代 執 行 を 行 う 旨 をあらかじめ 公 告 することで 可 能 となっ た ( 法 第 14 条 10 項 ) ここでは 以 下 に 示 す 文 献 等 を 参 考 に 所 有 者 が 除 却 に 応 じない 場 合 の 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 きについて 市 町 の 参 考 となるよう 一 般 的 な 例 としてとりまとめた 内 容 としては 行 政 代 執 行 による 事 務 フロー 図 を 前 段 で 示 し それに 伴 う 具 体 的 な 措 置 について 後 段 で 説 明 する 構 成 とし ている また 動 産 については 行 政 代 執 行 法 の 際 の 動 産 の 管 理 方 法 に 関 する 規 定 がないため 慎 重 に 取 り 扱 わざるを 得 ない 状 況 にあり 本 マニュアルでも 参 考 例 として 取 り 扱 いを 記 載 している 実 際 には 代 執 行 による 除 却 に 所 有 者 が 同 意 しているかどうかなど 相 手 方 の 状 況 によって 対 応 が 大 きく 異 なるほか 土 地 と 建 物 で 所 有 者 が 違 う 場 合 や 所 有 者 が 不 明 な 場 合 等 全 てがケースバイ ケースで 個 々の 判 断 が 必 要 となってくる 本 マニュアルでは 所 有 者 が 特 定 されている 特 定 空 家 等 の 除 却 を 対 象 としており 所 有 者 が 不 明 な 場 合 については 課 題 提 示 を 行 っている なお 法 と 条 例 で 重 複 している 部 分 について 事 務 フロー 図 で 重 なっている 項 目 を 記 載 したが 条 例 の 取 り 扱 いについては 以 下 のように 国 の 見 解 が 示 されている 同 種 の 措 置 を 規 定 した 法 律 の 部 分 が 全 国 一 律 に 同 一 内 容 の 規 制 をする 趣 旨 の 場 合 は 当 該 条 例 の 措 置 は 無 効 同 種 の 措 置 を 規 定 した 空 家 法 の 部 分 がナショナルミニマムを 定 めたものにすぎず 地 方 の 実 情 に 応 じて 別 段 の 規 制 を 施 すことを 容 認 する 趣 旨 である 場 合 は 当 該 条 例 の 規 定 は 有 効 < 引 用 参 照 文 献 > 岡 山 市 違 法 建 築 物 除 却 事 例 から 学 ぶ 行 政 代 執 行 の 実 務 [ 平 成 14 年 5 月 岡 山 市 行 政 代 執 行 研 究 会 ] < 法 条 例 の 標 記 方 法 > 空 家 等 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 について 空 家 等 対 策 特 措 法 または 法 と 標 記 し ている 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 について 条 例 と 標 記 している Ⅲ-1

2 2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 第 9 条 1 項 ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) 所 有 者 の 把 握 空 家 等 対 策 特 措 法 第 9 条 1 項 ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) 立 入 調 査 ( 特 定 空 家 等 の 判 断 等 ) 空 き 家 等 審 議 会 の 設 置 動 産 調 査 空 家 等 対 策 特 措 法 第 9 条 2 項 協 議 会 の 設 置 ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) 危 険 度 判 定 の 実 施 特 定 空 家 等 に 該 当 するとの 判 断 助 言 指 導 空 家 等 対 策 特 措 法 第 14 条 1 項 ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) 勧 告 代 執 行 の 検 討 引 き 取 り 催 促 空 家 等 対 策 特 措 法 第 14 条 2 項 ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) 等 標 識 の 設 置 及 びその 旨 を 公 示 に 関 係 者 への 説 明 空 家 等 対 策 特 措 法 第 14 条 11,12 項 氏 名 等 の 公 表 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 命 令 に 従 わない 場 合 代 執 行 可 能 空 家 等 対 策 特 措 法 第 14 条 9 項 戒 告 書 による 通 知 解 体 費 の 予 算 措 置 解 体 設 計 工 事 発 注 方 法 の 検 討 動 産 の 処 分 通 知 行 政 代 執 行 法 第 3 条 1 項 代 執 行 令 書 による 通 知 解 体 設 計 の 実 施 動 産 の 処 分 方 法 の 検 討 行 政 代 執 行 法 第 3 条 2 項 解 体 工 事 の 発 注 契 約 代 執 行 の 実 施 解 体 工 事 の 実 施 動 産 の 差 押 え 動 産 の 処 分 代 執 行 に 要 した 費 用 の 徴 収 代 執 行 に 要 した 費 用 の 確 定 処 分 保 管 費 用 の 請 求 行 政 代 執 行 法 第 5 条 納 付 命 令 督 促 財 産 調 査 差 押 の 実 行 差 押 不 動 産 の 鑑 定 評 価 差 押 不 動 産 の 公 売 売 却 決 定 配 当 条 例 に 法 と 同 種 の 措 置 の 規 定 がある 場 合 ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) と 標 記 している 空 家 等 : 法 第 2 条 1 項 特 定 空 家 等 : 法 第 2 条 2 項 空 家 等 に 対 す る 措 置 代 執 行 による 建 物 除 却 に 係 る 事 務 手 続 き ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ) 意 見 書 提 出 公 開 による 意 見 聴 取 の 機 会 組 織 的 な 代 執 行 の 意 思 決 定 空 家 等 対 策 特 措 法 第 14 条 4~8,13 項 庁 内 組 織 体 制 の 整 備 関 係 機 関 との 連 携 命 令 空 家 等 対 策 特 措 法 第 14 条 3 項 特 定 空 家 対 す る 措 置 動 産 の 処 分 に 係 る 事 務 手 続 き Ⅲ-2

3 3. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 手 続 き (1) 行 政 代 執 行 による 建 物 除 却 に 係 る 事 務 手 続 き 空 き 家 等 審 議 会 の 設 置 ( 条 例 による) 管 理 不 全 な 状 態 となった 空 き 家 等 に 対 する 措 置 について 審 査 調 査 等 を 行 うため 第 三 者 による 空 き 家 等 審 議 会 を 設 置 し 客 観 性 を 担 保 する 審 議 会 の 構 成 員 としては 建 築 士 等 の 建 築 の 専 門 家 及 び 弁 護 士 等 の 法 律 の 専 門 家 を 含 める また 法 律 の 専 門 家 には 顧 問 弁 護 士 として 以 後 の 様 々な 法 律 相 談 の 対 応 に あたってもらう 協 議 会 の 設 置 ( 法 7 条 1 項 による) 法 成 立 により 市 町 に 協 議 会 を 設 置 できることとなり これが 空 き 家 等 審 議 会 に 代 わ ることが 考 えられる 法 7 条 1 項 市 町 村 は 空 家 等 対 策 計 画 の 作 成 並 びに 実 施 に 関 する 協 議 を 行 うための 協 議 会 を 組 織 することができる 法 7 条 2 項 協 議 会 は 市 町 村 長 のほか 地 域 住 民 市 町 村 の 議 会 の 議 員 法 務 不 動 産 建 築 福 祉 文 化 等 に 関 する 学 識 経 験 者 その 他 の 市 町 村 長 が 必 要 と 認 める 者 をも って 構 成 する 法 6 条 2 項 空 家 等 対 策 計 画 においては 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする 一 空 家 等 に 関 する 対 策 の 対 象 とする 地 区 及 び 対 象 とする 空 家 等 の 種 類 その 他 の 空 家 等 に 関 する 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 二 計 画 期 間 三 空 家 等 の 調 査 に 関 する 事 項 四 所 有 者 等 による 空 家 等 の 適 切 な 管 理 の 促 進 に 関 する 事 項 五 空 家 等 及 び 除 却 した 空 家 等 に 係 る 跡 地 ( 以 下 空 家 等 の 跡 地 という )の 活 用 の 促 進 に 関 する 事 項 六 特 定 空 家 等 に 対 する 措 置 ( 第 14 条 第 1 項 の 規 定 による 助 言 若 しくは 指 導 同 条 第 2 項 の 規 定 による 勧 告 同 条 第 3 項 の 規 定 による 命 令 又 は 同 条 第 9 項 若 しくは 第 10 項 の 規 定 に よる 代 執 行 をいう 以 下 同 じ)その 他 の 特 定 空 家 等 への 対 処 に 関 する 事 項 七 住 民 等 からの 空 家 等 に 関 する 相 談 への 対 応 に 関 する 事 項 八 空 家 等 に 関 する 対 策 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 九 その 他 空 家 等 に 関 する 対 策 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 Ⅲ-3

4 危 険 度 判 定 の 実 施 危 険 度 判 定 は 本 マニュアルを 参 考 とし 判 定 は 点 数 制 とすることで 公 平 性 説 明 性 を 確 保 する 危 険 度 判 定 表 の 作 成 にあたっては 建 築 士 の 資 格 を 有 する2 名 以 上 での 対 応 が 望 ましい 判 定 結 果 は 客 観 性 妥 当 性 を 確 保 するため 法 に 基 づく 協 議 会 や 空 き 家 等 審 議 会 で 専 門 家 等 に 意 見 聴 取 を 行 うことが 望 ましい また 危 険 度 判 定 を 行 う 場 合 敷 地 に 立 ち 入 って 調 査 を 行 う 必 要 が 考 えられる 法 9 条 2 項 第 十 四 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 当 該 職 員 又 はその 委 任 した 者 に 空 家 等 と 認 められる 場 所 に 立 ち 入 って 調 査 をさせることが できる 法 9 条 3 項 立 入 調 査 の5 日 前 までに 当 該 空 家 の 所 有 者 等 にその 旨 を 通 知 する ただし 当 該 所 有 者 等 に 対 し 通 知 することが 困 難 であるときは この 限 りでない 法 9 条 4 項 立 入 調 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 者 の 請 求 に 応 じて 提 示 する 立 入 調 査 については 国 が 示 すガイドラインも 参 考 に 調 査 を 行 う 調 査 結 果 から 建 築 物 の 各 階 平 面 図 立 面 図 等 を 作 成 し 解 体 設 計 に 生 かしていく 代 執 行 の 検 討 動 産 の 取 り 扱 いについて 検 討 する 動 産 を 保 管 する 場 合 保 管 場 所 について 検 討 する 差 押 えの 対 象 にできる 財 産 の 調 査 鑑 定 評 価 公 売 等 の 検 討 を 行 う 解 体 工 事 で 基 礎 を 残 すかどうか 跡 地 をどうするか 検 討 する 行 政 代 執 行 を 検 討 する 上 でのその 他 の 留 意 点 を 以 下 に 示 す 財 政 的 な 理 由 等 により 特 定 空 家 等 を 全 て 行 政 代 執 行 で 除 却 することは 難 しく 何 故 その 物 件 を 除 却 対 象 とするのか 理 由 を 整 理 する 代 執 行 に 要 する 費 用 の 回 収 見 込 みについて 説 明 できるようにする 所 有 者 等 から 損 害 賠 償 請 求 の 訴 訟 を 提 起 される 可 能 性 がある 特 定 空 家 等 の 倒 壊 等 により 第 三 者 が 損 害 を 受 けた 場 合 行 政 庁 が 著 しく 公 益 に 反 する 危 険 な 状 態 を 把 握 していたにも 関 わらず 法 条 例 に 基 づく 権 限 ( 代 執 行 ) を 行 使 しなかったとして 国 家 賠 償 法 による 賠 償 責 任 を 問 われる 可 能 性 がある 全 国 的 には 代 執 行 の 除 却 事 例 は 少 なく 報 道 機 関 の 注 目 を 集 めたり 視 察 等 の 対 応 が 予 想 される 代 執 行 に 要 する 費 用 ついては 回 収 の 見 込 みが 立 たないことがほとんどであり 特 に 所 有 者 が 不 明 である 場 合 は 回 収 できないことが 公 然 となっている 回 収 見 込 みのない 案 件 に 税 金 を 投 入 し 代 執 行 することに 必 ずしも 住 民 全 員 が 賛 同 するとは 限 らず 後 に 住 民 監 査 請 求 住 民 訴 訟 の 対 象 となる 可 能 性 もある 条 例 では 民 事 による 事 態 の 解 決 を 図 ることを 妨 げるものではない との 記 載 があり 近 隣 住 民 地 元 自 治 会 が 努 力 しても 手 に 負 えず やむを 得 ず 行 政 が 介 入 するものである ことなど 理 由 を 整 理 し 説 明 責 任 を 果 たしていく 必 要 がある Ⅲ-4

