内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前 "

Transcription

1 在 スロバキア 日 本 国 大 使 館 政 治 経 済 月 報 ( 年 3 月 ) 目 次 内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 2 連 立 交 渉 の 動 向 2 第 3 次 フィツォ 政 権 の 成 立 2 外 政 スロバキア スイス 外 相 会 談 3 ノルド ストリーム2 への 異 議 申 し 立 て 3 ライチャーク 外 相 のエジプト 訪 問 3 社 会 スロバキアの 物 価 3 経 済 USスティール コシツェにおける 人 員 削 減 4 J&T 金 融 グループへの 中 国 企 業 の 資 本 参 加 4 スロバキア 中 央 銀 行 中 期 予 測 ( 第 1 四 半 期 ) 4 スロバキア 中 央 銀 行 月 報 (3 月 ) 5 別 添 : 主 要 経 済 指 標 本 月 報 は 公 開 情 報 を 在 スロバキア 日 本 国 大 使 館 がとりまとめたものです 1

2 内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前 調 査 では5%を 下 回 っていた 極 右 政 党 LS-Nase Slovensko と 昨 年 11 月 に 設 立 された 新 党 SME RODINA-Boris Kollarが 議 席 を 獲 得 した Sietは12% 前 後 という 選 挙 前 の 支 持 率 を 大 きく 下 回 る5.6%の 得 票 に 留 ま った キリスト 教 民 主 運 動 (KDH) は5%を 越 えられず 国 会 議 席 を 失 った 政 党 得 票 率 議 席 数 Smer( 方 向 ) 28.28% 49 SaS( 自 由 と 連 帯 ) 12.10% 21 OLaNO-Nova( 普 通 の 人 々 独 立 した 人 達 - 新 たな 多 数 派 ) 11.02% 19 SNS(スロバキア 国 民 党 ) 8.64% 15 LS-Nase Slovensko( 人 民 党 - 我 々のスロバキア) 8.04% 14 Sme Rodina-Boris Kollar( 我 々は 家 族 -ボリス コラール) 6.62% 11 Most-Hid( 架 け 橋 ) 6.50% 11 Siet(ネットワーク) 5.60% 10 連 立 交 渉 の 動 向 (9-22 日 ) 国 会 総 選 挙 の 結 果 を 受 け キスカ 大 統 領 はSmerのフィツォ 首 相 に 組 閣 を 指 示 した SNSを 除 く 右 派 政 党 がSmerとの 交 渉 を 拒 否 し Smerによる 組 閣 は 不 調 に 終 わると 見 られたが SNSが 右 派 連 立 への 不 参 加 を 明 らかにしたのを 機 に Most-Hid 及 びSietは 態 度 を 一 変 し 13 日 に 両 党 の 党 首 はSmerとの 連 立 交 渉 に 臨 んだ 15 日 に 綱 領 の 優 先 事 項 に 関 して 合 意 し 17 日 にフィツォ 首 相 はキ スカ 大 統 領 に 対 し 連 立 交 渉 合 意 を 報 告 した 国 会 召 集 前 日 の22 日 には 連 立 協 定 への 署 名 が 行 われた 連 立 交 渉 の 間 に Sietから3 名 Most-Hidから1 名 の 議 員 が 離 党 を 表 明 したものの 4 党 の 合 計 は81 議 席 で 過 半 数 は 確 保 される 第 3 次 フィツォ 政 権 の 成 立 (23 日 ) キスカ 大 統 領 は 首 相 及 び 閣 僚 の 任 命 を 行 い 第 3 次 フィツォ 政 権 が 成 立 した 閣 僚 ポストの 配 分 は Smer:9( 首 相 投 資 担 当 副 首 相 内 相 外 相 財 務 相 経 済 相 労 働 相 文 化 相 及 び 保 健 相 ) SNS:3( 国 防 相 農 業 相 及 び 教 育 相 ) Most-Hid:2( 法 務 相 及 び 環 境 相 ) Siet:1( 交 通 相 )となった 首 相 外 相 等 を 含 む6ポストにおいて 前 政 権 の 閣 僚 が 再 任 された 国 会 議 長 にはSNSのダ ンコ 党 首 が 就 任 し Most-Hidのブガール 党 首 は 副 議 長 となった 2

