保険商品を巡る課税上の諸問題

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "保険商品を巡る課税上の諸問題"

Transcription

1 保 険 商 品 を 巡 る 課 税 上 の 諸 問 題 - 支 払 保 険 料 の 損 金 性 の 問 題 を 中 心 に- 矢 田 公 一 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授

2 106 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 法 人 が その 役 員 使 用 人 の 福 利 厚 生 のため あるいは 事 故 発 生 時 の 経 営 面 での 打 撃 を 軽 減 するため それらの 者 を 被 保 険 者 として 保 険 契 約 を 締 結 す ることが 多 く 見 受 けられる それらの 保 険 のうち 保 険 期 間 が 長 期 に 及 ぶ 生 命 保 険 商 品 にあっては 保 険 期 間 中 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 の 下 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられることから その 性 質 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 するといわれている このような 性 質 を 有 する 保 険 契 約 に 係 る 支 払 保 険 料 の 法 人 税 法 上 の 取 扱 い については 3 種 類 の 基 本 的 な 保 険 商 品 について 法 人 税 基 本 通 達 において 明 らかにされているところである その 内 容 は 保 険 数 理 の 考 え 方 を 基 礎 に しながらも 実 務 における 簡 便 性 にも 配 慮 して 例 えば 定 期 保 険 ( 死 亡 保 険 金 のみ 支 払 われる 保 険 契 約 )は 満 期 保 険 金 ( 生 存 保 険 金 )の 支 払 がない ことから 原 則 として 支 払 保 険 料 全 額 の 損 金 算 入 を 認 めているところであり 養 老 保 険 ( 満 期 保 険 金 か 死 亡 保 険 金 のいずれかが 支 払 われる 保 険 契 約 )にお いて 満 期 保 険 金 受 取 人 が 当 該 法 人 死 亡 保 険 金 受 取 人 がその 役 員 使 用 人 の 遺 族 である 場 合 にあっては 支 払 保 険 料 のうち1/2を 資 産 計 上 し 残 額 1/ 2の 損 金 算 入 を 認 めている ところが 近 年 様 々な 保 険 商 品 が 発 売 され その 中 には その 支 払 保 険 料 について 基 本 通 達 の 取 扱 いをそのまま 適 用 した 場 合 には 課 税 上 の 弊 害 が 生 ずるものも 見 受 けられたところである 課 税 当 局 は こうした 保 険 商 品 につ いては その 都 度 個 別 通 達 を 発 遣 するなどして 対 応 してきたところである が 今 後 も 発 売 されるであろう 多 種 多 様 な 保 険 商 品 について これまでのよ うな 逐 次 の 個 別 的 対 応 を 行 うことには 限 界 があるものと 考 えられる また 基 本 通 達 に 取 扱 いを 明 らかにしている 保 険 商 品 であっても 新 たな 契 約 形 態 の ものが 発 売 されており 基 本 通 達 の 内 容 そのものについても 見 直 す 必 要 が 生 じている

3 107 このようなことから 現 行 の 基 本 通 達 の 取 扱 いのみでは もはや 保 険 料 の 損 金 性 の 判 断 基 準 として 十 分 な 機 能 を 果 たしていないとの 問 題 意 識 の 下 そ の 基 準 について 抜 本 的 な 見 直 しを 行 うべく 研 究 を 行 うこととしたい 2 研 究 の 概 要 (1) 現 行 取 扱 いの 問 題 点 イ 保 険 の 貯 蓄 性 と 保 険 料 の 損 金 性 基 本 通 達 においては 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 については その 保 険 契 約 が 必 ず 保 険 金 が 支 払 われるものでない いわゆる 掛 け 捨 てといわれる ものであることから 原 則 としてその 保 険 料 の 全 額 損 金 計 上 を 認 めてい る( 法 基 通 9-3-5) しかしながら 保 険 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 する ゆえに こうした 保 険 であっても 保 険 期 間 が 長 期 に 及 ぶものは 必 ず 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられ 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 した 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 財 源 となっている こうした 保 険 数 理 上 の 特 質 を 利 用 して これまで その 保 険 期 間 を 極 めて 長 期 とする あるいは 保 険 金 額 を 保 険 期 間 の 後 半 に 逓 増 させるな どの 特 異 な 商 品 設 計 を 行 うことにより 解 約 返 戻 金 が 相 当 多 額 に 生 ずる ような 保 険 商 品 が 開 発 販 売 されてきた 課 税 当 局 は そのような 保 険 商 品 については 課 税 上 の 弊 害 が 生 ずることから 個 別 に 通 達 を 発 遣 し 課 税 の 適 正 化 を 図 ってきたところである しかしながら その 対 応 は 課 税 当 局 にとって 保 険 会 社 の 商 品 開 発 販 売 の 状 況 次 第 での 逐 次 の 対 応 を 強 いられているといえ 基 本 通 達 の 取 扱 いがもはや 保 険 料 の 損 金 性 の 判 断 基 準 として 機 能 しているかどうか 疑 問 なしとしない また 現 行 の 基 本 通 達 が 必 然 的 に 保 険 金 支 出 が 生 ず るかどうかにより 保 険 料 の 取 扱 いを 定 めていることは こうした 保 険 の 特 質 や 昨 今 の 企 業 向 け 保 険 商 品 から 生 じている 課 税 上 の 弊 害 からみると 合 理 的 なものとはいえないと 考 える

4 108 ロ 実 務 上 の 簡 便 性 の 要 請 と 損 金 算 入 の 適 正 性 の 確 保 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 については 上 述 のとおり 満 期 保 険 金 受 取 人 が 当 該 法 人 死 亡 保 険 金 受 取 人 がその 役 員 使 用 人 の 遺 族 である 場 合 に あっては 1/2の 損 金 算 入 を 認 めることとしている( 法 基 通 9-3-4) しかしながら 試 算 によれば こうした 保 険 への 加 入 例 が 多 いとみら れる 中 高 年 層 の 者 を 被 保 険 者 とする 養 老 保 険 では 支 払 保 険 料 中 満 期 保 険 金 に 充 てられる 部 分 は 70%から 80% 程 度 であり 現 行 の 取 扱 いは 実 務 上 の 簡 便 性 を 優 先 した 取 扱 いであると 言 わざるを 得 ず 保 険 数 理 の 観 点 からは 必 ずしも 合 理 的 なものではない また 近 年 現 行 の 基 本 通 達 に 定 めのない 満 期 保 険 金 の 受 取 人 を 被 保 険 者 ( 役 員 使 用 人 )とし 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 を 当 該 法 人 とする 逆 パターン と 称 される 養 老 保 険 が 発 売 され 生 保 各 社 は 全 額 損 金 プラ ンとして 販 売 を 行 っている これについては 一 般 的 な 被 保 険 者 の 年 齢 を 前 提 とすれば 死 亡 という 保 険 事 故 が 生 ずる 確 率 は 満 期 保 険 金 の 支 払 が 生 ずる 確 率 に 比 して 低 いものであり このような 保 険 は 専 ら 満 期 保 険 金 の 供 与 を 目 的 としていると 言 わざるを 得 ないものである したがっ て 保 険 料 の2 分 の1について 給 与 課 税 がなされるとしても その 全 額 が 損 金 算 入 されるとの 取 扱 いには その 妥 当 性 に 疑 問 が 生 ずるところで あるが 現 行 の 基 本 通 達 では 養 老 保 険 について 保 険 金 受 取 人 が 異 なる ケースとしては 満 期 保 険 金 の 受 取 人 を 当 該 法 人 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 を 被 保 険 者 である 役 員 使 用 人 の 遺 族 とする 場 合 の 保 険 料 の 取 扱 い( 法 基 通 9-3-4(3))を 定 めているのみであることからすると 現 行 の 基 本 通 達 の 基 本 的 な 考 え 方 では 対 応 できないものであるとも 考 えられる ハ 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 の 権 利 関 係 基 本 通 達 は 法 人 が 支 出 した 保 険 料 について 保 険 金 受 取 人 が 誰 であ るかによってその 取 扱 いを 定 めている しかしながら 保 険 契 約 の 当 事 者 は 保 険 者 ( 保 険 会 社 )と 保 険 契 約 者 であり 契 約 の 関 係 者 にすぎない 保 険 金 受 取 人 の 有 する 保 険 金 請 求 権 は 保 険 事 故 が 発 生 してはじめて 具 体

5 109 的 な 債 権 となるものであって 保 険 期 間 の 中 途 で 保 険 契 約 が 解 約 された 場 合 にはその 地 位 を 失 うこととなる これまで 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ず るとして 問 題 となった 保 険 商 品 においても 保 険 期 間 中 の 保 険 契 約 者 の 解 約 権 の 行 使 によって 保 険 契 約 者 が 取 得 する 解 約 返 戻 金 が 問 題 となって いるものである したがって 現 行 通 達 が 保 険 契 約 者 の 有 する 権 利 の 内 容 を 斟 酌 せず 保 険 金 受 取 人 が 誰 であるかによって 保 険 料 の 全 額 につき 一 律 にその 取 扱 いを 定 めることは こうした 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 関 係 者 の 権 利 関 係 からは 合 理 的 なものといえないと 考 える ニ 小 括 現 行 の 基 本 通 達 の 取 扱 いは 通 達 発 遣 時 に 発 売 されていた 保 険 商 品 が 基 本 的 なものに 限 られていたことを 考 慮 すれば 上 述 のような 保 険 数 理 や 保 険 法 の 観 点 からやや 合 理 性 に 欠 けるものであったとしても 実 務 上 の 簡 便 性 を 考 慮 すれば 相 当 なものであったと 評 価 することができる しかしながら 今 後 の 保 険 商 品 の 多 様 化 や 最 近 において 見 受 けられた 保 険 商 品 に 係 る 課 税 上 の 弊 害 への 対 応 を 考 えれば 上 述 のような 現 行 通 達 の 問 題 点 を 踏 まえた 新 たな 基 準 を 考 察 していく 必 要 がある (2) 保 険 数 理 に 着 目 した 新 たな 取 扱 いの 模 索 イ 保 険 料 の 仕 組 みに 着 目 した 検 討 生 命 保 険 の 保 険 料 は 保 険 金 の 支 出 に 当 てられる 純 保 険 料 と 保 険 会 社 の 事 務 費 に 充 てられる 付 加 保 険 料 に 大 別 でき 両 者 を 合 計 したものを 営 業 保 険 料 といい 保 険 契 約 者 が 支 払 う 保 険 料 の 額 となっている 更 に 純 保 険 料 は 死 亡 保 険 金 の 支 出 に 充 てる 部 分 の 金 額 と 生 存 保 険 金 ( 満 期 保 険 金 )の 支 出 に 充 てられる 部 分 の 金 額 に 区 分 され 前 者 のうち 直 近 1 年 間 の 保 険 金 支 出 に 当 てられる 部 分 の 金 額 を 除 いた 金 額 と 後 者 の 金 額 の 合 計 額 が 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )として 積 み 立 てられることとなる そして 責 任 準 備 金 に 積 み 立 てられる 部 分 の 金 額 は 保 険 期 間 後 半 の 保 険 料 に 充 てられるものであることや 保 険 契 約 者 が 解 約 権 の 行 使 により

6 110 解 約 返 戻 金 として 受 領 することが 可 能 であることから 前 払 金 ( 預 け 金 ) としての 性 格 を 有 するものと 考 えられる したがって こうした 保 険 料 の 構 造 からすれば 保 険 料 中 で 損 金 性 を 有 すると 考 えられる 部 分 は 保 険 契 約 者 が 毎 期 支 払 う 保 険 料 のうち 付 加 保 険 料 部 分 の 金 額 と 死 亡 保 険 金 に 充 てられる 部 分 の 金 額 のうち 直 近 1 年 間 の 保 険 金 支 出 に 当 てられる 部 分 の 金 額 であると 指 摘 することができる しかしながら 保 険 数 理 上 は 上 述 した 保 険 料 の 区 分 ごとに 計 算 が 行 わ れるものの それは 一 部 の 保 険 商 品 を 除 いては 保 険 契 約 者 が 知 り 得 ない ものであり 実 際 の 保 険 商 品 の 保 険 料 の 仕 組 みに 着 目 した 取 扱 いは 理 論 的 ではあるが 実 務 上 は 困 難 であるといわざるを 得 ない ロ 解 約 返 戻 金 に 着 目 した 検 討 これまで 課 税 上 問 題 視 され 個 別 通 達 の 発 遣 により 対 応 してきた 保 険 商 品 は 保 険 の 貯 蓄 性 に 基 因 するものがほとんどである したがって 保 険 契 約 の 貯 蓄 の 面 に 着 目 した 取 扱 いを 考 察 することも 有 益 であると 考 え る 保 険 契 約 者 は 保 険 期 間 中 はいつでも 任 意 に 解 約 権 を 行 使 することが できることとされており その 際 には 保 険 料 から 積 み 立 てられた 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 解 約 返 戻 金 として 保 険 契 約 者 に 支 払 われるこ ととなっている また 解 約 返 戻 金 は その 金 額 又 は 計 算 式 ( 例 表 )が 保 険 証 書 等 に 明 示 され 保 険 契 約 上 保 険 会 社 と 保 険 契 約 者 との 間 で 契 約 時 に 約 定 されたものであると 解 されている このような 解 約 返 戻 金 の 性 質 からすれば 保 険 契 約 者 が 支 出 した 保 険 料 のうち 解 約 返 戻 金 相 当 額 を 構 成 する 部 分 の 金 額 は 資 産 性 ( 貯 蓄 性 ) を 有 するものであることから 支 出 した 保 険 料 の 全 額 を 単 純 損 金 とする ような 取 扱 いは 相 当 ではないと 考 えることができる したがって 保 険 契 約 者 が 支 払 った 保 険 料 を 損 金 算 入 する 一 方 で 解 約 返 戻 金 の 額 を 益 金 算 入 する 取 扱 いが 保 険 数 理 の 考 え 方 を 踏 まえた 妥 当 な 取 扱 いとなると 考 える