5 行 政 代 執 行 法 第 2 条 の 充 足 性 法 成 立 以 前 において 行 政 代 執 行 を 行 うには 行 政 代 執 行 法 第 2 条 における 以 下 の3つの 要 件 を 充 足 する 必 要 があった 1 義 務 が 履 行 されないこと 2 他 の 手 段 によって 義 務 の 履 行 を 確 保 することが 困 難 であること 3 義 務 の 不 履 行 を 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 すること 公 益 とは 条 例 で 記 載 された 目 的 によって 決 まり その 目 的 に 対 し 命 令 が 履 行 さ れないことで 不 利 益 が 生 じるということが 基 本 となる これまでは3の 公 益 判 断 が 難 しいところであったが 法 第 2 条 2 項 の 特 定 空 家 等 の 定 義 より 特 定 空 家 等 を 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 すると 解 され 法 第 14 条 9 項 にお いて 命 令 に 従 わない 場 合 は 行 政 代 執 行 を 行 うことが 可 能 となった 組 織 的 な 代 執 行 の 意 思 決 定 過 去 の 指 導 勧 告 命 令 等 に 対 する 所 有 者 等 の 対 応 状 況 特 定 空 家 等 を 放 置 する 危 険 性 と 解 体 費 用 とのバランス 費 用 回 収 の 見 込 みと 税 金 投 入 に 対 する 説 明 性 等 を 踏 まえ 総 合 的 に 判 断 し 代 執 行 へ 向 けて 準 備 を 進 めることについて 首 長 を 中 心 とした 庁 内 の 組 織 的 な 意 思 決 定 を 行 う 庁 内 組 織 体 制 の 整 備 代 執 行 に 向 けて 全 庁 的 な 部 局 連 携 により 取 り 組 むため 庁 内 対 策 委 員 会 を 設 置 する また 必 要 に 応 じて 部 会 ワーキンググループを 設 置 する 具 体 的 な 検 討 内 容 を 以 下 に 例 示 する 代 執 行 計 画 の 作 成 ( 執 行 責 任 者 の 選 定 組 織 体 制 と 役 割 分 担 連 絡 体 制 スケジ ュール 等 ) 予 算 措 置 契 約 方 法 設 計 工 事 の 方 法 動 産 調 査 議 会 報 道 機 関 対 策 代 執 行 費 用 の 徴 収 等 の 内 容 方 針 等 の 検 討 連 携 部 局 を 以 下 に 例 示 する 防 災 部 局 : 空 き 家 条 例 行 政 代 執 行 全 般 財 政 部 局 : 解 体 費 の 予 算 措 置 総 務 部 局 : 議 会 報 道 機 関 建 設 部 局 : 解 体 設 計 工 事 衛 生 部 局 : 廃 棄 物 税 務 部 局 : 代 執 行 費 用 の 徴 収 法 務 部 局 : 条 例 情 報 管 理 の 法 令 チェック 等 Ⅲ-5

6 関 係 機 関 との 連 携 関 係 機 関 との 連 携 を 図 るため 必 要 に 応 じて 関 係 機 関 連 絡 調 整 会 議 を 設 置 する 連 携 機 関 を 以 下 に 例 示 する 消 防 ( 防 災 ) 警 察 ( 防 犯 ) 保 健 所 ( 衛 生 ) 道 路 水 道 下 水 電 気 ガス 電 話 等 の 施 設 管 理 者 関 係 者 への 説 明 代 執 行 に 係 る 説 明 を 必 要 とする 関 係 者 には 地 元 関 係 者 議 会 報 道 機 関 国 県 関 係 機 関 除 却 対 象 建 築 物 等 に 抵 当 権 を 持 つ 金 融 機 関 等 が 考 えられる どの 段 階 から 説 明 を 行 うかは 個 別 の 判 断 によるが 代 執 行 を 行 う 方 向 性 が 組 織 決 定 さ れた 段 階 から 説 明 を 検 討 する 説 明 の 時 期 について 以 下 に 例 示 する 代 執 行 を 行 うことを 組 織 決 定 後 条 例 による 氏 名 等 の 公 表 時 法 第 14 条 に 基 づく 命 令 時 代 執 行 令 書 による 通 知 時 解 体 工 事 着 手 時 ( 代 執 行 宣 言 時 ) 代 執 行 終 了 宣 言 時 解 体 の 予 算 措 置 代 執 行 のスケジュールに 併 せて 解 体 費 に 関 する 予 算 措 置 を 行 う 必 要 に 応 じて 予 備 費 の 充 当 他 の 事 業 費 からの 流 用 について 検 討 する 解 体 設 計 工 事 発 注 方 法 の 検 討 防 災 部 局 から 建 設 部 局 に 対 して 執 行 依 頼 ( 契 約 事 務 設 計 書 作 成 工 事 監 督 )を 行 う 解 体 設 計 については 委 託 の 有 無 工 事 発 注 の 方 法 ( 入 札 または 見 積 り 合 わせ 等 )につ いて 検 討 する 代 執 行 令 書 に 記 載 する 代 執 行 費 用 の 概 算 による 見 積 額 については 解 体 設 計 における 金 額 を 根 拠 とする 為 日 程 を 調 整 する Ⅲ-6

7 解 体 設 計 の 実 施 解 体 設 計 を 委 託 する 場 合 委 託 仕 様 書 を 作 成 の 上 設 計 金 額 工 期 を 設 定 し 執 行 伺 の 決 裁 発 注 契 約 を 行 う 委 託 仕 様 書 に 記 載 する 設 計 の 成 果 物 として 図 面 設 計 書 以 外 に 動 産 調 査 仮 設 計 画 書 解 体 工 事 の 工 程 表 等 が 考 えられる 設 計 を 委 託 した 場 合 は 契 約 履 行 確 認 の 完 了 検 査 を 受 ける 立 入 調 査 時 の 情 報 をもとに 図 面 を 作 成 解 体 業 者 に 見 積 依 頼 設 計 書 を 作 成 する 基 礎 の 撤 去 の 有 無 を 検 討 する また 後 々の 雑 草 等 の 問 題 もあり 跡 地 をどのように するのか 検 討 する 想 定 される 考 え 方 を 以 下 に 例 示 する 危 険 回 避 までが 目 的 として 基 礎 を 残 し 上 物 だけを 解 体 撤 去 する 費 用 回 収 の 見 込 みがなく 基 礎 解 体 までは 行 う 必 要 がないとして 上 物 だけを 解 体 撤 去 する 子 供 等 が 入 って 危 険 になるので 基 礎 も 撤 去 する 土 地 を 差 押 え 公 売 するので 基 礎 を 撤 去 し 砂 利 敷 きとする 設 備 引 込 の 処 理 方 法 を 検 討 する 解 体 工 事 の 発 注 契 約 代 執 行 令 書 に 記 載 する 工 事 開 始 日 の 設 定 は 慎 重 に 行 い 密 接 に 関 係 する 発 注 契 約 事 務 との 日 程 調 整 を 十 分 に 行 う 執 行 伺 の 決 裁 発 注 契 約 を 行 う 解 体 工 事 の 実 施 解 体 工 事 着 手 前 に 地 元 関 係 者 等 に 対 して 工 事 概 要 工 程 表 等 を 説 明 する 必 要 に 応 じて 解 体 前 後 の 近 隣 家 屋 調 査 を 実 施 する 解 体 工 事 前 に 各 種 届 出 を 行 う ( 建 築 基 準 法 : 除 却 届 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 : 第 11 号 による 通 知 書 ) 解 体 工 事 着 手 前 に 代 執 行 宣 言 文 執 行 責 任 者 の 職 氏 名 の 読 み 上 げを 行 う 代 執 行 宣 言 後 より 行 政 庁 の 管 理 下 に 置 かれるため 代 執 行 初 日 に 除 却 対 象 建 築 物 及 び その 敷 地 を 特 定 し 保 全 するための 仮 囲 いを 設 置 する 代 執 行 期 間 中 ( 仮 囲 いの 設 置 から 建 築 物 解 体 撤 去 完 了 まで)の 現 場 保 全 管 理 及 び 一 般 車 両 の 通 行 の 安 全 確 保 のために 請 負 者 において 期 間 中 警 備 員 を 配 置 する 動 産 を 保 管 する 場 合 動 産 の 搬 出 リストの 作 成 動 産 の 搬 出 搬 出 動 産 の 運 搬 及 び 保 管 を 行 う 騒 音 等 で 周 辺 の 住 民 から 苦 情 等 があった 時 は 執 行 責 任 者 に 報 告 の 上 迅 速 かつ 的 確 に 対 応 する 代 執 行 期 間 中 の 全 容 がわかるように 適 宜 写 真 動 画 撮 影 を 行 い 整 理 する 除 却 作 業 の 経 過 を 記 録 した 日 報 を 作 成 し 適 宜 報 告 書 を 作 成 の 上 首 長 に 報 告 する 報 道 機 関 の 現 地 取 材 については 執 行 責 任 者 の 対 応 を 基 本 とする 報 道 機 関 には 事 前 に 以 下 の 注 意 点 を 説 明 する 社 名 入 りの 腕 章 をする 等 身 分 を 明 確 にする Ⅲ-7

