託送供給等約款

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "託送供給等約款"

Transcription

1 託 送 供 給 等 約 款 平 成 28 年 4 月 1 日 実 施

2 資 第 59 号 平 成 27 年 12 月 18 日 認 可

3 託 送 供 給 等 約 款 目 次 Ⅰ 総 則 1 適 用 1 2 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 および 変 更 2 3 定 義 2 4 代 表 契 約 者 の 選 任 7 5 託 送 供 給 等 に 関 する 取 扱 い 8 6 単 位 および 端 数 処 理 8 7 実 施 細 目 9 Ⅱ 契 約 の 申 込 み 8 契 約 の 要 件 10 9 検 討 および 契 約 の 申 込 み 契 約 の 成 立, 契 約 期 間 および 振 替 送 電 サービス 契 約 電 力 託 送 供 給 等 の 開 始 供 給 準 備 その 他 必 要 な 手 続 きのための 協 力 電 気 方 式, 電 圧 および 周 波 数 発 電 場 所 および 需 要 場 所 供 給 および 契 約 の 単 位 承 諾 の 限 界 契 約 書 の 作 成 25 Ⅲ 料 金 18 料 金 接 続 送 電 サービス 臨 時 接 続 送 電 サービス 予 備 送 電 サービス 59 - 目 -1 -

4 22 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 電 力 接 続 対 象 計 画 差 対 応 電 力 給 電 指 令 時 補 給 電 力 63 Ⅳ 料 金 の 算 定 および 支 払 い 25 料 金 の 適 用 開 始 の 時 期 検 針 日 料 金 の 算 定 期 間 計 量 電 力 および 電 力 量 の 算 定 損 失 率 料 金 の 算 定 支 払 義 務 の 発 生 および 支 払 期 日 料 金 その 他 の 支 払 方 法 保 証 金 連 帯 責 任 82 Ⅴ 供 給 36 託 送 供 給 等 の 実 施 給 電 指 令 の 実 施 等 適 正 契 約 の 保 持 等 契 約 超 過 金 力 率 の 保 持 発 電 場 所 および 需 要 場 所 への 立 入 りによる 業 務 の 実 施 託 送 供 給 等 にともなう 協 力 託 送 供 給 等 の 停 止 託 送 供 給 等 の 停 止 の 解 除 託 送 供 給 の 停 止 期 間 中 の 料 金 違 約 金 損 害 賠 償 の 免 責 98 - 目 -2 -

5 48 設 備 の 賠 償 99 Ⅵ 契 約 の 変 更 および 終 了 49 契 約 の 変 更 名 義 の 変 更 契 約 の 廃 止 供 給 開 始 後 の 契 約 の 消 滅 または 変 更 にともなう 料 金 および 工 事 費 の 精 算 解 約 等 契 約 消 滅 後 の 債 権 債 務 関 係 108 Ⅶ 受 電 方 法 および 供 給 方 法 ならびに 工 事 55 受 電 地 点, 供 給 地 点 および 施 設 架 空 引 込 線 地 中 引 込 線 連 接 引 込 線 等 中 高 層 集 合 住 宅 等 における 受 電 方 法 および 供 給 方 法 引 込 線 の 接 続 計 量 器 等 の 取 付 け 通 信 設 備 等 の 施 設 専 用 供 給 設 備 電 流 制 限 器 等 の 取 付 け 118 Ⅷ 工 事 費 の 負 担 65 受 電 地 点 への 供 給 設 備 の 工 事 費 負 担 金 受 電 用 計 量 器 等 の 工 事 費 負 担 金 会 社 間 連 系 設 備 の 工 事 費 負 担 金 供 給 地 点 への 供 給 設 備 の 工 事 費 負 担 金 工 事 費 負 担 金 の 申 受 けおよび 精 算 目 -3 -

6 70 供 給 開 始 に 至 らないで 契 約 を 廃 止 または 変 更 される 場 合 の 費 用 の 申 受 け 臨 時 工 事 費 工 事 費 等 に 関 する 契 約 書 の 作 成 136 Ⅸ 保 安 73 保 安 の 責 任 保 安 等 に 対 する 発 電 者 および 需 要 者 の 協 力 調 査 調 査 等 の 委 託 調 査 に 対 する 需 要 者 の 協 力 検 査 または 工 事 の 受 託 自 家 用 電 気 工 作 物 139 附 別 則 140 表 目 -4 -

7 Ⅰ 総 則 1 適 用 当 社 が, 当 社 以 外 の 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 もし くは 電 気 事 業 法 第 2 条 第 1 項 第 5 号 ロにもとづき 行 なわれる 電 気 の 供 給 ( 以 下 自 己 等 への 電 気 の 供 給 といいます )の 用 に 供 するための 託 送 供 給 ま たは 電 気 事 業 法 第 2 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 発 電 量 調 整 供 給 を 行 なうときの 料 金 および 必 要 となるその 他 の 供 給 条 件 は,この 託 送 供 給 等 約 款 ( 以 下 こ の 約 款 といいます )によります なお,この 約 款 において 託 送 供 給 および 発 電 量 調 整 供 給 とは, 次 のものを いいます (1) 託 送 供 給 次 の 接 続 供 給 および 振 替 供 給 をいいます イ 接 続 供 給 当 社 が 契 約 者 から 受 電 し, 当 社 が 維 持 および 運 用 する 供 給 設 備 を 介 し て, 同 時 に,その 受 電 した 場 所 以 外 の 当 社 の 供 給 区 域 ( 栃 木 県, 群 馬 県, 茨 城 県, 埼 玉 県, 千 葉 県, 東 京 都, 神 奈 川 県, 山 梨 県 および 静 岡 県 富 士 川 以 東 をいいます ) 内 の 場 所 ( 会 社 間 連 系 点 を 除 きます )にお いて, 契 約 者 の 小 売 電 気 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 するための 電 気 を 契 約 者 に 供 給 することをいいます ロ 振 替 供 給 当 社 が 契 約 者 から 当 社 以 外 の 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 するための 電 気 を 受 電 し, 当 社 が 維 持 および 運 用 する 供 給 設 備 を 介 して, 同 時 に,その 受 電 した 場 所 以 外 の 会 社 間 連 系 点 において, 契 約 者 に,その 受 電 した 電 気 の 量 に 相 当 する 量 の 電 気 を 供 給 することをいいます (2) 発 電 量 調 整 供 給 当 社 が 発 電 契 約 者 から, 当 社 が 行 なう 託 送 供 給 に 係 る 小 売 電 気 事 業, 一 - 1 -

8 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する ための 電 気 を 受 電 し, 当 社 が 維 持 および 運 用 する 供 給 設 備 を 介 して, 同 時 に,その 受 電 した 場 所 において, 発 電 契 約 者 に, 発 電 契 約 者 があらかじめ 当 社 に 申 し 出 た 量 の 電 気 を 供 給 することをいいます 2 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 および 変 更 (1) この 約 款 は, 電 気 事 業 法 附 則 第 9 条 第 1 項 の 規 定 にもとづき, 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 けたものです (2) 当 社 は, 経 済 産 業 大 臣 の 認 可 を 受 け,または 経 済 産 業 大 臣 に 届 け 出 て, この 約 款 を 変 更 することがあります この 場 合 には, 料 金 および 必 要 とな るその 他 の 供 給 条 件 は, 変 更 後 の 託 送 供 給 等 約 款 によります 3 定 義 次 の 言 葉 は,この 約 款 においてそれぞれ 次 の 意 味 で 使 用 いたします (1) 契 約 者 この 約 款 にもとづいて 当 社 と 接 続 供 給 契 約 または 振 替 供 給 契 約 を 締 結 す る 小 売 電 気 事 業 者, 一 般 送 配 電 事 業 者, 特 定 送 配 電 事 業 者 または 自 己 等 へ の 電 気 の 供 給 を 行 なう 者 をいいます (2) 発 電 契 約 者 この 約 款 にもとづいて 当 社 と 発 電 量 調 整 供 給 契 約 を 締 結 する 者 をいいま す (3) 発 電 者 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 電 気 ( 託 送 供 給 に 係 る 電 気 に 限 ります )を 発 電 する 者 で 当 社 以 外 の 者 をいいます (4) 需 要 者 契 約 者 が 小 売 電 気 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 として 電 気 を 供 給 す る 相 手 方 となる 者 をいいます (5) 低 圧 - 2 -

9 標 準 電 圧 100ボルトまたは200ボルトをいいます (6) 高 圧 標 準 電 圧 6,000ボルトをいいます (7) 特 別 高 圧 標 準 電 圧 20,000ボルト 以 上 の 電 圧 をいいます (8) 受 電 地 点 当 社 が, 託 送 供 給 に 係 る 電 気 を 契 約 者 から 受 電 する 地 点 または 発 電 量 調 整 供 給 に 係 る 電 気 を 発 電 契 約 者 から 受 電 する 地 点 をいいます (9) 発 電 場 所 発 電 者 が, 発 電 量 調 整 供 給 に 係 る 電 気 を 発 電 する 場 所 をいいます (10) 供 給 地 点 当 社 が, 託 送 供 給 に 係 る 電 気 を 契 約 者 に 供 給 する 地 点 をいいます (11) 需 要 場 所 需 要 者 が, 契 約 者 から 供 給 された 接 続 供 給 に 係 る 電 気 を 使 用 する 場 所 を いいます (12) 会 社 間 連 系 点 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 が 維 持 および 運 用 する 供 給 設 備 と 当 社 が 維 持 および 運 用 する 供 給 設 備 との 接 続 点 をいいます (13) 中 継 振 替 会 社 間 連 系 点 を 受 電 地 点 とし, 他 の 会 社 間 連 系 点 を 供 給 地 点 とする 振 替 供 給 をいいます (14) 地 内 振 替 発 電 者 の 電 気 設 備 と 当 社 の 供 給 設 備 との 接 続 点 を 受 電 地 点 とし, 会 社 間 連 系 点 を 供 給 地 点 とする 振 替 供 給 をいいます (15) 発 電 量 調 整 受 電 電 力 発 電 量 調 整 供 給 の 場 合 で, 受 電 地 点 において, 当 社 が 発 電 契 約 者 から 受 電 する 電 気 の 電 力 をいいます (16) 発 電 量 調 整 受 電 電 力 量 受 電 地 点 において, 当 社 が 発 電 契 約 者 から 受 電 する 発 電 量 調 整 供 給 に 係 - 3 -

10 る 電 気 の 電 力 量 をいいます (17) 発 電 量 調 整 受 電 計 画 電 力 発 電 量 調 整 受 電 電 力 の 計 画 値 で, 発 電 契 約 者 があらかじめ 当 社 に 通 知 す るものをいいます (18) 発 電 量 調 整 受 電 計 画 電 力 量 発 電 量 調 整 受 電 電 力 量 の 計 画 値 で, 発 電 契 約 者 があらかじめ 当 社 に 通 知 するものをいいます (19) 接 続 受 電 電 力 接 続 供 給 の 場 合 で, 受 電 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 から 受 電 する 電 気 の 電 力 をいいます (20) 接 続 受 電 電 力 量 受 電 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 から 受 電 する 接 続 供 給 に 係 る 電 気 の 電 力 量 をいいます (21) 振 替 受 電 電 力 振 替 供 給 の 場 合 で, 受 電 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 から 受 電 する 電 気 の 電 力 をいいます (22) 振 替 受 電 電 力 量 受 電 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 から 受 電 する 振 替 供 給 に 係 る 電 気 の 電 力 量 をいいます (23) 接 続 供 給 電 力 供 給 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 に 供 給 する 接 続 供 給 に 係 る 電 気 の 電 力 をいいます (24) 接 続 供 給 電 力 量 供 給 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 に 供 給 する 接 続 供 給 に 係 る 電 気 の 電 力 量 をいいます (25) 振 替 供 給 電 力 供 給 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 に 供 給 する 振 替 供 給 に 係 る 電 気 の 電 力 をいいます (26) 振 替 供 給 電 力 量 - 4 -

11 供 給 地 点 において, 当 社 が 契 約 者 に 供 給 する 振 替 供 給 に 係 る 電 気 の 電 力 量 をいいます (27) 接 続 対 象 電 力 接 続 供 給 電 力 を 損 失 率 で 修 正 した 値 をいいます (28) 接 続 対 象 電 力 量 接 続 供 給 電 力 量 を 損 失 率 で 修 正 した 値 をいいます (29) 接 続 対 象 計 画 電 力 接 続 対 象 電 力 の 計 画 値 で, 契 約 者 があらかじめ 当 社 に 通 知 するものをい います (30) 接 続 対 象 計 画 電 力 量 接 続 対 象 電 力 量 の 計 画 値 で, 契 約 者 があらかじめ 当 社 に 通 知 するものを いいます (31) 通 告 電 力 量 接 続 供 給 の 場 合 は, 会 社 間 連 系 点 において 当 社 が 契 約 者 から 受 電 する 電 気 の30 分 ごとの 電 力 量 の 計 画 値 で, 契 約 者 があらかじめ 当 社 に 通 知 するも のをいいます 振 替 供 給 の 場 合 は, 当 社 があらかじめ 契 約 者 に 通 知 する 振 替 受 電 電 力 量 および 振 替 供 給 電 力 量 の 計 画 値 をいいます (32) 損 失 率 接 続 供 給 における 受 電 地 点 から 供 給 地 点 に 至 る 電 気 の 損 失 率 をいいます (33) 契 約 電 力 契 約 上 使 用 できる 最 大 電 力 (キロワット)であって, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力, 臨 時 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力, 振 替 送 電 サービス 契 約 電 力 お よび 予 備 送 電 サービス 契 約 電 力 をいいます (34) 契 約 電 流 契 約 上 使 用 できる 最 大 電 流 (アンペア)であって, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 および 臨 時 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 をいいます (35) 契 約 容 量 契 約 上 使 用 できる 最 大 容 量 (キロボルトアンペア)であって, 接 続 送 電 - 5 -