7 111 しかしながら 解 約 返 戻 金 の 原 資 となる 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )に は 積 み 立 てられた 保 険 料 を 予 定 利 率 により 運 用 した 運 用 益 も 含 まれて おり 未 実 現 利 益 の 益 金 算 入 となるという 検 討 課 題 が 存 することから 法 的 な 手 当 てが 必 要 であり その 場 合 には 他 の 金 融 商 品 を 含 めた 幅 広 い 検 討 を 要 するため 直 ちには 解 決 策 とはなり 得 ないという 問 題 が 存 する (3) 自 然 保 険 料 を 基 礎 とした 新 たな 取 扱 いの 提 言 上 記 (2)の 保 険 料 の 仕 組 みに 着 目 した 考 え 方 及 び 解 約 返 戻 金 に 着 目 し た 考 え 方 は それぞれ 理 論 的 には 妥 当 なものでありながら 実 務 上 の 困 難 さ があるとするならば その 基 本 的 な 保 険 数 理 の 考 え 方 に 沿 ったものとして 自 然 保 険 料 を 基 礎 とした 新 たな 取 扱 いを 検 討 することとする 保 険 期 間 が 長 期 にわたる 場 合 には 通 常 その 保 険 期 間 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 が 採 用 されている これに 対 し 保 険 期 間 1 年 の 死 亡 保 険 の 保 険 料 を 自 然 保 険 料 という 現 在 ほとんどの 保 険 は 平 準 保 険 料 を 採 用 しているのであるが 自 然 保 険 料 との 関 係 をみると その 保 険 期 間 の 前 半 に 当 該 期 間 の 後 半 において 死 亡 率 の 上 昇 により 必 要 となる 自 然 保 険 料 に 充 てるために 自 然 保 険 料 を 上 回 る 金 額 をいわば 前 払 的 に 収 受 し その 金 額 を 平 準 化 しているものであ る(さらに 生 死 混 合 保 険 であれば 満 期 保 険 金 に 充 てるための 保 険 料 も 併 せ て 収 受 している ) イ 自 然 保 険 料 の 特 質 と 損 金 性 自 然 保 険 料 は 保 険 期 間 1 年 の 死 亡 保 険 に 係 る 保 険 料 であることから 保 険 商 品 ごとの 保 険 期 間 の 長 短 や 保 険 期 間 中 の 保 険 金 額 の 増 減 の 有 無 に かかわらず 被 保 険 者 の 年 齢 とその 保 険 商 品 の 予 定 利 率 のみによって 算 出 される そして いかなる 保 険 商 品 であっても 自 然 保 険 料 はその 保 険 料 算 出 のベースともいえるものであり かつ 保 険 期 間 が1 年 であるた めに 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられないものであることか ら その 保 険 料 は 単 純 な 損 金 としての 性 格 が 認 められると 考 える そして 自 然 保 険 料 は 被 保 険 者 の 年 齢 とその 保 険 商 品 の 予 定 利 率 の

8 112 みによって 算 出 されることから その 金 額 は 明 瞭 に かつ 容 易 に 算 出 されるものであることから 執 行 上 も 損 金 の 判 断 基 準 として 簡 便 であり また 今 後 の 多 様 化 するであろう 保 険 商 品 に 対 する 判 断 基 準 として 汎 用 性 を 有 するものであると 考 える ロ 付 加 保 険 料 の 取 扱 い 付 加 保 険 料 は 保 険 会 社 の 事 務 費 相 当 分 であり 一 般 に 新 契 約 費 維 持 費 及 び 集 金 費 からなり 予 定 事 業 比 率 により 計 算 される これらは 保 険 契 約 の 成 立 維 持 に 必 要 な 費 用 であり 保 険 契 約 者 においては 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 算 入 すべきものである しかしながら 一 部 の 保 険 商 品 を 除 いては その 額 が 公 表 されていないため 上 記 の 検 討 のとお り 保 険 料 の 額 を 区 分 し 自 然 保 険 料 のみを 損 金 算 入 することとなれば 付 加 保 険 料 をどのように 取 り 扱 うかが 問 題 となる これについては 付 加 保 険 料 の 額 が 明 示 された 保 険 契 約 にあってはそ の 額 を 損 金 に 算 入 することとし 明 らかでない 場 合 には 便 宜 的 に 保 険 料 の 一 定 割 合 ( 養 老 契 約 にあっては 10% 程 度 定 期 保 険 契 約 にあっては 20% 程 度 )を 付 加 保 険 料 の 額 とみなして 損 金 算 入 することが 考 えられる ハ 小 括 上 記 の 検 討 のとおり 保 険 契 約 者 である 法 人 が 支 出 した 保 険 料 につい ては その 保 険 料 中 自 然 保 険 料 相 当 額 を 損 金 の 額 に 算 入 することとし 付 加 保 険 料 を 除 き 平 準 保 険 料 のうち 保 険 期 間 の 前 半 において 自 然 保 険 料 を 上 回 る 部 分 については 損 金 算 入 を 認 めない( 前 払 い 部 分 として 支 出 時 に 資 産 計 上 し 自 然 保 険 料 の 上 昇 に 合 わせて 損 金 算 入 )こととするこ とが 相 当 と 考 える なお 上 記 (2)ロで 述 べた 純 保 険 料 のうち 死 亡 保 険 金 に 充 てられる 部 分 の 金 額 の 保 険 期 間 中 の 合 計 額 と 自 然 保 険 料 の 保 険 期 間 中 の 合 計 額 は 予 定 利 率 による 運 用 益 に 相 当 する 部 分 の 額 が 一 致 しないこととなり 特 に 死 亡 保 険 では 保 険 期 間 の 末 期 において 後 者 が 前 者 を 上 回 ることとな る これについては 保 険 料 の 支 払 総 額 を 上 限 とした 損 金 算 入 額 を 設 け

9 113 ることにより 対 応 するものと 考 える (4) 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 の 権 利 関 係 に 着 目 した 取 扱 いの 提 言 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 の 当 事 者 として 保 険 料 支 払 義 務 を 有 するととも に その 権 利 として 変 更 権 や 解 約 権 を 有 しており 他 方 保 険 金 受 取 人 の 有 する 保 険 金 請 求 権 はいわゆる 期 待 権 にとどまるものであり 保 険 契 約 者 の 有 する 権 利 の 下 ではその 権 利 は 極 めて 不 安 定 かつ 脆 弱 なものといえる このような 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 の 権 利 関 係 に 着 目 すれば まず 自 然 保 険 料 のみ 損 金 性 を 有 するものとして 取 り 扱 うこととし 当 該 自 然 保 険 料 が 保 険 金 受 取 人 への 経 済 的 利 益 の 供 与 と 認 められる 場 合 には 当 該 自 然 保 険 料 相 当 額 についてのみ 給 与 課 税 を 行 うことが 相 当 であると 考 える また 法 的 手 当 てを 前 提 に 解 約 返 戻 金 の 資 産 計 上 を 求 める 取 扱 いを 採 用 した 場 合 にあっては 支 払 った 保 険 料 とその 時 に 見 積 もられる 解 約 返 戻 金 の 金 額 との 差 額 のみが 損 金 性 を 有 しそれが 保 険 金 受 取 人 への 経 済 的 利 益 の 供 与 と 認 められるときには 当 該 差 額 の 金 額 について 給 与 課 税 を 行 うこ ととなる いずれにしても 保 険 契 約 者 が 有 する 保 険 契 約 の 解 約 権 等 を 踏 まえれば 現 行 の 取 扱 いが それが 保 険 金 受 取 人 への 経 済 的 利 益 の 供 与 と 認 められる 場 合 に 保 険 料 の 全 額 について 給 与 課 税 を 行 うとする 取 扱 いは 改 めるべきも のと 考 える 3 結 論 上 記 検 討 のとおり 法 人 が 保 険 契 約 者 となる 保 険 契 約 の 保 険 料 については 現 行 の 取 り 扱 いを 改 め 自 然 保 険 料 相 当 額 と 付 加 保 険 料 の 合 計 額 を 損 金 の 額 に 算 入 する 取 扱 いとすべきと 考 える なお その 場 合 であっても 保 険 期 間 が 短 期 であって かつ 満 期 保 険 金 の 支 払 がない 保 険 契 約 に 係 る 保 険 料 にあっては 実 務 上 の 簡 便 性 にも 配 慮 し 現 行 取 扱 いの 原 則 損 金 算 入 を 認 めることが 相 当 であると 考 える また 保 険 契 約 者 が 有 する 保 険 契 約 の 解 約 権 等 を 踏 まえれば 現 行 の 取 扱

10 114 いが それが 保 険 金 受 取 人 への 経 済 的 利 益 の 供 与 と 認 められる 場 合 に 保 険 料 の 全 額 について 給 与 課 税 を 行 うとする 取 扱 いは 改 めるべきである

11 115 目 次 はじめに 117 第 1 章 保 険 商 品 の 支 払 保 険 料 を 巡 るこれまでの 議 論 と 変 わらぬ 課 題 119 第 1 節 法 人 税 基 本 通 達 における 取 扱 い 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 法 人 税 基 本 通 達 における 考 え 方 (まとめ) 122 第 2 節 個 別 の 保 険 商 品 への 対 応 ( 個 別 通 達 の 発 遣 等 ) 個 別 通 達 の 概 要 等 最 近 における 個 別 商 品 への 対 応 の 状 況 127 第 3 節 支 払 保 険 料 の 損 金 性 を 巡 る 課 題 保 険 の 貯 蓄 性 と 保 険 料 の 損 金 性 実 務 上 の 簡 便 性 の 要 請 と 損 金 算 入 の 適 正 性 の 確 保 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 の 権 利 関 係 小 括 133 第 2 章 保 険 料 の 仕 組 みと 生 命 保 険 会 計 134 第 1 節 保 険 料 の 仕 組 み 保 険 料 の 構 造 純 保 険 料 付 加 保 険 料 自 然 保 険 料 と 平 準 保 険 料 契 約 者 配 当 139 第 2 節 生 命 保 険 会 計 生 命 保 険 会 計 とは 保 険 料 収 入 と 責 任 準 備 金 責 任 準 備 金 の 意 義 140

12 116 4 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )の 積 立 方 法 143 第 3 章 生 命 保 険 契 約 を 巡 る 法 律 関 係 145 第 1 節 生 命 保 険 契 約 に 係 る 権 利 義 務 保 険 者 保 険 契 約 者 被 保 険 者 保 険 金 受 取 人 150 第 2 節 保 険 契 約 者 の 有 する 権 利 と 保 険 金 受 取 人 の 地 位 生 命 保 険 契 約 の 解 除 等 と 積 立 金 の 払 戻 し 解 約 権 と 解 約 返 戻 金 請 求 権 解 約 返 戻 金 の 内 容 責 任 準 備 金 に 対 する 保 険 契 約 者 の 権 利 とその 財 産 的 性 格 156 第 4 章 新 たな 取 扱 いの 検 討 158 第 1 節 保 険 数 理 に 着 目 した 新 たな 取 扱 いの 模 索 保 険 料 の 仕 組 みに 着 目 した 取 扱 いの 検 討 解 約 返 戻 金 に 着 目 した 取 扱 いの 検 討 161 第 2 節 自 然 保 険 料 を 基 礎 とした 取 扱 いの 提 言 自 然 保 険 料 の 損 金 算 入 の 可 否 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 の 権 利 関 係 に 着 目 した 取 扱 いの 提 言 169 結 びに 代 えて 171

