27.2 確定版.xlsx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "27.2 確定版.xlsx"

Transcription

1 Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 ) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 ) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理 誤 り 等 の 件 数 及 び 個 別 の 事 案 等 について 別 添 のとおりお 知 らせいたします なお 日 本 年 金 機 構 においては 引 き 続 き 事 務 処 理 誤 り 等 の 再 発 防 止 に 努 め てまいります -1-

2 Ⅰ 概 要 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 別 添 日 本 年 金 機 構 ( 本 部 及 び 年 金 事 務 所 等 )における 公 的 年 金 業 務 の 事 務 処 理 誤 り 及 びシステ ム 事 故 ( 社 会 保 険 庁 時 代 のものを 含 む )について 2 月 に 本 部 担 当 部 署 及 び 年 金 事 務 所 等 の 事 務 処 理 誤 りの 詳 細 な 報 告 が 完 了 したもの 及 びシステム 事 故 の 詳 細 な 報 告 が 完 了 したもの を 取 りまとめたもの これらの 事 務 処 理 誤 り 等 については 被 保 険 者 等 の 関 係 者 から 公 表 を 控 えるよう 強 く 要 請 されない 限 り 原 則 その 事 案 の 概 要 等 を 公 表 します 今 回 取 りまとめた319 件 ( 市 区 町 村 において 発 生 した1 件 委 託 業 者 等 が 発 生 させた20 件 を 含 む )のうち 公 表 可 能 な302 件 (システム 事 故 6 件 を 含 む )について その 概 要 を 日 本 年 金 機 構 HPに 掲 載 し ています Ⅱ 状 況 事 務 処 理 誤 りについては1~7 システム 事 故 については8のとおりです 1 発 生 年 度 別 判 明 年 度 別 内 訳 平 成 21 年 度 判 明 平 成 22 年 度 判 明 平 成 23 年 度 判 明 平 成 24 年 度 判 明 平 成 25 年 度 判 明 平 成 26 年 度 判 明 計 平 成 26 年 度 発 生 (18) 53(18) 平 成 25 年 度 発 生 (2) 31(2) 平 成 24 年 度 発 生 (1) 5 10(1) 平 成 23 年 度 発 生 平 成 22 年 度 発 生 平 成 21 年 度 以 前 発 生 ( 機 構 発 足 後 ) ( 社 会 保 険 庁 時 代 ) 計 (1) 177(20) 292(21) ( ) 内 は 市 区 町 村 や 委 託 業 者 等 機 構 職 員 以 外 が 発 生 させた 事 務 処 理 誤 り 件 数 を 別 掲 した 2 制 度 等 別 事 務 処 理 誤 り 区 分 別 内 訳 受 付 時 の 書 類 管 理 誤 り 確 認 決 定 誤 り 未 処 理 処 理 遅 延 入 力 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 説 明 誤 り 受 理 後 の 記 録 訂 正 書 類 管 理 誤 り 誤 り 厚 生 年 金 適 用 関 係 厚 生 年 金 徴 収 関 係 国 民 年 金 適 用 関 係 国 民 年 金 徴 収 関 係 年 金 給 付 関 係 船 員 保 険 関 係 その 他 計 計 -2-

3 3 原 因 別 事 務 処 理 誤 り 区 分 別 内 訳 受 付 時 の 書 類 管 理 誤 り 4 原 因 別 制 度 等 別 内 訳 0 確 認 決 定 誤 り 未 処 理 処 理 遅 延 入 力 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 説 明 誤 り 受 理 後 の 書 類 管 理 誤 り 記 録 訂 正 誤 り 確 認 不 足 適 用 認 識 誤 り 届 書 等 の 放 置 その 他 計 計 厚 生 年 金 適 用 関 係 厚 生 年 金 徴 収 関 係 国 民 年 金 適 用 関 係 国 民 年 金 徴 収 関 係 年 金 給 付 関 係 船 員 保 険 関 係 その 他 確 認 不 足 適 用 認 識 誤 り 届 書 等 の 放 置 その 他 計 計 5 影 響 額 別 内 訳 100 万 円 以 上 500 万 円 未 満 85 件 500 万 円 以 上 15 件 50 万 円 以 上 100 万 円 未 満 21 件 10 万 円 以 上 50 万 円 未 満 71 件 影 響 額 なし 78 件 1 万 円 未 満 11 件 5 万 円 以 上 10 万 円 未 満 19 件 1 万 円 以 上 5 万 円 未 満 13 件 厚 生 年 金 適 用 関 係 厚 生 年 金 徴 収 関 係 国 民 年 金 適 用 関 係 国 民 年 金 徴 収 関 係 年 金 給 付 関 係 船 員 保 険 関 係 その 他 影 響 額 なし 万 円 未 満 万 円 以 上 5 万 円 未 満 万 円 以 上 10 万 円 未 満 万 円 以 上 50 万 円 未 満 万 円 以 上 100 万 円 未 満 万 円 以 上 500 万 円 未 満 万 円 以 上 計 計 -3-

4 6 事 象 別 内 訳 過 徴 収 11 件 その 他 4 件 過 払 い 54 件 事 象 合 計 金 額 平 均 金 額 過 払 い 43,215, ,290 未 払 い 309,143,064 1,862,307 過 徴 収 2,361, ,699 未 徴 収 0 0 誤 還 付 0 0 その 他 24,221,016 6,055,254 未 払 い 166 件 計 378,941,438 1,612,516 ( 注 1) 事 象 別 内 訳 は 影 響 額 別 内 訳 の 影 響 額 なし 以 外 の 内 訳 を 表 示 した ( 注 2) 合 計 金 額 は 事 務 処 理 誤 りによって 年 金 支 払 額 や 保 険 料 徴 収 額 に 影 響 のあったものの 合 計 を 表 示 した ( 注 3) その 他 の 内 訳 は 以 下 のとおりである 過 払 いと 未 払 いがある 件 4 件 24,221,016 7 判 明 契 機 別 内 訳 件 数 割 合 内 部 232 件 74.1% 外 部 81 件 25.9% 計 313 件 100.0% 8 システム 事 故 発 生 年 月 日 件 名 対 象 者 数 9 月 3 日 2003 年 4 月 1 日 1994 年 12 月 15 日 4 月 1 日 4 月 15 日 4 月 15 日 二 以 上 勤 務 被 保 険 者 標 準 報 酬 月 額 決 定 通 知 書 におけ る 厚 生 年 金 保 険 料 率 の 印 字 誤 り 厚 生 年 金 記 録 と 統 合 共 済 記 録 において 重 複 期 間 がある 者 の 裁 定 誤 り 平 成 6 年 法 律 改 正 に 伴 う 従 前 額 保 障 にかかる 年 金 額 計 算 誤 り 平 成 26 年 4 月 年 金 額 改 定 処 理 誤 り 船 員 保 険 における 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 処 理 にかかる 保 険 料 計 算 誤 り 健 保 厚 年 被 保 険 者 標 準 報 酬 改 定 通 知 書 への 出 力 不 具 合 影 響 区 分 総 額 ( 円 ) 5 事 業 所 名 未 払 い 20, 名 未 払 い 1,730, 名 過 払 い 25,763 7 事 業 所 未 徴 収 11,368,157 5 事 業 所 - 0 ( 注 )システム 事 故 の 詳 細 は 別 添 日 本 年 金 機 構 の 平 成 27 年 2 月 分 のシステム 事 故 一 覧 を 参 照 して 下 さい -4-

5 日 本 年 金 機 構 の 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理 誤 り 一 覧 (1~31ページ) 1. 厚 生 年 金 適 用 関 係 1P 整 理 番 号 1~11 2. 厚 生 年 金 徴 収 関 係 3P 整 理 番 号 12~15 3. 国 民 年 金 適 用 関 係 4P 整 理 番 号 16~24 4. 国 民 年 金 徴 収 関 係 6P 整 理 番 号 25~48 5. 年 金 給 付 関 係 8P 整 理 番 号 49~296 日 本 年 金 機 構 の 平 成 27 年 2 月 分 のシステム 事 故 一 覧 (32ページ)

6 1. 厚 生 年 金 適 用 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 1 資 格 取 得 届 の 誤 り 宮 崎 事 務 センター 4 月 3 日 6 月 30 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 被 保 険 者 記 録 を 確 認 したところ 国 民 健 康 保 険 組 合 を 脱 退 し 健 康 保 険 に 加 入 するために 提 出 された 資 格 取 得 届 を 入 力 する 際 国 民 健 康 保 険 を 脱 退 したことの 記 述 を 見 落 とした 結 果 厚 生 年 金 保 険 に 重 複 加 入 さ せていたことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 の 差 額 分 について 減 額 調 整 しました 担 当 部 署 において 国 民 健 康 保 険 組 合 を 脱 退 し 健 康 保 険 に 加 入 する 際 の 事 務 処 理 方 法 について 周 知 徹 底 しました 1 事 業 所 1 名 過 徴 収 157,504 2 高 齢 任 意 被 保 険 者 の 誤 り 愛 知 一 宮 12 月 5 日 8 月 19 日 担 当 者 が 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 にかかる 算 定 基 礎 届 の 処 理 状 況 を 確 認 した ところ 前 年 度 に 月 額 変 更 届 が 提 出 された 際 健 康 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 のみ 改 定 処 理 を 行 い 厚 生 年 金 保 険 の 改 定 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 厚 生 年 金 保 険 の 改 定 処 理 を 行 い 保 険 料 の 差 額 分 について 減 額 調 整 しまし た 担 当 部 署 において 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 の 原 票 と 窓 口 装 置 の 記 録 を 毎 月 保 険 料 計 算 日 前 までに 突 合 せするよう 周 知 徹 底 しました 1 名 過 徴 収 157,157 厚 生 年 金 適 用 関 係 通 知 書 等 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 3 奈 良 桜 井 9 月 5 日 9 月 8 日 事 業 所 から 他 社 に 送 付 すべき 資 格 取 得 届 の 不 備 届 書 が 送 付 されてきたと 問 合 せがあり 不 備 返 戻 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 資 格 取 得 届 を 回 収 し 本 来 送 付 する 事 業 所 あてに 送 付 しまし た 担 当 部 署 において 事 業 所 あてに 不 備 届 書 を 返 戻 する 際 は 返 戻 決 裁 後 の 送 付 書 と 返 戻 届 書 の 突 合 せ 及 び 封 入 封 緘 時 のダブルチェックを 徹 底 するよう 周 知 し ました 2 事 業 所 2 名 静 岡 事 務 センター 9 月 5 日 9 月 8 日 社 会 保 険 労 務 士 から 受 託 していない 事 業 所 の 標 準 報 酬 決 定 通 知 書 添 付 書 類 が 送 付 されてきたと 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 及 び 社 会 保 険 労 務 士 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 通 知 書 等 を 回 収 し 本 来 送 付 する 事 業 所 あてに 送 付 しました 担 当 部 署 において 決 定 通 知 書 等 を 送 付 する 際 は 決 裁 時 に 送 付 先 の 確 認 を 徹 底 すること 封 入 封 緘 作 業 は 専 用 場 所 で 行 うことを 周 知 しました 2 事 業 所 1 名 東 京 練 馬 11 月 6 日 11 月 7 日 1 事 業 所 1 名 - 0 1