3 外 政 スロバキア スイス 外 相 会 談 (9 日 ) スロバキアを 訪 問 したブルカルテール スイス 外 相 とライチャーク 副 首 相 兼 外 務 欧 州 問 題 相 との 会 談 では 二 国 間 関 係 やスロバキアのEU 議 長 国 就 任 に 加 えて 政 治 対 話 経 済 科 学 及 びイノベーション 分 野 での 協 力 についても 取 り 上 げられた ライチャーク 外 相 は V4+スイス の 枠 組 における 協 力 の 継 続 を 確 認 した EU スイス 関 係 は 2014 年 2 月 にスイスで 実 施 された 移 民 数 の 制 限 に 関 する 国 民 投 票 によって 複 雑 化 した 懸 案 の 解 決 は まさにスロ バキアのEU 議 長 国 期 間 中 の 重 要 な 課 題 となる ノルド ストリーム2 への 異 議 申 し 立 て(18 日 ) EU9ヶ 国 (チェコ クロアチア エストニア ラトビア リトアニア ハ ンガリー ポーランド ルーマニア 及 びスロバキア)の 首 相 は ユンカー 欧 州 委 員 会 委 員 長 に 対 し 天 然 ガスパイプライン ノルド ストリーム2 プロジ ェクトへの 異 議 申 し 立 てを 行 う 書 簡 を 送 付 した 書 簡 では 同 プロジェクトが 中 東 欧 地 域 及 びウクライナを 経 由 する 既 存 の 輸 送 インフラの 活 用 にマイナスの 影 響 を 及 ぼし 中 東 欧 及 びEU 全 体 のエネルギー 安 全 保 障 にとってのリスクと なること 等 が 言 及 された また エネルギーの 輸 送 ルート 供 給 者 及 び 供 給 源 の 多 様 化 というEUの 主 目 的 と 一 致 しないことを 指 摘 した ライチャーク 外 相 のエジプト 訪 問 (20 日 ) ライチャーク 外 相 はエジプトを 実 務 訪 問 し エルシーシ エジプト 大 統 領 及 びシュクリ エジプト 外 相 と 個 別 に 会 談 を 行 った ライチャーク 外 相 は エ ジプトは 我 々が 政 治 対 話 の 緊 密 化 と 経 済 協 力 の 深 化 に 向 けて 注 力 している 友 好 国 である と 述 べた ライチャーク 外 相 によると 二 国 間 のあらゆる 面 での 協 力 の 発 展 に 向 け 観 光 文 化 活 動 及 び 教 育 科 学 分 野 の 協 力 の 支 援 を 通 じて 市 民 交 流 の 発 展 を 後 押 しすることも 重 要 となる 両 国 は 双 方 にとって 有 益 と 見 なされている V4+エジプト の 形 態 での 地 域 協 力 発 展 の 促 進 にも 関 心 を 有 している 社 会 スロバキアの 物 価 (30 日 付 プラウダ 紙 ) スロバキアの 生 活 費 は 隣 国 チェコよりも 高 い 食 料 品 はチェコよりも 安 価 で あるが 住 居 エネルギー 及 び 水 道 はチェコの 平 均 の 負 担 額 よりも 高 くなって いる 他 方 スロバキア 人 の 給 与 はチェコ 人 よりも 低 く 現 在 のスロバキアの 平 均 月 給 956ユーロに 対 し チェコは1039ユーロとなっている スロバ 3

