む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規"

Transcription

1 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒 否 要 件 等 を 定 めることにより 外 務 員 の 登 録 制 度 の 的 確 かつ 円 滑 な 運 営 を 図 り も って 委 託 者 等 の 保 護 に 資 することを 目 的 とする ( 外 務 員 登 録 等 資 格 委 員 会 綱 紀 委 員 会 ) 第 2 条 定 款 第 48 条 第 1 項 の 外 務 員 登 録 等 資 格 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という ) 及 び 定 款 第 46 条 第 1 項 の 綱 紀 委 員 会 は 前 条 の 目 的 を 達 成 するための 機 関 とする ( 外 務 員 ) 第 3 条 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 とい う )は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 であって 当 該 会 員 等 のために 法 第 200 条 第 1 項 に 規 定 する 行 為 ( 以 下 外 務 員 の 職 務 という )を 行 うもの( 以 下 外 務 員 という )について 本 会 の 行 う 登 録 を 受 けなければならない 2 会 員 等 は 前 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 外 務 員 ( 以 下 登 録 外 務 員 という ) 以 外 の 者 に 外 務 員 の 職 務 を 行 わせてはならない 3 外 務 員 は その 所 属 する 会 員 等 に 代 わって 外 務 員 の 職 務 に 関 し 一 切 の 裁 判 外 の 行 為 を 行 う 権 限 を 有 するものとみなす ただし 相 手 方 が 悪 意 であったときは この 限 りではない ( 登 録 外 務 員 の 資 格 要 件 ) 第 4 条 登 録 外 務 員 となることができる 者 ( 登 録 の 更 新 を 受 ける 者 を 含 む )は 会 員 等 の 役 員 又 は 使 用 人 であって 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げる 要 件 を 備 えるものでなければならない ⑴ 新 規 に 登 録 を 受 けようとする 者 が 過 去 において 外 務 員 の 登 録 を 受 けたことがないときは 本 会 の 実 施 する 外 務 員 登 録 資 格 試 験 ( 登 録 前 1 年 以 内 のものに 限 る )に 合 格 したものであること ⑵ 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 に 関 する 細 ( 以 下 細 という )に 定 める 要 件 に 該 当 し 本 会 が 特 に 認 めたものであること ⑶ 新 規 に 登 録 を 受 けようとする 者 が 過 去 において 外 務 員 の 登 録 を 受 けたことがあるときは 細 に 定 める 再 受 講 等 の 要 件 を 満 たしているものであること ⑷ 登 録 の 更 新 を 受 けようとする 者 にあっては 本 会 の 実 施 する 登 録 更 新 講 習 (ただし 更 新 前 1 年 以 内 のものに 限 る )を 修 了 したもの 又 は 細 に 定 める 要 件 に 該 当 するものであること ( 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 ) 第 4 条 の2 本 会 は 役 員 使 用 人 等 に 対 する 指 導 勧 告 処 分 に 関 する 規 ( 以 下 指 導 等 規 という ) 第 12 条 の 規 定 による 綱 紀 委 員 会 の 審 議 の 結 果 外 務 員 ( 外 務 員 であった 者 を 含 む )が 指 導 等 規 第 6 条 各 号 に 掲 げる 行 為 をしたと 認 めるときは 第 12 条 の 規 定 による 登 録 の 取 消 し 等 を 命 じる 場 合 又 は 指 導 等 規 第 16 条 に 基 づき 不 都 合 行 為 者 として 取 り 扱 う 場 合 を 除 き 当 該 行 為 時 に 所 属 していた 会 員 等 に 対 し 当 該 外 務 員 につき5 年 以 内 の 期 間 を 定 めて 外 務 員 の 職 務 を 禁 止 する 措 置 ( 以 下 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 という )を 講 ずる 2 前 項 は 外 務 員 でない 会 員 等 の 役 員 又 は 使 用 人 について 準 用 する この 場 合 において 前 項 中 外 務 員 ( 外 務 員 であった 者 を 含 む ) とあるのは 会 員 等 の 役 員 又 は 使 用 人 ( 会 員 等 の 役 員 又 は 使 用 人 であった 者 を 含

2 む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 第 16 条 の 規 定 により 本 会 が 一 級 不 都 合 行 為 者 として 取 り 扱 っている 者 に 外 務 員 の 職 務 を 行 わせてはならない 2 会 員 等 は 指 導 等 規 第 16 条 の 規 定 により 本 会 が 二 級 不 都 合 行 為 者 として 取 り 扱 っている 者 に その 決 定 を 受 けた 日 から5 年 間 は 外 務 員 の 職 務 を 行 わせてはならない 3 会 員 等 は 前 条 第 1 項 に 規 定 する 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 に 係 る 決 定 を 受 けた 者 ( 以 下 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 という )に 当 該 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 期 間 中 は 外 務 員 の 職 務 を 行 わせてはならな い ( 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 名 簿 ) 第 4 条 の4 本 会 は 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 名 簿 ( 以 下 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 名 簿 という ) を 備 え 当 該 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 名 簿 に 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 の 氏 名 性 別 生 年 月 日 当 該 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 を 講 ずる 原 因 となった 行 為 の 内 容 当 該 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 の 内 容 及 び 当 該 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 の 決 定 日 その 他 必 要 と 認 める 事 項 を 記 載 する ( 外 務 員 の 登 録 申 請 等 ) 第 5 条 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けようとする 会 員 等 は 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 細 に 定 める 登 録 申 請 書 を 本 会 に 提 出 しなければならない ⑴ 登 録 申 請 者 の 商 号 又 は 名 称 及 びその 代 表 者 の 氏 名 ⑵ 登 録 の 申 請 に 係 る 外 務 員 について 次 に 掲 げる 事 項 イ 氏 名 生 年 月 日 住 所 ロ 役 員 又 は 使 用 人 の 別 ハ 外 務 員 の 職 務 を 行 ったことの 有 無 並 びに 外 務 員 の 職 務 を 行 ったことのある 者 については その 所 属 していた 商 品 先 物 取 引 業 者 又 は 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 商 号 名 称 又 は 氏 名 及 び 外 務 員 として 登 録 をされていた 期 間 ニ 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことの 有 無 及 び 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことのある 者 に ついては その 行 った 期 間 ⑶ その 他 本 会 が 細 に 定 める 事 項 2 前 項 の 登 録 申 請 書 には 登 録 を 受 けようとする 者 に 係 る 履 歴 書 その 他 細 に 定 める 書 類 を 添 付 しなければならない 3 会 員 等 は 外 務 員 の 登 録 を 受 けようとするときは 細 に 定 める 登 録 に 係 る 手 数 料 を 本 会 に 納 めなければならない ( 登 録 原 簿 への 登 録 ) 第 6 条 本 会 は 前 条 第 1 項 の 申 請 があったときは 第 10 条 第 1 項 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 き その 者 の 氏 名 生 年 月 日 その 他 細 に 定 める 事 項 を 登 録 原 簿 に 登 録 するものとする 2 第 3 条 第 1 項 の 登 録 の 有 効 期 間 は6 年 とし 6 年 ごとにその 更 新 を 受 けなければ その 期 間 の 経 過 によって その 効 力 を 失 う ( 外 務 員 の 登 録 の 更 新 ) 第 7 条 登 録 の 更 新 を 受 けようとする 会 員 等 は 前 条 第 2 項 の 登 録 の 有 効 期 間 の 満 了 の 日 の1カ 月 前 ( 当 日 が 休 日 の 場 合 は 前 営 業 日 )までに 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 所 定 の 外 務 員 登 録 更 新 申 請 書 を 本 会 に 提 出 しなければならない

