特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 ("

Transcription

1 のしおり 農 業 者 の 方 も 労 災 保 険 に 加 入 できます 労 災 保 険 は 本 来 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 負 傷 疾 病 障 害 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 を 行 う 制 度 で す が 労 働 者 以 外 で も そ の 業 務 の 実 情 災 害 の 発 生 状 況 などからみて 特 に 労 働 者 に 準 じて 保 護 すること が 適 当 であると 認 められる 一 定 の 人 については 特 別 に 任 意 加 入 を 認 めて います これが 特 別 加 入 制 度 です 農 業 者 の 場 合 には 次 の3つの 区 分 のいずれかに 特 別 加 入 することが できます (1) (2) (3)

2 特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (この 基 準 を 満 たす 地 域 営 農 集 団 などを 含 む)を 有 している 2 土 地 の 耕 作 開 墾 植 物 の 栽 培 採 取 家 畜 ( 家 きん 及 びみつばちを 含 む) 蚕 の 飼 育 の 作 業 のいず れかを 行 う 農 業 者 ( 労 働 者 以 外 の 家 族 従 事 者 などを 含 む)である 3 次 のアからオまでのいずれかの 作 業 に 従 事 する ア イ 高 さが2メートル 以 上 の 箇 所 での 作 業 ウ サイロ むろなどの 酸 素 欠 乏 危 険 場 所 での 作 業 エ オ 牛 馬 豚 に 接 触 し または 接 触 するおそれのある 作 業 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 とは 農 業 者 ( 労 働 者 以 外 の 家 族 従 事 者 などを 含 む)であって 次 の 機 械 を 使 用 し 土 地 の 耕 作 開 墾 または 植 物 の 栽 培 採 取 の 作 業 を 行 う 人 をいいます 1 動 力 耕 うん 機 その 他 の 農 業 用 トラクター 2 動 力 溝 掘 機 3 自 走 式 田 植 機 4 自 走 式 スピードスプレーヤーその 他 の 自 走 式 防 除 用 機 械 5 自 走 式 動 力 刈 取 機 コンバインその 他 の 自 走 式 収 穫 用 機 械 6 トラックその 他 の 自 走 式 運 搬 用 機 械 7 8 次 の 定 置 式 機 械 または 携 帯 式 機 械 動 力 揚 水 機 動 力 草 刈 機 動 力 カッター 動 力 摘 採 機 動 力 脱 穀 機 動 力 剪 定 機 動 力 剪 枝 機 チェーンソー 単 軌 条 式 運 搬 機 コンベヤー 無 人 ヘリコプター ( 農 薬 肥 料 種 子 もしくは 融 雪 剤 の 散 布 または 調 査 に 用 いるものに 限 る ) 中 小 事 業 主 等 とは 農 業 の 場 合 には 常 時 300 人 以 下 の 労 働 者 を 使 用 する 事 業 主 ( 事 業 主 が 法 人 の 場 合 にはその 代 表 者 )および 労 働 者 以 外 でその 事 業 に 従 事 する 人 ( 特 別 加 入 ができる 事 業 主 の 家 族 従 事 者 など)をいいます なお 労 働 者 を 通 年 雇 用 しない 場 合 であっても 1 年 間 に100 日 以 上 労 働 者 を 使 用 することが 見 込 まれる 場 合 を 含 みます 特 定 農 作 業 従 事 者 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 中 小 事 業 主 等 は 重 複 し て 加 入 することはできませんので どれか1つを 選 択 して 加 入 してください 2

3 特 別 加 入 手 続 き 特 定 農 作 業 従 事 者 または 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 として 加 入 する 場 合 の 手 続 き 特 別 加 入 団 体 として 承 認 されている 団 体 (JA 県 中 央 会 等 )に 申 し 込 んでくださ い 加 入 手 続 きはその 団 体 が 行 います お 近 くのJA 県 中 央 会 が 特 別 加 入 団 体 になっていない 場 合 もありますので まずは 都 道 府 県 労 働 局 ま たは 労 働 基 準 監 督 署 にご 確 認 ください 加 入 手 続 きは 加 入 者 の 氏 名 作 業 の 具 体 的 な 内 容 業 務 歴 および 希 望 する 給 付 基 礎 日 額 などを 記 入 した 届 出 書 を 特 別 加 入 団 体 が 所 轄 の 労 働 基 準 監 督 署 長 ( 以 下 監 督 署 長 )を 経 由 して 都 道 府 県 労 働 局 長 ( 以 下 労 働 局 長 )に 提 出 する 必 要 があります 給 付 基 礎 日 額 については 5 ページの 4 を 参 考 にしてください すでに 特 別 加 入 している 方 で 氏 名 や 作 業 内 容 などに 変 更 が 生 じた 場 合 には 変 更 届 を 特 別 加 入 団 体 から 監 督 署 長 を 経 由 して 労 働 局 長 に 提 出 する 必 要 があります 中 小 事 業 主 等 として 加 入 する 場 合 の 手 続 き の 方 が として 提 出 するもの: 特 別 加 入 申 請 書 ( 中 小 事 業 主 等 ) 提 出 先 : 監 督 署 長 を 経 由 して 労 働 局 長 < 加 入 の 範 囲 > 原 則 : 事 業 主 本 人 のほか 家 族 従 事 者 など 労 働 者 以 外 で 業 務 に 従 事 している 人 全 員 を 包 括 して 特 別 加 入 の 申 請 を 行 う 必 要 があります 例 外 : 病 気 療 養 中 高 齢 その 他 の 事 情 により 実 態 として 事 業 に 従 事 していない 事 業 主 は 包 括 加 入 の 対 象 から 除 くことができます 申 請 手 続 を 行 う 際 は 加 入 者 の 氏 名 業 務 の 具 体 的 な 内 容 業 務 歴 および 希 望 する 給 付 基 礎 日 額 などを 特 別 加 入 申 請 書 に 記 入 し 労 働 保 険 事 務 組 合 を 通 じて 監 督 署 長 を 経 由 し て 労 働 局 長 の 承 認 を 得 ることが 必 要 になります ( 給 付 基 礎 日 額 については 5 ページの 4 を 参 考 にしてください) すでに 特 別 加 入 を 承 認 されている 方 で 氏 名 や 業 務 内 容 などに 変 更 が 生 じた 場 合 には 労 働 保 険 事 務 組 合 から 特 別 加 入 に 関 する 変 更 届 を 監 督 署 長 を 経 由 して 労 働 局 長 に 提 出 す る 必 要 があります 加 入 日 変 更 日 は 所 轄 の 労 働 基 準 監 督 署 に 書 類 を 提 出 した 翌 日 以 降 30 日 以 内 の 希 望 する 日 となります 3

