Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 01 議事次第.docx"

Transcription

1 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4. 検 討 会 の 問 題 意 識 現 行 制 度 の 概 観 現 状 について 5. 岡 﨑 委 員 発 表 ( 岡 山 市 における 代 執 行 の 事 例 ) 6. 意 見 交 換 7. 閉 会 ( 配 付 資 料 ) 資 料 1 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 資 料 2 検 討 会 の 問 題 意 識 資 料 3 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 行 制 度 の 概 観 資 料 4 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 資 料 5 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み 資 料 6 岡 山 市 における 違 法 建 築 物 を 行 政 代 執 行 により 除 却 した 事 例 資 料 7 検 討 会 スケジュール( 案 )

2 資 料 1 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 第 1 目 的 地 方 自 治 体 においては 地 方 分 権 改 革 によるその 役 割 や 自 律 性 の 拡 大 に 伴 い 住 民 と 直 接 向 き 合 いながら 地 域 の 課 題 に 主 体 的 に 取 り 組 み 実 効 ある 施 策 や 措 置 を 講 じることが 求 められるようになっている また 規 制 改 革 の 進 展 や 行 政 事 件 訴 訟 における 非 申 請 型 義 務 付 け 訴 訟 の 明 定 などを 背 景 として 行 政 権 限 の 適 時 適 切 な 行 使 への 要 請 が 強 まるものと 見 込 まれる 一 方 で 行 政 上 の 義 務 の 民 事 的 執 行 を 否 定 した 最 高 裁 判 決 ( 平 成 14 年 宝 塚 市 パチンコ 条 例 事 件 )など 行 政 の 実 効 性 を 確 保 する 上 での 課 題 や 限 界 も 指 摘 されている ところである このような 状 況 を 踏 まえ 本 検 討 会 は 地 方 自 治 体 における 行 政 の 実 効 性 確 保 に 関 して 改 革 の 方 向 性 について 検 討 し 地 方 自 治 の 一 層 の 推 進 に 資 することとするものである 第 2 名 称 本 検 討 会 は 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 以 下 検 討 会 という )と 称 する 第 3 構 成 (1) 検 討 会 は 別 紙 のメンバーをもって 構 成 する (2) 検 討 会 に 座 長 1 人 座 長 代 理 1 人 を 置 く (3) 座 長 は 会 務 を 総 理 する (4) 座 長 に 事 故 があるとき 又 は 座 長 が 欠 けたときは 座 長 代 理 がその 職 務 を 行 う (5) 検 討 会 に 幹 事 を 置 く 幹 事 は 別 紙 のとおりとする 第 4 議 事 (1) 検 討 会 の 会 議 は 座 長 が 招 集 する (2) 座 長 は 必 要 があると 認 めるときは 必 要 な 者 に 検 討 会 への 出 席 を 求 め その 意 見 を 聴 取 することができる (3) 座 長 は 必 要 があると 認 めるときは 構 成 員 等 による 実 施 調 査 を 実 施 することがで きる 第 5 その 他 検 討 会 の 庶 務 は 総 務 省 自 治 行 政 局 行 政 経 営 支 援 室 が 行 う

3 ( 別 紙 ) 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 名 簿 ( 構 成 員 ) 座 長 小 早 川 光 郎 ( 成 蹊 大 学 法 科 大 学 院 客 員 教 授 ) 座 長 代 理 佐 瀬 正 俊 ( 弁 護 士 ) 太 田 匡 彦 ( 東 京 大 学 法 学 部 教 授 ) 大 濱 しのぶ ( 関 西 学 院 大 学 法 学 部 教 授 ) 大 屋 雄 裕 ( 名 古 屋 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 准 教 授 ) 岡 﨑 泰 治 郎 ( 岡 山 市 総 務 局 次 長 ( 政 策 法 務 課 長 事 務 取 扱 )) 川 出 敏 裕 ( 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 ) 建 部 雅 ( 成 蹊 大 学 法 学 部 准 教 授 ) 手 塚 洋 輔 ( 京 都 女 子 大 学 現 代 社 会 学 部 講 師 ) 西 津 政 信 ( 新 潟 大 学 大 学 院 実 務 法 学 研 究 科 ( 法 科 大 学 院 ) 教 授 ) ( 以 上 敬 称 略 50 音 順 ) ( 幹 事 ) 総 務 省 自 治 行 政 局 行 政 課 長 総 務 省 自 治 行 政 局 住 民 制 度 課 長 総 務 省 自 治 行 政 局 市 町 村 体 制 整 備 課 長 総 務 省 自 治 行 政 局 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 室 長 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 公 務 員 課 長 総 務 省 消 防 庁 総 務 課 長 事 務 局 長 総 務 省 自 治 行 政 局 行 政 経 営 支 援 室 長

