Microsoft PowerPoint Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用"

Transcription

1 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません

2 OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点 から 2

3

4 欧 州 単 一 特 許 シンプルかつコスト 効 率 の 良 い 特 許 保 護 4 The Select Committee, The Preparatory Committee An Enhanced European Patent System より 抜 粋

5 欧 州 単 一 特 許 法 律 規 則 * EU 規 則 1257/2012( 単 一 特 許 規 則 ) 年 1 月 20 日 発 効 - 統 一 特 許 裁 判 所 (UPC) 協 定 発 効 と 同 時 に 適 用 (Art. 18.2) EU 規 則 1260/2012( 単 一 特 許 の 翻 訳 言 語 規 則 ) 年 1 月 20 日 発 効 - UPC 協 定 発 効 と 同 時 に 適 用 (Art. 7.2) 統 一 特 許 裁 判 所 協 定 (UPCA) - 早 ければ 2017 年 初 旬 頃 発 効 の 見 込 み * EPC 14 条 (2) 等 による 特 別 規 定 5

6 欧 州 単 一 特 許 単 一 特 許 は 参 加 国 内 でのみ 有 効 な 取 決 め (EU Enhanced Cooperation 制 度 ) EU 全 28 加 盟 国 中 スペイン クロアチア (2013 年 7 月 に EU 加 盟 ) を 除 く 26ヶ 国 が 参 加 - 26ヶ 国 のうちポーランドは UPC 協 定 に 不 参 加 ポーランドでは 現 状 単 一 特 許 の 効 力 は 及 ばないと 考 えら れる - イタリアは 2015 年 9 月 30 日 に 参 加 単 一 特 許 参 加 国 オーストリア ベルギー ブルガリア キプロス チェコ デンマー ク エストニア フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハン ガリー アイルランド イタリア ラトビア リトアニア ルクセン ブルク マルタ オランダ ポーランド ポルトガル ルーマニア スロバキア スロベニア スウェーデン イギリス 6

7 欧 州 単 一 特 許 EU (UPCA 参 加 国 ): 青 字 は 2016 年 1 月 19 日 時 点 の 批 准 国 オーストリア ベルギー デンマーク フランス ルクセンブ ルク マルタ ポルトガル スウェーデン フィンランド ブ ルガリア キプロス チェコ エストニア ドイツ ギリシャ ハンガリー アイルランド イタリア ラトビア リトアニア オランダ ルーマニア スロバキア スロベニア イギリス EU (UPCA 不 参 加 国 ) スペイン クロアチア ポーランド* 非 EU 加 盟 国 スイス リヒテンシュタイン トルコ モナコ アイスランド ノルウェー マケドニア 旧 ユーゴスラビア サンマリノ アル バニア セルビア * 単 一 特 許 の 枠 組 みのみ 参 加 7

8 欧 州 単 一 特 許 単 一 特 許 ルート 明 細 書 テキストの 承 認 クレーム 訳 の 提 出 登 録 料 印 刷 手 数 料 等 の 納 付 単 一 効 の 請 求 移 行 期 間 中 は 明 細 書 全 文 の 翻 訳 文 の 提 出 1ヶ 月 UPC Rule 71(3) 通 知 登 録 公 告 (Art 97(3)) 異 議 申 立 期 間 従 来 のEPルート 明 細 書 テキストの 承 認 クレーム 訳 の 提 出 登 録 料 印 刷 手 数 料 等 の 納 付 Validation 手 続 指 定 国 の 決 定 所 定 手 数 料 の 納 付 訳 文 の 提 出 3ヶ 月 UPC Rule 71(3) 通 知 登 録 公 告 (Art 97(3)) 異 議 申 立 期 間 8

9 欧 州 単 一 特 許 従 来 のEPルート: 移 行 期 間 内 明 細 書 テキストの 承 認 クレーム 訳 の 提 出 登 録 料 印 刷 手 数 料 等 の 納 付 Validation 手 続 指 定 国 の 決 定 所 定 手 数 料 の 納 付 訳 文 の 提 出 3ヶ 月 UPC 又 は 各 国 裁 判 所 UPC 又 は 各 国 裁 判 所 Rule 71(3) 通 知 登 録 公 告 (Art 97(3)) 異 議 申 立 期 間 Opt Out Opt In UPC 発 効 時 点 で 存 在 するEPルート による 各 国 特 許 : 移 行 期 間 内 各 国 裁 判 所 UPC 又 は 各 国 裁 判 所 UPC 又 は 各 国 裁 判 所 UPC 発 効 Opt Out Opt In 各 国 裁 判 所 9

