若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の "

Transcription

1 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するため に 使 用 します ⑵ 各 欄 の 記 載 要 領 欄 記 載 要 領 注 意 事 項 区 分 の 積 立 金 2 以 下 の 空 欄 利 益 準 備 金 1 以 外 の 利 益 積 立 金 額 ( 税 務 上 の 否 認 金 額 のうち 留 保 した 金 額 を 含 みます )について その 名 称 を 記 載 します 期 首 現 在 利 益 積 立 金 額 1 原 則 として 前 期 分 のこの 明 細 書 の 差 引 翌 期 首 現 在 利 益 積 立 金 額 4 の 各 欄 の 金 額 ( 更 正 又 は 決 定 があった 場 合 には その 際 にお 知 らせしてある 金 額 )を 移 記 します 当 期 の 増 減 原 則 として 減 2 には 別 表 四 の 減 算 の 留 保 2 の 金 額 を 増 3 には 別 表 四 の 加 算 の 留 保 2 の 金 額 を その 内 容 に 応 じて 記 載 します この 場 合 に 別 表 四 の 減 算 に 記 載 した 仮 払 税 金 ( 仮 払 法 人 税 額 仮 払 道 府 県 民 税 額 又 は 仮 払 市 町 村 民 税 額 ) については 増 3 に 印 を 付 けて 記 載 します なお 次 のような 場 合 には 別 表 四 と 関 係 なく 次 により 記 載 します ⑴ 納 税 充 当 金 を 取 り 崩 して 法 人 税 ( 利 子 税 延 滞 税 を 除 きます ) 道 府 県 民 税 又 は 市 町 村 民 税 の 額 を 納 付 した 場 合 には 納 税 充 当 金 27 の 減 2 にその 合 計 額 を 記 載 するとともに 未 納 法 人 税 28 未 納 道 府 県 民 税 29 又 は 未 納 市 町 村 民 税 30 の 減 2 にこれらの 税 額 をそれぞれ 記 載 します ⑵ 当 期 の 中 間 納 付 額 として 納 付 すべき 法 人 税 道 府 県 民 税 又 は 市 町 村 民 税 の 額 がある 場 合 には 納 付 の 有 無 に 関 係 なく 別 表 五 ( 二 )の 当 期 発 生 税 額 2 の 3 9 及 び 14 の 金 額 を 未 納 法 人 税 等 28~30 の 増 3 の 中 間 にそれぞれ 記 載 します ⑶ 当 期 中 に 支 払 を 受 ける 利 子 等 ( 当 期 末 までにその 利 払 期 の 到 来 しているものに 限 ります )に 係 る 道 府 県 民 税 利 子 割 額 がある 場 合 には 納 付 の 有 無 に 関 係 なく 別 表 五 ( 二 )の 利 子 割 8 の 当 期 発 生 税 額 2 の 金 額 を 未 納 道 府 県 民 税 29 の 増 3 の 中 間 に 記 載 します ⑷ 中 間 配 当 積 立 金 等 を 取 り 崩 して 剰 余 金 の 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです ) この 申 告 が 中 間 申 告 で あるときは この 欄 だけ を 記 載 し 当 期 の 増 減 及 び 差 引 翌 期 首 現 在 利 益 積 立 金 額 4 の 記 載 は 必 要 ありません ⑴ 別 表 四 の 加 算 の 損 金 経 理 をした 法 人 税 ( 附 帯 税 を 除 く )2 損 金 経 理 をした 道 府 県 民 税 ( 利 子 割 額 を 除 く ) 及 び 市 町 村 民 税 3 及 び 損 金 経 理 をした 道 府 県 民 税 利 子 割 額 4 の 留 保 2 の 金 額 について は 未 納 法 人 税 28 未 納 道 府 県 民 税 29 及 び 未 納 市 町 村 民 税 30 の 減 2 にそれぞれ 記 載 します ⑵ 当 期 中 に 剰 余 金 の 処 分 により 積 み 立 てた 準 備 金 等 の 金 額 で 損 金 の 額 に 算 入 するものにつ いては その 積 立 額 を 当 期 の 増 減 の 増 3 に 記 載 し 別 表 四 におい て 減 算 又 は 43 か ら 46 までの 各 欄 に 記 載 した 金 額 を 当 期 の 増 減 の 増 3 に 印 を 付 して 記 載 します -24-