4 キアの 物 価 はEU 平 均 の63.4%に 達 しており 今 後 さらに 上 昇 していく 見 込 みである EUにおいてスロバキアより 物 価 が 低 いのは クロアチア チェ コ リトアニア ハンガリー ポーランド ルーマニア 及 びブルガリアである 経 済 USスティール コシツェにおける 人 員 削 減 (26 日 付 経 済 新 聞 ) USスティール コシツェの 労 働 組 合 は 4 月 1 日 付 での 管 理 職 29 名 の 削 減 に 関 する 決 定 を 非 常 に 厳 しい 措 置 であると 訴 えている 同 労 組 によると この 決 定 は 政 府 と 同 社 との 間 で 締 結 された 覚 書 に 反 するものである 経 営 者 側 が 主 張 する 市 場 の 悪 化 という 削 減 理 由 は 労 組 側 から 見 ると 部 分 的 にしか 当 て はまらない 労 組 リーダーのヒントシュ 氏 は 過 去 のより 複 雑 な 経 済 状 況 下 で も 今 回 のような 決 定 には 到 らなかったことを 指 摘 した 他 方 同 氏 は 人 員 削 減 が 将 来 的 な 製 鋼 所 の 売 却 に 向 けた 準 備 であるとの 見 方 を 否 定 した J&T 金 融 グループへの 中 国 企 業 の 資 本 参 加 (31 日 付 経 済 新 聞 ) スロバキア 及 びチェコを 拠 点 とする J&T 金 融 グループ(JTFG)に 中 国 資 本 が 注 入 される 中 国 の China Energy Company(CEFC)は JTFG との 協 定 に 署 名 し JTFG 株 式 の50%を 保 有 することとなる JTFG はスロバキアにおい て 富 裕 層 向 けの J&T バンクと 一 般 顧 客 向 けの 郵 便 銀 行 を 保 有 している CEFC の 資 本 参 加 は JTFG が 業 務 を 展 開 するすべての 国 で 承 認 される 見 込 みである また JTFG 及 び CEFC は 中 東 欧 諸 国 におけるリテール バンキング 業 務 の 共 同 展 開 についても 関 心 を 有 している 近 代 的 な 銀 行 及 び 金 融 サービスを 中 国 に も 拡 大 する 計 画 もある スロバキア 中 央 銀 行 中 期 予 測 ( 第 1 四 半 期 ) 1.GDP 第 4 四 半 期 のスロバキア 経 済 は1.0% 増 と 安 定 した 成 長 を 示 した 経 済 成 長 の 主 要 因 は 年 期 間 の 終 了 に 向 けて 加 速 したEU 基 金 活 用 に 後 押 しされた 内 需 であった GDP 成 長 率 は 年 に3.2% 年 に3.3% 2018 年 には 自 動 車 産 業 における 新 規 投 資 事 業 の 生 産 が 開 始 されることを 受 け 4.2%に 加 速 すると 見 られる 民 間 投 資 は 主 に 低 金 利 や 上 向 きな 景 況 感 によって 支 えられると 考 えられる 年 末 及 び20 17 年 には 現 在 進 められている 自 動 車 産 業 の 投 資 が 数 字 に 反 映 されてくると 予 想 され 2017 年 には 投 資 の 伸 びを5%に 加 速 させると 見 られる 2. 労 働 市 場 及 び 賃 金 4

5 労 働 市 場 では 雇 用 者 の 確 保 の 問 題 が 生 じるという 予 測 もあるが 企 業 は 労 働 時 間 延 長 に 加 え 55 歳 以 上 の 高 齢 者 や 外 国 人 の 雇 用 によって 対 処 すると 考 えられる 年 の 雇 用 率 の 伸 びは 年 の%から1.4%に 鈍 化 し 2017 年 及 び2018 年 は 共 に1.1%となる 見 込 みである 失 業 率 も 徐 々に 低 下 し 年 に10.3% 2017 年 に9.5%に 低 下 し 2018 年 に8.7% 近 くにまで 低 下 すると 予 測 される 実 質 賃 金 は 年 に3.4% 増 2017 年 に2.3% 増 2018 年 に1.8% 増 となる 見 込 みである 3. 物 価 年 の 消 費 者 物 価 指 数 は0.2% 下 落 すると 予 想 される 2017 年 1 月 から 再 度 ガス 暖 房 及 び 電 気 料 金 の 顕 著 な 下 落 が 見 込 まれているが 他 方 で 輸 入 価 格 と 食 料 品 価 格 の 漸 進 的 上 昇 傾 向 が 予 測 されている 高 まりつつ ある 消 費 者 需 要 の 増 加 により サービス 価 格 は 上 昇 すると 見 られる 消 費 者 物 価 上 昇 率 は2017 年 に1.3% 2018 年 は1.9%に 加 速 する 4. 外 部 環 境 及 び 外 需 輸 出 は 外 需 及 び 市 場 シェアの 若 干 の 拡 大 予 測 に 沿 って 伸 びていく 見 込 みであ る スロバキアの 外 需 予 測 は 中 国 をはじめとする 新 興 国 経 済 の 予 想 を 上 回 る ペースでの 減 速 とそれがスロバキアの 主 要 貿 易 相 手 国 の 経 済 に 与 える 影 響 に 対 する 不 安 を 受 け 下 方 修 正 された スロバキアの 外 需 は 中 期 予 測 の 範 囲 で 年 に3.5% 2017 年 に4.5% 2018 年 に4.8% 増 加 する 見 通 しである スロバキア 中 央 銀 行 月 報 (3 月 ) 1.GDP 第 4 四 半 期 のスロバキア 経 済 は 前 期 比 1%と 安 定 したペースで 成 長 した 自 動 車 産 業 の 生 産 が 若 干 減 少 したものの 本 年 初 めの 経 済 指 標 は 前 向 きな 展 開 の 動 きが 継 続 することを 示 している 年 1 月 の 全 体 の 売 り 上 げは 前 年 同 期 比 で5.4% 増 加 した 電 機 製 品 が 最 も 売 り 上 げの 伸 びに 貢 献 した 1 月 の 鉱 工 業 生 産 の 前 年 同 期 比 の 伸 びは 12 月 の6%から1.6%に 鈍 化 した こ の 動 きの 主 要 因 は 自 動 車 生 産 の 減 少 であり 年 末 年 始 における 生 産 ラインの 休 止 と 中 断 が 大 きく 影 響 したと 考 えられる 非 常 に 好 調 な 電 機 生 産 が1 月 の 鉱 工 業 生 産 の 更 なる 悪 化 を 押 し 止 めた 2. 雇 用 率 及 び 賃 金 5