3 ⑴ 登 録 更 新 申 請 者 の 商 号 又 は 名 称 及 びその 代 表 者 の 氏 名 ⑵ 登 録 の 更 新 申 請 に 係 る 外 務 員 について 次 に 掲 げる 事 項 イ 登 録 番 号 ロ 氏 名 生 年 月 日 住 所 ハ 役 員 又 は 使 用 人 の 別 ニ 外 務 員 の 職 務 を 行 ったことの 有 無 並 びに 外 務 員 の 職 務 を 行 ったことのある 者 については その 所 属 していた 商 品 先 物 取 引 業 者 又 は 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 商 号 名 称 又 は 氏 名 及 び 外 務 員 として 登 録 をされていた 期 間 ホ 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことの 有 無 及 び 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことのある 者 に ついては その 行 った 期 間 ⑶ その 他 細 に 定 める 事 項 2 前 項 の 登 録 更 新 申 請 書 には 登 録 の 更 新 を 受 けようとする 者 に 係 る 登 録 更 新 講 習 修 了 証 書 ( 更 新 日 前 1 年 以 内 のものに 限 る )の 写 しその 他 細 に 定 める 書 類 を 添 付 しなければならない 3 本 会 は 第 1 項 の 申 請 があったときは 第 10 条 第 1 項 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 き 当 該 外 務 員 の 登 録 を 更 新 するものとする 4 会 員 等 は 外 務 員 の 登 録 の 更 新 を 受 けようとするときは 細 に 定 める 登 録 に 係 る 手 数 料 を 本 会 に 納 めなければならない ( 登 録 又 は 登 録 の 更 新 の 通 知 ) 第 8 条 本 会 は 第 6 条 第 1 項 又 は 前 条 第 3 項 の 規 定 により 外 務 員 の 登 録 又 は 登 録 の 更 新 をしたと きは 遅 滞 なく 書 面 をもって 登 録 又 は 登 録 の 更 新 を 申 請 した 会 員 等 ( 以 下 申 請 者 という ) に 通 知 するものとする ( 登 録 外 務 員 についての 縦 覧 ) 第 9 条 本 会 は 個 人 情 報 保 護 法 に 抵 触 しない 範 囲 内 において 外 務 員 の 登 録 登 録 の 抹 消 その 他 登 録 外 務 員 について 必 要 な 事 項 を 本 会 の 所 在 地 において 公 衆 の 縦 覧 に 供 するものとする ( 登 録 又 は 登 録 の 更 新 の 拒 否 ) 第 10 条 本 会 は 登 録 又 は 登 録 の 更 新 の 申 請 に 係 る 外 務 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは その 登 録 又 は 登 録 の 更 新 を 拒 否 するものとする ⑴ 法 第 15 条 第 2 項 第 1 号 イからルまでに 掲 げる 者 であるとき ⑵ 登 録 又 は 登 録 の 更 新 に 係 る 申 請 書 ( 以 下 申 請 書 という ) 又 はそれらの 添 付 書 類 のうち 重 要 な 事 項 について 虚 偽 の 記 載 があり 又 は 重 要 な 事 実 の 記 載 が 欠 けているとき ⑶ 法 第 204 条 第 1 項 ( 同 法 第 240 条 の11において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 外 務 員 の 登 録 を 取 り 消 されたことがあるときは その 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 していないとき ⑷ 登 録 申 請 者 以 外 の 商 品 先 物 取 引 業 者 又 は 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 に 所 属 する 外 務 員 として 登 録 されているとき ⑸ 法 第 240 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 として 登 録 されているとき 2 本 会 は 前 項 の 規 定 により 登 録 又 は 登 録 の 更 新 を 拒 否 しようとするときは 意 見 の 聴 取 の 期 日 場 所 及 び 意 見 の 聴 取 事 項 を 記 載 した 書 面 を 当 該 申 請 者 又 はその 代 理 人 に 通 知 するとともに 当 該 申 請 者 又 はその 代 理 人 の 出 席 を 求 め 釈 明 のための 証 拠 を 提 出 する 機 会 を 与 えるために 意 見 の 聴 取 を 行 うものとする 3 本 会 は 前 項 の 規 定 による 意 見 の 聴 取 の 結 果 登 録 又 は 登 録 の 更 新 を 拒 否 したときは 遅 滞 な く 書 面 によりその 旨 を 当 該 申 請 者 に 通 知 するものとする