7 厚 生 年 金 適 用 関 係 通 知 書 等 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 6 神 奈 川 事 務 センター 11 月 12 日 11 月 13 日 社 会 保 険 労 務 士 から 他 の 社 会 保 険 労 務 士 あてに 送 付 すべき 封 筒 が 送 付 され てきたとの 問 合 せがあり 宛 名 シールの 作 成 誤 りによる 誤 送 付 が 判 明 しました 担 当 者 が 社 会 保 険 労 務 士 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 封 筒 を 回 収 し 本 来 送 付 する 社 会 保 険 労 務 士 あてに 送 付 しまし た なお 封 筒 は 未 開 封 であったため 個 人 情 報 の 漏 えいはありませんでした 委 託 業 者 に 対 して 社 会 保 険 労 務 士 あての 宛 名 シールを 作 成 する 際 は 登 録 する 社 会 保 険 労 務 士 コードの 確 認 を 徹 底 するよう 指 導 しました 3 事 業 所 群 馬 高 崎 広 域 事 務 センター 8 北 海 道 事 務 センター 10 月 20 日 9 月 11 日 10 月 21 日 9 月 19 日 社 会 保 険 労 務 士 から 受 託 していない 事 業 所 の 標 準 報 酬 決 定 通 知 書 が 送 付 さ れてきたと 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 社 会 保 険 労 務 士 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 決 定 通 知 書 を 回 収 し 本 来 送 付 する 社 会 保 険 労 務 士 あてに 送 付 しました 委 託 業 者 に 対 して 届 書 に 添 付 された 返 信 用 封 筒 の 適 正 な 管 理 及 び 封 入 封 緘 時 のダブルチェックを 徹 底 するよう 指 導 しました 1 事 業 所 2 名 3 事 業 所 48 名 北 海 道 事 務 センター 9 月 11 日 9 月 24 日 1 事 業 所 1 名 厚 生 年 金 適 用 関 係 届 書 等 の 処 理 漏 れ 未 処 理 処 理 遅 延 東 京 事 務 センター 8 月 27 日 9 月 11 日 事 業 所 から 健 康 保 険 被 保 険 者 証 が 届 かないと 問 合 せがあり 確 認 したところ 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 の 処 理 漏 れが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 被 扶 養 者 異 動 届 の 入 力 処 理 を 行 い 資 格 証 明 書 を 交 付 しました 担 当 部 署 において 書 類 保 管 及 び 進 捗 管 理 の 徹 底 について 周 知 を 行 いまし た 1 事 業 所 1 名 受 理 後 の 書 類 管 理 誤 り 宮 城 仙 台 北 7 月 4 日 8 月 26 日 事 業 所 から 届 書 の 処 理 状 況 について 問 合 せがあり 住 所 変 更 届 が 紛 失 してい ることが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 住 所 変 更 届 を 再 提 出 いただき 入 力 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 簡 易 書 留 郵 便 により 受 付 した 届 書 についても 必 ず 新 規 受 付 届 書 用 の 保 管 ボックスに 引 継 ぎを 行 うことを 周 知 徹 底 しました 1 事 業 所 1 名 - 0 2

8 2. 厚 生 年 金 徴 収 関 係 担 当 者 が 保 険 料 収 納 状 況 を 確 認 したところ 事 業 所 が 重 複 納 付 した 保 険 料 の 調 整 方 法 について 問 合 せがあった 際 保 険 料 を 充 当 する 月 を 誤 って 説 明 していた ことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 担 当 部 署 において 重 複 した 保 険 料 の 充 当 月 を 説 明 する 際 は 保 険 料 収 納 状 況 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 事 業 所 - 0 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 12 保 険 料 の 調 査 決 定 事 務 の 誤 り 説 明 誤 り 奈 良 奈 良 1 月 21 日 2 月 20 日 13 領 収 済 通 知 書 の 誤 り 入 力 誤 り 東 京 世 田 谷 9 月 22 日 11 月 27 日 担 当 者 が 収 納 事 務 を 行 う 際 保 険 料 の 収 納 状 況 を 確 認 したところ 納 付 受 託 証 券 等 報 告 書 の 収 納 機 関 区 分 を 誤 って 入 力 したことにより 誤 った 金 額 の 延 滞 金 納 付 書 を 送 付 したことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 納 付 書 の 差 替 えを 行 いました 担 当 部 署 において 納 付 受 託 証 券 等 報 告 書 を 入 力 する 際 のダブルチェックの 徹 底 について 周 知 しました 1 事 業 所 保 険 料 納 入 告 知 額 領 収 済 額 通 知 書 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 香 川 事 務 センター 10 月 20 日 10 月 24 日 事 業 所 から 他 社 に 送 付 すべき 保 険 料 納 入 告 知 額 領 収 済 額 通 知 書 が 送 付 さ れてきたと 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 通 知 書 を 回 収 し 本 来 送 付 する 事 業 所 あてに 交 付 しました 委 託 業 者 に 対 して 封 入 封 緘 時 のダブルチェック 及 び 管 理 表 による 全 体 件 数 の 確 認 を 徹 底 するよう 指 導 しました 1 事 業 所 債 権 現 在 額 申 立 書 の 作 成 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 栃 木 栃 木 10 月 8 日 10 月 20 日 担 当 者 が 収 納 事 務 を 行 った 際 債 権 現 在 額 申 立 書 の 作 成 誤 りにより 延 滞 金 を 過 徴 収 していたことが 判 明 しました 担 当 者 が 破 産 管 財 人 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 破 産 管 財 人 より 還 付 請 求 書 を 受 理 し 過 徴 収 した 保 険 料 を 還 付 しました 担 当 部 署 において 滞 納 整 理 関 係 事 務 処 理 要 領 を 再 確 認 するとともに 債 権 現 在 額 申 立 書 の 作 成 時 及 び 決 裁 時 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 徴 収 246,400 3

9 3. 国 民 年 金 適 用 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 国 民 年 金 任 意 加 入 申 出 書 の 誤 り 16 奈 良 奈 良 2009 年 8 月 3 日 5 月 31 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 国 民 年 金 任 意 加 入 申 出 書 を 受 付 する 際 以 前 任 意 加 入 の 申 出 を 行 っていた 未 納 期 間 は 合 算 対 象 期 間 とならないにもかかわら ず 誤 って 合 算 対 象 期 間 として 算 入 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 年 金 機 能 強 化 法 により 合 算 対 象 期 間 と 取 り 扱 うことになったため 年 金 請 求 書 を 受 理 し 裁 定 処 理 を 確 認 しました 担 当 部 署 において 任 意 加 入 申 出 書 を 受 付 する 際 は 合 算 対 象 期 間 の 確 認 項 目 等 を 漏 らさないよう 周 知 徹 底 しました 17 大 阪 淀 川 5 月 12 日 6 月 23 日 お 客 様 から 国 民 年 金 保 険 料 を480 月 納 付 したにもかかわらず 委 託 業 者 より 納 付 督 励 の 電 話 が 入 ったと 問 合 せがあり 65 歳 未 満 喪 失 予 定 年 月 日 到 達 リス ト の 確 認 不 足 により 資 格 喪 失 申 出 の 処 理 が 遅 れたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し お 詫 びの 文 書 を 送 付 しました 資 格 喪 失 申 出 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 毎 月 配 信 される 65 歳 未 満 喪 失 予 定 年 月 日 到 達 者 リスト の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 18 愛 知 豊 田 2008 年 6 月 17 日 9 月 18 日 年 金 相 談 時 にお 客 様 の 記 録 を 確 認 したところ 厚 生 年 金 保 険 の 中 高 齢 者 の 特 例 により 受 給 権 を 満 たしていたにもかかわらず 任 意 加 入 申 出 書 を 受 理 していた ことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 資 格 喪 失 申 出 の 処 理 を 行 い 年 金 の 支 払 いを 確 認 しました 担 当 部 署 において 毎 月 配 信 される 65 歳 未 満 喪 失 予 定 年 月 日 到 達 者 リスト の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 4,542, 埼 玉 川 越 2009 年 12 月 25 日 1 月 10 日 事 務 センターで 年 金 請 求 書 を 審 査 した 際 厚 生 年 金 加 入 期 間 と 共 済 組 合 退 職 一 時 金 決 定 済 期 間 により 受 給 権 を 満 たしていたにもかかわらず 任 意 加 入 申 出 書 を 受 理 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 任 意 加 入 の 取 消 処 理 を 行 い 過 徴 収 した 保 険 料 の 還 付 を 確 認 しました 担 当 部 署 において 共 済 組 合 の 退 職 一 時 金 決 定 済 期 間 については 被 用 者 年 金 加 入 期 間 に 算 入 できることを 周 知 徹 底 しました 1 名 過 徴 収 523,290 4

10 国 民 年 金 適 用 関 係 通 知 書 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 20 青 森 青 森 7 月 4 日 7 月 7 日 お 客 様 から 他 人 の 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 該 当 通 知 書 が 送 付 されたとの 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 通 知 書 を 回 収 し 本 来 送 付 するお 客 様 あてに 通 知 書 を 送 付 しま した 担 当 部 署 において お 客 様 あてに 通 知 書 を 送 付 する 際 は 封 入 封 緘 時 のダブ ルチェックを 徹 底 するよう 周 知 しました 2 名 三 重 四 日 市 10 月 30 日 11 月 6 日 お 客 様 から 送 付 された 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 の 提 出 勧 奨 文 書 に 他 人 の 記 録 が 添 付 されていると 問 合 せがあり 確 認 したところ 誤 って 記 録 補 正 依 頼 対 象 者 一 覧 を 添 付 し 送 付 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がすべてのお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 一 覧 を 回 収 しました 担 当 部 署 において 封 入 封 緘 作 業 を 行 う 際 は 封 緘 作 業 担 当 者 を 明 示 し 複 数 名 で 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 15 名 国 民 年 金 適 用 関 係 届 書 等 の 処 理 漏 れ 受 付 時 の 書 類 管 理 誤 り 東 京 八 王 子 7 月 5 日 2015 年 1 月 16 日 担 当 者 が 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 状 況 を 確 認 したところ 組 合 管 掌 の 事 業 所 から 提 出 された 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 及 び 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 について 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 のみ 処 理 すべきところ 誤 って 返 戻 し ていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 再 提 出 いただいた 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 組 合 管 掌 事 業 所 から 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 が 提 出 さ れた 際 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 処 理 要 否 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 未 処 理 処 理 遅 延 23 長 崎 長 崎 南 2002 年 10 月 頃 8 月 1 日 お 客 様 より 送 付 された 納 付 書 について 問 合 せがあり 確 認 したところ 国 民 年 金 被 保 険 者 種 別 変 更 届 の 処 理 漏 れが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しましたが 遡 及 した 免 除 申 請 は 認 められなかったため 改 めてお 詫 びしたところ 特 定 期 間 該 当 届 を 提 出 いただくことで 了 承 を 得 ました 特 定 期 間 該 当 届 を 受 理 し 入 力 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 役 場 から 提 出 された 国 民 年 金 関 係 諸 届 ( 報 告 書 )の 処 理 漏 れがないよう 確 認 の 徹 底 について 周 知 を 行 いました 24 東 京 事 務 センター 9 月 頃 12 月 10 日 事 業 所 から 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 状 況 について 問 合 せがあり 確 認 したところ 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 と 同 時 に 提 出 された 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 を 担 当 部 署 へ 回 付 せず 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 再 提 出 いただいた 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 被 扶 養 者 異 動 届 と 同 時 に 提 出 された 第 3 号 被 保 険 者 届 の 拠 点 内 における 引 継 ぎの 徹 底 について 周 知 しました 5