13 117 はじめに 法 人 が その 役 員 使 用 人 の 福 利 厚 生 のため あるいは 事 故 発 生 時 の 経 営 面 での 打 撃 を 軽 減 するため それらの 者 を 被 保 険 者 として 保 険 契 約 を 締 結 するこ とが 多 く 見 受 けられる それらの 保 険 のうち 保 険 期 間 が 長 期 に 及 ぶ 生 命 保 険 商 品 にあっては 保 険 期 間 中 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 の 下 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられることから その 性 質 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 するといわれている このような 性 質 を 有 する 保 険 契 約 に 係 る 支 払 保 険 料 の 法 人 税 法 上 の 取 扱 いに ついては 3 種 類 の 基 本 的 な 保 険 商 品 について 法 人 税 基 本 通 達 において 明 ら かにされているところである その 内 容 は 保 険 数 理 の 考 え 方 を 基 礎 にしなが らも 実 務 における 簡 便 性 にも 配 慮 して 例 えば 定 期 保 険 ( 死 亡 保 険 金 のみ 支 払 われる 保 険 契 約 )は 満 期 保 険 金 ( 生 存 保 険 金 )の 支 払 がないことから 原 則 として 支 払 保 険 料 全 額 の 損 金 算 入 を 認 めているところであり 養 老 保 険 ( 満 期 保 険 金 か 死 亡 保 険 金 のいずれかが 支 払 われる 保 険 契 約 )において 満 期 保 険 金 受 取 人 が 当 該 法 人 死 亡 保 険 金 受 取 人 がその 役 員 使 用 人 の 遺 族 である 場 合 に あっては 支 払 保 険 料 のうち1/2を 資 産 計 上 し 残 額 1/2の 損 金 算 入 を 認 め ている ところが 近 年 様 々な 保 険 商 品 が 発 売 され その 中 には 満 期 保 険 金 のな い 定 期 保 険 であっても 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 すると 相 当 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずるものなど その 支 払 保 険 料 について 基 本 通 達 の 取 扱 いをそのまま 適 用 した 場 合 には 課 税 上 の 弊 害 が 生 ずるものも 見 受 けられたところである 課 税 当 局 は こうした 保 険 商 品 については その 都 度 個 別 通 達 を 発 遣 するなどして 対 応 し てきたところであるが 今 後 も 発 売 されるであろう 多 種 多 様 な 保 険 商 品 につい て これまでのような 逐 次 の 個 別 的 対 応 を 行 うことには 限 界 があるものと 考 え られる また 基 本 通 達 に 取 扱 いを 明 らかにしている 保 険 商 品 であっても 新 た な 契 約 形 態 のものが 発 売 されており 基 本 通 達 の 内 容 そのものについても 見 直 す 必 要 が 生 じている

14 118 このようなことから 現 行 の 基 本 通 達 の 取 扱 いのみでは もはや 保 険 料 の 損 金 性 の 判 断 基 準 として 十 分 な 機 能 を 果 たしていないとの 問 題 意 識 の 下 その 基 準 について 抜 本 的 な 見 直 しを 行 うべく 研 究 を 行 うこととしたい

15 119 第 1 章 保 険 商 品 の 支 払 保 険 料 を 巡 るこれまでの 議 論 と 変 わらぬ 課 題 第 1 節 法 人 税 基 本 通 達 における 取 扱 い 法 人 を 契 約 者 とし 役 員 又 は 使 用 人 を 被 保 険 者 とする 生 命 保 険 契 約 の 保 険 料 の 取 扱 いについては 昭 和 55 年 の 法 人 税 基 本 通 達 ( 以 下 法 基 通 という ) の 改 正 (1) によりその 取 扱 いが 明 らかにされている すなわち 生 命 保 険 契 約 が 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 持 つことから 支 払 保 険 料 と 死 亡 保 険 金 満 期 保 険 金 等 の 給 付 との 関 係 に 着 目 し 保 険 金 取 人 が 当 該 法 人 と 使 用 人 等 のいずれであるか により 保 険 料 を 資 産 計 上 する 部 分 と 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する 部 分 に 区 分 するとともに 更 に 後 者 の 場 合 においてそれが 使 用 人 等 に 対 する 経 済 的 利 益 の 供 与 と 認 められる 場 合 には 給 与 として 取 扱 うこととしている 1 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 (1) 概 要 養 老 保 険 とは 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 には 死 亡 保 険 金 が 保 険 期 間 満 了 時 に 被 保 険 者 が 生 存 している 場 合 には 満 期 保 険 金 が 支 払 われる 生 命 保 険 ( 生 死 混 合 保 険 )をいう 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 については 法 基 通 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 により 保 険 金 受 取 人 の 区 分 に 応 じて 次 のとおり とされている 1 死 亡 保 険 金 及 び 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 保 険 事 故 の 発 生 又 は 保 険 契 約 の 解 除 若 しくは 失 効 に より 当 該 保 険 契 約 が 終 了 するときまでは 資 産 に 計 上 するものとする 2 死 亡 保 険 金 及 び 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 又 はその 遺 族 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 とす (1) 昭 和 55 年 直 法 2-15( 例 規 ) 法 人 税 基 本 通 達 等 の 一 部 改 正 について

16 120 る 3 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 で 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 のうち 2 分 の1に 相 当 する 金 額 は1により 資 産 に 計 上 し 残 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する ただし 役 員 又 は 部 課 長 その 他 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む )のみを 被 保 険 者 としている 場 合 には 当 該 残 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 とする (2) 取 扱 いの 考 え 方 本 通 達 の 考 え 方 は 生 死 混 合 保 険 である 養 老 保 険 に 死 亡 時 の 死 亡 保 険 金 による 保 障 と 満 期 時 の 満 期 保 険 金 の 給 付 の 二 面 性 があることに 着 目 し 保 険 金 受 取 人 が 誰 であるかによってその 取 扱 いが 異 なることとしている そ して その 貯 蓄 性 から 死 亡 保 険 金 及 び 生 存 保 険 金 の 両 方 の 受 取 人 が 法 人 の 場 合 には 支 払 保 険 料 の 全 額 について 資 産 計 上 が 求 められ 被 保 険 者 又 はそ の 遺 族 である 場 合 には 給 与 として 取 り 扱 うこととしている また 3の 場 合 には 法 人 が 受 取 人 となっている 生 存 保 険 金 に 係 る 積 立 保 険 料 部 分 は 当 該 法 人 において 資 産 計 上 し 被 保 険 者 の 遺 族 が 受 取 人 となっている 死 亡 保 険 金 に 係 る 危 険 保 険 料 部 分 は 原 則 として 一 種 の 福 利 厚 生 費 として 損 金 に 算 入 することとしている この 場 合 の 2 分 の 1 の 考 え 方 は 法 人 が 一 般 に 45 歳 以 上 の 役 員 等 を 対 象 に 養 老 保 険 に 加 入 する 例 が 多 いとみられるところ このような 年 齢 層 を 被 保 険 者 とする 典 型 的 な 養 老 保 険 においては 危 険 保 険 料 と 積 立 保 険 料 の 割 合 がほぼ 同 額 になるとみられるためと 説 明 されてい る (2) 2 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 (1) 概 要 定 期 保 険 とは 保 険 期 間 内 に 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 にのみ 保 険 金 が 支 (2) 窪 田 ほか 編 著 法 人 税 基 本 通 達 逐 条 解 説 ( 五 訂 版 ) 807 頁 ( 税 務 研 究 会 出 版 局 平 20)

17 121 払 われる 生 命 保 険 ( 死 亡 保 険 )をいう 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 については 法 基 通 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 により 次 のようにその 取 扱 いが 定 められている 1 死 亡 保 険 企 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する 2 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する ただし 役 員 又 は 部 課 長 その 他 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む )のみを 被 保 険 者 としている 場 合 には 当 該 金 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 と する (2) 取 扱 いの 考 え 方 本 通 達 の 考 え 方 として 定 期 保 険 は 一 定 期 間 内 に 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 のみ 保 険 金 が 支 払 われる 死 亡 保 険 であり 養 老 保 険 のように 満 期 保 険 金 がないことからその 保 険 料 には 貯 蓄 性 がないので 1の 場 合 には 一 種 の 金 融 費 用 的 なものとして 2の 場 合 には 一 種 の 福 利 厚 生 費 として 考 え 損 金 の 額 に 算 入 することと 説 明 されている (3) 3 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 (1) 概 要 定 期 付 養 老 保 険 とは 養 老 保 険 に 定 期 保 険 を 付 したものをいう 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 については 法 基 通 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 により 次 のようにその 取 扱 いが 定 められている 1 保 険 料 の 額 が 生 命 保 険 証 書 等 において 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 の 額 と 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 の 額 とに 区 分 されている 場 合 それぞれの 保 険 料 の 額 について 養 老 保 険 又 は 定 期 保 険 の 取 扱 いの 例 による 2 1 以 外 の 場 合 その 保 険 料 の 額 について 養 老 保 険 の 例 による (3) 窪 田 ほか 前 掲 注 (2)809 頁

18 122 (2) 取 扱 いの 考 え 方 定 期 付 養 老 保 険 の 保 険 料 については 養 老 保 険 + 定 期 保 険 という 商 品 の 特 質 から その 保 険 料 が 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 と 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 と に 明 確 に 区 分 されている 場 合 には それぞれの 保 険 料 について 法 基 通 又 は に 定 める 養 老 保 険 又 は 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 の 取 扱 いに よることが 合 理 的 であり それらが 区 分 されていない 場 合 にはその 保 険 料 の 全 額 について 法 基 通 に 定 める 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 の 取 扱 いによ ることとされているのである (4) 4 法 人 税 基 本 通 達 における 考 え 方 (まとめ) 上 述 のとおり 法 人 税 基 本 通 達 においては 養 老 保 険 定 期 保 険 及 び 定 期 付 養 老 保 険 の3 種 類 の 基 本 的 な 保 険 商 品 に 係 る 保 険 料 の 取 扱 いについて 明 らかにしている その 考 え 方 は まず その 生 命 保 険 契 約 から 生 ずる 保 険 金 が 死 亡 保 険 金 であるのか 生 存 保 険 金 であるのかにより 区 分 し 前 者 に 充 てら れる 保 険 料 については 掛 け 捨 て 部 分 であることから 貯 蓄 性 がないものとし 後 者 に 充 てられる 保 険 料 については 満 期 まで 積 み 立 てられることから 貯 蓄 性 があるものとして 取 り 扱 うこととしているのである そして 更 に 保 険 金 受 取 人 が 法 人 であるか 被 保 険 者 たる 役 員 又 は 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む )であるかにの 別 により 貯 蓄 性 がない 保 険 料 については 単 純 損 金 か 被 保 険 者 に 対 する 給 与 に 貯 蓄 性 がある 保 険 料 については 法 人 の 資 産 に 計 上 する か 被 保 険 者 に 対 する 給 与 としているのである 第 2 節 個 別 の 保 険 商 品 への 対 応 ( 個 別 通 達 の 発 遣 等 ) 前 述 のとおり 法 人 を 契 約 者 とし 役 員 又 は 使 用 人 を 被 保 険 者 とする 生 命 保 険 契 約 の 保 険 料 の 取 扱 いについては 法 人 税 基 本 通 達 によりその 取 扱 いが 明 らか (4) 窪 田 ほか 前 掲 注 (2)813 頁

19 123 にされているのであるが その 内 容 は 基 本 的 な 保 険 商 品 の 取 扱 いのみを 定 めて いるにすぎない このため その 後 発 売 された 新 種 の 保 険 商 品 の 中 には 法 人 税 基 本 通 達 の 取 扱 いをそのまま 適 用 すると 課 税 上 の 弊 害 の 生 ずるものがあり 国 税 庁 ではこれの 保 険 商 品 については 個 別 の 長 官 通 達 を 発 遺 してその 取 扱 いを 定 めている 本 節 では まず そうした 個 別 通 達 について 主 要 なものの 概 要 を 記 すととも に 最 近 において 課 税 当 局 がとってきた 個 別 商 品 への 対 応 を 述 べることとする 1 個 別 通 達 の 概 要 等 (1) 長 期 平 準 定 期 保 険 及 び 逓 増 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 ( 昭 62 直 法 2-2 法 人 が 支 払 う 長 期 平 準 定 期 保 険 等 の 保 険 料 の 取 扱 いについて ) 長 期 平 準 定 期 保 険 は 保 険 期 間 が 極 めて 長 期 にわたる 定 期 保 険 であり ま た 逓 増 定 期 保 険 は 保 険 期 間 中 に 保 険 金 額 が 逓 増 する 定 期 保 険 であるが いずれの 定 期 保 険 も 各 年 の 保 険 料 が 平 準 化 されており 当 該 保 険 期 間 の 前 半 において 支 払 う 保 険 料 の 中 に 相 当 多 額 の 前 払 保 険 料 が 含 まれているため 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 した 場 合 には 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずることとなる このため 法 基 通 の 定 期 保 険 の 通 達 をそのまま 適 用 するのは 適 当 で ないことから 次 のように 取 り 扱 うこととされている イ 長 期 平 準 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 長 期 平 準 定 期 保 険 とは 保 険 期 間 満 了 時 の 被 保 険 者 の 年 齢 が 70 歳 を 超 え かつ 保 険 加 入 時 の 被 保 険 者 の 年 齢 に 保 険 期 聞 の2 倍 に 相 当 する 数 を 加 えた 数 が 105 を 超 える 保 険 契 約 をいう 1 保 険 期 間 の6 割 相 当 期 間 を 経 過 するまでの 期 間 にあっては 各 年 の 支 払 保 険 料 の2 分 の1 相 当 額 を 前 払 金 等 として 資 産 に 計 上 し 残 額 の 2 分 の1 相 当 額 を 一 般 の 定 期 保 険 の 保 険 料 の 取 扱 いの 例 により 損 金 の 額 に 算 入 する 2 保 険 期 間 の6 割 相 当 期 間 を 経 過 した 後 の 期 間 にあっては 各 年 の 支 払 保 険 料 の 額 を 一 般 の 定 期 保 険 の 保 険 料 の 取 扱 いの 例 により 損 金 の 額