4 検 討 会 の 問 題 意 識 資 料 2 地 方 自 治 体 における 行 政 の 実 効 性 を 確 保 するための 課 題 は 何 か? 行 政 の 活 動 プロセス 近 年 の 動 向 地 方 自 治 体 関 係 (Ⅰ) 法 令 法 律 や 条 例 等 による 規 範 の 定 立 例 1: 建 築 基 準 法 による 建 ぺい 率 の 規 制 例 2: 廃 棄 物 処 理 法 による 産 廃 処 理 の 規 制 (Ⅱ) 行 政 行 為 特 定 の 人 等 に 対 する 規 範 の 適 用 例 1: 違 反 建 築 物 への 是 正 命 令 例 2: 不 法 投 棄 された 産 廃 の 除 却 命 令 (Ⅲ) 強 制 行 為 行 政 行 為 の 内 容 の 強 制 的 な 実 現 例 1: 違 反 建 築 物 の 除 却 の 代 執 行 例 2: 不 法 投 棄 産 廃 の 除 却 の 代 執 行 例 3: 屋 外 広 告 物 法 に よる 屋 外 違 反 広 告 物 の 規 制 例 3: 違 反 はり 紙 の 簡 易 除 去 立 法 活 動 の 活 発 化 事 件 事 故 に 即 応 した 規 制 強 化 家 畜 伝 染 病 予 防 法 (H23) 建 築 基 準 法 (H18) 等 議 員 立 法 の 増 加 H6: 26/120 H23: 69/175 権 限 行 使 の 手 続 裁 量 に 対 する 統 制 の 充 実 H5 行 政 手 続 法 制 定 H16 行 政 事 件 訴 訟 法 改 正 非 申 請 型 義 務 付 け 訴 訟 の 明 定 行 政 不 服 審 査 法 でも 非 申 請 型 義 務 付 け 裁 決 新 設 の 方 向 特 定 分 野 での 進 展 独 禁 法 の 課 徴 金 (H17) 道 交 法 の 放 置 違 反 金 (H16) 政 策 条 例 の 増 加 路 上 喫 煙 禁 止 条 例 空 き 家 条 例 等 権 限 行 使 に 関 する 自 律 性 説 明 責 任 の 拡 大 地 方 自 治 体 による 最 終 的 な 解 決 実 現 が 求 められる 政 策 課 題 の 増 加 ( 非 強 制 的 手 法 の 多 用 ) 行 政 強 制 の 一 般 制 度 に 関 する 改 革 論 議 は 低 調 機 関 委 任 事 務 の 廃 止 関 義 与 務 の 付 ル け ー ル 枠 化 付 け の 見 直 し 条 例 に よ る 過 料 規 定 設 置 地 方 分 権 改 革 の 進 展

5 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 行 制 度 の 概 観 資 料 3 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 (1) 義 務 履 行 強 制 ( 行 政 上 の 強 制 執 行 制 度 ) (2) 義 務 違 反 の 制 裁 1

6 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 行 制 度 の 概 観 (1) 義 務 履 行 強 制 ( 行 政 上 の 強 制 執 行 制 度 ) 種 類 概 要 根 拠 法 想 定 される 適 用 例 行 政 代 執 行 代 替 的 作 為 義 務 について 行 政 機 関 が 義 務 者 に 代 わって 自 らその 行 為 を 行 い また は 第 三 者 に 行 わせ 要 した 費 用 を 義 務 者 から 徴 収 するもの 非 代 替 的 作 為 義 務 ( 例 : 明 渡 しや 立 退 き) 不 作 為 義 務 ( 例 : 営 業 の 停 止 )は 対 象 外 行 政 代 執 行 法 建 築 基 準 法 9 条 12 項 等 違 反 建 築 物 について 除 却 命 令 が 履 行 されない 場 合 行 政 が 代 わって 解 体 直 接 強 制 行 政 機 関 が 義 務 者 の 身 体 または 財 産 に 実 力 を 加 えることにより 義 務 が 履 行 された のと 同 様 の 状 態 を 直 接 に 実 現 するもの 学 校 施 設 の 確 保 に 関 す る 政 令 21 条 成 田 国 際 空 港 の 安 全 確 保 に 関 する 緊 急 措 置 法 3 条 8 項 成 田 空 港 周 辺 の 団 結 小 屋 の 除 去 間 接 強 制 ( 執 行 罰 ) 行 政 機 関 が 義 務 者 に 対 しあらかじめ 予 告 し たうえで 期 限 内 に 義 務 が 履 行 されない 場 合 には 一 定 の 罰 ( 過 料 )を 科 することとし それによって 義 務 の 履 行 を 確 保 しようとす るもの 砂 防 法 36 条 砂 防 工 事 を 拒 否 する 土 地 所 有 者 に 対 して 過 料 を 科 すことを 予 告 して 工 事 の 受 入 れを 命 令 行 政 上 の 強 制 徴 収 行 政 上 の 金 銭 支 払 い 義 務 について 行 政 機 関 が 強 制 的 な 手 段 を 用 いて 義 務 が 履 行 されたのと 同 様 の 状 態 を 実 現 するもの 国 税 徴 収 法 47 条 以 下 地 方 税 法 行 政 代 執 行 法 等 で 準 用 税 の 滞 納 者 への 差 押 え 換 価 徴 収 なお 即 時 執 行 ( 義 務 があらかじめ 命 じられることを 前 提 とせず 直 接 に 行 政 上 の 望 ましい 状 態 を 実 現 する 手 法 例 えば 違 反 屋 外 広 告 物 の 簡 易 除 却 )は 命 じられた 義 務 の 履 行 強 制 にはあたらないが 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 するものと 位 置 づけることができる 2