10 欧 州 単 一 特 許 欧 州 特 許 登 録 前 従 来 どおり EPO での 出 願 審 査 手 続 欧 州 特 許 登 録 後 特 許 権 者 は 欧 州 特 許 a の 登 録 公 告 後 1 月 以 内 に EPO に 対 して 単 一 効 を 請 求 する ( 単 一 特 許 規 則 Art. 9.1) すべての 批 准 国 内 で 同 一 クレームによる 単 一 の 特 許 保 護 を 得 ることができる (Art. 5.1) a 年 3 月 1 日 b 以 降 に 出 願 された 欧 州 特 許 であって UPC 協 定 発 効 日 以 後 に 登 録 された 欧 州 特 許 (Art. 18.6) b. UPC 協 定 批 准 国 マルタの EPC 加 盟 日 クロアチアが UPC 協 定 を 批 准 すれば その EPC 加 盟 日 である2008 年 1 月 に 繰 り 下 がる 10

11 翻 訳 言 語 ( 規 則 Art. 3-6) 欧 州 単 一 特 許 移 行 期 間 中 * 特 許 権 者 は 単 一 効 の 請 求 と 同 時 に 出 願 言 語 以 外 の 言 語 による 明 細 書 全 文 の 翻 訳 文 ( 機 械 翻 訳 不 可 ) を 提 出 し なければならない - 翻 訳 文 の 言 語 は 英 語 ( 出 願 が 仏 語 又 は 独 語 の 場 合 ) 又 は 英 語 以 外 の EU 内 いずれかの 公 用 語 ( 出 願 が 英 語 の 場 合 ) - 当 該 翻 訳 文 は 情 報 提 供 のみを 目 的 とし 法 的 効 力 を 有 しない 移 行 期 間 経 過 後 単 一 効 を 有 する 欧 州 特 許 の 翻 訳 文 は 原 則 不 要 但 し 侵 害 訴 訟 において 特 許 権 者 は 侵 害 者 の 請 求 及 び 選 択 によ り 侵 害 行 為 が 行 われた 又 は 侵 害 者 が 所 在 する 批 准 国 のいずれかの 公 用 語 による 明 細 書 全 文 の 翻 訳 文 を 提 出 しなければならない Rule 71(3) 通 知 後 4 月 以 内 のクレーム 訳 の 提 出 は 必 要 * 規 則 適 用 後 6 年 ~ 最 大 12 年 ( 機 械 翻 訳 の 質 の 評 価 期 間 ) 11

12 欧 州 単 一 特 許 単 一 特 許 の 効 力 すべての 批 准 国 内 で 統 一 された 保 護 及 び 同 一 の 効 果 を 有 す る ( 単 一 特 許 規 則 Art. 5) - 一 部 の 国 のみで 無 効 放 棄 はできない 単 一 効 を 有 する 欧 州 特 許 は その 単 一 効 の 登 録 日 時 点 で UPC が 当 該 欧 州 特 許 の 専 属 管 轄 を 有 する 締 約 国 内 でのみ 単 一 効 を 有 する ( 単 一 特 許 規 則 Art. 18.2) - 単 一 効 登 録 後 に UPC 協 定 を 批 准 した 国 にまで 単 一 効 は 拡 張 されない 単 一 効 登 録 日 時 点 で UPC 協 定 を 批 准 していない 国 につ いては 従 来 のバリデーション 手 続 が 必 要 となる 12

13 欧 州 単 一 特 許 単 一 特 許 の 効 力 EPC 加 盟 国 のうち - 枠 組 みに 参 加 しない EU 加 盟 国 (スペイン クロアチア ポーランド) - 非 EU 加 盟 国 (スイス リヒテンシュタイン トルコ モナ コ アイスランド ノルウェー マケドニア 旧 ユーゴスラビア サンマリノ アルバニア セルビア) - 単 一 効 登 録 後 に UPC 協 定 を 批 准 した 国 従 来 のバリデーション 手 続 による 保 護 国 ごとの 権 利 行 使 有 効 性 判 断 13

14 欧 州 単 一 特 許 コスト 単 一 特 許 - 移 行 期 間 中 の 翻 訳 料 金 ( 一 カ 国 語 ) - 単 一 の 更 新 手 数 料 = True Top 4 (DE, FR, UK, NL) における 更 新 手 数 料 の 合 計 額 相 当 で 検 討 中 3ヶ 国 以 内 での 権 利 取 得 であれば 従 来 の EP ルートを 選 択 して 各 国 でバリデーションする 方 が 料 金 面 で 有 利 従 来 の EP ルート - バリデーション 料 ( 明 細 書 の 翻 訳 料 含 む) - 各 国 での 更 新 手 数 料 14

15 欧 州 単 一 特 許 欧 州 特 許 出 願 ~ 登 録 公 告 EU (UPCA 批 准 国 ) 従 来 どおり EPO での 審 査 対 応 EU ( 非 UPCA 批 准 国 ) 非 EU 加 盟 国 Opt-out 登 録 公 告 ~ 1 月 以 内 EPO に 単 一 効 を 請 求 登 録 公 告 ~ 3 月 以 内 各 国 への バリデーション 各 国 への バリデーション 登 録 公 告 ~ 9 月 以 内 EPO に 異 議 申 立 可 a EPO に 異 議 申 立 可 EPO に 異 議 申 立 可 登 録 後 の 裁 判 管 轄 UPC が 専 属 管 轄 UPC / 国 内 裁 判 所 b が 管 轄 国 内 裁 判 所 が 管 轄 a. EPO において 異 議 申 立 しなくても 特 許 無 効 訴 訟 SPC 無 効 確 認 訴 訟 特 許 無 効 の 反 訴 又 は SPC 無 効 の 反 訴 を UPC に 提 起 することができる (UPCA Art. 33.8) b. 移 行 期 間 中 のみ 所 定 の 訴 訟 について 国 内 裁 判 所 も 管 轄 を 有 する (UPCA Art. 83.1) 15