4 1 農 業 者 が 農 作 業 場 で 行 う 耕 作 などの 作 業 ( 土 地 の 耕 作 や 開 墾 植 物 の 栽 培 や 採 取 家 畜 ( 家 きんやみつばちを 含 む)や 蚕 の 飼 育 の 作 業 )のうち 次 の ア~オのいずれかに 当 たる 作 業 を 行 う 場 合 (その 作 業 に 直 接 附 帯 する 行 為 を 含 む) ア イ ウ エ オ 農 作 業 場 で 動 力 により 駆 動 する 機 械 を 使 用 して 行 う 作 業 農 作 業 場 の 高 さが2メートル 以 上 の 箇 所 において 行 う 作 業 農 作 業 場 で 牛 馬 豚 に 接 触 し または 接 触 するおそれのある 作 業 農 作 業 場 の 酸 素 欠 乏 危 険 場 所 で 行 う 作 業 農 作 業 場 で 農 薬 を 散 布 する 作 業 (ご 注 意 ) 養 鶏 や 養 蜂 などでア~オの 作 業 を 伴 わない 場 合 は 負 傷 等 (みつばちに 刺 される 等 )が 生 じても 保 険 給 付 は 行 われません 2 ア 農 業 者 が ほ 場 または ほ 道 の 作 業 場 において 指 定 農 業 機 械 (2ページ 参 照 )を 使 用 して 行 う 作 業 およびこれに 直 接 附 帯 する 行 為 を 行 う 場 合 イ 農 業 者 が 指 定 農 業 機 械 をほ 場 などの 作 業 場 と 格 納 場 所 との 間 において 運 転 または 運 搬 する 作 業 ( 苗 防 除 用 薬 堆 肥 などを 共 同 育 苗 施 設 などからほ 場 などの 作 業 場 へ 運 搬 する 作 業 を 含 む)およびこれに 直 接 附 帯 する 行 為 を 行 う 場 合 3 ア 特 別 加 入 申 請 書 の 業 務 の 内 容 欄 に 記 載 された 労 働 者 の 所 定 労 働 時 間 ( 休 憩 時 間 を 含 む) 内 に 特 別 加 入 した 事 業 のためにする 行 為 およびこれに 直 接 附 帯 する 行 為 を 行 う 場 合 ( 事 業 主 の 立 場 で 行 われる 業 務 を 除 く) イ 労 働 者 の 時 間 外 労 働 または 休 日 労 働 に 応 じて 就 業 する 場 合 ウ アまたはイに 前 後 して 行 われる 業 務 ( 準 備 後 始 末 行 為 を 含 む)を 中 小 事 業 主 等 のみで 行 う 場 合 エ ア イ ウの 就 業 時 間 内 における 事 業 場 施 設 の 利 用 中 および 事 業 場 施 設 内 で 行 動 中 の 場 合 オ 事 業 の 運 営 に 直 接 必 要 な 業 務 ( 事 業 主 の 立 場 で 行 われる 業 務 を 除 く)のために 出 張 する 場 合 カ 通 勤 途 上 で 次 に 掲 げる 場 合 ア 労 働 者 の 通 勤 用 に 事 業 主 の 提 供 する 交 通 機 関 の 利 用 中 イ 突 発 事 故 ( 台 風 火 災 など)による 予 定 外 の 緊 急 の 出 勤 途 上 キ 事 業 の 運 営 に 直 接 必 要 な 運 動 競 技 会 その 他 の 行 事 について 労 働 者 ( 業 務 遂 行 性 が 認 め られる 者 )を 伴 って 出 席 する 場 合 4