4 ( 登 録 外 務 員 に 関 する 届 出 及 び 登 録 の 変 更 ) 第 11 条 会 員 等 は 登 録 外 務 員 について 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 事 実 が 生 じたときは 所 定 の 届 出 書 により 遅 滞 なく その 旨 を 本 会 に 届 け 出 なければならない ⑴ 法 第 15 条 第 2 項 第 1 号 イからルまでのいずれかに 該 当 することとなったとき ⑵ 第 5 条 第 1 項 第 2 号 イ 及 びロに 掲 げる 事 項 に 変 更 があったとき ⑶ 退 職 その 他 の 理 由 により 外 務 員 の 職 務 を 行 わないこととなったとき ⑷ 死 亡 したとき 2 本 会 は 前 項 第 2 号 の 届 出 につき 第 6 条 第 1 項 の 登 録 事 項 に 変 更 があるときは 登 録 原 簿 の 当 該 事 項 を 変 更 するものとする 3 第 1 項 第 3 号 の 規 定 により 届 出 を 行 おうとする 会 員 等 は 当 該 届 出 に 係 る 外 務 員 に 指 導 等 規 第 6 条 に 規 定 する 違 反 等 行 為 がある 場 合 には 当 該 届 出 の 前 に 指 導 等 規 第 8 条 又 は 第 22 条 に 規 定 する 違 反 等 行 為 の 届 出 書 及 び 指 導 等 規 第 9 条 又 は 第 23 条 に 規 定 する 顛 末 報 告 書 を 提 出 しなけ ればならない ( 合 併 等 に 伴 う 登 録 の 移 動 ) 第 11 条 の2 本 会 は 定 款 第 10 条 に 定 める 会 員 たる 地 位 の 承 継 があったとき 又 は 次 の 各 号 のいず れかに 該 当 するときは 登 録 外 務 員 について 登 録 原 簿 に 記 載 されているその 所 属 する 商 品 先 物 取 引 業 者 又 は 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 商 号 名 称 又 は 氏 名 その 他 細 に 定 める 事 項 を 変 更 する ものとする ⑴ 商 品 先 物 取 引 業 の 廃 業 等 に 伴 う 商 品 先 物 取 引 業 者 間 における 顧 客 の 建 玉 の 移 管 に 伴 い 登 録 外 務 員 が 出 向 又 は 転 籍 する 場 合 ⑵ 商 品 先 物 取 引 業 者 が 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 に 商 品 先 物 取 引 業 の 媒 介 に 係 る 業 務 の 委 託 を 行 う ために 登 録 外 務 員 が 出 向 又 は 転 籍 する 場 合 ⑶ 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 廃 業 等 に 伴 い 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 へ 登 録 外 務 員 が 出 向 又 は 転 籍 す る 場 合 ( 登 録 の 取 消 し 等 ) 第 12 条 本 会 は 登 録 外 務 員 について 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 当 該 登 録 を 取 消 し 又 は 当 該 登 録 外 務 員 に 対 し2 年 以 内 の 期 間 を 定 めてその 職 務 の 停 止 を 命 ずることがで きる ⑴ 法 第 15 条 第 2 項 第 1 号 イからルまでのいずれかに 該 当 することとなったとき 又 は 登 録 の 当 時 第 10 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 していたことが 判 明 したとき ⑵ 法 令 に 違 反 したとき その 他 外 務 員 の 職 務 に 関 して 著 しく 不 適 当 な 行 為 をしたと 認 められる とき ⑶ その 登 録 が 不 正 の 手 段 によりなされたことを 発 見 したとき 2 前 項 の 規 定 による 処 分 の 手 続 きについては 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 )の 定 めるとこ ろによる ( 登 録 の 抹 消 ) 第 13 条 本 会 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 外 務 員 の 登 録 を 抹 消 するものとする ⑴ 前 条 第 1 項 の 規 定 により 外 務 員 の 登 録 を 取 り 消 したとき ⑵ 登 録 外 務 員 の 所 属 する 会 員 等 が 解 散 し 又 は 会 員 にあっては 商 品 先 物 取 引 業 を 廃 止 若 しくは 許 可 を 取 り 消 され( 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 にあっては 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 廃 止 若 しくは 登 録 を 取 り 消 され)たとき ⑶ 退 職 その 他 の 理 由 により 外 務 員 の 職 務 を 行 わないこととなった 事 実 が 確 認 されたとき

5 ⑷ 登 録 の 更 新 の 申 請 がなく 第 6 条 第 2 項 の 規 定 により 失 効 したとき ( 細 の 制 定 ) 第 14 条 本 会 は この 規 の 運 用 に 関 し 必 要 があると 認 めるときは 細 を 別 に 定 めることができ る ( 登 録 事 務 に 関 する 届 出 ) 第 15 条 本 会 は 第 6 条 第 1 項 の 規 定 による 登 録 第 11 条 の 規 定 による 届 出 に 係 る 登 録 の 変 更 第 12 条 の 規 定 による 処 分 ( 登 録 の 取 消 しを 除 く ) 又 は 第 13 条 の 規 定 による 登 録 の 抹 消 をしたときは その 旨 を 主 務 大 臣 に 届 け 出 るものとする ( 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 外 務 員 に 係 る 登 録 申 請 等 に 関 する 手 続 き) 第 16 条 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 外 務 員 については 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 である 会 員 が 登 録 申 請 等 に 係 る 一 切 の 手 続 きを 行 うものとする ただし 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 である 会 員 が 複 数 の 場 合 は 当 該 会 員 間 で 主 たる 会 員 を 定 め 当 該 会 員 が 行 うものとする 1 この 規 は 定 款 変 更 の 施 行 の 日 ( 平 成 11 年 4 月 1 日 )から 施 行 する 2 この 規 の 施 行 日 前 において 改 正 前 の 法 第 91 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 商 品 取 引 所 において 外 務 員 の 登 録 を 受 けている 者 は この 規 により 外 務 員 の 登 録 を 受 けたものとみなす 3 前 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けたものとみなされる 外 務 員 についての 第 6 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 については 当 該 外 務 員 が 最 後 に 登 録 を 受 けた 日 を 第 6 条 第 1 項 の 登 録 を 受 けた 日 とみなす 4 本 会 の 改 組 前 である 社 団 法 人 日 本 商 品 取 引 員 協 会 が 不 都 合 行 為 者 として 決 定 した 者 については なお 従 前 の 例 による この 改 正 は 平 成 11 年 11 月 10 日 から 施 行 する 第 4 条 第 2 号 第 3 号 第 4 号 及 び 第 14 条 第 1 項 を 改 正 この 改 正 は 平 成 13 年 1 月 24 日 から 施 行 する 第 4 条 第 3 号 及 び 第 14 条 第 1 項 第 4 号 を 改 正 この 改 正 は 平 成 14 年 11 月 13 日 から 施 行 する