2 若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 金 額 に 含 ま れることになります なお この 場 合 に 会 社 法 第 445 条 第 4 項 の 規 定 により 積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 から 移 転 を 受 けた 譲 渡 損 益 調 整 資 産 がある 場 合 には 令 第 9 条 第 1 項 第 1 号 ルに 規 定 する 金 額 を 減 2 又 は 増 3 に 記 載 しま す ⑹ 適 格 合 併 適 格 分 割 型 分 割 又 は 適 格 現 物 分 配 により 被 合 併 法 人 分 割 法 人 又 は 現 物 分 配 法 人 から 移 転 等 を 受 け た 資 産 等 がある 場 合 には 令 第 9 条 第 1 項 第 2 号 から 第 4 号 までに 規 定 する 金 額 を 増 3 に 記 載 します ⑺ 法 人 が 有 する 完 全 支 配 関 係 がある 法 人 の 株 式 等 につい て 寄 附 修 正 事 由 が 生 ずる 場 合 には 区 分 に 株 式 ( 寄 附 修 正 ) などと 表 示 した 上 で 令 第 9 条 第 1 項 第 7 号 に 規 定 する 金 額 を 減 2 又 は 増 3 に 記 載 し ます ⑻ 適 格 分 割 型 分 割 により 分 割 承 継 法 人 に 移 転 をした 資 産 等 がある 場 合 には 令 第 9 条 第 1 項 第 10 号 に 規 定 する 金 額 を 減 2 に 記 載 します ⑼ 資 本 の 払 戻 し 等 及 び 自 己 株 式 の 取 得 等 により 払 い 戻 し た 利 益 積 立 金 額 がある 場 合 には 減 2 に 記 載 します ⑽ 減 価 償 却 資 産 につき 減 価 償 却 超 過 額 ( 法 第 31 条 第 4 項 (( 減 価 償 却 資 産 の 償 却 費 の 計 算 及 びその 償 却 の 方 法 )) に 規 定 する 損 金 の 額 に 算 入 されなかった 金 額 をいいま す )がある 場 合 において その 減 価 償 却 資 産 につき 令 第 48 条 第 5 項 第 3 号 ハ(( 減 価 償 却 資 産 の 償 却 の 方 法 ))に 規 定 する 評 価 損 が 生 じたときには その 評 価 損 はまずそ の 減 価 償 却 超 過 額 からなるものとして その 評 価 損 の 金 額 と 減 価 償 却 超 過 額 の 金 額 (その 減 価 償 却 資 産 に 係 る 前 期 から 繰 り 越 された 減 価 償 却 超 過 額 と 当 期 の 償 却 超 過 額 との 合 計 額 )とのいずれか 少 ない 金 額 を 区 分 に 減 価 償 却 超 過 額 と 記 載 した 欄 の 減 2 に 記 載 するとと もに その 減 価 償 却 資 産 に 係 る 評 価 損 の 金 額 を 減 2 に 記 載 した 同 欄 の 上 段 に 印 を 付 して 記 載 します ( 注 ) ⑸から⑻までの 場 合 には それぞれに 従 って 記 載 し た 金 額 が この 表 の 左 余 白 に 記 載 された 検 算 式 と 不 符 合 となります また 当 期 末 後 当 期 の 決 算 の 確 定 の 日 ま でに 剰 余 金 の 処 分 によ り 積 み 立 てた 準 備 金 等 の 金 額 で 損 金 の 額 に 算 入 するものについては 別 表 四 において 減 算 又 は 43 から 46 ま での 各 欄 に 記 載 した 金 額 を 当 期 の 増 減 の 増 3 に 印 を 付 して 記 載 します(その 積 立 額 は 翌 期 において 当 期 の 増 減 の 増 3 に 記 載 し ます ) ⑶ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 若 しくは 中 間 配 当 又 はこれらに 係 る 利 益 準 備 金 の 積 立 てのた めに 取 り 崩 した 繰 越 利 益 金 の 額 は 繰 越 損 益 金 26 の 減 2 の 金 額 に 含 まれることになり ます -25-

