横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 "

Transcription

1 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月

2 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 況 (1) 市 税 決 算 額 の 推 移 5 (2) 税 目 別 構 成 比 の 推 移 6 3 地 方 交 付 税 の 状 況 7 4 市 債 の 状 況 (1) 市 債 発 行 額 の 推 移 8 (2) 市 債 残 高 と 伸 び 率 の 推 移 9 (3) 事 業 別 市 債 残 高 の 推 移 11 第 Ⅲ 部 歳 出 の 状 況 1 目 的 別 歳 出 構 造 (1) 目 的 別 歳 出 決 算 額 の 推 移 12 (2) 目 的 別 歳 出 決 算 構 成 比 の 推 移 13 2 性 質 別 歳 出 構 造 (1) 性 質 別 歳 出 決 算 額 の 推 移 14 (2) 性 質 別 歳 出 決 算 構 成 比 の 推 移 15 ( 参 考 ) 経 常 収 支 比 率 の 状 況 16 ( 参 考 ) 平 成 25 年 度 決 算 に 基 づく 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 について 17 ( 参 考 ) 平 成 25 年 度 決 算 に 基 づく 債 務 返 済 指 数 について 17 ( 参 考 ) 主 な 財 政 指 標 の 他 都 市 比 較 18 ( 参 考 ) 健 全 化 判 断 比 率 他 都 市 比 較 19 第 Ⅳ 部 基 金 の 状 況 1 財 政 調 整 基 金 残 高 の 推 移 20 2 減 債 基 金 残 高 の 推 移 20 ( 参 考 ) 普 通 会 計 とは 21 ( 参 考 ) 財 政 関 係 用 語 集 22 本 文 中 で 使 用 している 数 値 は 原 則 として 普 通 会 計 の 数 値 になります 普 通 会 計 については 21ページをご 覧 ください 表 示 単 位 未 満 を 四 捨 五 入 しているため 合 計 等 が 一 致 しない 場 合 があります - 1 -

3 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 横 浜 市 の 財 政 規 模 について 普 通 会 計 ベースで 見 てみると 歳 入 歳 出 ともに 3 年 連 続 の 増 加 となりました 平 成 25 年 度 の 増 加 は 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 の 解 散 に 伴 う 第 三 セクター 等 改 革 推 進 債 ( 以 下 三 セク 債 )の 発 行 と それを 財 源 とした 負 担 金 の 増 (1,372 億 円 )が 大 きい 要 因 となっています 歳 入 については 前 年 度 に 比 べ1,660 億 円 の 増 の1 兆 5,980 億 円 に 歳 出 については 前 年 度 に 比 べ1,547 億 円 の 増 の1 兆 5,582 億 円 となりました - 2 -

4 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 平 成 25 年 度 の 歳 入 決 算 額 は1 兆 5,980 億 円 で 前 年 度 に 比 べ1,660 億 円 の 増 となってい ます 内 訳 を 見 てみると 次 の 項 目 が 大 きな 割 合 を 占 めています 市 税 平 成 25 年 度 は 個 人 市 民 税 が 年 少 扶 養 控 除 廃 止 の 影 響 の 平 年 度 化 固 定 資 産 税 が 家 屋 の 新 増 築 市 たばこ 税 が 税 率 改 正 など それぞれの 要 因 で 増 となったことなどから 前 年 度 に 比 べ61 億 円 増 の7,074 億 円 とな り2 年 ぶりの 増 収 となりました また 収 納 率 については 前 年 度 に 引 き 続 き 過 去 最 高 の98.5%(0.3ポイント 増 )となりました 市 債 平 成 25 年 度 の 市 債 の 決 算 額 は 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 の 解 散 のため 三 セク 債 を1,372 億 円 発 行 したことなどにより 前 年 度 に 比 べ1,301 億 円 増 の2,771 億 円 となっています - 3 -

5 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 歳 入 に 占 める 各 項 目 のうち 目 立 った 増 減 があった 項 目 は 次 のとおりです 市 税 平 成 25 年 度 は 前 年 度 と 比 べ 増 収 となりましたが 三 セク 債 の 発 行 に 伴 い 相 対 的 に 市 債 の 割 合 が 高 まったことなどにより 4.7ポイント 下 が り44.3%となりました 市 債 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 の 解 散 のため 三 セク 債 を1,372 億 円 発 行 したこと などにより 平 成 25 年 度 は 前 年 度 と 比 べ7.0ポイント 上 がり 17.3%とな りました - 4 -

6 2 市 税 の 状 況 (1) 市 税 決 算 額 の 推 移 平 成 16 年 度 厳 しい 雇 用 環 境 を 反 映 した 個 人 市 民 税 の 減 などにより 減 収 ( 0.2%)となりました 平 成 17 年 度 税 制 改 正 などの 影 響 による 個 人 市 民 税 の 増 企 業 収 益 の 増 加 による 法 人 市 民 税 の 増 などにより 4 年 ぶりの 増 収 (2.2%)となりました 平 成 18 年 度 評 価 替 えの 影 響 により 固 定 資 産 税 が 減 収 となりましたが 税 制 改 正 の 影 響 ( 定 率 減 税 の1/2の 縮 減 等 ) 及 び 所 得 の 回 復 による 個 人 市 民 税 の 増 企 業 収 益 の 増 加 による 法 人 市 民 税 の 増 などにより 増 収 (2.7%)と なりました 平 成 19 年 度 税 制 改 正 の 影 響 及 び 所 得 の 増 加 傾 向 による 個 人 市 民 税 の 増 企 業 収 益 の 増 加 による 法 人 市 民 税 の 増 家 屋 の 新 増 築 の 増 による 固 定 資 産 税 の 増 などにより 増 収 (5.5%)となりました 平 成 20 年 度 急 激 な 景 気 悪 化 を 受 けて 法 人 市 民 税 が6 年 ぶりに 減 少 しましたが 個 人 市 民 税 固 定 資 産 税 が 増 収 になったため 全 体 としては4 年 連 続 の 増 収 (0.8%)となりました 平 成 21 年 度 企 業 収 益 の 悪 化 による 法 人 市 民 税 の 大 幅 な 減 などから 平 成 16 年 度 以 来 5 年 ぶりに 減 収 ( 2.1%)となりました 平 成 22 年 度 所 得 等 の 減 少 によって 個 人 市 民 税 が 大 幅 に 減 少 したことなどにより 平 成 21 年 度 に 引 き 続 き 2 年 連 続 減 収 ( 1.9%)となりました 平 成 23 年 度 法 人 市 民 税 が 東 日 本 大 震 災 の 影 響 が 一 部 あったものの 企 業 収 益 が 堅 調 であったことから 増 収 となったことに 加 え 収 納 率 が 本 市 過 去 最 高 の97.9%となったことなどから 3 年 ぶりの 増 収 (0.7%)となりました 平 成 24 年 度 固 定 資 産 税 が3 年 毎 に 行 う 評 価 替 えの 影 響 により 減 収 となったことなど から 2 年 ぶりの 減 収 ( 0.6%)となりました 平 成 25 年 度 年 少 扶 養 控 除 廃 止 の 影 響 の 平 年 度 化 などによる 個 人 市 民 税 の 増 家 屋 の 新 増 築 などによる 固 定 資 産 税 の 増 税 率 の 改 正 による 市 たばこ 税 の 増 などにより 2 年 ぶりの 増 収 (0.9%)となりました - 5 -