6 第 4 条 第 7 号 第 7 条 第 1 項 第 2 号 同 条 第 2 項 及 び 第 12 条 第 3 項 を 改 正 第 7 条 第 1 項 第 3 号 を 新 設 この 改 正 は 平 成 17 年 5 月 1 日 から 施 行 する ⑴ 第 1 条 第 3 条 第 4 条 第 1 号 第 2 号 第 8 号 第 5 条 第 2 号 イ 第 6 条 第 7 条 第 1 項 本 文 第 2 号 ロ 第 3 項 第 5 項 第 11 条 第 1 項 本 文 第 13 条 第 1 項 本 文 第 1 号 第 4 項 第 14 条 第 1 項 本 文 第 15 条 本 文 第 2 号 第 17 条 を 改 正 ⑵ 第 5 条 第 2 号 ニ 第 7 条 第 2 号 ホ 第 7 条 第 4 項 及 び 第 13 条 第 3 項 を 削 除 し 第 5 条 第 2 号 ホをニ 第 7 条 第 2 号 ヘをホ 第 7 条 第 5 項 を 第 4 項 及 び 第 13 条 第 4 項 を 第 3 項 に 繰 り 上 げ ⑶ 第 10 条 を 削 除 し 第 11 条 から 第 17 条 を 第 10 条 から 第 16 条 に 繰 り 上 げ この 改 正 は 平 成 19 年 9 月 30 日 から 施 行 する 第 4 条 第 3 号 及 び 第 13 条 第 1 項 第 4 号 を 改 正 この 改 正 は 平 成 23 年 1 月 1 日 から 施 行 する ⑴ 第 1 条 第 3 条 第 4 条 本 文 第 3 号 第 5 号 第 6 号 第 8 号 第 9 号 第 10 号 第 5 条 本 文 第 1 号 第 2 号 イニ 第 3 号 第 6 条 第 1 項 第 7 条 第 1 項 本 文 第 1 号 第 2 号 ロホ 第 3 号 第 2 項 第 4 項 第 8 条 第 9 条 第 12 条 第 1 項 本 文 第 1 号 第 2 号 第 2 項 第 13 条 第 1 項 第 4 号 第 2 項 第 3 項 第 14 条 第 2 号 第 16 条 を 改 正 ⑵ 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ロ 第 7 条 1 項 第 2 号 ハ 第 11 条 及 び 第 12 条 第 3 項 を 削 除 し 順 次 繰 り 上 げ ⑶ 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ニ 第 7 条 第 1 項 第 2 号 ホ 第 16 条 を 新 設 この 改 正 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 11 条 の2を 新 設

7 1 この 改 正 は 平 成 27 年 6 月 1 日 から 施 行 する 2 この 改 正 の 施 行 日 前 に 改 正 前 の 指 導 等 規 第 15 条 第 4 項 に 基 づき 登 録 の 拒 否 の 処 分 を 受 けた 者 については 改 正 前 の 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 第 4 条 の 規 定 は なおその 効 力 を 有 する ⑴ 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 項 第 2 号 ハ 第 7 条 第 1 項 第 2 号 二 第 10 条 第 11 条 第 12 条 第 13 条 第 3 号 を 改 正 ⑵ 第 4 条 第 1 号 から 第 7 号 を 削 除 し 順 次 繰 り 上 げ 第 12 条 第 1 項 第 4 号 及 び 第 3 項 を 削 除 ⑶ 第 4 条 の2 第 4 条 の3 第 4 条 の4 第 10 条 第 1 項 第 3 号 から 第 5 号 第 11 条 第 3 項 を 新 設

8 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 に 関 する 細 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 は 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 以 下 規 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づき 外 務 員 の 登 録 登 録 の 更 新 及 び 抹 消 その 他 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 登 録 の 特 例 ) 第 2 条 規 第 4 条 第 2 号 の 細 に 定 める 要 件 に 該 当 し 本 会 が 特 に 認 めたもの とは 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする ⑴ 商 品 先 物 取 引 法 施 行 令 第 2 条 及 び 商 品 先 物 取 引 法 施 行 規 第 1 条 に 規 定 された 者 を 対 象 とし て 商 品 先 物 取 引 法 でいう 商 品 デリバティブ 取 引 業 務 に 従 事 した 期 間 が3 年 以 上 の 者 で 本 会 が 特 に 認 めた 者 ⑵ 外 国 において 前 号 と 同 等 の 経 験 を 有 している 者 又 は 商 品 デリバティブ 取 引 に 類 似 した 業 務 に 従 事 した 期 間 が3 年 以 上 の 者 で 本 会 が 特 に 認 めた 者 ⑶ その 他 地 位 経 験 等 からみて 外 務 行 為 を 行 わせることが 適 当 であると 本 会 が 特 に 認 めた 者 2 本 会 は 前 項 各 号 のいずれかにより 外 務 員 の 登 録 を 申 請 した 会 員 に 対 して 当 該 登 録 を 受 ける 者 に 本 会 が 指 定 する 方 法 により 社 内 研 修 を 実 施 し 受 講 させ その 結 果 を 本 会 に 報 告 させるこ とができる ( 再 受 講 及 び 再 受 験 等 ) 第 3 条 規 第 4 条 第 3 号 の 再 受 講 等 の 要 件 に 該 当 する 者 は 次 に 掲 げる 者 とする ⑴ 登 録 の 抹 消 の 日 から 新 たに 登 録 を 申 請 する 日 までに6 年 を 超 えていない 者 当 該 外 務 員 登 録 を 申 請 しようとする 日 前 1 年 以 内 に 本 会 が 開 催 する 登 録 更 新 講 習 の 受 講 修 了 証 書 を 有 している 者 であること ⑵ 登 録 の 抹 消 の 日 から 新 たに 登 録 を 申 請 する 日 までに6 年 を 超 えている 者 又 は 当 該 登 録 の 抹 消 の 理 由 が 規 第 12 条 第 1 項 第 2 号 又 は 第 3 号 のいずれかに 該 当 する 者 当 該 外 務 員 登 録 を 申 請 しようとする 日 前 1 年 以 内 に 本 会 の 実 施 する 外 務 員 登 録 資 格 試 験 に 合 格 した 者 であること ただし 登 録 の 抹 消 の 日 から6 年 を 超 えている 者 のうち 当 該 登 録 申 請 時 の 会 員 等 に 継 続 して6 年 を 超 えて 在 籍 している 者 については 登 録 更 新 講 習 を 受 講 し 修 了 証 書 を 取 得 した 場 合 はこの 限 りではない ( 登 録 の 更 新 の 特 例 ) 第 4 条 規 第 4 条 第 4 号 の 細 に 定 める 要 件 に 該 当 するもの とは 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とす る ⑴ 登 録 外 務 員 としての 所 定 の 在 籍 期 間 における 外 務 員 の 職 務 の 遂 行 状 況 等 を 勘 案 して 本 会 が 特 に 認 めた 者 ⑵ 登 録 更 新 講 習 修 了 証 書 を 付 して 登 録 の 更 新 を 受 けることを 要 する 者 であって 病 気 その 他 や むを 得 ない 等 の 理 由 により 所 定 の 登 録 更 新 講 習 を 受 講 できなかったと 認 められる 者 にあっては 当 該 登 録 更 新 後 直 近 の 登 録 更 新 講 習 を 受 講 し かつ 当 該 講 習 修 了 証 書 の 写 しを 提 出 するこ とを 確 約 した 者 ただし 当 該 確 約 を 履 行 しなかったときは 規 第 12 条 第 1 項 第 3 号 に 該 当 する 者 として 当 該 者 の 登 録 を 取 り 消 すものとする ( 登 録 の 申 請 )