8 代 執 行 区 域 内 には 立 ち 入 らない 撮 影 等 のために 隣 接 する 民 有 地 に 立 ち 入 らない 路 上 駐 車 をしない 駐 車 車 両 に 関 係 車 両 駐 車 証 を 明 示 する ( 必 要 に 応 じて 仮 駐 車 場 を 用 意 する ) 代 執 行 の 妨 げとなるような 行 為 をしない その 他 執 行 責 任 者 の 指 示 に 従 う 建 築 物 の 解 体 にあたり その 敷 地 内 の 電 気 水 道 を 使 用 する 場 合 行 政 庁 ( 解 体 業 者 ) が 使 用 料 金 を 支 払 い 代 執 行 に 要 した 費 用 に 含 める 解 体 後 の 措 置 として 敷 地 周 囲 は 木 杭 ロープ 等 を 設 置 し 関 係 者 以 外 立 入 禁 止 の 看 板 を 設 置 する 解 体 後 は 契 約 履 行 確 認 の 完 了 検 査 を 受 ける すべての 作 業 が 完 了 した 後 代 執 行 終 了 宣 言 を 行 う Ⅲ-8

9 代 執 行 に 要 した 費 用 の 確 定 行 政 代 執 行 法 第 5 条 では 代 執 行 に 要 した 費 用 の 徴 収 については 実 際 に 要 した 費 用 の 額 及 びその 納 期 日 を 定 め 義 務 者 に 対 して 文 書 をもってその 納 付 を 命 じなければな らない と 同 法 第 6 条 第 1 項 では 代 執 行 に 要 した 費 用 は 国 税 滞 納 処 分 の 例 により これを 徴 収 することができる と 定 められている 代 執 行 に 要 した 費 用 ( 公 法 上 の 債 権 )として 徴 収 することができる 費 用 の 範 囲 は 代 執 行 終 了 宣 言 を 行 った 日 以 前 に 発 生 したものがその 範 疇 となる 建 築 物 解 体 工 事 費 用 と 動 産 に 係 る 費 用 の 法 的 性 格 等 の 関 係 ( 代 執 行 終 了 後 も 動 産 を 保 管 するケース) 費 用 の 法 的 性 格 徴 収 の 方 法 民 事 保 全 民 事 執 行 手 続 利 用 の 可 否 建 築 物 解 体 工 事 費 用 代 執 行 に 直 接 要 した 費 用 国 税 滞 納 処 分 の 例 により 徴 収 不 可 搬 出 費 用 代 執 行 に 付 随 した 費 用 同 上 同 上 動 搬 入 費 用 同 上 同 上 同 上 産 保 管 費 用 代 執 行 終 了 前 同 上 同 上 同 上 代 執 行 終 了 後 民 法 上 の 事 務 管 理 費 用 民 事 上 の 手 続 と 同 様 可 出 典 : 岡 山 市 行 政 代 執 行 研 究 会 岡 山 市 違 法 建 築 物 除 却 事 例 から 学 ぶ 行 政 代 執 行 の 実 務 P87 代 執 行 に 要 した 費 用 の 徴 収 手 続 に 着 手 するためには 納 付 命 令 の 対 象 となる 費 用 の 範 囲 及 びその 額 を 確 定 する 必 要 がある 行 政 代 執 行 法 第 5 条 では その 費 用 の 範 囲 は 特 定 されていないので 代 執 行 関 連 事 業 費 の 総 計 から 請 求 する 費 用 の 選 択 を 行 う 解 体 設 計 委 託 費 近 隣 家 屋 調 査 委 託 費 解 体 工 事 費 搬 出 動 産 保 管 費 用 ( 時 間 外 手 当 等 の 人 件 費 顧 問 弁 護 士 の 日 当 の 類 の 間 接 経 費 にあたるものを 除 く ) 身 分 証 明 書 の 交 付 国 税 滞 納 処 分 の 例 により 徴 収 を 行 うこと( 強 制 徴 収 を 行 うこと)になるため 国 税 徴 収 法 第 147 条 に 規 定 する 身 分 証 明 書 を 関 係 職 員 に 交 付 する 納 付 命 令 行 政 代 執 行 費 用 納 付 命 令 書 及 び 納 付 書 を 送 達 する 送 達 手 段 は 配 達 証 明 付 き 内 容 証 明 郵 便 配 達 証 明 郵 便 差 置 等 による Ⅲ-9

10 督 促 納 付 命 令 に 従 わない 場 合 督 促 を 送 達 する 財 産 調 査 督 促 の 指 定 納 付 期 限 を 過 ぎた 場 合 差 押 えのための 財 産 調 査 を 行 う 財 産 調 査 の 方 法 として 不 動 産 については 市 の 固 定 資 産 税 台 帳 より 所 有 する 不 動 産 を 抽 出 し 債 権 である 預 金 債 権 について 金 融 機 関 に 調 査 依 頼 をかける 代 執 行 に 要 し た 費 用 の 徴 収 金 に 優 先 する 被 担 保 債 権 の 現 在 額 について 調 査 を 行 う 差 押 の 実 行 公 売 を 行 う 場 合 滞 納 処 分 費 への 充 当 及 び 先 順 位 債 権 者 への 配 当 後 さらに 代 執 行 に 要 した 費 用 徴 収 金 への 充 当 が 見 込 める 物 件 を 差 押 対 象 とする 地 方 税 である 固 定 資 産 税 に 滞 納 があれば 公 課 である 代 執 行 に 要 した 費 用 徴 収 金 に 優 先 する 金 融 機 関 に 対 する 預 金 があっても 差 押 えと 同 時 に 金 融 機 関 による 本 人 に 対 する 貸 付 金 債 権 との 相 殺 がなされる 不 動 産 については 不 動 産 差 押 嘱 託 登 記 の 申 請 を 行 い 登 記 済 証 を 受 領 する 不 動 産 については 差 押 書 を 債 権 動 産 については 差 押 調 書 の 謄 本 を 所 有 者 等 に 送 達 する 差 押 不 動 産 の 鑑 定 評 価 公 売 価 格 を 決 定 するため 差 押 手 続 後 差 押 不 動 産 の 鑑 定 評 価 の 委 託 手 続 を 行 う 鑑 定 事 務 所 より 差 押 不 動 産 の 鑑 定 評 価 書 ( 評 価 価 格 )が 提 出 される 公 売 見 積 価 格 の 算 定 決 定 を 行 い 公 売 期 日 を 決 定 する 差 押 不 動 産 の 公 売 公 売 公 告 を 行 い 公 売 通 知 書 を 所 有 者 等 に 送 達 する 公 告 と 同 時 に 公 売 通 知 書 兼 債 権 現 在 額 申 立 催 告 書 を 公 売 不 動 産 上 の 担 保 権 者 に 送 達 する 入 札 に 先 立 ち 入 札 参 加 者 は 国 税 徴 収 法 の 規 定 による 公 売 保 証 金 を 納 付 する 受 付 時 に 現 金 又 は 小 切 手 による 公 売 保 証 金 の 納 入 に 対 して 領 収 書 を 交 付 する 納 入 された 公 売 保 証 金 は 入 札 が 終 了 するまで 会 場 内 で 保 管 し 買 受 申 込 者 以 外 の 者 に 対 して 交 付 し た 領 収 書 及 び 公 売 保 証 金 返 還 請 求 書 兼 領 収 ( 受 領 ) 書 と 引 換 えに 返 還 する 入 札 の 執 行 は 物 件 ごとに 概 要 説 明 を 行 い 入 札 開 札 入 札 価 格 の 読 み 上 げを 経 て 最 高 価 額 申 込 者 の 決 定 を 行 う 入 札 終 了 後 不 動 産 公 売 最 高 価 申 込 者 等 決 定 の 公 告 を 行 い 同 通 知 書 を 買 受 申 込 者 及 び 公 売 不 動 産 上 の 担 保 権 者 に 送 達 する Ⅲ-10

11 売 却 決 定 配 当 買 受 代 金 納 入 通 知 書 を 買 受 人 に 交 付 する 買 受 代 金 納 入 通 知 書 による 買 受 代 金 の 納 入 を 確 認 し 売 却 決 定 通 知 書 を 買 受 人 に 交 付 する 換 価 財 産 が 不 動 産 の 場 合 は 買 受 人 の 換 価 財 産 の 取 得 に 伴 う 権 利 移 転 登 記 を 行 う また 国 税 徴 収 法 上 買 受 人 がその 権 利 を 取 得 したときには 不 動 産 上 の 担 保 権 は 消 滅 することになっており その 抹 消 登 記 を 行 う 配 当 計 算 書 謄 本 ( 国 税 徴 収 法 第 131 条 )を 公 売 不 動 産 上 の 担 保 権 者 に 送 達 した 公 売 通 知 書 兼 債 権 現 在 額 申 立 催 告 書 に 対 して 申 立 てがなされた 債 権 現 在 額 に 基 づき 作 成 す る 配 当 の 第 1 順 位 は 直 接 の 滞 納 処 分 費 である 委 託 した 不 動 産 鑑 定 評 価 料 があてられ る 配 当 計 算 書 謄 本 を 登 記 嘱 託 書 への 添 付 と 同 時 に 買 受 人 及 び 換 価 不 動 産 上 の 担 保 権 者 にも 送 達 する 権 利 移 転 等 の 登 記 の 完 了 後 登 記 済 証 を 買 受 人 に 交 付 する 代 執 行 に 要 した 費 用 徴 収 金 に 優 先 する 地 方 税 債 権 への 配 当 並 びに 滞 納 処 分 費 及 び 代 執 行 に 要 した 費 用 徴 収 金 への 充 当 処 理 を 行 い 換 価 配 当 手 続 が 終 了 する 公 売 ( 競 売 )は その 売 却 決 定 により 滞 納 者 と 買 受 人 との 間 に 売 買 契 約 が 成 立 した 効 果 が 生 ずることになり その 後 の 引 渡 手 続 は 当 事 者 間 の 責 任 において 行 う 滞 納 者 や 占 有 者 が 任 意 にその 引 渡 に 応 じない 場 合 民 事 上 の 競 売 物 件 では 簡 易 な 引 渡 命 令 の 申 立 手 続 が 用 意 されており それにより 強 制 執 行 を 行 うこともできるが 公 売 の 場 合 は 明 渡 請 求 訴 訟 の 提 起 から 始 めなければならない Ⅲ-11

