研究報告20年度(ai配置).indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "研究報告20年度(ai配置).indd"

Transcription

1 経 常 研 究 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 研 究 開 発 科 山 口 典 男 高 松 宏 行 九 州 大 学 栃 原 裕 要 約 遠 赤 外 線 放 射 率 が 高 い 材 料 の 開 発 および 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 解 明 を 目 的 に セメント と 釉 薬 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 の 評 価 および 低 温 域 で 放 射 される 遠 赤 外 線 の 生 理 学 的 作 用 の 評 価 を 行 なった 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 の 評 価 では セメントは 種 類 によらず 約 93%という 高 い 積 分 放 射 率 を 示 し 波 長 依 存 性 は 確 認 されなかった また 釉 薬 の 評 価 では 長 石 が 析 出 し 光 沢 度 の 低 い 石 灰 釉 において 放 射 率 が 高 く 白 色 の 釉 薬 として 初 めて90% 以 上 の 積 分 放 射 率 を 示 した さらに この 白 色 釉 薬 は 金 属 酸 化 物 により 着 色 しても 著 しい 放 射 率 の 低 下 は 認 められなかった 一 方 生 体 への 生 理 学 的 評 価 では 遠 赤 外 線 放 射 量 の 少 ない 低 温 域 での 遠 赤 外 線 が 生 体 に 及 ぼす 作 用 は 全 身 ではなく 照 射 部 の 局 所 的 なものであることが 明 らかとなった キーワード: 遠 赤 外 線 積 分 放 射 率 波 長 依 存 性 釉 薬 生 理 学 的 作 用 1.はじめに 遠 赤 外 線 は 輻 射 により 中 間 の 空 気 層 を 温 めること なく 対 象 物 を 直 接 加 熱 するため エネルギー 効 率 に 優 1) れるといった 特 徴 があり 塗 膜 の 乾 燥 やスポット 暖 房 として 利 用 され 発 展 してきた 技 術 である これまで に 遠 赤 外 線 を 利 用 した 商 品 のブームが 何 度 かあり 数 多 くの 研 究 がなされてきた 2 7) 近 年 岩 盤 浴 を 中 心 とした 健 康 癒 しグッズなどの 遠 赤 外 線 商 品 などが 数 多 く 見 られるようになり 再 びブームとなっている こ のような 中 で 遠 赤 外 線 高 放 射 材 料 の 材 質 や 放 射 メカ ニズム また 生 体 に 対 する 遠 赤 外 線 の 生 理 学 的 作 用 などについて 不 明 な 点 が 多 く 残 されている 筆 者 らは これまでの 基 礎 的 実 験 でセメント 材 料 が 高 い 積 分 放 射 率 を 示 すことを 確 認 している そこで セメント 硬 化 体 を 対 象 として 遠 赤 外 線 の 放 射 率 に 影 響 する 化 学 組 成 について 検 討 した さらに 得 られた 知 見 を 基 に 釉 薬 への 応 用 について 検 討 した また 放 射 材 料 が50 の 低 温 領 域 で 遠 赤 外 線 が 生 体 に 及 ぼ す 生 理 学 的 作 用 について 検 討 した 2. 実 験 方 法 2. 1 セメント 硬 化 体 の 遠 赤 外 線 放 射 率 評 価 セメントの 種 類 が 遠 赤 外 線 放 射 率 に 及 ぼす 影 響 を 検 討 するために 普 通 ポルトランドセメント( 普 通 PC) 早 強 ポルトランドセメント( 早 強 PC) 白 色 セメント ア ルミナセメントの 各 硬 化 体 を 作 製 した 混 練 水 はセメ ント 粉 末 の50mass%とし 室 温 で1 日 養 生 した 硬 化 体 は 一 辺 が 約 45mm 厚 さが 約 4mmになるように 両 面 を#220のダイヤモンドパッドで 平 面 研 磨 した 加 工 したサンプルをアセトンに 約 1 日 浸 漬 し 水 和 を 停 止 し80 で 乾 燥 した 後 遠 赤 外 線 放 射 率 の 測 定 に 供 し た また ケイ 酸 分 (SiO2)の 影 響 を 検 討 するために 普 通 PCにシリカ(SiO2)を0 60mass% 添 加 し 硬 化 体 を 作 製 した また このときの 混 練 水 量 は 粉 末 (セ メント シリカ)に 対 し50mass%とした 遠 赤 外 線 放 射 率 ( 以 下 放 射 率 )は 日 本 電 子 製 JIR-E500( 図 1)を 用 い ヒーター 温 度 50 波 長 範 囲 μmで 測 定 した サンプル 温 度 は サンプ ル 表 面 にK 型 熱 電 対 を 取 り 付 け 測 定 した 測 定 はサン プルを 加 熱 ステージに 固 定 した 後 熱 的 平 衡 を 得 るた めに1h 以 上 経 過 してから 測 定 を 行 なった 40.4 およ び161.3 の2つの 黒 体 炉 を 測 定 し 2 点 温 度 標 準 検 量 法 により 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 ( 以 下 放 射 率 曲 線 ) を 得 た また 遠 赤 外 線 積 分 放 射 率 ( 以 下 積 分 放 射 率 ) は 波 長 範 囲 μmにて 算 出 した 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 1

2 表 2 添 加 した 金 属 酸 化 物 図 1 遠 赤 外 線 放 射 率 測 定 装 置 ( 日 本 電 子 製 JIR-E500) 表 1 石 灰 釉 およびリン 含 有 釉 の 調 合 組 成 (ゼーゲル 式 ) 図 2 遠 赤 外 線 が 生 体 に 及 ぼす 生 理 学 的 作 用 の 評 価 手 順 射 率 測 定 に 使 用 した 遠 赤 外 線 放 射 率 測 定 は ヒーター 温 度 100 とし その 他 の 条 件 は 2.1と 同 じとした 2. 2 釉 薬 の 調 製 および 遠 赤 外 線 放 射 率 評 価 釉 薬 中 のケイ 酸 成 分 量 の 影 響 を 検 討 するために ケ イ 酸 成 分 の 異 なる 石 灰 釉 と リン 酸 (P2O5) を 含 むリン 含 有 釉 を 調 製 した 調 製 した 各 釉 薬 の 成 分 組 成 を 表 1に 示 す 石 灰 釉 は 多 以 良 長 石 益 田 長 石 朝 鮮 カオリン 石 灰 石 珪 石 を 原 料 とした また リン 含 有 釉 は 下 水 ス ラグの 組 成 を 参 考 とし 石 灰 釉 で 使 用 した 原 料 に 炭 酸 マグネシウムおよび 骨 灰 を 用 いた さらに 放 射 率 が 良 好 であった 石 灰 釉 Dの 試 料 において 組 成 を 変 化 させ 最 適 な 組 成 についても 検 討 した 調 製 した 釉 薬 を 約 50mm 角 の 素 焼 き 陶 板 に 施 釉 し SK10 で 還 元 焼 成 し た 裏 面 を 研 磨 し 平 滑 化 したサンプルを 遠 赤 外 線 放 射 率 測 定 に 使 用 した 遠 赤 外 線 放 射 率 測 定 は ヒーター 温 度 100 とし その 他 の 条 件 は 2.1と 同 じとした 2. 3 金 属 酸 化 物 を 添 加 した 石 灰 釉 の 調 製 着 色 するために 添 加 する 金 属 酸 化 物 が 放 射 率 に 及 ぼ す 影 響 を 検 討 するために 表 2に 示 す 金 属 酸 化 物 を 石 灰 釉 の 乾 粉 に 対 して 外 割 で 1mass%および 5mass% 添 加 し 乳 鉢 にて 粉 砕 し 調 製 した 調 製 した 釉 薬 を 約 50mm 角 の 素 焼 き 陶 板 に 施 釉 し SK10 により 還 元 焼 成 した 裏 面 を 研 磨 し 平 滑 化 したサンプルを 遠 赤 外 線 放 2. 4 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 評 価 遠 赤 外 線 ヒートパネルの 使 用 が 座 位 安 静 時 における 生 理 応 答 に 及 ぼす 影 響 を 検 討 するために 成 人 男 性 6 名 ( 年 齢 22±1yrs)を 被 験 者 とし 図 2に 示 す 実 験 を 行 なった 具 体 的 には 実 験 室 入 室 前 に 体 重 測 定 皮 膚 セ ンサー 等 の 貼 付 けを 行 った 室 温 を 31 50%RH に 制 御 した 実 験 室 に 入 室 後 10 分 間 で 局 所 発 汗 量 測 定 用 の プローブおよび 皮 膚 血 流 量 センサーを 貼 り 付 けた 入 室 10 分 後 から 測 定 を 開 始 し 10 分 間 座 位 安 静 にした 後 ヒートパネル 前 に 移 動 し 60 分 間 座 位 安 静 にした この とき 直 腸 温 皮 膚 温 (12 箇 所 ) 全 身 発 汗 量 ( 体 重 変 化 ) 局 所 発 汗 量 (3 箇 所 ) 皮 膚 血 流 量 (3 箇 所 ) 血 圧 心 拍 数 を 測 定 した また 全 身 温 冷 感 局 所 温 冷 感 温 熱 的 快 適 感 発 汗 感 について 主 観 申 告 を 行 なった ヒー トパネル 条 件 は 高 放 射 低 放 射 コントロールの3 条 件 とし 各 被 験 者 が 3 条 件 を 異 なる 実 験 日 の 同 一 時 刻 に 行 な っ た 全 条 件 に お い て 被 験 者 の 背 中 か らヒート パ ネ ルまでの 距 離 を 30cm とした( 図 3) なお ヒートパネ ル 表 面 の 材 質 がセメントからなるものを 高 放 射 条 件 とし て その 上 にアルミニウムテープを 貼 り 付 けたものを 低 放 射 条 件 として 使 用 した コントロールは 加 熱 していな い セ メントパ ネ ル とし た ま た 表 3に ヒート 2 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究

