武蔵大学論文

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "武蔵大学論文"

Transcription

1 最 優 秀 賞 被 災 企 業 訪 問 から 考 える 被 災 企 業 救 済 の 新 たなスキームの 提 案 ~ 災 害 に 強 い 国 づくりファンド~ 武 蔵 大 学 経 済 学 部 安 蔵 洋 平 竹 田 勝 利 島 真 人 市 村 真 也

2 ( 提 言 の 要 約 ) 私 たちは 東 日 本 大 震 災 によって 浮 き 彫 りになった 被 災 地 企 業 の 二 重 債 務 問 題 について 調 査 を 行 い 感 じた 点 が 2 つある 1 つは 産 業 復 興 相 談 センター( 以 下 センター) の 重 要 性 である センタ ーから 支 援 を 受 けて 事 業 を 再 開 した 事 業 者 様 はセンターの 人 たちを 命 の 恩 人 で あるとおっしゃっていた 2 つ 目 は 融 資 を 受 けている 企 業 間 での 情 報 共 有 の 違 いである 企 業 によって は 地 域 と 密 接 に 関 わっている 企 業 もあり 震 災 当 初 企 業 の 情 報 を 地 域 間 で 共 有 していたことで 支 援 を 受 けるまでスムーズに 進 んだ 事 例 もあった しかし 今 後 さらに 復 興 を 加 速 させるためには 問 題 点 も 多 く 存 在 している 震 災 から 2 年 半 が 経 った 今 現 在 地 域 によっては 復 興 が 進 んでおらず 同 じ 被 災 地 でも 差 が 出 てきていることも 感 じた また 未 曽 有 の 災 害 だとはいえ 今 後 いつまたこのような 大 規 模 な 災 害 が 起 こるかわからないことを 考 えると 今 の 復 興 のペースでは 遅 いのではないか そこで 私 たちは 今 回 の 被 災 地 訪 問 を 通 して 産 業 復 興 センターのスキームを 参 考 に 新 たなスキームである 産 業 に 強 い 国 づくりファンド( 通 称 : 富 国 強 産 ファンド) を 提 言 したい 具 体 的 なものとしては1 震 災 発 生 後 の 支 援 において 企 業 に 資 金 を 融 資 するこ とを 目 的 とした 常 設 のファンド 及 び 復 興 支 援 機 関 の 創 設 2 情 報 共 有 機 能 の 強 化 である 先 ほども 述 べたとおり 東 日 本 大 震 災 から 2 年 が 経 過 した 今 でも 復 興 が 思 うように 進 まないその 背 景 にはまずは 資 金 面 の 問 題 がある そして もう ひとつ 私 たちが 考 えるのは 不 完 全 な 情 報 共 有 である 私 たちが 実 際 に 東 北 を 訪 れ 現 地 の 人 々の 話 などを 聞 いて 感 じたのは 複 雑 な 支 援 制 度 などに 対 して 誤 解 等 が 多 くこれが 復 興 の 妨 げになっているのではないか ということである そこで まず 各 地 域 に 支 部 を 設 置 し 震 災 時 にはその 発 生 した 地 域 の 支 部 が 中 心 となり 復 旧 復 興 を 行 うことにより 指 令 系 統 を 一 本 化 迅 速 な 対 応 を 行 えるようにする 資 金 に 関 しては 民 間 企 業 等 を 中 心 に 出 資 を 募 り 通 常 時 は 資 金 運 用 などを 通 じて 資 金 を 蓄 積 し 震 災 発 生 時 に 供 えるのである 情 報 共 有 面 では 過 去 の 被 害 状 況 復 興 政 策 やその 成 功 失 敗 例 等 を 正 確 に 記 録 するとともに 支 援 制 度 等 の 仕 組 みを 対 象 となりえる 企 業 に 素 早 く 且 つ 分 かり 易 く 伝 える 仕 組 みづくりは 必 要 と 考 える 複 雑 な 支 援 制 度 を 極 力 単 純 化 し 高 度 な 知 識 等 がなくとも 分 かり 易 いものにする また 官 民 一 体 のネットワーク を 構 築 し このような 支 援 制 度 等 を 迅 速 に 誤 解 のないように 広 めていくことが 重 要 なのではないだろうか