5 1 特 定 農 作 業 従 事 者 または 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 の 場 合 通 勤 災 害 は 補 償 の 対 象 となっていません ただし 農 作 業 のため 農 業 用 トラクター コンバインなどに 乗 って 車 庫 からほ 場 へ 向 かう 途 中 で 負 傷 した 場 合 は 業 務 災 害 として 補 償 対 象 になります 2 一 般 の 労 働 者 と 同 様 に 補 償 されます 具 体 的 には 就 業 に 関 し 合 理 的 な 経 路 および 方 法 で1~3の 移 動 中 に 災 害 が 起 きた 場 合 に 補 償 対 象 となります 1 住 居 とほ 場 など 作 業 場 との 間 の 往 復 2 就 業 の 場 所 から 他 の 就 業 の 場 所 への 移 動 3 赴 任 先 住 居 と 帰 省 先 住 居 との 間 の 移 動 なお 合 理 的 な 経 路 を 逸 脱 中 断 した 後 に 災 害 が 起 きた 場 合 には 通 勤 災 害 と 認 められません 例 外 とし て その 逸 脱 中 断 が 日 用 品 の 購 入 など 日 常 生 活 上 必 要 な 行 為 をやむを 得 ない 事 由 により 最 小 限 度 で 行 う 場 合 は 合 理 的 な 経 路 に 戻 った 後 の 移 動 は 通 勤 と 認 められます 給 付 基 礎 日 額 保 険 料 給 付 基 礎 日 額 とは 労 災 保 険 の 給 付 額 を 算 定 する 基 礎 となるもので 申 請 に 基 づいて 労 働 局 長 が 決 定 します 給 付 基 礎 日 額 を 変 更 したい 場 合 は 事 前 (3 月 2 日 ~3 月 31 日 )に 給 付 基 礎 日 額 変 更 申 請 書 を 監 督 署 長 を 経 由 して 労 働 局 長 あて 提 出 することによって 翌 年 度 より 変 更 することができます また 労 働 保 険 の 年 度 更 新 期 間 中 にも 当 年 度 に 適 用 される 給 付 基 礎 日 額 の 変 更 が 可 能 です ただし 災 害 発 生 前 に 申 請 することが 前 提 になります 給 付 基 礎 日 額 の 変 更 申 請 前 に 災 害 が 発 生 して いる 場 合 は 当 年 度 の 給 付 基 礎 日 額 変 更 は 認 められませんので 給 付 基 礎 日 額 の 変 更 を 検 討 されている 方 は 事 前 の 手 続 きをお 勧 めします 給 付 基 礎 日 額 保 険 料 年 間 保 険 料 算 定 基 礎 額 特 定 農 作 業 従 事 者 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 中 小 事 業 主 等 A B=A 365 日 B 9/1000 B 3/1000 B 13/ ,000 円 9,125,000 円 82,125 円 27,375 円 118,625 円 24,000 円 8,760,000 円 78,840 円 26,280 円 113,880 円 22,000 円 8,030,000 円 72,270 円 24,090 円 104,390 円 21,900 円 94,900 円 19,710 円 85,410 円 17,520 円 75,920 円 15,330 円 66,430 円 13,140 円 56,940 円 10,950 円 47,450 円 9,855 円 42,705 円 8,760 円 37,960 円 7,665 円 33,215 円 6,570 円 28,470 円 5,475 円 23,725 円 4,380 円 18,980 円 3,831 円 16,601 円 ( 注 ) 特 別 加 入 者 全 員 の 保 険 料 算 定 基 礎 額 を 合 計 した 額 に 千 円 未 満 の 端 数 が 生 じるときは 端 数 切 り 捨 てとなります 5

