<4D F736F F D E815B DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F E322E32305F>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>"

Transcription

1 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 日 本 年 金 機 構 は 国 ( 厚 生 労 働 大 臣 )から 委 任 委 託 を 受 けて 公 的 年 金 制 度 の 運 営 業 務 を 行 っています < 平 成 24 年 2 月 作 成 >

2 退 職 後 の 年 金 加 入 退 職 後 に 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 再 就 職 する 場 合 は 引 き 続 き 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 しますが それ 以 外 の 60 歳 未 満 の 方 は 国 民 年 金 に 加 入 するための 手 続 きが 必 要 です( 扶 養 されていた 60 歳 未 満 の 配 偶 者 ( 夫 妻 ) についても 同 様 に 手 続 きが 必 要 ですのでご 注 意 ください) この 手 続 きを 行 わないと 年 金 額 が 減 る 場 合 や 年 金 そのものが 受 け 取 れなくなる 場 合 があります 必 ず 以 下 の 表 を 確 認 のうえ 必 要 な 手 続 きを 行 ってください 年 齢 こ ん な と き 加 入 す る 年 金 制 度 再 就 職 する 1 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 する 2 頁 60 歳 未 満 自 営 業 者 無 職 の 方 それらの 配 偶 者 など( 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 する 方 やその 被 扶 養 配 偶 者 の 方 以 外 の 方 )となる 国 民 年 金 に 加 入 する [ 第 1 号 被 保 険 者 になる] 3 頁 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 する 方 の 被 扶 養 配 偶 者 となる 国 民 年 金 に 加 入 する [ 第 3 号 被 保 険 者 になる] 4 頁 再 就 職 する 1 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 する 2 頁 60~64 歳 受 給 資 格 期 間 2 が 不 足 している 満 額 の 老 齢 基 礎 年 金 が 受 けられない 国 民 年 金 に 任 意 加 入 できる 5 頁 再 就 職 する 1 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 する 2 頁 65~69 歳 受 給 資 格 期 間 2 が 不 足 している 国 民 年 金 に 任 意 加 入 できる ( 昭 和 40 年 4 月 1 日 以 前 生 まれの 方 のみ) 5 頁 70 歳 以 上 受 給 資 格 期 間 2 が 不 足 している 厚 生 年 金 保 険 に 任 意 加 入 できる ( 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 ) 5 頁 1 厚 生 年 金 保 険 には 1 日 または1 週 間 の 勤 務 時 間 と 1ヶ 月 の 勤 務 日 数 のそれぞれが 同 様 の 仕 事 をする 正 社 員 と 比 べておおむね 3/4 以 上 の 場 合 に 加 入 することとなります( 3/4 以 上 の 判 断 基 準 は あくまでもひとつの 目 安 であって 就 労 形 態 等 を 考 慮 し 総 合 的 に 判 断 されます) 2 受 給 資 格 期 間 年 金 を 受 けるために 必 要 な 期 間 (6 頁 参 照 ) - 1 -

3 1 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 再 就 職 する 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 再 就 職 する 方 は を 事 業 主 が 行 うこととなりますので 年 金 手 帳 を 事 業 主 に 提 出 する 必 要 があります なお 同 時 に 健 康 保 険 に 加 入 することとなります 厚 生 年 金 保 険 には 1 日 または1 週 間 の 勤 務 時 間 と 1ヶ 月 の 勤 務 日 数 のそれぞれが 同 様 の 仕 事 をする 正 社 員 と 比 べ ておおむね 3/4 以 上 の 場 合 に 加 入 することとなります ( 3/4 以 上 の 判 断 基 準 は あくまでもひとつの 目 安 であって 就 労 形 態 等 を 考 慮 し 総 合 的 に 判 断 されます) 提 出 先 郵 送 で 事 務 センター( 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 ) 届 出 申 請 書 名 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 提 出 期 限 再 就 職 日 から 5 日 以 内 提 出 者 事 業 主 標 準 報 酬 月 額 標 準 賞 与 額 に 率 を 乗 じた 額 で 本 人 と 事 業 主 が 折 半 で 負 担 することとなります 本 人 が 負 担 する は 給 料 から 控 除 され 事 業 主 負 担 の とあわせて 事 業 主 が 納 付 することと なります 標 準 報 酬 月 額 とは 毎 月 の や 年 金 額 の 計 算 をするときに 用 いるもので 被 保 険 者 が 事 業 主 から 受 ける 報 酬 をいくつかの 等 級 に 区 分 した 仮 の 報 酬 月 額 ( 等 級 区 分 )に 当 てはめて 決 められます 標 準 報 酬 月 額 には 下 限 上 限 が 定 められており 厚 生 年 金 保 険 の 等 級 は 第 1 級 の 98,000 円 から 第 30 級 の 620,000 円 までの 30 等 級 とされています 標 準 賞 与 額 とは 年 3 回 まで 支 払 われる 賞 与 について 1,000 円 未 満 を 切 り 捨 てた 額 を 標 準 賞 与 額 として 毎 月 の 給 与 と 同 じ 率 を 乗 じて の 額 が 計 算 され 年 金 額 の 計 算 にも 用 いられます 厚 生 年 金 保 険 では1ヶ 月 につき 150 万 円 が 上 限 とさ れています - 2 -

4 2 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 となる 日 本 国 内 に 住 んでいる 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 で 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 組 合 に 加 入 している 方 ( 第 2 号 被 保 険 者 ) 及 びこれらの 者 に 扶 養 されている 配 偶 者 ( 第 3 号 被 保 険 者 ) 以 外 の 方 は すべて 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 となります 手 続 き 窓 口 住 所 地 の 市 区 役 所 または 町 村 役 場 添 付 書 類 年 金 手 帳 または 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 提 出 期 限 退 職 日 の 翌 日 から 14 日 以 内 提 出 者 ご 本 人 または 世 帯 主 第 2 号 被 保 険 者 が 退 職 し 配 偶 者 が 第 3 号 被 保 険 者 に 該 当 しなくなった 場 合 も 手 続 きが 必 要 です 月 額 14,980 円 ( 平 成 24 年 度 ) 額 は 年 度 によって 変 動 していきます 付 加 月 額 400 円 の 付 加 を 納 付 すると 将 来 受 け 取 る 老 齢 基 礎 年 金 とあわせて 付 加 年 金 が 受 けられます 付 加 年 金 の 年 金 額 は 200 円 納 付 月 数 で 計 算 されます ただし を 免 除 されている 方 や 国 民 年 金 基 金 に 加 入 している 方 は 付 加 を 納 められません 前 納 早 割 制 度 あらかじめ 一 定 期 間 分 ( 原 則 として 半 年 又 は 1 年 間 )の を 一 括 して 納 付 すると が 割 引 に なる 前 納 制 度 や 口 座 振 替 で 納 付 すると が 割 引 になる 制 度 ( 早 割 制 度 )があります 免 除 制 度 の 納 付 が 困 難 なときは 以 下 のような 免 除 制 度 があります また 退 職 により の 納 付 が 困 難 なときは 失 業 を 理 由 として 国 民 年 金 の 免 除 申 請 をする ことができます 法 定 免 除 次 のような 場 合 は 届 出 により が 免 除 になります 1. 障 害 基 礎 年 金 や 障 害 厚 生 ( 共 済 ) 年 金 ( 原 則 として 障 害 等 級 1 級 または 2 級 )を 受 けているとき 2. 生 活 保 護 法 の 生 活 扶 助 を 受 けているとき 等 申 請 免 除 申 請 免 除 には 全 額 免 除 制 度 4 分 の 1 免 除 半 額 免 除 4 分 の 3 免 除 の 三 段 階 の 一 部 免 除 制 度 があります の 納 付 が 困 難 で 次 のような 場 合 は 申 請 し 承 認 されれば が 免 除 されます 1. 前 年 の 所 得 が 一 定 の 基 準 以 下 のとき 2. 被 保 険 者 又 は 家 族 が 生 活 保 護 法 による 生 活 扶 助 以 外 の 扶 助 を 受 けているとき 3. 地 方 税 法 の 障 害 者 または 寡 婦 に 該 当 し 所 得 が 非 課 税 限 度 額 以 下 のとき 4. 天 災 失 業 などで を 納 めることが 困 難 な 事 情 にあるとき なお 4 分 の 1 免 除 半 額 免 除 4 分 の 3 免 除 の 承 認 を 受 けた 期 間 は 納 めるべき を 納 付 しないと 未 納 期 間 となりますので ご 注 意 ください 手 続 き 先 は 住 所 地 の 市 区 役 所 または 町 村 役 場 の 国 民 年 金 窓 口 です この 他 にも 30 歳 未 満 対 象 の 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 があります 学 生 の 方 は 学 生 納 付 特 例 制 度 をご 利 用 ください( 申 請 免 除 制 度 はご 利 用 いただけません) 失 業 を 理 由 として 免 除 の 申 請 を 行 う 場 合 は 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 または 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 票 の 写 し 等 が 必 要 になります - 3 -