16

17 統 一 特 許 裁 判 所 概 要 UPC 協 定 (UPCA) - EU 加 盟 国 内 の 統 一 された 特 許 管 轄 の 確 立 を 目 的 国 内 特 許 には 適 用 されない - 25の EU 加 盟 国 ( 全 28ヶ 国 中 スペイン クロアチア ポーラ ンドを 除 く) が 署 名 参 加 - 英 仏 独 を 含 む13ヶ 国 の 協 定 批 准 により 発 効 AT, FR, SE, BE, DK, MT, LU, PT, FI ( 批 准 順 ) が 批 准 (2016 年 1 月 19 日 時 点 ) UPC 手 続 規 則 - 第 18 案 を 採 択 (2015 年 10 月 27 日 ) 17

18 統 一 特 許 裁 判 所 UPCA の 適 用 範 囲 (UPCA Art. 3) 単 一 効 を 有 するすべての 欧 州 特 許 特 許 により 保 護 される 製 品 に 対 して 発 行 されるすべての 補 充 的 保 護 証 明 書 (SPC) 協 定 発 効 日 時 点 で 失 効 していない 又 はその 日 以 後 に 登 録 さ れた すべての 欧 州 特 許 協 定 発 効 日 時 点 で 係 属 中 又 はその 日 以 後 に 出 願 される す べての 欧 州 特 許 出 願 Opt-Out されたものを 除 く (UPCA Art. 83) 18

19 統 一 特 許 裁 判 所 統 一 特 許 裁 判 所 の 構 成 : 二 審 性 ECJ = Court of Justice of the European Union The Select Committee, The Preparatory Committee An Enhanced European Patent System より 抜 粋 19

20 統 一 特 許 裁 判 所 第 一 審 裁 判 所 (UPCA Art. 7) 中 央 部 - パリ(IPC セクション B, D, E, G, H; 処 理 操 作 運 輸 繊 維 紙 固 定 構 造 物 物 理 学 電 気 ) - ロンドン(IPC セクション A, C; 生 活 必 需 品 化 学 冶 金 ) - ミュンヘン(IPC セクション F; 機 械 工 学 照 明 加 熱 武 器 爆 破 ) 地 方 部 - 各 参 加 国 は 地 方 部 を 設 置 でき 特 許 訴 訟 の 開 始 件 数 100 件 / 年 ごとに 地 方 部 を 追 加 設 置 できる - 但 し 3 年 連 続 で 開 始 件 数 の 基 準 を 満 たす 必 要 があり 最 大 4つまで - パリ ロンドン ミュンヘン マンハイム デュッセルドルフ ハン ブルグ オーストリア ベルギー デンマーク イタリア アイルラ ンド フィンランド オランダ 地 域 部 - 二 以 上 の 参 加 国 は 地 域 部 を 設 置 できる - ストックホルム ( 北 欧 バルト 海 ) 20

21 統 一 特 許 裁 判 所 控 訴 裁 判 所 ルクセンブルグに 所 在 控 訴 裁 判 所 の 部 はすべて 多 国 籍 の 裁 判 官 からなる 第 一 審 裁 判 所 の 言 語 又 は 両 当 事 者 の 合 意 の 下 登 録 特 許 の 言 語 欧 州 連 合 司 法 裁 判 所 (ECJ) への 付 託 (Treaty on the Functioning of the European Union, Art. 267III) EU 法 の 解 釈 適 用 について 21

22 裁 判 官 (UPCA Art. 15) 統 一 特 許 裁 判 所 中 央 部 : 2 名 の 法 律 裁 判 官 + 1 名 の 技 術 裁 判 官 地 方 / 地 域 部 : 3 名 の 法 律 裁 判 官 (+ 技 術 裁 判 官 ) - 1 名 は 当 該 国 から 残 り2 名 は 他 の 参 加 国 からの 裁 判 官 で 構 成 控 訴 裁 判 所 : 3 名 の 法 律 裁 判 官 + 2 名 の 技 術 裁 判 官 代 理 (UPCA Art. 48) 参 加 国 内 の 裁 判 所 に 承 認 された 弁 護 士 又 は 所 定 の 欧 州 特 許 訴 訟 資 格 を 有 する 欧 州 特 許 弁 理 士 22