3 表 4 各 種 セメントの 化 学 組 成 図 3 生 理 学 的 作 用 の 評 価 におけるヒートパネル と 被 験 者 の 配 置 表 3 各 照 射 条 件 におけるヒートパネルの 表 面 温 度 と 遠 赤 外 線 放 射 量 図 4 各 種 セメント 硬 化 体 の 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 トパネルの 表 面 温 度 およびヒートパネルから30cm の 距 離 における 放 射 量 を 示 す 3. 結 果 及 び 考 察 3. 1 各 種 セメントの 遠 赤 外 線 放 射 特 性 各 種 セメントの 化 学 組 成 を 蛍 光 X 線 分 析 のファンダメ ンタルパラメータ(FP) 法 により 求 めた 結 果 を 表 4に 示 す 普 通 PCは 一 般 的 なセメントであり 早 強 PCは 普 通 PCとほぼ 同 じ 化 学 組 成 であるが 構 成 鉱 物 割 合 が 異 なる 白 色 セメントは セメント 特 有 の 灰 色 を 呈 す る 要 因 である 酸 化 鉄 (Fe2O3)が 少 なくなっている アル ミナセメントは アルミナ (Al 2O3) が 他 のセメントよりも かなり 多 く シリカ (SiO2) カルシア(CaO) が 少 なくなっ ている 各 種 セメント 硬 化 体 の 放 射 率 曲 線 を 図 4に 示 す 化 学 組 成 は 上 述 のように 異 なるが 放 射 率 曲 線 はどのセ メントにおいても 同 じような 傾 向 を 示 し 波 長 による 放 射 率 の 著 しい 増 減 ( 波 長 依 存 性 )はほとんど 示 さな いことが 明 らかとなった また 積 分 放 射 率 はセメン トの 種 類 によらず 約 93%であり 有 意 な 差 は 見 られな 図 5 一 般 的 な 石 灰 釉 を 施 した 磁 器 の 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 かった このことより セメント 硬 化 体 は 遠 赤 外 線 の 高 放 射 素 材 であることが 明 らかとなった 3. 2 シリカを 添 加 したセメント 硬 化 体 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 ケイ 酸 成 分 (SiO2)を 有 する 材 料 は 一 般 的 に 波 長 域 約 8 10μmにおいて ケイ 素 と 酸 素 間 (Si-O)の 結 合 に 由 来 する 放 射 率 の 低 減 領 域 が 見 られる 図 5に 放 射 率 の 低 減 が 特 徴 的 な 石 灰 釉 を 施 した 磁 器 の 放 射 率 曲 線 を 示 す 波 長 が 9μm では 放 射 率 が 70% 以 下 となっ ていることが 分 かる しかしながら 図 4からも 分 か るように ケイ 酸 成 分 を 含 む 各 種 セメント 硬 化 体 では 8 10μmにおける 放 射 率 の 低 下 は 見 られない そこで 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 3

4 図 6 石 英 を 混 合 した 普 通 ポルトランドセメント 硬 化 体 の 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 図 8 ケイ 酸 量 の 異 なる 石 灰 釉 の 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 図 7 ケイ 酸 量 の 異 なる 石 灰 釉 を 施 した テストピース 普 通 ポルトランドセメントに 石 英 (SiO2) を 添 加 した 硬 化 体 の 放 射 率 を 測 定 した 放 射 率 曲 線 を 図 6に 示 す 添 加 量 が 増 加 するにつれて Si-O に 由 来 する 放 射 率 の 低 下 が 確 認 された 以 上 のことから 一 般 的 な 石 灰 釉 ではケイ 酸 成 分 が 約 70mass% 含 まれており 放 射 率 曲 線 に 影 響 を 及 ぼ すが セメントのケイ 酸 成 分 は 約 20mass%であること から 放 射 特 性 への 影 響 が 少 ないことが 推 察 された このことから 石 灰 釉 においてもケイ 酸 成 分 を 少 なくす ることで 放 射 率 を 改 善 することができるとともに 波 長 依 存 性 の 少 ない 材 料 を 開 発 できる 可 能 性 が 示 唆 さ れた 3. 3 釉 薬 中 のケイ 酸 が 遠 赤 外 線 放 射 率 に 及 ぼす 影 響 図 9 石 灰 釉 リン 含 有 釉 の 積 分 放 射 率 ケイ 酸 量 の 異 なる 石 灰 釉 を 施 した 概 観 を 図 7に ま た それらの 放 射 率 曲 線 を 図 8に 示 す ケイ 酸 成 分 の 多 い 釉 薬 は 表 面 に 光 沢 があり ケイ 酸 成 分 が 少 なくな るにつれて 光 沢 は 少 なくなった また 石 灰 釉 Fでは 溶 融 が 十 分 ではなく 表 面 が 荒 れた 状 態 となっていた 放 射 率 曲 線 より ケイ 酸 成 分 の 多 い 釉 薬 において8 10 μmの 放 射 率 の 低 下 がはっきりと 確 認 された しかしな がら ケイ 酸 成 分 の 少 ない 石 灰 釉 Dでは 放 射 率 の 低 下 は 確 認 されず 波 長 依 存 性 が 著 しく 改 善 されている ことが 明 らかとなった μmの 積 分 放 射 率 を 図 9に 示 す 石 灰 釉 Dのみで90%を 越 える 積 分 放 射 率 を 示 していることが 分 かり 積 分 放 射 率 が90%を 越 4 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究

