27.2 確定版.xlsx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "27.2 確定版.xlsx"

Transcription

1 Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 ) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 ) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理 誤 り 等 の 件 数 及 び 個 別 の 事 案 等 について 別 添 のとおりお 知 らせいたします なお 日 本 年 金 機 構 においては 引 き 続 き 事 務 処 理 誤 り 等 の 再 発 防 止 に 努 め てまいります -1-

2 Ⅰ 概 要 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 別 添 日 本 年 金 機 構 ( 本 部 及 び 年 金 事 務 所 等 )における 公 的 年 金 業 務 の 事 務 処 理 誤 り 及 びシステ ム 事 故 ( 社 会 保 険 庁 時 代 のものを 含 む )について 2 月 に 本 部 担 当 部 署 及 び 年 金 事 務 所 等 の 事 務 処 理 誤 りの 詳 細 な 報 告 が 完 了 したもの 及 びシステム 事 故 の 詳 細 な 報 告 が 完 了 したもの を 取 りまとめたもの これらの 事 務 処 理 誤 り 等 については 被 保 険 者 等 の 関 係 者 から 公 表 を 控 えるよう 強 く 要 請 されない 限 り 原 則 その 事 案 の 概 要 等 を 公 表 します 今 回 取 りまとめた319 件 ( 市 区 町 村 において 発 生 した1 件 委 託 業 者 等 が 発 生 させた20 件 を 含 む )のうち 公 表 可 能 な302 件 (システム 事 故 6 件 を 含 む )について その 概 要 を 日 本 年 金 機 構 HPに 掲 載 し ています Ⅱ 状 況 事 務 処 理 誤 りについては1~7 システム 事 故 については8のとおりです 1 発 生 年 度 別 判 明 年 度 別 内 訳 平 成 21 年 度 判 明 平 成 22 年 度 判 明 平 成 23 年 度 判 明 平 成 24 年 度 判 明 平 成 25 年 度 判 明 平 成 26 年 度 判 明 計 平 成 26 年 度 発 生 (18) 53(18) 平 成 25 年 度 発 生 (2) 31(2) 平 成 24 年 度 発 生 (1) 5 10(1) 平 成 23 年 度 発 生 平 成 22 年 度 発 生 平 成 21 年 度 以 前 発 生 ( 機 構 発 足 後 ) ( 社 会 保 険 庁 時 代 ) 計 (1) 177(20) 292(21) ( ) 内 は 市 区 町 村 や 委 託 業 者 等 機 構 職 員 以 外 が 発 生 させた 事 務 処 理 誤 り 件 数 を 別 掲 した 2 制 度 等 別 事 務 処 理 誤 り 区 分 別 内 訳 受 付 時 の 書 類 管 理 誤 り 確 認 決 定 誤 り 未 処 理 処 理 遅 延 入 力 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 説 明 誤 り 受 理 後 の 記 録 訂 正 書 類 管 理 誤 り 誤 り 厚 生 年 金 適 用 関 係 厚 生 年 金 徴 収 関 係 国 民 年 金 適 用 関 係 国 民 年 金 徴 収 関 係 年 金 給 付 関 係 船 員 保 険 関 係 その 他 計 計 -2-

3 3 原 因 別 事 務 処 理 誤 り 区 分 別 内 訳 受 付 時 の 書 類 管 理 誤 り 4 原 因 別 制 度 等 別 内 訳 0 確 認 決 定 誤 り 未 処 理 処 理 遅 延 入 力 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 説 明 誤 り 受 理 後 の 書 類 管 理 誤 り 記 録 訂 正 誤 り 確 認 不 足 適 用 認 識 誤 り 届 書 等 の 放 置 その 他 計 計 厚 生 年 金 適 用 関 係 厚 生 年 金 徴 収 関 係 国 民 年 金 適 用 関 係 国 民 年 金 徴 収 関 係 年 金 給 付 関 係 船 員 保 険 関 係 その 他 確 認 不 足 適 用 認 識 誤 り 届 書 等 の 放 置 その 他 計 計 5 影 響 額 別 内 訳 100 万 円 以 上 500 万 円 未 満 85 件 500 万 円 以 上 15 件 50 万 円 以 上 100 万 円 未 満 21 件 10 万 円 以 上 50 万 円 未 満 71 件 影 響 額 なし 78 件 1 万 円 未 満 11 件 5 万 円 以 上 10 万 円 未 満 19 件 1 万 円 以 上 5 万 円 未 満 13 件 厚 生 年 金 適 用 関 係 厚 生 年 金 徴 収 関 係 国 民 年 金 適 用 関 係 国 民 年 金 徴 収 関 係 年 金 給 付 関 係 船 員 保 険 関 係 その 他 影 響 額 なし 万 円 未 満 万 円 以 上 5 万 円 未 満 万 円 以 上 10 万 円 未 満 万 円 以 上 50 万 円 未 満 万 円 以 上 100 万 円 未 満 万 円 以 上 500 万 円 未 満 万 円 以 上 計 計 -3-

4 6 事 象 別 内 訳 過 徴 収 11 件 その 他 4 件 過 払 い 54 件 事 象 合 計 金 額 平 均 金 額 過 払 い 43,215, ,290 未 払 い 309,143,064 1,862,307 過 徴 収 2,361, ,699 未 徴 収 0 0 誤 還 付 0 0 その 他 24,221,016 6,055,254 未 払 い 166 件 計 378,941,438 1,612,516 ( 注 1) 事 象 別 内 訳 は 影 響 額 別 内 訳 の 影 響 額 なし 以 外 の 内 訳 を 表 示 した ( 注 2) 合 計 金 額 は 事 務 処 理 誤 りによって 年 金 支 払 額 や 保 険 料 徴 収 額 に 影 響 のあったものの 合 計 を 表 示 した ( 注 3) その 他 の 内 訳 は 以 下 のとおりである 過 払 いと 未 払 いがある 件 4 件 24,221,016 7 判 明 契 機 別 内 訳 件 数 割 合 内 部 232 件 74.1% 外 部 81 件 25.9% 計 313 件 100.0% 8 システム 事 故 発 生 年 月 日 件 名 対 象 者 数 9 月 3 日 2003 年 4 月 1 日 1994 年 12 月 15 日 4 月 1 日 4 月 15 日 4 月 15 日 二 以 上 勤 務 被 保 険 者 標 準 報 酬 月 額 決 定 通 知 書 におけ る 厚 生 年 金 保 険 料 率 の 印 字 誤 り 厚 生 年 金 記 録 と 統 合 共 済 記 録 において 重 複 期 間 がある 者 の 裁 定 誤 り 平 成 6 年 法 律 改 正 に 伴 う 従 前 額 保 障 にかかる 年 金 額 計 算 誤 り 平 成 26 年 4 月 年 金 額 改 定 処 理 誤 り 船 員 保 険 における 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 処 理 にかかる 保 険 料 計 算 誤 り 健 保 厚 年 被 保 険 者 標 準 報 酬 改 定 通 知 書 への 出 力 不 具 合 影 響 区 分 総 額 ( 円 ) 5 事 業 所 名 未 払 い 20, 名 未 払 い 1,730, 名 過 払 い 25,763 7 事 業 所 未 徴 収 11,368,157 5 事 業 所 - 0 ( 注 )システム 事 故 の 詳 細 は 別 添 日 本 年 金 機 構 の 平 成 27 年 2 月 分 のシステム 事 故 一 覧 を 参 照 して 下 さい -4-

5 日 本 年 金 機 構 の 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理 誤 り 一 覧 (1~31ページ) 1. 厚 生 年 金 適 用 関 係 1P 整 理 番 号 1~11 2. 厚 生 年 金 徴 収 関 係 3P 整 理 番 号 12~15 3. 国 民 年 金 適 用 関 係 4P 整 理 番 号 16~24 4. 国 民 年 金 徴 収 関 係 6P 整 理 番 号 25~48 5. 年 金 給 付 関 係 8P 整 理 番 号 49~296 日 本 年 金 機 構 の 平 成 27 年 2 月 分 のシステム 事 故 一 覧 (32ページ)

6 1. 厚 生 年 金 適 用 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 1 資 格 取 得 届 の 誤 り 宮 崎 事 務 センター 4 月 3 日 6 月 30 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 被 保 険 者 記 録 を 確 認 したところ 国 民 健 康 保 険 組 合 を 脱 退 し 健 康 保 険 に 加 入 するために 提 出 された 資 格 取 得 届 を 入 力 する 際 国 民 健 康 保 険 を 脱 退 したことの 記 述 を 見 落 とした 結 果 厚 生 年 金 保 険 に 重 複 加 入 さ せていたことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 の 差 額 分 について 減 額 調 整 しました 担 当 部 署 において 国 民 健 康 保 険 組 合 を 脱 退 し 健 康 保 険 に 加 入 する 際 の 事 務 処 理 方 法 について 周 知 徹 底 しました 1 事 業 所 1 名 過 徴 収 157,504 2 高 齢 任 意 被 保 険 者 の 誤 り 愛 知 一 宮 12 月 5 日 8 月 19 日 担 当 者 が 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 にかかる 算 定 基 礎 届 の 処 理 状 況 を 確 認 した ところ 前 年 度 に 月 額 変 更 届 が 提 出 された 際 健 康 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 のみ 改 定 処 理 を 行 い 厚 生 年 金 保 険 の 改 定 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 厚 生 年 金 保 険 の 改 定 処 理 を 行 い 保 険 料 の 差 額 分 について 減 額 調 整 しまし た 担 当 部 署 において 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 の 原 票 と 窓 口 装 置 の 記 録 を 毎 月 保 険 料 計 算 日 前 までに 突 合 せするよう 周 知 徹 底 しました 1 名 過 徴 収 157,157 厚 生 年 金 適 用 関 係 通 知 書 等 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 3 奈 良 桜 井 9 月 5 日 9 月 8 日 事 業 所 から 他 社 に 送 付 すべき 資 格 取 得 届 の 不 備 届 書 が 送 付 されてきたと 問 合 せがあり 不 備 返 戻 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 資 格 取 得 届 を 回 収 し 本 来 送 付 する 事 業 所 あてに 送 付 しまし た 担 当 部 署 において 事 業 所 あてに 不 備 届 書 を 返 戻 する 際 は 返 戻 決 裁 後 の 送 付 書 と 返 戻 届 書 の 突 合 せ 及 び 封 入 封 緘 時 のダブルチェックを 徹 底 するよう 周 知 し ました 2 事 業 所 2 名 静 岡 事 務 センター 9 月 5 日 9 月 8 日 社 会 保 険 労 務 士 から 受 託 していない 事 業 所 の 標 準 報 酬 決 定 通 知 書 添 付 書 類 が 送 付 されてきたと 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 及 び 社 会 保 険 労 務 士 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 通 知 書 等 を 回 収 し 本 来 送 付 する 事 業 所 あてに 送 付 しました 担 当 部 署 において 決 定 通 知 書 等 を 送 付 する 際 は 決 裁 時 に 送 付 先 の 確 認 を 徹 底 すること 封 入 封 緘 作 業 は 専 用 場 所 で 行 うことを 周 知 しました 2 事 業 所 1 名 東 京 練 馬 11 月 6 日 11 月 7 日 1 事 業 所 1 名 - 0 1