6 1 月 の 雇 用 率 は 前 年 同 期 比 1.2%の 上 昇 と 平 均 2.2% 上 昇 した 年 第 4 四 半 期 から 鈍 化 した 部 門 別 では 商 業 部 門 とサービス 部 門 が 鈍 化 の 主 な 要 因 となった 2 月 の 登 録 ベースでの 失 業 率 は 季 節 調 整 前 で 前 月 比 0.3% 低 下 して19%となった 特 定 部 門 では 新 規 雇 用 を 国 内 の 失 業 者 のみで 補 うことができず ますます 多 くの 高 齢 者 や 外 国 人 労 働 者 を 雇 用 せざるを 得 な いことになると 予 想 される 1 月 の 平 均 賃 金 の 前 年 同 期 比 での 伸 びは 年 第 4 四 半 期 の 平 均 4.4%から4.1%にわずかに 鈍 化 した 1 月 の 平 均 名 目 賃 金 は842.3ユーロであった 3. 物 価 2 月 の 消 費 者 物 価 指 数 は 前 年 同 期 比 で-0.3%と1 月 の-0.6%から 下 落 ペースが 鈍 化 した 前 月 比 では0.2%の 上 昇 であった 食 料 品 の 低 価 格 は 欧 州 市 場 における 食 料 関 連 コモディティ 価 格 の 下 落 の 影 響 による サービス 価 格 の 動 きは 低 調 で 雇 用 市 場 の 好 調 な 動 きは 十 分 に 反 映 されていない エネル ギー 価 格 は 原 油 及 びその 他 のエネルギー 関 連 コモディティの 下 落 予 測 を 受 け 年 を 通 してマイナス 基 調 を 持 続 する 見 込 みである 4. 貿 易 1 月 の 輸 出 は 前 年 同 期 比 で2.8% 増 輸 入 は5.4% 増 加 した 1 月 の 貿 易 黒 字 は1 億 3900 万 ユーロであった ( 了 ) 6

7 スロバキア 主 要 経 済 指 標 ( 出 典 :スロバキア 統 計 局 ) (%) 0.9 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 ) 2.4 1Q 3.1 2Q Q 3.6 4Q 消 費 者 物 価 指 数 (%) ( 前 年 同 期 比 ) Nov. 総 合 全 体 指 数 コア 指 数 Dec. Jan Feb. (%) (%) 失 業 率 Q Q Q 鉱 工 業 指 数 鉱 工 業 生 産 新 規 需 要 4Q Oct Nov Dec. ( 前 年 同 期 比 ) Dec Jan. 景 況 感 指 数 (3ヶ 月 後 方 移 動 平 均, 2010=100) Jan Feb Mar.

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査 特 別 企 画 : アベノミクスに 対 する 群 馬 県 内 企 業 の 意 識 調 査 県 内 企 業 の 39.4%がアベノミクスで 国 内 景 気 を 押 し 上 げと 実 感 ~ 一 方 自 社 業 績 にプラス 影 響 は 21.1% 政 府 には 財 政 の 健 全 化 を 求 める ~ はじめに 2012 年 12 月 に 発 足 した 安 倍 政 権 は 大 胆 な 金 融 政 策

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

2011年12月10日

2011年12月10日 2011 年 12 月 10 日 プレスリリース COP17 参 加 NGOからの 日 本 政 府 への 緊 急 声 明 平 成 24 年 度 税 制 改 正 における 自 動 車 課 税 地 球 温 暖 化 対 策 税 に 関 して 12 月 10 日 政 府 は 2012 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 閣 議 決 定 し 自 動 車 重 量 税 を 1,500 億 円 減 税 することを