7 (2) 税 目 別 構 成 比 の 推 移 横 浜 市 の 市 税 収 入 の 中 では 個 人 市 民 税 と 固 定 資 産 税 の2 税 が 大 きな 割 合 を 占 めて います(この2 税 を 合 わせた 構 成 比 は 平 成 25 年 度 では77.7%となっています) 個 人 市 民 税 平 成 17 年 度 までは 概 ね 30% 台 半 ばで 推 移 していましたが 平 成 19 年 度 には 税 制 改 正 の 影 響 及 び 所 得 の 増 による 増 収 で 40%を 超 えまし た 平 成 25 年 度 は 平 成 24 年 度 と 比 べて 0.3 ポイント 下 がり40.7%と なっています 法 人 市 民 税 平 成 20 年 秋 以 降 の 急 激 な 企 業 収 益 の 悪 化 を 反 映 し 平 成 20 年 度 に 減 少 に 転 じましたが 平 成 22 年 度 から 増 加 傾 向 となっていました 平 成 25 年 度 は 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げの 影 響 を 受 けたものの 企 業 収 益 の 回 復 により 前 年 同 額 程 度 で 構 成 比 もほぼ 横 ばいとなっています 固 定 資 産 税 平 成 18 年 度 以 降 個 人 市 民 税 の 増 収 等 の 影 響 などにより 構 成 比 が 相 対 的 に 下 がり 30% 台 後 半 で 推 移 しています 平 成 25 年 度 は 37.0%とほぼ 横 ばいで 推 移 しています ここ10 年 間 の 推 移 を 見 ると 平 成 17 年 度 までは 固 定 資 産 税 の 占 める 割 合 が 個 人 市 民 税 よりも 大 きくなっていましたが 平 成 18 年 度 からは 個 人 市 民 税 の 占 める 割 合 が 固 定 資 産 税 を 上 回 っており 個 人 市 民 税 の 収 入 割 合 の 高 いことが 横 浜 市 の 税 収 構 造 の 特 徴 と なっています - 6 -

8 3 地 方 交 付 税 の 状 況 地 方 交 付 税 には 普 通 交 付 税 と 特 別 交 付 税 があります このうち 普 通 交 付 税 は 基 準 財 政 需 要 額 (18ページ 参 照 )から 基 準 財 政 収 入 額 (18ページ 参 照 )を 差 し 引 いた そ の 差 額 ( 財 源 不 足 額 )に 応 じて 交 付 されるものです したがって 各 年 度 における 基 準 財 政 需 要 額 の 増 減 や 税 収 の 影 響 などによる 基 準 財 政 収 入 額 の 増 減 に 応 じて 変 動 しています 平 成 25 年 度 の 地 方 交 付 税 交 付 額 は 普 通 交 付 税 特 別 交 付 税 ともに 減 額 となり 合 わせ て 前 年 度 に 比 べ21 億 円 の 減 となりました なお 平 成 13 年 度 から 発 行 している 臨 時 財 政 対 策 債 ( )(740 億 円 )を 含 む 広 義 の 地 方 交 付 税 額 は 965 億 円 となり 前 年 度 に 比 べ59 億 円 の 増 となりました 臨 時 財 政 対 策 債 について 臨 時 財 政 対 策 債 は 地 方 財 政 の 財 源 不 足 を 補 てんするため 従 来 地 方 交 付 税 により 交 付 されていた 額 の 一 部 について 地 方 債 に 振 り 替 えられたもので 28 年 度 までの 間 発 行 が 認 め られた 地 方 債 です なお その 元 利 償 還 金 の100%が 後 年 度 の 地 方 交 付 税 の 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 され ます - 7 -

9 4 市 債 の 状 況 (1) 市 債 発 行 額 の 推 移 さまざまな 市 民 ニーズに 対 応 するため 活 用 してきた 市 債 の 発 行 額 は 平 成 6 年 度 から 平 成 8 年 度 まで 毎 年 およそ2,700~3,300 億 円 程 度 で 推 移 してきました しかし 将 来 にわたり 財 政 の 健 全 性 を 維 持 していくために 平 成 9 年 度 の 当 初 予 算 から 一 般 会 計 における 一 般 的 な 市 債 については 市 債 の 発 行 額 を 計 画 的 に 抑 制 すること としたため 平 成 15 年 度 まで 毎 年 度 減 少 しています さらに 平 成 16 年 度 からは 中 期 財 政 ビジョン や 中 期 計 画 に 基 づき 臨 時 財 政 対 策 債 などを 含 む 全 ての 市 債 で 計 画 的 に 発 行 抑 制 を 行 ってきました 平 成 25 年 度 は 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 の 解 散 に 伴 う 三 セク 債 を 発 行 したため 最 終 的 な 市 債 発 行 額 は 1,301 億 円 増 の2,771 億 円 となりました なお 三 セク 債 を 除 いた 最 終 的 な 市 債 発 行 額 は 72 億 円 減 の1,399 億 円 となっています - 8 -

10 (2) 市 債 残 高 と 伸 び 率 の 推 移 市 債 残 高 は 毎 年 度 元 金 返 済 分 だけ 減 少 し 新 規 発 行 分 だけ 増 加 しますので 元 金 返 済 額 が 新 規 発 行 額 を 上 回 らない 限 り 市 債 残 高 は 増 えることになります 平 成 8 年 度 までは 整 備 が 急 がれていた 都 市 基 盤 施 設 や 市 民 利 用 施 設 などのために 発 行 額 を 増 やしてきた 結 果 毎 年 度 10~15%ほど 増 加 していました しかし 将 来 にわたって 健 全 な 財 政 を 維 持 するため 平 成 9 年 度 以 降 建 設 事 業 等 の ために 発 行 する 一 般 的 な 市 債 の 発 行 を 抑 制 し また 平 成 16 年 度 からは 臨 時 財 政 対 策 債 等 を 含 めた 全 ての 市 債 の 発 行 を 抑 制 したことにより その 後 は 概 ね 減 少 傾 向 となってい ます 平 成 17 年 度 は 平 成 16 年 度 に 引 き 続 いて 全 ての 市 債 の 発 行 を 抑 制 した 一 方 で 横 浜 市 立 大 学 の 独 立 行 政 法 人 化 に 伴 い 同 大 学 の 債 務 を 一 般 会 計 で 引 き 継 いだ 影 響 によ り 2 兆 3,418 億 円 とやや 増 加 しています また 横 浜 方 式 のプライマリーバランス( ) を 取 り 入 れて 平 成 18 年 度 からはその 黒 字 を 維 持 しており 市 債 残 高 を 着 実 に 減 らしてきました 平 成 24 年 度 は 震 災 対 策 を 実 施 するために 必 要 な 市 債 を 上 乗 せして 活 用 することとし たことなどにより 2 兆 2,137 億 円 とやや 増 加 しています 平 成 25 年 度 は 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 解 散 に 伴 い 三 セク 債 を 発 行 したことなどにより 残 高 が2 兆 3,503 億 円 となり 平 成 24 年 度 より1,366 億 円 増 加 しました なお 三 セク 債 発 行 の 影 響 を 取 り 除 いた 残 高 は 2 兆 2,131 億 円 となり 24 年 度 より6 億 円 減 少 しました 横 浜 方 式 のプライマリーバランスについて 市 債 残 高 の 減 少 を 目 指 すため 市 債 発 行 額 を その 年 度 の 元 金 償 還 予 算 額 の 範 囲 内 に 抑 える とともに 市 債 以 外 の 歳 入 確 保 と 歳 出 抑 制 を 徹 底 し 当 該 年 度 の 収 入 で 利 払 いを 含 む 当 該 年 度 の 支 出 を 賄 う こととしています -9 -