3 繰 越 損 益 金 26 期 首 現 在 利 益 積 立 金 額 1 には 利 益 剰 余 金 の 当 期 首 残 高 (マイナスの 場 合 は 印 を 付 してください )を 記 載 し 同 一 金 額 を 減 2 に 記 載 することによって 期 首 現 在 利 益 積 立 金 額 1 を0とし 改 めて 利 益 剰 余 金 の 当 期 末 残 高 を 当 期 の 増 減 の 増 3 に 記 載 します 増 3 は 当 期 以 前 の 各 事 業 年 度 又 は 各 連 結 事 業 年 度 ( 法 第 64 条 の4 第 1 項 (( 公 益 法 人 等 が 普 通 法 人 に 移 行 する 場 合 の 所 得 の 金 額 の 計 算 ))の 規 定 の 適 用 を 受 けた 事 業 年 度 前 の 各 事 業 年 度 又 は 各 連 結 事 業 年 度 を 除 きます )におい て 次 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 場 合 には それぞれ 次 に 定 める 金 額 を 同 欄 の 上 段 に 内 書 として 記 載 します この 場 合 には 差 引 合 計 額 31 の 記 載 に 当 たっては 当 該 内 書 として 記 載 した 金 額 を 繰 越 損 益 金 ( 損 は 赤 )26 から 減 算 して 計 算 します ⑴ 公 益 法 人 等 又 は 人 格 のない 社 団 等 のその 収 益 事 業 以 外 の 事 業 に 属 していた 資 産 及 び 負 債 がその 収 益 事 業 に 属 す る 資 産 及 び 負 債 となったこと 当 該 資 産 の 価 額 としてそ の 収 益 事 業 に 関 する 帳 簿 に 記 載 された 金 額 から 当 該 負 債 の 価 額 としてその 収 益 事 業 に 関 する 帳 簿 に 記 載 された 金 額 を 減 算 した 金 額 ⑵ 公 益 法 人 等 が 普 通 法 人 又 は 協 同 組 合 等 に 該 当 すること となったこと( 法 第 64 条 の4 第 1 項 の 規 定 の 適 用 があ ったものを 除 きます ) その 該 当 することとなった 時 (⑵において 移 行 時 といいます )において 有 する 資 産 (その 収 益 事 業 以 外 の 事 業 に 属 していた 資 産 に 限 りま す )の 価 額 として 当 該 移 行 時 においてその 帳 簿 に 記 載 されていた 金 額 から 当 該 移 行 時 において 有 する 負 債 (そ の 収 益 事 業 以 外 の 事 業 に 属 していた 負 債 に 限 ります ) の 価 額 として 当 該 移 行 時 においてその 帳 簿 に 記 載 されて いた 金 額 を 減 算 した 金 額 ⑶ 当 該 法 人 を 合 併 法 人 とし 公 益 法 人 等 を 被 合 併 法 人 と する 適 格 合 併 ( 法 人 が 当 該 適 格 合 併 の 時 において 資 本 又 は 出 資 を 有 する 法 人 であった 場 合 には 当 該 適 格 合 併 に 係 る 被 合 併 法 人 の 全 てが 資 本 又 は 出 資 を 有 しない 法 人 で あったものに 限 ります )により 資 産 及 び 負 債 ( 法 人 が 当 該 適 格 合 併 の 時 において 公 益 法 人 等 であった 場 合 に は その 収 益 事 業 に 属 する 資 産 及 び 負 債 となったものに 限 ります )の 引 継 ぎを 受 けたこと( 法 第 64 条 の4 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があったものを 除 きます ) 当 該 資 産 の 令 第 123 条 の3 第 3 項 (( 適 格 合 併 及 び 適 格 分 割 型 分 割 における 合 併 法 人 等 の 資 産 及 び 負 債 の 引 継 価 額 等 ))に 規 定 する 帳 簿 価 額 から 当 該 負 債 の 同 項 に 規 定 する 帳 簿 価 額 及 び 当 該 適 格 合 併 に 係 る 令 第 9 条 第 1 項 第 2 号 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 掲 げる 金 額 の 合 計 額 を 減 算 した 金 額 ⑷ 法 第 64 条 の4 第 1 項 若 しくは 第 2 項 の 規 定 の 適 用 が あったこと( 令 第 131 条 の5 第 1 項 第 3 号 又 は 第 4 号 (( 累 積 所 得 金 額 から 控 除 する 金 額 等 の 計 算 ))に 掲 げる 場 合 に -26-