23 当 事 者 適 格 (UPCA Art. 47) 統 一 特 許 裁 判 所 特 許 権 者 又 は 契 約 に 特 段 の 定 めがある 場 合 を 除 き 特 許 権 者 の 事 前 通 知 があれば 専 用 実 施 権 者 が 訴 訟 提 起 可 契 約 による 特 許 権 者 の 明 示 の 許 諾 があり かつ 特 許 権 者 に よる 事 前 通 知 がある 場 合 を 除 き 通 常 実 施 権 者 は 訴 訟 提 起 不 可 実 施 権 者 による 訴 訟 においても 特 許 権 者 は 訴 訟 を 遂 行 する 適 格 を 有 する 実 施 権 者 が 提 起 した 侵 害 訴 訟 では 特 許 権 者 が 当 該 訴 訟 に 参 加 しない 限 り 特 許 の 無 効 を 主 張 できない - 無 効 の 主 張 は 特 許 権 者 が 参 加 する 侵 害 訴 訟 においてされなけれ ばならない - 無 効 の 反 訴 があった 場 合 裁 判 所 は 特 許 権 者 にその 写 しを 送 付 し 特 許 権 者 を 無 効 反 訴 の 当 事 者 とする (Rules of Procedure of UPC R.25.1(i), 25.2) 23

24 統 一 特 許 裁 判 所 管 轄 権 UPC が 専 属 管 轄 を 有 する (UPCA Art. 32.1) - 特 許 及 び SPC の 侵 害 又 は 侵 害 のおそれについての 訴 訟 並 び にライセンスに 関 する 反 訴 を 含 む 関 連 する 防 御 - 特 許 及 び SPC の 非 侵 害 確 認 訴 訟 - 仮 処 分 及 び 防 御 的 手 段 及 び 差 止 訴 訟 - 特 許 の 無 効 訴 訟 及 び SPC の 無 効 確 認 訴 訟 - 特 許 の 無 効 及 び SPC の 無 効 確 認 の 反 訴 - 公 開 欧 州 特 許 出 願 による 仮 保 護 にかかる 損 害 賠 償 又 は 補 償 - 特 許 登 録 前 の 発 明 の 使 用 又 は 発 明 の 先 使 用 権 に 関 する 訴 訟 - 単 一 効 を 有 する 欧 州 特 許 のライセンス ( 単 一 特 許 規 則 Art. 8) の 対 価 に 関 する 訴 訟 - EPO の 決 定 ( 単 一 特 許 規 則 Art. 9) に 関 する 訴 訟 24

25 統 一 特 許 裁 判 所 管 轄 権 UPC が 専 属 管 轄 を 有 しない 特 許 及 び SPC に 関 する 訴 訟 に ついて 国 内 裁 判 所 が 管 轄 を 有 する (UPCA Art. 32.2) Opt-Out された 特 許 に 関 する 訴 訟 (UPCA Art. 83.3) 移 行 期 間 中 においては 欧 州 特 許 の 侵 害 もしくは 無 効 訴 訟 又 は 欧 州 特 許 によって 保 護 される 物 に 対 し 発 行 される 補 充 的 保 護 証 明 書 (SPC) の 侵 害 もしくは 無 効 確 認 訴 訟 を 国 内 裁 判 所 に 提 起 することができる (UPCA Art. 83.1) 25

26 管 轄 裁 判 所 (UPCA Art. 33) 統 一 特 許 裁 判 所 侵 害 仮 処 分 差 止 損 害 賠 償 又 は 仮 保 護 及 び/ 又 は 先 使 用 に 基 づく 補 償 金 請 求 について 侵 害 行 為 が 行 われた 地 方 / 地 域 部 又 は 侵 害 者 の 居 住 地 もしくは 営 業 所 がある 地 方 / 地 域 部 複 数 の 管 轄 で 侵 害 行 為 が 行 われた 場 合 には そのいずれかの 地 方 / 地 域 部 - 侵 害 地 訴 訟 言 語 の 観 点 から 選 択 - 効 率 スピード 判 決 の 質 法 解 釈 の 違 いはないとされる 締 約 国 内 に 侵 害 者 の 居 住 地 又 は 営 業 所 がない 場 合 には 侵 害 行 為 が 行 われた 地 方 / 地 域 部 又 は 中 央 部 - 侵 害 者 が 非 欧 州 企 業 の 場 合 など 26

27 管 轄 裁 判 所 (UPCA Art. 33) 統 一 特 許 裁 判 所 該 当 する 締 約 国 内 に 地 方 / 地 域 部 がない 場 合 中 央 部 無 効 又 は 非 侵 害 確 認 訴 訟 について 中 央 部 - 但 し すでに 同 一 特 許 について 同 一 当 事 者 間 で 侵 害 訴 訟 が 地 方 / 地 域 部 で 提 起 されている 場 合 にはその 地 方 / 地 域 部 EPO の 管 理 業 務 に 関 する 決 定 ( 単 一 効 の 請 求 の 管 理 更 新 手 数 料 の 管 理 移 行 期 間 中 の 翻 訳 文 など) について 中 央 部 27