7 厚 生 年 金 適 用 関 係 通 知 書 等 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 6 神 奈 川 事 務 センター 11 月 12 日 11 月 13 日 社 会 保 険 労 務 士 から 他 の 社 会 保 険 労 務 士 あてに 送 付 すべき 封 筒 が 送 付 され てきたとの 問 合 せがあり 宛 名 シールの 作 成 誤 りによる 誤 送 付 が 判 明 しました 担 当 者 が 社 会 保 険 労 務 士 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 封 筒 を 回 収 し 本 来 送 付 する 社 会 保 険 労 務 士 あてに 送 付 しまし た なお 封 筒 は 未 開 封 であったため 個 人 情 報 の 漏 えいはありませんでした 委 託 業 者 に 対 して 社 会 保 険 労 務 士 あての 宛 名 シールを 作 成 する 際 は 登 録 する 社 会 保 険 労 務 士 コードの 確 認 を 徹 底 するよう 指 導 しました 3 事 業 所 群 馬 高 崎 広 域 事 務 センター 8 北 海 道 事 務 センター 10 月 20 日 9 月 11 日 10 月 21 日 9 月 19 日 社 会 保 険 労 務 士 から 受 託 していない 事 業 所 の 標 準 報 酬 決 定 通 知 書 が 送 付 さ れてきたと 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 社 会 保 険 労 務 士 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 決 定 通 知 書 を 回 収 し 本 来 送 付 する 社 会 保 険 労 務 士 あてに 送 付 しました 委 託 業 者 に 対 して 届 書 に 添 付 された 返 信 用 封 筒 の 適 正 な 管 理 及 び 封 入 封 緘 時 のダブルチェックを 徹 底 するよう 指 導 しました 1 事 業 所 2 名 3 事 業 所 48 名 北 海 道 事 務 センター 9 月 11 日 9 月 24 日 1 事 業 所 1 名 厚 生 年 金 適 用 関 係 届 書 等 の 処 理 漏 れ 未 処 理 処 理 遅 延 東 京 事 務 センター 8 月 27 日 9 月 11 日 事 業 所 から 健 康 保 険 被 保 険 者 証 が 届 かないと 問 合 せがあり 確 認 したところ 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 の 処 理 漏 れが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 被 扶 養 者 異 動 届 の 入 力 処 理 を 行 い 資 格 証 明 書 を 交 付 しました 担 当 部 署 において 書 類 保 管 及 び 進 捗 管 理 の 徹 底 について 周 知 を 行 いまし た 1 事 業 所 1 名 受 理 後 の 書 類 管 理 誤 り 宮 城 仙 台 北 7 月 4 日 8 月 26 日 事 業 所 から 届 書 の 処 理 状 況 について 問 合 せがあり 住 所 変 更 届 が 紛 失 してい ることが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 住 所 変 更 届 を 再 提 出 いただき 入 力 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 簡 易 書 留 郵 便 により 受 付 した 届 書 についても 必 ず 新 規 受 付 届 書 用 の 保 管 ボックスに 引 継 ぎを 行 うことを 周 知 徹 底 しました 1 事 業 所 1 名 - 0 2

8 2. 厚 生 年 金 徴 収 関 係 担 当 者 が 保 険 料 収 納 状 況 を 確 認 したところ 事 業 所 が 重 複 納 付 した 保 険 料 の 調 整 方 法 について 問 合 せがあった 際 保 険 料 を 充 当 する 月 を 誤 って 説 明 していた ことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 担 当 部 署 において 重 複 した 保 険 料 の 充 当 月 を 説 明 する 際 は 保 険 料 収 納 状 況 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 事 業 所 - 0 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 12 保 険 料 の 調 査 決 定 事 務 の 誤 り 説 明 誤 り 奈 良 奈 良 1 月 21 日 2 月 20 日 13 領 収 済 通 知 書 の 誤 り 入 力 誤 り 東 京 世 田 谷 9 月 22 日 11 月 27 日 担 当 者 が 収 納 事 務 を 行 う 際 保 険 料 の 収 納 状 況 を 確 認 したところ 納 付 受 託 証 券 等 報 告 書 の 収 納 機 関 区 分 を 誤 って 入 力 したことにより 誤 った 金 額 の 延 滞 金 納 付 書 を 送 付 したことが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 納 付 書 の 差 替 えを 行 いました 担 当 部 署 において 納 付 受 託 証 券 等 報 告 書 を 入 力 する 際 のダブルチェックの 徹 底 について 周 知 しました 1 事 業 所 保 険 料 納 入 告 知 額 領 収 済 額 通 知 書 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 香 川 事 務 センター 10 月 20 日 10 月 24 日 事 業 所 から 他 社 に 送 付 すべき 保 険 料 納 入 告 知 額 領 収 済 額 通 知 書 が 送 付 さ れてきたと 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 が 事 業 所 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 通 知 書 を 回 収 し 本 来 送 付 する 事 業 所 あてに 交 付 しました 委 託 業 者 に 対 して 封 入 封 緘 時 のダブルチェック 及 び 管 理 表 による 全 体 件 数 の 確 認 を 徹 底 するよう 指 導 しました 1 事 業 所 債 権 現 在 額 申 立 書 の 作 成 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 栃 木 栃 木 10 月 8 日 10 月 20 日 担 当 者 が 収 納 事 務 を 行 った 際 債 権 現 在 額 申 立 書 の 作 成 誤 りにより 延 滞 金 を 過 徴 収 していたことが 判 明 しました 担 当 者 が 破 産 管 財 人 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 破 産 管 財 人 より 還 付 請 求 書 を 受 理 し 過 徴 収 した 保 険 料 を 還 付 しました 担 当 部 署 において 滞 納 整 理 関 係 事 務 処 理 要 領 を 再 確 認 するとともに 債 権 現 在 額 申 立 書 の 作 成 時 及 び 決 裁 時 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 徴 収 246,400 3

9 3. 国 民 年 金 適 用 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 国 民 年 金 任 意 加 入 申 出 書 の 誤 り 16 奈 良 奈 良 2009 年 8 月 3 日 5 月 31 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 国 民 年 金 任 意 加 入 申 出 書 を 受 付 する 際 以 前 任 意 加 入 の 申 出 を 行 っていた 未 納 期 間 は 合 算 対 象 期 間 とならないにもかかわら ず 誤 って 合 算 対 象 期 間 として 算 入 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 年 金 機 能 強 化 法 により 合 算 対 象 期 間 と 取 り 扱 うことになったため 年 金 請 求 書 を 受 理 し 裁 定 処 理 を 確 認 しました 担 当 部 署 において 任 意 加 入 申 出 書 を 受 付 する 際 は 合 算 対 象 期 間 の 確 認 項 目 等 を 漏 らさないよう 周 知 徹 底 しました 17 大 阪 淀 川 5 月 12 日 6 月 23 日 お 客 様 から 国 民 年 金 保 険 料 を480 月 納 付 したにもかかわらず 委 託 業 者 より 納 付 督 励 の 電 話 が 入 ったと 問 合 せがあり 65 歳 未 満 喪 失 予 定 年 月 日 到 達 リス ト の 確 認 不 足 により 資 格 喪 失 申 出 の 処 理 が 遅 れたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し お 詫 びの 文 書 を 送 付 しました 資 格 喪 失 申 出 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 毎 月 配 信 される 65 歳 未 満 喪 失 予 定 年 月 日 到 達 者 リスト の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 18 愛 知 豊 田 2008 年 6 月 17 日 9 月 18 日 年 金 相 談 時 にお 客 様 の 記 録 を 確 認 したところ 厚 生 年 金 保 険 の 中 高 齢 者 の 特 例 により 受 給 権 を 満 たしていたにもかかわらず 任 意 加 入 申 出 書 を 受 理 していた ことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 資 格 喪 失 申 出 の 処 理 を 行 い 年 金 の 支 払 いを 確 認 しました 担 当 部 署 において 毎 月 配 信 される 65 歳 未 満 喪 失 予 定 年 月 日 到 達 者 リスト の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 4,542, 埼 玉 川 越 2009 年 12 月 25 日 1 月 10 日 事 務 センターで 年 金 請 求 書 を 審 査 した 際 厚 生 年 金 加 入 期 間 と 共 済 組 合 退 職 一 時 金 決 定 済 期 間 により 受 給 権 を 満 たしていたにもかかわらず 任 意 加 入 申 出 書 を 受 理 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 任 意 加 入 の 取 消 処 理 を 行 い 過 徴 収 した 保 険 料 の 還 付 を 確 認 しました 担 当 部 署 において 共 済 組 合 の 退 職 一 時 金 決 定 済 期 間 については 被 用 者 年 金 加 入 期 間 に 算 入 できることを 周 知 徹 底 しました 1 名 過 徴 収 523,290 4

10 国 民 年 金 適 用 関 係 通 知 書 の 送 付 誤 り 誤 送 付 誤 送 信 20 青 森 青 森 7 月 4 日 7 月 7 日 お 客 様 から 他 人 の 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 該 当 通 知 書 が 送 付 されたとの 問 合 せがあり 送 付 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 通 知 書 を 回 収 し 本 来 送 付 するお 客 様 あてに 通 知 書 を 送 付 しま した 担 当 部 署 において お 客 様 あてに 通 知 書 を 送 付 する 際 は 封 入 封 緘 時 のダブ ルチェックを 徹 底 するよう 周 知 しました 2 名 三 重 四 日 市 10 月 30 日 11 月 6 日 お 客 様 から 送 付 された 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 の 提 出 勧 奨 文 書 に 他 人 の 記 録 が 添 付 されていると 問 合 せがあり 確 認 したところ 誤 って 記 録 補 正 依 頼 対 象 者 一 覧 を 添 付 し 送 付 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がすべてのお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 一 覧 を 回 収 しました 担 当 部 署 において 封 入 封 緘 作 業 を 行 う 際 は 封 緘 作 業 担 当 者 を 明 示 し 複 数 名 で 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 15 名 国 民 年 金 適 用 関 係 届 書 等 の 処 理 漏 れ 受 付 時 の 書 類 管 理 誤 り 東 京 八 王 子 7 月 5 日 2015 年 1 月 16 日 担 当 者 が 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 状 況 を 確 認 したところ 組 合 管 掌 の 事 業 所 から 提 出 された 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 及 び 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 について 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 のみ 処 理 すべきところ 誤 って 返 戻 し ていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 再 提 出 いただいた 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 組 合 管 掌 事 業 所 から 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 が 提 出 さ れた 際 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 処 理 要 否 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 未 処 理 処 理 遅 延 23 長 崎 長 崎 南 2002 年 10 月 頃 8 月 1 日 お 客 様 より 送 付 された 納 付 書 について 問 合 せがあり 確 認 したところ 国 民 年 金 被 保 険 者 種 別 変 更 届 の 処 理 漏 れが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しましたが 遡 及 した 免 除 申 請 は 認 められなかったため 改 めてお 詫 びしたところ 特 定 期 間 該 当 届 を 提 出 いただくことで 了 承 を 得 ました 特 定 期 間 該 当 届 を 受 理 し 入 力 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 役 場 から 提 出 された 国 民 年 金 関 係 諸 届 ( 報 告 書 )の 処 理 漏 れがないよう 確 認 の 徹 底 について 周 知 を 行 いました 24 東 京 事 務 センター 9 月 頃 12 月 10 日 事 業 所 から 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 状 況 について 問 合 せがあり 確 認 したところ 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 と 同 時 に 提 出 された 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 届 を 担 当 部 署 へ 回 付 せず 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 再 提 出 いただいた 第 3 号 被 保 険 者 届 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 被 扶 養 者 異 動 届 と 同 時 に 提 出 された 第 3 号 被 保 険 者 届 の 拠 点 内 における 引 継 ぎの 徹 底 について 周 知 しました 5