12 (2) 動 産 の 処 分 に 係 る 事 務 手 続 き 概 要 動 産 に 関 する 法 行 政 代 執 行 法 の 位 置 づけはなく その 取 り 扱 いは 明 確 にはなってい ない 動 産 の 種 類 状 態 については 物 件 によって 様 々なケースが 考 えられ 一 律 な 取 り 扱 いを 定 めることが 難 しいことから 一 般 的 に 想 定 される 動 産 の 取 り 扱 いを 示 し 後 日 新 たな 知 見 が 出 てきた 場 合 はそれを 取 り 入 れることとする 具 体 的 な 動 産 の 取 り 扱 いに 関 する 所 有 者 等 への 対 応 等 については 法 に 基 づく 協 議 会 や 空 き 家 等 審 議 会 で 専 門 家 に 意 見 聴 取 を 行 うことが 考 えられる 動 産 調 査 立 入 調 査 の 結 果 特 定 空 家 等 に 動 産 がある 場 合 リスト 化 を 行 う 引 き 取 りの 催 促 所 有 者 等 に 対 して 引 き 取 りの 催 促 を 口 頭 あるいは 文 書 ( 動 産 引 取 催 告 書 )により 行 っていく 所 有 者 等 と 調 整 が 可 能 であれば 引 き 取 る 動 産 の 範 囲 時 期 等 の 打 合 せを 行 う 動 産 の 処 分 通 知 再 三 の 引 き 取 りの 催 促 に 応 じない 場 合 は 動 産 の 処 分 通 知 書 を 所 有 者 等 に 送 達 する これらの 手 続 きは 特 定 空 家 等 に 対 する 助 言 指 導 勧 告 命 令 等 に 並 行 して 行 う 動 産 の 処 分 方 法 の 検 討 動 産 の 処 分 は 法 の 位 置 づけがないため 換 価 できるものについては 代 執 行 による 除 却 費 用 の 回 収 を 名 目 にして 処 分 する 1 差 押 換 価 ( 公 売 )を 基 本 とし 成 立 しない 場 合 に2 任 意 売 却 を 検 討 する また 動 産 でゴミと 判 断 されるものは 建 築 物 解 体 時 に 廃 棄 するが 所 有 者 等 にとって 重 要 と 思 われる 動 産 ( 参 考 国 税 徴 収 法 第 75 条 民 事 執 行 法 第 131 条 差 押 禁 止 財 産 仏 具 日 記 勲 章 等 )は 保 管 し 返 却 を 試 みる 動 産 の 差 押 え 動 産 は 民 事 と 違 い 差 押 手 続 はないので 不 動 産 は 代 執 行 宣 言 後 行 政 庁 の 占 有 物 と なり 付 随 して 内 部 の 動 産 も 占 有 物 となる 動 産 の 行 政 庁 の 管 理 責 任 は 代 執 行 宣 言 後 から 発 生 する Ⅲ-12

13 動 産 の 処 分 動 産 の 処 分 方 法 の 検 討 で 記 載 した 方 法 により 動 産 を 処 分 する 1 差 押 換 価 については 見 積 りにより 動 産 の 市 場 性 を 確 認 し 公 売 公 告 を 行 う 公 告 に 併 せて 所 有 者 等 に 公 売 通 知 書 を 送 達 する 2 任 意 売 却 については 古 物 商 に 対 して 買 受 希 望 動 産 の 見 積 書 を 提 出 してもらい 最 高 価 の 見 積 価 格 を 提 示 した 者 に 売 却 する 処 分 保 管 費 用 の 請 求 動 産 の 保 管 及 び 廃 棄 に 要 した 費 用 の 請 求 書 を 所 有 者 等 に 送 達 する 代 執 行 に 要 した 費 用 ( 公 法 上 の 債 権 )として 徴 収 することのできる 範 囲 は 代 執 行 終 了 宣 言 を 行 った 日 以 前 に 発 生 したものとなる 代 執 行 終 了 宣 言 を 行 った 翌 日 から 動 産 の 保 管 廃 棄 を 行 った 場 合 その 費 用 は 民 法 上 の 事 務 管 理 に 要 した 費 用 であり 民 事 債 権 であることから 民 事 上 の 手 続 きにより 債 務 名 義 ( 執 行 力 のあること 及 びその 範 囲 を 示 した 公 文 書 )を 取 得 し さらに 強 制 執 行 の 申 立 てを 行 うことによってその 請 求 手 続 き を 進 める 必 要 がある 当 該 債 権 は 金 銭 債 権 であることから 債 務 名 義 を 取 得 するために 通 常 の 手 続 より 簡 易 な 手 続 として 支 払 督 促 の 申 立 てによることができる 支 払 督 促 は 通 常 訴 訟 とは 異 な り 債 権 者 の 申 立 書 だけで 審 理 され その 請 求 の 内 容 に 矛 盾 がなければ 裁 判 所 書 記 官 から 支 払 いを 命 ずる 支 払 督 促 が 債 務 者 に 送 達 される そして 法 定 期 間 内 に 債 務 者 が 異 議 を 申 立 てしなければ 債 権 者 からの 仮 執 行 宣 言 の 申 立 てを 経 て 最 終 的 にはそれが 確 定 し それを 債 務 名 義 として 強 制 執 行 の 手 続 きを 行 うことができる しかし 債 務 者 から 適 法 な 督 促 異 議 がなされると 民 事 訴 訟 法 第 395 条 の 規 定 により 支 払 督 促 申 立 ての 時 に 訴 えの 提 起 があったものとみなされ 通 常 訴 訟 ( 本 訴 )に 移 行 することになる また 支 払 督 促 の 申 立 てそのものは 議 決 事 項 である 地 方 自 治 法 第 96 条 第 1 項 第 12 号 の 訴 えの 提 起 には 該 当 しないが 支 払 督 促 の 申 立 て 後 債 務 者 からの 異 議 申 立 てにより 訴 え の 提 起 があったものとみなされる 場 合 には 議 会 の 議 決 が 必 要 とされている このため あらかじめ 訴 えの 提 起 について 議 会 の 議 決 を 経 ておき まず 簡 易 な 手 続 きである 支 払 督 促 を 申 し 立 てることが 望 ましい 動 産 の 取 り 扱 い 事 例 行 政 代 執 行 による 除 却 の 先 進 事 例 における 動 産 の 取 り 扱 いを 以 下 に 例 示 する 様 々な 廃 材 があったため 廃 材 の 撤 去 も 命 令 書 に 含 め 廃 材 を 含 めて 除 却 をかけ て 行 政 代 執 行 を 実 施 した 所 有 者 との 話 し 合 いが 可 能 であったため 解 体 前 に 動 産 の 搬 出 を 行 った 事 前 に 建 物 の 内 部 にまで 立 ち 入 りをせず 解 体 当 日 に 動 産 の 存 在 を 確 認 し ゴミ と 判 断 されるものは 廃 棄 し その 他 の 動 産 を 庁 舎 倉 庫 に 保 管 した 文 書 で 引 き 取 りを 催 促 したが 応 答 がないため 廃 棄 処 分 とした 行 政 代 執 行 による 解 体 後 動 産 の 一 部 を 所 有 者 に 引 き 渡 した Ⅲ-13

14 (3) 行 政 代 執 行 を 進 める 上 での 留 意 点 勧 告 命 令 戒 告 書 代 執 行 令 書 による 通 知 の 方 法 所 有 者 等 に 通 知 書 の 交 付 を 行 う 際 には 以 下 の 方 法 がある 直 接 本 人 に 交 付 する 本 人 不 在 あるいは 受 取 を 拒 否 された 場 合 郵 便 受 けに 投 函 ( 差 置 送 達 )する 差 置 送 達 ( 民 事 訴 訟 法 106 条 3 項 ) 名 宛 人 の 住 所 居 所 において 名 宛 人 が 正 当 な 理 由 なく 受 領 を 拒 否 するときに 通 常 送 達 すべき 場 所 に 書 類 を 差 し 置 く 配 達 証 明 付 き 内 容 証 明 郵 便 で 送 達 する 命 令 後 の 標 識 の 設 置 法 14 条 11,12 項 命 令 を 行 った 旨 を 公 示 した 標 識 を 空 き 家 敷 地 内 に 設 置 し その 旨 の 公 告 を 行 う 指 導 経 過 の 記 録 電 話 訪 問 文 書 等 の 助 言 指 導 の 記 録 について 訴 訟 になったときに 説 明 できるよ う 指 導 経 過 をまとめる 所 有 者 等 への 対 応 状 況 については その 経 過 を 文 書 にして 上 層 部 まで 報 告 を 行 う 当 該 報 告 文 書 は 抗 告 訴 訟 等 に 発 展 した 場 合 に 備 え 手 続 き 全 般 が 組 織 の 意 思 決 定 のもと になされていることを 立 証 する 書 証 として 用 いる 弁 明 の 機 会 の 付 与 弁 明 の 機 会 の 付 与 について 法 成 立 以 前 においては 行 政 手 続 法 により 以 下 のとおり となっていた また 県 内 市 町 においては 公 表 前 に 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えることを 規 定 している 条 例 が 多 い 建 築 物 の 除 却 命 令 等 の 措 置 命 令 は 特 定 の 者 を 名 宛 て 人 とした 不 利 益 処 分 にあたる 為 命 令 を 行 うにあたり 行 政 手 続 法 の 規 定 による 聴 聞 又 は 弁 明 の 機 会 の 付 与 のいずれかの 意 見 陳 述 手 続 を 取 る 必 要 がある 建 築 物 の 除 却 命 令 などの 作 為 義 務 を 課 する 処 分 等 は 行 政 手 続 法 第 13 条 第 1 項 第 1 号 イからロまでの 聴 聞 の 対 象 として 列 記 されている 不 利 益 処 分 にはあたらず 弁 明 の 機 会 の 付 与 で 足 りる 弁 明 の 機 会 の 付 与 よりも 慎 重 な 手 続 きを 必 要 とする 場 合 は 行 政 手 続 法 第 13 条 第 1 項 第 1 号 ニを 適 用 し 聴 聞 手 続 きを 行 うことも できる 法 成 立 後 の 取 り 扱 いは 法 14 条 13 項 法 14 条 3 項 の 命 令 については 行 政 手 続 法 第 三 章 (12 条 及 び14 条 を 除 く )の 規 定 は 適 用 しない により 行 政 手 続 法 第 三 章 不 利 益 処 分 の 規 定 によらず 法 14 条 4~8 項 による 事 務 処 理 となり 意 見 書 及 び 自 己 に 有 利 な 証 拠 を 提 出 する 機 会 の 付 与 または 請 求 があった 場 合 公 開 による 意 見 の 聴 取 を 行 うこととなった Ⅲ-14