11 三 セク 債 臨 時 税 収 補 てん 債 (H9) 減 税 補 てん 債 (H10~18) 特 定 資 金 公 共 投 資 事 業 債 (H13 14) 臨 時 財 政 対 策 債 (H13~) 減 収 補 てん 債 ( 特 例 分 )(H20~) 一 般 的 な 市 債 棒 グラフについては 市 債 残 高 ( 左 軸 )を 折 れ 線 グラフについては 市 債 残 高 の 伸 び 率 ( 右 軸 )を 表 しています 三 セク 債 を 除 いた 市 債 残 高 の 伸 び 率 ( 注 )この 表 は 横 浜 市 立 大 学 の 独 立 行 政 法 人 化 に 伴 う 債 務 の 承 継 分 を 遡 って 計 数 整 理 していません

12 (3) 事 業 別 市 債 残 高 の 推 移 市 債 残 高 の 内 訳 を 見 ると 三 セク 債 を 除 き 平 成 16 年 度 と 比 較 して 大 幅 に 残 高 が 伸 び ているのは 臨 時 財 政 対 策 債 等 で その 他 はすべて 同 程 度 もしくは 減 少 しています 平 成 25 年 度 では 残 高 の 多 い 順 から 道 路 債 公 園 関 係 債 港 湾 債 などとなっています ( 注 ) この 表 は 横 浜 市 立 大 学 の 独 立 行 政 法 人 化 に 伴 う 債 務 の 承 継 分 を 遡 って 計 数 整 理 していません

13 第 Ⅲ 部 歳 出 の 状 況 1 目 的 別 歳 出 構 造 (1) 目 的 別 歳 出 決 算 額 の 推 移 歳 出 を 行 政 の 目 的 に 着 目 して 分 類 し その 推 移 を 表 したのが 下 の 図 です 金 額 が 大 きい 項 目 は 次 のとおりです 児 童 や 高 齢 者 障 害 者 などに 対 する 福 祉 サービス 施 設 の 整 備 などに 対 応 するため の 福 祉 に 関 する 経 費 道 路 や 橋 りょう 市 街 地 再 開 発 や 横 浜 港 などの 都 市 基 盤 の 整 備 に 関 する 経 費 過 去 に 発 行 した 市 債 の 返 済 等 に 関 する 市 債 の 償 還 に 関 する 経 費 ( 注 ) この 表 は 横 浜 市 立 大 学 の 独 立 行 政 法 人 化 に 伴 う 債 務 の 承 継 分 を 遡 って 計 数 整 理 していません

14 (2) 目 的 別 歳 出 決 算 構 成 比 の 推 移 目 的 別 歳 出 構 成 比 の 推 移 のうち 目 立 った 増 減 があった 項 目 は 次 のとおりです 総 務 的 な 事 務 に 関 する 経 費 平 成 16~24 年 度 は 6~8% 台 で 推 移 してきましたが 平 成 25 年 度 は 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 の 解 散 に 伴 う 負 担 金 の 増 により 14.6%となっています 福 祉 に 関 する 経 費 平 成 16 年 度 は 25.2%でしたが 児 童 福 祉 や 生 活 保 護 等 に 関 する 経 費 の 増 など により 年 々 増 加 傾 向 にあります 平 成 25 年 度 は 総 務 的 な 事 務 に 関 する 経 費 の 割 合 が 高 くなり 35.0%と 平 成 24 年 度 に 比 べ 低 くなっていますが 決 算 額 は 増 加 しています 都 市 基 盤 の 整 備 に 関 する 経 費 平 成 16 年 度 は 17.9%でしたが その 後 は 減 少 傾 向 にあり 平 成 25 年 度 は 12.8%となっています ( 注 ) この 表 は 横 浜 市 立 大 学 の 独 立 行 政 法 人 化 に 伴 う 債 務 の 承 継 分 を 遡 って 計 数 整 理 していません

15 2 性 質 別 歳 出 構 造 (1) 性 質 別 歳 出 決 算 額 の 推 移 歳 出 をその 性 質 に 着 目 して 分 類 し 推 移 を 表 したのが 下 の 図 です 職 員 の 給 与 や 退 職 手 当 などの 人 件 費 児 童 高 齢 者 や 障 害 者 などに 対 するさまざまなサービスに 要 する 経 費 生 活 に 困 窮 している 家 庭 等 を 支 援 するための 生 活 保 護 費 などの 扶 助 費 市 債 の 利 払 いや 償 還 に 要 する 費 用 である 公 債 費 印 刷 製 本 費 備 品 購 入 費 などの 物 件 費 本 市 の 外 郭 団 体 や 公 営 企 業 会 計 などに 対 する 補 助 金 等 の 補 助 費 等 都 市 基 盤 施 設 等 の 整 備 に 要 する 投 資 的 経 費 である 普 通 建 設 事 業 費 などに 分 けることができます 人 件 費 扶 助 費 公 債 費 は 毎 年 必 ず 支 出 が 必 要 となる 固 定 的 な 経 費 であり 義 務 的 経 費 と 呼 ばれています 歳 出 に 占 める 義 務 的 経 費 の 割 合 が 高 まると 自 由 に 使 えるお 金 が 少 なくなり 財 政 が 硬 直 化 してしまいます この 義 務 的 経 費 は 平 成 16 年 度 には6,317 億 円 だったものが 平 成 25 年 度 では7,349 億 円 となっています

16 (2) 性 質 別 歳 出 決 算 構 成 比 の 推 移 構 成 比 を 見 てみると 平 成 25 年 度 では 人 件 費 12.3% 扶 助 費 23.4% 公 債 費 11.4% 普 通 建 設 事 業 費 11.9% などとなっています この 10 年 間 の 構 成 比 の 推 移 を 見 てみると 義 務 的 経 費 が 増 加 傾 向 を 示 していま す 平 成 25 年 度 は 横 浜 市 土 地 開 発 公 社 の 解 散 に 伴 う 補 助 費 等 の 割 合 の 増 加 に より 義 務 的 経 費 の 割 合 が 相 対 的 に 低 くなっており 47.2%となっています ( 参 考 ) 普 通 建 設 事 業 費 の 補 助 単 独 事 業 費 の 推 移 下 のグラフは 普 通 建 設 事 業 費 のうち 国 からの 補 助 金 を 活 用 して 実 施 する 補 助 事 業 費 と 本 市 の 単 独 事 業 費 の 推 移 を 表 したものです

17 ( 参 考 ) 経 常 収 支 比 率 の 状 況 経 常 収 支 比 率 とは 経 常 一 般 財 源 等 ( 市 税 普 通 交 付 税 及 び 地 方 譲 与 税 など 経 常 的 な 収 入 で その 使 途 が 限 定 されていないもの)に 占 める 市 が 毎 年 固 定 的 に 支 出 す る 経 常 的 な 経 費 に 充 当 する 割 合 を 表 しており この 値 が 高 くなるにしたがって 財 政 構 造 の 弾 力 性 が 低 くなっていくといわれています 本 市 の 経 常 収 支 比 率 は 平 成 16 年 度 までは 80% 台 で 推 移 していましたが 平 成 17 年 度 以 降 は 90% 台 に 上 昇 しました 平 成 25 年 度 は 市 税 や 県 税 交 付 金 の 増 などによ り 経 常 一 般 財 源 等 が 増 加 したため 94.3%と 24 年 度 に 比 べ 1.3 ポイント 改 善 していま す 100% 80% % % % % H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 年 度 人 件 費 扶 助 費 公 債 費 繰 出 金 物 件 費 補 助 費 等 その 他 ( 注 ) 平 成 25 年 度 の 算 出 式 は 以 下 のとおりです 経 常 収 支 比 率 = 経 常 経 費 充 当 一 般 財 源 等 経 常 一 般 財 源 等 ( 市 税 + 普 通 交 付 税 + 地 方 譲 与 税 + 県 税 交 付 金 等 ) + 臨 時 財 政 対 策 債 100(%)