28 管 轄 裁 判 所 (UPCA Art. 33) 統 一 特 許 裁 判 所 ある 地 方 / 地 域 部 において 侵 害 訴 訟 が 提 起 され 特 許 無 効 の 反 訴 がされた 場 合 - 当 該 地 方 / 地 域 部 が 侵 害 訴 訟 及 び 無 効 の 反 訴 をともに 審 理 する - 無 効 の 反 訴 を 中 央 部 に 移 送 し 状 況 に 応 じて 侵 害 訴 訟 を 停 止 又 は 進 行 する(Bifurcation) - 両 当 事 者 の 合 意 の 下 侵 害 訴 訟 及 び 無 効 訴 訟 をともに 中 央 部 に 移 送 し 同 時 に 審 理 する 28

29 言 語 (UPCA Art ) 統 一 特 許 裁 判 所 中 央 部 : 原 則 登 録 特 許 の 言 語 地 方 / 地 域 部 : 地 方 部 が 所 在 する 国 の 公 用 語 又 は 地 域 部 が 所 在 する 地 域 が 指 定 する 公 用 語 (EPO のいずれかの 公 用 語 を 指 定 することもできる) - 両 当 事 者 の 合 意 等 に 基 づき 登 録 特 許 の 言 語 とすることも できる 被 告 の 請 求 により 原 告 は 侵 害 地 又 は 侵 害 行 為 が 行 われた 地 の 言 語 による 特 許 の 翻 訳 文 を 提 出 しなければならない 裁 判 所 費 用 (Rules on Court fees and recoverable costs) 侵 害 訴 訟 : 固 定 手 数 料 と 訴 額 に 応 じた 追 加 手 数 料 無 効 訴 訟 の 固 定 手 数 料 : 20,000 29

30

31 Opt-Out (UPCA Art. 83) 移 行 期 間 : 7 年 Opt-Out / In 移 行 期 間 中 において 欧 州 特 許 の 侵 害 もしくは 無 効 訴 訟 又 は 欧 州 特 許 によって 保 護 される 物 に 対 し 発 行 される 補 充 的 保 護 証 明 書 (SPC) の 侵 害 もしくは 無 効 確 認 訴 訟 は 国 内 裁 判 所 に 提 起 することができる - 移 行 期 間 中 のこれらの 訴 訟 について UPC 又 は 国 内 裁 判 所 のい ずれかに 提 起 可 能 移 行 期 間 の 延 長 : + 7 年 - 監 理 委 員 会 は 協 定 発 効 後 5 年 の 間 に 国 内 裁 判 所 に 提 起 された 事 案 を 調 査 して 移 行 期 間 を 最 大 7 年 延 長 するか 否 かを 決 定 する ことができる 31

32 Opt-Out (UPCA Art. 83) Opt-Out / In 移 行 期 間 経 過 前 に 出 願 又 は 登 録 された 欧 州 特 許 の 特 許 権 者 又 は 出 願 人 * 及 び 欧 州 特 許 によって 保 護 される 物 に 対 し 発 行 される 補 充 的 保 護 証 明 書 (SPC) の 保 有 者 は UPC で 訴 訟 が 提 起 されない 限 り UPC 専 属 管 轄 からの Opt-Out が 可 能 * 特 許 権 者 とは 欧 州 特 許 が 認 証 されている 各 締 約 国 の 法 律 に 基 づき 特 許 権 者 として 登 録 される 資 格 を 有 する 者 であって 当 該 者 が 現 実 に 登 録 されているか 否 かに 関 わらない (UPC Rule 8.5(a)) 権 利 が 共 有 にかかる 場 合 は 共 同 でしなければならない (UPC Rule 5.1.(a)) 実 施 権 者 は 含 まれない 32

33 Opt-Out (UPCA Art. 83) Opt-Out / In 移 行 期 間 経 過 前 に 出 願 又 は 登 録 された 欧 州 特 許 の 特 許 権 者 又 は 出 願 人 * 及 び 欧 州 特 許 によって 保 護 される 物 に 対 し 発 行 される 補 充 的 保 護 証 明 書 (SPC) の 保 有 者 は UPC で 訴 訟 が 提 起 されない 限 り UPC 専 属 管 轄 からの Opt-Out が 可 能 - 当 該 特 許 にかかる 訴 訟 について UPC の 管 轄 から 離 脱 可 能 - 遅 くとも 移 行 期 間 の 満 了 前 1ヶ 月 までに 申 請 しなければならない - 単 一 効 を 有 する 欧 州 特 許 について Opt-Out 不 可 (UPC FAQ) - 出 願 について Opt-Out が 登 録 され 当 該 出 願 が 特 許 された 場 合 当 該 特 許 についても Opt-Out は 引 き 続 き 有 効 (UPC FAQ) - Opt-In されない 限 り その 存 続 期 間 満 了 まで UPC 協 定 の 適 用 外 (UPC FAQ) 移 行 期 間 経 過 後 も Opt-Out の 効 果 は 継 続 33