5 図 10 リン 含 有 釉 の 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 図 12 各 種 石 灰 釉 の 薄 膜 X 線 回 折 パターン 様 に 高 い 積 分 放 射 率 を 示 し 最 大 で91.5%であった しかしながら 石 灰 釉 D-1からD-3は 釉 薬 の 溶 融 状 態 があまりよくなく 若 干 ざらざらとした 質 感 であり 岩 盤 浴 などの 陶 板 としては 好 ましくないと 思 われるもの となった また 一 辺 約 45mm 厚 さ 約 4mmのサン プルは 焼 成 後 素 地 の 方 に 大 きく 反 った 状 態 になり 釉 薬 の 熱 膨 張 が 非 常 に 小 さいことが 推 察 され 釉 薬 と しては 適 切 ではないことが 分 かった このことから 釉 薬 Dの 組 成 が 適 切 であると 判 断 された 図 11 石 灰 釉 Dシリーズの 遠 赤 外 線 放 射 率 曲 線 える 石 灰 釉 を 初 めて 作 製 できた 一 方 リン 酸 により ケイ 酸 成 分 を 減 じたリン 含 有 釉 の 放 射 率 曲 線 を 図 10に 示 す ケイ 酸 成 分 が30 40% 台 と 極 端 に 少 ないにもかかわらず 8 10μmでの 放 射 率 の 低 下 抑 制 には 効 果 がほとんど 無 いことが 明 らかと なった また 積 分 放 射 率 も86 88%となり 90% 以 上 を 示 さなかった( 図 9) このことから リン 酸 を 用 い ケイ 酸 成 分 の 量 を 抑 えた 釉 薬 は 放 射 率 の 改 善 策 とし て 適 切 ではないことが 分 かった 積 分 放 射 率 が90%を 越 えた 石 灰 釉 Dのアルミナ 成 分 とシリカ 成 分 を 変 化 させた 釉 薬 の 放 射 率 曲 線 を 図 11に 示 す 石 灰 釉 D-1からD-3においては 石 灰 釉 Dと 同 3. 4 釉 薬 の 放 射 率 に 及 ぼす 因 子 の 検 討 石 灰 釉 において 釉 薬 の 組 成 の 相 違 により 放 射 率 が 著 しく 影 響 された 原 因 を 検 討 するために 薄 膜 X 線 回 折 装 置 を 用 いて 釉 薬 層 の 構 成 鉱 物 を 測 定 した 結 果 を 図 12に 示 す 石 灰 釉 A B C Eにおいて 主 相 はガ ラス 相 であり 結 晶 相 の 析 出 はわずか または ほと んどないことが 分 かった これに 対 し 高 い 積 分 放 射 率 を 示 した 石 灰 釉 Dでは ガラス 相 の 存 在 を 示 すハロー は 確 認 されず 長 石 の 結 晶 が 生 成 していることが 明 らか となった また 石 灰 釉 Fは 擬 珪 灰 石 が 析 出 していた このことから 長 石 が 析 出 し ガラス 相 がほとんどない 釉 薬 において 放 射 率 が 高 くなることが 分 かった また ケイ 酸 成 分 を 少 なくすることで 放 射 率 の 改 善 に 繋 がる と 期 待 し 上 述 のように 各 種 釉 薬 の 試 作 を 行 なった ケイ 酸 成 分 量 と 積 分 放 射 率 の 関 係 を 図 13 示 す この 図 より ケイ 酸 成 分 の 量 が 少 なくても 積 分 放 射 率 の 著 し い 改 善 にはなっておらず ケイ 酸 成 分 量 が 約 50% 付 近 で 高 い 放 射 率 を 示 していることが 分 かった 高 い 積 分 放 射 率 を 示 すサンプルに 共 通 する 点 は 表 面 の 光 沢 が 比 較 的 少 ないことである そこで 各 サンプルの 光 沢 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 5

6 図 15 金 属 酸 化 物 を 添 加 した 石 灰 釉 Dの テストピース 図 13 ケイ 酸 量 と 積 分 放 射 率 の 関 係 図 14 光 沢 度 と 積 分 放 射 率 の 関 係 図 16 各 種 金 属 酸 化 物 を 添 加 した 石 灰 釉 Dの 積 分 放 射 率 ( 点 線 は 金 属 酸 化 物 未 添 加 である 石 灰 釉 D) 度 を 測 定 し 積 分 放 射 率 との 関 係 について 検 討 した( 図 14) 光 沢 度 が10% 以 上 のサンプルでは 積 分 放 射 率 が 約 87%であり ほぼ 一 定 であるが 光 沢 度 が10% 以 下 では 積 分 放 射 率 が 高 くなっており 相 関 があるこ とが 分 かった このことから 光 沢 度 を 下 げることで 高 い 積 分 放 射 率 を 得 られる 可 能 性 が 示 唆 された 下 しているものもあったが 金 属 酸 化 物 の 添 加 量 が 1mass%では どの 金 属 酸 化 物 においても 著 しい 低 下 は 見 られないことが 分 かった また 図 15に 示 すよう に1mass%でも 陶 板 への 着 色 が 可 能 であり 石 灰 釉 D をベースとすることで 積 分 放 射 率 を 低 下 させることな く 陶 板 に 着 色 できることが 明 らかとなった 3. 5 金 属 酸 化 物 を 添 加 した 石 灰 釉 の 放 射 率 各 種 金 属 酸 化 物 を 石 灰 釉 Dに 添 加 した 陶 板 の 概 観 と 遠 赤 外 線 積 分 放 射 率 を 図 15 図 16にそれぞれ 示 す 金 属 酸 化 物 を 添 加 していない 基 本 となる 釉 薬 の 積 分 放 射 率 は 89.6%であった( 図 16の 点 線 ) 金 属 酸 化 物 を 5mass% 添 加 したサンプルの 中 には 積 分 放 射 率 が 低 3. 6 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 評 価 背 部 ( 肩 腰 付 近 ) 皮 膚 温 の 変 化 を 図 17に 示 す 背 部 皮 膚 温 は 高 放 射 条 件 で 有 意 に 高 い 値 を 示 し(p<0.05) コ ントロール 条 件 に 比 べて1 2 高 い 値 を 示 した 一 方 直 腸 温 および 平 均 皮 膚 温 の 変 化 に 条 件 間 の 差 は 見 6 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究