3 はじめに 東 日 本 大 震 災 から 2 年 半 を 経 て 被 災 地 の 人 々と それ 以 外 の 人 々での 意 識 の 違 いが 鮮 明 であるということは 今 回 の 被 災 企 業 訪 問 で 課 題 に 感 じたことの 1 つである また 当 事 者 間 でも 復 興 への 意 識 の 差 が 見 え 隠 れしているのがこの 2 年 半 という 時 間 の 重 みである 経 済 基 盤 復 旧 やインフラ 復 旧 も 様 々な 要 因 が 存 在 しているが 復 興 が 想 定 以 上 に 進 んでいないのは 事 実 である しかし ただ 単 に Passion を 持 つだけ では 解 決 する 問 題 ではない 資 本 の 喪 失 という 未 曽 有 の 事 態 に 伴 い 新 たな 金 融 のフレームを 構 築 することを 迫 られているのではないだろうか 今 回 の 提 言 では 現 在 進 行 形 で 被 災 地 金 融 を 二 重 債 務 問 題 の 解 決 という 形 で 支 援 している 産 業 復 興 相 談 センター の 岩 手 県 支 部 に 訪 問 現 地 取 材 を 皮 切 り に 実 際 に 融 資 を 受 けている 企 業 へのインタビューなどで 入 手 することが 出 来 た この 情 報 から 枠 組 みのメリット デメリットを 考 察 することで 新 たな 災 害 に 対 するリスクマネジメントを 金 融 という 形 で 提 言 するのがこの 論 文 の 趣 旨 である 1. 被 災 企 業 の 最 大 の 問 題 ~ 二 重 債 務 問 題 ~ 東 日 本 大 震 災 では 広 域 における 津 波 の 発 生 というこれまでにない 資 本 の 喪 失 という 被 害 をもたらした 潤 沢 な 資 金 や 高 い 信 用 力 を 持 つ 大 きな 企 業 は 比 較 的 に 早 い 時 期 での 事 業 再 開 が 可 能 となった しかし 資 金 や 信 用 力 などに 乏 しい 中 小 企 業 などは 新 たな 融 資 が 得 られず 設 備 や 商 品 等 の 購 入 が 実 現 出 来 ない 実 現 出 来 たとしても 従 来 の 債 務 の 支 払 いと 合 わせた 二 重 の 負 担 により 経 営 が 行 き 詰 るという 状 況 に 陥 ってしまう このような 要 因 により 多 くの 中 小 企 業 が 休 業 廃 業 を 余 儀 なくされるという 問 題 を 抱 えている 金 融 機 関 の 視 点 から 見 てもこういった 被 災 企 業 に 対 しては 担 保 が 取 れないこ とや 再 開 したとしても 震 災 前 の 水 準 にまで 経 営 状 況 を 戻 すことが 出 来 るか 不 透 明 なこともあり 新 たな 融 資 が 困 難 というのがある 銀 行 などの 金 融 機 関 は 健 全 な 経 営 状 況 を 維 持 するため 融 資 先 の 企 業 などに 対 して 財 務 状 況 や 返 済 状 況 を もとに 図 1 1 のような 自 己 査 定 を 行 っている そして 金 融 機 関 は 査 定 結 果 の 区 分 に 応 じて 引 当 金 を 積 むことが 義 務 付 けられているのである 今 回 の 震 災 を 受 けて 多 くの 融 資 先 の 企 業 が 事 業 継 続 困 難 な 状 況 に 陥 り 破 綻 実 質 破 綻 先 に 区 分 されることとなった これにより 融 資 元 の 金 融 機 関 は 多 額 の 引 当 金 を 積 まなければならず 経 営 状 況 を 著 しく 圧 迫 する 事 態 となったの である 元 々 被 災 企 業 の 多 くに 融 資 を 行 っていたのは 地 元 の 地 銀 や 信 金 信 1 資 料 ページ 参 照