7 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 行 制 度 の 概 観 (2) 義 務 違 反 の 制 裁 行 政 罰 種 類 概 要 根 拠 法 想 定 される 適 用 例 行 政 刑 罰 過 料 行 政 上 の 義 務 違 反 に 対 する 制 裁 として 科 される 刑 罰 ( 死 刑 懲 役 禁 錮 罰 金 拘 留 科 料 没 収 ) 行 政 上 の 義 務 違 反 に 対 する 制 裁 として 科 されるもので 刑 罰 ではない 金 銭 罰 個 別 法 多 数 ( 例 : 消 防 法 ) 消 防 用 設 備 等 の 設 置 基 準 違 反 に 対 する 措 置 命 令 にも 関 わらず 設 置 しなかった 者 は 1 年 以 下 の 懲 役 又 は 百 万 円 以 下 の 罰 金 個 別 法 多 数 ( 例 : 住 民 基 本 台 帳 法 ) 正 当 な 理 由 がなく 転 出 入 の 届 出 をしない 者 は5 万 円 以 下 の 過 料 租 税 犯 則 通 告 処 分 制 度 間 接 国 税 関 税 等 に 関 して 罰 金 又 は 科 料 に 相 当 する 金 額 等 を 納 付 すべきこ とを 通 告 するもの 納 付 したときは 公 訴 を 提 起 されないが 納 付 しないときには 通 常 の 刑 事 手 続 に 移 行 する 国 税 犯 則 取 締 法 14 条 以 下 揮 発 油 税 の 脱 税 に 対 す る 通 告 処 分 交 通 反 則 金 制 度 道 路 交 通 法 違 反 行 為 に 関 して 反 則 金 の 納 付 を 告 知 するもの 告 知 された 者 が 納 付 したときは 公 訴 を 提 起 されない が 納 付 しないときには 通 常 の 刑 事 手 続 に 移 行 する 道 路 交 通 法 125 条 以 下 スピード 違 反 に 対 する 反 則 金 3

8 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 行 制 度 の 概 観 (2) 義 務 違 反 の 制 裁 (つづき) 加 算 税 種 類 概 要 根 拠 法 想 定 される 適 用 例 申 告 納 付 等 の 法 律 上 の 義 務 を 果 たさ ない 場 合 に 課 す 金 銭 的 不 利 益 国 税 通 則 法 65 条 以 下 所 得 隠 しに 対 する 重 加 算 税 課 徴 金 義 務 違 反 行 為 によって 生 じた 利 益 を 剥 奪 する 等 のため 違 反 者 に 対 して 課 す 金 銭 的 不 利 益 現 在 の 独 禁 法 では 違 反 行 為 防 止 の 実 効 性 を 確 保 するため カル テル 等 の 不 法 利 得 相 当 額 を 超 えて 徴 収 独 占 禁 止 法 7 条 の2 第 1 項 等 カルテルを 行 っていた 事 業 者 に 対 する 課 徴 金 公 表 義 務 の 不 履 行 があった 場 合 に その 事 実 を 一 般 的 に 公 表 するもの 国 民 生 活 安 定 緊 急 措 置 法 6 条 等 主 務 大 臣 から 標 準 価 格 等 の 表 示 の 指 示 を 受 けた 小 売 業 者 が 指 示 に 従 わな かったとき その 旨 を 公 表 義 務 違 反 の 制 裁 については これがあらかじめ 定 められることにより 義 務 履 行 強 制 の 機 能 効 果 を 併 せ 持 つ このため 具 体 的 な 制 度 を 義 務 履 行 強 制 と 制 裁 のいずれに 区 分 するかについては 様 々な 考 え 方 がある 課 徴 金 については 法 的 な 義 務 の 不 履 行 に 対 する 制 裁 として 設 けられるもののほかに 国 民 生 活 安 定 緊 急 措 置 法 の 課 徴 金 ( 特 定 標 準 価 格 を 超 える 部 分 に 係 る 利 益 を 吸 い 上 げるもの)など 制 裁 以 外 の 目 的 のために 設 けられるものがあり これ らをどのように 把 握 整 理 するかは 様 々な 考 え 方 がある 公 表 については 法 的 な 義 務 の 不 履 行 に 対 する 制 裁 として 設 けられるもののほかに 行 政 指 導 への 不 服 従 に 対 する 制 裁 や 第 三 者 保 護 のための 情 報 提 供 などを 目 的 として 設 けられるものがあり これらをどのように 把 握 整 理 するかは 様 々な 考 え 方 がある 4