4 該 当 するものに 限 ります ) 又 は 法 人 を 合 併 法 人 とする 合 併 につき 令 第 131 条 の5 第 8 項 の 規 定 の 適 用 があった こと 当 期 末 における 同 条 第 7 項 に 規 定 する 調 整 公 益 目 的 財 産 残 額 に 相 当 する 金 額 未 納 法 人 税 及 び 未 納 復 興 特 別 法 人 税 ( 附 帯 税 を 除 く )28 当 期 の 増 減 の 増 3 の 未 納 法 人 税 等 の 確 定 の 各 欄 所 得 に 対 する 法 人 税 ( 連 結 納 税 の 承 認 の 取 消 しに 係 る 特 別 控 除 取 戻 税 額 リース 特 別 控 除 取 戻 税 額 使 途 秘 匿 金 の 支 出 の 額 に 対 する 法 人 税 土 地 譲 渡 利 益 金 額 に 対 する 法 人 税 及 び 特 定 同 族 会 社 の 留 保 金 額 に 対 する 法 人 税 を 含 みま す )の 本 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 本 税 の 額 を 記 載 します この 申 告 により 納 付 すべき 法 人 税 道 府 県 民 税 又 は 市 町 村 民 税 の 額 について 別 表 五 ( 二 )の 期 末 現 在 未 納 税 額 6 別 表 五 ( 二 )の 期 末 現 在 未 納 税 額 6 の 4 の 4 10 及 び 15 の 本 書 の 金 額 をそれぞれ 記 載 し 10 及 び 15 に 外 書 ( ます 印 )の 金 額 がある 場 合 (す なわち 中 間 納 付 額 の 還 付 金 がある 場 合 )には 3 から 25 までの 空 欄 に 未 収 還 付 法 人 税 等 と 記 載 の 上 当 期 の 増 減 の 増 3 にその 金 額 ( 印 は 付 けません ) を 記 載 します ⑶ 根 拠 条 文 法 2 十 八 令 9-27-