9 第 5 条 規 第 5 条 第 1 項 第 3 号 の 細 に 定 める 事 項 とは 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 をいう ⑴ 規 第 4 条 第 1 号 又 は 第 2 号 に 規 定 する 登 録 外 務 員 としての 資 格 取 得 方 法 及 び 資 格 取 得 年 月 日 ⑵ 以 前 に 登 録 の 取 消 し 外 務 員 の 職 務 の 停 止 等 の 処 分 を 受 けたことがある 場 合 は その 年 月 日 理 由 及 びその 期 間 ⑶ 外 務 員 登 録 資 格 試 験 の 合 格 証 番 号 ( 登 録 申 請 書 の 添 付 書 類 ) 第 6 条 規 第 5 条 第 2 項 の 細 に 定 める 書 類 とは 次 の 各 号 に 掲 げるものをいう ⑴ 住 民 票 又 はこれに 代 わる 書 面 ⑵ 規 第 10 条 第 1 項 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 旨 当 該 役 員 又 は 使 用 人 が 誓 約 した 書 面 ( 登 録 原 簿 の 登 録 事 項 ) 第 7 条 規 第 6 条 第 1 項 の 細 に 定 める 事 項 とは 次 の 各 号 に 掲 げるものをいう ⑴ 住 所 ⑵ 所 属 する 商 品 先 物 取 引 業 者 又 は 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 商 号 名 称 又 は 氏 名 ⑶ 役 員 又 は 使 用 人 の 別 ⑷ 登 録 年 月 日 登 録 有 効 期 限 登 録 番 号 及 び 登 録 抹 消 年 月 日 ⑸ 規 第 4 条 第 1 号 又 は 第 2 号 に 規 定 する 登 録 外 務 員 としての 資 格 取 得 方 法 及 び 資 格 取 得 年 月 日 ⑹ 外 務 員 登 録 資 格 試 験 の 合 格 証 番 号 ⑺ 以 下 に 掲 げる 事 項 イ 外 務 員 の 職 務 を 行 ったことの 有 無 並 びに 外 務 員 の 職 務 を 行 ったことのある 者 については その 所 属 していた 商 品 先 物 取 引 業 者 又 は 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 の 商 号 名 称 又 は 氏 名 及 び 外 務 員 として 登 録 をされていた 期 間 ロ 以 前 に 登 録 の 取 消 し 外 務 員 の 職 務 の 停 止 等 の 処 分 を 受 けたことがある 場 合 は その 年 月 日 理 由 及 びその 期 間 ハ 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことのある 者 については その 行 った 期 間 ( 合 併 等 に 伴 う 登 録 の 移 動 における 変 更 事 項 ) 第 7 条 の2 規 第 11 条 の2の 細 に 定 める 事 項 とは 前 条 第 3 号 及 び 第 7 号 イに 掲 げるもの をいう ( 登 録 の 更 新 の 申 請 ) 第 8 条 規 第 7 条 第 1 項 第 3 号 の 細 に 定 める 事 項 とは 更 新 申 請 時 以 前 に 登 録 の 取 消 し 外 務 員 の 職 務 の 停 止 等 の 処 分 を 受 けたことがある 場 合 は その 年 月 日 理 由 及 びその 期 間 をいう ( 登 録 更 新 申 請 書 の 添 付 書 類 ) 第 9 条 規 第 7 条 第 2 項 の 細 に 定 める 書 類 とは 次 の 各 号 に 掲 げるものをいう ⑴ 住 民 票 又 はこれに 代 わる 書 面 ⑵ 規 第 10 条 第 1 項 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 旨 当 該 役 員 又 は 使 用 人 が 誓 約 した 書 面 ⑶ 法 第 204 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 (その 処 分 の 日 から5 年 を 経 過 するまでのものに 限 る ) を 受 けたことがある 場 合 には その 処 分 の 日 内 容 及 び 理 由 を 記 載 した 書 面 ⑷ 前 号 に 該 当 しない 者 にあっては 会 員 代 表 者 が 証 する 証 明 書 ⑸ 第 4 条 第 1 号 の 規 定 に 係 る 者 にあっては 当 該 認 定 書