9 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 (1 建 築 行 政 ) 資 料 4 ( 参 考 ) 違 反 建 築 物 に 対 する 対 応 1 建 築 基 準 法 において 建 築 物 に 対 する 規 制 がなされて いる 例 ) 建 ぺい 率 : 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 用 途 地 域 に 応 じて 上 限 が 定 められてい る ( 法 第 53 条 ) 2 違 反 建 築 物 に 対 して 特 定 行 政 庁 は 除 去 等 の 違 反 を 是 正 するために 必 要 な 措 置 をとることを 命 ずることがで きる ( 法 第 9 条 第 1 項 ) 3 特 定 行 政 庁 は 措 置 命 令 を 行 った 場 合 次 の 時 は 代 執 行 できる ( 法 第 9 条 第 12 項 ) 命 ぜられた 者 が 履 行 しないとき 履 行 しても 十 分 でないとき 履 行 しても 期 限 までに 完 了 する 見 込 みがないとき イメージ 1 法 による 規 制 ( 違 反 の 発 見 ) 行 政 指 導 2 措 置 命 令 3 代 執 行 4 告 発 4また 告 発 を 行 い 刑 事 処 分 を 求 めることができる 法 第 9 条 第 1 項 の 違 反 は 3 年 以 下 の 懲 役 又 は 300 万 円 以 下 の 罰 金 ( 法 第 98 条 ) 1

10 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 (2 廃 棄 物 行 政 ) 産 業 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 への 対 応 状 況 ( 平 成 22 年 度 末 時 点 ) 平 成 22 年 度 末 において 都 道 府 県 及 び 指 定 都 市 が 把 握 した 産 業 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 (1 件 当 たりの 残 存 量 が10t 以 上 のものに 限 る ) 区 分 措 置 命 令 発 出 済 残 存 件 数 残 存 量 4.3% (112 件 ) 50.1% (893 万 トン) 行 政 代 執 行 着 手 済 0.6% (15 件 ) 30.0% (534 万 トン) 未 着 手 3.7% (97 件 ) 20.1% (359 万 トン) 措 置 命 令 未 発 出 95.7% (2498 件 ) 49.9% (889 万 トン) 行 政 指 導 等 対 応 72.0% (1879 件 ) 40.0% (713 万 トン) 実 行 者 不 明 対 応 なし 23.7% (619 件 ) 9.9% (176 万 トン) 合 計 2610 件 1781 万 6521トン 行 政 指 導 等 対 応 とは 行 政 指 導 立 入 検 査 事 業 の 停 止 等 を 指 す 出 典 : 環 境 省 産 業 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 等 の 監 視 体 制 の 状 況 について( 平 成 23 年 度 ) 2

11 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 (2 廃 棄 物 行 政 ) ( 参 考 ) 産 業 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 に 対 する 対 応 1 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 において 廃 棄 物 の 処 理 について 規 制 がなされている 2 不 法 投 棄 に 対 して 生 活 環 境 の 保 全 上 の 支 障 がある 場 合 知 事 は 処 分 者 等 に 対 して 除 去 等 の 措 置 を 命 ずることができる ( 法 第 19 条 の5 第 1 項 ) 3 知 事 は 措 置 命 令 を 行 った 場 合 次 のときは 代 執 行 できる ( 法 第 19 条 の8 第 1 項 第 1 号 ) 措 置 を 講 じないとき 講 じても 十 分 でないとき 講 ずる 見 込 みがないとき イメージ 1 法 による 規 制 ( 不 法 投 棄 の 発 見 ) 行 政 指 導 2 措 置 命 令 4また 告 発 を 行 い 刑 事 処 分 を 求 めることができる 法 第 19 条 の5 第 1 項 の 違 反 は 5 年 以 下 の 懲 役 又 は1,000 万 円 以 下 の 罰 金 ( 法 第 25 条 第 1 項 第 5 号 ) 3 代 執 行 4 告 発 3

12 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 (3 屋 外 広 告 行 政 ) 違 反 広 告 物 に 対 する 措 置 の 状 況 単 年 度 及 び 累 計 の 違 反 広 告 物 に 対 する 措 置 数 は 未 把 握 ( 参 考 ) 平 成 20~22 年 度 における 違 反 広 告 物 に 対 する 措 置 の 状 況 出 典 : 国 土 交 通 省 平 成 23 年 度 政 策 レビュー 美 しい 国 づくり 政 策 大 綱 区 分 実 施 した 実 施 しなかった 備 考 措 置 命 令 8.1%(12 団 体 ) 89.9%(133 団 体 ) 行 政 代 執 行 0.0%( 0 団 体 ) 97.3%(144 団 体 ) 略 式 代 執 行 2.7%( 4 団 体 ) 94.6%(140 団 体 ) 措 置 命 令 の 年 度 に 関 わらず H20~22に 実 施 された 件 数 公 告 の 年 度 に 関 わらず H20~22に 実 施 された 件 数 簡 易 除 却 92.6%(137 団 体 ) 6.1%(9 団 体 ) H22 実 績 347 万 枚 余 の 違 反 広 告 物 を 除 去 屋 外 広 告 物 条 例 を 制 定 している 地 方 自 治 体 148 団 体 (47 都 道 府 県 19 政 令 指 定 都 市 41 中 核 市 41 市 町 村 ( 平 成 23 年 9 月 1 日 現 在 ))を 対 象 に 調 査 無 回 答 等 があるため 合 計 は 一 致 しない 4

