目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に"

Transcription

1 法 制 WG 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁

2 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課 徴 金 の 調 整 規 定 について 4 過 怠 金 額 の 推 移 について 5 日 本 証 券 業 協 会 の 協 会 員 に 対 する 処 分 及 び の 事 例 6 関 連 条 文 ( 金 融 商 品 取 引 法 ( 抄 )) 9 関 連 条 文 ( 証 券 取 引 法 一 部 改 正 法 附 則 ( 抄 )) 44 関 連 条 文 ( 金 融 商 品 取 引 法 施 行 令 ( 抄 ) 45

3 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 平 成 18 年 番 号 銘 柄 課 徴 金 納 付 命 令 日 課 徴 金 額 取 引 高 1 A 社 平 成 18 年 2 月 8 日 32 万 円 119 万 円 2 A 社 平 成 18 年 2 月 8 日 31 万 円 120 万 円 3 A 社 平 成 18 年 2 月 8 日 31 万 円 120 万 円 4 B 社 平 成 18 年 2 月 15 日 72 万 円 207 万 1000 円 5 C 社 平 成 18 年 5 月 9 日 213 万 円 2434 万 3000 円 6 C 社 平 成 18 年 5 月 9 日 42 万 円 391 万 6000 円 7 D 社 平 成 18 年 5 月 26 日 5 万 円 49 万 4500 円 8 E 社 平 成 18 年 6 月 9 日 82 万 円 420 万 円 9 E 社 平 成 18 年 6 月 9 日 46 万 円 312 万 1000 円 10 F 社 平 成 18 年 10 月 2 日 39 万 円 316 万 円 11 G 社 平 成 18 年 12 月 25 日 17 万 円 250 万 8000 円 12 G 社 平 成 18 年 12 月 25 日 16 万 円 327 万 6000 円 13 G 社 平 成 18 年 12 月 25 日 73 万 円 850 万 2000 円 合 計 699 万 円 5918 万 1500 円 平 成 19 年 番 号 銘 柄 課 徴 金 納 付 命 令 日 課 徴 金 額 取 引 高 1 H 社 平 成 19 年 2 月 26 日 4 万 円 98 万 600 円 2 I 社 平 成 19 年 3 月 30 日 4378 万 円 11 億 7746 万 1000 円 3 J 社 平 成 19 年 5 月 29 日 3044 万 円 3 億 3295 万 5000 円 4 K 社 平 成 19 年 6 月 29 日 20 万 円 98 万 2000 円 5 L 社 平 成 19 年 6 月 29 日 42 万 円 249 万 4000 円 6 M 社 平 成 19 年 7 月 13 日 15 万 円 187 万 7200 円 合 計 7503 万 円 15 億 1674 万 9800 円 1

4 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 根 拠 規 定 罰 則 規 定 発 行 開 示 第 4 条 第 5 条 等 不 提 出 : 第 197 条 の2 第 1 号 虚 偽 記 載 : 第 197 条 第 1 項 第 1 号 継 続 開 示 第 24 条 等 不 提 出 : 第 197 条 の2 第 5 号 虚 偽 記 載 : 第 197 条 第 1 項 第 1 号 公 開 買 付 届 出 書 第 27 条 の3 等 不 提 出 : 第 197 条 の2 第 5 号 虚 偽 記 載 : 第 197 条 第 1 項 第 3 号 大 量 保 有 報 告 書 第 27 条 の23 等 不 提 出 : 第 197 条 の2 第 5 号 虚 偽 記 載 : 第 197 条 の2 第 6 号 風 説 の 流 布 第 158 条 等 第 197 条 第 1 項 第 5 号 相 場 操 縦 第 159 条 等 第 197 条 第 1 項 第 5 号 インサイダ ー 第 166 条 第 167 条 第 197 条 の2 第 13 号 2

5 平 成 17 年 6 月 16 日 参 議 院 財 政 金 融 委 員 会 山 口 那 津 男 君 そういたしますと 現 行 法 従 来 の 現 行 法 に 対 する 考 え 方 とは 異 なった 作 り 方 をしたということで 必 ずしも 経 済 的 利 得 を 剥 奪 するという 考 え 方 ではないというこ とだろうと 思 います しかし また 一 方 で 経 済 的 利 得 は 考 慮 要 素 の 一 つというお 話 もあ りました そこで その 利 得 というものをどのようにお 考 えになっているのか どのように 考 慮 を されたのか この 点 について 御 答 弁 いただきたいと 思 います 衆 議 院 議 員 ( 吉 野 正 芳 君 ) いわゆる 〇 〇 〇 三 %というのは 有 価 証 券 報 告 書 等 の 継 続 開 示 書 類 に 虚 偽 記 載 を 行 いますと 財 務 状 況 の 見 掛 け 上 の 改 善 を 通 じて 資 金 調 達 コストが 低 下 することが 一 般 的 に 想 定 されるところであります それで 会 社 の 格 付 上 昇 による 社 債 の 利 回 り 低 下 幅 に 係 るデータ 等 を 用 いて こうした 資 金 調 達 コスト 低 下 の 株 式 時 価 総 額 に 対 する 比 率 を 試 算 したものでございます 3

6 同 一 事 業 年 度 の 二 以 上 の 継 続 開 示 書 類 において 虚 偽 記 載 がある 場 合 の 課 徴 金 額 の 調 整 1 二 以 上 の 継 続 開 示 書 類 を 提 出 した 行 為 について 同 時 に 決 定 を 行 う 場 合 個 々の 違 反 行 為 ごとに 算 出 した 額 の 合 計 額 が 最 高 額 ( 半 期 報 告 書 等 については 二 倍 し た 額 )を 超 える 場 合 には 個 々の 違 反 行 為 の 課 徴 金 額 は 当 該 最 高 額 を 個 別 算 出 額 に 応 じ て 按 分 した 額 とする 2 すでに 一 つの 行 為 について 決 定 がされて( 既 決 定 ) 別 の 行 為 について 新 たに 決 定 ( 新 決 定 )を 行 う 場 合 新 決 定 に 係 る 課 徴 金 額 は 既 決 定 及 び 新 決 定 に 係 る 違 反 行 為 について 個 別 に 算 出 した 額 の 合 計 額 から 既 決 定 に 係 る 課 徴 金 額 を 控 除 した 額 を 個 別 算 出 額 に 応 じて 按 分 した 額 とする 4

7 日 本 証 券 業 協 会 作 成 平 成 19 年 10 月 31 日 過 怠 金 額 の 推 移 年 月 協 会 の 過 怠 金 額 取 引 所 の 過 怠 金 額 昭 23.5 昭 万 円 以 下 ( 注 ) 過 怠 金 を 賦 課 する 旨 の 規 定 はあ 昭 28.9 るが 金 額 は 明 示 していない 昭 43.5 昭 万 円 以 下 ( 旧 10 協 会 ) 50 万 円 以 下 昭 48.7 昭 万 円 以 下 ( 協 会 統 合 ) 平 万 円 以 下 500 万 円 以 下 平 億 円 以 下 1 億 円 以 下 平 4.7 平 9.12 平 10.2 平 億 円 以 下 ( 注 : 重 大 な 法 令 違 反 のみ) 5 億 円 以 下 ( 注 : 重 大 な 法 令 違 反 のみ) 5

8 日 本 証 券 業 協 会 の 協 会 員 に 対 する 処 分 及 び の 事 例 ( 平 成 16 年 11 月 以 降 ) 日 本 証 券 業 協 会 作 成 平 成 19 年 10 月 31 日 1. 会 員 処 分 年 月 日 平 処 分 の 種 類 過 怠 金 1,200 万 円 処 分 の 内 容 行 為 の 内 容 実 勢 を 反 映 しない 作 為 的 相 場 を 形 成 させるべき 一 連 の 有 価 証 券 の 売 買 取 引 をする 行 為 平 平 平 過 怠 金 200 万 円 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 の 締 結 譴 責 重 要 な 事 項 につき 誤 解 を 生 ぜしめる 行 為 過 怠 金 300 万 円 同 一 外 貨 建 て 商 品 間 の 乗 換 売 買 に 係 る 外 貨 決 済 の 不 適 正 な 取 扱 い 過 怠 金 1 億 円 有 価 証 券 の 売 買 その 他 の 取 引 に 関 し 虚 偽 の 表 示 を する 行 為 過 怠 金 1,300 万 円 相 場 操 縦 的 行 為 ( 仮 装 取 引 馴 合 い 取 引 ) 譴 責 営 業 責 任 者 内 部 管 理 責 任 者 の 未 配 置 過 怠 金 800 万 円 実 勢 を 反 映 しない 作 為 的 相 場 を 形 成 させるべき 一 連 の 有 価 証 券 の 売 買 取 引 をする 行 為 過 怠 金 500 万 円 実 勢 を 反 映 しない 作 為 的 相 場 が 形 成 されることと なることを 知 りながら 一 連 の 有 価 証 券 の 売 買 取 引 の 受 託 等 をする 行 為 過 怠 金 200 万 円 同 一 外 貨 建 て 商 品 間 の 乗 換 売 買 に 係 る 外 貨 決 済 の 不 適 正 な 取 扱 い 平 平 平 過 怠 金 過 怠 金 譴 責 過 怠 金 譴 責 譴 責 譴 責 100 万 円 500 万 円 1,000 万 円 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 投 資 信 託 受 益 証 券 の 乗 換 勧 誘 に 際 し 重 要 な 事 項 に ついて 説 明 を 行 っていない 状 況 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 本 人 確 認 法 に 従 った 本 人 確 認 及 び 本 人 確 認 記 録 の 作 成 を 行 わない 行 為 投 資 信 託 受 益 証 券 の 乗 換 勧 誘 に 際 し 重 要 な 事 項 に ついて 説 明 を 行 っていない 状 況 証 券 業 に 係 る 電 子 情 報 処 理 組 織 の 管 理 が 十 分 でな いと 認 められる 状 況 - 1-6

9 処 分 年 月 日 平 処 分 の 種 類 過 怠 金 処 分 の 内 容 100 万 円 行 為 の 内 容 外 務 員 の 職 務 停 止 期 間 中 に 外 務 員 の 職 務 を 行 う 行 為 平 譴 責 有 価 証 券 の 売 買 その 他 の 取 引 に 関 し 重 要 な 事 項 に つき 誤 解 を 生 ぜしめるべき 表 示 をする 行 為 平 譴 責 証 券 業 に 係 る 電 子 情 報 処 理 組 織 の 管 理 が 十 分 でな いと 認 められる 状 況 平 平 平 平 平 平 過 怠 金 譴 責 200 万 円 実 勢 を 反 映 しない 作 為 的 相 場 を 形 成 させるべき 一 連 の 有 価 証 券 の 売 買 取 引 の 受 託 等 を 防 止 するため の 売 買 管 理 が 十 分 でないと 認 められる 状 況 弊 害 防 止 措 置 規 定 違 反 ( 親 法 人 等 からの 顧 客 に 関 す る 非 公 開 情 報 の 受 領 ) 過 怠 金 1,500 万 円 実 勢 を 反 映 しない 作 為 的 相 場 を 形 成 させるべき 一 連 の 有 価 証 券 指 数 等 先 物 取 引 をする 行 為 過 怠 金 500 万 円 有 価 証 券 の 売 買 その 他 の 取 引 に 関 し 虚 偽 の 表 示 を し 又 は 誤 解 を 生 ぜしめるべき 表 示 をする 行 為 過 怠 金 譴 責 譴 責 過 怠 金 譴 責 譴 責 過 怠 金 過 怠 金 譴 責 譴 責 500 万 円 500 万 円 100 万 円 500 万 円 有 価 証 券 の 売 買 その 他 の 取 引 等 につき 生 ずること となる 損 失 を 補 てんすることを 約 束 する 行 為 並 び に 生 じた 損 失 を 補 てんするために 財 産 上 の 利 益 を 提 供 する 行 為 証 券 業 に 係 る 電 子 情 報 処 理 組 織 の 管 理 が 十 分 でな いと 認 められる 状 況 顧 客 の 有 価 証 券 の 売 買 等 に 関 する 管 理 が 不 公 正 取 引 の 防 止 上 不 十 分 な 状 況 実 勢 を 反 映 しない 作 為 的 相 場 を 形 成 させるべき 一 連 の 有 価 証 券 の 売 買 取 引 の 受 託 等 を 防 止 するため の 売 買 管 理 が 十 分 でないと 認 められる 状 況 顧 客 の 有 価 証 券 の 売 買 等 に 関 する 管 理 が 不 公 正 取 引 の 防 止 上 不 十 分 な 状 況 証 券 業 に 係 る 電 子 情 報 処 理 組 織 の 管 理 が 十 分 でな いと 認 められる 状 況 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 外 国 証 券 の 取 引 に 係 る 法 定 帳 簿 の 不 備 外 国 証 券 の 取 引 に 関 し 顧 客 に 必 要 な 情 報 を 適 切 に 通 知 していないと 認 められる 状 況 外 国 証 券 の 取 引 に 係 る 顧 客 分 別 金 の 信 託 漏 れ 政 令 に 定 めるところに 違 反 した 空 売 り 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 - 2-7