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オーストラリアの 投 資 環 境 情 報 提 供 資 料 6 年 月 日 州 では 早 期 に 解 散 総 選 挙 実 施 か 与 党 連 合 勝 利 の 場 合 企 業 の 生 産 性 向 上 が 予 想 され 経 済 の 下 支 え 要 因 に 州 では 7 月 に 上 下 両 院 の 解 散 総 選 挙 が 実 施 される 可 能 性 が 高 まっています 経 済 成 長 のけん 引 役 が

More information

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) (

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) ( 第 1 期 資 産 運 用 報 告 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 Ⅱ. 貸 借 対 照 表 Ⅲ. 損 益 計 算 書 Ⅳ. 投 資 主 資 本 等 変 動 計 算 書 Ⅴ. 注 記 表 Ⅵ. 金 銭 の 分 配 に 係 る 計 算 書 Ⅶ. 監 査 報 告 書 Ⅷ.キャッシュ フロー 計 算 書 ( 参 考 情 報 ) タカラレーベン

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

Microsoft Word - 1st quarter 2012_Special Issue_Final

Microsoft Word - 1st quarter 2012_Special Issue_Final 1 2012 年 第 1 四 半 期 特 別 号 タイの 経 済 関 連 政 策 タイ 政 府 による 2012 年 の 経 済 成 長 重 視 政 策 2012 年 のタイ 経 済 は 様 々な 経 済 的 リスクに 直 面 しています 例 として 欧 州 債 務 問 題 による 世 界 経 済 不 安 原 油 価 格 高 騰 昨 年 の 水 害 を 受 けた 工 業 生 産 の 回 復 テンポなどが

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

税制改革について

税制改革について 税 制 改 革 について 平 成 20 年 5 月 20 日 伊 藤 隆 敏 丹 羽 宇 一 郎 御 手 洗 冨 士 夫 八 代 尚 宏 税 制 は 国 民 生 活 や 経 済 社 会 にとって 極 めて 重 要 な 制 度 インフラであ り 21 世 紀 の 我 が 国 にふさわしい 税 体 系 の 再 構 築 は 喫 緊 の 課 題 となっ ている 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

Microsoft Word - ML_’¢−E‡Ì”s‘ê_0609_.doc

Microsoft Word - ML_’¢−E‡Ì”s‘ê_0609_.doc 投 資 家 の 皆 さまへ 2006 年 9 月 世 界 の 株 式 金 利 為 替 市 場 9 月 の 注 目 点 大 和 証 券 投 資 信 託 委 託 株 式 会 社 株 式 市 場 < 日 本 株 > 相 場 変 動 要 因 多 いが 決 め 手 に 欠 ける 8 月 の 株 式 市 場 は 好 調 な 4~6 月 期 決 算 や 海 外 株 式 の 上 昇 を 受 け 堅 調 に 推 移

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

(ホームページ掲載用原稿)

(ホームページ掲載用原稿) 米 国 の 新 政 権 の 通 商 政 策 に 関 する 調 査 研 究 第 Ⅰ 報 告 市 場 の 上 向 き 傾 向 の 継 続 12 月 上 旬 機 関 投 資 家 やアセットマネージャーは 年 末 をネガティブな 打 撃 に 見 舞 わ れずに 迎 えることばかりを 考 えているように 見 える 彼 らの 関 心 は 主 に その 年 の 利 益 を 計 上 することと 賞 与 を 確 保

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」 2016 年 9 月 21 日 日 本 銀 行 金 融 緩 和 強 化 のための 新 しい 枠 組 み: 長 短 金 利 操 作 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 1. 日 本 銀 行 は 本 日 政 策 委 員 会 金 融 政 策 決 定 会 合 において 量 的 質 的 金 融 緩 和 および マイナス 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 のもとでの 経 済 物 価 動 向 と

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

組 入 れ 上 位 10 銘 柄 ( 株 式 ) 銘 柄 国 業 種 比 率 会 社 概 要 組 入 れ 銘 柄 数 ( 株 式 ): 46 銘 柄 1 LUKOIL PJSC-SPON ADR 10.7% 石 油 会 社 主 に 西 シベリアで 石 油 および 天 然 ガスの 探 鉱 生 産 精