11 4. 国 民 年 金 徴 収 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 国 民 年 金 保 険 料 納 付 書 の 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 25 青 森 青 森 4 月 16 日 4 月 30 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 前 納 納 付 書 を 作 成 すべきところ 誤 って 定 額 納 付 書 を 作 成 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 前 納 保 険 料 の 差 額 を 還 付 することで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 還 付 しました 担 当 部 署 において 納 付 書 作 成 時 の 納 付 対 象 期 間 未 納 期 間 等 の 確 認 及 び 入 力 処 理 後 のダブルチェック 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 26 滋 賀 事 務 センター 6 月 6 日 7 月 3 日 領 収 済 通 知 書 のエラー 内 容 について 確 認 を 行 った 際 納 付 書 の 保 険 料 種 別 を 4 分 の1 免 除 で 作 成 すべきところ 半 額 免 除 で 作 成 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しました 訂 正 処 理 を 行 い 正 しい 金 額 の 納 付 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 納 付 書 作 成 時 における 保 険 料 種 別 の 確 認 及 び 入 力 処 理 後 のダブルチェック 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 ( 変 更 ) 辞 退 申 出 書 の 誤 り 27 茨 城 水 戸 北 3 月 19 日 4 月 24 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 口 座 振 替 辞 退 処 理 の 入 力 スケジュールの 認 識 不 足 により 早 割 による 口 座 振 替 が 行 われなかったことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 早 割 の 保 険 料 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 口 座 振 替 辞 退 申 出 書 を 受 付 した 際 お 客 様 が 希 望 する 辞 退 月 に 応 じた 入 力 スケジュールの 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 28 神 奈 川 事 務 センター 29 東 京 府 中 7 月 25 日 1 月 10 日 9 月 2 日 4 月 30 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 資 格 関 係 の 処 理 等 を 行 った 際 口 座 振 替 の 再 開 処 理 を 行 うべきところ 失 念 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 1 年 前 納 額 の 保 険 料 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 口 座 振 替 の 再 開 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 口 座 振 替 申 出 者 に 対 し 資 格 関 係 の 補 正 処 理 等 を 行 った 際 は 口 座 振 替 情 報 の 確 認 を 行 うよう 周 知 徹 底 しました 入 力 誤 り 30 茨 城 事 務 センター 31 神 奈 川 事 務 センター 32 青 森 事 務 センター 33 愛 知 事 務 センター 5 月 22 日 4 月 30 日 6 月 16 日 3 月 17 日 5 月 28 日 5 月 22 日 8 月 25 日 5 月 30 日 お 客 様 からの 問 合 せ 等 により 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 申 出 書 の 口 座 名 義 人 氏 名 の 入 力 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 処 理 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 早 割 2 年 前 納 額 等 の 保 険 料 を 領 収 しました 委 託 業 者 に 対 して 入 力 時 及 び 入 力 後 の 処 理 結 果 リストの 確 認 を 徹 底 するよう 指 導 しました 担 当 者 が 口 座 振 替 不 能 者 一 覧 表 を 確 認 したところ 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 申 出 書 の 預 金 種 別 を 当 座 預 金 で 入 力 すべきところ 誤 って 普 通 預 金 で 入 力 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 2 年 前 納 額 の 保 険 料 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 入 力 時 及 び 入 力 後 の 処 理 結 果 リストの 確 認 を 確 実 に 実 施 することを 周 知 しました 6 名 - 0 6

12 34 国 民 年 金 保 険 料 追 納 申 込 書 の 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 宮 崎 事 務 センター 10 月 30 日 12 月 3 日 担 当 者 が 記 録 を 確 認 したところ 追 納 申 込 期 間 の 始 期 の 確 認 を 誤 ったことによ り 過 誤 納 が 発 生 したことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 還 付 しました 担 当 部 署 において 追 納 納 付 書 を 作 成 する 際 の 被 保 険 者 記 録 照 会 画 面 の 確 認 及 び 入 力 後 の 警 告 メッセージの 確 認 の 徹 底 について 周 知 を 行 いました 1 名 過 徴 収 430, 特 別 催 告 状 送 付 対 象 者 の 選 定 誤 り 通 知 書 等 の 作 成 誤 り 大 阪 淀 川 7 月 1 日 7 月 3 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 60 歳 以 上 の 高 齢 任 意 加 入 者 に 特 別 催 告 状 を 送 付 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 文 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 60 歳 以 上 で 任 意 加 入 期 間 のみ 未 納 があるお 客 様 は 特 別 催 告 の 対 象 ではないため 対 象 者 の 抽 出 条 件 の 確 認 を 徹 底 しました 19 名 - 0 国 民 年 金 徴 収 関 係 誤 送 付 誤 送 信 通 知 書 等 の 送 付 誤 36 り 兵 庫 事 務 センター 37 広 島 広 島 西 7 月 17 日 11 月 14 日 7 月 22 日 12 月 4 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 国 民 年 金 保 険 料 追 納 納 付 書 の 送 付 誤 りが 判 明 し ました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 誤 って 送 付 した 納 付 書 を 回 収 し 本 来 送 付 するお 客 様 あてに 納 付 書 を 送 付 しま した 担 当 部 署 において 封 入 物 と 宛 名 が 相 違 する 場 合 は 封 入 した 封 筒 に 届 書 の 原 本 等 を 必 ず 添 付 するよう 周 知 徹 底 しました 2 名 名 国 民 年 金 徴 収 関 係 未 処 理 処 理 遅 延 届 書 等 の 処 理 漏 れ 北 海 道 帯 広 39 東 京 府 中 40 北 海 道 札 幌 西 41 北 海 道 札 幌 西 42 東 京 八 王 子 43 東 京 荒 川 受 理 後 の 書 類 管 理 44 誤 り 埼 玉 越 谷 45 静 岡 浜 松 東 46 香 川 高 松 東 47 福 岡 小 倉 北 3 月 27 日 4 月 1 日 3 月 17 日 3 月 17 日 12 月 9 日 2 月 26 日 8 月 頃 1 月 28 日 6 月 12 日 5 月 9 日 4 月 8 日 4 月 14 日 4 月 2 日 4 月 2 日 5 月 14 日 5 月 27 日 5 月 14 日 5 月 30 日 6 月 30 日 6 月 20 日 お 客 様 からの 問 合 せ 等 により 国 民 年 金 保 険 料 口 座 振 替 納 付 申 出 書 の 処 理 遅 延 が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 協 議 が 必 要 なお 客 様 については 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 処 理 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 訂 正 処 理 を 行 い 早 割 2 年 前 納 額 等 の 保 険 料 を 領 収 しました 未 処 理 の 申 出 書 については 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 受 付 した 書 類 については 必 ず 受 付 進 捗 管 理 システム 登 録 担 当 者 に 引 継 ぎ 漏 れなく 登 録 を 行 うよう 周 知 を 行 いました また 入 力 締 切 日 の スケジュールを 確 認 し 締 切 日 直 前 のものは 他 に 優 先 して 処 理 を 行 うことを 徹 底 しました お 客 様 からの 問 合 せ 等 により 国 民 年 金 保 険 料 免 除 申 請 書 口 座 振 替 納 付 申 出 書 が 紛 失 していることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 協 議 が 必 要 なお 客 様 については 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 1 年 前 納 額 を 領 収 することで 了 承 を 得 ました 申 請 書 等 を 再 提 出 いただき 処 理 を 行 いました 訂 正 処 理 を 行 い 保 険 料 を 領 収 しました 担 当 部 署 において 受 付 進 捗 管 理 システム 登 録 者 の 固 定 化 を 図 るとともに 処 理 状 態 が 明 確 なBOXで 届 書 の 進 捗 管 理 を 徹 底 するよう 周 知 しました 48 福 岡 東 福 岡 7 月 18 日 9 月 9 日 7

13 5. 年 金 給 付 関 係 整 理 番 号 件 名 誤 り 区 分 都 道 府 県 名 事 務 所 名 発 生 年 月 日 判 明 年 月 日 事 象 対 応 影 響 範 囲 影 響 額 内 容 区 分 老 齢 年 金 の 受 給 要 件 等 の 誤 り 49 埼 玉 川 越 1996 年 2 月 20 日 8 月 30 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 共 済 組 合 と 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 し 旧 法 共 済 の 退 職 年 金 を 受 給 していることから 旧 法 厚 生 年 金 保 険 の 老 齢 年 金 を 裁 定 すべきとこ ろ 新 法 の 老 齢 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 共 済 加 入 期 間 や 受 給 要 件 の 取 扱 いの 確 認 を 周 知 徹 底 しま した 1 名 未 払 い 5,930, 本 部 旧 社 会 保 険 業 務 センター 1986 年 6 月 2 日 2011 年 2 月 9 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 夫 が 共 済 組 合 と 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 し 旧 法 共 済 の 退 職 年 金 を 受 給 していることから 旧 法 厚 生 年 金 保 険 の 老 齢 年 金 を 裁 定 すべ きところ 新 法 の 老 齢 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました またそのこと により 妻 の 老 齢 基 礎 年 金 に 対 して 本 来 加 算 できない 振 替 加 算 が 支 払 われてい たことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 老 齢 年 金 が 正 しく 支 払 われたことを 確 認 しました また 振 替 加 算 の 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 及 び 受 給 要 件 の 取 扱 いの 確 認 を 周 知 徹 底 しました 2 名 その 他 4,023, 千 葉 佐 原 1989 年 6 月 8 日 2 月 6 日 遺 族 年 金 請 求 時 に 死 亡 した 夫 の 記 録 について 確 認 したところ 本 来 合 算 対 象 期 間 とすべき 妻 の 共 済 組 合 加 入 期 間 を 夫 の 老 齢 基 礎 年 金 の 対 象 期 間 として 算 入 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 記 録 の 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 や 合 算 対 象 期 間 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,197, 福 岡 東 福 岡 53 群 馬 高 崎 54 東 京 大 田 1988 年 11 月 17 日 1989 年 5 月 11 日 1988 年 5 月 23 日 10 月 28 日 9 月 2 日 2 月 4 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 通 算 対 象 期 間 の 確 認 不 足 による 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 や 通 算 対 象 期 間 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 1,243,209 1 名 未 払 い 50,965 1 名 未 払 い 625, 東 京 墨 田 1987 年 4 月 23 日 1 月 20 日 事 務 センターから 連 絡 があり 通 算 対 象 期 間 の 確 認 不 足 による 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました また 記 録 訂 正 により 必 要 となる 裁 定 取 消 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 や 通 算 対 象 期 間 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 5,873,174 8

