今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は "

Transcription

1 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議

2 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は グローバル 化 が 急 速 に 進 展 し 人 や 物 情 報 等 が 国 境 を 越 えて 行 き 交 う 目 まぐるしい 変 化 競 争 の 中 にあります こうし た 中 日 本 が 将 来 にわたって 成 長 し 発 展 を 続 け 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 を 実 現 していく ためには 個 人 の 可 能 性 を 最 大 限 引 き 出 すとともに 少 子 化 を 克 服 し 国 力 の 源 である 人 材 の 質 と 量 を 充 実 確 保 していく 必 要 があります 教 育 再 生 は 一 人 一 人 をより 良 い 人 生 に 導 く 営 みであり 社 会 の 持 続 的 な 発 展 と 経 済 再 生 を 支 える 基 盤 だと 言 えます 日 本 を 支 え 担 う 人 材 は 戦 後 約 70 年 にわたり 制 の 学 制 の 下 で 育 成 さ れてきましたが 子 供 や 社 会 の 状 況 は 大 きく 変 化 しています 現 在 の 学 制 の 原 型 が 導 入 された 当 時 と 比 べて 発 達 の 早 期 化 が 見 られるほか 自 己 肯 定 感 の 低 さ 小 1プロブレム 1 中 1ギャップ 2 などの 課 題 が 指 摘 されています また グローバル 化 への 対 応 やイノベー ションの 創 出 を 活 性 化 する 観 点 から 英 語 教 育 の 抜 本 的 充 実 や 理 数 教 育 の 強 化 ICT 教 育 の 充 実 が 求 められています さらに 産 業 構 造 の 変 化 や 技 術 革 新 が 進 む 中 質 の 高 い 職 業 人 の 育 成 も 求 められます こうした 課 題 への 対 応 として 現 在 の 学 制 の 枠 内 で 地 方 公 共 団 体 や 大 学 等 における 様 々な 工 夫 や 取 組 が 行 われていますが 少 子 高 齢 化 やグローバル 化 への 対 応 は 日 本 が 直 面 する 大 きな 課 題 であり 一 人 一 人 の 能 力 の 伸 長 と 意 欲 ある 全 ての 人 が 社 会 参 画 で きる 環 境 の 構 築 は 国 家 戦 略 として 取 り 組 む 必 要 があります 今 まさに 日 本 の 存 立 基 盤 である 人 材 の 質 と 量 を 将 来 にわたって 充 実 確 保 していくことができるかどうかの 岐 路 に 立 っており 現 在 の 学 制 が これからの 日 本 に 見 合 うものとなっているかを 見 直 す ときであると 言 えます 教 育 再 生 実 行 会 議 では このような 観 点 から 義 務 教 育 及 び 無 償 教 育 の 期 間 学 校 段 階 間 の 連 携 一 貫 教 育 や 区 切 りの 在 り 方 職 業 教 育 制 度 などの 学 制 の 在 り 方 全 般 につい て 提 言 するとともに これらの 改 革 に 関 連 する 教 師 の 在 り 方 や 条 件 整 備 について 提 言 し ます 学 制 の 在 り 方 は 広 範 囲 にわたる 問 題 であることから 本 提 言 は 直 ちに 検 討 を 行 い 速 やかに 実 行 する 施 策 のほか 必 要 な 財 源 の 確 保 などの 環 境 整 備 を 図 った 上 で 実 行 す る 施 策 それらの 進 捗 等 を 踏 まえた 上 で 更 に 検 討 を 深 める 施 策 を 含 めて 示 すこととしま す 政 府 においては 本 提 言 に 盛 り 込 まれた 諸 施 策 について 専 門 的 具 体 的 な 検 討 を 行 うとともに 国 民 的 な 議 論 を 深 めながら 丁 寧 かつ 着 実 に 取 組 を 進 めることを 期 待 し ます 1 2 小 学 校 1 年 生 などの 教 室 において 学 習 に 集 中 できない 教 師 の 話 が 聞 けずに 授 業 が 成 立 しないなど 学 級 がうまく 機 能 しない 状 況 小 学 校 から 中 学 校 への 進 学 において 新 しい 環 境 での 学 習 や 生 活 に 移 行 する 段 階 で 不 登 校 などの 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 につながって いく 事 態 等 1