5 3 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 となる 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 組 合 に 加 入 している 被 保 険 者 (65 歳 以 上 70 歳 未 満 で 老 齢 または 退 職 を 理 由 とする 年 金 の 受 給 権 を 有 する 人 は 除 く)に 扶 養 される 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 配 偶 者 は 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 となります 提 出 先 郵 送 で 事 務 センター( 配 偶 者 の 勤 務 している 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 ) 届 出 申 請 書 名 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 関 係 届 書 ( 資 格 取 得 届 ) 添 付 書 類 収 入 確 認 のための 書 類 ( 非 課 税 証 明 書 など) 1 年 金 手 帳 または 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 2 1 所 得 税 法 の 規 定 による 控 除 対 象 配 偶 者 となっている 方 については 事 業 主 の 証 明 によ り 収 入 確 認 のための 書 類 の 添 付 を 省 略 することができます 2 事 業 主 が 届 書 に 基 礎 年 金 番 号 や 氏 名 が 正 しく 記 入 されていることを 確 認 することで 年 金 事 務 所 への 添 付 を 省 略 できます ただし 氏 名 変 更 を 伴 う 第 3 号 被 保 険 者 の 届 出 は 年 金 手 帳 の 添 付 が 必 要 です 提 出 期 限 被 扶 養 者 ( 扶 養 される 方 )に 該 当 した 日 から 14 日 以 内 提 出 者 ご 本 人 ( 事 業 主 経 由 ) 第 3 号 被 保 険 者 の 届 出 は 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるための 手 続 きと 同 時 に 行 います 第 3 号 被 保 険 者 の は 配 偶 者 が 加 入 している 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 組 合 から 拠 出 されるので 個 別 の 負 担 はありません 第 3 号 被 保 険 者 の 認 定 基 準 第 3 号 被 保 険 者 になるには 被 保 険 者 ( 扶 養 する 方 )によって 生 計 が 維 持 されていることが 条 件 となり 収 入 のある 方 が 第 3 号 被 保 険 者 として 認 定 されるためには 次 の 基 準 により 判 断 されます 1 年 収 が 130 万 円 未 満 であること 認 定 対 象 者 の 年 収 が 130 万 円 未 満 で かつ 被 保 険 者 の 年 収 の 半 分 未 満 であれば 原 則 として 第 3 号 被 保 険 者 になります また 認 定 対 象 者 の 年 収 が 被 保 険 者 の 半 分 以 上 であっても 130 万 円 未 満 である 場 合 は 被 保 険 者 の 収 入 によって 生 計 を 維 持 していると 認 められれば 第 3 号 被 保 険 者 となります 2 別 居 の 場 合 は 援 助 額 で 判 断 被 保 険 者 と 別 居 している 場 合 には 年 収 が 130 万 円 未 満 で かつ 被 保 険 者 からの 援 助 額 より 少 ない ときに 第 3 号 被 保 険 者 となります 認 定 対 象 者 がおおむね 障 害 厚 生 年 金 を 受 けることのできる 程 度 の 障 害 がある 場 合 には 年 収 の 認 定 基 準 の 130 万 円 未 満 が 180 万 円 未 満 となります - 4 -

6 4 国 民 年 金 に 任 意 加 入 する 60 歳 以 上 で 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしていない 方 や 受 給 資 格 期 間 は 満 たしているが を 納 付 した 月 数 が 少 なく 満 額 (40 年 間 納 付 分 )の 老 齢 基 礎 年 金 が 受 けられない 方 は 65 歳 になるま で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 することができます 特 例 措 置 として 昭 和 40 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 方 で 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしていない 方 は 70 歳 になるまでの 間 受 給 資 格 期 間 を 満 たすまで 任 意 加 入 ( 特 例 任 意 加 入 )することができます また 日 本 に 国 籍 がある 20 歳 以 上 65 歳 未 満 の 海 外 在 住 者 も 任 意 加 入 することができます 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 支 給 を 受 けている 方 は 任 意 加 入 することはできません 手 続 き 窓 口 住 所 地 の 市 区 役 所 または 町 村 役 場 添 付 書 類 年 金 手 帳 または 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 提 出 者 ご 本 人 ( 海 外 在 住 の 方 は 国 内 在 住 の 協 力 者 を 含 む) 60 歳 以 上 の 方 が 任 意 加 入 する 場 合 は 原 則 として 口 座 振 替 により を 納 付 していただくため 口 座 番 号 がわかるもの 金 融 機 関 の 届 出 印 が 必 要 です 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 と 同 じですが の 免 除 制 度 はありません また 65 歳 以 上 の 特 例 任 意 加 入 には 付 加 (3 頁 参 照 )はありません 5 厚 生 年 金 保 険 に 任 意 加 入 する 厚 生 年 金 保 険 では 被 保 険 者 が 70 歳 に 達 すると 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 しますが 70 歳 以 上 になっても 老 齢 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしていない 方 で 事 業 所 に 勤 めている 方 は 受 給 資 格 期 間 を 満 たすまで 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 として 厚 生 年 金 保 険 に 任 意 加 入 することができます 手 続 き 窓 口 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 届 出 申 請 書 名 厚 生 年 金 保 険 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 資 格 取 得 申 出 書 添 付 書 類 年 金 手 帳 または 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 生 年 月 日 に 関 する 市 区 町 村 長 の 証 明 書 または 戸 籍 抄 本 履 歴 書 など 提 出 期 限 加 入 するとき 提 出 者 ご 本 人 原 則 として 全 額 自 己 負 担 で の 納 付 手 続 きも 本 人 がすることになります ただし 事 業 主 が 同 意 すれば 一 般 被 保 険 者 と 同 様 に 事 業 主 が の 半 額 を 負 担 し 納 付 の 手 続 きをする こともできます 適 用 事 業 所 以 外 に 勤 務 する 場 合 の 高 齢 任 意 加 入 適 用 事 業 所 以 外 の 事 業 所 に 勤 めている 方 も 事 業 主 の 同 意 を 得 て 年 金 事 務 所 に 申 請 して 認 可 されれば 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 になることができます は 本 人 と 事 業 主 が 折 半 して 負 担 することとなります ただし 事 業 主 の 同 意 がない 場 合 高 齢 任 意 加 入 被 保 険 者 になることはできません - 5 -