10 処 分 年 月 日 平 平 平 平 平 平 平 平 処 分 の 種 類 過 怠 金 会 員 権 の 停 止 過 怠 金 譴 責 過 怠 金 過 怠 金 譴 責 過 怠 金 過 怠 金 譴 責 譴 責 譴 責 過 怠 金 処 分 の 内 容 3,000 万 円 6か 月 ( ~7.23) 1 億 円 500 万 円 800 万 円 3,000 万 円 1,000 万 円 1,000 万 円 行 為 の 内 容 取 引 一 任 勘 定 取 引 の 契 約 を 締 結 する 行 為 有 価 証 券 の 売 買 その 他 の 取 引 に 関 し 虚 偽 の 表 示 を する 行 為 自 己 資 本 規 制 比 率 の 維 持 義 務 違 反 内 部 者 取 引 のおそれのあることを 知 りながら 顧 客 の 有 価 証 券 の 売 買 の 受 託 をする 行 為 顧 客 の 有 価 証 券 の 売 買 に 関 する 管 理 の 状 況 が 法 人 関 係 情 報 に 係 る 不 公 正 な 取 引 の 防 止 上 十 分 でない と 認 められる 状 況 本 人 確 認 法 上 の 本 人 確 認 を 行 わないまま 顧 客 の 有 価 証 券 の 売 買 の 注 文 を 受 託 する 行 為 届 出 されていないみなし 有 価 証 券 を 募 集 により 取 得 させる 行 為 法 人 関 係 情 報 に 基 づいて 自 己 の 計 算 において 有 価 証 券 を 売 買 する 行 為 引 受 審 査 体 制 の 組 織 的 な 独 立 性 が 確 保 できていな い 状 況 業 績 見 通 しに 関 する 不 十 分 な 引 受 審 査 著 しく 不 適 当 な 引 受 価 額 での 引 受 け 上 場 有 価 証 券 の 相 場 を 変 動 させる 目 的 をもって 当 該 上 場 有 価 証 券 に 係 る 買 付 け 又 は 売 付 けをする 行 為 証 券 業 に 係 る 電 子 情 報 処 理 組 織 の 管 理 が 十 分 でな いと 認 められる 状 況 不 公 正 取 引 防 止 のための 売 買 管 理 体 制 に 係 る 不 備 最 良 執 行 義 務 違 反 ( 最 良 執 行 方 針 交 付 前 の 注 文 受 託 ) 法 人 関 係 情 報 に 基 づいて 自 己 の 計 算 において 有 価 証 券 を 売 買 する 行 為 ( 取 引 一 任 契 約 に 基 づきこれら の 取 引 をする 行 為 を 含 む ) 2. 特 別 会 員 処 分 年 月 日 平 平 処 分 の 種 類 譴 責 譴 責 処 分 の 内 容 行 為 の 内 容 未 登 録 者 無 資 格 者 の 外 務 行 為 投 資 者 保 護 上 重 大 な 問 題 となる 事 務 対 応 ( 事 務 処 理 過 誤 等 に 係 る 不 適 切 な 対 応 ) - 3-8

11 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 二 十 三 年 四 月 十 三 日 法 律 第 二 十 五 号 )( 抄 ) ( 募 集 又 は 売 出 しの 届 出 ) 第 四 条 有 価 証 券 の 募 集 ( 特 定 組 織 再 編 成 発 行 手 続 を 含 む 第 十 三 条 及 び 第 十 五 条 第 二 項 から 第 六 項 までを 除 き 以 下 この 章 及 び 次 章 において 同 じ ) 又 は 有 価 証 券 の 売 出 し( 次 項 に 規 定 する 適 格 機 関 投 資 家 取 得 有 価 証 券 一 般 勧 誘 に 該 当 するものを 除 き 特 定 組 織 再 編 成 交 付 手 続 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )は 発 行 者 が 当 該 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しに 関 し 内 閣 総 理 大 臣 に 届 出 をしているものでなけ れば することができない ただし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するものについて は この 限 りでない 一 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しの 相 手 方 が 当 該 有 価 証 券 に 係 る 次 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 事 項 に 関 する 情 報 を 既 に 取 得 し 又 は 容 易 に 取 得 することができる 場 合 と して 政 令 で 定 める 場 合 における 当 該 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し 二 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しに 係 る 組 織 再 編 成 発 行 手 続 又 は 組 織 再 編 成 交 付 手 続 のうち 次 に 掲 げる 場 合 のいずれかに 該 当 するものがある 場 合 における 当 該 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し( 前 号 に 掲 げるものを 除 く ) イ 組 織 再 編 成 対 象 会 社 が 発 行 者 である 株 券 ( 新 株 予 約 権 証 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 を 含 む )に 関 して 開 示 が 行 われている 場 合 に 該 当 しない 場 合 ロ 組 織 再 編 成 発 行 手 続 に 係 る 新 たに 発 行 される 有 価 証 券 又 は 組 織 再 編 成 交 付 手 続 に 係 る 既 に 発 行 された 有 価 証 券 に 関 して 開 示 が 行 われている 場 合 三 その 有 価 証 券 に 関 して 開 示 が 行 われている 場 合 における 当 該 有 価 証 券 の 売 出 し( 前 二 号 に 掲 げるものを 除 く ) 四 その 有 価 証 券 発 行 勧 誘 等 ( 新 たに 発 行 される 有 価 証 券 の 取 得 の 申 込 みの 勧 誘 及 び 組 織 再 編 成 発 行 手 続 をいう 以 下 同 じ )が 次 に 掲 げる 場 合 に 該 当 するもの であつた 有 価 証 券 (イに 掲 げる 場 合 にあつては 第 二 条 第 三 項 第 一 号 の 規 定 によ り 当 該 有 価 証 券 発 行 勧 誘 等 の 相 手 方 から 除 かれた 適 格 機 関 投 資 家 が 取 得 した 有 価 証 券 に 限 る )の 売 出 しで 適 格 機 関 投 資 家 のみを 相 手 方 とするもの( 前 三 号 に 掲 げるものを 除 く ) イ 第 二 条 第 三 項 第 一 号 に 掲 げる 場 合 ロ 第 二 条 第 三 項 第 二 号 イに 掲 げる 場 合 ハ 第 二 条 の 二 第 四 項 第 二 号 イに 掲 げる 場 合 五 発 行 価 額 又 は 売 出 価 額 の 総 額 が 一 億 円 未 満 の 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しで 内 閣 府 令 で 定 めるもの( 前 各 号 に 掲 げるものを 除 く ) 2 その 有 価 証 券 発 行 勧 誘 等 が 次 に 掲 げる 場 合 に 該 当 するものであつた 有 価 証 券 ( 第 一 号 に 掲 げる 場 合 にあつては 第 二 条 第 三 項 第 一 号 の 規 定 により 当 該 有 価 証 券 発 行 勧 誘 等 の 相 手 方 から 除 かれた 適 格 機 関 投 資 家 が 取 得 した 有 価 証 券 に 限 る )の 有 価 証 券 交 付 勧 誘 等 ( 既 に 発 行 された 有 価 証 券 の 売 付 けの 申 込 み 又 はその 買 付 けの 申 込 みの 勧 誘 及 び 組 織 再 編 成 交 付 手 続 をいう 以 下 同 じ )で 適 格 機 関 投 資 家 が 適 格 機 関 投 資 家 以 外 の 者 に 対 して 行 うもの( 以 下 適 格 機 関 投 資 家 取 得 有 価 証 券 一 般 勧 誘 という )は 発 行 者 が 当 該 適 格 機 関 投 資 家 向 け 証 券 の 一 般 投 資 者 向 け 勧 誘 に 関 し 内 閣 総 理 大 臣 に 届 出 をしているものでなければ することができない た 9

12 だし 当 該 有 価 証 券 に 関 して 開 示 が 行 われている 場 合 及 び 内 閣 府 令 で 定 めるやむを 得 ない 理 由 により 行 われることその 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 要 件 を 満 たす 場 合 は こ の 限 りでない 一 第 二 条 第 三 項 第 一 号 に 掲 げる 場 合 二 第 二 条 第 三 項 第 二 号 イに 掲 げる 場 合 三 第 二 条 の 二 第 四 項 第 二 号 イに 掲 げる 場 合 3 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し( 第 一 項 第 四 号 に 掲 げる 有 価 証 券 の 売 出 しを 除 くも のとし 適 格 機 関 投 資 家 取 得 有 価 証 券 一 般 勧 誘 ( 有 価 証 券 の 売 出 しに 該 当 するもの を 除 く ) 及 び 特 定 組 織 再 編 成 交 付 手 続 を 含 む 次 項 及 び 第 五 項 第 十 三 条 並 びに 第 十 五 条 第 二 項 から 第 六 項 までを 除 き 以 下 この 章 及 び 次 章 において 同 じ )が 一 定 の 日 において 株 主 名 簿 ( 優 先 出 資 法 に 規 定 する 優 先 出 資 者 名 簿 を 含 む )に 記 載 され 又 は 記 録 されている 株 主 ( 優 先 出 資 法 に 規 定 する 優 先 出 資 者 を 含 む )に 対 し 行 われる 場 合 には 当 該 募 集 又 は 売 出 しに 関 する 前 二 項 の 規 定 による 届 出 は そ の 日 の 二 十 五 日 前 までにしなければならない ただし 有 価 証 券 の 発 行 価 格 又 は 売 出 価 格 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 は この 限 りでない 4 第 一 項 第 一 号 若 しくは 第 五 号 に 掲 げる 有 価 証 券 の 募 集 若 しくは 売 出 し 若 しくは 第 二 項 ただし 書 の 規 定 により 同 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 けない 適 格 機 関 投 資 家 取 得 有 価 証 券 一 般 勧 誘 のうち 有 価 証 券 の 売 出 しに 該 当 するもの 若 しくは 有 価 証 券 の 売 出 しに 該 当 せず かつ 開 示 が 行 われている 場 合 に 該 当 しないもの( 以 下 この 項 及 び 次 項 において 特 定 募 集 等 という )をし 又 は 当 該 特 定 募 集 等 に 係 る 有 価 証 券 を 取 得 させ 若 しくは 売 り 付 ける 場 合 に 使 用 する 目 論 見 書 には 当 該 特 定 募 集 等 が 第 一 項 本 文 又 は 第 二 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 けないものである 旨 を 記 載 しなけ ればならない 5 特 定 募 集 等 が 行 われる 場 合 においては 当 該 特 定 募 集 等 に 係 る 有 価 証 券 の 発 行 者 は 当 該 特 定 募 集 等 が 開 始 される 日 の 前 日 までに 内 閣 府 令 で 定 めるところによ り 当 該 特 定 募 集 等 に 関 する 通 知 書 を 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 しなければならない た だし 開 示 が 行 われている 場 合 における 第 三 項 に 規 定 する 有 価 証 券 の 売 出 しでその 売 出 価 額 の 総 額 が 一 億 円 未 満 のもの 及 び 第 一 項 第 五 号 に 掲 げる 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しでその 発 行 価 額 又 は 売 出 価 額 の 総 額 が 内 閣 府 令 で 定 める 金 額 以 下 のもの については この 限 りでない 6 第 一 項 第 二 号 イ 及 びロ 並 びに 第 三 号 第 二 項 第 四 項 並 びに 前 項 に 規 定 する 開 示 が 行 われている 場 合 とは 次 に 掲 げる 場 合 をいう 一 当 該 有 価 証 券 について 既 に 行 われた 募 集 若 しくは 売 出 し( 適 格 機 関 投 資 家 取 得 有 価 証 券 一 般 勧 誘 に 該 当 するものを 除 く )に 関 する 第 一 項 の 規 定 による 届 出 又 は 当 該 有 価 証 券 について 既 に 行 われた 適 格 機 関 投 資 家 取 得 有 価 証 券 一 般 勧 誘 に 関 する 第 二 項 の 規 定 による 届 出 がその 効 力 を 生 じている 場 合 ( 当 該 有 価 証 券 の 発 行 者 が 第 二 十 四 条 第 一 項 ただし 書 ( 同 条 第 五 項 において 準 用 し 及 びこれらの 規 定 を 第 二 十 七 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 の 適 用 を 受 けている 者 である 場 合 を 除 く ) 二 前 号 に 掲 げる 場 合 に 準 ずるものとして 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 10