4 組 であり 自 己 資 本 等 の 面 で 脆 弱 であったこと また そもそもの 話 として 破 綻 実 質 破 綻 先 に 区 分 された 企 業 に 対 しては 新 たな 融 資 を 行 うことは 出 来 ない ことが 法 律 上 定 められていたことも 被 災 企 業 が 新 たな 融 資 を 得 る 上 での 障 害 に なっていたといえるであろう 2. 二 重 債 務 問 題 解 決 のフレーム 今 回 の 震 災 における 二 重 債 務 問 題 の 解 決 に 当 たり 行 政 が 構 築 した 機 関 があり それが 産 業 復 興 相 談 センター である 今 回 私 たちはこのセンターの 岩 手 支 部 に 訪 問 し 説 明 を 受 けることが 出 来 た 当 センターは 岩 手 県 盛 岡 市 に 拠 点 を 置 き 青 森 県 をはじめ 他 5 県 に 現 地 事 務 所 を 設 け 中 小 企 業 を 主 な 対 象 とした 被 災 企 業 の 支 援 にあたっている 事 業 再 開 の 支 援 に 当 たっては 被 災 企 業 の 債 権 買 取 金 融 機 関 に 対 してリスケ(リスケ ジュール: 借 入 条 件 の 変 更 に 伴 う 返 済 額 の 減 額 返 済 猶 予 ) DES( Debt Equity Swap: 債 権 の 株 式 化 ) DDS( Debt Debt Swap: 債 権 の 条 件 の 変 更 債 権 の 劣 後 化 = 支 払 期 日 の 延 長 ) 債 権 放 棄 等 の 交 渉 調 整 等 をその 業 務 内 容 としてい る 産 業 復 興 相 談 センターは 被 災 した 企 業 から 支 援 の 依 頼 を 受 けるとその 企 業 の 被 害 状 況 被 災 前 からの 財 務 状 況 等 を 元 に 支 援 の 結 果 事 業 再 開 継 続 の 見 込 み があるかなどを 判 断 する その 後 事 業 再 開 継 続 の 可 能 性 が 十 分 にあること など 一 定 の 条 件 2を 満 たすと 判 断 されれば 次 に 事 業 再 開 やその 後 の 売 上 予 測 などを 明 記 した 具 体 的 な 事 業 計 画 書 を 作 成 それらをもとに 企 業 の 融 資 元 の 金 融 機 関 と 債 務 の 返 済 猶 予 債 権 買 取 及 び 新 規 融 資 の 交 渉 も 行 う 交 渉 の 結 果 合 意 が 得 られれば 実 際 の 手 続 きを 経 て 債 務 の 返 済 猶 予 債 権 買 取 新 規 融 資 が 行 われることとなる 3 ここで 注 意 すべき 点 は 原 則 として 旧 債 務 等 は 棒 引 きや 債 務 の 返 済 免 除 がされ るわけではないということである あくまでリスケや DES DDS 等 を 通 じて 返 済 の 猶 予 や 借 入 条 件 の 変 更 債 権 買 取 等 を 行 い 財 務 状 況 を 改 善 させること によって 破 綻 実 質 破 綻 先 の 区 分 から 外 れ 新 規 融 資 を 実 現 するということ が 目 的 なのである しかし 被 災 企 業 などの 中 にはこの 点 に 関 して 債 務 が 棒 引 きされる 制 度 といったような 誤 解 をしている 企 業 なども 少 なくないというのが 実 情 である 2013 年 8 月 末 時 点 では 対 応 相 談 案 件 は 459 件 に 上 り 内 78 件 の 企 業 の 債 権 2 資 料 ページ 図 2 参 照 3 資 料 ページ 図 3 参 照

5 買 取 を 決 定 実 行 している 4 また センターと 似 た 組 織 で 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 という 組 織 が 存 在 する 詳 しい 比 較 等 は 図 5 5 を 参 照 していただきたいが 両 者 の 違 いと しては 震 災 前 において 既 に 赤 字 企 業 であった 企 業 に 対 しては 安 定 的 な 事 業 の 継 続 が 十 分 に 見 込 めない 限 り 産 業 復 興 相 談 センターでの 支 援 が 困 難 である 一 方 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 はそのような 赤 字 企 業 も 支 援 の 対 象 として 含 める また 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 はつなぎ 融 資 なども 行 っており このようなことから 産 業 復 興 相 談 センターは 狭 く 深 く 産 業 政 策 の 側 面 が 強 い 一 方 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 は 広 く 浅 く 社 会 福 祉 の 側 面 が 強 いと 言 える また 産 業 復 興 相 談 センターでは 対 応 することの 出 来 ない 案 件 を 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 の 方 に 引 き 継 ぐなどの 連 携 も 行 われてい る しかし 一 見 後 者 の 方 が 幅 広 い 救 済 の 可 能 性 があるようにも 見 えるが 支 援 を 行 っても 事 業 再 開 継 続 の 可 能 性 が 低 い 企 業 までを 支 援 の 対 象 とするこ とは 将 来 的 に 大 規 模 連 鎖 的 な 企 業 の 破 綻 金 融 危 機 の 引 き 金 に 繋 がる 可 能 性 も 考 えられるという 点 に 関 しては 注 意 をする 必 要 がある ( 事 実 阪 神 淡 路 大 震 災 ではしっかりとした 審 査 等 を 行 わずに 企 業 を 支 援 していったため 後 に 連 鎖 的 な 企 業 の 破 綻 による 大 量 の 不 良 債 権 が 問 題 となった ) 3.フレームに 対 する 問 題 点 今 回 被 災 地 を 訪 れ 調 査 を 重 ねる 中 で 産 業 復 興 相 談 センターの 取 り 組 みに 企 業 の 方 は 大 変 感 謝 していることを 感 じ 取 ることが 出 来 た そのような 意 味 ではこ の 取 り 組 みが 果 たしている 役 割 は 想 像 以 上 に 大 きく なおかつ 効 果 的 に 機 能 し ているといえる しかし 現 地 での 取 材 をする 中 で 以 下 の 様 な 問 題 も 明 らかになった 1 現 在 中 小 企 業 の 多 くは 厳 しい 経 営 環 境 の 中 大 規 模 災 害 といった 可 能 性 の 極 めて 低 いものには 資 金 等 を 使 い 対 策 をすることが 難 しいといえ ること 2 結 果 として 今 回 は 公 的 資 金 に 頼 ることとなったのだが 本 来 企 業 は 起 こ りうる 全 ての 事 象 に 対 してその 責 任 を 負 うという 無 限 責 任 という 前 提 の 上 に 事 業 活 動 を 行 っているはずである 公 的 資 金 を 注 入 するということ はこの 前 提 と 矛 盾 する 行 為 であり 特 定 の 企 業 にこのような 支 援 を 行 う のは 市 場 の 競 争 を 歪 める 原 因 にもなりかねない 4 資 料 ページ 図 4 参 照 5 資 料 ページ 図 5 参 照