12 サービス 契 約 容 量 および 臨 時 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 をいいます (36) 契 約 受 電 電 力 受 電 地 点 における 接 続 受 電 電 力, 振 替 受 電 電 力 または 発 電 量 調 整 受 電 電 力 の 最 大 値 (キロワット)で, 契 約 者 または 発 電 契 約 者 と 当 社 との 協 議 に よりあらかじめ 定 めた 値 をいいます (37) 最 大 需 要 電 力 等 低 圧 で 供 給 する 場 合 は, 接 続 供 給 電 力 の 最 大 値 をいいます 高 圧 または 特 別 高 圧 で 供 給 する 場 合 は,30 分 ごとの 需 要 電 力 の 最 大 値 で あって, 記 録 型 計 量 器 により 計 量 される 値 をいいます (38) 発 電 バランシンググループ 29( 電 力 および 電 力 量 の 算 定 )(17)イもしくはロに 定 める 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 補 給 電 力 量 または29( 電 力 および 電 力 量 の 算 定 )(18)イもしくは ロに 定 める 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 余 剰 電 力 量 を 算 定 する 対 象 となる 単 位 で, 発 電 契 約 者 があらかじめ 発 電 量 調 整 供 給 契 約 において 設 定 するもの をいいます (39) 需 要 バランシンググループ 29( 電 力 および 電 力 量 の 算 定 )(19)に 定 める 接 続 対 象 計 画 差 対 応 補 給 電 力 量 または29( 電 力 および 電 力 量 の 算 定 )(20)に 定 める 接 続 対 象 計 画 差 対 応 余 剰 電 力 量 を 算 定 する 対 象 となる 単 位 で, 契 約 者 があらかじめ 接 続 供 給 契 約 において 設 定 するものをいいます (40) 電 灯 白 熱 電 球,けい 光 灯,ネオン 管 灯, 水 銀 灯 等 の 照 明 用 電 気 機 器 ( 付 属 装 置 を 含 みます )をいいます (41) 小 型 機 器 主 として 住 宅, 店 舗, 事 務 所 等 において 単 相 で 使 用 される, 電 灯 以 外 の 低 圧 の 電 気 機 器 をいいます ただし, 急 激 な 電 圧 の 変 動 等 により 他 の 電 気 の 使 用 者 の 電 灯 の 使 用 を 妨 害 し,または 妨 害 するおそれがあり, 電 灯 と 併 用 できないものは 除 きます (42) 動 力 - 6 -

13 電 灯 および 小 型 機 器 以 外 の 電 気 機 器 をいいます (43) 契 約 負 荷 設 備 契 約 上 使 用 できる 負 荷 設 備 をいいます (44) 契 約 主 開 閉 器 契 約 上 設 定 されるしゃ 断 器 であって, 定 格 電 流 を 上 回 る 電 流 に 対 して 電 路 をしゃ 断 し, 需 要 者 において 使 用 する 最 大 電 流 を 制 限 するものをいいま す (45) 定 期 検 査 電 気 事 業 法 第 54 条 および 第 55 条 第 1 項 に 定 められた 検 査 をいいます (46) 定 期 補 修 一 定 期 間 を 限 り 定 期 的 に 行 なわれる 補 修 をいいます (47) 給 電 指 令 発 電 者 の 発 電 機 もしくは 会 社 間 連 系 点 の 運 用 または 需 要 者 の 電 気 の 使 用 について, 当 社 から 指 令 することをいいます (48) 昼 間 時 間 毎 日 午 前 8 時 から 午 後 10 時 までの 時 間 をいいます ただし, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 に 規 定 する 休 日, 1 月 2 日, 1 月 3 日, 4 月 30 日, 5 月 1 日,5 月 2 日,12 月 30 日 および12 月 31 日 の 該 当 する 時 間 を 除 きます (49) 夜 間 時 間 昼 間 時 間 以 外 の 時 間 をいいます 4 代 表 契 約 者 の 選 任 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 するための 接 続 供 給 契 約 の 場 合 を 除 き, 1 接 続 供 給 契 約 における 契 約 者 を 複 数 とすることができます この 場 合, 当 該 接 続 供 給 契 約 においては 1 需 要 バランシンググループを 設 定 するものとし, この 約 款 に 関 する 当 社 との 協 議 および 接 続 供 給 の 実 施 に 関 する 事 項 について の 権 限 を 複 数 の 契 約 者 全 員 から 委 任 された 契 約 者 を, 代 表 契 約 者 としてあら かじめ 選 任 していただき,かつ, 契 約 者 が 行 なう, 当 社 との 手 続 きおよび 協 議,ならびにこの 約 款 に 定 める 金 銭 債 務 の 支 払 い 等 は, 代 表 契 約 者 を 通 じて - 7 -

14 行 なっていただきます また, 当 社 は, 契 約 者 との 協 議 および 契 約 者 への 通 知 を 代 表 契 約 者 に 対 して 行 ないます ただし, 当 社 は, 必 要 に 応 じて, 代 表 契 約 者 以 外 の 契 約 者 と, 協 議 等 をさせていただくことがあります 5 託 送 供 給 等 に 関 する 取 扱 い 当 社 は,とくに 必 要 となる 場 合 を 除 き, 当 社 の 専 用 窓 口 を 通 じて,この 約 款 の 実 施 取 扱 いをいたします この 場 合, 当 社 は, 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 申 込 みおよび 実 施 に 際 して 得 た 情 報 については, 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 を 実 施 する 目 的 以 外 に 使 用 いたしません 6 単 位 および 端 数 処 理 この 約 款 において 料 金 その 他 を 計 算 する 場 合 の 単 位 およびその 端 数 処 理 は, 次 のとおりといたします (1) 契 約 負 荷 設 備 の 個 々の 容 量 の 単 位 は, 1 ワットまたは 1 ボルトアンペア とし,その 端 数 は, 小 数 点 以 下 第 1 位 で 四 捨 五 入 いたします (2) 契 約 容 量 の 単 位 は, 1 キロボルトアンペアとし,その 端 数 は, 小 数 点 以 下 第 1 位 で 四 捨 五 入 いたします (3) 発 電 量 調 整 受 電 電 力, 発 電 量 調 整 受 電 計 画 電 力, 接 続 受 電 電 力, 振 替 受 電 電 力, 接 続 供 給 電 力, 振 替 供 給 電 力, 接 続 対 象 電 力, 接 続 対 象 計 画 電 力, 契 約 電 力, 契 約 受 電 電 力, 最 大 需 要 電 力 等 およびその 他 の 電 気 の 電 力 の 単 位 は, 次 の 場 合 を 除 き, 1 キロワットとし,その 端 数 は, 小 数 点 以 下 第 1 位 で 四 捨 五 入 いたします イ 低 圧 で 供 給 する 場 合 で,19( 接 続 送 電 サービス)(2)イまたは20( 臨 時 接 続 送 電 サービス)(2)イ(ロ)を 適 用 した 場 合 に 算 定 された 値 が0.5キロワ ット 以 下 となるときは, 契 約 電 力 を0.5キロワットといたします ロ 高 圧 で 供 給 する 場 合 で,19( 接 続 送 電 サービス)(2)イを 適 用 した 場 合 に 算 定 された 値 が0.5キロワット 未 満 となるときは, 契 約 電 力 を 1 キロワ ットといたします (4) 発 電 量 調 整 受 電 電 力 量, 発 電 量 調 整 受 電 計 画 電 力 量, 接 続 受 電 電 力 量, - 8 -

15 振 替 受 電 電 力 量, 接 続 供 給 電 力 量, 振 替 供 給 電 力 量, 接 続 対 象 電 力 量, 接 続 対 象 計 画 電 力 量, 通 告 電 力 量, 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 補 給 電 力 量, 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 余 剰 電 力 量, 接 続 対 象 計 画 差 対 応 補 給 電 力 量, 接 続 対 象 計 画 差 対 応 余 剰 電 力 量, 給 電 指 令 時 補 給 電 力 量 およびその 他 の 電 気 の 電 力 量 の 単 位 は,1 キロワット 時 とし,その 端 数 は, 小 数 点 以 下 第 1 位 で 四 捨 五 入 いたします ただし, 低 圧 で 受 電 する 場 合 の30 分 ごとの 接 続 受 電 電 力 量 および30 分 ごとの 発 電 量 調 整 受 電 電 力 量 ならびに 低 圧 で 供 給 する 場 合 の30 分 ごとの 接 続 供 給 電 力 量 の 単 位 は, 最 小 位 までといたします (5) 力 率 の 単 位 は, 1 パーセントとし,その 端 数 は, 小 数 点 以 下 第 1 位 で 四 捨 五 入 いたします (6) 料 金 その 他 の 計 算 における 合 計 金 額 の 単 位 は, 1 円 とし,その 端 数 は, 切 り 捨 てます 7 実 施 細 目 この 約 款 の 実 施 上 必 要 な 細 目 的 事 項 は,そのつど 契 約 者 または 発 電 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めます なお, 当 社 は, 必 要 に 応 じて, 発 電 者 および 需 要 者 と 別 途 協 議 を 行 なうこ とがあります - 9 -

16 Ⅱ 契 約 の 申 込 み 8 契 約 の 要 件 (1) 契 約 者 が 接 続 供 給 契 約 または 振 替 供 給 契 約 を 希 望 される 場 合 は, 次 の 要 件 を 満 たしていただきます イ 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 電 気 が 発 電 量 調 整 供 給 に 係 るものまたは 当 社 が 供 給 する 託 送 供 給 に 供 する 電 気 であること ロ 接 続 供 給 の 場 合, 契 約 者 が 需 要 者 の 需 要 の 計 画 値 に 応 じた 電 気 の 供 給 が 可 能 であること ハ 振 替 供 給 の 場 合, 契 約 者 が 営 む 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 契 約 者 が 行 なう 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 するた めのものであること ニ 需 要 者 が 電 気 設 備 を 当 社 の 供 給 設 備 に 電 気 的 に 接 続 するにあたり, 電 気 設 備 に 関 する 技 術 基 準,その 他 の 法 令 等 にしたがい,かつ, 別 冊 に 定 める 系 統 連 系 技 術 要 件 を 遵 守 して, 当 社 の 供 給 設 備 の 状 況 等 を 勘 案 して 技 術 的 に 適 当 と 認 められる 方 法 によって 連 系 すること ホ 高 圧 または 特 別 高 圧 で 供 給 する 場 合 は, 契 約 者 および 需 要 者 が 当 社 か らの 給 電 指 令 にしたがうこと ヘ 契 約 者 が, 需 要 者 にこの 約 款 における 需 要 者 に 関 する 事 項 を 遵 守 させ, かつ, 需 要 者 がこの 約 款 における 需 要 者 に 関 する 事 項 を 遵 守 する 旨 の 承 諾 をすること ト 需 要 者 が 他 の 契 約 者 から 電 気 の 供 給 を 受 けることを 当 社 が 確 認 した 場 合 は, 契 約 者 が, 当 社 が 契 約 者 にあらかじめお 知 らせすることなく 接 続 供 給 の 実 施 に 必 要 な 需 要 者 の 情 報 を 当 該 他 の 契 約 者 に 対 し 提 供 する 旨 の 承 諾 をすること チ 契 約 者 が 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 するための 接 続 供 給 契 約 また は 振 替 供 給 契 約 を 希 望 される 場 合 は, 次 の 要 件 を 満 たすこと (イ) 契 約 者 と 同 一 の 者 である 発 電 者 の 発 電 設 備 が 電 気 事 業 法 第 2 条 第