20 124 に 算 入 するとともに 1により 資 産 に 計 上 した 前 払 金 の 累 積 額 をその 期 題 の 経 過 に 応 じ 取 り 崩 して 損 金 の 額 に 算 入 する ロ 逓 増 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 逓 増 定 期 保 険 とは 保 険 期 間 の 経 過 により 保 険 金 額 が5 倍 までの 範 囲 で 増 加 する 定 期 保 険 のうち その 保 険 期 間 満 了 時 の 被 保 険 者 の 年 齢 が 45 歳 を 越 えるものをいう 1 保 険 期 間 の6 割 相 当 期 間 を 経 過 するまでの 期 間 にあっては 各 年 の 支 払 保 険 料 につき 次 の 区 分 に 従 いそれぞれ 次 に 掲 げる 金 額 を 前 払 金 等 として 資 産 に 計 上 し 残 額 を 一 般 の 定 期 保 険 の 例 により 損 金 の 額 に 算 入 する ⅰ) 保 険 期 間 満 了 の 時 における 被 保 険 者 の 年 齢 が 45 歳 を 超 えるもの (ⅱ 又 はⅲに 該 当 するものを 除 く ) 支 払 保 険 料 の2 分 の1に 相 当 する 金 額 ⅱ) 保 険 期 間 満 了 の 時 における 被 保 険 者 の 年 齢 が 70 歳 を 超 え かつ 当 該 保 険 に 加 入 した 時 における 被 保 険 者 の 年 齢 に 保 険 期 間 の2 倍 に 相 当 する 数 を 加 えた 数 が 95 を 超 えるもの(ⅲに 該 当 するものを 除 く ) 支 払 保 険 料 の3 分 の2に 相 当 する 金 額 ⅲ) 保 険 期 間 満 了 の 時 における 被 保 険 者 の 年 齢 が 80 歳 を 超 え かつ 当 該 保 険 に 加 入 した 時 における 被 保 険 者 の 年 齢 に 保 険 期 間 の2 倍 に 相 当 する 数 を 加 えた 数 が 120 を 超 えるもの 支 払 保 険 料 の4 分 の3に 相 当 する 金 額 2 保 険 期 間 の6 割 相 当 期 間 を 経 過 した 後 の 期 間 にあっては 各 年 の 支 払 保 険 料 の 額 を 一 般 の 定 期 保 険 の 保 険 料 の 取 扱 いの 例 により 損 金 の 額 に 算 入 するとともに 1により 資 産 に 計 上 した 前 払 金 の 累 積 額 をその 期 題 の 経 過 に 応 じ 取 り 崩 して 損 金 の 額 に 算 入 する (2) 介 護 費 用 保 険 に 係 る 保 険 料 ( 平 元 直 審 4-25 ほか 法 人 又 は 個 人 事 業 主 が 支 払 う 介 護 費 用 保 険 の 保 険 料 の 取 扱 いについて ) 介 護 費 用 保 険 とは 被 保 険 者 が 寝 たきり 又 は 痴 ほうにより 介 護 が 必 要 な

21 125 状 態 になったときに 保 険 事 故 が 生 じたとして 保 険 金 が 支 払 われるものであ る 介 護 費 用 保 険 は 保 険 期 間 が 終 身 であって 保 険 事 故 の 多 くが 被 保 険 者 が 高 齢 になってから 発 生 するにもかかわらず 各 年 の 支 払 保 険 料 が 毎 年 平 準 化 されているため 60 歳 ころまでに 中 途 解 約 又 は 失 効 した 場 合 には 相 当 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずる このため 支 払 保 険 料 を 単 に 支 払 の 対 象 となる 期 間 の 経 過 により 損 金 の 額 に 算 入 するのは 適 当 でない 介 護 費 用 保 険 に 係 る 保 険 料 の 取 扱 いについ ては 次 によることとされている 1 保 険 料 を 年 払 又 は 月 払 する 場 合 支 払 の 対 象 となる 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 することとするが 保 険 料 払 込 期 間 のうち 彼 保 険 者 が 60 歳 に 達 するまでの 支 払 分 については その 50% 相 当 額 を 前 払 費 用 等 として 資 産 に 計 上 し 被 保 険 者 が 60 歳 に 達 した 場 合 には 当 該 資 産 に 計 上 した 前 仏 費 用 等 の 累 積 額 を 60 歳 以 後 の 15 年 で 期 間 の 経 過 により 損 金 の 額 に 算 入 する 2 保 険 料 を 一 時 払 する 場 合 保 険 料 払 込 期 間 を 加 入 時 か 75 歳 に 達 す るまでと 仮 定 し その 期 間 の 経 過 に 応 じて 期 間 経 過 分 の 保 険 料 につき 1により 取 り 扱 う 本 通 達 において 支 払 保 険 料 のうち 資 産 計 上 割 合 を 50% 相 当 額 としたの は 60 歳 における 解 約 返 戻 金 の 支 払 保 険 料 の 累 計 額 に 占 める 割 合 が 60 歳 払 込 済 みで 加 人 年 齢 50 歳 の 場 合 は 63%から 67% 加 入 年 齢 40 歳 の 場 合 で 71%から 80%と 相 当 高 率 であることからとされている また 資 産 に 計 上 した 支 払 保 険 料 について 保 険 期 間 が 終 身 であるにもかかわらず 60 歳 以 後 15 年 間 で 損 金 の 額 に 算 入 することとしているのは 75 歳 をもって 解 約 返 戻 金 の 額 がゼ 口 となること 及 び 男 性 の 平 均 寿 命 が 75 歳 であることによ るとされている (5) (5) 有 賀 文 宣 法 人 が 介 護 費 用 保 険 の 契 約 者 となった 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いについて 税 理 33 巻 4 号 93 頁

22 126 (3) 個 人 年 金 保 険 に 係 る 保 険 料 ( 平 2 直 審 4-19 法 人 が 契 約 する 個 人 年 金 保 険 に 係 る 保 険 料 の 取 扱 いについて ) 個 人 年 金 保 険 は 年 金 支 払 開 始 日 に 被 保 険 者 が 生 存 しているときには 同 日 以 後 一 定 期 間 にわたって 年 金 が 支 払 われ また 同 日 前 に 被 保 険 者 が 死 亡 していたときには 所 定 の 死 亡 給 付 金 が 支 払 われる 生 命 保 険 であるが いわゆる 満 期 保 険 金 はなく 死 亡 給 付 金 が 保 険 料 払 込 期 間 の 経 過 に 応 じて 逓 増 するなど 同 じく 被 保 険 者 の 生 存 又 は 死 亡 を 保 険 事 故 とする 養 老 保 険 とはその 仕 組 みが 異 なっている このため 個 人 年 金 保 険 の 保 険 料 につい ては 次 のように 取 り 扱 うこととされている 1 死 亡 給 付 金 及 び 年 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 被 保 険 者 の 死 亡 又 は 年 金 支 給 開 始 日 の 到 来 により 取 り 崩 すまでは 資 産 に 計 上 するものとする 2 死 亡 給 付 金 及 び 年 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 又 はその 遺 族 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 とする 3 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 で 年 余 の 受 取 人 が 当 談 法 人 で ある 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 のうち 90%に 相 当 する 金 額 は1により 資 産 に 計 上 し 残 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する ただし 役 員 又 は 部 課 長 その 他 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む )のみを 被 保 険 者 としている 場 合 には 当 該 残 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 とする 個 人 年 金 保 険 は 被 保 険 者 の 死 亡 又 は 生 存 を 保 険 事 故 とする 生 命 保 険 契 約 であり 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 があることから 基 本 的 には 養 老 保 険 の 取 扱 いに 準 拠 している しかし 3の 場 合 には 養 老 保 険 の2 分 の1 資 産 計 上 に 比 して 90%の 資 産 計 上 を 要 求 している これは 個 人 年 金 保 険 への 加 入 は 年 金 支 払 開 始 年 齢 を55 歳 から65 歳 とするものが 多 いと 考 えられるが このような 保 険 契 約 の 場 合 には 保 険 料 のうち 貯 蓄 保 険 料 部 分 の 割 合 が 平 均

23 127 的 にほぼ 90%となっているからであるとされている (6) 2 最 近 における 個 別 商 品 への 対 応 の 状 況 (1) 長 期 平 準 定 期 保 険 及 び 逓 増 定 期 保 険 への 対 応 満 期 保 険 金 の 支 払 がない 定 期 保 険 ( 死 亡 保 険 )は いわゆる 掛 け 捨 てと いわれる 保 険 契 約 であるが 保 険 数 理 上 は 保 険 期 間 が 長 期 に 及 ぶ 場 合 に は 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられ 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 し た 場 合 には 解 約 返 戻 金 が 生 ずることとなる このような 保 険 の 特 性 を 利 用 して これまで 解 約 返 戻 金 が 相 当 多 額 に 生 ずるような 保 険 商 品 が 開 発 さ れ 節 税 商 品 として 販 売 されてきた 課 税 当 局 は そのような 保 険 契 約 に ついては 1 保 険 料 の 全 額 が 損 金 算 入 される 一 方 で 解 約 時 まで 益 金 計 上 がなされな いため 損 金 の 先 行 計 上 により 適 正 な 期 間 所 得 計 算 が 歪 められるおそれ があること 2 保 険 契 約 の 解 約 権 は 保 険 契 約 者 に 保 留 されていることが 通 常 であるこ とから 保 険 契 約 者 である 法 人 はいつでも 換 金 可 能 な 簿 外 資 産 を 有 して いることとなること などの 課 税 上 の 弊 害 が 生 ずることから 原 則 としてその 保 険 料 の 全 額 損 金 計 上 を 認 めている 基 本 通 達 の 取 扱 いをそのまま 適 用 することは 不 適 当 であ るとして 個 別 に 通 達 を 発 遣 してきたところである 例 えば 前 記 1(1)の 長 期 平 準 定 期 保 険 逓 増 定 期 保 険 への 対 応 が 一 例 として 挙 げられよう 長 期 平 準 定 期 保 険 とは 満 期 保 険 金 のない 定 期 保 険 であるが 保 険 期 間 を 30 年 から 50 年 といった 極 めて 長 期 の 定 期 保 険 とし 中 途 解 約 の 場 合 に 極 めて 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずる 定 期 保 険 である また 逓 増 定 期 保 険 とは 保 険 期 間 はそれほど 長 期 としないが 保 険 金 額 を 保 険 期 間 の 経 過 に 応 じて 逓 増 させ 長 期 平 準 定 期 保 険 と 同 様 に 多 額 の 解 約 返 戻 金 (6) 有 賀 文 宣 法 人 が 契 約 する 個 人 年 金 保 険 に 係 る 法 人 税 の 取 扱 い 税 理 33 巻 9 号 113 頁

24 128 が 生 ずる 定 期 保 険 である 課 税 当 局 は これらの 保 険 について 上 述 のような 課 税 上 の 弊 害 が 認 めら れるとして 次 のように 個 別 通 達 により その 支 払 保 険 料 の 個 別 的 取 扱 いを 明 らかにしてきた 1 まず 長 期 平 準 定 期 保 険 について 保 険 期 間 の 一 定 期 間 中 その 支 払 保 険 料 の 一 定 割 合 の 資 産 計 上 を 要 することとした( 昭 62 直 法 2-2) 2 その 後 1の 個 別 通 達 発 遣 を 契 機 として 保 険 期 間 を 長 期 平 準 定 期 保 険 に 該 当 しないものにした 上 で 保 険 金 額 を 逓 増 させることにより 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずる 逓 増 定 期 保 険 が 発 売 されたため 上 記 個 別 通 達 の 一 部 改 正 を 行 った( 平 8 課 法 2-3) 3 さらに 逓 増 定 期 保 険 について 個 別 通 達 の 適 用 を 受 けない 範 囲 内 で 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずる 新 たなタイプの 逓 増 定 期 保 険 が 開 発 販 売 さ れたため 課 税 当 局 は 更 なる 個 別 通 達 の 改 正 を 行 った( 平 20 課 法 2-3) このように 定 期 保 険 については 基 本 通 達 を 適 用 することが 適 当 でな い 保 険 商 品 について 個 別 通 達 を 発 遣 してきているところであるが その 対 応 は 課 税 当 局 にとって 保 険 会 社 の 商 品 開 発 販 売 の 状 況 次 第 での 逐 次 の 対 応 を 強 いられており いわばイタチゴッコの 様 相 を 呈 しているといえ る (2) 長 期 傷 害 保 険 への 対 応 長 期 傷 害 保 険 とは 被 保 険 者 の 災 害 による 死 亡 障 害 を 保 険 事 故 として 保 険 金 が 支 払 われる 保 険 契 約 で いわゆる 満 期 返 戻 金 はないが 病 気 によ る 死 亡 保 険 契 約 の 失 効 告 知 義 務 違 反 による 解 除 及 び 解 約 等 の 場 合 には 保 険 料 の 払 込 期 間 に 応 じた 所 定 の 払 戻 金 が 保 険 契 約 者 に 支 払 われる ところで 法 人 が 自 己 を 契 約 者 とし 役 員 又 は 使 用 人 を 被 保 険 者 とする 養 老 保 険 定 期 保 険 等 に 付 された 障 害 特 約 等 に 係 る 保 険 料 については 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する あるいは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 す る 給 与 とする 旨 法 基 通 の2 傷 害 特 約 等 に 係 る 保 険 料 において 明 らかにされている 生 命 保 険 各 社 は 長 期 傷 害 保 険 に 係 る 保 険 料 について