6 3 震 災 から 数 えて 3 期 目 に 突 入 したからこそ 見 えてくる 事 業 計 画 の 未 達 成 及 び 新 規 の 融 資 も 含 めた 債 務 の 不 履 行 という 問 題 もある 現 在 進 行 形 で 進 んでいる 事 象 であり 将 来 的 にはどうなるか 不 透 明 な 部 分 もあるが 震 災 前 の 負 債 はおろか 復 興 の 際 の 負 債 までも 返 済 出 来 ないリスクが 懸 念 されている また それに 伴 い 新 たな 資 金 調 達 の 必 要 性 が 発 生 する 可 能 性 もある 4 企 業 インタビュー 内 において 既 存 の 負 債 の 棒 引 き 制 度 という 誤 解 や 震 災 以 前 に 赤 字 企 業 であった 事 業 者 は 制 度 が 利 用 出 来 ないといった 誤 解 が 先 行 して 広 まってしまったことも 問 題 点 として 挙 げられる このことは 制 度 の 普 及 の 遅 延 の 原 因 となっている 4. 提 言 ~ 災 害 における 組 合 ~ 以 上 のようにこの 産 業 復 興 相 談 センターは 中 小 企 業 の 復 興 という 面 で 多 大 な 貢 献 をしてきたといえる 一 方 いくつかの 問 題 も 抱 えているといえる また 災 害 に 見 舞 われることの 多 い 我 が 国 では 今 後 も 今 回 のような 事 象 が 起 こりうる 確 率 は 大 いに 存 在 している 産 業 復 興 相 談 センターは 時 限 的 な 組 織 で あり 今 後 今 回 のような 大 規 模 災 害 の 度 に 毎 回 このような 組 織 を 一 から 作 っ ていては 迅 速 な 対 応 も 難 しい そこで 私 たちはこのスキームを 次 世 代 に 起 こりうる 災 害 に 対 しての 対 策 とし ての 発 展 形 である 常 設 の 機 関 である 災 害 に 強 い 国 づくりファンド( 通 称 : 富 国 強 産 ファンド) というかたちで 提 言 を していきたい このファンドの 特 徴 は 従 来 産 業 復 興 相 談 センターが 担 ってきた 各 種 業 務 内 容 に 加 えて 以 下 の 2 つの 機 能 を 付 け 加 える 1. 今 後 起 こりうる 災 害 に 対 しての 保 険 機 能 2. 支 援 をより 円 滑 にするための 情 報 共 有 機 能 本 来 担 ってきた 二 重 債 務 問 題 における 産 業 復 興 支 援 センターの 役 割 を 引 き 継 ぐ ことにより 貸 し 倒 れリスクを 最 小 限 に 抑 えることが 出 来 るように 努 力 する また 今 後 災 害 が 起 きた 時 に 今 回 のような 枠 組 みをしっかりと 用 意 してお けば 迅 速 に 対 応 に 移 ることが 出 来 る さらに 上 記 の 2 つを 加 える 保 険 機 能 を 付 与 することによって 今 後 は 公 的 負 担 を 最 大 限 減 らすという 効 果 も 望 むことが 出 来 るのである 今 回 のスキームでは 国 : 民 間 金 融 機 関 =8:2 で 運 用 されている この 割 合 では 国 の 支 出 がどうしても 多 くなってしまう 今 回 のような 災 害 ですべてを 失 うと 同 じように 二 重 の 債 務 を 背 負 わなくてはな らない 企 業 が 出 てくることが 予 測 される そのリスクに 対 するヘッジ 手 段 とし