17 項 第 5 号 ロに 定 める 非 電 気 事 業 用 電 気 工 作 物 であること (ロ) 契 約 者 と 同 一 の 者 でない 発 電 者 の 発 電 に 係 る 電 気 も 供 給 する 場 合 は, 当 該 発 電 者 の 発 電 設 備 が 契 約 者 と 電 気 事 業 法 第 2 条 第 1 項 第 5 号 ロの 経 済 産 業 省 令 で 定 める 密 接 な 関 係 を 有 する 者 が 維 持 および 運 用 する 非 電 気 事 業 用 電 気 工 作 物 であること (ハ) 需 要 者 が 契 約 者 と 同 一 の 者,または 契 約 者 と 電 気 事 業 法 第 2 条 第 1 項 第 5 号 ロの 経 済 産 業 省 令 で 定 める 密 接 な 関 係 を 有 する 者 であること (2) 発 電 契 約 者 が 発 電 量 調 整 供 給 契 約 を 希 望 される 場 合 は, 次 の 要 件 を 満 た していただきます イ 発 電 契 約 者 が 発 電 量 調 整 受 電 計 画 電 力 量 に 応 じて 電 気 を 供 給 すること ロ 発 電 者 が 発 電 する 電 気 が 当 社 が 行 なう 託 送 供 給 に 係 るものであること ハ 発 電 者 が 電 気 設 備 を 当 社 の 供 給 設 備 に 電 気 的 に 接 続 するにあたり, 電 気 設 備 に 関 する 技 術 基 準,その 他 の 法 令 等 にしたがい,かつ, 別 冊 に 定 める 系 統 連 系 技 術 要 件 を 遵 守 して, 当 社 の 供 給 設 備 の 状 況 等 を 勘 案 して 技 術 的 に 適 当 と 認 められる 方 法 によって 連 系 すること ニ 高 圧 または 特 別 高 圧 で 受 電 する 場 合 は, 発 電 契 約 者 および 発 電 者 が 当 社 からの 給 電 指 令 にしたがうこと ホ 発 電 契 約 者 が, 発 電 者 にこの 約 款 における 発 電 者 に 関 する 事 項 を 遵 守 させ,かつ, 発 電 者 がこの 約 款 における 発 電 者 に 関 する 事 項 を 遵 守 する 旨 の 承 諾 をすること 9 検 討 および 契 約 の 申 込 み 契 約 者 が 新 たに 接 続 供 給 契 約 または 振 替 供 給 契 約 を 希 望 される 場 合 または 発 電 契 約 者 が 新 たに 発 電 量 調 整 供 給 契 約 を 希 望 される 場 合 は,あらかじめこ の 約 款 を 承 認 のうえ, 次 の 手 続 きにより, 契 約 者 から 託 送 供 給 の 申 込 みまた は 発 電 契 約 者 から 発 電 量 調 整 供 給 の 申 込 みをしていただきます なお, 電 圧 または 周 波 数 の 変 動 等 によって 損 害 を 受 けるおそれがある 発 電 者 または 需 要 者 は, 無 停 電 電 源 装 置 の 設 置 等 必 要 な 措 置 を 講 じていただきま す また, 発 電 者 または 需 要 者 が 保 安 等 のために 必 要 とする 電 気 については,

18 その 容 量 を 明 らかにしていただき,21( 予 備 送 電 サービス)の 申 込 みまたは 保 安 用 の 発 電 設 備 の 設 置, 蓄 電 池 装 置 の 設 置 等 必 要 な 措 置 を 講 じていただき ます (1) 受 電 側 接 続 検 討 の 申 込 み イ 当 社 は, 契 約 者 または 発 電 契 約 者 から 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 電 気 を 受 電 ( 原 則 として 高 圧 または 特 別 高 圧 で 受 電 する 場 合 に 限 ります また, 接 続 供 給 または 振 替 供 給 の 場 合 は, 受 電 地 点 が 会 社 間 連 系 点 のときに 限 り ます )するにあたり, 供 給 設 備 の 新 たな 施 設 または 変 更 についての 検 討 ( 以 下 受 電 側 接 続 検 討 といいます )をいたします なお, 他 の 接 続 供 給 契 約 もしくは 振 替 供 給 契 約 または 発 電 量 調 整 供 給 契 約 等 により 既 に 連 系 されている 受 電 地 点 については, 受 電 側 接 続 検 討 を 省 略 することがあります ロ 契 約 者 または 発 電 契 約 者 は, 接 続 供 給 契 約 ( 受 電 地 点 が 会 社 間 連 系 点 の 場 合 に 限 ります )もしくは 振 替 供 給 契 約 ( 受 電 地 点 が 会 社 間 連 系 点 の 場 合 に 限 ります )または 発 電 量 調 整 供 給 契 約 ( 発 電 者 から 電 気 を 受 電 する 場 合 に 限 ります )の 申 込 みに 先 だち, 次 の 事 項 を 明 らかにして, 当 社 所 定 の 様 式 により, 受 電 側 接 続 検 討 の 申 込 みをしていただきます (イ) 接 続 供 給 の 場 合 a 契 約 者 の 名 称 b 代 表 契 約 者 の 名 称 ( 契 約 者 が 複 数 の 場 合 に 限 ります ) c 当 該 接 続 供 給 に 必 要 となる 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 との 振 替 供 給 契 約 等 の 内 容 または 申 込 内 容 d 接 続 受 電 電 力 の 最 大 値 および 最 小 値 e 接 続 供 給 の 開 始 希 望 日 (ロ) 振 替 供 給 の 場 合 a 契 約 者 の 名 称 b 当 該 振 替 供 給 に 必 要 となる 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 との 振 替 供 給 契 約 等 の 内 容 または 申 込 内 容

19 c 振 替 受 電 電 力 の 最 大 値 および 最 小 値 d 供 給 地 点 e 振 替 供 給 の 開 始 希 望 日 f 振 替 供 給 の 希 望 契 約 期 間 (ハ) 発 電 量 調 整 供 給 の 場 合 a 発 電 契 約 者 の 名 称 b 発 電 者 の 名 称, 発 電 場 所 および 受 電 地 点 c 発 電 設 備 の 発 電 方 式, 発 電 出 力 および 系 統 安 定 上 必 要 な 仕 様 d 発 電 量 調 整 受 電 電 力 の 最 大 値 および 最 小 値 e 受 電 地 点 における 受 電 電 圧 f 発 電 場 所 における 負 荷 設 備 および 受 電 設 備 g 発 電 量 調 整 供 給 の 開 始 希 望 日 h 発 電 量 調 整 供 給 の 希 望 契 約 期 間 ハ 検 討 期 間 および 調 査 料 (イ) 当 社 は, 原 則 として 受 電 側 接 続 検 討 の 申 込 みから 3 月 以 内 に 検 討 結 果 をお 知 らせいたします (ロ) 当 社 は, 1 受 電 地 点 1 検 討 につき21 万 6 千 円 を 調 査 料 として, 受 電 側 接 続 検 討 の 申 込 み 時 に 発 電 契 約 者 から 申 し 受 けます ただし, 検 討 を 要 しない 場 合 には, 調 査 料 を 申 し 受 けません (2) 供 給 側 接 続 事 前 検 討 の 申 込 み イ 当 社 は, 契 約 者 が 希 望 される 場 合 に, 契 約 者 に 小 売 電 気 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 電 気 を 供 給 するにあ たり, 工 事 の 要 否 および 工 事 が 必 要 な 場 合 の 当 該 工 事 の 種 別 についての 検 討 ( 以 下 供 給 側 接 続 事 前 検 討 といいます )をいたします ロ 契 約 者 は, 次 の 事 項 を 明 らかにして, 当 社 所 定 の 様 式 により, 供 給 側 接 続 事 前 検 討 の 申 込 みをしていただきます この 場 合, 契 約 者 への 情 報 開 示 に 係 る 需 要 者 の 承 諾 書 ( 当 社 所 定 の 様 式 によります )をあわせて 提 出 していただくことがあります (イ) 需 要 者 の 名 称, 用 途, 需 要 場 所 ( 供 給 地 点 特 定 番 号 を 含 みます )

20 および 供 給 地 点 (ロ) 契 約 電 力, 契 約 電 流 または 契 約 容 量 (ハ) 供 給 地 点 における 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 (ニ) 負 荷 設 備 または 主 開 閉 器 (ホ) 接 続 供 給 の 開 始 希 望 日 および 使 用 期 間 ハ 負 荷 設 備, 契 約 電 力, 契 約 電 流 または 契 約 容 量 については, 1 年 間 を 通 じての 最 大 の 負 荷 を 基 準 として, 契 約 者 から 申 し 出 ていただきます この 場 合, 1 年 間 を 通 じての 最 大 の 負 荷 を 確 認 するため, 必 要 に 応 じて 接 続 供 給 の 開 始 希 望 日 以 降 1 年 間 の 接 続 供 給 電 力 の 計 画 値 を 当 社 所 定 の 様 式 により 申 し 出 ていただきます ニ 当 社 は, 原 則 として 供 給 側 接 続 事 前 検 討 の 申 込 みから 2 週 間 以 内 に 検 討 結 果 をお 知 らせいたします (3) 契 約 の 申 込 み 契 約 者 は,(1)ロ(イ)または(ロ)の 事 項 およびイまたはロの 事 項 を, 発 電 契 約 者 は,(1)ロ(ハ)の 事 項 およびハの 事 項 を 明 らかにして, 当 社 所 定 の 様 式 により, 接 続 供 給 契 約, 振 替 供 給 契 約 または 発 電 量 調 整 供 給 契 約 の 申 込 み をしていただきます この 場 合, 8 ( 契 約 の 要 件 )(1)ヘおよび 接 続 供 給 の 実 施 に 必 要 な 需 要 者 の 情 報 を 当 社 が 契 約 者 に 対 し 提 供 することに 関 する 需 要 者 の 契 約 者 に 対 する 承 諾 書 の 写 しまたは 8 ( 契 約 の 要 件 )(2)ホに 定 める 発 電 者 の 発 電 契 約 者 に 対 する 承 諾 書 の 写 しをあわせて 提 出 していただきま す ただし, 発 電 契 約 者 と 発 電 者 との 間 で 締 結 する 電 力 受 給 に 関 する 契 約 等 において, 発 電 者 がこの 約 款 に 関 する 事 項 を 遵 守 することを 承 諾 してい ることが 明 らかな 場 合,または, 契 約 者 と 需 要 者 との 間 で 締 結 する 電 力 需 給 に 関 する 契 約 等 において, 需 要 者 がこの 約 款 に 関 する 事 項 を 遵 守 するこ とおよび 接 続 供 給 の 実 施 に 必 要 な 需 要 者 の 情 報 を, 当 社 が 契 約 者 に 対 し 提 供 することを 承 諾 していることが 明 らかな 場 合 で, 当 社 が 当 該 承 諾 書 の 提 出 を 不 要 と 判 断 するときは, 当 該 承 諾 書 の 提 出 を 省 略 することができるも のといたします また, 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 するための 接 続 供 給 契 約 または 振

21 替 供 給 契 約 を 希 望 される 場 合 は, 8 ( 契 約 の 要 件 )(1)チに 定 める 要 件 を 満 たすことを 証 明 する 文 書 をあわせて 提 出 していただきます この 場 合, 当 社 は, 必 要 に 応 じて, 所 管 の 官 庁 にこの 要 件 を 満 たすことの 確 認 を 行 ない ます イ 接 続 供 給 の 場 合 (イ) 需 要 者 の 名 称, 用 途, 需 要 場 所 ( 供 給 地 点 特 定 番 号 を 含 みます ) および 供 給 地 点 (ロ) 供 給 地 点 における 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 (ハ) 需 要 場 所 における 負 荷 設 備, 主 開 閉 器, 受 電 設 備 および 発 電 設 備 (ニ) 契 約 電 力, 契 約 電 流 または 契 約 容 量 (ホ) 契 約 受 電 電 力 (ヘ) 希 望 される 接 続 送 電 サービス, 臨 時 接 続 送 電 サービスまたは 予 備 送 電 サービスの 種 別 (ト) 接 続 受 電 電 力 の 計 画 値 および 接 続 供 給 電 力 の 計 画 値 (チ) 電 気 の 調 達 先 となる 契 約 者 または 発 電 契 約 者 の 名 称 および 調 達 量 の 計 画 値 (リ) 電 気 の 販 売 先 となる 契 約 者 または 発 電 契 約 者 の 名 称 および 販 売 量 の 計 画 値 (ヌ) 連 絡 体 制 (ル) 20( 臨 時 接 続 送 電 サービス)を 希 望 される 場 合 には, 契 約 使 用 期 間 なお, 受 電 地 点 が 会 社 間 連 系 点 となる 場 合 には,36( 託 送 供 給 等 の 実 施 )(1)ロに 準 じて 連 系 線 利 用 計 画 を 当 社 所 定 の 様 式 により 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 を 通 じて 当 社 に 提 出 していただきます また, 契 約 者 が, 振 替 供 給 契 約 によらず 受 給 契 約 等 にもとづき 連 系 線 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には,36( 託 送 供 給 等 の 実 施 )(4)イに 準 じて 連 系 線 利 用 計 画 を 当 社 所 定 の 様 式 により 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 を 通 じて 当 社 に 提 出 していただき ます また, 負 荷 設 備, 契 約 電 力, 契 約 電 流 または 契 約 容 量 については, 1 年 間 を 通 じての 最 大 の 負 荷 を 基 準 として, 契 約 者 から 申 し 出 ていただき