5 2 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 16 号 及 び 令 第 8 条 (( 資 本 金 等 の 額 ))に 規 定 する 資 本 金 等 の 額 を 計 算 するために 使 用 します ⑵ 各 欄 の 記 載 要 領 欄 記 載 要 領 注 意 事 項 区 分 の 34 及 び 35 の 空 欄 資 本 金 又 は 出 資 金 32 及 び 資 本 準 備 金 33 以 外 の 資 本 金 等 の 額 について その 名 称 を 記 載 します 期 首 現 在 資 本 金 等 の 額 1 前 期 分 のこの 明 細 書 の 差 引 翌 期 首 現 在 資 本 金 等 の 額 4 の 各 欄 の 金 額 ( 更 正 又 は 決 定 があった 場 合 には その 際 にお 知 らせしてある 金 額 )を 移 記 します この 申 告 が 中 間 申 告 であ るときは この 欄 だけを 記 載 し 当 期 の 増 減 及 び 差 引 翌 期 首 現 在 資 本 金 等 の 額 4 の 記 載 は 必 要 あり ません 当 期 の 増 減 ⑴ 令 第 8 条 第 1 項 第 1 号 から 第 12 号 までに 掲 げる 金 額 を 資 本 準 備 金 33 から 35 までの 各 欄 の 増 3 に 記 載 します 具 体 的 には 次 のような 項 目 と 金 額 になります 1 株 式 ( 出 資 を 含 みます )の 発 行 又 は 自 己 の 株 式 の 譲 渡 をした 場 合 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 1 号 イからリまでに 掲 げる 場 合 を 除 きます )に 払 い 込 まれた 金 銭 の 額 及 び 給 付 を 受 けた 金 銭 以 外 の 資 産 の 価 額 その 他 の 対 価 の 額 に 相 当 する 金 額 からその 発 行 により 増 加 した 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 法 人 の 設 立 による 株 式 の 発 行 に あっては その 設 立 の 時 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 )を 減 算 した 金 額 2 新 株 予 約 権 の 行 使 によりその 行 使 をした 者 に 自 己 の 株 式 を 交 付 した 場 合 のその 行 使 に 際 して 払 い 込 まれた 金 銭 の 額 及 び 給 付 を 受 けた 金 銭 以 外 の 資 産 の 価 額 ( 法 第 61 条 の2 第 13 項 に 規 定 する 場 合 に 該 当 する 場 合 に おける 新 株 予 約 権 が 付 された 新 株 予 約 権 付 社 債 につい ての 社 債 にあっては その 行 使 の 直 前 のその 社 債 の 帳 簿 価 額 ) 並 びにその 直 前 の 新 株 予 約 権 の 帳 簿 価 額 に 相 当 する 金 額 の 合 計 額 からその 行 使 に 伴 う 株 式 の 発 行 に より 増 加 した 資 本 金 の 額 を 減 算 した 金 額 3 取 得 条 項 付 新 株 予 約 権 ( 取 得 条 項 付 新 株 予 約 権 が 付 された 新 株 予 約 権 付 社 債 を 含 みます )についての 取 得 事 由 の 発 生 による 取 得 の 対 価 として 自 己 の 株 式 を 交 付 した 場 合 のその 取 得 の 直 前 の 取 得 条 項 付 新 株 予 約 権 の 帳 簿 価 額 ( 新 株 予 約 権 付 社 債 にあっては その 直 前 の 新 株 予 約 権 付 社 債 の 帳 簿 価 額 )に 相 当 する 金 額 からその 取 得 に 伴 う 株 式 の 発 行 により 増 加 した 資 本 金 の 額 を 減 算 した 金 額 4 協 同 組 合 等 及 び 令 第 8 条 第 1 項 第 4 号 イからハまで に 掲 げる 法 人 が 新 たにその 出 資 者 となる 者 から 徴 収 し た 加 入 金 の 額 5 合 併 により 移 転 を 受 けた 資 産 及 び 負 債 の 純 資 産 価 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 5 号 に 規 定 する 金 額 )からその 合 併 -28-