3 1. 子 供 の 発 達 に 応 じた 教 育 の 充 実 様 々な 挑 戦 を 可 能 にする 制 度 の 柔 軟 化 など 新 しい 時 代 にふさわしい 学 制 を 構 築 する (1) 全 ての 子 供 に 質 の 高 い 幼 児 教 育 を 保 障 するため 無 償 教 育 義 務 教 育 の 期 間 を 見 直 す 義 務 教 育 は 一 人 一 人 の 有 する 能 力 を 伸 ばしつつ 社 会 において 自 立 的 に 生 きる 基 礎 を 培 い 国 家 社 会 の 形 成 者 として 必 要 とされる 基 本 的 な 資 質 を 養 うものであり 知 徳 体 をバランス 良 く 育 てる 全 人 教 育 が 必 要 です 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 とい う 義 務 教 育 の 根 幹 を 国 の 責 務 として 保 障 しつつ 義 務 教 育 を 抜 本 的 に 充 実 するため その 年 限 3 や 無 償 教 育 の 期 間 について 考 える 必 要 があります 幼 児 期 の 教 育 は その 後 の 生 活 や 学 習 の 基 礎 を 確 固 たるものとし 生 涯 にわたる 学 びと 資 質 能 力 の 向 上 に 大 きく 寄 与 するものであり 言 葉 の 習 得 や 心 身 の 発 達 の 早 期 化 小 学 校 教 育 との 接 続 等 を 踏 まえ 幼 児 教 育 の 機 会 均 等 と 水 準 の 維 持 向 上 を 図 るこ とが 重 要 です 諸 外 国 においても 幼 児 教 育 の 重 要 性 に 鑑 み その 質 の 向 上 や 無 償 化 への 取 組 が 進 められています 少 子 化 対 策 の 観 点 からも 財 源 を 確 保 しつつ 幼 児 教 育 の 無 償 化 を 段 階 的 に 進 めるとともに 将 来 的 な 義 務 教 育 化 も 視 野 に 入 れ 質 の 高 い 幼 児 教 育 を 保 障 することが 必 要 です その 際 保 護 者 が 子 供 の 教 育 に 第 一 義 的 責 任 を 有 していることを 自 覚 し 家 庭 の 十 分 な 協 力 を 得 ながら 幼 児 教 育 の 充 実 が 図 られること が 大 切 です 高 等 学 校 段 階 の 教 育 においては 第 四 次 提 言 で 述 べたように 義 務 教 育 の 基 礎 の 上 に 変 化 の 激 しい 現 代 社 会 において 主 体 的 な 自 己 を 確 立 し 自 ら 学 び 行 動 していくため の 幅 広 い 教 養 と 一 定 の 専 門 的 な 知 識 職 業 観 等 を 身 に 付 け 社 会 の 発 展 に 寄 与 する 志 や 責 任 感 を 養 うことが 求 められます 生 徒 の 能 力 や 適 性 は 多 様 であり 生 徒 の 学 習 ニ ーズに 対 応 した 教 育 を 受 けられるよう 多 様 化 や 特 色 化 を 図 ることが 重 要 です また この 時 期 は 社 会 人 になるための 助 走 期 間 であり 意 欲 ある 全 ての 子 供 に 挑 戦 の 機 会 が 与 えられるよう 家 庭 の 経 済 状 況 にかかわらず 教 育 機 会 を 保 障 する 必 要 があります ( 幼 児 教 育 の 充 実 無 償 教 育 義 務 教 育 の 期 間 の 延 長 等 ) 幼 児 教 育 の 質 の 向 上 のため 国 は 幼 稚 園 教 育 要 領 について 子 供 の 言 葉 の 習 得 など 発 達 の 早 期 化 等 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 接 続 を 意 識 した 見 直 しを 行 う 保 育 所 認 定 こども 園 においても 教 育 の 質 の 向 上 の 観 点 から 見 直 しを 図 る また 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 下 子 供 の 発 達 や 状 況 に 応 じた 指 導 の 充 実 が 図 られ るよう 質 の 高 い 教 職 員 を 確 保 していくための 養 成 研 修 処 遇 配 置 や 施 設 運 営 の 支 援 に 関 する 制 度 面 財 政 面 の 環 境 整 備 を 行 う 市 町 村 は 幼 児 教 育 行 政 に 携 わる 人 材 の 確 保 専 門 性 の 向 上 をはじめ 幼 児 教 育 行 政 を 担 う 体 制 の 整 備 を 進 める 国 は 市 町 村 の 幼 児 教 育 に 関 する 責 任 役 割 を 明 確 にするとともに 市 町 村 の 取 組 を 積 極 的 に 支 援 する その 際 幼 児 期 にお 3 平 成 18 年 に 教 育 基 本 法 が 改 正 され 義 務 教 育 の 目 的 についての 規 定 が 新 たに 置 かれるとともに その 期 間 について 将 来 延 長 する 可 能 性 も 視 野 に 入 れ 9 年 とされていた 規 定 が 削 除 され 学 校 教 育 法 に 委 ねられた 2