34 Opt-In (Opt-Out の 取 下 げ) Opt-Out / In Opt-Out をした 欧 州 特 許 の 特 許 権 者 もしくは 出 願 人 又 は 欧 州 特 許 によって 保 護 される 物 に 対 し 発 行 される 補 充 的 保 護 証 明 書 (SPC) の 保 有 者 は 国 内 裁 判 所 で 訴 訟 が 提 起 され ない 限 り いつでも Opt-Out を 取 り 下 げることができる Opt-Out / In は 登 録 簿 に 記 録 された 時 から 有 効 となる 特 許 ファミリーごとの 手 続 UPC のウェブサイトで 登 録 手 続 閲 覧 可 能 (UPC FAQ) 登 録 までにタイムラグの 可 能 性 があるため サンライズ 規 定 を 検 討 Opt-Out / In 手 数 料 : なし (2016 年 2 月 26 日 公 表 ) Rules on Court fees and recoverable costs 34

35 Opt-Out / In サンライズ (Sunrise) 規 定 (UPC 手 続 規 則 第 18 案 Rule 5.13) 協 定 発 効 前 に Opt-Out の 登 録 が 可 能 当 該 Opt-Out は 協 定 発 効 日 に 登 録 されたものと 取 り 扱 われ る - 競 合 他 社 が 早 期 に 無 効 訴 訟 を UPC に 提 起 した 場 合 UPC の 適 用 が 強 制 されるため このリスクを 回 避 するためでき るだけ 早 期 の Opt-Out が 必 要 となる - Opt-Out の 事 前 申 請 は 協 定 発 効 の 数 ヶ 月 前 から 受 付 開 始 予 定 競 合 他 社 の 先 制 攻 撃 を 回 避 35

36

37 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点 から UPC 国 内 裁 判 所 (e.g. DE) メリット 一 つのアクションですべ ての 批 准 国 内 に 有 効 な 判 決 迅 速 な 訴 訟 指 揮 無 効 訴 訟 反 訴 の 裁 判 所 費 用 が 安 価 経 験 豊 かな 裁 判 官 信 頼 できる 訴 訟 指 揮 限 定 的 なコスト フォーラムショッピング* 侵 害 裁 判 所 で 無 効 反 訴 不 可 デメリット 一 つのアクションですべ ての 批 准 国 内 における 権 利 が 無 効 となる 可 能 性 司 法 判 断 の 質 が 不 透 明 短 期 間 の 審 理 による 当 事 者 の 負 担 判 決 が 国 内 に 限 定 他 国 でも 訴 訟 費 用 が 発 生 無 効 訴 訟 を UPC で 提 起 されるリスク * 複 数 の 国 に 裁 判 管 轄 が 認 められうる 場 合 において 原 告 が 自 分 に 有 利 な 判 決 が される 可 能 性 の 高 い 国 の 裁 判 所 に 訴 訟 を 提 起 する 訴 訟 戦 略 37

38 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点 から Opt-Out メリット UPC での 無 効 訴 訟 を 回 避 国 内 裁 判 所 手 続 の 利 点 を 享 受 フォーラムショッピング 3ヶ 国 以 内 での 保 護 の 場 合 安 価 な 更 新 手 数 料 デメリット 判 決 が 国 内 に 限 定 一 旦 Opt-Out して 国 内 裁 判 所 で 訴 訟 が 開 始 され ると Opt-In が 不 可 能 となる 38

39 参 考 資 料 EU Regulation No. 1257_2012 EU Regulation No. 1260_2012 Agreement on a Unified Patent Court 18th Draft of Rules of Procedure of the Unified Patent Court Rules on Court fees and recoverable costs An Enhanced European Patent System (The Select Committee, The Preparatory Committee) EPO Unitary Patent & Unified Patent Court Marks & Clerk 欧 州 単 一 効 特 許 及 び 欧 州 統 一 特 許 裁 判 所 AIPPI (2015) Vol. 60 No. 3 統 一 特 許 裁 判 所 (UPC)の 管 轄 から 欧 州 特 許 を 適 用 除 外 させる 戦 略 的 考 察 Dr. Christian Lederer, Dr. Anja Lunze 著 Taylor Wessing, "The Unified Patent Court and Unitary Patent" Bristows UPC 欧 州 の 新 単 一 特 許 及 び 統 一 特 許 裁 判 書 制 度 のご 案 内 EU 統 一 特 許 裁 判 所 (Mewburn Ellis LLP) 39

40 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

2 Bristows LLP 2015 年 10 月

2 Bristows LLP 2015 年 10 月 欧 州 の 新 単 一 効 特 許 及 び 統 一 特 許 裁 判 所 制 度 の ご 案 内 2 Bristows LLP 2015 年 10 月 欧 州 の 新 単 一 特 許 及 び 統 一 特 許 裁 判 所 制 度 のご 案 内 1 目 次 はじめに 2 なぜ 変 更 するのか? 経 緯 の 概 要 2 新 制 度 の 法 的 枠 組 み 2 制 度 の 概 要 3 単 一 効 特 許 の

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

サポートされている国番号

サポートされている国番号 APPENDIX B この付録には Cisco Wireless LAN Solution がサポートされているの一覧を記載します この付録の内容は 次のとおりです (P. B-1) Cisco Wireless LAN Solution は 表 B-1 に示す々での運用を承認されている または承認される予定であり 現在のの要件を完全に満たしています ここに記載された最大規制送信電力レベル限度は 番号設定によって定義され