15 代 執 行 令 書 による 通 知 代 執 行 費 用 の 概 算 による 見 積 額 については 設 計 変 更 も 想 定 して 安 全 側 の 金 額 設 定 を 行 う 代 執 行 令 書 では 代 執 行 終 了 日 を 平 成 年 月 日 ( 予 定 ) としているが 延 期 されることが 予 想 される 場 合 は 代 執 行 令 書 に ただし 終 了 期 限 を 延 長 すること がある 旨 記 入 する もし 延 長 をする 場 合 は 再 通 知 を 行 う 訴 訟 の 提 起 と 代 執 行 の 関 係 行 政 処 分 である 戒 告 等 には 公 定 力 があるため 裁 判 所 又 は 取 消 権 限 を 有 する 行 政 庁 が 取 り 消 さない 限 り 有 効 なものとして 取 り 扱 ってよい 戒 告 の 取 消 訴 訟 の 提 起 があっても 執 行 不 停 止 の 原 則 から 処 分 の 執 行 は 停 止 されない ただし 戒 告 の 取 消 訴 訟 と 同 時 に 執 行 停 止 の 申 立 てが 出 される 可 能 性 がある この 執 行 停 止 が 認 められると 訴 訟 の 結 論 が 出 るまで 行 政 庁 は 手 続 きを 進 めることができ なくなるものであり 行 政 事 件 訴 訟 法 第 25 条 において 執 行 されることによって 回 復 困 難 な 損 害 が 生 じる 恐 れがある 場 合 に 執 行 停 止 ができると 規 定 されている しかし 危 険 な 空 き 家 等 の 解 体 については 回 復 困 難 な 損 害 が 生 じる 恐 れがあるとは 考 えにくく 執 行 停 止 が 認 められる 可 能 性 は 少 ない 抵 当 権 の 設 定 等 と 代 執 行 の 関 係 建 築 物 に 権 利 保 全 の 仮 処 分 や 抵 当 権 の 設 定 等 がなされた 場 合 でも 代 執 行 の 実 施 その ものには 影 響 がない 建 築 物 に 私 法 上 の 権 利 保 全 のために 行 う 現 状 不 変 更 等 の 仮 処 分 や 抵 当 権 の 設 定 がな されたときであっても これらによって 代 執 行 の 実 行 が 妨 げられることはないと 解 され る 仮 に 代 執 行 により 建 築 物 に 対 して 私 法 上 の 権 利 を 有 していた 者 が 損 害 を 被 ることに なっても 行 政 庁 が 適 法 にそれを 行 っていれば 法 的 に 賠 償 義 務 を 負 うことはない た だし 権 利 の 侵 害 にあたる 以 上 適 法 に 行 っているという 前 提 のもと 少 なくとも 戒 告 時 には 抵 当 権 者 への 通 知 をすみやかに 行 うなど 慎 重 に 進 めていく 必 要 がある なお 過 失 なくして 抵 当 権 者 が 確 知 できない 場 合 当 該 抵 当 権 者 に 通 知 を 行 うことはできないが それはやむを 得 ないことと 考 えられる また 抵 当 権 が 付 いている 空 き 家 等 を 行 政 代 執 行 で 除 却 した 場 合 であっても 建 物 滅 失 登 記 は 可 能 である その 場 合 当 然 に 抵 当 権 は 抹 消 されることになる Ⅲ-15

16 所 有 者 が 不 明 である 場 合 の 課 題 法 第 14 条 10 項 第 三 項 の 規 定 により 必 要 な 措 置 を 命 じようとする 場 合 において 過 失 がなくてその 措 置 を 命 ぜられるべき 者 を 確 知 することができないとき( 過 失 がなくて 第 一 項 の 助 言 若 しくは 指 導 又 は 第 二 項 の 勧 告 が 行 われるべき 者 を 確 知 することができないため 第 三 項 に 定 める 手 続 に より 命 令 を 行 うことができないときを 含 む )は 市 町 村 長 は その 者 の 負 担 において そ の 措 置 を 自 ら 行 い 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 に 行 わせることができる この 場 合 においては 相 当 の 期 限 を 定 めて その 措 置 を 行 うべき 旨 及 びその 期 限 までにその 措 置 を 行 わないときは 市 町 村 長 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 がその 措 置 を 行 うべき 旨 を あらかじめ 公 告 しなければならない 所 有 者 が 不 明 である 特 定 空 家 等 については 法 第 14 条 10 項 により 代 執 行 を 行 う 旨 を あらかじめ 公 告 することで 可 能 となった また どこまでの 対 応 をすれば 過 失 がないと 認 められるのかについては 国 のガイドラインで 空 家 の 所 有 者 が 分 からないケースにおい て 例 えば 略 式 代 執 行 を 行 うためには 特 定 空 家 等 の 所 有 者 等 及 びその 所 在 につき 市 町 村 が 法 第 10 条 に 基 づき 例 えば 住 民 票 情 報 戸 籍 謄 本 等 不 動 産 登 記 簿 情 報 固 定 資 産 課 税 情 報 などを 利 用 し 法 第 9 条 に 基 づく 調 査 を 尽 くす 必 要 がある と 示 されている また 所 有 者 が 不 明 である 特 定 空 家 等 にある 動 産 については あらかじめ 引 き 取 りを 催 促 し 期 限 内 に 引 き 取 りがなければ 処 分 する と 公 告 したとしても 動 産 に 関 する 手 続 きには 法 の 位 置 づけがないため 万 が 一 の 訴 訟 リスクを 回 避 するのであれば 重 要 と 思 われる 動 産 については 保 管 を 余 儀 なくされることが 考 えられる Ⅲ-16

17 4. 空 家 等 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 空 家 等 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 適 切 な 管 理 が 行 われていない 空 家 等 が 防 災 衛 生 景 観 等 の 地 域 住 民 の 生 活 環 境 に 深 刻 な 影 響 を 及 ぼしていることに 鑑 み 地 域 住 民 の 生 命 身 体 又 は 財 産 を 保 護 するとともに その 生 活 環 境 の 保 全 を 図 り あわせて 空 家 等 の 活 用 を 促 進 するため 空 家 等 に 関 する 施 策 に 関 し 国 による 基 本 指 針 の 策 定 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む 第 十 条 第 二 項 を 除 き 以 下 同 じ )による 空 家 等 対 策 計 画 の 作 成 その 他 の 空 家 等 に 関 する 施 策 を 推 進 するために 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 空 家 等 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し もって 公 共 の 福 祉 の 増 進 と 地 域 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 空 家 等 とは 建 築 物 又 はこれに 附 属 する 工 作 物 であって 居 住 その 他 の 使 用 がなされていないことが 常 態 であるもの 及 びその 敷 地 ( 立 木 その 他 の 土 地 に 定 着 する 物 を 含 む )をいう ただし 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 所 有 し 又 は 管 理 するもの を 除 く 2 この 法 律 において 特 定 空 家 等 とは そのまま 放 置 すれば 倒 壊 等 著 しく 保 安 上 危 険 と なるおそれのある 状 態 又 は 著 しく 衛 生 上 有 害 となるおそれのある 状 態 適 切 な 管 理 が 行 わ れていないことにより 著 しく 景 観 を 損 なっている 状 態 その 他 周 辺 の 生 活 環 境 の 保 全 を 図 るために 放 置 することが 不 適 切 である 状 態 にあると 認 められる 空 家 等 をいう ( 空 家 等 の 所 有 者 等 の 責 務 ) 第 三 条 空 家 等 の 所 有 者 又 は 管 理 者 ( 以 下 所 有 者 等 という )は 周 辺 の 生 活 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼさないよう 空 家 等 の 適 切 な 管 理 に 努 めるものとする ( 市 町 村 の 責 務 ) 第 四 条 市 町 村 は 第 六 条 第 一 項 に 規 定 する 空 き 家 等 対 策 計 画 の 作 成 及 びこれに 基 づく 空 家 等 に 関 する 対 策 の 実 施 その 他 の 空 家 等 に 関 する 必 要 な 措 置 を 適 切 に 講 ずるよう 努 めるも のとする ( 基 本 指 針 ) 第 五 条 国 土 交 通 大 臣 及 び 総 務 大 臣 は 空 家 等 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 実 施 する ための 基 本 的 な 指 針 ( 以 下 基 本 指 針 という )を 定 めるものとする 2 基 本 指 針 においては 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする 一 空 家 等 に 関 する 施 策 の 実 施 に 関 する 基 本 的 な 事 項 Ⅲ-17