13 ( 有 価 証 券 届 出 書 の 提 出 ) 第 五 条 前 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し( 特 定 有 価 証 券 (その 投 資 者 の 投 資 判 断 に 重 要 な 影 響 を 及 ぼす 情 報 がその 発 行 者 が 行 う 資 産 の 運 用 その 他 これに 類 似 する 事 業 に 関 する 情 報 である 有 価 証 券 として 政 令 で 定 める ものをいう 以 下 この 項 及 び 第 五 項 並 びに 第 二 十 四 条 において 同 じ )に 係 る 有 価 証 券 の 募 集 及 び 売 出 しを 除 く 以 下 この 項 及 び 次 項 において 同 じ )に 係 る 届 出 を しようとする 発 行 者 は その 者 が 会 社 ( 外 国 会 社 を 含 む 第 五 十 条 の 二 第 九 項 及 び 第 百 五 十 六 条 の 三 第 二 項 第 三 号 を 除 き 以 下 同 じ )である 場 合 ( 当 該 有 価 証 券 ( 特 定 有 価 証 券 を 除 く 以 下 この 項 から 第 四 項 までにおいて 同 じ )の 発 行 により 会 社 を 設 立 する 場 合 を 含 む )においては 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げ る 事 項 を 記 載 した 届 出 書 を 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 しなければならない ただし 当 該 有 価 証 券 の 発 行 価 格 の 決 定 前 に 募 集 をする 必 要 がある 場 合 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 には 第 一 号 のうち 発 行 価 格 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 を 記 載 しない で 提 出 することができる 一 当 該 募 集 又 は 売 出 しに 関 する 事 項 二 当 該 会 社 の 商 号 当 該 会 社 の 属 する 企 業 集 団 ( 当 該 会 社 及 び 当 該 会 社 が 他 の 会 社 の 議 決 権 の 過 半 数 を 所 有 していることその 他 の 当 該 会 社 と 密 接 な 関 係 を 有 する 者 として 内 閣 府 令 で 定 める 要 件 に 該 当 する 者 ( 内 閣 府 令 で 定 める 会 社 その 他 の 団 体 に 限 る )の 集 団 をいう 以 下 同 じ ) 及 び 当 該 会 社 の 経 理 の 状 況 その 他 事 業 の 内 容 に 関 する 重 要 な 事 項 その 他 の 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 2 前 条 第 一 項 本 文 又 は 第 二 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しのうち 発 行 価 額 又 は 売 出 価 額 の 総 額 が 五 億 円 未 満 のもので 内 閣 府 令 で 定 めるも の( 第 二 十 四 条 第 二 項 において 少 額 募 集 等 という )に 関 し 前 項 の 届 出 書 を 提 出 しようとする 者 のうち 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 者 は 当 該 届 出 書 に 同 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 のうち 当 該 会 社 に 係 るものとして 内 閣 府 令 で 定 めるもの を 記 載 することにより 同 号 に 掲 げる 事 項 の 記 載 に 代 えることができる 一 第 二 十 四 条 第 一 項 第 一 号 第 二 号 又 は 第 四 号 に 掲 げる 有 価 証 券 に 該 当 する 有 価 証 券 の 発 行 者 二 前 条 第 一 項 本 文 又 は 第 二 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しにつき 前 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 同 項 の 届 出 書 を 提 出 した 者 ( 前 号 に 掲 げる 者 を 除 く ) 三 既 に 有 価 証 券 報 告 書 ( 第 二 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 報 告 書 をいう 以 下 こ の 条 において 同 じ )のうち 同 項 本 文 に 規 定 する 事 項 を 記 載 したもの 又 は 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 一 項 若 しくは 第 二 項 の 規 定 による 四 半 期 報 告 書 ( 以 下 この 条 にお いて 四 半 期 報 告 書 という )のうち 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 一 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 したもの 若 しくは 半 期 報 告 書 ( 第 二 十 四 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 報 告 書 をいう 以 下 この 条 及 び 第 二 十 四 条 第 二 項 において 同 じ )のうち 第 二 十 四 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 したものを 提 出 している 者 ( 前 二 号 に 掲 げる 者 を 除 く ) 11

14 3 既 に 内 閣 府 令 で 定 める 期 間 継 続 して 有 価 証 券 報 告 書 のうち 内 閣 府 令 で 定 めるも のを 提 出 している 者 は 前 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 届 出 をしようとする 場 合 には 第 一 項 の 届 出 書 に 内 閣 府 令 で 定 めるところにより その 者 に 係 る 直 近 の 有 価 証 券 報 告 書 及 びその 添 付 書 類 並 びにその 提 出 以 後 に 提 出 される 四 半 期 報 告 書 又 は 半 期 報 告 書 並 びにこれらの 訂 正 報 告 書 の 写 しをとじ 込 み かつ 当 該 有 価 証 券 報 告 書 提 出 後 に 生 じた 事 実 で 内 閣 府 令 で 定 めるものを 記 載 することにより 同 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 の 記 載 に 代 えることができる 4 次 に 掲 げるすべての 要 件 を 満 たす 者 が 前 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 届 出 をしようとする 場 合 において 第 一 項 の 届 出 書 に 内 閣 府 令 で 定 めるところにより その 者 に 係 る 直 近 の 有 価 証 券 報 告 書 及 びその 添 付 書 類 並 びにその 提 出 以 後 に 提 出 される 四 半 期 報 告 書 又 は 半 期 報 告 書 及 び 臨 時 報 告 書 ( 第 二 十 四 条 の 五 第 四 項 に 規 定 する 報 告 書 をいう ) 並 びにこれらの 訂 正 報 告 書 ( 以 下 参 照 書 類 という )を 参 照 すべき 旨 を 記 載 したときは 第 一 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 の 記 載 をしたものとみ なす 一 既 に 内 閣 府 令 で 定 める 期 間 継 続 して 有 価 証 券 報 告 書 のうち 内 閣 府 令 で 定 める ものを 提 出 していること 二 当 該 者 に 係 る 第 一 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 に 関 する 情 報 が 既 に 公 衆 に 広 範 に 提 供 されているものとして その 者 が 発 行 者 である 有 価 証 券 で 既 に 発 行 されたもの の 取 引 所 金 融 商 品 市 場 における 取 引 状 況 等 に 関 し 内 閣 府 令 で 定 める 基 準 に 該 当 すること 5 第 一 項 から 前 項 までの 規 定 は 当 該 有 価 証 券 が 特 定 有 価 証 券 である 場 合 につい て 準 用 する この 場 合 において 第 一 項 中 有 価 証 券 の 募 集 及 び 売 出 しを 除 く と あるのは 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しに 限 る と 当 該 有 価 証 券 ( 特 定 有 価 証 券 を 除 く 以 下 この 項 から 第 四 項 までにおいて 同 じ ) とあるのは 当 該 特 定 有 価 証 券 と 同 項 第 二 号 中 当 該 会 社 の 商 号 当 該 会 社 の 属 する 企 業 集 団 ( 当 該 会 社 及 び 当 該 会 社 が 他 の 会 社 の 議 決 権 の 過 半 数 を 所 有 していることその 他 の 当 該 会 社 と 密 接 な 関 係 を 有 する 者 として 内 閣 府 令 で 定 める 要 件 に 該 当 する 者 ( 内 閣 府 令 で 定 める 会 社 その 他 の 団 体 に 限 る )の 集 団 をいう 以 下 同 じ ) 及 び 当 該 会 社 の 経 理 の 状 況 その 他 事 業 とあるのは 当 該 会 社 が 行 う 資 産 の 運 用 その 他 これに 類 似 する 事 業 に 係 る 資 産 の 経 理 の 状 況 その 他 資 産 と 第 二 項 中 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しのうち とあるのは 特 定 有 価 証 券 に 係 る 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しのうち と 同 項 第 一 号 中 有 価 証 券 の とあるのは 特 定 有 価 証 券 の と 同 項 第 二 号 中 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し とあるのは 特 定 有 価 証 券 に 係 る 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し と 同 項 第 三 号 中 同 項 本 文 とあるのは 第 二 十 四 条 第 五 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 本 文 と 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 一 項 若 しくは 第 二 項 とあるの は 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 と 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 一 項 に 規 定 する 事 項 とあるのは 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 に 規 定 する 事 項 と 第 二 十 四 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 事 項 とあるのは 第 二 十 四 条 の 五 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 に 規 定 する 事 項 と 読 み 替 えるものとするほか 必 要 な 技 術 的 読 替 えは 政 令 で 定 め る 12

15 6 第 一 項 の 届 出 書 には 定 款 その 他 の 書 類 で 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものを 添 付 しなければならない ( 有 価 証 券 報 告 書 の 提 出 ) 第 二 十 四 条 有 価 証 券 の 発 行 者 である 会 社 は その 会 社 が 発 行 者 である 有 価 証 券 ( 特 定 有 価 証 券 )を 除 く 次 の 各 号 を 除 き 以 下 この 条 において 同 じ )が 次 に 掲 げる 有 価 証 券 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 事 業 年 度 ごとに 当 該 会 社 の 商 号 当 該 会 社 の 属 する 企 業 集 団 及 び 当 該 会 社 の 経 理 の 状 況 その 他 事 業 の 内 容 に 関 する 重 要 な 事 項 その 他 の 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 か つ 適 当 なものとして 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 を 記 載 した 報 告 書 ( 以 下 有 価 証 券 報 告 書 という )を 当 該 事 業 年 度 経 過 後 三 月 以 内 ( 当 該 会 社 が 外 国 会 社 である 場 合 には 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 期 間 内 ) に 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 しなければならない ただし 当 該 有 価 証 券 が 第 三 号 に 掲 げる 有 価 証 券 ( 株 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 に 限 る )に 該 当 する 場 合 にお いてその 発 行 者 である 会 社 ( 報 告 書 提 出 開 始 年 度 ( 当 該 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 し につき 第 四 条 第 一 項 本 文 若 しくは 第 二 項 本 文 又 は 第 二 十 三 条 の 八 第 一 項 本 文 若 し くは 第 二 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けることとなつた 日 の 属 する 事 業 年 度 をいい 当 該 報 告 書 提 出 開 始 年 度 が 複 数 あるときは その 直 近 のものをいう ) 終 了 後 五 年 を 経 過 している 場 合 に 該 当 する 会 社 に 限 る )の 当 該 事 業 年 度 の 末 日 及 び 当 該 事 業 年 度 の 開 始 の 日 前 四 年 以 内 に 開 始 した 事 業 年 度 すべての 末 日 における 当 該 有 価 証 券 の 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 めるところにより 計 算 した 数 に 満 たない 場 合 であつて 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 しなくても 公 益 又 は 投 資 者 保 護 に 欠 けることがないものとして 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 内 閣 総 理 大 臣 の 承 認 を 受 けたとき 当 該 有 価 証 券 が 第 四 号 に 掲 げる 有 価 証 券 に 該 当 する 場 合 において その 発 行 者 である 会 社 の 資 本 金 の 額 が 当 該 事 業 年 度 の 末 日 において 五 億 円 未 満 ( 当 該 有 価 証 券 が 第 二 条 第 二 項 の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 有 価 証 券 投 資 事 業 権 利 等 である 場 合 にあつては 当 該 会 社 の 資 産 の 額 として 政 令 で 定 めるものの 額 が 当 該 事 業 年 度 の 末 日 において 政 令 で 定 める 額 未 満 )であるとき 及 び 当 該 事 業 年 度 の 末 日 における 当 該 有 価 証 券 の 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 に 満 たないとき 並 びに 当 該 有 価 証 券 が 第 三 号 又 は 第 四 号 に 掲 げる 有 価 証 券 に 該 当 する 場 合 において 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 しなくても 公 益 又 は 投 資 者 保 護 に 欠 けることがないものとして 政 令 で 定 めるところにより 内 閣 総 理 大 臣 の 承 認 を 受 けたときは この 限 りでない 一 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されている 有 価 証 券 二 流 通 状 況 が 前 号 に 掲 げる 有 価 証 券 に 準 ずるものとして 政 令 で 定 める 有 価 証 券 三 その 募 集 又 は 売 出 しにつき 第 四 条 第 一 項 本 文 若 しくは 第 二 項 本 文 又 は 第 二 十 三 条 の 八 第 一 項 本 文 若 しくは 第 二 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 有 価 証 券 ( 前 二 号 に 掲 げるものを 除 く ) 四 当 該 会 社 が 発 行 する 有 価 証 券 ( 株 券 第 二 条 第 二 項 の 規 定 により 有 価 証 券 と みなされる 有 価 証 券 投 資 事 業 権 利 等 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 に 限 る )で 当 該 事 業 年 度 又 は 当 該 事 業 年 度 の 開 始 の 日 前 四 年 以 内 に 開 始 した 事 業 年 度 のい ずれかの 末 日 におけるその 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 以 上 ( 当 該 有 価 証 券 が 同 13