6 による 増 加 資 本 金 額 等 ( 同 号 に 規 定 する 金 額 )と 同 号 イ 又 はロに 規 定 する 金 額 との 合 計 額 を 減 算 した 金 額 ( 被 合 併 法 人 の 全 て 又 は 合 併 法 人 が 資 本 又 は 出 資 を 有 しな い 法 人 である 場 合 には 0) 6 分 割 型 分 割 により 移 転 を 受 けた 資 産 及 び 負 債 の 純 資 産 価 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 6 号 に 規 定 する 金 額 )からそ の 分 割 型 分 割 による 増 加 資 本 金 額 等 ( 同 号 に 規 定 する 金 額 ) 及 び 法 人 が 有 していたその 分 割 型 分 割 ( 無 対 価 分 割 に 該 当 する 適 格 分 割 型 分 割 に 限 ります )に 係 る 分 割 法 人 の 株 式 に 係 る 分 割 純 資 産 対 応 帳 簿 価 額 ( 法 第 61 条 の2 第 4 項 に 規 定 する 金 額 )を 減 算 した 金 額 7 分 社 型 分 割 により 移 転 を 受 けた 資 産 及 び 負 債 の 純 資 産 価 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 規 定 する 金 額 )からそ の 分 社 型 分 割 による 増 加 資 本 金 額 等 ( 同 号 に 規 定 する 金 額 )を 減 算 した 金 額 8 適 格 現 物 出 資 により 移 転 を 受 けた 資 産 及 びその 資 産 と 併 せて 移 転 を 受 けた 負 債 の 純 資 産 価 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 8 号 に 規 定 する 金 額 )から 適 格 現 物 出 資 により 増 加 した 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 減 算 した 金 額 9 非 適 格 現 物 出 資 ( 法 第 62 条 の8 第 1 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けるものに 限 ります )により 現 物 出 資 法 人 に 交 付 した 被 現 物 出 資 法 人 の 株 式 のその 非 適 格 現 物 出 資 の 時 の 価 額 からその 非 適 格 現 物 出 資 により 増 加 した 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 減 算 した 金 額 10 株 式 交 換 ( 適 格 株 式 交 換 に 該 当 しない 無 対 価 株 式 交 換 を 除 きます )により 移 転 を 受 けた 株 式 交 換 完 全 子 法 人 の 株 式 の 取 得 価 額 ( 取 得 に 要 する 費 用 が 含 まれて いる 場 合 には その 費 用 の 額 を 控 除 した 金 額 )から 株 式 交 換 による 増 加 資 本 金 額 等 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 10 号 に 規 定 する 金 額 )を 減 算 した 金 額 11 株 式 移 転 により 移 転 を 受 けた 株 式 移 転 完 全 子 法 人 の 株 式 の 取 得 価 額 ( 取 得 に 要 する 費 用 が 含 まれている 場 合 には その 費 用 の 額 を 控 除 した 金 額 )から 株 式 移 転 の 時 の 資 本 金 の 額 等 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 11 号 に 規 定 す る 金 額 )を 減 算 した 金 額 12 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 減 少 した 場 合 ( 資 本 又 は 出 資 を 有 する 法 人 が 資 本 又 は 出 資 を 有 しないことと なった 場 合 を 除 きます )のその 減 少 した 金 額 に 相 当 する 金 額 ⑵ 令 第 8 条 第 1 項 第 13 号 から 第 19 号 までに 掲 げる 金 額 を 印 を 付 して 資 本 準 備 金 33 から 35 までの 各 欄 の 増 3 に 記 載 します 具 体 的 には 次 のような 項 目 と 金 額 になります 1 準 備 金 の 額 若 しくは 剰 余 金 の 額 を 減 少 して 資 本 金 の 額 若 しくは 出 資 金 の 額 を 増 加 した 場 合 のその 増 加 した 金 額 又 は 再 評 価 積 立 金 を 資 本 に 組 み 入 れた 場 合 のその 組 み 入 れた 金 額 に 相 当 する 金 額 2 資 本 又 は 出 資 を 有 する 法 人 が 資 本 又 は 出 資 を 有 しな いこととなった 場 合 のその 有 しないこととなった 時 の 直 前 の 資 本 金 等 の 額 ( 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 除 きます )に 相 当 する 金 額 3 分 割 法 人 の 分 割 型 分 割 の 直 前 の 資 本 金 等 の 額 に 分 割 移 転 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 -29-