組 入 れ 上 位 10 銘 柄 ( 株 式 ) 銘 柄 国 業 種 比 率 会 社 概 要 組 入 れ 銘 柄 数 ( 株 式 ): 46 銘 柄 1 LUKOIL PJSC-SPON ADR 10.7% 石 油 会 社 主 に 西 シベリアで 石 油 および 天 然 ガスの 探 鉱 生 産 精 ファンド 概 況 基 準 価 額 純 資 産 総 額 基 準 価 額 純 資 産 総 額 5,089 円 59 億 円 運 用 実 績 設 定 来 の 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 19,000 16,000 純 資 産 総 額 ( 右 ) 分 配 金 込 基 準 価 額 ( 左 ) 基 準 価 額 ( 左 ) MSCI EM ヨーロッハ 10/40( 左 ) ( 億 円 ) 1,0 1,500

More information

本文

本文 Feb, 16 日 本 経 済 情 報 16 年 月 号 内 容 1. 景 気 の 現 状 15 年 ~1 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 は 四 半 期 ぶりの マイナス 成 長 予 想 以 上 に 低 迷 す る 個 人 消 費 設 備 投 資 は 予 想 外 の 増 勢 加 速 輸 出 は 財 を 中 心 に 再 び 減 少. 今 後 の 見 通 し マイナス 金 利 の 効 果 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日 国 際 通 貨 基 金 コミュニケー ション 局 ( 参 考 仮 訳 ) プレスリリース No. 14/374 即 時 解 禁 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 米 国 ワシントン DC 2014 年 7 月 31 日 IMF 理 事 会 対 日 4 条 協 議 を 完 了 2014 年 7 月 23 日 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 理 事 会 は 対 日 4 条 協 議 を 完 了 した

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

特別会計予算

特別会計予算 平 成 27 年 度 特 別 会 計 補 正 予 算 ( 特 第 1 号 ) 27 190 1 総 目 録 27 1 1 5 15 17 27 1 27 27 21 139 1 平 成 27 年 度 特 別 会 計 補 正 予 算 ( 特 第 1 号 ) 目 録 1 5 5 5 5 12 15 12 5 7 15 7 8 8 8 9 9 10 10 10 8 15 16 17 17 17 16 2

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378> グローバル マクロ トピックス 1/ 9/ 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 吉 川 健 治 貨 物 輸 送 電 力 使 用 量 が 月 に 底 打 ち 改 革 より 成 長 優 先 か~ 中 国 最 新 の 経 済 情 勢 と 今 後 の 見 通 し 中 国 政 府 は 構 造 改 革 よりも 安 定 成 長 の 維 持 を 優 先 する 方 向 にあるようだ 1 年 月 を 底 に 粗 鋼

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

Taro-融資.jtd

Taro-融資.jtd 長 期 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 宮 崎 県 近 代 化 基 金 融 資 申 込 み 公 募 のしおり ( 平 成 27 年 4 月 1 日 実 施 ) *この 制 度 の 目 的 * この 制 度 は 運 輸 事 業 振 興 助 成 交 付 金 を もって 基 金 を 創 設 し 利 子 補 給 による 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 して トラック 運

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

43_1

43_1 新 興 国 景 気 減 速 の 影 響 はどこまで 拡 がるか ~グローバル 経 済 金 融 レビュー 2015 年 秋 ~ < 要 旨 > 9 月 の 米 国 雇 用 者 数 の 伸 びが 鈍 化 したことで 米 国 景 気 が 堅 調 な 回 復 を 続 けて 世 界 経 済 を 支 える というシナリオの 不 確 実 性 が 意 識 されるようになってきた 米 国 雇 用 増 減 の 業 種

More information

Microsoft Word - No.317_0827-0902v5.0 CIBD-1323.doc

Microsoft Word - No.317_0827-0902v5.0 CIBD-1323.doc BTMU(China) 経 済 週 報 2016 年 中 国 民 営 企 業 上 位 500 社 ランキング ~ 量 より 質 の 向 上 が 期 待 される 中 国 投 資 銀 行 部 中 国 調 査 室 メイントピックス...2 2016 年 中 国 民 営 企 業 上 位 500 社 ランキング~ 量 より 質 の 向 上 が 期 待 される...2 民 営 企 業 の 業 界 連 合 である

More information

①表紙201506.xdw

①表紙201506.xdw 平 成 7 年 (15 年 )6 月 11 日 見 通 しの 概 要 ~ 世 界 経 済 の 回 復 ペースは 依 然 緩 やかにとどまる 見 通 し~ 日 本 ~ 企 業 の 前 向 きな 支 出 行 動 の 明 確 化 を 起 点 に 景 気 は 底 堅 さを 増 す 見 通 し~ 米 国 ~ 一 時 的 な 下 押 し 影 響 の 解 消 後 は 家 計 需 要 の 拡 大 を 軸 とした 緩