14 老 齢 年 金 の 受 給 要 56 件 等 の 誤 り 北 海 道 旭 川 57 香 川 高 松 東 58 岩 手 宮 古 59 青 森 弘 前 60 高 知 高 知 東 61 埼 玉 越 谷 1998 年 7 月 9 日 9 月 5 日 2005 年 4 月 7 日 1996 年 2 月 1 日 1994 年 8 月 4 日 1997 年 8 月 12 日 6 月 30 日 9 月 25 日 4 月 18 日 2 月 24 日 5 月 2 日 10 月 17 日 機 構 本 部 や 事 務 センターから 連 絡 があり 老 齢 年 金 の 受 給 に 必 要 な 期 間 の 確 認 不 足 による 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 受 給 要 件 や 受 給 権 発 生 年 月 日 について 周 知 するとともに 研 修 を 行 いました 機 構 本 部 から 連 絡 があり 合 算 対 象 期 間 や 任 意 加 入 期 間 の 確 認 不 足 により 受 給 資 格 を 満 たしていないのにもかかわらず 老 齢 基 礎 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 取 消 を 行 いました 担 当 部 署 において 合 算 対 象 期 間 や 任 意 加 入 の 取 扱 いについて 説 明 し 受 付 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 4,097,708 1 名 未 払 い 1,944,888 1 名 未 払 い 17,500 1 名 未 払 い 489,956 1 名 過 払 い 616, 大 阪 淀 川 63 大 阪 淀 川 64 徳 島 徳 島 南 65 岡 山 高 梁 66 千 葉 船 橋 67 老 齢 年 金 の 共 済 組 合 期 間 の 誤 り 鳥 取 倉 吉 68 大 阪 貝 塚 69 長 野 松 本 70 大 阪 福 島 71 大 阪 堺 東 72 北 海 道 稚 内 73 岩 手 一 関 1991 年 9 月 15 日 2004 年 4 月 13 日 1988 年 4 月 14 日 1989 年 2 月 23 日 1999 年 7 月 22 日 1992 年 3 月 31 日 2005 年 7 月 7 日 1985 年 6 月 27 日 1992 年 4 月 16 日 1996 年 11 月 1 日 1998 年 4 月 2 日 2004 年 5 月 12 日 8 月 14 日 3 月 17 日 4 月 8 日 5 月 19 日 6 月 25 日 7 月 31 日 10 月 25 日 6 月 18 日 1 月 6 日 4 月 9 日 5 月 23 日 2010 年 10 月 4 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 本 来 任 意 加 入 期 間 のため 国 民 年 金 の 免 除 期 間 とはならないところ 老 齢 年 金 の 裁 定 の 際 に 免 除 期 間 としたまま 老 齢 年 金 を 決 定 していることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 本 人 記 録 と 配 偶 者 記 録 の 双 方 について 確 認 の 必 要 性 を 説 明 し 特 に 任 意 加 入 期 間 について 注 意 するよう 周 知 徹 底 しました 遺 族 年 金 請 求 時 又 は 機 構 本 部 からの 連 絡 や 記 録 調 査 時 の 確 認 により 共 済 組 合 加 入 期 間 確 認 通 知 書 等 の 確 認 不 足 による 共 済 加 入 期 間 の 算 入 漏 れが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 遺 族 年 金 請 求 時 に 共 済 組 合 加 入 期 間 確 認 通 知 書 等 の 確 認 不 足 による 共 済 加 入 期 間 の 算 入 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 理 解 が 得 られませんでした 記 録 を 訂 正 し 過 払 いに 係 る 返 納 金 納 入 告 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 1 名 過 払 い 4,228 1 名 過 払 い 70,000 1 名 過 払 い 218,885 1 名 過 払 い 52,557 1 名 過 払 い 27,281 1 名 未 払 い 9,043,403 1 名 未 払 い 370,087 1 名 未 払 い 191,991 1 名 未 払 い 1,080,000 1 名 未 払 い 2,926,620 1 名 未 払 い 145,816 1 名 過 払 い 232,139 9

15 老 齢 年 金 の 共 済 組 74 合 期 間 の 誤 り 東 京 立 川 75 神 奈 川 横 浜 中 76 愛 媛 松 山 西 77 福 岡 小 倉 北 78 東 京 新 宿 79 鳥 取 倉 吉 80 東 京 千 代 田 81 熊 本 事 務 センター 82 福 岡 西 福 岡 1996 年 8 月 21 日 1998 年 2 月 12 日 2008 年 10 月 2 日 2003 年 1 月 18 日 2003 年 8 月 14 日 2000 年 3 月 27 日 1993 年 1 月 頃 1 月 12 日 11 月 2 日 7 月 11 日 2 月 18 日 4 月 4 日 4 月 10 日 12 月 5 日 6 月 30 日 7 月 16 日 9 月 19 日 5 月 16 日 年 金 相 談 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センター 他 の 年 金 事 務 所 からの 連 絡 によ り 共 済 組 合 加 入 期 間 確 認 通 知 書 等 の 確 認 不 足 による 共 済 加 入 期 間 の 算 入 誤 り が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 他 の 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 旧 三 共 済 組 合 期 間 の 確 認 不 足 により 本 来 退 職 共 済 年 金 として 決 定 すべきところ 誤 って 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 を 決 定 し ていたことが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 旧 三 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 75,000 1 名 過 払 い 91,931 1 名 過 払 い 161,000 1 名 過 払 い 303,003 1 名 過 払 い 2,384,443 1 名 過 払 い 2,266,000 1 名 過 払 い 399,687 1 名 未 払 い 3,969, 東 京 港 84 石 川 七 尾 1993 年 7 月 20 日 1987 年 12 月 頃 2011 年 10 月 31 日 8 月 22 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 共 済 組 合 へ 移 管 された 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 について 機 構 における 移 管 処 理 がされないまま 老 齢 厚 生 年 金 や 通 算 老 齢 年 金 として 決 定 されていることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 処 理 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 共 済 組 合 期 間 の 取 扱 いの 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 1 名 過 払 い 359,703 10

16 85 老 齢 年 金 の 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 誤 山 形 山 形 り 86 東 京 江 戸 川 87 宮 崎 延 岡 88 北 海 道 稚 内 89 北 海 道 札 幌 東 90 山 口 宇 部 91 鹿 児 島 鹿 屋 92 鹿 児 島 鹿 児 島 北 93 山 形 鶴 岡 94 大 阪 事 務 センター 老 齢 年 金 の 国 民 年 金 や 厚 生 年 金 期 間 の 誤 り 95 兵 庫 東 灘 2002 年 4 月 10 日 1988 年 8 月 4 日 2000 年 5 月 頃 1978 年 8 月 3 日 1961 年 5 月 1 日 1997 年 10 月 3 日 1976 年 11 月 19 日 2009 年 2 月 19 日 1997 年 1 月 9 日 2000 年 6 月 1 日 2000 年 3 月 28 日 2011 年 2 月 21 日 7 月 23 日 3 月 27 日 12 月 17 日 12 月 20 日 2011 年 2 月 3 日 6 月 11 日 6 月 11 日 7 月 28 日 11 月 7 日 6 月 21 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 又 は 年 金 記 録 調 査 時 の 記 録 確 認 により 老 齢 年 金 の 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 削 除 漏 れが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 しました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 処 理 を 行 いました 過 徴 収 のあるお 客 様 については 還 付 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 有 無 等 年 金 記 録 を 十 分 確 認 する よう 徹 底 しました 遺 族 年 金 の 請 求 時 に 老 齢 年 金 の 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 削 除 漏 れが 判 明 し ました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 第 四 種 被 保 険 者 期 間 の 有 無 等 年 金 記 録 を 十 分 確 認 する よう 徹 底 しました 1 名 過 徴 収 81,092 1 名 過 徴 収 23,367 1 名 過 払 い 67,464 1 名 過 徴 収 3,823 1 名 過 払 い 34,690 1 名 過 払 い 237,806 1 名 過 徴 収 20,020 1 名 過 徴 収 656,955 1 名 過 払 い 248,937 1 名 過 払 い 299,000 事 務 センターから 連 絡 があり 第 3 号 被 保 険 者 期 間 が 不 整 合 のまま 老 齢 基 礎 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 26, 沖 縄 事 務 センター 97 愛 媛 松 山 西 8 月 14 日 2005 年 4 月 1 日 9 月 17 日 9 月 9 日 年 金 相 相 談 時 又 は 機 構 本 部 からの 連 絡 により 年 金 記 録 の 重 複 期 間 を 補 正 す ることなく 老 齢 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 記 録 の 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いまし た 担 当 部 署 において 審 査 時 の 年 金 記 録 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,791 1 名 過 払 い 111, 東 京 港 2002 年 9 月 4 日 7 月 9 日 年 金 相 談 時 に 老 齢 年 金 の 裁 定 後 に 国 民 年 金 納 付 記 録 を 補 正 したものの 再 裁 定 処 理 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 記 録 補 正 時 における 再 裁 定 の 要 否 等 の 確 認 を 徹 底 するよ う 周 知 しました 1 名 未 払 い 44, 香 川 高 松 東 1997 年 2 月 20 日 1 月 15 日 遺 族 年 金 請 求 書 の 点 検 時 に 国 民 年 金 特 別 一 時 金 の 支 給 対 象 となった 期 間 に ついて 本 来 保 険 料 納 付 済 期 間 から 削 除 すべきところ 記 録 訂 正 を 行 わずに 老 齢 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 977,472 11

17 老 齢 年 金 の 国 民 年 金 や 厚 生 年 金 期 間 の 誤 り 100 大 阪 事 務 センター 3 月 24 日 10 月 14 日 他 の 事 務 センターから 連 絡 があり 記 録 調 査 時 の 確 認 不 足 により 脱 退 手 当 金 支 給 済 みの 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 であったのにもかかわらず 新 たに 判 明 した 期 間 として 記 録 を 追 加 し 再 裁 定 を 行 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が 新 たに 判 明 した 際 には 脱 退 手 当 金 の 支 払 いの 有 無 等 の 確 認 を 慎 重 に 行 うよう 周 知 徹 底 しました 1 名 過 払 い 8,030, 栃 木 栃 木 1982 年 10 月 14 日 6 月 5 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 老 齢 年 金 裁 定 時 において 月 額 変 更 記 録 の 収 録 が 完 了 しないうちに 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 しました 差 額 分 は 発 生 しないものの 記 録 の 訂 正 を 行 いました 現 在 は 裁 定 後 に 記 録 を 訂 正 する 場 合 にはお 客 様 の 了 承 を 得 ることにしていま すが 朝 礼 時 に 年 金 記 録 の 確 認 等 について 周 知 徹 底 しました 老 齢 基 礎 老 齢 厚 生 年 金 繰 上 請 求 に 係 る 誤 裁 定 につい て 102 岡 山 岡 山 広 域 事 務 センター 8 月 8 日 2 月 6 日 ブロック 本 部 から 連 絡 があり 共 済 組 合 への 繰 上 げ 請 求 年 月 日 の 確 認 不 足 か ら 本 来 退 職 共 済 年 金 の 受 付 日 と 同 日 にすべき 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 権 発 生 年 月 日 の 決 定 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 共 済 組 合 期 間 がある 場 合 の 繰 上 げの 取 扱 い 及 び 受 付 年 月 日 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 44, 北 海 道 事 務 センター 2006 年 12 月 4 日 11 月 5 日 ブロック 本 部 から 連 絡 があり 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 が 適 用 される 退 職 共 済 年 金 受 給 者 について 一 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 裁 定 時 に 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 登 録 を 漏 らしたため 老 齢 基 礎 年 金 額 を 誤 って 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 の 適 用 を 受 ける 退 職 共 済 年 金 受 給 者 の 繰 上 げ 請 求 に 係 る 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 81, 奈 良 奈 良 8 月 17 日 12 月 14 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 請 求 時 期 を 誤 って 案 内 し 裁 定 したことで 年 金 額 がお 客 様 の 希 望 どおりとなっていなかったことが 判 明 しまし た 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 及 び 繰 上 げに 係 る 取 扱 いを 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 41, 奈 良 奈 良 9 月 14 日 12 月 13 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 65 歳 以 降 に 請 求 していなかった 分 の 老 齢 厚 生 年 金 について さかのぼりの 受 給 を 希 望 していたのにもかかわらず 請 求 時 点 にお ける 繰 下 げ 請 求 を 案 内 し 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 請 求 方 法 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 224,611 12