7 退 職 後 の 年 金 の 受 け 取 り 1 年 金 を 受 けるために 必 要 な 期 間 ( 受 給 資 格 期 間 ) 次 の 期 間 を 合 計 して 25 年 (300 月 ) 以 上 の 期 間 が 必 要 です 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 組 合 に 加 入 していた 期 間 国 民 年 金 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 納 付 を 免 除 された 期 間 1 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 であった 期 間 学 生 納 付 特 例 や 若 年 者 納 付 猶 予 が 認 められた 期 間 合 算 対 象 期 間 (いわゆるカラ 期 間 ) 2 1 一 部 免 除 の 承 認 を 受 けた 期 間 は 納 めるべき を 納 付 しないと 未 納 期 間 になりますのでご 注 意 ください 2 合 算 対 象 期 間 は 1サラリーマンの 配 偶 者 であった 期 間 のうち 昭 和 61 年 3 月 までの 間 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかった 期 間 2 海 外 に 在 住 していた 期 間 ( 日 本 国 籍 を 有 する 方 が 対 象 ) 3 学 生 であった 期 間 のうち 平 成 3 年 3 月 までの 間 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかった 期 間 などがあります( 上 記 1~3は 20 歳 以 上 60 歳 未 満 であった 期 間 が 対 象 ) これらの 期 間 があれば 年 金 を 受 けるために 必 要 な 期 間 に 加 算 されます ただし 年 金 額 には 反 映 されません 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 措 置 (25 年 に 満 たなくても 受 給 資 格 期 間 を 満 たせます) 1) 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 組 合 の 加 入 期 間 の 特 例 厚 生 年 金 保 険 と 共 済 組 合 の 加 入 期 間 を 合 わせた 期 間 が 生 年 月 日 に 応 じて 下 表 の 期 間 以 上 あれば 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしたことになります 生 年 月 日 期 間 昭 和 27 年 4 月 1 日 以 前 20 年 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 21 年 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 22 年 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 23 年 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 31 年 4 月 1 日 24 年 2) 厚 生 年 金 保 険 の 中 高 齢 者 の 特 例 昭 和 26 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 方 で 40 歳 ( と 坑 内 員 船 員 は 35 歳 )に 達 した 月 以 後 の 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 が 生 年 月 日 に 応 じて 下 表 の 期 間 以 上 あれば 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしたことになります 生 年 月 日 期 間 昭 和 22 年 4 月 1 日 以 前 15 年 昭 和 22 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 23 年 4 月 1 日 16 年 昭 和 23 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 24 年 4 月 1 日 17 年 昭 和 24 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 25 年 4 月 1 日 18 年 昭 和 25 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 26 年 4 月 1 日 19 年 - 6 -

8 2 老 齢 基 礎 年 金 と 老 齢 厚 生 年 金 の 概 要 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 基 礎 年 金 は を 納 付 した 期 間 などが 原 則 として 25 年 以 上 ある 方 が 65 歳 になったときに 受 け られます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 請 求 時 の 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 けるこ とができます また 66 歳 から 70 歳 の 間 に 支 給 開 始 年 齢 を 遅 らせて 一 定 割 合 を 増 額 された 年 金 を 受 けることもできま す 年 額 786,500 円 ( 平 成 24 年 度 )(20 歳 から 60 歳 までの 40 年 間 を 納 付 した 場 合 の 金 額 ) 40 年 ( 昭 和 16 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 方 は 年 齢 に 応 じて 25 年 ~39 年 )に 満 たない 場 合 は 不 足 する 月 数 に 応 じて 年 金 額 が 減 額 されます 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 は 厚 生 年 金 保 険 の 加 入 期 間 がある 方 で 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしている 方 に 老 齢 基 礎 年 金 に 上 乗 せする 形 で 65 歳 から 支 給 されます また 66 歳 から 70 歳 の 間 に 支 給 開 始 年 齢 を 遅 らせて 一 定 割 合 を 増 額 された 年 金 を 受 けることもできます 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしている 方 であって 厚 生 年 金 保 険 の 加 入 期 間 が 1 年 以 上 ある 方 に 60 歳 から 65 歳 になるまでの 間 支 給 されます 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 年 金 額 は 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 に 応 じた 定 額 部 分 と 被 保 険 者 期 間 中 の 平 均 標 準 報 酬 に 応 じた 報 酬 比 例 部 分 とを 合 算 した 額 が 支 給 されます なお 昭 和 16 年 ( は 昭 和 21 年 )4 月 2 日 以 降 に 生 まれた 方 については 次 表 のとおり 定 額 部 分 と 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 生 年 月 日 に 応 じて 引 き 上 げられています 生 年 月 日 昭 和 16 年 4 月 1 日 以 前 昭 和 21 年 4 月 1 日 以 前 昭 和 16 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 18 年 4 月 1 日 昭 和 21 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 23 年 4 月 1 日 昭 和 18 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 20 年 4 月 1 日 昭 和 23 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 25 年 4 月 1 日 昭 和 20 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 22 年 4 月 1 日 昭 和 25 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 27 年 4 月 1 日 昭 和 22 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 24 年 4 月 1 日 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 定 額 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 60 歳 60 歳 61 歳 60 歳 62 歳 60 歳 63 歳 60 歳 64 歳 60 歳 昭 和 24 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 33 年 4 月 1 日 65 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されます 60 歳 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 33 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 35 年 4 月 1 日 65 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されます 61 歳 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 昭 和 35 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 37 年 4 月 1 日 65 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されます 62 歳 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 昭 和 37 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 39 年 4 月 1 日 65 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されます 63 歳 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 昭 和 39 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 41 年 4 月 1 日 65 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されます 64 歳 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 降 昭 和 41 年 4 月 2 日 以 降 65 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 と 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されます - 7 -

9 3 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 調 整 老 齢 厚 生 年 金 は 次 のような 場 合 に 支 給 額 が 調 整 されます なお 厚 生 年 金 基 金 に 加 入 されたことのある 方 は 基 金 の 年 金 ( 代 行 部 分 )も 含 め 調 整 されます 在 職 老 齢 年 金 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 が 在 職 ( 厚 生 年 金 に 加 入 ) 中 に 老 齢 厚 生 年 金 を 受 ける 場 合 具 体 的 な 支 給 停 止 額 の 計 算 は 以 下 のようになります ただし 総 報 酬 月 額 相 当 額 1 と 基 本 月 額 2 の 合 計 額 が 28 万 円 以 下 の 場 合 支 給 停 止 はありません 総 報 酬 月 額 相 当 額 基 本 月 額 支 給 停 止 額 ( 月 額 ) 46 万 円 以 下 28 万 円 以 下 ( 総 報 酬 月 額 相 当 額 + 基 本 月 額 -28 万 円 ) 1/2 28 万 円 超 ( 総 報 酬 月 額 相 当 額 1/2) 46 万 円 超 28 万 円 以 下 (46 万 円 + 基 本 月 額 -28 万 円 ) 1/2+( 総 報 酬 月 額 相 当 額 -46 万 円 ) 28 万 円 超 (46 万 円 1/2)+( 総 報 酬 月 額 相 当 額 -46 万 円 ) 1 総 報 酬 月 額 相 当 額 =その 月 の 標 準 報 酬 月 額 +その 月 以 前 の1 年 間 の 標 準 賞 与 額 の 合 計 額 1/12 2 基 本 月 額 = 加 給 年 金 3 額 を 除 いた 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 月 額 3 加 給 年 金 =65 歳 未 満 の 配 偶 者 や 18 歳 到 達 年 度 の 末 日 までにある 子 どもを 扶 養 している 場 合 に 加 算 される 年 金 ( 加 入 期 間 要 件 所 得 要 件 等 あり) 65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 方 が 在 職 ( 厚 生 年 金 に 加 入 ) 中 に 老 齢 厚 生 年 金 を 受 ける 場 合 老 齢 基 礎 年 金 は 全 額 支 給 されます ただし 老 齢 厚 生 年 金 は 総 報 酬 月 額 相 当 額 と 老 齢 厚 生 年 金 の 月 額 の 合 計 により 調 整 されます 総 報 酬 月 額 相 当 額 と 老 齢 厚 生 年 金 の 月 額 を 合 計 して 46 万 円 を 超 え ると 老 齢 厚 生 年 金 の 月 額 は 46 万 円 を 超 える 部 分 の 1/2 が 支 給 停 止 されます 総 報 酬 月 額 相 当 額 + 基 本 月 額 支 給 停 止 額 ( 月 額 ) 46 万 円 以 下 支 給 停 止 はありません 46 万 円 超 ( 総 報 酬 月 額 相 当 額 1 + 基 本 月 額 2-46 万 円 ) 1/2 1 総 報 酬 月 額 相 当 額 =その 月 の 標 準 報 酬 月 額 +その 月 以 前 の 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 の 合 計 額 1/12 2 基 本 月 額 = 加 給 年 金 額 経 過 的 加 算 を 除 いた 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 )の 月 額 70 歳 以 上 の 方 が 在 職 ( 厚 生 年 金 に 加 入 する 程 度 の 勤 務 ) 中 に 老 齢 厚 生 年 金 を 受 ける 場 合 65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 方 と 同 様 のしくみを 適 用 し 支 給 額 が 調 整 されます( 昭 和 12 年 4 月 2 日 以 降 に 生 まれた 方 が 対 象 ) なお 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 でないため 厚 生 年 金 の 負 担 はあり ません 雇 用 保 険 と 老 齢 厚 生 年 金 の 調 整 雇 用 保 険 の 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 を 受 ける 場 合 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 老 齢 厚 生 年 金 を 受 けている 方 が 雇 用 保 険 の 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 を 受 ける 場 合 は 在 職 老 齢 年 金 の 調 整 に 加 え 標 準 報 酬 月 額 の 6%を 限 度 とする 額 が 支 給 停 止 されます 該 当 される 方 は 下 記 の 届 出 が 必 要 です 届 出 先 年 金 事 務 所 届 出 用 紙 老 齢 厚 生 退 職 共 済 年 金 受 給 権 者 支 給 停 止 事 由 該 当 届 添 付 書 類 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 支 給 決 定 通 知 書 (コピー 可 ) この 届 出 をされないと 年 金 の 支 払 が 一 時 保 留 されますので すみやかに 届 出 してください - 8 -