10 ⑹ 第 4 条 第 2 号 の 規 定 に 係 る 者 にあっては 当 該 確 約 書 ( 外 務 員 登 録 申 請 書 等 の 様 式 ) 第 10 条 規 に 規 定 する 外 務 員 登 録 申 請 書 その 他 の 書 類 は 様 式 1から6により 作 成 するものとす る ( 外 務 員 登 録 に 係 る 手 数 料 ) 第 11 条 規 第 5 条 第 3 項 及 び 規 第 7 条 第 4 項 に 規 定 する 手 数 料 は 商 品 先 物 取 引 法 施 行 令 第 26 条 の 定 めにより 1 人 につき1,000 円 とする この 細 は 平 成 11 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 改 正 は 平 成 14 年 11 月 13 日 から 施 行 する ⑴ 第 4 条 の 見 出 し 同 条 第 2 号 及 び 第 6 条 第 2 号 を 改 正 第 6 条 第 5 号 及 び 第 8 条 を 新 設 ⑵ 旧 第 8 条 を 第 8 条 の2として 見 出 しを 改 正 し 第 1 号 第 2 号 第 3 号 及 び 第 4 号 を 新 設 ⑶ 様 式 3 外 務 員 登 録 更 新 申 請 書 及 び 様 式 4 外 務 員 登 録 事 項 変 更 届 出 書 を 改 正 この 改 正 は 平 成 17 年 5 月 1 日 から 施 行 する ⑴ 第 1 条 第 2 条 本 文 第 1 号 第 2 号 ロ 第 3 条 第 2 号 第 4 条 第 2 号 第 6 条 第 3 号 第 5 号 第 7 条 第 1 号 第 5 号 第 8 条 の2 第 2 号 第 3 号 第 9 条 第 1 項 第 2 項 第 10 条 第 11 条 第 12 条 第 13 条 本 文 第 1 号 及 び 第 4 号 を 改 正 ⑵ 第 6 条 第 5 号 及 び 第 6 号 を 第 6 号 及 び 第 7 号 に 繰 り 下 げ 第 5 号 を 新 設 ⑶ 第 8 条 の2 第 5 号 から 第 7 号 を 第 6 号 から 第 8 号 に 繰 り 下 げ 第 5 号 を 新 設 ⑷ 第 13 条 第 2 号 及 び 第 3 号 を 削 除 し 第 4 号 を 第 2 号 に 繰 り 上 げ ⑸ 第 9 条 から 第 13 条 を 第 10 条 から 第 14 条 に 繰 り 下 げ 第 8 条 の2を 第 9 条 とする ⑹ 様 式 1から 様 式 9を 改 正 ⑺ 様 式 9を 様 式 10に 繰 り 下 げ 様 式 9を 新 設 この 改 正 は 平 成 23 年 1 月 1 日 から 施 行 する

11 ⑴ 第 1 条 第 3 条 第 4 条 本 文 第 5 条 本 文 第 4 号 第 6 条 本 文 第 3 号 第 7 条 本 文 第 1 号 第 2 号 第 8 号 第 9 号 ロ 第 8 条 第 9 条 本 文 第 2 号 第 4 号 第 14 条 を 改 正 ⑵ 第 2 条 第 5 条 第 1 号 第 3 号 第 5 号 第 6 条 第 2 号 第 4 号 第 5 号 第 6 号 第 7 号 第 7 条 第 3 号 第 5 号 第 6 号 第 9 号 イ 第 9 条 第 3 号 第 8 号 第 10 条 第 11 条 第 13 条 を 削 除 し 順 次 繰 上 げ ⑶ 第 2 条 第 5 条 第 1 号 第 7 条 第 5 号 第 7 号 ハを 新 設 ⑷ 様 式 1から 様 式 9を 様 式 1から 様 式 6に 改 正 この 改 正 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する ⑴ 第 3 条 第 1 号 ロを 削 除 し これに 伴 い 文 字 イ を 消 去 ⑵ 第 3 条 第 2 号 を 改 正 ⑶ 第 7 条 の2を 新 設 この 改 正 は 平 成 27 年 6 月 1 日 から 施 行 する 第 2 条 本 文 第 3 条 本 文 第 2 号 第 4 条 本 文 第 1 号 第 5 条 第 1 号 第 2 号 第 7 条 第 5 号 第 7 号 イ ロ 第 8 条 を 改 正

12 様 式 1 外 務 員 登 録 申 請 書 年 月 日 会 社 番 号 代 行 申 請 者 登 録 申 請 者 商 号 等 商 号 等 会 員 代 表 者 氏 名 会 会 社 番 号 合 格 登 証 番 録 号 番 号 資 格 取 得 方 法 試 験 研 修 資 格 取 得 年 月 日 役 職 区 分 生 年 月 日 一 般 役 員 国 籍 (ふりがな) 日 本 その 他 氏 名 住 所 国 内 国 外 住 所 住 所 は ハイフンを 使 用 せず 正 式 な 名 称 で 記 入 する 登 録 外 務 員 としての 職 務 経 験 の 有 無 有 無 資 格 取 得 方 法 役 職 区 分 国 籍 住 所 登 録 外 務 員 としての 職 務 経 験 の 有 無 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 った ことの 有 無 は 該 当 するものを 印 で 囲 む 所 属 期 間 等 外 務 員 登 録 等 の 期 間 は 西 暦 で 年 月 までを 記 入 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことの 有 無 有 無 所 属 期 間 等 自 至 業 界 会 社 名 又 は 氏 名 外 務 員 登 録 等 の 期 間 自 至 処 分 年 月 日 処 分 名 実 施 機 関 期 間 理 由 自 至

13 様 式 2 外 務 員 登 録 更 新 申 請 書 年 月 日 会 社 番 号 代 行 申 請 者 登 録 申 請 者 商 号 等 商 号 等 会 員 代 表 者 氏 名 会 会 社 番 号 合 格 登 証 番 録 号 番 号 役 職 区 分 生 年 月 日 一 般 役 員 国 籍 (ふりがな) 日 本 その 他 氏 名 住 所 国 内 国 外 住 所 登 録 外 務 員 としての 職 務 経 験 の 有 無 有 無 住 所 は ハイフンを 使 用 せず 正 式 な 名 称 を 記 入 する 役 職 区 分 国 籍 住 所 登 録 外 務 員 としての 職 務 経 験 の 有 無 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことの 有 無 登 録 更 新 講 習 受 講 免 除 認 定 は 該 当 するものを 印 で 囲 む 所 属 期 間 等 外 務 員 登 録 等 の 期 間 は 西 暦 で 年 月 までを 記 入 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 を 行 ったことの 有 無 有 無 登 録 更 新 講 習 受 講 免 除 認 定 有 無 所 属 期 間 等 自 至 業 界 会 社 名 又 は 氏 名 外 務 員 登 録 等 の 期 間 自 至 処 分 年 月 日 処 分 名 実 施 機 関 期 間 理 由 自 至