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

EUの東方拡大とその行方

EUの東方拡大とその行方 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 24 25 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

新薬GPMSP(新薬市販直後調査)の意図するところ

新薬GPMSP(新薬市販直後調査)の意図するところ BSE 問 題 におけるレギュラトリーサイエンス の 活 かし 方 と 危 機 管 理 - 医 薬 品 と 食 品 の 対 応 の 違 いを 例 にして - 土 井 脩 ( 一 般 財 団 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 レギュラトリーサイエンス 財 団 ) ( Pharmaceutical and Medical Device Regulatory Science Society of Japan)

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

経 五 庁 BRICS( 中 国 を 除 く 大 韓 民 国 ブ ラ ジ ル ロ シ ア 2014.3.1 2012.1.1 2012.8.22 紙 W 66,000 ( 7,624 紙 R$ 235 ( 12,479 RUB 1,650 ( 5,607 電 子 W 46,000 ( 5,314 電

経 五 庁 BRICS( 中 国 を 除 く 大 韓 民 国 ブ ラ ジ ル ロ シ ア 2014.3.1 2012.1.1 2012.8.22 紙 W 66,000 ( 7,624 紙 R$ 235 ( 12,479 RUB 1,650 ( 5,607 電 子 W 46,000 ( 5,314 電 主 国 機 関 における 政 府 一 覧 表 国 五 庁 米 国 E P O 中 華 人 民 共 和 国 経 2014.1.1 2016.4.1 2012.12.27 紙 210 ( 27,090 US$ 280 ( 33,040 電 子 120 ( 15,480 900 元 ( 16,200 付 加 分 付 加 分 付 加 分 超 過 ページ US$400/50 頁 上 記 は35 頁 まで 31

More information

6 (1) 可 動 物 件 の 国 際 担 保 権 に 関 する 条 約 ( 本 体 条 約 ) この 条 約 の 締 約 国 は 高 価 な 又 は 特 段 の 経 済 的 重 要 性 を 備 えた 可 動 物 件 の 取 得 及 び 利 用 並 びにそれらの 物 件 の 取 得 及 び 利 用 のため の 効 率 的 な 金 融 の 促 進 を 図 る 必 要 性 を 了 解 し この 目 的 に

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft Word - 070711”‚Š¿4’lfiI‚¹”¸−z

Microsoft Word - 070711”‚Š¿4’lfiI‚¹”¸−z 人 的 損 失 額 に 関 する 検 討 について 資 料 4 1.これまでの 検 討 経 緯 および 今 回 の 議 論 のポイント (1)これまでの 検 討 経 緯 ( 技 術 指 針 における 記 述 ) 公 共 事 業 評 価 の 費 用 便 益 分 析 に 関 する 技 術 指 針 ( 平 成 16 年 2 月 国 土 交 通 省 )の 事 業 分 野 間 における 評 価 指 標 等 設

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

日EC相互承認協定 実施に向けた準備

日EC相互承認協定 実施に向けた準備 薬 生 監 麻 発 0 4 2 6 第 3 号 平 成 28 年 4 月 26 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) 相 互 承 認 に 関 する 日 本 国 と 欧 州 共 同 体 との 間 の 協 定 の 運 用 について 相 互 承 認 に 関 する 日 本

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に ミャンマー 連 邦 共 和 国 会 社 法 The Burma Companies Act (1914) 本 資 料 は 国 家 計 画 経 済 開 発 省 企 業 投 資 管 理 局 (DICA) 発 表 のミャンマー 会 社 法 をもとに 国 際 機 関 日 本 アセアンセンターが 株 式 会 社 icubeに 委 託 し 日 本 語 に 仮 訳 したものです なお 本 資 料 はあくまで 仮

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書 2 3 4 5 11 6 コペンハーゲン ( デンマーク. 約 135 万人 ) 30.1% 大阪市 ( 日本 約 265 万人 ) ロッテルダム ( オランダ 約 58 万人 ) ローマ ( イタリア 約 270 万人 ) マルメ ( スウェーデン 約 27 万人 ) 東京 23 区 ( 日本 約 872 万人 ) ケルン ( ドイツ 約 98 万人 ) ヘルシンキ ( フィンランド 約 56 万人

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd 投 資 家 向 け 情 報 チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うための ビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 CzechRepublic チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うためのビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 本 資 料 作 成 に 当 たり チェコの

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】 薬 食 発 1 1 2 1 第 1 0 号 平 成 26 年 11 月 21 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について これまで 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 の 回 収 については 回 収 に 着 手

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

H1

H1 The Magazine of Fukui International Association GNTB.Cowin,Andrew GNTB.Mainau GmbH GNTB.Cowin,Andrew Vol.81 2015.11 ドイツ 福井県とドイツには 昔からのつながりがあることをご存知ですか?福井県では 国際青年の翼 船 昭和51年 平成15年 や国際婦人の船 昭和60年 平成2年 により