18 ( 参 考 ) 平 成 25 年 度 決 算 に 基 づく 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 について 地 方 公 共 団 体 の 財 政 の 健 全 化 に 関 する 法 律 ( 以 下 財 政 健 全 化 法 といいます )では 毎 年 度 前 年 度 の 決 算 を 提 出 した 後 健 全 化 判 断 比 率 ( 実 質 赤 字 比 率 連 結 実 質 赤 字 比 率 実 質 公 債 費 比 率 将 来 負 担 比 率 )と 公 営 企 業 会 計 の 資 金 不 足 比 率 を 公 表 することとしています 横 浜 市 は いずれの 健 全 化 判 断 比 率 についても 国 の 定 める 早 期 健 全 化 基 準 等 を 下 回 りまし た また 公 営 企 業 の 資 金 不 足 比 率 についても 資 金 不 足 を 生 じている 会 計 はありませんでした ( 単 位 :%) 1 実 質 赤 字 比 率 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 3 実 質 公 債 費 比 率 4 将 来 負 担 比 率 5 資 金 不 足 比 率 横 浜 市 平 成 24 年 度 ( 該 当 会 計 なし)- 平 成 25 年 度 ( 該 当 会 計 なし)- 早 期 健 全 化 基 準 (11.25) (16.25) (25) (400) 財 政 再 生 基 準 (20) (30) (35) 経 営 健 全 化 基 準 各 会 計 20% ( 注 ) 実 質 赤 字 額 連 結 実 質 赤 字 額 及 び 資 金 不 足 額 がない 場 合 は - と 表 記 します 各 健 全 化 判 断 比 率 の 内 容 は 次 のとおりです 1 実 質 赤 字 比 率 一 般 会 計 等 を 対 象 とした 実 質 赤 字 の 標 準 財 政 規 模 に 対 する 比 率 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 全 会 計 を 対 象 とした 実 質 赤 字 ( 又 は 資 金 不 足 額 )の 標 準 財 政 規 模 に 対 する 比 率 3 実 質 公 債 費 比 率 (3か 年 平 均 ) 一 般 会 計 等 が 負 担 する 元 利 償 還 金 及 び 準 元 利 償 還 金 の 標 準 財 政 規 模 に 対 する 比 率 4 将 来 負 担 比 率 一 般 会 計 等 が 将 来 負 担 すべき 実 質 的 な 負 担 の 標 準 財 政 規 模 に 対 する 比 率 5 資 金 不 足 比 率 ( 公 営 企 業 会 計 ごとに 算 出 ) 資 金 不 足 額 の 事 業 の 規 模 に 対 する 比 率 ( 参 考 ) 平 成 25 年 度 決 算 に 基 づく 債 務 返 済 指 数 について 本 市 では 市 税 収 入 等 の 歳 入 規 模 からみて どの 程 度 の 借 入 金 残 高 ならば 健 全 と 言 えるのか という 視 点 から 残 高 管 理 の 目 標 感 が 持 てるように 債 務 返 済 指 数 の 考 え 方 を 新 たな 中 期 計 画 策 定 の 中 で 検 討 しています 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 11.6 年 11.2 年 10.8 年 10.6 年 10.5 年 借 入 金 残 高 等 の 債 務 に 対 し 各 年 度 の 償 還 財 源 ( 市 税 等 の 債 務 返 済 に 充 当 可 能 な 財 源 で 人 件 費 等 の 経 常 的 な 経 費 を 引 いたもの)を 全 て 返 済 に 充 てた 場 合 どの 程 度 の 年 数 で 返 済 可 能 かを 示 しています 国 の 健 全 化 判 断 比 率 である 実 質 公 債 費 比 率 等 と 同 様 に 当 該 年 度 を 含 む 3 か 年 分 の 平 均 値 を 当 該 年 度 の 値 とします 債 務 返 済 指 数 ( 年 )= 借 入 金 残 高 等 の 債 務 実 質 的 な 債 務 ( 一 般 会 計 等 にかかる 地 方 債 現 在 高 公 営 企 業 債 等 繰 入 見 込 額 退 職 手 当 負 担 見 込 額 等 )- 債 務 の 返 済 に 充 当 可 能 な 歳 入 ( 財 政 調 整 基 金 充 当 可 能 特 定 歳 入 等 ) 各 年 度 の 償 還 財 源 経 常 一 般 財 源 等 - 経 常 経 費 充 当 一 般 財 源 等 + 元 利 償 還 金

19 ( 参 考 ) 主 な 財 政 指 標 の 他 都 市 比 較 主 な 財 政 指 標 を 他 の 政 令 指 定 都 市 と 比 較 してみると 次 のようになります 都 市 名 経 常 収 支 比 率 財 政 力 指 数 横 浜 市 94.3 % (8) 0.96 (4) 札 幌 市 92.3 % (7) 0.69 (19) 仙 台 市 97.3 % (16) 0.85 (10) さ い た ま 市 94.5 % (9) 0.97 (3) 千 葉 市 95.5 % (11) 0.95 (5) 川 崎 市 97.8 % (17) 1.00 (1) 相 模 原 市 97.0 % (15) 0.95 (5) 新 潟 市 92.2 % (6) 0.72 (17) 静 岡 市 91.1 % (5) 0.90 (8) 浜 松 市 90.7 % (3) 0.87 (9) 名 古 屋 市 % (19) 0.98 (2) 京 都 市 % (20) 0.76 (14) 大 阪 市 98.3 % (18) 0.91 (7) 堺 市 96.3 % (13) 0.84 (12) 神 戸 市 95.1 % (10) 0.76 (14) 岡 山 市 87.5 % (1) 0.76 (14) 広 島 市 96.4 % (14) 0.81 (13) 北 九 州 市 95.6 % (12) 0.70 (18) 福 岡 市 90.8 % (4) 0.85 (10) 熊 本 市 89.5 % (2) 0.68 (20) ( 注 )この 表 は9 月 末 時 点 の 数 値 です ( )は 20 市 の 中 での 順 位 です なお 経 常 収 支 比 率 は 数 値 の 低 い 方 から 財 政 力 指 数 は 数 値 の 高 い 方 からの 順 位 になります 用 語 の 解 説 財 政 力 指 数 基 準 財 政 収 入 額 が 基 準 財 政 需 要 額 に 比 べてどれくらいの 規 模 であるか を 表 しています 財 政 力 指 数 は 大 きいほど 財 源 に 余 裕 があるとされ 単 年 度 で 1 を 超 えると 普 通 交 付 税 が 交 付 されないいわゆる 不 交 付 団 体 となります 財 政 力 指 数 = 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 の 過 去 3か 年 平 均 基 準 財 政 収 入 額 普 通 交 付 税 の 算 定 に 用 いるもので 各 地 方 公 共 団 体 の 財 政 力 を 合 理 的 に 測 定 するために 標 準 的 な 状 態 において 徴 収 が 見 込 まれる 税 収 入 を 一 定 の 方 法 によって 算 定 した 額 です 基 準 財 政 需 要 額 普 通 交 付 税 の 算 定 基 礎 となるもので 各 地 方 公 共 団 体 が 合 理 的 かつ 妥 当 な 水 準 における 行 政 を 行 い 又 は 施 設 を 維 持 するための 財 政 需 要 を 一 定 の 方 法 によって 算 出 した 額 です