4 ける 特 別 支 援 教 育 を 含 めた 教 育 の 充 実 が 一 層 図 られるよう 教 育 指 導 や 研 修 等 に おいて 教 育 行 政 部 局 が 専 門 性 を 発 揮 する 3~5 歳 児 の 幼 児 教 育 について 財 源 を 確 保 しつつ 無 償 化 を 段 階 的 に 推 進 し 希 望 する 全 ての 子 供 に 幼 児 教 育 の 機 会 を 保 障 する 体 制 を 整 える 幼 児 教 育 の 機 会 均 等 と 質 の 向 上 段 階 的 無 償 化 を 進 めた 上 で 国 は 次 の 段 階 の 課 題 として 全 ての 子 供 に 質 の 高 い 幼 児 教 育 を 無 償 で 保 障 する 観 点 から 幼 稚 園 保 育 所 及 び 認 定 こども 園 における5 歳 児 の 就 学 前 教 育 について 設 置 主 体 等 の 多 様 性 も 踏 まえ より 柔 軟 な 新 たな 枠 組 みによる 義 務 教 育 化 を 検 討 する 国 は 小 学 校 及 び 中 学 校 における 不 登 校 の 児 童 生 徒 が 学 んでいるフリースクー ルや 国 際 化 に 対 応 した 教 育 を 行 うインターナショナルスクールなどの 学 校 外 の 教 育 機 会 の 現 状 を 踏 まえ その 位 置 付 けについて 就 学 義 務 や 公 費 負 担 の 在 り 方 を 含 め 検 討 する また 義 務 教 育 未 修 了 者 の 就 学 機 会 の 確 保 に 重 要 な 役 割 を 果 た しているいわゆる 夜 間 中 学 について その 設 置 を 促 進 する ( 高 等 学 校 教 育 修 学 支 援 の 充 実 ) 高 等 学 校 教 育 において 生 涯 にわたって 学 ぶ 基 礎 となる 力 を 育 成 するとともに 生 徒 の 多 様 な 状 況 や 学 習 ニーズに 対 応 した 教 育 が 積 極 的 に 行 われ 様 々な 進 路 に 挑 戦 できるよう 地 方 公 共 団 体 及 び 学 校 は その 実 態 に 合 わせて 教 育 課 程 を 工 夫 したり 民 間 の 外 部 検 定 試 験 等 の 活 用 を 図 ったりするなど 高 等 学 校 教 育 の 特 色 化 を 進 め 国 は 適 切 な 支 援 を 行 う 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 特 に 低 所 得 者 層 を 対 象 として 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 高 等 課 程 等 の 修 学 のための 支 援 策 を 一 層 推 進 し 家 庭 の 経 済 状 況 にかか わらず 意 欲 ある 全 ての 子 供 に 高 等 学 校 段 階 の 教 育 機 会 を 保 障 する 高 等 学 校 等 を 卒 業 した 後 も 意 欲 と 能 力 のある 者 が 経 済 的 な 困 難 があっても 高 等 教 育 への 修 学 を 断 念 することなく 学 び 挑 戦 していくことができるよう 国 及 び 大 学 は 授 業 料 減 免 や 所 得 連 動 返 還 型 奨 学 金 などの 支 援 策 を 一 層 推 進 する 専 修 学 校 についても 修 学 支 援 が 図 られるよう 取 り 組 む (2) 小 中 一 貫 教 育 を 制 度 化 するなど 学 校 段 階 間 の 連 携 一 貫 教 育 を 推 進 する 学 校 段 階 間 の 区 切 りは 一 定 の 年 齢 層 の 子 供 を 同 一 の 方 式 で 教 育 するという 意 味 が ありますが いじめや 不 登 校 が 中 学 校 第 1 学 年 で 急 増 するなど 教 育 上 の 様 々な 課 題 と の 関 係 が 指 摘 されています 一 方 地 方 公 共 団 体 における 小 中 一 貫 教 育 の 取 組 により 3

5 学 力 向 上 や 中 1ギャップの 緩 和 などの 効 果 も 報 告 されています また 現 在 の 学 制 の 原 型 が 導 入 された 当 時 に 比 べ 子 供 の 身 体 的 成 長 や 性 的 成 熟 が 約 2 年 早 期 化 している ほか 小 学 校 への 英 語 教 育 の 導 入 をはじめとして 学 習 内 容 の 高 度 化 が 進 んでいます こうしたことから 学 校 段 階 間 の 移 行 を 円 滑 にするような 学 校 間 連 携 や 一 貫 教 育 の 推 進 が 求 められます また 区 切 りを 一 律 に 変 更 することについては これらの 取 組 の 進 捗 状 況 その 成 果 や 課 題 等 を 踏 まえた 上 で 更 なる 検 討 を 行 うことが 必 要 と 考 えま す 学 校 段 階 間 の 移 行 を 円 滑 にする 観 点 から 幼 稚 園 等 と 小 学 校 小 学 校 と 中 学 校 などの 学 校 間 の 連 携 が 一 層 推 進 されるよう 国 は 教 育 内 容 等 を 見 直 すとともに 地 方 公 共 団 体 及 び 学 校 は 教 員 交 流 や 相 互 乗 り 入 れ 授 業 等 を 推 進 する 特 に 今 後 拡 充 が 予 定 されている 英 語 のほか 理 科 等 の 指 導 の 充 実 のため 小 学 校 にお ける 専 科 指 導 の 推 進 を 図 る また コミュニティ スクールの 導 入 の 促 進 により 保 護 者 や 地 域 住 民 の 参 画 と 支 援 の 下 より 効 果 的 な 学 校 間 連 携 を 推 進 する 国 は 小 学 校 段 階 から 中 学 校 段 階 までの 教 育 を 一 貫 して 行 うことができる 小 中 一 貫 教 育 学 校 ( 仮 称 )を 制 度 化 し 9 年 間 の 中 で 教 育 課 程 の 区 分 を4-3-2や 5-4のように 弾 力 的 に 設 定 するなど 柔 軟 かつ 効 果 的 な 教 育 を 行 うことができる ようにする 小 中 一 貫 教 育 学 校 ( 仮 称 )の 設 置 を 促 進 するため 国 地 方 公 共 団 体 は 教 職 員 配 置 施 設 整 備 についての 条 件 整 備 や 私 立 学 校 に 対 する 支 援 を 行 う 国 は 上 記 で 述 べた 学 校 間 の 連 携 や 一 貫 教 育 の 成 果 と 課 題 について きめ 細 か く 把 握 検 証 するなど 地 方 公 共 団 体 や 私 立 学 校 における 先 導 的 な 取 組 の 進 捗 を 踏 まえつつ などの 新 たな 学 校 段 階 の 区 切 りの 在 り 方 について 引 き 続 き 検 討 を 行 う 学 校 が 地 域 社 会 の 核 として 存 在 感 を 発 揮 しつつ 教 育 効 果 を 高 めていく 観 点 か ら 国 は 学 校 規 模 の 適 正 化 に 向 けて 指 針 を 示 すとともに 地 域 の 実 情 を 適 切 に 踏 まえた 学 校 統 廃 合 に 対 し 教 職 員 配 置 や 施 設 整 備 などの 財 政 的 な 支 援 において 十 分 な 配 慮 を 行 う 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 学 校 統 廃 合 によって 生 じた 財 源 の 活 用 等 によって 教 育 環 境 の 充 実 に 努 める (3) 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 高 等 教 育 機 関 を 制 度 化 する また 高 等 教 育 機 関 における 編 入 学 等 の 柔 軟 化 を 図 る 職 業 教 育 は 若 者 が 自 らの 夢 や 志 を 考 え 目 的 意 識 を 持 って 実 践 的 な 職 業 能 力 を 身 に 付 けられるようにするとともに 産 業 構 造 の 変 化 や 技 術 革 新 等 に 対 応 して 一 層 充 実 を 図 ることが 必 要 です 特 に 高 等 教 育 段 階 では 社 会 的 需 要 に 応 じた 質 の 高 い 職 業 人 の 養 成 が 望 まれますが ⅰ) 大 学 や 短 期 大 学 は 学 術 研 究 を 基 にした 教 育 を 基 本 と 4