10 雇 用 保 険 の 失 業 手 当 を 受 ける 場 合 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 老 齢 厚 生 年 金 を 受 けている 方 が ハローワークで 求 職 の 申 し 込 みをし 雇 用 保 険 の 基 本 手 当 (いわゆる 失 業 手 当 船 員 保 険 の 失 業 保 険 金 を 含 む)を 受 ける 場 合 は 加 給 年 金 額 も 含 めて 年 金 が 全 額 支 給 停 止 されます 該 当 される 方 は 以 下 の 届 出 が 必 要 です 届 出 先 年 金 事 務 所 届 出 用 紙 老 齢 厚 生 退 職 共 済 年 金 受 給 権 者 支 給 停 止 事 由 該 当 届 添 付 書 類 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 (コピー 可 ) 求 職 の 申 し 込 み 後 基 本 手 当 を 受 けていない 場 合 であっても 年 金 の 支 給 停 止 を 解 除 するまで お 時 間 がかかりますので ご 注 意 ください 4 年 金 を 受 けるための 手 続 き 年 金 を 受 ける 資 格 ができたときには ご 自 身 で 年 金 を 受 けるための 手 続 き( 年 金 請 求 )を 行 う 必 要 があり ます 手 続 に 必 要 な 年 金 請 求 書 は 年 金 事 務 所 で 入 手 できるほか 日 本 年 金 機 構 で 受 給 資 格 を 確 認 できた 方 には 年 金 を 受 ける 資 格 ができる 3 ヶ 月 前 にご 本 人 あてに 送 付 されます 添 付 していただく 書 類 は 個 人 ごとに 異 なりますので 事 前 に 年 金 事 務 所 や 街 角 の 年 金 相 談 センター ねん きんダイヤルでご 確 認 ください 請 求 内 容 請 求 書 名 主 な 添 付 書 類 老 齢 基 礎 年 金 年 金 請 求 書 年 金 手 帳 戸 籍 謄 本 老 齢 厚 生 年 金 ( 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 老 齢 給 付 ) 住 民 票 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 など 2 冊 以 上 の 年 金 手 帳 または 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 をお 持 ちの 場 合 は すべてご 持 参 ください なお 代 理 の 方 が 年 金 相 談 や 手 続 きする 場 合 は 委 任 状 が 必 要 です 委 任 状 には 本 人 の 基 礎 年 金 番 号 住 所 氏 名 生 年 月 日 依 頼 内 容 を 記 入 したうえ 委 任 を 受 けた 方 の 住 所 氏 名 本 人 との 関 係 を 書 いて 本 人 が 署 名 押 印 してください また 委 任 を 受 けた 方 の 身 分 証 明 書 ( 運 転 免 許 証 など)をご 用 意 ください 年 金 の 請 求 先 年 金 を 受 けようとする 方 現 在 在 職 中 または 最 後 の 加 入 制 度 が 厚 生 年 金 保 険 である 方 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 の 期 間 のみの 方 上 記 以 外 の 方 年 金 請 求 の 手 続 き 先 勤 務 先 の 所 在 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 お 住 まいの 市 区 町 村 の 国 民 年 金 窓 口 住 所 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 この 表 にかかわらず 最 寄 りの 年 金 事 務 所 または 街 角 の 年 金 相 談 センターで 請 求 することもできます 年 金 証 書 がお 手 元 に 届 くのは 年 金 請 求 日 からおおむね 2 ヶ 月 後 となります また 1 回 目 の 年 金 のお 支 払 いは 年 金 証 書 がお 手 元 に 届 いてからおおむね 50 日 後 となります ( 参 考 )その 他 の 年 金 ( 障 害 給 付 遺 族 給 付 ) 障 害 基 礎 年 金 障 害 厚 生 年 金 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 厚 生 年 金 国 民 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やケガによって 障 害 ( 政 令 で 定 められた 障 害 の 程 度 )が 残 ったとき に 支 給 されます 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 中 の 病 気 やケガによって 障 害 ( 政 令 で 定 められた 障 害 の 程 度 )が 残 った ときに 支 給 されます 65 歳 前 に 初 診 日 があるときで 障 害 厚 生 年 金 の 1 2 等 級 に 該 当 する 場 合 は 障 害 基 礎 年 金 もあわせて 支 給 されます 国 民 年 金 に 加 入 中 または 加 入 していた 方 が 亡 くなったときに 生 計 を 維 持 されていた 子 のあ る 妻 または 子 に 支 給 されます( 年 齢 要 件 あり) 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 中 または 加 入 していた 方 が 亡 くなったときに 生 計 を 維 持 されていた 妻 または 夫 子 父 母 孫 または 祖 父 母 に 支 給 されます( 年 齢 要 件 あり) - 9 -

11 年 金 相 談 サービス 1 インターネットサービス ねんきんネット を 開 始 しました ライフプランに 合 わせて 年 金 額 の 試 算 ができます 年 金 を 受 け 取 りながら 働 き 続 けた 場 合 の 年 金 額 はいくらになるの? このまま 働 き 続 けた 場 合 何 歳 から どの 程 度 の 年 金 を 受 け 取 れるの? など グラフでわかりやすく 表 示 します いつでも 最 新 の 年 金 記 録 が 確 認 できます 24 時 間 いつでも ねんきん 定 期 便 よりも 新 しい 年 金 記 録 を 確 認 できます 記 録 の もれ や 誤 り の 発 見 が 容 易 になります 年 金 に 加 入 されていない 期 間 標 準 報 酬 額 の 大 きな 変 動 など ご 確 認 いただきたい 記 録 がわかりやす く 表 示 されています ねんきん 定 期 便 や 振 込 通 知 書 の 内 容 がご 自 宅 で 確 認 できます これまで 郵 便 で 届 いていた 各 種 通 知 が インターネットでも 確 認 できるようになります ( 2 電 話 での 年 金 相 談 は ねんきんダイヤル へ 一 般 の 年 金 相 談 は ねんきんダイヤル へお 問 い 合 わせください 電 話 によるご 相 談 ( 一 部 )の 電 話 070 の 電 話 からおかけになる 場 合 は お 問 い 合 わせの 際 は 基 礎 年 金 番 号 がわかるものをご 用 意 ください < 受 付 時 間 > 月 ~ 金 曜 日 午 前 8:30~ 午 後 5:15 ただし 月 曜 日 ( 月 曜 日 が 休 日 の 場 合 は 火 曜 日 )は 午 後 7:00まで 延 長 第 2 土 曜 日 午 前 9:30~ 午 後 4:00 ( 祝 日 12 月 29 日 ~1 月 3 日 はご 利 用 いただけません ) ナビダイヤルは 一 般 の 固 定 電 話 からおかけになる 場 合 は 全 国 どこからでも 市 内 通 話 料 金 で ご 利 用 いただけます ただし 一 般 の 固 定 電 話 以 外 ( 携 帯 電 話 等 )からおかけになる 場 合 は 通 常 の 通 話 料 金 がかかります の 電 話 番 号 におかけになる 場 合 は 通 常 の 通 話 料 金 がかかります 0570 の 最 初 の 0 を 省 略 したり 市 外 局 番 をつけて 間 違 い 電 話 になっているケースが 発 生 していますので おかけ 間 違 いにはご 注 意 ください 月 曜 日 など 休 日 明 けやお 客 様 のお 手 元 に 通 知 書 が 届 いた 直 後 (5 日 程 度 )は 電 話 がつながりにくくなっております 週 の 後 半 と 月 の 後 半 は つながりやすくなって おりますので どうぞご 利 用 ください