6 特 別 加 入 者 に 対 する 保 険 給 付 の 種 類 については 表 2のとおりです なお 被 災 した 場 合 に 労 災 保 険 より 給 付 される 額 については 右 欄 に 具 体 的 な 例 ( 給 付 基 礎 日 額 が1 万 円 の 場 合 に 給 付 される 額 )を 記 載 していますので それぞれ 特 別 加 入 時 に 承 認 された 給 付 基 礎 日 額 に 置 き 換 えて 算 出 してください ( 注 1) 病 について 病 院 等 で 治 療 する 場 合 ( 注 2) 病 の 療 養 のため 労 働 することができ ない 日 が4 日 以 上 となった 場 合 ( 注 3) 1 万 円 60% (20 日 -3 日 )=10 万 2 千 円 1 万 円 20% (20 日 -3 日 )=3 万 4 千 円 障 害 補 償 年 金 障 害 年 金 病 が 治 った 後 に 障 害 等 級 第 1 級 か ら 第 7 級 までに 該 当 する 障 害 が 残 っ た 場 合 障 害 補 償 一 時 金 障 害 一 時 金 病 が 治 った 後 に 障 害 等 級 第 8 級 か ら 第 14 級 までに 該 当 する 障 害 が 残 った 場 合 遺 族 補 償 年 金 遺 族 年 金 業 務 災 害 または 通 勤 災 害 により 死 亡 した 場 合 ( 年 金 額 は 遺 族 の 人 数 に 応 じて 異 なります) 遺 族 補 償 一 時 金 遺 族 一 時 金 (a) 遺 族 補 償 年 金 遺 族 年 金 の 受 給 資 格 をもつ 遺 族 がいない 場 合 (b) 遺 族 補 償 年 金 遺 族 年 金 を 受 けている 方 が 失 権 し かつ 他 に 遺 族 補 償 年 金 または 遺 族 年 金 の 受 給 資 格 をもつ 方 がいない 場 合 において すでに 支 給 された 年 金 の 合 計 額 が 給 付 基 礎 日 額 の1000 日 分 に 満 たな い 場 合 遺 族 の 人 数 が1 人 の 場 合 給 付 基 礎 日 額 の153 日 分 または175 日 分 が 支 給 されます ( 注 4) 2 人 の 場 合 201 日 分 3 人 の 場 合 223 日 分 4 人 以 上 の 場 合 245 日 分 が 支 給 されます 遺 族 ( 補 償 ) 一 時 金 の 場 合 で 左 欄 の(a)の 場 合 には 給 付 基 礎 日 額 の1000 日 分 が 支 給 されます (b)の 場 合 は 給 付 基 礎 日 額 の 1000 日 分 からすでに 支 給 した 年 金 の 合 計 額 を 差 し 引 いた 額 が 支 給 されます 遺 族 特 別 支 給 金 は 遺 族 の 人 数 にかか わらず 300 万 円 が 一 時 金 として 支 給 されます 遺 族 ( 補 償 ) 年 金 で 遺 族 が4 人 の 場 合 1 遺 族 ( 補 償 ) 年 金 1 万 円 245 日 =245 万 円 2 遺 族 特 別 支 給 金 ( 一 時 金 ) 300 万 円 遺 族 ( 補 償 ) 一 時 金 支 給 事 由 (a)で 遺 族 が4 人 の 場 合 1 遺 族 ( 補 償 ) 一 時 金 1 万 円 1000 日 =1000 万 円 2 遺 族 特 別 支 給 金 ( 一 時 金 ) 300 万 円 業 務 災 害 または 通 勤 災 害 により 死 亡 した 方 の 葬 祭 を 行 う 場 合 病 が 療 養 開 始 後 1 年 6か 月 を 経 過 し た 日 に(a) 傷 病 が 治 っていないこと (b) 傷 病 による 障 害 の 程 度 が 傷 病 等 級 に 該 当 すること のいずれにも 該 当 す る 場 合 ま た は 同 日 後 い ず れ にも 該 当 することとなった 場 合 31 万 5 千 円 に 給 付 基 礎 日 額 の 30 日 分 を 加 えた 額 または 給 付 基 礎 日 額 の60 日 分 のいずれか 高 い 方 が 支 給 されます 131 万 5 千 円 +(1 万 円 30 日 ) =61 万 5 千 円 21 万 円 60 日 =60 万 円 よって 高 い 額 の1が 支 払 われます 業 務 災 害 または 通 勤 災 害 により 障 ( 常 時 介 護 の 場 合 ) 介 護 の 費 用 として 支 出 した 額 (104,570 円 [104,950 円 ]を 上 限 )が 支 給 され 害 ( 補 償 ) 年 金 または 傷 病 ( 補 償 ) ますが 親 族 等 の 介 護 を 受 けている 方 で 介 護 の 費 用 を 支 出 していない 場 合 または 支 出 した 額 年 金 を 受 給 している 方 のうち 一 定 が56,790 円 [57,030 円 ]を 下 回 る 場 合 は 一 律 定 額 として56,790 円 [57,030 円 ]が 支 給 されます の 障 害 を 有 する 方 で 現 に 介 護 を 受 ( 随 時 介 護 の 場 合 ) 介 護 の 費 用 として 支 出 した 額 (52,290 円 [52,480 円 ]を 上 限 )が 支 給 されま けている 場 合 すが 親 族 等 の 介 護 を 受 けている 方 で 介 護 の 費 用 を 支 出 していない 場 合 または 支 出 した 額 が28,400 円 [28,520 円 ]を 下 回 る 場 合 は 一 律 定 額 として28,400 円 [28,520 円 ]が 支 給 されます ( 注 5) ( 注 1) 保 険 給 付 の 種 類 欄 の 上 段 は 業 務 災 害 下 段 は 通 勤 災 害 に 対 して 支 給 される 保 険 給 付 の 名 称 です ( 注 2) 原 則 給 付 の 範 囲 は 健 康 保 険 に 準 拠 しています ( 注 3) 休 業 ( 補 償 ) 給 付 については 特 別 加 入 者 の 場 合 所 得 喪 失 の 有 無 にかかわらず 療 養 のため 補 償 の 対 象 とされている 範 囲 ( 業 務 遂 行 性 が 認 められる 範 囲 )の 業 務 または 作 業 について 全 部 労 働 不 能 であることが 必 要 となっています 全 部 労 働 不 能 とは 入 院 中 または 自 宅 就 床 加 療 中 もしくは 通 院 加 療 中 であって 補 償 の 対 象 とされている 範 囲 ( 業 務 遂 行 性 が 認 められる 範 囲 )の 業 務 または 作 業 ができない 状 態 をいいます ( 注 4) 遺 族 ( 補 償 ) 年 金 の 受 給 資 格 者 である 遺 族 が1 人 であり 55 歳 以 上 または 一 定 の 障 害 状 態 にある 妻 の 場 合 には 給 付 基 礎 日 額 の175 日 分 が 支 給 されます ( 注 5) 表 中 の 金 額 は 平 成 28 年 3 月 1 日 現 在 のものです [ ]の 額 は 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 予 定 額 です 6