6 し 企 業 等 と 連 携 した 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 うことに 特 化 した 仕 組 みにはなっていな い ⅱ) 高 等 専 門 学 校 は 中 学 校 卒 業 後 からの5 年 一 貫 教 育 を 行 うことを 特 色 とする ものであり 高 等 学 校 卒 業 段 階 の 若 者 や 社 会 人 に 対 する 職 業 教 育 には 十 分 に 対 応 して いない ⅲ) 専 修 学 校 専 門 課 程 ( 専 門 学 校 )は 教 育 の 質 が 制 度 上 担 保 されていない こともあり 必 ずしも 適 切 な 社 会 的 評 価 を 得 られていない などの 課 題 が 指 摘 されて います こうした 課 題 を 踏 まえ 大 学 高 等 専 門 学 校 専 門 学 校 4 高 等 学 校 等 におけ る 職 業 教 育 を 充 実 するとともに 質 の 高 い 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 新 たな 高 等 教 育 機 関 の 制 度 化 が 求 められます また 学 習 者 が 目 的 意 識 に 応 じて 自 らの 学 びを 柔 軟 に 発 展 させるとともに 様 々 な 分 野 に 挑 戦 していくことができるよう 高 等 教 育 機 関 の 間 での 進 路 変 更 の 柔 軟 化 を 図 ることが 必 要 です ( 職 業 教 育 の 充 実 強 化 ) 高 等 学 校 段 階 における 職 業 教 育 の 充 実 のため 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 卓 越 し た 職 業 教 育 を 行 う 高 等 学 校 ( 専 門 高 校 )への 支 援 を 充 実 し 更 なるレベルアップ を 図 る 学 習 や 学 校 生 活 に 課 題 を 抱 える 生 徒 に 対 しても 社 会 に 貢 献 し 責 任 を 果 たしながら 自 己 実 現 を 図 る 社 会 人 となることができるよう 学 力 向 上 や 就 職 支 援 のための 指 導 員 の 配 置 充 実 等 を 図 る また 地 方 公 共 団 体 と 学 校 関 係 機 関 が 連 携 し 中 途 退 学 者 も 含 め 新 たな 挑 戦 に 臨 む 進 路 変 更 希 望 者 に 対 する 転 学 再 修 学 や 就 職 のための 相 談 支 援 を 行 う 体 制 を 構 築 する 高 等 学 校 段 階 から5 年 間 かけて 行 われる 職 業 教 育 の 効 果 は 高 いことから 国 及 び 高 等 専 門 学 校 は 産 業 構 造 の 変 化 やグローバル 化 等 に 対 応 した 実 践 的 創 造 的 技 術 者 を 養 成 することができるよう 教 育 内 容 の 改 善 に 取 り 組 むことと 併 せ 新 分 野 への 展 開 に 向 けて 現 在 の 学 科 構 成 5 を 見 直 す また 国 地 方 公 共 団 体 等 は 高 等 学 校 や 専 修 学 校 高 等 課 程 と 専 門 学 校 や 短 期 大 学 との 連 携 高 等 学 校 専 攻 科 の 活 用 を 推 進 する 社 会 経 済 の 変 化 に 伴 う 人 材 需 要 に 即 応 した 質 の 高 い 職 業 人 を 育 成 するととも に 専 門 高 校 卒 業 者 の 進 学 機 会 や 社 会 人 の 学 び 直 しの 機 会 の 拡 大 に 資 するため 国 は 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 新 たな 高 等 教 育 機 関 を 制 度 化 する これにより 学 校 教 育 において 多 様 なキャリア 形 成 を 図 ることができるようにし 高 等 教 育 に おける 職 業 教 育 の 体 系 を 確 立 する 具 体 化 に 当 たっては 社 会 人 の 学 び 直 しの 需 要 や 産 業 界 の 人 材 需 要 所 要 の 財 源 の 確 保 等 を 勘 案 して 検 討 する 4 専 門 学 校 においては 職 業 に 必 要 な 実 践 的 かつ 専 門 的 な 能 力 を 育 成 することを 目 的 とし 専 攻 分 野 における 実 務 に 関 する 知 識 技 術 及 び 技 能 について 組 織 的 な 教 育 を 行 うものとして 職 業 実 践 専 門 課 程 の 文 部 科 学 大 臣 認 定 制 度 が 平 成 26 年 度 から 実 施 されている 同 年 度 において472 校 1,373 学 科 が 認 定 を 受 けている ( 平 成 25 年 度 における 専 門 学 校 の 学 校 数 学 科 数 は 2,811 校 8,128 学 科 ) 5 平 成 25 年 度 において 高 等 専 門 学 校 の 学 科 (247 学 科 )のうち 工 業 系 96.8%(239 学 科 ) 商 船 2.0%(5 学 科 ) その 他 1.2%( 経 営 情 報 コミュニケーション 情 報 国 際 ビジネスの 各 1 学 科 )となっている 5