12 3 年 金 加 入 記 録 照 会 年 金 見 込 額 試 算 日 本 年 金 機 構 では 50 歳 以 上 の 方 を 対 象 に 年 金 加 入 記 録 の 回 答 と 年 金 見 込 額 試 算 サービスを 行 っています 日 本 年 金 機 構 ホームページから 申 し 込 みをして 郵 送 または 電 子 文 書 により 結 果 を 受 け 取 るか 年 金 事 務 所 に 年 金 手 帳 とご 本 人 であることを 確 認 できるものを 持 参 いただきご 相 談 ください なお 50 歳 未 満 の 方 に は 年 金 加 入 記 録 のみの 提 供 となります 4 窓 口 での 年 金 相 談 は 年 金 事 務 所 街 角 の 年 金 相 談 センター 等 へ 窓 口 での 年 金 相 談 は 年 金 事 務 所 街 角 の 年 金 相 談 センター 街 角 の 年 金 相 談 センター(オフィス) で 行 っております 日 本 年 金 機 構 ホームページに 年 金 事 務 所 相 談 窓 口 の 混 雑 予 測 を 掲 載 しておりますので 比 較 的 空 いて いると 予 測 される 日 や 時 間 帯 にお 越 しになるなど お 客 様 のご 都 合 に 合 わせてご 利 用 ください 街 角 の 年 金 相 談 センター 街 角 の 年 金 相 談 センター(オフィス) は 全 国 社 会 保 険 労 務 士 会 連 合 会 が 運 営 して おり 対 面 による 年 金 相 談 を 行 っています 受 付 時 間 午 前 8:30~ 午 後 5:15( 土 日 祝 日 を 除 きます) ( 休 日 年 金 相 談 の 実 施 相 談 時 間 の 夜 間 延 長 も 行 っております また 予 約 相 談 を 実 施 している 年 金 事 務 所 等 もありますので 詳 細 については 日 本 年 金 機 構 ホームページをご 覧 ください) 全 国 の 窓 口 日 本 年 金 機 構 検 索 (

13 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 退 職 すると 健 康 保 険 の 被 保 険 者 資 格 を 失 いますので 健 康 保 険 被 保 険 者 証 は 使 えなくなります ( 健 康 保 険 被 保 険 者 証 は 返 却 ください) 医 療 保 険 制 度 には 主 に 会 社 員 などが 事 業 所 単 位 で 加 入 する 健 康 保 険 自 営 業 者 などが 世 帯 単 位 で 加 入 する 国 民 健 康 保 険 75 歳 以 上 の 方 が 加 入 する 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 があります 日 本 国 内 に 住 所 のある 方 は いずれかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することが 義 務 付 けられています 退 職 再 就 職 する ( 健 康 保 険 の 適 用 事 業 所 ) 勤 務 時 間 または 勤 務 日 数 のうち いずれかが 正 社 員 の 3/4 未 満 の 場 合 再 就 職 しない/ 再 就 職 する( 健 康 保 険 の 非 適 用 事 業 所 ) 勤 務 時 間 と 勤 務 日 数 がいずれも 正 社 員 の 3/4 以 上 の 場 合 2. 健 康 保 険 に 加 入 している 家 族 の 被 扶 養 者 になる 3. 引 き 続 き 個 人 で 全 国 健 康 保 険 協 会 健 康 保 険 組 合 に 加 入 する( 任 意 継 続 被 保 険 者 ) 4. 国 民 健 康 保 険 に 加 入 する 1. 再 就 職 先 の 健 康 保 険 に 加 入 する 退 職 した 高 齢 者 に 適 用 される 退 職 者 医 療 制 度 は 平 成 26 年 度 までの 間 に 65 歳 未 満 の 退 職 被 保 険 者 等 が 65 歳 になるまで 経 過 的 に 存 続 します 3/4 以 上 の 場 合 3/4 未 満 の 場 合 とは 1 日 または1 週 間 の 勤 務 時 間 と 1ヶ 月 の 勤 務 日 数 のそれぞれを 同 様 の 仕 事 をする 正 社 員 と 比 べた 場 合 のことです( 3/4 以 上 の 判 断 基 準 は あくまでもひとつの 目 安 であって 就 労 形 態 等 を 考 慮 し 総 合 的 に 判 断 されます) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 されている 方 が 退 職 した 場 合 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 には 75 歳 以 上 の 方 (65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 の 状 態 にあり 保 険 者 の 認 定 を 受 けた 方 を 含 む)が 加 入 し 退 職 後 も 引 き 続 き 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 より 発 行 された 被 保 険 者 証 を 使 用 し 給 付 を 受 けることとな ります なお 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 高 齢 者 の 暮 らしに 配 慮 した 治 療 が 行 われるような 仕 組 みを 導 入 するとともに 在 宅 医 療 の 充 実 や 介 護 サービスとの 連 携 強 化 など 高 齢 者 の 生 活 を 支 える 医 療 を 目 指 すために 設 立 した 制 度 で 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 と 市 区 町 村 が 連 携 して 事 務 を 行 っています 医 療 保 険 についてのお 問 い 合 わせは ご 加 入 している( 又 はご 加 入 していた) 保 険 者 へ

14 1 就 職 先 の 健 康 保 険 に 加 入 する 健 康 保 険 の 適 用 事 業 所 に 再 就 職 する 方 は 引 き 続 き 健 康 保 険 に 加 入 することになり は 事 業 主 が 行 います なお 70 歳 未 満 の 方 については 厚 生 年 金 保 険 にも 加 入 することになりますので 年 金 手 帳 を 事 業 主 に 提 出 する 必 要 があります 提 出 先 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 に 加 入 している 事 業 所 は 郵 送 で 事 務 センター ( 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 ) 健 康 保 険 組 合 加 入 の 事 業 所 は 健 康 保 険 組 合 届 出 申 請 書 名 健 康 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 添 付 書 類 被 扶 養 者 がいる 方 は 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 と 収 入 確 認 のための 書 類 など 提 出 期 限 再 就 職 日 から 5 日 以 内 提 出 者 事 業 主 標 準 報 酬 月 額 標 準 賞 与 額 に 率 を 乗 じた 額 で 本 人 と 事 業 主 が 折 半 で 負 担 することになります 本 人 が 負 担 する は 給 料 から 控 除 され 事 業 主 負 担 の とあわせて 事 業 主 が 納 付 すること となります 2 健 康 保 険 に 加 入 する 家 族 の 被 扶 養 者 になる 被 扶 養 者 になるには 被 保 険 者 ( 扶 養 する 方 )の 三 親 等 内 の 親 族 で 主 として 被 保 険 者 によって 生 計 が 維 持 さ れていることが 条 件 となります 提 出 先 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 に 加 入 している 事 業 所 は 郵 送 で 事 務 センター ( 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 ) 健 康 保 険 組 合 加 入 の 事 業 所 は 健 康 保 険 組 合 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 の 任 意 継 続 被 保 険 者 の 被 扶 養 者 になる 場 合 は 全 国 健 康 保 険 協 会 都 道 府 県 支 部 届 出 申 請 書 名 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 添 付 書 類 収 入 確 認 のための 書 類 同 居 確 認 のための 書 類 など 提 出 期 限 被 扶 養 者 ( 扶 養 される 方 )に 該 当 した 日 から 5 日 以 内 提 出 者 事 業 主 任 意 継 続 被 保 険 者 の 場 合 は 被 保 険 者 本 人 被 扶 養 者 の は 健 康 保 険 制 度 全 体 から 拠 出 されるので 個 別 の 負 担 はありません