More information

党 マニフェストの 特 徴 党 の 参 院 選 マニフェストは 現 実 路 線 に 舵 を 切 るとともに 成 長 戦 略 や 財 政 に 関 する 記 述 も 手 厚 くなり 全 般 的 に 政 権 与 党 責 任 政 党 らしいマニフェスト という 印 象 また 冒 頭 でマクロ 経 済 財 政

党 マニフェストの 特 徴 党 の 参 院 選 マニフェストは 現 実 路 線 に 舵 を 切 るとともに 成 長 戦 略 や 財 政 に 関 する 記 述 も 手 厚 くなり 全 般 的 に 政 権 与 党 責 任 政 党 らしいマニフェスト という 印 象 また 冒 頭 でマクロ 経 済 財 政 2010.6.24 みずほ 総 合 研 究 所 比 較 検 討 党 と 党 の 参 院 選 マニフェスト ~ 経 済 政 策 の 差 異 縮 小 で 国 民 にとって 判 断 基 準 が 不 鮮 明 に~ 党 マニフェストは 現 実 路 線 への 転 換 等 で 与 党 らしい 姿 に マクロ 経 済 財 政 運 営 の 記 述 が 冒 頭 にあるなど 体 系 的 に 整 理 された

More information

< 来週の投資環境 > 12月5日 ~ 12月9日

< 来週の投資環境 > 12月5日 ~ 12月9日 14-31 東 京 都 中 央 区 京 橋 3 丁 目 8 番 1 号 URL:http:// www.skam.co.jp フリーダイヤル 12-781812 ( 土 日 休 日 を 除 く9:~17:) 携 帯 PHSからは 3-5524-8181 < 来 週 の 投 資 環 境 > 7 月 2 日 ~ 7 月 6 日 来 週 の 金 融 市 場 見 通 し 消 費 税 増 税 も 財 政 懸

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 23 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 10 月 29 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 商 船 三 井 上 場 取 引 所 東 大 名 福 コード 番 号 9104 URL http://www.mol.co.jp/ir-j/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 )

More information

表紙.ai

表紙.ai 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 機 構 1-1- 3-3- Ⅱ 職 員 数 分 掌 事 務 5-5- 7-7- 8-8 - 9-9 - Ⅲ 事 業 概 要 11-11- 23 23 27 JAPAN EXPO - 13-13 EV&ITS - 14-14 in 4,184 594 2,631 8.5% ODA - 15-15 22 26-16 - 16 27 1.17 0.02 11 0.96

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

Microsoft Word - 07i31j_01.doc

Microsoft Word - 07i31j_01.doc 先 進 主 要 7カ 国 (G7)の 格 付 け 見 直 し 07-I-31 2007 年 8 月 13 日 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 (JCR)は G7の 外 貨 建 ておよび 自 国 通 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 の 格 付 け 及 び 見 通 しを 見 直 し 据 え 置 きとしましたのでお 知 らせします 対 象 国 外 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 自 国

More information

積水ハウスグループ中期経営計画

積水ハウスグループ中期経営計画 各 位 平 成 20 年 3 月 3 日 上 場 会 社 名 積 水 ハ ウ ス 株 式 会 社 代 表 者 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 和 田 勇 (コード 番 号 1928 東 証 大 証 名 証 市 場 第 一 部 ) 本 社 所 在 地 大 阪 市 北 区 大 淀 中 一 丁 目 1 番 88 号 問 合 せ 先 責 任 者 役 職 名 執 行 役 員 コーホ レート コミュニケーション

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1 平 成 26 年 度 国 民 年 金 基 金 連 合 会 資 産 運 用 結 果 1. 平 成 26 年 度 運 用 実 績 (1) 連 合 会 全 体 の 運 用 利 回 り( 修 正 総 合 利 回 り) 給 付 確 保 事 業 共 同 運 用 事 業 中 途 脱 退 事 業 16.52% 16.22% 16.21% ( 注 1) 連 合 会 全 体 16.37% 37,205 億 円 複 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

「世界のサイフ」、投資通貨の最近の動向について

「世界のサイフ」、投資通貨の最近の動向について 2010 年 3 月 12 日 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 世 界 のサイフ 投 資 通 貨 の 最 近 の 動 向 について 2009 年 に 入 ると 主 要 国 の 景 気 刺 激 策 や 金 融 緩 和 などを 受 けて 景 気 回 復 の 兆 しが 見 られるよ うになり 世 界 経 済 は 最 悪 期 を 脱 したとの 見 方 が 拡 がりました こうした 中 投 資