7 ( 高 等 教 育 機 関 における 編 入 学 等 の 柔 軟 化 ) 能 力 や 意 欲 に 応 じた 学 びの 発 展 やその 後 の 進 路 変 更 に 対 応 できるよう 国 は 大 学 への 飛 び 入 学 制 度 の 活 用 実 態 等 も 踏 まえて 高 等 学 校 の 早 期 卒 業 を 制 度 化 する とともに 学 制 の 異 なる 国 からの 留 学 生 受 入 れなど 国 際 化 に 対 応 できるよう 大 学 及 び 大 学 院 入 学 資 格 において 課 している12 年 又 は16 年 の 課 程 の 修 了 要 件 を 緩 和 する 高 等 学 校 卒 業 後 の 進 路 をより 柔 軟 にするため 大 学 は 短 期 大 学 専 門 学 校 か らの 編 入 学 や 学 部 間 の 転 学 社 会 人 の 学 び 直 し 等 の 機 会 の 拡 大 を 図 る 国 は 高 等 学 校 専 攻 科 修 了 者 について 高 等 教 育 としての 質 保 証 の 仕 組 みを 確 保 した 上 で 大 学 への 編 入 学 の 途 を 開 く 国 は 厳 格 な 成 績 評 価 卒 業 認 定 の 下 大 学 学 部 大 学 院 の 早 期 卒 業 制 度 及 び 飛 び 入 学 制 度 が 一 層 活 用 されるようにするとともに 学 士 課 程 及 び 修 士 課 程 の 修 業 年 限 の 在 り 方 について 検 討 し 大 学 における 学 士 修 士 の 一 貫 した 教 育 課 程 を 導 入 しやすくする 早 期 卒 業 及 び 飛 び 入 学 の 推 進 編 入 学 や 転 学 社 会 人 の 学 び 直 し 等 の 機 会 の 拡 大 に 際 しては 国 立 大 学 法 人 運 営 費 交 付 金 や 私 学 助 成 における 運 用 の 見 直 しや 支 援 を 行 う 国 は 省 庁 の 枠 を 越 え 意 欲 ある 学 生 が 更 なる 学 びの 機 会 が 得 られるよう 職 業 能 力 開 発 大 学 校 短 期 大 学 校 における 学 修 を 大 学 の 単 位 認 定 の 対 象 とするとと もに これらの 職 業 能 力 開 発 施 設 から 大 学 への 編 入 学 についても 途 を 開 くよう 検 討 する 2. 教 員 免 許 制 度 を 改 革 するとともに 社 会 から 尊 敬 され 学 び 続 ける 質 の 高 い 教 師 を 確 保 するため 養 成 や 採 用 研 修 等 の 在 り 方 を 見 直 す 上 記 1で 述 べた 改 革 を 実 現 に 導 くには 子 供 一 人 一 人 の 可 能 性 を 引 き 出 し 能 力 を 伸 ばしていく 教 師 の 存 在 が 不 可 欠 であり その 資 質 能 力 の 向 上 や 配 置 の 充 実 を 一 体 のものとして 行 わなければなりません 教 師 が 自 らの 人 間 性 や 専 門 性 を 発 揮 して 子 供 を 教 え 導 くことができるよう 学 制 改 革 の 機 会 を 捉 え 免 許 養 成 採 用 研 修 配 置 処 遇 などの 制 度 全 般 の 在 り 方 を 考 える 必 要 があります 学 制 改 革 に 伴 い 学 校 間 の 連 携 や 一 貫 教 育 を 推 進 し 柔 軟 かつ 効 果 的 な 教 育 を 行 う 観 点 から 教 師 が 学 校 種 を 越 えて 教 科 等 の 専 門 性 に 応 じた 指 導 ができるよう 教 員 免 許 制 度 を 改 革 するとともに 専 科 指 導 等 のための 教 職 員 の 配 置 や 専 門 性 を 持 つ 人 材 の 活 用 を 図 ることが 必 要 です また 教 師 には 教 育 に 対 する 強 い 情 熱 豊 かな 人 間 性 や 社 会 性 実 践 的 で 確 かな 6