11 4. 国 民 年 金 徴 収 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 国 民 年 金 保 険 料 納 付 書 の 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 25 青 森 青 森 4 月 16 日 4 月 30 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 前 納 納 付 書 を 作 成 すべきところ 誤 って 定 額 納 付 書 を 作 成 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 前 納 保 険 料 の 差 額 を 還 付 することで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 還 付 しました 担 当 部 署 において 納 付 書 作 成 時 の 納 付 対 象 期 間 未 納 期 間 等 の 確 認 及 び 入 力 処 理 後 のダブルチェック 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 26 滋 賀 事 務 センター 6 月 6 日 7 月 3 日 領 収 済 通 知 書 のエラー 内 容 について 確 認 を 行 った 際 納 付 書 の 保 険 料 種 別 を 4 分 の1 免 除 で 作 成 すべきところ 半 額 免 除 で 作 成 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しました 訂 正 処 理 を 行 い 正 しい 金 額 の 納 付 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 納 付 書 作 成 時 における 保 険 料 種 別 の 確 認 及 び 入 力 処 理 後 のダブルチェック 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 ( 変 更 ) 辞 退 申 出 書 の 誤 り 27 茨 城 水 戸 北 3 月 19 日 4 月 24 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 口 座 振 替 辞 退 処 理 の 入 力 スケジュールの 認 識 不 足 により 早 割 による 口 座 振 替 が 行 われなかったことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 早 割 の 保 険 料 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 口 座 振 替 辞 退 申 出 書 を 受 付 した 際 お 客 様 が 希 望 する 辞 退 月 に 応 じた 入 力 スケジュールの 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 28 神 奈 川 事 務 センター 29 東 京 府 中 7 月 25 日 1 月 10 日 9 月 2 日 4 月 30 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 資 格 関 係 の 処 理 等 を 行 った 際 口 座 振 替 の 再 開 処 理 を 行 うべきところ 失 念 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 1 年 前 納 額 の 保 険 料 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 口 座 振 替 の 再 開 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 口 座 振 替 申 出 者 に 対 し 資 格 関 係 の 補 正 処 理 等 を 行 った 際 は 口 座 振 替 情 報 の 確 認 を 行 うよう 周 知 徹 底 しました 入 力 誤 り 30 茨 城 事 務 センター 31 神 奈 川 事 務 センター 32 青 森 事 務 センター 33 愛 知 事 務 センター 5 月 22 日 4 月 30 日 6 月 16 日 3 月 17 日 5 月 28 日 5 月 22 日 8 月 25 日 5 月 30 日 お 客 様 からの 問 合 せ 等 により 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 申 出 書 の 口 座 名 義 人 氏 名 の 入 力 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 処 理 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 早 割 2 年 前 納 額 等 の 保 険 料 を 領 収 しました 委 託 業 者 に 対 して 入 力 時 及 び 入 力 後 の 処 理 結 果 リストの 確 認 を 徹 底 するよう 指 導 しました 担 当 者 が 口 座 振 替 不 能 者 一 覧 表 を 確 認 したところ 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 申 出 書 の 預 金 種 別 を 当 座 預 金 で 入 力 すべきところ 誤 って 普 通 預 金 で 入 力 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 2 年 前 納 額 の 保 険 料 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 入 力 時 及 び 入 力 後 の 処 理 結 果 リストの 確 認 を 確 実 に 実 施 することを 周 知 しました 6 名 - 0 6

12 34 国 民 年 金 保 険 料 追 納 申 込 書 の 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 宮 崎 事 務 センター 10 月 30 日 12 月 3 日 担 当 者 が 記 録 を 確 認 したところ 追 納 申 込 期 間 の 始 期 の 確 認 を 誤 ったことによ り 過 誤 納 が 発 生 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 還 付 しました 担 当 部 署 において 追 納 納 付 書 を 作 成 する 際 の 被 保 険 者 記 録 照 会 画 面 の 確 認 及 び 入 力 後 の 警 告 メッセージの 確 認 の 徹 底 について 周 知 を 行 いました 1 名 過 徴 収 430, 特 別 催 告 状 送 付 対 象 者 の 選 定 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 大 阪 淀 川 7 月 1 日 7 月 3 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 60 歳 以 上 の 高 齢 任 意 加 入 者 に 特 別 催 告 状 を 送 付 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 文 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 60 歳 以 上 で 任 意 加 入 期 間 のみ 未 納 があるお 客 様 は 特 別 催 告 の 対 象 ではないため 対 象 者 の 抽 出 条 件 の 確 認 を 徹 底 しました 19 名 - 0 国 民 年 金 徴 収 関 係 誤 送 付 誤 送 信 通 知 書 等 の 送 付 誤 36 り 兵 庫 事 務 センター 37 広 島 広 島 西 7 月 17 日 11 月 14 日 7 月 22 日 12 月 4 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 国 民 年 金 保 険 料 追 納 納 付 書 の 送 付 誤 りが 判 明 し ました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 納 付 書 を 回 収 し 本 来 送 付 するお 客 様 あてに 納 付 書 を 送 付 しま した 担 当 部 署 において 封 入 物 と 宛 名 が 相 違 する 場 合 は 封 入 した 封 筒 に 届 書 の 原 本 等 を 必 ず 添 付 するよう 周 知 徹 底 しました 2 名 名 国 民 年 金 徴 収 関 係 未 処 理 処 理 遅 延 届 書 等 の 処 理 漏 れ 北 海 道 帯 広 39 東 京 府 中 40 北 海 道 札 幌 西 41 北 海 道 札 幌 西 42 東 京 八 王 子 43 東 京 荒 川 受 理 後 の 書 類 管 理 44 誤 り 埼 玉 越 谷 45 静 岡 浜 松 東 46 香 川 高 松 東 47 福 岡 小 倉 北 3 月 27 日 4 月 1 日 3 月 17 日 3 月 17 日 12 月 9 日 2 月 26 日 8 月 頃 1 月 28 日 6 月 12 日 5 月 9 日 4 月 8 日 4 月 14 日 4 月 2 日 4 月 2 日 5 月 14 日 5 月 27 日 5 月 14 日 5 月 30 日 6 月 30 日 6 月 20 日 お 客 様 からの 問 合 せ 等 により 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 申 出 書 の 処 理 遅 延 が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 協 議 が 必 要 なお 客 様 については 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 処 理 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 早 割 2 年 前 納 額 等 の 保 険 料 を 領 収 しました 未 処 理 の 申 出 書 については 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 受 付 した 書 類 については 必 ず 受 付 進 捗 管 理 システム 登 録 担 当 者 に 引 継 ぎ 漏 れなく 登 録 を 行 うよう 周 知 を 行 いました また 入 力 締 切 日 の スケジュールを 確 認 し 締 切 日 直 前 のものは 他 に 優 先 して 処 理 を 行 うことを 徹 底 しました お 客 様 からの 問 合 せ 等 により 国 民 年 金 保 険 料 免 除 申 請 書 口 座 振 替 納 付 申 出 書 が 紛 失 していることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 協 議 が 必 要 なお 客 様 については 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 1 年 前 納 額 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 申 請 書 等 を 再 提 出 いただき 処 理 を 行 いました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 受 付 進 捗 管 理 システム 登 録 者 の 固 定 化 を 図 るとともに 処 理 状 態 が 明 確 なBOXで 届 書 の 進 捗 管 理 を 徹 底 するよう 周 知 しました 48 福 岡 東 福 岡 7 月 18 日 9 月 9 日 7

13 5. 年 金 給 付 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 老 齢 年 金 の 受 給 要 件 等 の 誤 り 49 埼 玉 川 越 1996 年 2 月 20 日 8 月 30 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 共 済 組 合 と 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 し 旧 法 共 済 の 退 職 年 金 を 受 給 していることから 旧 法 厚 生 年 金 保 険 の 老 齢 年 金 を 裁 定 すべきとこ ろ 新 法 の 老 齢 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 共 済 加 入 期 間 や 受 給 要 件 の 取 扱 いの 確 認 を 周 知 徹 底 しま した 1 名 未 払 い 5,930, 本 部 旧 社 会 保 険 業 務 センター 1986 年 6 月 2 日 2011 年 2 月 9 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 夫 が 共 済 組 合 と 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 し 旧 法 共 済 の 退 職 年 金 を 受 給 していることから 旧 法 厚 生 年 金 保 険 の 老 齢 年 金 を 裁 定 すべ きところ 新 法 の 老 齢 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました またそのこと により 妻 の 老 齢 基 礎 年 金 に 対 して 本 来 加 算 できない 振 替 加 算 が 支 払 われてい たことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 老 齢 年 金 が 正 しく 支 払 われたことを 確 認 しました また 振 替 加 算 の 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 及 び 受 給 要 件 の 取 扱 いの 確 認 を 周 知 徹 底 しました 2 名 その 他 4,023, 千 葉 佐 原 1989 年 6 月 8 日 2 月 6 日 遺 族 年 金 請 求 時 に 死 亡 した 夫 の 記 録 について 確 認 したところ 本 来 合 算 対 象 期 間 とすべき 妻 の 共 済 組 合 加 入 期 間 を 夫 の 老 齢 基 礎 年 金 の 対 象 期 間 として 算 入 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 記 録 の 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 や 合 算 対 象 期 間 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,197, 福 岡 東 福 岡 53 群 馬 高 崎 54 東 京 大 田 1988 年 11 月 17 日 1989 年 5 月 11 日 1988 年 5 月 23 日 10 月 28 日 9 月 2 日 2 月 4 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 通 算 対 象 期 間 の 確 認 不 足 による 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 や 通 算 対 象 期 間 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 1,243,209 1 名 未 払 い 50,965 1 名 未 払 い 625, 東 京 墨 田 1987 年 4 月 23 日 1 月 20 日 事 務 センターから 連 絡 があり 通 算 対 象 期 間 の 確 認 不 足 による 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました また 記 録 訂 正 により 必 要 となる 裁 定 取 消 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 や 通 算 対 象 期 間 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 5,873,174 8