7 私 は 個 人 で 農 業 を 営 んでおり 労 災 保 険 に 特 別 加 入 していますが 最 近 になって 労 働 者 を 雇 うようになりました 労 働 者 が5 人 未 満 の 事 業 の 場 合 は 労 災 保 険 に 加 入 しなくてもよいのですか 農 業 の 場 合 労 働 者 に 係 わる 労 災 保 険 の 強 制 加 入 と 任 意 加 入 の 区 分 は 以 下 のとおりです 法 人 の 事 業 個 人 の 事 業 労 働 者 : 常 時 5 人 以 上 強 制 加 入 強 制 加 入 労 働 者 : 常 時 5 人 未 満 強 制 加 入 原 則 として 任 意 加 入 任 意 加 入 の 事 業 場 でも 労 働 者 の 過 半 数 が 希 望 する 場 合 や 事 業 主 が 特 別 加 入 する 場 合 は 強 制 加 入 となります ご 質 問 のケースでは 事 業 主 が 特 別 加 入 しているため 労 働 者 を1 人 でも 雇 った 時 点 で 労 災 保 険 に 加 入 する 必 要 があります 特 別 加 入 申 請 時 に 健 康 診 断 が 必 要 な 場 合 があると 聞 きましたが どのような 時 に 必 要 と なります か 特 別 加 入 の 前 に 特 定 業 務 に 一 定 期 間 従 事 し 特 別 加 入 後 もその 業 務 を 行 う 場 合 は 健 康 診 断 が 必 要 となります たとえば 振 動 工 具 ( 草 刈 機 等 )を 使 用 する 業 務 に 通 算 1 年 以 上 従 事 し 特 別 加 入 後 も 同 じように 振 動 工 具 を 使 用 する 業 務 に 従 事 する 場 合 が 該 当 します この 健 康 診 断 結 果 により 1 症 状 や 障 害 の 程 度 が 一 般 的 に 療 養 に 専 念 しなければならないと 認 められる 場 合 特 別 加 入 することはできません 2 症 状 や 障 害 の 程 度 が 特 定 業 務 からの 転 換 が 必 要 と 認 められる 場 合 特 定 業 務 を 除 く 業 務 に 限 り 特 別 加 入 できます 私 は 農 業 者 で 特 定 農 作 業 従 事 者 として 特 別 加 入 しています 毎 日 自 宅 から 畑 まで 軽 トラックで 往 復 しているのですが 先 日 軽 トラックが 故 障 し 点 検 整 備 を 行 っている 最 中 に 誤 って 負 傷 してしまいました この 場 合 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けることができるでしょう か なお 私 は 軽 トラックで 収 穫 した 野 菜 や 資 材 などを 運 搬 しています 農 作 業 場 で 行 う 耕 作 等 の 作 業 のため 自 宅 から 作 業 場 までの 間 軽 トラックを 使 って 農 産 物 や 農 業 に 使 う 資 材 などを 運 ぶ 行 為 は 動 力 により 駆 動 される 機 械 を 使 用 して 行 う 土 地 の 耕 作 などの 作 業 に 直 接 附 帯 する 行 為 に 当 たります また 上 記 作 業 に 伴 う 軽 トラック の 点 検 修 理 についても 農 業 者 によって 日 常 行 う 程 度 のものであれば 土 地 の 耕 作 など の 作 業 に 直 接 附 帯 する 行 為 に 当 たりますので 業 務 災 害 として 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けることができます 私 はみかん 畑 で 働 く 農 業 者 で 特 定 農 作 業 従 事 者 として 特 別 加 入 していますが 勾 配 が40~45 度 位 になっている 段 のある 畑 で 下 の 段 から2メートル 以 上 の 場 所 で 作 業 を 行 っ ているときに 転 落 して 負 傷 しました このような 場 合 にも 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けること ができるでしょうか 7