22 ます この 場 合, 1 年 間 を 通 じての 最 大 の 負 荷 を 確 認 するため, 必 要 に 応 じて 接 続 供 給 の 開 始 希 望 日 以 降 1 年 間 の 接 続 供 給 電 力 の 計 画 値 を 当 社 所 定 の 様 式 により 申 し 出 ていただきます ロ 振 替 供 給 の 場 合 (イ) 契 約 電 力 (ロ) 契 約 受 電 電 力 (ハ) 振 替 受 電 電 力 の 計 画 値 (ニ) 電 気 の 調 達 先 となる 発 電 契 約 者 の 名 称 および 調 達 量 の 計 画 値 (ホ) 連 絡 体 制 (ヘ) 当 社 が 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 電 気 を 振 替 供 給 する 場 合 には, 当 該 振 替 供 給 に 係 る 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 との 接 続 供 給 契 約 等 の 内 容 または 申 込 内 容 なお,36( 託 送 供 給 等 の 実 施 )(2)イに 準 じて 連 系 線 利 用 計 画 を 当 社 所 定 の 様 式 により 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 を 通 じて 当 社 に 提 出 していただ きます ハ 発 電 量 調 整 供 給 の 場 合 (イ) 契 約 受 電 電 力 (ロ) 発 電 量 調 整 受 電 計 画 電 力 (ハ) 電 気 の 調 達 先 となる 契 約 者 または 発 電 契 約 者 の 名 称 および 調 達 量 の 計 画 値 (ニ) 電 気 の 販 売 先 となる 契 約 者 または 発 電 契 約 者 の 名 称 および 販 売 量 の 計 画 値 (ホ) 連 絡 体 制 なお, 発 電 契 約 者 が, 契 約 者 の 振 替 供 給 契 約 によらず, 受 給 契 約 等 に もとづき 連 系 線 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には,36( 託 送 供 給 等 の 実 施 )(4) イに 準 じて 連 系 線 利 用 計 画 を 当 社 所 定 の 様 式 により 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 を 通 じて 当 社 に 提 出 していただきます (4) 当 社 は, 接 続 供 給 契 約 ( 受 電 地 点 会 社 間 連 系 点 の 場 合 に 限 ります

23 に 係 る 事 項 に 限 ります )または 振 替 供 給 契 約 について, 小 売 電 気 事 業, 一 般 送 配 電 事 業 および 特 定 送 配 電 事 業 の 用 に 供 する 電 気 に 係 る 当 日 等 の 利 用 分 および 翌 日 等 の 利 用 分 に 限 り,(3)に 定 める 様 式 以 外 で 当 社 が 指 定 した 方 法 により 契 約 者 に 申 込 みをしていただくことがあります また, 当 社 は, 受 給 契 約 等 にもとづく 連 系 線 の 利 用 に 係 る 事 項 ( 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 の 連 系 線 の 利 用 に 係 る 事 項 を 含 みます )について, 当 社 が 指 定 した 方 法 により 契 約 者 に 提 出 していただくことがあります この 場 合, 当 該 申 込 み 方 法 による 申 込 みに 係 る 託 送 供 給 の 実 施 または 受 給 契 約 等 にもとづく 連 系 線 の 利 用 に 係 る 事 項 の 提 出 にともなって 必 要 となる 事 項 に 関 する 契 約 ( 以 下 契 約 者 に 係 る 基 本 契 約 といいます )を 当 社 とあらかじめ 締 結 していただきます なお, 契 約 者 に 係 る 基 本 契 約 の 契 約 期 間 は, 契 約 者 と 当 社 との 協 議 が 整 った 日 から 1 年 間 とし, 契 約 期 間 満 了 に 先 だって 契 約 内 容 に 変 更 がない 場 合 は, 契 約 期 間 満 了 後 も 1 年 ごとに 同 一 条 件 で 継 続 されるものといたし ます また, 契 約 者 に 係 る 基 本 契 約 で 定 める 事 項 について, 基 本 契 約 書 を 作 成 いたします (5) 当 社 は, 受 給 契 約 等 にもとづく 連 系 線 の 利 用 に 係 る 事 項 ( 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 の 連 系 線 の 利 用 に 係 る 事 項 を 含 みます )について, 当 社 が 指 定 した 方 法 により 発 電 契 約 者 に 提 出 していただくことがあります こ の 場 合, 受 給 契 約 等 にもとづく 連 系 線 の 利 用 に 係 る 事 項 の 提 出 にともなっ て 必 要 となる 事 項 に 関 する 契 約 ( 以 下 発 電 契 約 者 に 係 る 基 本 契 約 とい います )を 当 社 とあらかじめ 締 結 していただきます なお, 発 電 契 約 者 に 係 る 基 本 契 約 の 契 約 期 間 は, 発 電 契 約 者 と 当 社 との 協 議 が 整 った 日 から 1 年 間 とし, 契 約 期 間 満 了 に 先 だって 契 約 内 容 に 変 更 がない 場 合 は, 契 約 期 間 満 了 後 も 1 年 ごとに 同 一 条 件 で 継 続 されるものと いたします また, 発 電 契 約 者 に 係 る 基 本 契 約 で 定 める 事 項 について, 基 本 契 約 書 を 作 成 いたします

24 10 契 約 の 成 立, 契 約 期 間 および 振 替 送 電 サービス 契 約 電 力 (1) 接 続 供 給 契 約 は, 接 続 供 給 契 約 の 申 込 みを 当 社 が 承 諾 したときに, 振 替 供 給 契 約 は, 振 替 供 給 契 約 の 申 込 みを 当 社 が 承 諾 したときに, 発 電 量 調 整 供 給 契 約 は, 発 電 量 調 整 供 給 契 約 の 申 込 みを 当 社 が 承 諾 したときに,それ ぞれ 成 立 いたします (2) 契 約 期 間 は, 次 によります イ 接 続 供 給 の 場 合 (イ) 契 約 期 間 は,20( 臨 時 接 続 送 電 サービス)を 利 用 される 場 合 を 除 き, 接 続 供 給 契 約 が 成 立 した 日 から, 料 金 適 用 開 始 の 日 以 降 1 年 目 の 日 ま でといたします (ロ) 契 約 期 間 満 了 に 先 だって 接 続 供 給 契 約 の 消 滅 または 変 更 がない 場 合 は, 接 続 供 給 契 約 は, 契 約 期 間 満 了 後 も 1 年 ごとに 同 一 条 件 で 継 続 さ れるものといたします (ハ) 20( 臨 時 接 続 送 電 サービス)を 利 用 される 場 合 の 契 約 期 間 は, 接 続 供 給 契 約 が 成 立 した 日 から,あらかじめ 定 めた 契 約 使 用 期 間 満 了 の 日 までといたします ロ 振 替 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 場 合 契 約 期 間 は, 振 替 供 給 契 約 または 発 電 量 調 整 供 給 契 約 が 成 立 した 日 か ら, 契 約 者 または 発 電 契 約 者 の 申 込 みにもとづき, 契 約 者 または 発 電 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 定 めた 日 までといたします ただし, 特 別 の 事 情 がない 限 り, 契 約 期 間 は, 振 替 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 開 始 日 から 起 算 して 1 年 未 満 とならないものといたします (3) 振 替 送 電 サービス 契 約 電 力 は, 1 年 間 を 通 じての 振 替 供 給 電 力 の 最 大 値 等 を 基 準 として, 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めます (4) (2)および(3)の 協 議 にあたり, 会 社 間 連 系 点 等 の 託 送 可 能 量 が 不 足 する 場 合 等 には, 契 約 期 間 および 振 替 送 電 サービス 契 約 電 力 を 制 限 していただ くことがあります

25 11 託 送 供 給 等 の 開 始 (1) 当 社 は, 接 続 供 給 契 約, 振 替 供 給 契 約 または 発 電 量 調 整 供 給 契 約 の 申 込 みを 承 諾 したときには, 契 約 者 または 発 電 契 約 者 と 協 議 のうえ 託 送 供 給 ま たは 発 電 量 調 整 供 給 の 開 始 日 を 定 め, 供 給 準 備 その 他 必 要 な 手 続 きを 経 た のち,すみやかに 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 を 開 始 いたします (2) 当 社 は, 天 候, 用 地 交 渉, 停 電 交 渉 等 の 事 情 によるやむをえない 理 由 に よって,あらかじめ 定 めた 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 開 始 日 に 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 ができないことが 明 らかになった 場 合 には,そ の 理 由 を 契 約 者 または 発 電 契 約 者 にお 知 らせし,あらためて 契 約 者 または 発 電 契 約 者 と 協 議 のうえ, 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 開 始 日 を 定 め て 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 を 開 始 いたします 12 供 給 準 備 その 他 必 要 な 手 続 きのための 協 力 契 約 者, 発 電 契 約 者, 発 電 者 または 需 要 者 は, 当 該 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 実 施 にともない 当 社 が 施 設 または 所 有 する 供 給 設 備 の 工 事 および 維 持 のために 必 要 な 用 地 の 確 保 等 について 協 力 していただきます 13 電 気 方 式, 電 圧 および 周 波 数 (1) 受 電 電 気 方 式 は, 受 電 電 圧 に 応 じて, 次 のとおりといたします 受 電 電 圧 低 圧 高 圧 または 特 別 高 圧 交 流 単 相 2 線 式, 交 流 単 相 3 線 式 または 交 流 3 相 3 線 式 交 流 3 相 3 線 式 (2) 供 給 電 気 方 式 は, 供 給 電 圧 および 接 続 送 電 サービス, 臨 時 接 続 送 電 サー ビスまたは 予 備 送 電 サービスに 応 じて,Ⅲ( 料 金 )の 各 項 に 定 めるところ によります (3) 受 電 電 圧 は, 会 社 間 連 系 点 を 受 電 地 点 とする 場 合 を 除 き, 原 則 として, 受 電 地 点 ( 1 建 物 内 の 2 以 上 の 発 電 場 所 から 共 同 引 込 線 2 以 上 の 発 電 場 所 または 需 要 場 所 に 対 して 1 引 込 みにより 電 気 を 受 電 または 供 給 するため の 引 込 線 をいいます による 1 引 込 みで 電 気 を 受 電 する 場 合 の 受 電 地 点 は, 発 電 場 所 ごとに 異 なる 地 点 とみなします )における 契 約 受 電 電 力 ( 発

26 電 場 所 における 発 電 設 備, 受 電 設 備 および 負 荷 設 備 等 を 基 準 として, 発 電 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 受 電 地 点 ごとに 定 めます )に 応 じて, 次 の とおりといたします 契 約 受 電 電 力 50キロワット 未 満 50キロワット 以 上 2,000キロワット 未 満 2,000キロワット 以 上 10,000キロワット 未 満 10,000キロワット 以 上 50,000キロワット 未 満 50,000キロワット 以 上 標 準 電 圧 100ボルト または200ボルト 標 準 電 圧 6,000ボルト 標 準 電 圧 20,000ボルト 標 準 電 圧 60,000ボルト 標 準 電 圧 140,000ボルト (4) 供 給 電 圧 は, 会 社 間 連 系 点 を 供 給 地 点 とする 場 合 を 除 き, 接 続 送 電 サー ビス, 臨 時 接 続 送 電 サービスまたは 予 備 送 電 サービスに 応 じて,Ⅲ( 料 金 ) の 各 項 に 定 めるところによります ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が500キロワット 未 満 である 場 合 ( 契 約 者 が 新 たに 供 給 地 点 への 接 続 供 給 を 開 始 される 場 合 または 需 要 場 所 にお ける 受 電 設 備 を 変 更 される 場 合 等 に 限 ります )は, 別 表 1 ( 契 約 設 備 電 力 の 算 定 )により 定 めた 供 給 地 点 ( 1 建 物 内 の 2 以 上 の 需 要 場 所 に 共 同 引 込 線 による 1 引 込 みで 電 気 を 供 給 する 場 合 の 供 給 地 点 は, 需 要 場 所 ごとに 異 なる 地 点 とみなします )における 契 約 設 備 電 力 に 応 じて 次 のとおりと いたします 契 約 設 備 電 力 50キロワット 未 満 50キロワット 以 上 標 準 電 圧 100ボルト または200ボルト 標 準 電 圧 6,000ボルト なお, 1 需 要 場 所 において, 電 灯 標 準 接 続 送 電 サービス, 電 灯 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスまたは 電 灯 従 量 接 続 送 電 サービスと 動 力 標 準 接 続 送 電 サ ービス, 動 力 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスまたは 動 力 従 量 接 続 送 電 サービス とをあわせて 契 約 する 場 合, 契 約 設 備 電 力 の 合 計 が50キロワット 未 満 とな るときの 供 給 電 圧 は 原 則 として 標 準 電 圧 100ボルトまたは200ボルトとし, 契 約 設 備 電 力 の 合 計 が50キロワット 以 上 となるときの 供 給 電 圧 は 原 則 とし て 標 準 電 圧 6,000ボルトといたします ただし, 契 約 者 が 希 望 され,かつ,