14 老 齢 年 金 の 受 給 要 56 件 等 の 誤 り 北 海 道 旭 川 57 香 川 高 松 東 58 岩 手 宮 古 59 青 森 弘 前 60 高 知 高 知 東 61 埼 玉 越 谷 1998 年 7 月 9 日 9 月 5 日 2005 年 4 月 7 日 1996 年 2 月 1 日 1994 年 8 月 4 日 1997 年 8 月 12 日 6 月 30 日 9 月 25 日 4 月 18 日 2 月 24 日 5 月 2 日 10 月 17 日 機 構 本 部 や 事 務 センターから 連 絡 があり 老 齢 年 金 の 受 給 に 必 要 な 期 間 の 確 認 不 足 による 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 受 給 要 件 や 受 給 権 発 生 年 月 日 について 周 知 するとともに 研 修 を 行 いました 機 構 本 部 から 連 絡 があり 合 算 対 象 期 間 や 任 意 加 入 期 間 の 確 認 不 足 により 受 給 資 格 を 満 たしていないのにもかかわらず 老 齢 基 礎 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 取 消 を 行 いました 担 当 部 署 において 合 算 対 象 期 間 や 任 意 加 入 の 取 扱 いについて 説 明 し 受 付 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 4,097,708 1 名 未 払 い 1,944,888 1 名 未 払 い 17,500 1 名 未 払 い 489,956 1 名 過 払 い 616, 大 阪 淀 川 63 大 阪 淀 川 64 徳 島 徳 島 南 65 岡 山 高 梁 66 千 葉 船 橋 67 老 齢 年 金 の 共 済 組 合 期 間 の 誤 り 鳥 取 倉 吉 68 大 阪 貝 塚 69 長 野 松 本 70 大 阪 福 島 71 大 阪 堺 東 72 北 海 道 稚 内 73 岩 手 一 関 1991 年 9 月 15 日 2004 年 4 月 13 日 1988 年 4 月 14 日 1989 年 2 月 23 日 1999 年 7 月 22 日 1992 年 3 月 31 日 2005 年 7 月 7 日 1985 年 6 月 27 日 1992 年 4 月 16 日 1996 年 11 月 1 日 1998 年 4 月 2 日 2004 年 5 月 12 日 8 月 14 日 3 月 17 日 4 月 8 日 5 月 19 日 6 月 25 日 7 月 31 日 10 月 25 日 6 月 18 日 1 月 6 日 4 月 9 日 5 月 23 日 2010 年 10 月 4 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 本 来 任 意 加 入 期 間 のため 国 民 年 金 の 免 除 期 間 とはならないところ 老 齢 年 金 の 裁 定 の 際 に 免 除 期 間 としたまま 老 齢 年 金 を 決 定 していることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 本 人 記 録 と 配 偶 者 記 録 の 双 方 について 確 認 の 必 要 性 を 説 明 し 特 に 任 意 加 入 期 間 について 注 意 するよう 周 知 徹 底 しました 遺 族 年 金 請 求 時 又 は 機 構 本 部 からの 連 絡 や 記 録 調 査 時 の 確 認 により 共 済 組 合 加 入 期 間 確 認 通 知 書 等 の 確 認 不 足 による 共 済 加 入 期 間 の 算 入 漏 れが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 遺 族 年 金 請 求 時 に 共 済 組 合 加 入 期 間 確 認 通 知 書 等 の 確 認 不 足 による 共 済 加 入 期 間 の 算 入 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 理 解 が 得 られませんでした 記 録 を 訂 正 し 過 払 いに 係 る 返 納 金 納 入 告 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 1 名 過 払 い 4,228 1 名 過 払 い 70,000 1 名 過 払 い 218,885 1 名 過 払 い 52,557 1 名 過 払 い 27,281 1 名 未 払 い 9,043,403 1 名 未 払 い 370,087 1 名 未 払 い 191,991 1 名 未 払 い 1,080,000 1 名 未 払 い 2,926,620 1 名 未 払 い 145,816 1 名 過 払 い 232,139 9

15 老 齢 年 金 の 共 済 組 74 合 期 間 の 誤 り 東 京 立 川 75 神 奈 川 横 浜 中 76 愛 媛 松 山 西 77 福 岡 小 倉 北 78 東 京 新 宿 79 鳥 取 倉 吉 80 東 京 千 代 田 81 熊 本 事 務 センター 82 福 岡 西 福 岡 1996 年 8 月 21 日 1998 年 2 月 12 日 2008 年 10 月 2 日 2003 年 1 月 18 日 2003 年 8 月 14 日 2000 年 3 月 27 日 1993 年 1 月 頃 1 月 12 日 11 月 2 日 7 月 11 日 2 月 18 日 4 月 4 日 4 月 10 日 12 月 5 日 6 月 30 日 7 月 16 日 9 月 19 日 5 月 16 日 年 金 相 談 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センター 他 の 年 金 事 務 所 からの 連 絡 によ り 共 済 組 合 加 入 期 間 確 認 通 知 書 等 の 確 認 不 足 による 共 済 加 入 期 間 の 算 入 誤 り が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 他 の 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 旧 三 共 済 組 合 期 間 の 確 認 不 足 により 本 来 退 職 共 済 年 金 として 決 定 すべきところ 誤 って 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 を 決 定 し ていたことが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 旧 三 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 75,000 1 名 過 払 い 91,931 1 名 過 払 い 161,000 1 名 過 払 い 303,003 1 名 過 払 い 2,384,443 1 名 過 払 い 2,266,000 1 名 過 払 い 399,687 1 名 未 払 い 3,969, 東 京 港 84 石 川 七 尾 1993 年 7 月 20 日 1987 年 12 月 頃 2011 年 10 月 31 日 8 月 22 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 共 済 組 合 へ 移 管 された 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 について 機 構 における 移 管 処 理 がされないまま 老 齢 厚 生 年 金 や 通 算 老 齢 年 金 として 決 定 されていることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 処 理 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 1 名 過 払 い 359,703 10

16 85 老 齢 年 金 の 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 誤 山 形 山 形 り 86 東 京 江 戸 川 87 宮 崎 延 岡 88 北 海 道 稚 内 89 北 海 道 札 幌 東 90 山 口 宇 部 91 鹿 児 島 鹿 屋 92 鹿 児 島 鹿 児 島 北 93 山 形 鶴 岡 94 大 阪 事 務 センター 老 齢 年 金 の 国 民 年 金 や 厚 生 年 金 期 間 の 誤 り 95 兵 庫 東 灘 2002 年 4 月 10 日 1988 年 8 月 4 日 2000 年 5 月 頃 1978 年 8 月 3 日 1961 年 5 月 1 日 1997 年 10 月 3 日 1976 年 11 月 19 日 2009 年 2 月 19 日 1997 年 1 月 9 日 2000 年 6 月 1 日 2000 年 3 月 28 日 2011 年 2 月 21 日 7 月 23 日 3 月 27 日 12 月 17 日 12 月 20 日 2011 年 2 月 3 日 6 月 11 日 6 月 11 日 7 月 28 日 11 月 7 日 6 月 21 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 又 は 年 金 記 録 調 査 時 の 記 録 確 認 により 老 齢 年 金 の 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 削 除 漏 れが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 しました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 処 理 を 行 いました 過 徴 収 のあるお 客 様 については 還 付 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 有 無 等 年 金 記 録 を 十 分 確 認 する よう 徹 底 しました 遺 族 年 金 の 請 求 時 に 老 齢 年 金 の 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 削 除 漏 れが 判 明 し ました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 有 無 等 年 金 記 録 を 十 分 確 認 する よう 徹 底 しました 1 名 過 徴 収 81,092 1 名 過 徴 収 23,367 1 名 過 払 い 67,464 1 名 過 徴 収 3,823 1 名 過 払 い 34,690 1 名 過 払 い 237,806 1 名 過 徴 収 20,020 1 名 過 徴 収 656,955 1 名 過 払 い 248,937 1 名 過 払 い 299,000 事 務 センターから 連 絡 があり 第 3 号 被 保 険 者 期 間 が 不 整 合 のまま 老 齢 基 礎 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 26, 沖 縄 事 務 センター 97 愛 媛 松 山 西 8 月 14 日 2005 年 4 月 1 日 9 月 17 日 9 月 9 日 年 金 相 相 談 時 又 は 機 構 本 部 からの 連 絡 により 年 金 記 録 の 重 複 期 間 を 補 正 す ることなく 老 齢 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 記 録 の 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いまし た 担 当 部 署 において 審 査 時 の 年 金 記 録 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,791 1 名 過 払 い 111, 東 京 港 2002 年 9 月 4 日 7 月 9 日 年 金 相 談 時 に 老 齢 年 金 の 裁 定 後 に 国 民 年 金 納 付 記 録 を 補 正 したものの 再 裁 定 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 記 録 補 正 時 における 再 裁 定 の 要 否 等 の 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 1 名 未 払 い 44, 香 川 高 松 東 1997 年 2 月 20 日 1 月 15 日 遺 族 年 金 請 求 書 の 点 検 時 に 国 民 年 金 特 別 一 時 金 の 支 給 対 象 となった 期 間 に ついて 本 来 保 険 料 納 付 済 期 間 から 削 除 すべきところ 記 録 訂 正 を 行 わずに 老 齢 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 977,472 11