13 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 (3 屋 外 広 告 行 政 ) 措 置 命 令 を 行 わなかった 理 由 ( 複 数 回 答 可 ) (H23 年 9 月 1 日 時 点 措 置 命 令 を 行 わなかった 理 由 n=133) 略 式 代 執 行 を 行 わなかった 理 由 ( 複 数 回 答 可 ) (H23 年 9 月 1 日 時 点 略 式 代 執 行 を 行 わなかった 理 由 n=140) 行 政 代 執 行 を 行 わなかった 理 由 ( 複 数 回 答 可 ) (H23 年 9 月 1 日 時 点 行 政 代 執 行 を 行 わなかった 理 由 n=144) 簡 易 除 却 の 課 題 ( 複 数 回 答 可 ) (H23 年 9 月 1 日 時 点 簡 易 除 却 を 実 施 している 団 体 n=137) 5

14 行 政 上 の 義 務 の 実 効 性 確 保 に 関 する 現 状 (3 屋 外 広 告 行 政 ) ( 参 考 ) 違 反 屋 外 広 告 物 に 対 する 対 応 1 屋 外 広 告 物 法 及 び 屋 外 広 告 物 条 例 ( 都 道 府 県 政 令 市 など)に おいて 屋 外 広 告 物 の 設 置 場 所 や 表 示 方 法 等 について 規 制 が なされている 2-1 違 反 屋 外 広 告 物 に 対 して 知 事 等 は 設 置 管 理 者 に 対 して 除 却 等 の 必 要 な 措 置 を 命 ずることができる ( 法 第 7 条 第 1 項 ) 2-2 設 置 管 理 者 が 確 認 できない 場 合 は 条 例 の 定 めるところにより 屋 外 広 告 物 を 除 却 する 旨 等 を 公 告 することができる ( 法 第 7 条 第 2 項 ) 3-1 知 事 等 は 措 置 命 令 を 行 った 場 合 次 のときは 代 執 行 できる ( 法 第 7 条 第 3 項 ) 命 ぜられた 者 が 履 行 しないとき 履 行 しても 十 分 でないとき 履 行 しても 期 限 までに 完 了 する 見 込 みがないとき 3-2 設 置 管 理 者 が 確 認 できない 場 合 知 事 等 は 自 ら 措 置 を 行 う ことができる ( 略 式 代 執 行 : 法 第 7 条 第 2 項 ) はり 紙 のぼり 旗 などの 場 合 は 措 置 命 令 を 発 することなく 除 却 できる( 簡 易 除 却 : 法 第 7 条 第 4 項 ) 4また 告 発 を 行 い 刑 事 処 分 を 求 めることができる 法 第 7 条 第 1 項 の 違 反 は 条 例 により 罰 金 又 は 過 料 ( 法 第 34 条 ) は り 紙 の ぼ り 旗 な ど イメージ 1 法 による 規 制 設 置 管 理 者 が 確 認 できない 簡 易 除 却 2-2 公 告 3-2 略 式 代 執 行 ( 違 反 屋 外 広 告 物 の 発 見 ) 設 置 管 理 者 が 確 認 できる 3-1 代 執 行 行 政 指 導 2-1 措 置 命 令 4 告 発 6

15 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み((1) 空 き 家 条 例 ) 資 料 5 1 空 き 家 等 管 理 の 条 例 等 の 制 定 状 況 ( 以 下 この 項 内 閣 府 作 成 資 料 ) 空 き 家 等 管 理 に 係 る 条 例 等 は ここに 掲 げた 事 例 以 外 にも 制 定 事 例 が 見 られ る ここでは 防 災 防 犯 まちづくり 景 観 の3つに 大 別 して 整 理 した 目 的 防 災 防 犯 まちづくり 景 観 豪 雪 地 帯 滝 川 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 横 手 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 大 仙 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 美 郷 町 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 松 江 市 空 き 家 を 生 かした 魅 力 あるまちづくり 及 びまちな か 居 住 促 進 に 関 する 条 例 H ニセコ 町 廃 屋 撤 去 促 進 事 業 補 助 要 綱 H 白 馬 村 廃 屋 対 策 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 H 非 豪 雪 地 帯 所 沢 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H ふじみ 野 市 空 き 家 等 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 松 戸 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 足 立 区 老 朽 家 屋 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 H 建 築 物 等 の 外 観 の 維 持 保 全 及 び 景 観 支 障 状 態 の 制 限 に 関 する 条 例 H ( 和 歌 山 県 ) 条 例 施 行 年 月 日 1