14 様 式 3 外 務 員 登 録 事 項 変 更 届 出 書 年 月 日 会 社 番 号 代 行 申 請 者 登 録 申 請 者 商 号 等 商 号 等 会 員 代 表 者 氏 名 会 会 社 番 号 合 格 登 証 番 録 号 番 号 (ふりがな) 氏 名 変 更 事 項 氏 名 住 所 役 職 区 分 変 更 事 項 は 該 当 するものを 印 で 囲 む( 複 数 選 択 可 ) 日 本 国 籍 その 他 (ふりがな) 氏 名 該 当 するものを 印 で 囲 む 住 所 国 内 国 外 住 所 該 当 するものを 印 で 囲 む ハイフンを 使 用 せず 正 式 な 名 称 で 記 入 する 変 更 年 月 日 役 職 区 分 一 般 役 員 該 当 するものを 印 で 囲 む

15 様 式 4 外 務 員 登 録 抹 消 者 届 出 書 年 月 日 代 行 申 請 者 会 社 番 号 登 録 申 請 者 商 号 等 商 号 等 会 社 番 号 会 員 代 表 者 氏 名 番 号 ふ り が な 氏 名 登 録 番 号 抹 消 理 由 抹 消 年 月 日 抹 消 理 由 1. 退 職 2. 死 亡 3. 懲 戒 解 雇 4. 解 雇 5. 配 置 転 換 6.その 他 7. 登 録 取 消 9. 業 務 廃 止

16 様 式 5 登 録 外 務 員 の 欠 格 事 項 該 当 届 出 書 年 月 日 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 会 長 殿 代 行 申 請 者 会 社 番 号 登 録 申 請 者 商 号 等 商 号 等 会 員 代 表 者 氏 名 下 記 の 者 が 商 品 先 物 取 引 法 第 15 条 第 2 項 第 1 号 イからルの 規 定 に 該 当 したことが 判 明 しましたの で 会 員 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 第 11 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 によりお 届 けいたします 会 社 番 号 登 録 番 号 ふ り が な 氏 名 該 当 年 月 日 年 月 日 該 当 事 項 の 具 体 的 内 容 連 絡 担 当 者 所 属 役 職 氏 名 電 話 番 号

17 様 式 6 会 員 変 更 事 項 届 出 書 年 月 日 登 録 申 請 者 商 号 等 会 員 代 表 者 氏 名 会 社 番 号 (1) 商 号 変 更 ふ り が な 新 商 号 変 更 ( 予 定 ) 年 月 日 年 月 日 (2) 商 品 先 物 取 引 業 の 許 可 許 可 ( 予 定 ) 年 月 日 年 月 日 (3) 商 品 先 物 取 引 業 の 廃 止 廃 止 ( 予 定 ) 年 月 日 年 月 日 (4) 合 併 分 割 事 業 譲 渡 具 体 的 内 容 予 定 年 月 日 年 月 日 (5) 登 録 事 務 を 行 う 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ふ り が な 商 号 名 称 氏 名 登 録 年 月 日 年 月 日

18 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 に 関 する 細 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 社 内 研 修 の 実 施 に 係 る 実 施 要 領 1. 研 修 対 象 者 研 修 対 象 者 は 会 員 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 に 関 する 細 第 2 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 者 である なお 会 員 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 第 4 条 第 1 号 に 規 定 する 試 験 に 合 格 した 者 につい ては 本 研 修 は 不 要 であり 研 修 対 象 者 とはならない 2. 研 修 内 容 研 修 内 容 には 1 商 品 先 物 市 場 に 係 る 知 識 2 商 品 先 物 取 引 法 令 諸 規 に 係 る 知 識 3 自 社 で 取 扱 う 商 品 デリバティブ 取 引 に 係 る 知 識 について 行 うものとする 3.テキスト 本 会 で 提 供 するテキストの 内 容 を 盛 り 込 んだものとする 4. 研 修 の 実 施 方 法 研 修 の 実 施 方 法 については 講 師 の 選 任 カリキュラム 等 その 全 般 を 実 施 する 会 員 において 設 定 するものとする 5. 研 修 の 修 了 要 件 研 修 の 修 了 要 件 については 研 修 の 理 解 度 を 確 かめるため 実 施 する 会 員 において 研 修 終 了 後 に 理 解 度 確 認 テストを 実 施 し その 合 格 を 以 て 修 了 とする 理 解 度 確 認 テストの 要 領 については 実 施 する 会 員 が 定 めることとするが 10 問 以 上 の 出 題 ( 本 会 が 別 に 示 すサンプル 問 題 を 参 考 に 実 施 する 会 員 が 作 成 )と 正 解 率 を7 割 以 上 に 設 定 することが 望 ましい 6. 研 修 時 間 研 修 時 間 は 上 記 の2. 研 修 内 容 及 び5. 研 修 の 修 了 要 件 に 鑑 み 研 修 内 容 の 学 習 に 充 分 な 時 間 を 設 定 することが 望 ましい 7. 研 修 の 実 施 責 任 者 研 修 の 実 施 に 当 たっては 実 施 する 会 員 において 研 修 に 係 る 責 任 者 を 定 めるものとする 8. 研 修 の 報 告 研 修 を 実 施 した 会 員 は 遅 滞 なく 研 修 を 受 講 修 了 した 者 について 外 務 員 登 録 申 請 システムを 通 じて 本 会 に 報 告 するものとする

19 9.その 他 研 修 を 実 施 した 会 員 は その 研 修 の 内 容 等 について 本 会 から 求 めがあった 場 合 はこれに 応 じな ければならない 平 成 22 年 10 月 25 日 制 定 平 成 23 年 1 月 1 日 施 行 平 成 27 年 6 月 1 日 施 行