7 て 損 害 保 険 会 社 に 払 うような 形 で 少 額 のお 金 をファンドに 出 資 する 全 国 の 様 々な 地 域 から 出 資 することで 災 害 のリスク 分 散 も 出 来 る 万 が 一 今 回 のよ うな 資 本 喪 失 を 伴 う 大 規 模 災 害 に 見 舞 われたときはその 出 資 だけでは 足 りない だろう その 時 にはファンドが 賄 えない 分 を 公 的 資 金 として 支 援 を 行 う この ように 全 国 の 中 小 企 業 をはじめ 大 企 業 等 が 少 額 でも 負 担 すれば 国 の 負 担 は 減 り 災 害 に 見 舞 われた 時 の 国 の 二 重 債 務 に 対 する 公 的 資 金 の 負 担 も 減 らすこと が 出 来 る そして この 提 言 のメインとしていきたいのが 情 報 共 有 機 能 である この 情 報 共 有 機 能 には 2 つ の 意 味 がある まず 1 つ 目 は 災 害 が 起 きた 際 に 災 害 が 起 きた 地 域 の 企 業 間 で 情 報 を 共 有 し 合 うことである いわゆる 横 のつながりであ る 今 回 被 災 地 企 業 の 方 が 一 番 苦 労 したのは 事 業 計 画 づくりである それに 対 してファンドが 仲 介 に 入 り 計 画 作 成 に 対 して 情 報 を 共 有 することが 出 来 る ようになれば 効 率 よく 融 資 を 受 けることにもつながる 仲 介 に 入 ることで 横 の つながりを 密 にし 事 業 計 画 づくりを 相 互 で 共 有 していくのである 2 つ 目 に 将 来 の 災 害 の 際 のために 実 際 に 行 われた 支 援 の 情 報 を 残 していくア ーカイブ 機 能 である 例 えば 別 の 地 域 で 水 産 加 工 業 の 企 業 が 被 災 したとする その 時 に 今 回 の 水 産 加 工 業 の 事 例 が 使 えるかもしれない 被 災 してから 復 旧 し 今 に 至 るまで そして 今 後 復 興 していくまでの 過 程 がその 時 に 使 えるかも しれない もちろん 共 有 するのは 成 功 事 例 だけではない 失 敗 例 も 共 有 する そうすることで 今 後 は 災 害 が 起 こった 時 にそこから 迅 速 かつ 効 率 的 に 企 業 の 復 興 が 出 来 るのではないだろうか 実 際 今 回 の 取 材 でもプライバシーの 問 題 からいえない 点 もあるが そのようなことが 非 常 に 多 く 感 じられた 情 報 を 共 有 することには 難 色 を 示 す 企 業 が 多 数 存 在 するであろう さらに 悪 用 の 可 能 性 地 域 の 特 性 によって 事 例 が 異 なるなども 出 てくるであろう しかし リス クマネジメントもさることながら 情 報 を 共 有 することにより 支 援 を 受 けた 際 のリスクの 軽 減 にもつながる この 情 報 共 有 機 能 によって 2 つの 効 果 を 付 与 す ることで 現 地 調 査 を 踏 まえて 介 在 している 問 題 点 を 解 決 することが 出 来 るで あろう 未 曾 有 の 大 災 害 だからこそ 全 体 の Experience を 活 かしていくこ とが 必 要 なのである 終 わりに 日 本 の 産 業 と 災 害 は 切 っても 切 れない 関 係 といえる だからこそ 今 回 のスキームを 維 持 発 展 させていくことは 日 本 全 体 のリスクマネジメントに もつながっていくのである 金 融 を 通 じて 産 業 を 救 う この 提 言 を 私 たちは 強 く 推 進 していきたい

8

9 図 4 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センターの 相 談 受 付 状 況 対 応 相 談 案 件 実 件 数 459 買 取 決 定 78 債 務 の 返 済 条 件 変 更 等 の 合 意 21 買 取 債 務 の 返 済 条 件 変 更 に 向 けた 検 討 作 業 中 35 従 来 型 の 再 生 支 援 を 検 討 中 7 窓 口 相 談 継 続 中 ( 情 報 の 収 集 整 理 等 ) 8 窓 口 相 談 完 了 ( 助 言 を 行 い 完 結 ) 30 センターや 各 種 制 度 の 説 明 等 を 終 了 280 参 考 文 献 : 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センターの 相 談 受 付 状 況 ( 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センターより)