16 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み((1) 空 き 家 条 例 ) 2 防 災 防 犯 目 的 の 空 き 家 等 管 理 条 例 等 の 内 容 代 執 行 を 盛 り 込 んでいる 地 方 自 治 体 は 滝 川 市 大 仙 市 美 郷 町 である 助 成 ( ) を 盛 り 込 んでいる 地 方 自 治 体 は 大 仙 市 と 足 立 区 である 助 言 指 導 勧 告 に 従 って 措 置 を 講 ずるものに 補 助 金 を 交 付 滝 川 市 横 手 市 大 仙 市 美 郷 町 所 沢 市 ふじみ 野 市 松 戸 市 足 立 区 目 的 1 条 1 条 1 条 1 条 1 条 1 条 1 条 1 条 定 義 2 条 2 条 2 条 2 条 2 条 2 条 2 条 2 条 民 事 による 解 決 との 関 係 3 条 除 雪 所 有 者 等 の 責 務 / 空 き 家 等 の 適 正 管 理 3 条 3 条 4 条 3 条 3 条 3 条 3 条 3 条 空 き 家 等 の 情 報 提 供 4 条 4 条 5 条 4 条 4 条 4 条 4 条 実 態 調 査 ( 立 入 は 行 わず 外 観 等 調 査 ) 5 条 6 条 5 条 5 条 5 条 5 条 4 条 立 ち 入 り 調 査 7 条 5 条 7 条 5 条 5 条 5 条 5 条 4 条 助 言 5 条 6 条 8 条 6 条 6 条 6 条 6 条 指 導 5 条 6 条 8 条 6 条 6 条 6 条 6 条 5 条 除 却 勧 告 5 条 6 条 9 条 6 条 6 条 6 条 7 条 5 条 助 成 10 条 6 条 公 表 8 条 8 条 11 条 8 条 8 条 8 条 9 条 命 令 6 条 7 条 12 条 7 条 7 条 7 条 8 条 行 政 代 執 行 9 条 13 条 9 条 関 係 行 政 機 関 等 との 連 携 / 協 力 依 頼 10 条 9 条 14 条 10 条 9 条 9 条 10 条 13 条 委 任 11 条 10 条 15 条 11 条 10 条 10 条 11 条 14 条 緊 急 安 全 阻 措 置 足 立 区 老 朽 家 屋 等 審 議 会 審 議 会 の 組 織 会 長 の 選 任 及 び 権 限 審 議 会 の 運 営 守 秘 義 務 7~12 条 2

17 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み((1) 空 き 家 条 例 ) 3 空 き 家 管 理 の 実 効 性 を 担 保 する 手 段 空 き 家 等 管 理 の 実 効 性 を 持 たせるため 氏 名 公 表 や 補 助 金 代 執 行 が 取 られている 氏 名 公 表 補 助 金 行 政 代 執 行 ( 公 表 ) 第 8 条 市 長 は 前 条 の 規 定 による 命 令 を 行 ったにもかかわらず 当 該 所 有 者 等 が 正 当 な 理 由 なく 命 令 に 従 わないときは 次 に 掲 げる 事 項 を 公 表 することができる (1) 命 令 に 従 わない 者 の 住 所 及 び 氏 名 ( 法 人 にあっては 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 並 びに 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) (2) 命 令 の 対 象 である 空 き 家 等 の 所 在 地 (3) 命 令 の 内 容 (4)その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 事 項 2 市 長 は 前 項 の 規 定 により 公 表 するとき は 当 該 公 表 に 係 る 所 有 者 等 に 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなければならない 出 典 : 所 沢 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 す る 条 例 ( 補 助 金 の 交 付 ) 第 6 条 市 は 条 例 第 10 条 の 規 定 に 基 づき 大 仙 市 補 助 金 等 の 適 正 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 大 仙 市 規 則 第 62 号 ) 及 びこの 規 則 に 定 めるところにより 条 例 第 8 条 の 助 言 若 し くは 指 導 又 は 条 例 第 9 条 の 勧 告 に 従 って 措 置 を 講 ずるものに 補 助 金 を 交 付 する ただ し 次 に 掲 げる 場 合 はこの 限 りではない ( 省 略 : 所 得 制 限 の 記 載 ) 前 項 の 補 助 金 の 額 は 50 万 円 を 限 度 とし て 次 に 掲 げる 措 置 に 要 する 費 用 の2 分 の1 に 相 当 する 額 とする (1) 建 物 等 除 去 (2) 廃 材 等 運 搬 及 び 処 理 (3) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 が 助 言 し 指 導 し 若 しくは 勧 告 し 又 は 特 に 必 要 と 認 めた 措 置 ( 後 略 ) 出 典 : 大 仙 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 行 政 代 執 行 ) 第 9 条 市 長 は 第 6 条 の 規 定 による 命 令 を 受 けた 者 がこれを 履 行 しない 場 合 において 他 の 手 段 によってその 履 行 を 確 保 することが 困 難 であり かつ その 不 履 行 を 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 すると 認 められるときは 行 政 代 執 行 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 43 号 )に 定 めるところにより 自 ら 必 要 な 措 置 を 行 い 又 は 第 三 者 にこれを 行 わせ その 費 用 を 当 該 命 令 を 受 けた 者 から 徴 収 することができる 出 典 : 滝 川 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 上 記 以 外 の 導 入 市 町 村 例 滝 川 市 横 手 市 大 仙 市 美 郷 町 ふじみ 野 市 松 戸 市 上 記 以 外 の 導 入 市 町 村 例 足 立 区 上 記 以 外 の 導 入 市 町 村 例 大 仙 市 美 郷 町 3