7 図 17 背 部 ( 肩 腰 付 近 )の 皮 膚 温 変 化 図 18 各 部 位 ( 前 額 部 背 部 前 腕 部 )の 皮 膚 血 流 量 られなかった このように 遠 赤 外 線 が 直 接 当 たって いる 部 分 のみに 温 める 効 果 が 確 認 された 皮 膚 血 流 量 は 前 額 部 および 前 腕 部 では 条 件 間 の 差 は 見 られなかったが 背 部 では 高 放 射 条 件 で 他 の 条 件 よりも 高 い 傾 向 (p=0.076)を 示 した( 図 18). 局 所 発 汗 量 は 前 額 部, 前 腕 部 および 背 部 において 条 件 間 に 差 は 見 られなかった また 全 身 発 汗 量 心 拍 数 および 血 圧 にも 条 件 間 の 差 は 見 られなかった 温 熱 的 快 適 感 温 冷 感 発 汗 感 は 高 放 射 条 件 で 高 い 傾 向 が 見 られたが 個 人 差 が 大 きく 有 意 差 は 見 られ なかった また 背 部 の 局 所 温 冷 感 は 高 放 射 条 件 で 高 い 傾 向 を 示 したが 有 意 差 は 見 られなかった その 他 の 部 位 の 局 所 温 冷 感 に 条 件 間 の 差 は 見 られなかった このように 深 部 体 温 平 均 皮 膚 温 発 汗 量 全 身 温 冷 感 温 熱 的 快 適 感 などの 全 身 的 な 応 答 に 遠 赤 外 線 の 影 響 は 見 られなかったが 加 熱 部 位 にあたる 背 部 においては 皮 膚 血 流 量 が 高 放 射 条 件 で 他 の 条 件 に 比 べて 高 い 傾 向 を 示 し 個 人 差 が 大 きく 有 意 ではない が 局 所 温 冷 感 も 高 い 傾 向 を 示 した 本 研 究 で 用 いた66 Wm -2 程 度 の 低 い 輻 射 量 の 遠 赤 外 線 は 全 身 的 な 生 理 心 理 反 応 への 影 響 は 及 ぼさないが 加 熱 部 位 での 局 所 的 な 反 応 に 影 響 を 及 ぼすことが 明 ら かになった 4.まとめ 遠 赤 外 線 高 放 射 率 の 条 件 の 解 明 遠 赤 外 線 高 放 射 率 釉 薬 の 開 発 および 遠 赤 外 線 の 生 理 学 的 作 用 について 検 討 し 以 下 の 知 見 を 得 た (1)セメントは 種 類 によらず 90%を 越 える 高 い 積 分 放 射 率 を 示 し 波 長 依 存 性 が 少 ないことが 明 らかとなっ た (2) 長 石 が 析 出 している 釉 薬 で 高 い 積 分 放 射 率 を 示 し 白 色 系 の 釉 薬 でも 積 分 放 射 率 が90%を 越 えた また 一 般 的 な 石 灰 釉 に 比 べ 波 長 依 存 性 が 少 なくなった (3) 釉 薬 において 表 面 の 光 沢 度 が 低 いものほど 高 い 積 分 放 射 率 を 示 す 傾 向 が 見 られた (4) 金 属 酸 化 物 を1mass% 添 加 し 着 色 しても 放 射 率 の 著 しい 低 下 は 確 認 されなかった (5) 遠 赤 外 線 の 放 射 量 が 少 ない 低 温 域 における 遠 赤 外 線 の 生 理 学 的 作 用 は 全 身 的 には 確 認 されず 加 熱 部 位 での 局 所 的 な 反 応 のみであった 文 献 1) 高 嶋 廣 夫 杉 山 豊 彦 セラミックス 23(4) pp (1988). 2) 高 田 紘 一 セラミックス 23(4) pp (1988). 3) 石 黒 智 明 舛 田 純 男 加 藤 一 実 富 山 県 工 業 技 術 センター 研 究 報 告 No.4 pp.14-15(1990). 4) 島 田 忠 加 藤 布 久 倉 知 一 正 岐 阜 県 陶 磁 器 試 験 場 研 究 報 告 pp.12-17(1991). 5) 尾 谷 賢 北 海 道 立 工 業 試 験 場 報 告 No.293 pp (1994). 6) 天 野 和 男 浅 井 徹 山 田 義 和 愛 知 県 産 業 技 術 研 究 所 研 究 報 告 pp (2002). 7) 角 田 世 治 ら 平 成 17 年 度 青 森 県 工 業 総 合 研 究 セ ンター 事 業 報 告 書 pp.70-74(2005). 謝 辞 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 評 価 にお いて ご 協 力 を 賜 りました 九 州 大 学 大 学 院 芸 術 工 学 院 若 林 研 究 員 ならびに 人 間 工 学 教 室 の 方 々に 心 より 御 礼 申 し 上 げます 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 7

DJ618_06_火力発電所_05[029-033].indd

DJ618_06_火力発電所_05[029-033].indd 技 術 紹 介 火 力 発 電 ボイラにおける 高 温 硫 化 腐 食 茂 田 潤 一 * S h i g e t a J u n - i c h i 石 炭 焚 きボイラの 火 炉 水 壁 管 等 の 熱 放 射 領 域 では 燃 焼 ガス 雰 囲 気 中 に 発 生 する 硫 化 水 素 (H2S) 石 炭 中 に 存 在 するパイライト(FeS2) NOx 低 減 のための 還 元 燃 焼 等

More information

Microsoft Word - H24_技研論文130110

Microsoft Word - H24_技研論文130110 平 成 24 年 度 凍 害 および 塩 分 環 境 下 における 埋 設 型 枠 工 法 の 耐 久 性 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 耐 寒 材 料 チーム 嶋 田 久 俊 田 口 史 雄 吉 田 行 塩 分 環 境 下 において 凍 害 を 受 けるコンクリート 構 造 物 への 有 効 な 対 策 として, 種 々の 表 面 被 覆 工 法 が 適 用

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論 文 細 片 化 した 木 材 を 混 合 したコンクリートの 基 礎 的 性 状 *1 *2 *3 新 藤 健 太 平 松 靖 宮 武 敦 要 旨 : 木 材 とセメントを 混 練 する 場 合, 木 材 の 樹 種 や 部 位 によってはセメントの 硬 化 を 阻 害 することが 知 られている 本 研 究 では, 細 片 化 した 木 材 =スギ 心 材 をコンクリート( 本 研 究 ではモルタルに

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.27

コンクリート工学年次論文集 Vol.27 論 文 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 したポーラスコンクリートの 品 質 改 善 吉 田 知 弘 *1 国 枝 稔 *2 小 澤 淳 *3 *4 六 郷 恵 哲 要 旨 : 乾 湿 の 激 しい 環 境 下 での 劣 化 が 懸 念 されているポーラスコンクリートに 対 して, 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 することにより 乾 湿 繰 返 しに 対 する

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.33

コンクリート工学年次論文集 Vol.33 論 文 コンクリートの 表 層 と 内 部 の 湿 度 の 相 違 が 乾 燥 収 縮 と 耐 久 性 に 与 える 影 響 井 ノ 口 公 寛 *1 歌 川 紀 之 *2 *3 伊 代 田 岳 史 要 旨 :トンネルの 覆 工 コンクリートに 発 生 しているひび 割 れの 原 因 はさまざまであると 考 えられるが, 養 生 不 足 や 貫 通 前 後 における 急 激 な 湿 度 低 下 による

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを 組

試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを 組 遠 赤 外 線 アルミ 合 金 併 用 融 雪 システム 融 雪 試 験 報 告 書 平 成 20 年 2 月 試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを

More information

VISAについて

VISAについて 住 宅 建 設 技 術 設 計 書 I. 工 事 全 般 1. 工 事 は 以 下 を 含 む a. 土 壌 掘 下 げ 工 事 は 以 下 を 含 む: 基 礎 浄 化 槽 上 下 水 道 トイレ 排 水 / 家 庭 排 水 b. 基 礎 の 隙 間 に 土 砂 を 戻 し 平 地 化 する 工 事 c. 基 礎 の 敷 石 工 事 d. レンガ 積 み 工 事 e. モルタル 作 業 f. ドア

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

Microsoft Word - ②270717【お知らせ】原因調査報告について(局HP用)

Microsoft Word - ②270717【お知らせ】原因調査報告について(局HP用) 平 成 27 年 7 月 17 日 中 国 四 国 防 衛 局 お 知 らせ 岩 国 飛 行 場 内 で 発 生 した 航 空 機 用 燃 料 の 油 漏 れ 事 案 に 関 する 原 因 調 査 の 報 告 について 平 成 27 年 1 月 20 日 岩 国 飛 行 場 内 において 燃 料 配 管 工 事 に 関 して 配 管 に 燃 料 を 通 す 試 験 中 に 発 生 した 漏 油 事

More information

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63>

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63> 溶 融 亜 鉛 めっき 鉄 筋 とコンクリートの 付 着 性 能 について デンロコーポレーション 今 野 貴 史 那 須 電 機 鉄 工 盛 永 康 文 森 純 一 郎 横 浜 ガルバー 渡 会 竹 志 田 中 剣 治 シーケー 金 属 大 橋 一 善 西 田 雄 治 ガルバ 興 業 菊 川 美 仁 1.はじめに 我 が 国 の 社 会 資 本 は 今 一 斉 に 更 新 時 期 を 迎 えているが