18 106 老 齢 基 礎 老 齢 厚 生 年 金 繰 上 請 求 に 係 る 誤 裁 定 につい て 東 京 中 野 3 月 17 日 6 月 11 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 委 託 社 会 保 険 労 務 士 が 繰 下 げ 請 求 を 行 った 際 に 請 求 月 以 前 の 年 金 もさかのぼって 支 給 する 旨 の 誤 った 説 明 を 行 い 繰 下 げ 請 求 書 を 受 付 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 に 取 扱 いを 協 議 することで 了 承 を 得 ました 繰 下 げ 請 求 の 取 消 を 行 い お 客 様 の 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 社 会 保 険 労 務 士 会 から 委 託 社 会 保 険 労 務 士 に 対 し 指 導 が 行 われました 1 名 未 払 い 1,978, 東 京 目 黒 1 月 27 日 4 月 3 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 委 託 業 者 が 請 求 者 が70 歳 到 達 時 点 での 繰 下 げ を 希 望 していたのにもかかわらず 繰 下 げ 請 求 手 続 きの 案 内 を 漏 らしていたこと が 判 明 しました 協 議 しました 繰 下 げ 請 求 書 を 受 付 し 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 し ました 委 託 業 者 に 対 して 再 発 防 止 策 を 講 ずるよう 指 導 するとともに 担 当 部 署 にお いて 支 給 開 始 時 期 等 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 275, 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 等 の 誤 り 茨 城 水 戸 北 109 香 川 善 通 寺 110 香 川 善 通 寺 111 徳 島 徳 島 北 112 静 岡 掛 川 113 新 潟 新 発 田 114 新 潟 上 越 115 宮 崎 宮 崎 116 千 葉 市 川 117 静 岡 清 水 118 宮 崎 都 城 119 宮 崎 宮 崎 120 福 岡 西 福 岡 2002 年 5 月 30 日 2002 年 5 月 9 日 2000 年 9 月 28 日 2004 年 6 月 24 日 1989 年 9 月 14 日 1968 年 3 月 頃 1993 年 8 月 20 日 1994 年 11 月 10 日 2007 年 12 月 20 日 1992 年 8 月 16 日 1992 年 4 月 20 日 2005 年 4 月 6 日 2008 年 1 月 31 日 10 月 4 日 10 月 28 日 12 月 5 日 1 月 24 日 6 月 14 日 1 月 23 日 10 月 11 日 4 月 23 日 5 月 8 日 3 月 14 日 6 月 12 日 10 月 6 日 9 月 29 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 老 齢 年 金 及 び 遺 族 年 金 裁 定 時 の 戦 時 加 算 記 録 の 登 録 漏 れが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 し たことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 447,795 1 名 未 払 い 1,159,786 1 名 未 払 い 1,843,505 1 名 未 払 い 79,490 1 名 未 払 い 851,511 2 名 未 払 い 1,432,298 1 名 未 払 い 2,631,225 1 名 未 払 い 1,440,033 2 名 未 払 い 1,760,263 1 名 未 払 い 1,223,273 1 名 未 払 い 1,236,676 1 名 未 払 い 80,534 1 名 未 払 い 320,535 13

19 遺 族 年 金 の 受 給 要 121 件 等 の 誤 り 千 葉 幕 張 122 青 森 弘 前 123 栃 木 大 田 原 124 北 海 道 帯 広 1994 年 6 月 2 日 1992 年 12 月 24 日 1987 年 6 月 頃 2002 年 3 月 1 日 10 月 24 日 3 月 6 日 4 月 3 日 7 月 24 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 共 済 組 合 への 短 期 要 件 の 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 であることの 確 認 不 足 により 長 期 要 件 の 遺 族 厚 生 年 金 を 誤 って 裁 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 短 期 要 件 の 遺 族 共 済 年 金 受 給 権 者 については 長 期 要 件 の 遺 族 厚 生 年 金 は 支 給 されないことについて 周 知 し 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 の 確 認 を 徹 底 しました 年 金 相 談 の 際 に 受 給 要 件 の 確 認 不 足 により 金 額 的 に 不 利 となる 条 文 を 適 用 し 遺 族 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 遺 族 年 金 を 裁 定 する 際 には 年 金 記 録 や 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 を 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 1 名 過 払 い 797,250 1 名 過 払 い 114,691 1 名 過 払 い 176,420 1 名 未 払 い 8,780, 福 島 事 務 センター 6 月 6 日 7 月 9 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 相 談 事 跡 や 共 済 加 入 期 間 の 確 認 不 足 により 金 額 的 に 不 利 となる 条 文 を 適 用 し 遺 族 厚 生 年 金 を 裁 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 遺 族 年 金 を 裁 定 する 際 には 年 金 記 録 や 遺 族 年 金 の 受 給 要 件 を 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 126 大 阪 堀 江 127 栃 木 大 田 原 128 岩 手 一 関 129 宮 崎 宮 崎 130 鹿 児 島 奄 美 大 島 2003 年 2 月 13 日 1978 年 7 月 22 日 1994 年 6 月 29 日 1999 年 8 月 6 日 1993 年 3 月 11 日 4 月 30 日 10 月 8 日 11 月 19 日 12 月 17 日 2 月 12 日 年 金 相 談 時 又 は 機 構 本 部 からの 連 絡 により 年 金 記 録 の 確 認 不 足 から 遺 族 厚 生 年 金 及 び 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 要 件 を 満 たしているのにもかかわらず 遺 族 基 礎 年 金 のみを 決 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 うことで 了 承 を 得 ました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 受 給 要 件 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 267,992 1 名 未 払 い 22,773,354 1 名 未 払 い 259,199 1 名 未 払 い 119,875 1 名 未 払 い 169,573 14

20 障 害 年 金 の 受 給 要 件 等 の 誤 り 131 愛 知 事 務 センター 2011 年 3 月 24 日 4 月 3 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 障 害 年 金 決 定 時 に 受 給 権 発 生 年 月 日 を20 歳 到 達 年 月 日 とすべきところ 請 求 書 の 受 付 年 月 日 で 登 録 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 いました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 65, 愛 知 事 務 センター 8 月 7 日 8 月 27 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 初 診 日 から1 年 6か 月 を 経 過 せずに 症 状 が 固 定 した 場 合 の 障 害 年 金 の 認 定 日 請 求 について 受 給 権 発 生 年 月 日 を 症 状 が 固 定 した 日 とすべきところ 初 診 日 から1 年 6か 月 を 経 過 した 年 月 日 で 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 障 害 認 定 日 の 取 扱 いや 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 772, 本 部 134 群 馬 旧 社 会 保 険 業 務 センター 高 崎 広 域 事 務 センター 1999 年 7 月 22 日 2007 年 10 月 10 日 10 月 9 日 10 月 8 日 他 の 部 署 からの 連 絡 又 は 障 害 状 態 の 再 認 定 作 業 時 の 確 認 により 2つの 傷 病 により 併 合 認 定 を 行 い 障 害 年 金 を 決 定 すべきところ 1つの 傷 病 のみで 審 査 を 行 い 障 害 年 金 を 決 定 していたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 しました 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 傷 病 名 や 診 断 書 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 1,969,283 1 名 未 払 い 1,135, 本 部 機 構 本 部 ( 障 害 年 金 業 務 部 ) 7 月 23 日 10 月 16 日 他 の 部 署 から 連 絡 があり 障 害 厚 生 年 金 の 不 支 給 決 定 にあたり 請 求 事 由 の 確 認 不 足 から 誤 った 内 容 で 不 支 給 決 定 を 行 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 が 不 支 給 決 定 の 内 容 について 訂 正 を 行 い お 詫 びの 文 書 及 び 正 しい 不 支 給 決 定 通 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 請 求 事 由 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 136 説 明 誤 り 福 岡 南 福 岡 4 月 28 日 10 月 27 日 事 務 センターから 連 絡 があり 相 談 時 の 合 算 対 象 期 間 の 確 認 不 足 により 納 付 要 件 を 満 たしていないのにもかかわらず 障 害 年 金 の 請 求 を 案 内 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 正 式 な 決 定 を 希 望 したため 審 査 を 行 い 却 下 通 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 納 付 要 件 の 確 認 については 複 数 人 で 行 うことを 徹 底 するよ う 周 知 しました 15

21 137 障 害 年 金 の 所 得 調 査 や 額 改 定 請 求 等 神 奈 川 事 務 センター の 誤 り 138 北 海 道 事 務 センター 139 本 部 機 構 本 部 ( 障 害 年 金 業 務 部 ) 140 熊 本 事 務 センター 2011 年 3 月 4 日 2009 年 7 月 16 日 12 月 13 日 7 月 25 日 9 月 26 日 8 月 21 日 8 月 4 日 11 月 28 日 お 客 様 からの 問 合 せ 又 は 障 害 状 態 の 再 認 定 作 業 時 の 確 認 により 障 害 年 金 決 定 時 における 障 害 等 級 や 診 断 書 コードの 登 録 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 機 構 本 部 へ 進 達 した 障 害 年 金 の 額 改 定 報 告 書 の 内 容 を 再 確 認 したところ 診 断 書 コードの 記 載 を 誤 ったことで 本 来 提 出 の 必 要 のない 診 断 書 が 案 内 されたま ま 診 断 書 未 提 出 として 支 払 が 差 止 となっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 し い 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 審 査 時 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 456,400 1 名 未 払 い 1,294,900 1 名 未 払 い 161, 大 分 大 分 2009 年 8 月 頃 5 月 20 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 障 害 年 金 請 求 時 に 初 診 日 の 証 明 が 添 付 されてい ないのにもかかわわず 障 害 年 金 に 該 当 しないものとして 連 絡 し 請 求 書 を 返 戻 し ていたことが 判 明 しました 協 議 しました あらためて 審 査 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 し ました 担 当 部 署 において 返 戻 内 容 などに 不 明 確 な 点 がある 場 合 には 必 ず 審 査 担 当 者 に 確 認 するよう 周 知 徹 底 しました 1 名 未 払 い 3,869, 静 岡 島 田 5 月 16 日 10 月 24 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 初 診 日 が 厚 生 年 金 加 入 中 ではないと 判 断 されたた め 機 構 本 部 から 返 戻 された 障 害 厚 生 年 金 請 求 書 について 本 来 事 務 センターに 進 達 すべき 障 害 基 礎 年 金 請 求 書 とともに 再 度 機 構 本 部 に 進 達 したことにより 不 支 給 決 定 されていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 から 返 戻 された 障 害 基 礎 年 金 の 裁 定 を 行 いました 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 請 求 書 の 進 達 先 の 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 143 本 部 機 構 本 部 ( 障 害 年 金 業 務 部 ) 9 月 18 日 12 月 10 日 担 当 部 署 において 裁 定 後 の 障 害 厚 生 年 金 について 確 認 したところ 入 力 処 理 時 の 警 告 事 故 リストの 確 認 不 足 から 本 来 年 金 額 には 反 映 されない 保 険 料 徴 収 権 が 時 効 消 滅 した 期 間 を 含 んで 決 定 していたことが 判 明 しました 担 当 者 が 障 害 厚 生 年 金 の 再 裁 定 を 行 い お 詫 びの 文 書 及 び 正 しい 年 金 証 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 警 告 事 故 リスト 出 力 時 の 確 認 等 を 徹 底 する よう 周 知 しました 144 愛 媛 事 務 センター 6 月 30 日 9 月 24 日 市 役 所 から 連 絡 があり 初 診 日 が 国 民 年 金 第 1 号 被 保 険 者 期 間 ではないた め 本 来 市 役 所 が 受 付 けできない 障 害 基 礎 年 金 請 求 書 を 預 かり 事 務 センター へ 回 付 したことにより 受 給 権 発 生 年 月 日 がお 客 様 への 説 明 と 異 なっていたこと が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 市 役 所 で 預 かった 日 付 を 受 給 権 発 生 年 月 日 として 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 市 役 所 より 再 発 防 止 策 等 の 報 告 がありました 1 名 未 払 い 119,991 16