20 ( 参 考 ) 健 全 化 判 断 比 率 他 都 市 比 較 (9 月 末 日 時 点 ) 平 成 25 年 度 決 算 に 基 づく 健 全 化 判 断 比 率 の 政 令 市 比 較 表 都 市 名 ( 単 位 :%) 1 実 質 赤 字 比 率 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 3 実 質 公 債 費 比 率 4 将 来 負 担 比 率 横 浜 市 15.4 (18) (17) 札 幌 市 6.7 (4) 78.0 (7) 仙 台 市 11.3 (13) (12) さ い た ま 市 5.5 (3) 25.7 (2) 千 葉 市 0.83 (1) 18.4 (20) (20) 川 崎 市 9.1 (6) (9) 相 模 原 市 3.9 (1) 39.8 (4) 新 潟 市 10.9 (12) (11) 静 岡 市 10.3 (8) 76.2 (6) 浜 松 市 10.8 (11) 8.9 (1) 名 古 屋 市 12.6 (15) (14) 京 都 市 14.0 (17) (19) 大 阪 市 9.0 (5) (13) 堺 市 5.2 (2) 27.6 (3) 神 戸 市 10.1 (7) 94.6 (8) 岡 山 市 12.4 (14) 54.0 (5) 広 島 市 15.6 (19) (18) 北 九 州 市 10.5 (9) (15) 福 岡 市 13.4 (16) (16) 熊 本 市 10.6 (10) (10) 早 期 健 全 化 基 準 財 政 再 生 基 準 ( 注 1) 実 質 赤 字 額 連 結 実 質 赤 字 額 及 び 資 金 不 足 額 がない 場 合 は - と 表 記 します 横 浜 市 は 過 去 の 人 口 急 増 期 において 市 民 の 利 便 性 や 安 全 性 の 向 上 を 目 指 して 進 めてきた 下 水 道 をはじめとした 都 市 基 盤 整 備 に 伴 う 借 入 金 返 済 の 負 担 が 大 きく 毎 年 度 その 元 金 と 利 子 の 返 済 の 費 用 である 公 債 費 の 額 が 大 きくなっていることが 比 率 を 高 める 要 因 となっています しかし 財 政 の 健 全 化 のために 財 政 健 全 化 法 が 施 行 される 以 前 から 市 債 の 発 行 抑 制 と 企 業 会 計 や 外 郭 団 体 等 の 借 入 金 の 返 済 への 着 実 な 対 応 に 取 り 組 んでいます

21 第 Ⅳ 部 基 金 の 状 況 1 財 政 調 整 基 金 残 高 の 推 移 財 政 調 整 基 金 は 横 浜 市 財 政 調 整 基 金 条 例 により 市 財 政 の 健 全 な 運 営 に 役 立 て るために 設 置 されたものです 毎 年 度 決 算 剰 余 金 の2 分 の1を 基 金 に 編 入 するほか 運 用 収 益 等 を 積 み 立 てています 平 成 25 年 度 末 残 高 は 187 億 円 となっています 2 減 債 基 金 残 高 の 推 移 減 債 基 金 は 横 浜 市 減 債 基 金 条 例 により 市 債 の 償 還 に 必 要 な 財 源 を 確 保 し 将 来 にわたる 市 財 政 の 健 全 な 運 営 に 役 立 てるために 設 置 されたものです 平 成 17~18 年 度 には 過 去 に 発 行 した 市 債 の 償 還 がピークを 迎 えたために 残 高 が 大 きく 減 少 しました が 平 成 21 年 度 に 緊 急 的 な 取 崩 しを 行 った 以 外 は 着 実 な 積 立 てを 行 っています 平 成 25 年 度 末 残 高 は 1,244 億 円 となっています

22 参 考 普 通 会 計 とは ( 参 考 ) 普 通 会 計 とは この 冊 子 は ここまで 原 則 として 普 通 会 計 の 決 算 数 値 を 使 用 してきました 普 通 会 計 とは 総 務 省 の 定 める 会 計 区 分 のひとつで 一 般 会 計 特 別 会 計 など 各 会 計 で 経 理 する 事 業 の 範 囲 が 自 治 体 ごとに 異 なっているため 統 一 的 な 基 準 で 整 理 して 比 較 できるようにした 統 計 上 の 会 計 区 分 です 本 市 の 会 計 区 分 と 総 務 省 の 定 める 会 計 区 分 の 関 係 は 概 ね 下 表 のとおりです 横 浜 市 の 会 計 区 分 総 務 省 の 定 める 会 計 区 分 一 般 会 計 特 別 会 計 勤 労 者 福 祉 共 済 事 業 費 会 計 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 会 計 新 墓 園 事 業 費 会 計 公 害 被 害 者 救 済 事 業 費 会 計 普 通 会 計 公 共 事 業 用 地 費 会 計 市 債 金 会 計 みどり 保 全 創 造 事 業 費 会 計 風 力 発 電 事 業 費 会 計 港 湾 整 備 事 業 費 会 計 中 央 卸 売 市 場 費 会 計 中 央 と 畜 場 費 会 計 市 街 地 開 発 事 業 費 会 計 自 動 車 駐 車 場 事 業 費 会 計 国 民 健 康 保 険 事 業 費 会 計 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 費 会 計 介 護 保 険 事 業 費 会 計 公 営 事 業 会 計 公 営 企 業 会 計 水 道 事 業 工 業 用 水 道 事 業 交 通 事 業 電 気 事 業 港 湾 整 備 事 業 病 院 事 業 市 場 事 業 と 畜 場 事 業 宅 地 造 成 事 業 下 水 道 事 業 駐 車 場 整 備 事 業 介 護 サービス 事 業 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 会 計 介 護 保 険 事 業 会 計 公 営 企 業 会 計 水 道 事 業 会 計 工 業 用 水 道 事 業 会 計 自 動 車 事 業 会 計 高 速 鉄 道 事 業 会 計 病 院 事 業 会 計 埋 立 事 業 会 計 下 水 道 事 業 会 計

23 参 考 財 政 関 係 用 語 集 ( 参 考 ) 財 政 関 係 用 語 集 ~ あ 行 ~ 依 存 財 源 歳 入 のうち 国 庫 支 出 金 ( 補 助 金 委 託 金 など)や 県 支 出 金 地 方 債 ( 市 債 )などのように 国 県 などの 意 思 決 定 ( 基 準 )に 基 づいて 収 入 される 財 源 のこと 一 般 会 計 地 方 公 共 団 体 の 会 計 の 中 心 をなす 会 計 で 行 政 運 営 の 基 本 的 な 経 費 全 般 を 計 上 する 会 計 本 来 会 計 は 単 一 で 経 理 をするのが 理 想 的 だが 行 政 活 動 は 広 範 で 多 岐 にわたるため 特 定 の 目 的 の 事 業 については 必 要 に 応 じて 特 別 会 計 を 設 置 し 経 理 を 明 確 にしている 一 般 財 源 財 源 としての 使 途 が 特 定 されず 地 方 公 共 団 体 の 裁 量 によって 使 用 できるものをいう 主 な 内 容 は 市 税 地 方 譲 与 税 県 税 交 付 金 地 方 交 付 税 などがある ~ か 行 ~ 基 金 基 金 とは 特 定 の 目 的 のために 財 産 を 維 持 し 資 金 を 積 み 立 てたり 定 額 の 資 金 を 運 用 する ために 設 けられる 資 金 または 財 産 をいう 横 浜 市 に 現 在 ある 21 の 基 金 のうち 主 なものは 財 政 調 整 基 金 ( 年 度 間 の 財 源 を 調 整 し 災 害 等 や 経 済 変 動 による 減 収 に 対 応 する 目 的 の 基 金 ) 減 債 基 金 ( 市 債 償 還 のために 積 み 立 てる 基 金 ) 資 産 活 用 推 進 基 金 ( 用 地 の 先 行 取 得 などを 行 うための 基 金 )などがある 義 務 的 経 費 歳 出 のうち 毎 年 度 その 支 出 が 発 生 し 任 意 に 削 減 することが 困 難 な 経 費 具 体 的 には 人 件 費 扶 助 費 公 債 費 の3つを 言 う 繰 越 会 計 年 度 独 立 の 原 則 の 例 外 支 出 できなかった 予 算 を 翌 年 度 以 降 において 執 行 すること 種 類 としては あらかじめ 議 会 の 議 決 を 経 る 繰 越 明 許 費 契 約 等 は 済 んでいるものの 突 発 的 な 事 由 により 年 度 内 の 支 払 いができない 等 による 事 故 繰 越 し 継 続 費 が 設 定 されている 事 業 で 支 出 しきれなかったその 年 度 の 年 割 額 を 翌 年 度 に 繰 り 越 す 逓 次 (ていじ) 繰 越 の 3つがある 繰 出 金 各 会 計 相 互 間 において 支 出 される 経 費 例 としては 一 般 会 計 から 特 別 会 計 公 営 企 業 会 計 に 特 別 会 計 等 が 発 行 した 市 債 の 元 利 償 還 金 や 事 務 費 等 に 充 当 するために 繰 出 すものなどがあ る 継 続 費 会 計 年 度 独 立 の 原 則 の 例 外 特 定 の 事 業 において 2 か 年 以 上 にわたり 支 出 する 予 算 を あらかじめ 定 め その 総 額 及 び 年 割 額 について 議 決 を 経 るものだが 横 浜 市 では 最 近 継 続 費 の 設 定 は 行 っていない -22-