10 図 5 産 業 再 生 支 援 機 構 と 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 の 比 較 組 織 名 岩 手 産 業 復 興 機 構 ( 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センター) 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 形 態 投 資 事 業 有 限 責 任 機 構 組 合 株 式 会 社 出 資 者 等 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 :80% 任 意 組 合 他 :20% ( 県 岩 手 銀 行 東 北 銀 行 預 金 保 険 機 構 貯 金 保 険 機 構 北 日 本 銀 行 宮 古 信 金 ) 存 続 期 間 12 年 (3 年 延 長 可 ) 20 年 投 資 機 関 2 年 2か 月 (1 年 延 長 可 ) 5 年 (1 年 延 長 可 ) 拠 点 盛 岡 ( 他 現 地 事 務 所 合 わせて 計 12か 所 ) 仙 台 東 京 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 法 支 援 対 象 地 域 ( 復 興 場 所 ) 第 19 条 第 1 項 により 指 定 された 地 域 ( 上 に 指 定 された 地 域 であれば 従 来 と 違 っても 可 ) 業 務 内 容 支 援 対 象 企 業 岩 手 県 ( 将 来 戻 ってきたい 意 志 があれば 他 所 での 復 興 も 可 ) 債 権 買 取 金 融 機 関 に 対 するリスケ DES DDS 債 権 放 棄 等 の 交 渉 調 整 事 業 計 画 作 成 支 援 アドバイス 中 小 企 業 に 限 定 せず 被 災 企 業 であれば 可 ( 大 企 業 は 除 く) ( 一 定 比 率 までは 中 小 企 業 以 外 の 買 取 も 可 ) 旧 債 務 の 整 理 ( 債 権 買 取 リスケ DES DDS 債 務 免 除 ) 事 業 再 生 支 援 ( 専 門 家 派 遣 助 言 つなぎ 融 資 出 資 債 務 保 証 ) 中 小 企 業 中 堅 企 業 ( 大 企 業 第 3セクは 対 象 外 ) 重 点 対 象 : 小 規 模 事 業 者 農 林 水 産 事 業 者 医 療 福 祉 事 業 者 産 業 復 興 機 構 が 支 援 困 難 な 事 業 者 ) 買 取 価 格 算 定 震 災 前 の 平 均 CF 5 年 分 (DCF) 他 DCF 法 ( 最 長 15 年 ) または 回 収 可 能 価 格 とリ ファイナンス 価 格 との 合 計 額 を 現 在 価 値 に 割 り 戻 す 方 法 支 援 決 定 数 78 岩 手 県 内 で65 件 の 支 援 決 定 ( 全 国 では200 件 ) 特 色 狭 く 深 く 産 業 政 策 的 な 側 面 広 く 浅 く 社 会 福 祉 的 な 側 面 参 考 文 献 : 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センターと 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 ( 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センターより)

11 参 考 文 献 21 世 紀 中 小 企 業 論 多 様 性 と 可 能 性 を 探 る ; 有 斐 閣 アルマ ; 渡 辺 幸 男 黒 瀬 直 宏 小 川 正 博 向 山 雅 夫 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センターのご 案 内 ; 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センター 産 業 宇 復 興 相 談 センターQ&A; 岩 手 県 産 業 復 興 相 談 センター 論 文 の 教 室 ~レポートから 卒 論 まで~;NHKbooks; 戸 田 山 和 久 岩 手 県 産 業 復 興 センターと 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 ; 岩 手 県 産 業 復 興 センター 岩 手 県 産 業 復 興 センターの 相 談 受 付 状 況 ; 岩 手 県 産 業 復 興 センター 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 URL: 最 終 アクセス 日 :2013 年 9 月 30 日

会社再生サンプル資料

会社再生サンプル資料 経 営 調 査 研 究 会 セミナー 成 功 する 会 社 再 生 スキームと 税 務 上 の 注 意 点 ~ 法 的 な 整 理 のみならず 銀 行 交 渉 や 私 的 な 方 法 による 成 功 実 例 も 紹 介 ~ 平 成 21 年 6 月 19 日 株 式 会 社 日 本 中 央 会 計 事 務 所 / 日 本 中 央 税 理 士 法 人 代 表 取 締 役 / 代 表 社 員 公 認 会

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった LM ニュースレター Vol.9 平 成 26 年 8 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドラインを 利 用 した 保 証 債 務 整 理 日 本 商 工 会 議 所 と 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 が 事 務 局 となっている 経 営 者 保 証 に 関 するガイ およ 任 ドライン 研 究 会 より 昨 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 1 (

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 3 月 目 標 相 続 アドバイザー3 級 合 格 の 秘 訣 Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590> 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 解 散 の 記 録 岡 山 県 元 ゼンセン 同 盟 正 織 労 組 組 合 長 小 塩 武 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 日 紡 基 金 という)を 厚 生 省 は 平 成 6 年 11 月 16 日 付 で 解 散 を 認 可 する 日 紡 基 金 の 解 散 は 19 番 目 業 種 別 では 日 紡 基 金 を 含 めて

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

Microsoft Word 住宅ローン債権

Microsoft Word 住宅ローン債権 ( 最 終 更 新 日 :2012 年 6 月 1 日 ) 1. 住 宅 ローンのリスクと 信 用 補 完 RMBS(Residential Mortgage Backed Securities: 住 宅 ローン 担 保 証 券 )の 信 用 補 完 は 貸 倒 リ スク 対 応 部 分 金 利 リスク 対 応 部 分 コミングルリスク 対 応 部 分 相 殺 リスク 対 応 部 分 に 分 解 でき