More information

第1四半期決算要旨

第1四半期決算要旨 2017 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 要 旨 2016 2016 年 4 月 1 日 から 年 6 月 30 日 まで 平 成 29 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 米 国 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 4 日 上 場 会 社 名 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 名 札 福 コード 番 号 7203 URL http://www.toyota.co.jp

More information

4. 農 業 所 得 減 少 の 要 因 農 産 物 生 産 量 の 減 少 米 の 消 費 量 減 少 輸 入 品 との 競 合 農 家 戸 数 の 減 少 高 齢 化 販 売 価 格 の 低 下 価 格 支 持 政 策 の 縮 小 廃 止 ウルグアイラウンド 輸 入 価 格 の 低 下 円 高

4. 農 業 所 得 減 少 の 要 因 農 産 物 生 産 量 の 減 少 米 の 消 費 量 減 少 輸 入 品 との 競 合 農 家 戸 数 の 減 少 高 齢 化 販 売 価 格 の 低 下 価 格 支 持 政 策 の 縮 小 廃 止 ウルグアイラウンド 輸 入 価 格 の 低 下 円 高 213.7.25 農 林 中 金 総 合 研 究 所 清 水 徹 朗 農 業 所 得 の 動 向 と 倍 増 の 実 現 性 1.はじめに アベノミクスと 日 本 再 興 戦 略 農 業 成 長 産 業 論 攻 めの 農 林 水 産 業 参 議 院 選 挙 における 自 民 党 の 公 約 政 策 集 (J ファイル) 15 のヒ シ ョンと 1 の 具 体 策 農 業 農 村 所 得 倍 増 目

More information

求人面接資料PPT

求人面接資料PPT Hair Salon TV etc. 250" 250" 200" 200" 150" 150" 100" 100" 50" 50" 0" 0" Nov)13" Dec)13" Jan)14" Feb)14" Mar)14" Apr)14" May)14" Jun)14" Jul)14" Dec)12" Jan)13" Feb)13" Mar)13" Apr)13"

More information

ています :( : 57.7% 欧 州 ( 英 国 ): 8.2% アジア( を 除 く): 12.7% : 21.4%) :( : 69.1% 欧 州 ( 英 国 ): 14.0% アジア( を 除 く): 11.0% : 5.9%) 中 国 ( ):( : 59.1% 欧 州 ( 英 国 ):

ています :( : 57.7% 欧 州 ( 英 国 ): 8.2% アジア( を 除 く): 12.7% : 21.4%) :( : 69.1% 欧 州 ( 英 国 ): 14.0% アジア( を 除 く): 11.0% : 5.9%) 中 国 ( ):( : 59.1% 欧 州 ( 英 国 ): 平 成 28 年 6 月 15 日 各 位 マネックス 証 券 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 勝 屋 敏 彦 TradeStation Securities, Inc. John Bartleman, President Monex Boom Securities (H.K.) Limited Nick Tang, COO 第 21 回 MONEX グローバル 個 人 投 資 家 サーベイ

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Microsoft Word - GBI欧米 doc

Microsoft Word - GBI欧米 doc September 12, 2014 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 2.ドバイの 財 政 状 態 は 依 然 ぜい 弱 と 診 断 した IMF 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 1.ブラジル 民 間 銀 行 の 高 い 貸 出 金 利 ブラジルが 高 金 利 の 国 であることはよく 知 られていることである ブラジル 国 立 銀 行 の 政 策 金 利 であるSelic

More information

2014 年 5 月 14 日 発 行 [ 執 筆 担 当 ] 山 本 康 雄 ( 外 需 ) 徳 田 秀 信 ( 総 括 )

2014 年 5 月 14 日 発 行 [ 執 筆 担 当 ] 山 本 康 雄 ( 外 需 ) 徳 田 秀 信 ( 総 括 ) みずほ 日 本 経 済 情 報 2014 年 5 月 号 [ 日 本 経 済 の 概 況 ] 日 本 経 済 は 消 費 増 税 の 影 響 で 一 時 的 に 落 ち 込 んでいる 経 済 の 活 動 水 準 は 潜 在 生 産 量 ( 物 価 変 動 に 対 して 中 立 的 とみられる 生 産 量 )を 引 き 続 き 下 回 っている 先 行 きの 日 本 経 済 は 消 費 増 税 後 の

More information