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63>

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63> 資 料 FPR 製 防 食 パネルを 装 着 したプレキャストコクリート 製 品 への 適 用 につ いて 柄 澤 英 明 *1 新 居 隆 *2 要 旨 : 従 来, 新 構 造 物 の 防 食 工 法 として, 現 場 で 防 食 材 を 塗 布 する 工 法 が 用 いられてきた しかし,これらの 工 法 をプレキャストコクリート 製 品 ( 以 下 PCa 製 品 )に 適 用 する 場 合,

More information

に 水 を 加 えて 蒸 しパン 粥 を 調 製 し 嚥 下 困 難 者 用 食 品 としての 利 用 適 性 を 検 討 した その 結 果 自 然 薯 蒸 しパン 製 品 の 比 容 積 ( 容 量 / 重 量 )は 撹 拌 時 間 10 分 まで 上 昇 し 膨 化 は 最 大 となった 自

に 水 を 加 えて 蒸 しパン 粥 を 調 製 し 嚥 下 困 難 者 用 食 品 としての 利 用 適 性 を 検 討 した その 結 果 自 然 薯 蒸 しパン 製 品 の 比 容 積 ( 容 量 / 重 量 )は 撹 拌 時 間 10 分 まで 上 昇 し 膨 化 は 最 大 となった 自 氏 名 : 宮 下 朋 子 学 位 の 種 類 : 博 士 ( 学 術 ) 学 位 記 番 号 : 博 甲 第 28 号 学 位 授 与 の 日 付 : 平 成 26 年 3 月 18 日 学 位 授 与 の 要 件 : 東 京 家 政 大 学 大 学 院 学 位 規 程 第 3 条 第 2 項 該 当 家 政 学 研 究 科 人 間 生 活 学 専 攻 学 位 論 文 題 目 : 気 泡 分 散

More information

Microsoft Word - 3-1 空港舗装への再生材の利用促進(米倉)H22.8.修正

Microsoft Word - 3-1 空港舗装への再生材の利用促進(米倉)H22.8.修正 再 生 材 の 利 用 促 進 並 びにアスファルト 舗 装 耐 久 性 向 上 に 関 する 研 究 報 告 米 倉 亜 州 夫 1 PM 研 究 会 空 港 舗 装 WG 1: 広 島 大 学 名 誉 教 授 ( 元 広 島 工 業 大 学 教 授 ) ( 73-49 広 島 市 中 区 南 竹 屋 町 5-1-31) : 多 相 材 料 (PM:Polyphase Materials) 研 究

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

第 2 節 ご み 排 出 量 等 の 推 移 1 ご み 排 出 量 本 市 に お け る 平 成 18 か ら 平 成 22 ま で の ご み 排 出 量 を 表 3-2-1 及 び 図 3-2-1 に 示 し ます ご み 排 出 量 は 可 燃 ご み 不 燃 ご み 粗 大 ご み 及

第 2 節 ご み 排 出 量 等 の 推 移 1 ご み 排 出 量 本 市 に お け る 平 成 18 か ら 平 成 22 ま で の ご み 排 出 量 を 表 3-2-1 及 び 図 3-2-1 に 示 し ます ご み 排 出 量 は 可 燃 ご み 不 燃 ご み 粗 大 ご み 及 第 3 章 ごみ 処 理 の 現 状 第 1 節 ご み 処 理 の 仕 組 み 1 ご み の 分 別 本 市 に お け るごみの 分 別 表 を 表 3-1-1 に 示 し ま す 本 市 の ご み は 燃 や せ る ご み 燃 や せ な い ご み 資 源 缶 金 属 類 び ん 類 新 聞 紙 雑 誌 類 ダ ン ボ ー ル 紙 パッ ク 布 類 ペ ッ トボトル 有 害 ご み 粗

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

製造業

製造業 神 戸 発 優 れた 技 術 認 定 制 度 種 分 類 コード 表 14 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 141 パルプ 製 造 1411 パルプ 製 造 142 紙 製 造 1421 洋 紙 製 造 1422 板 紙 製 造 1423 機 械 すき 和 紙 製 造 1424 手 すき 和 紙 製 造 143 加 工 紙 製 造 1431 塗 工 紙 製 造 ( 印 刷 用 紙 を 除 1432

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

目 次 第 一 章 背 景 第 二 章 目 的 第 三 章 1-1.さつまいもの 前 処 理 と 糖 度 の 関 係 1-2. 方 法 1-3. 結 果 2-1. 焼 き 芋 の 焼 成 条 件 の 検 討 2-2. 方 法 2-3. 結 果 第 四 章 考 察 第 五 章 まとめ 第 六 章 謝

目 次 第 一 章 背 景 第 二 章 目 的 第 三 章 1-1.さつまいもの 前 処 理 と 糖 度 の 関 係 1-2. 方 法 1-3. 結 果 2-1. 焼 き 芋 の 焼 成 条 件 の 検 討 2-2. 方 法 2-3. 結 果 第 四 章 考 察 第 五 章 まとめ 第 六 章 謝 さつまいもの 前 処 理 条 件 が 焼 き 芋 の 甘 味 度 に 及 ぼす 影 響 松 本 大 学 人 間 健 康 学 部 健 康 栄 養 学 科 矢 内 研 究 室 小 沼 有 里 久 野 智 子 目 次 第 一 章 背 景 第 二 章 目 的 第 三 章 1-1.さつまいもの 前 処 理 と 糖 度 の 関 係 1-2. 方 法 1-3. 結 果 2-1. 焼 き 芋 の 焼 成 条 件 の

More information

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc)

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc) 瀬 戸 内 沿 岸 部 におけるブドウ 安 芸 クイーン の 着 色 向 上 技 術 の 開 発 広 島 県 立 総 合 技 術 研 究 所 農 業 技 術 センター 果 樹 研 究 部 山 根 崇 嘉 はじめに ブドウ 安 芸 クイーン の 特 徴 近 年 は 種 なしに 対 する 需 要 が 高 まっており ジベレリン 処 理 によって 容 易 に 種 なし 果 実 を 生 産 できる ピオーネ

More information

で 減 厚 率 50%(ε=0.69)で 加 工 し 50 /sで 室 温 まで 冷 却 した 単 軸 圧 縮 の 歪 み 速 度 は0.4/sと 一 定 である 実 験 方 法 を Fig.5-1に 示 す なお 各 試 料 を 1273K で 加 熱 後 K/sで 冷 却 時 の 膨 張 測 定

で 減 厚 率 50%(ε=0.69)で 加 工 し 50 /sで 室 温 まで 冷 却 した 単 軸 圧 縮 の 歪 み 速 度 は0.4/sと 一 定 である 実 験 方 法 を Fig.5-1に 示 す なお 各 試 料 を 1273K で 加 熱 後 K/sで 冷 却 時 の 膨 張 測 定 第 5 章 Ti 析 出 物 による 局 部 伸 びに 優 れた 熱 延 鋼 板 の 開 発 5-1 緒 言 第 2 章 から 第 4 章 において フェライト 相 単 相 鋼 である 極 低 炭 素 鋼 を 対 象 として 固 溶 元 素 の 存 在 形 態 によるr 値 への 影 響 を 検 討 した この 結 果 固 溶 C N Bの 存 在 形 態 の 制 御 によってr 値 を 向 上 させ

More information

WACKER HDK の 表 面 状 態 親 水 性 シリカ( 右 図 )は 粒 子 表 面 が 水 酸 基 (Si-OH)で 覆 われているため 親 水 性 を 示 し ます 親 水 性 シリカ 表 面 の 水 酸 基 をメチルシ ラン 等 で 置 換 することにより 疎 水 化 され 疎 水 性