15 3 引 き 続 き 個 人 で 全 国 健 康 保 険 協 会 健 康 保 険 組 合 に 加 入 する( 任 意 継 続 被 保 険 者 ) 退 職 する 日 までに 健 康 保 険 の 被 保 険 者 期 間 が 継 続 して 2 ヶ 月 以 上 ある 方 は 申 請 により 退 職 日 の 翌 日 から 2 年 間 健 康 保 険 に 加 入 することができます 手 続 き 窓 口 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 に 加 入 していた 場 合 は 住 所 地 を 管 轄 する 全 国 健 康 保 険 協 会 都 道 府 県 支 部 ( 健 康 保 険 組 合 に 加 入 していた 場 合 は 健 康 保 険 組 合 ) 届 出 申 請 書 名 健 康 保 険 任 意 継 続 被 保 険 者 資 格 取 得 申 出 書 添 付 書 類 被 扶 養 者 がいる 方 は 収 入 確 認 のための 書 類 など 提 出 期 限 退 職 日 の 翌 日 から 20 日 以 内 提 出 者 ご 本 人 退 職 時 の 標 準 報 酬 月 額 に 率 を 乗 じた 額 を 全 額 自 己 負 担 することになります ただし 退 職 時 の 標 準 報 酬 月 額 が 28 万 円 を 超 えていた 場 合 は 標 準 報 酬 月 額 は 28 万 円 です 率 は 都 道 府 県 ごとに 異 なります 任 意 継 続 被 保 険 者 に 関 する 手 続 き 等 の 詳 細 は お 住 まいの 全 国 健 康 保 険 協 会 各 都 道 府 県 支 部 およびご 加 入 の 健 康 保 険 組 合 にご 確 認 ください 4 国 民 健 康 保 険 に 加 入 する 前 記 の1~3 以 外 の 方 は 国 民 健 康 保 険 に 加 入 します 手 続 き 窓 口 住 所 地 の 市 区 役 所 または 町 村 役 場 添 付 書 類 健 康 保 険 の 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 したことが 確 認 できる 書 類 など 提 出 期 限 退 職 日 の 翌 日 ( 他 の 健 康 保 険 の 被 保 険 者 またはその 被 扶 養 者 でなくなったとき) から 14 日 以 内 提 出 者 ご 本 人 国 民 健 康 保 険 法 による 方 式 と 地 方 税 法 による 保 険 税 方 式 があり 市 区 町 村 によってそれぞれ 異 なります 国 民 健 康 保 険 の 加 入 に 関 する 手 続 き 等 の 詳 細 は お 住 まいの 市 区 町 村 の 国 民 健 康 保 険 担 当 課 にご 確 認 ください

16 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 退 職 時 の 年 齢 が 60 歳 未 満 60~64 歳 1 65 歳 以 上 1 2 (1) 自 営 業 を 始 める 国 民 年 金 加 入 ( 第 1 号 被 保 国 民 健 康 保 険 に 加 入 もしく 国 民 健 康 保 険 に 加 険 者 )の 手 続 き 3 頁 は 健 康 保 険 を 継 続 する( 任 入 もしくは 健 康 保 国 民 健 康 保 険 に 加 入 もしく 意 継 続 ) 14 頁 険 を 継 続 する( 任 意 は 健 康 保 険 を 継 続 する( 任 継 続 ) 14 頁 再 意 継 続 ) 14 頁 就 職 し な い (2)サラリーマンの 扶 養 家 族 になる (3) (1),(2)のどち 国 民 年 金 加 入 ( 第 3 号 被 保 険 者 )の 手 続 き 4 頁 健 康 保 険 に 加 入 する 家 族 の 被 扶 養 者 となる 13 頁 国 民 年 金 加 入 ( 第 1 号 被 保 健 康 保 険 に 加 入 する 家 族 の 被 扶 養 者 となる 13 頁 国 民 健 康 保 険 に 加 入 もしく 健 康 保 険 に 加 入 す る 家 族 の 被 扶 養 者 となる 13 頁 国 民 健 康 保 険 に 加 らでもない 険 者 )の 手 続 き 3 頁 は 健 康 保 険 を 継 続 する( 任 入 もしくは 健 康 保 国 民 健 康 保 険 に 加 入 もしく 意 継 続 ) 14 頁 険 を 継 続 する( 任 意 は 健 康 保 険 を 継 続 する( 任 継 続 ) 14 頁 意 継 続 ) 14 頁 (4) 厚 生 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 厚 生 年 金 厚 生 年 金 加 入 の 手 する 会 社 に 勤 め 2 頁 2 頁 続 き 2 頁 または 5 頁 る 3 再 就 職 す (5) 厚 生 年 金 に 加 入 る していない 商 店 などに 勤 める 就 職 先 の 健 康 保 険 に 加 入 す る 13 頁 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 調 整 8 頁 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 調 整 8 頁 就 職 先 の 健 康 保 険 に 加 入 す 就 職 先 の 健 康 保 険 る 13 頁 に 加 入 する 13 頁 国 民 年 金 加 入 ( 第 1 号 被 保 国 民 健 康 保 険 に 加 入 もしく 国 民 健 康 保 険 に 加 険 者 )の 手 続 き 3 頁 は 健 康 保 険 を 継 続 する( 任 入 もしくは 健 康 保 国 民 健 康 保 険 に 加 入 もしく 意 継 続 ) 14 頁 険 を 継 続 する( 任 意 は 健 康 保 険 を 継 続 する( 任 継 続 ) 14 頁 意 継 続 ) 14 頁 年 金 関 係 健 康 保 険 関 係 1 国 民 年 金 の 加 入 は 原 則 20 歳 から 60 歳 までですが 60 歳 以 上 の 方 でも 年 金 を 受 けるための 資 格 期 間 が 不 足 している 場 合 な どは 任 意 加 入 することができます( 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 中 の 方 は 除 きます) 詳 しくは 5 頁 4 国 民 年 金 に 任 意 加 入 する を 参 照 ください 2 75 歳 以 上 の 方 (65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 の 状 態 にあり 保 険 者 の 認 定 を 受 けた 方 を 含 む)は 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 する こととなります 3 厚 生 年 金 保 険 には 1 日 または 1 週 間 の 勤 務 時 間 と 1 ヶ 月 の 勤 務 日 数 のそれぞれが 同 様 の 仕 事 をする 正 社 員 と 比 べておお むね 3/4 以 上 の 場 合 に 加 入 することとなります ( 3/4 以 上 の 判 断 基 準 は あくまでもひとつの 目 安 であって 就 労 形 態 等 を 考 慮 し 総 合 的 に 判 断 されます)

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

パンフレット.indd

パンフレット.indd 障 害 年 ガイド 障 害 年 ガイド 平 成 27 年 度 版 障 害 年 金 とは 1 受 給 要 件 1 請 求 時 期 4 障 害 年 金 障 害 手 当 金 の 額 5 障 害 年 金 に 該 当 する 状 態 7 Q&A 8 手 続 き 10 お 問 い 合 わせ 先 11 障 害 年 金 とは 障 害 年 は 病 気 やけがによって 生 活 や 仕 事 などが 制 限 されるようになった

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

私学ねんきん定期便B.indd

私学ねんきん定期便B.indd ねんきん 定 期 便 に 関 するお 問 い 合 わせは 私 学 事 業 団 電 話 相 談 室 もしくは 各 ガーデンパレスの 共 済 業 務 課 にお 電 話 くださるようお 願 いします お 問 い 合 わせの 際 は 基 礎 年 金 番 号 をお 知 らせください ねんきん 定 期 便 パンフレット( ( 節 目 年 齢 59 歳 ) このパンフレットは ねんきん 定 期 便 をご 覧 になるときにご

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲ 20 歳 になったら 国 民 年 金 日 本 年 金 機 構 から 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 届 書 ( 以 下 資 格 取 得 届 という) が 届 きましたか? 今 回 は 町 田 市 から 手 続 きの 方 法 をご 案 内 します! 日 本 国 内 に 住 む 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 次 のいずれかの 年 金 に 加 入 しなければなりません 厚