24 参 考 財 政 関 係 用 語 集 県 税 交 付 金 県 税 として 徴 収 される 税 の 一 部 が 法 律 に 基 づき 市 町 村 に 交 付 されるもの( 一 部 は 政 令 指 定 都 市 のみに 交 付 ) 地 方 消 費 税 交 付 金 自 動 車 取 得 税 交 付 金 軽 油 引 取 税 交 付 金 利 子 割 交 付 金 配 当 割 交 付 金 などがある 決 算 一 会 計 年 度 の 歳 入 歳 出 予 算 の 執 行 実 績 を 決 算 という 地 方 公 共 団 体 の 決 算 は 会 計 年 度 終 了 後 において 作 成 され 監 査 委 員 の 審 査 に 付 した 後 議 会 の 認 定 を 経 ることで 確 定 する 減 債 基 金 将 来 の 地 方 債 ( 市 債 )の 償 還 等 に 備 えて 設 置 される 基 金 で 他 都 市 では 市 債 管 理 基 金 ともいう 総 務 省 の 定 めた 基 準 では 満 期 一 括 償 還 する 市 債 ( 毎 年 度 割 賦 で 元 金 を 償 還 するのではなく 例 えば 全 額 を 10 年 後 に 償 還 するなど 償 還 時 期 が 決 まっているもの)の 発 行 額 の 3.3%にあたる 額 を 毎 年 度 減 債 基 金 に 積 み 立 てることになっている 減 収 補 てん 債 地 方 税 の 収 入 が 普 通 交 付 税 における 標 準 税 収 入 額 を 下 回 った 場 合 その 減 収 を 補 うために 発 行 が 許 可 される 特 例 の 地 方 債 をいう 市 町 村 民 税 法 人 税 割 と 利 子 割 交 付 金 が 市 町 村 分 の 対 象 税 目 となっている また 減 収 補 てん 債 は 建 設 事 業 等 に 充 当 する 場 合 と 収 支 不 足 に 伴 い 一 般 財 源 の 代 わりとして 使 用 する 場 合 (いわゆる 赤 字 地 方 債 )があり 横 浜 市 では 平 成 20 年 度 に はじめて 赤 字 地 方 債 として 発 行 した 公 営 企 業 会 計 特 別 会 計 のうち 地 方 公 営 企 業 法 に 基 づいて 地 方 公 共 団 体 が 独 立 採 算 を 基 本 とし 企 業 的 経 営 を 行 う 事 業 の 会 計 横 浜 市 には 現 在 下 水 道 事 業 埋 立 事 業 水 道 事 業 工 業 用 水 道 事 業 自 動 車 事 業 (バス) 高 速 鉄 道 事 業 ( 地 下 鉄 ) 病 院 事 業 の 7 会 計 がある 公 債 費 地 方 公 共 団 体 が 借 り 入 れた 地 方 債 の 元 金 償 還 及 び 利 子 の 支 払 いのほか 一 時 借 入 金 の 利 子 の 支 払 い 等 に 要 する 経 費 公 債 費 は 人 件 費 扶 助 費 とともに 義 務 的 経 費 であり その 増 加 は 財 政 の 硬 直 化 の 原 因 とな る また 公 債 費 の 財 源 には 原 則 として 地 方 税 や 使 用 料 収 入 等 が 充 当 されるが 国 からの 元 利 補 給 や 地 方 交 付 税 でその 元 利 金 の 償 還 財 源 が 措 置 される 場 合 もある 国 庫 支 出 金 国 と 地 方 公 共 団 体 の 経 費 負 担 の 考 えに 基 づき 国 が 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 出 する 負 担 金 委 託 費 特 定 の 施 策 の 奨 励 又 は 財 政 援 助 のための 補 助 金 等 のこと ~ さ 行 ~ 財 政 調 整 基 金 年 度 間 の 財 源 の 不 均 衡 を 調 整 するため 設 置 している 基 金 で 経 済 事 情 の 変 動 等 で 財 源 が 不 足 する 場 合 や 災 害 大 規 模 な 建 設 事 業 の 経 費 その 他 必 要 やむを 得 ない 理 由 により 生 じた 経 費 などの 財 源 として 活 用 する -23-