16 項 の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 有 価 証 券 投 資 事 業 権 利 等 である 場 合 にあ つては 当 該 事 業 年 度 の 末 日 におけるその 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 以 上 )で あるもの( 前 三 号 に 掲 げるものを 除 く ) 2 前 項 第 三 号 に 掲 げる 有 価 証 券 に 該 当 する 有 価 証 券 の 発 行 者 である 会 社 で 少 額 募 集 等 につき 第 五 条 第 二 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 した 同 条 第 一 項 に 規 定 する 届 出 書 を 提 出 した 会 社 のうち 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 会 社 は 前 項 本 文 の 規 定 により 提 出 しなければならない 有 価 証 券 報 告 書 に 同 項 本 文 に 規 定 する 事 項 のうち 当 該 会 社 に 係 るものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものを 記 載 することにより 同 項 本 文 に 規 定 する 事 項 の 記 載 に 代 えることができる 一 既 に 前 項 本 文 に 規 定 する 事 項 を 記 載 した 有 価 証 券 報 告 書 又 は 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 一 項 若 しくは 第 二 項 の 規 定 による 四 半 期 報 告 書 のうち 同 条 第 一 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 したもの 若 しくは 第 二 十 四 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 した 半 期 報 告 書 を 提 出 している 者 二 第 四 条 第 一 項 本 文 又 は 第 二 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しにつき 第 五 条 第 一 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 同 項 に 規 定 する 届 出 書 を 提 出 した 者 ( 前 号 に 掲 げる 者 を 除 く ) 3 第 一 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 けない 会 社 が 発 行 者 である 有 価 証 券 が 同 項 第 一 号 から 第 三 号 までに 掲 げる 有 価 証 券 に 該 当 することとなつたとき( 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 を 除 く )は 当 該 会 社 は 内 閣 府 令 で 定 めるところにより その 該 当 するこ ととなつた 日 の 属 する 事 業 年 度 の 直 前 事 業 年 度 に 係 る 有 価 証 券 報 告 書 を 遅 滞 なく 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 しなければならない 4 第 一 項 第 四 号 に 規 定 する 所 有 者 の 数 の 算 定 に 関 し 必 要 な 事 項 は 内 閣 府 令 で 定 める 5 前 各 項 の 規 定 は 特 定 有 価 証 券 が 第 一 項 各 号 に 掲 げる 有 価 証 券 のいずれかに 該 当 する 場 合 について 準 用 する この 場 合 において 同 項 本 文 中 有 価 証 券 の 発 行 者 である 会 社 とあるのは 有 価 証 券 の 発 行 者 である 会 社 ( 内 閣 府 令 で 定 める 有 価 証 券 については 内 閣 府 令 で 定 める 者 を 除 く ) と 特 定 有 価 証 券 を 除 く と あるのは 特 定 有 価 証 券 に 限 る と 事 業 年 度 ごと とあるのは 当 該 特 定 有 価 証 券 につき 内 閣 府 令 で 定 める 期 間 ( 以 下 この 条 において 特 定 期 間 という )ご と と 当 該 会 社 の 商 号 当 該 会 社 の 属 する 企 業 集 団 及 び 当 該 会 社 の 経 理 の 状 況 その 他 事 業 とあるのは 当 該 会 社 が 行 う 資 産 の 運 用 その 他 これに 類 似 する 事 業 に 係 る 資 産 の 経 理 の 状 況 その 他 資 産 と 当 該 事 業 年 度 とあるのは 当 該 特 定 期 間 と 同 項 ただし 書 中 当 該 有 価 証 券 が 第 三 号 に 掲 げる 有 価 証 券 ( 株 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 に 限 る )に 該 当 する 場 合 においてその 発 行 者 である 会 社 ( 報 告 書 提 出 開 始 年 度 ( 当 該 有 価 証 券 の 募 集 又 は 売 出 しにつき 第 四 条 第 一 項 本 文 若 しく は 第 二 項 本 文 又 は 第 二 十 三 条 の 八 第 一 項 本 文 若 しくは 第 二 項 の 規 定 の 適 用 を 受 け ることとなつた 日 の 属 する 事 業 年 度 をいい 当 該 報 告 書 提 出 開 始 年 度 が 複 数 あると きは その 直 近 のものをいう ) 終 了 後 五 年 を 経 過 している 場 合 に 該 当 する 会 社 に 限 る )の 当 該 事 業 年 度 の 末 日 及 び 当 該 事 業 年 度 の 開 始 の 日 前 四 年 以 内 に 開 始 した 事 業 年 度 すべての 末 日 における 当 該 有 価 証 券 の 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 めるところ により 計 算 した 数 に 満 たない 場 合 であつて 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 しなくても 公 益 14

17 又 は 投 資 者 保 護 に 欠 けることがないものとして 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 内 閣 総 理 大 臣 の 承 認 を 受 けたとき 当 該 有 価 証 券 が 第 四 号 とあるのは 当 該 特 定 有 価 証 券 が 第 四 号 と 及 び 当 該 事 業 年 度 の 末 日 における 当 該 有 価 証 券 の 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 に 満 たないとき 並 びに とあるのは 及 び 同 項 第 四 号 中 株 券 第 二 条 第 二 項 の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 有 価 証 券 投 資 事 業 権 利 等 とあるのは 第 二 条 第 二 項 の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 有 価 証 券 投 資 事 業 権 利 等 と 当 該 事 業 年 度 又 は 当 該 事 業 年 度 の 開 始 の 日 前 四 年 以 内 に 開 始 した 事 業 年 度 のいずれかの 末 日 におけるその 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 以 上 ( 当 該 有 価 証 券 が 同 項 の 規 定 により 有 価 証 券 とみなされる 有 価 証 券 投 資 事 業 権 利 等 である 場 合 にあつては 当 該 事 業 年 度 の 末 日 におけるその 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 以 上 ) とあるのは 当 該 特 定 期 間 の 末 日 におけるその 所 有 者 の 数 が 政 令 で 定 める 数 以 上 と 第 二 項 中 有 価 証 券 の とあるのは 特 定 有 価 証 券 の と 第 三 項 中 第 一 項 本 文 とあるのは 第 五 項 において 準 用 する 第 一 項 本 文 と 発 行 者 とあ るのは 発 行 者 ( 内 閣 府 令 で 定 める 有 価 証 券 については 内 閣 府 令 で 定 める 者 を 除 く ) と 有 価 証 券 が とあるのは 特 定 有 価 証 券 が と その 該 当 するこ ととなつた 日 とあるのは 当 該 特 定 有 価 証 券 につき その 該 当 することとなつた 日 と 事 業 年 度 とあるのは 特 定 期 間 と 読 み 替 えるものとするほか 必 要 な 技 術 的 読 替 えは 政 令 で 定 める 6 有 価 証 券 報 告 書 には 定 款 その 他 の 書 類 で 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものを 添 付 しなければならない 7 第 六 条 の 規 定 は 第 一 項 から 第 三 項 まで(これらの 規 定 を 第 五 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 及 び 前 項 の 規 定 により 有 価 証 券 報 告 書 及 びその 添 付 書 類 が 提 出 された 場 合 について 準 用 する 8 第 一 項 ( 第 五 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 この 項 から 第 十 三 項 までに おいて 同 じ )の 規 定 により 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 しなければならない 外 国 会 社 ( 第 二 十 三 条 の 三 第 四 項 の 規 定 により 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 したものを 含 む 以 下 報 告 書 提 出 外 国 会 社 という )は 公 益 又 は 投 資 者 保 護 に 欠 けることがないものと して 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 には 第 一 項 の 規 定 による 有 価 証 券 報 告 書 及 び 第 六 項 の 規 定 によりこれに 添 付 しなければならない 書 類 ( 以 下 この 条 において 有 価 証 券 報 告 書 等 という )に 代 えて 外 国 において 開 示 ( 当 該 外 国 の 法 令 ( 外 国 金 融 商 品 市 場 を 開 設 する 者 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 者 の 規 則 を 含 む )に 基 づいて 当 該 外 国 において 公 衆 の 縦 覧 に 供 されることをいう 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 六 項 及 び 第 二 十 四 条 の 五 第 七 項 において 同 じ )が 行 われている 有 価 証 券 報 告 書 等 に 類 する 書 類 であつて 英 語 で 記 載 されたもの( 以 下 この 章 において 外 国 会 社 報 告 書 という ) を 提 出 することができる 9 外 国 会 社 報 告 書 には 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 当 該 外 国 会 社 報 告 書 に 記 載 されている 事 項 のうち 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものの 要 約 の 日 本 語 による 翻 訳 文 当 該 外 国 会 社 報 告 書 に 記 載 さ れていない 事 項 のうち 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものを 記 載 した 書 類 その 他 内 閣 府 令 で 定 めるもの( 以 下 この 条 及 び 次 条 第 四 項 において 補 足 書 類 という )を 添 付 しなければならない 15

18 10 前 二 項 の 規 定 により 報 告 書 提 出 外 国 会 社 が 有 価 証 券 報 告 書 等 に 代 えて 外 国 会 社 報 告 書 及 びその 補 足 書 類 を 提 出 する 場 合 には 第 一 項 中 当 該 事 業 年 度 経 過 後 三 月 以 内 ( 当 該 会 社 が 外 国 会 社 である 場 合 には 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 期 間 内 ) とあるのは 当 該 事 業 年 度 経 過 後 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 期 間 内 とし 第 五 項 中 当 該 事 業 年 度 とあるのは 当 該 特 定 期 間 とあるのは 当 該 事 業 年 度 経 過 後 三 月 以 内 ( 当 該 会 社 が 外 国 会 社 である 場 合 には 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 期 間 内 ) とあるのは 当 該 特 定 期 間 経 過 後 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 期 間 内 と する 11 第 八 項 及 び 第 九 項 の 規 定 により 報 告 書 提 出 外 国 会 社 が 外 国 会 社 報 告 書 及 びそ の 補 足 書 類 を 提 出 した 場 合 には 当 該 外 国 会 社 報 告 書 及 びその 補 足 書 類 を 有 価 証 券 報 告 書 とみなし これらの 提 出 を 有 価 証 券 報 告 書 等 を 提 出 したものとみなして こ の 法 律 又 はこの 法 律 に 基 づく 命 令 ( 以 下 この 章 から 第 二 章 の 四 までにおいて 金 融 商 品 取 引 法 令 という )の 規 定 を 適 用 する 12 内 閣 総 理 大 臣 は 外 国 会 社 報 告 書 を 提 出 した 報 告 書 提 出 外 国 会 社 が 第 八 項 の 外 国 会 社 報 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 しないと 認 めるときは 当 該 報 告 書 提 出 外 国 会 社 に 対 し その 旨 を 通 知 しなければならない この 場 合 においては 行 政 手 続 法 第 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 意 見 陳 述 のための 手 続 の 区 分 にかかわら ず 聴 聞 を 行 わなければならない 13 前 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 報 告 書 提 出 外 国 会 社 は 第 一 項 の 規 定 にかか わらず 同 項 の 規 定 による 有 価 証 券 報 告 書 を 当 該 通 知 があつた 日 を 起 算 日 として 公 益 又 は 投 資 者 保 護 のため 必 要 かつ 適 当 なものとして 政 令 で 定 める 期 間 内 に 提 出 しなければならない 14 第 一 項 ( 第 五 項 において 準 用 する 場 合 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ ) の 規 定 により 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 しなければならない 会 社 が 内 閣 府 令 で 定 める ところにより 第 一 項 に 規 定 する 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 の 一 部 を 記 載 した 書 面 ( 法 令 又 は 金 融 商 品 取 引 所 の 規 則 (これに 類 するものとして 内 閣 府 令 で 定 めるものを 含 む )に 基 づいて 作 成 された 書 面 に 限 る 以 下 この 項 及 び 次 項 において 報 告 書 代 替 書 面 という )を 有 価 証 券 報 告 書 と 併 せて 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 する 場 合 におい て 公 益 又 は 投 資 者 保 護 に 欠 けることがないものとして 内 閣 府 令 で 定 めるところに より 内 閣 総 理 大 臣 の 承 認 を 受 けた 場 合 における 第 一 項 及 び 第 二 項 の 規 定 の 適 用 に ついては 第 一 項 中 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 とあるのは 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 ( 第 十 四 項 に 規 定 する 報 告 書 代 替 書 面 に 記 載 された 事 項 を 除 く ) と 第 二 項 中 同 項 本 文 に 規 定 する 事 項 とあるのは 同 項 本 文 に 規 定 する 事 項 ( 第 十 四 項 に 規 定 する 報 告 書 代 替 書 面 に 記 載 された 事 項 を 除 く ) とする 15 前 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 第 一 項 の 有 価 証 券 報 告 書 と 併 せて 報 告 書 代 替 書 面 を 提 出 した 場 合 には 当 該 報 告 書 代 替 書 面 を 当 該 有 価 証 券 報 告 書 の 一 部 とみなし 当 該 報 告 書 代 替 書 面 を 提 出 したことを 当 該 報 告 書 代 替 書 面 を 当 該 有 価 証 券 報 告 書 の 一 部 として 提 出 したものとみなして 金 融 商 品 取 引 法 令 の 規 定 を 適 用 す る 16