17 老 齢 年 金 の 国 民 年 金 や 厚 生 年 金 期 間 の 誤 り 100 大 阪 事 務 センター 3 月 24 日 10 月 14 日 他 の 事 務 センターから 連 絡 があり 記 録 調 査 時 の 確 認 不 足 により 脱 退 手 当 金 支 給 済 みの 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 であったのにもかかわらず 新 たに 判 明 した 期 間 として 記 録 を 追 加 し 再 裁 定 を 行 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が 新 たに 判 明 した 際 には 脱 退 手 当 金 の 支 払 いの 有 無 等 の 確 認 を 慎 重 に 行 うよう 周 知 徹 底 しました 1 名 過 払 い 8,030, 栃 木 栃 木 1982 年 10 月 14 日 6 月 5 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 老 齢 年 金 裁 定 時 において 月 額 変 更 記 録 の 収 録 が 完 了 しないうちに 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 しました 差 額 分 は 発 生 しないものの 記 録 の 訂 正 を 行 いました 現 在 は 裁 定 後 に 記 録 を 訂 正 する 場 合 にはお 客 様 の 了 承 を 得 ることにしていま すが 朝 礼 時 に 年 金 記 録 の 確 認 等 について 周 知 徹 底 しました 老 齢 基 礎 老 齢 厚 生 年 金 繰 上 請 求 に 係 る 誤 裁 定 につい て 102 岡 山 岡 山 広 域 事 務 センター 8 月 8 日 2 月 6 日 ブロック 本 部 から 連 絡 があり 共 済 組 合 への 繰 上 げ 請 求 年 月 日 の 確 認 不 足 か ら 本 来 退 職 共 済 年 金 の 受 付 日 と 同 日 にすべき 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 共 済 組 合 期 間 がある 場 合 の 繰 上 げの 取 扱 い 及 び 受 付 年 月 日 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 44, 北 海 道 事 務 センター 2006 年 12 月 4 日 11 月 5 日 ブロック 本 部 から 連 絡 があり 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 が 適 用 される 退 職 共 済 年 金 受 給 者 について 一 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 裁 定 時 に 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 登 録 を 漏 らしたため 老 齢 基 礎 年 金 額 を 誤 って 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 の 適 用 を 受 ける 退 職 共 済 年 金 受 給 者 の 繰 上 げ 請 求 に 係 る 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 81, 奈 良 奈 良 8 月 17 日 12 月 14 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 請 求 時 期 を 誤 って 案 内 し 裁 定 したことで 年 金 額 がお 客 様 の 希 望 どおりとなっていなかったことが 判 明 しまし た 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 及 び 繰 上 げに 係 る 取 扱 いを 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 41, 奈 良 奈 良 9 月 14 日 12 月 13 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 65 歳 以 降 に 請 求 していなかった 分 の 老 齢 厚 生 年 金 について さかのぼりの 受 給 を 希 望 していたのにもかかわらず 請 求 時 点 にお ける 繰 下 げ 請 求 を 案 内 し 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 請 求 方 法 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 224,611 12

18 106 老 齢 基 礎 老 齢 厚 生 年 金 繰 上 請 求 に 係 る 誤 裁 定 につい て 東 京 中 野 3 月 17 日 6 月 11 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 委 託 社 会 保 険 労 務 士 が 繰 下 げ 請 求 を 行 った 際 に 請 求 月 以 前 の 年 金 もさかのぼって 支 給 する 旨 の 誤 った 説 明 を 行 い 繰 下 げ 請 求 書 を 受 付 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 繰 下 げ 請 求 の 取 消 を 行 い お 客 様 の 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 社 会 保 険 労 務 士 会 から 委 託 社 会 保 険 労 務 士 に 対 し 指 導 が 行 われました 1 名 未 払 い 1,978, 東 京 目 黒 1 月 27 日 4 月 3 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 委 託 業 者 が 請 求 者 が70 歳 到 達 時 点 での 繰 下 げ を 希 望 していたのにもかかわらず 繰 下 げ 請 求 手 続 きの 案 内 を 漏 らしていたこと が 判 明 しました 協 議 しました 繰 下 げ 請 求 書 を 受 付 し 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 し ました 委 託 業 者 に 対 して 再 発 防 止 策 を 講 ずるよう 指 導 するとともに 担 当 部 署 にお いて 支 給 開 始 時 期 等 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 275, 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 等 の 誤 り 茨 城 水 戸 北 109 香 川 善 通 寺 110 香 川 善 通 寺 111 徳 島 徳 島 北 112 静 岡 掛 川 113 新 潟 新 発 田 114 新 潟 上 越 115 宮 崎 宮 崎 116 千 葉 市 川 117 静 岡 清 水 118 宮 崎 都 城 119 宮 崎 宮 崎 120 福 岡 西 福 岡 2002 年 5 月 30 日 2002 年 5 月 9 日 2000 年 9 月 28 日 2004 年 6 月 24 日 1989 年 9 月 14 日 1968 年 3 月 頃 1993 年 8 月 20 日 1994 年 11 月 10 日 2007 年 12 月 20 日 1992 年 8 月 16 日 1992 年 4 月 20 日 2005 年 4 月 6 日 2008 年 1 月 31 日 10 月 4 日 10 月 28 日 12 月 5 日 1 月 24 日 6 月 14 日 1 月 23 日 10 月 11 日 4 月 23 日 5 月 8 日 3 月 14 日 6 月 12 日 10 月 6 日 9 月 29 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 老 齢 年 金 及 び 遺 族 年 金 裁 定 時 の 戦 時 加 算 記 録 の 登 録 漏 れが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 447,795 1 名 未 払 い 1,159,786 1 名 未 払 い 1,843,505 1 名 未 払 い 79,490 1 名 未 払 い 851,511 2 名 未 払 い 1,432,298 1 名 未 払 い 2,631,225 1 名 未 払 い 1,440,033 2 名 未 払 い 1,760,263 1 名 未 払 い 1,223,273 1 名 未 払 い 1,236,676 1 名 未 払 い 80,534 1 名 未 払 い 320,535 13

19 遺 族 年 金 の 受 給 要 121 件 等 の 誤 り 千 葉 幕 張 122 青 森 弘 前 123 栃 木 大 田 原 124 北 海 道 帯 広 1994 年 6 月 2 日 1992 年 12 月 24 日 1987 年 6 月 頃 2002 年 3 月 1 日 10 月 24 日 3 月 6 日 4 月 3 日 7 月 24 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 共 済 組 合 への 短 期 要 件 の 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 であることの 確 認 不 足 により 長 期 要 件 の 遺 族 厚 生 年 金 を 誤 って 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 短 期 要 件 の 遺 族 共 済 年 金 受 給 権 者 については 長 期 要 件 の 遺 族 厚 生 年 金 は 支 給 されないことについて 周 知 し 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 の 確 認 を 徹 底 しました 年 金 相 談 の 際 に 受 給 要 件 の 確 認 不 足 により 金 額 的 に 不 利 となる 条 文 を 適 用 し 遺 族 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 遺 族 年 金 を 裁 定 する 際 には 年 金 記 録 や 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 を 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 1 名 過 払 い 797,250 1 名 過 払 い 114,691 1 名 過 払 い 176,420 1 名 未 払 い 8,780, 福 島 事 務 センター 6 月 6 日 7 月 9 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 相 談 事 跡 や 共 済 加 入 期 間 の 確 認 不 足 により 金 額 的 に 不 利 となる 条 文 を 適 用 し 遺 族 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 遺 族 年 金 を 裁 定 する 際 には 年 金 記 録 や 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 を 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 126 大 阪 堀 江 127 栃 木 大 田 原 128 岩 手 一 関 129 宮 崎 宮 崎 130 鹿 児 島 奄 美 大 島 2003 年 2 月 13 日 1978 年 7 月 22 日 1994 年 6 月 29 日 1999 年 8 月 6 日 1993 年 3 月 11 日 4 月 30 日 10 月 8 日 11 月 19 日 12 月 17 日 2 月 12 日 年 金 相 談 時 又 は 機 構 本 部 からの 連 絡 により 年 金 記 録 の 確 認 不 足 から 遺 族 厚 生 年 金 及 び 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 要 件 を 満 たしているのにもかかわらず 遺 族 基 礎 年 金 のみを 決 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 受 給 要 件 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 267,992 1 名 未 払 い 22,773,354 1 名 未 払 い 259,199 1 名 未 払 い 119,875 1 名 未 払 い 169,573 14

20 障 害 年 金 の 受 給 要 件 等 の 誤 り 131 愛 知 事 務 センター 2011 年 3 月 24 日 4 月 3 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 障 害 年 金 決 定 時 に 受 給 権 発 生 年 月 日 を20 歳 到 達 年 月 日 とすべきところ 請 求 書 の 受 付 年 月 日 で 登 録 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 いました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 65, 愛 知 事 務 センター 8 月 7 日 8 月 27 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 初 診 日 から1 年 6か 月 を 経 過 せずに 症 状 が 固 定 した 場 合 の 障 害 年 金 の 認 定 日 請 求 について 受 給 権 発 生 年 月 日 を 症 状 が 固 定 した 日 とすべきところ 初 診 日 から1 年 6か 月 を 経 過 した 年 月 日 で 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 障 害 認 定 日 の 取 扱 いや 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 772, 本 部 134 群 馬 旧 社 会 保 険 業 務 センター 高 崎 広 域 事 務 センター 1999 年 7 月 22 日 2007 年 10 月 10 日 10 月 9 日 10 月 8 日 他 の 部 署 からの 連 絡 又 は 障 害 状 態 の 再 認 定 作 業 時 の 確 認 により 2つの 傷 病 により 併 合 認 定 を 行 い 障 害 年 金 を 決 定 すべきところ 1つの 傷 病 のみで 審 査 を 行 い 障 害 年 金 を 決 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 しました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 傷 病 名 や 診 断 書 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 1,969,283 1 名 未 払 い 1,135, 本 部 機 構 本 部 ( 障 害 年 金 業 務 部 ) 7 月 23 日 10 月 16 日 他 の 部 署 から 連 絡 があり 障 害 厚 生 年 金 の 不 支 給 決 定 にあたり 請 求 事 由 の 確 認 不 足 から 誤 った 内 容 で 不 支 給 決 定 を 行 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 が 不 支 給 決 定 の 内 容 について 訂 正 を 行 い お 詫 びの 文 書 及 び 正 しい 不 支 給 決 定 通 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 請 求 事 由 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 136 説 明 誤 り 福 岡 南 福 岡 4 月 28 日 10 月 27 日 事 務 センターから 連 絡 があり 相 談 時 の 合 算 対 象 期 間 の 確 認 不 足 により 納 付 要 件 を 満 たしていないのにもかかわらず 障 害 年 金 の 請 求 を 案 内 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 正 式 な 決 定 を 希 望 したため 審 査 を 行 い 却 下 通 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 納 付 要 件 の 確 認 については 複 数 人 で 行 うことを 徹 底 するよ う 周 知 しました 15