8 私 は 農 業 者 で 特 定 農 作 業 従 事 者 として 特 別 加 入 していますが 集 荷 した 野 菜 を 農 協 の 集 荷 施 設 までトラックで 運 搬 している 最 中 に 事 故 を 起 こし 負 傷 してしまいました この 場 合 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けられるでしょうか 農 産 物 を 共 同 集 荷 施 設 までトラックなどで 運 ぶ 作 業 の 場 合 は 集 荷 作 業 となり 植 物 の 栽 培 等 に 直 接 附 帯 する 行 為 に 当 たることから 業 務 災 害 として 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けることができます ただし 箱 詰 めされるなどすでに 商 品 化 された 農 産 物 を 出 荷 施 設 ま で 運 ぶ 作 業 の 場 合 は 出 荷 作 業 となり 植 物 の 栽 培 等 に 直 接 附 帯 する 行 為 には 当 たら ず 労 災 保 険 による 給 付 の 対 象 になりませんのでご 注 意 ください 私 は 特 定 農 作 業 従 事 者 として 特 別 加 入 していますが ライスセンターで 収 穫 した 米 を 乾 燥 させている 作 業 中 に 負 傷 してしまいました この 場 合 でも 労 災 保 険 による 給 付 は 受 け られるのでしょうか 米 は 刈 り 取 ったもみのままでは 通 常 出 荷 せず 乾 燥 などの 作 業 が 必 要 です 特 定 農 作 業 従 事 者 や 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 の 場 合 通 勤 災 害 について 労 災 保 険 の 適 用 がないと 聞 きましたが 自 宅 の 車 庫 から 軽 トラックをほ 場 まで 運 転 中 に 負 傷 した 場 合 にも 労 災 保 険 の 適 用 がないのですか 特 定 農 作 業 従 事 者 や 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 については 通 勤 災 害 の 適 用 はあり ませんが 自 宅 とほ 場 との 間 をトラックなどの 運 搬 機 械 を 用 いて 往 復 している 場 合 には 業 務 災 害 として 保 護 されます 特 定 農 作 業 従 事 者 については 農 産 物 や 農 作 業 のための 資 材 などを 運 ぶために 自 宅 の 車 庫 からほ 場 まで 軽 トラックを 運 転 する 行 為 は 耕 作 などの 作 業 に 直 接 附 帯 する 行 為 に 当 たるため 通 勤 災 害 ではなく 業 務 災 害 として 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けることができ ます また 指 定 農 業 機 械 作 業 従 事 者 についても 軽 トラックに 乗 って 自 宅 の 車 庫 からほ 場 まで 向 かう 途 中 に 被 災 した 場 合 には 業 務 災 害 として 労 災 保 険 による 給 付 を 受 けることが できます 集 落 営 農 集 団 について 私 は リンゴ 農 家 であり 高 さ2メートル 以 上 の 高 所 で 作 業 しています 先 日 集 落 営 農 組 合 に 所 属 しましたが 個 人 としては 経 営 耕 地 面 積 は1ヘクタール 年 間 の 農 業 生 産 物 の 総 販 売 額 が200 万 円 しかありません この 場 合 特 別 加 入 することはできるのでしょうか 個 々の 農 家 の 規 模 が 小 さくても 所 属 している 集 落 営 農 集 団 において 農 業 生 産 物 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 2ヘクタール 以 上 であれば 各 構 成 農 家 も 規 模 の 要 件 を 満 たすものとして 特 別 加 入 することができます 詳 細 は 最 寄 りの 労 働 基 準 監 督 署 へお 問 い 合 わせください 8 H28.3

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

農業所得収支計算ノート

農業所得収支計算ノート 平 成 年 分 農 業 所 得 収 支 算 ノート 住 所 米 原 市 氏 名 この 収 支 算 ノート 領 収 書 などは 7 年 間 保 存 してください 滋 賀 県 米 原 市 役 所 市 民 部 税 務 課 この 資 料 は 収 支 算 書 ( 農 業 所 得 用 )を 作 成 するためのものであり 資 料 中 の 1 や イ 等 の 記 号 番 号 は 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

は じ め に 農 業 所 得 の 計 算 は 収 支 計 算 で 所 得 金 額 の 計 算 は 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 計 算 する 収 支 計 算 が 原 則 です 収 支 計 算 では 必 要 経 費 を 項 目 ( 科 目 )ごとに 分 類 して 計 算

は じ め に 農 業 所 得 の 計 算 は 収 支 計 算 で 所 得 金 額 の 計 算 は 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 計 算 する 収 支 計 算 が 原 則 です 収 支 計 算 では 必 要 経 費 を 項 目 ( 科 目 )ごとに 分 類 して 計 算 平 成 23 年 分 以 降 申 告 用 収 支 計 算 の 手 引 ( 農 業 所 得 のある 方 用 ) この 収 支 計 算 の 手 引 は 農 業 を 営 む 方 ( 青 色 申 告 をされる 方 を 除 く ) が 収 支 計 算 に 基 づき 農 業 所 得 を 計 算 できるようポイントを 絞 って 作 成 したもの です 収 支 計 算 の 手 引 の 内 容 や 農 業 所 得 について

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 27 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 27 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲 2 お 問 い 合 わせ 先 2 市 民 税 県 民

目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲 2 お 問 い 合 わせ 先 2 市 民 税 県 民 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 手 引 き 平 成 28 年 1 月 佐 世 保 市 市 民 税 課 目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 28 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 28 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

農業申告のしおり

農業申告のしおり 農 業 申 告 のしおり 79-86 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 役 所 財 務 部 市 民 税 課 TEL (82)42-9( 直 通 ) FAX (82)422-68 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 農 業 所 得 の 申 告 農 業 所 得 申 告 が 必 要 な 人 p 2 農 業 所

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正)

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正) 農 用 地 利 用 計 画 の 変 更 マニュアル 平 成 25 年 7 月 策 定 平 成 26 年 4 月 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 一 部 改 正 長 岡 市 農 林 部 農 振 除 外 ( 農 用 地 区 域 からの 除 外 ) 又 は 用 途 変 更 ( 例 : 農 機 具 格 納 庫 等 の 建 築 を 目 的 とし た 農 業 用 施 設 用 地 への 用 途 区 分

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 市 民 税 県 民 税 の 申 告 につきましては 毎 年 皆 様 のご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 をお 送 りしますので 本 手 引 きと 別 紙 書 き 方 例 を 参 考 にし ご 記 入 の 上 申 告 をお 願 いします 平 成 28 年 度 の 市