27 電 気 の 使 用 状 態, 当 社 の 供 給 設 備 の 状 況 等 から 当 社 が 技 術 上 または 経 済 上 低 圧 での 電 気 の 供 給 が 適 当 と 認 めたときは, 契 約 設 備 電 力 の 合 計 が50キロ ワット 以 上 であっても, 標 準 電 圧 100ボルトまたは200ボルトとすることが あります この 場 合, 当 社 は, 需 要 者 の 土 地 または 建 物 に 変 圧 器 等 の 供 給 設 備 を 施 設 することがあります (5) 受 電 電 圧 については 発 電 者 に, 供 給 電 圧 については 需 要 者 に 特 別 の 事 情 がある 場 合 または 当 社 の 供 給 設 備 の 都 合 でやむをえない 場 合 には,(3)また は(4)に 定 める 当 該 標 準 電 圧 より 上 位 または 下 位 の 電 圧 で, 受 電 または 供 給 することがあります (6) 周 波 数 は, 標 準 周 波 数 50ヘルツといたします ただし, 中 部 電 力 株 式 会 社 との 会 社 間 連 系 点 を 供 給 地 点 とする 場 合 には, 当 社 は, 周 波 数 変 換 設 備 を 使 用 して 標 準 周 波 数 60ヘルツで 供 給 いたします 14 発 電 場 所 および 需 要 場 所 (1) 当 社 は, 原 則 として, 1 構 内 をなすものは 1 構 内 を 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 とし,これによりがたい 場 合 には,イおよびロによります なお, 1 構 内 をなすものとは,さく,へい 等 によって 区 切 られ 公 衆 が 自 由 に 出 入 りできない 区 域 であって, 原 則 として 区 域 内 の 各 建 物 が 同 一 会 計 主 体 に 属 するものをいいます イ 当 社 は, 1 建 物 をなすものは 1 建 物 を 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 と し,これによりがたい 場 合 には,ロによります なお, 1 建 物 をなすものとは, 独 立 した 1 建 物 をいいます ただし, 複 数 の 建 物 であっても,それぞれが 地 上 または 地 下 において 連 結 され, かつ, 各 建 物 の 所 有 者 および 使 用 者 が 同 一 のとき 等 建 物 としての 一 体 性 を 有 していると 認 められる 場 合 は, 1 建 物 をなすものとみなします ま た, 看 板 灯, 庭 園 灯, 門 灯 等 建 物 に 付 属 した 屋 外 電 灯 は, 建 物 と 同 一 の 発 電 場 所 または 需 要 場 所 といたします ロ 構 内 または 建 物 の 特 殊 な 場 合 には, 次 によります (イ) 居 住 用 の 建 物 の 場 合

28 1 建 物 に 会 計 主 体 の 異 なる 部 分 がある 場 合 で, 次 のいずれにも 該 当 するときは, 各 部 分 をそれぞれ 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 とするこ とができます この 場 合 には, 共 用 する 部 分 を 原 則 として 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 といたします a 各 部 分 の 間 が 固 定 的 な 隔 壁 または 扉 で 明 確 に 区 分 されていること b 各 部 分 の 屋 内 配 線 設 備 が 相 互 に 分 離 して 施 設 されていること c 各 部 分 が 世 帯 単 位 の 居 住 に 必 要 な 機 能 ( 炊 事 のための 設 備 等 )を 有 すること (ロ) 居 住 用 以 外 の 建 物 の 場 合 1 建 物 に 会 計 主 体 の 異 なる 部 分 がある 場 合 で, 各 部 分 の 間 が 固 定 的 な 隔 壁 で 明 確 に 区 分 され,かつ, 共 用 する 部 分 がないときまたは 各 部 分 の 所 有 者 が 異 なるときは, 各 部 分 をそれぞれ 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 とすることができます この 場 合 には, 共 用 する 部 分 を 原 則 と して 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 といたします (ハ) 居 住 用 部 分 と 居 住 用 以 外 の 部 分 からなる 建 物 の 場 合 1 建 物 に 居 住 用 部 分 と 居 住 用 以 外 の 部 分 がある 場 合 は,(ロ)に 準 ずる ものといたします ただし,アパートと 店 舗 からなる 建 物 等 居 住 用 部 分 と 居 住 用 以 外 の 部 分 の 間 が 固 定 的 な 隔 壁 で 明 確 に 区 分 されている 建 物 の 場 合 は, 居 住 用 部 分 に 限 り(イ)に 準 ずるものといたします (2) 隣 接 する 複 数 の 構 内 の 場 合 で,それぞれの 構 内 において 営 む 事 業 の 相 互 の 関 連 性 が 高 いときは,(1)にかかわらず,その 隣 接 する 複 数 の 構 内 を 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 とすることがあります (3) 道 路 その 他 公 共 の 用 に 供 せられる 土 地 ((1)に 定 める 構 内 または(2)に 定 める 隣 接 する 複 数 の 構 内 を 除 きます )において, 街 路 灯 等 が 設 置 されて いる 場 合 は,その 設 置 されている 場 所 を 1 発 電 場 所 または 1 需 要 場 所 とい たします 15 供 給 および 契 約 の 単 位 (1) 当 社 は, 次 の 場 合 を 除 き, 1 需 要 場 所 について 1 接 続 送 電 サービスまた

29 は 1 臨 時 接 続 送 電 サービスを 適 用 し, 1 電 気 方 式, 1 引 込 みおよび 1 計 量 をもって 託 送 供 給 を 行 ない, 1 発 電 場 所 につき, 1 電 気 方 式, 1 引 込 みお よび 1 計 量 をもって 発 電 量 調 整 供 給 を 行 ないます イ 1 需 要 場 所 につき, 次 の 2 臨 時 接 続 送 電 サービスをあわせて 契 約 する 場 合,または, 次 の 臨 時 接 続 送 電 サービスとこれ 以 外 の 1 接 続 送 電 サー ビス(ロの 場 合 は, 2 接 続 送 電 サービスといたします )とをあわせて 契 約 する 場 合 (イ) 電 灯 臨 時 定 額 接 続 送 電 サービスおよび 電 灯 臨 時 接 続 送 電 サービスの うちの 1 臨 時 接 続 送 電 サービス (ロ) 動 力 臨 時 定 額 接 続 送 電 サービスおよび 動 力 臨 時 接 続 送 電 サービスの うちの 1 臨 時 接 続 送 電 サービス ロ 電 灯 または 小 型 機 器 と 動 力 とをあわせて 使 用 する 需 要 者 に 供 給 する 場 合 で, 次 の 2 接 続 送 電 サービスをあわせて 契 約 する 場 合 (イ) 電 灯 定 額 接 続 送 電 サービス, 電 灯 標 準 接 続 送 電 サービス, 電 灯 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスおよび 電 灯 従 量 接 続 送 電 サービスのうちの 1 接 続 送 電 サービス (ロ) 動 力 標 準 接 続 送 電 サービス, 動 力 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスおよび 動 力 従 量 接 続 送 電 サービスのうちの 1 接 続 送 電 サービス ハ 共 同 引 込 線 による 引 込 みで 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 を 行 なう 場 合 ニ 予 備 送 電 サービスをあわせて 契 約 する 場 合 ホ その 他 技 術 上, 経 済 上 やむをえない 場 合 等 特 別 の 事 情 がある 場 合 (2) 接 続 供 給 の 場 合, 当 社 は,あらかじめ 定 めた 発 電 契 約 者 または 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 が 定 めた 発 電 契 約 者 および 需 要 場 所 について, 1 接 続 供 給 契 約 を 結 び, 1 需 要 バランシンググループを 設 定 いたします この 場 合, それぞれの 需 要 場 所 は 原 則 として 1 接 続 供 給 契 約 に 属 するものとし,また, 当 社 は, 原 則 として, 1 契 約 者 に 対 して 1 接 続 供 給 契 約 を 結 びます なお, 電 気 鉄 道 の 場 合 で, 負 荷 が 移 動 するために 同 一 送 電 系 統 に 属 する 2 以 上 の 供 給 地 点 において 常 時 電 気 の 供 給 を 受 ける 契 約 者 が 希 望 されると

30 きは,その 料 金 その 他 の 供 給 条 件 について 複 数 供 給 地 点 を 1 供 給 地 点 とみ なすことがあります (3) 振 替 供 給 の 場 合, 当 社 は, 原 則 として,あらかじめ 定 めた 発 電 契 約 者 ま たは 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 が 定 めた 発 電 契 約 者 ( 発 電 契 約 者 が 複 数 ある 場 合 は, 同 一 の 一 般 送 配 電 事 業 者 と 発 電 量 調 整 供 給 契 約 を 締 結 するものと いたします )および 1 供 給 地 点 ( 当 社 以 外 の 一 般 送 配 電 事 業 者 との 接 続 供 給 契 約 ごとに 1 供 給 地 点 とみなします )について, 1 振 替 供 給 契 約 を 結 びます (4) 発 電 量 調 整 供 給 の 場 合, 当 社 は, 原 則 として,あらかじめ 定 めた 発 電 場 所 ( 発 電 場 所 が 複 数 ある 場 合 は, 同 一 の 一 般 送 配 電 事 業 者 の 供 給 設 備 に 接 続 するものといたします )および 発 電 バランシンググループについて, 1 発 電 量 調 整 供 給 契 約 を 結 びます なお, 低 圧 の 受 電 地 点 に 係 る 発 電 場 所 は, 1 発 電 バランシンググループに 属 するものといたします また, 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 ( 電 気 事 業 者 による 再 生 可 能 エネル ギー 電 気 の 調 達 に 関 する 特 別 措 置 法 以 下 再 生 可 能 エネルギー 特 別 措 置 法 といいます 第 2 条 第 3 項 に 定 める 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 をい います )の 受 電 地 点 に 係 る 発 電 場 所 が 発 電 バランシンググループに 含 ま れる 場 合 は, 次 のとおりといたします イ 回 避 可 能 費 用 単 価 ( 電 気 事 業 者 による 再 生 可 能 エネルギー 電 気 の 調 達 に 関 する 特 別 措 置 法 施 行 規 則 以 下 再 生 可 能 エネルギー 特 別 措 置 法 施 行 規 則 といいます に 定 める 回 避 可 能 費 用 単 価 をいいます )が 卸 電 力 取 引 所 が 公 表 する 額 となる 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 とそれ 以 外 の 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 とが 共 に 含 まれないように 発 電 バランシ ンググループを 設 定 していただきます また, 附 則 6 ( 発 電 量 調 整 供 給 契 約 についての 特 別 措 置 [ 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 ])(4)ホで 適 用 されるインバランスリスク 単 価 ( 再 生 可 能 エネルギー 特 別 措 置 法 施 行 規 則 に 定 めるインバランスリスクに 係 る 単 価 をいいます )が 異 なる 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 をあわせて 使 用 されるときは, 同 一 の 再 生 可 能 エネルギー 特 別 措 置 法 第 4 条 第 1 項 に 定 める 特 定 契 約 ( 以 下 特 定 契 約

31 といいます )に 係 って 受 電 する 電 気 のみに 係 る 発 電 バランシンググル ープ( 以 下 特 例 発 電 バランシンググループ といいます )に 含 まれ る 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 に 適 用 されるインバランスリスク 単 価 が 同 一 となるように 特 例 発 電 バランシンググループを 設 定 していただきま す ロ 附 則 6 ( 発 電 量 調 整 供 給 契 約 についての 特 別 措 置 [ 再 生 可 能 エネルギ ー 発 電 設 備 ])(4)の 適 用 を 受 ける 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 の 受 電 地 点 に 係 る 発 電 場 所 は, 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 補 給 電 力 料 金 単 価 等 が 異 なる 複 数 のバランシンググループに 属 することはできないものといた します 16 承 諾 の 限 界 当 社 は, 法 令, 電 気 の 需 給 状 況, 供 給 設 備 の 状 況, 用 地 事 情, 料 金 の 支 払 状 況 その 他 によってやむをえない 場 合 には, 接 続 供 給 契 約, 振 替 供 給 契 約 ま たは 発 電 量 調 整 供 給 契 約 の 申 込 みの 全 部 または 一 部 をお 断 りすることがあり ます この 場 合 は,その 理 由 を 契 約 者 または 発 電 契 約 者 にお 知 らせいたしま す 17 契 約 書 の 作 成 当 社 は, 契 約 者 または 発 電 契 約 者 との 間 で, 原 則 として 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 の 開 始 前 に, 託 送 供 給 または 発 電 量 調 整 供 給 に 関 する 必 要 な 事 項 について, 契 約 書 を 作 成 いたします

32 Ⅲ 料 金 18 料 金 料 金 は, 次 のとおりといたします (1) 契 約 者 に 係 る 料 金 イ 契 約 者 に 係 る 料 金 は,ロによって 算 定 された 日 程 等 別 料 金,23( 接 続 対 象 計 画 差 対 応 電 力 )によって 算 定 された 接 続 対 象 計 画 差 対 応 補 給 電 力 料 金 および 接 続 対 象 計 画 差 対 応 余 剰 電 力 料 金 ならびに24( 給 電 指 令 時 補 給 電 力 )(1)によって 算 定 された 給 電 指 令 時 補 給 電 力 料 金 といたします ロ 日 程 等 別 料 金 は,19( 接 続 送 電 サービス)によって 算 定 された 接 続 送 電 サービス 料 金,20( 臨 時 接 続 送 電 サービス)によって 算 定 された 臨 時 接 続 送 電 サービス 料 金 および21( 予 備 送 電 サービス)によって 算 定 され た 予 備 送 電 サービス 料 金 ( 以 下 送 電 サービス 料 金 といいます )の うち,(イ),(ロ),(ハ),(ニ),(ホ)または(ヘ)に 定 める 日 が 同 一 となるもの (この 場 合, 当 該 同 一 となる 日 を 以 下 料 金 算 定 日 といいます )を 合 計 して 算 定 ( 近 接 性 評 価 割 引 を 行 なう 場 合 は, 近 接 性 評 価 割 引 額 を 差 し 引 いたものといたします )いたします (イ) 検 針 日 (ロ) 電 灯 定 額 接 続 送 電 サービス, 電 灯 臨 時 定 額 接 続 送 電 サービスおよび 動 力 臨 時 定 額 接 続 送 電 サービス( 以 下 定 額 接 続 送 電 サービス とい います )の 場 合 または29( 電 力 および 電 力 量 の 算 定 )(22)の 場 合,そ の 供 給 地 点 の 属 する 検 針 区 域 の 検 針 日 (ハ) 電 灯 臨 時 定 額 接 続 送 電 サービスまたは 動 力 臨 時 定 額 接 続 送 電 サービ スで 応 当 日 (その 供 給 地 点 を 新 たに 設 定 した 日 に 対 応 する 日 をいいま す )にもとづき 料 金 算 定 期 間 を 定 める 場 合, 応 当 日 (ニ) 26( 検 針 日 )(5)の 場 合, 実 際 に 検 針 を 行 なった 日 (ホ) 契 約 者 が 供 給 地 点 を 消 滅 させる 場 合, 消 滅 日 ( 特 別 の 事 情 があり, その 供 給 地 点 の 消 滅 日 以 降 に 計 量 値 の 確 認 を 行 なった 場 合 は,その 日 といたします )