25 129 も 当 該 通 達 が 準 用 され 損 金 の 額 に 算 入 されるとの 説 明 を 行 って 販 売 して いたものである しかしながら 一 般 に 傷 害 特 約 に 係 る 保 険 事 故 の 発 生 率 は 死 亡 率 と は 異 なり 年 齢 にかかわらずほぼ 一 定 であることを 前 提 として 保 険 設 計 がな されているところ 長 期 傷 害 保 険 に 係 る 保 険 料 については その 保 険 設 計 上 保 険 期 間 の 前 半 において 支 払 う 保 険 料 の 中 に 相 当 多 額 の 前 払 保 険 料 が 含 まれており 高 齢 に 達 するまでの 支 払 保 険 料 には 高 齢 時 の 危 険 保 険 料 に 充 てる 前 払 保 険 料 の 部 分 が 含 まれており 上 記 の 取 扱 いの 予 定 している 傷 害 特 約 とは 全 く 異 なる 保 険 設 計 となっている このため 長 期 傷 害 保 険 に 係 る 保 険 料 について 課 税 当 局 が 生 命 保 険 協 会 に 指 摘 したところ 次 のような 取 扱 いを 内 容 とする 文 書 照 会 がなされ 課 税 当 局 において 照 会 者 見 解 のとおりで 差 し 支 えない 旨 の 回 答 ( 平 成 18 年 4 月 28 日 付 国 税 庁 課 税 部 長 名 による 文 書 回 答 ) (7) がなされているとこ ろである 1 保 険 期 間 の 開 始 の 時 から 当 該 保 険 期 間 の 70%に 相 当 する 期 間 ( 前 払 期 間 )を 経 過 するまでの 期 間 にあっては 各 年 の 支 払 保 険 料 の4 分 の3に 相 当 する 金 額 を 前 払 金 等 として 資 産 計 上 し 残 額 については 損 金 の 額 に 算 入 する 2 保 険 期 間 のうち 前 払 期 間 経 過 後 の 期 間 にあっては 各 年 の 支 払 保 険 料 の 額 を 損 金 の 額 に 算 入 するとともに 1による 資 産 計 上 額 の 累 計 額 ( 既 にこの2の 処 理 により 取 り 崩 したものを 除 く )につき 次 の 算 式 により 計 算 した 金 額 を 取 り 崩 して 損 金 の 額 に 算 入 する 資 産 計 上 額 累 計 額 1/(105- 前 払 期 間 経 過 年 齢 )= 損 金 算 入 額 ( 年 額 ) ( 注 ) 前 払 期 間 経 過 年 齢 : 前 払 期 間 が 経 過 した 時 における 被 保 険 者 の 年 齢 をいう (3)がん 保 険 への 対 応 (7) 01.htm

26 130 がん 保 険 は 被 保 険 者 のがんによる 死 亡 入 院 手 術 等 を 保 険 事 故 とし て 保 険 金 が 支 払 われる 保 険 契 約 であり 満 期 保 険 金 がないことなどから 支 払 保 険 料 の 全 額 の 損 金 算 入 が 認 められてきた( 昭 50 直 審 4-76) しかしながら 近 年 保 険 期 間 が 終 身 にもかかわらず 保 険 料 の 払 込 期 間 を 短 期 (5 年 程 度 )とし 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずる 商 品 が 発 売 され 課 税 上 の 弊 害 が 見 受 けられた このため 課 税 庁 は そのようながん 保 険 商 品 について 保 険 料 の 一 定 割 合 の 資 産 計 上 を 要 する 旨 の 新 たな 通 達 を 発 遣 し 課 税 の 適 正 化 を 図 ったところである( 平 13 課 審 4-100) (8) (4)いわゆる 逆 パターン の 養 老 保 険 への 対 応 養 老 保 険 は 満 期 保 険 金 か 死 亡 保 険 金 のいずれかが 支 払 われる 生 死 混 合 保 険 であり その 保 険 料 については 保 険 金 の 受 取 人 が 誰 であるかによっ て その 取 扱 いが 定 められている( 法 基 通 9-3-4) ところが 近 年 満 期 保 険 金 の 受 取 人 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 を 当 該 法 人 とする 現 行 の 基 本 通 達 の 定 めのないパターンの 商 品 ( 生 保 各 社 は 逆 パターン と 称 しているようである )が 発 売 され 生 保 各 社 は 通 達 の 取 扱 いを 類 推 し 支 払 保 険 料 の2 分 の1を 給 与 残 額 を 損 金 算 入 できる 全 額 損 金 プランとして 販 売 を 行 っている しかしながら 一 般 に 現 に 法 人 の 業 務 に 従 事 している 役 員 使 用 人 で ある 被 保 険 者 に 死 亡 という 保 険 事 故 が 生 ずる 確 率 は 満 期 保 険 金 の 支 払 が 生 ずる 確 率 に 比 して 極 めて 低 いものであり このような 保 険 は ( 万 一 の 保 障 という 側 面 は 否 定 できないものの )もっぱら 満 期 保 険 金 の 供 与 を 目 的 と していると 言 わざるを 得 ない したがって 保 険 料 の2 分 の1について 給 与 課 税 がなされるとしても その 全 額 が 損 金 算 入 されるとの 取 扱 いには その 妥 当 性 に 疑 問 が 生 ずる (9) (8) ただし がん 保 険 については 今 なお 高 い 解 約 払 戻 金 率 であるとして 節 税 商 品 と 称 して 販 売 されている 現 状 にあり 新 通 達 によって 課 税 上 の 弊 害 がすべて 除 去 され たかどうかについては 更 なる 検 証 が 必 要 である (9) なお このような 養 老 保 険 の 全 額 損 金 プランを 巡 って 同 族 会 社 をその 契 約 者 と し 当 該 同 被 保 険 者 を 当 該 同 族 会 社 の 役 員 ら 又 はその 親 族 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 を

27 131 第 3 節 支 払 保 険 料 の 損 金 性 を 巡 る 課 題 1 保 険 の 貯 蓄 性 と 保 険 料 の 損 金 性 基 本 通 達 においては 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 について その 保 険 契 約 が 必 ず 保 険 金 が 支 払 われるものでない いわゆる 掛 け 捨 てといわれるものである ことから 原 則 としてその 保 険 料 の 全 額 損 金 計 上 を 認 めている( 法 基 通 9-3-5) しかしながら 保 険 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 するゆえに こうし た 保 険 であっても 保 険 期 間 が 1 年 以 上 の 長 期 に 及 ぶものは 必 ず 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられ 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 した 場 合 に 支 払 わ れることとなる 解 約 返 戻 金 の 財 源 となっている こうした 保 険 数 理 上 の 特 質 を 利 用 して これまで その 保 険 期 間 を 極 めて 長 期 とする あるいは 保 険 金 額 を 保 険 期 間 の 後 半 に 逓 増 させるなどの 特 異 な 商 品 設 計 を 行 うことにより 解 約 返 戻 金 が 相 当 多 額 に 生 ずるような 保 険 商 品 が 開 発 販 売 されてきた 課 税 当 局 は そのような 保 険 商 品 については 課 税 上 の 弊 害 が 生 ずることから 前 述 のように 個 別 に 通 達 を 発 遣 するなど して 課 税 の 適 正 化 を 図 ってきたところである しかしながら その 対 応 は 課 税 当 局 にとって 保 険 会 社 の 商 品 開 発 販 売 の 状 況 次 第 での 逐 次 の 対 応 を 強 いられているといえ 基 本 通 達 の 取 扱 いが もはや 保 険 料 の 損 金 性 の 判 断 基 準 として 機 能 しているかどうか 疑 問 なしとし ない また 現 行 の 基 本 通 達 が 必 然 的 に 保 険 金 支 出 が 生 ずるかどうかによ 同 法 人 満 期 保 険 金 の 受 取 人 を 当 該 役 員 らとした 場 合 において 当 該 役 員 らが 満 期 保 険 金 を 受 領 した 場 合 の 一 時 所 得 の 計 算 上 の 収 入 を 得 るために 支 出 した 金 額 に ついて 争 訟 となった 裁 判 所 は 保 険 料 を 原 告 らと 同 法 人 が2 分 の1ずつ 負 担 した 養 老 保 険 契 約 において 原 告 らが 満 期 保 険 金 を 受 領 した 場 合 所 得 税 における 一 時 所 得 の 金 額 の 計 算 上 原 告 らが 負 担 した 保 険 料 のみならず 同 法 人 が 負 担 した 保 険 料 も 所 得 税 法 34 条 2 項 の 収 入 を 得 るために 支 出 した 金 額 として 控 除 できると 判 示 した( 福 岡 地 判 平 ( 判 タ 1304 号 179 頁 ) その 控 訴 審 福 岡 高 判 平 ( 裁 判 所 HP 行 政 事 件 裁 判 例 ) なお 本 件 は 国 側 が 上 告 申 である ) この 裁 判 例 は 所 得 税 法 34 条 2 項 と 所 得 税 法 施 行 令 183 条 2 項 2 号 の 解 釈 を 巡 るものであるが 全 額 損 金 プランの 養 老 保 険 を 奇 貨 とした 租 税 回 避 的 な 納 税 者 の 行 動 を 巡 る 租 税 事 件 であ るといえる

28 132 り 保 険 料 の 取 扱 いを 定 めていることは こうした 保 険 の 特 質 や 昨 今 の 企 業 向 け 保 険 商 品 から 生 じている 課 税 上 の 弊 害 からみると 合 理 的 なものとはいえ ないと 考 える 2 実 務 上 の 簡 便 性 の 要 請 と 損 金 算 入 の 適 正 性 の 確 保 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 については 上 述 のとおり 満 期 保 険 金 受 取 人 が 当 該 法 人 死 亡 保 険 金 受 取 人 がその 役 員 使 用 人 の 遺 族 である 場 合 にあっては 1/2の 損 金 算 入 を 認 めることとしている( 法 基 通 9-3-4) しかしながら 筆 者 の 試 算 によれば こうした 保 険 への 加 入 例 が 多 いとみ られる 中 高 年 層 の 者 を 被 保 険 者 とする 養 老 保 険 では 支 払 保 険 料 中 満 期 保 険 金 に 充 てられる 部 分 は 70%から 80% 程 度 であり 現 行 の 取 扱 いは 実 務 上 の 簡 便 性 を 優 先 した 取 扱 いであると 言 わざるを 得 ず 保 険 数 理 の 観 点 から は 必 ずしも 合 理 的 なものではない また 前 述 のように 近 年 現 行 の 基 本 通 達 に 定 めのない 逆 パターン と 称 される 養 老 保 険 が 発 売 され 生 保 各 社 は 全 額 損 金 プランとして 販 売 を 行 っている これについては このような 保 険 は 専 ら 満 期 保 険 金 の 供 与 を 目 的 としていると 言 わざるを 得 ないものであり 保 険 料 の2 分 の1について 給 与 課 税 がなされるとしても その 全 額 が 損 金 算 入 されるとの 取 扱 いには そ の 妥 当 性 に 疑 問 が 生 ずるところであるが 現 行 の 基 本 通 達 では 養 老 保 険 に ついて 保 険 金 受 取 人 が 異 なるケースとしては 満 期 保 険 金 の 受 取 人 を 当 該 法 人 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 を 被 保 険 者 である 役 員 使 用 人 の 遺 族 とする 場 合 の 保 険 料 の 取 扱 い( 法 基 通 9-3-4(3))を 定 めているのみであることからすると 現 行 の 基 本 通 達 の 基 本 的 な 考 え 方 では 対 応 できないものであるとも 考 えられ る (10) (10) 逆 パターンのケースが 基 本 通 達 に 定 められていないのは 通 達 制 定 時 においては このような 形 態 のものが 発 売 されていなかったためといわれている なお その 理 由 として 仄 聞 するところ こうした 受 取 人 指 定 をした 場 合 には 保 険 のモラルリスク が 生 じかねないからであったとされる