WACKER HDK の 表 面 状 態 親 水 性 シリカ( 右 図 )は 粒 子 表 面 が 水 酸 基 (Si-OH)で 覆 われているため 親 水 性 を 示 し ます 親 水 性 シリカ 表 面 の 水 酸 基 をメチルシ ラン 等 で 置 換 することにより 疎 水 化 され 疎 水 性 WACKER HDK 高 分 散 シリカ 特 徴 WACKER HDK は 日 本 で 3 年 以 上 の 実 績 があり 塗 料 インキ 不 飽 和 ポリエ ステル ゲルコート 接 着 剤 シーリング 剤 等 の 幅 広 い 用 途 で 使 用 されております WACKER HDK は 乾 式 製 法 の 微 粉 末 シリカで 表 面 処 理 をしていない 親 水 性 シ リカと アルキルシラン

More information

目 次 Ⅰ. 仕 様 書 概 要 説 明 1 1. 調 達 の 背 景 及 び 目 的 1 2. 調 達 物 品 名 及 び 構 成 内 訳 1 3. 技 術 的 要 件 の 概 要 2 4.その 他 2 4.1 技 術 仕 様 書 等 に 関 する 留 意 事 項 2 4.2 導 入 に 関 する

目 次 Ⅰ. 仕 様 書 概 要 説 明 1 1. 調 達 の 背 景 及 び 目 的 1 2. 調 達 物 品 名 及 び 構 成 内 訳 1 3. 技 術 的 要 件 の 概 要 2 4.その 他 2 4.1 技 術 仕 様 書 等 に 関 する 留 意 事 項 2 4.2 導 入 に 関 する 波 長 分 散 型 蛍 光 X 線 分 析 装 置 仕 様 書 平 成 23 年 1 月 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 1 目 次 Ⅰ. 仕 様 書 概 要 説 明 1 1. 調 達 の 背 景 及 び 目 的 1 2. 調 達 物 品 名 及 び 構 成 内 訳 1 3. 技 術 的 要 件 の 概 要 2 4.その 他 2 4.1 技 術 仕 様 書 等 に 関 する 留 意

More information

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた

に 半 丸 形 ヤスリで 刻 みを 入 れて 最 後 に 針 先 を 尖 らせて 完 成 となる 針 先 の 加 工 では 針 先 が 濡 れているとヤスリをかけても 先 端 が 尖 らない ( 註 3)ため 素 材 を 乾 燥 させた 後 水 を 使 わずに 紙 やすりで 先 端 を 尖 らせた 國 井 秀 紀 1 はじめに 当 館 では 縄 文 時 代 に 使 用 された 鹿 角 製 釣 り 針 をつくる 実 技 講 座 をこれまでに5 回 実 施 して きた ( 註 1) 筆 者 は 平 成 24 年 度 の 講 座 を 担 当 し その 中 で 硬 い 鹿 の 角 の 加 工 に 大 変 時 間 が かかることを 感 じた また 講 座 では 参 加 者 の 半 分 以 上 を 占 めた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817595578F808B5A8F708F57814090489569977095EF919597658AED81768CB48D658DC58F4994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817595578F808B5A8F708F57814090489569977095EF919597658AED81768CB48D658DC58F4994C52E646F63> 技 術 分 類 2-1-4 利 便 性 を 追 求 した 包 装 容 器 / 食 品 再 加 熱 用 包 装 容 器 /オーブン 加 熱 適 性 包 装 容 器 技 術 名 称 2-1-4-1 アルミ 箔 シート 利 用 耐 熱 性 包 装 容 器 技 術 内 容 アルミニウム 箔 ( 以 下 アルミ 箔 )は 軽 量 ( 比 重 2.7 鉄 の 約 3 分 の1)で 熱 伝 導 度 (238w/

More information

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 (

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 ( 熊 本 県 南 阿 蘇 村 に 伝 わる 江 戸 時 代 中 期 の 土 砂 災 害 の 伝 承 と 自 治 会 による 防 災 活 動 への 利 用 徳 島 大 学 環 境 防 災 研 究 センター 西 山 賢 一 徳 島 県 立 博 物 館 中 尾 賢 一 防 災 科 学 技 術 研 究 所 若 月 強 はじめに 熊 本 県 阿 蘇 地 方 は,2012 年 7 月 11~12 日 にかけて,

More information

申 込 抽 選 等 載 先 着 順 ムペ 表 涯 習 ェ ~ ~ 文 化 ギリ 西 武 B ち ザ 社 教 主 防 音 隊 演 奏 演 文 化 パネ け 花 パワ ペ 示 発 表 ダ 唱 演 奏 分 分 文 化 習 ギリ け 花 ち ザ セサリ 樹 脂 粘 土 工 ぶえ 文 化 篠 笛 約 筆 材

申 込 抽 選 等 載 先 着 順 ムペ 表 涯 習 ェ ~ ~ 文 化 ギリ 西 武 B ち ザ 社 教 主 防 音 隊 演 奏 演 文 化 パネ け 花 パワ ペ 示 発 表 ダ 唱 演 奏 分 分 文 化 習 ギリ け 花 ち ザ セサリ 樹 脂 粘 土 工 ぶえ 文 化 篠 笛 約 筆 材 ァ 花 火 音 響 幻 想 的 演 戦 ミ ミ デ 青 議 買 地 競 技 示 リ パ ミ 最 規 模 小 並 び 滑 迷 路 滑 ミ 列 買 駐 福 祉 施 設 幼 稚 両 必 じ 許 可 証 発 問 J R 駅 部 村 町 倉 沼 結 ぶ ぜ 利 同 実 務 局 観 ~ 回 エ ソ ォ ユ ヒ リリ ミ モ リ FM 録 音 分 ~ 演 福 島 可 菜 芝 HBC 録 音 歌 謡 花 舞 正 ~

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ 発 芽 野 菜 (スプラウト) 1. 目 的 スプラウトとよばれる 発 芽 野 菜 の 種 類 が 以 前 より 増 えているが これら の 野 菜 は 生 食 で 利 用 される 場 合 も 多 い そこで 発 芽 野 菜 を 消 費 者 が 利 用 するときの 参 考 となるよう その 性 質 を 探 るため 包 装 容 器 より 取 り 出 したそのままのものと 煮 沸 した 湯 へ3 秒 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087542D328DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB90859166834B83588B7982D18D959046905A93A7908582CC94AD90B691CE8DF482C98AD682B782E98CA48B862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087542D328DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB90859166834B83588B7982D18D959046905A93A7908582CC94AD90B691CE8DF482C98AD682B782E98CA48B862E646F63> 長 崎 県 環 境 保 健 研 究 センター 所 報 4, (28) 報 文 最 終 処 分 場 における 硫 化 水 素 ガス 及 び 黒 色 浸 透 水 の 発 生 対 策 に 関 する 研 究 坂 本 陵 治 竹 野 大 志 東 川 圭 吾 産 業 廃 棄 物 安 定 型 最 終 処 分 場 における 高 濃 度 硫 化 水 素 ガス 及 び 黒 色 浸 透 水 の 発 生 防 止 を 目 的

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

Ni=1(Aθ+B) (5) ここで,Ni: 破 壊 サイクル 数,θ: 最 低 温 度 ( ), A,B: 回 帰 係 数 で 次 式 による A=.14ln(C/W)+.4 B=3.15ln(C/W)+1.43 (6) φ=nd([c/w]st,[θ]st)/nd([c/w],[θ]) (7)