22 障 害 年 金 の 所 得 調 査 や 額 改 定 請 求 等 の 誤 り 145 滋 賀 事 務 センター 7 月 14 日 2015 年 1 月 7 日 お 客 様 からの 問 合 せにより 障 害 年 金 の 所 得 調 査 時 に 併 せて 入 力 処 理 を 行 わ なければならない 現 況 届 について お 客 様 の 転 居 先 を 管 轄 する 事 務 センターへ の 入 力 依 頼 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたこ とを 確 認 しました 担 当 部 署 において 複 数 人 によるチェックを 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 257, 熊 本 事 務 センター 9 月 10 日 10 月 3 日 担 当 部 署 において 障 害 年 金 の 所 得 調 査 後 に 点 検 したところ 所 得 状 況 連 名 簿 に 誤 って 死 亡 年 月 日 を 表 示 し 引 き 継 いだ 担 当 者 も 市 役 所 への 確 認 を 漏 らしたこ とから 年 金 が 支 払 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 所 得 状 況 連 名 簿 に 死 亡 の 表 示 があった 際 においても 市 区 町 村 への 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 161,000 未 支 給 年 金 に 係 る 誤 り 147 大 阪 淀 川 4 月 8 日 7 月 31 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 死 亡 した 受 給 者 が 複 数 の 年 金 を 受 給 していたもの の 未 支 給 年 金 請 求 書 への 年 金 コードの 記 入 について 一 方 のみを 案 内 したこと から 他 方 の 年 金 が 未 払 いとなっていることが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 請 求 書 受 付 時 の 点 検 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 108, 本 部 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 8 月 4 日 10 月 28 日 他 の 部 署 から 連 絡 があり 再 裁 定 により 発 生 した 未 支 給 年 金 を 決 定 する 際 に 請 求 者 の 続 柄 の 登 録 を 誤 ったことから 特 別 徴 収 を 行 う 必 要 のない 介 護 保 険 料 を 差 し 引 いて 未 支 給 年 金 を 決 定 していたことが 判 明 しました お 客 様 との 連 絡 がつかなかったものの 訂 正 を 行 い 未 払 いとなった 年 金 の 支 払 を 行 いました 担 当 部 署 において 再 裁 定 後 に 追 加 の 処 理 が 必 要 な 場 合 には 再 裁 定 前 の 処 理 状 況 等 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,100 入 力 誤 り 149 本 部 150 本 部 151 本 部 説 明 誤 り 152 本 部 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 機 構 本 部 ( 支 払 部 ) 機 構 本 部 ( 年 金 相 談 部 ) 9 月 12 日 9 月 1 日 8 月 25 日 5 月 1 日 10 月 20 日 10 月 29 日 11 月 4 日 9 月 22 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 再 裁 定 により 発 生 した 未 支 給 年 金 を 決 定 する 際 に 請 求 者 氏 名 の 登 録 を 誤 ったことから 未 支 給 年 金 が 振 込 不 能 となっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 を 行 いました 正 しい 年 金 が 支 払 わ れたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 入 力 後 のチェック 等 を 確 実 に 行 うよう 周 知 徹 底 しました お 客 様 からの 問 合 せにより 委 託 業 者 が 未 支 給 年 金 を 請 求 できる 遺 族 の 範 囲 が 拡 大 した 時 期 及 び 死 亡 年 月 日 の 確 認 不 足 から 未 支 給 年 金 を 請 求 できない 続 柄 のお 客 様 に 対 して 請 求 書 を 案 内 していたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 理 解 が 得 られませんでした お 詫 びの 文 書 を 送 付 し 請 求 書 をお 客 様 に 返 戻 しました 委 託 業 者 に 対 して 再 発 防 止 策 を 講 ずるよう 指 導 しました 1 名 未 払 い 114,270 1 名 未 払 い 9,750 1 名 未 払 い 41,171 17

23 153 特 別 一 時 金 に 係 る 誤 り 岡 山 岡 山 広 域 事 務 センター 3 月 6 日 3 月 25 日 担 当 部 署 において 決 定 済 みの 特 別 一 時 金 について 機 構 本 部 から 送 付 された 一 覧 表 を 点 検 したところ 審 査 後 の 入 力 用 帳 票 への 転 記 誤 りから 特 別 一 時 金 が 過 払 いとなっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 転 記 を 廃 止 するなど 審 査 方 法 を 見 直 し 複 数 人 でのチェッ クを 徹 底 することを 周 知 しました 1 名 過 払 い 189,100 加 給 年 金 の 誤 り 154 愛 知 中 村 1992 年 9 月 頃 7 月 23 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 配 偶 者 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 配 偶 者 加 給 金 の 加 算 誤 りが 判 明 しました 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 戸 籍 等 の 添 付 書 類 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 98, 愛 知 大 曽 根 1995 年 10 月 20 日 10 月 23 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 夫 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 妻 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 妻 の 配 偶 者 加 給 金 の 加 算 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 等 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 1,760, 栃 木 大 田 原 157 東 京 府 中 158 愛 知 豊 橋 159 岡 山 岡 山 西 160 東 京 江 戸 川 2001 年 12 月 20 日 2008 年 2 月 14 日 2008 年 5 月 15 日 2010 年 10 月 22 日 1983 年 12 月 5 日 12 月 27 日 8 月 28 日 4 月 9 日 5 月 28 日 12 月 5 日 年 金 相 談 の 際 に 配 偶 者 の 老 齢 年 金 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 が 不 足 したこと により 加 給 年 金 額 加 算 開 始 事 由 該 当 届 の 案 内 を 行 わなかったことから 加 給 年 金 額 の 加 算 を 漏 らしていたことが 判 明 しました 協 議 し 届 出 を 案 内 しました 届 書 の 処 理 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 した ことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 等 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しました 遺 族 年 金 請 求 時 に 請 求 者 の 裁 定 原 簿 を 確 認 したところ 旧 法 の 厚 生 年 金 保 険 の 老 齢 年 金 裁 定 時 に 法 律 改 正 前 の 加 給 年 金 額 を 加 算 していたことが 判 明 しま した 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 旧 法 の 厚 生 年 金 保 険 の 加 給 年 金 に 係 る 取 扱 いについて 周 知 徹 底 しました 1 名 未 払 い 2,876,781 1 名 未 払 い 3,196,394 1 名 未 払 い 231,000 1 名 未 払 い 2,362,460 1 名 過 払 い 548, 宮 崎 延 岡 162 東 京 立 川 1990 年 1 月 頃 1994 年 10 月 27 日 2 月 6 日 10 月 18 日 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 老 齢 年 金 裁 定 時 に 配 偶 者 の 生 年 月 日 の 登 録 を 誤 り 加 給 年 金 額 の 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 戸 籍 等 の 添 付 書 類 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 19,108 1 名 未 払 い 1,820,136 18

24 加 給 年 金 の 誤 り 163 福 岡 直 方 164 神 奈 川 鶴 見 165 鹿 児 島 川 内 166 神 奈 川 相 模 原 167 東 京 板 橋 168 東 京 江 戸 川 169 神 奈 川 相 模 原 170 長 野 伊 那 171 東 京 港 172 愛 媛 松 山 東 173 北 海 道 稚 内 174 静 岡 浜 松 東 175 静 岡 浜 松 東 176 福 岡 直 方 177 島 根 松 江 1990 年 5 月 26 日 1993 年 7 月 20 日 1992 年 7 月 30 日 1987 年 5 月 19 日 1986 年 12 月 31 日 1999 年 11 月 25 日 1996 年 1 月 13 日 1995 年 6 月 22 日 1988 年 11 月 17 日 1996 年 5 月 16 日 1995 年 5 月 頃 1997 年 9 月 14 日 1997 年 9 月 10 日 2000 年 1 月 5 日 1995 年 3 月 2 日 9 月 17 日 12 月 6 日 3 月 6 日 8 月 20 日 3 月 28 日 3 月 7 日 4 月 15 日 6 月 4 日 7 月 23 日 8 月 28 日 9 月 5 日 9 月 13 日 2 月 10 日 9 月 20 日 7 月 11 日 年 金 事 務 所 における 再 裁 定 書 類 の 内 容 点 検 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センター からの 連 絡 により 老 齢 年 金 裁 定 時 に 配 偶 者 の 生 年 月 日 や 年 金 記 録 の 確 認 不 足 から 配 偶 者 状 態 の 登 録 を 誤 り 加 給 年 金 額 の 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しま した 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 に 係 る 処 理 を 行 い ました 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 し ました 1 名 未 払 い 81,830 1 名 未 払 い 321,638 1 名 未 払 い 838,177 1 名 未 払 い 4,543,369 1 名 未 払 い 1,654,987 1 名 未 払 い 175,500 1 名 未 払 い 486,986 1 名 過 払 い 1,263,475 1 名 未 払 い 171,600 1 名 未 払 い 480,187 1 名 未 払 い 778,282 1 名 未 払 い 129,648 1 名 未 払 い 496,984 1 名 未 払 い 398,250 1 名 未 払 い 162,808 19