18 二 次 条 第 一 項 に 規 定 する 空 家 等 対 策 計 画 に 関 する 事 項 三 その 他 空 家 等 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 実 施 するために 必 要 な 事 項 3 国 土 交 通 大 臣 及 び 総 務 大 臣 は 基 本 指 針 を 定 め 又 はこれを 変 更 しようとするときは あらかじめ 関 係 行 政 機 関 の 長 に 協 議 するものとする 4 国 土 交 通 大 臣 及 び 総 務 大 臣 は 基 本 指 針 を 定 め 又 はこれを 変 更 したときは 遅 滞 なく これを 公 表 しなければならない ( 空 家 等 対 策 計 画 ) 第 六 条 市 町 村 は その 区 域 内 で 空 家 等 に 関 する 対 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 実 施 するため 基 本 指 針 に 即 して 空 家 等 に 関 する 対 策 についての 計 画 ( 以 下 空 家 等 対 策 計 画 という ) を 定 めることができる 2 空 家 等 対 策 計 画 においては 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする 一 空 家 等 に 関 する 対 策 の 対 象 とする 地 区 及 び 対 象 とする 空 家 等 の 種 類 その 他 の 空 家 等 に 関 する 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 二 計 画 期 間 三 空 家 等 の 調 査 に 関 する 事 項 四 所 有 者 等 による 空 家 等 の 適 切 な 管 理 の 促 進 に 関 する 事 項 五 空 家 等 及 び 除 却 した 空 家 等 に 係 る 跡 地 ( 以 下 空 家 等 の 跡 地 という )の 活 用 の 促 進 に 関 する 事 項 六 特 定 空 家 等 に 対 する 措 置 ( 第 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 助 言 若 しくは 指 導 同 条 第 二 項 の 規 定 による 勧 告 同 条 第 三 項 の 規 定 による 命 令 又 は 同 条 第 九 項 若 しくは 第 十 項 の 規 定 による 代 執 行 をいう 以 下 同 じ )その 他 の 特 定 空 家 等 への 対 処 に 関 する 事 項 七 住 民 等 からの 空 家 等 に 関 する 相 談 への 対 応 に 関 する 事 項 八 空 家 等 に 関 する 対 策 の 実 施 体 制 に 関 する 事 項 九 その 他 空 家 等 に 関 する 対 策 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 3 市 町 村 は 空 家 等 対 策 計 画 を 定 め 又 はこれを 変 更 したときは 遅 滞 なく これを 公 表 しなければならない 4 市 町 村 は 都 道 府 県 知 事 に 対 し 空 家 等 対 策 計 画 の 作 成 及 び 変 更 並 びに 実 施 に 関 し 情 報 の 提 供 技 術 的 な 助 言 その 他 必 要 な 援 助 を 求 めることができる ( 協 議 会 ) 第 七 条 市 町 村 は 空 家 等 対 策 計 画 の 作 成 及 び 変 更 並 びに 実 施 に 関 する 協 議 を 行 うための 協 議 会 ( 以 下 この 条 において 協 議 会 という )を 組 織 することができる 2 協 議 会 は 市 町 村 長 ( 特 別 区 の 区 長 を 含 む 以 下 同 じ )のほか 地 域 住 民 市 町 村 の 議 会 の 議 員 法 務 不 動 産 建 築 福 祉 文 化 等 に 関 する 学 識 経 験 者 その 他 の 市 町 村 長 が 必 要 と 認 める 者 をもって 構 成 する 3 前 二 項 に 定 めるもののほか 協 議 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 協 議 会 が 定 める Ⅲ-18

19 ( 都 道 府 県 による 援 助 ) 第 八 条 都 道 府 県 知 事 は 空 家 等 対 策 計 画 の 作 成 及 び 変 更 並 びに 実 施 その 他 空 家 等 に 関 しこ の 法 律 に 基 づき 市 町 村 が 講 ずる 措 置 について 当 該 市 町 村 に 対 する 情 報 の 提 供 及 び 技 術 的 な 助 言 市 町 村 相 互 間 の 連 絡 調 整 その 他 必 要 な 援 助 を 行 うよう 努 めなければならない ( 立 入 調 査 等 ) 第 九 条 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 にある 空 家 等 の 所 在 及 び 当 該 空 家 等 の 所 有 者 等 を 把 握 するための 調 査 その 他 空 家 等 に 関 しこの 法 律 の 施 行 のために 必 要 な 調 査 を 行 うこと ができる 2 市 町 村 長 は 第 十 四 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 当 該 職 員 又 はその 委 任 した 者 に 空 家 等 と 認 められる 場 所 に 立 ち 入 って 調 査 をさせることがで きる 3 市 町 村 長 は 前 項 の 規 定 により 当 該 職 員 又 はその 委 任 した 者 を 空 家 等 と 認 められる 場 所 に 立 ち 入 らせようとするときは その 五 日 前 までに 当 該 空 家 等 の 所 有 者 等 にその 旨 を 通 知 しなければならない ただし 当 該 所 有 者 等 に 対 し 通 知 することが 困 難 であるときは この 限 りでない 4 第 二 項 の 規 定 により 空 家 等 と 認 められる 場 所 に 立 ち 入 ろうとする 者 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 者 の 請 求 があったときは これを 提 示 しなければならない 5 第 二 項 の 規 定 による 立 入 調 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 釈 しては ならない ( 空 家 等 の 所 有 者 等 に 関 する 情 報 の 利 用 等 ) 第 十 条 市 町 村 長 は 固 定 資 産 税 の 課 税 その 他 の 事 務 のために 利 用 する 目 的 で 保 有 する 情 報 であって 氏 名 その 他 の 空 家 等 の 所 有 者 等 に 関 するものについては この 法 律 の 施 行 のため に 必 要 な 限 度 において その 保 有 に 当 たって 特 定 された 利 用 の 目 的 以 外 の 目 的 のために 内 部 で 利 用 することができる 2 都 知 事 は 固 定 資 産 税 の 課 税 その 他 の 事 務 で 市 町 村 が 処 理 するものとされているものの うち 特 別 区 の 存 する 区 域 においては 都 が 処 理 するものとされているもののために 利 用 す る 目 的 で 都 が 保 有 する 情 報 であって 特 別 区 の 区 域 内 にある 空 家 等 の 所 有 者 等 に 関 するも のについて 当 該 特 別 区 の 区 長 から 提 供 を 求 められたときは この 法 律 の 施 行 のために 必 要 な 限 度 において 速 やかに 当 該 情 報 の 提 供 を 行 うものとする 3 前 項 に 定 めるもののほか 市 町 村 長 は この 法 律 の 施 行 のために 必 要 があるときは 関 係 する 地 方 公 共 団 体 の 長 その 他 の 者 に 対 して 空 家 等 の 所 有 者 等 の 把 握 に 関 し 必 要 な 情 報 の 提 供 を 求 めることができる ( 空 家 等 に 関 するデータベースの 整 備 等 ) 第 十 一 条 市 町 村 は 空 家 等 ( 建 築 物 を 販 売 し 又 は 賃 貸 する 事 業 を 行 う 者 が 販 売 し 又 は 賃 貸 するために 所 有 し 又 は 管 理 するもの( 周 辺 の 生 活 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼさないよう 適 Ⅲ-19

20 切 に 管 理 されているものに 限 る )を 除 く 以 下 第 十 三 条 までにおいて 同 じ )に 関 する データベースの 整 備 その 他 空 家 等 に 関 する 正 確 な 情 報 を 把 握 するために 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めるものとする ( 所 有 者 等 による 空 家 等 の 適 切 な 管 理 の 促 進 ) 第 十 二 条 市 町 村 は 所 有 者 等 による 空 家 等 の 適 切 な 管 理 を 促 進 するため これらの 者 に 対 し 情 報 の 提 供 助 言 その 他 必 要 な 援 助 を 行 うよう 努 めるものとする ( 空 家 等 及 び 空 家 等 の 跡 地 の 活 用 等 ) 第 十 三 条 市 町 村 は 空 家 等 及 び 空 家 等 の 跡 地 ( 土 地 を 販 売 し 又 は 賃 貸 する 事 業 を 行 う 者 が 販 売 し 又 は 賃 貸 するために 所 有 し 又 は 管 理 するものを 除 く )に 関 する 情 報 の 提 供 その 他 これらの 活 用 のために 必 要 な 対 策 を 講 ずるよう 努 めるものとする ( 特 定 空 家 等 に 対 する 措 置 ) 第 十 四 条 市 町 村 長 は 特 定 空 家 等 の 所 有 者 等 に 対 し 当 該 特 定 空 家 等 に 関 し 除 却 修 繕 立 木 竹 の 伐 採 その 他 周 辺 の 生 活 環 境 の 保 全 を 図 るために 必 要 な 措 置 (そのまま 放 置 すれば 倒 壊 等 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれのある 状 態 又 は 著 しく 衛 生 上 有 害 となるおそれの ある 状 態 にない 特 定 空 家 等 については 建 築 物 の 除 却 を 除 く 次 項 において 同 じ )をと るよう 助 言 又 は 指 導 をすることができる 2 市 町 村 長 は 前 項 の 規 定 による 助 言 又 は 指 導 をした 場 合 において なお 当 該 特 定 空 家 等 の 状 態 が 改 善 されないと 認 めるときは 当 該 助 言 又 は 指 導 を 受 けた 者 に 対 し 相 当 の 猶 予 期 限 を 付 けて 除 却 修 繕 立 木 竹 の 伐 採 その 他 周 辺 の 生 活 環 境 の 保 全 を 図 るために 必 要 な 措 置 をとることを 勧 告 することができる 3 市 町 村 長 は 前 項 の 規 定 による 勧 告 を 受 けた 者 が 正 当 な 理 由 がなくてその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 特 に 必 要 があると 認 めるときは その 者 に 対 し 相 当 の 猶 予 期 限 を 付 けて その 勧 告 に 係 る 措 置 をとることを 命 ずることができる 4 市 町 村 長 は 前 項 の 措 置 を 命 じようとする 場 合 においては あらかじめ その 措 置 を 命 じようとする 者 に 対 し その 命 じようとする 措 置 及 びその 事 由 並 びに 意 見 書 の 提 出 先 及 び 提 出 期 限 を 記 載 した 通 知 書 を 交 付 して その 措 置 を 命 じようとする 者 又 はその 代 理 人 に 意 見 書 及 び 自 己 に 有 利 な 証 拠 を 提 出 する 機 会 を 与 えなければならない 5 前 項 の 通 知 書 の 交 付 を 受 けた 者 は その 交 付 を 受 けた 日 から 五 日 以 内 に 市 町 村 長 に 対 し 意 見 書 の 提 出 に 代 えて 公 開 による 意 見 の 聴 取 を 行 うことを 請 求 することができる 6 市 町 村 長 は 前 項 の 規 定 による 意 見 の 聴 取 の 請 求 があった 場 合 においては 第 三 項 の 措 置 を 命 じようとする 者 又 はその 代 理 人 の 出 頭 を 求 めて 公 開 による 意 見 の 聴 取 を 行 わなけ ればならない 7 市 町 村 長 は 前 項 の 規 定 による 意 見 の 聴 取 を 行 う 場 合 においては 第 三 項 の 規 定 によっ て 命 じようとする 措 置 並 びに 意 見 の 聴 取 の 期 日 及 び 場 所 を 期 日 の 三 日 前 までに 前 項 に 規 定 する 者 に 通 知 するとともに これを 公 告 しなければならない Ⅲ-20