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc 税 金 と 資 金 繰 りでトクするための 開 業 チェックポイント 公 認 会 計 士 税 理 士 坂 口 会 計 事 務 所 #1. 開 業 のスタイルと 開 業 に 当 たって 気 をつけたい 税 金 個 人 事 業 と 会 社 どの 形 態 を 選 ぶか? まずは 個 人 事 業 と 会 社 のメリット デメリットを 簡 単 に 記 載 しておきます 個 人 事 業 メリット デメリット 経

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

第3回 地震再保険特別会計に関する論点整理に係るワーキンググループ資料

第3回 地震再保険特別会計に関する論点整理に係るワーキンググループ資料 資 料 4 佐 藤 主 光 (もとひろ) 一 橋 大 学 経 済 学 研 究 科 政 策 大 学 院 1 2 事 前 ( 災 害 前 )の 自 助 努 力 の 促 進 - 首 都 直 下 地 震 など 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 被 災 者 支 援 に 充 てられる 国 被 災 自 治 体 の 財 源 にも 限 りがある 救 済 対 象 となる 被 災 者 が 多 くなれば 真

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

file:///C|/Documents and Settings/Tajima/デスクトップ/qanda_data/q&a/minjisaisei1.htm

file:///C|/Documents and Settings/Tajima/デスクトップ/qanda_data/q&a/minjisaisei1.htm Q 最 近 新 聞 で 見 かける 民 事 再 生 手 続 とは どのような 手 続 ですか?その 概 要 や 特 徴 を 教 え てください また 私 には 住 宅 ローンがあるのですが 収 入 が 減 って 返 済 が 滞 っていま す 民 事 再 生 手 続 によって 解 決 できるでしょうか? A (1) 民 事 再 生 手 続 の 概 要 民 事 再 生 手 続 とは 平 成 12 年 4

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 時 系 列 ( 事 業 契 約 締 結 から 事 業 終 了 までの 保 険 の 機 能 ) 融 資 契 約 融 資 契 約 締 結 建 中 融 資 実 行 の 場 合 有 完 成 後 融 資 実 行 ( 工 事 金 額 分 ) 元 利 返 済 (SPC- 銀 行 ) 事 業 契 約 締 結 施 設 完 工 ( 引 渡 ) 施 設 整 備 費 維 持 管 理 運 営 費 支 払 ( 公 共 SPC)

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

1 年 代 別 住 宅 戸 数 と 人 口 の 関 係 経 済 発 展 とともに 人 口 増 加 同 時 に 住 宅 戸 数 も 伸 びている オイルショックで 一 旦 伸 びが 止 ま っているが また 伸 びを 見 せている 2 公 営 住 宅 ストック 数 公 営 住 宅 はオイルショックまで

1 年 代 別 住 宅 戸 数 と 人 口 の 関 係 経 済 発 展 とともに 人 口 増 加 同 時 に 住 宅 戸 数 も 伸 びている オイルショックで 一 旦 伸 びが 止 ま っているが また 伸 びを 見 せている 2 公 営 住 宅 ストック 数 公 営 住 宅 はオイルショックまで 都 市 公 共 政 策 ワークショップ 議 事 録 テーマ 土 地 住 宅 統 計 調 査 から 都 心 回 帰 を 検 討 する 講 師 株 式 会 社 鴻 池 組 建 築 営 業 部 不 動 産 グループ 課 長 代 理 山 野 節 雄 氏 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )10 月 2 日 ( 金 ) 午 後 6 時 30 分 ~9 時 20 分 指 導 教 員 小 玉 徹 教 授

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会 CHUKYO LAWYER Vol. 17 2012 法 務 研 修 セミナー 第 30 回 報 告 詐 害 的 会 社 分 割 における 債 権 回 収 方 法 要 件 事 実 の 検 討 を 中 心 として 中 京 大 学 法 科 大 学 院 法 務 研 究 科 研 修 生 中 村 将 成 目 次 第 1 はじめに 第 2 会 社 法 22 条 1 項 類 推 適 用 による 債 権 回 収 方

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2013 年 2 月 C ONTENTS 1 見 直 しの 背 景 2 資 金 調 達 資 本 政 策 手 段 の 多 様 化 3 ガバナンスの 向 上 に 向 けた 仕 組 みの 導 入 4 インサイダー 取 引 規 制 の 導 入 5 その 他 の 提 言 6 改 正 時 期 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しの 動 向 弁 護 士

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 10 月 目 標 相 続 アドバイザー 公 開 セミナー Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医 師 の

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

産 事 業 山 林 所 得 )にも 繰 戻 し 還 付 請 求 を 可 能 にするべきである 今 回 の 災 害 では 廃 業 等 により 今 後 の 所 得 が 見 込 めない 人 も 多 く 税 務 上 救 済 されな い 事 態 が 考 えられるため 繰 戻 し 還 付 請 求 の 期 間 も