19 ( 公 開 買 付 開 始 公 告 及 び 公 開 買 付 届 出 書 の 提 出 ) 第 二 十 七 条 の 三 前 条 第 一 項 本 文 の 規 定 により 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け( 以 下 こ の 節 において 公 開 買 付 け という )によつて 株 券 等 の 買 付 け 等 を 行 わなければ ならない 者 は 政 令 で 定 めるところにより 当 該 公 開 買 付 けについて その 目 的 買 付 け 等 の 価 格 買 付 予 定 の 株 券 等 の 数 ( 株 券 については 株 式 の 数 を その 他 のも のについては 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 株 式 に 換 算 した 数 をいう 以 下 この 節 において 同 じ ) 買 付 け 等 の 期 間 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 を 公 告 しなけれ ばならない この 場 合 において 当 該 買 付 け 等 の 期 間 が 政 令 で 定 める 期 間 より 短 い ときは 第 二 十 七 条 の 十 第 三 項 の 規 定 により 当 該 買 付 け 等 の 期 間 が 延 長 されること がある 旨 を 当 該 公 告 において 明 示 しなければならない 2 前 項 の 規 定 による 公 告 ( 以 下 この 節 において 公 開 買 付 開 始 公 告 という ) を 行 つた 者 ( 以 下 この 節 において 公 開 買 付 者 という )は 内 閣 府 令 で 定 める ところにより 当 該 公 開 買 付 開 始 公 告 を 行 つた 日 に 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 書 類 及 び 内 閣 府 令 で 定 める 添 付 書 類 ( 以 下 この 節 並 びに 第 百 六 十 七 条 第 百 九 十 七 条 及 び 第 百 九 十 七 条 の 二 において 公 開 買 付 届 出 書 という )を 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 をしなければならない ただし 当 該 提 出 をしなければならない 日 が 日 曜 日 その 他 内 閣 府 令 で 定 める 日 に 該 当 するときは これらの 日 の 翌 日 に 提 出 するものとする 一 買 付 け 等 の 価 格 買 付 予 定 の 株 券 等 の 数 買 付 け 等 の 期 間 ( 前 項 後 段 の 規 定 により 公 告 において 明 示 した 内 容 を 含 む ) 買 付 け 等 に 係 る 受 渡 しその 他 の 決 済 及 び 公 開 買 付 者 が 買 付 け 等 に 付 した 条 件 ( 以 下 この 節 において 買 付 条 件 等 という ) 二 当 該 公 開 買 付 開 始 公 告 をした 日 以 後 において 当 該 公 開 買 付 けに 係 る 株 券 等 の 買 付 け 等 を 公 開 買 付 けによらないで 行 う 契 約 がある 場 合 には 当 該 契 約 の 内 容 三 公 開 買 付 けの 目 的 公 開 買 付 者 に 関 する 事 項 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 3 公 開 買 付 者 その 特 別 関 係 者 ( 第 二 十 七 条 の 二 第 七 項 に 規 定 する 特 別 関 係 者 を いう 以 下 この 節 において 同 じ )その 他 政 令 で 定 める 関 係 者 ( 以 下 この 節 におい て 公 開 買 付 者 等 という )は その 公 開 買 付 けにつき 公 開 買 付 開 始 公 告 が 行 わ れた 日 の 翌 日 以 後 は 当 該 公 開 買 付 者 が 公 開 買 付 届 出 書 を 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 して いなければ 売 付 け 等 の 申 込 みの 勧 誘 その 他 の 当 該 公 開 買 付 けに 係 る 内 閣 府 令 で 定 める 行 為 をしてはならない 4 公 開 買 付 者 は 当 該 公 開 買 付 届 出 書 を 提 出 した 後 直 ちに 当 該 公 開 買 付 届 出 書 の 写 しを 当 該 公 開 買 付 けに 係 る 株 券 等 の 発 行 者 ( 当 該 公 開 買 付 届 出 書 を 提 出 した 日 において 既 に 当 該 発 行 者 の 株 券 等 に 係 る 公 開 買 付 届 出 書 の 提 出 をしている 者 があ る 場 合 には 当 該 提 出 をしている 者 を 含 む )に 送 付 するとともに 当 該 公 開 買 付 けに 係 る 株 券 等 が 次 の 各 号 に 掲 げる 株 券 等 に 該 当 する 場 合 には 当 該 各 号 に 掲 げる 株 券 等 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 送 付 しなければならない この 場 合 に おいて 当 該 写 しの 送 付 に 関 し 必 要 な 事 項 は 内 閣 府 令 で 定 める 一 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されている 株 券 等 当 該 金 融 商 品 取 引 所 二 流 通 状 況 が 前 号 に 掲 げる 株 券 等 に 準 ずるものとして 政 令 で 定 める 株 券 等 政 令 で 定 める 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 17

20 ( 大 量 保 有 報 告 書 の 提 出 ) 第 二 十 七 条 の 二 十 三 株 券 新 株 予 約 権 付 社 債 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 ( 以 下 この 項 において 株 券 関 連 有 価 証 券 という )で 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されて いるもの( 流 通 状 況 がこれに 準 ずるものとして 政 令 で 定 める 株 券 関 連 有 価 証 券 を 含 む )の 発 行 者 である 法 人 が 発 行 者 ( 内 閣 府 令 で 定 める 有 価 証 券 については 内 閣 府 令 で 定 める 者 第 二 十 七 条 の 三 十 第 二 項 を 除 き 以 下 この 章 及 び 第 二 十 七 条 の 三 十 の 十 一 第 四 項 において 同 じ )である 対 象 有 価 証 券 ( 当 該 対 象 有 価 証 券 に 係 るオ プション( 当 該 オプションの 行 使 により 当 該 行 使 をした 者 が 当 該 オプションに 係 る 対 象 有 価 証 券 の 売 買 において 買 主 としての 地 位 を 取 得 するものに 限 る )を 表 示 す る 第 二 条 第 一 項 第 十 九 号 に 掲 げる 有 価 証 券 その 他 の 当 該 対 象 有 価 証 券 に 係 る 権 利 を 表 示 するものとして 政 令 で 定 めるものを 含 む 以 下 この 章 及 び 第 二 十 七 条 の 三 十 の 十 一 第 四 項 において 株 券 等 という )の 保 有 者 で 当 該 株 券 等 に 係 るその 株 券 等 保 有 割 合 が 百 分 の 五 を 超 えるもの( 以 下 この 章 において 大 量 保 有 者 という ) は 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 株 券 等 保 有 割 合 に 関 する 事 項 取 得 資 金 に 関 する 事 項 保 有 の 目 的 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 事 項 を 記 載 した 報 告 書 ( 以 下 大 量 保 有 報 告 書 という )を 大 量 保 有 者 となつた 日 から 五 日 ( 日 曜 日 その 他 政 令 で 定 める 休 日 の 日 数 は 算 入 しない 第 二 十 七 条 の 二 十 五 第 一 項 及 び 第 二 十 七 条 の 二 十 六 において 同 じ ) 以 内 に 内 閣 総 理 大 臣 に 提 出 しなければならない ただし 第 四 項 に 規 定 する 保 有 株 券 等 の 総 数 に 増 加 がない 場 合 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 については この 限 りでない 2 前 項 の 対 象 有 価 証 券 とは 株 券 新 株 予 約 権 付 社 債 券 その 他 の 有 価 証 券 の うち 政 令 で 定 めるものをいう 3 第 一 項 の 保 有 者 には 自 己 又 は 他 人 ( 仮 設 人 を 含 む )の 名 義 をもつて 株 券 等 を 所 有 する 者 ( 売 買 その 他 の 契 約 に 基 づき 株 券 等 の 引 渡 請 求 権 を 有 する 者 その 他 こ れに 準 ずる 者 として 政 令 で 定 める 者 を 含 む )のほか 次 に 掲 げる 者 を 含 むものと する ただし 第 一 号 に 掲 げる 者 については 同 号 に 規 定 する 権 限 を 有 することを 知 つた 日 において 当 該 権 限 を 有 することを 知 つた 株 券 ( 株 券 に 係 る 権 利 を 表 示 す る 第 二 条 第 一 項 第 二 十 号 に 掲 げる 有 価 証 券 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 有 価 証 券 を 含 む 以 下 この 項 及 び 次 条 において 同 じ )に 限 り 保 有 者 となつたものとみなす 一 金 銭 の 信 託 契 約 その 他 の 契 約 又 は 法 律 の 規 定 に 基 づき 株 券 等 の 発 行 者 の 株 主 としての 議 決 権 その 他 の 権 利 を 行 使 することができる 権 限 又 は 当 該 議 決 権 そ の 他 の 権 利 の 行 使 について 指 図 を 行 うことができる 権 限 を 有 する 者 ( 次 号 に 該 当 する 者 を 除 く )であつて 当 該 発 行 者 の 事 業 活 動 を 支 配 する 目 的 を 有 する 者 二 投 資 一 任 契 約 その 他 の 契 約 又 は 法 律 の 規 定 に 基 づき 株 券 等 に 投 資 をするの に 必 要 な 権 限 を 有 する 者 4 第 一 項 の 株 券 等 保 有 割 合 とは 株 券 等 の 保 有 者 ( 同 項 に 規 定 する 保 有 者 を いう 以 下 この 章 において 同 じ )の 保 有 ( 前 項 各 号 に 規 定 する 権 限 を 有 する 場 合 を 含 む 以 下 この 章 において 同 じ )に 係 る 当 該 株 券 等 (その 保 有 の 態 様 その 他 の 事 情 を 勘 案 して 内 閣 府 令 で 定 めるものを 除 く 以 下 この 項 において 同 じ )の 数 ( 株 券 については 株 式 の 数 を その 他 のものについては 内 閣 府 令 で 定 めるところにより 株 式 に 換 算 した 数 をいう 以 下 この 章 において 同 じ )の 合 計 から 当 該 株 券 等 の 発 18

21 行 者 が 発 行 する 株 券 等 のうち 第 百 六 十 一 条 の 二 第 一 項 に 規 定 する 信 用 取 引 その 他 内 閣 府 令 で 定 める 取 引 の 方 法 により 譲 渡 したことにより 引 渡 義 務 ( 共 同 保 有 者 に 対 して 負 うものを 除 く )を 有 するものの 数 を 控 除 した 数 ( 以 下 この 章 において 保 有 株 券 等 の 数 という )に 当 該 発 行 者 が 発 行 する 株 券 等 に 係 る 共 同 保 有 者 の 保 有 株 券 等 ( 保 有 者 及 び 共 同 保 有 者 の 間 で 引 渡 請 求 権 その 他 の 政 令 で 定 める 権 利 が 存 在 するものを 除 く )の 数 を 加 算 した 数 ( 以 下 この 章 において 保 有 株 券 等 の 総 数 という )を 当 該 発 行 者 の 発 行 済 株 式 の 総 数 に 当 該 保 有 者 及 び 共 同 保 有 者 の 保 有 する 当 該 株 券 等 ( 株 券 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 める 有 価 証 券 を 除 く )の 数 を 加 算 し た 数 で 除 して 得 た 割 合 をいう 5 前 項 の 共 同 保 有 者 とは 株 券 等 の 保 有 者 が 当 該 株 券 等 の 発 行 者 が 発 行 す る 株 券 等 の 他 の 保 有 者 と 共 同 して 当 該 株 券 等 を 取 得 し 若 しくは 譲 渡 し 又 は 当 該 発 行 者 の 株 主 としての 議 決 権 その 他 の 権 利 を 行 使 することを 合 意 している 場 合 に おける 当 該 他 の 保 有 者 をいう 6 株 券 等 の 保 有 者 と 当 該 株 券 等 の 発 行 者 が 発 行 する 株 券 等 の 他 の 保 有 者 が 株 式 の 所 有 関 係 親 族 関 係 その 他 の 政 令 で 定 める 特 別 の 関 係 にある 場 合 においては 当 該 他 の 保 有 者 を 当 該 保 有 者 に 係 る 第 四 項 の 共 同 保 有 者 とみなす ただし 当 該 保 有 者 又 は 他 の 保 有 者 のいずれかの 保 有 株 券 等 の 数 が 内 閣 府 令 で 定 める 数 以 下 である 場 合 においては この 限 りでない ( 協 会 員 に 対 する 処 分 等 ) 第 六 十 八 条 の 二 認 可 協 会 は その 定 款 において 協 会 員 又 は 当 該 協 会 員 を 所 属 金 融 商 品 取 引 業 者 等 とする 金 融 商 品 仲 介 業 者 が 法 令 法 令 に 基 づく 行 政 官 庁 の 処 分 若 しくは 当 該 認 可 協 会 の 定 款 その 他 の 規 則 に 違 反 し 又 は 取 引 の 信 義 則 に 背 反 した 場 合 に 当 該 協 会 員 に 対 し 過 怠 金 を 課 し 定 款 の 定 める 協 会 員 の 権 利 の 停 止 若 し くは 制 限 を 命 じ 又 は 除 名 する 旨 を 定 めなければならない ( 風 説 の 流 布 偽 計 暴 行 又 は 脅 迫 の 禁 止 ) 第 百 五 十 八 条 何 人 も 有 価 証 券 の 募 集 売 出 し 若 しくは 売 買 その 他 の 取 引 若 しく はデリバティブ 取 引 等 のため 又 は 有 価 証 券 等 ( 有 価 証 券 若 しくはオプション 又 は デリバティブ 取 引 に 係 る 金 融 商 品 ( 有 価 証 券 を 除 く ) 若 しくは 金 融 指 標 をいう 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 百 七 十 三 条 第 一 項 及 び 第 百 九 十 七 条 第 二 項 において 同 じ ) の 相 場 の 変 動 を 図 る 目 的 をもつて 風 説 を 流 布 し 偽 計 を 用 い 又 は 暴 行 若 しくは 脅 迫 をしてはならない ( 相 場 操 縦 行 為 等 の 禁 止 ) 第 百 五 十 九 条 何 人 も 有 価 証 券 の 売 買 ( 金 融 商 品 取 引 所 が 上 場 する 有 価 証 券 店 頭 売 買 有 価 証 券 又 は 取 扱 有 価 証 券 の 売 買 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ ) 市 場 デリバティブ 取 引 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 金 融 商 品 取 引 所 が 上 場 する 金 融 商 品 店 頭 売 買 有 価 証 券 取 扱 有 価 証 券 (これらの 価 格 又 は 利 率 等 に 基 づき 算 出 され る 金 融 指 標 を 含 む ) 又 は 金 融 商 品 取 引 所 が 上 場 する 金 融 指 標 に 係 るものに 限 る 以 下 この 条 において 同 じ )のうちいずれかの 取 引 が 繁 盛 に 行 われていると 他 人 に 19