21 137 障 害 年 金 の 所 得 調 査 や 額 改 定 請 求 等 神 奈 川 事 務 センター の 誤 り 138 北 海 道 事 務 センター 139 本 部 機 構 本 部 ( 障 害 年 金 業 務 部 ) 140 熊 本 事 務 センター 2011 年 3 月 4 日 2009 年 7 月 16 日 12 月 13 日 7 月 25 日 9 月 26 日 8 月 21 日 8 月 4 日 11 月 28 日 お 客 様 からの 問 合 せ 又 は 障 害 状 態 の 再 認 定 作 業 時 の 確 認 により 障 害 年 金 決 定 時 における 障 害 等 級 や 診 断 書 コードの 登 録 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 機 構 本 部 へ 進 達 した 障 害 年 金 の 額 改 定 報 告 書 の 内 容 を 再 確 認 したところ 診 断 書 コードの 記 載 を 誤 ったことで 本 来 提 出 の 必 要 のない 診 断 書 が 案 内 されたま ま 診 断 書 未 提 出 として 支 払 が 差 止 となっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 し い 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 456,400 1 名 未 払 い 1,294,900 1 名 未 払 い 161, 大 分 大 分 2009 年 8 月 頃 5 月 20 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 障 害 年 金 請 求 時 に 初 診 日 の 証 明 が 添 付 されてい ないのにもかかわわず 障 害 年 金 に 該 当 しないものとして 連 絡 し 請 求 書 を 返 戻 し ていたことが 判 明 しました 協 議 しました あらためて 審 査 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 し ました 担 当 部 署 において 返 戻 内 容 などに 不 明 確 な 点 がある 場 合 には 必 ず 審 査 担 当 者 に 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 1 名 未 払 い 3,869, 静 岡 島 田 5 月 16 日 10 月 24 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 初 診 日 が 厚 生 年 金 加 入 中 ではないと 判 断 されたた め 機 構 本 部 から 返 戻 された 障 害 厚 生 年 金 請 求 書 について 本 来 事 務 センターに 進 達 すべき 障 害 基 礎 年 金 請 求 書 とともに 再 度 機 構 本 部 に 進 達 したことにより 不 支 給 決 定 されていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 から 返 戻 された 障 害 基 礎 年 金 の 裁 定 を 行 いました 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 請 求 書 の 進 達 先 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 143 本 部 機 構 本 部 ( 障 害 年 金 業 務 部 ) 9 月 18 日 12 月 10 日 担 当 部 署 において 裁 定 後 の 障 害 厚 生 年 金 について 確 認 したところ 入 力 処 理 時 の 警 告 事 故 リストの 確 認 不 足 から 本 来 年 金 額 には 反 映 されない 保 険 料 徴 収 権 が 時 効 消 滅 した 期 間 を 含 んで 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 が 障 害 厚 生 年 金 の 再 裁 定 を 行 い お 詫 びの 文 書 及 び 正 しい 年 金 証 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 警 告 事 故 リスト 出 力 時 の 確 認 等 を 徹 底 する よう 周 知 しました 144 愛 媛 事 務 センター 6 月 30 日 9 月 24 日 市 役 所 から 連 絡 があり 初 診 日 が 国 民 年 金 第 1 号 被 保 険 者 期 間 ではないた め 本 来 市 役 所 が 受 付 けできない 障 害 基 礎 年 金 請 求 書 を 預 かり 事 務 センター へ 回 付 したことにより 受 給 権 発 生 年 月 日 がお 客 様 への 説 明 と 異 なっていたこと が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 市 役 所 で 預 かった 日 付 を 受 給 権 発 生 年 月 日 として 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 市 役 所 より 再 発 防 止 策 等 の 報 告 がありました 1 名 未 払 い 119,991 16

22 障 害 年 金 の 所 得 調 査 や 額 改 定 請 求 等 の 誤 り 145 滋 賀 事 務 センター 7 月 14 日 2015 年 1 月 7 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 障 害 年 金 の 所 得 調 査 時 に 併 せて 入 力 処 理 を 行 わ なければならない 現 況 届 について お 客 様 の 転 居 先 を 管 轄 する 事 務 センターへ の 入 力 依 頼 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたこ とを 確 認 しました 担 当 部 署 において 複 数 人 によるチェックを 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 257, 熊 本 事 務 センター 9 月 10 日 10 月 3 日 担 当 部 署 において 障 害 年 金 の 所 得 調 査 後 に 点 検 したところ 所 得 状 況 連 名 簿 に 誤 って 死 亡 年 月 日 を 表 示 し 引 き 継 いだ 担 当 者 も 市 役 所 への 確 認 を 漏 らしたこ とから 年 金 が 支 払 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 所 得 状 況 連 名 簿 に 死 亡 の 表 示 があった 際 においても 市 区 町 村 への 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 161,000 未 支 給 年 金 に 係 る 誤 り 147 大 阪 淀 川 4 月 8 日 7 月 31 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 死 亡 した 受 給 者 が 複 数 の 年 金 を 受 給 していたもの の 未 支 給 年 金 請 求 書 への 年 金 コードの 記 入 について 一 方 のみを 案 内 したこと から 他 方 の 年 金 が 未 払 いとなっていることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 請 求 書 受 付 時 の 点 検 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 108, 本 部 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 8 月 4 日 10 月 28 日 他 の 部 署 から 連 絡 があり 再 裁 定 により 発 生 した 未 支 給 年 金 を 決 定 する 際 に 請 求 者 の 続 柄 の 登 録 を 誤 ったことから 特 別 徴 収 を 行 う 必 要 のない 介 護 保 険 料 を 差 し 引 いて 未 支 給 年 金 を 決 定 していたことが 判 明 しました お 客 様 との 連 絡 がつかなかったものの 訂 正 を 行 い 未 払 いとなった 年 金 の 支 払 を 行 いました 担 当 部 署 において 再 裁 定 後 に 追 加 の 処 理 が 必 要 な 場 合 には 再 裁 定 前 の 処 理 状 況 等 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,100 入 力 誤 り 149 本 部 150 本 部 151 本 部 説 明 誤 り 152 本 部 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 機 構 本 部 ( 年 金 相 談 部 ) 9 月 12 日 9 月 1 日 8 月 25 日 5 月 1 日 10 月 20 日 10 月 29 日 11 月 4 日 9 月 22 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 再 裁 定 により 発 生 した 未 支 給 年 金 を 決 定 する 際 に 請 求 者 氏 名 の 登 録 を 誤 ったことから 未 支 給 年 金 が 振 込 不 能 となっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 いました 正 しい 年 金 が 支 払 わ れたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 入 力 後 のチェック 等 を 確 実 に 行 うよう 周 知 徹 底 しました お 客 様 からの 問 合 せにより 委 託 業 者 が 未 支 給 年 金 を 請 求 できる 遺 族 の 範 囲 が 拡 大 した 時 期 及 び 死 亡 年 月 日 の 確 認 不 足 から 未 支 給 年 金 を 請 求 できない 続 柄 のお 客 様 に 対 して 請 求 書 を 案 内 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 理 解 が 得 られませんでした お 詫 びの 文 書 を 送 付 し 請 求 書 をお 客 様 に 返 戻 しました 委 託 業 者 に 対 して 再 発 防 止 策 を 講 ずるよう 指 導 しました 1 名 未 払 い 114,270 1 名 未 払 い 9,750 1 名 未 払 い 41,171 17

23 153 特 別 一 時 金 に 係 る 誤 り 岡 山 岡 山 広 域 事 務 センター 3 月 6 日 3 月 25 日 担 当 部 署 において 決 定 済 みの 特 別 一 時 金 について 機 構 本 部 から 送 付 された 一 覧 表 を 点 検 したところ 審 査 後 の 入 力 用 帳 票 への 転 記 誤 りから 特 別 一 時 金 が 過 払 いとなっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 転 記 を 廃 止 するなど 審 査 方 法 を 見 直 し 複 数 人 でのチェッ クを 徹 底 することを 周 知 しました 1 名 過 払 い 189,100 加 給 年 金 の 誤 り 154 愛 知 中 村 1992 年 9 月 頃 7 月 23 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 配 偶 者 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 配 偶 者 加 給 金 の 加 算 誤 りが 判 明 しました 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 戸 籍 等 の 添 付 書 類 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 98, 愛 知 大 曽 根 1995 年 10 月 20 日 10 月 23 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 夫 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 妻 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 妻 の 配 偶 者 加 給 金 の 加 算 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 等 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 1,760, 栃 木 大 田 原 157 東 京 府 中 158 愛 知 豊 橋 159 岡 山 岡 山 西 160 東 京 江 戸 川 2001 年 12 月 20 日 2008 年 2 月 14 日 2008 年 5 月 15 日 2010 年 10 月 22 日 1983 年 12 月 5 日 12 月 27 日 8 月 28 日 4 月 9 日 5 月 28 日 12 月 5 日 年 金 相 談 の 際 に 配 偶 者 の 老 齢 年 金 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 が 不 足 したこと により 加 給 年 金 額 加 算 開 始 事 由 該 当 届 の 案 内 を 行 わなかったことから 加 給 年 金 額 の 加 算 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 協 議 し 届 出 を 案 内 しました 届 書 の 処 理 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 した ことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 等 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しました 遺 族 年 金 請 求 時 に 請 求 者 の 裁 定 原 簿 を 確 認 したところ 旧 法 の 厚 生 年 金 保 険 の 老 齢 年 金 裁 定 時 に 法 律 改 正 前 の 加 給 年 金 額 を 加 算 していたことが 判 明 しま した 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 旧 法 の 厚 生 年 金 保 険 の 加 給 年 金 に 係 る 取 扱 いについて 周 知 徹 底 しました 1 名 未 払 い 2,876,781 1 名 未 払 い 3,196,394 1 名 未 払 い 231,000 1 名 未 払 い 2,362,460 1 名 過 払 い 548, 宮 崎 延 岡 162 東 京 立 川 1990 年 1 月 頃 1994 年 10 月 27 日 2 月 6 日 10 月 18 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 老 齢 年 金 裁 定 時 に 配 偶 者 の 生 年 月 日 の 登 録 を 誤 り 加 給 年 金 額 の 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 戸 籍 等 の 添 付 書 類 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 19,108 1 名 未 払 い 1,820,136 18

24 加 給 年 金 の 誤 り 163 福 岡 直 方 164 神 奈 川 鶴 見 165 鹿 児 島 川 内 166 神 奈 川 相 模 原 167 東 京 板 橋 168 東 京 江 戸 川 169 神 奈 川 相 模 原 170 長 野 伊 那 171 東 京 港 172 愛 媛 松 山 東 173 北 海 道 稚 内 174 静 岡 浜 松 東 175 静 岡 浜 松 東 176 福 岡 直 方 177 島 根 松 江 1990 年 5 月 26 日 1993 年 7 月 20 日 1992 年 7 月 30 日 1987 年 5 月 19 日 1986 年 12 月 31 日 1999 年 11 月 25 日 1996 年 1 月 13 日 1995 年 6 月 22 日 1988 年 11 月 17 日 1996 年 5 月 16 日 1995 年 5 月 頃 1997 年 9 月 14 日 1997 年 9 月 10 日 2000 年 1 月 5 日 1995 年 3 月 2 日 9 月 17 日 12 月 6 日 3 月 6 日 8 月 20 日 3 月 28 日 3 月 7 日 4 月 15 日 6 月 4 日 7 月 23 日 8 月 28 日 9 月 5 日 9 月 13 日 2 月 10 日 9 月 20 日 7 月 11 日 年 金 事 務 所 における 再 裁 定 書 類 の 内 容 点 検 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センター からの 連 絡 により 老 齢 年 金 裁 定 時 に 配 偶 者 の 生 年 月 日 や 年 金 記 録 の 確 認 不 足 から 配 偶 者 状 態 の 登 録 を 誤 り 加 給 年 金 額 の 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しま した 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 に 係 る 処 理 を 行 い ました 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 し ました 1 名 未 払 い 81,830 1 名 未 払 い 321,638 1 名 未 払 い 838,177 1 名 未 払 い 4,543,369 1 名 未 払 い 1,654,987 1 名 未 払 い 175,500 1 名 未 払 い 486,986 1 名 過 払 い 1,263,475 1 名 未 払 い 171,600 1 名 未 払 い 480,187 1 名 未 払 い 778,282 1 名 未 払 い 129,648 1 名 未 払 い 496,984 1 名 未 払 い 398,250 1 名 未 払 い 162,808 19