産 事 業 山 林 所 得 )にも 繰 戻 し 還 付 請 求 を 可 能 にするべきである 今 回 の 災 害 では 廃 業 等 により 今 後 の 所 得 が 見 込 めない 人 も 多 く 税 務 上 救 済 されな い 事 態 が 考 えられるため 繰 戻 し 還 付 請 求 の 期 間 も 近 畿 税 理 士 会 会 長 宮 田 義 見 殿 2012 年 4 月 18 日 近 畿 税 理 士 会 神 戸 支 部 支 部 長 安 原 武 志 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 室 室 長 大 原 利 弘 災 害 税 務 に 関 する 提 言 書 提 言 の 趣 旨 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 方 々にお 見 舞 い 申

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

Microsoft Word - energize letter_201208

Microsoft Word - energize letter_201208 ENERGIZE LETTER 2012 年 8 月 号 今 月 のトピック 税 務 労 務 会 計 平 成 23 年 度 の 消 費 税 の 税 制 改 正 益 税 メリットの 減 少 採 用 時 の 履 歴 書 に 偽 りが 入 社 後 に 判 明 した 場 合 の 企 業 対 応 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 その4 税 務 : 平 成 23 年 度 の 消 費 税

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を-

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を- 報 道 発 表 資 料 平 成 24 年 7 月 26 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 年 々 増 加 する 投 資 信 託 のトラブル - 元 本 割 れなどのリスクを 再 確 認 し トラブルの 未 然 拡 大 防 止 を- 投 資 信 託 全 体 の 純 資 産 総 額 は 2011( 平 成 23) 年 末 で 約 90 兆 円 となっており 市 場 規 模 は 非 常

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与 医 療 法 人 化 のメリットデメリットレジュメダイジェスト 版 1 医 療 法 人 化 するということは 1. 権 利 義 務 の 主 体 は 法 人 に 1 個 人 事 業 は 廃 業 2 法 人 設 立 法 人 格 の 付 与 ( 権 利 義 務 主 体 ) 法 律 に 基 づいて 設 立 登 記 された 法 人 ( 法 人 法 定 主 義 ) 経 営 主 体 の 継 続 性 がない 役 員

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証 緊 急 保 証 制 度 とかつての 特 別 保 証 制 度 の 違 い 経 済 産 業 委 員 会 調 査 室 うちだ 内 田 ひろずみ 衡 純 1.はじめに 原 油 原 材 料 価 格 の 高 騰 と 米 国 のサブプライムローン 問 題 を 契 機 とする 世 界 的 な 金 融 危 機 は 内 外 需 要 の 停 滞 による 大 幅 な 景 気 の 後 退 をもたらし 我 が 国 企 業 の

More information

15/研究員リポート/田巻/地方公営企業03.indd

15/研究員リポート/田巻/地方公営企業03.indd シリーズ 地 方 公 営 企 業 の 現 況 とあり 方 第 3 回 事 業 としての 上 水 道 田 巻 潤 子 一 般 財 団 法 人 日 本 経 済 研 究 所 調 査 部 副 主 任 研 究 員 本 シリーズ 第 2 回 ( 日 経 研 月 報 11 月 号 )では 水 道 事 業 の 現 状 と 多 様 化 する 外 部 委 託 について 述 べ た 水 道 事 業 は 多 くの 業 務

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

政 策 的 役 割 について 1. 都 市 再 生 事 業 都 市 再 生 より 都 市 マネジメントの 支 援 が 今 後 重 要 になると 思 う 地 方 公 共 団 体 は 財 政 的 に 厳 しい 状 況 にあり 公 的 なまちづくりという 視 野 を 持 って 事 業 ができる 公 的 中

政 策 的 役 割 について 1. 都 市 再 生 事 業 都 市 再 生 より 都 市 マネジメントの 支 援 が 今 後 重 要 になると 思 う 地 方 公 共 団 体 は 財 政 的 に 厳 しい 状 況 にあり 公 的 なまちづくりという 視 野 を 持 って 事 業 ができる 公 的 中 資 料 1 今 後 のURの 組 織 業 務 の 在 り 方 について (これまでに 提 示 された 意 見 項 目 ) 政 策 的 役 割 について 1. 都 市 再 生 事 業 2. 賃 貸 住 宅 事 業 初 期 の 政 策 的 役 割 高 額 賃 貸 住 宅 事 業 高 齢 者 向 け 住 宅 の 供 給 低 所 得 者 等 の 居 住 の 安 定 直 面 する 財 務 上 の 課 題 について

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書 平 成 25 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 資 産 等 を 勘 案 した 補 足 給 付 の 仕 組 みのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 平 成 26 年 3 月 - 目 次 - Ⅰ. 調 査 研 究 の 概 要 1 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2. 調 査 研 究 の

More information