Ni=1(Aθ+B) (5) ここで,Ni: 破 壊 サイクル 数,θ: 最 低 温 度 ( ), A,B: 回 帰 係 数 で 次 式 による A=.14ln(C/W)+.4 B=3.15ln(C/W)+1.43 (6) φ=nd([c/w]st,[θ]st)/nd([c/w],[θ]) (7) コンクリート 工 学 年 次 論 文 集,Vol.37,No.1,215 報 告 コンクリートの 凍 害 劣 化 を 対 象 とした 劣 化 予 測 手 法 および 気 象 デー タの 違 いによる 耐 用 年 数 の 比 較 長 谷 川 拓 哉 *1 千 歩 修 *2 *3 福 山 智 子 要 旨 : 凍 害 劣 化 の 予 測 手 法 として 代 表 的 な4つの 手 法 を 対 象 とし, 気

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

談 窓 口 広 報

談 窓 口 広 報 談 窓 口 広 報 情 報 ひ ろ ば Eメ 申 込 方 法 問 土 分 申 込 交 流 セ J R 瑞 浪 駅 前 容 講 演 保 護 児 童 石 原 京 子 氏 富 山 県 里 親 援 機 関 局 里 親 委 託 等 推 進 里 親 里 子 験 発 東 濃 子 談 セ 線 前 文 化 ザ ホ 閉 式 終 了 ブ 発 同 開 催 涯 習 線 施 設 大 徳 原 球 泉 町 敷 島 公 園 野

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 )

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 ) 溶 融 亜 鉛 めっきの 耐 食 性 に 対 する 火 山 ガスの 影 響 一 般 社 団 法 人 日 本 溶 融 亜 鉛 鍍 金 協 会 技 術 標 準 化 委 員 会 耐 食 性 グループ 1.はじめに 鋼 材 の 腐 食 に 大 きく 影 響 を 与 える 要 因 として 海 塩 粒 子 とともに 硫 化 水 素 ガ ス 亜 硫 酸 ガスが 挙 げられる 日 本 は 火 山 国 であり 全 国

More information

健康だより Vol.63(夏号)

健康だより Vol.63(夏号) わ 適 応 例 拡 近 口 肛 門 繋 自 然 孔 研 究 目 立 ち ち ろ 苦 痛 短 社 会 帰 待 表 図 孔 挿 収 テ 観 察 二 酸 化 炭 素 注 空 作 空 掴 鉗 子 道 具 電 気 5mm cm 孔 式 5 ヶ 所 胆 嚢 cm 4 5 cm ほ 普 及 自 初 観 察 診 断 目 9 8 代 治 療 胆 嚢 虫 垂 除 始 急 速 普 及 9 9 代 目 覚 食 道 外 科

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC690AC89CA95F18D9089EF816948508CF68A4A9770816A207070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC690AC89CA95F18D9089EF816948508CF68A4A9770816A207070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> 5. 石 炭 利 用 技 術 振 興 費 補 助 金 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 平 成 23 年 度 JCOAL 事 業 成 果 報 告 会 日 時 : 平 成 24 年 7 月 26 日 場 所 :JCOAL 大 会 議 室 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 と 体 制 H23 年 度 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 石 炭 灰 基

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 孔 内 局 部 載 荷 試 験 によるコンクリート 強 度 推 定 に 関 する 一 考 察 皿 井 剛 典 *1 田 中 徹 *2 北 山 穂 高 *3 *4 金 子 勝 比 古 要 旨 : 本 稿 は, 構 造 物 の 任 意 の 深 度 におけるコンクリート 強 度 を 推 定 するために 開 発 した 孔 内 局 部 載 荷 試 験 装 置 を 用 いた,コンクリートへの 局 部 載

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D> 平 成 26 年 6 月 1 日 エコアクション21 環 境 活 動 レポート H25 年 3 月 ~H26 年 2 月 株 式 会 社 太 田 建 板 工 業 427-0104 静 岡 県 島 田 市 井 口 862 番 地 TEL:0547-38-1200 FAX:0547-38-1278 1 目 次 [1] 環 境 方 針 P3 [2] 当 社 の 概 要 P4 [3] 推 進 組 織 役 割

More information

Microsoft Word - CW30_1.doc

Microsoft Word - CW30_1.doc 防 汚 シリーズ 超 親 水 性 により 雨 が 汚 れと 基 材 の 間 に 入 り 込 み 汚 れを 自 然 に 洗 い 流 します (セルフクリー ニング 効 果 )イオン 伝 導 性 による 帯 電 防 止 効 果 により 汚 れを 寄 せ 付 けません 又 負 荷 が 多 い 場 合 若 干 汚 れても 水 拭 きか 水 洗 いで 汚 れを 落 とします 特 徴 燐 酸 チタン 酸 珪 酸

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

47 Vol.102 今 提 唱 紹 介 直 結 = 女 ソ 太 鼓 悩 む 男 理 解 践 整 最 マ 考 シ ョ 左 傾 斜 滑 矯 正 ボ ィ モ 崩 ム 間 落 ャ 成 績 げ 整 部 重 要 胴 胴 線 ぶ ぶ 流 歌 肩 幅 開 両 置 20 秒 細 長 口 息 吐 吐 鼻 息 ふ ワ

47 Vol.102 今 提 唱 紹 介 直 結 = 女 ソ 太 鼓 悩 む 男 理 解 践 整 最 マ 考 シ ョ 左 傾 斜 滑 矯 正 ボ ィ モ 崩 ム 間 落 ャ 成 績 げ 整 部 重 要 胴 胴 線 ぶ ぶ 流 歌 肩 幅 開 両 置 20 秒 細 長 口 息 吐 吐 鼻 息 ふ ワ 46 勅 使 川 原 郁 恵 ャ 1978 年 岐 阜 県 生 ピ ショ 98 年 長 野 輪 2002 年 ソシ ティ 輪 賞 06 年 ノ 輪 3 度 オピ 出 場 R9ナ)ェ 朝 新 聞 オセ 社 ) オ 協 会 親 善 使 歴 任 企 業 ザ 務 テビ オ 雑 誌 ベ 活 ベブ&フマフナ 資 格 持 食 美 健 康 提 唱 男 践 数 年 ザ 国 各 地 ベ 参 加 国 民 広 愛 老 若

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

適 用 範 囲 を 拡 大 するために 試 験 施 工 を 実 施 した 図 -1~ に 通 常 期 施 工 の 試 験 施 工 箇 所 から 採 取 した 中 温 化 混 合 物 と のコアの 締 固 め 度 を 示 す スト レートアスファルトを 用 いた 加 熱 アスファルト 混 合 物 お

適 用 範 囲 を 拡 大 するために 試 験 施 工 を 実 施 した 図 -1~ に 通 常 期 施 工 の 試 験 施 工 箇 所 から 採 取 した 中 温 化 混 合 物 と のコアの 締 固 め 度 を 示 す スト レートアスファルトを 用 いた 加 熱 アスファルト 混 合 物 お 平 成 年 度 積 雪 寒 冷 地 における 中 温 化 舗 装 技 術 の 適 用 方 法 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 道 路 保 全 チーム 安 倍 隆 二 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 道 路 保 全 チーム 熊 谷 政 行 積 雪 寒 冷 地 における 舗 装 技 術 検 討 委 員 会 ( 北 海 道

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

untitled

untitled . 低 コスト 木 造 化 のためのチェックポイントと 解 説 1 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 ここでは 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 におけるチェックポイントを5つ 挙 げ 解 説 します 1) 県 産 材 利 用 の 助 成 制 度 1. 教 育 福 祉 関 連 施 設 建 設 費 の 補 助 を 利 用 岐 阜 県 の 木 の 香 る 快 適 な 教 育 施 設 等 整 備

More information

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項 野 市 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 野 市 平 成 22 年 1 月 平 成 24 年 1 月 10 日 改 訂 平 成 24 年 10 月 29 日 改 訂 平 成 25 年 12 月 10 日 改 訂 平 成 26 年 3 月 13 日 改 訂 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環