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ねんきんネット のご 案 内 平 成 26 年 8 月 版 目 次 1. ねんきんネット のメリット 1 2. ねんきんネット のご 利 用 登 録 2 3. ねんきんネット の 主 な 機 能 の 紹 介 (1) 年 金 記 録 の 一 覧 表 示 4 (2) 年 金 記 録 照 会 6 (3) 年 金 見 込 額 試 算 11 (4) 持 ち 主 不 明 記 録 検 索 15 (5) ねんきん

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただくために 市 議 会 議 員 共 済 会 に 対 しまして 様 々な 手 続 きが 必 要 になり ます

More information

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を 社 会 保 険 制 度 のご 案 内 加 入 資 格 健 康 保 険 厚 生 年 金 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 30 時 間 以 上 ( 雇 用 元 の 一 般 社 員 のおおむね 4 分 の 3 以 上 )で 2 ヶ 月 を 超 える 契 約 期 間 があ る 場 合 加 入 することになります 雇 用 保 険 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 以 上 で

More information

なお 日 本 機 構 にお 届 けされている 住 所 と 住 民 票 上 の 住 所 の 表 記 が 下 記 の 例 のように 一 部 異 なっている 場 合 は 本 9 月 末 までに 1 事 務 所 又 は 街 角 の 相 談 センターに 住 所 変 更 届 省 略 申 出 書 ( 参 考 3

なお 日 本 機 構 にお 届 けされている 住 所 と 住 民 票 上 の 住 所 の 表 記 が 下 記 の 例 のように 一 部 異 なっている 場 合 は 本 9 月 末 までに 1 事 務 所 又 は 街 角 の 相 談 センターに 住 所 変 更 届 省 略 申 出 書 ( 参 考 3 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 23 6 月 2 日 ( 照 会 先 ) 事 業 企 画 部 事 業 企 画 グループ 長 小 原 正 ( 電 話 直 通 03-6892-0743) 給 付 部 給 付 企 画 グループ 長 渡 部 浩 ( 電 話 直 通 03-6892-0769) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 額

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 1. 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 2. 退 職 後 の 健 康 保 険 制 度 日 本 郵 政 共 済 組 合 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 公 的 年 金 制 度 のしくみ 公 的 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 国 民 年 金 被 用 者 年 金 制 度 基 礎 年 金 制 度

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

H27府民税申告書の書き方_表-1

H27府民税申告書の書き方_表-1 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 の 書 き 方 日 ごろから 税 務 行 政 にご 協 力 いただきありがとうございます さて 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 を 送 付 いたしましたので この 説 明 書 をご 参 照 のうえ ご 提 出 いただきますようお 願 いします 申 告 が 必 要 な 人 税

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

健 康 保 険 被 保 険 者 証 について 社 会 保 険 加 入 手 続 後 NTT 健 康 保 険 組 合 被 保 険 者 証 (カード 型 )が 交 付 されます 被 保 険 者 証 がお 手 元 に 届 きましたら 内 容 等 をご 確 認 のうえ 受 領 書 の 返 送 を 必 ずお 願

健 康 保 険 被 保 険 者 証 について 社 会 保 険 加 入 手 続 後 NTT 健 康 保 険 組 合 被 保 険 者 証 (カード 型 )が 交 付 されます 被 保 険 者 証 がお 手 元 に 届 きましたら 内 容 等 をご 確 認 のうえ 受 領 書 の 返 送 を 必 ずお 願 各 種 保 険 の 概 要 健 康 保 険 介 護 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 労 災 保 険 のご 案 内 です エヌ ティ ティ 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 制 度 は みなさんが 病 気 やけがをした 場 合 に お 医 者 さんに 診 てもらったり 薬 局 で 薬 を 処 方 し てもらった 際 の 医 療 費 の 一 部 や 出 産 した 時 に 一 時 金

More information

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから この 冊 子 は, 調 布 市 にお 住 まいだった 方 がお 亡 くなりになり, 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 届 を 提 出 した 後 のおもな 手 続 きのご 案 内 で す 死 亡 届 は, 死 亡 地 故 人 の 本 籍 地 又 は 届 出 人 の 住 所 地,いずれかの 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 日 を 含 め7 日 以 内 に 届 出 が 必 要 です 死 亡 届 を

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2.

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2. N P O の 市 民 講 座 15 配 布 資 料 年 金 の もら い 忘 れは ありま せ ん か? 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 講 師 増 田 文 香 配 布 資 料 資 料 1 資 料 2 年 金 時 効 特 例 法 について 年 金 記 録 1/4~4/4 年 金 給 付 編 1/4~4/4 2011 年 ( 平 成 23 年 ) 9 月 4 日 ( 日 ) 川 口 東 口

More information

LK03-3_遺族基礎年金・遺族厚生年金の仕組み.indd

LK03-3_遺族基礎年金・遺族厚生年金の仕組み.indd 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 厚 生 年 金 平 成 25 年 度 版 平 成 25 年 10 月 版 日 本 年 金 機 構 遺 族 基 礎 年 金 はどんなときに 受 けられるの? 解 説 遺 族 基 礎 年 金 は 次 のいずれかの 要 件 に 当 てはまる 場 合 に 死 亡 した 方 によって 生 計 を 維 持 されていた 子 のある 妻 または

More information

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません 第 16 号 平 成 26 年 12 月 発 行 も く じ P2-4 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 P7-10 こんなきには 届 出 を P5-6 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 について P11 年 金 相 談 窓 口 一 覧 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

Ⅰ 国民年金

Ⅰ 国民年金 年 金 相 談 事 例 集 1 巻 p.101 Ⅰ 国 民 年 金 1 国 民 年 金 制 度 の 目 的 及 び 沿 革 国 民 年 金 制 度 は, 厚 生 年 金 保 険, 旧 船 員 保 険, 旧 共 済 組 合 など 被 用 者 を 対 象 とする 公 的 年 金 制 度 が 適 用 されていない 農 業 者, 自 営 業 者 等 及 び 被 用 者 の 配 偶 者 などを 対 象 とした

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

記 入 例 : 国 民 金 保 険 料 免 除 納 付 猶 予 申 請 書 日 本 金 機 構 理 事 長 あて 平 成 月 日 以 様 下 式 のとおり コード 免 除 納 付 猶 予 を 申 請 します また 及 び 世 帯 主 の 記 入 に 漏 れがないこと 前 所 得 の 記 入 内 容

記 入 例 : 国 民 金 保 険 料 免 除 納 付 猶 予 申 請 書 日 本 金 機 構 理 事 長 あて 平 成 月 日 以 様 下 式 のとおり コード 免 除 納 付 猶 予 を 申 請 します また 及 び 世 帯 主 の 記 入 に 漏 れがないこと 前 所 得 の 記 入 内 容 国 民 金 保 険 料 納 付 免 除 若 者 納 付 猶 予 の 申 請 について ( 学 生 の 方 は 学 生 納 付 特 例 制 度 をご 利 用 ください) 国 民 金 保 険 料 の 納 付 が 経 済 的 に 困 難 な 場 合 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 が あります この 制 度 を 利 用 することで 将 来 の 金 受 給 権 の 確 保

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

2 年 金 実 務 3 年 金 実 務 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 15 年 金 実 務 16 年 金 実 務 17 年 金 実 務 ません 18 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd 保 険 年 金 税 金 国 民 健 康 保 険 国 民 健 康 保 険 課 国 保 係 955-9511 各 種 手 続 きを 別 世 帯 の 代 理 人 が 届 出 される 場 合 必 要 書 退 職 者 医 療 制 度 類 のほか 委 任 状 と 代 理 人 の 顔 写 真 入 り 身 分 証 明 書 等 が 必 要 になります 長 い 間 会 社 や 官 公 庁 などに 勤 め 退 職 後 に

More information

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるための 条 件 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるためには 世 帯 関 係 や 収 入 基 準 および 髙 島 屋 健 康 保 険 組 合 の 被 扶 養 者 認 定 基 準 等 の 条 件 を 満 たす 必 要 があります 認 定 申 請 をする 前 に 必 ず 内 容 をご 確 認 ください 虚 偽 の 申 請 又 は 故 意 による 届 出 をしなかった