20 日 商 協 外 務 員 専 門 性 向 上 認 定 要 領 ( 商 品 取 引 所 等 商 品 先 物 取 引 関 係 諸 団 体 が 実 施 する 講 習 又 は 試 験 の 認 定 要 領 ) ( 目 的 ) 1. 日 商 協 外 務 員 専 門 性 向 上 認 定 要 領 は 商 品 取 引 所 等 商 品 先 物 取 引 関 係 諸 団 体 ( 以 下 主 催 者 という )が 実 施 する 登 録 外 務 員 等 会 員 役 職 員 の 資 質 の 向 上 等 を 目 的 とする 講 習 又 は 試 験 に 関 し 一 定 の 認 定 基 準 を 定 め 当 該 講 習 又 は 試 験 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 通 じて 登 録 外 務 員 等 の 専 門 知 識 の 向 上 等 その 資 質 向 上 が 広 範 に 図 られることを 促 進 することによって 委 託 者 の 理 解 度 の 促 進 に よる 健 全 な 受 託 業 務 を 図 り もって 委 託 者 の 保 護 及 び 商 品 先 物 取 引 業 界 の 信 頼 性 の 向 上 に 資 す ることを 目 的 とする ( 対 象 となる 講 習 等 ) 2. 講 習 又 は 試 験 は 以 下 の 全 ての 項 目 を 満 たしているものとする (1) 認 定 講 習 1 会 員 役 職 員 の 専 門 性 等 その 資 質 の 向 上 を 図 るものと 認 められる 講 習 であること 2 修 得 効 果 が 確 保 できる 講 習 時 間 であること 3 継 続 的 に 実 施 されるものであること 4 受 講 した 者 の 氏 名 (フリガナを 含 む) 登 録 番 号 ( 登 録 外 務 員 のみ) 及 び 受 講 日 が 確 認 でき ること 5 主 催 者 が 一 定 の 専 門 的 知 識 を 得 た 者 として 修 了 証 等 の 発 行 により 認 めていること 6 その 他 本 会 が 必 要 と 認 める 要 件 を 満 たしていること (2) 認 定 試 験 1 会 員 役 職 員 の 専 門 性 等 その 資 質 の 向 上 を 図 るものと 認 められる 試 験 であること 2 修 得 効 果 を 確 認 できる 試 験 時 間 であること 3 継 続 的 に 実 施 されるものであること 4 主 催 者 の 合 格 基 準 に 基 づき 合 否 判 定 が 行 われ かつ 合 格 証 等 により 専 門 的 知 識 を 有 する 者 であることが 証 明 されていること 5 受 験 した 者 の 氏 名 (フリガナを 含 む) 登 録 番 号 ( 登 録 外 務 員 のみ) 及 び 受 験 日 が 確 認 でき ること 6 その 他 本 会 が 必 要 と 認 める 要 件 を 満 たしていること ( 申 請 手 続 き) 3. 主 催 者 は 認 定 講 習 の 認 定 を 受 けようとするときは 認 定 講 習 認 定 申 請 書 ( 様 式 1)に 認 定 試 験 の 認 定 を 受 けようとするときは 認 定 試 験 認 定 申 請 書 ( 様 式 2)にその 実 施 内 容 を 記 載 した 書 面 を 添 付 して 本 会 に 提 出 するものとする なお 認 定 された 講 習 又 は 試 験 の 内 容 等 に 変 更 が 生 じた 場 合 についても その 旨 を 本 会 にその 都 度 提 出 するものとする ( 認 定 ) 4. 本 会 は 3.の 申 請 内 容 からみて 当 該 主 催 者 の 講 習 又 は 試 験 の 内 容 が 2.のそれぞれの 項 目 を 満 たしているものであり かつ 本 会 が 認 定 することが 委 託 者 の 保 護 及 び 商 品 先 物 取 引 業 界 の 信 頼 性 の 向 上 に 資 するものとして 本 制 度 の 目 的 にふさわしいものと 認 めるときは 当 該 主 催 者 の 講 習 を 認 定 講 習 として 同 試 験 を 認 定 試 験 として 認 定 するものとし その 旨 を 当 該 主 催 者

21 に 通 知 する( 様 式 3 及 び 様 式 4)ものとする ( 認 定 講 習 又 は 認 定 試 験 の 報 告 ) 5. 認 定 講 習 又 は 認 定 試 験 を 実 施 した 主 催 者 は 認 定 講 習 にあっては2.(1)4の 内 容 を 認 定 試 験 にあっては2.(2)5の 内 容 を 本 会 に 報 告 しなければならない ( 認 定 の 取 消 し) 6. 本 会 は 認 定 講 習 にあっては2.(1)の 基 準 を 認 定 試 験 にあっては2.(2)の 基 準 を 満 たさなくなったときは その 認 定 を 取 り 消 すものとする この 要 領 は 平 成 17 年 5 月 1 日 から 実 施 する この 改 正 は 平 成 23 年 1 月 1 日 から 施 行 する 6.を 削 除 し 7.を6.に 繰 り 上 げ

22 認 定 講 習 認 定 申 請 書 ( 様 式 1) 平 成 年 月 日 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 会 長 殿 申 請 者 名 印 代 表 者 名 の 講 習 を 日 商 協 外 務 員 専 門 性 向 上 認 定 要 領 に 規 定 する 認 定 講 習 として 認 定 さ れたく 申 請 します

23 認 定 試 験 認 定 申 請 書 ( 様 式 2) 平 成 年 月 日 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 会 長 殿 申 請 者 名 印 代 表 者 名 の 試 験 を 日 商 協 外 務 員 専 門 性 向 上 認 定 要 領 に 規 定 する 認 定 試 験 として 認 定 さ れたく 申 請 します

24 認 定 講 習 審 査 結 果 通 知 書 ( 様 式 3) 平 成 年 月 日 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 会 長 申 請 者 名 代 表 者 名 より 申 請 があった 講 習 を 審 査 した 結 果 認 定 講 習 として 認 定 することとしたので この 旨 通 知 致 します この 後 は 日 商 協 外 務 員 専 門 性 向 上 認 定 要 領 の5に 従 い 所 要 の 措 置 を 講 ずることとさ れたい

25 認 定 試 験 審 査 結 果 通 知 書 ( 様 式 4) 平 成 年 月 日 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 会 長 申 請 者 名 代 表 者 名 より 申 請 があった 試 験 を 審 査 した 結 果 認 定 試 験 として 認 定 することとしたので この 旨 通 知 致 します この 後 は 日 商 協 外 務 員 専 門 性 向 上 認 定 要 領 の5に 従 い 所 要 の 措 置 を 講 ずることとさ れたい

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 め る 平 成 28 年 5 月 11 日 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 新 築 等 住 宅 事

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information