25 加 給 年 金 の 誤 り 記 録 調 査 時 の 確 認 又 は 年 金 事 務 所 から 連 絡 により 障 害 厚 生 年 金 や 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 時 に 配 偶 者 の 年 金 記 録 の 確 認 不 足 から 配 偶 者 状 態 の 登 録 を 誤 178 本 部 旧 社 会 保 険 業 務 センター 2003 年 5 月 9 日 9 月 17 日 り 加 給 年 金 額 の 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 に 係 る 処 理 を 行 いました 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 し ました 1 名 過 払 い 1,094, 茨 城 事 務 センター 1991 年 12 月 12 日 10 月 21 日 1 名 未 払 い 33, 滋 賀 大 津 8 月 21 日 2 月 13 日 事 務 センターから 連 絡 があり 年 金 記 録 が 判 明 したことにより 既 に 決 定 した 老 齢 年 金 の 失 権 処 理 を 行 い 新 たに 裁 定 処 理 を 行 う 際 にあらためて 提 出 いただくべ き 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 届 の 案 内 を 漏 らしたことから 加 給 年 金 額 の 加 算 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 の 失 権 処 理 及 び 裁 定 処 理 を 行 う 際 には 失 権 する 年 金 の 改 定 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,400, 振 替 加 算 の 誤 り 岩 手 一 関 1992 年 10 月 22 日 3 月 13 日 遺 族 年 金 請 求 時 に 請 求 者 の 老 齢 基 礎 年 金 の 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 振 替 加 算 を 誤 っていたこと が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 理 解 が 得 られませんでした 記 録 を 訂 正 し 過 払 いに 係 る 返 納 金 納 入 告 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しま した 1 名 過 払 い 3,239,150 20

26 182 振 替 加 算 の 誤 り 1995 年 遺 族 年 金 請 求 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 年 金 の 裁 定 佐 賀 唐 津 10 月 26 日 12 月 4 日 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 1980 年 振 替 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 183 兵 庫 尼 崎 11 月 20 日 1 月 27 日 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 機 構 本 部 又 はブロック 本 1993 年 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 184 千 葉 千 葉 2 月 28 日 3 月 6 日 処 理 を 行 いました 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 2000 年 しました 185 東 京 千 代 田 8 月 31 日 3 月 11 日 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しま した なお2005 年 ( 平 成 17 年 )にシステム 修 正 を 行 い 現 在 では 同 様 事 案 発 生 1991 年 186 栃 木 栃 木 の 未 然 防 止 に 努 めています 4 月 20 日 6 月 20 日 187 東 京 八 王 子 1991 年 6 月 14 日 6 月 25 日 188 静 岡 三 島 2002 年 4 月 8 日 6 月 13 日 189 栃 木 大 田 原 1991 年 11 月 頃 6 月 13 日 190 東 京 練 馬 2002 年 8 月 15 日 8 月 13 日 191 東 京 練 馬 1995 年 8 月 3 日 8 月 15 日 192 愛 媛 宇 和 島 1991 年 5 月 20 日 8 月 20 日 193 和 歌 山 和 歌 山 西 2000 年 2 月 1 日 9 月 11 日 194 兵 庫 明 石 1991 年 9 月 30 日 6 月 27 日 195 北 海 道 札 幌 東 1987 年 5 月 18 日 9 月 17 日 196 千 葉 市 川 2000 年 2 月 頃 10 月 1 日 197 神 奈 川 川 崎 1992 年 4 月 20 日 9 月 26 日 198 広 島 備 後 府 中 1994 年 8 月 14 日 7 月 8 日 199 茨 城 事 務 センター 1992 年 7 月 2 日 9 月 17 日 200 茨 城 事 務 センター 1993 年 1 月 7 日 9 月 24 日 201 茨 城 事 務 センター 1990 年 5 月 11 日 11 月 14 日 202 山 梨 竜 王 1988 年 12 月 22 日 9 月 24 日 203 千 葉 市 川 1990 年 4 月 26 日 10 月 2 日 204 福 岡 南 福 岡 2009 年 7 月 30 日 11 月 10 日 遺 族 年 金 請 求 時 に 年 金 の 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 振 替 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 又 はブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,014,002 1 名 未 払 い 4,928,000 1 名 過 払 い 1,100,000 2 名 未 払 い 3,318,666 1 名 未 払 い 5,107,632 1 名 未 払 い 3,357,298 1 名 過 払 い 532,081 1 名 未 払 い 5,158,207 1 名 未 払 い 950,000 1 名 未 払 い 3,800,000 1 名 未 払 い 5,276,315 1 名 未 払 い 2,694,333 1 名 未 払 い 5,119,616 1 名 未 払 い 4,912,134 1 名 未 払 い 2,664,504 1 名 未 払 い 4,936,411 1 名 未 払 い 4,247,281 1 名 未 払 い 3,325,916 1 名 未 払 い 3,262,150 1 名 未 払 い 4,783,760 1 名 未 払 い 4,595,566 1 名 未 払 い 4,144,764 1 名 未 払 い 627,370 21

27 振 替 加 算 の 誤 り 205 長 崎 長 崎 南 1991 年 3 月 22 日 7 月 14 日 年 金 相 談 時 に 老 齢 年 金 の 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 振 替 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しま した なお2005 年 ( 平 成 17 年 )にシステム 修 正 を 行 い 現 在 では 同 様 事 案 発 生 の 未 然 防 止 に 努 めています 1 名 未 払 い 2,370, 三 重 津 207 茨 城 水 戸 北 208 栃 木 宇 都 宮 西 209 山 梨 大 月 210 東 京 荒 川 211 栃 木 宇 都 宮 西 212 群 馬 太 田 213 岐 阜 美 濃 加 茂 214 山 梨 甲 府 215 長 野 長 野 南 216 山 口 宇 部 217 栃 木 栃 木 1996 年 8 月 14 日 1987 年 3 月 頃 2001 年 11 月 6 日 1995 年 11 月 頃 1991 年 10 月 24 日 2001 年 2 月 24 日 1990 年 3 月 1 日 1994 年 12 月 頃 2001 年 2 月 1 日 1995 年 3 月 6 日 1990 年 7 月 19 日 2002 年 6 月 24 日 10 月 2 日 10 月 23 日 8 月 18 日 8 月 26 日 8 月 26 日 8 月 25 日 9 月 12 日 9 月 16 日 10 月 22 日 12 月 15 日 8 月 1 日 8 月 9 日 年 金 相 談 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 夫 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 妻 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 妻 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 又 はブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 事 務 センターから 連 絡 があり 妻 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 夫 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 夫 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われて いないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 又 はブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,481,796 1 名 未 払 い 5,279,648 1 名 未 払 い 5,195,320 1 名 未 払 い 3,434,547 1 名 未 払 い 4,163,034 1 名 未 払 い 2,152,891 1 名 未 払 い 4,506,779 1 名 未 払 い 4,196,334 1 名 未 払 い 1,328,640 1 名 未 払 い 4,161,634 1 名 未 払 い 4,247,256 1 名 未 払 い 2,101, 茨 城 事 務 センター 1995 年 6 月 22 日 10 月 24 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 夫 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 妻 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 妻 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われてい ないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,871,431 22

28 振 替 加 算 の 誤 り 219 茨 城 事 務 センター 1988 年 6 月 23 日 12 月 11 日 未 支 給 請 求 書 の 審 査 の 際 に 年 金 記 録 を 確 認 したところ 妻 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 夫 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 夫 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 4,852, 兵 庫 尼 崎 221 愛 知 名 古 屋 西 222 福 岡 南 福 岡 223 東 京 八 王 子 224 千 葉 事 務 センター 1997 年 12 月 7 日 2000 年 3 月 15 日 1994 年 3 月 18 日 1992 年 7 月 31 日 1999 年 5 月 23 日 1 月 15 日 7 月 29 日 8 月 27 日 7 月 15 日 4 月 30 日 未 支 給 年 金 請 求 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 老 齢 基 礎 年 金 請 求 時 に 配 偶 者 との 生 計 維 持 関 係 を 確 認 できる 添 付 書 類 や 老 齢 基 礎 年 金 額 加 算 開 始 事 由 該 当 届 の 提 出 案 内 を 漏 らしたことから 老 齢 基 礎 年 金 の 振 替 加 算 が 支 給 されていないことが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 した ことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 し ました 機 構 本 部 からの 連 絡 により 老 齢 厚 生 年 金 の 再 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 が 不 十 分 であったために 加 給 年 金 額 加 算 開 始 事 由 該 当 届 の 案 内 を 漏 らしたことか ら 加 給 年 金 額 の 加 算 及 び 配 偶 者 の 老 齢 基 礎 年 金 の 振 替 加 算 の 支 給 漏 れが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 加 給 年 金 及 び 振 替 加 算 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 再 裁 定 を 行 う 際 の 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しま した 1 名 未 払 い 3,090,432 1 名 未 払 い 1,707,799 1 名 未 払 い 4,421,334 1 名 未 払 い 3,310,093 2 名 未 払 い 2,595,157 年 金 分 割 に 係 る 誤 り 225 本 部 旧 社 会 保 険 業 務 センター 2008 年 7 月 18 日 10 月 14 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 離 婚 時 の 年 金 分 割 による 標 準 報 酬 改 定 請 求 の 処 理 を 行 った 際 に 旧 法 の 厚 生 年 金 保 険 の 受 給 者 については 出 力 されたリストによ り 手 作 業 で 年 金 額 の 改 定 処 理 を 行 うべきところ リストの 確 認 不 足 により 改 定 処 理 が 行 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 記 録 の 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いまし た 担 当 部 署 において リスト 出 力 後 の 作 業 について 確 認 し 再 発 防 止 に 努 めるよ う 周 知 しました 1 名 過 払 い 4,217, 京 都 事 務 センター 1 月 16 日 1 月 26 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 年 金 分 割 の 請 求 期 限 の 直 前 に 郵 送 された 標 準 報 酬 改 定 請 求 書 に 不 備 があり 返 戻 準 備 中 に 請 求 期 限 を 過 ぎたことから 返 戻 の 際 に 再 提 出 はできないと 誤 った 説 明 をしていたことが 判 明 しました 協 議 しました 請 求 書 が 郵 送 された 日 をもって 改 定 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 請 求 期 限 が 近 づいている 標 準 報 酬 改 定 請 求 書 の 点 検 を 周 知 徹 底 しました 2 名 未 払 い 118,000 23