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

(1) クロスボーダー 化 する 際 に 要 する 手 続 きが 簡 素 化 ファンドパスポートを 有 しているファンドを 異 なる 国 で 販 売 する 場 合 その 国 で 必 要 となる 手 続 きが 簡 素 化 されることが 通 常 である (2) 運 用 会 社 にとってのコスト 削 減

(1) クロスボーダー 化 する 際 に 要 する 手 続 きが 簡 素 化 ファンドパスポートを 有 しているファンドを 異 なる 国 で 販 売 する 場 合 その 国 で 必 要 となる 手 続 きが 簡 素 化 されることが 通 常 である (2) 運 用 会 社 にとってのコスト 削 減 ファンドパスポートの 進 展 目 次 Ⅰ.はじめに -ファンドパスポートとは- Ⅱ.EU ファンドパスポート 制 度 -UCITS 概 略 - Ⅲ.UCITS/クロスボーダーファンドの 浸 透 Ⅳ.アジアファンドパスポート 構 想 Ⅴ. 日 本 の 投 信 業 界 の 関 わり Ⅵ. 終 わりに 海 外 アセットマネジメント 事 業 部 海 外 受 託 グループ 調 査 役 豊 巻 雄 規 Ⅰ.はじめに

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63> EU 加 盟 に 向 けた 南 東 欧 諸 国 における 進 捗 状 況 について (0.0 0.0) 平 成 年 月 ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 フランクフルト 事 務 所 しEUの 約 にEUと け009 し0 EEA ヵ は5 の. はじめに ベルリンの (ヵ 推 計 国 同 壁 時 崩 加 壊 盟 周 年 ユーロ 導 入 年 周 年 また の 中 人

More information

指 定 ( 又 は 選 択 ) 官 庁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - アイスランド 特 許 庁 国 内 段 階 に 入 るための 要 件 の 概 要 3 頁 概 要 国 内 段 階 に 入 るための 期 間 PCT 第 22 条 (3)に 基 づく 期 間

指 定 ( 又 は 選 択 ) 官 庁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - アイスランド 特 許 庁 国 内 段 階 に 入 るための 要 件 の 概 要 3 頁 概 要 国 内 段 階 に 入 るための 期 間 PCT 第 22 条 (3)に 基 づく 期 間 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - 1 頁 アイスランド 特 許 庁 ( 指 定 官 庁 又 は 選 択 官 庁 ) 目 次 国 内 段 階 - 概 要 国 内 段 階 の 手 続 附 属 書 手 数 料 附 属 書.Ⅰ 国 内 手 続 請 求 様 式 附 属 書.Ⅱ 委 任 状 附 属 書.Ⅲ 略 語 のリスト 国 内 官 庁 : アイスランド 特 許 庁 IPL:

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323081798A6D92E8817A946E83418393836081458368815B83738393834F8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323081798A6D92E8817A946E83418393836081458368815B83738393834F8B4B92F6> 本 術 連 盟 アンチ ドーピングおよび 治 療 規 制 に 関 する 規 程 術 スポーツをクリーンに 保 つため また 競 技 のウェルフェアを 守 るために アン チ ドーピングおよび 治 療 規 制 に 関 する 規 程 を 定 める 競 技 に 参 加 する は ドーピング 物 質 および 治 療 物 質 の 影 響 下 にあってはならず その 責 任 は 管 理 責 任 者 にある (

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促 20101129-1 中 国 法 令 調 査 報 告 書 社 会 保 険 法 報 告 日 :2010 年 11 月 29 日 管 理 番 号 :20101129-1 今 回 のご 報 告 のポイント 本 法 は 社 会 保 険 制 度 ( 養 老 保 険 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 生 育 保 険 )に ついて 定 めるものである これまで 外 国 籍 従 業 員 については 社

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

CHÍNH PHỦ

CHÍNH PHỦ 政 府 番 号 :16/2010/NĐ-CP ヴェトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 - 自 由 - 幸 福 2010 年 3 月 3 日,ハノイ 国 家 賠 償 責 任 法 のいくつかの 条 項 の 詳 細 を 規 定 し, 施 行 を 案 内 する 議 定 政 府 は, 2001 年 12 月 25 日 付 け 政 府 組 織 法 に 基 づき, 2009 年 6 月 18 日 付 け

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

スライド 0

スライド 0 財 政 制 度 等 審 議 会 ご 参 考 資 料 資 料 1 欧 州 危 機 と 財 政 規 律 強 化 の 取 り 組 み 野 村 インターナショナルplc (NIPlc) シニアエコノミスト 池 田 琢 磨 本 資 料 はノムラ インターナショナルplcのエコ ノミストによる 資 料 をもとに 作 成 した 野 村 證 券 の 著 作 物 です 巻 末 に 記 載 されている 重 要 なディスクロー

More information

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を 会 員 企 業 の 皆 様 へ 2015 年 度 JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 ) JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 )は 情 報 サービス 業 者 電 気 通 信 事 業 者 が IT 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information