7 15 号 に 規 定 する 金 額 ) 4 資 本 の 払 戻 し 等 ( 資 本 の 払 戻 し 及 び 解 散 による 残 余 財 産 の 一 部 の 分 配 をいいます )に 係 る 減 資 資 本 金 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 16 号 に 規 定 する 金 額 ) 5 自 己 株 式 の 取 得 等 をした 場 合 ( 法 第 24 条 第 1 項 第 4 号 から 第 6 号 までに 掲 げる 事 由 により 金 銭 その 他 の 資 産 を 交 付 した 場 合 )の 取 得 資 本 金 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 17 号 に 規 定 する 金 額 ) 6 自 己 の 株 式 の 取 得 ( 適 格 合 併 又 は 適 格 分 割 型 分 割 に よる 被 合 併 法 人 又 は 分 割 法 人 からの 引 継 ぎを 含 むもの とし 上 記 5の 自 己 株 式 の 取 得 等 及 び 法 第 61 条 の2 第 13 項 第 1 号 から 第 3 号 までに 掲 げる 株 式 のこれら の 号 に 定 める 事 由 による 取 得 で 同 項 に 規 定 する 場 合 に 該 当 するものを 除 きます )の 対 価 の 額 に 相 当 する 金 額 ( 令 第 8 条 第 1 項 第 18 号 イ 又 はロに 掲 げる 事 由 によ る 取 得 にあってはこれらに 定 める 金 額 ) 7 その 法 人 ( 内 国 法 人 に 限 ります )がみなし 配 当 事 由 ( 法 第 61 条 の2 第 2 項 の 規 定 の 適 用 がある 合 併 及 び 金 銭 等 不 交 付 分 割 型 分 割 を 除 きます 以 下 7におい て 同 じです )によりその 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 内 国 法 人 から 金 銭 その 他 の 資 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 又 はみなし 配 当 事 由 により 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 内 国 法 人 の 株 式 を 有 しないことと なった 場 合 ( 他 の 内 国 法 人 の 残 余 財 産 の 分 配 を 受 けな いことが 確 定 した 場 合 を 含 みます )において その みなし 配 当 事 由 に 係 る 剰 余 金 の 配 当 等 とみなされる 金 額 とそのみなし 配 当 事 由 (その 残 余 財 産 の 分 配 を 受 け ないことが 確 定 した 場 合 を 含 みます )に 係 る 有 価 証 券 の 譲 渡 対 価 の 額 とされる 金 額 ( 譲 渡 原 価 の 額 )との 合 計 額 からその 交 付 を 受 けた 金 銭 の 額 及 び 資 産 の 価 額 ( 適 格 現 物 分 配 に 係 る 資 産 にあっては 令 第 123 条 の 6 第 1 項 の 規 定 により 資 産 の 取 得 価 額 とされる 金 額 ) の 合 計 額 を 減 算 した 金 額 に 相 当 する 金 額 (そのみなし 配 当 事 由 が 合 併 ( 適 格 合 併 を 除 きます )である 場 合 のその 合 併 法 人 にあっては 0) ⑶ 根 拠 条 文 法 2 十 六 令 8-30-

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63>

<4D F736F F D EF8ED EF8C768AEE8F8082C C90C E A837E B312E646F63> 3 税 務 上 金 等 額 会 社 法 会 計 基 準 と 法 人 税 法 1. います 税 資 務 本 上 金 の 等 株 の 主 額 資 の 本 増 の 減 (1) 発 行 または 部 の 自 増 己 減 株 は 式 の 譲 人 渡 税 法 施 行 令 8 条 9 条 にそのすべてが 記 載 されて の 付 交 自 付 己 とされます( 株 式 の 譲 渡 は 計 規 会 計 36) では 会

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

外形標準課税に関するQ&A

外形標準課税に関するQ&A 72 12 72 23 72 12 72 12 72 14 72 21 2 17 17 3 72 18 20 2 1115 72 15 20 2 25 72 16 20 2 68 72 17 20 2 910 72 21 20 2 1920 72 21 72 15 72 20 20 2 18 72 19 20 2 1617 939 72 22 20 2 2123 72 2 )