22 誤 解 させる 等 これらの 取 引 の 状 況 に 関 し 他 人 に 誤 解 を 生 じさせる 目 的 をもつて 次 に 掲 げる 行 為 をしてはならない 一 権 利 の 移 転 を 目 的 としない 仮 装 の 有 価 証 券 の 売 買 市 場 デリバティブ 取 引 ( 第 二 条 第 二 十 一 項 第 一 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る ) 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 同 条 第 二 十 二 項 第 一 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る )をすること 二 金 銭 の 授 受 を 目 的 としない 仮 装 の 市 場 デリバティブ 取 引 ( 第 二 条 第 二 十 一 項 第 二 号 第 四 号 及 び 第 五 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る ) 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 同 条 第 二 十 二 項 第 二 号 第 五 号 及 び 第 六 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る )をすること 三 オプションの 付 与 又 は 取 得 を 目 的 としない 仮 装 の 市 場 デリバティブ 取 引 ( 第 二 条 第 二 十 一 項 第 三 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る ) 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 同 条 第 二 十 二 項 第 三 号 及 び 第 四 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る )をすること 四 自 己 のする 売 付 け( 有 価 証 券 以 外 の 金 融 商 品 にあつては 第 二 条 第 二 十 一 項 第 一 号 又 は 第 二 十 二 項 第 一 号 に 掲 げる 取 引 による 売 付 けに 限 る )と 同 時 期 に それと 同 価 格 において 他 人 が 当 該 金 融 商 品 を 買 い 付 けること( 有 価 証 券 以 外 の 金 融 商 品 にあつては 同 条 第 二 十 一 項 第 一 号 又 は 第 二 十 二 項 第 一 号 に 掲 げる 取 引 により 買 い 付 けることに 限 る )をあらかじめその 者 と 通 謀 の 上 当 該 売 付 けを すること 五 自 己 のする 買 付 け( 有 価 証 券 以 外 の 金 融 商 品 にあつては 第 二 条 第 二 十 一 項 第 一 号 又 は 第 二 十 二 項 第 一 号 に 掲 げる 取 引 による 買 付 けに 限 る )と 同 時 期 に それと 同 価 格 において 他 人 が 当 該 金 融 商 品 を 売 り 付 けること( 有 価 証 券 以 外 の 金 融 商 品 にあつては 同 条 第 二 十 一 項 第 一 号 又 は 第 二 十 二 項 第 一 号 に 掲 げる 取 引 により 売 り 付 けることに 限 る )をあらかじめその 者 と 通 謀 の 上 当 該 買 付 けを すること 六 市 場 デリバティブ 取 引 ( 第 二 条 第 二 十 一 項 第 二 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る ) 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 同 条 第 二 十 二 項 第 二 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る )の 申 込 みと 同 時 期 に 当 該 取 引 の 約 定 数 値 と 同 一 の 約 定 数 値 において 他 人 が 当 該 取 引 の 相 手 方 となることをあらかじめその 者 と 通 謀 の 上 当 該 取 引 の 申 込 みをするこ と 七 市 場 デリバティブ 取 引 ( 第 二 条 第 二 十 一 項 第 三 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る ) 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 同 条 第 二 十 二 項 第 三 号 及 び 第 四 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る )の 申 込 みと 同 時 期 に 当 該 取 引 の 対 価 の 額 と 同 一 の 対 価 の 額 において 他 人 が 当 該 取 引 の 相 手 方 となることをあらかじめその 者 と 通 謀 の 上 当 該 取 引 の 申 込 みをすること 八 市 場 デリバティブ 取 引 ( 第 二 条 第 二 十 一 項 第 四 号 及 び 第 五 号 に 掲 げる 取 引 に 限 る ) 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 同 条 第 二 十 二 項 第 五 号 及 び 第 六 号 に 掲 げ る 取 引 に 限 る )の 申 込 みと 同 時 期 に 当 該 取 引 の 条 件 と 同 一 の 条 件 において 他 人 が 当 該 取 引 の 相 手 方 となることをあらかじめその 者 と 通 謀 の 上 当 該 取 引 の 申 込 みをすること 九 前 各 号 に 掲 げる 行 為 の 委 託 等 又 は 受 託 等 をすること 20

23 2 何 人 も 有 価 証 券 の 売 買 市 場 デリバティブ 取 引 又 は 店 頭 デリバティブ 取 引 ( 以 下 この 条 において 有 価 証 券 売 買 等 という )のうちいずれかの 取 引 を 誘 引 する 目 的 をもつて 次 に 掲 げる 行 為 をしてはならない 一 有 価 証 券 売 買 等 が 繁 盛 であると 誤 解 させ 又 は 取 引 所 金 融 商 品 市 場 における 上 場 金 融 商 品 等 ( 金 融 商 品 取 引 所 が 上 場 する 金 融 商 品 金 融 指 数 又 はオプション をいう 以 下 この 条 において 同 じ ) 若 しくは 店 頭 売 買 有 価 証 券 市 場 における 店 頭 売 買 有 価 証 券 の 相 場 を 変 動 させるべき 一 連 の 上 場 有 価 証 券 売 買 等 又 はその 申 込 み 委 託 等 若 しくは 受 託 等 をすること 二 取 引 所 金 融 商 品 市 場 における 上 場 金 融 商 品 等 又 は 店 頭 売 買 有 価 証 券 市 場 にお ける 店 頭 売 買 有 価 証 券 の 相 場 が 自 己 又 は 他 人 の 操 作 によつて 変 動 するべき 旨 を 流 布 すること 三 有 価 証 券 売 買 等 を 行 うにつき 重 要 な 事 項 について 虚 偽 であり 又 は 誤 解 を 生 じさせるべき 表 示 を 故 意 にすること 3 何 人 も 政 令 で 定 めるところに 違 反 して 取 引 所 金 融 商 品 市 場 における 上 場 金 融 商 品 等 又 は 店 頭 売 買 有 価 証 券 市 場 における 店 頭 売 買 有 価 証 券 の 相 場 をくぎ 付 け し 固 定 し 又 は 安 定 させる 目 的 をもつて 一 連 の 有 価 証 券 売 買 等 又 はその 申 込 み 委 託 等 若 しくは 受 託 等 をしてはならない ( 会 社 関 係 者 の 禁 止 行 為 ) 第 百 六 十 六 条 次 の 各 号 に 掲 げる 者 ( 以 下 この 条 において 会 社 関 係 者 という ) であつて 上 場 会 社 等 に 係 る 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 ( 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 に 係 る 会 社 関 係 者 ( 当 該 上 場 会 社 等 に 係 る 会 社 関 係 者 に 該 当 する 者 を 除 く )につい ては 当 該 子 会 社 の 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 であつて 次 項 第 五 号 から 第 八 号 まで に 規 定 するものに 限 る 以 下 同 じ )を 当 該 各 号 に 定 めるところにより 知 つたもの は 当 該 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 の 公 表 がされた 後 でなければ 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 その 他 の 有 償 の 譲 渡 若 しくは 譲 受 け 又 はデリバティブ 取 引 ( 以 下 この 条 において 売 買 等 という )をしてはならない 当 該 上 場 会 社 等 に 係 る 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 次 の 各 号 に 定 めるところにより 知 つた 会 社 関 係 者 であつて 当 該 各 号 に 掲 げる 会 社 関 係 者 でなくなつた 後 一 年 以 内 のものについ ても 同 様 とする 一 当 該 上 場 会 社 等 ( 当 該 上 場 会 社 等 の 親 会 社 及 び 子 会 社 を 含 む 以 下 この 項 に おいて 同 じ )の 役 員 ( 会 計 参 与 が 法 人 であるときは その 社 員 ) 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 において 役 員 等 という ) その 者 の 職 務 に 関 し 知 つたとき 二 当 該 上 場 会 社 等 の 会 社 法 第 四 百 三 十 三 条 第 一 項 に 定 める 権 利 を 有 する 株 主 若 しくは 優 先 出 資 法 に 規 定 する 普 通 出 資 者 のうちこれに 類 する 権 利 を 有 するもの として 内 閣 府 令 で 定 める 者 又 は 同 条 第 三 項 に 定 める 権 利 を 有 する 社 員 (これらの 株 主 普 通 出 資 者 又 は 社 員 が 法 人 ( 法 人 でない 団 体 で 代 表 者 又 は 管 理 人 の 定 めの あるものを 含 む 以 下 この 条 及 び 次 条 において 同 じ )であるときはその 役 員 等 を これらの 株 主 普 通 出 資 者 又 は 社 員 が 法 人 以 外 の 者 であるときはその 代 理 人 又 は 使 用 人 を 含 む ) 当 該 権 利 の 行 使 に 関 し 知 つたとき 21

24 三 当 該 上 場 会 社 等 に 対 する 法 令 に 基 づく 権 限 を 有 する 者 当 該 権 限 の 行 使 に 関 し 知 つたとき 四 当 該 上 場 会 社 等 と 契 約 を 締 結 している 者 又 は 締 結 の 交 渉 をしている 者 (その 者 が 法 人 であるときはその 役 員 等 を その 者 が 法 人 以 外 の 者 であるときはその 代 理 人 又 は 使 用 人 を 含 む )であつて 当 該 上 場 会 社 等 の 役 員 等 以 外 のもの 当 該 契 約 の 締 結 若 しくはその 交 渉 又 は 履 行 に 関 し 知 つたとき 五 第 二 号 又 は 前 号 に 掲 げる 者 であつて 法 人 であるものの 役 員 等 (その 者 が 役 員 等 である 当 該 法 人 の 他 の 役 員 等 が それぞれ 第 二 号 又 は 前 号 に 定 めるところによ り 当 該 上 場 会 社 等 に 係 る 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 知 つた 場 合 におけるその 者 に 限 る ) その 者 の 職 務 に 関 し 知 つたとき 2 前 項 に 規 定 する 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 とは 次 に 掲 げる 事 実 ( 第 一 号 第 二 号 第 五 号 及 び 第 六 号 に 掲 げる 事 実 にあつては 投 資 者 の 投 資 判 断 に 及 ぼす 影 響 が 軽 微 なものとして 内 閣 府 令 で 定 める 基 準 に 該 当 するものを 除 く )をいう 一 当 該 上 場 会 社 等 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 が 次 に 掲 げる 事 項 を 行 うことにつ いての 決 定 をしたこと 又 は 当 該 機 関 が 当 該 決 定 ( 公 表 がされたものに 限 る )に 係 る 事 項 を 行 わないことを 決 定 したこと イ 会 社 法 第 百 九 十 九 条 第 一 項 に 規 定 する 株 式 会 社 の 発 行 する 株 式 若 しくはそ の 処 分 する 自 己 株 式 を 引 き 受 ける 者 ( 協 同 組 織 金 融 機 関 が 発 行 する 優 先 出 資 を 引 き 受 ける 者 を 含 む )の 募 集 ( 処 分 する 自 己 株 式 を 引 き 受 ける 者 の 募 集 をす る 場 合 にあつては これに 相 当 する 外 国 の 法 令 の 規 定 ( 当 該 上 場 会 社 等 が 外 国 会 社 である 場 合 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ )によるものを 含 む ) 又 は 同 法 第 二 百 三 十 八 条 第 一 項 に 規 定 する 募 集 新 株 予 約 権 を 引 き 受 ける 者 の 募 集 ロ 資 本 金 の 額 の 減 少 ハ 資 本 準 備 金 又 は 利 益 準 備 金 の 額 の 減 少 ニ 会 社 法 第 百 五 十 六 条 第 一 項 ( 同 法 第 百 六 十 三 条 及 び 第 百 六 十 五 条 第 三 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 又 はこれらに 相 当 する 外 国 の 法 令 の 規 定 ( 当 該 上 場 会 社 等 が 外 国 会 社 である 場 合 に 限 る 以 下 この 条 にお いて 同 じ )による 自 己 の 株 式 の 取 得 ホ 株 式 無 償 割 当 て ヘ 株 式 ( 優 先 出 資 法 に 規 定 する 優 先 出 資 を 含 む )の 分 割 ト 剰 余 金 の 配 当 チ 株 式 交 換 リ 株 式 移 転 ヌ 合 併 ル 会 社 の 分 割 ヲ 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 渡 又 は 譲 受 け ワ 解 散 ( 合 併 による 解 散 を 除 く ) カ 新 製 品 又 は 新 技 術 の 企 業 化 ヨ 業 務 上 の 提 携 その 他 のイからカまでに 掲 げる 事 項 に 準 ずる 事 項 として 政 令 で 定 める 事 項 22