33 (ヘ) 29( 電 力 および 電 力 量 の 算 定 )(26)の 場 合, 電 力 量 または 最 大 需 要 電 力 等 が 協 議 によって 定 められた 日 ハ 近 接 性 評 価 割 引 (イ) 適 用 契 約 者 が, 近 接 性 評 価 地 域 ( 別 表 2 近 接 性 評 価 地 域 および 近 接 性 評 価 割 引 額 の 算 定 (1)に 定 める 地 域 といたします )に 立 地 する 発 電 場 所 における 発 電 設 備 ( 以 下 近 接 性 評 価 対 象 発 電 設 備 といいます ) を 維 持 し,および 運 用 する 発 電 契 約 者 から, 当 該 発 電 設 備 に 係 る 電 気 を 受 電 し, 接 続 供 給 を 利 用 する 場 合 に 適 用 いたします なお, 契 約 者 が, 近 接 性 評 価 対 象 発 電 設 備 を 維 持 し,および 運 用 す る 発 電 契 約 者 以 外 の 事 業 者 等 を 介 して, 近 接 性 評 価 対 象 発 電 設 備 に 係 る 電 気 を 調 達 する 場 合 は, 当 該 電 気 には 近 接 性 評 価 割 引 を 適 用 いたし ません (ロ) 近 接 性 評 価 割 引 額 の 算 定 および 割 引 の 実 施 a 近 接 性 評 価 割 引 額 は, 別 表 2 ( 近 接 性 評 価 地 域 および 近 接 性 評 価 割 引 額 の 算 定 )にもとづき, 特 別 の 事 情 がある 場 合 を 除 き, 算 定 の 対 象 となる 期 間 の 翌 々 月 1 日 に 算 定 いたします b 当 社 は, 近 接 性 評 価 割 引 額 の 算 定 日 が 料 金 算 定 日 となる 日 程 等 別 料 金 ( 該 当 する 日 程 等 別 料 金 がない 場 合 は, 料 金 算 定 日 が 近 接 性 評 価 割 引 額 の 算 定 日 の 直 後 となる 日 程 等 別 料 金 といたします )にお いて, 当 該 日 程 等 別 料 金 に 含 まれる 接 続 送 電 サービス 料 金, 臨 時 接 続 送 電 サービス 料 金 および 予 備 送 電 サービス 料 金 の 合 計 額 を 上 限 と して 割 引 を 行 なうものといたします c 近 接 性 評 価 割 引 額 が 割 引 の 対 象 となる 日 程 等 別 料 金 に 含 まれる 接 続 送 電 サービス 料 金, 臨 時 接 続 送 電 サービス 料 金 および 予 備 送 電 サ ービス 料 金 の 合 計 額 を 上 回 る 場 合,その 差 額 を 近 接 性 評 価 割 引 額 と して, 料 金 算 定 日 がその 直 後 となる 日 程 等 別 料 金 において,bに 準 じて 割 引 を 行 ないます (2) 発 電 契 約 者 に 係 る 料 金

34 発 電 契 約 者 に 係 る 料 金 は,22( 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 電 力 )によっ て 算 定 された 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 補 給 電 力 料 金 および 発 電 量 調 整 受 電 計 画 差 対 応 余 剰 電 力 料 金 ならびに24( 給 電 指 令 時 補 給 電 力 )(2)によって 算 定 された 給 電 指 令 時 補 給 電 力 料 金 といたします 19 接 続 送 電 サービス (1) 適 用 範 囲 小 売 電 気 事 業, 特 定 送 配 電 事 業 または 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 す る 電 気 に 適 用 いたします (2) 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 等 電 灯 定 額 接 続 送 電 サービスの 適 用 を 受 ける 場 合 を 除 き, 接 続 送 電 サービ ス 契 約 電 力, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 または 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 は, 次 によって 供 給 地 点 ごとに 定 めます イ 低 圧 で 供 給 する 場 合,または 高 圧 で 供 給 する 場 合 で, 接 続 送 電 サービ ス 契 約 電 力 が500キロワット 未 満 となるとき (イ) 各 月 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は, 次 の 場 合 を 除 き,その 1 月 の 最 大 需 要 電 力 等 と 前 11 月 ( 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 特 別 の 事 情 がある ときは, 前 11 月 以 内 で 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 定 めた 期 間 とする ことがあります )の 最 大 需 要 電 力 等 のうち,いずれか 大 きい 値 とい たします a 新 たに 接 続 送 電 サービスを 使 用 される 場 合 は, 料 金 適 用 開 始 の 日 以 降 12 月 の 期 間 の 各 月 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は,その 1 月 の 最 大 需 要 電 力 等 と 料 金 適 用 開 始 の 日 から 前 月 まで( 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 特 別 の 事 情 があるときは, 料 金 適 用 開 始 の 日 から 前 月 まで の 間 で 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 定 めた 期 間 とすることがありま す )の 最 大 需 要 電 力 等 のうち,いずれか 大 きい 値 といたします ただし, 新 たに 接 続 送 電 サービスを 使 用 される 前 から 引 き 続 き 当 社 の 供 給 設 備 を 利 用 される 場 合 には, 新 たに 接 続 送 電 サービスを 使 用 される 前 の 電 気 の 供 給 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 の 決 定 上, 接

35 続 送 電 サービスによって 受 けた 供 給 とみなします b 需 要 場 所 における 受 電 設 備 を 増 加 される 場 合 等 で, 増 加 された 日 を 含 む 1 月 の 増 加 された 日 以 降 の 期 間 の 最 大 需 要 電 力 等 の 値 がその 1 月 の 増 加 された 日 の 前 日 までの 期 間 の 最 大 需 要 電 力 等 と 前 11 月 ( 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 特 別 の 事 情 があるときは, 前 11 月 以 内 で 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 定 めた 期 間 とすることがあります ) の 最 大 需 要 電 力 等 のうちいずれか 大 きい 値 を 上 回 るときは,その 1 月 の 増 加 された 日 の 前 日 までの 期 間 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は, その 期 間 の 最 大 需 要 電 力 等 と 前 11 月 ( 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 特 別 の 事 情 があるときは, 前 11 月 以 内 で 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 定 めた 期 間 とすることがあります )の 最 大 需 要 電 力 等 のうちいずれ か 大 きい 値 とし,その 1 月 の 増 加 された 日 以 降 の 期 間 の 接 続 送 電 サ ービス 契 約 電 力 は,その 期 間 の 最 大 需 要 電 力 等 の 値 といたします c 需 要 場 所 における 受 電 設 備 を 減 少 される 場 合 等 で, 1 年 を 通 じて の 最 大 需 要 電 力 等 が 減 少 することが 明 らかなときは, 減 少 された 日 を 含 む 1 月 の 減 少 された 日 の 前 日 までの 期 間 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は,その 期 間 の 最 大 需 要 電 力 等 と 前 11 月 ( 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 特 別 の 事 情 があるときは, 前 11 月 以 内 で 契 約 者 と 当 社 との 協 議 により 定 めた 期 間 とすることがあります )の 最 大 需 要 電 力 等 の うちいずれか 大 きい 値 とし, 減 少 された 日 以 降 12 月 の 期 間 の 各 月 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 ( 減 少 された 日 を 含 む 1 月 の 減 少 された 日 以 降 の 期 間 については,その 期 間 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 と いたします )は, 需 要 場 所 における 負 荷 設 備 および 受 電 設 備 の 内 容, 1 年 間 を 通 じての 最 大 の 負 荷, 同 一 業 種 の 負 荷 率, 操 業 度 等 を 基 準 として, 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めた 値 といたします ただし, 減 少 された 日 以 降 12 月 の 期 間 で,その 1 月 の 最 大 需 要 電 力 等 と 減 少 された 日 から 前 月 までの 最 大 需 要 電 力 等 のうちいずれか 大 きい 値 が 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めた 値 を 上 回 る 場 合 ( 減 少 された 日 を 含 む 1 月 の 減 少 された 日 以 降 の 期 間 については,その

36 期 間 の 最 大 需 要 電 力 等 の 値 が 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めた 値 を 上 回 る 場 合 といたします )は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は, その 上 回 る 最 大 需 要 電 力 等 の 値 といたします (ロ) 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 契 約 者 が 電 灯 または 小 型 機 器 を 使 用 する 需 要 者 に 供 給 し,かつ, 契 約 者 が 希 望 されるときは,(イ)にかかわらず, 次 により, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 または 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 ( 6 キロボルトアンペア 以 上 となるときに 限 ります )を 定 め, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 に 代 えて 適 用 いたします a 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 (a) 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 は, 5 アンペア,10アンペア,15ア ンペア,20アンペア,30アンペア,40アンペア,50アンペアまた は60アンペアのいずれかとし, 契 約 者 の 申 出 によって 定 めます (b) 当 社 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 に 応 じて 電 流 制 限 器 その 他 の 適 当 な 装 置 ( 以 下 電 流 制 限 器 等 といいます )または 電 流 を 制 限 する 計 量 器 を 取 り 付 けます ただし, 契 約 者 または 需 要 者 において 使 用 する 最 大 電 流 が 制 限 される 装 置 が 取 り 付 けられてい る 場 合 等 使 用 する 最 大 電 流 が 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 をこえる おそれがないと 認 められる 場 合 には, 当 社 は, 電 流 制 限 器 等 また は 電 流 を 制 限 する 計 量 器 を 取 り 付 けないことがあります b 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 は, 契 約 主 開 閉 器 の 定 格 電 流 にもとづ き, 別 表 3 ( 契 約 電 力 および 契 約 容 量 の 算 定 方 法 )により 算 定 され た 値 といたします この 場 合,あらかじめ 契 約 主 開 閉 器 を 設 定 して いただきます なお, 当 社 は, 契 約 主 開 閉 器 が 制 限 できる 電 流 を, 必 要 に 応 じて 確 認 いたします (ハ) 低 圧 で 供 給 する 場 合 で, 契 約 者 が 動 力 を 使 用 する 需 要 者 に 供 給 し, かつ, 契 約 者 が 希 望 されるときの 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は,(イ) にかかわらず, 契 約 主 開 閉 器 の 定 格 電 流 にもとづき, 別 表 3 ( 契 約 電

37 力 および 契 約 容 量 の 算 定 方 法 )により 算 定 された 値 といたします こ の 場 合,あらかじめ 契 約 主 開 閉 器 を 設 定 していただきます なお, 当 社 は, 契 約 主 開 閉 器 が 制 限 できる 電 流 を, 必 要 に 応 じて 確 認 いたします (ニ) (イ)の 適 用 後 1 年 に 満 たない 場 合 は,(ロ)または(ハ)を 適 用 いたしませ ん また,(ロ)または(ハ)の 適 用 後 1 年 に 満 たない 場 合 は,(イ)を 適 用 い たしません (ホ) 需 要 場 所 における 主 開 閉 器 ( 低 圧 で 供 給 する 場 合 に 限 ります ), 負 荷 設 備 または 受 電 設 備 を 変 更 される 場 合 は,49( 契 約 の 変 更 )に 準 じて,あらかじめ 申 し 出 ていただきます ロ 高 圧 で 供 給 する 場 合 で, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が500キロワット 以 上 となるときまたは 特 別 高 圧 で 供 給 する 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は, 需 要 場 所 における 負 荷 設 備 および 受 電 設 備 の 内 容, 1 年 間 を 通 じての 最 大 の 負 荷, 同 一 業 種 の 負 荷 率, 操 業 度 等 を 基 準 として, 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めます なお, 新 たに 接 続 送 電 サービスを 使 用 される 場 合 等 で, 適 当 と 認 めら れるときは, 使 用 開 始 の 日 から 1 年 間 については, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 がてい 増 する 場 合 に 限 り, 段 階 的 に 定 めることがあります ハ イ(イ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 めている 供 給 地 点 につい て, 最 大 需 要 電 力 等 が500キロワット 以 上 となる 場 合 は, 接 続 送 電 サービ ス 契 約 電 力 をロによってすみやかに 定 めることとし,それまでの 間 の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は,イ(イ)によって 定 めます ニ 高 圧 または 特 別 高 圧 で 供 給 する 場 合 で, 需 要 者 の 発 電 設 備 の 検 査, 補 修 または 事 故 ( 停 電 による 停 止 等 を 含 みます )により 生 じた 不 足 電 力 の 補 給 にあてるための 電 気 をあわせて 供 給 するときの 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 は,イ,ロまたはハにかかわらず, 当 該 供 給 分 以 外 の 供 給 分 に つきイ,ロまたはハに 準 じて 定 めた 値 に, 原 則 として 需 要 者 の 発 電 設 備 の 容 量 を 基 準 として, 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって 定 めた 値 を 加 えた ものといたします