More information

Microsoft Word - zeisyou9記載の手引.doc

Microsoft Word - zeisyou9記載の手引.doc 第 9 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 解 散 ( 合 併 による 解 散 を 除 きま 以 下 同 じ )をした 法 人 が 残 余 財 産 分 配 等 予 納 申 告 若 しくは 清 算 確 定 申 告 をする 場 合 又 はこれに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 しま (2) この 申 告 書 は 事 務

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

損 益 計 算 書 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 304,971 営 業 費 用 566,243 営 業 総 損 失 261,271 営 業 外 収 益 受 取 利 息 3,545

損 益 計 算 書 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 304,971 営 業 費 用 566,243 営 業 総 損 失 261,271 営 業 外 収 益 受 取 利 息 3,545 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 9 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 2,014,876 流 動 負 債 487,803 現 金 及 び 預 金 1,351,485 短 期 借 入 金 400,000 営 業 投 資 有 価 証 券 422,517 一 年 内 返 済 予 定

More information

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該 Ⅰ 連 結 確 定 申 告 書 の 提 出 について 1 連 結 確 定 申 告 書 の 提 出 先 及 び 提 出 期 限 連 結 親 法 人 は 各 連 結 事 業 年 度 終 了 の 日 の 翌 日 から 2 月 以 内 に 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 対 し 連 結 確 定 申 告 書 を 提 出 しなければならないこととされています( 法 81の22) なお 連 結 親 法

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 減 資 による 欠 損 填 補 と 資 本 金 等 の 額 http://www.up-firm.com 1 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

( 特 定 業 務 勘 定 ) (2) 法 令 に 基 づく 引 当 等 の 明 細 当 期 増 加 額 当 期 減 少 額 摘 要 特 定 業 務 特 別 準 備 5,402,791,850 5,402,791,850 ( 注 ) 5,402,791,850 5,402,791,850 ( 注 )

( 特 定 業 務 勘 定 ) (2) 法 令 に 基 づく 引 当 等 の 明 細 当 期 増 加 額 当 期 減 少 額 摘 要 特 定 業 務 特 別 準 備 5,402,791,850 5,402,791,850 ( 注 ) 5,402,791,850 5,402,791,850 ( 注 ) ( 法 人 単 位 ) (11) 債 務 及 び 等 の 明 細 1 債 務 の 増 減 の 明 細 当 期 交 付 額 運 営 費 交 付 建 設 仮 勘 定 資 産 見 返 運 見 返 運 営 費 営 費 小 26,999,208,000 4,736,414,694 255,483,239 693,822,324 5,685,720,257 21,313,487,743 26,999,208,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - 14_ _資本準備金他_(修正ー)(2).doc

Microsoft Word - 14_ _資本準備金他_(修正ー)(2).doc 各 位 平 成 22 年 5 月 21 日 上 場 会 社 名 日 特 建 設 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 中 森 保 コード 番 号 1929 ( 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 経 営 企 画 室 長 阿 部 義 宏 ( 電 話 番 号 )03-3542-9164 資 本 準 備 金 の 額 の 減 少 剰 余 金 の 処 分 乙 種 優

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

083-089_ZEI-0329_特集(朝倉)_プ2.indd

083-089_ZEI-0329_特集(朝倉)_プ2.indd PART2 別 表 はココを 確 認 しよう! 法 人 税 申 告 書 の 提 出 前 チェック 外 国 税 額 控 除 103,681,500 税 理 士 法 人 トーマツ 税 理 士 朝 倉 歩 3,500,000 25,800,000 20,000,000 23,888,655 3,500,000 Check4 93,681,500 Check1 10,000,000 A 国 事 業 所 得

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者 の 指 死 亡 した 者 の 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 付 表 ( 兼 相 続 人 の 代 表 者 指 定 の 届 出 定 届 出 書 ) 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 企 業 買 収 ストラクチャーの 有 利 選 択 ( 法 人 株 主 と 個 人 株 主 の 財 務 戦 略 ) http://www.up-firm.com 1 TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information