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法 平 成 23 年 度 版 2011( 平 成 23) 年 8 月 ( 社 ) 岩 手 県 農 業 公 社 目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサス の 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 2010 年 世 界 農 林 業 センサスマスコットキャラクター Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

農業簿記演習資料

農業簿記演習資料 農 業 経 営 講 座 ( 複 式 簿 記 )テキスト 平 成 18 年 1 月 = はじめに============================= この 講 座 では 簿 記 ソフトで 記 帳 を 始 めることを 前 提 として 複 式 簿 記 ( 以 下 簿 記 )を 学 んでいきます 簿 記 に 関 する 予 備 知 識 を 持 っていただくため 簡 単 なクイズを 用 意 しました ので

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

物 の 形 態 制 限 等 の 例 規 が 適 用 される 2 開 発 許 可 等 を 受 けようとする 土 地 が 農 地 であるときは 開 発 許 可 等 権 者 と 農 地 転 用 許 可 権 者 があ らかじめ 相 互 に 連 絡 調 整 を 行 い 開 発 許 可 等 及 び 農 地 転

物 の 形 態 制 限 等 の 例 規 が 適 用 される 2 開 発 許 可 等 を 受 けようとする 土 地 が 農 地 であるときは 開 発 許 可 等 権 者 と 農 地 転 用 許 可 権 者 があ らかじめ 相 互 に 連 絡 調 整 を 行 い 開 発 許 可 等 及 び 農 地 転 大 和 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 等 の 基 準 に 関 する 条 例 逐 条 解 説 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 34 条 第 1 2 号 の 規 定 による 開 発 許 可 の 基 準 及 び 都 市 計 画 法 施 行

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

26補正リース実施要領一部改正

26補正リース実施要領一部改正 別 紙 様 式 第 1 号 年 月 日 一 般 社 団 法 人 全 日 本 畜 産 経 営 者 協 会 理 事 長 青 野 正 宣 殿 住 所 末 端 借 受 者 印 TEL E-mail(ある 場 合 ) 平 成 年 度 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 参 加 申 請 書 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 を 下 記 のとおり 実 施 したいので 独 立 行

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

Microsoft Word - 4 家計基準

Microsoft Word - 4 家計基準 授 業 料 免 除 に 係 る 家 計 基 準 1 授 業 料 免 除 の 対 象 となる 者 の 総 所 得 金 額 授 業 料 免 除 の 対 象 となる 者 は その 者 の 属 する ( 住 所 が 異 なる 場 合 でも 生 計 を 一 に する 者 を 含 む )の1 年 間 の 総 所 得 金 額 が 別 表 第 1 2に 定 める 収 入 基 準 表 の 収 入 基 準 額 以 下

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

目 次 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは?... 1 1 個 人 住 民 税 ( 市 県 民 税 )とは?... 1 2 普 通 徴 収 ( 個 人 払 い)と 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き)の 違 い... 1 特 別 徴 収 事 務 の 流 れ... 2 1 給 与 支 払

目 次 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは?... 1 1 個 人 住 民 税 ( 市 県 民 税 )とは?... 1 2 普 通 徴 収 ( 個 人 払 い)と 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き)の 違 い... 1 特 別 徴 収 事 務 の 流 れ... 2 1 給 与 支 払 個 人 住 民 税 ( 市 県 民 税 ) 特 別 徴 収 の 事 務 手 引 き * 手 引 書 について* この 手 引 書 は 初 めて 特 別 徴 収 を 実 施 する 事 業 者 の 皆 さんに 事 務 手 続 きに ついて 知 っていただくために また すでに 特 別 徴 収 を 実 施 している 事 業 者 の 皆 さんにも 事 務 手 続 きを 確 認 していただくために 作 成 したものです

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

『東京都育英資金』申込みのしおり

『東京都育英資金』申込みのしおり 平 成 27 年 度 東 京 都 育 英 資 金 申 込 みのしおり 東 京 都 育 英 資 金 は 勉 学 意 欲 のある 生 徒 や 学 生 に 勉 学 に 必 要 な 資 金 の 一 部 をお 貸 しする 奨 学 金 制 度 です( 保 護 者 にお 貸 しするものではありません ) 奨 学 金 を 借 り 受 けた 生 徒 学 生 本 人 が 将 来 は 返 還 しなければなりませんので 計

More information

Microsoft PowerPoint - H27特徴説明会資料20151106 - 修正後.pptx

Microsoft PowerPoint - H27特徴説明会資料20151106 - 修正後.pptx 特 別 徴 収 制 度 説 明 会 H27.11.5~11.9 新 潟 県 三 条 市 燕 市 加 茂 市 田 上 町 弥 彦 村 作 成 目 次 1. 特 別 徴 収 制 度 とは 該 当 ページ (1) 新 潟 県 での 取 り 組 み 2 (2) 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 3 (3) 特 別 徴 収 の 対 象 者 5 (4) 特 別 徴 収 に 該 当 しない 人 6 2. 特 別

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準

金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準 細 則 本 学 における 授 業 料 免 除 等 の 対 象 者 の 選 考 については, 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 規 程 及 び 金 沢 大 学 入 学 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 規 程 によるもののほか,この 細 則 によるものとする 1. 家 計 基 準 について (1) 授 業 料 免 除