38 また, 当 該 供 給 分 以 外 の 供 給 分 についてイ(イ)に 準 ずる 場 合 で, 需 要 場 所 における 負 荷 設 備 または 受 電 設 備 を 変 更 されるときは,49( 契 約 の 変 更 )に 準 じて,あらかじめ 申 し 出 ていただきます なお,この 場 合, 当 社 は, 必 要 に 応 じて, 需 要 者 の 発 電 設 備 の 運 転 に 関 する 記 録 を 契 約 者 から 提 出 していただきます (3) 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 供 給 地 点 ごとに, 供 給 電 圧 および 接 続 送 電 サ ービスの 種 別 に 応 じて, 次 の 各 項 により 算 定 いたします ただし, 1 供 給 地 点 につき 2 以 上 の 接 続 送 電 サービスをあわせて 契 約 する 場 合 または 1 接 続 送 電 サービスにつき 2 以 上 の 供 給 地 点 となる 場 合 の 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 接 続 送 電 サービスごとに 算 定 いたします イ 低 圧 で 供 給 する 場 合 (イ) 電 灯 定 額 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 契 約 者 が 電 灯 または 小 型 機 器 を 使 用 する 需 要 者 に 供 給 する 場 合 で, その 総 容 量 ( 入 力 といたします なお, 出 力 で 表 示 されている 場 合 等 は, 各 契 約 負 荷 設 備 ごとに 別 表 4 負 荷 設 備 の 入 力 換 算 容 量 に よって 換 算 するものといたします )が400ボルトアンペア 以 下 であ るときに 適 用 いたします b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボル トまたは200ボルトといたします ただし, 特 別 の 事 情 がある 場 合 に は, 交 流 単 相 3 線 式 標 準 電 圧 100ボルトおよび200ボルトとすること があります c 契 約 負 荷 設 備 契 約 負 荷 設 備 をあらかじめ 設 定 していただきます d 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 電 灯 料 金 および 小 型 機 器 料 金 の 合 計 と いたします

39 (a) 電 灯 料 金 ⅰ 電 灯 料 金 は, 各 契 約 負 荷 設 備 ごとに 1 月 につき 次 のとおりと いたします 10ワットまでの 1 灯 につき 10ワットをこえ20ワットまでの 1 灯 につき 20ワットをこえ40ワットまでの 1 灯 につき 40ワットをこえ60ワットまでの 1 灯 につき 60ワットをこえ100ワットまでの 1 灯 につき 100ワットをこえる 1 灯 につき100ワットまでごとに 34 円 89 銭 69 円 80 銭 139 円 60 銭 209 円 40 銭 349 円 00 銭 349 円 00 銭 ⅱ ネオン 管 灯,けい 光 灯, 水 銀 灯 等 は, 管 灯 および 付 属 装 置 を 一 括 して 容 量 ( 入 力 といたします なお, 出 力 で 表 示 されてい る 場 合 等 は, 別 表 4 負 荷 設 備 の 入 力 換 算 容 量 によって 換 算 するものといたします )を 算 定 し,その 容 量 につき 1 ボルト アンペアを 1 ワットとみなして 電 灯 料 金 を 適 用 いたします ⅲ 多 灯 式 けい 光 灯 等 は,その 合 計 によって 容 量 ( 入 力 といたし ます なお, 出 力 で 表 示 されている 場 合 等 は, 別 表 4 負 荷 設 備 の 入 力 換 算 容 量 によって 換 算 するものといたします )を 算 定 し,その 容 量 につき 1 ボルトアンペアを 1 ワットとみなし て 電 灯 料 金 を 適 用 いたします (b) 小 型 機 器 料 金 小 型 機 器 料 金 は, 各 契 約 負 荷 設 備 ごとにその 容 量 ( 入 力 といた します なお, 出 力 で 表 示 されている 場 合 等 は, 別 表 4 負 荷 設 備 の 入 力 換 算 容 量 によって 換 算 するものといたします )に 応 じ 1 月 につき 次 のとおりといたします 50ボルトアンペアまでの 1 機 器 につき 50ボルトアンペアをこえ100ボルトアンペアまでの 1 機 器 につ き 100ボルトアンペアをこえる 1 機 器 につき100ボルトアンペア までごとに 104 円 24 銭 208 円 48 銭 208 円 48 銭

40 e そ の 他 (a) 当 社 は, 必 要 に 応 じて 電 流 制 限 器 を 取 り 付 けます (b) 特 別 の 事 情 がある 場 合 は, 契 約 者 と 当 社 との 協 議 によって,(ロ) a(c),(ハ)aまたは(ニ)aにかかわらず, 電 灯 標 準 接 続 送 電 サービ ス, 電 灯 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスまたは 電 灯 従 量 接 続 送 電 サー ビス( 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 接 続 供 給 の 場 合 に 限 り ます )を 適 用 することがあります (ロ) 電 灯 標 準 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 契 約 者 が 電 灯 または 小 型 機 器 を 使 用 する 需 要 者 に 供 給 する 場 合 で, 次 のいずれにも 該 当 するときに 適 用 いたします (a) (2)イ(イ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 は 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 原 則 として50キロワット 未 満 であり,(2) イ(ロ)bにより 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 を 定 める 場 合 は 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 が 原 則 として50キロボルトアンペア 未 満 であ ること (b) 1 需 要 場 所 において, 動 力 標 準 接 続 送 電 サービス, 動 力 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスまたは 動 力 従 量 接 続 送 電 サービスとあわせて 契 約 する 場 合 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 の 合 計 または 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 と 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 もしくは 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 との 合 計 (この 場 合,10アンペアおよび 1 キ ロボルトアンペアを 1 キロワットとみなします )が 原 則 として 50キロワット 未 満 であること (c) 電 灯 定 額 接 続 送 電 サービスを 適 用 できないこと ただし, 契 約 者 が 希 望 され,かつ, 電 気 の 使 用 状 態, 当 社 の 供 給 設 備 の 状 況 等 から 当 社 が 技 術 上 または 経 済 上 低 圧 での 電 気 の 供 給 が 適 当 と 認 めた 場 合 は,(a)および(c)に 該 当 し,かつ,(b)の 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 の 合 計 または 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 と 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 もしくは 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量

41 との 合 計 (この 場 合,10アンペアおよび 1 キロボルトアンペアを 1 キロワットとみなします )が50キロワット 以 上 であるものに ついても 適 用 することがあります この 場 合, 当 社 は, 需 要 者 の 土 地 または 建 物 に 変 圧 器 等 の 供 給 設 備 を 施 設 することがあります b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボル トもしくは200ボルトまたは 交 流 単 相 3 線 式 標 準 電 圧 100ボルトおよ び200ボルトといたします ただし, 技 術 上 やむをえない 場 合 には, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 200ボルトとすることがあります c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 基 本 料 金 および 電 力 量 料 金 の 合 計 とい たします (a) 基 本 料 金 基 本 料 金 は, 1 月 につき 次 のとおりといたします ただし,ま ったく 電 気 を 使 用 しない 場 合 の 基 本 料 金 は, 半 額 といたします ⅰ (2)イ(イ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 210 円 60 銭 ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が0.5キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 1 キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 の 半 額 といたします ⅱ (2)イ(ロ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 または 接 続 送 電 サ ービス 契 約 容 量 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 1 キロボルトアンペアにつき 140 円 40 銭 ただし,(2)イ(ロ)aにより 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 を 定 め る 場 合 は, 基 本 料 金 の 算 定 上,10アンペアを 1 キロボルトアン ペアとみなします また, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 が 5 アン ペアまたは15アンペアの 場 合 の 基 本 料 金 は, 次 のとおりといた します

42 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 5 アンペア 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 15アンペア 70 円 20 銭 210 円 60 銭 (b) 電 力 量 料 金 電 力 量 料 金 は,その 1 月 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたし ます 1 キロワット 時 につき 7 円 31 銭 (ハ) 電 灯 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 (ロ)aの 適 用 範 囲 に 該 当 し, 契 約 者 が 希 望 される 場 合 に 適 用 いたし ます b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボル トもしくは200ボルトまたは 交 流 単 相 3 線 式 標 準 電 圧 100ボルトおよ び200ボルトといたします ただし, 技 術 上 やむをえない 場 合 には, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 200ボルトとすることがあります c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 基 本 料 金 および 電 力 量 料 金 の 合 計 とい たします (a) 基 本 料 金 基 本 料 金 は, 1 月 につき 次 のとおりといたします ただし,ま ったく 電 気 を 使 用 しない 場 合 の 基 本 料 金 は, 半 額 といたします ⅰ (2)イ(イ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 210 円 60 銭 ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が0.5キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 1 キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 の 半 額 といたします ⅱ (2)イ(ロ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 または 接 続 送 電 サ

43 ービス 契 約 容 量 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 1 キロボルトアンペアにつき 140 円 40 銭 ただし,(2)イ(ロ)aにより 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 を 定 め る 場 合 は, 基 本 料 金 の 算 定 上,10アンペアを 1 キロボルトアン ペアとみなします また, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 が 5 アン ペアまたは15アンペアの 場 合 の 基 本 料 金 は, 次 のとおりといた します 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 5 アンペア 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 15アンペア 70 円 20 銭 210 円 60 銭 (b) 電 力 量 料 金 電 力 量 料 金 は,その 1 月 の 時 間 帯 別 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたします ⅰ 昼 間 時 間 1 キロワット 時 につき 8 円 05 銭 ⅱ 夜 間 時 間 1 キロワット 時 につき 6 円 43 銭 (ニ) 電 灯 従 量 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 (ロ)aの 適 用 範 囲 に 該 当 し, 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 接 続 供 給 の 場 合 で, 契 約 者 が 希 望 されるときに 適 用 いたします b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボル トもしくは200ボルトまたは 交 流 単 相 3 線 式 標 準 電 圧 100ボルトおよ び200ボルトといたします ただし, 技 術 上 やむをえない 場 合 には, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 200ボルトとすることがあります c 接 続 送 電 サービス 料 金

44 接 続 送 電 サービス 料 金 は,その 1 月 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたします 1 キロワット 時 につき 10 円 77 銭 (ホ) 動 力 標 準 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 契 約 者 が 動 力 を 使 用 する 需 要 者 に 供 給 する 場 合 で, 次 のいずれに も 該 当 するときに 適 用 いたします (a) 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 原 則 として50キロワット 未 満 であ ること (b) 1 需 要 場 所 において, 電 灯 標 準 接 続 送 電 サービス, 電 灯 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービスまたは 電 灯 従 量 接 続 送 電 サービスとあわせて 契 約 する 場 合 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 の 合 計 または 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 と 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 もしくは 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 との 合 計 (この 場 合,10アンペアおよび 1 キ ロボルトアンペアを 1 キロワットとみなします )が 原 則 として 50キロワット 未 満 であること ただし, 契 約 者 が 希 望 され,かつ, 電 気 の 使 用 状 態, 当 社 の 供 給 設 備 の 状 況 等 から 当 社 が 技 術 上 または 経 済 上 低 圧 での 電 気 の 供 給 が 適 当 と 認 めた 場 合 は,(a)に 該 当 し,かつ,(b)の 接 続 送 電 サ ービス 契 約 電 力 の 合 計 または 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 と 接 続 送 電 サービス 契 約 電 流 もしくは 接 続 送 電 サービス 契 約 容 量 との 合 計 (この 場 合,10アンペアおよび 1 キロボルトアンペアを 1 キロワ ットとみなします )が50キロワット 以 上 であるものについても 適 用 することがあります この 場 合, 当 社 は, 需 要 者 の 土 地 また は 建 物 に 変 圧 器 等 の 供 給 設 備 を 施 設 することがあります b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 200ボル トといたします ただし, 技 術 上 やむをえない 場 合 には, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボルトもしくは200ボルトまたは 交 流 単 相 3 線 式

45 標 準 電 圧 100ボルトおよび200ボルトとすることがあります c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 基 本 料 金 および 電 力 量 料 金 の 合 計 とい たします (a) 基 本 料 金 基 本 料 金 は, 1 月 につき 次 のとおりといたします ただし,ま ったく 電 気 を 使 用 しない 場 合 の 基 本 料 金 は, 半 額 といたします ⅰ (2)イ(イ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 691 円 20 銭 ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が0.5キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 1 キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 の 半 額 といたします ⅱ (2)イ(ハ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 437 円 40 銭 ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が0.5キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 1 キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 の 半 額 といたします (b) 電 力 量 料 金 電 力 量 料 金 は,その 1 月 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたし ます 1 キロワット 時 につき 5 円 08 銭 (c) そ の 他 接 続 供 給 電 力 量 が 僅 少 であるため 計 量 できないことが 見 込 まれ る 場 合 等 特 別 の 事 情 がある 場 合 で, 当 社 が 適 当 と 認 めるときは, 基 本 料 金 のみといたします d そ の 他 変 圧 器, 発 電 設 備 等 を 介 して, 電 灯 または 小 型 機 器 を 使 用 するこ とはできません