29 年 金 選 択 の 誤 り 227 滋 賀 大 津 228 長 崎 佐 世 保 229 長 野 松 本 4 月 2 日 3 月 7 日 2010 年 4 月 2 日 10 月 28 日 8 月 23 日 2010 年 11 月 5 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 年 金 額 や 労 働 者 災 害 補 償 保 険 の 障 害 補 償 税 金 の 考 慮 漏 れにより お 客 様 に 有 利 な 年 金 選 択 となっていないことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 処 理 を 行 いま した 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 年 金 選 択 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 97,717 1 名 未 払 い 182,716 1 名 過 払 い 356, 群 馬 高 崎 5 月 14 日 11 月 9 日 1 名 過 払 い 51, 岩 手 花 巻 2008 年 8 月 14 日 1 月 23 日 お 客 さまから 問 合 せがあり 確 認 したところ 65 歳 から 遺 族 厚 生 年 金 と 旧 法 国 民 年 金 の 通 算 老 齢 年 金 が 併 せて 受 給 できるのにもかかわらず 通 算 老 齢 年 金 が 支 給 停 止 となっていることが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 選 択 処 理 を 行 い 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 複 数 の 年 金 を 受 け 取 っている 場 合 の 年 金 選 択 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,806, 宮 崎 延 岡 1989 年 11 月 頃 2 月 6 日 事 務 センターから 連 絡 があり 年 金 受 給 選 択 処 理 にあたりいったん 支 払 いの 保 留 を 行 ったものの その 後 保 留 処 理 の 解 除 を 漏 らしたことにより 老 齢 年 金 が 支 払 保 留 のままとなっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 を 行 い 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 年 金 選 択 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 8,711,183 24

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル 勧 奨 編 平 成 24 年 度 版 年 金 相 談 マニュアル 平 成 24 年 度 版 国 年 適 用 種 類 通 知 書 名 出 力 ( 発 送 ) 契 機 頁 資 格 取 得 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 種 別 変 更 ( 第 1 号 被 保 険 者 該 当 ) 種 別 確 認 ( 第 3 号 被 保 険 者 該 当 ) 届 書 国 民 年 金

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb も く じ 公 的 制 度 改 正 動 向 3 12 公 的 払 込 期 間 中 Q& 22 1 主 な 改 正 変 更 事 項 3 (1) 物 価 スライド 特 例 水 準 解 消 と 本 来 水 準 額 3 (2)マクロ 経 済 スライド 本 格 発 動 3 (3) 第 3 号 不 整 合 記 録 問 題 へ 対 応 4 (4) 厚 生 と 共 済 一 元 化 4 (5) 新 たな 保 険 料

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱 平 成 28 年 6 月 平 成 28 年 度 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 確 認 調 査 実 施 要 領 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 実 施 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 1 (3) 実 施 手 順 (スケジュール) 1 (4) 送 付 物 1 (5) 調 書 への 住 所 印 字 について 2 (6) 調 書 の 提 出 について 2 (7) 留 意 点 等 3

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

従 業 員 を 採 用 したときの 届 出 について 従 業 員 を 採 用 した 場 合 等 新 たに 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 すべき 者 が 生 じた 場 合 には 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 事 実 発 生 から5 日 以 内 にご 提 出 くだ

従 業 員 を 採 用 したときの 届 出 について 従 業 員 を 採 用 した 場 合 等 新 たに 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 すべき 者 が 生 じた 場 合 には 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 事 実 発 生 から5 日 以 内 にご 提 出 くだ 2016.4 No.694 従 業 員 を 採 用 したときの 届 出 について 従 業 員 を 採 用 した 場 合 等 新 たに 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 すべき 者 が 生 じた 場 合 には 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 事 実 発 生 から5 日 以 内 にご 提 出 ください * 従 業 員 が 年 金 受 給 者 であっても 加 入 要 件

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 27.05 特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 与 支 払 報 告 書 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (

More information

[ ] 13 13 13 13 14 14 34 46 55 55 56 57 62 64 69 70 71 72 27 23 *2. 1,500 500. 2 ( ( 1 2 25 3 P 0.25X10.15X20.20Y0.25Z0.15W P X1 X2 Y Z W X X2 Z Y 0.20 X1 0.25 X2 0.15 Z 0.25 (P W 0.15 4 5 ( ( ( 1 11,000

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿 日 本 学 生 支 援 機 構 ファイ 簿 等 名 1 2 ファ イの 名 称 ファイ 奨 学 金 振 込 明 奨 学 事 業 細 データファ 戦 略 イ 貸 与 債 権 管 奨 学 スター 奨 学 事 業 データファイ 戦 略 貸 与 債 権 管 1 奨 学 金 の 定 期 送 金 又 は 手 作 業 送 金 時 金 融 機 関 に 振 込 みを 依 頼 するた 2 金 融 機 関 店 舗 等 の

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

福 岡 厚 生 年 金 事 案 4486 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 申 立 期 間 については その 主 張 する 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 厚 生 年 金 保 険 料 を 事 業 主 により 給 与 から 控 除 されていたことが 認 められることから 申 立 期

福 岡 厚 生 年 金 事 案 4486 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 申 立 期 間 については その 主 張 する 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 厚 生 年 金 保 険 料 を 事 業 主 により 給 与 から 控 除 されていたことが 認 められることから 申 立 期 ( 平 成 24 年 9 月 20 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 福 岡 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 2 件 厚 生 年 金 関 係 2 件 (2) 年 金 記 録 の 訂 正

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 書 類 審 査 に 必 要 なもの 書 類 審 査 には 次 の1~5の 該 当 する 全 ての 書 類 が 必 要 です 必 要 な 書 類 が 提 出 されない 場 合 は 失 格 になります なお 必 要 事 項 の 記 入 漏 れや 証 明 者 等 の 印 鑑 のないもの およびコピーは 無 効 な 書 類 となります また 提 出 された 書 類 はお 返 しできません 1. 世 帯 員

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報 1 宛 名 番 号 全 情 報 共 通 2 年 度 賦 課 期 日 情 報 3 算 定 団 体 コード 賦 課 期 日 情 報 4 履 歴 連 番 賦 課 期 日 情 報 5 氏 名 カナ 賦 課 期 日 情 報 6 氏 名 漢 字 賦 課 期 日 情 報 7 生 年 月 日 賦 課 期 日 情 報 8 性 別 賦 課 期 日 情 報 9 町 名 賦 課 期 日 情 報 10 番 地 賦 課 期 日

More information

被扶養者あり+前納なし

被扶養者あり+前納なし 任 意 継 続 手 続 き 郵 送 する 前 最 後 もう 一 度 ご 確 認 くさだい チェック! 健 康 保 険 任 意 継 続 資 格 取 得 書 確 認 書 - 必 ずご 確 認 ください- 取 得 書 裏 面 (ダウンロード 場 合 は2 枚 目 ) 署 名 欄 署 名 捺 はさましたか? 住 民 票 1 通 (3か 以 内 発 行 さたも コピー 可 ) 退 職 わかるも(お 持 ち 方

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

貼付台帳(20151106).xdw

貼付台帳(20151106).xdw 家 計 急 変 奨 学 金 用 各 種 証 明 書 類 貼 付 台 帳 全 員 提 出 ( 冊 子 ごと 提 出 ) 募 集 要 項 出 願 書 類 の 作 成 と 準 備 をホームページに 掲 載 しています 証 明 書 類 の 詳 細 については 募 集 要 項 および 出 願 書 類 の 作 成 と 準 備 を 必 ずご 確 認 の 上 提 出 願 います 進 学 予 定 学 部 氏 名 フリカ

More information

別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 民 生 委 員 推 薦 会 推 薦 審 議 推 薦 調 書 作 成 10 1 民 生 委 員 候 補 者 推 薦 進 達 社 会

別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 民 生 委 員 推 薦 会 推 薦 審 議 推 薦 調 書 作 成 10 1 民 生 委 員 候 補 者 推 薦 進 達 社 会 別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 検 索 担 当 地 区 担 当 民 生 委 員 の 検 索 10 1 辞 任 辞 任 時 の 資 格 内 容 委 嘱 年 月 日 在 職 期 間 の 確 認 2 1 検 索 担 当 地 区 担 当 民 生 委 員 の

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx 事 務 連 絡 平 成 27 年 11 月 5 日 各 都 道 府 県 障 害 福 祉 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 期 入 所 者 等 がマイナンバー 通 知 カードを 入 所 等 先 で 受 け 取 るに 当 たっての 居 所 情 報 の 登 録 申 請 が 間 に 合 わなかった 場 合 の 取 扱 いについて(

More information

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) (

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) ( < 任 意 継 続 保 険 加 入 時 注 意 事 項 > 下 記 内 容 をご 確 認 のうえ お 申 込 みください 任 意 継 続 保 険 とは 退 職 者 が 次 に 就 職 するまでの 間 のつなぎ 的 な 保 険 制 度 で 例 外 的 に 任 意 加 入 が 認 められている 制 度 です 従 って 資 格 喪 失 事 由 ( 脱 会 )も 限 定 されております 1 就 職 して 他

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

鳥 取 国 民 年 金 事 案 177 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 37 年 6 月 から 38 年 3 月 までの 国 民 年 金 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められることから 納 付 記 録 を 訂 正 することが 必 要 である 第 2 申

鳥 取 国 民 年 金 事 案 177 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 37 年 6 月 から 38 年 3 月 までの 国 民 年 金 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められることから 納 付 記 録 を 訂 正 することが 必 要 である 第 2 申 ( 平 成 21 年 6 月 17 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 鳥 取 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 1 件 国 民 年 金 関 係 1 件 (2) 年 金 記 録 の 訂 正

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

(5) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 診 療 報 酬 請 求 業 務 に 係 る 経 験 年 数 3 年 以 上 の 者 を 半 数 以 上 とすること (6) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 査 定 減 点 請 求 漏 れ 返 戻 が 発 生 し ない

(5) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 診 療 報 酬 請 求 業 務 に 係 る 経 験 年 数 3 年 以 上 の 者 を 半 数 以 上 とすること (6) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 査 定 減 点 請 求 漏 れ 返 戻 が 発 生 し ない 隠 岐 広 域 連 合 立 隠 岐 病 院 医 事 業 務 等 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 隠 岐 広 域 連 合 立 隠 岐 病 院 ( 以 下 病 院 という )における 医 事 業 務 等 の 委 託 について 必 要 な 事 項 を 定 める 1 受 託 者 は 病 院 における 医 事 業 務 等 の 受 託 業 者 として 以 下 の 点 に 十 分 留 意 して 業 務

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information