21 8 第 六 項 に 規 定 する 者 は 意 見 の 聴 取 に 際 して 証 人 を 出 席 させ かつ 自 己 に 有 利 な 証 拠 を 提 出 することができる 9 市 町 村 長 は 第 三 項 の 規 定 により 必 要 な 措 置 を 命 じた 場 合 において その 措 置 を 命 ぜら れた 者 がその 措 置 を 履 行 しないとき 履 行 しても 十 分 でないとき 又 は 履 行 しても 同 項 の 期 限 までに 完 了 する 見 込 みがないときは 行 政 代 執 行 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 四 十 三 号 )の 定 めるところに 従 い 自 ら 義 務 者 のなすべき 行 為 をし 又 は 第 三 者 をしてこれをさせるこ とができる 10 第 三 項 の 規 定 により 必 要 な 措 置 を 命 じようとする 場 合 において 過 失 がなくてその 措 置 を 命 ぜられるべき 者 を 確 知 することができないとき( 過 失 がなくて 第 一 項 の 助 言 若 しくは 指 導 又 は 第 二 項 の 勧 告 が 行 われるべき 者 を 確 知 することができないため 第 三 項 に 定 める 手 続 により 命 令 を 行 うことができないときを 含 む )は 市 町 村 長 は その 者 の 負 担 にお いて その 措 置 を 自 ら 行 い 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 に 行 わせることができ る この 場 合 においては 相 当 の 期 限 を 定 めて その 措 置 を 行 うべき 旨 及 びその 期 限 まで にその 措 置 を 行 わないときは 市 町 村 長 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 がその 措 置 を 行 うべき 旨 をあらかじめ 公 告 しなければならない 11 市 町 村 長 は 第 三 項 の 規 定 による 命 令 をした 場 合 においては 標 識 の 設 置 その 他 国 土 交 通 省 令 総 務 省 令 で 定 める 方 法 により その 旨 を 公 示 しなければならない 12 前 項 の 標 識 は 第 三 項 の 規 定 による 命 令 に 係 る 特 定 空 家 等 に 設 置 することができる こ の 場 合 においては 当 該 特 定 空 家 等 の 所 有 者 等 は 当 該 標 識 の 設 置 を 拒 み 又 は 妨 げては ならない 13 第 三 項 の 規 定 による 命 令 については 行 政 手 続 法 ( 平 成 五 年 法 律 第 八 十 八 号 ) 第 三 章 ( 第 十 二 条 及 び 第 十 四 条 を 除 く )の 規 定 は 適 用 しない 14 国 土 交 通 大 臣 及 び 総 務 大 臣 は 特 定 空 家 等 に 対 する 措 置 に 関 し その 適 切 な 実 施 を 図 る ために 必 要 な 指 針 を 定 めることができる 15 前 各 項 に 定 めるもののほか 特 定 空 家 等 に 対 する 措 置 に 関 し 必 要 な 事 項 は 国 土 交 通 省 令 総 務 省 令 で 定 める ( 財 政 上 の 措 置 及 び 税 制 上 の 措 置 等 ) 第 十 五 条 国 及 び 都 道 府 県 は 市 町 村 が 行 う 空 家 等 対 策 計 画 に 基 づく 空 家 等 に 関 する 対 策 の 適 切 かつ 円 滑 な 実 施 に 資 するため 空 家 等 に 関 する 対 策 の 実 施 に 要 する 費 用 に 対 する 補 助 地 方 交 付 税 制 度 の 拡 充 その 他 の 必 要 な 財 政 上 の 措 置 を 講 ずるものとする 2 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 前 項 に 定 めるもののほか 市 町 村 が 行 う 空 家 等 対 策 計 画 に 基 づ く 空 家 等 に 関 する 対 策 の 適 切 かつ 円 滑 な 実 施 に 資 するため 必 要 な 税 制 上 の 措 置 その 他 の 措 置 を 講 ずるものとする ( 過 料 ) 第 十 六 条 第 十 四 条 第 三 項 の 規 定 による 市 町 村 長 の 命 令 に 違 反 した 者 は 五 十 万 円 以 下 の 過 料 に 処 する Ⅲ-21

22 2 第 九 条 第 二 項 の 規 定 による 立 入 調 査 を 拒 み 妨 げ 又 は 忌 避 した 者 は 二 十 万 円 以 下 の 過 料 に 処 する 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 三 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する ただし 第 九 条 第 二 項 から 第 五 項 まで 第 十 四 条 及 び 第 十 六 条 の 規 定 は 公 布 の 日 から 起 算 して 六 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する ( 検 討 ) 2 政 府 は この 法 律 の 施 行 後 五 年 を 経 過 した 場 合 において この 法 律 の 施 行 の 状 況 を 勘 案 し 必 要 があると 認 めるときは この 法 律 の 規 定 について 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づい て 所 要 の 措 置 を 講 ずるものとする Ⅲ-22

23 5. 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 ( 坂 井 市 ) 坂 井 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 平 成 24 年 10 月 1 日 坂 井 市 条 例 第 24 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 空 き 家 等 の 適 正 な 管 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 倒 壊 等 の 事 故 犯 罪 火 災 等 を 未 然 に 防 止 し もって 市 民 の 安 全 で 安 心 な 暮 らしの 実 現 並 びに 良 好 な 景 観 及 び 快 適 な 居 住 環 境 の 保 持 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところに よる (1) 空 き 家 等 市 内 に 所 在 する 建 物 その 他 の 工 作 物 ( 既 に 倒 壊 したものを 含 む )で 常 時 無 人 の 状 態 にあるもの 及 びその 敷 地 をいう (2) 所 有 者 等 所 有 権 占 有 権 又 は 管 理 すべき 権 原 を 有 する 者 をいう (3) 市 民 等 市 内 に 居 住 し 若 しくは 滞 在 し 又 は 通 勤 し 若 しくは 通 学 する 者 をいう ( 民 事 による 解 決 との 関 係 ) 第 3 条 この 条 例 の 規 定 は 次 条 各 号 に 掲 げる 状 態 である 空 き 家 等 の 所 有 者 等 と 当 該 空 き 家 等 が 次 条 各 号 に 掲 げる 状 態 にあることにより 害 を 被 るおそれのある 者 との 間 で 民 事 による 事 態 の 解 決 を 図 ることを 妨 げるものではない ( 空 き 家 等 の 適 正 管 理 ) 第 4 条 空 き 家 等 の 所 有 者 等 は 当 該 空 き 家 等 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 状 態 にな らないよう 常 に 空 き 家 等 を 適 切 に 管 理 しなければならない (1) 建 物 の 老 朽 化 が 著 しく 倒 壊 のおそれがあること (2) 自 然 現 象 により 建 築 物 が 飛 散 すること (3) 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 場 所 になること (4) 病 害 虫 又 は 悪 臭 の 発 生 場 所 になること (5) 野 犬 野 良 猫 その 他 の 鳥 獣 の 住 家 になること (6) 不 特 定 者 の 侵 入 による 火 災 又 は 犯 罪 を 誘 発 するおそれのある 状 態 になること (7) 交 通 の 障 害 になること (8) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 良 好 な 景 観 及 び 快 適 な 居 住 環 境 を 著 しく 損 なうこと ( 空 き 家 等 の 情 報 の 提 供 ) 第 5 条 市 民 等 は 近 隣 に 前 条 各 号 に 掲 げる 状 態 である 空 き 家 等 があると 認 めるときは Ⅲ-23

24 速 やかに 市 長 にその 情 報 を 提 供 するよう 努 めるものとする ( 実 態 調 査 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 規 定 による 情 報 の 提 供 があったとき 又 は 第 4 条 に 規 定 する 管 理 が 行 われていないと 認 めるときは 当 該 空 き 家 等 の 実 態 調 査 を 行 うことができる 2 市 長 は 前 項 の 実 態 調 査 を 行 う 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 当 該 空 き 家 等 に 係 る 所 有 者 等 の 把 握 に 必 要 な 調 査 を 行 うことができる ( 立 入 調 査 ) 第 7 条 市 長 は この 条 例 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 職 員 に 立 入 調 査 ( 当 該 空 き 家 等 に 立 ち 入 り 調 査 し 又 は 質 問 することをいう 以 下 この 条 において 同 じ )をさせ ることができる 2 前 項 の 規 定 により 立 入 調 査 をする 者 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 人 の 請 求 があったときは これを 提 示 しなければならない 3 第 1 項 の 規 定 による 立 入 調 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 釈 して はならない ( 助 言 又 は 指 導 ) 第 8 条 市 長 は 空 き 家 等 が 第 4 条 各 号 に 掲 げる 状 態 になるおそれがあると 認 めるとき 又 は 第 4 条 各 号 に 掲 げる 状 態 であると 認 めるときは 当 該 空 き 家 等 の 所 有 者 等 に 対 し 必 要 な 措 置 について 助 言 し 又 は 指 導 することができる ( 勧 告 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 の 規 定 による 指 導 にもかかわらず なお 当 該 空 き 家 等 が 第 4 条 各 号 に 掲 げる 状 態 であるときは 当 該 空 き 家 等 の 所 有 者 等 に 対 し 期 限 を 定 めて 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 勧 告 することができる ( 命 令 ) 第 10 条 市 長 は 当 該 空 き 家 等 の 所 有 者 等 が 前 条 の 規 定 による 勧 告 に 応 じないときは 当 該 空 き 家 等 の 所 有 者 等 に 対 し 期 限 を 定 めて 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 命 ずることが できる ( 公 表 ) 第 11 条 市 長 は 前 条 の 規 定 による 命 令 を 行 ったにもかかわらず 当 該 所 有 者 等 が 正 当 な 理 由 なく 命 令 に 従 わないときは 次 に 掲 げる 事 項 を 公 表 することができる (1) 命 令 に 従 わない 者 の 住 所 及 び 氏 名 ( 法 人 にあっては 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) (2) 命 令 の 対 象 である 空 き 家 等 の 所 在 地 及 び 種 別 Ⅲ-24