18 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み((1) 空 き 家 条 例 ) 4 秋 田 県 大 仙 市 の 事 例 平 成 22 年 度 の 大 雪 の 際 に 空 き 家 等 の 除 雪 の 問 題 が 顕 在 したことを 受 けて 平 成 23 年 度 に 空 き 家 等 管 理 の 条 例 ( 大 仙 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 )を 制 定 した 空 き 家 管 理 の 問 題 については 平 成 18 年 豪 雪 の 頃 から 問 題 視 されており 行 政 規 程 によって 各 種 対 策 が 講 じられるとともに 条 例 化 に 伴 う 財 産 権 や 費 用 負 担 の 法 的 解 釈 に 関 して 内 部 検 討 がなされていたことが 条 例 化 する 際 に 大 いに 役 に 立 った 今 後 は 空 き 家 管 理 のデータ ベースを 再 度 構 築 し 条 例 に 基 づき 適 正 に 関 していくことが 準 備 されている 取 組 の 経 緯 平 成 18 年 豪 雪 の 頃 から 空 き 家 等 除 雪 の 問 題 が 大 きくなり 始 めた 当 時 は 合 併 直 後 で 新 市 の 地 域 防 災 計 画 が 未 策 定 のため 大 仙 市 雪 害 対 策 実 施 要 領 にて 空 き 家 等 除 雪 に 対 応 した 実 施 要 領 では 雪 害 のみであった が 年 間 を 通 じた 空 き 家 等 管 理 空 き 地 管 理 空 き 家 活 用 等 も 含 め 空 き 家 管 理 の 必 要 性 が 高 まった 平 成 22 年 度 に 庁 内 で 空 き 家 管 理 に 係 る 法 令 解 釈 の 検 討 を 行 った 平 成 22 年 度 冬 期 の 大 雪 では 多 数 の 苦 情 が 寄 せられ 議 会 での 質 問 も 相 次 いだことから 実 施 要 領 を 廃 止 し 条 例 策 定 を 行 うこととした 図 空 き 家 等 の 危 険 排 除 フロー( 条 例 スキーム) 除 雪 主 な 取 組 と 成 果 条 例 では 空 き 家 実 態 調 査 立 入 調 査 勧 告 助 言 指 導 公 表 措 置 命 令 代 執 行 等 が 盛 り 込 まれている 空 き 家 等 除 雪 の 費 用 負 担 は 代 執 行 によって 対 応 する 代 執 行 によって 費 用 は 市 が 一 時 立 替 えておき 所 有 者 が 判 明 した 家 屋 については 後 日 請 求 する ただし 所 有 者 不 明 の 場 合 は 市 が 立 替 えることとなる 法 的 措 置 の 根 拠 としては 事 務 管 理 ( 民 法 第 697 条 ) 災 害 時 の 応 急 措 置 及 び 応 急 公 用 負 担 等 ( 災 対 法 第 62 条 第 64 条 ) 違 反 建 築 物 に 対 する 措 置 及 び 保 安 上 危 険 な 建 築 物 等 に 対 する 措 置 ( 建 築 基 準 法 第 9 条 第 1 項 第 10 条 第 3 項 ) 非 常 災 害 時 における 土 地 の 一 時 使 用 等 ( 道 路 法 第 68 条 第 1 項 ) ととらえている 除 却 今 後 の 課 題 現 在 あまり 活 用 されていない 空 き 家 等 管 理 台 帳 を 一 新 する 準 備 をしている 電 子 地 図 とデータベースを 組 み 合 わせたシステムで 電 子 地 図 に は 写 真 や 空 き 家 等 の 破 損 状 態 等 の 情 報 も 付 加 するイメージである 情 報 更 新 等 は 自 治 会 からの 情 報 に 基 づくスキームを 考 えている 空 き 家 管 理 地 図 を 各 町 内 会 館 等 に 張 り 出 し 住 民 の 見 える 化 をはかることで 町 内 会 での 空 き 家 管 理 を 進 めるねらいがある 4