8 指 導 力 が 求 められます 自 ら 学 び 続 ける 強 い 意 志 を 備 えた 質 の 高 い 教 師 を 確 保 すると ともに 教 師 が 社 会 から 尊 敬 され その 力 が 十 分 に 発 揮 されるよう 教 師 の 養 成 や 採 用 研 修 等 の 在 り 方 についても 見 直 す 必 要 があります ( 学 制 改 革 に 応 じた 教 師 の 免 許 配 置 等 の 在 り 方 ) 国 は 教 師 が 教 科 等 の 専 門 性 に 応 じ 小 学 校 と 中 学 校 中 学 校 と 高 等 学 校 など の 複 数 の 学 校 種 において 指 導 可 能 な 教 科 ごとの 免 許 状 の 創 設 6 や 複 数 学 校 種 の 免 許 状 の 取 得 を 促 進 するための 要 件 の 見 直 しなど 教 員 免 許 制 度 の 改 革 を 行 う 地 方 公 共 団 体 は 複 数 学 校 種 の 免 許 状 保 有 者 の 採 用 や 現 職 の 教 師 による 他 校 種 免 許 状 の 取 得 の 促 進 を 図 る 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 小 学 校 と 中 学 校 の 連 携 推 進 や 各 学 校 における 教 科 の 専 門 性 に 応 じた 教 育 の 充 実 のため 小 学 校 における 専 科 指 導 のための 教 職 員 配 置 を 充 実 する また 特 別 免 許 状 制 度 や 特 別 非 常 勤 講 師 制 度 の 活 用 や 学 校 支 援 ボ ランティアの 推 進 等 により 学 校 の 教 育 活 動 において 社 会 経 験 や 専 門 的 知 識 技 能 の 豊 かな 社 会 人 外 国 人 指 導 者 文 化 芸 術 スポーツの 指 導 者 など 多 様 な 人 材 の 積 極 的 な 登 用 を 図 る 学 力 の 定 着 等 に 課 題 を 抱 える 児 童 生 徒 や 発 達 障 害 児 を 含 む 特 別 支 援 教 育 を 必 要 とする 児 童 生 徒 に 対 して きめ 細 かい 指 導 や 社 会 的 自 立 に 向 けた 支 援 を 行 うこ とができるよう 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 教 師 の 専 門 的 指 導 力 の 向 上 とともに 教 職 員 配 置 や 専 門 スタッフの 充 実 を 図 る 教 師 が 特 別 支 援 教 育 に 関 する 知 識 技 能 を 身 に 付 けることができるよう 特 別 支 援 学 校 の 教 師 は 必 須 化 も 視 野 に 入 れ 特 別 支 援 学 校 免 許 状 の 取 得 を 促 進 する ( 質 の 高 い 教 師 を 確 保 するための 養 成 採 用 研 修 等 の 在 り 方 ) 実 践 的 な 力 を 備 えた 教 師 を 養 成 し 採 用 することができるよう 国 は 大 学 にお いて インターンシップやボランティア 活 動 など 学 生 に 学 校 現 場 を 経 験 させる 取 組 を 推 進 するとともに 採 用 前 又 は 後 に 学 校 現 場 で 行 う 実 習 研 修 を 通 じて 適 性 を 厳 格 に 評 価 する 仕 組 み( 教 師 インターン 制 度 ( 仮 称 ))の 導 入 を 検 討 する こう した 仕 組 みの 導 入 に 際 しては 教 育 実 習 の 内 容 や 期 間 地 方 公 共 団 体 や 学 校 によ る 採 用 選 考 の 時 期 や 期 間 初 任 者 研 修 の 内 容 や 研 修 期 間 中 の 教 職 員 定 数 の 在 り 方 等 も 含 め 総 合 的 な 検 討 を 行 う 大 学 は 質 の 高 い 教 師 を 養 成 するため 実 践 型 のカリキュラムへの 転 換 組 織 編 成 の 抜 本 的 な 見 直 し 強 化 など 教 員 養 成 を 担 う 学 部 や 教 職 大 学 院 の 質 的 充 実 6 現 行 の 教 員 免 許 制 度 においては 学 校 種 ごとに 免 許 状 が 設 けられており 原 則 として 一 の 免 許 状 では 複 数 の 学 校 種 において 指 導 ができない 7