25 (3) 命 令 の 内 容 (4)その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 事 項 2 市 長 は 前 項 の 規 定 により 公 表 するときは 当 該 公 表 に 係 る 所 有 者 等 に 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなければならない ( 代 執 行 ) 第 12 条 市 長 は 第 10 条 の 規 定 による 命 令 を 受 けた 者 が 当 該 命 令 に 従 わない 場 合 に おいて 他 の 手 段 によってその 履 行 を 確 保 することが 困 難 であり かつ その 不 履 行 を 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 すると 認 められるときは 行 政 代 執 行 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 43 号 )の 定 めるところにより 自 ら 義 務 者 のなすべき 行 為 をなし 又 は 第 三 者 をしてこれをなさしめ その 費 用 を 当 該 義 務 者 から 徴 収 することができる ( 関 係 機 関 への 協 力 要 請 ) 第 13 条 市 長 は 必 要 があると 認 めるときは 市 の 区 域 を 管 轄 する 関 係 機 関 に 協 力 を 要 請 することができる ( 委 任 ) 第 14 条 この 条 例 に 定 めるもののほか この 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 附 則 この 条 例 は 平 成 25 年 1 月 1 日 から 施 行 する Ⅲ-25

26 6. 行 政 代 執 行 法 行 政 代 執 行 法 ( 昭 和 二 十 三 年 五 月 十 五 日 法 律 第 四 十 三 号 ) 最 終 改 正 : 昭 和 三 七 年 九 月 一 五 日 法 律 第 一 六 一 号 第 一 条 行 政 上 の 義 務 の 履 行 確 保 に 関 しては 別 に 法 律 で 定 めるものを 除 いては この 法 律 の 定 めるところによる 第 二 条 法 律 ( 法 律 の 委 任 に 基 く 命 令 規 則 及 び 条 例 を 含 む 以 下 同 じ )により 直 接 に 命 ぜ られ 又 は 法 律 に 基 き 行 政 庁 により 命 ぜられた 行 為 ( 他 人 が 代 つてなすことのできる 行 為 に 限 る )について 義 務 者 がこれを 履 行 しない 場 合 他 の 手 段 によつてその 履 行 を 確 保 することが 困 難 であり 且 つその 不 履 行 を 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 すると 認 められるときは 当 該 行 政 庁 は 自 ら 義 務 者 のなすべき 行 為 をなし 又 は 第 三 者 をしてこれをなさしめ その 費 用 を 義 務 者 から 徴 収 することができる 第 三 条 前 条 の 規 定 による 処 分 ( 代 執 行 )をなすには 相 当 の 履 行 期 限 を 定 め その 期 限 まで に 履 行 がなされないときは 代 執 行 をなすべき 旨 を 予 め 文 書 で 戒 告 しなければならない 2 義 務 者 が 前 項 の 戒 告 を 受 けて 指 定 の 期 限 までにその 義 務 を 履 行 しないときは 当 該 行 政 庁 は 代 執 行 令 書 をもつて 代 執 行 をなすべき 時 期 代 執 行 のために 派 遣 する 執 行 責 任 者 の 氏 名 及 び 代 執 行 に 要 する 費 用 の 概 算 による 見 積 額 を 義 務 者 に 通 知 する 3 非 常 の 場 合 又 は 危 険 切 迫 の 場 合 において 当 該 行 為 の 急 速 な 実 施 について 緊 急 の 必 要 があ り 前 二 項 に 規 定 する 手 続 をとる 暇 がないときは その 手 続 を 経 ないで 代 執 行 をすることがで きる 第 四 条 代 執 行 のために 現 場 に 派 遣 される 執 行 責 任 者 は その 者 が 執 行 責 任 者 たる 本 人 である ことを 示 すべき 証 票 を 携 帯 し 要 求 があるときは 何 時 でもこれを 呈 示 しなければならない 第 五 条 代 執 行 に 要 した 費 用 の 徴 収 については 実 際 に 要 した 費 用 の 額 及 びその 納 期 日 を 定 め 義 務 者 に 対 し 文 書 をもつてその 納 付 を 命 じなければならない 第 六 条 代 執 行 に 要 した 費 用 は 国 税 滞 納 処 分 の 例 により これを 徴 収 することができる 2 代 執 行 に 要 した 費 用 については 行 政 庁 は 国 税 及 び 地 方 税 に 次 ぐ 順 位 の 先 取 特 権 を 有 す る 3 代 執 行 に 要 した 費 用 を 徴 収 したときは その 徴 収 金 は 事 務 費 の 所 属 に 従 い 国 庫 又 は 地 方 公 共 団 体 の 経 済 の 収 入 となる 附 則 1 この 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 し 三 十 日 を 経 過 した 日 から これを 施 行 する 2 行 政 執 行 法 は これを 廃 止 する 附 則 ( 昭 和 二 六 年 三 月 三 一 日 法 律 第 九 五 号 ) 抄 Ⅲ-26

27 1 この 法 律 は 公 布 の 日 から 施 行 し この 法 律 中 に 特 別 の 定 がある 場 合 を 除 く 外 市 町 村 民 税 に 関 する 改 正 規 定 中 法 人 税 割 に 関 する 部 分 及 び 事 業 税 に 関 する 改 正 規 定 中 法 人 の 行 う 事 業 に 対 する 事 業 税 に 対 する 事 業 税 に 関 する 部 分 については 昭 和 二 十 六 年 一 月 一 日 の 属 する 事 業 年 度 分 から その 他 の 部 分 については 昭 和 二 十 六 年 度 分 の 地 方 税 から 適 用 する 附 則 ( 昭 和 三 四 年 四 月 二 〇 日 法 律 第 一 四 八 号 ) 抄 ( 施 行 期 日 ) 1 この 法 律 は 国 税 徴 収 法 ( 昭 和 三 十 四 年 法 律 第 百 四 十 七 号 )の 施 行 の 日 から 施 行 する ( 公 課 の 先 取 特 権 の 順 位 の 改 正 に 関 する 経 過 措 置 ) 7 第 二 章 の 規 定 による 改 正 後 の 各 法 令 ( 徴 収 金 の 先 取 特 権 の 順 位 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は この 法 律 の 施 行 後 に 国 税 徴 収 法 第 二 条 第 十 二 号 に 規 定 する 強 制 換 価 手 続 による 配 当 手 続 が 開 始 される 場 合 について 適 用 し この 法 律 の 施 行 前 に 当 該 配 当 手 続 が 開 始 されている 場 合 に おける 当 該 法 令 の 規 定 に 規 定 する 徴 収 金 の 先 取 特 権 の 順 位 については なお 従 前 の 例 による 附 則 ( 昭 和 三 七 年 九 月 一 五 日 法 律 第 一 六 一 号 ) 抄 1 この 法 律 は 昭 和 三 十 七 年 十 月 一 日 から 施 行 する 2 この 法 律 による 改 正 後 の 規 定 は この 附 則 に 特 別 の 定 めがある 場 合 を 除 き この 法 律 の 施 行 前 にされた 行 政 庁 の 処 分 この 法 律 の 施 行 前 にされた 申 請 に 係 る 行 政 庁 の 不 作 為 その 他 この 法 律 の 施 行 前 に 生 じた 事 項 についても 適 用 する ただし この 法 律 による 改 正 前 の 規 定 によつ て 生 じた 効 力 を 妨 げない 3 この 法 律 の 施 行 前 に 提 起 された 訴 願 審 査 の 請 求 異 議 の 申 立 てその 他 の 不 服 申 立 て( 以 下 訴 願 等 という )については この 法 律 の 施 行 後 も なお 従 前 の 例 による この 法 律 の 施 行 前 にされた 訴 願 等 の 裁 決 決 定 その 他 の 処 分 ( 以 下 裁 決 等 という ) 又 はこの 法 律 の 施 行 前 に 提 起 された 訴 願 等 につきこの 法 律 の 施 行 後 にされる 裁 決 等 にさらに 不 服 がある 場 合 の 訴 願 等 についても 同 様 とする 4 前 項 に 規 定 する 訴 願 等 で この 法 律 の 施 行 後 は 行 政 不 服 審 査 法 による 不 服 申 立 てをするこ とができることとなる 処 分 に 係 るものは 同 法 以 外 の 法 律 の 適 用 については 行 政 不 服 審 査 法 による 不 服 申 立 てとみなす 5 第 三 項 の 規 定 によりこの 法 律 の 施 行 後 にされる 審 査 の 請 求 異 議 の 申 立 てその 他 の 不 服 申 立 ての 裁 決 等 については 行 政 不 服 審 査 法 による 不 服 申 立 てをすることができない 6 この 法 律 の 施 行 前 にされた 行 政 庁 の 処 分 で この 法 律 による 改 正 前 の 規 定 により 訴 願 等 を することができるものとされ かつ その 提 起 期 間 が 定 められていなかつたものについて 行 政 不 服 審 査 法 による 不 服 申 立 てをすることができる 期 間 は この 法 律 の 施 行 の 日 から 起 算 する 8 この 法 律 の 施 行 前 にした 行 為 に 対 する 罰 則 の 適 用 については なお 従 前 の 例 による 9 前 八 項 に 定 めるもののほか この 法 律 の 施 行 に 関 して 必 要 な 経 過 措 置 は 政 令 で 定 める Ⅲ-27

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案)

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案) 横 浜 市 記 者 発 表 資 料 平 成 27 年 2 月 3 日 建 築 局 違 反 対 策 課 緑 区 白 山 四 丁 目 の 宅 地 造 成 等 規 制 法 違 反 に 対 して 行 政 代 執 行 法 に 基 づく 代 執 行 令 書 を 交 付 しました 平 成 26 年 10 月 の 台 風 18 号 による 大 雨 に 伴 い 違 反 造 成 地 において 大 規 模 な 崖 崩 れが

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

事 業 を 消 滅 させる いわゆる 清 算 型 の 倒 産 手 続 きは 破 産 法 に 基 づく 破 産 と 商 法 上 の 特 別 清 算 の 二 つに 分 かれます 種 類 法 律 特 徴 対 象 は 法 人 個 人 破 産 破 産 法 申 立 権 者 は 債 務 者 債 権 者 取 締 役

事 業 を 消 滅 させる いわゆる 清 算 型 の 倒 産 手 続 きは 破 産 法 に 基 づく 破 産 と 商 法 上 の 特 別 清 算 の 二 つに 分 かれます 種 類 法 律 特 徴 対 象 は 法 人 個 人 破 産 破 産 法 申 立 権 者 は 債 務 者 債 権 者 取 締 役 1 倒 産 処 理 の 種 類 倒 産 手 続 きは 裁 判 所 を 通 した 法 的 手 続 きと 裁 判 所 を 通 さない 私 的 手 続 きに 分 けられます 法 的 手 続 きと 私 的 手 続 きはそれぞれ 会 社 や 事 業 者 を 立 ち 直 らせることを 目 的 とした 再 建 型 の 手 続 きと 最 終 的 には 消 滅 させることを 目 的 とした 清 算 型 の 手 続 きに

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information