25 二 当 該 上 場 会 社 等 に 次 に 掲 げる 事 実 が 発 生 したこと イ 災 害 に 起 因 する 損 害 又 は 業 務 遂 行 の 過 程 で 生 じた 損 害 ロ 主 要 株 主 の 異 動 ハ 特 定 有 価 証 券 又 は 特 定 有 価 証 券 に 係 るオプションの 上 場 の 廃 止 又 は 登 録 の 取 消 しの 原 因 となる 事 実 ニ イからハまでに 掲 げる 事 実 に 準 ずる 事 実 として 政 令 で 定 める 事 実 三 当 該 上 場 会 社 等 の 売 上 高 経 常 利 益 若 しくは 純 利 益 ( 以 下 この 条 において 売 上 高 等 という ) 若 しくは 第 一 号 トに 規 定 する 配 当 又 は 当 該 上 場 会 社 等 の 属 す る 企 業 集 団 の 売 上 高 等 について 公 表 がされた 直 近 の 予 想 値 ( 当 該 予 想 値 がない 場 合 は 公 表 がされた 前 事 業 年 度 の 実 績 値 )に 比 較 して 当 該 上 場 会 社 等 が 新 たに 算 出 した 予 想 値 又 は 当 事 業 年 度 の 決 算 において 差 異 ( 投 資 者 の 投 資 判 断 に 及 ぼす 影 響 が 重 要 なものとして 内 閣 府 令 で 定 める 基 準 に 該 当 するものに 限 る )が 生 じ たこと 四 前 三 号 に 掲 げる 事 実 を 除 き 当 該 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 又 は 財 産 に 関 する 重 要 な 事 実 であつて 投 資 者 の 投 資 判 断 に 著 しい 影 響 を 及 ぼすもの 五 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 が 当 該 子 会 社 について 次 に 掲 げる 事 項 を 行 うことについての 決 定 をしたこと 又 は 当 該 機 関 が 当 該 決 定 ( 公 表 がされたものに 限 る )に 係 る 事 項 を 行 わないことを 決 定 したこと イ 株 式 交 換 ロ 株 式 移 転 ハ 合 併 ニ 会 社 の 分 割 ホ 事 業 の 全 部 又 は 一 部 の 譲 渡 又 は 譲 受 け ヘ 解 散 ( 合 併 による 解 散 を 除 く ) ト 新 製 品 又 は 新 技 術 の 企 業 化 チ 業 務 上 の 提 携 その 他 のイからトまでに 掲 げる 事 項 に 準 ずる 事 項 として 政 令 で 定 める 事 項 六 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 に 次 に 掲 げる 事 実 が 発 生 したこと イ 災 害 に 起 因 する 損 害 又 は 業 務 遂 行 の 過 程 で 生 じた 損 害 ロ イに 掲 げる 事 実 に 準 ずる 事 実 として 政 令 で 定 める 事 実 七 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 ( 第 二 条 第 一 項 第 四 号 第 五 号 の 二 又 は 第 六 号 に 掲 げる 有 価 証 券 で 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されているものの 発 行 者 その 他 の 内 閣 府 令 で 定 めるものに 限 る )の 売 上 高 等 について 公 表 がされた 直 近 の 予 想 値 ( 当 該 予 想 値 がない 場 合 は 公 表 がされた 前 事 業 年 度 の 実 績 値 )に 比 較 して 当 該 子 会 社 が 新 たに 算 出 した 予 想 値 又 は 当 事 業 年 度 の 決 算 において 差 異 ( 投 資 者 の 投 資 判 断 に 及 ぼす 影 響 が 重 要 なものとして 内 閣 府 令 で 定 める 基 準 に 該 当 するものに 限 る )が 生 じたこと 八 前 三 号 に 掲 げる 事 実 を 除 き 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 の 運 営 業 務 又 は 財 産 に 関 する 重 要 な 事 実 であつて 投 資 者 の 投 資 判 断 に 著 しい 影 響 を 及 ぼすもの 3 会 社 関 係 者 ( 第 一 項 後 段 に 規 定 する 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )か ら 当 該 会 社 関 係 者 が 第 一 項 各 号 に 定 めるところにより 知 つた 同 項 に 規 定 する 業 務 23

26 等 に 関 する 重 要 事 実 の 伝 達 を 受 けた 者 ( 同 項 各 号 に 掲 げる 者 であつて 当 該 各 号 に 定 めるところにより 当 該 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 知 つたものを 除 く ) 又 は 職 務 上 当 該 伝 達 を 受 けた 者 が 所 属 する 法 人 の 他 の 役 員 等 であつて その 者 の 職 務 に 関 し 当 該 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 知 つたものは 当 該 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 の 公 表 がされた 後 でなければ 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 等 をしてはな らない 4 第 一 項 第 二 項 第 一 号 第 三 号 第 五 号 及 び 第 七 号 並 びに 前 項 の 公 表 がされた とは 上 場 会 社 等 に 係 る 第 一 項 に 規 定 する 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 上 場 会 社 等 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 の 決 定 上 場 会 社 等 の 売 上 高 等 若 しくは 第 二 項 第 一 号 トに 規 定 する 配 当 上 場 会 社 等 の 属 する 企 業 集 団 の 売 上 高 等 上 場 会 社 等 の 子 会 社 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 の 決 定 又 は 上 場 会 社 等 の 子 会 社 の 売 上 高 等 について 当 該 上 場 会 社 等 又 は 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 ( 子 会 社 については 当 該 子 会 社 の 第 一 項 に 規 定 する 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 当 該 子 会 社 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 の 決 定 又 は 当 該 子 会 社 の 売 上 高 等 に 限 る 以 下 この 項 において 同 じ )により 多 数 の 者 の 知 り 得 る 状 態 に 置 く 措 置 として 政 令 で 定 める 措 置 がとられたこと 又 は 当 該 上 場 会 社 等 若 しくは 当 該 上 場 会 社 等 の 子 会 社 が 提 出 した 第 二 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 書 類 ( 同 項 第 十 一 号 に 掲 げる 書 類 を 除 く )にこれらの 事 項 が 記 載 されている 場 合 にお いて 当 該 書 類 が 同 項 の 規 定 により 公 衆 の 縦 覧 に 供 されたことをいう 5 第 一 項 及 び 次 条 において 親 会 社 とは 他 の 会 社 ( 協 同 組 織 金 融 機 関 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )を 支 配 する 会 社 として 政 令 で 定 めるものをいい この 条 において 子 会 社 とは 他 の 会 社 が 提 出 した 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 書 第 二 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 有 価 証 券 報 告 書 第 二 十 四 条 の 四 の 七 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 四 半 期 報 告 書 又 は 第 二 十 四 条 の 五 第 一 項 の 規 定 による 半 期 報 告 書 で 第 二 十 五 条 第 一 項 の 規 定 により 公 衆 の 縦 覧 に 供 された 直 近 のものにおいて 当 該 他 の 会 社 の 属 する 企 業 集 団 に 属 する 会 社 として 記 載 されたものをいう 6 第 一 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 次 に 掲 げる 場 合 には 適 用 しない 一 会 社 法 第 二 百 二 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 権 利 ( 優 先 出 資 法 に 規 定 する 優 先 出 資 の 割 当 てを 受 ける 権 利 を 含 む )を 有 する 者 が 当 該 権 利 を 行 使 することによ り 株 券 ( 優 先 出 資 法 に 規 定 する 優 先 出 資 証 券 を 含 む )を 取 得 する 場 合 二 新 株 予 約 権 を 有 する 者 が 当 該 新 株 予 約 権 を 行 使 することにより 株 券 を 取 得 す る 場 合 二 の 二 特 定 有 価 証 券 等 に 係 るオプションを 取 得 している 者 が 当 該 オプションを 行 使 することにより 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 等 をする 場 合 三 会 社 法 第 百 十 六 条 第 一 項 第 四 百 六 十 九 条 第 一 項 第 七 百 八 十 五 条 第 一 項 第 七 百 九 十 七 条 第 一 項 若 しくは 第 八 百 六 条 第 一 項 の 規 定 による 株 式 の 買 取 りの 請 求 又 は 法 令 上 の 義 務 に 基 づき 売 買 等 をする 場 合 四 当 該 上 場 会 社 等 の 株 券 等 ( 第 二 十 七 条 の 二 第 一 項 に 規 定 する 株 券 等 をいう ) に 係 る 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け( 同 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 場 合 に 限 る ) 又 はこれに 準 ずる 行 為 として 政 令 で 定 めるものに 対 抗 するため 当 該 上 場 会 社 等 の 取 締 役 会 が 決 定 した 要 請 ( 委 員 会 設 置 会 社 にあつては 執 行 役 の 決 定 した 要 請 を 含 む )に 基 づいて 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 又 は 特 定 有 価 証 券 等 の 24

27 売 買 に 係 るオプション( 当 該 オプションの 行 使 により 当 該 行 使 をした 者 が 当 該 オ プションに 係 る 特 定 有 価 証 券 等 の 売 買 において 買 主 としての 地 位 を 取 得 するも のに 限 る )の 買 付 け(オプションにあつては 取 得 をいう 次 号 において 同 じ ) その 他 の 有 償 の 譲 受 けをする 場 合 四 の 二 会 社 法 第 百 五 十 六 条 第 一 項 ( 同 法 第 百 六 十 三 条 及 び 第 百 六 十 五 条 第 三 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 場 合 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ )の 規 定 又 はこれらに 相 当 する 外 国 の 法 令 の 規 定 による 自 己 の 株 式 の 取 得 についての 当 該 上 場 会 社 等 の 同 法 第 百 五 十 六 条 第 一 項 の 規 定 による 株 主 総 会 若 しくは 取 締 役 会 の 決 議 ( 委 員 会 設 置 会 社 にあつては 執 行 役 の 決 定 を 含 む )( 同 項 各 号 に 掲 げる 事 項 に 係 るものに 限 る ) 又 はこれらに 相 当 する 外 国 の 法 令 の 規 定 に 基 づ いて 行 う 決 議 等 ( 以 下 この 号 において 株 主 総 会 決 議 等 という )について 第 一 項 に 規 定 する 公 表 ( 当 該 株 主 総 会 決 議 等 の 内 容 が 当 該 上 場 会 社 等 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 の 決 定 と 同 一 の 内 容 であり かつ 当 該 株 主 総 会 決 議 等 の 前 に 当 該 決 定 について 同 項 に 規 定 する 公 表 がされている 場 合 の 当 該 公 表 を 含 む )がされ た 後 当 該 株 主 総 会 決 議 等 に 基 づいて 当 該 自 己 の 株 式 に 係 る 株 券 若 しくは 株 券 に 係 る 権 利 を 表 示 する 第 二 条 第 一 項 第 二 十 号 に 掲 げる 有 価 証 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 ( 以 下 この 号 において 株 券 等 という ) 又 は 株 券 等 の 売 買 に 係 るオプション( 当 該 オプションの 行 使 により 当 該 行 使 をした 者 が 当 該 オプション に 係 る 株 券 等 の 売 買 において 買 主 としての 地 位 を 取 得 するものに 限 る 以 下 この 号 において 同 じ )の 買 付 けをする 場 合 ( 当 該 自 己 の 株 式 の 取 得 についての 当 該 上 場 会 社 等 の 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 の 決 定 以 外 の 第 一 項 に 規 定 する 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 について 同 項 に 規 定 する 公 表 がされていない 場 合 ( 当 該 自 己 の 株 式 の 取 得 以 外 の 同 法 第 百 五 十 六 条 第 一 項 の 規 定 又 はこれらに 相 当 する 外 国 の 法 令 の 規 定 による 自 己 の 株 式 の 取 得 について この 号 の 規 定 に 基 づいて 当 該 自 己 の 株 式 に 係 る 株 券 等 又 は 株 券 等 の 売 買 に 係 るオプションの 買 付 けをする 場 合 を 除 く )を 除 く ) 五 第 百 五 十 九 条 第 三 項 の 政 令 で 定 めるところにより 売 買 等 をする 場 合 六 社 債 券 ( 新 株 予 約 権 付 社 債 券 を 除 く )その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 に 係 る 売 買 等 をする 場 合 ( 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 を 除 く ) 七 第 一 項 又 は 第 三 項 の 規 定 に 該 当 する 者 の 間 において 売 買 等 を 取 引 所 金 融 商 品 市 場 又 は 店 頭 売 買 有 価 証 券 市 場 によらないでする 場 合 ( 当 該 売 買 等 をする 者 の 双 方 において 当 該 売 買 等 に 係 る 特 定 有 価 証 券 等 について 更 に 第 一 項 又 は 第 三 項 の 規 定 に 違 反 して 売 買 等 が 行 われることとなることを 知 つている 場 合 を 除 く ) 八 上 場 会 社 等 に 係 る 第 一 項 に 規 定 する 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 知 る 前 に 締 結 された 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 等 に 関 する 契 約 の 履 行 又 は 上 場 会 社 等 に 係 る 同 項 に 規 定 する 業 務 等 に 関 する 重 要 事 実 を 知 る 前 に 決 定 され た 当 該 上 場 会 社 等 の 特 定 有 価 証 券 等 に 係 る 売 買 等 の 計 画 の 実 行 として 売 買 等 を する 場 合 その 他 これに 準 ずる 特 別 の 事 情 に 基 づく 売 買 等 であることが 明 らかな 売 買 等 をする 場 合 ( 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 に 限 る ) 25