25 参 考 財 政 関 係 用 語 集 債 務 負 担 行 為 工 期 が 複 数 年 度 にわたり 翌 年 度 以 降 にも 支 出 を 行 う 必 要 がある 工 事 等 について 契 約 締 結 ( 債 務 負 担 )をするためなどに 予 算 として 議 会 の 議 決 を 経 るもの 会 計 年 度 独 立 の 原 則 の 例 外 のひとつ 損 失 補 償 契 約 を 締 結 することも 債 務 負 担 行 為 に 該 当 する 債 務 負 担 行 為 の 設 定 につ いては 事 項 期 間 限 度 額 を 予 算 として 定 める 必 要 がある 自 主 財 源 地 方 公 共 団 体 が 自 ら 収 入 し 得 る 財 源 を 自 主 財 源 といい 地 方 税 使 用 料 手 数 料 財 産 収 入 等 がある 実 質 収 支 決 算 において 歳 入 歳 出 差 引 額 から 繰 越 事 業 に 伴 って 翌 年 度 に 繰 り 越 すべき 財 源 ( 繰 越 事 業 に 必 要 な 一 般 財 源 や 収 入 済 みの 国 庫 支 出 金 起 債 収 入 等 )を 控 除 した 決 算 額 通 常 黒 字 団 体 赤 字 団 体 という 場 合 は 実 質 収 支 の 黒 字 赤 字 により 判 断 する 人 件 費 性 質 別 分 類 の 項 目 のひとつで 義 務 的 経 費 に 属 し 職 員 等 に 対 して 勤 労 の 対 価 報 酬 等 とし て 支 払 う 給 与 や 退 職 金 などを 合 計 したものをいう 性 質 別 ( 経 費 別 ) 予 算 < 一 般 会 計 > 横 浜 市 では 市 の 一 般 会 計 予 算 を 経 費 の 性 質 ごとに 分 けて 集 計 し 公 表 している 分 類 とし ては 人 件 費 公 債 費 扶 助 費 のほか 行 政 運 営 費 ( 更 に 市 民 向 けの 助 成 や 市 民 利 用 施 設 の 運 営 費 等 の 行 政 推 進 経 費 及 び 庁 舎 管 理 や 事 務 管 理 費 などの 行 政 内 部 経 費 に 分 類 ) 施 設 等 整 備 費 ( 公 共 工 事 や 施 設 等 の 補 修 等 の 経 費 で 更 に 市 単 独 事 業 費 と 国 庫 補 助 事 業 費 に 分 類 ) 繰 出 金 ( 一 般 会 計 から 特 別 会 計 公 営 企 業 会 計 に 繰 り 出 す 経 費 で 更 に 総 務 省 の 基 準 等 に 基 づく 義 務 的 繰 出 金 と 市 としての 独 自 の 判 断 による 任 意 的 繰 出 金 に 分 類 )に 分 けている 性 質 別 分 類 < 普 通 会 計 > 地 方 公 共 団 体 間 の 比 較 のために 用 いられる 普 通 会 計 において 経 費 の 性 質 で 分 類 したものを 性 質 別 分 類 といい 人 件 費 物 件 費 補 助 費 等 普 通 建 設 事 業 費 などに 分 けられ それらの 分 類 はさらに 義 務 的 経 費 投 資 的 経 費 その 他 の 経 費 に 分 類 される ~ た 行 ~ 単 年 度 収 支 実 質 収 支 から 前 年 度 の 実 質 収 支 を 差 し 引 いた 額 実 質 収 支 の 中 には 前 年 度 以 前 からの 繰 越 金 が 累 計 されているため これを 控 除 し 当 該 年 度 だけの 収 支 を 算 出 するもの 地 方 交 付 税 地 方 公 共 団 体 の 財 源 の 均 衡 化 を 図 り かつ 地 方 行 政 の 計 画 的 な 運 営 を 保 障 するために 国 税 のうち 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 たばこ 税 それぞれの 一 定 割 合 の 額 を 国 が 地 方 公 共 団 体 に 対 して 交 付 する 地 方 交 付 税 には 一 定 の 算 式 により 交 付 される 普 通 交 付 税 と 災 害 そ の 他 特 別 の 財 政 需 要 に 応 じて 交 付 される 特 別 交 付 税 がある -24-

26 参 考 財 政 関 係 用 語 集 地 方 債 地 方 公 共 団 体 が 財 政 上 必 要 とする 資 金 を 外 部 から 調 達 するために 負 担 する 債 務 で その 返 済 が 一 会 計 年 度 を 越 えて 行 われるもの いわゆる 地 方 公 共 団 体 の 借 金 で 地 方 債 を 起 こすことを 起 債 といい 県 の 発 行 する 地 方 債 は 県 債 市 の 発 行 する 地 方 債 は 市 債 という 地 方 債 の 資 金 としては 銀 行 等 引 受 資 金 公 的 資 金 市 場 公 募 資 金 等 がある 都 道 府 県 支 出 金 都 道 府 県 の 市 町 村 に 対 する 支 出 金 都 道 府 県 が 自 らの 施 策 として 単 独 で 市 町 村 に 交 付 する 支 出 金 と 都 道 府 県 が 国 庫 支 出 金 を 経 費 の 全 部 又 は 一 部 として 交 付 する 支 出 金 とがある ~ は 行 ~ 扶 助 費 生 活 保 護 費 や 小 児 医 療 費 助 成 など 社 会 保 障 制 度 の 一 環 として 各 種 法 令 に 基 づいて 実 施 する 給 付 や 本 市 が 単 独 で 行 っている 主 に 福 祉 保 健 医 療 にかかる 費 用 義 務 的 経 費 のひとつ 普 通 会 計 各 地 方 公 共 団 体 では それぞれ 独 自 に 特 別 会 計 を 設 置 するなど 会 計 の 範 囲 が 異 なる その ため 全 国 の 地 方 公 共 団 体 の 財 政 状 況 等 を 比 較 する 統 計 処 理 のために 総 務 省 が 定 める 一 定 の ルールに 従 って 作 る 仮 想 の 会 計 一 般 会 計 と 一 定 の 条 件 にあてはまる 特 別 会 計 を 合 算 して 算 出 する 普 通 交 付 税 地 方 公 共 団 体 の 財 源 の 均 衡 化 を 図 り 必 要 な 地 方 行 政 の 実 施 を 保 障 するために 交 付 されるも ので 地 方 交 付 税 総 額 の 94%に 相 当 する 額 となっている 交 付 額 は 原 則 として 基 準 財 政 需 要 額 が 基 準 財 政 収 入 額 を 上 回 る 額 となる 普 通 税 税 のうち 一 般 的 な 財 政 需 要 を 賄 うための 税 目 で 特 定 の 目 的 のために 課 税 される 目 的 税 と 区 分 される 補 助 金 一 般 的 に 補 助 金 という 場 合 には 1 特 定 の 施 策 事 業 の 実 施 を 促 すために 国 や 県 から 市 町 村 に 給 付 される 現 金 を 指 す 場 合 と 2 市 が 公 益 上 の 必 要 を 認 め 財 政 的 支 援 として 市 民 企 業 団 体 等 に 給 付 する 現 金 を 指 す 場 合 とがある 補 正 予 算 当 初 予 算 策 定 後 の 事 情 の 変 化 によって 予 算 の 増 額 や 減 額 新 たな 事 業 のための 予 算 の 追 加 等 を 行 うことをいう 横 浜 市 の 場 合 5 月 9 月 12 月 2 月 の 市 会 に 補 正 予 算 案 を 提 出 する ことを 通 例 としている ~ ま 行 ~ 目 的 税 特 定 の 目 的 のために 賦 課 する 税 で 市 町 村 税 では 都 市 環 境 の 整 備 及 び 改 善 に 要 する 費 用 に 充 てる 事 業 所 税 公 園 道 路 等 の 都 市 施 設 を 整 備 するための 都 市 計 画 税 などがある -25-

27 参 考 財 政 関 係 用 語 集 目 的 別 分 類 < 普 通 会 計 > 普 通 会 計 では 地 方 公 共 団 体 の 経 費 を 行 政 目 的 によって 分 類 することで 議 会 費 総 務 費 民 生 費 土 木 費 などに 分 類 している ~ や 行 ~ 予 算 ( 当 初 予 算 ) 一 定 の 期 間 ( 各 年 度 4 月 1 日 から 3 月 31 日 )における 収 入 支 出 の 予 定 を 予 算 といい 地 方 公 共 団 体 の 予 算 は 歳 入 歳 出 予 算 継 続 費 繰 越 明 許 費 債 務 負 担 行 為 地 方 債 一 時 借 入 金 等 を 定 め 議 会 の 議 決 を 得 ることとされている なお 一 般 会 計 予 算 は 事 業 目 的 別 款 項 目 に 分 けられることが 原 則 になって おり 議 会 の 議 決 は 款 及 び 項 の 内 容 金 額 までとなる 横 浜 市 の 場 合 基 本 的 には 局 ごとの 予 算 を 集 め 款 を 設 定 している ~ ら 行 ~ 臨 時 財 政 対 策 債 平 成 13 年 度 から 地 方 交 付 税 の 原 資 となる 国 税 収 入 が 減 少 したため 国 の 地 方 財 政 対 策 上 見 込 まれる 地 方 の 財 源 不 足 に 対 して 国 と 地 方 が 折 半 で 負 担 するという 考 えの 下 その 地 方 負 担 相 当 分 を 地 方 公 共 団 体 が 地 方 債 によって 補 う 場 合 に 発 行 する 特 例 的 な 地 方 債 をいう つまり 本 来 あるべき 地 方 交 付 税 の 一 部 を 赤 字 地 方 債 を 発 行 することによって 賄 っている こうした 事 由 により 発 行 された 地 方 債 であるため 毎 年 度 の 普 通 交 付 税 の 算 定 において 元 利 償 還 金 相 当 額 が 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 されている なお 当 初 3 か 年 の 時 限 措 置 として 導 入 されたが 延 長 し 実 施 されている -26-