46 (ヘ) 動 力 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 (ホ)aの 適 用 範 囲 に 該 当 し, 契 約 者 が 希 望 される 場 合 に 適 用 いたし ます b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 200ボル トといたします ただし, 技 術 上 やむをえない 場 合 には, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボルトもしくは200ボルトまたは 交 流 単 相 3 線 式 標 準 電 圧 100ボルトおよび200ボルトとすることがあります c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 基 本 料 金 および 電 力 量 料 金 の 合 計 とい たします (a) 基 本 料 金 基 本 料 金 は, 1 月 につき 次 のとおりといたします ただし,ま ったく 電 気 を 使 用 しない 場 合 の 基 本 料 金 は, 半 額 といたします ⅰ (2)イ(イ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 691 円 20 銭 ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が0.5キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 1 キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 の 半 額 といたします ⅱ (2)イ(ハ)により 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 場 合 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 437 円 40 銭 ただし, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が0.5キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 は, 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 1 キロワットの 場 合 の 基 本 料 金 の 半 額 といたします (b) 電 力 量 料 金 電 力 量 料 金 は,その 1 月 の 時 間 帯 別 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたします

47 ⅰ 昼 間 時 間 1 キロワット 時 につき 5 円 58 銭 ⅱ 夜 間 時 間 1 キロワット 時 につき 4 円 48 銭 (c) そ の 他 接 続 供 給 電 力 量 が 僅 少 であるため 計 量 できないことが 見 込 まれ る 場 合 等 特 別 の 事 情 がある 場 合 で, 当 社 が 適 当 と 認 めるときは, 基 本 料 金 のみといたします d そ の 他 変 圧 器, 発 電 設 備 等 を 介 して, 電 灯 または 小 型 機 器 を 使 用 するこ とはできません (ト) 動 力 従 量 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 (ホ)aの 適 用 範 囲 に 該 当 し, 自 己 等 への 電 気 の 供 給 の 用 に 供 する 接 続 供 給 の 場 合 で, 契 約 者 が 希 望 されるときに 適 用 いたします b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 200ボル トといたします ただし, 技 術 上 やむをえない 場 合 には, 交 流 単 相 2 線 式 標 準 電 圧 100ボルトもしくは200ボルトまたは 交 流 単 相 3 線 式 標 準 電 圧 100ボルトおよび200ボルトとすることがあります c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は,その 1 月 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたします 1 キロワット 時 につき 16 円 41 銭 d そ の 他 変 圧 器, 発 電 設 備 等 を 介 して, 電 灯 または 小 型 機 器 を 使 用 するこ とはできません ロ 高 圧 で 供 給 する 場 合

48 (イ) 高 圧 標 準 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 が 原 則 として50キロワット 以 上 であり, かつ,2,000キロワット 未 満 である 場 合 に 適 用 いたします ただし, 特 別 の 事 情 がある 場 合 で, 契 約 者 の 希 望 があるときは, 接 続 送 電 サ ービス 契 約 電 力 が50キロワット 未 満 である 場 合 についても 適 用 する ことがあります b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 6,000 ボルトといたします c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 基 本 料 金 および 電 力 量 料 金 の 合 計 とい たします ただし, 基 本 料 金 は,ニによって 力 率 割 引 または 割 増 し をする 場 合 は, 力 率 割 引 または 割 増 しをしたものといたします (a) 基 本 料 金 基 本 料 金 は, 1 月 につき 次 のとおりといたします ただし,ま ったく 電 気 を 使 用 しない 場 合 ( 予 備 送 電 サービスによって 電 気 を 使 用 した 場 合 を 除 きます )の 基 本 料 金 は, 半 額 といたします また,(2)ニによって 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 供 給 地 点 において 電 気 を 使 用 された 場 合 で, 需 要 者 の 発 電 設 備 の 検 査, 補 修 または 事 故 ( 停 電 による 停 止 等 を 含 みます )により 生 じた 不 足 電 力 の 補 給 にあてるための 電 気 をまったく 使 用 しないときは, 当 該 供 給 分 に 相 当 する 基 本 料 金 は, 半 額 といたします なお,その 1 月 に 前 月 から 継 続 して 需 要 者 の 発 電 設 備 の 検 査, 補 修 または 事 故 ( 停 電 による 停 止 等 を 含 みます )により 生 じた 不 足 電 力 の 補 給 にあてるための 電 気 の 供 給 を 受 けた 期 間 がある 場 合 で,その 期 間 が 前 月 の 当 該 電 気 の 供 給 を 受 けなかった 期 間 を 上 回 らないときは,その 期 間 における 当 該 電 気 の 供 給 は, 前 月 にお けるものとみなします

49 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 1 キロワットにつき 545 円 40 銭 (b) 電 力 量 料 金 電 力 量 料 金 は,その 1 月 の 接 続 供 給 電 力 量 によって 算 定 いたし ます 1 キロワット 時 につき 2 円 30 銭 (ロ) 高 圧 時 間 帯 別 接 続 送 電 サービス a 適 用 範 囲 (イ)aの 適 用 範 囲 に 該 当 し, 契 約 者 が 希 望 される 場 合 に 適 用 いたし ます b 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 供 給 電 気 方 式 および 供 給 電 圧 は, 交 流 3 相 3 線 式 標 準 電 圧 6,000 ボルトといたします c 接 続 送 電 サービス 料 金 接 続 送 電 サービス 料 金 は, 基 本 料 金 および 電 力 量 料 金 の 合 計 とい たします ただし, 基 本 料 金 は,ニによって 力 率 割 引 または 割 増 し をする 場 合 は, 力 率 割 引 または 割 増 しをしたものといたします (a) 基 本 料 金 基 本 料 金 は, 1 月 につき 次 のとおりといたします ただし,ま ったく 電 気 を 使 用 しない 場 合 ( 予 備 送 電 サービスによって 電 気 を 使 用 した 場 合 を 除 きます )の 基 本 料 金 は, 半 額 といたします また,(2)ニによって 接 続 送 電 サービス 契 約 電 力 を 定 める 供 給 地 点 において 電 気 を 使 用 された 場 合 で, 需 要 者 の 発 電 設 備 の 検 査, 補 修 または 事 故 ( 停 電 による 停 止 等 を 含 みます )により 生 じた 不 足 電 力 の 補 給 にあてるための 電 気 をまったく 使 用 しないときは, 当 該 供 給 分 に 相 当 する 基 本 料 金 は, 半 額 といたします なお,その 1 月 に 前 月 から 継 続 して 需 要 者 の 発 電 設 備 の 検 査, 補 修 または 事 故 ( 停 電 による 停 止 等 を 含 みます )により 生 じた 不 足 電 力 の 補 給 にあてるための 電 気 の 供 給 を 受 けた 期 間 がある 場

の 場 合, 無 償 こう 長 は,(1)の 無 償 こう 長 にお 客 さまの 数 を 乗 じてえた 値 といたします ロ 2 以 上 のお 客 さまから 同 時 に 申 込 みがあった 場 合 の 工 事 費 負 担 金 は, お 客 さまごとに 算 定 いたします この 場 合,それぞれのお

の 場 合, 無 償 こう 長 は,(1)の 無 償 こう 長 にお 客 さまの 数 を 乗 じてえた 値 といたします ロ 2 以 上 のお 客 さまから 同 時 に 申 込 みがあった 場 合 の 工 事 費 負 担 金 は, お 客 さまごとに 算 定 いたします この 場 合,それぞれのお Ⅷ 工 事 費 の 負 担 59 一 般 供 給 設 備 の 工 事 費 負 担 金 (1) お 客 さまが 新 たに 電 気 を 使 用 し, または 契 約 電 力 等 を 増 加 される 場 合 ( 新 たに 電 気 を 使 用 される 場 合 で, 当 該 電 気 を 使 用 される 前 から 引 き 続 き 当 社 の 供 給 設 備 を 利 用 され,かつ, 下 位 の 供 給 電 圧

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

利用規約(プラットフォーム経由型)

利用規約(プラットフォーム経由型) NHKオンデマンド 利 用 規 約 in U-NEXT 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 株 式 会 社 U-NEXT( 以 下 動 画 配 信 サービス 事 業 者 といいます )が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 する NHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

(3) お 客 様 からこの 財 形 リツノーの 全 額 払 戻, 口 座 解 約 の 申 出 を 受 けたときは, 保 護 預 り 口 座 から 財 形 リツノーをすべて 払 出 し, 後 記 (4)の 手 続 をします (4) 保 護 預 り 口 座 から 払 出 された 財 形 リツノーを 当

(3) お 客 様 からこの 財 形 リツノーの 全 額 払 戻, 口 座 解 約 の 申 出 を 受 けたときは, 保 護 預 り 口 座 から 財 形 リツノーをすべて 払 出 し, 後 記 (4)の 手 続 をします (4) 保 護 預 り 口 座 から 払 出 された 財 形 リツノーを 当 財 形 貯 蓄 約 款 集 ( 財 形 貯 蓄 約 款 財 形 住 宅 貯 蓄 約 款 財 形 年 金 貯 蓄 約 款 ) 財 形 貯 蓄 約 款 この 約 款 は, 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 という ) 第 6 条 第 1 項 に 基 づく 財 形 貯 蓄 についての 当 金 庫 の 取 扱 いを 定 めたものです 当 金 庫 では,お 客 様 に 財 形 貯

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中 証 券 総 合 口 座 取 引 約 款 むさし 証 券 株 式 会 社 第 1 章 証 券 総 合 口 座 取 引 1. 約 款 の 趣 旨 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 りの 取 引 および 累 積 投 資 取 引 ( 後 記 2(3)の 各 自 動 けいぞ く 投 資 の 総 称 をいいます )のほか 自 動 スイープ 取 引 などを 組 合 せた 取 引 ( 以 下 証 券

More information

<4D F736F F D208AC48DB CF88F589EF90DD927589EF8ED082D682CC88DA8D738B7982D192E88ABC82CC88EA959495CF8D5882C98AD682B782E982A8926D82E782B D31302D33816A>

<4D F736F F D208AC48DB CF88F589EF90DD927589EF8ED082D682CC88DA8D738B7982D192E88ABC82CC88EA959495CF8D5882C98AD682B782E982A8926D82E782B D31302D33816A> 各 位 平 成 28 年 10 月 3 日 会 社 名 ケイティケイ 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 土 岐 勝 司 (コード:3035 東 証 JASDAQ スタンダード) 問 合 せ 先 取 締 役 管 理 本 部 長 赤 羽 聡 (TEL 052-931-1881) 監 査 等 委 員 会 設 置 会 社 への 移 行 及 び 定 款 一 部 変 更 に 関 するお

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

ファイル共有サービス利用規約

ファイル共有サービス利用規約 平 成 28 年 3 月 22 日 東 北 インテリジェント 通 信 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 利 用 規 約 の 適 用... 1 第 2 条 利 用 規 約 の 変 更... 1 第 3 条 用 語 の 定 義... 1 第 2 章 サービスの 種 別 等... 3 第 4 条 種 別 等... 3 第 3 章 サービスの 提 供 区 間... 4 第 5

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日 しみず 定 期 預 金 規 定 集 お 客 さ ま へ 毎 度 格 別 のお 引 き 立 てにあずかりまして まことにありがとうございます お 預 け 入 れいただきましたご 預 金 は この 規 定 集 の 該 当 ご 預 金 の 各 条 文 によりお 取 扱 いたしますので ご 一 読 いただきますようお 願 い 申 しあげます 目 次 共 通 規 定 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M

More information

NHKが 本 サービスのために 運 営 するポータルサイト (9)プラットフォーム 機 能 ハードウェア ソフトウェアおよび 人 によるオペレーションによって 実 現 される 動 画 管 理 動 画 配 信 メタデータ 管 理 顧 客 管 理 課 金 管 理 等 を 一 括 する 動 画 配 信 サ

NHKが 本 サービスのために 運 営 するポータルサイト (9)プラットフォーム 機 能 ハードウェア ソフトウェアおよび 人 によるオペレーションによって 実 現 される 動 画 管 理 動 画 配 信 メタデータ 管 理 顧 客 管 理 課 金 管 理 等 を 一 括 する 動 画 配 信 サ NHKオンデマンド 利 用 規 約 (プラットフォーム 経 由 型 ) 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 動 画 配 信 サービス 事 業 者 が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 するNHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 規

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 相 続 税 贈 与 税 の 見 直 し 583 Ⅰ 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 583 Ⅱ 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 の 特 例 及 び 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任 JNB-FX PLUS( 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ) 約 款 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 約 款 は ジャパンネット 銀 行 ( 以 下 当 社 といいます)の 提 供 する JNB-FX PLUS( 一 般 タイ プ) および JNB-FX PLUS( 初 級 タイプ) と 称 するサービス( 以 下 両 サービスを 総 称 して 本 サ ービス とし 個 別 に

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information