19 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み((1) 空 き 家 条 例 ) 大 仙 市 では 空 き 家 等 管 理 条 例 に 基 づき 空 き 家 の 解 体 を 進 めている 空 き 家 等 の 解 体 の 概 要 秋 田 県 大 仙 市 では H24 年 1 月 1 日 から 施 行 された 大 仙 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づき H24 年 3 月 5 日 から30 日 までの 間 で 行 政 代 執 行 により 空 き 家 5 棟 の 解 体 を 進 めている 3 月 12 日 現 在 5 棟 のうち4 棟 までの 解 体 が 終 了 しており 残 り1 棟 は3 月 13 日 から 15 日 にかけて 解 体 し その 後 は 廃 材 の 撤 去 等 を 進 める 予 定 である 解 体 撤 去 費 用 の 概 算 額 178 万 5 千 円 は 4 月 以 降 に 所 有 者 に 請 求 する 行 政 代 執 行 の 手 続 きの 流 れ H 行 政 代 執 行 戒 告 (1 週 間 ) H 行 政 代 執 行 令 書 ( 本 人 手 渡 し) H24.3.5~3.30 行 政 代 執 行 実 施 H 解 体 撤 去 費 用 確 定 H24.4 以 降 所 有 者 への 費 用 請 求 代 執 行 宣 言 解 体 工 事 着 手 空 き 家 等 の 概 要 空 き 家 等 の 種 類 : 元 事 務 所 物 置 車 庫 等 の5 棟 所 有 者 :1 名 場 所 : 小 学 校 に 隣 接 した 場 所 解 体 工 事 中 解 体 終 了 大 仙 市 総 務 部 総 合 防 災 課 ヒアリング 結 果 より 作 成 5

20 最 近 の 地 方 自 治 体 の 取 組 み ((2) 京 都 府 児 童 ポルノ 条 例 ) 6

21

22

23

24 20

25

26 )

27

28

29

30

31

32 )

33

34 検 討 会 スケジュール( 案 ) 資 料 7 第 1 回 開 催 日 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 討 議 テーマ 検 討 会 の 問 題 意 識 について 現 行 制 度 の 概 観 活 用 状 況 代 執 行 の 事 例 紹 介 現 場 の 問 題 意 識 第 2 回 7 月 23 日 ( 月 ) 民 事 執 行 について 第 3 回 8 月 22 日 ( 水 ) 行 政 刑 罰 の 現 状 と 課 題 第 4 回 9 月 上 旬 行 政 強 制 制 度 のあり 方 第 5 回 10 月 上 旬 第 6 回 11 月 上 旬 第 7 回 12 月 上 旬 第 8 回 平 成 25 年 2 月 報 告 書 案 のとりまとめ 行 政 強 制 をめぐる 行 政 過 程 今 後 の 方 向 性 報 告 に 向 けた 論 点 方 向 性 の 整 理 など

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案)

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案) 横 浜 市 記 者 発 表 資 料 平 成 27 年 2 月 3 日 建 築 局 違 反 対 策 課 緑 区 白 山 四 丁 目 の 宅 地 造 成 等 規 制 法 違 反 に 対 して 行 政 代 執 行 法 に 基 づく 代 執 行 令 書 を 交 付 しました 平 成 26 年 10 月 の 台 風 18 号 による 大 雨 に 伴 い 違 反 造 成 地 において 大 規 模 な 崖 崩 れが

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

CHÍNH PHỦ

CHÍNH PHỦ 政 府 番 号 :16/2010/NĐ-CP ヴェトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 - 自 由 - 幸 福 2010 年 3 月 3 日,ハノイ 国 家 賠 償 責 任 法 のいくつかの 条 項 の 詳 細 を 規 定 し, 施 行 を 案 内 する 議 定 政 府 は, 2001 年 12 月 25 日 付 け 政 府 組 織 法 に 基 づき, 2009 年 6 月 18 日 付 け

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ.

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 44 号 )に 係 る 説 明 資 料 平 成 2 6 年 5 月 金 融 庁 目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

Microsoft Word - 131106WS議事録【修正後】.docx

Microsoft Word - 131106WS議事録【修正後】.docx 都 市 公 共 政 策 ワークショップⅡ 議 事 録 開 講 日 : 平 成 25 年 10 月 18 日 ( 金 ) 講 師 : 横 田 明 美 先 生 千 葉 大 学 法 経 学 部 総 合 政 策 学 科 政 策 実 現 における 訴 訟 の 機 能 はじめに 横 田 先 生 が 執 筆 中 の 論 文 義 務 付 け 訴 訟 の 機 能 - 時 間 の 観 点 からみた 行 政 と 司 法

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

目 次 Ⅰ. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2. 特 定 の 事 件 ( 監 査 のテーマ)... 1 3. 監 査 対 象 年 度... 1 4. 監 査 対 象 部 局... 1 5. 包 括 外 部 監 査 人 及 び 補 助 者... 2 6. 外 部 監

目 次 Ⅰ. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2. 特 定 の 事 件 ( 監 査 のテーマ)... 1 3. 監 査 対 象 年 度... 1 4. 監 査 対 象 部 局... 1 5. 包 括 外 部 監 査 人 及 び 補 助 者... 2 6. 外 部 監 平 成 25 年 度 船 橋 市 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 公 金 徴 収 一 元 化 と 関 連 する 収 入 事 務 に 係 る 財 務 に 関 する 事 務 の 執 行 について 平 成 26 年 2 月 14 日 船 橋 市 包 括 外 部 監 査 人 公 認 会 計 士 伊 藤 孝 明 目 次 Ⅰ. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2.

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information