29 133 3 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 の 権 利 関 係 基 本 通 達 は 法 人 が 支 出 した 保 険 料 について 保 険 金 受 取 人 が 誰 であるか によってその 取 扱 いを 定 めている しかしながら 保 険 契 約 の 当 事 者 は 保 険 者 ( 保 険 会 社 )と 保 険 契 約 者 であり 契 約 の 関 係 者 にすぎない 保 険 金 受 取 人 の 有 する 保 険 金 請 求 権 は 保 険 事 故 が 発 生 してはじめて 具 体 的 な 債 権 となるも のであって 保 険 期 間 の 中 途 で 保 険 契 約 が 解 約 された 場 合 にはその 地 位 を 失 うこととなる これまで 多 額 の 解 約 返 戻 金 が 生 ずるとして 問 題 となった 保 険 商 品 においても 保 険 期 間 中 の 保 険 契 約 者 の 解 約 権 の 行 使 によって 保 険 契 約 者 が 取 得 する 解 約 返 戻 金 が 問 題 となっているものである したがって 現 行 通 達 が 保 険 契 約 者 の 有 する 権 利 の 内 容 を 斟 酌 せず 保 険 金 受 取 人 が 誰 であるかによって 保 険 料 の 全 額 につき 一 律 にその 取 扱 いを 定 めることは こうした 保 険 契 約 に 係 る 当 事 者 関 係 者 の 権 利 関 係 からは 合 理 的 なものといえないと 考 える 4 小 括 現 行 の 基 本 通 達 の 取 扱 いは 通 達 発 遣 時 に 発 売 されていた 保 険 商 品 が 基 本 的 なものに 限 られていたことを 考 慮 すれば 上 述 のような 保 険 数 理 や 保 険 法 の 観 点 からやや 合 理 性 に 欠 けるものであったとしても 実 務 上 の 簡 便 性 を 考 慮 すれば 相 当 なものであったと 評 価 することができる しかしながら 今 後 の 保 険 商 品 の 多 様 化 や 最 近 において 見 受 けられた 保 険 商 品 に 係 る 課 税 上 の 弊 害 への 対 応 を 考 えれば 上 述 のような 現 行 通 達 の 問 題 点 を 踏 まえた 新 たな 基 準 を 考 察 していく 必 要 がある このようなことから 現 行 の 基 本 通 達 の 取 扱 いのみではもはや 保 険 料 の 損 金 性 の 判 断 基 準 として 十 分 な 機 能 を 果 たしていないとの 問 題 意 識 の 下 次 章 以 下 において その 基 準 について 抜 本 的 な 見 直 しを 行 うべく 研 究 提 言 を 試 みることとしたい

30 134 第 2 章 保 険 料 の 仕 組 みと 生 命 保 険 会 計 第 1 節 保 険 料 の 仕 組 み 1 保 険 料 の 構 造 保 険 契 約 者 の 支 払 う 保 険 料 は 一 般 に 営 業 保 険 料 といわれ 純 保 険 料 と 付 加 保 険 料 から 構 成 されている このうち 純 保 険 料 は 保 険 会 社 が 生 命 保 険 契 約 に 基 づき 発 生 する 保 険 金 の 支 払 の 原 資 となる 部 分 であり 付 加 保 険 料 は 保 険 会 社 の 運 営 上 必 要 な 請 経 費 の 支 払 に 充 てる 部 分 である 更 に 純 保 険 料 は 理 論 上 死 亡 保 険 金 の 支 払 に 充 てる 危 険 保 険 料 と 満 期 保 険 金 の 支 払 に 充 てる 貯 蓄 保 険 料 に 区 分 される 純 保 険 料 は 死 亡 率 と 利 率 付 加 保 険 料 は 事 業 費 率 を 定 め ることにより 算 定 することができるので 予 定 死 亡 率 予 定 利 率 予 定 事 業 費 率 の 三 つを 通 常 保 険 料 の 基 礎 率 と 称 している 2 純 保 険 料 純 保 険 料 は 保 険 金 支 払 のみに 充 てられる 保 険 料 であって 保 険 会 社 が 将 来 収 入 する 保 険 料 の 額 と 保 険 金 として 支 払 うこととなる 金 額 が 等 しくなる 収 支 相 等 の 原 則 に 従 って 予 定 死 亡 率 と 予 定 利 率 から 計 算 される (1) 予 定 死 亡 率 人 の 生 死 を 保 険 事 故 とする 生 命 保 険 契 約 にあっては その 生 死 を 予 測 す ることが 保 険 料 算 定 の 前 提 となる 被 保 険 者 個 々の 生 死 は 予 測 できないが いわゆる 大 数 の 法 則 によって 集 団 として 統 計 をとっていけば 死 亡 す る 割 合 を 予 測 することができる 生 命 保 険 会 社 では 一 定 期 間 内 の 被 保 険 者 中 の 死 亡 者 数 を 基 に 経 験 値 により 作 成 された 生 命 表 ( 現 在 使 用 されてい るのは 生 保 標 準 生 命 表 2007 である )を 保 険 料 算 定 に 使 用 している

31 135 ( 参 考 ) 生 命 表 の 例 生 保 標 準 生 命 表 2007( 死 亡 保 険 用 )( 男 ) 年 齢 x 生 存 数 l x 死 亡 数 d x 死 亡 率 q x 平 均 余 命 e x 0 100, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

32 136 年 齢 x 生 存 数 l x 死 亡 数 d x 死 亡 率 q x 平 均 余 命 e x 39 97, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,672 1, ,649 1, ,530 1, ,303 1, ,957 1, ,487 1, ,889 1, ,159 1, ,296 2, ,295 2, ,153 2, ,860 2, ,403 2, ,773 2, ,967 2, ,994 3, ,848 3,

33 137 年 齢 x 生 存 数 l x 死 亡 数 d x 死 亡 率 q x 平 均 余 命 e x 81 51,536 3, ,069 3, ,464 3, ,745 3, ,944 3, ,099 3, ,257 3, ,469 3, ,793 3, ,289 3, ,015 2, ,026 2, , , , , , , , , , , (2) 予 定 利 率 生 命 保 険 契 約 では 一 般 に 保 険 料 の 収 納 時 期 と 保 険 金 の 支 払 時 期 との 間 に 時 間 的 なずれがあること 及 び 生 命 保 険 契 約 が 長 期 にわたる 契 約 であるこ とから 保 険 料 算 定 に 当 たって 予 定 利 率 で 割 り 引 くことが 合 理 的 であると されている 予 定 利 率 は 生 命 保 険 事 業 の 安 全 性 の 観 点 から 一 般 の 金 利 水 準 より 低 めに 見 積 もられている (3) 純 保 険 料 の 算 定 方 法 純 保 険 料 は 保 険 金 の 支 払 のみに 対 する 保 険 料 であって 予 定 死 亡 率 と 予

34 138 定 利 率 だけから 収 支 相 等 の 原 則 に 従 って 計 算 される イ 死 亡 保 険 保 険 期 間 中 に 生 存 者 から 払 い 込 まれる 保 険 料 の 額 と 死 亡 者 に 支 払 われ る 保 険 金 の 額 が 等 しくなるように 計 算 される 具 休 的 には 全 会 社 生 命 表 により 死 亡 者 数 を 算 定 するとともに 各 年 の 保 険 料 と 保 険 金 の 額 を 予 定 利 率 による 現 価 率 で 計 算 した 上 で 各 年 の 保 険 料 が 一 定 となるように 算 定 する ロ 生 存 保 険 保 険 期 間 中 に 生 存 者 から 払 い 込 まれる 保 険 料 の 額 と 保 険 期 問 満 了 時 に 生 存 者 に 支 払 われる 保 険 金 の 額 が 等 しくなるように 計 算 される 具 体 的 な 算 定 方 法 は 死 亡 保 険 と 同 様 である ハ 生 死 混 合 保 険 死 亡 保 険 と 生 存 保 険 を 組 み 合 わせた 保 険 であるため 死 亡 保 険 の 保 険 料 と 生 存 保 険 の 保 険 料 の 合 計 額 となる 3 付 加 保 険 料 付 加 保 険 料 は 生 命 保 険 会 社 の 運 営 上 の 新 契 約 費 維 持 費 集 金 費 に 充 て るためのものであり 保 険 金 や 保 険 料 に 一 定 の 金 額 又 は 率 を 乗 ずる 予 定 事 業 費 率 によって 算 定 される (11) 4 自 然 保 険 料 と 平 準 保 険 料 保 険 期 間 1 年 の 定 期 保 険 の 保 険 料 を 自 然 保 険 料 という この 場 合 には 年 (11) 予 定 事 業 費 率 は 各 社 において 異 なり 一 定 のものはないが 伝 統 的 な 生 命 保 険 会 社 における 予 定 事 業 費 率 の 一 例 としては 次 のとおり 新 契 約 費 死 亡 保 険 金 1,000 円 につき 8 円 生 存 保 険 金 1,000 円 につき 17 円 営 業 保 険 料 の 1% 維 持 費 死 亡 保 険 金 1,000 円 につき 1.40 円 ( 毎 年 ) 生 存 保 険 金 1,000 円 につき 1 円 ( 毎 年 ) 集 金 費 営 業 保 険 料 の 3%( 毎 年 )

35 139 齢 が 高 くなるに 従 って 死 亡 率 も 高 くなるため 保 険 料 が 毎 年 増 加 することと なる これに 対 し 一 定 期 間 内 で 収 支 相 等 となるように 予 定 利 率 に 基 づく 現 価 率 により 毎 年 の 保 険 料 を 定 額 としたものを 平 準 保 険 料 という 5 契 約 者 配 当 保 険 料 は 長 期 にわたる 契 約 を 履 行 するため 死 亡 率 利 率 事 業 費 率 は 安 全 性 を 見 込 んで 予 定 されており いわば 概 算 の 受 入 額 の 性 質 を 有 する この ような 予 定 数 値 が 確 定 数 値 との 間 に 差 額 が 生 じ 剰 余 金 が 発 生 した 場 合 には 生 命 保 険 会 社 の 決 算 ごとに 契 約 者 に 配 当 として 精 算 される これを 契 約 者 配 当 といい 現 金 で 支 払 う 方 法 のほか 保 険 料 との 相 殺 利 息 を 付 けて 積 み 立 てる 方 法 買 増 し 保 険 の 一 時 払 保 険 料 に 充 当 する 方 法 などがある 第 2 節 生 命 保 険 会 計 1 生 命 保 険 会 計 とは 生 命 保 険 事 業 は 収 支 相 等 の 原 則 に 基 づき 収 納 された 保 険 料 を 保 険 金 等 の 支 払 や 生 命 保 険 会 社 の 運 営 に 必 要 な 事 業 費 の 支 出 に 充 てることとなってい るため 一 般 の 企 業 会 計 と 異 なる 特 色 を 有 している 生 命 保 険 契 約 が 長 期 に わたる 契 約 であり 通 常 は 平 準 保 険 料 を 収 納 していくため 将 来 の 保 険 金 の 支 払 のための 責 任 準 備 金 が 積 み 立 てられ この 運 用 によって 運 用 益 等 の 収 入 を 得 ている ここには 保 険 数 理 による 生 命 保 険 会 計 が 存 在 し 独 自 の 経 理 が 営 まれている 2 保 険 料 収 入 と 責 任 準 備 金 生 命 保 険 会 社 が 保 険 契 約 者 から 収 納 した 営 業 保 険 料 は その 全 額 が 生 命 保 険 会 社 の 収 益 に 計 上 される 営 業 保 険 料 は 理 論 上 貯 蓄 保 険 料 危 険 保 険 料 及 び 付 加 保 険 料 に 分 類 されるが このうち 将 来 の 生 存 保 険 金 の 支 払 に 先 て られる 貯 蓄 保 険 料 と 危 険 保 険 料 のうちで 将 来 の 死 亡 保 険 金 の 支 払 に 充 てられ

36 140 る 部 分 は 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )として 負 債 勘 定 に 計 上 される 3 責 任 準 備 金 の 意 義 生 命 保 険 会 社 が 積 み 立 てることとされている 責 任 準 備 金 は 保 険 業 法 にお いて 次 のとおり 定 められている なお これらの 責 任 準 備 金 のうち 本 稿 に おいては 保 険 料 積 立 金 について 議 論 を 展 開 していくこととしている (1) 狭 義 の 責 任 準 備 金 イ 保 険 料 積 立 金 (イ) 保 険 料 積 立 金 とは 保 険 契 約 に 基 づく 将 来 の 債 務 の 履 行 に 備 えるた め 保 険 数 理 に 基 づき 計 算 した 金 額 を 責 任 準 備 金 として 積 み 立 てるも のである( 業 規 691 一 ) 純 保 険 料 のうち 満 期 保 険 金 の 財 源 となる 部 分 は 満 期 までその 支 払 の 必 要 がないため 満 期 の 際 の 支 払 に 備 えて 積 み 立 てておかなければ ならない また 死 亡 保 険 金 の 財 源 となる 部 分 についても 平 準 保 険 料 を 採 っているために 保 険 期 間 の 前 半 に 自 然 保 険 料 を 超 えて 収 納 した 保 険 料 は 当 該 期 間 の 後 半 における 保 険 金 の 支 払 (すなわち 保 険 料 負 担 ) に 充 てるため 積 み 立 てておく 必 要 がある つまり 純 保 険 料 から 当 該 年 度 の 死 亡 保 険 金 に 充 当 する 金 額 ( 危 険 保 険 料 のうち 自 然 保 険 料 相 当 額 )を 差 し 引 いた 金 額 ( 翌 年 度 以 降 に 対 応 する 危 険 保 険 料 及 び 貯 蓄 保 険 料 )は 将 来 の 保 険 金 の 支 払 に 充 てるため 保 険 料 積 立 金 として 責 任 準 備 金 を 構 成 する (ロ) ところで 平 成 7 年 に 改 正 された 保 険 業 法 により 長 期 の 保 険 契 約 で 内 閣 府 令 で 定 める 一 定 のものについて 標 準 責 任 準 備 金 制 度 が 導 入 された これは それまで 責 任 準 備 金 の 計 算 基 礎 率 には 保 険 料 の 計 算 基 礎 率 を 用 いてきたところ 制 度 導 入 後 は 保 険 会 社 が 設 定 する 保 険 料 水 準 にかかわらず 監 督 当 局 が 保 険 会 社 の 健 全 性 の 維 持 保 険 契 約 者 の 保 護 の 観 点 から 定 める 積 立 方 法 計 算 基 礎 率 により 計 算 した 標 準 責 任 準 備 金 を 積 み 立 てることとされた( 業 法 1162 業 規 68 平 8 大