25 加 給 年 金 の 誤 り 記 録 調 査 時 の 確 認 又 は 年 金 事 務 所 から 連 絡 により 障 害 厚 生 年 金 や 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 時 に 配 偶 者 の 年 金 記 録 の 確 認 不 足 から 配 偶 者 状 態 の 登 録 を 誤 178 本 部 旧 社 会 保 険 業 務 センター 2003 年 5 月 9 日 9 月 17 日 り 加 給 年 金 額 の 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 に 係 る 処 理 を 行 いました 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しまし た 担 当 部 署 において 年 金 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 し ました 1 名 過 払 い 1,094, 茨 城 事 務 センター 1991 年 12 月 12 日 10 月 21 日 1 名 未 払 い 33, 滋 賀 大 津 8 月 21 日 2 月 13 日 事 務 センターから 連 絡 があり 年 金 記 録 が 判 明 したことにより 既 に 決 定 した 老 齢 年 金 の 失 権 処 理 を 行 い 新 たに 裁 定 処 理 を 行 う 際 にあらためて 提 出 いただくべ き 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 届 の 案 内 を 漏 らしたことから 加 給 年 金 額 の 加 算 誤 りが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 年 金 の 失 権 処 理 及 び 裁 定 処 理 を 行 う 際 には 失 権 する 年 金 の 改 定 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,400, 振 替 加 算 の 誤 り 岩 手 一 関 1992 年 10 月 22 日 3 月 13 日 遺 族 年 金 請 求 時 に 請 求 者 の 老 齢 基 礎 年 金 の 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 振 替 加 算 を 誤 っていたこと が 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 しましたが 理 解 が 得 られませんでした 記 録 を 訂 正 し 過 払 いに 係 る 返 納 金 納 入 告 知 書 を 送 付 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しま した 1 名 過 払 い 3,239,150 20

26 182 振 替 加 算 の 誤 り 1995 年 遺 族 年 金 請 求 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 年 金 の 裁 定 佐 賀 唐 津 10 月 26 日 12 月 4 日 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 1980 年 振 替 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 183 兵 庫 尼 崎 11 月 20 日 1 月 27 日 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました 機 構 本 部 又 はブロック 本 1993 年 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 184 千 葉 千 葉 2 月 28 日 3 月 6 日 処 理 を 行 いました 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 2000 年 しました 185 東 京 千 代 田 8 月 31 日 3 月 11 日 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しま した なお2005 年 ( 平 成 17 年 )にシステム 修 正 を 行 い 現 在 では 同 様 事 案 発 生 1991 年 186 栃 木 栃 木 の 未 然 防 止 に 努 めています 4 月 20 日 6 月 20 日 187 東 京 八 王 子 1991 年 6 月 14 日 6 月 25 日 188 静 岡 三 島 2002 年 4 月 8 日 6 月 13 日 189 栃 木 大 田 原 1991 年 11 月 頃 6 月 13 日 190 東 京 練 馬 2002 年 8 月 15 日 8 月 13 日 191 東 京 練 馬 1995 年 8 月 3 日 8 月 15 日 192 愛 媛 宇 和 島 1991 年 5 月 20 日 8 月 20 日 193 和 歌 山 和 歌 山 西 2000 年 2 月 1 日 9 月 11 日 194 兵 庫 明 石 1991 年 9 月 30 日 6 月 27 日 195 北 海 道 札 幌 東 1987 年 5 月 18 日 9 月 17 日 196 千 葉 市 川 2000 年 2 月 頃 10 月 1 日 197 神 奈 川 川 崎 1992 年 4 月 20 日 9 月 26 日 198 広 島 備 後 府 中 1994 年 8 月 14 日 7 月 8 日 199 茨 城 事 務 センター 1992 年 7 月 2 日 9 月 17 日 200 茨 城 事 務 センター 1993 年 1 月 7 日 9 月 24 日 201 茨 城 事 務 センター 1990 年 5 月 11 日 11 月 14 日 202 山 梨 竜 王 1988 年 12 月 22 日 9 月 24 日 203 千 葉 市 川 1990 年 4 月 26 日 10 月 2 日 204 福 岡 南 福 岡 2009 年 7 月 30 日 11 月 10 日 遺 族 年 金 請 求 時 に 年 金 の 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 振 替 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 又 はブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 1,014,002 1 名 未 払 い 4,928,000 1 名 過 払 い 1,100,000 2 名 未 払 い 3,318,666 1 名 未 払 い 5,107,632 1 名 未 払 い 3,357,298 1 名 過 払 い 532,081 1 名 未 払 い 5,158,207 1 名 未 払 い 950,000 1 名 未 払 い 3,800,000 1 名 未 払 い 5,276,315 1 名 未 払 い 2,694,333 1 名 未 払 い 5,119,616 1 名 未 払 い 4,912,134 1 名 未 払 い 2,664,504 1 名 未 払 い 4,936,411 1 名 未 払 い 4,247,281 1 名 未 払 い 3,325,916 1 名 未 払 い 3,262,150 1 名 未 払 い 4,783,760 1 名 未 払 い 4,595,566 1 名 未 払 い 4,144,764 1 名 未 払 い 627,370 21

27 振 替 加 算 の 誤 り 205 長 崎 長 崎 南 1991 年 3 月 22 日 7 月 14 日 年 金 相 談 時 に 老 齢 年 金 の 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 不 足 により 事 実 と 異 なる 配 偶 者 状 態 を 登 録 したことにより 振 替 加 算 を 誤 っていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 しま した なお2005 年 ( 平 成 17 年 )にシステム 修 正 を 行 い 現 在 では 同 様 事 案 発 生 の 未 然 防 止 に 努 めています 1 名 未 払 い 2,370, 三 重 津 207 茨 城 水 戸 北 208 栃 木 宇 都 宮 西 209 山 梨 大 月 210 東 京 荒 川 211 栃 木 宇 都 宮 西 212 群 馬 太 田 213 岐 阜 美 濃 加 茂 214 山 梨 甲 府 215 長 野 長 野 南 216 山 口 宇 部 217 栃 木 栃 木 1996 年 8 月 14 日 1987 年 3 月 頃 2001 年 11 月 6 日 1995 年 11 月 頃 1991 年 10 月 24 日 2001 年 2 月 24 日 1990 年 3 月 1 日 1994 年 12 月 頃 2001 年 2 月 1 日 1995 年 3 月 6 日 1990 年 7 月 19 日 2002 年 6 月 24 日 10 月 2 日 10 月 23 日 8 月 18 日 8 月 26 日 8 月 26 日 8 月 25 日 9 月 12 日 9 月 16 日 10 月 22 日 12 月 15 日 8 月 1 日 8 月 9 日 年 金 相 談 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 夫 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 妻 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 妻 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 又 はブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 事 務 センターから 連 絡 があり 妻 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 夫 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 夫 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われて いないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 機 構 本 部 又 はブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,481,796 1 名 未 払 い 5,279,648 1 名 未 払 い 5,195,320 1 名 未 払 い 3,434,547 1 名 未 払 い 4,163,034 1 名 未 払 い 2,152,891 1 名 未 払 い 4,506,779 1 名 未 払 い 4,196,334 1 名 未 払 い 1,328,640 1 名 未 払 い 4,161,634 1 名 未 払 い 4,247,256 1 名 未 払 い 2,101, 茨 城 事 務 センター 1995 年 6 月 22 日 10 月 24 日 機 構 本 部 から 連 絡 があり 夫 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 妻 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 妻 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われてい ないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,871,431 22

28 振 替 加 算 の 誤 り 219 茨 城 事 務 センター 1988 年 6 月 23 日 12 月 11 日 未 支 給 請 求 書 の 審 査 の 際 に 年 金 記 録 を 確 認 したところ 妻 の 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 後 に 夫 の 配 偶 者 状 態 の 変 更 依 頼 を 漏 らしたことから 夫 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 処 理 が 行 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 しました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 が 支 払 われたことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 や 配 偶 者 状 態 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 め るよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 4,852, 兵 庫 尼 崎 221 愛 知 名 古 屋 西 222 福 岡 南 福 岡 223 東 京 八 王 子 224 千 葉 事 務 センター 1997 年 12 月 7 日 2000 年 3 月 15 日 1994 年 3 月 18 日 1992 年 7 月 31 日 1999 年 5 月 23 日 1 月 15 日 7 月 29 日 8 月 27 日 7 月 15 日 4 月 30 日 未 支 給 年 金 請 求 時 又 は 機 構 本 部 や 事 務 センターからの 連 絡 により 老 齢 基 礎 年 金 請 求 時 に 配 偶 者 との 生 計 維 持 関 係 を 確 認 できる 添 付 書 類 や 老 齢 基 礎 年 金 額 加 算 開 始 事 由 該 当 届 の 提 出 案 内 を 漏 らしたことから 老 齢 基 礎 年 金 の 振 替 加 算 が 支 給 されていないことが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 正 しい 年 金 の 支 払 が 完 了 した ことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 等 の 確 認 を 徹 底 し 再 発 防 止 に 努 めるよう 周 知 し ました 機 構 本 部 からの 連 絡 により 老 齢 厚 生 年 金 の 再 裁 定 時 に 年 金 記 録 の 確 認 が 不 十 分 であったために 加 給 年 金 額 加 算 開 始 事 由 該 当 届 の 案 内 を 漏 らしたことか ら 加 給 年 金 額 の 加 算 及 び 配 偶 者 の 老 齢 基 礎 年 金 の 振 替 加 算 の 支 給 漏 れが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 記 録 の 訂 正 を 行 い 加 給 年 金 及 び 振 替 加 算 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 再 裁 定 を 行 う 際 の 年 金 記 録 の 確 認 を 徹 底 するよう 周 知 しま した 1 名 未 払 い 3,090,432 1 名 未 払 い 1,707,799 1 名 未 払 い 4,421,334 1 名 未 払 い 3,310,093 2 名 未 払 い 2,595,157 年 金 分 割 に 係 る 誤 り 225 本 部 旧 社 会 保 険 業 務 センター 2008 年 7 月 18 日 10 月 14 日 年 金 事 務 所 から 連 絡 があり 離 婚 時 の 年 金 分 割 による 標 準 報 酬 改 定 請 求 の 処 理 を 行 った 際 に 旧 法 の 厚 生 年 金 保 険 の 受 給 者 については 出 力 されたリストによ り 手 作 業 で 年 金 額 の 改 定 処 理 を 行 うべきところ リストの 確 認 不 足 により 改 定 処 理 が 行 われていないことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 記 録 の 訂 正 及 び 返 納 の 処 理 を 行 いまし た 担 当 部 署 において リスト 出 力 後 の 作 業 について 確 認 し 再 発 防 止 に 努 めるよ う 周 知 しました 1 名 過 払 い 4,217, 京 都 事 務 センター 1 月 16 日 1 月 26 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 年 金 分 割 の 請 求 期 限 の 直 前 に 郵 送 された 標 準 報 酬 改 定 請 求 書 に 不 備 があり 返 戻 準 備 中 に 請 求 期 限 を 過 ぎたことから 返 戻 の 際 に 再 提 出 はできないと 誤 った 説 明 をしていたことが 判 明 しました 協 議 しました 請 求 書 が 郵 送 された 日 をもって 改 定 処 理 を 行 いました 担 当 部 署 において 請 求 期 限 が 近 づいている 標 準 報 酬 改 定 請 求 書 の 点 検 を 周 知 徹 底 しました 2 名 未 払 い 118,000 23