9 を 図 る 地 方 公 共 団 体 と 教 職 大 学 院 などの 大 学 が 連 携 して 管 理 職 を 養 成 する 研 修 も 含 め 教 師 の 研 修 を 充 実 し 自 ら 学 び 続 ける 強 い 意 志 リーダーシップや 創 造 性 などの 資 質 向 上 を 図 る 国 は 優 秀 教 師 の 処 遇 の 改 善 等 と 併 せ こうした 取 組 を 積 極 的 に 支 援 する 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 課 題 解 決 双 方 向 型 授 業 等 にも 対 応 した 質 の 高 い 教 育 を 実 現 するため 教 職 員 配 置 の 充 実 を 図 る また 教 師 の 勤 務 時 間 や 授 業 以 外 の 活 動 時 間 が 世 界 的 に 見 て 格 段 に 長 い 7 ことを 踏 まえ 教 師 が 子 供 と 向 き 合 う 時 間 を 確 保 し 教 育 活 動 に 専 念 できるようにする 観 点 から 学 校 経 営 を 支 える 管 理 事 務 体 制 の 充 実 スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどの 多 様 な 専 門 職 の 配 置 や 活 用 が 進 むよう 制 度 面 財 政 面 の 整 備 を 行 う 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 教 師 に 対 する 社 会 からの 信 頼 感 や 尊 敬 の 念 が 醸 成 され 優 秀 な 人 材 を 教 育 現 場 に 引 き 付 けるため いわゆる 人 材 確 保 法 の 初 心 に 立 ち 返 り 教 師 の 処 遇 を 確 保 する 真 に 頑 張 っている 教 師 に 報 いることができるよう 優 れ た 教 師 に 対 する 顕 彰 を 行 い 人 事 評 価 の 結 果 を 処 遇 等 に 反 映 するとともに 諸 手 当 等 の 在 り 方 を 見 直 し メリハリのある 給 与 体 系 とするなどの 改 善 を 図 る 3. 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 将 来 にわたって 成 長 し 続 ける 社 会 を 実 現 するた め 教 育 を 未 来 への 投 資 として 重 視 し 世 代 を 超 えて 全 ての 人 たちで 子 供 若 者 を 支 える 上 記 1 及 び2で 述 べた 義 務 教 育 無 償 教 育 の 期 間 の 見 直 し 幼 児 教 育 の 充 実 小 中 一 貫 教 育 の 制 度 化 など 学 校 段 階 間 の 連 携 や 一 貫 教 育 の 推 進 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 高 等 教 育 機 関 の 制 度 化 など 新 しい 時 代 にふさわしい 学 制 を 構 築 し 将 来 を 見 据 え た 改 革 を 断 行 していくためには 財 源 措 置 を 含 む 条 件 整 備 が 必 要 であり 社 会 全 体 で 教 育 への 投 資 を 重 視 する 意 識 改 革 を 一 体 的 に 行 うことが 重 要 です 日 本 の 現 状 は 高 齢 者 世 代 に 比 べて 子 供 若 者 世 代 への 公 的 な 支 出 が 圧 倒 的 に 少 ない 状 態 です 特 に 私 学 の 多 い 就 学 前 教 育 と 高 等 教 育 段 階 における 公 財 政 負 担 や 一 人 一 人 の 状 況 に 応 じた 修 学 支 援 等 が 十 分 でなく これらの 充 実 が 求 められます 教 育 の 質 の 向 上 や 教 育 費 負 担 の 軽 減 などの 教 育 投 資 は 個 人 の 能 力 の 向 上 自 己 実 現 所 得 の 増 加 出 生 率 の 向 上 経 済 成 長 税 収 増 加 などの 効 果 をもたらします 特 に 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎることが 子 供 を 産 み 育 てたい 人 の 希 望 を 阻 害 する 最 大 の 要 因 となっており 教 育 費 負 担 の 軽 減 は 少 子 化 対 策 の 鍵 であると 言 えま 7 OECDによる 国 際 教 員 指 導 環 境 調 査 (TALIS2013)によれば 中 学 校 段 階 の 教 師 の1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 について 日 本 は53.9 時 間 で あり 調 査 参 加 国 (34か 国 地 域 ) 中 最 長 ( 参 加 国 平 均 は38.3 時 間 ) 授 業 時 間 は 参 加 国 平 均 (19.3 時 間 )と 同 程 度 (17.7 時 間 )だが 特 に スポーツ 文 化 などの 課 外 活 動 ( 日 本 :7.7 時 間 参 加 国 平 均 :2.1 時 間 )や 事 務 業 務 時 間 ( 日 本 :5.5 時 間 参 加 国 平 均 :2.9 時 間 )が 長 い 8