37 141 蔵 省 告 示 48) 他 方 保 険 契 約 者 にとっての 保 険 料 積 立 金 すなわち 保 険 料 中 の 解 約 払 戻 金 等 の 財 源 となる 部 分 の 金 額 は 保 険 業 法 上 契 約 者 価 格 ( 払 戻 金 の 額 その 他 の 被 保 険 者 のために 積 み 立 てるべき 額 を 基 礎 として 計 算 した 金 額 ( 業 規 10 三 ))と 規 定 されている (12) このように 現 在 の 保 険 業 法 の 下 では 上 記 のように 責 任 準 備 金 中 の 保 険 料 積 立 金 の 計 算 基 礎 は 保 険 料 の 計 算 基 礎 とは 概 念 上 切 断 され ることがより 一 層 明 確 にされ 実 態 上 も 責 任 準 備 金 中 の 保 険 料 積 立 金 に 対 して 各 保 険 解 約 者 が 持 分 的 な 権 利 を 有 するとはいえないこととな った そして 保 険 契 約 者 が 保 険 料 積 立 金 に 対 して 有 する 権 利 は 保 険 会 社 が 監 督 当 局 との 関 係 において 積 み 立 てる 責 任 準 備 金 中 の 保 険 料 積 立 金 とは 切 り 離 されて 保 険 契 約 に 基 づいて 約 定 される 独 自 の 権 利 として 構 成 されるものであることが 法 令 上 明 確 にされているのである (13) ロ 未 経 過 保 険 料 未 経 過 保 険 料 とは 未 経 過 期 間 ( 保 険 契 約 に 定 めた 保 険 期 間 のうち 保 険 会 社 の 決 算 期 において まだ 経 過 していない 期 間 をいう )に 対 応 す る 責 任 に 相 当 する 額 として 計 算 した 金 額 を 責 任 準 備 金 として 積 み 立 てる ものである( 業 規 691 二 ) 収 入 保 険 料 は 次 の 払 込 日 までに 時 の 経 過 とともに 死 亡 保 険 金 及 び 諸 経 費 の 支 出 に 充 てられる 一 方 保 険 料 積 立 金 にも 充 当 されて 予 定 利 率 で 運 用 され 次 の 払 込 日 を 迎 えるわけであるが その 途 中 で 事 業 年 度 末 の 決 算 となれば 次 の 払 込 日 までの 未 経 過 期 間 に 対 応 する 保 険 料 部 分 がいわゆ る 未 経 過 保 険 料 として 計 上 されることになる これは 決 算 年 度 と 保 険 年 (12) 保 険 法 においても 同 様 に 受 領 した 保 険 料 のうち 当 該 生 命 保 険 契 約 に 係 る 保 険 給 付 に 充 てるべきものとして 保 険 料 又 は 額 を 定 めるための 予 定 死 亡 率 予 定 利 率 その 他 の 計 算 の 基 礎 を 用 いて 算 出 される 金 額 に 相 当 する 部 分 をいう ( 保 険 法 63) と 規 定 されている (13) 山 下 友 信 保 険 法 652 頁 ( 有 斐 閣 平 17)

38 142 度 とを 調 整 するための 会 計 処 理 であって 収 入 利 息 の 一 部 を 未 経 過 利 息 に 計 上 するのと 同 様 の 趣 旨 によるものである ハ 払 戻 積 立 金 払 戻 積 立 金 とは 保 険 料 又 は 保 険 料 として 収 受 する 金 銭 を 運 用 するこ とによって 得 られる 収 益 の 全 部 又 は 一 部 の 金 銭 の 払 戻 しを 約 した 保 険 契 約 における その 払 戻 しに 充 てる 金 額 を 責 任 準 備 金 として 積 み 立 てるも のである( 業 規 691 三 ) 狭 義 の 責 任 準 備 金 は 生 命 保 険 会 社 が 保 険 契 約 に 基 づく 将 来 の 保 険 給 付 の 支 払 に 備 えて 積 み 立 てている 金 額 であり 生 命 保 険 会 社 の 保 険 契 約 者 に 対 する 債 務 ( 一 種 の 条 件 付 債 務 )である (2) 危 険 準 備 金 危 険 準 備 金 とは 保 険 契 約 に 基 づく 将 来 の 債 務 を 確 実 に 履 行 するため 将 来 発 生 が 見 込 まれる 危 険 に 備 えて 計 算 した 金 額 を 責 任 準 備 金 として 積 み 立 てるものである( 業 規 691 四 ) 危 険 準 備 金 は 予 定 死 亡 率 より 実 際 の 死 亡 率 が 高 くなるなどの 保 険 金 等 の 支 払 によって 損 失 が 発 生 する 場 合 や 資 産 運 用 による 実 際 の 利 回 りが 予 定 利 率 を 確 保 できない 場 合 のなどに 対 応 するため 積 み 立 てることが 義 務 付 け られており 保 険 リスクに 備 える 危 険 準 備 金 Ⅰ 予 定 利 率 リスクに 備 える 危 険 準 備 金 Ⅱ 変 額 保 険 等 の 最 低 保 障 リスクに 備 える 危 険 準 備 金 Ⅲ 及 び 第 三 分 野 保 険 の 保 険 リスクに 備 える 危 険 準 備 金 Ⅳに 区 分 して 積 み 立 てること とされている (3) 追 加 責 任 準 備 金 追 加 責 任 準 備 金 とは 上 記 (1) 及 び(2)の 責 任 準 備 金 では 将 来 の 債 務 の 履 行 に 支 障 をきたすおそれがあると 認 められる 場 合 に 保 険 料 及 び 責 任 準 備 金 算 出 方 法 書 を 変 更 することにより 追 加 して 保 険 料 積 立 金 及 び 払 戻 積 立 金 を 積 み 立 てるものである( 業 規 695)

39 143 4 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )の 積 立 方 法 生 命 保 険 会 社 の 事 業 のすべての 経 費 が 収 入 保 険 料 の 中 の 付 加 保 険 料 の 枠 内 で 賄 えるのであれば 経 費 を 責 任 準 備 金 から 切 り 離 して 純 保 険 料 と 保 険 給 付 との 収 支 見 込 みのみで 責 任 準 備 金 を 積 み 立 てることができる これを 純 保 険 料 式 という しかしながら 実 際 には 初 年 度 に 限 り 新 契 約 費 として 特 別 に 多 額 の 費 用 を 支 出 する 必 要 があるため 付 加 保 険 料 の 枠 内 では 新 契 約 費 を 賄 えず 経 費 支 出 が 純 保 険 料 に 食 い 込 む 結 果 を 招 来 し 純 保 険 料 式 の 積 み 立 て が 困 難 になるので 純 保 険 料 式 のほかチルメル 式 や 充 足 保 険 料 式 が 考 案 され ている なお 監 督 当 局 である 金 融 庁 は 純 保 険 料 式 による 責 任 準 備 金 の 積 立 てを 原 則 としている (1) 純 保 険 料 式 純 保 険 料 式 は 正 しくは 平 準 保 険 料 式 といい 生 命 保 険 会 社 の 経 費 は 毎 年 の 一 定 額 の 付 加 保 険 料 のみで 賄 うこととし 責 在 準 備 金 の 積 立 てに 当 たっ て 事 業 費 を 一 切 考 慮 せず 純 保 険 料 と 保 険 給 付 との 収 支 見 込 みのみで 積 み 立 てる 方 式 である 純 保 険 料 式 は 営 業 保 険 料 が 平 準 であるとき 付 加 保 険 料 及 び 純 保 険 料 もそれぞれ 平 準 として 責 任 準 備 金 の 計 算 が 行 われる (2)チルメル 式 ドイツのチルメル(A.Zillmer)が 考 案 した 方 式 で 初 年 度 に 付 加 保 険 料 の 金 額 以 上 に 経 費 ( 新 契 約 費 )の 支 出 が 行 えるようにし その 分 を 次 年 度 以 降 の 付 加 保 険 料 を 少 なくして 償 却 するもので 責 任 準 備 金 の 計 算 に 当 たって 純 保 険 料 のほか 新 契 約 費 をも 考 慮 して 積 み 立 てる 方 式 である 初 年 度 の 新 契 約 費 を 償 却 する 期 間 をチルメル 期 間 といい その 期 間 によって 全 期 チルメル 20 年 チルメル 10 年 チルメル 5 年 チルメルなどと 区 分 され る (3) 充 足 保 険 料 式 純 保 険 料 新 契 約 費 のほかに 更 に 維 持 費 等 事 業 費 支 出 をも 考 慮 に 入 れ て 将 来 の 収 支 に 過 不 足 が 生 じないように 計 算 する 方 式 である すなわち 将 来 の 保 険 金 事 業 費 等 の 支 出 面 と 保 険 料 利 息 等 の 収 入 面 との 両 者 を 見

40 144 合 わせて 計 算 するもので 一 種 の 営 業 保 険 料 式 である

41 145 第 3 章 生 命 保 険 契 約 を 巡 る 法 律 関 係 第 1 節 生 命 保 険 契 約 に 係 る 権 利 義 務 生 命 保 険 契 約 についての 税 務 上 の 取 扱 いを 考 察 する 上 で 当 該 契 約 を 取 り 巻 く 関 係 者 の 法 律 上 の 権 利 義 務 を 明 らかにしておく 必 要 がある 生 命 保 険 契 約 に おける 当 事 者 関 係 者 としては 保 険 者 保 険 契 約 者 被 保 険 者 及 び 保 険 金 受 取 人 が 存 在 する これらの 者 の 持 つ 権 利 義 務 については 次 のとおりである 1 保 険 者 保 険 者 とは 保 険 契 約 の 当 事 者 のうち 保 険 給 付 を 行 う 義 務 を 負 う 者 をい う( 保 険 法 2 二 ) すなわち 生 命 保 険 契 約 の 当 事 者 として 契 約 の 対 象 とな っている 危 険 を 引 き 受 け 保 険 事 故 が 発 生 した 場 合 に 保 険 金 の 支 払 義 務 を 負 う 者 ( 保 険 会 社 等 )を 保 険 者 という 保 険 契 約 の 定 義 について 保 険 法 は まず 同 法 第 2 条 第 一 号 において 保 険 契 約 を 保 険 契 約 共 済 契 約 その 他 いかなる 名 称 であるかを 問 わず 当 事 者 の 一 方 が 一 定 の 事 由 が 生 じたことを 条 件 として 財 産 上 の 給 付 を 行 うことを 約 し 相 手 方 がこれに 対 して 当 該 一 定 の 事 由 の 発 生 の 可 能 性 に 応 じたものと して 保 険 料 ( 共 済 掛 金 を 含 む )を 支 払 うことを 約 する 契 約 をいう と 規 定 した 上 で 生 命 保 険 契 約 について 同 条 第 八 号 において 保 険 契 約 のうち 保 険 者 が 人 の 生 存 又 は 死 亡 に 関 し 一 定 の 保 険 給 付 を 行 うことを 約 するもの( 傷 害 疾 病 定 額 保 険 契 約 に 該 当 するものを 除 く )をいう と 規 定 している これらの 規 定 からも 明 らかなように 保 険 者 は 保 険 契 約 者 に 対 する 保 険 料 の 支 払 請 求 権 を 有 するとともに 被 保 険 者 の 生 存 又 は 死 亡 という 保 険 事 故 発 生 の 際 の 保 険 金 支 払 義 務 を 負 う また 保 険 者 は 一 定 の 事 由 に 該 当 する 場 合 における 積 立 金 払 戻 義 務 保 険 契 約 者 の 解 約 権 行 使 に 伴 う 解 約 返 戻 金 支 払 義 務 約 款 の 規 定 に 基 づく 保 険 証 券 貸 付 義 務 利 益 配 当 義 務 等 を 負 う