29 年 金 選 択 の 誤 り 227 滋 賀 大 津 228 長 崎 佐 世 保 229 長 野 松 本 4 月 2 日 3 月 7 日 2010 年 4 月 2 日 10 月 28 日 8 月 23 日 2010 年 11 月 5 日 お 客 様 から 問 合 せがあり 年 金 額 や 労 働 者 災 害 補 償 保 険 の 障 害 補 償 税 金 の 考 慮 漏 れにより お 客 様 に 有 利 な 年 金 選 択 となっていないことが 判 明 しました 協 議 し 訂 正 を 行 いました 過 払 いがあるお 客 様 については 返 納 の 処 理 を 行 いま した 未 払 いがあるお 客 様 については 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 年 金 選 択 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 過 払 い 97,717 1 名 未 払 い 182,716 1 名 過 払 い 356, 群 馬 高 崎 5 月 14 日 11 月 9 日 1 名 過 払 い 51, 岩 手 花 巻 2008 年 8 月 14 日 1 月 23 日 お 客 さまから 問 合 せがあり 確 認 したところ 65 歳 から 遺 族 厚 生 年 金 と 旧 法 国 民 年 金 の 通 算 老 齢 年 金 が 併 せて 受 給 できるのにもかかわらず 通 算 老 齢 年 金 が 支 給 停 止 となっていることが 判 明 しました 協 議 することで 了 承 を 得 ました 選 択 処 理 を 行 い 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 複 数 の 年 金 を 受 け 取 っている 場 合 の 年 金 選 択 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 3,806, 宮 崎 延 岡 1989 年 11 月 頃 2 月 6 日 事 務 センターから 連 絡 があり 年 金 受 給 選 択 処 理 にあたりいったん 支 払 いの 保 留 を 行 ったものの その 後 保 留 処 理 の 解 除 を 漏 らしたことにより 老 齢 年 金 が 支 払 保 留 のままとなっていたことが 判 明 しました 担 当 者 がお 客 様 にお 詫 びの 上 説 明 し 了 承 を 得 ました ブロック 本 部 に 取 扱 いを 協 議 し 訂 正 を 行 い 年 金 の 支 払 が 完 了 したことを 確 認 しました 担 当 部 署 において 年 金 記 録 及 び 年 金 選 択 の 取 扱 いの 確 認 等 を 徹 底 するよう 周 知 しました 1 名 未 払 い 8,711,183 24

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

年金だより14号.indd

年金だより14号.indd 第 14 号 平 成 25 12 月 発 行 も く じ P2 額 の 特 例 水 準 の 解 消 について P7-9 こんなときには 届 出 を P3 複 数 の をお 持 ちの 方 へ P10-11 相 談 窓 口 一 覧 P4-6 公 的 等 の 源 泉 徴 収 票 と 確 定 申 告 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 額 の 特 例 水 準

More information

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません 第 16 号 平 成 26 年 12 月 発 行 も く じ P2-4 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 P7-10 こんなきには 届 出 を P5-6 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 について P11 年 金 相 談 窓 口 一 覧 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください 入 札 なう ご 利 用 申 込 書 お 申 込 み 日 : 年 月 日 * 必 須 項 目 代 理 店 ID 会 社 名 * 会 社 名 かな* 印 支 店 名 郵 便 番 号 * 住 所 * 電 話 番 号 * 携 帯 電 話 番 号 部 署 名 FAX 番 号 役 職 名 ご 契 約 担 当 者 名 * 姓 名 ご 契 約 担 当 者 名 かな* 姓 名 メールアドレス* 入 札 なうメルマガを

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 民 生 委 員 推 薦 会 推 薦 審 議 推 薦 調 書 作 成 10 1 民 生 委 員 候 補 者 推 薦 進 達 社 会

別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 民 生 委 員 推 薦 会 推 薦 審 議 推 薦 調 書 作 成 10 1 民 生 委 員 候 補 者 推 薦 進 達 社 会 別 紙 8-1 現 行 業 務 スケジュール 表 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 ) 数 ( 印 刷 枚 数 件 数 ) 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 検 索 担 当 地 区 担 当 民 生 委 員 の 検 索 10 1 辞 任 辞 任 時 の 資 格 内 容 委 嘱 年 月 日 在 職 期 間 の 確 認 2 1 検 索 担 当 地 区 担 当 民 生 委 員 の

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱 平 成 28 年 6 月 平 成 28 年 度 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 確 認 調 査 実 施 要 領 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 実 施 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 1 (3) 実 施 手 順 (スケジュール) 1 (4) 送 付 物 1 (5) 調 書 への 住 所 印 字 について 2 (6) 調 書 の 提 出 について 2 (7) 留 意 点 等 3

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

補償業務管理士検定試験(口述試験)

補償業務管理士検定試験(口述試験) 補 償 業 務 管 理 士 検 定 試 験 ( 筆 記 試 験 ) 受 験 の 案 内 ( 平 成 24 年 度 ) 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 目 次 はじめに 1 1. 筆 記 試 験 受 験 資 格 のある 者 1 2. 筆 記 試 験 に 係 る 研 修 修 了 証 書 ( 共 通 科 目 及 び 専 門 科 目 )の 有 効 期 限 について 1 3. 手 続

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B408AD68E8F817582BB82F182DB414452835A8393835E815B8176939D8C768D868169323031325133816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B408AD68E8F817582BB82F182DB414452835A8393835E815B8176939D8C768D868169323031325133816A2E646F63> そんぽADRセンター ( 損 害 保 険 相 談 紛 争 解 決 サポートセンター) 統 計 号 2012 年 度 第 3 四 半 期 そんぽADRセンターにおける 苦 情 紛 争 解 決 手 続 の 実 施 概 況 2012 年 度 第 3 四 半 期 (2012 年 10 月 1 日 ~12 月 31 日 )に 新 規 に 受 け 付 けた 手 続 件 数 ( 新 受 )は 苦 情 解 決 手

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

(参考)国民年金保険料の免除等について

(参考)国民年金保険料の免除等について ( 参 考 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 について 1. 保 険 料 の 免 除 猶 予 について 所 得 が 少 ないなど 保 険 料 を 納 めることが 経 済 的 に 困 難 な 場 合 には 本 人 の 申 請 手 続 き によって 承 認 を 受 けると 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 ( 次 の3 種 類 )が あります なお 保 険

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル 勧 奨 編 平 成 24 年 度 版 年 金 相 談 マニュアル 平 成 24 年 度 版 国 年 適 用 種 類 通 知 書 名 出 力 ( 発 送 ) 契 機 頁 資 格 取 得 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 種 別 変 更 ( 第 1 号 被 保 険 者 該 当 ) 種 別 確 認 ( 第 3 号 被 保 険 者 該 当 ) 届 書 国 民 年 金

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

H25修正加入者・運用指図者の手引き.indd

H25修正加入者・運用指図者の手引き.indd 個 人 型 確 定 拠 出 年 金 加 入 者 運 用 指 図 者 の 手 引 き 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 4 月 加 入 者 運 用 指 図 者 の 方 へ この 手 引 きは 個 人 型 確 定 拠 出 年 金 ( 個 人 型 年 金 と 称 しま す )の 加 入 者 運 用 指

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 請 求 の 手 引 き ( 国 民 健 康 保 険 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 ) 0 目 次 1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について.1. 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 の 記 載 方 法 について.3 3. 東 日 本 大 震 災 に 係 る 一 部 負 担 金 免 除 明 細 書 の 記 載 方 法 について.6

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

資 料 編 公 的 金 制 度 一 覧 国 民 金 制 度 ( 平 成 23 度 末 ( 平 成 24 3 月 末 ) 現 在 ) 区 分 被 保 険 者 数 1 老 齢 基 礎 金 等 受 給 権 者 数 2 金 扶 養 比 率 1 2 老 齢 基 礎 金 平 均 金 月 額 ( 繰 上 げ 繰

資 料 編 公 的 金 制 度 一 覧 国 民 金 制 度 ( 平 成 23 度 末 ( 平 成 24 3 月 末 ) 現 在 ) 区 分 被 保 険 者 数 1 老 齢 基 礎 金 等 受 給 権 者 数 2 金 扶 養 比 率 1 2 老 齢 基 礎 金 平 均 金 月 額 ( 繰 上 げ 繰 11 金 金 制 度 の 概 要 概 要 金 制 度 の 体 系 236 平 成 25 版 厚 生 労 働 白 書 資 料 編 公 的 金 制 度 一 覧 国 民 金 制 度 ( 平 成 23 度 末 ( 平 成 24 3 月 末 ) 現 在 ) 区 分 被 保 険 者 数 1 老 齢 基 礎 金 等 受 給 権 者 数 2 金 扶 養 比 率 1 2 老 齢 基 礎 金 平 均 金 月 額 ( 繰

More information

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」 ~ 税 務 セミナー ~ FX 取 引 の 所 得 申 告 ノウハウ 公 認 会 計 士 税 理 士 玉 置 栄 一 氏 セミナーに 先 立 って(その1) 脱 税 は 犯 罪 行 為 である!! 2005 年 までの3 年 間 で4 億 円 の 所 得 がありながら 確 定 申 告 せず1 億 3,900 万 円 を 脱 税 したとして 東 京 の 主 婦 が 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 21 年 12 月 2 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 債 務 整 理 をするとうたった 電 話 勧 誘 に 注 意! 多 重 債 務 に 関 する 相 談 は 年 々 増 え 続 け 2008 年 度 には 9 万 件 を 超 える 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられている そのような 中 ここ 数 年 弁 護 士

More information

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数 ( 別 添 2) 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース ~ 採 用 生 徒 等 数 一 覧 ( 高 等 学 校 等 別 ) 人 都 道 府 県 国 公 私 立 高 等 学 校 等 名 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 商 業 高 等 学 校 0 1 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 東 高 等 学

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

機 構 業 務 の 中 核 事 案 について 検 討 し 協 議 する 総 務 理 事 会 を 下 記 の 通 り 開 催 しました 1) 平 成 25 年 4 月 15 日 防 災 士 誕 生 10 周 年 記 念 行 事 について 等 2) 平 成 25 年 5 月 10 日 理 事 会 通 常

機 構 業 務 の 中 核 事 案 について 検 討 し 協 議 する 総 務 理 事 会 を 下 記 の 通 り 開 催 しました 1) 平 成 25 年 4 月 15 日 防 災 士 誕 生 10 周 年 記 念 行 事 について 等 2) 平 成 25 年 5 月 10 日 理 事 会 通 常 平 成 25 年 度 事 業 経 過 報 告 1 防 災 士 養 成 事 業 について (1) 概 況 防 災 士 養 成 事 業 を 開 始 した 平 成 15 年 9 月 以 降 平 成 26 年 3 月 までの 防 災 士 養 成 事 業 期 間 において 防 災 士 資 格 取 得 試 験 は 累 計 983 回 実 施 し 特 に 平 成 25 年 度 は 過 去 最 大 数 となる173

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ 林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 ご 利 用 のご 案 内 ( 平 成 28 年 5 月 ) 林 業 者 木 材 産 業 者 の 方 々が 東 日 本 大 震 災 での 被 害 の 復 旧 などに 取 り 組 む 場 合 に 4 億 円 まで 無 担 保 で100% 保 証 が 受 けられる 東 日 本 大 震 災 復 旧 等 緊 急 保 証 を 取 り 扱 っています ( 受 付 期 間 :

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

大阪府医師国民健康保険組合規約

大阪府医師国民健康保険組合規約 大 阪 府 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 192 号 以 下 法 という )に 基 づき この 組 合 の 組 合 員 及 び 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 並 びに 准 組 合 員 及 び 准 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被

More information