28 ( 公 開 買 付 者 等 関 係 者 の 禁 止 行 為 ) 第 百 六 十 七 条 次 の 各 号 に 掲 げる 者 ( 以 下 この 条 において 公 開 買 付 者 等 関 係 者 という )であつて 第 二 十 七 条 の 二 第 一 項 に 規 定 する 株 券 等 で 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されているもの 店 頭 売 買 有 価 証 券 若 しくは 取 扱 有 価 証 券 に 該 当 するもの( 以 下 この 条 において 上 場 等 株 券 等 という )の 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け( 同 項 本 文 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 場 合 に 限 る ) 若 しくはこれに 準 ずる 行 為 として 政 令 で 定 めるもの 又 は 上 場 株 券 等 の 第 二 十 七 条 の 二 十 二 の 二 第 一 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け( 以 下 この 条 において 公 開 買 付 け 等 という )をする 者 ( 以 下 この 条 におい て 公 開 買 付 者 等 という )の 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 又 は 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 を 当 該 各 号 に 定 めるところにより 知 つたものは 当 該 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 又 は 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 の 公 表 がされた 後 でなければ 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 に 係 る 場 合 にあつては 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 上 場 等 株 券 等 又 は 上 場 株 券 等 の 発 行 者 である 会 社 の 発 行 する 株 券 若 しくは 新 株 予 約 権 付 社 債 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 ( 以 下 この 条 において 特 定 株 券 等 という ) 又 は 当 該 特 定 株 券 等 に 係 るオプションを 表 示 する 第 二 条 第 一 項 第 十 九 号 に 掲 げる 有 価 証 券 その 他 の 政 令 で 定 める 有 価 証 券 ( 以 下 この 項 にお いて 関 連 株 券 等 という )に 係 る 買 付 け 等 ( 特 定 株 券 等 又 は 関 連 株 券 等 ( 以 下 この 条 において 株 券 等 という )の 買 付 けその 他 の 取 引 で 政 令 で 定 めるものを いう 以 下 この 条 において 同 じ )をしてはならず 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 に 係 る 場 合 にあつては 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 売 付 け 等 ( 株 券 等 の 売 付 けその 他 の 取 引 で 政 令 で 定 めるものをいう 以 下 この 条 において 同 じ )を してはならない 当 該 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 又 は 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 を 次 の 各 号 に 定 めるところにより 知 つた 公 開 買 付 者 等 関 係 者 であつて 当 該 各 号 に 掲 げる 公 開 買 付 者 等 関 係 者 でなくなつた 後 一 年 以 内 のものについても 同 様 とする 一 当 該 公 開 買 付 者 等 (その 者 が 法 人 であるときは その 親 会 社 を 含 む 以 下 こ の 項 において 同 じ )の 役 員 等 ( 当 該 公 開 買 付 者 等 が 法 人 以 外 の 者 であるときは その 代 理 人 又 は 使 用 人 ) その 者 の 職 務 に 関 し 知 つたとき 二 当 該 公 開 買 付 者 等 の 会 社 法 第 四 百 三 十 三 条 第 一 項 に 定 める 権 利 を 有 する 株 主 又 は 同 条 第 三 項 に 定 める 権 利 を 有 する 社 員 ( 当 該 株 主 又 は 社 員 が 法 人 であるとき はその 役 員 等 を 当 該 株 主 又 は 社 員 が 法 人 以 外 の 者 であるときはその 代 理 人 又 は 使 用 人 を 含 む ) 当 該 権 利 の 行 使 に 関 し 知 つたとき 三 当 該 公 開 買 付 者 等 に 対 する 法 令 に 基 づく 権 限 を 有 する 者 当 該 権 限 の 行 使 に 関 し 知 つたとき 四 当 該 公 開 買 付 者 等 と 契 約 を 締 結 している 者 又 は 締 結 の 交 渉 をしている 者 (そ の 者 が 法 人 であるときはその 役 員 等 を その 者 が 法 人 以 外 の 者 であるときはその 代 理 人 又 は 使 用 人 を 含 む )であつて 当 該 公 開 買 付 者 等 が 法 人 であるときはそ の 役 員 等 以 外 のもの その 者 が 法 人 以 外 の 者 であるときはその 代 理 人 又 は 使 用 人 以 外 のもの 当 該 契 約 の 締 結 若 しくはその 交 渉 又 は 履 行 に 関 し 知 つたとき 五 第 二 号 又 は 前 号 に 掲 げる 者 であつて 法 人 であるものの 役 員 等 (その 者 が 役 員 等 である 当 該 法 人 の 他 の 役 員 等 が それぞれ 第 二 号 又 は 前 号 に 定 めるところによ 26

29 り 当 該 公 開 買 付 者 等 の 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 又 は 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 を 知 つた 場 合 におけるその 者 に 限 る ) その 者 の 職 務 に 関 し 知 つたとき 2 前 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 又 は 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 とは 公 開 買 付 者 等 ( 当 該 公 開 買 付 者 等 が 法 人 であるときは その 業 務 執 行 を 決 定 する 機 関 をいう 以 下 この 項 において 同 じ )が それぞれ 公 開 買 付 け 等 を 行 うことについての 決 定 をしたこと 又 は 公 開 買 付 者 等 が 当 該 決 定 ( 公 表 がされた ものに 限 る )に 係 る 公 開 買 付 け 等 を 行 わないことを 決 定 したことをいう ただし 投 資 者 の 投 資 判 断 に 及 ぼす 影 響 が 軽 微 なものとして 内 閣 府 令 で 定 める 基 準 に 該 当 するものを 除 く 3 公 開 買 付 者 等 関 係 者 ( 第 一 項 後 段 に 規 定 する 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )から 当 該 公 開 買 付 者 等 関 係 者 が 第 一 項 各 号 に 定 めるところにより 知 つた 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 又 は 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 ( 以 下 この 条 において 公 開 買 付 け 等 事 実 という )の 伝 達 を 受 けた 者 ( 同 項 各 号 に 掲 げる 者 であつて 当 該 各 号 に 定 めるところにより 当 該 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 つたものを 除 く ) 又 は 職 務 上 当 該 伝 達 を 受 けた 者 が 所 属 する 法 人 の 他 の 役 員 等 であつて その 者 の 職 務 に 関 し 当 該 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 つたものは 当 該 公 開 買 付 け 等 事 実 の 公 表 がされた 後 でなければ 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 に 係 る 場 合 にあつては 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 を してはならず 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 に 係 る 場 合 にあつ ては 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 売 付 け 等 をしてはならない 4 第 一 項 から 前 項 までにおける 公 表 がされたとは 公 開 買 付 け 等 事 実 について 当 該 公 開 買 付 者 等 により 多 数 の 者 の 知 り 得 る 状 態 に 置 く 措 置 として 政 令 で 定 める 措 置 がとられたこと 第 二 十 七 条 の 三 第 一 項 ( 第 二 十 七 条 の 二 十 二 の 二 第 二 項 にお いて 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 公 告 若 しくは 第 二 十 七 条 の 十 一 第 二 項 ( 第 二 十 七 条 の 二 十 二 の 二 第 二 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 公 告 若 しくは 公 表 がされたこと 又 は 第 二 十 七 条 の 十 四 第 一 項 ( 第 二 十 七 条 の 二 十 二 の 二 第 二 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )の 規 定 により 第 二 十 七 条 の 十 四 第 一 項 の 公 開 買 付 届 出 書 若 しくは 公 開 買 付 撤 回 届 出 書 が 公 衆 の 縦 覧 に 供 されたことをいう 5 第 一 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 次 に 掲 げる 場 合 には 適 用 しない 一 会 社 法 第 二 百 二 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 権 利 を 有 する 者 が 当 該 権 利 を 行 使 することにより 株 券 を 取 得 する 場 合 二 新 株 予 約 権 を 有 する 者 が 当 該 新 株 予 約 権 を 行 使 することにより 株 券 を 取 得 す る 場 合 二 の 二 株 券 等 に 係 るオプションを 取 得 している 者 が 当 該 オプションを 行 使 する ことにより 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 又 は 売 付 け 等 をする 場 合 三 会 社 法 第 百 十 六 条 第 一 項 第 四 百 六 十 九 条 第 一 項 第 七 百 八 十 五 条 第 一 項 第 七 百 九 十 七 条 第 一 項 若 しくは 第 八 百 六 条 第 一 項 の 規 定 による 株 式 の 買 取 りの 請 求 又 は 法 令 上 の 義 務 に 基 づき 株 式 等 に 係 る 買 付 け 等 又 は 売 付 け 等 をする 場 合 27

30 四 公 開 買 付 者 等 の 要 請 ( 当 該 公 開 買 付 者 等 が 会 社 である 場 合 には その 取 締 役 会 が 決 定 したもの( 委 員 会 設 置 会 社 にあつては 執 行 役 の 決 定 したものを 含 む )に 限 る )に 基 づいて 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 上 場 等 株 券 等 ( 上 場 等 株 券 等 の 売 買 に 係 るオプションを 含 む 以 下 この 号 において 同 じ )の 買 付 け 等 をする 場 合 ( 当 該 公 開 買 付 者 等 に 当 該 上 場 等 株 券 等 の 売 付 け 等 をする 目 的 をもつて 当 該 上 場 等 株 券 等 の 買 付 け 等 をする 場 合 に 限 る ) 五 公 開 買 付 け 等 に 対 抗 するため 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 上 場 等 株 券 等 の 発 行 者 で ある 会 社 の 取 締 役 会 が 決 定 した 要 請 ( 委 員 会 設 置 会 社 にあつては 執 行 役 の 決 定 し た 要 請 を 含 む )に 基 づいて 当 該 上 場 等 株 券 等 ( 上 場 等 株 券 等 の 売 買 に 係 るオプシ ョンを 含 む )の 買 付 け 等 をする 場 合 六 第 百 五 十 九 条 第 三 項 の 政 令 で 定 めるところにより 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 又 は 売 付 け 等 をする 場 合 七 第 一 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 を 知 つた 者 が 当 該 公 開 買 付 け 等 の 実 施 に 関 する 事 実 を 知 つている 者 から 買 付 け 等 を 取 引 所 金 融 商 品 市 場 若 し くは 店 頭 売 買 有 価 証 券 市 場 によらないでする 場 合 又 は 同 項 に 規 定 する 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 を 知 つた 者 が 当 該 公 開 買 付 け 等 の 中 止 に 関 する 事 実 を 知 つ ている 者 に 売 付 け 等 を 取 引 所 金 融 商 品 市 場 若 しくは 店 頭 売 買 有 価 証 券 市 場 によら ないでする 場 合 ( 当 該 売 付 け 等 に 係 る 者 の 双 方 において 当 該 売 付 け 等 に 係 る 株 券 等 について 更 に 同 項 又 は 第 三 項 の 規 定 に 違 反 して 売 付 け 等 が 行 われることとなる ことを 知 つている 場 合 を 除 く ) 八 公 開 買 付 者 等 の 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 る 前 に 締 結 された 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 若 しくは 売 付 け 等 に 関 する 契 約 の 履 行 又 は 公 開 買 付 者 等 の 公 開 買 付 け 等 事 実 を 知 る 前 に 決 定 された 当 該 公 開 買 付 け 等 に 係 る 株 券 等 に 係 る 買 付 け 等 若 しくは 売 付 け 等 の 計 画 の 実 行 として 買 付 け 等 又 は 売 付 け 等 をする 場 合 その 他 これに 準 ずる 特 別 の 事 情 に 基 づく 買 付 け 等 又 は 売 付 け 等 であることが 明 ら かな 買 付 け 等 又 は 売 付 け 等 をする 場 合 ( 内 閣 府 令 で 定 める 場 合 に 限 る ) ( 虚 偽 記 録 のある 発 行 開 示 書 類 を 提 出 した 発 行 者 等 に 対 する 課 徴 金 納 付 命 令 ) 第 百 七 十 二 条 重 要 な 事 項 につき 虚 偽 の 記 載 がある 発 行 開 示 書 類 を 提 出 した 発 行 者 が 当 該 発 行 開 示 書 類 に 基 づく 募 集 又 は 売 出 し( 第 四 条 第 三 項 に 規 定 する 有 価 証 券 の 売 出 しをいう 以 下 この 章 において 同 じ )( 当 該 発 行 者 が 所 有 する 有 価 証 券 の 売 出 しに 限 る )により 有 価 証 券 を 取 得 させ 又 は 売 り 付 けたときは 内 閣 総 理 大 臣 は 次 節 に 定 める 手 続 に 従 い 当 該 発 行 者 に 対 し 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 ( 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 場 合 は 当 該 各 号 に 定 める 額 の 合 計 額 )に 相 当 する 額 の 課 徴 金 を 国 庫 に 納 付 することを 命 じなければな らない 一 当 該 発 行 開 示 書 類 に 基 づく 募 集 により 有 価 証 券 を 取 得 させた 場 合 当 該 取 得 させた 有 価 証 券 の 発 行 価 額 の 総 額 の 百 分 の 一 ( 当 該 有 価 証 券 が 株 券 等 ( 株 券 優 先 出 資 法 に 規 定 する 優 先 出 資 証 券 その 他 これらに 準 ずるものとして 政 令 で 定 め る 有 価 証 券 をいう 次 号 及 び 次 項 において 同 じ )である 場 合 にあつては 百 分 の 二 ) 28

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

法人関係情報

法人関係情報 はじめに 法 人 関 係 情 報 ( 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 )(2013.07.17) 同 志 社 大 学 川 口 恭 弘 Ⅰ 法 人 関 係 情 報 の 意 義 ( 範 囲 ) 法 163 条 1 項 に 規 定 する 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 または 財 産 に 関 する 公 表 されていない 重 要 な 情 報 であって 顧 客 の 投 資 判 断 に 影 響

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information