42 146 2 保 険 契 約 者 保 険 契 約 者 とは 生 命 保 険 契 約 の 当 事 者 のうち 保 険 料 を 支 払 う 義 務 を 負 う 者 をいう( 保 険 法 2 三 ) 保 険 契 約 者 の 法 律 上 又 は 約 款 上 の 権 利 義 務 は 次 の とおりである (1) 保 険 料 支 払 義 務 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 の 一 方 の 当 事 者 として 保 険 者 が 保 険 事 故 発 生 の 際 に 保 険 金 支 払 義 務 を 負 うのに 対 して その 報 酬 たる 保 険 料 の 支 払 義 務 を 負 う この 保 険 料 支 払 義 務 は 自 己 のためにする 生 命 保 険 契 約 ( 保 険 契 約 者 = 保 険 金 受 取 人 )のみに 限 らず 第 三 者 のためにする 生 命 保 険 契 約 ( 保 険 契 約 者 以 外 が 保 険 金 受 取 人 )であっても 保 険 契 約 者 に 負 わされる 義 務 で ある なお 保 険 契 約 者 はこのほかに 被 保 険 者 とともに 保 険 者 への 告 知 義 務 や 保 険 金 受 取 人 とともに 被 保 険 者 の 死 亡 の 通 知 義 務 を 負 う( 保 険 法 37 50) (2) 解 約 権 及 び 解 約 返 戻 金 請 求 権 保 険 契 約 者 は いつでも 生 命 保 険 契 約 を 解 除 することができることとさ れている( 保 険 法 54) (14) また 約 款 上 保 険 契 約 者 が 解 約 権 を 行 使 し た 場 合 において 解 約 返 戻 金 がある 場 合 にはこれを 保 険 者 に 請 求 すること ができる (3) 積 立 金 払 戻 請 求 権 保 険 法 では 次 に 掲 げる 事 由 により 生 命 保 険 契 約 が 終 了 した 場 合 には 当 該 終 了 の 時 における 保 険 料 積 立 金 を 保 険 者 が 保 険 契 約 者 に 対 し 払 い 戻 さ なければならない (15) と 規 定 している( 保 険 法 63) 1 保 険 受 取 人 による 被 保 険 者 の 故 殺 等 の 法 定 免 責 事 由 に 該 当 する 場 合 ( 同 51 一 三 四 ) 2 保 険 者 の 責 任 開 始 前 における 保 険 契 約 者 の 任 意 解 除 又 は 被 保 険 者 によ (14) なお 生 命 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 ってのみ 効 力 を 生 ずることとされている ( 保 険 法 591) (15) ただし 保 険 者 が 保 険 給 付 を 行 う 責 任 を 負 うときは この 限 りでない( 保 険 法 63 ただし 書 )

43 147 る 解 除 請 求 による 保 険 契 約 の 解 除 ( 同 ) 3 生 命 保 険 契 約 の 締 結 後 に 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 において 保 険 者 が 当 該 生 命 保 険 契 約 を 解 除 する 場 合 ( 同 561) 4 保 険 者 が 破 産 した 場 合 における 生 命 保 険 契 約 の 解 除 又 は 失 効 があった 場 合 ( 同 96) (4) 保 険 金 受 取 人 の 変 更 権 保 険 契 約 者 は 保 険 事 故 が 発 生 するまでは 保 険 金 受 取 人 を 変 更 するこ とができることとされている( 保 険 法 431) この 規 定 は 任 意 規 定 とされ ているが 実 務 上 は 約 款 において 保 険 契 約 者 の 保 険 金 受 取 人 の 変 更 権 が 留 保 されているのが 通 例 である したがって 保 険 契 約 者 は その 保 険 契 約 の 保 険 金 受 取 人 についていつでも 変 更 することができる ただし 死 亡 保 険 契 約 の 保 険 金 受 取 人 の 変 更 は 被 保 険 者 の 同 意 がなければ その 効 力 を 生 じないこととされている( 保 険 法 45) (5) 利 益 配 当 ( 契 約 者 配 当 ) 請 求 権 保 険 契 約 者 は 保 険 会 社 が 相 互 会 社 の 場 合 には 剰 余 金 の 配 当 を 保 険 会 社 が 株 式 会 社 の 場 合 には 利 益 の 配 当 を 受 けることができる 保 険 料 が 死 亡 率 等 の 基 礎 率 を 前 提 にした 概 算 払 の 性 格 を 有 するものであるため 現 実 に 確 定 された 実 績 値 との 差 額 の 精 算 が 契 約 者 配 当 であるといえる (6) 約 款 貸 付 保 険 契 約 者 は 解 約 返 戻 金 の 範 囲 内 で 保 険 者 から 現 金 の 貸 付 けを 受 ける ことができ これを 契 約 者 貸 付 という 保 険 契 約 者 は 保 険 期 間 中 はいつで もその 元 利 金 の 一 部 又 は 全 部 を 返 済 することができるが 元 利 金 の 額 が 解 約 返 戻 金 の 額 を 超 えた 場 合 には 所 定 の 期 日 以 内 に 返 済 しないと 保 険 契 約 は 失 効 することとなっている また 保 険 料 払 込 みの 期 日 までに 保 険 料 が 支 払 われない 場 合 保 険 契 約 者 があらかじめ 反 対 の 申 出 をしない 限 り 必 要 な 金 額 が 解 約 返 戻 金 の 範 囲 内 で 自 動 的 に 貸 し 付 けられ 保 険 料 に 充 当 される これを 保 険 料 振 替 貸 付 と いう

44 148 (7) 払 済 保 険 延 長 保 険 への 変 更 保 険 期 間 の 途 中 で 保 険 料 の 払 込 みを 中 止 して 保 険 契 約 の 内 容 を 変 更 す (16) ることができる 保 険 期 間 は 不 変 のまま 保 険 金 額 を 減 額 する 払 済 保 険 への 変 更 や 保 険 金 額 は 変 更 せずに 保 険 期 間 を 短 縮 する 延 長 保 険 (17) への 変 更 が 可 能 であり いずれの 場 合 も 解 約 返 戻 金 の 額 を 一 時 払 の 保 険 料 に 充 当 したものとして 計 算 される 上 記 の 保 険 契 約 者 の 権 利 のうち 解 約 権 及 び 保 険 金 受 取 人 の 変 更 権 は 保 険 契 約 者 の 一 方 的 意 思 表 示 によってなされる 単 独 行 為 であり 保 険 者 の 同 意 を 要 せずに 保 険 契 約 者 の 一 方 的 意 思 表 示 によりその 効 力 を 生 じる 形 成 権 である と 解 されている (18)(19) 3 被 保 険 者 生 命 保 険 契 約 における 被 保 険 者 とは その 者 の 生 存 又 は 死 亡 に 関 し 保 険 者 が 保 険 給 付 を 行 うこととなる 者 をいう( 保 険 法 2 四 ロ) 被 保 険 者 は 保 険 契 約 者 自 身 でもよく 又 はそれ 以 外 の 他 人 でも 構 わないこ (16) 既 契 約 が 養 老 保 険 であった 場 合 を 例 にとれば 保 険 期 間 の 途 中 で 保 険 料 の 払 い 込 みを 中 止 し その 時 点 での 解 約 返 戻 金 相 当 額 を 既 契 約 の 保 険 期 間 の 残 期 間 と 同 一 の 保 険 期 間 となる 養 老 保 険 の 一 時 払 保 険 料 に 充 当 することになる これにより 保 険 金 額 は 減 額 されるものの 以 後 の 保 険 料 を 支 払 うことなく 既 契 約 と 同 一 の 保 険 期 間 保 障 機 能 を 得 ることができる (17) 上 記 と 同 様 に 既 契 約 が 養 老 保 険 であった 場 合 を 例 にとれば 保 険 期 間 の 途 中 で 保 険 料 の 払 い 込 みを 中 止 しその 時 点 での 解 約 返 戻 金 相 当 額 を 一 時 払 保 険 料 に 充 当 する のは 同 じであるが 既 契 約 (この 場 合 は 養 老 保 険 )の 死 亡 保 障 と 同 一 の 保 険 金 額 とな る 定 期 保 険 に 変 更 することとなる これにより 保 険 期 間 は 短 縮 されるものの 以 後 の 保 険 料 を 支 払 うことなく 既 契 約 と 同 一 の 保 険 金 額 による 保 障 を 得 ることができ る (18) 最 判 昭 和 62 年 10 月 29 日 ( 民 集 41 巻 7 号 1527 頁 ) ほかに 形 成 権 であることを 明 言 したものとして 東 京 地 判 昭 和 45 年 3 月 12 日 ( 判 例 時 報 601 号 91 頁 その 控 訴 審 東 京 高 判 昭 和 47 年 7 月 28 日 ( 下 民 23 巻 5~8 号 403 頁 )) (19) 大 森 忠 夫 保 険 金 受 取 人 の 指 定 変 更 撤 回 の 法 的 性 質 大 森 忠 夫 = 三 宅 一 夫 生 命 保 険 契 約 法 の 諸 問 題 77 頁 ( 有 斐 閣 昭 33) 中 村 敏 夫 保 険 金 受 取 人 の 指 定 変 更 権 の 行 使 保 険 学 雑 誌 475 号 31 頁 ( 昭 51)ほか

45 149 ととされ 前 者 を 自 己 の 生 命 の 保 険 契 約 といい 後 者 を 他 人 の 生 命 の 保 険 契 約 という 被 保 険 者 の 権 利 としては 保 険 法 上 他 人 の 生 命 の 生 命 保 険 契 約 における 被 保 険 者 の 解 除 請 求 が 規 定 されている( 保 険 法 58) (20) すなわち 次 に 掲 げるときには 被 保 険 者 は 保 険 契 約 者 に 対 し 当 該 保 険 契 約 の 解 除 を 請 求 することができることとされ その 場 合 保 険 契 約 者 は 当 該 保 険 契 約 を 解 除 することができることとされている 1 保 険 契 約 者 又 は 保 険 金 受 取 人 による 保 険 者 の 故 殺 等 又 は 保 険 金 受 取 人 に よる 保 険 給 付 についての 詐 欺 等 2 1に 掲 げるもののほか 被 保 険 者 の 保 険 契 約 者 又 は 保 険 金 受 取 人 に 対 す る 信 頼 を 損 ない 当 該 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 がある 場 合 3 保 険 契 約 者 と 被 保 険 者 との 間 の 親 族 関 係 の 終 了 その 他 の 事 情 により 被 保 険 者 が 保 険 契 約 締 結 の 際 の 同 意 をするに 当 たって 基 礎 とした 事 情 が 著 し く 変 更 した 場 合 なお 保 険 契 約 者 がこの 解 除 請 求 を 受 けても 保 険 契 約 を 解 除 しないときは 被 保 険 者 は 裁 判 により 保 険 契 約 者 が 解 除 の 意 思 表 示 をしたものとして 解 除 することができる (21) また 法 律 上 の 権 利 義 務 ではないが 次 に 掲 げる 事 項 については 被 保 険 者 の 同 意 が 必 要 であり 同 意 がなければ 効 力 は 生 じないこととされている 1 他 人 の 死 亡 を 保 険 事 故 とする 契 約 の 締 結 ( 保 険 法 38) 2 死 亡 保 険 契 約 の 保 険 金 受 取 人 の 変 更 ( 同 45) 3 保 険 給 付 請 求 権 の 譲 渡 等 ( 同 47) ただし 被 保 険 者 の 同 意 は モラルリスクや 賭 博 保 険 の 防 止 等 のために 行 われるものであり 被 保 険 者 は 同 意 によって 保 険 者 保 険 契 約 者 保 険 金 (20) 他 人 の 傷 害 疾 病 を 保 険 事 故 とする 保 険 契 約 においても 同 様 に 被 保 険 者 による 解 除 請 求 が 規 定 されている ただし その 事 由 は 他 人 の 生 命 を 保 険 事 故 とする 保 険 契 約 の 場 合 と 若 干 異 なる( 保 険 法 87) (21) 竹 濱 修 特 集 新 しい 保 険 法 生 命 保 険 契 約 および 傷 害 疾 病 保 険 契 約 特 有 の 事 項 ジュリスト 1364 号 49 頁 ( 平 20)

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

[2] 控 除 限 度 額 繰 越 欠 損 金 を 有 する 法 人 において 欠 損 金 発 生 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 の 欠 損 金 の 繰 越 控 除 にあ たっては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 次 ページ 以 降 で 解 説 する の 特 例 (

[2] 控 除 限 度 額 繰 越 欠 損 金 を 有 する 法 人 において 欠 損 金 発 生 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 の 欠 損 金 の 繰 越 控 除 にあ たっては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 次 ページ 以 降 で 解 説 する の 特 例 ( 相 談 ~ 改 正 に 伴 い 改 めて 整 理 しておきたい~ 法 人 税 における 繰 越 欠 損 金 制 度 米 澤 潤 平 部 東 京 室 平 成 27 年 度 および28 年 度 の 税 制 改 正 による 法 人 税 率 引 き 下 げに 伴 う 課 税 ベース 拡 大 の 一 環 として 繰 越 欠 損 金 制 度 についても 大 改 正 が 行 われました 今 回 は 繰 越 欠 損

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information