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

給 与 所 得 者 の 住 民 税 は 特 別 徴 収 されますが 退 職 で 給 与 が 支 払 われなくなった 場 合 給 与 からの 天 引 きを することができなくなります この 場 合 特 別 徴 収 ができなくなる 残 額 について 普 通 徴 収 の 方 法 で 納 付 していた だく

給 与 所 得 者 の 住 民 税 は 特 別 徴 収 されますが 退 職 で 給 与 が 支 払 われなくなった 場 合 給 与 からの 天 引 きを することができなくなります この 場 合 特 別 徴 収 ができなくなる 残 額 について 普 通 徴 収 の 方 法 で 納 付 していた だく 個 人 住 民 税 のあらまし 市 区 町 村 民 税 と 都 道 府 県 民 税 を 合 わせて 住 民 税 とよびます 住 民 税 は 主 に 均 等 割 と 所 得 割 で 構 成 されています (ほかに 利 子 割 配 当 割 株 式 等 譲 渡 割 があります) 個 人 の 住 民 税 の 均 等 割 は 応 益 原 則 に 基 づく 制 度 でそこに 住 む 会 費 的 な 意 味 合

More information

<82B582A882E82E786C73>

<82B582A882E82E786C73> 基 金 年 金 支 給 の 手 引 き - この 手 引 き は 年 金 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください 年 金 の 給 付 をお 受 けになるための 手 続 きやご 注 意 等 をまとめたものですので よくご 覧 いただき 手 続 き 等 をお 忘 れにならないように 注 意 してください なお この 手 引 き には 手 続 き 書 類 が 添 付 されておりませんので 手

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63> 基 金 型 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 年 金 受 給 権 者 のしおり 大 日 本 印 刷 企 業 年 金 基 金 ( 平 成 18 年 4 月 改 定 ) < 目 次 > はじめに 1ページ 1. 年 金 証 書 について 2ページ 2. 年 金 の 支 払 われ 方 3ページ 3. 給 付 金 の 税 務 4ページ 4. 年 金 受 給 中 に 必 要 な 手 続 き 5ページ (1)

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 目 次 国 民 年 金 適 用 関 係 公 的 年 金 1.みんなで 支 える 公 的 年 金 2. 国 民 年 金 のメリット 3. 公 的 年 金 の 必 要 性 4. 国 民 年 金 の 加 入 方 法 20 歳 適 用 5.20

平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 目 次 国 民 年 金 適 用 関 係 公 的 年 金 1.みんなで 支 える 公 的 年 金 2. 国 民 年 金 のメリット 3. 公 的 年 金 の 必 要 性 4. 国 民 年 金 の 加 入 方 法 20 歳 適 用 5.20 平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 日 本 年 金 機 構 平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 目 次 国 民 年 金 適 用 関 係 公 的 年 金 1.みんなで 支 える 公 的 年 金 2. 国 民 年 金 のメリット 3. 公 的 年 金 の 必 要 性 4. 国 民 年 金 の 加 入 方 法 20 歳 適 用 5.20 歳 になったら

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 学 力 基 準 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

Microsoft Word - LN01-1表紙

Microsoft Word - LN01-1表紙 知 っていますか? 国 民 年 金 って 実 は 納 めた 額 以 上 に 受 け 取 れます 老 後 も 万 一 のときも サポートします コンビニ インターネット からでも 納 付 できます 保 険 料 をまとめて 支 払 う と 割 引 があります 国 民 年 金 は あなたとみんなの 未 来 をつなぐ 大 切 な きずな です 支 え 合 って 将 来 にもっと 確 かな 安 心 を 厚 生

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏 平 成 28 年 度 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 月 15 日 ( 火 ) までです 平 成 28 年 度 町 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 となりました この 申 告 が あなたの 町 民 税 県 民 税 額 を 算 出 する 基 礎 となります また 各 種 証 明 書 の 発 行 国 民 健 康 保 険 税 介

More information

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 の 概 要 被 保 険 者 ( 本 人 )が 退 職 すると 健 康 保 険 の 資 格 を 失 いますが 下 記 の 加 入 資 格 要 件 を 満 たして いる 場 合 で 引 き 続 き 日 立 健 保 の 継 続 加 入 を 希 望 する 場 合 は 任 意 継 続 被 保 険 者 ( 以 下 任 継 ) に 加 入 することができます 任 継 の 加

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

第14章 国民年金

第14章 国民年金 第 15 章 国 民 年 金 国 民 年 金 は すべての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 年 金 を 支 給 し 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています - 145 - 国 民 年 金 のしくみ 1 被 保 険 者 国 民 年 金 に 必 ず 加 入 しなければならない 人 は 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱 平 成 28 年 6 月 平 成 28 年 度 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 確 認 調 査 実 施 要 領 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 実 施 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 1 (3) 実 施 手 順 (スケジュール) 1 (4) 送 付 物 1 (5) 調 書 への 住 所 印 字 について 2 (6) 調 書 の 提 出 について 2 (7) 留 意 点 等 3

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度 平 成 28 年 3 月 平 成 27 年 度 末 普 通 勧 奨 退 職 者 向 け 年 金 手 続 等 説 明 会 資 料 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 給 付 貸 付 課 ねんきん 博 士 目 次 Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 P 2 Ⅱ 老 齢 年 金 等 について P 4 Ⅲ 老 齢 年 金 に 関 する 注 意 事 項 P 8 (A 受 給 権 発

More information

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ]

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ] 平 成 28 年 度 福 島 県 須 賀 川 市 企 画 財 政 部 税 務 課 市 民 税 係 住 所 962-0054 福 島 県 須 賀 川 市 牛 袋 町 11 番 地 ( 文 化 センター 内 ) 書 類 の 送 付 は 従 来 の 八 幡 町 135 で も 届 き ま す TEL (0248)88-9124( 直 通 ) ホームページアドレス http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E88B928F6F944E8BE0826582608270816982E682AD82A082E982B28EBF96E2816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E88B928F6F944E8BE0826582608270816982E682AD82A082E982B28EBF96E2816A2E646F6378> FAQ(よくあるご 質 問 ) 制 度 共 通 1 基 礎 年 金 番 号 は どのようなものです 基 礎 年 金 番 号 とは 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 共 済 組 合 といったすべての 公 的 年 金 制 度 で 共 通 して 使 用 する10 桁 の 番 号 で 一 人 に 一 つの 基 礎 年 金 番 号 が 付 番 されていま す 確 定 拠 出 年 金 に 関 する 各 種

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

◆併給の調整◆

◆併給の調整◆ 平 成 18 年 度 の 給 付 額 1 物 価 スライド 特 例 措 置 による 物 価 スライド 率 の 改 定 平 成 17 年 度 0.988 平 成 18 年 度 0.985 2 従 前 額 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1.001 平 成 18 年 度 0.998 3 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1 平 成 18 年 度 0.997

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 森 井 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 平 成 24 年 3 月 作 成 1 本 スライドにおける 注 意 事 項 ご 注 意 本 スライドでは 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 するため 一 部 の 説 明 を 省 略 したり 省 略 した 名 称 を 使 用 している 部 分 があります また 表 示 の 年 金 額 は 平 成 22 年 の 年

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37> 老 齢 厚 生 年 金 請 求 の 手 引 年 金 請 求 に 必 要 な 手 続 について 保 存 版 ( 年 金 が 支 給 されるときまで 大 切 に 保 管 してください ) 平 成 27 年 度 定 年 退 職 者 用 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 目 次 Ⅰ 年 金 制 度 の 概 要 1 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げ 受 給 受 取 り 総 額 ( 累 計 額

More information

20120900年金機構業務つうしん013号 (H24年9月号)

20120900年金機構業務つうしん013号 (H24年9月号) 9 SEPTEMBER No.013 もくじ 1. 年 金 給 付 ( 相 談 ) 事 務 に 関 するお 知 らせ 1 特 集 全 国 一 括 業 務 部 門 に 寄 せられた 問 合 わせについて( 第 1 回 ) 3 指 示 依 頼 年 金 請 求 書 等 における 受 取 機 関 欄 の 確 認 方 法 7 指 示 依 頼 特 定 警 察 職 員 等 である 方 の 老 齢 基 礎 年 金

More information