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information

申 告 する および は 平 成 7 年 月 日 から 平 成 7 年 月 日 まで 年 間 分 です 記 載 例 平 成 8 年 度 申 告 書 会 社 員 業 種 又 は 職 業 (あて 先 ) 住 輪 島 二 ツ 屋 町 字 9 番 地 輪 島 長 ( 自 宅 勤 務 先 携 帯 ) 電 話

申 告 する および は 平 成 7 年 月 日 から 平 成 7 年 月 日 まで 年 間 分 です 記 載 例 平 成 8 年 度 申 告 書 会 社 員 業 種 又 は 職 業 (あて 先 ) 住 輪 島 二 ツ 屋 町 字 9 番 地 輪 島 長 ( 自 宅 勤 務 先 携 帯 ) 電 話 平 成 8 年 度 申 告 書 手 引 き 申 告 書 提 出 期 限 は 月 5 日 ( 火 )です 申 告 しなければならない 人. 平 成 8 年 月 日 現 在 輪 島 にお 住 まい 方 で 平 成 7 年 月 から 月 まで 間 に 各 種 ( 内 職 パート 日 雇 い 等 も 含 みます )あった 人. 給 与 公 的 年 等 者 で 医 療 費 生 命 保 険 料 などを 受 けようとする

More information

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替 成 28 年 度 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 簡 易 申 告 書 ) 仙 台 市 素 は, 本 市 の 税 務 行 政 につきましてご 理 解 とご 協 力 いただき, 誠 にありがとうございます この 申 告 の 手 引 き は 成 28 年 度 申 告 書 の 記 載 方 法 等 について 説 明 しています 申 告 書 の 該 当 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 したうえで, 仙

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

農 業 所 得 の 計 算 農 業 所 得 とは 該 当 年 の 月 から2 月 の 期 間 に 得 た 農 業 収 入 から 支 出 した 必 要 経 費 を 引 いた 残 りのことを 言 います 収 支 計 算 では 農 業 にかかる 経 費 全 てを 必 要 経 費 として 農 業 収 入 か

農 業 所 得 の 計 算 農 業 所 得 とは 該 当 年 の 月 から2 月 の 期 間 に 得 た 農 業 収 入 から 支 出 した 必 要 経 費 を 引 いた 残 りのことを 言 います 収 支 計 算 では 農 業 にかかる 経 費 全 てを 必 要 経 費 として 農 業 収 入 か 平 成 24 年 分 申 告 用 安 来 市 定 期 的 に 行 う こ と 収 入 金 額 の 計 算 2ページ()を 参 考 に 計 算 する 2 必 要 経 費 の 計 算 2ページ(2) 3~4ページの 表 及 び5 6ページを 参 考 に 計 算 する 3 月 別 総 括 表 の 記 載 2の 数 字 を 該 当 の 月 に 記 入 する 年 末 に 行 う こ と 4 家 事 消 費 事

More information

九大教員ハンドブック2012本文後半.indd

九大教員ハンドブック2012本文後半.indd 諸 手 当 九 州 大 学 に 勤 務 する 職 員 の に 関 する 事 項 につ いての 説 明 です 制 度 職 員 の の 種 類 は 次 の 表 のとおりです の 種 類 基 本 月 額 特 殊 勤 務 手 当 期 末 手 当 基 本 調 整 額 入 試 手 当 勤 勉 手 当 管 理 職 手 当 学 位 論 文 調 査 手 当 初 任 調 整 手 当 特 地 勤 務 手 当 地 域 手

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls)

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls) (1) 1 総 人 括 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 22 区 年 分 度 住 民 基 本 (22 職 員 給 A 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 22 区 注 年 分 )1 度 職 ( 参 考 ) 都 道 府 県 平 均 272,779 員 数 8,906,5901,863,346,447 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 千 円 A額

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

H28学生募集要項(原稿)

H28学生募集要項(原稿) 平 成 28 年 度 学 生 募 集 要 項 ( 養 成 部 門 ) 島 根 県 立 農 林 大 学 校 農 業 科 699-2211 島 根 県 大 田 市 波 根 町 970-1 TEL 0854-85-7011 FAX 0854-85-7113 林 業 科 690-3405 島 根 県 飯 石 郡 飯 南 町 上 来 島 1207 ( 島 根 県 中 山 間 地 域 研 究 センター 内 )

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

地 方 税 法 第 72 条 の4 第 3 項 の 規 定 により 一 定 の 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされています 埼 玉 県 では その 具 体 的 な 取 扱 いについて 以 下 のとおり 定 めましたので 事 業 税 の 申

地 方 税 法 第 72 条 の4 第 3 項 の 規 定 により 一 定 の 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされています 埼 玉 県 では その 具 体 的 な 取 扱 いについて 以 下 のとおり 定 めましたので 事 業 税 の 申 一 定 の 農 事 組 合 法 人 に 係 る 事 業 税 の 課 税 標 準 の 算 定 について 平 成 28 年 7 月 埼 玉 県 県 税 事 務 所 地 方 税 法 第 72 条 の4 第 3 項 の 規 定 により 一 定 の 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされています 埼 玉 県 では その 具 体 的 な 取 扱 いについて

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information