More information

カシュー塗装法

カシュー塗装法 木 製 品 カシュー 塗 装 法 カシュー 株 式 会 社 NO.20 カシュー カシュー の 商 品 名 について 当 社 は 昭 和 2 3 年 に カ シ ュ ー 樹 脂 塗 料 を 発 明 し そ の 主 原 料 の 名 称 で あるカシュー(Cashew)に ち な ん で 商 品 名 を カシュー と 名 付 け ました カ シ ュ ー の 名 称 は 会 社 名 主 原 料 名 塗 料

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

2. 損 傷 状 況 調 査 および 構 造 安 全 性 の 評 価 2.1 対 象 橋 梁 今 回 の 調 査 検 討 で 対 象 とした 神 取 橋 は 写 真 -1 および 図 -3に 示 す 1965 年 に 建 設 された3 径 間 連 続 下 路 式 トラス 橋 +3 連 単 純 合 成

2. 損 傷 状 況 調 査 および 構 造 安 全 性 の 評 価 2.1 対 象 橋 梁 今 回 の 調 査 検 討 で 対 象 とした 神 取 橋 は 写 真 -1 および 図 -3に 示 す 1965 年 に 建 設 された3 径 間 連 続 下 路 式 トラス 橋 +3 連 単 純 合 成 神 取 橋 の 補 修 塗 装 に 関 する 調 査 検 討 * 若 山 昌 彦 ** 斎 藤 一 彦 *** 安 波 博 道 **** 中 島 和 俊 1.はじめに 1 1.1 目 的 と 概 要 トラス 格 点 部 や 桁 端 部 などの 局 所 に 腐 食 損 傷 が 生 じた 神 取 橋 について 鋼 橋 の 長 寿 命 化 を 志 向 し た 局 部 補 修 塗 装 工 法 の 適 用 を

More information

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆ 52 号 2 01 1 盛 夏 号 2011 8 1 発 行 NPO 市 民 ユニットぼ 八 王 子 市 横 川 町 1166-2 メゾ 101 号 042-621-4781 発 行 責 任 者 鈴 木 真 砂 子 URL. http://www10.ocn.ne.jp/~ribo 利 用 者 製 品 ぎ 絵 折 紙 細 工 目 次 告 2 特 集 東 本 震 リポト 3 トピッス< > 6 健 康

More information

2A6D27DDE053A89D49256DB3000DDC9

2A6D27DDE053A89D49256DB3000DDC9 平 成 14 年 ( 行 ケ) 第 130 号 特 許 取 消 決 定 取 消 請 求 事 件 平 成 15 年 5 月 22 日 口 頭 弁 論 終 結 判 決 原 告 東 京 応 化 工 業 株 式 会 社 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 稲 元 富 保 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 小 山 有 被 告 特 許 庁 長 官 太 田 信 一 郎 指 定 代 理 人 西 川 恵 雄 同 氏 原 康

More information

2 炊 飯 器 とは 外 がま 内 がま 加 熱 源 などから 構 成 され これらを 一 体 として 使 用 したときに 内 圧 を 上 昇 させることができる 器 具 であるとする 4. 安 全 性 品 質 に 関 して 基 準 () ばり まくれ とは 成 型 加 工 切 断 加 工 時 のば

2 炊 飯 器 とは 外 がま 内 がま 加 熱 源 などから 構 成 され これらを 一 体 として 使 用 したときに 内 圧 を 上 昇 させることができる 器 具 であるとする 4. 安 全 性 品 質 に 関 して 基 準 () ばり まくれ とは 成 型 加 工 切 断 加 工 時 のば 家 庭 用 の 圧 力 なべ 及 び 圧 力 がまの 検 査 マニュアル 制 定 平 成 20 年 4 月 日 改 正 平 成 22 年 2 月 27 日 改 正 平 成 28 年 4 月 日 一 般 財 団 法 人 製 品 安 全 協 会 この 検 査 マニュアルは 家 庭 用 の 圧 力 なべ 及 び 圧 力 がまの 基 準 並 びに 基 準 確 認 方 法 に 基 づいた 検 査 を 適 切

More information

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx 耐 久 設 計 施 工 指 針 (AIJ) 耐 久 性 ( 中 性 化 を 例 に) 鉄 筋 コンクリート 造 建 築 物 の 耐 久 設 計 施 工 指 針 ( 案 ) 同 解 説 要 求 性 能 耐 用 年 数 の 確 保 型 設 計 法 構 造 詳 細 配 筋 設 計 かぶり 厚 さ コンクリートの 品 質 コンクリートの 材 料 鉄 筋 コンクリートの 調 合 仕 上 げ 材 などの 仕 様

More information

表 12-1 環 境 条 件 及 び 作 業 条 件 による 主 な 健 康 障 害 環 境 条 件 に よ る も の 環 境 条 件 及 び 作 業 条 件 主 な 健 康 障 害 1 温 熱 条 件 によるもの 熱 中 症 凍 傷 冷 房 病 2 照 明 有 害 光 線 電 離 放 射 線 に

表 12-1 環 境 条 件 及 び 作 業 条 件 による 主 な 健 康 障 害 環 境 条 件 に よ る も の 環 境 条 件 及 び 作 業 条 件 主 な 健 康 障 害 1 温 熱 条 件 によるもの 熱 中 症 凍 傷 冷 房 病 2 照 明 有 害 光 線 電 離 放 射 線 に 第 12 章 作 業 環 境 第 1 節 作 業 環 境 と 事 故 災 害 災 害 防 止 の 先 駆 者 の1 人 であるハインリッヒは 事 故 災 害 が 発 生 するメカニズムを 図 12-1 を 用 いて 説 明 した この 図 は ハインリッヒの5つの 駒 と 呼 ばれており 以 下 のような 因 果 関 係 を 表 している (1) 災 害 は 事 故 の 結 果 生 ずる (2) 事

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 14 節 技 術 者 の 配 置 1 受 注 者 は 工 事 を 適 正 に 実 施 する

土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 14 節 技 術 者 の 配 置 1 受 注 者 は 工 事 を 適 正 に 実 施 する 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 2 節 用 語 の 定 義 6 監 督 員 とは 工 事 が 確 実 に 施 工 されるよう 監 督 し 工 事 の 受 注 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 の 処 理 を

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

アスファルトルーフィングフェルト

アスファルトルーフィングフェルト RK 改 質 アスファルトルーフィング 下 葺 き 材 RK 04 s -03 :2006 平 成 17 年 3 月 18 日 制 定 平 成 18 年 3 月 17 日 改 定 平 成 18 年 12 月 22 日 改 定 アスファルトルーフィング 工 業 会 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) (1) 目 次 ページ 1. 適 用 範 囲 3 2. 引 用 規 格 3 3. 種 類 3 4.

More information

スライド 1

スライド 1 -1- ヒートポンプ 蓄 熱 センター 未 利 用 エネルギー 活 用 研 究 会 様 2011.12.13 大 林 組 技 研 本 館 の 地 中 熱 利 用 システム 紹 介 1 地 中 熱 利 用 システムとは? 2 大 林 組 技 研 本 館 の 地 中 熱 利 用 システム 概 要 3 地 中 熱 ヒートポンプシステムの 実 績 評 価 ( 株 ) 大 林 組 技 術 研 究 所 1 地

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

研究成果報告

研究成果報告 平 成 21 22 年 度 助 成 研 究 ゴールドサンドウィッチガラス 碗 における 截 金 技 法 研 究 ~ 大 英 博 物 館 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 を 中 心 として~ 並 木 秀 俊 Ⅰ- 研 究 目 的 東 京 藝 術 大 学 図 1 本 研 究 では ヨーロッパにおいて 紀 元 前 に 製 造 された とされる 大 英 博 物 館 所 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 ( 図 1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information