28 横 浜 市 の 財 政 状 況 (25 年 度 決 算 財 政 状 況 1) 平 成 26 年 11 月 / 発 行 : 横 浜 市 財 政 局 財 政 課 横 浜 市 中 区 港 町 1-1TEL FAX

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 わかりやすい 下 関 市 の 決 算 書 ~ 平 成 23 年 度 版 ~ 下 関 市 目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 力 指 数

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 豊 島 区 健 全 化 判 断 比 率 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 目 次 各 会 計 決 算 審 査 意 見 第 1 審 査 の 対 象 1 頁 第

More information

00_01 表紙

00_01 表紙 西 東 京 市 財 政 白 書 平 成 25 年 度 決 算 版 いこいーな Cシンエイ/ 西 東 京 市 平 成 26 年 9 月 西 東 京 市 企 画 部 財 政 課 財 政 白 書 の 平 成 25 年 度 決 算 版 を 作 成 しました 市 民 の 皆 様 に 西 東 京 市 の 財 政 状 況 をご 理 解 いただくために 平 成 25 年 度 の 決 算 状 況 を 踏 まえた 財

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

財 政 白 書 平 成 25(2013) 年 9 月 中 央 区 目 次 頁 は じ め に 1 普 通 会 計 決 算 から 見 た 区 財 政 2 1 平 成 24(2012) 年 度 決 算 の 状 況 2 (1) 普 通 会 計 とは 2 (2) 本 区 の 概 況 2 (3) 決 算 の 状 況 3 2 歳 入 から 見 た 区 財 政 4 (1) 歳 入 の 概 況 4 (2) 一 般

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対 久 喜 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル ( 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) 平 成 25 年 度 久 喜 市 目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

はこねさん 家 族 の1 年 間 の 収 入 内 訳 お 父 さんの 給 料 (70.5%) うち 基 本 給 ( 町 税 ) (65.1%) うち 諸 手 当 ( 地 方 譲 与 税 など) (5.4%) お 母 さんのパート 収 入 ( 使 用 料 手 数 料 など) (5.3%) 家 電 エコ

はこねさん 家 族 の1 年 間 の 収 入 内 訳 お 父 さんの 給 料 (70.5%) うち 基 本 給 ( 町 税 ) (65.1%) うち 諸 手 当 ( 地 方 譲 与 税 など) (5.4%) お 母 さんのパート 収 入 ( 使 用 料 手 数 料 など) (5.3%) 家 電 エコ ~ 平 成 27 年 度 一 般 会 計 当 初 予 算 版 ~ 箱 根 町 の 財 政 は どうなっているの? 厳 しい!って 聞 くけど 大 丈 夫? 町 民 の 皆 さまの 疑 問 に 答 えるため 日 々の 暮 らしに 深 く 関 わる 町 の 財 政 状 況 を 家 計 に 例 えて 分 かりやすく 説 明 します はこねさん 家 族 の 平 成 27 年 度 1 年 間 の 家 計 簿

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

Special 1 定 年 を 控 えた 加 入 員 の 皆 さま 必 見 です! 受 けられる 年 金 と 年 金 見 込 額 試 算 票 の 見 方 受 けられる 年 金 の 種 類 を 確 認 しましょう! 当 基 金 の 加 入 員 の 皆 さんは 20 歳 以 上 のすべての 国 民 が

Special 1 定 年 を 控 えた 加 入 員 の 皆 さま 必 見 です! 受 けられる 年 金 と 年 金 見 込 額 試 算 票 の 見 方 受 けられる 年 金 の 種 類 を 確 認 しましょう! 当 基 金 の 加 入 員 の 皆 さんは 20 歳 以 上 のすべての 国 民 が 基 金 だより 2012 DEC No.62 Special 1 受 けられる 年 金 と 年 金 見 込 額 試 算 票 の 見 方 _02 Special 2 平 成 23 年 度 信 用 金 庫 年 金 決 算 の お 知 らせ_04 Report 平 成 23 年 度 財 政 検 証 結 果 のお 知 らせ_06 平 成 24 年 度 4-10 月 期 の 年 金 資 産 運 用 状 況 _07

More information

Microsoft Word - 22.3.20報告書(原本) .doc

Microsoft Word - 22.3.20報告書(原本) .doc 平 成 21 年 度 包 括 外 部 監 査 の 結 果 報 告 書 県 税 の 賦 課 徴 収 事 務 について 宮 城 県 包 括 外 部 監 査 人 柴 田 純 一 平 成 22 年 3 月 平 成 21 年 度 宮 城 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 目 次 第 1. 監 査 の 概 要... 1 1. 監 査 の 種 類... 1 2. 選 定 した 特 定 の 事 件...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2 資 料 主 な 用 語 事 務 事 業 の 解 説 一 般 1 医 療 保 険 制 度 医 療 保 険 は 疾 病 や 負 傷 の 際 の 医 療 費 を 補 償 し 十 分 な 医 療 が 受 けられることを 目 的 とする 保 険 制 度 で 次 のように 分 類 されている 現 在 国 民 の 全 てがいずれかの 制 度 に 加 入 しており こ れがいわゆる 国 民 皆 保 険 といわれている

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 住 民 税 が 変 わす 税 源 移 譲 青 森 県 も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 税 者 の 負 担 が 増 えないようにする

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 社 会 福 祉 法 人 美 照 福 祉 会 氏 名 伊 東 勉 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 66 77-871 徳 島 市 金 沢 一 丁 目 5 番 79-7 号 電 話 番 号 88-664 - 281 FAX 番 号 88-664 - / 非 社 会 福 祉 法 人

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft PowerPoint - 2010a1.ppt

Microsoft PowerPoint - 2010a1.ppt 21 年 度 秋 学 期 金 曜 4 限 財 政 学 2 個 人 所 得 課 第 2 回 担 当 : 石 川 達 哉 当 講 義 用 ホームページはhttp://www1.meijigakuin.ac.jp/~ishikawa 2-1. 家 計 の 経 済 的 選 択 行 動 と 課 の 全 体 像 公 共 サービス の 享 受 ( 譲 渡 所 得 課 ) 効 用 ( 経 済 的 な 充 足 ) 消

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

<82678251824F8144825082518DE090AD8FF38BB58CF6955C2E786477>

<82678251824F8144825082518DE090AD8FF38BB58CF6955C2E786477> 目 次 Ⅰ 決 算 の 概 要 1 Ⅱ 一 般 会 計 決 算 の 状 況 2 1 決 算 規 模 と 決 算 収 支 2 2 歳 入 決 算 の 状 況 3 (1) 総 括 3 (2) 財 源 の 性 質 別 分 類 4 (3) 市 税 の 状 況 5 (4) 地 方 交 付 税 の 状 況 5 (5) 市 債 の 状 況 6 3 歳 出 決 算 の 状 況 7 (1) 総 括 7 (2) 歳 出

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三

地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三 平 成 27 年 度 事 業 実 績 及 び 主 要 施 策 成 果 説 明 書 小 布 施 町 地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三 目 次 1.はじめに 1 2. 平 成 27 年 度

More information