10 す また 意 欲 ある 全 ての 子 供 若 者 社 会 人 に 挑 戦 の 機 会 を 保 障 し 質 の 高 い 教 育 を 実 現 することは 貧 困 の 連 鎖 を 断 ち 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 の 実 現 に 寄 与 するもの です さらには 個 人 の 能 力 の 向 上 は 社 会 全 体 の 生 産 性 の 向 上 をもたらし 将 来 に わたって 成 長 し 続 ける 社 会 の 実 現 につながります 逆 に 人 材 の 質 と 量 を 充 実 確 保 するための 教 育 投 資 を 怠 れば 我 が 国 は 今 後 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 展 等 により 労 働 力 人 口 の 急 激 な 減 少 や それに 伴 う 経 済 成 長 の 鈍 化 社 会 保 障 制 度 の 維 持 の 困 難 おちい 化 など 危 機 的 な 状 況 に 陥 る 恐 れがあります こうしたことから 家 庭 の 経 済 状 況 や 発 達 の 状 況 等 にかかわらず 意 欲 と 能 力 のあ る 全 ての 子 供 若 者 社 会 人 に 質 の 高 い 教 育 機 会 を 確 保 していくことが 不 可 欠 であり 世 代 を 超 えて 総 がかりで 教 育 を 支 える 社 会 の 実 現 を 目 指 すべきです 特 に 幼 児 教 育 の 段 階 的 な 無 償 化 をはじめ 教 育 の 質 の 向 上 や 教 育 費 負 担 の 軽 減 などの 教 育 政 策 につ いて 子 供 若 者 の 未 来 のため 安 定 的 な 財 源 を 確 保 しつつ 未 来 への 投 資 と 位 置 付 けて 重 視 することが 必 要 です 教 育 財 源 の 確 保 に 当 たっては 少 子 化 に 伴 って 逓 減 する 費 用 や 教 育 的 観 点 からの 学 校 統 廃 合 等 によって 生 じた 財 源 を 教 育 の 質 の 向 上 に 活 用 すべきです また 資 源 配 分 の 重 点 を 高 齢 者 から 子 供 若 者 へ とりわけ 教 育 費 負 担 の 軽 減 のために 大 胆 に 移 して いくことや 民 間 資 金 の 活 用 等 も 重 要 です 政 府 においては 教 育 投 資 の 一 層 の 重 視 や 教 育 財 源 の 確 保 のための 方 策 について その 意 義 効 果 を 踏 まえて 更 に 国 民 的 な 議 論 を 深 め 実 行 していくことを 期 待 します 家 庭 の 経 済 状 況 や 発 達 の 状 況 等 にかかわらず 意 欲 と 能 力 のある 全 ての 子 供 若 者 社 会 人 が 質 の 高 い 教 育 を 受 けることができ 一 人 一 人 の 能 力 や 可 能 性 を 最 大 限 伸 ばし 将 来 にわたって 成 長 し 続 ける 社 会 の 実 現 を 目 指 し 国 は 子 供 若 者 の 未 来 のため 幼 児 教 育 の 段 階 的 な 無 償 化 をはじめ 教 育 の 質 の 向 上 や 教 育 費 負 担 の 軽 減 などの 教 育 政 策 について 未 来 への 投 資 と 位 置 付 けて 重 視 する 教 育 財 源 の 確 保 に 当 たり 資 源 配 分 の 重 点 を 高 齢 者 から 子 供 若 者 へ 大 胆 な 移 行 を 図 る 国 は 在 学 中 にかかる 費 用 を 卒 業 後 の 収 入 に 応 じて 負 担 する 所 得 連 動 返 還 型 奨 学 金 の 充 実 税 制 上 のインセンティブを 通 じた 寄 附 の 促 進 等 による 民 間 資 金 の 活 用 や 世 代 間 資 産 移 転 の 促 進 等 も 含 め 世 代 を 超 えて 全 ての 人 たちで 子 供 若 者 を 支 える 安 定 的 な 教 育 財 源 を 確 保 する 取 組 について 国 民 的 な 理 解 を 得 つつ 推 進 す る 教 育 投 資 は 少 子 化 対 策 の 観 点 からも 極 めて 重 要 であることを 踏 まえ 国 地 方 公 共 団 体 産 業 界 教 育 界 の 代 表 等 による 教 育 サミット( 仮 称 ) を 開 催 し 教 育 投 資 の 重 要 性 についてアピールするなど 社 会 総 がかりで 子 供 若 者 を 支 え る 意 識 や 環 境 の 醸 成 を 図 る 9

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

資料2-2 定時制課程・通信制課程高等学校の現状

資料2-2 定時制課程・通信制課程高等学校の現状 資 料 2-2 定 時 制 課 程 通 信 制 課 程 高 等 学 校 の 現 状 1 学 校 の 設 置 形 態 及 び 規 模 組 織 形 態 等 1-1 高 等 学 校 の 学 校 数 ( 校 ) 6,000 5,000 4,856 4,812 4,960 5,222 5,466 5,518 5,506 5,507 5,476 5,517 5,505 5,488 5,477 5,452 5,383

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf 奨 学 金 相 談 Q&A 1 奨 学 金 制 度 の 何 が 問 題 か 1 金 融 事 業 に 変 質 した 奨 学 金 制 度 日 本 育 英 会 が2004 年 に 廃 止 されて 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 行 してから 金 融 事 業 として 位 置 づけられ 返 還 金 の 回 収 強 化 が 進 められてきました 2010 年 4 月 から 返 済

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

Taro-結果概要

Taro-結果概要 平 成 26 年 4 月 11 日 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 高 校 修 学 支 援 室 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 不 徴 収 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 等 に 関 するパブリックコメント ( 意 見 公 募 手 続 )の 結 果 について

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information